図面 (/)

技術 充電状態マップ生成システム、サーバ装置、マップ生成方法、コンピュータプログラム及び記録媒体

出願人 本田技研工業株式会社
発明者 川村雅之岡本悠佑
出願日 2019年7月30日 (2年3ヶ月経過) 出願番号 2020-534662
公開日 2021年8月19日 (3ヶ月経過) 公開番号 WO2020-027113
状態 未査定
技術分野 航行(Navigation) 車両の電気的な推進・制動 電池等の充放電回路 交通制御システム
主要キーワード 低下位置 着脱式バッテリ 設置密度 複合電池 自律走行装置 導出結果 ドローン 給電ユニット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年8月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題・解決手段

充電状態マップ生成システムは、バッテリの充電状態を示す充電状態情報と、移動体所在位置情報とを対応付け移動体情報を生成する移動体情報生成部と、移動体情報を送信する送信部と、を備え、バッテリの電力を利用して移動可能な移動体と、移動体情報を受信する受信部と、移動体情報と、地図情報とに基づいて、移動体の地図上の位置とバッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成するマップ生成部と、を備える管理サーバとを備える。

概要

背景

電気スクータ等の移動体に装着されたバッテリを取り外し、取り外したバッテリを充電ステーション充電装置)に装着して充電させるとともに、すでに充電された別のバッテリを充電ステーションから取り外し、取り外したバッテリを移動体に装着させるようなバッテリの共同利用を促進させる技術が知られている(例えば、特許文献1参照)。また、移動体本体に対してバッテリを着脱可能に装填できる移動体の他の例として、特許文献2には、バッテリと、バッテリを収容可能な収容室が形成された充電給電ユニットとを有する可搬型充電給電装置が開示されている。

概要

充電状態マップ生成システムは、バッテリの充電状態を示す充電状態情報と、移動体の所在位置情報とを対応付け移動体情報を生成する移動体情報生成部と、移動体情報を送信する送信部と、を備え、バッテリの電力を利用して移動可能な移動体と、移動体情報を受信する受信部と、移動体情報と、地情報とに基づいて、移動体の地上の位置とバッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成するマップ生成部と、を備える管理サーバとを備える。

目的

しかしながら、従来の技術では、充電ステーションが不足している地域を把握する手法が十分に検討されておらず、充電ステーションを設置すべき地域を検討するための情報を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

着脱自在に装着されるバッテリ充電状態を示す充電状態情報と、移動体所在位置を示す所在位置情報とを対応付け移動体情報を生成する移動体情報生成部と、前記移動体情報生成部が生成する前記移動体情報を送信する送信部と、を備え、装着された前記バッテリにより供給される電力を利用して移動可能な移動体と、前記送信部が送信する前記移動体情報を受信する受信部と、前記受信部が受信する前記移動体情報と、地図情報とに基づいて、前記移動体の地図上の位置と前記移動体に装着された前記バッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成するマップ生成部と、を備える管理サーバと、を備える充電状態マップ生成システム

請求項2

前記マップ生成部は、前記移動体が複数存在する場合に、前記複数の移動体のうち装着された前記バッテリの充電残量が所定の残量未満である前記移動体の所在位置を地図上に示した前記充電状態マップを生成する請求項1に記載の充電状態マップ生成システム。

請求項3

前記マップ生成部は、前記バッテリを充電する充電装置の地図上の位置をさらに示した前記充電状態マップを生成する請求項1又は請求項2に記載の充電状態マップ生成システム。

請求項4

前記送信部は、前記充電状態情報が、前記バッテリの充電残量が所定の残量未満であることを示す場合に、前記移動体情報を送信する請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の充電状態マップ生成システム。

請求項5

前記移動体は、前記移動体情報生成部が生成する前記移動体情報を記憶する記憶部を更に備え、前記送信部は、前記バッテリを充電する充電装置が備える通信部を介して、前記記憶部に記憶された前記移動体情報を前記管理サーバに送信する請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の充電状態マップ生成システム。

請求項6

前記マップ生成部が生成する前記充電状態マップを提示する提示部をさらに備える請求項1から請求項5のいずれか一項に記載の充電状態マップ生成システム。

請求項7

着脱自在に装着されたバッテリにより供給される電力を利用して移動可能な移動体から送信される、前記バッテリの充電状態を示す充電状態情報と前記移動体の所在位置を示す所在位置情報とを対応付けた移動体情報を受信する受信部と、前記受信部が受信する前記移動体情報と、地図情報とに基づいて、前記移動体の地図上の位置と前記移動体に装着された前記バッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成するマップ生成部と、を備えるサーバ装置

請求項8

前記マップ生成部は、前記移動体が複数存在する場合に、前記複数の移動体のうち装着された前記バッテリの充電残量が所定の残量未満である前記移動体の所在位置を地図上に示した前記充電状態マップを生成する請求項7に記載のサーバ装置。

請求項9

前記マップ生成部は、前記バッテリを充電する充電装置の地図上の位置をさらに示した前記充電状態マップを生成する請求項7又は請求項8に記載のサーバ装置。

請求項10

着脱自在に装着されたバッテリにより供給される電力を利用して移動可能な移動体から送信される、前記バッテリの充電状態を示す充電状態情報と前記移動体の所在位置を示す所在位置情報とを対応付けた移動体情報を受信するステップと、受信した前記移動体情報と、地図情報とに基づいて、前記移動体の地図上の位置と前記移動体に装着された前記バッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成するステップと、を備えるマップ生成方法

請求項11

着脱自在に装着されたバッテリにより供給される電力を利用して移動可能な移動体から送信される、前記バッテリの充電状態を示す充電状態情報と前記移動体の所在位置を示す所在位置情報とを対応付けた移動体情報を受信する処理と、受信した前記移動体情報と、地図情報とに基づいて、前記移動体の地図上の位置と前記移動体に装着された前記バッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成する処理と、をコンピュータに実行させるためのコンピュータプログラム

請求項12

請求項11に記載のコンピュータプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

技術分野

0001

本発明は、充電状態マップ生成システムサーバ装置マップ生成方法コンピュータプログラム及び記録媒体に関する。
本願は、2018年7月31日に出願された日本国特願2018−143637号に基づき優先権を主張し、その内容をここに援用する。

背景技術

0002

電気スクータ等の移動体に装着されたバッテリを取り外し、取り外したバッテリを充電ステーション充電装置)に装着して充電させるとともに、すでに充電された別のバッテリを充電ステーションから取り外し、取り外したバッテリを移動体に装着させるようなバッテリの共同利用を促進させる技術が知られている(例えば、特許文献1参照)。また、移動体本体に対してバッテリを着脱可能に装填できる移動体の他の例として、特許文献2には、バッテリと、バッテリを収容可能な収容室が形成された充電給電ユニットとを有する可搬型充電給電装置が開示されている。

先行技術

0003

特表2014−527689号公報
日本国特開2019−068552号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ここで、バッテリの共同利用を促す観点から充電ステーション(充電装置)の設置数は十分に多いことが望ましいが、充電ステーションの設置には設置場所資金の確保が求められ、際限なく設置することは困難である。そこで、充電ステーションを設置すべき地域を検討するために、充電ステーションが不足している地域の把握が可能であることが望ましい。
しかしながら、従来の技術では、充電ステーションが不足している地域を把握する手法が十分に検討されておらず、充電ステーションを設置すべき地域を検討するための情報を提供することができなかった。

0005

本発明の態様は、充電ステーションを設置すべき地域を検討するための情報を提供することができる充電状態マップ生成システム、サーバ装置、マップ生成方法、コンピュータプログラム及び記録媒体を提供する。

課題を解決するための手段

0006

(1)本発明の一態様である充電状態マップ生成システムは、着脱自在に装着されるバッテリの充電状態を示す充電状態情報と、移動体の所在位置を示す所在位置情報とを対応付け移動体情報を生成する移動体情報生成部と、前記移動体情報生成部が生成する前記移動体情報を送信する送信部と、を備え、装着された前記バッテリにより供給される電力を利用して移動可能な移動体と、前記送信部が送信する前記移動体情報を受信する受信部と、前記受信部が受信する前記移動体情報と、地図情報とに基づいて、前記移動体の地図上の位置と前記移動体に装着された前記バッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成するマップ生成部と、を備える管理サーバと、を備える。

0007

(2)上記(1)の態様において、前記マップ生成部は、前記移動体が複数存在する場合に、前記複数の移動体のうち装着された前記バッテリの充電残量が所定の残量未満である前記移動体の所在位置を地図上に示した前記充電状態マップを生成する構成であってもよい。

0008

(3)上記(1)又は(2)の態様において、前記マップ生成部は、前記バッテリを充電する充電装置の地図上の位置をさらに示した前記充電状態マップを生成する構成であってもよい。

0009

(4)上記(1)から(3)のいずれか1つの態様において、前記送信部は、前記充電状態情報が、前記バッテリの充電残量が所定の残量未満であることを示す場合に、前記移動体情報を送信する構成であってもよい。

0010

(5)上記(1)から(4)のいずれか1つの態様において、前記移動体は、前記移動体情報生成部が生成する前記移動体情報を記憶する記憶部を更に備えてもよく、前記送信部は、前記バッテリを充電する充電装置が備える通信部を介して、前記記憶部に記憶された前記移動体情報を前記管理サーバに送信する構成であってもよい。

0011

(6)上記(1)から(5)のいずれか1つの態様において、前記マップ生成部が生成する前記充電状態マップを提示する提示部をさらに備える構成であってもよい。

0012

(7)本発明の別の一態様であるサーバ装置は、着脱自在に装着されたバッテリにより供給される電力を利用して移動可能な移動体から送信される、前記バッテリの充電状態を示す充電状態情報と前記移動体の所在位置を示す所在位置情報とを対応付けた移動体情報を受信する受信部と、前記受信部が受信する前記移動体情報と、地図情報とに基づいて、前記移動体の地図上の位置と前記移動体に装着された前記バッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成するマップ生成部と、を備える。

0013

(8)上記(7)の態様において、前記マップ生成部は、前記移動体が複数存在する場合に、前記複数の移動体のうち装着された前記バッテリの充電残量が所定の残量未満である前記移動体の所在位置を地図上に示した前記充電状態マップを生成する構成であってもよい。

0014

(9)上記(7)又は(8)の態様において、前記マップ生成部は、前記バッテリを充電する充電装置の地図上の位置をさらに示した前記充電状態マップを生成する構成であってもよい。

0015

(10)本発明の別の一態様であるマップ生成方法は、着脱自在に装着されたバッテリにより供給される電力を利用して移動可能な移動体から送信される、前記バッテリの充電状態を示す充電状態情報と前記移動体の所在位置を示す所在位置情報とを対応付けた移動体情報を受信するステップと、受信した前記移動体情報と、地図情報とに基づいて、前記移動体の地図上の位置と前記移動体に装着された前記バッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成するステップと、を備える。

0016

(11)本発明の別の一態様であるコンピュータプログラムは、着脱自在に装着されたバッテリにより供給される電力を利用して移動可能な移動体から送信される、前記バッテリの充電状態を示す充電状態情報と前記移動体の所在位置を示す所在位置情報とを対応付けた移動体情報を受信する処理と、受信した前記移動体情報と、地図情報とに基づいて、前記移動体の地図上の位置と前記移動体に装着された前記バッテリの充電状態との対応関係を示す充電状態マップを生成する処理と、をコンピュータに実行させる。

0017

(12)本発明の別の一態様である記録媒体は、上記(11)の態様のコンピュータプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体である。

発明の効果

0018

上記(1)〜(12)の態様によれば、充電ステーション(充電装置)を設置すべき地域を検討するための情報を提供することができる。

図面の簡単な説明

0019

実施形態における充電状態マップ生成システムの構成の一例を示す図である。
実施形態における自動二輪車機能構成の一例を示す図である。
実施形態における移動体情報の一例を示す図である。
実施形態における充電ステーションの構成の一例を示す図である。
実施形態における管理サーバの構成の一例を示す図である。
実施形態の充電状態マップ生成システムによる充電状態マップの生成処理の一例を示す図である。
実施形態の充電状態マップの一例を示す図である。
充電状態マップ生成システムによる充電状態マップの生成処理の変形例を示す図である。

実施例

0020

以下、図面を参照し、本発明の充電状態マップ生成システムの実施形態について説明する。

0021

[充電状態マップ生成システムの全体構成]
図1は、実施形態における充電状態マップ生成システム1の構成の一例を示す図である。図1に示す例のように、充電状態マップ生成システム1は、鞍乗り型の自動二輪車12等の移動体の駆動源である着脱式バッテリ14を、複数のユーザが共同利用するシェアサービスを提供可能なシステムにおいて、充電状態マップMPを生成するシステムである。充電状態マップMPとは、着脱式バッテリ14を装着した自動二輪車12等の移動体の地図上の位置と、この自動二輪車12等の移動体に装着された着脱式バッテリ14の充電状態との対応関係を示す情報である。
移動体は、図1に示す自動二輪車12(電動鞍乗型車両)以外の車両を含む。車両ではない移動体の例は、例えば日本国特開2019−068552号公報に記載の、人や車両によって運ばれる可搬型充電給電装置である。
その他、移動体は、移動ロボット自律走行装置電動自転車自律走行車、その他の電動車両ドローン飛行体、又はその他の電動式移動装置(電動モビリティ)であってもよい。
本実施形態の一例では、充電状態マップ生成システム1は、一以上の鞍乗り型の自動二輪車12と、各自動二輪車12に電力を供給可能な着脱式バッテリ14と、一以上の充電ステーション(充電装置)16と、管理サーバ18とを備える。

0022

自動二輪車12は、着脱式バッテリ14により供給された電力を利用して走行する電動車両である。また、自動二輪車12は、ディーゼルエンジンガソリンエンジンなどの内燃機関を駆動源として走行する車両であってもよいし、着脱式バッテリ14と内燃機関との組み合わせを駆動源として走行する車両であってもよい。自動二輪車12は、「移動体」の一例である。

0023

着脱式バッテリ14は、例えば、自動二輪車12に対して着脱自在に装着されるカセット式蓄電装置二次電池)である。着脱式バッテリ14は、後述するバッテリ側記憶部144を備える。

0024

充電ステーション16は、一以上の着脱式バッテリ14の保管及び充電を行うための設備であり、複数の場所(地域)に設置される。充電ステーション16の筐体20には、複数(図1の例では、12個)のスロット21と、表示部161と、読取部162とが設けられている。スロット21の奥側には、後述する充電部163が設けられている。

0025

充電ステーション16は、ネットワークNWを介して、管理サーバ18と通信可能に接続されている。ネットワークNWには、例えば、LAN(Local Area Network)やWAN(Wide Area Network)などが含まれる。
また、充電ステーション16は、自動二輪車12と通信可能に接続されてもよい。

0026

管理サーバ18は、ネットワークNWを介して、自動二輪車12と通信可能に接続されている。
また、管理サーバ18は、充電ステーション16及びネットワークNWを介して自動二輪車12と通信可能に接続されていてもよい。この構成の場合、充電ステーション16は、自動二輪車12が送信する情報を管理サーバ18に転送する装置として機能する。

0027

[自動二輪車の構成]
図2は、実施形態における自動二輪車12の機能構成の一例を示す図である。自動二輪車12は、GPS121と、記憶部122と、移動体通信部(送信部)123と、制御装置124とを備える。また、自動二輪車12には、着脱式バッテリ14が装着される。自動二輪車12に装着される着脱式バッテリ14の数は、1つに限らず、複数であってもよい。着脱式バッテリ14は、蓄電池141と、測定センサ142と、BMU(Battery Management Unit)143と、バッテリ側記憶部144と、接続部145とを備える。

0028

蓄電池141は、例えば、リチウムイオン電池鉛蓄電池などの二次電池を含む。蓄電池141の構成はこれ以外であってもよく、他の種類の二次電池、キャパシタ、又はこれらを組み合わせた複合電池であってもよい。

0029

測定センサ142は、蓄電池141の電圧を検出するセンサや、蓄電池141の電流を検出するセンサ、蓄電池141の温度を検出するセンサなどを含む。測定センサ142は、着脱式バッテリ14が自動二輪車12に装着された状態下で検出された蓄電池141の電圧や電流、温度を示す信号をBMU143に出力する。

0030

BMU143は、例えば、CPU(Central Processing Unit)などのプロセッサや、ROM(Read Only Memory)などを含む。ROMには、例えば、プロセッサによって読み出されて実行されるプログラムが格納される。

0031

BMU143は、自動二輪車12に搭載された制御装置の指令に基づいて、蓄電池141の充放電を制御する。また、BMU143は、測定センサ142の検出結果に基づいて、蓄電池141の充電容量を示すSOC(State Of Charge)を導出する。BMU143は、SOCを導出すると、SOCの導出結果を充電状態情報CGIとしてバッテリ側記憶部144に記憶させるとともに、この充電状態情報CGIを制御装置124に出力する。
この際、BMU143は、着脱式バッテリ14の識別情報(以下、バッテリIDと称する)や、測定センサ142により検出された検出結果などを充電状態情報CGIに含ませてもよい。

0032

また、BMU143は、SOCが所定のしきい値未満であるか否かを判定し、この判定結果を示す電欠情報OEを生成する。具体的には、BMU143は、SOCが所定のしきい値未満である場合には、「電欠あり」の電欠情報OEを生成する。また、BMU143は、SOCが所定のしきい値未満でない場合には、「電欠なし」の電欠情報OEを生成する。BMU143は、生成した電欠情報OEをバッテリ側記憶部144に記憶させるとともに、この電欠情報OEを制御装置124に出力する。

0033

ここで、BMU143は、充電状態情報CGI及び電欠情報OEの生成処理を、所定の時間おきに行うように構成されていてもよく、制御装置124の制御に基づいて行うように構成されていてもよい。以下では、BMU143は、制御装置124からバッテリ情報生成指示が出力された場合に、充電状態情報CGI及び電欠情報OEの生成処理を行う場合を一例として説明する。

0034

接続部145は、蓄電池141を充電または蓄電池141から放電するための電気的な端子である。

0035

バッテリ側記憶部144は、例えば、RAM(Random Access Memory)や、EEPROM(Electrically Erasable Programmable Read Only Memory)、HDDフラッシュメモリなどにより実現される。バッテリ側記憶部144には、上述した蓄電池141のSOCに加え、バッテリID、ユーザID、測定センサ142の検出結果などが格納される。

0036

GPS121は、GPS(Global Positioning System)衛星からの測位信号を受信して、自動二輪車12の所在位置を算出する。GPS121は、算出した所在位置を示す情報を所在位置情報LCIとして制御装置124に出力する。
ここで、GPS121は、所在位置の算出処理を、所定の時間おきに行うように構成されてもよく、制御装置124の制御に基づいて行うように構成されてもよい。以下では、GPS121は、制御装置124から測位指示が出力された場合に、所在位置の算出処理を行う場合を一例として説明する。

0037

制御装置124は、移動体情報生成部1241を備える。
移動体情報生成部1241は、GPS121に対して測位指示を出力するととともに、BMU143に対して情報の生成指示を出力する。この一例においては、移動体情報生成部1241は、測位指示と、バッテリ情報の生成指示とを同期させて出力する。
移動体情報生成部1241は、GPS121が算出した所在位置情報LCIと、BMU143が生成した充電状態情報CGI及び電欠情報OEとを取得する。この一例において、充電状態情報CGIは、自動二輪車12に装着されている着脱式バッテリ14のSOCを示す。移動体情報生成部1241は、取得した所在位置情報LCIと、充電状態情報CGI及び電欠情報OEとをそれぞれ対応付けた移動体情報MBLを生成する。移動体情報生成部1241は、生成した移動体情報MBLを記憶部122に記憶させる。移動体情報生成部1241が生成する移動体情報MBLの一例について、図3を参照して説明する。

0038

図3は、実施形態における移動体情報MBLの一例を示す図である。移動体情報MBLとは、自動二輪車12の所在位置と当該自動二輪車12に装着されている着脱式バッテリ14の充電状態との対応関係を示す情報である。一例として、所在位置情報LCIは、自動二輪車12の所在位置をグローバル座標系(例えば、北緯N及び東経E)によって示す。充電状態情報CGIは、着脱式バッテリ14の満充電容量に対する充電残量の割合によって示す。電欠情報OEは、充電残量の割合が所定のしきい値(例えば、10%)未満である場合に「電欠あり」を、所定のしきい値以上である場合に「電欠なし」をそれぞれ示す。

0039

図2戻り、制御装置124は、記憶部122に記憶されている移動体情報MBLを、移動体通信部123を介して送信する。

0040

[充電ステーションの構成]
図4は、実施形態における充電ステーション16の構成の一例を示す図である。図示の例のように、充電ステーション16は、表示部161と、読取部162と、充電部163と、接続部164と、通信部(受信部)165と、ステーション側記憶部166と、ステーション側制御部167とを備える。

0041

表示部161は、例えば、LCD(Liquid Crystal Display)や、有機EL(Electroluminescence)ディスプレイタッチパネルなどを含み、各種情報を表示する。例えば、表示部161は、ステーション側制御部167によって生成された画像を表示したり、操作者からの各種の入力操作受け付けるためのGUI(Graphical User Interface)などを表示したりする。

0042

読取部162は、例えば、NFC(Near Field Communication)を用いて、ユーザが携行するICカード(不図示)からユーザIDを読み取る機器リーダ)である。例えば、ICカードがクレジットカードである場合、読取部162は、クレジット番号などの個人情報をユーザIDとして読み取る。読取部162は、読み取ったユーザIDをステーション側制御部167に出力する。

0043

充電部163は、例えば、各スロット21に一つずつ設けられる。充電部163は、着脱式バッテリ14側の接続部145と、充電ステーション側の接続部164とが互いに電気的または機械的に接続した状態にあるときに、すなわち、スロット21に着脱式バッテリ14が装着(装填)されたときに、着脱式バッテリ14に電力を供給して着脱式バッテリ14を充電する。充電部163には、着脱式バッテリ14に電力を供給するための電源(不図示)が接続されていてよい。

0044

接続部164は、着脱式バッテリ14側の接続部145と電気的または機械的に接続される端子である。

0045

通信部165は、例えば、NIC(Network Interface Card)などの通信インターフェースを含む。例えば、通信部165は、ネットワークNWを介して管理サーバ18と通信し、管理サーバ18から情報を受信する。通信部165は、受信した情報(受信情報)をステーション側制御部167に出力する。また、通信部165は、ステーション側制御部167による制御を受けて、ネットワークNWを介して接続された他の装置に情報を送信してもよい。
なお、通信部165は、自動二輪車12の移動体通信部123と通信可能に構成されていてもよい。

0046

ステーション側記憶部166は、例えば、ROMや、RAMや、EEPROM、HDD、フラッシュメモリなどにより実現される。ステーション側記憶部166には、プログラムが格納されるほかに、着脱式バッテリ14のシェアサービスを利用する権限が与えられたユーザ(以下、認証済みのユーザと称する)のユーザIDなどが格納される。

0047

ステーション側制御部167は、例えば、充電制御部1671と、通信制御部1672と、認証部1673とを備える。これの構成要素は、CPUやGPU(Graphics Processing Unit)などのプロセッサがプログラム(ソフトウェア)を実行することにより実現される。また、これらの構成要素のうち一部または全部は、LSI(Large Scale Integration)やASIC(Application Specific IntegratedCircuit)、FPGA(Field-Programmable Gate Array)などのハードウェア回路部;circuitryを含む)によって実現されてもよいし、ソフトウェアとハードウェアの協働によって実現されてもよい。プログラムは、予めステーション側記憶部166に格納されていてもよいし、DVDやCD−ROMなどの着脱可能な記憶媒体に格納されており、その記憶媒体が充電ステーション16のドライブ装置に装着されることでステーション側記憶部166にインストールされてもよい。

0048

充電制御部1671は、スロット21に装填された着脱式バッテリ14のSOCなどの情報を取得するとともに、着脱式バッテリ14に供給する充電電流を制御する。

0049

認証部1673は、読取部162によって取得されたユーザIDと、ステーション側記憶部166に格納された認証済みユーザのユーザIDとを比較して、互いのユーザIDが一致する場合、読取部162がユーザIDを読み取ったICカードの持ち主が、認証済みユーザであるか否かを判定する。認証部1673は、ICカードの持ち主が、認証済みユーザであると判定した場合、表示部161に、認証が成功したことを示す情報を表示させる。これを受けて、ICカードを読取部162に読み取らせたユーザは、認証が成功した場合、充電済みの着脱式バッテリ14をスロット21から取り出し、その充電済みの着脱式バッテリ14を、自動二輪車12に装着された使用済みの着脱式バッテリ14と交換することで、着脱式バッテリ14をシェアする。使用済みの着脱式バッテリ14がスロット21に装填された場合、充電が開始される。

0050

通信制御部1672は、通信部165を制御して、管理サーバ18との間において情報を送受信する。例えば、通信制御部1672は、自動二輪車12から送信された充電状態情報CGIを管理サーバ18に転送する。

0051

[管理サーバの構成]
図5は、実施形態における管理サーバ18の構成の一例を示す図である。図示の例のように、管理サーバ18は、通信部181と、サーバ側記憶部182と、サーバ側制御部183と、出力部184とを備える。

0052

通信部181は、例えば、NICなどの通信インターフェースを含む。例えば、通信部181は、ネットワークNWを介して各充電ステーション16と通信し、各充電ステーション16を介して、自動二輪車12の移動体情報MBLを受信する。すなわち、通信部181は、自動二輪車12の送信部が送信する移動体情報MBLを受信する受信部の一例である。
また、通信部181は、充電ステーション16を介さずに自動二輪車12から移動体情報MBLを受信可能に構成されていてもよい。

0053

サーバ側記憶部182は、例えば、ROMや、RAMや、EEPROM、HDD、フラッシュメモリなどにより実現される。サーバ側記憶部182には、管理サーバ18の動作用プログラム及び自動二輪車12から受信した移動体情報MBLが格納される。また、サーバ側記憶部182には、自動二輪車12の走行範囲を含む地図情報が格納されている。

0054

サーバ側制御部183は、例えば、情報取得部1831と、マップ生成部1832とを備える。これの構成要素は、CPUやGPUなどのプロセッサがプログラム(ソフトウェア)を実行することにより実現される。また、これらの構成要素のうち一部または全部は、LSIやASIC、FPGAなどのハードウェア(回路部;circuitryを含む)によって実現されてもよいし、ソフトウェアとハードウェアの協働によって実現されてもよい。
プログラムは、予めサーバ側記憶部182に格納されていてもよいし、DVDやCD−ROMなどの着脱可能な記憶媒体に格納されており、その記憶媒体が管理サーバ18のドライブ装置に装着されることでサーバ側記憶部182にインストールされてもよい。

0055

情報取得部1831は、通信部181を介して、自動二輪車12の移動体情報MBLを受信する。

0056

マップ生成部1832は、情報取得部1831が受信する移動体情報MBLと、サーバ側記憶部182に格納されている地図情報とに基づいて、充電状態マップMPを生成する。
出力部184は、マップ生成部1832が生成する充電状態マップMPを出力する。この出力部184は、「提示部」の一例である。

0057

[充電状態マップの生成処理]
以下、充電状態マップMPの生成処理について説明する。
図6は、実施形態の充電状態マップ生成システム1による充電状態マップMPの生成処理の一例を示す図である。

0058

(ステップS110)自動二輪車12の移動体情報生成部1241は、GPS121から所在位置情報LCIを取得する。この所在位置情報LCIは、自動二輪車12の現在位置を示す。
(ステップS120)移動体情報生成部1241は、BMU143から充電状態情報CGIを取得する。この充電状態情報CGIは、自動二輪車12に装着されている着脱式バッテリ14の現在の充電状態(例えば、充電残量)を示す。

0059

この一例では、移動体情報生成部1241は、着脱式バッテリ14の充電残量が所定の残量未満である場合に、移動体情報MBLを送信する。以下、移動体情報生成部1241の具体的な処理例を説明する。
(ステップS130)移動体情報生成部1241は、ステップS120において取得した充電状態情報CGIによって示される着脱式バッテリ14の充電残量が、所定の残量未満であるか否かを判定する。移動体情報生成部1241は、着脱式バッテリ14の充電残量が所定の残量未満でないと判定した場合(ステップS130;NO)には、処理をステップS110に戻す。移動体情報生成部1241は、着脱式バッテリ14の充電残量が所定の残量未満であると判定した場合(ステップS130;YES)には、処理をステップS140に進める。
(ステップS140)移動体情報生成部1241は、ステップS110において取得した所在位置情報LCIと、ステップS120において取得した充電状態情報CGIとを対応付けて移動体情報MBLを生成する。移動体情報生成部1241は、生成した移動体情報MBLを、移動体通信部123及びネットワークNWを介して管理サーバ18に対して送信する。

0060

(ステップS210)管理サーバ18の情報取得部1831は、ステップS140において送信された移動体情報MBLを、ネットワークNW及び通信部181を介して受信する。情報取得部1831は、受信した移動体情報MBLをサーバ側記憶部182に記憶させる。

0061

このサーバ側記憶部182には、過去において受信された移動体情報MBLが複数格納される。移動体情報MBLには、自動二輪車12の所在位置情報LCIと充電状態情報CGIとが含まれている。この一例において、移動体情報MBLは、着脱式バッテリ14の充電残量が所定値未満である場合に送信される。したがって、移動体情報MBLは、自動二輪車12に装着された着脱式バッテリ14の充電残量が低下した位置、すなわち充電残量低下位置40を示している。充電残量低下位置40の一例を図7に示す。

0062

図7は、実施形態の充電状態マップMPの一例を示す図である。この一例では、着脱式バッテリ14の充電残量が低下した位置が、図7に示す充電残量低下位置40−a〜40−eの5か所である。この場合、情報取得部1831は、充電残量低下位置40−a〜40−eの5か所の充電残量低下位置40についての移動体情報MBLを取得している。サーバ側記憶部182には、充電残量低下位置40−aについての移動体情報MBLと、充電残量低下位置40−bについての移動体情報MBLと、…、充電残量低下位置40−eについての移動体情報MBLとが格納される。つまり、サーバ側記憶部182には、5か所の充電残量低下位置40について、それぞれの移動体情報MBLが格納される。

0063

(ステップS220)図6に戻り、マップ生成部1832は、ステップS210においてサーバ側記憶部182に記憶された移動体情報MBLを取得する。サーバ側記憶部182に複数の移動体情報MBLが記憶されている場合には、マップ生成部1832は、これら複数の移動体情報MBLをそれぞれ取得する。マップ生成部1832は、取得した移動体情報MBLに含まれる充電状態情報CGI及び所在位置情報LCIに基づいて、充電状態マップMPを生成する。
(ステップS230)出力部184は、ステップS220において生成された充電状態マップMPを表示装置(不図示)や印刷装置(不図示)などの提示装置に出力する。出力部184が出力する充電状態マップMPの一例を図7に示す。

0064

図7に示す一例において、マップ生成部1832は、充電残量が低下した自動二輪車12の地図上の位置(すなわち、充電残量低下位置40)と、充電ステーション16の地図上の位置とを、地図情報が示す道路の図形に重ねて示す充電状態マップMPを生成する。
マップ生成部1832は、充電ステーション16(充電ステーション16−a及び充電ステーション16−b)の位置を示す充電状態マップMPを生成する。また、マップ生成部1832は、充電残量が低下した自動二輪車12の地図上の位置(充電残量低下位置40−a〜40−d)を示す充電状態マップMPを生成する。

0065

[充電状態マップMPの生成例(1)]
この一例では、マップ生成部1832は、充電残量低下位置40のうち、充電ステーション16の位置に比較的近い充電残量低下位置40と、充電ステーション16の位置から比較的遠い充電残量低下位置40とを区別して、充電状態マップMPを生成する。
具体的な一例として、充電残量低下位置40−eと、充電ステーション16−aとの間の距離は、距離L1である。充電残量低下位置40−bと、充電ステーション16−aとの間の距離は、距離L1よりも遠い距離L2である。この一例の場合、マップ生成部1832は、充電残量低下位置40−eの表示態様(例えば、破線)と、充電残量低下位置40−bの表示態様(例えば、実線)とを互いに異ならせて、充電状態マップMPを生成する。
充電残量低下位置40が、充電ステーション16から遠い場合と、充電ステーション16に近い位置とでは、充電残量が低下した原因が互いに異なることがある。例えば、充電残量低下位置40が充電ステーション16から遠い場合には、自動二輪車12が充電ステーション16にたどり着けずに充電残量が低下したと推認できる。一方、充電残量低下位置40が充電ステーション16に近い場合には、充電ステーション16にたどり着ける状況であるにもかかわらず、他の原因(例えば、自動二輪車12の運転者による充電忘れ)によって充電残量が低下したと推認できる。
この一例のように、充電残量低下位置40と充電ステーション16と間の距離に応じて充電残量低下位置40の表示態様を互いに異ならせるように構成することにより、マップ生成部1832は、増設すべき充電ステーション16の位置をより精度よく提示することができる。

0066

[充電状態マップMPの生成例(2)]
図7に示すように、マップ生成部1832は、充電状態マップMPに充電残量低下エリアOEAを提示してもよい。この充電残量低下エリアOEAは、充電状態マップMPが示す地図内の範囲のうち、充電残量低下位置40の密度が高い範囲を示す。この一例では、充電残量低下エリアOEAには、充電残量低下位置40−b〜40−dを含む。

0067

[充電状態マップMPの生成例(3)]
マップ生成部1832は、サーバ側記憶部182に記憶された移動体情報MBLが示す複数の充電残量低下位置40のすべてを充電状態マップMPに示すのではなく、複数の充電残量低下位置40のうちの一部を充電状態マップMPに示すように構成されてもよい。
例えば、マップ生成部1832は、サーバ側記憶部182に記憶された移動体情報MBLが示す充電残量低下位置40のうち、充電ステーション16の位置に比較的近い充電残量低下位置40については、充電状態マップMPに提示しないように構成することができる。すなわち、マップ生成部1832は、充電残量低下位置40のうち、地図上の位置が充電ステーション16の位置から比較的遠い充電残量低下位置40について充電状態マップMPに提示し、地図上の位置が充電ステーション16の位置に比較的近い充電残量低下位置40について充電状態マップMPに提示しないように構成することができる。
ここで、充電残量低下位置40が充電ステーション16の位置に比較的近い場合には、自動二輪車12は、充電残量が0(ゼロ)、すなわち走行不能になる前に、充電ステーション16に到達できる場合がある。一方、充電残量低下位置40が充電ステーション16の位置から比較的遠い場合には、自動二輪車12は、最寄りの充電ステーション16に到達する前に、充電残量が0(ゼロ)になるおそれがある。この一例の場合、充電残量低下位置40のうち、充電ステーション16の位置に比較的近い充電残量低下位置40に比べて、比較的遠い充電残量低下位置40のほうが、増設すべき充電ステーション16の位置をより適切に示している。
この一例のように充電ステーション16の位置に比較的近い充電残量低下位置40を提示しないように構成することにより、マップ生成部1832は、増設すべき充電ステーション16の位置をより精度よく提示することができる。

0068

[変形例]
図8は、充電状態マップ生成システム1による充電状態マップMPの生成処理の変形例を示す図である。図8においては、移動体情報MBLを自動二輪車12から充電ステーション16を介して管理サーバ18に送信する点において、図6に示した一例と相違する。
より具体的には、移動体情報MBLを自動二輪車12の記憶部122に記憶させておき、自動二輪車12が充電ステーション16に到着した際に、充電ステーション16の通信部165を介して移動体情報MBLを管理サーバ18に送信する点において、図6に示した処理と相違する。
なお、ステップS110〜S130及びステップS210〜S230の各ステップの処理内容は、上述した図6に示す同一符号のステップSの場合と同様であるため、説明を省略する。

0069

(ステップS140)移動体情報生成部1241は、生成した移動体情報MBLを記憶部122に記憶させる。
(ステップS150)自動二輪車12の制御装置124は、自動二輪車12が充電ステーション16に到着したか否かを判定する。具体例として、制御装置124は、移動体通信部123を介して充電ステーション16との通信が可能な状態である場合、自動二輪車12が充電ステーション16に到着したと判定する。
制御装置124は、自動二輪車12が充電ステーション16に到着していないと判定した場合(ステップS150;NO)には、処理をステップS110に戻す。制御装置124は、自動二輪車12が充電ステーション16に到着したと判定した場合(ステップS150;YES)には、処理をステップS160に進める。

0070

(ステップS160)制御装置124は、記憶部122に記憶されている移動体情報MBLを、移動体通信部123を介して充電ステーション16に送信する。
(ステップS310)充電ステーション16の通信部165は、自動二輪車12が送信した移動体情報MBLを受信し、受信した移動体情報MBLを管理サーバ18に対して送信する。すなわち、通信部165は、自動二輪車12が送信した移動体情報MBLを管理サーバ18に対して転送する。
(ステップS210〜S230)上述した図6に示す処理と同様にして、管理サーバ18は、充電状態マップMPを生成し、生成した充電状態マップMPを出力する。

0071

以上説明した実施形態によれば、充電状態マップ生成システム1は、充電状態マップMPを提示する。この充電状態マップMPには、自動二輪車12に装着された着脱式バッテリ14の充電残量が低下した位置、すなわち充電残量低下位置40が示される。この着脱式バッテリ14は、充電ステーション16において充電されるのであるから、充電残量低下位置40は、その付近に充電ステーション16を増設すべきであることを示している。
したがって、実施形態の充電状態マップ生成システム1によれば、充電ステーションを設置すべき地域を検討するための情報を提供することができる。

0072

また、上述した実施形態によれば、マップ生成部1832は、自動二輪車12のうち、装着された着脱式バッテリ14の充電残量が所定の残量未満である自動二輪車12の所在位置を地図上に示した充電状態マップMPを生成する。より具体的には、マップ生成部1832は、自動二輪車12から送信される移動体情報MBLに含まれる電欠情報OEが「電欠あり」を示す場合に、この電欠情報OEを送信した自動二輪車12の所在位置を充電状態マップMPに示す。このように構成された充電状態マップ生成システム1によれば、着脱式バッテリ14の充電残量が「電欠なし」と「電欠あり」とに二値化される。この二値化された着脱式バッテリ14の充電残量に基づいて、マップ生成部1832は、自動二輪車12のうち、装着された着脱式バッテリ14の充電残量が所定の残量未満であるもののみの自動二輪車12の所在位置を地図上に示した充電状態マップMPを生成する。
ここで、着脱式バッテリ14の充電残量が「電欠なし」と「電欠あり」とに二値化されていない場合には、充電状態マップMPには、例えば着脱式バッテリ14の充電残量率が充電状態マップMPに提示される、又は充電残量が比較的多い場合にも、充電残量低下位置40が充電状態マップMPに提示されるなどの状況が発生しうる。この場合、充電状態マップMPに提示される情報が煩雑なものとなり、充電ステーションを設置すべき地域の検討の妨げになることがある。実施形態の充電状態マップ生成システム1によれば、着脱式バッテリ14の充電残量が低下した位置のうち、「電欠あり」と判定された位置が充電状態マップMPに提示され、充電状態マップMPに提示される内容が簡素化されるため、充電ステーションを設置すべき地域をより検討しやすい充電状態マップMPを提供することができる。

0073

また、上述した実施形態によれば、マップ生成部1832は、充電ステーション16の位置を地図上に提示した充電状態マップMPを生成する。このように構成された充電状態マップ生成システム1によれば、地図上において充電ステーション16の設置密度が比較的低い地域を把握させやすくすることができる。

0074

また、上述した実施形態によれば、移動体情報生成部1241は、充電状態情報CGIが示す着脱式バッテリ14の充電残量が所定の残量未満である場合に、移動体情報MBLを送信する。すなわち、移動体情報生成部1241は、充電状態情報CGIが示す着脱式バッテリ14の充電残量が所定の残量未満でない場合、つまり着脱式バッテリ14の充電残量が比較的多い場合には、移動体情報MBLを送信しない。このように構成された充電状態マップ生成システム1によれば、自動二輪車12が移動体情報MBLを送信する頻度を低減することができ、ネットワークNWの通信量を低減したり、自動二輪車12の制御装置124の消費電力を低減したりすることができる。

0075

また、上述した実施形態によれば、自動二輪車12は、充電ステーション16を介して移動体情報MBLを管理サーバ18に送信する。ここで、自動二輪車12が充電ステーション16を介さずに管理サーバ18と通信する場合には、自動二輪車12は、携帯電話通信網など、公衆通信網への接続機能を備える必要が生じる。実施形態の充電状態マップ生成システム1によれば、自動二輪車12が充電ステーション16との通信を行えばよく、自動二輪車12が公衆通信網への接続機能を備えていなくても、移動体情報MBLを管理サーバ18に送信することができる。すなわち、実施形態の充電状態マップ生成システム1によれば、自動二輪車12の通信機能の構成を簡素化することができる。

0076

以上、本発明を実施するための形態について実施形態を用いて説明したが、本発明はこうした実施形態に何等限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において種々の変形及び置換を加えることができる。

0077

1‥充電状態マップ生成システム、12…自動二輪車(移動体)、14…着脱式バッテリ、18…管理サーバ(サーバ装置)、123…移動体通信部(送信部)、141…蓄電池、142…測定センサ、143…BMU、144…バッテリ側記憶部、145…接続部、16…充電ステーション(充電装置)、161…表示部、162…読取部、163…充電部、164…接続部、165…通信部(受信部)、166…ステーション側記憶部、167…ステーション側制御部、184…出力部(提示部)、1241…移動体情報生成部、1832…マップ生成部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アイシン精機株式会社の「 車両用駆動装置」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】車両用駆動装置(1)は、回転電機と、出力部材(O)と、減速用遊星歯車装置(PG2)とを備える。出力部材(O)と減速用遊星歯車装置(PG2)とが同軸にかつ並んで配置されている。減速用遊... 詳細

  • 日産自動車株式会社の「 ハイブリッド車両の制御方法及び制御装置」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】内燃機関と、内燃機関により駆動される発電機と、電力によるカ行駆動及び駆動輪からの入力による回生駆動の両機能を有する走行用モータと、発電機及び走行用モータと電力の授受を行なうバッテリと... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 データ管理装置、データ管理方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】データ管理装置は、利用者の端末装置又は前記利用者に情報提供するサービスプロバイダの装置から、前記利用者のデータを収集する収集部と、前記収集部により収集される対象となる利用者のデータを... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ