図面 (/)

技術 リクエスト処理装置およびリクエスト受付装置

出願人 ソニー株式会社
発明者 大石雄紀栗原研一浅岡聡子貝野由利子首藤綾高橋功平井暢一手島飛鳥竹内太一梶尾祐介
出願日 2017年8月29日 (2年6ヶ月経過) 出願番号 2018-548572
公開日 2019年9月19日 (6ヶ月経過) 公開番号 WO2018-083871
状態 不明
技術分野
  • -
主要キーワード ライブ会場 無人航空機 日本国特許庁 透かし文字 データサーバ装置 無線操縦 リスト提示 オリジナリティ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年9月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

本開示の一実施の形態に係るリクエスト処理装置は、選択部と、出力部とを備えている。選択部は、イベント開催中の撮影により得られた複数の写真データの中から、イベントの開催前または開催中に受け付けリクエスト合致する1または複数の写真データを選択する。出力部は、選択部で選択した1または複数の写真データを出力する。

概要

背景

ライブ会場アミューズメントパークなどのイベント会場では、来場者は、来場思い出として写真プリントグッズを買うことがある。イベント会場で撮影されたオリジナリティ溢れ写真プリントやそのような写真が印刷されたグッズを手に入れることができれば、来場者は、イベントでのドキドキ感や楽しい思い出を、写真プリントやグッズに残すことができる(例えば、非特許文献1参照)。

概要

本開示の一実施の形態に係るリクエスト処理装置は、選択部と、出力部とを備えている。選択部は、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データの中から、イベントの開催前または開催中に受け付けリクエスト合致する1または複数の写真データを選択する。出力部は、選択部で選択した1または複数の写真データを出力する。

目的

来場者が、本当に欲しいと思う写真のプリントもしくはデータや、そのような写真が印刷されたグッズを容易に手に入れることを可能にするリクエスト処理装置およびリクエスト受付装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
- 件
牽制数
- 件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

イベント開催中の撮影により得られた複数の写真データの中から、前記イベントの開催前または開催中に受け付けリクエスト合致する1または複数の前記写真データを選択する選択部と、前記選択部によって選択された1または複数の前記写真データを出力する出力部とを備えたリクエスト処理装置

請求項2

前記イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストと、前記イベントの開催中の撮影により得られた複数の前記写真データに関するデータリストとの対比を行う対比部をさらに備え、前記選択部は、前記対比部での前記対比が行われることにより見つけられた、前記リクエストに合致する1または複数の前記写真データを、前記イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データの中から選択する請求項1に記載のリクエスト処理装置。

請求項3

前記選択部は、前記リクエストに合致する1または複数の前記写真データを、前記イベントの開催中の撮影により得られた複数の前記写真データを記憶する記憶部から読み出すことにより、前記リクエストに合致する1または複数の前記写真データの選択を行う請求項2に記載のリクエスト処理装置。

請求項4

前記出力部は、前記選択部によって選択された1または複数の前記写真データの印刷を指示する請求項1に記載のリクエスト処理装置。

請求項5

イベントの開催中の撮影により得られる予定の1または複数の写真データに関するリクエストを、前記イベントの開催前または開催中に受け付ける受付部と、前記イベントの開催中の撮影により得られた複数の前記写真データの中から、前記受付部で受け付けた前記リクエストに合致する1または複数の前記写真データを選択する外部機器に、前記受付部で受け付けた前記リクエストを送信する送信部とを備えたリクエスト受付装置

請求項6

前記外部機器によって選択された1または複数の前記写真データを受信する受信部をさらに備えた請求項5に記載のリクエスト受付装置。

請求項7

前記外部機器によって選択された1または複数の前記写真データについての情報を受信する受信部をさらに備えた請求項5に記載のリクエスト受付装置。

請求項8

前記送信部は、前記受信部で受信した1または複数の前記写真データに基づいて選択された少なくとも1つの前記写真データについての情報を前記外部機器に送信する請求項6に記載のリクエスト受付装置。

請求項9

前記送信部は、前記受信部で受信した1または複数の前記写真データについての前記情報に基づいて選択された少なくとも1つの前記写真データについての情報を前記外部機器に送信する請求項7に記載のリクエスト受付装置。

技術分野

0001

本開示は、リクエスト処理装置およびリクエスト受付装置に関する。

背景技術

0002

ライブ会場アミューズメントパークなどのイベント会場では、来場者は、来場思い出として写真プリントグッズを買うことがある。イベント会場で撮影されたオリジナリティ溢れ写真プリントやそのような写真が印刷されたグッズを手に入れることができれば、来場者は、イベントでのドキドキ感や楽しい思い出を、写真プリントやグッズに残すことができる(例えば、非特許文献1参照)。

先行技術

0003

http://guide.usj.co.jp/ja/shop/pc/j#shoplist#photo.do

0004

しかし、イベント会場では、あらかじめ決められた場所で撮影された写真プリントしか手に入らなかったり、来場者が望む場所やシチュエーションで、イベント会場内のフォトクルーに出会うことが難しかったりする。そのため、来場者が、本当に欲しいと思う写真のプリントもしくはデータや、そのような写真が印刷されたグッズを手に入れることは容易ではなかった。来場者が、本当に欲しいと思う写真のプリントもしくはデータや、そのような写真が印刷されたグッズを容易に手に入れることを可能にするリクエスト処理装置およびリクエスト受付装置を提供することが望ましい。

0005

本開示の一実施形態に係るリクエスト処理装置は、選択部と、出力部とを備えている。選択部は、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データの中から、イベントの開催前または開催中に受け付けリクエスト合致する1または複数の写真データを選択する。出力部は、選択部で選択した1または複数の写真データを出力する。

0006

本開示の一実施形態に係るリクエスト処理装置では、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データの中から、イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストに合致する1または複数の写真データが選択される。これにより、リクエストに応じた所望の写真データを得ることが可能となる。

0007

本開示の一実施形態に係るリクエスト受付装置は、受付部と、送信部とを備えている。受付部は、イベントの開催中の撮影により得られる予定の1または複数の写真データに関するリクエストを、イベントの開催前または開催中に受け付ける。送信部は、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データの中から、受付部で受け付けたリクエストに合致する1または複数の写真データを選択する外部機器に、受付部で受け付けたリクエストを送信する。

0008

本開示の一実施形態に係るリクエスト受付装置では、イベントの開催中の撮影により得られる予定の1または複数の写真データに関するリクエストが、イベントの開催前または開催中に受け付けら、外部機器に送信される。これにより、リクエストに応じた所望の写真データを得ることが可能となる。

0009

本開示の一実施形態に係るリクエスト処理装置およびリクエスト受付装置によれば、リクエストに応じた所望の写真データを得ることが可能となるようにしたので、来場者が、本当に欲しいと思う写真や、そのような写真が印刷されたグッズを容易に手に入れることが可能になる。なお、本開示の効果は、ここに記載された効果に必ずしも限定されず、本明細書中に記載されたいずれの効果であってもよい。

図面の簡単な説明

0010

本開示の第1の実施の形態に係るリクエスト処理システム概略構成例を表す図である。
印刷シートの斜視構成例を表す図である。
マグカップの斜視構成例を表す図である。
情報記録層断面構成例を表す図である。
図1データサーバ装置機能ブロック例を表す図である。
図5データベースの構成例を表す図である。
図5データリストの構成例を表す図である。
図5のデータリストの構成例を表す図である。
図5のデータリストの概略構成例を表す図である。
図1印刷装置の機能ブロック例を表す図である。
図1ウェブサーバ装置の機能ブロック例を表す図である。
図1端末装置の機能ブロック例を表す図である。
図1のリクエスト処理システムの処理手順の一例を表す図である。
図1のリクエスト処理システムの処理手順の一変形例を表す図である。
本開示の第2の実施の形態に係るリクエスト処理システムの概略構成例を表す図である。
図15のリクエスト処理システムの処理手順の一例を表す図である。
図15のリクエスト処理システムの処理手順の一変形例を表す図である。
図1のリクエスト処理システムの概略構成の一変形例を表す図である。
図15のリクエスト処理システムの概略構成の一変形例を表す図である。
図18図19の端末装置の機能ブロック例を表す図である。

実施例

0011

以下、本開示を実施するための形態について、図面を参照して詳細に説明する。以下の説明は本開示の一具体例であって、本開示は以下の態様に限定されるものではない。なお、説明は以下の順序で行う。

1.第1の実施の形態
ユーザによって予めリクエストされた写真を印刷する例
2.第1の実施の形態の変形例
印刷前に、印刷する写真をユーザに確認させる例
3.第2の実施の形態
リクエストされた写真のデータが端末装置に送信される例
4.第2の実施の形態の変形例
正式発注前に、発注する写真のデータをユーザに確認させる例
5.各実施の形態およびそれらの変形例に共通する変形例
端末装置のカメラが利用される例

0012

<1.第1の実施の形態>
[構成]
本開示の第1の実施の形態に係るリクエスト処理システム1について説明する。図1は、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1の概略構成例を表したものである。リクエスト処理システム1は、イベントの開催前または開催中にユーザからリクエストを受け付け、受け付けたリクエストの内容に合致する写真データを用いて写真プリントやグッズを製作するシステムである。イベントは、例えば、ライブ会場、アミューズメントパーク、結婚式場などのイベント会場で行われるイベントを指している。リクエストは、商品注文におけるユーザの要望についての情報を含んでいる。グッズとは、例えば、特定のイベントにちなんで用意された雑貨類を指す。

0013

写真プリントは、例えば、図2に示したような印刷シート700の印刷面710に対して印刷処理を行うことにより製作される。グッズは、例えば、図3に示したようなマグカップ800の周面にある印刷面810に対して印刷処理を行うことにより製作される。グッズは、例えば、マグカップ800の代わりに、例えば、ウチワカレンダーに設けられた印刷面(印刷面810に相当する面)に対して印刷処理を行うことにより製作されたものであってもよい。印刷面810は、例えば、図4に示したような情報記録層900を有している。

0014

情報記録層900は、様々な情報が視認可能に記録されるものである。情報記録層900は、例えば、基体910と、記録層920,940,960と、断熱層930,950と、保護層970とを有している。記録層920、断熱層930、記録層940、断熱層950、記録層960、保護層970は、基体910の表面に、この順に形成されている。

0015

基体910は、その表面に各層を形成するための基板として機能するものである。基体910は光を透過するものであってもよいし、光を透過しないものであってもよい。光を透過しない場合には、基体910の表面の色は、例えば白色であってもよいし、白色以外の色であってもよい。

0016

記録層920,940,960は、発色状態消色状態との間で可逆的に状態を変化させることができるものである。記録層920,940,960は、発色状態における色が互いに異なる色になるように構成されている。具体的には、この例では、記録層920は、マゼンタ色に発色可能であり、記録層940は、シアン色に発色可能であり、記録層960は、黄色に発色可能である。なお、記録層920,940,960は、上記の例に限定されるものではなく、3つの記録層920,940,960と3色(マゼンタ色、シアン色、黄色)とがどのように対応していてもよい。また、記録層920,940,960は、消色状態では透明になる。これにより、情報記録層900は、広い色域の色を用いて、情報を記録することができるようになっている。

0017

記録層920,940,960のそれぞれは、例えば、ロイコ染料を含んで構成されている。この場合、記録層920,940,960のそれぞれは、例えば、ロイコ染料に加え、顕色剤と、光熱変換材料と、ポリマーとを含んで構成されている。ロイコ染料は、熱により顕色剤と結合して発色状態になり、あるいは顕色剤と分離して消色状態になるものである。3つの記録層920,940,960のロイコ染料は、発色状態における色が互いに異なるものである。光熱変換材料は、赤外光を吸収して熱を発するものである。3つの記録層920,940,960の光熱変換材料は、吸収する赤外光の波長が互いに異なるものである。

0018

断熱層930は、記録層920と記録層940との間で互いに熱が伝わりにくくするためのものである。断熱層950は、記録層940と記録層960との間で互いに熱が伝わりにくくするためのものである。保護層970は、情報記録層900の表面を保護するためのものである。断熱層930,950および保護層970は、透明な材料を用いて構成されている。

0019

上記の構成により、印刷シート700やマグカップ800には、様々な情報を視認可能に記録することができる。具体的には、情報記録層900に情報(文字や図形)を記録する場合には、その文字パターン図形パターンに基づいて赤外光が情報記録層900に照射される。この赤外光の波長は、記録したい文字や図形の色に応じた波長に設定される。記録層920,940,960のそれぞれでは、光熱変換材料が、その光熱変換材料に対応する波長の赤外光を吸収して熱を発する。そして、その光熱変換材料により生じた熱により、ロイコ染料が顕色剤と結合して発色状態になり、あるいは顕色剤と分離して消色状態になる。このようにして、印刷シート700やマグカップ800には、様々な情報が視認可能に記録される。また、印刷シート700やマグカップ800では、この視認可能に記録された情報を書き換えることもできるようになっている。

0020

なお、リクエスト処理システム1は、情報記録層900の設けられていない印刷シートやグッズの印刷面に対して、インクを塗布することによる印刷処理を行うことにより、写真プリントまたはグッズの製作を行うようになっていてもよい。

0021

リクエスト処理システム1は、例えば、1または複数の撮像装置200、データサーバ装置300、印刷装置400、ウェブサーバ装置500および1または複数の端末装置600を備えている。1または複数の撮像装置200、データサーバ装置300、印刷装置400、ウェブサーバ装置500および1または複数の端末装置600は、ネットワーク100を介して相互に接続される。ネットワーク100は、例えば、インターネット標準的に利用されている通信プロトコル(TCP/IP)を用いて通信を行うネットワークである。ネットワーク100は、例えば、そのネットワーク独自の通信プロトコルを用いて通信を行うセキュアなネットワークであってもよい。ネットワーク100は、例えば、インターネット、イントラネット、または、ローカルエリアネットワークである。ネットワーク100と、1または複数の撮像装置200、データサーバ装置300、印刷装置400、ウェブサーバ装置500または1または複数の端末装置600との接続は、例えば、有線LAN(Local Area Network)であってもよいし、Wi−Fi等の無線LANや、携帯電話回線などであってもよい。

0022

1または複数の撮像装置200は、例えば、イベント会場内の所定の位置に配置されたフォトクルー(撮影者)、または、無線操縦されるマルチプター式の無人航空機などによって保持されている。「イベント会場内の所定の位置」としては、例えば、舞台裏などの、主催者しか立ち入れない場所や、イベント会場の上空などが挙げられる。各撮像装置200は、撮像により得られた写真データ210を、ネットワーク100を介してデータサーバ装置300に出力する。

0023

(データサーバ装置300)
図5は、データサーバ装置300の概略構成例を表したものである。データサーバ装置300は、例えば、データリスト312,313を記憶している。データリスト312,313は、例えば、1または複数の撮像装置200で得られた各写真データ210の撮影場所や、各写真データ210に含まれる被写体、各写真データ210の撮影時の状況などを分析するためのデータリストである。

0024

データサーバ装置300は、例えば、記憶部310、通信部320および制御部330を有している。制御部330は、通信部320を介して外部から入力された情報を処理したり、記憶部310から読み出した情報を、通信部320を介して外部に出力したりする。通信部320は、ネットワーク100を介して、他の機器と通信を行う。

0025

記憶部310は、例えば、不揮発性メモリによって構成されており、例えば、EEPROM(Electrically Erasable Programmable Read-Only Memory)、フラッシュメモリ抵抗変化型メモリなどによって構成されている。記憶部310には、例えば、1または複数の撮像装置200から入力された複数の写真データ210が記憶される。各写真データ210は、例えば、画像データと、画像データに付加された付加情報およびファイル名とを含んでいる。この付加情報には、例えば、撮影日および撮影時刻などが含まれている。記憶部310には、さらに、例えば、1または複数の端末装置600から入力された複数のリクエストデータ611が記憶される。記憶部310は、例えば、図5に示したように、検索蓄積が容易にできるよう整理されたデータベース314を有している。複数のリクエストデータ611は、例えば、データベース314に格納される。

0026

図6は、データベース314の構成例を表したものである。図6には、イベントが2名のアーティスト(A君およびB君)からなるグループによるライブであるときのデータベース314の構成例が示されている。以下では、データベース314が図6に示した構成となっているものとして説明する。なお、データベース314は、図6に示した構成に限定されるものではない。

0027

各リクエストデータ611には、例えば、個々のリクエストデータ611を識別するためのリクエストID(Identification)が付加される。各リクエストデータ611は、商品注文におけるユーザの要望についての情報を含んでいる。従って、リクエスト処理システム1は、ユーザからのリクエストデータ611の受け付けを、商品注文として扱うことができる。このとき、リクエストデータ611は、注文としての側面を有している。各リクエストデータ611は、例えば、商品形態と、撮影場所と、被写体と、曲番および曲名の少なくとも一方とを含んでいる。商品形態は、写真データ210をどのような形態で商品化するかを示す情報であり、例えば、写真またはグッズなどの情報を含んでいる。グッズとしては、例えば、マグカップまたはウチワなどが挙げられる。撮影場所は、写真データ210の撮影場所であり、例えば、イベント会場における特定の場所を示す情報を含んでいる。被写体は、写真データ210に写り込んでいる被写体についての情報であり、例えば、アーティストの名前(A君、B君または全員)を含んでいる。曲番は、ライブで演奏される曲の順番である。曲名は、ライブで演奏される曲のタイトルである。

0028

記憶部310には、さらに、例えば、データリスト311が記憶される。データリスト311は、イベントの開催中の、1または複数の撮像装置200による撮影により得られた複数の写真データ210に関するデータリストである。データリスト311は、例えば、図7に示したように、イベントの開催中の、1または複数の撮像装置200による撮影により得られた個々の写真データ210を識別するための写真IDを含んでいる。データリスト311は、さらに、例えば、図7に示したように、写真IDごとに割り当てられた写真データ210のファイル名および撮影時刻を含んでいる。

0029

データリスト311に含まれるファイル名は、写真データ210から読み出されたファイル名である。写真データ210に含まれるファイル名は、例えば、撮像装置200ごとに割り当てられた固有記号を含んでいる。例えば、写真データ210に含まれるファイル名において、ファイル名の先頭が、撮像装置200ごとに割り当てられた固有の記号となっている。ファイル名に含まれる固有の記号は、そのファイル名が含まれる写真データ210を生成した撮像装置200の固有の記号に対応している。データリスト311に含まれる撮影時刻は、写真データ210が生成された時刻についての情報であり、具体的には、写真データ210から読み出された撮影時刻である。

0030

記憶部310は、例えば、あらかじめ、データリスト312,313を記憶している。データリスト312は、例えば、図8に示したように、複数のファイル名と、ファイル名ごとに関連付けられた撮影場所および被写体についての情報とを含んでいる。データリスト312に含まれる各ファイル名は、例えば、各写真データ210に含まれるファイル名の先頭についての情報を含んでいる。撮像装置200ごとに、撮影場所や被写体が決められている場合であっても、かつ、写真データ210のファイル名の先頭が、撮像装置200ごとに付与された固有の記号となっている場合には、写真データ210のファイル名の先頭についての情報から、写真データ210の撮影場所と、写真データ210に写り込んでいる被写体が一義的に特定される。

0031

データリスト313は、例えば、図9に示したように、時間帯と、時間帯ごとに関連付けられた曲番および曲名についての情報とを含んでいる。データリスト313に含まれる各時間帯は、例えば、ライブにおいて曲ごとに割り当てられた時間帯についての情報である。データリスト313に含まれる曲番は、ライブにおいて演奏される曲の順番についての情報である。データリスト313に含まれる曲名は、ライブにおいて演奏される曲のタイトルについての情報である。

0032

(印刷装置400)
印刷装置400は、データサーバ装置300から入力された信号に基づいて、印刷処理を行う。印刷装置400は、例えば、情報記録層900を有する印刷シート700もしくはマグカップ800の印刷面810に対する印刷処理を行う。印刷装置400は、例えば、情報記録層900を有しないものの印刷面に対して、インクを塗布することによる印刷処理を行うようになっていてもよい。

0033

図10は、印刷装置400の概略構成例を表したものである。印刷装置400は、例えば、印刷部410、記憶部420、通信部430および制御部440を有している。制御部440は、プロセッサを含んで構成されている。制御部440は、例えば、通信部430を介して外部から入力された情報(印刷データ)を印刷部410に出力する。制御部440は、さらに、例えば、通信部430を介して外部から入力された情報(印刷データ)を記憶部420に記憶させる。通信部430は、ネットワーク100を介して、他の機器と通信を行う。印刷部410は、例えば、制御部440から入力された印刷データに基づいて、印刷処理を行う。印刷部410における印刷処理としては、例えば、ロイコ染料を含む情報記録層900に対してレーザを照射する処理や、印刷面に対してインクを塗布する処理が挙げられる。なお、通信部430を介して外部から入力された情報が、印刷データに変換されていない場合には、制御部440は、例えば、通信部430を介して外部から入力された情報を、印刷データに変換し、印刷部410に出力する。

0034

(ウェブサーバ装置500)
図11は、ウェブサーバ装置500の概略構成例を表したものである。ウェブサーバ装置500は、端末装置600におけるユーザインターフェースを提供するとともに、受け付けたリクエストデータ611に対する結果を演算する。ウェブサーバ装置500は、例えば、記憶部510、通信部520および制御部530を有している。ウェブサーバ装置500は、本技術の「リクエスト処理装置」「外部機器」の一具体例に対応する。

0035

通信部520は、ネットワーク100を介して、リクエスト処理システム1内の他の装置(データサーバ装置300等)と通信を行う。記憶部510は、例えば、不揮発性メモリによって構成されており、例えば、EEPROM、フラッシュメモリ、抵抗変化型メモリなどによって構成されている。記憶部510は、制御部530によって実行されるプログラム(例えば、ウェブサーバプログラム511や、ウェブアプリケーションプログラム512)などを記憶している。ウェブアプリケーションプログラム512は、ネットワーク100を介して使用するアプリケーションプログラムである。ウェブアプリケーションプログラム512は、ウェブサーバプログラム511と後述のウェブブラウザプログラム612とが協調することによって動作する。制御部530は、プロセッサを含んで構成されており、例えば、記憶部510に記憶されたウェブサーバプログラム511や、ウェブアプリケーションプログラム512などを実行する。制御部530の機能は、例えば、制御部530によって、ウェブサーバプログラム511やウェブアプリケーションプログラム512が実行されることによって実現される。

0036

具体的には、制御部530は、イベントの開催前または開催中に、リクエストデータ611を、端末装置600および通信部520を介して受け付ける。リクエストデータ611は、ユーザによって端末装置600に入力された情報である。制御部530は、リクエストデータ611を受け付けると、リクエストデータ611を、通信部620を介して記憶部310のデータベース314に格納する。制御部530は、リクエストデータ611を受け付けると、さらに、データサーバ装置300からデータリスト311,312,313を読み出す。制御部530は、例えば、リクエストデータ611を受け付けた後の所定のタイミングに、データサーバ装置300からデータリスト311,312,313を読み出す。「所定のタイミング」は、例えば、イベント終了時、または、ユーザによって指定されたタイミングである。

0037

制御部530は、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データ210の中から、イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210を選択する。具体的には、制御部530は、イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストデータ611と、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データ210に関するデータリスト311,312,313との対比を行う。制御部530は、例えば、リクエストデータ611に含まれる情報(例えば、撮影場所、被写体、曲番、曲名など)と、データリスト311に含まれる各ファイル名と関連付けられた情報(例えば、撮影場所、被写体、曲番、曲名など)とを対比する。制御部530は、例えば、対比が行われることにより見つけられた、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210を、データサーバ装置300の記憶部310から読み出す。制御部530は、例えば、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210を、データサーバ装置300の記憶部310から読み出すことにより、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210の選択を行う。

0038

制御部530は、例えば、読み出した1または複数の写真データ210を印刷データに変換し、変換により得られた印刷データを、通信部520を介して印刷装置400に出力する。印刷データは、印刷装置400によって理解可能なスクリプト記述されたデータである。印刷装置400が、外部から入力された情報を印刷データに変換する機能を有している場合には、制御部530は、読み出した1または複数の写真データ210を印刷データに変換せずに、通信部520を介して印刷装置400に出力してもよい。

0039

(端末装置600)
図12は、端末装置600の概略構成例を表したものである。端末装置600は、本技術の「リクエスト受付装置」の一具体例に対応する。

0040

端末装置600は、例えば、記憶部610、通信部620、受付部630、表示部640および制御部650を有している。表示部640は、例えば、液晶パネル有機ELパネルなどで構成されている。受付部630は、端末装置600におけるユーザインターフェースであり、例えば、表示部640の表示面に表示されるGUIグラフィカルユーザインターフェース)である。記憶部610は、制御部650によって実行されるプログラム(例えば、ウェブブラウザプログラム612や、オペレーティングシステム)などを記憶している。記憶部610には、例えば、リクエストデータ611が記憶される。

0041

制御部650は、プロセッサを含んで構成されており、記憶部610に記憶されたウェブブラウザプログラム612や、オペレーティングシステムなどを実行する。通信部620は、ネットワーク100を介して、リクエスト処理システム1内の他の装置(ウェブサーバ装置500等)と通信を行う。端末装置600におけるユーザインターフェース(受付部630)は、例えば、ウェブサーバ装置500から取得したアプリケーション(例えばhtmlデータ)をウェブブラウザプログラム612で処理することにより実現される。

0042

制御部650は、イベントの開催前または開催中に、ユーザからの入力を受け付ける。具体的には、制御部650は、イベントの開催前または開催中に、イベントの開催中の撮影により得られる予定の1または複数の写真データ210に関するリクエストデータ611を受け付ける。制御部650は、例えば、リクエストデータ611を受け付ける際に、商品形態、撮影場所、被写体、曲番および曲名ごとに、選択肢としてのリスト提示(表示)させるための映像信号を生成し、表示部640に出力してもよい。以下、このときの映像信号を、「リスト提示用の映像信号」と称する。このとき、表示部640は、制御部650から入力されたリスト提示用の映像信号に基づいて、商品形態、撮影場所、被写体、曲番および曲名ごとに、選択肢としてのリストを提示(表示)することができる。これにより、制御部650は、ユーザに対して、リクエストデータ611の入力を促すことができる。また、制御部650が、リスト提示用の映像信号の出力をイベントの開催前または開催中に限定することで、ユーザによるリクエストデータ611の入力時期をイベントの開催前または開催中に限定することもできる。

0043

制御部650は、受け付けたリクエストデータ611を、通信部620を介してウェブサーバ装置500に送信する。制御部650は、例えば、リクエストデータ611に対する結果を、通信部620を介してウェブサーバ装置500から受信する。リクエストデータ611に対する結果は、例えば、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210についての情報、または、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210である。「1または複数の写真データ210についての情報」は、例えば、写真データ210の撮影場所、写真データ210に写り込んでいる被写体、写真データ210を撮影した時の状況などである。「写真データ210を撮影した時の状況」とは、例えば、写真データ210を撮影した時に流れていた曲の名前またはその曲の曲番などである。

0044

制御部650は、例えば、受信した結果を映像信号に変換し、それにより得られた映像信号を表示部640に出力する。表示部640は、制御部650から入力された映像信号に基づいて、受信した結果を表示する。受信した結果は、例えば、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210についての情報、または、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210である。制御部650は、例えば、受信した結果に基づいてユーザによって選択された少なくとも1つの写真データ210についての情報を、通信部620を介してウェブサーバ装置500に送信する。

0045

[動作]
次に、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1の処理手順について説明する。図13は、リクエスト処理システム1の処理手順の一例を表したものである。

0046

ユーザは、端末装置600を用いて、特定のイベントの写真プリントもしくは写真データまたはグッズの注文を行う。具体的には、まず、ユーザは、特定のイベントの写真プリントもしくは写真データまたはグッズの注文を行うためのユーザインターフェース(受付部630)の起動を端末装置600に指示する。すると、端末装置600(制御部650)は、ウェブサーバ装置500から取得したアプリケーションをウェブブラウザプログラム612で処理する。これにより、端末装置600(制御部650)は、特定のイベントの写真プリントもしくは写真データまたはグッズの注文を行うためのユーザインターフェース(受付部630)を表示部640の表示面に表示させる。端末装置600(受付部630)は、ユーザに対して、特定のイベントに対するリクエストデータ611の入力を促す。ユーザが受付部630にリクエストデータ611を入力すると、端末装置600(受付部630)は、ユーザからのリクエストデータ611を受け付ける(ステップS101)。このとき、リクエストデータ611は、端末装置600(受付部630)にとって、注文としての側面を有している。続いて、端末装置600(受付部630)は、受け付けたリクエストデータ611を、通信部620を介してウェブサーバ装置500に送信する(ステップS102)。

0047

その後、ウェブサーバ装置500(制御部530)は、リクエストデータ611を、通信部520を介して受信する。次に、ウェブサーバ装置500(制御部530)は、受信したリクエストデータ611を、通信部520を介してデータサーバ装置300に送信する(ステップS103)。データサーバ装置300(制御部330)は、リクエストデータ611を、通信部320を介して受信し、記憶部310のデータベース314に格納する。ウェブサーバ装置500(制御部530)は、さらに、例えば、リクエストデータ611を受け付けた後の所定のタイミングに、データサーバ装置300(記憶部310)から、データリスト311,312,313を読み出す(ステップS104)。

0048

次に、ウェブサーバ装置500(制御部530)は、イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストデータ611と、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データ210に関するデータリスト311,312,313との対比を行う。ウェブサーバ装置500(制御部530)は、例えば、リクエストデータ611に含まれる情報(例えば、撮影場所、被写体、曲番、曲名など)と、データリスト311に含まれる各ファイル名と関連付けられた情報(例えば、撮影場所、被写体、曲番、曲名など)とを対比する(ステップS105)。ウェブサーバ装置500(制御部530)は、対比が行われることにより見つけられた、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210を、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データ210の中から選択する(ステップS106)。ウェブサーバ装置500(制御部530)は、例えば、対比が行われることにより見つけられた、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210を、データサーバ装置300の記憶部310から読み出すことにより、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210の選択を行う。

0049

ウェブサーバ装置500(制御部530)は、選択した1または複数の写真データ210、または、選択した1または複数の写真データ210についての情報210Aを、通信部520を介して端末装置600に送信する(ステップS107)。このとき、ウェブサーバ装置500(制御部530)は、例えば、選択した1または複数の写真データ210に対して解像度を大幅に低下させたもの、または、選択した1または複数の写真データ210に対して「SAMPLE」などの透かし文字重畳させたものを端末装置600に送信してもよい。端末装置600(制御部650)は、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210、または、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210についての情報210Aをウェブサーバ装置500から受信する。端末装置600(制御部650)は、ウェブサーバ装置500から受信した1または複数の写真データ210または情報210Aを映像信号に変換し、それにより得られた映像信号を表示部640に出力する。表示部640は、制御部650から入力された映像信号に基づいて、1または複数の写真データ210または情報210Aを表示する(ステップS108)。

0050

ウェブサーバ装置500(制御部530)は、選択した1または複数の写真データ210の印刷を印刷装置400に指示する。具体的には、ウェブサーバ装置500(制御部530)は、選択した1または複数の写真データ210を印刷データに変換し、変換により得られた印刷データを、通信部520を介して印刷装置400に出力する(ステップS109)。最後に、印刷装置400は、入力された印刷データに基づいて、印刷処理を行う(ステップS110)。これにより、選択された写真データ210が印刷された、写真プリントまたはグッズが製作される。

0051

[効果]
次に、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1の効果について説明する。

0052

ライブ会場やアミューズメントパークなどのイベント会場では、来場者は、来場の思い出として写真プリントやグッズを買うことがある。イベント会場で撮影されたオリジナリティ溢れる写真のプリントやそのような写真が印刷されたグッズを手に入れることができれば、来場者は、イベントでのドキドキ感や楽しい思い出を、写真プリントやグッズに残すことができる。

0053

しかし、イベント会場では、あらかじめ決められた場所で撮影された写真プリントしか手に入らなかったり、来場者が望む場所やシチュエーションで、イベント会場内のフォトクルーに出会うことが難しかったりする。そのため、来場者が、本当に欲しいと思う写真のプリントもしくはデータや、そのような写真が印刷されたグッズを手に入れることは容易ではない。

0054

一方、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1では、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データ210の中から、イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210が選択される。これにより、リクエストデータ611に応じた所望の写真データ210を得ることが可能となる。その結果、ユーザ(来場者)が、本当に欲しいと思う写真や、そのような写真が印刷されたグッズを容易に手に入れることが可能になる。

0055

また、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1では、イベントの開催中の撮影により得られる予定の1または複数の写真データ210に関するリクエストデータ611が、イベントの開催前または開催中に受け付けら、ウェブサーバ装置500に送信される。これにより、リクエストデータ611に応じた所望の写真データを得ることが可能となる。

0056

また、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1では、イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストデータ611と、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データ210に関するデータリスト311,312,313との対比が行われる。ここで、データリスト311は、写真データ210には通常備わっている情報で構成されており、データリスト312,313から、写真データ210に通常備わっている情報に対応する情報(例えば、撮影場所、被写体、曲番、曲名)が得られる。これにより、簡単な演算処理を行うだけで、リクエストデータ611に応じた所望の写真データを得ることが可能となる。

0057

また、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1では、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210が、ウェブサーバ装置500によってデータサーバ装置300の記憶部310から読み出される。これにより、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210の選択が行われるので、リクエストデータ611に応じた所望の写真データ210を得ることが可能となる。その結果、ユーザ(来場者)が本当に欲しいと思う写真や、そのような写真が印刷されたグッズを容易に手に入れることが可能になる。

0058

また、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1では、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210の印刷がウェブサーバ装置500によって印刷装置400に指示される。これにより、ユーザ(来場者)が本当に欲しいと思う写真や、そのような写真が印刷されたグッズを製作することができる。

0059

また、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1では、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210が端末装置600で受信される。これにより、端末装置600において、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210を表示することができるので、ユーザ(来場者)は、受け取る予定の写真、または受け取る予定のグッズに印刷される写真を端末装置600で確認することができる。

0060

また、本実施の形態に係るリクエスト処理システム1では、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210についての情報210Aが端末装置600で受信される。これにより、端末装置600において、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210についての情報210Aを表示することができるので、ユーザ(来場者)は、受け取る予定の写真についての情報、または受け取る予定のグッズに印刷される写真についての情報を端末装置600で確認することができる。

0061

<2.第1の実施の形態の変形例>
次に、上記実施の形態に係るリクエスト処理システム1の変形例について説明する。なお、以下では、上記実施の形態と共通する構成要素に対しては、同一の符号が付与される。さらに、上記実施の形態と共通する構成要素についての説明は、適宜、省略されるものとする。

0062

図14は、リクエスト処理システム1の処理手順の一変形例を表したものである。図14では、図13に記載の処理手順に、図14に記載のステップS111〜S113が追加され、さらに、図13に記載のステップS109,S110が省略されている。以下では、ステップS111以降の手順について説明する。本変形例では、リクエスト処理システム1は、クエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210を用いて印刷する前にユーザに印刷の要否を確認させる。

0063

端末装置600(制御部650)は、ステップ108において、1または複数の写真データ210、または1または複数の写真データ210についての情報210Aを表示している時に、1または複数の写真データ210の発注(選択)を促す。このとき、ユーザが、表示されている1または複数の写真データ210、または表示されている1または複数の写真データ210についての情報210Aに基づいて、少なくとも1つの写真データ210について発注(選択)をしたとする。このとき、端末装置600(通信部620)は、ユーザによって発注(選択)された1または複数の写真データ210についての発注情報選択情報)をウェブサーバ装置500に送信する(ステップS111)。

0064

ウェブサーバ装置500(制御部530)は、入力された発注情報(選択情報)に対応する1または複数の写真データ210の印刷を印刷装置400に指示する。具体的には、ウェブサーバ装置500(制御部530)は、入力された発注情報(選択情報)に対応する1または複数の写真データ210を印刷データに変換し、変換により得られた印刷データを、通信部520を介して印刷装置400に出力する(ステップS112)。最後に、印刷装置400は、入力された印刷データに基づいて、印刷処理を行う(ステップS113)。これにより、選択された写真データ210が印刷された、写真プリントまたはグッズが製作される。

0065

本変形例では、ユーザによって発注(選択)された1または複数の写真データ210についての発注情報(選択情報)がウェブサーバ装置500に送信される。これにより、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210の中から、ユーザ(来場者)が本当に欲しいと思う写真が選択される。その結果、ユーザ(来場者)が本当に欲しいと思う写真や、そのような写真が印刷されたグッズを確実に手に入れることが可能になる。

0066

<3.第2の実施の形態>
次に、本開示の第2の実施の形態に係るリクエスト処理システム2について説明する。

0067

[構成]
図15は、本実施の形態に係るリクエスト処理システム2の概略構成例を表したものである。リクエスト処理システム2は、イベントの開催前または開催中にユーザからリクエストを受け付け、受け付けたリクエストの内容に合致する写真データをユーザの端末に送信するシステムである。リクエスト処理システム2は、リクエスト処理システム1において、印刷装置400が省略されたシステムに相当する。

0068

[動作]
本実施の形態に係るリクエスト処理システム2の処理手順について説明する。図16は、リクエスト処理システム1の処理手順の一例を表したものである。

0069

ユーザは、端末装置600を用いて、特定のイベントの写真データの注文を行う。具体的には、まず、ユーザは、特定のイベントの写真データの注文を行うためのユーザインターフェース(受付部630)の起動を端末装置600に指示する。すると、端末装置600(制御部650)は、ウェブサーバ装置500から取得したアプリケーションをウェブブラウザプログラム612で処理する。これにより、端末装置600(制御部650)は、特定のイベントの写真データの注文を行うためのユーザインターフェース(受付部630)を表示部640の表示面に表示させる。端末装置600(受付部630)は、ユーザに対して、特定のイベントに対するリクエストデータ611の入力を促す。ユーザが受付部630にリクエストデータ611を入力すると、端末装置600(受付部630)は、ユーザからのリクエストデータ611を受け付ける(ステップS101)。このとき、リクエストデータ611は、端末装置600(受付部630)にとって、注文としての側面を有している。続いて、端末装置600(受付部630)は、受け付けたリクエストデータ611を、通信部620を介してウェブサーバ装置500に送信する(ステップS102)。

0070

その後のウェブサーバ装置500(制御部530)およびデータサーバ装置300(制御部330)での処理(ステップS103〜S106)は、上記実施の形態での処理(ステップS103〜S106)と同様である。

0071

ウェブサーバ装置500(制御部530)は、選択した1または複数の写真データ210を、通信部520を介して端末装置600に送信する(ステップS107)。端末装置600(制御部650)は、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210をウェブサーバ装置500から受信する。端末装置600(制御部650)は、ウェブサーバ装置500から受信した1または複数の写真データ210を映像信号に変換し、それにより得られた映像信号を表示部640に出力する。表示部640は、制御部650から入力された映像信号に基づいて、1または複数の写真データ210または情報210Aを表示する(ステップS108)。

0072

[効果]
本実施の形態に係るリクエスト処理システム2では、イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データ210の中から、イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210が選択される。これにより、リクエストデータ611に応じた所望の写真データ210を得ることが可能となる。その結果、ユーザ(来場者)が、本当に欲しいと思う写真のデータを容易に手に入れることが可能になる。また、本実施の形態に係るリクエスト処理システム2では、上記実施の形態に係るリクエスト処理システム1の効果と同様の効果を得ることができる。

0073

また、本実施の形態に係るリクエスト処理システム2では、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210が端末装置600で受信される。これにより、ユーザは、ウェブサーバ装置500によって選択された1または複数の写真データ210を得ることができる。その結果、ユーザ(来場者)が、本当に欲しいと思う写真のデータを容易に手に入れることが可能になる。

0074

<4.第2の実施の形態の変形例>
次に、上記第2の実施の形態に係るリクエスト処理システム2の変形例について説明する。以下では、上記第2実施の形態と共通する構成要素に対しては、同一の符号が付与される。さらに、上記第2実施の形態と共通する構成要素についての説明は、適宜、省略されるものとする。

0075

図17は、リクエスト処理システム2の処理手順の一変形例を表したものである。図17では、図16に記載の処理手順に、図17に記載のステップS111が追加されている。以下では、ステップS111の手順について説明する。本変形例では、リクエスト処理システム2は、ウェブサーバ装置500から受信した1または複数の写真データ210の中から、ユーザが必要と思う1または複数の写真データ210を選択させる。

0076

本変形例では、ウェブサーバ装置500(制御部530)は、選択した1または複数の写真データ210に対して解像度を大幅に低下させたもの、または、選択した1または複数の写真データ210に対して「SAMPLE」などの透かし文字を重畳させたものを端末装置600に送信する(ステップS107)。以下では、ウェブサーバ装置500(制御部530)が端末装置600に送信した1または複数の写真データ210を、「1または複数の写真データ210’」と称する。

0077

端末装置600(制御部650)は、ステップ108において、1または複数の写真データ210’を表示している時に、1または複数の写真データ210の発注(選択)を促す。このとき、ユーザが、表示されている1または複数の写真データ210’に基づいて、少なくとも1つの写真データ210について発注(選択)をしたとする。このとき、端末装置600(通信部620)は、ユーザによって発注(選択)された1または複数の写真データ210についての発注情報(選択情報)をウェブサーバ装置500に送信する(ステップS111)。ウェブサーバ装置500(制御部530)は、入力された発注情報(選択情報)に対応する1または複数の写真データ210を端末装置600に送信する(ステップS114)。これにより、ユーザが選択した1または複数の写真データ210が得られる。

0078

本変形例では、ユーザによって発注(選択)された1または複数の写真データ210についての発注情報(選択情報)がウェブサーバ装置500に送信される。これにより、リクエストデータ611に合致する1または複数の写真データ210の中から、ユーザ(来場者)が本当に欲しいと思う写真が選択される。その結果、ユーザ(来場者)が本当に欲しいと思う写真や、そのような写真が印刷されたグッズを確実に手に入れることが可能になる。

0079

<5.上記の各実施の形態およびそれらの変形例に共通する変形例>
上記の各実施の形態およびそれらの変形例において、例えば、図18図19に示したように、撮像装置200が省略されていてもよい。ただし、この場合には、端末装置600は、例えば、図20に示したように、撮像装置200に相当する撮像部660を有している。このように、撮像装置200に相当する撮像部660が端末装置600に設けられている場合には、ユーザ自身が、撮像部660を用いて複数の写真データ210を取得することになる。本変形例では、上記の各実施の形態およびそれらの変形例と同様の効果が得られる。

0080

以上、実施の形態およびその変形例を挙げて本開示を説明したが、本開示は上記実施の形態等に限定されるものではなく、種々変形が可能である。なお、本明細書中に記載された効果は、あくまで例示である。本開示の効果は、本明細書中に記載された効果に限定されるものではない。本開示が、本明細書中に記載された効果以外の効果を持っていてもよい。

0081

また、例えば、本開示は以下のような構成を取ることができる。
(1)
イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データの中から、前記イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストに合致する1または複数の前記写真データを選択する選択部と、
前記選択部によって選択された1または複数の前記写真データを出力する出力部と
を備えた
リクエスト処理装置。
(2)
前記イベントの開催前または開催中に受け付けたリクエストと、前記イベントの開催中の撮影により得られた複数の前記写真データに関するデータリストとの対比を行う対比部をさらに備え、
前記選択部は、前記対比部での前記対比が行われることにより見つけられた、前記リクエストに合致する1または複数の前記写真データを、前記イベントの開催中の撮影により得られた複数の写真データの中から選択する
(1)に記載のリクエスト処理装置。
(3)
前記選択部は、前記リクエストに合致する1または複数の前記写真データを、前記イベントの開催中の撮影により得られた複数の前記写真データを記憶する記憶部から読み出すことにより、前記リクエストに合致する1または複数の前記写真データの選択を行う
(2)に記載のリクエスト処理装置。
(4)
前記出力部は、前記選択部によって選択された1または複数の前記写真データの印刷を指示する
(1)ないし(3)のいずれか一項に記載のリクエスト処理装置。
(5)
イベントの開催中の撮影により得られる予定の1または複数の写真データに関するリクエストを、前記イベントの開催前または開催中に受け付ける受付部と、
前記イベントの開催中の撮影により得られた複数の前記写真データの中から、前記受付部で受け付けた前記リクエストに合致する1または複数の前記写真データを選択する外部機器に、前記受付部で受け付けた前記リクエストを送信する送信部と
を備えた
リクエスト受付装置。
(6)
前記外部機器によって選択された1または複数の前記写真データを受信する受信部をさらに備えた
(5)に記載のリクエスト受付装置。
(7)
前記外部機器によって選択された1または複数の前記写真データについての情報を受信する受信部をさらに備えた
(5)に記載のリクエスト受付装置。
(8)
前記送信部は、前記受信部で受信した1または複数の前記写真データに基づいて選択された少なくとも1つの前記写真データについての情報を前記外部機器に送信する
(6)に記載のリクエスト受付装置。
(9)
前記送信部は、前記受信部で受信した1または複数の前記写真データについての前記情報に基づいて選択された少なくとも1つの前記写真データについての情報を前記外部機器に送信する
(7)に記載のリクエスト受付装置。

0082

本出願は、日本国特許庁において2016年11月7日に出願された日本特許出願番号第2016−217355号を基礎として優先権を主張するものであり、この出願のすべての内容を参照によって本出願に援用する。

0083

業者であれば、設計上の要件や他の要因に応じて、種々の修正コンビネーションサブコンビネーション、および変更を想到し得るが、それらは添付の請求の範囲やその均等物の範囲に含まれるものであることが理解される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ