図面 (/)

技術 端末装置、基地局装置、通信方法、および、集積回路

出願人 シャープ株式会社鴻穎創新有限公司
発明者 鈴木翔一相羽立志大内渉林貴志吉村友樹劉麗清今村公彦
出願日 2017年6月29日 (4年7ヶ月経過) 出願番号 2018-525256
公開日 2019年4月25日 (2年9ヶ月経過) 公開番号 WO2018-003913
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム エラーの検出、防止
主要キーワード 再イニシャライズ 洗濯機器 キッチン機器 生活機器 半永続的 再初期設定 時間ユニット 半持続的
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年4月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

端末装置は、第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを受信し、第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを受信し、前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信を行い、前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する。

概要

背景

セルラー移動通信無線アクセス方式および無線ネットワーク(以下、「Long Term Evolution (LTE)」、または、「Evolved Universal Terrestrial Radio Access : EUTRA」と称する)が、第三世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project: 3GPP)において検討されている(非特許文献1)。LTEでは、基地局装置をeNodeB(evolved NodeB)、端末装置をUE(User Equipment)とも称する。LTEは、基地局装置がカバーするエリアセル状に複数配置するセルラー通信システムである。ここで、単一の基地局装置は複数のセルを管理してもよい。

3GPPにおいて、待ち時間縮小強化(latency reduction enhancements)が検討されている。例えば、待ち時間の縮小の強化として、スケジューリングリクエスト高速グラント(Scheduling request first grant)や事前スケジュールされた高速のグラント(Pre-scheduled first grant)が検討されている(非特許文献2)。

概要

端末装置は、第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを受信し、第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを受信し、前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信を行い、前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する。

目的

本発明の一態様は、上りリンクデータを効率的に送信することができる端末装置、基地局装置、通信方法、および、集積回路を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも1つのプロセッサ、および、メモリを備え、前記少なくとも1つのプロセッサは、 第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを受信し、 第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを受信し、 前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信を行い、 前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する端末装置

請求項2

少なくとも1つのプロセッサ、および、メモリを備え、前記少なくとも1つのプロセッサは、 第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを送信し、 第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを送信し、 前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信の受信を行い、 前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する基地局装置

請求項3

端末装置の通信方法であって、第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを受信し、第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを受信し、前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信を行い、前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する通信方法。

請求項4

基地局装置の通信方法であって、第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを送信し、第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを送信し、前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信の受信を行い、前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する通信方法。

技術分野

0001

本発明は、端末装置基地局装置通信方法、および、集積回路に関する。
本願は、2016年6月30に日本に出願された特願2016−129851号について優先権を主張し、その内容をここに援用する。

背景技術

0002

セルラー移動通信無線アクセス方式および無線ネットワーク(以下、「Long Term Evolution (LTE)」、または、「Evolved Universal Terrestrial Radio Access : EUTRA」と称する)が、第三世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project: 3GPP)において検討されている(非特許文献1)。LTEでは、基地局装置をeNodeB(evolved NodeB)、端末装置をUE(User Equipment)とも称する。LTEは、基地局装置がカバーするエリアセル状に複数配置するセルラー通信システムである。ここで、単一の基地局装置は複数のセルを管理してもよい。

0003

3GPPにおいて、待ち時間縮小強化(latency reduction enhancements)が検討されている。例えば、待ち時間の縮小の強化として、スケジューリングリクエスト高速グラント(Scheduling request first grant)や事前スケジュールされた高速のグラント(Pre-scheduled first grant)が検討されている(非特許文献2)。

先行技術

0004

"3GPP TS 36.321 V12.6.0 (2015-06) Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E-UTRA); Medium Access Control (MAC) protocol specification (Release 12)", 8th-July 2015.
"L2 enhancements to reduce latency", R2-153490, Ericsson, 3GPP TSG-RAN WG2#91, Beijing, China, 24-28 August 2015.
”Status Report to TSG”, RP-161022, Ericsson, 3GPP TSG-RAN meeting#72, Busan, Korea, 13-16 June 2016.

発明が解決しようとする課題

0005

本発明の一態様は、上りリンクデータを効率的に送信することができる端末装置、基地局装置、通信方法、および、集積回路を提供する。

課題を解決するための手段

0006

(1)上記の目的を達成するために、本発明の態様は、以下のような手段を講じた。すなわち、本発明の一様態における端末装置は、少なくとも1つのプロセッサ、および、メモリを備え、前記少なくとも1つのプロセッサは、第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを受信し、 第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを受信し、前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信を行い、前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する。

0007

(2)また、本発明の一様態における基地局装置は、少なくとも1つのプロセッサ、および、メモリを備え、前記少なくとも1つのプロセッサは、第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを送信し、第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを送信し、前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信の受信を行い、前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する。

0008

(3)また、本発明の一様態における端末装置の通信方法は、第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを受信し、第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを受信し、前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信を行い、前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する。

0009

(4)また、本発明の一様態における基地局装置の通信方法は、第1のPDCCHにおいて、動的にスケジュールされる送信のためのC−RNTIによってスクランブルされた第1のCRCパリティビットが付加された第1の上りリンクグラントを送信し、第2のPDCCHにおいて、セミパーシステントにスケジュールされる送信のためのSPSC−RNTIによってスクランブルされた第2のCRCパリティビットが付加された第2の上りリンクグラントを送信し、前記第1の上りリンクグラントまたは前記第2の上りリンクグラントに基づいて、バンドルに対応する複数の送信の受信を行い、前記複数の送信の最初の送信を除いて、前記バンドルが前記第2の上りリンクグラントに関連するかどうかに少なくとも基づいて、前記複数の送信のそれぞれに対応するリダンダンシーバージョンを決定する。

発明の効果

0010

この発明の一態様によれば、上りリンクデータを効率的に送信することができる。

図面の簡単な説明

0011

本実施形態における無線通信システム概念を示す図である。
本実施形態におけるスロットの構成を示す図である。
本実施形態における端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。
本実施形態における基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。
本実施形態におけるセミパーシステントスケジューリング活性化(activation)のためのスペシャルフィールド(Special fields)の例を示す図である。
本実施形態におけるセミパーシステントスケジューリングのリリース(release)のためのスペシャルフィールド(Special fields)の例を示す図である。
本実施形態におけるノンエンプティ送信(Non-empty transmission)およびエンプティ送信(Empty transmission)の例を説明するための図である。
本実施形態における第1の動作における設定されるグラントのクリアの方法を説明するための図である。
本実施形態における上りリンクデータの送信方法を説明するための図である。
本実施形態におけるNDIを説明するための第1の例を示す図である。
本実施形態におけるNDIを説明するための第2の例を示す図である。
本実施形態におけるNDIを説明するための第3の例を示す図である。
本実施形態における上りリンクデータの送信方法を説明するための図である。
本実施形態におけるコードワードトランスポートブロック)の符号化の処理の一例を示す図である。
本実施形態におけるレートマッチングの一例を示す図である。
本実施形態のビット選択および除去の一例を示す図である。
本実施形態におけるバンドル内の送信のそれぞれのためのリダンダンシーバージョンの第1の決定方法を説明するための図である。
本実施形態におけるバンドル内の送信のそれぞれのためのリダンダンシーバージョンの第2の決定方法を説明するための図である。
本実施形態におけるバンドル内の送信のそれぞれのためのリダンダンシーバージョンの第3の決定方法を説明するための図である。

実施例

0012

以下、本発明の実施形態について説明する。

0013

図1は、本実施形態における無線通信システムの概念図である。図1において、無線通信システムは、端末装置1A〜1C、および基地局装置3を具備する。以下、端末装置1A〜1Cを端末装置1とも称する。

0014

本実施形態における物理チャネルおよび物理信号について説明する。

0015

図1において、端末装置1から基地局装置3への上りリンク無線通信では、以下の上りリンク物理チャネルが用いられる。ここで、上りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用される。
・PUCCH(Physical Uplink Control Channel)
・PUSCH(Physical Uplink Shared Channel)
・PRACH(Physical Random Access Channel)
PUCCHは、上りリンク制御情報(Uplink Control Information: UCI)を送信するために用いられる。

0016

PUSCHは、上りリンクデータ(Uplink-Shared Channel: UL-SCH)を送信するために用いられる。

0017

ここで、基地局装置3と端末装置1は、上位層(higher layer)において信号をやり取り(送受信)する。例えば、基地局装置3と端末装置1は、無線リソース制御(RRC: Radio Resource Control)層において、RRCシグナリング(RRC message: Radio Resource Control message、RRC information: Radio Resource Control informationとも称される)を送受信してもよい。また、基地局装置3と端末装置1は、MAC(Medium Access Control)層において、MACコントロールエレメントを送受信してもよい。ここで、RRCシグナリング、および/または、MACコントロールエレメントを、上位層の信号(higher layer signaling)とも称する。

0018

PUSCHは、RRCシグナリング、および、MACコントロールエレメントを送信するために用いられてもよい。ここで、基地局装置3から送信されるRRCシグナリングは、セル内における複数の端末装置1に対して共通のシグナリングであってもよい。また、基地局装置3から送信されるRRCシグナリングは、ある端末装置1に対して専用のシグナリング(dedicated signalingとも称する)であってもよい。すなわち、ユーザー装置スペフィック(ユーザー装置固有)な情報は、ある端末装置1に対して専用のシグナリングを用いて送信されてもよい。

0019

PRACHは、ランダムアクセスプリアンブルを送信するために用いられる。

0020

図1において、上りリンクの無線通信では、以下の上りリンク物理信号が用いられる。ここで、上りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するために使用されないが、物理層によって使用される。
・上りリンク参照信号(Uplink Reference Signal: UL RS)
本実施形態において、以下の2つのタイプの上りリンク参照信号が用いられる。
DMRS(Demodulation Reference Signal)
SRS(Sounding Reference Signal)
DMRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連する。DMRSは、PUSCHまたはPUCCHと時間多重される。基地局装置3は、PUSCHまたはPUCCHの伝搬路補正を行なうためにDMRSを使用する。以下、PUSCHとDMRSを共に送信することを、単にPUSCHを送信すると称する。以下、PUCCHとDMRSを共に送信することを、単にPUCCHを送信すると称する。

0021

SRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連しない。基地局装置3は、上りリンクのチャネル状態を測定するためにSRSを使用する。

0022

図1において、基地局装置3から端末装置1への下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理チャネルが用いられる。ここで、下りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用される。
・PBCH(Physical Broadcast Channel)
・PCFICH(Physical Control Format Indicator Channel)
・PHICH(Physical Hybrid automatic repeat request Indicator Channel)
・PDCCH(Physical Downlink Control Channel)
・EPDCCH(Enhanced Physical Downlink Control Channel)
PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)
・PMCH(Physical Multicast Channel)
PBCHは、端末装置1で共通に用いられるマスターインフォメーションブロック(Master Information Block:MIB, Broadcast Channel: BCH)を報知するために用いられる。

0023

PCFICHは、PDCCHの送信に用いられる領域(OFDMシンボル)を指示する情報を送信するために用いられる。

0024

PHICHは、基地局装置3が受信した上りリンクデータ(Uplink Shared Channel: UL-SCH)に対するACK(ACKnowledgement)またはNACK(Negative ACKnowledgement)を示すHARQインディケータHARQフィードバック応答情報)を送信するために用いられる。

0025

PDCCHおよびEPDCCHは、下りリンク制御情報(Downlink Control Information: DCI)を送信するために用いられる。ここで、下りリンク制御情報の送信に対して、複数のDCIフォーマットが定義される。すなわち、下りリンク制御情報に対するフィールドがDCIフォーマットに定義され、情報ビットマップされる。

0026

例えば、下りリンクに対するDCIフォーマットとして、1つのセルにおける1つのPDSCH(1つの下りリンクトランスポートブロックの送信)のスケジューリングのために用いられるDCIフォーマット(例えば、DCIフォーマット1、DCIフォーマット1A、および/または、DCIフォーマット1C)が定義されてもよい。

0027

ここで、下りリンクに対するDCIフォーマットには、PDSCHのスケジューリングに関する情報が含まれる。例えば、下りリンクに対するDCIフォーマットには、キャリアインディケータフィールド(CIF: Carrier Indicator Field)、HARQプロセス番号に関する情報(HARQprocess number)、MCSに関する情報(Modulation and Coding Scheme)、リダンダンシーバージョンに関する情報(Redundancy version)、および/または、リソースブロック割り当てに関する情報(Resource block assignment)などの下りリンク制御情報が含まれる。ここで、下りリンクに対するDCIフォーマットを、下りリンクグラント(downlink grant)、および/または、下りリンクアサインメント(downlink assignment)とも称する。

0028

また、例えば、上りリンクに対するDCIフォーマットとして、1つのセルにおける1つのPUSCH(1つの上りリンクトランスポートブロックの送信)のスケジューリングのために用いられるDCIフォーマット(例えば、DCIフォーマット0、DCIフォーマット4)が定義される。

0029

ここで、上りリンクに対するDCIフォーマットには、PUSCHのスケジューリングに関する情報が含まれる。例えば、上りリンクに対するDCIフォーマットには、キャリアインディケータフィールド(CIF: Carrier Indicator Field)、スケジュールされたPUSCHに対する送信電力コマンドTPCコマンド)に関する情報(TPC command for scheduled PUSCH)、DMRSに対するサイクリックシフトに関する情報(Cyclic shift DMRS)、MCSおよび/またはリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and/or redundancy version)、および/または、リソースブロック割り当ておよび/またはホッピングリソース割り当てに関する情報(Resource block assignment and/or hoppingresource allocation)、NDI(New Data Indicator)などの下りリンク制御情報が含まれる。ここで、上りリンクに対するDCIフォーマットを、上りリンクグラント(uplink grant)、および/または、上りリンクアサインメント(Uplink assignment)とも称する。NDI、および、リダンダンシーバージョンをHARQ情報とも称する。

0030

端末装置1は、下りリンクアサインメントを用いてPDSCHのリソースがスケジュールされた場合、スケジュールされたPDSCHで下りリンクデータを受信してもよい。また、端末装置1は、上りリンクグラントを用いてPUSCHのリソースがスケジュールされた場合、スケジュールされたPUSCHで上りリンクデータおよび/または上りリンク制御情報を送信してもよい。

0031

ここで、下りリンク制御情報の送信(PDCCHでの送信)には、基地局装置3が、端末装置1に割り当てたRNTIが利用される。具体的には、DCIフォーマット(下りリンク制御情報でもよい)にCRC(Cyclic Redundancy check:巡回冗長検査)パリティビットが付加され、付加された後に、CRCパリティビットがRNTIによってスクランブルされる。ここで、DCIフォーマットに付加されるCRCパリティビットは、DCIフォーマットのペイロードから得られてもよい。

0032

端末装置1は、RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマットに対してデコードを試み、CRCが成功したDCIフォーマットを、自装置宛のDCIフォーマットとして検出する(ブラインドデコーディングとも称される)。すなわち、端末装置1は、RNTIによってスクランブルされたCRCを伴うPDCCHを検出してもよい。また、端末装置1は、RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマットを伴うPDCCHを検出してもよい。

0033

ここで、RNTIには、C−RNTI(Cell-Radio Network Temporary Identifier)が含まれてもよい。C−RNTIは、RRC接続およびスケジューリングの識別に対して使用される、端末装置1に対するユニークな(一意的な)識別子である。また、C−RNTIは、動的(dynamically)にスケジュールされるユニキャスト送信のために利用されてもよい。C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加された上りリンクグラントを、DS(Dynamic Scheduling)グラント、C−RNTIに関連する上りリンクグラント、C−RNTIにアドレスされる上りリンクグラントとも称する。

0034

また、RNTIには、SPSC−RNTI(Semi-Persistent Scheduling C-RNTI)が含まれてもよい。SPS C−RNTIは、セミパーシステントスケジューリングに対して使用される、端末装置1に対するユニークな(一意的な)識別子である。また、SPS C−RNTIは、半持続的(semi-persistently)にスケジュールされるユニキャスト送信のために利用されてもよい。

0035

ここで、半持続的にスケジュールされる送信とは、周期的(periodically)にスケジュールされる送信の意味が含まれる。例えば、SPSC−RNTIは、半持続的にスケジュールされる送信の活性化(activation)、再活性化(reactivation)、および/または、再送信(retransmission)のために利用されてもよい。以下、活性化には、再活性化、および/または、再送信の意味が含まれてもよい。

0036

また、SPSC−RNTIは、半持続的にスケジュールされた送信のリリース(release)および/または非活性化(deactivation)のために利用されてもよい。以下、リリースには、非活性化の意味が含まれてもよい。ここで、待ち時間の縮小のために、新たに、RNTIが規定されてもよい。例えば、本実施形態におけるSPS C−RNTIは、待ち時間の縮小のために新たに規定されるRNTIが含まれてもよい。

0037

PDSCHは、下りリンクデータ(Downlink Shared Channel: DL-SCH)を送信するために用いられる。また、PDSCHは、システムインフォメーションメッセージを送信するために用いられる。ここで、システムインフォメーションブメッセージは、セルスペシフィック(セル固有)な情報であってもよい。また、システムインフォメーションは、RRCシグナリングに含まれる。また、PDSCHは、RRCシグナリング、および、MACコントロールエレメントを送信するために用いられる。

0038

PMCHは、マルチキャストデータ(Multicast Channel: MCH)を送信するために用いられる。

0039

図1において、下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理信号が用いられる。ここで、下りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するために使用されないが、物理層によって使用される。
同期信号(Synchronization signal:SS
・下りリンク参照信号(Downlink Reference Signal: DL RS)
同期信号は、端末装置1が下りリンクの周波数領域および時間領域の同期をとるために用いられる。TDD方式において、同期信号は無線フレーム内サブフレーム0、1、5、6に配置される。FDD方式において、同期信号は無線フレーム内のサブフレーム0と5に配置される。

0040

下りリンク参照信号は、端末装置1が下りリンク物理チャネルの伝搬路補正を行なうために用いられる。ここで、下りリンク参照信号は、端末装置1が下りリンクのチャネル状態情報を算出するために用いられる。

0041

ここで、下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理信号を総称して、下りリンク信号と称する。また、上りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理信号を総称して、上りリンク信号と称する。下りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理チャネルを総称して、物理チャネルと称する。下りリンク物理信号および上りリンク物理信号を総称して、物理信号と称する。

0042

BCH、MCH、UL−SCHおよびDL−SCHは、トランスポートチャネルである。媒体アクセス制御(Medium Access Control: MAC)層で用いられるチャネルをトランスポートチャネルと称する。MAC層で用いられるトランスポートチャネルの単位を、トランスポートブロック(transport block: TB)またはMACPDU(Protocol Data Unit)とも称する。MAC層においてトランスポートブロック毎にHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)の制御が行なわれる。トランスポートブロックは、MAC層が物理層に渡す(deliver)データの単位である。物理層において、トランスポートブロックはコードワードにマップされ、コードワード毎に符号化処理が行なわれる。

0043

以下、キャリアアグリゲーションについて説明する。

0044

本実施形態において、端末装置1に対して、1つまたは複数のサービングセルが設定されてもよい。端末装置1が複数のサービングセルを介して通信する技術をセルアグリゲーション、または、キャリアアグリゲーションと称する。

0045

ここで、端末装置1に対して設定される1つまたは複数のサービングセルのそれぞれにおいて、本実施形態が適用されてもよい。また、端末装置1に対して設定される1つまたは複数のサービングセルの一部において、本実施形態が適用されてもよい。また、端末装置1に対して設定される1つまたは複数のサービングセルのグループのそれぞれにおいて、本実施形態が適用されてもよい。

0046

また、本実施形態において、TDD(Time Division Duplex)および/またはFDD(Frequency Division Duplex)が適用されてもよい。ここで、キャリアアグリゲーションの場合において、1つまたは複数のサービングセルの全てに対してTDDまたはFDDが適用されてもよい。また、キャリアアグリゲーションの場合において、TDDが適用されるサービングセルとFDDが適用されるサービングセルが集約されてもよい。ここで、FDDに対応するフレーム構造を、フレーム構造タイプ1(Frame structure type 1)とも称する。また、TDDに対応するフレーム構造を、フレーム構造タイプ2(Frame structure type 2)とも称する。

0047

ここで、設定される1つまたは複数のサービングセルには、1つのプライマリーセルと、1つまたは複数のセカンダリーセルとが含まれてもよい。例えば、プライマリーセルは、初期コネクション確立(initial connection establishment)プロシージャが行なわれたサービングセル、コネクション確立(connection re-establishment)プロシージャを開始したサービングセル、または、ハンドオーバプロシージャにおいてプライマリーセルと指示されたセルであってもよい。ここで、RRCコネクションが確立された時点、または、後に、セカンダリーセルが設定されてもよい。

0048

ここで、下りリンクにおいて、サービングセルに対応するキャリアを、下りリンクコンポーネントキャリアと称する。また、上りリンクにおいて、サービングセルに対応するキャリアを、上りリンクコンポーネントキャリアと称する。また、下りリンクコンポーネントキャリア、および、上りリンクコンポーネントキャリアを総称して、コンポーネントキャリアと称する。

0049

また、端末装置1は、1つまたは複数のサービングセル(コンポーネントキャリア)において、同時に複数の物理チャネルでの送信、および/または受信を行ってもよい。ここで、1つの物理チャネルは、複数のサービングセル(コンポーネントキャリア)のうち1つのサービングセル(コンポーネントキャリア)において送信されてもよい。

0050

時間領域における種々のフィールドのサイズは、時間ユニットTs=1/(15000・2048)秒の数によって表現される。無線フレームの長さは、Tf=307200・Ts=10msである。それぞれの無線フレームは、時間領域において連続する10のサブフレームを含む。それぞれのサブフレームの長さは、Tsubframe=30720・Ts=1msである。それぞれのサブフレームiは、時間領域において連続する2つのスロットを含む。該時間領域において連続する2つのスロットは、無線フレーム内のスロット番号nsが2iのスロット、および、無線フレーム内のスロット番号nsが2i+1のスロットである。それぞれのスロットの長さは、Tslot=153600・ns=0.5msである。それぞれの無線フレームは、時間領域において連続する10のサブフレームを含む。それぞれの無線フレームは、時間領域において連続する20のスロット(ns=0,1,…,19)を含む。すなわち、無線フレーム、サブフレーム、および、スロットは、時間領域におけるフィールドである。時間領域におけるフィールドを、TTI(Transmission Time Interval)とも称する。

0051

以下、本実施形態におけるスロットの構成について説明する。

0052

図2は、本実施形態におけるスロットの構成を示す図である。図2において、横軸時間軸を示しており、縦軸周波数軸を示している。ここで、OFDMシンボルに対してノーマルCP(normal Cyclic Prefix)が適用されてもよい。また、OFDMシンボルに対して拡張CP(extended Cyclic Prefix)が適用されてもよい。また、スロットのそれぞれにおいて送信される物理信号または物理チャネルは、リソースグリッドによって表現される。

0053

ここで、下りリンクにおいて、リソースグリッドは、複数のサブキャリアと複数のOFDMシンボルによって定義されてもよい。また、上りリンクにおいて、リソースグリッドは、複数のサブキャリアと複数のSC−FDMAシンボルによって定義されてもよい。また、1つのスロットを構成するサブキャリアの数は、セルの帯域幅に依存してもよい。1つのスロットを構成するOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルの数は7であってもよい。ここで、リソースグリッド内のエレメントのそれぞれはリソースエレメントと称される。また、リソースエレメントは、サブキャリアの番号とOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルの番号とを用いて識別されてもよい。

0054

ここで、リソースブロックは、ある物理チャネル(PDSCHまたはPUSCHなど)のリソースエレメントへのマッピングを表現するために用いられてもよい。また、リソースブロックは、仮想リソースブロック物理リソースブロックが定義されてもよい。ある物理チャネルは、まず仮想リソースブロックにマップされてもよい。その後、仮想リソースブロックは、物理リソースブロックにマップされてもよい。1つの物理リソースブロックは、時間領域において7個の連続するOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルと、周波数領域において12個の連続するサブキャリアとから定義されてもよい。したがって、1つの物理リソースブロックは(7×12)個のリソースエレメントから構成されてもよい。また、1つの物理リソースブロックは、時間領域において1つのスロットに対応し、周波数領域において180kHzに対応してもよい。また、物理リソースブロックは、周波数領域において0から番号が付けられてもよい。

0055

以下、本実施形態における装置の構成について説明する。

0056

図3は、本実施形態における端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。図に示すように、端末装置1は、上位層処理部101、制御部103、受信部105、送信部107と送受信アンテナ部109を含んで構成される。また、上位層処理部101は、無線リソース制御部1011、スケジューリング情報解釈部1013、および、SPS制御部1015を含んで構成される。また、受信部105は、復号化部1051、復調部1053、多重分離部1055、無線受信部1057とチャネル測定部1059を含んで構成される。また、送信部107は、符号化部1071、変調部1073、多重部1075、無線送信部1077と上りリンク参照信号生成部1079を含んで構成される。

0057

上位層処理部101は、ユーザーの操作等により生成された上りリンクデータ(トランスポートブロック)を、送信部107に出力する。また、上位層処理部101は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)層の処理を行なう。

0058

上位層処理部101が備える無線リソース制御部1011は、自装置の各種設定情報パラメータの管理をする。無線リソース制御部1011は、基地局装置3から受信した上位層の信号に基づいて各種設定情報/パラメータをセットする。すなわち、無線リソース制御部1011は、基地局装置3から受信した各種設定情報/パラメータを示す情報に基づいて各種設定情報/パラメータをセットする。また、無線リソース制御部1011は、上りリンクの各チャネルに配置される情報を生成し、送信部107に出力する。無線リソース制御部1011を設定部1011とも称する。

0059

ここで、上位層処理部101が備えるスケジューリング情報解釈部1013は、受信部105を介して受信したDCIフォーマット(スケジューリング情報)の解釈をし、前記DCIフォーマットを解釈した結果に基づき、受信部105、および送信部107の制御を行なうために制御情報を生成し、制御部103に出力する。

0060

また、上位層処理部101が備えるSPS制御部1015は、各種設定情報、および、パラメータなどSPSに関連する情報、状況に基づいて、SPSに関連する制御を行う。

0061

また、制御部103は、上位層処理部101からの制御情報に基づいて、受信部105、および送信部107の制御を行なう制御信号を生成する。制御部103は、生成した制御信号を受信部105、および送信部107に出力して受信部105、および送信部107の制御を行なう。

0062

また、受信部105は、制御部103から入力された制御信号に従って、送受信アンテナ部109を介して基地局装置3から受信した受信信号を、分離、復調、復号し、復号した情報を上位層処理部101に出力する。

0063

また、無線受信部1057は、送受信アンテナ部109を介して受信した下りリンクの信号を、直交復調によりベースバンド信号に変換し(ダウンコンバート: down covert)、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信した信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ信号ディジタル信号に変換する。無線受信部1057は、変換したディジタル信号からCP(Cyclic Prefix)に相当する部分を除去し、CPを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform:FFT)を行い、周波数領域の信号を抽出する。

0064

また、多重分離部1055は、抽出した信号をPHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、および下りリンク参照信号に、それぞれ分離する。また、多重分離部1055は、チャネル測定部1059から入力された伝搬路の推定値から、PHICH、PDCCH、EPDCCH、およびPDSCHの伝搬路の補償を行なう。また、多重分離部1055は、分離した下りリンク参照信号をチャネル測定部1059に出力する。

0065

また、復調部1053は、PHICHに対して対応する符号を乗算して合成し、合成した信号に対してBPSK(Binary Phase Shift Keying)変調方式の復調を行ない、復号化部1051へ出力する。復号化部1051は、自装置宛てのPHICHを復号し、復号したHARQインディケータを上位層処理部101に出力する。復調部1053は、PDCCHおよび/またはEPDCCHに対して、QPSK変調方式の復調を行ない、復号化部1051へ出力する。復号化部1051は、PDCCHおよび/またはEPDCCHの復号を試み、復号に成功した場合、復号した下りリンク制御情報と下りリンク制御情報が対応するRNTIとを上位層処理部101に出力する。

0066

また、復調部1053は、PDSCHに対して、QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)、16QAM(Quadrature Amplitude Modulation)、64QAM等の下りリンクグラントで通知された変調方式の復調を行ない、復号化部1051へ出力する。復号化部1051は、下りリンク制御情報で通知された符号化率に関する情報に基づいて復号を行い、復号した下りリンクデータ(トランスポートブロック)を上位層処理部101へ出力する。

0067

また、チャネル測定部1059は、多重分離部1055から入力された下りリンク参照信号から下りリンクのパスロスやチャネルの状態を測定し、測定したパスロスやチャネルの状態を上位層処理部101へ出力する。また、チャネル測定部1059は、下りリンク参照信号から下りリンクの伝搬路の推定値を算出し、多重分離部1055へ出力する。チャネル測定部1059は、CQI(CSIでもよい)の算出のために、チャネル測定、および/または、干渉測定を行なう。

0068

また、送信部107は、制御部103から入力された制御信号に従って、上りリンク参照信号を生成し、上位層処理部101から入力された上りリンクデータ(トランスポートブロック)を符号化および変調し、PUCCH、PUSCH、および生成した上りリンク参照信号を多重し、送受信アンテナ部109を介して基地局装置3に送信する。また、送信部107は、上りリンク制御情報を送信する。

0069

また、符号化部1071は、上位層処理部101から入力された上りリンク制御情報を畳み込み符号化、ブロック符号化等の符号化を行う。また、符号化部1071は、PUSCHのスケジューリングに用いられる情報に基づきターボ符号化を行なう。

0070

また、変調部1073は、符号化部1071から入力された符号化ビットをBPSK、QPSK、16QAM、64QAM等の下りリンク制御情報で通知された変調方式または、チャネル毎に予め定められた変調方式で変調する。変調部1073は、PUSCHのスケジューリングに用いられる情報に基づき、空間多重されるデータの系列の数を決定し、MIMO(Multiple Input Multiple Output)SM(Spatial Multiplexing)を用いることにより同一のPUSCHで送信される複数の上りリンクデータを、複数の系列にマッピングし、この系列に対してプレコーディング(precoding)を行なう。

0071

また、上りリンク参照信号生成部1079は、基地局装置3を識別するための物理レイヤセル識別子(physical layer cell identity:PCI、Cell IDなどと称する。)、上りリンク参照信号を配置する帯域幅、上りリンクグラントで通知されたサイクリックシフト、DMRSシーケンスの生成に対するパラメータの値などを基に、予め定められた規則(式)で求まる系列を生成する。多重部1075は、制御部103から入力された制御信号に従って、PUSCHの変調シンボル並列並び替えてから離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform:DFT)する。また、多重部1075は、PUCCHとPUSCHの信号と生成した上りリンク参照信号を送信アンテナポート毎に多重する。つまり、多重部1075は、PUCCHとPUSCHの信号と生成した上りリンク参照信号を送信アンテナポート毎にリソースエレメントに配置する。

0072

また、無線送信部1077は、多重された信号を逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform:IFFT)して、SC−FDMAシンボルを生成し、生成されたSC−FDMAシンボルにCPを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成し、ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換し、ローパスフィルタを用いて余分な周波数成分を除去し、搬送波周波数アップコンバート(up convert)し、電力増幅し、送受信アンテナ部109に出力して送信する。

0073

図4は、本実施形態における基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。図に示すように、基地局装置3は、上位層処理部301、制御部303、受信部305、送信部307、および、送受信アンテナ部309、を含んで構成される。また、上位層処理部301は、無線リソース制御部3011、スケジューリング部3013、および、SPS制御部3015を含んで構成される。また、受信部305は、復号化部3051、復調部3053、多重分離部3055、無線受信部3057とチャネル測定部3059を含んで構成される。また、送信部307は、符号化部3071、変調部3073、多重部3075、無線送信部3077と下りリンク参照信号生成部3079を含んで構成される。

0074

上位層処理部301は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)層の処理を行なう。また、上位層処理部301は、受信部305、および送信部307の制御を行なうために制御情報を生成し、制御部303に出力する。

0075

また、上位層処理部301が備える無線リソース制御部3011は、下りリンクのPDSCHに配置される下りリンクデータ(トランスポートブロック)、システムインフォメーション、RRCメッセージ、MAC CE(Control Element)などを生成し、又は上位ノードから取得し、送信部307に出力する。また、無線リソース制御部3011は、端末装置1各々の各種設定情報/パラメータの管理をする。無線リソース制御部3011は、上位層の信号を介して端末装置1各々に対して各種設定情報/パラメータをセットしてもよい。すなわち、無線リソース制御部1011は、各種設定情報/パラメータを示す情報を送信/報知する。無線リソース制御部3011を設定部3011とも称する。

0076

また、上位層処理部301が備えるスケジューリング部3013は、受信したチャネル状態情報およびチャネル測定部3059から入力された伝搬路の推定値やチャネルの品質などから、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)を割り当てる周波数およびサブフレーム、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)の符号化率および変調方式および送信電力などを決定する。スケジューリング部3013は、スケジューリング結果に基づき、受信部305、および送信部307の制御を行なうために制御情報(例えば、DCIフォーマット)を生成し、制御部303に出力する。スケジューリング部3013は、さらに、送信処理および受信処理を行うタイミングを決定する。

0077

また、上位層処理部301が備えるSPS制御部3015は、各種設定情報、および、パラメータなどSPSに関連する情報、状況に基づいて、SPSに関連する制御を行う。

0078

また、制御部303は、上位層処理部301からの制御情報に基づいて、受信部305、および送信部307の制御を行なう制御信号を生成する。制御部303は、生成した制御信号を受信部305、および送信部307に出力して受信部305、および送信部307の制御を行なう。

0079

また、受信部305は、制御部303から入力された制御信号に従って、送受信アンテナ部309を介して端末装置1から受信した受信信号を分離、復調、復号し、復号した情報を上位層処理部301に出力する。無線受信部3057は、送受信アンテナ部309を介して受信された上りリンクの信号を、直交復調によりベースバンド信号に変換し(ダウンコンバート: down covert)、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信された信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ信号をディジタル信号に変換する。また、受信部305は、上りリンク制御情報を受信する。

0080

また、無線受信部3057は、変換したディジタル信号からCP(Cyclic Prefix)に相当する部分を除去する。無線受信部3057は、CPを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform:FFT)を行い、周波数領域の信号を抽出し多重分離部3055に出力する。

0081

また、多重分離部1055は、無線受信部3057から入力された信号をPUCCH、PUSCH、上りリンク参照信号などの信号に分離する。尚、この分離は、予め基地局装置3が無線リソース制御部3011で決定し、各端末装置1に通知した上りリンクグラントに含まれる無線リソースの割り当て情報に基づいて行なわれる。また、多重分離部3055は、チャネル測定部3059から入力された伝搬路の推定値から、PUCCHとPUSCHの伝搬路の補償を行なう。また、多重分離部3055は、分離した上りリンク参照信号をチャネル測定部3059に出力する。

0082

また、復調部3053は、PUSCHを逆離散フーリエ変換(Inverse Discrete Fourier Transform: IDFT)し、変調シンボルを取得し、PUCCHとPUSCHの変調シンボルそれぞれに対して、BPSK(Binary Phase Shift Keying)、QPSK、16QAM、64QAM等の予め定められた、または自装置が端末装置1各々に上りリンクグラントで予め通知した変調方式を用いて受信信号の復調を行なう。復調部3053は、端末装置1各々に上りリンクグラントで予め通知した空間多重される系列の数と、この系列に対して行なうプリコーディングを指示する情報に基づいて、MIMOSMを用いることにより同一のPUSCHで送信された複数の上りリンクデータの変調シンボルを分離する。

0083

また、復号化部3051は、復調されたPUCCHとPUSCHの符号化ビットを、予め定められた符号化方式の、予め定められた、又は自装置が端末装置1に上りリンクグラントで予め通知した符号化率で復号を行ない、復号した上りリンクデータと、上りリンク制御情報を上位層処理部101へ出力する。PUSCHが再送信の場合は、復号化部3051は、上位層処理部301から入力されるHARQバッファに保持している符号化ビットと、復調された符号化ビットを用いて復号を行なう。チャネル測定部309は、多重分離部3055から入力された上りリンク参照信号から伝搬路の推定値、チャネルの品質などを測定し、多重分離部3055および上位層処理部301に出力する。

0084

また、送信部307は、制御部303から入力された制御信号に従って、下りリンク参照信号を生成し、上位層処理部301から入力されたHARQインディケータ、下りリンク制御情報、下りリンクデータを符号化、および変調し、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、および下りリンク参照信号を多重して、送受信アンテナ部309を介して端末装置1に信号を送信する。

0085

また、符号化部3071は、上位層処理部301から入力されたHARQインディケータ、下りリンク制御情報、および下りリンクデータを、ブロック符号化、畳み込み符号化、ターボ符号化等の予め定められた符号化方式を用いて符号化を行なう、または無線リソース制御部3011が決定した符号化方式を用いて符号化を行なう。変調部3073は、符号化部3071から入力された符号化ビットをBPSK、QPSK、16QAM、64QAM等の予め定められた、または無線リソース制御部3011が決定した変調方式で変調する。

0086

また、下りリンク参照信号生成部3079は、基地局装置3を識別するための物理レイヤセル識別子(PCI)などを基に予め定められた規則で求まる、端末装置1が既知の系列を下りリンク参照信号として生成する。多重部3075は、変調された各チャネルの変調シンボルと生成された下りリンク参照信号を多重する。つまり、多重部3075は、変調された各チャネルの変調シンボルと生成された下りリンク参照信号をリソースエレメントに配置する。

0087

また、無線送信部3077は、多重された変調シンボルなどを逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform:IFFT)して、OFDMシンボルを生成し、生成したOFDMシンボルにCPを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成し、ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換し、ローパスフィルタにより余分な周波数成分を除去し、搬送波周波数にアップコンバート(up convert)し、電力増幅し、送受信アンテナ部309に出力して送信する。

0088

また、本実施形態では、端末装置1における処理を説明するために、端末装置1におけるMACエンティティ、端末装置1における”Multiplexing and assembly”エンティティ(以下、第1のエンティティとも称する)、および/または、端末装置1におけるHARQエンティティにおける処理を記載している。すなわち、本実施形態においては端末装置1におけるMACエンティティ、端末装置1における第1のエンティティ、および/または、端末装置1におけるHARQエンティティにおける処理を記載しているが、本実施形態における処理は、端末装置1における処理であることは勿論である。上位層処理部101は、端末装置1におけるMACエンティティ、端末装置1におけるHARQエンティティ、および、端末装置1における第1のエンティティの処理を行ってもよい。また、エンティティはエンティティ部として構成されてもよい。HARQエンティティは、少なくとも1つのHARQプロセスを管理する。

0089

また、本実施形態では、基本的には、端末装置1における動作(処理)を記載するが、端末装置1の動作(処理)に対応して、基地局装置3が同様の動作(処理)を行なうことは勿論である。

0090

端末装置1、および、基地局装置3のそれぞれは、少なくとも1つのプロセッサ、および、メモリを備えてもよい。当該少なくとも1つのプロセッサ、および、当該メモリは、上述した端末装置1の各部、または、上述した基地局装置3の各部の機能を備えてもよい。

0091

ここで、PUSCHでの送信(UL−SCHでの送信でもよい)は、SFN(System Fame Number)およびサブフレームに基づいたタイミングで行われる。すなわち、PUSCHでの送信を行うタイミングを特定するためには、SFNおよび該SFNが対応する無線フレームにおけるサブフレームの番号/インデックスが必要である。ここで、SFNは、無線フレームの番号/インデックスである。

0092

以下、説明の簡略化のために、PUSCHでの送信が行われるSFN(無線フレーム)およびサブフレームを、単に、サブフレームとも記載する。すなわち、以下の記載におけるサブフレームは、SFN(無線フレーム)およびサブフレームの意味を含んでもよい。

0093

ここで、基地局装置3は、上りリンクにおけるセミパーシステントスケジューリングのインターバル(周期)を、端末装置1に対して設定してもよい。例えば、基地局装置3は、上りリンクにおけるセミパーシステントスケジューリングのインターバルの値を指示するための第1のパラメータ、および/または、第2のパラメータを、上位層の信号(RRCメッセージ)に含めて端末装置1に送信してもよい。

0094

例えば、基地局装置3は、第1のパラメータ、および/または、第2のパラメータを用いて、セミパーシステントスケジューリングのインターバルの値として、10(10サブフレーム)、20(20サブフレーム)、32(32サブフレーム)、40(40サブフレーム)、64(64サブフレーム)、80(80サブフレーム)、128(128サブフレーム)、160(160サブフレーム)、320(320サブフレーム)、および/または、640(640サブフレーム)を設定してもよい。

0095

また、基地局装置3は、第1のパラメータ、および/または、第2のパラメータを用いて、セミパーシステントスケジューリングのインターバルの値として、1(1サブフレーム)、10(10サブフレーム)、20(20サブフレーム)、32(32サブフレーム)、40(40サブフレーム)、64(64サブフレーム)、80(80サブフレーム)、128(128サブフレーム)、160(160サブフレーム)、320(320サブフレーム)、および/または、640(640サブフレーム)を設定してもよい。

0096

すなわち、基地局装置3は、第1のパラメータ、および/または、第2のパラメータを用いて、セミパーシステントスケジューリングのインターバルの値として、1(1サブフレーム)を設定してもよい。

0097

例えば、第1のパラメータ、および/または、第2のパラメータは、サービングセル毎に設定されてもよい。また、第1のパラメータは、プライマリーセルに対して設定されてもよい。また、第2のパラメータは、プライマリーセル、および/または、セカンダリーセルに対して設定されてもよい(サービングセル毎に設定されてもよい)。また、セミパーシステントスケジューリングのインターバルの値“1(1サブフレーム)”は、プライマリーセル、および/または、セカンダリーセルに対して設定されてもよい(サービングセル毎に設定されてもよい)。

0098

また、基地局装置3は、上りリンクに対するDCIフォーマット(例えば、DCIフォーマット0)を用いて、端末装置1に対してセミパーシステント(半永続的、半持続的、周期的)なPUSCHのリソース(物理リソースブロック)を割り当て、且つ、セミパーシステントなPUSCHでの送信を活性化することを端末装置1に対して指示してもよい。また、基地局装置3は、上りリンクに対するDCIフォーマットを用いて、セミパーシステントなPUSCHのリソースをリリースすることを端末装置1に対して指示してもよい。

0099

例えば、端末装置1は、DCIフォーマットに付加されたCRCパリティビットがSPSC−RNTIによってスクランブルされており、且つ、該DCIフォーマットに含まれるNDIフィールドが‘0’にセットされている場合には、該DCIフォーマットに含まれる複数の情報のフィールドが特定の値にセットされているかを検証(確認、チェック)してもよい。すなわち、SPS C−RNTIによってスクランブルされたDCIフォーマットに付加されたCRCパリティビット、および、NDIフィールドが、セミパーシステントスケジューリングに対するバリデーション(validation)のために用いられてもよい。

0100

ここで、もし検証に成功した場合は、端末装置1は、受信したDCIフォーマットが、有効(valid)なセミパーシステントアクティベーション、または、有効なセミパーシステントリリースを指示しているとみなしてもよい(認識してもよい)。また、もし検証に成功しなかった場合は、端末装置1は、このDCIフォーマットを破棄(クリア)してもよい。

0101

ここで、セミパーシステントアクティベーションとは、セミパーシステントスケジューリングのアクティベーションの意味が含まれてもよい。また、セミパーシステントアクティベーションとは、PUSCHのリソースのセミパーシステントな割り当ての意味が含まれてもよい。また、セミパーシステントリリースとは、セミパーシステントスケジューリングのリリースの意味が含まれてもよい。

0102

すなわち、DCIフォーマットは、セミパーシステントな上りリンクのスケジューリングのアクティベーションを指示するために用いられてもよい。また、DCIフォーマットは、セミパーシステントスケジューリングのアクティベーションを有効にするために用いられてもよい。また、DCIフォーマットは、セミパーシステントリリースを指示するために用いられてもよい。

0103

図5は、本実施形態におけるセミパーシステントスケジューリングの活性化(activation)のためのスペシャルフィールド(Special fields)の例を示す図である。図5に示すように、セミパーシステントスケジューリングの活性化のために、複数のフィールドが規定されてもよい。また、セミパーシステントスケジューリングの活性化のために、複数のフィールドのそれぞれにセットされる所定の値(特定の値でもよい)が規定されてもよい。

0104

図5に示すように、例えば、上りリンクに対するDCIフォーマット(例えば、DCIフォーマット0)がセミパーシステントスケジュールの活性化に用いられる場合には、上りリンクに対するDCIフォーマットに含まれる、スケジュールされたPUSCHに対するTPCコマンドに関する情報(TPC command for scheduled PUSCH)のフィールドが‘00’にセットされ、DMRSに対するサイクリックシフトに関する情報(Cyclic shiftDMRS)のフィールドが‘000’にセットされ、MCSおよびリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and redundancy version)のフィールドの最上位のビット(MSB: most significant bit)が‘0’にセットされてもよい。

0105

また、例えば、下りリンクに対するDCIフォーマット(例えば、DCIフォーマット1、および/または、DCIフォーマット1A)がセミパーシステントスケジュールの活性化に用いられる場合には、下りリンクに対するDCIフォーマットに含まれる、HARQプロセス番号に関する情報(HARQprocess number)のフィールドが‘000(FDDに対して)’または‘0000(TDDに対して)’にセットされ、MCSに関する情報(Modulation and Coding scheme)のフィールドの最上位のビット(MSB)が‘0’にセットされ、リダンダンシーバージョンに関する情報(redundancy version)のフィールドが‘00’にセットされてもよい。

0106

すなわち、端末装置1は、DCIフォーマットに含まれる複数の情報のフィールドのそれぞれが、予め規定された特定の値にセットされている場合に、セミパーシステントスケジューリングを活性化してもよい。ここで、セミパーシステントスケジューリングの活性化のために用いられる、複数の情報のフィールド、および、該情報のフィールドがセットされる所定の値は、上述した例に限定されないことは勿論である。例えば、セミパーシステントスケジューリングの活性化のために用いられる、複数の情報のフィールド、および、該情報のフィールドがセットされる所定の値は、仕様などによって予め定義され、基地局装置3と端末装置1との間で既知の情報としておいてもよい。

0107

図6は、本実施形態におけるセミパーシステントスケジューリングのリリース(release)のためのスペシャルフィールド(Special fields)の例を示す図である。図6に示すように、セミパーシステントスケジューリングのリリースのために、複数のフィールドが規定されてもよい。また、セミパーシステントスケジューリングのリリースのために、複数のフィールドのそれぞれにセットされる所定の値(特定の値でもよい)が規定されてもよい。

0108

図6に示すように、例えば、上りリンクに対するDCIフォーマット(例えば、DCIフォーマット0)がセミパーシステントスケジュールのリリースに用いられる場合には、上りリンクに対するDCIフォーマットに含まれる、スケジュールされたPUSCHに対するTPCコマンドに関する情報(TPC command for scheduled PUSCH)のフィールドが‘00’にセットされ、DMRSに対するサイクリックシフトに関する情報(Cyclic shift DMRS)のフィールドが‘000’にセットされ、MCSおよびリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and redundancy version)のフィールドが‘11111’にセットされ、リソースブロック割り当ておよびホッピングリソース割り当てに関する情報(Resource block assignment and hoppingresource allocation)のフィールド(複数のフィールドの全てのフィールドでもよい)が‘1’セットされてもよい。

0109

すなわち、上りリンクに対するDCIフォーマットがセミパーシステントスケジューリングのリリースに用いられる場合には、リソースブロック割り当て(リソース割り当て)に関連するフィールドには、リリースのために予め規定された値がセットされてもよい。

0110

また、例えば、下りリンクに対するDCIフォーマット(例えば、DCIフォーマット1、および/または、DCIフォーマット1A)がセミパーシステントスケジュールのリリースに用いられる場合には、下りリンクに対するDCIフォーマットに含まれる、HARQプロセス番号に関する情報(HARQprocess number)のフィールドが‘000(FDDに対して)’または‘0000(TDDに対して)’にセットされ、MCSに関する情報(Modulation and Coding scheme)のフィールドが‘11111’にセットされ、リダンダンシーバージョンに関する情報(redundancy version)のフィールドが‘00’にセットされ、リソースブロック割り当てに関する情報(Resource block assignment)のフィールド(複数のフィールドの全てのフィールドでもよい)が‘1’セットされてもよい。

0111

すなわち、下りリンクに対するDCIフォーマットがセミパーシステントスケジューリングのリリースに用いられる場合には、リソースブロック割り当て(リソース割り当て)に関連するフィールドには、リリースのために予め規定された値がセットされてもよい。

0112

すなわち、端末装置1は、DCIフォーマットに含まれる複数の情報のフィールドのそれぞれが、予め規定された特定の値にセットされている場合に、セミパーシステントスケジューリングをリリースしてもよい。ここで、セミパーシステントスケジューリングのリリースのために用いられる、複数の情報のフィールド、および、該情報のフィールドがセットされる所定の値は、上述した例に限定されないことは勿論である。例えば、セミパーシステントスケジューリングのリリースのために用いられる、複数の情報のフィールド、および、該情報のフィールドがセットされる所定の値は、仕様などによって予め定義され、基地局装置3と端末装置1との間で既知の情報としておいてもよい。

0113

ここで、セミパーシステントスケジューリングは、プライマリーセル、および、プライマリーセカンダリーセルのみにおいてサポートされてもよい。すなわち、SPSC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマットは、プライマリーセル、および、プライマリーセカンダリーセルのみに対して送信されてもよい。また、C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマットは、プライマリーセル、プライマリーセカンダリーセル、および/または、セカンダリーセルに対して送信されてもよい。

0114

また、例えば、SPSC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマットは、セミパーシステントスケジューリングのインターバルの値として“1(1サブフレーム)”がセカンダリーセルに対して設定される場合において、該セカンダリーセルに対して送信されてもよい。

0115

ここで、端末装置1は、UL−SCHでの送信(PUSCHを経由したUL−SCHでの送信、PUSCHでのUL−SCHの送信)を行なうために、有効な上りリンクグラント(a valid uplink grant)を持たなければならない。ここで、上りリンクグラントとは、あるサブフレームにおける上りリンクの送信がグラントされる(許可される、与えられる)ことの意味が含まれてもよい。

0116

例えば、有効な上りリンクグラントは、PDCCHで動的に受信されてもよい。すなわち、有効な上りリンクグラントは、C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマットを用いて指示されてもよい。また、有効な上りリンクグラントは、半永続的に設定されてもよい。すなわち、有効な上りリンクグラントは、SPSC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマットを用いて指示されてもよい。

0117

また、端末装置1は、PDCCHで動的に受信された上りリンクグラント、および/または、半永続的に設定された上りリンクグラントを、ストアしてもよい。ここで、HARQエンティティは、PDCCHで動的に受信された上りリンクグラント、および/または、半永続的に設定された上りリンクグラントを、HARQプロセスに渡し、HARQプロセスは、HARQエンティティから受信した上りリンクグラントをストアしてもよい。以下、ストアされる、PDCCHで動的に受信された上りリンクグラント、および/または、半永続的に設定された上りリンクグラントを、ストアされる上りリンクグラント(a stored uplink grant)と称する。

0118

また、端末装置1(MACエンティティ)は、セミパーシステントアクティベーションが指示された場合には、設定される上りリンクグラント(a configured uplink grant)として、基地局装置3から受信したDCIフォーマットをストアしてもよい。ここで、設定される上りリンクグラントは、設定されるセミパーシステントスケジューリングの上りリンクグラント(SPSUL grant)、設定されるグラント)、SPS C−RNTIにアドレスされる上りリンクグラントと称されてもよい。また、設定される上りリンクグラントは、設定された上りリンクグラント、設定されたセミパーシステントスケジューリングの上りリンクグラント(SPS UL grant)、設定されるグラントと称されてもよい。

0119

ここで、MACエンティティによってストアされる上りリンクグラント(SPSUL grant)がクリアされたとことに基づいて、HARQプロセスによってストアされる上りリンクグラント(SPS UL grant)はクリアされなくてもよい。すなわち、MACエンティティによってストアされる上りリンクグラント(SPS UL grant)がクリアされたとしても、HARQプロセスによってストアされる上りリンクグラント(SPS UL grant)に基づいて、セミパーシステントなPUSCHに対する再送信を続行することは可能である。

0120

また、セミパーシステントスケジューリングの上りリンクグラントは、SPS上りリンクグラント、セミパーシステントグラント(Semi-persistent grant)、セミパーシステントスケジューリングアサインメント(Semi-persistent scheduling assignment)、SPS C−RNTIにアドレスされる上りリンクグラントとも称されてもよい。

0121

また、基地局装置3は、セミパーシステントスケジューリングの有効、および/または、無効を、端末装置1に対して設定してもよい。例えば、基地局装置3は、セミパーシステントスケジューリングの有効、および/または、無効を、上位層の信号(例えば、RRC層の信号)を用いて設定してもよい。

0122

また、セミパーシステントスケジューリングが有効とされる場合には、SPSC−RNTI、上りリンクにおけるセミパーシステントスケジューリングのインターバルの値を指示するためのパラメータ、リリースする前のエンプティ送信の数(Number of empty transmissions before release)を指示するためのパラメータ(第3のパラメータとも称する)、および/または、SPSデアクティベーションタイマー(SPS deactivation timer、第4のパラメータとも称する)が、少なくとも供給(設定)されてもよい。ここで、エンプティ送信(空の送信とも称する)については、後述する。また、第3のパラメータ、および、第4のパラメータについては、後述する。

0123

ここで、例えば、端末装置1は、あるサブフレームにおいて、セミパーシステントなPUSCHでの送信を開始(start)し、そして、数(1)に基づいて、該セミパーシステントなPUSCHでの送信を繰り返す(recur)するために、設定される上りリンクグラントを、イニシャライズ、または、再イニシャライズしてもよい。すなわち、端末装置1は、数(1)を満たすサブフレームにおいて、設定される上りリンクグラントが生じると、連続的にみなしてもよい。

0124

0125

すなわち、端末装置1は、SPS上りリンクグラントを設定した後に、Subframe_Offset(サブフレームオフセット)の値をセットし、数(1)に基づいて特定されるサブフレームにおいて、N番目のグラント(設定される上りリンクグラント、SPS上りリンクグラント)が発生する(occur)とみなしてもよい(順次考慮してもよい(consider sequentially))。端末装置1(MACエンティティ)は、数(1)を満たすサブフレームに対するSPS上りリンクグラントをHARQエンティティに渡してもよい。

0126

ここで、数(1)を満たすサブフレームを、所定の条件を満たすサブフレームとも称する。また、数(1)を満たすサブフレームのうち最初のサブフレームを除くサブフレームを、所定の条件を満たすサブフレームとも称する。ここで、数(1)を満たすサブフレームのうち最初のサブフレームは、セミパーシステントスケジューリングの活性化または再活性化またはリリースを指示するために用いられるDCIの受信するサブフレームであってもよい。

0127

すなわち、端末装置1は、ストアしたDCIフォーマットをSPS上りリンクグラントとして設定した後に、数(1)に基づいて、N番目の設定される上りリンクグラントに対応するPUSCHでの送信を行うサブフレームを特定してもよい。ここで、数(1)において、SFNおよびsubframeは、それぞれ、PUSCHでの送信が行われるSFNおよびサブフレームを示している。

0128

また、数(1)において、SFNstart_timeおよびsubframestart_timeは、それぞれ、設定される上りリンクグラントが、イニシャライズ、または、再イニシャライズされる時点でのSFNおよびサブフレームを示している。すなわち、SFNstart_timeおよびsubframestart_timeは、設定される上りリンクグラントに基づいて、PUSCHでの送信を開始するSFNおよびサブフレーム(すなわち、0番目の設定される上りリンクグラントに対応するPUSCHでの初期送信が行われるサブフレーム)を示している。

0129

また、数(1)において、semiPersistSchedIntervalULは、上りリンクにおけるセミパーシステントスケジューリングのインターバルを示している。また、数(1)において、Subframe_Offset(サブフレームオフセット)は、PUSCHでの送信が行なわれるサブフレームを特定するために用いられるオフセットの値を示している。

0130

ここで、端末装置1は、SPS上りリンクグラントを設定した後に、もし、上位層によって、パラメータ(twoIntervalConfig)が有効とされていない場合には、数(1)におけるSubframe_Offsetを‘0’にセットしてもよい。

0131

また、イニシャライズは、セミパーシステントスケジューリングがアクティブされていない場合に行なわれてもよい。また、再イニシャライズは、セミパーシステントスケジューリングが既にアクティブされている場合に行なわれてもよい。ここで、イニシャライズは初期設定の意味を、再イニシャライズは再初期設定の意味を含んでもよい。すなわち、端末装置1は、設定される上りリンクグラントを、イニシャライズ、または、再イニシャライズすることによって、あるサブフレームにおいてPUSCHでの送信を開始してもよい。

0132

図7は、本実施形態におけるノンエンプティ送信(Non-empty transmission)およびエンプティ送信(Empty transmission)の例を説明するための図である。図7に示すように、MACプロトコルデータユニット(MACPDU: MAC Protocol Data Unit)は、MACヘッダー(MAC header)、MACサービスデータユニット(MACSDU: MAC Service Data Unit)、MACコントロールエレメント(MAC CE: MAC Control Element)、および、パディングパディングビット)から構成されてもよい。ここで、MACプロトコルデータユニットは、上りリンクデータ(UL−SCH)に対応してもよい。

0133

ここで、MACコントロールエレメントとして、少なくとも、バッファステータスレポートMACコントロールエレメント(BSR MAC CE: Buffer Status Report MAC CE、バッファステータスレポートに用いられるMACコントロールエレメント)、タイミングアドバンスコマンドMACコントロールエレメント(TAC MAC CE: Timing Advance Command MAC CE、タイミングアドバンスコマンドの送信に用いられるMACコントロールエレメント)、パワーヘッドルームレポートMACコントロールエレメント(PHR MAC CE: Power Headroom Report MAC CE、パワーヘッドルームレポートに用いられるMACコントロールエレメント)、および/または、活性化/非活性化MACコントロールエレメント(Activation/Deactivation MAC CE、活性化/非活性化コマンドの送信に用いられるMACコントロールエレメント)、を含む、複数のMACコントロールエレメントが規定されてもよい。

0134

また、バッファステータスレポートとして、少なくとも、レギュラーBSR、周期的BSR、および、パディングBSRを含む、複数のバッファステータスレポートが規定されてもよい。例えば、レギュラーBSR、周期的BSR、および、パディングBSRのそれぞれは、異なるイベント(条件)に基づいてトリガされてもよい。

0135

例えば、レギュラーBSRは、ある倫理チャネルグループ(LCG: Logical Channel Group)に属する論理チャネルのデータが送信可能になり、且つ、その送信優先順位がいずれかのLCGに属する既に送信可能な論理チャネルより高い場合か、いずれかのLCGに属する論理チャネルにおいて送信可能なデータがない場合にトリガされてもよい。また、レギュラーBSRは、所定のタイマー(retxBSR-Timer)が満了し、且つ、端末装置1があるLCGに属する論理チャネルにおいて送信可能なデータを持つ場合にトリガされてもよい。

0136

また、周期的BSRは、所定のタイマー(periodicBSR-Timer)が満了した場合にトリガされてもよい。また、パディングBSRは、UL−SCHが割り当てられており、且つ、パディングビット数が、バッファステータスレポートMACコントロールエレメントとそのサブヘッダのサイズに等しいか、または、それより大きい場合にトリガされてもよい。

0137

端末装置1は、バッファステータスレポートを用いて、各LCGに対応した上りリンクデータの送信データバッファ量をMAC層におけるメッセージとして基地局装置3へ通知してもよい。

0138

図7に示すように、MACプロトコルデータユニットは、ゼロ、1つ、または、複数のMACサービスデータユニットを含んでもよい。また、MACプロトコルデータユニットは、ゼロ、1つ、または、複数のMACコントロールエレメントを含んでもよい。また、パディングは、MACプロトコルデータユニットの最後に付加されてもよい(Padding may occur at the end of the MACPDU)。

0139

ここで、ノンエンプティ送信は、少なくとも1つまたは複数のMACサービスデータユニットが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信であってもよい(少なくとも1つまたは複数のMACサービスデータユニットが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信に対応してもよい)。

0140

また、ノンエンプティ送信は、少なくとも1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信であってもよい(少なくとも1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信に対応してもよい)。ここで、第1のMACコントロールエレメント(第1の所定のMACコントロールエレメント)は、仕様書などによって事前に規定され、基地局装置3と端末装置1の間において既知の情報であってもよい。

0141

例えば、第1のMACコントロールエレメントには、上述した複数のMACコントロールエレメントのうちの1つ、または、全てが含まれてもよい。例えば、第1のMACコントロールエレメントは、パワーヘッドルームレポートMACコントロールエレメントであってもよい。また、例えば、第1のMACコントロールエレメントは、レギュラーBSRが含まれるバッファステータスレポートMACコントロールエレメントであってもよい。また、第1のMACコントロールエレメントは、周期的BSRが含まれるバッファステータスレポートMACコントロールエレメントであってもよい。

0142

すなわち、ノンエンプティ送信は、1つまたは複数のMACサービスデータユニット、および/または、1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信であってもよい(少なくとも、1つまたは複数のMACサービスデータユニット、および/または、1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信に対応してもよい)。

0143

また、エンプティ送信は、パディングのみが含まれるMACプロトコルデータユニットの送信であってもよい(パディングのみが含まれるMACプロトコルデータユニットの送信に対応してもよい)。ここで、パディングのみが含まれるMACプロトコルデータユニットの送信に対して、MACヘッダーは付加される。

0144

ここで、エンプティ送信は、1つまたは複数の第2のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信であってもよい(少なくとも1つまたは複数の第2のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信に対応してもよい)。ここで、第2のMACコントロールエレメント(第2の所定のMACコントロールエレメント)は、仕様書などによって事前に規定され、基地局装置3と端末装置1の間において既知の情報であってもよい。

0145

ここで、第2のMACコントロールエレメントは、第1のMACコントロールエレメント以外のMACコントロールエレメントであってもよい。例えば、第2のMACコントロールエレメントには、上述した複数のMACコントロールエレメントのうちの1つ、または、全てが含まれてもよい。例えば、第2のMACコントロールエレメントは、パディングBSRが含まれるバッファステータスレポートMACコントロールエレメントであってもよい。

0146

すなわち、エンプティ送信は、パディング、および/または、1つまたは複数の第2のMACコントロールエレメントのみが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信であってもよい(パディングのみ、および/または、1つまたは複数の第2のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットの送信に対応してもよい)。

0147

ここで、ノンエンプティ送信、および/または、エンプティ送信は、初期送信に対応する送信であってもよい。すなわち、初期送信において、少なくとも、1つまたは複数のMACサービスデータユニット、および/または、1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信することを、ノンエンプティ送信と称してもよい。また、初期送信において、パディングのみ、および/または、1つまたは複数の第2のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信することを、エンプティ送信と称してもよい。

0148

また、ノンエンプティ送信、および/または、エンプティ送信は、基地局装置3によってスケジュールされたPUSCHで実行されてもよい。例えば、ノンエンプティ送信、および/または、エンプティ送信は、C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCI(DCIフォーマット)を用いてスケジュールされたPUSCH(すなわち、動的にスケジュールされたPUSCHのリソース)で実行されてもよい。また、ノンエンプティ送信、および/または、エンプティ送信は、SPSC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCI(DCIフォーマット)を用いてスケジュールされたPUSCH(すなわち、半永続的にスケジュールされたPUSCHのリソース)で実行されてもよい。

0149

上述したとおり、端末装置1は、数(1)に基づいて特定されるサブフレームにおいてPUSCHでの送信(UL−SCHでの送信)を半永続的(半持続的、周期的)に実行してもよい。ここで、端末装置1は、基地局装置3によって設定される第3のパラメータ(リリースする前のエンプティ送信の数(Number of empty transmissions before release)を指示するためのパラメータ)に基づいて、設定されるグラント(the configured grant)をクリア(clear)してもよい。

0150

例えば、端末装置1は、連続する、セミパーシステントなPUSCHにおける、初期送信に対応するエンプティ送信の数が、第3のパラメータを用いて示された値(送信の数)に達した場合には、設定されるグラントをクリアしてもよい。

0151

すなわち、端末装置1は、それぞれにMACサービスデータユニットが含まれない(すなわち、ゼロのMACサービスデータユニットが含まれる)MACプロトコルデータユニットであって、連続する、新しいMACプロトコルデータユニットの数に対応する第3のパラメータの後に、すぐに、設定されるグラントをクリアしてもよい(may clear the configured grant immediately after the third parameter number of consecutive new MACPDUs each containing zero MACSDUs)。ここで、該連続する、初期送信に対応するエンプティ送信の数は、セミパーシステントスケジューリングのリソースでのエンプティ送信の数を含む。ここで、該連続する、初期送信に対応するエンプティ送信の数は、動的にスケジュールされたPUSCHのリソースでのエンプティ送信の数を含まない。

0152

ここで、端末装置1は、第3のパラメータに基づいて、基地局装置3によって割り当てられた上りリンクのリソース(セミパーシステントスケジューリングのリソース、PUSCHのリソース)をリリース(クリア)してもよい。すなわち、端末装置1は、設定されるグラントをクリアするのと同様に、第3のパラメータに基づいて、基地局装置3によって割り当てられた上りリンクのリソースをリリースしてもよい。ここで、端末装置1は、上述したセミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIフォーマットを受信した場合に、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースしてもよい。

0153

以下、上述のように、端末装置1によって上りリンクデータの送信が実行され、第3のパラメータに基づいて、設定されるグラントがクリア、および/または、上りリンクのリソースがリリースされる動作を、第1の動作とも記載する。また、上述のように、端末装置1によって上りリンクデータの送信が実行され、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIフォーマットを受信した場合に、設定されるグラントがクリア、および/または、上りリンクのリソースがリリースされる動作を、第1の動作とも記載する。

0154

ここで、第1の動作において、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIフォーマットを受信した場合に、すぐに、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースする。すなわち、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIフォーマットを受信した場合に、基地局装置3へ何れの情報も送信することなく、すぐに、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースする。

0155

図8は、本実施形態における第1の動作における設定されるグラントのクリアの方法を説明するための図である。ここで、図8は、セミパーシステントスケジューリングのインターバルの値として“1(1サブフレーム)”が設定された場合の動作を記載している。

0156

図8に示すように、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングの活性化および/または再活性化を指示するために用いられるDCIを受信してもよい。また、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリソースでのノンエンプティ送信を実行してもよい。すなわち、上述した、数(1)に従って、設定される上りリンクグラントに基づくノンエンプティ送信を実行してもよい。また、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリソースでのエンプティ送信を実行してもよい。すなわち、送信に対して利用可能なデータ(available data for transmission)を持たない場合において、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリソースでのエンプティ送信を実行してもよい。

0157

送信に対して利用可能なデータを持たない場合とは、(i)パディングBSRのみが送信に対して利用可能である場合、または、(ii)パディングBSR、および、パディングのみが送信に対して利用可能である場合であってもよい。送信に対して利用可能なデータを持つ場合とは、(i)「パディングBSRだけが送信に対して利用可能」ではない場合(the case that NOT “only padding BSR is available for transmission”)、(ii)「パディングBSR、および、パディングだけが送信に対して利用可能」ではない場合(the case that NOT “only padding BSR is available for transmission”)、(iii)「パディングBSRだけが送信に対して利用可能な状態」ではない場合、または、(iv)「パディングBSR、および、パディングだけが送信に対して利用可能」な状態ではない場合であってもよい。ここで、パディングBSRは、第2のMACコントロールエレメントであってもよい。

0158

図8の600において、セミパーシステントスケジューリングのリソースでの連続するエンプティ送信の数が、第3のパラメータを用いて設定された値(送信の数)に達した場合には、端末装置1は、設定されるグラントをクリアしてもよい。また、セミパーシステントスケジューリングのリソースでの連続するエンプティ送信の数が、第3のパラメータを用いて設定された値(送信の数)に達した場合には、端末装置1は、上りリンクのリソース(セミパーシステントスケジューリングのリソース)をリリースしてもよい。すなわち、端末装置1は、第3のパラメータに基づいて、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースしてもよい。

0159

図9は、本実施形態における上りリンクデータの送信方法を説明するための図である。図9を用いて説明される上りリンクデータの送信方法は、上述までに説明してきた基地局装置3および/または端末装置1に対して適用されてもよい。以下、図9を用いて説明される動作を、第2の動作とも称する。図9は、セミパーシステントスケジューリングのインターバルの値として“1(1サブフレーム)”が設定された場合の動作を記載している。また、図9に示される送信は、セミパーシステントスケジューリングのリソースでの送信を示している。

0160

図9に示すように、基地局装置3は、端末装置1へ第4のパラメータを送信してもよい。例えば、基地局装置3は、上位層の信号(例えば、RRC層の信号)を用いて、第4のパラメータを送信してもよい。例えば、第4のパラメータは、第2の動作(第2の動作に含まれる一部の動作でもよい)を実行することを設定するために用いられるパラメータを含んでもよい。また、第4のパラメータは、上りリンクにおけるセミパーシステントスケジューリングのインターバルの値“1(1サブフレーム)”を設定するために用いられるパラメータを含んでもよい。

0161

また、第4のパラメータは、セミパーシステントスケジューリングのリソースでのエンプティ送信を実行するかどうか(実行すること、または、実行しないこと)を設定するために用いられるパラメータを含んでもよい。

0162

すなわち、端末装置1は、基地局装置3によって送信される第4のパラメータ(例えば、上位層におけるパラメータ、RRC層におけるパラメータ)に基づいて、第1の動作と第2の動作を切り替えてもよい。例えば、端末装置1は、第4のパラメータが設定されていない場合には第1の動作を実行し、第4のパラメータが設定されている場合には第2の動作を実行してもよい。

0163

サブフレームnにおいて、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングの活性化および/または再活性化を指示するために用いられるDCI(DCIフォーマット、上りリンクグラント)を受信する。ここで、端末装置1は、送信に対して利用可能なデータを持つ場合、セミパーシステントスケジューリングの活性化および/または再活性化を指示するために用いられるDCIを受信したサブフレームに対応するサブフレーム(例えば、サブフレームnの4サブフレーム後のサブフレーム、サブフレームn1)において、ノンエンプティ送信を実行してもよい。

0164

サブフレームn1において、送信に対して利用可能なデータを持つ端末装置1は、ノンエンプティ送信を実行してもよい。例えば、サブフレームn1において、送信に対して利用可能なデータを持つ端末装置1は、パディングBSRおよび/またはパディングのみの送信を実行しない。

0165

また、サブフレームn2は、端末装置1が、送信に対して利用可能なデータを持たないサブフレームを示している。ここで、サブフレームn2において、送信に対して利用可能なデータを持たない端末装置1は、エンプティ送信を実行しない。

0166

すなわち、第4のパラメータが設定された端末装置1は、送信に対して利用可能なデータを持たない場合において、エンプティ送信を実行しない。上述のように、第4のパラメータが設定されていない端末装置1は、送信に対して利用可能なデータを持たない場合において、エンプティ送信を実行する。すなわち、端末装置1は、第4のパラメータに基づいて、送信に対して利用可能なデータを持たない場合において、エンプティ送信を実行するのか、エンプティ送信を実行しないのかを切り替えてもよい。

0167

ここで、サブフレームn2において、端末装置1は、C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCI(DCIフォーマット、上りリンクグラント)に対応する送信を行う場合には、常に、ノンエンプティ送信またはエンプティ送信を実行してもよい。すなわち、端末装置1は、C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIを用いてPUSCHのリソースがスケジュールされた場合には、該スケジュールされたPUSCHのリソースを用いて、常に、ノンエンプティ送信またはエンプティ送信を実行してもよい。

0168

すなわち、C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIを用いてスケジュールされたリソース(動的にスケジュールされたリソース)は、SPSC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIを用いてスケジュールされたリソース(半永続的にスケジュールされたリソース)を上書き(override)してもよい。

0169

ここで、該スケジュールされたPUSCHのリソースは、セミパーシステントスケジューリングのリソースを含むサービングセルのリソースでもよい。また、該スケジュールされたPUSCHのリソースは、セミパーシステントスケジューリングのリソースを含むサービングセル以外のサービングセルのリソースでもよい。すなわち、該スケジュールされたPUSCHのリソースは、セミパーシステントスケジューリングのリソースを含むサービングセルのリソース、または、セミパーシステントスケジューリングのリソースを含むサービングセル以外のサービングセルのリソースでもよい。

0170

すなわち、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、セミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントが与えられた端末装置1は、ノンエンプティ送信を実行してもよい。

0171

また、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持たず、セミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントが与えられた端末装置1は、エンプティ送信を実行しない。

0172

また、第4のパラメータが設定されているかどうかに関わらず、送信に対して利用可能なデータを持ち、動的なスケジューリングに対応する上りリンクグラントが与えられた端末装置1は、ノンエンプティ送信を実行してもよい。

0173

また、第4のパラメータが設定されているかどうかに関わらず、送信に対して利用可能なデータを持たず、動的なスケジューリングに対応する上りリンクグラントが与えられた端末装置1は、エンプティ送信を実行してもよい。

0174

また、サブフレームn3は、端末装置1が、送信に対して利用可能なデータを持つサブフレームを示している。サブフレームn3において、送信に対して利用可能なデータを持つ端末装置1は、ノンエンプティ送信を実行してもよい。

0175

サブフレームn6において、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCI(DCIフォーマット、上りリンクグラント)を受信する。ここで、端末装置1は、送信に対して利用可能なデータを持つ場合、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信したサブフレームに対応するサブフレーム(例えば、サブフレームn6の4サブフレーム後のサブフレーム、サブフレームn7)において、ノンエンプティ送信を実行してもよい。

0176

ここで、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信し、送信に対して利用可能なデータを持つには、セミパーシステントスケジューリングの活性化および/または非活性化を指示するために用いられる最新の(most recent)DCIによってスケジュールされたPUSCH(PUSCHのリソース)で、ノンエンプティ送信を実行してもよい。すなわち、端末装置1は、送信に対して利用可能なデータを持つ場合、ストアした、設定されるグラント(the configured grant)によってスケジュールされた、PUSCH(PUSCHのリソース)で、ノンエンプティ送信を実行してもよい。

0177

上述したように、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIにおいて、リソースブロック割り当て(リソース割り当て)に関連するフィールドには、セミパーシステントスケジューリングのリリースのために予め規定された値がセットされてもよい。従って、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信した場合には、設定されるグラント(the configured grant)に基づいて、ノンエンプティ送信を実行してもよい。

0178

すなわち、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信した場合には、設定されるグラント(the configured grant)に基づいて、ノンエンプティ送信を実行してもよい。すなわち、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信した場合には、PUSCH(PUSCHのリソース)をリリースする前に、該PUSCH(PUSCHのリソース)を用いて、ノンエンプティ送信を実行してもよい。ここで、該PUSCH(PUSCHのリソース)は、セミパーシステントスケジューリングの活性化および/または非活性化を指示するために用いられる最新の(most recent)DCIによってスケジュールされる。すなわち、該PUSCH(PUSCHのリソース)は、設定されるグラント(the configured grant)によってスケジュールされる。ここで、最新の(most recent)DCIとは、最後に受信した(last received)DCIとも称される。

0179

すなわち、サブフレームn7において、送信に対して利用可能なデータを持つ端末装置1は、設定されるグラント(the configured grant)に基づくノンエンプティ送信を実行してもよい。すなわち、例えば、サブフレームn7において、送信に対して利用可能なデータを持つ端末装置1は、パディングBSRおよび/またはパディングのみの送信を実行しない。

0180

また、端末装置1は、ノンエンプティ送信を実行したサブフレーム、または、該サブフレームより後のサブフレームにおいて、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースしてもよい。すなわち、第4のパラメータが設定された端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信した場合に、ノンエンプティ送信またはエンプティ送信を実行し、ノンエンプティ送信またはエンプティ送信を実行したサブフレーム、または、該サブフレームより後のサブフレームにおいて、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースしてもよい。

0181

また、端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信したサブフレーム、または、該サブフレームより後のサブフレームにおいて、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースしてもよい。すなわち、第4のパラメータが設定された端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信した場合に、設定されるグラントをHARQエンティティに渡した後に、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信したサブフレーム、または、該サブフレームより後のサブフレームにおいて、において、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースしてもよい。

0182

上述したように、第4のパラメータが設定されていない端末装置1は、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信した場合に、基地局装置3へ何れの情報も送信することなく、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースする。すなわち、端末装置1は、第4のパラメータに基づいて、セミパーシステントスケジューリングのリリースを指示するために用いられるDCIを受信した場合に、ノンエンプティ送信を実行し、その後に、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースするのか、基地局装置3へ何れの情報も送信することなく、設定されるグラントをクリア、および/または、上りリンクのリソースをリリースするのか、を切り替えてもよい。

0183

上述したように、送信に対して利用可能なデータを持たない端末装置1は、エンプティ送信を実行しない。第2のMACコントロールエレメントのみが送信に対して利用可能な場合、端末装置1はエンプティ送信を実行しない。第2のMACコントロールエレメント、および/または、パディングのみが送信に対して利用可能な場合、端末装置1はエンプティ送信を実行しない。

0184

より詳細には、エンプティ送信を実行しないことは、端末装置1におけるHARQエンティティにおける動作(処理)として規定されてもよい。すなわち、ノンエンプティ送信を実行すること、ノンエンプティ送信を実行しないこと、エンプティ送信を実行すること、および/または、エンプティ送信を実行しないことは、HARQエンティティにおける動作(処理)として規定されてもよい。

0185

例えば、HARQエンティティが、送信に対して利用可能なデータを持つかどうかに基づいて、第1のエンティティから、送信のためのMACプロトコルデータユニット(the MACPDUto transmit)を取得するかどうかを決定することが規定されてもよい。HARQエンティティは、送信に対して利用可能なデータを持つ場合、第1のエンティティから、送信のためのMACプロトコルデータユニット(the MAC PDU to transmit)を取得してもよい。例えば、第4のパラメータが設定され、上りリンクグラントがSPSC−RNTIにアドレスされ、送信に対して利用可能なデータを持つ場合には、HARQエンティティが第1のエンティティからMACプロトコロデータユニットを取得することが規定されてもよい。ここで、当該MACプロトコロデータユニットは、1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメント、および/または、1つまたは複数のMACサービスデータユニットを含んでもよい。

0186

MACプロトコルデータユニットが取得された場合、HARQエンティティは、当該MACプロトコルデータユニット、および、設定されるグラントをHARQプロセスに渡し、HARQプロセスに初期送信のトリガを指示する。HARQプロセスは、当該設定されるグラントをストアし、ストアされる上りリンクグラント(the stored uplink grant)に従った送信の生成を物理レイヤに指示してもよい。

0187

HARQエンティティは、送信に対して利用可能なデータを持たない場合、第1のエンティティから、送信のためのMACプロトコルデータユニット(the MACPDUto transmit)を取得しなくてもよい。例えば、第4のパラメータが設定され、上りリンクグラントがSPSC−RNTIにアドレスされ、送信に対して利用可能なデータを持たない場合には、HARQエンティティが第1のエンティティからMACプロトコロデータユニットを取得しないことが規定されてもよい。MACプロトコルデータユニットが取得されなかった場合、HARQエンティティは、MACプロトコルデータユニット、および、設定されるグラントをHARQプロセスに渡さず、HARQプロセスに初期送信のトリガを指示しない。

0188

第1のエンティティによって、送信のためのMACプロトコルデータユニットが供給されてもよい。第1のエンティティにおいて、新しい送信が実行される場合における、論理チャネルの優先付け手順(Logical Channel Prioritization procedure)が適用されてもよい。第1のエンティティにおいて、MACコントロールエレメントおよびMACサービスデータユニットの多重が行なわれてもよい。

0189

例えば、第1のエンティティは、エンプティ送信が実行されない場合、該エンプティ送信に対応するMACプロトコルデータユニットを生成しなくてもよい。また、第1のエンティティは、エンプティ送信が実行されない場合、該エンプティ送信に対応するMACプロトコルデータユニットをHARQエンティティに渡さなくてもよい。

0190

HARQエンティティは、エンプティ送信が実行されない場合、該エンプティ送信に対応するMACプロトコルデータユニットをHARQプロセスに渡さなくてもよい。また、HARQプロセスは、エンプティ送信が実行されない場合、該エンプティ送信に対応するMACプロトコルデータユニットを物理層に渡さなくてもよい。

0191

また、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信することが規定されてもよい。

0192

すなわち、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、1つまたは複数のMACサービスデータユニット、および/または、1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信することが規定されてもよい。

0193

また、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、パディングのみが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信しないことが規定されてもよい。

0194

また、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、1つまたは複数の第2のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信しないことが規定されてもよい。

0195

すなわち、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、パディングのみ、および/または、1つまたは複数の第2のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信しないことが規定されてもよい。

0196

例えば、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、1つまたは複数のMACサービスデータユニットが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信することが規定されてもよい。

0197

また、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信することが規定されてもよい。

0198

すなわち、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、1つまたは複数のMACサービスデータユニット、および/または、1つまたは複数の第1のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信することが規定されてもよい。

0199

また、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、パディングのみが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信しないことが規定されてもよい。

0200

また、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、1つまたは複数の第2のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信しないことが規定されてもよい。

0201

すなわち、第4のパラメータが設定され、送信に対して利用可能なデータを持ち、MACエンティティがセミパーシステントスケジューリングに対応する上りリンクグラントを与えられた場合には、MACエンティティが、パディングのみ、および/または、1つまたは複数の第2のMACコントロールエレメントが含まれる、MACプロトコルデータユニットを送信しないことが規定されてもよい。

0202

以下、DCIフォーマット(上りリンクグラント)に含まれるNDIについて説明する。

0203

基地局装置3は、送信する上りリンクグラントに含まれるNDIを用いて、端末装置1に初期送信、または、アダプティブ再送信を指示してもよい。

0204

HARQエンティティ、および、HARQプロセスは、C−RNTIにアドレスされた上りリンクグラントに含まれるNDIの値をストアする。

0205

HARQエンティティは、受信された上りリンクグラントがC−RNTIにアドレスされ、当該受信された上りリンクグラントに含まれるNDIが、当該受信された上りリンクグラントが対応するHARQプロセスの前の送信におけるNDIの値と比較してトグルされている場合、第1のエンティティからMACプロトコロデータユニットを取得し、当該MACプロトコルデータユニット、および、当該受信された上りリンクグラントをHARQプロセスに渡し、HARQプロセスに初期送信のトリガを指示する。

0206

HARQエンティティは、受信された上りリンクグラントがC−RNTIにアドレスされ、当該受信された上りリンクグラントに含まれるNDIが、当該受信された上りリンクグラントが対応するHARQプロセスの前の送信におけるNDIの値と比較してトグルされていない場合、当該受信された上りリンクグラントをHARQプロセスに渡し、HARQプロセスにアダプティブ再送信の生成を指示する。

0207

MACエンティティ、および、HARQエンティティは、セミパーシステントスケジューリングの活性化および/または再活性化を指示するために用いられるDCI(上りリンクグラント)がPDCCHを用いて受信された場合、HARQプロセスに対するNDIがトグルされたとみなしてもよい。すなわち、MACエンティティは、セミパーシステントスケジューリングの活性化および/または再活性化を指示するために用いられるDCI(上りリンクグラント)がPDCCHを用いて受信された場合、HARQプロセスに対するNDIがトグルされたとみなし、HARQエンティティに設定されるグラントを渡してもよい。

0208

数(1)に基づいて特定されるサブフレームにおいて、N番目のグラント(設定される上りリンクグラント、SPS上りリンクグラント)が発生するとみなされる場合、HARQプロセスに対するNDIがトグルされたとみなし、HARQエンティティに設定されるグラントを渡してもよい。

0209

図10は、本実施形態におけるNDIを説明するための第1の例を示す図である。図11は、本実施形態におけるNDIを説明するための第2の例を示す図である。図12は、本実施形態におけるNDIを説明するための第3の例を示す図である。

0210

図10から図12のサブフレームnにおいて、端末装置1はHARQプロセスAに対する上りリンクグラント800を受信する。上りリンクグラント800はC−RNTIにアドレスされる。上りリンクグラント800に含まれるNDIフィールドの値は0である。MACエンティティは、上りリンクグラント800をHARQエンティティに渡す。HARQエンティティは、上りリンクグラント800に含まれるNDIフィールドの値(0)をストアする。HARQエンティティは、第1のエンティティからMACプロトコロデータユニットを取得し、MACプロトコルデータユニット、および、上りリンクグラント800をHARQプロセスAに渡し、HARQプロセスAに初期送信のトリガを指示する。HARQプロセスAは、(i)MACプロトコルデータユニット、および、上りリンクグラント800をストアし、(ii)ストアされる上りリンクグラント800に応じてMACプロトコルデータユニットの送信801を生成するよう物理層に指示する。図10から図12のサブフレームn1において、物理層は、ストアされる上りリンクグラント800に応じてMACプロトコルデータユニットの初期送信801を実行する。HARQプロセスAを第1のHARQプロセスとも称する。

0211

図10のサブフレームn2において、端末装置1は、HARQプロセスA(MACプロトコルデータユニット)に対するACKを受信する。HARQエンティティは、HARQプロセスAにACKを渡す。HARQプロセスAは、状態変数にACKをセットする。ここで、HARQプロセスAは、ストアされるMACプロトコルデータユニットを保持する。ここで、HARQプロセスAは、ストアされる上りリンクグラント800に応じてMACプロトコルデータユニットの送信を生成するよう物理層に指示しない。すなわち、図10のサブフレームn3においてMACプロトコルデータユニットは送信されない。

0212

図10のサブフレームn4において、端末装置1は、HARQプロセスAに対する上りリンクグラント803を受信する。上りリンクグラント803はC−RNTIにアドレスされる。上りリンクグラント803に含まれるNDIフィールドの値は0である。MACエンティティは、上りリンクグラント803をHARQエンティティに渡す。HARQエンティティは、上りリンクグラント803に含まれるNDIの値(0)が、ストアされているNDIの値(0)と比較するとトグルされていないことに基づいて、上りリンクグラント803をHARQプロセスAに渡し、HARQプロセスAにアダプティブ再送信の生成を指示する。HARQプロセスAは、(i)上りリンクグラント803をストアし、(ii)ストアされる上りリンクグラント803に応じてMACプロトコルデータユニットの再送信804を生成するよう物理層に指示する。図10のサブフレームn5において、物理層は、ストアされる上りリンクグラント803に応じてMACプロトコルデータユニットのアダプティブ再送信804を実行する。

0213

このように、基地局装置3は、図10のサブフレームn3においてACKのみを送信することによって、MACプロトコロデータユニットの再送信をペンディングすることができる。また、基地局装置3は、サブフレームn4において、上りリンクグラント800に含まれるNDIの値と同じ値のNDIを含む上りリンクグラント803を送信することによって、端末装置1を当該MACプロトコロデータユニットの再送信にリジューム(resume)させることができる。

0214

図11のサブフレームn2において、端末装置1は、HARQプロセスAに対するACK、および、HARQプロセスAに対する上りリンクグラント802Aを受信する。上りリンクグラント802AはSPSC−RNTIにアドレスされる。上りリンクグラント802Aに含まれるNDIフィールドの値は0である。上りリンクグラント802Aは、セミパーシステントスケジュールの活性化に用いられる。MACエンティティは、上りリンクグラント802Aをストアし、HARQプロセスAに対するNDIがトグルされているとみなし、ストアされる上りリンクグラント802AをHARQエンティティに渡す。HARQプロセスAは、状態変数にACKをセットする。

0215

第4のパラメータが設定され、上りリンクグラント802AがSPSC−RNTIにアドレスされ、送信に対して利用可能なデータを持つ場合、HARQエンティティは、第1のエンティティからMACプロトコロデータユニットを取得し、MACプロトコルデータユニット、および、上りリンクグラント802AをHARQプロセスAに渡し、HARQプロセスAに初期送信のトリガを指示する。HARQプロセスAは、(i)MACプロトコルデータユニット、および、上りリンクグラント802Aをストアし、(ii)ストアされる上りリンクグラント802Aに応じてMACプロトコルデータユニットの送信801を生成するよう物理層に指示する。図11のサブフレームn3において、物理層は、ストアされる上りリンクグラント802Aに応じてMACプロトコルデータユニットの初期送信802Bを実行する。

0216

図11のサブフレームn4において、端末装置1は、HARQプロセスAに対する上りリンクグラント803を受信する。上りリンクグラント803はC−RNTIにアドレスされる。上りリンクグラント803に含まれるNDIフィールドの値は0である。MACエンティティは、上りリンクグラント803をHARQエンティティに渡す。MACエンティティは、(i)上りリンクグラント803がC−RNTIに対応しており、(ii)HARQプロセスAに渡された直前の上りリンクグラント802Aが、SPSC−RNTIに対して受信される上りリンクグラントであることに基づいて、上りリンクグラント803に含まれるNDIの値に関わらずHARQプロセスAに対するNDIがトグルされたとみなす。HARQエンティティは、上りリンクグラント803に含まれるNDIの値に関わらずHARQプロセスAに対するNDIがトグルされたとみなすことに基づいて、第1のエンティティからMACプロトコロデータユニットを取得し、MACプロトコルデータユニット、および、上りリンクグラント803をHARQプロセスAに渡し、HARQプロセスAに初期送信のトリガを指示する。HARQプロセスAは、(i)MACプロトコルデータユニット、および、上りリンクグラント803をストアし、(ii)ストアされる上りリンクグラント803に応じてMACプロトコルデータユニットの送信804を生成するよう物理層に指示する。図11のサブフレームn5において、物理層は、ストアされる上りリンクグラント803に応じてMACプロトコルデータユニットの初期送信804を実行する。

0217

図12のサブフレームn2において、端末装置1は、HARQプロセスAに対するACK、および、HARQプロセスAに対する上りリンクグラント802Aを受信する。上りリンクグラント802AはSPSC−RNTIにアドレスされる。上りリンクグラント802Aに含まれるNDIフィールドの値は0である。上りリンクグラント802Aは、セミパーシステントスケジュールの活性化に用いられる。MACエンティティは、上りリンクグラント802Aをストアし、HARQプロセスAに対するNDIがトグルされているとみなし、ストアされる上りリンクグラント802AをHARQエンティティに渡す。HARQプロセスAは、状態変数にACKをセットする。

0218

第4のパラメータが設定され、上りリンクグラント802AがSPSC−RNTIにアドレスされ、送信に対して利用可能なデータを持たない場合、HARQエンティティは、第1のエンティティからMACプロトコロデータユニットを取得せず、MACプロトコルデータユニット、および、上りリンクグラント802AをHARQプロセスAに渡さず、HARQプロセスAに初期送信のトリガを指示しない。HARQプロセスAは、(i)MACプロトコルデータユニットを保持し、(ii)ストアされる上りリンクグラント800に応じたMACプロトコルデータユニットの送信802Bを生成するよう物理層に指示しない。図12のサブフレームn3において、物理層は、ストアされる上りリンクグラント800に応じたMACプロトコルデータユニットの送信802Bを実行しない。

0219

図12のサブフレームn4において、端末装置1は、HARQプロセスAに対する上りリンクグラント803を受信する。上りリンクグラント803はC−RNTIにアドレスされる。上りリンクグラント803に含まれるNDIフィールドの値は0である。MACエンティティは、上りリンクグラント803をHARQエンティティに渡す。

0220

図12のサブフレームn4において、HARQプロセスAに渡された直前の上りリンクグラントは、上りリンクグラント800である。MACエンティティは、(i)上りリンクグラント803がC−RNTIに対応しており、(ii)HARQプロセスAに渡された直前の上りリンクグラント800が、SPSC−RNTIに対して受信される上りリンクグラントではないことに基づいて、上りリンクグラント803に含まれるNDIの値に関わらずHARQプロセスAに対するNDIがトグルされたとみなさない。HARQエンティティは、上りリンクグラント803に含まれるNDIが、上りリンクグラント803に含まれるNDIの値(0)が、ストアされているNDIの値(0)と比較するとトグルされていないことに基づいて、上りリンクグラント803をHARQプロセスAに渡し、HARQプロセスAにアダプティブ再送信の生成を指示する。HARQプロセスAは、(i)上りリンクグラント803をストアし、(ii)ストアされる上りリンクグラント803に応じてMACプロトコルデータユニットの再送信804を生成するよう物理層に指示する。図12のサブフレームn5において、物理層は、ストアされる上りリンクグラント803に応じてMACプロトコルデータユニットのアダプティブ再送信804を実行する。

0221

MACエンティティ、および、HARQエンティティは、HARQエンティティからHARQプロセスAに渡された直前の上りリンクグラントが、SPSC−RNTIに対して受信される上りリンクグラントではない場合、上りリンクグラント803に含まれるNDIの値に関わらず、HARQプロセスAに対するNDIがトグルされたとみなさなくてもよい。

0222

MACエンティティ、および、HARQエンティティは、HARQエンティティからHARQプロセスAに渡された直前の上りリンクグラントが、SPSC−RNTIに対して受信される上りリンクグラントである場合、上りリンクグラント803に含まれるNDIの値に関わらず、HARQプロセスAに対するNDIがトグルされたとみなしてもよい。

0223

第4のパラメータが設定されない場合、HARQエンティティは、送信に対して利用可能なデータを持つかどうかに関わらず、上りリンクグラント802AをHARQプロセスAに渡してもよい。第4のパラメータが設定され、上りリンクグラント802AがC−RNTIにアドレスされる場合、HARQエンティティは、送信に対して利用可能なデータを持つかどうかに関わらず、上りリンクグラント802AをHARQプロセスAに渡してもよい。

0224

第4のパラメータが設定され、上りリンクグラント802AがSPSC−RNTIにアドレスされる場合、HARQエンティティは、送信に対して利用可能なデータを持つかどうかに基づいて、HARQエンティティからHARQプロセスAに上りリンクグラント802Aが渡されるかどうかを決定してもよい。

0225

第4のパラメータが設定され、上りリンクグラント802AがSPSC−RNTIにアドレスされ、送信に対して利用可能なデータを持つ場合、HARQエンティティは、上りリンクグラント802AをHARQプロセスAに渡してもよい。

0226

第4のパラメータが設定され、上りリンクグラント802AがSPSC−RNTIにアドレスされ、送信に対して利用可能なデータを持たない場合、HARQエンティティは、上りリンクグラント802AをHARQプロセスAに渡さなくてもよい。

0227

MACエンティティは、第4のパラメータが設定されているかどうか、上りリンクグラント802AがSPSC−RNTIにアドレスされているかどうか、および、送信に対して利用可能なデータを持つかどうかに関わらず、HARQプロセスAに対する上りリンクグラント802AをHARQエンティティに渡す。

0228

また、MACエンティティ、および、HARQエンティティは、MACエンティティからHARQエンティティに渡されたHARQプロセスAに対する直前の上りリンクグラントが、SPSC−RNTIに対して受信される上りリンクグラントである場合、HARQエンティティからHARQプロセスAに当該直前の上りリンクグラントが渡されたかどうか、および、上りリンクグラント803に含まれるNDIの値に関わらず、HARQプロセスAに対するNDIがトグルされたとみなしてもよい。

0229

また、図12において、MACエンティティ、および、HARQエンティティは、MACエンティティからHARQエンティティに渡されたHARQプロセスAに対する直前の上りリンクグラントが、SPSC−RNTIに対して受信される上りリンクグラントであり、HARQエンティティからHARQプロセスAに当該直前の上りリンクグラントが渡されていない場合、HARQプロセスAに対応するMACプロトコルデータユニットがストアされており、C−RNTIにアドレスされる上りリンクグラント803に含まれるNDIの値が、HARQプロセスAの前の送信におけるNDIの値と比較するとトグルされていなかったとしても、第1のエンティティからMACプロトコロデータユニットを取得し、当該MACプロトコルデータユニット、および、当該上りリンクグラント803をHARQプロセスAに渡し、HARQプロセスAに初期送信のトリガを指示してもよい。

0230

本実施形態において、図11、および、図12の「上りリンクグラント802A」は、「設定されるグラント」、または、「上りリンクグラント802A、または、設定されるグラント」に置き換えられてもよい。

0231

図13は、本実施形態における上りリンクデータの送信方法を説明するための図である。図13を用いて説明される上りリンクデータの送信方法は、上述までに説明してきた基地局装置3および/または端末装置1に対して適用されてもよい。

0232

図13は、第2の動作を実行する端末装置1に対して、サブフレームバンドリングオペレーションが設定された場合における動作を示している。ここで、基地局装置3は、上位層におけるパラメータ(ttiBundlingとも称する)を用いて、サブフレームバンドリングオペレーションを設定してもよい。例えば、上位層におけるパラメータを用いて、サブフレームバンドリングの使用が設定された場合、サブフレームバンドリングオペレーションは、PUSCH(UL−SCH)に対して適用されてもよい。例えば、上位層におけるパラメータを用いて、サブフレームバンドリングの使用が設定された場合、サブフレームバンドリングオペレーションは、PDSCH(DL−SCH)に対して適用されてもよい。例えば、上位層におけるパラメータを用いて、サブフレームバンドリングの使用が設定された場合、サブフレームバンドリングオペレーションは、PDSCH(DL−SCH)、および、PUSCH(UL−SCH)の両方に対して適用されてもよい。

0233

以下、PUSCHに対するサブフレームバンドリングオペレーションについて詳述するが、本実施形態はPDSCHに対して適用されてもよい。

0234

サブフレームバンドリングの使用が設定された場合、UL−SCHでの送信(上りリンクデータの送信)に対して、4つの連続する上りリンクサブフレーム(four consecutiveuplink subframes)が用いられてもよい。ここで、4つの連続する上りリンクサブフレームを、バンドルと称してもよい。尚、1つのバンドルに含まれる、連続する上りリンクサブフレームの数は、基地局装置3から受信した情報に基づいて与えられてもよい。

0235

4つの連続する上りリンクサブフレームのそれぞれにおける送信は、同じHARQプロセス、および、同じトランスポートブロック(MACプロトコルデータユニット)に対応している。図13に示すように、例えば、サブフレームバンドリングオペレーションが設定された端末装置1は、サブフレームn11において、PUSCHの初期送信を実行してもよい。また、サブフレームn12、サブフレームn13、および、サブフレームn14において、PUSCHのノンアダプティブ再送信を実行してもよい。1つのバンドル内において、サブフレームn12、サブフレームn13、および、サブフレームn14におけるPUSCHのノンアダプティブ再送信は、前の送信に対するフィードバック(上りリンクグラント、および、HARQフィードバック)を待たずにトリガされる。ここで、サブフレームn11、サブフレームn12、サブフレームn13、および、サブフレームn14は、4つの連続する上りリンクサブフレームを示している。

0236

以下、本実施形態におけるリダンダンシーバージョンrvidx∈{0、1、2、3}について説明する。

0237

PUSCHに対するリダンダンシーバージョンは、上りリンクグラントに含まれるMCSおよび/またはリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and/or redundancy version)に基づいて与えられる。PDSCHに対するリダンダンシーバージョンは、下りリンクアサインメントに含まれるリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and/or redundancy version)に基づいて与えられる。

0238

リダンダンシーバージョンは、トランスポートブロック(コードワード)の符号化に対して用いられる。トランスポートブロックはコードワードにマップされる。コードワードは符号化の単位である。

0239

以下、トランスポートブロック(コードワード)の符号化について説明をする。

0240

図14は、本実施形態におけるコードワード(トランスポートブロック)の符号化の処理の一例を示す図である。図14の処理は、トランスポートブロックのそれぞれに対して適用されてもよい。図14の処理は、1つのバンドル内における送信のそれぞれに対して適用されてもよい。1つのトランスポートブロックは、1つのコードワードにマップされる。すなわち、トランスポートブロックを符号化することは、コードワードを符号化することと同一である。

0241

(ステップ1410)1つのコードワードに、対応するCRCパリティビットを付加した後、コードワードを1つまたは複数のコードブロックに分割する。コードブロックのそれぞれには、対応するCRCパリティビットが付加されてもよい。(ステップ1411)1つまたは複数のコードブロックのそれぞれは、符号化(例えば、ターボ符号化、畳み込み符号化、または、LDPC(Low Density Parity Check)符号化)される。

0242

(ステップ1412)コードブロックの符号化ビットの系列のそれぞれに対して、レートマッチングが適用される。当該レートマッチングは、リダンダンリーバージョンrvidxに応じて、実行される。

0243

(ステップ1413)レートマッチングが適用された1つまたは複数のコードブロックを連結することによって、コードワードの符号化ビットの系列が得られる。

0244

図15は、本実施形態におけるレートマッチングの一例を示す図である。当該レートマッチングは、図14のステップ1412において実行される。すなわち、レートマッチングは、トランスポートブロックのコードブロックに対して適用される。

0245

1つのレートマッチング(ステップ1412)は、3つのインタリーブ(ステップ1412a)、1つのビット収集(collection)(ステップ1412b)、1つのビット選択および除去(selection and pruning)(ステップ1412c)を含む。1つのレートマッチング(ステップ1412)には、チャネル符号化(ステップ1411)から、3つの情報ビットストリーム(d’k、d’’k、d’’’k)が入力される。ステップ1412aにおいて、3つの情報ビットストリーム(d’k、d’’k、d’’’k)のそれぞれは、サブブロックインタリーバーに応じてインタリーブされる。3つの情報ビットストリーム(d’k、d’’k、d’’’k)のそれぞれをインタリーブすることによって、3つの出力系列(v’k、v’’k、v’’’k)が得られる。

0246

該サブブロックインタリーバーの列の数Csubblockは32である。該サブフロックインタリーバーの行の数Rsubblockは、以下の不等式(2)を満たす最も小さい整数である。ここで、Dは情報ビットストリーム(d’k、d’’k、d’’’k)のそれぞれのビットの数である。

0247

0248

該サブブロックインタリーバーの出力系列(v’k、v’’k、v’’’k)のそれぞれのビットの数KΠは、以下の数式(3)によって与えられる。

0249

0250

ステップ1412bにおいて、3つの出力系列(v’k、v’’k、v’’’k)から、wk(virtual circular buffer)が得られる。wkは、以下の数式(4)によって与えられる。wkのビットの数Kwは、KΠの3倍である。

0251

0252

ステップ1412c(ビット選択および除去)において、wkからレートマッチング出力ビット系列ekが得られる。レートマッチング出力ビット系列ekのビットの数はEである。図16は、本実施形態のビット選択および除去の一例を示す図である。図16のrvidxは、対応するトランスポートブロックの送信に対するRV(redundancy version)番号である。図16のNcbは、対応するコードブロックのためのソフトバッファサイズであり、ビットの数によって表現される。Ncbは以下の数式(5)によって与えられる。

0253

0254

ここで、Cは、図14のコードブロックセグメンテーション(ステップ1410)において、1つのトランスポートブロックが分割されるコードブロックの数である。ここで、NIRは、対応するトランスポートブロックのためのソフトバッファサイズであり、ビットの数によって表現される。NIRは、以下の数式(6)によって与えられる。

0255

0256

ここで、端末装置1が、送信モード3、4、8、9、または10に基づいてPDSCH送信を受信するよう設定されている場合、KMIMOは2であり、且つ、それ以外の場合、KMIMOは1である。KMIMOは、端末装置1が設定されている送信モードに基づいて受信される1つのPDSCH送信が含むことができるトランスポートブロックの最大数と同じである。

0257

ここで、MDL_HARQは、対応する1つのサービングセルにおいて並行して管理される下りリンクHARQプロセスの最大数である。FDDサービングセルに対して、MDL_HARQは8であってもよい。TDDサービングセルに対して、MDL_HARQは上りリンク−下りリンク設定に対応してもよい。ここで、Mlimitは8である。

0258

ここで、Kcは、{1、3/2、2、3、および、5}のうちの何れか1つである。Kcの設定方法の説明は省略する。

0259

ここで、Nsoftは、UEカテゴリー、または、下りリンクUEカテゴリーに応じたソフトチネルビットの総数である。Nsoftは、能力パラメータue-Category (without suffix)、能力パラメータue-Category-v1020、能力パラメータue-Category-v1170、および、能力パラメータue-CategoryDL-r12のうちの何れか1つによって与えられる。

0260

すなわち、リダンダンリーバージョンrvidxは、レートマッチングのために用いられるパラメータであり、ビット選択および除去のために用いられるパラメータである。

0261

バンドル内における最初のPUSCH送信のためのリダンダンリーバージョンrvidxは、上りリンクグラントに含まれるMCSおよび/またはリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and/or redundancy version)に基づいて与えられる。

0262

バンドル内における最初のPDSCH送信のためのリダンダンリーバージョンrvidxは、下りリンクアサインメントに含まれるリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and/or redundancy version)に基づいて与えられる。

0263

最初の送信を除く、バンドル内における送信のそれぞれのためのリダンダンリーバージョンrvidxは、第1の決定方法、第2の決定方法、および、第3の決定方法に基づいて与えられてもよい。以下の要素(A)から要素(I)の一部、または、全部に少なくとも基づいて、第1の決定方法、第2の決定方法、および、第3の決定方法のうちの1つが選択されてもよい。下りリンク(PDSCH)に対する決定方法は、上りリンクに対する決定方法とは異なってもよい。
・要素(A):PUSCH送信の場合、バンドルに対応する上りリンクグラントが対応するRNTI
・要素(B):PDSCH送信の場合、バンドルに対応する下りリンクアサインメントに対応するRNTI
・要素(C):PUSCH送信の場合、バンドルに対応する上りリンクグラント内のフィールドの値
・要素(D):PDSCH送信の場合、バンドルに対応する下りリンクアサインメント内のフィールドの値
・要素(E):上位層の信号(RRCメッセージ)によって示されるパラメータ
・要素(F):第4のパラメータが設定されているかどうか
・要素(G):バンドル、または、バンドル内の送信のそれぞれが送信されるタイミング
・要素(H):バンドル、または、バンドル内の送信のそれぞれが送信される周波数、コンポーネントキャリア、または、セル
・要素(I):バンドルの送信が動的(dynamically)にスケジュールされているか、セミパーシステントスケジュールされているか
例えば、バンドルに対応する上りリンクグラントが対応するRNTIがC−RNTIであり、第4のパラメータが設定されている場合、第1の決定方法が選択されてもよい。例えば、バンドルに対応する上りリンクグラントが対応するRNTIがSPSC−RNTIであり、第4のパラメータが設定されていない場合、第1の決定方法が選択されてもよい。例えば、バンドルに対応する上りリンクグラントが対応するRNTIがSPS C−RNTIであり、第4のパラメータが設定されている場合、第2の決定方法が選択されてもよい。

0264

図17は、本実施形態におけるバンドル内の送信のそれぞれのためのリダンダンシーバージョンの第1の決定方法を説明するための図である。図17において、サブフレームバンドリングオペレーションが設定された端末装置1は、サブフレームn21において、PUSCHの初期送信を実行してもよい。また、サブフレームバンドリングオペレーションが設定された端末装置1は、サブフレームn22、サブフレームn23、および、サブフレームn24において、PUSCHのノンアダプティブ再送信を実行してもよい。端末装置1は、サブフレームn21において、リダンダンシーバージョン2に関連するPUSCH初期送信を行う。当該リダンダンシーバージョン2は、上りリンクグラントに含まれるMCSおよび/またはリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and/or redundancy version)に基づいて与えられる。

0265

端末装置1は、サブフレームn22において、リダンダンシーバージョン3に関連するPUSCHノンアダプティブ再送信を行う。端末装置1は、サブフレームn23において、リダンダンシーバージョン1に関連するPUSCHノンアダプティブ再送信を行う。端末装置1は、サブフレームn24において、リダンダンシーバージョン0に関連するPUSCHノンアダプティブ再送信を行う。すなわち、端末装置1は、サブフレームn22、サブフレームn23、および、サブフレームn24のそれぞれにおいて、バンドル内の直前のPUSCH送信に対応するリダンダンシーバージョンをインクリメントしながらPUSCHノンアダプティブ再送信を実行してもよい。リダンダンシーバージョンは、0、2、3、1の順にインクリメントされる。リダンダンシーバージョン1の次は、リダンダンシーバージョン0である。

0266

図18は、本実施形態におけるバンドル内の送信のそれぞれのためのリダンダンシーバージョンの第2の決定方法を説明するための図である。図18において、サブフレームバンドリングオペレーションが設定された端末装置1は、サブフレームn31において、PUSCHの初期送信を実行してもよい。また、サブフレームバンドリングオペレーションが設定された端末装置1は、サブフレームn32、サブフレームn33、および、サブフレームn34において、PUSCHのノンアダプティブ再送信を実行してもよい。端末装置1は、サブフレームn31において、リダンダンシーバージョン2に関連するPUSCH初期送信を行う。当該リダンダンシーバージョン2は、上りリンクグラントに含まれるMCSおよび/またはリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and/or redundancy version)に基づいて与えられる。

0267

端末装置1は、サブフレームn32、サブフレームn33、および、サブフレームn34において、リダンダンシーバージョン2に関連するPUSCHノンアダプティブ再送信を行う。すなわち、端末装置1は、サブフレームn32、サブフレームn33、および、サブフレームn34のそれぞれにおいて、バンドル内の最初のPUSCH送信に対応するリダンダンシーバージョンと同じリダンダンシーバージョンに対応するPUSCHノンアダプティブ再送信を実行してもよい。

0268

図19は、本実施形態におけるバンドル内の送信のそれぞれのためのリダンダンシーバージョンの第3の決定方法を説明するための図である。図19において、サブフレームバンドリングオペレーションが設定された端末装置1は、サブフレームn41において、PUSCHの初期送信を実行してもよい。また、サブフレームバンドリングオペレーションが設定された端末装置1は、サブフレームn42、サブフレームn43、および、サブフレームn44において、PUSCHのノンアダプティブ再送信を実行してもよい。端末装置1は、サブフレームn41において、リダンダンシーバージョン2に関連するPUSCH初期送信を行う。当該リダンダンシーバージョン2は、上りリンクグラントに含まれるMCSおよび/またはリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and/or redundancy version)に基づいて与えられる。

0269

端末装置1は、サブフレームn42において、リダンダンシーバージョン2に関連するPUSCHノンアダプティブ再送信を行う。すなわち、端末装置1は、サブフレームn42において、バンドル内の最初のPUSCH送信に対応するリダンダンシーバージョンと同じリダンダンシーバージョンに対応するPUSCHノンアダプティブ再送信を実行してもよい。

0270

端末装置1は、サブフレームn43、および、サブフレームn44において、リダンダンシーバージョン3に関連するPUSCHノンアダプティブ再送信を行う。すなわち、端末装置1は、サブフレームn43、および、サブフレームn44において、リダンダンシーバージョン3に関連するPUSCHノンアダプティブ再送信を行う。すなわち、端末装置1は、サブフレームn43、および、サブフレームn44において、上りリンクグラントに含まれるMCSおよび/またはリダンダンシーバージョンに関する情報(Modulation and coding scheme and/or redundancy version)に基づいて与えられるリダンダンシーバージョンをインクリメントすることによって与えられるリダンダンシーバージョンに対応するPUSCHノンアダプティブ再送信を実行する。

0271

サブフレームn41、および、サブフレームn42のペアをブロックAとも称する。サブフレームn43、および、サブフレームn44のペアをブロックBとも称する。すなわち、サブフレームn43、および、サブフレームn44を含むブロックBに対するリダンダンシーバージョン3は、サブフレームn41、および、サブフレームn42を含むブロックAにおけるリダンダンシーバージョン2をインクリメントすることによって与えられる。

0272

以上、図面を参照して、上述までに記載してきた動作は、1つのサービングセルのみ(例えば、プライマリーセルのみ)で行われる動作として限定されてもよい。例えば、セミパーシステントスケジューリングに対応する動作、および、動的なスケジューリングに対応する動作が、1つのサービングセルのみで行われた場合にのみ、上述までに記載してきた動作が適用されてもよい。すなわち、例えば、セミパーシステントスケジューリングに対応する動作が、あるサービングセル(例えば、プライマリーセル)で行なわれ、動的なスケジューリングに対応する動作が、該あるサービングセルとは異なるサービングセル(例えば、セカンダリーセル)で行なわれた場合には、上述までに記載してきた動作は適用されなくてもよい。

0273

また、上述までに記載してきた動作は、複数のサービングセル(例えば、プライマリーセル、および、セカンダリーセル)を跨いで行われる動作であってもよい。例えば、セミパーシステントスケジューリングに対応する動作が、あるサービングセル(例えば、プライマリーセル)で行なわれ、動的なスケジューリングに対応する動作が、該あるサービングセルとは異なるサービングセル(例えば、セカンダリーセル)で行なわれた場合であっても、上述までに記載してきた動作が適用されてもよい。

0274

以下、本実施形態における、端末装置1および基地局装置3の種々の態様について説明する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ