図面 (/)

技術 周波数帯決定装置、ヘッドマウントディスプレイ、周波数帯決定方法及びプログラム

出願人 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
発明者 大西克嘉宮崎良雄
出願日 2016年12月19日 (4年5ヶ月経過) 出願番号 2017-558114
公開日 2018年4月19日 (3年1ヶ月経過) 公開番号 WO2017-110731
状態 特許登録済
技術分野 送受信機 伝送の細部、特殊媒体伝送方式
主要キーワード 操作スティック 低周波数帯 エンタテインメント装置 高周波数帯 マイクユニット モーションセンサ 基準距離 無線LANモジュール
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年4月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題・解決手段

通信装置通信相手がおかれた環境の変化に応じて従来よりも早く通信に用いられる周波数帯切り替えることができる周波数帯決定装置ヘッドマウントディスプレイ、周波数帯決定方法及びプログラムを提供する。画像取得部(60)は、HMD(12)及びHMD(12)の通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得する。周波数帯決定部(62)は、画像取得部(60)が取得する画像に基づいて、HMD(12)と通信相手との通信に用いられる電波の周波数帯を決定する。

概要

背景

無線通信電波状況監視して、当該電波状況に応じて通信に用いられる周波数帯を変更する技術が知られている。

概要

通信装置通信相手がおかれた環境の変化に応じて従来よりも早く通信に用いられる周波数帯を切り替えることができる周波数帯決定装置ヘッドマウントディスプレイ、周波数帯決定方法及びプログラムを提供する。画像取得部(60)は、HMD(12)及びHMD(12)の通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得する。周波数帯決定部(62)は、画像取得部(60)が取得する画像に基づいて、HMD(12)と通信相手との通信に用いられる電波の周波数帯を決定する。

目的

本発明は上記実情に鑑みてなされたものであって、その目的の一つは、通信装置や通信相手がおかれた環境の変化に応じて従来よりも早く通信に用いられる周波数帯を切り替えることができる周波数帯決定装置、ヘッドマウントディスプレイ、周波数帯決定方法及びプログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

通信装置及び当該通信装置の通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得する画像取得部と、前記画像に基づいて、前記通信装置と前記通信相手との通信に用いられる電波周波数帯を決定する周波数帯決定部と、を含むことを特徴とする周波数帯決定装置

請求項2

前記周波数帯決定部は、前記通信装置と前記通信相手とが同じ部屋のなかに存在するか否かに基づいて前記周波数帯を決定する、ことを特徴とする請求項1に記載の周波数帯決定装置。

請求項3

前記周波数帯決定部は、前記画像に前記通信装置又は前記通信相手の像が含まれているか否かに基づいて前記周波数帯を決定する、ことを特徴とする請求項1に記載の周波数帯決定装置。

請求項4

前記周波数帯決定部は、前記画像に基づいて特定される前記通信装置と前記通信相手との間の距離に基づいて前記周波数帯を決定する、ことを特徴とする請求項1に記載の周波数帯決定装置。

請求項5

前記周波数帯決定部は、前記距離が第1の閾値よりも大きくなった際に、前記周波数帯を第1の周波数帯から第2の周波数帯に変更し、前記周波数帯決定部は、前記距離が第2の閾値よりも小さくなった際に、前記周波数帯を前記第2の周波数帯から前記第1の周波数帯に変更し、前記第1の閾値は前記第2の閾値よりも大きく、前記第1の周波数帯は、前記第2の周波数帯よりも高く、前記第2の閾値と前記第1の閾値との差は、前記距離に応じた値である、ことを特徴とする請求項4に記載の周波数帯決定装置。

請求項6

ヘッドマウントディスプレイであって、前記ヘッドマウントディスプレイ及び当該ヘッドマウントディスプレイの通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得する画像取得部と、前記画像に基づいて、前記ヘッドマウントディスプレイと前記通信相手との通信に用いられる電波の周波数帯を決定する周波数帯決定部と、を含むことを特徴とするヘッドマウントディスプレイ。

請求項7

通信装置及び当該通信装置の通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得するステップと、前記画像に基づいて、前記通信装置と前記通信相手との通信に用いられる電波の周波数帯を決定するステップと、を含むことを特徴とする周波数帯決定方法

請求項8

通信装置及び当該通信装置の通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得する手順、前記画像に基づいて、前記通信装置と前記通信相手との通信に用いられる電波の周波数帯を決定する手順、をコンピュータに実行させることを特徴とするプログラム

技術分野

0001

本発明は、周波数帯決定装置ヘッドマウントディスプレイ、周波数帯決定方法及びプログラムに関する。

背景技術

0002

無線通信電波状況監視して、当該電波状況に応じて通信に用いられる周波数帯を変更する技術が知られている。

発明が解決しようとする課題

0003

60GHz帯等のミリ波直進性が強いため、通信経路上に遮蔽物が存在するか否か、通信装置及び通信相手が同一の部屋に存在しているか否か、などといった通信装置や通信相手がおかれた環境により通信品質が著しく変動する。そのため通信に用いられる周波数帯は、通信装置や通信相手がおかれた環境の変化に応じてできるだけ早く切り替わることが望ましい。

0004

例えば通信装置がミリ波で通信している際に通信品質が悪くなった場合に、通信装置が通信に用いる電波が5GHz帯などのマイクロ波に切り替わると、マイクロ波の方がミリ波よりも回折性が高いため、通信品質が高くなる可能性がある。そのためミリ波での通信中に通信品質が悪くなった際にはできるだけ早く通信装置が通信に用いる電波がマイクロ波に切り替わることが望ましい。

0005

ここで例えばミリ波による通信の通信品質を監視して通信品質が悪くなったことが確認されたことに応じて通信装置が通信に用いる電波がマイクロ波に切り替わるようにすることが考えられる。しかしこのようにすると通信品質が悪くなるような環境の変化が起こってから通信装置が通信に用いる電波がマイクロ波に切り替わるまでの間に一定程度の時間がかかってしまう。

0006

本発明は上記実情に鑑みてなされたものであって、その目的の一つは、通信装置や通信相手がおかれた環境の変化に応じて従来よりも早く通信に用いられる周波数帯を切り替えることができる周波数帯決定装置、ヘッドマウントディスプレイ、周波数帯決定方法及びプログラムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

上記課題を解決するために、本発明に係る周波数帯決定装置は、通信装置及び当該通信装置の通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得する画像取得部と、前記画像に基づいて、前記通信装置と前記通信相手との通信に用いられる電波の周波数帯を決定する周波数帯決定部と、を含む。

0008

本発明の一態様では、前記周波数帯決定部は、前記通信装置と前記通信相手とが同じ部屋のなかに存在するか否かに基づいて前記周波数帯を決定する。

0009

あるいは、前記周波数帯決定部は、前記画像に前記通信装置又は前記通信相手の像が含まれているか否かに基づいて前記周波数帯を決定してもよい。

0010

あるいは、前記周波数帯決定部は、前記画像に基づいて特定される前記通信装置と前記通信相手との間の距離に基づいて前記周波数帯を決定する。

0011

この態様では、前記周波数帯決定部は、前記距離が第1の閾値よりも大きくなった際に、前記周波数帯を第1の周波数帯から第2の周波数帯に変更し、前記周波数帯決定部は、前記距離が第2の閾値よりも小さくなった際に、前記周波数帯を前記第2の周波数帯から前記第1の周波数帯に変更し、前記第1の閾値は前記第2の閾値よりも大きく、前記第1の周波数帯は、前記第2の周波数帯よりも高く、前記第2の閾値と前記第1の閾値との差は、前記距離に応じた値であってもよい。

0012

また、本発明に係るヘッドマウントディスプレイは、ヘッドマウントディスプレイであって、前記ヘッドマウントディスプレイ及び当該ヘッドマウントディスプレイの通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得する画像取得部と、前記画像に基づいて、前記ヘッドマウントディスプレイと前記通信相手との通信に用いられる電波の周波数帯を決定する周波数帯決定部と、を含む。

0013

また、本発明に係る周波数帯決定方法は、通信装置及び当該通信装置の通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得するステップと、前記画像に基づいて、前記通信装置と前記通信相手との通信に用いられる電波の周波数帯を決定するステップと、を含む。

0014

また、本発明に係るプログラムは、通信装置及び当該通信装置の通信相手の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得する手順、前記画像に基づいて、前記通信装置と前記通信相手との通信に用いられる電波の周波数帯を決定する手順、をコンピュータに実行させる。

図面の簡単な説明

0015

本発明の一実施形態に係る映像表示システムの全体構成の一例を示す図である。
本発明の一実施形態に係るヘッドマウントディスプレイの構成の一例を示す図である。
本発明の一実施形態に係る中継装置の構成の一例を示す図である。
本実施形態に係る映像表示システムが部屋に配置されている様子の一例を模式的に示す図である。
本実施形態に係る映像表示システムが部屋に配置されている様子の一例を模式的に示す図である。
本発明の一実施形態に係るヘッドマウントディスプレイで実装される機能の一例を示す機能ブロック図である。
本発明の一実施形態に係るヘッドマウントディスプレイにおいて行われる処理の流れの一例を示すフロー図である。
本発明の一実施形態に係るヘッドマウントディスプレイにおいて行われる処理の流れの一例を示すフロー図である。

実施例

0016

以下、本発明の一実施形態について、図面を参照しながら説明する。

0017

図1は、本発明の一実施形態に係る映像表示システム10の全体構成の一例を示す図である。図2Aは、本実施形態に係るヘッドマウントディスプレイ(HMD)12の構成の一例を示す図である。図2Bは、本実施形態に係る中継装置16の構成の一例を示す図である。

0018

図1に示すように、本実施形態に係る映像表示システム10は、HMD12とエンタテインメント装置14と中継装置16とディスプレイ18とカメラマイクユニット20とコントローラ22とを含んでいる。

0019

本実施形態に係るHMD12には、例えば図2Aに示すように、制御部30、記憶部32、2つの通信部34(第1通信部34a及び第2通信部34b)、入出力部36、表示部38、センサ部40、音声出力部42、カメラ部44が含まれる。

0020

制御部30は、例えばHMD12にインストールされるプログラムに従って動作するマイクロプロセッサ等のプログラム制御デバイスである。

0021

記憶部32は、例えばROMやRAM等の記憶素子などである。記憶部32には、制御部30によって実行されるプログラムなどが記憶される。

0022

第1通信部34a及び第2通信部34bは、それぞれ例えばアレイアンテナが内蔵された無線LANモジュールなどの通信インタフェースである。本実施形態では図1に示すように、第1通信部34a及び第2通信部34bは、HMD12の前側上方に配置されている。

0023

本実施形態では第1通信部34aで行われる通信の通信規格と第2通信部34bで行われる通信の通信規格とは異なっている。例えば第1通信部34aでは60GHz帯での通信が行われ、第2通信部34bでは5GHz帯での通信が行われる。

0024

60GHz帯での通信の方が5GHz帯の通信よりも通信可能な最大レートは高い。また60GHz帯での通信の方が5GHz帯の通信よりも直進性が強く、また通信可能距離は短い。本実施形態では、無線通信の電波状況に応じて、中継装置16との通信に、第1通信部34aを用いるか第2通信部34bを用いるかが切替可能になっている。また本実施形態では公知の適応変調符号化技術により、無線通信の電波状況に応じて、第1通信部34aや第2通信部34bの変調方式符号化方式適応的に変化させることができるようになっている。

0025

入出力部36は、例えばHDMI登録商標)(High-Definition Multimedia Interface)ポートUSBポート、AUXポートなどの入出力ポートである。

0026

表示部38は、HMD12の前側に配置されている、例えば液晶ディスプレイ有機ELディスプレイ等のディスプレイであり、エンタテインメント装置14が生成する映像などを表示させる。また表示部38は、HMD12の筐体に収容される。表示部38は、例えばエンタテインメント装置14が出力して中継装置16で中継される映像信号を受信して、当該映像信号が表す映像を出力するようにしてもよい。本実施形態に係る表示部38は、例えば左目用の画像と右目用の画像を表示することによって三次元画像を表示させることができるようになっている。なお表示部38は三次元画像の表示ができず二次元画像の表示のみができるものであっても構わない。

0027

センサ部40は、例えば加速度センサモーションセンサなどといったセンサである。センサ部40は、HMD12の回転量、移動量などの計測結果を所定のフレームレートで、制御部30に出力する。

0028

音声出力部42は、例えばヘッドホンスピーカ等であり、エンタテインメント装置14が生成する音声データが表す音声などを出力する。音声出力部42は、例えばエンタテインメント装置14が出力して中継装置16で中継される音声信号を受信して、当該音声信号が表す音声を出力する。

0029

カメラ部44は、例えばデジタルカメラなどのカメラであり、所定のフレームレートでHMD12を装着するユーザの周辺の様子を撮影する。図1に示すように、本実施形態に係るカメラ部44には、例えば4つのカメラが含まれている。これらの4つのカメラは、それぞれ、例えば図1に示すように、表示部38の上方左側、表示部38の上方右側、HMD12の筐体の左側面、及び、HMD12の筐体の右側面に配置されている。これらのカメラは例えば魚眼レンズを備えたカメラなどといった、HMD12の周囲の全方向又は一部の方向を撮影可能なカメラであっても構わない。またカメラ部44が、HMD12の筐体の内側に配置された、HMD12を装着するユーザの視線方向を検出する赤外線カメラを含んでいてもよい。

0030

またカメラ部44によって、HMD12と中継装置16との間の距離を特定できるようになっていても構わない。例えば表示部38の上方左側及び上方右側に配置されたカメラがステレオカメラとして構成されていてもよい。そして当該ステレオカメラが撮影する画像に基づいて、HMD12と中継装置16との間の距離を特定できるようになっていても構わない。またカメラ部44が、HMD12からHMD12の前方に配置された中継装置16までの距離が測定可能な赤外線カメラ等の装置(測距装置)を備えていてもよい。

0031

本実施形態に係るエンタテインメント装置14は、例えばゲームコンソールDVDプレイヤ、Blu−ray(登録商標)プレイヤなどといったコンピュータである。本実施形態に係るエンタテインメント装置14は、例えば記憶されているゲームプログラムの実行や光ディスクに記録されたコンテンツ再生などによって映像や音声を生成する。そして本実施形態に係るエンタテインメント装置14は、生成される映像を表す映像信号や生成される音声を表す音声信号を、中継装置16を経由して、HMD12やディスプレイ18に出力する。

0032

本実施形態に係る中継装置16は、エンタテインメント装置14から出力される映像信号や音声信号を中継してHMD12やディスプレイ18に出力するコンピュータである。

0033

本実施形態に係る中継装置16には、例えば図2Bに示すように、制御部50、記憶部52、2つの通信部54(第1通信部54a及び第2通信部54b)、入出力部56が含まれる。

0034

制御部50は、例えば制御回路、又は、中継装置16にインストールされるプログラムに従って動作するCPU等のプログラム制御デバイスである。

0035

記憶部52は、例えばROMやRAM等の記憶素子などである。記憶部52には、制御部50によって実行されるプログラムなどが記憶される。

0036

第1通信部54a及び第2通信部54bは、例えばアレイアンテナが内蔵された無線LANモジュールなどの通信インタフェースなどである。本実施形態では、図1に示すように、中継装置16の前側に、第1通信部54a及び第2通信部54bが含まれている。

0037

本実施形態では第1通信部54aで行われる通信の通信規格と、第2通信部54bで行われる通信の通信規格とは異なっている。例えば第1通信部54aでは60GHz帯での通信が行われ、第2通信部54bでは5GHz帯での通信が行われる。

0038

上述した通り、60GHz帯での通信の方が5GHz帯の通信よりも通信可能な最大レートは高い。また60GHz帯での通信の方が5GHz帯の通信よりも直進性が強く、また通信可能距離は短い。本実施形態では、無線通信の電波状況に応じて、HMD12との通信に、第1通信部34aを用いるか第2通信部34bを用いるかが切替可能になっている。

0039

入出力部56は、HDMI(登録商標)(High-Definition Multimedia Interface)ポート、USBポートなどの入出力ポートである。

0040

本実施形態に係るディスプレイ18は、例えば液晶ディスプレイ等であり、エンタテインメント装置14から出力される映像信号が表す映像などを表示させる。

0041

本実施形態に係るカメラマイクユニット20は、例えば被写体を撮像した画像をエンタテインメント装置14に出力するカメラ20a及び周囲の音声を取得して当該音声を音声データに変換してエンタテインメント装置14に出力するマイク20bを含んでいる。また本実施形態に係るカメラ20aはステレオカメラである。

0042

HMD12と中継装置16とは、例えば、無線通信によるデータの送受信が互いに可能になっている。本実施形態では、HMD12と中継装置16との間での通信が行われる際に、第1通信部34aと第1通信部54aとの間の60GHz帯での通信、又は、第2通信部34bと第2通信部54bとの間の5GHz帯での通信が行われる。

0043

エンタテインメント装置14と中継装置16とは、例えば、HDMIケーブルUSBケーブルなどを介して接続されている。中継装置16とディスプレイ18とは、例えば、HDMIケーブルなどを介して接続されている。エンタテインメント装置14とカメラマイクユニット20とは、例えば、AUXケーブルなどを介して接続されている。

0044

本実施形態に係るコントローラ22は、エンタテインメント装置14に対する操作入力を行うための操作入力装置である。ユーザは、コントローラ22が備える方向キーやボタンを押下したり、操作スティックを傾けたりすることで、コントローラ22を用いて各種の操作入力を行うことができる。そして本実施形態では、コントローラ22は、操作入力に対応付けられる入力データをエンタテインメント装置14に出力する。また本実施形態に係るコントローラ22は、USBポートを備えている。そしてコントローラ22は、USBケーブルでエンタテインメント装置14と接続することで、有線で入力データをエンタテインメント装置14に出力することができる。また本実施形態に係るコントローラ22は、無線通信モジュール等を備えており、無線で入力データをエンタテインメント装置14に出力することができるようにもなっている。

0045

図3A及び図3Bは、本実施形態に係る映像表示システム10が部屋に配置されている様子の一例を模式的に示す図である。本実施形態では、図3Aに示すように、HMD12と中継装置16とが同じ部屋のなかに存在する場合は、HMD12の第1通信部34aが、中継装置16の第1通信部54aとの間で60GHz帯による通信を行う。一方、図3Bに示すように、HMD12と中継装置16とが異なる部屋のなかに存在する場合は、HMD12の第2通信部34bが、中継装置16の第2通信部54bとの間で5GHz帯による通信を行う。

0046

本実施形態では例えば、カメラ部44が撮影する、HMD12及び中継装置16の少なくとも一方がおかれた環境の画像に基づいて、HMD12と中継装置16とが同じ部屋のなかに存在するか異なる部屋のなかに存在するかを判定する。例えば、カメラ部44が撮影した画像に中継装置16の像が含まれている場合は、HMD12と中継装置16とが同じ部屋のなかに存在すると判定される。一方、カメラ部44が撮影した画像に中継装置16の像が含まれていない場合は、HMD12と中継装置16とが異なる部屋のなかに存在すると判定される。

0047

そして本実施形態では、HMD12と中継装置16とが同じ部屋のなかに存在すると判定される際には、HMD12と中継装置16とが60GHz帯での通信を行うよう制御される。一方、HMD12と中継装置16とが異なる部屋のなかに存在すると判定される際には、HMD12と中継装置16とが5GHz帯での通信を行うよう制御される。

0048

このように本実施形態では、カメラ部44が撮影する画像に基づいて特定される、HMD12と中継装置16との位置関係に基づいて、通信に用いられる電波の周波数帯が決定されることとなる。

0049

HMD12と中継装置16とが異なる部屋のなかに存在する場合は、HMD12と中継装置16との間は壁や扉などで遮られるため、60GHz帯などといった高周波数帯での通信品質が低い可能性が高い。そこで本実施形態では、カメラ部44が撮影する画像に基づいて、HMD12と中継装置16とが異なる部屋のなかに存在すると判定される場合には、HMD12と中継装置16とが5GHz帯などといった低周波数帯による通信を行うよう制御される。例えばHMD12と中継装置16との間で60GHz帯による通信が行われている際に、HMD12を装着したユーザが、中継装置16が配置されている部屋から別の部屋に移動したとする。この場合はHMD12と中継装置16との間の通信が5GHz帯による通信に切り替わる。このようにして本実施形態では、通信品質が確認されてから通信に用いられる電波の周波数帯が切り替わる場合よりも早くHMD12や中継装置16がおかれた環境の変化に応じて通信に用いられる電波の周波数帯が切り替わることとなる。

0050

またミリ波には、通信可能な最大レートが高いなどといったメリットがあるため、マイクロ波による通信中でもミリ波による通信での通信品質が確保できるのであれば、マイクロ波による通信からミリ波による通信に切り替わることが望ましい。そこで本実施形態では例えばHMD12と中継装置16との間で5GHz帯による通信が行われている際に、HMD12を装着したユーザが、中継装置16が配置されている部屋に別の部屋から移動したとする。この場合はHMD12と中継装置16との間の通信が60GHz帯による通信に切り替わる。このようにして本実施形態によれば、高周波数帯による通信の通信品質が高くなるような環境の変化に応じて高周波数帯による通信に切り替わることとなる。

0051

なお例えば、カメラ部44が撮影する画像に基づいてHMD12と中継装置16との間に電波を通さない遮蔽物が存在するか否かが判定されても構わない。そしてHMD12と中継装置16との間に電波を通さない遮蔽物が存在すると判定される場合に、HMD12と中継装置16とが5GHz帯での通信を行うよう制御されてもよい。またHMD12と中継装置16との間に電波を通さない遮蔽物が存在しないと判定される場合に、HMD12と中継装置16とが60GHz帯での通信を行うよう制御されてもよい。

0052

また例えば、HMD12と中継装置16とが同じ部屋に存在する場合についても、カメラ部44が撮影した画像に中継装置16の像が含まれているか否かに基づいて、通信に用いられる電波の周波数帯が決定されても構わない。例えば、カメラ部44が撮影した画像に中継装置16の像が含まれている場合は、HMD12と中継装置16とが60GHz帯での通信を行うよう制御されても構わない。また例えば、カメラ部44が撮影した画像に中継装置16の像が含まれていない場合は、HMD12と中継装置16とが5GHz帯での通信を行うよう制御されても構わない。

0053

また例えば、HMD12と中継装置16との間の距離に基づいて、HMD12と中継装置16とが5GHz帯での通信を行うか60GHz帯での通信を行うかが決定されても構わない。ここでHMD12と中継装置16との間の距離は例えば、カメラ部44に含まれるステレオカメラにより特定されても構わない。またHMD12が測距装置を含む場合には、当該測距装置によりHMD12と中継装置16との間の距離が特定されても構わない。

0054

以下、HMD12の機能並びに本実施形態に係るHMD12で実行される処理についてさらに説明する。なお本実施形態に係るHMD12は、HMD12及び中継装置16の少なくとも一方がおかれた環境に基づいて、HMD12と中継装置16との間の通信で用いられる電波の周波数帯の決定する周波数帯決定装置としての役割を担うこととなる。

0055

図4は、本実施形態に係るHMD12で実装される機能の一例を示す機能ブロック図である。なお、本実施形態に係るHMD12で、図4に示す機能のすべてが実装される必要はなく、また、図4に示す機能以外の機能が実装されていても構わない。

0056

図4に示すように、本実施形態に係るHMD12は、機能的には例えば、画像取得部60、周波数帯決定部62、通信制御部64、を含んでいる。画像取得部60は、制御部30及びカメラ部44を主として実装される。周波数帯決定部62は、制御部30を主として実装される。通信制御部64は、制御部30、第1通信部34a、及び、第2通信部34bを主として実装される。

0057

以上の機能は、コンピュータであるHMD12にインストールされた、以上の機能に対応する指令を含むプログラムを制御部30で実行することにより実装されてもよい。このプログラムは、例えば、光ディスク、磁気ディスク磁気テープ光磁気ディスクフラッシュメモリ等のコンピュータ読み取り可能な情報記憶媒体を介して、あるいは、インターネットなどを介してHMD12に供給される。

0058

画像取得部60は、本実施形態では例えば、通信装置(ここでは例えばHMD12)及び当該通信装置の通信相手(ここでは例えば中継装置16)の少なくとも一方がおかれた環境の画像を取得する。画像取得部60は、例えば、カメラ部44が撮影する画像を取得する。

0059

周波数帯決定部62は、本実施形態では例えば、画像取得部60が取得する画像に基づいて、通信装置(ここでは例えばHMD12)と通信相手(ここでは例えば中継装置16)との通信に用いられる電波の周波数帯を決定する。ここで上述のように、周波数帯決定部62は、HMD12と中継装置16とが同じ部屋のなかに存在するか否かに基づいて、HMD12と中継装置16との通信に用いられる電波の周波数帯を決定してもよい。また周波数帯決定部62は、HMD12と中継装置16との間の距離に基づいて、HMD12と中継装置16との通信に用いられる電波の周波数帯を決定してもよい。また周波数帯決定部62は、画像取得部60が取得した画像にHMD12又は中継装置16の像が含まれているか否かに基づいて、HMD12と中継装置16との通信に用いられる電波の周波数帯を決定してもよい。ここで周波数帯決定部62は、HMD12と中継装置16とが同じ部屋に存在する場合であっても、画像取得部60が取得した画像に中継装置16の像が含まれているか否かに基づいて、通信に用いられる電波の周波数帯を決定してもよい。また例えば画像取得部60が取得した画像にHMD12の像が含まれているか否かに基づいて、通信に用いられる電波の周波数帯を決定してもよい。

0060

通信制御部64は、本実施形態では例えば、周波数帯決定部62により決定される周波数帯での通信が行われるよう制御する。通信制御部64は例えば、60GHz帯による通信が行われることが決定された際には、第1通信部34aにより通信が行われるよう制御する。また通信制御部64は例えば、5GHz帯による通信が行われることが決定された際には、第2通信部34bにより通信が行われるよう制御する。

0061

また本実施形態では、通信制御部64は、第1通信部34aによる通信が行われているか第2通信部34bによる通信が行われているかを管理する通信部特定データを保持する。例えば、第1通信部34aによる通信が行われている際には通信部特定データの値が「1」に設定され、第2通信部34bによる送信が行われている際には通信部特定データの値が「2」に設定される。なお通信部特定データの値が「1」に設定されている際には、通信制御部64は、第2通信部34bが停止するよう制御してもよい。また通信部特定データの値が「2」に設定されている際には、通信制御部64は、第1通信部34aが停止するよう制御してもよい。

0062

以下、HMD12と中継装置16とが同じ部屋のなかに存在するか否かに基づき周波数帯が決定される場合に、本実施形態に係るHMD12において行われる処理の流れの一例を、図5に示すフロー図を参照しながら説明する。

0063

まず、画像取得部60が、カメラ部44が撮影した画像を取得する(S101)。カメラ部44が所定のフレームレートで画像を撮影している際には、S101に示す処理では例えばカメラ部44が撮影した最新の画像を取得するようにしてもよい。

0064

そして周波数帯決定部62が、S101に示す処理で取得した画像に基づいて、通信に用いられる電波の周波数帯を決定する(S102)。ここでは例えば、周波数帯決定部62は、カメラ部44が撮影する画像に基づいてHMD12と中継装置16とが同じ部屋のなかに存在するか否かを特定する。そして同じ部屋のなかに存在することが特定された際には、通信に用いられる電波の周波数帯を60GHz帯と決定する。一方、異なる部屋のなかに存在することが特定された際には、通信に用いられる電波の周波数帯を5GHz帯と決定する。ここで周波数帯決定部62は、カメラ部44が撮影した画像に中継装置16の像が含まれている場合は、HMD12と中継装置16とが同じ部屋のなかに存在すると判定してもよい。また周波数帯決定部62は、カメラ部44が撮影した画像に中継装置16の像が含まれていない場合は、HMD12と中継装置16とが異なる部屋のなかに存在すると判定してもよい。

0065

そして通信制御部64が、S102に示す処理で決定された周波数帯、及び、保持している通信部特定データの値を確認する(S103)。

0066

S102に示す処理で決定された周波数帯が60GHz帯であり、S103に示す処理で確認された通信部特定データの値が「2」である場合は、通信制御部64は、通信部特定データの値を「1」に変更する(S104)。そして通信制御部64は、第1通信部34aによる通信が行われるよう制御する(S105)。そして本処理例に示す処理は終了される。S105に示す処理で、通信制御部64は、第1通信部34aを起動し、第2通信部34bを停止させてもよい。

0067

S102に示す処理で決定された周波数帯が5GHz帯であり、S103に示す処理で確認された通信部特定データの値が「1」である場合は、通信制御部64は、通信部特定データの値を「2」に変更する(S106)。そして、通信制御部64は、第2通信部34bによる通信が行われるよう制御する(S107)。そして本処理例に示す処理は終了される。S107に示す処理で、通信制御部64は、第2通信部34bを起動し、第1通信部34aを停止させてもよい。

0068

その他の場合は、本処理例に示す処理は終了される。すなわちS102に示す処理で決定された周波数帯が60GHz帯でありS103に示す処理で確認された通信部特定データの値が「1」である場合は、本処理例に示す処理は終了される。また、S102に示す処理で決定された周波数帯が5GHz帯でありS103に示す処理で確認された通信部特定データの値が「2」である場合も、本処理例に示す処理は終了される。

0069

そしてS101に示す処理に戻り、以後、S101〜S105に示す処理の実行が繰り返される。なお所定の時間間隔で上記S101〜S105に示す処理が実行されても構わない。

0070

また上述のように、S102に示す処理において、周波数帯決定部62が、カメラ部44が撮影する画像に基づいてHMD12と中継装置16との間に電波を通さない遮蔽物が存在するか否かを特定してもよい。そして周波数帯決定部62は、電波を通さない遮蔽物が存在することが特定された場合に、通信に用いられる電波の周波数帯を5GHz帯と決定してもよい。また周波数帯決定部62は、電波を通さない遮蔽物が存在しないことが特定された場合に、通信に用いられる電波の周波数帯を60GHz帯と決定してもよい。

0071

またS102に示す処理において、周波数帯決定部62が、HMD12と中継装置16との間の距離に基づいて、通信に用いられる電波の周波数帯を決定してもよい。

0072

以下、周波数帯決定部62が、HMD12と中継装置16との間の距離に基づいて、通信に用いられる電波の周波数帯を決定する際における、上記S102に相当する処理の流れの一例を、図6に示すフロー図を参照しながら説明する。

0073

まず、周波数帯決定部62は、S101に示す処理で取得した画像に基づいて、HMD12と中継装置16との間の距離Lを特定する(S201)。そして周波数帯決定部62は、通信制御部64が保持している通信部特定データの値を確認する(S202)。

0074

S202に示す処理で通信部特定データの値が「1」であることが確認された場合は、周波数帯決定部62は、S201に示す処理で特定された距離Lが基準距離L1に値Δを加えた第1の閾値(L1+Δ)より大きいか否かを確認する(S203)。ここで基準距離L1は例えば8mである。また値Δは、S201に示す処理で特定された距離Lに応じた値、例えば0.1×Lである。なお値Δが、画像に基づく距離Lの認識精度に応じた値であってもよい。

0075

S203に示す処理で、S201に示す処理で特定された距離Lが第1の閾値(L1+Δ)よりも大きいことが確認された場合は(S203:Y)、周波数帯決定部62は、通信に用いられる電波の周波数帯を5GHz帯と決定する(S204)。そして上記S103以降の処理が実行される。一方、S201に示す処理で特定された距離Lが第1の閾値(L1+Δ)以下であることが確認された場合は(S203:N)、周波数帯決定部62は、通信に用いられる電波の周波数帯を60GHz帯と決定する(S205)。そして上記S103以降の処理が実行される。

0076

S202に示す処理で通信部特定データの値が「2」であることが確認された場合は、周波数帯決定部62は、S201に示す処理で特定された距離Lが基準距離L1に値Δを減じた第2の閾値(L1−Δ)より小さいか否かを確認する(S206)。

0077

S206に示す処理で、S201に示す処理で特定された距離Lが第2の閾値(L1−Δ)よりも小さいことが確認された場合は、周波数帯決定部62は、通信に用いられる電波の周波数帯を60GHz帯と決定する(S207)。そして上記S103以降の処理が実行される。一方、S201に示す処理で特定された距離Lが第2の閾値(L1−Δ)以上であることが確認された場合は、周波数帯決定部62は、通信に用いられる電波の周波数帯を5GHz帯と決定する(S208)。そして上記S103以降の処理が実行される。

0078

以上のようにすれば、周波数帯決定部62は、距離Lが第1の閾値(L1+Δ)よりも大きくなった際に、HMD12と中継装置16との間の通信に用いられる電波の周波数帯を第1の周波数帯(例えば60GHz帯)から第2の周波数帯(5GHz帯)に変更する。一方、周波数帯決定部62は、距離Lが第2の閾値(L1−Δ)よりも小さくなった際に、HMD12と中継装置16との間の通信に用いられる電波の周波数帯を第2の周波数帯(例えば5GHz帯)から第1の周波数帯(60GHz帯)に変更する。

0079

このように通信に用いられる電波の周波数帯が、第1の周波数帯(高周波数帯)から第2の周波数帯(低周波数帯)に切り替わる場合と低周波数帯から高周波数帯に切り替わる場合とで、HMD12と中継装置16との間の距離の閾値が異なっていてもよい。また第1の閾値(L1+Δ)と第2の閾値(L1−Δ)との差(2×Δ)は、S201に示す処理で特定された距離Lに応じた値であっても構わない。

0080

なお、本発明は上述の実施形態に限定されるものではない。

0081

例えば、図4に例示する機能の一部又は全部が、中継装置16やエンタテインメント装置14で実装されてもよい。この場合、中継装置16がHMD12との通信に第1通信部54aを用いるか第2通信部54bを用いるかが制御されることとなる。

0082

またカメラ20aが撮影する、HMD12及び中継装置16の少なくとも一方がおかれた環境の画像に基づいて、HMD12と中継装置16との通信に用いられる電波の周波数帯が決定されてもよい。ここで例えばカメラ20aが撮影する画像にHMD12の像が含まれているか否かに基づいて、HMD12と中継装置16との通信に用いられる電波の周波数帯が決定されてもよい。例えば、カメラ部20aが撮影した画像にHMD12の像が含まれている場合は、HMD12と中継装置16とが60GHz帯での通信を行うよう制御されても構わない。また例えば、カメラ部20aが撮影した画像にHMD12の像が含まれていない場合は、HMD12と中継装置16とが5GHz帯での通信を行うよう制御されても構わない。

0083

また本発明の適用範囲は、60GHz帯による通信と5GHz帯による通信の切り替えに限定されるものではなく、高周波数帯による通信と低周波数帯による通信の切り替え一般に適用可能である。

0084

また、上記の具体的な文字列や数値及び図面中の具体的な文字列や数値は例示であり、これらの文字列や数値には限定されない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社村田製作所の「 高周波モジュール及び通信装置」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】配線を簡単にする。【解決手段】高周波モジュール1は、実装基板5と、パワーアンプ21と、複数の送信用フィルタ31と、第1スイッチ47と、出力整合回路42と、ローノイズアンプ22と、外部接続端子6... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 無線通信装置及び配線器具システム」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】アクセスポイントの設置の自由度が高くなる、無線通信装置及び配線器具システムを提供する。【解決手段】無線通信装置1は、無線通信部と、筐体12と、カバー13と、を備える。無線通信部は、通信端末と無... 詳細

  • 東芝テック株式会社の「 無線通信装置および無線通信方法」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】本発明の実施形態が解決しようとする課題は、印字開始位置と書込位置を一致させつつ、データの書込精度を落とさないプリンタを提供することである。【解決手段】上記課題を解決するために、本実施形態の無線... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ