図面 (/)

技術 デジタルサイネージと連携したESLシステムおよびこれに用いられるESLサーバ

出願人 株式会社オプトエレクトロニクス
発明者 藤沢秀隆
出願日 2015年7月17日 (2年6ヶ月経過) 出願番号 2015-559374
公開日 2017年7月27日 (5ヶ月経過) 公開番号 WO2017-013690
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 変更通知信号 復帰指示信号 販売スペース 通常表示データ 変更指示信号 映像表示端末 アンチエイジング効果 コード記号

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • 地下大空間・地下構造物

    周口店洞窟の北京原人、ラスコーやアルタミラの壁画洞窟に象徴されるように、人類は太古から地下空間を生活…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2017年7月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題・解決手段

ESシステム(2)のESLサーバ(300)は、サイネージシステム(1)と接続し、サイネージシステム(1)から、ディスプレイ(40)に表示する広告コンテンツ表示開始タイミングおよび表示時間を含むスケジュール情報広告商品商品IDとともに受信する。ESLサーバ(300)は、各電子棚札(100)に表示させる画像データを商品毎に生成する画像データ生成部(302b)と、各電子棚札(100)に、棚札IDに対応する商品IDの画像データを送信する画像データ送信部(302c)と、スケジュール情報に基づいて、棚札IDが広告商品の商品IDに対応付けられている電子棚札表示状態を制御する棚札制御部(302d)と、を具備する。

概要

背景

近年、特定商品宣伝のために、商店店頭等に設置されたディスプレイ映像表示端末)に、対象となる商品広告静止画像を映したり動画コンテンツ放映したりするデジタルサイネージが普及している(特許文献1参照)。

概要

ESシステム(2)のESLサーバ(300)は、サイネージシステム(1)と接続し、サイネージシステム(1)から、ディスプレイ(40)に表示する広告コンテンツ表示開始タイミングおよび表示時間を含むスケジュール情報広告商品の商品IDとともに受信する。ESLサーバ(300)は、各電子棚札(100)に表示させる画像データを商品毎に生成する画像データ生成部(302b)と、各電子棚札(100)に、棚札IDに対応する商品IDの画像データを送信する画像データ送信部(302c)と、スケジュール情報に基づいて、棚札IDが広告商品の商品IDに対応付けられている電子棚札表示状態を制御する棚札制御部(302d)と、を具備する。

目的

本発明は、上記の点に鑑みて為されたものであり、デジタルサイネージと連携し、消費者に広告商品が置かれている場所を知らせ、販売促進の効果を十分に発揮することができるESLシステムおよびこれに用いられるESLサーバ、電子棚札を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

商品に関する文字情報を含む画像データを表示部に表示可能な複数の電子棚札と、基地局を介して前記各電子棚札通信を行うESLサーバと、を含み、所定のスケジュールに従って商品の広告コンテンツディスプレイに表示させるサイネージシステムと接続するESシステムの前記ESLサーバであって、前記各電子棚札に固有棚札IDと各商品に固有の商品IDとを対応付けメモリ保存する管理データ処理部と、前記各電子棚札に表示させる画像データを前記商品毎に生成する画像データ生成部と、前記各電子棚札に、前記棚札IDに対応する商品IDの画像データを送信する画像データ送信部と、前記サイネージシステムから、前記広告コンテンツの表示開始タイミングおよび表示時間を含むスケジュール情報広告商品の商品IDとともに受信する受信部と、前記スケジュール情報に基づいて、前記棚札IDが前記広告商品の商品IDに対応付けられている広告商品電子棚札の表示状態を制御する棚札制御部と、を具備するESLサーバ。

請求項2

前記棚札制御部は、前記広告商品電子棚札に対して、前記サイネージシステムにおいて前記広告コンテンツが前記ディスプレイに表示されている時間を含む第1時間には第1の画像データを表示させ、前記第1時間以外の第2時間には第2の画像データを表示させる、請求項1に記載のESLサーバ。

請求項3

前記棚札制御部は、前記広告商品電子棚札のLEDを、前記第1時間には点灯または点滅させ、前記第2時間には消灯させる、請求項2に記載のESLサーバ。

請求項4

前記管理データ処理部は、各商品の商品IDと当該商品に関連する商品の商品IDとを対応付けてメモリに保存し、前記棚札制御部は、前記棚札IDが前記広告商品に関連する商品の商品IDに対応付けられている関連商品電子棚札のLEDを、前記第1時間には前記広告商品電子棚札のLEDと異なる色で点灯または点滅させ、前記第2時間には消灯させる、請求項3に記載のESLサーバ。

請求項5

商品に関する文字情報を含む画像データを表示部に表示可能な複数の電子棚札と、基地局を介して前記各電子棚札と通信を行うESLサーバと、を含み、所定のスケジュールに従って商品の広告コンテンツをディスプレイに表示させるサイネージシステムと接続するESLシステムの前記電子棚札であって、前記ESLサーバで作成された画像データを受信する受信部と、前記広告コンテンツの表示開始タイミングおよび表示時間を含むスケジュール情報に従って前記表示部の表示状態を制御する表示制御部と、を具備する電子棚札。

請求項6

前記表示制御部は、前記サイネージシステムにおいて前記広告コンテンツが前記ディスプレイに表示されている時間を含む第1時間には第1の画像データを表示させ、前記第1時間以外の第2時間には第2の画像データを表示させる、請求項5に記載の電子棚札。

請求項7

商品に関する文字情報を含む画像データを表示部に表示可能な複数の電子棚札と、基地局を介して前記各電子棚札と通信を行うESLサーバと、を含み、所定のスケジュールに従って商品の広告コンテンツをディスプレイに表示させるサイネージシステムと接続するESLシステムであって、前記ESLサーバは、前記各電子棚札に固有の棚札IDと各商品に固有の商品IDとを対応付けてメモリに保存し、前記各電子棚札に表示させる複数の画像データを前記商品毎に生成し、前記各電子棚札に、前記棚札IDに対応付けられた商品IDの画像データを送信し、前記サイネージシステムから、前記広告コンテンツの表示開始タイミングおよび表示時間を含むスケジュール情報を広告商品の商品IDとともに受信し、前記スケジュール情報に基づいて、前記棚札IDが前記広告商品の商品IDに対応付けられている広告商品電子棚札に対して、表示部に表示させる画像データを指示し、前記電子棚札は、前記ESLサーバで作成された画像データを受信し、前記ESLサーバの指示に従って前記表示部の表示状態を制御する、ESLシステム。

請求項8

前記電子棚札は、前記サイネージシステムにおいて前記広告コンテンツが前記ディスプレイに表示されている時間を含む第1時間には第1の画像データを表示させ、前記第1時間以外の第2時間には第2の画像データを表示させる、請求項7に記載のESLシステム。

技術分野

0001

本発明は、デジタルサイネージ連携したESL(電子棚札表示)システムおよびこれに用いられるESLサーバ、電子棚札に関する。

背景技術

0002

近年、特定商品宣伝のために、商店店頭等に設置されたディスプレイ映像表示端末)に、対象となる商品広告静止画像を映したり動画コンテンツ放映したりするデジタルサイネージが普及している(特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2014−186552号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、これまでは、デジタルサイネージの設置場所広告商品が置かれている場所とが関連していないため、2つの場所が離れている場合等には、消費者が、当該商品を探すことが困難であった。このため、消費者が、広告商品に興味を持ったとしても、当該商品の購入に至らない場合が有り、デジタルサイネージによる販売促進の効果を十分に発揮することができていなかった。

0005

本発明は、上記の点に鑑みて為されたものであり、デジタルサイネージと連携し、消費者に広告商品が置かれている場所を知らせ、販売促進の効果を十分に発揮することができるESLシステムおよびこれに用いられるESLサーバ、電子棚札を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明に係るESLサーバは、商品に関する文字情報を含む画像データを表示部に表示可能な複数の電子棚札と、基地局を介して前記各電子棚札通信を行うESLサーバと、を含み、所定のスケジュールに従って商品の広告コンテンツをディスプレイに表示させるサイネージシステムと接続するESLシステムの前記ESLサーバであって、前記各電子棚札に固有棚札IDと各商品に固有の商品IDとを対応付けメモリ保存する管理データ処理部と、前記各電子棚札に表示させる画像データを前記商品毎に生成する画像データ生成部と、前記各電子棚札に、前記棚札IDに対応する商品IDの画像データを送信する画像データ送信部と、前記サイネージシステムから、前記広告コンテンツの表示開始タイミングおよび表示時間を含むスケジュール情報を広告商品の商品IDとともに受信する受信部と、前記スケジュール情報に基づいて、前記棚札IDが前記広告商品の商品IDに対応付けられている広告商品電子棚札の表示状態を制御する棚札制御部と、を具備する。

0007

本発明に係る電子棚札は、商品に関する文字情報を含む画像データを表示部に表示可能な複数の電子棚札と、基地局を介して前記各電子棚札と通信を行うESLサーバと、を含み、所定のスケジュールに従って商品の広告コンテンツをディスプレイに表示させるサイネージシステムと接続するESLシステムの前記電子棚札であって、前記ESLサーバで作成された画像データを受信する受信部と、前記広告コンテンツの表示開始タイミングおよび表示時間を含むスケジュール情報に従って前記表示部の表示状態を制御する表示制御部と、を具備する。

0008

本発明に係るESLシステムは、商品に関する文字情報を含む画像データを表示部に表示可能な複数の電子棚札と、基地局を介して前記各電子棚札と通信を行うESLサーバと、を含み、所定のスケジュールに従って商品の広告コンテンツをディスプレイに表示させるサイネージシステムと接続するESLシステムであって、前記ESLサーバは、前記各電子棚札に固有の棚札IDと各商品に固有の商品IDとを対応付けてメモリに保存し、前記各電子棚札に表示させる複数の画像データを前記商品毎に生成し、前記各電子棚札に、前記棚札IDに対応付けられた商品IDの画像データを送信し、前記サイネージシステムから、前記広告コンテンツの表示開始タイミングおよび表示時間を含むスケジュール情報を広告商品の商品IDとともに受信し、前記スケジュール情報に基づいて、前記棚札IDが前記広告商品の商品IDに対応付けられている広告商品電子棚札に対して、表示部に表示させる画像データを指示し、前記電子棚札は、前記ESLサーバで作成された画像データを受信し、前記ESLサーバの指示に従って前記表示部の表示状態を制御する。

発明の効果

0009

本発明によれば、デジタルサイネージの広告の表示時間に同期して広告商品の電子棚札の表示状態を制御することができる。これにより、デジタルサイネージで広告している商品の場所を消費者に知らせることができるので、販売促進の効果を十分に発揮することができる。

図面の簡単な説明

0010

本発明の実施の形態1に係るESLシステムおよびこれと連携するサイネージシステムの構成を示す図
本発明の実施の形態1に係るESLサーバの内部構成を示すブロック
本発明の実施の形態1に係るESLサーバの商品データ保存部に保存されるデータの一例を示す図
本発明の実施の形態1に係るESLサーバの表示方式データ保存部に保存されるデータの一例を示す図
本発明の実施の形態1に係るESLサーバの棚札データ保存部に保存されるデータの一例を示す図
本発明の実施の形態1に係るESLサーバのスケジュールデータ保存部に保存されるデータの一例を示す図
本発明の実施の形態1に係る電子棚札の内部構成を示すブロック図
本発明の実施の形態1に係る電子棚札の外観図
本発明の実施の形態1に係る電子棚札の外観図
本発明の実施の形態2に係るESLサーバの内部構成を示すブロック図
本発明の実施の形態2に係るESLサーバの関連商品データ保存部に保存されるデータの一例を示す図

実施例

0011

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。

0012

(実施の形態1)
システム構成
まず、本発明の実施の形態1に係るESLシステムおよびこれと連携するサイネージシステムの構成について図1を用いて説明する。なお、図1における点線は、店舗内(図1の左側)と店舗外図1の右側)の境界を示している。

0013

[サイネージシステム1]
図1に示すように、サイネージシステム1は、コンテンツ作成装置(表示クリエータ)10と、情報配信サーバ20と、STB(セットトップボックス)30と、ディスプレイ40と、から主に構成されている。情報配信サーバ20は、インターネット等の通信ネットワークNを介してコンテンツ作成装置10およびSTB30に接続される。

0014

コンテンツ作成装置10は、ユーザ操作により、商品の広告情報等のコンテンツデータを作成し、完成したコンテンツデータを、当該商品を識別する情報(以下、「商品ID」という)と供に、情報配信サーバ20に送信する。

0015

また、コンテンツ作成装置10は、ユーザの操作により、電子棚札100に表示される各文字情報iの表示領域(基準点座標(xi,yi)、幅Wi、高さHi)、各表示領域の色(文字色背景色)等を設定したテンプレートを商品毎に生成する。本実施の形態において、テンプレートは、通常時のものと、宣伝時(ディスプレイ40に商品の広告コンテンツが表示されている時)のものの、少なくとも2種類が用意される。なお、各商品に対応する電子棚札100の種類(大きさ)が複数の場合には、各商品について電子棚札100の種類毎にテンプレートが用意される。

0016

また、コンテンツ作成装置10は、ユーザの操作により、電子棚札100に表示されるPOP(Point of Purchase)を商品毎に生成する。なお、本実施の形態において、POPは、通常時のものと宣伝時のものの少なくとも2種類が用意される。

0017

そして、コンテンツ作成装置10は、テンプレートを示す情報(以下「テンプレート情報」という)およびPOPを示す情報(以下、「POP情報」という)を、商品IDと供に情報配信サーバ20に送信する。なお、これらには、通常時のものと宣伝時のものとを識別するためのフラグ情報が付加される。

0018

情報配信サーバ20は、コンテンツ作成装置10から受信したコンテンツデータおよび商品IDを記憶すると供に、ユーザによって設定された各コンテンツデータを表示するスケジュール(表示開始時刻および表示時間)を示す情報(以下、「スケジュール情報」という)を記憶する。そして、情報配信サーバ20は、各コンテンツデータを商品IDおよびスケジュール情報と供にSTB30に送信する。

0019

また、情報配信サーバ20は、コンテンツ作成装置10から受信した商品ID、テンプレート情報、POP情報およびフラグ情報のデータセット(以下、「表示方式データ」という)をSTB30に送信する。

0020

STB30は、スケジュール情報に従ってコンテンツデータを再生してディスプレイ40に表示させる。また、STB30は、商品IDおよびスケジュール情報をESLシステム2のESLサーバ300に送信する。また、STB30は、表示方式データをESLシステム2のESLサーバ300に送信する。

0021

[ESLシステム2]
ESLシステム2は、(1)レジと紙の棚札との価格との不一致の解消、(2)紙の棚札を作る紙等の原価および作業をなくすこと、(3)商品価格の変更をタイムリーにできるようにすること、等を目的として導入されている。図1に示すように、ESLシステム2は、電子棚札100と、基地局200と、ESLサーバ300と、から主に構成されている。ESLサーバ300は、STB30およびPOSサーバ50と有線接続する。また、ESLサーバ300は、既存の無線アクセスポイント70を介して、ハンディターミナル60と無線接続する。

0022

POSサーバ50は、全ての商品に関する管理データである商品マスタを記憶し、商品マスタから電子棚札100の表示に必要な各商品のデータ(商品ID、商品名、数量、通常価格割引価格等)を抽出してESLサーバ300に送信する。

0023

ハンディターミナル60は、ユーザの操作により、1つの商品の商品IDをコード化したバーコードおよび当該商品と対応付ける電子棚札100の固有のID(以下、「棚札ID」という)をコード化したバーコードを読み取り、これらのバーコードデータを含む信号を、無線アクセスポイント70を介してESLサーバ300に送信する。

0024

ESLサーバ300は、ESLシステム2を統括的に管理するサーバ装置で有り、一般的には、店舗内の販売スペースとは別室バックヤード等に配置される。

0025

ESLサーバ300は、POSサーバ50から受信した各商品のデータを記憶する(図3参照)。また、ESLサーバ300は、STB30から受信した表示方式データを記憶する(図4参照)。

0026

また、ESLサーバ300は、無線アクセスポイント70を介してハンディターミナル60から受信した信号に基づいて、各電子棚札100の棚札IDを、対応する商品の商品IDに関連付けて記憶する(図5参照)。

0027

ESLサーバ300は、記憶している上記の情報を用いて、各電子棚札100に通常時に表示させる画像データ(以下、「通常表示データ」という)を生成する。そして、ESLサーバ300は、通常表示データ(第2の画像データ)を当該電子棚札100の棚札IDと供に、当該電子棚札100と通信している基地局200に送信する。

0028

また、ESLサーバ300は、STB30から受信した商品IDおよびスケジュール情報を記憶する(図6参照)。ESLサーバ300は、広告コンテンツを放映する商品について、対応する電子棚札100に宣伝時(ディスプレイ40に商品の広告コンテンツが表示されている時)に表示させる画像データ(以下、「特別表示データ」という)を生成する。そして、ESLサーバ300は、スケジュール情報に含まれる表示開始時刻において、各電子棚札100の特別表示データ(第1の画像データ)を当該電子棚札100の棚札ID、スケジュール情報と供に、当該電子棚札100と通信している基地局200に送信する。

0029

各基地局200は、店舗の壁や天井等に設置され、自セル(配置されたエリア)内に存在する各電子棚札100と無線通信を行い、ESLサーバ300から受信した信号(後述する、画像データ、指示信号等)を各電子棚札100に送信する。

0030

各電子棚札100は、商品棚3のフェース着脱可能に取り付けられる。また、電子棚札100は、存在するエリアに配置された基地局200と無線通信を行い、基地局200から受信した信号に含まれる指示信号に基づいて画面に画像データを表示する。

0031

[ESLサーバ300の内部構成(ブロック図)]
次に、ESLサーバ300の内部構成について図2のブロック図を用いて説明する。図2に示すように、ESLサーバ300は、ネットワークドライバ301と、CPU302と、メモリ部303と、表示部304と、入力デバイス305と、電源部306と、タイマ307と、から主に構成されている。

0032

ネットワークドライバ301は、CPU302から出力された信号を基地局200に送信し、基地局200から受信した信号をCPU302に出力する。また、ネットワークドライバ301は、STB30から受信した信号、POSサーバ50から受信した信号、および、無線アクセスポイント70を介してハンディターミナル60から受信した信号をCPU302に出力する。

0033

CPU302は、ESLサーバ300の中央処理装置であり、メモリ部303をワークメモリとして、各種プログラムを実行する。なお、CPU302の本発明に係る機能については後述する。

0034

メモリ部303は、ROM、RAMを有し、CPU302が実行する各種プログラム、および、各種データを記憶する。なお、メモリ部303には、商品データ保存部303a、表示方式データ保存部303b、棚札データ保存部303c、スケジュールデータ保存部303d、画像データ保存部303eの各保存領域が用意される。

0035

表示部304は、液晶等により構成される画面を有し、CPU302で生成された各種データを画面上に表示させる。

0036

入力デバイス305は、キーボード等であり、ユーザの意志に基づくボタン操作内容電気信号変換してCPU302に伝達する。

0037

電源部306は、ESLサーバ300の各部に電源を供給する。

0038

タイマ307は、CPU302の指示により計時を開始し、所定時間を計時すると、完了通知をCPU302に出力する。

0039

[CPU302の機能、および、保存データ例]
CPU302は、本発明に係る機能として、管理データ処理部302aと、画像データ生成部302bと、画像データ送信部302cと、棚札制御部302dと、を有する。

0040

図3に示すように、管理データ処理部302aは、POSサーバ50から受信した商品データ(商品ID、商品名、数量、通常価格、割引価格等)を商品データ保存部303a(サブ商品マスタ)に保存する。

0041

また、図4に示すように、管理データ処理部302aは、STB30から受信した表示方式データ(商品ID、POP情報、テンプレート情報、フラグ情報等)を表示方式データ保存部303b(商品表示マスタ)に保存する。なお、図4のフラグ情報において、「0」は通常表示データを示し、「1」は特別表示データを示す。

0042

また、図5に示すように、管理データ処理部302aは、ハンディターミナル60から受信した信号に含まれる棚札IDおよび商品IDを抽出し、これらを対応付けて棚札データ保存部303cに保存する。これにより、電子棚札100と商品とが紐付けられる。なお、複数の電子棚札100により1つの商品の情報を提示する場合には、複数の棚札IDに同一の商品IDが対応付けられる(登録完了)。そして、管理データ処理部302aは、登録された商品IDを含む登録通知信号を画像データ生成部302bに出力する。

0043

また、図6に示すように、管理データ処理部302aは、STB30から受信した信号から、商品IDおよびスケジュール情報を取り出してスケジュールデータ保存部303dに保存する。

0044

なお、管理データ処理部302aは、POSサーバ50から更新された商品データを入力した場合や、STB30から更新された表示方式データを入力した場合には、更新された内容をメモリ部303に保存されたデータに反映させる。同時に、管理データ処理部302aは、表示内容に変更が生じた商品の商品IDを含む変更通知信号を画像データ生成部302bに出力する。

0045

画像データ生成部302bは、登録通知信号または変更通知信号を入力すると、各電子棚札100のLCD152(図8A図8B参照)に表示させる画像データ(通常表示データおよび特別表示データ)を生成する。

0046

例えば、商品IDがPR101の商品について、通常表示データを作成する場合、画像データ生成部302bは、まず、商品データ保存部303aを参照して、PR101の商品データ(商品名:豚肉、数量:100g、通常価格:270)を抽出し、表示方式データ保存部303bを参照して、PR101に対応付けられたフラグ情報「0」のテンプレート情報「TE101」およびPOP情報「おすすめ品」を抽出する。そして、画像データ生成部302bは、抽出したテンプレート情報「TE101」に規定された各領域(xi,yi,Wi,Hi)にそれぞれ「豚肉」、「100g」、「270円」、「おすすめ品」の文字を表示するように通常表示データを作成する(図8A参照)。また、画像データ生成部302bは、同様な方法で特別表示データを作成する(図8B参照)。

0047

画像データ生成部302bは、完成した画像データを商品ID、フラグ情報と対応付けて画像データ保存部303eに保存し、当該商品IDを含む完成通知信号を画像データ送信部302cおよび棚札制御部302dに出力する。

0048

画像データ送信部302cは、完成通知信号を入力すると、棚札データ保存部303cを参照して、完成通知信号に含まれる商品IDに対応する棚札IDを抽出し、画像データ保存部303eを参照して、当該商品IDの画像データ(通常表示データおよび特別表示データ)および各画像データのフラグ情報を抽出し、棚札ID、フラグ情報および画像データのデータセットを、基地局200を介して電子棚札100に送信する。

0049

棚札制御部302dは、スケジュール情報に示された表示開始時刻において、特別表示データの表示を指示する変更指示信号を、棚札IDが広告商品の商品IDに対応する電子棚札(以下、「広告商品の電子棚札」という)100の当該棚札IDと併せて、基地局200を介して電子棚札100に送信する。同時に、棚札制御部302dは、スケジュール情報に示された表示時間をタイマ307にセットし、タイマ307を初期化して起動する。なお、棚札制御部302dは、変更指示信号に、電子棚札100のLED105(図7参照)の発光色を指定する情報を含めても良い。

0050

そして、棚札制御部302dは、タイマ307が表示時間を計時したタイミングで、通常表示データの表示を指示する復帰指示信号を、広告商品の電子棚札100の棚札IDと併せて、基地局200を介して電子棚札100に送信する。

0051

なお、画像データ送信部302cおよび棚札制御部302dから各基地局200に送信された各信号は、各基地局200において、変調位相変調)、増幅フィルタリングアップコンバート等の無線送信処理がなされた後、各電子棚札100に無線送信される。

0052

[電子棚札100の内部構成(ブロック図)]
次に、電子棚札100の内部構成について図7のブロック図を用いて説明する。図7に示すように、電子棚札100は、本体部151(図8A図8B参照)の内部に、アンテナ101と、無線部102と、ベースバンド部103と、電池104と、LED105と、LCD152と、を有する。

0053

アンテナ101は、例えば、GHz帯高周波電波送受信可能なものであり、フェライト等で構成されている。

0054

無線部102は、無線信号の処理を行う。無線部102は、送信部121と、受信部122と、無線制御部123と、第1クロック124と、を有する。なお、送信部121、受信部122および無線制御部123は、1チップの無線IC(集積回路)に集積される。

0055

送信部121は、CPU131から出力されたベースバンドのデジタル信号に対して、変調(位相変調)、増幅、フィルタリング、アップコンバート等の無線送信処理を行い、アンテナ101から基地局200に無線信号を送信する。

0056

受信部122は、基地局200から送信され、アンテナ101に受信された無線信号に対して、増幅、ダウンコンバート、フィルタリング、復調等の無線受信処理を行い、ベースバンドのデジタル信号をCPU131に出力する。

0057

無線制御部123は、第1クロック124のクロック信号を使用して無線部102内の各部の制御を行う。また、無線制御部123は、受信信号に含まれる棚札IDが自機の棚札IDと一致した場合に、当該受信信号をCPU131にする。

0058

第1クロック124は、無線ICの内部で使用するための、所定周波数基準クロック信号を生成する。

0059

ベースバンド部103は、ベースバンド信号の処理を行う。ベースバンド部103は、CPU131と、メモリ部132と、第2クロック133と、タイマ134と、を有する。

0060

CPU131は、ベースバンド部103の中央処理装置であり、メモリ部132をワークメモリとして、各種プログラムを実行する。なお、CPU131の本発明に係る機能については後述する。

0061

メモリ部132は、ROM(Read Only Memory)、RAM(Random Access Memory)を有し、CPU131が実行する各種プログラム、および、各種データを記憶する。特に、本発明において、メモリ部132は、自機(電子棚札100)の棚札IDを記憶する。

0062

第2クロック133は、CPU131で使用するための、所定周波数の基準クロック信号を生成する。

0063

タイマ134は、CPU131の指示により計時を開始し、所定時間を計時すると、完了通知をCPU131に出力する。

0064

電池104は、図示しない起動スイッチがONされると、電子棚札100の各部に電源を供給する。ただし、消費電力を抑えるために、スリープ状態では、電池104は、第2クロック133等の一部の機器のみに電力を供給する。

0065

LED105は、LCD152のバックライト光源とは別に設けられ、CPU131の指示により点灯(または点滅)/消灯する。

0066

[CPU131の機能]
CPU131は、本発明に係る機能として、画像データ抽出部131aと、表示制御部131bと、を有する。

0067

画像データ抽出部131aは、自機宛の受信信号(基地局200から送信され、受信部122に受信され、無線制御部123から出力された信号)から画像データ(通常表示データおよび特別表示データ)を取り出してメモリ部132に保存する。

0068

また、画像データ抽出部131aは、画像データに付加されたフラグ情報が通常表示データを示すものである場合、通常表示データを受信したことを表示制御部131bに通知する。また、画像データ抽出部131aは、変更指示信号、復帰指示信号を表示制御部131bに出力する。

0069

表示制御部131bは、通常表示データを受信した旨の通知を受けると、メモリ部132に保存された通常表示データをLCD152に表示させる。また、表示制御部131bは、変更指示信号を入力すると、メモリ部132に保存された特別表示データをLCD152に表示させ、LED105を点灯(または点滅)させる。その後、表示制御部131bは、復帰指示信号を入力すると、再び、メモリ部132に保存された通常表示データをLCD152に表示させ、LED105を消灯させる。

0070

[電子棚札100の外観、表示例]
次に、本実施の形態に係る電子棚札100の外観および表示例について図8A図8Bを用いて説明する。図8Aおよび図8Bに示すように、電子棚札100は、本体部151と、表示部の一例であるLCD(液晶ディスプレイ)152と、を有する。LCD152は、本体部151の正面151aに設けられる。なお、LCD152の外周縁取フレーム151bの表側の面には、電子棚札100の棚札IDをコード化したバーコード(図示せず)が印字される。

0071

本体部151は、商品棚3のフェースに取り付け可能な平板形状の筐体である。本体部151は、例えば、ポリエチレンポリプロピレン及びポリ塩化ビニル等の合成樹脂で構成され、ブロー成形射出成形等で形成される。なお、本実施の形態では、本体部151のフレーム151bがLED105の点灯により発光するように構成される。

0072

LCD152は、文字やコード記号、バーコード等を表示する。例えば、LCD152は、電子棚札100が対応付けられた商品の商品名152a、数量152b、価格152c、POP152d等を示す画像を表示する。なお、本実施の形態では、LCD152の代わりに、有機EL、無機EL及び電子ペーパー等のフラットパネルディスプレイを使用してもよい。

0073

本実施の形態では、各電子棚札100について、通常時と宣伝時とで、LCD152の表示内容を異ならせる。図8Aは、LCD152が、通常時において、通常表示データを表示している例を示している。図8Bは、LCD152が、宣伝時において、特別表示データを表示している例を示している。また、本実施の形態では、図8Bに示すように、宣伝時において、LED105が点灯し、本体部151のフレーム151bが発光する。なお、本実施の形態では、宣伝時に、LCD152のバックライト光源を点灯させても良い。

0074

[効果]
以上のように本実施の形態によれば、ESLシステム2のESLサーバ300が、サイネージシステム1から受信したスケジューリング情報に基づいて電子棚札100の表示状態(LCD152の表示内容、LED105の点灯/消灯)を制御することができるので、デジタルサイネージの広告の表示時間と、広告商品の電子棚札100の表示状態を連携させることができる。

0075

これにより、デジタルサイネージで広告している商品の場所を消費者に知らせることができる。また、消費者は、店員の説明を受けなくても当該商品の内容を理解することができると供に、好みの商品を買うことができる。したがって、本実施の形態によれば、デジタルサイネージによる販売促進の効果を十分に発揮することができる。

0076

なお、本実施の形態では、サイネージシステム1おいてディスプレイ40に広告コンテンツが表示されている時間と、ESLシステム2において電子棚札100に特別表示データが表示されている時間が同一である場合について説明したが、本発明はこれに限られず、ディスプレイ40に広告コンテンツが表示されている時間を含む時間(第1時間)に、電子棚札100に特別表示データを表示させ、その他の時間(第2時間)に、通常表示データを表示させるようにすればよい。

0077

また、本実施の形態では、ハンディターミナル60により商品IDと棚札IDを読み取り、これらのIDを紐付ける場合について説明したが、本発明はこれに限られず、ESLサーバ300のキーボード操作により商品IDと棚札IDを紐付けるようにすることもできる。

0078

(実施の形態2)
実施の形態2では、デジタルサイネージの広告の表示時間に同期して広告商品およびこれに関連する商品の電子棚札の表示状態を切り替える場合について説明する。なお、本実施の形態のシステム構成は、実施の形態1で説明した図1に示したものと同一である。また、本実施の形態の電子棚札100の内部構成および外観は、実施の形態1で説明した図7、8に示したものと同一である。

0079

図9は、本実施の形態に係るESLサーバ300aの内部構成を示すブロック図である。なお、図9に示すESLサーバ300aにおいて、図2に示したESLサーバ300と共通する構成部分には同一の符号を付して説明を省略する。図9に示すESLサーバ300aは、図2に示したESLサーバ300に対して、メモリ部303の中に関連商品データ保存部303fを追加する構成を採る。

0080

図10に示すように、管理データ処理部302aは、入力デバイス305から入力されたユーザの指示に応じて、関連商品データ保存部303fに、各商品IDについて当該商品と関連する商品の商品IDを対応付けて保存する。

0081

例えば、アンチエイジング効果があるサプリメント商品Aの商品IDをPR201とすると、管理データ処理部302aは、商品Aと同じようにアンチエイジング効果がある他のサプリメント商品B、Cの商品IDであるPR202、PR203をPR201に対応付けて保存する。

0082

棚札制御部302dは、スケジュール情報に示された表示開始時刻において、特別表示データの表示を指示する変更指示信号を、広告商品の商品IDに対応付けられた棚札IDと併せて基地局200に送信する。これと同時に、棚札制御部302dは、関連表示を指示する関連表示指示信号を、関連商品IDに対応付けられた棚札IDと併せて基地局200に送信する。なお、関連表示とは、関連商品の電子棚札100のLED105を、広告商品の電子棚札100と異なる色で点灯させるものである。例えば、棚札制御部302dは、変更指示信号において、広告商品の電子棚札100のLED105の発光色を「赤」に指定した場合、関連商品の電子棚札100のLED105の発光色を「緑」に指定する。

0083

電子棚札100の表示制御部131bは、関連表示指示信号を入力すると、通常表示データをLCD152に表示させたまま、関連表示指示信号で指定された色でLED105を点灯させる。

0084

[効果]
以上のように本実施の形態によれば、ESLシステム2のESLサーバ300が、デジタルサイネージの広告の表示時間に同期して広告商品の電子棚札100の表示状態、および、関連商品の電子棚札100の表示状態(LEDの点灯/消灯およびLEDの発光色)を制御することができるので、消費者に、関連商品を認知してもらうことができる。これにより、関連商品の販売促進の効果も得ることができる。

0085

なお、本実施の形態では、関連商品の電子棚札100に表示させる画像データ(以下、「関連表示データ」という)を生成し、ESLシステム2のESLサーバ300が、広告商品の宣伝時に、関連商品の電子棚札100の表示内容を関連表示データに切り替えるようにしても良い。

0086

本発明は、デジタルサイネージを設置している店舗のESLシステムに用いるのに好適である。本発明によれば、デジタルサイネージシステムとESLシステムとを連携させ、消費者が店員の説明を受けなくても商品の内容を理解して好みの商品を買うことができるような、新しい形態の売り場を提供することができる。

0087

1サイネージシステム
2ESLシステム
3商品棚
10コンテンツ作成装置
20情報配信サーバ
30 STB
40ディスプレイ
50POSサーバ
60ハンディターミナル
100電子棚札
101アンテナ
102無線部
103ベースバンド部
104電池
105LED
121送信部
122受信部
123無線制御部
124 第1クロック
131 CPU
131a画像データ抽出部
131b表示制御部
132メモリ部
133 第2クロック
134タイマ
151 本体部
152 LCD
200基地局
300、300aESLサーバ
301ネットワークドライバ
302 CPU
302a管理データ処理部
302b画像データ生成部
302c画像データ送信部
302d棚札制御部
303 メモリ部
304 表示部
305入力デバイス
306電源部
307 タイマ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い技術

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

公募課題一覧

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ