図面 (/)

技術 樹脂製キャップ

出願人 サントリーホールディングス株式会社
発明者 小林俊也杉森友彦吉良剛高野力
出願日 2014年8月19日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2016-543507
公開日 2017年6月22日 (2年3ヶ月経過) 公開番号 WO2016-027303
状態 特許登録済
技術分野 容器の蓋
主要キーワード 縦断面視形状 基部近傍 樹脂製キャップ 縦断面視 アウターリング インナーリング ポリエチレンフタレート 樹脂製容器
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年6月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題・解決手段

ホットフィルを行った場合であっても、容器密閉性を良好に維持することができる樹脂製キャップを提供する。樹脂製キャップ10は、容器口部20に装着され、天板部11と、天板部11の周縁から垂下する筒部12と、天板部11の内面に形成され、容器口部20の内周面と接触するインナーリング14とを備えており、容器口部20に装着されたとき、容器口部20の内周面を少なくとも二重にシールする。

概要

背景

このような樹脂製キャップとしては、天板部と、天板部の周縁から垂下する筒部と、天板部の内面に形成され、容器口部の外周面と接触するアウターリングと、天板部の内面に形成され、容器口部の内周面と接触するインナーリングと、を備え、アウターリング及びアウターリングよりも長さ(天板部からの垂直距離)が長いインナーリングで容器口部を挟持することによって容器密封するものが広く使用されている(この従来技術を示す適当な文献はない)。

概要

ホットフィルを行った場合であっても、容器の密閉性を良好に維持することができる樹脂製キャップを提供する。樹脂製キャップ10は、容器口部20に装着され、天板部11と、天板部11の周縁から垂下する筒部12と、天板部11の内面に形成され、容器口部20の内周面と接触するインナーリング14とを備えており、容器口部20に装着されたとき、容器口部20の内周面を少なくとも二重にシールする。

目的

本発明は、このような状況を鑑みてなされたものであり、ホットフィルを行った場合であっても、容器の密閉性を良好に維持することができる樹脂製キャップを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

容器口部に装着され、天板部と、前記天板部の周縁から垂下する筒部と、前記天板部の内面に形成され、前記容器口部の内周面と接触するインナーリングと、を備える樹脂製キャップであって、前記容器口部に装着されたとき、前記容器口部の内周面を少なくとも二重にシールする樹脂製キャップ。

請求項2

前記インナーリングの外周面に複数の突出部が形成されており、前記容器口部に装着されたとき、前記複数の突出部が前記容器口部の内周面と接触することで、前記容器口部の内周面を少なくとも二重にシールする請求項1記載の樹脂製キャップ。

請求項3

前記容器口部に装着されたとき、前記天板部は、縦断面視において前記容器口部よりも内側に、前記容器口部側に向かって突出するように窪んだ窪み部が形成されており、前記インナーリングは、前記窪み部に形成されており、前記容器口部に装着されたとき、前記窪み部と前記インナーリングとが前記容器口部の内周面と接触することで、前記容器口部の内周面を少なくとも二重にシールする請求項1又は2記載の樹脂製キャップ。

請求項4

前記インナーリングは、基部近傍から基部に向かって厚みが増すように形成されている請求項1〜3のいずれか一項に記載の樹脂製キャップ。

技術分野

0001

本発明は、ペットボトル等の容器の口部に使用される着脱自在な樹脂製キャップに関する。

背景技術

0002

このような樹脂製キャップとしては、天板部と、天板部の周縁から垂下する筒部と、天板部の内面に形成され、容器口部の外周面と接触するアウターリングと、天板部の内面に形成され、容器口部の内周面と接触するインナーリングと、を備え、アウターリング及びアウターリングよりも長さ(天板部からの垂直距離)が長いインナーリングで容器口部を挟持することによって容器を密封するものが広く使用されている(この従来技術を示す適当な文献はない)。

発明が解決しようとする課題

0003

ペットボトル等の容器に高温の内容物を充填するホットフィルと呼ばれる方法がある。ホットフィルでは、高温の内容物がインナーリングに接触することになるが、このときの熱によってインナーリングの変形やへたり劣化)が生じる場合がある。これにより、容器口部に対するインナーリングの押圧力が低下してしまい、容器の密閉性が低下するという点で改善の余地があった。

0004

本発明は、このような状況を鑑みてなされたものであり、ホットフィルを行った場合であっても、容器の密閉性を良好に維持することができる樹脂製キャップを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明に係る樹脂製キャップの特徴構成は、容器口部に装着され、天板部と、前記天板部の周縁から垂下する筒部と、前記天板部の内面に形成され、前記容器口部の内周面と接触するインナーリングと、を備える樹脂製キャップであって、前記容器口部に装着されたとき、前記容器口部の内周面を少なくとも二重にシールする点にある。

0006

この構成によれば、容器口部の内周面を少なくとも二重にシールすることで、シール部の一つが内容物との接触で変形やへたりが生じたとしても、内容物と接触していない他のシール部のシール性は確保されているため、容器の密閉性の良好に維持することができる。

0007

本発明の更なる特徴構成は、前記インナーリングの外周面に複数の突出部が形成されており、前記容器口部に装着されたとき、前記複数の突出部が前記容器口部の内周面と接触することで、前記容器口部の内周面を少なくとも二重にシールする点にある。

0008

この構成によれば、インナーリングに形成した突出部を利用して、容器口部の内周面を少なくとも二重にシールするという構成を容易に実現することができる。

0009

本発明の更なる特徴構成は、前記容器口部に装着されたとき、前記天板部は、縦断面視において前記容器口部よりも内側に、前記容器口部側に向かって突出するように窪んだ窪み部が形成されており、前記インナーリングは、前記窪み部に形成されており、前記容器口部に装着されたとき、前記窪み部と前記インナーリングとが前記容器口部の内周面と接触することで、前記容器口部の内周面を少なくとも二重にシールする点にある。

0010

この構成によれば、インナーリングとともに窪み部を利用してシールを行う(シール部を形成する)ことで、容器口部の内周面を少なくとも二重にシールするという構成を容易に実現することができる。
また、窪み部にインナーリングを形成することで、従来よりもインナーリングを短くすることができるため、インナーリングの剛性を高めて、インナーリングの変形を抑制することができる。
また、インナーリングと容器口部との接触部分を容器口部の先端部から遠ざけることができるため、容器の密閉が早期に解除されることを防止できる。
さらに、窪み部によって容器口部を内周面側から支持することができるため、樹脂製キャップにアウターリングを設けた場合に、アウターリングからの押圧力で容器口部の内倒れが発生することを防止できる。

0011

本発明の更なる特徴構成は、前記インナーリングが、基部近傍から基部に向かって厚みが増すように形成されている点にある。

0012

この構成によれば、インナーリングの基部を厚くして、インナーリングの変形やへたりの発生を抑制できる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の樹脂製キャップを容器口部に装着した状態を示す断面図である。
本発明の樹脂製キャップの要部拡大図である。
図1中のIII−III線の断面図である。
本発明の樹脂製キャップの変形例を容器口部に装着した状態を示す断面図である。
本発明の樹脂製キャップの変形例を示す要部拡大図である。
本発明の樹脂製キャップの変形例を示す要部拡大図である。

実施例

0014

以下、図面を参照して本発明の樹脂製キャップについて説明する。

0015

[実施形態1]
本実施形態に係る樹脂製キャップ10は、図1に示すように、樹脂製の容器口部20に使用される。
本実施形態に係る樹脂製キャップ10は、図1〜3に示すように、天板部11と、天板部11の周縁から垂下する筒部12と、天板部11の内面に形成され、容器口部20の外周面と接触するアウターリング13と、天板部11の内面に形成され、容器口部20の内周面と接触するインナーリング14とを備えている。

0016

樹脂製キャップ10は、材質製法等が特に限定されるものではないが、例えば、ポリエチレンポリスチレン等の樹脂を用い、天板部11、筒部12、アウターリング13、インナーリング14を一体に射出成型することにより製造することができる。

0017

樹脂製キャップ10の天板部11は、容器口部20の形状に合わせて円板状に形成してあり、筒部12の内周面にねじ山12aを設けて、容器口部20の外周面に形成されたねじ山20aと螺合することにより、樹脂製キャップ10が容器口部20に装着されるようにしてある。

0018

アウターリング13及びインナーリング14は、天板部11の内面から突出した形状を有する。アウターリング13の内周面が容器口部20の外周面に、インナーリング14の外周面が容器口部20の内周面にそれぞれ接触することで、容器が密封される。

0019

インナーリング14は、インナーリング14の径方向外側に向かって突出する突出部14aが外周面に2つ形成されており、縦断面視形状櫛刃状となっている。2つの突出部14aが容器口部20の内周面と接触することで、容器口部20の内周面が二重にシールされる。2つの突出部14aのうち、インナーリング14の先端部側に形成されたものは内容物との接触によって変形やへたりが生じる可能性があるが、インナーリング14の基部側に形成されたものは内容物と接触しないため、良好なシール性を維持することができる。

0020

突出部14aは、曲面状に突出するように形成されており、これにより、容器口部20に樹脂製キャップ10を装着する際の抵抗キャッピング抵抗)を低下させることができる。

0021

インナーリング14は、基部近傍から基部に向かって厚みが増すように形成されており、本実施形態では、突出部14aの部分を除いて基部が最も厚くなるように形成されている。これにより、インナーリング14をへたりにくくすることができる。

0022

容器口部20を有する容器としては、特に限定されないが、例えば、ポリエチレンフタレート等の合成樹脂から製造された飲料用等の樹脂製容器に適用することができる。特に、果汁飲料スポーツドリンク、お等に使用される、内容物を高温状態で充填する樹脂製容器に好適である。

0023

[その他の実施形態]
上記の実施形態では、突出部14aを、インナーリング14の外周面の先端部と略中央部とに形成した場合について説明したが、突出部14aを形成する位置はこれに限定されない。例えば、インナーリング14の外周面の略中央部に突出部14aを2つ形成してもよい。

0024

上記の実施形態では、2つの突出部14aを同形状で形成した場合について説明したが、互いに異なる形状で形成してもよい。

0025

上記の実施形態では、インナーリング14に形成した2つの突出部14aを容器口部20の内周面と接触させることで容器口部20の内周面を二重にシールする場合について説明したが、容器口部20の内周面を二重にシールする手法はこれに限定されない。例えば、図4,5に示すように、縦断面視において容器口部20よりも内側に、容器口部20側に向かって突出するように窪んだ窪み部15を形成するとともに、窪み部15にインナーリング14を形成し、窪み部15とインナーリング14とを容器口部20の内周面と接触させることで、容器口部20の内周面を二重にシールしてもよい。この形態では、天板部11から容器口部20までの距離が短くなり、従来よりもインナーリング14を短くすることができるため、インナーリング14の剛性を高めて、インナーリング14の変形を抑制することができる。
また、インナーリング14と容器口部20との接触部分を容器口部20の先端部から遠ざけることができるため、容器の密閉が早期に解除されることを防止することができる。
さらに、アウターリング13からの押圧力と対向する方向から窪み部15が容器口部20を支持することができるため、容器口部20の内倒れの発生を抑制できる。

0026

窪み15の外周面は、容器口部の内周面に沿った形状で、容器口部の内周面と摺動可能に形成すればよい。窪み15の内周面の形状は特に限定されず、円形状、四角形状等、種々の形状が採用可能である。

0027

図4,5において、インナーリング14は、インナーリング14の径方向外側に向かって突出する突出部14aを先端部に有し、突出部14aを容器口部20の内周面と接触させているが、図6に示すように、インナーリング14を直線状の形状とし、その先端部を容器口部20の内周面と接触させてもよい。この形態では、インナーリング14を、容器口部20の軸線方向に対して斜め方向から容器口部20に接触させることができるため、容器口部20に対するインナーリング14の押圧力を強くすることができる。

0028

上記の実施形態においては、容器口部20の内周面を二重にシールする場合、すなわち、容器口部20の内周面にシール部を2つ形成する場合について説明したが、容器口部20の内周面に形成するシール部の数はこれに限定されず、3つ以上であってもよい。例えば、シール部を3つ形成する場合であれば、インナーリング14の外周面に突出部14aを3つ形成し、3つの突出部14aを容器口部の内周面と接触させればよい。また、図4,5に示した窪み部15に突出部14aを2つ有するインナーリング14を形成し、窪み部15と、2つの突出部14aとを容器口部20の内周面と接触させてもよい。

0029

なお、これまで説明してきた容器口部20の内周面を少なくとも二重にシールする手法は、あくまで好適な例示として挙げたものであり、他の手法を用いてもよい。例えば、インナーリング14の先端部を分岐させ、この先端部と容器口部20の内周面とを接触させてもよい。

0030

10 :樹脂製キャップ
11 :天板部
12 :筒部
12a :ねじ山
13 :アウターリング
14 :インナーリング
14a :突出部
15 :窪み部
20 :容器口部
20a :ねじ山

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • JFEスチール株式会社の「 王冠用鋼板、王冠、および王冠用鋼板の製造方法」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】質量%で、C:0.0060%超0.0100%以下、Si:0.05%以下、Mn:0.05%以上0.60%以下、P:0.050%以下、S:0.050%以下、Al:0.020%以上0.05... 詳細

  • 花王株式会社の「 開封抑制具」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】 一般のキャップ付き容器において、当該キャップ付き容器が開封抑制を必要とする場合にだけ、当該キャップ付き容器に付属させて用いられ、キャップの開封抑制を図ること。【解決手段】 開封抑制具10... 詳細

  • 日本クロージャー株式会社の「 混合キャップ」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】簡単な構成で、ポーションカップの開封面を十分に開封でき、ポーションカップから副剤を迅速に容器内へ落下混合でき、混合キャップを容器口部から取り外すことなく混合後の内容物を注出可能な混合キャップを... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ