図面 (/)

技術 端末装置、基地局装置および方法

出願人 シャープ株式会社
発明者 大内渉野上智造示沢寿之草島直紀林貴志ルイズデルガドアルバロ今村公彦
出願日 2015年4月30日 (4年4ヶ月経過) 出願番号 2016-516399
公開日 2017年4月20日 (2年5ヶ月経過) 公開番号 WO2015-166974
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 装置オペレーション 洗濯機器 離脱条件 配置タイプ スイッチポイント 検出バー 設定最大値 M系列
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年4月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題・解決手段

基地局装置通信する端末装置であって、デュアルコネクティビティが設定され、且つ、第1のセルグループ(第1のCG)に属するサービングセル(第1のサービングセル)に対する上りリンク送信と、第2のセルグループ(第2のCG)に属するサービングセル(第2のサービングセル)に対する上りリンク送信と、が重複する場合、重複した部分における最大出力電力を、前記第1のサービングセルに対する最大出力電力と前記第2のサービングセルに対する最大出力電力に基づいて決定する送信部を備える。

概要

背景

セルラー移動通信無線アクセス方式および無線ネットワーク(以下、「Long Term Evolution (LTE)」、または、「Evolved Universal Terrestrial Radio Access : EUTRA」と称する。)が、第三世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project: 3GPP)において検討されている。LTEでは、基地局装置基地局)をeNodeB(evolved NodeB)、端末装置移動局移動局装置端末)をUE(User Equipment)とも称する。LTEは、基地局装置がカバーするエリアセル状に複数配置するセルラー通信システムである。単一の基地局装置は複数のセルを管理してもよい。

LTEは、周波数分割複信(Frequency Division Duplex:FDD)および時分割複信(Time Division Duplex: TDD)に対応している。FDD方式を採用したLTEをFD−LTEまたはLTE FDDとも称する。TDDは、上りリンク信号下りリンク信号を周波数分割多重することによって、少なくとも2つの周波数帯域において全二重通信を可能にする技術である。TDD方式を採用したLTEをTD−LTEまたはLTE TDDとも称する。TDDは、上りリンク信号と下りリンク信号を時分割多重することによって、単一の周波数帯域において全二重通信を可能にする技術である。FD−LTEおよびTD−LTEの詳細は、非特許文献1に開示されている。

また、基地局装置は、端末装置に対して、基地局装置と端末装置との間において既知の信号である参照信号(RS;Reference Signalとも呼称される)を送信できる。この参照信号は、信号やチャネル復調チャネル状態レポートなどの様々な目的のために、複数の参照信号を送信できる。例えば、セル固有参照信号は、セルに固有の参照信号として、全ての下りリンクサブフレームにおいて送信される。また、例えば、端末固有参照信号は、端末装置に固有の参照信号として、その端末装置に対するデータ信号マッピングされるリソースにおいて送信される。参照信号の詳細は、非特許文献1に開示されている。

3GPPにおいて、小セル(Small Cell)の導入が検討される。小セルとは、セルを構成する基地局装置の送信電力が小さく、従来のセル(マクロセル)に比べてカバレッジの小さなセルの総称である。例えば、小セルを高周波数帯で適用することで、高密度に小セルを配置することが可能となり、面積あたりの周波数利用効率を向上させる効果がある。小セルの導入検討では、低消費電力化セル間干渉低減などの様々な目的のために、基地局装置を停止の状態に切り替える技術が検討されている。詳細は、非特許文献2に開示されている。

概要

基地局装置と通信する端末装置であって、デュアルコネクティビティが設定され、且つ、第1のセルグループ(第1のCG)に属するサービングセル(第1のサービングセル)に対する上りリンク送信と、第2のセルグループ(第2のCG)に属するサービングセル(第2のサービングセル)に対する上りリンク送信と、が重複する場合、重複した部分における最大出力電力を、前記第1のサービングセルに対する最大出力電力と前記第2のサービングセルに対する最大出力電力に基づいて決定する送信部を備える。

目的

本発明は、上記問題を鑑みてなされたものであり、その目的は、基地局装置と端末装置が通信する通信システムにおいて、伝送効率を向上させることができる端末装置、基地局装置および方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

基地局装置通信する端末装置であって、デュアルコネクティビティが設定され、且つ、第1のセルグループ(第1のCG)に属するサービングセル(第1のサービングセル)に対する上りリンク送信と、第2のセルグループ(第2のCG)に属するサービングセル(第2のサービングセル)に対する上りリンク送信と、が重複する場合、重複した部分における最大出力電力を、前記第1のサービングセルに対する最大出力電力と前記第2のサービングセルに対する最大出力電力に基づいて決定する送信部を備える端末装置。

請求項2

前記送信部は、前記第1のサービングセルのサブフレームi1における上りリンク送信が、前記第2のサービングセルのサブフレームi2−1とi2における上りリンク送信と重複する場合、前記サブフレームのそれぞれにおける最大出力電力に基づいて、前記サブフレームi1における前記第1のサービングセルに対する最大出力電力を決定する請求項1記載の端末装置。

請求項3

前記第1のCGと前記第2のCGのそれぞれに対して、CSS(Cell-specific Search Space)をモニタして、PDCCH(Physical Downlink Control Channel)を受信する受信部を備える請求項1または請求項2記載の端末装置。

請求項4

前記第1のCGと前記第2のCGのそれぞれにおいて、PUCCH(Physical Uplink Control Channel)を送信するセルを含む請求項1または請求項1または2記載の端末装置。

請求項5

前記第1のCGと前記第2のCGのそれぞれに対して、MAC(Medium Access Control)の設定に関連するパラメータが設定される請求項1または2記載の端末装置。

請求項6

前記第1のCGと前記第2のCGのそれぞれに対して、DRX(Discontinuous Reception)に関するパラメータが設定される場合、CG個別にDRXオペレーションを行なう請求項1または2記載の端末装置。

請求項7

端末装置と通信する基地局装置であって、第1のセルグループ(第1のCG)と第2のセルグループ(第2のCG)のそれぞれに対応する最大出力電力をセットするために用いられる第1の上位層パラメータと第2の上位層パラメータを送信する送信部を備える基地局装置。

請求項8

前記送信部は、前記第1のCGと前記第2のCGのそれぞれに対して、CSS(Cell-specific Search Space)を用いて、PDCCHを送信する請求項7記載の基地局装置。

請求項9

前記第1のCGと前記第2のCGのそれぞれに対して、PUCCH(Physical Uplink Control Channel)を送信するセルを設定する上位層処理部を備える請求項7記載の基地局装置。

請求項10

前記送信部は、前記第1のCGと前記第2のCGのそれぞれに対応するMAC(Medium Access Control)の設定に関するパラメータを送信する請求項7記載の基地局装置。

請求項11

基地局装置と通信する端末装置における方法であって、デュアルコネクティビティが設定され、且つ、第1のセルグループ(第1のCG)に属するサービングセル(第1のサービングセル)に対する上りリンク送信と、第2のセルグループ(第2のCG)に属するサービングセル(第2のサービングセル)に対する上りリンク送信と、が重複する場合、重複した部分における最大出力電力を、前記第1のサービングセルに対する最大出力電力と前記第2のサービングセルに対する最大出力電力に基づいて決定するステップを有する方法。

請求項12

端末装置と通信する基地局装置における方法であって、第1のセルグループ(第1のCG)と第2のセルグループ(第2のCG)のそれぞれに対応する最大出力電力をセットするために用いられる第1の上位層パラメータと第2の上位層パラメータを送信するステップを有する方法。

技術分野

0001

本発明は、端末装置基地局装置および方法に関する。
本願は、2014年4月30日に、日本に出願された特願2014−093522号に基づき優先権を主張し、その内容をここに援用する。

背景技術

0002

セルラー移動通信無線アクセス方式および無線ネットワーク(以下、「Long Term Evolution (LTE)」、または、「Evolved Universal Terrestrial Radio Access : EUTRA」と称する。)が、第三世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project: 3GPP)において検討されている。LTEでは、基地局装置(基地局)をeNodeB(evolved NodeB)、端末装置(移動局移動局装置端末)をUE(User Equipment)とも称する。LTEは、基地局装置がカバーするエリアセル状に複数配置するセルラー通信システムである。単一の基地局装置は複数のセルを管理してもよい。

0003

LTEは、周波数分割複信(Frequency Division Duplex:FDD)および時分割複信(Time Division Duplex: TDD)に対応している。FDD方式を採用したLTEをFD−LTEまたはLTE FDDとも称する。TDDは、上りリンク信号下りリンク信号を周波数分割多重することによって、少なくとも2つの周波数帯域において全二重通信を可能にする技術である。TDD方式を採用したLTEをTD−LTEまたはLTE TDDとも称する。TDDは、上りリンク信号と下りリンク信号を時分割多重することによって、単一の周波数帯域において全二重通信を可能にする技術である。FD−LTEおよびTD−LTEの詳細は、非特許文献1に開示されている。

0004

また、基地局装置は、端末装置に対して、基地局装置と端末装置との間において既知の信号である参照信号(RS;Reference Signalとも呼称される)を送信できる。この参照信号は、信号やチャネル復調チャネル状態レポートなどの様々な目的のために、複数の参照信号を送信できる。例えば、セル固有参照信号は、セルに固有の参照信号として、全ての下りリンクサブフレームにおいて送信される。また、例えば、端末固有参照信号は、端末装置に固有の参照信号として、その端末装置に対するデータ信号マッピングされるリソースにおいて送信される。参照信号の詳細は、非特許文献1に開示されている。

0005

3GPPにおいて、小セル(Small Cell)の導入が検討される。小セルとは、セルを構成する基地局装置の送信電力が小さく、従来のセル(マクロセル)に比べてカバレッジの小さなセルの総称である。例えば、小セルを高周波数帯で適用することで、高密度に小セルを配置することが可能となり、面積あたりの周波数利用効率を向上させる効果がある。小セルの導入検討では、低消費電力化セル間干渉低減などの様々な目的のために、基地局装置を停止の状態に切り替える技術が検討されている。詳細は、非特許文献2に開示されている。

先行技術

0006

3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Radio Access Network; Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E-UTRA); Physical Channels and Modulation (Release 11), 3GPP TS 36.211 V11.5.0 (2014-01).
3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Radio Access Network; Small cell enhancements for E-UTRA and E-UTRAN - Physical layer aspects (Release 12), 3GPP TR 36.872 V12.1.0 (2013-12).

発明が解決しようとする課題

0007

しかしながら、複数のセルグループが設定された場合、適切な電力制御を行なわないと伝送効率を大幅に劣化することがある。

0008

本発明は、上記問題を鑑みてなされたものであり、その目的は、基地局装置と端末装置が通信する通信システムにおいて、伝送効率を向上させることができる端末装置、基地局装置および方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

(1)上記の目的を達成するために、本発明は、以下のような手段を講じた。すなわち、本実施形態の端末装置は、基地局装置と通信する端末装置であって、デュアルコネクティビティが設定され、且つ、第1のセルグループ(第1のCG)に属するサービングセル(第1のサービングセル)に対する上りリンク送信と、第2のセルグループ(第2のCG)に属するサービングセル(第2のサービングセル)に対する上りリンク送信と、が重複する場合、重複した部分における最大出力電力を、前記第1のサービングセルに対する最大出力電力と前記第2のサービングセルに対する最大出力電力に基づいて決定する送信部を備える。

0010

(2)また、本実施形態の基地局装置は、端末装置と通信する基地局装置であって、第1のセルグループ(第1のCG)と第2のセルグループ(第2のCG)のそれぞれに対応する最大出力電力をセットするために用いられる第1の上位層パラメータと第2の上位層パラメータを送信する送信部を備える。

0011

(3)また、本実施形態の方法は、基地局装置と通信する端末装置における方法であって、デュアルコネクティビティが設定され、且つ、第1のセルグループ(第1のCG)に属するサービングセル(第1のサービングセル)に対する上りリンク送信と、第2のセルグループ(第2のCG)に属するサービングセル(第2のサービングセル)に対する上りリンク送信と、が重複する場合、重複した部分における最大出力電力を、前記第1のサービングセルに対する最大出力電力と前記第2のサービングセルに対する最大出力電力に基づいて決定するステップを有する。

0012

(4)また、本実施形態の方法は、端末装置と通信する基地局装置における方法であって、第1のセルグループ(第1のCG)と第2のセルグループ(第2のCG)のそれぞれに対応する最大出力電力をセットするために用いられる第1の上位層パラメータと第2の上位層パラメータを送信するステップを有する。

0013

このように、端末装置と基地局装置間の通信効率を向上させることができる。

発明の効果

0014

この発明によれば、基地局装置と端末装置が通信する無線通信システムにおいて、伝送効率を向上させることができる。

図面の簡単な説明

0015

本実施形態の無線通信システムの概念図である。
本実施形態の無線フレーム概略構成を示す図である。
本実施形態のスロットの構成を示す図である。
本実施形態の下りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。
本実施形態の上りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。
本実施形態のスペシャルサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。
本実施形態の端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。
本実施形態の基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。
DSの構成の一例を示す図である。
CRSの構成および/またはDSの構成の一例を示す図である。
DSの構成の別の一例を示す図である。
DSの設定に対するリソースエレメントの指定の一例を示す図である。
測定のモデルを示す図である。
PDCCHおよびEPDCCHのサーチスペースの数式を示す図である。

実施例

0016

以下、本発明の実施形態について説明する。

0017

本実施形態において、端末装置1は、複数のセルが設定されてもよい。ここで、端末装置1が、複数のセルを介して通信する技術をセルアグリゲーションキャリアアグリゲーション、またはデュアルコネクティビティと称する。端末装置1に対して設定される複数のセルのそれぞれにおいて、本発明が適用されてもよい。また、設定された複数のセルの一部において、本発明が適用されてもよい。端末装置1に設定されるセルを、サービングセルとも称する。

0018

キャリアアグリゲーション(CA)において、設定された複数のサービングセルは、1つのプライマリーセル(PCell: Primary Cell)と1つまたは複数のセカンダリーセル(SCell: Secondary Cell)とを含む。

0019

プライマリーセルは、初期コネクション構築(initial connection establishment)プロシージャが行なわれたサービングセル、コネクション再構築(connection re-establishment)プロシージャを開始したサービングセル、または、ハンドオーバプロシージャにおいてプライマリーセルと指示されたセルである。プライマリーセルは、プライマリー周波数オペレーションする。コネクションが(再)構築された時点、または、その後に、セカンダリーセルが設定されてもよい。セカンダリーセルは、セカンダリー周波数でオペレーションする。なお、コネクションは、RRCコネクションと称されてもよい。

0020

CAをサポートしている端末装置1に対して、1つのプライマリーセルと1つ以上のセカンダリーセルで集約される。

0021

デュアルコネクティビティ(Dual Connectivity)とは、少なくとも二つの異なるネットワークポイントマスター基地局装置(MeNB: Master eNB)とセカンダリー基地局装置(SeNB: Secondary eNB))から提供される無線リソースを所定の端末装置1が消費するオペレーションである。言い換えると、デュアルコネクティビティは、端末装置1が、少なくとも2つのネットワークポイントでRRC接続を行なうことである。デュアルコネクティビティにおいて、端末装置1は、RRC接続(RRC_CONNECTED)状態で、且つ、非理想的バックホール(non-ideal backhaul)によって接続されてもよい。

0022

デュアルコネクティビティにおいて、少なくともS1−MME(Mobility Management Entity)に接続され、コアネットワークモビリティアンカー役割を果たす基地局装置3がマスター基地局装置と称される場合もある。また、端末装置1に対して追加の無線リソースを提供するマスター基地局装置ではない基地局装置3をセカンダリー基地局装置と称される。マスター基地局装置に関連されるサービングセルのグループマスターセルグループ(MCG: Master Cell Group)、セカンダリー基地局装置に関連されるサービングセルのグループをセカンダリーセルグループ(SCG: Secondary Cell Group)と称される場合もある。なお、セルグループは、サービングセルグループであってもよい。

0023

デュアルコネクティビティにおいて、プライマリーセルは、MCGに属する。また、SCGにおいて、プライマリーセルに相当するセカンダリーセルをプライマリーセカンダリーセル(pSCell: Primary Secondary Cell)と称する。なお、pSCellをスペシャルセルやスペシャルセカンダリーセル(Special SCell: Special Secondary Cell)と称する場合もある。スペシャルSCell(スペシャルSCellを構成する基地局装置)には、PCell(PCellを構成する基地局装置)と同等の機能(能力、性能)がサポートされてもよい。また、pSCellには、PCellの一部の機能だけがサポートされてもよい。例えば、pSCellには、PDCCHを送信する機能がサポートされてもよい。また、pSCellには、CSSまたはUSSとは異なるサーチスペースを用いて、PDCCH送信を行なう機能がサポートされてもよい。例えば、USSとは異なるサーチスペースは、仕様で規定された値に基づいて決まるサーチスペース、C−RNTIとは異なるRNTIに基づいて決まるサーチスペースなどである。また、pSCellは、常に、起動の状態であってもよい。また、pSCellは、PUCCHを受信できるセルである。

0024

デュアルコネクティビティにおいて、無線ベアラデータ無線ベアラ(DRB: Date Radio Bearer)および/またはシグナリング無線ベアラ(SRB: Signalling Radio Bearer))は、MeNBとSeNBで個別に割り当てられてもよい。

0025

デュアルコネクティビティにおいて、MCGとSCGまたはPCellとpSCellでは、それぞれ個別にデュプレックスモードが設定されてもよい。

0026

デュアルコネクティビティにおいて、MCGとSCGまたはPCellとpSCellで、同期されなくてもよい。

0027

デュアルコネクティビティにおいて、MCGとSCG(またはPCellとpSCell)それぞれにおいて、複数のタイミング調整のためのパラメータ(TAG: Timing Advance Group)が設定されてもよい。つまり、MCGとSCG間において、同期されなくてもよい。

0028

デュアルコネクティビティにおいて、端末装置1は、MCG内のセルに対応するUCIは、MeNB(PCell)のみに送信し、SCG内のセルに対応するUCIは、SeNB(pSCell)のみに送信する。例えば、UCIはSR、HARQACK、および/またはCSIである。また、それぞれのUCIの送信において、PUCCHおよび/またはPUSCHを用いた送信方法はそれぞれのセルグループで適用される。

0029

プライマリーセルでは、すべての信号が送受信可能であるが、セカンダリーセルでは、送受信できない信号がある。例えば、PUCCH(Physical Uplink Control Channel)は、プライマリーセルでのみ送信される。また、PRACH(Physical Random Access Channel)は、セル間で、複数のTAG(Timing Advance Group)が設定されない限り、プライマリーセルでのみ送信される。また、PBCH(Physical Broadcast Channel)は、プライマリーセルでのみ送信される。また、MIB(Master Information Block)は、プライマリーセルでのみ送信される。

0030

プライマリーセカンダリーセルでは、プライマリーセルで送受信可能な信号が送受信される。例えば、PUCCHは、プライマリーセカンダリーセルで送信されてもよい。また、PRACHは、複数のTAGが設定されているかにかかわらず、プライマリーセカンダリーセルで送信されてもよい。また、PBCHやMIBがプライマリーセカンダリーセルで送信されてもよい。

0031

プライマリーセルでは、RLF(Radio Link Failure)が検出される。セカンダリーセルでは、RLFが検出される条件が整ってもRLFが検出されたと認識しない。プライマリーセカンダリーセルでは、条件を満たせば、RLFが検出される。プライマリーセカンダリーセルにおいて、RLFが検出された場合、プライマリーセカンダリーセルの上位層は、プライマリーセルの上位層へRLFが検出されたことを通知する。

0032

プライマリーセルおよび/またはプライマリーセカンダリーセルでは、SPS(Semi-Persistent Scheduling)やDRX(Discontinuous Transmission)を行なってもよい。SPS設定とDRX設定の総数は、プライマリーセルとプライマリーセカンダリーセルの総数で決定されてもよい。セカンダリーセルでは、同じセルグループのプライマリーセルまたはプライマリーセカンダリーセルと同じDRXを行なってもよい。

0033

セカンダリーセルにおいて、MACの設定に関する情報/パラメータは、基本的に、同じセルグループのプライマリーセル/プライマリーセカンダリーセルと共有している。一部のパラメータ(例えば、sTAG-Id)は、セカンダリーセル毎に設定されてもよい。

0034

一部のタイマーカウンタが、プライマリーセルおよび/またはプライマリーセカンダリーセルに対してのみ適用されてもよい。セカンダリーセルに対してのみ、適用されるタイマーやカウンタが設定されてもよい。

0035

本実施形態の無線通信システムは、FDD(Frequency Division Duplex)またはTDD(Time Division Duplex)方式のフレーム構成タイプ(Frame Structure Type)が適用される。なお、フレーム構成タイプは、フレーム構造タイプやデュプレックスモードと称される場合もある。セルアグリゲーションの場合には、複数のセルの全てに対してTDD方式が適用されてもよい。また、セルアグリゲーションの場合には、TDD方式が適用されるセルとFDD方式が適用されるセルが集約されてもよい。TDDが適用されるセルとFDDが適用されるセルとが集約される場合に、TDDが適用されるセルに対して本発明を適用することができる。

0036

FDDが適用されるセルにおいて、半二重(half-duplex)FDD方式または全二重(full-duplex)FDD方式が適用されてもよい。

0037

TDDが適用される複数のセルがアグリゲートされる場合には、半二重(half-duplex)TDD方式または全二重(full-duplex)TDD方式が適用されてもよい。

0038

端末装置1は、端末装置1によってキャリアアグリゲーションがサポートされているバンド組合せを示す情報を、基地局装置3に送信する。端末装置1は、バンドの組合せのそれぞれに対して、異なる複数のバンドにおける前記複数のサービングセルにおける同時送信および受信をサポートしているかどうかを指示する情報を、基地局装置3に送信する。

0039

本実施形態において、“X/Y”は、“XまたはY”の意味を含む。本実施形態において、“X/Y”は、“XおよびY”の意味を含む。本実施形態において、“X/Y”は、“Xおよび/またはY”の意味を含む。

0040

図1は、本実施形態の無線通信システムの概念図である。図1において、無線通信システムは、端末装置1A〜1C、および基地局装置3を具備する。以下、端末装置1A〜1Cを端末装置1という。

0041

本実施形態の物理チャネルおよび物理信号について説明する。

0042

図1において、端末装置1から基地局装置3への上りリンク無線通信では、上りリンク物理チャネルが用いられる。上りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用できる。上りリンク物理チャネルは、PUCCH(Physical Uplink Control Channel)、PUSCH(Physical Uplink Shared Channel)、PRACH(Physical Random Access Channel)などを含む。

0043

PUCCHは、上りリンク制御情報(Uplink Control Information: UCI)を送信するために用いられる物理チャネルである。上りリンク制御情報は、下りリンクのチャネル状態情報(Channel State Information: CSI)、PUSCHリソースの要求を示すスケジューリング要求(Scheduling Request: SR)、下りリンクデータ(Transport block: TB, Downlink-Shared Channel: DL-SCH)に対するACK(acknowledgement)/NACK(negative-acknowledgement)を含む。ACK/NACKを、HARQ−ACK、HARQフィードバック、または、応答情報とも称する。

0044

PUSCHは、上りリンクデータ(Uplink-Shared Channel: UL-SCH)を送信するために用いられる物理チャネルである。また、PUSCHは、上りリンクデータと共にHARQ−ACKおよび/またはチャネル状態情報を送信するために用いられてもよい。また、PUSCHはチャネル状態情報のみ、または、HARQ−ACKおよびチャネル状態情報のみを送信するために用いられてもよい。

0045

PRACHは、ランダムアクセスプリアンブルを送信するために用いられる物理チャネルである。PRACHは、端末装置1が基地局装置3と時間領域の同期をとることを主な目的とする。その他に、PRACHは、初期コネクション構築(initial connection establishment)プロシージャ、ハンドオーバプロシージャ、コネクション再構築(connection re-establishment)プロシージャ、上りリンク送信に対する同期(タイミング調整)、およびPUSCHリソースの要求を示すためにも用いられる。

0046

図1において、上りリンクの無線通信では、上りリンク物理信号が用いられる。上りリンク物理信号は、上りリンク参照信号(Uplink Reference Signal: UL RS)などを含む。上りリンク参照信号は、DMRS(Demodulation Reference Signal)、SRS(Sounding Reference Signal)などが用いられる。DMRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連する。DMRSは、PUSCHまたはPUCCHと時間多重される。基地局装置3は、PUSCHまたはPUCCHの伝搬路補正を行なうためにDMRSを使用する。以下、PUSCHとDMRSを共に送信することを、単にPUSCHを送信すると称する。以下、PUCCHとDMRSを共に送信することを、単にPUCCHを送信すると称する。なお、上りリンクのDMRSは、UL−DMRSとも呼称される。SRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連しない。基地局装置3は、上りリンクのチャネル状態を測定するためにSRSを使用する。

0047

SRSは、2つのトリガータイプのSRS(トリガータイプ0SRS、トリガータイプ1SRS)がある。トリガータイプ0SRSは、上位層シグナリングによって、トリガータイプ0SRSに関するパラメータが設定される場合に送信される。トリガータイプ1SRSは、上位層シグナリングによって、トリガータイプ1SRSに関するパラメータが設定され、DCIフォーマット0/1A/2B/2C/2D/4に含まれるSRSリクエストによって送信が要求された場合に送信される。なお、SRSリクエストは、DCIフォーマット0/1A/4についてはFDDとTDDの両方に含まれ、DCIフォーマット2B/2C/2DについてはTDDにのみ含まれる。同じサービングセルの同じサブフレームでトリガータイプ0SRSの送信とトリガータイプ1SRSの送信が生じる場合、トリガータイプ1SRSの送信が優先される。

0048

図1において、基地局装置3から端末装置1への下りリンクの無線通信では、下りリンク物理チャネルが用いられる。下りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用される。下りリンク物理チャネルは、PBCH(Physical Broadcast Channel)、PCFICH(Physical Control Format Indicator Channel)、PHICH(Physical Hybrid automatic repeat request Indicator Channel)、PDCCH(Physical Downlink Control Channel)、EPDCCH(Enhanced Physical Downlink Control Channel)、PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)、PMCH(Physical Multicast Channel)などを含む。

0049

PBCHは、端末装置1で共通に用いられるマスターインフォメーションブロック(Master Information Block:MIB, Broadcast Channel: BCH)を報知するために用いられる。MIBは、40ms間隔で更新できる。PBCHは10ms周期で繰り返し送信される。具体的には、SFN mod 4 = 0を満たす無線フレームにおけるサブフレーム0においてMIBの初期送信が行なわれ、他の全ての無線フレームにおけるサブフレーム0においてMIBの再送信(repetition)が行なわれる。SFN(system frame number)は無線フレームの番号(システムフレーム番号)である。MIBはシステム情報である。例えば、MIBは、SFNを示す情報を含む。

0050

PCFICHは、PDCCHの送信に用いられる領域(OFDMシンボル)を指示する情報を送信するために用いられる。

0051

PHICHは、基地局装置3が受信した上りリンクデータ(Uplink Shared Channel: UL-SCH)に対するACK(ACKnowledgement)またはNACK(Negative ACKnowledgement)を示すHARQインディケータ(HARQフィードバック、応答情報)を送信するために用いられる。例えば、端末装置1がACKを示すHARQインディケータを受信した場合は、対応する上りリンクデータを再送しない。例えば、端末装置1がNACKを示すHARQインディケータを受信した場合は、対応する上りリンクデータを再送する。単一のPHICHは、単一の上りリンクデータに対するHARQインディケータを送信する。基地局装置3は、同一のPUSCHに含まれる複数の上りリンクデータに対するHARQインディケータのそれぞれを複数のPHICHを用いて送信する。

0052

PDCCHおよびEPDCCHは、下りリンク制御情報(Downlink Control Information: DCI)を送信するために用いられる。下りリンク制御情報を、DCIフォーマットとも称する。下りリンク制御情報は、下りリンクグラント(downlink grant)および上りリンクグラント(uplink grant)を含む。下りリンクグラントは、下りリンクアサインメント(downlink assignment)または下りリンク割り当て(downlink allocation)とも称する。

0053

PDCCHは、連続する1つまたは複数のCCE(Control Channel Element)の集合によって送信される。CCEは、9つのREG(Resource Element Group)で構成される。REGは、4つのリソースエレメントで構成される。n個の連続するCCEで構成されるPDCCHは、imodn=0を満たすCCEから始まる。ここで、iはCCE番号である。

0054

EPDCCHは、連続する1つまたは複数のECCE(Enhanced Control Channel Element)の集合によって送信される。ECCEは、複数のEREG(Enhanced Resource Element Group)で構成される。

0055

下りリンクグラントは、単一のセル内の単一のPDSCHのスケジューリングに用いられる。下りリンクグラントは、該下りリンクグラントが送信されたサブフレームと同じサブフレーム内のPDSCHのスケジューリングに用いられる。上りリンクグラントは、単一のセル内の単一のPUSCHのスケジューリングに用いられる。上りリンクグラントは、該上りリンクグラントが送信されたサブフレームより4つ以上後のサブフレーム内の単一のPUSCHのスケジューリングに用いられる。

0056

DCIフォーマットには、CRC(Cyclic Redundancy Check)パリティビットが付加される。CRCパリティビットは、RNTI(Radio Network Temporary Identifier)でスクランブルされる。RNTIは、DCIの目的などに応じて、規定または設定できる識別子である。RNTIは、仕様で予め規定される識別子、セルに固有の情報として設定される識別子、端末装置1に固有の情報として設定される識別子、または、端末装置1に属するグループに固有の情報として設定される識別子である。例えば、CRCパリティビットは、C−RNTI(Cell-Radio Network Temporary Identifier)、または、SPSC−RNTI(Semi Persistent Scheduling Cell-Radio Network Temporary Identifier)でスクランブルされる。C−RNTIおよびSPS C−RNTIは、セル内における端末装置1を識別するための識別子である。C−RNTIは、単一のサブフレームにおけるPDSCHまたはPUSCHを制御するために用いられる。SPS C−RNTIは、PDSCHまたはPUSCHのリソースを周期的に割り当てるために用いられる。

0057

PDSCHは、下りリンクデータ(Downlink Shared Channel: DL-SCH)を送信するために用いられる。また、PDSCHは、上位層の制御情報を送信するためにも用いられる。

0058

PMCHは、マルチキャストデータ(Multicast Channel: MCH)を送信するために用いられる。

0059

図1において、下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理信号が用いられる。下りリンク物理信号は、同期信号(Synchronization signal:SS)、下りリンク参照信号(Downlink Reference Signal: DL RS)などを含む。

0060

同期信号は、端末装置1が下りリンクの周波数領域および時間領域の同期をとるために用いられる。同期信号は無線フレーム内の所定のサブフレームに配置される。例えば、TDD方式において、同期信号は無線フレーム内のサブフレーム0、1、5、6に配置される。FDD方式において、同期信号は無線フレーム内のサブフレーム0と5に配置される。

0061

同期信号には、プライマリー同期信号(PSS: Primary Synchronization Signal)とセカンダリー同期信号(SSS: Secondary Synchronization Signal)がある。PSSは、粗いフレームシンボルタイミング同期(時間領域の同期)やセルグループの同定に用いられる。SSSは、より正確なフレームタイミング同期やセルの同定に用いられる。つまり、PSSとSSSを用いることによって、フレームタイミング同期とセル識別を行なうことができる。

0062

下りリンク参照信号は、端末装置1が下りリンク物理チャネルの伝搬路補正を行なうために用いられる。下りリンク参照信号は、端末装置1が下りリンクのチャネル状態情報を算出するために用いられる。下りリンク参照信号は、端末装置1が自装置の地理的な位置を測定するために用いられる。

0063

下りリンク参照信号は、CRS(Cell-specific Reference Signal)、PDSCHに関連するURS(UE-specific Reference Signal)、EPDCCHに関連するDMRS(Demodulation Reference Signal)、NZP CSI−RS(Non-Zero Power Chanel State Information - Reference Signal)、MBSFNRS(Multimedia Broadcast and Multicast Service over Single Frequency Network Reference signal)、PRS(Positioning Reference Signal)、NCT CRS(New Carrier Type Cell-specific Reference Signal)、そして、DS(Discovery Signal)などを含む。また、下りリンクのリソースは、ZP CSI−RS(Zero Power Chanel State Information - Reference Signal)、CSI−IM(Channel State Information - Interference Measurement)などを含む。

0064

CRSは、サブフレームの全帯域で送信される。CRSは、PBCH/PDCCH/PHICH/PCFICH/PDSCHの復調を行なうために用いられる。CRSは、端末装置1が下りリンクのチャネル状態情報を算出するために用いられてもよい。PBCH/PDCCH/PHICH/PCFICHは、CRSの送信に用いられるアンテナポートで送信される。

0065

PDSCHに関連するURSは、URSが関連するPDSCHの送信に用いられるサブフレームおよび帯域で送信される。URSは、URSが関連するPDSCHの復調を行なうために用いられる。

0066

PDSCHは、送信モードおよびDCIフォーマットに基づいて、CRSまたはURSの送信に用いられるアンテナポートで送信される。DCIフォーマット1Aは、CRSの送信に用いられるアンテナポートで送信されるPDSCHのスケジューリングに用いられる。DCIフォーマット2Dは、URSの送信に用いられるアンテナポートで送信されるPDSCHのスケジューリングに用いられる。

0067

EPDCCHに関連するDMRSは、DMRSが関連するEPDCCHの送信に用いられるサブフレームおよび帯域で送信される。DMRSは、DMRSが関連するEPDCCHの復調を行なうために用いられる。EPDCCHは、DMRSの送信に用いられるアンテナポートで送信される。

0068

NZP CSI−RSは、設定されたサブフレームで送信される。NZP CSI−RSが送信されるリソースは、基地局装置3によって設定される。NZP CSI−RSは、端末装置1が下りリンクのチャネル状態情報を算出するために用いられる。端末装置1は、NZP CSI−RSを用いて信号測定チャネル測定)を行なう。

0069

ZP CSI−RSのリソースは、基地局装置3によって設定される。基地局装置3は、ZP CSI−RSをゼロ出力で送信する。つまり、基地局装置3は、ZP CSI−RSを送信しない。基地局装置3は、ZP CSI−RSの設定したリソースにおいて、PDSCHおよびEPDCCHを送信しない。

0070

CSI−IMのリソースは、基地局装置3によって設定される。CSI−IMのリソースは、ZP CSI−RSのリソースの一部と重複(オーバーラップ)して設定される。すなわち、CSI−IMのリソースは、ZP CSI−RSと同等の特徴を有し、基地局装置3は、CSI−IMとして設定されたリソースではゼロ出力で送信する。つまり、基地局装置3は、CSI−IMを送信しない。基地局装置3は、CSI−IMの設定したリソースにおいて、PDSCHおよびEPDCCHを送信しない。あるセルにおいてNZP CSI−RSが対応するリソースにおいて、端末装置1は、CSI−IMとして設定されたリソースで干渉を測定することができる。

0071

チャネル状態情報(CSI)には、CQI(Channel Quality Indicator)、PMI(Precoding Matrix Indicator)、RI(Rank Indicator)、PTI(Precoding Type Indicator)があり、CSI−RSまたはCRSを用いて、測定される。

0072

MBSFNRSは、PMCHの送信に用いられるサブフレームの全帯域で送信される。MBSFN RSは、PMCHの復調を行なうために用いられる。PMCHは、MBSFN RSの送信用いられるアンテナポートで送信される。

0073

PRSは、端末装置1が、自装置の地理的な位置を測定するために用いられる。

0074

NCT CRSは、所定のサブフレームにマッピングできる。例えば、NCT CRSは、サブフレーム0および5にマッピングされる。また、NCT CRSは、CRSの一部と同様の構成を用いることができる。例えば、リソースブロックのそれぞれにおいて、NCT CRSがマッピングされるリソースエレメントの位置は、アンテナポート0のCRSがマッピングされるリソースエレメントの位置と同じにすることができる。また、NCT CRSに用いられる系列(値)は、PBCH、PDCCH、EPDCCHまたはPDSCH(RRCシグナリング)を通じて設定された情報に基づいて決定できる。NCT CRSに用いられる系列(値)は、セルID(例えば、物理レイヤセル識別子)、スロット番号などのパラメータに基づいて決定できる。NCT CRSに用いられる系列(値)は、アンテナポート0のCRSに用いられる系列(値)とは異なる方法(式)によって決定できる。なお、NCT CRSは、TRS(Tracking Reference Signal)と称されてもよい。

0075

下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理信号を総称して、下りリンク信号と称する。上りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理信号を総称して、上りリンク信号と称する。下りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理チャネルを総称して、物理チャネルと称する。下りリンク物理信号および上りリンク物理信号を総称して、物理信号と称する。

0076

BCH、MCH、UL−SCHおよびDL−SCHは、トランスポートチャネルである。媒体アクセス制御(Medium Access Control: MAC)層で用いられるチャネルをトランスポートチャネルと称する。MAC層で用いられるトランスポートチャネルの単位を、トランスポートブロック(transport block: TB)またはMACPDU(Protocol Data Unit)とも称する。MAC層においてトランスポートブロック毎にHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)の制御が行なわれる。トランスポートブロックは、MAC層が物理層に渡す(deliver)データの単位である。物理層において、トランスポートブロックはコードワードマップされ、コードワード毎に符号化処理が行なわれる。

0077

基地局装置3から端末装置1に対する制御情報のシグナリング(通知、報知)の方法として、PDCCHを通じたシグナリングであるPDCCHシグナリング、RRC層レイヤー)を通じたシグナリングであるRRCシグナリング、および、MAC層(レイヤー)を通じたシグナリングであるMACシグナリングなどが用いられる。また、RRCシグナリングは、端末装置1に固有の制御情報を通知する専用のRRCシグナリング(Dedicated RRC signaling)、または、基地局装置3に固有の制御情報を通知する共通のRRCシグナリング(Common RRC signaling)である。なお、以下の説明において、単にRRCシグナリングと記載した場合は、RRCシグナリングは専用のRRCシグナリングおよび/または共通のRRCシグナリングである。RRCシグナリングやMAC CEなど、物理層から見て上位の層が用いるシグナリングを上位層シグナリングと称する場合もある。

0078

以下、本実施形態の無線フレーム(radio frame)の構成について説明する。

0079

図2は、本実施形態の無線フレームの概略構成を示す図である。無線フレームのそれぞれは、10ms長である。また、無線フレームのそれぞれは2つのハーフフレームから構成される。ハーフフレームのそれぞれは、5ms長である。ハーフフレームのそれぞれは、5のサブフレームから構成される。サブフレームのそれぞれは、1ms長であり、2つの連続するスロットによって定義される。スロットのそれぞれは、0.5ms長である。無線フレーム内のi番目のサブフレームは、(2×i)番目のスロットと(2×i+1)番目のスロットとから構成される。つまり、無線フレームのそれぞれにおいて、10個のサブフレームが規定される。

0080

サブフレームは、下りリンクサブフレーム(第1のサブフレーム)、上りリンクサブフレーム(第2のサブフレーム)、スペシャルサブフレーム(第3のサブフレーム)などを含む。

0081

下りリンクサブフレームは下りリンク送信のためにリザーブされるサブフレームである。上りリンクサブフレームは上りリンク送信のためにリザーブされるサブフレームである。スペシャルサブフレームは3つのフィールドから構成される。該3つのフィールドは、DwPTS(Downlink Pilot Time Slot)、GP(Guard Period)、およびUpPTS(Uplink Pilot Time Slot)である。DwPTS、GP、およびUpPTSの合計の長さは1msである。DwPTSは下りリンク送信のためにリザーブされるフィールドである。UpPTSは上りリンク送信のためにリザーブされるフィールドである。GPは下りリンク送信および上りリンク送信が行なわれないフィールドである。なお、スペシャルサブフレームは、DwPTSおよびGPのみによって構成されてもよいし、GPおよびUpPTSのみによって構成されてもよい。スペシャルサブフレームは、TDDにおいて下りリンクサブフレームと上りリンクサブフレームとの間に配置され、下りリンクサブフレームから上りリンクサブフレームに切り替えるために用いられる。

0082

単一の無線フレームは、下りリンクサブフレーム、上りリンクサブフレーム、および/またはスペシャルサブフレームから構成される。つまり、無線フレームは、下りリンクサブフレームだけで構成されてもよい。また、無線フレームは、上りリンクサブフレームだけで構成されてもよい。

0083

本実施形態の無線通信システムは、5msと10msの下りリンク‐上りリンク・スイッチポイント周期(downlink-to-uplink switch-point periodicity)をサポートする。下りリンク‐上りリンク・スイッチポイント周期が5msの場合には、無線フレーム内の両方のハーフフレームにスペシャルサブフレームが含まれる。下りリンク‐上りリンク・スイッチポイント周期が10msの場合には、無線フレーム内の最初のハーフフレームのみにスペシャルサブフレームが含まれる。

0084

以下、本実施形態のスロットの構成について説明する。

0085

図3は、本実施形態のスロットの構成を示す図である。本実施形態では、OFDMシンボルに対してノーマルCP(normal Cyclic Prefix)が適用される。なお、OFDMシンボルに対して拡張CP(extended Cyclic Prefix)が適用されてもよい。スロットのそれぞれにおいて送信される物理信号または物理チャネルは、リソースグリッドによって表現される。下りリンクにおいて、リソースグリッドは、周波数方向に対する複数のサブキャリアと、時間方向に対する複数のOFDMシンボルによって定義される。上りリンクにおいて、リソースグリッドは、周波数方向に対する複数のサブキャリアと、時間方向に対する複数のSC−FDMAシンボルによって定義される。サブキャリアまたはリソースブロックの数は、セルの帯域幅に依存する。1つのスロットを構成するOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルの数は、ノーマルCPの場合は7であり、拡張CPの場合は6である。リソースグリッド内のエレメントのそれぞれをリソースエレメントと称する。リソースエレメントは、サブキャリアの番号とOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルの番号とを用いて識別される。

0086

リソースブロックは、ある物理チャネル(PDSCHまたはPUSCHなど)のリソースエレメントにマッピングするために用いられる。リソースブロックは、仮想リソースブロック物理リソースブロックが定義される。ある物理チャネルは、まず仮想リソースブロックにマップされる。その後、仮想リソースブロックは、物理リソースブロックにマップされる。1つの物理リソースブロックは、時間領域において7個の連続するOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルと周波数領域において12個の連続するサブキャリアとから定義される。ゆえに、1つの物理リソースブロックは(7×12)個のリソースエレメントから構成される。また、1つの物理リソースブロックは、時間領域において1つのスロットに対応し、周波数領域において180kHzに対応する。物理リソースブロックは周波数領域において0から番号が付けられる。また、同一の物理リソースブロック番号が対応する、1つのサブフレーム内の2つのリソースブロックは、物理リソースブロックペア(PRBペア、RBペア)として定義される。

0087

以下、サブフレームのそれぞれにおいて送信される物理チャネルおよび物理信号について説明する。

0088

図4は、本実施形態の下りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。基地局装置3は、下りリンクサブフレームにおいて、下りリンク物理チャネル(PBCH、PCFICH、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH)、および/または下りリンク物理信号(同期信号、下りリンク参照信号)を送信できる。なお、PBCHは無線フレーム内のサブフレーム0のみで送信される。なお、下りリンク参照信号は周波数領域および時間領域において分散するリソースエレメントに配置される。説明の簡略化のため、図4において下りリンク参照信号は図示しない。

0089

PDCCH領域において、複数のPDCCHが周波数、時間、および/または、空間多重されてもよい。EPDCCH領域において、複数のEPDCCHが周波数、時間、および/または、空間多重されてもよい。PDSCH領域において、複数のPDSCHが周波数、時間、および/または、空間多重されてもよい。PDCCH、PDSCHおよび/またはEPDCCHは周波数、時間、および/または、空間多重されてもよい。

0090

図5は、本実施形態の上りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。端末装置1は、上りリンクサブフレームにおいて、上りリンク物理チャネル(PUCCH、PUSCH、PRACH)、および上りリンク物理信号(UL−DMRS、SRS)を送信してもよい。PUCCH領域において、複数のPUCCHが周波数、時間、空間および/またはコード多重される。PUSCH領域において、複数のPUSCHが周波数、時間、空間および/またはコード多重されてもよい。PUCCHおよびPUSCHは周波数、時間、空間および/またはコード多重されてもよい。PRACHは単一のサブフレームまたは2つのサブフレームにわたって配置されてもよい。また、複数のPRACHが符号多重されてもよい。

0091

SRSは上りリンクサブフレーム内の最後のSC−FDMAシンボルを用いて送信される。つまり、SRSは上りリンクサブフレーム内の最後のSC−FDMAシンボルに配置される。端末装置1は、単一のセルの単一のSC−FDMAシンボルにおいて、SRSと、PUCCH/PUSCH/PRACHとの同時送信を制限できる。端末装置1は、単一のセルの単一の上りリンクサブフレームにおいて、該上りリンクサブフレーム内の最後のSC−FDMAシンボルを除くSC−FDMAシンボルを用いてPUSCHおよび/またはPUCCHを送信し、該上りリンクサブフレーム内の最後のSC−FDMAシンボルを用いてSRSを送信することができる。つまり、単一のセルの単一の上りリンクサブフレームにおいて、端末装置1は、SRSと、PUSCHおよびPUCCHと、を送信することができる。なお、DMRSはPUCCHまたはPUSCHと時間多重される。説明の簡略化のため、図5においてDMRSは図示しない。

0092

図6は、本実施形態のスペシャルサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。図6において、DwPTSはスペシャルサブフレーム内の1番目から10番目のSC−FDMAシンボルから構成され、GPはスペシャルサブフレーム内の11番目と12番目のSC−FDMAシンボルから構成され、UpPTSはスペシャルサブフレーム内の13番目と14番目のSC−FDMAシンボルから構成される。

0093

基地局装置3は、スペシャルサブフレームのDwPTSにおいて、PCFICH、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、同期信号、および、下りリンク参照信号を送信してもよい。基地局装置3は、スペシャルサブフレームのDwPTSにおいて、PBCHの送信を制限できる。端末装置1は、スペシャルサブフレームのUpPTSにおいて、PRACH、およびSRSを送信してもよい。つまり、端末装置1は、スペシャルサブフレームのUpPTSにおいて、PUCCH、PUSCH、およびDMRSの送信を制限できる。

0094

図7は、本実施形態の端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、端末装置1は、上位層処理部101、制御部103、受信部105、送信部107、および送受信アンテナ109を含んで構成される。また、上位層処理部101は、無線リソース制御部1011、サブフレーム設定部1013、スケジューリング情報解釈部1015、および、チャネル状態情報(CSI)報告制御部1017を含んで構成される。また、受信部105は、復号化部1051、復調部1053、多重分離部1055、無線受信部1057、およびチャネル測定部1059を含んで構成される。また、送信部107は、符号化部1071、変調部1073、多重部1075、無線送信部1077、および上りリンク参照信号生成部1079を含んで構成される。

0095

上位層処理部101は、ユーザの操作等により生成された上りリンクデータ(トランスポートブロック)を、送信部107に出力する。また、上位層処理部101は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)層の処理を行なう。上位層処理部101は、キャリアアグリゲーションを行う場合、セルのアクティベーション/デアクティベーションを行うために物理層の制御を行う機能及び上りリンクの送信タイミングを管理するために物理層の制御を行う機能を備えている。上位層処理部101は、受信部105で計算する測定の指示、および、受信部105で計算された測定結果を報告するか否かを判断する機能を備えている。

0096

上位層処理部101が備える無線リソース制御部1011は、自装置の各種設定情報の管理をする。また、無線リソース制御部1011は、上りリンクの各チャネルに配置される情報を生成し、送信部107に出力する。

0097

上位層処理部101が備えるサブフレーム設定部1013は、基地局装置3により設定される情報に基づいて、基地局装置3および/または基地局装置3とは異なる基地局装置(例えば、基地局装置3A)におけるサブフレーム設定を管理する。例えば、サブフレーム設定は、サブフレームに対する上りリンクまたは下りリンクの設定である。サブフレーム設定は、サブフレームパターン設定(Subframe pattern configuration)、上りリンク−下りリンク設定(Uplink-downlink configuration)、上りリンク参照UL−DL設定(Uplink reference configuration)、下りリンク参照UL−DL設定(Downlink reference configuration)、および/または、送信方向UL−DL設定(transmission direction configuration)を含む。サブフレーム設定部1013は、サブフレーム設定、サブフレームパターン設定、上りリンク−下りリンク設定、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定をセットする。また、サブフレーム設定部1013は、少なくとも2つのサブフレームセットをセットできる。なお、サブフレームパターン設定は、EPDCCHサブフレーム設定を含む。なお、サブフレーム設定部1013は、端末サブフレーム設定部とも呼称される。

0098

上位層処理部101が備えるスケジューリング情報解釈部1015は、受信部105を介して受信したDCIフォーマット(スケジューリング情報)の解釈をし、前記DCIフォーマットを解釈した結果に基づいて、受信部105および送信部107の制御を行なうために制御情報を生成し、制御部103に出力する。

0099

スケジューリング情報解釈部1015は、サブフレーム設定、サブフレームパターン設定、上りリンク−下りリンク設定、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定に基づいて、送信処理および受信処理を行うタイミングを決定する。

0100

CSI報告制御部1017は、CSI参照リソースを特定する。CSI報告制御部1017は、チャネル測定部1059に、CSI参照リソースに関連するCQIを導き出すよう指示する。CSI報告制御部1017は、送信部107に、CQIを送信するよう指示をする。CSI報告制御部1017は、チャネル測定部1059がCQIを算出する際に用いる設定をセットする。

0101

制御部103は、上位層処理部101からの制御情報に基づいて、受信部105および送信部107の制御を行なう制御信号を生成する。制御部103は、生成した制御信号を受信部105および送信部107に出力して、受信部105および送信部107の制御を行なう。

0102

受信部105は、制御部103から入力された制御信号に基づいて、送受信アンテナ109が基地局装置3から受信した受信信号を、分離、復調、復号する。受信部105は、復号した情報を上位層処理部101に出力する。

0103

無線受信部1057は、送受信アンテナ109が受信した下りリンクの信号を、中間周波数に変換し(ダウンコンバート: down convert)、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信した信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ信号ディジタル信号に変換する。無線受信部1057は、変換したディジタル信号からガードインターバル(Guard Interval:GI)に相当する部分を除去し、ガードインターバルを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform:FFT)を行ない、周波数領域の信号を抽出する。

0104

多重分離部1055は、抽出した信号から、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、および/または下りリンク参照信号を、それぞれ分離する。また、多重分離部1055は、チャネル測定部1059から入力された伝搬路の推定値から、PHICH、PDCCH、EPDCCH、および/またはPDSCHの伝搬路の補償を行なう。また、多重分離部1055は、分離した下りリンク参照信号をチャネル測定部1059に出力する。

0105

復調部1053は、PHICHに対して対応する符号を乗算して合成し、合成した信号に対してBPSK(Binary Phase Shift Keying)変調方式の復調を行ない、復号化部1051へ出力する。復号化部1051は、自装置宛てのPHICHを復号し、復号したHARQインディケータを上位層処理部101に出力する。復調部1053は、PDCCHおよび/またはEPDCCHに対して、QPSK変調方式の復調を行ない、復号化部1051へ出力する。復号化部1051は、PDCCHおよび/またはEPDCCHの復号を試み、復号に成功した場合、復号した下りリンク制御情報と下りリンク制御情報が対応するRNTIとを上位層処理部101に出力する。

0106

復調部1053は、PDSCHに対して、QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)、16QAM(Quadrature Amplitude Modulation)、64QAM等の下りリンクグラントで通知された変調方式の復調を行ない、復号化部1051へ出力する。復号化部1051は、下りリンク制御情報で通知された符号化率に関する情報に基づいて復号を行ない、復号した下りリンクデータ(トランスポートブロック)を上位層処理部101へ出力する。

0107

チャネル測定部1059は、多重分離部1055から入力された下りリンク参照信号から下りリンクのパスロスやチャネルの状態を測定し、測定したパスロスやチャネルの状態を上位層処理部101へ出力する。また、チャネル測定部1059は、下りリンク参照信号から下りリンクの伝搬路の推定値を算出し、多重分離部1055へ出力する。チャネル測定部1059は、CQIの算出のために、チャネル測定、および/または、干渉測定を行なう。チャネル測定部1059は、多重分離部1055から入力された下りリンク参照信号から上位層へ通知する測定を行う。チャネル測定部1059は、RSRPおよびRSRQの計算を行い、上位層処理部101へ出力する。

0108

送信部107は、制御部103から入力された制御信号に従って、上りリンク参照信号を生成し、上位層処理部101から入力された上りリンクデータ(トランスポートブロック)を符号化および変調し、PUCCH、PUSCH、および生成した上りリンク参照信号を多重し、送受信アンテナ109を介して基地局装置3に送信する。

0109

符号化部1071は、上位層処理部101から入力された上りリンク制御情報を畳み込み符号化、ブロック符号化等の符号化を行なう。また、符号化部1071は、PUSCHのスケジューリングに用いられる情報に基づいてターボ符号化を行なう。

0110

変調部1073は、符号化部1071から入力された符号化ビットをBPSK、QPSK、16QAM、64QAM等の下りリンク制御情報で通知された変調方式または、チャネル毎に予め定められた変調方式で変調する。変調部1073は、PUSCHのスケジューリングに用いられる情報に基づき、空間多重されるデータの系列の数を決定し、MIMOSM(Multiple Input Multiple Output Spatial Multiplexing)を用いることにより同一のPUSCHで送信される複数の上りリンクデータを、複数の系列にマッピングし、この系列に対してプレコーディング(precoding)を行なう。

0111

上りリンク参照信号生成部1079は、基地局装置3を識別するための物理層セル識別子(physical cell identity:PCI、Cell IDなどと称する。)、上りリンク参照信号を配置する帯域幅、上りリンクグラントで通知されたサイクリックシフト、DMRSシーケンスの生成に対するパラメータの値などを基に、予め定められた規則(式)で求まる系列を生成する。多重部1075は、制御部103から入力された制御信号に従って、PUSCHの変調シンボル並列並び替えてから離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform:DFT)する。また、多重部1075は、PUCCHとPUSCHの信号と生成した上りリンク参照信号を送信アンテナポート毎に多重する。つまり、多重部1075は、PUCCHとPUSCHの信号と生成した上りリンク参照信号を送信アンテナポート毎にリソースエレメントに配置する。

0112

無線送信部1077は、多重された信号を逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform:IFFT)して、SC−FDMA方式の変調を行い、SC−FDMA変調されたSC−FDMAシンボルにガードインターバルを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成し、ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換し、アナログ信号から中間周波数の同相成分および直交成分を生成し、中間周波数帯域に対する余分な周波数成分を除去し、中間周波数の信号を高周波数の信号に変換(アップコンバート: up convert)し、余分な周波数成分を除去し、電力増幅し、送受信アンテナ109に出力して送信する。

0113

図8は、本実施形態の基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、基地局装置3は、上位層処理部301、制御部303、受信部305、送信部307、および、送受信アンテナ309、を含んで構成される。また、上位層処理部301は、無線リソース制御部3011、サブフレーム設定部3013、スケジューリング部3015、および、CSI報告制御部3017を含んで構成される。また、受信部305は、復号化部3051、復調部3053、多重分離部3055、無線受信部3057とチャネル測定部3059を含んで構成される。また、送信部307は、符号化部3071、変調部3073、多重部3075、無線送信部3077、および、下りリンク参照信号生成部3079を含んで構成される。

0114

上位層処理部301は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)層の処理を行なう。また、上位層処理部301は、受信部305、および送信部307の制御を行なうために制御情報を生成し、制御部303に出力する。また、上位層処理部301は、報告された測定結果を取得する機能を備えている。

0115

上位層処理部301が備える無線リソース制御部3011は、下りリンクのPDSCHに配置される下りリンクデータ(トランスポートブロック)、システム情報、RRCメッセージ、MAC CE(Control Element)などを生成し、又は上位ノードから取得し、送信部307に出力する。また、無線リソース制御部3011は、端末装置1各々の各種設定情報の管理をする。

0116

上位層処理部301が備えるサブフレーム設定部3013は、サブフレーム設定、サブフレームパターン設定、上りリンク−下りリンク設定、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定の管理を、端末装置1のそれぞれに対して行なう。サブフレーム設定部3013は、端末装置1のそれぞれに対して、サブフレーム設定、サブフレームパターン設定、上りリンク−下りリンク設定、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定をセットする。サブフレーム設定部3013は、サブフレーム設定に関する情報を端末装置1に送信する。なお、サブフレーム設定部3013は、基地局サブフレーム設定部とも呼称される。

0117

基地局装置3は、端末装置1に対する、サブフレーム設定、サブフレームパターン設定、上りリンク−下りリンク設定、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定を決定してもよい。また、基地局装置3は、端末装置1に対する、サブフレーム設定、サブフレームパターン設定、上りリンク−下りリンク設定、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定を上位ノードから指示されてもよい。

0118

例えば、サブフレーム設定部3013は、上りリンクのトラフィック量および下りリンクのトラフィック量に基づいて、サブフレーム設定、サブフレームパターン設定、上りリンク−下りリンク設定、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定を決定してもよい。

0119

サブフレーム設定部3013は、少なくとも2つのサブフレームセットの管理を行なうことができる。サブフレーム設定部3013は、端末装置1のそれぞれに対して、少なくとも2つのサブフレームセットをセットしてもよい。サブフレーム設定部3013は、サービングセルのそれぞれに対して、少なくとも2つのサブフレームセットをセットしてもよい。サブフレーム設定部3013は、CSIプロセスのそれぞれに対して、少なくとも2つのサブフレームセットをセットしてもよい。サブフレーム設定部3013は、少なくとも2つのサブフレームセットを示す情報を、送信部307を介して、端末装置1に送信できる。

0120

上位層処理部301が備えるスケジューリング部3015は、受信したチャネル状態情報およびチャネル測定部3059から入力された伝搬路の推定値やチャネルの品質などから、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)を割り当てる周波数およびサブフレーム、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)の符号化率および変調方式および送信電力などを決定する。スケジューリング部3015は、フレキシブルサブフレームにおいて下りリンク物理チャネルおよび/または下りリンク物理信号をスケジュールするか、上りリンク物理チャネルおよび/または上りリンク物理信号をスケジュールするかを決定する。スケジューリング部3015は、スケジューリング結果に基づき、受信部305、および送信部307の制御を行なうために制御情報(例えば、DCIフォーマット)を生成し、制御部303に出力する。

0121

スケジューリング部3015は、スケジューリング結果に基づき、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)のスケジューリングに用いられる情報を生成する。スケジューリング部3015は、UL−DL設定、サブフレームパターン設定、上りリンク−下りリンク設定、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定に基づいて、送信処理および受信処理を行うタイミング(サブフレーム)を決定する。

0122

上位層処理部301が備えるCSI報告制御部3017は、端末装置1のCSI報告を制御する。CSI報告制御部3017は、端末装置1がCSI参照リソースにおいてCQIを導き出すために想定する、各種設定を示す情報を、送信部307を介して、端末装置1に送信する。

0123

制御部303は、上位層処理部301からの制御情報に基づいて、受信部305、および送信部307の制御を行なう制御信号を生成する。制御部303は、生成した制御信号を受信部305、および送信部307に出力して受信部305、および送信部307の制御を行なう。

0124

受信部305は、制御部303から入力された制御信号に従って、送受信アンテナ309を介して端末装置1から受信した受信信号を分離、復調、復号し、復号した情報を上位層処理部301に出力する。無線受信部3057は、送受信アンテナ309を介して受信された上りリンクの信号を、中間周波数に変換し(ダウンコンバート: down convert)、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信された信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ信号をディジタル信号に変換する。

0125

無線受信部3057は、変換したディジタル信号からガードインターバル(Guard Interval:GI)に相当する部分を除去する。無線受信部3057は、ガードインターバルを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform:FFT)を行い、周波数領域の信号を抽出し多重分離部3055に出力する。

0126

多重分離部1055は、無線受信部3057から入力された信号をPUCCH、PUSCH、上りリンク参照信号などの信号に分離する。なお、この分離は、予め基地局装置3が無線リソース制御部3011で決定し、各端末装置1に通知した上りリンクグラントに含まれる無線リソースの割り当て情報に基づいて行なわれる。また、多重分離部3055は、チャネル測定部3059から入力された伝搬路の推定値から、PUCCHとPUSCHの伝搬路の補償を行なう。また、多重分離部3055は、分離した上りリンク参照信号をチャネル測定部3059に出力する。

0127

復調部3053は、PUSCHを逆離散フーリエ変換(Inverse Discrete Fourier Transform: IDFT)し、変調シンボルを取得し、PUCCHとPUSCHの変調シンボルそれぞれに対して、BPSK(Binary Phase Shift Keying)、QPSK、16QAM、64QAM等の予め定められた、または自装置が端末装置1各々に上りリンクグラントで予め通知した変調方式を用いて受信信号の復調を行なう。復調部3053は、端末装置1各々に上りリンクグラントで予め通知した空間多重される系列の数と、この系列に対して行なうプリコーディングを指示する情報に基づいて、MIMOSMを用いることにより同一のPUSCHで送信された複数の上りリンクデータの変調シンボルを分離する。

0128

復号化部3051は、復調されたPUCCHとPUSCHの符号化ビットを、予め定められた符号化方式の、予め定められた、又は自装置が端末装置1に上りリンクグラントで予め通知した符号化率で復号を行ない、復号した上りリンクデータと、上りリンク制御情報を上位層処理部101へ出力する。PUSCHが再送信の場合は、復号化部3051は、上位層処理部301から入力されるHARQバッファに保持している符号化ビットと、復調された符号化ビットを用いて復号を行なう。チャネル測定部309は、多重分離部3055から入力された上りリンク参照信号から伝搬路の推定値、チャネルの品質などを測定し、多重分離部3055および上位層処理部301に出力する。

0129

送信部307は、制御部303から入力された制御信号に従って、下りリンク参照信号を生成し、上位層処理部301から入力されたHARQインディケータ、下りリンク制御情報、下りリンクデータを符号化、および変調し、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、および下りリンク参照信号を多重して、送受信アンテナ309を介して端末装置1に信号を送信する。

0130

符号化部3071は、上位層処理部301から入力されたHARQインディケータ、下りリンク制御情報、および下りリンクデータを、ブロック符号化、畳み込み符号化、ターボ符号化等の予め定められた符号化方式を用いて符号化を行なう、または無線リソース制御部3011が決定した符号化方式を用いて符号化を行なう。変調部3073は、符号化部3071から入力された符号化ビットをBPSK、QPSK、16QAM、64QAM等の予め定められた、または無線リソース制御部3011が決定した変調方式で変調する。

0131

下りリンク参照信号生成部3079は、基地局装置3を識別するための物理レイヤセル識別子(PCI)などを基に予め定められた規則で求まる、端末装置1が既知の系列を下りリンク参照信号として生成する。多重部3075は、変調された各チャネルの変調シンボルと生成された下りリンク参照信号を多重する。つまり、多重部3075は、変調された各チャネルの変調シンボルと生成された下りリンク参照信号をリソースエレメントに配置する。

0132

無線送信部3077は、多重された変調シンボルなどを逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform:IFFT)して、OFDM方式の変調を行い、OFDM変調されたOFDMシンボルにガードインターバルを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成し、ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換し、アナログ信号から中間周波数の同相成分および直交成分を生成し、中間周波数帯域に対する余分な周波数成分を除去し、中間周波数の信号を高周波数の信号に変換(アップコンバート: up convert)し、余分な周波数成分を除去し、電力増幅し、送受信アンテナ309に出力して送信する。

0133

ここで、PDCCHまたはEPDCCHは、下りリンク制御情報(DCI)を端末装置へ通知(指定)するために使用される。例えば、下りリンク制御情報には、PDSCHのリソース割り当てに関する情報、MCS(Modulation and Coding scheme)に関する情報、スクランブリングアイデンティティスクランブリング識別子とも呼称される)に関する情報、参照信号系列アイデンティティ(ベースシーケンスアイデンティティ、ベースシーケンス識別子、ベースシーケンスインデックスとも呼称される)に関する情報などが含まれる。

0134

以下では、小セルについて説明する。

0135

小セルとは、マクロセルに比べて低送信電力の基地局装置3によって構成される、カバレッジが小さなセルの総称である。小セルは、カバレッジが小さく設定することが可能となるため、密に配置して運用することができる。小セルの基地局装置3は、マクロセルの基地局装置と異なる場所に配置される。密に配置される小セル同士は同期され、小セルクラスター(Small cell Cluster)として構成することができる。小セルクラスター内の小セル間は、バックホール(光ファイバー、X2インターフェース、S1インターフェース)で接続され、小セルクラスター内の小セルでは、eICIC(enhanced Inter-Cell Interference Coordination)、FeICIC(Further enhanced Inter-Cell Interference Coordination)、CoMP(Coordinated Multi-Point transmission/reception)などの干渉抑制技術を適用することができる。小セルはマクロセルと異周波数帯で運用されてもよいし、同周波数帯で運用されてもよい。特に、伝搬路減衰(パスロス)の観点から、小セルをマクロセルに比べて高周波数帯で運用することで、より小カバレッジで構成することが容易である。

0136

異周波数帯で運用される小セルは、マクロセルとキャリアアグリゲーション技術またはデュアルコネクティビティ技術を用いて運用される。

0137

また、小セルは、マクロセルと同一周波数で運用されてもよい。小セルは、マクロセルのカバレッジ外で運用されてもよい。また、小セルの基地局装置3は、マクロセルの基地局装置と同一の場所に配置されてもよい。

0138

また、あるセルがマクロセルか小セルかは、基地局装置3で認識するものであり、端末装置1が認識する必要はない。例えば、基地局装置3は端末装置1に対して、マクロセルをPcellとして設定し、小セルをScellまたはpSCellとして設定することができる。いずれの場合においても、端末装置1はPCell、SCellまたはpSCellとして認識するだけでよく、マクロセルまたは小セルとして認識する必要はない。

0139

以下では、キャリアアグリゲーション技術およびデュアルコネクティビティ技術の詳細について説明する。

0140

端末装置1の能力(性能、機能)に依存して、セカンダリーセルはプライマリーセルと一緒にサービングセルのセットを構成して設定される。端末装置1に設定される下りリンクのコンポーネントキャリアの数は端末装置1に設定される上りリンクコンポーネントキャリアの数よりも多いか同じでなければならず、上りリンクコンポーネントキャリアのみをセカンダリーセルとして設定することはできない。

0141

端末装置1は、PUCCHの送信に常にプライマリーセルおよびプライマリーセカンダリーセルを用いる。言い換えると、端末装置1は、プライマリーセルおよびプライマリーセカンダリーセル以外のセカンダリーセルで、PUCCHを送信することを期待しない。

0142

セカンダリーセルの再設定/追加/削除はRRCによって行われる。新しいセカンダリーセルを追加するとき、専用RRCシグナリングによって新しいセカンダリーセルが必要とされる全てのシステム情報を送信する。すなわち、RRCコネクテドモードにおいては、報知によってシステム情報をセカンダリーセルから直接得る必要はない。

0143

キャリアアグリゲーションが設定されたとき、セカンダリーセルのアクティベーション/デアクティベーションの仕組みがサポートされる。プライマリーセルはアクティベーション/デアクティベーションは適用されない。セカンダリーセルがデアクティベーションされたとき、端末装置1は関連するPDCCHまたはPDSCHを受信する必要がなく、関連する上りリンクで送信できず、そしてCQI測定を行なう必要がない。反対に、セカンダリーセルがアクティベーションされたとき、端末装置1はPDSCHとPDCCHを受信するため、CQI測定を行なうことができると期待する。

0144

アクティベーション/デアクティベーションの仕組みはMAC CEとデアクティベーションタイマーの組み合わせに基づく。MAC CEはセカンダリーセルのアクティベーションとデアクティベーションの情報をビットマップで通知する。1がセットされたビットは、関連するセカンダリーセルのアクティベーションを示し、0がセットされたビットは、関連するセカンダリーセルのデアクティベーションを示す。

0145

なお、端末装置1に設定されたセカンダリーセルは、初期状態としてデアクティベーションが設定されている。つまり、端末装置1に対して、セカンダリーセルに対する種々のパラメータが設定されたとしても、すぐにそのセカンダリーセルを用いて通信が行なえるとは限らない。

0146

次に、MAC CEの一例について説明する。

0147

アクティベーション/デアクティベーションMAC CEの構成の一例を説明する。MAC CEは、固定サイズであって、7つのCiフィールドと1つのRフィールドで構成されていて、次のように定義される。Ciは、セカンダリーセルインデックス(SCellIndex)iに設定されたセカンダリーセルがある場合、Ciフィールドはセカンダリーセルインデックスiを伴うセカンダリーセルのアクティベーション/デアクティベーションの状態を示す。セカンダリーセルインデックスiが設定されたセカンダリーセルがない場合、端末装置1はCiフィールドを無視する。Ciフィールドが“1”にセットされている場合、セカンダリーセルインデックスiを伴うセカンダリーセルがアクティベートされることを示す。Ciフィールドが“0”にセットされている場合、セカンダリーセルインデックスiを伴うセカンダリーセルがデアクティベートされていることを示す。また、Rは、リザーブされたビットであり、“0”にセットされている。

0148

次に、セカンダリーセルに対するデアクティベーションタイマー(Deactivation Timer)の一例について説明する。

0149

デアクティベーションタイマーがセカンダリーセルに対して設定される場合、セカンダリーセルの維持時間に関連するタイマーである。端末装置1は、セカンダリーセル毎にデアクティベーションタイマーを保持し、デアクティベーションタイマーが満了すると、満了したデアクティベーションタイマーに関連するセカンダリーセルをデアクティベーションする。

0150

セカンダリーセルに対するデアクティベーションタイマーの初期値は、上位層(RRC層)からパラメータsCellDeactivationTimer−r10を用いて設定される。セカンダリーセルに対するデアクティベーションタイマーの初期値は、例えば、無線フレームの数に関連する値であるrf2、rf4、rf8、rf16、rf32、rf64、rf128の内から1つが設定される。ここで、rf2は、2無線フレームに対応し、rf4は、4無線フレームに対応し、rf8は、8無線フレームに対応し、rf16は、16無線フレームに対応し、rf32は、32無線フレームに対応し、rf64は、64無線フレームに対応し、rf128は、128無線フレームに対応する。

0151

なお、セカンダリーセルに対するデアクティベーションタイマーに関連するフィールド(パラメータsCellDeactivationTimer-r10)は、1つ以上のセカンダリーセルが設定された端末装置1のみに設定される。

0152

なお、デアクティベーションタイマーに関連するフィールドが存在しない場合、端末装置1は、デアクティベーションタイマーに関連するフィールドの既存の値を削除し、値として無限大(infinity)が設定されていると仮定する。

0153

なお、端末装置1に対して、セカンダリーセルに対するデアクティベーションタイマーに関連するフィールドが1つだけ設定される場合には、各セカンダリーセルに同じデアクティベーションタイマーの初期値が適応される(デアクティベーションタイマーに関連する機能は各セカンダリーセルで独立に実行される)。

0154

アクティベーション/デアクティベーションの仕組みの一例について説明する。

0155

セカンダリーセルのアクティベーションを指示するMAC CEを受信した場合、端末装置1は、MAC CEによってアクティベーションが設定されたセカンダリーセルをアクティベーションとして設定する。ここで、端末装置1は、MAC CEによってアクティベーションが設定されたセカンダリーセルに対して、以下のオペレーションを行なうことができる。そのオペレーションは、セカンダリーセルでのSRSの送信、セカンダリーセルに対するCQI(Channel Quality Indicator)/PMI(Precoding Matrix Indicator)/RI(Rank Indicator)/PTI(Precoding Type Indicator)の報告、セカンダリーセルでの上りリンクデータ(UL-SCH)の送信、セカンダリーセルでのRACHの送信、セカンダリーセルでのPDCCHのモニタ、セカンダリーセルに対するPDCCHのモニタである。

0156

セカンダリーセルのアクティベーションを指示するMAC CEを受信した場合、端末装置1は、MAC CEによってアクティベーションが設定されたセカンダリーセルに関連するデアクティベーションタイマーをスタートまたはリスタートする。なお、スタートとは、値を保持してタイマーのカウントが開始することである。なお、リスタートとは、値を初期値に設定してタイマーのカウントが開始することである。

0157

セカンダリーセルのアクティベーションを指示するMAC CEを受信した場合、端末装置1は、送信電力余力パワーヘッドルーム(PHR: Power head room))の送信をトリガする。

0158

セカンダリーセルのデアクティベーションを指示するMAC CEを受信した場合、もしくは、セカンダリーセルに関連付けられているデアクティベーションタイマーが満了した場合、端末装置1は、MAC CEによってデアクティベーションが設定されたセカンダリーセルをデアクティベーションとして設定する。

0159

セカンダリーセルのデアクティベーションを指示するMAC CEを受信した場合、もしくは、セカンダリーセルに関連付けられているデアクティベーションタイマーが満了した場合、端末装置1は、MAC CEによってデアクティベーションが設定されたセカンダリーセルに関連するデアクティベーションタイマーをストップする。

0160

セカンダリーセルのデアクティベーションを指示するMAC CEを受信した場合、もしくは、セカンダリーセルに関連付けられているデアクティベーションタイマーが満了した場合、端末装置1は、MAC CEによってデアクティベーションが設定されたセカンダリーセルに関連する全てのHARQバッファをフラッシュする。

0161

アクティベーションされたセカンダリーセルにおけるPDCCHが、下りリンクグラント(downlink grant)または上りリンクグラント(uplink grant)を示す場合、もしくは、アクティベーションされたセカンダリーセルをスケジューリングするサービングセルにおけるPDCCHが、アクティベーションされたセカンダリーセルに対する下りリンクグラント(downlink grant)またはアクティベーションされたセカンダリーセルに対する上りリンクグラント(uplink grant)を示す場合、端末装置1は、アクティベーションされたセカンダリーセルに関連するデアクティベーションタイマーをリスタートする。

0162

セカンダリーセルがデアクティベートされた場合、端末装置1は、デアクティベートされたセカンダリーセルに対して、以下のオペレーションを行なわない。そのオペレーションは、セカンダリーセルでSRSの送信、セカンダリーセルに対するCQI/PMI/RI/PTIの報告、セカンダリーセルで上りリンクデータ(UL-SCH)の送信、セカンダリーセルでRACHの送信、セカンダリーセルでPDCCHのモニタ、セカンダリーセルに対するPDCCHのモニタである。

0163

ランダムアクセスプロシージャ(Random Access procedure)を実行中のセカンダリーセルに対してデアクティベーションが設定された場合、端末装置1は、実行中のランダムアクセスプロシージャを中止する。

0164

基地局装置3は、端末装置1とデータを送受信しない場合であっても、アイドル状態の端末装置1が基地局装置3に接続させるために、PSS/SSS、CRS、PBCH、SIBなどの同期信号、参照信号、報知情報を送信する。そのため、それらの信号はセル間干渉を発生させる。また、それらの信号が常時送信されることによって、基地局装置3の電力が浪費されることになる。

0165

そこで、基地局装置3は、ON状態(動作中の状態、起動の状態)とOFF状態(停止の状態)に遷移する。基地局装置3が端末装置1とデータを送受信しない場合、基地局装置3はOFF状態に遷移することができる。基地局装置3が端末装置1とデータを送受信する場合、基地局装置3はON状態に遷移することができる。

0166

例えば、基地局装置3が停止の状態とは、PSS/SSS、CRS、PBCH、PDCCH、PDSCHのうち、少なくとも1つが送信されない状態である。例えば、1ハーフフレーム以上(5サブフレーム以上)PSS/SSSが送信されない状態である。例えば、基地局装置3が停止の状態とは、DSのみが送信されている状態である。なお、基地局装置3は、停止の状態でも基地局装置の受信部で受信処理を行ってもよい。

0167

セル/基地局装置3が起動の状態とは、少なくともPSS/SSS、CRSのうち、少なくとも1つが送信される状態である。例えば、1ハーフフレーム中にPSS/SSSが送信される状態である。

0168

また、基地局装置3のON状態およびOFF状態は、端末装置1が所定のチャネルまたは所定の信号に対する処理(想定、動作)で関連付けられてもよい。ここで処理は、モニタリング、受信処理または送信処理などである。すなわち、端末装置1は基地局装置3がON状態またはOFF状態であることを認識しなくてもよく、端末装置1は所定のチャネルまたは所定の信号に対する処理を切り替えればよい。本実施形態における説明において、基地局装置3における起動の状態と停止の状態との遷移は、端末装置1における所定のチャネルまたは所定の信号に対する処理の切り替えを含む。基地局装置3における起動の状態は、端末装置1における所定のチャネルまたは所定の信号に対する第1の処理に相当する。基地局装置3における停止の状態は、端末装置1における所定のチャネルまたは所定の信号に対する第2の処理に相当する。

0169

例えば、基地局装置3のON状態は、端末装置1が従来の端末装置と同様の処理が可能な状態である。基地局装置3のON状態における具体的な例は以下の通りである。端末装置1はPSS、SSSおよびPBCHを受信することを期待する。端末装置1は所定のサブフレームにおいてPDCCHおよび/またはEPDCCHのモニタリングをする。端末装置1は設定されたCSI報告モードに基づいてCSI報告を行なう。端末装置1はCSI報告のための参照信号(例えば、CRSまたはCSI−RS)およびCSI参照リソースが存在することを期待する。

0170

例えば、基地局装置3のOFF状態は、端末装置1が従来の端末装置とは異なる処理を行う状態である。基地局装置3のOFF状態における具体的な例は以下の通りである。端末装置1はPSS、SSSおよびPBCHを受信することを期待しない。端末装置1は全てのサブフレームにおいてPDCCHおよび/またはEPDCCHのモニタリングをしない。端末装置1は設定されたCSI報告モードに関わらずCSI報告をしない。端末装置1はCSI報告のための参照信号(例えば、CRSまたはCSI−RS)およびCSI参照リソースが存在することを期待しない。

0171

基地局装置3における起動の状態と停止の状態との遷移は、例えば、端末装置1の接続状態、前記基地局装置3に接続された端末装置1のデータリクエスト状況、端末装置1からのCSI測定および/またはRRM測定の情報、などに基づいて決定される。

0172

基地局装置3は、基地局装置3における起動の状態と停止の状態との遷移に関する情報(セル状態情報)を、端末装置1に対して、明示的または黙示的に設定または通知することができる。例えば、基地局装置3は、セル状態情報を、RRC、MAC、PDCCHおよび/またはEPDCCHを用いて、端末装置1に対して明示的に通知する。基地局装置3は、セル状態情報を、所定のチャネルまたは信号の有無に応じて、端末装置1に対して黙示的に通知する。

0173

起動の状態の基地局装置3が停止の状態へ遷移する手続き(セル状態情報の通知)の一例について説明する。

0174

端末装置1が接続している基地局装置3(サービングセル)は、端末装置1の接続状態、端末装置1のデータの状況、端末装置1の測定の情報に基づいて、起動の状態を停止の状態に遷移させるか否かを決定する。停止の状態に遷移させると判断した基地局装置3は、周囲セルの基地局装置3に停止の状態に遷移する情報を送信し、セルの停止準備を行う。なお、起動の状態を停止の状態に遷移させるか否かの決定、および、停止の状態に遷移する情報の送信は、サービングセルで行われなくてもよく、例えば、MME(Mobility Management Entity)、S−GW(Serving Gateway)で決定および送信されてもよい。セルの停止準備では、前記基地局装置3に端末装置1が接続されている場合に、端末装置1に対して周囲セルにハンドオーバーさせる指示を送信、もしくは、デアクティベーションさせる指示を送信、などを行う。セルの停止準備によって接続された端末装置1がいない前記サービングセルは、起動の状態から停止の状態へ遷移する。

0175

端末装置1が停止の状態の基地局装置3と通信を行う場合に、前記基地局装置3は、停止の状態から起動の状態に遷移する。なお、停止から起動の状態に遷移するまでの時間および起動から停止の状態に遷移するまでの時間を遷移時間(Transition Time)と称する。遷移時間を短くすることによって、基地局装置3の消費電力や種々の干渉を低減することができる。

0176

停止の状態の基地局装置3が起動の状態へ遷移するか否かは、例えば、端末装置1からの上りリンク参照信号、端末装置1からのセルの検出情報、端末装置1からの物理層の測定の情報、などに基づいて決定される。

0177

物理層の測定の情報に基づく停止の状態の基地局装置3が起動の状態へ遷移する手続きの一例について説明する。

0178

端末装置1が接続している基地局装置3(サービングセル)と停止の状態の基地局装置3(隣接セル)は、バックホールを介してDSの設定を共有する。また、サービングセルは、前記端末装置1に前記DSの設定を通知する。隣接セルは、DSを送信する。端末装置1は、隣接セルから送信されたDSを、サービングセルから通知されたDSの設定に基づいて検出する。また、端末装置1は、隣接セルから送信されたDSを用いて物理層の測定を行なう。端末装置1は、サービングセルに測定の報告を行う。サービングセルは、端末装置1からの測定の報告に基づいて、停止の状態の基地局装置3を起動の状態に遷移させるか否かの決定を行ない、起動の状態に遷移させることが決定した場合はバックホールを介して起動を指示する情報を停止の状態の基地局装置3に通知する。なお、停止の状態を起動の状態に遷移させるか否かの決定、および、起動を指示する情報の送信は、サービングセルで行われなくてもよく、例えば、MME(Mobility Management Entity)、S−GW(Serving Gateway)で決定および送信されてもよい。起動を指示する情報を受けた隣接セルは、停止の状態から起動の状態へ遷移する。

0179

物理層の測定の情報に基づく停止の状態の基地局装置3が起動の状態へ遷移する手続きの一例が説明される。

0180

端末装置が接続している基地局装置3(サービングセル)と停止の状態の基地局装置3(隣接セル)は、バックホールを介して端末装置1のSRSの設定を共有する。また、サービングセルは、前記端末装置1に前記SRSの設定を通知する。端末装置1は、前記SRSの設定またはSRS要求の指示に基づいてSRSを送信する。隣接セルは、端末装置1から送信されたSRSを検出する。また、隣接セルは、端末装置1から送信されたSRSを用いて物理層の測定を行う。隣接セルは、SRSによる測定結果に基づいて、基地局装置3を起動の状態に遷移させるか否かの決定を行い、停止の状態から起動の状態へ遷移する。なお、停止の状態を起動の状態に遷移させるか否かの決定は、隣接セルで行われなくてもよく、例えば、サービングセル、MME(Mobility Management Entity)、S−GW(Serving Gateway)で決定および送信されてもよい。この場合、隣接セルは、SRSを用いて物理層の測定を行った後、サービングセル、MME、S−GWに測定結果を送信し、起動を指示する情報を受信する。

0181

サービングセルは、端末装置1に対して周囲セルの起動/停止の状態を示す情報を通知してもよい。端末装置1は、セルの起動の状態または停止の状態を認知することで、端末装置1の振る舞いを切り替える。前記端末装置1の振る舞いは、例えば、干渉の測定方法などである。

0182

セル状態情報(セルの起動/停止の状態を示す情報)の通知方法の一例について説明する。

0183

対象セルが起動/停止の状態を示す情報は、L1シグナリング(Layer 1 signalling)によって通知される。言い換えると、対象セルが起動/停止の状態を示す情報は、PDCCHもしくはEPDCCHによって通知される。対象セルに対応する1ビットが割り当てられ、0(false、disable)は停止を示し、1(true、enable)は起動を示す。対象セルに対応するビットは、集合するビットマップとして構成し、同時に複数のセルに対して起動/停止の状態を通知されてもよい。ビットと対象セルの紐付けは、専用RRCシグナリングによって通知される。

0184

起動/停止の状態を示す情報は、下りリンク制御情報(DCI: Downlink Control Information)フォーマット1Cで通知される。なお、起動/停止の状態を示す情報は、DCIフォーマット3/3Aで通知されてもよい。なお、起動/停止の状態を示す情報は、DCIフォーマット1Cと同じペイロードサイズビット数)のフォーマットで通知されてもよい。

0185

次に、DCIフォーマットについて説明する。

0186

DCIフォーマットは、上りリンクスケジューリングに関連するDCIフォーマットと下りリンクスケジューリングに関連するDCIフォーマットがある。上りリンクスケジューリングに関連するDCIフォーマットを上りリンクグラント、下りリンクスケジューリングに関連するDCIフォーマットを下りリンクグラント(下りリンクアサインメント)と称する。また、1つのDCIフォーマットを、複数の端末装置1に対して、送信してもよい。例えば、送信電力制御コマンドTPC command: Transmission Power Control command)のみを送信する場合には、複数の端末装置1に対してまとめて送信してもよい。そのようなスケジューリング(またはトリガリング)をグループスケジューリング(グループトリガリング)と称する。端末装置1は、個別にインデックスが割り当てられ、そのインデックスに基づくビットを検出する。

0187

DCIフォーマット0は、1つの上りリンクセルにおけるPUSCHのスケジューリングに対して用いられる。

0188

DCIフォーマット1は、1つのセルにおける1つのPDSCHコードワードのスケジューリングに対して用いられる。

0189

DCIフォーマット1Aは、1つのセルにおける1つのPDSCHコードワードのコンパクトスケジューリングおよびPDCCHオーダーによって開始されるランダムアクセス処理に対して用いられる。なお、PDCCHオーダーに相当するDCIは、PDCCHもしくはEPDCCHによって伝送されてもよい。DCIフォーマット0とDCIフォーマット1Aは、同じビット情報フィールドを用いて送信することができ、あるビットフィールドに示される値に基づいて、端末装置1は、受信したビット情報フィールドにマッピングされたDCIフォーマットがDCIフォーマット0であるかDCIフォーマット1Aであるかを判別する。

0190

DCIフォーマット1Bは、プレコーディング情報を伴う1つのセルにおける1つのPDSCHコードワードのコンパクトスケジューリングに対して用いられる。

0191

DCIフォーマット1Cは、マルチキャスト制御チャネル(MCCH: Multicast Control Channel)の変化(変更)を通知するため、および、1つのPDSCHコードワードのコンパクトスケジューリングを行なうために用いられる。また、DCIフォーマット1Cは、RA−RNTI(Random Access - Radio Network Temporary Identifier)を用いてスクランブルされることによって、ランダムアクセス応答を通知するために用いられてもよい。ここで、コンパクトスケジューリングとは、例えば、狭帯域幅のPDSCHをスケジューリングすることである。DCIフォーマットサイズは、スケジューリングを行なうPDSCHに用いられる帯域幅に依存して決定される。帯域幅が狭いと、必要なDCIフォーマットサイズも小さくすることができる。また、DCIフォーマット1Cは、ダイナミックTDD(第1のタイプ(モード)のTDD)に関するRNTI(例えば、eIMTA−RNTI)を用いてスクランブルされることによって、TDD UL−DL設定を示す情報がセットされてもよい。ダイナミックTDDを第1のタイプ(モード)のTDDとすると、従来のTDDは、第2のタイプ(モード)のTDDと称する。

0192

ダイナミックTDDは、上りリンク/下りリンクの通信状況に応じて、TDD UL−DL設定を、L1シグナリングを用いて、切り替えるTDDのことである。また、ダイナミックTDDは、干渉管理およびトラフィック適応制御を拡張するために用いられる。ダイナミックTDDをeIMTA(enhanced Interference Management and Traffic Adaptation)やTDD−ModeAと称する場合もある。

0193

DCIフォーマット1Dは、プレコーディングおよび電力オフセットに関する情報を伴う1つのセルにおける1つのPDSCHコードワードのコンパクトスケジューリングに対して用いられる。

0194

DCIフォーマット2/2A/2B/2C/2Dは、1つのPDSCHコードワードだけでなく、2つの(または複数の)PDSCHコードワードのスケジューリングに対して用いられる。

0195

DCIフォーマット3/3Aは、複数の端末装置1に対して、PUSCHまたはPUCCHの送信電力を調整するための送信電力制御コマンドの値を示す。端末装置1は、自局に割り当てられたインデックス(TPC-Index)に対応するビット情報を検出することによって、PUSCHまたはPUCCHに対応する送信電力制御コマンドの値を検出することができる。また、DCIフォーマット3/3Aは、スクランブルされるRNTIの種類に応じて、PUSCHに対する送信電力制御コマンドを示すかPUCCHに対する送信電力制御コマンドを示すかが判別される。

0196

DCIフォーマット4は、マルチアンテナポート送信モードを伴う1つの上りリンクセルにおけるPUSCHのスケジューリングに対して用いられる。

0197

巡回冗長検査(CRC: Cyclic Redundancy Check)は、DCI送信のエラー検出のために用いられる。CRCは、各RNTIでスクランブルされる。

0198

CRCパリティビットは、C−RNTI(Cell-Radio Network Temporary Identifier)、SPSC−RNTI(Semi Persistent Scheduling Cell-Radio Network Temporary Identifier)、SI−RNTI(System Information-Radio Network Temporary Identifier)、P−RNTI(Paging-Radio Network Temporary Identifier)、RA−RNTI(Random Access-Radio Network Temporary Identifier)、TPC−PUCCH−RNTI(Transmit Power Control-Physical Uplink Control Channel-Radio Network Temporary Identifier)、TPC−PUSCH−RNTI(Transmit Power Control-Physical Uplink Shared Channel-Radio Network Temporary Identifier)、一時的C−RNTI、M−RNTI(MBMS(Multimedia Broadcast Multicast Services)-Radio Network Temporary Identifier)、または、TDD−ModeA−RNTIでスクランブルされる。

0199

C−RNTIおよびSPSC−RNTIは、セル内において端末装置1を識別するための識別子である。C−RNTIは、単一のサブフレームにおけるPDSCHまたはPUSCHを制御するために用いられる。

0200

SPSC−RNTIは、PDSCHまたはPUSCHのリソースを周期的に割り当てるために用いられる。SI−RNTIでスクランブルされたCRCを有する制御チャネルは、SIB(System Information Block)を制御するために用いられる。

0201

P−RNTIでスクランブルされたCRCを有する制御チャネルは、ページングを制御するために用いられる。

0202

RA−RNTIでスクランブルされたCRCを有する制御チャネルは、RACHに対するレスポンスを制御するために用いられる。

0203

TPC−PUCCH−RNTIでスクランブルされたCRCを有する制御チャネルは、PUCCHの電力制御を行うために用いられる。TPC−PUSCH−RNTIでスクランブルされたCRCを有する制御チャネルは、PUSCHの電力制御を行なうために用いられる。

0204

一時的C−RNTIでスクランブルされたCRCを有する制御チャネルは、C−RNTIにより識別されていない端末装置のために用いられる。

0205

M−RNTIでスクランブルされたCRCを有する制御チャネルは、MBMSを制御するために用いられる。

0206

TDD−ModeA−RNTIでスクランブルされたCRCを有する制御チャネルは、動的TDDにおいて各TDDサービングセルのTDD UL/DL設定の情報を端末装置1に通知するために用いられる。

0207

なお、上記のRNTIに限らず、新たなRNTIを用いてDCIフォーマットをスクランブルされてもよい。

0208

以下では、PDCCHまたはEPDCCHの詳細について説明する。

0209

各サービングセルの制御領域は、CCEのセットで構成される。CCEは0からNCCE,k−1で番号付けされる。ここで、NCCE,kは、サブフレームkの制御領域内のCCEの総数である。

0210

端末装置1は、制御情報に対して上位層シグナリングによって設定された1つまたは複数のアクティベートされたサービングセルのPDCCH候補のセットをモニタする。ここで、モニタリングとは、全てのモニタされるDCIフォーマットに対応するセット内の各PDCCHのデコード試みることである。

0211

モニタするPDCCH候補のセットは、サーチスペースと呼称される。サーチスペースには、共有サーチスペース(CSS)と端末固有サーチスペース(USS)が定義される。

0212

CSS(Common Search Space)は、基地局装置3(セル、送信点)に固有のパラメータおよび/または予め規定されたパラメータを用いて設定されるサーチスペースである。例えば、CSSは、複数の端末装置で共通に用いることができるサーチスペースである。そのため、基地局装置3は、複数の端末装置で共通の制御チャネルをCSSにマッピングすることにより、制御チャネルを送信するためのリソースが低減できる。

0213

USS(UE-specific Search Space)は、少なくとも端末装置1に固有のパラメータを用いて設定されるサーチスペースである。そのため、USSは、端末装置1に固有の制御チャネルを個別に送信することができるため、基地局装置3は端末装置1に対して効率的に制御できる。

0214

なお、CSSは、端末装置1に固有のパラメータをさらに用いて設定されてもよい。その場合、端末装置1に固有のパラメータは、複数の端末装置の間で同じ値になるように設定されることが好ましい。CSSが端末装置1に固有のパラメータをさらに用いて設定された場合でも、そのCSSは、同じパラメータに設定された複数の端末装置の間で共通になる。例えば、複数の端末装置の間で同じパラメータに設定される単位は、セル、送信点、UEグループなどである。同じパラメータに設定された複数の端末装置は、そのCSSにマッピングされる共通の制御チャネルを受信することができるため、制御チャネルを送信するためのリソースが低減できる。なお、そのようなサーチスペースは、CSSではなく、USSと呼称されてもよい。すなわち、複数の端末装置に共通のサーチスペースであるUSSが設定されてもよい。1つの端末装置に固有のUSSは第1のUSSとも呼称され、複数の端末装置に共通のUSSは第2のUSSとも呼称される。

0215

アグリゲーションレベル毎のサーチスペースS(L)kはPDCCH候補のセットによって定義される。1つのPDCCHに用いられるCCEの数は、アグリゲーションレベルとも呼称される。1つのPDCCHに用いられるCCEの数は、1、2、4または8である。PDCCHがモニタされる各サービングセルにおいて、サーチスペースS(L)kのPDCCH候補に対応するCCEは図14の式(1)で与えられる。ここで、Ykは、サブフレームkにおける値を示す。CSSにおいて、m’=mである。PDCCHのUSSにおいて、PDCCHがモニタされるサービングセルにおいて、モニタする端末装置1にCIFが設定された場合、m’=m+M(L)・nCIであり、それ以外は、m’=mである。ここで、mは0からM(L)−1の値であり、M(L)は所定のサーチスペースでモニタするPDCCH候補の数である。

0216

CSSにおいて、Ykは予め規定された値、または、基地局装置3に固有のパラメータに基づいて決定される値であり、例えばアグリゲーションレベルL=4およびL=8に対して0が設定される。アグリゲーションレベルLの端末固有サーチスペースS(L)kにおいて、Ykは端末装置1に固有の値であり、例えばYk=(A・Yk−1)modDで与えられる。ここで、Ykの初期値Y−1は、RNTI(例えばC−RNTI)の値が用いられる。

0217

アグリゲーションレベルはサーチスペース毎に定義される。例えば、CSSにおいて、アグリゲーションレベル4および8が定義される。例えば、USSにおいて、アグリゲーションレベル1、2、4および8が定義される。

0218

PDCCH候補の数は、各サーチスペースの各アグリゲーションレベルで定義される。例えば、CSSにおいて、アグリゲーションレベル4ではPDCCH候補の数は4であり、アグリゲーションレベル8ではPDCCH候補の数は2である。例えば、USSにおいて、アグリゲーション1ではPDCCH候補の数は6であり、アグリゲーションレベル2ではPDCCH候補の数は6であり、アグリゲーションレベル4ではPDCCH候補の数は2であり、アグリゲーションレベル8ではPDCCH候補の数は2である。

0219

EPDCCHは、1つ以上のECCE(Enhanced control channel element)の集合を用いて送信される。それぞれのECCEは、複数のEREG(Enhanced resource element group)で構成される。EREGは、EPDCCHのリソースエレメントに対するマッピングを定義するために用いられる。各RBペアにおいて、0から15に番号付けされる、16個のEREGが定義される。すなわち、各RBペアにおいて、EREG0〜EREG15が定義される。各RBペアにおいて、EREG0〜EREG15は、所定の信号および/またはチャネルがマッピングされるリソースエレメント以外のリソースエレメントに対して、周波数方向を優先して、周期的に定義される。例えば、アンテナポート107〜110で送信されるEPDCCHに関連付けられる復調用参照信号がマッピングされるリソースエレメントは、EREGを定義しない。

0220

1つのEPDCCHに用いられるECCEの数は、EPDCCHフォーマットに依存し、他のパラメータに基づいて決定される。1つのEPDCCHに用いられるECCEの数は、アグリゲーションレベルとも呼称される。例えば、1つのEPDCCHに用いられるECCEの数は、1つのRBペアにおけるEPDCCH送信に用いることができるリソースエレメントの数、EPDCCHの送信方法などに基づいて、決定される。例えば、1つのEPDCCHに用いられるECCEの数は、1、2、4、8、16または32である。また、1つのECCEに用いられるEREGの数は、サブフレームの種類およびサイクリックプレフィックスの種類に基づいて決定され、4または8である。EPDCCHの送信方法として、分散送信(Distributed transmission)および局所送信(Localized transmission)がサポートされる。

0221

EPDCCHは、分散送信または局所送信を用いることができる。分散送信および局所送信は、EREGおよびRBペアに対するECCEのマッピングが異なる。例えば、分散送信において、1つのECCEは、複数のRBペアのEREGを用いて構成される。局所送信において、1つのECCEは、1つのRBペアのEREGを用いて構成される。

0222

基地局装置3は、端末装置1に対して、EPDCCHに関する設定を行う。端末装置1は、基地局装置3からの設定に基づいて、複数のEPDCCHをモニタリングする。端末装置1がEPDCCHをモニタリングするRBペアのセットが、設定されることができる。そのRBペアのセットは、EPDCCHセットまたはEPDCCH−PRBセットとも呼称される。1つの端末装置1に対して、1つ以上のEPDCCHセットが設定できる。各EPDCCHセットは、1つ以上のRBペアで構成される。また、EPDCCHに関する設定は、EPDCCHセット毎に個別に行うことができる。

0223

基地局装置3は、端末装置1に対して、所定数のEPDCCHセットを設定できる。例えば、2つまでのEPDCCHセットが、EPDCCHセット0および/またはEPDCCHセット1として、設定できる。EPDCCHセットのそれぞれは、所定数のRBペアで構成できる。各EPDCCHセットは、複数のECCEの1つのセットを構成する。1つのEPDCCHセットに構成されるECCEの数は、そのEPDCCHセットとして設定されるRBペアの数、および、1つのECCEに用いられるEREGの数に基づいて、決定される。1つのEPDCCHセットに構成されるECCEの数がNである場合、各EPDCCHセットは、0〜N−1で番号付けされたECCEを構成する。例えば、1つのECCEに用いられるEREGの数が4である場合、4つのRBペアで構成されるEPDCCHセットは16個のECCEを構成する。

0224

端末装置1がモニタリングするEPDCCHの候補は、EPDCCHセットに構成されるECCEに基づいて、定義される。EPDCCHの候補のセットは、サーチスペース(探索領域)として定義される。端末装置1に固有のサーチスペースである端末固有サーチスペース、および、基地局装置3(セル、送信点、UEグループ)に固有のサーチスペースである共通サーチスペースが、定義される。EPDCCHのモニタリングは、モニタリングされるDCIフォーマットに従って、端末装置1がサーチスペース内のEPDCCHの候補のそれぞれに対して復号を試みることを含む。

0225

アグリゲーションレベルL∈{1、2、4、8、16、32}におけるEPDCCHの端末固有サーチスペースES(L)kは、EPDCCH候補のセットによって定義される。

0226

EPDCCHセットにおいて、サーチスペースES(L)kのEPDCCH候補mに対応するECCEは図14の式(2)で与えられる。

0227

ここで、Yp,kは、EPDCCHセットpおよびサブフレームkにおける値を示す。Yp,kは、サーチスペースによって独立に設定することができる。共通サーチスペースの場合、Yp,kは基地局装置3(セル)に固有の値である。例えば、共通サーチスペースの場合、Yp,kは、予め規定された値、または、基地局装置3に固有のパラメータに基づいて決定される値である。端末固有サーチスペースの場合、Yp,kは、端末装置1に固有の値であり、Yp,k=(A・Yp,k−1)modDで与えられる。例えば、Yp,kは、所定の値、サブフレームkおよび端末装置1のRNTI(例えば、C−RNTI)に基づいて、決定される。なお、複数の共通サーチスペースおよび/または複数の端末固有サーチスペースが、1つのEPDCCHセットに設定されてもよい。

0228

ここで、bは、EPDCCHがモニタされるサービングセルに対するCIFが端末装置1に設定された場合、b=nCIであり、それ以外は、b=0である。

0229

端末装置1がモニタするDCIフォーマットは、サービングセル毎に設定された送信モードに依存する。言い換えると、端末装置1がモニタするDCIフォーマットは、送信モードによって異なる。例えば、下りリンク送信モード1が設定された端末装置1は、DCIフォーマット1AとDCIフォーマット1をモニタする。例えば、下りリンク送信モード4が設定された端末装置1は、DCIフォーマット1AとDCIフォーマット2をモニタする。例えば、下りリンク送信モード10が設定された端末装置1は、DCIフォーマット1AとDCIフォーマット2Dをモニタする。例えば、上りリンク送信モード1が設定された端末装置1は、DCIフォーマット0をモニタする。例えば、上りリンク送信モード2が設定された端末装置1は、DCIフォーマット0とDCIフォーマット4をモニタする。

0230

端末装置1に対するPDCCHが配置される制御領域は通知されず、端末装置1は、各サーチスペースで定義される全てのアグリゲーションレベルに対する全てのPDCCH候補および送信モードに対応する全てのDCIフォーマットのデコードを試みる。言い換えると、端末装置1は、端末装置1宛に送信される可能性がある全てのアグリゲーションレベル、PDCCH候補、および、DCIフォーマットにおいてデコードを試みる。そして、端末装置1は、デコードが成功したPDCCHを端末装置1宛の制御情報として認識する。これはブラインドデコーディングと称される。

0231

なお、DCIフォーマットが異なっても同じビットサイズであれば、デコード回数は増加しない。例えば、DCIフォーマット0とDCIフォーマット1Aは同じビットサイズであるため、1回のデコード回数で2種類のDCIフォーマットをデコードできる。

0232

例えば、上りリンク送信モード1が設定された端末装置1は、CSSにおいて、アグリゲーション4において6つのPDCCH候補と2種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試み、また、アグリゲーション8において2つのPDCCH候補と2種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試みる。端末装置1は、USSにおいて、アグリゲーション1において6つのPDCCH候補と2種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試み、アグリゲーション2において6つのPDCCH候補と2種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試み、アグリゲーション4において2つのPDCCH候補と2種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試み、また、アグリゲーション8において2つのPDCCH候補と2種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試みる。すなわち、端末装置1は、1つのサブフレームにおいてPDCCHのデコードを44回試みる。

0233

例えば、上りリンク送信モード2が設定された端末装置1は、CSSにおいて、アグリゲーション4において6つのPDCCH候補と2種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試み、また、アグリゲーション8において2つのPDCCH候補と2種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試みる。端末装置1は、USSにおいて、アグリゲーション1において6つのPDCCH候補と3種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試み、アグリゲーション2において6つのPDCCH候補と3種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試み、アグリゲーション4において2つのPDCCH候補と3種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試み、また、アグリゲーション8において2つのPDCCH候補と3種類のビットサイズのDCIフォーマットのデコードを試みる。すなわち、端末装置1は、1つのサブフレームにおいてPDCCHのデコードを60回試みる。

0234

ブラインドデコーディングにより、端末装置1は、符号化率の異なるPDCCHを事前情報無しで復号することが可能となり、基地局装置3と端末装置1間で効率よく制御情報を送信することができる。

0235

起動/停止の状態を示す情報は、共有サーチスペースによって通知される。共有サーチスペースとは、セルで共通のサーチスペースである。また、起動/停止の状態を示す情報は、端末グループ共有サーチスペースによって通知される。ここで、端末グループ共有サーチスペースとは、端末グループで共通に割り当てられるRNTI(UE−group C−RNTI、TP−specific−RNTI、SCE−RNTI)を用いてPDCCH候補が配置されるCCEの開始点が決定されるサーチスペースである。端末グループRNTIが設定された複数の端末装置1は、同じサーチスペースに配置されたPDCCHを用いて、DCIフォーマットを検出する。

0236

起動/停止の状態を示す情報の通知は、予め規定されたタイミングまたは設定されたタイミングで行なわれる。例えば、その通知のタイミングは1無線フレーム単位である。

0237

起動/停止の状態を示す情報の通知は、L1シグナリングを受信した次の無線フレームの情報を示す。なお、無線フレーム内で最初のサブフレーム(サブフレーム0)でL1シグナリングを受信した場合は、受信した無線フレームの情報を示してもよい。

0238

セルの起動/停止の状態を示す情報の通知方法の一例について説明する。

0239

対象セルの起動/停止の状態は、DSの構成が変化(変更)することによって、暗示的に示されてもよい。対象セルが起動/停止の状態を示す情報は、DSの構成が起動の状態と停止の状態とで異なる構成になることによって暗示的に示されてもよい。起動の状態と停止の状態で、対象セルから送信されるDSの構成が異なって送信されてもよい。端末装置1は、起動の状態で送信されるDSの構成に関する情報と、停止の状態で送信されるDSの構成に関する情報をそれぞれ基地局装置3から受信してもよい。

0240

対象セルが起動/停止の状態は、DSのある構成のパラメータ(またはパラメータの値)が変化(変更)することによって示されてもよい。言い換えると、DSの設定に含まれるあるパラメータが起動の状態と停止の状態で異なってもよい(または個別に設定されてもよい)。例えば、起動の状態で送信されるDSと停止の状態で送信されるDSは、リソースエレメントの配置が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるDSと停止の状態で送信されるDSは、アンテナポートが異なってもよい。また、起動の状態で送信されるDSと停止の状態で送信されるDSは、スクランブル系列が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるDSと停止の状態で送信されるDSは、スクランブル系列の初期値または初期値を生成するための方法(式)が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるDSと停止の状態で送信されるDSは、送信電力が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるDSと停止の状態で送信されるDSは、送信されるサブフレーム間隔が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるDSと停止の状態で送信されるDSは、送信帯域幅またはリソースブロック数が異なってもよい。すなわち、起動の状態で送信されるDSの設定に関する情報と、停止の状態で送信されるDSの設定に関する情報が、個別にセットされてもよい。それらの情報は、上位層シグナリングを用いて、基地局装置3から端末装置1へ送信されてもよい。つまり、対象セルの起動/停止の状態を示す情報は、DSの構成に関するパラメータの設定情報であってもよい。言い換えると、あるパラメータが、起動の状態と停止の状態のそれぞれに対して設定される。

0241

また、端末装置1は、起動の状態を示すDSの構成と停止の状態を示すDSの構成の2通りをモニタしてもよい。端末装置1は、起動の状態を示すDSの構成のモニタリングのパターンと停止の状態を示すDSの構成のモニタリングのパターンを用いて、2通りをモニタしてもよい。この場合、端末装置1に対して、2つのDSの構成のモニタリングのパターンに関する情報が通知される。つまり、1つのDSの構成のモニタリングのパターンに関する情報が通知されなかった場合、2つの構成のDSを1つのモニタリングパターンに基づいてモニタすることになってもよい。

0242

停止の状態のDSの測定サブフレーム中において、起動の状態のDSを測定した場合、端末装置1は、停止の状態の小セルを起動の状態であると認識する。

0243

また、端末装置1は、DSを検出したモニタリングパターンによって対象セルの起動/停止の状態の情報を暗示的に取得してもよい。起動の状態を示すDSの構成のモニタリングのパターンと停止の状態を示すDSの構成のモニタリングのパターンは、予め定義されても良い。起動の状態を示すDSの構成のモニタリングのパターンと停止の状態を示すDSの構成のモニタリングのパターンは、基地局装置3から専用RRCシグナリング(上位層シグナリング)によって通知されても良い。

0244

セルの起動/停止の状態を示す情報の通知方法の別の一例について説明する。

0245

対象セルが起動/停止の状態は、対象セルの起動の状態と停止の状態のCRSの構成(CRSの設定)が異なることによって暗示的に示されてもよい。この場合、起動の状態と停止の状態で、対象セルから送信されるCRSの構成が異なって送信される。その際、異なる構成のCRSの設定情報が端末装置1に通知される。

0246

対象セルが起動/停止の状態は、CRSの構成に係るあるパラメータ(またはパラメータの値)が変化することによって示されてもよい。例えば、起動の状態で送信されるCRSと停止の状態で送信されるCRSは、リソースエレメントの配置が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるCRSと停止の状態で送信されるCRSは、アンテナポートが異なってもよい。また、起動の状態で送信されるCRSと停止の状態で送信されるCRSは、スクランブル系列が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるCRSと停止の状態で送信されるCRSは、スクランブル系列の初期値が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるCRSと停止の状態で送信されるCRSは、送信電力が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるCRSと停止の状態で送信されるCRSは、送信されるサブフレーム間隔が異なってもよい。また、起動の状態で送信されるCRSと停止の状態で送信されるCRSは、送信帯域幅またはリソースブロック数が異なってもよい。つまり、対象セルの起動/停止の状態を示す情報は、CRSの構成に関するパラメータの設定情報であってもよい。その際、あるパラメータが、起動の状態と停止の状態のそれぞれに対して個別に設定される。ここでは、CRSについて例を挙げたが、PSSやSSS、CSI−RS、PRSなどでも同様に示されてもよい。

0247

端末装置1は、起動の状態を示すCRSの構成と停止の状態を示すCRSの構成の2通りをモニタする。端末装置1は、起動の状態を示すCRSの構成のモニタリングのパターンと停止の状態を示すCRSの構成のモニタリングのパターンを用いて、2通りをモニタする。端末装置1は、CRSを検出したモニタリングパターンによって対象セルの起動/停止の状態の情報を暗示的に取得する。停止の状態を示すCRSの構成のモニタリングのパターンは、予め定義されても良い。停止の状態を示すCRSの構成のモニタリングのパターンは、基地局装置3から専用RRCシグナリングによって通知されても良い。

0248

セルの起動/停止の状態を示す情報の通知方法の別の一例について説明する。

0249

セルの起動/停止の状態を示す情報は、専用RRCシグナリングによって通知されてもよい。セルの起動/停止の状態を示す情報は、中心周波数キャリア周波数)とセルIDに紐付いてリスト化されて通知されてもよい。

0250

端末装置1は、上記の通知方法によって対象セルの起動/停止の状態を認知することが可能となる。以下、端末装置1が対象セルの起動/停止の状態によって振る舞いが切り替わる際、上記の通知方法のいずれかが適用される。

0251

以下では、セル(基地局装置3)の検出について説明する。

0252

セルの検出とは、当該セルを構成する基地局装置3から送信された同期信号(PSSやSSSなど)または/および参照信号(CRSやCSI−RSなど)を端末装置1で検出することである。セルの検出に用いられる同期信号または/および参照信号には、セルIDの情報が含まれる。端末装置1は、当該セルのセルIDと同期信号または/および参照信号の検出基準によって、当該セルを検出する。

0253

セルの検出とは、基地局装置3の検出が含まれてもよい。プライマリーセルの検出には、マスター基地局装置の検出が含まれてもよい。また、プライマリーセカンダリーセルの検出には、セカンダリー基地局装置の検出が含まれてもよい。

0254

同期信号または/および参照信号の検出基準の一例について説明する。

0255

端末装置1は、セルからの同期信号または/および参照信号の受信電力強度または/および受信電力品質に基づいて検出を決定する。端末装置1は、同期信号または/および参照信号の受信電力強度または/および受信電力品質と閾値を比較し、受信強度または/および受信品質が高い場合は前記セルを検出したと判断する。受信電力強度は、例えば、RSRPなどである。受信品質は、例えば、干渉量、RSRQ、SINRなどである。また、セルの検出は、後述する測定のイベントによって判断してもよい。

0256

同期信号または/および参照信号の検出基準の一例について説明する。

0257

端末装置1は、セルからの同期信号または/および参照信号の情報の復号成否に基づいて検出を決定する。例えば、セル(セルを構成する基地局装置3)は、同期信号または/および参照信号にCRCなどのパリティ符号を載せて送信する。端末装置1は、同期信号または/および参照信号に含まれた前記パリティ符号を用いて復号を行い、パリティ検出によって正しく復号できたと判断した場合、前記セルを検出したと判断する。

0258

端末装置1においてセルを検出した後、端末装置1は、接続/活性化するセルの選択、および、切断/非活性化するセルの選択を行う。

0259

または、端末装置1においてセルを検出した後、端末装置1は、検出したセルの情報を接続している基地局装置3に報告する。検出したセルの情報は、セルID、測定の情報を含む。

0260

以下では、CRSの詳細について説明するCRSは、アンテナポート0〜3で送信される。CRSは、非MBSFNサブフレーム(non-MBSFNsubframe)である全ての下りリンクサブフレームに配置される。言い換えると、CRSは、MBSFNサブフレームを除く全ての下りリンクサブフレームに配置される。CRSは、物理セル識別子(PCI)に基づいてリソースエレメントおよび信号系列が決定される。

0261

図10は、CRSの構成の一例を示す図である。CRSの信号は、擬似乱数系列を用いて生成される。前記擬似乱数系列は、例えばGold系列である。前記擬似乱数系列は、物理セル識別子(PCI)に基づいて計算される。前記擬似乱数系列は、CPのタイプに基づいて計算される。前記擬似乱数系列は、スロット番号とスロット内のOFDMシンボル番号に基づいて計算される。ノーマルCPの場合のCRSのリソースエレメントは、図10のR0〜R3を用いられる。R0はアンテナポート0のCRSの配置に対応し、R1はアンテナポート1のCRSの配置に対応し、R2はアンテナポート2のCRSの配置に対応し、R3はアンテナポート3のCRSの配置に対応する。1つのアンテナポートで送信されるCRSのリソースエレメントは、周波数軸上で6サブキャリアの周期で配置される。アンテナポート0で送信されるCRSとアンテナポート1で送信されるCRSのリソースエレメントは、3サブキャリア離れて配置される。CRSは、セルIDに基づいて周波数上をセル固有シフトされる。アンテナポート0で送信されるCRSとアンテナポート1で送信されるCRSのリソースエレメントは、ノーマルCPの場合はOFDMシンボル0、4に配置され、拡張CPの場合はOFDMシンボル0、3に配置される。アンテナポート2で送信されるCRSとアンテナポート3で送信されるCRSのリソースエレメントは、OFDMシンボル1に配置される。CRSは下りリンクで設定された帯域幅で、広帯域に送信される。なお、DSは、CRSと同様の構成であってもよい。

0262

以下では、DS(Discovery Signal)の詳細について説明する。DSは、下りリンクの時間領域の同期(time synchronization)、下りリンクの周波数の同期(frequency synchronization)、セル/送信ポイントの特定(cell/transmission point identification)、RSRPの測定(RSRP measurement)、RSRQの測定(RSRQ measurement)、端末装置1の地理的な位置の測定(UE Positioning)、CSIの測定(CSI measurement)など様々な用途を目的として、基地局装置3から送信される。DSは、基地局装置3のON状態およびOFF状態をサポートするために用いられる参照信号とすることができる。DSは、端末装置1がON状態および/またはOFF状態の基地局装置3を検出するために用いられる参照信号とすることができる。

0263

DSは、複数の信号により構成される。一例として、DSは、PSS、SSSおよびCRSにより構成される。DSに含まれるPSSおよびSSSは、時間同期周波数同期、セルの特定および送信ポイントの特定のために用いられるかもしれない。DSに含まれるCRSは、RSRPの測定、RSRQの測定およびCSIの測定のために用いられるかもしれない。別の一例として、DSは、PSS、SSSおよびCSI−RSにより構成される。DSに含まれるPSSおよびSSSは、時間同期、周波数同期、セルの特定および送信ポイントの特定のために用いられるかもしれない。DSに含まれるCSI−RSは、送信ポイントの特定、RSRPの測定、RSRQの測定およびCSIの測定のために用いられるかもしれない。なお、複数の信号により構成されるDSは検出バースト(Discovery burst)と呼称されてもよい。なお、RSRPの測定および/またはRSRQの測定を行なうために用いられる参照信号がDSと呼称されてもよい。

0264

基地局装置3は、PSS、SSSおよびCRSにより構成される第1のDSと、PSS、SSSおよびCSI−RSにより構成される第2のDSとを、切り替えて送信してもよい。その場合、基地局装置3は、端末装置1に第1のDSまたは第2のDSを設定する。

0265

DSは、下りリンクサブフレームで送信される。DSは、下りリンクコンポーネントキャリアで送信される。

0266

DSは、基地局装置3が停止の状態(off state, dormant mode, deactivation)で送信される。また、DSは、基地局装置3が起動の状態(on state, active mode, activation)であっても送信されてもよい。

0267

DSは、それぞれの基地局装置(セル、送信ポイント)で独立に設定できる。例えば、複数のスモールセルは、互いに異なる設定のDSを、互いに異なるリソースを用いて送信される。

0268

基地局装置3は、端末装置1に対して、DSに関するリストと、DSの測定(検出、モニタリング、送信)タイミングを設定する。DSに関するリストは、端末装置1が受信する可能性のあるDSを送信する基地局装置に関連する情報のリストである。例えば、DSに関するリストは、DSを送信する送信ポイントの送信ポイントIDのリストである。複数の送信ポイントは、端末装置1に対して設定されたDSの測定タイミングに基づいて、それぞれの送信ポイントに固有のDSを送信する。端末装置1は、基地局装置3に設定されたDSに関するリストと、DSの測定タイミングに基づいて、DSの測定を行なう。例えば、端末装置1は、DSの測定タイミングに基づいて決まるサブフレームまたはリソースで、DSに関するリストに基づいて決まるDSを測定する。また、端末装置1は、DSの測定による測定結果を基地局装置3に報告する。

0269

それぞれの送信ポイントは、DSを1つのサブフレームで送信する。すなわち、それぞれの送信ポイントは、1つのDSに関連するPSSと、SSSと、CRSおよび/またはCSI−RSとを、1つのサブフレームで送信する。端末装置1は、1つの送信ポイントに対応するDSが1つのサブフレームで送信されることを期待する。なお、1つのDSは、複数のサブフレームで送信されてもよい。

0270

DSの送信、または、DSの測定タイミングは、時間軸上で周期的に設定される。また、DSの送信またはDSの測定タイミングは、連続のサブフレームで設定されてもよい。言い換えると、DSは、バースト送信されてもよい。例えば、DSの送信またはDSの測定タイミングは、Mサブフレーム周期で、連続するNサブフレームで設定される。周期内でDSが配置されるサブフレームLが設定されてもよい。M、Nおよび/またはLの値は、上位層で設定される。なお、周期内で連続に送信されるサブフレーム数Nは予め規定されてもよい。サブフレーム周期Mを長期で設定すると、停止の状態の基地局装置3からDSが送信される回数が減少し、セル間干渉を低減させることができる。なお、M、Nおよび/またはLの値は、停止の状態と起動の状態とで異なる設定が適用されてもよい。また、M、Nおよび/またはLの値に対応するパラメータは、上位層シグナリングによって、通知されてもよい。

0271

なお、Mに対応するパラメータは、周期だけでなく、サブフレームオフセット(または開始サブフレーム)が示されてもよい。つまり、Mに対応するパラメータは、周期および/またはサブフレームオフセットと対応付けられたインデックスであってもよい。

0272

なお、Nに対応するパラメータは、テーブル管理されてもよい。Nに対応するパラメータの値がそのままサブフレーム数を表さなくてもよい。また、Nに対応するパラメータは、サブフレーム数だけでなく、開始サブフレームが含まれて示されてもよい。

0273

なお、Lに対応するパラメータは、テーブル管理されてもよい。Lに対応するパラメータは、周期と対応付けられてもよい。Lに対応するパラメータの値が、そのままサブフレームのオフセットを示さなくてもよい。

0274

DSが送信される可能性のあるサブフレームまたはDSの測定サブフレームにおいて、端末装置1は、DSの測定に加えて、PDCCHのモニタを行なってもよい。例えば、上記Nに対応するパラメータにおいて、端末装置1は、PDCCHをモニタしてもよい。その際、端末装置1には、停止の状態の小セルに対して、PDCCHをモニタする機能をサポートしていることが条件であってもよい。

0275

DSは、送信ポイントIDの情報を含んで送信されてもよい。ここで、送信ポイントIDの情報とは、DSを送信する送信ポイント(セル)を識別するための情報である。例えば、送信ポイントIDは、物理セル識別子(physical cell ID, physCellID, physical layer cell ID)、CGI(Cell Global Identity)、新しいセル識別子(小セルID(small cell ID)、発見ID(Discovery ID)、拡張セルID(extended cell IDなど))である。また、送信ポイントIDは、DSに含まれるPSSおよびSSSで認識される物理セル識別子とは異なるIDであってもよい。送信ポイントIDは、DSに含まれるPSSおよびSSSで認識される物理セル識別子に関連付けられるIDであってもよい。例えば、ある送信ポイントIDは、DSに含まれるPSSおよびSSSで認識される物理セル識別子のいずれか1つに関連付けられてもよい。なお、上記のセルに関するIDをDSによって複数送信されてもよい。例えば、物理セル識別子では足りない数のセルを配置する環境では、DSで物理セル識別子と新しいセル識別子を組み合わせて送信することで、実質的に物理セル識別子を拡張させることができる。

0276

DSはアンテナポートp、・・・、p+n−1で送信される。ここで、nはDSを送信するアンテナポートの総数が示される。p、・・・、p+n−1の値は、0〜22、107〜110以外の値が適用されてもよい。すなわち、DSは、他の参照信号に用いられるアンテナポートとは異なるアンテナポートを用いて送信されてもよい。

0277

次に、DSの構成(または設定)の一例について説明する。

0278

DSは、複数の構成(structure)および/または設定(configuration)が適用されてもよい。ここで、複数の構成とは、複数の信号の構成や設定であってもよい。また、複数の構成とは、複数の構成を有する信号であってもよい。言い換えると、DSは、複数の信号から構成されてもよい。例えば、DSは、PSSと同様の構成(または設定)が適用されてもよい。また、DSは、SSSと同様の構成(または設定)が適用されてもよい。また、DSは、CRSと同様の構成(または設定)が適用されてもよい。また、DSは、CSI−RSと同様の構成(または設定)が適用されてもよい。つまり、DSは、第1の信号から第nの信号(nは自然数)の構成(または設定)に基づいてもよい。言い換えると、DSは、第1の構成の信号から第nの構成の信号に基づいてもよい。なお、信号の構成には、無線リソース配置(リソース設定)やサブフレーム設定が含まれてもよい。

0279

DSは、目的に応じて、それぞれの構成の信号(無線リソース)が、使い分けられてもよい。例えば、時間領域や周波数領域の同期と、セル識別、RSRP/RSRQ/RSSI測定(RRM測定)に用いられる信号は、異なる構成の信号を用いて、行なわれてもよい。つまり、端末装置1は、第1の信号を用いて、時間領域や周波数領域の同期を行ない、第2の信号を用いて、セル識別を行ない、第3の信号を用いて、RSRP/RSRQ測定を行なってもよい。また、第1の信号および第2の信号を用いて、時間領域や周波数領域の同期およびセル識別を行ない、第3の信号を用いて、RSRP/RSRQ/RSSI測定(RRM測定)を行なってもよい。

0280

また、DSが複数の構成に基づく信号から生成される場合、特定の構成の信号が送信されることによって、小セルの起動/停止の状態が示されてもよい。例えば、第4の信号(第4の構成の信号)が送信される場合、小セルは、起動の状態にあると端末装置1は、認識し、処理を行なってもよい。つまり、端末装置1は、第4の信号(第4の構成の信号)を検出することによって、小セルを起動の状態にあると認識してもよい。

0281

さらに、第5の信号(第5の構成の信号)を用いて、CSI測定を行なってもよい。端末装置1は、CSI測定を行なった場合、CSI測定を行なったサブフレームから所定のサブフレーム後の最初の上りリンクサブフレームで、CSI報告を行なってもよい。なお、CSI測定は、第5の信号ではなく、他の信号を用いて、行なってもよい。停止の状態で、CSI測定を行なう場合には、基地局装置3から端末装置1に対して、停止の状態でCSI測定/CSI報告を行なうための設定情報が上位層シグナリングを用いて通知される。

0282

また、小セルの起動の状態と停止の状態で、小セル(小セルを構成する基地局装置3)から送信されるDSの構成が異なってもよい。例えば、停止の状態であれば、第1の構成から第3の構成の信号を送信し、起動の状態であれば、第1の構成から第4の構成の信号を送信してもよい。また、起動の状態では、第3の構成の信号ではなく、第4の構成の信号が送信されてもよい。また、SSSと同様の構成の信号が複数設定される場合、小セルの停止の状態では、複数の信号が送信されるが、小セルの起動の状態では、1つしか送信されなくてもよい。つまり、DSは、小セルの状態に応じて、その構成が切り替わってもよい。

0283

また、DSは、拡張した物理層セル識別子(PCI: Physical layer Cell Identity)を送信するために、複数の信号から構成されてもよい。また、複数の信号を用いて、物理層セル識別子および送信ポイント識別子(TPID: Transmission Point Identity)を送信してもよい。ここで、複数の信号とは、複数のSSSまたはSSSと同様の構成の信号であってもよい。ここで、複数の信号とは、PSSとSSSと同様の構成の信号であってもよい。また、複数の信号とは、PSSと複数のSSSと同様の構成の信号であってもよい。なお、TPIDは、仮想セル識別子(VCID: Virtual Cell Identity)であってもよい。TPIDは、送信ポイント、すなわち、基地局装置3を識別するためのIDであってもよい。なお、VCIDは、信号系列に用いられる識別子であってもよい。言い換えると、DSは、第1の構成の信号によって、セルIDグループが識別され、第1の構成の信号と第2の構成の信号によって、セルIDが識別され、第1の構成の信号、第2の構成の信号、第3の構成の信号によって、TPIDが識別されてもよい。また、第4の構成の信号によって、TPIDが拡張されてもよい。

0284

なお、DSは、PSS、SSS、CRS、CSI−RSとは、個別に設定されてもよい。すなわち、DSのリソース設定やサブフレーム設定、アンテナポートインデックス、アンテナポート数、系列生成のためのIDなどは、PSS、SSS、CRS、CSI−RSとは、独立に(個別に)設定されてもよい。

0285

図9は、DSの構成の一例を示す図である。ここで、DSに用いられる系列(信号系列、参照信号系列)は、周波数軸上のZadoff-Chu系列によって生成されてもよい。また、DSは、周波数軸上で連続に配置されてもよい。DSは、6リソースブロックを用い、そのうちの62サブキャリアを用いて送信されてもよい。DSは、前記6リソースブロックのうちの10サブキャリアをゼロ電力(Zero power)で送信されてもよい。言い換えると、DSは、前記6リソースブロックのうちの10サブキャリアを予約し、信号を送信しなくてもよい。DSは、FDD(フレーム構成タイプ1)の場合にスロット番号0とスロット番号10の最後のOFDMシンボルに配置され、TDD(フレーム構成タイプ2)の場合にサブフレーム1とサブフレーム6の3番目のOFDMシンボルにマップされる。DSは、セルIDを特定する情報の一部を含んで送信されてもよい。

0286

なお、DSは、PSSと異なるリソースブロック(異なる周波数ポジション)に配置されてもよい。なお、DSは、PSSと異なるリソースブロック数を用いて送信されてもよい。なお、DSは、PSSと異なるサブキャリア数を用いて送信されてもよい。なお、DSは、PSSと異なるOFDMシンボルに配置されてもよい。なお、DSはセルID(PCIやVCID)と異なる情報を含んで送信されてもよい。

0287

DSの構成の別の一例について説明する。

0288

さらに、図9には、DSの構成の別の一例が示されている。DSに用いられる系列(信号系列、参照信号系列)は、2つの長さ31のバイナリ系列を連結してインタリーブされてもよい。DSの系列は、M系列に基づいて生成されてもよい。DSは、サブフレーム0に配置される信号とサブフレーム5に配置される信号と異なる。DSは、FDDの場合にスロット番号0とスロット番号10の6番目のOFDMシンボルに配置され、TDDの場合にスロット番号1とスロット番号11の7番目のOFDMシンボルに配置される。言い換えると、FDDの場合にスロット番号0とスロット番号10の最後から2番目のOFDMシンボルに配置され、TDDの場合にスロット番号1とスロット番号11の最後のOFDMシンボルに配置される。その際、DSは、セルIDを特定する情報の一部を含んで送信されてもよい。

0289

なお、DSは、SSSと異なるリソースブロック(異なる周波数ポジション)に配置されてもよい。なお、DSは、SSSと異なるリソースブロック数を用いて送信されてもよい。なお、DSは、SSSと異なるサブキャリア数を用いて送信されてもよい。なお、DSは、SSSと異なるOFDMシンボルに配置されてもよい。なお、DSはセルIDと異なる情報を含んで送信されてもよい。

0290

なお、前記DSが送信されるサブフレーム数は限定されない。例えば、前記DSはサブフレーム0、1、5、6に送信されてもよい。すなわち、SSSの構成に基づく複数のDSが送信されてもよい。この場合、多くの情報を前記DSに含めて送信することができる。また、この場合、直交系列数が増加するため、セル間干渉を抑圧する効果がある。

0291

さらに、図10には、DSの構成の別の一例が示されている。DSの信号は、擬似乱数系列(Pseudo-random sequence)を用いて生成される。前記擬似乱数系列は、例えばGold系列である。前記擬似乱数系列は、セルID(PCI、VCID、スクランブル識別子(scramble ID)、スクランブリング識別子(scrambling Identity)、スクランブリング初期化識別子(scrambling initialization ID))に基づいて計算される。前記擬似乱数系列は、CPのタイプに基づいて計算される。前記擬似乱数系列は、スロット番号とスロット内のOFDMシンボル番号に基づいて計算される。1つのアンテナポートで送信されるDSのリソースエレメントは、周波数軸上で6サブキャリアの周期で配置される。アンテナポートpで送信されるDSとアンテナポートp+1で送信されるDSのリソースエレメントは、3サブキャリア離れて配置される。DSは、セルIDに基づいて周波数上をセル固有にシフトされる。アンテナポートpで送信されるDSとアンテナポートp+1で送信されるDSのリソースエレメントは、ノーマルCPの場合はOFDMシンボル0、4に配置され、拡張CPの場合はOFDMシンボル0、3に配置される。アンテナポートp+2で送信されるDSとアンテナポートp+3で送信されるDSのリソースエレメントは、OFDMシンボル1に配置される。DSは下りリンクで設定された帯域幅で、広帯域に送信される。なお、DSの送信帯域幅は、上位層シグナリングを用いて設定されてもよい。DSの送信帯域幅は、測定帯域幅と同じであるとみなされてもよい。

0292

なお、DSは、CRSと異なる擬似乱数系列を用いて送信されてもよい。なお、DSは、CRSと異なる系列の計算方法を用いてもよい。なお、DSは、CRSと異なるサブキャリア周期で周波数上に配置されてもよい。なお、DSが送信されるアンテナポートpとDSが送信されるアンテナポートp+1のリソースエレメントの配置関係は、アンテナポート0とアンテナポート1の配置関係と異なってもよい。DSは、CRSと異なる情報に基づいて周波数上に配置をシフトさせてもよい。なお、DSは、CRSと異なるOFDMシンボルに配置されてもよい。なお、DSは、CRSと異なる帯域幅で配置されてもよく、上位層で設定された帯域幅で配置され、狭帯域に送信してもよい。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電気株式会社の「 端末装置、及び基地局」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題】第1の端末装置により用いられる部分帯域に関わらず、第1の端末装置がリチューニングすることなく物理アップリンク制御チャネルを基地局に送信すること。【解決手段】本発明の基地局100は、アップリンク... 詳細

  • ソフトバンク株式会社の「 無線中継システム」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題】簡易な構成で、目標位置に移動した後、複数の通信オペレータの移動通信網について固定基地局とユーザ装置との間の無線通信の中継を速やかに開始することができる無線中継システムを提供する。【解決手段】移... 詳細

  • 京セラ株式会社の「 無線端末及び基地局」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題・解決手段】一の実施形態に係る無線端末は、Pedestrian UE(User Equipment)である。前記無線端末は、他の無線端末との直接的な端末間通信を実行するよう構成されたトランス... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ