図面 (/)

技術 端末装置、集積回路、無線通信方法、および、基地局装置

出願人 シャープ株式会社
発明者 鈴木翔一相羽立志横枕一成野上智造今村公彦
出願日 2013年10月31日 (7年6ヶ月経過) 出願番号 2014-544595
公開日 2016年9月8日 (4年8ヶ月経過) 公開番号 WO2014-069601
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム 交流方式デジタル伝送 時分割方式以外の多重化通信方式
主要キーワード 洗濯機器 キッチン機器 生活機器 準定常的 仮想セル 物理信号 装置グループ 参照シンボル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年9月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

基地局装置端末装置が、PDSCHを用いて効率的に通信する。基地局装置と端末装置は、PDSCHでの送信に関連する送信モード、PDSCHの割り当てに用いられるDCIフォーマット、PDSCHの送信に用いられるアンテナポート、および、PDSCHが受信されるサービングセルに対するパラメータセットから決定される上位層パラメータに基づいて、サービングセルのPDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を決定する。

概要

背景

セルラー移動通信無線アクセス方式および無線ネットワーク(以下、「Long Term Evolution (LTE)」、または、「Evolved Universal Terrestrial Radio Access : EUTRA」と称する。)が、第三世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project: 3GPP)において検討されている。LTEでは、下りリンク通信方式として、直交周波数分割多重(Orthogonal Frequency Division Multiplexing: OFDM)方式が用いられる。LTEでは、上りリンクの通信方式として、SC−FDMA(Single-Carrier Frequency Division Multiple Access)方式が用いられる。LTEでは、基地局装置をeNodeB(evolved NodeB)、移動局装置端末装置)をUE(User Equipment)と称する。LTEは、基地局装置がカバーするエリアセル状に複数配置するセルラー通信システムである。単一の基地局装置は複数のセルを管理してもよい。単一の移動局装置は、単一または複数のセルで通信をする。通信に用いられるセルをサービングセルとも称する。

LTEでは、基地局装置から移動局装置へのデータの送信に物理下りリンク共用チャネル(Physical Downlink Shared Channel:PDSCH)が用いられる。また、3GPPでは、複数の基地局装置が互いに協調して干渉コーディネーションを行なうCoMP(Coordinated Multi-Point transmission and reception)伝送方式サポートすることが検討されている。

このような無線通信システムにおいて、PDSCHがマップされるリソースエレメントの開始位置を、物理制御フォーマットインディケータチャネル(Physical Control Format Indicator Channel: PCFICH)で送信される情報(Control Format Indicator: CFI)に基づいて決定することに加えて、PDSCHリソースエレメントマッピングの設定の一部として含めることが提案されている(非特許文献1)。

概要

基地局装置と端末装置が、PDSCHを用いて効率的に通信する。基地局装置と端末装置は、PDSCHでの送信に関連する送信モード、PDSCHの割り当てに用いられるDCIフォーマット、PDSCHの送信に用いられるアンテナポート、および、PDSCHが受信されるサービングセルに対するパラメータセットから決定される上位層パラメータに基づいて、サービングセルのPDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を決定する。

目的

本発明は、上記問題を鑑みてなされたものであり、その目的は、基地局装置と端末装置が、PDSCHを用いて効率的に通信することができる端末装置、集積回路無線通信方法、および、基地局装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ある1つのサービングセルにおいてPDSCHでの送信を基地局装置から受信する端末装置において、前記サービングセルに対して、前記PDSCHでの送信に関連する送信モード1から10の何れかを設定し、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定される場合、前記PDSCHを復号するために、パラメータセット1を少なくとも含む4つまでのパラメータセットを設定する設定部と、前記サービングセルの前記PDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を、あるサブフレームの第1のスロットにおけるインデックスlDataStartに基づいて決定する受信部と、を備え、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット1AをともなうPDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが少なくともアンテナポート0を用いて送信され、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおけるコントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHがアンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層パラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする端末装置。

請求項2

前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、且つ、前記PDSCHがDCIフォーマット1Cをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項1に記載の端末装置。

請求項3

前記サービングセルに対して前記送信モード1から9の何れかが設定されており、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項1または2に記載の端末装置。

請求項4

前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがDCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項1から3の何れかに記載の端末装置。

請求項5

前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信される場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項4に記載の端末装置。

請求項6

前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項5に記載の端末装置。

請求項7

ある1つのサービングセルにおいてPDSCHでの送信を基地局装置から受信する端末装置に実装される集積回路であって、前記サービングセルに対して、前記PDSCHでの送信に関連する送信モード1から10の何れかを設定する機能と、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定される場合、前記PDSCHを復号するために、パラメータセット1を少なくとも含む4つまでのパラメータセットを設定する機能と、前記サービングセルの前記PDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を、あるサブフレームの第1のスロットにおけるインデックスlDataStartに基づいて決定する機能と、を含む一連の機能を前記端末装置に発揮させ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット1AをともなうPDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが少なくともアンテナポート0を用いて送信され、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおけるコントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHがアンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする集積回路。

請求項8

前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、且つ、前記PDSCHがDCIフォーマット1Cをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項7に記載の集積回路。

請求項9

前記サービングセルに対して前記送信モード1から9の何れかが設定されており、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項7または8に記載の集積回路。

請求項10

前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがDCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項7から9の何れかに記載の集積回路。

請求項11

前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信される場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項10に記載の集積回路。

請求項12

前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項11に記載の集積回路。

請求項13

ある1つのサービングセルにおいてPDSCHでの送信を基地局装置から受信する端末装置に用いられる無線通信方法において、前記サービングセルに対して、前記PDSCHでの送信に関連する送信モード1から10の何れかを設定し、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定される場合、前記PDSCHを復号するために、パラメータセット1を少なくとも含む4つまでのパラメータセットを設定し、前記サービングセルの前記PDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を、あるサブフレームの第1のスロットにおけるインデックスlDataStartに基づいて決定し、前記サービングセルに対して前記送信モード1から9の何れかが設定されており、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応するPDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、且つ、前記PDSCHがDCIフォーマット1Cをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが少なくともアンテナポート0を用いて送信され、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHがアンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信される場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがDCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする無線通信方法。

請求項14

ある1つのサービングセルにおいてPDSCHでの送信を端末装置に行なう基地局装置において、前記PDSCHでの送信に関連する送信モード1から10であり、前記サービングセルに対する送信モード1から10の何れかを、前記端末装置に対して設定し、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定される場合、前記PDSCHを復号するために、パラメータセット1を少なくとも含む4つまでのパラメータセットを、前記端末装置に対して設定する設定部と、前記端末装置に対する、前記サービングセルの前記PDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を、あるサブフレームの第1のスロットにおけるインデックスlDataStartに基づいて決定する送信部と、を備え、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット1AをともなうPDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、少なくともアンテナポート0を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおけるコントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする基地局装置。

請求項15

前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、前記アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項14に記載の基地局装置。

請求項16

前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、且つ、DCIフォーマット1Cをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを割り当てる場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項14または15に記載の基地局装置。

請求項17

前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード1から9の何れかを設定しており、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項14から16の何れかに記載の基地局装置。

請求項18

前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項14から17の何れかに記載の基地局装置。

請求項19

前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、前記アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項18に記載の基地局装置。

請求項20

前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記端末装置に対する前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当てる場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられることを特徴とする請求項19に記載の基地局装置。

技術分野

0001

本発明は、端末装置集積回路無線通信方法、および、基地局装置に関する。

背景技術

0002

セルラー移動通信無線アクセス方式および無線ネットワーク(以下、「Long Term Evolution (LTE)」、または、「Evolved Universal Terrestrial Radio Access : EUTRA」と称する。)が、第三世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project: 3GPP)において検討されている。LTEでは、下りリンク通信方式として、直交周波数分割多重(Orthogonal Frequency Division Multiplexing: OFDM)方式が用いられる。LTEでは、上りリンクの通信方式として、SC−FDMA(Single-Carrier Frequency Division Multiple Access)方式が用いられる。LTEでは、基地局装置をeNodeB(evolved NodeB)、移動局装置(端末装置)をUE(User Equipment)と称する。LTEは、基地局装置がカバーするエリアセル状に複数配置するセルラー通信システムである。単一の基地局装置は複数のセルを管理してもよい。単一の移動局装置は、単一または複数のセルで通信をする。通信に用いられるセルをサービングセルとも称する。

0003

LTEでは、基地局装置から移動局装置へのデータの送信に物理下りリンク共用チャネル(Physical Downlink Shared Channel:PDSCH)が用いられる。また、3GPPでは、複数の基地局装置が互いに協調して干渉コーディネーションを行なうCoMP(Coordinated Multi-Point transmission and reception)伝送方式サポートすることが検討されている。

0004

このような無線通信システムにおいて、PDSCHがマップされるリソースエレメントの開始位置を、物理制御フォーマットインディケータチャネル(Physical Control Format Indicator Channel: PCFICH)で送信される情報(Control Format Indicator: CFI)に基づいて決定することに加えて、PDSCHリソースエレメントマッピングの設定の一部として含めることが提案されている(非特許文献1)。

先行技術

0005

"Resource Element Mappingfor support of CoMP Transmission ", R1-124535, 3GPP TSG-RAN WG1 Meeting #70bis, 8 - 12 October 2012.

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上述のような無線通信システムにおいて、PDSCHがマップされるリソースエレメントの開始位置を決定するための具体的な手順に関する記載はなかった。

0007

本発明は、上記問題を鑑みてなされたものであり、その目的は、基地局装置と端末装置が、PDSCHを用いて効率的に通信することができる端末装置、集積回路、無線通信方法、および、基地局装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0008

(1)上記の目的を達成するために、本発明は、以下のような手段を講じた。すなわち、本発明の端末装置は、ある1つのサービングセルにおいてPDSCHでの送信を基地局装置から受信する端末装置であって、前記サービングセルに対して、前記PDSCHでの送信に関連する送信モード1から10の何れかを設定し、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定される場合、前記PDSCHを復号するために、パラメータセット1を少なくとも含む4つまでのパラメータセットを設定する設定部と、前記サービングセルの前記PDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を、あるサブフレームの第1のスロットにおけるインデックスlDataStartに基づいて決定する受信部と、を備え、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット1AをともなうPDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが少なくともアンテナポート0を用いて送信され、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおけるコントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHがアンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層パラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0009

(2)また、上述の端末装置において、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、且つ、前記PDSCHがDCIフォーマット1Cをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0010

(3)また、上述の端末装置において、前記サービングセルに対して前記送信モード1から9の何れかが設定されており、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0011

(4)また、上述の端末装置において、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがDCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0012

(5)また、上述の端末装置において、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信される場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0013

(6)また、上述の端末装置において、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0014

(7)また、本発明の集積回路は、ある1つのサービングセルにおいてPDSCHでの送信を基地局装置から受信する端末装置に実装される集積回路であって、前記サービングセルに対して、前記PDSCHでの送信に関連する送信モード1から10の何れかを設定する機能と、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定される場合、前記PDSCHを復号するために、パラメータセット1を少なくとも含む4つまでのパラメータセットを設定する機能と、前記サービングセルの前記PDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を、あるサブフレームの第1のスロットにおけるインデックスlDataStartに基づいて決定する機能と、を含む一連の機能を前記端末装置に発揮させ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット1AをともなうPDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが少なくともアンテナポート0を用いて送信され、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおけるコントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHがアンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0015

(8)また、本発明の無線通信方法は、ある1つのサービングセルにおいてPDSCHでの送信を基地局装置から受信する端末装置に用いられる無線通信方法であって、前記サービングセルに対して、前記PDSCHでの送信に関連する送信モード1から10の何れかを設定し、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定される場合、前記PDSCHを復号するために、パラメータセット1を少なくとも含む4つまでのパラメータセットを設定し、前記サービングセルの前記PDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を、あるサブフレームの第1のスロットにおけるインデックスlDataStartに基づいて決定し、前記サービングセルに対して前記送信モード1から9の何れかが設定されており、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応するPDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、且つ、前記PDSCHがDCIフォーマット1Cをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが少なくともアンテナポート0を用いて送信され、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHがアンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信され、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが前記アンテナポート7を用いて送信される場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHがDCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられ、且つ、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHが同じ前記サービングセルにおいて受信される場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記PDSCHが前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって割り当てられる場合、前記PDSCHが受信される前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0016

(9)また、本発明の基地局装置は、ある1つのサービングセルにおいてPDSCHでの送信を端末装置に行なう基地局装置であって、前記PDSCHでの送信に関連する送信モード1から10であり、前記サービングセルに対する送信モード1から10の何れかを、前記端末装置に対して設定し、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定される場合、前記PDSCHを復号するために、パラメータセット1を少なくとも含む4つまでのパラメータセットを、前記端末装置に対して設定する設定部と、前記端末装置に対する、前記サービングセルの前記PDSCHに対するOFDMシンボルの開始位置を、あるサブフレームの第1のスロットにおけるインデックスlDataStartに基づいて決定する送信部と、を備え、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット1AをともなうPDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、少なくともアンテナポート0を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおけるコントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0017

(10)また、上述の基地局装置において、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、前記アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0018

(11)また、上述の基地局装置において、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、且つ、DCIフォーマット1Cをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを割り当てる場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0019

(12)また、上述の基地局装置において、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード1から9の何れかを設定しており、且つ、前記PDSCHおよび前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0020

(13)また、上述の基地局装置において、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0021

(14)また、上述の基地局装置において、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、前記アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10が設定されており、前記DCIフォーマット1Aをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記アンテナポート7を用いて前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記パラメータセット1から決定される上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

0022

(15)また、上述の基地局装置において、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}に属する場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記端末装置に対する前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当て、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層のパラメータの値が{1、2、3、4}以外に属し、且つ、前記端末装置に対する前記PDSCHおよび前記端末装置に対する前記PDSCHに対応する前記PDCCHを同じ前記サービングセルにおいて送信する場合、前記サービングセルの前記あるサブフレームにおける前記コントロールフォーマットインディケータの値に基づいて前記第2のインデックスl'DataStartが与えられ、前記端末装置および前記サービングセルに対して前記送信モード10を設定しており、前記DCIフォーマット2Dをともなう前記PDCCHによって前記PDSCHを前記端末装置に割り当てる場合、前記端末装置に対する前記PDSCHを送信する前記サービングセルに対する前記下りリンク制御情報に基づいて前記4つまでのパラメータセットから特定される前記1つのパラメータセットから決定される前記上位層の第2のパラメータおよび前記第2のインデックスl'DataStartに少なくとも基づいて前記インデックスlDataStartが与えられる。

発明の効果

0023

この発明によれば、基地局装置と端末装置が、PDSCHを用いて効率的に通信することができる。

図面の簡単な説明

0024

本実施形態の無線通信システムの概念図である。
本実施形態の無線フレーム概略構成を示す図である。
本実施形態のスロットの構成を示す図である。
本実施形態の下りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。
本実施形態のPDCCHをリソースエレメントにマッピングする方法を示す図である。
本実施形態のEPDCCHをリソースエレメントにマッピングする方法を示す図である。
本実施形態のサーチスペースの構成の一例を示す図である。
本実施形態の送信モードを説明するための第1の表である。
本実施形態の送信モードを説明するための第2の表である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード1から9の何れかが設定された移動局装置1に対するPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1CによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第1の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第2の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第3の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第4の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第5の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット2DによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第1の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット2DによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第2の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット2DによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第3の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット2DによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第4の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第6の例を説明するための図である。
本実施形態における、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第7の例を説明するための図である。
本実施形態の移動局装置1の構成を示す概略ブロック図である。
本実施形態の基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。

実施例

0025

以下、本発明の実施形態について説明する。

0026

本実施形態では、移動局装置が複数のセルで同時に送信および受信する。移動局装置が複数のセルと通信する技術をセルアグリゲーション、またはキャリアアグリゲーションと称する。アグリゲートされる複数のセルのそれぞれにおいて、本実施形態が適用されてもよい。または、アグリゲートされる複数のセルの一部に本実施形態が適用されてもよい。

0027

複数のサービングセルのうち1つのサービングセルはプライマリーセル(Primary Cell: PCell)である。プライマリーセルは、移動局装置1が初期コネクション確立(initial connection establishment)プロシージャを行なったセル、または移動局装置1がコネクション確立(connection re-establishment)プロシージャを開始したセル、またはハンドオーバプロシージャ中にプライマリーセルとして指示されたセルである。

0028

プライマリーセルを除いたサービングセルはセカンダリーセル(Secondary Cell: SCell)である。セカンダリーセルは追加の無線リソースを提供するために使われる。セカンダリーセルは、主にPDSCH、PUSCH、PRACHの送受信のために使用される。セカンダリーセルは、プライマリーセルとは異なる周波数上で動作し、移動局装置1と基地局装置3のコネクションが確立した後に、基地局装置3によって追加される。また、セカンダリーセルは、ハンドオーバプロシージャ中に基地局装置3から移動局装置1へ通知される。

0029

移動局装置が単一のセルで送信および受信する場合にも、本実施形態が適用されてもよい。

0030

以下、FDD(Frequency Division Duplex)方式の無線通信システムを参照しながら本実施形態の説明をする。しかしながら、本実施形態は、TDD(Time Division Duplex)方式の無線通信システムにも適用することができる。また、TDD方式を用いるセルとFDD方式を用いるセルがアグリゲートされる無線通信システムにも適用することができる。

0031

図1は、本実施形態の無線通信システムの概念図である。図1において、無線通信システムは、移動局装置1A〜1C、および基地局装置3を具備する。以下、移動局装置1A〜1Cを移動局装置1という。

0032

以下、本実施形態の物理チャネルおよび物理信号について説明する。

0033

図1において、移動局装置1から基地局装置3への上りリンクの無線通信では、以下の上りリンク物理チャネルが用いられる。上りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用される。
・PUCCH(Physical Uplink Control Channel)
・PUSCH(Physical Uplink Shared Channel)
・PRACH(Physical Random Access Channel)

0034

PUCCHは、上りリンク制御情報(Uplink Control Information: UCI)を送信するために用いられる。上りリンク制御情報には、下りリンクデータ(Downlink-Shared Channel: DL-SCH)に対するHARQACK(HARQフィードバック応答情報)が含まれる。

0035

PUSCHは、上りリンクデータ(Uplink-Shared Channel: UL-SCH)を送信するために用いられる。PUSCHは、上りリンクデータと共に上りリンク制御情報を送信するために用いられてもよい。PUSCHは上りリンク制御情報のみを送信するために用いられてもよい。

0036

PRACHは、ランダムアクセスプリアンブルを送信するために用いられる。PRACHは、移動局装置1が基地局装置3と時間領域の同期をとることを主な目的とする。

0037

図1において、上りリンクの無線通信では、以下の上りリンク物理信号が用いられる。上りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するために使用されないが、物理層によって使用される。
・上りリンク参照信号(Uplink Reference Signal: UL RS)

0038

本実施形態において、以下の2つのタイプの上りリンク参照信号が用いられる。
DMRS(Demodulation Reference Signal)
SRS(Sounding Reference Signal)

0039

DMRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連する。DMRSは、PUSCHまたはPUCCHと時間多重される。基地局装置3は、DMRSを用いてPUSCHまたはPUCCHの復調処理を行なう。以下、PUSCHとDMRSを共に送信することを、単にPUSCHを送信するとも称する。以下、PUCCHとDMRSを共に送信することを、単にPUCCHを送信するとも称する。

0040

SRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連しない。基地局装置3は、上りリンクのチャネル状態を測定するためにSRSを使用する。SRSが送信されるシンボルを、サウンディング参照シンボルとも称する。SRSの詳細は後述する。

0041

図1において、基地局装置3から移動局装置1への下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理チャネルが用いられる。下りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用される。
・PBCH(Physical Broadcast Channel)
・PCFICH(Physical Control Format Indicator Channel)
・PHICH(Physical Hybrid automatic repeat request Indicator Channel)
・PDCCH(Physical Downlink Control Channel)
・EPDCCH(enhanced Physical Downlink Control Channel)
・PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)
・PMCH(Physical Multicast Channel)

0042

PBCHは、移動局装置1で共通に用いられるシステム情報マスターインフォメーションブロック、Broadcast Channel: BCH)を報知するために用いられる。PBCHは、40ms間隔で送信される。40ms間隔のタイミングは、移動局装置1においてブラインド検出(blind detection)される。また、PBCHは、10ms間隔で再送信される。

0043

PCFICHは、PDCCHの送信のために予約される領域(OFDMシンボル)を指示する情報を送信するために用いられる。当該情報を、CFI(Control Format Indicator)と称する。あるサブフレームでPDCCHの送信に用いられるOFDMシンボルの数が0よりも多い場合に、当該あるサブフレームでPCFICHが送信される。

0044

セルの帯域幅が11物理リソースブロックより多い場合には、あるサブフレームでPDCCH(DCI)の送信に用いられるOFDMシンボルの数は、当該あるサブフレームのPCFICHで送信されるCFIの値と同じである。セルの帯域幅が10物理リソースブロック、または、10物理リソースブロックより少ない場合には、PDCCH(DCI)の送信に用いられるOFDMシンボルの数は、当該あるサブフレームのPCFICHで送信されるCFIの値よりも1つ多い。

0045

尚、「PDCCH(DCI)の送信に用いられるOFDMシンボルの数」を、「DCIのスパン」とも称する。あるセルに対するDCIのスパンは、当該あるサブフレームのPCFICHで送信されるCFIに基づいて決定される。

0046

PHICHは、基地局装置3が受信した上りリンクデータ(Uplink Shared Channel: UL-SCH)に対するHARQ−ACKを示すHARQインディケータ(HARQフィードバック、応答情報)を送信するために用いられる。例えば、移動局装置1がACKを示すHARQインディケータを受信した場合は、対応する上りリンクデータを再送しない。例えば、移動局装置1がNACKを示すHARQインディケータを受信した場合は、対応する上りリンクデータを再送する。

0047

PDCCHおよびEPDCCHは、下りリンク制御情報(Downlink Control Information: DCI)を送信するために用いられる。下りリンク制御情報を、DCIフォーマットとも称する。下りリンク制御情報は、下りリンクグラント(downlink assignment;または下りリンクアサインメント「downlink assignment」とも称する。)および上りリンクグラント(uplink grant)を含む。下りリンクグラントは、単一のセル内の単一のPDSCHのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報である。下りリンクグラントは、該下りリンクグラントが送信されたサブフレームと同じサブフレーム内のPDSCHのスケジューリングに用いられる。上りリンクグラントは、単一のセル内の単一のPUSCHのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報である。上りリンクグラントは、該上りリンクグラントが送信されたサブフレームよりも4つ以上後のサブフレーム内の単一のPUSCHのスケジューリングに用いられる。

0048

PDSCHは、下りリンクデータ(Downlink Shared Channel: DL-SCH)を送信するために用いられる。

0049

PMCHは、マルチキャストチャネル(Multicast Channel: MCH)を送信するために用いられる。

0050

図1において、下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理信号が用いられる。下りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するために使用されないが、物理層によって使用される。
同期信号(Synchronization signal:SS
・下りリンク参照信号(Downlink Reference Signal: DL RS)

0051

同期信号は、移動局装置1が下りリンクの周波数領域および時間領域の同期をとるために用いられる。

0052

下りリンク参照信号は、移動局装置1が下りリンク物理チャネルの伝搬路補正を行なうために用いられる。下りリンク参照信号は、移動局装置1が下りリンクのチャネル状態情報を算出するために用いられる。

0053

下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理信号を総称して、下りリンク信号と称する。上りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理信号を総称して、上りリンク信号と称する。下りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理チャネルを総称して、物理チャネルと称する。下りリンク物理信号および上りリンク物理信号を総称して、物理信号と称する。

0054

物理チャネルと物理信号とは、複数のセルにまたがって送信されない。物理チャネルと物理信号とは、何れか1つのセルで送信される。

0055

BCH、UL−SCHおよびDL−SCHは、トランスポートチャネルである。媒体アクセス制御(Medium Access Control: MAC)層で用いられるチャネルをトランスポートチャネルと称する。また、トランスポートチャネルをトランスポートブロックとも称する。

0056

以下、本実施形態の無線フレーム(radio frame)の構成について説明する。

0057

図2は、本実施形態の無線フレームの概略構成を示す図である。複数のセルのそれぞれは、同一の無線フレームの構成である。無線フレームのそれぞれは、10ms長である。また、無線フレームのそれぞれは10のサブフレームから構成される。サブフレームのそれぞれは、1ms長であり、2つの連続するスロットによって定義される。無線フレーム内i番目のサブフレームは、(2×i)番目のスロットと(2×i+1)番目のスロットとから構成される。スロットのそれぞれは、0.5ms長である。

0058

以下、本実施形態のスロットの構成について説明する。

0059

図3は、本実施形態のスロットの構成を示す図である。スロットのそれぞれにおいて送信される物理信号または物理チャネルは、リソースグリッドによって表現される。下りリンクにおいて、リソースグリッドは複数のサブキャリアと複数のOFDMシンボルによって定義される。上りリンクにおいて、リソースグリッドは複数のサブキャリアと複数のSC−FDMAシンボルによって定義される。1つのスロットを構成するサブキャリアの数は、セルの上りリンク帯域幅または下りリンク帯域幅に依存する。1つのスロットを構成するOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルの数は7である。

0060

リソースグリッド内のエレメントのそれぞれをリソースエレメントと称する。リソースエレメントは、サブキャリアの番号k(0、1、...)と、スロット内におけるOFDMシンボルの番号l(0、1、...、6)またはSC−FDMAシンボルの番号l(0、1、...、6)とを用いて識別する。

0061

リソースブロックは、ある物理チャネル(PDSCHまたはPUSCHなど)のリソースエレメントへのマッピングを表現するために用いられる。リソースブロックは、仮想リソースブロックと物理リソースブロックが定義される。ある物理チャネルは、まず仮想リソースブロックにマップされる。その後、仮想リソースブロックは、物理リソースブロックにマップされる。1つの物理リソースブロックは、時間領域において7個の連続するOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルと周波数領域において12個の連続するサブキャリアとから定義される。ゆえに、1つの物理リソースブロックは(7ラ12)個のリソースエレメントから構成される。また、1つの物理リソースブロックは、時間領域において1つのスロットに対応し、そして、周波数領域において180kHzに対応する。物理リソースブロックは周波数領域において0から番号が付けられる。

0062

以下、サブフレームのそれぞれにおいて送信される物理チャネルおよび物理信号について説明する。

0063

図4は、本実施形態の下りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。基地局装置3は、下りリンクサブフレームにおいて、下りリンク物理チャネル(PBCH、PCFICH、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH)、および下りリンク物理信号(同期信号、下りリンク参照信号)を送信できる。尚、PBCHは無線フレーム内のサブフレーム0のみで送信される。尚、同期信号は無線フレーム内のサブフレーム0と5のみに配置される。尚、下りリンク参照信号は周波数領域および時間領域において分散するリソースエレメントに配置される。説明の簡略化のため図4において下りリンク参照信号は図示しない。

0064

PCFICHは、第1のスロットの最初のOFDMシンボルに配置される。PHICHは、第1のスロットの最初のOFDMシンボルに配置される。

0065

PDCCH領域において、複数のPDCCHが周波数および時間多重される。PDCCHは、第1のスロットの最初のOFDMシンボルから順に配置される。DCIのスパンは、CFIに基づいて決定される。

0066

EPDCCH領域において、複数のEPDCCHが周波数および/または時間多重される。基地局装置3は、サブフレームの第1のスロットでEPDCCHが配置されるOFDMシンボルの開始位置を示す情報を移動局装置1に送信してもよい。「EPDCCHが配置されるOFDMシンボルの開始位置を示す情報」を「epdcch-Start」と称する。「EPDCCHが配置されるOFDMシンボルの開始位置」を「EPDCCCHリソースエレメントマッピングに対する開始位置」および「EPDCCHがマップされるリソースエレメントの開始位置」とも称する。

0067

基地局装置3は、セル毎にepdcch-Startを設定する。基地局装置3は、特定の送信モード(例えば、送信モード10)を移動局装置1に対して設定している場合には、EPDCCH領域のそれぞれに対して、異なるepdcch-Startを設定してもよい。送信モードについては、後述する。

0068

移動局装置1は、受信したepdcch-Startに基づいて、サブフレームの第1のスロットでEPDCCHが配置されるOFDMシンボルの開始位置を判断する。移動局装置1は、epdcch-Startを受信していない場合は、DCIのスパンに基づいて、サブフレームの第1のスロットでEPDCCHが配置されるOFDMシンボルの開始位置を判断する。例えば、DCIのスパンが3である場合(PDCCH領域が、サブフレームの第1のスロットの1番目と2番目と3番目のOFDMシンボルから構成される場合)には、移動局装置1は、サブフレームの第1のスロットで、4番目のOFDMシンボルからEPDCCHが配置されていると判断する。

0069

PDSCH領域において、複数のPDSCHが周波数および空間多重される。PDSCHが配置されるOFDMシンボルの開始位置については、後述する。

0070

PDCCHは、PDSCHおよびEPDCCHと時間多重される。EPDCCHはPDSCHと周波数多重される。

0071

以下、PDCCHリソースについて説明する。

0072

PDCCHは1つのPDCCH候補(candidate)にマップされる。1つのPDCCH候補は1つまたは複数の連続するCCE(Control Channel Element)から構成される。CCEは、PDCCH領域に配置される。

0073

図5は、本実施形態のPDCCHをリソースエレメントにマッピングする方法を示す図である。1つのCCEは36の変調シンボル複素数値シンボル: complex-valued symbol)を送信するために使用される。1つのCCEは、9つのmini−CCEから構成される。1つのmini−CCEは4つの変調シンボルから構成される。基地局装置3は、1つのmini−CCEを1つのリソースエレメントグループにマップする。1つのリソースエレメントグループは、周波数領域において4つ連続するリソースエレメントから構成される。つまり、1つの変調シンボルが1つのリソースエレメントにマップされる。

0074

基地局装置3は、CCEをmini−CCE単位でインターリーブする。次に、基地局装置3は、インターリーブしたmini−CCEをサイクリックシフトする。サイクリックシフトの値は、物理レイヤセルアイデンティティ(Physical layer Cell Identity:PCI)の値である。つまり、異なる物理レイヤセル識別子を持つセルの間では、異なる値のサイクリックシフトが行なわれる。これにより、セル間におけるPDCCHの干渉をランダム化することができる。尚、移動局装置1は、同期信号から物理レイヤセルアイデンティティを検出することができる。また、基地局装置3は、物理レイヤセルアイデンティティを示す情報を含むハンドオーバーコマンドを移動局装置1に送信することができる。

0075

次に、基地局装置3は、サイクリックシフトしたmini−CCEをPDCCH領域のリソースエレメントグループにマップする。基地局装置3は、PHICHおよびPCFICHがマップされるリソースエレメントグループ以外のリソースエレメントグループにPDCCHのmini−CCEをマップする。

0076

以下、EPDCCHリソースについて説明する。

0077

EPDCCHは1つのEPDCCH候補(candidate)にマップされる。1つのEPDCCH候補は1つまたは複数の連続するECCE(enhanced Control Channel Element)から構成される。単一の移動局装置に対して、複数のEPDCCH領域が定義されてもよい。基地局装置3は、EPDCCH領域を構成する1つまたは複数の物理リソースブロックを示す情報を、移動局装置1に送信する。EPDCCH領域のそれぞれに対してECCEが定義される。また、単一のECCEは、単一のEPDCCH領域に配置される。EPDCCH領域をEPDCCHセットとも称する。

0078

図6は、本実施形態のEPDCCHをリソースエレメントにマッピングする方法を示す図である。1つのECCEは複数の変調シンボル(複素数値シンボル: complex-valued symbol)を送信するために使用される。1つのECCEは、複数のmini−ECCEから構成される。1つのmini−ECCEは複数の変調シンボルから構成される。基地局装置3は、1つのmini−ECCEを1つのエンハンストリソースエレメントグループにマップする。サブフレーム内において、時間領域で連続している2つの物理リソースブロック(第1のスロットの1つの物理リソースブロックと第2のスロットの1つの物理リソースブロック)を構成する複数のリソースエレメントは、16のエンハンストリソースエレメントグループに分割される。1つのエンハンストリソースエレメントグループは、9つのリソースエレメントから構成される。

0079

図6において、EPDCCHセット1に対するECCE(ECCE0、ECCE1、ECCE2、および、ECCE3)は、EPDCCHセット1のリソースエレメントに配置される。また、図6において、EPDCCHセット2に対するECCE(ECCE0、ECCE1、ECCE2、および、ECCE3)は、EPDCCHセット2のリソースエレメントに配置される。尚、本実施形態において、EPDCCHセットのそれぞれに対応するECCEの番号は0から割り振られる。

0080

以下、サーチスペースについて説明する。

0081

サーチスペースは、PDCCH候補またはEPDCCH候補のセットから構成される。図7は、本実施形態のサーチスペースの構成の一例を示す図である。PDCCH領域には、CSS(Common Search Space)とUSS(Use equipment-specific Search Space)とが構成される。CSSはセカンダリーセルには構成されない。CSSはプライマリーセルにのみ構成される。

0082

EPDCCHセットのそれぞれには、USSが構成される。CSSは、複数の移動局装置1に対して共通のリソースによって定義される。USSは、移動局装置1のそれぞれに対して独立に定義される。

0083

移動局装置1は、プライマリーセルのCSSにおいてPDCCHをモニタする。

0084

あるサービングセルに対して、移動局装置1は、あるサブフレームで、PDCCH領域のUSSとEPDCCHセットのUSSとのうち何れか一方においてPDCCHまたはEPDCCHをモニタする。基地局装置3は、PDCCH領域のUSSと、EPDCCHのUSSの何れを移動局装置1がモニタするかをサブフレーム毎に指示する情報を移動局装置1に送信する。移動局装置1は、受信した当該情報に基づいて、あるサブフレームで、PDCCH領域のUSSでPDCCHをモニタするか、EPDCCHセットのUSSでEPDCCHをモニタするかを決定する。尚、移動局装置1は、当該情報を受信していない場合は、全てのサブフレームで、PDCCH領域のUSSでPDCCHをモニタする。

0085

以下、送信モード(transmission mode)について説明する。

0086

基地局装置3は、上位層の信号を経由して、移動局装置1に対して送信モードを設定する。基地局装置3は、セル毎に送信モードを設定する。移動局装置1は、受信した上位層の信号に基づいて、送信モードを設定する。

0087

移動局装置1は、送信モード1から送信モード10のうちの1つに応じて、PDCCH/EPDCCHを経由してシグナルされるPDSCHデータ送信を受信することを、上位層の信号を経由して設定される。

0088

尚、移動局装置1は、上位層の信号を経由して送信モードが設定されていない場合は、送信モード1または送信モード2を設定する。移動局装置1は、PBCHの送信に単一のアンテナポートが用いられている、そして、上位層の信号を経由して送信モードが設定されていない場合は、送信モード1を設定する。移動局装置1は、PBCHの送信に複数のアンテナポートが用いられている、そして、上位層の信号を経由して送信モードが設定されていない場合は、送信モード2を設定する。

0089

移動局装置1は、上位層によってPDCCHをデコードすることを設定された場合は、図8の表で定義された組合せのそれぞれに基づいて、PDCCHと、該PDCCHと対応するPDSCHをデコードする。例えば、送信モード7に設定されている移動局装置1は、DCIフォーマット1AをともなうPDCCHをCSSとUSSでモニタし、そして、検出したDCIフォーマット1Aに基づいて、シングルアンテナポートポート0)または送信ダイバーシチ方式で送信されたPDSCHを受信する。例えば、送信モード7に設定されている移動局装置1は、DCIフォーマット1をともなうPDCCHをUSSでモニタし、そして、検出したDCIフォーマット1に基づいて、シングルアンテナポート(ポート5)で送信されたPDSCHを受信する。

0090

移動局装置1は、上位層によってEPDCCHをデコードすることを設定された場合は、図9の表で定義された組合せのそれぞれに基づいて、EPDCCHと、該EPDCCHと対応するPDSCHをデコードする。例えば、送信モード7に設定されている移動局装置1は、DCIフォーマット1AをともなうEPDCCHをUSSでモニタし、そして、検出したDCIフォーマット1Aに基づいて、シングルアンテナポート(ポート0)または送信ダイバーシチ方式で送信されたPDSCHを受信する。例えば、送信モード7に設定されている移動局装置1は、DCIフォーマット1をともなうEPDCCHをUSSでモニタし、そして、検出したDCIフォーマット1に基づいて、シングルアンテナポート(ポート5)で送信されたPDSCHを受信する。

0091

以下、サブフレームの第1のスロットでPDSCHが配置されるOFDMシンボルの開始位置について説明する。

0092

尚、「PDSCHが配置されるOFDMシンボルの開始位置」を「PDSCHリソースエレメントマッピングに対する開始位置」および「PDSCHがマップされるリソースエレメント/OFDMシンボルの開始位置」とも称する。

0093

図10から図20は、PDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置を説明するための図である。移動局装置1と基地局装置3は、図10から図20に基づいて、セル毎のPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置lDataStartを決定する。例えば、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを送信および受信する場合には、移動局装置1と基地局装置3は、図12から図16のうちいずれか1つの例を用いてセル毎のPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置lDataStartを決定する。例えば、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを送信および受信する場合には、移動局装置1と基地局装置3は、図17から図20のうちいずれか1つの例を用いてセル毎のPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置lDataStartを決定する。

0094

基地局装置3は、サブフレームの第1のスロットのl=lDataStartのOFDMシンボルからPDSCHをマップする。移動局装置1は、サブフレームの第1のスロットのl=lDataStartのOFDMシンボルからPDSCHをデマップする。

0095

図10は、あるセル対して送信モード1から9の何れかが設定された移動局装置1に対するPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置を説明するための図である。

0096

送信モード1から9の何れかが設定された移動局装置1は、DCIフォーマット1、1A、1B、1C、1D、2、2A、2B、または2Cをモニタする。DCIフォーマット1Cは、PCH(Paging Channel)、ランダムアクセスレスポンスシステムインフォメーションブロックのスケジューリングなどに用いられる。また、DCIフォーマット1CはCSSのみで送信される。

0097

図10において、送信モード1から9の何れかが設定された移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールド(Carrier Indicator Field:CIF)を設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-StartによってlDataStartが与えられる。

0098

キャリアインディケータフィールドは、DCIフォーマットに含まれる。キャリアインディケータフィールドには、キャリアインディケータがマップされる。キャリアインディケータは、DCIフォーマットが対応するセルを指示するために使用される。

0099

基地局装置3は、セル毎に、該セルで送信されるDCIフォーマットにキャリアインディケータフィールドが含まれるかどうかを設定することができる。基地局装置3は、セカンダリーセル毎に、該セカンダリーセルのスケジューリングに用いられるDCIフォーマットが送信されるセルを設定することができる。プライマリーセルのスケジューリングに用いられるDCIフォーマットは、必ずプライマリーセルで送信される。

0100

基地局装置3は、他のセルのDCIフォーマットによってスケジュールされるセル毎に対してpdsch-Startを設定する。尚、キャリアインディケータの設定およびpdsch-Startの設定は、同一のセルを用いて通信する移動局装置1毎に異なってもよい。

0101

図10において、送信モード1から9の何れかが設定された移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHと同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1、1A、1B、1C、1D、2、2A、2B、または2Cを検出した場合であり、そして、該セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されている場合には、上位層パラメータepdcch-StartによってlDataStartが与えられる。

0102

図10において、送信モード1から9の何れかが設定された移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がPDCCHでDCIフォーマット1、1A、1B、1C、1D、2、2A、2B、または2Cを検出した場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0103

図10において、送信モード1から9の何れかが設定された移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1、1A、1B、1C、1D、2、2A、2B、または2Cを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されていない場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0104

図11は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1CによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置を説明するための図である。送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1CでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0105

図12は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第1の例を説明するための図である。

0106

図12において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-StartによってlDataStartが与えられる。

0107

図12において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されている場合には、セルに対する上位層パラメータepdcch-Start、または、EPDCCHを受信したEPDCCHセットに対するepdcch-StartによってlDataStartが与えられる。

0108

図12において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0109

図12において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されていない場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0110

図13は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第2の例を説明するための図である。

0111

図13において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-StartによってlDataStartが与えられる。

0112

図13において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、DCIフォーマット1Aに対応する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’によってlDataStartが与えられる。

0113

図13において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0114

‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’は、0から5の値をとりうる。基地局装置3は、セル毎に対して上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’を設定してもよい。移動局装置1は、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’を基地局装置3によって設定されない場合は、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’を5にセットする。

0115

つまり、「セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合」は、「セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が上位層によって設定されていない場合」を含む。

0116

また、「セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合」は、「セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が上位層によって設定されている場合」である。

0117

基地局装置3は、上位層の信号を経由して、移動局装置1に上位層パラメータを設定する。基地局装置3は、上位層パラメータの値を示す上位層の信号を、移動局装置1に送信する。移動局装置1は、受信した上位層の信号に基づいて、上位層パラメータを設定する。

0118

尚、epdcch-Startは、0から5の値をとりうる。移動局装置1は、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startを基地局装置3によって設定されない場合は、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startを5にセットしてもよい。

0119

つまり、「セルに対する上位層パラメータepdcch-Startの値が5である場合」は、「セルに対する上位層パラメータepdcch-Startの値が上位層によって設定されていない場合」を含む。

0120

また、「セルに対する上位層パラメータepdcch-Startの値が0、1、2、3、または、4である場合」は、「セルに対する上位層パラメータepdcch-Startの値が上位層によって設定されている場合」である。

0121

基地局装置3は、上位層の信号を経由して、移動局装置1に上位層パラメータを設定する。基地局装置3は、上位層パラメータの値を示す上位層の信号を、移動局装置1に送信する。移動局装置1は、受信した上位層の信号に基づいて、上位層パラメータを設定する。

0122

図14は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第3の例を説明するための図である。

0123

図14において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-StartによってlDataStartが与えられる。

0124

図14において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、DCIフォーマット1Aに対応する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’によってlDataStartが与えられる。

0125

図14において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0126

図14において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0127

図15は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第4の例を説明するための図である。

0128

図15において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-StartによってlDataStartが与えられる。

0129

図15において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がUSSでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、DCIフォーマット1Aに対応する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’によってlDataStartが与えられる。

0130

図15において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がCSSでDCIフォーマット1Aを検出した場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0131

図15において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がUSSでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0132

図16は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第5の例を説明するための図である。

0133

図16において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-StartによってlDataStartが与えられる。

0134

図16において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、DCIフォーマット1Aに対応する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’によってlDataStartが与えられる。

0135

図16において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されている場合には、セルに対する上位層パラメータepdcch-Start、または、EPDCCHを受信したEPDCCHセットに対するepdcch-StartによってlDataStartが与えられる。

0136

図16において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0137

図16において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されていない場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられる。

0138

図17は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット2DによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第1の例を説明するための図である。

0139

基地局装置3は、DCIフォーマット2Dに対する4つの上位層パラメータのセットを、移動局装置1に設定することができる。当該上位層パラメータのセットは、少なくとも‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’と‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’とを含む。

0140

基地局装置3は、上位層パラメータの4つのセットのうち1つを示す情報を、移動局装置1に送信する。上位層パラメータの4つのセットのうち1つを示す情報は、DCIフォーマット2Dに含まれる。つまり、DCIフォーマット2Dから‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’および‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’が決定される。

0141

MBSFNサブフレームには、PDCCHとPMCH、または、PDCCHとPDSCHを同時にマップできる。MBSFN(Multimedia Broadcast multicast service over a Single Frequency Network)サブフレームには、PMCHとPDSCHを同時にマップすることはできない。MBSFNサブフレームにおいて、DCIのスパンは1または2である。

0142

‘MBSFNsubframe configuration forPDSCH RE mapping’はPDSCHのリソースエレメントのマッピングに対してのみ用いられるパラメータである。実際に、サブフレームがMBSFNサブフレームかどうかを示す上位層のパラメータ‘MBSFN subframe configuration’は、‘MBSFN subframe configuration for PDSCH RE mapping’とは別に定義される。

0143

例えば、‘MBSFNsubframe configuration’と‘MBSFN subframe configuration forPDSCH RE mapping’はビットマップであり、そして、該ビットマップの1つのビットが1つのサブフレームに対応する。該ビットマップは周期的に用いられる。例えば、値が1であるビットが対応するサブフレームは、‘MBSFN subframe configuration’または‘MBSFN subframe configuration for PDSCH RE mapping’によって指示されたサブフレームである。

0144

‘MBSFNsubframe configuration’によって指示されたサブフレームは、MBSFNサブフレームである。‘MBSFN subframe configuration’によって指示されないサブフレームは、non−MBSFNサブフレームである。

0145

移動局装置1は、基地局装置3によって‘MBSFNsubframe configuration forPDSCH RE mapping’を設定されない場合は、‘MBSFN subframe configuration for PDSCH RE mapping’に‘MBSFN subframe configuration’のビットマップをセットする。移動局装置1は、基地局装置3によって‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’を設定されない場合は、‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’に5をセットする。

0146

図17において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、l'DataStartに‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値をセットする。

0147

図17において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-Startによってl'DataStartが与えられる。

0148

図17において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット2Dを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されている場合には、セルに対する上位層パラメータepdcch-Start、または、EPDCCHを受信したEPDCCHセットに対するepdcch-Startによってl'DataStartが与えられる。

0149

図17において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がPDCCHでDCIフォーマット2Dを検出した場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0150

図17において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット2Dを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されていない場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0151

図17において、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によって、サブフレームが指示されている場合には、数式(1)に基づいてlDataStartが与えられる。min(X,Y)は、入力された値(括弧の中の値)のうち最も小さい値を出力する関数である。

0152

0153

図17において、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によって、サブフレームが指示されている場合以外には、lDataStartにl'DataStartの値をセットする。

0154

DCIフォーマット2Dに対する4つの上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の1つは、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’と共通でもよい。また、DCIフォーマット2Dに対する4つの上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’は、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’とは独立に定義してもよい。

0155

尚、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、図17の例を適用してもよい。この場合には、DCIフォーマット1Aに対して上位層パラメータの1つのセットを設定できる。DCIフォーマット2Dに対する上位層パラメータの4つのセットの1つは、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータの1つのセットと共通でもよい。また、DCIフォーマット2Dに対する上位層パラメータの4つのセットの1つは、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータの1つのセットとは独立に定義してもよい。

0156

図18は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット2DによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第2の例を説明するための図である。

0157

図18において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、l'DataStartに‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値をセットする。

0158

図18において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-Startによってl'DataStartが与えられる。

0159

図18において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、DCIフォーマット1Aに対応する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’によってl'DataStartが与えられる。

0160

図18において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0161

図18において、PDSCHがDCIフォーマット2Dによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されている場合、PDSCHがDCIフォーマット1Aによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対する‘MBSFN subframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されている場合には、数式(1)に基づいてlDataStartが与えられる。図18において、それ以外の場合には、lDataStartにl'DataStartの値をセットする。

0162

当該「それ以外の場合」は、「PDSCHがDCIフォーマット2Dによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されていない場合」、および、「PDSCHがDCIフォーマット1Aによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対する‘MBSFN subframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されていない場合」を含む。

0163

図19は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット2DによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第3の例を説明するための図である。

0164

図19において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、l'DataStartに‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値をセットする。

0165

図19において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-Startによってl'DataStartが与えられる。

0166

図19において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット2Dを検出した場合であり、そして、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、DCIフォーマット1Aに対応する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’によってl'DataStartが与えられる。

0167

図19において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がPDCCHでDCIフォーマット2Dを検出した場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0168

図19において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット2Dを検出した場合であり、そして、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0169

図19において、PDSCHがDCIフォーマット2Dによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されている場合、PDSCHがDCIフォーマット1Aによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対する‘MBSFN subframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されている場合には、数式(1)に基づいてlDataStartが与えられる。図19において、それ以外の場合には、lDataStartにl'DataStartの値をセットする。

0170

当該「それ以外の場合」は、「PDSCHがDCIフォーマット2Dによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されていない場合」、および、「PDSCHがDCIフォーマット1Aによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対する‘MBSFN subframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されていない場合」を含む。

0171

図20は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット2DによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第4の例を説明するための図である。

0172

図20において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、l'DataStartに‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値をセットする。

0173

図20において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-Startによってl'DataStartが与えられる。

0174

図20において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、DCIフォーマット1Aに対応する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’によってl'DataStartが与えられる。

0175

図20において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット2Dを検出した場合であり、そして、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されている場合には、セルに対する上位層パラメータepdcch-Start、または、EPDCCHを受信したEPDCCHセットに対するepdcch-Startによってl'DataStartが与えられる。

0176

図20において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がPDCCHでDCIフォーマット2Dを検出した場合であり、そして、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0177

図20において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット2Dを検出した場合であり、そして、DCIフォーマット1Aに対する上位層パラメータ‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されていない場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0178

図20において、PDSCHがDCIフォーマット2Dによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されている場合、PDSCHがDCIフォーマット1Aによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対する‘MBSFN subframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されている場合には、数式(1)に基づいてlDataStartが与えられる。図20において、それ以外の場合には、lDataStartにl'DataStartの値をセットする。

0179

当該「それ以外の場合」は、「PDSCHがDCIフォーマット2Dによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット2Dから決定される‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されていない場合」、および、「PDSCHがDCIフォーマット1Aによってスケジュールされており、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対する‘MBSFN subframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されていない場合」を含む。

0180

また、CSSでDCIフォーマット1Aを受信した場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられ、そして、USSでDCIフォーマット1A/2Dを受信した場合には、図17の例を適用してもよい。

0181

また、あるサブフレームの第1のスロットにおける前記物理下りリンク共用チャネルがマップされるリソースエレメントの開始位置は、PDSCHの送信に用いられるアンテナポートに基づいて決定されてもよい。

0182

アンテナポート0から3はCRS(Cell-specific Reference Signal)の送信に用いられる。CRSは、セルの全帯域に分散して配置される。

0183

アンテナポート7はURS(UE-specific Reference Signal)の送信に用いられる。URSは、PDSCHが配置される物理リソースブロック内に分散して配置される。

0184

MBSFNサブフレームにおいて、DCIフォーマット1AでスケジューリングされるPDSCHはアンテナポート7で送信される。non−MBSFNサブフレームにおいて、CSSで検出されたDCIフォーマット1AでスケジューリングされるPDSCHはアンテナポート0−3で送信される。

0185

non−MBSFNサブフレームにおいて、USSで検出されたDCIフォーマット1AでスケジューリングされるPDSCHはアンテナポート0−3で送信されてもよい。non−MBSFNサブフレームにおいて、USSで検出されたDCIフォーマット1AでスケジューリングされるPDSCHはアンテナポート7で送信されてもよい。

0186

例えば、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート0−3が用いられる場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられてもよい。

0187

例えば、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート7が用いられる場合には、図12から図16の例に基づいてlDataStartが与えられてもよい。

0188

図21は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第6の例を説明するための図である。

0189

図21において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート0−3が用いられる場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられてもよい。

0190

図21において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート7が用いられる場合であり、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、l'DataStartに‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値をセットする。

0191

図21において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート7が用いられる場合であり、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-Startによってl'DataStartが与えられる。

0192

図21において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット2DでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート7が用いられる場合であり、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0193

図21において、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されている場合には、数式(1)に基づいてlDataStartが与えられる。図21において、それ以外の場合には、lDataStartにl'DataStartの値をセットする。

0194

当該「それ以外の場合」は、「PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されていない場合」を含む。

0195

図22は、あるセル対して送信モード10が設定された移動局装置1に対する、DCIフォーマット1AによってスケジュールされるPDSCHがマップされるOFDMシンボルの開始位置の第7の例を説明するための図である。

0196

図22において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート0−3が用いられる場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってlDataStartが与えられてもよい。

0197

図22において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート7が用いられる場合であり、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が0、1、2、3、または、4である場合には、l'DataStartに‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値をセットする。

0198

図22において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート7が用いられる場合であり、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されている場合であり、そして、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを異なるセルで受信する場合には、PDSCHを受信するセルに対する上位層パラメータpdsch-Startによってl'DataStartが与えられる。

0199

図22において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート7が用いられる場合であり、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されている場合には、セルに対する上位層パラメータepdcch-Start、または、EPDCCHを受信したEPDCCHセットに対するepdcch-Startによってl'DataStartが与えられる。

0200

図22において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート7が用いられる場合であり、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0201

図22において、送信モード10が設定され、そして、DCIフォーマット1AでスケジュールされるPDSCHを受信する移動局装置1に対して、PDSCHの送信にアンテナポート7が用いられる場合であり、そして、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘PDSCH starting position for PDSCH RE mapping’の値が5である場合であり、そして、移動局装置1がセルに対してキャリアインディケータフィールドを設定されていない、または、移動局装置1がPDSCHと当該PDSCHが対応するPDCCH/EPDCCHとを同じセルで受信する場合であり、そして、移動局装置1がEPDCCHでDCIフォーマット1Aを検出した場合であり、そして、セルに対する上位層パラメータepdcch-Startに対する値を上位層によって設定されていない場合には、セルのCFIによって与えられるDCIのスパンによってl'DataStartが与えられる。

0202

図22において、PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されている場合には、数式(1)に基づいてlDataStartが与えられる。図22において、それ以外の場合には、lDataStartにl'DataStartの値をセットする。

0203

当該「それ以外の場合」は、「PDSCHを受信するセルに対するDCIフォーマット1Aに対応する‘MBSFNsubframe configuration for PDSCH RE mapping’によってサブフレームが指示されていない場合」を含む。

0204

以下、本実施形態の装置構成について説明する。

0205

図23は、本実施形態の移動局装置1の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、移動局装置1は、上位層処理部101、制御部103、受信部105、送信部107と送受信アンテナ109を含んで構成される。また、上位層処理部101は、無線リソース制御部1011、リソース決定部1013と設定部1015を含んで構成される。また、受信部105は、復号化部1051、復調部1053、デマッピング部1055、無線受信部1057、チャネル測定部1059と検出部1061とを含んで構成される。また、送信部107は、符号化部1071、変調部1073、マッピング部1075、無線送信部1077と上りリンク参照信号生成部1079とを含んで構成される。

0206

上位層処理部101は、ユーザの操作等により生成された上りリンクデータ(トランスポートブロック)を、送信部107に出力する。また、上位層処理部101は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)層の処理を行なう。また、無線リソース制御部1011は、上りリンクの各チャネルに配置される情報を生成し、送信部107に出力する。

0207

上位層処理部101が備えるリソース決定部1013は、下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理信号のデマップを行なうリソースエレメントを決定する。リソース決定部1013は、制御部103を介して、下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理信号を下りリンクのリソースエレメントからデマップ(抽出)するようデマッピング部1055に指示をする。例えば、リソース決定部1013は、図10から図22の何れかの例を用いてPDSCHをデマップするリソースエレメントを決定する。

0208

また、リソース決定部1013は、上りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理信号をマップするリソースエレメントを決定する。リソース決定部1013は、制御部103を介して、上りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理信号を上りリンクのリソースエレメントにマップするようマッピング部1075に指示をする。

0209

上位層処理部101が備える設定部1015は、自装置の各種設定情報の管理をする。例えば、設定部1015は、基地局装置3から受信した上位層の信号に応じて、各種設定を行なう。

0210

制御部103は、上位層処理部101からの制御情報に基づいて、受信部105、および送信部107の制御を行なう制御信号を生成する。制御部103は、生成した制御信号を受信部105、および送信部107に出力して受信部105、および送信部107の制御を行なう。

0211

受信部105は、制御部103から入力された制御信号に従って、送受信アンテナ109を介して基地局装置3から受信した受信信号を、分離、復調、復号し、復号した情報を上位層処理部101に出力する。

0212

無線受信部1057は、送受信アンテナ109を介して受信した下りリンクの信号を、中間周波数に変換し(ダウンコンバート: down covert)、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信した信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ信号ディジタル信号に変換する。無線受信部1057は、変換したディジタル信号からガードインターバル(Guard Interval:GI)に相当する部分を除去し、ガードインターバルを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform:FFT)を行ない、周波数領域の信号を抽出する。

0213

デマッピング部1055は、抽出した信号をPHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、および下りリンク参照信号に、それぞれ分離する。また、デマッピング部1055は、チャネル測定部1059から入力された伝搬路の推定値から、PHICH、PDCCH、EPDCCH、およびPDSCHの伝搬路の補償を行なう。また、デマッピング部1055は、分離した下りリンク参照信号をチャネル測定部1059に出力する。

0214

復調部1053は、PHICHに対して対応する符号を乗算して合成し、合成した信号に対してBPSK(Binary Phase Shift Keying)変調方式の復調を行ない、復号化部1051へ出力する。復号化部1051は、自装置宛てのPHICHを復号し、復号したHARQインディケータを上位層処理部101に出力する。

0215

復調部1053は、PDSCHに対して、QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)、16QAM(Quadrature Amplitude Modulation)、64QAM等の下りリンクグラントで通知された変調方式の復調を行ない、復号化部1051へ出力する。復号化部1051は、下りリンク制御情報で通知された符号化率に関する情報に基づいて復号を行ない、復号した下りリンクデータ(トランスポートブロック)を上位層処理部101へ出力する。

0216

チャネル測定部1059は、デマッピング部1055から入力された下りリンク参照信号から下りリンクのパスロスやチャネルの状態を測定し、測定したパスロスやチャネルの状態を上位層処理部101へ出力する。また、チャネル測定部1059は、下りリンク参照信号から下りリンクの伝搬路の推定値を算出し、デマッピング部1055へ出力する。

0217

検出部1061は、PDCCHおよび/またはEPDCCHで下りリンク制御情報の検出を行ない、そして、検出した下りリンク制御情報を上位層処理部101に出力する。検出部1061は、PDCCHおよび/またはEPDCCHに対して、QPSK変調方式の復調および復号を行なう。検出部1061は、PDCCHおよび/またはEPDCCHのブラインドデコーディングを試み、ブラインドデコーディングに成功した場合、下りリンク制御情報を上位層処理部101に出力する。

0218

送信部107は、制御部103から入力された制御信号に従って、上りリンク参照信号を生成し、上位層処理部101から入力された上りリンクデータ(トランスポートブロック)を符号化および変調し、PUCCH、PUSCH、および生成した上りリンク参照信号を多重し、送受信アンテナ109を介して基地局装置3に送信する。

0219

符号化部1071は、上位層処理部101から入力された上りリンク制御情報を畳込み符号化、ブロック符号化等の符号化を行なう。また、符号化部1071は、PUSCHのスケジューリングに用いられる情報に基づきターボ符号化を行なう。

0220

変調部1073は、符号化部1071から入力された符号化ビットをBPSK、QPSK、16QAM、64QAM等の下りリンク制御情報で通知された変調方式または、チャネル毎に予め定められた変調方式で変調する。変調部1073は、PUSCHのスケジューリングに用いられる情報に基づき、空間多重されるデータの系列の数を決定し、MIMOSM(Multiple Input Multiple Output Spatial Multiplexing)を用いることにより同一のPUSCHで送信される複数の上りリンクデータを、複数の系列にマッピングし、この系列に対してプレコーディング(precoding)を行なう。変調部1073は、サイクリックシフト、および/または、直交系列を用いてPUCCHを拡散する。

0221

上りリンク参照信号生成部1079は、基地局装置3を識別するための物理レイヤセルアイデンティティ(Physical layer Cell Identity:PCI)または仮想セルアイデンティティなどを基に、参照信号の系列を生成する。

0222

マッピング部1075は、制御部103から入力された制御信号に従って、PUSCHの変調シンボルを並列並び替えてから離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform:DFT)する。また、マッピング部1075は、PUCCHとPUSCHの信号と生成した上りリンク参照信号を送信アンテナポート毎に多重する。つまり、マッピング部1075は、PUCCHとPUSCHの信号と生成した上りリンク参照信号を送信アンテナポート毎にリソースエレメントに配置(マップ)する。

0223

無線送信部1077は、多重された信号を逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform:IFFT)して、SC−FDMA方式の変調を行ない、SC−FDMA変調されたSC−FDMAシンボルにガードインターバルを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成し、ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換し、アナログ信号から中間周波数の同相成分および直交成分を生成し、中間周波数帯域に対する余分な周波数成分を除去し、中間周波数の信号を高周波数の信号に変換(アップコンバート: up convert)し、余分な周波数成分を除去し、電力増幅し、送受信アンテナ109に出力して送信する。

0224

図24は、本実施形態の基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、基地局装置3は、上位層処理部301、制御部303、受信部305、送信部307、および、送受信アンテナ309、を含んで構成される。また、上位層処理部301は、無線リソース制御部3011、スケジューリング部3013と設定部3015とを含んで構成される。また、受信部305は、復号化部3051、復調部3053、デマッピング部3055、無線受信部3057とチャネル測定部3059を含んで構成される。また、送信部307は、符号化部3071、変調部3073、マッピング部3075、無線送信部3077と下りリンク参照信号生成部3079を含んで構成される。

0225

上位層処理部301は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)層の処理を行なう。また、上位層処理部301は、受信部305、および送信部307の制御を行なうために制御情報を生成し、制御部303に出力する。

0226

上位層処理部301が備える無線リソース制御部3011は、下りリンクのPDSCHに配置される下りリンクデータ(トランスポートブロック)、システムインフォメーションブロック、RRCシグナル、MAC CE(Control Element)などを生成し、又は上位ノードから取得し、送信部307に出力する。また、無線リソース制御部3011は、移動局装置1各々の各種設定情報の管理をする。

0227

上位層処理部301が備えるスケジューリング部3013は、チャネル測定部3059から入力された伝搬路の推定値やチャネルの品質などから、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)を割り当てる周波数およびサブフレームおよびリソースエレメント、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)の符号化率および変調方式および送信電力などを決定する。スケジューリング部3013は、スケジューリング結果に基づき、受信部305、および送信部307の制御を行なうために制御情報を生成し、制御部303に出力する。また、スケジューリング部3013は、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)のスケジューリング結果を制御情報生成部3015へ出力する。

0228

スケジューリング部3013は、制御部103を介して、下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理信号を下りリンクのリソースエレメントにマップするようマッピング部3075に指示をする。例えば、スケジューリング部3013は、図10から図22の何れかの例を用いてPDSCHをマップするリソースエレメントを決定する。

0229

制御部303は、上位層処理部301からの制御情報に基づいて、受信部305、および送信部307の制御を行なう制御信号を生成する。制御部303は、生成した制御信号を受信部305、および送信部307に出力して受信部305、および送信部307の制御を行なう。

0230

受信部305は、制御部303から入力された制御信号に従って、送受信アンテナ309を介して移動局装置1から受信した受信信号を分離、復調、復号し、復号した情報を上位層処理部301に出力する。無線受信部3057は、送受信アンテナ309を介して受信された上りリンクの信号を、中間周波数に変換し(ダウンコンバート: down covert)、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信された信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ信号をディジタル信号に変換する。

0231

無線受信部3057は、変換したディジタル信号からガードインターバル(Guard Interval:GI)に相当する部分を除去する。無線受信部3057は、ガードインターバルを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform:FFT)を行ない、周波数領域の信号を抽出しデマッピング部3055に出力する。

0232

デマッピング部3055は、無線受信部3057から入力された信号をPUCCH、PUSCH、上りリンク参照信号などの信号に分離する。尚、この分離は、予め基地局装置3が無線リソース制御部3011で決定し、各移動局装置1に通知した上りリンクグラントに含まれる無線リソースの割り当て情報に基づいて行なわれる。また、デマッピング部3055は、チャネル測定部3059から入力された伝搬路の推定値から、PUCCHとPUSCHの伝搬路の補償を行なう。また、デマッピング部3055は、分離した上りリンク参照信号をチャネル測定部3059に出力する。

0233

復調部3053は、PUSCHを逆離散フーリエ変換(Inverse Discrete Fourier Transform: IDFT)し、変調シンボルを取得し、PUCCHとPUSCHの変調シンボルそれぞれに対して、BPSK(Binary Phase Shift Keying)、QPSK、16QAM、64QAM等の予め定められた、または自装置が移動局装置1各々に上りリンクグラントで予め通知した変調方式を用いて受信信号の復調を行なう。復調部3053は、移動局装置1各々に上りリンクグラントで予め通知した空間多重される系列の数と、この系列に対して行なうプリコーディングを指示する情報に基づいて、MIMOSMを用いることにより同一のPUSCHで送信された複数の上りリンクデータの変調シンボルを分離する。

0234

復号化部3051は、復調されたPUCCHとPUSCHの符号化ビットを、予め定められた符号化方式の、予め定められた、又は自装置が移動局装置1に上りリンクグラントで予め通知した符号化率で復号を行ない、復号した上りリンクデータと、上りリンク制御情報を上位層処理部301へ出力する。PUSCHが再送信の場合は、復号化部3051は、上位層処理部301から入力されるHARQバッファに保持している符号化ビットと、復調された符号化ビットを用いて復号を行なう。チャネル測定部309は、デマッピング部3055から入力された上りリンク参照信号から伝搬路の推定値、チャネルの品質などを測定し、デマッピング部3055および上位層処理部301に出力する。

0235

送信部307は、制御部303から入力された制御信号に従って、下りリンク参照信号を生成し、上位層処理部301から入力されたHARQインディケータ、下りリンク制御情報、下りリンクデータを符号化、および変調し、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、および下りリンク参照信号を多重して、送受信アンテナ309を介して移動局装置1に信号を送信する。

0236

符号化部3071は、上位層処理部301から入力されたHARQインディケータ、下りリンク制御情報、および下りリンクデータを、ブロック符号化、畳込み符号化、ターボ符号化等の予め定められた符号化方式を用いて符号化を行なう、または無線リソース制御部3011が決定した符号化方式を用いて符号化を行なう。変調部3073は、符号化部3071から入力された符号化ビットをBPSK、QPSK、16QAM、64QAM等の予め定められた、または無線リソース制御部3011が決定した変調方式で変調する。

0237

下りリンク参照信号生成部3079は、基地局装置3を識別するための物理セル識別子(PCI)などを基に予め定められた規則で求まる、移動局装置1が既知の系列を下りリンク参照信号として生成する。マッピング部3075は、変調された各チャネルの変調シンボルと生成された下りリンク参照信号を多重する。つまり、マッピング部3075は、変調された各チャネルの変調シンボルと生成された下りリンク参照信号をリソースエレメントに配置する。

0238

無線送信部3077は、多重された変調シンボルなどを逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform:IFFT)して、OFDM方式の変調を行ない、OFDM変調されたOFDMシンボルにガードインターバルを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成し、ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換し、アナログ信号から中間周波数の同相成分および直交成分を生成し、中間周波数帯域に対する余分な周波数成分を除去し、中間周波数の信号を高周波数の信号に変換(アップコンバート: up convert)し、余分な周波数成分を除去し、電力増幅し、送受信アンテナ309に出力して送信する。

0239

上述したように、本実施形態の移動局装置1と基地局装置3は、あるサブフレームの第1のスロットにおけるPDSCHがマップされるリソースエレメントの開始位置を、PDSCHでの送信に対する送信モード、PDSCHのスケジューリングに使用されたDCIフォーマット、PDSCHの送信に使用された下りリンク物理チャネル、DCIフォーマットを検出したサーチスペース、および、PDSCHの送信に用いられるアンテナポート、の少なくとも1つに基づいて決定する。

0240

また、通常の動的なスケジューリング(通常の端末識別子マスクされたDCIフォーマット(例えば,PDCCHやEPDCCHで送信される,C−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット)によるスケジューリング、1つのサブフレーム中トリガーするDCIフォーマットとトリガーされるPDSCHが配置されるスケジューリング)を行なう場合か準定常的なスケジューリング(準定常的なスケジューリング用の端末識別子でマスクされたDCIフォーマット(例えば,PDCCHやEPDCCHで送信される,SPSC−RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマット)によるスケジューリング、1つのサブフレームにおけるDCIフォーマットにより複数のサブフレームにおけるPDSCHをトリガーすることができるスケジューリング)を行なう場合かで、さらに、PDSCHの受信に関連する動作を切り替えることもできる。

0241

(A)本実施形態の端末装置は、あるサブフレームの第1のスロットにおける前記物理下りリンク共用チャネルがマップされるリソースエレメントの開始位置を、前記物理下りリンク共用チャネルでの送信に対する送信モード、前記物理下りリンク共用チャネルのスケジューリングに使用された下りリンク制御情報フォーマット、前記下りリンク制御情報フォーマットの送信に使用された下りリンク物理チャネル、前記下りリンク制御情報フォーマットを検出したサーチスペース、の少なくとも1つに基づいて決定する。

0242

(B)上述の端末装置において、前記物理下りリンク共用チャネルがマップされるリソースエレメントの開始位置は、上位層によって設定されるパラメータに基づいて決定される。

0243

(C)上述の端末装置において、前記物理下りリンク共用チャネルがマップされるリソースエレメントの開始位置は、物理制御フォーマットインディケータチャネルで送信される情報に基づいて決定される。

0244

(D)上述の端末装置において、前記物理下りリンク共用チャネルがマップされるリソースエレメントの開始位置は、前記下りリンク制御情報フォーマットに含まれる制御情報に基づいて決定される。

0245

(E)上述の端末装置において、前記下りリンク制御情報フォーマットの送信に使用された下りリンク物理チャネルは、物理下りリンク制御チャネルまたはエンハンスト物理下りリンク制御チャネルである。

0246

(F)上述の端末装置において、前記下りリンク制御情報フォーマットを検出したサーチスペースは、コモンサーチスペースまたはユーザ装置スペフィックサーチスペースである。

0247

(G)本実施形態の基地局装置は、あるサブフレームの第1のスロットにおいて、前記物理下りリンク共用チャネルでの送信に対する送信モード、前記物理下りリンク共用チャネルのスケジューリングに使用した下りリンク制御情報フォーマット、前記下りリンク制御情報フォーマットの送信に使用した下りリンク物理チャネル、前記端末装置が前記下りリンク制御情報フォーマットを検出したサーチスペース、の少なくとも1つに基づいて決定される開始位置から前記物理下りリンク共用チャネルをリソースエレメントに配置する。

0248

(H)上述の基地局装置において、前記物理下りリンク共用チャネルがマップされるリソースエレメントの開始位置は、上位層によって設定されるパラメータに基づいて決定される。

0249

(I)上述の基地局装置において、前記物理下りリンク共用チャネルがマップされるリソースエレメントの開始位置は、物理制御フォーマットインディケータチャネルで送信される情報に基づいて決定される。

0250

(J)上述の基地局装置において、前記物理下りリンク共用チャネルがマップされるリソースエレメントの開始位置は、前記下りリンク制御情報フォーマットに含まれる制御情報に基づいて決定される。

0251

(K)上述の基地局装置において、前記下りリンク制御情報フォーマットの送信に使用された下りリンク物理チャネルは、物理下りリンク制御チャネルまたはエンハンスト物理下りリンク制御チャネルである。

0252

(L)上述の基地局装置において、前記下りリンク制御情報フォーマットを検出したサーチスペースは、コモンサーチスペースまたはユーザ装置スペシフィックサーチスペースである。

0253

これにより、基地局装置3と端末装置1が、PDSCHがマップされるリソースエレメントの開始位置を決定し、効率的に通信することができる。

0254

本発明に関わる基地局装置3、および移動局装置1で動作するプログラムは、本発明に関わる上記実施形態の機能を実現するように、CPU(Central Processing Unit)等を制御するプログラム(コンピュータを機能させるプログラム)であってもよい。そして、これら装置で取り扱われる情報は、その処理時に一時的にRAM(Random Access Memory)に蓄積され、その後、Flash ROM(Read Only Memory)などの各種ROMやHDD(Hard Disk Drive)に格納され、必要に応じてCPUによって読み出し修正・書き込みが行なわれる。

0255

尚、上述した実施形態における移動局装置1、基地局装置3の一部、をコンピュータで実現するようにしてもよい。その場合、この制御機能を実現するためのプログラムをコンピュータが読み取り可能な記録媒体に記録して、この記録媒体に記録されたプログラムをコンピュータシステムに読み込ませ、実行することによって実現してもよい。

0256

尚、ここでいう「コンピュータシステム」とは、移動局装置1、又は基地局装置3に内蔵されたコンピュータシステムであって、OSや周辺機器等のハードウェアを含むものとする。また、「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、フレキシブルディスク光磁気ディスク、ROM、CD−ROM等の可搬媒体、コンピュータシステムに内蔵されるハードディスク等の記憶装置のことをいう。

0257

さらに「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、インターネット等のネットワーク電話回線等の通信回線を介してプログラムを送信する場合の通信線のように、短時間、動的にプログラムを保持するもの、その場合のサーバクライアントとなるコンピュータシステム内部の揮発性メモリのように、一定時間プログラムを保持しているものも含んでもよい。また上記プログラムは、前述した機能の一部を実現するためのものであってもよく、さらに前述した機能をコンピュータシステムにすでに記録されているプログラムとの組み合わせで実現できるものであってもよい。

0258

また、上述した実施形態における基地局装置3は、複数の装置から構成される集合体(装置グループ)として実現することもできる。装置グループを構成する装置の各々は、上述した実施形態に関わる基地局装置3の各機能または各機能ブロックの一部、または、全部を備えてもよい。装置グループとして、基地局装置3の一通りの各機能または各機能ブロックを有していればよい。また、上述した実施形態に関わる移動局装置1は、集合体としての基地局装置と通信することも可能である。

0259

また、上述した実施形態における移動局装置1、基地局装置3の一部、又は全部を典型的には集積回路であるLSIとして実現してもよいし、チップセットとして実現してもよい。移動局装置1、基地局装置3の各機能ブロックは個別にチップ化してもよいし、一部、又は全部を集積してチップ化してもよい。また、集積回路化の手法はLSIに限らず専用回路、又は汎用プロセッサで実現してもよい。また、半導体技術の進歩によりLSIに代替する集積回路化の技術が出現した場合、当該技術による集積回路を用いることも可能である。

0260

また、上述した実施形態では、端末装置もしくは通信装置の一例として移動局装置を記載したが、本願発明は、これに限定されるものではなく、屋内外に設置される据え置き型、または非可動型電子機器、たとえば、AV機器キッチン機器掃除洗濯機器空調機器オフィス機器自動販売機、その他生活機器などの端末装置もしくは通信装置にも適用出来る。

0261

以上、この発明の実施形態に関して図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、この発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等も含まれる。また、本発明は、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。また、上記各実施形態に記載された要素であり、同様の効果を奏する要素同士を置換した構成も含まれる。

0262

1(1A、1B、1C)移動局装置
3基地局装置
101 上位層処理部
103 制御部
105 受信部
107 送信部
109送受信アンテナ
1011無線リソース制御部
1013リソース決定部
1015 設定部
1051復号化部
1053復調部
1055デマッピング部
1057無線受信部
1059チャネル測定部
1061 検出部
1071 符号化部
1073変調部
1075マッピング部
1077無線送信部
1079上りリンク参照信号生成部
301 上位層処理部
303 制御部
305 受信部
307 送信部
309 送受信アンテナ
3011 無線リソース制御部
3013スケジューリング部
3015 設定部
3051 復号化部
3053 復調部
3055 デマッピング部
3057 無線受信部
3059 チャネル測定部
3071 符号化部
3073 変調部
3075 マッピング部
3077 無線送信部
3079下りリンク参照信号生成部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ