図面 (/)

技術 画像処理装置、画像処理管理装置、端末装置及び画像処理方法

出願人 パイオニア株式会社
発明者 松永英士安士光男大沢進福田達也廣瀬智博伊藤要一
出願日 2012年3月28日 (8年9ヶ月経過) 出願番号 2014-507151
公開日 2015年8月3日 (5年4ヶ月経過) 公開番号 WO2013-145184
状態 特許登録済
技術分野 交通制御システム 教示用装置 航行(Navigation)
主要キーワード 動作エネルギ 片道移動 消費態様 欠損点 外部通信ユニット 回収エネルギ 車内通信網 時間規制
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年8月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題・解決手段

空調装置990を動作させない場合に、移動体MVが現在地点から、地図情報で特定される複数の分割領域それぞれまで移動したときに消費するエネルギ消費量及び所要時間の推定値が、記録部740内に記録される。この状態で到達可能範囲の表示命令を受けると、推定部750は、到達可能範囲の表示命令おける空調装置990の動作の有無の指定状態で、現在地点から複数の分割領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量であるエネルギ推定情報を算出する。そして、表示制御部760が、当該エネルギ推定情報、及び、エネルギ残量の現在量である初期保有エネルギに基づいて、到達可能範囲に関する情報を表示するための表示データを生成する。この結果、空調装置990を動作させるようにした際における移動体MVの現在地点からの到達可能範囲の情報を、表示部770に迅速に表示させることができる。

概要

背景

従来から、移動体の現在位置等の基点から、当該移動体が到達可能な範囲(以下、単に「到達可能範囲」という)の表示について、様々な技術が提案されている。こうした提案技術としては、当該基点から所定の時間以内での到達可能範囲を表示する技術(特許文献1参照:以下、「従来例1」という)や、当該基点から初期保有エネルギ量での到達可能範囲を表示する技術(特許文献2参照:以下、「従来例2」という)がある。

ここで、従来例1の技術では、基点位置から到達可能な複数の地点の抽出に際して、所要時間の上限を所定の時間としつつ、ダイクストラ法等の手法を用いて、当該複数の地点までの経路を探索するようになっている。すなわち、基点位置から到達可能な複数の地点までの経路のうち、所要時間が最小となる経路を探索し、探索された経路に沿った移動時間が所定の時間以内の地点を到達可能な地点として抽出するようになっている。

こうして到達可能な地点が抽出されると、地図情報により特定可能な複数の領域それぞれが、抽出された地点を少なくとも1つ含むか否かを判定することによって、当該複数の領域それぞれに到達可能か否かを判定する。かかる判定の結果に基づいて、到達可能範囲を表示するようになっている。

概要

空調装置990を動作させない場合に、移動体MVが現在地点から、地情報で特定される複数の分割領域それぞれまで移動したときに消費するエネルギ消費量及び所要時間の推定値が、記録部740内に記録される。この状態で到達可能範囲の表示命令を受けると、推定部750は、到達可能範囲の表示命令おける空調装置990の動作の有無の指定状態で、現在地点から複数の分割領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量であるエネルギ推定情報を算出する。そして、表示制御部760が、当該エネルギ推定情報、及び、エネルギ残量の現在量である初期保有エネルギに基づいて、到達可能範囲に関する情報を表示するための表示データを生成する。この結果、空調装置990を動作させるようにした際における移動体MVの現在地点からの到達可能範囲の情報を、表示部770に迅速に表示させることができる。

目的

本発明は、上記の事情に鑑みてなされたものであり、移動体の装備品の状態の変化に対応して当該装備品のエネルギの消費態様が変化した場合に、当該変化後における移動体の到達可能範囲を迅速に表示させるための処理を実行する画像処理装置画像処理管理装置端末装置及び画像処理方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

地図情報により特定される複数の領域を用いて移動体の到達可能範囲に関する情報を処理する画像処理装置であって、前記移動体に備えられた装備品が第1の状態にある場合に、前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量及び所要時間の推定値を、前記複数の領域それぞれに対応付けて記録する記録部と;前記記録部に記録されているエネルギ消費量の推定値及び所要時間の推定値、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報に基づき、前記装備品が第2の状態に変化した際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量を推定する推定部と;前記推定部による推定結果、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量に基づいて、前記装備品が前記第2の状態に変化した際の到達可能範囲に関する情報を表示部に表示させる表示制御部と;を備えることを特徴とする画像処理装置。

請求項2

前記推定部は、前記記録部に記録されている所要時間の推定値、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報、及び、前記第1の状態と前記第2の状態との差異に基づいて、前記装備品が前記第2の状態にある際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときにおける前記装備品のエネルギ消費量の推定値を算出する第1算出を行い、前記第1算出の結果と、前記記録部に記録されているエネルギ消費量の推定値との和を、前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量の推定値として算出する第2算出を行う、ことを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。

請求項3

前記推定部は、前記記録部に記録されている所要時間の推定値、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報、及び、前記第1の状態と前記第2の状態との差異に基づいて、前記装備品が前記第2の状態に変化した際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときにおける前記装備品のエネルギ消費量の推定値を算出する第1算出を行い、前記第1算出の結果と、前記記録部に記録されているエネルギ消費量の推定値の50%との和を、前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量の推定値として算出する第2算出を行い、前記表示制御部は、前記推定部による推定結果、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量の50%に基づき、前記装備品が前記第2の状態に変化した際の到達可能範囲に関する情報を前記表示部に表示させる、ことを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。

請求項4

前記複数の領域は、前記装備品によるエネルギ消費がなされない場合に、前記初期保有エネルギにより、前記現在地点から前記移動体の到達可能な領域であり、前記第1の状態は、前記装備品によるエネルギ消費がなされない状態である、ことを特徴とする請求項1〜3のいずれか一項に記載の画像処理装置。

請求項5

前記複数の領域は、前記装備品によるエネルギ消費がなされない場合に、前記初期保有エネルギにより移動可能な最大距離半径とし、前記現在地点を中心とする円に外接する矩形の領域を分割した領域である、ことを特徴とする請求項1〜3のいずれか一項に記載の画像処理装置。

請求項6

前記装備品には空調装置が含まれる、ことを特徴とする請求項1〜5のいずれか一項に記載の画像処理装置。

請求項7

地図情報により特定される複数の領域を用いて移動体の到達可能範囲に関する情報を処理する画像処理管理装置であって、前記移動体の現在地点、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量を受信する受信部と;前記移動体に備えられた装備品が第1の状態にある場合に、前記移動体が現在地点から、前記複数の領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量及び所要時間の推定値を、前記複数の領域それぞれに対応付けて記録する記録部と;前記記録部に記録されているエネルギ消費量の推定値及び所要時間の推定値、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報に基づき、前記装備品が第2の状態に変化した際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量を推定する推定部と;前記推定部による推定結果、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量を利用し、前記装備品が前記第2の状態に変化した際の到達可能範囲に関する情報を送信する送信部と;を備えることを特徴とする画像処理管理装置。

請求項8

地図情報により特定される複数の領域を用いて移動体の到達可能範囲に関する情報を処理する端末装置であって、前記移動体の現在地点、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量を画像処理管理装置へ送信する送信部と;前記初期保有エネルギ量と、前記移動体に備えられた装備品が第1の状態にある場合に、前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量及び所要時間の推定値の記録情報、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報に基づき推定された、前記装備品が第2の状態に変化した際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量とに基づいて算出された前記装備品が前記第2の状態に変化した際の到達可能範囲に関する情報を受信する受信部と;前記受信部により受信された到達可能範囲に関する情報を表示部に表示させる出力部と;を備えることを特徴とする端末装置。

請求項9

地図情報により特定可能な複数の領域を用いて移動体の到達可能範囲に関する情報を処理する画像処理方法であって、前記移動体に備えられた装備品が第1の状態にある場合に、前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量及び所要時間の推定値を、前記複数の領域それぞれに対応付けて記録する記録工程と;前記記録工程において記録されたエネルギ消費量の推定値及び所要時間の推定値、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報に基づき、前記装備品が第2の状態に変化した際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量を推定する推定工程と;前記推定工程における推定結果、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量に基づいて、前記装備品が前記第2の状態に変化した際の到達可能範囲に関する情報を表示部に表示させる表示制御工程と;を備えることを特徴とする画像処理方法。

技術分野

0001

本発明は、画像処理装置画像処理管理装置端末装置及び画像処理方法に関する。

背景技術

0002

従来から、移動体の現在位置等の基点から、当該移動体が到達可能な範囲(以下、単に「到達可能範囲」という)の表示について、様々な技術が提案されている。こうした提案技術としては、当該基点から所定の時間以内での到達可能範囲を表示する技術(特許文献1参照:以下、「従来例1」という)や、当該基点から初期保有エネルギ量での到達可能範囲を表示する技術(特許文献2参照:以下、「従来例2」という)がある。

0003

ここで、従来例1の技術では、基点位置から到達可能な複数の地点の抽出に際して、所要時間の上限を所定の時間としつつ、ダイクストラ法等の手法を用いて、当該複数の地点までの経路を探索するようになっている。すなわち、基点位置から到達可能な複数の地点までの経路のうち、所要時間が最小となる経路を探索し、探索された経路に沿った移動時間が所定の時間以内の地点を到達可能な地点として抽出するようになっている。

0004

こうして到達可能な地点が抽出されると、地図情報により特定可能な複数の領域それぞれが、抽出された地点を少なくとも1つ含むか否かを判定することによって、当該複数の領域それぞれに到達可能か否かを判定する。かかる判定の結果に基づいて、到達可能範囲を表示するようになっている。

先行技術

0005

特開2007−298744号公報
特開2010−127678号公報

発明が解決しようとする課題

0006

ところで、電気エネルギ駆動用エネルギとする電気自動車には、装備品として、一般に空調装置等の電装品装備されている。かかる電装品が動作する場合には、電気自動車の駆動の場合と同様に、電気エネルギが消費される。このため、電装品の動作状態が変化すると、初期保有エネルギ量による電気自動車の到達可能範囲が変化することになる。

0007

このため、初期保有エネルギ量による到達可能範囲を導出するためには、電装品、特に、動作時のエネルギ消費量が多い空調装置の動作状態を想定したうえで、到達可能範囲を導出することが必要となる。かかる到達可能範囲の導出を精度良く行うには、想定される電装品の動作状態ごとに、従来例2の技術に従来例1における経路探索を適用することが考えられる。

0008

しかしながら、想定される電装品の動作状態ごとに、ダイクストラ法等の手法を用いた経路探索を行うことにすると、当該電装品の動作状態ごとの到達可能範囲の導出に多大な時間を要することになってしまう。このため、初期保有エネルギ量による移動に際して、電装品の動作状態の変化による現在位置からの到達可能範囲の変化を確認しようとした場合には、当該確認のために多大な時間を要することになる。

0009

本発明は、上記の事情に鑑みてなされたものであり、移動体の装備品の状態の変化に対応して当該装備品のエネルギの消費態様が変化した場合に、当該変化後における移動体の到達可能範囲を迅速に表示させるための処理を実行する画像処理装置、画像処理管理装置、端末装置及び画像処理方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

本発明は、第1の観点からすると、地図情報により特定される複数の領域を用いて移動体の到達可能範囲に関する情報を処理する画像処理装置であって、前記移動体に備えられた装備品が第1の状態にある場合に、前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量及び所要時間の推定値を、前記複数の領域それぞれに対応付けて記録する記録部と;前記記録部に記録されているエネルギ消費量の推定値及び所要時間の推定値、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報に基づき、前記装備品が第2の状態に変化した際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量を推定する推定部と;前記推定部による推定結果、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量に基づいて、前記装備品が前記第2の状態に変化した際の到達可能範囲に関する情報を表示部に表示させる表示制御部と;を備えることを特徴とする画像処理装置である。

0011

本発明は、第2の観点からすると、地図情報により特定される複数の領域を用いて移動体の到達可能範囲に関する情報を処理する画像処理管理装置であって、前記移動体の現在地点、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量を受信する受信部と;前記移動体に備えられた装備品が第1の状態にある場合に、前記移動体が現在地点から、前記複数の領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量及び所要時間の推定値を、前記複数の領域それぞれに対応付けて記録する記録部と;前記記録部に記録されているエネルギ消費量の推定値及び所要時間の推定値、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報に基づき、前記装備品が第2の状態に変化した際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量を推定する推定部と;前記推定部による推定結果、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量を利用し、前記装備品が前記第2の状態に変化した際の到達可能範囲に関する情報を送信する送信部と;を備えることを特徴とする画像処理管理装置である。

0012

本発明は、第3の観点からすると、地図情報により特定される複数の領域を用いて移動体の到達可能範囲に関する情報を処理する端末装置であって、前記移動体の現在地点、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量を画像処理管理装置へ送信する送信部と;前記初期保有エネルギ量と、前記移動体に備えられた装備品が第1の状態にある場合に、前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量及び所要時間の推定値の記録情報、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報に基づき推定された、前記装備品が第2の状態に変化した際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量とに基づいて算出された前記装備品が前記第2の状態に変化した際の到達可能範囲に関する情報を受信する受信部と;前記受信部により受信された到達可能範囲に関する情報を表示部に表示させる出力部と;を備えることを特徴とする端末装置である。

0013

本発明は、第4の観点からすると、地図情報により特定可能な複数の領域を用いて移動体の到達可能範囲に関する情報を処理する画像処理方法であって、前記移動体に備えられた装備品が第1の状態にある場合に、前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときのエネルギ消費量及び所要時間の推定値を、前記複数の領域それぞれに対応付けて記録する記録工程と;前記記録工程において記録されたエネルギ消費量の推定値及び所要時間の推定値、並びに、前記装備品により消費されるエネルギに関する情報に基づき、前記装備品が第2の状態に変化した際に前記移動体が現在地点から前記複数の領域それぞれまで移動したときに消費する前記複数の領域それぞれに対応するエネルギ消費量を推定する推定工程と;前記推定工程における推定結果、及び、前記移動体が現在地点で保有する初期保有エネルギ量に基づいて、前記装備品が前記第2の状態に変化した際の到達可能範囲に関する情報を表示部に表示させる表示制御工程と;を備えることを特徴とする画像処理方法である。

図面の簡単な説明

0014

本発明の第1実施形態に係る画像処理装置の概略的な構成を示すブロック図である。
本発明の第2実施形態に係る端末装置及び画像処理管理装置の概略的な構成を示すブロック図である。
本発明の第1実施例に係るナビゲーション装置の概略的な構成を示すブロック図である。
図3のナビゲーション装置による到達可能範囲に関する情報の表示処理を説明するためのフローチャートである。
図4のBIF情報の算出処理を説明するためのフローチャートである。
空調装置を動作させず、片道移動をする際に、初期保有エネルギ量で移動可能なノードの探索結果の例を示す図である。
BIF情報の内容を説明するための図である。
図4EIF情報の算出処理を説明するためのフローチャートである。
EIF情報の内容を説明するための図である。
図4の到達可能範囲に関する情報の表示データの生成処理を説明するためのフローチャートである。
空調装置を動作させず、片道移動をする際の到達可能範囲に関する情報の表示例を示す図である。
空調装置を動作させ、片道移動をする際の到達可能範囲に関する情報の表示例を示す図である。
空調装置を動作させず、往復移動をする際の到達可能範囲に関する情報の表示例を示す図である。
空調装置を動作させ、往復移動をする際の到達可能範囲に関する情報の表示例を示す図である。
本発明の第2実施例に係る端末装置及びサーバ装置位置付けを説明するためのブロック図である。
図15の端末装置の構成を説明するためのブロック図である。
図15のサーバ装置の構成を説明するためのブロック図である。

0015

以下、本発明の実施形態を、添付図面を参照して説明する。なお、以下の説明及び図面においては、同一又は同等の要素には同一の符号を付し、重複する説明を省略する。

0016

[第1実施形態]
まず、本発明の第1実施形態を、図1を参照して説明する。

0017

<構成>
図1には、第1実施形態に係る画像処理装置700の概略的な構成が示されている。この図1に示されるように、画像処理装置700は、電気エネルギを駆動用のエネルギとする移動体MV内に配置される。

0018

本第1実施形態では、移動体MVには、蓄電池910と、ECU(Electronic Control Unit)920とが装備されている。さらに、移動体MVには、空調装置990が装備されている。また、移動体MVには、表示部770が配置されている。

0019

上記の蓄電池910には、移動体MVの駆動用エネルギが蓄えられる。かかる駆動用エネルギを利用して移動体MVが移動する。

0020

上記のECU920は、移動体MVの状態を検出する各種のセンサによる検出結果を収集する。そして、ECU920は、収集された検出結果に基づいて、移動体MVの走行の制御に有用な様々なパラメータ値を逐次導出しつつ、移動体MVの走行の制御や管理を行う。

0021

本第1実施形態では、ECU920より導出されるパラメータ値には、蓄電池910のエネルギ残量現在値(以下、単に「エネルギ残量」という)が含まれている。そして、ECU920は、蓄電池910のエネルギ残量を、例えばCAN(Controller Area Network)等など通信プロトコルによって動作する車内通信網を介して、画像処理装置700へ送る。

0022

上記の空調装置990は、移動体MV内の空間(例えば、移動体MVが車両である場合には、車室内空間)の温度等を調整する。この空調装置990の動作エネルギは、蓄電池910から供給されるようになっている。

0023

上記の表示部770は、液晶ディスプレイ等の表示デバイスを備えて構成される。この表示部770は、画像処理装置700から送られた表示データを受ける。そして、表示部770は、当該表示データに対応する画像を表示する。

0024

画像処理装置700は、上述の要素770,910,920,990が配設されている環境において動作する。この画像処理装置700は、入力部710と、位置検出部720と、取得部730とを備えている。また、画像処理装置700は、記録部740と、推定部750と、表示制御部760とを備えている。

0025

上記の入力部710は、キーボード等を備えて構成される。この入力部710に対して、利用者が、到達可能範囲の表示命令の入力を行うと、当該到達可能範囲の表示命令が取得部730へ送られる。ここで、到達可能範囲の表示命令では、空調装置990の動作の有無の指定、及び、片道到達範囲又は往復到達範囲のいずれかの指定が含まれるようになっている。

0026

上記の位置検出部720は、移動体MVの現在地点の位置(現在位置)を逐次検出する。そして、位置検出部720は、検出された現在位置を取得部730へ送る。

0027

上記の取得部730は、入力部710から送られた到達可能範囲の表示命令、及び、位置検出部720から送られた現在位置を取得する。こうして取得された到達可能範囲の表示命令及び現在位置は、推定部750及び表示制御部760へ送られる。

0028

また、取得部730は、ECU920から送られたエネルギ残量を取得する。こうして取得されたエネルギ残量は、推定部750及び表示制御部760へ送られる。

0029

上記の記録部740には、様々な情報が記録される。こうした情報には、地図情報、道路情報移動体情報、移動エネルギ基礎情報(BIF情報)、移動エネルギ推定情報(EIF情報)等が含まれている。

0030

地図情報には、道路の形状をリンクやノード(交差点等)で表す道路形状データ建物河川地表面(フィーチャ)等を表す背景データが含まれている。また、道路情報には、法定速度勾配道路幅、信号の有無等、及び、これらによって分類される道路の種類である道路種別が含まれている。ここで、「道路種別」としては、一般国道高速道路一般道路市街地等を通る細街路等がある。

0031

また、移動体情報としては、移動体MVの重量、並びに、加速時及び減速時における消費エネルギ及び回収エネルギに関する情報、空調装置990の単位時間当たりのエネルギ消費量等が含まれている。ここで、空調装置990の単位時間当たりのエネルギ消費量としては、季節別の平均的な空調装置990の単位時間当たりのエネルギ消費量となっている。

0032

なお、空調装置990の単位時間当たりのエネルギ消費量については、移動体MVにおける空調装置990の過去の使用時に得られた単位時間当たりのエネルギ消費量の実績から求めるようにしてもよいし、移動体MVと同型他移動体における空調装置の過去の使用時に得られた単位時間当たりのエネルギ消費量の実績から求めるようにしてもよい。

0033

BIF情報には、本第1実施形態では、空調装置990を動作させない場合に、現在地点から、地図情報により特定される複数の分割領域それぞれまで移動する際のエネルギ消費量及び所要時間が含まれるようになっている。また、EIF情報には、上述した到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する当該複数の分割領域それぞれまで移動する際に必要とされるエネルギ消費量が含まれるようになっている。

0034

上記の推定部750は、計時機能を有しており、現時点の日付及び時刻を特定できるようになっている。この推定部750は、取得部730から送られた到達可能範囲の表示命令、現在位置及びエネルギ残量を受ける。当該到達可能範囲の表示命令を受けると、推定部750は、まず、記録部740内に記録された地図情報、道路情報及び移動体情報を参照して、BIF情報を算出する。そして、推定部750は、算出されたBIF情報を、算出時点の現在位置及びエネルギ残量と関連付けて記録部740内に格納する。

0035

引き続き、推定部750は、到達可能範囲の表示命令における指定内容、記録部740内のBIF情報、及び、現時点の年月日に基づいて、EIF情報を算出する。そして、推定部750は、算出されたEIF情報を記録部740内に格納する。こうしてEIF情報を記録部740内に格納し、推定処理が終了すると、推定部750は、推定終了通知を表示制御部760へ送る。

0036

なお、推定部750における処理の詳細については、後述する。

0037

上記の表示制御部760は、取得部730から送られた到達可能範囲の表示命令、現在位置及びエネルギ残量を受ける。当該到達可能範囲の表示命令を受けると、表示制御部760は、推定部750からの推定終了通知を待つ。

0038

この後、推定部750から送られた推定終了通知を受けると、表示制御部760は、現在位置、エネルギ残量の現在値である初期保有エネルギ量、及び、記録部740内のEIF情報に基づいて、到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する到達可能範囲に関する情報を表示するためのデータを、表示データとして生成する。そして、表示制御部760は、生成された表示データを表示部770へ送る。

0039

なお、表示制御部760における処理の詳細については、後述する。

0040

<動作>
次に、上記のように構成された画像処理装置700の動作について、推定部750による処理、及び、表示制御部760による処理に主に着目して説明する。

0041

なお、位置検出部720からは、検出された現在位置が取得部730へ逐次送られているものとする。また、ECU920からは、エネルギ残量が取得部730へ逐次送られているものとする。そして、取得部730は、当該現在位置及び当該エネルギ残量の現在値の取得し、取得結果を推定部750及び表示制御部760へ逐次送っているものとする。

0042

この画像処理装置700では、入力部710に対して新たに到達可能範囲の表示命令が行われ、当該到達可能範囲の表示命令が入力部710から取得部730へ送られると、取得部730が当該新たな到達可能範囲の表示命令を取得する。そして、取得部730は、取得された到達可能範囲の表示命令を推定部750及び表示制御部760へ送る。この結果、推定部750による推定処理、及び、表示制御部760による表示制御処理が実行される。

0043

《推定部750による推定処理》
取得部730から送られた到達可能範囲の表示命令を受けると、推定部750は、BIF情報の算出処理及びEIF情報の算出処理を順次実行する。

0044

(1)BIF情報の算出処理
BIF情報の算出処理に際して、推定部750は、まず、記録部740に記録されているBIF情報が、現在位置を基準とし、かつ、現時点のエネルギ残量以上のエネルギ残量を基準として算出されたものであるか否かを判定することにより、記録部740に記録されているBIF情報の利用可能性を判定する。この判定の結果が肯定的であった場合には、推定部750は、BIF情報の算出処理を終了する。

0045

一方、当該利用可能性の判定の結果が否定的であった場合には、推定部750は、新たなBIF情報を算出する。かかる新たなBIF情報の算出に際して、推定部750は、記録部740内の地図情報を参照して、移動体MVの現在地点から移動可能なリンク、これらのリンクにそれぞれ接続するノード、更に、これらのノードから移動可能なリンクを順に探索する。かかる探索に際して、推定部750は、新たな一のリンクを探索するごとに、記録部740内の道路情報及び移動体情報を参照し、当該新たな一のリンクにおける移動体MVの移動態様(例えば、法定速度による移動、加減速度の態様等)を推定する。引き続き、推定部750は、空調装置990を動作させずに、推定された移動態様で、移動体MVが当該新たな一のリンクを移動するためのエネルギ消費量及び所要時間を、所定の算出式を利用して算出する。かかる「所定の算出式」の一例としては、特許第4861534号で開示されているエネルギ消費量の推定式が挙げられる。そして、推定部750は、新たな一のリンクを探索するごとに、当該一のリンクが接続している経路の推定エネルギ消費量を累計し、推定エネルギ消費量の累計が最小となるように当該一のリンクに接続するノード及びそのノードに接続する複数のリンクを探索する。

0046

すなわち、推定部750は、当該一のリンク及び他のリンクが同一のノードに接続されている場合、このノードに接続する複数のリンクのうち、移動体MVの現在地点から当該ノードまでの推定エネルギ消費量の累計の少ないリンクの推定エネルギ消費量及び所要時間を使って当該ノードまでの推定エネルギ消費量の累計及び所要時間の累計を算出する。そして、推定部750は、探索されたノード及びリンクで構成される複数の経路において、それぞれ、推定エネルギ消費量の累計が、移動体MVの現時点のエネルギ残量である初期保有エネルギ量の範囲内にある全てのノードを移動体の到達可能地点として探索する。

0047

なお、本第1実施形態においては、同一のノードに接続されている複数のリンクのうち、一のリンクの次に選択する他のリンクの重要度が、道路種別に基づいて当該一のリンクの重要度よりも低いと判断される場合には、当該他のリンクを、移動体MVのエネルギ消費量及び所要時間を算出する対象とするための候補から除いて探索を行うようになっている。また、本第1実施形態では、移動体MVの移動が一方通行の逆走となるリンク、時間規制や季節規制により通行禁止区間となるリンク等の移動体MVの移動が禁止されたリンクを、移動体MVのエネルギ消費量及び所要時間を算出する対象とするための候補から除いて探索を行うようになっている。

0048

次に、推定部750は、エネルギ消費量及び所要時間が算出された全てのノードを含む範囲を、地図情報により特定可能な複数の分割領域に仮想的に分割する。本第1実施形態では、分割領域それぞれは、全てが同一形状矩形の領域となっている。

0049

次いで、推定部750は、分割領域ごとに、到達可能地点とされたノードを抽出する。引き続き、推定部750は、分割領域ごとに抽出されたノードに対応する推定エネルギ消費量の累計の平均値及び所要時間の平均値を算出することにより、移動体MVの現在地から分割領域それぞれまで移動した場合における、空調装置990を動作させずに片道移動する際に必要となるエネルギ消費量及び所要時間を算出する。そして、推定部750は、その算出結果を、BIF情報として、記録部740に格納し、BIF情報の算出処理を終了する。

0050

(2)EIF情報の算出処理
BIF情報の算出処理を終了すると、推定部750は、到達可能範囲の表示命令における空調装置990の動作の有無の指定に対応するEIF情報を算出する。

0051

(a)空調装置990の動作無の場合
到達可能範囲の表示命令において空調装置990の動作無が指定されている場合には、推定部750は、記録部740内のBIF情報における複数の分割領域それぞれに対応するエネルギ消費量が、当該複数の分割領域それぞれまで移動する際に必要なエネルギ消費量であると推定する。そして、推定部750は、当該推定の結果を、EIF情報として、記録部740内に格納する。

0052

(b)空調装置990の動作有の場合
到達可能範囲の表示命令において空調装置990の動作有が指定されている場合には、推定部750は、まず、記録部740内のBIF情報における複数の分割領域それぞれに対応する所要時間、及び、記録部740内の移動体情報における現時点の日付に対応する空調装置990の単位時間当たりのエネルギ消費量を読み取る。そして、推定部750は、当該所要時間に当該単位時間当たりのエネルギ消費量を乗じて、現在地点から複数の分割領域それぞれまで移動したときにおける空調装置990のエネルギ消費量の推定値を算出する。

0053

引き続き、推定部750は、当該複数の分割領域ごとに、算出された空調装置990のエネルギ消費量の推定値と、BIF情報におけるエネルギ消費量との和を、空調装置990を動作させつつ、移動体MVが現在地点から複数の分割領域それぞれまで移動したときの当該複数の分割領域それぞれに対応するエネルギ消費量の推定値として算出する。こうして算出された推定値を、推定部750は、EIF情報として、記録部740内に格納する。

0054

上記の(a)又は(b)により求められたEIF情報を記録部740内に格納すると、推定部750は、推定終了通知を表示制御部760へ送る。この結果、今回の到達可能範囲の表示命令に対応する推定部750による処理が終了する。

0055

《表示制御部760による処理》
到達可能範囲の表示命令を受けると、表示制御部760は、推定部750から送られる推定終了通知を待つ。そして、推定部750から送られた推定終了通知を受けると、表示制御部760は、現在位置、エネルギ残量の現在値である初期保有エネルギ量、及び、記録部740内のEIF情報に基づいて、到達可能範囲の表示命令における片道到達範囲又は往復到達範囲の指定に応じて、到達可能範囲に関する情報を表示するためのデータを、表示データとして生成する。

0056

(1)片道到達範囲が指定された場合
表示制御部760は、まず、EIF情報におけるエネルギ消費量が初期保有エネルギ量以下となっている分割領域を抽出する。そして、表示制御部760は、抽出された分割領域については、到達可能フラグ値として「1」を付与する。また、表示制御部760は、抽出されなかった分割領域については、到達可能フラグ値として「0」を付与する。

0057

次に、表示制御部760は、複数の分割領域の2次元配列に対応する到達可能フラグ値の2次元配列を2値化されたラスタデータとして扱い、画像処理分野で一般的なクロージング処理膨張処理後に縮小処理を行う処理)又はオープニング処理縮小処理後に膨張処理を行う処理)を施す。この結果、移動体MVの到達可能範囲に欠損点が生じないように、各分割領域に対応する到達可能フラグ値が再設定される。

0058

次いで、表示制御部760は、到達可能フラグ値として「1」が付与された一の分割領域と、当該一の分割領域と隣り合う到達可能フラグ値として「0」が付与された他の分割領域との位置関係に基づいて、移動体MVの到達可能範囲の輪郭を抽出する。例えば、表示制御部760は、フリーマンチェインコードの手法を用いて、移動体MVの到達可能範囲の輪郭を抽出する。

0059

引き続き、表示制御部760は、抽出された輪郭に基づいて、到達可能範囲に関する情報を表示するための表示データを生成する。そして、表示制御部760は、生成された表示データを表示部770へ送る。この結果、表示部770の表示デバイスには、到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する到達可能範囲の情報が表示され、利用者に提供される。

0060

(2)往復到達範囲が指定された場合
表示制御部760は、まず、EIF情報におけるエネルギ消費量が初期保有エネルギ量の50%以下となっている分割領域を抽出する。以後、上述した片道到達範囲の場合と同様にして、表示制御部760は、往復移動を想定した場合の到達可能範囲に関する情報を表示するための表示データを生成し、生成された表示データを表示部770へ送る。この結果、表示部770の表示デバイスには、到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する到達可能範囲の情報が表示され、利用者に提供される。

0061

以上説明したように、本第1実施形態では、空調装置990を動作させない場合に、移動体MVが現在地点から、地図情報で特定される複数の分割領域それぞれまで移動したときに消費するエネルギ消費量及び所要時間の推定値が、当該複数の分割領域それぞれに対応付けたBIF情報として、記録部740内に記録される。かかるBIF情報が記録部740内に記録されている場合に到達可能範囲の表示命令を受けると、推定部750は、到達可能範囲の表示命令おける空調装置990の動作の有無の指定に従って、指定された状態での現在地点から複数の分割領域それぞれまで移動したときに消費する当該複数の分割領域それぞれに対応するエネルギ消費量を推定し、EIF情報を作成する。そして、表示制御部760が、当該EIF情報、及び、エネルギ残量の現在量である初期保有エネルギ量に基づいて、到達可能範囲に関する情報を表示するためのデータを、表示データとして生成する。

0062

したがって、本第1実施形態によれば、空調装置990を動作状態の変化に対応して当該装備品のエネルギの消費態様が変化した場合に、移動体MVの現在地点からの到達可能範囲の情報を、表示部770に迅速に表示させることができる。

0063

また、本第1実施形態では、空調装置990の動作の有無に加えて、片道到達範囲又は往復到達範囲の選択を指定できるようになっている。このため、片道移動を想定した場合の到達可能範囲の情報の表示と、往復移動を想定した場合の到達可能範囲の情報の表示との切換を迅速に行うことができる。

0064

<第1実施形態の変形>
上記の第1実施形態に対しては、様々な変形を行うことができる。

0065

例えば、上記の第1実施形態では、画像処理装置700が、入力部710及び位置検出部720を備えるようにした。これに対し、これらの要素のうちで、共用可能な要素を他の装置が備えている場合には当該共用可能な要素を利用するようにし、画像処理装置の構成要素として、当該共用可能な要素を省略するようにしてもよい。

0066

また、上記の第1実施形態では、エネルギ残量が、外部のECU920から画像処理装置700に報告されるものとした。これに対し、外部からエネルギ残量の報告を受けることが困難な場合には、エネルギ残量を検出するためのセンサ等を、画像処理装置が備える構成としてもよい。

0067

また、上記の第1実施形態では、BIF情報の算出処理において、移動体MVが現在地点から各ノードまで移動する際のエネルギ消費量の推定量を、地図情報、道路情報及び移動体情報に基づいて算出するようにした。これに対し、移動体MVの移動の際の空気抵抗路面抵抗等に関係する気象状況渋滞状況に更に基づいて、移動体MVが現在地点から各ノードまで移動する際のエネルギ消費量の推定量を算出するようにしてもよい。

0068

また、上記の第1実施形態では、BIF情報の算出処理において、空調装置990を動作させずに片道移動する際に、初期保有エネルギ量の範囲内にある全てのノードを移動体の到達可能地点として探索した後に、エネルギ消費量及び所要時間が算出された全てのノードを含む領域を、地図情報により特定可能な複数の分割領域に仮想的に分割するようにした。これに対し、空調装置990を動作させない場合に、初期保有エネルギ量により移動可能な最大距離半径とし、現在地点を中心とする円に外接する矩形の領域を地図情報により特定可能な複数の分割領域に仮想的に分割するようにしてもよい。

0069

この場合には、複数の分割領域への分割を行った後、当該複数の分割領域それぞれについて、少なくとも1つの代表的なノードを抽出する。そして、現在地点から、当該代表的なノードへ移動する際の最小エネルギ消費量の推定値、及び、当該最小エネルギ消費量となる経路に沿って現在地点から各ノードまでの移動に要する所要時間の推定値を算出することにより、BIF情報の算出が算出されることになる。こうして算出されたBIF情報が、記録部に記録される。

0070

この場合に、BIF情報に含まれるエネルギ消費量の推定値は、空調装置990を動作させる場合であってもよいし、空調装置990を動作させない場合であってもよい。そして、BIF情報の算出に際して想定した空調装置990の状態と、到達可能範囲の表示命令で指定された空調装置990の状態との差異、記録部740に記録されている所要時間の推定値、並びに、空調装置990により消費されるエネルギに関する情報に基づいて、移動体MVが現在地点から複数の分割領域それぞれまで移動したときにおける空調装置990のエネルギ消費量の推定値を算出する。

0071

また、上記の第1実施形態では、所定の算出式により、ノード間のエネルギ消費量及び所要時間を算出するようにしたが、移動体MV又はプローブ情報により取得した他移動体の走行履歴による取得結果に基づいて、ノード間のエネルギ消費量及び所要時間を求めるようにしてもよい。

0072

また、上記の第1実施形態では、移動体MVに搭載される装備品のうち、空調装置990の動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしたが、他の装備品の動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしてもよい。さらに、空調装置990を含む複数の装備品それぞれの動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしてもよい。

0073

また、上記の第1実施形態では、電気エネルギを駆動用のエネルギとする移動体MVの到達可能範囲に関する情報の表示に本発明を適用したが、他のエネルギを駆動用のエネルギとする移動体の到達可能範囲の表示に本発明を適用してもよい。

0074

なお、上記の第1実施形態の画像処理装置700の取得部730、推定部750及び表示制御部760を、中央処理装置(CPU:Central Processing Unit)等を備えた演算部としてのコンピュータとして構成し、予め用意されたプログラムを当該コンピュータで実行することにより、取得部730、推定部750及び表示制御部760の処理を実行するようにしてもよい。このプログラムはハードディスクCD−ROM、DVD等のコンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録され、当該コンピュータによって記録媒体からロードされて実行される。また、このプログラムは、CD−ROM、DVD等の可搬型記録媒体に記録された形態で取得されるようにしてもよいし、インターネットなどのネットワークを介した配信の形態で取得されるようにしてもよい。

0075

[第2実施形態]
次に、本発明の第2実施形態を、図2を参照して説明する。

0076

<構成>
図2には、第2実施形態に係る端末装置810及び画像処理管理装置820の概略的な構成が示されている。この図2に示されるように、端末装置810は、移動体MV内に配置されて動作するようになっている。また、画像処理管理装置820は、移動体MVの外に配置される。そして、端末装置810と画像処理管理装置820とは、ネットワーク850を介して、通信可能となっている。

0077

なお、画像処理管理装置820は、端末装置810と同様に構成された他の端末装置とも通信可能となっているが、図2においては、端末装置810のみが代表的に示されている。

0078

《端末装置810の構成》
図2に示されるように、端末装置810は、上述した第1実施形態の画像処理装置700(図1参照)と比べて、記録部740、推定部750及び表示制御部760を備えていない点、及び、送信部811、受信部812及び出力部813を備えている点が異なっている。以下、これらの相違点に主に着目して説明する。

0079

上記の送信部811は、取得部730から送られた取得結果を受ける。そして、送信部811は、取得部730による取得結果を、ネットワーク850を介して、画像処理管理装置820へ送信する。

0080

上記の受信部812は、画像処理管理装置820から、ネットワーク850を介して送られた到達可能範囲に関する情報の表示データを受信する。そして、受信部812は、当該受信した表示データを出力部813へ送る。

0081

上記の出力部813は、受信部812から送られた到達可能範囲に関する情報の表示データを受ける。そして、出力部813は、当該表示データを表示部770へ送る。

0082

《画像処理管理装置820の構成》
図2に示されるように、画像処理管理装置820は、記録部740と、推定部750とを備えている。また、画像処理管理装置820は、受信部821と、送信部822とを備えている。

0083

上記の受信部821は、端末装置810から、ネットワーク850を介して送られた取得部730による取得結果を受信する。そして、受信部821は、当該受信した取得結果を推定部750及び送信部822へ送る。

0084

上記の送信部822は、受信部821による受信結果を受ける。また、送信部822は、推定部750から送られた推定終了通知を受ける。この送信部822は、上述した第1実施形態における表示制御部760と同様にして、到達可能範囲に関する情報の表示データを生成する。そして、送信部822は、生成された表示データを、ネットワーク850を介して、端末装置810へ送信する。

0085

以上のような端末装置810の構成及び画像処理管理装置820の構成では、取得部730による取得結果は、送信部811、ネットワーク850及び受信部821を介して、推定部750及び送信部822へ送られることになる。また、送信部822により生成された表示データは、ネットワーク850及び受信部812を介して、出力部813へ送られることになる。

0086

<動作>
次に、上記のように構成された端末装置810と画像処理管理装置820とが協働して実行する画像処理について説明する。なお、位置検出部720からは、検出された現在位置が取得部730へ逐次送られているものとする。また、ECU920からは、エネルギ残量の現在値が取得部730へ逐次送られているものとする。そして、取得部730は、当該現在位置及び当該エネルギ残量の現在値を取得し、取得結果を表示処理管理装置820の推定部750及び送信部822へ逐次送っているものとする。

0087

端末装置810では、入力部710に対して新たに到達可能範囲の表示命令が行われ、当該到達可能範囲の表示命令が入力部710から取得部730へ送られると、取得部730が当該新たな到達可能範囲の表示命令を取得する。そして、取得部730は、取得された到達可能範囲の表示命令を、画像処理管理装置820の推定部750及び送信部822へ送る。

0088

取得部730から送られた到達可能範囲の表示命令を受けた推定部750は、上述した第1実施形態の場合と同様にして、必要に応じてBIF情報を算出し、算出されたBIF情報を記録部740に格納した後、EIF情報の算出処理を順次実行する。そして、推定部750は、算出されたEIF情報を記録部740に格納した後、推定終了通知を送信部822へ送る。

0089

推定部750から送られた推定終了通知を受けた送信部822は、上述した第1実施形態における表示制御部760と同様に、現在位置、エネルギ残量の現在値である初期保有エネルギ量、及び、記録部740内のEIF情報に基づいて、到達可能範囲の表示命令における片道到達範囲又は往復到達範囲の指定、並びに、空調装置990の動作の有無の指定に応じて、到達可能範囲に関する情報の表示データを生成する。そして、送信部822は、生成された表示データを端末装置810の出力部813へ送る。

0090

送信部822から送られた表示データを受けた出力部813は、当該表示データを表示部770へ送る。この結果、表示部770の表示デバイスには、到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する到達可能範囲の情報が表示され、利用者に提供される。

0091

以上説明したように、本第2実施形態では、第1実施形態の場合と同様に、空調装置990を動作させない場合に、移動体MVが現在地点から、地図情報で特定される複数の分割領域それぞれまで移動したときに消費するエネルギ消費量及び所要時間の推定値が、当該複数の分割領域それぞれに対応付けたBIF情報として、画像処理管理装置820の記録部740内に記録される。かかるBIF情報が記録部740内に記録されている場合に、端末装置810の取得部730から送られた到達可能範囲の表示命令を受けると、画像処理管理装置820の推定部750は、到達可能範囲の表示命令おける空調装置990の動作の有無の指定に従って、指定された状態での現在地点から複数の分割領域それぞれまで移動したときに消費する当該複数の分割領域それぞれに対応するエネルギ消費量を推定し、EIF情報を作成する。そして、画像処理管理装置820の送信部822が、当該EIF情報、及び、エネルギ残量の現在量である初期保有エネルギ量に基づいて、到達可能範囲に関する情報を表示するためのデータを、表示データとして生成し、生成された表示データを、端末装置810の出力部813へ送る。引き続き、表示データを受けた出力部813は、当該表示データを表示部770へ送る。

0092

したがって、本第2実施形態によれば、第1実施形態の場合と同様に、空調装置990を動作状態の変化に対応して当該装備品のエネルギの消費態様が変化した場合に、移動体MVの現在地点からの到達可能範囲の情報を、表示部770に迅速に表示させることができる。

0093

また、本第2実施形態では、第1実施形態の場合と同様に、空調装置990の動作の有無に加えて、片道到達範囲又は往復到達範囲の選択を指定できるようになっている。このため、片道移動を想定した場合の到達可能範囲の情報の表示と、往復移動を想定した場合の到達可能範囲の情報の表示との切換を迅速に行うことができる。

0094

<第2実施形態の変形>
上記の第2実施形態に対しては、様々な変形を行うことができる。

0095

例えば、上記の第2実施形態では、端末装置810が、入力部710及び位置検出部720を備えるようにした。これに対し、これらの要素のうちで、共用可能な要素を他の装置が備えている場合には当該共用可能な要素を利用するようにし、端末装置の構成要素として、当該共用可能な要素を省略するようにしてもよい。

0096

また、上記の第2実施形態では、画像処理管理装置820が、記録部740を備えるようにした。これに対し、他の画像処理管理装置が備えている記録部を記録部740として共用可能な場合には、当該共用可能な記録部を利用するようにし、画像処理管理装置820の構成要素として、記録部740を省略するようにしてもよい。

0097

また、上記の第2実施形態では、第1実施形態の場合と同様に、エネルギ残量が、外部のECU920から端末装置810に報告されるものとした。これに対し、外部からエネルギ残量の報告を受けることが困難な場合には、エネルギ残量を検出するためのセンサ等を、端末装置が備える構成としてもよい。

0098

また、上記の第2実施形態では、第1実施形態の場合と同様に、BIF情報の算出処理において、移動体MVが現在地点から各ノードまで移動する際のエネルギ消費量の推定量を、地図情報、道路情報及び移動体情報に基づいて算出するようにした。これに対し、移動体MVの移動の際の空気抵抗、路面抵抗等に関係する気象状況、渋滞状況に更に基づいて、移動体MVが現在地点から各ノードまで移動する際のエネルギ消費量の推定量を算出するようにしてもよい。

0099

また、上記の第2実施形態では、第1実施形態の場合と同様に、BIF情報の算出処理において、空調装置990を動作させずに片道移動する際に、初期保有エネルギ量の範囲内にある全てのノードを移動体の到達可能地点として探索した後に、エネルギ消費量及び所要時間が算出された全てのノードを含む領域を、地図情報により特定可能な複数の分割領域に仮想的に分割するようにした。これに対し、空調装置990を動作させない場合に、初期保有エネルギ量により移動可能な最大距離を半径とし、現在地点を中心とする円に外接する矩形の領域について、地図情報により特定可能な複数の分割領域に仮想的に分割するようにしてもよい。

0100

また、上記の第2実施形態では、第1実施形態の場合と同様に、移動体MVに搭載される装備品のうち、空調装置990の動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにした。これに対し、空調装置990以外の装備品の動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしてもよい。さらに、空調装置990を含む複数の装備品それぞれの動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしてもよい。

0101

また、上記の第2実施形態では、第1実施形態の場合と同様に、所定の算出式により、ノード間のエネルギ消費量及び所要時間を算出するようにしたが、移動体MV又はプローブ情報により取得した他移動体の走行履歴による取得結果に基づいて、ノード間のエネルギ消費量及び所要時間を求めるようにしてもよい。

0102

また、上記の第2実施形態では、電気エネルギを駆動用のエネルギとする移動体MVの到達可能範囲に関する情報の表示に本発明を適用したが、他のエネルギを駆動用のエネルギとする移動体の到達可能範囲の表示に本発明を適用してもよい。

0103

なお、上記の第2実施形態の端末装置810の取得部730、及び、画像処理管理装置820の推定部750及び送信部822を、中央処理装置(CPU:Central Processing Unit)等を備えた演算部としてのコンピュータとして構成し、予め用意されたプログラムを当該コンピュータで実行することにより、これらの要素の機能を実現するようにしてもよい。このプログラムはハードディスク、CD−ROM、DVD等のコンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録され、当該コンピュータによって記録媒体からロードされて実行される。また、このプログラムは、CD−ROM、DVD等の可搬型記録媒体に記録された形態で取得されるようにしてもよいし、インターネットなどのネットワークを介した配信の形態で取得されるようにしてもよい。

0104

以下、本発明の実施例を、図3図17を参照して説明する。なお、以下の説明及び図面においては、同一又は同等の要素については同一の符号を付し、重複する説明を省略する。

0105

[第1実施例]
まず、本発明の第1実施例を、図3図14を参照して説明する。

0106

図3には、第1実施例に係る画像処理装置としてのナビゲーション装置100の概略的な構成が示されている。このナビゲーション装置100は、上述した第1実施形態の画像処理装置700(図1参照)の一態様となっている。

0107

図3に示されるように、ナビゲーション装置100は、電気モータ駆動機構とし、道路上を走行する移動体MVとしての車両CR内に配置される。本第1実施例では、車両CRには、蓄電池210と、ECU220と、空調装置290とが装備されている。

0108

上記の蓄電池210には、車両CRの駆動用エネルギが蓄えられる。かかる駆動用エネルギを利用して車両CRが走行する。この蓄電池210には、各所で開設されている充電施設自宅等で駆動用エネルギを充電可能となっている。

0109

上記のECU220は、車両CRの状態を検出する各種のセンサによる検出結果を収集する。そして、ECU220は、収集された検出結果に基づいて、車両CRの走行の制御に有用な様々なパラメータ値を逐次導出しつつ、車両CRの走行の制御や管理を行う。

0110

本第1実施例では、ECU220により導出されるパラメータ値には、蓄電池210のエネルギ残量の現在値が含まれている。そして、ECU220は、CAN(Controller Area Network)等の通信プロトコルによって動作する車内通信網を利用して、蓄電池210のエネルギ残量の現在値をナビゲーション装置100へ送る。

0111

上記の空調装置290は、車両CRの車室空間の温度、湿度等を調整する。この空調装置290の動作エネルギは、蓄電池210から供給されるようになっている。

0112

図3に示されるように、ナビゲーション装置100は、制御ユニット110Aと、記録部740としての記憶ユニット120とを備えている。また、ナビゲーション装置100は、音出力ユニット130と、表示部770としての表示ユニット140と、入力部710としての入力ユニット150とを備えている。さらに、ナビゲーション装置100は、センサユニット160と、位置検出部720の一部としてのGPS(Global Positioning System)受信ユニット170と、無線通信ユニット180とを備えている。

0113

上記の制御ユニット110Aは、ナビゲーション装置100の全体を統括制御する。この制御ユニット110Aについては、後述する。

0114

上記の記憶ユニット120は、ハードディスク装置等の不揮発性記憶装置を備えて構成され、ナビゲーション装置100において利用される様々な情報データが記憶される。こうした情報データには、地図情報、道路情報、車両情報、BIF情報、EIF情報等が含まれている。

0115

ここで、地図情報には、道路の形状をリンクやノード(交差点等)で表す道路形状データ、建物、河川、地表面(フィーチャ)等を表す背景データが含まれている。また、道路情報には、法定速度、勾配、道路幅、信号の有無等、及び、これらによって分類される道路の種類である道路種別が含まれている。ここで、「道路種別」としては、一般国道、高速道路、一般道路、市街地等を通る細街路等がある。

0116

また、車両情報としては、車両CRの重量、並びに、加速時及び減速時における消費エネルギ及び回収エネルギに関する情報、空調装置290の単位時間当たりのエネルギ消費量等が含まれている。ここで、空調装置290の単位時間当たりのエネルギ消費量としては、季節別の平均的な空調装置290の単位時間当たりのエネルギ消費量となっている。

0117

BIF情報には、本第1実施例では、空調装置290を動作させない場合に、BIF情報の算出時点における現在位置(すなわち、現在地点)から、地図情報に特定可能な複数の分割領域それぞれまで走行する際のエネルギ消費量及び所要時間が含まれるようになっている。また、EIF情報には、後述する到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する当該複数の分割領域それぞれまで走行する際に必要とされるエネルギ消費量が含まれるようになっている。

0118

なお、BIF情報には、BIF情報の算出時点における現在位置の情報が含まれるようになっている。

0119

上記の音出力ユニット130は、スピーカを備えて構成され、制御ユニット110Aから受信した音声データに対応する音声を出力する。この音出力ユニット130は、制御ユニット110Aによる制御のもとで、ナビゲーション処理に関する車両CRの進行方向、走行状況交通状況等の案内音声を出力する。

0120

上記の表示ユニット140は、液晶パネル等の表示デバイスを備えて構成され、制御ユニット110Aから受信した表示データに対応する画像を表示する。この表示ユニット140は、制御ユニット110Aによる制御のもとで、ナビゲーション処理に際して、地図情報、経路情報等の画像、ガイダンス情報等を表示する。また、表示ユニット140は、制御ユニット110Aによる制御のもとで、到達可能範囲に関する情報を表示する。

0121

上記の入力ユニット150は、ナビゲーション装置100の本体部に設けられたキー部、及び/又はキー部を備えるリモート入力装置等により構成される。ここで、本体部に設けられたキー部としては、表示ユニット140の表示デバイスに設けられたタッチパネルを用いることができる。なお、キー部を有する構成に代えて、又は併用して音声認識技術を利用して音声にて入力する構成を採用することもできる。

0122

この入力ユニット150を利用者が操作することにより、ナビゲーション装置100の動作内容の設定や動作命令が行われる。例えば、ナビゲーション処理におけるルート探索に関する目的地等の設定を、利用者が入力ユニット150を利用して行う。また、到達可能範囲の表示命令等の動作命令を、利用者が入力ユニット150を利用して行う。なお、到達可能範囲の表示命令には、空調装置290の動作の有無の指定、及び、片道到達範囲又は往復到達範囲のいずれかの指定が含まれるようになっている。

0123

上記のセンサユニット160は、車速センサ加速度センサ角速度センサ傾斜センサ等を備えて構成されている。センサユニット160が備える各種センサによる検出結果は、センサデータとして制御ユニット110Aへ送られる。

0124

上記のGPS受信ユニット170は、複数のGPS衛星からの電波の受信結果に基づいて、車両CRの現在位置を算出する。また、GPS受信ユニット170は、GPS衛星から送出された日時情報に基づいて、現在時刻を計時する。これらの現在位置及び現在時刻に関する情報は、GPSデータとして制御ユニット110Aへ送られる。

0125

上記の無線通信ユニット180は、制御ユニット110Aが、車外との通信を行う際のインターフェースとして機能する。かかる車外通信としては、公衆回線網携帯電話網DSRC(Dedicated Short Range Communication)等を利用した通信が挙げられる。この無線通信ユニット180を利用して、車外の各種サーバと通信を行うことにより、制御ユニット110Aは、交通規制情報渋滞情報気象情報等を取得できるようになっている。

0126

次に、上記の制御ユニット110Aについて説明する。この制御ユニット110Aは、中央処理装置(CPU)及びその周辺回路を備えて構成されている。制御ユニット110Aが様々なプログラムを実行することにより、ナビゲーション装置100としての各種機能が実現されるようになっている。こうした機能の中には、上述した第1実施形態における位置検出部720の一部、取得部730、推定部750及び表示制御部760としての機能も含まれている。また、制御ユニット110Aは、計時機能を有しており、現時点の日付及び時刻を特定できるようになっている。

0127

なお、制御ユニット110Aが実行するプログラムはハードディスク、CD−ROM、DVD等のコンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録され、当該記録媒体からロードされて実行される。また、このプログラムは、CD−ROM、DVD等の可搬型記録媒体に記録された形態で取得されるようにしてもよいし、インターネットなどのネットワークを介した配信の形態で取得されるようにしてもよい。

0128

この制御ユニット110Aは、センサユニット160から送られたセンサデータ及びGPS受信ユニット170から受けたGPSデータに基づいて、記憶ユニット120中の地図情報等を適宜参照し、利用者へのナビゲーション情報提供処理を行う。こうしたナビゲーション情報の提供処理には、(i)利用者が指定する地域の地図を表示ユニット140の表示デバイスに表示するための地図表示、(ii)車両CRが地図上のどこに位置するのか、また、どの方角に向かっているのかを算出するマップマッチング、(iii)車両CRが現在存在する位置から、利用者が指定する任意の位置である目的地までの経路検索が含まれている。また、当該ナビゲーション処理には、(iv)現時点でのエネルギ残量で到達可能な領域の範囲を算出し、表示ユニット140の表示デバイスに表示される処理、(v)設定された経路に沿って目的地まで運転するときの、目的地への到着予測時刻の算出、(vi)マップマッチング結果、算出された到着予測時刻、及び、進行すべき方向を提示するために行われる、表示ユニット140の表示デバイスへの案内表示のための制御、及び、音出力ユニット130のスピーカから音声案内を出力するための制御の処理が含まれる。

0129

<動作>
次に、上記のように構成されたナビゲーション装置100の動作について、制御ユニット110Aが実行する到達可能範囲の表示に関連する処理に主に着目して説明する。

0130

なお、センサユニット160からは、各種センサによる検出結果が、センサデータとして、制御ユニット110Aへ逐次送られているものとする。また、ECU220からは、エネルギ残量の現在値が制御ユニット110Aへ逐次送られているものとする。また、GPS受信ユニット170からは、現在位置及び現在時刻に関する情報が、GPSデータとして制御ユニット110Aへ逐次送られているものとする。

0131

そして、制御ユニット110Aは、センサユニット160から送られたセンサデータ、及び、GPS受信ユニット170から送られたGPSデータに基づくマップマッチングを逐次行っているものとする。なお、制御ユニット110Aは、マップマッチングにより得られる地図上の位置を、車両CRの現在位置として採用するようになっている。

0132

かかる動作環境のもとで、制御ユニット110Aにより到達可能範囲の情報の表示処理(以下、「到達可能範囲の表示処理」という)が実行される。この到達可能範囲の表示処理では、図4に示されるように、まず、ステップS11において、制御ユニット110Aが、入力ユニット150に対して新たに到達可能範囲の表示命令の入力が行われたか否かを判定する。この判定の結果が否定的であった場合(ステップS11:N)には、ステップS11の処理が繰り返される。

0133

入力ユニット150に対して新たに到達可能範囲の表示命令の入力が行われ、ステップS11における判定の結果が肯定的となると(ステップS11:Y)、処理はステップS12へ進む。このステップS12では、制御ユニット110Aが、現時点で記憶ユニット120に記憶されているBIF情報が利用可能か否かを判定する。かかる判定に際して、制御ユニット110Aは、新たに到達可能範囲の表示命令の入力が行われた時点の現在位置を基準とし、かつ、現時点のエネルギ残量以上のエネルギ残量を基準として算出されたものであるか否かを判定する。この判定の結果が肯定的であった場合(ステップS12:Y)には、処理は、後述するステップS14へ進む。

0134

ステップS12における判定の結果が否定的であった場合(ステップS12:N)には、処理はステップS13へ進む。このステップS13では、制御ユニット110Aが、BIF情報の算出を行う。そして、制御ユニット110Aは、算出されたBIF情報を記憶ユニット120内に格納する。なお、BIF情報の算出処理については、後述する。

0135

次に、ステップS14において、制御ユニット110Aが、記憶ユニット120内のBIF情報を参照しつつ、到達可能範囲の表示命令における空調装置290の動作の有無の指定、及び、片道到達範囲又は往復到達範囲の指定に対応するEIF情報を算出する。そして、制御ユニット110Aは、算出されたEIF情報を記憶ユニット120内に格納する。なお、EIF情報の算出処理については、後述する。

0136

次いで、ステップS15において、制御ユニット110Aが、現在位置、エネルギ残量の現在値である初期保有エネルギ量、及び、記憶ユニット120内のEIF情報に基づいて、到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する到達可能範囲に関する情報を表示するための表示データを生成する。なお、当該表示データの生成処理の詳細については、後述する。

0137

次に、ステップS16において、制御ユニット110Aが、生成された表示データを表示ユニット140へ送る。この表示データを受けた表示ユニット140は、当該表示データに基づいて、到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する到達可能範囲の情報を表示する。

0138

この後、処理はステップS11へ戻る。そして、到達可能範囲の表示命令が入力ユニットに入力されるたびに、ステップS11〜S16の処理が繰り返され、当該到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する到達可能範囲の情報が、表示ユニット140の表示デバイスに表示される。

0139

《BIF情報の算出処理》
次に、上述したステップS13におけるBIF情報の算出処理について、説明する。

0140

BIF情報の算出に際しては、図5に示されるように、まず、ステップS21において、制御ユニット110Aが、現在地点から移動可能なノードごとに、空調装置290を動作させないとした場合における現在地点からノードまでの走行に際して必要なエネルギ消費量及び所要時間を算出する。かかる算出に際して、制御ユニット110Aは、記憶ユニット120内の地図情報を参照して、車両CRの現在地点から移動可能なリンク、これらのリンクにそれぞれ接続するノード、これらのノードから移動可能なリンクを順に探索する。かかる探索に際して、制御ユニット110Aは、新たな一のリンクを探索するごとに、記憶ユニット120内の道路情報及び車両情報を参照し、当該新たな一のリンクにおける車両CRの走行態様(例えば、走行速度、加減速の態様、リンクの傾斜、空気抵抗等)を推定する。

0141

引き続き、制御ユニット110Aは、空調装置290を動作させずに、推定された走行態様で、車両CRが当該新たな一のリンクを走行するためのエネルギ消費量及び所要時間を、所定の算出式を利用して算出する。そして、制御ユニット110Aは、新たな一のリンクを探索するごとに、当該一のリンクが接続している経路の推定エネルギ消費量を累計し、推定エネルギ消費量の累計が最小となるように当該一のリンクに接続するノード及びそのノードに接続する複数のリンクを探索する。

0142

すなわち、制御ユニット110Aは、当該一のリンク及び他のリンクが同一のノードに接続されている場合、このノードに接続する複数のリンクのうち、車両CRの現在地点から当該ノードまでの推定エネルギ消費量の累計の少ないリンクの推定エネルギ消費量及び所要時間を使って当該ノードまでの推定エネルギ消費量の累計を及び所要時間の累計を算出する。そして、制御ユニット110Aは、探索されたノード及びリンクで構成される複数の経路において、それぞれ、空調装置290を動作させない場合に推定エネルギ消費量の累計が、車両CRの現時点のエネルギ残量である初期保有エネルギ量の範囲内にある全てのノードを車両CRの到達可能地点として抽出する。

0143

なお、本第1実施例では、同一のノードに接続されている複数のリンクのうち、一のリンクの次に選択する他のリンクの重要度が、道路種別に基づいて当該一のリンクの重要度よりも低いと判断される場合には、当該他のリンクを、車両CRのエネルギ消費量及び所要時間を算出する対象とするための候補から除いて探索を行うようになっている。また、本第1実施例では、車両CRの走行が一方通行の逆走となるリンク、時間規制や季節規制により通行禁止区間となるリンク等の車両CRの走行が禁止されたリンクを、車両CRのエネルギ消費量及び所要時間を算出する対象とするための候補から除いて探索を行うようになっている。

0144

次に、ステップS22において、制御ユニット110Aが、分割領域を設定する。かかる分割領域の設定に際して、制御ユニット110Aは、まず、ステップS21において探索された複数の到達可能なノードの経度及び緯度の中から最大経度、最小経度、最大緯度及び最小緯度を特定する。引き続き、制御ユニット110Aは、車両CRの現在地点から最大経度、最小経度、最大緯度及び最小緯度のそれぞれまでの距離のうちで最大の距離を求める。

0145

次いで、制御ユニット110Aは、求められた最大の距離の2倍の1/N(本第1実施例では、Nは奇数)を、分割領域の一辺の長さとして算出する。ここで、値Nは、求められた最大の距離の2倍を一辺とする領域全体を表示ユニット140の表示デバイスの予め定められた表示領域内に極力大きく表示させた場合に、分割領域の一辺の長さに対応するドット数所定数Mに対応するように定められる。

0146

そして、制御ユニット110Aは、上述のようにして求められた最大の距離の2倍を一辺とする領域を、N2個の分割領域に仮想的に分割する。なお、以下の説明においては、分割領域の配列が行列状となっていることから、分割領域それぞれを個別に表す場合には、分割領域(j,k)(j=−(N−1)/2,…,−1,0,1,(N−1)/2):k=−(N−1)/2,…,−1,0,1,(N−1)/2))と記すものとする。ここで、分割領域(0,0)が、車両CRの現在地点が含まれる分割領域となっている。

0147

次に、ステップS23において、制御ユニット110Aが、空調装置290を動作させない場合に、分割領域ごとに、車両CRが現在地点から分割領域(j,k)まで走行した場合における、空調装置290を動作させずに片道移動する際の推定エネルギ消費量Ej,k及び所要時間Tj,kを算出する。本第1実施例では、制御ユニット110Aは、上述のステップS21で抽出されたノードのうちで分割領域(j,k)に属するノードに対応する推定エネルギ消費量の累計の平均値及び所要時間の平均値を算出することにより、分割領域(j,k)でのエネルギ消費量Ej,k及び所要時間Tj,kの算出を行う。

0148

なお、上述のステップS21で抽出されたノードが1つもない分割領域については、エネルギ消費量Ej,k及び所要時間Tj,kに関する有効な情報が存在しないことを、当該分割領域に関する情報とする。

0149

次いで、ステップS24において、制御ユニット110Aが、算出されたエネルギ消費量Ej,k及び所要時間Tj,k、並びに、エネルギ消費量Ej,k及び所要時間Tj,kについての有効な情報が存在しない場合にはそのことを、BIF情報として記憶ユニット120に格納する。こうしてBIF情報の記憶ユニット120への格納がなされると、ステップS13の処理が終了する。そして、処理は、上述した図4のステップS14へ進む。

0150

なお、上述のステップS21において抽出されたノードの地図上の位置を示した例が、図6に示されている。また、上述のステップS24において格納されたBIF情報の内容の例が、図7に示されている。

0151

《EIF情報の算出処理》
次に、上述したステップS14におけるEIF情報の算出処理について、説明する。

0152

EIF情報の算出に際しては、図8に示されるように、まず、ステップS31において制御ユニット110Aが、空調装置290の動作有の指定がなされているか否かを判定する。この判定の結果が否定的であった場合(ステップS31:N)には、処理はステップS32へ進む。

0153

ステップS32では、制御ユニット110Aが、空調装置290を動作させない際のEIF情報の算出処理であるEIF情報の第1算出処理を実行する。かかる第1算出処理では、制御ユニット110Aは、記憶ユニット120内のBIF情報におけるエネルギ消費量Ej,kが、到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する、分割領域(j,k)まで、空調装置290を動作させずに走行する際のエネルギ消費量ECj,kであると推定する。そして、処理はステップS34へ進む。

0154

上述したステップS31における判定の結果が肯定的であった場合(ステップS31:Y)には、処理はステップS33へ進む。このステップS33では、制御ユニット110Aが、空調装置290を動作させる際のEIF情報の算出処理であるEIF情報の第2算出処理を実行する。

0155

かかるEIF情報の第2算出処理では、制御ユニット110Aは、まず、記憶ユニット120内の車両情報における現時点の日付(季節)に対応する空調装置290の単位時間当たりのエネルギ消費量Cを特定する。引き続き、制御ユニット110Aは、記憶ユニット120内のBIF情報における分割領域(j,k)に対応する所要時間Tj,kを読み取り、次の(1)式により、現在地点から分割領域(j,k)まで走行したときにおける空調装置290のエネルギ消費量の推定値EAj,kを算出する。
EAj,k=C・Tj,k …(1)

0156

次に、制御ユニット110Aは、記憶ユニット120内のBIF情報における分割領域(j,k)に対応するエネルギ消費量Ej,kを読み取る。引き続き、制御ユニット110Aは、次の(2)式により、現在地点から分割領域(j,k)まで、空調装置290を動作させつつ走行する際のエネルギ消費量の推定値ECj,kを算出する。
ECj,k=Ej,k+EAj,k …(2)
そして、処理は、後述するステップS34へ進む。

0157

なお、上述のEIF情報の第1及び第2算出処理では、BIF情報において有効な情報が存在しない旨が登録されている分割領域(j,k)については、エネルギ消費量Ej,kを、設定可能な最大値とするようになっている。

0158

ステップS34では、制御ユニット110Aが、算出されたエネルギ消費量ECj,kを、EIF情報として記憶ユニット120に格納する。こうしてEIF情報の記憶ユニット120への格納がなされると、ステップS14の処理が終了する。そして、処理は、上述した図4のステップS15へ進む。

0159

なお、上述のステップS34において格納されたEIF情報の内容の例が、図9に示されている。

0160

《表示データの生成処理》
次に、上述したステップS15における表示データの生成処理について、説明する。

0161

表示データの生成に際しては、図10に示されるように、まず、ステップS41において、制御ユニット110Aが、到達可能範囲の表示命令において、片道到達範囲の指定がなされているか否かを判定する。この判定の結果が肯定的であった場合(ステップS41:Y)には、処理はステップS42へ進む。このステップS42では、制御ユニット110Aが、初期保有エネルギ量を判定閾値に設定する。そして、処理は、後述するステップS44へ進む。

0162

一方、ステップS41における判定の結果が否定的であった場合(ステップS41:N)には、処理はステップS43へ進む。このステップS43では、制御ユニット110Aが、初期保有エネルギ量の50%を判定閾値に設定する。そして、処理はステップS44へ進む。

0163

ステップS44では、制御ユニット110Aが、記憶ユニット120内のEIF情報を読み取る。引き続き、ステップS45において、制御ユニット110Aが、EIF情報におけるエネルギ消費量ECj,kが判定閾値以下となっている分割領域を抽出する。そして、制御ユニット110Aは、抽出された分割領域の到達可能フラグ値については、「1」を付与する。また、制御ユニット110Aは、抽出されなかった分割領域については、到達可能フラグ値として「0」を付与する。

0164

次に、ステップS46において、制御ユニット110Aが、分割領域(j,k)の2次元配列に対応する到達可能フラグ値の2次元配列を2値化されたラスタデータとして扱い、所定回数のクロージング処理を施す。この結果、車両CRの到達可能範囲に欠損点が生じないように、分割領域(j,k)に対応する到達可能フラグ値が設定される。

0165

次いで、ステップS47において、制御ユニット110Aが、到達可能フラグ値として「1」が付与された分割領域と、当該分割領域と隣り合う到達可能フラグ値として「0」が付与された他の分割領域との位置関係に基づいて、車両CRの到達可能範囲の輪郭を抽出する。本第1実施例では、制御ユニット110Aは、フリーマンのチェインコードの手法を用いて、車両CRの到達可能範囲の輪郭を抽出している。

0166

次に、ステップS48において、制御ユニット110Aは、抽出された輪郭に基づいて、到達可能範囲に関する情報を表示するための表示データを生成する。表示データが生成されると、ステップS15の処理が終了する。そして、処理は、上述した図4のステップS16へ進む。

0167

なお、上記のようにして生成された表示データに基づく表示例が、図11図14に示されている。ここで、図11には、到達可能範囲の表示命令において、空調装置290の動作無が指定されるとともに、片道到達範囲が指定された場合の到達可能範囲の表示例が示されている。また、図12には、到達可能範囲の表示命令において、空調装置290の動作有が指定されるとともに、片道到達範囲が指定された場合の到達可能範囲の表示例が示されている。また、図13には、到達可能範囲の表示命令において、空調装置290の動作無が指定されるとともに、往復到達範囲が指定された場合の到達可能範囲の表示例が示されている。図14には、到達可能範囲の表示命令において、空調装置290の動作有が指定されるとともに、往復到達範囲が指定された場合の到達可能範囲の表示例が示されている。

0168

以上説明したように、本第1実施例では、空調装置290を動作させない場合に、車両CRが現在地点から、地図情報で特定される分割領域(j,k)まで走行したときに消費する推定エネルギ消費量Ej,k及び推定所要時間Tj,kが、分割領域(j,k)それぞれに対応付けたBIF情報として、記憶ユニット120内に記憶される。かかるBIF情報が記憶ユニット120内に記憶されている場合に到達可能範囲の表示命令を受け、かつ、記憶ユニット120内のBIF情報が利用可能である場合には、制御ユニット110Aは、到達可能範囲の表示命令おける空調装置290の動作の有無の指定に従って、指定された状態での現在地点から分割領域(j,k)それぞれまで走行した際のエネルギ消費量ECj,kを、BIF情報に基づいて推定し、EIF情報を作成する。そして、制御ユニット110Aが、当該EIF情報、及び、エネルギ残量の現在量である初期保有エネルギ量に基づいて、到達可能範囲に関する情報を表示するためのデータを、表示データとして生成する。

0169

したがって、本第1実施例によれば、BIF情報の算出後に実質的に走行せず、かつ、新たな充電も行わないで、空調装置290を動作状態の変化に対応して当該装備品のエネルギの消費態様が変化した場合に、車両CRの到達可能範囲に関する情報を、表示ユニット140に迅速に表示させることができる。

0170

また、本第1実施例では、空調装置290の動作の有無に加えて、片道到達範囲又は往復到達範囲の選択を指定できるようになっている。このため、片道移動を想定した場合の到達可能範囲の情報の表示と、往復移動を想定した場合の到達可能範囲の情報の表示との切換を迅速に行うことができる。

0171

<第1実施例の変形>
上記の第1実施例に対しては、様々な変形を行うことができる。

0172

例えば、上記の第1実施例では、車両CRの到達可能範囲に欠損点が生じないように、分割領域(j,k)に対応する到達可能フラグ値を付与する際に、所定回数のクロージング処理を実行するようにした。これに対し、クロージング処理に代えて又は加えて、オープニング処理を採用するようにしてもよい。

0173

また、上記の第1実施例では、到達可能範囲の輪郭抽出に際して、フリーマンのチェインコードの手法を用いるようにしたが、他の到達可能範囲の輪郭抽出の手法を用いるようにしてもよい。

0174

また、上記の第1実施例では、センサユニット160を備えるようにしたが、ECU220から車速加速度及び角速度を取得できる場合には、センサユニット160を省略することができる。

0175

また、上記の第1実施例に対しては、上述した第1実施形態の場合と同様に様々な変形を行うことができる。

0176

すなわち、上記の第1実施例では、ナビゲーション装置100が、記憶ユニット120、音出力ユニット130、表示ユニット140、入力ユニット150、GPS受信ユニット170を備えるようにした。これに対し、これらの要素のうちで、共用可能な要素を他の装置が備えている場合には当該共用可能な要素を利用するようにし、ナビゲーション装置の構成要素として、当該共用可能な要素を省略するようにしてもよい。

0177

また、上記の第1実施例では、エネルギ残量が、外部のECU220からナビゲーション装置100に報告されるものとした。これに対し、外部からエネルギ残量の報告を受けることが困難な場合には、エネルギ残量を検出するためのセンサ等を、ナビゲーション装置が備える構成としてもよい。

0178

また、上記の第1実施例では、BIF情報の算出処理において、車両CRが現在地点から各ノードまで移動する際のエネルギ消費量の推定量を、地図情報、道路情報及び車両情報に基づいて算出するようにした。これに対し、車両CRの移動の際の空気抵抗、路面抵抗等に関係する気象状況、渋滞状況に更に基づいて、車両CRが現在地点から各ノードまで走行する際のエネルギ消費量の推定量を算出するようにしてもよい。

0179

また、上記の第1実施例では、分割領域の設定に際して、探索された複数の到達可能なノードの経度及び緯度の中から最大経度、最小経度、最大緯度及び最小緯度を特定した後、車両CRの現在地点から最大経度、最小経度、最大緯度及び最小緯度のそれぞれまでの距離のうちで最大の距離に基づいて、分割領域の一辺の長さを求めるようにした。これに対し、最大緯度と最小緯度の差分および最大経度と最小経度の差分のうち大きい方の距離に基づいて、分割領域の一辺の長さを求めるようにしてもよい。

0180

この場合には、例えば、車両の現在位置が半島先端地点であるときに、到達可能範囲の表示に際して、到達可能でない範囲の表示領域が多くを占めることが防止され、到達可能範囲を表示領域の最適な位置で表示することが可能となる。なお、この場合には、表示領域の中心付近に車両の現在位置があるとは限らない。また、車両の現在位置が属する分割領域の中心位置が、車両の現在位置となるとは限らない。

0181

また、上記の第1実施例では、BIF情報の算出処理において、空調装置290を動作させずに片道移動する際に、初期保有エネルギ量の範囲内にある全てのノードを車両の到達可能地点として探索した後に、エネルギ消費量及び所要時間が算出された全てのノードを含む領域を、地図情報により特定可能な複数の分割領域に仮想的に分割するようにした。これに対し、空調装置290を動作させない場合に、初期保有エネルギ量により移動可能な最大距離を半径とし、現在地点を中心とする円に外接する矩形の領域を地図情報により特定される複数の分割領域に仮想的に分割するようにしてもよい。

0182

この場合には、複数の分割領域への分割を行った後、現在地点から、当該複数の分割領域それぞれの代表的な少なくとも1つのノードへ走行する際の最小エネルギ消費量の推定値、及び、当該最小エネルギ消費量となる経路に沿って現在地点から各ノードまでの走行に要する所要時間の推定値を算出することにより、BIF情報の算出が算出されることになる。

0183

この場合に、BIF情報に含まれるエネルギ消費量の推定値は、空調装置290を動作させる場合であってもよいし、空調装置290を動作させない場合であってよい。そして、BIF情報の算出に際して想定した空調装置290の状態と、到達可能範囲の表示命令で指定された空調装置290の状態との差異、記憶ユニット120に記録されている推定所要時間、並びに、空調装置290により消費されるエネルギに関する情報に基づいて、車両CRが現在地点から複数の分割領域それぞれまで走行したときにおける空調装置290のエネルギ消費量の推定値を算出する。

0184

また、上記の第1実施例では、所定の算出式により、ノード間のエネルギ消費量及び所要時間を算出するようにしたが、車両CR又はプローブ情報により取得した他車両の走行履歴による取得結果に基づいて、ノード間のエネルギ消費量及び所要時間を求めるようにしてもよい。

0185

また、上記の第1実施例では、車両CRに搭載される装備品のうち、空調装置290の動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしたが、他の装備品の動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしてもよい。さらに、空調装置290を含む複数の装備品それぞれの動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしてもよい。

0186

また、上記の第1実施例では、電気エネルギを駆動用のエネルギとする車両CRの到達可能範囲に関する情報の表示に本発明を適用したが、他のエネルギを駆動用のエネルギとする移動体の到達可能範囲の表示に本発明を適用してもよい。

0187

[第2実施例]
次に、本発明の第2実施例を、図15図17を参照して説明する。この第2実施例は、上述した第2実施形態(図2参照)の一態様となっている。

0188

<構成>
図15には、第2実施例に係る端末装置300、及び、サーバ装置400との配置位置の関係が示されている。なお、端末装置300は、第2実施形態における端末装置810の一態様であり、サーバ装置400は、第2実施形態における画像処理管理装置820の一態様である。

0189

図15に示されるように、端末装置300は、車両CR内に配置されようになっている。この車両CRには、上述した第1実施例の場合と同様に、蓄電池210、ECU220及び空調装置290が装備されている。

0190

サーバ装置400は、車両CRの外に配置される。そして、端末装置300とサーバ装置400とは、ネットワーク500を介して、通信可能となっている。

0191

なお、サーバ装置400は、端末装置300と同様に構成された他の端末装置とも通信可能となっているが、図15においては、端末装置300のみが代表的に示されている。

0192

《端末装置300の構成》
図16には、端末装置300の概略的な構成が示されている。この図16に示されるように、端末装置300は、上述した第1実施例のナビゲーション装置100と比べて、制御ユニット110Aに代えて制御ユニット110Bを備える点、記憶ユニット120に代えて記憶ユニット310を備える点、センサユニット160を備えていない点、送信部811及び受信部812としての無線通信ユニット320を更に備える点が異なっている。以下、これらの相違点に主に着目して説明する。

0193

上記の制御ユニット110Bは、中央処理装置(CPU)及びその周辺回路を備えて構成され、端末装置300の全体を統括制御する。この制御ユニット110Bが様々なプログラムを実行することにより、端末装置300としての各種機能が実現されるようになっている。こうした機能の中には、上述した第2実施形態における取得部730及び出力部813としての機能も含まれている。

0194

制御ユニット110Bは、GPS受信ユニット170から受けたGPSデータを取得し、取得されたGPSデータに基づいて、現在位置及び現在時刻を特定する。そして、制御ユニット110Bは、無線通信ユニット320を利用し、特定された現在位置を、ネットワーク500を介してサーバ装置400へ送信する。

0195

また、制御ユニット110Bは、ECU220から送られたエネルギ残量の現在値を取得する。そして、制御ユニット110Bは、無線通信ユニット320を利用し、取得されたエネルギ残量を、ネットワーク500を介してサーバ装置400へ送信する。

0196

また、制御ユニット110Bは、入力ユニット150から送られた入力データを受ける。そして、当該入力データが、到達可能範囲の表示命令であった場合には、制御ユニット110Bは、無線通信ユニット320を利用し、当該到達可能範囲の表示命令を、ネットワーク500を介してサーバ装置400へ送信する。

0197

さらに、制御ユニット110Bは、サーバ装置400から送信され、ネットワーク500を介して無線通信ユニット320が受信した表示データを受ける。そして、制御ユニット110Bは、受信した表示データを表示ユニット140へ送る。

0198

上記の記憶ユニット310は、ハードディスク装置等の不揮発性の記憶装置を備えて構成され、端末装置300において利用される様々な情報データが記憶される。記憶ユニット310には、制御ユニット110Bがアクセスできるようになっている。

0199

上記の無線通信ユニット320は、制御ユニット110Bから送られた端末送信データを受ける。そして、無線通信ユニット320は、当該端末送信データを、ネットワーク500を介してサーバ装置400へ送信する。

0200

また、無線通信ユニット320は、サーバ装置400からネットワーク500を介して送信されたサーバ送信データを受信する。そして、無線通信ユニット320は、当該サーバ送信データを制御ユニット110Bへ送る。

0201

《サーバ装置400の構成》
図17には、サーバ装置400の概略的な構成が示されている。この図17に示されるように、サーバ装置400は、制御ユニット110Cと、記憶ユニット120と、受信部821及び送信部822の一部としての外部通信ユニット410とを備えている。

0202

制御ユニット110Cは、中央処理装置(CPU)及びその周辺回路を備えて構成され、サーバ装置400の全体を統括制御する。この制御ユニット110Cが様々なプログラムを実行することにより、サーバ装置400としての各種機能が実現されるようになっている。こうした機能の中には、上述した第2実施形態における推定部750及び送信部822の一部としての機能も含まれている。

0203

なお、記憶ユニット120には、制御ユニット110Cがアクセスできるようになっている。

0204

上記の外部通信ユニット410は、端末装置300からネットワーク500を介して送信された端末送信データを受信する。そして、外部通信ユニット410は、当該端末送信データを制御ユニット110Cへ送る。

0205

また、外部通信ユニット410は、制御ユニット110Cから送られた表示データ等のサーバ送信データを受ける。そして、外部通信ユニット410は、当該サーバ送信データを、ネットワーク500を介して端末装置300へ送る。

0206

以上のような端末装置300の構成及びサーバ装置400の構成では、制御ユニット110Bから出力された端末送信データは、無線通信ユニット320、ネットワーク500及び外部通信ユニット410を介して、制御ユニット110Cへ送られることになる。また、制御ユニット110Cから出力されたサーバ送信データは、外部通信ユニット410、ネットワーク500及び無線通信ユニット320を介して、制御ユニット110Bへ送られることになる。

0207

<動作>
次に、上記のように構成された端末装置300とサーバ装置400とが協働して実行する到達可能範囲に関する情報の表示処理について説明する。

0208

なお、ECU220からは、エネルギ残量が制御ユニット110Bへ逐次送られているものとする。また、GPS受信ユニット170からは、現在位置及び現在時刻に関する情報が、GPSデータとして制御ユニット110Bへ逐次送られているものとする。

0209

端末装置300では、制御ユニット110Bは、ECU220から送られたエネルギ残量を受けるたびに、当該エネルギ残量をサーバ装置400の制御ユニット110Cへ送る。また、制御ユニット110Bは、GPS受信ユニット170から送られたGPSデータを受けるたびに、当該GPSデータを制御ユニット110Cへ送る。また、制御ユニット110Bは、入力ユニット150から送られた入力データとして、到達可能範囲の表示命令を受けると、当該到達可能範囲の表示命令を制御ユニット110Cへ送る。

0210

制御ユニット110Bから送られた到達可能範囲の表示命令を受けた制御ユニット110Cは、上述した第1実施例における制御ユニット110Aが実行するステップS12〜S15(図4参照)の処理と同様の処理を実行し、表示データを生成する。そして、制御ユニット110Cは、生成された表示データを制御ユニット110Bへ送る。

0211

制御ユニット110Cから送られた表示データを受けた制御ユニット110Bは、当該表示データを表示ユニット140へ送る。この結果、当該到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する到達可能範囲の情報が、表示ユニット140の表示デバイスに表示される。

0212

以上説明したように、本第2実施例では、空調装置290を動作させない場合に、車両CRが現在地点から、地図情報で特定される分割領域(j,k)まで走行したときに消費する推定エネルギ消費量Ej,k及び推定所要時間Tj,kが、当該複数の分割領域それぞれに対応付けたBIF情報として、サーバ装置400の記憶ユニット120内に記憶される。また、新たな到達可能範囲の表示命令が入力されると、端末装置300の制御ユニット110Bが、当該新たな到達可能範囲の表示命令をサーバ装置400の制御ユニット110Cへ送る。

0213

この到達可能範囲の表示命令を受けた制御ユニット110Cは、記憶ユニット120内のBIF情報が利用可能である場合には、到達可能範囲の表示命令おける空調装置290の動作の有無の指定に従って、指定された状態での現在地点から分割領域(j,k)のそれぞれまで走行した際のエネルギ消費量ECj,kを、BIF情報に基づいて推定し、EIF情報を作成する。そして、制御ユニット110Cが、当該EIF情報、及び、エネルギ残量の現在量である初期保有エネルギ量に基づいて、到達可能範囲に関する情報を表示するためのデータを、表示データとして生成する。

0214

引き続き、制御ユニット110Cは、生成された表示データを制御ユニット110Bへ送る。そして、表示データを受けた制御ユニット110Bは、当該到達可能範囲の表示命令における指定内容に対応する到達可能範囲に関する情報を、表示ユニット140の表示デバイスに表示させる。

0215

したがって、本第2実施例によれば、第1実施例の場合と同様に、BIF情報の算出後に実質的に走行せず、かつ、新たな充電も行わないで、空調装置290を動作状態の変化に対応して当該装備品のエネルギの消費態様が変化した場合に、車両CRの到達可能範囲に関する情報を、表示ユニット140に迅速に表示させることができる。

0216

また、本第2実施例では、第1実施例の場合と同様に、空調装置290の動作の有無に加えて、片道到達範囲又は往復到達範囲の選択を指定できるようになっている。このため、片道移動を想定した場合の到達可能範囲の情報の表示と、往復移動を想定した場合の到達可能範囲の情報の表示との切換を迅速に行うことができる。

0217

<第2実施例の変形>
上記の第2実施例に対しては、様々な変形を行うことができる。

0218

例えば、上記の第2実施例では、車両CRの到達可能範囲に欠損点が生じないように、分割領域(j,k)に対応する到達可能フラグ値を付与する際に、所定回数のクロージング処理を実行するようにした。これに対し、第1実施例の場合と同様に、クロージング処理に代えて又は加えて、オープニング処理を採用するようにしてもよい。

0219

また、上記の第2実施例では、到達可能範囲の輪郭抽出に際して、フリーマンのチェインコードの手法を用いるようにしたが、第1実施例の場合と同様に、他の到達可能範囲の輪郭抽出の手法を用いるようにしてもよい。

0220

また、上記の第2実施例では、端末装置300がセンサユニット160を備えない構成としたが、第1実施例のナビゲーション装置100と同様に、センサユニット160を備える構成とし、ナビゲーション装置100と同様のマップマッチングを行うようにしてもよい。

0221

また、ECU220から車速、加速度及び角速度を取得できる場合には、端末装置300がセンサユニット160を備える構成とすることなく、センサユニット160を備える場合と同等の処理を行うことができる。

0222

上記の第2実施例に対しては、上述した第2実施形態の場合と同様に様々な変形を行うことができる。

0223

すなわち、上記の第2実施例では、端末装置300が、音出力ユニット130、表示ユニット140、入力ユニット150、GPS受信ユニット170を備えるようにした。これに対し、これらの要素のうちで、共用可能な要素を、車両CR内に配置された他の装置が備えている場合には当該共用可能な要素を利用するようにし、端末装置の構成要素として、当該共用可能な要素を省略するようにしてもよい。

0224

また、上記の第2実施例では、サーバ装置400が、記憶ユニット120を備えるようにした。これに対し、他のサーバ装置が備えている記憶ユニットを、記憶ユニット120として利用可能な場合には、当該利用可能な記憶ユニットを利用するようにし、サーバ装置400の構成要素として、記憶ユニット120を省略するようにしてもよい。

0225

また、上記の第2実施例では、エネルギ残量が、外部のECU220から端末装置300に報告されるものとした。これに対し、外部からエネルギ残量の報告を受けることが困難な場合には、エネルギ残量を検出するためのセンサ等を、端末装置が備える構成としてもよい。

0226

また、上記の第2実施例では、BIF情報の算出処理において、車両CRが現在地点から各ノードまで移動する際のエネルギ消費量の推定量を、地図情報、道路情報及び車両情報に基づいて算出するようにした。これに対し、車両CRの移動の際の空気抵抗、路面抵抗等に関係する気象状況、渋滞状況に更に基づいて、車両CRが現在地点から各ノードまで走行する際のエネルギ消費量の推定量を算出するようにしてもよい。

0227

また、上記の第2実施例では、分割領域の設定に際して、探索された複数の到達可能なノードの経度及び緯度の中から最大経度、最小経度、最大緯度及び最小緯度を特定した後、車両CRの現在地点から最大経度、最小経度、最大緯度及び最小緯度のそれぞれまでの距離のうちで最大の距離に基づいて、分割領域の一辺の長さを求めるようにした。これに対し、最大緯度と最小緯度の差分および最大経度と最小経度の差分のうち大きい方の距離に基づいて、分割領域の一辺の長さを求めるようにしてもよい。

0228

この場合には、例えば、車両の現在位置が半島の先端地点であるときに、到達可能範囲の表示に際して、到達可能でない範囲の表示領域が多くを占めることが防止され、到達可能範囲を表示領域の最適な位置で表示することが可能となる。なお、この場合には、表示領域の中心付近に車両の現在位置があるとは限らない。また、車両の現在位置が属する分割領域の中心位置が、車両の現在位置となるとは限らない。

0229

また、上記の第2実施例では、BIF情報の算出処理において、空調装置290を動作させずに片道移動する際に、初期保有エネルギ量の範囲内にある全てのノードを車両の到達可能地点として探索した後に、エネルギ消費量及び所要時間が算出された全てのノードを含む領域を、地図情報により特定可能な複数の分割領域に仮想的に分割するようにした。これに対し、空調装置290を動作させない場合に、初期保有エネルギ量により移動可能な最大距離を半径とし、現在地点を中心とする円に外接する矩形の領域を地図情報により特定される複数の分割領域に仮想的に分割するようにしてもよい。

0230

また、上記の第2実施例では、所定の算出式により、ノード間のエネルギ消費量及び所要時間を算出するようにしたが、車両CR又はプローブ情報により取得した他車両の走行履歴による取得結果に基づいて、ノード間のエネルギ消費量及び所要時間を求めるようにしてもよい。

0231

また、上記の第2実施例では、車両CRに搭載される装備品のうち、空調装置290の動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしたが、他の装備品の動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしてもよい。さらに、空調装置290を含む複数の装備品それぞれの動作の有無に応じた到達可能範囲の変化を表示するようにしてもよい。

実施例

0232

また、上記の第2実施例では、電気エネルギを駆動用のエネルギとする車両CRの到達可能範囲に関する情報の表示に本発明を適用したが、他のエネルギを駆動用のエネルギとする移動体の到達可能範囲の表示に本発明を適用してもよい。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ