図面 (/)

技術 無線通信システム、映像装置用アダプタ装置、映像装置、および、無線通信システムの制御方法

出願人 パナソニック株式会社
発明者 村瀬宏一船引誠大林敬一郎
出願日 2010年9月29日 (11年1ヶ月経過) 出願番号 2011-534071
公開日 2013年2月21日 (8年9ヶ月経過) 公開番号 WO2011-040007
状態 特許登録済
技術分野 通信制御 双方向TV,動画像配信等
主要キーワード ピクセル周波数 同期完了後 無線通信アダプタ 無線制御信号 再接続後 不正規 高速信号用 ID応答
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年2月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題・解決手段

接続先切り替わった場合に、切替先との接続時間を短縮できる無線通信アダプタ装置を提供することを目的とする。無線通信アダプタ装置が備える制御部(203)は、シンク装置用アダプタ装置(105又は106)との認証処理で取得するシンク装置用アダプタ装置の機器ID及び機器IDに対応付けられたEDID情報がEDID管理テーブル(206)に登録されているか否か判断する。制御部(203)は、機器IDが登録されている場合は、機器IDに対応するEDID情報をEDIDテーブル(205)にコピーする。制御部(203)は、機器IDが登録されていない場合は、認証処理をしたシンク装置用アダプタ装置(105又は106)からEDID情報を取得し、機器IDと対応付けて、EDID管理テーブル(206)に格納する。

概要

背景

DMI(High-Definition Multimedia Interface)におけるEDID(Extended Display Identification Data)情報を無線中継伝送する伝送ステムが特許文献1に開示されている。

図15は、従来の無線通信システムの構成を示すブロック図である。従来の無線通信システムは、ソース装置1501と、シンク装置1504と、ソース装置用アダプタ装置1502及びシンク装置用アダプタ装置1503とを備えて構成される。

まず、シンク装置用アダプタ装置1503の制御部1514は、有線送受信部1513、ケーブルC2、有線送受信部1517、制御部1518を介して、記憶部1519からEDIDテーブル1520を読み出して、記憶部1515のEDIDテーブル1516に格納する。

ソース装置1501はケーブルC1、有線送受信部1505、無線送受信部1506、アンテナ1510を介して、シンク装置1504に認証要求信号無線送信する。シンク装置1504は、アンテナ1511、無線送受信部1512、有線送受信部1513、ケーブルC2を介して受信した認証要求信号に応答して認証処理を実行した後、ケーブルC2、シンク装置用アダプタ装置1503を介してソース装置1501に認証応答信号を無線送信する。ソース装置1501は、アンテナ1510、無線送受信部1506、有線送受信部1505、ケーブルC1を介して認証応答信号を受信した後、ケーブルC1、ソース装置用アダプタ装置1502を介して、EDID要求信号をシンク装置1504に無線送信する。

シンク装置用アダプタ装置1503の制御部1514は、アンテナ1511、無線送受信部1512を介して受信したEDID要求信号に応答して、記憶部1515内に格納しているEDIDテーブル1516に格納されているEDID情報を含むEDID応答信号を生成し、ソース装置1501に無線送信する。

ソース装置用アダプタ装置1502の制御部1507は、アンテナ1510、無線送受信部1506を介してEDID応答信号を受信し、EDID応答信号に含まれるシンク装置1504のEDID情報を記憶部1508内のEDIDテーブル1509に格納する。

ソース装置1501はケーブルC1、有線送受信部1505、無線送受信部1506、アンテナ1510を介して、接続完了通知信号をシンク装置1504に無線送信する。シンク装置1504は、シンク装置用アダプタ装置1503、ケーブルC2を介して、接続完了通知信号を受信すると、接続完了応答信号をケーブルC2、シンク装置用アダプタ装置1503を介して、ソース装置1501に無線送信する。

以上の無線接続処理の完了後、シンク装置1504から通信相手としてソース装置1501を選択するための装置指定信号がケーブルC2、シンク装置用アダプタ装置1503を介して無線送信される。ソース装置用アダプタ装置1502、ケーブルC1を介して装置指定信号を受信したソース装置1501は、装置指定信号に応答してACK信号をシンク装置1504に無線送信する。その後、シンク装置1504及びソース装置1501間のAVデータ伝送処理がソース装置用アダプタ装置1502、シンク装置用アダプタ装置1503を介して開始される。

以上説明したように、前記特許文献1に記載された従来の無線通信システムによれば、有線インタフェースしか備えていないシンク装置1504及びソース装置1501において、シンク装置1504にシンク装置用アダプタ装置1503を装着し、ソース装置1501にソース装置用アダプタ装置1502を装着することで、シンク装置1504及びソース装置1501は、EDID情報を、無線回線を介して送受信することが可能となる。

概要

接続先切り替わった場合に、切替先との接続時間を短縮できる無線通信アダプタ装置を提供することを目的とする。無線通信アダプタ装置が備える制御部(203)は、シンク装置用アダプタ装置(105又は106)との認証処理で取得するシンク装置用アダプタ装置の機器ID及び機器IDに対応付けられたEDID情報がEDID管理テーブル(206)に登録されているか否か判断する。制御部(203)は、機器IDが登録されている場合は、機器IDに対応するEDID情報をEDIDテーブル(205)にコピーする。制御部(203)は、機器IDが登録されていない場合は、認証処理をしたシンク装置用アダプタ装置(105又は106)からEDID情報を取得し、機器IDと対応付けて、EDID管理テーブル(206)に格納する。

目的

本発明は、上記従来の課題を解決するもので、シンク装置の接続先が切り替わった場合に、切替先との接続時間を短縮できる無線通信アダプタ装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
3件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

映像信号を出力する第1の映像装置に接続され、前記映像信号を無線送信する第1の映像装置用アダプタ装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を第2の映像装置に表示させる第2の映像装置用アダプタ装置とを備える無線通信システムであって、前記第1の映像装置用アダプタ装置は、第1の記憶部と、無線送受信部と、第1の制御部とを備え、前記第1の制御部は、前記第2の映像装置に前記映像信号を無線送信する際に、(i)前記第2の映像装置に表示させることが可能な映像仕様を示す第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されている場合には、前記第1の記憶部より前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報を前記第1の映像装置に送信し、前記第1の映像装置から前記第1の設定情報に従った映像信号を受信し、かつ、受信した映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、(ii)前記第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されていない場合には、前記第2の映像装置用アダプタ装置から前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報を前記第1の映像装置に送信し、前記第1の映像装置から前記第1の設定情報に従った映像信号を受信し、受信した映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、かつ、前記第1の設定情報を前記第1の記憶部に格納し、前記第2の映像装置用アダプタ装置は、無線送受信部と、前記第2の映像装置から取得した前記第1の設定情報を前記第1の映像装置用アダプタ装置に無線送信する第2の制御部とを備える無線通信システム。

請求項2

前記無線通信システムはさらに、前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を第3の映像装置に表示させる第3の映像装置用アダプタ装置を備え、前記第1の映像装置用アダプタ装置と前記第2の映像装置用アダプタ装置は、前記映像信号を送受信するための第1無線チャネルで接続され、前記第1の映像装置用アダプタ装置と前記第3の映像装置用アダプタ装置は、前記第1無線チャネルよりも低速な第2無線チャネルで接続されており、前記第3の映像装置用アダプタ装置は、無線送受信部と、自身と前記第3の映像装置との接続が切断された後に、再度接続されたことを検出した場合には、前記第3の映像装置に表示させることが可能な映像の仕様を示す第2の設定情報を前記第3の映像装置から取得し、取得した前記第2の設定情報と、前記第3の映像装置に一意対応付けられた識別情報とを含む制御信号を、前記第2無線チャネルを介して前記第1の映像装置用アダプタ装置に無線送信する第3の制御部とを備え、前記第1の制御部は、前記制御信号を取得すると、前記識別情報と、前記第2の設定情報とを、相互に対応付けて前記第1の記憶部に格納する請求項1記載の無線通信システム。

請求項3

前記第3の制御部は、前記第1の制御部が前記第2の映像装置用アダプタ装置に前記第1無線チャネルを介して前記映像信号を無線送信するのと並行して、前記第1の映像装置用アダプタ装置に前記第2無線チャネルを介して前記制御信号を無線送信する請求項2記載の無線通信システム。

請求項4

前記識別情報は、前記第3の映像装置用アダプタ装置に一意に割り当てられた識別情報である請求項2記載の無線通信システム。

請求項5

前記識別情報は、前記第3の映像装置に一意に割り当てられた識別情報である請求項2記載の無線通信システム。

請求項6

請求項1に記載の第1の映像装置用アダプタ装置。

請求項7

請求項1に記載の第2の映像装置用アダプタ装置。

請求項8

映像信号を無線送信する第1の映像装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を表示させる第2の映像装置とを備えた無線通信システムであって、前記第1の映像装置は、第1の記憶部と、無線送受信部と、第1の制御部とを備え、前記第1の制御部は、前記第2の映像装置に前記映像信号を無線送信する際に、(i)前記第2の映像装置に表示させることが可能な映像の仕様を示す第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されている場合には、前記第1の記憶部より前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報に従った映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、(ii)前記第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されていない場合には、前記第2の映像装置から前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報に従った映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、かつ、前記第1の設定情報を前記第1の記憶部に格納し、前記第2の映像装置は、無線送受信部と、前記第1の設定情報を前記第1の映像装置に無線送信する第2の制御部とを備える無線通信システム。

請求項9

請求項8に記載の第1の映像装置。

請求項10

請求項8に記載の第2の映像装置。

請求項11

前記第2の映像装置用アダプタ装置は、さらに、前記映像信号のフォーマットに一致するフォーマットを有するダミーの映像信号であるダミー信号を生成するダミー信号生成部と、第2の記憶部とを備え、前記第2の制御部は、前記無線送受信部が受信した映像信号のフォーマットを特定するフォーマット情報を前記第2の記憶部に格納し、かつ、前記無線送受信部が前記映像信号を受信しているか否かを判定し、受信していない場合には、前記ダミー信号生成部に、前記第2の記憶部に格納されているフォーマット情報によって特定されるフォーマットを有するダミー信号を生成させ、前記第2の映像装置へ表示させる請求項1記載の無線通信システム

請求項12

映像信号を出力する第1の映像装置に接続され、前記映像信号を無線送信する第1の映像装置用アダプタ装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を第2の映像装置に表示させる第2の映像装置用アダプタ装置とを備える無線通信システムの制御方法であって、前記第1の映像装置用アダプタ装置は、前記第2の映像装置に前記映像信号を無線送信する際に、(i)前記第2の映像装置に表示させることが可能な映像の仕様を示す第1の設定情報が第1の記憶部に格納されている場合には、前記第1の記憶部より前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報を前記第1の映像装置に送信し、前記第1の映像装置から前記第1の設定情報に従った映像信号を受信し、かつ、受信した映像信号を無線送受信部に無線送信させ、(ii)前記第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されていない場合には、前記第2の映像装置用アダプタ装置から前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報を前記第1の映像装置に送信し、前記第1の映像装置から前記第1の設定情報に従った映像信号を受信し、受信した映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、かつ、前記第1の設定情報を前記第1の記憶部に格納し、前記第2の映像装置用アダプタ装置は、前記第2の映像装置から取得した前記第1の設定情報を前記第1の映像装置用アダプタ装置に無線送信する無線通信システムの制御方法。

請求項13

映像信号を無線送信する第1の映像装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を表示させる第2の映像装置とを備えた無線通信システムの制御方法であって、前記第1の映像装置は、前記第2の映像装置に前記映像信号を無線送信する際に、(i)前記第2の映像装置に表示させることが可能な映像の仕様を示す第1の設定情報が第1の記憶部に格納されている場合には、前記第1の記憶部より前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報に従った映像信号を無線送受信部に無線送信させ、(ii)前記第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されていない場合には、前記第2の映像装置から前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報に従った映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、かつ、前記第1の設定情報を前記第1の記憶部に格納し、前記第2の映像装置は、前記第1の設定情報を前記第1の映像装置に無線送信する無線通信システムの制御方法。

請求項14

映像信号を出力する第1の映像装置に接続され、前記映像信号を無線送信する第1の映像装置用アダプタ装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を第2の映像装置に表示させる第2の映像装置用アダプタ装置とを備えた無線通信システムであって、前記第2の映像装置用アダプタ装置は、無線送受信部と、前記映像信号のフォーマットに一致するフォーマットを有するダミーの映像信号であるダミー信号を生成するダミー信号生成部と、第1の記憶部と、前記無線送受信部が受信した映像信号のフォーマットを特定するフォーマット情報を前記第1の記憶部に格納し、かつ、前記無線送受信部が前記映像信号を受信しているか否かを判定し、受信していない場合には、前記ダミー信号生成部に、前記第1の記憶部に格納されているフォーマット情報によって特定されるフォーマットを有するダミー信号を生成させ、前記第2の映像装置へ表示させる第1の制御部とを備える無線通信システム。

請求項15

請求項14に記載の第2の映像装置。

請求項16

映像信号を無線送信する第1の映像装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を表示させる第2の映像装置とを備えた無線通信システムであって、前記第2の映像装置は、無線送受信部と、前記映像信号のフォーマットに一致するフォーマットを有するダミーの映像信号であるダミー信号を生成するダミー信号生成部と、第1の記憶部と、前記無線送受信部が受信した映像信号のフォーマットを特定するフォーマット情報を前記第1の記憶部に格納し、かつ、前記無線送受信部で前記映像信号が受信されているか否かを判定し、受信されていないと判定した場合には、前記ダミー信号生成部に、前記第1の記憶部に格納されているフォーマット情報によって特定されるフォーマットを有するダミー信号を生成させ、前記第2の映像装置へ表示させる第1の制御部とを備える無線通信システム。

請求項17

請求項16に記載の第2の映像装置。

請求項18

映像信号を出力する第1の映像装置に接続され、前記映像信号を無線送信する第1の映像装置用アダプタ装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を第2の映像装置に表示させる第2の映像装置用アダプタ装置とを備えた無線通信システムの制御方法であって、前記第2の映像装置用アダプタ装置は、前記映像信号のフォーマットに一致するフォーマットを有するダミーの映像信号であるダミー信号を生成し、前記第2の映像装置用アダプタ装置は、無線送受信部が受信した映像信号のフォーマットを特定するフォーマット情報を第1の記憶部に格納し、かつ、前記無線送受信部が前記映像信号を受信しているか否かを判定し、受信していない場合には、ダミー信号生成部に、前記第1の記憶部に格納されているフォーマット情報によって特定されるフォーマットを有するダミー信号を生成させ、前記第2の映像装置へ表示させる無線通信システムの制御方法。

請求項19

映像信号を無線送信する第1の映像装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を表示させる第2の映像装置とを備えた無線通信システムの制御方法であって、前記第2の映像装置は、前記映像信号のフォーマットに一致するフォーマットを有するダミーの映像信号であるダミー信号を生成し、前記第2の映像装置は、無線送受信部が受信した映像信号のフォーマットを特定するフォーマット情報を前記第1の記憶部に格納し、かつ、前記無線送受信部で前記映像信号が受信されているか否かを判定し、受信されていないと判定した場合には、ダミー信号生成部に、第1の記憶部に格納されているフォーマット情報によって特定されるフォーマットを有するダミー信号を生成させ、前記第2の映像装置へ表示させる無線通信システムの制御方法。

技術分野

0001

本発明は、HDMI(High-Definition Multimedia Interface)規格に従って映像信号無線送受信する無線通信システムにおいて、表示手段の設定情報中継伝送を可能とする無線通信システム、映像装置アダプタ装置、及びその制御方法に関するものである。

背景技術

0002

HDMI(High-Definition Multimedia Interface)におけるEDID(Extended Display Identification Data)情報を無線で中継伝送する伝送ステムが特許文献1に開示されている。

0003

図15は、従来の無線通信システムの構成を示すブロック図である。従来の無線通信システムは、ソース装置1501と、シンク装置1504と、ソース装置用アダプタ装置1502及びシンク装置用アダプタ装置1503とを備えて構成される。

0004

まず、シンク装置用アダプタ装置1503の制御部1514は、有線送受信部1513、ケーブルC2、有線送受信部1517、制御部1518を介して、記憶部1519からEDIDテーブル1520を読み出して、記憶部1515のEDIDテーブル1516に格納する。

0005

ソース装置1501はケーブルC1、有線送受信部1505、無線送受信部1506、アンテナ1510を介して、シンク装置1504に認証要求信号無線送信する。シンク装置1504は、アンテナ1511、無線送受信部1512、有線送受信部1513、ケーブルC2を介して受信した認証要求信号に応答して認証処理を実行した後、ケーブルC2、シンク装置用アダプタ装置1503を介してソース装置1501に認証応答信号を無線送信する。ソース装置1501は、アンテナ1510、無線送受信部1506、有線送受信部1505、ケーブルC1を介して認証応答信号を受信した後、ケーブルC1、ソース装置用アダプタ装置1502を介して、EDID要求信号をシンク装置1504に無線送信する。

0006

シンク装置用アダプタ装置1503の制御部1514は、アンテナ1511、無線送受信部1512を介して受信したEDID要求信号に応答して、記憶部1515内に格納しているEDIDテーブル1516に格納されているEDID情報を含むEDID応答信号を生成し、ソース装置1501に無線送信する。

0007

ソース装置用アダプタ装置1502の制御部1507は、アンテナ1510、無線送受信部1506を介してEDID応答信号を受信し、EDID応答信号に含まれるシンク装置1504のEDID情報を記憶部1508内のEDIDテーブル1509に格納する。

0008

ソース装置1501はケーブルC1、有線送受信部1505、無線送受信部1506、アンテナ1510を介して、接続完了通知信号をシンク装置1504に無線送信する。シンク装置1504は、シンク装置用アダプタ装置1503、ケーブルC2を介して、接続完了通知信号を受信すると、接続完了応答信号をケーブルC2、シンク装置用アダプタ装置1503を介して、ソース装置1501に無線送信する。

0009

以上の無線接続処理の完了後、シンク装置1504から通信相手としてソース装置1501を選択するための装置指定信号がケーブルC2、シンク装置用アダプタ装置1503を介して無線送信される。ソース装置用アダプタ装置1502、ケーブルC1を介して装置指定信号を受信したソース装置1501は、装置指定信号に応答してACK信号をシンク装置1504に無線送信する。その後、シンク装置1504及びソース装置1501間のAVデータ伝送処理がソース装置用アダプタ装置1502、シンク装置用アダプタ装置1503を介して開始される。

0010

以上説明したように、前記特許文献1に記載された従来の無線通信システムによれば、有線インタフェースしか備えていないシンク装置1504及びソース装置1501において、シンク装置1504にシンク装置用アダプタ装置1503を装着し、ソース装置1501にソース装置用アダプタ装置1502を装着することで、シンク装置1504及びソース装置1501は、EDID情報を、無線回線を介して送受信することが可能となる。

0011

特開2008−022560号公報

先行技術

0012

High-Definition Multimedia Interface Specification,Version 1.1,HDMILicensing,LLC,California in U.S.A.,May20,2004.

発明が解決しようとする課題

0013

しかしながら、上記特許文献1に係る無線通信システムにおいて、ソース装置が、複数あるシンク装置のうちのいずれかを接続先として選択し、切り替える場合、切り替える度に、接続先のEDID情報を取得する必要が生じる。

0014

本発明は、上記従来の課題を解決するもので、シンク装置の接続先が切り替わった場合に、切替先との接続時間を短縮できる無線通信アダプタ装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0015

本発明のある局面に係る無線通信システムは、映像信号を出力する第1の映像装置に接続され、前記映像信号を無線送信する第1の映像装置用アダプタ装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を第2の映像装置に表示させる第2の映像装置用アダプタ装置とを備える無線通信システムであって、前記第1の映像装置用アダプタ装置は、第1の記憶部と、無線送受信部と、第1の制御部とを備え、前記第1の制御部は、前記第2の映像装置に前記映像信号を無線送信する際に、(i)前記第2の映像装置に表示させることが可能な映像仕様を示す第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されている場合には、前記第1の記憶部より前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報を前記第1の映像装置に送信し、前記第1の映像装置から前記第1の設定情報に従った映像信号を受信し、かつ、受信した映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、(ii)前記第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されていない場合には、前記第2の映像装置用アダプタ装置から前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報を前記第1の映像装置に送信し、前記第1の映像装置から前記第1の設定情報に従った映像信号を受信し、受信した映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、かつ、前記第1の設定情報を前記第1の記憶部に格納し、前記第2の映像装置用アダプタ装置は、無線送受信部と、前記第2の映像装置から取得した前記第1の設定情報を前記第1の映像装置用アダプタ装置に無線送信する第2の制御部とを備える。

0016

この構成によると、第1の映像装置(ソース装置)用アダプタ装置は、映像信号を無線送信したことのある第2の映像装置(シンク装置)の設定情報の履歴を、第2の映像装置に一意対応付けられた識別情報と対応付けて記憶部に格納することができる。その結果、第1の映像装置用アダプタ装置は、かつて映像信号を無線送信したことのある第2の映像装置へ再度映像信号を送る際には、自身の記憶部を参照して設定情報を取得できる。その結果、設定情報を取得する処理を省略でき、第2の映像装置の切替時間を短縮することができる。

0017

また、前記無線通信システムはさらに、前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を第3の映像装置に表示させる第3の映像装置用アダプタ装置を備え、前記第1の映像装置用アダプタ装置と前記第2の映像装置用アダプタ装置は、前記映像信号を送受信するための第1無線チャネルで接続され、前記第1の映像装置用アダプタ装置と前記第3の映像装置用アダプタ装置は、前記第1無線チャネルよりも低速な第2無線チャネルで接続されており、前記第3の映像装置用アダプタ装置は、無線送受信部と、自身と前記第3の映像装置との接続が切断された後に、再度接続されたことを検出した場合には、前記第3の映像装置に表示させることが可能な映像の仕様を示す第2の設定情報を前記第3の映像装置から取得し、取得した前記第2の設定情報と、前記第3の映像装置に一意に対応付けられた識別情報とを含む制御信号を、前記第2無線チャネルを介して前記第1の映像装置用アダプタ装置に無線送信する第3の制御部とを備え、前記第1の制御部は、前記制御信号を取得すると、前記識別情報と、前記第2の設定情報とを、相互に対応付けて前記第1の記憶部に格納する。

0018

さらに、前記第3の制御部は、前記第1の制御部が前記第2の映像装置用アダプタ装置に前記第1無線チャネルを介して前記映像信号を無線送信するのと並行して、前記第1の映像装置用アダプタ装置に前記第2無線チャネルを介して前記制御信号を無線送信する。

0019

この構成によると、第3の映像装置(シンク装置)用アダプタ装置は、第3の映像装置との接続が一旦切れた後に再接続されたことを検出すると、第3の映像装置の設定情報を再取得する。その結果、第3の映像装置用アダプタ装置は、再接続前と異なる設定情報を有する第3の映像装置が接続された場合であっても、自身に接続されている最新の第3の映像装置の設定情報を知ることができる。

0020

さらに、第2の映像装置用アダプタ装置が、第1の映像装置用アダプタ装置から高速の第1無線チャネルを介して映像信号を受信しているのと並行して、第3の映像装置用アダプタ装置は、低速の第2無線チャネルを介して第1の映像装置用アダプタ装置に、最新の第3の映像装置の設定情報を送信する。その結果、第1の映像装置用アダプタ装置は、自身の記憶部に第3の映像装置と対応付けられて格納されている設定情報を更新することができる。このように、現在接続されていないシンク装置に関する設定情報の更新を、映像信号の送受信処理バックグラウンドで行うことで、シンク装置が第2の映像装置から第3の映像装置に切り替えられた場合の切替時間を短縮することができる。

0021

なお、前記識別情報は、前記第3の映像装置用アダプタ装置に一意に割り当てられた識別情報としてもよい。

0022

または、前記識別情報は、前記第3の映像装置に一意に割り当てられた識別情報としてもよい。

0023

また、映像信号を無線送信する第1の映像装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を表示させる第2の映像装置とを備えた無線通信システムであって、前記第1の映像装置は、第1の記憶部と、無線送受信部と、第1の制御部とを備え、前記第1の制御部は、前記第2の映像装置に前記映像信号を無線送信する際に、(i)前記第2の映像装置に表示させることが可能な映像の仕様を示す第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されている場合には、前記第1の記憶部より前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報に従った映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、(ii)前記第1の設定情報が前記第1の記憶部に格納されていない場合には、前記第2の映像装置から前記第1の設定情報を取得し、取得した前記第1の設定情報に従った映像信号を前記無線送受信部に無線送信させ、かつ、前記第1の設定情報を前記第1の記憶部に格納し、前記第2の映像装置は、無線送受信部と、前記第1の設定情報を前記第1の映像装置に無線送信する第2の制御部とを備えるとしてもよい。

0024

この構成によると、アダプタ装置を備えずとも、映像装置にアダプタ装置に該当する構成を組み込むことで、切替時間の短縮とともに、小型化や低コスト化を行うことができる。

0025

また、前記第2の映像装置用アダプタ装置は、さらに、前記映像信号のフォーマットに一致するフォーマットを有するダミーの映像信号であるダミー信号を生成するダミー信号生成部と、第2の記憶部とを備え、前記第2の制御部は、前記無線送受信部が受信した映像信号のフォーマットを特定するフォーマット情報を前記第2の記憶部に格納し、かつ、前記無線送受信部が前記映像信号を受信しているか否かを判定し、受信していない場合には、前記ダミー信号生成部に、前記第2の記憶部に格納されているフォーマット情報によって特定されるフォーマットを有するダミー信号を生成させ、前記第2の映像装置へ表示させてもよい。

0026

本発明の他の局面に係る無線通信システムは、映像信号を出力する第1の映像装置に接続され、前記映像信号を無線送信する第1の映像装置用アダプタ装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を第2の映像装置に表示させる第2の映像装置用アダプタ装置とを備えた無線通信システムであって、前記第2の映像装置用アダプタ装置は、無線送受信部と、前記映像信号のフォーマットに一致するフォーマットを有するダミーの映像信号であるダミー信号を生成するダミー信号生成部と、第1の記憶部と、前記無線送受信部が受信した映像信号のフォーマットを特定するフォーマット情報を前記第1の記憶部に格納し、かつ、前記無線送受信部が前記映像信号を受信しているか否かを判定し、受信していない場合には、前記ダミー信号生成部に、前記第1の記憶部に格納されているフォーマット情報によって特定されるフォーマットを有するダミー信号を生成させ、前記第2の映像装置へ表示させる第1の制御部とを備える。

0027

この構成によると、第2の映像装置用アダプタ装置は、第1の映像装置用アダプタ装置から無線送信される映像信号が途絶えると、受信していた第1の映像信号のフォーマット情報に一致するフォーマット情報を有するダミー信号を生成し、第2の映像装置へ出力する。これにより、通常であれば、第1の映像装置用アダプタ装置からの映像信号が途絶えることにより切断される第2の映像装置と第2の映像装置用アダプタ装置との間の同期を、ダミー信号により維持することができる。その結果、再度、第1の映像装置用アダプタ装置から映像信号を受信した場合には、再度、同期処理を行うことなく、第2の映像装置用アダプタ装置から第2の映像装置へ映像信号を出力することができる。すなわち、シンク装置の切替時間を短縮することができる。

0028

また、映像信号を無線送信する第1の映像装置と、無線送信された前記映像信号を受信し、受信した前記映像信号を表示させる第2の映像装置とを備えた無線通信システムであって、前記第2の映像装置は、無線送受信部と、前記映像信号のフォーマットに一致するフォーマットを有するダミーの映像信号であるダミー信号を生成するダミー信号生成部と、第1の記憶部と、前記無線送受信部が受信した映像信号のフォーマットを特定するフォーマット情報を前記第1の記憶部に格納し、かつ、前記無線送受信部で前記映像信号が受信されているか否かを判定し、受信されていないと判定した場合には、前記ダミー信号生成部に、前記第1の記憶部に格納されているフォーマット情報によって特定されるフォーマットを有するダミー信号を生成させ、前記第2の映像装置へ表示させる第1の制御部とを備えてもよい。

0029

この構成によると、アダプタ装置を備えずとも、映像装置にアダプタ装置に該当する構成を組み込むことで、切替時間の短縮とともに、小型化や低コスト化を行うことができる。

0030

なお、本発明は、このような無線通信システム及び映像装置用アダプタ装置として実現できるだけでなく、無線通信システムで実行される特徴的な手段をステップとする無線通信システムの制御方法として実現したり、そのような特徴的なステップをコンピュータに実行させるプログラムとして実現したりすることもできる。そして、そのようなプログラムは、CD−ROM等の記録媒体及びインターネット等の伝送媒体を介して流通させることができるのは言うまでもない。

0031

さらに、本発明は、このような無線通信システム及び映像装置用アダプタ装置の機能の一部又は全てを実現する半導体集積回路(LSI)として実現してもよい。

発明の効果

0032

以上のように、本発明の無線通信装置によれば、一度無線接続した機器のEDID情報を再度取得しなくてもよい。よって、無線接続先を切り替える場合の切替時間を短縮することができる。

図面の簡単な説明

0033

図1は、本発明の実施の形態1における無線通信システムの一構成例を示すブロック図である。
図2は、本発明の実施の形態1におけるソース装置用アダプタ装置の一構成例を示すブロック図である。
図3は、本発明の実施の形態1におけるシンク装置用アダプタ装置の一構成例を示すブロック図である。
図4は、本発明のEDID管理テーブルの一例を示すテーブル図である。
図5は、本発明の実施の形態1におけるEDID要求信号のフォーマットを示す図である。
図6は、本発明の実施の形態1におけるEDID応答信号のフォーマットを示す図である。
図7は、本発明の実施の形態1における制御部203のEDID取得処理を示すフローチャートである。
図8は、本発明の実施の形態1における接続切替を示すシーケンス図である。
図9は、本発明の実施の形態2におけるシンク装置用アダプタ装置の一構成例を示すブロック図である。
図10は、本発明の実施の形態2におけるフォーマット情報テーブルの一例を示す図である。
図11は、本発明の実施の形態2における制御部904のダミー信号生成処理を示すフローチャートである。
図12は、本発明の実施の形態2においてダミー信号生成のタイミングを示すシーケンス図である。
図13は、本発明におけるソース装置の一構成例を示すブロック図である。
図14は、本発明におけるシンク装置の一構成例を示すブロック図である。
図15は、従来の無線通信システムの構成を示すブロック図である。

実施例

0034

以下に、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。

0035

(実施の形態1)
図1は、本発明の実施の形態1に係る無線通信システム100の構成を示すブロック図である。

0036

図1において、本実施の形態に係る無線通信システム100は、例えばDVDプレーヤなどを含むソース装置101と、例えばテレビジョン受像機等を含むシンク装置102及びシンク装置103と、ソース装置用アダプタ装置104と、シンク装置用アダプタ装置105と、シンク装置用アダプタ装置106とを備えて構成される。

0037

図1においては、一例として、1台のソース装置101と2台のシンク装置102、シンク装置103とが無線通信する場合について図示するが、ソース装置及びシンク装置の数はこれに限定するものではない。

0038

例えば、1台のソース装置と3台以上のシンク装置とが無線通信しても、2台以上のソース装置と2台のシンク装置とが無線通信してもよい。また、ソース装置用アダプタ装置、シンク装置用アダプタ装置にそれぞれ、複数のソース装置、シンク装置が接続されていても構わない。

0039

ソース装置101、シンク装置102、シンク装置103は、HDMIの従来の有線インタフェースのみを備えた装置として構成され、ソース装置用アダプタ装置104、シンク装置用アダプタ装置105、シンク装置用アダプタ装置106は、無線インタフェースと、HDMIの従来の有線インタフェースとを備えた装置として構成される。

0040

また、ソース装置101とソース装置用アダプタ装置104はケーブル107で接続され、シンク装置用アダプタ装置105とシンク装置102はケーブル108で接続され、シンク装置用アダプタ装置106とシンク装置103はケーブル109で接続され、これらの装置は互いに有線インタフェースを用いてデータの伝送を行う。

0041

ケーブル107〜ケーブル109は、例えばHDMIケーブル等である。

0042

また、ソース装置用アダプタ装置104及びシンク装置用アダプタ装置105、並びに、ソース装置用アダプタ装置104及びシンク装置用アダプタ装置106は、互いに無線インタフェースを用いて無線区間を介してデータの伝送を行う。

0043

無線インタフェースとは、具体的には、無線LAN(Local Area Network)や、Transfer Jet(登録商標)等が想定されるが、赤外線等、任意の電磁波を使用したものであってもよい。

0044

図1において、本実施の形態に係る無線通信システム100は、例えばテレビジョン受像機等を含む2台のシンク装置と、例えばDVDプレーヤ等を含む1台のソース装置とを備えて構成される。

0045

図2は、本実施の形態に係るソース装置用アダプタ装置の詳細な一構成例を示すブロック図である。

0046

図2において、ソース装置用アダプタ装置104は、有線送受信部201と、無線送受信部202と、制御部203と、記憶部204と、EDIDテーブル205と、EDID管理テーブル206と、アンテナ207とを備えて構成される。

0047

有線送受信部201は、ケーブル107を介してソース装置101から受信したAV信号を、無線送受信部202及びアンテナ207を介してシンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106に送信する。有線送受信部201は、また、アンテナ207及び無線送受信部202を介してシンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106から受信した制御信号を、ケーブル107を介してソース装置101に送信する。

0048

ここで、AV信号とは、ソース装置101に含まれるコンテンツ復号処理等の再生処理を施し得られる映像信号ある。なお、AV信号は映像信号に加え、音声信号を含んでもよい。

0049

また、制御信号とは、ソース装置101、ソース装置用アダプタ装置104、シンク装置用アダプタ装置105、シンク装置用アダプタ装置106、シンク装置102及び、シンク装置103の各装置の間で、認証処理や映像信号の同期処理等、ソース装置101からシンク装置へ、シンク装置が表示可能なフォーマットでAV信号を送信するための処理に必要な信号である。より具体的には、後述する、認証要求信号、認証応答信号、EDID要求信号、EDID応答信号、接続完了通知信号及び接続完了応答信号等であるが、上記目的の範囲内でこれに限られない。

0050

無線送受信部202は、ケーブル107を介して、ソース装置101より読み出したAV信号に含まれる映像信号及び音声信号をエンコードして送信パケットを生成する。次に、所定の周波数を有する搬送波を、生成された送信パケットに従って変調することにより、無線AV信号を生成し、アンテナ207を介してシンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106に送信する。

0051

無線送受信部202は、また、制御部203から出力される制御信号をエンコードすることで送信パケットを生成する。次に、所定の周波数を有する搬送波を、生成された送信パケットに従って変調することにより、制御信号を生成し、アンテナ207を介してシンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106に送信する。

0052

また、無線送受信部202は、シンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106から送信された所定の周波数を有する無線制御信号を、アンテナ207を介して受信する。次に、受信した制御信号に対して、周波数変換処理受信パケット処理及びデコード処理を行い、得られた制御信号を制御部203に出力する。

0053

制御部203は、アンテナ207及び無線送受信部202を介してシンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106から受信した制御信号に基づいて、無線接続処理(図8を参照して後述する。)を実行する。また、制御部203は、記憶部204からのEDID情報の読み出し及び記憶部204へのEDID情報の書き込みを行う。

0054

記憶部204は、例えば、DRAM(Dynamic Random Access Memory)等の半導体記憶素子である。記憶部204は、現在、接続中であるシンク装置のEDID情報を格納しているEDIDテーブル205と、過去に接続されたシンク装置のEDID情報の履歴を管理するEDID管理テーブル206とを備える。なお、ソース装置用アダプタ装置が、現在、シンク装置に無線接続されていない場合には、EDIDテーブル205には、前回の無線接続先であるシンク装置のEDID情報が格納されている。

0055

例えば、ソース装置101は、ケーブル106、有線送受信部201を介して、EDIDテーブル205から、接続先のシンク装置が有するEDID情報を取得する。

0056

図3は、本実施の形態に係るシンク装置用アダプタ装置の詳細な一構成例を示すブロック図である。

0057

図3において、シンク装置用アダプタ装置105及びシンク装置用アダプタ装置106は、アンテナ301と、無線送受信部302と、有線送受信部303と、制御部304と、記憶部305と、EDIDテーブル306とを備えて構成される。シンク装置用アダプタ装置105及びシンク装置用アダプタ装置106は同じ構成を取るので、ここでは、シンク装置用アダプタ装置105について説明する。

0058

無線送受信部302は、アンテナ301を介してソース装置用アダプタ装置104から送信された無線AV信号を受信する。次に、無線送受信部302は、取得した無線AV信号に対して、周波数変換処理、受信パケット処理及びデコード処理を行った後、処理後の映像信号及び音声信号を含むAV信号を、有線送受信部303及びケーブル108を介して、シンク装置102に出力する。

0059

また、無線送受信部302は、アンテナ301を介して受信された制御信号に対して、周波数変換処理、受信パケット処理及びデコード処理を行った後、処理後の制御信号を制御部304に出力する。

0060

無線送受信部302は、また、制御部304から出力される制御信号をエンコードし、送信パケットを生成する。次に、無線送受信部302は、生成した送信パケットを所定の周波数を有する搬送波に従って変調することにより、制御信号を生成し、アンテナ301を介してソース装置用アダプタ装置104に送信する。

0061

有線送受信部303は、AV信号を、ケーブル108を介してシンク装置102に送信するとともに、ケーブル108を介してシンク装置102からEDID情報を受信して、制御部304に出力する。

0062

制御部304は、例えば、シンク装置用アダプタ装置105の機器IDをソース装置用アダプタ装置104に通知するための制御信号等を生成して無線送受信部302に出力する。

0063

ここで、機器IDとは、例えば、シンク装置用アダプタ装置が備える無線通信インタフェースのMAC(Media Access Control)アドレスなど、シンク装置又はこれと対応付けられたシンク装置用アダプタ装置を一意に識別できる情報である。

0064

制御部304は、また、アンテナ301及び無線送受信部302を介してソース装置用アダプタ装置104から受信した制御信号に基づいて、無線接続処理(図8を参照して後述する。)を実行する。また、制御部304は、有線送受信部303、ケーブル108を介してシンク装置102からEDID情報を取得する。さらに、制御部304は、取得したEDID情報を、記憶部305が備えるEDIDテーブルへ格納し、また、必要に応じて読み出す。具体的には、制御部304は、記憶部305が備えるEDIDテーブル306に、シンク装置102のEDID情報を格納する。

0065

図4は、ソース装置用アダプタ装置104が備える記憶部204が有するEDID管理テーブルに格納されているデータ構造の一例を示す図である。

0066

図4に示されるように、EDID管理テーブルは、ソース装置用アダプタ装置104との間で無線接続処理が完了したシンク装置用アダプタ装置の機器ID(例えば、無線インタフェースのMACアドレス等)と、該アダプタ装置が保持するEDIDテーブルが互いに対応付けられて格納されている。

0067

例えば、機器IDが、「1.0.0.0」であるシンク装置用アダプタ装置には、EDIDとしてEDID1が対応付けられている。これは、ソース装置用アダプタ装置104がソース装置101へ、シンク装置のEDID情報を通知する際に、機器IDが「1.0.0.0」であるシンク装置用アダプタ装置に接続されているシンク装置のEDID情報をEDID1と推定することを意味する。

0068

図5及び図6は、それぞれEDID要求信号及びEDID応答信号の各フォーマットの一例を示す図である。

0069

図5において、EDID要求信号のフォーマットは、宛先機器ID領域501と、送信元機器ID領域502と、シーケンス番号領域503と、EDID要求信号のタイプを示すタイプ領域504とを含む。

0070

宛先機器ID領域501には、EDID要求信号を送信する宛先の装置であるシンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106の機器IDが格納される。送信元機器ID領域502には、EDID要求信号を送信する送信元の装置であるソース装置用アダプタ装置104の機器IDが格納される。シーケンス番号領域503には、制御部203内の内部カウンタに従ったシーケンス番号が格納される。タイプ領域504には、必要に応じてEDID要求信号のタイプを示す値を格納する。

0071

図6において、EDID応答信号のフォーマットは、宛先機器ID領域601と、送信元機器ID領域602と、シーケンス番号領域603と、タイプ領域604と、EDID情報領域605とを含む。

0072

宛先機器ID領域601には、EDID応答信号を送信する宛先の装置であるソース装置用アダプタ装置104の機器IDが格納される。送信元機器ID領域602には、EDID応答信号を送信する送信元の装置であるシンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106の機器IDが格納される。シーケンス番号領域603には、図6のEDID要求信号のシーケンス番号領域603に含まれる値と同一の値が格納される。タイプ領域604には、必要に応じてEDID応答信号のタイプを示す値が格納される。EDID情報領域605には、シンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106内の記憶部305が有するEDIDテーブル306から読み出されたEDID情報が格納される。

0073

図7は、図2のソース装置用アダプタ装置104の制御部203によるEDID取得処理を示すフローチャートである。

0074

図7のステップS701において、制御部203は、これから接続しようとするシンク装置用アダプタ装置105又はシンク装置用アダプタ装置106とHDMIの認証処理を行う。

0075

認証処理では、ソース装置用アダプタ装置104は、接続しようとするシンク装置用アダプタ装置に対して、認証の開始を要求する制御信号である認証要求信号を送信する。

0076

シンク装置用アダプタ装置は、ソース装置用アダプタ装置104から受信した認証要求信号に含まれる情報などを元に認証応答情報を生成し、認証応答情報を含む制御信号である認証応答信号をソース装置101へ向けて送信する。その際、シンク装置用アダプタ装置は、自身の機器IDを認証応答信号に含めて、ソース装置用アダプタ装置104へ送信する。

0077

ステップS702において、制御部203は、一定時間内に認証応答信号を受信し、認証応答信号に含まれる認証応答情報が正規であると判断された場合、認証が完了したと判断し(S702でYES)、ステップS703に進む。一方、制御部203が一定時間内に認証応答信号を受信できなかった、または、認証応答情報が不正規であると判断されたときは(S702でNO)、ステップS702に戻って認証処理を繰り返す。

0078

なお、ソース装置用アダプタ装置104は、ソース装置101からHDMIに基づく認証要求信号を受信したことをトリガーとして、シンク装置用アダプタ装置との認証処理を開始してもよい。この場合、ソース装置用アダプタ装置104は、この認証処理の結果を、HDMIに基づく認証応答信号に反映させてソース装置101に通知することにより、ソース装置101及びソース装置用アダプタ装置104を繋ぐ区間におけるHDMIに基づく機器認証と、無線で接続された区間における機器認証(すなわち、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置との認証)とを連携させることができる。

0079

また、シンク装置用アダプタ装置は、ソース装置用アダプタ装置104からの認証要求信号の受信などをトリガーに、対応するシンク装置とのHDMIに基づく認証処理を開始してもよい。この場合、そのHDMIに基づく認証結果を認証応答情報の生成に反映させることで、シンク装置及びこれに対応するシンク装置用アダプタ装置を繋ぐ区間におけるHDMIに基づく機器認証と、無線で接続された区間における機器認証とを連携させることが可能となる。

0080

次に、ステップS703において、制御部203は、認証応答信号に含まれるシンク装置用アダプタ装置の機器IDがEDID管理テーブル206に登録されているかどうかを判断する。含まれているときは(S703でYES)、ステップS707に進む。一方、含まれていないときは(S703でNO)、ステップS704に進む。

0081

ステップS704において、制御部203は、認証応答信号を送信してきたシンク装置用アダプタ装置にEDIDの送信を要求する制御信号であるEDID要求信号を送信する。

0082

ステップS705において、制御部203は、EDID要求信号を送信したシンク装置用アダプタ装置から、一定時間内にEDID応答信号を受信したか否かを判断する。受信していた場合には(S705でYES)、ステップS706に進む。一方、受信できなかった場合には(S705でNO)、ステップS705に戻って、ステップS705の処理を繰り返す。

0083

次に、ステップS706において、制御部203は、受信したEDID応答信号に含まれるEDID情報を、先に受信した認証応答信号に含まれる機器IDと対応付けて、EDID管理テーブル206に格納する。さらに、制御部203は、現在接続中のシンク装置のEDID情報をEDIDテーブル205に格納する。

0084

図8図1のソース装置101、シンク装置102、シンク装置103、ソース装置用アダプタ装置104、シンク装置用アダプタ装置105、シンク装置用アダプタ装置106で送受信される信号を示すシーケンス図である。

0085

なお、図8は、ソース装置101の無線接続先が、シンク装置102→シンク装置103→シンク装置102→シンク装置103の順で切り替わる場合のシーケンス図である。

0086

図8において、今、ソース装置用アダプタ装置104のEDID管理テーブル206には、EDID情報が1つも格納されていないとする。シンク装置用アダプタ装置105、シンク装置用アダプタ装置106の制御部304は、各々シンク装置102、シンク装置103が電源ON状態になった時点で、それぞれシンク装置102、シンク装置103よりEDID情報を取得し、EDIDテーブル306に格納する(S801、S802)。

0087

まず、ソース装置101において、シンク装置102にAV信号を伝送する操作がユーザによって行われると、ソース装置101はソース装置用アダプタ装置104にシンク装置102との接続を要求する信号を出力する(S803)。次に、ソース装置用アダプタ装置104は、シンク装置用アダプタ装置105と認証処理を実行する。認証処理が完了した場合、ソース装置101はシンク装置102にEDID情報を要求する(S804)。

0088

ソース装置用アダプタ装置104の制御部203は、EDID管理テーブル206にシンク装置102のEDID情報が格納されるか判断する。この場合、シンク装置102のEDID情報は格納されていないので、ソース装置用アダプタ装置104は、シンク装置用アダプタ装置105にシンク装置102のEDID情報を要求するEDID要求信号を送信する(S805)。

0089

シンク装置用アダプタ装置105の制御部304は、EDID要求信号を受信すると、既に取得しているシンク装置102のEDID情報をEDIDテーブル306から取得する。さらに、取得したEDID情報と、自身の機器IDを含むEDID応答信号をソース装置用アダプタ装置104に送信する。

0090

ソース装置用アダプタ装置104は、受信したEDID応答信号に含まれているシンク装置102のEDID情報と、送信元の機器ID(シンク装置用アダプタ装置105の機器ID)とを対応付けてEDID管理テーブル206に格納する。さらに、ソース装置用アダプタ装置104は、現在接続しているシンク装置102のEDID情報をEDIDテーブル205に格納する。その後、ソース装置用アダプタ装置104はソース装置101にEDID応答を出力する(S806)。

0091

その後、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置105との無線接続処理が終了すると、ソース装置101からシンク装置102へ向けて、AV信号の伝送処理が開始される(S807)。

0092

AV信号伝送終了後、例えばソース装置101を使用するユーザの操作により、シンク装置102からシンク装置103に接続先を切り替える操作が行われたとする(S808)。

0093

この場合、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置106の間のHDMI認証処理の完了後、ソース装置101は、シンク装置103へ、EDID情報を要求する(S809)。

0094

次に、ソース装置用アダプタ装置104の制御部203は、シンク装置103のEDID情報がEDID管理テーブル206に格納されているかどうかを判断する。この場合も、先のシンク装置102と同様、シンク装置103のEDID情報はEDID管理テーブル206に格納されていない。よって、シンク装置102の場合と同様に、ソース装置用アダプタ装置104は、シンク装置用アダプタ装置106へEDID要求信号を送信する(S810)。その後、シンク装置用アダプタ装置106から、EDID応答信号を受信したソース装置用アダプタ装置104は、受信したEDID応答信号に含まれているシンク装置103のEDID情報と、シンク装置用アダプタ装置106の機器IDとを対応付けてEDID管理テーブル206に格納する。

0095

さらに、ソース装置用アダプタ装置104は、現在接続しているシンク装置103のEDID情報をEDIDテーブル205に格納する。その後、ソース装置用アダプタ装置104はソース装置101にEDID応答を出力する(S811)。

0096

次に、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置106との無線接続処理が終了すると、ソース装置101からシンク装置103へ向けて、AV信号の伝送処理が開始される(S812)。

0097

次に、AV信号伝送終了後、再び、ソース装置101のユーザによる操作によって、接続先をシンク装置102に切り替える操作が行われたとする(S813)。

0098

この場合も、ソース装置用アダプタ装置104の制御部203は、まず、シンク装置用アダプタ装置105と認証処理を行う。次に、ソース装置101は、ソース装置用アダプタ装置104を介して、シンク装置102へ向けてEDID要求信号を送信する(S814)。EDID要求信号を受信したソース装置用アダプタ装置104は、先の認証処理で取得した、シンク装置102と1対1に対応するシンク装置用アダプタ装置105の機器IDがEDID管理テーブル206に格納されているかどうかを判断する。

0099

この場合は、シンク装置用アダプタ装置105の機器IDはEDID管理テーブル206に格納されている。よって、ソース装置用アダプタ装置104はEDID管理テーブル206に格納されている、シンク装置用アダプタ装置105の機器IDに対応するシンク装置102のEDID情報をEDIDテーブル205に格納する。さらに、ソース装置用アダプタ装置104は、ソース装置101にシンク装置102のEDID情報を出力する(S815)。

0100

その後、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置105との間で無線接続処理が行われ、ソース装置101からシンク装置102へ向けたAV信号の伝送処理がソース装置用アダプタ装置104及びシンク装置用アダプタ装置105を介して実行される。

0101

次に、ソース装置101のユーザによって、接続先をシンク装置103に切り替える操作が行われたとする(S817)。ソース装置用アダプタ装置104の制御部203が、シンク装置用アダプタ装置106と認証処理を行った後、ソース装置101は、ソース装置用アダプタ装置104を介して、シンク装置103へ向けてEDID情報要求信号を送信する(S818)。

0102

すると、ソース装置用アダプタ装置104は、先の認証処理で取得した、シンク装置103に1対1に対応するシンク装置用アダプタ装置106の機器IDがEDID管理テーブル206に格納されているかどうかを判断する。

0103

この場合は、シンク装置用アダプタ装置106の機器IDはEDID管理テーブル206に格納されている。よって、ソース装置用アダプタ装置104はEDID管理テーブル206に既に格納されているシンク装置用アダプタ装置106の機器IDに対応するEDID情報をEDIDテーブル205に格納する。さらに、ソース装置用アダプタ装置104は、ソース装置101にEDID情報を出力する(S819)。

0104

その後、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置106との間で無線接続処理が行われ、ソース装置101からシンク装置103へ向けたAV信号の伝送処理がソース装置用アダプタ装置104及びシンク装置用アダプタ装置106を介して実行される(S820)。

0105

すなわち、本実施の形態に係る無線通信システム100は、映像信号を出力する第1の映像装置(ソース装置)101に接続され、映像信号を無線送信する第1の映像装置用アダプタ装置(ソース装置用アダプタ装置)104と、無線送信された映像信号を受信し、受信した映像信号を第2の映像装置(シンク装置)102に表示させる第2の映像装置用アダプタ装置(シンク装置用アダプタ装置)105とを備える無線通信システム100であって、第1の映像装置用アダプタ装置(ソース装置用アダプタ装置)104は、第1の記憶部204と、無線送受信部202と、第1の制御部203とを備える。

0106

ここで、第1の制御部203は、第2の映像装置102に映像信号を無線送信する際に、
(i)第2の映像装置102に表示させることが可能な映像の仕様を示す第1の設定情報が第1の記憶部204に格納されている場合には、第1の記憶部より第1の設定情報を取得し、取得した第1の設定情報を第1の映像装置101に送信し、第1の映像装置101から第1の設定情報に従った映像信号を受信し、かつ、受信した映像信号を無線送受信部202に無線送信させ、
(ii)第1の設定情報が第1の記憶部204に格納されていない場合には、第2の映像装置用アダプタ装置105から第1の設定情報を取得し、取得した第1の設定情報を第1の映像装置101に送信し、第1の映像装置101から第1の設定情報に従った映像信号を受信し、受信した映像信号を無線送受信部202に無線送信させ、かつ、第1の設定情報を第1の記憶部204に格納する。

0107

さらに、第2の映像装置用アダプタ装置105は、無線送受信部302と、第2の映像装置102から取得した第1の設定情報を第1の映像装置用アダプタ装置104に無線送信する第2の制御部304とを備える。

0108

以上説明した、本実施の形態に係る無線通信システム100によれば、1度取得したEDID情報を機器IDと対応付けてEDID管理テーブルに格納することにより、過去に無線接続した機器に再度接続する場合、対象機器のEDID情報をEDID管理テーブルから取得することで、無線接続先を切り替える場合の切り替え時間を短縮することができる。

0109

なお、本実施の形態においては、接続先切り替えのトリガーをソース装置101側としたが、接続切り替えのトリガーはシンク装置102、又はシンク装置103側で行われたユーザによる操作であってもよい。さらに、ソース装置、ソース装置用アダプタ装置及びシンク装置のうちのいずれかが、他の装置と接続を中断したタイミングや、各装置の電源がOFFにされたタイミングなどを、接続先切り替えのトリガーとしてもよい。

0110

また、ソース装置用アダプタ装置またはシンク装置用アダプタ装置に、複数のソース装置あるいはシンク装置が接続される場合も考えられる。この場合、機器IDとして、たとえば、アダプタ装置が備える無線モジュール物理アドレス(MACアドレスなど)と当該アダプタが備えるソース装置又はシンク装置との有線インタフェースの識別番号との組み合わせを用いることにより、ソース装置あるいはシンク装置を一意に識別することができる。

0111

また、複数のソース装置およびシンク装置に各々一意に機器IDが割り当てられている場合は、機器IDとして、ソース装置、シンク装置の機器IDを用いることもできる。この場合、シンク装置アダプタ装置のEDIDテーブルには、接続されているシンク装置の機器IDとEDID情報を対応付けて格納しておくと、認証処理等の時間を短縮することができる。

0112

(実施の形態2)
次に、従来は、AV信号を出力するシンク装置が切り替えられる度に必要であった、シンク装置と、そのシンク装置に対応するシンク装置用アダプタ装置との間の同期処理(映像信号の垂直及び水平同期や、スキャン方式の特定など)を省くことで、ソース装置の切替を効率化した無線通信システム100の実施の形態について説明する。

0113

なお、本実施の形態の無線通信システム100の構成は図1と同様であるので、詳細な説明は省略する。

0114

図9は本発明の実施の形態2に係る無線通信システム100のシンク装置用アダプタ装置105の構成を示すブロック図である。なお、シンク装置用アダプタ装置105及びシンク装置用アダプタ装置106は同じ構成であるため、ここでは、シンク装置用アダプタ装置105について説明する。

0115

図9に示すシンク装置用アダプタ装置105は、アンテナ301と、無線送受信部302と、有線送受信部303と、制御部904と、記憶部905と、EDIDテーブル306と、ダミー信号生成部907と、フォーマット情報テーブル908とを備えて構成される。

0116

図9のシンク装置用アダプタ装置105は、実施の形態1に係るシンク装置用アダプタ装置105にダミー信号生成部907とフォーマット情報テーブル908とを設けたものである。

0117

制御部904は、図3の制御部304の動作に加え、記憶部905へのフォーマット情報テーブルの書き込みと読み出しを行う。制御部904は無線送受信部302を介してソース装置101より受信したAV信号から、AV信号に含まれる動画像の画像サイズ、スキャン方式及び同期周波数等、AV信号を適切に再生するために必要な情報であるフォーマット情報を取り出す。

0118

その後、制御部904は、取得したフォーマット情報を、フォーマット情報テーブル908に格納する。すなわち、フォーマット情報テーブル908には、シンク装置用アダプタ装置105が現在受信している最新のAV信号のフォーマット情報が格納される。なお、シンク装置用アダプタ装置105がAV信号を受信していない場合には、直前に受信していたAV信号のフォーマット情報が格納されている。

0119

制御部904は、また、無線送受信部302がAV信号を受信しているか否かを定期的に判定する。ここで、仮に、ユーザによるシンク装置の切替操作により、AV信号を送信するシンク装置が、シンク装置102からシンク装置103に変更されたとする。すると、ソース装置101とシンク装置用アダプタ装置105との無線通信(AV信号の受信)が切断される。

0120

無線送受信部302がAV信号を受信していないと判定した制御部904は、フォーマット情報テーブル908より読み込んだフォーマット情報をダミー信号生成部907に出力する。

0121

フォーマット情報を取得したダミー信号生成部907は、取得したフォーマット情報と同じフォーマット情報をもつAV信号であるダミー信号を生成する。

0122

制御部904は、ソース装置101からのAV信号が再度入力されるまで、ダミー信号生成部907で生成されたダミー信号を、接続が切断されたシンク装置102に出力する。

0123

すなわち、通常であれば、ソース装置101からのAV信号の出力先が別のシンク装置(シンク装置103)に切り替えられた結果、AV信号の入力が数フレーム分無ければ、シンク装置用アダプタ装置105とシンク装置102との同期は解除される。

0124

しかし、制御部904がAV信号に代わるダミー信号を、再度AV信号が入力されるまでシンク装置102に出力し続けることにより、シンク装置用アダプタ装置105とシンク装置102の同期を維持することができる。その結果、再度、ソース装置101からシンク装置102へAV信号が入力された場合に、シンク装置用アダプタ装置105とシンク装置102の同期処理が不要となる。

0125

記憶部905は、シンク装置102のEDIDテーブル306と、フォーマット情報テーブル908を格納する。フォーマット情報テーブル908には、前述の通り、ソース装置101から送信されたAV信号に含まれる映像信号及び音声信号のフォーマット、サイズなどが格納されている。

0126

図10は、フォーマット情報テーブルに格納されているフォーマット情報の一例を示す図である。

0127

図10に示されるように、フォーマット情報には、映像フォーマットとしては、画像サイズ(有効画素数総画素数)、スキャン方式(プログレッシブインタレース)、水平同期周波数垂直同期周波数ピクセル周波数等が含まれる。また、音声フォーマットとしてはサンプリング周波数サンプルサイズビット数)、チャンネル数符号化方式情報などが含まれる。

0128

なお、図10に示すフォーマット情報は一例であり、これらの情報を間接的に特定する情報であってもよく、また、これ以外の情報が含まれてもよい。

0129

図11は、制御部904によるダミー信号生成処理の流れを示すフローチャートである。

0130

図11のステップS1101において、まず、制御部904は無線送受信部302より受信した映像信号のフォーマット情報を取得すると、フォーマット情報テーブル908に登録する。すなわち、フォーマット情報テーブル908には、常に最新のフォーマット情報が格納される。フォーマット情報テーブル908への登録のタイミングは、例えば、事前に定められた時間毎に行ってもよく、シンク装置やシンク装置用アダプタの電源がONにされることをトリガーとしてもよく、ソース装置から送られる特定の制御信号をトリガーとしてもよく、AV信号を取得する度におこなってもよい。

0131

ステップS1102において、制御部904は、ソース装置101との無線接続が切断されているかどうかを判断し、YESのときはステップS1103に進み、NOのときは、ステップS1102に戻って処理を繰り返す。

0132

ステップS1103において、制御部904は、フォーマット情報テーブル908からフォーマット情報を取得し、ステップS1104に進む。ステップS1104において、制御部904は、取得したフォーマット情報をダミー信号生成部907に出力し、ダミー信号生成部907にフォーマット情報に応じたダミー信号を生成させる。

0133

ステップS1105において、制御部904は、無線接続が開始されたかどうかを判断し、YESのときはステップS1106に進み、NOのときはステップS1105に戻って処理を繰り返す。ステップS1106において、制御部904は、ダミー信号生成部907にダミー信号生成を中止させ、ステップS1101に戻る。

0134

なお、ダミー信号生成部907が生成するダミー信号は映像データである場合、フォーマット情報テーブル908が格納するフォーマットのうち、画像サイズ、スキャン方式、ピクセル周波数、水平同期周波数、垂直同期周波数が一致しているフォーマットのデータであれば、どんなデータでも構わない。

0135

図12はソース装置101、シンク装置102、シンク装置103、ソース装置用アダプタ装置104、シンク装置用アダプタ装置105、シンク装置用アダプタ装置106で送受信される信号を示すシーケンス図である。図12のシーケンス図は、ソース装置101の無線接続先が、シンク装置102→シンク装置103→シンク装置102の順で切り替わる場合のシーケンス図である。

0136

図12において、まず、ソース装置101からソース装置用アダプタ装置104に、シンク装置102への接続要求が出力される(S901)。

0137

次に、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置105間で無線接続処理が行われる。無線接続処理の完了後、ソース装置101からシンク装置102へのAV信号の送信が、ソース装置用アダプタ装置104及びシンク装置用アダプタ装置105を介して開始される(S902)。

0138

この際、シンク装置用アダプタ装置105からシンク装置102へAV信号が送信される前に、シンク装置用アダプタ装置105とシンク装置102の間で同期処理が行われる(S903)。

0139

同期処理とは、前述の通り、例えば図10に示される信号同期表示設定に関する情報について、シンク装置用アダプタ装置105とシンク装置102の双方で設定を一致させる処理である。

0140

同期完了後、シンク装置用アダプタ装置105からシンク装置102へ、AV信号が送信される(S904、S905)。

0141

AV信号を受信したシンク装置用アダプタ装置105は、受信したAV信号から、フォーマット情報を取り出して、フォーマット情報テーブル908に格納する。

0142

次に、ソース装置101において、接続先をシンク装置103に切り替える操作が行われると(S906)、ソース装置101よりソース装置用アダプタ装置104に、シンク装置103への接続要求が出力され(S907)、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置106間で無線接続処理が行われる(S908)。

0143

この時、シンク装置用アダプタ装置105では、制御部904が、ソース装置用アダプタ装置104との無線接続が切断されたと判定すると、ダミー信号生成部907に、ダミー信号を生成させ、シンク装置102へ出力するよう制御する(S909)。

0144

シンク装置102は直前まで受信していたAV信号と同じフォーマットのダミー信号を受信する。

0145

シンク装置用アダプタ装置105は、ソース装置用アダプタ装置104から再度、無線接続要求が届くまで、ダミー信号を生成し、シンク装置102に出力する。

0146

シンク装置102においては、実際にはソース装置101と接続されてはいないが、シンク装置用アダプタ装置105よりダミー信号を受信し続けることで、仮想的にソース装置101と接続した状態になる。その結果、ステップS903で行った同期が有効なまま維持される(S911、S912、S913)。

0147

一方、ソース装置101からシンク装置103へのAV信号の送信は、ソース装置用アダプタ装置104、シンク装置用アダプタ装置106を介して行われる(S910)。

0148

シンク装置用アダプタ装置106は、受信したAV信号からフォーマット情報を取り出して、フォーマット情報テーブル908に格納する。

0149

次に、ソース装置101がAV信号を出力するシンク装置が切り替えられ(S914)、再びシンク装置102への接続要求が出力される(S915)とする。

0150

すると、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置105間で無線接続処理が行われる(S916)。ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置105間の無線接続処理が終了すると、再度、ステップS903のような同期処理なしに、ソース装置101からシンク装置102へAV信号が送信される(S918)。

0151

また、シンク装置用アダプタ装置105は、先にソース装置用アダプタ装置104と無線接続した際に、フォーマット情報をフォーマット情報テーブル908へ格納しているので、フォーマット情報設定処理をする必要もない。

0152

また、シンク装置用アダプタ装置105が備える制御部904は、再度、ソース装置用アダプタ装置104と無線接続が開始されたと判定すると、ダミー信号生成部907にダミー信号を生成するのを中止させる。

0153

一方、シンク装置用アダプタ装置106が備える制御部904は、ソース装置用アダプタ装置104との無線接続が切断されたと判定すると、ダミー信号生成部907に、ダミー信号を生成させ、シンク装置103へ出力するよう制御する(S917)。

0154

その結果、シンク装置103は直前まで受信していたAV信号と同じフォーマットのダミー信号を受信する。シンク装置用アダプタ装置106は、ソース装置用アダプタ装置104から再度、無線接続要求が届くまで、ダミー信号を生成し、シンク装置103に出力する(S919)。シンク装置103においては、実際にはソース装置101と接続されてはいないが、シンク装置用アダプタ装置106よりダミー信号を受信し続けることで、仮想的にソース装置101と接続した状態を維持する。

0155

なお、ダミー信号生成開始後、十分な時間が経過しても再度無線接続が開始されない場合にはダミー信号を停止させることにより、利便性省電力性バランスを取る実装とすることも有効である。

0156

すなわち、本実施の形態に係る無線通信システム100は、映像信号を出力する第1の映像装置(ソース装置)101に接続され、映像信号を無線送信する第1の映像装置用アダプタ装置(ソース装置用アダプタ装置)104と、無線送信された映像信号を受信し、受信した映像信号を第2の映像装置(シンク装置)102に表示させる第2の映像装置用アダプタ装置(シンク装置用アダプタ装置)105とを備えている。

0157

ここで、第2の映像装置用アダプタ装置105は、無線送受信部302と、映像信号のフォーマットに一致するフォーマットを有するダミーの映像信号であるダミー信号を生成するダミー信号生成部907と、第1の記憶部905と、無線送受信部302が受信した映像信号のフォーマットを特定するフォーマット情報を第1の記憶部905に格納し、かつ、無線送受信部302が映像信号を受信しているか否かを判定し、受信していない場合には、ダミー信号生成部907に、第1の記憶部905に格納されているフォーマット情報によって特定されるフォーマットを有するダミー信号を生成させ、第2の映像装置102へ表示させる第1の制御部904とを備える。

0158

以上説明したように、本実施の形態に係る無線通信システム100によれば、無線接続が切断された場合には、有線接続においてダミー信号を出力することにより、再度無線接続した際に表示設定や信号同期をやり直す必要がないので、一旦切断された無線接続が復活した際に、表示設定や信号同期を省くことができる。

0159

なお、第1及び第2の実施形態において、記憶部204、305、905にはDRAMが用いられた。しかし、本発明はこの構成に限らず、DRAMに代えて、SRAM(Static Random Access Memory)等のさらに高速のメモリ装置を記憶部に用いてもよい。また、記憶部に不揮発性メモリ装置を用いることにより、アダプタ装置の電源再投入後の接続を短縮することも可能である。

0160

また、実施の形態1及び2の変形例として、ソース装置用アダプタ装置の機能をソース装置に持たせてもよい。この場合、ソース装置用アダプタ装置と接続せずに、本発明と同様の制御を行うことも可能である。同様に、シンク装置用アダプタ装置の機能をシンク装置に持たせてもよい。図13に、実施の形態1の変形例に係るソース装置720の一構成例を示す。また、図14に、実施の形態2の変形例に係るシンク装置730の一構成例を示す。

0161

図13に示すように、ソース装置720は、例えば、ソース装置用アダプタ装置における有線送受信部201に代えて、DVDプレーヤなどの信号再生部1301を持つ構成となる。また、図14に示すように、シンク装置730は、例えば、テレビジョン受像機のようにシンク装置用アダプタ装置における有線送受信部303に代えて、音声信号及び映像信号の両信号を処理する音声及び映像信号処理部1401、スピーカ1407、表示手段であるディスプレイ1408を持つ構成になる。シンク装置730は、さらに、ダミー信号生成部1409を有しても良い。

0162

すなわち、無線通信システム100は、映像信号を無線送信する第1の映像装置(ソース装置)720と、無線送信された映像信号を受信し、受信した映像信号を表示させる第2の映像装置(シンク装置)730とを備え、第1の映像装置720は、第1の記憶部204と、無線送受信部202と、第1の制御部203とを備えるとしてもよい。

0163

このとき、第1の制御部203は、第2の映像装置730に映像信号を無線送信する際に、
(i)第2の映像装置730に表示させることが可能な映像の仕様を示す第1の設定情報が第1の記憶部204に格納されている場合には、第1の記憶部204より第1の設定情報を取得し、取得した第1の設定情報に従った映像信号を無線送受信部202に無線送信させ、
(ii)第1の設定情報が第1の記憶部204に格納されていない場合には、第2の映像装置730から第1の設定情報を取得し、取得した第1の設定情報に従った映像信号を無線送受信部202に無線送信させ、かつ、第1の設定情報を第1の記憶部204に格納する。

0164

また、第2の映像装置730は、無線送受信部302と、第1の設定情報を第1の映像装置720に無線送信する第2の制御部304とを備える。

0165

なお、実施の形態1及び2に係るシンク装置用アダプタ装置が備える制御部304は、シンク装置を繋ぐHDMIケーブルが一旦抜かれ、再度、接続されたと判定した場合には、EDIDテーブル306に格納しているEDID情報を破棄し、又は、再度シンク装置からEDID情報を読み込んでEDIDテーブル306を更新してもよい。

0166

より具体的には、シンク装置用アダプタ装置105が備える制御部304は、HDMIのHPD(Hot Plug Detect)信号がHigh状態から、一旦、Low状態になったあと、再度High状態になったことを検出することで、シンク装置102を繋いでいたHDMIケーブルが一旦抜かれた後、再度、接続されたと判定できる。

0167

これにより、例えば、シンク装置用アダプタ装置105に接続されているシンク装置が、シンク装置102からシンク装置103に交換された場合であっても、シンク装置用アダプタ装置105は、現在接続されているシンク装置のEDID情報が、自身のEDIDテーブル306に格納されていることを保証できる。

0168

また、シンク装置用アダプタ装置105が備える制御部304が、シンク装置102を繋いでいたHDMIケーブルが一旦抜かれ、再度、接続されたと判定した場合には、ソース装置用アダプタ装置104は、シンク装置用アダプタ装置105の機器IDと対応付けてEDID管理テーブル206に格納していたEDID情報を破棄してもよい。

0169

または、ソース装置用アダプタ装置104は、単にEDID情報を破棄するのではなく、シンク装置用アダプタ装置105が現在接続されているシンク装置から再度読み込んだ最新のEDID情報を取得し、取得したEDID情報で、シンク装置用アダプタ装置105の機器IDと対応付けられてEDID管理テーブル206に格納されるEDID情報を更新してもよい。

0170

これにより、ソース装置用アダプタ装置のEDID管理テーブル206に格納されているEDID情報が最新のものであることを保証することができる。

0171

さらに、ソース装置用アダプタ装置とシンク装置用アダプタ装置の無線接続にWirelessHD(High Definition)規格を使用した場合、AV信号を送受信するための高速信号(High-Rate PHY(HRP))用の無線チャネルと、制御信号を送受信するための低速信号(Low-Rate PHY(LRP))用の無線チャネルとを同時に使用することができる。

0172

例えば、ソース装置101がシンク装置102へAV信号を送信する場合に、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置105を高速信号用の無線チャネルで接続し、ソース装置用アダプタ装置104とシンク装置用アダプタ装置106を低速信号用の無線チャネルで接続することができる。

0173

すなわち、無線通信システム100はさらに、映像信号を受信し、受信した映像信号を第3の映像装置(シンク装置)103に表示させる第3の映像装置用アダプタ装置(シンク装置用アダプタ装置)106を備え、第1の映像装置用アダプタ装置104と第2の映像装置用アダプタ装置105は、映像信号を送受信するための第1無線チャネルで接続され、第1の映像装置用アダプタ装置104と第3の映像装置用アダプタ装置106は、第1無線チャネルよりも低速な第2無線チャネルで接続されている。

0174

また、第3の映像装置用アダプタ装置106は、(i)無線送受信部302と、(ii)自身と第3の映像装置103との接続が切断された後に、再度接続されたことを検出した場合には、第3の映像装置103に表示させることが可能な映像の仕様を示す第2の設定情報を第3の映像装置103から取得し、取得した第2の設定情報と、第3の映像装置103に一意に対応付けられた識別情報とを含む制御信号を、第2無線チャネルを介して第1の映像装置用アダプタ装置104に無線送信する第3の制御部304と、を備えている。

0175

ここで、第1の映像装置用アダプタ装置104が備える第1の制御部203は、制御信号を取得すると、識別情報と、第2の設定情報とを、相互に対応付けて第1の記憶部204に格納する。

0176

また、第3の制御部304は、第1の制御部203が第2の映像装置用アダプタ装置105に第1無線チャネルを介して映像信号を無線送信するのと並行して、第1の映像装置用アダプタ装置104に第2無線チャネルを介して制御信号を無線送信する。

0177

これにより、仮に、(1)シンク装置用アダプタ装置106が備える制御部304が、シンク装置103を繋いでいたHDMIケーブルが一旦外され、その後に再接続されたことを検出し、そのため、(2)シンク装置用アダプタ装置106は、上述のように、現在接続されているシンク装置からEDID情報を再取得し、EDIDテーブル306に格納されているEDID情報を上書きすることで更新した場合には、(3)ソース装置用アダプタ装置104からシンク装置用アダプタ装置105へのAV信号の送信と並行して、シンク装置用アダプタ装置106からソース装置用アダプタ装置104へ、ソース装置用アダプタ装置104のEDID管理テーブル206の修正を要求する制御信号を送ることができる。

0178

修正を要求する制御信号とは、例えば、シンク装置用アダプタ装置106の機器IDを含み、上記の機器IDに対応するEDID情報をEDID管理テーブル206から破棄することをソース装置用アダプタ装置104に要求する信号が考えられる。または、上記の制御信号は、シンク装置用アダプタ装置106の機器IDに加え、HDMIケーブルの再接続後にシンク装置用アダプタ装置106がシンク装置から取得したEDID情報を含んでおり、EDID管理テーブル206に格納されている、上記機器IDに対応するEDID情報を、制御信号に含まれるEDID情報で更新するよう要求する信号が考えられる。

0179

ソース装置用アダプタ装置104は、低速信号用の無線チャネルを介して受信した制御信号にしたがい、EDID管理テーブル206を更新することで、EDID管理テーブル206に格納されている機器IDとEDID情報との対応関係を常に最新のものとすることができる。

0180

なお、本実施の形態1及び2並びにその変形例では、AV信号の通信規格としてHDMIを使用したが、他の通信規格であっても、圧縮されていない映像信号及び音声信号を送受信するための通信規格を使用しても、同様の効果を奏する。

0181

なお、同時に使用する無線チャネルは、必ずしも、WirelessHDのHRPとLRPでなくとも、映像信号の送受信と同時並行的に、EDID情報を含む制御信号の送受信が可能であればよい。具体的には、他の任意の無線通信における多重化技術(例えば、周波数分割多重化時分割多重化空間分割多重化符号分割多重化など)を用いて、ソース装置用アダプタ装置と複数のシンク装置用アダプタ装置の間に、事実上、複数の無線通信チャネルを実現できる方式であればよい。または、有線と無線の2つの通信回線を使用してもよい。

0182

また、上記実施の形態1又は2に係る無線通信システム100に含まれる各処理部は典型的には集積回路であるLSIとして実現される。これらは個別に1チップ化されてもよいし、一部又はすべてを含むように1チップ化されてもよい。

0183

ここでは、LSIとしたが、集積度の違いにより、IC、システムLSIスーパーLSI、ウルトラLSIと呼称されることもある。

0184

また、集積回路化はLSIに限るものではなく、専用回路又は汎用プロセッサで実現してもよい。LSI製造後にプログラムすることが可能なFPGA(Field Programmable Gate Array)、又はLSI内部の回路セルの接続や設定を再構成可能なリコンフィギュラブルプロセッサを利用してもよい。

0185

さらには、半導体技術の進歩又は派生する別技術によりLSIに置き換わる集積回路化の技術が登場すれば、当然、その技術を用いて各処理部の集積化を行ってもよい。

0186

また、本発明の実施の形態1又は2に係る、無線通信システム100の機能の一部又は全てを、CPU等のプロセッサがプログラムを実行することにより実現してもよい。

0187

さらに、本発明は上記プログラムであってもよいし、上記プログラムが記録された記録媒体であってもよい。また、上記プログラムは、インターネット等の伝送媒体を介して流通させることができるのは言うまでもない。

0188

また、上記実施の形態1又は2に係る、無線通信システム100、及びその変形例の機能のうち少なくとも一部を組み合わせてもよい。

0189

また、上記で用いた数字は、すべて本発明を具体的に説明するために例示するものであり、本発明は例示された数字に制限されない。さらに、High又はLowにより表される論理レベルは、本発明を具体的に説明するために例示するものであり、例示された論理レベルの異なる組み合わせにより、同等な結果を得ることも可能である。

0190

また、構成要素間の接続関係は、本発明を具体的に説明するために例示するものであり、本発明の機能を実現する接続関係はこれに限定されない。

0191

さらに、以下の実施の形態は、ハードウェア及び/又はソフトウェアを用いて構成されるが、ハードウェアを用いる構成は、ソフトウェアを用いても構成可能であり、ソフトウェアを用いる構成は、ハードウェアを用いても構成可能である。

0192

更に、本発明の主旨を逸脱しない限り、本実施の形態に対して当業者が思いつく範囲内の変更を施した各種変形例も本発明に含まれる。

0193

本発明に係るシンク装置、ソース装置、シンク装置用アダプタ装置、ソース装置用アダプタ装置、無線通信システム及びその制御方法は、例えば、DVDプレーヤ及びテレビジョン受像機等のAVシステムに利用することができる。

0194

101、720、1501ソース装置
102、103、730、1504シンク装置
104、1502ソース装置用アダプタ装置
105、106、1503シンク装置用アダプタ装置
107、108、109ケーブル
201、303、1505、1513、1517有線送受信部
202、302、1506、1512無線送受信部
203、304、904、1507、1514、1518 制御部
204、305、905、1508、1515、1519 記憶部
205、306、1509、1516、1520 EDIDテーブル
206 EDID管理テーブル
207、301、1510、1511アンテナ
907、1409ダミー信号生成部
908フォーマット情報テーブル
1301信号再生部
1401音声及び映像信号処理部
1407スピーカ
1408 ディスプレイ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ