図面 (/)

技術 ねじ

出願人 戸津勝行
発明者 戸津勝行
出願日 2007年11月8日 (13年0ヶ月経過) 出願番号 2008-550986
公開日 2010年4月15日 (10年7ヶ月経過) 公開番号 WO2008-078460
状態 特許登録済
技術分野 ボルト・ナット・座金
主要キーワード 緩み防止用 組立て部品 取付け対象物 放熱通路 ねじの谷 組立て用 取付対象物 雌ねじ成形
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年4月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題・解決手段

ねじ部の形状をタッピングねじ構造とすることなく、ねじ締めに適した精密な加工とし、ねじ部の先端部分の形状のみを球面状に突出する加工とすることにより、比較的簡単な構成で低コストに製造することができ、しかもねじ締めに際して、発熱成形粉の問題を全く生じることなく、円滑にして迅速なねじ締め作業を行うことができるねじを提供する。一端部にビット合溝13を設けた頭部12と、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工されたねじ部14とからなり、前記ねじ部14の先端部分20の形状を複数段階に変化する球面状に突出する構成とする。

概要

背景

今日、例えば、パソコン携帯電話機デジタルカメラ液晶テレビプラズマテレビプリンタ複写機、その他のコンピュータシステムを搭載した各種の電子機器においては、それぞれ小型コンパクト化、軽量化、薄型化等の要求から、それらの組立て部品としての板材について、アルミニウム合金マグネシウム合金あるいはプラスチックを使用し、しかもこれら板材の板厚を薄くする傾向がある。このため、これらの製品組立てには、前述したように、小さい寸法のねじを多量に使用して、迅速にして確実かつ適正なねじの取付け並びにねじ締め作業を行うことが必要である。また、近時、液晶テレビ、プラズマテレビにおいては、大画面化の傾向があり、この場合には前記板材については、その長さ寸法が大きくなり、ねじの使用量も増大している。

このように、前述した電子機器製品の組立てに際して、ねじの取付けを迅速に行うためは、組立て部品の板材の所要位置に、予め多数のねじ穴が設けられる。しかし、これらのねじ穴は、前述した条件からなる板材の成形加工時において、一度に設けられることから、成形加工時における板材の温度や加工状態によって、ねじ穴の位置や形状等が微妙に変化することは避けられない。そして、このようなねじ穴の不整合となる現象が、例えば基板取付板との間に生じると、前記取付板に設けたねじ穴にねじを位置決めしてねじ締めを行う場合、ねじが基板に対して円滑にねじ込むことができなくなる。

従来、このような小型のねじを使用して製品の組立てを行う場合、タッピングねじが一般的に使用されている。すなわち、タッピングねじは、組立て部品において、予め設けられた下穴に位置決めしてねじ込むことにより、前記下穴に雌ねじ成形しながらねじ込みが行われて部品を固定することができる。しかし、この場合、雌ねじの成形時に発生する摩擦熱成形粉が、例えば電子部品に対し損傷や故障を生じる原因となる難点がある。

前述したタッピングねじの問題点を解消するため、タッピングねじのねじ山ピッチを比較的大きく形成すると共に、ねじの谷部の間隔を比較的広く形成し、このねじ山が形成されたねじ部の全長に対して、ねじ部の先端から少なくとも60%以上の部分にマイクロカプセルエポキシ系接着剤封入した樹脂接着剤を塗布した構成からなる雌ねじ成形タッピングねじが提案されている(特許文献1参照)。

また、組立て部品の組み付け作業を行う際、予めフレームや組立て部品などに雌ねじをタッピングした後、塗装メッキなどの表面処理を施して組み付ける場合、表面処理層によって雌ねじが僅かに小さくなったり、塗料入り込んだりすることがあり、対応する大きさのボルト止めねじなどの雄ねじが入りにくくなっていることがある。さらに、組立て部品を取り外した場合に、その後既設の雌ねじを使用して元の組立て部品や新たな組立て部品を組み付ける際に、雌ねじが傷んだり、あるいは雌ねじに錆びが発生したりして、雄ねじが入りにくくなることがある。

このように、雌ねじに不具合が発生した場合、手回しタップなどを使用して雌ねじを修復することが知られているが、このような作業は極めて煩雑である。そこで、前記手回しタップに代えて、ねじ部の外周に、切り刃を設けると共に、切り屑を排出可能な少なくとも1本の溝を形成して、これを雌ねじにねじ込んで、雄ねじが入りにくくなった雌ねじの修復を簡便に行うことができるように構成したタップ工具)が提案されている(特許文献2参照)。

また、前述した製品の組立てにおいて、小さい寸法のねじを使用して、その取付けおよび締付けを行う場合、電子部品などの発熱に対し、放熱通路を確保するために、雌ねじを設けたスタッドスペーサなどが使用される。このような場合においても、雄ねじの雌ねじに対する取り付けに際して、前述したことと同様な問題を生じる。

このような問題を解消するため、ねじ部を頭部側と先端部側とに二分して、第1区域としてのねじ山部と第2区域としてのねじ山部とをそれぞれ設け、前記先端部側のねじ山部を、ねじ山の外形がその先端から次第に増大するように形成すると共に、前記頭部側のねじ山部より大径のタッピングねじ部として形成してなる、緩み防止用の雄ねじが提案されている(特許文献3参照)。

特開2002−70824号公報
特開2005−254444号公報
特開2005−337406号公報

概要

ねじ部の形状をタッピングねじ構造とすることなく、ねじ締めに適した精密な加工とし、ねじ部の先端部分の形状のみを球面状に突出する加工とすることにより、比較的簡単な構成で低コストに製造することができ、しかもねじ締めに際して、発熱や成形粉の問題を全く生じることなく、円滑にして迅速なねじ締め作業を行うことができるねじを提供する。一端部にビット合溝13を設けた頭部12と、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工されたねじ部14とからなり、前記ねじ部14の先端部分20の形状を複数段階に変化する球面状に突出する構成とする。

目的

従って、本発明の目的は、ねじ部の形状をタッピングねじ構造とすることなく、ねじ締めに適した精密な加工とし、ねじ部の先端部分の形状のみを球面状に突出する加工とすることにより、比較的簡単な構成で低コストに製造することができ、しかもねじ締めに際して、発熱や成形粉の問題を全く生じることなく、円滑にして迅速なねじ締め作業を行うことができるねじを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一端部にビット合溝を設けた頭部と、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工されたねじ部とからなり、前記ねじ部の先端部分の形状を複数段階に変化する球面状に突出する構成としたことを特徴とするねじ。

請求項2

一端部にビット嵌合溝を設けた頭部と、全長に亘ってほぼ等円径にしてかつその先端部側において次第に外径縮小するように精密加工されたねじ部とからなり、前記ねじ部の先端部分の形状を複数段階に変化する球面状に突出する構成としたことを特徴とするねじ。

請求項3

一端部にビット嵌合溝を設けた頭部と、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工されたねじ部とからなり、前記ねじ部の先端部側において順次段階的に外径が縮小するように形成し、その先端部分の形状を複数段階に変化する球面状に突出する構成としたことを特徴とするねじ。

請求項4

前記ねじ部の球面状に突出させる先端部分の形状は、ねじ部の軸径から起立する基部と前記軸径より2/3以下の径に縮小して球面状に突出する先端突出部とからなる2段階に変化する構成からなることを特徴とする請求項1ないし3のいずれかに記載のねじ。

請求項5

前記ねじ部の軸径から起立する基部は、テーパ状に形成してなることを特徴とする請求項4記載のねじ。

請求項6

前記ねじ部の軸径から起立する基部は、湾曲状に突出形成してなることを特徴とする請求項4記載のねじ。

請求項7

前記ねじ部の先端部側において、ねじ部の先端部側から球面状に突出する先端部分に跨って、その外周の一部に前記ねじ部の軸方向と平行に延在する少なくとも1本の溝を刻設することを特徴とする請求項1ないし6のいずれかに記載のねじ。

請求項8

前記ねじ部の先端部側に刻設する少なくとも1本の溝は、ねじのねじ締め方向とは逆方向に対し、ねじ軸方向と平行しその回転方向に対して垂直面となる第1の横断面を形成することを特徴とする請求項7記載のねじ。

請求項9

前記ねじ部の先端部側に刻設する少なくとも1本の溝は、ねじのねじ締め方向に対し、ねじ軸方向と平行しその回転方向に対して垂直面となる第2の横断面を形成することを特徴とする請求項7記載のねじ。

技術分野

0001

本発明は、ねじのねじ軸部分の改良に係り、急速な普及と量産化傾向にある各種の電子機器類においては、小型コンパクト化並びに軽量化が一層進み、これらの製品組立て作業に際して、より小さい寸法のねじが多量に使用されることに鑑み、これらの小さい寸法のねじについて、所要のねじ取付け対象物取付けを行うね締め作業を、迅速にして確実かつ適正に行うことができるように構成したねじに関するものである。

背景技術

0002

今日、例えば、パソコン携帯電話機デジタルカメラ液晶テレビプラズマテレビプリンタ複写機、その他のコンピュータシステムを搭載した各種の電子機器においては、それぞれ小型コンパクト化、軽量化、薄型化等の要求から、それらの組立て部品としての板材について、アルミニウム合金マグネシウム合金あるいはプラスチックを使用し、しかもこれら板材の板厚を薄くする傾向がある。このため、これらの製品の組立てには、前述したように、小さい寸法のねじを多量に使用して、迅速にして確実かつ適正なねじの取付け並びにねじ締め作業を行うことが必要である。また、近時、液晶テレビ、プラズマテレビにおいては、大画面化の傾向があり、この場合には前記板材については、その長さ寸法が大きくなり、ねじの使用量も増大している。

0003

このように、前述した電子機器製品の組立てに際して、ねじの取付けを迅速に行うためは、組立て部品の板材の所要位置に、予め多数のねじ穴が設けられる。しかし、これらのねじ穴は、前述した条件からなる板材の成形加工時において、一度に設けられることから、成形加工時における板材の温度や加工状態によって、ねじ穴の位置や形状等が微妙に変化することは避けられない。そして、このようなねじ穴の不整合となる現象が、例えば基板取付板との間に生じると、前記取付板に設けたねじ穴にねじを位置決めしてねじ締めを行う場合、ねじが基板に対して円滑にねじ込むことができなくなる。

0004

従来、このような小型のねじを使用して製品の組立てを行う場合、タッピングねじが一般的に使用されている。すなわち、タッピングねじは、組立て部品において、予め設けられた下穴に位置決めしてねじ込むことにより、前記下穴に雌ねじ成形しながらねじ込みが行われて部品を固定することができる。しかし、この場合、雌ねじの成形時に発生する摩擦熱成形粉が、例えば電子部品に対し損傷や故障を生じる原因となる難点がある。

0005

前述したタッピングねじの問題点を解消するため、タッピングねじのねじ山ピッチを比較的大きく形成すると共に、ねじの谷部の間隔を比較的広く形成し、このねじ山が形成されたねじ部の全長に対して、ねじ部の先端から少なくとも60%以上の部分にマイクロカプセルエポキシ系接着剤封入した樹脂接着剤を塗布した構成からなる雌ねじ成形タッピングねじが提案されている(特許文献1参照)。

0006

また、組立て部品の組み付け作業を行う際、予めフレームや組立て部品などに雌ねじをタッピングした後、塗装メッキなどの表面処理を施して組み付ける場合、表面処理層によって雌ねじが僅かに小さくなったり、塗料入り込んだりすることがあり、対応する大きさのボルト止めねじなどの雄ねじが入りにくくなっていることがある。さらに、組立て部品を取り外した場合に、その後既設の雌ねじを使用して元の組立て部品や新たな組立て部品を組み付ける際に、雌ねじが傷んだり、あるいは雌ねじに錆びが発生したりして、雄ねじが入りにくくなることがある。

0007

このように、雌ねじに不具合が発生した場合、手回しタップなどを使用して雌ねじを修復することが知られているが、このような作業は極めて煩雑である。そこで、前記手回しタップに代えて、ねじ部の外周に、切り刃を設けると共に、切り屑を排出可能な少なくとも1本の溝を形成して、これを雌ねじにねじ込んで、雄ねじが入りにくくなった雌ねじの修復を簡便に行うことができるように構成したタップ工具)が提案されている(特許文献2参照)。

0008

また、前述した製品の組立てにおいて、小さい寸法のねじを使用して、その取付けおよび締付けを行う場合、電子部品などの発熱に対し、放熱通路を確保するために、雌ねじを設けたスタッドスペーサなどが使用される。このような場合においても、雄ねじの雌ねじに対する取り付けに際して、前述したことと同様な問題を生じる。

0009

このような問題を解消するため、ねじ部を頭部側と先端部側とに二分して、第1区域としてのねじ山部と第2区域としてのねじ山部とをそれぞれ設け、前記先端部側のねじ山部を、ねじ山の外形がその先端から次第に増大するように形成すると共に、前記頭部側のねじ山部より大径のタッピングねじ部として形成してなる、緩み防止用の雄ねじが提案されている(特許文献3参照)。

0010

特開2002−70824号公報
特開2005−254444号公報
特開2005−337406号公報

発明が解決しようとする課題

0011

従来において提案されている前記特許文献1に記載の雌ねじ成形タッピングねじは、依然としてタッピング成形を行うため、摩擦による発熱を回避することができないばかりでなく、成形粉(切り粉)を回収するためのねじ部に対する加工が煩雑となり、ねじの製造コストが増大する等の難点がある。

0012

また、前記特許文献2に記載のタップ(工具)は、雌ねじに不具合が発生した場合に、雄ねじに代えて使用するものであり、雌ねじを成形修復した後、再度雄ねじの取り付けを行うものであり、ねじの取付け作業が著しく煩雑となり、製品の生産効率を向上するための組立て作業には適さない難点がある。

0013

さらに、前記特許文献3に記載の緩み防止用の雄ねじは、前記特許文献1に記載の雌ねじ成形タッピングねじと同様に、タッピングねじとしての機能を有するものであり、発熱や成形粉(切り粉)の問題を解消することができないばかりでなく、ねじ部の構造が複雑となることから、ねじの製造コストが増大する等の難点がある。

0014

なお、このような雄ねじのねじ込みを迅速に行うため、例えばねじ部の先端部分の形状を、先細りにして先鋭化した構成とすることが提案されている。しかし、このような形状とすることにより、前記と同様な効果を得ることが可能であるが、例えばねじ締め自動機に適用する場合、ねじを自動供給する際に、先鋭化されたねじの先端により、ねじの供給通路を損傷させ、さらには通路の損傷部にねじ詰りを生じさせる等の不都合を発生させる問題がある。従って、このようなねじ部の先端部分の形状を先鋭化したねじは、例えばねじ部の一部に切り刃を形成する共に、先鋭化した先端をドリル部として形成することにより、特に建築用のねじとして利用されるものであって、前述した電子機器製品の組立て用ねじとしては、到底適合するものではない。

0015

そこで、本発明者は、種々検討並びに試作を重ねた結果、基本的にタッピングねじとしての機能を省き、ねじ穴の不整合を解消するためには、ねじ部の先端部分の形状を球面状に突出させることによって、例えば幅狭となったねじ穴へのねじ部のねじ込みを、ねじ穴の位置を矯正するように機能して、適正かつ円滑に達成することができることを突き止めた。

0016

この場合、ねじ部は、ねじ締めに適した精密な加工とし、ねじ部の先端部分の形状のみを球面状に突出する加工とする、比較的簡単な構成であるため、例えばダイスを使用して容易に加工することができ、従来のねじと比べて製造コストを増大することなく、しかもねじ締めに際して、発熱や成形粉の問題を全く生じることなく、円滑にして迅速なねじ締め作業を行うことができることが確認された。

0017

そして、前記ねじ部の先端部分の形状を、球面状に突出させるには、例えばねじ部の先端部分を、先端に向かって外径縮小するように形成すると共に、順次径が2段階もしくはそれ以上の複数段階テーパ状ないしは湾曲状で変化して、その先端部が球面状に突出する構成とすることにより、前述したねじ締め効果をより有効に達成することができることがわかった。

0018

さらに、前記ねじ部の先端部において、ねじ部の先端部側から球面状に突出する先端部分に跨って、その外周の一部に前記ねじ部の軸方向と平行に延在する少なくとも1本の溝を刻設することにより、ねじの緩み止め機能や、ねじ込み機能の強化等を達成することができることがわかった。

0019

従って、本発明の目的は、ねじ部の形状をタッピングねじ構造とすることなく、ねじ締めに適した精密な加工とし、ねじ部の先端部分の形状のみを球面状に突出する加工とすることにより、比較的簡単な構成で低コストに製造することができ、しかもねじ締めに際して、発熱や成形粉の問題を全く生じることなく、円滑にして迅速なねじ締め作業を行うことができるねじを提供することにある。

課題を解決するための手段

0020

前記の目的を達成するため、本発明の請求項1に記載のねじは、一端部にビット合溝を設けた頭部と、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工されたねじ部とからなり、前記ねじ部の先端部分の形状を複数段階に変化する球面状に突出する構成としたことを特徴とする。

0021

本発明の請求項2に記載のねじは、一端部にビット嵌合溝を設けた頭部と、全長に亘ってほぼ等円径にしてかつその先端部側において次第に外径が縮小するように精密加工されたねじ部とからなり、前記ねじ部の先端部分の形状を複数段階に変化する球面状に突出する構成としたことを特徴とする。

0022

本発明の請求項3に記載のねじは、一端部にビット嵌合溝を設けた頭部と、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工されたねじ部とからなり、前記ねじ部の先端部側において順次段階的に外径が縮小するように形成し、その先端部分の形状を複数段階に変化する球面状に突出する構成としたことを特徴とする。

0023

本発明の請求項4に記載のねじは、前記ねじ部の球面状に突出させる先端部分の形状は、ねじ部の軸径から起立する基部と前記軸径より2/3以下の径に縮小して球面状に突出する先端突出部とからなる2段階に変化する構成からなることを特徴とする。

0024

本発明の請求項5に記載のねじは、前記ねじ部の軸径から起立する基部を、テーパ状に形成してなることを特徴とする。

0025

本発明の請求項6に記載のねじは、前記ねじ部の軸径から起立する基部を、湾曲状に突出形成してなることを特徴とする。

0026

本発明の請求項7に記載のねじは、前記ねじ部の先端部側において、ねじ部の先端部側から球面状に突出する先端部分に跨って、その外周の一部に前記ねじ部の軸方向と平行に延在する少なくとも1本の溝を刻設することを特徴とする。

0027

本発明の請求項8に記載のねじは、前記ねじ部の先端部側に刻設する少なくとも1本の溝は、ねじのねじ締め方向とは逆方向に対し、ねじ軸方向と平行しその回転方向に対して垂直面となる第1の横断面を形成することを特徴とする。

0028

本発明の請求項9に記載のねじは、前記ねじ部の先端部側に刻設する少なくとも1本の溝は、ねじのねじ締め方向に対し、ねじ軸方向と平行しその回転方向に対して垂直面となる第2の横断面を形成することを特徴とする。

発明の効果

0029

本発明の請求項1ないし3に記載のねじによれば、ねじ部の先端部分の形状を球面状に突出させることによって、例えば幅狭となったねじ穴へのねじ部のねじ込みを、適正かつ円滑に達成することができる。特に、タッピングねじとしての機能を有することなく、ねじ締めに適した精密な加工とし、ねじ部の先端部分の形状のみを球面状に突出する加工とする、比較的簡単な構成であるため、例えばダイスにより容易に加工することができ、従来のねじと比べて製造コストを増大することなく、しかもねじ締めに際して、発熱や成形粉(切り粉)の問題を全く生じることなく、円滑にして迅速な螺旋締め作業を行うことができる。

0030

本発明の請求項4ないし6に記載のねじによれば、ねじ部の球面状に突出させる先端部分の形状を、ねじ部の軸径から起立する基部と前記軸径より2/3以下の径に縮小して球面状に突出する先端突出部とからなる2段階に変化する構成とすることにより、ねじ穴の不整合に対し、円滑にして迅速なねじ込みを容易に実現することができる。特に、この場合、2段階に突出させて、その基部をテーパ状に形成したり、あるいは湾曲状に突出形成したりすることが、成形上において有利であり、またその作用効果も有効かつ十分に発揮させることができる。

0031

本発明の請求項7ないし9に記載のねじによれば、ねじ部の先端部側において、ねじ部から球面状に突出する先端部分に跨って、その外周の一部に前記ねじ部の軸方向と平行に延在する少なくとも1本の溝を刻設することにより、前述した作用効果に併せて、ねじの緩み止め機能や、ねじ込み機能の強化等を達成することができる。

発明を実施するための最良の形態

0032

次に、本発明に係るねじの実施例につき、添付図面を参照しながら以下詳細に説明する。

0033

図1は、本発明に係るねじの一実施例を示す外観側面図である。すなわち、図1において、参照符号10Aは本実施例に係るねじを示し、一端部にビット嵌合溝13を設けた頭部12と、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工されたねじ部14とからなり、前記ねじ部14の先端部分20の形状を複数段階の球面状に突出させた構成とする。この場合、図示のように、ねじ部14は、その先端部側において次第に外径が縮小するように精密加工し、前記ねじ部14の先端部分20の形状を2段階の球面状に突出させた構成とすることができる。

0034

すなわち、本実施例のねじ10Aにおいては、前記ねじ部14の球面状に突出させる先端部分20の形状は、ねじ部14の先端に指向して順次径dが縮小するように、複数段階に変化する球面状に突出させた構成とする。そこで、図示例においては、ねじ部14の球面状に突出させる先端部分20の形状は、ねじ部14の軸直径dから起立する基部22と、前記軸直径dより2/3以下の直径d′に縮小する先端突出部21とからなる、2段階に変化する球面状に突出する構成としたものである。なお、この場合、図示のように、前記ねじ部14から起立する基部22は、湾曲状に突出形成すると共に、先端突出部21との境界部を全て湾曲面で接するように設定すれば好適である。

0035

従って、このように構成した本実施例のねじ10Aによれば、図2に示すように、例えば基板32と取付板34との間において、ねじ穴32a,34aの不整合を生じた場合、前記取付板34に設けたねじ穴34aにねじ10Aを位置決めして、ねじ締めを行うに際し、実質的に狭くなっているねじ穴32a,34aに対し、前記ねじ部14の先端部分20の先端突出部21がねじ穴32a,34aに容易に嵌入し、確実な位置決めを達成することができる。

0036

次いで、ねじ締めを開始すると、不整合を生じていたねじ穴32a,34aに対し、前記ねじ10Aは、ねじ部14の先端部分20における球面状に突出する先端突出部21から湾曲状の基部22に向かって押し込まれることにより、取付板34が矢印で示すように移動し、次第にねじ穴32a,34aが整合するように矯正されて、ねじ部14が円滑にねじ込まれるようになる。従って、本実施例のねじ10Aは、ねじ部14の形状をタッピングねじ構造とすることなく、ねじ締めに適した精密な加工とし、ねじ部14の先端部分20に形成した球面状の先端突出部21から湾曲状の基部22を経てねじ部14に至る移動変位を円滑に達成して、発熱や成形粉(切り粉)の問題を全く生じることなく、円滑にして迅速なねじ締め作業を達成することができる。

0037

なお、本実施例のねじ10Aについて、前記ねじ部14の構成を、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工し、このねじ部の先端部側において順次段階的に外径が縮小するように形成したねじとし、このように構成したねじ部の先端部分に対して、前述した複数段階に変化する球面状に突出させた構成を採用することも可能である。

0038

図3は、本発明に係るねじの別の実施例を示す外観側面図である。なお、説明の便宜上、図1に示す実施例のねじ10Aの構成要素と同一の構成要素については、同一の参照符号を付して説明する。

0039

図3において、本実施例に係るねじ10Bは、一端部にビット嵌合溝13を設けた頭部12と、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工されたねじ部14とからなり、前記ねじ部14の先端部分20の形状を、前記実施例1と同様に、ねじ部14の先端に指向して順次径dが縮小するように、複数段階に変化する球面状に突出させた構成とする。そこで、本実施例においては、前記ねじ部14から起立する基部22は、テーパ状に形成すると共に、先端突出部21を軸径dより2/3以下の直径d″に縮小して球面状に突出する2段階に変化する構成としたものである。

0040

このように構成した本実施例のねじ10Bにおいても、前記実施例と同様に、ねじ穴の不整合等に対し、円滑にして迅速なねじ込みを容易に実現することができる。例えば、図4に示すように、長尺の取付板35を所定の取付対象物33に取り付けるに際し、予め取付板35の長手方向の離間した2個所にそれぞれ設定されているねじ穴35aの位置と、取付対象物33にそれぞれ設けてあるねじ穴33aの位置とが、不整合を生じてねじの取り付け作業を困難とする弊害がある。このため、例えば長手方向に位置する少なくとも一方のねじ穴35aを、長手方向に楕円状に形成して、取付対象物33のねじ穴33aとの整合が可能となるように設定することが知られている。そこで、前記取付板35に設けた前記一方のねじ穴35aに対するねじ10Bのねじ締めを行った後、他方のねじ穴35aに対して、ねじ10Bのねじ締めを行うに際し、ねじ穴35aとねじ穴33aとの位置が不整合となる場合がある。このような場合、本実施例のねじ10Bによれば、実質的に狭くなっているねじ穴33a,35aに対し、前記ねじ部14の先端部分20の先端突出部21がねじ穴33a,35aに容易に嵌入し、確実な位置決めを達成することができる。

0041

次いで、ねじ締めを開始すると、不整合を生じていたねじ穴33a,35aに対し、前記ねじ10Bは、ねじ部14の先端部分20における球面状に突出する先端突出部21からテーパ状の基部22に向かって押し込まれることにより、取付板35は矢印で示す方向に移動し、次第にねじ穴33a,35aが整合するように矯正されて、ねじ部14が円滑にねじ込まれるようになる。従って、本実施例のねじ10Bは、ねじ部14の形状をタッピングねじ構造とすることなく、ねじ締めに適した精密な加工とし、ねじ部14の先端部分20に形成した球面状の先端突出部21からテーパ状の基部22を経てねじ部14に至る移動変位を円滑に達成して、発熱や成形粉(切り粉)の問題を全く生じることなく、円滑にして迅速なねじ締め作業を達成することができる。

0042

また、本実施例のねじ10Bにおいても、前記ねじ部14の構成を、全長に亘ってほぼ等円径に精密加工し、このねじ部の先端部側において順次段階的に外径が縮小するように形成したねじとし、このように構成したねじ部の先端部分に対して、前述した複数段階に変化する球面状に突出させた構成を採用することが可能である。

0043

図5は、本発明に係るねじのさらに別の実施例を示す外観側面図である。なお、説明の便宜上、図1に示す実施例のねじ10Aの構成要素と同一の構成要素については、同一の参照符号を付し、その詳細な説明は省略する。

0044

図5において、本実施例のねじ10Cは、前述した実施例1に記載のねじ10Aのねじ部14の先端部側において、ねじ部14の先端部側から球面状に突出する先端部分20に跨って、その外周の一部に前記ねじ部14の軸方向と平行に延在する少なくとも1本の溝40を刻設したものである。なお、本実施例のねじ10Cの構成については、前記実施例2に記載のねじ10Bに対しても、そのまま適用することができる。

0045

そこで、本実施例のねじ10Cにおいては、前記ねじ部14の先端部側に刻設する少なくとも1本の溝40は、ねじ10Cのねじ締め方向とは逆方向に対し、ねじ軸方向と平行しその回転方向に対して垂直面となる第1の横断面41を形成するように構成する。このように構成することにより、前記第1の横断面41によって、ねじの緩み止め機能や、ねじ込み機能の強化等を達成することができる。

0046

図6は、本発明に係るねじの他の実施例であって、前記図5に示す実施例の変形例を示す外観側面図である。なお、説明の便宜上、図1に示す実施例のねじ10Aの構成要素と同一の構成要素については、同一の参照符号を付し、その詳細な説明は省略する。

0047

図6において、本実施例のねじ10Dは、前述した図5に示す実施例3のねじ10Cと同様に、ねじ部14の先端部側において、ねじ部14の先端部側から球面状に突出する先端部分20に跨って、その外周の一部に前記ねじ部14の軸方向と平行に延在する少なくとも1本の溝40を刻設したものである。なお、本実施例においても、前記実施例3と同様に、前記実施例2に記載のねじ10Bに対して、そのまま適用することができる。

0048

この場合、本実施例のねじ10Dにおいては、前記ねじ部14の先端部側に刻設する少なくとも1本の溝40は、ねじ10Dのねじ締め方向に対し、ねじ軸方向と平行しその回転方向に対して垂直面となる第2の横断面42を形成ように構成する。このように構成することにより、前記第2の横断面42によって、ねじの緩み止め機能や、ねじ込み機能の強化等を達成することができる。

0049

以上、本発明の好適な実施例についてそれぞれ説明したが、本発明は前述した実施例に限定されることなく、例えばねじ部の形状構成、またその先端部側の外形が縮小する形状構成や、その先端部分の形状構成並びに複数段階に径を変化させる形状構成等について、それぞれ設計変更することができるばかりでなく、ねじ部の先端部側から球面状に突出する先端部分に跨ってその外周の一部に前記ねじ部の軸方向と平行に延在する溝についても、それらの形状構成について適宜設計変更することができ、その他本発明の精神を逸脱しない範囲内において多くの設計変更を行うことが可能である。

図面の簡単な説明

0050

本発明に係るねじの一実施例を示す外観側面図である。
図1に示すねじの使用状態を示す説明図である。
本発明に係るねじの別の実施例を示す外観側面図である。
図3に示すねじの使用状態を示す説明図である。
本発明に係るねじのさらに別の実施例を示す外観側面図である。
本発明に係るねじの他の実施例を示す外観側面図である。

符号の説明

0051

10A,10B,10C,10D ねじ
12 頭部
13ビット嵌合溝
14ねじ部
20 先端部分
21 先端突出部
22 基部
32基板
32aねじ穴
33取付対象物
33a ねじ穴
34取付板
34a ねじ穴
35 取付板
35a ねじ穴
40 溝
41 第1の横断面
42 第2の横断面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ショーワの「 推進軸の締結構造」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】車両への搭載作業性を向上させ、小型軽量化も可能となる推進軸を提供すること。【解決手段】推進軸の端部に配置される自在継手に備えられる被締結部材33と、前記被締結部材に圧入嵌合されるボルト9と、前... 詳細

  • トヨタ自動車株式会社の「 かしめ締結構造」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】鉄製のかしめボルトと鉄の熱膨張係数よりも大きな熱膨張係数を有する金属を用いた被取り付け部材との間で、大電流の通電が行われても、接触抵抗値が大きく変動しないようにすること。【解決手段】セレーショ... 詳細

  • JFEスチール株式会社の「 鋼管の接合継手、該鋼管の接合継手を用いた鋼管の接合方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】逆回転防止の機能を十分に発揮することができ、かつ雄継手と雌継手の周方向の調整代を有して回転防止することができる鋼管の接合継手、及び該鋼管の接合継手を用いた鋼管の接合方法を提供する。【解決手段】... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ