図面 (/)

技術 茶滓からの飼料の製造法

出願人 山元正博山元紀子
発明者 山元正博
出願日 2005年1月6日 (15年11ヶ月経過) 出願番号 2006-550566
公開日 2008年6月12日 (12年6ヶ月経過) 公開番号 WO2006-072989
状態 特許登録済
技術分野 飼料(2)(一般) 特定動物用飼料
主要キーワード 加熱油脂 カンナ屑 目標水分 スチームヒータ 水分減少 食用廃油 カテキン含有 雑菌類
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年6月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

糸状菌の作用により家畜にとり茶滓無害となし、家畜の消化能を向上させて茶滓に含まれる蛋白質を家畜に吸収させることができる飼料の製造方法を提供し、茶滓を有効利用する。

解決手段

茶滓を含む原料に糸状菌を添加し、好気的に発酵させ、茶滓飼料を製造する。栄養源として、米、麦、フスマトウモロコシ等の澱粉質の原料を添加してもよい。あるいは、澱粉質原料を用いて常法により麹を作り、そこに茶滓を添加し好気的に発酵させて茶滓飼料を製造する。

概要

背景

近年、お清涼飲料水としての使用が増え、その結果茶滓が大量に発生している。その多くは廃棄されており、一部、肥料として利用されてはいるものの、有効利用のための更なる方策が待たれている。
一方、畜産業界においては、飼料自給率の向上ならびに飼料価格の低減は国家命題となっている。特に植物性蛋白質需要は、BSE問題の発生以来急激に拡大しているため大豆の需要が逼迫している。
これに対して茶滓に含まれる粗蛋白質乾物比で30%と大豆に匹敵する高濃度であり純植物性蛋白飼料としての可能性が従来より高く評価されてきている。これまで養魚用の飼料、ニワトリブタ等の単家畜の飼料への配合が提案されている(例えば、特許文献1〜3参照)。
特開2001−69923号公報
特開平9−322716号公報
特開平7−194315号公報(実施例)

概要

糸状菌の作用により家畜にとり茶滓を無害となし、家畜の消化能を向上させて茶滓に含まれる蛋白質を家畜に吸収させることができる飼料の製造方法を提供し、茶滓を有効利用する。 茶滓を含む原料に糸状菌を添加し、好気的に発酵させ、茶滓飼料を製造する。栄養源として、米、麦、フスマトウモロコシ等の澱粉質の原料を添加してもよい。あるいは、澱粉質原料を用いて常法により麹を作り、そこに茶滓を添加し好気的に発酵させて茶滓飼料を製造する。

目的

しかしながら、茶滓は、家畜、特に反芻胃動物下痢などの消化障害を引き起こすことから、その飼料としての活用が妨げられることが問題となっている。
茶滓にはカテキンが大量に含まれており、このカテキンが家畜の腸内微生物に対して抗菌作用を持つためと考えられる。上記の従来技術においても増体率は低下している(特許文献1及び2の実施例参照)。
茶滓は、特に反芻胃の家畜に対する有毒性が顕著である。反芻胃動物は複数の部分に分かれた胃袋を有し、そこには膨大な数の微生物が棲みついている。微生物は植物を有機酸ガスに分解し、反芻胃動物はその有機酸を栄養分として吸収する。カテキンは、特にこれらの微生物に対して阻害作用があると考えられる。
本発明は、糸状菌の作用により家畜にとり茶滓を無害となし、家畜の消化能を向上させて茶滓に含まれる蛋白質を家畜に吸収させることができる画期的技術を提供するものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

茶滓を含む原料糸状菌と混合する工程と、その後混合物好気的に発酵させる工程を含む飼料の製造方法。

請求項2

茶滓を含む原料を糸状菌と混合する工程と、その後混合物を好気的に発酵させる工程と、混合物の水分が低下した後更に茶滓を含む原料を添加することを少なくとも1回行う工程とを含む飼料の製造方法。

請求項3

茶滓を含む原料が、さらに澱粉質原料を含むことを特徴とする請求項1又は2に記載の飼料の製造方法。

請求項4

澱粉質原料と糸状菌を混合して麹を作る工程と、その後茶滓を含む原料を麹と混合して混合物を好気的に発酵させることを少なくとも1回行う工程とを含む飼料の製造方法。

請求項5

発酵前の混合物が、水分50%以下であることを特徴とする、請求項1ないし4の何れか1項に記載の飼料の製造方法。

請求項6

糸状菌が、麹菌であることを特徴とする請求項1ないし5の何れか1項に記載の飼料の製造方法。

請求項7

糸状菌が、Asp.oryzae、Asp.awamori及びAsp.sojaeからなる群から選択される1種又は2種以上であることを特徴とする請求項6に記載の飼料の製造方法。

請求項8

澱粉質原料が、米、麦、フスマ及びとうもろこしからなる群から選択される1種又は2種以上であることを特徴とする請求項1ないし7の何れか1項に記載の飼料の製造方法。

請求項9

油脂を添加する工程を更に含む、又は茶滓を含む原料が油脂を含有することを特徴とする請求項1ないし8の何れか1項に記載の飼料の製造方法。

請求項10

請求項1ないし9の何れか1項に記載の反芻胃動物用飼料の製造方法。

請求項11

請求項1ないし9の何れか1項に記載の飼料の製造方法により製造された茶滓飼料。

請求項12

糸状菌で好気的に発酵処理した茶滓を含有する飼料。

請求項13

好気性糸状菌の茶滓麹を含む飼料。

請求項14

好気性糸状菌によってポリフェノール含有量を低減した茶滓麹を含む反芻胃動物用の飼料。

技術分野

0001

本発明は、茶滓の処理及び茶滓を用いた飼料の製造方法に関する。

背景技術

0002

近年、お清涼飲料水としての使用が増え、その結果茶滓が大量に発生している。その多くは廃棄されており、一部、肥料として利用されてはいるものの、有効利用のための更なる方策が待たれている。
一方、畜産業界においては、飼料自給率の向上ならびに飼料価格の低減は国家命題となっている。特に植物性蛋白質需要は、BSE問題の発生以来急激に拡大しているため大豆の需要が逼迫している。
これに対して茶滓に含まれる粗蛋白質乾物比で30%と大豆に匹敵する高濃度であり純植物性蛋白飼料としての可能性が従来より高く評価されてきている。これまで養魚用の飼料、ニワトリブタ等の単家畜の飼料への配合が提案されている(例えば、特許文献1〜3参照)。
特開2001−69923号公報
特開平9−322716号公報
特開平7−194315号公報(実施例)

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、茶滓は、家畜、特に反芻胃動物下痢などの消化障害を引き起こすことから、その飼料としての活用が妨げられることが問題となっている。
茶滓にはカテキンが大量に含まれており、このカテキンが家畜の腸内微生物に対して抗菌作用を持つためと考えられる。上記の従来技術においても増体率は低下している(特許文献1及び2の実施例参照)。
茶滓は、特に反芻胃の家畜に対する有毒性が顕著である。反芻胃動物は複数の部分に分かれた胃袋を有し、そこには膨大な数の微生物が棲みついている。微生物は植物を有機酸ガスに分解し、反芻胃動物はその有機酸を栄養分として吸収する。カテキンは、特にこれらの微生物に対して阻害作用があると考えられる。
本発明は、糸状菌の作用により家畜にとり茶滓を無害となし、家畜の消化能を向上させて茶滓に含まれる蛋白質を家畜に吸収させることができる画期的技術を提供するものである。

課題を解決するための手段

0004

本発明は、茶滓と糸状菌を含む原料好気的に発酵させて得られる飼料、及びその製造方法に関する。好ましくは家畜用、特に反芻胃動物用、例えばウシヒツジ給餌するための飼料の製造方法に関する。
従って、茶滓を含む原料を糸状菌と混合する工程、及び混合物を好気的に発酵させる工程を含む飼料の製造方法を提供する。また、茶滓を含む原料を糸状菌と混合する工程と、混合物を好気的に発酵させる工程と、水分が低下した後更に茶滓を含む原料を添加することを少なくとも1回行う工程とを含む飼料の製造方法を提供する。
本発明は、かかる方法により製造された茶滓飼料を提供することも目的とする。本発明はさらに、糸状菌で好気的に発酵処理した茶滓を含有する飼料、好気性糸状菌の茶滓麹を含む飼料、および、好気性糸状菌によってポリフェノール、特にカテキンあるいはタンニン含有量を低減した茶滓麹を含む反芻胃動物用の飼料を提供する。

0005

本発明の実施の形態には、茶滓を含む原料が、さらに澱粉質原料を含むことを特徴とする飼料の製造方法、澱粉質原料と糸状菌を混合して麹を作る工程と、その後茶滓を含む原料を麹と混合して混合物を好気的に発酵させることを少なくとも1回行う工程とを含む飼料の製造方法、発酵前の混合物が、水分50%以下である上記何れかの飼料の製造方法が含まれる。前記糸状菌は、麹菌であることが好ましく、当該糸状菌は、Asp.oryzae、Asp.awamori及びAsp.sojaeの何れかまたはこれらの2種以上であることがさらに好ましい。

0006

前記澱粉質原料は、米、麦、フスマ及びとうもろこしからなる群から選択される1種又は2種以上であってもよく、本発明の製造方法は、さらに、油脂を添加する工程を含むか、又は茶滓を含む原料が油脂を含有してもよい。

0007

上記の工程によって得られる飼料は、反芻胃動物用の飼料として好適に使用することができる。また、本発明にかかる飼料は、糸状菌で好気的に発酵処理した茶滓、あるいは、好気性糸状菌の茶滓麹を含有する。本発明にかかる飼料は、また、好気性糸状菌によってポリフェノール含有量を低減した茶滓麹を含む。

0008

本発明によれば、茶滓を効率的に処理できるのみならず、高タンパク消化率の高い優れた飼料を得ることができる。
茶滓は、カテキン等の成分を抽出した後に残る茶葉の滓であるが、抽出後の茶葉にも多量のカテキンが残っている。本発明の方法によれば、カテキンは糸状菌によって分解され、無害化される。茶滓はその種類にもよるが、通常は乾燥重量で0.1%〜10%程度のカテキンを含んでおり、本発明によればカテキン含量を100〜50%程度低減することができる。
さらに、糸状菌の発酵段階において、一部の有機物二酸化炭素と水に分解されるが大部分は良質な菌体タンパクに合成される一方、消化吸収に有効な消化酵素が大量に分泌される。その結果、家畜等に給餌するのに適した栄養価の高い飼料が得られる。

0009

糸状菌とは、糸状体真核菌類カビ)を意味し、特に麹菌、具体的にはAspergillus属が好適に使用される。より具体的な例としては、Asp.oryzae、Asp.awamori、Asp.sojae等が挙げられ、特に好ましくはAsp.oryzae.kawachii、Asp.awamori.kawachii(霧島高原ビール株式会社)である。
麹菌による廃棄物の発酵処理は悪臭が発生せず、また、その結果生成される飼料は家畜の肥育を促進し、良好な肉質にする。

0010

また、本発明の製造方法においては、栄養源として、フスマやとうもろこし等の澱粉質の原料を添加してもよい。あるいは、澱粉質原料を用いて常法により麹を作り、それを茶滓を含む原料と混合することもできる。
さらに、原料に油脂を含有すると、麹菌が油脂を資化し、効率よく発酵熱に変換するため、麹菌の生育のための養分を特に添加する必要がない上、油脂がエネルギー源となって麹菌による有機原料の分解乾燥速度が飛躍的に向上するという効果がある。更に自然界には油脂類を資化する微生物は少ないので、比較的他の雑菌類汚染を受けやすい麹菌を、優先的に生育させうるという効果もある。

発明の実施の形態

0011

以下に本発明の好適な実施の形態を説明する。
まず原料を準備し、必要に応じて前処理が施される。
原料である茶滓(水分約70%)を水分50%以下に乾燥させる。
茶滓とは、清涼飲料の製造において発生する抽出残渣家庭から出る茶殻などのカテキンを含有する茶葉を意味する。例えば、緑茶ウーロン茶紅茶の抽出後の茶葉等が含まれ、特に緑茶の抽出後の茶葉である。また、麦茶玄米茶等の穀物茶とカテキン含有茶とのブレンド茶の抽出残渣も含まれる。
この茶滓に米、麦、フスマ、とうもろこし等の澱粉質原料、その他飼料に適した原料を添加してもよい。ただし、他の原料を加えた場合にも合計で水分50%以下に調整するのが好ましい。

0012

原料の水分は、より好ましくは40%以下、さらに好ましくは25〜40%である。水分はあらゆる方法で調節可能であり、例えば上記の澱粉質原料又は比較的乾燥した他の原料、オガクズカンナ屑、及び麦ヌカビートパルプ、干草等と混合することにより、又は放置温風天日等で乾燥させることにより、水分減少をすることができる。原料の水分を調節して糸状菌に有利な環境とすることで、糸状菌を効率良く増殖させることができる。

0013

前処理は、例えば殺菌であり、殺菌の方法は、いかなる方法でも構わないが、好ましくは昇温殺菌、特に蒸気殺菌にて行われる。蒸気殺菌は、例えば約100℃にて30分ほど行う。あるいは、原料を加熱油脂に浸漬して取り出すことにより行なうこともできる。油脂浸漬による加熱処理は、殺菌効果に加え、例えば水分減少による軽量化の効果および油脂を添加する効果もある。殺菌を目的とする場合には、油脂の温度は約60℃以上が好適であり、もっとも好ましくは70℃以上である。

0014

発酵のエネルギー源として油脂を添加することもできるが、油脂は、好ましくは植物性油脂又は動物性油脂であり、好ましくは食用の油脂である。さらに油脂が廃油であれば、同時に廃油の処理も行うことができるという利点もある。

0015

次に、原料を45℃以下に冷却した後、麹菌を原料に対して約0.1%混合する。
糸状菌投入後間もなく麹菌の生育に伴い発熱がはじまり、品温が徐々に上昇する。
これ以降、恒温槽等で、好適には35℃〜50℃に保温することが好ましく、送風等による冷却が効果的である。
糸状菌が発酵を開始すると、発酵熱により水分は蒸発する。従って所望の水分を含有する飼料を得ることができる。最終的な飼料の目標水分は30重量%以下、好ましくは20重量%以下、さらに好ましくは15重量%以下である。飼料の水分が30重量%より高い場合には総質量が多くなり、貯蔵運搬が困難となる。また、腐敗しやすいので長期保存性に劣り、好ましくない。
また、得られた飼料の水分量を更に低減させる必要がある場合には、スチームヒーターの熱風等を用いて乾燥を行ってもよい。
さらに、水分が低下した時点、好ましくは水分約20%の時点で、水分の多い原料をさらに添加撹拌し、水分を約30%前後に調整して発酵を続けることができ、これを数段階繰り返すこともできる。

0016

好ましい態様としては、飼料に使用する澱粉質原料(米、麦、フスマ、とうもろこし等)にて常法により麹を作る。糸状菌の発熱により水分20%以下に低下した麹に、水分40%以下になるように茶滓(例えば水分約70%)を混和する。麹は、上記方法により得られた茶滓飼料でもよい。
必要に応じてエネルギー源として食用油もしくは食用廃油を添加することができる。
品温を35℃から40℃の範囲に維持するために適宜送風を行う。この結果24時間から48時間後には水分が20%以下に乾燥するので、再度茶滓を混和して水分を40%以下に調整し以後同様の操作を繰り返す。
この方法は麹中に投入するために、処理の時間は短く、効率的である。
本発明の飼料の製造方法においては、糸状菌、特に麹菌が優勢に増殖する点で好ましい。

0017

茶滓(水分70%)を水分40%以下に乾燥させた。
この茶滓に同時にフスマやとうもろこし等の澱粉質原料を添加してもよいが、加えた場合にも合計で水分40%以下に調整する。
この後100℃にて30分以上殺菌を行った。
45℃以下に冷却後常法に従い麹菌を原料に対して0.1%混合した。
以後品温を35℃から40℃の間に維持するために適宜送風を繰り返し40時間以上培養して水分20%以下の茶滓飼料を得た。

0018

フスマ1Kgに水430mlを加え水分34.5%に調整したものを100℃で60分間殺菌した。
これに1gの種麹(Aspergillus)を添加し、品温を35℃から40℃に維持するために製麹開始8時間は保温を行い、それ以降は通風を行うことで48時間後には水分18%のふすま麹が完成した。
これに300gの茶滓(水分84%)と食用油9mlを加え、水分を35%に調整した。その後通風を行い、品温を35℃から40℃に維持した。この結果24時間後にはその水分は再び18%に乾燥していた。
上記の操作を11日間にわたり繰り返した。
この結果、1Kgのフスマに対して3.3Kgの茶滓(水分84%)と99mlの食用油を添加し、最終的に1340g(水分15%)の茶滓飼料を得た。
これにより製造された茶滓飼料についての分析結果を以下に示す。

0019

1.成分

0020

2.カテキンの増減
最も抗菌力が高いエルカテキンガレートの変化を測定した。
下記の結果は乾燥重量で示される。処理後の測定はフスマを除いた状態で行った。
処理前:950mg/100g
処理後:210mg/100g
上記の比較結果から明らかなように、上述の工程を経た結果、エルゴカテキンガレートが顕著に低減された。

0021

3.消化率の測定
サンプルを塩酸酸性にてペプシンを加えて37℃3時間処理後苛性ソーダにて中和パンクレアチンを加えて37℃24時間処理したものについて乾物ならびに粗蛋白質の消化率を測定した。
結果を以下に示す。
乾物消化率粗蛋白質消化率
乾燥茶滓37% 55%
茶滓飼料41% 65%
茶滓を麹にすることにより消化率の顕著な向上が実現した。
以上の結果から明らかなように、従来廃棄されていた茶滓が高蛋白で消化率の高い素晴らしい飼料となることが明白となった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 雪印メグミルク株式会社の「 ペプチド」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】破骨細胞による骨吸収を抑制する作用を有し、骨粗鬆症や骨折、リウマチ、関節炎などの種々の骨疾患の予防や治療に有用である骨強化用組成物、及び該組成物を含有する飲食品、飼料、医薬等の骨強化用製品を提... 詳細

  • 太陽油脂株式会社の「 植物油けん化物組成物」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】反芻動物を含む家畜一般において効率的なエネルギー源として供与できる飼料用植物油けん化物組成物であって、粉砕時に飛散せず、粉砕機に付着せず、歩留まりも良好な飼料用植物油けん化物組成物を提供する。... 詳細

  • サージミヤワキ株式会社の「 ロールパックサイレージ用のネット及び該ネットの使用方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】飼料の梱包機能を向上させて、安定的に高品質のサイレージが調製出来るロールパックサイレージ用のネットを提供する。【解決手段】刈り取られた後に圧縮されてロール状の塊になったサイレージの外側にネット... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ