図面 (/)

技術 MASP−2阻害剤および使用方法

出願人 オメロスコーポレーション
発明者 カッショールニールエス.ゲージジェニファーリングルスヴィッツフランツエイ.ハラフジャヒナーリトルトーマスエル.グェンジェレマイアエイチ.ノラートフォンシュペヒトペータークルトツォングジェニファーチシレリマイケルメッツマークスゴールドスタインサラレベッカケシペディサントーシュクマールクォンドゥイオンレムスロバートウエルタヴァーデラサディアバブー
出願日 2019年5月28日 (2年8ヶ月経過) 出願番号 2020-566635
公開日 2021年9月27日 (4ヶ月経過) 公開番号 2021-525728
状態 未査定
技術分野 化合物または医薬の治療活性 突然変異または遺伝子工学 蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 酵素・酵素の調製 非環式または炭素環式化合物含有医薬
主要キーワード 開口間隙 規則的格子 予備対 シールオフ 仮想結合 表面地 構造データファイル 析出生成物
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年9月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

本開示は特に、MASP-2阻害活性を示す化合物、該化合物の組成物、ならびに該化合物の作製方法および使用方法を提供する。

概要

背景

背景
補体系は、炎症反応において役割を果たし、組織損傷または微生物感染症により活性化される。侵入微生物選択的ターゲティングを確実にし、かつ自傷傷害を回避するには、補体活性化を堅く制御しなければならない(Ricklin et al., Nat. Immunol. 11:785-797, 2010(非特許文献1))。現在、補体系を3つの別々の経路、すなわち古典的経路、レクチン経路、および代替経路を通じて活性化することができることが広く認められている。古典的経路は、通常、外来粒子(すなわち抗原)に結合した宿主抗体で構成される複合体により誘発され、一般に、特異的抗体応答の生成のために抗原への先行曝露を必要とする。古典的経路の活性化が宿主による先行適応免疫応答に依存することから、古典的経路は獲得免疫系の一部である。対照的に、レクチン経路および代替経路はいずれも、適応免疫とは無関係であり、自然免疫系の一部である。

マンナン結合レクチン関連セリンプロテアーゼ2(MASP-2)は、主要補体活性化経路の1つであるレクチン経路の機能に必要であることが示されている(Vorup-Jensen et al., J. Immunol 165:2093-2100, 2000(非特許文献2); Ambrus et al., J Immunol. 170: 1374-1382, 2003(非特許文献3); Schwaeble et al., PNAS 108:7523-7528, 2011(非特許文献4))。重要なことに、MASP-2の阻害は、感染症に対する獲得免疫応答に決定的に重要な成分である抗体依存性古典的補体活性化経路干渉しないようである。参照により本明細書に組み入れられる米国特許第9,011,860号(特許文献1)(Omeros Corporationに譲渡)に記載のように、ヒトMASP-2に高い親和性で結合し、レクチン経路補体活性遮断し、したがって様々なレクチン補体経路関連疾患および障害処置するために有用である、ヒトMASP-2をターゲティングする完全ヒトモノクローナル抗体が生成された。

MASP-2依存性補体活性化は、多数の急性および慢性疾患状態の発病関与していると示唆されている。したがって、MASP-2補体経路関連疾患および障害に罹患している対象の処置のための投与に好適な小分子化合物が求められている。

哺乳動物の免疫に重要なタンパク質は、主要補体活性化経路の1つであるレクチン経路の機能に必要であることが示されているマンナン結合レクチン関連セリンプロテアーゼ2(MASP-2)である(Vorup-Jensen et al., J. Immunol 165:2093-2100, 2000(非特許文献2); Ambrus et al., J Immunol. 170: 1374-1382, 2003(非特許文献3); Schwaeble et al., PNAS 108:7523-7528, 2011(非特許文献4))。MASP-2の阻害は、感染症に対する獲得免疫応答に決定的に重要な成分である抗体依存性の古典的補体活性化経路に干渉しないようである。レクチン経路補体活性を遮断するためにヒトMASP-2を阻害することは、様々なレクチン補体経路関連疾患および障害を処置するために有用である。

生物学的大分子阻害剤では好適または効率的に処置されない疾患を含む様々なレクチン補体経路関連疾患および障害を処置するために重要であることから、治療用化合物、および小分子MASP-2阻害剤を同定する方法が求められている。

概要

本開示は特に、MASP-2阻害活性を示す化合物、該化合物の組成物、ならびに該化合物の作製方法および使用方法を提供する。

目的

より具体的には、本開示は、トロンビンよりもマンナン結合レクチン関連セリンプロテアーゼ2(MASP-2)に対して高選択的である小分子阻害剤を含むMASP-2小分子合成阻害剤、その組成物、ならびにその製造方法および使用方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

MASP-2関連疾患または障害処置における治療的使用のための、MASP-2阻害活性を示す小分子化合物であって、以下の相互作用(a)〜(e):(a)H結合によってMASP-2中のPRO 606、ASP 627、SER628、ARG630、SER 633、SER 654、GLY 656、SER 657、CYS 660、およびGLN 665のうち1つまたは複数に結合する;(b)イオン相互作用もしくは静電相互作用または水素結合によってMASP-2中のASP 627およびARG 630のうち1つまたは複数に結合する;(c) MASP-2中の水分子によってMASP-2中のTYR 602、TYR 607、ASP 627、SER 628、SER 657、ASN659、GLU 662、TRP 655、GLY 656、CYS 660、GLN 665、TYR 666、VAL 668、およびARG 630のうち1つまたは複数と相互作用する;(d) π-π相互作用によってMASP-2中のPHE529、TYR 607、およびTRP 655のうち1つまたは複数と相互作用する; ならびに(e)ファンデルワールス接触によってMASP-2中のALA 468、ALA 469、HIS 483、ASP 526、ALA 527、GLY 528、PHE 529、LEU 575、PRO 606、TYR 607、PRO 608、SER 611、ASP 627、SER 628、CYS 629、ARG 630、GLY 631、ASP 632、SER 633、GLY 634、GLY 635、VAL 653、SER 654、TRP 655、GLY 656、SER 657、MET 658、ASN 659、CYS 660、GLN 665、GLY 667、およびTYR 669のうち1つまたは複数と相互作用するのうち1つまたは複数を示し、内因性MASP-2リガンドではない、化合物

請求項2

MASP-2関連疾患または障害の処置における治療的使用のための、MASP-2阻害活性を示す小分子化合物であって、以下の相互作用(a)〜(e):(a)H結合によってMASP-2中のASP 627、SER628、SER 654、GLY 656、GLN 665、およびSER 657のうち1つまたは複数に結合する;(b)イオン相互作用もしくは静電相互作用または水素結合によってMASP-2中のASP 627に結合する;(c) MASP-2中の水分子によってMASP-2中のASP 627、GLN 665、SER 657、ASN659、SER 628、GLU 662、VAL 668、TYR 607、TYR 602、ARG630のうち1つまたは複数と相互作用する;(d) π-π相互作用によってMASP-2中のPHE529、TYR 607、およびTRP 655のうち1つまたは複数と相互作用する; ならびに(e)ファンデルワールス接触によってMASP-2中のHIS 483、PHE 529、PRO 606、TYR 607、PRO 608、SER 611、ASP 627、SER 628、CYS 629、ARG 630、SER 633、VAL 653、SER 654、TRP 655、GLY 656、SER 657、MET 658、ASN 659、CYS 660、GLN 665、GLY 667、およびTYR 669のうち1つまたは複数と相互作用するのうち1つまたは複数を示し、内因性MASP-2リガンドではない、化合物。

請求項3

相互作用(a)〜(e)のうち1つ、2つ、3つ、4つ、または5つを示す、請求項1または2記載の化合物。

請求項4

H結合によってMASP-2中のPRO 606、ASP 627、SER628、SER 633、SER 654、GLY 656、SER 657、CYS 660、およびGLN 665のうち1つまたは複数に結合する、請求項1〜3のいずれか一項記載の化合物。

請求項5

H結合によってMASP-2中のASP 627、SER628、SER 654、GLY 656、GLN 665、およびSER 657のうち1つまたは複数に結合する、請求項1〜4のいずれか一項記載の化合物。

請求項6

1〜10個のH結合によって結合する、請求項1〜5のいずれか一項記載の化合物。

請求項7

前記化合物が3個のH結合によってSER654およびGLY 656に結合し、MASP-2中にGLY 656に対する2個のH結合が存在する、請求項1〜6のいずれか一項記載の化合物。

請求項8

イオン相互作用もしくは静電相互作用または水素結合によってMASP-2中のASP 627およびARG630のうち一方または両方に結合する、請求項1〜7のいずれか一項記載の化合物。

請求項9

イオン相互作用もしくは静電相互作用または水素結合によってMASP-2中のASP 627に結合する、請求項1〜8のいずれか一項記載の化合物。

請求項10

イオン相互作用によってMASP-2中のASP 627およびARG630に結合しない、請求項1〜7のいずれか一項記載の化合物。

請求項11

イオン相互作用によってMASP-2中のASP 627に結合しない、請求項1〜7のいずれか一項記載の化合物。

請求項12

MASP-2中の水分子によってMASP-2中のTYR 602、TYR 607、ASP 627、SER628、SER 657、ASN659、GLU 662、TRP 655、GLY 656、CYS 660、GLN 665、TYR 666、VAL 668、およびARG630のうち1つまたは複数に結合する、請求項1〜11のいずれか一項記載の化合物。

請求項13

MASP-2中の水分子によってASP 627、GLN 665、SER657、ASN659、SER 628、GLU 662、VAL 668、TYR 607、TYR 602、およびARG630のうち1つまたは複数に結合する、請求項1〜12のいずれか一項記載の化合物。

請求項14

MASP-2中の1〜20個の水分子によって結合する、請求項1〜13のいずれか一項記載の化合物。

請求項15

MASP-2中の1個、2個、3個、4個、5個、6個、7個、8個、9個、10個、11個、12個、13個、14個、15個、16個、または17個の水分子によって結合する、請求項1〜14のいずれか一項記載の化合物。

請求項16

π-π相互作用によってMASP-2中のPHE529、TYR 607、およびTRP 655のうち1つまたは複数と相互作用する、請求項1〜15のいずれか一項記載の化合物。

請求項17

ファンデルワールス接触によってMASP-2中のALA 468、ALA 469、HIS 483、ASP 526、ALA 527、GLY 528、PHE529、LEU 575、PRO 606、TYR 607、PRO 608、SER611、ASP 627、SER 628、CYS 629、ARG630、GLY 631、ASP 632、SER 633、GLY 634、GLY 635、VAL 653、SER 654、TRP 655、GLY 656、SER 657、MET 658、ASN659、CYS 660、GLN 665、GLY 667、およびTYR 669のうち1つまたは複数と相互作用する、請求項1〜16のいずれか一項記載の化合物。

請求項18

ファンデルワールス接触によってMASP-2中のHIS 483、PHE529、PRO 606、TYR 607、PRO 608、SER611、ASP 627、SER 628、CYS 629、ARG630、SER 633、VAL 653、SER 654、TRP 655、GLY 656、SER 657、MET 658、ASN659、CYS 660、GLN 665、GLY 667、およびTYR 669のうち1つまたは複数と相互作用する、請求項1〜17のいずれか一項記載の化合物。

請求項19

式(VIII):を有する、請求項1〜18のいずれか一項記載の化合物。

請求項20

M1が、以下からなる群より選択されるメンバーである、請求項19記載の化合物:式中、各R1は、C1〜C6アルキルヒドロキシル、C1〜C6アルコキシアミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり;各nは0〜4の独立して選択される整数であり;R7は、水素、ヒドロキシル、およびC1〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり;R8は、水素およびC1〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーである。

請求項21

M5が下記式を有する、請求項19または20記載の化合物:式中、R5は、C3〜C7シクロアルキル、C4〜C8シクロアルキルアルキルヘテロアリール、およびC7〜C12アリールアルキルまたはヘテロアリールアルキル(0〜3個のR13置換基を有する)からなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R5およびR6は一緒になって、0〜3個のR13置換基を有する複素環を形成し;R6は、水素、C1〜C6アルキル、C3〜C7シクロアルキル、カルボキシ(C1〜C6アルキル)、C7〜C12アリールアルキルまたはヘテロアリールアルキル(0〜3個のR13置換基を有する)、アミノ(C1〜C8アルキル)、およびアミド(C1〜C8アルキル)からなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R6およびR5は一緒になって、0〜3個のR13置換基を有する複素環を形成する。

請求項22

式(VIIIA):を有する、請求項1〜21のいずれか一項記載の化合物。

請求項23

約300g/モル〜約600g/モルの分子量を有する、請求項1〜22のいずれか一項記載の化合物。

請求項24

トロンビンよりもMASP-2に対するKiが低い、請求項1〜23のいずれか一項記載の化合物。

請求項25

請求項1〜24のいずれか一項記載の化合物またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物

請求項26

MASP-2関連疾患または障害の処置における使用のための小分子化合物であって、(a) CA1およびN1ファルマコフォア要素またはCA1およびC5ファルマコフォア要素を含むS1ファルマコフォア基;(b) H4およびO2ファルマコフォア要素を含むS2ファルマコフォア基; ならびに(c) C2ファルマコフォア要素およびN2またはH3ファルマコフォア要素を含むS3ファルマコフォア基を含むファルマコフォア要素の組み合わせを含み、C2およびC5が疎水性基であり;CA1が芳香環であり;H3およびH4が水素結合供与体であり;N1およびN2が陽イオン性基であり;O2が水素結合受容体であり;C2、C5、CA1、H3、H4、N1、N2、およびO2が表3に示される範囲内の座標を示す、化合物。

請求項27

C2、C5、CA1、H3、H4、N1、N2、およびO2が表4に示される範囲内の座標を示す、請求項26記載の化合物。

請求項28

C2、C5、CA1、H3、H4、N1、N2、およびO2が表5に示される範囲内の座標を示す、請求項26または27記載の化合物。

請求項29

S1ファルマコフォア基がCA1およびN1ファルマコフォア要素を含む、請求項26〜28のいずれか一項記載の化合物。

請求項30

S1ファルマコフォア基がC3ファルマコフォア要素をさらに含み、C3が疎水性基であって、表6に示される範囲内の座標を示す、請求項29記載の化合物。

請求項31

C3が表7に示される範囲内の座標を示す、請求項30記載の化合物。

請求項32

C3が表8に示される範囲内の座標を示す、請求項31記載の化合物。

請求項33

S1ファルマコフォア基がCA1およびC5ファルマコフォア要素を含む、請求項26〜32のいずれか一項記載の化合物。

請求項34

S1ファルマコフォア基が、C7、H2、およびO4からなる群より選択される1個、2個、または3個のファルマコフォア要素をさらに含み、C7が疎水性基であり;H2が水素結合供与体であり;O4が水素結合受容体であり;C7、H2、およびO4が表9に示される範囲内の座標を示す、請求項33記載の化合物。

請求項35

C7、H2、およびO4が表10に示される範囲内の座標を示す、請求項34記載の化合物。

請求項36

C7、H2、およびO4が表11に示される範囲内の座標を示す、請求項35記載の化合物。

請求項37

S1ファルマコフォア基がC7ファルマコフォア要素を含む、請求項33〜36のいずれか一項記載の化合物。

請求項38

S1ファルマコフォア基がH2ファルマコフォア要素を含む、請求項33〜37のいずれか一項記載の化合物。

請求項39

S1ファルマコフォア基がO4ファルマコフォア要素を含む、請求項33〜38のいずれか一項記載の化合物。

請求項40

S2ファルマコフォア基が、CA6およびO1からなる群より選択される1個または2個のファルマコフォア要素をさらに含み、CA6が芳香環であり;O1が水素結合受容体であり;CA6およびO1が表12に示される範囲内の座標を示す、請求項26〜39のいずれか一項記載の化合物。

請求項41

CA6およびO1が表13に示される範囲内の座標を示す、請求項40記載の化合物。

請求項42

CA6およびO1が表14に示される範囲内の座標を示す、請求項41記載の化合物。

請求項43

S1ファルマコフォア基がCA6ファルマコフォア要素を含む、請求項40〜42のいずれか一項記載の化合物。

請求項44

S1ファルマコフォア基がO1ファルマコフォア要素を含む、請求項40〜43のいずれか一項記載の化合物。

請求項45

S3ファルマコフォア基がC2およびN2ファルマコフォア要素を含む、請求項26〜44のいずれか一項記載の化合物。

請求項46

S3ファルマコフォア基がH3ファルマコフォア要素をさらに含む、請求項45記載の化合物。

請求項47

S4ファルマコフォア基をさらに含み;S4ファルマコフォア基がC4、CA2、CA4、またはCA5ファルマコフォア要素を含み;C4が疎水性基であり;CA2、CA4、およびCA5が芳香環であり;C4、CA2、CA4、およびCA5が表15に示される範囲内の座標を示す、請求項26〜46のいずれか一項記載の化合物。

請求項48

C4、CA2、CA4、およびCA5が表16に示される範囲内の座標を示す、請求項47記載の化合物。

請求項49

C4、CA2、CA4、およびCA5が表17に示される範囲内の座標を示す、請求項48記載の化合物。

請求項50

S4ファルマコフォア基がC4を含む、請求項47〜49のいずれか一項記載の化合物。

請求項51

S4ファルマコフォア基がCA2を含む、請求項47〜50のいずれか一項記載の化合物。

請求項52

S4ファルマコフォア基が、C6、C7、CA4、およびCA5からなる群より選択される1個、2個、3個、または4個のさらなるファルマコフォア要素をさらに含み、C6およびC7が疎水性基であり;CA4およびCA5が芳香環であり;C6、C7、CA4、およびCA5が表18に示される範囲内の座標を示す、請求項51記載の化合物。

請求項53

C6、C7、CA4、およびCA5が表19に示される範囲内の座標を示す、請求項52記載の化合物。

請求項54

C6、C7、CA4、およびCA5が表20に示される範囲内の座標を示す、請求項53記載の化合物。

請求項55

S4ファルマコフォア基がC6ファルマコフォア要素を含む、請求項47〜54のいずれか一項記載の化合物。

請求項56

S4ファルマコフォア基がC7ファルマコフォア要素を含む、請求項47〜55のいずれか一項記載の化合物。

請求項57

S4ファルマコフォア基がCA4ファルマコフォア要素を含む、請求項47〜56のいずれか一項記載の化合物。

請求項58

S4ファルマコフォア基がCA5ファルマコフォア要素を含む、請求項47〜57のいずれか一項記載の化合物。

請求項59

RMファルマコフォア基をさらに含み; RMファルマコフォア基がCA3ファルマコフォア要素を含み、CA3が、表21に示される範囲内の座標を示す芳香環である、請求項26〜58のいずれか一項記載の化合物。

請求項60

CA3が表22に示される範囲内の座標を示す、請求項59記載の化合物。

請求項61

CA3が表23に示される範囲内の座標を示す、請求項60記載の化合物。

請求項62

RMファルマコフォア基が、H1およびO3からなる群より選択される1個または2個のさらなるファルマコフォア要素をさらに含み、H1が水素結合供与体であり;O3が水素結合受容体であり;H1およびO3が表24に示される範囲内の座標を示す、請求項59〜61のいずれか一項記載の化合物。

請求項63

H1およびO3が表25に示される範囲内の座標を示す、請求項62記載の化合物。

請求項64

H1およびO3が表26に示される範囲内の座標を示す、請求項63記載の化合物。

請求項65

RMファルマコフォア基がH1を含む、請求項62〜64のいずれか一項記載の化合物。

請求項66

RMファルマコフォア基がO3を含む、請求項62〜65のいずれか一項記載の化合物。

請求項67

請求項26〜66のいずれか一項記載の化合物またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物。

請求項68

式(I-1)の化合物またはその塩:式中、Cy1Aは非置換もしくは置換C6〜10アリールまたは非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリールであり; Cy1Aを形成する5〜10員ヘテロアリールの環原子炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; Cy1Aを形成する置換C6〜10アリールまたは置換5〜10員ヘテロアリールは、RCy1A、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、C(=NRe11)NRc11C(O)ORa11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy1Aは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy1Aを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子からなり、RCy1Aを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、RCy1Aを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R11はH、またはC1〜6アルキル、C6〜10アリール-C1〜6アルキル、もしくは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルであり、R11を形成するC1〜6アルキルは、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、R11を形成するC6〜10アリール-C1〜6アルキルまたは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルは、置換されていないか、またはC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R12はHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、R11およびR12は、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成し;A11はCR13R15またはNであり;各R13は独立してCy1B、(CR13AR13B)n3Cy1B、(C1〜6アルキレン)Cy1B、(C2〜6アルケニレン)Cy1B、(C2〜6アルキニレン)Cy1B、またはOCy1Bであり、R13のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソからなる群よりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されており;各R14は独立してHおよびC1〜6アルキルより選択され;R15はH、R13、C1〜6アルキル、およびOHより選択され;隣接した炭素原子に結合しているR14基同士の対、または隣接した炭素原子に結合しているR14基とR15基との対は、他のR14の存在から独立して、一緒になって、R14基同士の対またはR14基とR15基との対が結合している隣接した炭素原子を接続する結合で置き換えられていてもよく、これにより隣接した炭素原子は二重結合により接続され; あるいは、同じ炭素原子に結合しているR14基同士の対、または同じ炭素原子に結合しているR13基とR15基との対は、他のR14の存在から独立して、R14基同士の対またはR13基とR15基との対が一緒に結合している炭素原子と一緒になって、スピロ縮合C3〜10シクロアルキル環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環を形成してもよく、形成される4〜10員ヘテロシクロアルキル環の環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり、形成されるスピロ縮合C3〜10シクロアルキル環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環は、ハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基でさらに置換されていてもよく; あるいは、隣接した炭素原子に結合しているR14基同士の対、または隣接した炭素原子に結合しているR14基とR15基との対は、他のR14の存在から独立して、R14基同士の対またはR14基とR15基との対が結合している隣接した炭素原子と一緒になって、縮合C3〜10シクロアルキル環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環を形成してもよく、形成される4〜10員ヘテロシクロアルキル環の環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり、形成される縮合C3〜10シクロアルキル環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環は、ハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基でさらに置換されていてもよく; あるいは、2個の隣接した炭素原子に結合している4個のR14基の群、または2個の隣接した炭素原子に結合している2個のR14基と1個のR13基と1個のR15基の群は、他のR14の存在から独立して、4個のR14基の群または2個のR14基と1個のR13基と1個のR15基の群が結合している2個の隣接した炭素原子と一緒になって、縮合C6〜10アリール環もしくは5〜10員ヘテロアリール環、C3〜10シクロアルキル環、または4〜10員ヘテロシクロアルキル環を形成してもよく、形成される5〜10員ヘテロアリール環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環の環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり、形成される縮合C6〜10アリール環もしくは5〜10員ヘテロアリール環、C3〜10シクロアルキル環、または4〜10員ヘテロシクロアルキル環は、ハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基でさらに置換されていてもよく;n1は1または2であり;n2は0、1、または2であるが;但し、n1およびn2の合計は1、2、または3であり;但し、n1が1であるかまたはn2が0である場合、A11はCR13R15であり;n3は0、1、または2であり;各R13Aは独立してHまたはC1〜6アルキルであり;各R13Bは独立してHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、同じ炭素原子に結合したR13AおよびR13Bは、任意の他のR13A基およびR13B基より独立して、一緒になって-(CH2)2〜5-を形成してもよく、それにより3〜6員シクロアルキル環を形成し;Cy1Bは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy1Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;Cy1Bを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy1B、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、C(=NRe11)NRc11C(O)ORa11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy1Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy1Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy1Bを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy1Bを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R16はH、Cy1C、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルであり、R16を形成するC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは、置換されていないか、またはCy1C、ハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソからなる群より選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されているが、但し、R16の置換基のうち1個以下はCy1Cであり;Cy1Cは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy1Cを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;Cy1Cを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy1C、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、C(=NRe11)NRc11C(O)ORa11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy1Cは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy1Cを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy1Cを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy1Cを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;Ra11、Rb11、Rc11、およびRd11はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7 シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra11、Rb11、Rc11、およびRd11を形成する該C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、C1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa12、SRa12、C(O)Rb12、C(O)NRc12Rd12、C(O)ORa12、OC(O)Rb12、OC(O)NRc12Rd12、NRc12Rd12、NRc12C(O)Rb12、NRc12C(O)NRc12Rd12、NRc12C(O)ORa12、C(=NRe12)NRc12Rd12、NRc12C(=NRe12)NRc12Rd12、S(O)Rb12、S(O)NRc12Rd12、S(O)2Rb12、NRc12S(O)2Rb12、S(O)2NRc12Rd12、およびオキソより独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、同じN原子に結合しているRc11およびRd11は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、それぞれがC1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa12、SRa12、C(O)Rb12、C(O)NRc12Rd12、C(O)ORa12、OC(O)Rb12、OC(O)NRc12Rd12、NRc12Rd12、NRc12C(O)Rb12、NRc12C(O)NRc12Rd12、NRc12C(O)ORa12、C(=NRe12)NRc12Rd12、NRc12C(=NRe12)NRc12Rd12、S(O)Rb12、S(O)NRc12Rd12、S(O)2Rb12、NRc12S(O)2Rb12、S(O)2NRc12Rd12、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく;Ra12、Rb12、Rc12、およびRd12はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra12、Rb12、Rc12、およびRd12を形成する該C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、OH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、同じN原子に結合しているRc12およびRd12は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、そのそれぞれが、置換されていないか、またはOH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;Re11およびRe12はそれぞれ独立してH、CN、またはNO2である。

請求項69

式(I-2):の化合物である、請求項68記載の化合物またはその塩。

請求項70

Cy1Aが非置換または置換アリールである、請求項68または69記載の化合物またはその塩。

請求項71

Cy1Aが非置換または置換フェニルである、請求項70記載の化合物またはその塩。

請求項72

Cy1Aが置換フェニルである、請求項71記載の化合物またはその塩。

請求項73

Cy1Aが少なくとも1個のORa11または少なくとも1個のC(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、もしくはC(=NRe11)NRc11C(O)ORa11で置換されている、請求項68〜72のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項74

Cy1Aが少なくとも1個のORa11で置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている、請求項68〜73のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項75

Cy1Aが少なくとも1個のOHで置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている、請求項68〜74のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項76

Cy1Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、C(=NRe11)NRc11C(O)ORa11で置換されている、請求項68〜75のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項77

Cy1Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe11)NRc11Rd11で置換されている、請求項76記載の化合物またはその塩。

請求項78

Cy1Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NH)NH2で置換されている、請求項77記載の化合物またはその塩。

請求項79

Cy1Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項72記載の化合物またはその塩。

請求項80

Cy1Aを規定する式中で、各RCy1Aが独立してC1〜6アルキル、例えばメチル、またはハロゲン、例えばClもしくはBr、またはアミノである、請求項79記載の化合物またはその塩。

請求項81

Cy1Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項72記載の化合物またはその塩。

請求項82

Cy1Aを規定する式中で、Ra11がC1〜6アルキル、例えばメチルであり、Rb11がC1〜6アルキル、例えばメチルであり、Rb11がC1〜6ハロアルキル、例えばトリフルオロメチルであり、Rc11がアルキル、例えばメチルである、請求項81記載の化合物またはその塩。

請求項83

Cy1Aが非置換または置換ヘテロアリールである、請求項68または69記載の化合物またはその塩。

請求項84

Cy1Aが非置換または置換のピリジン-3-イル、1H-ピロロ[2,3-b]ピリジン-5-イル、または1H-ベンゾ[d]イミダゾール-6-イルである、請求項83記載の化合物またはその塩。

請求項85

Cy1Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項83記載の化合物またはその塩。

請求項86

Cy1Aを規定する式中の各RCy1Aが独立してC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばF、Cl、もしくはBr、好ましくはCl、またはアミノである、請求項85記載の化合物またはその塩。

請求項87

Cy1Aを規定する式中の窒素に結合している各RCy1AがC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチルである、請求項85または86記載の化合物またはその塩。

請求項88

R11がC1〜6アルキルである、請求項68〜87のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項89

R11がメチルである、請求項88記載の化合物またはその塩。

請求項90

R11がHである、請求項68〜87のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項91

R12がHである、請求項68〜90のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項92

R12がC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチル、好ましくはメチルである、請求項68〜90のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項93

R11およびR12が、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成する、請求項68〜87のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項94

n1が1である、請求項68〜93のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項95

n1が2である、請求項68〜93のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項96

n2が0である、請求項68〜95のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項97

n2が1である、請求項68〜95のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項98

n2が2である、請求項68〜95のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項99

下記式(I-1a)〜(I-1f)および(I-2a)〜(I-2r):のうちいずれかに一致する、請求項68〜98のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項100

下記式(I-1g)〜(I-1o)および(I-2aa)〜(I-2az):のうちいずれかに一致する、請求項68〜99のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項101

下記式(I-3)〜(I-9):のうちいずれかに一致する、請求項68〜100のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項102

下記式(I-3a)〜(I-3k):のうちいずれかに一致する、請求項68〜101のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項103

下記式(I-4a)〜(I-4bf):のうちいずれかに一致する、請求項68〜101のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項104

下記式(I-5a)〜(I-5u):のうちいずれかに一致する、請求項68〜101のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項105

下記式(I-6a)〜(I-6cw):のうちいずれかに一致する、請求項68〜101のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項106

下記式(I-7a)〜(I-7co):のうちいずれかに一致する、請求項68〜101のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項107

下記式(I-8a)〜(I-8z):のうちいずれかに一致する、請求項68〜101のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項108

下記式(I-9a)〜(I-9z):のうちいずれかに一致する、請求項68〜101のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項109

R13がCy1Bである、請求項68〜108のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項110

R13が(C1〜6アルキレン)Cy1B、(C2〜6アルケニレン)Cy1B、または(C2〜6アルキニレン)Cy1Bである、請求項68〜108のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項111

R13のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分が置換されていない、請求項110記載の化合物またはその塩。

請求項112

R13が(CR13AR13B)n3Cy1Bである、請求項68〜108のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項113

各R13AがHである、請求項112記載の化合物またはその塩。

請求項114

各R13BがHである、請求項112記載の化合物またはその塩。

請求項115

n3が0である、請求項68〜114のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項116

n3が1である、請求項68〜114のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項117

n3が2である、請求項68〜114のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項118

R13が(CH2)0〜2Cy1Bである、請求項68〜114のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項119

R13がCH2Cy1Bである、請求項68〜114のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項120

R13がCH2CH2Cy1Bである、請求項68〜114のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項121

R13がOCy1Bである、請求項68〜108のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項122

Cy1Bが非置換C6〜10アリールである、請求項68〜121のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項123

Cy1Bが非置換フェニルである、請求項122記載の化合物またはその塩。

請求項124

Cy1Bが非置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである、請求項122記載の化合物またはその塩。

請求項125

Cy1Bが非置換5〜10員ヘテロアリールである、請求項68〜124のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項126

Cy1Bが非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、または非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリルである、請求項125記載の化合物またはその塩。

請求項127

Cy1Bが置換C6〜10アリールである、請求項68〜121のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項128

Cy1Bが置換フェニルである、請求項127記載の化合物またはその塩。

請求項129

Cy1Bがビフェニリル(すなわちフェニルで置換されたフェニル)、例えば2-、3-、または4-ビフェニリルである、請求項128記載の化合物またはその塩。

請求項130

Cy1Bが置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである、請求項129記載の化合物またはその塩。

請求項131

Cy1Bが置換5〜10員ヘテロアリールである、請求項68〜121のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項132

Cy1Bが置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、または置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリルである、請求項131記載の化合物またはその塩。

請求項133

Cy1Bが、RCy1B、ハロゲン、およびC1〜6ハロアルキルよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており; 各RCy1Bが独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびC6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールより選択され、RCy1Bを形成する各C6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールが、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびハロアルキルより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されている、請求項127〜132のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項134

R13が下記式:の基より選択される、請求項68〜133のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項135

R13を表す式中のRCy1BがC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばフッ素もしくは塩素、好ましくはフッ素である、請求項134記載の化合物またはその塩。

請求項136

R13を表す式中のRCy1BがC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチル、好ましくはメチルである、請求項134記載の化合物またはその塩。

請求項137

R13を表す式中のRCy1Bがハロゲン、例えばフッ素または塩素、好ましくはフッ素である、請求項134記載の化合物またはその塩。

請求項138

1個以下のR14が水素以外である、請求項68〜137のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項139

1個以下のR14が水素以外であり、1個のR14がC1〜6アルキル、例えばメチルである、請求項138記載の化合物またはその塩。

請求項140

各R14が水素である、請求項139記載の化合物またはその塩。

請求項141

A11がNである、請求項68〜140のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項142

R15が水素である、請求項68〜141のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項143

R15がC1〜6アルキル、例えばメチルである、請求項68〜141のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項144

R15がヒドロキシルである、請求項68〜141のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項145

R16が水素である、請求項68〜144のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項146

R16が非置換または置換のC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルである、請求項68〜144のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項147

R16が非置換C1〜6アルキル、例えばメチルである、請求項146記載の化合物またはその塩。

請求項148

R16が置換C1〜6アルキルである、請求項146記載の化合物またはその塩。

請求項149

R16を形成する置換C1〜6アルキルが、ハロゲン、CN、C(O)NRc11Rd11、およびC(O)ORa11からなる群より選択される1個、2個、3個、4個、または5個、例えば1個、2個、または3個、好ましくは1個の置換基で置換されている、請求項148記載の化合物またはその塩。

請求項150

R16が(CH2)1〜6C(O)ORa11である、請求項149記載の化合物またはその塩。

請求項151

R16を規定するRa11がHまたはC1〜6アルキル、例えばメチルである、請求項150記載の化合物またはその塩。

請求項152

R16を規定するRa11がHである、請求項150記載の化合物またはその塩。

請求項153

Ra11、Rb11、Rc11、およびRd11、Ra12、Rb12、Rc12、およびRd12がそれぞれ独立してHおよびC1〜6アルキルより選択される、請求項68〜152のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項154

各Re11および各Re12がHである、請求項68〜85153のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項155

請求項68〜154のいずれか一項記載の化合物またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物。

請求項156

式(IIA)もしくは(IIB)の化合物またはその塩:式中、Cy2Aは非置換もしくは置換C6〜10アリールまたは非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリールであり; Cy2Aを形成する5〜10員ヘテロアリールの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; Cy2Aを形成する置換C6〜10アリールまたは置換5〜10員ヘテロアリールは、RCy2A、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、C(=NORa21)NRc21Rd21、C(=NOC(O)Rb21)NRc21Rd21、C(=NRe21)NRc21C(O)ORa21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy2Aは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy2Aを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子からなり、RCy2Aを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、RCy2Aを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R21はH、またはC1〜6アルキル、C6〜10アリール-C1〜6アルキル、もしくは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルであり、R21を形成するC1〜6アルキルは、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、R21を形成するC6〜10アリール-C1〜6アルキルまたは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルは、置換されていないか、またはC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R22はHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、R21およびR22は、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成し;A23はNまたはNR23であり;A24はCR24、N、またはNR24であり;A26はCR26またはSであるが;但し、式(IIA)中のA23、A24、およびA26は、A23、A24、およびA26を含む環がヘテロアリール環であるように選択され、記号は芳香環(規格化)結合を表し;R23はHまたはC1〜6アルキルであり;R24はH、C1〜6アルキル、またはフェニルであり;R25はCy2B、(CR25AR25B)n25Cy2B、(C1〜6アルキレン)Cy2B、(C2〜6アルケニレン)Cy2B、または(C2〜6アルキニレン)Cy2Bであり、R25のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソからなる群よりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されており;R26はHまたはC1〜6アルキルであり;各R25AはHまたはC1〜6アルキルであり;各R25BはHまたはC1〜6アルキルであり;n25は0、1、または2であり;Cy2Bは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy2Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;Cy2Bを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy2B、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、C(=NORa21)NRc21Rd21、C(=NOC(O)Rb21)NRc21Rd21、C(=NRe21)NRc21C(O)ORa21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy2Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy2Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy2Bを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy2Bを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7 シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra21、Rb21、Rc21、およびRd21を形成する該C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、C1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa22、SRa22、C(O)Rb22、C(O)NRc22Rd22、C(O)ORa22、OC(O)Rb22、OC(O)NRc22Rd22、NRc22Rd22、NRc22C(O)Rb22、NRc22C(O)NRc22Rd22、NRc22C(O)ORa22、C(=NRe22)NRc22Rd22、NRc22C(=NRe22)NRc22Rd22、S(O)Rb22、S(O)NRc22Rd22、S(O)2Rb22、NRc22S(O)2Rb22、S(O)2NRc22Rd22、およびオキソより独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、同じN原子に結合しているRc21およびRd21は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、それぞれがC1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa22、SRa22、C(O)Rb22、C(O)NRc22Rd22、C(O)ORa22、OC(O)Rb22、OC(O)NRc22Rd22、NRc22Rd22、NRc22C(O)Rb22、NRc22C(O)NRc22Rd22、NRc22C(O)ORa22、C(=NRe22)NRc22Rd22、NRc22C(=NRe22)NRc22Rd22、S(O)Rb22、S(O)NRc22Rd22、S(O)2Rb22、NRc22S(O)2Rb22、S(O)2NRc22Rd22、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく;Ra22、Rb22、Rc22、およびRd22はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra22、Rb22、Rc22、およびRd22を形成する該C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、OH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、同じN原子に結合しているRc22およびRd22は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、そのそれぞれが、置換されていないか、またはOH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;Re21およびRe22はそれぞれ独立してH、CN、またはNO2である。

請求項157

Cy2Aが非置換または置換アリールである、請求項156記載の化合物またはその塩。

請求項158

Cy2Aが非置換または置換フェニルである、請求項157記載の化合物またはその塩。

請求項159

Cy2Aが置換フェニルである、請求項158記載の化合物またはその塩。

請求項160

Cy2Aが少なくとも1個のORa21または少なくとも1個のC(=NRe21)NRc21Rd21、C(=NORa21)NRc21Rd21、C(=NOC(O)Rb21)NRc21Rd21、もしくはC(=NRe21)NRc21C(O)ORa21で置換されている、請求項156〜159のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項161

Cy2Aが少なくとも1個のORa21で置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている、請求項156〜160のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項162

Cy2Aが少なくとも1個のOHで置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている、請求項156〜161のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項163

Cy2Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe21)NRc21Rd21、C(=NORa21)NRc21Rd21、C(=NOC(O)Rb21)NRc21Rd21、C(=NRe21)NRc21C(O)ORa21で置換されている、請求項156〜162のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項164

Cy2Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe21)NRc21Rd21で置換されている、請求項163記載の化合物またはその塩。

請求項165

Cy2Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NH)NH2で置換されている、請求項164記載の化合物またはその塩。

請求項166

Cy2Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項159記載の化合物またはその塩。

請求項167

Cy2Aを規定する式中で、各RCy2Aが独立してC1〜6アルキル、例えばメチル、またはハロゲン、例えばClもしくはBr、またはアミノである、請求項166記載の化合物またはその塩。

請求項168

Cy2Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項159記載の化合物またはその塩。

請求項169

Ra21がC1〜6アルキルであり、Rb21がC1〜6アルキルである、請求項168記載の化合物またはその塩。

請求項170

Cy2Aが非置換または置換ヘテロアリール、例えばピリジン-3-イル、1H-ピロロ[2,3-b]ピリジン-5-イル、または1H-ベンゾ[d]イミダゾール-6-イルである、請求項156記載の化合物またはその塩。

請求項171

Cy2Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項170記載の化合物またはその塩。

請求項172

Cy2Aを規定する式中の各RCy2Aが独立してC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばF、Cl、もしくはBr、好ましくはClである、請求項171記載の化合物またはその塩。

請求項173

Cy2Aを規定する式中の窒素に結合している各RCy2AがC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチルである、請求項171または172記載の化合物またはその塩。

請求項174

R21がC1〜6アルキルである、請求項156〜173のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項175

R21がメチルである、請求項174記載の化合物またはその塩。

請求項176

R21がHである、請求項156〜173のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項177

R22がHである、請求項156〜176のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項178

R22がC1〜6アルキルである、請求項156〜176のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項179

R22がメチルである、請求項178記載の化合物またはその塩。

請求項180

R21およびR22が、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成する、請求項156〜179のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項181

式(IIA)である、請求項156〜180のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項182

下記式(IIA-1a)または(IIA-1b):のうちいずれかに一致する、請求項181記載の化合物またはその塩。

請求項183

下記式(IIA-2)〜(IIA-5):のうちいずれかに一致する、請求項181または182のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項184

下記式(IIA-2a)〜(IIA-5b):のうちいずれかに一致する、請求項183記載の化合物またはその塩。

請求項185

式(IIB)である、請求項156〜180のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項186

下記式(IIB-1a)または(IIB-1b):のうちいずれかに一致する、請求項185記載の化合物またはその塩。

請求項187

R23がHである、請求項156〜184のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項188

R23がC1〜6アルキルである、請求項156〜184のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項189

R24がHである、請求項156〜188のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項190

R24がC1〜6アルキルである、請求項156〜188のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項191

R24がフェニルである、請求項156〜188のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項192

R25がCy2Bである、請求項156〜191のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項193

R25が(C1〜6アルキレン)Cy2B、(C2〜6アルケニレン)Cy2B、または(C2〜6アルキニレン)Cy2Bであり、R25のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分が置換されていないかまたは置換されている、請求項156〜191のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項194

R25が(C1〜6アルキレン)Cy2B、(C2〜6アルケニレン)Cy2B、または(C2〜6アルキニレン)Cy2Bであり、R25のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分が置換されていない、請求項156〜193のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項195

R25が(CR25AR25B)n25Cy2Bである、請求項156〜194のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項196

各R25AがHである、請求項195記載の化合物またはその塩。

請求項197

各R25BがHである、請求項194または195記載の化合物またはその塩。

請求項198

n25が0である、請求項194〜196のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項199

n25が1である、請求項194〜196のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項200

n25が2である、請求項194〜196のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項201

R25がCH2Cy2Bである、請求項194〜196のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項202

R25がCH2CH2Cy2Bである、請求項194〜196のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項203

Cy2Bが非置換C6〜10アリールである、請求項156〜202のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項204

Cy2Bが非置換フェニルである、請求項203記載の化合物またはその塩。

請求項205

Cy2Bが非置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである、請求項203記載の化合物またはその塩。

請求項206

Cy2Bが非置換5〜10員ヘテロアリールである、請求項156〜202のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項207

Cy2Bが非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、または非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリルである、請求項206記載の化合物またはその塩。

請求項208

Cy2Bが置換C6〜10アリールである、請求項156〜202のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項209

Cy2Bが置換フェニルである、請求項208記載の化合物またはその塩。

請求項210

Cy2Bがビフェニリル(すなわちフェニルで置換されたフェニル)、例えば2-、3-、または4-ビフェニリルである、請求項209記載の化合物またはその塩。

請求項211

Cy2Bが置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである、請求項208記載の化合物またはその塩。

請求項212

Cy2Bが置換5〜10員ヘテロアリールである、請求項156〜202のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項213

Cy2Bが置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、または置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリルである、請求項212記載の化合物またはその塩。

請求項214

Cy2Bが、RCy2B、ハロゲン、およびC1〜6ハロアルキルよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており; 各RCy2Bが独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびC6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールより選択され、RCy2Bを形成する各C6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールが、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびハロアルキルより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されている、請求項208〜213のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項215

R25が下記式:の基より選択される、請求項156〜214のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項216

R25を表す式中のRCy2BがC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばフッ素もしくは塩素、好ましくはフッ素である、請求項215記載の化合物またはその塩。

請求項217

R25を表す式中のRCy2BがC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチル、好ましくはメチルである、請求項215記載の化合物またはその塩。

請求項218

R25を表す式中のRCy2Bがハロゲン、例えばフッ素または塩素、好ましくはフッ素である、請求項215記載の化合物またはその塩。

請求項219

Ra21、Rb21、Rc21、Rd21、Ra22、Rb22、Rc22、Rd22がそれぞれ独立してH、C1〜6アルキルより選択される、請求項156〜218のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項220

各Re21および各Re22がHである、請求項156〜219のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項221

請求項156〜220のいずれか一項記載の化合物またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物。

請求項222

MASP-2関連疾患または障害の処置における使用のための、式(III)の化合物またはその塩:式中、Cy3Aは非置換もしくは置換C6〜10アリールまたは非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリールであり; Cy3Aを形成する5〜10員ヘテロアリールの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; Cy3Aを形成する置換C6〜10アリールまたは置換5〜10員ヘテロアリールは、RCy3A、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、C(=NRe31)NRc31C(O)ORa31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy3Aは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy3Aを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子からなり、RCy3Aを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、RCy3Aを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R31はH、またはC1〜6アルキル、C6〜10アリール-C1〜6アルキル、もしくは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルであり、R31を形成するC1〜6アルキルは、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、R31を形成するC6〜10アリール-C1〜6アルキルまたは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルは、置換されていないか、またはC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R32はHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、R31およびR32は、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成し;R33はCy3B、(CR33AR33B)n33Cy3B、(C1〜6アルキレン)Cy3B、(C2〜6アルケニレン)Cy3B、または(C2〜6アルキニレン)Cy3Bであり、R35のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソからなる群よりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されており;各R33Aは独立してHまたはC1〜6アルキルであり;各R33Bは独立してHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、同じ炭素原子に結合したR33AおよびR33Bは、任意の他のR33A基およびR33B基より独立して、一緒になって-(CH2)2〜5-を形成してもよく、それにより3〜6員シクロアルキル環を形成し;n33は0、1、2、または3であり;Cy3Bは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy3Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;Cy3Bを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy3B、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、C(=NRe31)NRc31C(O)ORa31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy3Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy3Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy3Bを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy3Bを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R34はHおよびC1〜6アルキルより選択され;R35はH、非置換または置換C1〜6アルキル、およびCy3Cより選択され、R35を形成する置換C1〜6アルキルは、Cy3C、ハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソからなる群より選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されているが; 但し、R35の置換基のうち1個以下はCy3Cであり;Cy3Cは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy3Cを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;Cy3Cを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy3C、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、C(=NRe31)NRc31C(O)ORa31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy3Cは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy3Cを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy3Cを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy3Cを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R36はHおよびC1〜6アルキルより選択され;Ra31、Rb31、Rc31、およびRd31はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7 シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra31、Rb31、Rc31、およびRd31を形成する該C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、C1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa32、SRa32、C(O)Rb32、C(O)NRc32Rd32、C(O)ORa32、OC(O)Rb32、OC(O)NRc32Rd32、NRc32Rd32、NRc32C(O)Rb32、NRc32C(O)NRc32Rd32、NRc32C(O)ORa32、C(=NRe32)NRc32Rd32、NRc32C(=NRe32)NRc32Rd32、S(O)Rb32、S(O)NRc32Rd32、S(O)2Rb32、NRc32S(O)2Rb32、S(O)2NRc32Rd32、およびオキソより独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、同じN原子に結合しているRc31およびRd31は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、それぞれがC1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa32、SRa32、C(O)Rb32、C(O)NRc32Rd32、C(O)ORa32、OC(O)Rb32、OC(O)NRc32Rd32、NRc32Rd32、NRc32C(O)Rb32、NRc32C(O)NRc32Rd32、NRc32C(O)ORa32、C(=NRe32)NRc32Rd32、NRc32C(=NRe32)NRc32Rd32、S(O)Rb32、S(O)NRc32Rd32、S(O)2Rb32、NRc32S(O)2Rb32、S(O)2NRc32Rd32、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく;Ra32、Rb32、Rc32、およびRd32はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra32、Rb32、Rc32、およびRd32を形成する該C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、OH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、同じN原子に結合しているRc32およびRd32は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、そのそれぞれが、置換されていないか、またはOH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;Re31およびRe32はそれぞれ独立してH、CN、またはNO2である。

請求項223

Cy3Aが非置換または置換アリールである、請求項222記載の化合物またはその塩。

請求項224

Cy3Aが非置換または置換フェニルである、請求項223記載の化合物またはその塩。

請求項225

Cy3Aが置換フェニルである、請求項224記載の化合物またはその塩。

請求項226

Cy3Aが少なくとも1個のORa31または少なくとも1個のC(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、またはC(=NRe31)NRc31C(O)ORa31で置換されている、請求項222〜225のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項227

Cy3Aが少なくとも1個のORa31で置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている、請求項222〜226のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項228

Cy3Aが少なくとも1個のOHで置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている、請求項222〜227のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項229

Cy3Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、C(=NRe31)NRc31C(O)ORa31で置換されている、請求項222〜228のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項230

Cy3Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe31)NRc31Rd31で置換されている、請求項229記載の化合物またはその塩。

請求項231

Cy3Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NH)NH2で置換されている、請求項230記載の化合物またはその塩。

請求項232

Cy3Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項225記載の化合物またはその塩。

請求項233

Cy3Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項225記載の化合物またはその塩。

請求項234

Cy3Aを規定する式中で、Ra31がC1〜6アルキル、例えばメチルであり; Rb31がC1〜6アルキル、例えばメチルであり、あるいは、Rb31がC1〜6ハロアルキル、例えばトリフルオロメチルであり; Rc31がアルキル、例えばメチルである、請求項233記載の化合物またはその塩。

請求項235

Cy3Aが非置換または置換ヘテロアリールである、請求項222記載の化合物またはその塩。

請求項236

Cy3Aが非置換または置換のピリジン-3-イル、1H-ピロロ[2,3-b]ピリジン-5-イル、または1H-ベンゾ[d]イミダゾール-6-イルである、請求項235記載の化合物またはその塩。

請求項237

Cy3Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項234または235記載の化合物またはその塩。

請求項238

Cy3Aを規定する式中の各RCy3Aが独立してC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばF、Cl、もしくはBr、好ましくはCl、またはアミノである、請求項237記載の化合物またはその塩。

請求項239

Cy3Aを規定する式中の窒素に結合している各RCy3AがC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチルである、請求項237または238記載の化合物またはその塩。

請求項240

R31がC1〜6アルキルである、請求項222〜239のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項241

R31がメチルである、請求項240記載の化合物またはその塩。

請求項242

R31がHである、請求項222〜241のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項243

R32がHである、請求項222〜242のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項244

R32がC1〜6アルキルである、請求項222〜242のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項245

R32がメチルである、請求項244記載の化合物またはその塩。

請求項246

R31およびR32が、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成する、請求項222〜239のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項247

下記式(III-1a)〜(III-1h):のうちいずれかに一致する、請求項222〜246のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項248

R33がCy3Bである、請求項222〜247のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項249

R33が(C1〜6アルキレン)Cy3B、(C2〜6アルケニレン)Cy3B、または(C2〜6アルキニレン)Cy3Bであり、R35のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分が置換されていない、請求項222〜247のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項250

R33が(C1〜6アルキレン)Cy3B、(C2〜6アルケニレン)Cy3B、または(C2〜6アルキニレン)Cy3Bであり、R35のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分がハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソからなる群よりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されている、請求項222〜249のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項251

R33が(CR33AR33B)n33Cy3Bである、請求項222〜247のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項252

各R33AがHである、請求項251記載の化合物またはその塩。

請求項253

各R33BがHである、請求項251または252記載の化合物またはその塩。

請求項254

n33が0である、請求項251〜253のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項255

n33が1である、請求項251〜253のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項256

n33が2である、請求項251〜253のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項257

n33が3である、請求項251〜253のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項258

R33がCH2Cy3Bである、請求項222〜247のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項259

R33がCH2CH2Cy3Bである、請求項222〜247のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項260

下記式(III-2)〜(III-4):のうちいずれかに一致する、請求項259記載の化合物またはその塩。

請求項261

下記式(III-2a)〜(III-2h):のうちいずれかに一致する、請求項260記載の化合物またはその塩。

請求項262

下記式(III-3a)〜(III-3h):のうちいずれかに一致する、請求項260記載の化合物またはその塩。

請求項263

下記式(III-4a)〜(III-4h):のうちいずれかに一致する、請求項260記載の化合物またはその塩。

請求項264

R33がCH2CH2CH2Cy3Bである、請求項222〜247のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項265

Cy3Bが非置換C6〜10アリールである、請求項222〜264のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項266

Cy3Bが非置換フェニルである、請求項265記載の化合物またはその塩。

請求項267

R33がCH2CH2Phである、請求項266記載の化合物またはその塩。

請求項268

Cy3Bが非置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである、請求項266記載の化合物またはその塩。

請求項269

R33がCH2CH2-1-ナフチルまたはCH2CH2-2-ナフチルである、請求項268記載の化合物またはその塩。

請求項270

Cy3Bが非置換5〜10員ヘテロアリールである、請求項222〜264のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項271

Cy3Bが非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、非置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または非置換インドリル、例えば非置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである、請求項270記載の化合物またはその塩。

請求項272

Cy3Bが非置換C3〜10シクロアルキルである、請求項222〜264のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項273

Cy3Bが非置換シクロペンチルシクロヘキシル、またはシクロヘプチルである、請求項272記載の化合物またはその塩。

請求項274

Cy3Bが非置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである、請求項222〜264のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項275

Cy3Bが置換C6〜10アリールである、請求項222〜264のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項276

Cy3Bが置換フェニルである、請求項275記載の化合物またはその塩。

請求項277

Cy3Bが置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである、請求項275記載の化合物またはその塩。

請求項278

Cy3Bが置換5〜10員ヘテロアリールである、請求項222〜264のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項279

Cy3Bが置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または置換インドリル、例えば置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである、請求項278記載の化合物またはその塩。

請求項280

Cy3Bが置換C3〜10シクロアルキルである、請求項222〜264のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項281

Cy3Bが置換シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルである、請求項280記載の化合物またはその塩。

請求項282

Cy3Bが置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである、請求項222〜264のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項283

Cy3Bが、RCy3B、ハロゲン、およびC1〜6ハロアルキルよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており; 各RCy3Bが独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびC6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールより選択され、RCy3Bを形成する各C6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールが、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびハロアルキルより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されている、請求項275〜282のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項284

R33が、以下の基:フェニル;ベンジル; 2-フェニルエチル; 2,3-ジヒドロ-1H-インデン-2-イル; 2-(2-メチルフェニル)エチル; 2-(3-メチルフェニル)エチル; 2-(4-メチルフェニル)エチル; 2-(2,4-ジメチルフェニル)エチル; 2-(2,5-ジメチルフェニル)エチル; 2-(3,5-ジメチルフェニル)エチル; 2-(2-エチルフェニル)エチル; 2-(3-エチルフェニル)エチル; 2-(4-エチルフェニル)エチル; 2-(2,4-ジエチルフェニル)エチル; 2-(2,5-ジメチルフェニル)エチル; 2-(3,5-ジメチルフェニル)エチル; 2-(2-トリフルオロメチルフェニル)エチル; 2-(3-トリフルオロメチルフェニル)エチル; 2-(4-トリフルオロメチルフェニル)エチル; 2-(2-フルオロフェニル)エチル; 2-(3-フルオロフェニル)エチル; 2-(4-フルオロフェニル)エチル; 2-(2,4-ジフルオロフェニル)エチル; 2-(2,5-ジフルオロフェニル)エチル; 2-(3,5-ジフルオロフェニル)エチル; 2-(2-クロロフェニル)エチル; 2-(3-クロロフェニル)エチル; 2-(4-クロロフェニル)エチル; 2-(2,4-ジクロロフェニル)エチル; 2-(2,5-ジクロロフェニル)エチル; 2-(3,5-ジクロロフェニル)エチル; 2-(2-メトキシフェニル)エチル; 2-(3-メトキシフェニル)エチル; 2-(4-メトキシフェニル)エチル; 2-(2,4-ジメトキシフェニル)エチル; 2-(2,5-ジメトキシフェニル)エチル; 2-(3,5-ジメトキシフェニル)エチル; 2-(シクロペンチル)エチル; 2-(シクロヘキシル)エチル; 2-(シクロヘプチル)エチル; 2-(2-(アミノメチル)フェニル)エチル; 2-(3-(アミノメチル)フェニル)エチル; 2-(4-(アミノメチル)フェニル)エチル; 2-(2-シアノフェニル)エチル; 2-(3-シアノフェニル)エチル; および2-(4-シアノフェニル)エチル; ならびに下記式の基:より選択される、請求項222〜283のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項285

R34が水素である、請求項222〜284のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項286

R34がC1〜6アルキル、例えばメチルである、請求項222〜284のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項287

R35がHである、請求項222〜286のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項288

R35がCy3Cである、請求項222〜286のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項289

R35が非置換C1〜6アルキルである、請求項222〜286のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項290

R35が置換C1〜6アルキルである、請求項222〜286のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項291

R35を形成する置換C1〜6アルキルが少なくとも1個の置換基で置換されており、R35の置換基が独立して、Cy3C、ハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソからなる群より選択される1個、2個、または3個の置換基より選択される、請求項290記載の化合物またはその塩。

請求項292

R35を形成する置換C1〜6アルキルが少なくとも1個の置換基で置換されており、置換基がCy3Cを含む、請求項290または291記載の化合物またはその塩。

請求項293

R35を形成する置換C1〜6アルキルが1個の置換基で置換されており、置換基がCy3Cである、請求項292記載の化合物またはその塩。

請求項294

R35が(CH2)1〜5Cy3Cである、請求項290〜293のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項295

R35がCH2Cy3Cである、請求項294記載の化合物またはその塩。

請求項296

Cy3Cが非置換C6〜10アリールである、請求項222〜295のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項297

Cy3Cが非置換フェニルまたはナフチル、例えば1-ナフチルもしくは2-ナフチルである、請求項296記載の化合物またはその塩。

請求項298

Cy3Cが非置換5〜10員ヘテロアリールである、請求項222〜295のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項299

Cy3Cが非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、非置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または非置換インドリル、例えば非置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである、請求項298記載の化合物またはその塩。

請求項300

Cy3Cが非置換C3〜10シクロアルキル、例えばシクロプロピルシクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルである、請求項222〜295のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項301

Cy3Cが非置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである、請求項222〜295のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項302

Cy3Cが置換C6〜10アリールである、請求項222〜295のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項303

Cy3Cが置換フェニルまたは置換ナフチル、例えば置換1-ナフチルもしくは2-ナフチルである、請求項302記載の化合物またはその塩。

請求項304

Cy3Cが置換5〜10員ヘテロアリールである、請求項222〜295のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項305

Cy3Cが置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または置換インドリル、例えば置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである、請求項304記載の化合物またはその塩。

請求項306

Cy3Cが置換C3〜10シクロアルキル、例えば置換シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルである、請求項222〜295のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項307

Cy3Cが置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである、請求項222〜295のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項308

R36がHである、請求項222〜307のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項309

R36がC1〜6アルキル、例えばメチルである、請求項222〜307のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項310

Ra31、Rb31、Rc31、Rd31、Ra32、Rb32、Rc32、およびRd32がそれぞれ独立してHおよびC1〜6アルキルより選択される、請求項222〜309のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項311

各Re31および各Re32がHである、請求項222〜310のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項312

請求項222〜311のいずれか一項記載の化合物またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物。

請求項313

MASP-2関連疾患または障害の処置における使用のための、式(IV)の化合物またはその塩:式中、Cy4Aは非置換もしくは置換C6〜10アリールまたは非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリールであり; Cy4Aを形成する5〜10員ヘテロアリールの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; Cy4Aを形成する置換C6〜10アリールまたは置換5〜10員ヘテロアリールは、RCy4A、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、C(=NORa41)NRc41Rd41、C(=NOC(O)Rb41)NRc41Rd41、C(=NRe41)NRc41C(O)ORa41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy4Aは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy4Aを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子からなり、RCy4Aを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、RCy4Aを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R41はH、またはC1〜6アルキル、C6〜10アリール-C1〜6アルキル、もしくは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルであり、R41を形成するC1〜6アルキルは、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、R41を形成するC6〜10アリール-C1〜6アルキルまたは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルは、置換されていないか、またはC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;R42はH、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、またはCy4Bであり; R42を形成するC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルはそれぞれ、置換されていないか、またはCy4B、ハロゲン、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソからなる群より選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されているが; 但し、置換基のうち1個以下はCy4Bであり;Cy4Bは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy4Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; Cy4Bを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy4B、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、C(=NORa41)NRc41Rd41、C(=NOC(O)Rb41)NRc41Rd41、C(=NRe41)NRc41C(O)ORa41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy4Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy4Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり、RCy4Bを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; 各RCy4Bを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; あるいは、R41およびR42は、それらが結合している原子ならびにR41およびR42が結合している原子を連結する窒素原子と一緒になって4〜7員ヘテロシクロアルキル環を形成し、これは、RCy4B、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、C(=NORa41)NRc41Rd41、C(=NOC(O)Rb41)NRc41Rd41、C(=NRe41)NRc41C(O)ORa41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基でさらに置換されていてもよく;R43はH、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、またはCy4Cであり; R43を形成するC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルはそれぞれ、置換されていないか、またはCy4C、ハロゲン、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソからなる群より選択される0個、1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基よりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されているが、但し、R43を形成するC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルの1個以下の置換基はCy4Cであり;Cy4Cは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy4Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; Cy4Cを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy4C、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、C(=NORa41)NRc41Rd41、C(=NOC(O)Rb41)NRc41Rd41、C(=NRe41)NRc41C(O)ORa41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;各RCy4Cは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy4Cを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり、RCy4Cを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; 各RCy4Aを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;Ra41、Rb41、Rc41、およびRd41はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7 シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra41、Rb41、Rc41、およびRd41を形成する該C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、C1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa42、SRa42、C(O)Rb42、C(O)NRc42Rd42、C(O)ORa42、OC(O)Rb42、OC(O)NRc42Rd42、NRc42Rd42、NRc42C(O)Rb42、NRc42C(O)NRc42Rd42、NRc42C(O)ORa42、C(=NRe42)NRc42Rd42、NRc42C(=NRe42)NRc42Rd42、S(O)Rb42、S(O)NRc42Rd42、S(O)2Rb42、NRc42S(O)2Rb42、S(O)2NRc42Rd42、およびオキソより独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、同じN原子に結合しているRc41およびRd41は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、それぞれがC1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa42、SRa42、C(O)Rb42、C(O)NRc42Rd42、C(O)ORa42、OC(O)Rb42、OC(O)NRc42Rd42、NRc42Rd42、NRc42C(O)Rb42、NRc42C(O)NRc42Rd42、NRc42C(O)ORa42、C(=NRe42)NRc42Rd42、NRc42C(=NRe42)NRc42Rd42、S(O)Rb42、S(O)NRc42Rd42、S(O)2Rb42、NRc42S(O)2Rb42、S(O)2NRc42Rd42、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく;Ra42、Rb42、Rc42、およびRd42はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra42、Rb42、Rc42、およびRd42を形成する該C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、OH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、同じN原子に結合しているRc42およびRd42は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、そのそれぞれが、置換されていないか、またはOH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;Re41およびRe42はそれぞれ独立してH、CN、またはNO2である。

請求項314

Cy4Aが非置換または置換アリールである、請求項313記載の化合物またはその塩。

請求項315

Cy4Aが非置換または置換フェニルである、請求項314記載の化合物またはその塩。

請求項316

Cy4Aが置換フェニルである、請求項315記載の化合物またはその塩。

請求項317

Cy4Aが少なくとも1個のORa41または少なくとも1個のC(=NRe41)NRc41Rd41、C(=NORa41)NRc41Rd41、C(=NOC(O)Rb41)NRc41Rd41、またはC(=NRe41)NRc41C(O)ORa41で置換されている、請求項313〜316のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項318

Cy4Aが少なくとも1個のORa41で置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている、請求項313〜317のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項319

Cy4Aが少なくとも1個のOHで置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている、請求項313〜318のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項320

Cy4Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe41)NRc41Rd41、C(=NORa41)NRc41Rd41、C(=NOC(O)Rb41)NRc41Rd41、C(=NRe41)NRc41C(O)ORa41で置換されている、請求項313〜319のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項321

Cy4Aが好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe41)NRc41Rd41、例えばC(=NH)NH2で置換されている、請求項320記載の化合物またはその塩。

請求項322

Cy4Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項316記載の化合物またはその塩。

請求項323

Cy4Aを規定する式中で、Ra41がC1〜6アルキル、例えばメチルであり、Rb41がC1〜6アルキル、例えばメチルであり、Rb41がC1〜6ハロアルキル、例えばトリフルオロメチルであり、Rc41がアルキル、例えばメチルである、請求項322記載の化合物またはその塩。

請求項324

Cy4Aが非置換または置換ヘテロアリールである、請求項313記載の化合物またはその塩。

請求項325

Cy4Aが非置換または置換のピリジン-3-イル、1H-ピロロ[2,3-b]ピリジン-5-イル、または1H-ベンゾ[d]イミダゾール-6-イルである、請求項324記載の化合物またはその塩。

請求項326

Cy4Aが下記式:のうちいずれか1つである、請求項324または325記載の化合物またはその塩。

請求項327

Cy4Aを規定する式中の各RCy4AAが独立してC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばF、Cl、もしくはBr、好ましくはClである、請求項326記載の化合物またはその塩。

請求項328

Cy4Aを規定する式中の窒素に結合している各RCy4AがC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチルである、請求項326または327記載の化合物またはその塩。

請求項329

R41がHである、請求項313〜328のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項330

R41がC1〜6アルキルである、請求項313〜328のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項331

R41がメチルである、請求項330記載の化合物またはその塩。

請求項332

R42がHである、請求項313〜331のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項333

R42が非置換C1〜6アルキル、例えばメチルである、請求項313〜331のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項334

R42がCy4Bである、請求項313〜331のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項335

R42が置換C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルである、請求項313〜331のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項336

R42が置換C1〜6アルキルである、請求項335記載の化合物またはその塩。

請求項337

R42が置換C1〜6アルキルであり、R42を形成するC1〜6アルキルが、Cy4B、ハロゲン、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソからなる群より選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されているが; 但し、置換基のうち1個以下がCy4Bである、請求項335記載の化合物またはその塩。

請求項338

R42を形成する置換C1〜6アルキルが少なくとも1個の置換基で置換されており、置換基がCy4Bを含む、請求項336または337記載の化合物またはその塩。

請求項339

R35を形成する置換C1〜6アルキルが1個の置換基で置換されており、置換基がCy4Bである、請求項338記載の化合物またはその塩。

請求項340

R42が(CH2)1〜5Cy4Bである、請求項339記載の化合物またはその塩。

請求項341

R42がCH2Cy4Bである、請求項340記載の化合物またはその塩。

請求項342

Cy4Bが非置換C6〜10アリール、例えば非置換フェニルまたはナフチル、例えば1-ナフチルもしくは2-ナフチルであり、Cy4Bが非置換5〜10員ヘテロアリール、例えば非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、非置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または非置換インドリル、例えば非置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルであり、Cy4Bが非置換C3〜10シクロアルキル、例えばシクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルであり、あるいは、Cy4Bが非置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである、請求項313〜341のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項343

Cy4Bが置換C6〜10アリール、例えば置換フェニルまたはナフチル、例えば1-ナフチルもしくは2-ナフチルであり、Cy4Bが置換5〜10員ヘテロアリール、例えば置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または置換インドリル、例えば置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルであり、Cy4Bが置換C3〜10シクロアルキル、例えばシクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルであり、あるいは、Cy4Bが置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである、請求項313〜341のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項344

R41およびR42が、それらが結合している原子ならびにR41およびR42が結合している原子を連結する窒素原子と一緒になって4〜7員ヘテロシクロアルキル環を形成し、これは、RCy4B、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、C(=NORa41)NRc41Rd41、C(=NOC(O)Rb41)NRc41Rd41、C(=NRe41)NRc41C(O)ORa41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基でさらに置換されていてもよい、請求項313〜328のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項345

R41およびR42が、それらが結合している原子ならびにR41およびR42が結合している原子を連結する窒素原子と一緒になって5員または6員ヘテロシクロアルキル環を形成する、請求項344記載の化合物またはその塩。

請求項346

下記式(IV-1)、(IV-2)、(IV-1a)、(IV-1b)、(IV-2a)、または(IV-2b):のうちいずれかに一致する、請求項345記載の化合物またはその塩。

請求項347

R43がCy4Cである、請求項313〜346のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項348

R43が非置換C1〜6アルキルである、請求項313〜346のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項349

R43が置換C1〜6アルキルである、請求項313〜346のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項350

R43を形成する置換C1〜6アルキルが、Cy4C、ハロゲン、CN、ORa41、SRa41、C(O)Rb41、C(O)NRc41Rd41、C(O)ORa41、OC(O)Rb41、OC(O)NRc41Rd41、NRc41Rd41、NRc41C(O)Rb41、NRc41C(O)NRc41Rd41、NRc41C(O)ORa41、C(=NRe41)NRc41Rd41、NRc41C(=NRe41)NRc41Rd41、S(O)Rb41、S(O)NRc41Rd41、S(O)2Rb41、NRc41S(O)2Rb41、S(O)2NRc41Rd41、およびオキソからなる群より選択される1個、2個、または3個の置換基より独立して選択される少なくとも1個の置換基で置換されている、請求項349記載の化合物またはその塩。

請求項351

R43を形成する置換C1〜6アルキルが少なくとも1個の置換基で置換されており、置換基がCy4Cを含む、請求項349または350記載の化合物またはその塩。

請求項352

R43を形成する置換C1〜6アルキルが1個の置換基で置換されており、置換基がCy4Cである、請求項351記載の化合物またはその塩。

請求項353

R43が(CH2)1〜5Cy4Cである、請求項349〜352のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項354

R43がCH2Cy4Cである、請求項353記載の化合物またはその塩。

請求項355

R43がCH2CH2Cy4Cである、請求項353記載の化合物またはその塩。

請求項356

R43がCF2Cy4CまたはCF2CH2Cy4Cである、請求項351記載の化合物またはその塩。

請求項357

Cy4Cが非置換C6〜10アリール、例えばフェニル、1-ナフチル、または2-ナフチルである、請求項313〜356のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項358

Cy4Cが非置換5〜10員ヘテロアリール、例えば非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、非置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または非置換インドリル、例えば非置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである、請求項313〜356のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項359

Cy4Cが非置換C3〜10シクロアルキル、例えばシクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルである、請求項313〜356のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項360

Cy4Cが非置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである、請求項313〜356のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項361

Cy4Cが置換C6〜10アリール、例えば置換フェニル、置換1-ナフチル、または置換2-ナフチルである、請求項313〜356のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項362

Cy4Cが置換5〜10員ヘテロアリール、例えば置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または置換インドリル、例えば置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである、請求項313〜356のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項363

Cy4Cが置換C3〜10シクロアルキル、例えば置換シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルである、請求項313〜356のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項364

Cy4Cが置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである、請求項313〜356のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項365

下記式(IV-3)〜(IV-7)、(IV-3a)、(IV-3b)、(IV-5a)、(IV-5b)、(IV-7a)、または(IV-7b):のうちいずれかに一致する、請求項313〜364のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項366

Ra41、Rb41、Rc41、Rd41、Ra42、Rb42、Rc42、およびRd42がそれぞれ独立してHおよびC1〜6アルキルより選択される、請求項313〜365のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項367

各Re41および各Re42がHである、請求項313〜366のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項368

請求項313〜367のいずれか一項記載の化合物またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物。

請求項369

式(VA)もしくは(VB)またはその塩である、MASP-2関連疾患または障害の処置における治療的使用のためのMASP-2阻害化合物:式中、A1は、-(C=NH)-、-(C=NORa)-、-[C=NO(C=O)Ra]-、-[C=N[O(C=O)ZRb]}-、縮合5員または6員ヘテロシクリル、および縮合5員または6員ヘテロアリールからなる群より選択されるメンバーであり;A1が-(C=NH)-である場合、Y1は-NH2、-NH(C=O)Ra、および-NH(C=O)ZRbからなる群より選択され;A1が-(C=NORa)-、-[C=NO(C=O)Ra]-、または-{C=N[O(C=O)ZRb]}-である場合、Y1は-NH2であり;A1が縮合ヘテロシクリルまたはヘテロアリールである場合、Y1は-NH2またはハロであり、A1はm個のさらなるR1基で置換されており;各RaおよびRbは独立して、C1〜C6アルキル、C3〜C10シクロアルキル、C6〜C10アリール、およびC7〜C12アリールアルキルからなる群より選択され; Raは、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、ヒドロキシル(C1〜C6アルキル)、C1〜C6アルコキシ、C2〜C9アルコキシアルキル、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より選択されるm個の置換基を有し; あるいは代替的に、RaおよびRbは一緒になって、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、C1〜C6アルコキシ、およびハロからなる群より選択されるm個の置換基を有するヘテロシクリル環を形成し;各Zは独立して、OおよびSからなる群より選択され;A2は、C3〜C6ヘテロアリール、C6アリール、およびC2〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり;A2がC3〜C6ヘテロアリールである場合、Y2は-NH2、-CH2NH2、クロロ、-(C=NH)NH2、-(C=NH)NH(C=O)Ra、-(C=NH)NH(C=O)ZRb、-(C=NORa)NH2、-[C=NO(C=O)Ra]NH2、および-{C=N[O(C=O)ZRb]}NH2からなる群より選択され; A2はm個のさらなるR1基で置換されており;A2がC6アリールである場合、Y2はアミノメチル、ヒドロキシ、およびハロからなる群より選択され、A2はm個のさらなるR1基で置換されており;A2がC2〜C6アルキルである場合、Y2は-NH(C=NH)NH2、-NH(C=NH)NH(C=O)Ra、および-NH(C=NH)NH(C=O)ZRbからなる群より選択され;各R1は、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、C1〜C6アルコキシ、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり;各mおよびnは0〜3の独立して選択される整数であり;Lは-(O)p-(C(R2a)(R2b))q-であり、各R2aまたはR2bは、水素およびフルオロからなる群より独立して選択されるメンバーであり;pは0〜1の整数であり;qは1〜2の整数であり;R3は、水素、C1〜C6アルキル、C1〜C6フルオロアルキル、およびカルボキシ(C1〜C6アルキル)からなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R3およびR4は一緒になってアゼチジン環、ピロリジン環、またはピペリジン環を形成し;R4は、水素およびC1〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R4およびR3は一緒になってアゼチジン環、ピロリジン環、またはピペリジン環を形成し;R5は、C3〜C7シクロアルキル、C4〜C8シクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、およびC7〜C12アリールアルキルまたはヘテロアリールアルキル(0〜3個のR13置換基を有する)からなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R5およびR6は一緒になって、0〜3個のR13置換基を有する複素環を形成し;R6は、水素、C1〜C6アルキル、C3〜C7シクロアルキル、カルボキシ(C1〜C6アルキル)、C7〜C12アリールアルキルまたはヘテロアリールアルキル(0〜3個のR13置換基を有する)、アミノ(C1〜C8アルキル)、およびアミド(C1〜C8アルキル)からなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R6およびR5は一緒になって、0〜3個のR13置換基を有する複素環を形成し;各R13は、C1〜C6アルキル、C6〜C10アリール、(C6〜C10アリール)C1〜C6アルキル、カルボキシ(C1〜C6アルキルオキシ)、ヘテロアリール、(C6〜C10ヘテロアリール)C1〜C6アルキル、ヘテロシクリル、ヒドロキシル、ヒドロキシル(C1〜C6アルキル)、C1〜C6アルコキシ、C2〜C9アルコキシアルキル、アミノ、C1〜C6アミド、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、2個のR13基は一緒になって縮合C6〜C10アリール環、C6〜C10ヘテロアリール環、またはC5〜C7シクロアルキル環を形成する。

請求項370

式(VA)もしくは(VB)またはその塩である、MASP-2関連疾患または障害の処置における治療的使用のためのMASP-2阻害化合物:式中、A1は、-(C=NH)-、-(C=NORa)-、-[C=NO(C=O)Ra]-、-[C=N[O(C=O)ZRb]}-、縮合5員または6員ヘテロシクリル、および縮合5員または6員ヘテロアリールからなる群より選択されるメンバーであり;A1が-(C=NH)-である場合、Y1は-NH2、-NH(C=O)Ra、および-NH(C=O)ZRbからなる群より選択され;A1が-(C=NORa)-、-[C=NO(C=O)Ra]-、または-{C=N[O(C=O)ZRb]}-である場合、Y1は-NH2であり;A1が縮合ヘテロシクリルまたはヘテロアリールである場合、Y1は-NH2またはハロであり、A1はm個のさらなるR1基で置換されており;各RaおよびRbは独立して、C1〜C6アルキル、C3〜C10シクロアルキル、C6〜C10アリール、およびC7〜C12アリールアルキルからなる群より選択され; Raは、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、ヒドロキシル(C1〜C6アルキル)、C1〜C6アルコキシ、C2〜C9アルコキシアルキル、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より選択されるm個の置換基を有し; あるいは代替的に、RaおよびRbは一緒になって、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、C1〜C6アルコキシ、およびハロからなる群より選択されるm個の置換基を有するヘテロシクリル環を形成し;各Zは独立して、OおよびSからなる群より選択され;A2は、C3〜C6ヘテロアリール、C6アリール、およびC2〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり;A2がC3〜C6ヘテロアリールである場合、Y2は-NH2、-CH2NH2、クロロ、-(C=NH)NH2、-(C=NH)NH(C=O)Ra、-(C=NH)NH(C=O)ZRb、-(C=NORa)NH2、-[C=NO(C=O)Ra]NH2、および-{C=N[O(C=O)ZRb]}NH2からなる群より選択され; A2はm個のさらなるR1基で置換されており;A2がC6アリールである場合、Y2はアミノメチル、ヒドロキシ、およびハロからなる群より選択され、A2はm個のさらなるR1基で置換されており;A2がC2〜C6アルキルである場合、Y2は-NH(C=NH)NH2、-NH(C=NH)NH(C=O)Ra、および-NH(C=NH)NH(C=O)ZRbからなる群より選択され;各R1は、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、C1〜C6アルコキシ、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり;各mおよびnは0〜3の独立して選択される整数であり;Lは-(O)p-(C(R2a)(R2b))q-であり、各R2aまたはR2bは、水素およびフルオロからなる群より独立して選択されるメンバーであり;pは0〜1の整数であり;qは1〜2の整数であり;R3は、水素、C1〜C6アルキル、C1〜C6フルオロアルキル、およびカルボキシ(C1〜C6アルキル)からなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R3およびR4は一緒になってアゼチジン環、ピロリジン環、またはピペリジン環を形成し;R4は、水素およびC1〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R4およびR3は一緒になってアゼチジン環、ピロリジン環、またはピペリジン環を形成し;R5は、C3〜C7シクロアルキル、C4〜C8シクロアルキルアルキル、ヘテロアリール、およびC7〜C12アリールアルキルまたはヘテロアリールアルキル(0〜3個のR13置換基を有する)からなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R5およびR6は一緒になって、0〜3個のR13置換基を有する複素環を形成し;R6は、水素、C1〜C6アルキル、C3〜C7シクロアルキル、カルボキシ(C1〜C6アルキル)、C7〜C12アリールアルキルまたはヘテロアリールアルキル(0〜3個のR13置換基を有する)、アミノ(C1〜C8アルキル)、およびアミド(C1〜C8アルキル)からなる群より選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、R6およびR5は一緒になって、0〜3個のR13置換基を有する複素環を形成し;各R13は、C1〜C6アルキル、C6〜C10アリール、カルボキシ(C1〜C6アルキルオキシ)、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、ヒドロキシル、ヒドロキシル(C1〜C6アルキル)、C1〜C6アルコキシ、C2〜C9アルコキシアルキル、アミノ、C1〜C6アミド、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、2個のR13基は一緒になって縮合C6〜C10アリール環、C6〜C10ヘテロアリール環、またはC5〜C7シクロアルキル環を形成するが;但し、化合物はメラガトランではない。

請求項371

式VAの化合物である、請求項369または370記載の化合物またはその塩。

請求項372

式(VC)〜(VF)の化合物およびその塩からなる群より選択される、請求項369〜371のいずれか一項記載の化合物またはその塩:式中、R7は、水素、ヒドロキシル、およびC1〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり;R8は、水素およびC1〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり;各mおよびnは0〜2の独立して選択される整数である。

請求項373

R7が水素である、請求項369〜372のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項374

R8が水素である、請求項369〜373のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項375

A1が-(C=NH)-である、請求項371記載の化合物またはその塩。

請求項376

A1が縮合ヘテロアリールである、請求項371記載の化合物またはその塩。

請求項377

Y1が-NH2である、請求項375または376記載の化合物またはその塩。

請求項378

式VBの化合物である、請求項369または370記載の化合物またはその塩。

請求項379

A2がC6アリールである、請求項378記載の化合物またはその塩。

請求項380

Y2が3-クロロである、請求項378または379記載の化合物またはその塩。

請求項381

A2がC2〜C6アルキルである、請求項378記載の化合物またはその塩。

請求項382

Y2が-NH(C=NH)NH2である、請求項378〜381のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項383

以下のR3立体化学配置を示す、請求項369〜382のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項384

R3が、水素またはメチルからなる群より選択されるメンバーである、請求項369〜383のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項385

R3がメチルである、請求項384記載の化合物またはその塩。

請求項386

R4が、水素またはメチルからなる群より選択されるメンバーである、請求項369〜385のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項387

R4が水素である、請求項386記載の化合物またはその塩。

請求項388

R3およびR4が一緒になってアゼチジン環、ピロリジン環、またはピペリジン環を形成する、請求項369〜383のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項389

R3およびR4が一緒になってピロリジン環を形成する、請求項388記載の化合物またはその塩。

請求項390

R3およびR4が一緒になってピペリジン環を形成する、請求項388記載の化合物またはその塩。

請求項391

R5が、2,3-ジヒドロ-1H-インデン-2-イル、シクロヘキシル、シクロヘキシルメチル、フェニル、ベンジル、フェネチル、およびフェンプロピル(0〜5個のR13置換基を有する)からなる群より選択されるメンバーである、請求項369〜390のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項392

R5が、フェネチル、4-メチルフェネチル、4-クロロフェネチル、4-フルオロフェネチル、3-メチルフェネチル、3-クロロフェネチル、3-フルオロフェネチル、2-メチルフェネチル、2-クロロフェネチル、2-フルオロフェネチル、フェンプロピル、4-メチルフェンプロピル、4-クロロフェンプロピル、4-フルオロフェンプロピル、3-メチルフェンプロピル、3-クロロフェンプロピル、3-フルオロフェンプロピル、2-メチルフェンプロピル、2-クロロフェンプロピル、および2-フルオロフェンプロピルからなる群より選択されるメンバーである、請求項391記載の化合物またはその塩。

請求項393

R6が、アミノ(C1〜C8アルキル)およびC7〜C12アリールアルキル(0〜3個のR13置換基を有する)からなる群より選択されるメンバーである、請求項369〜392のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項394

R6が、水素およびカルボキシメチルからなる群より選択されるメンバーである、請求項369〜393のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項395

R6およびR5が一緒になってピロリジン環、オクタヒドロ-1H-インドール環、3-フェニルピロリジン環、ピペリジン環、1,2,3,4-テトラヒドロイソキノリン環、2,5-ジヒドロ-1H-ピロール環、または1,2,3,6-テトラヒドロピリジン環を形成する、請求項369〜391のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項396

R1がヒドロキシルまたはC1〜C6アルコキシである、請求項369〜395のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項397

nが0である、請求項369〜396のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項398

pが0である、請求項369〜397のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項399

qが1である、請求項369〜398のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項400

各R2aまたはR2bが水素である、請求項369〜399のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項401

Lがメチレンである、請求項400記載の化合物またはその塩。

請求項402

請求項369〜401のいずれか一項記載の化合物またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物。

請求項403

式(VIA)もしくは(VIB)またはその塩である、MASP-2関連疾患または障害の処置における治療的使用のためのMASP-2阻害化合物:式中、A1は、-(C=NH)-、-(C=NORa)-、-[C=NO(C=O)Ra]-、-[C=N[O(C=O)ZRb]}-、縮合5員または6員ヘテロシクリル、および縮合5員または6員ヘテロアリールからなる群より選択されるメンバーであり;A1が-(C=NH)-である場合、Y1は-NH2、-NH(C=O)Ra、および-NH(C=O)ZRbからなる群より選択され;A1が-(C=NORa)-、-[C=NO(C=O)Ra]-、または-{C=N[O(C=O)ZRb]}-である場合、Y1は-NH2であり;A1が縮合ヘテロシクリルまたはヘテロアリールである場合、Y1は-NH2またはハロであり、A1はm個のさらなるR1基で置換されており;各RaおよびRbは独立して、C1〜C6アルキル、C3〜C10シクロアルキル、C6〜C10アリール、およびC7〜C12アリールアルキルからなる群より選択され; Raは、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、ヒドロキシル(C1〜C6アルキル)、C1〜C6アルコキシ、C2〜C9アルコキシアルキル、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より選択されるm個の置換基を有し; あるいは代替的に、RaおよびRbは一緒になって、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、C1〜C6アルコキシ、およびハロからなる群より選択されるm個の置換基を有するヘテロシクリル環を形成し;各Zは独立して、OおよびSからなる群より選択され;A2は、C3〜C6ヘテロアリールおよびC2〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり;A2がC3〜C6ヘテロアリールである場合、Y2は-NH2、-CH2NH2、クロロ、-(C=NH)NH2、-(C=NH)NH(C=O)Ra、-(C=NH)NH(C=O)ZRb、-(C=NORa)NH2、-[C=NO(C=O)Ra]NH2、および-{C=N[O(C=O)ZRb]}NH2からなる群より選択され; A2はm個のさらなるR1基で置換されており;A2がC2〜C6アルキルである場合、Y2は-NH(C=NH)NH2、-NH(C=NH)NH(C=O)Ra、および-NH(C=NH)NH(C=O)ZRbからなる群より選択され;各R1は、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、C1〜C6アルコキシ、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり;各mおよびnは0〜3の独立して選択される整数であり;XおよびX2はそれぞれ、NR8、CH、およびCR10からなる群より選択されるメンバーであり;各R8は、水素およびC1〜C6アルキルからなる群より独立して選択されるメンバーであり;各R10は、C1〜C6アルキル、ヘテロアリールまたはC6〜C10アリール(0〜3個のR13置換基を有する)、ヒドロキシル、ヒドロキシル(C1〜C6アルキル)、C1〜C6アルコキシ、C2〜C9アルコキシアルキル、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、2個のR10基は一緒になって、縮合C6アリール環、ヘテロアリール環、またはC5〜C7シクロアルキル環(0〜3個のR13置換基を有する)を形成し;rは0〜4の整数であり; 各R13は、C1〜C6アルキル、C6〜C10アリール、カルボキシ(C1〜C6アルキルオキシ)、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、ヒドロキシル、ヒドロキシル(C1〜C6アルキル)、C1〜C6アルコキシ、C2〜C9アルコキシアルキル、アミノ、C1〜C6アミド、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、2個のR13基は一緒になって縮合C6〜C10アリール環、C6〜C10ヘテロアリール環、またはC5〜C7シクロアルキル環を形成する。

請求項404

下記式の化合物およびその塩からなる群より選択される、請求項403記載の化合物またはその塩:式中、各R7は、水素、ヒドロキシル、およびC1〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり;mは0〜2の整数である。

請求項405

R7が水素である、請求項403または404記載の化合物またはその塩。

請求項406

(i)化合物がVIAまたはその塩であり、mが0であり; あるいは、(ii) 化合物がVIBまたはその塩であり、rが0である、請求項403〜405のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項407

XがNR8である、請求項403〜406のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項408

R8が水素である、請求項407記載の化合物またはその塩。

請求項409

X2がCHまたはCR10である、請求項403〜408のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項410

R10が、C1〜C6アルキル、0〜3個のR13置換基を有するC6アリール、C1〜C6アルコキシ、およびC2〜C9アルコキシアルキルからなる群より独立して選択されるメンバーである、請求項403〜409のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項411

2個のR10基が一緒になって、0〜3個のR13置換基を有する縮合C6アリール環を形成する、請求項403〜410のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項412

R1がヒドロキシルまたはC1〜C6アルコキシである、請求項403〜411のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項413

pが0である、請求項403〜412のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項414

qが1である、請求項403〜413のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項415

各R2aまたはR2bが水素である、請求項403〜414のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項416

Lがメチレンである、請求項403〜415のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項417

請求項403〜416のいずれか一項記載の化合物またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物。

請求項418

下記式またはその塩である、MASP-2関連疾患または障害の処置における治療的使用のためのMASP-2阻害化合物:式中、A1は、-(C=NH)-、-(C=NORa)-、-[C=NO(C=O)Ra]-、-[C=N[O(C=O)ZRb]}-、縮合5員または6員ヘテロシクリル、および縮合5員または6員ヘテロアリールからなる群より選択されるメンバーであり;A1が-(C=NH)-である場合、Y1は-NH2、-NH(C=O)Ra、および-NH(C=O)ZRbからなる群より選択され;A1が-(C=NORa)-、-[C=NO(C=O)Ra]-、または-{C=N[O(C=O)ZRb]}-である場合、Y1は-NH2であり;A1が縮合ヘテロシクリルまたはヘテロアリールである場合、Y1は-NH2またはハロであり、A1はm個のさらなるR1基で置換されており;各RaおよびRbは独立して、C1〜C6アルキル、C3〜C10シクロアルキル、C6〜C10アリール、およびC7〜C12アリールアルキルからなる群より選択され; Raは、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、ヒドロキシル(C1〜C6アルキル)、C1〜C6アルコキシ、C2〜C9アルコキシアルキル、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より選択されるm個の置換基を有し; あるいは代替的に、RaおよびRbは一緒になって、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、C1〜C6アルコキシ、およびハロからなる群より選択されるm個の置換基を有するヘテロシクリル環を形成し;各Zは独立して、OおよびSからなる群より選択され;A2は、C3〜C6ヘテロアリールおよびC2〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーであり;A2がC3〜C6ヘテロアリールである場合、Y2は-NH2、-CH2NH2、クロロ、-(C=NH)NH2、-(C=NH)NH(C=O)Ra、-(C=NH)NH(C=O)ZRb、-(C=NORa)NH2、-[C=NO(C=O)Ra]NH2、および-{C=N[O(C=O)ZRb]}NH2からなる群より選択され; A2はm個のさらなるR1基で置換されており;A2がC2〜C6アルキルである場合、Y2は-NH(C=NH)NH2、-NH(C=NH)NH(C=O)Ra、および-NH(C=NH)NH(C=O)ZRbからなる群より選択され;各R1は、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、C1〜C6アルコキシ、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり;各mおよびnは0〜3の独立して選択される整数であり;Lは-(O)p-(C(R2a)(R2b))q-であり、各R2aまたはR2bは、水素およびフルオロからなる群より独立して選択されるメンバーであり;pは0〜1の整数であり;qは1〜2の整数であり;R3は、水素、C1〜C6アルキル、およびカルボキシ(C1〜C6アルキル)からなる群より選択されるメンバーであり;各R11は、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、C1〜C6アルコキシ、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、ハロ、および(R14)(R14)N(CO)-からなる群より独立して選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、2個のR11基は一緒になって、縮合C6アリール環、ヘテロアリール環、またはC5〜C7シクロアルキル環(0〜3個のR13置換基を有する)を形成し;rは0〜4の整数であり; 各Zは、OおよびNR8からなる群より独立して選択されるメンバーであり;各R8は、水素およびC1〜C6アルキルからなる群より独立して選択されるメンバーであり;各R12は、水素、C1〜C6アルキル、およびC7〜C14アリールアルキル(0〜3個のR13置換基を有する)からなる群より独立して選択されるメンバーであり;各R13は、C1〜C6アルキル、ヒドロキシル、ヒドロキシル(C1〜C6アルキル)、C1〜C6アルコキシ、C2〜C9アルコキシアルキル、アミノ、C1〜C6アルキルアミノ、およびハロからなる群より独立して選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、2個のR13基は一緒になって縮合C6アリール環、ヘテロアリール環、またはC5〜C7シクロアルキル環を形成し;各R14は、水素、C1〜C6アルキル、C3〜C7シクロアルキル、C4〜C8シクロアルキルアルキル、C7〜C14アリールアルキル、およびヘテロアリール(C1〜C6アルキル)からなる群より独立して選択されるメンバーであり; あるいは代替的に、2個のR13基は一緒になって縮合ヘテロシクリル環を形成する。

請求項419

式(VIIC)またはその塩である、請求項418記載の化合物またはその塩:式中、各R7は、水素、ヒドロキシル、およびC1〜C6アルキルからなる群より選択されるメンバーである。

請求項420

R7が水素である、請求項418または419記載の化合物またはその塩。

請求項421

R3が、水素またはメチルからなる群より選択されるメンバーである、請求項418〜420のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項422

R3がメチルである、請求項421記載の化合物またはその塩。

請求項423

ZがOである、請求項418〜422のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項424

R11が(R14)(R14)N(CO)-である、請求項418〜423のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項425

R11が(R14)(H)N(CO)-である、請求項424記載の化合物またはその塩。

請求項426

R14がC1〜C6アルキル、C3〜C7シクロアルキル、またはC4〜C8シクロアルキルアルキルである、請求項425記載の化合物またはその塩。

請求項427

R12が水素またはC7〜C14アリールアルキルである、請求項418〜426のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項428

R1がヒドロキシルまたはC1〜C6アルコキシである、請求項418〜427のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項429

pが0である、請求項418〜428のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項430

qが1である、請求項418〜429のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項431

各R2aまたはR2bが水素である、請求項418〜430のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項432

Lがメチレンである、請求項418〜431のいずれか一項記載の化合物またはその塩。

請求項433

請求項418〜432のいずれか一項記載の化合物またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物。

請求項434

MASP-2関連疾患または障害の処置のための療法における使用のための、MASP-2阻害活性を示す小分子化合物であって、該化合物が、ある結合部位と相互作用し、該相互作用が(a)〜(e)のうち1つまたは複数である、化合物:(a)H結合によってMASP-2(SEQID NO: 1)の結合部位中の1個または複数のアミノ酸残基と相互作用する;(b)イオン相互作用もしくは静電相互作用または水素結合によってSEQ ID NO: 1の結合部位中で相互作用する;(c)水分子によってSEQ ID NO: 1の結合部位中で相互作用する;(d) π-π相互作用によってSEQ ID NO: 1の結合部位中の1個または複数のアミノ酸残基と相互作用する; および/あるいは(e)ファンデルワールス接触によってSEQ ID NO: 1の結合部位中の1個または複数のアミノ酸残基と相互作用する; ここで、該化合物は内因性MASP-2リガンドではない。

請求項435

相互作用(a)〜(e)のうち1つ、2つ、3つ、4つ、または5つを示す、請求項434記載の化合物。

請求項436

1〜10個のH結合によってSEQID NO: 1の結合部位中の1個または複数のアミノ酸残基に結合する、請求項434または435記載の化合物。

請求項437

水分子によってSEQID NO: 1の結合部位中で結合する、請求項434〜436のいずれか一項記載の化合物。

請求項438

1〜20個の水分子によってSEQID NO: 1の結合部位中で結合する、請求項434〜437のいずれか一項記載の化合物。

請求項439

1個、2個、3個、4個、5個、6個、7個、8個、9個、10個、11個、12個、13個、14個、15個、16個、または17個の水分子によってSEQID NO: 1の結合部位中で結合する、請求項434〜438のいずれか一項記載の化合物。

請求項440

ファンデルワールス接触によってSEQID NO: 1の結合部位中の1個または複数のアミノ酸残基と相互作用する、請求項434〜439のいずれか一項記載の化合物。

請求項441

約300g/モル〜約600g/モルの分子量を有する、請求項434〜440のいずれか一項記載の化合物。

請求項442

MASP-2を阻害可能な小分子を同定するための方法であって、(a) MASP-2モデルの結合部位においてMASP-2表面残基ターゲティングしかつそれに結合する能力に関して選択的に同定された候補小分子について、インシリコドッキングを使用して小分子ライブラリースクリーニングする段階; および(b) 段階(a)において同定された候補剤を、MASP-2表面残基をターゲティングしかつそれに結合する能力に関して1つまたは複数のインビトロアッセイを通じて試験/評価し、それにより、MASP-2を阻害可能な小分子を同定する段階を含む、方法。

請求項443

候補小分子が、段階(b)において同定される独自の化学的足場を含み、MASP-2を阻害する能力に関して最適化されている、請求項442記載の方法。

請求項444

結合部位がMASP-2モデルを使用して同定される、請求項442または443記載の方法。

請求項445

MASP-2タンパク質モデルが結晶学的データから計算的導出される、請求項442〜444のいずれか一項記載の方法。

請求項446

MASP-2タンパク質モデルがRMSD(平均二乗偏差)および各結晶構造に対する重ね合わせによって確認される、請求項445記載の方法。

請求項447

インシリコドッキングが、MASP-2モデルの結合部位の表面露出残基上への小分子の計算的ドッキングを含む、請求項442〜446のいずれか一項記載の方法。

請求項448

ドッキングしたリガンド配向サンプリングされ、スコアリングされ、かつビニングされて、リガンド原子をMASP-2表面露出原子にマッチングさせるための距離カットオフ値が指定される、請求項442〜447のいずれか一項記載の方法。

請求項449

(a) MASP-2モデルの結合部位においてMASP-2表面残基をターゲティングしかつそれに結合する能力に関して選択的に同定された候補小分子について、インシリコドッキングを使用して小分子ライブラリーをスクリーニングする段階; および(b) 段階(a)において同定された候補剤を、MASP-2表面残基をターゲティングしかつそれに結合する能力に関して1つまたは複数のインビトロアッセイを通じて試験/評価し、それにより、MASP-2を阻害可能な小分子を同定する段階を含む方法により同定される小分子候補剤である、化合物。

請求項450

約300g/モル〜約600g/モルの分子量を有する、請求項449記載の化合物。

請求項451

トロンビンよりもMASP-2に対するKiが低い、請求項449または450記載の化合物。

請求項452

その必要がある対象においてMASP-2関連疾患または障害を処置するための方法であって、MASP-2の触媒基質結合領域に結合する有効量の小分子MASP-2阻害剤を該対象に投与する段階を含む、方法。

請求項453

その必要がある対象においてMASP-2関連疾患または障害を処置するための方法であって、MASP-2のS1領域、S2領域、およびS3領域を含みかつ場合によってはS4領域およびRM領域をさらに含む結合部位に結合する有効量の小分子MASP-2阻害剤を該対象に投与する段階を含む、方法。

請求項454

その必要がある対象においてMASP-2関連疾患または障害を処置するための方法であって、アミノ酸ALA 468、ALA 469、HIS 483、ASP 526、ALA 527、GLY 528、PHE529、LEU 575、TYR 602、PRO 606、TYR 607、PRO 608、SER611、ASP 627、SER 628、CYS 629、ARG630、GLY 631、ASP 632、SER 633、GLY 634、GLY 635、VAL 653、SER 654、TRP 655、GLY 656、SER 657、MET 658、ASN659、CYS 660、GLU 662、GLN 665、TYR 666、GLY 667、VAL 668、およびTYR 669、アミノ酸ALA 468、ALA 469、HIS 483、ASP 526、ALA 527、GLY 528、PHE 529、LEU 575、TYR 602、PRO 606、TYR 607、PRO 608、SER 611、ASP 627、SER 628、CYS 629、ARG 630、GLY 631、ASP 632、SER 633、GLY 634、GLY 635、VAL 653、SER 654、TRP 655、GLY 656、SER 657、MET 658、ASN 659、CYS 660、GLU 662、GLN 665、TYR 666、GLY 667、VAL 668、および/またはTYR 669のうちいずれか1個、2個、3個、4個、5個、6個、7個、8個、9個、10個、11個、12個、13個、14個、15個、16個、17個、18個、19個、20個、21個、22個、23個、24個、25個、26個、27個、28個、29個、30個、31個、32個、33個、34個、35個、または36個のサブセットを含む結合部位に結合する有効量の小分子MASP-2阻害剤を該対象に投与する段階を含む、方法。

請求項455

その必要がある対象においてMASP-2関連疾患または障害を処置するための方法であって、有効量の請求項1〜441のいずれか一項記載の小分子MASP-2阻害剤またはその薬学的組成物を該対象に投与する段階を含む、方法。

請求項456

化合物が、対象においてMASP-2依存性補体活性化を阻害するために十分な量で投与される、請求項452〜455のいずれか一項記載の方法。

請求項457

対象が、レクチン補体関連疾患または障害の処置が必要であると診断されている、請求項452〜456のいずれか一項記載の方法。

請求項458

疾患または障害が血栓性微小血管症(TMA)、腎状態組織移植もしくは臓器移植に起因する炎症反応虚血再灌流障害糖尿病に関連する合併症心血管疾患もしくは心血管障害炎症性胃腸障害肺障害眼疾患もしくは眼障害播種性血管内凝固移植片対宿主病静脈閉塞症、またはびまん性肺胞出血である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項459

疾患または障害が血栓性微小血管症(TMA)、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)、難治性TTP、アップショーシュールマ症候群(USS)、溶血性尿毒症症候群(HUS)、非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)、H因子非依存性非典型溶血性尿毒症症候群、感染症続発するaHUS、血漿療法抵抗性aHUS、がんに続発するTMA、化学療法に続発するTMA、移植に続発するTMA、または造血幹細胞移植に関連するTMAである、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項460

疾患または障害が移植片対宿主病である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項461

疾患または障害がびまん性肺胞出血(DAH)である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項462

疾患または障害が静脈閉塞症(VOD)である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項463

疾患または障害が腎状態である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項464

腎状態がメサンギウム増殖性糸球体腎炎膜性糸球体腎炎膜性増殖性糸球体腎炎(メサンギウム毛細管性糸球体腎炎)、急性感染後糸球体腎炎(連鎖球菌感染後糸球体腎炎)、C3糸球体症クリオグロブリン血症性糸球体腎炎、微量免疫型壊死性半月体形成性糸球体腎炎、ループス腎炎、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病性腎炎、またはIgA腎症である、請求項463記載の方法。

請求項465

疾患または障害が腎線維症および/または腎性蛋白尿である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項466

疾患または障害が組織移植または実質臓器移植に起因する炎症反応である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項467

疾患または障害が虚血再灌流障害(I/R)である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項468

疾患または障害が、非肥満糖尿病に関連する合併症、および/または1型もしくは2型(成人発症型)糖尿病に関連する合併症である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項469

疾患または障害が心血管疾患または心血管障害である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項470

疾患または障害が炎症性胃腸障害である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項471

疾患または障害が肺障害である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項472

疾患または障害が体外曝露誘発性炎症反応であり、前記方法が、体外循環手技を受けている対象を処置する段階を含む、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項473

疾患または障害が炎症性もしくは非炎症性関節炎、または他の筋骨格障害である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項474

疾患または障害が皮膚障害である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項475

疾患または障害が末梢神経系(PNS)および/または中枢神経系(CNS)の障害または損傷である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項476

疾患または障害が敗血症、または敗血症に起因する状態である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項477

疾患または障害が尿生殖器障害である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項478

疾患または障害が、化学療法剤および/または放射線療法で処置されている対象における炎症反応である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項479

疾患または障害が血管新生依存性がんである、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項480

疾患または障害が血管新生依存性良性腫瘍である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項481

疾患または障害が内分泌障害である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項482

疾患または障害が眼疾患または眼障害である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項483

疾患または障害が眼内血管新生疾患または眼内血管新生状態である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項484

疾患または障害が播種性血管内凝固(DIC)または別の補体媒介凝固障害である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項485

疾患または障害が急性放射線症候群、デンスデポジット病、デゴス病、劇症抗リン脂質抗体症候群(CAPS)、ベーチェット病、クリオグロブリン血症、発作性夜間ヘモグロビン尿症(「PNH」)、または寒冷凝集素症である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項486

疾患または障害が非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項487

疾患または障害が造血幹細胞移植関連TMAである、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項488

疾患または障害が免疫グロブリンA腎症(IgAN)である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

請求項489

疾患または障害がループス腎炎(LN)である、請求項452〜457のいずれか一項記載の方法。

技術分野

0001

関連出願の相互参照
本出願は、2018年5月29日出願の米国仮出願第62677472号、2018年5月29日出願の米国仮出願第62677538号、2018年5月29日出願の米国仮出願第62677495号、および2018年5月29日出願の米国仮出願第62677514号の恩典を主張する。上記の各関連出願は参照によりその全体が本明細書に組み入れられる。

0002

配列表に関する記載
本出願に関連する配列表が、コピー用紙の代わりにテキスト形式で提供され、参照により本明細書に組み入れられる。配列表を含むテキストファイル名称はMP_1_0281_PCT_SequenceListing_20190528とする。テキストファイルは7KBであり、2019年5月28日に作成されたものであり、本明細書の出願に伴いEFS-Webにより提出中である。

0003

分野
本開示は一般に、医学の分野において有用な組成物および方法に関する。より具体的には、本開示は、トロンビンよりもマンナン結合レクチン関連セリンプロテアーゼ2(MASP-2)に対して高選択的である小分子阻害剤を含むMASP-2小分子合成阻害剤、その組成物、ならびにその製造方法および使用方法を提供する。

背景技術

0004

背景
補体系は、炎症反応において役割を果たし、組織損傷または微生物感染症により活性化される。侵入微生物選択的ターゲティングを確実にし、かつ自傷傷害を回避するには、補体活性化を堅く制御しなければならない(Ricklin et al., Nat. Immunol. 11:785-797, 2010(非特許文献1))。現在、補体系を3つの別々の経路、すなわち古典的経路、レクチン経路、および代替経路を通じて活性化することができることが広く認められている。古典的経路は、通常、外来粒子(すなわち抗原)に結合した宿主抗体で構成される複合体により誘発され、一般に、特異的抗体応答の生成のために抗原への先行曝露を必要とする。古典的経路の活性化が宿主による先行適応免疫応答に依存することから、古典的経路は獲得免疫系の一部である。対照的に、レクチン経路および代替経路はいずれも、適応免疫とは無関係であり、自然免疫系の一部である。

0005

マンナン結合レクチン関連セリンプロテアーゼ2(MASP-2)は、主要補体活性化経路の1つであるレクチン経路の機能に必要であることが示されている(Vorup-Jensen et al., J. Immunol 165:2093-2100, 2000(非特許文献2); Ambrus et al., J Immunol. 170: 1374-1382, 2003(非特許文献3); Schwaeble et al., PNAS 108:7523-7528, 2011(非特許文献4))。重要なことに、MASP-2の阻害は、感染症に対する獲得免疫応答に決定的に重要な成分である抗体依存性古典的補体活性化経路干渉しないようである。参照により本明細書に組み入れられる米国特許第9,011,860号(特許文献1)(Omeros Corporationに譲渡)に記載のように、ヒトMASP-2に高い親和性で結合し、レクチン経路補体活性遮断し、したがって様々なレクチン補体経路関連疾患および障害処置するために有用である、ヒトMASP-2をターゲティングする完全ヒトモノクローナル抗体が生成された。

0006

MASP-2依存性補体活性化は、多数の急性および慢性疾患状態の発病関与していると示唆されている。したがって、MASP-2補体経路関連疾患および障害に罹患している対象の処置のための投与に好適な小分子化合物が求められている。

0007

哺乳動物の免疫に重要なタンパク質は、主要補体活性化経路の1つであるレクチン経路の機能に必要であることが示されているマンナン結合レクチン関連セリンプロテアーゼ2(MASP-2)である(Vorup-Jensen et al., J. Immunol 165:2093-2100, 2000(非特許文献2); Ambrus et al., J Immunol. 170: 1374-1382, 2003(非特許文献3); Schwaeble et al., PNAS 108:7523-7528, 2011(非特許文献4))。MASP-2の阻害は、感染症に対する獲得免疫応答に決定的に重要な成分である抗体依存性の古典的補体活性化経路に干渉しないようである。レクチン経路補体活性を遮断するためにヒトMASP-2を阻害することは、様々なレクチン補体経路関連疾患および障害を処置するために有用である。

0008

生物学的大分子阻害剤では好適または効率的に処置されない疾患を含む様々なレクチン補体経路関連疾患および障害を処置するために重要であることから、治療用化合物、および小分子MASP-2阻害剤を同定する方法が求められている。

0009

米国特許第9,011,860号

先行技術

0010

Ricklin et al., Nat. Immunol. 11:785-797, 2010
Vorup-Jensen et al., J. Immunol 165:2093-2100, 2000
Ambrus et al., J Immunol. 170: 1374-1382, 2003
Schwaeble et al., PNAS 108:7523-7528, 2011

0011

概要
本開示は、特に、式(I-1)および(I-2)の化合物またはその塩を提供する:

式中、変動要素は以下に定義の通りである。

0012

本開示はまた、式(I-1)もしくは(I-2)の化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物を提供する。

0013

式(I-1)または(I-2)の化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(I-1)もしくは(I-2)の化合物またはその塩を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0014

本開示は、特に、式(IIA)および(IIB)の化合物またはその塩を提供する:

式中、変動要素は以下に定義の通りである。式(IIA)または(IIB)の化合物の様々な態様も記載される。

0015

本開示はまた、式(IIA)もしくは(IIB)の化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物を提供する。

0016

式(IIA)または(IIB)の化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(IIA)もしくは(IIB)の化合物またはその塩を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0017

本開示は、特に、式(III)の化合物またはその塩を提供する:

式中、変動要素は以下に定義の通りである。式(III)の化合物の様々な態様も記載される。

0018

本開示はまた、式(III)の化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物を提供する。

0019

式(III)の化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(III)の化合物またはその塩を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0020

本開示は、特に、式(IV)の化合物またはその塩を提供する:

式中、変動要素は以下に定義の通りである。式(IV)の化合物の様々な態様も記載される。

0021

本開示はまた、式(IV)の化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物を提供する。

0022

式(IV)の化合物はMASP-2阻害剤として有用である。式(IV)の化合物は治療において有用である。式(IV)の化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(IV)の化合物またはその塩を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0023

本開示は、特に、式(VA)もしくは(VB)の化合物またはその塩を提供する:

式中、変動要素は以下に定義の通りである。式(VA)または(VB)の化合物の様々な態様も記載される。

0024

本開示はまた、式(VA)もしくは(VB)の化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物を提供する。

0025

式(VA)および(VB)の化合物はMASP-2阻害剤として有用である。式(VA)および(VB)の化合物は治療において有用である。式(VA)および(VB)の化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(VA)もしくは(VB)の化合物またはその塩を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0026

本開示は、特に、式(VIA)もしくは(VIB)の化合物またはその塩を提供する:

式中、変動要素は以下に定義の通りである。式(VIA)または(VIB)の化合物の様々な態様も記載される。

0027

本開示はまた、式(VIA)もしくは(VIB)の化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物を提供する。

0028

式(VIA)および(VIB)の化合物はMASP-2阻害剤として有用である。式(VIA)および(VIB)の化合物は治療において有用である。式(VIA)および(VIB)の化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(VIA)もしくは(VIB)の化合物またはその塩を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0029

本開示は、特に、式(VIIA)もしくは(VIIB)の化合物またはその塩を提供する:

式中、変動要素は以下に定義の通りである。式(VIIA)または(VIIB)の化合物の様々な態様も記載される。

0030

本開示はまた、式(VIIA)もしくは(VIIB)の化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物を提供する。

0031

式(VIIA)および(VIIB)の化合物はMASP-2阻害剤として有用である。式(VIIA)および(VIIB)の化合物は治療において有用である。式(VIIA)および(VIIB)の化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(VIIA)もしくは(VIIB)の化合物またはその塩を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0032

本開示は、特に、とりわけ治療的使用のための、MASP-2阻害活性を示す小分子化合物を提供する。MASP-2阻害活性を示す小分子化合物は、複数の分子間相互作用によって、酵素-阻害剤複合体中でMASP-2セリンプロテアーゼドメイン相互作用する。特定の局面では、小分子は、実験的に導出されたルールセットを使用して、MASP-2結合部位内の分子間相互作用の数および種類によって、完全な具体性および記述を伴って記述される。阻害剤は1つまたは複数の相互作用ルールに従う。

0033

特定の局面では、本開示は、治療的使用のための、MASP-2阻害活性を示す小分子化合物であって、以下の相互作用(a)〜(e)のうち1つまたは複数、例えば1つ、2つ、3つ、4つ、または5つを示す化合物を提供する:
(a)H結合によってMASP-2中のPRO 606、ASP 627、SER628、ARG630、SER 633、SER 654、GLY 656、SER 657、CYS 660、およびGLN 665のうち1つまたは複数に結合する;
(b)イオン相互作用もしくは静電相互作用または水素結合によってMASP-2中のASP 627およびARG 630のうち1つまたは複数に結合する;
(c) MASP-2中の水分子によってMASP-2中のTYR 602、TYR 607、ASP 627、SER 628、SER 657、ASN659、GLU 662、TRP 655、GLY 656、CYS 660、GLN 665、TYR 666、VAL 668、およびARG 630のうち1つまたは複数と相互作用する;
(d) π-π相互作用によってMASP-2中のPHE529、TYR 607、およびTRP 655のうち1つまたは複数と相互作用する; ならびに
(e)ファンデルワールス接触によってMASP-2中のALA 468、ALA 469、HIS 483、ASP 526、ALA 527、GLY 528、PHE 529、LEU 575、PRO 606、TYR 607、PRO 608、SER 611、ASP 627、SER 628、CYS 629、ARG 630、GLY 631、ASP 632、SER 633、GLY 634、GLY 635、VAL 653、SER 654、TRP 655、GLY 656、SER 657、MET 658、ASN 659、CYS 660、GLN 665、GLY 667、およびTYR 669のうち1つまたは複数と相互作用する。

0034

いくつかの態様では、本化合物は内因性MASP-2リガンドではない。

0035

いくつかの態様では、本化合物は合成小分子MASP-2阻害剤である。

0036

いくつかの態様では、本化合物はMASP-2をトロンビンよりも高選択的に阻害する。

0037

相互作用ルールにより規定される化合物の様々な態様が記載される。本開示は、該化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、組成物を提供する。本化合物はMASP-2阻害剤として有用である。本化合物は治療において有用である。本化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の本明細書に記載の相互作用ルールにより規定される化合物を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0038

本開示は、特に、式(VIII)の化合物またはその塩を提供する:

式中、式の要素は以下に記載の値を示しうる。式(VIII)の化合物の様々な態様も記載される。本開示はまた、式(VIII)の化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物を提供する。式(VIII)の化合物はMASP-2阻害剤として有用である。式(VIII)の化合物は治療において有用である。式(VIII)の化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(VIII)の化合物またはその塩を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0039

本開示は、特に、MASP-2を阻害する合成化合物、およびファルマコフォアモデルを参照して具体性を伴って規定される化合物を含む、小分子化合物を記述するための、ファルマコフォアモデルを提供する。

0040

いくつかの態様では、MASP-2阻害剤として活性がある化合物は、表1に列挙されるファルマコフォア要素のうち1個、または2個、3個、4個、5個、6個、7個、8個、9個、10個、11個、12個、13個、14個、15個、16個、17個、18個、19個、20個、21個、もしくは22個の組み合わせ、好ましくは該ファルマコフォア要素のうち3個、4個、5個、6個、7個、8個、9個、10個、11個、12個、13個、もしくは14個の組み合わせを含みうる。いくつかの態様では、本化合物は、表1に列挙されるファルマコフォア要素に対応するファルマコフォア要素を有することができ、ここでファルマコフォア要素の(x、y、z)座標は、表1に列挙されるように4標準偏差以内、好ましくは3標準偏差以内、より好ましくは2標準偏差以内、最も好ましくは1標準偏差以内である。

0041

いくつかの態様では、
(a) CA1およびN1ファルマコフォア要素もしくはCA1およびC5ファルマコフォア要素を含むS1ファルマコフォア基; ならびに/または
(b) H4およびO2ファルマコフォア要素を含むS2ファルマコフォア基; ならびに/または
(c) C2ファルマコフォア要素およびN2もしくはH3ファルマコフォア要素を含むS3ファルマコフォア基
を含むファルマコフォア要素の組み合わせを含み、
C2およびC5が疎水性基であり;
CA1が芳香環であり;
H3およびH4が水素結合供与体であり;
N1およびN2が陽イオン性基であり;
O2が水素結合受容体であり;
C2、C5、CA1、H3、H4、N1、N2、およびO2が以下の表3、表4、または表5に示される範囲内の座標を示す、化合物が提供される。

0042

いくつかの態様では、
(a) CA1およびN1ファルマコフォア要素またはCA1およびC5ファルマコフォア要素を含むS1ファルマコフォア基;
(b) H4およびO2ファルマコフォア要素を含むS2ファルマコフォア基; ならびに
(c) C2ファルマコフォア要素およびN2またはH3ファルマコフォア要素を含むS3ファルマコフォア基
を含むファルマコフォア要素の組み合わせを含む、化合物が提供される。

0043

ファルマコフォアモデルにより規定される小分子化合物の様々な態様が記載される。本開示は、該化合物またはその薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、組成物を提供する。本化合物はMASP-2阻害剤として有用である。本化合物は治療において有用である。本化合物は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量のファルマコフォアモデルにより規定される化合物を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0044

本開示はまた、MASP-2阻害活性を示す小分子化合物であって、MASP-2の結合部位と相互作用し、かつ、結晶学的に導出されるMASP-2酵素共結晶構造とMASP-2酵素内の結合部位との仮想ドッキングモデルを使用して導出される「結合ルール」または「ルールセット」を参照して規定される、化合物を提供する。特定の局面では、小分子MASP-2阻害剤が利用可能なMASP-2結合部位のアミノ酸およびそれらの各原子が記載される。種々の化合物およびそれらの分子間相互作用を使用することで、MASP-2阻害剤がそれにより具体的に記述される「結合ルール」のセット、または「ルールセット」を設計することが可能になる。

0045

特定の局面では、小分子MASP-2阻害剤はルールセットにより記述される。MASP-2阻害活性を示す化合物は、複数の分子間相互作用によって、酵素-阻害剤複合体としてMASP-2の結合部位と相互作用する。特定の局面では、分子は、結合部位のMASP-2アミノ酸残基の原子と阻害剤分子の原子との間のインシリコ分子間相互作用の数および種類によって、完全な具体性および完全な記述を伴って記述される。これらのルールは、結晶学的に導出されるMASP-2酵素共結晶構造とMASP-2酵素内の結合部位との仮想ドッキングモデルを使用して実験的に導出される。特定の場合では、複数のMASP-2酵素-阻害剤モデル、例えば1個、2個、3個、4個、5個、6個、7個、8個、9個、10個、11個、12個、13個、14個、15個、16個、17個、18個、19個、20個、21個、22個、23個、24個、25個、26個、27個、28個、29個、もしくは30個、またはそれ以上のタンパク質モデルを使用してルールセットを生成することができる。

0046

いくつかの態様では、本開示は、MASP-2阻害活性を示す化合物であって、該化合物が、ある結合部位と相互作用し、該相互作用が(a)〜(e)のうち1つまたは複数である、化合物を提供する:
(a)H結合によってMASP-2(SEQID NO: 1)の結合部位中の1個または複数のアミノ酸残基と相互作用する;
(b)イオン相互作用もしくは静電相互作用または水素結合によってSEQ ID NO: 1の結合部位中で相互作用する;
(c)水分子によってSEQ ID NO: 1の結合部位中で相互作用する;
(d) π-π相互作用によってSEQ ID NO: 1の結合部位中の1個または複数のアミノ酸残基と相互作用する; および/あるいは
(e)ファンデルワールス接触によってSEQ ID NO: 1の結合部位中の1個または複数のアミノ酸残基と相互作用する; ここで、該化合物は内因性リガンドまたは基質ではない。

0047

特定の局面では、本化合物は相互作用(a)〜(e)のうち1つ、2つ、3つ、4つ、または5つを示す。

0048

別の態様では、本開示は、MASP-2を阻害可能な小分子を同定するための方法であって、
(a) MASP-2モデルの結合部位においてMASP-2をターゲティングしかつそれに結合する能力に関して選択的に同定された候補小分子について、インシリコドッキングを使用して小分子ライブラリースクリーニングする段階; および
(b) 段階(a)において同定された候補剤を、MASP-2結合部位をターゲティングしかつそれに結合する能力に関して1つまたは複数のインビトロアッセイを通じて試験/評価し、それにより、MASP-2を阻害可能な小分子を同定する段階
を含む、方法
を提供する。

0049

特定の局面では、候補小分子は、段階(b)において同定される独自の化学的足場を含み、MASP-2を阻害する能力に関して最適化されている。

0050

これらのおよび他の局面、目的、および態様は、以下の詳細な説明および図面と共に読まれる際にいっそう明らかになるであろう。

図面の簡単な説明

0051

対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1129)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1034)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1024)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1059)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1088)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1036)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1081)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1063)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1065)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1030)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1037)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1118)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1090)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1007)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1021)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1097)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物(1089)の原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用して水素結合計算パラメータに関するLigPlot+ソフトウェア設定(水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離3.35Å; および疎水性接触〜ファンデルワールス相互作用などの任意の接触の間の非結合接触パラメータ、最大接触距離3.90Å)により計算される、阻害化合物メラガトランの原子およびMASP-2アミノ酸の原子の一態様の模式図を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(14)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(54)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1042)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(2018)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1149)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1031)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1153)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1025)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1012)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1078)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1145)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1050)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1253)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1257)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1297)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1304)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1306)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1307)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1328)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1334)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1335)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1338)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1345)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1351)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1353)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1360)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1367)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1368)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1371)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1372)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1373)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1492)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1399)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1406)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1411)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1433)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1435)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1441)の結合を示すプロットである。
LigPlot+ソフトウェアにより計算される水素結合を示すMASP-2への化合物(1450)の結合を示すプロットである。
トロンビンに結合したメラガトランを示すプロットである。
MASP-2に結合したMASP-2選択的化合物(1065)を重ね合わせた、トロンビンに結合したメラガトランを示すプロットである。
MASP-2のSPドメインに結合した化合物(1065)を示すプロットである。
トロンビンに結合した化合物(1334)を示すプロットである。
MASP-2のSPドメインに結合した化合物(1334)を示すプロットである。
トロンビンに結合した化合物(1334)を重ね合わせた、MASP-2に結合した化合物(1334)を示すプロットである。
MASP-2のS3〜S4結合ポケットを示すプロットである。
トロンビンのS3〜S4結合ポケットを示すプロットである。
MASP-2結合サブポケットの図を示すプロットである。
S1領域およびS2領域を記述するファルマコフォア要素間の距離の図である。S2領域はH4、O1、O2、およびCA6を含む。S1領域はH2、O4、CA1、C3、C5、C7、およびN1からなる。本文中で言及される距離が図示される。
S1領域およびS2領域を記述するファルマコフォア要素間の角度を示すプロットである。
本文中で使用されるねじれ角の規定を示すプロットである。
本文中で使用されるねじれ角の規定を示すプロットである。
本文中で使用されるねじれ角の規定を示すプロットである。
S2領域、S4領域、およびRM領域を記述するファルマコフォア要素間の距離を示すプロットである。
本文中で使用される角度の規定を示すプロットである。
本文中で使用されるねじれ角の規定を示すプロットである。
本文中で使用されるねじれ角の規定を示すプロットである。
本開示のプロセスの一態様を示す流れ図である。

0052

説明
I. 定義
別途定義がない限り、本明細書において使用されるすべての技術用語および科学用語は、本発明が属する技術分野の当業者が通常理解するものと同一の意味を有する。本明細書に記載のものと類似または同等の方法および材料を本発明の実施または試験において使用することができるが、好適な方法および材料を以下に記載する。さらに、材料、方法、および実施例は、例示的なものでしかなく、限定的であるようには意図されていない。

0053

上記の要約、本説明、および下記の特許請求の範囲において、方法工程を含む本発明の特定の特徴および局面に言及する。本明細書中での本発明の開示は、開示される本発明の態様の範囲内のこれらの特定の特徴のすべてのありうる組み合わせを、少なくともこれらの組み合わせが矛盾しない限りにおいて含む。例えば、記述が一態様の局面A、局面B、および局面Cを示す場合、これは、局面Aと局面Bとの両方、局面Bと局面Cとの両方、および局面Aと局面Cとの両方を含む特定の態様、ならびに局面A、局面B、および局面Cを伴う一態様も開示するものと理解されよう。

0054

a. 一般的定義
「a」、「an」、または「the」という用語は、1つのメンバーを伴う局面を含むだけでなく、2つ以上のメンバーを伴う局面も含む。例えば、単数形「a」、「an」、および「the」は、文脈上別途明らかな指示がない限り、複数の参照対象を含む。したがって、例えば、「細胞」に対する言及は、複数の当該細胞を含み、「剤」に対する言及は、当業者に公知の1つまたは複数の剤に対する言及を含む。

0055

「約(about)」および「約(approximately)」という用語は、測定の性質または精度を考慮して許容される、量の測定値に関する誤差の程度を意味する。通常、例示的な誤差の程度は、所与の値または値の範囲の20パーセント(%)以内、好ましくは10%以内、より好ましくは5%以内である。「約X」に対する任意の言及は少なくとも値X、0.95X、0.96X、0.97X、0.98X、0.99X、1.01X、1.02X、1.03X、1.04X、および1.05Xを具体的に示す。したがって、「約X」は、例えば「0.98X」という請求項での限定に対する書面による裏付けを教示および提示するように意図されている。あるいは、生物系において、「約(about)」および「約(approximately)」という用語は、所与の値の10倍以内、好ましくは5倍以内、より好ましくは2倍以内である値を意味しうる。本明細書に示される数量は、別途記載がない限り概算値であり、すなわち、明確に記載されていない場合には「約(about)」および「約(approximately)」という用語を想定することができる。「約」が数値範囲の冒頭に適用される場合、範囲の両端に適用される。したがって、「約5〜20%」は「約5%〜約20%」に等しい。「約」が値のセットの最初の値に適用される場合、該セットのすべての値に適用される。したがって、「約7、9、または11mg/kg」は「約7、約9、または約11mg/kg」に等しい。

0056

「MASP-2」という用語はマンナン結合レクチン関連セリンプロテアーゼ2を意味する。UniProtアクセッションコードO00187のヒトMASP-2タンパク質(SEQID NO:1)。セリンプロテアーゼドメイン(「B鎖」 = マンナン結合レクチンセリンプロテアーゼ2のB鎖、UniProtKB- O00187(MASP-2_HUMAN)に基づく)は残基445〜686を含む(または残基445〜686からなる)。

0057

「MASP-2依存性補体活性化」という用語は、生理的条件下で(すなわちCa++の存在下で)生じ、レクチン経路C3転換酵素C4b2aを形成させ、続いてC3切断生成物C3bの蓄積によってC5転換酵素C4b2a(C3b)nを生じさせる、レクチン経路のMASP-2依存性活性化を意味する。

0058

「MASP-2依存性補体関連疾患または障害」という用語は、MASP-2依存性補体活性化に関連する疾患または障害を意味する。

0059

「MASP-2関連疾患または障害」という用語は、MASP-2依存性補体関連疾患または障害を含み、かつMASP-2の阻害が治療上有益であるかまたは治療上有益であると予想される、MASP-2の活性化または活性に関連する疾患または障害を意味する。

0060

「レクチン経路」という用語は、マンナン結合レクチン(MBL)、CL-11、およびフィコリン(H-フィコリン、M-フィコリン、またはL-フィコリン)を含む血清および非血清炭水化物結合タンパク質特異的結合によって生じる補体活性化を意味する。

0061

「古典的経路」という用語は、外来粒子に結合した抗体により誘発され、かつ認識分子Clqの結合を必要とする、補体活性化を意味する。

0062

アミノ酸残基は以下のように略される:アラニン(Ala; A)、アスパラギン(Asn; N)、アスパラギン酸(Asp; D)、アルギニン(Arg; R)、システイン(Cys; C)、グルタミン酸(Glu; E)、グルタミン(Gln; Q)、グリシン(Gly; G)、ヒスチジン(His; H)、イソロイシン(Ile)、ロイシン(Leu)、リジン(Lys; K)、メチオニン(Met; M)、フェニルアラニン(Phe; F)、プロリン(Pro; P)、セリン(Ser; S)、スレオニン(Thr; T)、トリプトファン(Trp; W)、チロシン(Tyr; Y)、およびバリン(Val; V)。

0063

最も広範な意味で、天然アミノ酸を、各アミノ酸の側鎖の化学特性に基づいて群に分けることができる。「疎水性」アミノ酸とはHis、Leu、Met、Phe、Trp、Tyr、Val、Ala、Cys、またはProを意味する。「親水性」アミノ酸とはGly、Asn、Gln、Ser、Thr、Asp、Glu、Lys、Arg、またはHisを意味する。このアミノ酸の群を以下のようにサブクラスにさらに分けることができる。「無電荷親水性」アミノ酸とはSer、Thr、Asn、またはGlnを意味する。「酸性」アミノ酸とはGluまたはAspを意味する。「塩基性」アミノ酸とはLys、Arg、またはHisを意味する。

0064

保存的アミノ酸置換」という用語は、以下の各群内でのアミノ酸間の置換により例示される: (1)グリシン、アラニン、バリン、ロイシン、およびイソロイシン、(2)フェニルアラニン、チロシン、およびトリプトファン、(3)セリンおよびスレオニン、(4)アスパラギン酸およびグルタミン酸、(5)グルタミンおよびアスパラギン、ならびに(6)リジン、アルギニン、およびヒスチジン。

0065

「対象」という用語は、ヒト、非ヒト霊長類イヌネコウマヒツジヤギ雌ウシウサギブタ、およびげっ歯類を非限定的に含む、すべての哺乳動物を含む。

0066

「小分子」および「小有機分子」という用語は、約2500ダルトン以下の分子量を有する炭素含有小分子を意味する。いくつかの態様では、小分子は約2000ダルトン以下の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約1500ダルトン以下の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約1000ダルトン以下の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約750ダルトン以下の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約500ダルトン以下の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約50ダルトン以上の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約75ダルトン以上の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約100ダルトン以上の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約150ダルトン以上の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約250ダルトン以上の分子量を有する。いくつかの態様では、小分子は約50ダルトン〜約500ダルトン、約50ダルトン〜約750ダルトン、約50ダルトン〜約1000ダルトン、約50ダルトン〜約1500ダルトン、約50ダルトン〜約2000ダルトン、または約50ダルトン〜約2500ダルトンの範囲の分子量を有しうる。本明細書中で「化合物」という用語が使用される場合、この用語は、本明細書に定義される小分子化合物(そのいずれかの態様を含む)を含むように明確に意図されている。

0067

本明細書では、「薬学的に許容される」という語句は、正しい医学的判断の範囲内で、ヒトおよび動物組織と接触させての使用に好適であり、過剰な毒性、刺激アレルギー応答、または他の問題もしくは合併症を伴わず、妥当ベネフィット/リスク比に相応している、化合物、原料、組成物、および/または剤形を意味するように使用される。

0068

「障害」、「疾患」、および「状態」という用語は、対象における状態に関して互換的に使用される。障害とは、対象の身体の正常な機能に影響する妨害または混乱のことである。疾患とは、同定可能な症状の群を特徴とする、感染症、遺伝子異常、または環境ストレスなどの様々な原因による臓器身体部分、または系の病態のことである。

0069

「有効量」または「有効用量」という用語は、所望の結果を実現するために十分な量を意味し、したがって成分およびその所望の結果に依存する。にもかかわらず、所望の効果が同定されるとき、有効量の確定は当業者の技量の範囲内となる。

0070

皮下投与」という用語は、対象の皮膚のすべての層の下方での製剤の投与を意味する。

0071

別途指定がない限り、「ヒスチジン」という用語はL-ヒスチジンを特に含む。

0072

等張性」という用語は、ヒト血液と本質的に同じ浸透圧を示す製剤を意味する。一般に、等張製剤は約250〜約350mOsmol/Lの浸透圧を示す。等張性は、例えば蒸気圧浸透圧計または凝固点降下浸透圧計を使用して測定可能である。

0073

高張性」という用語は、ヒトの浸透圧を超える(すなわち350mOsm/Lを超える)製剤を意味する。

0074

「水素結合」という用語は、窒素(N)または酸素(O)などの電気陰性が比較的高い原子に結合した水素(H)と、孤立電子対を有する別の隣接した原子との間の、部分的静電引力のことである。例えば、窒素が「水素結合供与体」として作用すると記載される場合、窒素(N)に結合した水素(H)が窒素により供与され、そのとき孤立電子対を有する酸素などの隣接した原子に静電的に誘引または受容されることを意味する。同様に、酸素が「水素結合受容体」として作用すると記載される場合、窒素(N)などの電気陰性が比較的高い原子に結合した水素(H)が、孤立電子対を有する酸素などの隣接した原子に静電的に誘引または「受容」されることを意味する。水素が結合した原子は、中間水素原子の起点および存在を明確に記載することなく指定されることがある。LigPlot+ソフトウェアがそのアルゴリズム、および水素結合供与体と水素結合受容体との間の最大距離に関して適用されるパラメータ3.35Åを使用して水素結合相互作用予測する場合は常に、「水素結合」という用語が使用される。すべての水素結合が実際には同時に定位置に存在しないことがある。このことは、4個の推定上の水素結合を形成することが示されているが、任意の所与の時点で3個の水素結合しか化学的に可能ではない原子において明らかである。一般に、本明細書における共結晶構造情報などの結晶構造は水素結合を直接的に示すかまたは検出するものではないが、共結晶を記述するために使用されるソフトウェアは、このH結合が存在することを予測している。したがって、本開示全体を通じて、H結合が存在しかつ記述される場合、それが存在しているとソフトウェアにより「予測されている」と言うことができる。

0075

イオン結合という用語は、正反対に荷電したイオン間の静電引力を包含し、かつイオン性化合物中で生じる一次相互作用である、化学結合一種を含む。

0076

「ファンデルワールス」相互作用という用語は、永久または一時電気双極子モーメントの相互作用により生じる、無電荷分子間の弱く短期間の静電引力を含む。対応する結晶学的MASP-2-化合物共構造から導出されるモデルを使用してLigPlot+ソフトウェアにより確定されるように、これらの相互作用は、最大接触距離を3.90Åとする相互作用に関する疎水性接触〜任意の接触の間の非結合接触パラメータを使用して計算されるすべての接触を含む。

0077

「π-π相互作用またはπ-πスタッキング」相互作用という用語は、π結合を含んでいることから互いに(例えば「端面」相互作用のように)ほぼ平行またはほぼ垂直に配向している芳香環の間の誘引性非共有結合性相互作用を含む。

0078

通常、MASP-2などのセリンプロテアーゼの活性部位は、ポリペプチド基質または阻害剤が結合する間隙として形作られている。SchechterおよびBergerはポリペプチド基質のN末端からC末端までのアミノ酸残基を以下のように標識した: Pi、…、P3、P2、P1、P1'、P2'、P3'、…、Pj、およびそれらの各結合サブサイトSi、…、S3、S2、S1、S1'、S2'、S3'、…、Sj。切断はP1とP1'との間で触媒される(Schechter, I. & Berger, A. On the size of the active site in proteases. I. Papain. Biochem. Biophys. Res. Commun. 27 (1967))。

0079

「結合部位」という用語は、小分子が相互作用可能なタンパク質上の区域、例えば、活性部位と重複しないかまたは部分的にしか重複しないにもかかわらずMASP-2分子を活性低下させるかまたは不活性にするMASP-2の表面上の領域のことである。

0080

「または」という用語は、選択肢を意味するものであり、一般的には非排他的であると解釈されるべきである。例えば、「AまたはBを含む組成物」という主張は、通常、AおよびBの両方を含む組成物の一局面を提示するものである。しかし、「または」は、矛盾なく組み合わせることができない提示される局面(例えば9〜10、または7〜8である組成物pH)を排除するように解釈されるべきである。

0081

「AまたはB」という群は、「AおよびBからなる群より選択される」群に等しい。

0082

「含む(comprising)」または「含む(comprise)」という連結語閉鎖的ではない。例えば、「Aを含む組成物」は、少なくとも成分Aを含まなければならないが、1つまたは複数の他の成分(例えばB; BおよびC; B、C、およびD; など)を含んでもよい。したがって、「含む」という用語は、一般に、さらなる成分を排除しないと解釈されるべきである。例えば、「Aを含む組成物」という主張は、AおよびB; A、B、およびC; A、B、C、およびD; A、B、C、D、およびE; などを含む組成物を網羅するものである。

0083

「高張性」という用語は、ヒトの浸透圧を超える(すなわち350mOsm/KglHhOを超える)製剤を意味する。

0084

「剤」という用語は、組成物に加えられる際に組成物の特性に対して特定の効果を生じさせる傾向がある、化合物または化合物の混合物を意味する。例えば、増粘剤を含む組成物は、他の点では同一である、増粘剤を欠く比較組成物よりも粘度が高くなりやすい。

0085

「対象」とは、ヒト、非ヒト霊長類、イヌ、ネコ、ウマ、ヒツジ、ヤギ、雌ウシ、ウサギ、ブタ、およびげっ歯類を非限定的に含む、すべての哺乳動物を含む。

0086

「合成」化合物とは、天然ではなくかつヒトにより合成された化合物を意味する。本明細書中での化合物に対する言及は、文脈上別途指示がない限り、合成化合物に対する言及を含むものと理解されうる。

0087

「処置する」、「処置すること」、または「処置」という用語は、組成物(例えば本明細書に記載の組成物)を、障害もしくはその症状を改善するために、または障害もしくはその症状を予防し、それを遅延させ、もしくはその進行を遅らせるために有効な量、様式(例えば投与スケジュール)、および様態(例えば投与経路)で投与または適用することを含む。これらの改善としては、部分的であれ全面的であれ、検出可能であれ検出不可能であれ、1つまたは複数の症状または状態の軽減または寛解、疾患の程度の減少、疾患状態を安定させること(すなわち悪化させないこと)、疾患の伝播または流布の予防、疾患進行を遅延させるかまたは遅らせること、疾患状態の寛解または緩和、疾患の再発の減少、および緩解を挙げることができるがそれに限定されない。

0088

「処置すること」および「処置」は予防的処置も含む。特定の態様では、治療方法は、治療有効量の有効剤を対象に投与する段階を含む。投与段階単回投与からなってもよく、一連の投与を含んでもよい。処置期間の長さは種々の要因、例えば状態の重症度、対象の年齢、有効剤の濃度、処置に使用される組成物の活性、またはそれらの組み合わせに依存する。また、処置または予防に使用される剤の有効投与量が特定の処置または予防レジメンの途中で増加または減少しうることが認識されよう。投与量の変化は、当技術分野において公知の標準診断アッセイにより生じうるし、明らかになりうる。一局面では、慢性投与が必要なことがある。例えば、組成物を、対象を処置するために十分な量および期間で対象に投与する。

0089

本明細書において使用される「周囲温度」および「室温」という表現は、当技術分野において理解されており、反応が行われる室内の温度に近い温度、例えば反応温度、例えば、約20℃〜約30℃の温度を一般に意味する。

0090

b.化学的定義
本明細書中の様々な場所で、化合物の特定の特徴が群または範囲として開示される。この開示は、これらの群および範囲のメンバーのあらゆる個々の部分的組み合わせを含むように具体的に意図されている。例えば、「C1〜6アルキル」および「C1〜C6アルキル」という用語は、メチルエチル、C3アルキル、C4アルキル、C5アルキル、およびC6アルキルを(非制限的に)個々に開示するように具体的に意図されている。

0091

本明細書中の様々な場所で、二価連結基を定義する変動要素が記載されている。各連結置換基は、該連結置換基の順方向形態および逆方向形態の両方を含むように具体的に意図されている。例えば、-NR(CR'R'')n-は-NR(CR'R'')n-および-(CR'R'')nNR-の両方を含むものであり、各形態を個々に開示するように意図されている。構造が連結基を必要とする場合、当該の基に関して列挙されるマーカッシュ変動要素は連結基であると理解されよう。例えば、構造が連結基を必要とし、該変動要素に関するマーカッシュ群定義が「アルキル」または「アリール」を列挙している場合、「アルキル」または「アリール」は、それぞれ連結アルキレン基または連結アリーレン基を表すものと理解されよう。

0092

「置換された」という用語は、原子または原子群が水素を、別の基に結合した「置換基」として形式的に置き換えることを意味する。別途指示がない限り、「置換された」という用語は、置換が許容される場合、任意の置換レベル、例えば一置換二置換三置換、四置換、または五置換を意味する。置換基は独立して選択されるものであり、置換は任意の化学的に利用可能な位置に存在しうる。所与の原子における置換は、原子価により制限されるものと理解されるべきである。「置換されていてもよい」という語句は、置換されているかまたは置換されていないことを意味する。「置換された」という用語は、水素原子が置換基によって形式的に除去され、置き換えられていることを意味する。1個の二価の置換基、例えばオキソは2個の水素原子を置き換えることができる。

0093

nおよびmが整数である「Cn〜m」および「Cn〜Cm」という用語は、n〜m個炭素原子を含む基を示す。例としてはC1〜4、C1〜6などが挙げられる。この用語は、範囲内のすべてのメンバー、すなわちCn、Cn+1、Cn+2…Cm-2、Cm-1、Cmを明確に開示するように意図されている。例えば、C1〜6はC1、C2、C3、C4、C5およびC6を開示するように意図されている。「Cn〜m」は「Cn〜Cm」と同じ意味である。

0094

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「アルキル」という用語は、直鎖状または分岐状でありうる飽和炭化水素基を意味する。「Cn〜mアルキル」および「Cn〜Cmアルキル」という用語は、n〜m個の炭素原子を有するアルキル基を意味する。例えば、C1〜C12は、基が1個以上12個以下の炭素原子をその中に有しうることを示す。別途指示がない限り、アルキル基は約1個〜約20個の炭素原子を有する。アルキル基は、化合物の残りに対するアルキル基の結合点によって1個のC-H結合が置き換えられたアルカンに形式的に対応する。いくつかの態様では、アルキル基は1〜6個の炭素原子、1〜4個の炭素原子、1〜3個の炭素原子、または1〜2個の炭素原子を含む。アルキル部分の例としてはメチル、エチル、n-プロピルイソプロピルn-ブチル、tert-ブチルイソブチル、sec-ブチルなどの化学基; 2-メチル-1-ブチル、1,1-ジメチルプロピル、n-ペンチル、3-ペンチル、n-ヘキシル、1,2,2-トリメチルプロピル、ヘキシルヘプチルオクチル、ノニルデシルドデシルなどの高級同族体が挙げられるがそれに限定されない。「低級アルキル」という用語は、1〜6個の炭素原子を鎖中に有するアルキル基を意味する。「置換アルキル」基とは、1個または複数の置換基で置換されたアルキル基のことである。

0095

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「アルケニル」という用語は、1個または複数の炭素-炭素二重結合を有するアルキル基に対応する直鎖状または分岐状炭化水素基を意味する。アルケニル基は、化合物の残りに対するアルケニル基の結合点によって1個のC-H結合が置き換えられたアルケンに形式的に対応する。「Cn〜mアルケニル」および「Cn〜Cmアルケニル」という用語は、n〜m個の炭素を有するアルケニル基を意味する。いくつかの態様では、アルケニル部分は2〜6個、2〜4個、または2〜3個の炭素原子を含む。例示的なアルケニル基としてはエテニル、n-プロペニルイソプロペニル、n-ブテニル、sec-ブテニルなどが挙げられるがそれに限定されない。

0096

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「アルキニル」という用語は、1個または複数の炭素-炭素三重結合を有するアルキル基に対応する直鎖状または分岐状炭化水素基を意味する。アルキニル基は、化合物の残りに対するアルキル基の結合点によって1個のC-H結合が置き換えられたアルキンに形式的に対応する。「Cn〜mアルキニル」および「Cn〜Cmアルキニル」という用語は、n〜m個の炭素を有するアルキニル基を意味する。例示的なアルキニル基としてはエチニルプロピン-1-イル、プロピン-2-イルなどが挙げられるがそれに限定されない。いくつかの態様では、アルキニル部分は2〜6個、2〜4個、または2〜3個の炭素原子を含む。

0097

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「アルキレン」という用語は、二価のアルキル連結基を意味する。アルキレン基は、化合物の残りに対するアルキレン基の結合点によって2個のC-H結合が置き換えられたアルカンに形式的に対応する。「Cn〜mアルキレン」という用語は、n〜m個の炭素原子を有するアルキレン基を意味する。アルキレン基の例としてはメチレンエタン-1,2-ジイルプロパン-1,3-ジイル、プロパン-1,2-ジイル、ブタン-1,4-ジイル、ブタン-1,3-ジイル、ブタン-1,2-ジイル、2-メチル-プロパン-1,3-ジイルなどが挙げられるがそれに限定されない。いくつかの態様では、「Cn〜mアルキレン」とは、n〜m個のメチレン(CH2)基の鎖-(CH2)n〜m-、例えば-CH2-、-CH2CH2-、-CH2CH2CH2-などを意味しうる。

0098

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「アルコキシ」という用語は、アルキル基が上記定義の通りである式-O-アルキルの基を意味する。「Cn〜mアルコキシ」という用語は、そのアルキル基がn〜m個の炭素を有するアルコキシ基を意味する。例示的なアルコキシ基としてはメトキシエトキシプロポキシ(例えばn-プロポキシおよびイソプロポキシ)、t-ブトキシなどが挙げられる。いくつかの態様では、アルキル基は1〜6個、1〜4個、または1〜3個の炭素原子を有する。

0099

アルコキシアルキル」という用語は、1個または複数の水素原子がアルコキシ基で置き換えられたアルキル基を意味する。「Cn〜mアルコキシ-Cp〜qアルキル」という用語は、Cn〜mアルコキシ基で置換されたCp〜qアルキル基を意味する。いくつかの態様では、ヒドロキシアルキル基は1個のアルコキシ基を有する。いくつかの態様では、アルコキシアルキル基はそれぞれ異なる炭素原子上に1個または2個のアルコキシ基を有する。例としてはメトキシメチルエトキシメチル、3-エトキシエチル、および1-メトキシエチルを挙げることができるがそれに限定されない。

0100

アミノ」という用語は式-NH2の基を意味する。

0101

カルバミル」という用語は式-C(O)NH2の基を意味する。

0102

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「カルボニル」という用語は-C(=O)-基を意味し、これはC(O)と記されることもある。

0103

シアノ」または「ニトリル」という用語は式-C≡Nの基を意味し、これは-CNと記されることもある。

0104

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「ハロ」または「ハロゲン」という用語は、フルオロクロロ、ブロモ、およびヨードを意味する。いくつかの態様では、「ハロ」は、F、Cl、またはBrより選択されるハロゲン原子10を意味する。いくつかの態様では、ハロはFである。

0105

ハロアルキル」という用語は、1個または複数の水素原子がハロゲン原子で置き換えられたアルキル基を意味する。「Cn〜mハロアルキル」という用語は、n〜m個の炭素原子および同じでも異なっていてもよい少なくとも1個〜最大{2(n〜m)+1}個のハロゲン原子を有する、Cn〜mアルキル基を意味する。いくつかの態様では、ハロゲン原子はフルオロ原子である。いくつかの態様では、ハロアルキル基は1〜6個または1〜4個の炭素原子を有する。例示的なハロアルキル基としてはCF3、C2F5、CHF2、CCl3、CHCl2、C2Cl5などが挙げられる。いくつかの態様では、ハロアルキル基はフルオロアルキル基である。

0106

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「ハロアルコキシ」という用語は、ハロアルキル基が上記定義の通りである式-O-ハロアルキルの基を意味する。「Cn〜mハロアルコキシ」という用語は、そのハロアルキル基がn〜m個の炭素を有するハロアルコキシ基を意味する。例示的なハロアルコキシ基としてはトリフルオロメトキシなどが挙げられる。いくつかの態様では、ハロアルコキシ基は1〜6個、1〜4個、または1〜3個の炭素原子を有する。

0107

ヒドロキシアルキル」という用語は、1個または複数の水素原子がヒドロキシで置き換えられたアルキル基を意味する。「Cn〜mヒドロキシアルキル」という用語は、n〜m個の炭素原子および少なくとも1個のヒドロキシ基を有するCn〜mアルキル基を意味する。いくつかの態様では、ヒドロキシアルキル基は1個のアルコール基を有する。特定の局面では、ヒドロキシアルキル基はそれぞれ異なる炭素原子上に1個または2個のアルコール基を有する。特定の局面では、ヒドロキシアルキル基は1個、2個、3個、4個、5個、または6個のアルコール基を有する。例としてはヒドロキシメチル、2-ヒドロキシエチル、および1-ヒドロキシエチルを挙げることができるがそれに限定されない。

0108

「オキソ」という用語は、炭素に結合する際にカルボニル基を形成し、ヘテロ原子に結合する際にスルホキシド基もしくはスルホン基、またはN-オキシド基を形成する、二価の置換基としての酸素原子を意味する。

0109

スルフィド」という用語は、炭素に結合する際にチオカルボニル基(C=S)を形成する、二価の置換基としての硫黄原子を意味する。

0110

nが整数である「n員」という用語は、通常、環形成原子の数がnである部分中の環形成原子の数を記述する。nおよびmが整数である「n〜m員」という用語は、環形成原子の数がn〜mである範囲を記述する。例えば、ピペリジニルは6員ヘテロシクロアルキル環の一例であり、ピラゾリルは5員ヘテロアリール環の一例であり、ピリジルは6員ヘテロアリール環の一例であり、1,2,3,4-テトラヒドロ-ナフタレンは10員シクロアルキル基の一例である。

0111

芳香族」という用語は、芳香族性を有する(すなわちnが整数である(4n + 2)個の非局在化π(パイ)電子を有する)1個または複数のポリ不飽和環を有する、炭素環または複素環を意味する。

0112

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「アリール」という用語は、単環式または多環式(例えば2個、3個、もしくは4個の縮合環を有する)でありうる芳香族炭化水素基を意味する。「Cn〜mアリール」という用語は、n〜m個の環炭素原子を有するアリール基を意味する。アリール基としては例えばフェニルナフチルアントラニルフェナントレニル、インダニル、インデニルテトラセニルなどが挙げられる。いくつかの態様では、アリール基は6個〜約20個の炭素原子、6個〜約18個の炭素原子、6個〜約15個の炭素原子、または6個〜約10個の炭素原子を有する。いくつかの態様では、アリール基はフェニルである。

0113

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「アリールアルキル」または「アラルキル」または「アルキルアリール」という用語は、式-アルキレン-アリールの基を意味し、少なくとも1個の水素が本明細書に定義のアリール基で置き換えられた本明細書に定義のアルキル基を意味する。いくつかの態様では、アリールアルキルはC6〜10アリール-C1〜3アルキルである。いくつかの態様では、アリールアルキルはC6〜10アリール-C1〜4アルキルである。いくつかの態様では、アリールアルキルはC6〜10アリール-C1〜3アルキルである。いくつかの態様では、アリールアルキルはフェニル-C1〜3アルキルである。例としてはベンジル、1-フェニルエチル、4-メチルベンジル、および1,1,-ジメチル-1-フェニルメチルが挙げられるがそれに限定されない。いくつかの態様では、アリールアルキルはベンジルである。

0114

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「ヘテロアリール」または「ヘテロ芳香族」という用語は、硫黄、酸素、および窒素より選択される少なくとも1個のヘテロ原子環員を有する単環式または多環式芳香族複素環を意味する。nが整数である「n員ヘテロアリール」または「n員ヘテロ芳香族」とは、n個の環形成原子を有するヘテロアリールを意味する。nおよびmが整数である「n〜m員ヘテロアリール」または「n〜m員ヘテロ芳香族」とは、n〜m個の環形成原子を有するヘテロアリールを意味する。環中の炭素原子の数は、環形成原子の数よりもヘテロ原子の数だけ少ない。したがって、いくつかの態様では、n員ヘテロアリールはn-1、n-2、n-3、またはn-4個の環炭素原子を有しうるし、n〜m員ヘテロアリールはn-1、n-2、n-3、またはn-4個の環炭素原子〜m-1、m-2、m-3、またはm-4個の環炭素原子を有しうる。いくつかの態様では、n〜m員ヘテロアリールは1個〜m-1個の環炭素原子を有しうる。いくつかの態様では、ヘテロアリール環は、窒素、硫黄、および酸素より独立して選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子環員を有する。いくつかの態様では、ヘテロアリール部分中の任意の環形成NはN-オキシドでありうる。いくつかの態様では、ヘテロアリールは、炭素原子ならびに窒素、硫黄、および酸素より独立して選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子環員を含む、5〜10個の環原子を有する。いくつかの態様では、ヘテロアリールは、5〜6個の環原子ならびに窒素、硫黄、および酸素より独立して選択される1個または2個のヘテロ原子環員を有する。いくつかの態様では、ヘテロアリールは5員または6員ヘテロアリール環である。他の態様では、ヘテロアリールは8員、9員、または10員縮合二環式ヘテロアリール環である。例示的なヘテロアリール基としてはピリジンピリミジンピラジンピリダジンピロールピラゾールアゾリルオキサゾールイソオキサゾールチアゾールイソチアゾールイミダゾールフランチオフェンキノリンイソキノリンナフチリジン(1,2-、1,3-、1,4-、1,5-、1,6-、1,7-、1,8-、2,3-、および2,6-ナフチリジンを含む)、インドールアザインドールベンゾチオフェンベンゾフランベンゾイソオキサゾールベンゾイミダゾールイミダゾ[1,2-b]チアゾール、プリンフラザントリアゾールテトラゾール、1,2,4-チアジアゾールキナゾリンフタラジン、イミダゾ[1,2-a]ピリジン、イミダゾ[2,1-b]チアゾリルなどが挙げられるがそれに限定されない。

0115

5員ヘテロアリール環とは、1個または複数(例えば1個、2個、または3個)の環原子がN、O、およびSより独立して選択される5個の環原子を有するヘテロアリール基のことである。例示的な5員環ヘテロアリールとしてはチエニルフリルピロリル、イミダゾリル、チアゾリル、オキサゾリル、ピラゾリル、イソチアゾリルイソオキサゾリル、1,2,3-トリアゾリルテトラゾリル、1,2,3-チアジアゾリル、1,2,3-オキサジアゾリル、1,2,4-トリアゾリル、1,2,4-チアジアゾリル、1,2,4-オキサジアゾリル、1,3,4-トリアゾリル、1,3,4-チアジアゾリル、および1,3,4-オキサジアゾリルが挙げられる。

0116

6員ヘテロアリール環とは、1個または複数(例えば1個、2個、または3個)の環原子がN、O、およびSより独立して選択される6個の環原子を有するヘテロアリール基のことである。例示的な6員環ヘテロアリールとしてはピリジル、ピラジニルピリミジニルトリアジニル、およびピリダジニルがある。

0117

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「ヘテロアリールアルキル」という用語は、式-アルキレン-ヘテロアリールの基を意味する。nが整数である「n員ヘテロアリールアルキル」という用語は、ヘテロアリールがn員であるヘテロアリールアルキル基を意味する。n、m、p、およびqが整数である「n〜m員Cp〜q-アルキル」という用語は、ヘテロアリールがn〜m員であり、アルキルがp〜q個の炭素原子を有する、ヘテロアリールアルキル基を意味する。いくつかの態様では、ヘテロアリールアルキルは5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキルまたはC1〜9ヘテロアリール-C1〜3アルキルであり、ここでヘテロアリール部分は、単環式または二環式であり、窒素、硫黄、および酸素より独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個のヘテロ原子環員を有する。いくつかの態様では、ヘテロアリールアルキルはC1〜9ヘテロアリール-C1〜4アルキルであり、ここでヘテロアリール部分は、単環式または二環式であり、窒素、硫黄、および酸素より独立して選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子環員を有する。例としてはピリジルメチル、例えば2-ピリジルメチル、3-ピリジルメチル、または4-ピリジルメチルが挙げられる。

0118

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「シクロアルキル」という用語は、非芳香族飽和単環式、二環式、または多環式炭化水素環系を意味する。この用語は環化アルキル基および環化アルケニル基を含む。「Cn〜mシクロアルキル」という用語は、n〜m個の環員炭素原子を有するシクロアルキルを意味する。シクロアルキル基単環式基または多環式基(例えば2個、3個、もしくは4個の縮合環を有する)、およびスピロ環を含みうる。シクロアルキル基は3個、4個、5個、6個、または7個の環形成炭素を有しうる(C3〜7)。いくつかの態様では、シクロアルキル基は3〜6個の環員、3〜5個の環員、または3〜4個の環員を有する。いくつかの態様では、シクロアルキル基は単環式である。いくつかの態様では、シクロアルキル基は単環式または二環式である。いくつかの態様では、シクロアルキル基はC3〜6単環式シクロアルキル基である。シクロアルキル基の環形成炭素原子はオキソ基またはスルフィド基を形成するように酸化されていてもよい。シクロアルキル基はシクロアルキリデンも含む。いくつかの態様では、シクロアルキルはシクロプロピルシクロブチルシクロペンチル、またはシクロヘキシルである。シクロアルキル環に縮合した(すなわちシクロアルキル環と共通の結合を有する)1個または複数の芳香環を有する部分、例えばシクロペンタンシクロヘキサン等のベンゾまたはチエニル誘導体も、シクロアルキルの定義に含まれる。縮合芳香環を含むシクロアルキル基は、縮合芳香環の環形成原子を含む任意の環形成原子を通じて結合しうる。シクロアルキル基の例としてはシクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、4,4-ジメチルシクロヘキシルシクロヘプチルシクロペンテニルシクロヘキセニルシクロヘキサジエニルシクロヘプタトリエニルノルボルニル、ノルピニル(norpinyl)、ノルカルニル(norcarnyl)、ビシクロ[1.1.1]ペンタニル、ビシクロ[2.1.1]ヘキサニルなどが挙げられる。いくつかの態様では、シクロアルキル基はシクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、またはシクロヘキシルである。

0119

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「シクロアルキルアルキル」という用語は、式-アルキレン-シクロアルキルの基を意味する。n、m、p、およびqが整数であるCn〜mシクロアルキル-Cp〜qアルキルという用語は、p〜q個の炭素原子を有するアルキル基に結合したn〜m個の炭素原子を有するシクロアルキル基を意味する。いくつかの態様では、シクロアルキルアルキルはC3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキルであり、ここでシクロアルキル部分は単環式または二環式である。例としてはシクロプロピルメチルシクロブチルメチル、シクロペンタンメチル、およびシクロヘキシルメチルが挙げられる。

0120

単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「ヘテロシクロアルキル」という用語は、1個または複数のアルケニレン基環構造の一部として含んでもよく、窒素、硫黄、および酸素より独立して選択される少なくとも1個のヘテロ原子環員を有する、非芳香環または非芳香環系を意味する。nが整数である「n員ヘテロシクロアルキル」とは、n個の環形成原子を有するヘテロアリールを意味する。nおよびmが整数である「n〜m員ヘテロシクロアルキル」とは、n〜m個の環形成原子を有するヘテロシクロアルキルを意味する。環中の炭素原子の数は、環形成原子の数よりもヘテロ原子の数だけ少ない。したがって、いくつかの態様では、n員ヘテロシクロアルキルはn-1、n-2、n-3、またはn-4個の環炭素原子を有しうるし、n〜m員ヘテロシクロアルキルはn-1、n-2、n-3、またはn-4個の環炭素原子〜m-1、m-2、m-3、またはm-4個の環炭素原子を有しうる。いくつかの態様では、n〜m員ヘテロシクロアルキルは1個〜m-1個の環炭素原子を有しうる。いくつかの態様では、ヘテロシクロアルキルは4〜12個の環員、4〜10個の環員、4〜7個の環員、または4〜6個の環員を有する。単環式4員、5員、6員、および7員ヘテロシクロアルキル基がヘテロシクロアルキル基に含まれる。ヘテロシクロアルキル基は単環式または二環式(例えば2個の縮合環もしくは架橋環を有する)の環系を含みうる。いくつかの態様では、ヘテロシクロアルキル基は、窒素、硫黄、および酸素より独立して選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子を有する単環式基である。ヘテロシクロアルキル基の環形成炭素原子およびヘテロ原子はオキソ基もしくはスルフィド基または他の酸化結合(例えばC(O)、S(O)、C(S)、もしくはS(O)2、N-オキシドなど)を形成するように酸化されていてもよく、窒素原子四級化されていてもよい。ヘテロシクロアルキル基は環形成炭素原子または環形成ヘテロ原子を通じて結合しうる。いくつかの態様では、ヘテロシクロアルキル基は0〜3個の二重結合を含む。いくつかの態様では、ヘテロシクロアルキル基は0〜2個の二重結合を含む。ヘテロシクロアルキル環に縮合した(すなわちシクロアルキル環と共通の結合を有する)1個または複数の芳香環を有する部分、例えばピペリジンモルホリンアゼピン等のベンゾまたはチエニル誘導体も、ヘテロシクロアルキルの定義に含まれる。縮合芳香環を含むヘテロシクロアルキル基は、縮合芳香環の環形成原子を含む任意の環形成原子を通じて結合しうる。ヘテロシクロアルキル基の例としてはアゼチジンアゼパンジヒドロベンゾフランジヒドロフランジヒドロピラン、モルホリン、3-オキサ-9-アザスピロ[5.5]ウンデカン、1-オキサ-8-アザスピロ[4.5]デカン、ピペリジン、ピペラジン、ピラン、ピロリジンキヌクリジンテトラヒドロフランテトラヒドロピラン、1,2,3,4-テトラヒドロキノリントロパン、およびチオモルホリンが挙げられる。

0121

本明細書において単独でまたは他の用語との組み合わせで使用される「ヘテロシクロアルキルアルキル」という用語は、式-アルキレン-ヘテロシクロアルキルの基を意味する。nが整数である「n員ヘテロシクロアルキルアルキル」という用語は、ヘテロシクロアルキルがn員であるヘテロアリールアルキルアルキル基を意味する。n、m、p、およびqが整数である「n〜m員Cp〜q-アルキル」という用語は、ヘテロシクロアルキルがn〜m員であり、アルキルがp〜q個の炭素原子を有する、ヘテロシクロアルキルアルキル基を意味する。いくつかの態様では、ヘテロシクロアルキルアルキルは4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルまたはC1〜9ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルであり、ここでヘテロシクロアルキル部分は、単環式または二環式であり、窒素、硫黄、および酸素より独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個のヘテロ原子環員を有する。いくつかの態様では、ヘテロシクロアルキルアルキルはC2〜9ヘテロシクロアルキル-C1〜4アルキルまたはC2〜9ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルであり、ここでヘテロシクロアルキル部分は、単環式または二環式であり、窒素、硫黄、および酸素より独立して選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子環員を有する。

0122

特定の場所で、定義または態様は特定の環(例えばアゼチジン環、ピリジン環など)を指すことがある。別途指示がない限り、原子の原子価を超えないという条件で、これらの環は任意の環員に結合可能である。例えば、アゼチジン環は環の任意の位置において結合可能であり、一方、アゼチジン-3-イル環は3位において結合する。

0123

任意の2個の基または2個の同じ置換基が選択肢のリストより「独立して選択される」場合、これらの基は同じでも異なっていてもよい。例えば、RaおよびRbがアルキル、フルオロ、アミノ、およびヒドロキシアルキルからなる群より独立して選択される場合、2個のRa基および2個のRb基を有する分子は、すべての基をアルキル基(例えば4個の異なるアルキル基)としてもよい。あるいは、第1のRaをアルキルとしてもよく、第2のRaをフルオロとしてもよく、第1のRbをヒドロキシアルキルとしてもよく、第2のRbをアミノ(または群から得られる任意の他の置換基)としてもよい。あるいは、両方のRaおよび第1のRbをフルオロとしてもよく、第2のRbをアルキルとしてもよい(すなわち、置換基のいくつかの対が同じでもよく、他の対が異なっていてもよい)。別途指示がない限り、同じ定義を有する2個以上の基が存在するがこの定義が選択肢を規定する場合、同じ基が出現する毎に独立してありうる選択肢より選択されると理解されるべきである。例えば、2個以上のRa基が化合物に存在し、Raの定義が、RaがA、B、またはCでありうると規定する場合、該化合物に存在する各Ra基がA、B、およびCより独立して選択され、したがって該化合物に存在するRa基が同じでも異なっていてもよいということが理解されるべきである。

0124

本明細書に記載の化合物は不斉でありうる(例えば1個または複数の立体中心を有する)。別途指示がない限り、鏡像異性体およびジアステレオマーなどのすべての立体異性体が意図されている。不斉置換炭素原子を含む本明細書に記載の化合物を光学活性体またはラセミ体として単離することができる。光学活性体を光学不活性出発原料からどのようにして調製するかに関する方法、例えばラセミ混合物分割または立体選択的合成は、当技術分野において公知である。オレフィン、C=N二重結合などの多くの幾何異性体が本明細書に記載の化合物に存在してもよく、すべてのこれらの安定な異性体が本発明において想定される。本発明の化合物のシスおよびトランス幾何異性体は、異性体混合物または別々の異性体として記載されておりかつ単離可能である。

0125

化合物のラセミ混合物の分割を、当技術分野において公知の数多くの方法のいずれかによって行うことができる。1つの方法としては、光学活性塩形成有機酸であるキラル分割酸を使用する分別再結晶が挙げられる。分別再結晶法に好適な分割剤としては例えば、酒石酸ジアセチル酒石酸、ジベンゾイル酒石酸、マンデル酸リンゴ酸乳酸、またはβ-カンファースルホン酸などの様々な光学活性カンファースルホン酸のD体およびL体などの光学活性酸がある。分別再結晶法に好適な他の分割剤としては、α-メチルベンジルアミン、2-フェニルグリシノールノルエフェドリンエフェドリン、N-メチルエフェドリン、シクロヘキシルエチルアミン、1,2-ジアミノシクロヘキサン立体異性的に純粋な形態(例えばS体およびR体、またはジアステレオ異性的に純粋な形態)などが挙げられる。

0126

ラセミ混合物の分割は、光学活性分割剤(例えばジニトロベンゾイルフェニルグリシン)で充填されたカラム上での溶離により行ってもよい。好適な溶離溶媒組成は当業者が確定することができる。

0127

いくつかの態様では、本発明の化合物は(R)-配置を示す。他の態様では、本化合物は(S)-配置を示す。別途指示がない限り、2個以上のキラル中心を有する化合物において、該化合物中の各キラル中心は独立して(R)または(S)でありうる。

0128

本明細書に記載の化合物は互変異性体を含んでもよい。互変異性体は、プロトン同時移動を伴う、単結合と隣接した二重結合との交換により生じる。互変異性体は、同じ実験式および総電荷を有する異性体プロトン化状態であるプロトトロピー互変異性体を含む。例示的なプロトトロピー互変異性体としてはケトン-エノール対、アミド-イミド酸対、ラクタム-ラクチム対、エナミン-イミン対、ならびにプロトンが複素環系の2つ以上の位置を占めうる環状体、例えば1H-および3H-イミダゾール、1H-、2H-、および4H-1,2,4-トリアゾール、1H-および2H-イソインドール、ならびに1H-および2H-ピラゾールが挙げられる。互変異性体は、平衡状態にあってもよく、適切な置換により1つの形態に立体的に固定されていてもよい。本開示は、記載される化合物のすべてのこれらの互変異性体を包含するように意図されている。

0129

また、本明細書に記載の化合物は、中間体または最終化合物中に生じる元素のすべての同位体を含みうる。同位体は、同一の原子番号を有するが異なる質量数を有する原子を含む。例えば、水素の同位体としてはトリチウムおよび重水素が挙げられる。

0130

本明細書において使用される「化合物」という用語は、図示される構造のすべての立体異性体、幾何異性体、互変異性体、および同位体を含むように意図されている。

0131

本明細書に記載の化合物は、酸性基および/または塩基性基を含みうるものであり、塩を形成可能でありうる。本開示は、塩の存在可能性が明確に記載されている場合であれ、そうでない場合であれ、化合物の酸性塩および塩基性塩の両方を含む、塩を形成可能である化合物のすべての塩を含むように意図されているものと理解されるべきである。さらに、塩である化合物が記載されている場合、該化合物の開示は、遊離塩基または遊離酸、およびその代替塩形態を含む、該化合物のすべての形態を含むように意図されているものと理解されよう。「塩」という用語は、親化合物が、既存の酸部分または塩基部分をその塩形態に変換することで修飾された、開示される化合物の誘導体を意味する。塩の例としては、アミンなどの塩基性残基鉱酸塩または有機酸塩;カルボン酸などの酸性残基のアルカリ塩または有機塩; などが挙げられるがそれに限定されない。「その塩(a salt thereof)」、「その塩(salt thereof)」、または「その塩(salts thereof)」という用語は、関連するマーカッシュ群の任意の先行するメンバーに適用可能である。例えば、A、B、C、およびその塩からなる群は、Aの塩である態様、Bの塩である態様、およびCの塩である態様をその範囲内に含むであろう。

0132

本明細書に開示の化合物の塩は、薬学的に許容される塩を含む。「薬学的に許容される塩」という用語は、無毒無機酸または有機酸から例えば形成される親化合物の無毒の塩を意味する。本発明の薬学的に許容される塩は、塩基性部分または酸性部分を含有する親化合物から従来の化学的方法により合成可能である。一般に、これらの塩は、これらの化合物の遊離酸または遊離塩基形態化学量論的量の適切な塩基または酸とを水もしくは有機溶媒または両者の混合物中で反応させることで調製可能であり、一般に、エーテル酢酸エチルアルコール(例えばメタノールエタノールイソプロパノールもしくはブタノール)、またはアセトニトリル(ACN)のような非水性媒体が好ましい。好適な塩のリストはRemington's Pharmaceutical Sciences, 17th Ed., (Mack Publishing Company, Easton, 1985), p. 1418; Berge et al., J. Pharm. Sci., 1977, 66(1), 1-19; およびStahl et al., Handbook of Pharmaceutical Salts: Properties, Selection, and Use, (Wiley, 2002)に見られる。いくつかの態様では、本明細書に記載の化合物はN-オキシド形態を含む。好適な薬学的に許容される塩に関するさらなる情報は、参照により本明細書に組み入れられるRemington's, Pharmaceutical Sciences (current edition), Mack Publishing Co., Easton, PAに見ることができる。

0133

化合物、および薬学的に許容される塩を含むその塩を、水および溶媒などの他の物質と共に見ることができ(例えば水和物および溶媒和物)、または単離することができる。本明細書に記載の化合物およびその塩は、固体状態のとき、様々な形態で生じうるし、例えば水和物を含む溶媒和物の形態を取りうる。化合物は、多形または溶媒和物などの任意の固体形態であることができ、したがって、別途明らかな指示がない限り、化合物およびその塩に対する言及は、化合物の任意の固体形態を包含するものと理解されるべきである。

0134

いくつかの態様では、本明細書に記載の化合物またはその塩は実質的に単離されている。「実質的に単離されている」とは、化合物が形成または検出された環境から化合物が少なくとも部分的にまたは実質的に分離されていることを意味する。部分的分離としては、例えば、本発明の化合物が濃縮された組成物を挙げることができる。実質的分離としては、少なくとも約50重量%、少なくとも約60重量%、少なくとも約70重量%、少なくとも約80重量%、少なくとも約90重量%、少なくとも約95重量%、少なくとも約97%、または少なくとも約99重量%の本発明の化合物またはその塩を含む組成を挙げることができる。

0135

c.略語
以下の略語は、本明細書中で使用可能であり、別途記載がない限りは以下に示す意味を有する: μ(マイクロ); ℃(摂氏度); Ac(アセチル); ACN(アセトニトリル); anhyd(無水); aq(水性); atm(雰囲気); Bn(ベンジル); Boc(tert-ブトキシカルボニル); Bu(ブチル); calcd(計算値);Cbz(ベンジルオキシカルボニル); chrom.(クロマトグラフィー);CPME(シクロペンチルメチルエーテル); CH2Cl2(ジクロロメタン); concd(濃縮); conc(濃度); DCC(N,N'-ジシクロヘキシルカルボジイミド); DIAD(ジイソプロピルアゾジカルボキシレート); DIEA(N,N-ジイソプロピルエチルアミン);DMAP(4-(N,N-ジメチルアミノ)ピリジン);DMF(ジメチルホルムアミド);DMSO(ジメチルスルホキシド); EDC(N-(3-ジメチルアミノプロピル)-N'-エチルカルボジイミド塩酸塩); equiv(当量);ES(エレクトロスプレー); Et(エチル); Et2O(ジエチルエーテル); g(グラム); h(時);HATU(N-[(ジメチルアミノ)-1H-1,2,3-トリアゾロ-[4,5-b]ピリジン-1-イルメチレン]-N-メチルメタンアミニウムヘキサフルオロホスフェートN-オキシド);HBTU(O-(ベンゾトリアゾール-1-イル)-N,N,N',N'-テトラメチル-O-(1H-ベンゾトリアゾール-1-イル)ウロニウム ヘキサフルオロホスフェート);HPLC(高速液体クロマトグラフィー); HOBt(1-ヒドロキシベンゾトリアゾール水和物); L(リットル); m(ミリ); m-(メタ); M(モル); MeCN(アセトニトリル); min(分);mL(ミリリットル); mol(モル;分子(mol wtのように)); Ms(メタンスルホニル); MS(質量分析); MW(分子量);NBS(N-ブロモスクシンイミド);NCS(N-クロロスクシンイミド); NIS(N-ヨードスクシンイミド); NHS(N-ヒドロキシスクシンイミド); NMM(4-メチルモルホリン); NMR(核磁気共鳴); o-(オルト); obsd(観測値); p-(パラ); Ph(フェニル); Phth(フタルイミド); ppt(析出物); Pr(プロピル); psi(ポンド平方インチ); temp(温度); TFA(トリフルオロ酢酸); THF(テトラヒドロフラン);TPP(トリフェニルホスフィン); およびTr(トリチル)。他の略語も使用可能であり、当業者が理解するであろう意味を有する。

0136

II.化合物
A. 式I-1の化合物
特定の局面では、本開示は、式(I-1)の化合物またはその塩を提供する:

式中、
Cy1Aは非置換もしくは置換C6〜10アリールまたは非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリールであり; Cy1Aを形成する5〜10員ヘテロアリールの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; Cy1Aを形成する置換C6〜10アリールまたは置換5〜10員ヘテロアリールは、RCy1A、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、C(=NRe11)NRc11C(O)ORa11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;
各RCy1Aは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy1Aを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子からなり、RCy1Aを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、RCy1Aを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
R11はH、またはC1〜6アルキル、C6〜10アリール-C1〜6アルキル、もしくは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルであり、R11を形成するC1〜6アルキルは、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、R11を形成するC6〜10アリール-C1〜6アルキルまたは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルは、置換されていないか、またはC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
R12はHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、
R11およびR12は、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成し;
A11はCR13R15またはNであり;
各R13は独立してCy1B、(CR13AR13B)n3Cy1B、(C1〜6アルキレン)Cy1B、(C2〜6アルケニレン)Cy1B、(C2〜6アルキニレン)Cy1B、またはOCy1Bであり、R13のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソからなる群よりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されており;
各R14は独立してHおよびC1〜6アルキルより選択され;
R15はH、R13、C1〜6アルキル、およびOHより選択され;
隣接した炭素原子に結合しているR14基同士の対、または隣接した炭素原子に結合しているR14基とR15基との対は、他のR14の存在から独立して、一緒になって、R14基同士の対またはR14基とR15基との対が結合している隣接した炭素原子を接続する結合で置き換えられていてもよく、これにより隣接した炭素原子は二重結合により接続され; あるいは、
同じ炭素原子に結合しているR14基同士の対、または同じ炭素原子に結合しているR13基とR15基との対は、他のR14の存在から独立して、R14基同士の対またはR13基とR15基との対が一緒に結合している炭素原子と一緒になって、スピロ縮合C3〜10シクロアルキル環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環を形成してもよく、形成される4〜10員ヘテロシクロアルキル環の環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり、形成されるスピロ縮合C3〜10シクロアルキル環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環は、ハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基でさらに置換されていてもよく; あるいは、
隣接した炭素原子に結合しているR14基同士の対、または隣接した炭素原子に結合しているR14基とR15基との対は、他のR14の存在から独立して、R14基同士の対またはR14基とR15基との対が結合している隣接した炭素原子と一緒になって、縮合C3〜10シクロアルキル環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環を形成してもよく、形成される4〜10員ヘテロシクロアルキル環の環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり、形成される縮合C3〜10シクロアルキル環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環は、ハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基でさらに置換されていてもよく; あるいは、
2個の隣接した炭素原子に結合している4個のR14基の群、または2個の隣接した炭素原子に結合している2個のR14基と1個のR13基と1個のR15基の群は、他のR14の存在から独立して、4個のR14基の群または2個のR14基と1個のR13基と1個のR15基の群が結合している2個の隣接した炭素原子と一緒になって、縮合C6〜10アリール環もしくは5〜10員ヘテロアリール環、C3〜10シクロアルキル環、または4〜10員ヘテロシクロアルキル環を形成してもよく、形成される5〜10員ヘテロアリール環または4〜10員ヘテロシクロアルキル環の環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり、形成される縮合C6〜10アリール環もしくは5〜10員ヘテロアリール環、C3〜10シクロアルキル環、または4〜10員ヘテロシクロアルキル環は、ハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基でさらに置換されていてもよく;
n1は1または2であり;
n2は0、1、または2であるが;
但し、n1およびn2の合計は1、2、または3であり;
但し、n1が1であるかまたはn2が0である場合、A11はCR13R15であり;
n3は0、1、または2であり;
各R13Aは独立してHまたはC1〜6アルキルであり;
各R13Bは独立してHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、
同じ炭素原子に結合したR13AおよびR13Bは、任意の他のR13A基およびR13B基より独立して、一緒になって-(CH2)2〜5-を形成してもよく、それにより3〜6員シクロアルキル環を形成し;
Cy1Bは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy1Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;
Cy1Bを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy1B、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、C(=NRe11)NRc11C(O)ORa11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;
各RCy1Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy1Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy1Bを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy1Bを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
R16はH、Cy1C、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルであり、R16を形成するC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは、置換されていないか、またはCy1C、ハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソからなる群より選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されているが、但し、R16の置換基のうち1個以下はCy1Cであり;
Cy1Cは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy1Cを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;
Cy1Cを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy1C、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、C(=NRe11)NRc11C(O)ORa11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;
各RCy1Cは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy1Cを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy1Cを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy1Cを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa11、SRa11、C(O)Rb11、C(O)NRc11Rd11、C(O)ORa11、OC(O)Rb11、OC(O)NRc11Rd11、NRc11Rd11、NRc11C(O)Rb11、NRc11C(O)NRc11Rd11、NRc11C(O)ORa11、C(=NRe11)NRc11Rd11、NRc11C(=NRe11)NRc11Rd11、S(O)Rb11、S(O)NRc11Rd11、S(O)2Rb11、NRc11S(O)2Rb11、S(O)2NRc11Rd11、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
Ra11、Rb11、Rc11、およびRd11はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7 シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra11、Rb11、Rc11、およびRd11を形成する該C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、C1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa12、SRa12、C(O)Rb12、C(O)NRc12Rd12、C(O)ORa12、OC(O)Rb12、OC(O)NRc12Rd12、NRc12Rd12、NRc12C(O)Rb12、NRc12C(O)NRc12Rd12、NRc12C(O)ORa12、C(=NRe12)NRc12Rd12、NRc12C(=NRe12)NRc12Rd12、S(O)Rb12、S(O)NRc12Rd12、S(O)2Rb12、NRc12S(O)2Rb12、S(O)2NRc12Rd12、およびオキソより独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、
同じN原子に結合しているRc11およびRd11は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、それぞれがC1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa12、SRa12、C(O)Rb12、C(O)NRc12Rd12、C(O)ORa12、OC(O)Rb12、OC(O)NRc12Rd12、NRc12Rd12、NRc12C(O)Rb12、NRc12C(O)NRc12Rd12、NRc12C(O)ORa12、C(=NRe12)NRc12Rd12、NRc12C(=NRe12)NRc12Rd12、S(O)Rb12、S(O)NRc12Rd12、S(O)2Rb12、NRc12S(O)2Rb12、S(O)2NRc12Rd12、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく;
Ra12、Rb12、Rc12、およびRd12はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra12、Rb12、Rc12、およびRd12を形成する該C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、OH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、
同じN原子に結合しているRc12およびRd12は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、そのそれぞれが、置換されていないか、またはOH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
Re11およびRe12はそれぞれ独立してH、CN、またはNO2である。

0137

いくつかの態様では、化合物は式(I-2):

の化合物である。

0138

いくつかの態様では、Cy1Aは非置換または置換アリールである。

0139

いくつかの態様では、Cy1Aは非置換または置換フェニルである。

0140

いくつかの態様では、Cy1Aは置換フェニルである。

0141

いくつかの態様では、Cy1Aは少なくとも1個のORa11または少なくとも1個のC(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、もしくはC(=NRe11)NRc11C(O)ORa11で置換されている。

0142

いくつかの態様では、Cy1Aは少なくとも1個のORa11で置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている。

0143

いくつかの態様では、Cy1Aは少なくとも1個のOHで置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている。

0144

いくつかの態様では、Cy1Aは好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe11)NRc11Rd11、C(=NORa11)NRc11Rd11、C(=NOC(O)Rb11)NRc11Rd11、C(=NRe11)NRc11C(O)ORa11で置換されている。

0145

いくつかの態様では、Cy1Aは好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe11)NRc11Rd11で置換されている。

0146

いくつかの態様では、Cy1Aは好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NH)NH2で置換されている。

0147

いくつかの態様では、Cy1Aは下記式:

のうちいずれか1つである。

0148

いくつかの態様では、Cy1Aを規定する式中で、各RCy1Aは独立してC1〜6アルキル、例えばメチル、またはハロゲン、例えばClもしくはBr、またはアミノである。

0149

いくつかの態様では、Cy1Aは下記式:

のうちいずれか1つである。

0150

いくつかの態様では、Cy1Aを規定する式中で、Ra11はC1〜6アルキル、例えばメチルであり、Rb11はC1〜6アルキル、例えばメチルであり、Rb11はC1〜6ハロアルキル、例えばトリフルオロメチルであり、Rc11はアルキル、例えばメチルである。

0151

いくつかの態様では、Cy1Aは非置換または置換ヘテロアリールである。

0152

いくつかの態様では、Cy1Aは非置換または置換のピリジン-3-イル、1H-ピロロ[2,3-b]ピリジン-5-イル、または1H-ベンゾ[d]イミダゾール-6-イルである。

0153

いくつかの態様では、Cy1Aは下記式:





のうちいずれか1つである。

0154

いくつかの態様では、Cy1Aを規定する式中の各RCy1Aは独立してC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばF、Cl、もしくはBr、好ましくはCl、またはアミノである。

0155

いくつかの態様では、Cy1Aを規定する式中の窒素に結合している各RCy1AはC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチルである。

0156

いくつかの態様では、R11はC1〜6アルキルである。

0157

いくつかの態様では、R11はメチルである。

0158

いくつかの態様では、R11はHである。

0159

いくつかの態様では、R12はHである。

0160

いくつかの態様では、R12はC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチル、好ましくはメチルである。

0161

いくつかの態様では、R11およびR12は、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成する。

0162

いくつかの態様では、n1は1である。

0163

いくつかの態様では、n1は2である。

0164

いくつかの態様では、n2は0である。

0165

いくつかの態様では、n2は1である。

0166

いくつかの態様では、n2は2である。

0167

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-1a)〜(I-1f)および(I-2a)〜(I-2r):




のうちいずれかに一致する。

0168

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-1g)〜(I-1o)および(I-2aa)〜(I-2az):




のうちいずれかに一致する。

0169

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-3)〜(I-9):

のうちいずれかに一致する。

0170

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-3a)〜(I-3k):

のうちいずれかに一致する。

0171

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-4a)〜(I-4bf):





のうちいずれかに一致する。

0172

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-5a)〜(I-5u):



のうちいずれかに一致する。

0173

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-6a)〜(I-6cw):









のうちいずれかに一致する。

0174

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-7a)〜(I-7co):









のうちいずれかに一致する。

0175

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-8a)〜(I-8z):



のうちいずれかに一致する。

0176

いくつかの態様では、化合物は下記式(I-9a)〜(I-9z):



のうちいずれかに一致する。

0177

いくつかの態様では、R13はCy1Bである。

0178

いくつかの態様では、R13は(C1〜6アルキレン)Cy1B、(C2〜6アルケニレン)Cy1B、または(C2〜6アルキニレン)Cy1Bである。いくつかの態様では、R13のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は置換されていない。

0179

いくつかの態様では、R13は(CR13AR13B)n3Cy1Bである。

0180

いくつかの態様では、各R13AはHである。

0181

いくつかの態様では、各R13BはHである。

0182

いくつかの態様では、n3は0である。

0183

いくつかの態様では、n3は1である。

0184

いくつかの態様では、n3は2である。

0185

いくつかの態様では、R13は(CH2)0〜2Cy1Bである。

0186

いくつかの態様では、R13はCH2Cy1Bである。

0187

いくつかの態様では、R13はCH2CH2Cy1Bである。

0188

いくつかの態様では、R13はOCy1Bである。

0189

いくつかの態様では、Cy1Bは非置換C6〜10アリールである。

0190

いくつかの態様では、Cy1Bは非置換フェニルである。

0191

いくつかの態様では、Cy1Bは非置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである。

0192

いくつかの態様では、Cy1Bは非置換5〜10員ヘテロアリールである。

0193

いくつかの態様では、Cy1Bは非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、または非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリルである。

0194

いくつかの態様では、Cy1Bは置換C6〜10アリールである。

0195

いくつかの態様では、Cy1Bは置換フェニルである。

0196

いくつかの態様では、Cy1Bはビフェニリル(すなわちフェニルで置換されたフェニル)、例えば2-、3-、または4-ビフェニリルである。

0197

いくつかの態様では、Cy1Bは置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである。

0198

いくつかの態様では、Cy1Bは置換5〜10員ヘテロアリールである。

0199

いくつかの態様では、Cy1Bは置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、または置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリルである。

0200

いくつかの態様では、Cy1Bは、RCy1B、ハロゲン、およびC1〜6ハロアルキルよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており; 各RCy1Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびC6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールより選択され、RCy1Bを形成する各C6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールは、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびハロアルキルより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されている。

0201

いくつかの態様では、R13は下記式:





の基より選択される。

0202

いくつかの態様では、R13を表す式中のRCy1BはC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばフッ素もしくは塩素、好ましくはフッ素である。

0203

いくつかの態様では、R13を表す式中のRCy1BはC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチル、好ましくはメチルである。

0204

いくつかの態様では、R13を表す式中のRCy1Bはハロゲン、例えばフッ素または塩素、好ましくはフッ素である。

0205

いくつかの態様では、1個以下のR14は水素以外である。

0206

いくつかの態様では、1個以下のR14は水素以外であり、1個のR14はC1〜6アルキル、例えばメチルである。

0207

いくつかの態様では、各R14は水素である。

0208

いくつかの態様では、A11はNである。

0209

いくつかの態様では、R15は水素である。

0210

いくつかの態様では、R15はC1〜6アルキル、例えばメチルである。

0211

いくつかの態様では、R15はヒドロキシルである。

0212

いくつかの態様では、R16は水素である。

0213

いくつかの態様では、R16は非置換または置換のC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルである。

0214

いくつかの態様では、R16は非置換C1〜6アルキル、例えばメチルである。

0215

いくつかの態様では、R16は置換C1〜6アルキルである。

0216

いくつかの態様では、R16を形成する置換C1〜6アルキルは、ハロゲン、CN、C(O)NRc11Rd11、およびC(O)ORa11からなる群より選択される1個、2個、3個、4個、または5個、例えば1個、2個、または3個、好ましくは1個の置換基で置換されている。

0217

いくつかの態様では、R16は(CH2)1〜6C(O)ORa11である。

0218

いくつかの態様では、R16を規定するRa11はHまたはC1〜6アルキル、例えばメチルである。

0219

いくつかの態様では、R16を規定するRa11はHである。

0220

いくつかの態様では、Ra11、Rb11、Rc11、およびRd11、Ra12、Rb12、Rc12、およびRd12はそれぞれ独立してHおよびC1〜6アルキルより選択される。

0221

いくつかの態様では、各Re11および各Re12はHである。

0222

いくつかの態様では、式(I-1)の化合物およびその態様は、薬学的に許容される塩などの塩の形態でありうる。

0223

式(I-1)の化合物およびその態様は、MASP-2阻害剤として、かつ治療的使用に有用である。式(I-1)の化合物およびその態様は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(I-1)の化合物、または場合によっては塩の形態であるその態様を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0224

いくつかの態様では、式(I-1)の化合物またはその態様は、該化合物またはその塩、例えば薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物の形態で提供される。

0225

特定の局面では、化合物は、表31に列挙される化合物を含む実施例に記載の式(I-1)の化合物(例えば、MASP-2に対してトロンビンを超える選択性を示す化合物)より選択される1種または複数である。特定の局面では、式(I)の化合物を規定する1つまたは複数の変動要素(例えばCy1A; RCy1A; R11; R12; A11; R13; R14; R15; n1; n2; n3; R13A; R13B; Cy1B; R16; R16A; R16B; Cy1C; RCy1C; Ra11; Rb11; Rc11; Rd11; Re11; Ra12; Rb12, Rc12; Rd12; およびRe11)は、表31に列挙される化合物を含む実施例における式(I-1)の化合物中の対応する置換基、好ましくはMASP-2に対してトロンビンを超える選択性を示す化合物の対応する置換基より選択される。

0226

特定の局面では、本発明は、立体化学的に純粋な鏡像異性体またはジアステレオマー(例えば1個または複数のキラル中心を有する光学活性化合物)を記述する。別途具体的に指示されない限り、1個または複数の立体中心を有する任意の本発明の化合物に関して、本発明は、純粋な(+)および(-)の両方の鏡像異性体、任意の他のジアステレオマー、1つの鏡像異性体またはジアステレオマーが濃縮された混合物(例えば鏡像異性体過剰率またはジアステレオマー過剰率10%、20%、30%、40%、50%、60%、70% 75%、80%、85、90%、または95%)、ならびに鏡像異性体またはジアステレオマーのラセミ混合物を含みかつ記述するように意図されている。

0227

特定の局面では、本発明は、指示された化学構造の薬学的に許容される塩(例えば塩酸塩または二塩酸塩などのハロゲン化水素酸塩)を記述する。薬学的に許容される塩の例は、例えばBurge, S. M. et al., J. Pharm. Sci 1977, 66, 1-19に記載されている。塩化物臭化物ヨウ化物ギ酸塩酢酸塩プロピオネートシュウ酸塩マロン酸塩コハク酸塩フマル酸塩マレイン酸塩酒石酸塩クエン酸塩安息香酸塩フタル酸塩スルホン酸塩アリールスルホン酸塩、アルキルスルホン酸塩脂肪酸塩などが挙げられる。塩は、共役酸または共役塩基による沈殿(例えば気体HClまたはHCl溶液による処理)を含む、当業者に公知の種々の方法により調製可能である。

0228

特定の局面では、本発明はプロドラッグを記述する。プロドラッグとは、生理的条件下で多くの場合では加水分解、酸化、または還元(例えばエステルから酸形態への;カルバミン酸エステルからアミノ基またはヒドロキシ基への;ヒドロキシアミジンからアミジンへの)により生物活性体に変換される化合物のことである。例示的なプロドラッグは例えばTilley, J.W., "Prodrugs of Benzamide," Prodrugs 2007, 191-222; Peterlin-Masic et al. Curr. Pharma. Design 2006, 12, 73-91に記載されている。アミジン基のプロドラッグとしてはアミドオキシム、O-アルキルアミドオキシムアシルアジン、カルバミン酸エステル、1,2,4-オキサジアゾリン-4-オンなどが挙げられる。

0229

特定の局面では、化合物はMASP-2をトロンビンよりも高選択的に阻害するために有用であり、方法は本明細書に記載の化合物を投与する段階を含む。特定の局面では、MASP-2:トロンビンの選択性比は少なくとも1.1:1、1.25:1、1.5:1、1.75:1、2:1、3:1、4:1、5:1、6:1、7:1、8:1、9:1、10:1、11:1、12:1、13:1、14:1、15:1、16:1、17:1、18:1、19:1、20:1、21:1、22:1、23:1、24:1、25:1、または30:1である。

0230

B. 式IIAおよびIIBの化合物
特定の局面では、本開示は、式(IIA)および(IIB)の化合物またはその塩を提供する:

式中、
Cy2Aは非置換もしくは置換C6〜10アリールまたは非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリールであり; Cy2Aを形成する5〜10員ヘテロアリールの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; Cy2Aを形成する置換C6〜10アリールまたは置換5〜10員ヘテロアリールは、RCy2A、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、C(=NORa21)NRc21Rd21、C(=NOC(O)Rb21)NRc21Rd21、C(=NRe21)NRc21C(O)ORa21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;
各RCy2Aは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy2Aを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子からなり、RCy2Aを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、RCy2Aを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
R21はH、またはC1〜6アルキル、C6〜10アリール-C1〜6アルキル、もしくは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルであり、R21を形成するC1〜6アルキルは、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、R21を形成するC6〜10アリール-C1〜6アルキルまたは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルは、置換されていないか、またはC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
R22はHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、
R21およびR22は、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成し;
A23はNまたはNR23であり;
A24はCR24、N、またはNR24であり;
A26はCR26またはSであるが;
但し、
式(IIA)中のA23、A24、およびA26は、A23、A24、およびA26を含む環がヘテロアリール環であるように選択され、記号

は芳香環(規格化)結合を表し;
R23はHまたはC1〜6アルキルであり;
R24はH、C1〜6アルキル、またはフェニルであり;
R25はCy2B、(CR25AR25B)n25Cy2B、(C1〜6アルキレン)Cy2B、(C2〜6アルケニレン)Cy2B、または(C2〜6アルキニレン)Cy2Bであり、R25のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソからなる群よりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されており;
R26はHまたはC1〜6アルキルであり;
各R25AはHまたはC1〜6アルキルであり;
各R25BはHまたはC1〜6アルキルであり;
n25は0、1、または2であり;
Cy2Bは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy2Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;
Cy2Bを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy2B、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、C(=NORa21)NRc21Rd21、C(=NOC(O)Rb21)NRc21Rd21、C(=NRe21)NRc21C(O)ORa21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;
各RCy2Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy2Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy2Bを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy2Bを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa21、SRa21、C(O)Rb21、C(O)NRc21Rd21、C(O)ORa21、OC(O)Rb21、OC(O)NRc21Rd21、NRc21Rd21、NRc21C(O)Rb21、NRc21C(O)NRc21Rd21、NRc21C(O)ORa21、C(=NRe21)NRc21Rd21、NRc21C(=NRe21)NRc21Rd21、S(O)Rb21、S(O)NRc21Rd21、S(O)2Rb21、NRc21S(O)2Rb21、S(O)2NRc21Rd21、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
Ra21、Rb21、Rc21、およびRd21はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7 シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra21、Rb21、Rc21、およびRd21を形成する該C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、C1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa22、SRa22、C(O)Rb22、C(O)NRc22Rd22、C(O)ORa22、OC(O)Rb22、OC(O)NRc22Rd22、NRc22Rd22、NRc22C(O)Rb22、NRc22C(O)NRc22Rd22、NRc22C(O)ORa22、C(=NRe22)NRc22Rd22、NRc22C(=NRe22)NRc22Rd22、S(O)Rb22、S(O)NRc22Rd22、S(O)2Rb22、NRc22S(O)2Rb22、S(O)2NRc22Rd22、およびオキソより独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、
同じN原子に結合しているRc21およびRd21は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、それぞれがC1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa22、SRa22、C(O)Rb22、C(O)NRc22Rd22、C(O)ORa22、OC(O)Rb22、OC(O)NRc22Rd22、NRc22Rd22、NRc22C(O)Rb22、NRc22C(O)NRc22Rd22、NRc22C(O)ORa22、C(=NRe22)NRc22Rd22、NRc22C(=NRe22)NRc22Rd22、S(O)Rb22、S(O)NRc22Rd22、S(O)2Rb22、NRc22S(O)2Rb22、S(O)2NRc22Rd22、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく;
Ra22、Rb22、Rc22、およびRd22はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra22、Rb22、Rc22、およびRd22を形成する該C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、OH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、
同じN原子に結合しているRc22およびRd22は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、そのそれぞれが、置換されていないか、またはOH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
Re21およびRe22はそれぞれ独立してH、CN、またはNO2である。

0231

いくつかの態様では、Cy2Aは非置換または置換アリールである。

0232

いくつかの態様では、Cy2Aは非置換または置換フェニルである。

0233

いくつかの態様では、Cy2Aは置換フェニルである。

0234

いくつかの態様では、Cy2Aは少なくとも1個のORa21または少なくとも1個のC(=NRe21)NRc21Rd21、C(=NORa21)NRc21Rd21、C(=NOC(O)Rb21)NRc21Rd21、もしくはC(=NRe21)NRc21C(O)ORa21で置換されている。

0235

いくつかの態様では、Cy2Aは少なくとも1個のORa21で置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている。

0236

いくつかの態様では、Cy2Aは少なくとも1個のOHで置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている。

0237

いくつかの態様では、Cy2Aは好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe21)NRc21Rd21、C(=NORa21)NRc21Rd21、C(=NOC(O)Rb21)NRc21Rd21、C(=NRe21)NRc21C(O)ORa21で置換されている。

0238

いくつかの態様では、Cy2Aは好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe21)NRc21Rd21で置換されている。

0239

いくつかの態様では、Cy2Aは好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NH)NH2で置換されている。

0240

いくつかの態様では、Cy2Aは下記式:

のうちいずれか1つである。

0241

いくつかの態様では、Cy2Aを規定する式中で、各RCy2Aは独立してC1〜6アルキル、例えばメチル、またはハロゲン、例えばClもしくはBr、またはアミノである。

0242

いくつかの態様では、Cy2Aは下記式:

のうちいずれか1つである。

0243

いくつかの態様では、Ra21はC1〜6アルキルであり、Rb21はC1〜6アルキルである。

0244

いくつかの態様では、Cy2Aは非置換または置換ヘテロアリール、例えばピリジン-3-イル、1H-ピロロ[2,3-b]ピリジン-5-イル、または1H-ベンゾ[d]イミダゾール-6-イルである。

0245

いくつかの態様では、Cy2Aは下記式:





のうちいずれか1つである。

0246

いくつかの態様では、Cy2Aを規定する式中の各RCy2Aは独立してC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばF、Cl、もしくはBr、好ましくはClである。

0247

いくつかの態様では、Cy2Aを規定する式中の窒素に結合している各RCy2AはC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチルである。

0248

いくつかの態様では、R21はC1〜6アルキルである。

0249

いくつかの態様では、R21はメチルである。

0250

いくつかの態様では、R21はHである。

0251

いくつかの態様では、R22はHである。

0252

いくつかの態様では、R22はC1〜6アルキルである。

0253

いくつかの態様では、R22はメチルである。

0254

いくつかの態様では、R21およびR22は、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成する。

0255

いくつかの態様では、化合物は式(IIA)の化合物である。

0256

いくつかの態様では、化合物は下記式(IIA-1a)または(IIA-1b):

のうちいずれかに一致する。

0257

いくつかの態様では、化合物は下記式(IIA-2)〜(IIA-5):

のうちいずれかに一致する。

0258

いくつかの態様では、化合物は下記式(IIA-2a)〜(IIA-5b):

のうちいずれかに一致する。

0259

いくつかの態様では、化合物は式(IIB)の化合物である。

0260

いくつかの態様では、化合物は下記式(IIB-1a)または(IIB-1b):

のうちいずれかに一致する。

0261

いくつかの態様では、R23はHである。

0262

いくつかの態様では、R23はC1〜6アルキルである。

0263

いくつかの態様では、R24はHである。

0264

いくつかの態様では、R24はC1〜6アルキルである。

0265

いくつかの態様では、R24はフェニルである。

0266

いくつかの態様では、R25はCy2Bである。

0267

いくつかの態様では、R25は(C1〜6アルキレン)Cy2B、(C2〜6アルケニレン)Cy2B、または(C2〜6アルキニレン)Cy2Bであり、R25のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は置換されていないかまたは置換されている。

0268

いくつかの態様では、R25は(C1〜6アルキレン)Cy2B、(C2〜6アルケニレン)Cy2B、または(C2〜6アルキニレン)Cy2Bであり、R25のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は置換されていない。

0269

いくつかの態様では、R25は(CR25AR25B)n25Cy2Bである。

0270

いくつかの態様では、各R25AはHである。

0271

いくつかの態様では、各R25BはHである。

0272

いくつかの態様では、n25は0である。

0273

いくつかの態様では、n25は1である。

0274

いくつかの態様では、n25は2である。

0275

いくつかの態様では、R25はCH2Cy2Bである。

0276

いくつかの態様では、R25はCH2CH2Cy2Bである。

0277

いくつかの態様では、Cy2Bは非置換C6〜10アリールである。

0278

いくつかの態様では、Cy2Bは非置換フェニルである。

0279

いくつかの態様では、Cy2Bは非置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである。

0280

いくつかの態様では、Cy2Bは非置換5〜10員ヘテロアリールである。

0281

いくつかの態様では、Cy2Bは非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、または非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリルである。

0282

いくつかの態様では、Cy2Bは置換C6〜10アリールである。

0283

いくつかの態様では、Cy2Bは置換フェニルである。

0284

いくつかの態様では、Cy2Bはビフェニリル(すなわちフェニルで置換されたフェニル)、例えば2-、3-、または4-ビフェニリルである。

0285

いくつかの態様では、Cy2Bは置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである。

0286

いくつかの態様では、Cy2Bは置換5〜10員ヘテロアリールである。

0287

いくつかの態様では、Cy2Bは置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、または置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリルである。

0288

いくつかの態様では、Cy2Bは、RCy2B、ハロゲン、およびC1〜6ハロアルキルよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており; 各RCy2Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびC6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールより選択され、RCy2Bを形成する各C6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールは、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびハロアルキルより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されている。

0289

いくつかの態様では、R25は下記式:






の基より選択される。

0290

いくつかの態様では、R25を表す式中のRCy2BはC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばフッ素もしくは塩素、好ましくはフッ素である。

0291

いくつかの態様では、R25を表す式中のRCy2BはC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチル、好ましくはメチルである。

0292

いくつかの態様では、R25を表す式中のRCy2Bはハロゲン、例えばフッ素または塩素、好ましくはフッ素である。

0293

いくつかの態様では、Ra21、Rb21、Rc21、Rd21、Ra22、Rb22、Rc22、Rd22はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキルより選択される。

0294

いくつかの態様では、各Re21および各Re22はHである。

0295

式(IIA)および(IIB)の化合物ならびにその態様は、MASP-2阻害剤として、かつ治療的使用に有用である。

0296

いくつかの態様では、式(IIA)および(IIB)の化合物ならびにその態様は、薬学的に許容される塩などの塩の形態でありうる。

0297

式(IIA)および(IIB)の化合物ならびにその態様は、MASP-2阻害剤として、かつ治療的使用に有用である。式(IIA)および(IIB)の化合物ならびにその態様は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(IIA)もしくは(IIB)の化合物、または場合によっては塩の形態であるその態様を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0298

いくつかの態様では、式(IIA)もしくは(IIB)の化合物またはその態様は、該化合物またはその塩、例えば薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物の形態で提供される。

0299

特定の局面では、化合物は、表31に列挙される化合物を含む実施例に記載の式(IIA)および(IIB)の化合物(例えば、MASP-2に対してトロンビンを超える選択性を示す化合物)より選択される1種または複数である。特定の局面では、式(IIA)および(IIB)の化合物を規定する1つまたは複数の変動要素(例えばCy2A、RCy2A、Cy2B、RCy2B、A23、A24、A26、R21、R22、R23、R24、R25、R26、n25、Ra21、Rb21、Rc21、Rd21、Re21、Ra22、Rb22、Rc22、Rd22、およびRe22)は、表31に列挙される化合物を含む実施例における式(IIA)および(IIB)の化合物中の対応する置換基、好ましくはMASP-2に対してトロンビンを超える選択性を示す化合物の対応する置換基より選択される。

0300

特定の局面では、本発明は、立体化学的に純粋な鏡像異性体またはジアステレオマー(例えば1個または複数のキラル中心を有する光学活性化合物)を記述する。別途具体的に指示されない限り、1個または複数の立体中心を有する任意の本発明の化合物に関して、本発明は、純粋な(+)および(-)の両方の鏡像異性体、任意の他のジアステレオマー、1つの鏡像異性体またはジアステレオマーが濃縮された混合物(例えば鏡像異性体過剰率またはジアステレオマー過剰率10%、20%、30%、40%、50%、60%、70% 75%、80%、85、90%、または95%)、ならびに鏡像異性体またはジアステレオマーのラセミ混合物を含みかつ記述するように意図されている。

0301

特定の局面では、本発明は、指示された化学構造の薬学的に許容される塩(例えば塩酸塩または二塩酸塩などのハロゲン化水素酸塩)を記述する。薬学的に許容される塩の例は、例えばBurge, S. M. et al., J. Pharm. Sci 1977, 66, 1-19に記載されている。塩化物、臭化物、ヨウ化物、ギ酸塩、酢酸塩、プロピオネート、シュウ酸塩、マロン酸塩、コハク酸塩、フマル酸塩、マレイン酸塩、酒石酸塩、クエン酸塩、安息香酸塩、フタル酸塩、スルホン酸塩、アリールスルホン酸塩、アルキルスルホン酸塩、脂肪酸塩などが挙げられる。塩は、共役酸または共役塩基による沈殿(例えば気体HClまたはHCl溶液による処理)を含む、当業者に公知の種々の方法により調製可能である。

0302

特定の局面では、本発明はプロドラッグを記述する。プロドラッグとは、生理的条件下で多くの場合では加水分解、酸化、または還元(例えばエステルから酸形態への;カルバミン酸エステルからアミノ基またはヒドロキシ基への;ヒドロキシアミジンからアミジンへの)により生物活性体に変換される化合物のことである。例示的なプロドラッグは例えばTilley, J.W., "Prodrugs of Benzamide," Prodrugs 2007, 191-222; Peterlin-Masic et al. Curr. Pharma. Design 2006, 12, 73-91に記載されている。アミジン基のプロドラッグとしてはアミドオキシム、O-アルキルアミドオキシム、アシルアミジン、カルバミン酸エステル、1,2,4-オキサジアゾリン-4-オンなどが挙げられる。

0303

特定の局面では、化合物はMASP-2をトロンビンよりも高選択的に阻害するために有用であり、方法は本明細書に記載の化合物を投与する段階を含む。特定の局面では、MASP-2:トロンビンの選択性比は少なくとも1.1:1、1.25:1、1.5:1、1.75:1、2:1、3:1、4:1、5:1、6:1、7:1、8:1、9:1、10:1、11:1、12:1、13:1、14:1、15:1、16:1、17:1、18:1、19:1、20:1、21:1、22:1、23:1、24:1、25:1、または30:1である。

0304

C. 式IIIの化合物
特定の局面では、本開示は、MASP-2関連疾患または障害の処置における使用のための、式(III)の化合物またはその塩を提供する:

式中、
Cy3Aは非置換もしくは置換C6〜10アリールまたは非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリールであり; Cy3Aを形成する5〜10員ヘテロアリールの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; Cy3Aを形成する置換C6〜10アリールまたは置換5〜10員ヘテロアリールは、RCy3A、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、C(=NRe31)NRc31C(O)ORa31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;
各RCy3Aは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy3Aを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、3個、または4個のヘテロ原子からなり、RCy3Aを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、RCy3Aを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
R31はH、またはC1〜6アルキル、C6〜10アリール-C1〜6アルキル、もしくは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルであり、R31を形成するC1〜6アルキルは、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており、R31を形成するC6〜10アリール-C1〜6アルキルまたは5〜10員ヘテロアリール-C1〜6アルキルは、置換されていないか、またはC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
R32はHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、
R31およびR32は、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成し;
R33はCy3B、(CR33AR33B)n33Cy3B、(C1〜6アルキレン)Cy3B、(C2〜6アルケニレン)Cy3B、または(C2〜6アルキニレン)Cy3Bであり、R35のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソからなる群よりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、もしくは5個の置換基で置換されており;
各R33Aは独立してHまたはC1〜6アルキルであり;
各R33Bは独立してHまたはC1〜6アルキルであり; あるいは、
同じ炭素原子に結合したR33AおよびR33Bは、任意の他のR33A基およびR33B基より独立して、一緒になって-(CH2)2〜5-を形成してもよく、それにより3〜6員シクロアルキル環を形成し;
n33は0、1、2、または3であり;
Cy3Bは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy3Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;
Cy3Bを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy3B、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、C(=NRe31)NRc31C(O)ORa31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;
各RCy3Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy3Bを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy3Bを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy3Bを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
R34はHおよびC1〜6アルキルより選択され;
R35はH、非置換または置換C1〜6アルキル、およびCy3Cより選択され、R35を形成する置換C1〜6アルキルは、Cy3C、ハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソからなる群より選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されているが; 但し、R35の置換基のうち1個以下はCy3Cであり;
Cy3Cは非置換もしくは置換C6〜10アリール、非置換もしくは置換5〜10員ヘテロアリール、非置換もしくは置換C3〜10シクロアルキル、または非置換もしくは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルであり; Cy3Cを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり;
Cy3Cを形成する置換C6〜10アリール、置換5〜10員ヘテロアリール、置換C3〜10シクロアルキル、または置換4〜10員ヘテロシクロアルキルは、RCy3C、ハロゲン、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、C(=NRe31)NRc31C(O)ORa31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており;
各RCy3Cは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルより選択され、RCy3Cを形成する5〜10員ヘテロアリールまたは4〜10員ヘテロシクロアルキルの環原子は炭素原子ならびにO、N、およびSより選択される1個、2個、または3個のヘテロ原子からなり; RCy3Cを形成する各C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、またはC2〜6アルキニルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており; RCy3Cを形成する各C6〜10アリール、5〜10員ヘテロアリール、C3〜10シクロアルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキルは独立して、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C1〜6ハロアルキル、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
R36はHおよびC1〜6アルキルより選択され;
Ra31、Rb31、Rc31、およびRd31はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7 シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra31、Rb31、Rc31、およびRd31を形成する該C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、C6〜10アリール、C3〜7シクロアルキル、5〜10員ヘテロアリール、4〜10員ヘテロシクロアルキル、C6〜10アリール-C1〜3アルキル、5〜10員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜10員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、C1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa32、SRa32、C(O)Rb32、C(O)NRc32Rd32、C(O)ORa32、OC(O)Rb32、OC(O)NRc32Rd32、NRc32Rd32、NRc32C(O)Rb32、NRc32C(O)NRc32Rd32、NRc32C(O)ORa32、C(=NRe32)NRc32Rd32、NRc32C(=NRe32)NRc32Rd32、S(O)Rb32、S(O)NRc32Rd32、S(O)2Rb32、NRc32S(O)2Rb32、S(O)2NRc32Rd32、およびオキソより独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、
同じN原子に結合しているRc31およびRd31は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、それぞれがC1〜6アルキル、ハロ、CN、ORa32、SRa32、C(O)Rb32、C(O)NRc32Rd32、C(O)ORa32、OC(O)Rb32、OC(O)NRc32Rd32、NRc32Rd32、NRc32C(O)Rb32、NRc32C(O)NRc32Rd32、NRc32C(O)ORa32、C(=NRe32)NRc32Rd32、NRc32C(=NRe32)NRc32Rd32、S(O)Rb32、S(O)NRc32Rd32、S(O)2Rb32、NRc32S(O)2Rb32、S(O)2NRc32Rd32、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく;
Ra32、Rb32、Rc32、およびRd32はそれぞれ独立してH、C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルより選択され、Ra32、Rb32、Rc32、およびRd32を形成する該C1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、フェニル、C3〜7シクロアルキル、5〜6員ヘテロアリール、4〜7員ヘテロシクロアルキル、フェニル-C1〜3アルキル、5〜6員ヘテロアリール-C1〜3アルキル、C3〜7シクロアルキル-C1〜3アルキル、および4〜7員ヘテロシクロアルキル-C1〜3アルキルはそれぞれ、OH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、または3個の置換基で置換されていてもよく; あるいは、
同じN原子に結合しているRc32およびRd32は、それらがどちらも結合しているN原子と一緒になって、4員、5員、6員、もしくは7員ヘテロシクロアルキル基または5員ヘテロアリール基を形成し、そのそれぞれが、置換されていないか、またはOH、CN、アミノ、NH(C1〜6アルキル)、N(C1〜6アルキル)2、ハロ、C1〜6アルキル、C1〜6アルコキシ、C1〜6ハロアルキル、C1〜6ハロアルコキシ、およびオキソより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されており;
Re31およびRe32はそれぞれ独立してH、CN、またはNO2である。

0305

いくつかの態様では、Cy3Aは非置換または置換アリールである。

0306

いくつかの態様では、Cy3Aは非置換または置換フェニルである。

0307

いくつかの態様では、Cy3Aは置換フェニルである。

0308

いくつかの態様では、Cy3Aは少なくとも1個のORa31または少なくとも1個のC(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、またはC(=NRe31)NRc31C(O)ORa31で置換されている。

0309

いくつかの態様では、Cy3Aは少なくとも1個のORa31で置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている。

0310

いくつかの態様では、Cy3Aは少なくとも1個のOHで置換されており、かつC1〜6アルキル、C1〜6ハロアルキル、およびハロゲンからなる群より選択される少なくとも1個のさらなる置換基により置換されている。

0311

いくつかの態様では、Cy3Aは好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe31)NRc31Rd31、C(=NORa31)NRc31Rd31、C(=NOC(O)Rb31)NRc31Rd31、C(=NRe31)NRc31C(O)ORa31で置換されている。

0312

いくつかの態様では、Cy3Aは好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NRe31)NRc31Rd31で置換されている。

0313

いくつかの態様では、Cy3Aは好ましくは4位において、少なくとも1個のC(=NH)NH2で置換されている。

0314

いくつかの態様では、Cy3Aは下記式:

のうちいずれか1つである。

0315

いくつかの態様では、Cy3Aは下記式:

のうちいずれか1つである。

0316

いくつかの態様では、Cy3Aを規定する式中で、Ra31はC1〜6アルキル、例えばメチルであり; Rb31はC1〜6アルキル、例えばメチルであり、あるいは、Rb31はC1〜6ハロアルキル、例えばトリフルオロメチルであり; Rc31はアルキル、例えばメチルである。

0317

いくつかの態様では、Cy3Aは非置換または置換ヘテロアリールである。

0318

いくつかの態様では、Cy3Aは非置換または置換のピリジン-3-イル、1H-ピロロ[2,3-b]ピリジン-5-イル、または1H-ベンゾ[d]イミダゾール-6-イルである。

0319

いくつかの態様では、Cy3Aは下記式:





のうちいずれか1つである。

0320

いくつかの態様では、Cy3Aを規定する式中の各RCy3Aは独立してC1〜6アルキル、例えばメチルもしくはエチル、好ましくはメチル、またはハロゲン、例えばF、Cl、もしくはBr、好ましくはCl、またはアミノである。

0321

いくつかの態様では、Cy3Aを規定する式中の窒素に結合している各RCy3AはC1〜6アルキル、例えばメチルまたはエチルである。

0322

いくつかの態様では、R31はC1〜6アルキルである。

0323

いくつかの態様では、R31はメチルである。

0324

いくつかの態様では、R31はHである。

0325

いくつかの態様では、R32はHである。

0326

いくつかの態様では、R32はC1〜6アルキルである。

0327

いくつかの態様では、R32はメチルである。

0328

いくつかの態様では、R31およびR32は、それらが結合している基と一緒になって4〜6員ヘテロシクロアルキル環を形成する。

0329

いくつかの態様では、化合物は下記式(III-1a)〜(III-1h):

のうちいずれかに一致する。

0330

いくつかの態様では、R33はCy3Bである。

0331

いくつかの態様では、R33は(C1〜6アルキレン)Cy3B、(C2〜6アルケニレン)Cy3B、または(C2〜6アルキニレン)Cy3Bであり、R35のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分は置換されていない。

0332

いくつかの態様では、R33は(C1〜6アルキレン)Cy3B、(C2〜6アルケニレン)Cy3B、または(C2〜6アルキニレン)Cy3Bであり、R35のC1〜6アルキレン、C2〜6アルケニレン、またはC2〜6アルキニレン成分はハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソからなる群よりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されている。

0333

いくつかの態様では、R33はCy3B、(CR33AR33B)n33Cy3Bである。

0334

いくつかの態様では、各R33AはHである。

0335

いくつかの態様では、各R33BはHである。

0336

いくつかの態様では、n33は0である。

0337

いくつかの態様では、n33は1である。

0338

いくつかの態様では、n33は2である。

0339

いくつかの態様では、n33は3である。

0340

いくつかの態様では、R33はCH2Cy3Bである。

0341

いくつかの態様では、R33はCH2CH2Cy3Bである。

0342

いくつかの態様では、化合物は下記式(III-2)〜(III-4):

のうちいずれかに一致する。

0343

いくつかの態様では、化合物は下記式(III-2a)〜(III-2h):

のうちいずれかに一致する。

0344

いくつかの態様では、化合物は下記式(III-3a)〜(III-3h):

のうちいずれかに一致する。

0345

いくつかの態様では、化合物は下記式(III-4a)〜(III-4h):

のうちいずれかに一致する。

0346

いくつかの態様では、R33はCH2CH2CH2Cy3Bである。

0347

いくつかの態様では、Cy3Bは非置換C6〜10アリールである。

0348

いくつかの態様では、Cy3Bは非置換フェニルである。

0349

いくつかの態様では、R33はCH2CH2Phである。

0350

いくつかの態様では、Cy3Bは非置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである。

0351

いくつかの態様では、R33はCH2CH2-1-ナフチルまたはCH2CH2-2-ナフチルである。

0352

いくつかの態様では、Cy3Bは非置換5〜10員ヘテロアリールである。

0353

いくつかの態様では、Cy3Bは非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、非置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または非置換インドリル、例えば非置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである。

0354

いくつかの態様では、Cy3Bは非置換C3〜10シクロアルキルである。

0355

いくつかの態様では、Cy3Bは非置換シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルである。

0356

いくつかの態様では、Cy3Bは非置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである。

0357

いくつかの態様では、Cy3Bは置換C6〜10アリールである。

0358

いくつかの態様では、Cy3Bは置換フェニルである。

0359

いくつかの態様では、Cy3Bは置換ナフチル、例えば1-ナフチルまたは2-ナフチルである。

0360

いくつかの態様では、Cy3Bは置換5〜10員ヘテロアリールである。

0361

いくつかの態様では、Cy3Bは置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または置換インドリル、例えば置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである。

0362

いくつかの態様では、Cy3Bは置換C3〜10シクロアルキルである。

0363

いくつかの態様では、Cy3Bは置換シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルである。

0364

いくつかの態様では、Cy3Bは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである。

0365

いくつかの態様では、Cy3Bは、RCy3B、ハロゲン、およびC1〜6ハロアルキルよりそれぞれ独立して選択される1個、2個、3個、4個、または5個の置換基で置換されており; 各RCy3Bは独立してC1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびC6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールより選択され、RCy3Bを形成する各C6〜10アリールまたは5〜10員ヘテロアリールは、置換されていないか、またはハロゲン、C1〜6アルキル、C2〜6アルケニル、C2〜6アルキニル、およびハロアルキルより独立して選択される1個、2個、もしくは3個の置換基で置換されている。

0366

いくつかの態様では、R33は以下の基より選択される:フェニル;ベンジル; 2-フェニルエチル; 2,3-ジヒドロ-1H-インデン-2-イル; 2-(2-メチルフェニル)エチル; 2-(3-メチルフェニル)エチル; 2-(4-メチルフェニル)エチル; 2-(2,4-ジメチルフェニル)エチル; 2-(2,5-ジメチルフェニル)エチル; 2-(3,5-ジメチルフェニル)エチル; 2-(2-エチルフェニル)エチル; 2-(3-エチルフェニル)エチル; 2-(4-エチルフェニル)エチル; 2-(2,4-ジエチルフェニル)エチル; 2-(2,5-ジメチルフェニル)エチル; 2-(3,5-ジメチルフェニル)エチル; 2-(2-トリフルオロメチルフェニル)エチル; 2-(3-トリフルオロメチルフェニル)エチル; 2-(4-トリフルオロメチルフェニル)エチル; 2-(2-フルオロフェニル)エチル; 2-(3-フルオロフェニル)エチル; 2-(4-フルオロフェニル)エチル; 2-(2,4-ジフルオロフェニル)エチル; 2-(2,5-ジフルオロフェニル)エチル; 2-(3,5-ジフルオロフェニル)エチル; 2-(2-クロロフェニル)エチル; 2-(3-クロロフェニル)エチル; 2-(4-クロロフェニル)エチル; 2-(2,4-ジクロロフェニル)エチル; 2-(2,5-ジクロロフェニル)エチル; 2-(3,5-ジクロロフェニル)エチル; 2-(2-メトキシフェニル)エチル; 2-(3-メトキシフェニル)エチル; 2-(4-メトキシフェニル)エチル; 2-(2,4-ジメトキシフェニル)エチル; 2-(2,5-ジメトキシフェニル)エチル; 2-(3,5-ジメトキシフェニル)エチル; 2-(シクロペンチル)エチル; 2-(シクロヘキシル)エチル; 2-(シクロヘプチル)エチル; 2-(2-(アミノメチル)フェニル)エチル; 2-(3-(アミノメチル)フェニル)エチル; 2-(4-(アミノメチル)フェニル)エチル; 2-(2-シアノフェニル)エチル; 2-(3-シアノフェニル)エチル; および2-(4-シアノフェニル)エチル; ならびに下記式:

の基。

0367

いくつかの態様では、R34は水素である。

0368

いくつかの態様では、R34はC1〜6アルキル、例えばメチルである。

0369

いくつかの態様では、R35はHである。

0370

いくつかの態様では、R35はCy3Cである。

0371

いくつかの態様では、R35は非置換C1〜6アルキルである。

0372

いくつかの態様では、R35は置換C1〜6アルキルである。

0373

いくつかの態様では、R35を形成する置換C1〜6アルキルは少なくとも1個の置換基で置換されており、R35の置換基は独立して、Cy3C、ハロゲン、CN、ORa31、SRa31、C(O)Rb31、C(O)NRc31Rd31、C(O)ORa31、OC(O)Rb31、OC(O)NRc31Rd31、NRc31Rd31、NRc31C(O)Rb31、NRc31C(O)NRc31Rd31、NRc31C(O)ORa31、C(=NRe31)NRc31Rd31、NRc31C(=NRe31)NRc31Rd31、S(O)Rb31、S(O)NRc31Rd31、S(O)2Rb31、NRc31S(O)2Rb31、S(O)2NRc31Rd31、およびオキソからなる群より選択される1個、2個、または3個の置換基より選択される。

0374

いくつかの態様では、R35を形成する置換C1〜6アルキルは少なくとも1個の置換基で置換されており、置換基はCy3Cを含む。

0375

いくつかの態様では、R35を形成する置換C1〜6アルキルは1個の置換基で置換されており、置換基はCy3Cである。

0376

いくつかの態様では、R35は(CH2)1〜5Cy3Cである。

0377

いくつかの態様では、R35はCH2Cy3Cである。

0378

いくつかの態様では、Cy3Cは非置換C6〜10アリールである。

0379

いくつかの態様では、Cy3Cは非置換フェニルまたはナフチル、例えば1-ナフチルもしくは2-ナフチルである。

0380

いくつかの態様では、Cy3Cは非置換5〜10員ヘテロアリールである。

0381

いくつかの態様では、Cy3Cは非置換ピリジル、例えば非置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、非置換キノリル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、非置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば非置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または非置換インドリル、例えば非置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである。

0382

いくつかの態様では、Cy3Cは非置換C3〜10シクロアルキル、例えばシクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルである。

0383

いくつかの態様では、Cy3Cは非置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである。

0384

いくつかの態様では、Cy3Cは置換C6〜10アリールである。

0385

いくつかの態様では、Cy3Cは置換フェニルまたは置換ナフチル、例えば置換1-ナフチルもしくは2-ナフチルである。

0386

いくつかの態様では、Cy3Cは置換5〜10員ヘテロアリールである。

0387

いくつかの態様では、Cy3Cは置換ピリジル、例えば置換2-、3-、もしくは4-ピリジル、置換キノリル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、7-、もしくは8-キノリル、置換ベンゾ[b]チオフェニル、例えば置換2-、3-、4-、5-、6-、もしくは7-ベンゾ[b]チオフェニル、または置換インドリル、例えば置換インドール-2-イル、-3-イル、-4-イル、-5-イル、-6-イル、もしくは-7-イルである。

0388

いくつかの態様では、Cy3Cは置換C3〜10シクロアルキル、例えば置換シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、またはシクロヘプチルである。

0389

いくつかの態様では、Cy3Cは置換4〜10員ヘテロシクロアルキルである。

0390

いくつかの態様では、R36はHである。

0391

いくつかの態様では、R36はC1〜6アルキル、例えばメチルである。

0392

いくつかの態様では、Ra31、Rb31、Rc31、Rd31、Ra32、Rb32、Rc32、およびRd32はそれぞれ独立してHおよびC1〜6アルキルより選択される。

0393

いくつかの態様では、各Re31および各Re32はHである。

0394

式(III)の化合物およびその態様は、MASP-2阻害剤として、かつ治療的使用に有用である。

0395

いくつかの態様では、式(III)の化合物およびその態様は、薬学的に許容される塩などの塩の形態でありうる。

0396

式(III)の化合物およびその態様は、MASP-2阻害剤として、かつ治療的使用に有用である。式(III)の化合物およびその態様は、MASP-2関連疾患および障害の処置、ならびにMASP-2関連疾患および障害を処置するための医薬の製造において有用である。本開示はまた、MASP-2関連疾患および障害を処置する方法であって、治療有効量の式(III)の化合物、または場合によっては塩の形態であるその態様を患者に投与する段階を含む方法を提供する。

0397

いくつかの態様では、式(III)の化合物またはその態様は、該化合物またはその塩、例えば薬学的に許容される塩と、少なくとも1つの薬学的に許容される担体または賦形剤とを含む、薬学的組成物の形態で提供される。

0398

特定の局面では、化合物は、表31に列挙される化合物を含む実施例に記載の式(III)の化合物、例えば、MASP-2に対してトロンビンを超える選択性を示す化合物より選択される1種または複数である。特定の局面では、式(III)の化合物を規定する1つまたは複数の変動要素(例えばCy3A、RCy3A、Cy3B、RCy3B、Cy3C、RCy3C、R31、R32、R33、R33A、R33B、R34、R35、R36、n33、Ra31、Rb31、Rc31、Rd31、Re31、Ra32、Rb32、Rc32、Rd32、およびRe32)は、表31に列挙される化合物を含む実施例の式(III)の化合物中の対応する置換基、好ましくは、MASP-2に対してトロンビンを超える選択性を示す化合物の対応する置換基より選択される。

0399

特定の局面では、本発明は、立体化学的に純粋な鏡像異性体またはジアステレオマー(例えば1個または複数のキラル中心を有する光学活性化合物)を記述する。別途具体的に指示されない限り、1個または複数の立体中心を有する任意の本発明の化合物に関して、本発明は、純粋な(+)および(-)の両方の鏡像異性体、任意の他のジアステレオマー、1つの鏡像異性体またはジアステレオマーが濃縮された混合物(例えば鏡像異性体過剰率またはジアステレオマー過剰率10%、20%、30%、40%、50%、60%、70% 75%、80%、85、90%、または95%)、ならびに鏡像異性体またはジアステレオマーのラセミ混合物を含みかつ記述するように意図されている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ