図面 (/)

技術 動画投稿補助装置、動画投稿補助方法、およびプログラム

出願人 株式会社ドワンゴ
発明者 小嶋尚丹羽一臣
出願日 2020年3月25日 (1年11ヶ月経過) 出願番号 2020-053598
公開日 2021年9月30日 (4ヶ月経過) 公開番号 2021-152831
状態 特許登録済
技術分野 双方向TV,動画像配信等 計算機間の情報転送
主要キーワード 盛り上がり度合い 投稿サーバ バロメータ 方針情報 対応指示 配信者端末 投稿システム 動画編集処理
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年9月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

複数の動画投稿サービスに動画を投稿する配信者の負担を減らす。

解決手段

投稿サーバ1は、動画を受信する受信部11と、動画を投稿予定の動画投稿サービスA〜Cごとに、当該動画投稿サービスA〜Cに合わせて動画を変換する編集部12と、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに変換後の動画を投稿する投稿部13と、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに動画を投稿したメッセージをSNSまたはウェブサイトに投稿する通知部15と、SNSまたはウェブサイトから動画投稿サービスA〜Cの視聴者の情報を収集する管理部16を備える。

概要

背景

ユーザが自由に動画投稿でき、投稿された動画を視聴できる動画投稿サービスは、非常に多くのユーザに利用されている。動画の投稿で収入を得る配信者も多数存在する。

配信者の投稿した動画は、動画投稿サービスの配信者のアカウント紐付けられたチャンネルでまとめて管理される。視聴者フォロワーまたはチャンネル登録者とも言う)は、気になる配信者をフォロー(チャンネル登録とも言う)しておくと、動画投稿サービスにアクセスしたときにフォローした配信者の最新の動画を表示させることができる。フォロワー数(チャンネル登録者数とも言う)は配信者の人気を表すバロメータでもある。

概要

複数の動画投稿サービスに動画を投稿する配信者の負担を減らす。投稿サーバ1は、動画を受信する受信部11と、動画を投稿予定の動画投稿サービスA〜Cごとに、当該動画投稿サービスA〜Cに合わせて動画を変換する編集部12と、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに変換後の動画を投稿する投稿部13と、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに動画を投稿したメッセージをSNSまたはウェブサイトに投稿する通知部15と、SNSまたはウェブサイトから動画投稿サービスA〜Cの視聴者の情報を収集する管理部16を備える。

目的

本発明は、上記に鑑みてなされたものであり、複数の動画投稿サービスに動画を投稿する配信者の負担を減らすことを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

動画を受信する受信部と、前記動画を投稿予定の動画投稿サービスごとに、当該動画投稿サービスに合わせて前記動画を変換する編集部と、前記動画投稿サービスのそれぞれに変換後の動画を投稿する投稿部と、前記動画投稿サービスのそれぞれに動画を投稿したメッセージソーシャルネットワーキングサービスまたはウェブサイトに投稿する通知部と、前記ソーシャルネットワーキングサービスまたはウェブサイトから前記動画投稿サービスの視聴者の情報を収集する管理部を備える動画投稿補助装置

請求項2

請求項1に記載の動画投稿補助装置であって、前記管理部は、前記動画投稿サービスのそれぞれに投稿した動画が削除されていないか、または前記動画投稿サービスそれぞれのアカウント凍結されていないかを確認する動画投稿補助装置。

請求項3

請求項2に記載の動画投稿補助装置であって、前記動画投稿サービスから動画が削除されたことを検知した場合、前記投稿部は、前記動画投稿サービスに前記動画を再投稿する動画投稿補助装置。

請求項4

請求項2に記載の動画投稿補助装置であって、前記動画投稿サービスから動画が削除されたことを検知した場合、前記通知部は、動画が削除されたメッセージをソーシャルネットワーキングサービスまたはウェブサイトに投稿する動画投稿補助装置。

請求項5

請求項1ないし4のいずれかに記載の動画投稿補助装置であって、前記編集部は、前記動画投稿サービスごとに異なる内容で前記動画を編集する動画投稿補助装置。

請求項6

請求項1ないし5のいずれかに記載の動画投稿補助装置であって、前記動画を投稿したメッセージは、前記動画投稿サービスのそれぞれに投稿した動画へのリンクを含む動画投稿補助装置。

請求項7

コンピュータが実行する動画投稿補助方法であって、動画を受信するステップと、前記動画を投稿予定の動画投稿サービスごとに、当該動画投稿サービスに合わせて前記動画を変換するステップと、前記動画投稿サービスのそれぞれに変換後の動画を投稿するステップと、前記動画投稿サービスのそれぞれに動画を投稿したメッセージをソーシャルネットワーキングサービスまたはウェブサイトに投稿するステップと、前記ソーシャルネットワーキングサービスまたはウェブサイトから前記動画投稿サービスの視聴者の情報を収集するステップを有する動画投稿補助方法。

請求項8

コンピュータに、動画を受信する処理と、前記動画を投稿予定の動画投稿サービスごとに、当該動画投稿サービスに合わせて前記動画を変換する処理と、前記動画投稿サービスのそれぞれに変換後の動画を投稿する処理と、前記動画投稿サービスのそれぞれに動画を投稿したメッセージをソーシャルネットワーキングサービスまたはウェブサイトに投稿する処理と、前記ソーシャルネットワーキングサービスまたはウェブサイトから前記動画投稿サービスの視聴者の情報を収集する処理を実行させるプログラム

技術分野

0001

本発明は、動画投稿補助装置、動画投稿補助方法、およびプログラムに関する。

背景技術

0002

ユーザが自由に動画を投稿でき、投稿された動画を視聴できる動画投稿サービスは、非常に多くのユーザに利用されている。動画の投稿で収入を得る配信者も多数存在する。

0003

配信者の投稿した動画は、動画投稿サービスの配信者のアカウント紐付けられたチャンネルでまとめて管理される。視聴者フォロワーまたはチャンネル登録者とも言う)は、気になる配信者をフォロー(チャンネル登録とも言う)しておくと、動画投稿サービスにアクセスしたときにフォローした配信者の最新の動画を表示させることができる。フォロワー数(チャンネル登録者数とも言う)は配信者の人気を表すバロメータでもある。

先行技術

0004

特開2010−067080号公報

発明が解決しようとする課題

0005

上記のように、動画投稿サービスでは、配信者のフォロワーが管理され、配信者にとっては自身の人気度を把握でき、フォロワーにとっては配信者の最新動画を見ることができるので、配信者とフォロワーのどちらにもメリットがある。ところが、フォロワーは動画投稿サービス内だけで管理されるものであるので、配信者のアカウントが凍結された場合、これまでの活動により獲得したフォロワーとの接点が絶たれてしまう。動画の投稿で収入を得る配信者にとって、フォロワーを失うことは死活問題に直結する。動画投稿サービスでは、規制機械的に行われるため、本人が意図しない内容のコンテンツで簡単にアカウントが凍結されてしまうことがある。

0006

そこで配信者は、複数サービスの利用、サービス内のサブチャンネル開設、およびソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用などを行い、複数経路でフォロワーとの繋がりを保っている。

0007

複数サービスの利用は、異なる事業者運営する複数の動画投稿サービスに動画を投稿し、動画配信自体を二重化する方法である。投稿する動画の内容に関する規制は、最終的には、どの動画投稿サービスにおいても同じ流れになるが、事業者によって規制の温度感スピード感違うため、いずれかの動画投稿サービスにおいてアカウントが凍結されてしまっても、一挙にフォロワーとの繋がりが絶たれることを防ぐことができる。

0008

サブチャンネル開設では、同じ動画投稿サービス内に別のアカウントを用意し、別のチャンネル(サブチャンネル)を開設する。メインチャンネルのフォロワーにサブチャンネルの登録を呼びかけ、メインチャンネルとサブチャンネルを関連つけておく。複数サービスの利用と同様に動画の投稿先を複数に分散するものであるが、基本的に、サブチャンネルは更新頻度が低くてもよく、メインチャンネルと内容の異なる動画を投稿してもよい。サブチャンネルを開設することで、メインチャンネルが失われてしまった場合に、一挙にフォロワーとの繋がりが絶たれることを防ぐことができる。

0009

SNSの利用は、SNSのフォロワーを動画投稿サービスへ導くための番組宣伝という意味合いがある。動画投稿サービスのフォロワーに対してもSNSでのフォローを促す。複数の動画投稿サービスを利用しているとき、いずれかのアカウントが凍結されてしまった場合に、SNSを通じて、他の動画投稿サービスへ誘導することができる。動画投稿サービスはログイン機能にSNSの承認システムを使うものもあり、SNSから導かれたフォロワーは、自身のSNSアカウントを利用して動画投稿サービスにログインすることが多い。そのため、SNSアカウントは、動画投稿サービスをまたぐ共通アカウント情報とみなすことができる。

0010

複数の動画投稿サービスを利用し、SNSを利用する場合、配信者は、投稿する動画を複数の動画投稿サービスの仕様に合わせて変換し、動画投稿後に、SNSにメッセージを投稿する必要がある。動画投稿後も、動画が削除されていないか、アカウントが凍結されていないかを確認する必要がある。配信者の多くは一人で動画の作成、編集宣伝、動画の管理、およびフォロワーの管理を行っており、複数の動画投稿サービスに動画を投稿し、管理することは負担が大きいという問題がある。

0011

特許文献1には、ブログデータブログサーバに送信するとともに、ブログへのリンクと動画データを動画配信サーバに送信し、ユーザを動画からブログへ誘導する技術が開示されている。特許文献1は、ブログサーバと動画サーバのそれぞれにコンテンツを送信する負担を軽減できるが、複数の動画サーバに動画データを送信することは考慮されていない。また、フォロワーの管理や動画データの管理も考慮されていない。

0012

本発明は、上記に鑑みてなされたものであり、複数の動画投稿サービスに動画を投稿する配信者の負担を減らすことを目的とする。

課題を解決するための手段

0013

本発明の一態様の動画投稿補助装置は、動画を受信する受信部と、前記動画を投稿予定の動画投稿サービスごとに、当該動画投稿サービスに合わせて前記動画を変換する編集部と、前記動画投稿サービスのそれぞれに変換後の動画を投稿する投稿部と、前記動画投稿サービスのそれぞれに動画を投稿したメッセージをソーシャルネットワーキングサービスまたはウェブサイトに投稿する通知部と、前記ソーシャルネットワーキングサービスまたはウェブサイトから前記動画投稿サービスの視聴者の情報を収集する管理部を備える。

発明の効果

0014

本発明によれば、複数の動画投稿サービスに動画を投稿する配信者の負担を減らすことができる。

図面の簡単な説明

0015

図1は、本実施形態の動画投稿システムの構成の一例を示す図である。
図2は、投稿サーバの構成の一例を示す図である。
図3は、動画投稿システムの処理の流れの一例を示すシーケンス図である。
図4は、動画投稿システムを用いてイベント開催する処理の流れの一例を示すシーケンス図である。
図5は、動画投稿システムを用いて投稿動画を管理する処理の流れの一例を示すシーケンス図である。

実施例

0016

以下、本発明の実施形態について図面を用いて説明する。

0017

図1は、本実施形態の動画投稿システムの構成の一例を示す図である。本実施形態の動画投稿システムは、配信者がアップロードした動画を各動画投稿サービスA〜Cに合わせて変換して投稿するとともに、動画を投稿したことをSNSやウェブサイトを通じて視聴者に通知する。

0018

図1に示す動画投稿システムは、投稿サーバ1および配信者端末3を備える。投稿サーバ1は、配信者端末3から動画を受信し、受信した動画を編集して動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに合った形式に変換し、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに合わせて変換した動画を動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに投稿するとともに、動画を投稿したことを示すメッセージをSNSへ投稿したり、ウェブサイトに掲示したりする。

0019

動画投稿サービスA〜Cは、ユーザが自由に動画を投稿でき、投稿された動画を視聴できるサービスである。動画投稿サービスA〜Cのそれぞれは、異なる事業者によって提供されるサービスであり、投稿可能な動画の形式が異なることがある。例えば、動画の形式については、動画の長さ、動画のサイズ、音声チャンネル数ビットレート、およびコーデックなどが異なる。また、動画の形式以外にも、動画に対するコメントの有無、コメントの表示方法、および差し込みCMの有無などが異なることもある。さらに、動画投稿サービスA〜Cごとに動画の内容に対する規制も異なることもある。なお、動画投稿サービスA〜Cは、同じ事業者によって提供されるサービスであってもよい。例えば、動画投稿サービスAはメインチャンネルであり、動画投稿サービスBはサブチャンネルであってもよい。動画投稿システムを提供する事業者が動画投稿サービスを提供してもよい。

0020

SNSは、メッセージ、画像、または短い動画の投稿を受け付け公開し、個人間のコミュニケーションサポートするサービスである。視聴者が配信者のSNSのアカウントをフォローすると、視聴者のタイムライン時系列順に投稿を表示した画面)には、配信者のSNSへの投稿が表示される。動画投稿サービスの多くは、ログイン機能にSNSの認証システムを利用している。そのため、視聴者のSNSのアカウントは、各動画投稿サービスをまたぐ共通アカウント情報と考えることができる。なお、図1では、SNSを1つのみ図示しているが、動画投稿システムが複数のSNSを利用してもよい。

0021

ウェブサイトは、例えば配信者のブログである。ウェブサイトでは、SNSよりも長い文章を掲示したり、レイアウトを自由に変更したり、画像を掲示したり、動画をページ内に埋め込んだり、SNSへの投稿ボタンを配置したりできる。より熱心な視聴者は、動画投稿サービスA〜CやSNSで配信者をフォローするだけでなく、ウェブサイトにも定期的に訪れる。ウェブサイトでは、独自に視聴者登録を受け付けてもよい。

0022

次に、図2を参照し、本実施形態の投稿サーバ1の構成について説明する。図2に示す投稿サーバ1は、受信部11、編集部12、投稿部13、作成部14、通知部15、管理部16、および記憶部17を備える。投稿サーバ1が備える各部は、演算処理装置記憶装置等を備えたコンピュータにより構成して、各部の処理がプログラムによって実行されるものとしてもよい。このプログラムは投稿サーバ1が備える記憶装置に記憶されており、磁気ディスク光ディスク半導体メモリ等の記録媒体に記録することも、ネットワークを通して提供することも可能である。

0023

なお、本実施形態では、ネットワーク上に投稿サーバ1を配置しているが、配信者端末3が投稿サーバ1の機能を備えてもよい。例えば、パーソナルコンピュータアプリケーションを実行し、パーソナルコンピュータに投稿サーバ1の各部の処理をさせてもよい。

0024

受信部11は、配信者端末3から動画を受信する。受信部11は、編集済みの動画を受信してもよいし、編集前の素材となる元動画を受信してもよい。受信部11は、複数の元動画を受信してもよい。例えば、ゲームの実況動画を投稿する場合、配信者は、ゲーム画面を撮影した元動画とゲームをプレイする配信者を撮影した元動画を投稿サーバ1にアップロードしてもよい。

0025

受信部11は、動画とともに、キーワード情報および配信方針情報を受信してもよい。キーワード情報とは、例えば、動画のタイトル、動画を検索するために用いられるキーワードを含む情報である。配信方針情報とは、例えば、編集部12が動画を編集する際に参照する動画の編集方針を指示する情報である。

0026

編集部12は、必要であれば動画を編集し、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれが受け付け可能な形式に変換する。

0027

編集部12は、動画を編集する際、配信方針情報に基づいて動画を編集する。配信方針情報には、例えば、編集後の動画(以下、投稿動画とも言う)の長さなどの形式的な情報、投稿動画のテイストテーマ)を指定する情報、投稿動画の内容を指定する情報を含む。

0028

配信方針情報にて投稿動画の長さが指定されていたとき、編集部12は、元動画をシーンごとに分割し、各シーンの盛り上がり度合いに応じて指定の長さまでシーンを繋げて投稿動画を生成する。

0029

投稿動画のテイストが指定されていたとき、編集部12は、指定されたテイストに応じて、効果音音楽を付けたり、テキストフォントを選択したり、シーン切り替え時に各種効果をつけたりする。テイストは、クラシックポップ、ビビット、あるいはパステルなど概念的な言葉で指定されてよい。

0030

投稿動画の内容が指定されていたとき、編集部12は、動画の内容に応じたテンプレートをいくつか用意しておき、指定された内容に応じた構成で元動画を編集する。例えば、動画の内容がゲーム実況の場合、編集部12は、ゲーム画面の動画と配信者を撮影した動画を画面内に並べたり、ゲーム画面の動画内に配信者を撮影した動画をワイプで挿入したりする。動画の内容が演奏の場合、編集部12は、元動画から歌や演奏のシーンを抽出し、シーンの前後でフェードインフェードアウトさせる。動画の内容が配信者のトークの場合、編集部12は、話題切り替わるシーンに場面転換画面を挿入したりする。

0031

編集部12は、ユーザインタフェースを提供し、配信者との対話を通じて動画を編集できてもよい。例えば、配信者は、編集部12が配信方針情報に基づいて作成した投稿動画を確認し、配信方針情報を修正したり、投稿動画から削除するシーンを指定したり、挿入したいシーンを指定したり、シーンに付与する特殊効果を指定したりする。編集部12は、配信者からの指定を反映した投稿動画を生成する。確認と修正を繰り返すことで所望の投稿動画が得られる。また、この編集作業機械学習などで学習させて、次回の編集に活かしても良い。

0032

編集部12は、一つの元動画から動画投稿サービスA〜Cごとに異なる投稿動画を生成してもよい。例えば、視聴者のコメントが動画に重畳させて表示される動画投稿サービスへの投稿動画については、編集部12は、動画内に表示するテキストの量を減らしたり、テキストを表示する位置を限定したりする。配信方針情報は、動画投稿サービスA〜Cごとに指定されてよい。

0033

記憶部17に配信方針情報を記憶させておき、編集部12は、動画を編集する際に、記憶部17から配信方針情報を取得してもよい。編集部12が配信者との対話を通じて投稿動画を生成したときは、その内容で配信方針情報を更新し、以降の投稿動画の生成に反映してもよい。

0034

編集部12は、編集後、投稿動画を動画投稿サービスA〜Cのそれぞれが受け付け可能な形式に変換する。例えば、編集部12は、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに合わせて動画のサイズを変更したり、コーデックを変換したりする。編集部12は、必要であれば、投稿動画を分割して変換する。受信部11の受信した動画が編集済みの動画のとき、編集部12は、編集済みの動画を動画投稿サービスA〜Cごとに形式変換するだけでもよい。編集部12は、変換後の投稿動画を記憶部17に記憶させておき、配信者の求めに応じて投稿動画を返信してもよい。

0035

また、編集部12は、キーワード情報に基づいて投稿動画のタイトルや説明などを作成してもよい。

0036

投稿部13は、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに投稿動画を投稿する。記憶部17に動画の投稿に必要なアカウントの情報を記憶させておく。投稿部13は、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれにログインし、該当する投稿動画を動画投稿サービスA〜Cに投稿する。

0037

作成部14は、動画を投稿したことを知らせるメッセージを作成する。例えば、作成部14は、キーワード情報に基づいて通知内容を作成したり、投稿動画のサムネイル画像を作成したり、投稿動画のごく一部を抽出したりして、通知内容、サムネイル画像、および投稿動画の一部や投稿動画へのリンクのうちの少なくともいずれかを含むメッセージを作成する。作成部14は、動画投稿サービスA〜Cごとに個別のメッセージを作成してもよいし、全ての動画投稿サービスA〜Cで共通のメッセージを作成してもよい。共通のメッセージを作成する場合、メッセージに全ての動画投稿サービスA〜Cの投稿動画へのリンクを含める。

0038

通知部15は、メッセージをSNSおよびウェブサイトに投稿する。動画投稿サービスA〜Cごとに個別のメッセージを作成した場合、通知部15は、メッセージごとに投稿するSNSやウェブサイトを分けてもよい。例えば、SNSに動画投稿サービスA〜Cごとのアカウントを作成し、それぞれのアカウントでそれぞれのメッセージを投稿する。

0039

管理部16は動画投稿サービスA〜Cのフォロワーをまとめて管理してもよい。動画投稿サービスA〜Cの配信者のプロフィールに、配信者のSNSのアカウント情報やウェブサイトへのリンクを掲示しておき、管理部16は、動画からSNSやウェブサイトに誘導されたフォロワーの情報を収集する。例えば、管理部16は、SNSに投稿したメッセージを再投稿(リツイートとも言う)したり、高評価(「いいね」とも言う)を与えたりしたアカウント情報を収集する。管理部16は、ウェブサイトへの登録者を収集したりする。管理部16は、動画投稿サービスA〜Cに投稿した動画に高評価(「いいね」とも言う)を与えた視聴者のアカウント情報を収集したり、動画にコメントを投稿した視聴者のアカウント情報を収集したりしてもよい。管理部16は、各動画投稿サービスA〜CやSNSから収集したアカウント情報を集約し、同一と思われるアカウント情報をまとめたり、熱心なアカウント情報を管理したりする。これにより、動画投稿サービスA〜Cで閉じていたフォロワーの情報を取得して管理できる。

0040

管理部16は、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに投稿した動画が削除されていないか、動画投稿サービスA〜Cのアカウントが凍結されていないかなど、動画投稿サービスA〜Cの投稿動画を管理してもよい。動画が削除されていたり、アカウントが凍結されていたりした場合、管理部16は、動画が削除されたことまたはアカウントが凍結されたことを配信者に通知する。配信者は、この通知を受けて、動画を編集し直して再投稿したり、SNSやウェブサイトにメッセージを投稿して別の動画投稿サービスへ誘導したりする。投稿サーバ1が、自動的に、動画を再投稿したり、動画が削除されたことのメッセージや別の動画投稿サービスへ誘導するメッセージを投稿したりしてもよい。

0041

記憶部17は、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれのアカウント情報、投稿可能な動画の形式、配信方針情報、およびフォロワーの情報を記憶する。記憶部17は、受信した元動画や動画投稿サービスA〜Cに投稿した投稿動画を記憶してもよい。

0042

次に、図3を参照し、動画投稿システムの処理の流れを説明する。

0043

配信者は、動画投稿サービスA〜CおよびSNSのアカウントを保持しているものとする。

0044

テップS11にて、配信者は配信者端末3から投稿サーバ1へ動画と動画に関連する情報を投稿サーバ1へアップロードする。配信者端末3は、配信者端末3で編集した動画をアップロードしてもよいし、編集前の素材となる元動画をアップロードしてもよい。配信者が編集した動画をアップロードしたときは、後述の動画編集処理では、形式の変換のみが行われる。

0045

ステップS12にて、投稿サーバ1は、配信方針情報に従って動画編集処理を行い、動画投稿サービスA用の投稿動画を生成する。

0046

ステップS13にて、投稿サーバ1は、生成した投稿動画を動画投稿サービスAに投稿する。

0047

ステップS14にて、投稿サーバ1は、配信方針情報に従って動画編集処理を行い、動画投稿サービスB用の投稿動画を生成する。動画投稿サービスAと動画投稿サービスBとで投稿動画の内容に違いがなければ、ステップS12で生成した投稿動画を動画投稿サービスBが受け付ける形式に変換するだけでよい。

0048

ステップS15にて、投稿サーバ1は、生成した投稿動画を動画投稿サービスBに投稿する。

0049

同様に、ステップS16,S17にて、投稿サーバ1は、動画投稿サービスC用の動画編集処理を行って投稿動画を生成し、動画投稿サービスCに投稿する。

0050

なお、ステップS14,S16の動画編集処理は、ステップS12の動画編集処理でまとめて行ってもよい。

0051

ステップS18にて、投稿サーバ1は、動画を投稿したことを示す通知を作成し、ステップS19にて、通知をSNSとウェブサイトに投稿する。

0052

投稿サーバ1は、処理が完了したことを配信者に通知してもよい。

0053

以上の処理により、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに動画が投稿され、SNSとウェブサイトを介して動画を投稿したことが視聴者に通知される。

0054

次に、図4を参照し、動画投稿システムを用いてイベントを開催する処理の流れを説明する。イベントには、例えば、配信者が条件(動画再生回数や高評価の数)を提示し、その条件が満たされたときに何らかの動画(例えば、おまけ動画)を投稿することをSNSやウェブサイトで宣言するイベントや、別の配信者とコラボレーションした動画を配信者と別の配信者のそれぞれが投稿するコラボイベントなどがある。

0055

ステップS21にて、配信者は配信者端末3からイベント情報を投稿サーバ1へ送信する。イベント情報には、イベントの内容を記載した文章、イベントの条件などを含む。ステップS21にて、配信者は、条件が達成したときに動画投稿サービスA〜Cへ投稿するおまけ動画やコラボ動画を投稿サーバ1に事前にアップロードしておいてもよい。

0056

条件が達成されたときに何らかの動画を投稿するイベントの場合、配信者は、イベントの条件、条件の内容と投稿予定の動画の内容を記載した文章をイベント情報として投稿サーバ1へ送信する。イベントの条件としては、例えば、動画投稿サービスA〜Cに投稿した動画の再生回数または高評価の数が所定値に達したか否か、SNSに投稿したメッセージに対する高評価の数または再投稿数が所定値に達したか否か、もしくは、ウェブサイトでの登録者数が所定値に達したか否かなどの条件がある。

0057

コラボイベントの場合、配信者は、コラボ動画を公開する日時を示す条件、別の配信者とコラボしたことを記載した文章をイベント情報として投稿サーバ1へ送信する。コラボ動画を投稿する条件として、動画の再生回数または高評価の数、フォロワー数などを設定してもよい。

0058

ステップS22にて、投稿サーバ1は、イベント情報に基づいてSNSやウェブサイトに投稿するメッセージを作成し、ステップS23にて、メッセージをSNSとウェブサイトに投稿する。

0059

視聴者は、SNSやウェブサイトを通じてイベントが開催されることを知る。視聴者は、イベントの条件に応じて、動画を再生したり、動画に高評価を付けたり、SNSのメッセージを再投稿したり、ウェブサイトに登録したりする。

0060

ステップS24にて、投稿サーバ1は、イベントの条件が満たされたか否か判定する。このとき、管理部16は、イベントに対して何らかの反応(動画の再生、高評価、再投稿など)を示した視聴者の情報を収集してもよい。視聴者の情報を分析することで、人気のあるイベントを知ることができる。

0061

イベントの条件が満たされた場合、ステップS25にて、投稿サーバ1は、動画編集処理を行い、ステップS26にて、投稿動画を動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに投稿する。動画の投稿後、投稿サーバ1は、通知を作成し、SNSやウェブサイトに投稿してもよい。

0062

なお、イベントの条件が満たされた場合、投稿サーバ1は、配信者に通知し、配信者からの指示または動画のアップロードを待ってから、ステップS25,S26の処理を実行してもよい。

0063

コラボイベントを開催する場合、配信者とコラボ相手の配信者がともに投稿サーバ1を利用することで、コラボ動画を同じタイミングで動画投稿サービスA〜Cに投稿することができる。

0064

次に、図5を参照し、動画投稿システムを用いて投稿動画を管理する処理の流れを説明する。

0065

ステップS30にて、動画投稿サービスCに投稿した動画が削除されたものとする。

0066

ステップS31〜S33にて、投稿サーバ1は、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれにアクセスし、動画が削除されていないか、アカウントが凍結されていないかを確認する。

0067

動画投稿サービスCに投稿した動画が削除されたことを確認すると、ステップS34にて、投稿サーバ1は、配信者に、動画が削除されたことを通知する。

0068

ステップS35にて、配信者は、動画の削除への対応指示を投稿サーバ1へ送信する。対応指示としては、例えば、投稿動画の再投稿、投稿動画を再編集して再投稿、あるいは削除されたまま放置などの対応がある。あるいは、対応指示として、SNSやウェブサイトに動画が削除されたメッセージを投稿する対応がある。図5の例では、配信者は投稿動画を再編集して再投稿の指示を送信する。例えば、配信者は、配信方針情報を変更し、投稿サーバ1に動画の再編集を指示する。

0069

ステップS36にて、投稿サーバ1は、投稿動画を再編集し、ステップS37にて、動画投稿サービスCに投稿する。

0070

ステップS38にて、投稿サーバ1は、動画を再投稿したことを示す通知を作成し、ステップS39にて、通知をSNSとウェブサイトに投稿する。

0071

なお、投稿サーバ1は、ステップS35で配信者からの指示を待たずに、動画投稿サービスCに動画を再投稿したり、SNSやウェブサイトにメッセージを投稿したりしてもよい。ステップS36にて、投稿サーバ1は動画を再編集してもよいし、削除されたものと同じ動画を再投稿してもよい。

0072

投稿サーバ1が配信者のアカウントの凍結を検出したときは、ステップS34にて、投稿サーバ1はアカウントが凍結されたことを配信者に通知する。配信者がアカウント凍結の回復を試み、アカウントが回復した場合は、ステップS35にて、動画の再投稿(再編集)を指示する。アカウントの回復ができない場合は、ステップS35にて、配信者は、アカウントが凍結されたことを知らせる通知の作成を指示し、ステップS38,S39にて、投稿サーバ1は、アカウントが凍結されたことを知らせる通知を作成してSNSとウェブサイトに投稿してもよい。

0073

次に、投稿サーバ1による動画投稿サービスA〜Cのアカウント管理について説明する。

0074

配信者が既に動画投稿サービスA〜Cを利用していた場合、配信者は、動画投稿サービスA〜Cに動画を投稿するために必要なアカウント情報を投稿サーバ1に通知して管理させる。

0075

動画投稿サービスA〜Cに新たにアカウントを作成する場合、配信者は、投稿サーバ1にアカウントの作成および管理を任せてもよい。具体的には、配信者は、動画投稿サービスA〜Cでアカウントを作成するために必要な情報を投稿サーバ1に登録する。動画投稿サービスA〜Cで共通のチャンネル名を設定してもよい。投稿サーバ1は、登録された情報をもとに、動画投稿サービスA〜Cに代理でアカウントを作成し、動画投稿サービスA〜Cごとに動画を投稿するためのチャンネルを作成する。作成したアカウント情報などは投稿サーバ1で管理するとともに、配信者にも通知する。以降、投稿サーバ1は、自身で管理するアカウント情報を利用して動画投稿サービスA〜Cに動画を投稿する。

0076

また、配信者は、SNSやウェブサイトに投稿するためのアカウント情報を投稿サーバ1に登録しておく。投稿サーバ1は、SNSのアカウント情報を利用してSNSに通知を投稿する。動画投稿サービスA〜Cのアカウントと同様に、SNSのアカウントを投稿サーバ1に作成させてもよい。

0077

以上説明したように、本実施形態の投稿サーバ1は、動画を受信する受信部11と、動画を投稿予定の動画投稿サービスA〜Cごとに、当該動画投稿サービスA〜Cに合わせて動画を変換する編集部12と、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに変換後の動画を投稿する投稿部13と、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに動画を投稿したメッセージをSNSまたはウェブサイトに投稿する通知部15と、SNSまたはウェブサイトから動画投稿サービスA〜Cの視聴者の情報を収集する管理部16を備える。これにより、配信者は、元動画を投稿サーバ1へアップロードするだけで、動画投稿サービスA〜Cのそれぞれに合った形式に動画が変換されて投稿されるとともに、SNSやウェブサイトに動画を投稿した内容のメッセージを送信することができる。また、管理部16が、動画からSNSやウェブサイトに誘導された視聴者の情報を収集するので、動画投稿サービスA〜C内に閉じられたフォロワーの情報を引き出して活用することができる。

0078

1…投稿サーバ
11…受信部
12…編集部
13…投稿部
14…作成部
15…通知部
16…管理部
17…記憶部
3…配信者端末

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ