図面 (/)

技術 電子装置、電子装置の制御プログラム及び電子装置の制御方法

出願人 カシオ計算機株式会社
発明者 大塚利彦冨田高弘
出願日 2020年3月24日 (1年11ヶ月経過) 出願番号 2020-052205
公開日 2021年9月30日 (4ヶ月経過) 公開番号 2021-151304
状態 未査定
技術分野 脈拍・心拍・血圧・血流の測定
主要キーワード ガイド枠内 輝度値差分 振動用モータ 自立式 血流量変化 照明付き 換算処理 データ格納サーバ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年9月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

取得されたバイタルデータが、適正状態で取得されたものであるか否かを判定可能な電子装置、電子装置の制御プログラム及び電子装置の制御方法を提供すること。

解決手段

電子装置1は、身体の一部を撮像する撮像部16により撮像された身体の一部の映像に基づいて、身体のバイタルデータを取得するバイタルデータ取得部111と、取得されたバイタルデータを記憶する記憶部19と、記憶部19に記憶されている、過去に適正状態でバイタルデータ取得部111により取得された、基準となる第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと、バイタルデータ取得部111により新たに取得された第2のバイタルデータとを比較するバイタルデータ比較部112と、バイタルデータ比較部112の比較結果に基づき、第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定部113と、を備える。

概要

背景

従来、人体映像撮像し、その撮像された映像から、人体の血流等のバイタルデータを取得する電子装置が知られている。例えば、特許文献1では、人体として、電子装置を使用するユーザを時系列的に撮像して連続した画像データを生成し、その画像データにおける、例えば血液の吸光特性が異なる赤色の光成分と緑色の光成分との2つの時間的な輝度値変化に基づき、血流等のバイタルデータを検出している。

概要

取得されたバイタルデータが、適正状態で取得されたものであるか否かを判定可能な電子装置、電子装置の制御プログラム及び電子装置の制御方法を提供すること。電子装置1は、身体の一部を撮像する撮像部16により撮像された身体の一部の映像に基づいて、身体のバイタルデータを取得するバイタルデータ取得部111と、取得されたバイタルデータを記憶する記憶部19と、記憶部19に記憶されている、過去に適正状態でバイタルデータ取得部111により取得された、基準となる第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと、バイタルデータ取得部111により新たに取得された第2のバイタルデータとを比較するバイタルデータ比較部112と、バイタルデータ比較部112の比較結果に基づき、第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定部113と、を備える。

目的

本発明は、取得されたバイタルデータが、適正状態で取得されたものであるか否かを判定可能な電子装置、電子装置の制御プログラム及び電子装置の制御方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも身体の一部を撮像する撮像部により撮像された前記身体の一部の映像に基づいて、前記身体のバイタルデータを取得するバイタルデータ取得部と、前記バイタルデータ取得部により取得された前記バイタルデータを記憶している記憶部と、前記記憶部に記憶されている、過去に適正状態で前記バイタルデータ取得部により取得された、基準となる第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと、前記バイタルデータ取得部により新たに取得された第2のバイタルデータと、を比較するバイタルデータ比較部と、前記バイタルデータ比較部の比較結果に基づき、前記第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定部と、を備えることを特徴とする電子装置

請求項2

前記適正判定部は、前記第2のバイタルデータと前記第1のバイタルデータとの差が、所定範囲内の場合に、前記第2のバイタルデータが前記適正バイタルデータと判定する、請求項1に記載の電子装置。

請求項3

前記第2のバイタルデータが、前記適正バイタルデータと判定された場合、前記第2のバイタルデータを前記適正バイタルデータとして前記記憶部に保存する、請求項1または2に記載の電子装置。

請求項4

前記第2のバイタルデータが、前記適正バイタルデータと判定された場合、前記第2のバイタルデータを前記適正バイタルデータとして出力する、請求項1から3のいずれか1項に記載の電子装置。

請求項5

前記第2のバイタルデータが、前記適正バイタルデータと判定されなかった場合、前記第2のバイタルデータは出力されない、請求項4に記載の電子装置。

請求項6

前記バイタルデータは、前記映像から取得される輝度値である請求項1から5のいずれか1項に記載の電子装置。

請求項7

前記バイタルデータは、前記映像から取得される輝度値に基づいて算出される血流量脈拍数又は振幅値である、請求項1から6のいずれか1項に記載の電子装置。

請求項8

電子装置に、少なくとも身体の一部を撮像する撮像機能により撮像された前記身体の一部の映像に基づいて、前記身体のバイタルデータを取得するバイタルデータ取得機能と、前記バイタルデータ取得機能により取得された前記バイタルデータを記憶する記憶機能と、前記記憶機能により記憶されている、前記バイタルデータ取得機能により、以前、適正状態で取得された基準となる第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと、前記バイタルデータ取得機能により新たに取得された第2のバイタルデータとを比較するバイタルデータ比較機能と、前記バイタルデータ比較機能による比較結果に基づき、前記第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定機能と、を実現させることを特徴とする電子装置の制御プログラム

請求項9

少なくとも身体の一部を、適正状態で撮像する第1の撮像ステップと、前記第1の撮像ステップにおいて撮像された前記身体の一部の映像に基づいて、第1のバイタルデータを取得する第1のバイタルデータ取得ステップと、前記第1のバイタルデータ取得ステップにおいて取得された前記第1のバイタルデータを基準のバイタルデータとして記憶する記憶ステップと、少なくとも身体の一部を撮像する第2の撮像ステップと、前記第2の撮像ステップにおいて撮像された前記身体の一部の映像に基づいて、第2のバイタルデータを取得する第2のバイタルデータ取得ステップと、前記記憶ステップにおいて記憶された前記第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと前記第2のバイタルデータと比較するバイタルデータ比較ステップと、前記バイタルデータ比較ステップの比較結果に基づき、前記第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定ステップと、を含むことを特徴とする電子装置の制御方法

技術分野

0001

本発明は、電子装置、電子装置の制御プログラム及び電子装置の制御方法に関する。

背景技術

0002

従来、人体映像撮像し、その撮像された映像から、人体の血流等のバイタルデータを取得する電子装置が知られている。例えば、特許文献1では、人体として、電子装置を使用するユーザを時系列的に撮像して連続した画像データを生成し、その画像データにおける、例えば血液の吸光特性が異なる赤色の光成分と緑色の光成分との2つの時間的な輝度値変化に基づき、血流等のバイタルデータを検出している。

先行技術

0003

特許第6072893号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、ユーザの時系列的な撮像の際に、ユーザが、撮像領域内での適正状態から移動したり、異なる方向を向いたりすると、バイタルデータの正確な取得ができない。

0005

本発明は、取得されたバイタルデータが、適正状態で取得されたものであるか否かを判定可能な電子装置、電子装置の制御プログラム及び電子装置の制御方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するため、本発明の一態様の電子装置は、少なくとも身体の一部を撮像する撮像部により撮像された前記身体の一部の映像に基づいて、前記身体のバイタルデータを取得するバイタルデータ取得部と、前記バイタルデータ取得部により取得された前記バイタルデータを記憶する記憶部と、前記記憶部に記憶されている、過去に適正状態で前記バイタルデータ取得部により取得された、基準となる第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと、前記バイタルデータ取得部により新たに取得された第2のバイタルデータと、を比較するバイタルデータ比較部と、前記バイタルデータ比較部の比較結果に基づき、前記第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定部と、を備えることを特徴とする。

発明の効果

0007

本発明によれば、取得されたバイタルデータが、適正状態で取得されたものであるか否かを判定可能な電子装置、電子装置の制御プログラム及び電子装置の制御方法を提供することができる。

図面の簡単な説明

0008

本発明の一実施形態に係る計測ステムの構成を示す構成図である。
本発明の一実施形態に係る電子装置の前面の外観構成を示す構成図である。
本発明の一実施形態に係る電子装置の側面の外観構成を示す構成図である。
本発明の一実施形態に係る電子装置のハードウェアの構成を示すブロック図である。
本発明の一実施形態に係る電子装置の機能的構成のうち、バイタルデータの適正判定処理を実行するための機能的構成を示す機能ブロック図である。
本発明の一実施形態に係る電子装置のバイタルデータ取得部により取得された緑色の光Gの輝度値の時間的変化を示したグラフである。
本発明の一実施形態に係る電子装置が実行するバイタルデータの適正判定処理の流れを説明するフローチャートである。
本発明の一実施形態に係る電子装置が実行するバイタルデータの適正判定処理の流れを説明するフローチャートである。
本発明の一実施形態に係る電子装置の撮像部により撮像されるユーザの映像の一例を示した図である。
緑色の光の輝度値以外のバイタルデータとして、赤色の光の輝度値、及び青色の光の輝度値の時間変化の例を示したグラフである。
緑色の光の輝度値以外のバイタルデータとして、脈波及び脈拍数の時間変化の例を示したグラフである。

実施例

0009

以下、本発明の実施形態について、図面を用いて説明する。以下の説明において電子装置1として、ユーザが携帯可能な自立式の鏡として構成されるスマートミラーを例にして説明する。ただし、電子装置1は、スマートミラーに限定されず、スマートフォンタブレットパーソナルコンピュータ等であってもよい。
スマートミラーとしての電子装置1は、鏡を視認する対象者としてのユーザを撮像し、その撮像した映像に基づいてユーザのバイタルデータを取得する。

0010

システム構成
図1は、本実施形態に係る電子装置1が含まれる計測システムSの全体構成を示すブロック図である。図1に示すように、計測システムSは、複数の電子装置1、ネットワーク2及びサーバ群3を含む。電子装置1の台数には、特に制限はなく、n台(nは、任意の自然数)の電子装置1が計測システムSに含まれていてもよい。なお、以下の説明において、n台の電子装置1を特に区別することなく説明するので、符号の末尾アルファベットを省略し、単に「電子装置1」と称する。

0011

電子装置1は、ネットワーク2を介して、サーバ群3に含まれる各サーバと、相互に通信可能に接続されている。

0012

ネットワーク2は、例えば、インターネットや、LAN(Local Area Network)や、携帯電話網の何れか又はこれらを組み合わせたネットワークにより実現される。

0013

サーバ群3には、電子装置1と協働する各種のサーバが含まれる。
例えば、サーバ群3には、電子装置1のユーザを認証するための認証サーバ3aが含まれる。ユーザの認証には、顔認証表情認識も含まれる。
また、例えば、サーバ群3には、電子装置1の機能を実現するためのアプリケーションソフトウェアを配信するアプリケーション配信サーバ3bが含まれる。
更に、例えば、サーバ群3には、ユーザのプロファイルデータを格納する測定データ格納サーバ3cが含まれる。ユーザのプロファイルデータには、ユーザのバイタルデータ等の測定データや、ユーザに関する設定データやユーザによる電子装置1の利用履歴等が含まれる。

0014

なお、図1に示した計測システムSは一例に過ぎず、他の機能を有するサーバがサーバ群3に含まれていてもよい。また、サーバ群3に含まれる複数のサーバを、それぞれ別個サーバ装置で実現してもよく、単一のサーバ装置にて実現するようにしてもよい。

0015

図2は、電子装置1の前面の外観構成を示す構成図である。また、図3は、電子装置1の側面の外観構成を示す構成図である。電子装置1の前面の大きさは、例えば、国際規格であるISO(International Organization for Standardization)216で規定されるA4サイズに形成される。

0016

[外観構成及びハードウェア構成
図2及び図3に示すように、電子装置1は、本体部30と、脚部31と、ヒンジ部32と、を含んで構成される。本体部30は、表示部18や、図4を参照して後述するその他のハードウェアを含む部分である。また、脚部31とヒンジ部32は、電子装置1を自立させるための部材である。脚部31は、ヒンジ部32によって本体部30に対して回動可能に支持される。

0017

図3(A)に示すように、ユーザは、電子装置1を携帯する際に、本体部30の側面と、脚部31の側面とを揃えて、嵩張らない形状として持ち運ぶことができる。一方で、図3(B)に示すように、ユーザは、電子装置1を等に設置して利用する際には、ヒンジ部32を中心点として脚部31を回動させることにより、電子装置1を自立して設置することができる。なお、電子装置1を自立可能とするために、ヒンジ部32は、脚部31が所定の角度を保った状態で保持するための機構を有する。

0018

図4は、電子装置1のハードウェアの構成を示すブロック図である。図2及び図4に示すように、電子装置1の本体部30は、撮像部16と、入力部17と、表示部18と、センサ部23と、照明部24と、スピーカ25とを備える。電子装置1は、さらに、図4に示すように、プロセッサであるCPU(Central Processing Unit)11と、ROM(Read Only Memory)12と、RAM(Random Access Memory)13と、バス14と、入出力インターフェイス15と、記憶部19と、通信部20と、ドライブ21と、バッテリ22と、を備える。

0019

表示部18は、液晶ディスプレイ等で構成され、CPU11が出力する各種情報に対応する画像を表示することにより、これら各種の情報をユーザに対して表示する部分である。表示部18は、例えば、撮像部16が被写体として撮像したユーザの実像であるユーザ画像(図中のユーザ画像51に相当)や、ユーザの代替となる代替画像であるアバター画像(図中のアバター画像52に相当)や、ガイダンスを行うための補助情報であるガイド画像(図中のガイド画像53に相当)を表示する。また、この場合に、表示部18では、アバター画像にガイド画像が合成され、重畳して表示される。ユーザは、表示部18を視認することにより、これらの多様なデータを一度に把握することができる。

0020

撮像部16は、電子装置1の利用時に、表示部18に正対するユーザを被写体として撮像するカメラである。撮像部16は、表示部18に正対するユーザの顔を含むユーザ画像51を撮像可能な位置に配置される。例えば、撮像部16は、図中に示すように、本体部30の前面であって、表示部18の上部に配置される。

0021

撮像部16は、図示しないが、光学レンズ部と、イメージセンサと、を備えている。光学レンズ部は、被写体を撮像するために、光を集光するレンズ、例えばフォーカスレンズズームレンズ等で構成される。フォーカスレンズは、イメージセンサの受光面に被写体像結像させるレンズである。ズームレンズは、焦点距離を一定の範囲で自在に変化させるレンズである。撮像部16にはまた、必要に応じて、焦点露出ホワイトバランス等の設定パラメータを調整する周辺回路が設けられる。

0022

イメージセンサは、光電変換素子や、AFE(Analog Front End)等から構成される。光電変換素子は、例えばCMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)型の光電変換素子等から構成される。光電変換素子には、光学レンズ部から被写体像が入射される。そこで、光電変換素子は、被写体像を光電変換(撮像)して画像信号を一定時間蓄積し、蓄積した画像信号をアナログ信号としてAFEに順次供給する。AFEは、このアナログの画像信号に対して、A/D(Analog/Digital)変換処理等の各種信号処理を実行する。各種信号処理によって、デジタル信号が生成され、撮像部16の出力信号として出力される。このような撮像部16の出力信号は、CPU11等に適宜供給される。

0023

入力部17は、ユーザによる操作入力受け付ける部分である。入力部17は、例えば複数のボタンにより実現される。図中では、一例として、「小顔エステ」、「笑顔トレーニング」等の各種のモードへの切り換えボタンや、電子装置1の電源オンオフ切り替えを行うためのボタンを図示する。また、入力部17は、表示部18に設けられたタッチパネル部分も含む。さらに、入力部17は、マイクであってもよく、この場合、指示音声に応じて各種情報が入力可能である。

0024

センサ部23は、気温湿度照度等を測定する。センサ部23は、温度センサ湿度センサ照度センサ等の複数のセンサによって構成させる。センサ部23は、図中に示すように、例えば、本体部30の前面であって、表示部18の上部に配置される。

0025

照明部24は、表示部18に正対するユーザを照らすために発光する部分である。照明部の数は複数であってもよい。照明部24は、図中に示すように、例えば、表示部18の上部に設けられているが、これに限らず下部に配置されてもよく、表示部18の周辺全体に配置されてもよい。照明部24が、照度や色成分を調整してユーザを照らすことにより、電子装置1は、照明付きの鏡として機能する。照明部24の照度は、外光以上であることが好ましい。照明部24の照度を外光以上の支配的な光とすることで、後述するバイタルデータのより正確な取得が可能となる。

0026

スピーカ25は、ガイダンスを行うための補助データを、ガイド画像53とともに発音する部分である。スピーカ25は、図中に示すように、例えば、本体部30の前面であって、表示部18の右下に配置されている。

0027

以上、電子装置1の外観構造について説明をした。ただし、この構造は一例に過ぎず、電子装置1の外観構造は、この例に限定されない。例えば、入力部17の数や配置が変更されてもよい。

0028

図4に示すCPU11は、ROM12に記録されているプログラム、又は、記憶部19からRAM13にロードされたプログラムに従って各種の処理を実行する。

0029

RAM13には、CPU11が各種の処理を実行する上において必要なデータ等も適宜記憶される。

0030

CPU11、ROM12及びRAM13は、バス14を介して相互に接続されている。このバス14にはまた、入出力インターフェイス15も接続されている。入出力インターフェイス15には、撮像部16と、入力部17と、表示部18と、記憶部19と、通信部20と、ドライブ21と、バッテリ22と、センサ部23と、照明部24と、スピーカ25と、が接続されている。

0031

記憶部19は、DRAM(Dynamic Random Access Memory)等の半導体メモリで構成され、各種データを記憶する。記憶部19には、表示処理におけるガイダンスに関する各種のデータや、ユーザの実像の代替となるアバターに関する各種のデータや、計測を行なうための情報や計測結果を表示するための情報や計測結果を示す情報等が格納される。さらに記憶部19には、後述するバイタルデータが格納される。なお、上述した各種のデータは、記憶部19にのみ格納されていてもよいが、ドライブ21によってリムーバブルメディア100に適宜格納されるようにしてもよい。更に、各情報は、サーバ群3に含まれる測定データ格納サーバ等に適宜格納されるようにしてもよい。

0032

通信部20は、CPU11が、ネットワーク2を介して他の装置(例えば、サーバ群3に含まれる各サーバ)との間で通信を行うための通信制御を行う。

0033

ドライブ21は、リムーバブルメディア100を装着可能なインターフェイスにより構成される。ドライブ21には、磁気ディスク光ディスク光磁気ディスク、あるいは半導体メモリ等よりなる、リムーバブルメディア100が適宜装着される。リムーバブルメディア100には、後述の合成表示処理を実行するためのプログラムや、画像データ等の各種データが格納される。ドライブ21によってリムーバブルメディア100から読み出されたプログラムや、画像データ等の各種のデータは、必要に応じて記憶部19にインストールされる。

0034

バッテリ22は、各部に電力を供給するとともに外部電源に接続されることにより、充電可能に構成される。電子装置1が外部電源に接続されていない状態ではバッテリ22の電力によって電子装置1が動作する。

0035

なお、電子装置1は、上述したハードウェアに加えて、他のハードウェアを更に備えていてもよい。例えば、電子装置1は、振動用モータ等で構成され、バイブレーション信号を出力する出力部等を更に備えてもよい。

0036

[機能的構成]
図5は、電子装置1の機能的構成のうち、バイタルデータの適正判定処理を実行するための機能的構成を示す機能ブロック図である。

0037

バイタルデータとは、撮像部16によって撮像されたユーザの身体の一部の映像から取得される身体に関する生体情報である。換言すると、バイタルデータとは、撮像部16により取得された身体の一部の映像より取得される輝度値の時間推移及び輝度値の時間推移から取得される血流に関する生体情報である。血流に関する情報は、例えば、赤色の光R、緑色の光G又は青色の光B(RGB)の少なくとも1つの輝度値の時間推移である映像脈波を解析して、その解析結果から取得される。バイタルデータは、輝度値によって示される血流量、輝度値の振幅値の変化から得られる脈波振幅値、輝度値の振幅値の間隔から得られる脈拍数、脈拍数の揺らぎから得られる自律神経指標等を含む。

0038

バイタルデータの適正判定処理とは、電子装置1が、ユーザから取得したバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する一連の処理である。本実施形態において適正状態とは、ユーザが、電子装置1(撮像部16)に対して適正な位置で適正な方向を向いている状態である。

0039

次に、バイタルデータの適正判定処理を実行する各機能ブロックについて説明する。図5に示すように、制御部としてのCPU11において、バイタルデータの適正判定処理を実行する部分として、バイタルデータ取得部111と、バイタルデータ比較部112と、適正判定部113と、通信処理部114と、が機能する。

0040

バイタルデータ取得部111は、撮像部16により取得された身体の一部の映像より、赤色の光R、緑色の光G又は青色の光B(RGB)の少なくとも1つの輝度値の時間推移である映像脈波を解析して、その解析結果からユーザに関するバイタルデータを取得する。バイタルデータは、撮像部16が取得した映像に基づいて取得されるので、ユーザに接触することなく逐次取得可能である。また、バイタルデータは、実施形態において、撮像部16が取得した映像うちの一定の関心領域(Region of Interest,ROI)内の画像より取得される。ただし、バイタルデータは、複数の関心領域の画像を対象として計測を行ってもよく、映像全体の領域内の画像より取得されてもよい。

0041

記憶部19は、バイタルデータ取得部111により取得されたバイタルデータを記憶する。

0042

バイタルデータ比較部112は、バイタルデータ取得部111により、適正状態で取得されて記憶部19に記憶されている基準となる第1のバイタルデータを読み出す。そして第1のバイタルデータと、バイタルデータ取得部111によりリアルタイムに取得された第2のバイタルデータとを比較する。

0043

適正判定部113は、バイタルデータ比較部112の比較結果に基づき、リアルタイムに取得された第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する。ここで、図6を参照し、バイタルデータとして緑色の光Gの輝度値を採用する場合における適正判定部113による適正処理の一例について説明する。

0044

図6は、緑色の光Gの輝度値の時間的変化を示したグラフである。横軸時間軸である。縦軸は緑色の光Gの輝度値であり、上に行くほど輝度値が低く、下に行くほど輝度値が高い状態を示す換算輝度値である。この例では、RGB各色8ビットの出力のイメージセンサを用いて緑信号輝度を検出し、輝度値の最大値255から検出した緑信号の輝度値を減算した数値を輝度値としてプロットされている。また、図6中のT1は、バイタルデータ取得部111が取得する1回分の期間を示すものとする。

0045

図6では、適正判定部113が、新しく取得される緑色の光Gの輝度値を監視し、事前に設定される緑色の光Gの基準値(輝度値)を下回るか否かに基づいて適正状態か非適正状態かを判定する。上述の通り、輝度値は換算輝度値であるため、基準値を下回る場合は検出される輝度値が相対的に明るくなっていることを示す。この状態は、ユーザが撮像部16の撮影範囲からいなくなり、壁等の反射によって生じると考えられる。そこで、適正判定部113は、新たに取得された輝度値が基準値を下回った場合に、非適正状態となったと判定する。なお、事前に設定される基準値は、適正状態で取得されるユーザの輝度値に基づいて設定されるものであり、具体的な数値等については後述する。この結果、第1期間及び第3期間では輝度値が基準値を上回るため適正状態と判定され、第2期間及び第4期間では輝度値が基準値を下回るため非適正状態と判定されることになる。適正状態と判定されている期間は単位時間T1ごとにバイタルデータが繰り返し取得され、当該バイタルデータが保存されることになる。一方、非適正状態では取得したバイタルデータは保存されない。

0046

通信処理部114は、例えば、ユーザ認証のためにサーバ群3に含まれる認証サーバ3aと通信する。また、通信処理部114は、第1のバイタルデータや第2のバイタルデータの記憶や読み出しのために、サーバ群3に含まれる測定データ格納サーバ3cと通信する。

0047

次に、バイタルデータの適正判定処理についてフローチャートを参照して説明する。図7及び図8はバイタルデータの適正判定処理のフローチャートの具体的な例を示す。バイタルデータの適正判定処理は、図7に示す第1のバイタルデータ取得処理と、図8に示す第2のバイタルデータ取得判定処理と、を備える。

0048

[第1のバイタルデータ取得処理]
(ステップS101)
ユーザが電子装置1をONにすると、電子装置1は、通信処理部114によりネットワーク2を介して、サーバ群3に含まれる各サーバに接続する。ユーザは、認証サーバ3aにログインし、認証サーバ3aよりユーザが所有する端末のIDを取得する。なおIDは、1つの端末を複数ユーザが使用する場合、ユーザごとに取得可能である。

0049

(ステップS102)
次いで、電子装置1は、表示部18に種々のメニューを表示する。メニューは、例えば「小顔エステ」や「笑顔トレーニング」等のメニューを含む。

0050

(ステップS103)
表示されたメニューの中から、ユーザにより、例えば「小顔エステ」や「笑顔トレーニング」等の何らかのメニューが選択されると(ステップS103,YES)、電子装置1は、次のステップS104に進む。なお、ユーザによるメニューの選択は、入力部17から行われる。入力部17としては、例えば表示部18のタッチパネルや、表示部18の下に設けられたにボタンが用いられる。電子装置1は、ユーザによる作業メニューの選択が行われない場合(ステップS103,NO)、ステップS102に戻る。

0051

(ステップS104)
ステップS104において、電子装置1は、自動的、あるいはユーザからの指示により、照明部24をONにし、撮像部16によるユーザの撮像を開始する。電子装置1は、撮像された映像内において、輪郭や部位のパターンマッチングや肌色識別等によるフェイストラッキングを開始する。このときの照明部24の明るさは、ユーザから得られる映像の輝度の正確性を保つため、外光と比べて支配的であることが好ましい。なお、電子装置1は、フェイストラッキングの際、より正確に顔を認識するために、表示部18に、例えばガイド枠を表示させてもよい。また、電子装置1は、顔のガイド枠とともに顔のガイド枠内にユーザの顔を移動させることを伝えるガイドとして、例えば、「枠内に顔を移動させてください」といったテキストを表示してもよい。

0052

(ステップS105)
ユーザは正面を向いているものとする。そして、フェイストラッキングにより、顔の位置が認識されると(ステップS105,YES)、電子装置1は、その位置に基づいて関心領域(ROI,Region of Interes)を設定し、次のステップS106に進む。フェイストラッキングにおいて顔の位置が特定されない場合(ステップS105,NO)、電子装置1は、顔の位置が特定されるまで、ステップS105を繰り返す。

0053

(ステップS106)
電子装置1のバイタルデータ取得部111は、関心領域内映像信号に含まれる赤色の光R、緑色の光G又は青色の光B(RGB)の少なくとも1つの輝度値の時間推移である映像脈波の解析を開始する。実施形態において、バイタルデータ取得部111は、緑色の光Gの輝度値を解析する。

0054

本実施形態において緑色の光Gの輝度値を用いるのは、血中のヘモグロビンが緑色の光Gを多く吸収する性質を有しているからである。血流が上昇すると、皮膚表面に血液の量が多くなり、単位時間あたりのヘモグロビンの量が増加する。そうすると、血流が上昇する前に比べて、ヘモグロビンによって吸収される緑色の光Gが多くなる。したがって、血流の上昇時に検出される緑色の光Gの輝度値が低下する。したがって、緑色の光Gの輝度値を用いることにより、血流量変化の把握を良好に行うことができる。

0055

なお、撮像部16の撮像素子が光を輝度値に変換する場合は、撮像素子の手前にRGBのフィルタを配置し、RGBそれぞれの画素の輝度値を算出する。この場合、緑色のフィルタを通った光が緑色の光Gの輝度値となる。撮像素子の感度波長に対してフラットであっても、上述のフィルタによってある程度、波長帯域絞り込めるので精度よく、緑色の光Gを検出できる。

0056

ただし、バイタルデータは、緑色の光G以外の、赤色の光R、青色の光Bの輝度値の映像脈波を解析して取得してもよい。また、光の外乱を除くために、例えば緑色の光Gの輝度値から赤色の光Rの輝度値を引いた輝度値差分(G−R)や、赤色の光Rの輝度値の緑色の光Gの輝度値の割合である輝度値割合(R/G)を用いてもよい。このような輝度値差分や輝度値割合を用いることで、バイタルデータの取得精度を、環境に合わせて向上させることができる。

0057

(ステップS107)
バイタルデータ取得部111による映像脈波の解析は、単位時間ごとに行う。単位時間は、例えば、動画像フレームレートである。バイタルデータ取得部111は、この単位時間ごとの映像脈波の解析を、時間Tの間、繰り返して行う。時間Tは、脈拍数等の安定したデータが取得できる任意の時間であり、実施形態では一例として5秒である。そして、バイタルデータ取得部111は、緑色の光Gの映像脈波を解析して、その解析結果からユーザに関する、輝度値によって示される血流量、輝度値の振幅値の変化から得られる脈波振幅値、輝度値の振幅値の間隔から得られる脈拍数、脈拍数の揺らぎから得られる自律神経指標等であるバイタルデータを取得する。

0058

(ステップS108)
そして、電子装置1は、時間T経過しない場合(ステップS108,NO)、ステップS107へ戻り、バイタルデータの解析を継続する。
電子装置1は、時間T経過すると(ステップS108,YES)、次のステップS109へ進む。

0059

(ステップS109)
時間T経過後、電子装置1は、得られた第1のバイタルデータの平均値を算出して、その第1のバイタルデータの平均値や、ステップS105で設定された関心領域の位置を、表示部18に表示する。また、電子装置1は、第1のバイタルデータが適正であるかどうかをユーザが判断する選択部も表示部18に表示する。選択部は、例えば「基準データとして保存(バイタルデータ適正)」と、「基準データを取り直す(バイタルデータ不適正)」との何れかを選択可能なタッチパネルで表示される。

0060

(ステップS110)
ユーザは、表示部18に表示された関心領域が表示部18の中央から大きくずれていたり、第1のバイタルデータの平均値が適正値とかけ離れていたりした場合、「基準データを取り直す」を選択することができる。電子装置1は、ユーザがステップS109で、「基準データを取り直す」を選択した場合、第1のバイタルデータは適正でないとして、ステップS104へ戻る。
また、電子装置1は、ユーザがステップS109で、「基準データとして保存」を選択した場合、第1のバイタルデータは適正であるとして、次のステップS111へ進む。

0061

(ステップS111)
電子装置1は、第1のバイタルデータを基準値として記憶部19に保存する。この基準値としての第1のバイタルデータは、フェイストラッキングを用いて、ユーザの顔を特定し、正面を向いているユーザの顔の領域における緑色の光Gの輝度値より求めたバイタルデータであり、さらにユーザにより適正であると判定されたものである。したがって、ユーザのバイタルデータとしての信頼性が高い。
なお、上述したステップS104からステップS111の第1のバイタルデータの取得ステップは、ステップS103のメニュー選択が行われる度に行われる。これは、基準となる第1のバイタルデータは経年変化が考えられるので、第1のバイタルデータを、ステップS103のメニュー選択が行われる度に更新するためである。ただしこれに限らず、第1のバイタルデータの取得は、1日1回、1週間に1回等であってもよい。

0062

(ステップS112)
図8は、図7の第1のバイタルデータ取得処理から続く、第2のバイタルデータ取得判定処理のフローチャートの具体的な例である。ステップS106と同様に、電子装置1のバイタルデータ取得部111は、関心領域内の映像信号に含まれる緑色の光Gの輝度値の時間推移である映像脈波の解析を開始する。バイタルデータ取得部111による映像脈波の解析は、ステップS107と同様に単位時間ごとに行う。単位時間は、例えば、動画像のフレームレートである。

0063

(ステップS113)
バイタルデータ取得部111は、単位時間ごとの映像脈波の取得を、時間T1の間、繰り返して行う。時間T1は一例として時間Tより短い3秒である。この場合、第1のバイタルデータの計測時間より短くなるので、バイタルデータの測定がスムーズに進む。ただし、計測時間は3秒に限らず任意でよい。例えば、3秒より長い5秒等にすると、判定の精度を3秒間の場合より向上することができる。
そして、バイタルデータ取得部111は、時間T1の間、繰り返して緑色の光Gの輝度値の映像脈波を解析して、その解析結果からユーザに関する、輝度値によって示される血流量、輝度値の振幅値の変化から得られる脈波振幅値、輝度値の振幅値の間隔から得られる脈拍数、脈拍数の揺らぎから得られる自律神経指標等である、リアルタイムで得られた第2のバイタルデータを取得する。さらにバイタルデータ取得部111は第2のバイタルデータの時間T1の平均値を求める。

0064

(ステップS114)
電子装置1は、ステップS113で求めた、リアルタイムの第2のバイタルデータの平均値を、第1のバイタルデータと比較する。そして、第2のバイタルデータと第1のバイタルデータとの差が所定範囲内かどうかを判定する。なお、所定範囲内に設定される数値は、実測値理論値に基づいて設定されるものである。

0065

例えば、緑色の光Gの輝度値の場合、第2のバイタルデータの基準のバイタルデータに対する差が6%以内(所定範囲内)の場合、ユーザが正面を向いている適正状態で取得された適正バイタルデータであると判定する。第2のバイタルデータの基準のバイタルデータに対する差が6%より大きい場合、非適正状態で取得された非適正バイタルデータあると判定する。

0066

緑色の光Gの振幅である脈波振幅値(PA)の場合、第2のバイタルデータに対する基準のバイタルデータの差が14%以内(所定範囲内)の場合、ユーザが正面を向いている適正状態で取得された適正バイタルデータであると判定する。第2のバイタルデータの基準のバイタルデータに対する差が14%より大きい場合、非適正状態で取得された非適正バイタルデータあると判定する。

0067

(ステップS115)
ステップS114において、リアルタイムで得られた第2のバイタルデータが、適正状態で取得された適正バイタルデータであると判定されると、第2のバイタルデータは記憶部19に保存される。
なお、ステップS114において、リアルタイムで得られた第2のバイタルデータが、適正状態で取得された適正バイタルデータであると判定された場合、第2のバイタルデータを適正バイタルデータとして、表示部18より出力するようにしてもよい。
また、この場合、ステップS114において、リアルタイムで得られた第2のバイタルデータが、適正状態で取得された適正バイタルデータであると判定されなかった場合、第2のバイタルデータは出力されない。

0068

(ステップS116)
ステップS114において、リアルタイムで得られた第2のバイタルデータが、非適正状態で取得されたであると判定されると、第2のバイタルデータは削除される。このように不要なデータを削除することにより、記憶部19に不要なデータを格納する必要がなくなる。ただし非適正バイタルデータを、計測不能データとして記憶部19に保存してもよい。

0069

(ステップS117)
ステップS112からステップS115の第2のバイタルデータ取得判定処理の実行時間が所定時間未満の場合(ステップS117,NO)、ステップS112に戻る。所定時間は、一例として3分程度である。
第2のバイタルデータ取得判定処理の実行時間が所定時間以上になると、第2のバイタルデータ取得判定処理は終了する(ステップS117,YES)。

0070

(ステップS118)
第2のバイタルデータ取得判定処理が終了すると、電子装置1は、通信処理部114を介して第2のバイタルデータを測定データ格納サーバ3cに保存する。この際、第2のバイタルデータは、タイムスタンプ、センサ部23により測定された照度、温度、湿度情報とともに保存される。

0071

(ステップS119)
以上の工程を経てバイタルデータの適正判定処理が終了する。なお、バイタルデータの適正判定処理は、例えば30分ごとに、S102又はS112から開始されるようにしてもよい。

0072

次に、本発明の一実施形態に係る電子装置1の実施例について図9図11を参照して説明する。

0073

図9は、撮像部16により撮像されるユーザの映像の一例を示した図である。図9(A)は、第1のバイタルデータを求めたとき、及びそのときと同じように、ユーザが撮像部16に対して正面を向いている状態、図9(B)はユーザが撮像部16に対して横を向いている状態、図9(C)はユーザが撮像部16に対して正面を向いているが、目が下を向いている状態、図9(D)はユーザが撮像部16の撮影範囲から外れた状態を示す。

0074

図10は緑色の光Gの輝度値、赤色の光Rの輝度値、及び青色の光Bの輝度値の時間変化の例を示したグラフである。図10中の期間Aは、ユーザが撮像部16に対して正面を向いている図9(A)の状態、期間Bはユーザが撮像部16に対して横を向いている図9(B)の状態、期間Cはユーザが撮像部16に対して正面を向いている図9(C)の状態、期間Dはユーザが撮像部16の撮影範囲から外れた図9(D)の状態のときを示す。

0075

図11は、緑色の光Gの輝度値以外のバイタルデータとして、脈波及び脈拍数の時間変化の例を示したグラフである。図10と同様に、図11中の期間Aは、ユーザが撮像部16に対して正面を向いている図9(A)の状態、期間Bはユーザが撮像部16に対して横を向いている図9(B)の状態、期間Cはユーザが撮像部16に対して正面を向いている図9(C)の状態、期間Dはユーザが撮像部16の撮影範囲から外れた図9(D)の状態のときを示す。

0076

期間Aは、ユーザが第1のバイタルデータを取得したときと同じように正面を向き、且つ関心領域内に顔が存在する時間である。期間Aでは、図10に示すように、緑色の光Gの輝度値、赤色の光Rの輝度値、及び青色の光Bの何れにおいても、輝度値の時間変化が少ない安定した状態である。また、図11に示すように、脈波振幅PA及び脈拍数HRも、相対的に変動が少ない安定状態である。

0077

期間Bは、ユーザが撮像部16に対して正面を向いている図9(A)の状態から、撮像部16に対して横を向いた図9(B)の状態になり、横向きを維持し、その後、撮像部16に対して、また正面を向いた図9(C)の状態になるまでの時間である。即ち、期間Bの大部分ではユーザが横向きである。期間Bでは、緑色の光Gの輝度値、赤色の光Rの輝度値、及び青色の光Bの何れにおいても、期間Aに比べて明るい傾向を示すものの、輝度値の時間変化は少ない安定した状態である。また、図11に示すように、脈波振幅PA及び脈拍数HRも、相対的に変動が少ない安定状態である。

0078

期間Cは、ユーザが撮像部16に対して正面を向いている図9(C)の状態が維持される時間である。期間Cでは、図10に示すように、緑色の光Gの輝度値、赤色の光Rの輝度値、及び青色の光Bの何れにおいても、輝度値の時間変化が少ない安定した状態である。また、図11に示すように、脈波振幅PA及び脈拍数HRも、相対的に変動が少ない安定状態である。

0079

期間Dは、ユーザが撮像部16に対して正面を向いている図9(C)の状態から、撮像部16の撮影範囲から外れて図9(D)の状態になり、再びユーザが正面を向くまでの時間である。期間Dでは、図10に示すように、緑色の光Gの輝度値、赤色の光Rの輝度値、及び青色の光Bの何れにおいても、輝度値が大きく明るくなる傾向を示す。また、図11に示すように、脈波振幅PA及び脈拍数HRも、上下の変動が激しい状態となる。

0080

図10を示して説明した例において、緑色の光Gの輝度値をバイタルデータとした場合を考える。期間A、期間B及び期間Cでは、緑色の光Gの輝度値をバイタルデータとした場合、基準値である第1のバイタルデータに対して新たに取得される第2のバイタルデータとの差が6%以内となる。即ち、期間A、期間B及び期間Cは適正状態と判定される期間となる。一方、期間Dでは、基準値である第1のバイタルデータに対して新たに取得される第2のバイタルデータとの差が6%を超える状態となる。即ち、非適正状態と判定される期間となる。

0081

この実施例からも、緑色の光Gの輝度値をバイタルデータとした場合、第1のバイタルデータと第2のバイタルデータとの差が6%以内か否かで、適正バイタルデータか非適正バイタルデータであるかを判定できることがわかる。

0082

また、赤色の光Rの輝度値は緑色の光Gの輝度値及び青色の光Bの輝度値よりも明るいが、赤色の光R、緑色の光G及び青色の光Bは、ユーザの向きによって、略同様の傾向を示す。ゆえに、緑色の光Gの輝度値以外の赤色の光Rの輝度値又は青色の光Bの輝度値を用いて、取得されたバイタルデータが、適正状態で取得されたものであるか否かを判定することもできる。更に、脈波振幅PA及び脈拍数HRにおいても、期間A、期間B及び期間Cでは、相対的に安定しているが、期間Dでは乱れが大きくなる。ゆえに、脈波振幅PA及び脈拍数HRを用いて、又は、緑色の光Gの輝度値と脈波振幅PA及び脈拍数HRとを合わせて、バイタルデータが、適正状態で取得されたものであるか否かを判定できることがわかる。

0083

以下、具体的な数値について例示する。
赤色の光Rの輝度値の場合、第1のバイタルデータと第2のバイタルデータとの差が11%以内の場合、第2のバイタルデータは適正バイタルデータであると判定することができる。
青色の光Bの輝度値の場合、第1のバイタルデータと第2のバイタルデータとの差が6%以内の場合、第2のバイタルデータは適正バイタルデータであると判定することができる。
緑色の光Gの輝度値から赤色の光Rの輝度値を引いた輝度値差分(G−R)の場合、第2のバイタルデータにおける輝度値差分(G−R)値における、第1のバイタルデータにおける輝度値差分(G−R)値に対する差(変化分)が2%以内の場合、第2のバイタルデータは適正バイタルデータであると判定することができる。
赤色の光Rの輝度値の緑色の光Gの輝度値の割合である輝度値割合(R/G)の場合、第2のバイタルデータにおける輝度値割合(R/G)の、第1のバイタルデータにおける輝度値割合(R/G)に対する差(変化分)が絶対値で6%以内の場合、第2のバイタルデータは適正バイタルデータであると判定することができる。
青色の光Bの輝度値の緑色の光Gの輝度値の割合である輝度値割合(B/G)の場合、第2のバイタルデータにおける輝度値割合(B/G)の、第1のバイタルデータにおける輝度値割合(B/G)に対する差(変化分)が絶対値で1%以内の場合、第2のバイタルデータは適正バイタルデータであると判定することができる。
振幅値の場合、第2のバイタルデータの振幅値の、第1のバイタルデータの振幅値に対する差(変化分)が14%以内の場合、第2のバイタルデータは適正バイタルデータであると判定することができる。
脈拍数の場合、第2のバイタルデータの脈拍数の、第1のバイタルデータの脈拍数に対する差(変化分)が2%以内の場合、第2のバイタルデータは適正バイタルデータであると判定することができる。さらに、一種類のバイタルデータで判定するのではなく、複数のバイタルデータを用いて判定することにより、判定の精度を上げることもできる。

0084

以上、所定範囲に設定される数値を例示したが、所定範囲に設定される対象及び数値は使用環境等に応じて適宜変更することができる。

0085

本実施形態の電子装置1による効果について説明する。本実施形態の電子装置1は、少なくとも身体の一部を撮像する撮像部16により撮像された身体の一部の映像に基づいて、身体のバイタルデータを取得するバイタルデータ取得部111と、バイタルデータ取得部111により取得されたバイタルデータを記憶する記憶部19と、記憶部19に記憶されている、過去に適正状態で前記バイタルデータ取得部111により取得された、基準となる第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと、バイタルデータ取得部111により新たに取得された第2のバイタルデータと、を比較するバイタルデータ比較部112と、バイタルデータ比較部112の比較結果に基づき、第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定部113と、を備える。

0086

これにより、ユーザの健康状態の変化を、ユーザのメニュー実行や作業を中断させることなく把握することができるため、早期の病気発見や予防につなげることが出来る。また、ユーザが意図することなく自動的にバイタルデータが取得されることになるので、バイタルデータの取り忘れ等がなく、安定した解析が可能になる。また、本実施形態では、電子装置1としてのスマートミラーを用いて、S102において選択された「小顔エステ」や「笑顔トレーニング」等のメニューの実行中に、ユーザの動作を妨げずに、リアルタイムのバイタルデータを取得することも出来る。また、電子装置1が作業用のPCである場合は、ユーザの作業を妨げずに、リアルタイムのバイタルデータを取得することが出来る。

0087

また、本実施形態の適正判定部113は、第2のバイタルデータと第1のバイタルデータとの差が、所定範囲内の場合に、第2のバイタルデータが適正バイタルデータと判定する。

0088

これにより、測定誤差の範囲で適正バイタルデータと判定されなくなる事態の発生を抑制し、効率的な適正判定処理が実現される。

0089

また、本実施形態では、第2のバイタルデータが、適正バイタルデータと判定された場合、第2のバイタルデータを適正バイタルデータとして記憶部19に保存する。

0090

これにより、ユーザが移動することによってバイタルデータの安定した取得が出来ない場合、非適切な状態で取得された非適切バイタルデータとして、適正バイタルデータと区別されるので、適正バイタルデータのみに基づいた健康管理が可能である。特に本実施形態では、所定の関心領域内において、正面を向いた適正状態で取得されたバイタルデータを、自動的に記憶部19に保存している。すなわち、血流量、脈波振幅値、脈拍数、自律神経指標といった、美容や健康管理に必要なバイタルデータを日々取得できる。このため、美容施術の効果有無や健康異常をいち早く検出し、対応することが出来るようになる。なお自律神経指標とは、脈拍数の揺らぎ等である。例えば、緑色の光Gの輝度値や振幅値から、正面を向いた状態が維持されていると判定されたにもかかわらず、脈拍数に揺らぎがある場合、自律神経に異常があると判定することができる。また、適正状態ではないときに取得されたバイタルデータを記憶部19に記憶する必要がないので、メモリ使用効率を向上させることができる。

0091

また、本実施形態の電子装置1は、第2のバイタルデータが、適正バイタルデータと判定された場合、第2のバイタルデータを適正バイタルデータとして出力する。そして、また、本実施形態の電子装置1は、第2のバイタルデータが、適正バイタルデータと判定されなかった場合、第2のバイタルデータは出力されない。これにより、適正ではバイタルデータが出力されなくなるので、データ処理を効率化できる。

0092

また、本実施形態では、バイタルデータは、映像から取得される輝度値である。これにより、映像から取得することが容易な輝度値を利用して適正状態か否かを正確に判定できる。また、バイタルデータは、映像から取得される輝度値に基づいて算出される血流量、脈拍数又は振幅値であってもよい。輝度値に基づいて算出される血流量、脈拍数又は振幅値を活用することによっても、適正状態か否かを正確に判定できる。

0093

以上、本発明の実施形態について説明したが、この実施形態は、例示に過ぎず、本発明の技術的範囲を限定するものではない。本発明はその他の様々な実施形態を取ることが可能であり、更に、本発明の要旨を逸脱しない範囲で、省略や置換等種々の変更を行うことができる。これら実施形態やその変形は、本明細書等に記載された発明の範囲や要旨に含まれるとともに、特許請求の範囲に記載された発明とその均等の範囲に含まれる。

0094

実施形態において、電子装置1としてスマートミラーを例にして説明したが、これに限らず、上述したように電子装置1は、スマートミラーに限定されず、スマートフォン、タブレット、パーソナルコンピュータ等であってもよい。例えば、カメラ付のパーソナルコンピュータに本発明を適用することで、仕事等のパーソナルコンピュータを用いて作業をしている間も、ユーザが意図することなくバイタルデータを取得することができる。この場合、本発明を実施するためのアプリケーションをサーバ群3からダウンロード可能としてもよい。

0095

バイタルデータの取得は、安定した期間の信号を抽出することが好ましい。ゆえに、一日の中で安定した期間において、バイタルデータを取得するようにしてもよい。

0096

<その他の変形例>
本発明は、上述の実施形態に限定されるものではなく、本発明の目的を達成できる範囲での変形、改良等は本発明に含まれるものである。例えば、上述の実施形態を以下の変形例のように変形してもよい。

0097

上記実施形態では、検出した輝度に対して換算する処理を行った換算輝度値を用いて処理を行った構成を説明したが、この構成に限定されない。換算輝度値は輝度のレベルを示す一態様であり、上記実施形態から換算処理を省略し、換算処理を行うことなく検出した輝度値を用いて処理を行ってもよい。

0098

上記実施形態の電子装置1の表示部18に反射面を有する鏡部を組み合わせた構成とすることもできる。この場合、鏡部は、光学的特性として、透過特性反射特性の双方を有するハーフミラーにより実現する。そして、鏡部は、表示部18よりも前面のユーザが視認する方向に重畳した配置する。このような配置により、ユーザは、例えば、撮像部16により撮像されたユーザ画像ではなく、鏡部により反射された自身の顔と、表示部18に表示されるとともに鏡部を透過した各種の情報(例えば、合成画像)とを同時に視認することができる。つまり、上述の実施形態では、ユーザの実像として撮像部16が被写体として撮像したユーザ画像を視認させることとしていたが、本変形例では、ユーザの実像として鏡部により反射されたユーザの鏡像を視認させこととする。このようにしても、上述した実施形態と同様の効果を奏することができる。
例えば、上述の実施形態において、電子装置1と、サーバ群3に含まれる各サーバとが協働することを想定していたが、各サーバの機能を電子装置1に追加して、電子装置1のみで全ての処理を行うようにしてもよい。

0099

上述した一連の処理は、ハードウェアにより実行させることもできるし、ソフトウェアにより実行させることもできる。換言すると、図5の機能的構成は例示に過ぎず、特に限定されない。即ち、上述した一連の処理を全体として実行できる機能が電子装置1に備えられていれば足り、この機能を実現するためにどのような機能ブロックを用いるのかは特に図5の例に限定されない。

0100

また、1つの機能ブロックは、ハードウェア単体で構成してもよいし、ソフトウェア単体で構成してもよいし、それらの組み合わせで構成してもよい。本実施形態における機能的構成は、演算処理を実行するプロセッサによって実現され、本実施形態に用いることが可能なプロセッサには、シングルプロセッサマルチプロセッサ及びマルチコアプロセッサ等の各種処理装置単体によって構成されるものの他、これら各種処理装置と、ASIC(Application Specific IntegratedCircuit)やFPGA(Field‐Programmable Gate Array)等の処理回路とが組み合わせられたものを含む。

0101

一連の処理をソフトウェアにより実行させる場合には、そのソフトウェアを構成するプログラムが、コンピュータ等にネットワークや記録媒体からインストールされる。
コンピュータは、専用のハードウェアに組み込まれているコンピュータであってもよい。また、コンピュータは、各種のプログラムをインストールすることで、各種の機能を実行することが可能なコンピュータ、例えば汎用のパーソナルコンピュータであってもよい。

0102

このようなプログラムを含む記録媒体は、ユーザにプログラムを提供するために装置本体とは別に配布される図4のリムーバブルメディア100により構成されるだけでなく、装置本体に予め組み込まれた状態でユーザに提供される記録媒体等で構成される。リムーバブルメディア100は、例えば、磁気ディスク(フロッピディスクを含む)、光ディスク、又は光磁気ディスク等により構成される。光ディスクは、例えば、CD−ROM(Compact Disk−Read Only Memory),DVD,Blu−ray(登録商標) Disc(ブルーレイディスク)等により構成される。光磁気ディスクは、MD(Mini−Disk)等により構成される。また、装置本体に予め組み込まれた状態でユーザに提供される記録媒体は、例えば、プログラムが記録されている図4のROM12や、図4の記憶部19に含まれるハードディスク等で構成される。

0103

なお、本明細書において、記録媒体に記録されるプログラムを記述するステップは、その順序に沿って時系列的に行われる処理はもちろん、必ずしも時系列的に処理されなくとも、並列的あるいは個別に実行される処理をも含むものである。また、本明細書において、システムの用語は、複数の装置や複数の手段等より構成される全体的な装置を意味するものとする。

0104

以下に、本願の出願当初の特許請求の範囲に記載された発明を付記する。
[付記1]
少なくとも身体の一部を撮像する撮像部により撮像された前記身体の一部の映像に基づいて、前記身体のバイタルデータを取得するバイタルデータ取得部と、
前記バイタルデータ取得部により取得された前記バイタルデータを記憶する記憶部と、
前記記憶部に記憶されている、過去に適正状態で前記バイタルデータ取得部により取得された、基準となる第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと、前記バイタルデータ取得部により新たに取得された第2のバイタルデータと、を比較するバイタルデータ比較部と、
前記バイタルデータ比較部の比較結果に基づき、前記第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定部と、
を備えることを特徴とする電子装置。
[付記2]
前記適正判定部は、
前記第2のバイタルデータと前記第1のバイタルデータとの差が、所定範囲内の場合に、前記第2のバイタルデータが前記適正バイタルデータと判定する、
付記1に記載の電子装置。
[付記3]
前記第2のバイタルデータが、前記適正バイタルデータと判定された場合、前記第2のバイタルデータを前記適正バイタルデータとして前記記憶部に保存する、
付記1または2に記載の電子装置。
[付記4]
前記第2のバイタルデータが、前記適正バイタルデータと判定された場合、前記第2のバイタルデータを前記適正バイタルデータとして出力する、
付記1から3のいずれか1項に記載の電子装置。
[付記5]
前記第2のバイタルデータが、前記適正バイタルデータと判定されなかった場合、前記第2のバイタルデータは出力されない、
付記4に記載の電子装置。
[付記6]
前記バイタルデータは、
前記映像から取得される輝度値である付記1から5のいずれか1項に記載の電子装置。
[付記7]
前記バイタルデータは、
前記映像から取得される輝度値に基づいて算出される血流量、脈拍数又は振幅値である、
付記1から6のいずれか1項に記載の電子装置。
[付記8]
電子装置に、
少なくとも身体の一部を撮像する撮像機能により撮像された前記身体の一部の映像に基づいて、前記身体のバイタルデータを取得するバイタルデータ取得機能と、
前記バイタルデータ取得機能により取得された前記バイタルデータを記憶する記憶機能と、
前記記憶機能により記憶されている、前記バイタルデータ取得機能により、以前、適正状態で取得された基準となる第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと、前記バイタルデータ取得機能により新たに取得された第2のバイタルデータとを比較するバイタルデータ比較機能と、
前記バイタルデータ比較機能による比較結果に基づき、前記第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定機能と、
を実現させることを特徴とする電子装置の制御プログラム。
[付記9]
少なくとも身体の一部を、適正状態で撮像する第1の撮像ステップと、
前記第1の撮像ステップにおいて撮像された前記身体の一部の映像に基づいて、第1のバイタルデータを取得する第1のバイタルデータ取得ステップと、
前記第1のバイタルデータ取得ステップにおいて取得された前記第1のバイタルデータを基準のバイタルデータとして記憶する記憶ステップと、
少なくとも身体の一部を撮像する第2の撮像ステップと、
前記第2の撮像ステップにおいて撮像された前記身体の一部の映像に基づいて、第2のバイタルデータを取得する第2のバイタルデータ取得ステップと、
前記記憶ステップにおいて記憶された前記第1のバイタルデータを読み出して、該第1のバイタルデータと前記第2のバイタルデータと比較するバイタルデータ比較ステップと、
前記バイタルデータ比較ステップの比較結果に基づき、前記第2のバイタルデータが適正状態で取得された適正バイタルデータか否かを判定する適正判定ステップと、
を含むことを特徴とする電子装置の制御方法。

0105

1・・・電子装置,3・・・サーバ群,3a・・・認証サーバ,3b・・・アプリケーション配信サーバ,3c・・・測定データ格納サーバ,14・・・通信処理部,16・・・撮像部,17・・・入力部,18・・・表示部,19・・・記憶部,20・・・通信部,23・・・センサ部,24・・・照明部,25・・・スピーカ,30・・・本体部,111・・・バイタルデータ取得部,112・・・バイタルデータ比較部,113・・・適正判定部,114・・・通信処理部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ