図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社サンセイアールアンドディ
発明者 野原修平
出願日 2020年3月18日 (1年11ヶ月経過) 出願番号 2020-048050
公開日 2021年9月27日 (4ヶ月経過) 公開番号 2021-145852
状態 未査定
技術分野 弾玉遊技機の表示装置 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 当たり点 報知点灯 管理用コントローラ 制御コマ 通常アイコン アイテムアイコン 変化内容 中央下方
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年9月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

遊技機演出効果を向上させることを目的とする。

解決手段

パチンコ遊技機1は、変動演出の実行中に、この変動演出に対応した変動アイコンを表示し、この変動演出の実行中に変動アイコンを消去する。そして、大当たりとなることを示唆する場合、変動アイコンの表示態様通常態様とは異なる特殊態様で表示する。また、次回以降の変動演出が大当たりとなることを示唆する示唆演出を実行する場合、当該変動演出において特殊態様で表示した変動アイコンの消去に応じて変動アイコン変化示唆表示を表示する。そして、変動アイコン変化示唆表示を表示した状態で示唆演出の対象である変動演出を実行する場合、変動アイコンの表示態様を変化させて表示可能である。

概要

背景

従来、大当たりとなる可能性を示唆する示唆演出として、始動入賞に応じた事前判定結果始動条件成立に応じた当該判定結果に基づいて、保留表示保留アイコン)を変化させる演出を実行したり、当該図柄(変動アイコン)の表示態様を変化させる演出を実行したりする遊技機が知られている(例えば、特許文献1参照)。

概要

遊技機の演出効果を向上させることを目的とする。パチンコ遊技機1は、変動演出の実行中に、この変動演出に対応した変動アイコンを表示し、この変動演出の実行中に変動アイコンを消去する。そして、大当たりとなることを示唆する場合、変動アイコンの表示態様を通常態様とは異なる特殊態様で表示する。また、次回以降の変動演出が大当たりとなることを示唆する示唆演出を実行する場合、当該変動演出において特殊態様で表示した変動アイコンの消去に応じて変動アイコン変化示唆表示を表示する。そして、変動アイコン変化示唆表示を表示した状態で示唆演出の対象である変動演出を実行する場合、変動アイコンの表示態様を変化させて表示可能である。A

目的

本発明は、このような問題を鑑みてなされたものであり、遊技機の演出効果を向上させることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技者にとって有利な特別遊技状態となるか否かを判定し、当該判定に応じた変動表示を実行可能な遊技機であって、遊技演出を実行可能な演出実行手段を備え、前記演出実行手段は、前記変動表示の実行中に当該変動表示に対応した変動アイコンを表示し、前記特別遊技状態となることを示唆する場合、前記変動アイコンの表示態様通常態様とは異なる特定態様で表示し、次回以降の前記変動表示が前記特別遊技状態となることを示唆する示唆演出を実行する場合、前記当該変動表示において前記特定態様で表示した前記変動アイコンの消去に応じて、変動アイコン変化示唆表示を表示し、前記変動アイコン変化示唆表示を表示した状態で前記示唆演出の対象である前記変動表示を実行する場合、前記変動アイコンの表示態様を変化させて表示可能であることを特徴とする遊技機。

請求項2

前記演出実行手段は、前記特定態様の前記変動アイコンが表示された前記変動表示において、リーチ演出を実行しない場合、前記特定態様の前記変動アイコンを前記変動アイコン変化示唆表示として表示可能であることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。

請求項3

前記演出実行手段は、次回以降の前記変動表示において、前記変動アイコン変化示唆表示の表示態様を変化させる変化演出を実行可能であることを特徴とする請求項1または2に記載の遊技機。

請求項4

前記変動アイコン変化示唆表示は、所定態様アイコンであり、前記所定態様アイコンを表示した状態で前記示唆演出の対象である前記変動表示を実行する場合、前記所定態様アイコンが前記変動アイコンに作用する作用演出を実行した後、前記変動アイコンを当該作用演出の実行前とは異なる表示態様により表示可能であることを特徴とする請求項1〜3のうち何れか1項に記載の遊技機。

技術分野

0001

本発明は、遊技者にとって有利な特別遊技を実行可能な遊技機に関する。

背景技術

0002

従来、大当たりとなる可能性を示唆する示唆演出として、始動入賞に応じた事前判定結果始動条件成立に応じた当該判定結果に基づいて、保留表示保留アイコン)を変化させる演出を実行したり、当該図柄(変動アイコン)の表示態様を変化させる演出を実行したりする遊技機が知られている(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2018−187098号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、従来の遊技機においては、変動演出において当該図柄(変動アイコン)の表示態様が変化したとしても、その変動演出ではリーチ演出にすら発展せずに終了する演出がある。したがって、このような演出は、遊技者の大当たりに対する期待感を高めるための演出としては演出効果に乏しいものであった。

0005

そこで、本発明は、このような問題を鑑みてなされたものであり、遊技機の演出効果を向上させることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するため、本発明は、遊技者にとって有利な特別遊技状態となるか否かを判定し、当該判定に応じた変動表示を実行可能な遊技機であって、遊技演出を実行可能な演出実行手段を備え、前記演出実行手段は、前記変動表示の実行中に当該変動表示に対応した変動アイコンを表示し、前記特別遊技状態となることを示唆する場合、前記変動アイコンの表示態様を通常態様とは異なる特定態様で表示し、次回以降の前記変動表示が前記特別遊技状態となることを示唆する示唆演出を実行する場合、前記当該変動表示において前記特定態様で表示した前記変動アイコンの消去に応じて、変動アイコン変化示唆表示を表示し、前記変動アイコン変化示唆表示を表示した状態で前記示唆演出の対象である前記変動表示を実行する場合、前記変動アイコンの表示態様を変化させて表示可能であることを特徴とする。

0007

また、本発明の前記演出実行手段は、前記特定態様の前記変動アイコンが表示された前記変動表示において、リーチ演出を実行しない場合、前記特定態様の前記変動アイコンを前記変動アイコン変化示唆表示として表示可能であるようにしてもよい。

0008

また、本発明の前記演出実行手段は、次回以降の前記変動表示において、前記変動アイコン変化示唆表示の表示態様を変化させる変化演出を実行可能であるようにしてもよい。

0009

また、本発明の前記変動アイコン変化示唆表示は、所定態様アイコンであり、前記所定態様アイコンを表示した状態で前記示唆演出の対象である前記変動表示を実行する場合、前記所定態様アイコンが前記変動アイコンに作用する作用演出を実行した後、前記変動アイコンを当該作用演出の実行前とは異なる表示態様により表示可能であるようにしてもよい。

発明の効果

0010

本発明によれば、遊技機の演出効果を向上させることができる。

図面の簡単な説明

0011

本発明の実施例に係るパチンコ遊技機の正面図である。
基板構成を示すブロック図である。
遊技制御処理の例を示すフローチャートである。
特図用処理の例を示すフローチャートである。
演出制御処理の例を示すフローチャートである。
演出用処理の例を示すフローチャートである。
変動表示の変動パターンの種類の例を示す図である。
通常状態における変動演出の例を示す図である。
通常状態における変動演出の例を示す図である。
通常状態における変動演出の例を示す図である。
時短状態における変動演出の例を示す図である。
時短状態における変動演出の例を示す図である。
時短状態における変動演出の例を示す図である。
始動入賞演出処理における先読み予告演出決定処理の例を示すフローチャートである。
先読み予告演出決定処理における通常状態の保留変化予告演出決定処理の例を示すフローチャートである。
変動演出処理における予告演出決定処理の例を示すフローチャートである。
予告演出決定処理における変動アイコン演出決定処理の例を示すフローチャートである。
変動演出処理における仮停止演出処理の例を示すフローチャートである。
通常状態のアイコン予告選択テーブルの例を示す図である。
時短状態のアイコン予告選択テーブルの例を示す図である。
通常状態の通常アイコン予告選択テーブルの例を示す図である。
時短状態の通常アイコン予告選択テーブルの例を示す図である。
通常状態の特別アイコン予告選択テーブルの例を示す図である。
通常状態の特別アイコン予告演出の例を示す図である。
通常状態の特別アイコン予告演出の例を示す図である。
通常状態の特別アイコン予告演出の例を示す図である。
特別アイコン予告演出の他の例を示す図である。

実施例

0012

本発明を実施するための形態(以下、「本実施形態」という)においては、遊技機として、遊技に用いる遊技媒体遊技球とされ、遊技球を遊技盤面に向けて発射することで遊技を行うことが可能なパチンコ遊技機1を例示して説明する。なお、以下の説明は、当業者においてよく知られた技術的事項等については説明を簡略化または省略することがある。また、当業者において通用されている用語は、その用語の定義説明等を省略して用いることがある。

0013

[パチンコ遊技機1の構成]
まず、パチンコ遊技機1の構成について説明する。図1は、本実施形態に係るパチンコ遊技機の正面図である。パチンコ遊技機1は、遊技盤2と、前面枠(以下、「ガラス枠」ともいう)、本体枠外枠からなる遊技機枠3により構成される。

0014

[遊技盤2の構成]
次に、遊技盤2の構成について説明する。遊技盤2は遊技機枠3に対して着脱自在に取り付けられている。遊技盤2の左下方には、主表示装置4が設けられている。主表示装置4は、特図1表示器4aと、特図2表示器4bと、特図1保留表示器4cと、特図2保留表示器4dと、ラウンド数表示器4eと、普図表示器4fが設けられている。

0015

図1表示器4aは、変動開始に伴い8個のLEDによる点滅により第1特別図柄(以下、「特図1」という)の変動表示を行い、変動停止に伴い8個のLEDを所定の点灯パターン点灯することにより特図1変動表示結果(大当たりであるかハズレであるか)を表示する(以下、「特図1変動表示」という)。なお、以下においては、特図1の変動表示結果が大当たりとなる特図1変動表示のことを「特図1大当たり変動表示」といい、特図1の変動表示結果がハズレとなる特図1変動表示のことを「特図1ハズレ変動表示」という。

0016

図2表示器4bは、変動開始に伴い8個のLEDによる点滅により第2特別図柄(以下、「特図2」という)の変動表示を行い、変動停止に伴い8個のLEDを所定の点灯パターンで点灯することにより特図2の変動表示結果(大当たりまたは小当たりであるか、ハズレであるか)を表示する(以下、「特図2変動表示」という)。なお、以下においては、特図2の変動表示結果が大当たりとなる特図2変動表示のことを「特図2大当たり変動表示」といい、特図2の変動表示結果が小当たりとなる特図2変動表示のことを「特図2当たり変動表示」といい、特図2の変動表示結果がハズレとなる特図2変動表示のことを「特図2ハズレ変動表示」という。また、以下においては、特図1変動表示と特図2変動表示を纏めて「特図変動表示」、または「変動表示」という。

0017

図1保留表示器4cは、特図1変動表示の保留記憶数を特図1保留記憶数として表示する。特図2保留表示器4dは、特図2変動表示の保留記憶数を第2保留記憶数として表示する。なお、特図1保留記憶数と特図2保留記憶数の上限記憶数は各々4個であるため、特図1保留記憶数と特図2保留記憶数の合計上限保留記憶数は8個である。

0018

ラウンド数表示器4eは、大当たり状態(特別遊技状態)において3個のLEDを所定の点灯パターンで点灯することにより、何ラウンド大当たり状態であるかを表示する。

0019

普図表示器4fは、上段2個と下段2個のLEDで構成され、上段2個のLEDにより普通図柄(以下、「普図」という)の変動表示の保留記憶数を普図保留記憶数として表示する。なお、普図保留記憶数の上限記憶数は4個である。そして、普通図柄の変動開始に伴い下段2個のLEDによる点滅により普通図柄の変動表示を行い、変動停止に伴い他の2個のLEDを所定の点灯パターンで点灯することにより普通図柄の変動表示結果(普通当たりであるかハズレであるか)を表示する(以下、「普図変動表示」という)。なお、以下においては、普図の変動表示結果が普通当たりとなる普図変動表示のことを「普図当たり変動表示」といい、普図の変動表示結果がハズレとなる普図変動表示のことを「普図ハズレ変動表示」という。

0020

主表示装置4には、その他、大当たり確率が高確率遊技状態であるか、大当たり確率が高確率よりも低い低確率の遊技状態であるかを表示する遊技状態表示器と、遊技球を左打ちすべき遊技状態であるか右打ちすべき遊技状態であるかを表示する発射方向表示器が設けられている。

0021

遊技盤2には、遊技球が流下する遊技領域25が形成されている。遊技領域25は、左遊技領域25Aと右遊技領域25Bと、中遊技領域25Cに区別される。なお、左遊技領域25Aに遊技球が流下するように発射装置により遊技球を発射することを「左打ち」、右遊技領域25Bに遊技球が流下するように発射装置により遊技球を発射することを「右打ち」という。また、遊技盤2には、発射された遊技球を遊技領域25に誘導するレール部材が設けられ、レール部材の先端には、遊技領域に放出された遊技球が発射装置側に戻るのを防止するため球戻り防止片が設けられている。

0022

遊技領域25には第1表示領域20aを形成する第1表示装置20が設けられている。第1表示装置20は、例えば、液晶ディスプレイ有機ELディスプレイ等により構成され、各種遊技演出画像や遊技に関する各種情報等を表示する。第1表示領域20aには、左演出図柄21L、中演出図柄21C、右演出図柄21R(纏めて以下、「演出図柄21LCR」ともいう)が表示される演出図柄表示領域21が設けられており、演出図柄21LCRは、特図1変動表示や特図2変動表示と同期して変動表示を行う。演出図柄21LCRは、例えば、1〜9の数字からなる数字図柄により構成される。

0023

第1表示装置20の上方には第2表示領域27aを形成する第2表示装置27が設けられている。第2表示装置27は、例えば、液晶ディスプレイや有機ELディスプレイ等により構成され、第2表示領域27aには、第1表示領域20aに表示する画像とは異なる各種遊技演出画像や遊技に関する各種情報等が表示される。また、第2表示領域27aには、第1表示領域20aに表示する画像と連携する画像や、第1表示領域20aに表示する画像と一体視させる画像等も表示される。

0024

演出図柄表示領域21の左下方には、特図1保留表示器4cに表示される特図1保留記憶数を特図1保留1アイコン画像(以下、「特1保1アイコン」という)22a、特図1保留2アイコン画像(以下、「特1保2アイコン」という)22b、特図1保留3アイコン画像(以下、「特1保3アイコン」という)22c、特図1保留4アイコン画像(以下、「特1保4アイコン」という)22dにより表示する第1保留アイコン表示領域22が設けられている。なお、このような特1保1アイコン22a〜特1保4アイコン22dのことを纏めて「特1保留アイコン」という。

0025

また、演出図柄表示領域21の右下方には、特図2保留表示器4dに表示される特図2保留記憶数を特図2保留1アイコン画像(以下、「特2保1アイコン」という)23a、特図2保留2アイコン画像(以下、「特2保2アイコン」という)23b、特図2保留3アイコン画像(以下、「特2保3アイコン」という)23c、特図2保留4アイコン画像(以下、「特2保4アイコン」という)23dにより表示する第2保留アイコン表示領域23が設けられている。なお、このような特2保1アイコン23a〜特2保4アイコン23dのことを纏めて「特2保留アイコン」ともいう。

0026

演出図柄表示領域21の中央下方には、実行中の変動表示に対応する変動表示中アイコン画像(以下、「変動アイコン」ともいう)24aを表示する変動アイコン表示領域24が設けられている。

0027

第2表示装置27の裏側には盤内可動装置(以下、「盤内可動部材」ともいう)26が設けられている。盤内可動装置26は、通常、第1位置(第2表示装置27の裏側)に停止しているが、遊技演出等に応じて適宜、第1表示領域20aの中央側である第2位置に移動したり、第1位置と第2位置の間を揺動したり、第2位置よりもさらに第1表示領域20aの中央側である第3位置に移動したりする。第2位置や第3位置に移動した盤内可動装置26は、所定条件(例えば、所定時間の経過や演出操作部31(第1演出操作部31a、第2演出操作部31b)が操作されたとき)が成立すると第1位置に移動する。また、第1位置と第2位置の間を揺動した盤内可動装置26は、所定条件(例えば、所定時間の経過や演出操作部31(第1演出操作部31a、第2演出操作部31b)が操作されたとき)が成立すると第1位置に移動したり第3位置に移動したりする。なお、盤内可動装置26の形状、配置位置や動作方法等はこれに限定されない。また、盤内可動装置26の数は1個に限定されず、2個以上でもよい。また、盤内可動装置26を2個以上設ける場合、複数の盤内可動装置26が重なるように動作させたり、複数の盤内可動装置26が合体するように動作させたりしてもよい。

0028

左遊技領域25Aには、レール部材に沿うように演出特図1保留表示器5aと、変動表示対応表示器5bと、演出特図2保留表示器5cを備えるサブ表示装置5と、一般入賞口9aと、一般入賞口9bが設けられている。サブ表示装置5は、遊技球の流下方向を中遊技領域25Cに向けて変化させる誘導部でもある。演出特図1保留表示器5aは、特図1保留表示器4cに表示される第1保留記憶数を2個のLEDの点灯パターンにより表示する。変動表示対応表示器5bは、演出図柄21LCRの変動表示に同期して2個のLEDを点滅させることにより変動演出表示を行う。演出特図2保留表示器5cは、特図2保留表示器4dに表示される第2保留記憶数をLEDの点灯パターンにより表示する。一般入賞口9aまたは一般入賞口9bに遊技球が入球(以下、「入賞」ともいう)すると、第4個数(例えば、2個)の遊技球を賞球として払い出す。

0029

中遊技領域25Cには、第1始動口6が設けられている。第1始動口6に遊技球が入球すると第1個数(例えば、4個)の遊技球を賞球として払い出す。第1始動口6には、遊技球の入球に応じて点灯(点滅)を行うLEDが設けられている。なお、第1始動口6を左遊技領域25Aや右遊技領域25Bに設けてもよい。

0030

右遊技領域25Bには、第2始動口7が設けられている。第2始動口7は、第2始動口7に遊技球が入球可能な状態にしたり入球不可能な状態にしたりするための開閉片を備える。第2始動口7に遊技球が入球すると第2個数(例えば、1個)の遊技球を賞球として払い出す。第2始動口7には、遊技球の入球に応じて点灯(点滅)を行うLEDが設けられている。なお、第2始動口7を左遊技領域25Aや中遊技領域25Cに設けてもよい。

0031

また、右遊技領域25Bには、遊技球が通過可能なゲート8と、一般入賞口9cと、第1大入賞口10と、第2大入賞口11が設けられている。第1大入賞口10は、第1大入賞口10に遊技球が入球可能な状態にしたり入球不可能な状態にしたりするための開閉部を備える。第2大入賞口11は、第2大入賞口11に遊技球が入球可能な状態にしたり入球不可能な状態にしたりするための可動片を備える。一般入賞口9cに遊技球が入球すると賞球として第5個数(例えば、3個)の遊技球を賞球として払い出す。第1大入賞口10や第2大入賞口11には、遊技球の入球に応じて点灯(点滅)を行うLEDが設けられている。また、第1大入賞口10または第2大入賞口11に遊技球が入球すると第3個数(例えば、15個)の遊技球を賞球として払い出す。第1始動口6の下方には、何れの入賞口にも入賞しなかった遊技球が入球するアウト口12が設けられている。なお、以下においては、第1大入賞口10と第2大入賞口11を纏めて「大入賞口」ということがある。

0032

他にも遊技領域25には、演出図柄表示領域21、第1保留アイコン表示領域22、第2保留アイコン表示領域23、変動アイコン表示領域24を囲むとともに、第2表示領域27aの殆どを囲むように囲い部28が設けられている。囲い部28には、遊技球が転動可能な遊技球転動面を有するステージ部と、ステージ部を転動する遊技球を第1始動口6に向けて流下させる流下部と、左遊技領域25Aを流下する遊技球を囲い部28内に受け入れてステージ部に誘導するワープ部が形成されている。また、遊技球の流下方向や流下速度を変化させる複数の遊技釘、誘導部、風車等や、複数のLEDやランプ等からなる盤面装飾ランプが設けられている。また、遊技領域25の前面側(遊技者側)に透明な樹脂板により形成された導光板が設けられている。導光板の側方には複数のLEDが設けられ、複数のLEDを所定の点灯パターンにより点灯することにより、導光板面上にキャラクタ文字等を表示する。

0033

[遊技機枠3の構成]
次に、遊技機枠3の構成について説明する。遊技機枠3には、遊技球を遊技領域25に向けて発射させるために遊技者(遊技客店員等、特には遊技客のことをいう)が操作する発射ハンドル30と、発射装置に供給する遊技球を貯留する上皿38と、上皿38に収容しきれない遊技球を貯留する下皿39が設けられている。下皿39の底面には、下皿39に貯留された遊技球を排出するための開閉可能な排出部が設けられている。

0034

上皿38には、遊技者が操作する第1演出操作部31aと、十字キー37が設けられ、他にも、音量操作部、光量操作部、球貸操作部、遊技用記録媒体返却操作部、球抜き操作部、遊技用残高表示部等が設けられている。

0035

また、遊技機枠3には、第2演出操作部31bと、複数のLEDやランプ等を備える枠装飾ランプ32a〜32eからなる枠装飾ランプ32と、枠側可動装置33と、音を出力するスピーカ34cと、発射ハンドル30に向けて送風するための送風装置35a(図2参照)を備える送風口35が設けられている。なお、枠装飾ランプ32a、32bは文字やマーク等をLEDの点灯パターンにより表示することができる。なお、枠装飾ランプ32と、後述する可動装飾ランプ33aと、上述した盤面装飾ランプを纏めて「装飾ランプ」という。

0036

枠側可動装置33は、複数のLEDやランプ等を備える可動装飾ランプ33aと、音を出力するスピーカ34a、34bを備える。枠側可動装置33は、通常、第4位置(図1に図示する位置)に停止しているが、遊技演出や遊技状態等に応じて適宜、遊技機枠3よりも上方である第5位置に移動したり、回転動作したりする。第5位置に移動または回転動作した枠側可動装置33は、所定条件(例えば、所定時間の経過等)が成立すると第4位置に移動する。なお、枠側可動装置33の形状、配置位置や動作方法等はこれに限定されない。また、枠側可動装置33の数は1個に限定されず、2個以上でもよい。また、枠側可動装置33を2個以上設ける場合、複数の枠側可動装置33が重なるように動作させたり、複数の枠側可動装置33が合体するように動作させたりしてもよい。なお、スピーカ34aと、スピーカ34bと、スピーカ34cを纏めて「スピーカ34」という。

0037

演出操作部31は、第1演出操作部31aと第2演出操作部31bから構成され、遊技者による操作を検知する操作検知手段として機能する。第1演出操作部31aと第2演出操作部31bは、主に遊技演出の種類や大当たり期待度高低等に応じて使い分けられる。第1演出操作部31aは、第1演出操作部31aを振動させるための振動装置36(図2参照)を備える。遊技者は、第1演出操作部31aの操作を促す第1操作促進演出が行われた場合には第1演出操作部31aを押下操作し、第2演出操作部31bの操作を促す第2操作促進演出が行われた場合には第2演出操作部31bを押下操作する。遊技者が第1操作促進演出に応じて第1演出操作部31aを押下操作すると、第1演出操作部31aの押下操作の検知に応じた操作対応演出を実行する。また、遊技者が第2操作促進演出に応じて第2演出操作部31bを押下操作すると、第2演出操作部31bの押下操作の検知に応じた操作対応演出を実行する。なお、第1演出操作部31aは、遊技演出のカスタマイズ遊技履歴の表示等を行う際にも使用する。また、演出操作部の形状、配置位置、操作検知方式や操作方法等は限定されない。また、演出操作部31の数は2個に限定されず、1個でも3個以上でもよい。

0038

[パチンコ遊技機1の基板構成]
次に、パチンコ遊技機1の基板構成について説明する。図2は、本実施形態に係るパチンコ遊技機1の基板構成を示すブロック図である。パチンコ遊技機1には、遊技制御基板(以下、「メイン基板」や「主基板」ともいう)100、演出制御基板(以下、「サブ基板」ともいう)120、遊技球の払出制御遊技球貸出制御や発射装置の発射制御を行う払出制御基板、各基板等に電力を供給する電源基板、各種遊技情報をパチンコ遊技機1の外部に出力する外部情報出力端子基板、各基板を中継する中継基板等が搭載されている。

0039

遊技制御基板100は、パチンコ遊技機1における遊技の進行制御(以下、「遊技制御」という)を行う。遊技制御基板100は、遊技制御用マイコン遊技制御用マイクロコンピュータ)101と、I/Oポート102と、ソレノイド駆動部103等を備える。

0040

遊技制御用マイコン101は、1チップマイコンで形成され、遊技制御用ROMであるROM(Read Only Memory)101aと、遊技制御用RAMであるRAM(Random Access Memory)101bと、遊技制御用CPUであるCPU(Central Processing Unit)101cと、乱数回路と、I/Oポート等を備える。

0041

ROM101aには、CPU101cが遊技制御処理を行うための遊技プログラムや、遊技制御処理に必要な各種データや各種テーブル等が記憶されている。RAM101bは、CPU101cが遊技制御処理を行う際にワーク用のメモリとして使用する。なお、RAM101bに記憶された遊技情報(例えば、現在の遊技状態、現在変動中の特図1変動表示情報、現在変動中の特図2変動表示情報、現在の特図1保留情報、現在の特図2保留情報、現在の特図1変動回数、現在の特図2変動回数、現在の大当たり回数、現在のラウンド数制御コマンド等)の一部(または全て)は、パチンコ遊技機1への電力供給が停止しても、所定期間は保持する。CPU101cは、ROM101aに記憶された遊技プログラムを実行することにより遊技制御を行う。

0042

遊技制御用マイコン101は、特図1表示器4a、特図2表示器4b、特図1保留表示器4c、特図2保留表示器4d、ラウンド数表示器4e、普図表示器4f、遊技状態表示器、発射方向表示器を構成する各LEDの点灯制御や、ソレノイド駆動部103の駆動制御を行う。また、遊技制御用マイコン101は、第1始動口センサ6aや第2始動口センサ7a等の各種センサから出力された検知信号に応じた制御を行う。

0043

遊技制御基板100(遊技制御用マイコン101)は、遊技制御に応じて演出制御基板120、払出制御基板に対して、各種制御コマンドを出力する。演出制御基板120に出力する制御コマンドには、例えば、特図1表示器4aや特図2表示器4bによる変動表示に応じた演出制御コマンドや、遊技状況や遊技状態に応じた演出制御コマンドや、エラーの発生に応じた演出制御コマンド等がある。また、払出制御基板に出力する制御コマンドには、例えば、遊技球の払い出しに係る払出制御コマンドや、発射装置の制御に係る発射制御コマンド等がある。なお、これらの制御コマンドは、RAM101bにおける各制御基板に対応した制御コマンド記憶領域に各々記憶される。制御コマンド記憶領域に記憶された各制御コマンドは、その制御コマンドに応じた処理が終了すると消去される。

0044

I/Oポート102は複数の入力ポートと、複数の出力ポートを備える。各入力ポートには、第1始動口センサ6aや第2始動口センサ7a等の各種センサから出力された検知信号が各々入力され、各入力ポートに入力された検知信号は、遊技制御用マイコン101に入力される。また、各出力ポートからは、遊技制御用マイコン101から出力された特図1表示器4aや特図2表示器4b等の各種表示器に備えられるLEDを点灯制御するための点灯制御信号が出力される。ソレノイド駆動部103は、遊技制御用マイコン101からのソレノイド駆動信号ソレノイド40に出力する。

0045

第1始動口センサ6aは、第1始動口6に入賞した遊技球を検知すると遊技制御用マイコン101に検知信号を出力する。また、第2始動口センサ7aは、第2始動口7に入賞した遊技球を検知すると遊技制御用マイコン101に検知信号を出力する。また、ゲートセンサ8aは、ゲート8を通過した遊技球を検知すると遊技制御用マイコン101に検知信号を出力する。また、第1入賞口センサ9dは、一般入賞口9aや一般入賞口9bに入賞した遊技球を検知すると遊技制御用マイコン101に検知信号を出力する。また、第2入賞口センサ9eは、一般入賞口9cに入賞した遊技球を検知すると遊技制御用マイコン101に検知信号を出力する。また、第1大入賞口センサ10aは、第1大入賞口10に入賞した遊技球を検知すると遊技制御用マイコン101に検知信号を出力する。また、第2大入賞口センサ11aは、第2大入賞口11に入賞した遊技球を検知すると遊技制御用マイコン101に検知信号を出力する。

0046

ソレノイド40は、第2始動口7の開閉片を開閉させるためのソレノイドと、第1大入賞口10の開閉部を開閉させるためのソレノイドと、第2大入賞口11の可動片を開閉させるためのソレノイドから構成され、遊技制御用マイコン101からのソレノイド駆動信号により各々動作する。なお、以下においては、遊技制御用マイコン101や遊技制御基板100のことを、「遊技制御手段」や「主制御手段」ということがある。

0047

演出制御基板120は、遊技制御基板100から出力された演出制御コマンドに基づいて、パチンコ遊技機1における演出の進行制御(以下、「演出制御」という)を行う。演出制御基板120は、演出制御用マイコン演出制御用マイクロコンピュータ)121と、表示制御部122と、装飾制御部123と、音制御部124と、I/Oポート125と、乱数回路と、給電用コンデンサを備え現在日時をカウントするRTC(Real Time Clock)を備える。なお、演出制御とは、遊技中の演出(遊技演出)、遊技中はないときの演出(客待ち演出)、遊技履歴の表示、遊技説明の表示、エラー発生報知等の制御のことである。

0048

演出制御用マイコン121は、1チップマイコンで形成され、ROM(演出制御用ROM)121aと、RAM(演出制御用RAM)121bと、CPU(演出制御用CPU)121cと、乱数回路と、I/Oポートを備える。

0049

ROM121aには、CPU121cが演出制御処理を行うための演出制御プログラムや、演出制御処理に必要な各種データや各種テーブル等が記憶されている。RAM121bは、CPU121cが演出制御処理を行う際にワーク用のメモリとして使用される。また、RAM121bには、受信した演出制御コマンドを記憶する演出制御コマンド受信用記憶領域と、演出制御コマンドに応じてCPU121cが決定した演出制御情報を記憶する演出情報記憶領域がある。CPU121cは、RAM121bに記憶された演出制御コマンドから特定される演出指示の内容に応じて演出制御処理を実行する。

0050

演出制御用マイコン121は、演出制御に応じて表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124に対して、各種演出の指示を行う(以下、演出指示という)。表示制御部122に対する演出指示には、表示制御部122に対する演出表示指示、装飾制御部123に対する演出装飾指示、音制御部124に対する演出音指示等がある。

0051

また、演出制御用マイコン121は、演出特図1保留表示器5a、変動表示対応表示器5b、演出特図2保留表示器5cを構成する各LEDの点灯制御や、盤内可動装置26、枠側可動装置33、送風装置35a、振動装置36の駆動制御を行う。また、演出制御用マイコン121は、第1操作部検知センサ31cや第2操作部検知センサ31d等の各種センサから出力された検知信号に応じた制御を行う。なお、本実施形態では、演出制御基板120または演出制御用マイコン121のことを、「演出制御手段」または「演出実行手段」ということがある。

0052

表示制御部122は、VDP(Video Display Processor)と、第1表示領域20aや第2表示領域27aに表示する各種画像データを記憶するCGROM(Character Generator ROM)と、VDPによりCGROMから読み出された画像データの展開や描画等に使用されるVRAM(Video RAM)等を備える。表示制御部122は、演出制御用マイコン121からの演出表示指示に基づいて、第1表示領域20aや第2表示領域27aに演出画像を表示させるための映像信号を出力する。

0053

装飾制御部123は、装飾ランプ32、33aを点灯/消灯したり光量を変更したりするための点灯データ点灯パターンテーブル等が記憶された装飾制御用ROMと、点灯制御回路等を備え、演出制御用マイコン121からの演出装飾指示に基づいて、装飾ランプ32、33a、導光板のLED等を点灯制御する。

0054

音制御部124は、音データや音出力パターンテーブル等が記憶された音制御用ROMと、音制御回路等を備え、演出制御用マイコン121からの演出音指示に基づいて、スピーカ34から演出音を放音させる。なお、本実施形態では、演出制御基板120と、表示制御部122と、装飾制御部123と、音制御部124とを纏めて「演出制御手段」または「演出実行手段」という場合がある。

0055

I/Oポート125は複数の入力ポートと、複数の出力ポートを備える。各入力ポートには、第1操作部検知センサ31cや第2操作部検知センサ31d等の各種検知センサから出力される検知信号が各々入力され、各入力ポートに入力された検知信号は、演出制御用マイコン121に入力される。また、各出力ポートからは、演出制御用マイコン121により出力されたサブ表示装置5等の各種表示器を点灯させるための点灯制御信号や、送風装置35aや振動装置36等を駆動させるための駆動信号が出力される。

0056

第1操作部検知センサ31cは、第1演出操作部31aが押下操作されたことを検知すると演出制御用マイコン121に検知信号を出力する。また、第2操作部検知センサ31dは、第2演出操作部31bが押下操作されたことを検知すると演出制御用マイコン121に検知信号を出力する。また、他操作部検知センサ37aは、十字キー37における左キー操作、右キー操作、上キー操作、下キー操作や、音量操作部における音量上げ操作、音量下げ操作や、光量操作部における光量増操作、光量減操作がされたことを検知すると演出制御用マイコン121に検知信号を出力する。

0057

[パチンコ遊技機1における遊技の概要
次に、本実施形態のパチンコ遊技機1における遊技の概要を説明する。まず、遊技の流れを説明する前に、本実施形態のパチンコ遊技機1における遊技状態について説明する。本実施形態のパチンコ遊技機1の遊技状態には、低確率非時短遊技状態と、低確率時短遊技状態と、高確率時短遊技状態と、大当たり遊技状態と、小当たり遊技状態がある。なお、遊技者が遊技していない状態を「客待ち状態」という。

0058

低確率非時短遊技状態(以下、「通常状態」という)とは、特別図柄の大当たり確率(以下、「大当たり確率」という)が通常確率低確率状態)であり、普通図柄の当たり確率(以下、「普図当たり確率」という)が通常確率であり、普通図柄の平均変動時間が通常時間である遊技状態である。通常状態は、遊技者にとって不利な遊技状態である。

0059

低確率時短遊技状態(以下、「低確時短状態」という)とは、大当たり確率が通常確率(低確率状態)であり、普図当たり確率が通常確率よりも高い高確率となり、普通図柄の平均変動時間が通常変動時間よりも短い短縮変動時間(以下、「時短状態」という)となる遊技状態である。低確時短状態は、大当たり状態に移行した場合、または、所定回数(例えば、100回)の特図ハズレ変動表示が行われた場合に終了する。低確時短状態は、通常状態よりも遊技者にとって有利な遊技状態である。

0060

高確率時短遊技状態(特定遊技状態)(以下、「確変状態」という)とは、大当たり確率が通常確率よりも高い高確率(確率変動高確率状態)となり、かつ、時短状態となる遊技状態である。高確時短状態は、大当たり状態に移行した場合に終了する。高確時短状態は、低確時短状態よりも遊技者にとって有利な遊技状態である。なお、時短状態は普図当たり確率を高確率にしないようにしてもよい。

0061

大当たり遊技状態(以下、「大当たり状態」という)とは、大当たりとなった場合に、開閉部の開放閉鎖を繰り返すことにより第1大入賞口10への遊技球の入賞が可能となる、または、開閉片の開放と閉鎖を繰り返すことにより第2大入賞口11への遊技球の入賞が可能となる遊技状態である。よって、大当たり状態は、遊技者が多量の遊技球を獲得することが可能な遊技状態である。

0062

小当たり遊技状態(以下、「小当たり状態」という)とは、小当たりとなった場合に、開閉部を大当たりとなった場合よりも短時間開放することにより第1大入賞口10への遊技球の入賞が可能となる遊技状態である。小当たりには、第1小当たり状態と、第1小当たりよりも長い時間、開閉部を開放することより、第1小当たりよりも多くの遊技球が第1大入賞口10に入賞可能となる第2小当たり状態がある。小当たり状態は、遊技者が大当たり状態よりも少量の遊技球を獲得することが可能な遊技状態である。

0063

なお、本実施形態のパチンコ遊技機1においては、通常状態は、遊技者は左遊技領域25A側を遊技球が流下するように発射ハンドル30を操作して遊技を行うことが好ましい。一方、本実施形態においては、低確時短状態や高確時短状態や大当たり状態は、遊技者は右遊技領域25B側を遊技球が流下するように発射ハンドル30を操作して遊技を行うことが好ましい。

0064

上皿38に遊技球が貯留されている状態で遊技者が発射ハンドル30を操作すると、発射装置により遊技球が発射される。通常状態は、遊技者は左遊技領域25A側を遊技球が流下するように発射ハンドル30を操作する。

0065

遊技球が一般入賞口9aや一般入賞口9bに入賞すると第4個数の賞球を払い出す。遊技球が第1始動口6に入賞すると第1個数の賞球を払い出す。また、遊技球の第1始動口6への入賞に応じて、判定情報大当たり乱数値大当たり種別乱数値変動パターン乱数値等)を取得して、1個目の特図1保留情報(以下、「特図1保留1情報」という)として記憶する。続いて、特図1保留1情報を特図1変動表示情報にシフトして記憶する。

0066

続いて、大当たり乱数値が、大当たり判定値や小当たり判定値と一致するか否かを判定(以下、「大当たり判定」という)する。大当たり判定により大当たり判定値または小当たり判定値と一致しないと判定した場合、大当たり判定結果はハズレとなる。大当たり判定により大当たり判定値と一致すると判定した場合、大当たり判定結果は大当たりとなる。大当たり判定により小当たり判定値と一致すると判定した場合、大当たり判定結果は小当たりとなる。

0067

大当たり判定結果が大当たりである場合、大当たり種別乱数値が、大当たり終了後に確変状態となる確変大当たり種別判定値と一致するか否かを判定(以下、「大当たり種別判定」という)する。大当たり種別判定により確変大当たり種別判定値と一致すると判定した場合、大当たり種別判定結果(大当たり種別)は確変大当たりとなる。大当たり種別判定により確変大当たり種別判定値と一致しないと判定した場合、大当たり種別判定結果は通常大当たりとなる。なお、大当たり種別判定結果が確変大当たりである場合、特図1表示器4aや特図2表示器4bには変動表示結果として確変大当たりであることを表示する。一方、大当たり種別判定結果が通常大当たりである場合、特図1表示器4aや特図2表示器4bには変動表示結果として通常大当たりであることを表示する。

0068

大当たり判定結果が小当たりである場合、大当たり種別乱数値が、第1小当たり種別判定値と一致するか、それとも第2小当たり種別判定値と一致するかを判定(以下、「小当たり種別判定」という)する。小当たり種別判定により第1小当たり種別判定値と一致すると判定した場合、大当たり種別判定結果は第1小当たりとなる。大当たり種別判定により第2小当たり種別判定値と一致すると判定した場合、大当たり種別判定結果は第2小当たりとなる。

0069

続いて、変動パターン乱数値に基づいて特図1変動表示の変動パターン(変動時間)を決定(以下、「変動パターン決定」という)する。なお、大当たり判定結果が大当たりである場合、大当たり変動パターン(大当たり変動時間)による特図1変動表示を実行すると決定し、大当たり判定結果が小当たりである場合、小当たり変動パターン(小当たり変動時間)による特図1変動表示を実行すると決定し、大当たり判定結果がハズレである場合、ハズレ変動パターン(ハズレ変動時間)による特図1変動表示を実行すると決定する。

0070

続いて、大当たり判定結果と大当たり種別判定結果と変動パターン決定結果等に基づいて、特図1表示器4aにより特図1変動表示を行う。そして、特図1変動表示と同期して第1表示領域20aと変動表示対応表示器5bにより変動演出表示(以下、「変動演出」という)を行う。大当たり判定結果がハズレの場合、特図1表示器4aによりハズレ変動パターンによる特図1ハズレ変動表示と、第1表示領域20aと変動表示対応表示器5bにより特図1ハズレ変動表示と同期したハズレ変動演出表示(以下、「ハズレ変動演出」という)を行う。また、大当たり判定結果が大当たりである場合、特図1表示器4aにより大当たり変動パターンによる特図1大当たり変動表示と、第1表示領域20aと変動表示対応表示器5bにより特図1大当たり変動表示と同期した大当たり変動演出表示(以下、「大当たり変動演出」という)を行う。また、大当たり判定結果が小当たりである場合、特図1表示器4aにより小当たり変動パターンによる特図1小当たり変動表示と、第1表示領域20aと変動表示対応表示器5bにより特図1小当たり変動表示と同期した小当たり変動演出表示(以下、「小当たり変動演出」という)を行う。なお、特図1変動表示情報は、特図1変動表示が終了すると消去する。

0071

なお、特図1変動表示中に第1始動口6に遊技球が入賞した(以下、「始動入賞」という)場合、この始動入賞による特図1変動表示を直ちに開始することができないため、取得した判定情報を特図1保留1情報として記憶(保留記憶)する。そして、特図1保留1情報の記憶に応じて、特図1保留表示器4c、特1保1アイコン22a、演出特図1保留表示器5aにより特図1保留情報が1個あることを表示する。なお、保留記憶された判定情報のことを「保留情報」という。

0072

また、特図1保留1情報が記憶されている状態で第1始動口6に始動入賞した場合、取得した判定情報を2個目の特図1保留情報(以下、「特図1保留2情報」という)として記憶する。そして、特図1保留2情報の記憶に応じて、特図1保留表示器4c、特1保1アイコン22a、特1保2アイコン22b、演出特図1保留表示器5aにより特図1の保留情報が2個あることを表示する。

0073

また、特図1保留2情報が記憶されている状態で第1始動口6に始動入賞した場合、取得した判定情報を3個目の特図1保留情報(以下、「特図1保留3情報」という)として記憶する。そして、特図1保留3の記憶に応じて、特図1保留表示器4c、特1保1アイコン22a〜特1保3アイコン22c、演出特図1保留表示器5aにより特図1の保留情報が3個あることを表示する。

0074

また、特図1保留3情報が記憶されている状態で第1始動口6に始動入賞した場合、取得した判定情報を4個目の特図1保留情報(以下、「特図1保留4情報」という)として記憶する。そして、特図1保留4情報の記憶に基づいて、特図1保留表示器4c、特1保1アイコン22a〜特1保4アイコン22d、演出特図1保留表示器5aにより特図1の保留情報が4個あることを表示する。特図1保留4情報が記憶されている状態で第1始動口6に始動入賞した場合、判定情報を取得しない。

0075

また、変動表示中である特図1変動表示の変動表示結果がハズレである場合、または、小当たり状態が終了した場合、特図1保留1情報を特図1変動表示情報にシフトして記憶(以下、「シフト記憶」という)し、新たな特図1変動表示情報に基づく特図1変動表示を開始する。そして、新たな特図1変動表示情報による特図1変動表示の開始に伴い、特図1保留2情報を特図1保留1情報にシフト記憶し、特図1保留3情報を特図1保留2情報にシフト記憶し、特図1保留4情報を特図1保留3情報にシフト記憶する。なお、特図1保留1情報へのシフト記憶に応じて、特1保2アイコン22bを特1保1アイコン22aに移動して表示し、特図1保留2情報へのシフト記憶に応じて、特1保3アイコン22cを特1保2アイコン22bに移動して表示し、特図1保留3情報へのシフト記憶に応じて、特1保4アイコン22dを特1保3アイコン22cに移動して表示する。

0076

図1ハズレ変動表示を行った場合、特図1表示器4a、第1表示領域20a、変動表示対応表示器5bにはハズレであることを表示する。一方、特図1大当たり変動表示を行った場合、特図1表示器4a、第1表示領域20a、変動表示対応表示器5bには、大当たりであることを表示し、特図1小当たり変動表示を行った場合、特図1表示器4a、第1表示領域20a、変動表示対応表示器5bには、小当たりであることを表示する。大当たりすると、遊技状態は通常状態から大当たり状態に移行する。小当たりすると、遊技状態は通常状態から上述した小当たり状態に移行し、小当たり状態が終了した場合、小当たり状態移行前の遊技状態に移行する。

0077

大当たり状態中は、ラウンド数表示器4eにより今回の大当たり状態が何ラウンド大当たり状態であるかを表示する。また、大当たり遊技状態は、第1大入賞口10の開閉部を開放する(以下、「第1大入賞口10を開放」という)、または、第2大入賞口11の可動片を開放する(以下、「第2大入賞口11を開放」という)。第1大入賞口10や第2大入賞口11に遊技球が入賞すると第3個数の賞球を払い出す。大当たり状態は、遊技者は、右遊技領域25B側を遊技球が流下するように発射ハンドル30を操作する。

0078

大当たり種別判定結果が確変大当たりである場合、大当たり状態が終了すると、遊技状態は大当たり状態から確変状態に移行する。一方、大当たり種別判定結果が通常大当たりである場合、大当たり状態が終了すると、遊技状態は大当たり状態から低確時短状態に移行する。低確時短状態や確変状態は、遊技者は、右遊技領域25B側を遊技球が流下するように発射ハンドル30を操作する。

0079

遊技球のゲート8への通過に応じて、普図判定情報(普図当たり乱数値普図変動パターン乱数値等)を取得する。続いて、取得した普図当たり乱数値が、普図当たり判定値と一致するか否かを判定(以下、「普図当たり判定」という)する。普図当たり判定により普図当たり判定値と一致しないと判定した場合、普図当たり判定結果はハズレとなる。普図当たり判定により普図当たり判定値と一致すると判定した場合、普図当たり判定結果は普図当たりとなる。

0080

続いて、普図変動パターン乱数値に基づいて普図変動表示の変動パターンを判定(以下、「普図変動パターン判定」という)する。なお、普図当たり判定結果が普図当たりである場合、普図当たり変動パターン(普図当たり変動時間)による普図変動表示を実行すると決定し、普図当たり判定結果がハズレである場合、普図ハズレ変動パターン(普図ハズレ変動時間)による普図変動表示を実行すると決定する。

0081

続いて、普図当たり判定結果と普図変動パターン判定結果等に基づいて、普図表示器4fにより普図変動表示が行われる。普図当たり判定結果がハズレの場合、普図表示器4fによりハズレ変動パターン(普図ハズレ変動時間)による普図ハズレ変動表示が行われる。また、普図当たり判定結果が普図当たりである場合、普図表示器4fにより普図当たり変動パターン(普図当たり変動時間)による普図当たり変動表示が行われる。

0082

なお、普図変動表示中にゲート8を遊技球が通過した場合、このゲート8通過による普図変動表示を直ちに開始することができないため、取得した普図判定情報を1個目の普図保留情報(以下、「普図保留1情報」という)として記憶する。そして、普図保留1情報の記憶に応じて、普図表示器4fにより普図の保留情報が1個あることを表示する。また、普図保留1情報が記憶されている状態でゲート8を遊技球が通過した場合、取得した普図当たり乱数値を2個目の普図保留情報(以下、「普図保留2情報」という)として記憶する。そして、普図保留2情報の記憶に応じて、普図表示器4fにより普図の保留情報が2個あることを表示する。また、普図保留2情報が記憶されている状態でゲート8を遊技球が通過した場合、取得した普図当たり乱数値を3個目の普図保留情報(以下、「普図保留3情報」という)として記憶する。そして、普図保留3の記憶に応じて、普図表示器4fにより普図の保留情報が3個あることを表示する。また、普図保留3情報が記憶されている状態でゲート8を遊技球が通過した場合、取得した普図当たり乱数値を4個目の普図保留情報(以下、「普図保留4情報」という)として記憶する。そして、普図保留4情報の記憶に応じて、普図表示器4fにより普図の保留情報が4個あることを表示する。普図保留4情報が記憶されている状態でゲート8を遊技球が通過した場合、普図当たり乱数値を取得しない。

0083

また、普図変動表示中である普図変動表示の変動表示結果がハズレである場合、普図保留1情報に記憶された普図当たり乱数値に基づく普図変動表示を開始する。普図保留1情報による普図変動表示の開始に伴い、普図保留2情報に記憶された普図当たり乱数値を普図保留1情報にシフト記憶し、普図保留3情報に記憶された普図当たり乱数値を普図保留2情報にシフト記憶し、普図保留4情報に記憶された普図当たり乱数値を普図保留3にシフト記憶する。

0084

普図ハズレ変動表示を行った場合、普図表示器4fに普図ハズレであることを表示する。一方、普図当たり変動表示を行った場合、普図表示器4fには普図当たりであることを表示する。普図当たりになると、第2始動口7の開閉片を開放するため、第2始動口7に遊技球が入賞可能な状態となる。第2始動口7に遊技球が入賞すると第2個数の賞球を払い出す。

0085

遊技球が一般入賞口9cに入賞すると第5個数の賞球を払い出す。遊技球が第2始動口7に入賞すると第2個数の賞球を払い出す。また、遊技球の第2始動口7への入賞に応じて、判定情報を取得して、1個目の特図2保留情報(以下、「特図2保留1情報」という)として記憶する。続いて、特図2保留1情報を特図2変動表示情報にシフトして記憶する。

0086

続いて、大当たり判定し、大当たり判定により大当たり判定値と一致すると判定した場合、上述した大当たり種別判定をする。続いて、変動パターン決定をする。なお、大当たり判定結果が大当たりである場合、大当たり変動パターンによる特図2変動表示を実行すると決定し、大当たり判定結果が小当たりである場合、小当たり変動パターンによる特図2変動表示を実行すると決定し、大当たり判定結果がハズレである場合、ハズレ変動パターンによる特図2変動表示を実行すると決定する。

0087

続いて、大当たり判定結果と大当たり種別判定結果と変動パターン決定結果等に基づいて、特図2表示器4bにより特図2変動表示を行う。そして、特図2変動表示と同期して第1表示領域20aと変動表示対応表示器5bにより変動演出を行う。大当たり判定結果がハズレの場合、特図2表示器4bによりハズレ変動パターン(ハズレ変動時間)による特図2ハズレ変動表示と、第1表示領域20aと変動表示対応表示器5bにより特図2ハズレ変動表示と同期したハズレ変動演出を行う。また、大当たり判定結果が大当たりである場合、特図2表示器4bにより大当たり変動パターン(大当たり変動時間)による特図2大当たり変動表示と、第1表示領域20aと変動表示対応表示器5bにより特図2大当たり変動表示と同期した大当たり変動演出を行う。また、大当たり判定結果が小当たりである場合、特図2表示器4bにより小当たり変動パターン(小当たり変動時間)による特図2小当たり変動表示と、第1表示領域20aと変動表示対応表示器5bにより特図2小当たり変動表示と同期した小当たり変動演出を行う。なお、特図2変動表示情報は、特図2変動表示が終了すると消去する。

0088

なお、特図2変動表示中に第2始動口7に始動入賞した場合、この始動入賞による特図2変動表示を直ちに開始することができないため、取得した判定情報を特図2の1個目の保留情報(以下、「特図2保留1情報」という)として記憶する。そして、特図2保留1情報の記憶に応じて、特図2保留表示器4d、特2保1アイコン23a、演出特図2保留表示器5cにより特図2の保留情報が1個あることを表示する。

0089

また、特図2保留1情報が記憶されている状態で第2始動口7に始動入賞した場合、取得した判定情報を特図2の2個目の保留情報(以下、「特図2保留2情報」という)として記憶する。そして、特図2保留2情報の記憶に応じて、特図2保留表示器4d、特2保1アイコン23a、特2保2アイコン23b、演出特図2保留表示器5cにより特図2の保留情報が2個あることを表示する。

0090

また、特図2保留2情報が記憶されている状態で第2始動口7に始動入賞した場合、取得した判定情報を特図2の3個目の保留情報(以下、「特図2保留3情報」という)として記憶する。そして、特図2保留3情報の記憶に応じて、特図2保留表示器4d、特2保1アイコン23a〜特2保3アイコン23c、演出特図2保留表示器5cにより特図2の保留情報が3個あることを表示する。

0091

また、特図2保留3情報が記憶されている状態で第2始動口7に始動入賞した場合、取得した判定情報を特図2の4個目の保留情報(以下、「特図2保留4情報」という)として記憶する。そして、特図2保留4情報の記憶に応じて、特図2保留表示器4d、特2保1アイコン23a〜特2保4アイコン23d、演出特図2保留表示器5cにより特図2の保留情報が4個あることを表示する。なお、特図2保留4情報が記憶されている状態で第2始動口7に始動入賞(以下、「無効始動入賞」という)した場合、判定情報を取得しない。

0092

また、変動表示中である特図2変動表示の変動表示結果がハズレである場合、または、小当たり状態が終了した場合、特図2保留1情報を特図2変動表示情報にシフト記憶し、新たな特図2変動表示情報に基づく特図2変動表示を開始する。そして、新たな特図2変動表示情報による特図2変動表示の開始に伴い、特図2保留2情報を特図2保留1情報にシフト記憶し、特図2保留3情報を特図2保留2情報にシフト記憶し、特図2保留4情報を特図2保留3情報にシフト記憶する。なお、特図2保留1情報へのシフト記憶に応じて、特2保2アイコン23bを特2保1アイコン23aに移動して表示し、特図2保留2情報へのシフト記憶に応じて、特2保3アイコン23cを特2保2アイコン23bに移動して表示し、特図2保留3情報へのシフト記憶に応じて、特2保4アイコン23dを特2保3アイコン23cに移動して表示する。

0093

図2ハズレ変動表示を行った場合、特図2表示器4b、第1表示領域20a、変動表示対応表示器5bにはハズレであることを表示する。一方、特図2大当たり変動表示を行った場合、特図2表示器4b、第1表示領域20a、変動表示対応表示器5bには、大当たりであることを表示し、特図2小当たり変動表示を行った場合、特図2表示器4b、第1表示領域20a、変動表示対応表示器5bには、小当たりであることを表示する。大当たりすると、遊技状態は確変状態、または、低確時短状態から上述した大当たり状態に移行する。小当たりすると、遊技状態は確変状態、または、低確時短状態から上述した小当たり状態に移行し、小当たり状態が終了した場合、小当たり状態移行前の遊技状態に移行する。また、低確時短状態において所定回数(例えば、100回)の特図ハズレ変動表示が行われた場合、遊技状態は通常状態に移行する。

0094

[パチンコ遊技機1における演出等の概要]
次に、パチンコ遊技機1における演出等の概要を説明する。なお、パチンコ遊技機1においては多くの演出等が実行されるが、ここでは代表的な演出について説明する。まず、変動演出について説明する。変動演出とは、始動口(第1始動口6、第2始動口7)への遊技球の入賞に応じて第1表示領域20a等により実行する演出である。

0095

変動演出は、特図表示器(特図1表示器4a、特図2表示器4b)による変動開始に同期して演出図柄21LCRの変動を開始し、特図表示器による変動停止に同期して演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせ、または、小当たり図柄の組み合わせ、または、ハズレ図柄の組み合わせで停止する。なお、本実施形態では、特図表示器による変動表示と第1表示領域20a等による変動演出を纏めて「変動表示」ということがある。

0096

変動演出を開始すると、演出図柄21LCRは上から下にスクロール表示を行う。なお、演出図柄21LCRのスクロール表示の方向はこれに限らず、左から右にスクロール表示したり、遊技者から見て奥から前にスクロール表示したりしてもよく、また、表示方法はスクロール表示に限らない。

0097

変動演出には、ハズレ変動演出と、大当たり変動演出と、小当たり変動演出がある。ハズレ変動演出とは、変動演出を開始した演出図柄21LCRがハズレ図柄の組み合わせ(例えば、「381」や「244」等の組み合わせ)により仮停止表示(以下、「仮停止」という)した後に停止表示(以下、「停止」という)する演出である。他にもハズレ変動演出には、変動演出を開始した演出図柄21LCRのうち2つの演出図柄(例えば、左演出図柄21Lと右演出図柄21R)が同じ数字図柄で仮停止してリーチ表示態様(例えば、「7↓7」や「33↓」等)となり、リーチ演出を行った後にハズレ図柄の組み合わせ(例えば、「767」や「334」等)で仮停止した後に停止する演出がある。

0098

大当たり変動演出とは、変動演出を開始した演出図柄21LCRのうち2つの演出図柄(例えば、左演出図柄21Lと右演出図柄21R)が同じ数字図柄で仮停止してリーチ表示態様(例えば、「7↓7」や「33↓」等)となり、リーチ演出を行った後に大当たり図柄の組み合わせ(例えば、「777」や「333」等)で仮停止した後に停止する演出である。なお、確変大当たりである場合、演出図柄21LCRの組み合わせが「777」で停止し、確変大当たり、または、通常大当たりである場合、演出図柄21LCRの組み合わせが「777」以外の組み合わせ(例えば、「000」、「555」等)で停止する。

0099

また、大当たり変動演出において、演出図柄21LCRの組み合わせが「777」以外の組み合わせで仮停止した場合、確変大当たりであるか否かを演出する昇格演出を実行する場合がある。昇格演出により確変大当たりであることを報知する場合、演出図柄21LCRの組み合わせが「777」で停止する。なお、演出図柄21LCRの組み合わせが「777」で仮停止した場合にも昇格演出を実行するようにしてもよい。また、昇格演出は確変大当たりであることを報知せずに、後述する大当たり演出において、確変大当たりである(大当たり終了後に確変状態に移行する)ことを報知する場合がある。

0100

小当たり変動演出とは、変動演出を開始した演出図柄21LCRが小当たり図柄の組み合わせ(例えば、「234」や「567」等)で仮停止した後に停止する演出である。

0101

リーチ演出には、例えば、ノーマルリーチ演出と、ノーマルリーチ演出よりも大当たり期待度(以下、「大当たり信頼度」や「大当たりとなる割合」ともいう)が高いSPリーチ演出がある。よって、リーチ演出は、大当たりとなる可能性を示唆する演出である。なお、SPリーチ演出を実行する場合、ノーマルリーチ演出を実行した後にSPリーチ演出を実行するパターンと、ノーマルリーチ演出を実行せずにSPリーチ演出を実行するパターンがある。

0102

変動演出は、遊技者の大当たりに対する期待感を高揚(向上)させるための演出や、確変状態となる大当たりに対する期待感を高揚させるための期待感高揚演出を実行することがある。このような期待感高揚演出には、大当たりとなる可能性(大当たり期待度、大当たり信頼度)や、リーチ演出が実行される可能性(リーチ期待度、リーチ信頼度)を予告(示唆)する予告演出(示唆演出)がある。また、このような期待感高揚演出には、実行前の変動表示に係る判定情報を参照(以下、「先読み」という)して、実行前の変動表示に対する大当たりとなる可能性(大当たり期待度、大当たり信頼度)や、リーチ演出が実行される可能性(リーチ期待度、リーチ信頼度)を予告(示唆)する先読み予告演出(先読み示唆演出)がある。なお、期待感高揚演出には、遊技者の期待感を低迷(低下)させる演出があってもよい。また、変動演出では、当該変動演出に対応する変動アイコン24aを表示することがある。また、変動演出では、遊技や変動演出等の説明画像を第1表示領域20aや第2表示領域27aに表示する説明演出を実行することがある。

0103

予告演出は、予告演出の種類に応じて、第1表示領域20aや第2表示領域27aに文字画像キャラクタ画像等を表示する演出や、変動アイコン24aの表示態様を通常態様とは異なる特定態様で表示させる演出や、導光板面上に文字やキャラクタ等を表示する演出や、盤内可動装置26や枠側可動装置33や送風装置35aや振動装置36を動作させる装置(以下、「役物」ともいう)による演出や、スピーカ34から予告音を放音する演出や、枠装飾ランプ32や可動装飾ランプ33a等の点灯による演出等が行われる。

0104

また、予告演出には、1回の変動演出において、演出図柄21LCRによる変動演出を開始させ、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させた後、再度、演出図柄21LCRの変動を開始させる演出(以下、「疑似変動演出」という)を1回、または、複数回行う演出(以下、「疑似連予告演出」という)がある。

0105

先読み予告演出は、先読み予告の種類に応じて、第1表示領域20aや第2表示領域27aに文字画像やキャラクタ画像等を表示する演出や、導光板面上に文字やキャラクタ等を表示する演出や、役物による演出、スピーカ34から先読み予告音を放音する演出や、枠装飾ランプ32や可動装飾ランプ33a等の点灯による演出等が行われる。

0106

また、先読み予告演出には、始動入賞の際や先に保留記憶された保留情報に基づく変動演出中において、各保留アイコン(特1保1アイコン22a〜特1保4アイコン22d、特2保1アイコン23a〜特2保4アイコン23d)のうち、1または複数の保留アイコンを通常の保留アイコン画像(以下、「通常保留アイコン」という)とは異なる特殊な保留アイコン画像(以下、「特殊保留アイコン」という)に変化させて表示する演出(以下、「保留変化予告演出」や「アイコン予告演出」という)がある。なお、通常保留アイコンと特殊保留アイコンを纏めて「保留アイコン」といい、保留変化予告演出の対象となる保留アイコンのことを「対象保留アイコン」や「対象アイコン」という。なお、保留変化予告演出やアイコン予告演出には、特1保1アイコン22a〜特1保4アイコン22dと変動アイコン24aを対象として実行する演出や、特2保1アイコン23a〜特2保4アイコン23dと変動アイコン24aを対象として実行する演出もある。このような演出では、変動アイコン24aが「対象アイコン」となることがある。

0107

また、他にも先読み予告演出には、予告対象とする変動表示(以下、「予告対象変動表示」という)よりも前に実行される変動演出(以下、「事前変動演出」という)から、予告対象変動表示による変動表示の実行に向けて関連性のある演出を連続する演出(以下、「連続予告演出」という)がある。

0108

次に、大当たり演出と小当たり演出について説明する。大当たり演出とは、大当たり状態において第1表示領域20a等により実行する演出のことであり、オープニング演出と、ラウンド中演出と、エンディング演出により構成される。小当たり演出とは、小当たり状態において第1表示領域20a等により実行する演出である。なお、大当たり演出において確変大当たりである(大当たり終了後に確変状態に移行する)ことを報知する演出を実行する場合がある。

0109

オープニング演出とは、大当たり状態が開始してから、第1大入賞口10または第2大入賞口11が1回目の開放(以下、「1ラウンド」という)を開始するまでの間に実行する演出である。また、ラウンド中演出とは、1ラウンドを開始してから最終ラウンドが終了するまでの間に実行する演出のことである。また、エンディング演出とは、最終ラウンドが終了してから変動表示を開始するまでの間に実行する演出である。

0110

次に、客待ち演出について説明する。客待ち演出とは、変動表示が開始されない状態が所定時間(例えば、60s)継続した場合、第1表示領域20a等により実行する演出である。客待ち演出は、パチンコ遊技機1の説明画像やPV(Promotion Video)画像等を表示する。客待ち演出は、終了条件が成立した(始動入賞の発生や、第1演出操作部31aや十字キー37が操作された)場合に終了する。

0111

[遊技制御基板100の遊技制御処理]
パチンコ遊技機1の電源スイッチがONになるとパチンコ遊技機1に電力が供給され、遊技制御用マイコン101が起動する。遊技制御用マイコン101が起動すると遊技制御処理を実行する。遊技制御基板100(遊技制御用マイコン101)の遊技制御処理の例について、図3を参照しながら説明する。遊技制御基板100の遊技制御処理は、メイン処理割込み処理により構成される。

0112

(メイン処理)
まず、メイン処理(S1000)について説明する。CPU101cは、メイン処理において、最初に割込みを禁止にする。続いて、初期設定を行う。初期設定は、RAM101bへのアクセス許可設定、SIO、PIO、CTC(割込み時間管理用コントローラ)の設定等が行われる。

0113

続いて、クリアスイッチからクリア信号が入力されているか否かを判定する。クリア信号が入力されている場合、初期化処理を実行する。初期化処理は、CPU101cは、RAM101bに記憶された遊技情報等(例えば、電断電力供給停止)時の遊技状態や特図1変動表示情報や特図1保留情報等)をクリアし、初期値を設定する。また、初期化処理に応じて演出制御基板120(演出制御用マイコン121)に初期化コマンドを出力する。演出制御用マイコン121は初期化コマンドを受信すると、初期化報知を行う。初期化報知は第1表示領域20aによる初期化報知画像の表示と装飾ランプ32による初期化報知点灯とスピーカ34による初期化音の放音により行う。

0114

クリア信号が入力されていない場合、CPU101cは、RAM101bに記憶された遊技情報等が正常なものであるか否かを判定する。RAM101bに記憶された遊技情報等が正常なものであると判定した場合、CPU101cはRAM101bに記憶された遊技情報等に基づいて電断時の遊技状態(遊技状況)に復旧するための復旧処理を実行する。一方、RAM101bに記憶された遊技情報等が正常なものはないと判定すると初期化処理を実行する。CPU101cは復旧処理に応じて、演出制御基板120(演出制御用マイコン121)に復旧コマンドを出力する。演出制御用マイコン121は復旧コマンドを受信すると、演出制御の状態を電断時の演出制御状態(演出制御状況)に復旧させる。演出制御用マイコン121は、第1表示領域20aによる復旧中報知画像の表示と装飾ランプ32による復旧中報知点灯とスピーカ34による復旧中音の放音により復旧中であることを報知する。

0115

初期化処理または復旧処理を終了すると、CPU101cは、演出制御基板120に、これらが終了したことを示す演出制御コマンドを出力する。続いて、CPU101cは、乱数回路の初期設定を実行した後、割込みを許可することにより、CPU101cは定期的(例えば、4ms毎)にタイマ割込み処理を実行する。

0116

(割込み処理)
次に、遊技制御処理において実行する割込み処理について説明する。割込み処理を開始すると、CPU101cはエラー処理を実行する(S1100)。エラー処理は、CPU101cはパチンコ遊技機1においてエラーが発生しているか否かを確認し、エラーが発生している場合、エラー報知処理を行う。

0117

続いて、入力処理を実行する(S1200)。入力処理は、第1始動口センサ6aや第2始動口センサ7a、ゲートセンサ8a、第1入賞口センサ9dや第2入賞口センサ9e、第1大入賞口センサ10aや第2大入賞口センサ11aの各センサからの検知信号を受信しているか否かを確認する。なお、ゲートセンサ8a以外のセンサからの検知信号を受信していると確認した場合、払出制御基板に対する賞球の払出処理を実行する。

0118

続いて、乱数更新処理を実行する(S1300)。乱数更新処理は、遊技制御用マイコン101による遊技制御に使用する各種の遊技用乱数の乱数値を更新する。なお、遊技用乱数には、例えば、大当たり乱数、大当たり種別乱数、変動パターン乱数、普図当たり乱数、普図変動パターン乱数等がある。

0119

続いて、特図用処理(S1400)を実行する。特図用処理は、特図1変動表示や特図2変動表示の制御、特図1保留情報や特図2保留情報の処理、大当たり状態や小当たり状態の制御、通常状態や確変状態や低確時短状態の制御等を行う。なお、特図用処理についての詳細は図4を用いて後述する。

0120

続いて、普図用処理を実行する(S1500)。普図用処理は、上述した入力処理においてゲートセンサ8aからの検知信号を受信している場合、普図表示器4fによる普図変動表示の制御や、普図保留情報の処理(普図当たり乱数値の管理、普図保留記憶情報の表示等)を行う。また、普図用処理は、普図当たりによる第2始動口7の開閉片の開閉制御等を行う。

0121

続いて、情報出力処理を実行する(S1600)。情報出力処理は、外部情報出力端子基板から、パチンコ遊技機1の外部に始動情報大当たり情報等の遊技情報を出力する。

0122

続いて、コマンド出力処理を実行する(S1700)。コマンド出力処理は、RAM121bの演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンドを演出制御基板120に出力する処理や、払出制御コマンド記憶領域に記憶された払出制御コマンドを払出制御基板に出力する処理等の各種コマンドの出力処理を行う。コマンド出力処理が終了した後、割込み処理を終了する。

0123

(特図用処理)
次に割込み処理において実行する特図用処理の例について、図4を参照しながら説明する。特図用処理を開始すると、CPU101cは入賞処理を実行する(S1410)。入賞処理は、上述した入力処理(S1200)において、第1始動口センサ6aからの検出信号の受信(以下、「特図1始動入賞」という)、または、第2始動口センサ7aからの検出信号の受信(以下、「特図2始動入賞」という)が確認された場合に実行する始動入賞処理と、第1入賞口センサ9dや第2入賞口センサ9eからの検出信号の受信が確認された場合に実行する一般入賞処理と、第1大入賞口10や第2大入賞口11からの検出信号の受信が確認された場合に実行する大入賞処理により構成される。

0124

始動入賞処理は、第1始動入賞が確認された場合、判定情報(大当たり乱数値、大当たり種別乱数値、変動パターン乱数値等)を取得して、特図1保留情報としてRAM101bの特図1保留情報記憶領域(第1〜4領域)のうち、現時点最上位の空き領域に記憶する。また、第2始動入賞が確認された場合、判定情報(大当たり乱数値、大当たり種別乱数値、変動パターン乱数値等)を取得して、特図2保留情報としてRAM101bの特図2保留情報記憶領域(第1〜4領域)のうち、現時点で最上位の空き領域に記憶する。続いて、特図1保留情報または特図2保留情報を先読み(大当たり乱数値、大当たり種別乱数値、変動パターン乱数値等から実行予定の変動表示の変動パターンを確認)して先読み予告演出を実行するか否かを判定する。続いて、特図1始動入賞であるか特図2始動入賞であるかを示す情報、保留記憶数、先読み判定情報(大当たり判定結果に関する情報、変動パターンに関する情報(変動パターン乱数値))等により演出制御コマンド(始動入賞コマンド(第1始動入賞コマンド、第2始動入賞コマンド))を生成し、RAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(始動入賞コマンド)は、上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。

0125

一般入賞処理は、第1入賞口センサ9dからの検出信号の受信が確認された場合、演出制御コマンド(第1入賞コマンド)をRAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。また、第2入賞口センサ9eからの検出信号の受信が確認された場合、演出制御コマンド(第2入賞コマンド)をRAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(第1入賞コマンド、第2入賞コマンド)は、上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。

0126

大入賞処理は、第1大入賞口センサ10aからの検出信号の受信が確認された場合、演出制御コマンド(第1大入賞コマンド)をRAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。また、第2大入賞口センサ11aからの検出信号の受信が確認された場合、演出制御コマンド(第2大入賞コマンド)をRAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(第1大入賞コマンド、第2大入賞コマンド)は、上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。

0127

続いて、特図実行データ処理を実行する(S1420)。特図実行データ処理は、現在の特図実行データの値を確認し、確認した特図実行データの値に対応した処理に移行させる。特図実行データの値が0のときは特図変動前処理(S1430)に移行させる。また、特図実行データの値が1のときは特図変動処理(S1440)に移行させる。また、特図実行データの値が2のときは特図変動停止処理(S1450)に移行させる。また、特図実行データの値が3のときは大当たり処理(S1460)に移行させる。また、特図実行データの値が4のときは大当たり終了処理(S1470)に移行させる。また、特図実行データの値が5のときは小当たり処理(S1480)に移行させる。

0128

特図実行データの値が0のときは特図変動停止前処理を実行する(S1430)。特図変動停止前処理は、変動表示が停止表示するよりも前(基本的には、変動表示の開始前)に実行する処理である。特図変動停止前処理は、まず、特図1保留1情報に基づいて特図1変動表示を実行するか、または、特図2保留2情報に基づいて特図2変動表示を実行するかの判定を行う。

0129

図1変動表示を実行すると判定した場合、特図1保留1情報をRAM101bの変動表示情報記憶領域にシフトして特図1変動表示情報として記憶する。続いて、遊技状態(通常状態、確変状態、低確時短状態)と、特図1変動表示情報(大当たり乱数値、大当たり種別乱数値、変動パターン乱数値等)に基づいて、大当たり判定と大当たり種別判定と、特図1変動表示が停止表示したときに特図1表示器4aに表示させるLEDを大当たり点灯パターン(以下、「大当たり停止図柄」ともいう)や小当たり点灯パターン(以下、「小当たり停止図柄」ともいう)、または、ハズレ点灯パターン(以下、「ハズレ停止図柄」ともいう)の何れの点灯パターン(以下、「停止図柄」ともいう)にするかを決定する点灯パターン決定(以下、「停止図柄決定」という)を行う。また、大当たり判定結果と大当たり種別判定結果と変動パターン乱数値と現在の遊技状態(通常状態、確変状態、低確時短状態の何れか)に基づいて、特図1変動表示の変動パターン(変動時間)を決定する。なお、特図2変動表示を実行すると判定した場合についても、特図1変動表示を実行すると判定した場合と同様の処理を行う(特図1表示器4aは、特図2表示器4bに置き換える)。

0130

続いて、遊技状態、特図1であるか特図2であるかを示す情報、大当たり判定結果、大当たり種別判定結果、変動パターン等により演出制御コマンド(変動開始コマンド)を生成し、RAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。続いて、特図実行データの値を1に更新する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(変動開始コマンド)は、上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。

0131

特図実行データの値が1のときは特図変動処理を実行する(S1440)。特図変動処理は、まず、特図1表示器4aや特図2表示器4bによる変動表示を開始させる処理を行う。続いて、変動パターンから特定される変動時間に基づいて、開始させた変動表示の経過時間を計測する処理を行う。計測している経過時間が変動時間と一致した場合、特図実行データの値を2に更新する。

0132

特図実行データの値が2のときは特図変動停止処理を実行する(S1450)。特図変動停止処理は、特図1表示器4aや特図2表示器4bに停止表示させるLEDの点灯パターンを点灯パターン決定により決定された点灯パターンで停止表示させる処理を行う。また、特図変動停止処理は、変動表示の停止を示す演出制御コマンド(変動停止コマンド)を生成し、RAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(変動停止コマンド)は、上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。そして、大当たりの点灯パターンで停止表示させる場合、特図実行データの値を3に更新し、小当たりの点灯パターンで停止表示させる場合、特図実行データの値を5に更新し、ハズレの点灯パターンで停止表示させる場合、特図実行データの値を0に更新する。

0133

また、特図変動停止処理は、各大当たり間において実行した変動表示の回数(以下、「変動回数」という)を計数する処理を行う。この処理は、ハズレ変動表示が終了すると変動回数を1加算し、大当たり変動表示が終了すると変動回数をクリアする。また、低確時短状態において計数した変動回数が所定回数(例えば、100回)となった場合、遊技状態を通常状態に移行させる。

0134

特図実行データの値が3のときは大当たり処理を実行する(S1460)。大当たり処理は、大当たり開始処理と、大当たり中処理により構成される。

0135

大当たり開始処理は、まず、大当たり種別等に基づいて実行する大当たり制御の内容(大入賞口の種類、大当たりオープニング時間、最大ラウンド数、各ラウンドの大入賞口の開閉パターン、各ラウンド間のインターバル時間、エンディング時間等)を決定する。続いて、大当たり種別、オープニング時間等を示す演出制御コマンド(大当たり開始コマンド)を生成し、RAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(大当たり開始コマンド)は上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。そして、オープニング経過時間を計測し、計測しているオープニング経過時間がオープニング時間と一致した場合、大当たり中処理に処理を移行する。

0136

大当たり中処理は、大入賞口の種類、ラウンド数、各ラウンドの大入賞口の開閉パターン、各ラウンド間のインターバル時間等に基づいて、第1大入賞口10や第2大入賞口11を開閉制御する。新たなラウンドを開始するときは、大入賞口の種類、開始するラウンド数等を示す演出制御コマンド(ラウンド開始コマンド)を生成し、RAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(ラウンド開始コマンド)は上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。

0137

各ラウンドの終了条件が成立した場合(例えば、入賞数所定数に到達した場合や、開放終了時間になった場合)、大入賞口の種類、終了するラウンド数等を示す演出制御コマンド(ラウンド終了コマンド)を生成し、RAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(ラウンド終了コマンド)は上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。そして、最終ラウンドが終了した場合、特図実行データの値を4に更新する。

0138

特図実行データの値が4のときは大当たり終了処理を実行する(S1470)。大当たり終了処理は、まず、エンディング時間等を示す演出制御コマンド(大当たり終了コマンド)を生成し、RAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(大当たり終了コマンド)は上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。続いて、エンディング経過時間を計測する。そして、計測しているエンディング経過時間がエンディング時間と一致した場合、大当たり終了後に移行させる遊技状態(確変状態、低確時短状態)を決定する。ここでは、大当たり種別が確変大当たりである場合、遊技状態を確変状態に移行させると決定し、大当たり種別が通常大当たりである場合、遊技状態を低確時短状態に移行させると決定する。このとき、特図実行データの値を0に更新する。

0139

特図実行データの値が5のときは小当たり処理を実行する(S1480)。小当たり処理は、大当たり種別(ここでは、第1小当たりであるか第2小当たりであるか)に基づいて実行する小当たりの内容(大入賞口の開閉パターン等)を決定し、小当たり種別等を示す演出制御コマンド(小当たりコマンド)を生成し、RAM101bの演出制御コマンド記憶領域に記憶する。演出制御コマンド記憶領域に記憶された演出制御コマンド(小当たりコマンド)は上述したコマンド出力処理(S1700)により演出制御基板120に出力される。

0140

また、小当たり処理は、決定した開閉パターンにより第1大入賞口10を開閉制御する。そして、小当たり終了条件が成立した場合(例えば、入賞数が所定数に到達した場合や、小当たり終了時間になった場合)、特図実行データの値を0に更新した後、特図用処理を終了する。

0141

[演出制御基板120の演出制御処理]
パチンコ遊技機1の電源スイッチがONになるとパチンコ遊技機1に電力が供給され、演出制御用マイコン121、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124が起動する。演出制御用マイコン121が起動すると演出制御処理が実行される。演出制御基板120(演出制御用マイコン121)の演出制御処理の例について、図5を参照しながら説明する。演出制御基板120の演出制御処理は、演出メイン処理と、受信割込み処理と、演出用割込み処理により構成される。

0142

(演出メイン処理)
まず、演出メイン処理(S2000)について説明する。CPU121cは、演出メイン処理において、最初に演出用割込みを禁止にする。続いて、演出初期設定を行う。演出初期設定は、RAM121bへのアクセス許可設定、SIO、PIO、CTC(割込み時間管理用コントローラ)の設定等が行われる。

0143

続いて、盤内可動装置26を第1位置から第2位置、第2位置から第3位置、第3位置から第1位置に駆動制御して盤内可動装置26の動作確認を行う。続いて、枠側可動装置33を第4位置から第5位置に駆動制御、第5位置で回転制御、第5位置から第4位置に駆動制御して盤内可動装置26の動作確認を行う。続いて、送風装置35aを駆動制御して送風装置35aの動作確認と、振動装置36を駆動制御して振動装置36の動作確認を行う。続いて、初期化コマンドを受信している場合、第1表示領域20aによる初期化報知画像の表示と装飾ランプ32による初期化報知点灯とスピーカ34による初期化音の放音により初期化報知を行う。続いて、復旧コマンドを受信している場合、第1表示領域20aによる復旧中報知画像の表示と装飾ランプ32による復旧中報知点灯とスピーカ34による復旧中音の放音により復旧中報知を行う。初期化完了または復旧完了を示す演出制御コマンドを受信すると、初期化報知や復旧中報知を終了する。続いて、CPU121cは、乱数回路の初期設定を実行した後、割込み許可状態であること確認することにより、CPU121cは定期的(例えば、2ms毎)に演出用タイマ割込み処理を実行する。

0144

受信割込み処理(S2100)は、演出用タイマ割込み処理とは別に実行される処理であり、演出用割込み処理よりも優先して実行される処理である。受信割込み処理中は、割込み禁止状態となる。受信割込み処理は、遊技制御基板100から出力されたINT信号が演出制御用マイコン121の外部INT入力部に入力されたか否か(ON/OFF)を判定する。INT信号が入力されている場合、遊技制御基板100から出力されたコマンドを演出制御コマンドとしてRAM121bの演出制御コマンド受信用記憶領域に記憶した後、割込み許可状態とする。なお、演出制御コマンド受信用記憶領域は、第1始動入賞コマンド記憶領域(第1〜第4記憶領域)、第2始動入賞コマンド記憶領域(第1〜第4記憶領域)、特1保留アイコン数記憶領域、特2保留アイコン数記憶領域、変動開始コマンド記憶領域、変動停止コマンド記憶領域、大当たり中コマンド記憶領域(大当たり開始コマンド、ラウンド開始コマンド、ラウンド終了コマンド、大当たり終了コマンドを記憶)等からなる。

0145

(演出用割込み処理)
次に、演出制御処理において実行される演出用割込み処理について説明する。演出用割込み処理を開始すると、まず、CPU101cは、演出用乱数更新処理を実行する(S2200)。演出用乱数更新処理は、各種の演出用乱数の乱数値を更新する。なお、演出用乱数には、例えば、変動演出用乱数、演出図柄用乱数予告演出用乱数、先読み予告演出用乱数等がある。

0146

続いて、演出用入力処理を実行する(S2300)。演出用入力処理は、第1操作部検知センサ31cや第2操作部検知センサ31d、他操作部検知センサ37aの各センサからの検知信号を受信しているか否かを確認する。

0147

続いて、コマンド解析処理を実行する(S2400)。コマンド解析処理は、上述した受信割込み処理(S2100)においてRAM121bの演出制御コマンド受信用記憶領域に記憶された演出制御コマンドの内容を解析する。

0148

続いて、コマンド解析処理で解析した演出制御コマンドの内容に基づいて、演出用処理を実行する(S3000)。なお、演出用処理についての詳細は図6を用いて後述する。演出用処理を実行した後、演出用割込み処理を終了する。

0149

(演出用処理)
次に演出用割込み処理において実行される演出用処理の例について、図6を参照しながら説明する。演出用処理を開始すると、CPU121cは演出実行データ処理を実行する(S3100)。演出処理データ処理では、演出制御コマンドの種類に対応した演出処理に移行させる処理を実行する。演出制御コマンド(第1始動入賞コマンド、第2始動入賞コマンド)を受信すると、演出処理データの値を0に変更して始動入賞演出処理(S3200)に移行させる。また、演出制御コマンド(変動開始コマンド)を受信すると、演出処理データの値を1に変更して変動演出処理(S3300)に移行させる。また、演出制御コマンド(変動停止コマンド)を受信すると、演出処理データの値を2に変更して変動演出停止処理(S3400)に移行させる。また、演出制御コマンド(大当たり開始コマンド、ラウンド開始コマンド、ラウンド終了コマンド)を受信すると、演出処理データの値を3に変更して大当たり演出処理(S3500)に移行させる。また、演出制御コマンド(大当たり終了コマンド)を受信すると、演出処理データの値を4に変更して大当たり終了演出処理(S3600)に移行させる。また、演出制御コマンド(小当たりコマンド、小当たり中第1大入賞コマンド、小当たり中第2大入賞コマンド)を受信すると、演出処理データの値を5に変更して小当たり演出処理(S3700)に移行させる。なお、第1大入賞コマンド、第2大入賞コマンド、第1入賞コマンド、第2入賞コマンドを受信した場合、演出処理データの値を変更しない(実行中の演出処理に移行する)。

0150

演出処理データの値が0のときは始動入賞演出処理を実行する(S3200)。始動入賞演出処理では、演出制御コマンド(第1始動入賞コマンド、第2始動入賞コマンド)の受信に基づいて、特1保1アイコン22a〜特1保4アイコン22dにより特図1保留情報の数を表示させる処理や、特2保1アイコン23a〜特2保4アイコン23dにより特図2保留情報の数を表示させる処理(以下、「保留アイコン表示処理」という)を行う。また、保留アイコン表示処理では、各始動入賞コマンドと対応付けて保留アイコンの種類や保留アイコンの演出態様等からなる保留アイコン演出パターンを演出制御情報(以下、「保留アイコン演出パターン情報」という)として記憶する。そして、保留アイコン演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124により保留演出制御を実行させる。

0151

また、始動入賞演出処理では、演出制御コマンド(始動入賞コマンド)に含まれる先読み判定情報に基づいて先読み予告演出を実行するか否かを判定し、先読み予告演出を実行すると判定した場合、先読み予告演出の種類や先読み予告演出のシナリオ(以下、「先読み予告シナリオ」という)を決定する処理(以下、「先読み予告演出決定処理」という)を行う。先読み予告演出決定処理では、各始動入賞コマンドと対応付けて実行予定の変動パターン、先読み予告演出の実行可否、先読み予告演出の種類、先読み予告シナリオ等からなる先読み予告演出パターンを演出制御情報(以下、「先読み予告演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。そして、先読み予告演出パターン情報に基づいて、始動入賞演出処理において実行すべき先読み予告演出(始動入賞の際に実行する先読み予告演出)がある場合、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124により先読み予告演出制御を実行させる。始動入賞演出処理が終了すると、演出処理データの値を始動入賞演出処理に移行する前の値に変更する。

0152

演出処理データの値が1のときは変動演出処理を実行する(S3300)。変動演出処理は、変動演出開始処理と、変動演出中処理からなる。また、変動演出中処理には、仮停止演出処理も含まれる。変動演出処理は、まず、演出制御コマンド(変動開始コマンド)の受信に基づいて、変動開始処理を実行する。この変動開始処理では、変動演出のシナリオ(変動演出の種類、予告演出情報(予告演出の種類、予告演出の実行タイミング等))、変動演出が仮停止するときの演出図柄21LCRの種類等を決定し、演出制御情報(以下、「変動演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。続いて、変動演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124により変動演出を開始させる。

0153

変動演出を開始させると、変動演出中処理に処理段階を移行する。変動演出中処理では、変動演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124により変動演出が仮停止するまでの演出を実行させる。なお、変動演出開始処理と変動演出中処理では、先読み予告演出パターン情報に基づいて、実行すべき先読み予告演出(変動演出開始から仮停止までの間に実行する先読み予告演出)がある場合、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124により先読み予告演出制御を実行させる。

0154

演出処理データの値が2のときは変動演出停止処理を実行する(S3400)。変動演出停止処理は、演出制御コマンド(変動停止コマンド)の受信に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124により仮停止させた変動演出を停止させる停止演出を行う。また、変動演出処理では、演出制御情報として記憶された先読み予告演出パターン情報に基づいて、変動演出停止処理において実行すべき先読み予告演出(変動演出を停止する際に実行する先読み予告演出)がある場合、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124により先読み予告演出制御を実行させる。変動演出停止処理が終了すると、演出制御コマンドの受信を待つ状態(以下、「受信待ち状態」という)となる。

0155

受信待ち状態において所定時間(例えば、60s)が経過すると、客待ち演出の種類や内容等からなる客待ち演出パターンを決定し、演出制御情報(以下、「客待ち演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。そして、客待ち演出パターン情報に基づいて表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124により客待ち演出を実行させる。

0156

演出処理データの値が3のときは大当たり演出処理を実行する(S3500)。 大当たり演出処理は、オープニング演出処理、ラウンド開始演出処理、ラウンド中演出処理、ラウンド終了演出処理、エンディング演出処理からなる。演出制御コマンド(大当たり開始コマンド)の受信に基づいて、オープニング演出処理に移行する。このオープニング演出処理では、オープニング演出の種類や内容等からなるオープニング演出パターンを決定し、演出制御情報(以下、「オープニング演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。続いて、オープニング演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124によりオープニング演出を実行させる。

0157

続いて、演出制御コマンド(ラウンド開始コマンド)の受信に基づいて、ラウンド開始演出処理に移行する。このラウンド開始処理では、ラウンド数に応じたラウンド演出の種類や内容等からなるラウンド演出パターン(例えば、第1ラウンド開始のときは第1ラウンド演出パターン、第2ラウンド開始ときは第2ラウンド演出パターン)を決定し、演出制御情報(以下、「ラウンド演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。続いて、ラウンド演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124によりラウンド開始演出を実行させる。ラウンド開始演出を開始させると、ラウンド中演出処理に処理段階を移行する。ラウンド中演出処理では、ラウンド演出パターン情報に基づいて表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124によりラウンド中演出を実行させる。

0158

続いて、演出制御コマンド(ラウンド終了コマンド)の受信に基づいて、ラウンド終了演出処理に移行する。このラウンド終了演出処理では、ラウンド数に応じたラウンド終了演出の種類や内容等からなるラウンド終了演出パターン(例えば、第1ラウンド終了のときは第1ラウンド終了演出パターン、第2ラウンド終了のときは第2ラウンド終了演出パターン)を決定し、演出制御情報(以下、「ラウンド終了演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。続いて、ラウンド終了演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124によりラウンド終了演出を実行させる。

0159

なお、大当たり演出では、演出制御コマンド(第1入賞コマンドや第2入賞コマンド)の受信に基づいて、入賞演出を実行するか否かを判定し、入賞演出を実行すると判定した場合、入賞画像入賞音等からなる入賞演出パターンを演出制御情報(以下、「入賞演出パターン情報」という)として記憶する。そして、入賞演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124による入賞演出制御を実行させる。

0160

また、大当たり演出では、演出制御コマンド(第1大入賞コマンドや第2大入賞コマンド)の受信に基づいて、大当たり中入賞演出を実行するか否かを判定し、大当たり中入賞演出を実行すると判定した場合、大当たり中入賞画像や入賞音等からなる大当たり中入賞演出パターンを演出制御情報(以下、「大当たり中入賞演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。そして、大当たり中入賞演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124による大入賞演出制御を実行させる。

0161

演出処理データの値が4のときは大当たり終了演出処理を実行する(S3600)。大当たり終了演出処理では、演出制御コマンド(大当たり終了コマンド)の受信に基づいて、エンディング演出の種類や内容等からなるエンディング演出パターンを決定し、演出制御情報(以下、「エンディング演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。続いて、エンディング演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124によりエンディング演出を実行させる。大当たり終了演出処理が終了すると、受信待ち状態となる。

0162

演出処理データの値が5のときは小当たり演出処理を実行する(S3700)。 小当たり演出処理では、演出制御コマンド(小当たり開始コマンド)の受信に基づいて、小当たり演出の種類や内容等からなる小当たり演出パターンを決定し、演出制御情報(以下、「小当たり演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。続いて、小当たり演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124により小当たり演出を実行させる。

0163

また、小当たり演出では、演出制御コマンド(第1大入賞コマンドや第2大入賞コマンド)の受信に基づいて、小当たり中入賞演出を実行するか否かを判定し、小当たり中入賞演出を実行すると判定した場合、小当たり中入賞画像や入賞音等からなる小当たり中入賞演出パターンを演出制御情報(以下、「小当たり中入賞演出パターン情報」という)としてRAM121bに記憶させる。そして、小当たり中入賞演出パターン情報に基づいて、表示制御部122、装飾制御部123、音制御部124による小当たり中入賞演出制御を実行させる。小当たり演出処理が終了すると、受信待ち状態となる。

0164

[変動パターンの種類]
次に、変動パターンの種類について説明する。図7は、特図変動表示(特図1変動表示、特図2変動表示)の変動パターンの種類の例を示す図である。各変動パターンには、遊技状態と、当たり(大当たり、小当たり)/ハズレと、特図変動表示の変動時間(s)が対応付けられている。なお、備考として各変動パターンと対応する変動演出を示している。例えば、通常状態において、変動パターンP120を選択した場合、50s間の特図変動表示を実行し、SP1リーチハズレ変動演出を実行する。また、例えば、時短状態において、変動パターンP201を選択した場合、8s間の特図変動表示を実行し、ハズレ変動演出を実行する。なお、通常状態において大当たりと判定された場合、変動パターンP170>P160>P150となるように実行割合が設定されている。また、通常状態でハズレと判定された場合、変動パターンP100〜P102>P110>P120>P130となるように実行割合が設定されている。また、時短状態において大当たりと判定された場合、変動パターンP280>P270>P250>P260となるように実行割合が設定されている。また、時短状態でハズレと判定された場合、変動パターンP200〜P201>P210>P220>P230となるように実行割合が設定されている。

0165

[変動演出]
次に、変動演出について説明する。図8A図8Cは、通常状態における変動演出の例を示す図である。また、図9A図9Cは、時短状態における変動演出の例を示す図である。なお、これから説明する図8A図9Cにおいて、予告演出の実行を開始することが可能な時期(以下、「予告演出開始時期」という)には、例えば、図8B(b)のT31〜T36のように等間隔で配置されているものがあるが、これは便宜上、等間隔に配置しただけであって、例えば、T31〜T32間とT32〜33間が同じ時間間隔であることを限定している訳はない。また、先読み予告演出については、この予告演出開始時期に先読み予告演出を開始する演出もあれば、この予告演出開始時期とは無関係に先読み予告演出を開始する演出もある。

0166

(通常状態における変動演出)
まず、図8A図8Cを参照しながら、通常状態における変動演出の例について説明する。図8A(a)は、変動パターンP100による2s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP100による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止)。なお、変動パターンP100による変動演出には、予告演出開始時期としてT1、T2が設定されている。

0167

次に、図8A(b)は、変動パターンP101による4s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP101による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止)。なお、変動パターンP101による変動演出には、予告演出開始時期としてT11〜T13が設定されている。

0168

次に、図8B(a)は、変動パターンP102、P140による8s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP102による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止1)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止1)。また、変動パターンP140による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、演出図柄21LCRを小当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止2)。続いて、演出図柄21LCRを小当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bに小当たりの組み合わせを表示させて停止させる(停止2)。なお、変動パターンP102、P140による変動演出には、予告演出開始時期としてT21〜T23が設定されている。

0169

次に、図8B(b)は、変動パターンP110、P150による12s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP110による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、ノーマルリーチ演出を実行させ、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止1)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止1)。また、変動パターンP150による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、ノーマルリーチ演出を実行させる。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止2)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bに大当たりの組み合わせを表示させて停止させる(停止2)。なお、変動パターンP110、P150による変動演出には、予告演出開始時期としてT31〜T37が設定されている。

0170

次に、図8C(a)は、変動パターンP120、P160による50s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP120による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、SP1リーチ演出を実行させ、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止1)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止1)。また、変動パターンP150による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、SP1リーチ演出を実行させる。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止2)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bに大当たりの組み合わせを表示させて停止させる(停止2)。なお、変動パターンP120、P160による変動演出には、予告演出開始時期としてT41〜T53が設定されている。

0171

次に、図8C(b)は、変動パターンP130、P170による70s間の変動表示に対応する変動演出の例である。第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、SP2リーチ演出を実行させ、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止1)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止1)。変動パターンP170による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、SP2リーチ演出を実行させ、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止2)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bに大当たりの組み合わせを表示させて停止させる(停止2)。また、変動パターンP130、P170による変動演出には、予告演出開始時期としてT61〜T80が設定されている。なお、SP1リーチ演出よりもSP2リーチ演出のほうが大当たり期待度は高い。また、各SPリーチ演出は、ノーマルリーチ演出を実行した後に実行される場合と、ノーマルリーチ演出を実行せずに実行される場合がある。また、SP2リーチ演出は、SP1リーチ演出を実行した後に実行される場合と、SP1リーチを実行せずに実行される場合がある。

0172

(時短状態における変動演出)
次に、図9A図9Cを参照しながら、時短状態における変動演出の例について説明する。図9A(a)は、変動パターンP200による2s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP200による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止)。なお、変動パターンP200による変動演出には、予告演出開始時期としてT101、T102が設定されている。

0173

次に、図9A(b)は、変動パターンP201、P250による8s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP201による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止1)。続いて、演出図柄21LCRにハズレの組み合わせを表示させて停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止1)。また、変動パターンP250による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止2)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bに大当たりの組み合わせを表示させて停止させる(停止2)。なお、変動パターンP201、P250による変動演出には、予告演出開始時期としてT111〜T113が設定されている。

0174

次に、図9B(a)は、変動パターンP210、P260による12s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP210による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、ノーマルリーチ演出を実行させる。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止1)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止1)。また、変動パターンP260による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、ノーマルリーチ演出を実行させる。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止2)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bに大当たりの組み合わせを表示させて停止させる(停止2)。なお、変動パターンP210、P260による変動演出には、予告演出開始時期としてT121〜T125が設定されている。

0175

次に、図9B(b)は、変動パターンP220、P270による50s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP220による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、SP3リーチ演出を実行させ、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止1)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止1)。また、変動パターンP270による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、SP3リーチ演出を実行させる。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止2)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bに大当たりの組み合わせを表示させて停止させる(停止2)。なお、変動パターンP220、P270による変動演出には、予告演出開始時期としてT131〜T138が設定されている。

0176

次に、図9C(a)は、変動パターンP230、P280による70s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP230による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、SP4リーチ演出を実行させ、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止1)。続いて、演出図柄21LCRをハズレ図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止1)。また、変動パターンP280による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、SP4リーチ演出を実行させる。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止2)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bに大当たりの組み合わせを表示させて停止させる(停止2)。なお、変動パターンP230、P280による変動演出には、予告演出開始時期としてT141〜T149が設定されている。

0177

次に、図9C(b)は、変動パターンP240による2s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP250による変動演出は第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、演出図柄21LCRを小当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止)。続いて、演出図柄21LCRを小当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bにハズレの組み合わせを表示させて停止させる(停止)。なお、変動パターンP240による変動演出には、予告演出開始時期としてT151が設定されている。

0178

次に、図9C(c)は、変動パターンP250による8s間の変動表示に対応する変動演出の例である。変動パターンP250による変動演出は、第1表示領域20aにより演出図柄21LCRによる変動演出を開始させるとともに、変動表示対応表示器5bによる変動演出を開始させる(開始)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで仮停止させる(仮停止)。続いて、演出図柄21LCRを大当たり図柄の組み合わせで停止させるとともに、変動表示対応表示器5bに大当たりの組み合わせを表示させて停止させる(停止)。また、変動パターンP250による変動演出には、予告演出開始時期としてT161、T162が設定されている。なお、SP3リーチ演出よりもSP4リーチ演出のほうが大当たり期待度は高い。また、各SPリーチ演出は、ノーマルリーチ演出を実行した後に実行される場合と、ノーマルリーチ演出を実行せずに実行される場合がある。また、SP4リーチ演出は、SP3リーチ演出を実行した後に実行される場合と、SP3リーチを実行せずに実行される場合がある。

0179

[変形例1]
ここで、これまでに説明した本実施形態のパチンコ遊技機1における変形例について説明する。

0180

本実施形態のパチンコ遊技機1は、大当たり図柄の種類(大当たり種別)によって、大当たり後に確変状態に移行するときがある確変仕様を備える遊技機を例示したが、これに限らず、確変仕様を備えない遊技機であってもよい。また、このような遊技機は、大当たり図柄の種類(大当たり種別)によって、大当たり後に低確時短状態に移行するときがある時短仕様を備える遊技機であってもよい。

0181

また、本実施形態のパチンコ遊技機1の通常状態(および/または確変状態)における大当たり確率を変更できるようにしてもよい。このようにした場合、遊技制御基板100に設定キーにより設定操作が可能な設定切り替えスイッチを設け、設定キーにより設定切り替えスイッチを操作することにより大当たり確率の設定値を変更することができる。なお、大当たり確率は6段階(設定1〜6)設定できるようにしてもよいし、6段階未満(例えば、設定1〜3等)の設定ができるようにしてもよい。

0182

上述したパチンコ遊技機1は、遊技球を払い出す機能を有する「ぱちんこ遊技機」を例示したが、これに限らず、遊技球を払い出すことなく得点として記憶する機能を有する「ぱちんこ遊技機」でもよい。

0183

また、メダルを用いた遊技が可能であってメダルを払い出す機能を有する「回胴式遊技機」または「スロットマシン」や、メダルを用いて遊技が可能であってメダルを払い出すことなく得点として記憶する機能を有する仕様の「回胴式遊技機」または「スロットマシン」や、得点により遊技が可能であってメダルを払い出すことなく得点として記憶する機能を有する仕様の「回胴式遊技機」または「スロットマシン」に置き換えることも可能である。

0184

また、本実施形態は、パチンコ遊技機1は、遊技盤2、遊技機枠3から構成されているが、これに限られず、パチンコ遊技機1は、本実施形態の開示内容を実行するための遊技プログラムであってもよい。このような場合、遊技プログラムは、パソコン家庭用ゲーム機スマートフォン等向けのソフトウェアとして提供されたり、Webブラウザアクセスして表示・操作するWebアプリケーションとして提供されたりすることにより、パソコンや家庭用ゲーム機、スマートフォン等により実行される。また、本実施形態の開示内容を実行するための遊技プログラムが搭載されたサーバ等であってもよい。

0185

また、図7において、変動パターンP102、P140、P201、P250は全て8sの変動時間に設定しているが、これらの変動パターンの変動時間を変動パターン毎に異なるように設定、または、一部の変動パターンのみ異なるように設定してもよい。なお、変動パターンP100、P200、P240による2sの変動時間や、変動パターンP110、P150、P210、P260による12sの変動時間や、変動パターンP120、P160、P220、P270による50sの変動時間や、変動パターンP130、P170、P230、P280による70sの変動時間についても同様である。

0186

また、上述したように、変動パターンの変動時間を変動パターン毎に異なるように設定、または、一部の変動パターンのみ異なるように設定した場合、図8A図9Cに示した各変動パターンの全ての予告演出開始時期、または、一部の予告演出開始時期は、各変動パターンにより異なる(例えば、図8C(a)の変動パターンP120とP160は、全ての予告演出開始時期T41〜T53が異なる、または、T44、T46、T50が異なる)ようにしてもよい。

0187

[先読み予告演出決定処理]
次に先読み予告演出決定処理について説明する。図10は、先読み予告演出決定処理の例を示すフローチャートである。先読み予告演出決定処理は、先読み予告演出の実行可否、先読み予告演出の種類、先読み予告演出の演出態様、先読み予告演出の開始時期、先読み予告演出の演出時期等を決定する処理であり、上述した演出用処理における始動入賞演出処理(S3200)内で実行される処理である。

0188

CPU121Cは先読み予告演出決定処理を開始すると、まず、演出制御コマンド(始動入賞コマンド)に含まれる先読み判定情報を確認する(S3210)。

0189

続いて、先読み判定情報からノーマルリーチ演出を実行予定であるか否かを判定する(S3220)。ノーマルリーチ演出を実行予定であると判定した場合、SYデータ(先読みデータ)に1をセットして、S3250に処理を進める。一方、ノーマルリーチ演出を実行予定はないと判定した場合、S3230に処理を進める。

0190

続いて、先読み判定情報からSP1リーチ演出またはSP3リーチ演出を実行予定であるか否かを判定する(S3230)。SP1リーチ演出またはSP3リーチ演出を実行予定であると判定した場合、SYデータに2をセットして、S3250に処理を進める。一方、SP1リーチ演出またはSP3リーチ演出を実行予定はないと判定した場合、S3240に処理を進める。

0191

続いて、先読み判定情報からSP2リーチ演出またはSP4リーチ演出を実行予定であるか否かを判定する(S3240)。SP2リーチ演出またはSP4リーチ演出を実行予定であると判定した場合、SYデータに3をセットして、S3250に処理を進める。一方、SP2リーチ演出またはSP4リーチ演出を実行予定はないと判定した場合、SYデータに0をセットしてS3250に処理を進める。

0192

続いて、遊技状態が通常状態であるか否かを判定する(S3250)。遊技状態が通常状態であると判定した場合、S3260に処理を進める。一方、遊技状態が通常状態はない(時短状態である)と判定した場合、S3270に処理を進める。

0193

[アイコン予告演出決定処理]
S3250において遊技状態が通常状態であると判定した場合、通常状態のアイコン予告演出決定処理(S3260)を実行する。なお、本実施形態では、通常状態におけるアイコン予告演出として、通常アイコン予告演出と、特別アイコン予告演出と、を実行可能である。また、通常状態における保留アイコンの表示態様には、通常態様の保留アイコンである「白」と、特殊態様の保留アイコンである「白点滅」、「青」、「緑」、「赤」、「」の6種類があり、「白」<「白点滅」<「青」<「緑」<「赤」<「虹」の順に大当たり期待度は高くなっていく。また、通常状態における変動アイコンの表示態様には、通常態様の変動アイコンである「白」と、特定態様の変動アイコンである「白点滅」、「青」、「緑」、「赤」、「虹」の6種類があり、「白」<「白点滅」<「青」<「緑」<「赤」<「虹」の順に大当たり期待度は高くなっていく。

0194

また、本実施形態のアイコン予告演出には、通常アイコン予告演出と、特別アイコン予告演出と、がある。通常アイコン予告演出とは、所謂、保留変化予告演出である。保留変化予告演出とは、例えば、入賞時(保留記憶4個目)は「白点滅」→保留記憶3個目で「青」に変化→保留記憶2個目で「緑」に変化→保留記憶1個目で「赤」に変化というように保留アイコンの表示態様を1段階ずつ変化させていく演出や、入賞時(保留記憶2個目)は「青」→保留記憶1個目で「赤」に変化というように保留アイコンの表示態様の「緑」を飛ばして変化させる演出である。なお、保留変化予告演出については、特開2017−23650等により周知の技術的事項であるため、以降において詳細な説明は省略する。特別アイコン予告演出とは、リーチ演出に発展しなかった「青」変動アイコン24aを契機として発展(チャンスアップ)していくアイコン予告演出であり、詳細については、図18A図18Cを用いて後述する。

0195

図11は、通常状態のアイコン予告演出決定処理の例を示すフローチャートである。この通常状態のアイコン予告演出決定処理では、図15Aに示す通常状態のアイコン予告選択テーブルと、図16Aに示す通常状態の通常アイコン予告内容選択テーブルと、図17に示す通常状態の特別アイコン予告内容選択テーブルと、を用いて、通常状態における通常アイコン予告演出や特別アイコン予告演出の実行可否、アイコン予告演出の演出内容(通常アイコン予告演出の演出シナリオ、特別アイコン予告演出の演出シナリオ)を決定する。

0196

(特別アイコン予告演出の例)
ここで、通常状態のアイコン予告演出決定処理の説明に入る前に、本実施形態において実行される特別アイコン予告演出の例について説明しておく。図18A図18Cは、特別アイコン予告演出の例を示す図である。この図18A図18Cに示した特別アイコン予告演出の例は、変動アイコン24aが「青」で表示されたハズレ変動演出の実行中における始動入賞により取得された判定情報を先読み判定した結果、変動パターンP170(SP2リーチ大当たり変動演出)に該当し、後述する通常状態の特別アイコン予告内容選択テーブル(図17(a)参照)を用いて、特別予告シナリオA401の実行が決定されたときの演出例を示している。

0197

まず、図18A(a)は、アイコン予告演出の対象となる変動演出(以下、「当該変動演出」という)から4変動前の変動演出(ハズレ変動演出)を実行している状態を示している。この図18A(a)では、特1保1アイコン22a〜特1保3アイコン22cは全て「白」で表示されている。また、変動アイコン24aは「青」で表示されている。

0198

続いて、図18A(b)は、当該変動演出から4変動前の変動演出を実行中において、第1始動口6に始動入賞が発生したときの状態を示している。この図18A(b)では、新たに表示された特1保4アイコン22dは「白点滅」で表示され、特1保1アイコン22a〜特1保3アイコン22cは全て「白」で表示されている。また、変動アイコン24aは「青」で表示されている。

0199

続いて、図18A(c)は、当該変動演出から4変動前の変動演出の仮停止から停止までの状態を示している。この図18A(b)では、「青」で表示された変動アイコン24aを上昇させることにより、変動アイコン24aを変動アイコン変化示唆表示として所定態様アイコン第1形態K01(本発明の所定態様アイコンに相当)に進化(変化)させる進化演出(本発明の変化演出に相当)を実行する。このように、変動アイコン24aを所定態様アイコン第1形態K01として進化して表示することにより、遊技者に対して特別アイコン予告演出に突入することを報知する。よって、ここで遊技者の大当たり対する期待感は高まりだす。

0200

続いて、図18A(d)は、当該変動演出から3変動前の変動演出(ハズレ変動演出)を実行している状態を示している。この図18A(d)では、各特1保留アイコンはシフトして表示され、特1保3アイコン22cは「白点滅」、特1保1アイコン22aと特1保2アイコン22cは「白」で表示されている。また、図18A(c)の特1保1アイコン22aは変動アイコン24aにシフトして「白」で表示されている。また、変動アイコン24aの上方には所定態様アイコンK01が表示されている。

0201

続いて、図18A(e)〜(g)は、当該変動演出から3変動前の変動演出の仮停止から停止までの状態を示している。まず図18A(e)では、所定態様アイコン第1形態K01が下降し変動アイコン24aを飲み込もうとする演出を行う。続く図18A(f)では、所定態様アイコン第1形態K01が「白」の変動アイコン24aを飲み込んだ演出を行う。続く図18A(g)では、変動アイコン24aを飲み込んだ所定態様アイコン第1形態K01が上昇するとともに表示態様が進化(変化)し、所定態様アイコン第2形態K02として表示される。このように、所定態様アイコン第1形態K01から所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)させる進化演出(本発明の変化演出に相当)を実行することにより遊技者の大当たり対する期待感はさらに高まる。

0202

なお、図18A(e)〜(g)に示した当該変動演出から3変動前の変動演出の仮停止から停止までにおいて、所定態様アイコン第1形態K01が所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)しない演出が実行される場合がある。このような場合、所定態様アイコン第1形態K01が下降し変動アイコン24aを飲み込もうとしたが飲み込めずに吐き出して上昇する演出、または、所定態様アイコン第1形態K01が下降せずに待機する演出が実行される。このような演出は、所定態様アイコン第1形態K01から所定態様アイコン第2形態K02(本発明の所定態様アイコンに相当)に進化(変化)させないため、遊技者の大当たり対する期待感を高める演出ではないが、次変動以降に期待させる演出(焦らし演出)である。

0203

続いて、図18A(h)は、当該変動演出から2変動前の変動演出(ハズレ変動演出)を実行している状態を示している。この図18A(h)では、各特1保留アイコンはシフトして表示され、特1保2アイコン22cは「白点滅」、特1保1アイコン22aは「白」で表示されている。また、図18A(g)の特1保1アイコン22aは変動アイコン24aにシフトして「白」で表示されている。また、変動アイコン24aの上方には所定態様アイコン第2形態K02が表示されている。

0204

続いて、図18B(a)〜(c)は、当該変動演出から2変動前の変動演出の仮停止から停止までの状態を示している。まず図18B(a)では、所定態様アイコン第2形態K02が下降し「白」の変動アイコン24aを飲み込もうとする演出を行う。続く図18B(b)では、所定態様アイコン第2形態K02が変動アイコン24aを飲み込んだ演出を行う。続く図18B(c)では、変動アイコン24aを飲み込んだ所定態様アイコン第2形態K02が上昇するとともに表示態様が進化(変化)し、所定態様アイコン第3形態K03として表示される。このように、所定態様アイコン第2形態K02から所定態様アイコン第3形態K03(本発明の所定態様アイコンに相当)に進化(変化)させる進化演出(本発明の変化演出に相当)を実行することにより遊技者の大当たり対する期待感はさらに高まる。

0205

なお、図18B(a)〜(c)に示した当該変動演出から2変動前の変動演出の仮停止から停止までにおいて、所定態様アイコン第2形態K02が所定態様アイコン第3形態K02に進化(変化)しない演出や所定態様アイコン第1形態K01が所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)しない演出が実行される場合がある。このような場合、所定態様アイコン第2形態K02(または、所定態様アイコン第1形態K01)が下降し変動アイコン24aを飲み込もうとしたが飲み込めずに吐き出して上昇する演出、または、所定態様アイコン第2形態K02(または、所定態様アイコン第1形態K01)が下降せずに待機する演出が実行される。このような演出は、所定態様アイコン第2形態K02から所定態様アイコン第3形態K03に進化(変化)させないため、遊技者の大当たり対する期待感を高める演出ではないが、次変動以降に期待させる演出(焦らし演出)である。なお、ここで所定態様アイコン第1形態K01から所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)させない演出が実行された場合、次変動以降に期待させる演出(焦らし演出)であるが、大当たり対する期待感が下がる遊技者もいる。

0206

続いて、図18B(d)は、当該変動演出から1変動前の変動演出(ハズレ変動演出)を実行している状態を示している。この図18B(d)では、各特1保留アイコンはシフトして表示され、特1保1アイコン22cは「白点滅」で表示されている。また、図18A(c)の特1保1アイコン22aは変動アイコン24aにシフトして「白」で表示されている。また、変動アイコン24aの上方には所定態様アイコン第3形態K03が表示されている。

0207

続いて、図18B(e)〜(g)は、当該変動演出から1変動前の変動演出の仮停止から停止までの状態を示している。まず図18B(e)では、所定態様アイコン第3形態K03が下降し「白」の変動アイコン24aを飲み込もうとする演出を行う。続く図18B(f)では、所定態様アイコン第3形態K03が変動アイコン24aを飲み込んだ演出を行う。続く図18B(g)では、変動アイコン24aを飲み込んだ所定態様アイコン第3形態K03が上昇するとともに表示態様が進化(変化)し、所定態様アイコン第4形態K04(本発明の所定態様アイコンに相当)として表示される。このように、所定態様アイコン第3形態K03から所定態様アイコン第4形態K04に進化(変化)させる進化演出(本発明の変化演出に相当)を実行することにより遊技者の大当たり対する期待感はさらに高まる。

0208

なお、図18B(e)〜(g)に示した当該変動演出から1変動前の変動演出の仮停止から停止までにおいて、所定態様アイコン第3形態K03が所定態様アイコン第4形態K04に進化(変化)しない演出や、所定態様アイコン第2形態K02が所定態様アイコン第3形態K03に進化(変化)しない演出や、所定態様アイコン第1形態K01が所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)しない演出が実行される場合がある。このような場合、所定態様アイコン第3形態K03(または、所定態様アイコン第2形態K02や所定態様アイコン第1形態K01)が下降し変動アイコン24aを飲み込もうとしたが飲み込めずに吐き出して上昇する演出、または、所定態様アイコン第3形態K03(または、所定態様アイコン第2形態K02や所定態様アイコン第1形態K01)が下降せずに待機する演出が実行される。このような演出は、所定態様アイコン第2形態K02から所定態様アイコン第3形態K03に進化(変化)させないため、遊技者の大当たり対する期待感を高める演出ではないが、次変動以降に期待させる演出(焦らし演出)である。なお、ここで所定態様アイコン第1形態K01から所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)させない演出が実行された場合、大当たり対する期待感が下がる遊技者もいる。

0209

続いて、図18C(a)〜(d)は、当該変動演出を実行している状態を示している。まず図18C(a)では、図18B(g)の特1保1アイコン22aは変動アイコン24aにシフトして「白点滅」で表示されている。また、変動アイコン24aの上方には所定態様アイコン第4形態K04が表示されている。続く図18C(b)では、所定態様アイコン第4形態K04が下降して変動アイコン24aを覆う演出を行う。続く図18C(c)では、所定態様アイコン第4形態K04と「白点滅」の変動アイコン24aが合体する演出(合体演出)を行う。続く図18C(d)では、所定態様アイコン第4形態K04と「白点滅」の変動アイコン24aが合体する合体演出(本発明の作用演出に相当)を実行することにより変動アイコンが「虹」に変化する演出を行う。このように、所定態様アイコン第4形態K04と「白点滅」の変動アイコン24aの合体演出により変動アイコン24aが「虹」に変化する演出を行うことで遊技者の大当たり対する期待感は最高となる。以上が、本実施形態において実行される特別アイコン予告演出の例である。

0210

なお、本実施形態の合体演出には、所定態様アイコン第2形態K02と「白点滅」(または、「青」)の変動アイコン24aが合体する演出や、所定態様アイコン第3形態K03と「白点滅」(または、「青」)の変動アイコン24aが合体する演出がある。また、第1形態K01と「白点滅」や「青」、「緑」や「赤」の変動アイコン24aが合体する演出を実行するようにしてもよい。

0211

また、変動アイコン変化示唆表示の表示は、所定態様アイコン(所定態様アイコン第1形態K01〜所定態様アイコン第4形態K04)に限らない。例えば、変動アイコン変化示唆表示を、変動アイコン変化示唆キャラクタ画像、変動アイコン変化示唆マーク画像、または、変動アイコン変化示唆文字画像等により表示するようにしてもよい。また、変動アイコン変化示唆表示を第2表示領域27aに表示するようにしてもよい。また、変動アイコン変化示唆表示を、LEDやランプ等を所定態様で点灯することによって表示するようにしてもよい。さらに、変動アイコン変化示唆表示が変動アイコン24aに作用する作用演出(合体演出)を実行しないようにしてもよい。したがって、変動アイコン変化示唆表示は、遊技者が、この変動アイコン変化示唆表示が表示されているときには変動アイコンが変化する可能性があるということを認識できるような表示であればよい。

0212

(通常状態のアイコン予告演出決定処理)
図11の通常状態のアイコン予告演出決定処理の例を示すフローチャートに戻り、ここからは、通常状態のアイコン予告演出決定処理について説明する。

0213

CPU121Cは通常状態のアイコン予告演出決定処理を開始すると、まず、SYデータ(先読みデータ)を確認する(S3261)。

0214

続いて、先読み判定情報に基づいて、アイコン予告演出決定処理の対象である変動表示において実行予定の変動パターン情報(当該変動表示の変動パターン情報)を確認する(S3262)。

0215

続いて、アイコン予告演出決定処理の対象である変動表示よりも前に実行予定の変動表示の変動パターン情報が全てP100〜P102(ハズレ変動演出を実行する変動パターン情報)の何れかに該当するか否かを判定する。アイコン予告演出決定処理の対象である変動表示よりも前に実行予定の変動表示の変動パターン情報が全てP100〜P102に該当すると判定した場合、S3264に処理を進める。一方、そうではないと判定した場合、通常状態のアイコン予告演出決定処理を終了する。この処理では、アイコン予告演出決定処理の対象である変動表示よりも前に実行予定の変動表示の変動パターン情報が全てP100〜P102に該当するか否かを判定することによって、アイコン予告演出決定処理の対象である変動表示よりも前にリーチ演出やSP1リーチ演出やSP2リーチ演出を実行予定の変動パターン情報がある場合には、アイコン予告演出の実行を制限(規制)するようにしている。

0216

続いて、アイコン予告演出の実行可否を判定する(S3264)。この処理では、通常状態のアイコン予告選択テーブル(図15A参照)を用いてアイコン予告演出の実行可否を判定する。

0217

ここで、図15Aを参照しながら、通常状態のアイコン予告選択テーブルについて説明する。通常状態のアイコン予告選択テーブルでは、「アイコン予告演出を実行しない」、「通常アイコン予告演出を実行する」、「特別アイコン予告を実行する」のそれぞれに対応付けてアイコン予告決定乱数HRが割り振られている。なお、アイコン予告決定乱数HRは0〜99までの100個の乱数値である。

0218

図15A(a)は、SYデータ=0の場合であり、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP100〜P102(ハズレ変動演出を実行する変動パターン)のときに用いられる第1アイコン予告選択テーブルである。S3264の処理において第1アイコン予告選択テーブルを用いると、アイコン予告演出を実行しない(80%)、通常アイコン予告演出を実行する(20%)の割合で決定される。

0219

次に図15A(b)は、SYデータ=1の場合であり、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP110やP150(ノーマルリーチ変動演出を実行する変動パターン)のときに用いられる第2アイコン予告選択テーブルである。S3264の処理において第2アイコン予告選択テーブルを用いると、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP110である場合、アイコン予告演出は、アイコン予告演出を実行しない(60%)、通常アイコン予告演出を実行する(40%)の割合で決定され、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP150である場合、アイコン予告演出は、アイコン予告演出を実行しない(50%)、通常アイコン予告演出を実行する(50%)の割合で決定される。

0220

次に図15A(c)は、SYデータ=2の場合であり、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP120やP160(SP1リーチ変動演出を実行する変動パターン)のときに用いられる第3アイコン予告選択テーブルである。S3264の処理において第3アイコン予告選択テーブルを用いると、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP120である場合、アイコン予告演出は、アイコン予告演出を実行しない(40%)、通常アイコン予告演出を実行する(50%)、特別アイコン予告演出を実行する(10%)の割合で決定され、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP160である場合、アイコン予告演出は、アイコン予告演出を実行しない(30%)、通常アイコン予告演出を実行する(40%)、特別アイコン予告演出を実行する(20%)の割合で決定される。

0221

次に図15A(d)は、SYデータ=3の場合であり、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP130やP170(SP2リーチ変動演出を実行する変動パターン)のときに用いられる第4アイコン予告選択テーブルである。S3264の処理において第4アイコン予告選択テーブルを用いると、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP130である場合、アイコン予告演出は、アイコン予告演出を実行しない(30%)、通常アイコン予告演出を実行する(40%)、特別アイコン予告演出を実行する(40%)の割合で決定され、実行予定の変動表示の変動パターンが変動パターンP170である場合、アイコン予告演出は、アイコン予告演出を実行しない(20%)、通常アイコン予告演出を実行する(30%)、特別アイコン予告演出を実行する(50%)の割合で決定される。

0222

S3264の処理によりアイコン予告演出の実行可否を決定すると、続いて、S3264の処理結果が、アイコン予告演出を実行するものであるか否かを判定する(S3265)。S3264の処理結果が、アイコン予告演出を実行するものであると判定した場合、S3266に処理を進める。一方、そうではないと判定した場合、通常状態のアイコン予告演出決定処理を終了する。

0223

続いて、現在の保留記憶数は2以上であるか否かを判定する(S3266)。この判定では、RAM121bの特1保留アイコン数記憶領域を確認し、現在の保留記憶数は2以上であると判定した場合、S3267に処理を進める。一方、現在の保留記憶数は1であると判定した場合、S32682に処理を進める。

0224

続いて、現在変動中の変動パターンはP100〜P102の何れかであり、変動アイコン24aの色は「青」であるか否かを判定する(S3267)。現在変動中の変動パターンはP100〜P102の何れかであり、変動アイコン24aの色は「青」であると判定した場合、S32681に処理を進める。一方、そうではないと判定した場合、S32682に処理を進める。

0225

現在変動中の変動パターンはP100〜P102の何れかであり、変動アイコン24aの色は「青」であると判定した場合、特別アイコン予告演出決定処理を実行する(S32681)。この特別アイコン予告演出決定処理では、通常状態の特別アイコン予告内容選択テーブル(図17参照)を用いて特別アイコン予告演出の演出内容を決定する。

0226

ここで、図17を参照しながら、通常状態の特別アイコン予告内容選択テーブルについて説明する。通常状態の特別アイコン予告内容選択テーブルは、4個目の保留記憶として始動入賞したときに用いられる保留4入賞時特別アイコン予告内容選択テーブル(図17(a))と、3個目の保留記憶として始動入賞したときに用いられる保留3入賞時特別アイコン予告内容選択テーブル(図17(b))と、2個目の保留記憶として始動入賞したときに用いられる保留2入賞時特別アイコン予告内容選択テーブル(図17(c))から構成されている。

0227

これらの通常状態の特別アイコン予告内容選択テーブルでは、特別アイコン予告演出の演出内容である特別予告シナリオに対応付けてアイコン予告内容決定乱数HEが割り振られている。なお、アイコン予告内容決定乱数HEは0〜99までの100個の乱数値である。アイコン予告内容決定乱数HEは、実行予定の変動表示の変動パターンP120、P130、P150、P160、P170のそれぞれにおいて実行可能な特別予告シナリオ番号に対応付けて割り振られている。また、各特別予告シナリオ番号に対応付けて、上述した合体演出の実行可否と、特別アイコン予告演出内容が設定されている。なお、合体演出を実行しない特別予告シナリオ(例えば、特別予告シナリオA403)は、後述する通常アイコン予告演出と同様の演出内容である。このように、本実施形態の通常状態の特別アイコン予告内容選択テーブルでは、特別予告シナリオのなかに後述する通常アイコン予告演出と同様の演出内容であるシナリオを混在させることにより、パチンコ遊技機1における特別アイコン予告演出の幅を広げている。

0228

特別アイコン予告演出内容における「入賞時」の項目には、第1始動口6に始動入賞したときの保留アイコンの表示態様が規定されている。また、「保留4」〜「保留1」の項目には、各特1保留アイコンの表示態様や上述した所定態様アイコンの各形態が規定されている。また、「変動アイコン」の項目には、変動アイコン表示領域24において実行する変化演出の内容が規定されている。なお、本実施形態では、特別アイコン予告演出を実行する場合、保留アイコンの表示態様を「白点滅」または「青」で表示するように制限(規制)している。このように保留アイコンの表示態様を大当たり期待度が低いものに制限することで、特別アイコン予告演出における大当たり期待感の幅を広くすることができるため、パチンコ遊技機1の演出効果が向上する。

0229

例えば、特別アイコン予告演出決定処理において、特別予告シナリオA404に基づいて特別アイコン予告演出を実行すると決定した場合、特別アイコン予告演出は、以下のように実行される。まず始動入賞時は、特1保4アイコン22dを「白点滅」で表示し、当該変動演出から4変動前の仮停止から停止までの間に、「青」で表示された変動アイコン24aを所定態様アイコン第1形態K01として表示する。続く当該変動演出から3変動前の変動演出の仮停止から停止までの間に、所定態様アイコン第1形態K01から所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)させて表示する。続く当該変動演出から2変動前の変動演出の仮停止から停止までの間では、所定態様アイコン第2形態K02から所定態様アイコン第3形態K03に進化(変化)させない演出を行い、所定態様アイコン第2形態K02を表示する。続く当該変動演出から1変動前の変動演出の仮停止から停止までの間に、所定態様アイコン第2形態K02から所定態様アイコン第3形態K03に進化(変化)させて表示する。続く当該変動演出では、所定態様アイコン第3形態K03と「白点滅」の変動アイコン24aによる合体演出を行った後、変動アイコン24aを「赤」に変化させて表示する。

0230

また例えば、特別アイコン予告演出決定処理において、特別予告シナリオA409に基づいて特別アイコン予告演出を実行すると決定した場合、特別アイコン予告演出は、以下のように実行される。まず始動入賞時は、特1保4アイコン22dを「白点滅」で表示し、当該変動演出から4変動前の仮停止から停止までの間に、「青」で表示された変動アイコン24aを所定態様アイコン第1形態K01として表示する。続く当該変動演出から3変動前の変動演出の仮停止から停止までの間に、所定態様アイコン第1形態K01から所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)させて表示する。続く当該変動演出から2変動前の変動演出の仮停止から停止までの間では、所定態様アイコン第2形態K02から所定態様アイコン第3形態K03に進化(変化)させない演出を行い、所定態様アイコン第2形態K02を表示する。続く当該変動演出から1変動前の変動演出の仮停止から停止までの間では、所定態様アイコン第2形態K02から所定態様アイコン第3形態K03に進化(変化)させない演出を行い、所定態様アイコン第2形態K02を表示する。続く当該変動演出では、所定態様アイコン第2形態K02と「白点滅」の変動アイコン24aによる合体演出を行った後、変動アイコン24aを「緑」に変化させて表示する。

0231

また例えば、特別アイコン予告演出決定処理において、特別予告シナリオA304に基づいて特別アイコン予告演出を実行すると決定した場合、特別アイコン予告演出は、以下のように実行される。まず始動入賞時は、特1保3アイコン22cを「青」で表示し、当該変動演出から3変動前の仮停止から停止までの間に、「青」で表示された変動アイコン24aを所定態様アイコン第1形態K01として表示する。続く当該変動演出から2変動前の変動演出の仮停止から停止までの間に、所定態様アイコン第1形態K01から所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)させて表示する。続く当該変動演出から1変動前の変動演出の仮停止から停止までの間では、所定態様アイコン第2形態K02から所定態様アイコン第3形態K03に進化(変化)させない演出を行い、所定態様アイコン第2形態K02を表示する。続く当該変動演出では、所定態様アイコン第2形態K02と「青」の変動アイコン24aによる合体演出を行った後、変動アイコン24aを「赤」に変化させて表示する。

0232

また例えば、特別アイコン予告演出決定処理において、特別予告シナリオA204に基づいて特別アイコン予告演出を実行すると決定した場合、特別アイコン予告演出は、以下のように実行される。まず始動入賞時は、特1保2アイコン22bを「白点滅」で表示し、当該変動演出から2変動前の仮停止から停止までの間に、「青」で表示された変動アイコン24aを所定態様アイコン第1形態K01として表示する。続く当該変動演出から1変動前の変動演出の仮停止から停止までの間に、所定態様アイコン第1形態K01から所定態様アイコン第2形態K02に進化(変化)させて表示する。続く当該変動演出では、所定態様アイコン第2形態K02と「白点滅」の変動アイコン24aによる合体演出を行った後、変動アイコン24aを「緑」に変化させて表示する。

0233

S3267において、変動アイコン24aの色は「青」ではないと判定した場合、通常アイコン予告演出決定処理を実行する(S32682)。この通常アイコン予告演出決定処理では、通常状態の通常アイコン予告内容選択テーブル(図16A参照)を用いて通常アイコン予告演出の演出内容を決定する。

0234

ここで、図16Aを参照しながら、通常状態の通常アイコン予告内容選択テーブルについて説明する。通常状態の通常アイコン予告内容選択テーブルは、4個目の保留記憶として始動入賞したときに用いられる保留4入賞時通常アイコン予告内容選択テーブル(図16A(a))と、3個目の保留記憶として始動入賞したときに用いられる保留3入賞時通常アイコン予告内容選択テーブル(図16A(b))と、2個目の保留記憶として始動入賞したときに用いられる保留2入賞時通常アイコン予告内容選択テーブル(図16A(c))と、1個目の保留記憶として始動入賞したときに用いられる保留1入賞時通常アイコン予告内容選択テーブル(図16A(d))から構成されている。

0235

これらの通常状態の通常アイコン予告内容選択テーブルでは、通常アイコン予告演出の演出内容である通常予告シナリオに対応付けてアイコン予告内容決定乱数HEが割り振られている。なお、アイコン予告内容決定乱数HEは0〜99までの100個の乱数値である。アイコン予告内容決定乱数HEは、実行予定の変動表示の変動パターンP100〜102、P110、P120、P130、P150、P160、P170のそれぞれにおいて実行可能な通常予告シナリオ番号に対応付けて割り振られており、各通常予告シナリオ番号に対応付けて通常アイコン予告演出内容が設定されている。

0236

通常アイコン予告演出内容における「入賞時」の項目には、第1始動口6に始動入賞したときの保留アイコンの表示態様が規定されている。また、「保留4」〜「保留1」の項目には、各特1保留アイコンの表示態様が規定されている。また、「変動アイコン」の項目には、変動アイコン表示領域24a表示態様が規定されている。通常アイコン予告演出決定処理では、これらの通常状態の通常アイコン予告内容選択テーブルを用いて通常予告シナリオを決定する。そして、通常アイコン予告演出決定処理で決定された通常予告シナリオに基づいて通常アイコン予告演出は実行される。

0237

S32682の処理を終了すると、通常アイコン予告演出決定処理で決定された通常予告シナリオや特別アイコン予告演出決定処理により決定された特別予告シナリオをアイコン予告演出データとしてセットした(S3269)後、通常状態のアイコン予告演出決定処理を終了する。

0238

S3250において遊技状態が通常状態ではないと判定した場合、時短状態のアイコン予告演出決定処理(S3270)を実行する。本実施形態では、時短状態におけるアイコン予告演出として、通常アイコン予告演出は実行可能であるが、特別アイコン予告演出は実行しないようにしている。また、時短状態における保留アイコンや変動アイコンの表示態様には、通常アイコンである「白」と、特殊アイコンである「白点滅」、「青」、「赤」、「虹」の5種類があり、「白」<「白点滅」<「青」<「赤」<「虹」の順に大当たり期待度は高くなっていく。

0239

この時短状態のアイコン予告演出決定処理では、図15Bに示す時短状態のアイコン予告選択テーブルと、図16Bに示す時短状態の通常アイコン予告内容選択テーブルと、を用いて、時短状態における通常アイコン予告演出の実行可否、アイコン予告演出の演出内容(通常アイコン予告演出の演出シナリオ)を決定する。

0240

CPU121Cは時短状態のアイコン予告演出決定処理を開始すると、まず、SYデータ(先読みデータ)を確認する。続いて、先読み判定情報に基づいて、アイコン予告演出決定処理の対象である変動表示において実行予定の変動パターン情報(当該変動表示の変動パターン情報)を確認する。続いて、アイコン予告演出決定処理の対象である変動表示よりも前に実行予定の変動表示の変動パターン情報が全てP200、P201(ハズレ変動演出を実行する変動パターン情報)、P210(ハズレノーマルリーチ変動演出を実行する変動パターン情報)、P240(小当たり変動演出を実行する変動パターン情報)の何れかに該当するか否かを判定し、アイコン予告演出決定処理の対象である変動表示よりも前に実行予定の変動表示の変動パターン情報が全てこれらの変動パターン情報に該当すると判定した場合、時短状態のアイコン予告選択テーブル(図15B参照)を用いてアイコン予告演出の実行可否を判定する。このような処理を実行することにより、アイコン予告演出決定処理の対象である変動表示よりも前にSP3リーチ演出やSP4リーチ演出を実行予定の変動パターン情報がある場合には、アイコン予告演出の実行を制限(規制)するようにしている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ユニバーサルエンターテインメントの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】興趣を高めることが可能な遊技機を提供する。【解決手段】左打ちで発射された遊技媒体が通過可能な第1始動口5120と、右打ちされた遊技媒体が通過可能な第2始動口2140とを備える。遊技者にとっての... 詳細

  • 株式会社ユニバーサルエンターテインメントの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】興趣を高めることが可能な遊技機を提供する。【解決手段】左打ちで発射された遊技媒体が通過可能な第1始動口5120と、右打ちされた遊技媒体が通過可能な第2始動口2140とを備える。遊技者にとっての... 詳細

  • 株式会社ユニバーサルエンターテインメントの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】興趣を高めることが可能な遊技機を提供する。【解決手段】左打ちで発射された遊技媒体が通過可能な第1始動口5120と、右打ちされた遊技媒体が通過可能な第2始動口2140とを備える。遊技者にとっての... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ