図面 (/)

技術 訓練システム、訓練方法及び訓練プログラム

出願人 日本電気株式会社
発明者 君野敬祐
出願日 2019年12月24日 (1年10ヶ月経過) 出願番号 2019-232466
公開日 2021年7月8日 (3ヶ月経過) 公開番号 2021-101202
状態 未査定
技術分野 電気的に作動する教習具 リハビリ用具 盲人、聾者、聾唖者の教習、意志伝達
主要キーワード リハビリ訓練 訓練プログラム 正誤結果 訓練対象 訓練画像 マスクROM 訓練結果 訓練内容
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年7月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

問題に対する回答が誤答の場合、誤答が音韻錯語又は意味性錯語に属しているか否かを判定することが可能な訓練システムを実現する。

解決手段

本開示に係る一形態の訓練システム1は、物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する第1の出力部2と、問題に対する回答が入力される入力部3と、回答の正誤を判定する正誤判定部4と、回答が誤答であると判定した場合、回答が問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する錯語判定部5と、を備える。

概要

背景

近年、失語症患者リハビリや言語の習得などのために、訓練システムが用いられることがある。このような訓練システムは、例えば、特許文献1に開示されているように、訓練画像に問題を表示して訓練者回答を促し、回答と正答とを比較して正誤を判定し、正誤結果を表示する構成とされている。

概要

問題に対する回答が誤答の場合、誤答が音韻錯語又は意味性錯語に属しているか否かを判定することが可能な訓練システムを実現する。本開示に係る一形態の訓練システム1は、物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する第1の出力部2と、問題に対する回答が入力される入力部3と、回答の正誤を判定する正誤判定部4と、回答が誤答であると判定した場合、回答が問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する錯語判定部5と、を備える。

目的

本明細書に開示される実施形態が達成しようとする目的の1つは、当該課題の解決に寄与する訓練システム、訓練方法及び訓練プログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する第1の出力部と、前記問題に対する回答が入力される入力部と、前記回答の正誤を判定する正誤判定部と、前記回答が誤答であると判定した場合、前記回答が前記問題の正答に対する音韻錯語又は意味性錯語か否かを判定する錯語判定部と、を備える、訓練システム

請求項2

撮像部と、前記撮像部によって撮影された画像に写る物体に基づいて、前記問題及び当該問題の正答を作成する作成部と、を備える、請求項1に記載の訓練システム。

請求項3

前記画像を表示する表示部と、訓練者が前記表示部に表示された物体を選択する選択部と、を備え、前記作成部は、選択された前記物体に基づいて、前記問題及び当該問題の正答を作成する、請求項2に記載の訓練システム。

請求項4

前記第1の出力部は、前記問題に対する回答の正誤を出力する、請求項1乃至3のいずれか1項に記載の訓練システム。

請求項5

前記問題は、訓練者が前記入力部に発声して回答する発声問題、訓練者が前記入力部に記載して回答する書き込み問題、訓練者が前記第1の出力部から読み上げられる問題を聞き取って前記入力部を介して回答する聞き取り問題、又は訓練者が前記第1の出力部に表示される問題を読み取って前記入力部を介して回答する読み取り問題である、請求項1乃至4のいずれか1項に記載の訓練システム。

請求項6

前記物体毎の各々の前記発声問題、前記書き込み問題、前記聞き取り問題、前記読み取り問題に対する回答の正誤回数又は正解率を算出する結果集計部と、前記物体毎の各々の前記発声問題、前記書き込み問題、前記聞き取り問題、前記読み取り問題に対する回答の正誤回数又は正解率を表示する第2の出力部と、を備える、請求項5に記載の訓練システム。

請求項7

前記第2の出力部は、前記回答の錯語種別を出力する、請求項6に記載の訓練システム。

請求項8

物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する工程と、前記問題に対する回答の正誤を判定する工程と、前記回答が誤答であると判定した場合、前記回答が前記問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する工程と、を備える、訓練方法

請求項9

物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する処理と、前記問題に対する回答の正誤を判定する処理と、前記回答が誤答であると判定した場合、前記回答が前記問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する処理と、をコンピュータに実行させる、訓練プログラム

技術分野

0001

本開示は、訓練システム訓練方法及び訓練プログラムに関する。

背景技術

0002

近年、失語症患者リハビリや言語の習得などのために、訓練システムが用いられることがある。このような訓練システムは、例えば、特許文献1に開示されているように、訓練画像に問題を表示して訓練者回答を促し、回答と正答とを比較して正誤を判定し、正誤結果を表示する構成とされている。

先行技術

0003

特開2007−292979号公報

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1に開示された訓練システムは、回答と正答とを比較して正誤を判定することができる構成とされているが、回答が誤答の場合、誤答が音韻錯語又は意味性錯語に属しているか否かを判定することはできない。

0005

本明細書に開示される実施形態が達成しようとする目的の1つは、当該課題の解決に寄与する訓練システム、訓練方法及び訓練プログラムを提供することである。なお、この目的は、本明細書に開示される複数の実施形態が達成しようとする複数の目的の1つに過ぎないことに留意されるべきである。その他の目的又は課題と新規な特徴は、本明細書の記述又は添付図面から明らかにされる。

課題を解決するための手段

0006

第1の態様の訓練システムは、
物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する第1の出力部と、
前記問題に対する回答が入力される入力部と、
前記回答の正誤を判定する正誤判定部と、
前記回答が誤答であると判定した場合、前記回答が前記問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する錯語判定部と、
を備える。

0007

第2の態様の訓練方法は、
物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する工程と、
前記問題に対する回答の正誤を判定する工程と、
前記回答が誤答であると判定した場合、前記回答が前記問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する工程と、
を備える。

0008

第3の態様の訓練プログラムは、
物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する処理と、
前記問題に対する回答の正誤を判定する処理と、
前記回答が誤答であると判定した場合、前記回答が前記問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する処理と、
コンピュータに実行させる。

発明の効果

0009

上述の態様によれば、問題に対する回答が誤答の場合、当該誤答が音韻性錯語又は意味性錯語に属しているか否かを判定することが可能な訓練システム、訓練方法及び訓練プログラムを実現できる。

図面の簡単な説明

0010

実施の形態1の訓練システムの構成を示すブロック図である。
実施の形態1の訓練方法の流れを示すフローチャート図である。
実施の形態2の訓練システムの構成を示すブロック図である。
実施の形態2の訓練システムの訓練装置の構成を示すブロック図である。
実施の形態2の訓練システムの分析サーバの構成を示すブロック図である。
実施の形態2の訓練システムを用いて訓練を実施する流れを示すフローチャート図である。
訓練者が撮影した、問題対象となる画像を示す図である。
訓練者が訓練内容を選択する際の画像を示す図である。
訓練者が「聞く」を選択した際の出題形態を示す図である。
訓練者が「話す」を選択した際の出題形態を示す図である。
訓練者が「読む」を選択した際の出題形態を示す図である。
訓練者が「書く」を選択した際の出題形態を示す図である。
正解した際の画像を示す図である。
誤答した際の画像を示す図である。
総合的な正解率を示す画像の図である。
物体毎の各々の訓練内容の正解率を示す画像の図である。
回答内容、回答回数及び錯語種別を示す画像の図である。
回答内容及び回答回数の一覧を示す画像の図である。
誤答の回数及びその際の正答を示す画像の図である。
訓練システムに含まれるハードウェア構成の一例を示す図である。

実施例

0011

以下、本開示を実施するための最良の形態について、添付図面を参照しながら説明する。但し、本開示が以下の実施の形態に限定される訳ではない。また、説明を明確にするため、以下の記載及び図面は、適宜、簡略化されている。

0012

<実施の形態1>
先ず、本実施の形態の訓練システムの構成を説明する。図1は、本実施の形態の訓練システムの構成を示すブロック図である。図1に示すように、訓練システム1は、出力部2、入力部3、正誤判定部4及び錯語判定部5を備えている。

0013

出力部2は、物体と当該物体の名称とが紐付けられた問題を出力する手段であり、例えば、表示装置スピーカー及びそれらの組み合わせなどである。ここで、物体は、物に限らず、人物などであってもよい。また、名称は、物の物品名に限らず、人の名前などであってもよい。

0014

入力部3は、問題に対する回答が入力される手段であり、タッチパネルマイク及びそれらの組み合わせなどである。正誤判定部4は、回答と問題の正答とを比較し、回答の正誤を判定する。錯語判定部5は、回答が誤答であると判定された場合、当該回答が問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する。

0015

次に、本実施の形態の訓練方法を説明する。図2は、本実施の形態の訓練方法の流れを示すフローチャート図である。先ず、例えば、出力部2は、予め設定されている問題を出力する(S1)。次に、訓練者が入力部3を介して回答を入力すると、正誤判定部4は、回答と問題の正答とを比較し、回答が正解か否かを判定する(S2)。

0016

回答が正解の場合(S2のYES)、訓練を終了する。一方、回答が正解でない場合(S2のNO)、錯語判定部5は、回答が問題の正答に対する音韻性錯語か否かを判定する(S3)。誤答が音韻性錯語である場合(S3のYES)、誤答が音韻性錯語に属すると判定して訓練を終了する。一方、誤答が音韻性錯語でない場合(S3のNO)、錯語判定部5は、回答が問題の正答に対する意味性錯語か否かを判定する(S4)。

0017

回答が問題の正答に対する意味性錯語の場合(S4のYES)、錯語判定部5は、誤答が意味性錯語に属すると判定して訓練を終了する。一方、回答が問題の正答に対する意味性錯語でない場合(S4のNO)、錯語判定部5は、誤答が音韻性錯語及び意味性錯語の何れにも属さないと判定して訓練を終了する。

0018

このように本実施の形態の訓練システム1及び訓練方法は、問題に対する回答が誤答の場合、当該誤答が音韻性錯語又は意味性錯語の何れに属するかを判定する。そのため、問題に対する回答が誤答の場合、当該誤答が音韻性錯語又は意味性錯語の何れに属するかを判定することができる。

0019

なお、本実施の形態では、誤答が音韻性錯語に属するか否かを判定した後に、誤答が意味性錯語に属するか否かを判定しているが、誤答が意味性錯語に属するか否かを判定した後に、誤答が音韻性錯語に属するか否かを判定してもよい。

0020

<実施の形態2>
図3は、本実施の形態の訓練システムの構成を示すブロック図である。本実施の形態の訓練システムは、例えば、失語症患者のリハビリ訓練を行う際に好適である。図3に示すように、訓練システム11は、訓練装置12、分析サーバ13及び物体情報DB(データベース)14を備えている。これらの訓練装置12と分析サーバ13、及び分析サーバ13と物体情報DB14とは、ネットワークを介して接続されている。

0021

図4は、本実施の形態の訓練システムの訓練装置の構成を示すブロック図である。図4に示すように、訓練装置12は、訓練者が操作するタブレット端末などの電子機器で構成されている。訓練装置12は、出力部12a、入力部12b、撮像部12c、制御部12d及び通信部12eを備えている。

0022

出力部12aは、実施の形態1の訓練システム1の出力部2に対応し、例えば、電子機器の表示装置やスピーカー及びそれらの組み合わせなどである。ここで、出力部12aは、詳細は後述するが、撮像部12cを介して撮影された画像や訓練内容などを表示する表示部として機能させることができる。

0023

入力部12bは、実施の形態1の訓練システム1の入力部3に対応し、例えば、電子機器のタッチパネルやマイク及びそれらの組み合わせなどである。ここで、入力部12bは、詳細は後述するが、撮像部12cを介して撮影された複数の画像から問題対象となる画像を選択したり、「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」などの訓練内容を選択したり、フィードバック結果の表示を選択したり、する選択部として機能させることができる。

0024

撮像部12cは、例えば、電子機器の撮像装置である。制御部12dは、入力部12bを介して入力された回答を示す情報や撮像部12cを介して撮影された画像を示す情報などを通信部12eに出力する。通信部12eは、入力された回答を示す情報や画像を示す情報などを分析サーバ13に出力する。

0025

図5は、本実施の形態の訓練システムの分析サーバの構成を示すブロック図である。図5に示すように、分析サーバ13は、制御部13a、結果記憶部13b及び通信部13cを備えている。制御部13aは、作成部13d、正誤判定部13e、錯語判定部13f及び結果集計部13gを備えている。

0026

作成部13dは、詳細は後述するが、入力された画像を示す情報に基づいて、当該画像に写された物体を認識し、認識した物体の名称を物体情報DB14から取得して紐付ける処理を実行する。そして、作成部13dは、認識した物体及び当該物体の名称に基づいて、問題を作成すると共に当該問題の正答を作成する。なお、画像に写された物体の認識は、一般的な画像処理によって認識すればよい。

0027

正誤判定部13eは、実施の形態1の訓練システム1の正誤判定部4に対応する。錯語判定部13fは、実施の形態1の訓練システム1の錯語判定部5に対応する。結果集計部13gは、物体毎の各々の訓練内容に対する回答の正誤回数や正解率などを算出する。

0028

結果記憶部13bは、問題、正答、回答、正誤結果、錯語種別及び物品毎の各々の訓練内容に対する回答の正誤回数や正解率などを示す情報を格納する。通信部13cは、訓練装置12及び物体情報DB14と情報を送受信する。

0029

物体情報DB14は、物体と当該物体の名称とが紐付けられた情報が格納される。当該情報は、物体情報DB14に予め格納されていても、外部サービスから取得してもよい。また、物体情報DB14は、物体と当該物体の名称との紐付けを機械学習によって取得してもよい。

0030

次に、本実施の形態の訓練システム11を用いて訓練を実施する流れを説明する。図6は、本実施の形態の訓練システムを用いて訓練を実施する流れを示すフローチャート図である。図7は、訓練者が撮影した、問題対象となる画像を示す図である。図8は、訓練者が訓練内容を選択する際の画像を示す図である。図9は、訓練者が「聞く」を選択した際の出題形態を示す図である。図10は、訓練者が「話す」を選択した際の出題形態を示す図である。図11は、訓練者が「読む」を選択した際の出題形態を示す図である。図12は、訓練者が「書く」を選択した際の出題形態を示す図である。図13は、正解した際の画像を示す図である。図14は、誤答した際の画像を示す図である。

0031

先ず、訓練装置12の出力部12aは、例えば、訓練対象の画像の選択を訓練者に促すために、図7に示すような画像を複数表示する(S11)。ここで、図7に示す画像は、過去に訓練者によって撮影された画像から物体を抽出し、当該物体を並べた画像である。但し、訓練装置12の出力部12aに表示する画像は、訓練者が過去に撮影した画像や今回、訓練するために撮影した画像などであってもよい。

0032

次に、訓練者が訓練装置12の入力部12bを介して複数の画像から問題対象の画像を選択すると、図8に示すように、訓練装置12の出力部12aが訓練内容を表示し、訓練者に訓練内容の選択を促す(S12)。訓練者が訓練装置12の入力部12bを介して訓練内容を選択すると、訓練装置12の通信部12eは、選択された画像を示す情報及び訓練内容を示す情報を分析サーバ13に出力する。

0033

次に、分析サーバ13の通信部13cを介して訓練装置12から選択された画像を示す情報及び訓練内容を示す情報が入力されると、分析サーバ13の作成部13dは、入力された情報が示す画像に写された物体を認識し、認識した物体の名称を物体情報DB14から取得して紐付ける(S13)。

0034

次に、分析サーバ13の作成部13dは、認識した物体及び当該物体の名称に基づいて、問題を作成すると共に当該問題の正答を作成する(S14)。詳細には、訓練者が訓練内容として「聞く」を選択した場合、分析サーバ13の作成部13dは、S11で表示した画像から正答の物体を訓練者が訓練装置12の入力部12bを介して選択するように、音声によって出題する聞き取り問題を作成する。このとき、作成部13dは、正答の物体を任意に選択すればよい。

0035

作成された聞き取り問題を示す情報は、分析サーバ13の通信部13cを介して訓練装置12に出力され、訓練装置12の出力部12aは、S11で表示した画像を表示すると共に、音声によって聞き取り問題を出題する。例えば、正答の物体が「歯ブラシ」であって、且つ訓練内容として「聞く」を選択している場合、訓練装置12の出力部12aは、図9に示すように、S11で表示した画像を表示すると共に、「歯ブラシを押してください」との音声を出力する。

0036

また、訓練内容として「話す」を選択した場合、分析サーバ13の作成部13dは、正答の物体の名称を訓練者が訓練装置12の入力部12bを介して音声によって回答するように、音声によって出題する発声問題を作成する。

0037

訓練装置12の出力部12aは、S11で表示した画像を表示すると共に、当該画像内で正答の物体を指し示し、音声によって発声問題を出題する。例えば、正答の物体が「川田さん」であって、且つ訓練内容として「話す」を選択している場合、訓練装置12の出力部12aは、図10に示すように、S11で表示した画像を表示すると共に、当該画像の「川田さん」の部分を指し示し、「この人は誰ですか?」との音声を出力する。

0038

また、訓練内容として「読む」を選択した場合、分析サーバ13の作成部13dは、正答の物体を訓練者が訓練装置12の入力部12bを介して選択して回答するように、文章によって出題する読み取り問題を作成する。

0039

訓練装置12の出力部12aは、S11で表示した画像を表示すると共に、文章によって読み取り問題を出題する。例えば、正答の物体が「川田さん」であって、且つ訓練内容として「読む」を選択している場合、訓練装置12の出力部12aは、図11に示すように、S11で表示した画像を表示すると共に、「「川田さん」を押してください」との文章を出力する。

0040

また、訓練内容として「書く」を選択した場合、分析サーバ13の作成部13dは、正答の物体の名称を訓練者が訓練装置12の入力部12bを介して記載して回答するように、音声によって出題する書き込み問題を作成する。

0041

訓練装置12の出力部12aは、S11で表示した画像を表示すると共に、当該画像内で正答の物体を指し示し、音声によって書き込み問題を出題する。例えば、正答の物体が「川田さん」であって、且つ訓練内容として「書く」を選択している場合、訓練装置12の出力部12aは、図12に示すように、S11で表示した画像を表示すると共に、当該画像の「川田さん」の部分を指し示し、「この人は誰ですか?」との音声を出力する。このとき、訓練装置12は、書き込み問題を出題し、所定の時間経過後に、出力部12aの画像を入力用の画像に切り替える。

0042

次に、訓練者が訓練装置12の入力部12bを介して回答を入力すると、訓練装置12の通信部12eが回答を示す情報を分析サーバ13に出力する。ここで、例えば、正答の物体が「歯ブラシ」であって、訓練内容として「聞く」を選択している場合、訓練者は聞き取り問題を聞き取ると共に、訓練装置12の出力部12aに表示されている画像を確認し、訓練装置12の入力部12bを介して出力部12aに表示されている画像から「歯ブラシ」の部分を選択して回答する。

0043

また、例えば、正答の物体が「川田さん」であって、且つ訓練内容として「話す」を選択している場合、訓練者は発声問題を聞き取ると共に、訓練装置12の出力部12aに表示されている画像を確認し、訓練装置12の入力部12bを介して「川田さん」と発声して回答する。

0044

また、例えば、正答の物体が「川田さん」であって、且つ訓練内容として「読む」を選択している場合、訓練者は訓練装置12の出力部12aに表示されている読み取り問題を読解すると共に、当該出力部12aに表示されている画像を確認し、訓練装置12の入力部12bを介して出力部12aに表示されている画像から「川田さん」の部分を選択して回答する。

0045

また、例えば、正答の物体が「川田さん」であって、且つ訓練内容として「書く」を選択している場合、訓練者は書き込み問題を聞き取ると共に、訓練装置12の出力部12aに表示されている画像を確認し、訓練装置12の入力部12bを介して「川田さん」と記載して回答する。

0046

次に、分析サーバ13の通信部13cを介して回答を示す情報が入力されると、分析サーバ13の正誤判定部13eは、当該情報が示す回答と結果記憶部13bから読み出した正答とを比較し、回答が正解か否かを判定する(S15)。そして、回答が正解の場合(S15のYES)、分析サーバ13の結果記憶部13bは、回答及び正誤結果を示す情報を格納する(S16)。

0047

そして、分析サーバ13の通信部13cは、回答、正答及び正誤結果を示す情報を訓練装置12に出力する。訓練装置12の通信部12eを介して回答、正答及び正誤結果を示す情報が入力されると、訓練装置12の出力部12aは、回答、正答及び正誤結果を表示する(S17)。ここで、図13では、回答が「歯ブラシ」であり、回答が正解の場合の表示例を示している。このとき、訓練装置12の出力部12aは、正答を音声によって出力するとよい。

0048

一方、回答が正解でない場合(S15のNO)、分析サーバ13の錯語判定部13fは、誤答が正答に対する音韻性錯語か否かを判定する(S18)。分析サーバ13の錯語判定部13fは、例えば、回答に含まれる文字が正答に含まれる文字に対して予め設定された割合以上(例えば、5割以上)等しい場合、音韻性錯語であると判定する。

0049

詳細には、正答が「りんご」である場合、「りつご」の回答であれば3文字中2文字が正答に含まれており、「ごりん」の回答であれば3文字中3文字が正解に含まれているため、音韻性錯語であると判定する。一方、「りまら」や「りか」、「ばなな」などの回答は、正答に含まれる文字が2文字より少ないため、音韻性錯語でないと判定する。

0050

誤答が音韻性錯語である場合(S18のYES)、分析サーバ13の結果記憶部13bは、回答、正誤結果、及び誤答が音韻性錯語に属する旨(即ち、錯語種別)を示す情報を格納する(S16)。そして、分析サーバ13の通信部13cは、回答、正答及び正誤結果を訓練装置12に出力する。訓練装置12の通信部12eを介して回答、正答及び正誤結果を示す情報が入力されると、訓練装置12の出力部12aは、回答、正答及び正誤結果を表示する(S17)。

0051

一方、誤答が音韻性錯語でない場合(S18のNO)、分析サーバ13の錯語判定部13fは、誤答が意味性錯語か否かを判定する(S19)。分析サーバ13の錯語判定部13fは、回答と正答とが共通の概念(即ち、カテゴリー)に属する場合、意味性錯語であると判定する。

0052

詳細には、正答が「きりん」であり、回答が「どうぶつ」の場合、「どうぶつ」は「きりん」の上位概念に該当し、回答と正答とは、共通する概念である「どうぶつ」に属するため、意味性錯語であると判定する、また、回答が「ぞう」の場合、正答である「きりん」は共通する概念である「どうぶつ」に属するため、意味性錯語であると判定する。

0053

一方、回答が「りんご」や「きらん」の場合、正答の「きりん」と共通する概念である「どうぶつ」に属さないため、意味性錯語でないと判定する。なお、物体の名称の概念は、物体情報DB14に予め登録しておけばよい。

0054

誤答が意味性錯語である場合(S19のYES)、分析サーバ13の結果記憶部13bは、回答、正誤結果、及び誤答が意味性錯語に属する旨を示す情報を格納する(S16)。そして、分析サーバ13の通信部13cは、回答、正答及び正誤結果を訓練装置12に出力する。

0055

訓練装置12の通信部12eを介して回答、正答及び正誤結果を示す情報が入力されると、訓練装置12の出力部12aは、回答、正答及び正誤結果を表示する(S17)。ここで、図14では、正答が「川田さん」である場合に「社長」と誤答した場合の表示例を示している。このとき、訓練装置12の出力部12aは、正答を音声によって出力するとよい。

0056

一方、誤答が意味性錯語でない場合(S19のNO)、分析サーバ13の結果記憶部13bは、回答、正誤結果、及び誤答が音韻性錯語及び意味性錯語の何れにも属さない旨を示す情報を格納する(S16)。そして、分析サーバ13の通信部13cは、回答、正答及び正誤結果を訓練装置12に出力する。訓練装置12の通信部12eを介して回答、正答及び正誤結果を示す情報が入力されると、訓練装置12の出力部12aは、回答、正答及び正誤結果を表示する(S17)。

0057

その後、介護者などが訓練装置12の入力部12bを介してフィードバック結果の表示を選択すると、分析サーバ13の結果記憶部13bは、分析サーバ13の通信部13cを介して物体毎の各々の訓練内容に対する正誤回数、正解率及び錯語種別などを示す情報を訓練装置12に出力する。

0058

そして、訓練装置12の通信部12eを介して物体毎の各々の訓練内容に対する正誤回数、正解率及び錯語種別などを示す情報が入力されると、訓練装置12の出力部12aは、当該情報が示す物体毎の各々の訓練内容に対する正誤回数、正解率及び錯語種別などを表示する(S20)。つまり、訓練結果が訓練装置12にフィードバック結果として表示される。

0059

ここで、図15は、総合的な正解率を示す画像の図である。図16は、物体毎の各々の訓練内容の正解率を示す画像の図である。図17は、回答内容、回答回数及び錯語種別を示す画像の図である。図18は、回答内容及び回答回数の一覧を示す画像の図である。図19は、誤答の回数及びその際の正答を示す画像の図である。

0060

なお、図16の画像の「回答を表示」を選択すると、図17の画像が表示される。また、図18の回答回数を選択すると、図19の画像が表示される。これらの図15乃至図19を訓練装置12の出力部12aに表示することで、訓練結果を詳細にフィードバックすることができる。

0061

このように本実施の形態の訓練システム11及び訓練方法は、訓練結果を詳細にフィードバックすることができる。そのため、介護者は、訓練結果に基づいて、正解率の高いコミュニケーション手法(即ち、「聞く」「話す」、「読む」、「書く」)を用いてコミュニケーションすることができ、コミュニケーション促進に役立てることができる。また、正解率の低いコミュニケーション手法を積極的に訓練することができる。

0062

<他の実施の形態>
上述した実施の形態1及び2では、本発明をハードウェアの構成として説明したが、本発明はこれに限定されるものではない。本発明は、各構成要素の処理を、CPU(Central Processing Unit)にコンピュータプログラムを実行させることにより実現することも可能である。

0063

例えば、上記実施の形態の訓練システムは、次のようなハードウェア構成を備えることができる。図20は、訓練システムに含まれるハードウェア構成の一例を示す図である。

0064

図20に示す装置21は、インターフェイス22と共に、プロセッサ23及びメモリ24を備える。上記実施の形態で説明した訓練システムは、プロセッサ23がメモリ24に記憶されたプログラムを読み込んで実行することにより実現される。つまり、このプログラムは、プロセッサ23を上記実施の形態の訓練システムとして機能させるためのプログラムである。

0065

上述したプログラムは、様々なタイプの非一時的なコンピュータ可読媒体(non-transitory computer readable medium)を用いて格納され、コンピュータ(情報通知装置を含むコンピュータ)に供給することができる。非一時的なコンピュータ可読媒体は、様々なタイプの実体のある記録媒体(tangible storage medium)を含む。非一時的なコンピュータ可読媒体の例は、磁気記録媒体(例えばフレキシブルディスク磁気テープハードディスクドライブ)、光磁気記録媒体(例えば光磁気ディスク)を含む。さらに、この例は、CD−ROM(Read Only Memory)、CD−R、CD−R/Wを含む。さらに、この例は、半導体メモリ(例えば、マスクROMPROMEPROMフラッシュROM、RAM)を含む。また、プログラムは、様々なタイプの一時的なコンピュータ可読媒体(transitory computer readable medium)によってコンピュータに供給されてもよい。一時的なコンピュータ可読媒体の例は、電気信号光信号、及び電磁波を含む。一時的なコンピュータ可読媒体は、電線及び光ファイバ等の有線通信路、又は無線通信路を介して、プログラムをコンピュータに供給できる。

0066

上記実施の形態は本件発明者により得られた技術思想の適用に関する例に過ぎない。すなわち、当該技術思想は、上述した実施の形態のみに限定されるものではなく、種々の変更が可能であることは勿論である。

0067

例えば、実施の形態2の訓練システム11においては、訓練装置12の撮像部12cを介して撮影した画像に基づいて分析サーバ13の作成部13dが問題を作成しているが、例えば、分析サーバ13の結果記憶部13bに過去に作成された問題が格納されている場合は、撮像部12cを介して画像を撮影することなく、過去に作成された問題を訓練装置12の出力部12aに出力してもよい。

0068

例えば、介護者が訓練装置12の撮像部12cを介して物体の画像を撮影し、物体の画像及び当該物体の名称を示す情報を分析サーバ13の結果記憶部13bに登録してもよい。例えば、物体が人の場合、名称(例えば、役職血族関係)などを複数持っているため、介護者が登録できることで、正誤判定の精度を向上させることができる。

0069

例えば、実施の形態2の訓練システム11は、失語症患者のリハビリ訓練を実施するために用いられているが、例えば、外国語などの言語を習得するために用いることもできる。

0070

例えば、実施の形態2の訓練システム11は、訓練結果を訓練装置12にフィードバックしているが、訓練装置12とは別に介護者が所有する端末に訓練結果をフィードバックしてもよい。また、訓練結果をフィードバックしない構成でもよい。

0071

上記実施の形態の一部又は全部は、以下の付記のようにも記載されうるが、以下には限られない。
(付記1)
物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する第1の出力部と、
前記問題に対する回答が入力される入力部と、
前記回答の正誤を判定する正誤判定部と、
前記回答が誤答であると判定した場合、前記回答が前記問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する錯語判定部と、
を備える、訓練システム。

0072

(付記2)
撮像部と、
前記撮像部によって撮影された画像に写る物体に基づいて、前記問題及び当該問題の正答を作成する作成部と、
を備える、付記1に記載の訓練システム。

0073

(付記3)
前記画像を表示する表示部と、
訓練者が前記表示部に表示された物体を選択する選択部と、
を備え、
前記作成部は、選択された前記物体に基づいて、前記問題及び当該問題の正答を作成する、付記2に記載の訓練システム。

0074

(付記4)
前記第1の出力部は、前記問題に対する回答の正誤を出力する、付記1乃至3のいずれか1項に記載の訓練システム。

0075

(付記5)
前記問題は、訓練者が前記入力部に発声して回答する発声問題、訓練者が前記入力部に記載して回答する書き込み問題、訓練者が前記第1の出力部から読み上げられる問題を聞き取って前記入力部を介して回答する聞き取り問題、又は訓練者が前記第1の出力部に表示される問題を読み取って前記入力部を介して回答する読み取り問題である、付記1乃至4のいずれか1項に記載の訓練システム。

0076

(付記6)
前記物体毎の各々の前記発声問題、前記書き込み問題、前記聞き取り問題、前記読み取り問題に対する回答の正誤回数又は正解率を算出する結果集計部と、
前記物体毎の各々の前記発声問題、前記書き込み問題、前記聞き取り問題、前記読み取り問題に対する回答の正誤回数又は正解率を表示する第2の出力部と、
を備える、付記5に記載の訓練システム。

0077

(付記7)
前記第2の出力部は、前記回答の錯語種別を出力する、付記6に記載の訓練システム。

0078

(付記8)
前記錯語判定部は、前記入力部を介して入力された回答が誤答であって、且つ前記回答に含まれる文字が前記正答に含まれる文字に対して予め設定された割合以上等しい場合、前記音韻性錯語であると判定する、付記1乃至7のいずれか1項に記載の訓練システム。

0079

(付記9)
前記錯語判定部は、前記入力部を介して入力された回答が誤答であって、且つ前記回答と前記正答とが等しい概念の場合、前記意味性錯語であると判定する、付記1乃至8のいずれか1項に記載の訓練システム。

0080

(付記10)
物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する工程と、
前記問題に対する回答の正誤を判定する工程と、
前記回答が誤答であると判定した場合、前記回答が前記問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する工程と、
を備える、訓練方法。

0081

(付記11)
物体と当該物体の名称とを紐付けた問題を出力する処理と、
前記問題に対する回答の正誤を判定する処理と、
前記回答が誤答であると判定した場合、前記回答が前記問題の正答に対する音韻性錯語又は意味性錯語か否かを判定する処理と、
をコンピュータに実行させる、訓練プログラム。

0082

1訓練システム
2 出力部
3 入力部
4正誤判定部
5錯語判定部
11 訓練システム
12訓練装置、12a 出力部、12b 入力部、12c撮像部、12d 制御部、12e通信部
13分析サーバ、13a 制御部、13b 結果記憶部、13c 通信部、13d 作成部、13e 正誤判定部、13f 錯語判定部、13g 結果集計部
14物体情報DB
21 装置
22インターフェイス
23プロセッサ
24 メモリ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ