図面 (/)

技術 ガスケット、シール構造及び蓋部材

出願人 内山工業株式会社ユーサンガスケット株式会社
発明者 姫崎仁岡崎由紀子高柳宙
出願日 2019年11月18日 (2年3ヶ月経過) 出願番号 2019-207847
公開日 2021年5月27日 (8ヶ月経過) 公開番号 2021-080977
状態 未査定
技術分野 ガスケットシール
主要キーワード ガスケット開口 シール押さえ部材 サービスカバー 凹湾曲状 カバー状 修理用 貫通孔状 再貼付性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年5月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

組付性の向上が可能でありながらも、構造の簡略化を図り得るガスケットシール構造及び蓋部材を提供する。

解決手段

ガスケット15は、互いに対向される平坦面状でかつ環状とされた第1面6と第2面12との間に挟持されるように介在されるガスケットであって、前記第1面と前記第2面との間に配されるシート状でかつ環状とされ、繊維を含み圧縮性を有するガスケット本体部16と、該ガスケット本体部の厚さ方向一方面に設けられ、前記第1面または前記第2面に対して着脱可能に当該ガスケットを固定する粘着層19と、を備えている。

概要

背景

従来より、車両や電気機器には、点検修理を行うための開口及びこの開口を開閉する蓋部材が設けられたものがあった。このような開口周囲と蓋部材の周縁部との間には、開口内への異物等の混入を抑制すべく、ガスケットが介在されているが、蓋部材を開放させて点検等を行う度にガスケットを再度、組付ける必要があった。
例えば、下記特許文献1には、サービスホールを覆うサービスカバーに、ガスケットが嵌め込まれるシール溝を設けたユニットケースが開示されている。
また、下記特許文献2及び下記特許文献3には、開口を覆うカバー本体と、このカバー本体に面シールパッキンシール部材)を保持させる保持プレートシール押さえ部材)と、を備えたサービスカバー(カバー)が開示されている。

概要

組付性の向上が可能でありながらも、構造の簡略化をり得るガスケット、シール構造及び蓋部材を提供する。ガスケット15は、互いに対向される平坦面状でかつ環状とされた第1面6と第2面12との間に挟持されるように介在されるガスケットであって、前記第1面と前記第2面との間に配されるシート状でかつ環状とされ、繊維を含み圧縮性を有するガスケット本体部16と、該ガスケット本体部の厚さ方向一方面に設けられ、前記第1面または前記第2面に対して着脱可能に当該ガスケットを固定する粘着層19と、を備えている。

目的

本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであり、組付性の向上が可能でありながらも、構造の簡略化を図り得るガスケット、シール構造及び蓋部材を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

互いに対向される平坦面状でかつ環状とされた第1面と第2面との間に挟持されるように介在されるガスケットであって、前記第1面と前記第2面との間に配されるシート状でかつ環状とされ、繊維を含み圧縮性を有するガスケット本体部と、該ガスケット本体部の厚さ方向一方面に設けられ、前記第1面または前記第2面に対して着脱可能に当該ガスケットを固定する粘着層と、を備えていることを特徴とするガスケット。

請求項2

請求項1において、前記ガスケット本体部は、オイルシートジョイントシート及びビーターシートのうちのいずれかであることを特徴とするガスケット。

請求項3

請求項1または2において、前記粘着層は、弱粘着性であることを特徴とするガスケット。

請求項4

被取付部材に設けられた開口の周囲と該開口を開閉自在に覆う蓋部材とをシールするシール構造であって、前記開口の周囲及びこれに対向される前記蓋部材の周縁部には、互いに対向される平坦面状の第1面及び第2面が設けられ、これら第1面と第2面との間に、シート状でかつ環状とされ、繊維を含み圧縮性を有するガスケット本体部と、前記第1面または前記第2面に対して着脱可能に前記ガスケット本体部を固定する粘着層と、を設けたことを特徴とするシール構造。

請求項5

請求項4において、前記ガスケット本体部は、オイルシート、ジョイントシート及びビーターシートのうちのいずれかであることを特徴とするシール構造。

請求項6

請求項4または5において、前記粘着層は、弱粘着性であることを特徴とするシール構造。

請求項7

請求項4乃至6のいずれか1項において、前記被取付部材の開口は、点検または修理用の開口であることを特徴とするシール構造。

請求項8

被取付部材に設けられた開口を開閉自在に覆う蓋部材であって、前記被取付部材の前記開口の周囲の平坦面状の第1面に対向される平坦面状の第2面が裏面側の周縁部に設けられた蓋本体と、前記第1面と前記第2面との間に配されるシート状でかつ環状とされ、繊維を含み圧縮性を有するガスケット本体部と、該ガスケット本体部の厚さ方向一方面と前記蓋本体の第2面との間に介在され、前記蓋本体に対して着脱可能に前記ガスケット本体部を固定する粘着層と、を備えていることを特徴とする蓋部材。

請求項9

請求項8において、前記ガスケット本体部は、オイルシート、ジョイントシート及びビーターシートのうちのいずれかであることを特徴とする蓋部材。

請求項10

請求項8または9において、前記粘着層は、弱粘着性であることを特徴とする蓋部材。

請求項11

請求項8乃至10のいずれか1項において、前記被取付部材の開口は、点検または修理用の開口であることを特徴とする蓋部材。

技術分野

0001

本発明は、ガスケットシール構造及び蓋部材に関する。

背景技術

0002

従来より、車両や電気機器には、点検修理を行うための開口及びこの開口を開閉する蓋部材が設けられたものがあった。このような開口周囲と蓋部材の周縁部との間には、開口内への異物等の混入を抑制すべく、ガスケットが介在されているが、蓋部材を開放させて点検等を行う度にガスケットを再度、組付ける必要があった。
例えば、下記特許文献1には、サービスホールを覆うサービスカバーに、ガスケットが嵌め込まれるシール溝を設けたユニットケースが開示されている。
また、下記特許文献2及び下記特許文献3には、開口を覆うカバー本体と、このカバー本体に面シールパッキンシール部材)を保持させる保持プレートシール押さえ部材)と、を備えたサービスカバー(カバー)が開示されている。

先行技術

0003

特開2015−122914号公報
特開2012−248415号公報
特開2018−105393号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記のような各特許文献に記載された構成では、シール溝を設けたり、ガスケットを保持するためにカバー本体に加えて別部材を設けたりする必要があり、構造が複雑化するという問題があった。

0005

本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであり、組付性の向上が可能でありながらも、構造の簡略化を図り得るガスケット、シール構造及び蓋部材を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0006

前記目的を達成するために、本発明に係るガスケットは、互いに対向される平坦面状でかつ環状とされた第1面と第2面との間に挟持されるように介在されるガスケットであって、前記第1面と前記第2面との間に配されるシート状でかつ環状とされ、繊維を含み圧縮性を有するガスケット本体部と、該ガスケット本体部の厚さ方向一方面に設けられ、前記第1面または前記第2面に対して着脱可能に当該ガスケットを固定する粘着層と、を備えていることを特徴とする。

0007

また、前記目的を達成するために、本発明に係るシール構造は、被取付部材に設けられた開口の周囲と該開口を開閉自在に覆う蓋部材とをシールするシール構造であって、前記開口の周囲及びこれに対向される前記蓋部材の周縁部には、互いに対向される平坦面状の第1面及び第2面が設けられ、これら第1面と第2面との間に、シート状でかつ環状とされ、繊維を含み圧縮性を有するガスケット本体部と、前記第1面または前記第2面に対して着脱可能に前記ガスケット本体部を固定する粘着層と、を設けたことを特徴とする。

0008

また、前記目的を達成するために、本発明に係る蓋部材は、被取付部材に設けられた開口を開閉自在に覆う蓋部材であって、前記被取付部材の前記開口の周囲の平坦面状の第1面に対向される平坦面状の第2面が裏面側の周縁部に設けられた蓋本体と、前記第1面と前記第2面との間に配されるシート状でかつ環状とされ、繊維を含み圧縮性を有するガスケット本体部と、該ガスケット本体部の厚さ方向一方面と前記蓋本体の第2面との間に介在され、前記蓋本体に対して着脱可能に前記ガスケット本体部を固定する粘着層と、を備えていることを特徴とする。

発明の効果

0009

本発明に係るガスケット、シール構造及び蓋部材は、上述のような構成としたことで、組付性の向上が可能でありながらも、構造の簡略化を図ることができる。

図面の簡単な説明

0010

(a)、(b)は、本発明の一実施形態に係るガスケットの一例及びこれを用いたシール構造の一例を模式的に示し、(a)は、同ガスケットが固定された蓋部材の一例を模式的に示す概略斜視図、(b)は、同シール構造の一例を模式的に示す(a)におけるX−X線矢視に対応させた一部破断概略縦断面図である。
図1(b)に対応させた一部破断概略分解縦断面図である。

実施例

0011

以下に、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。
図1及び図2は、本実施形態に係るガスケット、これを用いたシール構造及び同シール構造に用いられる蓋部材の一例を模式的に示す図である。
本実施形態に係るガスケット15は、図2に示すように、互いに対向される平坦面状でかつ環状とされた第1面6と第2面12との間に挟持されるように介在される。また、本実施形態に係る蓋部材1は、このガスケット15を備え、被取付部材3に設けられた開口8を開閉自在に覆う構成とされている。また、本実施形態に係るシール構造は、被取付部材3の開口8の周囲(開口周縁部)5と、この開口8を開閉自在に覆う蓋部材1と、をシールする構造とされている。

0012

被取付部材3の開口8は、点検または修理用の開口8であってもよい。このような開口8が設けられる被取付部材3としては、車両や電気機器、各種機械設備等が挙げられる。また、被取付部材3は、箱状やケース状とされたものであってもよく、種々の機器等を内装する空間を区画するカバー状とされたものでもよい。
本実施形態では、図2に示すように、開口8の周囲に全周に亘って設けられ、開口8を区画する開口周縁部5は、平板部4からこの平板部4の厚さ方向一方側に向けて立ち上がるように設けられた周壁部4aの内周側に連なるように設けられている。この開口周縁部5の厚さ方向一方側(蓋部材1側)を向く面が第1面6を構成する。なお、開口周縁部5としては、平板部4の内周側に周壁部4aを介して設けられたものに限られず、開口8の周囲にフランジ状に設けられたものであってもよく、その他、種々の構成とされたものでもよい。

0013

また、被取付部材3には、当該被取付部材3に蓋部材1を取り付ける締結部材2としてのボルト雄ねじ)がねじ合わされる雌ねじ穴7が設けられている。この雌ねじ穴7は、開口周縁部5の第1面6において開口するように設けられている。また、この雌ねじ穴7は、開口周縁部5に周方向に間隔を空けて複数箇所に設けられている。なお、図例では、開口周縁部5に、第1面6とは異なる側に向けてボス状に一体的に突出させた部位に雌ねじ穴7を設けた例を示しているが、このような態様に限られない。また、図例では、この雌ねじ穴7を、有底穴状とした例を示しているが、貫通孔状とされたものでもよい。

0014

本実施形態に係るシール構造は、開口周縁部5の第1面6と、これに対向される蓋部材1の周縁部11に設けられた平坦面状の第2面12と、の間に、シート状でかつ環状とされ、繊維を含み圧縮性を有するガスケット本体部16と、第1面6または第2面12に対して着脱可能にガスケット本体部16を固定する粘着層19と、を設けた構造とされている。このような構成とすれば、ガスケット本体部16が繊維を含み圧縮性を有するシート状とされているので、例えば、ビードを設けたメタルガスケット等と比べて、低コスト化を図ることができ、また、ゴム等からなるものと比べて、ある程度の保形性があり、組付性を向上させることができる。

0015

また、上記構成によれば、第1面6または第2面12に対してガスケット本体部16が粘着層19を介して着脱可能に固定される。これにより、第1面6または第2面12に対してガスケット本体部16を容易に固定することができ、また、このように固定した状態で被取付部材3に対して蓋部材1を取り付けることができ、組付性を向上させることができる。また、例えば、ガスケット15が別体とされている場合には、開口周縁部5に対する蓋部材1の取付前のガスケット15の脱落防止位置決め等のためにボス状の突起を被取付部材3に設け、この突起が挿通される孔等をガスケット15及び蓋部材1(後記する蓋本体10)に設けることも考えられる。上記構成によれば、このような突起や孔を設ける必要がなく、また、シール溝を設けたり、ガスケット15を保持するためにカバー本体に加えて別部材をカバーに設けたりする必要もなく、構造の簡略化を図ることができる。また、ガスケット15(ガスケット本体部16)が劣化等した場合にも容易に交換することができる。

0016

本実施形態では、粘着層19は、蓋部材1を構成する蓋本体10とガスケット本体部16との間に介在されている。このような構成とすれば、蓋部材1側にガスケット本体部16が粘着層19を介して固定された状態であるので、蓋部材1を開放及び閉鎖させる際に、ガスケット本体部16が脱落することがなく、蓋部材1を被取付部材3に対して容易に着脱させることができる。また、開口周縁部5側にガスケット本体部16が固定されていれば、蓋部材1を開放させてメンテナンス作業を行う際に、ガスケット本体部16が邪魔になったり、ガスケット本体部16に接触等して損傷を与えたりする懸念があるが、上記構成によれば、このような懸念がない。

0017

蓋本体10は、被取付部材3の開口8を覆い得るように開口8よりも大径状とされている。この蓋本体10の周縁部11の裏面側に、蓋部材1が被取付部材3に取り付けられた状態で、開口周縁部5の第1面6に対向される平坦面状の第2面12が設けられている。また、周縁部11には、上記した雌ねじ穴7に応じた位置となるように、締結部材2の軸部が挿通される挿通孔13が設けられている。挿通孔13は、図1(a)に示すように、周縁部11に周方向に間隔を空けて複数箇所(図例では、8箇所)に設けられている。また、周縁部11の外周端部には、外周端部から被取付部材3側に向けて突出する周壁部14が全周に亘って設けられている。この周壁部14は、蓋部材1が被取付部材3に取り付けられた状態で、被取付部材3の周壁部4aの外周側を覆うように配される。また、図例では、周縁部11の内周側に、周縁部11から厚さ方向一方側に向けて立ち上がるように設けられた立上部10aを介して平板状部10bを設けた例を示している。なお、蓋本体10としては、このような形状とされたものに限られず、その他、種々の形状とされたものであってもよい。また、蓋本体10は、板金等の金属製であってもよく、合成樹脂成形品であってもよい。

0018

ガスケット本体部16は、蓋本体10の周縁部11に応じた環状とされている。このガスケット本体部16は、蓋部材1が被取付部材3に取り付けられた状態で、互いに対向される第1面6と第2面12との対向方向に厚さ方向を沿わせたシート状とされている。このガスケット本体部16には、被取付部材3の開口8に応じたガスケット開口18が設けられている。このガスケット開口18は、被取付部材3の開口8と略同径状または開口8よりも僅かに大径状とされたものであってもよい。なお、図例では、ガスケット本体部16のガスケット開口18を、被取付部材3の開口8の形状に対応させて、四隅凹湾曲状とされた略方形状とした例を示しているが、被取付部材3の開口8の形状によっては、周方向途中部位径方向に突出する部位や凹む部位等が設けられたものであってもよく、その他、種々の形状とされたものであってもよい。

0019

また、このガスケット本体部16の外径は、蓋本体10の周壁部14の内径よりも小径状とされている。このガスケット本体部16の外径は、当該ガスケット本体部16の外周端面と蓋本体10の周壁部14の内周面との間に全周に亘って概ね均等な隙間が形成されるように適宜の径とされていてもよい。なお、図例では、ガスケット本体部16の外郭形状を、蓋本体10の周壁部14の内周形状に対応させて、四隅が突湾曲状とされた略方形状とした例を示しているが、周壁部14の内周形状によっては、周方向途中部位に径方向に突出する部位や凹む部位等が設けられたものであってもよい。この突出する部位や凹む部位は、蓋本体10に対してガスケット本体部16を取り付ける際の位置合わせ用目安や位置決めとなるものであってもよい。
また、このガスケット本体部16の厚さは、0.2mm〜1.0mm程度であってもよい。
また、このガスケット本体部16には、蓋本体10の挿通孔13に応じた位置となるように、締結部材2の軸部が挿通される挿通孔17が設けられている。

0020

また、このガスケット本体部16は、圧縮性繊維ガスケットから構成されている。このようなガスケット本体部16としては、オイルシートジョイントシート及びビーターシートのうちのいずれかであってもよい。このような構成とすれば、ガスケット本体部16の主材繊維質材料となるので、メタルガスケット等と比べて、廃棄し易くなり、また、粘着層19の保持性を向上させることができる。オイルシートとしては、クラフトパルプ主原料とした原紙に、バインダーや種々の添加剤含浸され、適宜のコーティング剤によってコーティングされた紙質のものであってもよい。ジョイントシートとしては、ポリアミド繊維等の合成繊維、ゴム、ガラス繊維膨張黒鉛などを混合した後にシート状に形成されたものであってもよい。ビーターシートとしては、叩解機(ビーター)によってスラリー状とされた繊維に合成ゴム等を添加し、抄造機(ウェットマシン)によってシート状に形成されたものであってもよい。なお、ガスケット本体部16としては、このようなオイルシート、ジョイントシート及びビーターシートのうちのいずれかに、樹脂フィルム等が積層されたものであってもよく、また、3層以上の複層構造とされたものであってもよい。

0021

粘着層19は、本実施形態では、ガスケット本体部16の厚さ方向一方側(蓋本体10側)に設けられている。つまり、ガスケット15は、ガスケット本体部16と、このガスケット本体部16の厚さ方向一方面に設けられ、蓋本体10に対して着脱可能に当該ガスケット15を固定する粘着層19と、を備えている。このような構成とすれば、蓋本体10側に粘着層19を設けたものと比べて、ガスケット15の交換が頻繁になされるような場合にも粘着層19の劣化による粘着強度の低下や粘着層19の再形成の必要性等が生じ難く、ガスケット15を蓋本体10に対して安定的に固定することができ、また、ガスケット15を容易に交換することができる。

0022

この粘着層19は、アクリル系やウレタン系の粘着剤を含んだ構成とされたものでもよい。また、この粘着層19は、適宜の溶剤希釈された粘着剤がスプレー刷毛等によって塗布されてガスケット本体部16に形成されたものであってもよい。また、この粘着層19は、ガスケット本体部16の厚さ方向一方面に部分的に設けられたものでもよいが、好ましくは、概ね全面に亘って設けられたものでもよい。また、この粘着層19の厚さ(膜厚)は、蓋本体10に対してガスケット15を固定可能なように適宜の厚さであればよい。
また、この粘着層19は、本実施形態では、弱粘着性とされている。このような構成とすれば、ガスケット15を交換等する際に取り外し易く、また、被固定対象面となる第2面12に粘着層19が残り難くなる。この粘着層19は、弱粘着性でかつ再貼付性を有したものでもよい。このような構成とすれば、ガスケット15を貼り付けた際に位置ずれ等があった場合にも再貼り付けが可能となる。

0023

この粘着層19は、蓋本体10に対してガスケット15を固定した状態で意図することなく落下せず、また、蓋本体10からガスケット15を容易に取り外し可能な程度の粘着性を有したものであればよい。このような粘着層19としては、JIS K6854−2に準拠して測定された剥離接着強さが、2.0N〜8.0N程度のものでもよく、好ましくは、2.5N〜6.0N程度のものでもよい。

0024

また、ガスケット15は、この粘着層19を覆うように保護する剥離紙や剥離フィルム等の剥離シート9を備えたものであってもよい。このような構成とすれば、ガスケット15を被取付部材3に取り付ける前に粘着層19に塵埃等が付着することを抑制することができる。このガスケット15を蓋本体10に取り付ける際には、剥離シート9を剥離し、粘着層19を蓋本体10の第2面12に当接させて取り付けるようにすればよい。
また、このようにガスケット15が取り付けられた蓋本体10を被取付部材3に取り付けて締結部材2によって締結すれば、被取付部材3の第1面6と蓋本体10の第2面12との間に挟持されるようにガスケット15が介在され、被取付部材3の開口周縁部5と蓋本体10の周縁部11とをシールすることができる。

0025

なお、上記した例では、ガスケット15を、被取付部材3の点検または修理用の開口8を覆う蓋部材1と被取付部材3とをシールするシール構造に用いた例を示しているが、当該ガスケット15は、その他、種々の部材同士をシールするシール構造に用いられるものであってもよい。また、上記した例では、ガスケット15を蓋部材1に設けた例を示しているが、ガスケット15単体で種々の箇所に用いられるものであってもよい。また、上記した例では、ガスケット本体部16の厚さ方向一方面に粘着層19を設けた例を示しているが、蓋本体10の第2面12及び被取付部材3の第1面6のうちの一方に粘着層19を設けた構成としてもよい。

0026

1蓋部材
10 蓋本体
11周縁部
12 第2面
15ガスケット
16 ガスケット本体部
19粘着層
3被取付部材
5開口周縁部(開口の周囲)
6 第1面
8 開口

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • NOK株式会社の「 金属ガスケット」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】エンジン本体の熱が補機類に伝わることを抑制する金属ガスケットを実現する。【解決手段】4枚以上の複数の金属板1,2,3,4が積層された金属板積層体からなる金属ガスケットにおいて、各金属板が、平坦... 詳細

  • 内山工業株式会社の「 環状シール部材及びシール構造」が 公開されました。( 2021/09/27)

    【課題】環状シール部材が傾いた状態のまま内外2部材間に組み付けられてしまうことを抑制して、確実にシール機能を発揮させることができる環状シール部材及びシール構造を提供する。【解決手段】環状シール部材10... 詳細

  • 古河電気工業株式会社の「 電気接続箱」が 公開されました。( 2021/09/27)

    【課題】嵌込溝への粉体状異物の侵入を抑制できる電気接続箱を提供することを目的とする。【解決手段】開口部O及びロア縁部13を有するロアケース10と、該ロアケース10の開口部Oを塞ぐとともに、ロア縁部13... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ