図面 (/)

技術 壁体の構築方法

出願人 鹿島建設株式会社
発明者 安永正道
出願日 2019年11月19日 (2年3ヶ月経過) 出願番号 2019-208607
公開日 2021年5月27日 (9ヶ月経過) 公開番号 2021-080728
状態 未査定
技術分野 塔;農工業用築物;大型貯蓄容器の建設 大型容器 組積造壁;現場打壁
主要キーワード 緊張位置 プリストレス 中心直径 鋼製底板 タンク中心 キャットウォーク 縦方向鉄筋 接合治具
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年5月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

防液堤などのPC造の壁体を合理的に構築する。

解決手段

前記壁体の内側の表面をなすように、横方向及び縦方向鉄筋を内包するプレキャストコンクリート製内側パネルピース11を設置する。内側パネルピース11のコンクリート打設空間側に、接合治具14に支持させて、横方向及び縦方向シース管13X、13Yを設置する。前記壁体の外側の表面をなすように、横方向及び縦方向鉄筋を内包するプレキャストコンクリート製の外側パネルピース12を設置する。内側及び外側パネルピース11、12を型枠として、これらの間にコンクリート打設する。最後に、横方向及び縦方向シース管13X、13YにPC鋼材を挿入し、各PC鋼材を緊張させる。

概要

背景

例えば、LNGなどの低温液化ガス貯蔵する地上タンク設備では、鋼製タンクを囲んで、PC(プリストレストコンクリート)造の防液堤が設けられる。

上記防液堤のようなPC造の壁体の既存の構築方法としては、場所打ち工法と、プレキャスト(PCa)工法とがある。

場所打ち工法は、高さ3〜5mを1ロットとして、内側、外側鉄筋組立、縦・横にシース管の配置、内側、外側に型枠配置、型枠内へのコンクリート打設を繰り返していく。最上段までコンクリートを打設した後に、横方向シース管に横方向PC鋼材の挿入、緊張縦方向シース管に縦方向PC鋼材の挿入、緊張、シース管内グラウトの手順となる。

プレキャスト(PCa)工法は、工場製作したPCa部材ピーストレーラー現地搬入し、荷下ろしして、基礎スラブ上に横方向及び縦方向に積み上げていく。各ピースには工場での製作時に鉄筋及びシース管が組み込まれており、1ピースの吊り込み毎に、縦・横のシース管の接続、鉄筋の接続を行っていく。最上段までピースの設置、一体化が完了した時点で、横方向シース管に横方向PC鋼材の挿入、緊張、縦方向シース管に縦方向PC鋼材の挿入、緊張、シース管内グラウトの手順となる。PCa工法については、特許文献1などに開示されている。

概要

防液堤などのPC造の壁体を合理的に構築する。 前記壁体の内側の表面をなすように、横方向及び縦方向鉄筋を内包するプレキャストコンクリート製内側パネルピース11を設置する。内側パネルピース11のコンクリート打設空間側に、接合治具14に支持させて、横方向及び縦方向シース管13X、13Yを設置する。前記壁体の外側の表面をなすように、横方向及び縦方向鉄筋を内包するプレキャストコンクリート製の外側パネルピース12を設置する。内側及び外側パネルピース11、12を型枠として、これらの間にコンクリートを打設する。最後に、横方向及び縦方向シース管13X、13YにPC鋼材を挿入し、各PC鋼材を緊張させる。

目的

本発明は、このような実状に鑑み、防液堤などのPC造の壁体の構築方法として、プレキャスト工法と場打ち工法とを組み合わせた、より合理的な構築方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

壁体構築方法であって、前記壁体の一方の表面をなすように、横方向鉄筋及び縦方向鉄筋を内包するプレキャストコンクリート製の第1パネルピースを設置する第1パネルピース設置工程と、前記壁体の他方の表面をなすように、横方向鉄筋及び縦方向鉄筋を内包するプレキャストコンクリート製の第2パネルピースを設置する第2パネルピース設置工程と、前記第1パネルピースと前記第2パネルピースとの間に位置するように、横方向シース管及び縦方向シース管を設置するシース管設置工程と、前記第1パネルピース、前記第2パネルピース及び前記シース管の設置後に、前記第1パネルピース及び前記第2パネルピースを型枠として、これらの間にコンクリート打設するコンクリート打設工程と、コンクリートの打設後に、前記横方向シース管及び前記縦方向シース管にPC鋼材を挿入し、PC鋼材を緊張させる緊張工程と、を含む、壁体の構築方法。

請求項2

前記第1パネルピース設置工程、前記第2パネルピース設置工程、及び、前記シース管設置工程は、前記第1パネルピース設置工程、前記シース管設置工程、前記第2パネルピース設置工程の順で行うことを特徴とする、請求項1記載の壁体の構築方法。

請求項3

前記第1パネルピースと前記第2パネルピースとはこれらの間にコンクリート打設空間を保持する形で予め一体化されており、前記第1パネルピース設置工程と前記第2パネルピース設置工程とは、同時に行われることを特徴とする、請求項1記載の壁体の構築方法。

請求項4

前記第1パネルピースと前記第2パネルピースとの間のコンクリート打設空間に配置されて、前記第1パネルピースと前記第2パネルピースとを連結する連結部材を用い、前記シース管設置工程では、前記シース管を前記連結部材に支持させることを特徴とする、請求項1〜請求項3のいずれか1つに記載の壁体の構築方法。

請求項5

前記コンクリート打設工程は、前記第1及び第2パネルピースを全周横方向に並べた後、コンクリートを打設することを特徴とする、請求項1〜請求項4のいずれか1つに記載の壁体の構築方法。

請求項6

前記第1及び第2パネルピースの横方向の一方の端部は、内部の横方向鉄筋が露出するようにコンクリート打設空間側の面が切欠かれ、前記第1及び第2パネルピースの横方向の他方の端部からは内部の横方向鉄筋が突出しており、横方向に隣り合うパネルピース間で、前記露出する横方向鉄筋と前記突出する横方向鉄筋とを重ね合わせて、重ね継手を構成することを特徴とする、請求項1〜請求項5のいずれか1つに記載の壁体の構築方法。

請求項7

前記第1及び第2パネルピースの縦方向の一方の端部には、シース孔が上下方向に設けられ、前記第1及び第2パネルピースの縦方向の他方の端部からは内部の縦方向鉄筋が突出しており、縦方向に隣り合うパネルピース間で、前記シース孔に前記突出する縦方向鉄筋を挿入することにより、重ね継手を構成することを特徴とする、請求項1〜請求項6のいずれか1つに記載の壁体の構築方法。

請求項8

前記壁体は、低温液化ガス貯蔵する地上タンク防液堤であることを特徴とする、請求項1〜請求項7のいずれか1つに記載の壁体の構築方法。

技術分野

0001

本発明は、防液堤などのPC(プリストレストコンクリート)造の壁体構築方法に関する。

背景技術

0002

例えば、LNGなどの低温液化ガス貯蔵する地上タンク設備では、鋼製タンクを囲んで、PC(プリストレストコンクリート)造の防液堤が設けられる。

0003

上記防液堤のようなPC造の壁体の既存の構築方法としては、場所打ち工法と、プレキャスト(PCa)工法とがある。

0004

場所打ち工法は、高さ3〜5mを1ロットとして、内側、外側鉄筋組立、縦・横にシース管の配置、内側、外側に型枠配置、型枠内へのコンクリート打設を繰り返していく。最上段までコンクリートを打設した後に、横方向シース管に横方向PC鋼材の挿入、緊張縦方向シース管に縦方向PC鋼材の挿入、緊張、シース管内グラウトの手順となる。

0005

プレキャスト(PCa)工法は、工場製作したPCa部材ピーストレーラー現地搬入し、荷下ろしして、基礎スラブ上に横方向及び縦方向に積み上げていく。各ピースには工場での製作時に鉄筋及びシース管が組み込まれており、1ピースの吊り込み毎に、縦・横のシース管の接続、鉄筋の接続を行っていく。最上段までピースの設置、一体化が完了した時点で、横方向シース管に横方向PC鋼材の挿入、緊張、縦方向シース管に縦方向PC鋼材の挿入、緊張、シース管内グラウトの手順となる。PCa工法については、特許文献1などに開示されている。

先行技術

0006

特開2015−175138号公報

発明が解決しようとする課題

0007

しかしながら、場所打ち工法、及び、プレキャスト工法には、それぞれ、次のような問題点がある。

0008

場所打ち工法では、ロット毎に鉄筋組立、シース管の配置、型枠の配置、コンクリートの打設、養生を行うことから、PC防液堤工事に時間がかかる。

0009

プレキャスト工法では、短期間でPC防液堤を構築することができるものの、工場で製作して輸送することから、場所打ちに比較して、工事費がかかる。
また、各ピースが中実タイプのため、1ピースの大きさが輸送上の制約(トレーラーの積載可能重量、車載幅など)を受け、多数のピースに分割されることになる。従って、多数のピースを組み立てて一体化する必要があり、一体化作業に手間がかかる。

0010

本発明は、このような実状に鑑み、防液堤などのPC造の壁体の構築方法として、プレキャスト工法と場打ち工法とを組み合わせた、より合理的な構築方法を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0011

本発明に係る壁体の構築方法は、
前記壁体の一方の表面をなすように、横方向鉄筋及び縦方向鉄筋を内包するプレキャストコンクリート製の第1パネルピースを設置する第1パネルピース設置工程と、
前記壁体の他方の表面をなすように、横方向鉄筋及び縦方向鉄筋を内包するプレキャストコンクリート製の第2パネルピースを設置する第2パネルピース設置工程と、
前記第1パネルピースと前記第2パネルピースとの間に位置するように、横方向シース管及び縦方向シース管を設置するシース管設置工程と、
前記第1パネルピース、前記第2パネルピース及び前記シース管の設置後に、前記第1パネルピース及び前記第2パネルピースを型枠として、これらの間にコンクリートを打設するコンクリート打設工程と、
コンクリートの打設後に、前記横方向シース管及び前記縦方向シース管にPC鋼材を挿入し、PC鋼材を緊張させる緊張工程と、
を含むことを特徴とする。

発明の効果

0012

本発明によれば、壁体の表面側のみを鉄筋入りのPCa製とし、これらを型枠(残置型枠)として内部にはシース管のみを配置して場所打ちするため、従来の場所打ち工法と比較して、工期の短縮を図ることできるとともに、従来の中実タイプのPCa工法と比較して、工事費の低減を図ることができる。

図面の簡単な説明

0013

LNG地上タンクの構造例を示す図
本発明の一実施形態として防液堤を構成する壁体の施工方法を示す断面図
シース管の配置について示す図
内側パネルピースと外側パネルピースとの接合治具の詳細図
内側(及び外側)パネルピースの横方向の接続構造を示す図
内側パネルピースの縦方向の接続構造を示す図
他の実施形態として内外一体型ピースの場合の施工方法を示す断面図
内外一体型ピースの場合のシース管の配置について示す図

実施例

0014

以下、本発明の実施の形態について、詳細に説明する。
図1はLNG地上タンクの構造例を示している。これは、LNGを貯蔵する金属・PC2重殻のタンクで、「PCLNG地上タンク」と呼ばれる。

0015

PCLNG地上タンクは、内槽が、鋼製底板1、鋼製側壁2、及び、鋼製屋根3で構成され、外槽が、RC基礎スラブ4、PC防液堤5、及び、鋼製屋根(又はRC屋根)6で構成される。そして、内槽と外槽との間に、厚さ1m程度の断熱材7を挟んでいる。基礎スラブ4は地盤Gに基礎杭8を介して支持されている。地盤Gの強度が大きい場合には基礎杭8が配置されないこともある。図中9は受け・払い配管である。

0016

ここにおいて、防液堤5は、貯蔵する液体危険物)が万一内側の内槽から漏液した場合に流出を阻止する壁式の構造物で、現在は、敷地の有効利用などのため、内側の内槽と一体的に構築することが一般的である。

0017

図2は本発明の一実施形態として防液堤を構成する壁体の施工方法を概略的に示す断面図である。

0018

従来の中実タイプのPCa製のピースに対し、一方の表面をなすように配置されるPCa製の第1パネルピース11と、他方の表面をなすように配置されるPCa製の第2パネルピース12とを用い、これらを型枠(残置型枠)として、これらの間にコンクリート20を打設することにより、壁体を構築する構成とする。

0019

防液堤5を構成する壁体は、内槽タンクを囲む円筒状に形成されることから、以下では「第1パネルピース」をタンク中心側の「内側パネルピース」と呼び、「第2パネルピース」を「外側パネルピース」と呼ぶ。

0020

なお、図2は、2段目まで、内側パネルピース11の設置、外側パネルピース12の設置、これらの間へのコンクリート20の打設が終了した後、3段目の内側パネルピース11の設置が終了し、3段目の外側パネルピース12を吊り込んでいる状態を示している。

0021

内側及び外側パネルピース11、12には、工場での製作時に、予め横方向鉄筋及び縦方向鉄筋が組み込まれている。内部の横方向鉄筋及び縦方向鉄筋については後述する。

0022

また、内側及び外側パネルピース11、12には、図2に示されているように、パネルピース建て込み前に作業用足場キャットウォーク)25が取付けられている。

0023

なお、例えば、防液堤5の中心直径が88.7m、厚さが0.65m、高さが42mの場合、横方向(周方向)に24分割、縦方向に14分割され、内側及び外側パネルピース11、12の大きさは、横(幅)11.6m、縦(高さ)3mとなり、各厚さは0.15m、重量は12.5tとなる。

0024

図3は、シース管の配置について示している。詳しくは、図3(A)が壁体の断面内でのシース管の配置図であり、図3(B)が同図(A)のB方向から見たシース管の配置図である。

0025

内側パネルピース11と外側パネルピース12との間のコンクリート打設空間には、コンクリートの打設に先立って、PC鋼材挿入用の横方向シース管13X、縦方向シース管13Yを設置する。

0026

より詳しくは、内側パネルピース11の設置後、外側パネルピース12の設置前に、内側パネルピース11に取付けられている接合治具14に支持させる形で、横方向シース管13X及び縦方向シース管13Yを設置する。そして、シース管13X、13Yの設置後に、外側パネルピース12を設置する。接合治具14については後述する。

0027

なお、図3は、2段目まで、内側パネルピース11の設置、シース管13X、13Yの設置、外側パネルピース12の設置、コンクリートの打設が終了した後、3段目の内側パネルピース11の設置が終了し、3段目の外側パネルピース12の設置前に、シース管13X、13Yを設置している状態を示している。また、図3(B)中の5−1は1段目のパネルピース、5−2は2段目のパネルピース、5−3は3段目のパネルピースを示している。

0028

横方向シース管13X及び縦方向シース管13Yは、パネルピースに対応する長さに形成されている。従って、横方向シース管13Xは、横方向に隣り合うパネルピース間で、継手(図示せず)により接続されて、延長される。また、縦方向シース管13Yも、縦方向に隣り合うパネルピース間で、継手(図示せず)により接続されて、延長される。

0029

但し、縦方向シース管13Yについては、図3(B)に示されるように、2本ずつ、最下端部で、U字状につながっていて、U字状の部分は基礎スラブ4内に埋設されている。従って、1段目の内側パネルピース11の設置後、基礎スラブ4から鉛直方向に立上がっているシース管に、1段目の縦方向シース管13Yを接続する。

0030

図4は、内側パネルピース11と外側パネルピース12との接合治具14の詳細図であり、(A)は接合前の状態、(B)は接合後の状態を示している。

0031

接合治具14は、内側パネルピース11と外側パネルピース12との間のコンクリート打設空間に配置されて、コンクリートの打設前に、内側パネルピース11と外側パネルピース12とを連結する連結部材である。

0032

図4(A)を参照し、接合治具14はその一端が内側パネルピース11に埋設されることで内側パネルピース11に取付けられている。接合治具14の他端はコンクリート打設空間側に突出し、その端面には、ねじ孔14aが形成されるとともに、ねじ孔14aの開口端を囲むように環状のシール部材ゴム板)14bが装着されている。

0033

一方、外側パネルピース12には、内側パネルピース11側の接合治具14と対応する位置にボルト挿通孔15が形成されている。ボルト挿通孔15にはボルト16が挿通される。

0034

図4(B)を参照し、内側パネルピース11の設置後に、外側パネルピース12を設置する際は、内側パネルピース11側の接合治具14の端部に外側パネルピース12のボルト挿通孔15を相対させ、外側パネルピース12の外側から、ボルト16をボルト挿通孔15に挿通して、ねじ孔14aにねじ込むことにより、内側パネルピース11と外側パネルピース12とを接合治具14を介して仮固定する。

0035

このとき、シール部材14bがボルト挿通孔15を塞ぎ、コンクリート打設時にボルト挿通孔15からコンクリートが外部に漏れ出るのを防止することができる。コンクリート打設後は、ボルト16を取外し、ボルト挿通孔15にモルタル等のグラウト材注入して閉止する。

0036

図5は、内側パネルピース11内の鉄筋構造、及び、内側パネルピース11の横方向の接続構造を示している。また、図5(C)には平面視で内側パネルピース11の横方向の接続構造とともに外側パネルピース12の横方向の接続構造を示している。

0037

内側パネルピース11の内部には、図5(A)の平面図、及び、図5(B)の正面図に示されているように、横方向鉄筋31Xと縦方向鉄筋31Yとが埋設され、横方向鉄筋31Xは横方向の両端部にてループをなしている。

0038

内側パネルピース11の横方向の一方の端部(図で右端)は、内部の横方向鉄筋31Xが露出するように裏面側(コンクリート打設空間側の面)が切欠かれている(切欠き部32)。また、内側パネルピース11の横方向の他方の端部(図で左端)からは、内部の横方向鉄筋31Xがループ状をなして突出している(突出部33)。

0039

ここにおいて、横方向に隣り合う内側パネルピース11、11間では、図5(C)の上側の図に示されているように、図で左側の内側パネルピース11の前記露出する横方向鉄筋31X(切欠き部32)と、図で右側の内側パネルピース11の前記突出する横方向鉄筋31X(突出部33)とを重ね合わせて、ループ状鉄筋による重ね継手を構成する。

0040

なお、以上では内側パネルピース11について説明したが、外側パネルピース12についても同様で、横方向に隣り合う外側パネルピース12、12間では、図5(C)の下側の図に示されているように、組み立てる。
また、ここではループ状鉄筋による重ね継手としたが、直筋による重ね継手とすることも可能である。

0041

図6は、内側パネルピース11の縦方向の接続構造を示し、(A)は上段側の内側パネルピース11の下側部分、(B)は下段側の内側パネルピース11の上側部分である。

0042

内側パネルピース11の縦方向の一方の端部(上端面)には、図6(B)に示されているように、シース孔34が上下方向に設けられている。シース孔34はシース管を埋設することで形成できる。また、内側パネルピース11の縦方向の他方の端部(下端面)からは縦方向鉄筋31Yが突出している(突出鉄筋35)。

0043

ここにおいて、縦方向に隣り合う内側パネルピース11、11間では、図6(B)の下側の内側パネルピース11のシース孔34に、図6(A)の上側の内側パネルピース11の突出鉄筋35を挿入することにより、重ね継手を構成する。なお、挿入に先立って、シース孔34にモルタル等のグラウト材を注入する。

0044

なお、以上では内側パネルピース11の縦方向の連結について説明したが、外側パネルピース12の縦方向の連結についても同様である。

0045

次に上記構造の防液堤の構築方法について工程順に説明する。

0046

〔内側パネルピース設置工程〕
防液堤5を構成する壁体の一方の表面(内側の表面)をなすように、横方向鉄筋31X及び縦方向鉄筋31Yを内包するPCa製の内側パネルピース11をクレーン等により吊り込んで設置する。なお、内側パネルピース11には図4に示した接合治具14が建て込み前に取付けられている。

0047

内側パネルピース11の設置は1段ごとに行い、内側パネルピース11を横方向(周方向)に並べて連結する。

0048

ここにおいて、図5に示したように、内側パネルピース11の横方向の一方の端部は、横方向鉄筋31Xが露出するように裏面側(コンクリート打設空間側の面)が切欠かれ(切欠き部32)、内側パネルピース11の横方向の他方の端部からは横方向鉄筋31Xが突出している(突出部33)。従って、横方向に隣り合う内側パネルピース11、11間で、前記露出する横方向鉄筋31Xと前記突出する横方向鉄筋31Xとを重ね合わせて、重ね継手を構成する。重ね継手とすることで、内側パネルピース11の横方向の連結が確実となる。

0049

〔シース管配置工程〕
内側パネルピース11を横方向(周方向)に並べて設置した後に、接合治具14に支持させる形で、横方向シース管13X及び縦方向シース管13Yを設置する。これらのシース管13X、13Yは、内側パネルピース11と、シース管設置後に設置される外側パネルピース12との間のコンクリート打設空間に位置するようにする。

0050

シース管13X、13Yの設置に際し、シース管13X、13Yを接合治具14に支持させることで、シース管13X、13Yの設置が容易となる。
ここにおいて、横方向シース管13Xは、横方向に継手(図示せず)で連結する。また、縦方向シース管13Yは、縦方向に継手(図示せず)で連結する。

0051

〔外側パネルピース設置工程〕
防液堤5を構成する壁体の他方の表面(外側の表面)をなすように、横方向鉄筋31X及び縦方向鉄筋31Yを内包するPCa製の外側パネルピース12をクレーン等により吊り込んで設置する。

0052

ここにおいて、内側パネルピース11と外側パネルピース12とは、図4に示したように、接合治具14を介して仮固定する。すなわち、外側パネルピース12の外側から、ボルト16をボルト挿通孔15に挿通して、ねじ孔14aにねじ込むことにより、内側パネルピース11と外側パネルピース12とを接合治具14を介して仮固定する。

0053

外側パネルピース12の設置も1段ごとに行い、外側パネルピース12を横方向(周方向)に並べて連結する。

0054

ここにおいて、内側パネルピース11と同様、外側パネルピース12についても、重ね継手で連結する。すなわち、図5(C)の下側の図に示されるように、横方向に隣り合う外側パネルピース12、12間で、切欠き部32の横方向鉄筋31Xと突出部33の横方向鉄筋31Xとを重ね合わせて、重ね継手を構成する。

0055

〔コンクリート打設工程〕
内側パネルピース11、外側パネルピース12及びシース管13X、13Yの設置後、特に、これらを全周にわたって1段分設置した後に、内側パネルピース11及び外側パネルピース12を型枠(残置型枠)として、これらの間にコンクリートを全周1段分打設する。
コンクリート打設後、ボルト16を取外し、ボルト挿通孔15をモルタル等のグラウト材で埋める。

0056

〔2段目以降の構築〕
1段目の構築後(1段目のコンクリートを打設し、養生した後)、2段目の構築を1段目と同様の手順で行う。すなわち、内側パネルピース設置工程、シース管設置工程、外側パネルピース設置工程、コンクリート打設工程の順で行う。同様にして、最終段まで構築する。

0057

ここにおいて、図6に示したように、下段側の内側パネルピース11及び外側パネルピース12と、上段側の内側パネルピース11及び外側パネルピース12とは、下段側のピース11、12の上端面のシース孔34に、上段側のピース11、12の下端面からの突出鉄筋35(縦方向鉄筋31Y)を挿入することにより、重ね継手を構成する。重ね継手とすることで、下段側と上段側との連結が確実となる。
また、下段側の縦方向シース管13Yと上段側の縦方向シース管13Yは、継手(図示せず)により連結する。

0058

なお、内側及び外側パネルピース11、12を全周にわたって1段分設置するごとに、コンクリートを1回で全周に打設する他、内側及び外側パネルピース11、12を全周にわたって2〜3段分設置するごとに、コンクリートを1回で全周に2〜3段分打設するようにしてもよい。

0059

最上段まで構築した後、下記の緊張工程を実施する。
〔緊張工程〕
コンクリート打設後、ポストテンション方式プレストレスを導入する。すなわち、横方向シース管13XにPC鋼材(図示せず)を挿入し、横方向の当該PC鋼材を緊張させる。次いで、縦方向シース管13YにPC鋼材(図示せず)を挿入し、縦方向の当該PC鋼材を緊張させる。

0060

ここで、横方向の緊張は、例えば1/2周ごとに行い、奇数段偶数段ごとに緊張位置を周方向に異ならせる。これにより緊張力均等化を図ることができる。
また、縦方向の緊張は、下段でU字状につながっているU字状のシース管13Y(図3(B)参照)に対し、PC鋼材を上側の一方から入れ、下側で折り返させて、上側の他方から引き出すように挿入し、この状態で緊張させる。
緊張後、シース管13X、13Y内にモルタル等のグラウト材を注入し、緊張材腐食防止とする。

0061

本実施形態によれば、内側パネルピース11及び外側パネルピース12は横方向鉄筋31X及び縦方向鉄筋31Yを内包していて、強固なPCa製の構造体となっている。従って、内側パネルピース11と外側パネルピース12との間で配筋を行う必要はなく、PC鋼材挿入用のシース管13X、13Yのみを配置すればよい。従って、組立時の作業性を向上させることができる。そして、最終段まで構築した後に、まとめて、緊張作業を行うことができ、この点でも作業性を向上させることができる。

0062

次に本発明の他の実施形態について図7及び図8により説明する。
本実施形態では、内側パネルピース11と外側パネルピース12とはこれらの間にコンクリート打設空間を保持する形で予め一体化されている。

0063

すなわち、内側パネルピース11と外側パネルピース12との間のコンクリート打設空間に配置されて、内側パネルピース11と外側パネルピース12とを連結する連結部材として、フレーム40が設けられている。

0064

フレーム40は、各一部が内側パネルピース11及び外側パネルピース12に埋設されている。従って、内側パネルピース11、外側パネルピース12及びフレーム40は、内外一体型のPCa製パネルピースをなしている。

0065

従って、本実施形態の場合、内側パネルピース設置工程と外側パネルピース設置工程とは、同時に行われ、内側パネルピース11及び外側パネルピース12の設置後、コンクリート打設前に、内側パネルピース11と外側パネルピース12との間に、フレーム40に支持させる形で、横方向シース管13X、縦方向シース管13Yを設置することになる。

0066

なお、以上では、LNG地上タンクの防液堤を構成する壁体の構築例で説明したが、LNG以外の低温液化ガスを貯蔵する地上タンクの防液堤であってもよいし、本発明はまた、防液堤に限らず、壁体一般に適用することができる。

0067

また、図示の実施形態はあくまで本発明を概略的に例示するものであり、本発明は、説明した実施形態により直接的に示されるものに加え、特許請求の範囲内で当業者によりなされる各種の改良・変更を包含するものであることは言うまでもない。

0068

1鋼製底板
2鋼製側壁
3鋼製屋根
4 RC基礎スラブ
5PC防液堤
6 鋼製屋根(又はRC屋根)
7断熱材
8基礎杭
9 受け・払い配管
11内側パネルピース(第1パネルピース)
12外側パネルピース(第2パネルピース)
13X、13Yシース管
14接合治具
14a ねじ孔
14bシール部材
15ボルト挿通孔
16ボルト
20コンクリート
25作業用の足場(キャットウォーク)
31X、31Y鉄筋
32切欠き部
33 突出部
34シース孔
35突出鉄筋
40 フレーム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社サタケの「 荷受ホッパ」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】荷受作業時において荷受場床面に散乱する原料を簡単に、且つ、効率良く荷受ホッパに再投入することができ、しかも、使用を繰り返しても故障が発生し難い低コストな荷受ホッパを提供する。【解決手段】荷受ホ... 詳細

  • 株式会社大林組の「 プレートの施工方法及び建造物」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】水密性や気密性を確保し、短時間で施工することができるプレートの施工方法及び建造物を提供する。【解決手段】タンクは、コンクリートで構成された防液堤の内側に外槽ライナを備える。外槽ライナは、第1プ... 詳細

  • 東京電力ホールディングス株式会社の「 搬送装置及び既設構造物内での新設構造物の組立方法」が 公開されました。( 2021/09/27)

    【課題】既設構造物内へ新設構造物用の組立部材を容易に効率よく搬入することができる技術を提供する。【解決手段】搬送装置1は、資材100を所望の場所に搬送する台車部10と、台車部10上に設けられて資材10... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ