図面 (/)

技術 W/O型組成物

出願人 ロレアル
発明者 川本真大上和則
出願日 2019年9月26日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2019-175814
公開日 2021年4月1日 (3ヶ月経過) 公開番号 2021-050186
状態 未査定
技術分野 化粧料
主要キーワード ウンデシレニルアルコール 金属パウダー フェニルシリコーン油 エマルションベース カチオン性イオン 金属錯体型 皮膚科用製品 ケラチン基質
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年4月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

定性であり、フレッシュ使用感をもたらすことができ、良好な被覆力を有することができる、W/O型組成物を提供すること。

解決手段

本発明は、(a)少なくとも1種の油と、(b)少なくとも1種のモノアルキルトリアシチタネート処理顔料と、(c)エタノールと、(d)水とを含む、W/O型組成物であって、(c)エタノールの量が、組成物の総質量に対して、6.0質量%以上、好ましくは6.4質量%以上、より好ましくは6.8質量%以上であり、組成物が、任意選択により、少なくとも1種の揮発性環状シリコーンを、組成物の総質量に対して1質量%以下の量で含む、組成物に関する。本発明による組成物は、安定性であり、フレッシュな使用感をもたらすことができ、良好な被覆力を有することができる。

概要

背景

化粧品又は皮膚科の分野において、W/O型エマルションを使用することは既知実践法である。油性相中に分散された水性相からなるこれらのエマルションは、外部油性相を有し、したがって、W/Oエマルションベース化粧料/皮膚科用製品は、外部油性相中の成分に由来する快適な触感をもたらすことができる。

フレッシュ使用感を有するW/O型組成物を提供するために、揮発性環状シリコーンが一般的に使用される。しかしながら、環境上の懸念を含めた幾つかの理由から、このような揮発性環状シリコーンの使用は回避される傾向にある。

しかしながら、揮発性環状シリコーンを含むW/O型組成物中の揮発性環状シリコーンを置き換えることは困難である。例えば、W/O型組成物中の揮発性環状シリコーンが揮発性炭化水素油と置き換えられる場合、揮発性環状シリコーンによってもたらすことができるレベルと同じレベルのフレッシュな使用感を揮発性炭化水素油ではもたらすことができない。

更に、揮発性環状シリコーンを使用しない場合、W/O型組成物の高被覆力は困難であり得る。ここで、「被覆力」は、基質、特に皮膚等のケラチン物質上の微細な形状(例えば、毛穴及び皺等のムラ)並びに/又は色(例えば染み及び等のムラ)を隠蔽する能力を意味する。揮発性炭化水素油は、シリコーンより低い密度を有し、油性相中に顔料を安定して分散させることをより困難にする。

更に、W/O型エマルションは、不安定であり得、炭化水素油低密度のために油性相と水性相への相分離が生じることなく、長期間、その均一又は一様の様相を維持できる。

概要

定性であり、フレッシュな使用感をもたらすことができ、良好な被覆力を有することができる、W/O型組成物を提供すること。本発明は、(a)少なくとも1種の油と、(b)少なくとも1種のモノアルキルトリアシチタネート処理顔料と、(c)エタノールと、(d)水とを含む、W/O型組成物であって、(c)エタノールの量が、組成物の総質量に対して、6.0質量%以上、好ましくは6.4質量%以上、より好ましくは6.8質量%以上であり、組成物が、任意選択により、少なくとも1種の揮発性環状シリコーンを、組成物の総質量に対して1質量%以下の量で含む、組成物に関する。本発明による組成物は、安定性であり、フレッシュな使用感をもたらすことができ、良好な被覆力を有することができる。なし

目的

本発明の目的は、安定性であり、フレッシュな使用感をもたらすことができ、良好な被覆力を有することができる、W/O型組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(a)少なくとも1種の油と、(b)少なくとも1種のモノアルキルトリアシチタネート処理顔料と、(c)エタノールと、(d)水とを含むW/O型組成物であって、(c)エタノールの量が、組成物の総質量に対して、6.0質量%以上、好ましくは6.4質量%以上、より好ましくは6.8質量%以上であり、組成物が、任意選択により、少なくとも1種の揮発性環状シリコーンを、組成物の総質量に対して1質量%以下の量で含む、W/O型組成物。

請求項2

組成物が、連続相及び分散相を含み、連続相が(a)油を含み、分散相が(c)エタノール及び(d)水を含む、請求項1に記載の組成物。

請求項3

(a)油が、少なくとも1種の揮発性炭化水素油、好ましくは揮発性C9〜14アルカン、より好ましくはウンデカンイソドデカントリデカン、及びこれらの混合物からなる群から選択される、請求項1又は2に記載の組成物。

請求項4

組成物中の揮発性炭化水素油の量が、組成物の総質量に対して、1質量%〜25質量%、好ましくは3質量%〜20質量%、より好ましくは5質量%〜15質量%である、請求項3に記載の組成物。

請求項5

組成物中の(a)油の量が、組成物の総質量に対して、10質量%〜60質量%、好ましくは15質量%〜50質量%、より好ましくは20質量%〜40質量%である、請求項1から4のいずれか一項に記載の組成物。

請求項6

モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料が、イソプロピルトリイソステアロイルチタネート処理顔料を含む、請求項1から5のいずれか一項に記載の組成物。

請求項7

モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料が、無機顔料、好ましくは金属酸化物顔料、より好ましくは酸化鉄二酸化チタン、又はこれらの混合物を含む、請求項1から6のいずれか一項に記載の組成物。

請求項8

酸化鉄が、黄色酸化鉄赤色酸化鉄黒色酸化鉄、又はこれらの混合物を含む、請求項7に記載の組成物。

請求項9

組成物中の(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料の量が、組成物の総質量に対して、1質量%〜40質量%、好ましくは5質量%〜30質量%、より好ましくは10質量%〜20質量%である、請求項1から8のいずれか一項に記載の組成物。

請求項10

組成物中の(c)エタノールの量が、組成物の総質量に対して、20質量%以下、好ましくは15質量%以下、より好ましくは10質量%以下である、請求項1から9のいずれか一項に記載の組成物。

請求項11

組成物中の(d)水の量が、組成物の総質量に対して、10質量%〜50質量%、好ましくは15質量%〜45質量%、より好ましくは20質量%〜40質量%である、請求項1から10のいずれか一項に記載の組成物。

請求項12

組成物が、(e)少なくとも1種の界面活性剤、好ましくは非イオン性界面活性剤、より好ましくはジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30を更に含む、請求項1から11のいずれか一項に記載の組成物。

請求項13

組成物が、化粧用組成物、好ましくは皮膚化粧用組成物である、請求項1から12のいずれか一項に記載の組成物。

請求項14

皮膚等のケラチン基質のための美容方法であって、請求項1から13のいずれか一項に記載の組成物をケラチン基質に塗布する工程を含む美容方法。

請求項15

(a)少なくとも1種の油と、(d)水とを含むW/O型組成物中での、組成物の安定性被覆力及びフレッシュ使用感強化するための(b)少なくとも1種のモノアルキルトリアシルチタネート処理顔料及び(c)エタノールの使用であって、(c)エタノールの量が、組成物の総質量に対して、6.0質量%以上、好ましくは6.4質量%以上、より好ましくは6.8質量%以上であり、組成物が、任意選択により、少なくとも1種の揮発性環状シリコーンを、組成物の総質量に対して1質量%以下の量で含む使用。

技術分野

0001

本発明は、化粧用途に好適なW/O型組成物に関する。

背景技術

0002

化粧品又は皮膚科の分野において、W/O型エマルションを使用することは既知実践法である。油性相中に分散された水性相からなるこれらのエマルションは、外部油性相を有し、したがって、W/Oエマルションベース化粧料/皮膚科用製品は、外部油性相中の成分に由来する快適な触感をもたらすことができる。

0003

フレッシュ使用感を有するW/O型組成物を提供するために、揮発性環状シリコーンが一般的に使用される。しかしながら、環境上の懸念を含めた幾つかの理由から、このような揮発性環状シリコーンの使用は回避される傾向にある。

0004

しかしながら、揮発性環状シリコーンを含むW/O型組成物中の揮発性環状シリコーンを置き換えることは困難である。例えば、W/O型組成物中の揮発性環状シリコーンが揮発性炭化水素油と置き換えられる場合、揮発性環状シリコーンによってもたらすことができるレベルと同じレベルのフレッシュな使用感を揮発性炭化水素油ではもたらすことができない。

0005

更に、揮発性環状シリコーンを使用しない場合、W/O型組成物の高被覆力は困難であり得る。ここで、「被覆力」は、基質、特に皮膚等のケラチン物質上の微細な形状(例えば、毛穴及び皺等のムラ)並びに/又は色(例えば染み及び等のムラ)を隠蔽する能力を意味する。揮発性炭化水素油は、シリコーンより低い密度を有し、油性相中に顔料を安定して分散させることをより困難にする。

0006

更に、W/O型エマルションは、不安定であり得、炭化水素油低密度のために油性相と水性相への相分離が生じることなく、長期間、その均一又は一様の様相を維持できる。

0007

米国特許出願公開第20050019284号
仏国特許第2679771号
米国特許第2,528,378号
米国特許第2,781,354号
米国特許第4,874,554号
米国特許第4,137,180号
US-A-5364633
US-A-5411744

先行技術

0008

Walter Noll著「Chemistry and Technology of Silicones」(1968)Academic Press
Ullmann's Encyclopedia
CTFAInternational Cosmetic Ingredient Dictionary & Handbook、第15版、2014年
CTFA dictionary、第3版、1982年
「Handbook of Surfactants」、M. R. Porter、Blackie & Son Publishers (Glasgow及びLondon)、1991年、116〜178頁

発明が解決しようとする課題

0009

したがって、本発明の目的は、安定性であり、フレッシュな使用感をもたらすことができ、良好な被覆力を有することができる、W/O型組成物を提供することである。

課題を解決するための手段

0010

上記の本発明の目的は、
(a)少なくとも1種の油と、
(b)少なくとも1種のモノアルキルトリアシチタネート処理顔料と、
(c)エタノールと、
(d)水と
を含む、W/O型組成物であって、
(c)エタノールの量が、組成物の総質量に対して、6.0質量%以上、好ましくは6.4質量%以上、より好ましくは6.8質量%以上であり、
組成物が、任意選択により、少なくとも1種の揮発性環状シリコーンを、組成物の総質量に対して1質量%以下の量で含む、
W/O型組成物によって達成することができる。

0011

本発明による組成物は、連続相及び分散相を含んでもよく、
連続相は(a)油を含み、
分散相は(c)エタノール及び(d)水を含む。

0012

(a)油は、少なくとも1種の揮発性炭化水素油、好ましくは揮発性C9〜14アルカンを含んでもよく、より好ましくはウンデカンイソドデカントリデカン、及びこれらの混合物からなる群から選択される。

0013

本発明による組成物中の揮発性炭化水素油の量は、組成物の総質量に対して、1質量%〜25質量%、好ましくは3質量%〜20質量%、より好ましくは5質量%〜15質量%であることができる。

0014

本発明による組成物中の(a)油の量は、組成物の総質量に対して、10質量%〜60質量%、好ましくは15質量%〜50質量%、より好ましくは20質量%〜40質量%であることができる。

0015

モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料は、イソプロピルトリイソステアロイルチタネート処理顔料を含むことができる。

0016

モノアルキルトリアシルチタネートで処理した顔料は、無機顔料、好ましくは金属酸化物顔料、より好ましくは酸化鉄二酸化チタン、又はこれらの混合物を含むことができる。酸化鉄は、黄色酸化鉄赤色酸化鉄黒色酸化鉄、又はこれらの混合物を含むことができる。

0017

本発明による組成物中の(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料の量は、組成物の総質量に対して、1質量%〜40質量%、好ましくは5質量%〜30質量%、より好ましくは10質量%〜20質量%であることができる。

0018

本発明による組成物中の(c)エタノールの量は、組成物の総質量に対して、20質量%以下、好ましくは15質量%以下、より好ましくは10質量%以下であることができる。

0019

本発明による組成物中の(d)水の量は、組成物の総質量に対して、10質量%〜50質量%、好ましくは15質量%〜45質量%、より好ましくは20質量%〜40質量%であることができる。

0020

本発明による組成物は、(e)少なくとも1種の界面活性剤、好ましくは非イオン性界面活性剤、より好ましくはジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30を更に含んでもよい。

0021

本発明による組成物は、化粧用組成物、好ましくは皮膚化粧用組成物であることができる。

0022

本発明はまた、皮膚等のケラチン基質のための美容方法であって、本発明による組成物をケラチン基質に塗布する工程を含む、美容方法に関する。

0023

本発明はまた、
(a)少なくとも1種の油と、
(d)水と
を含むW/O型組成物中での、組成物の安定性、被覆力及びフレッシュな使用感を強化するための(b)少なくとも1種のモノアルキルトリアシルチタネート処理顔料及び(c)エタノールの使用であって、
(c)エタノールの量が、組成物の総質量に対して、6.0質量%以上、好ましくは6.4質量%以上、より好ましくは6.8質量%以上であり、
組成物が、任意選択により、少なくとも1種の揮発性環状シリコーンを、組成物の総質量に対して1質量%以下の量で含む
使用に関する。

0024

鋭意検討の結果、本発明者らは、安定性であり、フレッシュな使用感をもたらすことができ、良好な被覆力を有することができるW/O型組成物を提供することが可能であることを発見した。

0025

したがって、本発明による組成物は、
(a)少なくとも1種の油と、
(b)少なくとも1種のモノアルキルトリアシルチタネート処理顔料と、
(c)エタノールと、
(d)水と
を含むW/O型組成物であって、
(c)エタノールの量が、組成物の総質量に対して、6.0質量%以上、好ましくは6.4質量%以上、より好ましくは6.8質量%以上であり、
組成物が、任意選択により、少なくとも1種の揮発性環状シリコーンを、組成物の総質量に対して1質量%以下の量で含む、
W/O型組成物である。

0026

本発明による組成物には揮発性環状シリコーンが使われていないため、環境に優しい。

0027

本発明による組成物には揮発性環状シリコーンが使われていないが、本発明による組成物中に比較的多量の(c)エタノールが存在するため、フレッシュな使用感をもたらすことができる。

0028

比較的多量の(c)エタノールの使用は、安定性を低減させてしまう恐れがある。しかしながら、驚くべきことに、(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料を(c)エタノールと組み合わせて使用すると、安定性を高めることができる。したがって、本発明による組成物の様相を、油性相及び水性相への相分離を生じさせることなく、長期間、均一又は一様にすることができる。

0029

加えて、本発明による組成物は揮発性環状シリコーンを含まないが、(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料と(c)エタノールとの組み合わせによって良好な被覆力をもたらすことができる。したがって、例えば、本発明による組成物は、小皺及び皺等の皮膚の輪郭にあるムラ並びに染み及び痣等の皮膚の色ムラをよく隠蔽することができる。

0030

以下、本発明による組成物等をより詳細に説明する。

0031

[組成物]
本発明による組成物は、連続相及び分散相を含んでもよく、
連続相は(a)油を含むことができ、
分散相は(c)エタノール及び(d)水を含むことができる。

0032

(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料は、(a)油若しくは連続相、又は連続相と分散相との間の界面に存在し得る。

0033

(油)
本発明による組成物は、(a)少なくとも1種の油を含む。2種以上の油を使用する場合、それらは同一であっても異なっていてもよい。

0034

(a)油は、連続相又は本発明による組成物の油性相を形成する。

0035

ここで「油」は、室温(25℃)、大気圧(760mmHg)下で液状又はペースト状(非固体)の形態である脂肪族化合物又は脂肪性物質を意味する。油として、化粧品において一般的に使用されるものを、単独で、又はそれらを組み合わせて使用することができる。これらの油は揮発性であっても不揮発性であってもよい。

0036

油は、炭化水素油、不揮発性シリコーン油等の非極性油植物油若しくは動物油及びエステル油若しくはエーテル油等の極性油、又はこれらの混合物であることができる。

0037

油は、植物又は動物起源の油、合成油、不揮発性シリコーン油、炭化水素油、及び脂肪アルコールからなる群から選択してもよい。

0039

動物油の例として、例えば、スクアレン及びスクアランを挙げることができる。

0040

合成油の例として、イソドデカン及びイソヘキサデカン等のアルカン油、エステル油、エーテル油、並びに人工トリグリセリドを挙げることができる。

0041

エーテル油の例として挙げることができるのは、ジカプリリルエーテルである。

0042

エステル油は、好ましくは、飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状のC1〜C26脂肪族一酸又は多酸の液状エステルと、飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状のC1〜C26脂肪族モノアルコール又は多価アルコールの液状エステルであり、エステルの合計炭素原子数は10以上である。

0043

好ましくは、モノアルコールのエステルの場合、本発明のエステルが由来するアルコール及び酸の中から少なくとも1つは分枝状である。

0045

C4〜C22ジカルボン酸又はトリカルボン酸とC1〜C22アルコールとのエステル、並びにモノカルボン酸、ジカルボン酸又はトリカルボン酸と非糖C4〜C26ジヒドロキシトリヒドロキシテトラヒドロキシ又はペンタヒドロキシアルコールとのエステルも使用してもよい。

0046

セバシン酸ジエチルラウロイルサルコシン酸イソプロピル、セバシン酸ジイソプロピルセバシン酸ビス(2-エチルヘキシル)、アジピン酸ジイソプロピルアジピン酸ジ-n-プロピルアジピン酸ジオクチルアジピン酸ビス(2-エチルヘキシル)、アジピン酸ジイソステアリルマレイン酸ビス(2-エチルヘキシル)、クエン酸トリイソプロピル、クエン酸トリイソセチル、クエン酸トリイソステアリル、トリ乳酸グリセリルトリオタン酸グリセリル、クエン酸トリオクチルドデシル、クエン酸トリオレイル、ジヘプタン酸ネオペンチルグリコールジイソノナン酸ジエチレングリコールを特に挙げることができる。

0047

エステル油として、C6〜C30、好ましくはC12〜C22脂肪酸糖エステル及びジエステルを使用することができる。「糖」という用語は、幾つかのアルコール官能基を含有し、アルデヒド又はケトン官能基を有し又は有さず、且つ少なくとも4個の炭素原子を含む、酸素含有炭化水素化合物を意味することが想起される。これらの糖は、単糖オリゴ糖又は多糖とすることができる。

0048

挙げることができる好適な糖の例としては、スクロース(又はサッカロース)、グルコースガラクトースリボースフコースマルトースフルクトースマンノースアラビノースキシロース及びラクトース、並びにそれらの誘導体、特にメチル誘導体等のアルキル誘導体、例えばメチルグルコースがある。

0049

脂肪酸の糖エステルは、前述の糖と、直鎖状若しくは分枝状の、飽和若しくは不飽和のC6〜C30、好ましくはC12〜C22の脂肪酸とのエステル又はエステル混合物を含む群から特に選択してもよい。これらの化合物は、不飽和である場合、1から3個の共役又は非共役炭素-炭素二重結合を有することができる。

0050

この変形態によるエステルはまた、モノエステル、ジエステル、トリエステルテトラエステル、及びポリエステル、並びにこれらの混合物から選択してもよい。

0052

より詳細には、モノエステル及びジエステル、とりわけスクロース、グルコース、又はメチルグルコースのモノオレイン酸エステル又はジオレイン酸エステル、ステアリン酸エステル、ベヘン酸エステル、オレオパルミチン酸エステル、リノール酸エステル、リノレン酸エステル、及びオレオステアリン酸エステルが使用される。

0053

挙げることができる例は、Amerchol社によりGlucate(登録商標)DO名称販売されている製品であり、これはジオレイン酸メチルグルコースである。

0054

好ましいエステル油の例として、例えば、アジピン酸ジイソプロピル、アジピン酸ジオクチル、ヘキサン酸2-エチルヘキシル、ラウリン酸エチル、オクタン酸セチル、オクタン酸オクチルドデシル、ネオペンタン酸イソデシル、プロピオン酸ミリスチル2-エチルヘキサン酸2-エチルヘキシル、オクタン酸2-エチルヘキシル、(カプリル酸/カプリン酸)2-エチルヘキシル、パルミチン酸メチル、パルミチン酸エチル、パルミチン酸イソプロピル、炭酸ジカプリリル、ラウロイルサルコシン酸イソプロピル、イソノナン酸イソノニル、パルミチン酸エチルヘキシル、ラウリン酸イソヘキシル、ラウリン酸ヘキシル、ステアリン酸イソセチル、イソステアリン酸イソプロピル、ミリスチン酸イソプロピル、オレイン酸イソデシル、トリ(2-エチルヘキサン酸)グリセリル、テトラ(2-エチルヘキサン酸)ペンタエリスリチル、コハク酸2-エチルヘキシル、セバシン酸ジエチル、及びこれらの混合物を挙げることができる。

0055

人工トリグリセリドの例としては、例えば、カプリルプリリルグリセリド、トリミリスチン酸グリセリル、トリパルミチン酸グリセリル、トリリノレン酸グリセリル、トリラウリン酸グリセリル、トリカプリン酸グリセリルトリカプリル酸グリセリル、トリ(カプリン酸/カプリル酸)グリセリル(INCI名:カプリル/カプリントリグリセリド)及びトリ(カプリン酸/カプリル酸/リノレン酸)グリセリルを挙げることができる。

0056

不揮発性シリコーン油の例としては、例えば、ジメチルポリシロキサン(INCI名:ジメチコーン)、メチルフェニルポリシロキサンメチルハイドロジェンポリシロキサン等の直鎖状オルガノポリシロキサンを挙げることができる。

0057

好ましくは、不揮発性シリコーン油は、液状ポリジアルキルシロキサン、特に液状ポリジメチルシロキサン(PDMS)、少なくとも1つのアリール基を含む液状ポリオルガノシロキサン、及びトリメチルシリル末端基を含有するポリジメチルシロキサンから選択することができる。

0058

これらのポリジアルキルシロキサンの中では、非限定的に、以下の市販製品を挙げることができる:
- Rhodia社により販売されているSilbione(登録商標)油の47及び70 047シリーズ又はMirasil(登録商標)油、例えば70 047 V 500 000油、
- Rhodia社によって販売されているMirasil(登録商標)シリーズの油、
- Dow Corning社製の200シリーズの油、例えば粘度60000mm2/sのDC200、並びに
- General Electric社製のViscasil(登録商標)油及びGeneral Electric社製のSFシリーズの特定の油(SF 96、SF 18)。

0059

ジメチコノール(CTFA)の名称で知られている、ジメチルシラノール末端基を含有するポリジメチルシロキサン、例えばRhodia社製の48シリーズの油も挙げることができる。

0060

アリール基を含有する不揮発性シリコーンの中で、ポリジアリールシロキサン、特にポリジフェニルシロキサン及びポリアルキルアリールシロキサン、例えばフェニルシリコーン油を挙げることができる。

0061

フェニルシリコーン油は、以下の式のフェニルシリコーンから選択してもよい:

0062

0063

(式中、
R1〜R10は、互いに独立して、飽和又は不飽和の、直鎖状、環状又は分枝状のC1〜C30炭化水素系基、好ましくはC1〜C12炭化水素系基、より好ましくはC1〜C6炭化水素系基、特にメチル、エチル、プロピル又はブチル基であり、
m、n、p及びqは、互いに独立して、両端を含んで0から900の間、好ましくは両端を含んで0から500の間、より好ましくは両端を含んで0から100の間の整数であり、
但し、和n+m+qは0以外である)

0064

挙げることができる例には、以下の名称で販売されている製品がある:
- Rhodia社製Silbione(登録商標)油の70 641シリーズ、
- Rhodia社製Rhodorsil(登録商標)70 633及び763シリーズの油、
- Dow Corning社製Dow Corning 556 Cosmetic Grade Fluidの油、
- Bayer社製PKシリーズのシリコーン、例えばPK20製品、
- General Electric社製SFシリーズの特定の油、例えばSF 1023、SF 1154、SF 1250及びSF 1265。

0065

フェニルシリコーン油として、フェニルトリメチコン(上記の式中、R1〜R10は、メチルであり;p、q、及びn=0であり;m=1である)が好ましい。

0066

これらの不揮発性シリコーン油はまた、有機変性されていてもよい。本発明に従って使用することができる有機変性シリコーンは、上記で定義したようなシリコーン油であり、それらの構造中に、炭化水素系基を介して結合されている1個又は複数の有機官能基を含むシリコーン油である。

0067

オルガノポリシロキサンは、Walter Noll著「Chemistry and Technology of Silicones」(1968)Academic Pressにおいてより詳細に定義されている。これらは、揮発性であっても不揮発性であってもよい。

0068

有機変性液状シリコーンは、とりわけ、ポリエチレンオキシ基及び/又はポリプロピレンオキシ基を含有していてもよい。そのため、信越化学工業株式会社によって提案されているシリコーンKF-6017、及びUnion Carbide社製のSilwet(登録商標)L722オイル及びL77オイルを挙げることができる。

0069

炭化水素油は、以下から選択することができる:
- 直鎖状又は分枝状、任意選択で環状のC6〜C16低級アルカン。(挙げることができる例としては、ヘキサン、ウンデカン、ドデカン、トリデカン、及びイソパラフィン、例としてはイソヘキサデカン、イソドデカン及びイソデカンがある);並びに
- 16個超の炭素原子を含有する直鎖状又は分枝状の炭化水素、例えば流動パラフィン、液状ワセリン(petroleum jelly)、ポリデセン及び水素ポリイソブテン、例えばParleam(登録商標)、並びにスクアラン。

0070

炭化水素油の好ましい例としては、例えば、直鎖状又は分枝状の炭化水素、例えばイソヘキサデカン、イソドデカン、スクアラン、鉱物油(例えば、流動パラフィン)、パラフィン、ワセリン又はペトロラタムナフタレン等;水添ポリイソブテンイソエイコサン及びデセン/ブテンコポリマー;並びにこれらの混合物が挙げることができる。

0071

脂肪アルコールにおける「脂肪」という用語は、比較的多数の炭素原子が含まれるものを意味する。したがって、4個以上、好ましくは6個以上、より好ましくは12個以上の炭素原子を有するアルコールは、脂肪アルコールの範囲内に包含される。脂肪アルコールは、飽和であっても、不飽和であってもよい。脂肪アルコールは、直鎖状であっても分枝状であってもよい。

0072

脂肪アルコールは、構造R-OH(式中、Rは、4から40個の炭素原子、好ましくは6から30個の炭素原子、より好ましくは12から20個の炭素原子を含有する、飽和及び不飽和の、直鎖状及び分枝状の基から選択される)を有してもよい。少なくとも一実施形態において、Rは、C12〜C20アルキル基及びC12〜C20アルケニル基から選択され得る。Rは、少なくとも1個のヒドロキシル基置換されていてもいなくてもよい。

0073

脂肪アルコールの例として、ラウリルアルコールイソステアリルアルコールウンデシレニルアルコールオクチルドデカノールヘキシルデカノールオレイルアルコール、リノレイルアルコール、パルミトレイルアルコール、アラキドニルアルコール、及びこれらの混合物を挙げることができる。

0074

したがって、脂肪アルコールは、直鎖状又は分枝状の、飽和又は不飽和のC6〜C30アルコール、好ましくは、直鎖状又は分枝状の、飽和C6〜C30アルコール、より好ましくは、直鎖状又は分枝状の、飽和C12〜C20アルコールから選択することができる。

0075

ここで、「飽和脂肪アルコール」という用語は、長鎖の脂肪族飽和炭素鎖を有するアルコールを意味する。飽和脂肪アルコールは、任意の直鎖状又は分枝状の、飽和C6〜C30脂肪アルコールから選択されることが好ましい。直鎖状又は分枝状の飽和C6〜C30脂肪アルコールの中で、直鎖状又は分枝状の飽和C12〜C20脂肪アルコールが、好ましくは使用され得る。任意の直鎖状又は分枝状の飽和C16〜C20脂肪アルコールが、より好ましくは使用され得る。分枝状のC16〜C20脂肪アルコールが、更により好ましくは使用され得る。

0076

飽和脂肪アルコールの例としては、ラウリルアルコール、イソステアリルアルコール、ウンデシレニルアルコール、オクチルドデカノール、ヘキシルデカノール、及びこれらの混合物を挙げることができる。一実施形態では、オクチルドデカノール及びヘキシルデカノールを、飽和脂肪アルコールとして使用することができる。

0077

少なくとも一実施形態によれば、本発明による組成物において使用される脂肪アルコールは、好ましくは、オクチルドデカノール、ヘキシルデカノール及びこれらの混合物から選択される。

0078

(a)油は、極性油、非極性油及びこれらの混合物から選択することができ、より好ましくはエステル油、エーテル油、植物油、炭化水素、及びこれらの混合物から選択することができる。

0079

(a)油は、少なくとも1種の揮発性炭化水素油を含むことができる。揮発性炭化水素油は、好ましくは、C9〜14アルカンから選択され得る。揮発性炭化水素油は、より好ましくは、ウンデカン、イソドデカン、トリデカン、及びこれらの混合物からなる群から選択されてもよい。

0080

本発明による組成物中の揮発性炭化水素油の量は、組成物の総質量に対して、1質量%以上、好ましくは3質量%以上、より好ましくは5質量%以上であり得る。

0081

本発明による組成物中の揮発性炭化水素油の量は、組成物の総質量に対して25質量%以下、好ましくは20質量%以下、より好ましくは15質量%以下であることができるが、但し、揮発性炭化水素油の量は、0ではない。

0082

本発明による組成物中の揮発性炭化水素油の量は、組成物の総質量に対して、1質量%〜25質量%、好ましくは3質量%〜20質量%、より好ましくは5質量%〜15質量%であることができる。

0083

本発明による組成物中の(a)油の量は、組成物の総質量に対して、10質量%以上、好ましくは15質量%以上、より好ましくは20質量%以上であることができる。

0084

本発明による組成物中の(a)油の量は、組成物の総質量に対して60質量%以下、好ましくは50質量%以下、より好ましくは40質量%以下であることができるが、但し、(a)油の量は、0ではない。

0085

本発明による組成物中の(a)油の量は、組成物の総質量に対して、10質量%〜60質量%、好ましくは15質量%〜50質量%、より好ましくは20質量%〜40質量%であることができる。

0086

本発明による組成物は、揮発性環状シリコーンを実質的に含まない。

0087

揮発性環状シリコーンとしては、3〜7個、好ましくは4〜6個のケイ素原子を含む環状ポリジアルキルシロキサンを挙げることができる。これらには、例えば、特にUnion Carbide社によりVolatile Silicone(登録商標)7207の名称で、又はRhodia社によりSilbione(登録商標)70045 V2の名称で販売されているオクタメチルシクロテトラシロキサン、Union Carbide社によりVolatile Silicone(登録商標)7158の名称で、Rhodia社によりSilbione(登録商標)70045 V5の名称で販売されているデカメチルシクロペンタシロキサン、及びMomentive Performance Materials社によりSilsoft 1217の名称で販売されているドデカメチルシクロヘキサシロキサン、並びにこれらの混合物がある。次式のジメチルシロキサン/メチルアルキルシロキサンのようなタイプのシクロコポリマー、例えば、Union Carbide社により販売されているSilicone Volatile(登録商標)FZ 3109を挙げることもできる。

0088

0089

環状ポリジアルキルシロキサンと有機ケイ素化合物との混合物、例えば、オクタメチルシクロテトラシロキサンとテトラトリメチルシリルペンタエリスリトールとの混合物(50/50)及びオクタメチルシクロテトラシロキサンとオキシ-1,1'-ビス(2,2,2',2',3,3'-ヘキサトリメチルシリルオキシ)ネオペンタンとの混合物も挙げることができる。

0090

本発明による組成物は、少なくとも1種の揮発性環状シリコーンを、組成物の総質量に対して、1質量%以下、好ましくは0.1質量%以下、より好ましくは0.01質量%以下の量で、任意選択で含んでもよい。本発明による組成物は、揮発性環状シリコーンを含まないことが最も好ましい。

0091

(モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料)
本発明による組成物は、(b)少なくとも1種のモノアルキルトリアシルチタネート処理顔料を含む。2種以上の(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料が使用される場合、それらは同一であっても異なっていてもよい。

0092

本発明における使用に好適な顔料は、モノアルキルトリアシルチタネートで処理されている、例えば、被覆されているか、又は囲まれている。モノアルキルチタネートとも呼ばれるモノアルキルトリアシルチタネートは、式RO-Ti-(OR')3で表すことができ、式中、Rはアルキルであり、R'は同一であっても異なっていてもよいアシル基である。

0093

モノアルキルトリアシルチタネートの特定の実施形態において、アルキルはC1〜5アルキル、特にC1〜4アルキル基であり、アシルは、アクリル酸若しくはアクリル酸誘導体、例えばメタクリル酸、又は脂肪酸に由来する。特にアシル基は、C6〜30脂肪酸、より具体的にはC12〜24脂肪酸、更により具体的にはC16〜20脂肪酸に由来する。このような脂肪酸は、カプリン酸、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、イソステアリン酸、ヒドロキシルステアリン酸、オレイン酸であることができる。これらのトリアシルチタネート中のアシル基は、同一であっても異なっていてもよい。好ましい実施形態は、モノイソプロピルトリアシルチタネートであり、米国特許出願公開第20050019284号(詳細には段落[0038]〜[0052])を参照されたい。

0094

好ましい実施形態によれば、モノアルキルトリアシルチタネートは、イソプロピルトリイソステアロイルチタネート(ITT)、イソプロピルジメタクリルイソステアロイルチタネート、イソプロピルジメタクリルイソステアロイルチタネートであることができる。

0095

好ましくは、モノアルキルトリアシルチタネートは、イソプロピルチタントリイソステアレートとも呼ばれ得るイソプロピルトリイソステアロイルチタネート(ITT)であることができる。

0096

(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料は、イソプロピルトリイソステアロイルチタネート処理顔料であってもよい。

0097

(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料は、少なくともモノアルキルトリアシルチタネートで処理した顔料である。(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料は、モノアルキルトリアシルチタネートのみで処理してもよいし、又はモノアルキルトリアシルチタネート及びフッ素化表面処理剤等の少なくとも1種の追加の表面処理剤又はポリジメチルシロキサン等のシリコーン系表面処理剤で処理してもよい。

0098

例えば、イソプロピルトリイソステアロイルチタネート処理顔料は、少なくともイソプロピルトリイソステアロイルチタネート(ITT)で処理した顔料である。イソプロピルトリイソステアロイルチタネート処理顔料は、イソプロピルトリイソステアロイルチタネート(ITT)のみで処理してもよいし、又はイソプロピルトリイソステアロイルチタネート(ITT)及びフッ素化表面処理剤等の少なくとも1種の追加の表面処理剤又はポリジメチルシロキサン等のシリコーン系表面処理剤で処理してもよい。

0099

「顔料」という表現は、白又は有色であり、無機又は有機であり、生理学的媒体又は化粧料として許容される媒体不溶性であり、組成物を着色することが意図される、任意の形状の粒子を意味することを理解されるべきである。

0100

「無機顔料」という用語は、Ullmann's Encyclopediaの無機顔料の章の定義と一致する任意の顔料を意味することが意図される。これらの無機顔料は、金属酸化物からなる顔料から特に選択することができる。

0101

無機顔料の中でも、任意選択により表面処理されている二酸化チタン、酸化ジルコニウム又は酸化セリウム酸化亜鉛、酸化鉄(黒色、黄色又は赤色)、又は酸化クロムマンガンバイオレットウルトラマリンブルークロム水和物、フェリックブルー、並びに金属パウダー、例えばアルミニウムパウダー及び銅パウダーを挙げることができる。

0102

好ましい実施形態によれば、本発明による組成物中に存在する、特に金属酸化物からなる無機顔料は、二酸化チタン、酸化亜鉛及び/又は酸化鉄から選択される。顔料としての酸化チタンは、0.1μm以上、より好ましくは0.2μm以上、更により好ましくは0.3μm以上の粒径を有することが好ましい。典型的には、顔料としての酸化チタンは、0.2〜0.4μmの粒径を有することができる。

0103

有機顔料」という用語は、Ullmann's Encyclopediaの有機顔料の章の定義と一致する任意の顔料を意味することが意図される。有機顔料は、特に、ニトロソ化合物ニトロ化合物アゾ化合物キサンテン化合物キノリン化合物アントラキノン化合物及びフタロシアニン化合物金属錯体型の化合物、並びにイソインドリノン化合物、イソインドリン化合物キナクリドン化合物ペリノン化合物、ペリレン化合物ジケトピロロピロール化合物チオインディゴ化合物ジオキサジン化合物トリフェニルメタン化合物及びキノフタロン化合物から選択することができる。

0104

有機顔料は、例えば、カルミンカーボンブラックアニリンブラック、アゾイエローキナクリドンフタロシアニンブルーソルガムレッド、参照番号CI42090、69800、69825、73000、74100及び74160で色指数体系化されている青色顔料、参照番号CI11680、11710、15985、19140、20040、21100、21108、47000及び47005で色指数に体系化されている黄色顔料、参照番号CI61565、61570及び74260で色指数に体系化されている緑色顔料、参照番号CI11725、15510、45370及び71105で色指数に体系化されている橙色顔料、参照番号CI12085、CI 12120、12370、12420、12490、14700、15525、15580、15620、15630、15800、15850、15865、15880、17200、26100、45380、45410、58000、73360、73915及び75470で色指数に体系化されている赤色顔料、並びに仏国特許第2679771号に記載のインドール誘導体又はフェノール誘導体酸化重合により得られる顔料から選択することができる。

0105

モノアルキルトリアシルチタネートで処理した顔料は、無機顔料、より好ましくは金属酸化物顔料、更により好ましくは酸化鉄、二酸化チタン、又はこれらの混合物を含むことが好ましい。酸化鉄は、黄色酸化鉄、赤色酸化鉄、黒色酸化鉄、又はこれらの混合物を含むことができる。

0106

例えば、商標名BWYO-12(酸化鉄CI77492及びイソプロピルチタントリイソステアレート)、BWRO-12(酸化鉄CI77491及びイソプロピルチタントリイソステアレート)、BWBO-12(酸化鉄CI77499及びイソプロピルチタントリイソステアレート)、並びに/又はTiO2 CR-50 12(アルミナで被覆された二酸化チタンCI77891及びイソプロピルチタントリイソステアレート)でKOBO社により販売されているイソプロピルトリイソステアロイルチタネート処理顔料を挙げることができる。

0107

本発明による組成物中の(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料の量は、組成物の総質量に対して、1質量%以上、好ましくは5質量%以上、より好ましくは10質量%以上であることができる。

0108

本発明による組成物中の(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料の量は、組成物の総質量に対して40質量%以下、好ましくは30質量%以下、より好ましくは20質量%以下であることができるが、但し、(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料の量は、0ではない。

0109

本発明による組成物中の(b)モノアルキルトリアシルチタネート処理顔料の量は、組成物の総質量に対して、1質量%〜40質量%、好ましくは5質量%〜30質量%、より好ましくは10質量%〜20質量%であることができる。

0110

(エタノール)
本発明による組成物は、(c)エタノールを含む。

0111

本発明による組成物中の(c)エタノールの量は、組成物の総質量に対して、6.0質量%以上、好ましくは6.4質量%以上、より好ましくは6.8質量%以上である。

0112

本発明による組成物中の(c)エタノールの量は、組成物の総質量に対して、20質量%以下、好ましくは15質量%以下、より好ましくは10質量%以下であることができる。

0113

本発明による組成物中の(c)エタノールの量は、組成物の総質量に対して、6.0質量%〜20質量%、好ましくは6.4質量%〜15質量%、より好ましくは6.8質量%〜10質量%であることができる。

0114

(水)
本発明による組成物は、(d)水を含む。

0115

(d)水は、本発明によるW/O型組成物の非連続相又は分散(内)相を形成することができる。

0116

(d)水の量は、組成物の総質量に対して、10質量%以上、好ましくは15質量%以上、より好ましくは20質量%以上であることができる。

0117

(d)水の量は、組成物の総質量に対して、50質量%以下、好ましくは45質量%以下、より好ましくは40質量%以下であることができる。

0118

(d)水の量は、組成物の総質量に対して、10質量%〜50質量%、好ましくは15質量%〜45質量%、より好ましくは20質量%〜40質量%であることができる。

0119

(界面活性剤)
本発明による組成物は、(e)少なくとも1種の界面活性剤を含んでもよい。2種以上の(e)界面活性剤が使用される場合、それらは同一であっても異なっていてもよい。

0120

本発明において使用される(e)界面活性剤は、アニオン性界面活性剤両性界面活性剤カチオン性界面活性剤、非イオン性界面活性剤、及びこれらの混合物からなる群から、好ましくは非イオン性界面活性剤から選択することができる。

0121

(c-1)アニオン性界面活性剤
本発明による組成物は、少なくとも1種のアニオン性界面活性剤を含んでもよい。2種以上のアニオン性界面活性剤を組み合わせて使用してもよい。

0122

アニオン性界面活性剤は、(C6〜C30)アルキルスルフェート、(C6〜C30)アルキルエーテルスルフェート、(C6〜C30)アルキルアミドエーテルスルフェートアルキルアリールポリエーテルスルフェートモノグリセリドスルフェート;(C6〜C30)アルキルスルホネート、(C6〜C30)アルキルアミドスルホネート、(C6〜C30)アルキルアリールスルホネートα-オレフィンスルホネート、パラフィンスルホネート;(C6〜C30)アルキルホスフェート;(C6〜C30)アルキルスルホスクシネート、(C6〜C30)アルキルエーテルスルホスクシネート、(C6〜C30)アルキルアミドスルホスクシネート;(C6〜C30)アルキルスルホアセテート;(C6〜C24)アシルサルコシネート;(C6〜C24)アシルグルタメート;(C6〜C30)アルキルポリグリコシドカルボキシルエーテル;(C6〜C30)アルキルポリグリコシドスルホスクシネート;(C6〜C30)アルキルスルホスクシナメート;(C6〜C24)アシルイセチオネート;N-(C6〜C24)アシルタウレート;C6〜C30脂肪酸塩;ヤシ油酸塩又は水添ヤシ油酸塩;(C8〜C20)アシル乳酸塩;(C6〜C30)アルキル-D-ガラクトシドウロン酸塩;ポリオキシアルキレン化(C6〜C30)アルキルエーテルカルボン酸塩;ポリオキシアルキレン化(C6〜C30)アルキルアリールエーテルカルボン酸塩;及びポリオキシアルキレン化(C6〜C30)アルキルアミドエーテルカルボン酸塩;並びに対応する酸の形態からなる群から選択されることが好ましい。

0123

少なくとも一実施形態では、アニオン性界面活性剤は塩の形態にあり、例えばアルカリ金属(例としてはナトリウム)の塩;アルカリ土類金属(例としてはマグネシウム)の塩;アンモニウム塩;アミン塩;及びアミノアルコール塩等である。条件によっては、アニオン性界面活性剤は酸の形態にあってもよい。

0124

アニオン性界面活性剤は、(C6〜C30)アルキルスルフェートの塩、(C6〜C30)アルキルエーテルスルフェートの塩又は塩化されていても塩化されていなくてもよいポリオキシアルキレン化(C6〜C30)アルキルエーテルカルボン酸から選択されることがより好ましい。

0125

(c-2)両性界面活性剤
本発明による組成物は、少なくとも1種の両性界面活性剤を含んでもよい。2種以上の両性界面活性剤を組み合わせて使用してもよい。

0126

両性又は双性イオン性界面活性剤は、例えば(非限定的に列挙すると)、アミン誘導体、例えば脂肪族の第二級又は第三級アミン、及び任意選択により四級化されているアミン誘導体であることができ、その脂肪族基は、8から22個の炭素原子を含み、且つ少なくとも1個の水可溶化アニオン性基(例えば、カルボキシレート、スルホネート、スルフェート、ホスフェート又はホスホネート)を含有する、直鎖状又は分枝状の鎖である。

0127

両性界面活性剤は、好ましくは、ベタイン及びアミドアミンカルボキシル化誘導体からなる群から選択することができる。

0128

両性界面活性剤は、ベタイン型界面活性剤から選択されることが好ましい。

0129

ベタイン型両性界面活性剤は、アルキルベタイン、アルキルアミドアルキルベタイン、スルホベタインホスホベタイン及びアルキルアミドアルキルスルホベタイン、具体的には(C8〜C24)アルキルベタイン、(C8〜C24)アルキルアミド(C1〜C8)アルキルベタイン、スルホベタイン、及び(C8〜C24)アルキルアミド(C1〜C8)アルキルスルホベタインからなる群から好ましくは選択される。一実施形態では、ベタイン型両性界面活性剤は、(C8〜C24)アルキルベタイン、(C8〜C24)アルキルアミド(C1〜C8)アルキルスルホベタイン、スルホベタイン及びホスホベタインから選択される。

0130

挙げることができる非限定的な例には、単独の又は混合物としての、ココベタインラウリルベタイン、セチルベタイン、ココ/オレアミドプロピルベタインコカミドプロピルベタイン、パルミタミドプロピルベタイン、ステアラミドプロピルベタイン、コカミドエチルベタイン、コカミドプロピルヒドロキシスルタイン、オレアミドプロピルヒドロキシスルタイン、ココヒロキシスルタイン、ラウリルヒドロキシスルタイン、及びココスタインの名称で、CTFAInternational Cosmetic Ingredient Dictionary & Handbook、第15版、2014年において分類されている化合物が含まれる。

0131

ベタイン型両性界面活性剤は、好ましくは、アルキルベタイン及びアルキルアミドアルキルベタイン、特に、ココベタイン及びコカミドプロピルベタインである。

0132

アミドアミンカルボキシル化誘導体の中でも、米国特許第2,528,378号及び同第2,781,354号に記載され、CTFAdictionary、第3版、1982年(開示内容は参照により本明細書に組み込まれる)でアンカルボキシグリシネート及びアンホカルボキシプロピオネートの名称で分類され、それぞれの構造が以下の通りである、Miranolの名称で販売されている製品を挙げることができる:
R1-CONHCH2CH2-N+(R2)(R3)(CH2COO-) M+ X- (B1)
[式中、
R1は、加水分解ヤシ油中に存在する酸R1-COOHのアルキル基、ヘプチルノニル又はウンデシルの各基を示し、
R2は、β-ヒドロキシエチル基を示し、
R3は、カルボキシメチル基を示し、
M+は、ナトリウム等のアルカリ金属に由来するカチオン性イオン;アンモニウムイオン;又は有機アミンに由来するイオンを示し、
X-は、ハロゲン化物イオン酢酸イオンリン酸イオン硝酸イオン、アルキル(C1〜C4)硫酸イオン、アルキル(C1〜C4)-若しくはアルキル(C1〜C4)アリール-スルホン酸イオン、特にメチル硫酸イオン及びエチル硫酸イオン等の有機若しくは無機のアニオン性イオンを示し;又はM+及びX-は存在しない];
R1'-CONHCH2CH2-N(B)(C) (B2)
[式中、
R1'は、ヤシ油中若しくは加水分解亜麻仁油中に存在する酸R1'-COOHのアルキル基、C7、C9、C11若しくはC13アルキル基等のアルキル基、C17アルキル基及びそのイソ型、又は不飽和のC17基を示し、
Bは、-CH2CH2OX'を表し、
Cは、-(CH2)z-Y'を表し、z=1又は2であり、
X'は、-CH2-COOH基、-CH2-COOZ'、-CH2CH2-COOH、-CH2CH2-COOZ'又は水素原子を示し、
Y'は、-COOH、-COOZ'、-CH2-CHOH-SO3Z'、-CH2-CHOH-SO3H基又は-CH2-CH(OH)-SO3-Z'基を示し、
Z'は、ナトリウム等のアルカリ金属又はアルカリ土類金属のイオン、有機アミンに由来するイオン、又はアンモニウムイオンを表す];
並びに
Ra''-NH-CH(Y'')-(CH2)n-C(O)-NH-(CH2)n'-N(Rd)(Re) (B'2)
[式中、
Y''は、-C(O)OH、-C(O)OZ''、-CH2-CH(OH)-SO3H又は-CH2-CH(OH)-SO3-Z''(式中、Z''は、ナトリウム等のアルカリ金属若しくはアルカリ土類金属に由来するカチオン性イオン、有機アミンに由来するイオン、又はアンモニウムイオンを示す)を示し、
Rd及びReは、C1〜C4アルキル基又はC1〜C4ヒドロキシアルキル基を示し、
Ra''は、酸からのC10〜C30アルキル基又はアルケニル基を示し、
n及びn'は、独立に、1から3の整数を示す]。

0133

式B1及びB2を有する両性界面活性剤は、(C8〜C24)-アルキルアンホモノアセテート、(C8〜C24)アルキルアンホジアセテート、(C8〜C24)アルキルアンホモノプロピオネート、及び(C8〜C24)アルキルアンホジプロピオネートから選択されることが好ましい。

0134

これらの化合物は、CTFAdictionary、第5版、1993において、ココアンホ二酢酸二ナトリウム、ラウロアンホ二酢酸二ナトリウム、カプリルアンホ二酢酸二ナトリウム、カプリロアンホ二酢酸二ナトリウム、ココアンホジプロピオン酸二ナトリウム、ラウロアンホプロピオン酸二ナトリウム、カプリルアンホジプロピオン酸二ナトリウム、カプリルアンホジプロピオン酸二ナトリウム、ラウロアンホジプロピオン酸及びココアンホジプロピオン酸の名称で分類されている。

0135

例として、Rhodia Chimie社により商標名Miranol(登録商標)C2M concentrateで販売されているココアンホジアセテートを挙げることができる。

0136

式(B'2)の化合物の中では、CHIMEX社によってCHIMEXANE HBの呼称で市販されているジエチルアミノプロピルココアスパルトアミドナトリウム(CTFA)を挙げることができる。

0137

(C-3)カチオン性界面活性剤
本発明による組成物は、少なくとも1種のカチオン性界面活性剤を含んでもよい。2種以上のカチオン性界面活性剤を組み合わせて使用してもよい。

0138

カチオン性界面活性剤は、任意選択でポリオキシアルキレン化された第一級、第二級又は第三級脂肪アミン塩、第四級アンモニウム塩、及びこれらの混合物からなる群から選択され得る。

0139

挙げることができる第四級アンモニウム塩の例には、以下のものが含まれるが、これらに限定されない:
以下の一般式(B3):

0140

0141

(式中、
R1、R2、R3及びR4は、同一であっても異なっていてもよく、1から30個の炭素原子並びに任意選択で酸素窒素硫黄及びハロゲン等のヘテロ原子を含む、直鎖状及び分枝状の脂肪族基から選択される)
のもの。脂肪族基は、例えば、アルキル基、アルコキシ基、C2〜C6ポリオキシアルキレン基アルキルアミド基、(C12〜C22)アルキルアミド(C2〜C6)アルキル基、(C12〜C22)アルキルアセテート基及びヒドロキシアルキル基;並びに芳香族基、例えばアリール基及びアルキルアリール基から選択することができ;X-は、ハロゲン化物イオン、リン酸イオン、酢酸イオン、乳酸イオン、(C2〜C6)アルキル硫酸イオン、及びアルキルスルホン酸イオン又はアルキルアリールスルホン酸イオンから選択される。
イミダゾリンの第四級アンモニウム塩、例えば以下の式(B4):

0142

0143

(式中、
R5は、8から30個の炭素原子を含むアルケニル基及びアルキル基、例えば獣脂の、若しくはヤシの脂肪酸誘導体から選択され、
R6は、水素、C1〜C4アルキル基、並びに8個から30個の炭素原子を含むアルケニル基及びアルキル基から選択され、
R7は、C1〜C4アルキル基から選択され、
R8は、水素及びC1〜C4アルキル基から選択され、
X-は、ハロゲン化物イオン、リン酸イオン、酢酸イオン、乳酸イオン、アルキル硫酸イオン、アルキルスルホン酸イオン及びアルキルアリールスルホン酸イオンから選択される)
のもの。一実施形態では、R5及びR6は、例えば12から21個の炭素原子を含むアルケニル基及びアルキル基から選択される基の混合物、例えば獣脂の脂肪酸誘導体であり、R7はメチルであり、R8は水素である。このような製品の例には、Witco社により「Rewoquat(登録商標)」W75、W90、W75PG及びW75HPGの名称で販売されているクオタニウム-27(CTFA1997年)及びクオタニウム-83(CTFA 1997年)が挙げられるが、これらに限定されない。
式(B5):

0144

0145

(式中、
R9は、16から30個の炭素原子を含む脂肪族基から選択され、
R10は、水素、又は1から4個の炭素原子を含むアルキル基、又は-(CH2)3 (R16a)(R17a)(R18a)N+X-基から選択され、
R11、R12、R13、R14、R16a、R17a、及びR18aは、同一であっても異なっていてもよく、水素、及び1から4個の炭素原子を含むアルキル基から選択され、
X-は、ハロゲン化物イオン、酢酸イオン、リン酸イオン、硝酸イオン、エチルスルホン酸イオン及びメチルスルホン酸イオンから選択される)
のジ又はトリ第四級アンモニウム塩。

0146

このようなジ第四級アンモニウム塩の一例は、FINETEX社のFINQUAT CT-P(クオタニウム-89)又はFINQUAT CT(クオタニウム-75);
及び
少なくとも1つのエステル官能基を含む第四級アンモニウム塩、例えば以下の式(B6)のものである:

0147

0148

(式中、
R22は、C1〜C6アルキル基、並びにC1〜C6ヒドロキシアルキル基及びジヒドロキシアルキル基から選択され、
R23は、
以下の基:

0149

0150

直鎖状及び分枝状の飽和及び不飽和C1〜C22炭化水素系基R27、並びに水素から選択され、
R25は、
以下の基:

0151

0152

直鎖状及び分枝状の飽和及び不飽和C1〜C6炭化水素系基R29、並びに水素から選択され、
R24、R26及びR28は、同一であっても異なっていてもよく、直鎖状及び分枝状の飽和及び不飽和C7〜C21炭化水素系基から選択され、
r、s及びtは、同一であっても異なっていてもよく、2〜6の範囲の整数から選択され、
r1及びt1の各々は、同一であっても異なっていてもよく、0又は1であり、r2+r1=2r及びt1+2t=2tであり、
yは1〜10の範囲の整数から選択され、
x及びzは、同一であっても異なっていてもよく、0〜10の範囲の整数から選択され、
X-は、単体及び錯体の、有機及び無機のアニオンから選択され、但し、和x+y+zは、1〜15の範囲であり、xが0である場合、R23は、R27を示し、zが0である場合、R25は、R29を示す)。
R22は、直鎖状及び分枝状のアルキル基から選択することができる。一実施形態では、R22は、直鎖状のアルキル基から選択される。別の実施形態では、R22は、メチル基エチル基、ヒドロキシエチル基、及びジヒドロキシプロピル基から選択され、例えば、メチル基及びエチル基から選択される。一実施形態では、和x+y+zは、1〜10の範囲である。R23が炭化水素系基R27である場合、これは、長鎖であり、12から22個の炭素原子を含んでもよく、又は短鎖であり、1から3個の炭素原子を含んでもよい。R25が炭化水素系基R29である場合、これは、例えば、1から3個の炭素原子を含んでいてもよい。非限定的な例として、一実施形態では、R24、R26及びR28は、同一であっても異なっていてもよく、直鎖状及び分枝状の、飽和及び不飽和のC11〜C21炭化水素系基から選択され、例えば、直鎖状及び分枝状の、飽和及び不飽和のC11〜C21アルキル基及びアルケニル基から選択される。別の実施形態では、x及びzは、同一であっても異なっていてもよく、0又は1である。一実施形態では、yは1に等しい。別の実施形態では、r、s及びtは、同一であっても異なっていてもよく、2又は3に等しく、例えば2に等しい。アニオンX-は、例えば、ハロゲン化物イオン、例えば塩化物イオン臭化物イオン及びヨウ化物イオン;並びにC1〜C4アルキル硫酸イオン、例えばメチル硫酸イオンから選択することができる。しかしながら、メタンスルホン酸イオン、リン酸イオン、硝酸イオン、トシル酸イオン、有機酸に由来するアニオン、例えば酢酸イオン及び乳酸イオン、並びにエステル官能基を含むアンモニウム適合する任意の他のアニオンは、本発明に従って使用することができるアニオンの他の非限定的な例である。一実施形態では、アニオンX-は、塩化物イオン及びメチル硫酸イオンから選択される。

0153

別の実施形態では、式(B6)のアンモニウム塩であって、
R22が、メチル基及びエチル基から選択され、
x及びyが、1に等しく、
zが、0又は1に等しく、
r、s及びtが、2に等しく、
R23が、
以下の基:

0154

0155

メチル、エチル、及びC14〜C22炭化水素系基、水素から選択され、
R25が、
以下の基:

0156

0157

及び水素から選択され、
R24、R26及びR28が、同一であっても異なっていてもよく、直鎖状及び分枝状の、飽和及び不飽和のC13〜C17炭化水素系基から選択され、例えば、直鎖状及び分枝状の、飽和及び不飽和のC13〜C17アルキル基及びアルケニル基から選択される、
ものを使用できる。

0158

一実施形態では、炭化水素系基は、直鎖状である。

0159

挙げることができる式(B6)の化合物の非限定的な例には、ジアシルオキシエチル-ジメチルアンモニウム、ジアシルオキシエチル-ヒドロキシエチル-メチルアンモニウムモノアシルオキシエチル-ジヒドロキシエチル-メチルアンモニウム、トリアシルオキシエチル-メチルアンモニウム、モノアシルオキシエチル-ヒドロキシエチル-ジメチル-アンモニウムの、塩、例えば塩化物及びメチル硫酸塩、並びにこれらの混合物が含まれる。一実施形態では、アシル基は、14から18個の炭素原子を含んでいてもよく、例えば、植物油、例としてパーム油及びヒマワリ油に由来してもよい。化合物が幾つかのアシル基を含む場合、これらの基は同一であっても異なっていてもよい。

0160

これらの生成物は、例えば、任意選択でオキシアルキレン化されているトリエタノールアミントリイソプロパノールアミンアルキルジエタノールアミン又はアルキルジイソプロパノールアミンを、脂肪酸に、又は植物若しくは動物起源の脂肪酸の混合物に直接エステル化することによって、又はそれらのメチルエステルエステル交換することによって得ることができる。このエステル化の後に、アルキル化剤を使用して四級化してもよく、該アルキル化剤は、ハロゲン化アルキル、例えば、ハロゲン化メチル及びハロゲン化エチル;硫酸ジアルキル、例えば硫酸ジメチル及び硫酸ジエチル;メタンスルホン酸メチル;パラ-トルエンスルホン酸メチル;グリコールクロロヒドリン;並びにグリセロールクロロヒドリンから選択される。

0161

このような化合物は、例えば、Cognis社によりDehyquart(登録商標)の名称で、Stepan社によりStepanquat(登録商標)の名称で、Ceca社によりNoxamium(登録商標)の名称で、且つRewo-Goldschmidt社により「Rewoquat(登録商標)WE 18」の名称で販売されている。

0162

本発明による組成物中で使用することができるアンモニウム塩の他の非限定的な例には、米国特許第4,874,554号及び同第4,137,180号に記載されている少なくとも1個のエステル官能基を含むアンモニウム塩が含まれる。

0163

本発明による組成物中で使用することができる上述の第四級アンモニウム塩には、式(I)に相当するもの、例えば、塩化テトラアルキルアンモニウム、例として塩化ジアルキルジメチルアンモニウム及び塩化アルキルトリメチルアンモニウム(そのアルキル基は、約12から22個の炭素原子を含む)、例えば塩化ベヘニルトリメチルアンモニウム塩化ジステアリルジメチルアンモニウム、塩化セチルトリメチルアンモニウム及び塩化ベンジルジメチルステアリルアンモニウム;塩化パルミチルアミドプロピルトリメチルアンモニウム;並びにVan Dyk社により「Ceraphyl(登録商標)70」の名称で販売されている塩化ステアラミドプロピルジメチル(酢酸ミリスチル)アンモニウムが挙げられるが、これらに限定されない。

0164

一実施形態によれば、本発明による組成物中で使用することができるカチオン性界面活性剤は、塩化ベヘニルトリメチルアンモニウム、塩化セチルトリメチルアンモニウム、クオタニウム-83、クオタニウム-87、クオタニウム-22、塩化ベヘニルアミドプロピル-2,3-ジヒドロキシプロピルジメチルアンモニウム、塩化パルミチルアミドプロピルトリメチルアンモニウム、及びステアラミドプロピルジメチルアミンから選択される。

0165

(c-4)非イオン性界面活性剤
本発明による組成物は、少なくとも1種の非イオン性界面活性剤を含んでもよい。2種以上の非イオン性界面活性剤を組み合わせて使用してもよい。

0166

非イオン性界面活性剤は、それ自体及びそれだけで周知の化合物である(例えば、この点に関して、「Handbook of Surfactants」、M. R. Porter、Blackie & Son Publishers(Glasgow及びLondon)、1991年、116〜178頁を参照されたい)。したがって、非イオン性界面活性剤は、例えば、アルコール、アルファ-ジオールアルキルフェノール及び脂肪酸のエステルから選択することができ、これらの化合物は、エトキシル化プロポキシル化又はグリセロール化されており、例えば8〜30個の炭素原子を含む少なくとも1つの脂肪鎖を有し、エチレンオキシド又はプロピレンオキシド基の数が2〜50の範囲であり、グリセロール基の数が1〜30の範囲であることが可能である。マルトース誘導体を挙げることもできる。エチレンオキシド及び/又はプロピレンオキシドのコポリマー;エチレンオキシド及び/又はプロピレンオキシドと、脂肪アルコールとの縮合物;例えば2〜30molのエチレンオキシドを含むポリエトキシル化脂肪アミド;例えば1.5〜5つの、例えば1.5〜4つのグリセロール基を含むポリグリセロール化脂肪アミド;2〜30molのエチレンオキシドを含む、ソルビタンのエトキシル化脂肪酸エステル;植物由来エトキシル化油;スクロースの脂肪酸エステル;ポリエチレングリコールの脂肪酸エステル;グリセロール(C6〜C24)アルキルポリグリコシドのポリエトキシル化脂肪酸モノエステル又はジエステル;N-(C6〜C24)アルキルグルカミン誘導体;(C10〜C14)アルキルアミンオキシド又はN-(C10〜C14)アシルアミノプロピルモルホリンオキシド等のアミンオキシド;シリコーン界面活性剤;並びにこれらの混合物もまた、非限定的に挙げることができる。

0167

非イオン性界面活性剤は、好ましくは、モノオキシアルキレン化、ポリオキシアルキレン化、モノグリセロール化、又はポリグリセロール化非イオン性界面活性剤から選択することができる。オキシアルキレン単位は、より特定するとオキシエチレン若しくはオキシプロピレン単位、又はこれらの組み合わせであり、好ましくはオキシエチレン単位である。

0168

挙げることができるモノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化非イオン性界面活性剤の例には、以下のものがある:
モノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化(C8〜C24)アルキルフェノール、
飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状の、モノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化C8〜C30アルコール、
飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状の、モノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化C8〜C30アミド、
飽和若しくは不飽和の、直鎖状又は分枝状の、C8〜C30酸とモノアルキレングリコール又はポリアルキレングリコールとのエステル、
飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状のC8〜C30酸とソルビトールとのモノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化エステル、
飽和又は不飽和の、モノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化植物油、及び
とりわけ単独又は混合物としてのエチレンオキシド及び/又はプロピレンオキシドの縮合物。

0169

界面活性剤は、好ましくは、モル数が1〜100の間、好ましくは1〜50の間、より好ましくは1〜20の間の、エチレンオキシド及び/又はプロピレンオキシドを含有する。

0170

本発明の実施形態の1つによれば、モノオキシアルキレン化非イオン性界面活性剤は、モノオキシエチレン化脂肪アルコール(エチレングリコール及び脂肪アルコールのエーテル)、モノオキシエチレン化脂肪エステル(エチレングリコール及び脂肪酸のエステル)、及びこれらの混合物から選択され得る。

0171

挙げることができるモノオキシアルキレン化脂肪エステルの例には、ジステアリン酸グリコールが含まれる。

0172

本発明の実施形態の1つによれば、ポリノオキシアルキレン化非イオン性界面活性剤は、ポリオキシエチレン化脂肪アルコール(ポリエチレングリコール及び脂肪アルコールのエーテル)、ポリオキシエチレン化脂肪エステル(ポリエチレングリコール及び脂肪酸のエステル)、及びこれらの混合物から選択され得る。

0173

挙げることができるポリオキシエチレン化飽和脂肪アルコール(又はC8〜C30アルコール)の例には、ラウリルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ2から20個のオキシエチレン単位を含有するもの、より特定すると2から10個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名としてはラウレス-2からラウレス-20);ベヘニルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ2から20個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名としてはベヘネス-2からベヘネス-20);セテアリルアルコール(セチルアルコール及びステアリルアルコールの混合物)のエチレンオキシド付加物、とりわけ2から20個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名としてはセテアレス-2からセテアレス-20);セチルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ2から20個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名としてはセテス-2からセテス-20);ステアリルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ2から20個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名としてはステアレス-2からステアレス-20);イソステアリルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ2から20個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名としてはイソステアレス-2からイソステアレス-20);並びにこれらの混合物が含まれる。

0174

挙げることができるポリオキシエチレン化不飽和脂肪アルコール(又はC8〜C30アルコール)の例には、オレイルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ2から20個のオキシエチレン単位を含有するもの、より特定すると2から10個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名としてはオレス-2からオレス-20);及びこれらの混合物が含まれる。

0175

モノグリセロール化又はポリグリセロール化非イオン性界面活性剤の例として、モノグリセロール化又はポリグリセロール化C8〜C40アルコールが好ましくは使用される。

0176

詳細には、モノグリセロール化又はポリグリセロール化C8〜C40アルコールは、次式:
RO-[CH2-CH(CH2OH)-O]m-H、又はRO-[CH(CH2OH)-CH2O]m-H
(式中、Rは、直鎖状又は分枝状のC8〜C40、好ましくはC8〜C30アルキル基又はアルケニル基を表し、mは、1〜30、好ましくは1.5〜10の範囲の数を表す)
に対応する。

0177

本発明との関連で好適な化合物の例としては、4molのグリセロールを含有するラウリルアルコール(INCI名:ポリグリセリル-4ラウリルエーテル)、1.5molのグリセロールを含有するラウリルアルコール、4molのグリセロールを含有するオレイルアルコール(INCI名:ポリグリセリル-4オレイルエーテル)、2molのグリセロールを含有するオレイルアルコール(INCI名:ポリグリセリル-2オレイルエーテル)、2molのグリセロールを含有するセテアリルアルコール、6molのグリセロールを含有するセテアリルアルコール、6molのグリセロールを含有するオレオセチルアルコール、及び6molのグリセロールを含有するオクタデカノールを挙げることができる。

0178

mの値が統計値を表すのと同様に、アルコールは、アルコールの混合物を表してもよく、このことは、市販品において、複数種ポリグリセロール化脂肪アルコールが混合物の形態で共存してもよいことを意味する。

0179

モノグリセロール化又はポリグリセロール化アルコールの中では、1molのグリセロールを含有するC8/C10アルコール、1molのグリセロールを含有するC10/C12アルコール、及び1.5molのグリセロールを含有するC12アルコールを使用することが好ましい。

0180

モノグリセロール化又はポリグリセロール化C8〜C40脂肪エステルは、次式:
R'O-[CH2-CH(CH2OR''')-O]m-R''、又はR'O-[CH(CH2OR''')-CH2O]m-R''
[式中、R'、R''及びR'''のそれぞれは、独立して、水素原子、又は直鎖状若しくは分枝状のC8〜C40、好ましくはC8〜C30アルキル-CO-若しくはアルケニル-CO-基を表し、但し、R'、R''及びR'''の少なくとも1つは、水素原子ではなく、mは、1〜30、好ましくは1.5〜10の範囲の数を表す]
に対応することができる。

0181

挙げることができるポリオキシエチレン化脂肪エステルの例には、ラウリン酸、パルミチン酸、ステアリン酸又はベヘン酸のエステルとのエチレンオキシドの付加物及びこれらの混合物、とりわけ2から20個のオキシエチレン単位を含有するもの、例えばPEG-2からPEG-20ラウレート(CTFA名:PEG-2ラウレートからPEG-20ラウレート)、PEG-2からPEG-20パルミテート(CTFA名:PEG-2パルミテートからPEG-20パルミテート)、PEG-2からPEG-20ステアレート(CTFA名:PEG-2ステアレートからPEG-20ステアレート)、PEG-2からPEG-20パルミトステアレート、PEG-2からPEG-20ベヘネート(CTFA名:PEG-2ベヘネートからPEG-20ベヘネート)、及びこれらの混合物が含まれる。

0182

ポリオキシエチレン化脂肪エステルは、1つ又は複数の置換基、例えば、1つ又は複数のヒドロキシル基を有し得る、飽和又は不飽和の直鎖状又は分枝状C8〜C30酸等のポリエチレングリコールと脂肪酸とのジエステルからも選択することができる。脂肪酸は、それぞれが1つ又は複数のヒドロキシル基を有する脂肪酸のポリマーの形態であってもよい。このようなポリマーは、1つ又は複数のヒドロキシル基を有する1つの脂肪酸のカルボキシル基と、1つ又は複数のヒドロキシル基を有する別の脂肪酸のヒドロキシル基とのエステル化によって形成することができる。このようなポリマーの例には、ポリヒドロキシステアレートが挙げられる。したがって、ポリオキシエチレン化脂肪エステルとしては、PEG-30ジポリヒドロキシステアレートを挙げることができる。

0183

本発明の実施形態の1つによれば、非イオン性界面活性剤は、ポリオールと、例えば8〜24個の炭素原子、好ましくは12〜22個の炭素原子を含有する飽和又は不飽和の鎖を有する脂肪酸とのエステル、及び好ましくは10〜200個、より好ましくは10〜100個のオキシアルキレン単位を含有するそのポリオキシアルキレン化誘導体、例えば、1つ又は複数のC8〜C24、好ましくはC12〜C22脂肪酸のグリセリルエステル、及び好ましくは10〜200個、より好ましくは10〜100個のオキシアルキレン単位を含有するそのポリオキシアルキレン化誘導体;1つ又は複数のC8〜C24、好ましくはC12〜C22脂肪酸のソルビトールエステル、及び好ましくは10〜200個、より好ましくは10〜100個のオキシアルキレン単位を含有するそのポリオキシアルキレン化誘導体;1つ又は複数のC8〜C24、好ましくはC12〜C22脂肪酸の糖(スクロース、マルトース、グルコース、フルクトース及び/又はアルキルグリコース)エステル、及び好ましくは10〜200個、より好ましくは10〜100個のオキシアルキレン単位を含有するそのポリオキシアルキレン化誘導体;脂肪アルコールのエーテル;糖と、1つ又は複数のC8〜C24、好ましくはC12〜C22脂肪アルコールとのエーテル;並びにこれらの混合物から選択することができる。

0184

脂肪酸のグリセリルエステルとして、グリセリルステアレート(グリセリルモノ-、ジ-及び/又はトリステアレート)(CTFA名:グリセリルステアレート)、グリセリルラウレート又はグリセリルリシノレエート、並びにこれらの混合物を引用することができ、それらのポリオキシアルキレン化誘導体として、脂肪酸とポリオキシアルキレン化グリセロールとの、モノ-、ジ-又はトリエステル(脂肪酸と、グリセロールのポリアルキレングリコールエーテルとの、モノ-、ジ-又はトリエステル)、好ましくはポリオキシエチレン化グリセリルステアレート(モノ-、ジ-及び/又はトリステアレート)、例えばPEG-20グリセリルステアレート(モノ-、ジ-及び/又はトリステアレート)及びポリオキシエチレン化グリセリルココエート(モノ-、ジ-、及び/又はトリステアレート)、例えばPEG-7グリセリルココエートを引用することができる。

0185

これらの界面活性剤の混合物、例えばARLACEL 165の名称でUniqema社により市販されているグリセリルステアレート及びPEG-100ステアレートを含有する製品、並びにTEGINの名称でGoldschmidt社により市販されているグリセリルステアレート(グリセリルのモノ-及びジステアレート)及びステアリン酸カリウムを含有する製品(CTFA名:グリセリルステアレートSE)等もまた使用することができる。

0186

C8〜C24脂肪酸のソルビトールエステル及びそのポリオキシアルキレン化誘導体は、パルミチン酸ソルビタン、イソステアリン酸ソルビタン、トリオレイン酸ソルビタン、セスキオレイン酸ソルビタン、並びに脂肪酸と、例えば20〜100個のEOを含有するアルコキシル化ソルビタンとのエステル、例えばICI社によりSpan 60の名称で販売されているモノステアリン酸ソルビタン(CTFA名:ステアリン酸ソルビタン)、ICI社によりSpan 40の名称で販売されているモノパルミチン酸ソルビタン(CTFA名:パルミチン酸ソルビタン)、及びICI社によりTween 65の名称で販売されているトリステアリン酸ソルビタン20 EO(CTFA名:ポリソルベート65)、トリオレイン酸ポリエチレンソルビタン(ポリソルベート85)、又はUniqema社により商標名Tween 20若しくはTween 60で市販されている化合物等から選択することができる。

0187

脂肪酸とグルコース又はアルキルグルコースとのエステルとして、パルミチン酸グルコース、セスキステアリン酸アルキルグルコース、例えばセスキステアリン酸メチルグルコース、パルミチン酸アルキルグルコース、例えばパルミチン酸メチルグルコース又はエチルグルコース、メチルグルコシド脂肪エステル、メチルグルコシドとオレイン酸とのジエステル(CTFA名:ジオレイン酸メチルグルコース)、メチルグルコシドとオレイン酸/ヒドロキシステアリン酸の混合物との混合エステル(CTFA名:ジオレイン酸/ヒドロキシステアリン酸メチルグルコース)、メチルグルコシドとイソステアリン酸とのエステル(CTFA名:イソステアリン酸メチルグルコース)、メチルグルコシドとラウリン酸とのエステル(CTFA名:ラウリン酸メチルグルコース)、メチルグルコシドとイソステアリン酸とのモノエステル及びジエステルの混合物(CTFA名:セスキイソステアリン酸メチルグルコース)、メチルグルコシドとステアリン酸とのモノエステル及びジエステルの混合物(CTFA名:セスキステアリン酸メチルグルコース)、具体的にはAMERCHOL社によりGlucateSSの名称で市販されている製品、及びこれらの混合物を引用することができる。

0188

脂肪酸とグルコース又はアルキルグルコースとのエトキシル化エーテルとして、脂肪酸とメチルグルコースとのエトキシル化エーテル、特に約20モルのエチレンオキシドを有するメチルグルコースとステアリン酸とのジエステルのポリエチレングリコールエーテル(CTFA名:PEG-20メチルグルコースジステアレート)、例えばAMERCHOL社によりGlucam E-20の名称で市販されている製品、約20モルのエチレンオキシドを有するメチルグルコースとステアリン酸とのモノエステル及びジエステルの混合物のポリエチレングリコールエーテル(CTFA名:PEG-20メチルグルコースセスキステアレート)、特にAMERCHOL社によりGlucamateSSE-20の名称で市販されている製品及びGOLDSCHMIDT社によりGrillocose PSE-20の名称で市販されている製品、並びにこれらの混合物を、例えば引用することができる。

0189

スクロースエステルとして、パルミト-ステアリン酸サッカロース、ステアリン酸サッカロース及びモノラウリン酸サッカロースを、例えば引用することができる。

0190

糖エーテルとして、アルキルポリグルコシドを使用することができ、例えば、MYDOL 10の名称で花王株式会社により市販されている製品、PLANTAREN 2000の名称でHenkel社により市販されている製品、及びORAMIX NS 10の名称でSeppic社により市販されている製品等のデシルグルコシド、ORAMIXCG110の名称でSeppic社により、又はLUTENSOLGD70の名称でBASF社により市販されている製品等のカプリリル/カプリルグルコシド、PLANTAREN 1200 N及びPLANTACARE 1200の名称でHenkel社により市販されている製品等のラウリルグルコシド、PLANTACARE 818/UPの名称でHenkel社により市販されている製品等のココ-グルコシド、場合によってはセトステアリルアルコールと混合されているセトステアリルグルコシドで、例えばMONTANOV 68の名称でSeppic社により、TEGO-CARE CG90の名称でGoldschmidt社により、及びEMULGADEKE3302の名称でHenkel社により市販されているもの、アラキジルグルコシド、例えばアラキジルとベヘニルアルコールとアラキジルグルコシドとの混合物の形態でMONTANOV 202の名称でSeppic社により市販されているもの、ココイルエチルグルコシド、例えばセチルとステアリルアルコールとの混合物(35/65)の形態でMONTANOV 82の名称でSeppic社により市販されているもの、並びにこれらの混合物を、特に引用することができる。

0191

アルコキシル化植物油のグリセリドの混合物、例えばエトキシル化(200 EO)パームコプラ(7 EO)グリセリドとの混合物もまた、引用することができる。

0192

本発明による非イオン性界面活性剤は、好ましくは、アルケニル又は分枝状のC12〜C22アシル鎖、例えばオレイル基又はイソステアリル基を含有してもよい。より好ましくは、本発明による非イオン性界面活性剤は、PEG-20トリイソステアリン酸グリセリルである。

0193

本発明の実施形態の1つによれば、非イオン性界面活性剤は、エチレンオキシドとプロピレンオキシドとのコポリマー、特に次式:
HO(C2H4O)a(C3H6O)b(C2H4O)cH
[式中、a、b及びcは、a+cが、2〜100の範囲であり、bが、14〜60の範囲であるような整数である]
のコポリマー、及びこれらの混合物から選択することができる。

0194

本発明の実施形態の1つによれば、非イオン性界面活性剤は、シリコーン界面活性剤から選択することができる。非限定的に挙げられるのは、US-A-5364633及びUS-A-5411744の文献に開示されたものである。

0195

シリコーン界面活性剤は、好ましくは、次式(I):

0196

0197

[式中、
R1、R2及びR3は、互いに独立に、C1〜C6アルキル基又は-(CH2)x-(OCH2CH2)y-(OCH2CH2CH2)z-OR4基を表し、少なくとも1つのR1、R2又はR3基はアルキル基ではなく、R4は、水素、アルキル基又はアシル基であり、
Aは、0〜200の範囲の整数であり、
Bは、0〜50の範囲の整数であり、但しA及びBが同時に0に等しいことはなく、
xは、1〜6の範囲の整数であり、
yは、1〜30の範囲の整数であり、
zは0〜5の範囲の整数である]
の化合物であることができる。

0198

本発明の好ましい一実施形態によれば、式(I)の化合物中で、アルキル基は、メチル基であり、xは、2〜6の範囲の整数であり、yは、4〜30の範囲の整数である。

0199

式(I)のシリコーン界面活性剤の例として、式(II):

0200

0201

[式中、Aは、20〜105の範囲の整数であり、Bは、2〜10の範囲の整数であり、yは、10〜20の範囲の整数である]
の化合物を挙げることができる。

0202

式(I)のシリコーン界面活性剤の例として、式(III):
H-(OCH2CH2)y-(CH2)3-[(CH3)2SiO]A'-(CH2)3-(OCH2CH2)y-OH (III)
[式中、A'及びyは、10〜20の範囲の整数である]
の化合物をも挙げることができる。

0203

使用することができる本発明の化合物は、Dow Corning社によりDC5329、DC7439-146、DC2-5695及びQ4-3667の名称で販売されているものである。それぞれ、化合物DC5329は、Aが22、Bが2、yが12であり、DC7439-146は、Aが103、Bが10、yが12であり、DC2-5695は、Aが27、Bが3、yが12である、式(II)の化合物である。

0204

化合物Q4-3667は、Aが15であり、yが13である、式(III)の化合物である。

0205

本発明による組成物中の(e)界面活性剤の量は、組成物の総質量に対して、1質量%以上、好ましくは2質量%以上、より好ましくは3質量%以上であることができる。

0206

本発明による組成物中の(e)界面活性剤の量は、組成物の総質量に対して、10質量%以下、好ましくは9質量%以下、より好ましくは8質量%以下であることができる。

0207

本発明による組成物中の(e)界面活性剤の量は、組成物の総質量に対して、1質量%〜10質量%、好ましくは2質量%〜9質量%、より好ましくは3質量%〜8質量%であることができる。

0208

(任意選択の添加剤)
本発明による組成物は、前述の成分に加えて、化粧品において典型的に用いられる成分、具体的には、染料充填剤、ポリオール、親水性又は疎水性増粘剤膜形成剤UVフィルター動物又は植物に由来する天然抽出物防腐剤等を、本発明の効果を損なわない範囲内で含んでもよい。

0209

本発明による組成物は、上記の任意選択の添加剤を、組成物の総質量に対して0.001質量%〜30質量%、好ましくは0.01質量%〜20質量%、より好ましくは0.1質量%〜10質量%の量で含んでもよい。

0210

(調製)
本発明による組成物は、当業者に周知の方法のいずれかに従って、上記の必須及び任意選択の成分を混合することによって調製することができる。

0211

(形態)
本発明による組成物は、W/O型エマルションの形態にある。(a)油は、エマルションの連続相を形成することができ、(c)エタノール及び(d)水は、エマルションの分散相を形成することができる。

0212

本発明による組成物は、化粧用組成物を意図したものであることができる。したがって、本発明による化粧用組成物は、ケラチン物質又はケラチン基質への塗布を意図したものであることができる。本明細書におけるケラチン物質又はケラチン基質は、ケラチン主要構成要素として含有する材料を意味し、その例には、皮膚、頭皮、爪、毛髪等が含まれる。したがって、本発明による化粧用組成物は、ケラチン物質又はケラチン基質、特に皮膚用の美容方法に使用することが好ましい。

0213

したがって、本発明による化粧用組成物は、皮膚化粧用組成物、好ましくはスキンケア組成物又は皮膚メーキャップ組成物、例えばファンデーション、特に液体ファンデーションであることができる。

0214

[美容方法及び使用]
本発明はまた、皮膚等のケラチン物質又はケラチン基質のための美容方法であって、本発明による組成物をケラチン物質又はケラチン基質に塗布する工程を含む、方法にも関する。

0215

本明細書における美容方法とは、皮膚等のケラチン物質又はケラチン基質の表面をケア及び/又はメーキャップするための非治療美容法を意味する。

0216

本発明はまた、
(a)少なくとも1種の油と、
(d)水と
を含むW/O型組成物中での、組成物の安定性、被覆力及びフレッシュな使用感を強化するための(b)少なくとも1種のモノアルキルトリアシルチタネート処理顔料及び(c)エタノールの使用であって、
(c)エタノールの量が、組成物の総質量に対して、6.0質量%以上、好ましくは6.4質量%以上、より好ましくは6.8質量%以上であり、
組成物が、任意選択により、少なくとも1種の揮発性環状シリコーンを、組成物の総質量に対して1質量%以下の量で含む
使用にも関する。

0217

本発明による組成物についての成分(a)から(d)に関する上記の説明は、上記の使用におけるそれらの成分に適用できる。

0218

本発明を、実施例によって、より詳細に説明することにする。しかし、これらは、本発明の範囲を限定するものと解釈すべきでない。

0219

(実施例1及び比較例1〜3)
[調製]
実施例1及び比較例1〜比較例3による各組成物を、表1に示す成分を混合することによって調製した。成分の量の数値は、全て、有効原料の「質量%」に基づく。

0220

0221

[評価]
(被覆力)
実施例1及び比較例1〜3による各組成物を、白色基質(Beaulax社製のBioskin(登録商標))と黒色基質(Beaulax社製のBioskin(登録商標))上に1mg/cm2の比率で均一に塗布した。2時間後、各基質の色を携帯比色計(分光光度計Konica Minolta CM-3610d)で測定した。白色及び黒色の各基質のXYZ色空間内の値Yを決定した。コントラスト比を以下の式から計算した。
コントラスト比=Y黒色/Y白色×100
(式中、
Y黒色は、黒色基質のXYZ色空間内のY値を意味し、
Y白色は、白色基質のXYZ色空間内のY値を意味する)。

0222

コントラスト比が高くなれば、被覆力は高くなる。こうして計算したコントラスト比を以下の評価基準に従って分類した。
良好:38以上
可:33超で38未満
不良:33以下

0223

結果を表1に示す。

0224

(安定性)
実施例1及び比較例1〜3による各組成物を、45℃±1℃でインキュベーターに入れた。組成物の様相を、事前及び2カ月後に、以下の評価基準に従って目視観察により確認した。
良好:相分離なし
可:若干の相分離(少量の油が、下位相の表面上に分離した、又は1つ又は複数の白線が組成物の様相内で観察される)
不良:相分離(多量の油が、下位相の表面上に分離した)

0225

結果を表1に示す。

0226

(フレッシュさ)
実施例1及び比較例1〜3による組成物を、5名の監視人によりフレッシュな使用感について評価した。実施例1及び比較例1〜3による各組成物を監視人の顔面に監視人自らにより塗布し、以下の評価基準に従ってフレッシュさをスコア付けして評価した。平均スコアを表1に示す。
3:良好
2:可
1:不良

実施例

0227

結果を表1に示す。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アンズコーポレーションの「 油溶性ビタミンの着色抑制方法及び化粧料」が 公開されました。( 2021/05/27)

    【課題】油溶性ビタミンの着色抑制方法、並びに着色抑制方法により製造された化粧料の提供。【解決手段】流動性ゲルに、油溶性ビタミンを油相として分散させ、前記油相の平均油滴径を0.3mm〜4.0mmに調整す... 詳細

  • ライオン株式会社の「 口腔内菌叢改善剤及び口腔用組成物」が 公開されました。( 2021/05/27)

    【課題・解決手段】口腔内の歯周病原性細菌の生育を選択的に抑制し、かつ非病原性細菌の生育を選択的に促進し、菌叢バランスを改善する口腔内菌叢改善剤及びこれを含有する口腔用組成物を提供する。(A)スペルミン... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 生体貼付用シート」が 公開されました。( 2021/05/27)

    【課題・解決手段】本開示は、セルロースを含む所定の生体貼付用膜を安定的に支持でき、かつ、その生体貼付用膜の生体組織への貼付において生体貼付用膜から確実に剥離できる支持体を備えた生体貼付用シートを提供す... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ