図面 (/)

技術 遊技用装置、遊技用システム及び記録媒体管理方法

出願人 グローリー株式会社
発明者 物見裕基要雄喜岡本創藤原琢也
出願日 2019年9月3日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2019-160603
公開日 2021年3月11日 (3ヶ月経過) 公開番号 2021-037103
状態 未査定
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 保持個数 解除パターン 関連カード 装置管理データ 装置状態データ 生体検知 再開条件 計数ユニット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年3月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

解決手段

遊技中の状態の遊技客が(S1)、遊技機より離席した場合、台間カード処理機においてカード返却禁止処理を行う(S2)。遊技客が遊技機に戻り遊技再開をした時、表示操作部にカード返却禁止解除確認画面を表示する(S3)。遊技客が表示画面の「Yes」を押下した時、カード返却禁止状態解除する(S4)。その後、遊技客がカード返却ボタンを押下した時、カードを排出し、遊技客に返却する(S5)。

概要

背景

従来、遊技機による遊技を提供する遊技店では、遊技者所持するカードなどの媒体(以下、「記録媒体」と称することもある)に対して貨幣などの有価価値、遊技者が遊技で獲得した遊技媒体を関連付けるとともに、複数の遊技機間を移動しての遊技の提供や、遊技の結果としての賞品の提供を行うことがある。

ここで、かかる記録媒体には、有価価値あるいは遊技媒体が関連付けられることがあるため、記録媒体の盗難に対する対策は重要である。例えば、特許文献1には、遊技者の選択した価値項目に価値が存在する場合に、記録媒体の返却を行うに際し遊技者の任意に設定した認証情報を必要とすることで、返却を制限する技術が開示されている。

概要

記録媒体の盗難に対してセキュリティを高めた遊技用装置遊技用システム及び記録媒体管理方法を提供すること。遊技中の状態の遊技客が(S1)、遊技機より離席した場合、台間カード処理機においてカード返却禁止処理を行う(S2)。遊技客が遊技機に戻り遊技再開をした時、表示操作部にカード返却禁止解除確認画面を表示する(S3)。遊技客が表示画面の「Yes」を押下した時、カード返却禁止状態解除する(S4)。その後、遊技客がカード返却ボタンを押下した時、カードを排出し、遊技客に返却する(S5)。

目的

本発明は、上記従来技術の課題を解決するためになされたものであって、記録媒体の盗難に対してセキュリティを高めた遊技用装置、遊技用システム及び記録媒体管理方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技機に対応して設けられる遊技用装置であって、記録媒体受け付ける記録媒体受付手段と、前記記録媒体受付手段にて受け付けた記録媒体に関連付けられた遊技価値を特定する遊技価値特定手段と、前記遊技価値特定手段により特定された遊技価値を記憶する遊技価値記憶手段と、対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技休止条件の成立を判定する遊技休止判定手段と、前記遊技価値記憶手段に記憶された遊技価値と、前記遊技休止判定手段による判定結果に基づいて、前記記録媒体受付手段に受け付けられた記録媒体の返却を制限する記録媒体返却制限手段と、前記記録媒体返却制限手段により記録媒体の返却が制限されている場合に、対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技再開条件の成立を判定する遊技再開判定手段と、前記遊技再開判定手段により遊技再開条件の成立が判定され、遊技者による所定の第一操作が行われたことに基づいて、前記記録媒体返却制限手段による記録媒体の返却の制限を解除する記録媒体返却制限解除手段とを備えた遊技用装置。

請求項2

前記第一操作は、前記遊技再開判定手段により遊技再開条件の成立が判定された場合に可能となる操作であることを特徴とする請求項1に記載の遊技用装置。

請求項3

前記記録媒体返却制限解除手段により記録媒体の返却の制限が解除され、遊技者による所定の第二操作が行われたことにより、前記記録媒体を返却する記録媒体返却制御手段を備えたことを特徴とする請求項1または2に記載の遊技用装置。

請求項4

前記第一操作に記録媒体の返却要求操作を含み、前記記録媒体返却制限解除手段により記録媒体の返却が解除された場合に、前記記録媒体を返却する記録媒体返却制御手段を備えたことを特徴とする請求項1または2に記載の遊技用装置。

請求項5

前記第二操作に記録媒体の返却要求操作を含み、前記第一操作は前記第二操作とは異なる操作であることを特徴とする請求項3に記載の遊技用装置。

請求項6

前記記録媒体返却制限解除手段は、前記遊技価値記憶手段に記憶された遊技価値が所定の値に満たない場合に記録媒体の返却の制限を解除することを特徴とする請求項1〜5のいずれか一つに記載の遊技用装置。

請求項7

遊技店に設置される遊技用システムであって、遊技機に対応して設けられ、記録媒体を受け付ける記録媒体受付手段と、前記記録媒体受付手段にて受け付けた記録媒体に関連付けられた遊技価値を特定する遊技価値特定手段と、前記遊技価値特定手段により特定された遊技価値を記憶する遊技価値記憶手段と、前記記録媒体受付手段に対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技休止条件の成立を判定する遊技休止判定手段と、前記遊技価値記憶手段に記憶された遊技価値と、前記遊技休止判定手段による判定結果に基づいて、前記記録媒体受付手段に受け付けられた記録媒体の返却を制限する記録媒体返却制限手段と、前記記録媒体返却制限手段により記録媒体の返却が制限されている場合に、前記記録媒体受付手段に対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技再開条件の成立を判定する遊技再開判定手段と、前記遊技再開判定手段により遊技再開条件の成立が判定され、遊技者による所定の操作が行われたことに基づいて、前記記録媒体返却制限手段による記録媒体の返却の制限を解除する記録媒体返却制限解除手段とを備えた遊技用システム。

請求項8

遊技店に設置される遊技用システムにおける記録媒体管理方法であって、遊技機に対応して設けられた遊技用装置において記録媒体を受け付ける記録媒体受付工程と、前記記録媒体受付工程にて受け付けた記録媒体に関連付けられた遊技価値を特定する遊技価値特定工程と、前記遊技価値特定工程により特定された遊技価値を記憶する遊技価値記憶工程と、前記遊技用装置に対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技休止条件の成立を判定する遊技休止判定工程と、前記遊技価値記憶工程において記憶された遊技価値と、前記遊技休止判定工程による判定結果に基づいて、前記記録媒体受付工程において受け付けられた記録媒体の返却を制限する記録媒体返却制限工程と、前記記録媒体返却制限工程により記録媒体の返却が制限されている場合に、対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技再開条件の成立を判定する遊技再開判定工程と、前記遊技再開判定工程により遊技再開条件の成立が判定され、遊技者による所定の操作が行われたことに基づいて、前記記録媒体返却制限工程による記録媒体の返却の制限を解除する記録媒体返却制限解除工程とを備えた記録媒体管理方法。

技術分野

0001

この発明は、遊技店に設置される遊技用装置遊技用システム及び記録媒体管理方法に関する。

背景技術

0002

従来、遊技機による遊技を提供する遊技店では、遊技者所持するカードなどの媒体(以下、「記録媒体」と称することもある)に対して貨幣などの有価価値、遊技者が遊技で獲得した遊技媒体を関連付けるとともに、複数の遊技機間を移動しての遊技の提供や、遊技の結果としての賞品の提供を行うことがある。

0003

ここで、かかる記録媒体には、有価価値あるいは遊技媒体が関連付けられることがあるため、記録媒体の盗難に対する対策は重要である。例えば、特許文献1には、遊技者の選択した価値項目に価値が存在する場合に、記録媒体の返却を行うに際し遊技者の任意に設定した認証情報を必要とすることで、返却を制限する技術が開示されている。

先行技術

0004

特開2010−005207号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記特許文献1では、返却を制限するに際し、必ず遊技者の任意の操作が必要になり、記録媒体の盗難に対するセキュリティとして十分ではなかった。

0006

本発明は、上記従来技術の課題を解決するためになされたものであって、記録媒体の盗難に対してセキュリティを高めた遊技用装置、遊技用システム及び記録媒体管理方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上述した課題を解決し、目的を達成するため、本発明は、遊技機に対応して設けられる遊技用装置であって、記録媒体を受け付ける記録媒体受付手段と、前記記録媒体受付手段にて受け付けた記録媒体に関連付けられた遊技価値を特定する遊技価値特定手段と、前記遊技価値特定手段により特定された遊技価値を記憶する遊技価値記憶手段と、対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技休止条件の成立を判定する遊技休止判定手段と、前記遊技価値記憶手段に記憶された遊技価値と、前記遊技休止判定手段による判定結果に基づいて、前記記録媒体受付手段に受け付けられた記録媒体の返却を制限する記録媒体返却制限手段と、前記記録媒体返却制限手段により記録媒体の返却が制限されている場合に、対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技再開条件の成立を判定する遊技再開判定手段と、前記遊技再開判定手段により遊技再開条件の成立が判定され、遊技者による所定の第一操作が行われたことに基づいて、前記記録媒体返却制限手段による記録媒体の返却の制限を解除する記録媒体返却制限解除手段とを備えたことを特徴とする。

0008

また、本発明は、上記発明において、前記第一操作は、前記遊技再開判定手段により遊技再開条件の成立が判定された場合に可能となる操作であることを特徴とする。

0009

また、本発明は、上記発明において、前記記録媒体返却制限解除手段により記録媒体の返却の制限が解除され、遊技者による所定の第二操作が行われたことにより、前記記録媒体を返却する記録媒体返却制御手段を備えたことを特徴とする。

0010

また、本発明は、上記発明において、前記第一操作に記録媒体の返却要求操作を含み、前記記録媒体返却制限解除手段により記録媒体の返却が解除された場合に、前記記録媒体を返却する記録媒体返却制御手段を備えたことを特徴とする。

0011

また、本発明は、上記発明において、前記第二操作に記録媒体の返却要求操作を含み、前記第一操作は前記第二操作とは異なる操作であることを特徴とする。

0012

また、本発明は、上記発明において、前記記録媒体返却制限解除手段は、前記遊技価値記憶手段に記憶された遊技価値が所定の値に満たない場合に記録媒体の返却の制限を解除することを特徴とする。

0013

また、本発明は、遊技店に設置される遊技用システムであって、遊技機に対応して設けられ、記録媒体を受け付ける記録媒体受付手段と、前記記録媒体受付手段にて受け付けた記録媒体に関連付けられた遊技価値を特定する遊技価値特定手段と、前記遊技価値特定手段により特定された遊技価値を記憶する遊技価値記憶手段と、前記記録媒体受付手段に対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技休止条件の成立を判定する遊技休止判定手段と、前記遊技価値記憶手段に記憶された遊技価値と、前記遊技休止判定手段による判定結果に基づいて、前記記録媒体受付手段に受け付けられた記録媒体の返却を制限する記録媒体返却制限手段と、前記記録媒体返却制限手段により記録媒体の返却が制限されている場合に、前記記録媒体受付手段に対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技再開条件の成立を判定する遊技再開判定手段と、前記遊技再開判定手段により遊技再開条件の成立が判定され、遊技者による所定の操作が行われたことに基づいて、前記記録媒体返却制限手段による記録媒体の返却の制限を解除する記録媒体返却制限解除手段とを備えたことを特徴とする。

0014

また、本発明は、遊技店に設置される遊技用システムにおける記録媒体管理方法であって、遊技機に対応して設けられた遊技用装置において記録媒体を受け付ける記録媒体受付工程と、前記記録媒体受付工程にて受け付けた記録媒体に関連付けられた遊技価値を特定する遊技価値特定工程と、前記遊技価値特定工程により特定された遊技価値を記憶する遊技価値記憶工程と、前記遊技用装置に対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技休止条件の成立を判定する遊技休止判定工程と、前記遊技価値記憶工程において記憶された遊技価値と、前記遊技休止判定工程による判定結果に基づいて、前記記録媒体受付工程において受け付けられた記録媒体の返却を制限する記録媒体返却制限工程と、前記記録媒体返却制限工程により記録媒体の返却が制限されている場合に、対応する遊技機での遊技に関する遊技情報に基づいて、遊技再開条件の成立を判定する遊技再開判定工程と、前記遊技再開判定工程により遊技再開条件の成立が判定され、遊技者による所定の操作が行われたことに基づいて、前記記録媒体返却制限工程による記録媒体の返却の制限を解除する記録媒体返却制限解除工程とを備えたことを特徴とする。

発明の効果

0015

本発明によれば、記録媒体の盗難に対してセキュリティを高めることが可能になる。

図面の簡単な説明

0016

図1は、本実施例に係る遊技用システムの概念を説明するための説明図である。
図2は、遊技店のシステム構成を示す図である。
図3は、台間カード処理機外観を示す図である。
図4は、台間カード処理機の構成を示す機能ブロック図である。
図5は、カード返却禁止状態における画面表示の一例を示す図である。
図6は、台間カード処理機の記憶部に記憶されるデータの一例を説明するための説明図である。
図7は、図2に示したカード管理装置の構成を示す機能ブロック図である。
図8は、遊技条件設定データのテーブルの一例を示す図である。
図9は、カード管理装置の記憶部に記憶されるデータの一例を説明するための説明図である。
図10は、図2に示した会員管理装置の構成を示す機能ブロック図である。
図11は、台間カード処理機の待機状態の場合における処理手順を示すフローチャートである。
図12は、カード返却禁止状態の場合の処理手順を示すフローチャートである。
図13は、カード返却禁止状態の場合の処理手順を示すフローチャートの変形例1を示すフローチャートである。
図14は、カード返却禁止状態の場合の処理手順を示すフローチャートの変形例2を示すフローチャートである。
図15は、カード返却禁止状態の場合の処理手順を示すフローチャートの変形例3を示すフローチャートである。

0017

以下に、添付図面を参照して、本発明に係る遊技用装置、遊技用システム及び記録媒体管理方法の好適な実施例を詳細に説明する。

0018

明細書中にあって持玉とは、遊技客が遊技において獲得した遊技媒体又は当該遊技媒体数を示すデータであって、その当日中(閉店より前の時間)のみ遊技に再度供することができるものを言う。貯玉とは、遊技客が遊技において獲得した遊技媒体又は当該遊技媒体数を示すデータであって、翌日以降(閉店より後の時間)も遊技に再度供することができるものを言う。持玉は、一般遊技客及び会員遊技客の双方が使用可能であり、遊技に用いる遊技機の変更(いわゆる台移動)を行った場合などに使用する。貯玉は通常、会員遊技客のみが使用可能であり、獲得した遊技媒体を翌日以降の遊技に用いる場合に使用する。貯玉の使用には所定の手数料課すこととしてもよい。

0019

まず、本実施例に係る遊技用システムの概念について説明する。図1は、本実施例に係る遊技用システムの概念を説明するための説明図である。図1に示す遊技用システムは、遊技客が遊技中(S1)、遊技機から離席をした場合に、該遊技機においてカード返却禁止処理を行う(S2)。その後、遊技客が席に戻り、遊技を再開した場合に、カード返却禁止解除確認画面の表示を行う(S3)。遊技客が画面に表示されたYesボタンを押したとき、カード返却禁止状態を解除し(S4)、カード返却ボタンが押された時、カードを返却する(S5)。

0020

台間カード処理機10は、遊技客から入金を受け付けた場合に、入金の金額に対応するプリペイド価値を自装置の内部に収納したカードの識別情報(カードID)に関連付ける。このプリペイド価値は、遊技玉貸出に使用することができる。また、台間カード処理機10は、プリペイド価値や持玉、貯玉等が関連付けられたカードの挿入を受け付けることができる。そして、遊技終了時には、プリペイド価値や持玉、貯玉等が関連付けられたカードを排出して遊技客に返却する。

0021

このように、図1に示した遊技用システムは、遊技中の遊技客が、遊技機から離席をしたときに、台間カード処理機10はカードの返却を禁止する。このため、カードの返却を禁止するにあたって特別な操作を必要とせず、カード盗難に対するセキュリティを向上させることができる。また、再度遊技客が席に戻り遊技を再開したときに、カード返却禁止解除画面を表示し、「Yes」を押下させることによりカード返却禁止解除をし、あらためて返却ボタンを押すことによりカードを返却する。かかる構成により、離席時におけるカードの返却について、手間を加えることにより、カードの盗難を防止し、より安全に管理することが可能となる。

0022

次に、図1に示した遊技店のシステム構成について説明する。図2は、遊技店のシステム構成を示す図である。図2に示すように、遊技店には、複数の遊技機20と、各遊技機20にそれぞれ対応して設けられた台間カード処理機10が設置される。台間カード処理機10は、島コントローラ30を介して店内のネットワークである通信回線と接続する。通信回線には、島コントローラ30と、カード管理装置40と、会員管理装置50と、賞品管理装置60と、精算機80とが接続される。遊技機20は、ホールコンピュータ90と通信線で接続されている。また、ホールコンピュータ90は、会員管理装置50と通信可能に接続される。なお、ホールコンピュータ90とカード管理装置40とを通信可能に接続してもよい。

0023

遊技機20は、遊技玉を遊技盤面に打ち込んで遊技を行う装置である。この遊技機20の遊技盤面には、複数の入賞領域(入賞口)が設けられており、当該入賞領域を遊技玉が通過したことに基づいて所定個数の遊技玉を賞玉として付与するようになっている。また、遊技盤面には、所定個数の始動領域(始動口)が設けられており、当該始動領域を遊技玉が通過したことに基づいて所定の抽選を行うこととなっている。当該抽選が大当りとなれば、所定の可動部材等の作動により、前述の入賞領域あるいは他の始動領域への遊技玉の通過確率を向上する等、遊技上有利となる作動が行われる。始動口への玉の通過による抽選の結果は、抽選の結果を表示する特別図柄表示装置にて表示される。この特別図柄表示装置の抽選結果の表示は、所定時間の変動表示後、確定表示を行う態様で行なわれる。また、遊技盤面には、抽選の結果に基づいて所定の数字等の装飾図柄を可変表示する装飾図柄表示装置が設けられており、抽選の結果が大当りとなった場合に、例えば(7,7、7)などの揃い図柄を表示して報知を行なう。なお、始動領域と入賞領域を兼ねた領域を設けることもできる。

0024

記入賞領域には、当該入賞領域への遊技玉の通過を検出するための入賞センサが設けられており、この入賞センサにより入賞領域へ打ち込まれた遊技玉の通過(入賞)を検知するようになっている。また、遊技機20の制御部は、入賞領域ごとに賞玉として付与する遊技玉の個数を記憶する賞玉メモリを有している。

0025

したがって、打ち込んだ遊技玉の特定の入賞領域への通過が入賞センサにより検知されると、遊技機20は、賞玉メモリの記憶内容と、入賞領域を通過した遊技玉数とから、付与すべき賞玉数を決定し、決定した賞玉数の払出処理を行うことができる。また、打ち込んだ遊技玉は、入賞領域を通過したか否かにかかわらず、最終的に遊技盤面裏側から遊技機外部に排出される。遊技機外部に排出された遊技玉は、遊技機ごとに付設されたアウト玉検出装置によって検出されるようになっている。

0026

また、遊技機20は、遊技機20の稼働状態を管理するための信号をホールコンピュータ90等に向けて出力する外部出力部を備えている。外部出力部からは、所定個数の賞玉を払い出す度にセーフパルスがホールコンピュータ90に送信される。さらに、遊技機20において遊技により大当りなどの特別の状態が発生した場合には、外部出力部からかかる状態の発生を示す特賞パルスがホールコンピュータ90に送信される。また、遊技機20において始動口への玉の通過による抽選の結果に基づいて特別図柄表示装置の変動表示が開始された場合には、外部出力部から変動表示の開始を示すスタートパルスがホールコンピュータ90に送信される。さらに、アウト玉検出装置からは、遊技機20に打ち込んだ玉数(遊技盤面から排出された玉数)を示すアウトパルスがホールコンピュータ90に送信される。

0027

台間カード処理機10は、入金の受付、遊技玉の貸し出し、カード管理装置40との通信などを行う。台間カード処理機10は、遊技客により投入された紙幣を受け付けたならば、この紙幣の金額を含む入金通知データをカード管理装置40に送信し、カード管理装置40が管理するプリペイド価値に金額に応じた数を加算させる。そして、所定の玉貸操作がなされたならば、玉貸要求をカード管理装置40に送信し、カード管理装置40が管理するプリペイド価値を減算させて、減算されたプリペイド価値に対応する数の遊技玉の払出処理を行う。

0028

また、台間カード処理機10は、カードの挿入を受け付けたならば、カード管理装置40にカード挿入通知データを送信する。また、台間カード処理機10は、カード管理装置40からプリペイド価値、持玉数貯玉数を含むデータを受信したならば、受信したプリペイド価値、持玉数、貯玉数を記憶する。そして、持玉数を記憶したならば、台間カード処理機10は、カード管理装置40に対して持玉減算要求データを送信することで、カード管理装置40が管理する持玉数をゼロにクリアする。

0029

また、台間カード処理機10は、持玉再プレイ操作を受け付けると、自装置に記憶した持玉数から所定数を減算し、減算した持玉数に対応する数の遊技玉の払出処理を行う。また、台間カード処理機10は、貯玉再プレイ操作を受け付けると、カード管理装置40に対して貯玉再プレイ要求データを送信することで、会員管理装置50が管理する貯玉数から所定数を減算させ、減算させた貯玉数に対応する数の遊技玉の払出処理を行う。

0030

また、台間カード処理機10は、カード返却操作を受け付けたならば、自装置が管理する持玉数を含む持玉加算要求データをカード管理装置40に送信し、カード管理装置40に持玉数を加算させた後、カード排出通知データをカード管理装置40に送信し、カードを排出制御する。

0031

島コントローラ30は、遊技島に設けられた一群の遊技機20及び台間カード処理機10を束ね中継装置である。

0032

カード管理装置40は、カードのプリペイド価値及び持玉数等をカードデータとして管理する装置である。カード管理装置40は、台間カード処理機10からカード挿入通知データを受信したならば、挿入されたカードのカードIDと台間カード処理機10の装置IDとを関連づけて管理し、該カードIDに関連づけられたプリペイド価値及び持玉数を台間カード処理機10に送信する。また、カード挿入通知データに示されたカードIDが会員カードのカードIDである場合には、カード管理装置40は、カード挿入通知データを会員管理装置50に送信し、会員管理装置50から受信した貯玉再プレイデータを台間カード処理機10に送信する。

0033

また、カード管理装置40は、台間カード処理機10から持玉減算要求データを受信した場合には、持玉数をゼロクリアする。また、カード管理装置40は、台間カード処理機10から持玉加算要求データを受信した場合には、持玉加算要求データに含まれる持玉数をカード管理装置40が管理する持玉数に加算する。

0034

また、カード管理装置40は、台間カード処理機10から玉貸要求データを受信したならば、カードIDに関連付けられたプリペイド価値を所定値減算し、玉貸許可データを台間カード処理機10に送信する。そして、貯玉再プレイ要求データを受信したならば、該貯玉再プレイ要求データを会員管理装置50に送信し、会員管理装置50が貯玉再プレイデータを出力したならば、貯玉再プレイデータを台間カード処理機10に送信する。

0035

また、カード管理装置40は、賞品管理装置60からカードIDを受信したならば、このカードIDに関連付けられた持玉数を賞品管理装置60に対して通知する。さらに、精算機80からカードIDを受信したならば、このカードIDに関連付けられたプリペイド価値を精算機80に対して通知する。

0036

また、カード管理装置40は、カード挿入通知データを受信した場合には、送信元の台間カード処理機10に対応する遊技機20の遊技機IDを特定し、遊技機IDとカードIDとを対応付けて、会員管理装置50にカード挿入を通知する。同様に、台間カード処理機10がカードを排出した場合には、送信元の台間カード処理機10に対応する遊技機20の遊技機IDを特定し、遊技機IDとカードIDとを対応付けて、会員管理装置50にカード排出を通知する。

0037

また、カード管理装置40は、入金通知データを受信した場合には、送信元の台間カード処理機10に対応する遊技機20の遊技機IDを特定し、遊技機IDとカードIDとを対応付けて、会員管理装置50に入金を通知する。

0038

カード管理装置40から会員管理装置50へのカード挿入の通知、カード排出の通知、入金の通知などは、後述するように台間カード処理機10の動作の履歴としてホールコンピュータ90に出力される。カード管理装置40とホールコンピュータ90とが通信可能である場合には、カード管理装置40がカード挿入、カード排出、入金等をホールコンピュータ90に直接通知するように構成してもよい。

0039

会員管理装置50は、遊技店に会員登録された会員会員管理データを管理する管理装置である。具体的には、会員に対して発行した会員カードIDに関連付けて、貯玉数、ポイント数暗証番号及び氏名等を管理する。

0040

会員管理装置50は、台間カード処理機10からカード挿入通知データを受信したならば、カード挿入通知データに示されたカードIDに関連付けられた貯玉数及び暗証番号を含む貯玉再プレイデータを台間カード処理機10に送信する。また、会員管理装置50は、台間カード処理機10から貯玉再プレイ要求データを受信したならば、貯玉再プレイ要求データに示されたカードIDに関連づけられた貯玉数から所定数を減算し、減算後の貯玉数を含む貯玉再プレイデータを台間カード処理機10に送信する。なお、台間カード処理機10と会員管理装置50との通信は、カード管理装置40を介して行なわれる。

0041

また、会員管理装置50は、賞品管理装置60から貯玉数の問い合わせを受けたならば、指定されたカードIDに対応する貯玉数を賞品管理装置60に通知する。

0042

さらに、会員管理装置50は、カード管理装置40から通知された台間カード処理機10の入金、カード挿入及びカード排出などの動作の履歴を蓄積し、閉店後など所定のタイミングでホールコンピュータ90に送信する。

0043

また、会員管理装置50は、賞品管理装置60による賞品交換や、精算機80による精算などに係る動作の履歴を蓄積し、閉店後など所定のタイミングでホールコンピュータ90に送信する。

0044

賞品管理装置60は、遊技店内の賞品交換カウンタに併設された賞品交換用端末装置であり獲得玉、貯玉数及び持玉数を賞品に交換する賞品交換処理を行う。この賞品管理装置60には、カードからカードIDを読み取るカードリーダ及び賞品を払い出す賞品払出装置が接続されている。賞品管理装置60は、一般カード又会員カードからカードIDを読み出した場合(若しくは、携帯端末等からカードIDに対応する識別データを読み出した場合)には、カードIDをカード管理装置40に送信して、該カードIDの持玉数を要求する。また、貯玉数を賞品交換する場合は、会員管理装置50に対して貯玉数を要求する。

0045

精算機80は、プリペイド価値が関連付けられたカードが挿入されると、このカードのカードIDをカード管理装置40に送信し、その応答データを受信することにより、カードに関連付けられたプリペイド価値を取得し、取得したプリペイド価値に応じて貨幣を払い出す。

0046

ホールコンピュータ90は、各遊技機20からアウトパルス、セーフパルス及び特賞パルスを受信して蓄積することで、遊技機20の動作の履歴を管理する。ホールコンピュータ90は、各遊技機20の状態(「特賞中」、「空き台」、「遊技中」など)を管理しており、ホール内をマップ表示した画面で各遊技機のこれらの状態を表示することもできる。また、ホールコンピュータ90は、台間カード処理機10の動作の履歴と、賞品交換や精算の履歴を受信する。そして、遊技機20の動作の履歴、台間カード処理機10の動作の履歴、賞品交換や精算の履歴を用い、遊技履歴データの生成と遊動データの生成とを行う。

0047

次に、図2に示した遊技システム玉貸処理について説明する。遊技客が台間カード処理機10に対して玉貸操作を行うと、台間カード処理機10は、カード管理装置40に玉貸要求データを送信する。この玉貸要求データは、台間カード処理機10に挿入されているカードのカードIDと、送信元である台間カード処理機10を特定するアドレス若しくは任意の識別データを含む。

0048

カード管理装置40は、玉貸要求データを受信すると、玉貸要求データのカードIDに関連付けられたプリペイド価値から所定値を減算する。そして、カード管理装置40は玉貸許可データを送信元の台間カード処理機10に送信する。玉貸許可データを受信した台間カード処理機10は、減算したプリペイド価値に対応する遊技玉数の払出処理を行う。

0049

次に、図2に示した遊技システムで持玉の再プレイを行う場合の持玉再プレイ処理について説明する。台間カード処理機10は、一般カードあるいは会員カードの挿入を受け付けたならば、カード管理装置40にカード挿入通知データを送信する。このカード挿入通知データは、台間カード処理機10に挿入されているカードのカードIDと、送信元である台間カード処理機10を特定するアドレス若しくは任意の識別データと、台間カード処理機10のレートを特定するためのデータとを含む。

0050

カード管理装置40は、台間カード処理機10からカード挿入通知データを受信したならば、該カード挿入通知データ内のカードIDに関連付けられた各レートの持玉数を台間カード処理機10に通知する。

0051

台間カード処理機10は、カード管理装置40から受信した持玉数を記憶する。そして、カードID、レートを特定するデータ及び持玉数をゼロクリアする旨を示す持玉減算要求データをカード管理装置40に送信する。カード管理装置40は、持玉減算要求データを受信したならば、カードIDにより特定される各レートの持玉数をゼロクリアする。また、台間カード処理機10は、持玉再プレイ操作を受け付けて持玉再プレイを行う場合には、記憶した持玉数から所定数を減算し、対応する遊技玉数の払出処理を行う。払出処理を行う場合、遊技機が払出可能な単位(例えば25玉)の倍数については、遊技機に払出指示を送信することにより払出処理を行い、残りについては自機のノズルユニット18aから払い出すことにより払出処理を行う。

0052

台間カード処理機10は、カード返却操作を受け付けたならば、カード管理装置40に対して持玉加算要求データを送信する。この持玉加算要求データは、カード返却の対象となるカードのカードIDと、送信元である台間カード処理機10を特定するアドレス若しくは任意の識別データと、各レートの持玉数とを含む。

0053

カード管理装置40は、持玉加算要求データを受け付けたならば、カードIDに関連付けられた各レートの持玉数に持玉加算要求データに含まれる持玉数を加算する。その後、台間カード処理機10は、カード管理装置40にカード排出通知データを送信し、カードを排出制御する。

0054

次に、図2に示した遊技システムでの貯玉再プレイ処理について説明する。台間カード処理機10は、会員カード又は会員カードとして使用可能な携帯端末からカードIDを読み取ったならば、カード管理装置40にカード挿入通知データを送信する。このカード挿入通知データは、台間カード処理機10に挿入されているカードのカードIDと、送信元である台間カード処理機10を特定するアドレス若しくは任意の識別データと、台間カード処理機10のレートを特定するためのデータとを含む。

0055

カード管理装置40は、台間カード処理機10から受信したカード挿入通知データを会員管理装置50に送信する。会員管理装置50は、カード挿入通知データを受信したならば、該カード挿入通知データ内のカードIDに関連付けられた暗証番号と、貯玉のうち、該カード挿入通知データにより特定されたレートの貯玉数と、貯玉再プレイの可能数を含む貯玉再プレイデータを台間カード処理機10に送信する。貯玉再プレイの可能数は、貯玉再プレイを行うことのできる玉数を示す。この貯玉再プレイの可能数は、貯玉再プレイにおける遊技玉の払出単位数の倍数である。貯玉再プレイに上限が設定されていれば、貯玉数と上限の範囲内で最大の値が貯玉再プレイの可能数となる。なお、貯玉再プレイの可能数の代わりに貯玉再プレイが可能な回数を貯玉再プレイ度数として用いてもよい。貯玉再プレイ度数は、貯玉再プレイにおける遊技玉の払出単位数で貯玉数を除算した商にあたる。ただし、貯玉再プレイに上限が設定されている場合には、この上限により貯玉再プレイ度数は制限される。

0056

台間カード処理機10は、受信した貯玉再プレイデータを記憶し、貯玉再プレイデータに示された貯玉再プレイの可能数が1以上である場合には貯玉再プレイ操作を受け付け可能とする。

0057

台間カード処理機10は、貯玉再プレイデータの記憶後、最初に貯玉再プレイ操作を受け付けた場合に、遊技客に対して暗証番号の入力を求め、入力された暗証番号が貯玉再プレイデータに示された暗証番号と一致するか否かを判定する。

0058

台間カード処理機10は、暗証番号が一致した場合に、カード管理装置40に貯玉再プレイ要求データを送信する。この貯玉再プレイ要求データは、台間カード処理機10に挿入されているカードのカードIDと、送信元である台間カード処理機10を特定するアドレス若しくは任意の識別データと、台間カード処理機10のレートを特定するためのデータとを含む。

0059

カード管理装置40は、貯玉再プレイ要求データを会員管理装置50に送信する。会員管理装置50は、貯玉再プレイ要求データを受信したならば、該貯玉再プレイ要求データ内のカードIDに関連付けられた貯玉のうち、該電文により特定されたレートの貯玉の残高を所定値減算し、貯玉再プレイの可能数を再計算する。そして、減算後の残高と貯玉再プレイの可能数とを含む貯玉再プレイデータを台間カード処理機10に送信する。

0060

台間カード処理機10は、記憶する貯玉数を更新し、貯玉再プレイの払出単位数分の遊技玉数の払出処理を行う。また、更新後の貯玉再プレイの可能数が1以上であるかを判定する。貯玉再プレイの可能数が0であれば、貯玉再プレイ操作を受付不可とする。更新後の貯玉再プレイの可能数が1以上であれば、再度貯玉再プレイ操作を受付可能とする。2回目以降の貯玉再プレイでは、暗証番号の確認は不要である。なお、暗証番号の確認を毎回行うようにしてもよい。また、ここでは会員管理装置50が貯玉の残高を減算した後、台間カード処理機10が遊技玉の払出処理を行う場合を例示したが、貯玉再プレイ要求に基づいて遊技玉の払出処理を行った後に、貯玉の残高を減算してもよい。貯玉再プレイ要求前の貯玉再プレイデータに、貯玉再プレイの可能数が示されており、貯玉再プレイ要求を受け付けた後に残高不足が判明する事態とはならないためである。

0061

次に、閉店処理における持玉からの貯玉への移行について説明する。カード管理装置40は、閉店処理時にカード管理データの持玉数を確認し、ゼロより大きい持玉数が関連付けられたレコードが存在する場合には、該レコードの持玉数をカードID及びレートとともに会員管理装置50に通知する。会員管理装置50は、カードID及びレートにより特定される貯玉数にカード管理装置40から通知された持玉数を加算する。その後、カード管理装置40は、該持玉数をゼロクリアする。

0062

次に、図2に示した台間カード処理機10の外観について説明する。図3は、台間カード処理機10の外観を示す図である。なお、図3には、遊技機20に接続された台間カード処理機10の外観を台間カード処理機10として示している。また、併設される遊技機20は、破線で図示している。また、図3では、紙幣のみを受け付ける台間カード処理機10を図示したが、硬貨受付用のユニットを設けることもできる。

0063

図3に示すように台間カード処理機10は、状態表示部11、紙幣挿入口12a、表示操作部13、カード挿入口14a、かざし部14b、ノズルユニット18a及び計数ユニット18bを有する。

0064

状態表示部11は、台間カード処理機10の装置の状態を所定色ランプ点灯あるいは点滅で表示する。紙幣挿入口12aは、遊技玉の貸出に必要な各種紙幣の挿入口である。表示操作部13は、タッチパネル式液晶ディスプレイ等の操作ボタンの表示や操作ボタンによる入力操作を受け付けるデバイスである。

0065

カード挿入口14aは、遊技客の所持するカードの挿入口である。かざし部14bは、会員登録に用いられた携帯端末をかざす部位であり、かざし部14bに携帯端末がかざされると、携帯端末から携帯端末の固有ID(例えばIDm)等のデータが読み取られる。ノズルユニット18aは、遊技玉を遊技機20に投出する機構である。計数ユニット18bは、遊技機20の下皿から落下させた遊技玉を計数する機構である。

0066

次に、図2に示した台間カード処理機10の構成について説明する。図4は、図2に示した台間カード処理機10の構成を示す機能ブロック図である。図4に示すように、台間カード処理機10は、紙幣搬送部12と、表示操作部13と、リーダライタ14と、かざし部14bと、通信I/F部15と、記憶部16と、制御部17と、ノズルユニット18aと、計数ユニット18bとを有する。

0067

紙幣搬送部12は、紙幣挿入口12aから挿入された紙幣の金種及び真偽判別しつつ図示しない紙幣収納部に搬送する搬送部である。表示操作部13は、玉貸に使用可能なプリペイド価値、持玉数、貯玉数等の各種情報の表示と、玉貸操作等の各種操作の受付を行なうタッチパネル式の液晶ディスプレイ等の入出力装置である。

0068

リーダライタ14は、カード挿入口14aに挿入されたカードからカードIDを読み取る装置である。なお、カード挿入口14aに挿入されたカードは、このリーダライタ14を経て図示しないカード収納部に収納される。リーダライタ14は、記録媒体を受け付ける記録媒体受付手段としての機能を有する。かざし部14bは、携帯端末等がかざされた場合に、近距離無線通信により携帯端末の固有ID(例えばIDm)等の各種情報を読み取るインタフェース部である。また、リーダライタ14は、遊技客の返却操作に応じて、カード収納部に収納されたカードにカードデータ16bに示される持玉やプリペイド価値等の価値データを関連付けて新たなカードとして発行する機能も有している。ただし、カードデータ16bに示されるプリペイド価値が0であって、持玉数が一定数最低保持個数)に満たない場合には、返却操作があってもカードを返却しないように制御する。これは、少量の持玉を関連付けたカードが破棄されることにより、遊技店に損失が生じるのを抑止するための制御である。一定数としては、例えば持玉数に玉1個あたりの貸出単価乗算した値がカードの価額あるいは遊技店内の最低価格の賞品となるように設定することができるが、これに限らず、遊技店の方針によって自由に設定できる。また、返却操作があってもカードを返却しないように制御する場合に、記憶している持玉を払出処理することもできるが、カードが返却できない旨と持玉の再プレイを促す表示を行ってもよい。

0069

通信I/F部15は、遊技機20及び島コントローラ30との間のデータ通信を行なうためのインタフェース部である。通信I/F部15には、遊技機ごとに付設されたアウト玉検出装置から遊技機におけるアウト玉を検出した旨を示す信号(以下、「アウトパルス」と称することもある)についても入力される。ここでは、アウト玉検出装置からのアウトパルスが直接的に通信I/F部15に入力される構成を一例として示しているが、必ずしもこの構成に限らず、例えば複数台の遊技機20ごとに情報を集約する中継装置(台ユニット)を設け、アウト玉検出装置から中継装置に送信されたアウトパルスを中継装置から分岐させて通信I/F部15に入力する構成としてもよい。ノズルユニット18aは、玉貸又は再プレイにより遊技玉を払い出す際に、その一部又は全ての払い出しに使用される。計数ユニット18bは、遊技玉を計数するユニットである。

0070

記憶部16は、ハードディスク装置不揮発性メモリ等からなる記憶デバイスである。記憶部16は、自装置状態データ16a、カードデータ16b、遊技客離席確認データ16c及びカード返却禁止画面表示データ16dを記憶する。

0071

自装置状態データ16aは、台間カード処理機10の状態を示すデータである。この自装置状態データ16aには、台間カード処理機の装置IDと、遊技設定とを含む。台間カード処理機の装置IDは、台間カード処理機10を遊技店内で一意識別するための識別データである。遊技設定は、台間カード処理機10に設定された遊技種等を示すデータである。遊技店内で複数のレートの遊技玉を扱う場合には、4円レートの遊技玉に「玉1」、2円レートの遊技玉に「玉2」、1円レートの遊技玉に「玉3」というように、レート毎に遊技種名を設定して管理する。台間カード処理機10は、これらの遊技種から遊技に使用するレートを選択して、遊技設定として記憶する。

0072

カードデータ16bは、遊技客が使用中のカードに係るデータである。カードデータ16bは、カードが一般カードである場合には、カードID、プリペイド価値、持玉を含む。また、カードが会員カードである場合には、前述のデータに加え、貯玉、貯玉再プレイの可能数等を含む。プリペイド価値、持玉、貯玉は記録媒体に関連付けられ、遊技に使用可能な遊技価値に含まれる。持玉、貯玉について、遊技種(レート)ごとにデータが存在する。カードIDは、リーダライタ14により読み取られたカードIDである。カードが一般カードである場合には、図示しないカード収納部からカード挿入口14aにカードが搬送され、該カードが排出される場合には、この搬送途中でリーダライタ14により読み取られたカードIDによってカードデータ16bが更新される。また、カードが一般カードである場合には、カード挿入口14aから図示しないカード収納部にカードが搬送される場合にも、この搬送途中でリーダライタ14により読み取られたカードIDによってカードデータ16bが更新される。カードが会員カードである場合には、カード挿入口14aから受け付けられたカードはリーダライタ14の位置に保持された状態でデータの読み取り、更新等の処理が行われる。

0073

遊技客離席確認データ16cは、遊技客離席確認処理部17cにおいて遊技客が離席したと確認するための判断に用いられるデータである。遊技客離席確認データ16cは、後述する遊技条件設定データ45dに基づくデータであり、カード管理装置40との通信確立時に通信I/F部15を通じて配信される。この遊技客離席確認データ16cは、離席条件の設定データを含み、この場合の設定条件は、台間カード処理機10が通常状態において遊技台に設置された図示しないアウト玉検出装置より、120秒間継続してアウト玉が検知されず、遊技機20に打ち込んだ玉数であるアウトパルスが通信I/F部15を通じて台間カード処理機10に送信されないとき、離席が行われたと判断される。カード返却禁止画面表示データ16dは、カード返却禁止制御部17eよりカード返却禁止処理が行われた場合に表示操作部13に表示させる画面データであり、台番号、離席条件、再開条件などを含む。

0074

制御部17は、台間カード処理機10の全体を制御する制御部であり、データ管理部17a、計数処理部17b、遊技客離席確認処理部17c、カード残高確認処理部17d、カード返却禁止制御部17e及びカード返却処理部17fを有する。

0075

データ管理部17aは、カードが挿入された場合に、自装置状態データ16aの装置IDと、カードデータ16bのカードIDとを含むカード挿入通知データをカード管理装置40に送信する。また、データ管理部17aは、カード管理装置40から価値データ(プリペイド価値、持玉数及び貯玉数の少なくともいずれか)を含むデータを受信した場合に、受信した価値データによりカードデータ16bを更新する。データ管理部17aが価値データを受信し、カードデータ16bを更新する制御は、記録媒体に関連付けられた遊技価値を特定する遊技価値特定手段、遊技価値を記憶する遊技価値記憶手段として機能する。データ管理部17aは、カードデータ16bに示されたプリペイド価値、持玉数及び貯玉数を適宜表示操作部13に表示制御する。

0076

また、データ管理部17aは、紙幣挿入口12aに紙幣が挿入されると、挿入された紙幣の金額、カードID及び台間カード処理機IDを含む入金通知データをカード管理装置40に送信する。

0077

また、データ管理部17aは、遊技客により玉貸操作が行なわれた場合に、カードID及び装置IDを含む玉貸要求データをカード管理装置40に送信する。この玉貸要求データへの応答として玉貸許可データを受信したならば、データ管理部17aは、所定数の遊技玉の払出処理を行う。

0078

また、データ管理部17aは、遊技客により持玉再プレイ操作が行なわれた場合に、カードデータ16bに示された持玉数から所定数を減算し、対応する数の遊技玉の払出処理を行う。

0079

また、データ管理部17aは、カードデータ16bに示された貯玉再プレイの可能数が1以上である場合には、表示操作部13に貯玉再プレイボタンを表示し、貯玉再プレイ操作を受付可能とする。データ管理部17aは、遊技客により貯玉再プレイ操作が行なわれた場合に、カードID及び台間カード処理機IDを含む貯玉再プレイ要求データを会員管理装置50に送信する。この貯玉再プレイ要求データへの応答として貯玉再プレイデータを受信したならば、カードデータ16bの貯玉数を更新し、貯玉再プレイの払出単位数の遊技玉の払出処理を行う。なお、初回の貯玉再プレイ操作時には、暗証番号の入力を求め、カードデータ16bに示された暗証番号と一致することを条件に貯玉再プレイ要求データを送信する。

0080

また、データ管理部17aは、遊技客によりカード返却操作が行なわれた場合に、カードID、装置ID並びに持玉数を含む持玉加算要求データをカード管理装置40に送信して、カードデータ16bの持玉数をゼロにクリアした後、カード排出通知データをカード管理装置40に送信し、カードを排出する。

0081

また、データ管理部17aは、一般カードの持玉とプリペイド価値が0になった場合には、カードデータ16bのカードIDを含む一般カード使切データをカード管理装置40に送信する。

0082

また、データ管理部17aは、ワゴン賞品交換が行われた場合には、賞品に対応する持玉数をカードデータ16bに示された持玉数から減算する。そして、カードデータ16bのカードIDを含むワゴン賞品交換データをカード管理装置40に送信することで、ワゴン賞品交換を行った旨を通知する。ここで、ワゴン賞品交換とは、遊技店員飲み物タバコ等の賞品を携行して遊技店内を回り、遊技客が遊技を継続しながら賞品と持玉とを交換できるようにするサービスである。

0083

また、データ管理部17aは、持玉分割が行われた場合には、カードデータ16bに示された持玉数の2枚のカードに分割して対応付け、一方のカードを排出する処理を行う。そして、2枚のカードのカードIDを含む持玉分割通知データをカード管理装置40に送信することで、持玉分割を行った旨を通知する。

0084

持玉分割を行う場合には、データ管理部17aは、表示操作部13に持玉分割用のボタンを表示可能とし、持玉分割用のボタンが操作された場合には、新たにカードの挿入を受け付けるとともに、分割玉数の入力を受け付ける。新たに挿入されたカードは、分割先のカードとなり、それまでに使用していたカードは分割元のカードとなる。データ管理部17aは、分割元のカードの持玉数であるカードデータ16bの持玉数から分割玉数を減算し、分割先カードに分割玉数分の持玉数を対応付けて、分割先のカードを排出する。

0085

持玉分割を行った場合には、分割先のカードと分割元のカードを同一の遊技客が使用したと識別する。また、分割先のカードと分割元のカードとを異なる遊技客が使用したと識別するよう設定してもよい。

0086

計数処理部17bは、計数ユニット18bに遊技玉が投入された場合に、計数ユニット18bに遊技玉の計数を行わせ、計数結果をカードデータ16bの持玉数に加算する処理を行う。

0087

また、計数処理部17bは、計数による持玉の加算を行った場合には、カードデータ16bのカードIDを含む各台計数通知データをカード管理装置40に送信することで、台間カード処理機10での計数が行われたことを通知する。

0088

遊技客離席確認処理部17cは、遊技客離席確認データ16cが示すデータに基づいて、遊技客が離席をしたことを判定する処理部である。具体的には、遊技客離席確認データ16cが示す設定条件に基づいて、遊技客が離席をしたと判定する。

0089

カード残高確認処理部17dは、台間カード処理機10に挿入されたカードの残高を確認する処理部である。カードの遊技価値が所定の値に満たない場合に記録媒体の返却の制限を解除する処理を行う。

0090

カード返却禁止制御部17eは、遊技客離席確認処理部17cより、遊技客が遊技機より一時離席をしたと確認した時、カード返却禁止処理を行う処理部である。また、カード返却禁止制御部17eは、一時離席を行った遊技客が遊技機に戻り、遊技再開条件を成立させたとき、表示操作部13にカード返却確認画面を表示制御する処理部である。例えば、遊技再開条件とは、カード管理装置40における遊技条件設定データ45dより通信I/F部15を通じて配信し、記憶された遊技再開条件設定データに基づき、遊技台に設置された図示しないアウト玉検出装置より、アウト玉をあらかじめ設定された所定時間検知された時、遊技機20に打ち込んだ玉数であるアウトパルスが通信I/F部15を通じて台間カード処理機10に送信された場合をいう。また、カード返却禁止制御部17eは、遊技客が前記カード返却確認画面において、「Yes」を押下した時、カード返却禁止解除処理を行う処理部である。また、遊技再開条件は、図示しない遊技再開確認データに含まれるデータであり、同遊技再開確認データは、遊技客が遊技を再開した遊技条件設定データ46dに基づくデータであり、カード管理装置40との通信確立時に通信I/F部15を通じて配信される。この場合の遊技再開条件設定データは、カード返却禁止状態のとき、遊技台に設置された図示しないアウト玉検出装置がアウト玉を30秒間継続して検知し、アウトパルスが通信I/F部15を通じて台間カード処理機に送信されたときは、遊技客が遊技を再開したと判定する。

0091

カード返却処理部17fは、返却ボタン21が押された時、台間カード処理機10に挿入されたカードを排出する処理部である。

0092

次に、表示操作部13の表示の一例について説明する。図5は表示操作部13の表示の一例を示す図であり、カード返却禁止処理が実行された場合には、図5に示すように、「カードを返却しますか」等のメッセージが表示され、その下部分に「Yes」「No」の操作部分が表示される。

0093

次に、台間カード処理機10の記憶部16に記憶されるデータの一例について説明する。図6は、台間カード処理機10の記憶部16に記憶されるデータの一例を説明するための説明図である。

0094

図6(a)に示す自装置状態データ16aは、台間カード処理機10の装置IDが「3001」であり、台間カード処理機10の遊技設定として「玉1」が設定された状態を示している。

0095

図6(b)に示すカードデータ16bは、台間カード処理機10に挿入されたカードのIDが「2002」である状態を示している。カードにはプリペイド価値と持ち玉数を関連づけられ、プリペイド価値が0になると台間カード処理機に回収される。また、カードデータ16bは、プリペイド価値が「2000度数」である状態を示している。なお、ここではプリペイド価値の度数とは1度数が1円相当である。また、カードデータ16bは、玉1の持玉数が「375玉」であり、玉2の持玉数が「500玉」であり、玉3の持玉数が「2000玉」である状態を示している。

0096

次に、図2に示したカード管理装置40の構成について説明する。図7は、図2に示したカード管理装置40の構成を示す機能ブロック図である。図7に示すように、カード管理装置40は、表示部41、入力部42、外部ネットワーク通信部43、店舗ネットワーク通信部44、記憶部45及び制御部46を有する。

0097

表示部41は、液晶ディスプレイ装置等の表示デバイスである。入力部42は、キーボードマウス等の入力デバイスである。外部ネットワーク通信部43は、遊技店外のネットワークを介してデータ通信するためのインタフェース部である。店舗ネットワーク通信部44は、遊技店内において通信回線を介して島コントローラ30、会員管理装置50、賞品管理装置60及び精算機80とデータ通信するためのインタフェース部である。

0098

記憶部45は、ハードディスク装置や不揮発性メモリ等の記憶デバイスであり、遊技種設定データ45a、カード管理データ45b、装置管理データ45c及び遊技条件設定データ45dを記憶する。

0099

遊技種設定データ45aは、貸出レート及び表示名を遊技種に関連付けたデータである。カード管理データ45bは、プリペイド価値と、各遊技種の持玉数と、該カードが挿入されている台間カード処理機10の装置IDを示す使用先装置IDとをカードIDに関連付けたデータである。装置管理データ45cは、遊技店に配置された装置に関するデータである。この装置管理データ45cは、台間カード処理機の装置ID、台間カード処理機10のアドレス、設置場所、併設された遊技機の遊技機ID及び機種データを含む。遊技条件設定データ45dは、遊技条件が設定されたデータであり、遊技客の離席条件データ及び遊技再開条件データを含む。

0100

制御部46は、カード管理装置40の全体を制御する制御部であり、遊技種設定管理部46a、カード管理部46b及び装置管理部46cを有する。実際には、これらの機能部に対応するプログラムを図示しないROMや不揮発性メモリに記憶しておき、これらのプログラムをCPU(Central Processing Unit)にロードして実行することにより、遊技種設定管理部46a、カード管理部46b及び装置管理部46cにそれぞれ対応するプロセスを実行させることになる。

0101

遊技種設定管理部46aは、遊技店において使用される遊技種と、レートと、表示名とを対応付けて遊技種設定データ45aとして管理する処理部である。

0102

カード管理部46bは、カード管理データ45bの管理を行う処理部である。具体的には、カード管理部46bは、台間カード処理機10からカード挿入通知データを受信した場合には、カード挿入通知データに示されたカードIDの使用先装置IDを、同じくカード挿入通知データに示された装置IDとする。また、カード挿入通知データに示されたカードIDに関連付けられたプリペイド価値と各レートの持玉数とを価値データとして台間カード処理機10に通知する。また、挿入されたカードが会員カードである場合には、会員管理装置に対してカード挿入通知データを送信する。カード管理部46bは、台間カード処理機10から持玉減算要求データを受信した場合に、持玉減算要求データに示されたレートの持玉数をゼロにクリアする。

0103

また、カード管理部46bは、台間カード処理機10からカードIDを含む玉貸要求データを受信した場合に、該カードIDに関連付けられたプリペイド価値が所定値以上であるか否かを判定する。プリペイド価値が所定値以上である場合には、カード管理部46bは、カード管理データ45bに記憶されるプリペイド価値から所定値を減算して、台間カード処理機10に更新後のプリペイド価値を含む玉貸許可データを送信する。一方、プリペイド価値が所定値未満である場合には、カード管理部46bは、台間カード処理機10に玉貸不可データを通知する。

0104

また、カード管理部46bは、台間カード処理機10から投入された貨幣の金額、カードID及び装置IDを含む入金通知データを受信したならば、該カードIDに関連付けられたプリペイド価値に入金通知に示された金額分のプリペイド価値を加算する。

0105

また、カード管理部46bは、台間カード処理機10から貯玉再プレイ要求データを受信した場合には、該貯玉再プレイ要求データを会員管理装置50に転送する。また、貯玉再プレイ要求データに対する会員管理装置50からの応答データについても、台間カード処理機10に転送する。

0106

また、カード管理部46bは、持玉加算要求データを受信したならば、該当するレートの持玉数に持玉加算要求データに含まれる持玉数を加算する。また、カード管理部46bは、カード排出通知データを受信したならば、該カードIDの使用先装置IDを消去する。

0107

また、カード管理部46bは、賞品管理装置60からカードIDを受信したならば、このカードIDに対応づけられた各レートの持玉数を賞品管理装置60に対して通知する。また、カード管理部46bは、精算機80からカードIDを受信したならば、このカードIDに対応づけられたプリペイド価値を精算機80に対して通知する。

0108

装置管理部46cは、装置管理データ45cの管理を行う処理部である。装置管理部46cは、台間カード処理機10から取得した装置ID、台間カード処理機10のアドレス、設置場所及び遊技機IDに基づいて、装置管理データ45cの生成と更新とを行う。

0109

また、装置管理部46cは、台間カード処理機10からカード挿入通知データを受信した場合には、装置管理データ45cを参照して、送信元の台間カード処理機10に対応する遊技機IDを特定する。そして、特定した遊技機IDを含めてカード挿入通知データを会員管理装置50に送信する。

0110

同様に、装置管理部46cは、台間カード処理機10からカード排出通知データを受信した場合には、装置管理データ45cを参照して、送信元の台間カード処理機10に対応する遊技機IDを特定する。そして、特定した遊技機IDを含めてカード排出通知データを会員管理装置50に送信する。

0111

また、装置管理部46cは、台間カード処理機10から入金通知データを受信した場合には、装置管理データ45cを参照して、送信元の台間カード処理機10に対応する遊技機IDを特定する。そして、特定した遊技機IDを含めて入金通知データを会員管理装置50に送信する。

0112

同様に、装置管理部46cは、台間カード処理機10から各台計数通知データ、一般カード使切データ、ワゴン賞品交換データ、持玉分割通知データを受信した場合には、装置管理データ45cを参照して、送信元の台間カード処理機10に対応する遊技機IDを特定する。そして、特定した遊技機IDを含めて各台計数通知データ、一般カード使切データ、ワゴン賞品交換データ、持玉分割通知データを会員管理装置50に送信する。

0113

次に、図7に示したカード管理装置40の記憶部45が記憶する遊技条件設定データ45dのテーブルの一例について説明する。図8は、カード管理装置40の記憶部45が記憶する遊技条件設定データ45dのテーブルの一例を示す図である。図8に示すように、遊技条件設定データ45dについて、対応する台番号、遊技客が離席したと判定するための離席条件及び遊技客が遊技を再開したと判定するための再開条件のテーブルを含む。

0114

次に、図7に示したカード管理装置40の記憶部45が記憶するデータの一例について説明する。図9は、カード管理装置40の記憶部45に記憶されるデータの一例を説明するための説明図である。

0115

図9(a)に示す遊技種設定データ45aは、遊技種名「玉1」に対し、レート「4円」及び表示名「4パチ」を関連付けている。また、遊技種設定データ45aは、遊技種名「玉2」に対し、レート「2円」及び表示名「2パチ」を関連付けている。また、遊技種設定データ45aは、遊技種名「玉3」に対し、レート「1円」及び表示名「1パチ」を関連付けている。

0116

図9(b)に示すカード管理データ45bでは、カードID「1001」にプリペイド価値「2500」と、玉1の持玉数「1500」と、玉2の持玉数「2300」と、玉3の持玉数「0」とが関連付けられている。すなわち、カードID「1001」のカードは、台間カード処理機10に挿入されておらず、持玉の管理がカード管理装置40により行われている。

0117

また、図9(b)に示すカード管理データ45bでは、カードID「1002」にプリペイド価値「500」、各レートの持玉数「0」、使用先装置ID「3004」が関連付けられている。すなわち、カードID「1002」のカードは、装置ID「3004」の台間カード処理機10に挿入されており、持玉数については台間カード処理機10に管理が移っている。このため、各レートの持玉数はゼロである。

0118

また、図9(b)に示すカード管理データ45bでは、カードID「2002」にプリペイド価値「2000」、各レートの持玉数「0」、使用先装置ID「3001」が関連付けられている。すなわち、カードID「2002」のカードは、装置ID「3001」の台間カード処理機10に挿入されており、持玉については台間カード処理機10に管理が移っている。このため、各レートの持玉数はゼロである。

0119

図9(c)に示す装置管理データ45cは、装置ID「3001」の台間カード処理機10のネットワーク上のアドレスが「AB.CD.EF.GH」であり、設置場所が「島1−1」であり、接続された遊技機20のIDが「P001」であり、遊技種が「玉3」であり、接続された遊技機20の機種が「EV01」である状態を示している。また、この遊技機20が使用中であることも示している。

0120

次に、図2に示した会員管理装置50の内部構成について説明する。図10は、図2に示した会員管理装置50の構成を示す機能ブロック図である。同図に示すように、会員管理装置50は、表示部51及び入力部52と接続される。表示部51は、液晶パネルディスプレイ装置等であり、入力部52は、キーボードやマウス等である。

0121

また、会員管理装置50は、外部ネットワーク通信部53と、店舗ネットワーク通信部54と、記憶部55と、制御部56とを有する。外部ネットワーク通信部53は、遊技店外のネットワークを介してデータ通信するためのインタフェース部である。店舗ネットワーク通信部54は、遊技店内の通信回線を介して賞品管理装置60及びカード管理装置40、ホールコンピュータ90等とデータ通信するためのインタフェース部である。

0122

記憶部55は、ハードディスク装置や不揮発性メモリ等の記憶デバイスであり、会員管理データ55a、遊技種設定データ55b、賞品マスタ55c、遊技関連カード処理履歴データ55d、遊技外カード処理履歴データ55e及び計数精算処理履歴データ55fを記憶する。

0123

会員管理データ55aは、会員に対して発行した会員カードのカードIDに対し、氏名、貯玉、携帯IDm、住所電話番号等を関連付けたデータである。遊技種設定データ55bは、遊技種に対してレート及び表示名を関連付けたデータである。賞品マスタ55cは、遊技玉を賞品に交換する際に使用するデータである。

0124

遊技関連カード処理履歴データ55dは、台間カード処理機10による処理動作のうち、カード挿入、カード排出、入金、各台計数及び一般カード使い切りなどの遊技に関わる履歴を示す。具体的には、カード管理装置40から受信したカード挿入通知データ、カード排出通知データ、入金通知データ、各台計数通知データ及び一般カード使切データに基づいて、遊技関連カード処理履歴データ55dが更新されることになる。

0125

遊技外カード処理履歴データ55eは、台間カード処理機10による処理動作のうち、ワゴン賞品交換や持玉分割などのサービスに関する履歴を示す。具体的には、カード管理装置40から受信したワゴン賞品交換データ及び持玉分割通知データに基づいて、遊技外カード処理履歴データ55eが更新されることになる。

0126

計数精算処理履歴データ55fは、賞品管理装置60による賞品交換、精算機80によるプリペイド価値の精算、島端計数機による計数など、台間カード処理機10以外が行った処理動作の履歴を示す。具体的には、賞品管理装置60、精算機80、島端計数機などから動作の通知を受けて、計数精算処理履歴データ55fが更新されることになる。

0127

制御部56は、会員管理装置50を全体制御する制御部であり、会員管理部56a、賞品マスタ管理部56b、カード処理履歴管理部56c及び遊動データ分析部56dを有する。実際には、これらの機能部に対応するプログラムを図示しないROMや不揮発性メモリに記憶しておき、これらのプログラムをCPU(Central Processing Unit)にロードして実行することにより、会員管理部56a、賞品マスタ管理部56b、カード処理履歴管理部56c及び遊動データ分析部56dにそれぞれ対応するプロセスを実行させることになる。

0128

会員管理部56aは、会員管理データ55aの管理を行う処理部である。会員管理部56aは、カード管理装置40及び賞品管理装置60と通信して、カードIDに関連付けられた貯玉の残高を更新する。また、会員管理部56aは、会員登録要求を受け付けた場合には、会員管理データ55aに会員を追加する更新を行う。

0129

ここで、会員管理部56aによる貯玉再プレイ処理について説明する。会員管理部56aは、台間カード処理機10から貯玉再プレイ要求データを受信したならば、該貯玉再プレイ要求データ内のカードIDに関連付けられた貯玉のうち、払出先のレートの貯玉の残高を払出単位数だけ引落し、貯玉再プレイの可能数を再計算する。そして、減算後の残高と貯玉再プレイの可能数とを含む貯玉再プレイデータを台間カード処理機10に送信する。

0130

賞品マスタ管理部56bは、賞品マスタ55cを管理する処理部である。賞品マスタ管理部56bは、賞品マスタ55cの更新が行われたならば、遊技店内の賞品管理装置60に賞品マスタ55cを配布する。

0131

カード処理履歴管理部56cは、入金、カード挿入、カード排出などの台間カード処理機10の動作の履歴と、賞品管理装置60、精算機80、島コントローラ30などによる動作の履歴を蓄積する処理部である。

0132

具体的には、カード処理履歴管理部56cは、カード管理装置40からカード挿入通知データ、カード排出通知データ、入金通知データ、各台計数通知データ及び一般カード使切データを受信した場合に、時刻、遊技機ID、カードIDなどと処理の内容とを対応付けて遊技関連カード処理履歴データ55dに追加する。

0133

また、カード処理履歴管理部56cは、カード管理装置40からワゴン賞品交換データ及び持玉分割通知データを受信した場合に、時刻、遊技機ID、カードIDなどと処理の内容とを対応付けて遊技外カード処理履歴データ55eに追加する。

0134

また、カード処理履歴管理部56cは、賞品管理装置60、精算機80、島コントローラ30などから動作の通知を受けた場合に、時刻、装置ID、最後に使用した遊技機の遊技機ID、カードIDなどと処理の内容とを対応付けて計数精算処理履歴データ55fに追加する。

0135

カード処理履歴管理部56cは、遊技関連カード処理履歴データ55d、遊技外カード処理履歴データ55e及び計数精算処理履歴データ55fを閉店後などの所定のタイミングでホールコンピュータ90に送信する。ホールコンピュータ90は、これらのデータを用いて遊技履歴データ及び遊動データを生成し、生成した遊動データを会員管理装置50に送信することになる。

0136

遊動データ分析部56dは、ホールコンピュータ90から遊動データを受信し、各遊技機がどれだけの遊技客によって使用されたかなど、遊技客ごとの使用実績分析する処理部である。この分析の詳細については後述する。また、遊動データや分析結果は記憶部55に格納することができる他、外部ネットワーク通信部53により外部のサーバに送信することも可能である。

0137

次に、台間カード処理機10の待機状態の場合における処理手順について説明する。図11は、台間カード処理機10の待機状態の場合における処理手順を示すフローチャートである。図11に示すように、まず台間カード処理機10は、遊技客が遊技中に、通常処理としてカード返却ボタンが押された時(ステップS101;Yes)、カードに残価値があるときは、カードを排出し、遊技客に返却を行う(ステップS110)。

0138

カード返却ボタン押下待ち待機状態のとき(ステップS101;No)、台間カード処理機10は、通常処理の状態であり(ステップS102;No)、遊技客が遊技機より一時離席をし(ステップS102;Yes)、かつカードに残価値があるとき(ステップS103;Yes)、カード返却禁止処理を行い(ステップS104)、処理を終了する。また、カードに残価値がない状態のときは(ステップ103;No)、カード返却禁止処理を行わず、本処理を終了する。なお。本実施例において一般会員のカードについての処理を示したが、貯玉及び暗証番号を番号等の情報を関連づけた会員カードを用いてもよい。

0139

次に、図11のステップS104に示したカード返却禁止処理状態の場合の処理手順について説明する。ここで、カード返却禁止状態とは、カード返却処理は禁止されているものの、通常状態(待機状態)で可能な他の処理(価値の受付処理、遊技媒体に関する処理等)は可能な状態をいう。また、カード返却禁止状態においては、カード返却ボタンの操作は検出するが、それに対応する処理(返却動作)を行わない。図12図11に示したカード返却禁止状態の場合の処理手順を示すフローチャートである。同図に示すように、まず台間カード処理機10において、カード返却禁止処理が行われた後、遊技客が遊技機に戻り、遊技再開条件を満たさないときは、通常状態に復帰して処理を終了する(ステップS201;No)。遊技再開条件が成立した場合(ステップS201;Yes)、表示操作部13にカード返却確認画面を表示する(ステップS202)。

0140

その後、台間カード処理機10は、遊技客がカード返却確認画面上の「Yes」が押されるのを待つ状態にあり(ステップS203;No)、あらかじめ設定された所定の時間が経過するまでその状態を維持し(ステップS211;No)、「Yes」が押下されず所定の時間が経過した場合(ステップS211;Yes)、カード返却確認画面を消去し(ステップS212)、処理を終了する。また、遊技客がカード返却確認画面の「Yes」を押した時(ステップS203;Yes)、カード返却禁止状態を解除し(ステップS204)、処理を終了する。本処理が終了し、通常状態に復帰した後、カード返却ボタンを押下することによりカードが返却される。上記のフローにおいて、遊技客がカード返却確認画面上の「Yes」を押下する操作(第一操作)は、遊技再開条件の成立が判定された場合に可能となる操作であるため、遊技客の遊技再開の意思表示をより確実に確認することができる。また、カード返却禁止状態を解除した後、通常状態と同様のカード返却ボタンの操作(第二操作)でカードの返却を行うため、遊技客に違和感を与えることがない。また、第一操作と第二操作を異なる操作としているため、第一操作後に誤って連続して第二操作を行い返却する蓋然性を低下させることができる。なお、カード返却禁止を実現する方法については、上述にて説明した方法の他に、カード返却ボタンを無効にする方法や、カードの返却のための搬送を物理的に阻止する構成により行う方法を採用することもできる。

0141

上記の実施例では、カード返却禁止状態の場合の処理手順についてのフローチャートについて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば以下に示す解除パターンを単独でまたは他の解除パターンと併用して適用することができる。

0142

<変形例1>
図13は、カード返却禁止状態の場合の処理手順の変形例1を説明するための説明図である。同図に示すように、台間カード処理機10において、カード返却禁止処理がされた後、遊技客が席に戻り遊技再開条件が成立しないとき(ステップS301;No)は、通常状態に復帰して本処理を終了する。遊技再開条件が成立したと判定された時(ステップS301;Yes)、カード返却ボタンが押下されるのを待つ状態になり(ステップS302;No)、カード返却ボタンが押下された時(ステップS302;Yes)、表示操作部13にカード返却確認を表示する(ステップS303)。

0143

その後、台間カード処理機10は、遊技客がカード返却確認画面上の「Yes」が押されるのを待つ状態にあり(ステップS304;No)、あらかじめ設定された所定の時間が経過するまでその状態を維持し(ステップS311;No)、「Yes」が押下されず所定の時間が経過した場合(ステップS311;Yes)、カード返却確認画面を消去し(ステップS312)、処理を終了する。また、ステップS304において、カード返却確認画面上の「Yes」が押下された時(ステップS304;Yes)、カード返却禁止状態を解除し(ステップS305)、それと同時にカードを排出し、遊技客に返却する(ステップS306)。

0144

<変形例2>
図14は、カード返却禁止状態の場合の処理手順の変形例2を説明するための説明図である。同図に示すように、台間カード処理機10において、カード返却禁止処理がされた後、遊技客が席に戻り遊技再開条件が成立しないとき(ステップS401;No)は、通常状態に復帰して処理を終了する。遊技再開条件が成立したと判定された時(ステップS401;Yes)、カード返却ボタンが押下されるのを待つ状態になり(ステップS402;No)、カード返却ボタンが押下された時(ステップS402;Yes)、表示操作部13にカード返却確認画面を表示する(ステップS403)。

0145

その後、台間カード処理機10は、遊技客がカード返却確認画面上の「Yes」が押されるのを待つ状態にあり(ステップS404;No)、あらかじめ設定された所定の時間が経過するまでその状態を維持し(ステップS411;No)、「Yes」が押下されず所定の時間が経過した場合(ステップS411;Yes)、カード返却確認画面を消去し(ステップS412)、処理を終了する。

0146

また、ステップS404において、カード返却確認画面上の「Yes」が押下された時(ステップS404;Yes)、カード返却禁止状態を解除する(ステップS405)。その後、台間カード処理機10は、カード返却ボタンが押下されるのを待つ状態になり(ステップS406;No)、カード返却ボタンが押下された時(ステップS406;Yes)、カードを排出し、遊技客に返却する(ステップS407)。

0147

<変形例3>
図15は、カード返却禁止状態の場合の手順の変形例3を説明するための説明図である。同図に示すように、台間カード処理機10において、カード返却禁止処理がされた後、遊技客が席に戻り遊技を再開条件が成立しないとき(ステップS501;No)は、通常状態に復帰して処理を終了する。遊技再開条件が成立したと判定された時(ステップS501;Yes)、カード残価値が残っている状態のとき(ステップS502;No)、本処理を終了し、カード残価値が使い切られた状態のとき(ステップS502;Yes)、カード返却禁止状態を解除する(ステップS503)。また、この変形例3の制御において、ステップS502の判定がNoとなる場合に、図12に示した実施例の制御、変形例1及び変形例2のいずれかの制御を行うことも可能である。

0148

また、本実施例はカード返却禁止状態についてカードを全く取り出せなくする制御を一例として説明したが、本発明はこれに限られるものではなく、カードの取り出しに関し通常の状態よりも制限されているものも含まれる。例えば、カードを一般カードと会員カードで処理方法を分けてもよい。一般カードの場合はアウト玉を検知し、カード返却禁止解除処理を踏まなければ全く取り出すことができなくなるが、会員カードの場合は遊技客があらかじめ設定されたパスワードを入力することでカードを取り出すことができるようにカード返却禁止状態を設定することができてもよい。

0149

なお、上記の実施例においては、遊技用装置の一例として台間カード処理機10を示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、遊技機20に対応して設置され、カードを取り扱うことが可能な遊技用装置であれば適用可能である。

0150

また、カード返却ボタンは遊技機20に設置されるものに限られず、台間カード処理機10に設置されていてもよい。

0151

なお、上記の実施例においては、離席条件の成立判定の条件の一例として、アウトパルスの検出が一定期間検出されないことを条件とする例を示しているが、本発明における離席条件としては必ずしもこれに限定されるものではない。例えば、アウトパルスは所定数の遊技媒体がアウト玉検出装置に検出される度に送出されるものであるが、このアウトパルスの数を計数することで、「一定期間に使用された遊技媒体が所定数以下であること」などを離席条件としてもよいし、期間的な条件と数的条件の双方の成立により離席条件を判断してもよい。また、CCDカメラなどの撮像装置や、人感センサなどの生体検知手段が台間カード処理機に備えられている場合には、これらにより遊技客が検知されなくなった場合に離席と判定する構成であってもよい。

0152

なお、上記の実施例においては、遊技再開条件の成立判定の一例としてアウトパルスの検出が一定期間継続して検出されることを条件とする例を示しているが、本発明における再開条件としては必ずしもこれに限定されるものではない。例えば、アウトパルスは所定数の遊技媒体がアウト玉検出装置に検出される度に送出されるものであるが、このアウトパルスの数を計数することで、「一定期間に使用された遊技媒体が所定数以上であること」などを再開条件としてもよいし、期間的な条件と数的条件の双方の成立により再開条件を判断してもよい。また、CCDカメラなどの撮像装置や、人感センサなどの生体検知手段が台間カード処理機に備えられている場合には、これらにより遊技客が検知された場合に遊技再開と判定する構成であってもよい。

0153

なお、上述の実施例においては、遊技媒体として遊技球を遊技盤面に弾発し、弾発した遊技球が所定領域を通過することで賞としての遊技媒体を付与する弾球遊技機一種であるパチンコ遊技機を遊技機20の一例として説明したが、これに限らず、遊技機20がメダル等の遊技媒体を所定数賭遊技媒体として投入し、複数の回胴を回転させた後に遊技客の操作で停止させる遊技を行い、当該遊技で所定の図柄が回胴上に停止した場合に賞としての遊技媒体を付与する回胴式の遊技機であっても適用することが可能である。また、上記の弾球遊技機及び回胴式遊技機は、実体としての遊技媒体を投入するものに限らず、データとしての遊技媒体を消費して遊技を行い、通常の状態では実体の遊技媒体を外部に排出することのない封入式の遊技機であってもよい。また、回胴式の遊技機の場合は、離席判定・再開判定におけるアウトパルスの検出に変えて、遊技媒体のIN(投入)信号が遊技機から送出されるため、IN信号の検出を離席判定・再開判定の条件に用いることが好ましい。

実施例

0154

また、上記の各実施例で図示した各構成は機能概略的なものであり、必ずしも物理的に図示の構成をされていることを要しない。すなわち、各装置の分散・統合の形態は図示のものに限られず、その全部又は一部を各種の負荷使用状況などに応じて、任意の単位で機能的又は物理的に分散・統合して構成することができる。

0155

本発明に係る遊技用装置、遊技用システム及び記録媒体管理方法は、記録媒体の盗難に対してセキュリティを高める場合に適している。

0156

10台間カード処理機
11状態表示部
12紙幣搬送部
12a紙幣挿入口
13表示操作部
14リーダライタ
14aカード挿入口
14b かざし部
15、22通信I/F部
16、45、55 記憶部
16a 自装置状態データ
16bカードデータ
16c遊技客離席確認データ
16dカード返却禁止画面表示データ
17、23、46、56 制御部
17aデータ管理部
17b計数処理部
17c 遊技客離席確認処理部
17dカード残高確認処理部
17e カード返却禁止制御部
17f カード返却処理部
18aノズルユニット
18b計数ユニット
20遊技機
21返却ボタン
30島コントローラ
40カード管理装置
41、51 表示部
42、52 入力部
43、53外部ネットワーク通信部
44、54店舗ネットワーク通信部
45a遊技種設定データ
45bカード管理データ
45c装置管理データ
45d遊技条件設定データ
46a 遊技種設定管理部
46b カード管理部
46c装置管理部
50会員管理装置
55a会員管理データ
55b 遊技種設定データ
55c賞品マスタ
55d遊技関連カード処理履歴データ
55e 遊技外カード処理履歴データ
55f計数精算処理履歴データ
56a 会員管理部
56b 賞品マスタ管理部
56c カード処理履歴管理部
56d遊動データ分析部
60 賞品管理装置
80精算機
90 ホールコンピュータ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】遊技の興趣向上を図る。【解決手段】遊技機は、入球手段に入球したときの発射手段の発射態様とは相違する発射態様によって所定領域への入球が可能となる特定遊技状態において、所定領域を遊技球が通過した場... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】遊技の興趣向上を図る。【解決手段】遊技機は、第1通路と、第1通路から分岐する第2通路と、第2通路に設けられた第1入球手段と、第1通路を流通した遊技球が入球可能な第2入球手段と、入球を契機として... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】遊技の興趣向上を図る。【解決手段】遊技機は、第1通路から分岐する第2通路と、第2通路の第1入球手段と、第1通路を流通して入球可能な第2入球手段と、入球を契機として取得された特別情報を判定する手... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ