図面 (/)

技術 ピリダジノン系化合物又はその塩、及びそれらを含有する除草剤

出願人 石原産業株式会社
発明者 植木寿彦山田龍中村将之田中久樹
出願日 2017年9月27日 (3年7ヶ月経過) 出願番号 2017-186675
公開日 2021年1月28日 (3ヶ月経過) 公開番号 2021-008405
状態 未査定
技術分野 農薬・動植物の保存 O,S系縮合複素環 複数複素環系化合物 窒素含有縮合複素環(3)
主要キーワード ヘテロ芳香環化合物 ウラシル系化合物 工場敷地 白化作用 プロナミド 小型スプレー 過酸化物質 申請中
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年1月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

望ましくない植物への著しい除草活性を示す新規除草剤を提供する。

解決手段

一般式(I):

化1

(式中、各記号は明細書に記載の通りである)で表されるピリダジノン化合物又はその塩。

概要

背景

特許文献1には、一定の化学構造を有するピリダジノン化合物が記載されている。当該化合物は、ピリダジノン環置換したベンゼン環の4位に−O−A基を有するものであり、本発明の化合物とは化学構造が異なる。
特許文献2には、一定の化学構造を有するヘテロ芳香環化合物が記載されている。当該化合物は、ピリジン環がL1を介して結合するフェニル環メタ位置換基(特許文献2の置換基R3及びR4)にはピリダジノン環がなく、本発明の化合物とは区別される。
特許文献3には、一定の化学構造を有するピリダジノン系化合物が記載されている。当該化合物は、ピリダジノン環の置換基G(ベンゼン環)に直結するフェニル基又はヘテロ芳香環基を有するものであり、本発明の化合物とは化学構造が異なる。
特許文献4には、一定の化学構造を有するピリダジノン系化合物が記載されている。当該化合物は、本願の後記一般式(I)中の置換基Qに相当する置換基(特許文献4の置換基R1)がNR10R11基又はヘテロシクロアルキル環基であり、本発明の化合物とは化学構造が異なる。

概要

望ましくない植物への著しい除草活性を示す新規除草剤を提供する。一般式(I): (式中、各記号は明細書に記載の通りである)で表されるピリダジノン系化合物又はその塩。なし

目的

本発明は、望ましくない植物を防除する作業の省力化や農園芸用作物生産性向上を図るため、望ましくない植物に対して優れた除草性能を発揮する除草剤を見出すことを課題とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一般式(I):[式中、Xは−O−、−S−、−SO−、−SO2−又は−N(Y)−であり;QはZ1で置換されてもよいアリールであり;Yは水素原子又はアルキルであり;R1はアルキル、アルケニルアルキニルシクロアルキルシクロアルキルアルキルハロアルキル、Z1で置換されてもよい単環式アリール、Z1で置換されてもよい単環式アリールアルキルアルキルチオアルキルアルキルスルフィニルアルキル、アルキルスルホニルアルキルジアルキルアミノアルキルアルコキシアルキルアミノニトロ、アルキルカルボニルアルキル、アルコキシカルボニルアルキル又はヒドロキシカルボニルアルキルであり;R2は水素原子、アルキル、ハロアルキル、シクロアルキル、ハロゲンアルコキシアルキルチオ、アルキルスルフィニル、アルキルスルホニル又はシアノであり;R3はハロゲン、ヒドロキシ、アルキル、ハロアルキル、アルケニル、ハロアルケニル、アルキニル、ハロアルキニル、アルコキシ、ハロアルコキシ、ニトロ、アミノ、アルキルカルボニル又はシクロアルキルであり;nは0〜4の整数であり;R4は−L1−R5、−L2−R6又は−L3−R7であり;L1は、−A1−、−A1−O−A1−、−A1−O−C(O)−O−A1−、−C(O)−A1−、−C(O)−A1−O−A1−、−C(O)−O−A1−O−A1−又は−S(O)m−A1−であり;L2は−C(O)−A2−O−又は−C(O)−O−A2−O−であり;L3は−C(O)−NH−であり;A1は存在しないか、又はR8で置換されてもよいアルキレンであり;A2はR8で置換されたアルキレンであり;mは0〜2の整数であり;R5はZ2で置換されてもよい非芳香族テロシクリル、Z2で置換されてもよいシクロアルケニル又はZ2で置換されたシクロアルキルであり;R6はアルキルであり;R7はZ2で置換されてもよいアリールであり;R8はアルキル、アルコキシ又はアルコキシカルボニルであり;Z1はハロゲン、アルキル、ハロアルキル、アルコキシ、ハロアルコキシ、シクロアルキル、シアノ、ニトロ、−C(O)OJ1、ホルミル、アルキルチオ、アルキルスルフィニル、アルキルスルホニル、−CH=NOJ2又はジアルキルアミノカルボニルであり;Z2はハロゲン、オキソ、ヒドロキシ、アミノ、ジアルキルアミノ、シアノ、ハロアルコキシ、ニトロ、アルキルチオ、アルキルスルフィニル、アルキルスルホニル、−CH=NOJ2、J3で置換されてもよいアルキル、アルケニル、アルコキシ、−C(O)OJ4、J5で置換されてもよいシクロアルキル、J5で置換されてもよいアリール又はJ5で置換されてもよい非芳香族へテロシクリルであり;J1は水素原子又はアルキルであり;J2は水素原子、アルキル、アルキルカルボニル又はアルコキシアルキルであり;J3はハロゲン、アルコキシカルボニル、アルコキシ、ジアルキルアミノ、ヒドロキシ、シアノ、J5で置換されてもよい非芳香族へテロシクリル、J5で置換されてもよいアリールオキシ、J5で置換されてもよいアリールチオ又はJ5で置換されてもよいアリールアルコキシであり;J4は水素原子、アルキル又はアリールアルキルであり;J5はアルキル、シクロアルキル又はオキソである(但し、R5がモルホリノである場合、L1は−C(O)−ではなく、R5がZ2で置換されたシクロアルキルである場合、L1は−C(O)O−ではない)]で表されるピリダジノン化合物又はその塩。

請求項2

R4が−L1−R5である、請求項1に記載のピリダジノン系化合物又はその塩。

請求項3

L1が−C(O)−A1−又は−C(O)−A1−O−A1−である、請求項2に記載のピリダジノン系化合物又はその塩。

請求項4

L1が−C(O)−又は−C(O)−O−A1−である、請求項3に記載のピリダジノン系化合物又はその塩。

請求項5

R5がZ2で置換されてもよい非芳香族へテロシクリルである、請求項2〜4のいずれか一項に記載のピリダジノン系化合物又はその塩。

請求項6

請求項1に記載のピリダジノン系化合物又はその塩を有効成分として含有する除草剤

請求項7

請求項1に記載のピリダジノン系化合物又はその塩の除草有効量を、望ましくない植物又はそれが生育する場所に施用し、当該望ましくない植物を防除又はその生育を抑制する方法。

請求項8

ピリダジノン系化合物又はその塩の施用量が0.1〜5,000g/haである、請求項7に記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、ピリダジノン化合物又はその塩に関するものであり、より詳細には、除草剤の有効成分として有用な新規のピリダジノン系化合物又はその塩、及びそれらを含有する除草剤に関する。

背景技術

0002

特許文献1には、一定の化学構造を有するピリダジノン系化合物が記載されている。当該化合物は、ピリダジノン環置換したベンゼン環の4位に−O−A基を有するものであり、本発明の化合物とは化学構造が異なる。
特許文献2には、一定の化学構造を有するヘテロ芳香環化合物が記載されている。当該化合物は、ピリジン環がL1を介して結合するフェニル環メタ位置換基(特許文献2の置換基R3及びR4)にはピリダジノン環がなく、本発明の化合物とは区別される。
特許文献3には、一定の化学構造を有するピリダジノン系化合物が記載されている。当該化合物は、ピリダジノン環の置換基G(ベンゼン環)に直結するフェニル基又はヘテロ芳香環基を有するものであり、本発明の化合物とは化学構造が異なる。
特許文献4には、一定の化学構造を有するピリダジノン系化合物が記載されている。当該化合物は、本願の後記一般式(I)中の置換基Qに相当する置換基(特許文献4の置換基R1)がNR10R11基又はヘテロシクロアルキル環基であり、本発明の化合物とは化学構造が異なる。

先行技術

0003

国際公開公報 WO2014/119770号
国際公開公報 WO2014/207601号
国際公開公報 WO2009/086041号
国際公開公報 WO2008/013838号

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、望ましくない植物を防除する作業の省力化や農園芸用作物生産性向上を図るため、望ましくない植物に対して優れた除草性能を発揮する除草剤を見出すことを課題とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明者らは前記課題を解決するよう種々検討し、特定の化学構造を有するピリダジノン系化合物が多様な望ましくない植物に低薬量で高い除草効果を示すことを見出し、本発明を完成した。
即ち、本発明は、一般式(I):

0006

0007

[式中、
Xは−O−、−S−、−SO−、−SO2−又は−N(Y)−であり;
QはZ1で置換されてもよいアリールであり;
Yは水素原子又はアルキルであり;
R1はアルキル、アルケニルアルキニルシクロアルキルシクロアルキルアルキルハロアルキル、Z1で置換されてもよい単環式アリール、Z1で置換されてもよい単環式アリールアルキルアルキルチオアルキルアルキルスルフィニルアルキル、アルキルスルホニルアルキルジアルキルアミノアルキルアルコキシアルキルアミノニトロ、アルキルカルボニルアルキル、アルコキシカルボニルアルキル又はヒドロキシカルボニルアルキルであり;
R2は水素原子、アルキル、ハロアルキル、シクロアルキル、ハロゲンアルコキシアルキルチオ、アルキルスルフィニル、アルキルスルホニル又はシアノであり;
R3はハロゲン、ヒドロキシ、アルキル、ハロアルキル、アルケニル、ハロアルケニル、アルキニル、ハロアルキニル、アルコキシ、ハロアルコキシ、ニトロ、アミノ、アルキルカルボニル又はシクロアルキルであり;
nは0〜4の整数であり;
R4は−L1−R5、−L2−R6又は−L3−R7であり;
L1は、−A1−、−A1−O−A1−、−A1−O−C(O)−O−A1−、−C(O)−A1−、−C(O)−A1−O−A1−、−C(O)−O−A1−O−A1−又は−S(O)m−A1−であり;
L2は−C(O)−A2−O−又は−C(O)−O−A2−O−であり;
L3は−C(O)−NH−であり;
A1は存在しないか、又はR8で置換されてもよいアルキレンであり;
A2はR8で置換されたアルキレンであり;
mは0〜2の整数であり;
R5はZ2で置換されてもよい非芳香族テロシクリル、Z2で置換されてもよいシクロアルケニル又はZ2で置換されたシクロアルキルであり;
R6はアルキルであり;
R7はZ2で置換されてもよいアリールであり;
R8はアルキル、アルコキシ又はアルコキシカルボニルであり;
Z1はハロゲン、アルキル、ハロアルキル、アルコキシ、ハロアルコキシ、シクロアルキル、シアノ、ニトロ、−C(O)OJ1、ホルミル、アルキルチオ、アルキルスルフィニル、アルキルスルホニル、−CH=NOJ2又はジアルキルアミノカルボニルであり;
Z2はハロゲン、オキソ、ヒドロキシ、アミノ、ジアルキルアミノ、シアノ、ハロアルコキシ、ニトロ、アルキルチオ、アルキルスルフィニル、アルキルスルホニル、−CH=NOJ2、J3で置換されてもよいアルキル、アルケニル、アルコキシ、−C(O)OJ4、J5で置換されてもよいシクロアルキル、J5で置換されてもよいアリール又はJ5で置換されてもよい非芳香族へテロシクリルであり;
J1は水素原子又はアルキルであり;
J2は水素原子、アルキル、アルキルカルボニル又はアルコキシアルキルであり;
J3はハロゲン、アルコキシカルボニル、アルコキシ、ジアルキルアミノ、ヒドロキシ、シアノ、J5で置換されてもよい非芳香族へテロシクリル、J5で置換されてもよいアリールオキシ、J5で置換されてもよいアリールチオ又はJ5で置換されてもよいアリールアルコキシであり;
J4は水素原子、アルキル又はアリールアルキルであり;
J5はアルキル、シクロアルキル又はオキソである
(但し、
R5がモルホリノである場合、L1は−C(O)−ではなく、
R5がZ2で置換されたシクロアルキルである場合、L1は−C(O)O−ではない)]
で表されるピリダジノン系化合物又はその塩に関する。

0008

また本発明は、前記一般式(I)のピリダジノン系化合物又はその塩を有効成分として含有する除草剤、及び当該化合物又はその塩の除草有効量を、望ましくない植物又はそれが生育する場所に施用し、望ましくない植物を防除又はその生育を抑制する方法に関する。

発明の効果

0009

本発明の一般式(I)のピリダジノン系化合物又はその塩によれば、類似する従来化合物に比して望ましくない植物(雑草)への著しい除草活性の向上を実現することができる。

0010

一般式(I)中のハロゲン原子又は置換基としてのハロゲン原子としては、フッ素塩素臭素又はヨウ素の各原子が挙げられる。置換基としてのハロゲン原子の数は1又は2以上であってよく、2以上の場合、各ハロゲン原子は各々同一でも相異なってもよい。また、ハロゲン原子の置換位置は何れの位置でもよい。

0011

一般式(I)中のアルキル又はアルキル部分としては、例えばメチルエチルプロピルイソプロピルn−ブチルイソブチル、s−ブチル、t−ブチル、n−ペンチル、ネオペンチルヘキシルヘプチルオクチル、ノニルデシルウンデシルドデシルのような直鎖又は分岐鎖状のC1-C12の基が挙げられる。

0012

一般式(I)中のアルコキシ又はアルコキシ部分としては、例えばメトキシエトキシプロポキシイソプロポキシ、n−ブトキシイソブブトキシ、s−ブトキシ、t−ブトキシ、ペンチルオキシヘキシルオキシヘプチルオキシオクチルオキシ、ノニルオキシデシルオキシ、ウンデシルオキシ、ドデシルオキシのような直鎖又は分岐鎖状のC1-C12の基が挙げられる。

0013

一般式(I)中のアルケニル又はアルケニル部分としては、例えばビニル、1-プロペニル、2-プロペニル、イソプロペニル、2-メチル-1-プロペニル、1-メチル-1-プロペニル、2-メチル-2-プロペニル、1-メチル-2-プロペニル、1-ブテニル、2-ブテニル、3-ブテニル、1-ペンテニル、2-ペンテニル、2-メチル-2-ブテニル、3-メチル-2-ブテニル、1-ヘキセニル、2,3-ジメチル-2-ブテニルのような直鎖又は分岐鎖状のC2-C6の基が挙げられる。

0014

一般式(I)中のアルキニル又はアルキニル部分としては、例えばエチニル、1-プロピニル、2-プロピニル、1-ブチニル、2-ブチニル、3-ブチニル、1-メチル-2-プロピニル、2-メチル-3-ブチニル、1-ヘキシニル、2-ヘキシニル、3-ヘキシニル、4-ヘキシニル、5-ヘキシニルのような直鎖又は分岐鎖状のC2-C6の基が挙げられる。

0015

一般式(I)中のシクロアルキル又はシクロアルキル部分としては、例えばシクロプロピルシクロブチルシクロペンチルシクロヘキシルシクロヘプチルのようなC3-C7の基が挙げられる。これらのシクロアルキル又はシクロアルキル部分は、オキソ基(=O)で置換される場合、任意の位置の炭素原子が、1又は2のオキソ基(=O)で置換されてよい。

0016

一般式(I)中のシクロアルコキシ又はシクロアルコキシ部分としては、例えばシクロプロピルオキシ、シクロブチルオキシ、シクロペンチルオキシシクロヘキシルオキシ、シクロヘプチルオキシのようなC3-C7の基が挙げられる。

0017

一般式(I)中のシクロアルケニル又はシクロアルケニル部分としては、例えばシクロプロペニル、シクロブテニルシクロペンテニルシクロペンタジエニルシクロヘキセニルシクロヘキサジエニル、シクロヘプテニルビシクロ[2.2.1]ヘプタ−2,5−ジエニルのようなC3-C7の基が挙げられる。これらのシクロアルケニル又はシクロアルケニル部分は、オキソ基(=O)で置換される場合、任意の位置の炭素原子が、1又は2のオキソ基(=O)で置換されてよい。

0018

一般式(I)中のアリールとしては、単環式アリール、単環式へテロアリール二環式アリール、二環式へテロアリールが挙げられる。

0019

単環式アリールとしては、例えばフェニルが挙げられる。

0020

単環式ヘテロアリールとしては、例えばO、S又はNを1〜4個含有する5〜6員ヘテロアリール、具体例としては、チエニルフリルピロリル、オキサゾリルイソオキサゾリルチアゾリルイソチアゾリルピラゾリルイミダゾリル、1,3,4-オキサジアゾリル、1,2,4-オキサジアゾリル、1,3,4-チアジアゾリル、1,2,4-チアジアゾリル、1,2,4-トリアゾリル、1,2,3-トリアゾリル、1,2,3-チアジアゾリル、1,2,3,4-テトラゾリルピリジルピリミジルピラジニルピリダジニル、1,3,5-トリアジニル、1,2,4-トリアジニル、イミダゾリニル、イミダゾリジニル、ピラゾリニル、ピラゾリジニルなどが挙げられる。

0021

二環式アリールとしては、例えばナフチルインデニルなどが挙げられる。

0022

二環式ヘテロアリールとしては、例えば、前記単環式へテロアリールに由来する環と、ベンゼン環又は前記単環式へテロアリールに由来する環との縮合環式ヘテロアリール、具体例としては、ベンゾチエニル、ベンゾフリル、インドリルベンゾチアゾリルベンゾイミダゾリル、ベンゾイソオキサゾリル、ベンゾイソチアゾリル、インダゾリルベンゾオキサゾリルキノリルイソキノリル、キノキサリニルフタラジニル、シンノリニル、キナゾリニルナフチリジニルピリドピリミジル、ピリドピラジニル、イミダゾロピリジル、チアゾロピリジル、ピラゾロピリミジル、イミダゾロピラジニル、イミダゾロピリダジニル、トリアゾロピリジル、ピラジノピラジニル、ピラジノピリダジニル、ピリミドピリダジニル、ピリミドピリミジル、ピリドピリダジニル、ピロロピリジル、チエノピリジルオキサゾロピリジル、ピラゾロピリジル、イソオキサゾロピリジル、イソチアゾロピリジル、ピロロピリミジル、チエノピリミジル、イミダゾロピリミジル、オキサゾロピリミジル、チアゾロピリミジル、イソオキサゾロピリミジル、イソチアゾロピリミジル、ピロロピラジニル、チエノピラジニル、オキサゾロピラジニル、チアゾロピラジニル、ピラゾロピラジニル、イソオキサゾロピラジニル、イソチアゾロピラジニル、ピロロピリダジニル、チエノピリダジニル、オキサゾロピリダジニル、チアゾロピリダジニル、ピラゾロピリダジニル、イソオキサゾロピリダジニル、イソチアゾロピリダジニル、プリニル、プテリジニルなどが挙げられる。

0023

一般式(I)中の非芳香族へテロシクリルとは、O、S又はNを1〜4個含有する、単環式又は多環式の非芳香族へテロシクリルが挙げられる。多環式の非芳香族へテロシクリルとは、縮合環式へテロシクリル、架橋式へテロシクリル、スピロ環式へテロシクリルを含む。これらの非芳香族へテロシクリルは、オキソ基(=O)で置換される場合、任意の位置の環原子(C、O、S又はN)が、1又は2のオキソ基(=O)で置換されてよい。

0024

単環式の非芳香族へテロシクリルの具体例としては、オキシラニル、チイラニル、アジリジニル、オキセタニルチエタニルアゼチジニルジヒドロフリル、テトラヒドロフリル、ジヒドロチオフェニル、テトラヒドロチオフェニル、ピロリニル、ピロリジニルジオキソリル、ジオキソラニル、ジチオラニル、オキサチオラニル、イミダゾリニル、イミダゾリジニル、ピラゾリニル、ピラゾリジニル、オキサゾリニルオキサゾリジニル、イソオキサゾリニル、イソキサゾリジニル、チアゾリニル、チアゾリジニル、イソチアゾリニル、イソチアゾリジニル、テトラヒドロピラニル、ジヒドロピラニル、テトラヒドロチオピラニル、ジヒドロチオピラニル、ジオキサニルピペリジニルピペラジニル、テトラヒドロピラジニル、テトラヒドロピリダジニル、モルホリニリル、オキセパニル、チエパニル、アゼパニル、オキセカニル、チオカニル、アゾカニル等の3〜8員のものが挙げられる。

0025

多環式の非芳香族へテロシクリルとしては、前記した単環式の非芳香族へテロシクリルに由来する、縮合環式、架橋式又はスピロ環式の非芳香族へテロシクリル、具体例としては、ジヒドロベンゾフラニル、ジヒドロベンゾチエニル、インドリニル、イソインドリニル、ヘキサヒドロ−1H−シクロペンタ[c]フラニル、ヘキサヒドロ−2H−シクロペンタ[b]フラニル、テトラヒドロフロジオキソリル、オクタヒドロフロピリジニル、2−オキサビシクロ[3.1.0]ヘキサニル、7−オキサビシクロ[4.1.0]ヘプタニル、2−オキサビシクロ[2.2.1]ヘプタニル、7−オキサビシクロ[2.2.1]ヘプタニル、7−アザビシクロ[2.2.1]ヘプタニル、6−オキサ−2−アザスピロ[3.4]オクタニル、1,4−ジオキサスピロ[4.4]ノナニル、1,4−ジオキサスピロ[4.5]デカニル、2−アザスピロ[3.3]ヘプタニル等が挙げられる。

0026

一般式(I)中のアルキレンとしては、例えばメチレンエチレントリメチレンテトラメチレンのような直鎖のC1-C4の基が挙げられる。

0027

一般式(I)中のL1において、任意のA1は存在しなくてもよい。L1の具体例としては、結合、−A1a−、−A1a−O−A1a−、−A1a−O−、−A1a−O−C(O)−O−A1a−、−A1a−O−C(O)−O−、−C(O)−A1a−、−C(O)−、−C(O)−A1a−O−A1a−、−C(O)−A1a−O−、−C(O)−O−A1a−、−C(O)−O−、−C(O)−O−A1a−O−A1a−、−C(O)−O−A1a−O−、−S(O)m−A1a−、−S(O)m−が挙げられる(A1aは、R8で置換されていてもよいアルキレンであり、mは前述の通りである)。

0028

一般式(I)中の「置換されもよい」とは、置換されていない場合を含み、置換される場合には、置換基の数が1又は2以上であることを表す。置換基の数が2以上の場合、各置換基は各々同一又は異なってもよい。また、各置換基の置換位置は何れの位置でもよい。

0029

一般式(I)中の「置換された」とは、置換数が1又は2以上であることを表す。置換数が2以上の場合、各置換基は各々同一又は異なってもよい。また、各置換基の置換位置は何れの位置でもよい。

0030

一般式(I)のピリダジノン系化合物の塩としては、農業上許容されるものであればあらゆる塩が含まれるが、例えば、ナトリウム塩カリウム塩のようなアルカリ金属塩マグネシウム塩カルシウム塩のようなアルカリ土類金属塩ジメチルアミン塩、トリエチルアミン塩のようなアミン塩塩酸塩過塩素酸塩硫酸塩、硝酸塩のような無機酸塩酢酸塩メタンスルホン酸塩のような有機酸塩などが挙げられる。

0031

一般式(I)のピリダジノン系化合物には、ジアステレオ異性体光学異性体のような異性体が存在する場合があるが、本発明には各異性体及び異性体混合物の双方が含まれる。本明細書においては、特に言及しない限り、異性体は混合物として記載する。尚、本発明には、当該技術分野における技術常識の範囲内において、前記異性体以外の各種異性体も含まれる。また、異性体の種類によっては、前記一般式(I)とは異なる化学構造となる場合があるが、当業者であればそれら化学構造が一般式(I)と異性体の関係にあることが十分認識できるため、本発明の範囲内であることは明らかである。

0032

一般式(I)のピリダジノン系化合物又はその塩(以下、本発明化合物と言う)は、以下の製造方法、通常の塩の製造方法又は後述する合成例に従って製造することができるが、本発明化合物を得る方法は、これらの方法に限定されるものではない。

0033

[製造方法1]
本発明化合物は、式(II)の化合物と式(III)の化合物とを塩基の存在下で反応させることにより製造することができる。

0034

0035

式中、Tは塩素、臭素又はヨウ素の各原子であり、その他の記号は前述の通りである。
本反応に用いられる塩基としては、例えばトリエチルアミンピリジン等の有機塩基が挙げられる。塩基の使用量は、式(II)の化合物に対して通常0.5〜10モル当量、好ましくは1〜5モル当量である。
本反応は通常溶媒の存在下で行われる。溶媒としては反応に不活性であれば特に制限はなく、例えばジエチルエーテルジオキサンテトラヒドロフラン(THF)、ジメトキシエタン等のエーテル類又はこれらの混合溶媒が挙げられる。
本反応に用いられる式(III)の化合物の使用量は、式(II)の化合物に対して通常0.5〜10モル当量、好ましくは1〜3モル当量である。
本反応の反応温度は通常−30〜180℃、好ましくは−10〜80℃である。本反応の反応時間は通常10分〜30時間である。

0036

製造方法1において、式(I)の化合物とその異性体である式(IV)の化合物又はこれらの混合物が生成する場合もある。本反応で得られた反応混合物を、例えば水と混合し、有機溶媒にて抽出し、得られた有機層を乾燥、濃縮した後、シリカゲルカラムクロマトグラフィーによる精製等の操作を行うことにより、式(I)の化合物を単離することができる。

0037

[製造方法2]
本発明化合物である式(Ia)の化合物は、式(II)の化合物と式(V)の化合物又はその塩を溶媒中、又は無溶媒で、必要に応じて、塩基、縮合剤を使用し、必要に応じて、添加物を添加して、反応させることにより製造することができる。

0038

0039

式中、R4aは、Z2で置換されてもよい非芳香族へテロシクリル、Z2で置換されてもよいシクロアルケニル又はZ2で置換されたシクロアルキルであり、その他の記号は前述の通りである。

0040

本反応に用いられる塩基としては、例えばトリエチルアミン、ピリジン、4−(ジメチルアミノ)ピリジン等の有機塩基、炭酸カリウム炭酸ナトリウム等の無機塩基が挙げられる。塩基の使用量は、式(II)の化合物に対して通常0.5〜10モル当量、好ましくは1〜5モル当量である。

0041

本反応は通常溶媒の存在下で行われる。溶媒としては反応に不活性であれば特に制限はなく、例えばN,N−ジメチルホルムアミド、1,3−ジメチル−2−イミダゾリノン等の極性溶媒、ジエチルエーテル、ジオキサン、テトラヒドロフラン(THF)、ジメトキシエタン等のエーテル類、ベンゼントルエンキシレン等の芳香族炭化水素類ジクロロメタンクロロホルム四塩化炭素、1,2−ジクロロエタン等のハロゲン化炭化水素類、n−ペンタンn−ヘキサン等の脂肪族炭化水素類又はこれらの混合溶媒が挙げられる。

0042

本反応に用いられる式(V)の化合物の使用量は、式(II)の化合物に対して通常0.5〜10モル当量、好ましくは1〜3モル当量である。

0043

本反応に用いられる縮合剤としては、例えば1H−ベンゾトリアゾール−1−イルオキシトリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムヘキサフルオロホスファート、N、N’−ジシクロヘキシルカルボジイミド、1−(3−ジメチルアミノプロピル)−3−エチルカルボジイミド塩酸塩、2−クロロ−1−メチルピリジニウムヨージド等が挙げられる。縮合剤の使用量は、式(II)の化合物に対して通常0.5〜10モル当量、好ましくは1〜5モル当量である。

0044

本反応に用いられる添加物としては、例えば3H−[1,2,3]トリアゾロ[4,5−b]ピリジン−3−オール、1−ヒドロキシベンゾトリアゾール等が挙げられる。添加物の使用量は、式(II)の化合物に対して通常0.1〜10モル当量、好ましくは0.1〜3モル当量である。

0045

本反応の反応温度は通常−30〜180℃、好ましくは−10〜80℃である。本反応の反応時間は通常10分〜30時間である。

0046

製造方法2において、式(Ia)の化合物とその異性体である式(IVa)の化合物又はこれらの混合物が生成する場合もある。本反応で得られた反応混合物を、例えば水と混合し、有機溶媒にて抽出し、得られた有機層を乾燥、濃縮した後、シリカゲルカラムクロマトグラフィーによる精製等の操作を行うことにより、式(Ia)の化合物を単離することができる。

0047

製造方法1における式(III)の化合物および、製造方法2における式(V)の化合物は、公知の化合物であるか、又は公知の化合物から周知の方法で製造することができる。

0048

[製造方法3]
製造方法1又は2における式(II)の化合物は、式(VI)の化合物とモルホリンとを反応させることにより製造することができる。

0049

0050

式中、R9はアルキル又は置換されてもよい単環式アリールアルキル(例えば、C1−3アルキル、ベンジル、4−メトキシベンジル等)であり、その他の記号は前述の通りである。

0051

本反応に用いられるモルホリンの使用量は、式(VI)の化合物に対して通常1〜20モル当量である。
本反応の反応温度は通常30〜180℃、好ましくは50〜130℃である。本反応の反応時間は通常10分〜30時間である。
また本反応は、マイクロウェーブ照射下での反応が可能であり、その場合反応が促進されることがある。
本反応の終了後、例えば反応混合物を水と混合し、酸を添加して酸性とした後、有機溶媒にて抽出し、得られた有機層を乾燥、濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィーによる精製等の操作を行うことにより、式(II)の化合物を単離することができる。
また、式(II)の化合物は例えばヘテロサイクルズ(Heterocycles.)、26巻、1〜4頁(1987年)等に記載されている方法、又はそれらに準じる方法に従い製造することができる。

0052

[製造方法4]
式(VI)の化合物は、式(VII)の化合物と式(VIII)の化合物とを塩基又は触媒の存在下で反応させることにより製造することができる。

0053

0054

式中、各記号は前述の通りである。
本反応に用いられる塩基としては、例えばカリウムtert−ブトキシド等の金属アルコキシド;炭酸カリウム、炭酸セシウム水素化ナトリウム等の無機塩基が挙げられる。塩基の使用量は、式(VII)の化合物に対して通常1〜10モル当量、好ましくは1〜3モル当量である。
本反応に用いられる触媒としては、例えばパラジウム(II)アセタートテトラキストリフェニルホスフィン)パラジウム、トリス(ジベンジリデンアセトン)ジパラジウム、[1,1’−ビスジフェニルホスフィノフェロセン]パラジウムジクロリド等のパラジウム触媒塩化銅ヨウ化銅等の銅触媒が挙げられる。触媒の使用量は、式(VII)の化合物に対して通常0.001〜0.5モル当量、好ましくは0.01〜0.2モル当量である。
本反応は通常溶媒の存在下で行われる。溶媒としては反応に不活性であれば特に制限はなく、例えばベンゼン、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素類;ジエチルエーテル、ジオキサン、THF、ジメトキシエタン等のエーテル類;ジメチルホルムアミド(DMF)等のアミド類ジメチルスルホキシドDMSO)等のスルホキシド類アセトニトリル等のニトリル類アセトン等のケトン類;又はこれらの混合溶媒が挙げられる。
本反応に用いられる式(VIII)の化合物の使用量は、式(VII)の化合物に対して通常0.5〜3モル当量、好ましくは1〜2モル当量である。
本反応の反応温度は通常0〜200℃、好ましくは20〜100℃である。本反応の反応時間は通常10分〜30時間である。
本反応の終了後、例えば反応混合物に酸を添加して中和し、水と混合し、有機溶媒にて抽出し、得られた有機層を乾燥、濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィーによる精製等の操作を行うことにより、式(VI)の化合物を単離することができる。
式(VIII)の化合物は公知の化合物であるか、又は公知の化合物から周知の方法で製造することができる。

0055

[製造方法5]
前記式(VII)の化合物は、式(IX)の化合物と酸とを反応させることにより製造することができる。

0056

0057

式中、R10は置換されてもよい単環式アリールアルキル(例えば、ベンジル、4−メトキシベンジル等)であり、その他の記号は前述の通りである。
本反応に用いられる酸としては、例えばトリフルオロ酢酸が挙げられる。酸の使用量は、式(IX)の化合物に対して通常1〜20モル当量である。
本反応は必要に応じ溶媒の存在下で行われる。溶媒としては反応に不活性であれば特に制限はなく、例えば酢酸プロピオン酸等の有機酸;水;又はこれらの混合溶媒が挙げられる。
本反応の反応温度は通常30〜180℃、好ましくは50〜130℃である。本反応の反応時間は通常10分〜30時間である。
本反応の終了後、例えば反応混合物を水と混合し、有機溶媒にて抽出し、得られた有機層を乾燥、濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィーによる精製等の操作を行うことにより、式(VII)の化合物を単離することができる。

0058

[製造方法6]
前記式(IX)の化合物は、式(X)の化合物と式(XI)又は式(XII)の化合物とを、塩基及び触媒の存在下で反応させることにより製造することができる。

0059

0060

式中、各記号は前述の通りである。
本反応に用いられる塩基としては、例えば炭酸ナトリウム、炭酸カリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸セシウム、リン酸カリウム等の無機塩基が挙げられる。塩基の使用量は、式(X)の化合物に対して通常1〜10モル当量、好ましくは1〜5モル当量である。
本反応に用いられる触媒としては、例えばパラジウム(II)アセタート、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム、トリス(ジベンジリデンアセトン)ジパラジウム、[1,1’−ビス(ジフェニルホスフィノ)フェロセン]パラジウムジクロリド等のパラジウム触媒が挙げられる。触媒の使用量は、式(X)の化合物に対して通常0.001〜0.5モル当量、好ましくは0.01〜0.2モル当量である。また、触媒として、相間移動触媒を用いても良い。本反応に用いられる相間移動触媒としては、例えばテトラブチルアンモニウムブロミドテトラブチルアンモニウムクロリド等の4級アルキルアンモニウム塩が挙げられる。相間移動触媒の使用量は、式(X)の化合物に対して通常0.001〜1.0モル当量、好ましくは0.01〜0.7モル当量である。
本反応は通常溶媒の存在下で行われる。溶媒としては反応に不活性であれば特に制限はなく、例えばベンゼン、トルエン等の芳香族炭化水素類;メタノールエタノールプロパノール等のアルコール類;ジエチルエーテル、ジオキサン、THF、ジメトキシエタン等のエーテル類;アセトン、メチルエチルケトン等のケトン類;DMF等のアミド類;DMSO等のスルホキシド類;水;又はこれらの混合溶媒が用いられる。
本反応は必要に応じリガンドを添加することができる。リガンドとしては、例えば2−ジシクロヘキシルホスフィノ−2’,6’−ジメトキシビフェニル等が挙げられる。リガンドの使用量は、式(X)の化合物に対して、通常0.002〜1モル当量、好ましくは0.02〜0.4モル当量である。
本反応に用いられる式(XI)の化合物又は式(XII)の化合物の使用量は、式(X)の化合物に対して通常0.5〜2モル当量、好ましくは1〜1.5モル当量である。
本反応の反応温度は通常0〜180℃、好ましくは30〜150℃である。本反応の反応時間は通常10分〜100時間である。
本反応の終了後、例えば反応混合物を水と混合し、有機溶媒にて抽出し、得られた有機層を乾燥、濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィーによる精製等の操作を行うことにより、式(IX)の化合物を単離することができる。
式(XI)の化合物は、公知の化合物であるか、又は公知の化合物から周知の方法で製造することができる。
式(X)の化合物は公知の化合物であるか、又は公知の化合物から周知の方法で製造することができる。例えば式(X)の化合物は、ジャーナルオブヘテロサイクリックケミストリー(J.Heterocycl.Chem.)、33巻、1579〜1582頁(1996年)に記載されている方法、又はそれに準じる方法に従い製造することができる。

0061

[製造方法7]
前記式(XII)の化合物は、式(XIII)の化合物と式(XIV)の化合物とを、塩基及び触媒の存在下で反応させることにより製造することができる。

0062

0063

式中、各記号は前述の通りである。
本反応に用いられる塩基としては、例えば炭酸ナトリウム、炭酸カリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸セシウム、リン酸カリウム、酢酸カリウム等の無機塩基が挙げられる。塩基の使用量は、式(XIII)の化合物に対して通常1〜10モル当量、好ましくは1〜5モル当量である。
本反応に用いられる触媒としては、例えばパラジウム(II)アセタート、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム、トリス(ジベンジリデンアセトン)ジパラジウム等のパラジウム触媒が挙げられる。触媒の使用量は、式(XIII)の化合物に対して通常0.001〜0.5モル当量、好ましくは0.01〜0.2モル当量である。
本反応は通常溶媒の存在下で行われる。溶媒としては反応に不活性であれば特に制限はなく、例えばベンゼン、トルエン等の芳香族炭化水素類;メタノール、エタノール、プロパノール等のアルコール類;ジエチルエーテル、ジオキサン、THF、ジメトキシエタン等のエーテル類;アセトン、メチルエチルケトン等のケトン類;DMF等のアミド類;DMSO等のスルホキシド類;水;又はこれらの混合溶媒が用いられる。
本反応は必要に応じリガンドを添加することができる。リガンドとしては、例えばトリシクロヘキシルホスフィン、2−ジシクロヘキシルホスフィノ−2’,6’−ジメトキシビフェニル等が挙げられる。リガンドの使用量は、式(XIII)の化合物に対して通常0.002〜1モル当量、好ましくは0.02〜0.4モル当量である。
本反応に用いられる式(XIV)の化合物の使用量は、式(XIII)の化合物に対して、通常0.5〜2モル当量、好ましくは1〜1.5モル当量である。
本反応の反応温度は通常0〜180℃、好ましくは30〜150℃である。本反応の反応時間は通常10分〜100時間である。
また本反応は、マイクロウェーブ照射下での反応が可能であり、その場合反応が促進されることがある。
本反応の終了後、例えば反応混合物を水と混合し、有機溶媒にて抽出し、得られた有機層を乾燥、濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィーによる精製等の操作を行うことにより、式(XII)の化合物を単離することができる。

0064

[製造方法8]
前記式(XIII)の化合物は、式(XVI)の化合物と式(XV)の化合物とを、塩基及び触媒の存在下で反応させることにより製造することができる。

0065

0066

式中、各記号は前述の通りである。
本反応に用いられる塩基としては、例えば炭酸ナトリウム、炭酸カリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸セシウム、リン酸カリウム等の無機塩基;トリエチルアミン、ジイソプロピルエチルアミン等の有機塩基が挙げられる。塩基の使用量は、式(XVI)の化合物に対して、通常1〜10モル当量、好ましくは1〜5モル当量である。
本反応に用いられる触媒としては、例えばパラジウム(II)アセタート、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム、トリス(ジベンジリデンアセトン)ジパラジウム等のパラジウム触媒が挙げられる。触媒の使用量は、式(XVI)の化合物に対して、通常0.001〜0.5モル当量、好ましくは0.01〜0.2モル当量である。
本反応は通常溶媒の存在下で行われる。溶媒としては反応に不活性であれば特に制限はなく、例えばベンゼン、トルエン等の芳香族炭化水素類;メタノール、エタノール、プロパノール等のアルコール類;ジエチルエーテル、ジオキサン、THF、ジメトキシエタン等のエーテル類;アセトン、メチルエチルケトン等のケトン類;DMF等のアミド類;DMSO等のスルホキシド類;水;又はこれらの混合溶媒が用いられる。
本反応は必要に応じリガンドを添加することができる。リガンドとしては、例えばトリシクロヘキシルホスフィン、2−ジシクロヘキシルホスフィノ−2’,6’−ジメトキシビフェニル、4,5−ビス(ジフェニルホスフィノ)−9,9−ジメチルキサンテン等が挙げられる。リガンドの使用量は、式(XVI)の化合物に対して、通常0.002〜1モル当量、好ましくは0.02〜0.4モル当量である。
本反応に用いられる式(XV)の化合物の使用量は、式(XVI)の化合物に対して、通常0.5〜2モル当量、好ましくは1〜1.5モル当量である。
本反応の反応温度は通常0〜180℃、好ましくは30〜150℃である。本反応の反応時間は通常10分〜100時間である。
本反応の終了後、例えば反応混合物を水と混合し、有機溶媒にて抽出し、得られた有機層を乾燥、濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィーによる精製等の操作を行うことにより、式(XIII)の化合物を単離することができる。
式(XVI)の化合物は公知の化合物であるか、又は公知の化合物から周知の方法で製造することができる。式(XV)の化合物は公知の化合物である。

0067

[製造方法9]
前記式(XIII)の化合物は、式(XVII)の化合物と式(XVIII)の化合物とを、塩基の存在下で反応させることにより製造することができる。

0068

0069

式中、各記号は前述の通りである。
本反応に用いられる塩基としては、例えばカリウムtert−ブトキシド等の金属アルコキシド;炭酸カリウム、炭酸セシウム、水素化ナトリウム等の無機塩基が挙げられる。塩基の使用量は、式(XVII)の化合物に対して通常1〜10モル当量、好ましくは1〜3モル当量である。
本反応は通常溶媒の存在下で行われる。溶媒としては反応に不活性であれば特に制限はなく、例えばベンゼン、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素類;ジエチルエーテル、ジオキサン、THF、ジメトキシエタン等のエーテル類;DMF等のアミド類;DMSO等のスルホキシド類;アセトニトリル等のニトリル類;アセトン等のケトン類;又はこれらの混合溶媒が挙げられる。
本反応に用いられる式(XVIII)の化合物の使用量は、式(XVII)の化合物に対して通常0.5〜3モル当量、好ましくは1〜2モル当量である。
本反応の反応温度は通常0〜200℃、好ましくは20〜100℃である。本反応の反応時間は通常10分〜30時間である。
本反応の終了後、例えば反応混合物に酸を添加して中和し、水と混合し、有機溶媒にて抽出し、得られた有機層を乾燥、濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィーによる精製等の操作を行うことにより、式(XIII)の化合物を単離することができる。
式(XVII)の化合物は公知の化合物であるか、又は公知の化合物から周知の方法で製造することができる。

0070

尚、本発明化合物を製造するにあたって用いる中間体の製造方法は、上記例示の製造方法に限定されるものではなく、如何なる製造方法を採用してもよい。また、各出発物質も、上記例示の化合物に限定されるものではなく、本発明化合物を製造することができる化合物であれば、如何なる化合物を使用してもよい。

0071

本発明化合物は、一年生雑草多年生雑草などの広範囲の望ましくない植物を防除することができる。具体的には、例えばイヌビエ又はタイヌビエ(barnyardgrass (Echinochloa crus-galli L.、Echinochloa oryzicola vasing.))、メヒシバ(crabgrass (Digitaria sanguinalis L.、Digitaria ischaemum Muhl. 、Digitaria adscendens Henr. 、Digitaria microbachne Henr. 、Digitaria horizontalis Willd.))、エノコログサ(green foxtail (Setaria viridis L.))、アキノエノコログサ(giant foxtail (Setaria faberi Herrm.))、キンエノコロ (yellow foxtail (Setaria lutescens Hubb.))、オヒシバ(goosegrass (Eleusine indica L.))、カラスムギ(wild oat (Avena fatua L.))、セイバンモロコシ(johnsongrass (Sorghum halepense L.))、シバムギ(quackgrass (Agropyron repens L.))、ブラキアリア(Signalgrass (Brachiaria plantaginea (Link) Hitchc、Brachiaria decumbens Stapf.、Brachiaria platyphylla(Groseb.)Nash))、ギネアキビ(guineagrass (Panicum maximum Jacq.))、パラグラス(paragrass (Panicum purpurascens Raddi))、オオクサキビ(smooth witchgrass (Panicum dichotomiflorum Michx.)、アゼガヤ(sprangletop (Leptochloa chinensis (L.) Nees))、イトアゼガヤ(red sprangletop (Leptochloa panicea (Retz.) Ohwi))、スズメノカタビラ(annual bluegrass (Poa annua L.))、スズメノテッポウ(black grass (Alopecurus myosuroides Huds.、Alopecurus aequalis Sobol.))、カモジグサ(cholorado bluestem (Agropyron tsukushiense (Honda) Ohwi))、シンクノイガ(southern sandbur (Cenchrus echinatus L.))、ネズミムギ(italian ryegrass (Lolium multiflorum Lam.))、ボウムギ(rigid ryegrass (Lolium rigidum Gaud.))、ウマチャヒキ (cheat grass (Bromus tectorum L.))、ギョウギシバ(bermudagrass (Cynodon dactylon Pers.))のようなイネ科雑草(gramineae);コゴメガヤツリ(rice flatsedge (Cyperus iria L.))、ハマスゲ(purple nutsedge (Cyperus rotundus L.))、キハマスゲ(yellow nutsedge (Cyperus esculentus L.))、ホタルイ(Japanese bulrush (Scirpus juncoides))、ミズガヤツリ(flatsedge (Cyperus serotinus))、タマガヤツリ(small-flower umbrellaplant (Cyperus difformis))、マツバイ(slender spikerush (Eleocharis acicularis))、クログワイ(water chestnut (Eleocharis kuroguwai))のようなカヤツリグサ科雑草(cyperaceae);ウリカワ(Japanese ribbon waparo (Sagittaria pygmaea))、オモダカ(arrow-head (Sagittaria trifolia))、ヘラオモダカ(narrowleaf waterplantain (Alisma canaliculatum))のようなオモダカ科雑草(alismataceae);コナギ(monochoria (Monochoria vaginalis))、ミズアオイ(monochoria species (Monochoria korsakowii))のようなミズアオイ科雑草(pontederiaceae);アゼナ(false pimpernel (Lindernia pyxidaria))のようなアゼトウガラシ科雑草、アブノメ(abunome (Dopatrium junceum))のようなオオバコ科雑草(plantaginaceae);キカシグサ(toothcup (Rotala india))、ヒメミソハギ(red stem (Ammannia multiflora))のようなミソハギ科雑草(lythraceae);ミゾハコベ(long stem waterwort(Elatine triandra SCHK.))のようなミゾハコベ科雑草(elatinaceae);イチビ(velvetleaf (Abutilon theophrastiMEDIC.))、アメリカキンゴジカ(prickly sida (Sida spinosaL.))のようなアオイ科雑草(malvaceae);オナモミ(common cocklebur (Xanthium strumarium L.))、ブタクサ(common ragweed (Ambrosia elatior L.))、エゾノキツネアザミ(thistle (Breea setosa (BIEB.)KITAM.))、ハキダメギク(hairy galinsoga(Galinsoga ciliata Blake))、カミツレ(wild chamomile(Matricaria chamomilla L.))、ホトケノザ(henbit (Lamium amplexicaule L.))、セイヨウタンポポ(common dandelion (Taraxacum officinale weber))、ヒメムカシヨモギ(horseweed (Erigeron Canadensis L.))のようなキク科雑草(compositae);イヌホウズキ(black nightshade (Solanum nigrum L.))、シロバナチョウセンアサガオ(jimsonweed (Datura stramonium))のようなナス科雑草(solanaceae);アオビユ(slender amaranth (Amaranthus viridis L.))、アオゲイトウ(redroot pigweed (Amaranthus retroflexus L.))、シロザ(common lambsquarters (Chenopodium album L.))、ホウキギ(mexican burningbush(Kochia scoparia Schrad.))のようなヒユ科雑草(amaranthaceae);サナエタデ(pale smartweed (Polygonum lapathifolium L.))、ハルタデ(ladysthumb (Polygonum persicaria L.))、ソバズラ(wild buckwheat(Polygonum convolvulus L.)) 、ミチヤナギ(knotweed(Polygonum aviculare L.))のようなタデ科雑草(polygonaceeae);タネツケバナ(flexuous bittercress (Cardamine flexuosa WITH.))、ナズナ(shepherd’s-purse(Capsella bursapastoris Medik.))、セイヨウカラシナ(indian mustard(Brassica juncea Czern.))のようなアブラナ科雑草(cruciferae);マルアサガオ(tall morningglory (Ipomoea purpurea L.))、セイヨウヒルガオ(field bindweed (Convolvulus arvensis L.))、アメリカアサガオ(ivyleaf morningglory (Ipomoea hederacea Jacq.))のようなヒルガオ科雑草(convolvulaceae);スベリヒユ(common purslane (Portulaca oleracea L.))のようなスベリヒユ科雑草(Portulacaceae);エビスグサ(sicklepod (Cassia obtusifolia L.))のようなマメ科雑草(fabaceae);ハコベ(common chickweed (Stellariamedia L.))のようなナデシコ科雑草(caryophyllaceae);ヤエムグラ(catchweed (Galium spurium L.))のようなアカネ科雑草(rubiaceae);エノキグサ(threeseeded copperleaf (Acalypha australis L.))のようなトウダイグサ科雑草(euphorbiaceae);ツユクサ(common dayflower (Commelina communis L.))のようなツユクサ科雑草(Commelinaceae)などの各種望ましくない植物を防除することができる。よって、本発明化合物は、有用作物、例えばトウモロコシ(corn (Zea mays L.))、ダイズ(soybean (Glycine max Merr.))、ワタ(cotton (Gossypiumspp.))、コムギ(wheat (Triticum aestivum L.))、イネ(rice (Oryza sativa L.))、オオムギ(barley (Hordeum Vulgare L.))、ライムギ(rye (Secalecereale L.))、エンバク(oat (Avena sativaL.))、ソルガム(sorgo (Sorghum bicolor Moench))、アブラナ(rape (Brassica napus L.))、ヒマワリ(sunflower (Helianthus annuus L.))、テンサイ(sugar beet (Beta Vulgaris L.))、サトウキビ(sugar cane (Saccharum officinarum L.))、(japanese lawngrass (Zoysia japonica stend))、ピーナッツ(peanut (Arachis hypogaea L.))、アマ(flax (Linum usitatissimum L.))、タバコ(tobacco (Nicotiana tabacum L.))、コーヒー(coffee (Coffea spp.))などの栽培において、選択的に望ましくない植物を防除する場合又は非選択的に望ましくない植物を防除する場合において有効に使用される。

0072

本発明化合物は、通常、各種農業上の補助剤と混合して粉剤粒剤顆粒水和剤水和剤錠剤丸剤カプセル剤水溶性フィルム包装する形態を含む)、水性懸濁剤、油性懸濁剤マイクロエマルジョン製剤サスポエマルジョン製剤水溶剤乳剤液剤ペースト剤などの種々の形態に製剤調製し、施用することができるが、本発明の目的に適合する限り、通常の当該分野で用いられているあらゆる製剤形態にすることができる。

0073

製剤に使用する補助剤としては、珪藻土消石灰炭酸カルシウムタルクホワイトカーボンカオリンベントナイトカオリナイトセリサイトクレー、炭酸ナトリウム、重曹芒硝ゼオライト澱粉などの固形担体;水、トルエン、キシレン、ソルベントナフサ、ジオキサン、アセトン、イソホロンメチルイソブチルケトンクロロベンゼンシクロヘキサン、ジメチルスルホキシド、ジメチルホルムアミド、ジメチルアセトアミドN-メチル-2-ピロリドンアルコールなどの溶剤脂肪酸塩安息香酸塩、アルキルスルホコハク酸塩ジアルキルスルホコハク酸塩ポリカルボン酸塩アルキル硫酸エステル塩アルキル硫酸塩アルキルアリール硫酸塩、アルキルジグリコールエーテル硫酸塩アルコール硫酸エステル塩アルキルスルホン酸塩アルキルアリールスルホン酸塩アリールスルホン酸塩、リグニンスルホン酸塩アルキルジフェニルエーテルジスルホン酸塩ポリスチレンスルホン酸塩アルキルリン酸エステル塩、アルキルアリールリン酸塩スチリルアリールリン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステル塩ポリオキシエチレンアルキルアリールエーテル硫酸塩、ポリオキシエチレンアルキルアリールエーテル硫酸エステル塩ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルアリールリン酸エステル塩ポリオキシエチレンアリールエーテルリン酸エステル塩ナフタレンスルホン酸塩ホルマリン縮合物アルキルナフタレンスルホン酸塩ホルマリン縮合物のような陰イオン系界面活性剤もしくは展着剤ソルビタン脂肪酸エステルグリセリン脂肪酸エステル脂肪酸ポリグリセライド脂肪酸アルコールポリグリコールエーテルアセチレングリコールアセチレンアルコールオキシアルキレンブロックポリマーポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルアリールエーテル、ポリオキシエチレンスチリルアリールエーテル、ポリオキシエチレングリコールアルキルエーテルポリエチレングリコールポリオキシエチレン脂肪酸エステルポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステルポリオキシエチレン硬化ヒマシ油ポリオキシプロピレン脂肪酸エステルのような非イオン系の界面活性剤もしくは展着剤;又はオリーブ油カポック油ひまし油、シュロ油、椿油ヤシ油ごま油トウモロコシ油米ぬか油落花生油綿実油大豆油菜種油亜麻仁油きり油液状パラフィンなどの植物油もしくは鉱物油などが挙げられる。これら補助剤は本発明の目的から逸脱しない限り、1種又は2種以上を適宜選択して使用することができる。また、例えば、増量剤増粘剤沈降防止剤凍結防止剤、分散安定剤、薬害軽減剤防黴剤発泡剤崩壊剤結合剤など、通常使用される各種補助剤も使用することができる。本発明化合物と各種補助剤との配合割合は、通常、0.1:99.9〜95:5、望ましくは0.2:99.8〜85:15である。尚、本発明化合物と各種補助剤との配合方法は、特に限定されるものではなく、公知の方法に準じて適宜配合することができる。

0074

本発明化合物を含有する除草剤の施用量(除草有効量)は、気象条件土壌条件、製剤形態、対象となる望ましくない植物の種類、施用時期などの相違により一概に規定できないが、1ヘクタール当り本発明化合物の施用量(以下、有効成分量ともいう)が好ましくは0.1〜5,000g、より好ましくは0.5〜3,000g、更に好ましくは1〜1,000g、特に好ましくは10〜500gとなるように施用する。本発明には、このような除草剤の施用による望ましくない植物の防除方法も含まれる。

0075

また、本発明化合物を含有する除草剤は単独で使用しても、他の農薬肥料、薬害軽減剤などと混用又は併用してもよい。混用又は併用した場合には、一層優れた効果、作用性を示すことがある。他の農薬としては、除草剤、殺菌剤抗生物質植物ホルモン殺虫剤などが挙げられる。特に、本発明化合物と、他の除草剤の有効成分である化合物の1種又は2種以上とを混用又は併用した混合除草性組成物は、適用草種の範囲、薬剤処理の時期、除草活性などを好ましい方向へ改良することが可能である。尚、本発明化合物と他の除草剤の有効成分である化合物は、各々別々に製剤したものを散布時に混合して使用してもよく、両者を一緒に製剤して使用してもよい。本発明には、上記混合除草組成物も含まれる。

0076

本発明化合物と他の除草剤の有効成分である化合物との混合比は、気象条件、土壌条件、薬剤の製剤形態、施用時期、施用方法などの相違により一概に規定できないが、本発明化合物1重量部に対し、他の除草剤は、有効成分である化合物を1種あたり0.001〜10,000重量部配合することが好ましく、0.01〜1,000重量部配合することが更に好ましい。また、施用適量は1ヘクタール当りの有効成分の総化合物量として0.1〜10,000g、望ましくは0.2〜5,000g、更に望ましくは10〜3,000gである。本発明には、このような混合除草組成物の施用による望ましくない植物の防除方法も含まれる。

0077

他の除草剤の有効成分である化合物としては、下記化合物(1)〜(12)(一般名;一部ISO申請中を含む)を例示することができるが、特に記載がない場合であっても、これら化合物に塩、アルキルエステルなどが存在する場合は、当然それらも含まれる。

0078

(1)2,4−D、2,4−Dブトチル(2,4-D-butotyl)、2,4−Dブチル(2,4-D-butyl)、2,4−Dジメチルアンモニウム(2,4-D-dimethylammonimum)、2,4−Dジオールアミン(2,4-D-diolamine)、2,4−Dエチル(2,4-D-ethyl)、2,4−D−2−エチルヘキシル(2,4-D-2-ethylhexyl)、2,4−Dイソブチル(2,4-D-isobutyl)、2,4−Dイソオクチル(2,4-D-isoctyl)、2,4−Dイソプロピル(2,4-D-isopropyl)、2,4−Dイソプロピルアンモニウム(2,4-D-isopropylammonium)、2,4−Dナトリウム(2,4-D-sodium)、2,4−Dイソプロパノールアンモニウム(2,4-D-isopropanolammonium)、2,4−Dトロールアミン(2,4-D-trolamine)、2,4−DB、2,4−DBブチル(2,4-DB-butyl)、2,4−DBジメチルアンモニウム(2,4-DB-dimethylammonium)、2,4−DBイソオクチル(2,4-DB-isoctyl)、2,4−DBカリウム(2,4-DB-potassium)、2,4−DBナトリウム(2,4-DB-sodium)、2,4−Dコリン塩(2,4-D choline salt)、ジクロロプロップ(dichlorprop)、ジクロロプロップブトチル(dichlorprop-butotyl)、ジクロロプロップジメチルアンモニウム(dichlorprop-dimethylammonium)、ジクロロプロップイソオクチル(dichlorprop-isoctyl)、ジクロロプロップカリウム(dichlorprop-potassium)、ジクロロプロップ−P(dichlorprop-P)、ジクロロプロップ−Pジメチルアンモニウム(dichlorprop-P-dimethylammonium)、ジクロロプロップ−Pカリウム(dichlorprop-P-potassium)、ジクロロプロップ−Pナトリウム(dichlorprop-P-sodium)、MCPA、MCPAブトチル(MCPA-butotyl)、MCPAジメチルアンモニウム(MCPA-dimethylammonium)、MCPA−2−エチルヘキシル(MCPA-2-ethylhexyl)、MCPAカリウム(MCPA-potassium)、MCPAナトリウム(MCPA-sodium)、MCPAチオエチル(MCPA-thioethyl)、MCPB、MCPBエチル(MCPB-ethyl)、MCPBナトリウム(MCPB-sodium)、メコプロップ(mecoprop)、メコプロップブトチル(mecoprop-butotyl)、メコプロップナトリウム(mecoprop-sodium)、メコプロップ−P(mecoprop-P)、メコプロップ−Pブトチル(mecoprop-P-butotyl)、メコプロップ−Pジメチルアンモニウム(mecoprop-P-dimethylammonium)、メコプロップ−P−2−エチルヘキシル(mecoprop-P-2-ethylhexyl)、メコプロップ−Pカリウム(mecoprop-P-potassium)、ナプロアニリド(naproanilide)、クロメプロップ(clomeprop)、HIA-1のようなフェノキシ系化合物;2,3,6−TBA、ジカンバ(dicamba)、ジカンバブトチル(dicamba-butotyl)、ジカンバジグリコールアミン(dicamba-diglycolamine)、ジカンバジメチルアンモニウム(dicamba-dimethylammonium)、ジカンバジオールアミン(dicamba-diolamine)、ジカンバイソプロピルアンモニウム(dicamba-isopropylammonium)、ジカンバカリウム(dicamba-potassium)、ジカンバナトリウム(dicamba-sodium)、ピクロラム(picloram)、ピクロラムジメチルアンモニウム(picloram-dimethylammonium)、ピクロラムイソオクチル(picloram-isoctyl)、ピクロラムカリウム(picloram-potassium)、ピクロラムトリイソプロパノールアンモニウム(picloram-triisopropanolammonium)、ピクロラムトリイソプロピルアンモニウム(picloram-triisopropylammonium)、ピクロラムトロールアミン(picloram-trolamine)、トリクロピル(triclopyr)、トリクロピルブトチル(triclopyr-butotyl)、トリクロピルトリエチルアンモニウム(triclopyr-triethylammonium)、クロピラリド(clopyralid)、クロピラリドオールアミン(clopyralid-olamine)、クロピラリドカリウム(clopyralid-potassium)、クロピラリドトリイソプロパノールアンモニウム(clopyralid-triisopropanolammonium)、アミノピラリド(aminopyralid)、アミノシクロピラクロール(aminocyclopyrachlor)、ハロウキフェン(halauxifen)、ハロウキシフェンメチル(halauxifen-methyl)、フロルピローキシフェン(florpyrauxifen)、フロルピローキシフェンベンジル(florpyrauxifen-benzyl)、DAS-534のような芳香族カルボン酸系化合物;又はナプタラム(naptalam)、ナプタラムナトリウム(naptalam-sodium)、ベナゾリン(benazolin)、ベナゾリンエチル(benazolin-ethyl)、キンクロラック(quinclorac)、キンメラック(quinmerac)、ダイフルフェンゾピル(diflufenzopyr)、ダイフルフェンゾピルナトリウム(diflufenzopyr-sodium)、フルオキシピル(fluroxypyr)、フルオキシピル−2−ブトキシ−1−メチルエチル(fluroxypyr-2-butoxy-1-methylethyl)、フルオキシピルメプチル(fluroxypyr-meptyl)、クロロフルレノール(chlorflurenol)、クロロフルレノールメチル(chlorflurenol-methyl)、クラフォス(clacyfos)などのように植物のホルモン作用攪乱することで除草効力を示すとされている化合物。

0079

(2)クロロトルロン(chlorotoluron)、ジウロン(diuron)、フルオメツロン(fluometuron)、リニュロン(linuron)、イソプロチュロン(isoproturon)、メトベンズロン(metobenzuron)、テブチウロン(tebuthiuron)、ジメフロン(dimefuron)、イソウロン(isouron)、カルブレート(karbutilate)、メタベンズチアズロン(methabenzthiazuron)、メトクスロン(metoxuron)、メトブロムロン(metoburomuron)、モノリニュロン(monolinuron)、ネブロン(neburon)、シデュロン(siduron)、ターブメトン(terbumeton)、トリエタジン(trietazine)のような尿素系化合物シマジン(simazine)、アトラジン(atrazine)、アトトン(atratone)、シメトリン(simetryn)、プロメトリン(prometryn)、ジメタメトリン(dimethametryn)、ヘキサジノン(hexazinone)、メトリブジン(metribuzin)、ターブチラジン(terbuthylazine)、シアナジン(cyanazine)、アメトリン(ametryn)、シブトリン(cybutryne)、ターブトリン(terbutryn)、プロパジン(propazine)、メタミトロン(metamitron)、プロメトン(prometon)のようなトリアジン系化合物ブロマシル(bromacil)、ブロマシルリチウム(bromacyl-lithium)、レナシル(lenacil)、ターバシル(terbacil)のようなウラシル系化合物プロパニル(propanil)、シプロミッド(cypromid)のようなアニリド系化合物;スエップ(swep)、デスメディファム(desmedipham)、フェンメディファム(phenmedipham)のようなカーバメート系化合物ブロモキシニル(bromoxynil)、ブロモキシニルオクタノエート(bromoxynil-octanoate)、ブロモキシニルヘプタノエート(bromoxynil-heptanoate)、アイオキシニル(ioxynil)、アイオキシニルオクタノエート(ioxynil-octanoate)、アイオキシニルカリウム(ioxynil-potassium)、アイオキシニルナトリウム(ioxynil-sodium)のようなヒドロキシベンゾニトリル系化合物;又はピリデート(pyridate)、ベンタゾン(bentazone)、ベンタゾンナトリウム(bentazone-sodium)、アミカルバゾン(amicarbazone)、メタゾール(methazole)、ペンタノクロール(pentanochlor)、フェンメディファム(phenmedipham)などのように植物の光合成阻害することで除草効力を示すとされている化合物。

0080

(3)それ自身が植物体中でフリーラジカルとなり、活性酸素を生成させて速効的な除草効力を示すとされているパラコート(paraquat)、ジクワット(diquat)のような4級アンモニウム塩系化合物。

0081

(4)ニトロフェン(nitrofen)、クロメトキシフェン(chlomethoxyfen)、ビフェノックス(bifenox)、アシフルオルフェン(acifluorfen)、アシフルオルフェンナトリウム(acifluorfen-sodium)、ホメサフェン(fomesafen)、ホメサフェンナトリウム(fomesafen-sodium)、オキシフルオルフェン(oxyfluorfen)、ラクトフェン(lactofen)、アクロニフェン(aclonifen)、エトキシフェンエチル(ethoxyfen-ethyl)、フルオログリコフェンエチル(fluoroglycofen-ethyl)、フルオログリコフェン(fluoroglycofen)のようなジフェニルエーテル系化合物;クロルフタリム(chlorphthalim)、フルミオキサジン(flumioxazin)、フルミクロラック(flumiclorac)、フルミクロラックペンチル(flumiclorac-pentyl)、シニドンエチル(cinidon-ethyl)、フルチアセットメチル(fluthiacet-methyl)、EK-5385のような環状イミド系化合物;又は、オキサジアルギル(oxadiargyl)、オキサジアゾン(oxadiazon)、スルフェントラゾン(sulfentrazone)、カルフェントラゾンエチル(carfentrazone-ethyl)、チジアジミン(thidiazimin)、ペントキサゾン(pentoxazone)、アザフェニジン(azafenidin)、イソプロパゾール(isopropazole)、ピラフルフェンエチル(pyraflufen-ethyl)、ベンズフェンジゾン(benzfendizone)、ブタフェナシル(butafenacil)、サフルフェナシル(saflufenacil)、フルアゾレート(fluazolate)、プロフルアゾール(profluazol)、フルフェンピルエチル(flufenpyr-ethyl)、ベンカルバゾン(bencarbazone)、チアフェナシル(tiafenacil)、ピラクロニル(pyrachlonil)、トリフルジモキサジン(trifludimoxazin)、HNPC-B4047、IR-6396、EK-5439、EK-5498、SYN-523、WO2008/008763(FMCCORPORATION)に記載の化合物などのように植物のクロロフィル生合成を阻害し、光増感過酸化物質を植物体中に異常蓄積させることで除草効力を示すとされている化合物。

0082

(5)ノルフルラゾン(norflurazon)、クロリダゾン(chloridazon)、メトフルラゾン(metflurazon)のようなピリダジノン系化合物;ピラゾリネート(pyrazolynate)、ピラゾキシフェン(pyrazoxyfen)、ベンゾフェナップ(benzofenap)、トプラメゾン(topramezone)、ピラスフォトール(pyrasulfotole)、トルピラレート(tolpyralate)のようなピラゾール系化合物;又は、アミトロール(amitrole)、フルリドン(fluridone)、フルルタモン(flurtamone)、ジフルフェニカン(diflufenican)、メトキシフェノン(methoxyphenone)、クロマゾン(clomazone)、スルコトリオン(sulcotrione)、メソトリオン(mesotrione)、テンボトリオン(tembotrione)、テフリルトリオン(tefuryltrione)、フェンキノトリオン(fenquinotrione)、ランコトリオン(lancotrione)、シクロピリモレート(cyclopyrimorate)、イソキサフルトール(isoxaflutole)、ジフェンゾコート(difenzoquat)、ジフェンゾコートメチルサルフェート(difenzoquat-metilsulfate)、イソキサクロロトール(isoxachlortole)、ベンゾビシクロン(benzobicyclon)、ビシクロピロン(bicyclopyron)、ピコリナフェン(picolinafen)、ビフルブタミド(beflubutamid)、ケトスピラドックス(ketospiradox)、ケトスピラドックスカリウム(ketospiradox-potassium)、JP2012−2571(住友化学)記載化合物などのようにカロチノイドなどの植物の色素生合成を阻害し、白化作用を特徴とする除草効力を示すとされている化合物。

0083

(6)ジクホップメチル(diclofop-methyl)、ジクロホップ(diclofop)、ピリフェノップナトリウム(pyriphenop-sodium)、フルアジホップブチル(fluazifop-butyl)、フルアジホップ(fluazifop)、フルアジホップ-P(fluazifop-P)、フルアジホップ−P−ブチル(fluazifop-P-butyl)、ハロキシホップメチル(haloxyfop-methyl)、ハロキシホップ(haloxyfop)、ハロキシホップエトチル(haloxyfop-etotyl)、ハロキシホップ−P(haloxyfop-P)、ハロキシホップ−P−メチル(haloxyfop-P-methyl)、キザロホップエチル(quizalofop-ethyl)、キザロホップ−P(quizalofop-P)、キザロホップ−P−エチル(quizalofop-P-ethyl)、キザロホップ−P−テフリル(quizalofop-P-tefuryl)、シハロホップブチル(cyhalofop-butyl)、フェノキサプロップエチル(fenoxaprop-ethyl)、フェノキサプロップ−P(fenoxaprop-P)、フェノキサプロップ−P−エチル(fenoxaprop-P-ethyl)、メタミホッププロピル(metamifop-propyl)、メタミホップ(metamifop)、クロジナホッププロパルギル(clodinafop-propargyl)、クロジナホップ(clodinafop)、プロパキザホップ(propaquizafop)、HNPC-A8169、SYP-1924のようなアリールオキシフェノキシプロピオン酸系化合物アロキシジムナトリウム(alloxydim-sodium)、アロキシジム(alloxydim)、クレソジム(clethodim)、セトキシジム(sethoxydim)、トラルコキシジム(tralkoxydim)、ブトロキシジム(butroxydim)、テプラロキシジム(tepraloxydim)、プロホキシジム(profoxydim)、シクロキシジム(cycloxydim)のようなシクロヘキサンジオン系化合物;ピノキサデン(pinoxaden)のようなフェニルピラゾリン系化合物;などのように脂肪酸の生合成を阻害し、植物に除草効力を示すとされている化合物。

0084

(7)クロリムロンエチル(chlorimuron-ethyl)、クロリムロン(chlorimuron)、スルホメツロンメチル(sulfometuron-methyl)、スルホメツロン(sulfometuron)、プリミスルフロンメチル(primisulfuron-methyl)、プリミスルフロン(primisulfuron)、ベンスルフロンメチル(bensulfuron-methyl)、ベンスルフロン(bensulfuron)、クロルスルフロン(chlorsulfuron)、メトスルフロンメチル(metsulfuron-methyl)、メトスルフロン(metsulfuron)、シノスルフロン(cinosulfuron)、ピラゾスルフロンエチル(pyrazosulfuron-ethyl)、ピラゾスルフロン(pyrazosulfuron)、フラザスルフロン(flazasulfuron)、リムスルフロン(rimsulfuron)、ニコスルフロン(nicosulfuron)、イマゾスルフロン(imazosulfuron)、フルセトスルフロン(flucetosulfuron)、シクロスルファムロン(cyclosulfamuron)、プロスルフロン(prosulfuron)、フルピルスルフロンメチルナトリウム(flupyrsulfuron-methyl-sodium)、フルピルスルフロン(flupyrsulfuron)、トリフルスルフロンメチル(triflusulfuron-methyl)、トリフルスルフロン(triflusulfuron)、ハロスルフロンメチル(halosulfuron-methyl)、ハロスルフロン(halosulfuron)、チフェンスルフロンメチル(thifensulfuron-methyl)、チフェンスルフロン(thifensulfuron)、エトキシスルフロン(ethoxysulfuron)、オキサスルフロン(oxasulfuron)、エタメトスルフロン(ethametsulfuron)、エタメトスルフロンメチル(ethametsulfuron-methyl)、イオドスルフロン(iodosulfuron)、イオドスルフロンメチルナトリウム(iodosulfuron-methyl-sodium)、スルフォスルフロン(sulfosulfuron)、トリアスルフロン(triasulfuron)、トリベヌロンメチル(tribenuron-methyl)、トリベヌロン(tribenuron)、トリトスルフロン(tritosulfuron)、フォーラムスルフロン(foramsulfuron)、トリフルオキシスルフロン(trifloxysulfuron)、トリフルオキシスルフロンナトリウム(trifloxysulfuron-sodium)、メソスルフロンメチル(mesosulfuron-methyl)、メソスルフロン(mesosulfuron)、オルソスルファムロン(orthosulfamuron)、アミドスルフロン(amidosulfuron)、アジムスルフロン(azimsulfuron)、プロピリスルフロン(propyrisulfuron)、メタゾスルフロン(metazosulfuron)、メチオピルスルフロン(methiopyrsulfuron)、モノスルフロンメチル(monosulfuron-methyl)、オルソスルフロン(orsosulfuron)、イオフェンスルフロン(iofensulfuron)、イオフェンスルフロンナトリウム(iofensulfuron-sodium)のようなスルフォニルウレア化合物フルメツラム(flumetsulam)、メトスラム(metosulam)、ジクロスラム(diclosulam)、クロランスラムメチル(cloransulam-methyl)、フロラスラム(florasulam)、ペノクススラム(penoxsulam)、ピロクススラム(pyroxsulam)のようなトリアゾロピリミジンスルホンアミド系化合物イマザピル(imazapyr)、イマザピルイソプロピルアンモニウム(imazapyr-isopropylammonium)、イマゼタピル(imazethapyr)、イマゼタピルアンモニウム(imazethapyr-ammonium)、イマザキン(imazaquin)、イマザキンアンモニウム(imazaquin-ammonium)、イマザモックス(imazamox)、イマザモックスアンモニウム(imazamox-ammonium)、イマザメタベンズ(imazamethabenz)、イマザメタベンズメチル(imazamethabenz-methyl)、イマザピック(imazapic)のようなイミダゾリノン系化合物;ピリチオバックナトリウム(pyrithiobac-sodium)、ビスピリバックナトリウム(bispyribac-sodium)、ピリミノバックメチル(pyriminobac-methyl)、ピリベンゾキシム(pyribenzoxim)、ピリフタリド(pyriftalid)、ピリミスルファン(pyrimisulfan)、トリアファモン(triafamone)のようなピリミジニルサリチル酸系化合物;フルカーバゾン(flucarbazone)、フルカーバゾンナトリウム(flucarbazone-sodium)、プロポキシカーバゾンナトリウム(propoxycarbazone-sodium)、プロポキシカーバゾン(propoxycarbazone)、チエンカルバゾンメチル(thiencarbazone-methyl)のようなスルホニルアミノカルボニルトリアゾリノン系化合物;又は、グリホサート(glyphosate)、グリホサートナトリウム(glyphosate-sodium)、グリホサートカリウム(glyphosate-potassium)、グリホサートアンモニウム(glyphosate-ammonium)、グリホサートジアンモニウム(glyphosate-diammonium)、グリホサートイソプロピルアンモニウム(glyphosate-isopropylammonium)、グリホサートトリメシウム(glyphosate-trimesium)、グリホサートセスキナトリウム(glyphosate-sesquisodium)、グルホシネート(glufosinate)、グルホシネートアンモニウム(glufosinate-ammonium)、グルホシネート-P(glufosinate-P)、グルホシネート-Pアンモニウム(glufosinate-P-ammonium)、グルホシネート-Pナトリウム(glufosinate-P-sodium)、ビラナホス(bilanafos)、ビラナホスナトリウム(bilanafos-sodium)、シンメチリン(cinmethylin)などのように植物のアミノ酸生合成を阻害することで除草効力を示すとされている化合物。

0085

(8)トリフルラリン(trifluralin)、オリザリン(oryzalin)、ニトラリン(nitralin)、ペンディメタリン(pendimethalin)、エタルフルラリン(ethalfluralin)、ベンフルラリン(benfluralin)、プロジアミン(prodiamine)、ブトラリン(butralin)、ジニトラミン(dinitramine)のようなジニトロアニリン系化合物ベンスリド(bensulide)、ナプロパミド(napropamide)、ナプロパミド-M(napropamide-M)、プロピザミド(propyzamide)、プロナミド(pronamide)のようなアミド系化合物アミプロホスメチル(amiprofos-methyl)、ブタミホス(butamifos)、アニロホス(anilofos)、ピペロホス(piperophos)のような有機リン系化合物プロファム(propham)、クロルプロファム(chlorpropham)、バーバン(barban)、カルベタミド(carbetamide)のようなフェニルカーバメート系化合物;ダイムロン(daimuron)、クミルロン(cumyluron)、ブロモブチド(bromobutide)、メチルダイムロン(methyldymron)のようなクミルアミン系化合物;又はアシュラム(asulam)、アシュラムナトリウム(asulam-sodium)、ジチオピル(dithiopyr)、チアゾピル(thiazopyr)、クロルタールジメチル(chlorthal-dimethyl)、クロルタール(chlorthal)、ジフェナミド(diphenamid)、フラムプロップ−M−メチル(flamprop-M-methyl)、フラムプロップ−M(flamprop-M)、フラムプロップ−M−イソプロピル(flamprop-M-isopropyl)などのように植物の細胞有糸分裂を阻害することで除草効力を示すとされている化合物。

0086

(9)アラクロール(alachlor)、メタザクロール(metazachlor)、ブタクロール(butachlor)、プレチラクロール(pretilachlor)、メトラクロール(metolachlor)、S−メトラクロール(S-metolachlor)、テニルクロール(thenylchlor)、ペトキサマイド(pethoxamid)、アセトクロール(acetochlor)、プロパクロール(propachlor)、ジメテナミド(dimethenamide)、ジメテナミド−P(dimethenamide−P)、プロピソクロール(propisochlor)、ジメタクロール(dimethachlor)のようなクロロアセトアミド系化合物;モリネート(molinate)、ジメピペレート(dimepiperate)、ピリブチカルブ(pyributicarb)、EPTCブチレート(butylate)、ベルノレート(vernolate)、ペブレート(pebulate)、シクロエート(cycloate)、プロスルホカルブ(prosulfocarb)、エスプロカルブ(esprocarb)、チオベンカルブ(thiobencarb)、ジアレート(diallate)、トリアレート(tri-allate)、オルベンカルブ(orbencarb)のようなチオカーバメート系化合物;又は、エトベンザニド(etobenzanid)、メフェナセット(mefenacet)、フルフェナセット(flufenacet)、トリディファン(tridiphane)、カフェストロール(cafenstrole)、フェントラザミド(fentrazamide)、オキサジクロメフォン(oxaziclomefone)、インダノファン(indanofan)、ベンフレセート(benfuresate)、ピロキサスルフォン(pyroxasulfone)、フェノキサスルフォン(fenoxasulfone)、メチオゾリン(methiozolin)、ダラポン(dalapon)、ダラポンナトリウム(dalapon-sodium)、TCAナトリウム(TCA-sodium)、トリクロロ酢酸(trichloroacetic acid)などのように植物のタンパク質生合成あるいは脂質生合成を阻害することで除草効力を示すとされている化合物。

0087

(10)ジクロベニル(dichlobenil)、トリアジフラム(triaziflam)、インダジフラム(indaziflam)、フルポキサム(flupoxam)、イソキサベン(isoxaben)などのように植物のセルロース生合成を阻害することで除草効力を示すとされている化合物。

0088

(11)MSMA、DSMA、CMA、エンドタール(endothall)、エンドタールジカリウム(endothall-dipotassium)、エンドタールナトリウム(endothall-sodium)、エンドタールモノ(N,N−ジメチルアルキルアンモニウム)(endothall-mono(N,N-dimethylalkylammonium))、エトフメセート(ethofumesate)、ソディウムクロレート(sodium chlorate)、ペラルゴン酸pelargonic acid)、ノナン酸(nonanoic acid)、ホスアミン(fosamine)、ホスアミンアンモニウム(fosamine-ammonium)、イプフェンカルバゾン(ipfencarbazone)、アクロレイン(aclolein)、スルファミン酸アンモニウム(ammonium sulfamate)、ボラックス(borax)、クロロ酢酸(chloroacetic acid)、クロロ酢酸ナトリウム(sodium chloroacetate)、シアナミド(cyanamide)、メチルアルソン酸(methylarsonic acid)、ジメチルアルソン酸(dimethylarsinic acid)、ジメチルアルソン酸ナトリウム(sodium dimethylarsinate)、ジノターブ(dinoterb)、ジノターブアンモニウム(dinoterb-ammonium)、ジノターブジオールアミン(dinoterb-diolamine)、ジノターブアセテート(dinoterb-acetate)、DNOC、硫酸第一鉄(ferrous sulfate)、フルプロパネート(flupropanate)、フルプロパネートナトリウム(flupropanate-sodium)、メフルイジド(mefluidide)、メフルイジドジオールアミン(mefluidide-diolamine)、メタム(metam)、メタムアンモニウム(metam-ammonium)、メタムカリウム(metam-potassium)、メタムナトリウム(metam-sodium)、イソチオシアン酸メチル(methyl isothiocyanate)、ペンタクロロフェノール(pentachlorophenol)、ペンタクロロフェノールナトリウム(sodium pentachlorophenoxide)、ペンタクロロフェノールラウレート(pentachlorophenol laurate)、キノクラミン(quinoclamine)、硫酸(sulfuric acid)、ウレアサルフェート(urea sulfate)、ザンチノシン(xanthinosin)、ハービマイシン(herbimycin)、アングイノール(unguinol)、メタチロシン(metatyrosine)、サルメンチン(sarmentine)、タキシトミンA(thaxtominA)、メバロシジン(mevalocidin)、α-リモネン(alpha-limonene)、ピリバムベンズプロピル(pyribambenz-propyl)、ピリバムベンズイソプロピル(pyribambenz-isopropyl)、JS-913、KHG-23844、H-9201、SIOC-0163、SIOC-0171、SIOC-0172、SIOC-0285、SIOC-0426、SIOC-H-057、ZJ-0166、ZJ-1835、ZJ-0453、ZJ-0777、ZJ-0862、WO2008/096398(クミアイ化学)記載の化合物。

0089

(12)ザントモナスキャンペストリス(Xanthomonas campestris)、エピココロシルス ネマトソルス(Epicoccosirus nematosorus)、エピココロシルス ネマトスペラス(Epicoccosirus nematosperus)、エキセロヒラムモノセラス(Exserohilum monoseras)、ドレクスレラ モノセラス(Drechsrela monoceras)などのように植物に寄生することで除草効力を示すとされているもの。

0090

他の除草剤の有効成分である上記化合物は、1種又は2種以上を適宜選択することができる。尚、他の除草剤の有効成分は、上記例示の化合物に限定されるものではない。

0091

以下、実施例に従って本発明をより具体的に説明するが、本発明は実施例のみに限定されて解釈されるものではない。まず、本発明化合物の合成例を記載する。

0092

合成例1:4−(5−((6−クロロ−キノキサリン−2−イル)オキシ)−2−メチルフェニル)−5−(2−テトラヒドロフランカルボニルオキシ)−2,6−ジメチルピリダジン−3(2H)−オン(化合物No.4)の合成
反応容器にテトラヒドロフラン(1ml)およびテトラヒドロフラン−2−カルボン酸(34mg)を仕込んだ。氷水撹拌下、塩化オキサリル(37mg)を滴下し、次いで、N,N-ジメチルホルムアミド(0.02ml)を滴下した。その後、室温で75分撹拌してテトラヒドロフラン−2−カルボニルクロリド反応混合物を得た。4−(5−(6−クロロ−キノキサリン−2−イル)オキシ)−2−メチルフェニル)−5−ヒドロキシ−2,6−ジメチルピリダジン−3(2H)−オン(80 mg)をテトラヒドロフラン(2ml)に溶解し、トリエチルアミン(0.11ml)を添加し、氷水冷撹拌下、先に合成したテトラヒドロフラン−2−カルボニルクロリド反応混合物を滴下した。滴下したあと、室温にて4時間40分反応させた。反応終了後、反応混合物に水を加えて酢酸エチルで抽出し、有機層を、水、飽和食塩水にて順次洗浄後、有機層を硫酸ナトリウムで乾燥し、溶媒を減圧下で留去した。得られた残渣をカラムクロマトグラフィーヘプタン:酢酸エチル=3:2)で精製し、酢酸エチルおよびn-ヘプタンで結晶化させて、目的物(65 mg、収率65%)を白色固体として得た。
融点:179℃;1H NMR(500MHz, CDCl3): δ ppm =1.42-1.49(1H,m), 1.54-1.60(1H, m), 1.70-1.80(1H, m), 2.02-2.08(1H, m), 2.21(3H, s), 2.26(3H, s), 3.81-3.84(5H, m), 4.48-4.52(1H, m), 7.01-7.05(1H, m), 7.21-7.23(1H, m), 7.32-7.35(1H, m), 7.59-7.61(1H, m), 7.66-7.76(1H, m), 8.03-8.04(1H, m), 8.65-8.67(1H, m)。

0093

合成例2:4−(5−((6−クロロ−キノキサリン−2−イル)オキシ)−2−メチルフェニル)−5−(テトラヒドロフルフリルオキシカルボニルオキシ)−2,6−ジメチルピリダジン−3(2H)−オン(化合物No.78)の合成
反応容器にテトラヒドロフラン(2ml)およびトリホスゲン(48mg)を仕込んだ。氷水冷撹拌下、テトラヒドロフルフリルアルコール(50mg)を滴下し、次いで、トリエチルアミン(0.08ml)を滴下した。そのあと、室温で一晩撹拌して、クロロギ酸テトラヒドロフルフリル反応混合物を得た。4−(5−(6−クロロ−キノキサリン−2−イル)オキシ)−2−メチルフェニル)−5−ヒドロキシ−2,6−ジメチルピリダジン−3(2H)−オン(100 mg)をテトラヒドロフラン(2ml)に溶解し、トリエチルアミン(0.08ml)を添加し、氷水冷撹拌下、先に合成したクロロギ酸テトラヒドロフルフリル反応混合物を滴下し、室温にて8時間50分反応させた。反応終了後、反応混合物に水を加えて酢酸エチルにて抽出し、有機層を水、飽和食塩水にて順次洗浄後、有機層を硫酸ナトリウムで乾燥し、溶媒を減圧下で留去した。得られた残渣をカラムクロマトグラフィー(ヘプタン:酢酸エチル=3:2)で精製して、目的物(125 mg、収率95%)を得た。
1H NMR(500MHz, CDCl3): δ ppm =1.36-1.46(1H,m), 1.77-1.88(3H, m), 2.23(3H, s), 2.31(3H, s), 3.67-3.79(2H, m), 3.81(3H, s), 3.93-3.99(1H, m), 4.01-4.09(2H, m), 7.06-7.08(1H, m), 7.21-7.24(1H, m), 7.33-7.35(1H, m), 7.58-7.61(1H, m), 7.73-7.76(1H, m), 8.02-8.03(1H, m), 8.65(1H, s)。

0094

合成例3:4−(5−((6−クロロ−キノキサリン−2−イル)オキシ)−2−メチルフェニル)−5−(2−エポキシカルボニルオキシ)−2,6−ジメチルピリダジン−3(2H)−オン(化合物No.1)の合成
反応容器に4−(5−(6−クロロ−キノキサリン−2−イル)オキシ)−2−メチルフェニル)−5−ヒドロキシ−2,6−ジメチルピリダジン−3(2H)−オン(100 mg)、ジクロロメタン(5ml)、2,3−エポキシプロパン酸(32mg)、1−(3−ジメチルアミノプロピル)−3−エチルカルボジイミド塩酸塩(94mg)および4−(ジメチルアミノ)ピリジン(60mg)を仕込み室温で一晩撹拌した。N、N’−ジシクロヘキシルカルボジイミド(76mg)を添加し、さらに一晩撹拌した。N、N’−ジシクロヘキシルカルボジイミド(76mg)を添加し、さらに4時間10分反応させたあと、氷水浴にて冷却下撹拌した。反応混合物をろ過し、得られたろ液を濃縮したあと、得られた残渣に酢酸エチルを添加し、水、飽和炭酸水素ナトリウム水、飽和食塩水にて順次洗浄後、有機層を硫酸ナトリウムで乾燥し、溶媒を減圧下で留去した。得られた残渣をカラムクロマトグラフィー(ヘプタン:酢酸エチル=3:2)で精製し、tert−ブチルメチルエーテルを添加して分散し、不溶物をろ過して除き、得られたろ液を濃縮して、目的物(38 mg、収率32%)を得た。
1H NMR(500MHz, CDCl3): δ ppm =2.20-2.22(3H, m), 2.24-2.28(3H, m), 2.36-2.82(2H, m), 3.45-3.47(1H, m), 3.80-3.82(3H, m), 6.98-7.00(1H, m), 7.18-7.25(1H, m), 7.33-7.36(1H, m), 7.58-7.62(1H, m), 7.65-7.76(1H, m), 8.04-8.05(1H, m), 8.66-8.68(1H, m)。

0095

次に、本発明化合物の代表例を第1表に挙げる。これらの化合物は、前記の合成例又は製造方法に基づいて合成することができる。第1表から第4表中、No.は化合物No.を、Meはメチル基を、Etはエチル基を、Prはノルマルプロピル基を、i-Prはイソプロピル基を、n-Buはノルマルブチル基を、t-Buはターシャリーブチル基を、c-Prはシクロプロピル基を、c-Hexはシクロヘキシル基を、Phはフェニル基を、Bnはベンジル基を、Bocはターシャリーブトキシカルボニル基を、Cbzはベンジルオキシカルボニル基を各々示す。また、表中の「4,6-(Me)2」はメチル基が4位及び6位に各々置換していることを示し、他の同様の記載もこれに準じる。また、表中のQは、それぞれ、以下の基を示す。

0096

0097

第1表の物性欄に記載の数値は融点(℃)であり、NMRと記載した化合物は第2表に1H-NMRスペクトルデータを示す。

0098

0099

0100

0101

0102

0103

0104

0105

0106

0107

0108

0109

0110

0111

0112

0113

0114

0115

0116

0117

0118

0119

0120

0121

0122

0123

0124

0125

0126

0127

0128

0129

0130

0131

0132

0133

0134

次に、本発明の試験例を記載する。
試験例1
1/300,000ヘクタールポット畑作土壌をつめ、各種植物の種子を播種した。その後、植物が一定の葉令((1)イヌビエ(barnyardgrass (Echinochloa crus-galli L.));1.3〜2.7葉期、(2)メヒシバ(crabgrass (Digitaria sanguinalis L.));0.5〜2.4葉期、(3)エノコログサ(green foxtail (Setaria viridis L.));1.3〜3.0葉期、(4)カラスムギ(wild oat (Avena fatua L.));0.7〜1.2葉期、(5)ネズミムギ(italian ryegrass (Lolium multiflorum Lam.));0.7〜1.6葉期、に達したとき、本発明化合物を通常の製剤方法に準じて調製した水和剤又は乳剤を所定の有効成分量となるように量し、1ヘクタール当り1000リットル相当の水(農業用展着剤サーファクタントWK:丸和バイオケミカル株式会社製)を0.1容量%含有)に希釈した。調製した散布液小型スプレー茎葉処理した。
薬剤処理後、14日目に各種植物の生育状態肉眼観察し、0(無処理区と同等)〜100(完全枯殺)の生育抑制率(%)で除草効果を評価し、第3表の結果を得た。

0135

0136

試験例2
1/300,000ヘクタールポットに畑作土壌をつめ、各種植物((イヌビエ(barnyardgrass(Echinochloa crus-galli L.))、メヒシバ(crabgrass (Digitaria sanguinalis L.))、エノコログサ(green foxtail (Setaria viridis L.))の種子を播種した。播種翌日、本発明化合物を通常の製剤方法に準じて調製した水和剤又は乳剤を所定の有効成分量となるように秤量し、1ヘクタール当り1000リットル相当の水に希釈し、小型スプレーで土壌処理した。
薬剤処理後、14日目に各種植物の生育状態を肉眼観察し、0(無処理区と同等)〜100(完全枯殺)の生育抑制率(%)で除草効果を評価し、第4表の結果を得た。

0137

0138

次に、本発明の製剤例を記載する。

0139

製剤例1
(1)本発明化合物75 重量部
(2)アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム14.5 重量部
(3)NaCl 10 重量部
(4)デキストリン0.5 重量部
以上の(1)〜(4)の各成分を高速混合細粒機に入れ、さらにそこへ20%の水を加え造粒、乾燥することにより顆粒水和剤が得られる。

0140

製剤例2
(1)カオリンクレー78 重量部
(2)アルキルナフタレンスルホン酸ナトリウム2 重量部
(3)ポリカルボン酸ナトリウム5 重量部
(4)ホワイトカーボン15 重量部
以上の(1)〜(4)の成分の混合物と本発明化合物とを9:1の重量割合で混合することにより水和剤が得られる。

0141

製剤例3
(1)クレー33 重量部
(2)ナフタレンスルホン酸ナトリウム3 重量部
(3)リグニンスルホン酸ナトリウム4 重量部
(4)本発明化合物60 重量部
以上の(1)〜(4)の各成分を混合することにより水和剤が得られる。

0142

製剤例4
(1)本発明化合物4 重量部
(2)ベントナイト30 重量部
(3)炭酸カルシウム61.5 重量部
(4)ポリアクリル酸ナトリウム3 重量部
(5)リグニンスルホン酸カルシウム1.5 重量部
予め粉砕した(1)と、(2)及び(3)とを混合し、そこへ(4)、(5)及び水を加えて混合し、押出造粒する。その後、乾燥、整粒することにより粒剤が得られる。

0143

製剤例5
(1)本発明化合物30 重量部
(2)クレー60 重量部
(3)アルキルスルホコハク酸ナトリウム5 重量部
(4)アルキルナフタレンスルホン酸ホルムアルデヒド縮合物の塩
5 重量部
上記(1)、(2)、(3)及び(4)を混合し、粉砕機を通した後、水を加えて混練後、押出造粒する。その後、乾燥、整粒することにより顆粒水和剤が得られる。

0144

製剤例6
(1)本発明化合物20 重量部
(2)ポリオキシエチレンアリールフェニルエーテルリン酸エステル塩
3 重量部
(3)プロピレングリコール8 重量部
(4)ベントナイト1 重量部
(5)水 60 重量部
以上の(1)〜(5)の各成分を混合し、湿式粉砕機を用いて粉砕することにより水性懸濁剤が得られる。

0145

製剤例7
(1)本発明化合物35 重量部
(2)ポリオキシエチレンアリールフェニルエーテルリン酸エステル塩
3 重量部
(3)アルキルナフタレンスルホン酸ホルムアルデヒド縮合物の塩
2 重量部
(4)プロピレングリコール10 重量部
(5)キサンタンガム0.2 重量部
(6)防黴剤0.1 重量部
(7)水 49.7 重量部
以上の(1)〜(3)および(7)の各成分を混合し、湿式粉砕機を用いて粉砕し、(5)、
(6)および(4)を混合することにより水性懸濁剤が得られる。

0146

製剤例8
(1)本発明化合物10 重量部
(2)ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油12 重量部
(3)有機ベントナイト1 重量部
(4)コーン油77 重量部
以上の(1)〜(4)の各成分を混合し、湿式粉砕機を用いて粉砕することにより、油性懸濁剤が得られる。

0147

製剤例9
(1)本発明化合物25 重量部
(2)ポリオキシエチレンアリールフェニルエーテル10 重量部
(3)芳香族炭化水素65 重量部
以上の(1)〜(3)の各成分を混合することにより、乳剤が得られる。

実施例

0148

本発明は上述した各実施形態に限定されるものではなく、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。さらに、各実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を組み合わせることにより、新しい技術的特徴を形成することができる。

0149

本発明化合物は、類似する従来化合物に比して望ましくない植物への著しい除草活性の向上を実現する。また、作物への高い安全性を有する。それゆえ、本発明に係るピリダジノン系化合物又はその塩は、除草剤の有効成分として使用した場合に、優れた除草効果を示す。その適用範囲は、水田畑地果樹園桑園などの農耕地山林農道グランド工場敷地などの非農耕地多岐にわたり、適用方法も土壌処理、茎葉処理、湛水処理などを適宜選択できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 久保田徹の「 機能水」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題・解決手段】多価アミン及び/又はその塩を機能成分として含有し、水、多価アミン、多価アミンの塩の総含有量が95重量%以上である機能水。前記多価アミンは、特定のポリアミン、特定の環状アミンに由来する... 詳細

  • 日本ケミファ株式会社の「 咳嗽の治療のための医薬」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題・解決手段】本発明は、P2X4受容体拮抗作用を有する化合物、前記化合物の互変異性体、立体異性体若しくはその薬学的に許容される塩、又はその水和物若しくは溶媒和物を有効成分として含む、咳嗽の予防又は... 詳細

  • 富士フイルム株式会社の「 光電変換素子、撮像素子、光センサ、化合物」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題・解決手段】本発明は、吸収ピークの半値幅が狭い光電変換膜を有し、光電変換効率に優れる光電変換素子、撮像素子、光センサ、および、化合物を提供する。本発明の光電変換素子は、導電性膜、光電変換膜、およ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ