図面 (/)

技術 結球野菜の搬送装置及び調製装置

出願人 株式会社クボタ
発明者 大門龍太郎奥村剛浩岩川隆
出願日 2019年6月27日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2019-120310
公開日 2021年1月14日 (7ヶ月経過) 公開番号 2021-003092
状態 未査定
技術分野 果実・野菜の大量処理装置及び飼料調整装置
主要キーワード 突設体 螺旋状配置 他方側壁 上段ベルト 延設壁 延設面 他方側板 延設板
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2021年1月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

玉ねぎ等の結球野菜を搬送して次工程の設備に円滑に移行させることができる結球野菜の搬送装置及び調製装置を提供すること。

解決手段

結球野菜の搬送装置は、外葉及び/又は根と結球部とを有する結球野菜を下方から上方に向けて搬送する搬送部と、前記搬送部の搬送方向の終端部から前記結球野菜を排出する排出部と、を備え、前記排出部は、前記終端部から離れるにつれて次第に下がる方向に傾斜して延びるとともに、前記傾斜に沿って前記結球部を転動させる転動面を有する傾斜板と、前記傾斜板の幅方向の一方側において前記傾斜に沿って延びる第1側板と、前記傾斜板と前記第1側板との間に形成され、前記結球部が前記転動面上を転動するときに前記外葉又は前記根が通過可能な第1通路と、を有している。

概要

背景

従来、特許文献1に開示された玉ねぎ処理装置が知られている。
特許文献1に開示の玉ねぎ処理装置は、未処理の玉ねぎを切断装置等の処理手段に向けて搬送する搬送装置を備えている。搬送装置は、搬入用コンテナから玉ねぎを引き出す引出搬送コンベアと、引出搬送コンベアにより供給される玉ねぎを上方に向けて搬送する第1昇降機と、を備えている。

概要

玉ねぎ等の結球野菜を搬送して次工程の設備に円滑に移行させることができる結球野菜の搬送装置及び調製装置を提供すること。結球野菜の搬送装置は、外葉及び/又は根と結球部とを有する結球野菜を下方から上方に向けて搬送する搬送部と、前記搬送部の搬送方向の終端部から前記結球野菜を排出する排出部と、を備え、前記排出部は、前記終端部から離れるにつれて次第に下がる方向に傾斜して延びるとともに、前記傾斜に沿って前記結球部を転動させる転動面を有する傾斜板と、前記傾斜板の幅方向の一方側において前記傾斜に沿って延びる第1側板と、前記傾斜板と前記第1側板との間に形成され、前記結球部が前記転動面上を転動するときに前記外葉又は前記根が通過可能な第1通路と、を有している。

目的

本発明は、上記したような実情に鑑みて、玉ねぎ等の結球野菜を搬送して次工程の設備に円滑に移行させることができる結球野菜の搬送装置及び調製装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

外葉及び/又は根と結球部とを有する結球野菜を下方から上方に向けて搬送する搬送部と、前記搬送部の搬送方向の終端部から前記結球野菜を排出する排出部と、を備え、前記排出部は、前記終端部から離れるにつれて次第に下がる方向に傾斜して延びるとともに、前記傾斜に沿って前記結球部を転動させる転動面を有する傾斜板と、前記傾斜板の幅方向の一方側において前記傾斜に沿って延びる第1側板と、前記傾斜板と前記第1側板との間に形成され、前記結球部が前記転動面上を転動するときに前記外葉又は前記根が通過可能な第1通路と、を有している結球野菜の搬送装置

請求項2

前記排出部は、前記傾斜板の幅方向の他方側において前記傾斜に沿って延びる第2側板と、前記傾斜板と前記第2側板との間に形成され、前記結球部が前記転動面上を転動するときに前記外葉又は前記根が通過可能な第2通路と、を有している請求項1に記載の結球野菜の搬送装置。

請求項3

前記排出部は、前記第1側板の前記幅方向の他方側から起立し且つ前記傾斜に沿って延びる第1起立壁と、前記第2側板の前記幅方向の一方側から起立し且つ前記傾斜に沿って延びる第2起立壁と、を有している請求項2に記載の結球野菜の搬送装置。

請求項4

前記第1起立壁と前記第2起立壁との間隔は、前記終端部に対して相対的に近い側と遠い側とで異なる請求項3に記載の結球野菜の搬送装置。

請求項5

前記第1側板及び前記第2側板は、前記傾斜板よりも前記終端部から離れる方向に長く延びている請求項2〜4のいずれか1項に記載の結球野菜の搬送装置。

請求項6

前記搬送部は、前記搬送部の搬送方向に沿って移動する移動体と、前記移動体の前記幅方向の一方側に配置されて前記搬送方向に延びる第1板と、前記移動体の前記幅方向の他方側に配置されて前記搬送方向に延びる第2板と、を有し、前記第1側板は、前記第1板から延設され、前記第2側板は、前記第2板から延設されている請求項3〜6のいずれか1項に記載の結球野菜の搬送装置。

請求項7

請求項1〜6のいずれか1項に記載の搬送装置と、前記搬送装置により搬送された結球野菜の根を切断する第1切断装置と、を備えている結球野菜の調製装置

請求項8

前記搬送装置により搬送された結球野菜の外葉を切断する第2切断装置を備えている請求項7に記載の結球野菜の調製装置。

技術分野

0001

本発明は、例えば玉ねぎ等の結球野菜搬送装置及び調製装置に関する。

背景技術

0002

従来、特許文献1に開示された玉ねぎ処理装置が知られている。
特許文献1に開示の玉ねぎ処理装置は、未処理の玉ねぎを切断装置等の処理手段に向けて搬送する搬送装置を備えている。搬送装置は、搬入用コンテナから玉ねぎを引き出す引出搬送コンベアと、引出搬送コンベアにより供給される玉ねぎを上方に向けて搬送する第1昇降機と、を備えている。

先行技術

0003

特開2012−239406号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記搬送装置では、引出搬送コンベアから第1昇降機へと玉ねぎを移行させるときに、玉ねぎの外葉や根が邪魔になって移行が円滑に行えない虞があった。
本発明は、上記したような実情に鑑みて、玉ねぎ等の結球野菜を搬送して次工程の設備に円滑に移行させることができる結球野菜の搬送装置及び調製装置を提供するものである。

課題を解決するための手段

0005

本発明の一態様に係る結球野菜の搬送装置は、外葉及び/又は根と結球部とを有する結球野菜を下方から上方に向けて搬送する搬送部と、前記搬送部の搬送方向の終端部から前記結球野菜を排出する排出部と、を備え、前記排出部は、前記終端部から離れるにつれて次第に下がる方向に傾斜して延びるとともに、前記傾斜に沿って前記結球部を転動させる転動面を有する傾斜板と、前記傾斜板の幅方向の一方側において前記傾斜に沿って延びる第1側板と、前記傾斜板と前記第1側板との間に形成され、前記結球部が前記転動面上を転動するときに前記外葉又は前記根が通過可能な第1通路と、を有している。

0006

また、前記排出部は、前記傾斜板の幅方向の他方側において前記傾斜に沿って延びる第2側板と、前記傾斜板と前記第2側板との間に形成され、前記結球部が前記転動面上を転動するときに前記外葉又は前記根が通過可能な第2通路と、を有している。
また、前記排出部は、前記第1側板の前記幅方向の他方側から起立し且つ前記傾斜に沿って延びる第1起立壁と、前記第2側板の前記幅方向の一方側から起立し且つ前記傾斜に沿って延びる第2起立壁と、を有している。

0007

また、前記第1起立壁と前記第2起立壁との間隔は、前記終端部に対して相対的に近い側と遠い側とで異なる。
また、前記第1側板及び前記第2側板は、前記傾斜板よりも前記終端部から離れる方向に長く延びている。
また、前記搬送部は、前記搬送部の搬送方向に沿って移動する移動体と、前記移動体の前記幅方向の一方側に配置されて前記搬送方向に延びる第1板と、前記移動体の前記幅方向の他方側に配置されて前記搬送方向に延びる第2板と、を有し、前記第1側板は、前記第1板から延設され、前記第2側板は、前記第2板から延設されている。

0008

本発明の一態様に係る結球野菜の調製装置は、前記搬送装置と、前記搬送装置により搬送された結球野菜の根を切断する第1切断装置と、を備えている。
また、調製装置は、前記搬送装置により搬送された結球野菜の外葉を切断する第2切断装置を備えている。

発明の効果

0009

上記搬送装置によれば、排出部において外葉又は根を第1通路に通過させながら結球部を転動面上で転動させることができるため、外葉や根が結球部の転動の妨げになることがない。そのため、搬送部にて搬送されてきた結球野菜を、排出部を介して次工程の設備へと円滑に移行させることができる。
上記調製装置によれば、搬送装置の排出部から円滑に移行して搬送されてきた結球野菜の根を第1切断装置により切断することができるため、結球野菜の根の切断処理を確実に且つ正確に行うことができる。

図面の簡単な説明

0010

野菜(結球野菜)の調製装置の一実施形態を示す平面図である。
野菜(結球野菜)の調製装置の一実施形態を後方から見た図である。
野菜(結球野菜)の調製装置の一実施形態を示す斜視図である。
第1搬送装置及び第2搬送装置の斜視図である。
第1搬送装置の平面図である。
第1搬送装置の収容部周辺の斜視図である。
第1搬送装置の収容部の揺動機構を示す斜視図である。
第1搬送装置の収容部の揺動機構を示す側面図である。
第1搬送部の搬送方向の下流側(終端側)を後方から見た図である。
第1搬送部の駆動機構等を示す側面図である。
第1搬送部の終端部付近を示す斜視図である。
第1搬送装置の姿勢変更機構の動作(突出部が起立状態から倒伏状態に移行する様子)を示した側面図である。
第1搬送装置の排出部等を左上方から見た示す斜視図である。
第1搬送部の拡張機構の作用を示す側面図である。
第1搬送装置の排出部等を右前方から見た示す斜視図である。
第1搬送装置の排出部等の側面図である。
第1搬送装置の排出部等と第2搬送装置の側面図である。
第1搬送装置の排出部等と第2搬送装置の平面図である。
第1搬送装置の排出部の他の実施形態を示す平面図である。
第2搬送装置を後方から見た図である。
第2搬送装置の斜視図である。
第2搬送装置の第1ローラ及び第2ローラを中心軸の方向から見た図である。
第1ローラ及び第2ローラを搬送方向の上流側から見た側面図である。
第1搬送装置の排出部から排出された結球野菜が第2搬送部にて搬送される様子を示す平面図である。
第3搬送部の平面図である。
第3搬送部の斜視図である。
第2挟持ベルトの構成を示す図である。
第3搬送部における野菜(結球野菜)の動きを示す斜視図である。
第4搬送部における野菜(結球野菜)の動きを搬送方向と直交する方向(後方)から)見た図である。
第3搬送部の下流側及び第4搬送部の上流側を搬送方向と直交する方向(後方)から見た図である。
第3搬送部の下流側及び第4搬送部の上流側を示す斜視図である。
第3搬送部の下流側及び第4搬送部の上流側を示す平面図である。
支持部材の平面図である。
支持部材を第4搬送部の搬送方向の上流側から見た図である。
第3搬送部の下流側から第4搬送部の上流側への野菜(結球野菜)の流れを示す図である。
下段ベルト及び下段プーリを示す平面図である。
第1切断装置(根切断装置)及び第2切断装置(外葉切断装置)の斜視図である。
第1切断装置及び第2切断装置を搬送方向と直交する方向(後方)から見た図である。
第1切断装置の斜視図である。
第1切断装置の平面図である。
根揃え部の動作を示す図である。
第1切断装置における野菜(結球野菜)の動きを搬送方向と直交する方向(後方)から見た図である。
引き込み部の作用を示す図である。
第1切断装置及び第2切断装置の平面図である。
第1切断装置の後部及び第2切断装置の斜視図である。
野菜(結球野菜)の一例として玉ねぎを示す図である。

実施例

0011

以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。
図1図3は、野菜の調製装置1の全体構成を示す図である。
以下、説明の便宜上、図1の矢印X1方向を前方、矢印X2方向を後方、矢印X方向を前後方向という。図1図2の矢印Y1方向を左方、矢印Y2方向を右方、矢印Y方向を装置幅方向という。また、本明細書において、装置幅方向の一方側を左側、装置幅方向の他方側を右側として説明するが、装置幅方向の一方側が右側、装置幅方向の他方側が左側であってもよい。

0012

本発明に係る調製装置1により調製される野菜は、主として結球野菜である。結球野菜は、例えば、葉の根元が地下や地際膨れて球状になる鱗茎菜である。具体的には、例えば、玉ねぎ、ラッキョウ、にんにく、ゆり根等である。以下、本発明の処理対象である野菜VGが結球野菜VGであるとして説明するが、処理対象の野菜は結球野菜には限定されない。

0013

図46に示すように、結球野菜(鱗茎菜)VGは、結球部(鱗茎)VG1と、結球部VG1の上部から上方に延びる外葉VG2と、結球部VG1の下部から下方に延びる根VG3と、を有している。図46は、結球野菜VGの代表例として玉ねぎを示している。本発明において処理対象となる結球野菜VGは、外葉VG2の長さが根VG3の長さよりも長い状態で収穫又は前処理がされたものが好ましい。

0014

先ず、図1図3に基づいて、調製装置1の全体構成について説明する。
図1図3に示すように、調製装置1は、搬送装置2、第1切断装置4、第2切断装置5を備えている。
搬送装置2は、調製前の結球野菜VGを受け入れて搬送する装置である。第1切断装置4は、結球野菜VGの根VG3を切断する装置である。第2切断装置5は、結球野菜VGの外葉VG2を切断する装置である。

0015

搬送装置2は、第1搬送装置2A、第2搬送装置2B、第3搬送装置2C、第4搬送装置2D、第5搬送装置2Eを含む。第1搬送装置2Aは、第1フレーム6Aにより設置面(床面)上に支持されている。第2搬送装置2B、第3搬送装置2C、第4搬送装置2D、第5搬送装置2Eは、第2フレーム6Bにより設置面上に支持されている。第1フレーム6A及び第2フレーム6Bは、複数本の直線状のフレーム材(例えば、鋼材等)を立体的に組み合わせて構成されている。第1フレーム6Aと第2フレーム6Bとは接続されておらず、第1フレーム6Aと第2フレーム6Bとの位置関係(相対位置)を調整することが可能である。これにより、第1搬送装置2Aと第2搬送装置2Bとの位置関係を調整することができる。但し、第1フレーム6Aと第2フレーム6Bとは接続されていてもよい。

0016

図面において、第1搬送装置2Aによる搬送方向を矢印A1、第2搬送装置2Bによる搬送方向を矢印A2、第3搬送装置2Cによる搬送方向を矢印A3、第4搬送装置2Dによる搬送方向を矢印A4、第5搬送装置2Eによる搬送方向を矢印A5で示している。
先ず、第1搬送装置2Aについて説明する。
図3図6に示すように、第1搬送装置2Aは、側壁7、後壁8、前壁9、載置部10、収容部11、搬送部3A(以下、「第1搬送部3A」という)を有している。

0017

側壁7は、一方側壁7Lと他方側壁7Rとを含む。一方側壁7Lは、第1搬送部3Aの幅方向(装置幅方向Yと同じ)の一方側(左側)に配置されている。他方側壁7Rは、第1搬送部3Aの幅方向の他方側(右側)に配置されている。図4図5に示すように、一方側壁7Lは、本体壁7Laと延長壁7Lbとを含む。他方側壁7Rは、本体壁7Raと延長壁7Rbとを含む。本体壁7Laと本体壁7Raは、互いに平行に配置されており、後下方から前上方に向けて延びている。延長壁7Lbは、本体壁7Laの前端部から前方に延長されている。延長壁7Rbは、本体壁7Raの前端部から前方に延長されている。延長壁7Lbと延長壁7Rbは、前方に向かうにつれて(本体壁7La,7Raから離れるにつれて)、互いの距離が次第に狭くなっている(接近している)。

0018

後壁8は、第1搬送装置2Aの後端部に配置されている。後壁8は、一方側壁7L(本体壁7La)の後端部と他方側壁7R(本体壁7Ra)の後端部とに亘って設けられている。前壁9は、第1搬送装置2Aの前端部に配置されている。前壁9は、一方側壁7L(延長壁7Lb)の前端部と他方側壁7R(延長壁7Rb)の前端部とに亘って設けられている。

0019

載置部10は、調製前の結球野菜を収容したコンテナ13を載置する部分である。図6に示すように、載置部10は、一方側壁7Lと他方側壁7Rとの間であって、後壁8の前方に設けられている。図6図8に示すように、載置部10は、載置面10aと移行面10bを有している。載置面10aは、コンテナ13が載置される水平面である。移行面10bは、載置面10aの前部において装置幅方向に延びている。移行面10bは、第1移行面10b1と第2移行面10b2とを含む。第1移行面10b1は、載置面10aの前端部から前方に向かうにつれて上向きに移行する傾斜面である。第2移行面10b2は、第1移行面10b1の前端部から前方に向かうにつれて下向きに移行する傾斜面である。

0020

収容部11は、調製前の結球野菜を受け入れて収容する部分である。収容部11は、載置部10の前下方に設けられている。収容部11は、コンテナ13に収容された結球野菜を受け入れて収容する。図5図6に示すように、収容部11は、第1支持板111、第2支持板112、第3支持板113を有している。第1支持板111、第2支持板112、第3支持板113は一体的に形成されている。

0021

第1支持板111は、表側に第1支持面111aを有している。第2支持板112は、表側に第2支持面112aを有している。第3支持板113は、表側に第3支持面113aを有している。これにより、収容部11は、表側(平面視で見える側)に結球野菜を支持する第1支持面111a、第2支持面112a、第3支持面113aを有している。
第1支持面111aは、結球野菜を下方から支持する面であって、前方に向かうにつれて下方に移行する傾斜面である。第2支持面112aは、第1搬送部3Aの幅方向(装置幅方向Yと同じ)の一方側(左側)に配置されている。第3支持面113aは、第1搬送部3Aの幅方向の他方側(右側)に配置されている。第2支持面112a及び第3支持面113aは、第1支持面111a上に結球野菜を集めるための面であって、第1支持面111aに向けて結球野菜を転がす又は滑らせることができる傾斜面に形成されている。第2支持面112aは、第1搬送部3Aの幅方向の他方側(右側)に向かうにつれて下方に移行する傾斜面である。第3支持面113aは、第1搬送部3Aの幅方向の他方側(左側)に向かうにつれて下方に移行する傾斜面である。

0022

第1支持面111aの形状は、前下方に向かうにつれて次第に幅(装置幅方向Yの長さ)が狭くなる台形状である。言い換えれば、第1支持面111aの形状は、上辺の幅に比べて下辺の幅が小さい台形状である。第2支持面112aの形状は、右下方に向かうにつれて次第に幅(前後方向Xの長さ)が狭くなる三角形状である。第3支持面113aの形状は、左下方に向かうにつれて次第に幅(前後方向Xの長さ)が狭くなる三角形状である。

0023

収容部11は、第1支持面111aと第2支持面112aとの境界部、第1支持面111aと第3支持面113aとの境界部において、それぞれV字状に屈曲している。
図7図8に示すように、第1支持板111の裏面から第2支持板112の裏面に亘って補強部材14が固定されている。補強部材14は、第1支持板111の裏面と第2支持板112の裏面との境界で屈曲している。また、図示しないが、第1支持板111の裏面から第3支持板113の裏面に亘って同様の補強部材が固定されている。収容部11は、これらの補強部材によって裏面側から補強されている。

0024

図6に示すように、第1支持面111aは、開口部111bを有している。開口部111bは、第1搬送部3Aの幅方向に間隔をあけて形成された2つの開口部から構成されている。開口部111bは、第1支持面111aの下辺を上辺に向けて矩形状に切り欠いて形成されている。開口部111bは、後述する移動体15の移動に伴って突出部21が通過する部分である。2つの開口部111bの間には、下向きに延びる垂下板111cが配置されている。突出部21が開口部111bを通過するとき、移動体15は第1支持面111aの下方(垂下板111cの下方)を通過する。

0025

図7図8に示すように、第1搬送装置2Aは、揺動機構12を有している。
揺動機構12は、第1支持面111aを上方又は下方に揺動させる機構である。揺動機構12を駆動することにより、第1支持面111a、第2支持面112a、第3支持面113aは一体的に上方又は下方に揺動する。揺動機構12は、第1支持板111の後下方に配置されている。

0026

揺動機構12は、回転軸12a、偏心カム12b、回転体12c、軸体12d、保持体12eを有している。回転軸12aは、第1搬送部3Aの幅方向と平行な軸回りに回転する軸である。偏心カム12bは、回転軸12aに対して偏心して取り付けられており、回転軸12aと共に回転する。本実施形態の場合、回転体12cはベアリングから構成されている。回転体12cは、偏心カム12bと当接する円周面を有している。軸体12dは、第1支持板111の揺動中心となる軸体である。軸体12dは、回転軸12aと平行に配置されている。軸体12dは、第1支持板111の裏面側に突設された一対の突設体12hに挿通されている。軸体12dの両端部は、側壁7(7L,7R)に固定されている。

0027

保持体12eは、第1支持板111の第1支持面111aと反対側(裏面側)に配置されている。保持体12eは、保持軸12fと、一対の保持片12gとを有している。保持軸12fは、回転軸12aと平行に配置されている。保持軸12fは、回転体12cを回転可能に保持している。回転体12cがベアリングである場合、ベアリングの内輪が保持軸12fに固定され、ベアリングの外輪が保持軸12fに対して(内輪に対して)回転可能であって偏心カム12bと当接する。第1支持板111の裏面側には第1支持板111の裏面に当接する当接板12nが配置されている。第1支持板111と当接板12nとは、固定(接続)されていてもよいし、固定されずに当接していてもよい。当接板12n及び第1支持板111は、一体的に動作する。一対の保持片12gは、当接板12nの裏面側に突設されている。保持軸12fの両端部は、保持片12gに保持されている。

0028

回転軸12aの一端側及び他端側は、第1フレーム6Aに立設された立設部材6A1に回転可能に支持されている。回転軸12aの一端部(右端部)には、スプロケット12iが取り付けられている。スプロケット12iは、第1フレーム6Aに回転可能に支持されたスプロケット12kとチェーン12jを介して連結されている。スプロケット12kは、連結軸24により後述する駆動機構19の第2スプロケット19cと連結されている。チェーン12jの外周側には、テンションを調整するためのスプロケット12mが噛み合っている。

0029

後述する駆動機構19の駆動によって第2スプロケット19cが回転すると、連結軸24と共にスプロケット12kが回転する。スプロケット12kの回転は、チェーン12jを介してスプロケット12iに伝達され、スプロケット12iと共に回転軸12aが回転し、偏心カム12bが回転する。
上述したように、偏心カム12bは回転体12cに対して偏心して取り付けられている。そのため、図8仮想線に示すように、回転軸12aの回転に伴って偏心カム12bが回転すると、偏心カム12bの外周面の位置(高さ)が変化する。これに伴って、偏心カム12bに当接する円周面を有する回転体12cの位置(高さ)が変化する。これにより、当接板12n及び第1支持板111は、回転体12cを保持する保持体12eと共に、軸体12dを中心(支点)として上方又は下方に揺動する。さらに、第1支持板111と一体に形成された第2支持板112及び第3支持板113が上方又は下方に揺動する。これにより、第1支持面111a、第2支持面112a、第3支持面113aが上方又は下方に揺動する。

0030

このように、揺動機構12によって第1支持面111aを上方及び下方に揺動させることによって、収容部11に収容されて第1支持面111a上に載った多数の結球野菜をほぐすことができる。また、揺動機構12によって第2支持面112a及び第3支持面113aを上方及び下方に揺動させることによって、第2支持面112a及び第3支持面113a上に載った結球野菜を傾斜に沿って第1第1支持面111a上へと移動させることができる。これにより、第1搬送部3Aによって結球野菜を適量ずつ(本実施形態の場合、1個ずつ)円滑に搬送することが可能となる。

0031

第1搬送部3Aは、収容部11に収容された結球野菜を第1支持面111aから離れる上方に向けて(下方から上方に向けて)1個ずつ搬送する。結球野菜は、第1搬送部3Aによって、上方に向かうにつれて前方に移行するように搬送される。
図5図9図11等に示すように、第1搬送部3Aは、移動体15、第1板16、第2板17を有している。

0032

図10に示すように、移動体15は、無端状の索体から構成されている。索体は、本実施形態の場合、チェーンである。移動体15は、2つの索体(第1索体15Lと第2索体15R)を含む。第1索体15Lと第2索体15Rとは、互いに平行に、装置幅方向に間隔をあけて配置されている。移動体15を構成する索体は、側面視ループ状長円状)の経路に沿って移動する。

0033

図5に示すように、第1板16は、移動体15の装置幅方向の一方側(左側)に配置されて搬送方向A1に延びている。第2板17は、移動体15の装置幅方向の他方側(右側)に配置されて搬送方向A1に延びている。第1板16及び第2支持板112の下部は、収容部11を構成する第1支持板111、第2支持板112、第3支持板113の下方に進入して(もぐりこんで)延びている。

0034

別の言い方をすれば、第1板16は、第1搬送部3Aの幅方向の一方側(左側)に配置され、第2支持面112aの下方から上方に亘って搬送方向A1に延びている。第2板17は、第1搬送部3Aの幅方向の一方側(左側)に配置され、第3支持面113aの下方から上方に亘って搬送方向A1に延びている。尚、図9図11では、第1板16及び第2板17の図示を省略している。

0035

第1支持板111、第2支持板112、第3支持板113は、揺動機構12の駆動によって上方又は下方に揺動したとき、第1板16及び第2板17に対して離反又は当接する。具体的には、第1支持板111、第2支持板112、第3支持板113は、上方に揺動したときに第1板16及び第2板17に対して離反し、下方に揺動したときに第1板16及び第2板17に当接する。このとき、第1支持板111の下端部は、第1板16及び第2板17の表面に当接する。第2支持板112の下端部は、第1板16の表面に当接する。第3支持板113の下端部は、第2板17の表面に当接する。

0036

図4図5に示すように、第1板16には第1シート18Lが取り付けられており、第2板17には第2シート18Rが取り付けられている。第1シート18Lは、第1板16の表面と第2支持板112の表面(第2支持面112a)とに跨って載せられている。第2シート18Rは、第2板17の表面と第3支持板113の表面(第3支持面113a)とに跨って載せられている。第1シート18L及び第2シート18Rは、ゴム板等の可撓性(柔軟性)を有するシートである。第1シート18L及び第2シート18Rは、第1支持板111、第2支持板112、第3支持板113が上方に揺動したときに、揺動に追従して変形することによって、第1支持板111、第2支持板112、第3支持板113と第1板16及び第2板17との間に生じる隙間を埋める。これにより、当該隙間に結球野菜が挟まったり、当該隙間から結球野菜が落下したりすることを防ぐことができる。尚、図6では、第1シート18L及び第2シート18Rを省略している。

0037

図7図11に示すように、第1搬送部3Aは、駆動機構19、取付体20、突出部21、支持部材22を有している。
駆動機構19は、移動体15を移動させるための機構である。駆動機構19は、モータ19a、第1スプロケット19b、第2スプロケット19c、第3スプロケット19d、第4スプロケット19e、第5スプロケット19f、第6スプロケット19iを有している。

0038

第1スプロケット19b及び第2スプロケット19cには、移動体15を構成する索体が巻き掛けられている。第1スプロケット19bは、第2スプロケット19cの前上方に配置されている。第1スプロケット19b及び第2スプロケット19cは、それぞれ装置幅方向Yに間隔をあけて配置された一対のスプロケットから構成されている。第1スプロケット19bの一方及び第2スプロケット19cの一方には、第1索体15Lが巻き掛けられている。第1スプロケット19bの他方及び第2スプロケット19cの他方には、第2索体15Rが巻き掛けられている。

0039

第3スプロケット19dは、モータ19aの回転軸に取り付けられている。第4スプロケット19eは、第1スプロケット19bと同じ第1軸19gに取り付けられている。第3スプロケット19dと第4スプロケット19eにはチェーン19hが巻き掛けられている。
第5スプロケット19fは、第1スプロケット19bと第2スプロケット19cとの間に配置され、移動体15を構成する索体に対して上方に向けてテンションを付与している。第6スプロケット19iは、チェーン19hに対してテンションを付与している。

0040

上記駆動機構19によれば、モータ19aが駆動すると、第3スプロケット19dが回転し、第3スプロケット19dの回転はチェーン19hを介して第4スプロケット19eに伝達され、第4スプロケット19eが回転する。第4スプロケット19eの回転は第1軸19gを介して第1スプロケット19bに伝達され、第1スプロケット19bが回転する。第1スプロケット19bの回転は、移動体15を構成する索体を介して第2スプロケット19cに伝達される。これにより、第1スプロケット19b、第2スプロケット19c、移動体15が、側面視ループ状(長円状)の経路に沿って移動(回転)する。

0041

図10の矢印R1に示すように、移動体15が移動(回転)することにより、移動体15の上部(ループの上部分)は上方に向かうにつれて前方に移行する方向(斜め上方)に向けて移動する。この移動体15の上部(ループの上部分)の移動方向A1が、第1搬送装置2Aの搬送部3Aによる搬送方向A1となる。つまり、移動体15は、第1搬送部3Aの搬送方向A1に沿って移動する。

0042

図9図11に示すように、取付体20は、移動体15に取り付けられており、移動体15と共に移動する。取付体20は、第1索体15Lと第2索体15Rとを連絡している。取付体20は、第1索体15L及び第2索体15Rの長さ方向(第1搬送部3Aの搬送方向A1)に沿って複数並んで設けられている。複数の取付体20は、搬送方向A1に所定間隔をあけて配置されている。複数の取付体20の配置のピッチ(間隔)は、等しく設定されていることが好ましいが、一部が異なっていてもよい。取付体20の配置のピッチは、結球野菜VGの結球部VG1の外径よりも大きく設定される。

0043

図11等に示すように、取付体20は、基板20aと取付部20bとを有している。基板20aの表面には、突出部21の基端部が固定されている。これにより、突出部21は取付体20に突設されている。基板20aの裏面は、後述する支持部材22の表面(規定面22d)に対向して当接する。取付部20bは、第1取付部20b1と第2取付部20b2とを含む。第1取付部20b1は、基板20aの左端部から直角に屈曲して延びている。第2取付部20b2は、基板20aの右端部から直角に屈曲して延びている。第1取付部20b1と第2取付部20b2とは平行に配置されている。第1取付部20b1は、2つの索体の一方(第1索体15L)に取り付けられる。第2取付部20b2は、2つの索体の他方(第2索体15R)に取り付けられる。

0044

上述したように、突出部21は、取付体20に突設されており、取付体20を介して移動体15に取り付けられている。これにより、突出部21は、取付体20及び移動体15と共に移動する。突出部21は、移動体15から離れる方向に突出することにより結球野菜(具体的には、結球野菜VGの結球部VG1)を支持可能となっている。
突出部21は、円柱状又は円筒状の棒体から構成されている。但し、突出部21の形状はこれに限定されない。突出部21は、装置幅方向に間隔をあけて配置された2つの突出部を含む。2つの突出部は、装置幅方向の一方側(第1索体15L側)に配置された一方突出部21Lと、装置幅方向の他方側(第2索体15R側)に配置された他方突出部21Rとから構成されている。一方突出部21Lと他方突出部21Rとの間隔は、結球野菜VGの結球部VG1の外径よりも小さく設定される。

0045

図9図11に示すように、支持部材22は、第1索体15Lと第2索体15Rとの間に配置されている。また、支持部材22は、取付体20の第1取付部20b1と第2取付部20b2との間に配置されている。支持部材22は、第1搬送部3Aの搬送方向A1に沿って延設されており、第1搬送部3Aの搬送方向A1の始端部から終端部に亘って延びている。搬送方向A1の始端部とは第1搬送部3Aにおいて結球野菜の搬送が開始される部分であり、搬送方向A1の終端部とは第1搬送部3Aにおいて結球野菜の搬送が終了する(第1搬送部3Aから結球野菜が排出される)部分である。

0046

具体的には、始端部は、移動体15の側面視ループ状の移動経路の上部(ループの上側)において、移動経路が円弧状経路(第2スプロケット19cに巻き掛けられた部分)から直線状経路に変化する変化点の近傍にある。終端部は、移動体15の移動経路の上部(ループの上側)において、直線状経路から円弧状経路(第1スプロケット19bに巻き掛けられた部分)に変化する変化点の近傍にある。

0047

図9図11図12に示すように、支持部材22は、上板22a、一方側板22b、他方側板22cを有している。上板22aは、取付体20の基板20aの裏面側に配置されている。一方側板22bは、上板22aの装置幅方向の一方側(左側)から下方に向けて屈曲している。他方側板22cは、上板22aの装置幅方向の他方側(右側)から下方に向けて屈曲している。一方側板22bと他方側板22cとは互いに平行に延びている。

0048

支持部材22は、突出部21の姿勢を規定する規定面22dを有している。規定面22dは、支持部材22の上板22aの表面から構成されており、第1索体15Lと第2索体15Rとの間に配置されている。規定面22dは、取付体20の基板20aの裏面に当接することにより、突出部21が起立状態となるように取付体20を支持する。言い換えれば、規定面22dは、取付体20の基板20aの裏面に当接することにより、突出部21を起立状態の姿勢に規定する。突出部21は、起立状態において、取付体20から突出して規定面22dから離れる方向に延びる。

0049

図4図5図11図12図14に示すように、規定面22dは、第1規定面22d1と第2規定面22d2とを含む。第1規定面22d1は、第1搬送部3Aの搬送方向A1の上流側(始端側)に配置されている。詳しくは、第1規定面22d1は、第1搬送部3Aの搬送方向A1の始端部から中途部までの範囲に配置されている。第2規定面22d2は、第1搬送部3Aの搬送方向A1の下流側(終端側)に配置されている。詳しくは、第2規定面22d2は、第1搬送部3Aの搬送方向A1の中途部から終端部までの範囲に配置されている。そのため、第1規定面22d1と第2規定面22d2との境界部22eは、第1搬送部3Aの搬送方向A1の中途部に位置している。

0050

第2規定面22d2は、第1規定面22d1に対して傾斜して設けられている。第1規定面22d1に対する第2規定面22d2の傾斜角度鈍角である。第1規定面22d1に対する第2規定面22d2の傾斜角度は、例えば140°〜160°の範囲(好ましくは、約150°)に設定される。第1規定面22d1及び第2規定面22d2は、前方に向かうにつれて上方に移行するように水平面に対して傾斜している。第1規定面22d1の水平面に対する傾斜角度は、第2規定面22d2の水平面に対する傾斜角度よりも大きい。例えば、第1規定面22d1の水平面に対する傾斜角度は40°〜50°であり、第2規定面22d2の水平面に対する傾斜角度は15°〜20°である。

0051

図5図11図15に示すように、支持部材22は、上板22aの前端部から前下方に延設された延設板22gを有している。延設板22gの上面(延設面)は、第2規定面22d2の前端部から屈曲して前下方に延びている。図12に示すように、突出部21は、取付体20が延設板22gを越えて前方に移動したとき(延設板22gで支持されなくなったとき)に倒伏状態となる。この突出部21の動きについては、後ほど改めて説明する。

0052

図4図5に示すように、第1板16及び第2板17は、規定面22dに沿って搬送方向A1に延びている。第1板16及び第2板17は、搬送方向A1の中途部において規定面22dと同様に屈曲している。第1板16は屈曲部16cを有し、第2板17は屈曲部17cを有している。第1板16の屈曲部16c及び第2板17の屈曲部17cは、搬送方向A1における第1規定面22d1と第2規定面22d2との境界部22eに対応する位置の若干後方に位置している。

0053

以下、第1板16の屈曲部16cよりも前方部位を「第1板前部16a」、屈曲部16cよりも後方部位を「第1板後部16b」という。また、第2板17の屈曲部17cよりも前方部位を「第2板前部17a」、屈曲部17cよりも後方部位を「第2板後部17b」という。第1板後部16b及び第2板後部17bは、第1規定面22d1の傾斜に沿って延びている。第1板前部16a及び第2板前部17aは、第2規定面22d2の傾斜に沿って延びている。

0054

図4図5図13に示すように、第1板16は、第1板前部16aの前端から屈曲して前下方に向けて延びる第1前延部16dを有している。第2板17は、第2板前部17aの前端から屈曲して前下方に向けて延びる第2前延部17dを有している。第1前延部16dと第2前延部17dとの間には、延設板22gが配置されている。第1前延部16d及び第2前延部17dは、延設板22gに沿って延びている。

0055

図14に示すように、移動体15(索体15L,15R)の上部(ループの上側)は、規定面22dに沿って延びており、第1規定面22d1と第2規定面22d2との境界部22eに対応する位置で屈曲している。この索体15L,15Rの屈曲部には、第5スプロケット19fが配置されている。移動体15は、境界部22eに対応する位置において、水平面に対する角度が小さくなるように変化している。これにより、搬送方向A1は、境界部22eに対応する位置において、矢印A11方向から矢印A12方向に(搬送方向A1の水平面に対する角度が小さくなるように)変化している。

0056

図14に示すように、規定面(第1規定面22d1、第2規定面22d2)及び複数の取付体20は、搬送方向A1の中途部において搬送方向A1に隣り合う突出部21の先端部同士の間隔を拡げる拡張機構を構成している。以下、拡張機構について説明する。
支持部材22は、第1搬送部3Aの搬送方向A1の始端部から終端部に至るまで突出部21が起立状態となるように取付体20を支持する。突出部21は起立状態において、規定面22dに対して直角方向に立ち上がった状態となる。第2規定面22d2は第1規定面22d1に対して傾斜して設けられているため、取付体20が第1規定面22d1に支持されている状態から第2規定面22d2に支持されている状態に移行するときに、突出部21の突出方向が変化する。これにより、取付体20が第2規定面22d2に支持されている状態における搬送方向A1に隣り合う突出部21の先端部同士の間隔L2は、取付体20が第1規定面22d1に支持されている状態における搬送方向A1に隣り合う突出部21の先端部同士の間隔L1に比べて大きくなる。言い換えれば、搬送方向A1の中途部において、搬送方向A1に隣り合う突出部21の先端部同士の間隔が搬送方向A1に拡がる。

0057

図14に示すように、搬送方向A1の中途部において、搬送方向A1に隣り合う突出部21の先端部同士の間隔が拡がることにより、搬送方向A1に隣り合う突出部21の間に複数の結球野菜VGが挟まって(詰まって)搬送されてきたとしても、上側にある結球野菜VGと突出部21との間に隙間GPが生じる。そのため、結球野菜VGが隣り合う突出部21の間に挟まった(詰まった)状態が解消し、突出部21に直接的に支持されていない上側の不要な結球野菜VGを突出部21から落下させることができる。これにより、結球野菜VGを適量ずつ(例えば1個ずつ)確実に且つ円滑に搬送することが可能となる。

0058

また、取付体20及び支持部材22は、搬送方向A1の始端部から終端部に至るまで突出部21を起立状態とし、終端部にて突出部21を倒伏状態とする姿勢変更機構を構成している。以下、姿勢変更機構について説明する。
取付体20は、移動体15に対して回動可能に取り付けられている。図11図12に示すように、取付体20の取付部20bは、移動体15に固定された固定具15aに対して枢軸15bを介して取り付けられている。取付部20bは、枢軸15bを支点として突出部21と共に回動可能となっている。これにより、突出部21は、移動体15に対して起立状態と倒伏状態とに姿勢変更可能に取り付けられている。図12に示すように、突出部21は、取付体20が枢軸15bを支点として回動することによって、起立状態から倒伏状態へと姿勢を変更する。図12において、符号21aは起立状態にある突出部21、符号21cは倒伏状態にある突出部、符号21bは起立状態から倒伏状態への移行を開始している突出部を示している。

0059

支持部材22は、取付体20の回動を規制することによって突出部21が起立状態となるように取付体20を支持するとともに、当該支持を解除することによって突出部21が倒伏状態となるように取付体20の回動を許容する。支持部材22は、第1搬送部3Aの搬送方向A1の始端部から終端部に至るまで取付体20を支持し(回動を規制し)、終端部において取付体20の支持を解除する(回動を許容する)。

0060

図12に示すように、移動体15の移動経路は、搬送方向A1の終端部を過ぎると前方に向かうにつれて次第に下降する経路となっている。これにより、突出部21は、搬送方向A1の終端部を過ぎて支持部材22による支持が解除されると、前傾姿勢となって前傾の角度を増しながら前下方に移動する。
そのため、突出部21は、取付体20が支持部材22に支持されている区間(搬送方向A1の始端部から終端部に亘る区間)では起立状態(図12の突出部21a参照)となるが、取付体20が支持部材22に支持されない区間(搬送方向A1の終端部を過ぎた区間)では、重力の作用によって前下方(搬送方向A1前方)に倒れて倒伏状態(図12の突出部21c参照)となる。

0061

突出部21は、起立状態から倒伏状態に移行するときに先端部の位置が下がる。これにより、結球野菜VGの外葉VG2や根VG3が突出部21に絡まった場合には、突出部21を外葉VG2や根VG3から下方に抜く(逃がす)ことができる。
このように、突出部21が第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部にて倒れて倒伏状態となることによって、結球野菜VGの外葉VG2や根VG3が突出部21に絡まった場合でも、突出部21を外葉VG2から円滑に離脱させることができる。そのため、結球野菜VGを傷付けることなく次工程の設備(第2搬送装置2B)に向けて確実に排出することができる。

0062

図4図5図13図15図18等に示すように、第1搬送装置2Aは、第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部から結球野菜を排出する排出部25を備えている。排出部25は、第2搬送装置2Bに向けて下向きに傾斜しており、第2搬送部3Bの搬送方向A2の上流側に結球野菜を排出する。従って、排出部25は、第2搬送部3Bに結球野菜を供給する供給部でもある。

0063

図13図15図18に示すように、排出部25は、傾斜板25a、第1側板25b、第2側板25c、通路(第1通路25d、第2通路25e)、第1起立壁25f、第2起立壁25gを有している。
傾斜板25aは、第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部から離れるにつれて(前方に向かうにつれて)下方に移行するように傾斜して延びている。傾斜板25aの表面(上面)25iは、傾斜面である。当該傾斜面は、傾斜に沿って結球野菜VGの結球部VG1を転動させる転動面25iを構成している。図13図15に示すように、傾斜板25aは、当該傾斜板25aから下方に延びる下延部25hを介して前壁9に取り付けられている。傾斜板25aの傾斜面(転動面)25iは、支持部材22の前方に、支持部材22と間隔をあけて配置されている。これにより、傾斜板25aの傾斜面(転動面)と支持部材22との間には隙間G1が形成されている。隙間G1は、取付体20が移動体15と共に移動して第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部を越え、支持部材22による取付体20の支持が解除されたとき(突出部21が倒伏状態となったとき)に、取付体20が通過する(突出部21の倒伏を許容する)ための隙間である。言い換えれば、取付体20は、突出部21が起立状態から倒伏状態に移行するときに隙間G1を通過する。

0064

隙間G1は、通路(第1通路25d、第2通路25e)と連通している。隙間G1、第1通路25d、第2通路25eは、平面視において略U字状に繋がっている。
傾斜板25aは、後部傾斜板25a1と前部傾斜板25a2とから構成されている。
後部傾斜板25a1は、支持部材22の前方(延設板22gの前方)であって、第1前延部16dと第2前延部17dとの間に配置されている。後部傾斜板25a1は、支持部材22の前方に、支持部材22と間隔をあけて配置されている。これにより、後部傾斜板25a1の傾斜面(後部転動面)25i1は、支持部材22の前方に、支持部材22と間隔をあけて配置されている。

0065

前部傾斜板25a2は、後部傾斜板25a1の前方に配置されている。前部傾斜板25a2の傾斜面(前部転動面)25i2は、後部傾斜板25a1の傾斜面(後部転動面)25i1の前方に、当該傾斜面(後部転動面)25i1と近接して配置されている。後部転動面25i1の傾きと前部転動面25i2の傾きとは同じであってもよいし、前部転動面25i2の傾きが後部転動面25i1の傾きよりも大きくてもよい。尚、後部傾斜板25a1と前部傾斜板25a2とを接続して一体化してもよい。

0066

第1側板25bは、傾斜板25aの幅方向(装置幅方向)の一方側(左側)において、傾斜板25aの傾斜に沿って延びている。第2側板25cは、傾斜板25aの幅方向(装置幅方向)の他方側(右側)において、傾斜板25aの傾斜に沿って延びている。第1側板25bは、後部第1側板25b1と前部第1側板25b2とから構成されている。第2側板25cは、後部第2側板25c1と前部第2側板25c2とから構成されている。後部第1側板25b1は、第1前延部16dに取り付けられている。後部第2側板25c1は、第2前延部17dに取り付けられている。前部第1側板25b2は、当該前部第1側板25b2から下方に延びる下延部23Lを介して前壁9の左部に取り付けられている。前部第2側板25c2は、当該前部第2側板25c2から下方に延びる下延部23Rを介して前壁9の右部に取り付けられている。これにより、前部第1側板25b2は第1板16から延設され、前部第2側板25c2は第2板17から延設されている。尚、前部第1側板25b2と後部第1側板25b1とを一体化し、前部第2側板25c2と後部第2側板25c1を一体化してもよい。

0067

通路(第1通路25d、第2通路25e)は、傾斜面25aの側方(装置幅方向の一方側と他方側)に設けられている。通路(第1通路25d、第2通路25e)は、突出部21が起立状態から倒伏状態に移行するときに通過する。
第1通路25dは、傾斜板25aと第1側板25bとの間に形成された空間(スリット)である。第1通路25dは、後部第1通路25d1と前部第1通路25d2とから構成されている。後部第1通路25d1は、後部傾斜板25a1と後部第1側板25b1との間に形成されている。前部第1通路25d2は、前部傾斜板25a2と前部第1側板25b2との間に形成されている。第1通路25dは、取付体20が隙間G1を通過して突出部21が倒伏状態となるときに一方突出部21Lが通過する。

0068

第2通路25eは、傾斜板25aと第2側板25cとの間に形成された空間(スリット)である。第2通路25eは、後部第2通路25e1と前部第2通路25e2とから構成されている。後部第2通路25e1は、後部傾斜板25a1と後部第2側板25c1との間に形成されている。前部第2通路25e2は、前部傾斜板25a2と前部第2側板25c2との間に形成されている。第2通路25eは、取付体20が隙間G1を通過して突出部21が倒伏状態となるときに他方突出部21Rが通過する。

0069

第1搬送部3Aによって搬送されてきた結球野菜VGは、搬送方向A1の終端部を越えて支持部材22による取付体20の支持が解除される(突出部21が倒伏状態となる)と、排出部25から排出される。具体的には、図16図24に示すように、結球野菜VGは、突出部21から離れて傾斜板25aの傾斜に沿って転動面25iを転動しながら前下方へと移動する。このとき、結球野菜VGの外葉VG2又は根VG3は、第1通路25d又は第2通路25eを通過(侵入)可能である。そのため、結球部VG1の転動が外葉VG2又は根VG3によって妨げられることがなく、結球野菜VGを円滑に移動(転動)させて次工程の設備(第2搬送装置2B)へと移行させることができる。

0070

第1起立壁25fは、第1側板25bの装置幅方向の他方側(左側)から起立し且つ傾斜板25aの傾斜に沿って延びている。第1起立壁25fは、前部第1起立壁25f2と後部第1起立壁25f1とから構成されている。前部第1起立壁25f2は、前部第1側板25b2の装置幅方向の他方側(左側)から起立している。後部第1起立壁25f1は、後部第1側板25b1の装置幅方向の他方側(左側)から起立している。本実施形態の場合、前部第1起立壁25f2と後部第1起立壁25f1とは、異なる部材から形成されて離れているが、1つの部材によって連続して形成されていてもよい。

0071

第2起立壁25gは、第2側板25cの装置幅方向の一方側(右側)から起立し且つ傾斜板25aの傾斜に沿って延びている。第2起立壁25gは、前部第2起立壁25g2と後部第2起立壁25g1とから構成されている。前部第2起立壁25g2は、前部第2側板25c2の装置幅方向の一方側(右側)から起立している。後部第2起立壁25g1は、後部第2側板25c1の装置幅方向の一方側(右側)から起立している。本実施形態の場合、前部第2起立壁25g2と後部第2起立壁25g1とは、異なる部材から形成されて離れているが、1つの部材によって連続して形成されていてもよい。

0072

排出部25が第1起立壁25f及び第2起立壁25gを有することによって、結球野菜VGが転動面25iを転動している途中に、排出部25の側方(左方又は右方)から落下することを防止できる。
第1起立壁25fと第2起立壁25gとの間隔は、第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部に対して相対的に近い側と遠い側とで異なる。具体的には、前部第1起立壁25f2と前部第2起立壁25g2との間隔は、後部第1起立壁25f1と後部第2起立壁25g1との間隔よりも広い。これにより、結球野菜VGが転動面25i上を転動する途中に落下することをより確実に防止することができる。

0073

排出部25は、第1起立壁25fと連続して形成された第1延設壁25jと、第2起立壁25gと連続して形成された第2延設壁25kと、を有している。第1延設壁25jは、後部第1起立壁25f1の後端部から屈曲して装置幅方向の一方(左方)に向けて延びている。第2延設壁25kは、後部第2起立壁25g1の後端部から屈曲して装置幅方向の他方(右方)に向けて延びている。

0074

図19は、排出部25の他の実施形態を示している。以下、他の実施形態について、上述した実施形態と異なる点について説明する。
他の実施形態の排出部25は、傾斜板25aが1つの部材から構成されている。つまり、上記実施形態における後部傾斜板25a1と前部傾斜板25a2とが一体化された構成である。第1側板25b及び第2側板25cは設けられていない。第1起立壁25fは、第1固定板26Lを介して第1前延部16dに固定されている。第2起立壁25gは、第2固定板26Rを介して第2前延部17dに固定されている。第1起立壁25f及び第2起立壁25gは、それぞれ1つの部材から構成されている。つまり、上記実施形態における前部第1起立壁25f2と後部第1起立壁25f1とが1つの部材によって連続して形成され、前部第2起立壁25g2と後部第2起立壁25g1とが1つの部材によって連続して形成された構成である。

0075

第1起立壁25f及び第2起立壁25gは、傾斜板25aよりも第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部から離れる方向(前下方)に長く延びている。これにより、結球野菜VGが傾斜板25aの転動面25i上を転動し終わるまで、第1起立壁25f及び第2起立壁25gによって結球野菜VGを側方からガイドすることが可能となり、結球野菜VGを確実に次工程の設備(第2搬送装置2B)に向けて排出することができる。

0076

第1起立壁25fは、第2起立壁25gよりも第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部から離れる方向(前下方)に長く延びている。第1起立壁25fは、第2起立壁25gよりも第2搬送部3Bの搬送方向A2の上流側(始端側)に配置される。そのため、排出部25から第2搬送部3Bに排出された結球野菜は、第1起立壁25fによって搬送方向A2の上流側へと向かう動きが阻止され、下流側(終端側)に向けて円滑に搬送される。

0077

第1起立壁25fと第2起立壁25gとの間隔は、第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部に対して相対的に近い側と遠い側とで異なる。具体的には、第1起立壁25fと第2起立壁25gとの間隔は、搬送方向A1の終端部に対して相対的に近い側で広く遠い側で狭い。より具体的には、前部第1起立壁25f2と前部第2起立壁25g2との間隔は、搬送方向A1の終端部から離れるにつれて次第に狭くなっている。これにより、第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部から結球野菜VGを確実に受け入れることができる。後部第1起立壁25f1と後部第2起立壁25g1とは互いに平行に配置されており、互いの間隔は一定である。後部第1起立壁25f1と後部第2起立壁25g1との間隔は、前部第1起立壁25f2と前部第2起立壁25g2との間隔よりも狭い。

0078

第2板17の第2前延部17dには、後方から前方に向かうにつれて第1板16に接近する方向に次第に拡張した拡張部17eが形成されている。拡張部17eが形成されていることにより、結球野菜VGが支持部材22から転動面25iへと移行するときに、結球野菜VGは支持部材22、転動面25i、拡張部17eの3点で支持される。これにより、結球野菜VGを支持部材22から転動面25iへと円滑に且つ確実に移行させることができる。尚、第1板16の第1前延部16dに、後方から前方に向かうにつれて第2板17に接近する方向に次第に拡張した拡張部を形成してもよい。

0079

第1通路25dは、第1前延部16dと傾斜板25aとの間に形成されている。第2通路25eは、第2前延部17dと傾斜板25aとの間に形成されている。第1通路25dの幅と第2通路25eの幅とは異なっている。具体的には、第1通路25dの幅は、第2通路25eの幅よりも広い。
次に、第2搬送装置2Bについて説明する。

0080

図1に示すように、第2搬送装置2Bは第1搬送装置2Aの搬送方向A1の下流側に配置されている。図1図4図17図18等に示すように、第2搬送装置2Bは、第1搬送装置2Aの排出部25とオーバーラップして配置されている。第2搬送装置2Bは、第1搬送装置2Aの排出部25から排出された結球野菜を受け入れて搬送する第2搬送部3Bを有している。

0081

図17図18図20図23に示すように、第2搬送部3Bは、並列に配置された2つのローラ30A,30Bを有している。2つのローラ30A,30Bのうち、一方のローラ(以下、「第1ローラ30A」という)は後側(第1搬送装置2A側)に配置され、他方のローラ(以下、「第2ローラ30B」という)は前側(第1搬送装置2Aと反対側)に配置されている。尚、ローラは本実施形態の場合は2つであるが、3つ以上あってもよく、例えば4つのローラを並列配置してもよい。

0082

2つのローラ30A,30Bは、前壁板31と後壁板32との間に配置されている。前壁板31は第2搬送装置2Bの前部に配置されており、後壁板32は第2搬送装置2Bの後部に配置されている。前壁板31及び後壁板32は、第2フレーム6Bに取り付けられている。
第1ローラ30Aの回転軸(以下、「第1回転軸33A」という)と、第2ローラ30Bの回転軸(以下、「第2回転軸33B」という)とは、互いに平行に配置されている。図18図20において、第1回転軸33Aの中心軸を一点鎖線CLAで示し、第2回転軸33Bの中心軸を一点鎖線CLBで示している。第1ローラ30Aの長さ(第1回転軸33A方向の長さ)と第2ローラ30Bの長さ(第2回転軸33B方向の長さ)は等しい。

0083

図20に示すように、第1ローラ30A及び第2ローラ30Bは、第2搬送部3Bの搬送方向A2の上流側(始端側)から下流側(終端側)に向けて次第に低くなるように傾斜している。第1ローラ30Aの傾き(第1ローラ30Aの中心軸CLAの水平線に対する傾斜角度)と、第2ローラ30Bの傾き(第2ローラ30Bの中心軸CLBの水平線に対する傾斜角度)とは等しい。第1ローラ30Aの傾き及び第2ローラ30Bの傾きは、例えば5°〜10°の範囲(一例として5°)に設定される。

0084

図21に示すように、第1ローラ30A及び第2ローラ30Bの回転軸方向の一方側(左側)には、第1ローラ30A及び第2ローラ30Bを回転させる駆動機構35が設けられている。駆動機構35は、モータ35a、駆動スプロケット35b、従動スプロケット35c、チェーン35d、伝達軸35e、第1ベベルギア35f、第2ベベルギア35g、第3ベベルギア35h、第4ベベルギア35iを有している。

0085

駆動スプロケット35bは、モータ35aの回転軸に取り付けられている。駆動スプロケット35bと従動スプロケット35cにはチェーン35dが掛け渡されている。伝達軸35eには、従動スプロケット35c、第1ベベルギア35f、第2ベベルギア35gが取り付けられている。第1回転軸33Aには、第3ベベルギア35hが取り付けられている。第2回転軸33Bには、第4ベベルギア35iが取り付けられている。第3ベベルギア35hは、第1ベベルギア35fと噛み合っている。第4ベベルギア35iは、第2ベベルギア35gと噛み合っている。

0086

モータ35aが駆動すると、モータ35aの回転軸と共に駆動スプロケット35bが回転する。駆動スプロケット35bの回転は、チェーン35dを介して従動スプロケット35cに伝達され、従動スプロケット35cが回転する。従動スプロケット35cが回転すると、伝達軸35eと共に第1ベベルギア35fと第2ベベルギア35gが回転する。第1ベベルギア35fの回転によって第3ベベルギア35hが回転し、第1回転軸33Aが回転する。第2ベベルギア35gの回転によって第4ベベルギア35iが回転し、第2回転軸33Bが回転する。第1ベベルギア35fと第2ベベルギア35gとは互いに逆向きに取り付けられ、第1ベベルギア35fは第3ベベルギア35hの前側に噛み合い、第2ベベルギア35gは第4ベベルギア35iの後側に噛み合っている。

0087

上記駆動機構35の駆動によって、第1ローラ30Aと第2ローラ30Bとは互いに内向き(対向する側が下向き)に回転する。これにより、第1ローラ30Aと第2ローラ30Bとの間に結球野菜VGの外葉VG2を引き込んで挟持することができる(図22参照)。第2搬送部3Bは、2つのローラの間(第1ローラ30Aと第2ローラ30Bとの間)に結球野菜VGの外葉VG2を挟持して、回転軸(第1回転軸33A、第2回転軸33B)の方向(搬送方向A2)に結球野菜VGを搬送する。

0088

図23等に示すように、第1ローラ30Aは、第1ローラ本体30A1と、突条部30A3と、第1ブラシ部30A2とを有している。第1ローラ本体30A1は、第1回転軸33Aを備えた円筒状又は円柱状の部材である。
突条部30A3は、第1ローラ本体30A1の表面から突出しており、第1ローラ本体30A1の表面に沿って螺旋状に設けられている。突条部30A3の螺旋の方向は、第1ローラ30Aの表面(上面)側において、搬送方向A2の下流側に向かうにつれて第1ローラ30Aの内側(第2ローラ30B側)から外側(第2ローラ30B側と反対側)に移行する方向である。突条部30A3は、ゴム軟質合成樹脂等からなる弾性素材から構成されている。突条部30A3は、例えば、弾性素材からなる紐状部材ゴム紐ゴムチューブ等)を第1ローラ本体30A1の表面に螺旋状に巻回することにより構成されている。

0089

第1ブラシ部30A2は、第1ローラ本体30A1の表面からブラシ状に突出している。第1ブラシ部30A2は、多数本の毛を束ね毛束を螺旋状に並べて配置することにより構成されている。第1ブラシ部30A2を構成する複数の毛束は、第1ローラ本体30A1の表面に螺旋状に並んで形成された多数の孔にそれぞれ植え付けられ、第1ローラ本体30A1の表面から突出している。第1ブラシ部30A2と突条部30A3とは、第1ローラ30Aの中心軸CLAの方向(搬送方向A2)に沿って交互に現れる。言い換えれば、第1ブラシ部30A2は、搬送方向A2に間隔をあけて隣り合う突条部30A3の間に設けられている。

0090

図18に示すように、第1ローラ30Aの長さ方向(搬送方向A2)において、第1ブラシ部30A2が設けられている領域の幅W1は、突条部30A3の幅W2よりも大きい。図21に示すように、突条部30A3の高さ(第1ローラ本体30A1の表面からの高さ)は、第1ブラシ部30A2の高さよりも高い。
図23に示すように、第2ローラ30Bは、第2ローラ本体30B1と第2ブラシ部30B2とを有している。第2ローラ本体30B1は、第2回転軸33Bを備えた円筒状又は円柱状の部材である。第2ブラシ部30Bは、第2ローラ本体30B1の表面からブラシ状に突出している。第2ブラシ部30Bは、多数本の毛を束ねた毛束を螺旋状に並べて配置することにより構成されている。第2ブラシ部30Bを構成する複数の毛束は、第2ローラ本体30B1の表面に螺旋状に並んで形成された多数の孔にそれぞれ植え付けられ、第2ローラ本体30B1の表面から突出している。

0091

第2ブラシ部30Bの第2ローラ本体30B1の表面からの突出量LBは、第1ブラシ部30A2の第1ローラ本体30A1の表面からの突出量LAよりも大きい。これにより、第2ブラシ部30Bを構成する毛束は、第1ブラシ部30A2を構成する毛束よりも変形(屈曲)し易くなっている。
第1ローラ30A及び第2ローラ30Bが互いに内向きに回転すると、結球野菜VGは突条部30A3の螺旋によって第1ローラ30Aの上に載った状態で搬送方向A2に搬送される。第2搬送部3Bによる搬送速度(搬送方向A2の移動速度)は、第1搬送部3Aによる搬送速度(搬送方向A1の移動速度)よりも速い。これにより、第1搬送部3Aから搬送されてきた結球野菜が第2搬送部3Bの上流側に滞留することが防止できる。

0092

本実施形態の場合、第1ローラ30Aが突条部30A3を有し、第2ローラ30Bは突条部を有していないが、第2ローラ30Bが第1ローラ30Aと同様の突条部を有する構成としてもよい。この場合、第2ローラ30Bの突条部は、第2ブラシ部30Bの毛束の螺旋状配置と同じ方向に延びる螺旋状に設けられる。
2つのローラ(第1ローラ30A、第2ローラ30B)は、一方のローラ(第1ローラ30A)の上表面の高さH1が他方のローラ(第2ローラ30B)の上表面の高さH2よりも低くなる高低差(H2−H1)を有して配置されている。この高低差は、2つのローラの上表面の高さを搬送方向A2の同位置において比較した高さの差である。ローラの上表面の高さは、搬送方向A2の特定位置におけるローラの最高位置の設置面からの高さである。具体的には、第1ローラ30Aの上表面の高さは搬送方向A2の特定位置における突条部30A3の上端の設置面からの高さであり、第2ローラ30Bの上表面の高さは搬送方向A2の同じ特定位置における第2ブラシ部30B2の上端の設置面からの高さである。高低差(H2−H1)は、搬送方向A2の全長に亘って形成されている。

0093

本実施形態の場合、図23図22(a)に示すように、高低差(H2−H1)は、第1ローラ30Aの外径を第2ローラ30Bの外径よりも小さくし、第1回転軸33Aを第2回転軸33Bよりも下方に配置することにより形成されている。
但し、高低差(H2−H1)を形成するための構成はこれに限定されない。例えば、図22(b)に示すように、高低差(H2−H1)は、第1ローラ30Aの外径と第2ローラ30Bの外径とを等しくし、第1回転軸33Aを第2回転軸33Bよりも下方に配置することにより形成してもよい。また、図22(c)に示すように、高低差(H2−H1)は、第1ローラ30Aの外径を第2ローラ30Bの外径よりも小さくし、第1回転軸33Aを第2回転軸33Bと同じ高さに配置することにより形成してもよい。

0094

図17図18図21図23に示すように、第1ローラ30Aの上部にはガイド板37が設けられている。ガイド板37は、第1ローラ30Aの長さ方向(搬送方向A2)に沿って延びている。ガイド板37は、搬送方向A2の上流側から下流側に向かうにつれて次第に下がるように傾斜している。
ガイド板37は、第1部位37aと第2部位37bとを有している。第1部位37aと第2部位37bは、前後方向に並んで一体的に形成されている。第1部位37aは、前後方向において、後壁板32と第1ローラ30Aとの間に配置されている。第1ローラ30Aの長さ方向(搬送方向A2)から見たとき、第1部位37aは、前側(第1ローラ30A側)と後側(第1ローラ30A側と反対側)とが同じ高さである。第2部位37bは、前側から後側に向かうにつれて(第1ローラ30Aに近づくにつれて)次第に低くなるように傾斜している。

0095

図18に示すように、ガイド板37の左部(搬送方向A2の始端側)には、第1搬送装置2Aの排出部(供給部)25が配置されている。排出部(供給部)25は、傾斜板25a、第1側板25b、第2側板25cは、ガイド板37の上方まで延びている。尚、傾斜板25a、第1側板25b、第2側板25cのうち、第1側板25bと第2側板25cのみがガイド板37の上方まで延びている構成としてもよい。この場合、傾斜板25aは少なくとも後壁板32よりも前方まで延びている必要がある。

0096

図24に示すように、排出部(供給部)25は、第1ローラ30Aの上方に結球野菜VGを供給する。より詳しくは、排出部(供給部)25は、第1ローラ30Aに対して第1回転軸33Aと直角方向から第1ローラ30Aの上方に結球野菜VGを供給する。排出部(供給部)25から排出された結球野菜VGは、ガイド板37上を通って第1ローラ30Aの上方に供給される。

0097

図17図18図21図23に示すように、第2搬送部3Bの上方には案内部材38が配置されている。具体的には、案内部材38は、第2ローラ30Bの上方に配置されている。案内部材38は、搬送方向A2(第2ローラ30Bの長さ方向)に延設されており、搬送方向A2の上流側から下流側に向かうにつれて次第に下がるように配置されている。案内部材38は、搬送方向A2の始端部から中途部までの範囲に亘って延設されている。具体的には、案内部材38は、第2ローラ30Bの始端部(左端部)の上方から長さ方向中途部の上方までの範囲に亘って延設されている。搬送方向A2において、案内部材38の長さは、第2ローラ30Bの長さよりも短く、第2ローラ30Bの長さの半分よりも長い。案内部材38の終端部(右端部)は、第2ローラ30Bの長さ方向中途部よりも右方に位置している。

0098

案内部材38は、前板部38a、上板部38b、後板部38cを有している。前板部38aは、第2ローラ30Bの前方において第2フレーム6Bに固定されており、第2フレーム6Bから上方に延びている。上板部38bは、前板部38aの上端から後方(第1ローラ30A側)に延びている。後板部38cは、上板部38bの後端から後下方に延びている。後板部38cの表面は、斜め上後方を向く傾斜面38dとなっている。傾斜面38dは、下方に延びるにつれて前方から後方に移行している。言い換えれば、傾斜面38dは、上方に延びるにつれて第1ローラ30A(一方のローラ)側から第2ローラ30B(他方のローラ)側に移行している。傾斜面38dの下端部は、第1ローラ30Aの第1回転軸33Aと第2ローラ30Bの第2回転軸33Bとの間であって、且つ第1ローラ30Aの上表面の高さH1及び第2ローラ30Bの上表面の高さH2よりも低い位置まで延びている。

0099

図23に示すように、排出部(供給部)25から第1ローラ30Aの上方に排出(供給)された結球野菜VGは、案内部材38に当たって第2ローラ30B側(前方)への移動が阻止されるため、主として第1ローラ30Aの上に載った状態となる。このとき、結球野菜VGは、案内部材38の傾斜面38dに当たることで第2ローラ30B側へと傾く動き(転動)が許容される。そのため、結球野菜VGが案内部材38に当たったときの衝撃が緩和され、結球野菜VGが跳ね返ったり傷付いたりすることを防止できる。また、傾斜面38dの下端部が上述の低い位置まで延びていることによって、結球野菜VGが傾斜面38dの下端部に当たって傷付くことを防止できる。

0100

主として第1ローラ30Aの上に載った結球野菜VGは、図24に示すように、結球野菜VGは、第1ローラ30A上で自転を繰り返しながら案内部材38に沿って搬送方向A2の下流側へと搬送される。ここで、第1ローラ30Aの上表面の高さが第2ローラ30Bの上表面の高さよりも低くなる段差を有して配置されているため、結球野菜VGは不安定な姿勢となって自転し易くなる。

0101

結球野菜VGは、第1ローラ30A及び第2ローラ30Bの回転によって搬送方向A2と直交する方向回りの自転(矢印P1参照)を行うと共に、第1ローラ30A及び第2ローラ30Bが下向きに傾斜していることによって搬送方向A2回りの自転(矢印P2参照)も行う。結球野菜VGは、このような複数方向の自転を行うことにより、外葉VG2が下を向く下向き姿勢となる機会が多く生じる。

0102

結球野菜VGは、外葉VG2が下向きとなったときに、第1ローラ30Aと第2ローラ30Bとの間に外葉VG2が引き込まれる。図22に示すように、第1ローラ30Aと第2ローラ30Bとの間に外葉VG2が引き込まれた結球野菜VGは、外葉VG2が下向きの下向き姿勢となる。
このように、結球野菜VGは、第2搬送部3Bで搬送される途中に外葉VG2が下向きとなる下向き姿勢となる。そして、下向き姿勢となった結球野菜VGは、下向き姿勢の状態で第2搬送部3Cから第3搬送部3Cへと移行する。

0103

次に、第3搬送部3Cについて説明する。
図1図2に示すように、第3搬送部3Cは、第2搬送部3Bの搬送方向A2の下流側に配置されている。第3搬送部3Cは、第2搬送部3Bにより搬送されてきた結球野菜VGを更に下流側(右方)に向けて搬送する。
図25に示すように、第3搬送部3Cは、結球野菜VGの外葉VG2を挟んで搬送する挟持ベルト70を備えている。挟持ベルト70は、第1挟持ベルト71と第2挟持ベルト72とを含む。第1挟持ベルト71及び第2挟持ベルト72は、ゴム等の弾性体から構成されている。

0104

図25に示すように、第1挟持ベルト71は、第2搬送部3Bの下流側の端部に近接して配置されており、第1ローラ30A及び第2ローラ30Bよりも下方に位置している。第2挟持ベルト72は、第1挟持ベルト71の下流側に配置されており、第1挟持ベルト71の下方に位置している。第3搬送部3Cの搬送方向A3において、第1挟持ベルト71の一部と第2挟持ベルト72の一部はオーバーラップしている。

0105

第1挟持ベルト71は、一方側ベルト71Lと他方側ベルト71Rとを含む。一方側ベルト71Lは、第3搬送部3Cの搬送方向A3に直交する方向(以下、「第3直交方向」という)の一方側に配置されている。他方側ベルト71Rは、第3直交方向の他方側に配置されている。一方側ベルト71L及び他方側ベルト71Rは、無端状であって、それぞれ複数のプーリに巻き掛けられている。

0106

一方側ベルト71Lは、第3プーリ73、第4プーリ74、第5プーリ75に巻き掛けられている。第3プーリ73と第4プーリ74とは、第3直交方向に並んで配置されている。第4プーリ74と第5プーリ75とは、第3搬送部3Cの搬送方向A3に並んで配置されている。第4プーリ74は、当該第4プーリ74と同じ回転軸79aに取り付けられた第9プーリ79(後述する)の回転に伴って回転する。第4プーリ74の回転に伴って、第3プーリ73、第5プーリ75、一方側ベルト71Lが回転する。

0107

他方側ベルト71Rは、第6プーリ76、第7プーリ77、第8プーリ78に巻き掛けられている。第6プーリ76と第7プーリ77とは、第3直交方向に並んで配置されている。第7プーリ77と第8プーリ78とは、第3搬送部3Cの搬送方向A3に並んで配置されている。第7プーリ77は、当該第7プーリ77と同じ回転軸82aに取り付けられた第12プーリ82(後述する)の回転に伴って回転する。第7プーリ77の回転に伴って、第6プーリ76、第8プーリ78、他方側ベルト71Rが回転する。

0108

図25に示すように、第4プーリ74と第7プーリ77、第5プーリ75と第8プーリ78は、それぞれ互いに近接している。これにより、一方側ベルト71Lと他方側ベルト71Rとは、互いに当接している。一方側ベルト71Lと他方側ベルト71Rとは、互いに当接する側において左方から右方に向けて(第2搬送部3Bから離れる方向である第3搬送方向A3に向けて)移動する。

0109

図25図28に示すように、第1挟持ベルト71は、一方側ベルト71Lと他方側ベルト71Rとの間に結球野菜VGの外葉VG2を挟持し、外葉VG2を挟持した状態で移動することにより、結球野菜VGを下流側から上流側に向けて(搬送方向A3に向けて)搬送する。第1挟持ベルト71による結球野菜VGの搬送では、第2搬送部3Bから移行してきたときの姿勢が維持される。つまり、第1挟持ベルト71により搬送される結球野菜VGの姿勢は、外葉VG2が下向きの下向き姿勢である。

0110

第2挟持ベルト72は、第1挟持ベルト71により搬送されてきた結球野菜VGを更に下流側へと搬送する。第2挟持ベルト72は、1本のベルトから構成されている。図27に示すように、第2挟持ベルト72は、1本のベルトが720°(2回転)ねじられて、ねじられたベルトの両端部72d,72dが互いに接合された無端状のベルトである。第2挟持ベルト72は、平面視にて8の字状に複数のプーリに掛け渡されている。

0111

図25図28に示すように、複数のプーリは、第9プーリ79、第10プーリ80、第11プーリ81、第12プーリ82、第13プーリ83、第14プーリ84を含む。
第9プーリ79、第10プーリ80、第11プーリ81は、第3直交方向の一方側(後側)に配置されている。第9プーリ79は、第4プーリ74の下方に配置されており、第4プーリ74と同じ回転軸79aに取り付けられている。これにより、第4プーリ74と第9プーリ79とは、回転軸79a回りに同じ方向に回転する。第10プーリ80は、第9プーリ79の右方に配置されている。第9プーリ79と第10プーリ80とは、第3搬送部3Cの搬送方向A3に並んで配置されている。第11プーリ81は、第3搬送部3Cの搬送方向A3において、第9プーリ79と第10プーリ80との間であって且つ第9プーリ79及び第10プーリ80よりも後方に配置されている。

0112

第12プーリ82、第13プーリ83、第14プーリ84は、第3直交方向の他方側(前側)に配置されている。第12プーリ82は、第7プーリ77の下方に配置されており、第7プーリ77と同じ回転軸82aに取り付けられている。これにより、第7プーリ77と第12プーリ82とは、回転軸82a回りに同じ方向に回転する。第13プーリ83は、第12プーリ82の右方に配置されている。第12プーリ82と第13プーリ83とは、第3搬送部3Cの搬送方向A3に並んで配置されている。第14プーリ84は、第3搬送部3Cの搬送方向A3において、第12プーリ82と第13プーリ83との間であって且つ第12プーリ82及び第13プーリ83よりも前方に配置されている。尚、第11プーリ81及び第14プーリ84は省略してもよい。

0113

第3搬送部3Cは、第2挟持ベルト72を上流側から下流側(左方から右方)に向けて移動させる移動装置85を備えている。移動装置85は、第2挟持ベルト72が掛け渡された複数のプーリ(第9プーリ79、第10プーリ80、第11プーリ81、第12プーリ82、第13プーリ83、第14プーリ84)と、これら複数のプーリを回転させる回転装置(図示略)とを有している。

0114

図25図28に示すように、第9プーリ79と第12プーリ82、第10プーリ80と第13プーリ83とは、それぞれ互いに近接している。これにより、第2挟持ベルト72は、第3搬送部3Cの搬送方向A3において、第9プーリ79と第12プーリ82に挟まれた位置から、第10プーリ80と第13プーリ83に挟まれた位置までの区間Z1において、互いに当接している。以下、区間Z1を「当接区間Z1」という。第2挟持ベルト72は、当接区間Z1において、左方から右方に向けて(第2搬送部3Bから離れる方向に向けて)移動する。

0115

第2挟持ベルト72は、断面が凸形のベルトであって、表面が平坦で且つ裏面に突出部が形成されている。第2挟持ベルト72は、平坦な表面側で結球野菜VGの外葉VG2を挟持する。第2挟持ベルト72の裏面に形成された突出部は、複数のプーリ(第9プーリ79、第10プーリ80、第11プーリ81、第12プーリ82、第13プーリ83、第14プーリ84)にそれぞれ形成された溝に嵌まっている。

0116

図25図28図29に示すように、第2挟持ベルト72は、下向き挟持部72aと、上向き挟持部72bと、反転挟持部72cと、を有している。下向き挟持部72a、反転挟持部72c、上向き挟持部72bは、この順番で、第3搬送部3Cの搬送方向A3の上流側から下流側にかけて設けられている。図25に示すように、下向き挟持部72a、上向き挟持部72b、反転挟持部72cは、当接区間Z1に設けられている。具体的には、下向き挟持部72aは、当接区間Z1の上流部に設けられている。上向き挟持部72bは、当接区間Z1の下流部に設けられている。反転挟持部72cは、当接区間Z1の中流部に設けられている。反転挟持部72cでは、第2挟持ベルト72が搬送方向A3に延びる軸回りにねじられており、上流側から下流側に向かう過程で第2挟持ベルト72は上下方向が反転する。

0117

下向き挟持部72aは、外葉VG2を下向きで挟持する。上向き挟持部72bは、外葉VG2を上向きで挟持する。図28図29に示すように、反転挟持部72cは、下向き挟持部72aの下流側且つ上向き挟持部72bの上流側において、結球野菜VGを外葉VG2が下向きの姿勢から上向きの姿勢に反転させる。
図25に示すように、第3搬送部3Cは、第2挟持ベルト72を押さえ押さえローラ88を有している。図26に示すように、押さえローラ88は、取付板66により第2フレーム6Bの上部に取り付けられている。押さえローラ88は、第3直交方向の軸回りに回転可能である。押さえローラ88の外周面は、反転挟持部72cにおいて第2挟持ベルト72に当接している。押さえローラ88は、反転挟持部72cにおいて、上方又は下方(図示例では上方)から第2挟持ベルト72を押さえている。押さえローラ88は、第2挟持ベルト72の移動に伴って回転(自転)する。これにより、反転挟持部72cにおける第2挟持ベルト72のねじりの状態(向き)が、押さえローラ88からの押圧力により適切に維持される。

0118

図28図29に示すように、第1挟持ベルト71により搬送されてきた結球野菜VGは、外葉VG2が下向きの姿勢で第2挟持ベルト72の当接区間Z1に移行し、当該当接区間Z1において外葉VG2が挟持された状態で搬送される。第2挟持ベルト72の当接区間Z1に移行した結球野菜VGは、先ず当接区間Z1の上流側にある下向き挟持部72aで外葉VG2が挟持される。結球野菜VGは、下向き挟持部72aでは、結球野菜VGは外葉VG2が下向きの姿勢で搬送される。続いて、結球野菜VGは、第2挟持ベルト72の移動(回転)に伴って下向き挟持部72aから反転挟持部72cに移行する。結球野菜VGは、反転挟持部72cにおいて外葉VG2が下向きの姿勢から上向きの姿勢に反転される。続いて、結球野菜VGは、第2挟持ベルト72の移動(回転)に伴って反転挟持部72cから上向き挟持部72bに移行する。結球野菜VGは、上向き挟持部72bでは、結球野菜VGは外葉VG2が上向きの姿勢で搬送される。このように、結球野菜VGは、第2挟持ベルト72により挟持された状態で移動し、移動に伴って外葉VG2が下向きの姿勢から上向きの姿勢に反転する。

0119

図25図28等に示すように、第3搬送部3Cは、支持板89を備えている。支持板89は、第2挟持ベルト72の移動に伴って反転する結球野菜VGの結球部VG1を下方から支持する。支持板89は、第2挟持ベルト72の下方に配置されている。図25に示すように、支持板89は、第2挟持ベルト72の移動の方向(第3搬送部3Cの搬送方向A3)と直交する方向において、外葉VG2の挟持位置(外葉VG2が挟持されている部分)からずれた位置に配置されている。支持板89のズレの方向は、反転挟持部72cにおいて結球野菜VGがねじられる方向に設定される。本実施形態の場合、反転挟持部72cにおいて結球野菜VGは後方にねじられるため、支持板89は外葉VG2の挟持位置の後方にずれた位置に配置されている。反転挟持部72cにおいて結球野菜VGが前方にねじられる場合、支持板89は外葉VG2の挟持位置の前方にずれた位置に配置される。また、支持板89を外葉VG2の挟持位置を挟んで前方から後方に亘る広い幅のものとしてもよい、具体的には、図25図28に示した支持板89を外葉VG2の挟持位置を越えて前方まで延びる幅(前後方向の長さ)としてもよい。

0120

支持板89は、起立部891と、水平部892と、移行部893と、を有している。起立部891と水平部892と移行部893とは、1枚の板を折り曲げて形成されている。図26に示すように、起立部891は、第2挟持ベルト72の下方に設けられた基板90にボルト等により固定されており、基板90から上方に向けて起立している。起立部891は、第1起立部891aと第2起立部891bとを含む。第1起立部891aは、第7プーリ77及び第12プーリ82の下方に配置されている。第2起立部891bは、第12プーリ82と第14プーリ84との間に配置されている。第1起立部891aの高さは、第2起立部891bの高さよりも高い。図28に示すように、水平部892は、第1起立部891aの上端部から水平に右方に向けて延びている。移行部893は、水平部892の右端部から第2起立部891bの上端部まで延びている。移行部893は、左方(上流側)から右方(下流側)に向かうにつれて下向きに移行している。

0121

図25に示すように、支持板89は、第2挟持ベルト72の移動の方向(第3搬送部3Cの搬送方向A3)において、下向き挟持部72a及び反転挟持部72cとオーバーラップする領域に設けられている。支持板89は、第2挟持ベルト72の移動の方向(第3搬送部3Cの搬送方向A3)において、少なくとも、下向き挟持部72aの一部及び反転挟持部72cの一部とオーバーラップする領域に設けられていればよいが、下向き挟持部72aの全部及び反転挟持部72cの全部とオーバーラップする領域に設けられていてもよい。

0122

図28図29に示すように、支持板89は、第2挟持ベルト72の移動に伴って反転する結球野菜VGの結球部VG1を下方から支持する。結球野菜VGは、反転挟持部72cにおいて外葉VG2が下向きの姿勢から上向きの姿勢に反転される過程で、結球部VG1が第2挟持ベルト72の後方に突出する横向き又は斜め向き姿勢となる。支持板89は、横向き又は斜め向き姿勢となった結球野菜VGの結球部VG1に対して下方から当接し、結球部VG1の重量を受けることができる。そのため、結球野菜VGが横向き又は斜め向き姿勢となったときに、結球部VG1の重量によって外葉VG2が折れ曲がったり破断したりすることが防がれる。

0123

上述したように、結球野菜VGは、第3搬送部3Cにより搬送される過程で、外葉VG2が下向きの姿勢から上向きの姿勢に反転される。そして、外葉VG2が上向きの姿勢となった結球野菜VGは、搬送方向A3の下流端(上向き挟持部72bの下流端)において外葉VG2の挟持が解除されて第4搬送部3Dに移行する。
図2に示すように、第4搬送部3Dは、第3搬送部3Cよりも下方に配置されている。以下、第3搬送部3Cを「上段搬送部3C」、第4搬送部3Dを「下段搬送部3D」ということがある。

0124

第4搬送部(下段搬送部)3Dは、第3搬送部(上段搬送部)3Cによる挟持が解除された結球野菜VGの外葉VG2を挟持して、更に下流側(右方)へと搬送する。
図30図36に示すように、第4搬送部3Dは、当該第4搬送部3Dの搬送方向A4において、第3搬送部3Cとオーバーラップする重複部91と、第3搬送部3Cとオーバーラップしない非重複部92と、を有している。非重複部92は、重複部91よりも搬送方向A4の下流側(右方)に配置されている。第4搬送部3Dの搬送方向A4は、第3搬送部3Cの搬送方向A3と同じく左方から右方へと向かう方向である。

0125

図36に示すように、第4搬送部3Dは、無端状のベルト93(以下、「下段ベルト93」という)と、下段ベルト93が掛け渡された複数のプーリ100(以下、「下段プーリ100」という)と、を有している。
下段ベルト93は、下段ベルト93Lと下段ベルト93Rとを含む。下段ベルト93Lと下段ベルト93Rは、いずれもゴムベルト等の弾性ベルトである。下段ベルト93Lは、第4搬送部3Dの搬送方向A4に直交する方向(以下、「第4直交方向」という)の一方側(後側)に配置されている。下段ベルト93Rは、第4直交方向の他方側(前側)に配置されている。

0126

下段ベルト93は、下段プーリ100の回転により水平面内において回転する。下段ベルト93Lの他方側(後側)と下段ベルト93Rの一方側(前側)とは、互いに当接している。言い換えれば、下段ベルト93L及び下段ベルト93Rは、装置内方側において互いに当接している。下段ベルト93L及び下段ベルト93Rは、互いに当接する側(内側)において左方から右方に向けて移動する。

0127

複数の下段プーリ100は、第1下段プーリ101、第2下段プーリ102、第3下段プーリ103、第4下段プーリ104、第5下段プーリ105、第6下段プーリ106、第7下段プーリ107、第8下段プーリ108を含む。第1下段プーリ101〜第8下段プーリ108は、第4直交方向の一方側(後側)と他方側(前側)にそれぞれ配置されている。以下、第4直交方向の一方側(後側)に配置された下段プーリを「第1下段プーリ101L」等と記し、第4直交方向の他方側(前側)に配置された下段プーリを「第1下段プーリ101R」等と記す。

0128

図1に示すように、第4搬送装置2Dの後上部には第1板94Lが取り付けられており、第4搬送装置2Dの前上部には第2板94Rが取り付けられている。第1下段プーリ101L〜第8下段プーリ108Lの中心軸は、第1板94Lに回転可能に支持されている。第1下段プーリ101R〜第8下段プーリ108Rの中心軸は、第2板94Rに回転可能に支持されている。第1板94Lと第2板94Rとの間には、隙間G2が形成されている。隙間G1は、第4搬送装置2Dの搬送方向A4に延びている。隙間G2は、結球野菜VGの外葉VG2が通ることができる幅に形成されている。

0129

下段ベルト93Lは、第1下段プーリ101L〜第8下段プーリ108Lに巻き掛けられている。第8下段プーリ108Lは、下段ベルト93Lのテンション調整用であって、第4直交方向に移動可能である。下段ベルト93Rは、第1下段プーリ101R〜第8下段プーリ108Lに巻き掛けられている。第8下段プーリ108Rは、下段ベルト93Rのテンション調整用であって、第4直交方向に移動可能である。

0130

第7下段プーリ107L,107Rは、モータ(図示略)から動力伝達機構(図示略)を介して伝達される回転駆動力により回転する。第7下段プーリ107Lの回転に伴って、第1下段プーリ101L〜第6下段プーリ106L、第8下段プーリ108L、下段ベルト93Lが回転する。第7下段プーリ107Rの回転に伴って、第1下段プーリ101R〜第6下段プーリ106R、第8下段プーリ108R、下段ベルト93Rが回転する。

0131

図36に示すように、下段ベルト93Lは、第4直交方向の一方側(後側)から外葉VG2に当接する。下段ベルト93Rは、第4直交方向の他方側(前側)から外葉VG2に当接する。これにより、結球野菜VGの外葉VG2が、下段ベルト93Lと下段ベルト93Rとの間に挟持される。以下、下段ベルト93Lを「第1挟持体93L」、下段ベルト93Rを「第2挟持体93R」ということがある。

0132

下段ベルト93Lが巻き掛けられた複数のプーリのうち、第3下段プーリ103L、第4下段プーリ104L、第5下段プーリ105L、第6下段プーリ106Lは、下段ベルト(第1挟持体)93Lを、外葉VG2側(下段ベルト93R側)に向けて押圧する押圧部材(以下、「第1押圧部材116L」という)である。第1押圧部材116Lは、下段ベルト93Lと共に回転(自転)する。

0133

下段ベルト93Rが巻き掛けられた複数のプーリのうち、第3下段プーリ103R、第4下段プーリ104R、第5下段プーリ105R、第6下段プーリ106Rは、下段ベルト(第1挟持体)93Rを、外葉VG2側(下段ベルト93L側)に向けて押圧する押圧部材(以下、「第2押圧部材116R」という)である。第2押圧部材116Rは、下段ベルト93Rと共に回転(自転)する。

0134

図36に示すように、第1押圧部材116Lと第2押圧部材116Rとは、第4搬送装置2Dの搬送方向A4に沿って交互に配置されている。具体的には、第4搬送装置2Dの搬送方向A4に沿って、第3下段プーリ103R、第3下段プーリ103L、第4下段プーリ104R、第4下段プーリ104L、第5下段プーリ105R、第5下段プーリ105L、第6下段プーリ106R、第6下段プーリ106Lの順に配置されている。

0135

第1押圧部材116Lと第2押圧部材116Rとを第4搬送装置2Dの搬送方向A4に沿って交互に配置することにより、下段ベルト(第1挟持体)93Lと下段ベルト(第2挟持体)93Rとが波状湾曲して弾性変形する。そのため、下段ベルト93Lと下段ベルト93Rとの間に外葉VG2を確実に挟持することができる。
図30図36に示すように、複数の下段プーリ100のうち、最も上流側にある第1下段プーリ101L,101Rは、重複部91に配置されている。言い換えれば、複数の下段プーリ100は、重複部91に配置された第1下段プーリ101L,101Rを含む。

0136

上述したように、第3搬送部3Cに設けられた第2挟持ベルト72は、複数のプーリ(第9プーリ79、第10プーリ80、第11プーリ81、第12プーリ82、第13プーリ83、第14プーリ84)に掛け渡されている。以下、第2挟持ベルト72を「上段ベルト72」、第2挟持ベルト(上段ベルト)72が掛け渡された複数のプーリを「上段プーリ」という場合がある。また、複数の上段プーリのうち、最も下流側に配置された上段プーリ(第10プーリ80、第13プーリ83)を「第1上段プーリ80,83」という。

0137

図29図31に示すように、第1上段プーリ80は、第1下段プーリ101Lの上方に配置されている。第1上段プーリ83は、第1下段プーリ101Rの上方に配置されている。第1上段プーリ80は、第1下段プーリ101Lと同一の回転軸80aに支持されている。第1上段プーリ83は、第1下段プーリ101Rと同一の回転軸83aに支持されている。回転軸80aと回転軸83aとは、互いに平行に配置されており、それぞれ上下方向に延びている。回転軸80aの上部に第1上段プーリ80が取り付けられ、回転軸80aの下部に第1下段プーリ101Lが取り付けられている。また、回転軸83aの上部に第1上段プーリ83が取り付けられ、回転軸83aの下部に第1下段プーリ101Rが取り付けられている。これにより、第1上段プーリ(第10プーリ)80と第1下段プーリ101Lとは、回転軸80aの回転に伴って一体的に同じ角速度で回転する。また、第1上段プーリ(第13プーリ)83と第1下段プーリ101Rとは、回転軸83aの回転に伴って一体的に同じ速度(角速度)で回転する。

0138

図30図31図35等に示すように、搬送装置2は、第4搬送部(下段搬送部)3Dにて搬送される結球野菜VGの結球部VG1の底部を支持する支持部材117を備えている。支持部材117は、第4搬送部3Dの下方に配置されている。図30に示すように、支持部材117は、第4搬送部3Dの搬送方向A4において、重複部91の下方から非重複部92の下方にわたって設けられている。

0139

図33図34に示すように、支持部材117は、第1支持部材117Lと第2支持部材117Rとを含む。第1支持部材117Lは、第4直交方向の一方側(後側)に配置されている。第2支持部材117Rは、第4直交方向の他方側(前側)に配置されている。第1支持部材117Lと第2支持部材117Rとの間には、結球野菜VGの根VG3が挿入可能な挿入部118が形成されている。挿入部118は、第4搬送部3Dの搬送方向A4に沿って延びている。

0140

図33図34に示すように、第1支持部材117Lは、第1支持ベルト119Lを有している。第1支持ベルト119Lは、無端状であって、第4搬送部3Dの搬送方向A4に移動可能な第1支持面120Lを有している。第2支持部材117Rは、第2支持ベルト119Rを有している。第2支持ベルト119Rは、無端状であって、第4搬送部3Dの搬送方向A4に移動可能な第2支持面120Rを有している。第1支持ベルト119Lと第2支持ベルト119Rとは、互いに平行に間隔をあけて配置されている。第1支持ベルト119Lと第2支持ベルト119Rとの間に挿入部118が形成されている。

0141

図32図35に示すように、第3搬送部(上段搬送部)3Cにより搬送されてきた結球野菜VGは、第3搬送部3Cの搬送方向A3の下流端(第1上段プーリ80,83の位置)に達すると、第2挟持ベルト72による外葉VG2の挟持が解除される。そのため、結球野菜VGは自重により下降するが、第3搬送部3Cとオーバーラップする第4搬送部3Dの重複部91(図30図36参照)により支持される。具体的には、図34図35に示すように、結球野菜VGは、下段ベルト93Lと下段ベルト93Rとの間に外葉VG2が挟持されると共に、結球部VG1が第4搬送部3Dの下方に配置された支持部材117により支持される。

0142

支持部材117により支持された結球部VG1は、第1支持面120Lと第2支持面120Rにより下方から支持されると共に、第1支持ベルト119Lと第2支持ベルト119Rとの間に形成された挿入部118に根VG3が挿入される。そのため、結球野菜VGの姿勢(上向き姿勢)が安定する。また、結球部VG1が大きい場合には、結球部VG1が第1支持面120Lと第2支持面120Rにより後斜め下方と前斜め下方から支持されることによっても、結球野菜VGの姿勢(上向き姿勢)が安定する。

0143

支持部材117により支持された結球部VG1は、姿勢(上向き姿勢)が安定することにより、結球部VG1の大きさに関わらず、結球部VG1の根VG3の基端部(根元)の高さが略一定となる。結球野菜VGは、下段ベルト93Lと下段ベルト93Rとの間に外葉VG2が挟持され、第1支持面120Lと第2支持面120Rに結球部VG1が支持された状態で、下段ベルト93Lと下段ベルト93Rの移動(回転)に伴って搬送方向A4の下流側(右方)に搬送される。

0144

図38に示すように、第4搬送部3Dの搬送方向A4において、支持部材117の下流側(右方)には、第1切断装置4と第2切断装置5が配置されている。第1切断装置4と第2切断装置5は、搬送方向A4に並んで配置されている。第1切断装置4及び第2切断装置5は、第4搬送部3Dの下方に配置されている。
図37図42に示すように、第1切断装置(根切断装置)4は、下段ベルト93L及び下段ベルト93Rの下方に配置されている。尚、図37では、下段プーリ100の図示を省略している。第1切断装置4は、下段ベルト93L,93Rにより外葉VG2を挟持されて吊り下げられた結球野菜VGの根VG3を切断する。

0145

図39図40に示すように、第1切断装置4は、根揃え部140、根引き込み部170、根切断部180を有している。根揃え部140、根引き込み部170、根切断部180は、第4搬送部3Dの下方に配置されている。
先ず、根揃え部140について説明する。
根揃え部140は、第4搬送部3Dの搬送方向A4において、支持部材117の下流側であって且つ根引き込み部170の上流側に配置されている。根揃え部140は、第4搬送部3Dにより搬送されている結球野菜VGの根VG3を揃える。

0146

根揃え部140は、第1回転体141Lと、第2回転体141Rと、第1弾性板142Lと、第2弾性板142Rと、回転駆動機構143と、を備えている。
第1回転体141Lは、第4直交方向の一方側(後側)に配置されている。第2回転体141Rは、第4直交方向の他方側(前側)に配置されている。第1回転体141Lと第2回転体141Rは、同径且つ同長さの円筒状である。第1回転体141Lは、第1軸体141Laに外嵌されている。第2回転体141Rは、第2軸体141Raに外嵌されている。尚、第1回転体141Lと第1軸体141La、及び、第2回転体141Rと第2軸体141Raとは、それぞれ一体物であってもよい。第1軸体141La及び第1回転体141Lと、第2軸体141Ra及び第2回転体141Rとは、互いに平行に間隔をあけて配置されており、第4搬送部3Dの搬送方向A4に延びている。

0147

第1弾性板142L及び第2弾性体142Rは、ゴムやスポンジ等の弾性体から構成されており、撓み変形が可能な薄い板(弾性板)から構成されている。本実施形態の場合、第1弾性板142L及び第2弾性体142Rの数は、それぞれ1つであるが、それぞれ2つ以上であってもよい。
図41に示すように、第1弾性板142Lは、第1回転体141Lの外周面から径外方向(第1回転体141Lの回転軸(第1軸体141La)から離れる方向)に突設されている。第2弾性板142Rは、第2回転体141Rの外周面から径外方向(第2回転体141Rの回転軸(第2軸体141Ra)から離れる方向)に突設されている。第1弾性板142Lと第2弾性板142Rとは、互いに反対方向に延びている。具体的には、第1回転体141Lと第2回転体141Rとが回転していない状態において、第1弾性板142Lは後方に延び、第2弾性板142Rは前方に延びている。

0148

図40に示すように、第1弾性板142Lの第1回転体141Lの外周面からの突出量L5と、第2弾性板142Rの第2回転体141Rの外周面からの突出量L6とは等しい。突出量L5は、第1回転体141Lの外径よりも大きい。突出量L6は、第2回転体141Rの外径よりも大きい。
図40に示すように、第1弾性板142Lは、矩形状であって、一辺側が固定部材144を介して第1回転体141Lの外周面に固定されている。第2弾性板142Rは、矩形状であって、一辺側が固定部材144を介して第2回転体141Rの外周面に固定されている。

0149

第1弾性板142Lの一辺側と対向する他辺側には、一辺側に向けて切り込まれた複数のスリット142Laが設けられている。複数のスリット142Laは、互いに間隔をあけて第4搬送部3Dの搬送方向A4に並んで設けられている。第2弾性板142Rの一辺側と対向する他辺側には、一辺側に向けて切り込まれた複数のスリット142Raが設けられている。複数のスリット142Raは、互いに間隔をあけて第4搬送部3Dの搬送方向A4に並んで設けられている。スリット142Laとスリット142Raとは、第4搬送部3Dの搬送方向A4において交互に設けられている。これらのスリット142La,142Raは、第1弾性板142L及び第2弾性板142Rが、結球部VG1の外面に沿って曲面状に変形することを可能とする。

0150

図41に示すように、第1弾性板142Lは、第1回転体141Lの回転に伴って第1軸体141Laの軸回りに回転する。第2弾性板142Rは、第2回転体141Rの回転に伴って第2軸体141Raの軸回りに回転する。
図39図42に示すように、回転駆動機構143(以下、「第1回転駆動機構143」という)は、モータ145、第1伝動機構146を有している。

0151

モータ145の回転駆動力は、第1伝動機構146を介して第1軸体141Laと第2軸体141Raに伝達される。これにより、第1軸体141Laと第2軸体141Raとは、中心軸回りに互いに内向き(対向する側が下向き)に回転する。これによって、第1回転体141Lと第2回転体141Rも、中心軸回りに互いに内向きに回転する。
図41に示すように、第1回転体141Lと第2回転体141Rとが中心軸回りに互いに内向きに回転すると、第1弾性板142Lと第2弾性板142Rとも中心軸回りに互いに内向きに回転する。第1弾性板142Lと第2弾性板142Rとは、互いに内向きに回転することにより、結球野菜VGの表面に対して接触しながら上方から下方に向けて移動する。

0152

詳しくは、第1弾性板142L及び第2弾性板142Rは、互いに内向きに回転することにより、結球野菜VGの結球部VG1に対して互いに反対側から接触する(仮想線142L1,142R1参照)。続いて、第1弾性板142L及び第2弾性板142Rは、撓んで湾曲しながら結球部VG1の表面の曲面に沿って下方に移動し、根VG3を互いに反対側から押さえるように接触しながら下方へと移動する(仮想線142L2,142R2参照)。これにより、結球野菜VGの根VG3の拡がりを抑えて揃えることができる。このとき、結球野菜VGの外葉VG2は、波状に湾曲した下段ベルト93Lと下段ベルト93Rとの間にしっかりと挟持されている。そのため、結球野菜VGが落下を防ぎながら、根VG3を揃えることができる。

0153

次に、根引き込み部170について説明する。
根引き込み部170は、第4搬送部3Dにより搬送されている結球野菜VGの根VG3を下方に向けて引き込む
図39図43に示すように、根引き込み部170は、第1引き込みローラ171Lと、第2引き込みローラ171Rと、回転駆動機構172と、を有している。第1引き込みローラ171Lは、第4直交方向の一方側(後側)に配置されている。第2引き込みローラ171Rは、第4直交方向の他方側(前側)に配置されている。第1引き込みローラ171L及び第2引き込みローラ171Rは、同径且つ同長さの円筒状に形成されている。

0154

第1引き込みローラ171Lは、第1軸体141Laに外嵌されている。第2引き込みローラ171Rは、第2軸体141Raに外嵌されている。第1引き込みローラ171Lは、第4搬送部3Dの搬送方向A4に延びる軸回り(第1軸体141La回り)に回転する。第2引き込みローラ171Rは、第4搬送部3Dの搬送方向A4に延びる軸回り(第2軸体141Ra回り)に回転する。第1引き込みローラ171Lの外周面と第2引き込みローラ171Rの外周面は、当接又は近接している。尚、第1引き込みローラ171Lと第1軸体141La、及び、第2引き込みローラ171Rと第2軸体141Raとは、それぞれ一体物であってもよい。

0155

回転駆動機構172(以下、「第2回転駆動機構172」という)は、上述した第1回転駆動機構143と同じである。つまり、第1回転駆動機構143と第2回転駆動機構172とは、共通の機構により構成されている。
モータ145の回転駆動力は、第1伝動機構146を介して第1軸体141Laと第2軸体141Raに伝達される。これにより、第1軸体141Laと第2軸体141Raとは、中心軸回りに互いに内向き(対向する側が下向き)に回転する。これにより、第1引き込みローラ171Lと第2引き込みローラ171Rとは、中心軸回りに互いに内向き(対向する側が下向き)に回転する。

0156

図43に示すように、第1引き込みローラ171Lと第2引き込みローラ171Rとが中心軸回りに互いに内向きに回転することにより、結球野菜VGの根VG3が第1引き込みローラ171Lと第2引き込みローラ171Rとの間に引き込まれる。このとき、図36に示すように、結球野菜VGの外葉VG2は、波状に湾曲した下段ベルト93Lと下段ベルト93Rとの間にしっかりと挟持されているため、結球野菜VGの根VG3は下方に向けて直線状に延びた状態となる。これにより、結球野菜VGの根VG3が下方に向けて拡がっていた場合でも、根VG3を直線状に延ばすことができる。

0157

根引き込み部170により根VG3が延ばされた結球野菜VGは、下段ベルト93L及び下段ベルト93Rによって外葉VG2を挟持されて吊り下げられた状態で、更に下流側(右方)へと搬送されて根切断部180へと送られる。
図39図40図42に示すように、根切断部180は、根切断刃181と根送り部182とを有している。

0158

根切断刃181は、第4搬送部3Dにより搬送されてきた結球野菜VGの根VG3を切断する。根切断刃181は、外周に多数の切れ刃が形成された円盤状の切断刃であって、上下方向を向いた中心軸回りに回転する。根切断刃181の中心軸の方向と、下段ベルト93L及び下段ベルト93Rの移動方向とは直交している。言い換えれば、根切断刃181は、水平面内に配置されている。

0159

根送り部182は、第4搬送部3Dにより搬送されている結球野菜VGの根VG3を挟持して、根切断刃181側へと移動させる。根送り部182は、第1送りローラ183Lと、第2送りローラ183Rと、回転駆動機構184と、を有している。
根切断刃181、第1送りローラ183L、第2送りローラ183Rは、第2フレーム6Bに取り付けられた支持板(図示略)上に回転可能に支持されている。根切断刃181の外径は、第1送りローラ183L及び第2送りローラ183Rの外径よりも大きい。

0160

図40等に示すように、第1送りローラ183Lは、根切断刃181の下方であって第1引き込みローラ171Lの右方に配置されている。第2送りローラ183Rは、第2引き込みローラ171Rの右方に配置されている。第1送りローラ183Lの中心軸183Laと第2送りローラ183Rの中心軸183Raは上下方向を向いており、これらの中心軸183La,183Raは根切断刃181の中心軸181aよりも左方(根引き込み部170側)に配置されている。第1送りローラ183Lと第2送りローラ183Rとは、内側(互いに対向する側)の外周面同士が当接又は近接しており、互いに逆方向に(対向する側が左方に)回転する。図39図40に示すように、第1送りローラ183Lと第2送りローラ183Rとが当接又は近接する位置は、上下方向において根切断刃181の外周と略一致している。

0161

図40に示すように、第1送りローラ183Lと第2送りローラ183Rとが当接又は近接する位置は、第1引き込みローラ171Lと第2引き込みローラ171Rとの間の中心線CL1の延長線上に位置している。
回転駆動機構184(以下、「第3回転駆動機構184」という)は、モータ145と第2伝動機構186とから構成されている。

0162

第2伝動機構186は、第4モータ145の回転駆動力を、根切断刃181、第1送りローラ183L、第2送りローラ183Rに伝達する。
モータ145の回転駆動力は、第2伝動機構186を介して根切断刃181、第1送りローラ183L、第2送りローラ183Rに伝達される。これにより、根切断刃181が中心軸181a回りに回転する。また、第1送りローラ183Lが中心軸183La回りに回転し、第2送りローラ183Rが中心軸183Ra回りに回転する。第1送りローラ183Lと第2送りローラ183Rとは、同じ回転速度で互いに反対方向に回転する。第1送りローラ183Lと第2送りローラ183Rの回転方向は、互いに当接又は近接する側(内側)において、左方から右方に向かう方向(第4搬送部3Dの搬送方向A4と同じ方向)である。

0163

結球野菜VGは、根引き込み部170により根VG3が延ばされた状態で根送り部182へと移行することにより、根VG3が第1送りローラ183Lと第2送りローラ183Rとの間に引き込まれて挟まれる。第1送りローラ183Lと第2送りローラ183Rとの間に挟まれた根VG3は、第1送りローラ183L及び第2送りローラ183Rの回転によって右方(根切断刃181側)に移動し、根切断刃181の回転により切断される。

0164

ここで、第1送りローラ183L及び第2送りローラ183Rの回転に伴う根VG3の移動速度は、第4搬送部3Dの搬送速度よりも速い。つまり、第1送りローラ183L及び第2送りローラ183Rの回転速度(周速度)は、下段ベルト93L及び下段ベルト93Rの移動速度よりも速い。これにより、結球野菜VGは、下段ベルト93L及び下段ベルト93Rにより挟持されて移動する外葉VG2の移動速度に比べて、第1送りローラ183L及び第2送りローラ183Rの回転に伴う根VG3の移動速度が速くなる。

0165

これによって、図42に示すように、結球野菜VGは、外葉VG2の挟持された部分を支点として振り子のように左方に揺動する。この揺動によって、結球野菜VGの根VG3は下向きに凸の円弧状の軌跡C1を描いて左方に移動する。そのため、根VG3は、円弧状の軌跡C1を描いて根切断刃181に向けて移動して切断される。結球野菜VGは根元部分が曲面状であるため、根VG3が円弧状の軌跡を描いて根切断刃181に向けて移動することにより、切り残しの発生量を極力少なくして根VG3を切断することができる。

0166

根切断刃181により根VG3が切断された結球野菜VGは、下段ベルト93L及び下段ベルト93Rにより外葉VG2が挟持されて吊り下げられた状態で更に右方(搬送方向A4の下流側)に搬送され、第2切断装置(外葉切断装置)5へと送られる。
図37図38に示すように、第2切断装置5は、下段ベルト93L及び下段ベルト93Rの下方に配置されている。第2切断装置5は、下段ベルト93L及び下段ベルト93Rにより吊り下げられて搬送されてきた結球野菜VGの外葉VG2を切断する。図44図45に示すように、第2切断装置5は、外葉案内部200と外葉切断部210とを有している。

0167

図44図45に示すように、外葉案内部200は、第1案内部材201、第2案内部材202、当て部材203を有している。
第1案内部材201と第2案内部材202は、第4直交方向に並んで配置されている。具体的には、第1案内部材201は、第4直交方向の一方側(後側)に配置されている。第2案内部材202は、第4直交方向の他方側(前側)に配置されている。

0168

第1案内部材201は、第1中間部位201aと第1左部位201bと第1右部位201cとを有している。第1中間部位201aは、右方に向かうにつれて下方に移行するように傾斜している。第1左部位201bは、第1中間部位201aの左端から屈曲して後方に延びている。第1右部位201cは、第1中間部位201aの右端から屈曲して後方に延びている。

0169

第2案内部材202は、第2中間部位202aと第2左部位202bと第2右部位202cとを有している。第2中間部位202aは、左方から右方に向かうにつれて(搬送方向A4の下流側に向かうにつれて)下方に移行するように傾斜している。第2左部位202bは、第2中間部位202aの左端から屈曲して前方に延びている。第2右部位202cは、第2中間部位202aの右端から屈曲して前方に延びている。

0170

尚、第1案内部材201と第2案内部材202は、前後方向に間隔をあけて配置され、且つ、左方から右方に向かうにつれて(搬送方向A4の下流側に向かうにつれて)下方に移行するように傾斜した板であってもよい。
図44図45に示すように、当て部材203は、第1部位203aと第2部位203bと第3部位203cとを有している。第1部位203aと第2部位203bとは、正面視にてU字状に連続して形成されている。第1部位203aは、2つの直線部分203a1,203a2と、2つの直線部分203a1,203a2を連絡する湾曲部分203a3とから構成されている。第2部位203bは、2つの直線部分203b1,203b2から構成されている。直線部分203a1と直線部分203a2、及び、直線部分203b1と直線部分203b2は、それぞれ上下方向に間隔をあけて配置されている。

0171

第1部位203aは、平面視において、第4搬送部3Dの搬送方向A4に対して傾斜している。詳しくは、第1部位203aは、第4搬送部3Dの搬送方向A4の上流側(左側)から下流側(右側)に向かうにつれて、当該搬送方向A4に直交する第4直交方向の一方側(後側)から他方側(前側)に移行している。
第2部位203bは、第1部位203aの右端部から屈曲して右方(第4搬送部3Dの搬送方向の下流側に向かう方向)に延びている。第2部位203bは、第4直交方向において、第1中間部位201aと第2中間部位202aとの間の位置に配置されている。

0172

第3部位203cは、第2部位203bの右端部から屈曲して下方に延びている。第3部位203cの下端部は、第2フレーム6Bの上部に固定された取付板206に取り付けられている。第3部位203cが取付板206に取り付けられることにより、当て部材203の位置が固定されている。但し、当て部材203は省略してもよい。
図44図45に示すように、外葉切断部210は、外葉切断刃211と、外葉切断刃211を回転させる駆動機構(図示略)と、を有している。外葉切断刃211は、外周に沿って多数の切れ刃が形成された円盤状の切断刃であって、上下方向を向いた中心軸211a回りに回転する。

0173

外葉切断刃211は、第1案内部材201及び第2案内部材202の右方に配置されている。外葉切断刃211の一側部(前部)は、当て部材203の第2部位203bの直線部分203b1と直線部分203b2との間に挿入されている。
以下、第2切断装置5の作用(動作)について説明する。
下段ベルト93L,93Rにより外葉VG2を挟持されて搬送されてきた結球野菜VGは、外葉VG2が第1中間部位201aと第2中間部位202aとの間に左方から導入された後、第1中間部位201aと第2中間部位202aとの間に挟まれながら右方(第4搬送方向A4)に移動する。ここで、第1中間部位201aと第2中間部位202aとは右方に向かうにつれて下方に移行するように傾斜している。そのため、第1中間部位201aと第2中間部位202aが外葉VG2を挟む位置は、結球野菜VGの移動に伴って次第に下方へと移行する。

0174

第1中間部位201aと第2中間部位202aとの間に挟まれながら右方に移動した結球野菜VGの外葉VG2は、基端部付近(結球部VG1に近い部分)が当て部材203の第1部位203aに当接し、当該第1部位203aに沿って斜め前右方に向けて移動する。
外葉VG2の基端部付近は、第1部位203aに沿って移動した後、引き続き、第2部位203bに沿って右方に移動する。これにより、外葉VG2の基端部付近は、外葉切断刃211により切断される。外葉VG2の基端部付近が切断された結球野菜VGは、第4搬送部3Dにより挟持されない状態となるため、落下する。

0175

図1図2に示すように、第4搬送部3Dの搬送方向A4の下流側には、第5搬送部3Eが配置されている。第5搬送部3Eは、第2フレーム6Bに支持されている。第5搬送部3Eの搬送方向A5は、第4搬送部3Dの搬送方向A4と同じである。
第5搬送部3Eは、ベルトコンベアであって、ベルトの上流側が外葉切断刃211の下方に配置されている。これにより、外葉切断刃211によって外葉VG2が切断されて落下した結球野菜VGは、第5搬送部3Eのベルトの上流側に載り、当該ベルトの移動により下流側へと搬送されて回収される。回収された結球野菜VGは、外葉VG2及び根VG3が適当な位置で切断された結球野菜VGとなる。
<効果>
上記実施形態の搬送装置2、根切断装置4及び調製装置1によれば、以下の効果を奏する。

0176

搬送装置(第1搬送装置)2Aは、野菜VGを収容する収容部であって、野菜を下方から支持する第1支持面111aを有する収容部11と、収容部11に収容された野菜を第1支持面111aから離れる上方に向けて搬送する搬送部(第1搬送部)3Aと、第1支持面111aを上方又は下方に揺動させる揺動機構12と、を備えている。
この構成によれば、揺動機構12によって野菜を収容する収容部11の第1支持面111aを上方又は下方に揺動させることができるため、収容部11に溜まった複数の野菜VGの塊をほぐして適量ずつ(例えば1個ずつ)確実に且つ円滑に搬送部3Aに移行させて搬送することができる。

0177

また、搬送部3Aは、野菜VGを上方に向かうにつれて前方に移行するように搬送し、第1支持面111aは、前方に向かうにつれて下方に移行する傾斜面である。
この構成によれば、第1傾斜面111a上に載った野菜VGを傾斜に沿って確実に搬送部3Aに供給することができるとともに、供給された野菜を搬送部3Aによって円滑に上方へと搬送することができる。

0178

また、収容部11は、搬送部3Aの幅方向の一方側に配置された第2支持面112aと、搬送部3Aの幅方向の他方側に配置された第3支持面113aと、を有し、第2支持面112aは他方側に向かうにつれて下方に移行する傾斜面であり、第3支持面113aは一方側に向かうにつれて下方に移行する傾斜面である。
この構成によれば、第2支持面112a及び第3支持面113a上に載った結球野菜を傾斜に沿って第1支持面111a上へと移動させ、第1支持面111a上から第1搬送部3Aによって搬送することが可能となる。

0179

また、第1支持面111a、第2支持面111b、第3支持面111cは、一体的に形成されており、揺動機構12は、第1支持面111aと共に第2支持面111b及び第3支持面111cを上方又は下方に揺動させる。
この構成によれば、第2支持面112a及び第3支持面113a上に載った結球野菜を揺動によって第1支持面111a上へと確実に移動させることができる。

0180

また、搬送部3Aは、搬送部3Aの搬送方向に移動する移動体15と、移動体15に取り付けられて野菜VGを支持可能な突出部21と、を有し、第1支持面111aは、移動体15の移動に伴って突出部21が通過する開口部111bを有している。
この構成によれば、突出部21が開口部111bを通過するときに第1支持面111a上に載った結球野菜を持ち上げて搬送することができる。

0181

また、搬送部3Aの幅方向の一方側に配置され且つ第2支持面112aの下方から上方に亘って搬送方向A1に延びる第1板16と、搬送部3Aの幅方向の他方側に配置され且つ第3支持面113aの下方から上方に亘って搬送方向A1に延びる第2板17と、第1板16の表面と第2支持面112aとに跨って載せられた第1シート18Lと、第2板17の表面と第3支持面113aとに跨って載せられた第2シート18Rと、を備えている。

0182

この構成によれば、第1支持板111、第2支持板112、第3支持板113が上方に揺動したときに、第1支持板111、第2支持板112、第3支持板113と第1板16及び第2板17との間に生じる隙間に結球野菜が挟まったり、当該隙間から結球野菜が落下したりすることを防ぐことができる。
また、揺動機構12は、搬送部3Aの幅方向と平行な軸回りに回転する回転軸12aと、回転軸12aに対して偏心して取り付けられて回転軸12aと共に回転する偏心カム12bと、偏心カム12bと当接する円周面を有する回転体12cと、第1支持面111aを有する第1支持板111の揺動中心となる軸体12dと、第1支持板111の第1支持面111aと反対側に配置され且つ回転体12aを回転可能に保持する保持体12eと、を有している。

0183

この構成によれば、比較的簡易な構成の揺動機構12によって、第1支持板111を確実に且つ円滑に上方又は下方に揺動させることができる。
また、搬送装置(第1搬送装置)2Aは、外葉VG2及び/又は根VG3と結球部VG1とを有する結球野菜VGを下方から上方に向けて搬送する搬送装置であって、搬送方向A1に沿って移動する移動体15と、移動体15に対して起立状態と倒伏状態とに姿勢変更可能に取り付けられ、起立状態にて結球野菜VGを支持可能な突出部21と、搬送方向A1の始端部から終端部に至るまで突出部21を起立状態とし、終端部にて突出部21を倒伏状態とする姿勢変更機構と、を備えている。

0184

この構成によれば、起立状態にて結球部VG1を支持可能な突出部21が搬送方向A1の終端部にて倒伏状態となるため、結球野菜VGの外葉VG2や根VG3が突出部21に絡まった場合でも、突出部21を外葉VG2や根VG3から離脱させる(引き抜く)ことができる。そのため、玉ねぎ等の結球野菜VGを確実に次工程の設備に向けて排出することができる。

0185

また、姿勢変更機構は、移動体15に取り付けられ且つ突出部21が突設された取付体20と、前記始端部から前記終端部に至るまで突出部21が起立状態となるように取付体20を支持するとともに、前記終端部にて支持を解除することによって突出部21を倒伏状態とする支持部材22と、を有している。
この構成によれば、支持部材22によって、搬送方向の始端部から終端部に至るまでは突出部21を起立状態とし、終端部において突出部21を倒伏状態とすることができる。

0186

また、支持部材22は、搬送方向A1に沿って前記始端部から前記終端部に亘って延設されている。
この構成によれば、搬送方向A1に延設された支持部材22によって、搬送方向A1の始端部から終端部に亘る範囲で確実に突出部21を起立状態に支持することができる。
また、取付体20は、移動体15に対して回動可能に取り付けられ、支持部材22は、前記始端部から前記終端部に至るまで取付体20の回動を規制することによって突出部21を起立状態とし、前記終端部にて取付体20の回動を許容することによって突出部21を倒伏状態とする。

0187

この構成によれば、取付体20の回動を利用して突出部21を起立状態と倒伏状態に切り換えることができるため、突出部21の姿勢変更(起立状態と倒伏状態との切り換え)を容易に且つ確実に行うことができる。
また、移動体15は、互いに平行に配置され且つ側面視ループ状の経路に沿って移動する2つの索体15L,15Rを含み、支持部材22は2つの索体15L,15Rの間に配置されている。

0188

この構成によれば、支持部材22を移動体15の移動方向(搬送方向A1)に沿って配置することができるとともに、支持部材22によって移動体15に取り付けられた取付体20の支持を確実に行うことができる。
また、搬送装置(第1搬送装置)2Aは、支持部材22の前方に支持部材22と隙間G1をあけて配置され、前方に向かうにつれて下方に移行する傾斜面25iを備え、取付体20は、突出部21が起立状態から倒伏状態に移行するときに隙間G1を通過する。

0189

この構成によれば、移動体15により支持部材22に沿って搬送されてきた結球野菜VGを傾斜面25iに沿って排出することができる。また、隙間G1を通して取付体20を退避させることができるため、取付体20の排出の妨げにならない。
また、傾斜面25iの側方に、突出部21が起立状態から倒伏状態に移行するときに突出部21が通過する通路(第1通路25d、第2通路25e)が設けられている。

0190

この構成によれば、突出部21の起立状態から倒伏状態への姿勢変更を、他の部材により妨げられることなく確実に行わせることができる。
また、取付体20は、突出部21の基端部が固定された表面と、支持部材22の表面に対向して当接する裏面と、を有する基板20aと、基板20aを移動体15に取り付ける取付部20bと、を有している。

0191

この構成によれば、取付体20の基板20aが裏面側から支持部材22の表面によって支持されるため、取付体20を支持部材22によって確実に支持することが可能となる。
また、搬送装置(第1搬送装置)2Aは、野菜VGを下方から上方に向けて搬送する搬送装置であって、搬送方向A1に沿って移動する移動体15と、搬送方向A1に所定間隔をあけて配置されて移動体15と共に移動する突出部21であって、移動体15から離れる方向に突出することにより野菜VGを支持可能な突出部21と、搬送方向A1の中途部において搬送方向A1に隣り合う突出部21の先端部同士の間隔を搬送方向A1に拡げる拡張機構と、を備えている。

0192

この構成によれば、搬送方向A1に隣り合う突出部21の間に複数の野菜VGが挟まったとしても、拡張機構によって搬送方向A1の中途部において搬送方向A1に隣り合う突出部21の先端部同士の間隔が搬送方向A1に拡げられることによって、野菜VGの挟まった状態が解消して挟まっていた不要な野菜VGを突出部21から落下させることができる。これにより、野菜VGを適量ずつ(例えば1個ずつ)確実に且つ円滑に搬送することが可能となる。

0193

また、拡張機構は、搬送方向A1に沿って延設されて突出部21の姿勢を規定する規定面22dを有し、規定面22dは、搬送方向A1の上流側に配置された第1規定面22d1と、搬送方向A1の下流側に配置されて第1規定面22d1に対して傾斜して設けられた第2規定面22d2と、を含む。
この構成によれば、突出部21を搬送方向A1に沿って移動させたときに、第1規定面22d1により姿勢が規定されている状態から、第2規定面22d2により姿勢が規定されている状態へと移行することで、突出部21の姿勢を変更することができる。

0194

また、拡張機構は、搬送方向A1に所定間隔をあけて移動体15に取り付けられた複数の取付体20を有し、突出部21は、取付体20から突出して規定面22dから離れる方向に延びている。
この構成によれば、搬送方向A1に隣り合う取付体20から突出して延びる突出部21の向きを変更することによって、搬送方向A1に隣り合う突出部21の先端部同士の間隔を拡げることができる。

0195

また、取付体20は、突出部21の基端部が固定された表面と、規定面22dに対向して当接する裏面と、を有する基板20aと、基板20aを移動体15に取り付ける取付部20bと、を有している。
この構成によれば、突出部21を取付体20を介して移動体15に対して確実に取り付けることができる。

0196

また、移動体15は、互いに平行に配置され且つ側面視ループ状の経路に沿って移動する2つの索体15L,15Rを含み、規定面22dは2つの索体15L,15Rの間に配置されている。
この構成によれば、規定面22dを移動体15の移動方向(搬送方向A1)に沿って配置することができるとともに、規定面22dによって移動する突出部21の姿勢を確実に規定することができる。

0197

また、第1規定面22d1に対する第2規定面22d2の傾斜角度は鈍角である。
この構成によれば、突出部21が搬送方向A1に沿って移動して、第1規定面22d1により姿勢が規定されている状態から、第2規定面22d2により姿勢が規定されている状態へと移行したときに、搬送方向A1に隣り合う突出部21の先端部同士の間隔を適切な範囲で拡げることができる。

0198

また、搬送装置(第1搬送装置)2Aは、外葉VG2及び/又は根VG3と結球部VG1とを有する結球野菜VGを下方から上方に向けて搬送する搬送部(第1搬送部)3Aと、搬送部3Aの搬送方向A1の終端部から結球野菜VGを排出する排出部25と、を備え、排出部25は、前記終端部から離れるにつれて次第に下がる方向に傾斜して延びるとともに、傾斜に沿って結球部VG1を転動させる転動面25iを有する傾斜板25aと、傾斜板25aの幅方向の一方側において傾斜に沿って延びる第1側板25bと、傾斜板25aと第1側板25bとの間に形成され、結球部VG1が転動面25i上を転動するときに外葉VG2又は根VG3が通過可能な第1通路25dと、を有している。

0199

この構成によれば、排出部25において外葉G2又は根VG3を第1通路25dに通過させながら結球部VG1を転動面25i上で転動させることができるため、外葉VG2や根VG3が結球部VG1の転動の妨げになることを防ぐことができる。そのため、搬送部2Aにて搬送されてきた結球野菜VGを、排出部25を介して次工程の設備へと円滑に移行させることができる。

0200

また、排出部25は、傾斜板25aの幅方向の他方側において傾斜に沿って延びる第2側板25cと、傾斜板25aと第2側板25cとの間に形成され、結球部VG1が転動面25i上を転動するときに外葉VG2又は根VG3が通過可能な第2通路25eと、を有している。
この構成によれば、排出部25において外葉G2又は根VG3を第1通路25d又は第2通路25eに通過させながら結球部VG1を転動面25i上で転動させることができるため、外葉VG2や根VG3が結球部VG1の転動の妨げになることをより確実に防ぐことができる。

0201

また、排出部25は、第1側板25bの前記幅方向の他方側から起立し且つ傾斜に沿って延びる第1起立壁25fと、第2側板25cの前記幅方向の一方側から起立し且つ傾斜に沿って延びる第2起立壁25gと、を有している。
この構成によれば、排出部25が第1起立壁25f及び第2起立壁25gを有することによって、結球野菜VGが転動面25iを転動している途中に、排出部25の側方(左方又は右方)から落下することを防止できる。

0202

また、第1起立壁25fと第2起立壁25gとの間隔は、前記終端部に対して相対的に近い側と遠い側とで異なる。
この構成によれば、前記終端部に対して相対的に遠い側の間隔が狭い側の間隔よりも広い場合は、結球野菜VGが転動面25i上を転動する途中に進路が曲がったとしても起立壁で受け止めて落下を防止することができる。一方、前記終端部に対して相対的に近い側の間隔が遠い側の間隔よりも広い場合は、第1搬送部3Aの搬送方向A1の終端部から結球野菜VGを確実に受け入れることができる。

0203

また、第1側板25b及び第2側板25cは、傾斜板25aよりも前記終端部から離れる方向に長く延びている。
この構成によれば、結球野菜VGが傾斜板25aの転動面25i上を転動し終わるまで、第1起立壁25f及び第2起立壁25gによって結球野菜VGを側方からガイドすることが可能となり、結球野菜VGを確実に次工程の設備(第2搬送装置2B)に向けて排出することができる。

0204

また、搬送部3Aは、搬送部3Aの搬送方向A1に沿って移動する移動体15と、移動体15の前記幅方向の一方側に配置されて搬送方向A1に延びる第1板16と、移動体15の前記幅方向の他方側に配置されて搬送方向A1に延びる第2板17と、を有し、第1側板25bは第1板16から延設され、第2側板25cは第2板17から延設されている。

0205

この構成によれば、移動体15によって搬送されてきた結球野菜VGを確実に第1側板21cと第2側板25cとの間に導くことができる。
また、搬送装置(第2搬送装置)2Bは、結球部VG1と外葉VG2とを有する結球野菜VGを搬送する搬送装置であって、互いに平行に配置された回転軸33A,33Bを有し且つ互いに内向きに回転する2つのローラ30A,30Bを有し、2つのローラの間に外葉VG2を挟持してローラの回転軸の方向に結球野菜VGを搬送する搬送部(第2搬送部)3Bを備え、2つのローラ30A,30Bは、一方のローラ(第1ローラ)30Aの上表面の高さが他方のローラ(第2ローラ)30Bの上表面の高さよりも低くなる高低差を有して配置されている。

0206

この構成によれば、ローラ30A,30B表面に載った結球野菜VGは不安定な姿勢となって自転し易くなる。そのため、結球野菜VGは自転を繰り返すことで、短時間で外葉VG2が下を向いて一方のローラ30Aと他方のローラ30Bとの間に引き込まれ、外葉VGが下向きの姿勢で安定する。これにより、結球野菜VGの姿勢を短い搬送距離にて安定化させることができる。

0207

また、一方のローラ30A及び他方のローラ30Bは、搬送部3Bの搬送方向A3の上流側から下流側に向けて次第に低くなるように傾斜している。
この構成によれば、結球野菜VGは、第1ローラ30A及び第2ローラ30Bの回転によって搬送方向A2と直交する方向回りの自転を行うことに加えて、第1ローラ30A及び第2ローラ30Bが下向きに傾斜していることによって搬送方向A2回りの自転も行う。結球野菜VGは、このような複数方向の自転を行うことにより、外葉VG2が下を向く下向き姿勢となる機会が多く生じ、短時間で外葉VG2が下を向いて一方のローラ30Aと他方のローラ30Bとの間に引き込まれる。

0208

また、搬送装置(第2搬送装置)2Bは、搬送部3Bの上方に配置され且つ搬送方向A3に延設された案内部材38を備え、案内部材38は、上方に延びるにつれて一方のローラ30A側から他方のローラ30B側に移行する傾斜面38dを有している。
この構成によれば、結球野菜VGは、案内部材38の傾斜面38dに当たることで第2ローラ30B側へと傾く動き(転動)が許容される。そのため、結球野菜VGが案内部材38に当たったときの衝撃が緩和され、結球野菜VGが跳ね返ったり傷付いたりすることを防止できる。

0209

また、傾斜面38dの下端部は、一方のローラ30Aの回転軸(第1回転軸)33Aと他方のローラ30Bの回転軸(第2回転軸)33Bとの間であって、且つ一方のローラ30Bの上表面の高さ及び他方のローラ30Bの上表面の高さよりも低い位置まで延びている。
この構成によれば、結球野菜VGが傾斜面38dの下端部に当たって傷付くことを防止できる。

0210

また、一方のローラ30Aの外径は他方のローラ30Bの外径に比べて小さい。
この構成によれば、簡易な構成によって、一方のローラ30Aの上表面の高さが他方のローラ30Bの上表面の高さよりも低くなる高低差を設けることできる。
また、一方のローラ30Aの回転軸33Aは他方のローラ30Bの回転軸33Bよりも下方に配置されている。

0211

この構成によれば、簡易な構成によって、一方のローラ30Aの上表面の高さが他方のローラ30Bの上表面の高さよりも低くなる高低差を設けることできる。
また、搬送装置(第2搬送装置)2Bは、搬送部3Bに結球野菜VGを供給する供給部25を備え、供給部25は、一方のローラ30Aの上方に結球野菜VGを供給する。
この構成によれば、供給部25によって一方のローラ30Aの上方に供給された結球野菜VGを、一方のローラ30Aの回転によって円滑に搬送することができる。

0212

また、調製装置1は、上記搬送装置2と、搬送装置2により搬送された野菜VGの根VG3を切断する第1切断装置4と、を備えている。
この構成によれば、根VG3を下向きとした姿勢で安定化されて搬送装置2により搬送されてきた野菜VGの根VG3を、第1切断装置4により切断することができる。そのため、野菜VGの根VG3の切断処理を良好に行うことができる。

0213

また、調製装置1は、搬送装置2により搬送された野菜VGの外葉VG2を切断する第2切断装置5を備えている。
この構成によれば、根VG3を下向きとした姿勢で安定化されて搬送装置2により搬送されてきた野菜VGの外葉VG2を、第2切断装置5により切断することができる。そのため、野菜VGの外葉VG2を確実に切断することができる。

0214

以上、本発明の一実施形態について説明したが、今回開示された実施の形態は全ての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなくて特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味及び範囲内での全ての変更が含まれることが意図される。

0215

調整装置
2A搬送装置(第1搬送装置)
3A 搬送部(第1搬送部)
15 移動体
16 第1板
17 第2板
25 排出部
25a傾斜板
25b 第1側板
25d 第1通路
25c 第2側板
25e 第2通路
25f 第1起立壁
25g 第2起立壁
25i転動面
VG野菜
VG1結球部
VG2外葉
VG3 根

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 戸田建設株式会社の「 食用花用除虫装置及び食用花用除虫方法」が 公開されました。( 2021/06/10)

    【課題】本発明は、人手による除虫作業を削減することができる食用花用除虫装置及び食用花用除虫方法を提供する。【解決手段】 本発明に係る食用花用除虫装置1は、少なくとも保持部12と、気流発生部32とを備... 詳細

  • 杭州物択生物科技有限公司の「 野菜の重金属検測前処理装置」が 公開されました。( 2021/06/03)

    【課題】本発明は野菜の重金属検測前処理装置を開示した。【解決手段】処理箱と前記処理箱の中の伝動空間を含み、前記処理箱の中には前記伝動空間の右側に位置する洗浄空間が固定的に設置され、前記処理箱の上端壁に... 詳細

  • エア・ウォーター物流株式会社の「 カボチャ残渣加工飼料の製造方法」が 公開されました。( 2021/06/03)

    【課題】カボチャの加工残渣を有効利用することのできる、カボチャ残渣加工飼料の製造方法を提供すること。【解決手段】カボチャから加工食品を製造する際に生じる残渣を粉砕する粉砕工程と、前記粉砕工程で得られた... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ