図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年10月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

新規匂い物質化合物の、並びに/或は前記匂い物質/化合物を含む新規のフレグランスフレーバー、及び/又は脱臭マスキング組成物の高い需要及び必要がある。

解決手段

本発明は、匂いがある2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシプロペンに関し、これらは、フレグランス又はフレーバー成分として特にグリーン系フルーティー、洋梨、及び/又はワックス様嗅覚感覚を提供することに有用である。本発明は、前記匂い物質を含む新規の香料アロマ、又は脱臭/マスキング組成物にも関する。

概要

背景

典型的には、香料類産業及び/又はフレーバー産業において現在利用されている多くの匂い物質は合成分子である。特に、新規の匂い物質/化合物の、並びに/或は前記匂い物質/化合物を含む新規のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭マスキング組成物の高い需要及び必要がある。

1−(2−プロペンオキシ)−2−tert−ブチル−2−プロペンは非特許文献1の記事において挙げられている。これは、単色光を用いることによる313〜366nmの波長範囲におけるメタノール中の10個の1,5−ヘキサジエン−3−オン光化学の研究に関する。この文献の5822頁において指示されている通り、1−(2−プロペンオキシ)−2−tert−ブチル−2−プロペンは2,3,3−トリメチル−1−ブテンからの5−tert−ブチル−1,5−ヘキサジエン−3−オン(5)の調製中の化学的中間体化合物として記載されている。フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物はこの記事において開示されていず、化合物1−(2−プロペンオキシ)−2−tert−ブチル−2−プロペンに関連する何れかの嗅覚特性の存在の証拠も何らの示唆も全くない。

アリル2−ペンチルアリルエーテルは非特許文献2の記事において挙げられている。これは、有機リチウムによる立体特異的アルキル化二重開環ジヒドロフラン及びジヒドロピランエポキシドを反応させることによる、置換アルケンジオールへの新しい経路に関する。この記事の1449頁において指示されている通り、アリル2−ペンチルアリルエーテルは三置換エポキシドからの置換アルケンジオールの調製中の化学的な中間体化合物として記載されている(スキーム7)。フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物はこの記事において開示されておらず、化合物アリル2−ペンチルアリルエーテルに関連する何れかの嗅覚特性の存在の証拠も何らの示唆も全くない。

匂い物質/化合物は特定の嗅覚感覚を付与及び/又はアクセント付けでき、特に、グリーン系フルーティー、洋梨、及び/又はワックス様の嗅覚的感覚をフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物に提供することが、本発明の実施形態の1つ以上の利点である。

概要

新規の匂い物質/化合物の、並びに/或は前記匂い物質/化合物を含む新規のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物の高い需要及び必要がある。本発明は、匂いがある2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシ)プロペンに関し、これらは、フレグランス又はフレーバー成分として特にグリーン系、フルーティー、洋梨、及び/又はワックス様の嗅覚的感覚を提供することに有用である。本発明は、前記匂い物質を含む新規の香料アロマ、又は脱臭/マスキング組成物にも関する。なし

目的

本発明は、匂いがある2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシ)プロペン(匂い物質)に関し、これらは、フレグランス又はフレーバー材料として特にグリーン系、フルーティー、洋梨、及び/又はワックス様の嗅覚的感覚を香料、アロマ、又は脱臭/マスキング組成物に提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

式(I)の少なくとも1つの2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシプロペンを含む、フレグランスフレーバー、及び/又は脱臭マスキング組成物。[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である。]

請求項2

R1が最高で5つの炭素原子を有するアルキル基である、請求項1に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物。

請求項3

式(I)の2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシ)プロペンが、R1としてのメチル基及びR2としての水素を有する式(I)の化合物包含しない、請求項1及び2の何れか1項に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物。

請求項4

式(I)の2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシ)プロペンが少なくとも8つの炭素原子を含む、請求項1〜3の何れか1項に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物。

請求項5

R1が少なくとも2つの炭素原子を有するアルキル基である、請求項1〜4の何れか1項に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物。

請求項6

式(I)の化合物が2−((アリルオキシ)メチルヘキサ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)−3−メチルブタ−1−エン、2−(アリルオキシ)−4−メチル−3−メチレンペンタン、4−(アリルオキシ)−2−メチル−3−メチレンヘキサン、2−((アリルオキシ)メチル)ヘプタ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)オクタ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)ウンデカ−1−エン、又は2−((アリルオキシ)メチル)−3,7−ジメチルオクタ−1,6−ジエンから選択される、請求項1に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物。

請求項7

式(I)の化合物が2−((アリルオキシ)メチル)ヘキサ−1−エンである、請求項1〜6の何れか1項に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物。

請求項8

式(I)の化合物の含量が0.0001及び95wt%の間に含まれる、請求項1〜7の何れか1項に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物。

請求項9

少なくとも1つのエステル及び/又は1つのアルコールを、好ましくは少なくともエステル及びアルコールの混合物を含む、請求項1〜8の何れか1項に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物。

請求項10

エステル(単数若しくは複数)及び/又はアルコール(単数若しくは複数)と併せた式(I)の化合物(単数又は複数)の合計含量が、25wt%超、好ましくは50wt%超、例えば75wt%超、又は更には90wt%超である、請求項9に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物。

請求項11

フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物に有用な式(I)の化合物。[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基であり、但し、R2が水素であるときには、R1はtert−ブチルではあり得ず、R2が水素であるときには、R1はペンチルではあり得ない。]

請求項12

請求項11に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物に有用な、式(I)の化合物。[式中、R1は4つの炭素原子を有するアルキル基であり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である。]

請求項13

前記式(I)の化合物が2−((アリルオキシ)メチル)ヘキサ−1−エンである、請求項12に記載の式(I)の化合物。

請求項14

式(I)の2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシ)プロペンを、3つの次の逐次的なステップ:式(IV)のアルデヒドを、[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかである。]硼酸及び第2級アミン、好ましくはジエタノールアミンの存在下におけるホルムアルデヒド又はホルムアルデヒド源との反応に付して、式(III)の2−置換アクロレインを形成すること、[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかである。]先のステップの式(III)の2−置換アクロレインを有機金属試薬反応ステップ還元又は求核付加に付して、式(II)の1−置換アリルアルコールを形成すること、[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である。]及び、先のステップの式(II)の1−置換アリルアルコールをウィリアムソンエーテル合成ステップに付して、式(I)の化合物を形成すること、によって調製する方法。[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である。]

請求項15

式(IV)−(a)のアルデヒドを、[式中、R1は、最高で9つの炭素原子を有するアルキル基、最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基、最高で9つの炭素原子を有するアルキニル基フェニル基、最高で9つの炭素原子を有する置換アリール基、最高で9つの炭素原子を有するオキソアルキル基、最高で9つの炭素原子を含有するアルコキシアリール基、又は最高で9つの炭素原子を有する(置換)ベンジル基である。]ホルムアルデヒド又はホルムアルデヒド源と反応させて、式(III)−(a)の2−置換アクロレインを形成する方法。[式中、R1は、最高で9つの炭素原子を有するアルキル基、最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基、最高で9つの炭素原子を有するアルキニル基、フェニル基、最高で9つの炭素原子を有する置換アリール基、最高で9つの炭素原子を有するオキソアルキル基、最高で9つの炭素原子を含有するアルコキシアリール基、又は最高で9つの炭素原子を有する(置換)ベンジル基である。]

請求項16

式(IV)−(a)のアルデヒドのR1が、エチル、n−プロピル、i−プロピル、n−ブチル、s−ブチル、t−ブチル、i−ブチル、1−ペンチル、2−ペンチル、3−ペンチル、1−ヘキシル、2−ヘキシル、3−ヘキシル、1−ヘプチル、2−ヘプチル、3−ヘプチル、4−ヘプチル、1−オクチル、2−オクチル、3−オクチル、4−オクチル、1−ノニル、2−ノニル、3−ノニル、4−ノニル、5−ノニル、シクロプロピルシクロブチルシクロペンチルシクロヘキシル、1−(シクロヘキシルメチル)、(メトキシ)メチル、(エトキシ)メチル、ビニル、1−プロペニル、1−イソブテニル、3−ブテニル、5−(2−メチルペンタ−2−エン)イル、4−ペンテン−2−エニル、4−ペンタ−1−エニル、4−(4−メチルペンタ−1−エン)イル、5−(2,5−ジメチルヘキサ−2−エン)イル、2,2,3−トリメチルシクロペンタ−3−エン−1−イル、ベンジルフェニル、又は4−メトキシフェニルであり、式(III)−(a)の2−置換アクロレインのR1が、エチル、n−プロピル、i−プロピル、n−ブチル、s−ブチル、t−ブチル、i−ブチル、1−ペンチル、2−ペンチル、3−ペンチル、1−ヘキシル、2−ヘキシル、3−ヘキシル、1−ヘプチル、2−ヘプチル、3−ヘプチル、4−ヘプチル、1−オクチル、2−オクチル、3−オクチル、4−オクチル、1−ノニル、2−ノニル、3−ノニル、4−ノニル、5−ノニル、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、1−(シクロヘキシルメチル)、(メトキシ)メチル、(エトキシ)メチル、ビニル、1−プロペニル、1−イソブテニル、3−ブテニル、5−(2−メチルペンタ−2−エン)イル、4−ペンテン−2−エニル、4−ペンタ−1−エニル、4−(4−メチルペンタ−1−エン)イル、5−(2,5−ジメチルヘキサ−2−エン)イル、2,2,3−トリメチルシクロペンタ−3−エン−1−イル、ベンジル、フェニル、又は4−メトキシフェニルである、請求項15に記載の方法。

請求項17

香り付き又はフレーバー付き製品への、請求項1〜10の何れか1項に記載のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物の使用。

請求項18

香り付き又はフレーバー付き製品への、式(I)の化合物の使用。[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である。]

請求項19

香り付き又はフレーバー付き製品への、請求項14に従って調製される式(I)の化合物の使用。

技術分野

0001

本発明は、匂いがある2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシプロペン匂い物質)に関し、これらは、フレグランス又はフレーバー材料として特にグリーン系フルーティー、洋梨、及び/又はワックス様嗅覚感覚香料アロマ、又は脱臭マスキング組成物に提供することに有用である。本発明は、前記匂い物質2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシ)プロペンを含むフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物にも関する。更にその上、本発明は、本発明の新規のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物に用いられ得る前記匂い物質に関係する。本発明は、前記匂い物質/化合物の、並びに前記匂い物質/化合物を含有する対応するフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物の生産のための方法にも、関係する。

背景技術

0002

典型的には、香料類産業及び/又はフレーバー産業において現在利用されている多くの匂い物質は合成分子である。特に、新規の匂い物質/化合物の、並びに/或は前記匂い物質/化合物を含む新規のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物の高い需要及び必要がある。

0003

1−(2−プロペンオキシ)−2−tert−ブチル−2−プロペンは非特許文献1の記事において挙げられている。これは、単色光を用いることによる313〜366nmの波長範囲におけるメタノール中の10個の1,5−ヘキサジエン−3−オン光化学の研究に関する。この文献の5822頁において指示されている通り、1−(2−プロペンオキシ)−2−tert−ブチル−2−プロペンは2,3,3−トリメチル−1−ブテンからの5−tert−ブチル−1,5−ヘキサジエン−3−オン(5)の調製中の化学的中間体化合物として記載されている。フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物はこの記事において開示されていず、化合物1−(2−プロペンオキシ)−2−tert−ブチル−2−プロペンに関連する何れかの嗅覚特性の存在の証拠も何らの示唆も全くない。

0004

アリル2−ペンチルアリルエーテルは非特許文献2の記事において挙げられている。これは、有機リチウムによる立体特異的アルキル化二重開環ジヒドロフラン及びジヒドロピランエポキシドを反応させることによる、置換アルケンジオールへの新しい経路に関する。この記事の1449頁において指示されている通り、アリル2−ペンチルアリルエーテルは三置換エポキシドからの置換アルケンジオールの調製中の化学的な中間体化合物として記載されている(スキーム7)。フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物はこの記事において開示されておらず、化合物アリル2−ペンチルアリルエーテルに関連する何れかの嗅覚特性の存在の証拠も何らの示唆も全くない。

0005

匂い物質/化合物は特定の嗅覚的感覚を付与及び/又はアクセント付けでき、特に、グリーン系、フルーティー、洋梨、及び/又はワックス様の嗅覚的感覚をフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物に提供することが、本発明の実施形態の1つ以上の利点である。

先行技術

0006

米国化学会誌(Journal of the American Chemical Society),1991年,第113巻,5817−5824頁
シンセシス(Synthesis),ゲオルク・ティーメ・フェアラーク,シュトゥットガルト,DE,2002年1月10日,1445−1453頁

課題を解決するための手段

0007

本発明は、式(I)の2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシ)プロペンを含む新規のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物を開示し、

0008

0009

式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である。本発明に従う或る実施形態では、R1は最高で5つの炭素原子を有するアルキル基である。本発明に従う或る実施形態では、式(I)の2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシ)プロペンは、R1としてのメチル基及びR2としての水素を有する式(I)の化合物を包含しない。本発明に従う或る実施形態では、式(I)の2−及び/又は3−置換3−(アリルオキシ)プロペンは少なくとも8つの炭素原子を含む。本発明に従う或る実施形態では、R1は少なくとも2つの炭素原子を有するアルキル基である。疑義を避けるために、ラジカルR1及びR2は分離したラジカルである。即ち、それらは一緒になって環を形成しない。別の実施形態では、本発明の化合物はキラルであり得る。例えば、それらは、立体異性体混合物として、より具体的にはエナンチオマーの混合物として用いられ得る;R異性体、S異性体、ラセミ混合物、並びに/又はR及びS異性体の非ラセミ混合物も有利に用いられる。

0010

本発明に従う化合物を特徴付ける用語「匂い物質」は、ヒトにおいて、それが好ましくは快い匂い感覚を誘起することを意味する;従って、それは、工業及びサニタリー用品洗剤清浄剤パーソナル衛生製品化粧品、及び同類香り付けするために従来用いられる。本発明及び添付の請求項の目的のためには、用語「匂い物質」は「アロマ物質」を包含する。アロマ物質は、匂い及び/又はフレーバーを食料品に提供する物質を呼称するために通常用いられる用語である。

0011

式(I)の化合物は、単独で、それらの混合物として、又はベース材料との組み合わせで用いられる。

0012

本明細書において用いられる「ベース材料」は、全ての公知のフレグランス/フレーバー材料を包含し、広大な範囲の天然生成物、例えば:精油エキスレジノイド、又はアイソレート、並びに現行入手可能な合成材料、例えば:炭化水素アルコールアルデヒド、及びケトン、エーテル、及びアセタールエステル、及びラクトンニトリルオキシム、又は複素環、並びに/或いはフレグランス及び/又はフレーバー組成物に匂い物質と共に従来用いられる1つ以上の成分又は賦形剤アジュバント、例えば:当分野において普通に用いられる溶媒希釈剤安定化剤担体材料、及び他の補助剤との混合物から選択される。

0013

式(I)に従う化合物は、幅広い範囲のフレグランス適用に、例えば高級及び機能性香料類の何れかの分野、例えば香料、エアケア製品家庭製品ランドリー製品ボディーケア製品、及び化粧品に用いられ得る。具体的な適用並びに他の匂い物質成分の性質及び数量に依存して、化合物は広く様々な量で使用され得る。

0014

本発明の好ましい実施形態に従うと、本発明に従うフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物は、先に記載されている式(I)に従う少なくとも1つの化合物を、0.0001及び95wt%の間、例えば0.001及び25wt%の間、好ましくは0.01及び15wt%の間、より有利には0.1及び10wt%の間、特に1及び5wt%の間の数量で、各ケースにおいて組成物全体に対して相対的に含有する。

0015

本発明の特に好ましい実施形態に従うと、本発明に従う式(I)の化合物に加えて、本発明に従うフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物は、追加の匂い物質を、例えば0.1から99.9wt%、好ましくは5〜90wt%、特に15〜70wt%の数量で、フレグランス及び/又はフレーバー組成物全体に対して相対的に含有する。

0016

本明細書において上記されている式(I)の化合物は、少なくとも1つの式(I)の化合物、又は前記式(I)の化合物を含むフレグランス組成物を、単純に直接的に消費者製品ベースと混合することによって、消費者製品ベースに使用され得る;或いは、それらは、先のステップにおいて、捕捉材料、例えば、ポリマーカプセルマイクロカプセル、及び/又はナノカプセルリポソームフィルム形成剤吸収材、例えば活性炭若しくはゼオライト環式オリゴ糖、並びにそれらの2つ以上の混合物によって捕捉され得る。又は、それらは基材化学結合させられ、これらは光、高温酵素、空気、水、又は同類等の外的刺激の適用によってフレグランス分子を放出するように適合され、それから消費者製品ベースと混合される。

0017

そのために、本発明は、フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物を製造する既存の方法に有用であり得る。従来の技術及び方法を用いて、化合物を直接的に消費者製品ベースに混合することによって、又は前記式(I)の化合物を含むフレグランス、フレーバー、及び/若しくは脱臭/マスキング組成物を混合し、これがそれから消費者製品ベースと混合されることによって、何れかで、フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング(making)成分としての式(I)の化合物の組み込みを含む。嗅覚が許容可能な量の、本明細書において上記されている本発明の少なくとも1つの式(I)の化合物の追加によって、消費者製品ベースの匂いの感覚が改善、強化、及び/又は変調される。

0018

本発明は、式(I)の化合物を含むフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物を提供し、

0019

0020

式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である;或る実施形態では、R2が水素であるときには、R1はtert−ブチルではあり得ない;或る実施形態では、R2が水素であるときには、R1はペンチルではあり得ない。

0021

本発明に従う或る実施形態では、フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物は式(I)の化合物を含み、これは、2−((アリルオキシ)メチルヘキサ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)−3−メチルブタ−1−エン、2−(アリルオキシ)−4−メチル−3−メチレンペンタン、4−(アリルオキシ)−2−メチル−3−メチレンヘキサン、2−((アリルオキシ)メチル)ヘプタ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)オクタ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)ウンデカ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)−3,7−ジメチルオクタ−1,6−ジエン、及び/又は前記式(I)の化合物の2つ以上の混合物から選択される。

0022

或る実施形態では、本発明は、フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物に有用な新規の式(I)の化合物をも請求し、

0023

0024

式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基であり、
但し、
R2が水素であるときには、R1はtert−ブチルではあり得ず、
R2が水素であるときには、R1はペンチルではあり得ない。

0025

或る実施形態では、フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物に有用な式(I)の化合物は、2−((アリルオキシ)メチル)ヘキサ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)−3−メチルブタ−1−エン、2−(アリルオキシ)−4−メチル−3−メチレンペンタン、4−(アリルオキシ)−2−メチル−3−メチレンヘキサン、2−((アリルオキシ)メチル)オクタ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)ウンデカ−1−エン、2−((アリルオキシ)メチル)−3,7−ジメチルオクタ−1,6−ジエン、及び/又は前記化合物の2つ以上の混合物から選択される。

0026

出願人は、嗅覚的な観点から、式(I)の化合物がはっきりとグリーン系、フルーティー、洋梨、及び/又はワックス様のプロファイルを有し、これが、直接的に例えば洋梨、カリンキーウィ、及び/又はパイナップル等のフルーティー組成物への使用に適するということをも発見した。実際に、式(I)の化合物は天然果物全体を連想させるよりワックス様の特徴を見せる。それはより汎用的でもあり、関連する果物(カリン/林檎)及び関連しない果物(キーウィ/パイナップル)への容易に認識可能な適用を有する。更にその上、例えばペアーエステルのような他の匂い物質と比較して、式(I)の化合物は、それを非常に貴重にする追加の特性、即ち種々の適用媒体、特に塩基性媒体中におけるそれらのより多大な安定性と併せて、より多大な深さ及び存在感を有する。例えば、R1が4つの炭素原子を有するアルキル基として選択されるときに、出願人は、拡散性、グリーン系、フルーティー、及び洋梨調の嗅覚感覚が大きく得られるということを発見した。

0027

式(I)の化合物は、有利には、対応する式(II)の2−及び/又は1−置換アリルアルコールから調製でき、

0028

0029

[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である。]
ウィリアムソンエーテル合成ステップを用いることにより、例えば、水素化ナトリウム及び/又は水酸化ナトリウム及び/又は水酸化カリウム等の塩基の存在下において、式(II)のアルコールを臭化アリル及び/又は塩化アリルと反応させることによる。それから、もたらされるエーテルは好ましくは蒸留によって精製される。

0030

前記式(II)のアルコール化合物では、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である;R1及びR2の両方は直鎖及び/又は分枝アルキルであり得る。

0031

本発明に従う或る実施形態では、式(II)に定義されているアルコールは、式(III)の2−置換アクロレインから有利に合成され、

0032

0033

[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかである。]
例えば水素化硼素ナトリウム若しくは水素化アルミニウムリチウムによる還元によるか、又は有機金属試薬、例えば適当なハロゲン化アルキルマグネシウムR2MgX、例えばMeMgClの求核付加によるか何れかである。

0034

本発明に従う或る実施形態では、式(III)のアクロレインが、ホルムアルデヒド(又はホルムアルデヒド源)との式(IV)のアルデヒドの反応によって有利に合成され、

0035

0036

[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基(直鎖及び/若しくは分枝アルキル)又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかである。]、例えば、ホルムアルデヒド(例えば、37%ホルムアルデヒド水溶液)又はホルムアルデヒド源(例えば、パラホルムアルデヒド)並びに硼酸及び第2級アミンの組み合わせ、例えば硼酸及びジエタノールアミン等の第2級アミンの組み合わせを用いることによる;本発明の或る実施形態では、4−メトキシ安息香酸及びジ−n−ブチルアミンの酸・塩基の組み合わせも、ホルムアルデヒドとのアルデヒドの反応に用いられ得る。上記で定義されている通り、ホルムアルデヒドとのアルデヒドの上記の反応は式(III)の2−置換アクロレインの形成をもたらす。

0037

本発明に従う或る実施形態では、式(I)の化合物は3つの次の逐次的なステップによって有利に調製され得る:
式(IV)のアルデヒドを、

0038

0039

[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかである。]
ホルムアルデヒドとの反応に付して、式(III)の2−置換アクロレインを形成すること、

0040

0041

[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかである。]

0042

先のステップの式(III)の2−置換アクロレインを有機金属試薬反応ステップの還元又は求核付加に付して、式(II)の1−置換アリルアルコールを形成すること、

0043

0044

[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である。]
及び、

0045

先のステップの式(II)の1−置換アリルアルコールをウィリアムソンエーテル合成ステップに付して、式(I)の化合物を形成すること。

0046

0047

[式中、R1は最高で9つの炭素原子を有するアルキル基又は最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基の何れかであり、R2は水素、又は最高で5つの炭素原子を有するアルキル若しくはアルケニル基である。]

0048

本発明に従う式(I)の化合物の合成の例示的なスキームが下に描かれている。

0049

0050

式中、アルファ位に2つの水素を有するアルデヒドは、ホルムアルデヒド(パラホルムアルデヒド又はホルマリンの形態)との反応によってアクロレインに変換される;アクロレインは、水素化硼素ナトリウムによって対応するアリルアルコールへと還元される;アリルアルコールは、例えば塩化アリルを用いるウィリアムソン合成に付されて、ビスアリルエーテルを形成する。

0051

本発明の或る実施形態では、アルドール縮合、特にホルムアルデヒドとのアルデヒドの反応(第1の調製ステップ)は、硼酸及び第2級アミン、好ましくはジエタノールアミンに基づく触媒の存在下で行われる。この具体的な調製ステップを開発することによって、例えば強臭のアミン、例えばジエチルアミンジブチルアミンピペリジン、若しくはピロリジン、又は不快臭の酸、例えば脂肪酸を用いるアルドール縮合の他の触媒系と比較したときの触媒の低い匂いのインパクトと、例えばジブチル(dibuthyl)アミン/ヘキサン酸又はピペリジン/ステアリン酸のような類似の触媒系と比較するときの低い触媒使用量とによって、出願人は総体的な調製プロセスを有意に改善した。前記触媒系のコンポーネントの入手可能性、低コスト、及び類似のpKaを有する他の酸と比較して硼酸の相対的に低い分子質量の組み合わせは、特に有利である。何故なら、それは、前記触媒系を用いるメチレン化プロセスの経済的側面に積極的に影響するからである。

0052

本発明の或る実施形態では、式(IV)−(a)のアルデヒドを、

0053

0054

[式中、R1は、最高で9つの炭素原子を有するアルキル基、最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基、最高で9つの炭素原子を有するアルキニル基フェニル基、最高で9つの炭素原子を有する置換アリール基、最高で9つの炭素原子を有するオキソアルキル基、最高で9つの炭素原子を含有するアルコキシアリール基、又は最高で9つの炭素原子を有する(置換)ベンジル基である。]
ホルムアルデヒド又はホルムアルデヒド源と反応させて、式(III)−(a)の2−置換アクロレインを形成するための方法も提供される。

0055

0056

[式中、R1は、最高で9つの炭素原子を有するアルキル基、最高で9つの炭素原子を有するアルケニル基、最高で9つの炭素原子を有するアルキニル基、フェニル基、最高で9つの炭素原子を有する置換アリール基、最高で9つの炭素原子を有するオキソアルキル基、最高で9つの炭素原子を含有するアルコキシアリール基、又は最高で9つの炭素原子を有する(置換)ベンジル基である。]

0057

本発明の或る実施形態では、式(IV)−(a)のアルデヒドのアルキル、アルケニルアルキニル、及びオキソアルキル基は、線状、分枝、又は環式であり得る。本発明に従う或る実施形態では、式(IV)−(a)のアルデヒドのR1は、エチル、n−プロピル、i−プロピル、n−ブチル、s−ブチル、t−ブチル、i−ブチル、1−ペンチル、2−ペンチル、3−ペンチル、1−ヘキシル、2−ヘキシル、3−ヘキシル、1−ヘプチル、2−ヘプチル、3−ヘプチル、4−ヘプチル、1−オクチル、2−オクチル、3−オクチル、4−オクチル、1−ノニル、2−ノニル、3−ノニル、4−ノニル、5−ノニル、シクロプロピルシクロブチルシクロペンチルシクロヘキシル、1−(シクロヘキシルメチル)、(メトキシ)メチル、(エトキシ)メチル、ビニル、1−プロペニル、1−イソブテニル、3−ブテニル、5−(2−メチルペンタ−2−エン)イル、4−ペンテン−2−エニル、4−ペンタ−1−エニル、4−(4−メチルペンタ−1−エン)イル、5−(2,5−ジメチルヘキサ−2−エン)イル、2,2,3−トリメチルシクロペンタ−3−エン−1−イル、ベンジルフェニル、又は4−メトキシフェニルであり得る。

0058

本発明の或る実施形態では、式(III)−(a)の2−置換アクロレインのアルキル、アルケニル、アルキニル、及びオキソアルキル基は、線状、分枝、又は環式であり得る。本発明に従う或る実施形態では、式(III)−(a)の2−置換アクロレインのR1は、エチル、n−プロピル、i−プロピル、n−ブチル、s−ブチル、t−ブチル、i−ブチル、1−ペンチル、2−ペンチル、3−ペンチル、1−ヘキシル、2−ヘキシル、3−ヘキシル、1−ヘプチル、2−ヘプチル、3−ヘプチル、4−ヘプチル、1−オクチル、2−オクチル、3−オクチル、4−オクチル、1−ノニル、2−ノニル、3−ノニル、4−ノニル、5−ノニル、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、1−(シクロヘキシルメチル)、(メトキシ)メチル、(エトキシ)メチル、ビニル、1−プロペニル、1−イソブテニル、3−ブテニル、5−(2−メチルペンタ−2−エン)イル、4−ペンテン−2−エニル、4−ペンタ−1−エニル、4−(4−メチルペンタ−1−エン)イル、5−(2,5−ジメチルヘキサ−2−エン)イル、2,2,3−トリメチルシクロペンタ−3−エン−1−イル、ベンジル、フェニル、又は4−メトキシフェニルである。

0059

方法は、この反応(ステップI)が硼酸及び第2級アミン(例えばジブチルアミン、好ましくはジエタノールアミン)の存在下で行われることによって特徴付けられる。

0060

本発明に従う或る実施形態では、式(III)−(a)のアクロレイン(例えば、式(III)の物)の合成、つまりホルムアルデヒドとのアルデヒドの反応(ステップI)は、式(IV)−(a)のアルデヒド(例えば、式(IV)の物)をホルムアルデヒド(又は代替的なホルムアルデヒド源、例えばパラホルムアルデヒド)水溶液ジアルキルアミン並びに硼酸の存在下において反応させることによって有利に行われ、このとき、式(IV)−(a)の中間体アルデヒドに対するジアルキルアミンのモル比は0.01及び99.9の間、例えば0.02及び0.2の間であり;並びに/又は、式(IV)−(a)の中間体アルデヒドに対する硼酸のモル比は0.01及び99.9の間、例えば0.02及び0.2の間である。

0061

本発明に従う或る実施形態では、式(III)−(a)のアクロレインの合成(ステップI)は好ましくは追加の溶媒の追加なしに行われる。しかしながら、何れかの好適な極性又は非極性プロトン性又は非プロトン性の溶媒が用いられ得る。

0062

本発明に従う或る実施形態では、式(III)−(a)のアクロレインの合成は、20及び95℃の間で、より好ましくは60及び80℃の間で行われる。

0063

本発明の或る実施形態では、請求されるフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物は香料類組成物に有利に用いられる。一般的には、本発明に従う香料類組成物は香料、コロンオードトワレ、及び/又はオードパファムを包含する。本発明の或る実施形態では、請求されるフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物は、化粧品調合物パーソナルケア製品消毒製品、繊維柔軟剤、及び/又はエアフレッシュナー、及び同類に有利に用いられる。更にその上、本明細書に記載される新規のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物(単数若しくは複数)並びに/或いは式(I)の新規の化合物(単数若しくは複数)は建築材料、壁及び床装材乗り物コンポーネント、並びに同類に集約され得ることは、本発明の実施形態の範囲内である。

0064

一般的には、本明細書に記載される新規の匂い物質並びに/或いはフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物に加えて、好適なフレグランス、フレーバー、又は脱臭組成物は、例えば溶媒、担体、安定化剤、乳化剤保湿剤分散剤、希釈剤、増粘剤、減粘剤、他の匂い物質、及び/又はアジュバント、並びに同類等の従来の成分を有利に包含し得る。

0065

式(I)の化合物は数々の公知の天然又は合成のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング材料と組み合わさる。それによると、天然成分の範囲は直ちに揮発性のみならず半揮発性及び僅かに揮発性のコンポーネントをも包括でき、合成成分の範囲は多くのクラスの物質からの代表物を包括し得る。例えば、ステフェン・アークタンダー(Steffen Arctander)著,香料及びフレーバーケミカル(Perfume and Flavor Chemicals),第1&2巻,モントクレア,N.J.,1969年;ステフェン・アークタンダー(Steffen Arctander)著,天然起源の香料及びフレーバー材料(Perfume and Flavor Materials of Natural Origin),エリザベス,N.J.,1960年、又はホルスト・サーバーグ(Horst Surburg),ヨハネス・パンテン(Johannes Panten)著,普通のフレグランス及びフレーバー材料(Common Fragrance and Flavor Materials),ワイリVCH,ヴァインハイム,2016年に記載されており、次の限定しない物質から明白である:

0066

天然生成物、例えば:
アジョワン油アミリス油、アルモワーズ油、アルテミシア油、バジル油ビーズワックスアブソリュートベルガモット油、バーチタール油ブラックペッパー油、ブラックペッパーオレオレジン樟脳油カナンガ油キャラウェイ油、カルダモン油、ニンジン種子油カストリウムアブソリュート、シダリーフ油、シダーウッド油、セロリ種子油カモミール油シナモンバーク油、シナモンリーフ油シスタスアブソリュート、シスタス油、シトロネラ油シトロネラテルペンクラリセージ油精留クローブ油、ホワイトコニャック油コリアンダー種子油、クミン種子油、サイプレス油、ダバナ油、ディル種子油、エレミ油、エレミレジノイド、ユーカリ油ファーニードル油、ガルバナム油、ゼラニウム油インディアンジンジャーオイルグレープフルーツ油ガイアックウッド油、グルユンバルサムジャスミンアブソリュート、ジャタマンシ油、ジュニパーベリー油、ジュニパーリーフ油、カチュール油、ラブダナムアブソリュート、ラブダナムレノイド、ラベンダー油レモン油、レモン油テルペン、レモングラス油ライム油、リツエアクベバ油、リツエアクベバテルペン、チョーヤロバン(Lobhan choya)レジノイド、マンダリン油ヨウシュハッカ(Mentha arvenis)油、ベルガモットミント油、ミモザアブソリュート、ミルラレジノイド、ナガルモタ油、ナツメグ油オークモスアブソリュート、オークモスレジノイド、オリバナム油オリバナムレジノイド、オレンジ油オリガナム油、パルマローザ油パチュリ油ペパーミント油ペルーバルサムレジノイド、プチグレン油パイニードル油、ピンクペッパー油、ローズアブソリュート、ローズ油ローズマリー油サンダルウッド油、シーウィドアソリュート、スペアミント油、スガンコキラ油、スガンダマトリ油、タジェット油、トルーバルサムレジノイド、チューベローズアブソリュート、ターメリック油、テレビン油バレリアン油、ベチバー油ベチバーテルペン。

0067

合成原材料、例えば:
エステル、例えば:アルデヒドC16、アミルグリコール酸アリル、カプロン酸アリル、シクロヘキシルプロピオン酸アリル、ヘプタン酸アリルフェノキシ酢酸アリル、酢酸イソアミル安息香酸アミル、酪酸アミル、カプロン酸アミル、桂皮酸アミル、イソ吉草酸アミル、フェニル酢酸アミル、プロピオン酸アミルサリチル酸イソアミル、アミリスアセテート酢酸アニシル酢酸ベンジル安息香酸ベンジル酪酸ベンジル、桂皮酸ベンジル蟻酸ベンジルイソ酪酸ベンジル、ベンジルイソオイゲノールプロピオン酸ベンジルサリチル酸ベンジルチグリン酸ベンジル、酢酸ブチル酪酸ブチルブチリル乳酸ブチル酢酸カリオフィレン、酢酸セドリル酢酸シンナミル、酪酸シンナミル、酢酸シス−3−ヘキセニル、安息香酸シス−3−ヘキセニル、カプロン酸シス−3−ヘキセニル、蟻酸シス−3−ヘキセニル、イソ酪酸シス−3−ヘキセニル、酪酸シス−3−ヘキセニル−2−メチル、プロピオン酸シス−3−ヘキセニル、サリチル酸シス−3−ヘキセニル、チグリン酸シス−3−ヘキセニル、酢酸シトロネリル、酪酸シトロネリル、蟻酸シトロネリル、イソ酪酸シトロネリル、プロピオン酸シトロネリル、チグリン酸シトロネリル、シクラブテ(Cyclabute)、シクロガルバネート、酢酸シクロヘキシルエチル、酢酸デシルフタル酸ジブチルマロン酸ジエチルフタル酸ジエチル、酢酸ジヒドロミルセニル、オクタニル酢酸ジメチル、酢酸ジメチルフェニルエチルカルビニル、アジピン酸ジオクチルフタル酸ジオクチル、酢酸ジメチルベンジルカルビニル、酪酸ジメチルベンジルカルビニル、酢酸エチルリナリル、2−メチル酪酸エチル3−フェニルプロピオン酸エチル、酢酸エチル、アセト酢酸エチル安息香酸エチル酪酸エチルカプリン酸エチルカプロン酸エチルカプリル酸エチル桂皮酸エチルヘプタン酸エチル、酢酸エチルヘキシル、イソ酪酸エチル、ラウリン酸エチル、ペラルゴン酸エチル、フェノキシ酢酸エチル、フェニル酢酸エチル、フェニルグリシド酸エチルプロピオン酸エチルサフラン酸エチルサリチル酸エチル吉草酸エチル、酢酸オイゲニル、エバニール(Evernyl)、酢酸フェンキルフロラマト(Floramat)、フレスコラト−ML(Frescolat-ML)、フラクトン、フルイテート、酢酸ゲラニル、酪酸ゲラニル、蟻酸ゲラニル、プロピオン酸ゲラニル、チグリン酸ゲラニルギブスコーン(Givescone)、酢酸グアイオール、エディオネート(Hedionate)、エディオン(Hedione)、ヘルベトライド(Helvetolide)、エルバネート(Herbanate)、酢酸ヘキシル、安息香酸ヘキシル、酪酸n−ヘキシル、カプロン酸ヘキシル、イソ酪酸ヘキシル、プロピオン酸ヘキシル、サリチル酸ヘキシル酢酸イソボルニル酢酸イソブチル、フェニル酢酸イソブチル、サリチル酸イソブチル、酢酸イソオイゲニル、酢酸イソノニル、イソペンチレート、2−メチル酪酸イソプロピルミリスチン酸イソプロピルジャスモニル(Jasmonyl)、リッファローム(Liffarome)、酢酸リナリル、マハゴネート(Mahagonate)、マンザネート(Manzanate)、酢酸メンタニル、酢酸メンチル安息香酸メチル、酢酸2−メチルブチル、メチルカモミール桂皮酸メチル、シクロゲラン酸メチル、炭酸メチルヘプチン、ラウリン酸メチル、炭酸メチルオクチンフェニル酢酸メチルサリチル酸メチル、2−メチル酪酸メチル、ネオフォリオン(Neofolione)、酢酸ノピル、酢酸オクテニル、酢酸オクチル、イソ酪酸オクチル、酢酸パラクレシル、イソ酪酸パラクレシル、フェニル酢酸パラクレシル、ペアーエステル、ペラナット、イソ酪酸フェノキシエチル酢酸フェニルエチル、酪酸フェニルエチル、蟻酸フェニルエチル、イソ酪酸フェニルエチル、フェニル酢酸フェニルエチル、プロピオン酸フェニルエチル、サリチル酸フェニルエチル、チグリン酸フェニルエチル、イソ酪酸フェニルプロピル、酢酸プレニル、ロマンドライド(Romandolide)、セージシーテ(Sagecete)、酢酸スチラリル、プロピオン酸スチラリル、タンジェリノール(Tangerinol)、酢酸テルピニル、テサロン(Thesaron)、酢酸トランス−2−ヘキセニル、トロピケーテ(Tropicate)、ベルドクス(Verdox)、ベルジルアセテート、ベルジルプロピオネート、ベルテネックス(Vertenex)、ベチコールアセテート、酢酸ベチベリル、ヤスモリス(Yasmolys)。

0068

ラクトン、例えば:アンブレットリド、アロワ−N(Arova-N)、セルリアックス(Celeriax)、デルタデカラクトンガンマデカラクトン、デルタドデカラクトン、ガンマドデカラクトン、エチレンブラシレート、エグザルトリド、ガンマヘプタラクトン、デルタヘキサラクトン、ガンマヘキサラクトン、メチル−ライトーン(Methyl-Laitone)、メチルオクタラクトン、デルタノナラクトン、ガンマノナラクトン、オクタヒドロクマリン、デルタオクタラクトン、ガンマオクタラクトン、ルーティーローン(Rootylone)、シルバノン−スプラ(Silvanone-Supra)、デルタウンデカラクトンガンマウンデカラクトン、ガンマバレロラクトン、10−オキサヘキサデカノリド(OHDムスク)、クマリン、ハバノライド(Habanolide)、ジャスモラクトン

0069

アルデヒド、例えば:アセトアルデヒドアドサル(Adoxal)、アルデヒドC10、アルデヒドC11iso、アルデヒドC11moa、ウンデシレンアルデヒドC11、ウンデシルアルデヒドC11、ラウリルアルデヒドC12、アルデヒドC12MNA、アニスアルデヒド、アミルシンナムアルデヒドベンズアルデヒド、ボージュナール(Bourgeonal)、カンフォレンアルデヒド、カントナール(Cantonal)、セトナール(Cetonal)、シンナムアルデヒド、シス−4−デセナール、シス−6−ノネナールシトラールシトロネラール、シトロネリルオキシアセトアルデヒド、コカール(Cocal)、クミンアルデヒド、カーギックス(Curgix)、シクラールC、シクラメンアルデヒド、シクロミラル(Cyclomyral)、シクロベルタール、デセナール9、デュピカル(Dupical)、エンペタル(Empetal)、エチルバニリンフローラルオゾン(Floralozone)、フロヒドラール、ジェラルドヒド(Geraldehyde)、ヘリオナール、ヘリオトロピンヘプタナールヘキサナール、ヘキシルシンナムアルデヒド、ハイバーナルネオ(Hivernal Neo)、ヒドラトロプアルデヒド、ヒドロキシシトロネラールイントレベンアルデヒド、イソブタヴァン(Isobutavan)、イソシクロシトラール、イソバレルアルデヒド、リリアール、リモネナール(Limonenal)、マシール(Maceal)、メフラナール(Mefranal)、メロナール、メチルシンナムアルデヒド、トランス−2シス−6ノナジエナールノナナールオクタナール、オンシダール、パラトリルアルデヒド、フェニルアセトアルデヒドフェニルプロピルアルデヒドプレシクレモーネ−B(Precyclemone-B)、サフラナールサリチルアルデヒドセンテナール(Scentenal)、シリンガアルデヒド、トランス−4−デセナール、トランス−2−ドデセナール、トランス−2−ヘキセナール、トランス−2−ノネナール、トリファーナル(Trifernal)、バニリンベラトルムアルデヒド、バーナルデヒド(Vernaldehyde)。

0070

ケトン、例えば:アセトアニソールアセトインアセトフェノン、アルドロン(Aldron)、アリルイオノンベンゾフェノンベンジルアセトン、カロン、樟脳、d−カルボン、l−カルボン、カシュメラン、セドリルメチルケトン、セピオネート、クラリトン(Claritone)、コスモーネ(Cosmone)、クリソライド(Crysolide)、シクロテン、ダマセノンダマスコンアルファ、ダマスコンベータ、ダマスコンデルタ、ダマスコンガンマ、ジアセチル、ジヒドロベータイオノン、ジヒドロイソジャスモネートジメチルオクテノンダイナスコーン(Dynascone)、エチルアミルケトンエチルマルトールフェンコンフィルベルトンゲラニルアセトングロバノン、ヘプチルシクロペンタノン、アルファイオノン、ベータイオノン、ピュアイオノン、アイリスウッド、アルファイロン、イソEスーパー、イソフェンチョン(Isofenchone)、イソジャスモンT、イソフェン−K(Isolone-K)、イソメントンイソホロン、シス−ジャスモン、カンバーノワール(Kambernoir)、ケファリス(Kephalis)、コアボン(Koavone)、ラベンディナール(Lavendinal)、マルトールメントンメチルアセトフェノンメチルアミルケトンメチルヘプテノンメチルヘキシルケトン、ガンマメチルイオノン、メチルナフチルケトンベータ、メチルノニルケトンムセノン(Muscenone)、ムスコン、ネクタリル(Nectaryl)、オリノクス(Orinox)、OTBCケトン、パラtertブチルシクロヘキサノン、パッチウッド(Patchwood)、ファントリド、ファラオン(Pharaone)、ピペリトン、プリカトン(Plicatone)、ラズベリーケトン、ラズベリーケトンメチルエーテル、サファラレイン(Safraleine)、ピュアスピロガルバノントナリド(Safraleine)、トリモフィクス−O(Trimofix-O)、ベルートン(Veloutone)、ベティコン(Vetikon)。

0071

アルコール、例えば:オキソアルコールC13、アンバーコア、アンバーマックス(Ambermax)、アンブリノール、アミルビニルカルビノールアニシックアルコール、バクダノール、ベンジルアルコールブタノールセドロール結晶桂皮アルコールシトロネロールコラノール、デカノールジメチルベンジルカルビノール、ジメチルオクタノール、ジメチルフェニルエチルカルビノール、ジメトール、フェンコール、ヘキサノールイソボルネオールイソボルニルシクロヘキサノールジャバノール(Javanol)、ケフロロール、コヒノール(Kohinool)、ラウリルアルコール、リリィフロール(Lilyflore)、リナロールオキシド、マヨールメントールノルリンバノール(Norlimbanol)、オクタノールオシロール、パラtertブチルシクロヘキサノール、フェノキサノール、フェノキシエタノールフェニルエチルアルコールフェニルプロピルアルコールプロピレングリコール、ローザフェン(Rosaphen)、ローズグリコールスチラリルアルコールトリシクロデカンジメタノールテトラヒドロリナロール、テトラヒドロミルセノール、ティバロール(Timberol)、ウンデカベルトール、シス−3−ヘキセノール、レボシトロネロール、シクロフロラノール、ジヒドロリナロール、ジヒドロミルセノール、ジミルセトール(Dimyrcetol)、エバノール(Ebanol)、ゲラニオールイソプレゴール、リナロール、ネロールネロリドール、トランス−2シス−6ノナジエノールポリサントール、ローザルバ(Rosalva)、サンダルマイソールコア、サンダロアテルピネン−4−オール、テルピネオール、トランス−2−ヘキセノール。

0073

エーテル、例えば:アンブロキサンアネトールアンサー(Anther)、ベンジルイソアミルエーテル、ベンジルイソプロピルエーテル、イソ吉草酸ベンジル、ボワイリス(Boisiris)、セドランバー(Cedramber)、セタロクス(Cetalox)、デシルメチルエーテル、ジベンジルエーテル、ジヒドロローズオキシドジフェニルオキシド、ドレモクス(Doremox)、エストラゴール、エチルリナロール、ユーカリプトールガラクソリド、ジランGyrane)、ハーバベール(Herbavert)、ライムオキシド、マドロクス(Madrox)、メチルイソオイゲノール、ナフチルイソブチルエーテルベータ、ネロールオキシド、ネロリンブロメリア、パラクレシルブチルエーテルパラクレシルメチルエーテル、ペティオール(Petiole)、フェニルエチルメチルエーテル、ルバーフラン(Rhubafuran)、ローズオキシド、ロジラン(Rosyrane)、トリサンバー(Trisamber)、ベチルボイス−K(Vetylbois-K)、ヤラヤラ。

0074

アセタール、例えば:アセタールCD、アセタールR、アンバーケタル(Amberketal)、ボイサンブレンフォルテ、シトラサル(Citrathal)、1,1−ジエトキシエタン、エメラダイン(Emeraldine)、フレッシュオパール(Freshopal)、ハーブオキサン(Herboxane)、インドフロア(Indoflor)、ジャシンタフロア(Jacinthaflor)、マグノラン、スピランブレン(Spirambrene)、ビリジン(Viridine)、エリンタアル(Elintaal)、グリコエラール(Glycolierral)、カラナル(Karanal)、メチルパンプレムス(Methyl-Pamplemousse)。

0075

炭化水素、例えば:ビサボレン、カンフェン、デルタ3カレン、カリオフィレン、セドレン、パラシメンジペンテンジフェニルメタンイソロンギホレン、d−リモネンロンギホレンミルセンナフタレンオシメン、アルファ−ピネン、ベータ−ピネン、スチレン、ガンマ−テルピネン、テルピノレン、1,3,5−ウンデカトリエン、ベルドラシン(Verdoracine)。

0076

硫黄化合物、例えば:コール−カシス(Corps-cassis)、ジブチルスルフィドジメチルスルフィドエクソベート(Exovert)、グレーフルーツチオール、オキサン、スグリメルカプタンスルフロールチオシネオール

0077

ニトリル、例えば:シンナミルニトリル、シトロネリルニトリル、シトロニトリル、クロナール、クミンニトリル、ヘキシルシクロペンタノン、アイリスニトリル、レモニール(Lemonile)、ペオニール(Peonile)、トリデシルニトリル、アグルメンニトリル(Agrumen nitrile)、n−デシルニトリル。

0078

オキシム、例えば:ブッコシム(Buccoxime)、ラビエノキシム(Labienoxime)、ステモン(Stemone)。

0079

窒素複素環、例えば:2−アセチルピラジン、2−アセチルピリジン、sec−ブチルキノリン、コール−ラシーヌ(Corps-Racine)、2−エチル−3,5(又は6)−ジメチルピラジンフルフリルピロールインドール、イソブチルキノリン、2−イソブチル−3(又は6)−メトキシピラジン、イソプロピルキノリン、マリティマ(Maritima)、p−メチルキノリンスカトール、2,3,5−トリメチルピラジン。

0080

ニトロ化合物、例えば:ムスクケトン。

0081

シッフ塩基、例えば:オーランチオール、エリアンスラル(Helianthral)、リガントラール(Ligantraal)、ベルダンチオール(Verdantiol)。

0082

他の材料、例えば:アセトアニリド、ガルダミド(Gardamide)、パラダイスアミド(Paradisamide)、アントラニル酸ジメチル、アントラニル酸メチル、n−酪酸、カプリン酸、カプロン酸、カプリル酸、フェニル酢酸、カリオフィレンオキシド、セドロキシド(Cedroxyde)、トボカロール(Tobacarol)。

0083

従って、式(I)の化合物は、組成物、並びに前述の編集物から明白である通り、広い範囲の公知の匂い物質/フレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング材料の生産に用いられ得る。このような組成物の生産では、先に言及された公知のフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング材料が、香料業者に公知である方法に従って、例えば、例えばW.A.パウチャー(Poucher)著,香料、化粧品、及び石鹸(Perfumes, Cosmetics and Soaps)第2巻,第7版,チャップマン・アンドホールロンドン,1974年に従って用いられる。

0084

本発明の或る実施形態では、請求されるフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物は、アリルエーテルに加えて、少なくとも1つのエステル及び/又は1つのアルコール、好ましくは少なくともエステル及びアルコールの混合物を含む;前記エステル及び/又はアルコールは、好ましくは、本明細書において上記で定義されているリストから選択される。本発明の或る実施形態では、請求される匂い物質組成物は、25wt%超、好ましくは50wt%超、例えば75wt%超、又は更には90wt%超であるエステル(単数若しくは複数)及び/又はアルコール(単数若しくは複数)と併せた式(I)の化合物(単数又は複数)の合計含量によって特徴付けられる。

0085

本発明の別の実施形態では、請求されるフレグランス、フレーバー、及び/又は脱臭/マスキング組成物は、アリルエーテルに加えて、一般式(II)のそれらのそれぞれの親アルコールを含む。本発明の或る実施形態では、請求される匂い物質組成物は、5wt%超、例えば25wt%超、好ましくは50wt%超、例えば75wt%超、又は更には90wt%超である式(II)のそれらのそれぞれの親アルコールと併せた一般式(I)のアリルエーテルの合計含量によって特徴付けられる。

0086

本開示は次の例によって更に例示される。これらは決して更に限定していると解釈されるべきではない。当業者は、記載されている具体的な方法及び結果が単に例示的であることを直ちに了解するであろう。

0087

本開示の化合物の全ての立体異性体は、混合物で又は純粋な若しくは実質的に純粋な形態で何れかで企図される。本開示の化合物は不斉中心を炭素原子の何れかにあり、結果的に、請求される化合物は、エナンチオマー若しくはジアステレオマー形態で、又はそれらの混合物で存在し得る。調製のためのプロセスは、ラセミ体、(純粋な)エナンチオマー、エナンチオマーの非ラセミ混合物、ジアステレオマー、又はジアステレオマー(diasteremer)の混合物を出発材料として利用し得る。ジアステレオマー又はエナンチオマー生成物が混合物として得られるときには、それらは、従来の方法、例えばクロマトグラフィー分離若しくは分別晶析によって、又はジアステレオマー塩形成によって分離され得る。意図される時には、所望のエナンチオマー又はジアステレオマーは、適当なエナンチオ選択的又はジアステレオ選択的な反応を受け継ぐことによっても得られる。

0088

例1:
2−((アリルオキシ)メチル)ヘキサ−1−エンの合成:

0089

0090

ステップ1:2−メチレンヘキサナールの合成:
ヘキサナール(3.88kg,38.7mol,1eq.)を、撹拌しながら、37%ホルムアルデヒド(3.78kg,46.5mol,1.2eq.)水溶液、ジ−n−ブチルアミン(252g,1.95mol,0.05eq.)、及びp−アニス酸(295g,1.94mol,0.05eq.)の混合物に10〜15℃で2hの時間を掛けて追加した。追加の完了後に、反応混合物を2hに渡って50℃で撹拌した。その後に、反応混合物を25℃に冷却し、有機相を分離し、水(3×2L)によって洗浄し、硫酸ナトリウム(250g)によって乾燥した。生成物をそのまま真空蒸留して(45〜49℃/53mbar)、2−メチレンヘキサナール(3.98kg,91%)を無色の液体として与えた。
1H NMR(400MHz, CDCl3): δ 0.91 (t, J = 7.2 Hz, 3H), 1.30-1.47 (m, 4H), 2.03-2.07 (m, 2H), 4.85-4.86 (m, 1H), 5.00 (m, 1H), 10.05 (s, 1H).
13C NMR (100 MHz, CDCl3): δ 13.6, 22.0, 27.3, 29.9, 133.7, 150.5, 194.5.

0091

ステップ2:2−メチレンヘキサン−1−オールの合成:
水素化硼素ナトリウム(383g,10.1mol,272meq.)を、撹拌しながら、2−メチレンヘキサナール(4.18kg,37.3mol,1eq.)及び水(5.60L)の混合物に10〜15℃で4hの時間を掛けて追加した。それから、反応混合物を3hに渡って25℃で撹拌した。その後に、反応混合物を10%塩化水素水溶液(3L)によって希釈した。有機相を分離し、水(1×3L)、10%炭酸ナトリウム水溶液(1×3L)、及び塩水(1×3L)によって順次に洗浄した。有機相(4.13kg)を真空蒸留して(52〜54℃/4mbar)、2−メチレンヘキサン−1−オール(3.94kg,92%)を無色の液体として与えた。
1H NMR(400MHz, CDCl3): δ 0.91 (t, J = 7.2 Hz, 3H), 1.30-1.47 (m, 4H), 2.03-2.07 (m, 3H), 4.05 (s, 2H), 4.85-4.86 (m, 1H), 5.00 (m, 1H).
13C NMR (100 MHz, CDCl3): δ 13.8, 22.6, 32.8, 35.6, 65.4, 108.6, 149.0.

0092

ステップ3:2−(アリルオキシ)メチル)ヘキサ−1−エンの合成:
粉末水酸化カリウム(1.76kg,31.4mol,1.99eq.)を、2−メチレンヘキサン−1−オール(1.80kg,15.8mol,1eq.)及びテトラ−n−ブチル臭化アンモニウム(255g,791mmol,0.05eq.)の混合物に25℃で2hの時間を掛けて追加した。それから、塩化アリル(3.01kg,39.3mol)を撹拌しながら10〜15℃で6hの時間を掛けて追加した。反応混合物を25℃で16hに渡って撹拌した。その後に、反応混合物をブフナー漏斗によって濾過し、固体をメチルtert−ブチルエーテル(1L)によって洗浄した。濾液を水(2L)、5%塩化水素水溶液(300mL)、5%炭酸ナトリウム水溶液(1L)、及び塩水(2L)によって順次に洗浄した。揮発性成分減圧下で除去した(45℃/133mbar)。残渣(2.46kg)を真空蒸留して(34〜36℃/3mbar)、2−((アリルオキシ)メチル)ヘキサ−1−エン(1.91kg,78%)を無色の液体として与えた。GC純度97.5%。
1H NMR(400MHz, CDCl3): δ 0.91 (t, J = 7.2 Hz, 3H), 1.31-1.47 (m, 4H), 2.03-2.07 (m, 2H), 3.91-3.94 (s, 2H), 3.94-3.96 (m, 2H), 4.89 (s, 1H), 5.00 (s, 1H), 5.15-5.19 (m, 1H), 5.25-5.30 (m, 1H), 5.87-5.97 (m, 1H).
13C NMR (100 MHz, CDCl3): δ 12.6, 21.2, 28.5, 31.5, 69.5, 71.7, 109.8, 115.5, 133.5, 145.0.

0093

例2
2−((アリルオキシ)メチル)−3−メチルブタ−1−エンの合成:

0094

0095

ステップ1:3−メチル−2−メチレンブタナールの合成:
3−メチルブタナール(391g,4.54mol)を、撹拌しながら、37%ホルムアルデヒド(368g,4.54mol)水溶液、ジn−ブチルアミン(30.0g,232mmol)、及びp−アニス酸(35.0g,230mmol)の混合物に追加した。それから、混合物を70℃で1hに渡って撹拌した。その後に、反応混合物を20℃に冷却し、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液を追加した。有機相を分離し、生成物をそのまま蒸留によって精製して(105〜106℃,1bar)、3−メチル−2−メチレンブタナール(53g,13%)を無色の液体として与えた。

0096

ステップ2:3−メチル−2−メチレンブタン−1−オールの合成:
水素化硼素ナトリウム(800mg,21.1mmol)を、分割して、撹拌しながら、ジクロロメタン(3mL)中の3−メチル−2−メチレンブタナール(5.00g,50.9mmol)及びメタノール(6mL)の混合物に0℃で追加した。それから、反応混合物を0℃で15minに渡って撹拌し、次に20℃における2hの撹拌をした。その後に、ガス形成が消えるまで、2M塩化水素水溶液を追加した。それから、塩化ナトリウム(2.40g,40.8mmol)を追加した。混合物を水によって希釈し、メチルtert−ブチルエーテルによって抽出した。有機相を分離し、塩水によって洗浄し、硫酸ナトリウムによって乾燥し、揮発性成分を減圧下で除去した(50℃,400mbar)。残渣をクーゲルロール蒸留によって蒸留して、3−メチル−2−メチレンブタン−1−オール(2.4g,48%)を無色の液体として与えた。

0097

ステップ3:2−((アリルオキシ)メチル)−3−メチルブタ−1−エンの合成:
ミネラルオイル中の水素化ナトリウム60%の懸濁液(3.00g,75.0mmol)を、分割して、テトラヒドロフラン(50mL)中の3−メチル−2−メチレンブタン−1−オール(5.00g,49.9mmol)の溶液に4℃で窒素雰囲気において追加した。それから、臭化アリル(12.1g,100mmol)を4℃で追加した。反応混合物を20℃で3日に渡って撹拌した。それから、イソプロパノール(10mL)、次に水(10mL)を追加した。有機相を分離し、水相をメチルtert−ブチルエーテル(3×)によって抽出した。有機相を組み合わせ、揮発性成分を減圧下で除去した(50℃,6mbar)。残渣(6.00g)をクーゲルロール蒸留によって精製して(110℃,6mbar)、2−((アリルオキシ)メチル)−3−メチルブタ−1−エン(1.40g,20%)を無色の液体として与えた。

0098

例3:
4−(アリルオキシ)−2−メチル−3−メチレンヘキサンの合成:

0099

0100

ステップ1:3−メチル−2−メチレンブタナールの合成:
3−メチルブタナール(200g,2.32mol,1eq.)を、37%ホルムアルデヒド(207g,2.55mol,1.1eq.)水溶液、ジ−n−ブチルアミン(15.0g,116mmol,0.05eq.)、及びp−アニス酸(17.6g,116mmol,0.05eq.)の混合物に25℃で2hの時間を掛けて追加し、それから、反応混合物を70℃で4hに渡って加熱した。反応混合物を25℃に冷却し、有機相を分離し、水(3×100mL)によって洗浄し、硫酸ナトリウム(100g)によって乾燥した。混合物をそのまま真空蒸留して(42〜45℃/100mbar)、3−メチル−2−メチレンブタナール(167g,73%)を無色の液体として与えた。
1H NMR(400MHz, CDCl3): δ 1.01 (d, J = 7.2 Hz, 6H), 2.69-2.76 (m, 1H), 5.89 (s, 1H), 6.18 (d, J = 0.8 Hz, 1H), 9.46 (s, 1H).
13C NMR (100 MHz, CDCl3): δ 20.2, 24.2, 131.1, 155.6, 193.5.

0101

ステップ2:5−メチル−4−メチレンヘキサン−3−オールの合成:
テトラヒドロフラン(500mL)中の3−メチル−2−メチレンブタナール(100g,1.01mol,1eq.)の溶液を、撹拌しながら、テトラヒドロフラン中の塩化エチルマグネシウム2Mの予冷(−5℃)溶液(611g,1.22mol,1.21eq.)に5℃で2hの時間を掛けて追加した。反応混合物を3h掛けて25℃に温め、それから25℃で4hに渡って撹拌した。その後に、撹拌しながら、40%塩化アンモニウム水溶液(250mL)、次にメチルtert−ブチルエーテル(300mL)を追加した。それから、有機相を分離し、水相をメチルtert−ブチルエーテル(1×300mL)によって抽出した。組み合わせた有機相を塩水(100mL)によって洗浄し、硫酸ナトリウム(100g)によって乾燥した。揮発性成分を減圧下で除去し、残渣を真空蒸留して(45〜50℃/7〜10mbar)、5−メチル−4−メチレンヘキサン−3−オール(70.5g,54%)を無色の液体として与えた。
1H NMR(400MHz, CDCl3): δ 0.85 (t, J = 7.6 Hz, 3H), 0.96 (d, J = 5.6 Hz, 3H), 1.01 (d, J = 7.2 Hz, 3H), 1.43-1.63 (m, 2H), 2.16-2.23 (m, 2H), 3.94-3.97 (m, 1H), 4.84 (s, 1H), 4.95 (s, 1H).
13C NMR (100 MHz, CDCl3): δ 8.3, 20.8, 20.9, 26.4, 28.3, 73.5, 105.3, 156.5.

0102

ステップ3:4−(アリルオキシ)−2−メチル−3−メチレンヘキサンの合成:
粉末水酸化カリウム(131g,2.33mol,2eq.)を、撹拌しながら、5−メチル−4−メチレンヘキサン−3−オール(150g,1.17mol,1eq.)及び臭化テトラ−n−ブチルアンモニウム(18.7g,58.0mmol,50meq.)の混合物に25℃で1hの時間を掛けて追加した。それから、塩化アリル(224g,2.93mol,2.5eq.)を25〜35℃で2hの時間を掛けて追加した。反応混合物を25℃で16hに渡って撹拌した。その後に、水(300mL)、次にメチルtert−ブチルエーテル(300mL)を追加した。有機相を分離し、水(3×300mL)によって洗浄し、硫酸ナトリウム(100g)によって乾燥した。揮発性成分を減圧下で除去した。残渣を真空蒸留して(52〜59℃/7〜13mbar)、4−(アリルオキシ)−2−メチル−3−メチレンヘキサン(78.7g,40.0%)を無色の液体として与えた。GC純度=96%。
1H NMR(400MHz, CDCl3): δ 0.82 (t, J = 7.4 Hz, 3H), 0.96 (d, J = 6.8 Hz, 3H), 1.00 (d, J = 6.8 Hz, 3H), 1.47-1.54 (m, 2H), 2.13-2.20 (m, 1H), 3.53 (t, J = 6.8 Hz, 1H), 3.65-3.71 (m, 1H), 3.89-3.94 (m, 1H), 4.90 (s, 2H), 5.05-5.08 (m, 1H), 5.15-5.21 (m, 1H), 5.78-5.84 (m, 1H).
13C NMR (100 MHz, CDCl3): δ 9.2, 21.6, 22.7, 26.0, 28.2, 68.0, 83.2, 108.6, 115.2, 134.3, 154.5.

0103

例4
2−(アリルオキシ)−4−メチル−3−メチレンペンタンの合成

0104

0105

2−(アリルオキシ)−4−メチル−3−メチレンペンタンは例3に類似のプロセスステップを受け継いで調製する。ステップ2には、EtMgClの代わりにMeMgClを用いた。収率28%。

0106

例5
2−((アリルオキシ)メチル)ヘプタ−1−エンの合成

0107

0108

2−((アリルオキシ)メチル)ヘプタ−1−エンは例1に記載されている手続きに従って調製する。収率51%。
1H NMR(600MHz, CDCl3): δ 0.89 (br. t, J = 7.0 Hz, 3H), 1.26-1.35 (m, 4H), 1.45 (quint, J = 7.4 Hz, 2H), 2.05 (t, J = 7.7 Hz, 2H), 3.92 (s, 2H), 3.96 (d, J = 5.5 Hz, 2H), 4.90 (s, 1H), 5.01 (s, 1H), 5.18 (d, J = 10.4 Hz, 1H), 5.28 (br. d, J = 17.2 Hz, 1H), 5.92 (ddt, J = 17.1, 10.8, 5.6 Hz, 1H).
13C NMR (600 MHz, CDCl3): δ 14.1, 22.6, 27.3, 31.6, 33.1, 70.9, 73.0, 111.1, 116.8, 134.9, 146.3.

0109

例6
2−((アリルオキシ)メチル)オクタ−1−エンの合成

0110

0111

2−((アリルオキシ)メチル)オクタ−1−エンを例1に記載されている手続きに従って調製する。収率54%。
1H NMR(600MHz, CDCl3): δ 0.89 (br. t, J = 6.9 Hz, 3H), 1.29-1.47 (m, 6H), 1.44 (quint, J = 7.7 Hz, 2H), 2.05 (t, J = 7.7 Hz, 2H), 3.92 (s, 2H), 3.96 (br. d, J = 5.6 Hz, 2H), 4.90 (s, 1H), 5.00 (s, 1H), 5.18 (dd, J = 10.4, 1.5 Hz, 1H), 5.28 (br. dd, J = 17.2, 1.7 Hz, 1H), 5.89-5.96 (m, 1H).
13C NMR (600 MHz, CDCl3): δ 14.1, 22.6, 27.6, 31.8, 33.2, 70.9, 73.0, 111.1, 116.8, 134.9, 146.3.

0112

例7
2−((アリルオキシ)メチル)ウンデカ−1−エンの合成

0113

0114

ステップ1:2−メチレン−1−ウンデカナールの合成:
ウンデカナール(1.70kg,10.0mol)を、37%ホルムアルデヒド(892g,11mol)水溶液、ジエタノールアミン(137g,1.30mol)、及び硼酸(8.11g,130mmol)の混合物に追加した。混合物を80℃で6hに渡って撹拌した。それから、混合物を20℃に冷却し、2M塩酸水溶液(80mL)、炭酸水素ナトリウム水溶液(80mL)、及び塩水(80mL)によって洗浄した。生成物をそのまま真空蒸留によって精製して(56〜70℃/1mbar)、2−メチレン−1−ウンデカナール(1.50kg,82%)を無色の液体として与えた。

0115

ステップ3:2−((アリルオキシ)メチル)ウンデカ−1−エンを例1に記載されている手続きに従って調製する。収率61%。
1H NMR(600MHz, CDCl3): δ 0.89 (br. t, J = 7.0 Hz, 3H), 1.20-1.35 (m, 12H), 1.40-150 (m, 2H), 2.05 (t, J = 7.8 Hz, 2H), 3.91 (s, 2H), 3.96 (d, J = 5.6 Hz, 2H), 4.89 (s, 1H), 5.00 (s, 1H), 5.23 (br. ddd, J = 13.8, 11.8, 1.5 Hz, 2H), 5.89-5.96 (m, 1H).
13C NMR (600 MHz, CDCl3): δ 14.1, 22.7, 27.6, 29.3, 29.4, 29.5, 29.6, 31.9, 33.2, 70.9, 73.1, 111.1, 116.8, 134.9, 146.4.

0116

例8
2−((アリルオキシ)メチル)−3,7−ジメチルオクタ−1,6−ジエンの合成

0117

0118

ステップ1:3,7−ジメチル−2−メチレンオクタ−6−エナールの合成:
シトロネラール(344g,2.23mol)を、撹拌しながら、パラホルムアルデヒド(87.0g,2.90mol)、ジエタノールアミン(16.4g,16.0mmol)、及び安息香酸(19.1g,16.0mmol)の混合物に追加した。それから、混合物を90℃で6hに渡って撹拌した。その後に、塩水を追加し、有機相を分離して、3,7−ジメチル−2−メチレンオクタ−6−エナールをそのまま与えた(398g,92%)。

0119

ステップ2及び3:例5のように行われた。
1H NMR(600MHz, CDCl3): δ 1.05 (d, J = 6.9 Hz, 3H), 1.30-1.53 (m, 2H), 1.59 (s, 3H), 1.68 (s, 3H), 1.95 (br. q, J = 7.5 Hz, 2H), 2.19 (sext, J = 6.9 Hz, 1H), 3.94 (s, 2H), 3.97 (d, J = 5.5 Hz, 2H), 4.91 (s, 1H), 5.05 (d, J = 1.4 Hz, 1H), 5.09 (br. t, J = 5.8 Hz, 1H), 5.18 (br. dd, J = 10.4, 1.4 Hz, 1H), 5.28 (br. dd, J = 17.2, 1.6 Hz, 1H), 5.89-5.96 (m, 1H).
13C NMR (600 MHz, CDCl3): δ 17.7, 19.9, 25.7, 25.9, 35.7, 36.5, 71.0, 72.0, 110.0, 116.8, 124.6, 131.4, 134.9, 150.9.

0120

上記の化合物の嗅覚特性が下の表に与えられている。

0121

0122

本開示は次の例によって更に例示される。これらは決して更に限定していると解釈されるべきではない。当業者は、記載されている具体的な方法及び結果が単に例示的であることを直ちに了解するであろう。

0123

例9から11
次の例9から11では、例1の化合物を3つの異なる組成物に包含した。0.3wt%香料組成物で添加したシャワージェルから、嗅覚的な評価をした。

0124

例9及び比較例9−スパイシー組成物:

0125

0126

3.0wt%の例1化合物の追加は、スパイシー組成物を有意により有効性かつ拡散性にし、ナチュラルなシナモンキャラクターをアクセント付けし、きついニトリル側面を丸くした。加えて、新鮮なフルーティーキャラクターが導入され、これは種々のスパイスキャラクターを混合物に集約した。

0127

例10及び比較例10−フゼア組成物:

0128

0129

0.5wt%の例1の化合物のみをフゼア組成物に追加することは、組成物の有効性及び拡散性を高め、連続的に混合してラバンジン(Lavendin)グロッソ油の樟脳系キャラクターをソフトにした。組成物の複雑さは有意に強化された。標的のフルーティー/グリーン系のキャラクターは具体的には明らかではなかったが、組成物の新鮮さ及び「清らかな」印象は多大に強化された。

0130

例11及び比較例11−シトラス組成物:

0131

実施例

0132

3.0wt%の例1の化合物という「大量添加」は、組成物の嗅覚的な側面を有意にシフトさせ、それをオレンジレモンキャラクターからビターグリーンライム、グレープフルーツ側面を有するカフアライムリーフ寄りに変化させた。加えて、既に強い組成物の有効性は有意にかつ予想外の様式で増大し、標的のグリーン系のキャラクターはトランス−2−ドデセナール及びリツエアクベバテルペンと相乗的に相互作用した。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ