図面 (/)

技術 商品表示方法および装置

出願人 北京小米移動軟件有限公司
発明者 シエ,イェン
出願日 2018年10月12日 (2年4ヶ月経過) 出願番号 2019-506122
公開日 2020年10月22日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-530597
状態 未査定
技術分野 デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード 実施案 マルチメディアユニット 確認ユニット フィットネス機器 実行エンティティ デジタル放送端末 意図情報 回数閾値
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題・解決手段

本開示は、商品表示方法および装置に関する。当該方法は、前記表示端末ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するステップと、を含む。当該技術的解決策において、ショッピングモールの表示端末は、ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると決定した場合に、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品を表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意図がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

概要

背景

生産能力の向上に伴い、商品の種類がますます多くなり、これらの商品はショッピングモールに流れ続けてユーザに選択されて購入される。

従来の技術では、ユーザがショッピングモールに陳列されている多種多様な商品の中から所望の商品を選択することを容易にするために、デパートには、通常、大きなスクリーンが設置されており、当該大きなスクリーンにすべての商品の詳細が循環的に表示される。ユーザーは、大きなスクリーンの表示に応じて各商品の機能を特定して選択することができるため、ユーザエクスペリエンスが良好である。

概要

本開示は、商品表示方法および装置に関する。当該方法は、前記表示端末ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意情報を取得するステップと、前記購入意情報に基づいて、前記購入意情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するステップと、を含む。当該技術的解決策において、ショッピングモールの表示端末は、ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると決定した場合に、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意がある少なくとも1つの商品を表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

目的

従来の技術における課題を克服するために、本開示の実施例は、商品表示方法および装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

表示端末に適用される商品表示方法であって、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するステップと、を含む、ことを特徴とする商品表示方法。

請求項2

前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップは、前記ユーザ端末と前記表示端末との間の距離を取得するステップと、前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、を含む、ことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項3

前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップは、前記距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するステップと、前記距離が前記第1の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると確認するステップと、を含む、ことを特徴とする請求項2に記載の方法。

請求項4

前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が、顔認識要件を満たしているか否かを決定するステップを含み、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が顔認識の要件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップを含む、ことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項5

前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップは、前記ユーザ端末の端末識別子を取得するステップと、サーバが、前記端末識別子に対応するユーザ端末の検索記録またはショッピングカート商品リストを取得し、且つ前記検索記録または前記ショッピングカートの商品リストに基づいて前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するように、前記端末識別子に基づいて前記サーバに前記ユーザ端末の端末識別子を含むクエリ情報を送信するステップと、前記サーバによって送信された、購入意図情報を含むフィードバック情報を受信するステップと、を含む、ことを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の方法。

請求項6

ユーザ端末に適用される商品表示方法であって、ローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得するステップと、前記検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、前記検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/または前記ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報を表示端末に送信するステップと、を含む、ことを特徴とする商品表示方法。

請求項7

前記方法は、前記表示端末が、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するように、前記表示端末に現在の位置を送信するステップをさらに含む、ことを特徴とする請求項6に記載の方法。

請求項8

前記表示端末に現在の位置を送信するステップは、前記ユーザ端末の現在の位置と前記表示端末の位置とを含む地図を取得するステップと、前記地図に基づいて、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するステップと、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末に前記現在の位置を送信するステップと、を含む、ことを特徴とする請求項7に記載の方法。

請求項9

前記表示端末に現在の位置を送信するステップは、前記表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークとの接続が確立される場合、前記表示端末に現在の位置を送信するステップを含む、ことを特徴とする請求項7に記載の方法。

請求項10

前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するための決定モジュールと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するための第1の取得モジュールと、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するための表示モジュールと、を含む、ことを特徴とする商品表示装置

請求項11

前記決定モジュールは、前記ユーザ端末と前記表示端末との間の距離を取得するための第1の取得サブモジュールと、前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するための第1の決定サブモジュールと、を含む、ことを特徴とする請求項10に記載の装置。

請求項12

前記第1の決定サブモジュールは、前記距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するための決定ユニットと、前記距離が前記第1の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると確認するための確認ユニットと、を含む、ことを特徴とする請求項11に記載の装置。

請求項13

前記決定モジュールは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が、顔認識の要件を満たしているか否かを決定するための第2の決定サブモジュールを含み、前記第1の取得モジュールは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が顔認識の要件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するための第2の取得サブモジュールを含む、ことを特徴とする請求項10に記載の装置。

請求項14

前記第1の取得モジュールは、前記ユーザ端末の端末識別子を取得するための第3の取得サブモジュールと、サーバが、前記端末識別子に対応するユーザ端末の所定のアプリケーションでの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得し、且つ前記検索記録または前記ショッピングカートの商品リストに基づいて前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するように、前記端末識別子に基づいて前記サーバに前記ユーザ端末の端末識別子を含むクエリ情報を送信するための第1の送信サブモジュールと、前記サーバによって送信された、前記購入意図情報を含むフィードバック情報を受信するための受信サブモジュールと、を含む、ことを特徴とする請求項10〜13のいずれかに記載の装置。

請求項15

所定のアプリケーションでのローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得するための第3の取得モジュールと、前記検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、前記検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/または前記ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得するための第4の取得モジュールと、前記購入意図情報を表示端末に送信するための第1の送信モジュールと、を含む、ことを特徴とする商品表示装置。

請求項16

前記装置は、前記表示端末が、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するように、前記表示端末に現在の位置を送信するための第2の送信モジュールをさらに含む、ことを特徴とする請求項15に記載の装置。

請求項17

前記第2の送信モジュールは、前記ユーザ端末の現在の位置と前記表示端末の位置とを含む地図を取得するための第4の取得サブモジュールと、前記地図に基づいて、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するための第3の決定サブモジュールと、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末に前記現在の位置を送信するための第2の送信サブモジュールと、を含む、ことを特徴とする請求項16に記載の装置。

請求項18

前記第2の送信モジュールは、前記表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークとの接続が確立される場合、前記表示端末に現在の位置を送信するための第3の送信サブモジュールを含む、ことを特徴とする請求項16に記載の装置。

請求項19

第1のプロセッサと、第1のプロセッサが実行可能な命令を記憶するための第1のメモリと、を含む商品表示装置であって、前記第1のプロセッサは、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するステップと、を実行するように構成される、ことを特徴とする商品表示装置。

請求項20

第2のプロセッサと、第2のプロセッサが実行可能な命令を記憶するための第2のメモリと、を含む商品表示装置であって、前記第2のプロセッサは、ローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得するステップと、前記検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、前記検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/または前記ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報を表示端末に送信するステップと、を実行するように構成される、ことを特徴とする商品表示装置。

請求項21

コンピュータ命令が記憶されているコンピュータ読み取り可能な記憶媒体であって、前記命令がプロセッサによって実行される場合、請求項1〜5のいずれかに記載の方法のステップを実現する、ことを特徴とするコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

請求項22

コンピュータ命令が記憶されているコンピュータ読み取り可能な記憶媒体であって、前記命令がプロセッサによって実行される場合、請求項6〜9のいずれかに記載の方法のステップを実現する、ことを特徴とするコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

技術分野

0001

本開示は、端末制御技術の分野に関し、特に、商品表示方法および装置に関する。

背景技術

0002

生産能力の向上に伴い、商品の種類がますます多くなり、これらの商品はショッピングモールに流れ続けてユーザに選択されて購入される。

0003

従来の技術では、ユーザがショッピングモールに陳列されている多種多様な商品の中から所望の商品を選択することを容易にするために、デパートには、通常、大きなスクリーンが設置されており、当該大きなスクリーンにすべての商品の詳細が循環的に表示される。ユーザーは、大きなスクリーンの表示に応じて各商品の機能を特定して選択することができるため、ユーザエクスペリエンスが良好である。

発明が解決しようとする課題

0004

従来の技術における課題を克服するために、本開示の実施例は、商品表示方法および装置を提供する。その技術的な解決策は次のとおりです。

課題を解決するための手段

0005

本開示の実施例の第1の態様によれば、表示端末に適用される商品表示方法が提供され、当該方法は、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するステップと、を含む。

0006

本開示の実施例によって提供された技術的解決策は、以下の有益な効果を有することができる。ショッピングモールの表示端末は、ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると決定した場合に、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品を表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意図がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0007

一実施例では、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップは、前記ユーザ端末と前記表示端末との間の距離を取得するステップと、前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、を含む。

0008

一実施例では、前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップは、前記距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するステップと、前記距離が前記第1の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると確認するステップと、を含む。

0009

一実施例では、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が、顔認識要件を満たしているか否かを決定するステップを含み、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が顔認識の要件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップを含む。

0010

一実施例では、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップは、前記ユーザ端末の端末識別子を取得するステップと、サーバが、前記端末識別子に対応するユーザ端末の検索記録またはショッピングカート商品リストを取得し、且つ前記検索記録または前記ショッピングカートの商品リストに基づいて前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するように、前記端末識別子に基づいて前記サーバに前記ユーザ端末の端末識別子を含むクエリ情報を送信するステップと、前記サーバによって送信された、購入意図情報を含むフィードバック情報を受信するステップと、を含む。

0011

本開示の実施例の第2の態様によれば、ユーザ端末に適用される商品表示方法が提供され、当該方法は、ローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得するステップと、前記検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、前記検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/または前記ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報を表示端末に送信するステップと、を含む。

0012

本開示の実施例によって提供された技術的解決策は、有益な効果を有することができる。ユーザ端末は、ユーザの検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、表示端末に購入意図情報を送信することができ、表示端末は、ユーザが購入する意図がある商品を表示し易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0013

一実施例では、前記方法は、前記表示端末が、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するように、前記表示端末に現在の位置を送信するステップをさらに含む。

0014

一実施例では、前記表示端末に現在の位置を送信するステップは、前記ユーザ端末の現在の位置と前記表示端末の位置とを含む地図を取得するステップと、前記地図に基づいて、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するステップと、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末に前記現在の位置を送信するステップと、を含む。

0015

一実施例では、前記表示端末に現在の位置を送信するステップは、前記表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークとの接続が確立される場合、前記表示端末に現在の位置を送信するステップを含む。

0016

本開示の実施例の第3の態様によれば、商品表示装置が提供され、当該装置は、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するための決定モジュールと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するための第1の取得モジュールと、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するための表示モジュールと、を含む。

0017

一実施例では、前記決定モジュールは、前記ユーザ端末と前記表示端末との間の距離を取得するための第1の取得サブモジュールと、前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するための第1の決定サブモジュールと、を含む。

0018

一実施例では、前記第1の決定サブモジュールは、前記距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するための決定ユニットと、前記距離が前記第1の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると確認するための確認ユニットと、を含む。

0019

一実施例では、前記決定モジュールは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が、顔認識の要件を満たしているか否かを決定するための第2の決定サブモジュールを含み、前記第1の取得モジュールは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が顔認識の要件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するための第2の取得サブモジュールを含む。

0020

一実施例では、前記第1の取得モジュールは、前記ユーザ端末の端末識別子を取得するための第3の取得サブモジュールと、サーバが、前記端末識別子に対応するユーザ端末の所定のアプリケーションでの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得し、且つ前記検索記録または前記ショッピングカートの商品リストに基づいて前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するように、前記端末識別子に基づいて前記サーバに前記ユーザ端末の端末識別子を含むクエリ情報を送信するための第1の送信サブモジュールと、前記サーバによって送信された、前記購入意図情報を含むフィードバック情報を受信するための受信サブモジュールと、を含む。

0021

本開示の実施例の第4の態様によれば、商品表示装置が提供され、当該装置は、所定のアプリケーションでのローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得するための第3の取得モジュールと、前記検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、前記検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/または前記ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得するための第4の取得モジュールと、前記購入意図情報を表示端末に送信するための第1の送信モジュールと、を含む。

0022

一実施例では、前記装置は、前記表示端末が、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するように、前記表示端末に現在の位置を送信するための第2の送信モジュールをさらに含む。

0023

一実施例では、前記第2の送信モジュールは、前記ユーザ端末の現在の位置と前記表示端末の位置とを含む地図を取得するための第4の取得サブモジュールと、前記地図に基づいて、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するための第3の決定サブモジュールと、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末に前記現在の位置を送信するための第2の送信サブモジュールと、を含む。

0024

一実施例では、前記第2の送信モジュールは、前記表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークとの接続が確立される場合、前記表示端末に現在の位置を送信するための第3の送信サブモジュールを含む。

0025

本開示の実施例の第5の態様によれば、第1のプロセッサと、第1のプロセッサが実行可能な命令を記憶するための第1のメモリと、を含む商品表示装置が提供され、前記第1のプロセッサは、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するステップと、を実行するように構成される。

0026

本開示の実施例の第6の態様によれば、第2のプロセッサと、第2のプロセッサが実行可能な命令を記憶するための第2のメモリと、を含む商品表示装置が提供され、前記第2のプロセッサは、ローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得するステップと、前記検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、前記検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/または前記ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報を表示端末に送信するステップと、を実行するように構成される。

0027

本開示の実施例の第7の態様によれば、コンピュータ命令が記憶されているコンピュータ読み取り可能な記憶媒体が提供され、当該命令がプロセッサによって実行される場合に第1の態様のいずれかの実施例に記載の方法のステップを実現する。

0028

本開示の実施例の第8の態様によれば、コンピュータ命令が記憶されているコンピュータ読み取り可能な記憶媒体が提供され、当該命令がプロセッサによって実行される場合に第2の態様のいずれかの実施例に記載の方法のステップを実現する。

0029

なお、上記一般的な説明および以下の詳細な説明は、単に例示および解釈するためのものであり、本開示を限定するものではない。

図面の簡単な説明

0030

ここの図面は、本明細書に組み込まれて本明細書の一部を構成し、本開示に適する実施例を示しており、明細書と共に、本開示の原理を説明するに用いられる。
例示的な一実施例に係る商品展示方法フローチャートである。
例示的な一実施例に係る応用シーンである。
例示的な一実施例に係る応用シーンである。
例示的な一実施例に係る商品展示方法のフローチャートである。
例示的な一実施例に係る商品展示方法のフローチャートである。
例示的な一実施例に係る商品展示方法の相互作用図である。
例示的な一実施例に係る商品展示方法の相互作用図である。
例示的な一実施例に係る商品展示方法の相互作用図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置概略構成図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置の概略構成図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置の概略構成図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置の概略構成図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置の概略構成図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置の概略構成図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置の概略構成図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置の概略構成図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置の概略構成図である。
例示的な一実施例に係る商品展示装置の構成ブロック図である。

実施例

0031

以下、例示的な実施例を詳細に説明し、その例が図面に示される。以下の説明が図面に関するものである場合、特に明記しない限り、異なる図面における同一数字は、同一または類似の要素を指す。以下の例示的な実施例に記載される実施形態は、本発明と一致するすべての実施形態を表すものではない。むしろ、それらは、添付の特許請求の範囲に詳述される本発明の一部と一致する装置および方法の例に過ぎない。

0032

本開示の実施例によって提供される技術的解決策は、表示端末およびユーザ端末に関し、当該表示端末は、通常、ショッピングモールや商品の多い店舗などの領域に設置されてショッピングモールや店舗の販売商品を表示する、1つまたは複数のスクリーンを含む表示装置であってもよい。当該ユーザ端末は、ユーザによって使用される携帯電話タブレットノートパソコン、およびショッピングウェブサイトまたはショッピングウェブサイトに対応するAPP(Application,アプリケーション)にログインすることができる他のデバイスであってもよく、本開示の実施例はこれについて限定しない。従来の技術において、店舗に設置された表示端末は、店舗で販売されている商品のみを表示することができ、店舗で多い商品が販売される場合には、ユーザは、購入する商品の詳細情報を取得するために表示端末の前で長時間見る必要があるため、ユーザエクスペリエンスがよくない。本開示の実施例によって提供される技術的解決策において、ショッピングモールの表示端末は、ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると決定した場合に、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品を表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意図がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができない課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0033

本開示の実施例は、商品表示を実現する方法を提供し、当該方法を実行する実行エンティティは、表示端末およびユーザ端末である。本開示の実施例は、方法の実行エンティティに合わせて2つの実施例を用意しており、以下に説明する。

0034

表示端末側
図1aは、例示的な一実施例に係る商品展示方法のフローチャートであり、当該方法は、表示端末に適用され、図1aに示すように、当該商品表示方法は、以下のステップ101〜ステップ103を含む。

0035

ステップ101において、表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定する。

0036

例示的には、当該ユーザ端末は、ユーザによって使用される携帯電話、タブレットまたはノートパソコンなどであってもよい。当該所定の条件は、表示端末とユーザ端末との位置関係を限定するためのものであって、表示端末によって表示されるコンテンツが、当該ユーザ端末を利用するユーザに見られるようにすることができ、表示端末の無効表示が回避される。例えば、表示端末は、所定の領域を記憶しており、当該所定の領域が当該表示端末の最適な表示領域であってもよいし、ユーザによって自ら定義された他の領域であってもよく、本開示の実施例はこれについて限定しない。ユーザ端末の現在の位置が当該表示端末の所定の領域内にある場合、表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていることを示し、ユーザ端末の現在の位置が当該表示端末の所定の領域外にある場合、表示端末と表示端末との位置関係が所定の条件を満たしていないことを示す。

0037

選択可能に、ユーザ端末は、現在の位置を取得し、例えば、GPS(Global Positioning System,全地球測位システムモジュールにより現在の位置を取得し、当該現在の位置を含む地図を取得することができ、当該地図には、複数の異なる店舗またはショッピングモールに設置された表示端末の詳細情報がマーキングされており、当該詳細情報は、対応する表示端末の位置を含み、また、表示端末の端末識別子をさらに含むこともできる。当該端末識別子は表示端末のネットワークアドレスであってもよい。ユーザ端末は、当該地図を取得した後、当該地図に基づいて表示端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定することができ、当該展示端末は、当該地図にマーキングされているショッピングモールや店舗のいずれかに設置された展示端末であってもよいし、または当該地図にマーキングされている当該ユーザ端末の現在の位置に最も近いショッピングモールや店舗に設置された表示端末であってもよいし、またはユーザの指示によって決定されたショッピングモールや店舗に設置された表示端末であってもよく、本発明の実施例はこれについて限定しない。

0038

例示的には、表示端末は、当該ユーザ端末の現在の位置に基づいて現在ユーザ端末との間の距離を決定し、ユーザ端末との間の距離に基づいてユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定することができる。選択可能に、表示端末とユーザ端末との距離と、第1の所定の距離閾値との関係に基づいて当該位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定することができる。当該距離が第1の所定の距離閾値以下である場合、当該位置関係が所定の条件を満たしていることを示し、当該距離が第1の所定の距離閾値より大きい場合、当該位置関係が所定の条件を満たしていないことを示す。具体的には、ユーザ端末は、現在の位置と表示端末の詳細情報とを含む地図を取得した後、当該地図に基づいて表示端末との距離が所定の第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定することができる。当該表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、当該ユーザ端末を使用するユーザが、当該表示端末に対応する店舗に入って商品を購入する可能性があることを示す。表示端末がパーソナライズ表示するように、ユーザ端末は、当該地図における当該表示端末の詳細情報から当該表示端末の端末識別子を取得した後、所定の周期または移動速度に従って当該ユーザ端末の現在の位置を取得し、当該表示端末の現在の位置および表示端末の端末識別子に基づいて当該表示端末にユーザ端末の現在の位置を含む位置情報を送信することができる。表示端末は、当該位置情報を取得した後、当該ユーザ端末の現在の位置および自らの位置に基づいて、ユーザ端末との距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定することができる。当該表示端末とユーザ端末との距離が第1の所定の距離閾値以下である場合、ユーザ端末と表示端末との距離が比較的近く、すなわち当該ユーザ端末を使用するユーザが既に店舗に入り、表示端末によって表示されたコンテンツを当該ユーザが見ることができることを示す。当該表示端末とユーザ端末との距離が第1の所定の距離閾値より大きい場合、ユーザ端末と表示端末との距離が比較的遠く、当該ユーザ端末を使用するユーザが店舗に入っていないか、または表示端末によって表示されたコンテンツをユーザが一時的に見ることができないことを示す。

0039

選択可能に、表示端末にはカメラが設置されており、当該カメラにより視聴領域の画像を撮影し、当該視聴領域の画像に基づいて当該視聴領域内で動くユーザの顔画像が取得することができる。顔認識する場合に、カメラにより比較的鮮明で完全な顔画像を撮影する必要があるため、ユーザ端末と表示端末との距離が十分に近い必要がある。当該距離の場合でも、ユーザが表示端末によって表示されるコンテンツを見ることができるので、表示端末は、取得された顔画像の鮮明度および完全性が顔認識の要件を満たしているか否かに基づいて、ユーザ端末と表示端末との距離が所定の条件を満たしているか否かを決定することができる。具体的には、表示端末は、ユーザ端末との距離が顔認識の要件を満たしているか否か、すなわち、表示端末が当該ユーザ端末を使用するユーザの顔を認識することができるか否かを決定することができる。当該表示端末とユーザ端末との距離が顔認識の要件を満たしている場合、すなわち表示端末によって取得された、当該ユーザ端末を使用するユーザの顔画像の鮮明度および完全性が比較的高く、当該ユーザの顔を認識することができる場合、この時の表示端末とユーザ端末との位置関係が比較的近く、表示端末によって表示されたコンテンツを当該ユーザ端末を使用するユーザが見ることができ、この時の表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていることを示す。当該表示端末とユーザ端末との距離が顔認識の要件を満たしていない場合、すなわち表示端末によって取得された当該ユーザ端末を使用するユーザの顔画像の鮮明度および完全性が比較的低く、当該顔画像に基づいて当該ユーザの顔を認識することができない場合、表示端末とユーザ端末との位置関係が比較的遠く、表示端末によって表示されたコンテンツを当該ユーザ端末を使用するユーザが見ることができず、この時の表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていないことを示す。

0040

ステップ102において、表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含むユーザ端末の購入意図情報を取得する。

0041

例示的には、表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしている場合、表示端末とユーザ端末との距離が比較的近いことを示し、この時、表示端末は、ユーザ端末の購入意図情報を取得することができ、当該購入意図情報に含まれるユーザが購入する意図がある1つまたは複数の商品を表示する。

0042

選択可能に、ユーザ端末が表示端末に位置情報を送信する場合、当該位置情報に当該ユーザ端末の端末識別子を追加することもでき、当該端末識別子は、所定のショッピングウェブサイトにログインするユーザ端末のアカウント、またはユーザ端末のSIM(Subscriber Identification Module,加入者識別モジュールカード識別子であってもよいし、当該ユーザ端末を使用するユーザの特徴情報であってもよく、本実施例はこれについて限定しない。当該端末識別子が、所定のショッピングウェブサイトにログインするユーザ端末のアカウントであることを例とし、すなわち、ユーザ端末によって表示端末に送信される位置情報は、所定のショッピングウェブサイトにログインするユーザ端末のアカウントをさらに含む。表示端末は、ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると決定した場合に、当該位置情報に含まれるアカウントに基づいてサーバにアカウントを含むクエリ情報を送信することができ、当該サーバは、所定のショッピングウェブサイトのサーバであってもよく、当該サーバは、異なるアカウントに合わせて、異なるユーザ端末の当該所定のショッピングウェブサイトでの検索記録またはショッピングカートの商品リストを記憶する。当該サーバは、当該クエリ情報を取得した後、当該クエリ情報に含まれる当該アカウントに基づいて、記憶された情報をクエリし、当該アカウントに対応するユーザ端末の当該所定のショッピングサイトでの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得し、その後、当該検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて当該アカウントに対応するユーザ端末の購入意図情報を取得することができる。具体的には、サーバは、当該検索記録に係る複数の商品を取得した後、当該複数の商品から検索回数が所定の回数閾値以上である少なくとも1つの商品を取得し、当該少なくとも1つの商品をユーザが購入する意図がある商品として決定することができる。あるいは、サーバは、当該ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品を取得し、当該少なくとも1つの商品のすべてをユーザが購入する意図がある商品として確認することもできる。サーバは、当該検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいてユーザが購入する意図がある1つまたは複数の商品を決定した後、当該1つまたは複数の商品の商品識別子を取得し、その後、当該1つまたは複数の商品の商品識別子に基づいて当該ユーザ端末の購入意図情報を生成し、当該表示端末に当該購入意図情報を含むフィードバック情報を送信することができる。

0043

あるいは、当該端末識別子が、当該ユーザ端末を使用するユーザの顔特徴情報であることを例とし、表示端末は、カメラにより視聴領域の画像を撮影し、当該視聴領域の画像に基づいて当該視聴領域内で動くユーザの顔画像を取得することができる。当該顔画像によって顔認識することができるか否かを決定し、当該顔画像によって顔認識することができる場合、表示端末とユーザ端末との位置関係が顔認識の要件を満たしていることを示し、この時、表示端末は、当該顔認識の結果に基づいて購入意図情報を取得することができる。具体的には、表示端末は、当該顔認識画像によって顔認識を行って得られた顔特徴情報を取得した後、当該顔特徴情報に基づいてサーバに顔特徴情報を含むクエリ情報を送信することができる。当該サーバには、対応するユーザの顔特徴情報に基づいて複数のユーザ端末の所定のショッピングウェブサイトでの検索記録またはショッピングカートの商品リストが記憶されている。当該サーバは、当該クエリ情報を取得した後、当該クエリ情報に含まれる顔特徴情報に基づいて記憶された情報をクエリし、当該顔特徴情報に対応するユーザ端末の所定のショッピングウェブサイトでの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得し、その後、検索記録やショッピングカートの商品リストに基づいて当該顔特徴情報に対応するユーザ端末の購入意図情報を取得することができる。当該サーバが購入意図情報を取得するプロセスは、上記実施例を参照することができ、サーバは、購入意図情報を取得した後、表示端末に当該購入意図情報を含むフィードバック情報を送信することができる。

0044

選択可能に、ユーザ端末は、表示端末に位置情報を送信する場合、当該位置情報に当該購入意図情報をさらに運ぶことができる。具体的には、ユーザ端末には所定のショッピングサイトのAPPがインストールされており、普段当該ユーザ端末を使用するユーザがAPPを用いて商品を閲覧したり、商品を購入したりすることがあるため、当該APPにはユーザーの検索記録が存在し、または当該APPのショッピングカートの商品リストには、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品が存在する。ユーザ端末は、表示端末との位置関係が所定の条件を満たしていると決定した場合、現在の位置をリアルタイムで取得するとともに、当該APPの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得し、当該検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて購入意図情報を取得した後、リアルタイムで取得された現在の位置および購入意図情報に基づいて位置情報を生成し、表示端末の端末識別子に基づいて当該位置情報を表示端末に送信することができる。例えば、ユーザ端末は、当該検索記録に係る複数の商品を取得し、当該複数の商品から検索回数が所定の回数閾値以上である少なくとも1つの商品を取得し、当該少なくとも1つの商品をユーザが購入する意図がある商品として決定することができる。あるいは、ユーザ端末は、当該ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品を取得し、当該少なくとも1つの商品をユーザが購入する意図がある商品として確認することもできる。ユーザ端末は、当該検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいてユーザが購入する意図がある1つまたは複数の商品を決定した後、1つまたは複数の商品の商品識別子を取得し、当該1つまたは複数の商品の商品識別子に基づいて当該ユーザ端末の購入意図情報を生成することができる。

0045

ステップ103において、購入意図情報に基づいて、購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する当該少なくとも1つの商品を表示する。

0046

例示的には、当該表示端末には、1つまたは複数のスクリーンが設置されている。
選択可能に、図1bに示すように、ユーザ端末10bに1つのスクリーン10a1が設けられることを例とし、表示端末10aは、ユーザ端末10bとの距離が第1の所定の距離閾値H以下であると決定した場合、ユーザ端末10bの端末識別子に基づいて当該ユーザ端末10bの購入意図情報を取得し、すなわち、当該ユーザ端末10bを使用するユーザが購入する意図がある1つまたは複数の商品を取得することができ、その後、当該購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する、外観型番、機能の簡単説明および価格などの情報を含む1つまたは複数の商品の詳細を当該スクリーン10a1に循環的に表示することができ、ユーザが選択し易くなる。

0047

あるいは、図1cに示すように、表示端末10aには複数のスクリーンが設置されることを例とし、当該複数のスクリーンは、スクリーン10a1と、スクリーン10a2と、スクリーン10a3とを含んでもよい。表示端末10aは、当該複数のスクリーンのいずれかとユーザ端末10bとの距離が第1の所定の距離閾値H以下であると決定した場合、例えば、スクリーン10a1とユーザ端末10bとの距離が第1の所定の距離閾値以下である場合、ユーザ端末10bの端末識別子に基づいて当該ユーザ端末10bの購入意図情報を取得し、すなわち当該ユーザ端末10bを使用するユーザが購入する意図がある1つまたは複数の商品を取得することができ、その後、当該購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する複数の商品の詳細が当該複数のスクリーンにそれぞれ表示し、すなわち、当該購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する複数の商品の詳細は、当該スクリーン10a1、スクリーン10a2、およびスクリーン10a3にそれぞれ表示することができる。

0048

実際の使用中では、1つの店舗内に複数の表示端末が設置される場合があり、各表示端末のすべてが、本開示の実施例によって提供される商品表示方法に従って商品を表示することができる。

0049

本開示の実施例によって提供された技術的解決策において、ショッピングモールの表示端末は、ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると決定した場合に、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品を表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意図がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0050

ユーザ端末側
図2aは、例示的な一実施例に係る商品展示方法のフローチャートであり、当該方法は、表示端末に適用され、図2aに示すように、当該商品表示方法は、以下のステップ201〜ステップ203を含む。

0051

ステップ201において、ローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得する。

0052

例示的には、ユーザ端末には所定のショッピングサイトのAPPがインストールされており、普段当該ユーザ端末を使用するユーザがAPPにより商品を閲覧したり、商品を購入したりすることがあるため、当該APPにはユーザの検索記録や当該APPのショッピングカートの商品リストが記憶されている。ユーザ端末は、表示端末に購入意図情報を送信する必要があると決定した場合、当該APPの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得することができる。

0053

あるいは、ユーザは、当該ユーザ端末に設置されたブラウザを介してショッピングウェブサイトにログインし、当該ショッピングウェブサイトで商品をチェックしたり、商品を購入したりすることができるので、当該ブラウザは、ユーザの検索記録または当該ショッピングウェブサイトのショッピングカートの商品リストを記録することができる。ユーザ端末は、表示端末に購入意図情報を送信する必要があると決定した場合、当該ブラウザによって記録された情報に基づいて、当該検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得することができる。

0054

ステップ202において、検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/またはショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得する。

0055

例示的には、ユーザ端末は、当該検索記録に係る複数の商品を取得した後、当該複数の商品の中から検索回数が所定の回数閾値以上である少なくとも1つの商品を取得し、当該少なくとも1つの商品をユーザが購入する意図がある商品として決定することができる。あるいは、ユーザ端末は、当該ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品を取得し、当該少なくとも1つの商品のすべてをユーザが購入する意図がある商品として確認することもできる。サーバは、当該検索記録およびショッピングカートの商品リストに基づいてユーザが購入する意図がある1つまたは複数の商品を決定した後、当該1つまたは複数の商品の商品識別子を取得し、その後、当該1つまたは複数の商品の商品識別子に基づいて当該ユーザ端末の購入意図情報を生成することができる。

0056

ステップ203において、当該購入意図情報を表示端末に送信する。

0057

例示的には、ユーザ端末は、表示端末との距離をリアルタイムで決定し、当該距離が小さい場合、表示端末に購入意図情報を送信することができる。具体的には、ユーザ端末は、自らの位置をリアルタイムで取得し、当該位置を含む地図を取得することができ、当該地図には、複数の異なる店舗またはショッピングモールに設置された表示端末の詳細情報がマーキングされており、当該詳細情報は、対応する表示端末の位置を含み、また、表示端末の端末識別子をさらに含むこともできる。当該端末識別子は表示端末のネットワークアドレスであってもよい。ユーザ端末は、当該地図を取得した後、当該地図に基づいて現在の位置と表示端末との距離を決定することができ、当該展示端末は、当該地図にマーキングされているショッピングモールや店舗のいずれかに設置された展示端末であってもよいし、または当該地図にマーキングされている当該ユーザ端末の現在の位置に最も近いショッピングモールや店舗に設置された表示端末であってもよいし、またはユーザの指示によって決定されたショッピングモールや店舗に設置された表示端末であってもよく、本発明の実施例はこれについて限定しない。当該表示端末との距離が第3の所定の距離閾値以下である場合、ユーザ端末と当該表示端末との距離が比較的近く、すなわち当該ユーザ端末を使用するユーザが既に店舗に入り、表示端末によって表示されたコンテンツを当該ユーザが見ることができる可能性があることを示し、この時、ユーザ端末は、当該表示端末に購入意図情報を送信することができ、当該表示端末は、当該購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する1つまたは複数の商品を表示する。

0058

あるいは、当該地図にマーキングされている表示端末の詳細情報は、当該表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークに含まれるネットワーク識別子をさらに含んでもよく、当該ネットワーク識別子は、Wi-Fi(Wireless Fidelity,ワイヤレスフィディティ)の名称であってもよい。ユーザ端末は、当該地図に基づいて、表示端末との距離が第4の所定の距離閾値以下であるか否かを決定することができ、当該表示端末との距離が第4の所定の距離閾値以下である場合、無線ローカルエリアネットワークに現在アクセスしているか否かをリアルタイムで決定する。無線ローカルエリアネットワークに現在アクセスしている場合、アクセスしている無線ローカルエリアネットワークのネットワーク識別子が、地図にマーキングされている当該表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークのネットワーク識別子と同一であるか否かを決定する。同一である場合、ユーザ端末と表示端末との距離が比較的近く、すなわち当該ユーザ端末を使用するユーザが店舗に入り、表示端末によって表示されたコンテンツをユーザが見ることができる可能性があることを示し、この時、ユーザ端末は、当該表示端末に購入意図情報を送信することができ、当該表示端末は、当該購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する複数の商品を表示する。同一でない場合、ユーザ端末は、当該表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークにアクセスしているか否かを検出し続ける。

0059

本開示の実施例によって提供される技術的解決策において、ユーザ端末は、ユーザの検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、表示端末に購入意図情報を送信することができ、表示端末は、ユーザが購入する意図がある商品を表示し易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0060

一実施例では、図2bに示すように、当該方法は、表示端末が、表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するように、表示端末に現在の位置を送信するステップ204をさらに含む。

0061

例示的には、ユーザ端末は、さらに、表示端末に現在の位置を送信することもできる。表示端末は、ユーザ端末の現在の位置を取得した後、当該現在の位置に基づいて当該ユーザ端末との位置関係を決定し、当該位置関係が所定の条件を満たしている場合、当該ユーザ端末の購入意図情報を取得して表示する。

0062

選択可能に、ユーザ端末は、自らの位置をリアルタイムで取得するとともに、当該位置を含む地図を取得することもでき、当該地図には、異なる店舗またはショッピングモールに設置された複数の表示端末の詳細情報がマーキングされており、当該詳細情報は、対応する表示端末を含み、また、表示端末の端末識別子をさらに含むことができる。当該端末識別子は、表示端末のネットワークアドレスであってもよい。ユーザ端末は、当該地図を取得した後、当該地図に基づいて現在の位置と表示端末との距離を決定し、当該距離が第2所定の距離閾値以下である場合、当該ユーザ端末を使用するユーザが店に入って商品を購入する可能性があると示す。表示端末がパーソナライズ表示を行なさせるために、ユーザ端末は、当該地図にマーキングされた当該表示端末の詳細情報から当該表示端末の端末識別子を取得した後、当該表示端末の端末識別子に基づいてリアルタイムまたは所定の周期ごとに当該表示端末に位置情報を送信することができ、当該位置情報は、ユーザ端末によってリアルタイムで取得された現在の位置を含む。

0063

あるいは、当該地図にマーキングされている表示端末の詳細情報は、当該表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークに含まれるネットワーク識別子をさらに含んでもよく、当該ネットワーク識別子は、Wi-Fi(Wireless Fidelity,ワイヤレスフィディリティ)の名称であってもよい。ユーザ端末は、現在無線ローカルエリアネットワークにアクセスしているか否かをリアルタイムで決定することができる。無線ローカルエリアネットワークに既にアクセスしている場合、アクセスしている無線ローカルエリアネットワークのネットワーク識別子が、地図にマーキングされた表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークのネットワーク識別子と同一であるか否かを決定する。同一である場合、当該ユーザ端末が、すでに当該店舗に入った可能性があると示し、この時、ユーザ端末は、当該表示端末に位置情報を送信することができ、当該位置情報は、当該ユーザ端末によってリアルタイムで取得された現在の位置を含み、表示端末は、当該位置情報に含まれるユーザ端末の現在の位置に基づいて、当該ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定し、当該位置関係が所定の条件を満たしている場合、当該ユーザ端末の購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する複数の商品を取得して表示する。同一でない場合、ユーザ端末は、当該表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークにアクセスしているか否かを検出し続ける。

0064

本開示の実施例によって提供された技術的解決策において、ユーザ端末は、表示端末に現在の位置を送信することができ、表示端末は、ユーザ端末との距離を決定し易くなり、当該距離に基づいていつユーザが購入する意図がある商品を表示するのかを決定し、ユーザが見られない場合の表示端末の無効表示が回避され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0065

以下に、いくつかの実施例により実現プロセスを詳細に説明する。

0066

図3は、例示的な一実施例に係る商品展示方法の相互作用図である。実行ユティリティは、表示端末、ユーザ端末およびサーバであり、図3に示すように、当該方法は、以下のステップ301〜ステップ310を含む。

0067

ステップ301において、ユーザ端末は、現在の位置を取得する。
ステップ302において、ユーザ端末は、当該現在の位置を含む地図を取得し、当該地図は、当該ユーザ端末の現在の位置および表示端末の詳細情報を含み、当該詳細情報は、表示端末の位置および表示端末の端末識別子を含む。

0068

ステップ303において、ユーザ端末は、当該地図における当該表示端末の位置に基づいて、当該表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定し、当該表示端末との距離が第2の所定の距離閾値より大きい場合、ステップ301を実行し、当該表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、ステップ304を実行する。

0069

ステップ304において、ユーザ端末は、表示端末にユーザ端末によってリアルタイムで取得された現在の位置と当該ユーザ端末の端末識別子とを含む位置情報をリアルタイムで送信する。

0070

ステップ305において、表示端末は、位置情報を受信し、リアルタイムで当該ユーザ端末の現在の位置に基づいて当該ユーザ端末との間の距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定し、当該ユーザ端末との間の距離が第1の所定の距離閾値より大きい場合、ステップ305を実行し、当該ユーザ端末との間の距離が第1の所定の距離閾値以下である場合、ステップ305を実行する。

0071

ステップ306において、表示端末は、当該位置情報に含まれるユーザ端末の端末識別子に基づいて、サーバにクエリ情報を送信する。

0072

ステップ307において、サーバは、当該クエリ情報に含まれる端末識別子に基づいて、当該端末識別子に対応するユーザ端末の検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得する。

0073

ステップ308において、サーバは、当該検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、当該端末識別子に対応するユーザ端末の購入意図情報を取得する。

0074

ステップ309において、サーバは、当該購入意図情報に基づいて、表示端末に購入意図情報を含むフィードバック情報を送信する。
ステップ310において、表示端末は、当該購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する少なくとも1つの商品を表示する。

0075

本開示の実施例は、商品表示方法を提供し、ショッピングモールの表示端末は、ユーザ端末との距離が第1の所定の距離閾値以下であると決定した場合、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品を取得して表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意図がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0076

図4は、例示的な一実施例に係る商品展示方法の相互作用図である。実行ユティリティは、表示端末およびユーザ端末であり、図4に示すように、当該方法は、以下のステップ401〜ステップ409を含む。

0077

ステップ401において、ユーザ端末は、現在の位置を取得する。ステップ402において、ユーザ端末は、当該現在の位置を含む地図を取得し、当該地図は、当該ユーザ端末の現在の位置および表示端末の位置情報を含み、当該位置情報は、表示端末の位置および表示端末の端末識別子を含む。

0078

ステップ403において、ユーザ端末は、当該地図における表示端末の位置に基づいて、当該表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定し、当該表示端末との距離が第2の所定の距離閾値より大きい場合、ステップ401を実行し、当該表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、ステップ404を実行する。

0079

ステップ404において、ユーザ端末は、ローカルにインストールされた所定のショッピングウェブサイトのAPPの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得する。

0080

ステップ405において、ユーザ端末は、当該検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて当該ユーザ端末の購入意図情報を取得する。
ステップ406において、表示端末は、リアタイムで取得された現在の位置および当該購入意図情報に基づいて、位置情報を生成する。
ステップ407において、ユーザ端末は、当該位置情報を表示端末に送信する。

0081

ステップ408において、表示端末は、位置情報を受信し、リアルタイムで当該ユーザ端末の現在の位置に基づいて当該ユーザ端末との間の距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定し、当該ユーザ端末との間の距離が第1の所定の距離閾値より大きい場合、ステップ408を実行し、当該ユーザ端末との間の距離が第1の所定の距離閾値以下である場合、ステップ409を実行する。

0082

ステップ409において、表示端末は、当該位置情報に含まれる購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する少なくとも1つの商品を表示する。

0083

本開示の実施例は、商品表示方法を提供し、表示端末は、ユーザ端末との距離が第1の所定の距離以下であると決定した場合、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品を表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意図がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0084

図5は、例示的な一実施例に係る商品展示方法の相互作用図である。実行ユティリティは、表示端末およびサーバであり、図5に示すように、当該方法は、以下のステップ501〜ステップ509を含む。

0085

ステップ501において、表示端末は、設置されたカメラにより視聴領域の画像を撮影する。
ステップ502において、表示端末は、当該視聴領域の画像からユーザの顔画像を取得する。

0086

ステップ503において、表示端末は、当該顔画像によって顔認識することができるか否かを決定し、当該顔画像によって顔認識することができない場合、ステップ501を実行し、当該顔画像によって顔認識することができる場合、ステップ504を実行する。
ステップ504において、表示端末は、当該顔画像の顔認識によって得られた顔特徴情報を取得する。

0087

ステップ505において、表示端末は、当該顔特徴情報に基づいて、サーバに当該顔特徴情報を含むクエリ情報を送信する。
ステップ506において、サーバは、当該クエリ情報に含まれる顔特徴情報に基づいて、当該顔特徴情報に対応するユーザ端末の検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得する。

0088

ステップ507において、ユーザ端末は、当該検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、当該顔特徴情報に対応するユーザ端末の購入意図情報を取得する。
ステップ508において、サーバは、当該購入意図情報に基づいて、表示端末に当該購入意図情報を含むフィードバック情報を送信する。
ステップ509において、表示端末は、当該購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する少なくとも1つの商品を表示する。

0089

本開示の実施例は、商品表示方法を提供し、表示端末はユーザの顔特徴情報に基づいて、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品を取得して表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意図がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0090

以下は、本開示の方法の実施例を実行できる本開示の装置の実施例である。

0091

図6aは、例示的な一実施例に係る商品展示装置60の概略構成図であり、当該装置60は、ソフトウェアハードウェア、またはその両方の組み合わせによって、電子デバイスの一部または全部として実装され得る。図6aに示すように、商品表示装置60は、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するための決定モジュール601と、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するための第1の取得モジュール602と、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するための表示モジュール603と、を含む。

0092

一実施例では、図6bに示すように、前記決定モジュール601は、前記ユーザ端末と前記表示端末との間の距離を取得するための第1の取得サブモジュール6011と、前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するための第1の決定サブモジュール6012と、を含む。

0093

一実施例では、図6cに示すように、第1の決定サブモジュール6012は、前記距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するための決定ユニット6012aと、前記距離が前記第1の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると確認するための確認ユニット6012bと、を含む。

0094

一実施例では、図6dに示すように、前記決定モジュール601は、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が、顔認識の要件を満たしているか否かを決定するための第2の決定サブモジュール6012を含み、前記第1の取得モジュール602は、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が顔認識の要件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するための第2の取得サブモジュール6022を含む。

0095

一実施例では、図6eに示すように、前記第1の取得モジュール602は、前記ユーザ端末の端末識別子を取得するための第3の取得サブモジュール6023と、サーバが、前記端末識別子に対応するユーザ端末の所定のアプリケーションでの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得し、且つ前記検索記録または前記ショッピングカートの商品リストに基づいて前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するように、前記端末識別子に基づいて前記サーバに前記ユーザ端末の端末識別子を含むクエリ情報を送信するための第1の送信サブモジュール6024と、前記サーバによって送信された、前記購入意図情報を含むフィードバック情報を受信するための受信サブモジュール6025と、を含む。

0096

本開示の実施例は、商品表示装置を提供し、当該装置は、ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると決定した場合、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品を表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意図がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0097

図7aは、例示的な一実施例に係る商品展示装置70の概略構成図であり、当該装置70は、ソフトウェア、ハードウェア、またはその両方の組み合わせによって、電子デバイスの一部または全部として実装され得る。図7aに示すように、商品表示装置70は、所定のアプリケーションでのローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得するための第3の取得モジュール701と、前記検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、前記検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/または前記ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得するための第4の取得モジュール702と、前記購入意図情報を表示端末に送信するための第1の送信モジュール703と、を含む。

0098

一実施例では、図7bに示すように、前記装置70は、前記表示端末が、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するように、前記表示端末に現在の位置を送信するための第2の送信モジュール704をさらに含む。

0099

一実施例では、図7cに示すように、前記第2の送信モジュール704は、前記ユーザ端末の現在の位置と前記表示端末の位置とを含む地図を取得するための第4の取得サブモジュール7041と、前記地図に基づいて、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するための第3の決定サブモジュール7042と、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末に前記現在の位置を送信するための第2の送信サブモジュール7043と、を含む。

0100

一実施例では、図7dに示すように、前記第2の送信モジュール704は、前記表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークとの接続が確立される場合、前記表示端末に現在の位置を送信するための第3の送信サブモジュール7044を含む。

0101

本開示の実施例は、商品表示装置を提供し、当該装置は、ユーザの検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、表示端末に購入意図情報を送信することができ、表示端末は、ユーザが購入する意図がある商品を表示するようになり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0102

本開示の実施例は、商品表示装置を提供し、当該商品表示装置は、第1のプロセッサと、第1のプロセッサが実行可能な命令を記憶するための第1のメモリと、を含み、第1のプロセッサは、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するステップと、を実行するように構成される。

0103

一実施例では、上記第1のプロセッサは、さらに、前記ユーザ端末と前記表示端末との間の距離を取得するステップと、前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、を実行するように構成されてもよい。

0104

一実施例では、上記第1のプロセッサは、さらに、前記距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するステップと、前記距離が前記第1の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると確認するステップと、を実行するように構成されてもよい。

0105

一実施例では、上記第1のプロセッサは、さらに、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が、顔認識の要件を満たしているか否かを決定するステップと、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が顔認識の要件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップと、を実行するように構成されてもよい。

0106

一実施例では、上記第1のプロセッサは、さらに、前記ユーザ端末の端末識別子を取得するステップと、サーバが、前記端末識別子に対応するユーザ端末の所定のアプリケーションでの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得し、且つ前記検索記録または前記ショッピングカートの商品リストに基づいて前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するように、前記端末識別子に基づいて前記サーバに前記ユーザ端末の端末識別子を含むクエリ情報を送信するステップと、前記サーバによって送信された、前記購入意図情報を含むフィードバック情報を受信するステップと、を実行するように構成されてもよい。

0107

本開示の実施例は、商品表示装置を提供し、当該装置は、ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると決定した場合、当該ユーザ端末を使用するユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品を表示することができ、当該ユーザは、表示端末の表示により、購入する意図がある商品をチェックし易くなり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0108

本開示の実施例は、商品表示装置を提供し、当該商品表示装置は、第2のプロセッサと、第2のプロセッサが実行可能な命令を記憶するための第2のメモリと、を含み、前記第2のプロセッサは、ローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得するステップと、前記検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、前記検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/または前記ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報を表示端末に送信するステップと、を実行するように構成される。

0109

一実施例では、上記第2のプロセッサは、さらに、前記表示端末が、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するように、前記表示端末に現在の位置を送信するステップを実行するように構成されてもよい。

0110

一実施例では、上記第2のプロセッサは、さらに、前記ユーザ端末の現在の位置と前記表示端末の位置とを含む地図を取得するステップと、前記地図に基づいて、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するステップと、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末に前記現在の位置を送信するステップと、実行するように構成されてもよい。

0111

一実施例では、上記第2のプロセッサは、さらに、前記表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークとの接続が確立される場合、前記表示端末に現在の位置を送信するステップを実行するように構成されてもよい。

0112

本開示の実施例は、商品表示装置を提供し、当該装置は、ユーザの検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、表示端末に購入意図情報を送信することができ、表示端末は、ユーザが購入する意図がある商品を表示するようになり、表示端末がユーザに合わせてパーソナライズ表示することができないという課題が解決され、表示端末の商品表示の精度が向上し、ユーザエクスペリエンスが向上する。

0113

上記各実施例における装置に関して、各モジュールが動作を実行する具体的形態は、既にその方法に関する実施例で詳細に説明したので、ここでは詳細な説明を省略する。

0114

図8は、例示的な一実施例に係る商品表示装置80のブロック図である。当該装置80は、端末デバイスに適用される。例えば、装置80は、携帯電話、コンピュータデジタル放送端末メッセージングデバイスゲームコンソールタブレットデバイス医療機器フィットネス機器パーソナルデジタルアシスタントなどであってもよい。

0115

装置80は、処理ユニット802、メモリ804、電源ユニット806、マルチメディアユニット808、オーディオユニット810、入力/出力(I / O)インターフェイス812、センサユニット814、および通信ユニット816の1つまたは複数を含むことができる。

0116

処理ユニット802は、通常、表示、電話呼び出しデータ通信カメラ動作、および記録動作に関連する動作などの装置80の全体的な動作を制御する。処理ユニット802は、上記方法のステップの全部または一部を実行するための命令を実行する1つまたは複数のプロセッサ820を含むことができる。また、処理ユニット802は、ユニット802と他のユニットとのインタラクションを容易にするために、1つまたは複数のモジュールを含むことができる。例えば、処理ユニット802は、マルチメディアユニット808と処理ユニット802とのインタラクションを容易にするために、マルチメディアモジュールを含むことができる。

0117

メモリ804は、装置80での動作をサポートするために様々なタイプのデータを記憶するように構成される。これらのデータの例は、装置80で動作する任意のアプリケーションまたは方法の命令、連絡先データ電話帳データ、メッセージ写真ビデオなどを含む。メモリ804は、スタティックランダム・アクセス・メモリ(SRAM)、電気的消去可能プログラマブル読み出し専用メモリ(EEPROM)、消去可能プログラマブル読み出し専用メモリ(EEPROM)、プログラマブル読み出し専用メモリ(PROM)、読み出し専用メモリ(ROM)、磁気メモリフラッシュメモリディスクまたはCDのような任意のタイプの揮発性または不揮発性記憶装置、またはそれらの組み合わせよって実現することができる。

0118

電源ユニット806は、装置80の様々なユニットに電源を供給する。電源ユニット806は、電源管理システム、1つまたは複数の電源、および装置80の電源の生成、管理、および分配に関連する他のユニットを含むことができる。

0119

マルチメディアユニット808は、1つの出力インタフェースを提供する、装置80とユーザとの間のスクリーンを含む。いくつかの実施例では、スクリーンは、液晶表示(LCD)とタッチパネルTP)とを含むことができる。スクリーンがタッチパネルを含む場合、スクリーンは、ユーザからの入力信号を受信するためのタッチスクリーンとして実現することができる。タッチパネルは、タッチスライドおよびタッチパネル上のジェスチャ感知するための1つまたは複数のタッチセンサを含む。前記タッチセンサは、タッチまたはスライド動作境界を感知するだけでなく、前記タッチまたはスライド動作に関連する持続時間および圧力も検出することができる。いくつかの実施例では、マルチメディアユニット808は、1つのフロントカメラおよび/またはリアカメラを含む。装置80が撮影モードまたはビデオモードのような動作モードにあるとき、フロントカメラおよび/またはリアカメラは、外部のマルチメディアデータを受信することができる。各フロントカメラおよびリアカメラは、固定光学レンズステムであってもよいし、焦点距離および光学ズーム能力を有してもよい。

0120

オーディオユニット810は、オーディオ信号を出力および/または入力するように構成される。例えば、オーディオユニット810は、1つのマイクロフォンMIC)を含み、装置80が、呼び出しモード記録モード、および音声認識モードなどの動作モードにあるとき、マイクロフォンが外部オーディオ信号を受信するように構成される。受信されたオーディオ信号は、メモリ804にさらに記憶されてもよいし、または通信ユニット816を介して送信されてもよい。いくつかの実施例では、オーディオユニット810は、オーディオ信号を出力するためのスピーカをさらに含む。

0121

I / Oインターフェース812は、処理ユニット802と周辺機器インターフェースモジュールとの間のインターフェースを提供し、上記周辺機器インターフェースモジュールは、キーボードクリックホイール、ボタンなどであってもよい。これらのボタンは、ホームボタン音量ボタン、開始ボタン、およびロックボタンを含むことができるが、これらに限定されない。

0122

センサユニット814は、各方面の状態評価を装置80に提供するための1つまたは複数のセンサを含む。例えば、センサユニット814は、装置80のオンオフ状態、装置80の表示およびキーパッドなどのユニットの相対的な位置決めを検出することができるとともに、センサユニット814は、装置80または装置80の1つのユニットの位置の変化、ユーザ端末と装置80との接触の有無、装置80の向きまたは加速/減速、および装置80の温度変化を検出することもできる。センサユニット814は、物理的接触なしで近くの物体の存在を検出するように構成された近接センサを含むことができる。センサユニット814は、イメージング用途に使用するためのCMOSまたはCCDイメージセンサなどの光センサを含むことができる。いくつかの実施例では、当該センサユニット814は、加速度センサジャイロセンサ磁気センサ圧力センサ、または温度センサをさらに含むことできる。

0123

通信ユニット816は、装置80と他の装置との間の有線または無線通信を容易にするように構成される。装置80は、通信規格に基づいた無線ネットワーク、例えば、WIFI、2Gまたは3G、またはそれらの組み合わせにアクセスすることができる。例示的な一実施例では、通信ユニット816は、ブロードキャストチャネルを介して外部ブロードキャスト管理システムからのブロードキャスト信号またはブロードキャスト関連情報を受信する。例示的な一実施例では、前記通信ユニット816は、近距離通信を促進する近距離通信(NFC)モジュールをさらに含む。例えば、NFCモジュールは、無線周波数識別RFID)技術、赤外線データアソシエーション(IrDA)技術、超広帯域(UWB)技術、ブルートゥースBT登録商標)技術、および他の技術に基づいて実現することができる。

0124

例示的な実施例では、装置80は、1つまたは複数の特定用途向け集積回路ASIC)、デジタル信号プロセッサ(DSP)、デジタル信号処理デバイス(DSPD)、プログラマブル論理デバイスPLD)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、コントローラマイクロコントローラマイクロプロセッサまたは他の電子デバイスによって実現することができ、上記ユーザ端末側の商品表示方法を実行するために使用される。

0125

例示的な実施例において、命令を含む非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体がさらに提供され、例えば、命令を含むメモリ804、上記命令は、装置80のプロセッサ820によって実行されて上記ユーザ端末側の商品表示方法を完成する。例えば、前記非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、ROM、ランダムアクセスメモリ(RAM)、CD-ROMカセットテープフロッピーディスク、および光データ記憶装置であってもよい。

0126

本開示の実施例は、非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を提供し、前記記憶媒体における命令が表示端末のプロセッサによって実行される場合、表示端末が上記商品表示方法を実行することができ、当該方法は、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、ユーザが購入する意図がある少なくとも1つの商品の商品識別子を含む前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報に基づいて、前記購入意図情報に含まれる商品識別子に対応する前記少なくとも1つの商品を表示するステップと、を含む。

0127

一実施例では、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップは、前記ユーザ端末と前記表示端末との間の距離を取得するステップと、前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップと、を含む。

0128

一実施例では、前記距離に基づいて、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップは、前記距離が第1の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するステップと、前記距離が前記第1の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしていると確認するステップと、を含む。

0129

一実施例では、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するステップは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が、顔認識の要件を満たしているか否かを決定するステップを含み、前記表示端末とユーザ端末との位置関係が前記所定の条件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップは、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が顔認識の要件を満たしている場合、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップを含む。

0130

一実施例では、前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するステップは、前記ユーザ端末の端末識別子を取得するステップと、サーバが、前記端末識別子に対応するユーザ端末の検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得し、且つ前記検索記録または前記ショッピングカートの商品リストに基づいて前記ユーザ端末の購入意図情報を取得するように、前記端末識別子に基づいて前記サーバに前記ユーザ端末の端末識別子を含むクエリ情報を送信するステップと、前記サーバによって送信された、購入意図情報を含むフィードバック情報を受信するステップと、を含む。

0131

本開示の実施例は、非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を提供し、前記記憶媒体における命令が装置80のプロセッサによって実行される場合、装置80が上記ユーザ端末側の商品表示方法を実行することができ、当該方法は、ローカルの検索記録またはショッピングカートの商品リストを取得するステップと、前記検索記録またはショッピングカートの商品リストに基づいて、前記検索記録に対応する少なくとも1つの商品の商品識別子および/または前記ショッピングカートの商品リストに含まれる少なくとも1つの商品の商品識別子を含む購入意図情報を取得するステップと、前記購入意図情報を表示端末に送信するステップと、を含む。

0132

一実施例では、前記方法は、前記表示端末が、前記表示端末と前記ユーザ端末との位置関係が所定の条件を満たしているか否かを決定するように、前記表示端末に現在の位置を送信するステップをさらに含む。

0133

一実施例では、前記表示端末に現在の位置を送信するステップは、前記ユーザ端末の現在の位置と前記表示端末の位置とを含む地図を取得するステップと、前記地図に基づいて、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下であるか否かを決定するステップと、前記ユーザ端末と前記表示端末との距離が第2の所定の距離閾値以下である場合、前記表示端末に前記現在の位置を送信するステップと、を含む。

0134

一実施例では、前記表示端末に現在の位置を送信するステップは、前記表示端末に対応する無線ローカルエリアネットワークとの接続が確立される場合、前記表示端末に現在の位置を送信するステップを含む。

0135

業者は、明細書を考慮してここで開示される発明を実施した後、本発明の他の実施案を容易に想到することができる。本出願は、本発明のいかなる変形、用途または適宜な変化を含むことを主旨とし、これらの変形、用途または適宜な変化は、本発明の一般的な原理に従るとともに、本開示で開示されていない当分野の公知常識または慣用技術手段を含む。明細書および実施例は、例示するものに過ぎなく、本発明の本当な範囲および主旨は、以下の請求の範囲によって示される。

0136

なお、本発明は、上記説明に記載され、図面に示されている厳密な構成に限定されず、その範囲から逸脱しない限り、様々な修正および変更を行うことができる。本開示の範囲は、添付の特許請求の範囲のみによって限定される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ