図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年10月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題・解決手段

DNAシーケンシングという用語は、一般的に、DNA分子中のヌクレオチド塩基である、アデニングアニンシトシン、およびチミン順序を決定するために使用されているいくつかの方法および技術に適用されている。ヒトゲノムのシーケンシングにおける、およびヒトゲノムプロジェクトにおける診断バイオテクノロジー、法生物学、および生物学的体系学などの、多数の分野に適用される多くの用途を有する。本発明のマシンでは、通常のPCR技法によってDNA試料断片を増幅する。個々のヌクレオチドを、新生短鎖DNAに添加する。試験されるDNA断片にヌクレオチドが相補的である場合、添加されたヌクレオチドの濃度の変化を調べることができる。この変化は、相補的ヌクレオチドを示す任意の方法によって検出することができる。最後に、組み合わせたデータを使用して、コンピュータシステムによるシーケンス読み出しを生成する。

概要

背景

シーケンシング原理
DNAシーケンシング用に以前開発された2つの主な方法:
1−合成によるシーケンシング:
サンガージデオキシチェーンターミネーション(Life Technologies、Applied Biosystems)
パイロシーケンシング(Roche/454)
−可逆化ターミネータ(Illumina)
−ゼロモードウェーブガイド(Zero Mode Waveguide)(Pacific Biosciences)第3世代シーケンシング
2−オリゴライゲーション検出によるシーケンシング
−SOLiD(Applied Biosystems)
以下は、これらの方法のより詳細な説明である。

1−チェーンターミネーション(サンガー)シーケンシング:
この方法では、ジデオキシヌクレオチド、およびddNTPにホスホジエステル結合の形成に必要な3’−OH基がないことによって鎖の成長終結されている、改変されているDNA複製反応。酵素DNAポリメラーゼ)の添加により、プライマーが、ddNTPに遭遇するまで伸長される。鎖は、ddNTPの組み込みで終了する。適切なdNTP:ddNTP比により、鎖はテンプレート全体の長さで終結する。終結された鎖すべては、その反応で添加されたddNTPで終了する。得られた終結された鎖を、電気泳動によって解析する。4つのddNTP各々に対して、別個染料または「色素」が使用される。ヌクレオチド末端は色素によって区別することができるため、4つすべての反応は、単一の管で実施することができる。

2−パイロシーケンシング:
各ヌクレオチドが、各サイクル順番に添加される。そのとき4つのうちの1つのみが光シグナルを生成する。次のサイクルを準備するために、酵素を用いて残りのヌクレオチドを除去する。光シグナルをピログラムで記録する。

パイロシーケンシングは、ヌクレオチド添加時のピロリン酸(PPi)の放出を介する光シグナルの生成に基づいている。

・DNAn+dNTP→DNAn+1+PP1
・PPiは、アデノシンホスホ硫酸APS)からのATPの生成に使用される。

・APS+PP1→ATP
ATPおよびルシフェラーゼは、ルシフェリンオキシルフェリンへの変換によって光を生成する。

3−ゼロモードウェーブガイド:
この方法は、各ヌクレオチドが、DNAの成長鎖に組み込まれた直後に各ヌクレオチドの同一性を検出することに基づく、単一分子リアルタイムシーケンシングである。

4−ライゲーションによるシーケンシング
プローブシーケンスオリゴヌクレオチドの代わりにDNA断片)に結合するリガーゼポリメラーゼの代わりに使用する。プローブを添加すると、蛍光シグナルが産生される。蛍光に基づき、ヌクレオチドの同一性を推測することができる。シーケンシング方法は、一塩基のみに従来とは異なる2つ以上のプライマーを含む。

5−ナノポアシーケンシング
モノマーが配列しているポリマー分子を、非常に小さい体積の空間に順番に通して移動させるナノスケールデバイスを利用する。移動させるポリマーの特徴的な特色を電気シグナル直接変換する検出器を含む。1分子ごとのベースで、変換および識別がリアルタイムで行われる。これは、数千の異なる分子を数分でプローブすることができる。非常に長いDNAの長さをプローブすることができる。

6−合成によるシーケンシング(SBS):
SBSは、各ヌクレオチドをポリメラーゼ反応中のDNAの成長鎖に組み込んだ直後に各ヌクレオチドの同一性を検出することを含む。SBSは、「蛍光インサイチュシーケンシング」(FISSEQ)およびパイロシーケンシング方法を含む。

光切断リンカーを通じて4つの塩基の各々に異なる蛍光色素を結合する。DNAポリメラーゼにより、相補的な単一ヌクレオチド類似体が組み込まれる。検出される特有蛍光発光は、組み込まれたヌクレオチドによる。続いて光化学によって蛍光色素を除去し、化学的に3−OH基を再生成し、そのサイクルを続けて行う。

この用途におけるこの新規の方法の目的:
シーケンシング原理およびシーケンシングマシンは、非常に高価なツールおよび機器を含む。加えて、一般的な研究施設では、かかる技術を入手することは容易ではない。これらの方法のうちのほとんどは、困難であり、これらの実験費用を増加させる、特殊な酵素または蛍光染料など特殊な標識方法を必要とする。これらの理由から、これらの技術を簡易化し、関連費用を減少させるために、新規の方法を開発および導入する必要がある。

3−本発明の開示内容
新規の原理:
DNAシーケンシングという用語は、一般的に、DNA分子中のヌクレオチド塩基である、アデニングアニンシトシン、およびチミン順序を決定するために使用されているいくつかの方法および技術に適用されている。ヒトゲノムのシーケンシングにおける、およびヒトゲノムプロジェクトにおける診断バイオテクノロジー、法生物学、および生物学的体系学などの、多数の分野に適用される多くの用途を有する。本発明のマシンでは、通常のPCR技法によってDNA試料断片を増幅する。個々のヌクレオチドを、新生短鎖DNAに添加する。試験されるDNA断片にヌクレオチドが相補的である場合、添加されたヌクレオチドの濃度の変化は、任意の方法によって調べることができる。

概要

DNAシーケンシングという用語は、一般的に、DNA分子中のヌクレオチド塩基である、アデニン、グアニン、シトシン、およびチミンの順序を決定するために使用されているいくつかの方法および技術に適用されている。ヒトゲノムのシーケンシングにおける、およびヒトゲノムプロジェクトにおける診断、バイオテクノロジー、法生物学、および生物学的体系学などの、多数の分野に適用される多くの用途を有する。本発明のマシンでは、通常のPCR技法によってDNA試料断片を増幅する。個々のヌクレオチドを、新生短鎖DNAに添加する。試験されるDNA断片にヌクレオチドが相補的である場合、添加されたヌクレオチドの濃度の変化を調べることができる。この変化は、相補的ヌクレオチドを示す任意の方法によって検出することができる。最後に、組み合わせたデータを使用して、コンピュータシステムによるシーケンス読み出しを生成する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

DNAシーケンシング用のデバイスであって、核酸試料受容するように構成されている試料ホルダと、前記試料の温度を上昇させるように構成されている加熱システムと、前記試料の温度を下げるように構成されている冷却システムと、所望の時間−温度プロファイルを通じて前記デバイスがサイクルを行うように前記加熱システムおよび前記冷却システムを制御するように構成されている制御器と、を含む、デバイス。加えて、任意の種類のセンサが、前記反応チャンバの任意の内側部分または外側部分に設置されて、好適な液体および水移動システムを使用して、各ヌクレオチドの添加前後のdNTP濃度についての情報を提供することができる。

請求項2

任意の種類の前記センサが、前記反応チャンバの任意の内側部分または外側部分に設置されて、温度および他の要素を含む、前記反応チャンバ内の前記試料の状態についての情報を提供することができる、請求項1に記載のデバイス。

請求項3

ソフトウェアプログラミング用の入力ユニットに接続されている、前記反応チャンバで実行されるすべてのプロセスを制御するための前記制御ユニット、および前記データを収集し、前記制御ユニットに前記データを送信する、前記反応チャンバ内側または外側の前記センサ、請求項1に記載のデバイス。

請求項4

記入力ユニットが、ソフトウェアプログラミングおよびパラメータ選択用マシン内側に設置されている、請求項1に記載のデバイス。

請求項5

前記反応チャンバの前記温度が、任意の種類の加熱および冷却システムによって制御されて、前記反応チャンバの前記温度を制御する、請求項1に記載のデバイス。

請求項6

より正確かつ再現性の高い結果のために、多くの対照試料が、前記反応チャンバの内側に設置され得る、請求項1に記載のデバイス。

請求項7

任意の種類のセンサが、前記反応チャンバの任意の内側部分または外側部分に設置されて、各ヌクレオチドの添加前後の前記濃度についての情報を提供することができる、請求項1に記載のデバイス。

請求項8

試料の数が限定されない、請求項1に記載のデバイス。

技術分野

0001

本出願は、添加されたヌクレオチドの反応前後の濃度の変化の測定に基づくDNAシーケンシング方法を対象とする。

背景技術

0002

シーケンシング原理
DNAシーケンシング用に以前開発された2つの主な方法:
1−合成によるシーケンシング:
サンガージデオキシチェーンターミネーション(Life Technologies、Applied Biosystems)
パイロシーケンシング(Roche/454)
−可逆化ターミネータ(Illumina)
−ゼロモードウェーブガイド(Zero Mode Waveguide)(Pacific Biosciences)第3世代シーケンシング
2−オリゴライゲーション検出によるシーケンシング
−SOLiD(Applied Biosystems)
以下は、これらの方法のより詳細な説明である。

0003

1−チェーンターミネーション(サンガー)シーケンシング:
この方法では、ジデオキシヌクレオチド、およびddNTPにホスホジエステル結合の形成に必要な3’−OH基がないことによって鎖の成長終結されている、改変されているDNA複製反応。酵素DNAポリメラーゼ)の添加により、プライマーが、ddNTPに遭遇するまで伸長される。鎖は、ddNTPの組み込みで終了する。適切なdNTP:ddNTP比により、鎖はテンプレート全体の長さで終結する。終結された鎖すべては、その反応で添加されたddNTPで終了する。得られた終結された鎖を、電気泳動によって解析する。4つのddNTP各々に対して、別個染料または「色素」が使用される。ヌクレオチドの末端は色素によって区別することができるため、4つすべての反応は、単一の管で実施することができる。

0004

2−パイロシーケンシング:
各ヌクレオチドが、各サイクル順番に添加される。そのとき4つのうちの1つのみが光シグナルを生成する。次のサイクルを準備するために、酵素を用いて残りのヌクレオチドを除去する。光シグナルをピログラムで記録する。

0005

パイロシーケンシングは、ヌクレオチド添加時のピロリン酸(PPi)の放出を介する光シグナルの生成に基づいている。

0006

・DNAn+dNTP→DNAn+1+PP1
・PPiは、アデノシンホスホ硫酸APS)からのATPの生成に使用される。

0007

・APS+PP1→ATP
ATPおよびルシフェラーゼは、ルシフェリンオキシルフェリンへの変換によって光を生成する。

0008

3−ゼロモードウェーブガイド:
この方法は、各ヌクレオチドが、DNAの成長鎖に組み込まれた直後に各ヌクレオチドの同一性を検出することに基づく、単一分子リアルタイムシーケンシングである。

0009

4−ライゲーションによるシーケンシング
プローブシーケンスオリゴヌクレオチドの代わりにDNA断片)に結合するリガーゼポリメラーゼの代わりに使用する。プローブを添加すると、蛍光シグナルが産生される。蛍光に基づき、ヌクレオチドの同一性を推測することができる。シーケンシング方法は、一塩基のみに従来とは異なる2つ以上のプライマーを含む。

0010

5−ナノポアシーケンシング
モノマーが配列しているポリマー分子を、非常に小さい体積の空間に順番に通して移動させるナノスケールデバイスを利用する。移動させるポリマーの特徴的な特色を電気シグナル直接変換する検出器を含む。1分子ごとのベースで、変換および識別がリアルタイムで行われる。これは、数千の異なる分子を数分でプローブすることができる。非常に長いDNAの長さをプローブすることができる。

0011

6−合成によるシーケンシング(SBS):
SBSは、各ヌクレオチドをポリメラーゼ反応中のDNAの成長鎖に組み込んだ直後に各ヌクレオチドの同一性を検出することを含む。SBSは、「蛍光インサイチュシーケンシング」(FISSEQ)およびパイロシーケンシング方法を含む。

0012

光切断リンカーを通じて4つの塩基の各々に異なる蛍光色素を結合する。DNAポリメラーゼにより、相補的な単一ヌクレオチド類似体が組み込まれる。検出される特有蛍光発光は、組み込まれたヌクレオチドによる。続いて光化学によって蛍光色素を除去し、化学的に3−OH基を再生成し、そのサイクルを続けて行う。

0013

この用途におけるこの新規の方法の目的:
シーケンシング原理およびシーケンシングマシンは、非常に高価なツールおよび機器を含む。加えて、一般的な研究施設では、かかる技術を入手することは容易ではない。これらの方法のうちのほとんどは、困難であり、これらの実験費用を増加させる、特殊な酵素または蛍光染料など特殊な標識方法を必要とする。これらの理由から、これらの技術を簡易化し、関連費用を減少させるために、新規の方法を開発および導入する必要がある。

0014

3−本発明の開示内容
新規の原理:
DNAシーケンシングという用語は、一般的に、DNA分子中のヌクレオチド塩基である、アデニングアニンシトシン、およびチミン順序を決定するために使用されているいくつかの方法および技術に適用されている。ヒトゲノムのシーケンシングにおける、およびヒトゲノムプロジェクトにおける診断バイオテクノロジー、法生物学、および生物学的体系学などの、多数の分野に適用される多くの用途を有する。本発明のマシンでは、通常のPCR技法によってDNA試料断片を増幅する。個々のヌクレオチドを、新生短鎖DNAに添加する。試験されるDNA断片にヌクレオチドが相補的である場合、添加されたヌクレオチドの濃度の変化は、任意の方法によって調べることができる。

実施例

0015

ゲノムDNA断片を、固体支持体上に固定する。各DNA断片をPCR技法によって増幅して、DNAのクラスターを産生する。PCR技法では、反応混合物の温度は、PCRサイクル中95℃〜40°〜60℃、ある特定のサイクル数では最終的には〜72℃と変動する場合がある。単一DNA断片に由来する各クラスターは、単一シーケンシング反応として機能する。シーケンシング反応では、一回にヌクレオチドのうちの1つを添加することによって、DNAクラスターを試験する。ヌクレオチドが相補的である場合、添加されたdNTPの濃度の変化を調べることができる。この変化は、シーケンシングチャンバの任意の部分で直接試験することができる。

0016

シーケンシングチャンバの詳細な説明:
1.増幅され、次いで相補的ヌクレオチドについて試験されるゲノムDNA断片を担持する固体支持体このチャンバは、電熱器および冷却システムを備える。

0017

2.各DNA断片をPCR技法によって増幅して、DNAのクラスターを産生する。PCR技法では、反応混合物の温度は、PCRサイクル中95℃〜40°〜60℃、ある特定のサイクル数では最終的には〜72℃と変動する場合がある。

0018

3.増幅されるDNAクラスターに4つの種類のヌクレオチドのうちの1つを添加するのに必要とされる、構成成分すべてを各々担持している4つの異なる溶液を、4つの異なる容器内に入れる。

0019

4.シーケンシング反応では、一回にヌクレオチドのうちの1つを添加することによって、DNAクラスターを試験する。ヌクレオチドが相補的である場合、濃度の変化を調べることができる。この変化は、シーケンシングチャンバの任意の内側部分または外側部分で直接試験することができる。

図面の簡単な説明

0020

任意の方法により増幅されるゲノムDNA断片を担持している固体支持体を収容している反応チャンバ(1)、 反応チャンバの温度を制御するための、任意の種類の加熱および冷却システム(2)、ソフトウェアプログラミング用の入力ユニットに接続されている反応チャンバで実行されるすべてのプロセスを制御するための制御ユニット(4)、およびデータを収集し、制御ユニットにデータを送信する、反応チャンバ内側または外側のセンサ(5)、(6)、 一回にヌクレオチドのうちの1つを添加することによって、相補的ヌクレオチドのDNAクラスターを試験するために必要なすべての溶液を担持している液体および水移動(3)システム、 ヌクレオチドが相補的であるかどうかを試験し、調べることができる濃度のあらゆる変化を検出するのに必要な、すべての種類のセンサを含む、センサ(5)および(6)に接続されている測定ユニットこの変化は、シーケンシングチャンバの内側部分または外側部分で試験することができる。次いで、データを収集し、メイン制御ユニットに送信することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本板硝子株式会社の「 反応処理容器」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】試料を蛇行状流路で停止する精度を向上することのできる反応処理容器を提供する。【解決手段】反応処理容器10は、基板14と、基板の上面14aに形成された溝状の流路12とを備える。流路12は、高温蛇... 詳細

  • 株式会社J-ARMの「 イヌのリンパ球由来のがん殺傷性細胞集団の製造方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】 イヌのがん免疫療法として使用するリンパ球由来の高い細胞殺傷能を有する細胞集団を、作業リスクの少ない簡便で且つ安全な方法で生産することができるより安価な方法を提供する。【解決手段】 好まし... 詳細

  • 国立大学法人新潟大学の「 アンブレインの効率的製造方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本発明の目的は、簡便に且つ効率的にアンブレインを得ることができるアンブレインの製造方法を提供することにある。前記課題は、本発明の(1)DXDDモチーフの第4番目のアミノ酸残基であるア... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ