図面 (/)

技術 無線通信システムにおけるデータチャネル及び制御チャネルの送受信方法、装置、及びシステム

出願人 ウィルスインスティテュートオブスタンダーズアンドテクノロジーインコーポレイティド
発明者 キョンジュン・チェミンソク・ノジンサム・カク
出願日 2018年8月6日 (2年6ヶ月経過) 出願番号 2020-505807
公開日 2020年10月8日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-529780
状態 未査定
技術分野 エラーの検出、防止 移動無線通信システム
主要キーワード 解釈エラー フィードバック指示 追加過程 オーバーベッド スマート家電 連結網 連結順番 任意アクセス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

無線通信システム端末、及びそれを利用する無線通信方法が開示される。より詳しくは、通信モジュール及びプロセッサを含み、前記プロセッサは、一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHスケジューリング情報を指示するPDCCHを介してDCIを受信するし、前記DCIのDCIフォーマットに基づいて前記各セルにおける伝送方式識別し、前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信し、前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQACKビットシーケンスを各セルの識別された伝送方式に基づいて生成し、生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送する端末、及びそれを利用する無線通信方法が開示される。

概要

背景

4G(4th generation)通信ステムの商用化後、増加する無線データトラフィック需要充足するために、新たな5G(5th generation)通信システムを開発するための努力が行われている。5G通信システムは、4Gネットワーク以降(beyond 4G network)の通信システム、LTEシステム以降(postLTE)システム、またはNR(new radio)システムと称されている。高いデータ伝送率を達成するために、5G通信システムは、6GHz以上の超高周波(mmWave)帯域を使用して運用されるシステムを含み、また、カバレッジを確保し得る側面から6GHz以下の周波数帯域を使用して運用される通信システムを含んで基地局と端末における具現が考慮されている。

3GPP(3rd generation partnership project) NRシステムは、ネットワークスペクトルの効率を向上させて、通信事業者が与えられた帯域幅でより多くのデータ及び音声サービスを提供し得るようにする。よって、3GPP NRシステムは、大容量音声支援以外にも、高速データ及びメディア伝送に対する要求を充足するように設計される。NRシステムの長所は、同じプラットフォームで高い処理量、低い待機時間、FDD(frequency division duplex)及びTDD(time division duplex)の支援、向上された最終ユーザ環境、及び簡単なアーキテクチャで低い運営コストを有するという点である。

より効率的なデータ処理のために、NRシステムのダイナミックTDDは、セルのユーザのデータトラフィック方向に応じて上りリンク及び下りリンクに使用し得るOFDM(orthogoal frequency division multiplexing)シンボル個数可変する方式を使用する。例えば、セルの下りリンクトラフィックが上りリンクトラフィックより多ければ、基地局はスロット(またはサブフレーム)に多数の下りリンクOFDMシンボル割り当てる。スロット構成に関する情報は端末に伝送されるべきである。

超高周波帯域における電波経路損失緩和及び電波の伝達距離の増加のために、5G通信システムではビームフォーミング(beamforming)、巨大配列多重入出力(massiveMIMO)、全次元多重入出力(full dimension MIMO、FD−MIMO)、アレイアンテナ(array antenna)、アナログビームフォーミング(analog beam−forming)、アナログビームフォーミングとデジタルビームフォーミングを組み合わせるハイブリッドビームフォーミング、及び大規模アンテナ(large scale antenna)技術が論議されている。また、システムネットワークを改善するために、5G通信システムでは進化した小型セル、改善された小型セル(advanced small cell)、クラウド無線アクセスネットワーク(cloud radio access network:cloud RAN)、超高密度ネットワーク(ultra−dense network)、機器間通信(device to device communication:D2D)、車両を利用する通信(vehicle to everything communication:V2X)、無線バックホール(wireless backhaul)、非−地上波ネットワーク通信(non−terrestrial network communication、NTN)、移動ネットワーク(moving network)、協力通信(cooperative communication)、CoMP(coordinated multi−points)、及び受信干渉除去(interference cancellation)などに関する技術開発が行われている。その他、5Gシステムでは進歩したコーディング変調(advanced coding modulation:ACM)方式のFQAM(hybridFSKand QAM modulation)及びSWSC(sliding window superposition coding)と、進歩したアクセス技術であるFBMC(filter bank multi−carrier)、NOMA(non−orthogonal multiple access)、及びSCMA(sparse code multiple access)などが開発されている。

一方、インターネットは人間が情報を生成し消費する人間中心の連結網において、物など分散された構成要素間に情報を交換し処理するIoT(Internet of Things、モノのインターネット)網に進化している。クラウドサーバなどとの連結を介したビックデータ(big data)処理技術などがIoT技術に結合されたIoE(Internet of Everything)技術も台頭している。IoTを具現するために、センシング技術有無線通信及びネットワークインフラサービスインタフェース技術、及び保安技術のような技術要素が要求されており、最近は物間の連結のためのセンサネットワークマシンツーマシン(machine to machine、M2M)、MTC(machine type communication)などの技術が研究されている。IoT環境では、連結された物から生成されたデータを収集分析して、人間の生活に新たな価値を生み出す知能型IT(internet technology)サービスが提供される。IoTは、従来のIT(information technology)技術と多様な産業間の融合及び複合を介し、スマートホームスマートビルスマートシティ、スマートカーまたはコネクテドカー、スマートグリッドヘルスケアスマート家電、先端医療サービスなどの分野に応用される。

そこで、5G通信システムをIoT網に適用するための様々な試みが行われている。例えば、センサネットワーク、マシンツーマシン、MTCなどの技術が、5G通信技術であるビームフォーミング、MIMO、及びアレイアンテナなどの技法によって具現されている。上述したビックデータ処理技術として、クラウド無線アクセスネットワーク(cloud RAN)の適用も5G技術とIoT技術の融合の一例といえる。一般に、移動通信システムは、ユーザの活動性保障しながら音声サービスを提供するために開発されている。

しかし、移動通信システムは次第に音声だけでなくデータサービスにまで領域を拡張しており、現在は高速のデータサービスを提供する程度にまで発展している。しかし、現在サービス提供中の移動通信システムでは、資源不足現象及びユーザの高速サービス要求のため、より発展した移動通信システムが要求されている。

概要

無線通信システムの端末、及びそれを利用する無線通信方法が開示される。より詳しくは、通信モジュール及びプロセッサを含み、前記プロセッサは、一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHスケジューリング情報を指示するPDCCHを介してDCIを受信するし、前記DCIのDCIフォーマットに基づいて前記各セルにおける伝送方式識別し、前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信し、前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQACKビットシーケンスを各セルの識別された伝送方式に基づいて生成し、生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送する端末、及びそれを利用する無線通信方法が開示される。

目的

一般に、移動通信システムは、ユーザの活動性を保障しながら音声サービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

無線通信システム端末において、通信モジュールと、前記通信モジュールを制御するプロセッサと、を含み、前記プロセッサは、一つ以上のセル(ら)で各セルの物理下りリンク共有チャネルPDSCH)スケジューリング情報を指示する物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を介して下りリンク制御情報(DCI)を受信するが、前記一つ以上のセル(ら)において少なくとも一つのセルにはコードブロックグループ(CBG)−基盤伝送が構成されており、前記DCIのDCIフォーマットに基づいて前記各セルにおける伝送方式識別するが、前記伝送方式は伝送ブロック(TB)−基盤伝送、またはCBG−基盤伝送のうちいずれか一つであり、前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信し、前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQACK(hybridautomaticrepeatrequestacknowledgement)ビットシーケンスを各セルの識別された伝送方式に基づいて生成するが、前記HARQ−ACKビットシーケンス内でTB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスはそれぞれ別途に生成される、及び生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送する端末。

請求項2

前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスでは一つの伝送ブロック当たり一つのHARQ−ACKビットが生成され、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスでは一つの伝送ブロック当たりN個のHARQ−ACKビット(ら)が生成されるが、前記Nは前記端末に構成された一つの伝送ブロック当たりのCBGの最大個数である請求項1に記載の端末。

請求項3

前記一つ以上のセル(ら)において、CBG−基盤伝送が構成された特定セルを介して伝送されたCBG(ら)の個数Mが前記Nより少なければ、前記特定セルに対するHARQ−ACKビット(ら)は前記伝送されたCBG(ら)に対するM個のHARQ−ACKビット(ら)とN−M個のNACK(ら)からなる請求項2に記載の端末。

請求項4

前記プロセッサは、前記DCIフォーマットにおける下りリンク割当インデックス(DAI)を受信し、前記DAIを参照して前記HARQ−ACKビットシーケンスを生成するが、前記DAIは現在のセルまでスケジューリングされたPDSCH(ら)の累積個数を示すカウンタ−DAIと、全てのセルにスケジューリングされたPDSCHの総個数を示すトータル−DAIを含む請求項1に記載の端末。

請求項5

前記DAIは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスにそれぞれ別途に適用される請求項4に記載の端末。

請求項6

前記HARQ−ACKビットシーケンス内において、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスの次に添付される請求項1に記載の端末。

請求項7

無線通信システムにおける無線通信方法であって、一つ以上のセル(ら)で各セルの物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)スケジューリング情報を指示する物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を介して下りリンク制御情報(DCI)を受信するステップ、前記一つ以上のセル(ら)において少なくとも一つのセルはコードブロックグループ(CBG)−基盤伝送が構成される;前記DCIのDCIフォーマットに基づいて前記各セルにおける伝送方式を識別するステップ、前記伝送方式は伝送ブロック(TB)−基盤伝送、またはCBG−基盤伝送のうちいずれか一つである;前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信するステップ;前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQ−ACKビットシーケンスを各セルの識別された伝送方式に基づいて生成するステップ、前記HARQ−ACKビットシーケンス内でTB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスはそれぞれ別途に生成される;及び生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送するステップを含む無線通信方法。

請求項8

無線通信システムの端末において、通信モジュールと、前記通信モジュールを制御するプロセッサと、を含み、前記プロセッサは、一つ以上のセル(ら)で各セルの物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)スケジューリング情報を指示する物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を受信するが、前記一つ以上のセル(ら)において少なくとも一つのセルにはコードブロックグループ(CBG)−基盤伝送が可能に構成されており、前記PDCCHを介して下りリンク割当インデックス(DAI)を受信し、前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信し、前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQ−ACKビットシーケンスを前記DAIを参照して生成するが、前記HARQ−ACKビットシーケンスは、伝送ブロック(TB)−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスのうち少なくとも一つを含み、前記DAIは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスにそれぞれ別途に適用され、及び生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送する端末。

請求項9

前記HARQ−ACKビットシーケンスは、前記各セルの識別された伝送方式に基づいて生成されるが、前記各セルにおける伝送方式は、TB−基盤伝送またはCBG−基盤伝送のうちいずれか一つである請求項8に記載の端末。

請求項10

前記プロセッサは、前記PDCCHを介して下りリンク制御情報(DCI)を受信し、前記各セルの伝送方式は前記DCIのDCIフォーマットに基づいて識別される請求項9に記載の端末。

請求項11

前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスでは一つの伝送ブロック当たり一つのHARQ−ACKビットが生成され、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスでは一つの伝送ブロック当たりN個のHARQ−ACKビット(ら)が生成されるが、前記Nは前記端末に構成された一つの伝送ブロック当たりのCBGの最大個数である請求項8に記載の端末。

請求項12

前記一つ以上のセル(ら)において、CBG−基盤伝送が構成された特定セルを介して伝送されたCBG(ら)の個数Mが前記Nより少なければ、前記特定セルに対するHARQ−ACKビット(ら)は前記伝送されたCBG(ら)に対するM個のHARQ−ACKビット(ら)とN−M個のNACK(ら)からなる請求項11に記載の端末。

請求項13

前記HARQ−ACKビットシーケンス内において、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスの次に添付される請求項8に記載の端末。

請求項14

前記TB−基盤伝送に適用されるDAIは、現在のセルまでスケジューリングされたTB−基盤PDSCH(ら)の累積個数を示すカウンタ−DAIと、全てのセルにスケジューリングされたTB−基盤PDSCHの総個数を示すトータル−DAIを含み、前記CBG−基盤伝送に適用されるDAIは、現在のセルまでスケジューリングされたCBG−基盤PDSCH(ら)の累積個数を示すカウンタ−DAIと、全てのセルにスケジューリングされたCBG−基盤PDSCHの総個数を示すトータル−DAIを含む請求項8に記載の端末。

請求項15

前記TB−基盤伝送に適用されるDAIのトータル−DAIが予め設定された値を示し、前記TB−基盤伝送をスケジューリングするPDCCHが全く受信されなければ、前記HARQ−ACKビットシーケンスは前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスを除外して構成され、前記CBG−基盤伝送に適用されるDAIのトータル−DAIが予め設定された値を示し、前記CBG−基盤伝送をスケジューリングするPDCCHが全く受信されなければ、前記HARQ−ACKビットシーケンスは前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスを除外して構成される請求項14に記載の端末。

請求項16

前記予め設定された値は2進数の「11」である請求項15に記載の端末。

請求項17

前記HARQ−ACKビットシーケンスは、物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)を介して伝送される請求項15に記載の端末。

請求項18

無線通信システムにおける無線通信方法であって、一つ以上のセル(ら)で各セルの物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)スケジューリング情報を指示する物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を受信するステップ、前記一つ以上のセル(ら)において少なくとも一つのセルにはコードブロックグループ(CBG)−基盤伝送が可能に構成されている;前記PDCCHを介して下りリンク割当インデックス(DAI)を受信するステップ;前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信するステップ;前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQ−ACKビットシーケンスを前記DAIを参照して生成するステップ、前記HARQ−ACKビットシーケンスは伝送ブロック(TB)−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスのうち少なくとも一つを含み、前記DAIは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスにそれぞれ別途に適用される;及び前記生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送するステップを含む無線通信方法。

技術分野

0001

本発明は、無線通信システムに関する。詳しくは、本発明は、データチャネル及び制御チャネル送受信する無線通信方法、装置、及びシステムに関する。

背景技術

0002

4G(4th generation)通信システムの商用化後、増加する無線データトラフィック需要充足するために、新たな5G(5th generation)通信システムを開発するための努力が行われている。5G通信システムは、4Gネットワーク以降(beyond 4G network)の通信システム、LTEシステム以降(postLTE)システム、またはNR(new radio)システムと称されている。高いデータ伝送率を達成するために、5G通信システムは、6GHz以上の超高周波(mmWave)帯域を使用して運用されるシステムを含み、また、カバレッジを確保し得る側面から6GHz以下の周波数帯域を使用して運用される通信システムを含んで基地局と端末における具現が考慮されている。

0003

3GPP(3rd generation partnership project) NRシステムは、ネットワークスペクトルの効率を向上させて、通信事業者が与えられた帯域幅でより多くのデータ及び音声サービスを提供し得るようにする。よって、3GPP NRシステムは、大容量音声支援以外にも、高速データ及びメディア伝送に対する要求を充足するように設計される。NRシステムの長所は、同じプラットフォームで高い処理量、低い待機時間、FDD(frequency division duplex)及びTDD(time division duplex)の支援、向上された最終ユーザ環境、及び簡単なアーキテクチャで低い運営コストを有するという点である。

0004

より効率的なデータ処理のために、NRシステムのダイナミックTDDは、セルのユーザのデータトラフィック方向に応じて上りリンク及び下りリンクに使用し得るOFDM(orthogoal frequency division multiplexing)シンボル個数可変する方式を使用する。例えば、セルの下りリンクトラフィックが上りリンクトラフィックより多ければ、基地局はスロット(またはサブフレーム)に多数の下りリンクOFDMシンボル割り当てる。スロット構成に関する情報は端末に伝送されるべきである。

0005

超高周波帯域における電波経路損失緩和及び電波の伝達距離の増加のために、5G通信システムではビームフォーミング(beamforming)、巨大配列多重入出力(massiveMIMO)、全次元多重入出力(full dimension MIMO、FD−MIMO)、アレイアンテナ(array antenna)、アナログビームフォーミング(analog beam−forming)、アナログビームフォーミングとデジタルビームフォーミングを組み合わせるハイブリッドビームフォーミング、及び大規模アンテナ(large scale antenna)技術が論議されている。また、システムネットワークを改善するために、5G通信システムでは進化した小型セル、改善された小型セル(advanced small cell)、クラウド無線アクセスネットワーク(cloud radio access network:cloud RAN)、超高密度ネットワーク(ultra−dense network)、機器間通信(device to device communication:D2D)、車両を利用する通信(vehicle to everything communication:V2X)、無線バックホール(wireless backhaul)、非−地上波ネットワーク通信(non−terrestrial network communication、NTN)、移動ネットワーク(moving network)、協力通信(cooperative communication)、CoMP(coordinated multi−points)、及び受信干渉除去(interference cancellation)などに関する技術開発が行われている。その他、5Gシステムでは進歩したコーディング変調(advanced coding modulation:ACM)方式のFQAM(hybridFSKand QAM modulation)及びSWSC(sliding window superposition coding)と、進歩したアクセス技術であるFBMC(filter bank multi−carrier)、NOMA(non−orthogonal multiple access)、及びSCMA(sparse code multiple access)などが開発されている。

0006

一方、インターネットは人間が情報を生成し消費する人間中心の連結網において、物など分散された構成要素間に情報を交換し処理するIoT(Internet of Things、モノのインターネット)網に進化している。クラウドサーバなどとの連結を介したビックデータ(big data)処理技術などがIoT技術に結合されたIoE(Internet of Everything)技術も台頭している。IoTを具現するために、センシング技術有無線通信及びネットワークインフラサービスインタフェース技術、及び保安技術のような技術要素が要求されており、最近は物間の連結のためのセンサネットワークマシンツーマシン(machine to machine、M2M)、MTC(machine type communication)などの技術が研究されている。IoT環境では、連結された物から生成されたデータを収集分析して、人間の生活に新たな価値を生み出す知能型IT(internet technology)サービスが提供される。IoTは、従来のIT(information technology)技術と多様な産業間の融合及び複合を介し、スマートホームスマートビルスマートシティ、スマートカーまたはコネクテドカー、スマートグリッドヘルスケアスマート家電、先端医療サービスなどの分野に応用される。

0007

そこで、5G通信システムをIoT網に適用するための様々な試みが行われている。例えば、センサネットワーク、マシンツーマシン、MTCなどの技術が、5G通信技術であるビームフォーミング、MIMO、及びアレイアンテナなどの技法によって具現されている。上述したビックデータ処理技術として、クラウド無線アクセスネットワーク(cloud RAN)の適用も5G技術とIoT技術の融合の一例といえる。一般に、移動通信システムは、ユーザの活動性保障しながら音声サービスを提供するために開発されている。

0008

しかし、移動通信システムは次第に音声だけでなくデータサービスにまで領域を拡張しており、現在は高速のデータサービスを提供する程度にまで発展している。しかし、現在サービス提供中の移動通信システムでは、資源不足現象及びユーザの高速サービス要求のため、より発展した移動通信システムが要求されている。

発明が解決しようとする課題

0009

本発明の目的は、無線通信システム、特にセルラー無線通信システムにおいて効率的に信号を伝送する方法及びそのための装置を提供することである。また、本発明の目的は、下りリンク制御チャネルを送受信する方法、そのための装置及びシステムを提供することである。

0010

本発明は、端末にコードブロックグループ(CBG)−基盤伝送が可能に構成された際、HARQACKビットシーケンスを生成する方法を提供するための目的を有する。

0011

また、本発明は、端末にCBG−基盤伝送が可能に構成された際、効率的な再伝送を行う方法を提供するための目的を有する。

0012

更に、本発明は、CBG−基盤伝送が可能に構成された端末が少なくとも一つのPDCCHの受信に失敗したら、HARQ−ACKビットシーケンスを生成する方法を提供するための目的を有する。

課題を解決するための手段

0013

前記のような課題を解決するために、以下のような無線通信システムの端末及び無線通信方法が提供される。

0014

まず、本発明の実施例によると、無線通信システムの端末において、通信モジュールと、前記通信モジュールを制御するプロセッサと、を含み、前記プロセッサは、一つ以上のセル(ら)で各セルの物理下りリンク共有チャネルPDSCH)スケジューリング情報を指示する物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を介して下りリンク制御情報(DCI)を受信するが、前記一つ以上のセル(ら)において少なくとも一つのセルにはコードブロックグループ(CBG)−基盤伝送が構成されており、前記DCIのDCIフォーマットに基づいて前記各セルにおける伝送方式識別するが、前記伝送方式は伝送ブロック(TB)−基盤伝送、またはCBG−基盤伝送のうちいずれか一つであり、前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信し、前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQ−ACK(hybrid automatic repeat request acknowledgement)ビットシーケンスを各セルの識別された伝送方式に基づいて生成するが、前記HARQ−ACKビットシーケンス内でTB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスはそれぞれ別途に生成される、及び生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送する端末が提供される。

0015

また、本発明の実施例によると、無線通信システムにおける無線通信方法であって、一つ以上のセル(ら)で各セルの物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)スケジューリング情報を指示する物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を介して下りリンク制御情報(DCI)を受信するステップ、前記一つ以上のセル(ら)において少なくとも一つのセルはコードブロックグループ(CBG)−基盤伝送が構成される;前記DCIのDCIフォーマットに基づいて前記各セルにおける伝送方式を識別するステップ、前記伝送方式は伝送ブロック(TB)−基盤伝送、またはCBG−基盤伝送のうちいずれか一つである;前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信するステップ;前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQ−ACKビットシーケンスを各セルの識別された伝送方式に基づいて生成するステップ、前記HARQ−ACKビットシーケンス内でTB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスはそれぞれ別途に生成される;及び生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送するステップを含む無線通信方法が提供される。

0016

前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスでは一つの伝送ブロック当たり一つのHARQ−ACKビットが生成され、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスでは一つの伝送ブロック当たりN個のHARQ−ACKビット(ら)が生成されるが、前記Nは前記端末に構成された一つの伝送ブロック当たりのCBGの最大個数である。

0017

前記一つ以上のセル(ら)において、CBG−基盤伝送が構成された特定セルを介して伝送されたCBG(ら)の個数Mが前記Nより少なければ、前記特定セルに対するHARQ−ACKビット(ら)は前記伝送されたCBG(ら)に対するM個のHARQ−ACKビット(ら)とN−M個のNACK(ら)からなる。

0018

前記プロセッサは、前記DCIフォーマットにおける下りリンク割当インデックス(DAI)を受信し、前記DAIを参照して前記HARQ−ACKビットシーケンスを生成するが、前記DAIは現在のセルまでスケジューリングされたPDSCH(ら)の累積個数を示すカウンタ−DAIと、全てのセルにスケジューリングされたPDSCHの総個数を示すトータル−DAIを含む。

0019

前記DAIは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスにそれぞれ別途に適用される。

0020

前記HARQ−ACKビットシーケンス内において、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスの次に添付される。

0021

また、本発明の他の実施例によると、無線通信システムの端末において、通信モジュールと、前記通信モジュールを制御するプロセッサと、を含み、前記プロセッサは、一つ以上のセル(ら)で各セルの物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)スケジューリング情報を指示する物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を受信するが、前記一つ以上のセル(ら)において少なくとも一つのセルにはコードブロックグループ(CBG)−基盤伝送が可能に構成されており、前記PDCCHを介して下りリンク割当インデックス(DAI)を受信し、前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信し、前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQ−ACKビットシーケンスを前記DAIを参照して生成するが、前記HARQ−ACKビットシーケンスは、伝送ブロック(TB)−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスのうち少なくとも一つを含み、前記DAIは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスにそれぞれ別途に適用され、及び生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送する端末が提供される。

0022

また、本発明の他の実施例によると、無線通信システムにおける無線通信方法であって、一つ以上のセル(ら)で各セルの物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)スケジューリング情報を指示する物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)を受信するステップ、前記一つ以上のセル(ら)において少なくとも一つのセルにはコードブロックグループ(CBG)−基盤伝送が可能に構成されている;前記PDCCHを介して下りリンク割当インデックス(DAI)を受信するステップ;前記PDCCHのスケジューリング情報に基づいて前記一つ以上のセル(ら)で各セルのPDSCHを受信するステップ;前記各セルのPDSCHの受信に対する応答として前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQ−ACKビットシーケンスを前記DAIを参照して生成するステップ、前記HARQ−ACKビットシーケンスは伝送ブロック(TB)−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスのうち少なくとも一つを含み、前記DAIは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスと、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスにそれぞれ別途に適用される;及び前記生成されたHARQ−ACKビットシーケンスを伝送するステップを含む無線通信方法が提供される。

0023

前記HARQ−ACKビットシーケンスは、前記各セルの識別された伝送方式に基づいて生成されるが、前記各セルにおける伝送方式は、TB−基盤伝送またはCBG−基盤伝送のうちいずれか一つである。

0024

前記プロセッサは、前記PDCCHを介して下りリンク制御情報(DCI)を受信し、前記各セルの伝送方式は前記DCIのDCIフォーマットに基づいて識別される。

0025

前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスでは一つの伝送ブロック当たり一つのHARQ−ACKビットが生成され、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスでは一つの伝送ブロック当たりN個のHARQ−ACKビット(ら)が生成されるが、前記Nは前記端末に構成された一つの伝送ブロック当たりのCBGの最大個数である。

0026

前記一つ以上のセル(ら)において、CBG−基盤伝送が構成された特定セルを介して伝送されたCBG(ら)の個数Mが前記Nより少なければ、前記特定セルに対するHARQ−ACKビット(ら)は前記伝送されたCBG(ら)に対するM個のHARQ−ACKビット(ら)とN−M個のNACK(ら)からなる。

0027

前記HARQ−ACKビットシーケンス内において、前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスは、前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスの次に添付される。

0028

前記TB−基盤伝送に適用されるDAIは、現在のセルまでスケジューリングされたTB−基盤PDSCH(ら)の累積個数を示すカウンタ−DAIと、全てのセルにスケジューリングされたTB−基盤PDSCHの総個数を示すトータル−DAIを含み、前記CBG−基盤伝送に適用されるDAIは、現在のセルまでスケジューリングされたCBG−基盤PDSCH(ら)の累積個数を示すカウンタ−DAIと、全てのセルにスケジューリングされたCBG−基盤PDSCHの総個数を示すトータル−DAIを含む。

0029

前記TB−基盤伝送に適用されるDAIのトータル−DAIが予め設定された値を示し、前記TB−基盤伝送をスケジューリングするPDCCHが全く受信されなければ、前記HARQ−ACKビットシーケンスは前記TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスを除外して構成され、前記CBG−基盤伝送に適用されるDAIのトータル−DAIが予め設定された値を示し、前記CBG−基盤伝送をスケジューリングするPDCCHが全く受信されなければ、前記HARQ−ACKビットシーケンスは前記CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンスを除外して構成される。

0030

前記予め設定された値は2進数の「11」である。

0031

前記HARQ−ACKビットシーケンスは、物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)を介して伝送される。

発明の効果

0032

本発明の実施例によると、CBG−基盤伝送が可能に構成された端末がHARQ−ACKビットシーケンスを決定するのに参照するための下りリンク制御情報のオーバーヘッドを最小化することができる。よって、本発明の実施例によると、基地局と端末間のネットワーク伝送効率が増加する。

0033

また、本発明の実施例によると、フォールバックモードの効率的なシグナリングを介し、再伝送を要請するためのシグナリングオーバーヘッドを最小化することができる。

0034

本発明から得られる効果は以上で言及した効果に限らず、言及していない他の効果は、以下の記載から本発明が属する技術分野における通常の知識を有する者に明確に理解されるはずである。

図面の簡単な説明

0035

無線通信システムで使用される無線フレーム構造の一例を示す図である。
無線通信システムにおける下りリンク(downlink、DL)/上りリンク(uplink、UL)スロット構造の一例を示す図である。
3GPPシステムに利用される物理チャネルと、該当物理チャンネルを利用した一般的な信号伝送方法を説明するための図である。
3GPP NRシステムにおける初期セルアクセスのためのSS/PBCHブロックを示す図である。
3GPP NRシステムにおける制御情報及び制御チャネル伝送のための手順を示す図である。
3GPP NRシステムにおけるPDCCH(physical downlink control channel)が伝送されるCORESET(control resource set)を示す図である。
3GPP NRシステムにおけるPDCCH探索空間を設定する方法を示す図である。
キャリア集成(carrier aggregation)を説明する概念図である。
単一キャリア通信と多重キャリア通信を説明するための図である。
クロス−キャリアスケジューリング技法が適用される例を示す図である。
本発明の実施例によるコードブロックグループ(code block group、CBG)の構成及びそれの時間周波数資源マッピングを示す図である。
本発明の実施例によって基地局がTB−基盤伝送またはCBG−基盤伝送を行い、端末がそれに対する応答としてHARQ−ACKの伝送を行う過程を示す図である。
受信したHARQ−ACKフィードバックフォールバック指示子解釈する方法の一実施例を示す図である。
受信したHARQ−ACKフィードバックとフォールバック指示子を解釈する方法の他の実施例を示す図である。
上述した実施例によって端末がCBG(ら)に対するHARQ−ACKとフォールバック指示子を伝送する一例を示す図である。
端末がCBG(ら)に対するHARQ−ACKとフォールバック指示子を伝送する追加の実施例を示す図である。
端末がCBG(ら)に対するHARQ−ACKとフォールバック指示子を伝送する追加の実施例を示す図である。
端末がCBG(ら)に対するHARQ−ACKとフォールバック指示子を伝送する追加の実施例を示す図である。
端末がCBG(ら)に対するHARQ−ACKとフォールバック指示子を伝送する追加の実施例を示す図である。
コンポーネントキャリアにマッピングされたDAI(downlink assignment index)値の一実施例を示す図である。
本発明の第1実施例によるDAIシグナリング方法及びそれに基づくHARQ−ACKビットシーケンス生成方法を示す図である。
本発明の第1実施例によるDAIシグナリング方法及びそれに基づくHARQ−ACKビットシーケンス生成方法を示す図である。
本発明の第2実施例によるDAIシグナリング方法を示す図である。
本発明の第3実施例によるDAIシグナリング方法を示す図である。
上述した第3実施例によってシグナリングされたDAIに基づいてHARQ−ACKビットシーケンスを生成する実施例を示す図である。
上述した第3実施例によってシグナリングされたDAIに基づいてHARQ−ACKビットシーケンスを生成する実施例を示す図である。
上述した第3実施例によってシグナリングされたDAIに基づいてHARQ−ACKビットシーケンスを生成する他の実施例を示す図である。
本発明の第4実施例によるDAIシグナリング方法を示す図である。
本発明の第5実施例によるDAIシグナリング方法を示す図である。
本発明の第6実施例によるDAIシグナリング方法を示す図である。
上述した第6実施例によってシグナリングされたDAIに基づいてHARQ−ACKビットシーケンスを生成する実施例を示す図である。
本発明の第7実施例によるDAIシグナリング方法を示す図である。
上述した第7実施例によってシグナリングされたDAIに基づいてHARQ−ACKビットシーケンスを生成する実施例を示す図である。
本発明の第8実施例によるDAIシグナリング方法を示す図である。
本発明の第9実施例によるDAIシグナリング方法を示す図である。
上述した第9実施例によってシグナリングされたDAIに基づいてHARQ−ACKビットシーケンスを生成する実施例を示す図である。
本発明の第10実施例によるDAIシグナリング方法を示す図である。
本発明の実施例によるHARQ−ACKの圧縮方法を示す図である。
本発明の実施例によってHARQ−ACKの空間バンドリングを行う方法を示す図である。
本発明の実施例によってHARQ−ACKの空間バンドリングを行う方法を示す図である。
本発明の実施例によってHARQ−ACKの空間バンドリングを行う方法をより詳しく示す図である。
本発明の実施例によってHARQ−ACKの空間バンドリングを行う方法をより詳しく示す図である。
本発明の一実施例による端末と基地局の構成をそれぞれ示すブロック図である。

実施例

0036

本明細書で使用される用語は本発明における機能を考慮しながらできるだけ現在広く使用されている一般的な用語を選択したが、これは当分野に携わる技術者の意図、慣例または新たな技術の出現などによって異なり得る。また、特定の場合は出願人が任意に選定した用語もあるが、この場合、該当の発明を実施する形態の部分においてその意味を記載する。よって、本明細書で使用される用語は、単なる用語の名称ではなく、その用語の有する実質的な意味と本明細書全般にわたる内容に基づいて解釈すべきであることを明らかにする。

0037

明細書全体において、ある構成が他の構成と「連結」されているとする際、これは「調節連結」されている場合だけでなく、その中間に他の構成要素を挟んで「電気的に連結」されている場合も含む。また、ある構成が特定の構成要素を「含む」という際、これは特に反対する記載がない限り、他の構成要素を除くのではなく、他の構成要素を更に含むことを意味する。加えて、特定臨界値を基準に「以上」または「以下」という限定事項は、実施例によってはそれぞれ「超過」または「未満」に適切に切り替えられる。

0038

以下の技術は、CDMA(code division multiple access)、FDMA(frequency division multiple access)、TDMA(time division multiple access)、OFDMA(orthogonal frequency division multiple access)、SC−FDMA(single carrier frequency division multiple access)などのような多様な無線アクセスシステムに使用される。CDMAは、UTRA(universal terrestrial radio access)やCDMA2000のような無線技術(radio technology)で具現される。TDMAは、GSM登録商標)(global system for mobile communications)/GPRS(general packet radio service)/EDGE(enhanced data rates for GSM(登録商標) evolution)のような無線技術で具現される。OFDMAは、IEEE802.11(つまり、Wi−Fi)、IEEE802.16(つまり、WiMAX)、IEEE802−20、E−UTRA(Evolved UTRA)などのような無線技術で具現される。UTRAは、UMTS(universal mobile telecommunications system)の一部である。3GPPLTE(long term evolution)はE−UTRAを使用するE−UMTS(evolved UMTS)の一部であり、LTE−A(LTE−advanced)は3GPP LTEの進化したバージョンである。3GPP NR LTE/LTE−Aとは別に設計されるシステムであって、IMT−2020の要求条件であるeMBB(enhanced BroadBand),URLLC(Ultra−Reliable and Low Latency Communication)、及びmMTC(massive Machine Type Communication)サービスを支援するためのシステムである。説明を明確にするために3GPP NRを中心に記述するが、本発明の技術的思想はこれに限らない。

0039

本明細書において、特別な説明がない限り、基地局は3GPP NRで定義するgNB(next generation node B)を含む。また、特別な説明がない限り、端末はUE(user equipment)を称する。

0040

図1は、無線通信システムで使用される無線フレーム構造の一例を示す図である。図1を参照すると、3GPP NRシステムで使用される無線フレーム(またはラジオフレーム)は、10ms(ΔfmaxNf/100)*Tc)の長さを有する。また、無線フレームは10個の均等な大きさのサブフレーム(subfame、SF)からなる。ここで、Δfmax=480*103Hz、Nf=4096、Tc=1/(Δfmax*Nf,ref)、Δfref=15*103Hz、Nf,ref=2048である。一つのフレーム内の10個のサブフレームにそれぞれ0から9までの番号が与えられる。それぞれのサブフレームは1msの長さを有し、サブキャリア間隔(subcarrier spacing)によって一つまたは複数個のスロットからなる。より詳しくは、3GPP NRシステムで使用し得るサブキャリア間隔は15*2μkHzである。μはサブキャリア間隔構成因子(subcarrier spacing configuration)であって、μ=0〜4の値を有する。つまり、15kHz、30kHz、60kHz、120kHz、または240kHzがサブキャリア間隔として使用される。1ms長さのサブフレームは2μ個のスロットからなる。この際、各スロットの長さは2−μmsである。一つのサブフレーム内の2μ個のスロットは、それぞれ0から2μ−1までの番号が与えられる。また、一つの無線フレーム内のスロットは、それぞれ0から10*2μ−1までの番号が与えられる。時間資源は、無線フレーム番号(または無線フレームインデックスともいう)、サブフレーム番号(またはサブフレームインデックスともいう)、スロット番号(またはスロットインデックス)のうち少なくともいずれか一つによって区分される。

0041

図2は、無線通信システムにおける下りリンク(DL)/上りリンク(UL)スロット構造の一例を示す図である。特に、図2は3GPP NRシステムの資源格子(resource grid)構造を示す。アンテナポート当たり一つの資源格子がある。図2を参照すると、スロットは時間ドメインで複数のOFDMシンボルを含み、周波数ドメインで複数の資源ブロック(resource block、RB)を含む。OFDMシンボルは、一つのシンボル区間を意味することもある。特別な説明がない限り、OFDMシンボルは簡単にシンボルと称される。図2を参照すると、各スロットから伝送される信号はNsize、μgrid、x*NRBSC個のサブキャリア(subcarrier)とNslotsymb個のOFDMシンボルからなる資源格子で表現される。ここで、下りリンク資源格子であればx=DLであり、上りリンク資源格子であればx=ULである。Nsize、μgrid、xはサブキャリア間隔構成因子μによる資源ブロック(RB)の個数を示し(xはDLまたはUL)、Nslotsymbはスロット内のOFDMシンボルの個数を示す。NRBSCは一つのRBを構成するサブキャリアの個数であって、NRBSC=12である。OFDMシンボルは、多重アクセス方式によってCP−OFDM(cyclic prefix OFDM)シンボル、またはDFT−S−OFDM(discrete Fourier transform spread OFDM)シンボルと称される。

0042

一つのスロットに含まれるOFDMシンボルの数は、CP(cyclic prefix)の長さに応じて異なり得る。例えば、正規(normal)CPであれば一つのスロットが14個のOFDMシンボルを含むが、拡張(extended)CPであれば一つのスロットが12個のOFDMシンボルを含む。具体的な実施例において、拡張CPは60kHzのサブキャリア間隔でのみ使用される。図2では説明の便宜上、一つのスロットが14OFDMシンボルからなる場合を例示したが、本発明の実施例は他の工数のOFDMシンボルを有するスロットでも同じ方式で適用される。図2を参照すると、各OFDMシンボルは、周波数ドメインで、Nsize、μgrid、x*NRBSC個のサブキャリアを含む。サブキャリアの類型は、データを伝送するためのデータサブキャリア参照信号(reference signal)を伝送するための参照信号サブキャリア、ガードバンド(guard band)に分けられる。キャリア周波数中心周波数(center frequency、fc)ともいう。

0043

一つのRBは、周波数ドメインでNRBSC個(例えば、12個)の連続するサブキャリアと定義される。ちなみに、一つのOFDMシンボルと一つのサブキャリアからなる資源を資源要素(resource element、RE)またはトーン(tone)と称する。よって、一つのRBはNslotsymb*NRBSC個の資源要素からなる。資源格子内の各資源要素は、一つのスロット内のインデックス対(k、l)によって固有に定義される。kは周波数ドメインで0からNsize、μgrid、x*NRBSC−1まで与えられるインデックスであり、1は時間ドメインで0からNslotsymb−1まで与えられるインデックスである。

0044

端末が基地局から信号を受信するか基地局に信号を伝送するためには、端末の時間/周波数同期を基地局の時間/周波数同期と合わせるべきである。基地局と端末が同期化しなければ、端末がDL信号復調及びUL信号の伝送を正確な時点に行うのに必要な時間及び周波数パラメータを決定できないためである。

0045

TDD(time division duplex)またはアンペアドスクトル(unpaired spectrum)で動作する無線フレームの各シンボルは、下りリンクシンボル(DL symbol)、上りリンクシンボル(UL symbol)、またはフレキシブルシンボル(flexible symbol)のうち少なくともいずれか一つからなる。FDD(frequency division duplex)またはペアドスペクトル(paired spectrum)で下りリンクキャリアで動作する無線フレームは、下りリンクシンボルまたはフレキシブルシンボルからなり、上りリンクキャリアで動作する無線フレームは、上りリンクシンボルまたはフレキシブルシンボルからなる。下りリンクシンボルでは下りリンク伝送はできるが上りリンク伝送はできず、上りリンクシンボルでは上りリンク伝送はできるが下りリンク伝送はできない。フレキシブルシンボルは、信号に応じて下りリンクで使用されるか上りリンクで使用されるかが決定される。

0046

各シンボルのタイプ(type)に関する情報、つまり、下りリンクシンボル、上りリンクシンボル、及びフレキシブルシンボルのうちいずれか一つを示す情報は、セル特定(cell−specificまたはcommon)RRC(radio resource control)信号からなる。また、各シンボルのタイプに関する情報は、追加に特定端末(UE−specificまたはdedicated)RRC信号からなる。基地局は、セル特定RRC信号を使用し、i)セル特定スロット構成の周期、ii)セル特定スロット構成の周期の最初から下りリンクシンボルのみを有するスロットの数、iii)下りリンクシンボルのみを有するスロットの直後のスロットの最初のシンボルから下りリンクシンボルの数、iv)セル特定スロット構成の周期の最後から上りリンクシンボルのみを有するスロットの数、v)上りリンクシンボルのみを有するスロットの直前のスロットの最後のシンボルから上りリンクシンボルの数を知らせる。ここで、上りリンクシンボルと下りリンクシンボルのいずれからも構成されていないシンボルはフレキシブルシンボルである。

0047

シンボルタイプに関する情報が端末特定RRC信号からなれば、基地局はフレキシブルシンボルが下りリンクシンボルなのかまたは上りリンクシンボルなのかを、セル特定RRC信号でシグナリングする。この際、端末特定RRC信号は、セル特定RRC信号からなる下りリンクシンボルまたは上りリンクシンボルを他のシンボルタイプに変更することができない。端末特定RRC信号は、スロットごとに該当スロットのNslotsymbシンボルのうち下りリンクシンボルの数、該当スロットのNslotsymbシンボルのうち上りリンクシンボルの個数をシグナリングする。この際、スロットの下りリンクシンボルはスロットの最初のシンボルからi番目のシンボルまで連続的に構成される。また、スロットの上りリンクシンボルはスロットのj番目のシンボルから最後のシンボルまで連続的に構成される(ここで、i<j)。スロットにおいて、上りリンクシンボルと下りリンクシンボルのいずれからも構成されていないシンボルはフレキシブルシンボルである。

0048

前記のようなRRC信号からなるシンボルのタイプをセミスタティック(semi−static)DL/UL構成と称する。上述したRRC信号からなるセミ−スタティックDL/UL構成において、フレキシブルシンボルは物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)で伝送されるダイナミックSFI(slot format information)を介して下りリンクシンボル、上りリンクシンボル、またはフレキシブルシンボルに指示される。この際、RRC信号からなる下りリンクシンボルまたは上りリンクシンボルは、他のシンボルタイプに変更されない。表1は、基地局が端末に指示するダイナミックSFIを例示する。

0049

0050

表1において、Dは下りリンクシンボルを、Uは上りリンクシンボルを、Xはフレキシブルシンボルを示す。表1に示したように、一つのスロットで最大2回のDL/ULスイッチング(switching)が許容される。

0051

図3は、3GPPシステム(例えば、NR)に利用される物理チャネルと、該当物理チャンネルを利用した一般的な信号伝送方法を説明する図である。端末の電源がつくか端末が新しくセルに進入すれば、端末は初期セル探索作業を行うS101。詳しくは、端末は初期セル探索で基地局と同期を合わせる。このために、端末は基地局から主同期信号(primary synchronization signal、PSS)及び副同期信号(Secondary synchronization signal、SSS)を受信して基地局と同期を合わせ、セルIDなどの情報を獲得する。次に、端末は基地局から物理放送チャネルを受信し、セル内の放送情報を獲得する。

0052

職端末を終えた端末は、物理下りリンク制御チャネル(physical downlink control channel、PDCCH)及び前記PDCCHに乗せられている情報によって物理下りリンク共有チャネル(physical downlink shared channel、PDSCH)を受信することで、初期セル端末を介して獲得したシステム情報より詳しいシステム情報を獲得するS102。

0053

端末が基地局に最初にアクセスするか、信号を伝送するための無線資源がなければ、端末は基地局に対して任意のアクセス過程を行うS103乃至S106。まず、端末は物理任意アクセスチャネル(physical random access channel、PRACH)を介してプリアンブルを伝送しS103、基地局からPDCCH及び対応するPDSCHを介してプリアンブルに対する応答メッセージを受信するS104。端末に有効なランダムアクセス応答メッセージが受信されれば、端末は基地局からPDCCHを介して伝達された上りリンクグラントから指示した物理上りリンク共有チャネル(physical uplink shared channel、PUSCH)を介して自らの識別子などを含むデータを基地局に伝送するS105。次に、端末は衝突を解決するために基地局の指示としてPDCCHの受信を待つ。端末が自らの識別子を介してPDCCHの受信に成功すればS106、ランダムアクセス過程は終了される。

0054

上述した手順後、端末は一般的な上り/下りリンク信号伝送手順としてPDCCH/PDSCH受信S107、及び物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)/物理上りリンク制御チャネル(physical uplink control channel、PUCCH)を伝送S108する。特に、端末は、PDCCHを介して下りリンク制御情報(downlink control information、DCI)を受信する。DCIは、端末に対する資源割当情報のような制御情報を含む。また、DCIは使用目的に応じてフォーマットが異なり得る。端末が上りリンクを介して基地局に伝送する上りリンク制御情報(uplink control information、UCI)は、下りリンク/上りリンクACK/NACK信号、CQI(channel quality indicator)、PMI(precoding matrix index)、RI(rnak indicator)などを含む。ここで、CQI、PMI、及びRIは、CSI(channel state information)に含まれる。3GPP NRシステムの場合、端末はPUSCH及び/またはPUCCHを介して上述したHARQ−ACKとCSIなどの制御情報を伝送する。

0055

図4は、3GPP NRシステムにおける初期セルアクセスのためのSS/PBCHブロックを示す図である。端末は、電源が入るか新しくセルにアクセスしようとする際、セルとの時間及び周波数同期を獲得し、初期セル探索過程を行う。端末は、セル探索過程でセルの物理セル識別子(physical cell identity)NcellIDを検出する。このために、端末は基地局から同期信号、例えば、主同期信号(PSS)及び副同期信号(SSS)を受信して基地局と同期を合わせる。この際、端末はセル識別子(identity、ID)などの情報を獲得する。

0056

図4(a)を参照して、同期信号(synchronization signal、SS)をより詳しく説明する。同期信号はPSSとSSSに分けられる。PSSは、OFDMシンボル同期、スロット同期のような時間ドメイン同期及び/または周波数ドメイン同期を得るために使用される。SSSは、フレーム同期セルグループIDを得るために使用される。図4(a)と表2を参照すると、SS/PBCHブロックは周波数軸に連続した20RBs(=240サブキャリア)からなり、時間軸に連続した4OFDMシンボルからなる。この際、SS/PBCHブロックにおいて、PSSは最初のOFDMシンボル、SSSは3番目のOFDMシンボルで56〜182番目のサブキャリアを介して伝送される。ここで、SS/PBCHブロックの最も低いサブキャリアインデックスを0から付ける。PSSが伝送される最初のOFDMシンボルにおいて、残りのサブキャリア、つまり、0〜55、183〜239番目のサブキャリアを介しては基地局が信号を伝送しない。また、SSSが伝送される3番目のOFDMシンボルにおいて、48〜55、183〜191番目のサブキャリアを介しては基地局が信号を伝送しない。基地局は、SS/PBCHブロックにおいて、前記信号を除いた残りのREを介してPBCH(physical broadcast channel)を伝送する。

0057

0058

SSは3つのPSSとSSSの組み合わせを介して計1008個の固有の物理階層セル識別子(physical layer cell ID)を、詳しくは、それぞれの物理階層セルIDはたった一つの物理−階層セル−識別子グループの部分になるように、各グループが3つの固有の識別子を含む336個の物理−階層セル−識別子グループにグルーピングされる。よって、物理階層セルIDNcellID=3N(1)ID+N(2)IDは、物理−階層セル−識別子グループを示す9から335までの範囲内のインデックスN(1)IDと、前記物理−階層セル−識別子グループ内の物理−階層識別子を示す0から2までのインデックスN(2)IDによって固有に定義される。端末はPSSを検出し、3つの固有の物理−階層識別子のうち一つを識別する。また、端末はSSSを検出し、前記物理−階層識別子に連関する336個の物理階層セルIDのうち一つを識別する。この際、PSSのシーケンスdPSS(n)は以下のようである。

0059

0060

ここで、




であり、




に与えられる。

0061

また、SSSのシーケンスdSSS(n)は以下のようである。

0062

ここで、




であり、




に与えられる。

0063

10ms長さの無線フレームは、5ms長さの2つの半フレームに分けられる。図4(b)を参照して、各半フレーム内でSS/PBCHブロックが伝送されるスロットについて説明する。SS/PBCHブロックが伝送されるスロットは、ケースA、B、C、D、Eのうちいずれか一つである。ケースAにおいて、サブキャリア間隔は15kHzであり、SS/PBCHブロックの開始時点は{2、8}+14*n番目のシンボルである。この際、3GHz以下のキャリア周波数において、n=0、1である。また、3GHz超過6GHz以下のキャリア周波数において、n=0、1、2、3である。ケースBにおいて、サブキャリア間隔は30kHzであり、SS/PBCHブロックの開始時点は{4、8、16、20}+28*n番目のシンボルである。この際、3GHz以下のキャリア周波数において、n=0である。また、3GHz超過6GHz以下のキャリア周波数において、n=0、1である。ケースCにおいて、サブキャリア間隔は30kHzであり、SS/PBCHブロックの開始時点は{2、8}+14*n番目のシンボルである。この際、3GHz以下のキャリア周波数において、n=0、1である。また、3GHz超過6GHz以下のキャリア周波数において、n=0、1、2、3である。ケースDにおいて、サブキャリア間隔は120kHzであり、SS/PBCHブロックの開始時点は{4、8、16、20}+28*n番目のシンボルである。この際、6GHz以上のキャリア周波数において、n=0、1、2、3、5、6、7、8、10、11、12、13、15、16、17、18である。ケースEにおいて、サブキャリア間隔は240kHzであり、SS/PBCHブロックの開始時点は{8、12、16、20、32、36、40、44}+56*n番目のシンボルである。この際、6GHz以上のキャリア周波数において、n=0、1、2、3、5、6、7、8である。

0064

図5は、3GPP NRシステムにおける制御情報及び制御チャネル伝送のための手順を示す図である。図5(a)を参照すると、基地局は制御情報(例えば、DCI)にRNTI(radio network temporary iedntifier)でマスク(例えば、XOR演算)されたCRC(cyclic redundancy check)を付加するS202。基地局は、各制御情報の目的/対象に応じて決定されるRNTI値でCRCをスクランブルする。一つ以上の端末が使用する共通RNTIは、SI−RNTI(system information RNTI)、P−RNTI(paging RNTI)、RA−RNTI(random access RNTI)、及びTPC−RNTI(tramsmit power control RNTI)のうち少なくともいずれか一つを含む。また、端末−特定RNTIは、C−RNTI(cell temporary RNTI)及びCS−RNTIのうち少なくともいずれか一つを含む。次に、基地局はチャネルエンコーディング(例えば、polar coding)を行ったS204後、PDCCH伝送のために使用された資源(ら)の量に合わせてレート−マッチング(rate−matching)をするS206。次に、基地局はCCE(control channel element)基盤のPDCCH構造に基づいて、DCI(ら)を多重化するS208。また、基地局は、多重化されたDCI(ら)に対してスクランブリングモジュレーション(例えば、QPSK)、インターリービングなどの追加過程S210を適用した後、伝送しようとする資源にマッピングする。CCEはPDCCHのための基本単位であり、一つのCCEは複数(例えば、6つ)のREG(resource element group)からなる。一つのREGは複数(例えば、12個)のREからなる。一つのPDCCHのために使用されたCCEの個数を集成レベル(aggregation level)と定義する。3GPP NRシステムでは、1、2、4、8、または16の集成レベルを使用する。図5(b)はCCE集成レベルとPDCCHの多重化に関する図であり、一つのPDCCHのために使用されたCCE集成レベルの種類とそれによる制御領域で伝送されるCCE(ら)を示す。

0065

図6は、3GPP NRシステムにおけるPDCCH(physical downlink control channel)が伝送されるCORESET(control resource set)を示す図である。CORESETは、端末のための制御信号であるPDCCHが伝送される時間−周波数資源である。また、後述する探索空間は一つのCORESETにマッピングされる。よって、端末はPDCCHを受信するために全ての周波数帯域をモニタリングするのではなく、CORESETと指定された時間−周波数領域をモニタリングして、CORESETにマッピングされたPDCCHをデコーディングする。基地局は、端末にセル別に一つまたは複数個のCORESETを構成する。CORESETは、時間軸に最大3つまでの連続したシンボルからなる。また、CORESETは周波数軸に連続した6つのPRBの単位からなる。図5の実施例において、CORESET#1は連続的なPRBからなり、CORESET#2とCORESET#3は不連続的なPRBからなる。CORESETは、スロット内のいかなるシンボルにも位置し得る。例えば、図5の実施例において、CORESET#1はスロットの1番目のシンボルから始まり、CORESET#2はスロットの5番目のシンボルから始まり、CORESET#9はスロットの9番目のシンボルから始まる。

0066

図7は、3GPP NRシステムにおけるPDCCH探索空間を設定する方法を示す図である。端末にPDCCHを伝送するために、各CORESETには少なくとも一つ以上の探索空間が存在する。本発明の実施例において、探索空間は端末のPDCCHが伝送される全ての時間−周波数資源(以下、PDCCH候補)の集合である。探索空間は、3GPP NRの端末が共通に探索すべき共通探索空間(common search space)と、特定端末が探索すべき端末−特性探索空間(terminal−specific or UE−specific search space)を含む。共通探索空間では、同一基地局に属するセルにおける全ての端末が共通に探すように設定されているPDCCHをモニタリングする。また、端末−特定探索空間は、端末に応じて互いに異なる探索空間の位置で、各端末に割り当てられたPDCCHをモニタリングするように端末別に設定される。端末−特定探索空間の場合、PDCCHが割り当てられる制限された制御領域のため、端末間の探索空間が部分的に重なって割り当てられている可能性がある。PDCCHをモニタリングすることは、探索空間内のPDCCH候補をブラインドデコーディングすることを含む。ブラインドデコーディングに成功した場合をPDCCHが(成功的に)検出/受信されたと表現し、ブラインドデコーディングに失敗した場合をPDCCHが未検出/未受信されたと表現か、成功的に検出/受信されていないと表現する。

0067

説明の便宜上、一つ以上の端末に下りリンク制御情報を伝送するために、端末が既に知っているグループ共通(group common、GC)RNTIでスクランブルされたPDCCHをグループ共通(GC)PDCCH、または共通PDCCHと称する。また、一つの特定端末に上りリンクスケジューリング情報または下りリンクスケジューリング情報を伝送するために、特定端末が既に知っている端末−特定RNTIでスクランブルされたPDCCHを端末−特定PDCCHと称する。前記共通PDCCHは共通探索空間に含まれ、端末−特定PDCCHは共通探索空間または端末−特定PDCCHに含まれる。

0068

基地局は、PDCCHを介して伝送チャネルであるPCH(paging channel)及びDL−SCH(downlink−shared channel)の資源割当に関する情報(つまり、DL Grant)、またはUL−SCHの資源割当とHARQ(hybrid automatic repeat request)に関する情報(つまり、UL Grant)を端末または端末グループに知らせる。基地局は、PCH伝送ブロック、及びDL−SCH伝送ブロックをPDSCHを介して伝送する。基地局は、特定制御情報または特定サービスデータを除いたデータをPDSCHを介して伝送する。また、端末は、特定制御情報または特定サービスデータを除いたデータをPDSCHを介して受信する。

0069

基地局は、PDSCHのデータがいかなる端末(一つまたは複数の端末)に伝送されるのか、該当端末がいかにPDSCHデータを受信しデコーディングすべきなのかに関する情報をPDCCHに含ませて伝送する。例えば、特定PDCCHに伝送されるDCIが「A」というRNTIにCRCマスキングされており、そのDCIが「B」という無線資源(例えば、周波数位置)にPDSCHが割り当てられていることを指示し、「C」という伝送形式情報(例えば、伝送ブロックのサイズ、変調方式コーディング情報など)を指示すると仮定する。端末は、自らが有するRNTI情報を利用してPDCCHをモニタリングする。この場合、「A」RNTIでPDCCHをブラインドデコーディングする端末があれば、該当端末はPDCCHを受信し、受信したPDCCHの情報を介して「B」と「C」によって指示されるPDSCHを受信する。

0070

表3は、無線通信システムで使用されるPUCCH(physical uplink control channel)の一実施例を示す。

0071

0072

PUCCHは、以下の上りリンク制御情報(UCI)を伝送するのに使用される。

0073

−SR(scheduling request):上りリンクUL−SCH資源を要請するのに使用される情報である。

0074

−HARQ−ACK:(DLSPSreleaseを指示する)PDCCHに対する応答及び/またはPDSCH上の上りリンク伝送ブロック(transport block、TB)に対する応答である。HARQ−ACKは、PDCCHまたはPDSCHを介して伝送された情報の受信可否を示す。HARQ−ACK応答は、ポジティブACK(簡単に、ACK)、ネガティブACK(以下、NACK)、DTX(discontinuous transmission)、またはNACK/DTXを含む。ここで、HARQ−ACKという用語は、HARQ−ACK/NACK、ACK/NACKと混用される。一般に、ACKはビット値1で表され、NACKはビット値0で表される。

0075

−CSI:下りリンクチャネルに対するフィードバック情報である。基地局が伝送するCSI−RS(reference signal)に基づいて端末が生成する。MIMO(multiple input multiple output)−関連フィードバック情報は、RI及びPMIを含む。CSIは、CSIが示す情報に応じてCSIパート1とCSIパート2に分けられる。

0076

3GPP NRシステムでは、多様なサービスシナリオと多様なチャネル環境、及びフレーム構造を支援するために、5つのPUCCHフォーマットが使用される。

0077

PUCCHフォーマット0は、1ビットまたは2ビットHARQ−ACK情報またはSRを伝達するフォーマットである。PUCCHフォーマット0は、時間軸に1つまたは2つのOFDMシンボルと、周波数軸に1つのRBを介して伝送される。PUCCHフォーマット0が2つのOFDMシンボルで伝送されれば、2つのシンボルに同じシーケンスが互いに異なるRBで伝送される。これを介し、端末は周波数ダイバーシティゲイン(diversity gain)を得る。より詳しくは、端末はMbitビットUCI(Mbit=1or2)に応じてサイクリックシフト(cyclic shift)の値mcsを決定し、長さ12のベースシーケンス(base sequence)を決められた値mcsでサイクリックシフトしたシーケンスを、1つのOFDMシンボル及び1つのPRBの12個のREsにマッピングして伝送する。端末が使用可能なサイクリックシフトの個数が12個で、Mbit=1であれば、1bit UCI0と1は、サイクリックシフト値の差が6である2つのサイクリックシフトに当たるシーケンスで示される。また、Mbit=2であれば、2bit UCI00、01、11、10は、サイクリックシフト値の差が3である4つのサイクリックシフトに当たるシーケンスで示される。

0078

PUCCHフォーマット1は、1ビットまたは2ビットHARQ−ACK情報またはSRを伝達する。PUCCHフォーマット1は、時間軸に連続的なOFDMシンボルと、周波数軸に1つのPRBを介して伝送される。ここで、PUCCHフォーマット1が占めるOFDMシンボルの数は4〜14のうち一つである。より詳しくは、Mbit=1であるUCIはBPSKでモジュレーションされる。端末は、Mbit=2であるUCIをQPSK(quadrature phase shift keying)でモジュレーションされる。モジュレーションされた複素数シンボル(complex valued symbol)d(0)に長さ12のシーケンスをかけて信号を得る。端末は、得られた信号をPUCCHフォーマット1が割り当てられた偶数番目のOFDMシンボルに、時間軸OCC(orthogonal cover code)でスプレディング(spreading)して伝送する。PUCCHフォーマット1は、使用するOCCの長さに応じて同じRBで多重化される互いに異なる端末の最大個数が決めあれる。PUCCHフォーマット1の奇数番目OFDMシンボルには、DMRS(demodulation reference signal)がOCCでスプレディングされてマッピングされる。

0079

PUCCHフォーマット2は、2ビットを超過するUCIを伝達する。PUCCHフォーマット2は、時間軸に1つまたは2つのOFDMシンボルと、周波数軸に1つまたは複数個のRBを介して伝送される。PUCCHフォーマット2が2つのOFDMシンボルで伝送されれば、2つのOFDMシンボルを介して同じシーケンスが互いに異なるRBで伝送される。これを介し、端末は周波数ダイバーシティゲインを得る。より詳しくは、MbitビットUCI(Mbit>2)はビット−レベルスクランブリングされ、QPSKモジュレーションされて1つまたは2つのOFDMシンボル(ら)のRB(ら)にマッピングされる。ここで、RBの数は1〜16のうち一つである。

0080

PUCCHフォーマット3またはPUCCHフォーマット4は、2ビットを超過するUCIを伝達する。PUCCHフォーマット3またはPUCCHフォーマット4は、時間軸に連続的なOFDMシンボルと、周波数軸に1つのPRBを介して伝送される。PUCCHフォーマット3またはPUCCHフォーマット4が占めるOFDMシンボルの数は4〜14のうち一つである。詳しくは、端末は、MbitビットUCI(Mbit>2)をπ/2−BPSK(Binary Phase Shift Keying)またはQPSKでモジュレーションし、複素数シンボルd(0)〜d(Msymb−1)を生成する。ここで、π/2−BPSKを使用するとMsymb=Mbitであり、QPSKを使用するとMsymb=Mbit/2である。端末は、PUCCHフォーマット3にブロック−単位スプレディングを適用しない。但し、端末は、PUCCHフォーマット4が2つまたは4つの多重化容量(multiplexing capacity)を有するように、長さ−12のPreDFT−OCCを使用して1つのRB(つまり、12subcarriers)にブロック−単位スプレディングを適用してもよい。端末は、スプレディングされた信号を伝送プリコーディング(transmit precoding)(またはDFT−precoding)し、各REにマッピングして、スプレディングされた信号を伝送する。

0081

この際、PUCCHフォーマット2、PUCCHフォーマット3、またはPUCCHフォーマット4が示すRBの数は、端末が伝送するUCIの長さと最大コードレート(code rate)に応じて決定される。端末がPUCCHフォーマット2を使用すれば、端末はPUCCHを介してHARQ−ACK情報及びCSI情報を共に伝送する。もし、端末が伝送し得るRBの個数がPUCCHフォーマット2、PUCCHフォーマット3、またはPUCCHフォーマット4が使用し得る最大RBの数より大きければ、端末はUCI情報優先順位に応じて一部のUCI情報は伝送せず、残りのUCI情報のみ伝送する。

0082

PUCCHフォーマット1、PUCCHフォーマット3、またはPUCCHフォーマット4がスロット内で周波数ホッピング(frequency hopping)を指示するように、RRC信号を介して構成される。周波数ホッピングが構成される際、周波数ホッピングするRBのインデックスはRRC信号からなる。PUCCHフォーマット1、PUCCHフォーマット3、またはPUCCHフォーマット4が時間軸でN個のOFDMシンボルにわたって伝送されれば、最初のホップ(hop)はfloor(N/2)個のOFDMシンボルを有し、2番目のホップはceil(N/2)個のOFDMシンボルを有する。

0083

PUCCHフォーマット1、PUCCHフォーマット3、またはPUCCHフォーマット4は、複数のスロットに繰り返し伝送さ得るように構成される。この際、PUCCHが繰り返し伝送されるスロットの個数KはRRC信号によって構成される。繰り返し伝送されるPUCCHは、各スロット内で同じ位置のOFDMシンボルから始まり、同じ長さを有するべきである。端末がPUCCHを伝送すべきスロットのOFDMシンボルのうちいずれか一つのOFDMシンボルでもRRC信号によってDLシンボルと指示されれば、端末はPUCCHを該当スロットから伝送せず、次のスロットに延期して伝送する。

0084

一方、3GPP NRシステムにおいて、端末はキャリア(またはセル)の帯域幅より小さいか同じ帯域幅を利用して送受信を行う。そのために、端末はキャリア帯域幅のうち一部の連続的な帯域幅からなるBWP(bandwidth part)を構成される。TDDに応じて動作するかまたはアンペアドスペクトルで動作する端末は、一つのキャリア(またはセル)に最大4つのDL/UL BWPペア(pairs)を構成される。また、端末は一つのDL/UL BWPペアを活性化する。FDDに応じて動作するかまたはペアドスペクトルで動作する端末は、下りリンクキャリア(またはセル)に最大4つのDL BWPを構成され、上りリンクキャリア(またはセル)に最大4つのUL BWPを構成される。端末は、キャリア(またはセル)ごとに一つのDL BWPとUL BWPを活性化する。端末は、活性化されたBWP以外の時間−周波数資源から受信するか送信しなくてもよい。活性化されたBWPをアクティブBWPと称する。

0085

基地局は、端末が構成されたBWPのうち化されたBWPをDCIと称する。DCIから指示したBWPは活性化され、他の構成されたBWP(ら)は非活性化される。TDDで動作するキャリア(またはセル)において、基地局は端末のDL/UL BWPペアを変えるために、PDSCHまたはPUSCHをスケジューリングするDCIに活性化されるBWPを指示するBPI(bandwidth part indicator)を含ませる。端末は、PDSCHまたはPUSCHをスケジューリングするDCIを受信し、BPIに基づいて活性化されるDL/UL BWPペアを識別する。FDDで動作する下りリンクキャリア(またはセル)の場合、基地局は端末のDL BWPを変えるために、PDSCHをスケジューリングするDCIに活性化されるBWPを知らせるBPIを含ませる。FDDで動作する上りリンクキャリア(またはセル)の場合、基地局は端末のUL BWPを変えるために、PUSCHをスケジューリングするDCIに活性化されるBWPを知らせるBPIを含ませる。

0086

図8は、キャリア集成を説明する概念図である。キャリア集成とは、無線通信システムがより広い周波数帯域を使用するために、端末が上りリンク資源(またはコンポーネントキャリア)及び/または下りリンク資源(またはコンポーネントキャリア)からなる周波数ブロック、または(論理的意味の)セルを複数個使用して一つの大きい論理周波数帯域で使用する方法を意味する。以下では、説明の便宜上、コンポーネントキャリアという用語に統一する。

0087

図8を参照すると、3GPP NRシステムの一例示として、全体システム帯域は最大16個のコンポーネントキャリアを含み、それぞれのコンポーネントキャリアは最大400MHzの帯域幅を有する。コンポーネントキャリアは、一つ以上の物理的に連続するサブキャリアを含む。図8ではそれぞれのコンポーネントキャリアがいずれも同じ帯域幅を有するように示したが、これは例示に過ぎず、それぞれのコンポーネントキャリアは互いに異なる帯域幅を有してもよい。また、それぞれのコンポーネントキャリアは周波数軸で互いに隣接しているように示したが、前記図面は論理的な概念で示したものであって、それぞれのコンポーネントキャリアは物理的に互いに隣接してもよく、離れていてもよい。

0088

それぞれのコンポーネントキャリアにおいて、互いに異なる中心周波数が使用される。また、物理的に隣接したコンポーネントキャリアにおいて、共通した一つの中心周波数が使用される。図8の実施例において、全てのコンポーネントキャリアが物理的に隣接していると仮定すれば、全てのコンポーネントキャリアで中心周波数Aが使用される。また、それぞれのコンポーネントキャリアが物理的に隣接していないと仮定すれば、コンポーネントキャリアそれぞれにおいて中心周波数A、中心周波数Bが使用される。

0089

キャリア集成で全体のシステム帯域が拡張されれば、各端末との通信に使用される周波数帯域はコンポーネントキャリア単位に定義される。端末Aは全体のシステム帯域である100MHzを使用し、5つのコンポーネントキャリアをいずれも使用して通信を行う。端末B1〜B5は20MHzの帯域幅のみを使用し、一つのコンポーネントキャリアを使用して通信を行う。端末C1及びC2は40MHzの帯域幅のみを使用し、それぞれ2つのコンポーネントキャリアを使用して通信を行う。2つのコンポーネントキャリアは、論理/物理的に隣接するか隣接しない。図8の実施例では、端末C1が隣接していない2つのコンポーネントキャリアを使用し、端末C2が隣接した2つのコンポーネントキャリアを使用する場合を示す。

0090

図9は、単一キャリア通信と多重キャリア通信を説明するための図である。特に、図9(a)は単一キャリアのサブフレーム構造を示し、図9(b)は多重キャリアのサブフレーム構造を示す。

0091

図9(a)を参照すると、一般的な無線通信システムはFDDモードの場合一つのDL帯域とそれに対応する一つのUL帯域を介してデータ伝送または受信を行う。他の具体的な実施例において、無線通信システムはTDDモードの場合、無線フレームを時間ドメインで上りリンク時間ユニットと下りリンク時間ユニットに区分し、上り/下りリンク時間ユニットを介してデータ伝送または受信を行う。図9(b)を参照すると、UL及びDLにそれぞれ3つの20MHzコンポーネントキャリア(component carrier、CC)が集まって、60MHzの帯域幅が支援される。それぞれのCCは、周波数ドメインで互いに隣接するか非隣接する。図9(b)は、便宜上UL CCの帯域幅とDL CCの帯域幅がいずれも同じで対称な場合を示したが、各CCの帯域幅は独立的に決められてもよい。また、UL CCの個数とDL CCの個数が異なる非対称のキャリア集成も可能である。RRCを介して特定端末に割当/構成されたDL/UL CCを特定端末のサービング(serving)DL/UL CCと称する。

0092

基地局は、端末のサービングCCのうち一部または全部と活性化(activate)するか一部のCCを非活性化(deactivate)して、端末と通信を行う。基地局は、活性化/非活性化されるCCを変更してもよく、活性化/非活性化されるCCの個数を変更してもよい。基地局が端末に利用可能なCCをセル−特定または端末−特定と割り当てると、端末に対するCC割当が全面的に再構成されるか端末がハンドオーバー(handover)しない限り、一旦割り当てられたCCのうち少なくとも一つは非活性化されなくてもよい。端末に非活性化されない一つのCを主CC(primary CC、PCC)またはPCell(primary cell)と称し、基地局が自由に活性化/非活性化されるCCを副CC(secondary CC、SCC)またはSCell(secondary cell)と称する。

0093

一方、3GPP NRは無線資源を管理するためにセル(cell)の概念を使用する。セルは、下りリンク資源と上りリンク資源の組み合わせ、つまり、DL CCとUL CCの組み合わせと定義される。セルは、DL資源単独、またはDL資源とUL資源の組み合わせからなる。キャリア集成が支援されれば、DL資源(または、DL CC)のキャリア周波数とUL資源(または、UL CC)のキャリア周波数との間のリンケージ(linkage)はシステム情報によって指示される。キャリア周波数とは、各セルまたはCCの中心周波数を意味する。PCCに対応するセルをPCellと称し、SCCに対応するセルをSCellと称する。下りリンクにおいてPCellに対応するキャリアはDL PCCであり、上りリンクにおいてPCellに対応するキャリアはUL PCCである。類似し、下りリンクにおいてSCellに対応するキャリアはDL SCCであり、上りリンクにおいてSCellに対応するキャリアはUL SCCである。端末性能(capacity)に応じて、サービングセル(ら)は一つのPCellと0以上のSCellからなる。RRC_CONNECTED状態にあるがキャリア集成が設定されていないか、キャリア集成を支援しないUEの場合、PCellのみからなるサービングセルがたった一つ存在する。

0094

上述したように、キャリア集成で使用されるセルという用語は、一つの基地局または一つのアンテナグループによって通信サービスが提供される一定の地理的領域を称するセルという用語とは区分される。一定の地理的領域を称するセルとキャリア集成のセルを区分するために、本発明ではキャリア集成のセルをCCと称し、地理的領域のセルをセルと称する。

0095

図10は、クロス−キャリアスケジューリング技法が適用される例を示す図である。 クロス−キャリアスケジューリングが設定されれば、第1CCを介して伝送される制御チャネルはキャリア指示子フィールド(carrier indicator field、CIF)を利用して、第1CCまたは第2CCを介して伝送されるデータチャネルをスケジューリングする。CIFはDCI内に含まれる。言い換えると、スケジューリングセル(scheduling cell)が設定され、スケジューリングセルのPDCCH領域から伝送されるDLグラントULグラントは、スケジューリングセルされたセル(scheduled cell)のPDSCH/PUSCHをスケジューリングする。つまり、複数のコンポーネントキャリアに対する研削領域がスケジューリングされたセルのPDCCH領域が存在する。PCellは基本的にスケジューリングセルであり、特定SCellが上位階層によってスケジューリングセルと指定される。

0096

図10の実施例では、3つのDL CCが併合されていると改定する。ここで、DLコンポーネントキャリア#0はDL PCC(または、PCell)と仮定し、DLコンポーネントキャリア#1及びDLコンポーネントキャリア#2はDL SCC(または、SCell)と仮定する。また、DL PCCがPDCCHモニタリングCCと設定されていると仮定する。端末−特定(または端末−グループ−特定、またはセル−特定)上位階層シグナリングによってクロス−キャリアスケジューリングを構成しなければCIFがディスエーブル(disable)となり、それぞれのDL CCはNR PDCCH規則に従ってCIFなしに自らのPDSCHをスケジューリングするPDCCHのみを伝送する(ノン−クロス−キャリアスケジューリング、セルフ−キャリアスケジューリング)。それに対し、端末−特定(または端末−グループ−特定、またはセル−特定)上位階層シグナリングによってクロス−キャリアスケジューリングを構成すればCIFがイネーブル(ensable)となり、特定のCC(例えば、DL PCC)はCIFを利用してDL CC AのPDSCHをスケジューリングするPDCCHのみならず、他のCCのPDSCHをスケジューリングするPDCCHも伝送する(クロス−キャリアスケジューリング)。それに対し、他のDL CCではPDCCHが伝送されない。よって、端末は端末にクロス−キャリアスケジューリングが構成されているのか否かに応じて、CIFを含まないPDCCHをモニタリングしてセルフ−キャリアスケジューリングされたPDSCHを受信するか、CIFを含むPDCCHをモニタリングしてクロス−キャリアスケジューリングされたPDSCHを受信する。

0097

一方、図9及び図10は、3GPPLTE−Aシステムのサブフレーム構造を例示しているが、これと同じまたは類似した構成が3GPP NRシステムにも適用可能である。但し、3GPP NRシステムにおいて、図9及び図10のサブフレームはスロットに切り替えられる。

0098

図11は、本発明の実施例によるコードブロックグループ(CBG)の構成及びそれの時間周波数資源マッピングを示す図である。より詳しくは、図11(a)は一つの伝送ブロック(TB)に含まれたCBG構成の一実施例を示し、図11(b)は該当CBG構成の時間周波数資源マッピングを示す。

0099

チャネル符号は、最大支援可能な長さが定義されている。例えば、3GPPLTE(−A)で使用されるターボコードの最大支援長さは6144ビットである。しかし、PDSCHで伝送される伝送ブロック(TB)の長さは6144ビットより長くてもよい。もしTBの長さが最大支援長さより長ければ、TBは最大6144ビット長さのコードブロック(code block、CB)に分けられる。各CBはチャネル符号化が行われる単位である。追加に、効率的な再伝送のために、いくつかのCBを束ねて一つのCBGを構成してもよい。端末と基地局は、CBGがいかに構成されているのかに関する情報を必要とする。

0100

TB内において、CBG及びCBは多様な実施例によって構成される。一実施例によると、使用し得るCBGの個数が固定された値に決められるか、基地局と端末との間にRRB構成情報で構成される。この際、TBの長さに応じてCBの個数が決定され、CBGは前記決められた個数情報に応じて設定される。他の実施例によると、一つのCBGに含まれるCBの個数が固定された値に決められるか、基地局と端末との間にRRB構成情報で構成されてもよい。この際、TBの長さに応じてCBの個数が決定されれば、CBGの個数は一つのCBG当たりCBの個数情報に応じて設定される。

0101

図11(a)の実施例を参照すると、一つのTBは8つのCBに分けられる。8つのCBは、更に4つのCBGに束ねられる。このようなCBとCBGのマッピング関係(または、CBG構成)は、基地局と端末との間に静的(static)に設定されるか、RRC構成情報で半静的(semi−static)に設定される。他の実施例によると、前記マッピング関係は、ダイナミックシグナリングを介して設定される。基地局が伝送したPDCCHを端末が受信すれば、端末はCBとCBGのマッピング関係(または、CBG構成)を目地的情報及び/または黙示的情報を介して直間接的に識別する。一つのCBGは一つのCBのみを含んでもよく、一つのTBを構成する全てのCBを含んでもよい。ちなみに、本発明の実施例で提案する技法は、CBとCBG構成に関係なく適用される。

0102

図11(b)を参照すると、一つのTBを構成するCBGは、PDSCHがスケジューリングされた時間−周波数資源にマッピングされる。一実施例によると、各CBGは周波数軸に先に割り当てられてから、時間軸に拡張される。4つのCBGを含む1つのTBからなるPDSCHが7つのODFMシンボルに割り当てられれば、CBG0は最初及び2番目のOFDMシンボルにわたって伝送され、CBG1は2番目、3番目、及び4番目のOFDMシンボルにわたって伝送され、CBG2は4番目、5番目、及び6番目のOFDMシンボルにわたって伝送され、CBG3は6番目及び7番目のOFDMシンボルにわたって伝送される。このようなCBGとPDSCHで割り当てられた時間−周波数マッピング関係は端末の間に決められている。但し、図11(b)に示したマッピング関係は本発明を説明するための一実施例であり、本発明の実施例で提案する技法は、CBGの時間−周波数マッピング関係とは関係なく適用されてもよい。

0103

図12は、基地局がTB−基盤伝送またはCBG−基盤伝送を行い、端末がそれに対する応答としてHARQ−ACKの伝送を行う過程を示す図である。図12を参照すると、基地局はTB−基盤伝送とCBG−基盤伝送のうち、端末に適合した伝送方式を構成する。端末は、基地局が構成した伝送方式によるHARQ−ACKビット(ら)をPUCCHまたはPUSCHに伝送する。基地局は、端末に伝送されるPDSCHをスケジューリングするためにPDCCHを構成する。PDCCHは、TB−基盤伝送及び/またはCBG−基盤伝送をスケジューリングする。例えば、PDCCHでは1つのTBまたは2つのTBがスケジューリングされる。1つのTBがスケジューリングされれば、端末は1−bit HARQ−ACKをフィードバックすべきである。もし2つのTBがスケジューリングされれば、2つのTBそれぞれのための2−bit HARQ−ACKをフィードバックすべきである。基地局と端末との間の曖昧さ(ambiguity)をなくすために、2−bit HARQ−ACKの各ビットと2つのTBとの間には決められた順番が存在する。ちなみに、MIMO伝送ランクまたはレイヤが低ければ一つのPDSCHで1つのTBが伝送され、MIMO伝送ランクまたはレイヤが高ければ一つのPDSCHで2つのTBが伝送される。

0104

端末は、一つのTB当たり1−bit TB−基盤HARQ−ACKを伝送し、各TBの受信成功可否を基地局に知らせる。一つのTBに対するHARQ−ACKを生成するために、端末はTB−CRCを介して該当TBの受信エラー可否を確認する。TBに対するTB−CRCのチェックに成功すれば、端末は該当TBのHARQ−ACKのためにACKを生成する。しかし、TBに対するTB−CRCエラーが発生すれば、端末は該当TBのHARQ−ACKのためにNACKを生成する。端末は、このように生成されたTB−基盤HARQ−ACK(ら)を基地局に伝送する。基地局は端末から受信したTB−基盤HARQ−ACK(ら)のうち、NACKが応答されたTBを再伝送する。

0105

また、端末は、一つのCBG当たり1−bit CBG−基盤HARQ−ACKを伝送し、各CBGの受信成功可否を基地局に知らせる。一つのCBGに対するHARQ−ACKを生成するために、端末はCBGに含まれた全てのCBをデコーディングし、CB−CRCを介して該当CBの受信エラー可否を確認する。端末が一つのCBGを構成する全てのCBの受信に成功すれば(つまり、全てのCB−CRCのチェックに成功すれば)、端末は該当CBGのHARQ−ACKのためにACKを生成する。しかし、端末が一つのCBGを構成するCBのうち少なくとも一つの受信に成功しなければ(つまり、少なくとも一つのCB−CRCエラーが発生すれば)、端末は該当CBGのHARQ−ACKのためにNACKを生成する。端末は、このように生成されたCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を基地局に伝送する。基地局は端末から受信したCBG−基盤HARQ−ACK(ら)のうち、NACKが応答されたCBGを再伝送する。一実施例によると、再伝送されるCBGのCB構成は従来に伝送されたCBGのCB構成と同じである。端末が基地局に伝送するCBG−基盤HARQ−ACKビット(ら)の長さは、PDSCHを介して伝送されるCBGの個数、またはRRC信号からなるCBGの最大個数に基づいて決定される。また、上述した実施例のように、CBG−基盤HARQ−ACKとは別途に、TB−基盤HARQ−ACKが追加に伝送されてもよい。この際、TB−基盤HARQ−ACKは、TB−CRCのチェックに成功したのか否かを示す。

0106

本発明の実施例によると、TBの成功的な伝送ために、CBG−基盤HARQ−ACKフィードバックが使用される。基地局は端末にCBG−基盤HARQ−ACK伝送を指示する。この際、CBG−基盤HARQ−ACKによる再伝送技法が使用される。CBG−基盤HARQ−ACKは、PUCCHを介して伝送される。また、PUSCHを介してUCIが伝送されるように設定されれば、CBG−基盤HARQ−ACKは該当PUSCHを介して伝送されてもよい。PUCCHにおいて、HARQ−ACK資源の設定はRRC信号を介して構成される。また、CBG−基盤で伝送されるPDSCHをスケジューリングするPDCCHを介して、実際に伝送されるHARQ−ACK資源が指示される。端末は、RRCからなるPUCCH資源のうちPDCCHを介して指示された一つ以上のPUCCH資源を介し、伝送されたCBGの受信成功可否に対するHARQ−ACK(ら)を伝送する。

0107

基地局は、端末に伝送されたCBG(ら)に対する端末の受信成功可否を該当端末のCBG−基盤HARQ−ACKフィードバックを介して識別する。つまり、端末から受信された各CBGに対するHARQ−ACKを介し、基地局は端末が受信に成功したCBG(ら)と端末が受信に失敗したCBG(ら)を認知する。基地局は、受信され亜tCBG−基盤HARQ−ACKに基づいてCBG再伝送を行う。より詳しくは、基地局は、一つのTBにおいて受信に失敗したHARQ−ACKが応答されたCBG(ら)のみを束ねて再伝送する。この際、受信に成功したHARQ−ACKが応答されたCBG(ら)を再伝送から除外する。基地局は、再伝送されるCBG(ら)を一つのPDSCHにスケジューリングして端末に伝送する。

0108

PDSCHを介して伝送されるCBG(ら)の個数は、一つのTBを伝送するためのCBG再伝送過程で異なり得る。よって、端末は、該当PDSCHから伝送されるCBG(ら)に対する受信成功可否をHARQ−ACKを介して伝送する必要がある。しかし、端末は、既に基地局にACKが伝送されて該当PDSCHから再伝送されていないCBG(ら)に対するHARQ−ACK(ら)は伝送する必要がない。前記のように、HARQ−ACKビット(ら)をPDSCHから伝送されるCBGの個数によって減少させる。これを介し、HARQ−ACKの信頼度を上げられるだけでなく、使用していないHARQ−ACK資源をガの端末または同一端末の他のTBに当たるCBG(ら)のためのHARQ−ACK資源として再活用できるようになり、上りリンク制御チャネルのオーバーヘッドを下げることができる。しかし、PDSCHから伝送されるCBGの個数に応じてHARQ−ACKビット(ら)を送る方式は、上述した長所にもかかわらず、以下のような2つの状況で短所が発生する恐れがある。

0109

i)端末がHARQ−ACKを伝送するPUCCH(または、HARQ−ACKが含まれたPUSCH)を伝送した後、基地局からNACK−to−ACKエラーが発生する。この際、基地局は再伝動すべきCBG(ら)の伝送に成功したと判断し、再伝送のための次のPDSCHを介して伝送しない。端末は受信に失敗したCBG(ら)の再伝送を期待するが、該当CBG(ら)が次のPDSCHを介して伝送されないため、更に該当CBG(ら)を再伝送するためのNACK(ら)の伝送が要求される。しかし、該当CBG(ら)は再伝送のための次のPDSCHを介して伝送されていないため、端末が該当CBG(ら)のためのHARQ−ACKを再伝送することができなくなる。よって、端末のHARQ−ACKを伝送するPUCCH(または、HARQ−ACKが含まれたPUSCH)の伝送から発生し得るNACK−to−ACKエラーが発生した際、それを改善するための方法が必要である。

0110

ii)CBG−基盤伝送において、端末はCBGに含まれたCBのCRCの成功可否に応じてCBGの受信成功可否を判断する。つまり、CBGに含まれた全てのCBのCB−CRCのチェックに成功すれば、端末は該当CBGに対するHARQ−ACKとしてACKを伝送する。それに対し、CBGに含まれたCBのうち一つのCBからでもエラーが発生すれば、端末は該当CBGに対するHARQ−ACKとしてNACKを伝送する。しかし、TBの受信成功可否はTBに取り付けられているTB−CRCのチェック成功可否に応じて決定される。よって、端末は全てのCBG(ら)の受信に成功したと判断し、該当CBG(ら)に対応するHARQ−ACKとしてACKを伝送するが、TB−CRCのチェックに失敗してTBの受信に失敗する状況が発生する恐れがある。よって、このような状況を改善するための方法が必要である。

0111

本発明の実施例によると、PDSCHから伝送されるCBGの個数に応じてHARQ−ACKビット(ら)を伝送する方式を使用する際に発生し得る前記問題点を解決するための方法として、フォールバック指示子(fallback indicator)が使用される。前記フォールバック指示子は、一つのTBの全てのCBGをPDSCHを介して再伝送(以下、フォールバックモード)するようにする指示子である。端末は以下の実施例によってフォールバック指示子を生成し、前記フォールバック指示子を既に割り当てられているPUCCH資源を介してHARQ−ACKと共に伝送する。フォールバック指示子は2つの状態のうちいずれか一つを指示する。本発明の実施例では第1状態を「フォールバックモード要請」と称し、第2状態を「非−フォールバック要請」と称する。「フィードバックモード要請」とは、一つのTBの全てのCBGの再伝送を要請する状態であり、「非−フォールバック要請」とは、前記のような全てのCBGの再伝動が要求されない状態である。本発明の追加の実施例によると、前記フォールバック指示子はTB−基盤HARQ−ACKとも使用される。TB−基盤HARQ−ACKの具体的な実施例は後述する。

0112

本発明の一実施例によると、CBG−基盤に動作するように構成された端末に、一つのTBに対して一つのCBGのみ構成される。つまり、一つのTBに含まれた全てのCBが一つのCBGに構成される。この際、端末が伝送するHARQ−ACKフィードバックは、TB−CRCの成功可否に応じて決定される。つまり、TB−CRCのチェックに成功すれば端末は該当CBGに対するHARQ−ACKとしてACKを伝送し、TB−CRCのチェックに失敗すれば端末は該当CBGに対するHARQ−ACKとしてNACKを伝送する。この場合、フォールバックモードの遂行可否は、フォールバック指示子の明示的な伝送なしに前記CBGに対するACK/NACKから決定される。より詳しくは、フォールバックモードでの動作を期待する端末は、CBGに対するHARQ−ACKとしてNACKを伝送する。端末からHARQ−ACKとしてNACKを伝送されれば、基地局はフォールバックモードが必要であると判断し、それによって該当TBの全てのCBGをPDSCHを介して再伝送する。

0113

本発明の他の実施例によると、CBG−基盤に動作するように構成された端末に、一つのTBに対してN個のCBGが構成される(ここで、Nは1より大きい自然数)。つまり、一つのTBが2つ以上のCBGからなる。この際、端末がフォールバック指示子とHARQ−ACKを伝送する方法は以下の実施例のようである。

0114

まず、一つのTBに対するN個のCBG(つまり、全てのCBG)がPDSCHで伝送される。この場合、端末は各CBGの受信成功可否をCB−CRCを介して判断し、先に構成されるか指示されたPUCCH資源を介して、N個のCBGに対するHARQ−ACKを伝送する。端末は各CBGに含まれた全てのCB−CRCのチェックに成功すれば、該当CBGのためのHARQ−ACKとしてACKを伝送する。そうでなければ、端末は該当CBGのためのHARQ−ACKとしてNACKを伝送する。前記CBGのためのHARQ−ACKは、端末が伝送するPUCCH、またはPUSCHにおけるHARQ−ACKを介して伝送される。基地局は、端末からNACKが応答されたCBGを束ねてPDSCHを介して再伝送する。この場合、フォールバックモードの遂行可否は、フォールバック指示子の明示的な伝送なしに前記CBGに対するACK/NACKから決定される。より詳しくは、フォールバックモードでの動作を望む端末は、CBGに対するHARQ−ACKとしてNACKを伝送する。端末から全てのCBGに対するHARQ−ACKとしてNACKを伝送されれば、基地局はフォールバックモードが必要であると判断し、それによって該当TBの全てのCBGをPDSCHを介して再伝送する。

0115

表4は、N=2である際に端末が伝送するHARQ−ACKフィードバックとそれによる動作を示す。端末のHARQ−ACKが[ACK ACK]であれば、基地局は端末が該当TBの受信に成功したと判断する。端末のHARQ−ACKが[ACK NACK]であれば、基地局は端末が最初のCBGの受信は成功したが、2番目のCBGの受信は失敗したと判断する。よって、基地局は2番目のCBGをPDSCHを介して再伝送する。端末のHARQ−ACKが[NACK ACK]であれば、基地局は端末が2番目のCBGの受信は成功したが、最初のCBGの受信は失敗したと判断する。よって、基地局は最初のCBGをPDSCHを介して再伝送する。端末のHARQ−ACKが[NACK NACK]であれば、基地局は端末がフィードバックモードを必要とすると判断する。よって、基地局は最初のCBGと2番目のCBGを束ねてPDSCHを介して再伝送する。

0116

0117

次に、Nより小さい自然数Mに対し、一つのTBに対するM個のCBG(つまり、一部のCBG)がPDSCHで伝送される。一つのTBに対する一部のCBGが伝送されれば、端末がフォールバック指示子とHARQ−ACKを伝送する方法は以下の実施例のようである。それぞれの実施例において、以前の実施例と同じであるか相応する部分に対しては重複する説明を省略する。

0118

本発明の第1実施例によると、端末は、M個のCBGそれぞれに対するACK/NACKビットと1−bitフォールバック指示子を束ねたM+1ビットをHARQ−ACK資源を介して伝送する。この際、M−bit HARQ−ACKより1−bitフォールバック指示子に優先順位が与えられ、フォールバックモードの遂行可否が決定される。端末は、伝送された各CBGの受信成功可否をCB−CRCを介して判断する。より詳しくは、端末に最大N個のCBGが伝送される可能性があるため、端末はN個のHARQ−ACKビットを収容し得るPUCCH資源を割り当てられる。端末は該当資源を介し、1乃至N個のHARQ−ACKビットを伝送する。端末は、1−bitフォールバック指示子を前記HARQ−ACK資源でM−bit HARQ−ACKと共に束ねて、(M+1)−bitフィードバックを伝送する。基地局は、端末から伝送されたPUCCHまたはPUSCHのPUCCH資源を介して(M+1)−bitフィードバックを受信することで、伝送したCBGに対するM−bit HARQ−ACKとフォールバック指示子を獲得する。

0119

図13は、受信したHARQ−ACKフィードバックとフォールバック指示子を解釈する方法の一実施例を示す図である。図13を参照すると、基地局は、M−bit HARQ−ACKより1−bitフォールバック指示子に優先順位を与え、フォールバックモードが必要であるのか否かを判断する。フォールバックモードが必要であれば、端末はフォールバック指示子が「フォールバックモード要請」を示しように伝送し、そうでなければ、端末はフォールバック指示子が「非−フォールバック要請」を示すように伝送する。基地局は、受信したフォールバック指示子がいかなる状態を指示するのかを確認する。もしフォールバック指示子が「フォールバックモード要請」を示せば、基地局はM−bit HARQ−ACKのACK/NACK/DTXなどの情報は無視してフォールバックモードを行う。つまり、基地局は、該当TBの全てのCBGを束ねてPDSCHを介して再伝送する。もしフォールバック指示子が「非−フォールバック要請」を示せば、基地局はM−bit HARQ−ACKの情報に応じてCBGの再伝送を行う。つまり、基地局はNACKが応答されたCBG(ら)を束ねてPDSCHを介して再伝送する。

0120

本発明の第2実施例によると、端末はHARQ−ACK資源を介して確保されたN個のビットからM個のHARQ−ACKビット(ら)を除いた残りの(N−M)ビット(ら)をフォールバック指示子と使用する。この際、M−bit HARQ−ACKより(N−M)−bitフォールバック指示子に優先順位が与えられ、フォールバックモードの遂行可否が決定される。端末は、M個のCBGそれぞれに対するACK/NACKビットと(N−M)−bitフォールバック指示子を束ねたNビットをHARQ−ACK資源を介して伝送する。つまり、端末は、(N−M)−bitフォールバック指示子を前記HARQ−ACK資源でM−bit HARQ−ACKと共に束ねて、N−bitフィードバックを伝送する。基地局は、端末から伝送されたPUCCHまたはPUSCHを介してN−bitフィードバックを受信することで、伝送したCBGに対するM−bit HARQ−ACKと(M−N)bitフォールバック指示子を獲得する。前記(M−N)−bitフォールバック指示子は、「フォールバックモード要請」及び「非−フォールバック要請」状態のうちいずれか一つを指示する。(M−N)−bitフォールバック指示子は複数個のビットからなるため、1−bitフォールバック指示子より伝送の信頼度を上げることができる。

0121

図13を参照して、受信したHARQ−ACKフィードバックとフォールバック指示子を解釈する方法を説明すると以下のようである。基地局は、M−bit HARQ−ACKより(N−M)−bitフォールバック指示子に優先順位を与え、フォールバックモードが必要であるのか否かを判断する。フォールバックモードが必要であれば、端末は(N−M)−bitフォールバック指示子が「フォールバックモード要請」を示しように伝送し、そうでなければ、端末は(N−M)−bitフォールバック指示子が「非−フォールバック要請」を示すように伝送する。基地局は、受信したフォールバック指示子がいかなる状態を指示するのかを確認する。もしフォールバック指示子が「フォールバックモード要請」を示せば、基地局はフォールバックモードを行う。もしフォールバック指示子が「非−フォールバック要請」を示せば、基地局はM−bit HARQ−ACKの情報に応じてCBGの再伝送を行う。それに対する具体的な実施例は、前記第1実施例で述べたようである。

0122

表5は、N=3、M=2である際に端末が伝送するフォールバック指示子及びHARQ−ACKフィードバックとそれによる動作を示す。この際、一つのTBは3つのCBGからなり、前記一つのTBに対する一部のCBGである最初のCBGと2番目のCBGがPDSCHで伝送される。

0123

0124

図5を参照すると、基地局はHARQ−ACKビットよりフォールバック指示子を優先的に確認する。もしフォールバック指示子が「フォールバックモード要請」を示せば、基地局は常にフォールバックモードを行う。つまり、基地局は該当TBを構成する全てのCBG、つまり、最初のCBG、2番目のCBG、及び3番目のCBGをPDSCHに再伝送する。もしフォールバック指示子が「非−フォールバック要請」を示せば、基地局は2−bit HARQ−ACKの情報に応じてCBGの再伝送を行う。つまり、端末のHARQ−ACKが[ACK ACK]であれば、基地局は端末が2つのCBGの受信に成功したと判断する。端末のHARQ−ACKが[ACK NACK]であれば、基地局は端末が最初のCBGの受信は成功したが、2番目のCBGの受信は失敗したと判断する。よって、基地局は2番目のCBGをPDSCHを介して再伝送する。端末のHARQ−ACKが[NACK ACK]であれば、基地局は端末が2番目のCBGの受信は成功したが、最初のCBGの受信は失敗したと判断する。よって、基地局は最初のCBGをPDSCHを介して再伝送する。端末のHARQ−ACKが[NACK NACK]であれば、基地局は端末が最初のCBG及び2番目のCBGの受信に失敗したと判断する。よって、基地局は最初のCBGと2番目のCBGを束ねてPDSCHを介して再伝送する。

0125

本発明の第3実施例によると、端末は、M個のCBGそれぞれに対するACK/NACKビットと1−bitフォールバック指示子を束ねたM+1ビットをPUCCH資源を介して伝送する。この際、1−bitフォールバック指示子よりM−bitHARQ−ACKに優先順位(または、同等な順位)が与えられ、フォールバックモードの遂行可否が決定される。端末が1−bitフォールバック指示子をHARQ−ACK資源を介してM−bit HARQ−ACKと共に伝送し、基地局がこれを受信する実施例は、前記第1実施例で述べたようである。

0126

図14は、受信したHARQ−ACKフィードバックとフォールバック指示子を解釈する方法の他の実施例を示す図である。図14を参照すると、基地局は1−bitフォールバック指示子よりM−bit HARQ−ACKに優先順位(または、同等な順位)を与え、フォールバックモードが必要であるのか否かを判断する。つまり、基地局はM−bit HARQ−ACKがいずれもNACKであれば、1−bitフォールバック指示子を確認してフォールバックモードが必要であるのか否かを判断する。フォールバックモードが必要であれば、端末はM−bit HARQ−ACKがいずれもNACKを示し、フォールバック指示子が「フォールバックモード要請」を示すように伝送する。この場合、基地局は、該当TBの全てのCBGを束ねてPDSCHを介して再伝送する。そうでなければ、基地局はフォールバックモードが必要ではないと判断する。つまり、M−bit HARQ−ACKのうち少なくとも一つのACKがあれば、基地局はフィードバック指示子が指示する値にかかわらずフォールバックモードを行わない。この際、基地局はM−bit HARQ−ACKの情報に応じて、NACKが応答されたCBG(ら)を束ねてPDSCHを介して再伝送する。

0127

本発明の第4実施例によると、端末はHARQ−ACK資源を介して確保されたN個のビットからM個のHARQ−ACKビット(ら)を除いた残りの(N−M)ビット(ら)をフォールバック指示子と使用する。この際、(N−M)−bitフォールバック指示子よりM−bit HARQ−ACKに優先順位(または、同等な順位)が与えられ、フォールバックモードの遂行可否が決定される。端末が(N−M)−bitフォールバック指示子をHARQ−ACK資源を介してM−bit HARQ−ACKと共に伝送し、基地局がこれを受信する実施例は、前記第2実施例で述べたようである。

0128

図14を参照して、受信したHARQ−ACKフィードバックとフォールバック指示子を解釈する方法を説明すると以下のようである。基地局は、(N−M)−bitフォールバック指示子よりM−bit HARQ−ACKに優先順位(または、同等な順位)を与えられ、フォールバックモードが必要であるのか否かを判断する。つまり、基地局はM−bit HARQ−ACKがいずれもNACKであれば、(N−M)−bitフォールバック指示子を確認してフォールバックモードが必要であるのか否かを判断する。フォールバックモードが必要であれば、端末はM−bit HARQ−ACKがいずれもNACKを示し、(N−M)−bitフォールバック指示子が「フォールバックモード要請」を示すように伝送する。この場合、基地局は、該当TBの全てのCBGを束ねてPDSCHを介して再伝送する。そうでなければ、基地局はフォールバックモードが必要ではないと判断する。つまり、M−bit HARQ−ACKのうち少なくとも一つのACKがあれば、基地局はフィードバック指示子が指示する値にかかわらずフォールバックモードを行わない。この際、基地局はM−bit HARQ−ACKの情報に応じて、NACKが応答されたCBG(ら)を束ねてPDSCHを介して再伝送する。

0129

表6は、N=3、M=2である際に端末が伝送するフォールバック指示子及びHARQ−ACKフィードバックとそれによる動作を示す。この際、一つのTBは3つのCBGからなり、前記一つのTBに対する一部のCBGである最初のCBGと2番目のCBGがPDSCHで伝送される。

0130

0131

表6を参照すると、2−bitHARQ−ACKが[NACK NACK]で、フォールバック指示子が「フォールバックモード要請」を示せば、基地局はフォールバックモードを行う。つまり、基地局は該当TBを構成する全てのCBG、つまり、最初のCBG、2番目のCBG、及び3番目のCBGをPDSCHに再伝送する。それ以外の場合、基地局はフォールバックモードが必要ではないと判断する。この際、基地局は2−bit HARQ−ACK情報に応じてCBGの再伝送を行う。つまり、端末のHARQ−ACKが[ACK ACK]であれば、フォールバック指示子の値にかかわらず、基地局は端末が2つのCBGの受信に成功したと判断する。端末のHARQ−ACKが[ACK NACK]であれば、フォールバック指示子の値にかかわらず、基地局は端末が最初のCBGの受信は成功したが、2番目のCBGの受信は失敗したと判断する。よって、基地局は2番目のCBGをPDSCHを介して再伝送する。端末のHARQ−ACKが[NACK ACK]であれば、フォールバック指示子の値にかかわらず、基地局は端末が2番目のCBGの受信は成功したが、最初のCBGの受信は失敗したと判断する。よって、基地局は最初のCBGをPDSCHを介して再伝送する。端末のHARQ−ACKが[NACK NACK]であって、フォールバック指示子が「非−フォールバック要請」を示せば、基地局は端末が最初のCBG及び2番目のCBGの受信に失敗したと判断する。よって、基地局は最初のCBGと2番目のCBGを束ねてPDSCHを介して再伝送する。

0132

本発明の第5実施例によると、TBの再伝送は明示的なフォールバック指示子なしに上位階層の再伝送を介して行われる。つまり、物理階層の誤った伝送を回復するためのフィードバックモードは使用されない。一実施例によると、基地局と端末には明示的なフォールバック指示子資源がなく、CBGに対するHARQ−ACK資源のみ存在する。この場合、端末に再伝送が必要なCBG(ら)がPDSCH伝送に含まれていなければ、該当PDSCH伝送のCB−CRCの成功及びTB−CRCの成功可否にかかわらず、端末は該当PDSCHの全てのCBGに対するHARQ−ACKとしてACKを伝送する。このように、端末は該当TBの受信失敗を認知するが、全てのCBGに対してACKを伝送することで、これ以上不必要な再伝送を防ぐ。前記受信に失敗したTBは、物理階層のHARQ−ACK伝送を介した再伝送ではなく、上位階層での再伝送を介して回復される。

0133

図15は、上述した実施例によって端末がCBG(ら)に対するHARQ−ACKとフォールバック指示子を伝送する一例を示す図である。図15の実施例によると、基地局は一つのTBに3つのCBGを構成し(つまり、N=3)、それによって端末は3−bitのHARQ−ACKを伝送するPUCCH資源を割り当てられる。最初のPDSCH伝送において、基地局はCBG#1、CBG#2、及びCBG#3を伝送する。端末は3つのCBGのうちCBG#3の受信に成功し、CBG#1及びCBG#2の受信に失敗する。よって、端末は最初のPDSCH伝送に対する3−bit HARQ−ACKとして[NACK NACK ACK]を伝送する。2番目のPDSCH伝送において、基地局は既に端末からACKが応答されたCBG#3は除いて、CBG#1及びCBG#2のみ再伝送する。端末は、2番目PDSCH伝送に対する応答として、3−bit HARQ−ACKを伝送する。この際、端末は、3−bit HARQ−ACKのつい最初の2つのビットは再伝送されたCBG#1及びCBG#2の受信可否を示すのに使用し、CBG#3に対応する最後の1つのビットはフォールバック指示子と使用する。

0134

図16乃至図19は、端末がCBG(ら)に対するHARQ−ACKフィードバックとフォールバック指示子を伝送する追加の実施例を示す図である。本発明の追加の実施例によると、端末が伝送するHARQ−ACKペイロード(payload)の長さは、RRC信号からなるCBGの最大個数に基づいて構成される。よって、端末にはN個のCBG−基盤HARQ−ACKビットが構成される。以下、図16乃至図19の実施例において、RRC信号からなるCBGの最大個数はNとし、基地局が伝送するTBが含むCBG(ら)の個数はMとする。この際、N−bit HARQ−ACKのうちM個のビット(ら)は、各CBGの受信成功可否を示すCBG−基盤HARQ−ACK(つまり、M−bit CBG−基盤HARQ−ACK)である。また、MがNより小さければ、N−bit HARQ−ACKのうち残りのN−M個のビット(ら)はフォールバック指示子である。

0135

本発明の実施例では、端末がPDSCHを介して伝送された各CBGの受信に成功したのか否かを示すHARQ−ACKをCBG−基盤HARQ−ACK、またはCBG−レベルHARQ−ACKとする。また、上述したように、本発明の実施例において、フォールバック指示子はTB−基盤HARQ−ACKとも称される。本発明の実施例では、端末がPDSCHを介して伝送された各TBの受信に成功したのか否かを示すHARQ−ACKをTB−基盤HARQ−ACK、またはTB−レベルHARQ−ACKとする。

0136

本発明の実施例によると、(N−M)−bitフォールバック指示子は多様な方法で構成される。一実施例によると、(N−M)−bitフォールバック指示子は、いずれもACKまたはいずれもNACKからなる。他の実施例によると、(N−M)−bitフォールバック指示子は、1−bit TB−基盤HARQ−ACKがN−M個のビット(ら)で繰り返し構成される。また他の実施例によると、(N−M)−bitフォールバック指示子は、M−bit CBG−基盤HARQ−ACKの値に基づいて構成される。もしMがNの約数であれば、(N−M)−bitフォールバック指示子は、M−bit CBG−基盤HARQ−ACKの値が繰り返し構成される。

0137

表7は、N=4でM=1〜4である際、4−bitHARQ−ACKフィードバックを構成する一実施例を示す。まず、M=1であれば、CBG#0に対するHARQ−ACK b0が4回繰り返されて、4−bit HARQ−ACK[b0 b0 b0 b0]が構成される。次に、M=2であれば、CBG#0に対するHARQ−ACK b0と、CBG#1に対するHARQ−ACK b1が2回繰り返されて、4−bit HARQ−ACK[b0 b1 b0 b1]が構成される。次に、M=3であれば、4−bit HARQ−ACKはCBG#0に対するHARQ−ACK b0と、CBG#1に対するHARQ−ACK b1、CBG#2に対するHARQ−ACK b2、そしてb0、b1、及びb2の組み合わせによって決定されたXを利用して、[b0 b1 b2 bxが構成される。一実施例によると、xは、b0、b1、及びb2のXOR演算を介して獲得される。他の実施例によると、xは、b0+b1+b2(mod2)の値に決定される。表7はN−bit HARQ−ACKフィードバックを構成する一実施例を示しており、前記列挙した実施例のうち少なくとも一つの組み合わせによってN−bit HARQ−ACKフィードバックが構成される。

0138

0139

本発明の他の実施例によると、端末は一つのPDSCHで2つのTBが伝送される伝送モードで構成される。この際、端末は2つのTBに対するCBG−基盤HARQ−ACKペイロードの長さに合わせてHARQ−ACKフィードバックを伝送する。もし各TBがCBGの最大個数が構成されており、端末が一つのTBのみをスケジューリングするPDSCHを受信すれば、端末は一つのTBに対するCBG−基盤HARQ−ACKを繰り返して、2つのTBに対するCBG−基盤HARQ−ACKペイロードの長さのHARQ−ACKを生成する。

0140

例えば、端末は2つのTBまで伝送される伝送モードで構成され、一つのTBが最大4つのCBGからなってもよい。もし端末に一つのTBのみスケジューリングされれば、該当TBに含まれた4つのCBG遺体するCBG−基盤HARQ−ACKs[b0 b1 b2 b3]が2回繰り返されて、8−bit HARQ−ACKs[b0 b1 b2 b3 b0 b1 b2 b3]が構成される。それに対し、端末に2つのTBのみスケジューリングされれば、最初のTBに含まれた4つのCBG遺体するCBG−基盤HARQ−ACKs[b0 b1 b2 b3]と2番目のTBに含まれた4つのCBGに対するHARQ−ACKs[c0 c1 c2 c3]を結合して、8−bit HARQ−ACKs[b0 b1 b2 b3 c0 c1 c2 c3]が構成される。端末は、このように構成されたHARQ−ACKを基地局に伝送する。

0141

一方、一つのPDSCHから2つのTBが伝送される伝送モードでも、基地局が伝送するTBが含むCBGの個数Mは、RRC信号からなるCBGの最大個数はNより小さい。この際、N−bitHARQ−ACKのうちM個のビット(ら)を除いた残りのN−M個のビット(ら)を構成する方法は上述した実施例のようである。

0142

一方、本発明の追加の実施例によると、CBG(ら)に対するCBG−基盤HARQ−ACK(ら)とフォールバック指示子(または、TB−基盤HARQ−ACK)は、互いに異なるPUCCH資源を介して伝送される。図16乃至図19は、このように端末が互いに異なるHARQ−ACK資源を介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)とフォールバック指示子を伝送する実施例を示す。

0143

まず、図16は、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)の伝送とフォールバック指示子(または、TB−基盤HARQ−ACK)の伝送に体外に異なるHARQ−ACK資源を割り当てる例を示す。図16を参照すると、基地局は端末に互いに異なる時間の2つのHARQ−ACK資源を割り当てる。互いに異なる時間の2つのHARQ−ACK資源は、それぞれCBG−基盤HARQ−ACK(ら)の伝送とフォールバック指示子(または、TB−基盤HARQ−ACK)の伝送のために使用される。本発明の実施例によると、フォールバック指示子(または、TB−基盤HARQ−ACK)を伝送するための資源は、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送するための資源より先になるように構成される。例えば、端末はスロットnから受信されたPDSCHに対するHARQ−ACK資源として、スロットn+k1(つまり、資源A)とスロットn+k2(つまり、資源B)を割り当てられる(ここで、k1<k2)。前記資源のうち、スロットn+k1の資源Aはフォールバック指示子(または、TB−基盤HARQ−ACK)を伝送するための資源であり、スロットn+k2の資源BはCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送するための資源である。一方、資源Bを介して伝送されるCBG−基盤HARQ−ACKペイロードの長さは、伝送されるCBGの個数、RRC信号からなるCBGの最大個数、または該当TBが有し得るCBGの個数のうちいずれか一つに基づいて構成される。

0144

図17は、互いに異なるHARQ−ACK資源を介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)とフォールバック指示子(または、TB−基盤HARQ−ACK)を伝送される一実施例を示す。図17の実施例によると、端末はCBG−基盤HARQ−ACK(ら)とTB−基盤HARQ−ACKのうちいずれか一つのみを選択的に伝送する。より詳しくは、CBG−基盤通信からなる端末が基地局にHARQ−ACKを伝送する状況において、CBG(ら)に対するHARQ−ACK(ら)がいずれもACKまたはNACKであれば、端末はTB−基盤HARQ−ACKのみを伝送し、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)は伝送しない。それに対し、CBG(ら)に対するHARQ−ACK(ら)が少なくとも一つのACKと少なくとも一つのNACKを含めば、端末はCBG−基盤HARQ−ACK(ら)のみを伝送し、TB−基盤HARQ−ACKは伝送しない。

0145

端末は、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)とフォールバック指示子(つまり、TB−基盤HARQ−ACK)のうち伝送しようとするHARQ−ACKの種類に応じて互いに異なる2つのHARQ−ACK資源のうち一つを選択し、選択された資源を介して該当HARQ−ACKを伝送する。図17(a)に示したように、TB−基盤HARQ−ACKを伝送しようとする際、端末はスロットn+k1を介してTB−基盤HARQ−ACKを伝送する。この際、端末はスロットn+k2を介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送しない。一実施例によると、端末は、TB−CRCのチェックに成功すれば、TB−基盤HARQ−ACKとしてACKを伝送する。一方、端末は、いずれのCB−CRCもチェックに成功したが、TB−CRCエラーが発生した場合にTB−基盤HARQ−ACKとしてNACKを伝送する。また、端末は、全てのCBGの受信に失敗した場合(つまり、全てのCBーCRCが失敗した場合)にも、TB−基盤HARQ−ACKとしてNACKを伝送する。図17(b)に示したように、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送しようとする際、端末はスロットn+k2を介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送する。この際、端末はスロットn+k1を介してTB−基盤HARQ−ACKを伝送しない。

0146

図17の実施例において、基地局の動作は以下のようである。基地局は、スロットn+k1の資源Aを介して端末のTB−基盤HARQ−ACK伝送を期待する。資源Aを介して端末のTB−基盤HARQ−ACKの受信に成功し、前記HARQ−ACKがACKであれば、基地局は端末がTBの受信に成功したと判断する。資源Aを介して端末のTB−基盤HARQ−ACKの受信に成功し、前記HARQ−ACKがNACKであれば、基地局は端末が全てのCBG(または、全てのCB)の受信に失敗したと判断する。よって、基地局は全てのCBG(または、全てのCB)を再伝送する。資源Aを介して端末のTB−基盤HARQ−ACKの受信に成功したら、基地局は端末が資源B(つまり、スロットn+k2)を使用しないと判断する。よって、資源Aを介して端末のTB−基盤HARQ−ACKが伝送されれば、資源Bは他の目的で使用される。例えば、資源Bは他のユーザのHARQ−ACK伝送に使用されてもよい。一方、資源Aを介して端末のTB−基盤HARQ−ACKの受信に成功されなければ、基地局は端末がCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送したと判断する。よって、基地局は、スロットn+k2の資源Bを介して端末のCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を受信する。基地局はCBG−基盤HARQ−ACK(ら)に基づいて、端末が受信に失敗したCBG(ら)の再伝送を行う。

0147

図18は、互いに異なるHARQ−ACK資源を介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)とフォールバック指示子(または、TB−基盤HARQ−ACK)を伝送される他の実施例を示す。図18の実施例によると、端末は全てのCBGの受信に成功したのか否かに応じて、TB−基盤HARQ−ACKのみで伝送するか、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)とTB−基盤HARQ−ACKを共に伝送する。

0148

図18(a)に示したように、端末が全てのCBGの受信に成功し、TB−CRCのチェックに成功すれば、端末はスロットn+k1を介してTB−基盤HARQ−ACKとしてACKを伝送する。この際、端末はスロットn+k2を介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送しない。図18(b)に示したように、端末が少なくとも一つのCBGの受信に失敗するか、TB−CRCにエラーが発生すれば、端末はスロットn+k1を介してTB−基盤HARQ−ACKとしてNACKを伝送する。この際、端末はスロットn+k2を介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送する。

0149

図18の実施例において、基地局の動作は以下のようである。基地局は、スロットn+k1の資源Aを介して端末のTB−基盤HARQ−ACK伝送を常に期待する。資源Aを介して受信された端末のTB−基盤HARQ−ACKがACKであれば、基地局は端末がTBの受信に成功し他と判断する。この場合、基地局は端末が資源B(つまり、スロットn+k2)を使用しないと判断する。よって、資源Aを介して端末のTB−基盤HARQ−ACKが伝送されれば、資源Bは他の目的で使用される。例えば、資源Bは他のユーザのHARQ−ACK伝送に使用されてもよい。資源Aを介して端末のTB−基盤HARQ−ACKの受信に成功し、前記HARQ−ACKがNACK(または、DTX)であれば、基地局は端末が少なくとも一つのCBGの受信に失敗したと判断する。この場合、基地局は資源Bを介して端末のCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を受信する。基地局はCBG−基盤HARQ−ACK(ら)に基づいて、端末が受信に失敗したCBG(ら)の再伝送を行う。

0150

本発明の他の実施例によると、TB−基盤HARQ−ACKがACKである場合にも、端末のTB−基盤HARQ−ACKとCBG−基盤HARQ−ACK(ら)が共に伝送される。基地局は、資源A及び資源Bを介してそれぞれTB−基盤HARQ−ACKとCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を受信し、受信されたHARQ−ACKを利用して端末の受信成功可否を判断する。例えば、TB−基盤HARQ−ACKがACKで、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)がいずれもACKであれば、基地局は端末がTBの受信に成功したと判断する。しかし、TB−基盤HARQ−ACKがACKで、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)がACKではなければ、基地局はCBG−基盤HARQ−ACK(ら)に基づいてCBG−基盤再伝送を行う。他の方法として、TB−基盤HARQ−ACKがACKであれば、基地局はCBG−基盤HARQ−ACKの値にかかわらず、端末がTBの受信に成功したと判断する。

0151

もしTB−基盤HARQ−ACKがNACKであるにもかかわらず、資源Bを介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)の受信に成功しなければ、基地局は端末が全てのCBGの受信に失敗したと判断し、全てのCBGを再伝送する。また他の実施例によると、TB−基盤HARQ−ACKがNACKあるにもかかわらず、資源Bを介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)の受信に成功しなければ、基地局はTB−基盤HARQ−ACKでACK-to−NACKエラーが発生したとみなし、端末が該当TBの受信に成功したと判断する。

0152

また、TB−基盤HARQ−ACKがNACKで、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)が全てACKであれば、基地局は端末が全てのCBGの受信に失敗したと仮定し、全てのCBGを再伝送する。更に他の実施例によると、TB−基盤HARQ−ACKがNACKで、CBG−基盤HARQ−ACK(ら)が全てACKであれば、基地局はTB−基盤HARQ−ACKでACK-to−NACKエラーが発生したとみなし、端末が該当TBの受信に成功したと判断する。

0153

図19は、TB−基盤HARQ−ACKの伝送とCBG−基盤HARQ−ACK(ら)の伝送との間に端末が該当TBに対する再伝送をスケジューリングするPDCCHを受信する実施例を示す。より詳しくは、端末がスロットn+k1の資源Aを介してTB−基盤HARQ−ACKを伝送し、スロットn+k2の資源Bを介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送しようとする際、該当TBに対する再伝送をスケジューリングするPDCCHがスロットn+k2以前のスロットn+k3を介して受信される(つまり、k3<k2)。この場合、端末はスロットn+k2を介してCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送しない。このように、基地局はTBに対する再伝送をスケジューリングするPDCCHをCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送するためのスロットn+k2以前に伝送すれば、スロットn+k2の資源Bは他の目的で使用される。例えば、資源Bは他のユーザのHARQ−ACK伝送に使用されてもよい。

0154

本発明の実施例によると、基地局は多様な方法で端末にスロットn+k1の資源Aとスロットn+k2の資源Bに関する情報を指示する。一実施例によると、基地局はDCIを介してオフセットk1とオフセットk2をそれぞれ独立して指示する。他の実施例によると、基地局はオフセットk1とオフセットk2の差の値を端末に予め知らせるか固定し、オフセットk1とオフセットk2のいずれか一つのみをDCIを介して指示する。端末はDICを介して指示されたいずれか一つのオフセットと予め知られている(または、固定されている)オフセットの差の値を利用して、オフセットk1とオフセットk2の値を獲得する。この際、獲得されたオフセットのうち小さい値がTB−基盤HARQ−ACKを伝送するためのオフセットとして使用され、オフセットのうち大きい値がCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を伝送するためのオフセットとして使用される。

0155

端末にHARQ−ACK多重化が構成されていれば、前記実施例において、スロットn+k1の資源Aを介して伝送されるTB−基盤HARQ−ACKは一つまたは複数個のTBに対するTB−基盤HARQ−ACKが多重化されたものである。また、前記実施例において、スロットn+k2の資源Bを介して伝送されるCBG−基盤HARQ−ACK(ら)は一つまたは複数個のTBに対するCBG−基盤HARQ−ACKが多重化されたものである。一実施例によると、資源Bを介して伝送されるCBG−基盤HARQ−ACK(ら)は、TB−基盤HARQ−ACKとしてNACKが伝送されたTBに対するCBG−基盤HARQ−ACKビットを多重化して生成される。つまり、資源Aを介して伝送されるTB−基盤HARQ−ACKとしてACKが伝送されたTBに対しては、資源Bを介してCBG−基盤HARQ−ACK伝送が行われない。

0156

一方、上述した実施例において、資源はスロット単位を基準に説明したが、本発明はこれに限らない。つまり、Short−PUCCH伝送などの状況において、上述した実施例のスロットはOFDMシンボルに切り替えられる。この際、OFDMシンボルn+k1及び/またはOFDMシンボルn+k2は、PUCCHが始まるOFDMシンボルである。

0157

また、上述した実施例では、k1<k2と仮定している。しかし、本発明の他の実施例によると、オフセットk1とオフセットk2は同じ値と設定されてもよい(つまり、k=k1=k2)。つまり、TB−基盤HARQ−ACKの伝送地CBG−基盤HARQ−ACK(ら)の伝送に同じ時間のHARQ−ACK資源が割り当てられてもよい。端末が一つのPDSCHから2つのTBが伝送される伝送モードで構成されれば、端末は同じスロットn+kに構成された資源Aと資源Bのうち一つの資源を選択してHARQ−ACK伝送を行う。一実施例によると、一つのPDSCHを介して伝送された2つのTBに対するHARQ−ACKがいずれもACKであれば、端末はスロットn+kの資源Aを介してTB−基盤HARQ−ACKとして[ACK ACK]を伝送する。この際、端末はスロットn+kの資源Bは使用しなくてもよい。もし一つのPDSCHを介して伝送された2つのTBに対するHARQ−ACKがいずれもACKではなければ、端末はスロットn+kの資源Bを介して前記2つのTBに含まれたCBGに対するCBG−基盤HARQ−ACKを伝送する。この際、端末はスロットn+kの資源Aは使用しなくてもよい。

0158

本発明の追加の実施例によると、複数のTBに対するCBG−基盤HARQ−ACKが多重化されれば、ペイロードの長さを減らすために圧縮された(compressed)CBG−基盤HARQ−ACKが使用される。つまり、元の(original)CBG−基盤HARQ−ACKからペイロードの長さを縮小して圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKが使用される端末は決められた規則に従って元のCBG−基盤HARQ−ACKから圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKを生成し、前記圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKを基地局に伝送する。

0159

圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKを生成する第1実施例は以下のようである。基地局は、一つのTBに対する全体のCBG−基盤HARQ−ACK状態のうち、元もよく発生すると期待される状態を選択して、端末がこれをシグナリングするようにする。ここで、CBG−基盤HARQ−ACK状態とは、元のCBG−基盤HARQ−ACKが有し得るビットの組み合わせを指す。つまり、4−bit CBG−基盤HARQ−ACKは計16個の状態、つまり、[ACK ACK ACK ACK]〜[NACK NACK NACK NACK]の状態を有する。基地局は、前記のような元のCBG−基盤HARQ−ACK状態のうちからP個の状態を選択する。つまり、PDSCHを介して伝送される全体TBの個数をIとしたら、i番目のTBの下のCBG−基盤HARQ−ACK状態は、P個の状態のうちPi番目の状態にマッピングされる。この場合、端末は全体I個のTB(ら)に対する前記マッピングされたPiを以下の数式を介して多重化してUを獲得し、前記Uを2進法に変換して、全体のTB(ら)に対する圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を獲得する。

0160

0161

基地局は、端末から圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACK(ら)を受信し、前記圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACK(ら)をP−進法に変換して、各TBにマッピングされたCBG−基盤HARQ−ACK状態情報Piを獲得する。

0162

一実施例によると、前記Pの値と基地局が選択したP個のCBG−基盤HARQ−ACK状態の情報は、基地局が端末に伝送するRRC信号を介して構成される。他の実施例によると、前記Pの値は端末が伝送し得るPUCCHの容量、及び端末が伝送すべきTBの個数(またはPDSCHの個数)のうち少なくとも一つに基づいて決定される。また、P個のCBG−基盤HARQ−ACK状態を決定するために、全体のCBG−基盤HARQ−ACK状態は予め設定された順番によって予め配列される。一実施例によると、予め設定された順番は、全体のCBG−基盤HARQ−ACK状態のうち各状態の発生頻度に基づいて決定される。例えば、隣接したCBGの受信エラーを示すCBG−基盤HARQ−ACK状態は、非隣接CBGの受信エラーを示すCBG−基盤HARQ−ACK状態より高い順番に決定される。全体のCBG−基盤HARQ−ACK状態のうちP個の状態は、このように予め配列された順番に基づいて選択される。

0163

表8は、P個のCBG−基盤HARQ−ACK状態を決定する一実施例を示す。表8の実施例では、4つのCBG−基盤HARQ−ACKビットに基づく計16個の元のCBG−基盤HARQ−ACK状態のうちからP個の状態が決定される。ここで、Pが2、4、6、9、11、14、または16である場合の選択されたP個のCBG−基盤HARQ−ACK状態の情報を例示している。

0164

0165

選択されたP個の状態それぞれは、予め配列された順番に基づいてpi番目の状態にインデクシングされる。上述したように、各TBは元のCBG−基盤HARQ−ACK状態は、P個の状態のうちpi番目の状態にマッピングされる。元のCBG−基盤HARQ−ACK状態の個数をNとしたら、N対Pのマッピングが行われる。本発明の実施例によると、元のCBG−基盤HARQ−ACK状態は、前記元の状態のNACKビットを基準にpi番目の状態にマッピングされる。つまり、元のCBG−基盤HARQ−ACK状態において、NACKビットは、マッピングされたpi番目のCBG−基盤HARQ−ACK状態でもNACKであるべきである。例えば、元のCBG−基盤HARQ−ACK状態において、2番目のビットがNACK(つまり、0)であれば、前記元の状態がマッピングされ得る状態は2番目のビットがNACKである状態、つまり、[0000]、[0001]、[0010]、[0011]、[1000]、[1001]、[1010]、及び[1011]のうちいずれか一つである。

0166

圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKを生成する第2実施例は以下のようである。RRC信号からなるCBGの最大個数はNとし、基地局が伝送するTBが含むCBG(ら)の個数はMとする。この際、N−bit HARQ−ACKのうちM個のビット(ら)は、各CBGの受信成功可否を示すCBG−基盤HARQ−ACK(つまり、M−bit CBG−基盤HARQ−ACK)である。基地局は、一つのTBに対する元のCBG−基盤HARQ−ACKペイロードの長さをRRC信号からなるCBGの最大個数に基づいて構成される。つまり、一つのTBに対する元のCBG−基盤HARQ−ACKはNビットからなる。この際、元のCBG−基盤HARQ−ACKは[b0、b1、…、bM−1、X0、X1、…、XN−M−1]で表される。つまり、元のCBG−基盤HARQ−ACKはM−bit CBG−基盤HARQ−ACK[b0、b1、…、bM−1]と、残りのN−M個のビット(ら)[X0、X1、…、XN−M−1]からなる。この際、Xmは固定された値(例えば、ACKまたはNACK)からなるか、M−bit CBG−基盤HARQ−ACKの値に基づいて構成される。これに対する具体的な方法は上述した実施例のようである。

0167

HARQ−ACKペイロードの長さを減らすために、基地局は端末に圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKの使用を指示する。基地局は、RRC信号やPDCCHを介して前記指示情報をシグナリングする。圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKの使用を指示する情報を端末が受信されば、端末はNビットからなる元のCBG−基盤HARQ−ACKをLビットからなる圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKに減らす。

0168

もしLがMより大きいか同じであれば、圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKは[b0、b1、…、bM−1、Y0、Y1、…、YL−M−1]で表される。つまり、圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKはM−bit CBG−基盤HARQ−ACK[b0、b1、…、bM−1]と、残りのL−M個のビット(ら)[Y1、…、YL−M−1]からなる。よって、M−bit CBG−基盤HARQ−ACKは圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKにそのまま含まれ、残りのビット(ら)のみN−M個からL−M個に減るようになる。つまり、M−bit CBG−基盤HARQ−ACKは、圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKに保存される。この際、Ymは固定された値(例えば、ACKまたはNACK)からなるか、M−bit CBG−基盤HARQ−ACKの値に基づいて構成される。

0169

もしLがMより小さければ、圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKには[a0、a1、…、aM−1]からなる。この際、圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKには元のCBG−基盤HARQ−ACKから残りのN−M個のビット(ら)を除いて、M−bit CBG−基盤HARQ−ACK[b0、b1、…、bM−1]の少なくとも一部を組み合わせて生成される。一実施例によると、圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACK[a0、a1、…、aM−1]において、k=0〜L−2のakはbk*w、bk*w+1、…、b(k+1)*w−1がいずれも1(つまり、ACK)であれば1(つまり、ACK)であり、そうでなければ0(つまり、NACK)になる。また、k=L−1のakはbk*w、bk*w+1、…、bM−1がいずれも1(つまり、ACK)であれば1(つまり、ACK)であり、そうでなければ0(つまり、NACK)になる。ここで、v=flooer(M/L)である。

0170

例えば、N=8、M=4で、残りのN−M個のビット(つまり、4bits)は常に0(つまり、NACK)を伝送すると仮定する。また、元のCBG−基盤HARQ−ACKが[10110000]と仮定する。元のCBG−基盤HARQ−ACKから4ビットの圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKを生成すれば、圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKは[1011]になる。つまり、4bits CBG−基盤HARQ−ACK[1011]は、ペイロードの長さを4ビットまで減らせても圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKで保存される。それに対し、元のCBG−基盤HARQ−ACKから2ビットの圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKを生成すれば、圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKは[01]になる。この場合、4bits CBG−基盤HARQ−ACK[1011]は圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACKで保存されない。圧縮されたCBG−基盤HARQ−ACK[01]は、4bits CBG−基盤HARQ−ACK[1011]を2ビットずつ束ねて生成される。

0171

以下の実施例では、コンポーネントキャリア単位の伝送情報を仮定する。本発明の一実施例において、コンポーネントキャリアはセルという用語に切り替えられる。本発明の実施例では、説明の便宜上、キャリア集成を使用した伝送を説明する。但し、キャリア集成を使用するTDD方式のシステムの場合、コンポーネントキャリアはHARQ−ACKが多重化されるサブフレーム(または、スロット)の全てのコンポーネントキャリアを指す。端末は、一つ以上のコンポーネントキャリア(ら)からPDSCH(ら)を受信し、それに対する応答としてHARQ−ACKビットシーケンスを生成する。前記HARQ−ACKビットシーケンスは、一つ以上のコンポーネントキャリア(ら)の各コンポーネントキャリアに対するHARQ−ACKビット(ら)を結合して生成される。本発明の実施例において、HARQ−ACK情報ビット(ら)、HARQ−ACKコードブック(codebook)、HARQ−ACKコードワード(codeword)、HARQ−ACKペイロードなどの用語に切り替えられる。また、以下の実施例において、TB−基盤伝送(またはPDSCH)に対するHARQ−ACKビットシーケンスは、TB−基盤HARQ−ACKビットシーケンスと、CBG−基盤伝送(またはPDSCH)に対するHARQ−ACKビットシーケンスは、CBG−基盤HARQ−ACKビットシーケンスとそれぞれ称される。

0172

キャリア集成が使用されれば、各コンポーネントキャリアは互いに異なる伝送方式からなる。つまり、第1コンポーネントキャリアは1つのTB伝送からなり、第2コンポーネントキャリアは2つのTBの伝送からなる。それだけでなく、3GPP NRシステムでは、上述したようにTB−基盤伝送と共にCBG−基盤伝送が支援される。つまり、第1コンポーネントキャリアはTB−基盤伝送からなり、第2コンポーネントキャリアはCBG−基盤伝送からなる。

0173

一方、端末はセルフ−キャリアスケジューリング及びクロス−キャリアスケジューリングのうち、端末に構成された方式に応じて特定コンポーネントキャリアでPDCCHをモニタリングし、PDCCHの情報に基づいてPDSCHを受信する。また、端末は各コンポーネントキャリアからPDSCHを介して伝送されたTBに対するHARQ−ACKをPUCCH(または、PUSCH)を介して伝送する。しかし、端末は基地局が構成したコンポーネントキャリアのうち一部のコンポーネントキャリアにスケジューリングされたPDCCHのデコーディングに失敗する可能性がある(つまり、DTXが発生)。この際、端末は該当コンポーネントキャリアのHARQ−ACK(ら)を除外し、デコーディングに成功したコンポーネントキャリアのHARQ−ACK(ら)のみをPUCCH(または、PUSCH)に伝送する。しかし、端末が一部のコンポーネントキャリアのHARQ−ACK(ら)の伝送を除外すれば、基地局と端末との間のHARQ−ACKフィードバックの解釈に誤差が発生する恐れがある。このような問題を解決するために、LTE−A Rel.13では、DAIを利用してDTXを検出する方法が使用されている。

0174

図20は、各コンポーネントキャリアにマッピングされたDAI値の一実施例を示す図である。図20を参照すると、それぞれのPDSCHをスケジューリングするPDCCHは、カウンタ−DAI(カウンタ−DAI)とトータル−DAI(total)を含む。カウンタ−DAIは、最初のコンポーネントキャリア(つまり、コンポーネントキャリア#0)から現在のコンポーネントキャリアまでスケジューリングされたPDSCH(ら)の累積個数を示す。また、トータル−DAIは、全体のコンポーネントキャリアにスケジューリングPDSCHの総個数を示す。カウンタ−DAIフィールドがA個のビットからなれば、カウンタ−DAIは0から2A*n−1個の値を有する(ここで、nは自然数)。もし最初のコンポーネントキャリアから現在のコンポーネントキャリアまでスケジューリングされたPDSCH(ら)の個数をCとすると、カウンタ−DAIの値は(C−1)mod2Aと設定される。同じく、トータル−DAIフィールドがB個のビットからなれば、トータル−DAIは0から2B*m−1個の値を有する(ここで、mは自然数)。もし全体のコンポーネントキャリアにスケジューリングされたPDSCH(ら)の個数をTとすると、トータル−DAIの値は(T−1)mod2Bと設定される。端末はPDCCHをデコーディングすることで、該当PDCCHがスケジューリング下PDSCHが伝送された順番を識別する。この際、端末は該当PDSCHが伝送された順番に応じてPDSCHのHARQ−ACKを伝送する。

0175

図20を参照すると、8つのコンポーネントキャリアまで併合して使用し得る端末に、基地局がコンポーネントキャリア#0、#1、#3、#4、#5、及び#7を介してPDSCHを伝送する。コンポーネントキャリアにスケジューリングされたPDSCHの総個数が6であるため、トータル−DAIの値は5に設定される。よって、コンポーネントキャリア#0、#1、#3、#4、#5、及び#7の(カウンタ−DAI、トータル−DAI)値はそれぞれ(0、5)、(1、5)、(2、5)、(3、5)、(4、5)、(5、5)と設定される。コンポーネントキャリア#3を介して伝送されたPDCCHのデコーディングに失敗したら、端末はコンポーネントキャリア#1を介して伝送されたPDCCHのカウンタ−DAI値とコンポーネントキャリア#4を介して伝送されたPDCCHのカウンタ−DAI値に基づいて、一つのPUCCHの受信(及びそれに対応する一つのPDSCHの受信)に失敗したことを識別する。 また、コンポーネントキャリア#7を介して伝送されたPDCCHのデコーディングに失敗したら、端末はコンポーネントキャリア#5を介して伝送されたPDCCHのカウンタ−DAI値とトータル−DAI値に基づいて、一つのPDSCHがコンポーネントキャリア#5の後にスケジューリングされたが受信に成功しなったことを識別する。

0176

前記のようにDAIを利用すれば、端末は受信に成功したPDSCHの順番と受信に失敗したPDSCHの順番を識別することができる。しかし、端末は受信に失敗したPDSCHが含むTBの個数は知らないため、HARQ−ACKビットシーケンスを決定することができない。これを解決するために、2つの方法が使用される。第1方法は、全てのPDSCHに空間バンドリング(spatial bundling)を適用することである。言い換えると、2つのTBが伝送されるPDSCHのための2−bit HARQ−ACKを束ねて1−bitにすることである。このような方法は追加のUCIオーバーベッドがないが、伝送性が落ちる恐れがある。第2方法は、空間バンドリングを適用せず、PDSCHが2つのTBを含んでいると仮定することである。言い換えると、この方法は1つのTBが伝送されるPDSCHのためにも2−bit HARQ−ACKが伝送される。この方法は追加のUCIオーバーベッドを発生する短所がある。

0177

一方、上述したように、3GPP NRシステムではTB−基盤伝送とCBG−基盤伝送が共に支援される。端末が複数のコンポーネントキャリアに対するHARQ−ACKビットを多重化して伝送するように構成されれば、基地局はコンポーネントキャリアごとにCBG−基盤伝送が可能であるのか否かを端末に知らせる。しかし、CBG−基盤伝送を構成するコンポーネントキャリアではTB−基盤伝送が行われてもよい。よって、端末は特定コンポーネントキャリアではTB−基盤伝送のみを期待し、他の特定のコンポーネントキャリアではTB−基盤伝送とCBG−基盤伝送の両方を期待する。端末は、各コンポーネントキャリアにスケジューリングされた全てのPDCCHの成功に受信しなければ、上りリンクに伝送するHARQ−ACKビットシーケンスを決定することができない。

0178

基地局と端末との間のHARQ−ACKビットシーケンスの決定及び解釈エラーを防止するために、本発明の一実施例によると上述したDAIが使用される。CBG−基盤伝送に対する応答としてN個のHARQ−ACKビットが必要であると仮定すれば、端末と基地局はPDCCHのデコーディングに失敗したら発生し得るHARQ−ACKビットシーケンスの解釈エラーを防ぐために、以下の3つの方法を使用する。

0179

第1方法によると、基地局が端末にキャリア集成と共に少なくとも一つのコンポーネントキャリアでCBG−基盤伝送を構成すれば、端末にスケジューリングされた全てのPDSCHにはCBG−基盤伝送が行われると仮定する。つまり、基地局が特定コンポーネントキャリアから端末にTB−基盤伝送を行った場合でも、端末はN−bitHARQ−ACKをフィードバックする。ここで、Nは端末に構成された一つのTB当たりのCBGの最大個数である。しかし、第1方法の場合、PUCCHのオーバーヘッドが過度に大きいという短所がある。例えば、N=4であれば1bit HARQ−ACKが4bitsに増加するために、最大300%のオーバーヘッドが発生し得る。

0180

第2方法によると、基地局が端末にキャリア集成と共に少なくとも一つのコンポーネントキャリアでCBG−基盤伝送を構成すれば、端末にスケジューリングされた全てのPDSCHにはTB−基盤伝送が行われると仮定する。この場合、端末はPDSCHに対する応答として1−bitまたは2−bitのHARQ−ACKをフィードバックするように固定される。しかし、第2方法の場合、端末が基地局からCBG−基盤伝送を構成されて実際にCBG−基盤伝送が行われるとしても、CBG−基盤伝送によるHARQ−ACKフィードバック情報を使用することができないため、CBG−基盤伝送の性能利得を得ることができない。

0181

第3方法によると、基地局がキャリア集成の際に端末にコンポーネントキャリアごとに個別にCBG−基盤伝送の遂行か非を構成すれば、端末にスケジューリングされたPDSCHには該当コンポーネントキャリアにCBG−基盤伝送が構成されているのか否かと、PDSCHをスケジューリングDCIに応じてCBG−基盤伝送またはTB−基盤伝送が行われると仮定する。つまり、基地局が端末に特定コンポーネントキャリアでCBG−基盤伝送を構成すれば、基地局が前記特定コンポーネントキャリアから端末にTB−基盤伝送を行った場合であっても、端末はN−bitHARQ−ACKをフィードバックする。ここで、Nは端末に構成された一つのTB当たりのCBGの最大個数である。基地局が端末に特定コンポーネントキャリアからCBG−基盤伝送を構成しなければ、端末は前記特定コンポーネントキャリアにスケジューリングされたPDSCHにはTB−基盤伝送が行われると仮定し、1−bitまたは2−bitのHARQ−ACKをフィードバックするように固定される。

0182

上述したように、HARQ−ACK多重化を使用する端末にTB−基盤伝送とCBG−基盤伝送が共に構成されていれば、基地局と端末との間のHARQ−ACKビットシーケンスの解釈エラーを防止するためのシグナリング方式が提供される。本発明の一実施例によると、端末は一つ以上のコンポーネントキャリア(ら)から各コンポーネントキャリアのPDSCHスケジューリング情報を指示するPDCCHを受信する。また、端末は前記PDCCHを介してDCIを受信する。この際、一つ以上のコンポーネントキャリア(ら)では、少なくとも一つのコンポーネントキャリアにはCBG−基盤伝送が構成される。また、一つ以上のコンポーネントキャリア(ら)では、少なくとも一つのTB−基盤伝送と少なくとも一つのCBG−基盤伝送が構成される。端末はDCIのDCIフォーマットに基づいて、各コンポーネントキャリアにおける伝送方式を識別する。この際、伝送方式はTB−基盤伝送またはCBG−基盤伝送のうちいずれか一つである。一方、端末はPDCCHを介してDAIを受信する。前記DAIは、上述したようにカウンタ−DAIとトータル−DAIを含む。

0183

端末はPDCCHのスケジューリング情報に基づいて一つ以上のコンポーネントキャリア(ら)から各コンポーネントキャリアのPDSCHを受信し、各コンポーネントキャリアのPDSCHの受信に対する応答としてHARQ−ACKビットシーケンスを生成する。この際、端末はDAIを参照してHARQ−ACKビットシーケンスを生成する。HARQ−ACKビットシーケンスは、TB−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンス(つまり、TB−基盤HARQ−ACKビットシーケンス)と、CBG−基盤伝送に対するHARQ−ACKビットシーケンス(つまり、CBG−基盤HARQ−ACKビットシーケンス)のうち少なくとも一つを含む。本発明の実施例によると、DAIはTB−基盤HARQ−ACKビットシーケンスとCBG−基盤HARQ−ACKビットシーケンスにそれぞれ別途に適用される。また、HARQ−ACKビットシーケンス内で、TB−基盤HARQ−ACKビットシーケンスはCBG−基盤HARQ−ACKビットシーケンスより先に位置する。

0184

端末は、各セルの識別された伝送方式に基づいて、前記一つ以上のセル(ら)に対するHARQ−ACKビットシーケンスを生成する。つまり、HARQ−ACKビットシーケンス内で、TB−基盤HARQ−ACKビットシーケンスとCBG−基盤HARQ−ACKビットシーケンスはそれぞれに生成される。この際、TB−基盤HARQ−ACKビットシーケンスでは一つのTB当たり一つのHARQ−ACKビットが生成され、CBG−基盤HARQ−ACKビットシーケンスでは一つのTB当たりN個のHARQ−ACKビット(ら)が生成される。つまり、CBG−基盤PDSCHに対するHARQ−ACKビット(ら)は、実際にPDSCHにスケジューリングされて伝送されるCBG(ら)の個数にかかわれず同じく一つのTB当たりN個のビットを有するように構成される。

0185

本発明の実施例によると、前記Nは端末に構成された一つのTB当たりのCBGの最大個数である。他の実施例によると、Nは基地局がHARQ−ACK多重化のために構成した値である。追加の実施例によると、一つ以上のコンポーネントキャリア(ら)において、CBG−基盤伝送が構成された特定コンポーネントキャリアを介して伝送されたCBG(ら)の個数MがNより少なければ、前記特定コンポーネントキャリアに対するHARQ−ACKビット(ら)は前記伝送されたCBG(ら)に対するHARQ−ACKビット(ら)が繰り返されて構成される。また、前記一つ以上のコンポーネントキャリア(ら)において、CBG−基盤伝送が構成された特定コンポーネントキャリアを介して伝送されたCBG(ら)の個数Mが前記Nより少なければ、前記特定コンポーネントキャリアに対するHARQ−ACKビット(ら)は前記伝送されたCBG(ら)に対するM個のHARQ−ACKビット(ら)とN−M個のNACK(ら)からなる。端末は、このように生成HARQ−ACKビットシーケンスを基地局に伝送する。

0186

端末がPDCCHを受信すれば、端末はPDSCHがスケジューリングスルPDSCHにTB−基盤伝送が適用されるのか、またはCBG−基盤伝送が適用されるのかを識別する。端末はPDCCHを介して受信されたDCIの情報に基づいて、各コンポーネントキャリア(つまり、PDSCH)における伝送方式を識別する。例えば、伝送方式情報はDCIで明示的な1−bitにシグナリングされるか、DCIに含まれた他の情報の組み合わせを介して類推される。また、各コンポーネントキャリアにおける伝送方式は、DCIのDCIフォーマットに基づいて識別される。互いに異なる伝送方式には互いに異なるDCIフォーマットが使用される。互いに異なるDCIフォーマットは、DCIに含まれた情報大きさが異なる。つまり、互いに異なるDCIフォーマットは、DCIペイロードの長さが異なる。また、互いに異なるDCIフォーマットでは互いに異なるRNTIでCRCがスクランブリングされる。また、CBG−基盤PDSCHをスケジューリングするPDCCHが受信されれば、端末は該当PDSCHが全体のCBGのうちいかなるCCB(ら)からなっているのかをDCIに明示された情報を介して識別する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】ビーム失敗回復手順に用いられる周波数リソースを適切に設定するために、ユーザ端末は、ビーム失敗を検出した場合にビーム失敗回復要求を送信する送信部と、前記ビーム失敗回復要求に対する応答を... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】ユーザ装置であって、当該ユーザ装置の能力情報を格納する能力情報格納部と、前記能力情報を基地局に通知する能力情報通知部とを有し、前記能力情報通知部は、当該ユーザ装置によってサポートされ... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ装置、及び上り送信タイミング調整方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】基地局とユーザ装置とを備える無線通信システムにおける前記ユーザ装置において、前記基地局に上り信号を送信する信号送信部と、前記基地局から下り信号を受信する信号受信部と、前記信号送信部か... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ