図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年10月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

能動電極受動電極とを含む電極を有するセンサを備えたシステムを含み、該センサは、患者の皮膚と物理的に接触してコントローラ制御電子機器と共に電気回路を形成し、該電気回路は、閉ループ電気筋肉刺激システム内で能動電極と受動電極と用いて電気パラメータを測定することができる。センサを用いて組織に検知電気パルスを適用することができ、組織から電気パラメータが測定され、測定した電気パラメータに少なくとも部分的に基づいて刺激パルスが組織に適用される。刺激は、コントローラによって調整可能に制御されて、電気パラメータに基づいて組織に対する一定電力出力を維持する。物品が、使用データを記憶するよう構成された少なくとも1つのコンピュータ可読媒体に結合され、使用データが、物品の患者の使用に関連する。

概要

背景

整形外科ブレース及びラップは、関節の生体力学的限界から外れる関節の運動及び配向によって引き起こされる関節に対する損傷を防止する予防的支援として有用である。整形外科ブレース及びラップはまた、関節に対する損傷又は関節の手術に続く関節の適切な治癒を促進するために有用でもあり、関節炎を有する関節を安定化させ、それにより、疼痛を軽減するために使用することができる。

損傷及び考えられる術後における成功裡の治癒プロセスの重要な部分はリハビリテーションプロセスである。リハビリテーションプロセスの主要な部分として、患者は、通常、損傷を被った後に、手術を受けた後に、又は、関節炎、筋萎縮をもたらす可能性がある病状苦しむときに、可動域回復すると共に、患者の筋肉複数可)を強化するために理学療法士相談する。膝ブレースは、特に、種々の疾患の治療に使用されている。こうしたブレースは、膝関節周り四肢に力又はてこ作用を与えて、膝関節の一部分内の圧迫力緩和するため、又は膝の当該部分にかかる負荷を低減させるように構成することができる。更に、膝靭帯が、脆弱虚弱である、又は外科的に修復されている場合、膝ブレースは、膝を安定化、保護、支持、又はリハビリを行うことができる。典型的な膝ブレース及び膝ブレースの処方は、幾つかの重大な制限及び欠点を有する。第1に、損傷が起こり、医師等の医療専門家が、患者が膝ブレースを装着することを推奨した後、医療専門家は、最初の訪問後、数週間から数ヶ月の間、患者を再び診ない場合がある。医療専門家は、関節の可動域又は関節を囲む筋肉の強度に関するフィードバックを全く受け取らない場合がある。

患者がブレースを装着した場合、理学療法士は、医師が提供する指針の下で、ブレースを手作業で調整して、損傷した関節の許容される運動を減少又は増加させるか、筋萎縮に続いて緩くなったブレースを調整するか、又はその両方を行うようにすることができる。これらの手作業による調整は、例えば、筋肉及び周囲組織が関節を支持するのに十分な強度がない場合があるなど、理学療法士(又は医療専門家)の個人的判断に基づいているので、この調整は誤りをもたらす場合が多い。

幾つかの事例において、患者は、身体的治療プロセスの開始時に電気筋肉刺激EMS:electrical muscle stimulation)を受けて、運動及びストレッチングが始まる前に、自分の筋肉を随意的に収縮させる能力を回復することができる。神経筋電気刺激(「NMES:neuromuscular electrical stimulation」)としても知られるEMSは、過去30年事実上変わらずに治療行為において使用されている。現行モデルは、ターゲット筋肉群を採用し、神経学的信号から通常生成される活動電位模擬した電気刺激を提供して、活動電位及び結果として得られる筋線維の収縮をアクティブにし顕在化させ、筋肉を収縮させるようにするものである。電気刺激治療は、電気パルスの適切なレベル電力及び/又は持続時間、パルス幅位相特性単相2相3相多相対称)、周波数波形正弦波正方形三角形台形鋸歯状、カスタム)、デューティサイクルワークサイクルオンオフ時間、ワークサイクルランプタイプを決定することによって強化することができる。EMSはまた、萎縮した筋肉を強化するために、療法士によって使用される(ヘルスケアプロバイダにより処方されたように)。しかしながら、筋肉強化のためのEMSの送達は、患者が療法士と共にいるときに通常実施されるので、最適以下である。更に、患者を処置する医師(例えば、外科医)は、損傷の処置(例えば、手術)の後に患者を複数回診ることが多い。医師は通常、訪問の際に患者がどのように見えてどのように感じるかに基づいて患者の処置の次のステップを決定する。しかしながら、医師は、通常、患者及び患者の処置の次のステップについての医師の評価を助けるための患者の損傷に関連する客観的データを持たない。具体的には、医師は、正確な関節可動域又は筋肉強度を得ることができない場合がある。結果として、医師は、患者の訪問時における患者についての自分の主観分析に基づいて患者の次の処置コースを決定し、この分析は最適以下である場合がある。データが最適以下であることに加えて、これらのデータが観察される時点は、不十分であり且つ最適以下である。患者は、典型的な患者よりも速く又は緩慢に治癒する場合があり、患者の処置は、患者の実際の進行に応じて良好にカスタマイズすることができる。

概要

能動電極受動電極とを含む電極を有するセンサを備えたシステムを含み、該センサは、患者の皮膚と物理的に接触してコントローラ制御電子機器と共に電気回路を形成し、該電気回路は、閉ループ電気筋肉刺激システム内で能動電極と受動電極と用いて電気パラメータを測定することができる。センサを用いて組織に検知電気パルスを適用することができ、組織から電気パラメータが測定され、測定した電気パラメータに少なくとも部分的に基づいて刺激パルスが組織に適用される。刺激は、コントローラによって調整可能に制御されて、電気パラメータに基づいて組織に対する一定電力出力を維持する。物品が、使用データを記憶するよう構成された少なくとも1つのコンピュータ可読媒体に結合され、使用データが、物品の患者の使用に関連する。なし

目的

従って、使用中のブレースシステムモニタリングを提供し、治療コース中にブレースシステムのフィードバック及び調整(好ましくは、リアルタイムに)を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも1つの能動電極と少なくとも1つの受動電極とを含む複数の電極を備えたシステムであって、各々の電極は、患者の皮膚と物理的に接触して少なくとも1つのコントローラ制御電子機器と共に電気回路を形成するよう構成及び配置され、前記電気回路が、前記少なくとも1つの能動電極及び前記少なくとも1つの受動電極を用いて電気パラメータを測定し、閉ループ電気筋肉刺激システムを形成するように構成及び配置され、前記少なくとも1つの能動電極及び前記少なくとも1つの受動電極間で前記皮膚に印加される刺激電流又は電圧は、少なくとも1つのプログラムと、前記少なくとも1つの能動電極及び前記少なくとも1つの受動電極を通じて測定された少なくとも1つの前記電気パラメータに基づいており、前記少なくとも1つのコントローラは、(a)前記複数の電極の少なくとも1つを使用して組織に検知電気パルスを適用し、(b)前記組織からの前記少なくとも1つの電気パラメータを測定し、(c)前記能動電極のうちの少なくとも1つを用いて、前記測定された電気パラメータに少なくとも部分的に基づいて前記組織に刺激パルスを調整可能に適用し、前記刺激パルスが、前記少なくとも1つのコントローラによって調整可能に制御されて、前記少なくとも1つの電気パラメータに少なくとも部分的に基づいて前記組織に対する一定電力出力を維持し、(d)ステップ(a)〜(c)を繰り返す、ように構成及び配置され、前記システムが更に、使用データを記憶するよう構成された少なくとも1つのコンピュータ可読媒体に結合された物品を備え、前記使用データが、前記物品の患者の使用に関連する、ことを特徴とするシステム。

請求項2

分析のため前記使用データをアップロードするよう構成されたコンピュータプログラムアプレット又はアプリケーションを更に備える、請求項1に記載のシステム。

請求項3

前記少なくとも1つのコントローラは、前記コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションの少なくとも一部分を用いてモバイルコンピューティングデバイス電磁結合するよう構成及び配置される、請求項2に記載のシステム。

請求項4

前記コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションの少なくとも一部分は、ユーザのコンピューティングデバイス上に少なくとも1つのユーザインタフェースを含むように構成及び配置され、前記少なくとも1つのユーザインタフェースは、少なくとも一部の使用データを表示し、前記物品のパラメータの制御を可能にするように構成される、請求項3に記載のシステム。

請求項5

前記少なくとも1つのコントローラは、前記物品の一部分の状態、前記物品の一部分の位置、及び前記システムの少なくとも1つのセンサからのデータのうちの少なくとも1つで前記少なくとも1つのユーザインタフェースを更新するよう構成される、請求項4に記載のシステム。

請求項6

前記少なくとも1つのユーザインタフェースは、前記物品をスキャンして前記少なくとも1つのコントローラと同期させるオプションを含むディスプレイを備える、請求項4に記載のシステム。

請求項7

前記少なくとも1つのユーザインタフェースは、1つより多い前記物品をスキャンして同期させるオプションを含むディスプレイを備える、請求項4に記載のシステム。

請求項8

前記少なくとも1つのユーザインタフェースは、前記物品を前記少なくとも1つのコントローラと接続する有線又は無線リンクアクティブにするオプションを含むディスプレイを備える、請求項4に記載のシステム。

請求項9

前記ディスプレイは、前記ユーザが少なくとも1つの刺激パルスを設定又は再構成することを可能にするように構成及び配置される、請求項6に記載のシステム。

請求項10

前記ディスプレイは、前記コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションの少なくとも一部分によって、前記物品の少なくとも一部分により提供される刺激及び前記物品の少なくとも一部分により測定された可動域のうちの少なくとも1つに関連する1又は2以上のパラメータを表示するよう構成可能である、請求項6に記載のシステム。

請求項11

前記ディスプレイは、前記コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションの少なくとも一部分によって、前記物品の少なくとも一部分により提供される刺激及び前記物品の少なくとも一部分により測定された可動域のうちの少なくとも1つに関連する前記物品の少なくとも一部分を着用するユーザの動作の視覚的表現を提供するよう構成可能である、請求項6に記載のシステム。

請求項12

前記コンピューティングデバイスは、デスクトップコンピュータラップトップコンピュータデジタルタブレットデジタル情報端末携帯電話又はスマートフォンスマートウォッチウェアラブル活動モニター、めがね、カメラページャ、及びインターネットアプライアンスのうちの少なくとも1つを備える、請求項4に記載のシステム。

請求項13

前記物品はブレースアセンブリを備える、請求項1に記載のシステム。

請求項14

前記ブレースアセンブリは、ブレースステイスリーブバンドスリングガーメントラップ、及びストラップのうちの少なくとも1つを備える、請求項13に記載のシステム。

請求項15

前記少なくとも1つのセンサは、加速度計モーションセンサ近接センサ光センサ、モーションセンサ、ジャイロメータ磁力計、近接センサ、水和センサ、力又は圧力センサ位置センサ、全地球測位センサ(GPS)、光センサ、磁気センサ、磁力計、誘導センサ静電容量センサ渦電流センサ抵抗センサ磁気抵抗センサ、誘導センサ、赤外センサ傾斜計センサ、圧電材料又は圧電ベースセンサ、血中酸素センサ心拍数センサレーザ又は超音波ベースセンサ、及び筋電図タイプセンサのうちの少なくとも1つを備える、請求項5に記載のシステム。

請求項16

前記物品とサーバとの間、及び/又は結合されたモバイルコンピューティングデバイスと前記サーバとの間で前記使用データの交換を開始又は維持するよう構成された、コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションを含む遠隔サーバを更に備える、請求項1に記載のシステム。

請求項17

前記サーバは、ウェブポータルへのホストとして構成され、又は前記ウェブポータルを提供するホストサーバに結合され、前記ウェブポータルは、前記物品の少なくとも一部分の使用に関連する前記使用データ又は少なくとも1つのパラメータにアクセス又は表示をするよう構成される、請求項16に記載のシステム。

請求項18

前記ウェブポータルは、前記使用データに関連する少なくとも1つのユーザカスタマイズ基準に基づいて1又は2以上のアラートを生成するよう構成され、基準は、ユーザによる前記物品の少なくとも一部分の使用レベル、前記ユーザによる前記物品の少なくとも一部分の使用限度、前記ユーザによる前記物品の少なくとも一部分の使用時間、前記ユーザによる前記物品の少なくとも一部分の使用タイプ、前記ユーザによる使用中の前記物品の少なくとも一部分の挙動のうちの少なくとも1つを含むことができる、請求項17に記載のシステム。

請求項19

前記アラートが、電子メール、テキスト又はSmsメッセージ表示アイコンレンダリングテキスト、レンダリンググラフィック、分類化又はカスタマイズされたアラートのうちの少なくとも1つを含む、請求項18に記載のシステム。

請求項20

前記少なくとも1つのユーザカスタマイズ基準が、モニタリングウィンドウ使用率及び/又は活動レベル、1又は2以上の指定コンプライアンス又はリハビリテーション目標、コンプライアンス率、可動域(ROM)、及び疼痛値のうちの少なくとも1つを含む、請求項18に記載のシステム。

技術分野

0001

本出願は、2015年6月2日に出願された米国仮出願第62/170,001号及び2015年1月26日に出願された米国仮出願第62/107,954号からの優先権を主張する、2016年1月26日に出願された米国特許出願第15/007,014号の一部継続出願である、2017年7月28日に出願された米国本出願第15/663,532号の利益を主張し且つ優先権を主張し、これらはその全体の内容が参照により本明細書に組み込まれる。

背景技術

0002

整形外科ブレース及びラップは、関節の生体力学的限界から外れる関節の運動及び配向によって引き起こされる関節に対する損傷を防止する予防的支援として有用である。整形外科ブレース及びラップはまた、関節に対する損傷又は関節の手術に続く関節の適切な治癒を促進するために有用でもあり、関節炎を有する関節を安定化させ、それにより、疼痛を軽減するために使用することができる。

0003

損傷及び考えられる術後における成功裡の治癒プロセスの重要な部分はリハビリテーションプロセスである。リハビリテーションプロセスの主要な部分として、患者は、通常、損傷を被った後に、手術を受けた後に、又は、関節炎、筋萎縮をもたらす可能性がある病状苦しむときに、可動域回復すると共に、患者の筋肉複数可)を強化するために理学療法士相談する。膝ブレースは、特に、種々の疾患の治療に使用されている。こうしたブレースは、膝関節周り四肢に力又はてこ作用を与えて、膝関節の一部分内の圧迫力緩和するため、又は膝の当該部分にかかる負荷を低減させるように構成することができる。更に、膝靭帯が、脆弱虚弱である、又は外科的に修復されている場合、膝ブレースは、膝を安定化、保護、支持、又はリハビリを行うことができる。典型的な膝ブレース及び膝ブレースの処方は、幾つかの重大な制限及び欠点を有する。第1に、損傷が起こり、医師等の医療専門家が、患者が膝ブレースを装着することを推奨した後、医療専門家は、最初の訪問後、数週間から数ヶ月の間、患者を再び診ない場合がある。医療専門家は、関節の可動域又は関節を囲む筋肉の強度に関するフィードバックを全く受け取らない場合がある。

0004

患者がブレースを装着した場合、理学療法士は、医師が提供する指針の下で、ブレースを手作業で調整して、損傷した関節の許容される運動を減少又は増加させるか、筋萎縮に続いて緩くなったブレースを調整するか、又はその両方を行うようにすることができる。これらの手作業による調整は、例えば、筋肉及び周囲組織が関節を支持するのに十分な強度がない場合があるなど、理学療法士(又は医療専門家)の個人的判断に基づいているので、この調整は誤りをもたらす場合が多い。

0005

幾つかの事例において、患者は、身体的治療プロセスの開始時に電気筋肉刺激EMS:electrical muscle stimulation)を受けて、運動及びストレッチングが始まる前に、自分の筋肉を随意的に収縮させる能力を回復することができる。神経筋電気刺激(「NMES:neuromuscular electrical stimulation」)としても知られるEMSは、過去30年事実上変わらずに治療行為において使用されている。現行モデルは、ターゲット筋肉群を採用し、神経学的信号から通常生成される活動電位模擬した電気刺激を提供して、活動電位及び結果として得られる筋線維の収縮をアクティブにし顕在化させ、筋肉を収縮させるようにするものである。電気刺激治療は、電気パルスの適切なレベル電力及び/又は持続時間、パルス幅位相特性単相2相3相多相対称)、周波数波形正弦波正方形三角形台形鋸歯状、カスタム)、デューティサイクルワークサイクルオンオフ時間、ワークサイクルランプタイプを決定することによって強化することができる。EMSはまた、萎縮した筋肉を強化するために、療法士によって使用される(ヘルスケアプロバイダにより処方されたように)。しかしながら、筋肉強化のためのEMSの送達は、患者が療法士と共にいるときに通常実施されるので、最適以下である。更に、患者を処置する医師(例えば、外科医)は、損傷の処置(例えば、手術)の後に患者を複数回診ることが多い。医師は通常、訪問の際に患者がどのように見えてどのように感じるかに基づいて患者の処置の次のステップを決定する。しかしながら、医師は、通常、患者及び患者の処置の次のステップについての医師の評価を助けるための患者の損傷に関連する客観的データを持たない。具体的には、医師は、正確な関節可動域又は筋肉強度を得ることができない場合がある。結果として、医師は、患者の訪問時における患者についての自分の主観分析に基づいて患者の次の処置コースを決定し、この分析は最適以下である場合がある。データが最適以下であることに加えて、これらのデータが観察される時点は、不十分であり且つ最適以下である。患者は、典型的な患者よりも速く又は緩慢に治癒する場合があり、患者の処置は、患者の実際の進行に応じて良好にカスタマイズすることができる。

発明が解決しようとする課題

0006

従って、使用中のブレースシステムモニタリングを提供し、治療コース中にブレースシステムのフィードバック及び調整(好ましくは、リアルタイムに)を提供することができるブレースシステムについての必要性が以前としてある。

課題を解決するための手段

0007

本発明の幾つかの実施形態は、少なくとも1つの能動電極と少なくとも1つの受動電極とを含む複数の電極を含む少なくとも1つのセンサを備え、該少なくとも1つのセンサが、患者の皮膚と物理的に接触して少なくとも1つのコントローラ制御電子機器と共に電気回路を形成するよう構成及び配置されたシステムを含む。電気回路は、少なくとも1つの能動電極及び前記少なくとも1つの受動電極を用いて電気パラメータを測定し、閉ループ電気筋肉刺激システムを形成するように構成及び配置され、センサによって少なくとも1つの能動電極及び少なくとも1つの受動電極間で皮膚に印加される刺激電流又は電圧は、少なくとも1つのプログラムと、少なくとも1つの能動電極及び少なくとも1つの受動電極を通じて測定された少なくとも1つの電気パラメータに基づいている。幾つかの実施形態において、少なくとも1つのコントローラは、(a)少なくとも1つのセンサを使用して組織に検知電気パルスを適用し、(b)組織からの少なくとも1つの電気パラメータを測定し、(c)能動電極のうちの少なくとも1つを用いて、測定された電気パラメータに少なくとも部分的に基づいて組織に刺激パルスを調整可能に適用し、刺激パルスが、少なくとも1つのコントローラによって調整可能に制御されて、少なくとも1つの電気パラメータに少なくとも部分的に基づいて組織に対する一定電力出力を維持し、(d)ステップ(a)〜(c)を繰り返す、ように構成及び配置されている。幾つかの実施形態は、使用データを記憶するよう構成された少なくとも1つのコンピュータ可読媒体に結合された物品を備え、使用データは、物品の患者の使用に関連する。

0008

幾つかの実施形態は、分析のため前記使用データをアップロードするよう構成されたコンピュータプログラムアプレット又はアプリケーションを更に含む。幾つかの実施形態において、少なくとも1つのコントローラは、コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションの少なくとも一部分を用いてモバイルコンピューティングデバイス電磁結合するよう構成及び配置される。幾つかの実施形態において、コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションの少なくとも一部分は、ユーザのコンピューティングデバイス上に少なくとも1つのユーザインタフェースを含むように構成及び配置され、少なくとも1つのユーザインタフェースは、少なくとも一部の使用データを表示し、物品のパラメータの制御を可能にするように構成される。

0009

幾つかの実施形態において、少なくとも1つのコントローラは、物品の一部分の状態、物品の一部分の位置、及び少なくとも1つのセンサからのデータのうちの少なくとも1つで少なくとも1つのユーザインタフェースを更新するよう構成される。幾つかの実施形態において、少なくとも1つのユーザインタフェースは、物品をスキャンして少なくとも1つのコントローラと同期させるオプションを含むディスプレイを備える。幾つかの実施形態は、少なくとも1つのユーザインタフェースは、1つより多い物品をスキャンして同期させるオプションを含むディスプレイを備える。幾つかの実施形態において、少なくとも1つのユーザインタフェースは、物品を少なくとも1つのコントローラと接続する有線又は無線リンクをアクティブにするオプションを含むディスプレイを備える。他の実施形態において、ディスプレイは、ユーザが少なくとも1つの刺激パルスを設定又は再構成することを可能にするように構成及び配置される。

0010

幾つかの実施形態は、コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションの少なくとも一部分によって、物品の少なくとも一部分により提供される刺激及び物品の少なくとも一部分により測定された可動域のうちの少なくとも1つに関連する1又は2以上のパラメータを表示するよう構成可能なディスプレイを含む。幾つかの実施形態において、ディスプレイは、コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションの少なくとも一部分によって、物品の少なくとも一部分により提供される刺激及び物品の少なくとも一部分により測定された可動域のうちの少なくとも1つに関連する物品の少なくとも一部分を着用するユーザの動作の視覚的表現を提供するよう構成可能である。

0011

幾つかの実施形態は、コンピューティングデバイスは、デスクトップコンピュータラップトップコンピュータデジタルタブレットデジタル情報端末携帯電話又はスマートフォンスマートウォッチウェアラブル活動モニター、めがね、カメラページャ、及びインターネットアプライアンスのうちの少なくとも1つを備える。幾つかの実施形態において、物品はブレースアセンブリを備える。幾つかの実施形態において、ブレースアセンブリは、ブレース、ステイスリーブバンドスリングガーメント、ラップ、及びストラップのうちの少なくとも1つを備える。

0012

幾つかの実施形態において、少なくとも1つのセンサは、加速度計モーションセンサ近接センサ光センサ、モーションセンサ、ジャイロメータ磁力計、近接センサ、水和センサ、力又は圧力センサ位置センサ、全地球測位センサ(GPS)、光センサ、磁気センサ、磁力計、誘導センサ静電容量センサ渦電流センサ抵抗センサ磁気抵抗センサ、誘導センサ、赤外センサ傾斜計センサ、圧電材料又は圧電ベースセンサ、血中酸素センサ心拍数センサレーザ又は超音波ベースセンサ、及び筋電図タイプセンサを備える。

0013

幾つかの実施形態は、物品とサーバとの間、及び/又は結合されたモバイルコンピューティングデバイスとサーバとの間で使用データの交換を開始又は維持するよう構成された、コンピュータプログラム、アプレット又はアプリケーションを含む遠隔サーバを含む。幾つかの実施形態において、サーバは、ウェブポータルへのホストとして構成され、又はウェブポータルを提供するホストサーバに結合され、ウェブポータルは、物品の少なくとも一部分の使用に関連する使用データ又は少なくとも1つのパラメータにアクセス又は表示をするよう構成される。

0014

本発明の幾つかの実施形態において、ウェブポータルは、使用データに関連する少なくとも1つのユーザカスタマイズ基準に基づいて1又は2以上のアラートを生成するよう構成され、該基準は、ユーザによる物品の少なくとも一部分の使用レベル、ユーザによる物品の少なくとも一部分の使用限度、ユーザによる物品の少なくとも一部分の使用時間、ユーザによる物品の少なくとも一部分の使用タイプ、及び/又はユーザによる使用中の物品の少なくとも一部分の挙動を含むことができる。

0015

幾つかの実施形態において、アラートは、電子メール、テキスト又はSmsメッセージ表示アイコンレンダリングテキスト、レンダリンググラフィック、分類化又はカスタマイズされたアラートのうちの少なくとも1つを備える。幾つかの別の実施形態において、少なくとも1つのユーザカスタマイズ基準は、モニタリングウィンドウ使用率及び/又は活動レベル、1又は2以上の指定コンプライアンス又はリハビリテーション目標、コンプライアンス率、可動域(ROM)、及び疼痛値のうちの少なくとも1つを含む。

図面の簡単な説明

0016

本発明の一実施形態による、関節用の1つの硬質セグメントに各々が結合された幾何学的構造の2つのセットを含む膝ブレースを示す。
本発明の幾つかの実施形態による、ステイ及びラップ構成要素を含む膝ブレースを示す。
本発明の幾つかの実施形態による、ブレースからの運動データキャプチャ及びモーションキャプチャ用のブレースセンサを示す。
本発明の幾つかの実施形態による膝ラップの一部を示す。
本発明の幾つかの実施形態による膝ラップを示す。
本発明の幾つかの実施形態による、組み合わされたモジュール式整形外科ブレース及び導電性ラップを備えるブレースシステムを示す。
本発明の幾つかの実施形態による組み合わされたモジュール式整形外科ブレース及び導電性ラップを側面図で示す。
本発明の幾つかの実施形態による肩部スリングを示す。
本発明の幾つかの実施形態による複数のセンサを含む手首ブレースを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるフルショルダベストの後面図を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるフルショルダベストの後面図を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるフルショルダベストの正面図を示す。
本発明の幾つかの実施形態による一体式スリングを示すフルショルダベストを示す。
本発明の幾つかの実施形態による電極圧迫ストラップを示すフルショルダベストを示す。
本発明の幾つかの実施形態による正中ベスト閉鎖部を示すフルショルダベストを示す。
本発明の幾つかの実施形態による電極アクセス及び僧帽筋圧迫ストラップを示すフルショルダベストを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるハーフベストの後面図である。
本発明の幾つかの実施形態によるハーフベストの拡大後面図である。
本発明の幾つかの実施形態によるハーフベストの正面図である。
本発明の幾つかの実施形態によるハーフベストの前方斜視側面図である。
本発明の幾つかの実施形態による空気ブラダを示す。
本発明の幾つかの実施形態による空気ブラダを示す。
本発明の幾つかの実施形態による複数の加速度計センサを含む腕ブレースを示す。
本発明の幾つかの実施形態による複数の加速度計センサを含むふくらはぎブレース470を示す。
本発明の幾つかの実施形態による複数の加速度計センサを含む足首ブレースを示す。
本発明の幾つかの実施形態による、ブレースが人によって装着されているかどうかを判定するのに使用される2つの接触ポイントを示すブレースの内側領域を示す。
本発明の幾つかの実施形態による一体式センサを有するヒップブレースアセンブリの正面図である。
本発明の幾つかの実施形態による一体式センサを有するヒップブレースアセンブリの側面図である。
本発明の幾つかの実施形態による一体式センサを有するヒップブレースアセンブリの後面図である。
本発明の幾つかの実施形態による一体式センサを有する腹部背部デバイスの正面図である。
本発明の幾つかの実施形態による一体式センサを有する腹部/背部デバイスの後面図である。
本発明の幾つかの実施形態による膝ブレースからのセルラーデータを含むデータの無線集合体を示す。
本発明の幾つかの実施形態による膝ブレースとコントローラとの間の無線データ転送データを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるコンピュータシステムコントローラを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるバックエンドサーバを含むコンピュータシステムを示す。
本発明の幾つかの実施形態による、地面に対する屈曲及び配向の程度の表現を含むブレースの現在の状態を示すスクリーン画像を示す。
本発明の幾つかの実施形態による運動学的データ収集センサを有するブレースシステムの図を示す。
本発明の幾つかの実施形態による、図7に示すブレースシステムにおいてモニターすることができるブレースシステムの種々の部分の可能性のある運動の図を示す。
本発明の幾つかの実施形態による、図7に示すブレースシステムにおいてモニターすることができるブレースシステムの種々の部分の可能性のある運動の図を示す。
本発明の幾つかの実施形態による光学検知を通じた表面浮腫検出のためのセンサアセンブリを示す。
本発明の幾つかの実施形態による、疼痛インパルスを無効にするため電気刺激治療を使用する非麻酔性疼痛緩和のためのシステムを示す。
本発明の幾つかの実施形態による生物学的フィードバックデータ収集を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるスマート電極を示す。
本発明の幾つかの実施形態による適応電極を示す。
本発明の幾つかの実施形態による適応電極を示す。
本発明の幾つかの実施形態による適応電極を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるパルス列のNMES術後オシロスコープスキャンを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるチャネルの個々のパルスのNMES術後オシロスコープスキャンを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるチャネルの個々のパルスのNMES術後オシロスコープスキャンを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるパルス列のNMES強度オシロスコープスキャンを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるチャネルの個々のパルスのNMES強度オシロスコープスキャンを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるチャネルの個々のパルスのNMES強度オシロスコープスキャンを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるパルス列のTENSオシロスコープスキャンを示す。
本発明の幾つかの実施形態による個々のパルスのTENSオシロスコープスキャンを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分を示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分を示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療制御システム刺激回路の一部分を示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの種々のディスプレイを示す。
本発明の幾つかの実施形態による治療システムを示す。
本発明の幾つかの実施形態による図75の治療システムについてのデータタイプを示す。
本発明の幾つかの実施形態による図75の治療システムの構成要素内の間で交換され構成要素内に記憶されるデータカテゴリを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるプロバイダポータルダッシュボードを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるプロバイダポータルダッシュボードのカスタマイズ可能パネル及びアラートウィンドウを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるプロバイダポータル患者リストウィンドウを示す。
本発明の幾つかの実施形態による患者概要ウィンドウを示す。
本発明の幾つかの実施形態による患者概要ウィンドウの表形式の図を示す。
本発明の幾つかの実施形態による印刷可能患者概要チャートを示す。
本発明の幾つかの実施形態による印刷可能患者概要チャートを示す。
本発明の幾つかの実施形態による印刷可能患者概要チャートを示す。
本発明の幾つかの実施形態による印刷可能患者概要チャートを示す。
本発明の幾つかの実施形態による患者刺激詳細ウィンドウを示す。
本発明の幾つかの実施形態による患者可動域(ROM)の詳細ウィンドウを示す。
本発明の幾つかの実施形態による患者疼痛詳細ウィンドウを示す。
本発明の幾つかの実施形態による患者疼痛詳細ウィンドウを示す。
本発明の幾つかの実施形態による患者受動的可動域(PROM)nを示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションスタート画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションのスキャン画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの情報画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションのスタート刺激画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションのダッシュボード画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの刺激器セッションスタート画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの疼痛サーベイ画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの刺激処置画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの刺激レベル情報画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの刺激レベル画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの刺激レベル画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの刺激レベル画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの刺激レベル情報画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの可動域(ROM)スタート画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの可動域(ROM)接続画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの可動域(ROM)測定画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの可動域(ROM)測定画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの可動域(ROM)結果画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの設定画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションのプロファイル画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの自分の設定目標画面を示す。
本発明の幾つかの実施形態によるモバイルアプリケーションの刺激ヘルプ画面を示す。

実施例

0017

本発明の任意の実施形態を詳細に説明する前に、本発明は、以下の説明において記載され又は添付図面で示される構成要素の構造及び配置構成の詳細にその適用において限定されない点を理解されたい。本発明は、他の実施形態が可能であり、また、種々の方法で実施することができる。同様に、本明細書で使用される表現及び用語が、説明のためのものであり、限定とみなされるべきではないことを理解されたい。本明細書における「including(含む)」、「comprising(含む)」、又は「having(有する)」、及びその変形形態の使用は、以降で挙げる項目及びその等価物並びに更なる項目を包含することを意味する。別途記載又は限定されない限り、「搭載される」、「接続される」、「支持される」、及び「結合される」という用語、並びにその変形形態は、広く使用され、また直接的及び間接的の両方の搭載、接続、支持、及び結合を包含する。更に、「接続される」及び「結合される」は、物理的又は機械的な接続又は結合に限定されない。

0018

以下の考察は、当業者が本発明の実施形態を実施及び使用することを可能にするために提示される。例示の実施形態に対する種々の修正は、当業者には容易に明らかであり、本明細書の一般的な原理は、本発明の実施形態から逸脱することなく、他の実施形態及び適用形態に適用することができる。従って、本発明の実施形態は、例示の実施形態に限定されることを意図されるのではなく、本明細書で開示される原理及び特徴と一致する最も広い範囲が認められるべきである。以下の詳細な説明は、同様の要素が異なる図において同様の参照数字を有する図面を参照して読まれるべきである。各図は、必ずしも縮尺通りである訳ではなく、選択された実施形態を描いており、本発明の実施形態の範囲を限定することを意図するものではない。本明細書で提供される実施例は、多くの有用な代替形態を有し、本発明の実施形態の範囲内にあることを、当業者であれば理解するであろう。

0019

図1Aは、1又は複数のステイがユーザに結合されている、膝ブレース100の図である(ユーザの脚が図示されている)。幾つかの実施形態において、膝ブレース100は、枢動領域115を通ってステイ110に移動可能に結合されるステイ105を備えることができる。こうして位置決めされると、膝ブレース100は、幾何学的構造の2つのセットを含み、ステイ105は、ステイ110に対して自由に移動して、枢動領域115の周りに枢動及び/又は移動することができる。本発明の幾つかの実施形態において、膝ブレース100及び本明細書で開示されるブレースシステム又はアセンブリの何れかは、ブレースシステムの何れかの構成要素又は部分の位置データを決定するためのシステム及び方法を備えることができる。例えば、幾つかの実施形態において、1又は複数のセンサは、ブレースシステムの少なくとも一部分に一体化又は結合され、また、ユーザパラメータを測定又はモニターする、ブレースシステムの機能特性を追跡する、及び/又はユーザの環境をモニターするために使用することができる。幾つかの実施形態において、1又は複数のセンサは、ブレースシステムの少なくとも一部分に一体化又は結合され、また、ユーザに取り付けられている間に、ブレースシステムの任意の部分の絶対的な又は相対的な位置及び/又は移動を測定するために使用することができる。幾つかの実施形態において、ラップは、ブレースなしで使用することができ、また、ブレースに結合されているものとして本明細書で開示されるセンサ及び他の構成要素を完全に支持することができる。幾つかの実施形態において、1又は複数のセンサは、ブレースシステムの任意の剛性部分に付加することができる。例えば、幾つかの実施形態において、膝ブレース100は、ステイ105、110の少なくとも一方に結合される少なくとも1つのセンサを含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、膝ブレース100は、ステイ105に結合されるセンサ120を含むことができる。幾つかの更なる実施形態において、膝ブレース100は、ステイ110に結合されるセンサ125を含むことができる。センサ120、125は、ステイ105、110への結合によって、3軸移動を含むことができる。更に、ユーザの移動に応じて、センサ120、125はそれぞれ、3次元で互いに独立して移動することができる。幾つかの実施形態において、ステイ105は、ユーザの大腿部に接して、近接して、又は隣接して位置決めするためにラップ130の上側部分132に結合することができ、ステイ110は、ユーザの下腿に接して、近接して、又は隣接して位置決めするためにラップ130の下側部分134に結合することができる。例えば、図1Bは、本発明の幾つかの実施形態による、ステイ105、110及びラップ130を含む膝ブレース100を示す。幾つかの実施形態において、ラップ130は、通気性のある高圧縮且つノンスリップ材料を含むことができる。幾つかの実施形態において、センサ120、125は、ブレース100の幾何学的構造のセットのうちの任意の1つのセットの位置及び/又は移動及び加速度を任意のx、y、及び/又はz軸において測定することができる。幾つかの実施形態において、センサ120、125は、例えば、図1Bに示すラップ130又はステイ105、110システム内の場所を含む、ブレース100の任意の部分の外部表面に結合することができる。幾つかの実施形態において、センサは、ブレース100の内部部分内に一体化することによって、又は、ブレース100の外部表面に結合することによって、ブレース100と一体化することができる。

0020

本発明の幾つかの実施形態において、センサは加速度計を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、センサは、1又は複数の小型の固体又は微小電気機械システムMEMS)加速度計、ジャイロスコープ、及び/又は磁力計を含むことができ、これらは、ブレースシステムの1又は複数の部分に結合され、位置及び配向、加速度、速度、振動、又は衝撃を単一軸又は複数軸に沿って測定/検知するために使用することができる。本発明の幾つかの実施形態において、センサは少なくとも1つのホール効果センサを備えることができる。幾つかの更なる実施形態において、ブレースシステムは、磁気センサと組み合わせて使用することができ、ブレースシステムの所定の部分に結合される1又は複数の磁石を含むことができる。例えば、本発明の幾つかの実施形態は、少なくとも1つのホール効果センサを備える可能性があり、少なくとも1つのホール効果センサは、1又は複数の磁石と共に使用されて、ブレースシステムの少なくとも一部分の運動を決定することができる。例えば、幾つかの実施形態において、センサは、ブレースシステムのヒンジ上の固定ポイントに対する回転を決定することができる。

0021

本発明の幾つかの実施形態は、可動域(以下、「ROM」)を取り込むことができるブレースシステム又はアセンブリを含む。幾つかの実施形態において、可動域データは、手術前に使用されて、腫脹及び軟部組織移動度が手術のための許容可能なレベルにあることをおそらくは示す可能性がある、手術を受けるのに十分に初期外傷性損傷から患者が回復したときを決定することができる。幾つかの更なる実施形態において、可動域データは、術後に使用されて、患者が回復したときを決定することができる(従って、手術からの回復速度を決定するために使用することができる)。例えば、図1Cは、ブレースシステム140からの可動域データ取り込みの例を示す。幾つかの実施形態において、位置データは、1又は複数のモーションセンサが結合することができる1又は複数の剛性構造を有する任意のブレースシステム140に付加することができる。例えば、幾つかの実施形態において、ブレースシステム140は結合式センサ155を含むステイ145を含むことができ、ステイ150は、結合式センサ160を含むことができる。幾つかの実施形態において、ブレースセンサ155、160は、ブレースシステムの少なくとも1つの剛性部分に結合される1又は複数の加速度計、ジャイロスコープ、及び/又は位置エンコーダを備えることができる。幾つかの実施形態において、ステイ145、150の一方又は両方が、結合部170の周りで移動する、回転する、又は枢動するにつれて、センサ155、160が使用されて、現在の可動域に関して患者に能動フィードバックを与えることができる。幾つかの実施形態において、可動域データが使用されて、ユーザに連続的にフィードバックを提供し、それにより、回復フェーズ中にユーザが筋肉を伸長する又は関節を移動させるように奨励することができる。例えば、幾つかの実施形態において、指定された最大可動域をユーザが超えたときはいつでも、触知可能フィードバックが提供することができる。更に、幾つかの実施形態において、ブレースシステム140が使用されて、ユーザの回復ステージに基づいて安全であると考えられない可動域をユーザが達しているときをユーザに警告することができる。幾つかの他の実施形態において、ブレースシステム140は、高い加速度又は可動域が検出される場合、動的抵抗ばね定数、及び/又は力又は減衰を組み込んで、関節を保護することができる。幾つかの実施形態において、これは、磁気レオロジー流体、慣性弁デザイン圧電ばね/材料等を使用して達成することができる。本発明の幾つかの実施形態は、ブレースシステム140の位置及び移動を測定するための運動学的データ収集センサを含む。更に、幾つかの実施形態において、ブレースシステム140は、1又は複数のヒンジフィーチャを含む任意のブレースシステム用の可動域センサを含むことができる。幾つかの実施形態において、センサは、絶対位置が決定されるように索引付けポイントを含むことができる。本発明の幾つかの実施形態は、近接又は接触ベースセンサを含んで、ヒンジ上の設定ポイントがセンサに近接している場所を決定することができる。幾つかの実施形態において、センサは、光(影、自己撮像、又は干渉)センサ、磁気センサ、誘導センサ、静電容量センサ、渦電流センサ、抵抗センサ、磁気抵抗センサ、誘導センサ、赤外センサ、加速度計センサ、傾斜計センサ、圧電センサ等とすることができる。

0022

本発明の幾つかの実施形態において、本明細書で開示されるブレースシステム又はアセンブリの何れかは、1又は複数のコントローラを含むことができる。幾つかの実施形態において、コントローラは、ブレースシステムのステイ、関節、ピボット、又はラップに一体化及び/又は結合することができる。例えば、本発明の幾つかの実施形態において、制御電子機器は、(例えば、患者の屈曲及び伸展中に)ブレースシステムのブレースが屈曲することを可能にするように構成される枢動関節を含むことができる。枢動関節は、(例えば、応力を検知した後に)ブレースをロックするためソレノイド及び加速度計を含むことができる。一実施形態において、枢動関節は、関節の絶対位置を決定するデジタル位置エンコーダを含む。位置エンコーダは、患者が関節を移動させるときに関節に印加される物理的抵抗の調整を可能にすることができる。ブレース制御電子機器は、コンピューティングデバイスと通信するための通信モジュール(例えば、送信機又は送受信機又はワイヤ)を含むことができる。

0023

幾つかの実施形態は、関節屈曲及び/又は伸展を達成するのを補助するために構成することができる一体式電気刺激を有する動的ブレーシングシステムを含む。幾つかの実施形態において、1又は複数の線形ばねねじりばね、及び/又はカムベースシステムが使用されて、動的ブレーシングオプションを提供することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、骨盤領域内の標的組織にNMES治療を提供するための一体式電気刺激を有するヒップブレースを備えることができる。

0024

幾つかの実施形態において、1又は複数のセンサは、装着可能ラップ又はガーメント内に一体化することができる。例えば、図1Dは、本発明の幾つかの実施形態による、膝ラップ180の一部を示し、図1Eは膝ラップ180の一部を示す。例示するように、幾つかの実施形態において、膝ラップ180は、ノンスリップ圧縮材料187を含む主本体ラップ185を備えることができる。幾つかの実施形態において、この材料は、摩擦力及び圧縮力によって装着者上に位置決めされると、膝ラップ180の移動を防止するのを補助することができる。幾つかの実施形態において、主本体ラップ185は、ユーザの膝に対するラップ180のラッピング及び取り付けを可能にする種々の伸展部189を含むことができ、また、装着者の身体の種々の部分に対応する種々のアパーチャを含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、膝ラップ180は、装着者の膝の背部の近傍で構造及び移動に対応する膝窩カットアウト191を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、種々の電子機器が、主本体ラップ185に結合又は一体化することができる。例えば、幾つかの実施形態において、主本体ラップ185は、大腿部四頭筋電極195a及び/又はふくらはぎ電極195b等の1又は複数の刺激電極又は電極対195を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、電極又は電極対195は、ラップ180の内部表面181上に配置されて、装着者の皮膚との接触を可能にすることができる。本明細書で使用する場合、各刺激電極対は、第1の極性を有する第1の電極構造及び第2の極性を有する第2の電極構造を備えることができる。第1及び第2の極性は異なることができるため、第1及び第2の電極構造は、電気刺激が可能である電極対を形成するように機能する。幾つかの実施形態において、第1の電極の構造は、第2の電極と実質的に同じ又は類似とすることができる。他の実施形態において、第1及び第2の電極の構造は異なることができる。幾つかの実施形態において、電極は従来の電極構造に限定されない。例えば、幾つかの実施形態において、1又は複数の電極は、信号を効率的に伝送することが可能な、又は幾つかの実施形態において、特定の用途について依然として十分な信号強度を提供しながら、かなりの損失又は劣化を有する伝導性材料を含むことができる。本明細書で使用する場合、「刺激電極」及び「刺激電極対」という用語用語は、相互交換可能に使用することができる。

0025

幾つかの実施形態において、1又は複数のブレースアセンブリが、膝ラップに一体化及び/又は結合されて、組み合わされたモジュール式整形外科ブレース及び伝導性ラップを形成することができる。例えば、図1Fは、本発明の幾つかの実施形態による組み合わされたモジュール式整形外科ブレース210及び伝導性ラップアセンブリ220を備えるブレースシステム200を示し、図1Gは、本発明の幾つかの実施形態による組み合わされたモジュール式整形外科ブレース210及び伝導性ラップアセンブリ220を備えるブレースシステム200を側面図で示す。本発明の幾つかの実施形態において、位置決め、圧迫、及び快適さのために、ラップアセンブリ220は、ブレースストラップ230、内果パッド235、及びスライドロック240を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、刺激モジュール250は、刺激治療の適用を可能にするためアセンブリ220に結合することができる。更に、幾つかの実施形態において、アセンブリは、ROM停止部を有するダイアルヒンジ245を含んで、カスタマイズ式嵌合及び治療を可能にすることができる。

0026

幾つかの実施形態は、装着者の身体の標的領域のために構成されるブレースシステム又はアセンブリを含む。例えば、図2Aは、本発明の幾つかの実施形態による肩部スリング300を示す。幾つかの実施形態において、肩部スリング300は、少なくとも肩部領域を含む、装着者の身体の少なくとも一部分をラップ又は取り囲むラップ又は部分的ガーメント301を含むことができる。幾つかの実施形態において、肩部スリング300は、内部に電極を含むことができ、電極は、回旋腱板筋(例えば、棘上筋棘下筋等、肩甲骨皮筋、他の筋肉群、及び/又は肩部関節)を刺激するために使用することができる。例えば、幾つかの実施形態において、肩部スリング300は、スリング300に結合又は一体化される電極305を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、スリング300は、少なくとも1つの加速度計を含むことができ、少なくとも1つの加速度計は、装着者の胴に関する装着者の肩部の移動を含む、装着者の移動を、測定することができる、モニターすることができる、又は追跡することができる。例えば、幾つかの実施形態において、スリング300は、装着者の頭部又は首部端の近くでスリング300の一端に配置される加速度計310を含むことができる。幾つかの更なる実施形態において、スリング300は、装着者の肩部又は腕の近くで、隣接して、又は近接してスリング300の一端に配置される加速度計310を含むことができる。

0027

図2Bは、装着者の手首及び/又は手を少なくとも部分的にラップ又は取り囲むように構成されるラップ325を備える手首ブレース320を示す。幾つかの実施形態において、手首ブレース320は、複数のセンサ330を含むことができる。幾つかの実施形態において、センサ330は、1又は複数の加速度計を含むことができる。幾つかの更なる実施形態において、モーションセンサ、近接センサ、光センサ、磁気センサ、誘導センサ、静電容量センサ、渦電流センサ、抵抗センサ、磁気抵抗センサ、誘導センサ、赤外センサ、傾斜計センサ、圧電材料及び圧電ベースセンサ等の他のタイプのセンサが含むことができる。幾つかの実施形態において、手首ブレース320は、同様に、遠位腕筋肉群及び/又は手首関節(複数可)を刺激するように構成することができる、ラップ325の内部に配置される電極335を含むことができる。

0028

幾つかの実施形態は、一体式支持体及び/又は張力部材を含むラップ、ブレース、又はベストを含む。幾つかの実施形態において、張力又は支持部材は、ラップ、ブレース、又はベストに対して支持を提供する及び/又は張力を与えるように機能することができる。例えば、図2Cは、本発明の幾つかの実施形態による、フルショルダベスト350の後面図を示す。幾つかの実施形態において、ベスト350は、1又は複数の内部張力部材355を含むことができる。幾つかの実施形態において、張力部材355の1又は複数は、姿勢を正すため、装着者の身体(例えば、装着者の肩部等)に機械的力を提供するように機能することができる。幾つかの実施形態において、ベスト350は、姿勢用の機能電極を含むことができる。例えば、図2Dは、本発明の幾つかの実施形態によるフルショルダベスト350の後面図を示し、図2Eは、本発明の幾つかの実施形態によるフルショルダベスト350の正面図を示す。幾つかの実施形態において、ベスト350は、1又は複数の閉鎖伸長部372を使用して閉鎖することができる主ベスト本体351を備えることができる。幾つかの実施形態において、ベスト350は、姿勢用の傍脊柱/肩甲骨安定化器電極362を含むことができる。更に、幾つかの実施形態は、睡眠サポート及び電極圧迫のために構成される少なくとも1つの空気ブラダを含む空気ブラダポケット364を含むことができる。

0029

図2N及び2Pは、本明細書に記載する本発明の種々の実施形態で使用することができる空気ブラダ425を示す。幾つかの実施形態において、空気ブラダ425は、膨張アセンブリ433に結合される少なくとも1つの可逆的に膨張可能なブラダ430を備えることができる。幾つかの実施形態において、膨張アセンブリ433は、着脱可能膨張チューブ440、及び、ポンプ435(例えば、手動ポンプ)に結合される収縮弁438を備えることができる。幾つかの他の実施形態において、ベスト350は、同様に、患者の皮膚に接して、ベストのポケット内に又は肩部エリアの下にヒートパック又はアイスパックを挿入する又は取り付けることによる一体式の温熱又は寒冷治療も含むことができる。更に、幾つかの実施形態は、装着者用の一体式スリング支持体358を提供する。

0030

装着者上に示されるフルショルダベスト350の種々の図が図2F〜2Iに見ることができる。例えば、図2Fは、本発明の幾つかの実施形態による一体式スリング358を示すフルショルダベスト350を示す。図2Gは、電極圧迫ストラップ368及び圧迫された電極360の近似場所を示すフルショルダベスト350を示し、図2Hは、本発明の幾つかの実施形態による閉鎖伸長部372を含む正中線ベスト閉鎖を示すフルショルダベスト350を示す。図2Iは、本発明の幾つかの実施形態による電極アクセス及び僧帽筋圧迫ストラップ368aを示すフルショルダベスト350を示す。幾つかの実施形態において、ストラップ368はストラップ368aを備える。

0031

幾つかの実施形態は、装着者の上側身体の他の領域を覆うベストを含む。例えば、幾つかの実施形態は、装着者の胴の部分的領域(例えば、左側、右側、又は中央領域)を覆うベストを含む。例えば、図2Jは、本発明の幾つかの実施形態によるハーフベスト380の後面図を示す。更に、図2Kはハーフベスト380の拡大後面図を示し、図2Lは本発明の幾つかの実施形態によるハーフベスト380の正面図を示す。先に述べたフルベスト350と同様に、幾つかの実施形態は、1又は複数の電気刺激電極386を含むことができる。幾つかの実施形態において、ハーフベスト380は、1又は複数の空気ブラダポケット390を含むことができる。幾つかの実施形態は、少なくとも1つの圧迫ストラップを含む。例えば、図2Lに示すように、幾つかの実施形態において、ハーフベスト380は、胴ラップ382に結合される僧房筋圧迫ストラップ384を含むことができる。ハーフベスト380は、同様に、胴ラップ382に結合される一体式スリング388を含むことができる。幾つかの実施形態は、少なくとも1つの電極アクセス開口400を含む。更に、幾つかの実施形態は、装着者の身体の一部分を保持又は支持するように構成される少なくとも1つのストラップ又はポケットを含むことができる。例えば、幾つかの実施形態は、ハーフベスト380に結合又は一体化される調整可能クォータバックポケット395を含む。更に、図2Mは、本発明の幾つかの実施形態によるハーフベスト380の正面側面斜視図を示す。幾つかの実施形態において、ベスト380は、少なくとも1つのストラップ又はファスナー405を備えることができ、少なくとも1つのストラップ又はファスナー405は、装着者によって使用されて、ベストを留めることができ、ベストを締めることができ、ベストを緩めることができ、又はベストを取り除くことができる。

0032

更に、幾つかの実施形態において、ベストは、少なくとも1つの刺激モジュール410を含むことができる。幾つかの実施形態において、1又は複数の刺激モジュール410は、ベスト380内に一体化することができる。幾つかの更なる実施形態において、1又は複数の刺激モジュール410は、限定はしないが、ファスナー、クリップ、Velcro、ボタンスナップフィット、又はスナップオンアセンブリ等を含む種々の取り付け機構を使用してベストに可逆的に留めることができる。

0033

図2Qは、本発明の幾つかの実施形態による複数の加速度計センサを含むブレース450を示す。幾つかの実施形態において、肘ブレースは、ブレース450の内側に電極455を含むことができ、電極455は、近位腕筋肉群、遠位腕筋肉群、及び/又は肘関節(複数可)を刺激するために使用される可能性がある。幾つかの実施形態において、電極455は、ブレース450の上腕部分452及び/又はブレース450の前腕部分454内に位置決めすることができる。幾つかの実施形態において、ブレース450は、上腕部分452に一体化又は結合される加速度計460及び前腕部分454に一体化又は結合される加速度計462を含むことができる。

0034

図2Rは、本発明の幾つかの実施形態による複数の加速度計センサを含むふくらはぎブレース470を示す。幾つかの実施形態において、ふくらはぎブレース470は、遠位脚筋肉群及び/又は膝関節(複数可)及び/又は足首関節(複数可)を刺激するために使用することができるブレース470の内側上にセンサ及び/又は電極480を同様に含むラップ475を備えることができる。幾つかの実施形態において、電極480は、ふくらはぎ筋肉群を刺激する電気刺激によって通電されて、血液等の体液を圧送する電気的又は機械的圧送効果を誘起し、それにより、浮腫を減少させ、深静脈血栓(DVT:deep vein thrombosis)を防止することができる。

0035

図2Sは、本発明の幾つかの実施形態による複数の加速度計センサを含むラップ501を備える足首ブレース500を示す。幾つかの実施形態において、足首ブレース500は、遠位脚筋肉群及び/又は足首関節(複数可)及び/又は足関節(複数可)を刺激するために使用することができるラップ501の内側上に電極505を含むことができる。ブレース500は、ラップ501の脚部分503内に加速度計510を含むことができる。他の実施形態において、ブレース500は、ラップ501の足部分504内に加速度計515を含むことができる。

0036

幾つかの更なる実施形態において、1又は複数のセンサは、ブレースシステムの種々の内側領域に結合することができる。例えば、図2Tは、ブレースシステムの内側領域を示し、ブレースシステムの内側領域内に配置される2つのセンサを示す。幾つかの実施形態において、センサの所定の部分は、ブレースシステム内側領域の外側表面に配置され構成される接触ポイントを備えることができる。幾つかの実施形態において、センサは、人接触センサを備えることができ、人接触センサは、ブレースが人によって装着されているかどうかを判定するために使用することができる。幾つかの実施形態において、センサからの測定値が使用されて、ブレースシステムの使用がモニターされログされる患者コンプライアンスデータを提供することができる。幾つかの他の実施形態において、センサが使用されて、ブレースシステムがユーザ上に正しく配置されているかどうかをモニターすることができる。例えば、幾つかの実施形態において、ブレース550は、主本体部分555並びに上側及び下側ストラップ部分557、559を備えることができる。幾つかの実施形態において、ヒップブレース550は、筋肉群を刺激するために使用することができる、ストラップ部分557、559の一方の内側上に電極を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、ストラップ部分557は、ストラップ部分557の種々の領域上に位置決めされる複数の電極560を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、ストラップ部分557、559の一方又は両方は、少なくとも1つの接触センサを含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、ストラップ部分557は、少なくとも1つの一体式又は結合式接触センサ565を含むことができる。

0037

本発明の幾つかの実施形態は、装着者のヒップ領域に適するラップ、ブレース、及び/又はベストを含むことができる。先に述べたラップ、ブレース、及びベストの場合と同様に、ヒップデバイスの幾つかの実施形態は、種々の一体式又は結合式センサ、電極、支持体、及び/又は張力部材を含むことができる。例えば、図2Vは、本発明の幾つかの実施形態による一体式センサを有するヒップブレースアセンブリ570の正面図を示す。図2Wは、ヒップブレースアセンブリ570の側面図を示す。更に、図2Xは、本発明の幾つかの実施形態による一体式センサを有するヒップブレースアセンブリ570の後面図を示す。幾つかの実施形態において、ヒップブレースアセンブリ570は、腹部/背部ベルト575、圧迫性ショート伝導性ガーメント578、及びブレースバーアセンブリ580を備えることができる。幾つかの実施形態において、ブレースバーアセンブリ580は、ブレースヒンジ586によって結合される上側バー582及び下側バー584を備えることができる。幾つかの実施形態において、ヒップブレースアセンブリ570は、近位脚筋肉群、外転筋内転筋臀筋群、及び/又は臀部関節を刺激するために使用することができる内側上に電極も含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、ヒップブレースアセンブリ570は、腹部筋肉群、下背筋肉群、及び/又は背部関節(複数可)及び/又は骨盤関節(複数可)及び/又は股関節を刺激するために使用される、腹部/背部ベルト575内に一体化又は結合される腹部電極577を含むことができる。他の実施形態において、圧迫性短い伝導性ガーメント578は臀筋群刺激電極590を含むことができる。

0038

幾つかの更なる実施形態において、ブレースアセンブリの一部分の位置、移動、及び/又は加速度の測定値が使用されて、ユーザの位置及び移動を決定することができる。例えば、幾つかの実施形態において、アセンブリが使用されて、ユーザをモニターするために使用されて、ユーザが、直立位置で及び/又は背臥位でどれだけの時間を費やしているかを決定することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムからの加速度データは、四肢ごとに計算することができ、移動平均として集計することができる。更に、幾つかの実施形態において、この平均加速度値は、患者が移動する量に対して四肢を直接相関付けるために使用することができ、また、可動域の減少を特定するキーとして使用することができる。例えば、数字が小さくなればなるほど、全体で、ユーザの全体的な移動レベルが小さくなる。幾つかの実施形態において、センサから受信される最大屈曲数が高く且つ平均加速度値が非常に低い場合、ユーザは、四肢を屈曲しながら所定の場所に着座している。しかしながら、平均加速度値の数字が非常に高く且つ最大屈曲数が低い場合、ユーザは、動き回っているが、関節の移動がない状態で、ブレース付きの四肢をロック位置に維持している。幾つかの他の実施形態において、本明細書で開示する一体式又は結合式センサ又は加速度計の何れかを使用して、自由落下インシデントが、ブレースアセンブリの1又は複数のセンサによって決定され、コンピュータシステム(例えば、本明細書で開示する、結合式のコンピュータか、サーバか、バックエンドシステムか、又はモバイルデバイス等)に報告することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、自由落下を記録して、ブレース(及びユーザ)が落下した任意の時間を示すことができる。更に、幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、加速度の持続時間及びレートに基づいて落下の高さを決定することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、ユーザが落下し始め、その後、持ちこたえたかどうかを判定することができる。更に、幾つかの実施形態において、バックエンドシステムは、医療専門家が、落下が実際に損害を与えたかどうかを判定するためのフォローアップ要求を作成することができ及び/又はその日程を決めることができる。図2Wを参照すると、幾つかの実施形態において、アセンブリ570は、例えば、上側バー582及び/又は下側バー584及び/又はブレースヒンジ586を含む、ブレースバーアセンブリ580の1又は複数の部分に一体化及び/又は結合されるセンサ/加速度計588を含むことができる。

0039

本発明の幾つかの更なる実施形態において、センサからの累積した測定値から得られる患者コンプライアンスデータは、(例えば、バックエンドコンピュータシステム内の)データベース上に記憶することができ、また、例えば、医師又は医療専門家によって使用されて、ブレースシステムからのデータを取出することができる、検討することができる、及び/又は分析することができる。幾つかの実施形態において、医師は、医師の分析又は患者に対する推奨においてブレースからのデータを利用することができる。更に、医師は、類似の状態又は損傷を有する他の患者に推奨するとき、1人の患者のブレースシステムからのデータを利用することができる。例えば、ACL再建術から回復中の患者に、医師が、第1週の間にプログラム1を実行し、第2週の間にプログラム2を実行するように言う場合、また、これらのプログラムによって、患者の膝における患者の強度の大幅な改善を医師が認める場合、医師は、類似の手術から回復中の別の患者に、同じ期間中に同じプログラムを実行するようにおそらくは言うであろう。幾つかの実施形態において、医師は、第2の患者についてのプログラムであって、インターネット又はプライベートネットワークに対する有線又は無線接続によって遠隔で更新される、第2の患者についてのプログラムを有することができる。医師は、その後、両方の患者からデータを得て、彼らがブレースシステムにどのように応答しているかを調べる可能性があり、プログラムはブレースシステムによって実行される。

0040

本発明の幾つかの実施形態は、装着者の腹部/背部領域に適するラップ、ブレース、及び/又はベストを含むことができる。先に述べたラップ、ブレース、及びベストの場合と同様に、腹部/背部デバイスの幾つかの実施形態は、種々の一体式又は結合式センサ、電極、支持体、及び/又は張力部材を含むことができる。例えば、図2Yは、本発明の幾つかの実施形態による一体式センサを有する腹部/背部デバイス600の正面図を示し、図2Zは、本発明の幾つかの実施形態による一体式センサを有する腹部/背部デバイス600の後面図を示す。幾つかの実施形態は、結合式又は一体式ブレースパネル610を有する主本体605を含むことができる。幾つかの実施形態において、腹部電極615は腹部/背部デバイス600に結合又は一体化することができる。更に、幾つかの実施形態は、主本体605に結合される腹部/背部ベルトブレース620を含む。幾つかの実施形態において、腹部/背部ベルトブレース620は、1又は複数の結合式又は一体式背部電極625を含むことができる。更に、先に述べた他の実施形態と同様に、腹部/背部デバイス620は、電極圧迫及び/又は背部支持用の1又は複数のオプションの空気ブラダを含むことができる。

0041

本発明の幾つかの実施形態において、種々の電子構成要素が、ブレースシステムの1又は複数のモジュール内に一体化することができ、モジュールは、種々の構成に組み合わし及び組み換えることができる。例えば、幾つかの実施形態において、一部のブレースシステム又はアセンブリは、モジュールのセットを備えることができ、モジュールのそれぞれは、別個の機能を有し、モジュールの組み合わせは、異なるユーザインタフェース及び/又はデータ収集用の異なるセンサを有する一般的なNMESプラットフォームを作成する。幾つかの実施形態において、このプラットフォームは、少なくとも1つの刺激システム、1又は複数のセンサシステム、及び少なくとも1つのディスプレイシステムを備えることができる。更に、幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、有線又は無線方式で、コントローラによって制御することができる、及び/又は、コントローラを通してデータを転送することができる。例えば、本発明の幾つかの実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの何れかは、情報を無線で送信及び/又は受信するように構成することができる。例えば、図3Aは、無線アンテナ675aを備える結合式又は一体式コントローラ675に対して携帯ネットワーク650及び/又はWiFiネットワーク655を通して通信されるデータを含む、膝ブレースブレースアセンブリ670からデータを無線で収集するために構成可能な無線ブレースシステム630の図を示す。幾つかの実施形態において、膝ブレースアセンブリ670の1又は複数の部分は、ステイ682に結合されるセンサ681及び/又はステイ684に結合されるセンサ683等の1又は複数のセンサ(例えば、先に論じた加速度計又は他のセンサ)を含むことができ、1又は複数のセンサは、コントローラ675に結合されて、コントローラ676及び/又はセンサ681、683からの及び/又はそれへのデータの無線伝送を可能にすることができる。幾つかの実施形態において、グラフィカルユーザインタフェース(GUI)640が使用されて、無線ブレースシステム630内の構成要素の何れかの構成要素を含む、無線ブレースシステム630の種々の機能態様の機能を制御することができる及び/又はモニターすることができる。幾つかの実施形態において、コントローラ675は、充電式電力、及び、刺激及びセンサデータの収集のために構成される制御ユニットを備えることができる。

0042

幾つかの実施形態において、コントローラ675は、ブレースシステム又はガーメント(例えば、無線ブレースシステム630等)を装着する患者の検知及び/又は刺激を管理することができる。本発明の幾つかの実施形態において、コントローラ675は、(a)少なくとも1つのセンサ及び/又は電極を使用して患者の組織に少なくとも1つの刺激検知パルスを適用し、(b)組織内の検知パルスの電力散逸に関連する患者の組織からの少なくとも1つの電気パラメータを測定し、(c)測定される電力散逸に少なくとも部分的に基づいて患者の組織に少なくとも1つの刺激パルスを調整可能に適用するように構成することができる。幾つかの実施形態において、少なくとも1つの刺激パルスは、少なくとも1つのコントローラによって調整可能に制御されて、少なくとも1つの電気パラメータに少なくとも部分的に基づいて患者の組織に対する一定電力出力を維持することができる。幾つかの実施形態において、ステップ(a)〜(c)は、少なくとも1回、繰り返すことができる。

0043

図3Bは、本発明の幾つかの実施形態による、膝ブレースアセンブリ670とコントローラ675との間の無線データ転送を示す。幾つかの実施形態において、ブレースシステム670からの無線RF伝送は、(組織加熱を回避するため)組織伝搬特性及び特定の吸収レートを最小にしながら、適切な帯域幅を持って、ブレースシステムからの信頼性のある動作及びデータの伝送を可能にし、ユーザの近接場及び遠距離場RF伝送への曝露を低減するのに十分な電力を有することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステム670は、限定はしないが、ゼロ世代無線信号、第1世代無線信号、第2世代無線信号、第3世代無線信号、第4世代無線信号、第5世代無線信号、任意の全地球測位衛星信号(「GPS」又は「GLONASS」等)、産業用、科学用、及び医療用ISM:industrial,scientific and medical)周波数帯(例えば、2400〜2493.5MHz)、Bluetooth(登録商標)無線信号(IEEE802.15.4 Bluetooth(登録商標) class II)、RFI電磁放射、WiFi無線信号、2方向ラジオRF信号UHF又はVHF信号(「ウォーキートーキー(walkie−talkie)」タイプデバイスから放出される市民帯のラジオ信号又は他のラジオ信号等)、高速及びミリ波信号、及び近接場無線信号を含むRF送信を送信及び/又は受信するように構成することができる。Bluetooth(登録商標)は、コンピューティング及び電気通信業界仕様であり、その仕様は、モバイルデバイスが、短距離無線接続を使用して、互いにまた非モバイルデバイスとどのように容易に相互接続することができるかを詳述する。Bluetooth(登録商標)は、Bluetooth SIG,Inc.の登録商標である。

0044

幾つかの実施形態において、コントローラ675は、コンピュータシステム又はデバイスを備えることができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、コントローラ675の機能を実施することができるコンピューティングデバイスと(例えば、無線で又は有線接続によって)通信するように構成することができる。コンピューティングデバイスの例は、パーソナルコンピュータ情報端末携帯情報端末モバイルフォン、装着可能技術デバイス(例えば、スマートウォッチ、活動モニター、心拍数モニター、めがね、カメラ等)、スマートフォン、タブレット、又はラップトップコンピュータを含むが、それに限定されない。幾つかの実施形態において、コンピューティングデバイスは、患者のデバイス又は医療専門家に関連するデバイスとすることができる。両方のタイプのデバイスは、医療専門家が、ブレースシステムから送信されるデータを取り出し分析することを可能にすることができる。一実施形態において、このデータは、医療専門家がいつでもデータを分析する及び/又はブレースを調整することができるようにリアルタイムに送信される。例えば、幾つかの実施形態において、患者は、患者のデバイス上のモバイルアプリケーションを使用してデータにアクセスすることができる。幾つかの更なる実施形態において、医師及び/又は療法士は、ウェブポータルを介してデータにアクセスすることができる。幾つかの実施形態において、コントローラ675等のコントローラを通して収集される又は流される何れのデータをも含む、本明細書に記載するブレースシステムの任意のブレースシステムからアクセスされる何れのデータが、1又は複数の従来の暗号化法を使用して保護することができる。幾つかの実施形態において、述べるデータ転送のためのプロトコル及び方法は、HIPAAに準拠している。

0045

図4を参照すると、幾つかの実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリは、ブレースシステムから及び/又はそれにデータを転送するように構成することができるコンピュータシステム700に電子的に結合することができる。更に、幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、同様に、複数のプログラムから選択されるプログラムによってNMESを提供するように構成することができるブレース制御電子機器を備えることができる。本発明の少なくとも1つの実施形態において、ブレース制御電子機器は、受信機によって、(例えば、患者から、医療専門家から等)プログラムの選択を受信するように構成することができる。一実施形態において、医療専門家は、(例えば、或る期間の間)ブレースの患者制御を阻止することができる。更に、図3A〜3Bに示すように、幾つかの実施形態において、ブレースシステム(ブレースシステム670等)は、コントローラ675等のコントローラを使用してコンピュータシステム700と通信することができる。幾つかの実施形態において、コントローラ675は、ブレースとコンピュータシステム700との間でデータを協調させルーティングさせるインターネット送受信機として機能することができる。幾つかの実施形態において、システム700はコントローラ675を備える。本発明の幾つかの実施形態において、コンピュータシステム700は、ブレースシステム670に対して情報を受信及び/又は送信するように構成することができるローカルコンピュータシステム(例えば、ユーザの家庭内のコンピュータシステム)とすることができる。幾つかの実施形態において、コンピュータシステム700は、コンピュータシステム700内の構成要素間で情報を通信するためにバス701を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、少なくとも1つのプロセッサ702が、ソフトウェアコード又は命令を実行し、情報を処理するためにバス701に結合することができる。本発明の幾つかの実施形態において、コンピュータシステム700は、ランダムアクセスメモリ(RAM)及び/又は他のランダムメモリストレージデバイスを使用して実装することができる主メモリ704を更に備える。幾つかの実施形態において、主メモリ704は、情報及びプロセッサ702によって実行される命令を記憶するためにバス701に結合することができる。更に、幾つかの実施形態において、主メモリ704は、同様に、プロセッサ702による命令の実行中に、一時的な変数、NMESプログラムパラメータ、又は他の中間情報を記憶するために使用することができる。幾つかの実施形態において、コンピュータシステム700は、同様に、プロセッサ702についての静的情報及び命令を記憶するためにバス701に結合される読み出し専用メモリ(ROM)及び/又は他のスタティック記憶デバイスを含むことができる。本発明の幾つかの実施形態において、コンピュータシステム700は、システム700とのユーザ相互作用を可能にする1又は複数の周辺構成要素を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、システム700は、従来のマウスタッチマウス、トラックボールトラックパッド、又は、方向情報及びコマンド選択をプロセッサ702に通信するためまたディスプレイ721上でのカーソルの移動を制御するための他のタイプのカーソル方向キー等のカーソル制御デバイス723を含むことができる。更に、システム700は、同様に、データ入力及びコマンドの容易化及びシステム700の種々の態様の制御のための少なくとも1つのキーボード722、及び、バス701によってプロセッサ702に動作可能に結合される少なくとも1つの通信デバイス725を含むことができる。

0046

幾つかの実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリ(ブレースシステム670を含む)の何れのものも、ブレースシステム及び結合済みの任意のコンピュータシステムに対して情報を受信及び/又は送信するように構成されるコンピュータシステムに結合され、コンピュータシステムから及び/又はそこに情報を転送することができる。図5を見ると、幾つかの実施形態において、コンピュータシステム800は、ブレースシステムによって測定され送信される情報を記憶するためのホストコンピュータとして使用することができるバックエンドシステムを備えることができる。本発明の幾つかの実施形態において、情報は、コンピュータシステム700(例えば、ブレースシステムに対して情報をローカルに受信及び/又は送信するように構成することができるローカルコンピュータシステム及び/又はコントローラ)を使用して、ブレースシステムとコンピュータシステム800との間で受信及び/又は送信することができる。幾つかの更なる実施形態において、情報は、ブレースシステムとコンピュータシステム800との間で(例えば、携帯無線伝送を使用して)直接、受信及び/又は送信することができる。更に、幾つかの実施形態において、ブレースは、コントローラ100等のコントローラを使用してコンピュータシステム800及びコンピュータシステム700と通信することができる。幾つかの実施形態において、コントローラは、ブレースとコンピュータシステム700、800との間でデータを協調させルーティングさせるインターネット送受信機として機能することができる。

0047

本発明の幾つかの実施形態において、システム800は、少なくとも1又は複数のプロセッサ820を含む少なくとも1つのコンピューティングデバイスを含むことができる。幾つかの実施形態において、一部のプロセッサ820は、1又は複数の従来のサーバプラットフォーム内に存在するプロセッサ820を含むことができる。幾つかの実施形態において、システム800は、少なくとも1つのオペレーティングシステム840を実行することができる、少なくとも1つのプロセッサ820に結合されるネットワークインタフェース850a及びアプリケーションインタフェース850bを含むことができる。更に、システム800は、ソフトウェアモジュール880(例えば、1又は複数のエンタープライズアプリケーション)の1又は複数を処理することができる、少なくとも1つのプロセッサ820に結合されるネットワークインタフェース850a及びアプリケーションインタフェース850bを含むことができる。幾つかの実施形態において、ソフトウェアモジュール880はサーバベースソフトウェアプラットフォームを備えることができる。幾つかの実施形態において、システム800は、少なくとも1つのコンピュータ可読媒体860も含むことができる。幾つかの実施形態において、少なくとも1つのコンピュータ可読媒体860は、少なくとも1つのデータ記憶デバイス870b及び/又は少なくとも1つのデータソース870a及び/又は少なくとも1つの入力/出力デバイス870cに結合することができる。

0048

幾つかの実施形態において、本発明は、同様に、コンピュータ可読媒体860上のコンピュータ可読コードとして具現化することができる。幾つかの実施形態において、コンピュータ可読媒体860は、データを記憶することができる任意のデータ記憶デバイスとすることができ、そのデータは、その後、コンピュータシステムによって読み取ることができる。コンピュータ可読媒体860の例は、ハードドライブネットワークアタッチドストレージ、読み出し専用メモリ、ランダムアクセスメモリ、フラッシュベースメモリCD−ROM、CD−R、CD−RW、DVD、磁気テープ、他の光学及び非光学データ記憶デバイス、又は、所望の情報、データ、又は命令を有形に記憶するために使用することができ、また、コンピュータ又はプロセッサによってアクセスすることができる任意の他の物理又は物質媒体を含むことができる。

0049

幾つかの実施形態において、コンピュータ可読媒体860は、従来のコンピュータネットワークにわたって分散することもできる。例えば、幾つかの実施形態において、コンピュータ可読媒体860は、ネットワークインタフェース850aにわたって分散することもでき、及び/又はそれを介してアクセスすることができる。この事例において、コンピュータ可読コードは、コンピュータシステム800を使用して分散方式で記憶され実行することができる。例えば、幾つかの実施形態において、システム800の1又は複数の構成要素は、ローカルエリアネットワーク(「LAN」)890aを通してデータを送信及び/又は受信するために係留することができる。幾つかの更なる実施形態において、システム800の1又は複数の構成要素は、インターネット890b(例えば、無線インターネット)を通してデータを送信又は受信するために係留することができる。幾つかの実施形態において、少なくとも1つのプロセッサ820上で実行される少なくとも1つのソフトウェアモジュール880は、ネットワーク890a、890bを通じて通信のために結合されるように構成することができる。

0050

幾つかの実施形態において、ネットワーク890a、890bの1又は複数の構成要素は、データ記憶及び取り出し用の1又は複数のリソースを含むことができる。これは、コンピュータ可読媒体860に加えて、任意のコンピュータ可読媒体を含むことができ、また、1つの電子デバイスから別の電子デバイスへの情報の通信を容易にするために使用することができる。また、幾つかの実施形態において、ネットワーク890a、890bは、ワイドエリアネットワーク(「WAN」)、(例えば、ユニバーサルシリアルバスポートを通した)直接接続、他の形態のコンピュータ可読媒体860、又はその任意の組み合わせを含むことができる。幾つかの実施形態において、ソフトウェアモジュール880は、データベースから(例えば、データベースを構成することができるデータソース870a及びデータストレージ870bを含むコンピュータ可読媒体860から)データを送信し受信するように構成することができる。更に、幾つかの実施形態において、データは、少なくとも1つの他のソースからソフトウェアモジュール880によってアクセスされ受信することができる。

0051

幾つかの実施形態において、ネットワーク890a、890bの1又は複数の構成要素は、例えば、デスクトップコンピュータ、ラップトップコンピュータを含むパーソナルコンピュータ、情報端末、携帯情報端末、携帯電話、モバイルフォン、スマートフォン、装着可能技術デバイス(例えば、スマートウォッチ、活動モニター、心拍数モニター)、めがね、カメラ、ページャ、デジタルタブレット、及びインターネットアプライアンス、又は他のプロセッサベースデバイス等の幾つかのユーザ結合式デバイス900を含むことができる。一般に、クライアントデバイスは、マウス、CD−ROM、DVD、キーボード、ディスプレイ、或いは他の入力又は出力デバイス870c等の任意のタイプの外部又は内部デバイスとすることができる。幾つかの実施形態において、ソフトウェアモジュール880の少なくとも1つは、少なくとも1つのデジタルディスプレイによってユーザにデータを出力するためシステム800内で構成することができる。更に、幾つかの実施形態において、種々の他の形態のコンピュータ可読媒体860は、ルータプライベート又はパブリックネットワーク、或いは、他の伝送デバイス又はチャネル(有線と無線の両方)を含む、結合式デバイス900等のユーザインタフェースに命令を伝送又は伝達することができる。

0052

幾つかの実施形態において、記載のシステム800は、1人又は複数人のユーザ950が、システム800上で実行される1又は複数のソフトウェアモジュール880にまたそれから、を含んで、システム800にまたそれから、データを受信し、分析し、入力し、修正し、送信することを可能にすることができる。幾つかの実施形態は、少なくとも1人のユーザ950が、少なくとも1つのソフトウェアモジュール880を含む1又は複数のモジュールに、LAN890aを通して固定I/Oデバイス870cを介してアクセスすることを含む。幾つかの他の実施形態において、システム800は、少なくとも1人のユーザ950がインターネット890aを通して固定又はモバイルI/Oデバイス870cを介してソフトウェアモジュール880にアクセスすることを可能にすることができる。

0053

幾つかの実施形態において、ブレースシステム又はコントローラは、アップグレード可能であるソフトウェアモジュールを備えることができる。幾つかの実施形態において、ソフトウェアモジュールは、インターネットダウンロードによって(例えば、図5に示すインターネット890aを通して)アップグレードすることができる。本発明の幾つかの実施形態において、インターネットダウンロードは、クラウドベースストレージ場所に記憶された少なくとも1又は複数のソフトウェアモジュールにアクセスすることを含むことができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、クラウドベースストレージ場所にアクセスして、定期的なソフトウェア更新を実施しうる、及び/又は、ブレースシステムデータ及び/又はブレースシステムコントローラからのデータ及び/又はユーザデータ(すなわち、ユーザにアタッチされたブレースシステムからのデータ)を記憶することができる。

0054

上記実施形態を考慮すると、本発明の幾つかの実施形態が、コンピュータシステム(図5に示すシステム800等)に記憶されるデータを含む、種々のコンピュータ実装オペレーションを使用することができることが理解されるべきである。更に、幾つかの実施形態において、モニタリングシステムの上述したアプリケーションは、コンピュータ可読記憶媒体(コンピュータ可読媒体860等)上に記憶することができる。これらの動作は、物理的量物理的操作を必要とする動作である。通常、必ずしもそうではないが、これらの量は、記憶され、転送され、組み合わされ、比較され、その他の方法で操作されることができる、電気、電磁、又は磁気信号の形態、光学又は磁気光学形態をとる。

0055

本発明の一部を形成する本明細書に記載する動作のうちの何れの動作も、有用な機械動作である。本発明は、同様に、これらの動作を実施するためのデバイス又は装置に関する。本発明の実施形態は、1つの状態から別の状態にデータを変換する機械として定義することができる。データは、電子信号及び電子的に操作されるデータとして表することができる物品を表することができる。変換されたデータは、或る場合には、ディスプレイ上に視覚的にレンダリングされ、データの変換に起因する物理的物体を表することができる。変換済みデータは、全体的に、又は、物理的且つ有形の物体構築又は描写を可能にする特定の形式でストレージに保存することができる。幾つかの実施形態において、操作は、1又は複数のプロセッサ820によって実施することができる。こうした例において、プロセッサ820は、1つの事物から別の事物にデータを変換することができる。なお更に、方法は、ネットワークを通じて接続することができる1又は複数の機械又はプロセッサによって処理することができる。各機械は、1つの状態又は事物から別の状態又は事物にデータを変換することができ、また、データを処理する、データをストレージに保存する、ネットワークを通じてデータを送信する、結果を表示する、又は、結果を別の機械に通信することもできる。更に、記載のブレースシステムは、ユーザ又は臨床医がそれに基づいて医療ベース判断を利用し行うことができるデータの意味のあるセグメントに効率的に分解できるように、操作され、変換され、洗練され、減少され、又は1つの状態から別の状態に変更されなければならない大量のデータをもたらすことになる。一実施形態において、ブレースシステム又はコントローラは、データ収集及びプレフィルタリングアルゴリズムを実施するソフトウェアを含み、そのアルゴリズムは、所望の条件の幾つかが満たされた(例えば、ユーザがブレースを装着しており、移動が所望の閾値を超えて/所望の閾値未満で起こっており、又は、ROMデータが、ユーザが垂直であるときだけ、又は、1分につき1回等、1日を通して定期的な時間ポイントにおいて又はユーザの覚醒時間中、等に、取り込まれる)後にだけ、データを記憶媒体上に記憶する。別の実施形態において、コンピュータシステム800は、データ低減及びプレフィルタリング機能を実施する。本明細書で使用されるコンピュータ可読記憶媒体(コンピュータ可読媒体860等)は、(信号と対照的に)物理的な又は有形なストレージを指し、また、限定することなく、コンピュータ可読命令、データ構造、プログララムモジュール、又は他のデータ等の情報の有形な記憶のための任意の方法又は技術において実装される、揮発性のまた不揮発性の、取り外し可能なまた取り外し不能な記憶媒体を含む。

0056

本発明の幾つかの実施形態において、(例えば、データの携帯転送を使用することによる)ブレースシステムから及び/又はそれへの無線データ転送の始動は、自律的及び/又は半自律的であり、ユーザ構成を必要としないように構成することができる。例えば、幾つかの実施形態において、デバイスは、パワーオンされると自動的にチェックインすることができる。本発明の幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、設定使用のために所定の時間にチェックインするデバイスを探す1又は複数のサーバを備えるバックエンドシステムを含むことができる。バックエンドシステムは、患者コンプライアンスデータ用の記録のシステムである。幾つかの実施形態において、デバイスがチェックインしない場合、バックエンドシステム又はコントローラは、デバイスがチェックインされるべきであることを示すメッセージを患者(又は、連絡先リスト上の他の誰か)に送信することができる。

0057

本発明の幾つかの実施形態は、スマートデバイス又はコンピュータに結合することによってバックエンドにデータをアップロードすることを含むことができる。例として、幾つかの実施形態において、Bluetooth(登録商標)製品が使用されて、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの何れかと、モバイルコンピュータ、モバイルフォン、可搬型手持ち式デバイス、装着可能技術デバイス(例えば、スマートウォッチ、活動モニター、心拍数モニター、めがね、カメラ等)、携帯情報端末(PDA)、タブレット、及び他のモバイルデバイス、並びにインターネットに対する接続性との間のリンクを提供することができる。幾つかの実施形態において、無線伝送は、ブレースシステムからスマートデバイス又はコンピュータへBluetooth(登録商標)無線信号を介して行うことができる。幾つかの実施形態において、ユーザインタフェーススクリーンが使用されて、Bluetooth(登録商標)プロトコルを使用することによってデバイスの対化を可能にすることができる。幾つかの更なる実施形態において、バックエンドにデータをアップロードすることは、WiFiに結合して、ユーザの家庭ネットワーク又はオフィスネットワークに接続することによって行うことができる。幾つかの実施形態において、これは、ユーザが、接続すべき無線ネットワークを選択し、そのネットワークに接続する認証情報を提供することを可能するユーザインタフェーススクリーンの作成を必要とすることになる。

0058

本発明の幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、無線保護スキームを利用して、ブレースシステムへのまたそれからのデータアクセスを制御することができる。これは、患者秘密を保護し、データのセキュリティを保護することができる。幾つかの実施形態は、デバイスデータ及びコントロールに対する無許可無線アクセスに対する保護を含む。幾つかの実施形態において、これは、既存の古いプロトコル(例えば、有線等価プライバシー(WEP:Wired equivalent Privacy)を含む)の知られている欠点を回避しながら、通信のセキュリティを維持するソフトウェア及び/又はハードウェア支援プロトコルを含むことができる。幾つかの実施形態において、(Bluetooth、WiFiによって、又は、他の手段によって)デバイスから送信される使用データは、暗号化されて、患者又は患者の医師だけがこの医療情報にアクセスできることを保証することができる。暗号化は、プロセッサ上で実行されるソフトウェアによって、又は、データが送信される前にデータを処理する外部ハードウェアによって行うことができる。一実施形態において、ログの各セットは、ログを作成したデバイスに一意に結び付けられる。これは、デバイスが、デバイスから送信されるデータを、デバイスに関連する一意の識別子でタグ付けすることによって行うことができる。一意の識別子は、プロセッサによって、又は、システムの外部構成要素(例えば、UUIDチップ)によって設定される。

0059

幾つかの実施形態において、無線収集は、コンプライアンスデータの無線収集を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、或る毎日の移動及び/又は1又は複数の理学療法又は運動ルーチンに対するユーザのコンプライアンスを含むブレースシステムデータは、無線でモニターされ記録することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、コンプライアンスデータの無線収集を含むことができ、また、患者がブレースシステムを装着していると、ブレースシステムセンサが判定する全ての事例のレコードの作成を含むことができる。幾つかの実施形態において、これは、記憶済みデータ(例えば、ブレースシステムによって、過去に、測定され、揮発性又は不揮発性メモリに記憶されたデータ)を含むことができる。例えば、これは、配向データ及び加速度データ等のデータを含む、運動データの無線収集を含むことができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、ユーザがブレースシステムを装着していないとき、データを記憶し送信し続けることができる。幾つかの実施形態において、そのデータは無視することができる、また、他の実施形態において、データは、記憶することができる、及び/又は、無線で送信することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、ブレースシステムから少なくとも1つの遠隔医療システムにデータを無線で送信することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、ブレースシステムから少なくとも1人の理学療法士及び/又は少なくとも1つの理学療法士システムにデータを無線で送信することができる。

0060

図6は、ブレースアセンブリ960の現在の状態を示すスクリーン画像950を示す。本発明の幾つかの実施形態において、ブレースシステム951は、ブレースアセンブリ960を含むブレースシステム951の状態を投影し、地面に対するブレースアセンブリ960の屈曲及び配向の程度の表示965を表示するために構成されるディスプレイスクリーン950を含むことができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステム951は、ブレースシステム951の表示を実質的にリアルタイムにレンダリングすることができ、また、ブレースアセンブリ960から得られるセンサデータ(例えば、使用傾向、筋肉強度傾向、ROM傾向等)に関連するグラフカル表示又はデータを表示することができる(傾向データプロット975を有するディスプレイ部分970参照)。本発明の幾つかの実施形態において、1又は複数のセンサを使用して、ブレースシステムは、ブレースシステム951の1又は複数のセクションの位置及び移動を実質的にリアルタイムに通信することができる。この情報は、ディスプレイスクリーン950上で表現するため及び/又は有線又は無線接続を通して通信するため(例えば、図3Bに示す膝ブレースアセンブリ670とコントローラ675との間の無線データ転送等)システム951によって処理することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステム951によって収集されるデータは、医療専門家がこのデータに基づいてブレースシステム951を調整することを可能にすることができる。例えば、ブレースシステム951は、(例えば加速度計又は位置エンコーダによって得られる)膝を囲む筋肉強度及び/又は膝の可動域を測定することができる。医療専門家は、その後、このフィードバック及びデータを利用して、これらの読みに基づいて患者の処置を調整することができる及び/又はブレースシステム951を調整することができる。

0061

幾つかの実施形態において、1又は複数のブレース制御プログラムであって、動的である(例えば、変更可能又は可変である、固定周波数でない、固定タイミングでない、固定波形でない等)ことができ、また、患者の身体の異なる部分に対して異なるタイプのEMSを実行させる、1又は複数のブレース制御プログラムは、医療専門家又は患者によって選択することができる。例えば、ブレースシステムの制御電子機器からブレースシステム951によって得られレンダリングされるフィードバックデータが、患者の内側広筋斜頭筋が強くなっているが、患者の遠位中央ハムストリング(又は、別の実施形態において、患者のふくらはぎの筋肉)が強くなっていないことを示す場合、医療専門家(例えば、医師又は理学療法士)は、これらのプログラムの1又は複数によって、所定のブレース制御プログラムを実行するようブレースシステム951に指示することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステム951は、術後の第1週のための特定のプログラム、術後の最初の月のための特定のプログラム、関節炎のための特定のプログラム等を含むことができる。

0062

幾つかの更なる実施形態において、本明細書に記載するブレースアセンブリ又はシステムの何れかの任意の部分の運動が検知することができる。幾つかの実施形態において、少なくとも1つの光センサ又は他のタイプのセンサが、運動及び/又は位置を検知するためアセンブリ又はシステムに結合することができる又は一体化することができる。例えば、図7は、本発明の幾つかの実施形態による運動データ収集センサ982、984を有するブレースシステム980の表示を示す。幾つかの実施形態において、ブレースアセンブリ986の1又は複数の構成要素が、センサ982、984によってモニターすることができる。図8〜9は、図7に示すブレースシステム950(ブレースシステム980はブレースシステム950を示す)においてモニターすることができるブレースシステムの種々の部分の可能性のある運動の表示を提供する。幾つかの実施形態において、光センサ(例えば、センサ982、984等)は、被観察領域を備える光学的に識別可能な領域を含むブレースシステム980の部分と組み合わせて使用することができる。例えば、幾つかの実施形態において、1又は複数の光センサ982、984は、被観察領域(すなわち光センサによって検知されるブレースシステムの領域)を備えるブレースシステム980の近傍領域の運動を検出するために配置することができる。幾つかの他の実施形態において、1又は複数の光センサ982、984は、被観察領域を備えるブレースシステムの近傍領域に対する運動を検出するために配置することができる(例えば、被観察領域を備えるブレースシステムの部分は不動のままであり、光センサを含むブレースシステムの部分は被観察領域に対して移動することができる)。本発明の幾つかの実施形態において、被観察領域は、光学反射材料を含むことができる。幾つかの更なる実施形態において、被観察領域は、1又は複数の光センサによって検出されることが可能な1又は複数のマーキングを備えることができる。幾つかの実施形態において、被観察領域は光放射手段を備えることができる。例えば、幾つかの実施形態において、被観察領域の1又は複数は、光又は赤外LEDを備えることができる。例えば、幾つかの実施形態において、ステイ987の位置及び/又は移動は、センサ982によってモニターすることができる。幾つかの実施形態において、センサ982は光センサを備えることができ、ステイ987は光エンコーダ987a(例えば、センサ982によって読み取り又は検知することができるタブ又はマーク)を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、ステイ988の位置及び/又は移動は、センサ984によってモニターすることができる。幾つかの実施形態において、センサ984は、光センサを備える可能性があり、ステイ988は光エンコーダ988a(例えば、センサ984によって読み取り又は検知することができるタブ又はマーク)を含むことができる。

0063

本発明の幾つかの他の実施形態において、ブレースシステム950の運動の電気的検知が使用することができる。例えば、幾つかの実施形態において、ブレースシステム950の構成要素(例えば、ヒンジ)は、ブレースシステム950の一部分が移動するにつれて変化する電気抵抗を有する電気抵抗器及び/又は電気抵抗性部分を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、電気抵抗は、知られている値で始まって、ヒンジの開口性の程度が増すにつれて増加することができる。

0064

幾つかの実施形態において、センサ982、984の1又は複数は、直線、角度、回転ベース位置センサ/エンコーダを備えることができる。本発明の幾つかの実施形態は、直線変位センサであって、ヒンジバー上で利用されて、患者がどの長さ設定を選択したかを決定する、直線変位センサを備えることができる。幾つかの実施形態において、位置センサが使用されて、どのROM停止部にされているか、また、ROM制限が使用されるべきもの又は使用されるべきでないものと比較されたか、或いは、伸長ロックアウトが処方された通りに適用されたかどうかを判定するために使用することができる。幾つかの他の実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの何れか(例えば、ブレースシステム950等)は、関節の強度又は力/トルク出力を決定し、患者の回復に相関付けるために一体化することができる力センサトルクセンサ、及び/又はダイナモメータを備えることができる。

0065

従来のNMESは、種々のdc、ac、2相波形を使用して、人組織において筋肉応答を誘起する。これらは、電圧駆動式又は電流駆動式でありまた開ループ又は閉ループとすることができ、波の振幅は、デバイスの設定によって直接制御することができる。電気刺激が、使用されて、ターゲット組織における浮腫又は腫脹を減少させることもできる。図10は、本発明の幾つかの実施形態による光検知による表面浮腫検出のためのセンサアセンブリ1000を示す。幾つかの実施形態において、アセンブリ1000は、浮腫の電気刺激治療のための閉ループフィードバックを調節するために使用することができる。幾つかの実施形態において、エミッタ/センサアセンブリ1005は、1又は複数のLED1010からの赤色光を患者の皮膚表皮層(1060)及び真皮層(1070)に入るように放出し、1又は複数の光検出器(例えば、フォトトランジスタ1020等)を使用して皮膚から後方反射される光信号又は波長(1085)を検出するように構成することができる。幾つかの実施形態において、アセンブリ1000は、検出器の近くで表面浮腫のレベルを光学的に決定することができる。水は、この決定を行うために使用することができる特徴的な光吸収を有する。幾つかの実施形態において、このアセンブリ1000からの出力を閉ループフィードバック方式で使用することで、電気刺激システムが、刺激パラメータを最適化して、所望のレベルの浮腫低減を達成することを可能にすることができる。幾つかの実施形態は、波振幅を設定するため最大電流を設定することによる波形調節を含む。更に、幾つかの実施形態において、2つの別個のフィードバックループが使用されて、波を調節し(電流と電圧の両方を動的に変動させ)、それにより、一定電力散逸を維持することができる。電流及び電圧波形の振幅は変更することができるが、波形の全体的な形状は変更される可能性はない。幾つかの実施形態において、波形は、約30hz〜約100Hzのキャリアパルス上に構築され、約100μs〜約10,000μs幅であるパルスブロックを提供することができる。幾つかの実施形態は、閉ループフィードバック機構を含む。幾つかの実施形態において、電源は、加算されると時間近似電力システムを生成する複数の入れ子式フィードバックループを有する高電流低電圧電源を提供することができる。幾つかの実施形態において、電源は、第1に、システムの電流負荷を、第2に、システムの電圧負荷を維持しようと試みることによって、定電力出力を維持することができる。電源出力は、所定期間にわたって加算されると、比較的一定になり、ユーザインタフェースにおいてユーザによって選択される振幅に基づくことができる。

0066

幾つかの実施形態において、フィードバックは、フィードバックループがユーザを通過した後、フィードバックループの後側で集めることができる。幾つかの実施形態は、システムからの一定出力を維持するように構成される制御システムを含む。幾つかの実施形態において、システムは、ユーザを通過するときに、一定出力を維持するように構成することができる。幾つかの実施形態において、NMESの過程で、ユーザの組織の伝導性特性が変化する。本発明の幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、出力を一定に維持しようと試みることによって組織変化補償するフィードバックループを備えることができる。抵抗が増大するにつれて、システムは、より多くの電流を誘起して、システムにおいて電力散逸レベルを一定に維持することができる。幾つかの実施形態において、抵抗が或る点を超える場合、システムの電圧は、高抵抗要素打ち破り、電流が流れることを可能にしようと試みるためスパイクすることになる。

0067

本発明の幾つかの実施形態は、疼痛緩和のためのシステムを備えることができる。幾つかの実施形態において、疼痛緩和は、麻酔薬を使用することなく、電気刺激を使用して提供することができる。幾つかの実施形態において、電気刺激は、ブレースシステムを使用するユーザに結合される1又は複数の電気刺激器によって提供することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、ユーザに疼痛緩和を提供する電気刺激を提供するように構成される少なくとも1つの電気刺激器を備えることができる。鋭い疼痛を伝達することを担う神経は、自律神経系に戻るように符号化された信号バースト送出する。一定信号の導入は、疼痛信号の符号化を乱し、或る程度の疼痛緩和を提供することができる。本発明の幾つかの実施形態は、ユーザが、最大有用性のために信号を自己調整することを可能にするように構成される。幾つかの実施形態において、これは、パルス振幅、パルス幅、及び/又はパルス持続時間を変動させることによって達成することができる。例えば、図11は、本発明の幾つかの実施形態による疼痛インパルスを無効にする電気刺激治療を使用する非麻酔的疼痛緩和用のシステム1100を示す。本発明の幾つかの実施形態において、非麻酔的疼痛救済は、疼痛インパルスをオーバライドする電気刺激を使用して提供することができる。幾つかの実施形態において、非麻酔的疼痛救済システムは、ユーザ1101の侵害受容器1125を通して電流1120を提供するように構成される電極1110、1115によって表皮1103につなげられる制御ユニット1105を備えることができる。

0068

本発明の幾つかの実施形態は、生物学的フィードバックを得るために構成されるシステムを含むことができる。幾つかの実施形態において、生物学的フィードバックは、ブレースシステムを使用してユーザに結合される1又は複数の生物学的フィードバックによって提供することができる。幾つかの実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの1又は複数は、ユーザからの生物学的フィードバックを提供するように構成される少なくとも1つの生物学的フィードバックセンサを備えることができる。例えば、幾つかの実施形態において、図2Tに示す人接触センサは、ブレースの内側領域内に配置された1又は複数の生物学的フィードバックセンサを備えることができる。幾つかの実施形態において、これらのセンサは、デバイス(例えば、ブレース等)がユーザによって装着されているかどうかを判定することが可能な近接又は接触センサとすることができる。更に、例えば、センサ間のインピーダンスを決定して、デバイスが人の皮膚に取り付けられているかどうかを判定する電気センサが含むことができる。幾つかの更なる実施形態において、血圧センサ、血中酸素レベルセンサ、心拍数センサ、組織又は流体の移動を測定するためのレーザ又は超音波ベースセンサ、水和レベルを決定するため間質流体レベルを測定する水和センサ、筋肉活動/応答を測定するための力又は圧力センサ、電気刺激治療による筋肉動員を測定する又は筋肉疲労のレベルを測定する筋電図タイプセンサ等の他のセンサが使用することができる。幾つかの更なる実施形態において、ユーザの水和レベルを測定することによって、システムは、ユーザにとってより最適化される又は疼痛が少なくなるように電気刺激信号を調節することができる、又は、より多くの液体を飲むというフィードバックをユーザに提供することができる。

0069

幾つかの更なる実施形態において、生物学的フィードバックセンサは、1又は複数の温度センサを備えることができる。幾つかの実施形態において、1又は複数の温度センサは、ブレースシステムに結合されるか又は一体化され、ユーザに近接する温度をモニターするために使用することができる。幾つかの実施形態において、1又は複数の温度センサは、NMES治療と組み合わせて使用され、刺激電極に近接する温度を検知するために使用することができる。本発明の幾つかの実施形態において、1又は複数の温度センサは、NMES治療と組み合わせて使用され、フィードバック制御のために使用することができる。例えば、幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、検知された温度からのフィードバックに応答して人患者の関節に電気筋肉刺激(EMS)を提供する閉ループフィードバックシステムを含むことができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、1又は複数のセンサであって、患者の皮膚と物理的に接触状態にあり、患者の皮膚の及び/又は患者の皮膚に接触するNMES電極の領域から検知及び/又は情報を得るように構成される、1又は複数のセンサを含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、1又は複数の温度センサは、1又は複数のNMES電極に近接する温度を検知するために使用することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、同様に、センサ(複数可)と通信状態のブレース制御電子機器を含んで、関節のブレーシングと電気筋肉刺激(EMS)の組み合わせによって閉ループシステムを形成することができる。更に、幾つかの実施形態において、ブレース制御電子機器は、患者の皮膚の及び/又は電極の1又は複数の温度測定値を受信するように構成され、温度に基づいて皮膚上に電流/電圧/電力を印加するようにセンサに指示するように更に構成することができる。例えば、NMESは、1又は複数の温度電極からの温度測定値に少なくとも部分的に基づいて減少又は増加することができる。幾つかの実施形態において、1又は複数のNMES電極に近接する温度を検知するため1又は複数の温度センサを使用して(検知される温度はNMESの制御のために使用される)、NMES熱傷が実質的に減少することができる又はなくすることができる。幾つかの更なる実施形態において、ユーザの身体温度及び/又は身体コア温度の変化を検知する1又は複数の温度センサは、ユーザの活動レベル又は感染の存在を推定するために使用することができる。

0070

本発明の幾つかの実施形態は、少なくとも1つの化学物質生化学的マーカ、又は他の分析物の存在又は濃度をモニターするためのシステムを含む。幾つかの実施形態において、分析物は、自然発生的な又は合成の化合物又は分子及び/又は代謝産物を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、血液の酸素濃度を測定するために構成される血中酸素センサ装置を含むことができる。幾つかの実施形態において、血中酸素モニターを持つように構成されるブレースシステムは、血液貯留の評価を可能にでき、また、深静脈血栓(DVT)、及び、肺塞栓末梢浮腫等のような他の潜在的に致命的な事象を防止するために使用することができる。例えば、生物学的フィードバック収集の例が図12に示される。幾つかの実施形態は、少なくとも2つの電極1205、1210を含む刺激システムに結合される血中酸素センサ1200を含む。

0071

幾つかの更なる実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの1又は複数は、ニコチンニコチン代謝産物、及び/又は、興奮剤抑制剤覚せい剤、合成麻薬、及びアナボリックステロイドを含む他の薬物又は薬物代謝産物を測定するために構成されるセンサ装置を含むことができる。幾つかの実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの少なくとも1つは、これらの物質の1又は複数をインビボで検出し、ヘルスケア専門家通知するように構成される1又は複数のセンサを備えることができる。その理由は、これらの物質が治癒及びリハビリテーションプロセスに影響を及ぼす場合があるからである。幾つかの他の実施形態において、ブレースシステムは、ユーザの現在置かれた環境を検出するセンサを持つように構成することができる。例えば、幾つかの実施形態において、能動喫煙又は受動喫煙からのニコチンは、1又は複数のブレースシステム化学センサを使用して、検知され、ユーザが、喫煙したかかどうか及び/又は高レベルタバコ煙にさらされたかどうかを判定するために使用することができる。

0072

幾つかの実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの何れもが、ユーザの心拍数を測定するように構成される少なくとも1つのセンサを含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、少なくとも1つの心拍数センサが使用されて、患者が、処方された運動及び/又は理学療法を実施しているかどうかを判定することができる。更に、幾つかの実施形態において、少なくとも1つの心拍数センサが使用されて、ユーザの全体的な活動レベル(治癒及びデータ相関のために使用される)を決定することができる。幾つかの更なる実施形態において、及び/又は呼吸センサが使用されて、最大酸素摂取量(VO2max)計算のためのデータを提供し、活動レベルに関する更なるデータを提供することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、ブレースの一部分に一体化された少なくとも1つの心拍数センサを含むことができる。他の実施形態において、ブレースシステムは、ブレースに結合され且つブレースに隣接するか又はブレースから或る距離にある少なくとも1つの心拍数センサを含むことができる。

0073

本発明の幾つかの実施形態は、動脈血圧を連続的に又は断続的に測定するように構成される非侵襲的血圧センサを備えることができる。幾つかの更なる実施形態において、ユーザの心拍数が、ユーザの血圧を測定することに加えて測定することができる。幾つかの実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの1又は複数は、ブレースの一部分に一体化された少なくとも1つの血圧センサを含むことができる。他の実施形態において、ブレースシステムは、ブレースに結合され且つブレースに隣接するか又はブレースから或る距離にある少なくとも1つの血圧センサを含むことができる。

0074

本発明の幾つかの更なる実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの1又は複数は、筋電図センサ歪ゲージセンサ、又は、歪を連続的に又は断続的に測定するように構成される他のセンサを備えることができる。幾つかの実施形態において、これらの測定値が使用されて、運動、偏倚を評価することができる、又は、筋肉成長筋肉収縮定量化可能データ或いは筋肉収縮に起因する力、トルク、又は圧力を提供しうる。筋肉収縮は、電気筋肉刺激によって随意に又は不随意に顕在化される場合がある。幾つかの実施形態において、筋電図センサ又は歪ゲージセンサから収集されるデータは、閉ループフィードバック制御法において利用されて、電気刺激パラメータを最適化/カスタマイズし、それにより、その患者について最も効率的な又は最も強力な筋肉収縮を提供することができる。データは、同様に、ヘルスケアプロバイダによって利用されて、筋電図センサ又は歪ゲージセンサから取り込まれる患者のデータに基づいて処置プログラム微調整することができる。

0075

本発明の幾つかの実施形態は、少なくとも1つのスマート電極を含むことができる本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリを含むことができる。例えば、図13は、本発明の幾つかの実施形態によるスマート電極1300を示す。幾つかの実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム、アセンブリ、又は方法の少なくとも1つは、1又は複数のスマート電極1300を含むことができ、1又は複数のスマート電極1300は、電極が過熱状態を経験したかどうかを判定するために使用することができる温度応答性色変化顔料を含むことができる。幾つかの実施形態において、温度応答性色変化を使用して、電極材料絶縁破壊をもたらすことになる点を過ぎて電極が加熱されたかどうかを判定することができる。絶縁破壊による刺激電極の劣化は、電気特性の変化によって安全でない電極を生成する可能性があり、このタイプの劣化した電極は、人に関して使用されるべきでない。幾つかの実施形態において、スマート電極1300内のどんな変化も、電極が使用するのに安全であるかどうか又は電極が置換されるべきであるかどうかを知らせるために使用することができる。幾つかの実施形態において、色変化が同様に使用されて、電極が皮膚熱傷をおそらくはもたらしてしまっているかどうかを理学療法士に示すことができる、又は、皮膚熱傷が起こる可能性がある温度閾値より低いエネルギー出力を生成する電気刺激設定を、理学療法士が選択することを可能にすることができる。スマート電極1300の幾つかの実施形態は、布基材1340上に搭載される温度感応性色変化材料を含む1又は複数のセンサ1320を含む伝導性シリコン層1310を含むことができる。更に、幾つかの実施形態は、伝導性シリコン層の少なくとも一部分を覆う透明ヒドロゲル層1330を含む。透明ヒドロゲル層1330は、センサ層であって、1又は複数のセンサの検出を可能にするため光学的に透明である、センサ層に対して物理的保護を提供することができる。幾つかの他の実施形態において、伝導性シリコン層1310は、PCB、HDMI伝導性ガラス層、伝導性ポリマー層セラミック層等を含む、代替の伝導性又は半伝導性層によって置換することができる。幾つかの他の実施形態において、光センサ又は光検出器要素は、スマート電極内の色変化を検出するために含むことができる。幾つかの実施形態において、この自動化は、電極表面上に直接及び/又は電極表面に近接して配置される色検出センサを含むことによって達成することができ、色検出センサは、電極の少なくとも一部分の色をモニターするように構成することができる。幾つかの実施形態において、色センサは、コントローラに結合されて、人が使用する場合の安全でない電極作動状態を示す、電極の色に対する変化をモニターすることができる。幾つかの実施形態において、色センサは、システムによって使用されて、変化を特定し、変化が検出された後にシステムの出力を停止させることができる。更に、幾つかの実施形態において、色変化は、自動的に検出される可能性があり、また、閉ループフィードバック方式で使用されて、電気刺激パラメータを最適化し、それにより、過剰な温度及び患者熱傷が電気刺激中に起こることを防止する可能性がある。

0076

本発明の幾つかの実施形態において、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの少なくとも1つは、少なくとも1つの適応電極を含むことができる。例えば、図14A〜14Cは、本発明の幾つかの実施形態による適応電極1400、1425、1450を示す。幾つかの実施形態において、適応電極は、刺激を提供するため1又は複数の筋肉に対して配置することができる。幾つかの実施形態において、電極は、柔軟性PCB層(層1450として示す)、シリコンパッドアレイ備える層(層1425)、及びヒドロゲル層(層1400)を備えることができる。幾つかの実施形態は、複数の個々の電極(例えば、層1400、1425、1450を備える電極)を含む電極クラスタを含む。本発明の幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、選択された数の又は全ての電極を電流が通過することを可能にすることによって自己調整することができる。幾つかの実施形態において、電極選択性は、筋肉線維又は筋肉運動点と整列しているというインジケータとことができ、最小電力散逸、より大きな導体性能を有するセットを含むことができる。更に、単一電極を電極の集合体に分割することによって、ユーザの皮膚の表面に印加される電流の改善された分布を提供することが可能とすることができる。更に、最新の電極は、そのパッドの縁の周りに最大電流密度を有し、記載する適応電極の使用は、電極を効果的にタイル貼りして、ホットゾーンの外に且つより大きなエリアにわたって電流を分布させ、それにより、ユーザ快適性を改善し、皮膚熱傷を防止することができる。

0077

本発明の幾つかの更なる実施形態において、ブレースシステムは、1又は複数の電極であって、電極に位置付けられる回路板を備える、1又は複数の電極を備えることができる。本発明の幾つかの実施形態は、電極部位の設定ゲートと通信するため、コントローラからのSPI通信を使用するためのシステム及び方法を含む。更に、設定ゲートは、電極のどのセクションが効果的な電気刺激信号を生成するかを判定することができる。本発明の幾つかの実施形態において、1又は複数の電極及び/又は電極のアレイは、特定の刺激パターンが、所与の四肢の筋肉を、その四肢の組織内に血流を導入することになるパターンで収縮させる、又は、その領域内の浮腫を減少させるように構成される電極の配置を含むことができる。

0078

本発明の幾つかの実施形態は、寒冷治療又は温熱治療に結合される一体式刺激を有するブレースシステムを含む。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、選択的な温熱及び寒冷治療を適用でき、温熱及び寒冷治療は、ブレースの少なくとも一部分の内部温度を変更することができる埋め込みシステムを使用してブレース内の四肢に送達することができる。幾つかの実施形態において、これは、選択された四肢に刺激を適用することと連携して達成することができる。幾つかの実施形態において、加熱及び/又は冷却は、ブレースの内側全体に又はブレースの内側の選択された場所に適用することができる。幾つかの実施形態において、ブレースシステムは、ペルチエ効果を使用して、ブレースの内側の特定の場所又は領域を直接加熱又は冷却する固体熱交換器を備えることができる。このシステムの幾つかの実施形態は、ブレースの外側にある熱交換器を使用することができる。例えば、幾つかの実施形態において、熱伝導材料チューブシステムは、外部熱交換器によって冷却される流体を循環させることができる。幾つかの更なる実施形態において、このシステムは、相変化冷却材料を使用して、ブレースの内側全体に又はブレースの内側の選択された場所に冷却を提供することができる。幾つかの実施形態において、システムは、58°F(約14.4°C)で凍結し、被処置四肢の温度を安全レベル未満に下げない相変化冷却材料を使用することができる。

0079

本発明の幾つかの実施形態は、血流を改善するため、及び/又は、血餅の形成を防止するため、筋肉の機械的操作を提供するブレースシステムを備えることができる。本発明の幾つかの実施形態は、所与の四肢の周りに同心リングを形成する複数の空気ブラダを使用することができる。幾つかの実施形態において、これらのリング内の圧力が、互いに整列する連続するリング内で増加する場合、蠕動圧送作用が、下にある組織内に導入され、所与の四肢の組織内に血流の増加をもたらすことが可能な。

0080

幾つかの実施形態は、一体式の電気刺激電極及び膨張可能ボルスタを有するショルダベスト又はスリングを含み、膨張可能ボルスタが利用されて、皮膚に関する接触、伝導性、及び快適さの向上のため、電極に圧力を印加することができる。幾つかの実施形態において、空気ブラダの膨張は、電極の接触圧力を改善する方法として、選択的に適用され、電子的に制御され、電極を機械的に再配置することなくユーザにとっての快適さをもたらす。更に、幾つかの実施形態において、ポンプ及び/又は膨張ガス及び/又は流体システム(例えば、ブラダを備える)を、電極圧迫のために使用することができる。更に、幾つかの実施形態において、膨張可能ボルスタを利用して、運動、睡眠、又は他の活動中の患者の快適さのために特定の組織に対する圧力を増加又は減少することができる。例えば、膨張可能ボルスタは、睡眠中に肩部関節複合体の後方に適用され、ユーザによって手作業で膨張されて、寝ている間に疼痛救済及び快適さを提供することができる。

0081

幾つかの実施形態は、一体式圧力治療システムを有するブレースシステムを含む。例えば、幾つかの実施形態において、一体式圧力治療システムを使用して、深静脈血栓を処置すると共に、一般的な圧迫治療を実施することができる。例えば、幾つかの実施形態において、選択的に適用され且つ電子的制御される作動と組み合わせて、膨張可能ボルスタ又はブラダを使用して、ブレースシステムは、圧力治療システムとして機能することができる。幾つかの実施形態において、この圧力治療システムは、電気刺激電極及びシステムと組み合わされて、包括的な組織処置システムを提供することができる。更に、幾つかの実施形態において、圧力治療システムは、電気刺激システムと組み合わされ、熱/温度治療の適用と組み合わされて、包括的な組織処置システムを提供することができる。

0082

図15〜22は、本明細書に記載するブレースシステム又はアセンブリの少なくとも1つを使用して生成される種々の刺激状態下でのNMESのオシロスコープスキャンデータを示す。例えば、パルス列のNMES術後オシロスコープスキャン1500を示す図15を最初に参照すると、スキャンは、3秒のパルス列持続時間、13秒オン/10秒オフの作業サイクルを有するパルス列ビューを示し、20Vの垂直区分及び5秒の水平区分である。例示の電気刺激パルスは、5msパルス幅、25%デューティサイクルを有する約50パルス/秒のレートの単相パルスであり、500オーム負荷下で、電力レベルがデバイス上で100に設定された。例示するように、パルス列は、所定の期間にわたってチャネル(例えば、筋肉群)の間で振動し、オーバラップしない。幾つかの実施形態において、パルス列は、意欲を回復するため、患者が、随意収縮を電気刺激式収縮と協調させることをよりよく可能にするため、3秒の延長時間である。

0083

図16は、本発明の幾つかの実施形態による、チャネルの個々のパルスのNMES術後オシロスコープスキャン1600を示し、20Vの垂直区分及び5ミリ秒(以降で、「ms」)の水平区分の波形ビューを示す。単相パルスは、5msパルス幅、25%デューティサイクルを有する約50パルス/秒のレートで印加され、500オーム負荷下で、デバイス電力レベルが100に設定された。例示の波形は、標準的な正方形、正弦、三角形、鋸歯、又は他の波形でないため、電気刺激中に見られる典型的な波形ではない。例示の波形は、複雑な波形であり、複雑な波形は、前端上に高電圧スパイクを有し、その高電圧スパイクは、低電圧サドルに急速に移行し、それに続いてパルスの端に向かって電圧の上昇を伴う。波形は、システムが使用する閉ループフィードバック電力制御を示すが、それは、デバイス設定について所望の電力送出及び電流の流れに迅速に応答するからである。従来のNMES電気刺激パラメータと比べて、電圧はずっと低く、パルス幅はずっと長い。図16は、内側広筋斜頭(VMO)筋群を標的とする電気刺激パルスを示す。図17は、図16に類似し、大腿部直筋(RF)群を標的とする波形を有するスキャン1700を示す。幾つかの実施形態において、この波形はVMOと同一であるが、他の実施形態において、この波形は、修正され、両方の筋群の最適刺激について異なる。

0084

図18は、本発明の幾つかの実施形態によるパルス列のNMES強度オススコープスキャン1800を示す。スキャン1800は、12秒オン/10秒オフの作業サイクルを有する1秒のパルス列持続時間を示すパルス列ビューを示す。垂直区分は20Vであり、水平区分は5秒である。ビューは、5msパルス幅、25%デューティサイクルを有する50パルス/秒のレートの単相パルスであり、500オーム負荷下で、デバイス電力レベルが100に設定される。オスロスコープスキャンにおいて見られるように、パルス列は、所定の期間にわたってチャネル(例えば、筋肉群)の間で振動し、オーバラップしない。1秒のパルス列は、患者が運動中に経験するであろう収縮長に類似する持続的収縮時間を可能にする。

0085

図19は、20Vの垂直区分及び5msの水平区分を有する電気刺激パルス波形のビューを有するスキャン1900を示す。スキャン1900は、5msパルス幅、25%デューティサイクルを有する50パルス/秒のレートの単相パルスであり、500オーム負荷下で、デバイス電力レベルが100に設定される。例示の波形は、標準的な正方形、正弦、三角形、鋸歯、又は他の波形でないため、電気刺激中に見られる典型的な波形ではない。例示の波形は、複雑な波形であり、複雑な波形は、前端上に高電圧スパイクを有し、その高電圧スパイクは、低電圧サドルに急速に移行し、それに続いてパルスの端に向かって電圧の上昇を伴う。波形は、システムが使用する閉ループフィードバック電力制御を示すが、それはデバイス設定について所望の電力送出及び電流の流れに迅速に応答するからである。従来のNMES電気刺激パラメータと比べて、電圧はずっと低く、パルス幅はずっと長い。図19は、内側広筋斜頭(VMO)筋群を標的とする電気刺激パルスを示す。図20は、図19に類似し、大腿部直筋(RF)群を標的とする波形を有するスキャン1900を示す。幾つかの実施形態において、この波形はVMOと同一であるが、他の実施形態において、この波形は、修正され、両方の筋群の最適刺激について異なる。

0086

図21は、本発明の幾つかの実施形態によるパルス列のTENS強度オスロスコープスキャン2100を示す。図21は、20Vの垂直区分及び10msの水平区分を有するパルス列ビューを示す。電気刺激パルスは、1msパルス幅、20%デューティサイクルを有する100パルス/秒のレートの2相対称パルスであり、500オーム負荷下で、デバイス電力レベルが50に設定される。

0087

図22は、本発明の幾つかの実施形態による個々のパルスのTENS強度オスロスコープスキャン2200を示す。この図は、20Vの垂直区分及び2.5msの水平区分を有する電気刺激パルス波形のビューを示す。電気刺激パルスは、1msパルス幅、20%デューティサイクルを有する100パルス/秒のレートの2相対称パルスであり、500オーム負荷下で、デバイス電力レベルが50に設定される。例示の波形は、標準的な正方形、正弦、三角形、鋸歯、又は他の波形でないため、電気刺激中に見られる典型的な波形ではない。例示の波形は、複雑な波形であり、複雑な波形は、前端上に高電圧スパイクを有し、その高電圧スパイクは、パルスの端の低電圧ランプダウンに急速に移行する。波形は、システムが使用する閉ループフィードバック電力制御を示すが、それはデバイス設定について所望の電力送出及び電流の流れに迅速に応答するからである。従来のTENS電気刺激パラメータと比べて、電圧はずっと低く、パルス幅はずっと長い。

0088

先に述べたように、本発明の幾つかの実施形態は、パーソナルコンピュータ及び/又はスマートフォン等のコンピュータシステム又はデバイスに結合されるコントローラ675を含むブレースシステム又はアセンブリを含むことができる。治療制御システムに結合されると、装着者のブレースシステム又はアセンブリの1又は複数の機能及び/又は動作態様は、コンピュータシステム又はデバイスを使用してグラフィカルユーザインタフェース(「GUI」)を通して制御されモニターすることができる。例えば、図23は、本発明の幾つかのシステムによる治療システム制御GUIのディスプレイ2300を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ2300は、ユーザが、使用するため、ブレースアセンブリを結合させる、ペアリングさせる、又は同期させる、及び/又は登録することを、及び/又は、ヘルプ情報を確認することを奨励し可能にする導入及びスタートメニューであって、テキスト、オーディオビデオ、及び/又は他のメディアファイルを含む、導入及びスタートメニューを含むことができる。更に、ディスプレイ2300は、ブレースアセンブリを結合させる、ペアリングさせる、及び/又は登録するため、又は、ヘルプ情報にアクセスするため、ユーザがそこから選択することができる、1又は複数の選択可能アクション又はステップを含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、ステップ2310は、GUI上に表示するための、及び/又は、ユーザのコンピュータシステム又はデバイスに結合される音発生器オーディオ情報(例えば、口頭指示)を送出するためのヘルプ情報の送出を始動するため、ユーザが任意選択で選択することができる「バーコードを見つける」選択手段を含むことができる。幾つかの更なる実施形態において、ステップ2320は、ガーメントを備えるブレース又はブレースアセンブリをスキャンし同期させるため、アプリケーション内スキャナを選択するために使用することができる。幾つかの更なる実施形態において、ステップ2330は、システム及び関連するアプリケーションに更なる文書を付加するために使用することができる。他の実施形態において、代替の任意選択で選択可能なステップ又はプロセスが、ステップ2310、2320、2330の代わりに使用することができる、及び/又は、更なる任意選択で選択可能なステップが含むことができる。

0089

幾つかの実施形態において、ユーザがステップ2310を選択する場合、メディアウィンドウは、バーコードの位置についての指示を表示することができる。例えば、図24は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ2400を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ2400は、メディアウィンドウ2410を含むことができ、メディアウィンドウ2410内で、ガーメントバーコードの位置に関連する情報が表示することができる。情報は、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせを含むことができる。幾つかの実施形態において、オーディオ情報は、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせの代わりに又はそれに加えて表示することができる。

0090

本発明の幾つかの実施形態において、ユーザは、治療制御アプリケーション無線デバイス(例えば、モバイルフォン又はスマートフォン等)にダウンロードすることができる。幾つかの実施形態において、ユーザは、プロファイルをセットアップでき、またその後、ユーザのブレースに対してアプリケーションをペアリングして、ユーザのGUIを使用して、刺激及び/又は可動域処置を開始することができる。例えば、本発明の幾つかの実施形態において、ユーザのGUIが使用されて、治療制御システムの1又は複数の構成要素のBluetooth(登録商標)支援ペアリング又は結合を始動することができる、指示することができる、又はモニターすることができる。図25は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ2500の一実施形態を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ2500は、ユーザのガーメントとの同期化の状態を示す又は指示する少なくとも1つのインジケータ2510を含むことができる。幾つかの実施形態において、ディスプレイ2500は、ユーザがBluetoothを起動することを可能にするステップ2520を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、ステップ2530は、モバイルデバイスと同期するために使用することができる。

0091

図26は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ2600を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ2600は、メディアウィンドウ2610を含むことができ、メディアウィンドウ2610内で、Bluetooth(登録商標)同期化に関連する情報が表示することができる。情報は、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせを含むことができる。幾つかの実施形態において、オーディオ情報は、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせの代わりに又はそれに加えて表示することができる。

0092

図27は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ2700を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ2700は、選択器バー2720を使用してユーザのガーメントをユーザのデバイスとペアリングするようにユーザに奨励するビジュアルアイコン2710を含むことができる。幾つかの実施形態において、情報バー2730は、ユーザのガーメントとデバイスとの間で結合されるBluetooth(登録商標)結合の状態を表示することができる。更に、図28は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ2800を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ2800は、エラー接続を示す情報バー2810を含むことができる。

0093

本発明の幾つかの実施形態において、GUIは、ガーメントを使用するためのガイダンスを提供することができる。例えば、図29は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ2900を示す。幾つかの実施形態において、情報ディスプレイ2910は、ガーメントを装着するためのヘルプに関してユーザに問い合わせすることができる。更に、関連するビジュアルアイコン2920は、ユーザが、それに関する装着に関して補助又はガイダンスを必要とする場合があるガーメントのディスプレイを提供することができ、選択バー2930は、ユーザに任意のヘルプ表示へのアクセスを提供する。例えば、図30は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ3000を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3000は、1又は複数の指示を有する情報バー3010を含むことができ、情報セグメント3030は、装着の指示を含むことができる。更に、ビジュアルインジケータ3020は、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせのビジュアルディスプレイを含み、ガーメントの装着手順の1又は複数のステップを示す又は例示することができる。幾つかの実施形態において、オーディオ情報が、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせの代わりに又はそれに加えて再生することができる。

0094

幾つかの実施形態において、選択バー3040が使用されて、ヘルプから出る又は別のヘルプステップ又はトピックに進むことができる。例えば、図31は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ3100を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3100は、電極を位置合わせするためのヘルプを示す情報バー3110を含むことができる。更に、ビジュアルインジケータ3120は、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせのビジュアルディスプレイを含み、電極を整列させるための嵌合プロシージャの1又は複数のステップを示す又は例証することができる。幾つかの実施形態において、オーディオ情報が、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせの代わりに又はそれに加えて再生することができる。

0095

図32は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ3200を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3200は、ブレースストラップを留めるためのヘルプを示す情報バー3210を含むことができる。更に、ビジュアルインジケータ3220は、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせのビジュアルディスプレイを含み、ブレースストラップを留めるための装着手順の1又は複数のステップを示す又は例示することができる。幾つかの実施形態において、オーディオ情報が、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせの代わりに又はそれに加えて再生することができる。

0096

図33は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ3300を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3300は、ガーメントコントローラを差し込むための指示を示す情報バー3310を含むことができる。更に、ビジュアルインジケータ3320は、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせのビジュアルディスプレイを含み、ガーメントコントローラを差し込む1又は複数のステップを示す又は例示することができる。幾つかの実施形態において、オーディオ情報が、テキスト、グラフィクス、ビデオ、静止画像、又はその組み合わせの代わりに又はそれに加えて再生することができる。

0097

幾つかの実施形態において、GUIは、ガーメントを起動するために使用することができる。例えば、図34は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ3400を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3400は、ガーメント起動を知らせる情報又はアクションバー3410を含むことができる。幾つかの実施形態において、情報セグメント3420は、ガーメント起動状態又は手順に関連する指示又は情報を含むことができる。幾つかの実施形態において、ビジュアルインジケータ3425は、起動を要求するガーメントの例示を含むことができ、アクション選択3430は、テストガーメントアクションアイコン3430を含むことができる。

0098

本発明のGUIは、幾つかの実施形態において、ユーザがガーメントをテストすることを可能にすることができる。例えば、図35は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ3500を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3500は、ユーザのガーメントの種々の態様の状態に関連する情報を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、機能3515は、Bluetooth(登録商標)接続状態に関連するインジケータ3515aを含むことができる。更に、機能3520は、コントローラの接続に関連するインジケータ3520aを含むことができる。図36に示すディスプレイ部分3600及び3650は、異なるBluetooth(登録商標)状態及び接続状態を示す。例えば、ディスプレイ部分3600は、Bluetooth(登録商標)接続が処理中であることを示す状態3610を含み、ディスプレイ部分3650は、コントローラ接続が処理中であることを示す状態3625を含む。

0099

図37は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ3700を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3700は、ユーザが、1又は複数のヘルプ情報セクション(例えば、先に述べたようなもの等)にアクセスすることを可能にするヘルプアイコン3710を含むことができる。ディスプレイ3700は、種々の機能又はアクセスアイコンを含むアクセスバー3725も含むことができる。例えば、ホームアイコン3750は、GUIのホームページ方向付けるために使用することができる。更に、刺激器アイコン3760又は可動域アイコン3770は、処置を選択するため、ユーザによって使用することができる。例えば、刺激器アイコン3760が使用されて、ユーザのガーメントに結合又は一体化される刺激器の1又は複数の機能又は状態にアクセスすることができ、可動域アイコン3770が使用されて、装着者の可動域を増大させるように設計された処置を始めることができる。更に、メニューアイコン3780は、ユーザが、更なる目標及びアプリケーション選好にアクセスすることを可能にすることができる。

0100

幾つかの実施形態において、GUIは、処置のための目標を設定することを可能にすることができる。例えば、図38は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分3800を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3800は、目標セクション3810、可動域目標セクション3827を含む設定刺激目標セクション3825を含むことができる。幾つかの実施形態において、目標セクション3910は、処置部位を参照する1又は複数のアイコンを含むことができる。例えば、アイコン3815は、膝処置に対する参照を含むことができ、アイコン3820は、肩部処置に対する参照を含むことができる。幾つかの実施形態において、設定刺激目標3825セクションは、目標及び目標の利益に関連する忠告であって、忠告される処置方法を含む、忠告を含むことができる。幾つかの実施形態において、可動域目標3827は、ユーザが処置日付を選択することを可能にするように構成される日付選択器3830を含むことができる。幾つかの実施形態において、運動設定ディスプレイ3832は、アイコン3834として表示される身体部分に関連するユーザのターゲット目標を設定するための可動インジケータ3832aを含むことができる。例えば、膝処置用のアイコン3815のユーザの選択に関連する目標を参照すると、運動設定ディスプレイ3832は、ユーザの所望のターゲット伸展角度を設定するための可動インジケータ3832aを含むことができる。更に、運動設定ディスプレイ3836は、アイコン3838として表示される身体部分に関連するユーザのターゲット目標を設定するための可動インジケータ3836aを含むことができる。この事例において、運動設定ディスプレイ3836は、ユーザの所望のターゲット屈曲角度を設定するための可動インジケータ3836aを含むことができる。更に、図39は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分3900を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3900は、データ選択3830によって選択される日付の関数としての目標を含む、ユーザによって選択される目標を有する情報チャート3850を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、ユーザ規定の屈曲、伸展、及び可動域目標は、日付の関数として表示することができる。

0101

幾つかの実施形態は、ユーザが目標の数を増加させることを可能にする。例えば、幾つかの実施形態において、疼痛低減目標セクション3860が使用されて、ターゲット疼痛低減目標を設定することができる。幾つかの実施形態において、これは、データ選択3860aを使用して定義される日付の関数として設定することができる。幾つかの実施形態において、疼痛ゲージ3870が使用されて、可動インジケータ3872を使用して疼痛のターゲットレベルを設定することができる。更に、疼痛ゲージ3870は、疼痛なし、から、中程度の疼痛、最悪の疼痛までの疼痛のレベルを示す複数のアイコン3875を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、アクションインジケータ3878は、目標を付加するために使用することができ、アクション選択3890は、目標を設定するために使用することができる。幾つかの実施形態において、ディスプレイ3879は、日付3880及び疼痛レベル3885の関数として表示される目標のディスプレイを含むことができる。いつでも、アクセスバー3892は、ユーザがシステムの他の機能にアクセスすることを可能にするために設けることができる。

0102

図40は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分4000を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ4000は、日付範囲を選択するために構成されるドロップダウンメニュー4010を備えることができ、図41は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIの対応するディスプレイ部分4100を示す。

0103

図42は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分4200を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ4200は、ユーザが目標と達成との間で切り替えることを可能にするように構成される選択4220を含むことができる。幾つかの実施形態において、アイコン4230は、目標又は達成に関連する1又は複数の身体部分を表示することができ、目標及び達成ディスプレイ4240は、治療タイプ4260及び日付4270(例えば、1日の目標、1週間の目標、及び/又は1ヶ月の目標等)の関数として、ターゲット目標4245対実際の達成4250のディスプレイを含むことができる。幾つかの実施形態において、目標及び達成ディスプレイ4240は、目標及び達成の1日の比較を有する目標及び達成ディスプレイ4340として構成することができる(例えば、図43及びディスプレイ部分4300参照)。図44は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分4400を示し、目標及び達成ディスプレイ4240の月別バージョンを表示する(目標及び達成ディスプレイ4440として示す)。

0104

図45は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分4500を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ部分4500は、達成ディスプレイ4510(達成に設定された選択器トグル4505を有する)を備える可能性があり、そこで、アワードセクション4515は、特定の又は非特定の目標にユーザが達する又はそれを超えることに基づく1又は複数の達成アワードを含むことができる。アワードセクション4515は、刺激目標についてのアワードを含むことができる。図46は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分4600を示し、屈曲に関連するアワード(アワードディスプレイ4610)、伸展に関連するアワード(アワードディスプレイ4620)、及び可動域に関連するアワード(アワードディスプレイ4630)を示す。図47は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分4700を示し、受賞したアワード4720を有するアワードディスプレイ4715を含み、図48は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分4800を示し、アワードディスプレイ4810、アワードディスプレイ4820、及びアワードディスプレイ4830を含む。図49は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分4900を示し、アワード4918を有するアワードディスプレイ4915を含み、図50は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ部分5000を示し、アワードディスプレイ5015、アワードディスプレイ5020、及びアワードディスプレイ5025を示す。

0105

図51は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ5100を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5100は、治療状態(例えば、完了した刺激の数等)を表示するように構成される告知又は情報ディスプレイ5110を備えることができる。幾つかの実施形態において、アワードインジケータ5120は、ディスプレイ治療状態に基づいて表示することができる。

0106

図52は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ5200を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5200は、アクセスバー3725のユーザの選択に基づいて表示することができる。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5200は、ユーザが1又は複数のヘルプメニューにアクセスすることを可能にするヘルプアイコン5210を含むことができる。ディスプレイ5200は、同様に、ガーメント選択器5220を含む可能性があり、ガーメント選択5220は、任意選択でユーザによって選択されて、刺激セッションに更なるガーメントを付加することができる。更に、幾つかの実施形態において、電池インジケータ5230が使用されて、ユーザのデバイスの電池充電量を示すことができる。刺激パルス活動もモニターすることができる。例えば、図53は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ5300を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5300は、パルス電流インジケータ5310及び/又はパルスレベルインジケータ5320を含むことができる。

0107

図54は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ5400を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5400は、治療セッションにおいて残っている時間を表示することができるタイマー5410を備えることができる。更に、幾つかの実施形態は、ユーザが治療セッションを休止することを可能にするように構成される休止選択5420を含む。

0108

幾つかの実施形態において、GUIは、ユーザが種々のヘルプトピックから選択することを可能にする種々のヘルプメニューを持つように構成することができる。例えば、図55は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ5500を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5500は、ユーザが1又は複数のヘルプサブジェクトを選択することを可能にすることができるメニュー5525を含むダッシュボードヘルプセクション5510を備えることができる。更に、図56は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ5600を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5600は、PIN管理に関連する選択可能なトピックを持つように構成されるメニュー5620を含むことができるPIN管理ヘルプセクション5610を含むことができる。

0109

図57は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ5700を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5700は、選択可能な選好を持つように構成されるメニュー5710を含むことができる。更に、図58は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ5800を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5800は、ユーザ選択可能なプロファイルヘルプトピックを持つように構成されるメニュー5810を含むことができる。図59は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ5900を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ5900は、トピックタイトル5910を備える可能性があり、メニュー5920は、そのトピックに関連する1又は複数の質問を含むことができる。ビジュアルウィンドウ5930は、治療の視覚的な概要説明を含み、情報セグメント5940は治療に関連する指示、忠告、又は他の情報を含むことができる。更に、図60は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ6000を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ6000は、少なくとも1つのヘルプトピックを選択するために構成されるメニュー6020を含む可動域テストヘルプ6010を含むことができる。

0110

図61は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ6100を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ6100は、1又は複数の選択可能ヘルプトピックを含むメニュー6120を含む可動域ヘルプ6110を備えることができる。更に、図62は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ6200を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ6200は、刺激に関連する1又は複数のヘルプトピックを含むメニュー6220を含む休止刺激ヘルプ6210を含むことができる。更に、図63は、本発明の幾つかの実施形態による治療システム制御GUIのディスプレイ6300を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ6300は、刺激に関連する1又は複数のヘルプトピックを含むメニュー6330を含む休止刺激ヘルプ6325を含むことができる。

0111

図64は、本発明の幾つかの実施形態による治療制御システムの刺激回路6400の一部分を示す。幾つかの実施形態において、回路6400は、グラウンドに結合される少なくとも1つのキャパシタ6460に並列に結合される少なくとも1つの抵抗器6450を備えることができる。幾つかの実施形態において、この構成は、装着者に送出されると、快適な刺激パルスを可能にする。

0112

図65Aは、本発明の幾つかの実施形態による治療制御システムのディスプレイ6500を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ6500は、限定はしないが、身長、体重、誕生日、及び性別を含む個人情報を、ユーザが情報ウィンドウ6510内で入力及び/又は検討することを可能にすることができる。更に、図65Bは、本発明の幾つかの実施形態による治療制御システムのディスプレイ6550を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ6550は、ユーザの健康情報の少なくとも一部分を含む情報ウィンドウ6560を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態において、或る特定の情報は、治療制御システムによって提供される現在の又は保留中の治療に関連する直前の手術に関する情報を含むことができる。

0113

幾つかの実施形態において、ユーザは、ガーメントタイプを選択し、ガーメントに対する接続を始動させることができる。例えば、図66は、本発明の幾つかの実施形態による治療制御システムのディスプレイ6600を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ6600は、1又は複数の治療セッションで使用するための1又は複数のガーメントをユーザがそこから選択し付加することができるガーメントタイプ6610を含むことができる。Bluetooth(登録商標)接続6620を使用して、ユーザは、治療セッションを開始するため、1又は複数のガーメントに接続することができる。更に、図67は、バックグラウンド情報ウィンドウ6710を示すディスプレイ6600のスクロール部分を含む治療制御システムのディスプレイ6700を示す。幾つかの実施形態において、ユーザは、情報ウィンドウ6710をスクロールして、ウィンドウ6710の異なる部分にアクセスすることができる。

0114

幾つかの実施形態において、ユーザは、ダッシュボードを使用して治療セッションをモニターし追跡することができる。例えば、図68は、ダッシュボード6810を含む治療制御システムのディスプレイ6800を示す。膝治療に的を絞るこの例において、進行バー6820は、完了した又は進行中の治療セッションの数及びタイプ及び/又は保留中の又は計画中の治療セッションの数及びタイプを含む治療の状態を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、1又は複数のアクセスタブは、ユーザが、種々の治療セッション又はプログラム、セッション又はプログラム設定、或いは任意のセッション又はプログラム中に記録されるデータにアクセスすることを可能にすることができる。例えば、幾つかの実施形態は、刺激タブ6830、及び/又は、ROM/屈曲/伸展タブ6840、疼痛インジケータタブ6850、及びステップインジケータタブ6860を含む。

0115

幾つかの実施形態は、ユーザによって構成又は再構成することができる治療設定のディスプレイを含む。図69は、本発明の幾つかの実施形態による治療制御システムのディスプレイ6900を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ6900は、1又は複数の治療設定又は制御を含む治療セッションウィンドウ6910を含むことができる。例えば、幾つかの実施形態は、大腿部部ダイアル6920及び/又は膝部ダイアル6930及び/又は部位3ダイアル6940及び/又は部位4ダイアル6950を含む。幾つかの実施形態において、ダイアル6920、6930、6940、6950の何れもが、ダイアル6920、6930、6940、6950が示す1又は複数の治療パラメータをユーザが増加又は減少させることを可能にするコントロールを含むことができる。

0116

幾つかの実施形態は、治療セッション中にビジュアル又はグラフィカルディスプレイを含むことができる。例えば、図70は、本発明の幾つかの実施形態による治療制御システムのディスプレイ7000を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ7000は、治療を受けるユーザの身体の一部分の解剖学的表示を提供するビジュアルガイド7010を含むことができる。幾つかの実施形態において、ビジュアルガイド7010は、屈曲及び/又は伸展及び/又は可動域データを含む、ユーザからの治療パラメータ7020を含むことができる。幾つかの更なる実施形態において、治療パラメータ7020は、所定の期間にわたって追跡されプロットすることができる。例えば、図71は、本発明の幾つかの実施形態による治療制御システムのディスプレイ7100を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ7100は、時間の関数としてプロットされる屈曲及び/又は伸展及び/又は可動域データを示す治療進行プロット7110を含むことができる。更に、幾つかの実施形態において、詳細セクション7120は、疼痛データと並べて、屈曲及び/又は伸展及び/又は可動域データの表形式データを含むことができる。図72を参照すると、幾つかの更なる実施形態は、治療進行プロット7210が平均電力として表される進行を示すディスプレイ7200を含む。ディスプレイ7200は、同様に、ユーザが、選択されたデータ範囲を有するプロット7210を表示することを可能にする治療日付セクション7220を含むことができる。更に、セッション詳細セクション7230は、治療セッションの開始時間及び終了所間並びにセッションによる平均電力を含む表形式セッションデータを含むことができる。

0117

幾つかの実施形態において、ユーザは、タイミング、セッション活動、又は他の所望のパラメータに基づいて疼痛をモニターすることができる。例えば、図73は、本発明の幾つかの実施形態による治療制御システムのディスプレイ7300を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ7300は、セッション前の疼痛及び/又はセッション後の疼痛及び/又は1日平均疼痛レベルを含む治療疼痛プロット7305を含むことができる。更に、セッション詳細セクション7310は、セッション日付の関数として表形式疼痛データを含むことができる。

0118

本発明の幾つかの他の実施形態において、ユーザのステップは、モニターされ表示することができる。例えば、図74は、本発明の幾つかの実施形態による治療制御システムのディスプレイ7400を示す。幾つかの実施形態において、ディスプレイ7400は、時間の関数としてのステップを含む治療ステッププロット7405を含み、セッション詳細セクション7410は日付の関数として表形式ステップを提供することができる。

0119

図3A及び3Bに関して先に述べたように、幾つかの実施形態は、ブレースシステムの1又は複数のモジュールになるように一体化することができる種々の電子構成要素を含み、モジュールは、種々の構成になるように組み合わせ又は再組み合わせすることができる。例えば、図75は、ガーメント7510であって、ガーメント7510に一体化又は結合されるコントローラ7520を含む、ガーメント7510を含む治療システム7500を示す。更に、幾つかの実施形態は、ガーメント7510に一体化又は結合される1又は複数のセンサポッド7525を含む。幾つかの実施形態において、コントローラ7520は、充電式電力ストレージを含む。更に、幾つかの実施形態において、センサポッドはオンボード電力を含む。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社レーベンの「 電極掃除具」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】人や動物の皮膚に微弱電流を流すことができ、細胞の活性化という効果のある装置を提供する。【解決手段】電極掃除具100は、作用部が相互にイオン化傾向の異なる金属が露出した第1の電極部110および第... 詳細

  • メドトロニック・ゾーメド・インコーポレーテッドの「 プレジェット刺激及び記録電極組立体」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本開示の態様は、自動周期刺激に特に有用であるプレジェット刺激/記録電極組立体に関する。実施形態は、手術中に神経の連続刺激を提供するために、神経監視システムと互換性がある。開示された実... 詳細

  • ディベロペレーション、アクチボラグの「 痔の治療に用いられる器具」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本発明は、痔の治療に用いられる器具(10)に関する。器具は、前端(13)及び尾端(14)を備える伸長チューブ形状要素(12)であって、前記尾端(14)は開口して、前記チューブ形状要素... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ