図面 (/)

技術 ピロロ[1,2−b]ピリダジン誘導体

出願人 ギリアードサイエンシーズ,インコーポレイテッド
発明者 ベーコン,エリザベスエム.ブリズジス,ジェディミナスチン,エルバートチョウ,チェンフンコッテル,ジェロミージェイ.リンク,ジョンオー.テイラー,ジェイムズジー.ツェ,ウィンストンシー.ライト,ネイサンイー.ヤン,ゼン-ユーチャン,ジェニファーアール.ジプフェル,シェイラエム.
出願日 2018年2月15日 (3年9ヶ月経過) 出願番号 2019-543909
公開日 2020年3月12日 (1年8ヶ月経過) 公開番号 2020-507601
状態 特許登録済
技術分野 化合物または医薬の治療活性 他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 窒素含有縮合複素環(3) Nおよび(O又はS)縮合複素環
主要キーワード 金属含有種 連続置換 イウム塩 ブラブ 液体ディスペンサー ハロゲン化メチルマグネシウム 混合アミン 水素環境
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題・解決手段

式(I)の化合物(式中、可変基は本明細書中で定義される)が提供される。IRAK4の阻害剤として有用な化合物および薬学的組成物が本明細書中に提供される。本開示のいくつかの化合物には、それを必要とする被験体処置するための、少なくとも1つの薬学的に許容され得る賦形剤とともに薬学的組成物における用途を見出し得る。本開示の化合物は、TNFα、IL−6、IL−1βおよびIL−23(これらはすべて、炎症のメディエーターである)の産生を阻害することも見出されている。

概要

背景

背景
インターロイキン−1レセプター関連キナーゼ−4(IRAK4)は、インターロイキン−1/Toll様レセプターIL−1/TLR)シグナル伝達カスケードにおけるメディエーターとして作用するセリントレオニンキナーゼである。より詳細には、IRAK4は、アダプタータンパク質であるミエロイド分化一次応答遺伝子88(MyD88)のシグナル伝達カスケードの活性化に関与し、炎症関連障害ならびに腫瘍学および非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)において役割を果たすと仮定されている。IL−1R/TLRを介したシグナル伝達は、MyD88の活性化をもたらし、IRAK4およびIRAK1をリクルートしてシグナル伝達複合体を形成する。次いで、この複合体は、一連のキナーゼ、アダプタータンパク質およびリガーゼ相互作用し、最終的には、活性化B細胞の核内因子カッパー軽鎖エンハンサー(NF−κB)および活性化タンパク質−1が活性化され、炎症性サイトカインの産生が誘導される。

ゆえに、IRAK4の阻害剤は、自己免疫障害を含む炎症性障害(例えば、関節リウマチ(RA)、炎症性腸疾患(IBD)、痛風ライム関節炎全身性エリテマトーデスSLE)、シェーグレン症候群およびウイルス性心筋炎)(Joosten,L.A.Bら、TOLL−LIKERECEPTORS AND CHRONICINFLAMMATION IN RHEUMATIC DISEASES:NEW DEVELOPMENTS, Nat.Rev.Rheumatol.,346|JUNE 2016 12;344−357 Published online 12 May 2016)(Valaperti,A.ら、INNATEIMMUNE INTERLEKIN−1RECEPTOR−ASSCIATED KINASE 4 EXACERBATESVIRAL MYOCARDITIS BY REDUCINGCCR5+CD11b+ MONOCYTEMIGRATION AND IMPAIRING INTERFERON PRODUCTION,Circulation,128|SEPTEMBER2013 14;1542−1554)、ならびにI型インターフェロン症(例えば、エカディ・グティエール症候群家族性凍瘡狼瘡、および大脳白質萎縮症を伴う網膜脈管障害(Lee−Kirschら、TYPE I INTERFERONOPATHIES−AN EXPANDING DISEASESPECTRUM OF IMMUNODYSREGULATION,Semin.Immunopathol.(2015)37:349−357)の処置において有用であり得る。

さらに、リンパ腫を含むある特定のがんが、腫瘍細胞生存を促進し得る構造的に活性なシグナル伝達カスケードをもたらす1つまたはそれを超える変異をMYD88アダプタータンパク質に含むことがある(Kellyら、IRAK4 inhibitors for autoimmunity and lymphoma,J.Exp.Med.2015 Vol.212 No.13 2189−2201)。

ゆえに、IRAK4の阻害剤は、リンパ腫を含むがんの処置において有用であり得る。

現在のところ、IRAK4を阻害する承認された医薬品は存在しない。ゆえに、医薬品として哺乳動物、特にヒトに投与するのに適した特性を有するIRAK4阻害化合物を提供することが有用だろう。
WO2016210034、WO2016210036、WO2015150995、WO2016127024およびWO2016210037には、IRAK4阻害剤として有用であると言われる化合物が列挙されている。

概要

式(I)の化合物(式中、可変基は本明細書中で定義される)が提供される。IRAK4の阻害剤として有用な化合物および薬学的組成物が本明細書中に提供される。本開示のいくつかの化合物には、それを必要とする被験体を処置するための、少なくとも1つの薬学的に許容され得る賦形剤とともに薬学的組成物における用途を見出し得る。本開示の化合物は、TNFα、IL−6、IL−1βおよびIL−23(これらはすべて、炎症のメディエーターである)の産生を阻害することも見出されている。

目的

ゆえに、医薬品として哺乳動物、特にヒトに投与するのに適した特性を有するIRAK4阻害化合物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

式(I)の化合物(式中、R1およびR2は、各々独立して、a)必要に応じてZ1で置換されるC1−10アルキル;b)必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキル;c)必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリール;d)必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリール;e)必要に応じてZ1で置換される4〜7員の単環式ヘテロシクリル;f)必要に応じてZ1で置換される6〜12員の二環式ヘテロシクリル;またはg)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12、−S(O)2N(R12)(R12)もしくは−Hから選択され;R3およびR4は、各々独立して、a)H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12もしくは−S(O)2N(R12)(R12);b)必要に応じてZ1で置換されるC1−9アルキル;c)必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルキニル;d)必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルケニル;e)必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリール;f)必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリール;g)必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリル;またはh)必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルから選択され;R5、R6およびR7は、各々独立して、a)H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12もしくは−N(R12)S(O)2(R12;b)必要に応じてZ1で置換されるC1−5アルキル;またはc)必要に応じてZ1で置換される、シクロプロピルオキセタニルもしくはアゼチジニルから選択され;Z1は、独立して、オキソ、ハロ、−NO2、−N3、−CN、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換され;各Z1aは、独立して、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1bで置換され;各R12は、独立して、H、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルであり;ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換され;各Z1bは、独立して、オキソ、ヒドロキシ、ハロ、−NO2、−N3、−CN、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O(C1−9アルキル)、−O(C2−6アルケニル)、−O(C2−6アルキニル)、−O(C3−15シクロアルキル)、−O(C1−8ハロアルキル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−O(ヘテロシクリル)、−NH2、−NH(C1−9アルキル)、−NH(C2−6アルケニル)、−NH(C2−6アルキニル)、−NH(C3−15シクロアルキル)、−NH(C1−8ハロアルキル)、−NH(アリール)、−NH(ヘテロアリール)、−NH(ヘテロシクリル)、−N(C1−9アルキル)2、−N(C3−15シクロアルキル)2、−N(C2−6アルケニル)2、−N(C2−6アルキニル)2、−N(C3−15シクロアルキル)2、−N(C1−8ハロアルキル)2、−N(アリール)2、−N(ヘテロアリール)2、−N(ヘテロシクリル)2、−N(C1−9アルキル)(C3−15シクロアルキル)、−N(C1−9アルキル)(C2−6アルケニル)、−N(C1−9アルキル)(C2−6アルキニル)、−N(C1−9アルキル)(C3−15シクロアルキル)、−N(C1−9アルキル)(C1−8ハロアルキル)、−N(C1−9アルキル)(アリール)、−N(C1−9アルキル)(ヘテロアリール)、−N(C1−9アルキル)(ヘテロシクリル)、−C(O)(C1−9アルキル)、−C(O)(C2−6アルケニル)、−C(O)(C2−6アルキニル)、−C(O)(C3−15シクロアルキル)、−C(O)(C1−8ハロアルキル)、−C(O)(アリール)、−C(O)(ヘテロアリール)、−C(O)(ヘテロシクリル)、−C(O)O(C1−9アルキル)、−C(O)O(C2−6アルケニル)、−C(O)O(C2−6アルキニル)、−C(O)O(C3−15シクロアルキル)、−C(O)O(C1−8ハロアルキル)、−C(O)O(アリール)、−C(O)O(ヘテロアリール)、−C(O)O(ヘテロシクリル)、−C(O)NH2、−C(O)NH(C1−9アルキル)、−C(O)NH(C2−6アルケニル)、−C(O)NH(C2−6アルキニル)、−C(O)NH(C3−15シクロアルキル)、−C(O)NH(C1−8ハロアルキル)、−C(O)NH(アリール)、−C(O)NH(ヘテロアリール)、−C(O)NH(ヘテロシクリル)、−C(O)N(C1−9アルキル)2、−C(O)N(C3−15シクロアルキル)2、−C(O)N(C2−6アルケニル)2、−C(O)N(C2−6アルキニル)2、−C(O)N(C3−15シクロアルキル)2、−C(O)N(C1−8ハロアルキル)2、−C(O)N(アリール)2、−C(O)N(ヘテロアリール)2、−C(O)N(ヘテロシクリル)2、−NHC(O)(C1−9アルキル)、−NHC(O)(C2−6アルケニル)、−NHC(O)(C2−6アルキニル)、−NHC(O)(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)(アリール)、−NHC(O)(ヘテロアリール)、−NHC(O)(ヘテロシクリル)、−NHC(O)O(C1−9アルキル)、−NHC(O)O(C2−6アルケニル)、−NHC(O)O(C2−6アルキニル)、−NHC(O)O(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)O(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)O(アリール)、−NHC(O)O(ヘテロアリール)、−NHC(O)O(ヘテロシクリル)、−NHC(O)NH(C1−9アルキル)、−NHC(O)NH(C2−6アルケニル)、−NHC(O)NH(C2−6アルキニル)、−NHC(O)NH(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)NH(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)NH(アリール)、−NHC(O)NH(ヘテロアリール)、−NHC(O)NH(ヘテロシクリル)、−SH、−S(C1−9アルキル)、−S(C2−6アルケニル)、−S(C2−6アルキニル)、−S(C3−15シクロアルキル)、−S(C1−8ハロアルキル)、−S(アリール)、−S(ヘテロアリール)、−S(ヘテロシクリル)、−NHS(O)(C1−9アルキル)、−N(C1−9アルキル)(S(O)(C1−9アルキル)、−S(O)N(C1−9アルキル)2、−S(O)(C1−9アルキル)、−S(O)(NH)(C1−9アルキル)、−S(O)(C2−6アルケニル)、−S(O)(C2−6アルキニル)、−S(O)(C3−15シクロアルキル)、−S(O)(C1−8ハロアルキル)、−S(O)(アリール)、−S(O)(ヘテロアリール)、−S(O)(ヘテロシクリル)、−S(O)2(C1−9アルキル)、−S(O)2(C2−6アルケニル)、−S(O)2(C2−6アルキニル)、−S(O)2(C3−15シクロアルキル)、−S(O)2(C1−8ハロアルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2NH(C1−9アルキル)または−S(O)2N(C1−9アルキル)2であり;ここで、いずれのアルキル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じて1つまたはそれを超えるハロ、C1−9アルキル、C1−8ハロアルキル、−OH、−NH2、−NH(C1−9アルキル)、−NH(C3−15シクロアルキル)、−NH(C1−8ハロアルキル)、−NH(アリール)、−NH(ヘテロアリール)、−NH(ヘテロシクリル)、−N(C1−9アルキル)2、−N(C3−15シクロアルキル)2、−NHC(O)(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)(アリール)、−NHC(O)(ヘテロアリール)、−NHC(O)(ヘテロシクリル)、−NHC(O)O(C1−9アルキル)、−NHC(O)O(C2−6アルキニル)、−NHC(O)O(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)O(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)O(アリール)、−NHC(O)O(ヘテロアリール)、−NHC(O)O(ヘテロシクリル)、−NHC(O)NH(C1−9アルキル)、−S(O)(NH)(C1−9アルキル)、S(O)2(C1−9アルキル)、−S(O)2(C3−15シクロアルキル)、−S(O)2(C1−8ハロアルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2NH(C1−9アルキル)、−S(O)2N(C1−9アルキル)2、−O(C3−15シクロアルキル)、−O(C1−8ハロアルキル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−O(ヘテロシクリル)、または−O(C1−9アルキル)で置換されるが;ただし、R1が、C3アルキルであり、R2が、Fおよびヒドロキシルで置換されたC5アルキルであり、R3、R5、R6、R7が、Hであり、R4が、CNであるとき、R1は、Z1で置換される);またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ

請求項2

R1が、必要に応じてZ1で置換されるC1−10アルキルであるが、ただし、R1が、C3アルキルであり、R2が、Fおよびヒドロキシルで置換されたC5アルキルであり、R3、R5、R6、R7が、Hであり、R4が、CNであるとき、R1は、Z1で置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項3

R1が、メチルである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項4

R1が、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アルキルである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項5

R1が、−Cl、オキソ、−CN、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、ナフチル、ヘテロアリール、窒素もしくは硫黄を含む単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリル、C7−15シクロアルキル、−O−R9、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC1−5アルキルであり;各存在におけるR9は、独立して、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C1−6ハロアルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールであり;ここで、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C1−6ハロアルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールの各々は、必要に応じてZ1aで置換され;前記C1−5アルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、ナフチル、ヘテロアリール、窒素もしくは硫黄を含む単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリルまたはC7−15シクロアルキルの各々は、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項6

R1が、必要に応じてZ1で置換されるC1−5アルキルであり;前記C1−5アルキルは、1つまたはそれを超えるC4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニルテトラヒドロピラニルまたはフェニルで置換され;前記C4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはフェニルは、必要に応じてZ1aで置換され;前記C4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはフェニルは、1つまたはそれを超えるハロ、オキソ、−CN、C2−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−7シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)によって置換され;前記C2−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−7シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項7

R1が、Fまたは−OHで必要に応じて置換されるC1−5アルキルであって、C4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはフェニルから選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC1−5アルキルであり;前記C4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはフェニルは、−OHおよび−CH3から選択される2つまたはそれを超える置換基で置換され、かつ必要に応じてZ1aで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項8

R1が、必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項9

R1が、必要に応じてZ1で置換されるC7−10シクロアルキルであり、前記C7−10シクロアルキルが、ビシクロ[2.2.1]ヘプタニルであるとき、前記C7−C10シクロアルキルは、オキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−15シクロアルキル、C5−8ハロアルキル、アリール、ピラゾリル、−O−R9、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)のうちの少なくとも1つで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項10

R1が、1つまたはそれを超える−O−R16で置換されたC3−6シクロアルキルであり;前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;各存在におけるR16は、独立して、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C1−6ハロアルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールであり;ここで、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C1−6ハロアルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールの各々は、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項11

R1が、1つまたはそれを超える−C(O)−R11で置換されたC3−6シクロアルキルであり;前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;各存在におけるR11は、独立して、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールであり、各C1−9アルキルは、必要に応じて、−NO2、−N3、−CN、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C4−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールの各々は、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項12

R1が、1つまたはそれを超えるオキソ、C5−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R9)(R9)、−C(O)N(H)(C4−9アルキル)、−C(O)N(H)(C3−10シクロアルキル)、−C(O)N(H)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(H)(アリール)、−C(O)N(H)(ヘテロアリール)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換されたC3−6シクロアルキルであり;前記C5−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−C(O)N(H)(C4−9アルキル)、−C(O)N(H)(C3−10シクロアルキル)、−C(O)N(H)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(H)(アリール)または−C(O)N(H)(ヘテロアリール)は、必要に応じてZ1aで置換され;前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;C3−6シクロアルキルが、ビシクロ[1.1.1]ペンタニルであるとき;前記ビシクロ[1.1.1]ペンタニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、−NO2、−N3、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−15シクロアルキル、C5−8ハロアルキル、アリール、ピラゾリル、−O−R16、−C(O)R11、−C(O)O−R12、−C(O)N(R9)(R9)、−C(O)N(H)(C4アルキル)、−C(O)N(H)(R16)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項13

R1が、C4アルキルで置換されたC3−6シクロアルキルであり、前記C4アルキルは、必要に応じてハロ、−NO2、−CN、−N3、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換され;前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;前記C3−6シクロアルキルが、C4アルキルで置換されたビシクロ[1.1.1]ペンタニルであるとき、前記C4アルキルは、オキソ、−NO2、−N3、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−15シクロアルキル、C5−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項14

R1が、必要に応じてZ1で置換されるC3−6シクロアルキルであり;前記C3−6シクロアルキルは、F、−OH、−Cl、−CN、C1−3アルキル、C1−3フルオロアルキル、C1−4ヒドロキシアルキル、C1−4アルコキシ、−C(O)NH2、−C(O)NH(C1−3アルキル);および−C(O)(C1−3フルオロアルキル)からなる群より選択される4つまたはそれを超える置換基で置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項15

R1が、C1−3フルオロアルキルまたは−C(O)(C1−3フルオロアルキル)で置換されたC3−6シクロアルキルであり、前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;前記C1−3フルオロアルキルまたは−C(O)(C1−3フルオロアルキル)は、少なくとも1つのオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C3−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C3−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項16

R1が、少なくとも1つのC1−3アルキルまたはC1−4ヒドロキシアルキルで置換されたC3−6シクロアルキルであり、前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;前記C1−3アルキルまたはC1−4ヒドロキシアルキルは、オキソ、クロロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項17

R1が、少なくとも1つのC1−4アルコキシまたはC(O)NH(C1−3アルキル)で置換されたC3−6シクロアルキルであり;前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され、前記C1−4アルコキシまたはC(O)NH(C1−3アルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項18

R1が、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項19

R1が、必要に応じてZ1で置換される、イミダゾリルトリアゾリルオキサゾリルイソオキサゾリルピリジニルチアジアゾールオキサジアゾールピリミジニルピリジジニル、ピラジニルイソチアゾリルテトラゾリルチオフェニル、フラニル、トリアジニルまたは8〜10員のヘテロアリールである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項20

R1が、必要に応じてZ1で置換される6員ヘテロアリールである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項21

R1が、必要に応じてZ1で置換される4〜7員の単環式ヘテロシクリルである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項22

R1が、必要に応じてZ1で置換される、アゼチジニル、モルホリニル、チオモルホリニル、4〜7員のスルタム、4〜7員の環状カルバメート、4〜7員の環状カーボネートまたは4〜7員の環状スルフィドである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項23

R1が、必要に応じてZ1で置換される6〜12員の二環式ヘテロシクリルであり;前記6〜12員の二環式ヘテロシクリルが、4,5,6,7−テトラヒドロピラゾロ[1,5−a]ピラジニルであるとき、前記6〜12員の二環式ヘテロシクリルは、少なくとも1つのオキソ、C3−6シクロアルキルまたはC(O)(C1−5アルキル)で置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項24

R1が、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニルピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、−Cl、オキソ、−CN、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−10シクロアルキル、アリール、ピリジニル、ピリジジニル、5〜10員の二環式ヘテロアリール、5員ヘテロアリール、窒素もしくは硫黄を含む単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)−R11、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;前記C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−10シクロアルキル、アリール、ピリジニル、ピリジジニル、5〜10員の二環式ヘテロアリール、5員ヘテロアリール、窒素もしくは硫黄を含む単環式ヘテロシクリルまたは二環式ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換され;前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリル、チアゾリルは、必要に応じてZ1で置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項25

R1が、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、必要に応じてZ1で置換され;前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリル、チアゾリルは、F、−OH、C1−4アルキル、C1−3ヒドロキシアルキル、C1−4フルオロアルキル、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−C(O)(C1−3フルオロアルキル)、−S(O)2(C1−3アルキル)、C3−6シクロアルキル、C3−6フルオロシクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピリミジニル、フルオロピリミジニルまたはメトキシピリミジニルから選択される3つまたはそれを超える置換基で置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項26

R1が、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;前記ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、必要に応じてZ1で置換され;前記ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−S(O)2(C1−3アルキル)、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはCH2(C3−6シクロアルキル)から独立して選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;前記−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−S(O)2(C1−3アルキル)、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはCH2(C3−6シクロアルキル)は、独立して、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項27

R1が、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、必要に応じて−Fまたは−OHで置換され、かつC1−4アルキルまたはC1−3ヒドロキシアルキルから独立して選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;前記C1−4アルキルまたはC1−3ヒドロキシアルキルは、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R16、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;ここで、いずれのアルキル、ヒドロキシアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項28

R1が、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、必要に応じて−Fまたは−OHで置換され、かつC1−4フルオロアルキル、−C(O)(C1−3フルオロアルキル)、C3−6シクロアルキル、C3−6フルオロシクロアルキルおよびフルオロピリミジニルから独立して選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;前記C1−4フルオロアルキル、−C(O)(C1−3フルオロアルキル)、C3−6シクロアルキル、C3−6フルオロシクロアルキルまたはフルオロピリミジルは、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項29

R1が、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項30

R1が、1つまたはそれを超えるC1−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R11、−C(O)O−R12、−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)、−C(O)NH(C4−6アルキル)、−C(O)ヘテロシクリル、N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換されたC6−10アリールであり;前記C1−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)、−C(O)NH(C4−6アルキル)または−C(O)ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換され;前記C6−10アリールは、必要に応じてZ1で置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項31

R1が、1つまたはそれを超える−C(O)NH(C1−3アルキル)で置換されたC6−10アリールであって、必要に応じてZ1aで置換されるC6−10アリールであり;前記−C(O)NH(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項32

R1が、1つまたはそれを超える−C(O)(C1−3フルオロアルキル)で置換されたC6−10アリールであり;前記−C(O)(C1−3フルオロアルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C3−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C3−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換され;前記C6−10アリールは、必要に応じてZ1で置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項33

R1が、−N(R12)(R12)、−S(O)2R12、−S(O)2N(R12)(R12)または−Hである、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項34

R2が、必要に応じてZ1で置換されるC1−10アルキルである、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項35

R2が、C1−10アルキルである、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項36

R2が、必要に応じてZ1で置換されるC7−10アルキルである、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項37

R2が、1つまたはそれを超える−O(C1−2アルキル)、−NHC(O)(C1−3アルキル)または−S(O)2(C1−3アルキル)で置換されたC1−6アルキルであり;前記−O(C1−2アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C2−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C2−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記−O(C1−2アルキル)は、必要に応じて−Fで置換され;前記−NHC(O)(C1−3アルキル)または−S(O)2(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C1−6アルキルは、必要に応じてZ1aで置換され;前記C2−9アルキル、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、C2−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルの各々は、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項38

R2が、−Cl、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリル、−O(C3−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(ヘテロアリール)または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6アルキルであり;前記C4−6アルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリル、−O(C3−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−NHC(O)(C1−3アルキル)または−S(O)2(C1−3アルキル)は、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項39

R2が、1つまたはそれを超える−O(CH2)2R17または−O(CH2)R17で置換されたC4−6アルキルであり;各存在におけるR17は、独立して、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリル、ヘテロアリール、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;前記C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルおよびヘテロアリールは、必要に応じてZ1bで置換され;前記C4−6アルキルは、必要に応じてZ1でも置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項40

R2が、F、ヒドロキシル、−CN、−OCH3、−OCD3、−NHC(O)(C1−3アルキル)、−S(O)2(C1−3アルキル)またはC1−2フルオロアルコキシから選択される5つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6アルキルであり;前記C4−6アルキルは、必要に応じてZ1で置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項41

R2が、−Cl、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、ナフチル、二環式ヘテロシクリル、C7−15シクロアルキル、−O(CH2)2R17、−O(CH2)R17、−O(C3−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−C(O)(C1−9アルキル)、−C(O)(シクロプロピル)、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(ヘテロアリール)または−S(O)2N(R9)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC1−3アルキルであり;前記C1−3アルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、ナフチル、二環式ヘテロシクリル、C7−15シクロアルキル、−O(C3−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)または−S(O)2(ヘテロアリール)は、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項42

R2が、アゼチジニル、テトラヒドロフラニル、トリアゾリル、オキサゾリル、イソオキサゾリル、チアジアゾール、オキサジアゾール、ピリミジニル、ピリジジニル、ピラジニル、イソチアゾリル、テトラゾリル、フラニル、チオモルホリニル、4〜7員のスルタム、4〜7員の環状カルバメート、4〜7員の環状カーボネート、4〜7員の環状スルフィドまたは8〜10員のヘテロアリールから選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC1−3アルキルであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1aで置換され;前記C1−3アルキルは、必要に応じてZ1でも置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項43

R2が、フェニル、オキセタニル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、ピペリジニル、イミダゾリル、ピリジニル、チオフェニルまたはC4−6シクロアルキルから選択される1つの置換基で置換されたC1−3アルキルであり;前記フェニル、オキセタニル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、ピペリジニル、イミダゾリル、ピリジニル、チオフェニルまたはC4−6シクロアルキルは、1つまたはそれを超えるオキソ、−NO2、−N3、−CN、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O(C3−6アルキル)、−O(C3−6シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R9)(R12)で置換され;ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜33に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項44

R2が、必要に応じてZ1で置換されるC1−3アルキルであり、かつフェニル、オキセタニル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、ピペリジニル、イミダゾリル、ピリジニル、チオフェニルまたはC4−6シクロアルキルから選択される1つの置換基で置換され;前記フェニル、オキセタニル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、ピペリジニル、イミダゾリル、ピリジニル、チオフェニルまたはC4−6シクロアルキルは、−F、−Cl、−OH、C1−3アルキル、−O(C1−2アルキル)または−S(O)2NH2から選択される4つまたはそれを超える置換基で置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項45

R2が、オキソで置換されたC1−3アルキルであって、必要に応じてハロ、アゼチジニル、ピロリジニル、ピペラジニル、テトラヒドロフラニル、チオモルホリニル、−CN、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、C7−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R9)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されるC1−3アルキルであり;前記C1−3アルキルは、必要に応じてZ1で置換され;前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、C7−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アゼチジニル、ピロリジニル、ピペラジニル、テトラヒドロフラニルまたはチオモルホリニルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項46

R2が、−F、−OH、−OCH3、−CN、−NHC(O)(C1−3アルキル)、C1−2フルオロアルコキシまたは−S(O)2(C1−3アルキル)から選択される5つまたはそれを超える置換基で置換されたC3アルキルである、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項47

R2が、必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルである、請求項1〜33に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項48

R2が、必要に応じてZ1で置換されるシクロプロピルである、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項49

R2が、必要に応じてZ1で置換されるC7−10シクロアルキルである、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項50

R2が、−ハロ、オキソ、−CN、C1−4アルキル、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O(C4−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)(C5−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−NH(R12)、−N(R12)(C4−9アルキル)、−N(R12)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)(ヘテロシクリル)、−N(R12)(アリール)、−N(R12)(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)O(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)O(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)O(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)O(アリール)、−N(R12)C(O)O(ヘテロアリール)、−C(O)N(R12)(C5−9アルキル)、−C(O)N(R12)(C7−10シクロアルキル)、−C(O)N(R12)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(R12)(アリール)、−C(O)N(R12)(ヘテロアリール)、−C(O)N(R9)(R9)、−C(O)O−R12、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)2R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6シクロアルキルであり;前記C4−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;前記C1−4アルキルは、必要に応じて、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R16、−O(C4−9アルキル)、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、−O(C4−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)(C5−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−N(R12)(C4−9アルキル)、−N(R12)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)(ヘテロシクリル)、−N(R12)(アリール)、−N(R12)(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)O(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)O(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)O(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)O(アリール)、−N(R12)C(O)O(ヘテロアリール)、−C(O)N(R12)(C5−9アルキル)、−C(O)N(R12)(C7−10シクロアルキル)、−C(O)N(R12)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(R12)(アリール)、−C(O)N(R12)(ヘテロアリール)、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルの各々は、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項51

R2が、C1−4ヒドロキシアルキル、C1−3アルコキシ、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−C(O)NH(C1−4アルキル)、−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)、−N(C1−3アルキル)2、−NHC(O)O(C1−3アルキル)、−NHC(O)(C1−4ヒドロキシアルキル)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6シクロアルキルであり;前記C4−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;前記−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)は、Z1aで置換され;前記C1−4ヒドロキシアルキルまたは−NHC(O)(C1−4ヒドロキシアルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C1−3アルコキシ、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−N(C1−3アルキル)2、−NHC(O)O(C1−3アルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記−C(O)NH(C1−4アルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C3−9アルキル、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルの各々は、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項52

R2が、1つまたはそれを超える−NHC(O)(C1−3アルキル)で置換されたC4−6シクロアルキルであり;少なくとも1つの−NHC(O)(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C4−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項53

R2が、−OH、C1−4ヒドロキシアルキル、C1−3アルコキシ、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−C(O)NH(C1−4アルキル)、−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)、−N(C1−3アルキル)2、−NHC(O)(C1−3アルキル)、−NHC(O)O(C1−3アルキル)または−NHC(O)(C1−4ヒドロキシアルキル)から選択される3つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6シクロアルキルであり;前記C4−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項54

R2が、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールである、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項55

R2が、オキサゾリル、イソオキサゾリル、チアジアゾール、チアゾール、オキサジアゾール、イソチアゾリル、テトラゾリル、チオフェニル、フラニルまたは6〜10員のヘテロアリールであり;それらのいずれもが、必要に応じてZ1で置換される、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項56

R2が、必要に応じてZ1で置換される4〜7員の単環式ヘテロシクリルである、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項57

R2が、アゼチジニル、オキセタニル、ピロリジニル、モルホリニル、チオモルホリニル、4〜7員のスルタム、4〜7員の環状カルバメート、4〜7員の環状カーボネートまたは4〜7員の環状スルフィドであり;それらのいずれもが、必要に応じてZ1で置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項58

R2が、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、オキソ、ハロ、−CN、C2−4アルキル、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル、ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、必要に応じてZ1aで置換され;前記C2−4アルキルは、必要に応じて、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C3−9アルキル、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(アリール)または−S(O)2(ヘテロアリール)の各々は、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項59

R2が、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超えるC1アルキルで置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル、ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、必要に応じてZ1で置換され;前記C1アルキルは、必要に応じて、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R9)(R9)、−C(O)N(R12)(C4−9アルキル)、−C(O)N(R12)(C3−10シクロアルキル)、−C(O)N(R12)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(R12)(アリール)、−C(O)N(R12)(ヘテロアリール)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−C(O)N(R12)(C3−10シクロアルキル)、−C(O)N(R12)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(R12)(アリール)、−C(O)N(R12)(ヘテロアリール)は、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項60

R2が、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1で置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超えるS(O)2(C1−3アルキル)で置換され;前記S(O)2(C1−3アルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項61

R2が、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1で置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超えるC1−4ヒドロキシアルキルで置換され;前記C1−4ヒドロキシアルキルは、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項62

R2が、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1で置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超える−CH2C(O)NH(C1−6アルキル)で置換され;前記−CH2C(O)NH(C1−6アルキル)は、オキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C6−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記−CH2C(O)NH(C1−6アルキル)は、必要に応じてZ1aで置換され;前記C6−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項63

R2が、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル、ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル、ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超える−CH2C(O)NH(C4−6アルキル)で置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、必要に応じてZ1で置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項64

R2が、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールである、請求項1〜33に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項65

R2が、必要に応じてZ1で置換される6〜12員の二環式ヘテロシクリルであり;前記6〜12員の二環式ヘテロシクリルが、1−オキサ−7−アザスピロ[3.5]ノナニルであるとき、前記1−オキサ−7−アザスピロ[3.5]ノナニルは、1つまたはそれを超えるZ1で置換される、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項66

R2が、−N(R12)(R12)、−S(O)2R12、−S(O)2N(R12)(R12);または−Hである、請求項1〜33に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項67

R3が、H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12)、−SR12および−S(O)2N(R12)(R12)から選択される、請求項1〜66に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項68

R3が、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R9)(R9)、−NH(R9)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2(R12)、−S−R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択され;前記−N(H)(R9)が、NH(C1−3アルキル)であるか、−N(H)(R9)が、NH(C1−4ヒドロキシアルキル)であるか、または−O−R12が、−O(C1−3アルキル)であるとき、前記NH(C1−3アルキル)、NH(C1−4ヒドロキシアルキル)または−O(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項69

R3が、−O(C4アルキル)または−N(H)(C4アルキル)から選択され;前記−O(C4アルキル)は、必要に応じてZ1aで置換され;前記−N(H)(C4アルキル)は、必要に応じて、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項70

R3が、必要に応じてZ1で置換されるC1−9アルキルである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項71

R3が、必要に応じてFで置換されるC1−2アルキルであって、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−N3、−CN、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換されるC1−2アルキルであり;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項72

R3が、1つまたはそれを超えるZ1で置換されたC3アルキルである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項73

R3が、必要に応じてZ1で置換されるC4−9アルキルである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項74

R3が、必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルキニルである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項75

R3が、必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルケニルである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項76

R3が、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項77

R3が、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールであり;前記5〜10員のヘテロアリールが、ピリジニルである場合、前記ピリジニルは、1つまたはそれを超えるZ1でさらに置換される、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項78

R3が、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項79

R3が、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールであり;前記C6−10アリールが、シアノフェニルであるとき、前記シアノフェニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項80

R3が、必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリルである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項81

R3が、必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリルであり;前記4〜12員のヘテロシクリルが、ヒドロキシピロリジニルであるとき、前記ヒドロキシピロリジニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−CN、−NO2、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜66に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項82

R3が、必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項83

R3が、1つまたはそれを超えるZ1で置換されるC3−6シクロアルキルである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項84

R3が、必要に応じてZ1で置換されるC7−10シクロアルキルである、請求項1〜66に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項85

R4が、H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12)、−SR12または−S(O)2N(R12)(R12)である、請求項1〜84に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項86

R4が、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R9)(R9)、−NH(R9)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2(R12)、−S−R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;前記−N(H)(R9)が、NH(C1−3アルキル)であるか、−N(H)(R9)が、NH(C1−4ヒドロキシアルキル)であるか、または−O−R12が、−O(C1−3アルキル)であるとき、前記NH(C1−3アルキル)、NH(C1−4ヒドロキシアルキル)または−O(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項87

R4が、−O(C4アルキル)または−N(H)(C4アルキル)から選択され;前記−O(C4アルキル)は、必要に応じてZ1aで置換され;前記−N(H)(C4アルキル)は、必要に応じて、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(V)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項88

R4が、必要に応じてZ1で置換されるC1−9アルキルである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項89

R4が、必要に応じてFで置換されるC1−2アルキルであって、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−N3、−CN、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換されるC1−2アルキルであり;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項90

R4が、1つまたはそれを超えるZ1で置換されたC3アルキルである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項91

R4が、必要に応じてZ1で置換されるC4−9アルキルである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項92

R4が、必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルキニルである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項93

R4が、必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルケニルである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項94

R4が、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項95

R4が、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールであり;前記5〜10員のヘテロアリールが、ピリジニルであるとき、前記ピリジニルは、1つまたはそれを超えるZ1でさらに置換される、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項96

R4が、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項97

R4が、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールであり;前記C6−10アリールが、シアノフェニルであるとき、前記シアノフェニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項98

R4が、必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリルである、請求項1〜84に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項99

R4が、必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリルであり;前記4〜12員のヘテロシクリルが、ヒドロキシピロリジニルであるとき、前記ヒドロキシピロリジニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−CN、−NO2、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜84に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項100

R4が、必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項101

R4が、1つまたはそれを超えるZ1で置換されたC3−6シクロアルキルである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項102

R4が、必要に応じてZ1で置換されるC7−10シクロアルキルである、請求項1〜84に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項103

R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つが、独立して、H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R9)(R9)、NH(R9)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12または−N(R12)S(O)2(R12)から選択される、請求項1〜102に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項104

R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つが、独立して、−NO2、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R9)(R9)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12または−N(R12)S(O)2(R12)から選択される、請求項1〜102に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項105

R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つが、独立して、必要に応じてZ1で置換されるC1−5アルキルである、請求項1〜102に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項106

R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つが、独立して、必要に応じてFで置換されるC1−2アルキルであって、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−N3、−CN、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換されたC1−2アルキルであり;ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜102に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項107

R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つが、独立して、1つまたはそれを超えるZ1で置換されたC3アルキルである、請求項1〜102に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項108

R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つが、独立して、必要に応じてZ1で置換されるC4−5アルキルである、請求項1〜102に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項109

R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つが、独立して、必要に応じてZ1で置換される、シクロプロピル、オキセタニルまたはアゼチジニルである、請求項1〜102に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項110

R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つが、独立して、シクロプロピル、オキセタニルまたはアゼチジニルであり;前記シクロプロピルは、1つまたはそれを超えるZ1で置換され;前記オキセタニルまたはアゼチジニルは、必要に応じてZ1で置換される、請求項1〜102に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項111

R3、R4、R5、R6またはR7のうちの2つ以下が、Hである、請求項1〜110に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項112

R3が、HまたはFである、請求項1〜111のいずれかに記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項113

R4が、H、F、−CNまたはClである、請求項1〜112のいずれかに記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項114

R5が、HまたはFである、請求項1〜113のいずれかに記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項115

R6が、HまたはFである、請求項1〜114のいずれかに記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項116

R7が、HまたはFである、請求項1〜115のいずれかに記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項117

Z1が、選択されたH、ハロ、−CN、C1−9アルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−OC(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;ここで、いずれのアルキル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換される、請求項1〜116に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項118

請求項1〜117のいずれかに記載の化合物を、薬学的に許容され得るキャリアおよび必要に応じて希釈剤とともに含む、薬学的組成物

請求項119

炎症関連疾患または炎症関連障害処置を必要とする患者において炎症関連疾患または炎症関連障害を処置する方法であって、請求項1〜117のいずれかに記載の化合物または請求項118に記載の薬学的組成物を前記患者に投与することを含む、方法。

請求項120

請求項1〜117に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項121

R1が、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールであり、前記5〜10員のヘテロアリールが、フラニル、ピラニル、ピラオリル、イミダゾリル、ピラゾリル、トリアゾイル、ピリジニル、ピリミジニル、ピリダジニル、ピラジニル、チアフェニル、オキサゾイル、チアゾイルであるとき、前記5〜10員のヘテロアリールは、必要に応じて5〜12員の二環式環または5〜12員のヘテロ二環式環で置換され、該二環式環および該ヘテロ二環式環は、縮合環スピロ環または架橋環であり得る、請求項1〜117に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項122

R1が、必要に応じてZ1で置換される5〜12員の二環式である、請求項1に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項123

R1が、必要に応じてC1−3アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、3〜6員のシクロアルキル、3〜6員のヘテロシクリル、5〜6員のアリールまたは5〜6員のヘテロアリールで置換される5〜12員の二環式であり、該C1−3アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、3〜6員のシクロアルキル、3〜6員のヘテロシクリル、5〜6員のアリールまたは5〜6員のヘテロアリール基は、1つまたはそれを超えるZ1a基でさらに置換され得る、請求項1に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項124

R1が、必要に応じてZ1で置換される5〜12員の二環式ヘテロシクリルである、請求項1に記載の化合物またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項125

R1が、必要に応じてC1−3アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、3〜6員のシクロアルキル、3〜6員のヘテロシクリル、5〜6員のアリールまたは5〜6員のヘテロアリールで置換される5〜12員の二環式ヘテロシクリルであり、該C1−3アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、3〜6員のシクロアルキル、3〜6員のヘテロシクリル、5〜6員のアリールまたは5〜6員のヘテロアリール基は、1つまたはそれを超えるZ1a基でさらに置換され得る、請求項1に記載の化合物、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

請求項126

式(I)の化合物(式中、R1およびR2は、各々独立して、h)必要に応じてZ1で置換されるC1−10アルキル;i)必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキル;j)必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリール;k)必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリール;l)必要に応じてZ1で置換される4〜7員の単環式ヘテロシクリル;m)必要に応じてZ1で置換される6〜12員の二環式ヘテロシクリル;またはn)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12、−S(O)2N(R12)(R12)もしくは−Hから選択され;R1またはR2が、C1−10アルキル、C3−10シクロアルキル、5〜10員のヘテロアリール、C6−10アリール、4〜7員の単環式ヘテロシクリル、6〜12員の二環式ヘテロシクリルであるとき、R1もしくはR2上の同じ原子に結合した2つのZ1基またはR1もしくはR2上の隣接する原子に結合した2つのZ1基は、共に付加して、3〜6員のシクロアルキルまたは3〜6員のヘテロシクリルを形成し;R3およびR4は、各々独立して、i)H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12もしくは−S(O)2N(R12)(R12);j)必要に応じてZ1で置換されるC1−9アルキル;k)必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルキニル;l)必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルケニル;m)必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリール;n)必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリール;o)必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリル;またはp)必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルから選択され;R5、R6およびR7は、各々独立して、d)H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12もしくは−N(R12)S(O)2(R12;e)必要に応じてZ1で置換されるC1−5アルキル;またはf)必要に応じてZ1で置換される、シクロプロピル、オキセタニルもしくはアゼチジニルから選択され;Z1は、独立して、オキソ、ハロ、−NO2、−N3、−CN、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換され;各Z1aは、独立して、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1bで置換され;各R12は、独立して、H、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルであり、該C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じて1つまたはそれを超えるZ1a基でさらに置換され得;各Z1bは、独立して、オキソ、ヒドロキシ、ハロ、−NO2、−N3、−CN、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O(C1−9アルキル)、−O(C2−6アルケニル)、−O(C2−6アルキニル)、−O(C3−15シクロアルキル)、−O(C1−8ハロアルキル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−O(ヘテロシクリル)、−NH2、−NH(C1−9アルキル)、−NH(C2−6アルケニル)、−NH(C2−6アルキニル)、−NH(C3−15シクロアルキル)、−NH(C1−8ハロアルキル)、−NH(アリール)、−NH(ヘテロアリール)、−NH(ヘテロシクリル)、−N(C1−9アルキル)2、−N(C3−15シクロアルキル)2、−N(C2−6アルケニル)2、−N(C2−6アルキニル)2、−N(C3−15シクロアルキル)2、−N(C1−8ハロアルキル)2、−N(アリール)2、−N(ヘテロアリール)2、−N(ヘテロシクリル)2、−N(C1−9アルキル)(C3−15シクロアルキル)、−N(C1−9アルキル)(C2−6アルケニル)、−N(C1−9アルキル)(C2−6アルキニル)、−N(C1−9アルキル)(C3−15シクロアルキル)、−N(C1−9アルキル)(C1−8ハロアルキル)、−N(C1−9アルキル)(アリール)、−N(C1−9アルキル)(ヘテロアリール)、−N(C1−9アルキル)(ヘテロシクリル)、−C(O)(C1−9アルキル)、−C(O)(C2−6アルケニル)、−C(O)(C2−6アルキニル)、−C(O)(C3−15シクロアルキル)、−C(O)(C1−8ハロアルキル)、−C(O)(アリール)、−C(O)(ヘテロアリール)、−C(O)(ヘテロシクリル)、−C(O)O(C1−9アルキル)、−C(O)O(C2−6アルケニル)、−C(O)O(C2−6アルキニル)、−C(O)O(C3−15シクロアルキル)、−C(O)O(C1−8ハロアルキル)、−C(O)O(アリール)、−C(O)O(ヘテロアリール)、−C(O)O(ヘテロシクリル)、−C(O)NH2、−C(O)NH(C1−9アルキル)、−C(O)NH(C2−6アルケニル)、−C(O)NH(C2−6アルキニル)、−C(O)NH(C3−15シクロアルキル)、−C(O)NH(C1−8ハロアルキル)、−C(O)NH(アリール)、−C(O)NH(ヘテロアリール)、−C(O)NH(ヘテロシクリル)、−C(O)N(C1−9アルキル)2、−C(O)N(C3−15シクロアルキル)2、−C(O)N(C2−6アルケニル)2、−C(O)N(C2−6アルキニル)2、−C(O)N(C3−15シクロアルキル)2、−C(O)N(C1−8ハロアルキル)2、−C(O)N(アリール)2、−C(O)N(ヘテロアリール)2、−C(O)N(ヘテロシクリル)2、−NHC(O)(C1−9アルキル)、−NHC(O)(C2−6アルケニル)、−NHC(O)(C2−6アルキニル)、−NHC(O)(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)(アリール)、−NHC(O)(ヘテロアリール)、−NHC(O)(ヘテロシクリル)、−NHC(O)O(C1−9アルキル)、−NHC(O)O(C2−6アルケニル)、−NHC(O)O(C2−6アルキニル)、−NHC(O)O(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)O(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)O(アリール)、−NHC(O)O(ヘテロアリール)、−NHC(O)O(ヘテロシクリル)、−NHC(O)NH(C1−9アルキル)、−NHC(O)NH(C2−6アルケニル)、−NHC(O)NH(C2−6アルキニル)、−NHC(O)NH(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)NH(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)NH(アリール)、−NHC(O)NH(ヘテロアリール)、−NHC(O)NH(ヘテロシクリル)、−SH、−S(C1−9アルキル)、−S(C2−6アルケニル)、−S(C2−6アルキニル)、−S(C3−15シクロアルキル)、−S(C1−8ハロアルキル)、−S(アリール)、−S(ヘテロアリール)、−S(ヘテロシクリル)、−NHS(O)(C1−9アルキル)、−N(C1−9アルキル)(S(O)(C1−9アルキル)、−S(O)N(C1−9アルキル)2、−S(O)(C1−9アルキル)、−S(O)(NH)(C1−9アルキル)、−S(O)(C2−6アルケニル)、−S(O)(C2−6アルキニル)、−S(O)(C3−15シクロアルキル)、−S(O)(C1−8ハロアルキル)、−S(O)(アリール)、−S(O)(ヘテロアリール)、−S(O)(ヘテロシクリル)、−S(O)2(C1−9アルキル)、−S(O)2(C2−6アルケニル)、−S(O)2(C2−6アルキニル)、−S(O)2(C3−15シクロアルキル)、−S(O)2(C1−8ハロアルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2NH(C1−9アルキル)または−S(O)2N(C1−9アルキル)2であり;ここで、いずれのアルキル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じて1つまたはそれを超えるハロ、C1−9アルキル、C1−8ハロアルキル、−OH、−NH2、−NH(C1−9アルキル)、−NH(C3−15シクロアルキル)、−NH(C1−8ハロアルキル)、−NH(アリール)、−NH(ヘテロアリール)、−NH(ヘテロシクリル)、−N(C1−9アルキル)2、−N(C3−15シクロアルキル)2、−NHC(O)(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)(アリール)、−NHC(O)(ヘテロアリール)、−NHC(O)(ヘテロシクリル)、−NHC(O)O(C1−9アルキル)、−NHC(O)O(C2−6アルキニル)、−NHC(O)O(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)O(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)O(アリール)、−NHC(O)O(ヘテロアリール)、−NHC(O)O(ヘテロシクリル)、−NHC(O)NH(C1−9アルキル)、−S(O)(NH)(C1−9アルキル)、S(O)2(C1−9アルキル)、−S(O)2(C3−15シクロアルキル)、−S(O)2(C1−8ハロアルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2NH(C1−9アルキル)、−S(O)2N(C1−9アルキル)2、−O(C3−15シクロアルキル)、−O(C1−8ハロアルキル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−O(ヘテロシクリル)、または−O(C1−9アルキル)で置換されるが;ただし、R1が、C3アルキルであり、R2が、Fおよびヒドロキシルで置換されたC5アルキルであり、R3、R5、R6、R7が、Hであり、R4が、CNであるとき、R1は、Z1で置換される)またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログ。

技術分野

0001

関連出願への相互参照
本出願は、2017年2月16日に出願された米国仮出願第62/460,013号への利益を主張し、その開示は、その全体が参考として援用される。

0002

分野
本開示は、キナーゼIRAK4の阻害剤である新規化合物に関する。本開示は、それらの化合物を調製するための方法およびそのような化合物を含む薬学的組成物にも関する。

背景技術

0003

背景
インターロイキン−1レセプター関連キナーゼ−4(IRAK4)は、インターロイキン−1/Toll様レセプターIL−1/TLR)シグナル伝達カスケードにおけるメディエーターとして作用するセリントレオニンキナーゼである。より詳細には、IRAK4は、アダプタータンパク質であるミエロイド分化一次応答遺伝子88(MyD88)のシグナル伝達カスケードの活性化に関与し、炎症関連障害ならびに腫瘍学および非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)において役割を果たすと仮定されている。IL−1R/TLRを介したシグナル伝達は、MyD88の活性化をもたらし、IRAK4およびIRAK1をリクルートしてシグナル伝達複合体を形成する。次いで、この複合体は、一連のキナーゼ、アダプタータンパク質およびリガーゼ相互作用し、最終的には、活性化B細胞の核内因子カッパー軽鎖エンハンサー(NF−κB)および活性化タンパク質−1が活性化され、炎症性サイトカインの産生が誘導される。

0004

ゆえに、IRAK4の阻害剤は、自己免疫障害を含む炎症性障害(例えば、関節リウマチ(RA)、炎症性腸疾患(IBD)、痛風ライム関節炎全身性エリテマトーデスSLE)、シェーグレン症候群およびウイルス性心筋炎)(Joosten,L.A.Bら、TOLL−LIKERECEPTORS AND CHRONICINFLAMMATION IN RHEUMATIC DISEASES:NEW DEVELOPMENTS, Nat.Rev.Rheumatol.,346|JUNE 2016 12;344−357 Published online 12 May 2016)(Valaperti,A.ら、INNATEIMMUNE INTERLEKIN−1RECEPTOR−ASSCIATED KINASE 4 EXACERBATESVIRAL MYOCARDITIS BY REDUCINGCCR5+CD11b+ MONOCYTEMIGRATION AND IMPAIRING INTERFERON PRODUCTION,Circulation,128|SEPTEMBER2013 14;1542−1554)、ならびにI型インターフェロン症(例えば、エカディ・グティエール症候群家族性凍瘡狼瘡、および大脳白質萎縮症を伴う網膜脈管障害(Lee−Kirschら、TYPE I INTERFERONOPATHIES−AN EXPANDING DISEASESPECTRUM OF IMMUNODYSREGULATION,Semin.Immunopathol.(2015)37:349−357)の処置において有用であり得る。

0005

さらに、リンパ腫を含むある特定のがんが、腫瘍細胞生存を促進し得る構造的に活性なシグナル伝達カスケードをもたらす1つまたはそれを超える変異をMYD88アダプタータンパク質に含むことがある(Kellyら、IRAK4 inhibitors for autoimmunity and lymphoma,J.Exp.Med.2015 Vol.212 No.13 2189−2201)。

0006

ゆえに、IRAK4の阻害剤は、リンパ腫を含むがんの処置において有用であり得る。

0007

現在のところ、IRAK4を阻害する承認された医薬品は存在しない。ゆえに、医薬品として哺乳動物、特にヒトに投与するのに適した特性を有するIRAK4阻害化合物を提供することが有用だろう。
WO2016210034、WO2016210036、WO2015150995、WO2016127024およびWO2016210037には、IRAK4阻害剤として有用であると言われる化合物が列挙されている。

先行技術

0008

Joosten,L.A.Bら、TOLL−LIKERECEPTORS AND CHRONICINFLAMMATION IN RHEUMATIC DISEASES:NEW DEVELOPMENTS, Nat.Rev.Rheumatol.,346|JUNE 2016 12;344−357 Published online 12 May 2016

課題を解決するための手段

0009

発明の要旨
IRAK4の阻害剤として有用な化合物および薬学的組成物が本明細書中に提供される。本開示のいくつかの化合物には、それを必要とする被験体を処置するための、少なくとも1つの薬学的に許容され得る賦形剤とともに薬学的組成物における用途を見出し得る。本開示の化合物は、TNFα、IL−6、IL−1βおよびIL−23(これらはすべて、炎症のメディエーターである)の産生を阻害することも見出されている。本開示は、薬学的組成物を含む組成物、本化合物を含むキット、ならびに本化合物を使用する方法および生成する方法も提供する。

0010

本開示の1つの実施形態において、式(I)の化合物



(式中、
R1およびR2は、各々独立して、
必要に応じてZ1で置換されるC1−10アルキル
必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキル
必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリール
必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリール
必要に応じてZ1で置換される4〜7員の単環式テロシクリル
必要に応じてZ1で置換される6〜12員の二環式ヘテロシクリル;または
−N(R12)(R12)、−S(O)2R12、−S(O)2N(R12)(R12)もしくは−H
から選択され;
R3およびR4は、各々独立して、
H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12もしくは−S(O)2N(R12)(R12);
必要に応じてZ1で置換されるC1−9アルキル;
必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルキニル
必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルケニル
必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリール;
必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリール;
必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリル;または
必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキル
から選択され;
R5、R6およびR7は、各々独立して、
H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12もしくは−N(R12)S(O)2(R12;
必要に応じてZ1で置換されるC1−5アルキル;または
必要に応じてZ1で置換される、シクロプロピルオキセタニルもしくはアゼチジニル
から選択され;
Z1は、独立して、オキソ、ハロ、−NO2、−N3、−CN、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;
ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換され;
各Z1aは、独立して、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;
ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1bで置換され;
各R12は、独立して、H、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルであり;
ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換され;
各Z1bは、独立して、オキソ、ヒドロキシ、ハロ、−NO2、−N3、−CN、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O(C1−9アルキル)、−O(C2−6アルケニル)、−O(C2−6アルキニル)、−O(C3−15シクロアルキル)、−O(C1−8ハロアルキル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−O(ヘテロシクリル)、−NH2、−NH(C1−9アルキル)、−NH(C2−6アルケニル)、−NH(C2−6アルキニル)、−NH(C3−15シクロアルキル)、−NH(C1−8ハロアルキル)、−NH(アリール)、−NH(ヘテロアリール)、−NH(ヘテロシクリル)、−N(C1−9アルキル)2、−N(C3−15シクロアルキル)2、−N(C2−6アルケニル)2、−N(C2−6アルキニル)2、−N(C3−15シクロアルキル)2、−N(C1−8ハロアルキル)2、−N(アリール)2、−N(ヘテロアリール)2、−N(ヘテロシクリル)2、−N(C1−9アルキル)(C3−15シクロアルキル)、−N(C1−9アルキル)(C2−6アルケニル)、−N(C1−9アルキル)(C2−6アルキニル)、−N(C1−9アルキル)(C3−15シクロアルキル)、−N(C1−9アルキル)(C1−8ハロアルキル)、−N(C1−9アルキル)(アリール)、−N(C1−9アルキル)(ヘテロアリール)、−N(C1−9アルキル)(ヘテロシクリル)、−C(O)(C1−9アルキル)、−C(O)(C2−6アルケニル)、−C(O)(C2−6アルキニル)、−C(O)(C3−15シクロアルキル)、−C(O)(C1−8ハロアルキル)、−C(O)(アリール)、−C(O)(ヘテロアリール)、−C(O)(ヘテロシクリル)、−C(O)O(C1−9アルキル)、−C(O)O(C2−6アルケニル)、−C(O)O(C2−6アルキニル)、−C(O)O(C3−15シクロアルキル)、−C(O)O(C1−8ハロアルキル)、−C(O)O(アリール)、−C(O)O(ヘテロアリール)、−C(O)O(ヘテロシクリル)、−C(O)NH2、−C(O)NH(C1−9アルキル)、−C(O)NH(C2−6アルケニル)、−C(O)NH(C2−6アルキニル)、−C(O)NH(C3−15シクロアルキル)、−C(O)NH(C1−8ハロアルキル)、−C(O)NH(アリール)、−C(O)NH(ヘテロアリール)、−C(O)NH(ヘテロシクリル)、−C(O)N(C1−9アルキル)2、−C(O)N(C3−15シクロアルキル)2、−C(O)N(C2−6アルケニル)2、−C(O)N(C2−6アルキニル)2、−C(O)N(C3−15シクロアルキル)2、−C(O)N(C1−8ハロアルキル)2、−C(O)N(アリール)2、−C(O)N(ヘテロアリール)2、−C(O)N(ヘテロシクリル)2、−NHC(O)(C1−9アルキル)、−NHC(O)(C2−6アルケニル)、−NHC(O)(C2−6アルキニル)、−NHC(O)(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)(アリール)、−NHC(O)(ヘテロアリール)、−NHC(O)(ヘテロシクリル)、−NHC(O)O(C1−9アルキル)、−NHC(O)O(C2−6アルケニル)、−NHC(O)O(C2−6アルキニル)、−NHC(O)O(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)O(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)O(アリール)、−NHC(O)O(ヘテロアリール)、−NHC(O)O(ヘテロシクリル)、−NHC(O)NH(C1−9アルキル)、−NHC(O)NH(C2−6アルケニル)、−NHC(O)NH(C2−6アルキニル)、−NHC(O)NH(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)NH(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)NH(アリール)、−NHC(O)NH(ヘテロアリール)、−NHC(O)NH(ヘテロシクリル)、−SH、−S(C1−9アルキル)、−S(C2−6アルケニル)、−S(C2−6アルキニル)、−S(C3−15シクロアルキル)、−S(C1−8ハロアルキル)、−S(アリール)、−S(ヘテロアリール)、−S(ヘテロシクリル)、−NHS(O)(C1−9アルキル)、−N(C1−9アルキル)(S(O)(C1−9アルキル)、−S(O)N(C1−9アルキル)2、−S(O)(C1−9アルキル)、−S(O)(NH)(C1−9アルキル)、−S(O)(C2−6アルケニル)、−S(O)(C2−6アルキニル)、−S(O)(C3−15シクロアルキル)、−S(O)(C1−8ハロアルキル)、−S(O)(アリール)、−S(O)(ヘテロアリール)、−S(O)(ヘテロシクリル)、−S(O)2(C1−9アルキル)、−S(O)2(C2−6アルケニル)、−S(O)2(C2−6アルキニル)、−S(O)2(C3−15シクロアルキル)、−S(O)2(C1−8ハロアルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2NH(C1−9アルキル)または−S(O)2N(C1−9アルキル)2であり;
ここで、いずれのアルキル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じて1つまたはそれを超えるハロ、C1−9アルキル、C1−8ハロアルキル、−OH、−NH2、−NH(C1−9アルキル)、−NH(C3−15シクロアルキル)、−NH(C1−8ハロアルキル)、−NH(アリール)、−NH(ヘテロアリール)、−NH(ヘテロシクリル)、−N(C1−9アルキル)2、−N(C3−15シクロアルキル)2、−NHC(O)(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)(アリール)、−NHC(O)(ヘテロアリール)、−NHC(O)(ヘテロシクリル)、−NHC(O)O(C1−9アルキル)、−NHC(O)O(C2−6アルキニル)、−NHC(O)O(C3−15シクロアルキル)、−NHC(O)O(C1−8ハロアルキル)、−NHC(O)O(アリール)、−NHC(O)O(ヘテロアリール)、−NHC(O)O(ヘテロシクリル)、−NHC(O)NH(C1−9アルキル)、−S(O)(NH)(C1−9アルキル)、S(O)2(C1−9アルキル)、−S(O)2(C3−15シクロアルキル)、−S(O)2(C1−8ハロアルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2NH(C1−9アルキル)、−S(O)2N(C1−9アルキル)2、−O(C3−15シクロアルキル)、−O(C1−8ハロアルキル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−O(ヘテロシクリル)または−O(C1−9アルキル)で置換されるが;
ただし、R1が、C3アルキルであり、R2が、Fおよびヒドロキシルで置換されたC5アルキルであり、R3、R5、R6、R7が、Hであり、R4が、CNであるとき、R1は、Z1で置換される)
またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログが提供される。

0011

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換されるC1−10アルキルであるが、ただし、R1が、C3アルキルであり、R2が、Fおよびヒドロキシルで置換されるC5アルキルであり、R3、R5、R6、R7が、Hであり、R4が、CNであるとき、R1は、Z1で置換される。

0012

別の実施形態において、R1またはR2が、C1−10アルキル、C3−10シクロアルキル、5〜10員のヘテロアリール、C6−10アリール、4〜7員の単環式ヘテロシクリルまたは6〜12員の二環式ヘテロシクリルであるとき、R1もしくはR2基上の同じ原子に結合した2つのZ1基またはR1もしくはR2基上の隣接する原子に結合した2つのZ1基は、共に付加して、3〜6員のシクロアルキルまたは3〜6員のヘテロシクリルを形成する。

0013

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0014

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、メチルである。

0015

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アルキルである。

0016

別の実施形態、またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、−Cl、オキソ、−CN、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、ナフチル、ヘテロアリール、窒素もしくは硫黄を含む単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリル、C7−15シクロアルキル、−O−R9、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC1−5アルキルであり;
各存在におけるR9は、独立して、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C1−6ハロアルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールであり;
ここで、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C1−6ハロアルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールの各々は、必要に応じてZ1aで置換され;
前記C1−5アルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;
前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、ナフチル、ヘテロアリール、窒素もしくは硫黄を含む単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリルまたはC7−15シクロアルキルの各々は、必要に応じてZ1aで置換される。

0017

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0018

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換されるC1−5アルキルであり;
前記C1−5アルキルは、1つまたはそれを超えるC4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニルテトラヒドロピラニルまたはフェニルで置換され;
前記C4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはフェニルは、必要に応じてZ1aで置換され;
前記C4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはフェニルは、1つまたはそれを超えるハロ、オキソ、−CN、C2−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−7シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)によって置換され;前記C2−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−7シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルの各々は、必要に応じてZ1bで置換される。

0019

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、Fまたは−OHで必要に応じて置換されるC1−5アルキルであって、C4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはフェニルから選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC1−5アルキルであり;前記C4−6シクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはフェニルは、−OHおよび−CH3から選択される2つまたはそれを超える置換基で置換され、かつ必要に応じてZ1aで置換される。

0020

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルである。

0021

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、






である。

0022

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0023

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルである。

0024

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換されるC7−10シクロアルキルであり、前記C7−C10シクロアルキルが、ビシクロ[2.2.1]ヘプタニルであるとき、前記C7−10シクロアルキルは、オキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−15シクロアルキル、C5−8ハロアルキル、アリール、ピラゾリル、−O−R9、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)のうちの少なくとも1つで置換される。

0025

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0026

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じて1つまたはそれを超えるZ1基で置換される3〜10員の架橋二環式基である。そのような3〜10員の架橋二環式基の例は、



である。

0027

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じて1つまたはそれを超えるZ1基で置換される3〜10員の架橋ヘテロ二環式基である。そのような3〜10員の架橋二環式基の例は、



である。

0028

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、1つまたはそれを超える−O−R16で置換されたC3−6シクロアルキルであり;前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;
各存在におけるR16は、独立して、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C1−6ハロアルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールであり;C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C1−6ハロアルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールの各々は、必要に応じてZ1aで置換される。

0029

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、1つまたはそれを超える−C(O)−R11で置換されたC3−6シクロアルキルであり;前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;
各存在におけるR11は、独立して、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールであり、
各C1−9アルキルは、必要に応じて、−NO2、−N3、−CN、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C4−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルまたはヘテロアリールの各々は、必要に応じてZ1aで置換される。

0030

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、1つまたはそれを超えるオキソ、C5−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R9)(R9)、−C(O)N(H)(C4−9アルキル)、−C(O)N(H)(C3−10シクロアルキル)、−C(O)N(H)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(H)(アリール)、−C(O)N(H)(ヘテロアリール)−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換されたC3−6シクロアルキルであり;
前記C5−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−C(O)N(H)(C4−9アルキル)、−C(O)N(H)(C3−10シクロアルキル)、−C(O)N(H)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(H)(アリール)または−C(O)N(H)(ヘテロアリール)は、必要に応じてZ1aで置換され;前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;C3−6シクロアルキルが、ビシクロ[1.1.1]ペンタニルであるとき、前記ビシクロ[1.1.1]ペンタニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、−NO2、−N3、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−15シクロアルキル、C5−8ハロアルキル、アリール、ピラゾリル、−O−R16、−C(O)R11、−C(O)O−R12、−C(O)N(R9)(R9)、−C(O)N(H)(C4アルキル)、−C(O)N(H)(R16)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換される。

0031

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0032

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、C4アルキルで置換されたC3−6シクロアルキルであり、前記C4アルキルは、必要に応じて、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換され;
前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;
前記C3−6シクロアルキルが、C4アルキルで置換されたビシクロ[1.1.1]ペンタニルであるとき、前記C4アルキルは、オキソ、−NO2、−N3、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−15シクロアルキル、C5−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換される。

0033

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換されるC3−6シクロアルキルであり;前記C3−6シクロアルキルは、F、−OH、−Cl、−CN、C1−3アルキル、C1−3フルオロアルキル、C1−4ヒドロキシアルキル、C1−4アルコキシ、−C(O)NH2、−C(O)NH(C1−3アルキル);および−C(O)(C1−3フルオロアルキル)からなる群より選択される4つまたはそれを超える置換基で置換される。

0034

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、C1−3フルオロアルキルまたは−C(O)(C1−3フルオロアルキル)で置換されたC3−6シクロアルキルであり、前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;前記C1−3フルオロアルキルまたは−C(O)(C1−3フルオロアルキル)は、少なくとも1つのオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C3−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;
前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C3−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される。

0035

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、少なくとも1つのC1−3アルキルまたはC1−4ヒドロキシアルキルで置換されたC3−6シクロアルキルであり、前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;
前記C1−3アルキルまたはC1−4ヒドロキシアルキルは、オキソ、クロロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;
前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される。

0036

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、少なくとも1つのC1−4アルコキシまたはC(O)NH(C1−3アルキル)で置換されたC3−6シクロアルキルであり;前記C3−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され、前記C1−4アルコキシまたはC(O)NH(C1−3アルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される。

0037

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールである。

0038

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールであり、前記5〜10員のヘテロアリールが、フラニル、ピラニル、ピラオリル(pyrraolyl)、イミダゾリル、ピラゾリル、トリアゾイルピリジニルピリミジニルピリダジニルピラジニルチアフェニル(thiaphenyl)、オキサゾイル、チアゾイルであるとき、前記5〜10員のヘテロアリールは、必要に応じて、5〜12員の二環式環または5〜12員のヘテロ二環式環で置換され、その二環式環およびヘテロ二環式環は、縮合環スピロ環または架橋環であり得る。

0039

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0040

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換される、イミダゾリル、トリアゾリルオキサゾリルイソオキサゾリル、ピリジニル、チアジアゾールオキサジアゾール、ピリミジニル、ピリジジニル、ピラジニル、イソチアゾリルテトラゾリルチオフェニル、フラニル、トリアジニルまたは8〜10員のヘテロアリールである。

0041

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、






である。

0042

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0043

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換される6員ヘテロアリールである。

0044

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、ピリジンである。

0045

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換される4〜7員の単環式ヘテロシクリルである。

0046

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0047

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換される、アゼチジニル、モルホリニル、チオモルホリニル、4〜7員のスルタム、4〜7員の環状カルバメート、4〜7員の環状カーボネートまたは4〜7員の環式スルフィドである。

0048

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0049

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換される6〜12員の二環式ヘテロシクリルであり;前記6〜12員の二環式ヘテロシクリルが、4,5,6,7−テトラヒドロピラゾロ[1,5−a]ピラジニルであるとき、前記6〜12員の二環式ヘテロシクリルは、少なくとも1つのオキソ、C3−6シクロアルキルまたはC(O)(C1−5アルキル)で置換される。

0050

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換される6〜12員の二環式であり;前記6〜12員の二環式が、ビシクロ[2.2.2]オクタンであるとき、前記6〜12員の二環式は、C1−3アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル(alkynl)、3〜6員のシクロアルキル、3〜6員のヘテロシクリル、5〜6員のアリール、5〜6員のヘテロアリールで置換され、そのC1−3アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、3〜6員のシクロアルキル、3〜6員のヘテロシクリル、5〜6員のアリール、5〜6員のヘテロアリール基はさらに、1つまたはそれを超えるZ1a基で置換され得る。

0051

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換される6〜12員の二環式ヘテロシクリルであり;前記6〜12員の二環式ヘテロシクリルが、2−オキサビシクロ[2.2.2]オクタンであるとき、前記6〜12員の二環式ヘテロシクリルは、C1−3アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、3〜6員のシクロアルキル、3〜6員のヘテロシクリル、5〜6員のアリール、5〜6員のヘテロアリールで置換され、そのC1−3アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、3〜6員のシクロアルキル、3〜6員のヘテロシクリル、5〜6員のアリール、5〜6員のヘテロアリール基はさらに、1つまたはそれを超えるZ1a基で置換され得る。

0052

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0053

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0054

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニルピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;
前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、−Cl、オキソ、−CN、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−10シクロアルキル、アリール、ピリジニル、ピリジジニル、5〜10員の二環式ヘテロアリール、5員ヘテロアリール、窒素もしくは硫黄を含む単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)−R11、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;前記C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−10シクロアルキル、アリール、ピリジニル、ピリジジニル、5〜10員の二環式ヘテロアリール、5員のヘテロアリール、窒素もしくは硫黄を含む単環式ヘテロシクリルまたは二環式ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換され;前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリル、チアゾリルは、必要に応じてZ1で置換される。

0055

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;
前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、必要に応じてZ1で置換され;
前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリル、チアゾリルは、F、−OH、C1−4アルキル、C1−3ヒドロキシアルキル、C1−4フルオロアルキル、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−C(O)(C1−3フルオロアルキル)、−S(O)2(C1−3アルキル)、C3−6シクロアルキル、C3−6フルオロシクロアルキル、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピリミジニル、フルオロピリミジニルまたはメトキシピリミジニル(methoxyprimidinyl)から選択される3つまたはそれを超える置換基で置換される。

0056

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;前記ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、
必要に応じてZ1で置換され;前記ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−S(O)2(C1−3アルキル)、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはCH2(C3−6シクロアルキル)から独立して選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;前記−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−S(O)2(C1−3アルキル)、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニルまたはCH2(C3−6シクロアルキル)は、独立して、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される。

0057

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、必要に応じて−Fまたは−OHで置換され、かつC1−4アルキルまたはC1−3ヒドロキシアルキルから独立して選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;
前記C1−4アルキルまたはC1−3ヒドロキシアルキルは、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C7−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R16、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
ここで、いずれのアルキル、ヒドロキシアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1bで置換される。

0058

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、
R1は、オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルであり;前記オキセタニル、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピロリジニル、ピペリジニル、ピラゾリルまたはチアゾリルは、必要に応じて−Fまたは−OHで置換され、かつC1−4フルオロアルキル、−C(O)(C1−3フルオロアルキル)、C3−6シクロアルキル、C3−6フルオロシクロアルキルおよびフルオロピリミジニルから独立して選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;
前記C1−4フルオロアルキル、−C(O)(C1−3フルオロアルキル)、C3−6シクロアルキル、C3−6フルオロシクロアルキルまたはフルオロピリミジルは、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1bで置換される。

0059

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールである。

0060

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0061

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0062

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、1つまたはそれを超えるC1−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R11、−C(O)O−R12、−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)、−C(O)NH(C4−6アルキル)、−C(O)ヘテロシクリル、N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換されたC6−10アリールであり;
前記C1−6アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)、−C(O)NH(C4−6アルキル)または−C(O)ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換され;
前記C6−10アリールは、必要に応じてZ1で置換される。

0063

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、1つまたはそれを超える−C(O)NH(C1−3アルキル)で置換されたC6−10アリールであって、必要に応じてZ1aで置換されるC6−10アリールであり;
前記−C(O)NH(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される。

0064

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、1つまたはそれを超える−C(O)(C1−3フルオロアルキル)で置換されたC6−10アリールであり;前記−C(O)(C1−3フルオロアルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C3−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C3−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換され;
前記C6−10アリールは、必要に応じてZ1で置換される。

0065

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、−N(R12)(R12)、−S(O)2R12、−S(O)2N(R12)(R12)または−Hである。

0066

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R1は、



である。

0067

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換されるC1−10アルキルである。

0068

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、C1−10アルキルである。

0069

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、メチルである。

0070

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換されるC7−10アルキルである。

0071

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、1つまたはそれを超える−O(C1−2アルキル)、−NHC(O)(C1−3アルキル)または−S(O)2(C1−3アルキル)で置換されたC1−6アルキルであり;前記−O(C1−2アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C2−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C2−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記−O(C1−2アルキル)は、必要に応じて−Fで置換され;前記−NHC(O)(C1−3アルキル)または−S(O)2(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
前記C1−6アルキルは、必要に応じてZ1aで置換され;前記C2−9アルキル、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、C2−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルの各々は、必要に応じてZ1bで置換される。

0072

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0073

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、−Cl、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリル、−O(C3−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(ヘテロアリール)または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6アルキルであり;前記C4−6アルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;
前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、単環式ヘテロシクリル、二環式ヘテロシクリル、−O(C3−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−NHC(O)(C1−3アルキル)または−S(O)2(C1−3アルキル)は、必要に応じてZ1aで置換される。

0074

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、1つまたはそれを超える−O(CH2)2R17または−O(CH2)R17で置換されたC4−6アルキルであり;各存在におけるR17は、独立して、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリル、ヘテロアリール、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;
前記C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロシクリルおよびヘテロアリールは、必要に応じてZ1bで置換され;前記C4−6アルキルは、必要に応じてZ1でも置換される。

0075

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、F、ヒドロキシル、−CN、−OCH3、−OCD3、−NHC(O)(C1−3アルキル)、−S(O)2(C1−3アルキル)またはC1−2フルオロアルコキシから選択される5つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6アルキルであり;前記C4−6アルキルは、必要に応じてZ1で置換される。

0076

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、−Cl、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、ナフチル(napthyl)、二環式ヘテロシクリル、C7−15シクロアルキル、−O(CH2)2R17、−O(CH2)R17、−O(C3−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−C(O)(C1−9アルキル)、−C(O)(シクロプロピル)、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(ヘテロアリール)または−S(O)2N(R9)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC1−3アルキルであり;
前記C1−3アルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;
前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、ナフチル、二環式ヘテロシクリル、C7−15シクロアルキル、−O(C3−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)または−S(O)2(ヘテロアリール)は、必要に応じてZ1aで置換される。

0077

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0078

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、アゼチジニル、テトラヒドロフラニル、トリアゾリル、オキサゾリル、イソオキサゾリル、チアジアゾール、オキサジアゾール、ピリミジニル、ピリジジニル、ピラジニル、イソチアゾリル、テトラゾリル、フラニル、チオモルホリニル、4〜7員のスルタム、4〜7員の環状カルバメート、4〜7員の環状カーボネート、4〜7員の環式スルフィドまたは8〜10員のヘテロアリールから選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC1−3アルキルであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1aで置換され;前記C1−3アルキルは、必要に応じてZ1でも置換される。

0079

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0080

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、フェニル、オキセタニル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、ピペリジニル、イミダゾリル、ピリジニル、チオフェニルまたはC4−6シクロアルキルから選択される1つの置換基で置換されたC1−3アルキルであり;
前記フェニル、オキセタニル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、ピペリジニル、イミダゾリル、ピリジニル、チオフェニルまたはC4−6シクロアルキルは、1つまたはそれを超えるオキソ、−NO2、−N3、−CN、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O(C3−6アルキル)、−O(C3−6シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R9)(R12)で置換され;
ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換される。

0081

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換されるC1−3アルキルであり、フェニル、オキセタニル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、ピペリジニル、イミダゾリル、ピリジニル、チオフェニルまたはC4−6シクロアルキルから選択される1つの置換基で置換され;
前記フェニル、オキセタニル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、ピペリジニル、イミダゾリル、ピリジニル、チオフェニルまたはC4−6シクロアルキルは、−F、−Cl、−OH、C1−3アルキル、−O(C1−2アルキル)または−S(O)2NH2から選択される4つまたはそれを超える置換基で置換される。

0082

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、オキソで置換されたC1−3アルキルであって、ハロ、アゼチジニル、ピロリジニル、ピペラジニル、テトラヒドロフラニル、チオモルホリニル、−CN、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、C7−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R9)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で必要に応じて置換されるC1−3アルキルであり;前記C1−3アルキルは、必要に応じてZ1で置換され;
前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、シクロプロピル、C7−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アゼチジニル、ピロリジニル、ピペラジニル、テトラヒドロフラニルまたはチオモルホリニルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0083

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、−F、−OH、−OCH3、−CN、−NHC(O)(C1−3アルキル)、C1−2フルオロアルコキシまたは−S(O)2(C1−3アルキル)から選択される5つまたはそれを超える置換基で置換されたC3アルキルである。

0084

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルである。

0085

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0086

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0087

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換されるシクロプロピルである。

0088

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換されるC7−10シクロアルキルである。

0089

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0090

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、−ハロ、オキソ、−CN、C1−4アルキル、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O(C4−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)(C5−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−NH(R12)、−N(R12)(C4−9アルキル)、−N(R12)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)(ヘテロシクリル)、−N(R12)(アリール)、−N(R12)(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)O(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)O(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)O(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)O(アリール)、−N(R12)C(O)O(ヘテロアリール)、−C(O)N(R12)(C5−9アルキル)、−C(O)N(R12)(C7−10シクロアルキル)、−C(O)N(R12)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(R12)(アリール)、−C(O)N(R12)(ヘテロアリール)、−C(O)N(R9)(R9)、−C(O)O−R12、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)2R12、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6シクロアルキルであり;前記C4−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1でも置換され;前記C1−4アルキルは、必要に応じて、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R16、−O(C4−9アルキル)、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、−O(C4−9アルキル)、−O(C3−10シクロアルキル)、−O(ヘテロシクリル)、−O(アリール)、−O(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)(C5−9アルキル)、−N(R12)C(O)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)(アリール)、−N(R12)C(O)(ヘテロアリール)、−N(R12)(C4−9アルキル)、−N(R12)(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)(ヘテロシクリル)、−N(R12)(アリール)、−N(R12)(ヘテロアリール)、−N(R12)C(O)O(C4−9アルキル)、−N(R12)C(O)O(C3−10シクロアルキル)、−N(R12)C(O)O(ヘテロシクリル)、−N(R12)C(O)O(アリール)、−N(R12)C(O)O(ヘテロアリール)、−C(O)N(R12)(C5−9アルキル)、−C(O)N(R12)(C7−10シクロアルキル)、−C(O)N(R12)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(R12)(アリール)、−C(O)N(R12)(ヘテロアリール)、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルの各々は、必要に応じてZ1aで置換される。

0091

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0092

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、C1−4ヒドロキシアルキル、C1−3アルコキシ、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−C(O)NH(C1−4アルキル)、−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)、−N(C1−3アルキル)2、−NHC(O)O(C1−3アルキル)、−NHC(O)(C1−4ヒドロキシアルキル)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6シクロアルキルであり;前記C4−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;
前記−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)は、Z1aで置換され;前記C1−4ヒドロキシアルキルまたは−NHC(O)(C1−4ヒドロキシアルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
前記C1−3アルコキシ、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−N(C1−3アルキル)2、−NHC(O)O(C1−3アルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記−C(O)NH(C1−4アルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C3−9アルキル、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルの各々は、必要に応じてZ1bで置換される。

0093

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0094

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、1つまたはそれを超える−NHC(O)(C1−3アルキル)で置換されたC4−6シクロアルキルであり;ここで、少なくとも1つの−NHC(O)(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C4−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換され;
前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0095

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0096

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、−OH、C1−4ヒドロキシアルキル、C1−3アルコキシ、−(CH2)1−3O(C1−3アルキル)、−C(O)NH(C1−4アルキル)、−C(O)NH(C3−6シクロアルキル)、−N(C1−3アルキル)2、−NHC(O)(C1−3アルキル)、−NHC(O)O(C1−3アルキル)または−NHC(O)(C1−4ヒドロキシアルキル)から選択される3つまたはそれを超える置換基で置換されたC4−6シクロアルキルであり;前記C4−6シクロアルキルは、必要に応じてZ1で置換される。

0097

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールである。

0098

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、オキサゾリル、イソオキサゾリル、チアジアゾール、チアゾール、オキサジアゾール、イソチアゾリル、テトラゾリル、チオフェニル、フラニルまたは6〜10員のヘテロアリールであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1で置換される。

0099

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換される4〜7員の単環式ヘテロシクリルである。

0100

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0101

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、アゼチジニル、オキセタニル、ピロリジニル、モルホリニル、チオモルホリニル、4〜7員の(4−7 membereded)スルタム、4〜7員の環状カルバメート、4〜7員の環状カーボネートまたは4〜7員の環式スルフィドであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1で置換される。

0102

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0103

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;
前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、オキソ、ハロ、−CN、C2−4アルキル、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(アリール)、−S(O)2(ヘテロアリール)、−S(O)(NH)R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択される1つまたはそれを超える置換基で置換され;
前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル、ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、必要に応じてZ1aで置換され;
前記C2−4アルキルは、必要に応じて、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
前記C3−9アルキル、C5−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−S(O)2(C4−9アルキル)、−S(O)2(C3−10シクロアルキル)、−S(O)2(ヘテロシクリル)、−S(O)2(アリール)または−S(O)2(ヘテロアリール)の各々は、必要に応じてZ1aで置換される。

0104

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0105

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;
前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超えるC1アルキルで置換され;
前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル、ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、必要に応じてZ1で置換され;
前記C1アルキルは、必要に応じて、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R9)(R9)、−C(O)N(R12)(C4−9アルキル)、−C(O)N(R12)(C3−10シクロアルキル)、−C(O)N(R12)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(R12)(アリール)、−C(O)N(R12)(ヘテロアリール)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−C(O)N(R12)(C3−10シクロアルキル)、−C(O)N(R12)(ヘテロシクリル)、−C(O)N(R12)(アリール)、−C(O)N(R12)(ヘテロアリール)は、必要に応じてZ1aで置換される。

0106

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1で置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超えるS(O)2(C1−3アルキル)で置換され;前記S(O)2(C1−3アルキル)は、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される。

0107

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1で置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超えるC1−4ヒドロキシアルキルで置換され;前記C1−4ヒドロキシアルキルは、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される。

0108

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニルピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;それらのいずれもが必要に応じてZ1で置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超える−CH2C(O)NH(C1−6アルキル)で置換され;前記−CH2C(O)NH(C1−6アルキル)は、オキソ、−Cl、−NO2、−CN、−N3、C6−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;前記−CH2C(O)NH(C1−6アルキル)は、必要に応じてZ1aで置換され;前記C6−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1bで置換される。

0109

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル、ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルであり;
前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル、ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、1つまたはそれを超える−CH2C(O)NH(C4−6アルキル)で置換され;前記テトラヒドロフラニル、テトラヒドロピラニル、ピペリジニル、ピペラジニル ピロリル、ピラゾリル、イミダゾリルまたはトリアゾリルは、必要に応じてZ1で置換される。

0110

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールである。

0111

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、必要に応じてZ1で置換される6〜12員の二環式ヘテロシクリルであり;前記6〜12員の二環式ヘテロシクリルが、1−オキサ−7−アザスピロ[3.5]ノナニルであるとき、前記1−オキサ−7−アザスピロ[3.5]ノナニルは、1つまたはそれを超えるZ1で置換される。

0112

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



である。

0113

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、−N(R12)(R12)、−S(O)2R12、−S(O)2N(R12)(R12);または−Hである。

0114

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R2は、



または−Hである。

0115

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12)、−SR12および−S(O)2N(R12)(R12)から選択される。

0116

別の実施形態、その薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物または重水素化アナログにおいて、R3は、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R9)(R9)、−NH(R9)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2(R12)、−S−R12または−S(O)2N(R12)(R12)から選択され;
前記−N(H)(R9)が、NH(C1−3アルキル)であるか、−N(H)(R9)が、NH(C1−4ヒドロキシアルキル)であるか、または−O−R12が、−O(C1−3アルキル)であるとき、前記NH(C1−3アルキル)、NH(C1−4ヒドロキシアルキル)または−O(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;
前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0117

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、



である。

0118

別の実施形態、その薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物または重水素化アナログにおいて、R3は、−O(C4アルキル)または−N(H)(C4アルキル)から選択され;前記−O(C4アルキル)は、必要に応じてZ1aで置換され;前記−N(H)(C4アルキル)は、必要に応じて、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0119

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換されるC1−9アルキルである。

0120

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてFで置換されるC1−2アルキルであって、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−N3、−CN、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換されたC1−2アルキルであり;
前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0121

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、



である。

0122

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、1つまたはそれを超えるZ1で置換されたC3アルキルである。

0123

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換されるC4−9アルキルである。

0124

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルキニルである。

0125

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、



である。

0126

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルケニルである。

0127

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールである。

0128

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールであり;前記5〜10員のヘテロアリールが、ピリジニルである場合、前記ピリジニルは、1つまたはそれを超えるZ1でさらに置換される。

0129

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールである。

0130

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールであり;
前記C6−10アリールが、シアノフェニルであるとき、前記シアノフェニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0131

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリルである。

0132

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリルであり;前記4〜12員のヘテロシクリルが、ヒドロキシピロリジニルであるとき、前記ヒドロキシピロリジニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−CN、−NO2、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;
前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0133

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルである。

0134

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、1つまたはそれを超えるZ1で置換されたC3−6シクロアルキルである。

0135

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、必要に応じてZ1で置換されるC7−10シクロアルキルである。

0136

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12)、−SR12または−S(O)2N(R12)(R12)である。

0137

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、



である。

0138

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R9)(R9)、−NH(R9)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)C(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2(R12)、−S−R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;前記−N(H)(R9)が、NH(C1−3アルキル)であるか、−N(H)(R9)が、NH(C1−4ヒドロキシアルキル)であるか、または−O−R12が、−O(C1−3アルキル)であるとき、前記NH(C1−3アルキル)、NH(C1−4ヒドロキシアルキル)または−O(C1−3アルキル)は、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C4−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0139

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、−O(C4アルキル)または−N(H)(C4アルキル)から選択され;前記−O(C4アルキル)は、必要に応じてZ1aで置換され;
前記−N(H)(C4アルキル)は、必要に応じて、オキソ、ハロ、−NO2、−CN、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(V)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換され;
前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0140

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換されるC1−9アルキルである。

0141

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてFで置換されるC1−2アルキルであって、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−N3、−CN、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換されたC1−2アルキルであり;前記C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0142

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、1つまたはそれを超えるZ1で置換されたC3アルキルである。

0143

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換されるC4−9アルキルである。

0144

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルキニルである。

0145

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換されるC2−9アルケニルである。

0146

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールである。

0147

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、



である。

0148

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換される5〜10員のヘテロアリールであり;前記5〜10員のヘテロアリールが、ピリジニルであるとき、前記ピリジニルは、1つまたはそれを超えるZ1でさらに置換される。

0149

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールである。

0150

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換されるC6−10アリールであり;
前記C6−10アリールが、シアノフェニルであるとき、前記シアノフェニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−NO2、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0151

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリルである。

0152

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換される4〜12員のヘテロシクリルであり;前記4〜12員のヘテロシクリルが、ヒドロキシピロリジニルであるとき、前記ヒドロキシピロリジニルは、1つまたはそれを超えるオキソ、ハロ、−CN、−NO2、−N3、C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R9、−C(O)R12、−C(O)O−R12、−C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)−C(O)R12、−N(R12)C(O)O(R12)、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−N(R12)S(O)2−N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)OR12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)でさらに置換され;
前記C1−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルは、必要に応じてZ1aで置換される。

0153

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換されるC3−10シクロアルキルである。

0154

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、1つまたはそれを超えるZ1で置換されたC3−6シクロアルキルである。

0155

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、必要に応じてZ1で置換されるC7−10シクロアルキルである。

0156

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つは、独立して、H、ハロ、−NO2、−CN、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R9)(R9)、NH(R9)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12または−N(R12)S(O)2(R12)から選択される。

0157

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つは、独立して、−NO2、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R9)(R9)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12または−N(R12)S(O)2(R12)から選択される。

0158

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つは、独立して、必要に応じてZ1で置換されるC1−5アルキルである。

0159

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つは、独立して、必要に応じてFで置換されるC1−2アルキルであって、1つまたはそれを超えるオキソ、−Cl、−NO2、−N3、−CN、C3−9アルキル、C2−6アルケニル、C2−6アルキニル、C3−15シクロアルキル、C1−8ハロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)O−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)2(R12)+、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)C(O)N(R12)(R12)、−N(R12)S(O)2(R12)、−NR12S(O)2N(R12)(R12)、−NR12S(O)2O(R12)、−OC(O)R12、−OC(O)−N(R12)(R12)、−Si(R12)3、−S−R12、−S(O)R12、−S(O)(NH)R12、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)で置換されたC1−2アルキルであり;ここで、いずれのアルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、ハロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換される。

0160

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つは、独立して、1つまたはそれを超えるZ1で置換されたC3アルキルである。

0161

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つは、独立して、必要に応じてZ1で置換されるC4−5アルキルである。

0162

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つは、独立して、必要に応じてZ1で置換される、シクロプロピル、オキセタニルまたはアゼチジニルである。

0163

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R5、R6またはR7のうちの少なくとも1つは、独立して、シクロプロピル、オキセタニルまたはアゼチジニルであり;前記シクロプロピルは、1つまたはそれを超えるZ1で置換され;前記オキセタニルまたはアゼチジニルは、必要に応じてZ1で置換される。

0164

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3、R4、R5、R6またはR7の2つ以下が、Hである。

0165

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R3は、HまたはFである。

0166

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R4は、H、F、−CNまたはClである。

0167

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R5は、HまたはFである。

0168

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R6は、HまたはFである。

0169

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、R7は、HまたはFである。

0170

別の実施形態またはその薬学的に許容され得る塩、立体異性体、立体異性体の混合物もしくは重水素化アナログにおいて、Z1は、選択されたH、ハロ、−CN、C1−9アルキル、C3−15シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、−O−R12、−C(O)−R12、−C(O)−N(R12)(R12)、−N(R12)(R12)、−N(R12)C(O)−R12、−N(R12)C(O)O−R12、−N(R12)S(O)2(R12)、−OC(O)−N(R12)(R12)、−S(O)2R12または−S(O)2N(R12)(R12)であり;
ここで、いずれのアルキル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルも、必要に応じてZ1aで置換される。

0171

本開示の別の実施形態は、本開示の化合物を、薬学的に許容され得るキャリアおよび必要に応じて希釈剤とともに含む薬学的組成物を提供する。

0172

本開示の別の実施形態は、炎症関連疾患または炎症関連障害の処置を必要とする患者において炎症関連疾患または炎症関連障害を処置する方法を提供し、その方法は、本開示の化合物またはその薬学的組成物を前記患者に投与することを含む。

0173

発明の詳細な説明
定義
以下の記載は、例示的な方法、パラメータなどを説明する。しかしながら、そのような記載は、本開示の範囲に対する限定として意図されておらず、その代わりに、例示的な実施形態の記載として提供されていることを認識するべきである。

0174

2つの文字または符号の間に存在するものではないダッシュ(「−」)は、置換基に対する結合点を示すために使用されている。例えば、−C(O)NH2は、炭素原子を介して結合される。化学基最前部または最後部におけるダッシュは、便宜上の事であり;化学基は、それらの通常の意味を失わなければ、1つまたはそれを超えるダッシュを伴って表されてもよいし、伴わずに表されてもよい。構造において線を通って描かれる波線は、基の結合点を示す。化学的にまたは構造的に必要とされない限り、方向性は、化学基が記載もしくは命名される順序によって、示されることも暗示されることもない。

0175

接頭辞「Cu−v」は、次に続く基がu〜v個の炭素原子を有することを示す。例えば、「C1−6アルキル」は、そのアルキル基が1〜6個の炭素原子を有することを示す。

0176

本明細書中での「約」ある値(a value)またはパラメータへの言及は、その値自体またはそのパラメータ自体に関する実施形態を含む(および記載する)。ある特定の実施形態において、用語「約」は、示される量±10%を含む。他の実施形態において、用語「約」は、示される量±5%を含む。ある特定の他の実施形態において、用語「約」は、示される量±1%を含む。また、用語「約X」は、「X」の記載を含む。また、単数形「a」および「the」は、文脈が明らかに他のことを指示しない限り、複数の指示対象を含む。したがって、例えば、「その化合物(the compound)」への言及は、複数のそのような化合物を含み、「そのアッセイ(the assay)」への言及は、1つまたはそれを超えるアッセイおよび当業者に公知のその等価物への言及を含む。

0177

「アルキル」とは、非分枝状または分枝状の飽和炭化水素鎖のことを指す。本明細書中で使用されるとき、アルキルは、1〜20個の炭素原子(すなわち、C1−20アルキル)、1〜8個の炭素原子(すなわち、C1−8アルキル)、1〜6個の炭素原子(すなわち、C1−6アルキル)または1〜4個の炭素原子(すなわち、C1−4アルキル)を有する。アルキル基の例としては、メチル、エチルプロピルイソプロピルn−ブチル、sec−ブチル、iso−ブチル、tert−ブチル、ペンチル、2−ペンチル、イソペンチルネオペンチルヘキシル、2−ヘキシル、3−ヘキシルおよび3−メチルペンチルが挙げられる。特定の数の炭素を有するアルキル残基が、化学名によって命名されるか、または分子式によって特定されるとき、その数の炭素を有するすべての位置異性体包含され得る;したがって、例えば、「ブチル」は、n−ブチル(すなわち、−(CH2)3CH3)、sec−ブチル(すなわち、−CH(CH3)CH2CH3)、イソブチル(すなわち、−CH2CH(CH3)2)およびtert−ブチル(すなわち、−C(CH3)3)を含み;「プロピル」は、n−プロピル(すなわち、−(CH2)2CH3)およびイソプロピル(すなわち、−CH(CH3)2)を含む。

0178

「アルケニル」とは、少なくとも1つの炭素−炭素二重結合を含み、2〜20個の炭素原子(すなわち、C2−20アルケニル)、2〜8個の炭素原子(すなわち、C2−8アルケニル)、2〜6個の炭素原子(すなわち、C2−6アルケニル)または2〜4個の炭素原子(すなわち、C2−4アルケニル)を有するアルキル基のことを指す。アルケニル基の例としては、エテニルプロペニルブタジエニル(1,2−ブタジエニルおよび1,3−ブタジエニルを含む)が挙げられる。

0179

「アルキニル」とは、少なくとも1つの炭素−炭素三重結合を含み、2〜20個の炭素原子(すなわち、C2−20アルキニル)、2〜8個の炭素原子(すなわち、C2−8アルキニル)、2〜6個の炭素原子(すなわち、C2−6アルキニル)または2〜4個の炭素原子(すなわち、C2−4アルキニル)を有するアルキル基のことを指す。用語「アルキニル」は、1つの三重結合および1つの二重結合を有するそれらの基も含む。

0180

「アルコキシ」とは、基「アルキル−O−」のことを指す。アルコキシ基の例としては、メトキシ、エトキシ、n−プロポキシ、iso−プロポキシ、n−ブトキシ、tert−ブトキシ、sec−ブトキシ、n−ペントキシ、n−ヘキソキシおよび1,2−ジメチルブトキシが挙げられる。

0181

ハロアルコキシ」とは、1つまたはそれを超える水素原子ハロゲンによって置き換えられた、上で定義されたようなアルコキシ基のことを指す。

0182

アルキルチオ」とは、基「アルキル−S−」のことを指す。

0183

アミノ」とは、基−NRyRyのことを指し、ここで、各Ryは、独立して、本明細書中で定義されるような、水素、アルキル、アルケニル、アルキニル、アリール、ヘテロシクリル、シクロアルキルまたはヘテロアリールからなる群より選択され、それらの各々は、必要に応じて置換される。

0184

「アリール」とは、単一の環(例えば、単環式)、または縮合系を含む複数の環(例えば、二環式または三環式)を有する芳香族炭素環式基のことを指す。本明細書中で使用されるとき、アリールは、6〜20個の環炭素原子(すなわち、C6−20アリール)、6〜12個の炭素環原子(すなわち、C6−12アリール)または6〜10個の炭素環原子(すなわち、C6−10アリール)を有する。アリール基の例としては、フェニル、ナフチル、フルオレニルおよびアントリルが挙げられる。しかしながら、アリールは、下記に定義されるヘテロアリールを決して包含しないし、該ヘテロアリールと重複もしない。1つまたはそれを超えるアリール基が、ヘテロアリールと縮合する場合、得られる環系は、ヘテロアリールである。1つまたはそれを超えるアリール基が、ヘテロシクリルと縮合する場合、得られる環系は、ヘテロシクリルである。

0185

シアノ」とは、基−CNのことを指す。

0186

ケト」または「オキソ」とは、基=Oのことを指す。

0187

カルバモイル」とは、基−O−C(O)NRyRzのことを指す「O−カルバモイル」基と、基−NRyC(O)ORzのことを指す「N−カルバモイル」基の両方のことを指し、ここで、RyおよびRzは、独立して、水素、アルキル、アリール、ハロアルキルまたはヘテロアリールからなる群より選択され;それらの各々は、必要に応じて置換され得る。

0188

カルボキシル」とは、−C(O)OHのことを指す。

0189

エステル」とは、−OC(O)Rと−C(O)ORの両方のことを指し、ここで、Rは、置換基であり;それらの各々は、本明細書中で定義されるように必要に応じて置換され得る。

0190

「シクロアルキル」とは、単一の環または複数の環(縮合環系、架橋環系およびスピロ環系を含む)を有する飽和または部分不飽和環式アルキル基のことを指す。用語「シクロアルキル」は、シクロアルケニル基(すなわち、少なくとも1つの二重結合を有する環式基)を含む。本明細書中で使用されるとき、シクロアルキルは、3〜20個の環炭素原子(すなわち、C3−20シクロアルキル)、3〜12個の環炭素原子(すなわち、C3−12シクロアルキル)、3〜10個の環炭素原子(すなわち、C3−10シクロアルキル)、3〜8個の環炭素原子(すなわち、C3−8シクロアルキル)または3〜6個の環炭素原子(すなわち、C3−6シクロアルキル)を有する。シクロアルキル基の例としては、シクロプロピル、シクロブチルシクロペンチルおよびシクロヘキシルが挙げられる。

0191

「ハロゲン」または「ハロ」は、フルオロ、クロロ、ブロモおよびヨードを含む。「ハロアルキル」とは、1つまたはそれを超える水素原子がハロゲンによって置き換えられた、上で定義されたような非分枝状または分枝状のアルキル基のことを指す。例えば、ある残基が、1つより多いハロゲンで置換されている場合、それは、結合したハロゲン部分の数に対応する接頭辞を用いることによって呼ばれることがある。ジハロアルキルおよびトリハロアルキルとは、2つの(「ジ」)または3つの(「トリ」)ハロ基で置換されたアルキルのことを指し、そのハロ基は、同じハロゲンであってもよいが必ずしも同じとは限らない。ハロアルキルの例としては、ジフルオロメチル(−CHF2)およびトリフルオロメチル(−CF3)が挙げられる。

0192

ヘテロアルキル」とは、1つまたはそれを超える炭素原子(および任意の会合している水素原子)が各々独立して同じまたは異なるヘテロ原子団(heteroatomic group)で置き換えられているアルキル基のことを指す。用語「ヘテロアルキル」は、炭素およびヘテロ原子を有する非分枝状または分枝状の飽和鎖を含む。例として、1、2または3つの炭素原子が、独立して、同じまたは異なるヘテロ原子団で置き換えられ得る。ヘテロ原子団としては、−NR−、−O−、−S−、−S(O)−、−S(O)2−などが挙げられるが、これらに限定されず、ここで、Rは、H、アルキル、アリール、シクロアルキル、ヘテロアルキル、ヘテロアリールまたはヘテロシクリルであり、それらの各々が、必要に応じて置換され得る。ヘテロアルキル基の例としては、−OCH3、−CH2OCH3、−SCH3、−CH2SCH3、−NRCH3および−CH2NRCH3が挙げられ、ここで、Rは、水素、アルキル、アリール、アリールアルキル、ヘテロアルキルまたはヘテロアリールであり、それらの各々が、必要に応じて置換され得る。本明細書中で使用されるとき、ヘテロアルキルは、1〜10個の炭素原子、1〜8個の炭素原子または1〜4個の炭素原子;および1〜3個のヘテロ原子、1〜2個のヘテロ原子または1個のヘテロ原子を含む。

0193

「ヘテロアリール」とは、窒素、酸素および硫黄から独立して選択される1つまたはそれを超える環ヘテロ原子を有する、単一の環、複数の環または複数の縮合環を有する芳香族基のことを指す。本明細書中で使用されるとき、ヘテロアリールは、1〜20個の環炭素原子(すなわち、C1−20ヘテロアリール)、3〜12個の環炭素原子(すなわち、C3−12ヘテロアリール)または3〜8個の炭素環原子(すなわち、C3−8ヘテロアリール);ならびに窒素、酸素および硫黄から独立して選択される1〜5個のヘテロ原子、1〜4個のヘテロ原子、1〜3個の環ヘテロ原子、1〜2個の環ヘテロ原子または1個の環ヘテロ原子を含む。ヘテロアリール基の例としては、ピリミジニル、プリニル、ピリジル、ピリダジニル、ベンゾチアゾリルおよびピラゾリルが挙げられる。縮合ヘテロアリール環の例としては、ベンゾ[d]チアゾリル、キノリニルイソキノリニル、ベンゾ[b]チオフェニル、インダゾリル、ベンゾ[d]イミダゾリル、ピラゾロ[1,5−a]ピリジニルおよびイミダゾ[1,5−a]ピリジニルが挙げられるが、これらに限定されず、ここで、そのヘテロアリールは、縮合系のいずれかの環を介して結合し得る。少なくとも1つのヘテロ原子を含む単一または複数の縮合環を有するいずれの芳香環も、その分子の残部への結合に関係なくヘテロアリールとみなされる(すなわち、縮合環のいずれか1つを介する)。ヘテロアリールは、上で定義されたようなアリールを包含しないし、該アリールと重複もしない。

0194

「ヘテロシクリル」とは、窒素、酸素および硫黄から独立して選択される1つまたはそれを超える環ヘテロ原子を有する飽和または不飽和の環式アルキル基のことを指す。用語「ヘテロシクリル」は、ヘテロシクロアルケニル基(すなわち、少なくとも1つの二重結合を有するヘテロシクリル基)、二環式ヘテロシクリル基、架橋ヘテロシクリル基、縮合ヘテロシクリル基およびスピロ−ヘテロシクリル基を含む。ヘテロシクリルは、単一の環であっても複数の環であってもよく、その複数の環は、縮合環、架橋環またはスピロ環であり得る。少なくとも1つのヘテロ原子を含むいずれの非芳香環も、結合に関係なくヘテロシクリルとみなされる(すなわち、炭素原子またはヘテロ原子を介して結合され得る)。さらに、ヘテロシクリルという用語は、少なくとも1つのヘテロ原子を含む任意の非芳香環を包含すると意図されており、その環は、その分子の残部への結合に関係なく、アリール環またはヘテロアリール環に縮合され得る。本明細書中で使用されるとき、ヘテロシクリルは、2〜20個の環原子(すなわち、4〜20員のヘテロシクリル)、2〜個の環原子(2 to ring atoms)(すなわち、4〜12員のヘテロシクリル)、4〜10個の環原子(すなわち、4〜10員のヘテロシクリル)、4〜8個の環原子(すなわち、4〜8員のヘテロシクリル)または4〜6個の環炭素原子(すなわち、4〜6員のヘテロシクリル)を有し、窒素、硫黄または酸素から独立して選択される1〜5個の環ヘテロ原子、1〜4個の環ヘテロ原子、1〜3個の環ヘテロ原子、1〜2個の環ヘテロ原子または1個の環ヘテロ原子を有する。ヘテロシクリルは、1つまたはそれを超えるオキソおよび/またはチオキソ基を含み得る。ヘテロシクリル基の例としては、ピロリジニル、ピペリジニル、ピペラジニル、オキセタニル、ジオキソラニル、アゼチジニル、アゼチジニル、モルホリニル、チオモルホリニル、4〜7員のスルタム、4〜7員の環状カルバメート、4〜7員の環状カーボネート、4〜7員の環状スルフィドおよびモルホリニルが挙げられる。本明細書中で使用されるとき、用語「架橋ヘテロシクリル」とは、そのヘテロシクリルの隣接していない2つの原子において、少なくとも1つのヘテロ原子(ここで、各ヘテロ原子は、独立して、窒素、酸素および硫黄から選択される)を有する1つまたはそれを超える(例えば、1つまたは2つの)4〜10員の環式部分と接続されている4〜10員の環式部分のことを指す。本明細書中で使用されるとき、架橋ヘテロシクリルには、二環式環系および三環式環系が含まれる。用語「スピロ−ヘテロシクリル」も本明細書中で使用され、この用語は、3〜10員のヘテロシクリルが1つまたはそれを超えるさらなる環を有する環系のことを指し、ここで、その1つまたはそれを超えるさらなる環は、3〜10員のシクロアルキルまたは3〜10員のヘテロシクリルであり、その1つまたはそれを超えるさらなる環の単一の原子が、その3〜10員のヘテロシクリルの原子でもある。スピロ−ヘテロシクリル環の例としては、二環式環系および三環式環系(例えば、2−オキサ−7−アザスピロ[3.5]ノナニル、2−オキサ−6−アザスピロ[3.4]オクタニルおよび6−オキサ−1−アザスピロ[3.3]ヘプタニル)が挙げられる。縮合ヘテロシクリル環の例としては、1,2,3,4−テトラヒドロイソキノリニル、1−オキソ−1,2,3,4−テトラヒドロイソキノリニル、1−オキソ−1,2−ジヒドロイソキノリニル、4,5,6,7−テトラヒドロチエノ[2,3−c]ピリジニル、インドリニルおよびイソインドリニル(ここで、このヘテロシクリルは、その縮合系のいずれかの環を介して結合され得る)が挙げられるが、これらに限定されない。本明細書中で使用されるとき、二環式ヘテロシクリル基は、別の環式基に2点において結合したヘテロシクリル基であり、ここで、その他方の環式基は、それ自体が複素環式基または炭素環式基であり得る。

0195

本明細書中で使用されるとき、用語「窒素または硫黄を含むヘテロシクリル」は、少なくとも1つの窒素原子もしくは少なくとも1つの硫黄原子または窒素原子と硫黄原子の両方をその環状構造内に含むヘテロシクリル部分を意味する。酸素をはじめとした他のヘテロ原子が、窒素、硫黄またはそれらの組み合わせに加えて存在し得ることが理解されるべきである。窒素または硫黄を含むヘテロシクリルの例としては、モルホリニル、チオモルホリニル、チアゾリル、イソチアゾリル、オキサゾリジノン1,2ジチオリル、ピペリジニル、ピペラジニルなどが挙げられる。

0196

「ヒドロキシ」または「ヒドロキシル」とは、基−OHのことを指す。「ヒドロキシアルキル」とは、1つまたはそれを超える水素原子がヒドロキシルによって置き換えられた、上で定義されたような非分枝状または分枝状のアルキル基のことを指す。

0197

ニトロ」とは、基−NO2のことを指す。

0198

スルホニル」とは、基−S(O)2R(ここで、Rは、置換基または規定の基である)のことを指す。

0199

アルキルスルホニル」とは、基−S(O)2R(ここで、Rは、置換基または規定の基である)のことを指す。

0200

アルキルスルフィニル」とは、基−S(O)R(ここで、Rは、置換基または規定の基である)のことを指す。

0201

チオシアネート」−SCN。

0202

チオール」とは、基−SR(ここで、Rは、置換基または規定の基である)のことを指す。

0203

「チオキソ」または「チオン」とは、基(=S)または(S)のことを指す。

0204

通常使用されるある特定の代替の化学名を使用してもよい。例えば、二価の基、例えば、二価の「アルキル」基、二価の「アリール」基などは、それぞれ、「アルキレン」基または「アルキレニル」基、「アリーレン」基または「アリーレニル」基とも呼ばれ得る。また、別段明示的に示されない限り、基の組み合わせが、1つの部分、例えば、アリールアルキルとして本明細書中で呼ばれる場合、最後に述べられる基が、その部分がその分子の残部に結合する原子を含む。

0205

用語「随意の」または「必要に応じて」は、その後に記載される事象または状況が、生じてもよいし、生じなくてもよいこと、ならびにその記載には、前記事象または状況が生じる場合およびそれらが生じない場合が含まれることを意味する。また、用語「必要に応じて置換される」とは、指定の原子または基におけるいずれか1つまたはそれを超える水素原子が、水素以外の部分によって置き換えられてもよいし、置き換えられなくてもよいことを指す。「必要に応じて置換される」は、ゼロから、考えられる最大数までの置換であり得、その発生の各々は、独立している。用語「置換される」が使用されるとき、その置換は、示されている置換基の置換可能な水素原子において行われる必要がある。随意の置換は、(必要とされる)置換と同じであってもよいし、異なってもよい。

0206

ある部分が、「必要に応じて置換される」とき、かつ任意の「アルキル」、「アルケニル」、「アルキニル」、「ハロアルキル」、「シクロアルキル」、「アリール」または「ヘテロアリール」などの一般用語について言及するとき、その一般用語は、具体的に列挙される任意の先の用語(例えば、(C1−3アルキル)、(C4−6アルキル)、−O(C1−4アルキル)、(C3−10シクロアルキル)、O−(C3−10シクロアルキル)など)のことを指し得る。例えば、「任意のアリール」には、「アリール」と「−O(アリール)」の両方、ならびにアリールの例(例えば、フェニルまたはナフチルなど)が含まれる。また、用語「任意のヘテロシクリル」には、用語「ヘテロシクリル」と「O−(ヘテロシクリル)」の両方、ならびにヘテロシクリルの例(例えば、オキセタニル、テトラヒドロピラニル、モルホリノ、ピペリジニルなど)が含まれる。同様に、用語「任意のヘテロアリール」には、用語「ヘテロアリール」および「O−(ヘテロアリール(heteroryl))」ならびに特定のヘテロアリール(例えば、ピリジンなど)が含まれる。

0207

上記化合物のいくつかは、互変異性体として存在する。互変異性体は、互いと平衡している。例えば、アミド含有化合物は、イミド酸互変異性体と平衡して存在し得る。どの互変異性体が示されているかに関係なく、および互変異性体の間の平衡の性質に関係なく、それらの化合物は、アミド互変異性体とイミド酸互変異性体の両方を含むと当業者によって理解される。したがって、アミド含有化合物は、それらのイミド酸互変異性体を含むと理解される。同様に、イミド酸含有化合物は、それらのアミド互変異性体を含むと理解される。

0208

本明細書中に与えられる任意の式または構造は、本化合物の未標識の形態ならびに同位体標識された形態を表すとも意図されている。同位体標識された化合物は、1つまたはそれを超える原子が、選択された原子質量または質量数を有する原子によって置き換えられていること以外は本明細書中に与えられる式によって表される構造を有する。本開示の化合物に組み込まれ得る同位体の例としては、水素、炭素、窒素、酸素、リン(phosphorous)、フッ素および塩素の同位体(例えば、2H(ジュウテリウム、D)、3H(トリチウム)、11C、13C、14C、15N、18F、31P、32P、35S、36Clおよび125Iであるがこれらに限定されない)が挙げられる。様々な同位体標識された本開示の化合物、例えば、3H、13Cおよび14Cなどの放射性同位体が組み込まれた化合物。そのような同位体標識された化合物は、代謝研究、反応動態研究、検出もしくはイメージング技術(例えば、ポジトロン放出断層撮影法(PET)または単一光子放射型コンピュータ断層撮影法(SPECT)(薬物または基質組織分布アッセイを含む))または患者の放射線処置において有用であり得る。

0209

本開示は、炭素原子に結合した1〜n個の水素がジュウテリウムによって置き換えられた式Iの化合物の「重水素化アナログ」も含む(nは、当該分子における水素の数である)。そのような化合物は、代謝に対して高い抵抗性を示すので、哺乳動物、特にヒトに投与されたとき、式Iの任意の化合物の半減期延長するために有用である。例えば、Foster,“Deuterium Isotope Effects in Studies of Drug Metabolism,”TrendsPharmacol.Sci.5(12):524−527(1984)を参照のこと。そのような化合物は、当該分野で周知の手段によって、例えば、1つまたはそれを超える水素がジュウテリウムによって置き換えられた出発原料を使用することによって、合成される。

0210

ジュウテリウムで標識または置換された本開示の治療的化合物は、分布、代謝および排出(ADME)に関する改善されたDMPK薬物代謝および薬物動態)特性を有し得る。ジュウテリウムなどのより重い同位体による置換は、より高い代謝的安定性、例えば、インビボ半減期の延長、必要投与量の減少および/または治療指数の改善に起因する、ある特定の治療上の利点をもたらし得る。18F標識化合物は、PETまたはSPECT研究に有用であり得る。同位体標識された本開示の化合物およびそのプロドラッグは、通常、同位体標識されていない試薬の代わりに、容易に入手可能な同位体標識された試薬を用いて、下記に記載されるスキームまたは実施例および調製法に開示されている手順を行うことによって調製され得る。この文脈におけるジュウテリウムは、式Iの化合物における置換基とみなされると理解される。

0211

そのようなより重い同位体、詳細にはジュウテリウムの濃度は、同位体濃縮係数によって定義され得る。本開示の化合物において、特定の同位体として明確に指定されていないいずれの原子も、その原子の任意の安定な同位体であると意味されている。別段述べられない限り、ある位置が、「H」または「水素」として明確に指定されているとき、その位置は、その天然存在度同位体組成の水素を有すると理解される。したがって、本開示の化合物において、ジュウテリウム(D)として明確に指定されているいずれの原子も、ジュウテリウムであると意味される。

0212

多くの場合、本開示の化合物は、アミノ基および/もしくはカルボキシル基またはそれらに似ている基が存在することにより、酸塩および/または塩基塩を形成することができる。

0213

本明細書中に記載される化合物の薬学的に許容され得る塩、水和物、溶媒和物、互変異性体、多形およびプロドラッグも提供される。「薬学的に許容され得る」または「生理的に許容され得る」とは、動物またはヒトにおける薬学的使用に適した薬学的組成物の調製において有用な化合物、塩、組成物、剤形および他の材料のことを指す。

0214

所与の化合物の「薬学的に許容され得る塩」という用語は、所与の化合物の生物学的有効性および特性を保持しており、生物学的に望ましいかまたは別の理由で望ましい塩のことを指す。「薬学的に許容され得る塩」または「生理的に許容され得る塩」には、例えば、無機酸との塩および有機酸との塩が含まれる。さらに、本明細書中に記載される化合物が、酸付加塩として得られる場合、その酸塩の溶液塩基性化することによって、遊離塩基を得ることができる。逆に、生成物が、遊離塩基である場合、塩基化合物から酸付加塩を調製するための従来の手順に従って、遊離塩基を好適な有機溶媒に溶解し、その溶液を酸で処理することによって、付加塩、特に、薬学的に許容され得る付加塩が生成され得る。当業者は、無毒性の薬学的に許容され得る付加塩を調製するために使用してもよい様々な合成方法を認識している。薬学的に許容され得る酸付加塩は、無機酸および有機酸から調製され得る。無機酸から得られる塩としては、塩酸臭化水素酸硫酸硝酸リン酸などが挙げられる。有機酸から得られる塩としては、酢酸プロピオン酸グリコール酸ピルビン酸シュウ酸リンゴ酸マロン酸コハク酸マレイン酸フマル酸酒石酸クエン酸安息香酸桂皮酸マンデル酸メタンスルホン酸エタンスルホン酸、p−トルエンスルホン酸サリチル酸などが挙げられる。同様に、薬学的に許容され得る塩基付加塩は、無機塩基および有機塩基から調製され得る。無機塩基から得られる塩としては、単なる例として、ナトリウム塩カリウム塩リチウム塩アンモニウム塩カルシウム塩およびマグネシウム塩が挙げられる。有機塩基から得られる塩としては、第一級第二級および第三級アミンの塩(例えば、アルキルアミン(すなわち、NH2(アルキル))、ジアルキルアミン(すなわち、HN(アルキル)2)、トリアルキルアミン(すなわち、N(アルキル)3)、置換アルキルアミン(すなわち、NH2(置換アルキル))、ジ(置換アルキル)アミン(すなわち、HN(置換アルキル)2)、トリ(置換アルキル)アミン(すなわち、N(置換アルキル)3)、アルケニルアミン(すなわち、NH2(アルケニル))、ジアルケニルアミン(すなわち、HN(アルケニル)2)、トリアルケニルアミン(すなわち、N(アルケニル)3)、置換アルケニルアミン(すなわち、NH2(置換アルケニル))、ジ(置換アルケニル)アミン(すなわち、HN(置換アルケニル)2)、トリ(置換アルケニル)アミン(すなわち、N(置換アルケニル)3、モノ−、ジ−もしくはトリ−シクロアルキルアミン(すなわち、NH2(シクロアルキル)、HN(シクロアルキル)2、N(シクロアルキル)3)、モノ−、ジ−もしくはトリ−アリールアミン(すなわち、NH2(アリール)、HN(アリール)2、N(アリール)3)または混合アミンなど)が挙げられるが、これらに限定されない。好適なアミンの具体例としては、単なる例として、イソプロピルアミントリメチルアミンジエチルアミン、トリ(iso−プロピル)アミン、トリ(n−プロピル)アミン、エタノールアミン2−ジメチルアミノエタノールピペラジンピペリジンモルホリン、N−エチルピペリジンなどが挙げられる。

0215

用語「置換される」は、指定の原子または基におけるいずれか1つまたはそれを超える水素原子が水素以外の1つまたはそれを超える置換基で置き換えられるが、ただし、その指定の原子の通常の原子価を超えないことを意味する。その1つまたはそれを超える置換基としては、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシ、アシル、アミノ、アミド、アミジノ、アリール、アジド、カルバモイル、カルボキシル、カルボキシルエステル、シアノ、グアニジノ、ハロ、ハロアルキル、ハロアルコキシ、ヘテロアルキル、ヘテロアリール、ヘテロシクリル、ヒドロキシ、ヒドラジノイミノ、オキソ、ニトロ、アルキルスルフィニル、スルホン酸、アルキルスルホニル、チオシアネート、チオール、チオンまたはそれらの組み合わせが挙げられるが、これらに限定されない。無限に付加されるさらなる置換基を有する置換基を定義することによって到達するポリマーまたは類似の不確定の構造(例えば、置換アルキルを有する置換アリールであって、その置換アルキル自体が置換アリール基で置換され、その置換アリール基がさらに置換ヘテロアルキル基などによって置換される、置換アリール)は、本明細書中における包含に対して意図されていない。別段述べられない限り、本明細書中に記載される化合物における連続置換の最大数は、3である。例えば、他の2つの置換アリール基による置換アリール基の連続置換は、((置換アリール)置換アリール)置換アリールまでに限定される。同様に、上記の定義は、容認できない置換パターン(例えば、5つのフッ素で置換されるメチルまたは隣接した2つの酸素環原子を有するヘテロアリール基)を含むと意図されない。そのような容認できない置換パターンは、当業者に周知である。用語「置換される」は、化学基を修飾するために使用されるとき、本明細書中に定義される他の化学基を説明することがある。別段特定されない限り、ある基が、必要に応じて置換されると記載される場合、その基のいずれの置換基も、それ自体が非置換である。例えば、いくつかの実施形態において、用語「置換アルキル」とは、ヒドロキシル、ハロ、アルコキシ、シクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールおよびヘテロアリールを含む1つまたはそれを超える置換基を有するアルキル基のことを指す。他の実施形態において、その1つまたはそれを超える置換基は、ハロ、アルキル、ハロアルキル、ヒドロキシル、アルコキシ、シクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール(これらの各々が置換される)でさらに置換され得る。他の実施形態において、上記の置換基は、ハロ、アルキル、ハロアルキル、アルコキシ、ヒドロキシル、シクロアルキル、ヘテロシクリル、アリールまたはヘテロアリール(これらの各々は、非置換である)でさらに置換され得る。当業者は、本明細書中の一般式の化合物の置換基および他の部分が、許容可能な程度に安定な薬学的組成物に製剤化され得る薬学的に有用な化合物を提供するのに十分に安定な化合物を提供するように選択されるべきであることを認識する。そのような安定性を有する化合物は、本発明の範囲内に入ると企図される。上に記載された定義および置換基の任意の組み合わせは、実行できない種または化合物をもたらすべきでないことが、当業者によって理解されるべきである。

0216

本明細書中で使用されるとき、「薬学的に許容され得るキャリア」または「薬学的に許容され得る賦形剤」には、任意のおよびあらゆる溶媒分散媒コーティング抗菌剤および抗真菌剤等張剤および吸収遅延剤などが含まれる。薬学的に活性な物質のためにそのような媒体および作用物質を使用することは、当該分野で周知である。任意の従来の媒体または作用物質が、活性成分不適合である場合を除いて、治療的組成物におけるその使用が企図される。補助的な活性成分も、組成物に組み込まれ得る。

0217

本明細書中で使用されるとき、「薬学的に許容され得るキャリア」または「薬学的に許容され得る賦形剤」には、任意のおよびあらゆる溶媒、分散媒、コーティング、抗菌剤および抗真菌剤、等張剤および吸収遅延剤などが含まれる。薬学的に活性な物質のためにそのような媒体および作用物質を使用することは、当該分野で周知である。任意の従来の媒体または作用物質が、活性成分と不適合である場合を除いて、治療的組成物におけるその使用が企図される。補助的な活性成分も、組成物に組み込まれ得る。

0218

「溶媒和物」は、溶媒と化合物との相互作用によって形成される。本明細書中に記載される化合物の塩の溶媒和物も提供される。本明細書中に記載される化合物の水和物も提供される。
併用

0219

本開示のIRAK4阻害剤の投与によって処置される患者は、他の治療薬による処置の恩恵を受ける疾患または状態を示していることが多い。これらの疾患または状態は、炎症性の性質であり得るか、またはがん、代謝障害胃腸障害などに関連し得る。したがって、本開示の1つの態様は、炎症関連疾患もしくは炎症関連状態、または代謝障害、胃腸障害もしくはがんなどを処置する方法であり、その方法は、化合物をそのような疾患の処置に有用な1つまたはそれを超える化合物とともに、それを必要とする被験体、特にヒト被験体に投与することを含む。

0220

いくつかの実施形態において、本開示の化合物は、さらなる1つまたはそれを超える活性成分と共製剤化される。いくつかの実施形態において、他の活性成分は、別個の剤形としてほぼ同時に投与される。いくつかの実施形態において、他の活性成分は、順次投与され、本開示の化合物に対して異なる時点において投与され得る。
炎症性疾患および炎症性状態に対する併用

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ