図面 (/)

技術 帯域幅部分インジケータをシグナリングする方法及びそれを用いた無線通信装置

出願人 鴻穎創新有限公司
発明者 チョウ,チェミンチェン,ユンラン
出願日 2017年12月27日 (4年1ヶ月経過) 出願番号 2019-534839
公開日 2020年1月30日 (2年0ヶ月経過) 公開番号 2020-503764
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム 交流方式デジタル伝送
主要キーワード 範囲項 構成セット ウェアラブルデバイス 動作フィールド 方向フィールド フィールドアドレス サイドリンク サーチ空間
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年1月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

無線接続ネットワーク(Radio Access Management)プロファイルインデックスシグナリングするための方法が開示される。該方法は、第1の複数のBWP構成に対応する第1の複数の帯域幅部分(BWP)インジケータ(例えば、BWPインデックス)を備える第1のRANプロファイルインデックスシングメッセージを、第1のコンポーネントキャリア上で動作する第1のセルによってユーザ機器(UE)に送信するステップを含む。前記第1の複数のBWP構成が、周波数領域における第1の複数のコンポーネントキャリアのうちの少なくとも1つの第1のコンポーネントキャリアに対して構成される。該方法は、前記第1のコンポーネントキャリアの第1リソースブロック(RB)上の前記第1のセルによって、第1のBWPインデックスを送信するステップを含む。第1のBWPインデックスは、前記第1の複数のコンポーネントキャリアのに対する前記第1の複数のBWP構成における第1のBWP構成に対応する。

概要

背景

無線(NR)は、次世代(第5世代(5G))ワイヤレスネットワークの動作をサポートするためのキーテクノロジーとして、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP)において議論されている。NR技術は、フレキシブル無線プロトコル構造およびアーキテクチャを提供し、例えば、高スループット高信頼性、低遅延、および少エネルギ消費などの多種多様サービスシナリオ要件に対応するよう期待されている。

RANプロファイル(RANスライシングとも呼ばれる)は、重要なNR実現技術のうちの1つとして想定されている。無線接続ネットワーク内のセルが、波形パラメータ符号化パラメータ変調パラメータを含む物理レイヤパラメータ適応的に構成して、基地局とそれぞれのユーザ機器(UE)との間の通信に適応することを可能にする。

セルが、RANプロファイル設定を動的に構成し、該セルにおける各ユーザ装置通信能力およびサービス要件に対応することが望ましい。しかしながら、上記UEが基地局と通信(例えば、送受信)するたびにシグナリングオーバーヘッドが生じるおそれがあり、ネットワークリソースの浪費および相当のエネルギ消費につながる。

このため、本技術分野では、シグナリングオーバーヘッドおよび遅延を低減した、RANプロファイル情報を提供する方法が必要とされている。

概要

無線接続ネットワーク(Radio Access Management)プロファイルインデックスシグナリングするための方法が開示される。該方法は、第1の複数のBWP構成に対応する第1の複数の帯域幅部分(BWP)インジケータ(例えば、BWPインデックス)を備える第1のRANプロファイルインデックスシングメッセージを、第1のコンポーネントキャリア上で動作する第1のセルによってユーザ機器(UE)に送信するステップを含む。前記第1の複数のBWP構成が、周波数領域における第1の複数のコンポーネントキャリアのうちの少なくとも1つの第1のコンポーネントキャリアに対して構成される。該方法は、前記第1のコンポーネントキャリアの第1リソースブロック(RB)上の前記第1のセルによって、第1のBWPインデックスを送信するステップを含む。第1のBWPインデックスは、前記第1の複数のコンポーネントキャリアのに対する前記第1の複数のBWP構成における第1のBWP構成に対応する。

目的

このため、本技術分野では、シグナリングオーバーヘッドおよび遅延を低減した、RANプロファイル情報を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

無線接続ネットワークプロファイルインデックスシグナリングする方法であって、第1のコンポーネントキャリア上で動作する第1のセルによって、第1の無線接続ネットワークプロファイルインデキシングメッセージユーザ機器に送信するステップであって、前記第1の無線接続ネットワークプロファイルインデキシングメッセージは、第1の複数の帯域幅部分構成に対応する第1の複数の帯域幅部分インジケータを備え、前記第1の複数の帯域幅部分構成は、周波数領域における第1の複数のコンポーネントキャリアのうちの少なくとも1つに対して構成される、ステップと、前記第1のコンポーネントキャリアの第1のリソースブロック上で動作する前記第1のセルによって、第1の帯域幅部分インデックスを送信するステップであって、前記第1の帯域幅部分インデックスは、前記第1の複数のコンポーネントキャリアに対する前記第1の複数の帯域幅部分構成における第1の帯域幅部分構成に対応する、ステップと、を含むことを特徴とする方法。

請求項2

前記第1の複数の帯域幅部分構成の各々は、サイクリックプレフィックスおよびサブキャリアスペーシング構成を持つ数値学、周波数領域における帯域幅、帯域幅部分構成の周波数の位置、コントロールリソースセット構成、送信タイプアップリンク許可リソース構成セミパーシステントスケジューリング構成、適用可能な無線リソース制御状態を有するデフォルト帯域部分表示、および帯域幅部分構成に対応する帯域幅部分インデックス、のうちの少なくとも1つを含むことを特徴とする、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記第1の無線接続ネットワークプロファイルインデキシングメッセージは、少なくとも1つの無線リソース制御メッセージ、またはシステム情報の一部に含まれることを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項4

第1のダウンリンク制御情報メッセージの部分として、前記第1のリソースブロック上の第1のセルによって、前記第1の帯域幅部分構成を示すために、前記第1のダウンリンク制御情報メッセージに含まれる帯域幅部分インジケータフィールドを送信するステップと、前記第1のセルによって、第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージを送信するステップであって、前記第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、前記第1の帯域幅部分構成のコントロールリソースセット構成に基づいて符号化される、ステップと、をさらに含むことを特徴とする請求項3に記載の方法。

請求項5

前記ユーザ機器によって、前記第1の無線接続ネットワークプロファイルインデックスシングメッセージを復号するステップと、前記ユーザ機器によって、前記第1の無線接続ネットワークプロファイルインデックシングメッセージを保存するステップと前記ユーザ機器によって、前記第1のダウンリンク制御情報メッセージを復号して、前記第1のセルによって示される前記第1の帯域幅部分インデックスを取得するステップと、前記ユーザ機器によって、前記第1の帯域幅部分構成の前記コントロールリソースセット構成に基づいて、前記第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージを復号するステップと、をさらに含むことを特徴とする請求項4に記載の方法。

請求項6

前記第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、前記ユーザ機器が前記第1のコンポーネントキャリア上でデータを送信および受信の少なくとも何れかのための第1の複数のデータリソースブロックを示すための第1の複数のリソースブロック割当をさらに示し、前記第1の複数のデータリソースブロックは、前記第1の帯域幅部分インデックスに対応する前記第1の帯域幅部分構成に基づいて符号化される、請求項5に記載の方法。

請求項7

前記第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を有し、第1の帯域幅部分構成に提供される、第1のセミパーシステントスケジューリング構成をアクティベートするための第1のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージであって、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構成が、ダウンリンク、アップリンク、またはサイドリンク方向にあり、前記第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当の前記ダウンリンク、アップリンク、またはサイドリンク方向は、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構成によって決定される、第1のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージと、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構造が、前記第1のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージによってアクティベートされた後、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構造をディアクティベートするための第1のセミパーシステントスケジューリングディアクティベーションメッセージと、をさらに有することを特徴とする請求項4に記載の方法。

請求項8

前記ユーザ機器によって、前記第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を取得するために前記第1のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージを復号するステップと、前記ユーザ機器によって、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構成および前記第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当に従って、時間領域で連続的にパケットを送信または受信するステップと、前記第1のセミパーシステントスケジューリングディアクティベーションメッセージを受信した後に、前記ユーザ機器によって前記第1のセミパーシステントスケジューリング構成を保留し、前記ユーザ機器によって前記第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を発行するステップと、をさらに含むことを特徴とする請求項7に記載の方法。

請求項9

前記ユーザ機器が前記第1のダウンリンク制御情報メッセージを復号した後に、前記ユーザ機器によって、第1のアップリンク無許可リソース上の少なくとも第1のアップリンク無許可パケットを送信するステップであって、前記第1のアップリンク無許可リソースは、前記第1の帯域幅部分構成において構成される、ステップ、をさらに含むことを特徴とする請求項4に記載の方法。

請求項10

前記第1の複数の帯域幅部分構成および前記対応する第1の複数の帯域幅部分インデックスは、前記第1の複数のコンポーネントキャリアの各々に対して独立して構成され、前記第1の複数のコンポーネントキャリアは、前記ユーザ機器に対するプライマリセルセカンダリセル、およびプライマリセカンダリセルうちの少なくとも1つによって動作される、請求項1に記載の方法。

請求項11

第2の帯域幅部分インデックスを、第3のダウンリンク制御情報メッセージの部分として、第2のコンポーネントキャリアの第2のリソースブロック上の第2のセルによって送信するステップであって、前記第2の帯域幅部分インデックスは、前記第2のコンポーネントキャリアの第2の複数の帯域幅部分構成のうちの1つの第2の帯域幅部分構成に対応し、前記第2の帯域幅部分インデックスは、前記第1の複数の帯域幅部分インデックスの部分であり、前記第2の複数の帯域幅部分構成は前記第1の複数の帯域幅部分構成の部分である、ステップと、前記第2の帯域幅部分インデックスを取得し、前記第2の複数の帯域幅部分構成のうちの対応する1つを識別するために、第2のコンポーネントキャリア上の前記ユーザ機器によって、前記第3のダウンリンク制御情報メッセージを復号するステップと、をさらに備える請求項1に記載の方法。

請求項12

第2のセルによって、第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージを送信するステップであって、前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、前記ユーザ機器が前記第2のコンポーネントキャリア上でデータを送信および受信の少なくとも何れかのための、第2の複数のデータリソースブロックを示す第2の複数のリソースブロック割当をさらに示し、前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、前記第2の帯域幅部分構成のコントロールリソースセット構成に基づいて符号化される、ステップと、前記ユーザ機器によって、前記第2の帯域幅部分構成の前記コントロールリソースセット構成に基づいて、前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージを復号するステップと、前記ユーザ機器によって、前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージ及び前記第2の複数のリソースブロック割当に基づいてパケットを送信または受信するステップと、を含むことを特徴とする請求項11に記載の方法。

請求項13

前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を有し、第2の帯域幅部分構成に提供される、第2のセミパーシステントスケジューリング構成をアクティベートするための第2のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージであって、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成が、ダウンリンク、アップリンク、またはサイドリンク方向にあり、前記第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当の前記ダウンリンク、アップリンク、またはサイドリンク方向は、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成によって決定される、第2のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージと、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成が前記第2のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージによってアクティベートされた後に、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成をディアクティベートするための第2のセミパーシステントスケジューリングディアクティベーションメッセージと、をさらに含むことを特徴とする請求項12に記載の方法。

請求項14

前記ユーザ機器によって、前記第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を取得するために、前記第2のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージを復号するステップと、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成および前記第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当に基づいて、前記ユーザ機器によってパケットを周期的に送信または受信するステップと、前記第2のセミパーシステントスケジューリングディアクティベーションメッセージを受信した後に、前記ユーザ機器によって前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成を保留し、前記ユーザ機器によって前記第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を発行するステップをさらに含む、請求の範囲項13に記載の方法。

請求項15

前記ユーザ機器が前記第3のダウンリンク制御情報メッセージを復号した後に、前記ユーザ機器によって、第2のアップリンク無許可リソース上で少なくとも第2のアップリンク無許可パケットを送信するステップであって、前記第2のアップリンク無許可リソースは、前記第2の帯域幅部分構成において構成される、ステップを、さらに含むことを特徴とする請求項11に記載の方法。

請求項16

無線通信ネットワークにおける無線通信のためのユーザ機器であって、コンピュータが実行可能な指示が具現化された1つ以上の不揮発性コンピュータ可読媒体と、前記1つ以上の不揮発性コンピュータ可読媒体に結合され、前記コンピュータが実行可能な指示を実行して、以下のことを実行させるように構成された少なくとも1つのプロセッサと、を備えるユーザ機器:第1の複数の帯域幅部分構成に対応する第1の複数の帯域幅部分インジケータを備える前記第1の無線接続ネットワークプロファイルインデキシングメッセージを、第1のコンポーネントキャリア上で動作する第1のセルから受信し、前記第1の複数の帯域幅部分構成は、周波数領域における第1の複数のコンポーネントキャリアのうちの少なくとも1つに対して構成され、前記第1の複数のコンポーネントキャリアの前記第1の複数の帯域幅部分構成における第1の帯域幅部分構成に対応する第1の帯域幅部分インデックスを、第1のコンポーネントキャリアの第1のリソースブロック上で前記第1のセルから受信する。

請求項17

前記第1の複数の帯域幅部分構成の各々は、サイクリック・プレフィックスおよびサブキャリア・スペーシング構成を持つ数値学、周波数領域における帯域幅、帯域幅部分構成の周波数位置、コントロールリソースセット構成、送信タイプ、アップリンク無許可リソース構成、セミパーシステントスケジューリング構成、適用可能な無線リソース制御状態を有するデフォルト帯域幅部分表示、および帯域幅部分構成に対応する帯域幅部分インデックス、のうちの少なくとも1つを含むことを特徴とする請求項16に記載のユーザ機器。

請求項18

前記第1の無線接続ネットワークプロファイルインデキシングメッセージは、少なくとも1つの無線リソース制御ッセージ、またはシステム情報一部に含まれることを特徴とする請求項16に記載のユーザ機器。

請求項19

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記コンピュータが実行可能な指示を実行して、第1のダウンリンク制御情報メッセージの部分として、前記第1のリソースブロック上の前記第1のセルから、前記第1の帯域幅部分構成を示すために前記第1のダウンリンク制御情報メッセージに含まれる帯域幅部分インジケータフィールド受信し、前記第1のセルから第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージを受信し、前記第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、前記第1の帯域幅部分構成のコントロールリソースセット構成に基づいて符号化される、ようにさらに構成される、請求項18に記載のユーザ機器。

請求項20

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記コンピュータが実行可能な指示を実行して、前記第1の無線接続ネットワークプロファイルインデックシングメッセージを復号し、前記第1の無線接続ネットワークプロファイルインデックシングメッセージを保存し、前記第1のダウンリンク制御情報メッセージを復号して、前記第1のセルによって示される前記第1の帯域幅部分インデックスを取得し、前記第1の帯域幅部分構成の前記コントロールリソースセット構成に基づいて前記第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージを復号するように、さらに構成される請求項19に記載のユーザ機器。

請求項21

前記第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、前記ユーザ機器が前記第1のコンポーネントキャリア上でデータを送信および受信の少なくとも何れかのための第1の複数のデータリソースブロックを示すための第1の複数のリソースブロック割当をさらに示し、前記第1の複数のデータリソースブロックは、前記第1の帯域幅部分インデックスに対応する前記第1の帯域幅部分構成に基づいて符号化される、請求項20に記載のユーザ機器。

請求項22

前記第2の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を有し、第1の帯域幅部分構成に提供される、第1のセミパーシステントスケジューリング構成をアクティベートするための第1のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージであって、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構成が、ダウンリンク、アップリンク、またはサイドリンク方向にあり、前記第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当の前記ダウンリンク、アップリンク、またはサイドリンク方向は、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構成によって決定される、第1のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージと、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構造が、前記第1のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージによってアクティベートされた後、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構造をディアクティベーするための第1のセミパーシステントスケジューリングディアクティベーションメッセージと、をさらに有することを特徴とする請求項19に記載のユーザ機器。

請求項23

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記コンピュータが実行可能な指示を実行して、前記第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を得るために前記第1のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージを復号し、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構成および前記第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当に従って、時間領域で連続的にパケットを送信または受信し、前記第1のセミパーシステントスケジューリングデアクティベーションメッセージを受信した後、前記第1のセミパーシステントスケジューリング構成を保留し、前記第1のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を発行するように、さらに構成される請求項22に記載のユーザ機器。

請求項24

前記少なくとも1つのプロセッサは、さらに前記コンピュータが実行可能な指示を実行して、前記ユーザ機器が前記第1のダウンリンク制御情報メッセージを復号した後、第1アップリンク無許可リソース上の少なくとも第1アップリンク無許可パケットを送信するように構成され、前記第1アップリンク無許可リソースは、前記第1帯域幅部分構成で構成される、請求項19に記載のユーザ機器。

請求項25

前記第1の複数の帯域幅部分構成および前記対応する第1の複数の帯域幅部分インデックスは、前記第1の複数のコンポーネントキャリアの各々に対して独立して構成され、前記第1の複数のコンポーネントキャリアは、前記ユーザ機器に対するプライマリセル、セカンダリセル、およびプライマリセカンダリセルうちの少なくとも1つによって動作される、請求項16に記載のユーザ機器。

請求項26

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記コンピュータが実行可能な指示を実行して、第2のコンポーネントキャリアの第2のリソースブロック上の第2のセルから第2の帯域幅部分インデックスを第3のダウンリンク制御情報メッセージの部分として受信し、前記第2の帯域幅部分インデックスは、前記第2のコンポーネントキャリアのための第2の複数の帯域幅部分構成内の第2の帯域幅部分構成に対応し、前記第2の帯域幅部分インデックスは、前記第1の複数の帯域幅部分インデックスの部分であり、前記第2の複数の帯域幅部分構成は、前記第1の複数の帯域幅部分構成の部分であり、前記第2の帯域幅部分インデックスを取得し、前記第2の複数の帯域幅部分構成のうちの対応する1つを識別するために、前記第2のコンポーネントキャリア上で、前記第3のダウンリンク制御情報メッセージを復号するように、さらに構成される請求項16に記載のユーザ機器。

請求項27

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記コンピュータが実行可能な指示を実行して、前記第2のセルから、第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージを受信し、前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、前記第2のコンポーネントキャリア上で前記ユーザ機器がデータを送信および受信の少なくとも何れかのための第2の複数のデータリソースブロックを示す第2の複数のリソースブロック割当をさらに示し、前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、前記第2の帯域幅部分構成のコントロールリソースセット構成に基づいて符号化され、前記第2の帯域幅部分構成の前記コントロールリソースセット構成に基づいて、前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージを復号し、前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージおよび前記第2の複数のリソースブロック割当に基づいてパケットを送信または受信するように、さらに構成される請求項26に記載のユーザ機器。

請求項28

前記第4の複数のダウンリンク制御情報メッセージは、第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を有し、前記第2の帯域幅部分構成に提供される、第2のセミパーシステントスケジューリング構成をアクティベートするための第2のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージであって、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成が、ダウンリンク、アップリンク、またはサイドリンク方向にあり、前記第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当の前記ダウンリンク、アップリンク、またはサイドリンク方向は、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成によって決定される、第2のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージと、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成が前記第2のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージによってアクティベートされた後に、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成をディアクティベートするための第2のセミパーシステントスケジューリングディアクティベーションメッセージと、をさらに含むことを特徴とする請求項27に記載のユーザ機器。

請求項29

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記コンピュータが実行可能な指示を実行して、以下のステップを実行させるようにさらに構成されることを特徴とする請求項28に記載のユーザ機器:前記第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を取得するために前記第2のセミパーシステントスケジューリングアクティベーションメッセージを復号するステップ;前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成および前記第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当に基づいて、前記ユーザ機器によってパケットを周期的に送信または受信するステップ;および前記第2のセミパーシステントスケジューリングディアクティベーションメッセージを受信した後に、前記第2のセミパーシステントスケジューリング構成を保留し、前記第2のセミパーシステントスケジューリングリソースブロック割当を発行するステップ。

請求項30

前記少なくとも1つのプロセッサは、さらに前記コンピュータが実行可能な指示を実行して、前記ユーザ機器が第3のダウンリンク制御情報メッセージを復号した後、第2のアップリンク無許可リソース上の少なくとも第2のアップリンク無許可パケットを送信するように構成され、前記第2のアップリンク無許可リソースは、前記第2の帯域幅部分構成で構成されることを特徴とする請求項26に記載のユーザ機器。

技術分野

0001

(関連出願とのクロスレファレンス)
本出願は、2016年12月27日に出願された仮の米国特許出願第62/439,434号、発明の名称「METHODFOR SIGNALING RAN SLICING INDEX ANDRADIO COMMUNICATIONEQUIPMENTUSING THESAME」、代理人整理番号US60891(以下「US60891出願」という)の利益及び優先権を主張し、US 60891出願の開示は、参照により本願に完全に組み込まれる。

0002

本発明は、一般に無線通信に関し、特に、帯域幅部分インデックスシグナリングする方法およびそれを使用する無線通信装置に関する。

背景技術

0003

無線(NR)は、次世代(第5世代(5G))ワイヤレスネットワークの動作をサポートするためのキーテクノロジーとして、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP)において議論されている。NR技術は、フレキシブル無線プロトコル構造およびアーキテクチャを提供し、例えば、高スループット高信頼性、低遅延、および少エネルギ消費などの多種多様サービスシナリオ要件に対応するよう期待されている。

0004

RANプロファイル(RANスライシングとも呼ばれる)は、重要なNR実現技術のうちの1つとして想定されている。無線接続ネットワーク内のセルが、波形パラメータ符号化パラメータ変調パラメータを含む物理レイヤパラメータ適応的に構成して、基地局とそれぞれのユーザ機器(UE)との間の通信に適応することを可能にする。

0005

セルが、RANプロファイル設定を動的に構成し、該セルにおける各ユーザ装置通信能力およびサービス要件に対応することが望ましい。しかしながら、上記UEが基地局と通信(例えば、送受信)するたびにシグナリングオーバーヘッドが生じるおそれがあり、ネットワークリソースの浪費および相当のエネルギ消費につながる。

0006

このため、本技術分野では、シグナリングオーバーヘッドおよび遅延を低減した、RANプロファイル情報を提供する方法が必要とされている。

図面の簡単な説明

0007

例示的な開示の態様は、添付の図面を参照して読むことによって、最もよく理解される。さまざまな構成は、原寸に比例して描かれておらず、さまざまな構成の寸法は、記載を明確にする目的で、任意で拡大または縮小してもよい。
本出願の例示的な実施形態による、セルの無線接続ネットワーク(radio access profile)プロファイル動作を示す図である。
図2Aは、本出願の例示による、ペア帯域幅部分(BWP:paired bandwidth Microscope)構成を示す図である。
図2Bは、本出願の例示による、非ペアBWPを示す図である。
図3は、本出願の例示的な実施形態による、RANプロファイルインデックスシングをシグナリングするための方法を示す図である。
図4は、本出願の例示的な実装による、セル固有のRANプロファイルインデックスシング動作を示す。
図5は、本出願の例示的な実施形態による、ユーザ固有のRANプロファイルインデックスシング動作を示す。
図6は、本出願の例示的な実施形態による、インデックス信号のためのRANプロファイルインデックス形式を示す図である。
図7は、本出願の例示的な実施形態による、ビットマップインデックスシング形式の図を示す。
図8Aは、本出願の例示的な実施形態による、ダウンリンク制御情報(DCI)を使用するBWPスイッチング手順を示す図である。
図8Bは、本出願の例示的な実施形態による、DCIを使用するBWPアクティベーション処理を示す図である。
図9Aは、本出願の例示的な実施形態による、キャリアアグリゲーション(CA:carrier aggregation)の下でのRANプロファイルインデックス提供の方法を示す図である。
図9Bは、本出願の例示的な実施形態による、キャリアアグリゲーション(carrier aggregation)(CA)の下でのRANプロファイルインデックス提供の方法を示す別の図である。
図10Aは、本出願の例示的な実施形態による、BWPインジケータフィールド(BIF)を有するDCI形式を示す図である。
図10Bは、本出願の例示的な実施形態による、BIFおよびキャリアインジケータフィールド(CIF:Carrier Indicator Filed)を有するDCI形式を示す図である。
図11Aは、本出願の例示的な実施形態による、複数のリソースブロック割当を伴う2レベルDCIのフレーム構造の概略図である。
図11Bは、本出願の例示的な実施形態による、複数のリソースブロック割当を伴う2レベルDCIの方法を示す図である。
図12は、本出願の例示的な実施形態による、BWPにおけるSPS/GF無線リソースを示す図である。
図13Aは、本出願の例示的な実施形態による、SPS(Semi−Persistent−Scheduling)リソースによるRANプロファイルインデックス提供の方法を示す図である。
図13Bは、本出願の例示的な実施形態による、DLSPSリソース受信を示す図である。
図14Aは、本出願の例示的な実施形態による、無許可(GF:grant free)リソース送信によるRANプロファイルインデックス提供の方法を示す図である。
図14Bは、本出願の実施形態による、UL GFリソース送信を示す図である。
図15は、本出願の例示的な実施形態による、デュアル接続(DC)の下でのRANプロファイルインデックス提供の方法を示す図である。
図16Aは、本出願の例示的な実施形態による、デュアル接続におけるRANプロファイルインデックス取得を示す概略図である。
図16Bは、本出願の例示的な実施形態による、デュアル接続におけるRANプロファイルインデックス取得を示す図である。
図17は、本出願の例示的な実施形態による、サイドリンク機構のためのRANプロファイルインデックス提供を示す図である。
図18は、本出願の例示的な実施形態による、セル用の無線通信機器を示すブロック図である。

実施例

0008

以下の記載は、本出願における実施態様に関する特定情報を含む。本出願における図面およびそれに伴う詳細な記載は、例示的な実施態様を対象としているにすぎない。特に断りのない限り、図の中で同様のまたは対応する要素は、同様のまたは対応する参照番号によって示されてもよい。さらに、本出願における図面および説明は、一般的に原寸に比例しておらず、実際の相対寸法に対応することは意図されていない。

0009

整合性と容易な理解を目的として、同様の構成は、(いくつかの例では図示されないが、)例示的な図における数字によって、同一のものとみなす。しかしながら、異なる実施態様における構成は、他の点で異なっていてもよいため、図示される構成に狭く限定すべきではない。

0010

本記載では、同一のまたは異なる実施態様のうちの1つ以上を指してもよい「1つの実施態様では、」または「いくつかの実施態様では、」という表現を使用する。「結合された(coupled)」という用語は、介入する要素を通じて直接的または間接的に接続されたと定義され、必ずしも物理的接続に限定されない。「含む(comprising)」という用語は、該用語が使用されるとき、「〜を含むが、〜だけに限定されない」を意味し、つまり、オープンエンド形式の包含またはそのような形式で記載された組み合わせ、グループ系列およびその同等物における構成要素を特に意味する。

0011

さらに、説明と非制限を目的として、例えば機能エンティティ、技術、プロトコル、基準などの具体的詳細は、記載された技術の理解を提供するために示される。他の例では、周知の方法、技術、システム、アーキテクチャなどについての詳細な記載は、不要な詳細によって記載を不明瞭にしないために、省略する。

0012

業者は、本開示に記載されている任意のネットワーク機能またはアルゴリズムが、ハードウェアソフトウェア、またはソフトウェアとハードウェアとの組み合わせによって実行されてもよいことを直ちに理解するだろう。記載された機能は、ソフトウェア、ハードウェア、ファームウェア、またはこれらの任意の組み合わせであり得るモジュールに対応してもよい。ソフトウェアのインプリメンテーションは、例えばメモリまたは他の種類の記憶装置などのコンピュータ読み取り可能な媒体に記憶されたコンピュータ実行可能命令を含んでもよい。例えば、通信処理能力を有する1つ以上のマイクロプロセッサまたは汎用コンピュータは、対応する実行可能命令でプログラム化され、記載されているネットワーク機能またはアルゴリズムを実行してもよい。上記マイクロプロセッサまたは汎用コンピュータは、特定用途向け集積回路ASIC)、プログラマブルロジックアレイでできていてもよい、および/または、1つ以上のデジタルシグナルプロセッサ(DSP)を用いてもよい。本明細書に記載されている例示的な実施態様のうちのいくつかがコンピュータハードウェアインストールされ、該ハードウェア上で実行されるソフトウェアを対象としているが、ファームウェアとして、あるいは、ハードウェアまたはハードウェアとソフトウェアとの組み合わせとして実行される代替の例示的な実施態様は十分、本開示の範囲内である。

0013

上記コンピュータ読み取り可能な媒体の例としては、ランダムアクセスメモリ(RAM)、読み取り専用メモリ(ROM)、消去可プログラム可能読み取り専用メモリ(EPROM)、電気的消去可能プログラム可能読み取り専用メモリ(EEPROM、登録商標)、フラッシュメモリコンパクトディスク読み取り専用メモリ(CD−ROM)、磁気カセット磁気テープ磁気ディスク記憶装置、またはコンピュータ読み取り可能な命令を記憶することが可能な任意の他の同等の媒体が挙げられるが、これらに限定されない。

0014

本出願は、RANプロファイルインデキシングメカニズムを採用して、RANパラメータをシグナリングし、送受信オペレーションを容易にする方法であって、無線アクセスネットワークにおけるセルと少なくとも1つの移動局(例えば、UE)との間で、RANプロファイルインデックスは、物理層構成に対応することを特徴とする方法を提供する。上記インデキシングメカニズムを用いてRANプロファイル情報を示すことによって、NRネットワークシステムの柔軟性をサポートしつつ、RANプロファイルに発生するシグナリングオーバーヘッドの量および遅延を大きく低減させることができる。

0015

無線通信ネットワークアーキテクチャ(例えば、ロングタームエボリューションLTE)システム、LTEアドバンスト(LTE−A)システム、またはLTEアドバンストProシステム)は、少なくとも1つの基地局、少なくとも1つのユーザ装置(UE)、およびネットワークへの接続を提供する1つ以上の任意のネットワーク要素を典型的に含む。上記UEは、上記ネットワーク(例えば、コアネットワーク(CN)、進化型パケットコア(EPC)ネットワーク、発展ユニバーサル無線地上波アクセス(E−UTRA)ネットワーク、次世代コア(NGC)、またはインターネット)と、上記基地局によって設定された無線アクセスネットワーク(RAN)を通じて、通信する。

0016

本出願において、UEとしては、移動局、携帯UEまたは携帯機器ユーザ通信無線UEが挙げられるが、これらに限定されないことに留意されたい。例えば、UEは、携帯無線装置であってもよく、該携帯無線装置としては、無線通信能力を有する携帯電話タブレットウェアラブルデバイスセンサ、または個人用デジタル補助装置(PDA)が挙げられるが、これらに限定されない。上記UEは、無線アクセスネットワークにおける1つ以上のセルと、電波インターフェース上で、信号を送受信するよう構成されている。

0017

基地局としては、LTEにおいて見られるようなノードB(NB)、LTE−Aにおいて見られるような進化型ノードB(eNB)、UMTSにおいて見られるような無線ネットワークコントローラ(RNC)、GSM/GERANにおいて見られるような基地局コントローラBSC)、NRにおいて見られるような新しい無線進化型ノードB(NReNB)、NRにおいて見られるような次世代ノードB(gNB)、および無線通信を制御し、セル内の無線リソースを管理することが可能な任意の他の装置が挙げられるが、これらに限定されない。上記基地局は、1つ以上のUEに対応するために、無線インターフェースを通じてネットワークに接続してもよい。

0018

基地局は、以下の無線アクセス技術(RAT)のうちの少なくとも1つに従って、通信サービスを提供するよう構成されている。上記無線アクセス技術(RAT)としては、マイクロ波アクセスのための世界相互運用性(WiMAX)、グローバルモバイル通信システム(GSM(登録商標)、2Gと称されることが多い)、GSM EDGE無線アクセスネットワーク(GERAN)、汎用パケット無線システムGRPS)、基本広帯域符号分割多元接続(W−CDMA)に基づいたユニバーサル・モバイルテレコミュニケーション・システム(UMTS、3Gと称されることが多い)、高速パケットアクセスシステム(HSPA)、LTE、LTE−A、新しい無線(NR、5Gと称されることが多い)および/またはLTE−A Proが挙げられる。しかしながら、本出願の範囲は、上記のプロトコルに限定すべきではない。

0019

上記基地局は、無線アクセスネットワークを形成する複数のセルを用いて、特定の地理的領域無線カバレッジを提供するよう機能する。上記基地局は、上記セルのオペレーションをサポートする。各セルは、参照することによっても本書に含まれる3GPP TS36.300によって示された、その無線カバレッジ内の少なくとも1つのUEにサービスを提供するよう機能する。より具体的には、各セル(サービングセルと称されることが多い)は、そのセルカバレッジ内の1つ以上のUEに対応するためにサービスを提供する(例えば、各セルは、その無線カバレッジ内の少なくとも1つのUEに対して、ダウンリンクおよび任意でアップリンクリソースを、ダウンリンクおよび任意でアップリンクパケット送信のために、スケジューリングする)。上記基地局は、上記複数のセルを通じて、上記無線通信システムにおける1つ以上のUEと通信することができる。セルは、近接サービス(ProSe)をサポートするために、サイドリンク(SL)リソースを割当てもよい。各セルは、他のセルとの重複カバレッジ領域を有していてもよい。

0020

上述の通り、NRのフレーム構造は、高信頼性、高データ速度、低遅延要件を満たしつつ、例えば高速大容量(eMBB)、大量のUEによる通信(mMTC)、超高信頼低遅延(URLLC)などのさまざまな次世代(例えば、5G)通信要件により効率的に対応するために、フレキシブルな構成をサポートすることを目的としている。3GPPにおいて取り決められているような直交周波数分割多重(OFDM)は、NR波形の基準として機能してもよい。例えばアダプティブサブキャリアスペーシングチャネルバンド幅、およびサイクリックプレフィックス(CP)などのスケーラブルOFDM数秘学もまた使用してもよい。さらに、NRには、3つの候補符号化体系、すなわち(1)低密度パリティ検査(LDPC)、(2)ポーラ符号、および(3)ターボ符号が考えられる。符号化体系アダプテーションは、チャネル条件および/またはサービスアプリケーションに基づいて構成されてもよい。

0021

さらに、1つのNRフレーム伝送時間間隔TXには、ダウンリンク(DL)送信データガード期間、およびアップリンク(UL)送信データを少なくとも含めるべきであり、該DL送信データ、該ガード期間、および該UL送信データそれぞれの部分もまた、例えば、NRのネットワークの動態に基づいて、構成可能であるべきであるということも考えられる。

0022

本出願の例示的な実施態様によれば、さまざまなRANプロファイル技術が、NRにおける上記のフレキシビリティをサポートするために、採用される。図1は、本出願の例示的な実施態様に係る、セルのRANプロファイルオペレーションを示す図である。図1において、各々のRANプロファイルは、対応する帯域幅部分(Bandwidth Microscope)構成から構成される。図1に示すように、コンポーネントキャリア100Aは、BWP101、103、および105を含む。さらに、セルは、無線接続ネットワークで異なるUEに異なるリソースブロックRB1、RB2、RB3、RB4、およびRB5を割当ることができる。各RBは、周波数領域におけるいくつかのサブキャリアおよび時間領域におけるいくつかのシンボルに及ぶリソース要素のグループを含むがこれらに限定されない無線リソースのセットを表す。図1に示すように、サブフレーム104の送信は、サブフレーム106の送信に先行する。無線接続ネットワークにおいて、各々のBWPは、異なった物理階層(PHY)構成を提供するように構成してもよい。

0023

各々のBWP構成は、以下のうちの少なくとも1つを含んでもよいPHY構成を備えてもよい。
サイクリックプレフィックスとサブキャリア・スペーシング構成を持つ数値学。
・周波数領域における帯域幅
・BWP構成の周波数位置
・UEが制御シグナリング監視および復号するための制御探索空間構成を含むことができる制御リソース集合(CORESET)構成。
送信タイプ(例えば、DL、ガード、SL、またはUL)。
・アップリンク(UL)無許可レソース構成。
セミパーシステントスケジューリング(SPS)構成。
・適用可能なRRC状態を有するデフォルトBWP指示。
・BWP構成に対応するBWPインディケータ(例えば、BWPインデックス)。

0024

さらに、各々のBWP構成は、符号化方式変調方式などを含むこともできる。

0025

異なるBWPは、異なるPHY構成を有してもよい。例えば、BWP101に基づいて構成されるサブフレーム104内のRB1およびRB4は、15kHzサブキャリアスペーシング、0.25ms送信時間間隔(TTI)、DL送信のためのLDPC符号化を用いて構成されてもよく、BWP103に基づいて構成されるサブフレーム104内のRB2は、60kHzサブキャリアスペーシング、0.75ms TTI、およびUL送信のためのターボ符号化を用いて構成されてもよい。セル(例えば、LTE/LTE−AにおけるeNB、NRにおけるNR eNB、またはNRにおけるNR gNB)は、UE1およびUE2の性能に応じて、サブフレーム104内のリソースブロックRB1およびRB4をUE1に割当、サブフレーム104内のRB2をUE2に割当ることができる。

0026

セルは、セルとUEとの間のチャネルクオリティ(例えば、CQI)、UEおよび/または利用可能なネットワークリソースのサービス要件のような要求される送信/受信基準に依存して、後続送信フレーム(例えば、サブフレーム106)において同じUEへのBWP構成を再構成することができる。例えば、サブフレーム106は、同じUEに対して、サブフレーム104内のRB1とは異なるBWP構成を有するRB1を有してもよい。対照的に、セルは、同じUEへの後続の伝送フレームにおけるBWP構成を再構成または指示する必要がない。例えば、BWP105はUEに構成され、RB5はサブフレーム104においてこのUEに割当られる。次いで、セルは、設定されたBWP(例えば、BWP105)をUEにさらに指示することなく、サブフレーム106において同じUEにRB5を割当てもよい。したがって、UEは、BWP105のPHY構成に基づいて、サブフレーム106の所与のRB5上で送信/受信パケットを保持することができる。さらに、1つのBWPにおける各リソースブロックのサイズは、変化してもよく、スケジューリング動作に基づいて動的に構成されてもよい。例えば、サブフレーム104に割当られたBWP105のRB5のサイズは、サブフレーム106のRB5(これもBWP105のPHY構成によって構成される)のサイズよりも小さい。

0027

セルは、ネットワーク動作またはアプリケーションに基づいてRANプロファイル設定(例えば、各々がPHY構成を有するBWP構成)を動的に構成することができるので、セルは、セルカバレージ内の1つ以上のUEと常に通信し、対応するRBを適切に符号化/復号することができるように、PHY構成適用情報をUEに送信する必要があり得る。結果として、本出願の実施形態は、これらの動的PHY構成から生じるシグナリングオーバーヘッドの量を減少させることができるNR通信システムのためのRANプロファイルインデキシングシグナリングメカニズムを提供し、それによって、送信中の無線リソースの消費、ならびにエンドツーエンド送信に生じる遅延を減少させる。

0028

本出願の例示的な実施によれば、NR通信システムは、少なくとも1つの基地局および少なくとも1つのUEを含む。基地局は、複数のセルを用いて無線接続ネットワークを形成する所定の地理的領域に対して無線カバレージを提供する。セルは基地局に通信可能にリンクされ、基地局はセルの動作を調整する。セルは、1つまたは複数のオーバーラップしたカバレッジエリアを有することができる。各セルは、そのセルカバレージ内のそれぞれのUEにダウンリンクリソースおよびアップリンクリソースを動作可能に割当、スケジュールする。おのおののセルは、さらに、プロキシミティサービス(ProSe)通信をサポートするためにサイドリンク(SL)リソースを割当うる。

0029

各セルは、RANプロファイルインデックシング動作を実行し、複数のRANプロファイルに対応する複数のRANパラメータのセットを定義する。各RANプロファイルは、PHY構成を有する対応するBWP構成から構成され、各BWP構成は、対応するBWPインデックスによって識別される。

0030

RANプロファイルインデックスシング動作中、セルは、対応するBWPインデックス(例えば、BWPインデックス1〜N。Nは整数)をそれぞれのBWP構成1〜NのPHY構成1〜Nのそれぞれに割当る。各々のBWPインデックスは、対応するBWP構成(例えば、LTE/LTE−AシステムにおけるL1構成)のPHY構成との特異的なマッピングを有する。BWPインデックス1〜Nの各々とPHY構成物1〜Nの各々とは、1対1の対応関係を有する。例えば、BWPインデックス#1は、BWP構成#1(BWP#1)のPHY構成に対応するように構成されてもよく、BWPインデックス#2は、BWP構成#2(BWP#2)のPHY構成に対応するように構成されてもよく、以下同様である。

0031

その後、各セルは、RANパラメータの特定のセットに対応するBWPインデックスを簡単に送信することができ、RANパラメータの特定のセットは、BWPの特定のPHY構成に対応する。さらに、UEは、基地局が同じセル内のUEのためのPHY構成物を切り替えるまで、セル内の後続のパケット送信/受信におけるBWPの所与のPHY構成物に基づいてRBを符号化および/または復号し続けることができる。すなわち、BWPインデックスは、後続の送信/受信中に対応するUEに割当られた対応するRBに適用されるRANプロファイルの種類を表し、それによって、生じ得るシグナリングオーバーヘッドおよび遅延を大幅に低減する。

0032

一実施形態では、各セルは、BWPインデックスをブロードキャストすることによって(例えば、システム情報ブロードキャスト送信することによって)RANプロファイル適応を周期的にシグナリングし、RANプロファイルインデックス動作を実行した後に、セルとセル内のそれぞれの1つまたは複数のUEとの間の送信および受信動作を容易にすることができる。

0033

いくつかの実施形態では、UEがセルカバレッジに入るとき(例えば、UEへの専用無線リソース制御シグナリングを介して)、またはUEからシステムインフォメーション(SI)に対するリクエストを受信するときに、それぞれのセルは、ユニキャスト送信を使用して、そのセルカバレッジ内の1つまたは複数のUEにRANプロファイルインデックス情報を送信することができる。

0034

図2Aは、本出願の実施形態による、例示的なペアBWP構成を示す図である。コンポーネントキャリア200Aにおいて、ペアBWP202Aは、時分割デュプレクス(TDD)によるダウンリンク動作およびアップリンク動作の両方のためのスペクトルと、共有PHY構成(の一部)とを含む。ペアBWP構成のための一実施態様では、DL/UL分割の構成は、ペアBWP構成のPHY構成の部分である。したがって、UEは、対応するBWP構成のBWPインデックスを取得した後、DL/UL分割の構成を読み出すことができる。いくつかの他の実施形態では、ネットワークは、示されたBWP構成のCORESET構成のうちの少なくとも1つに基づいて符号化および多重化される、別の制御シグナリングによるDL/UL分割の構成を配信することができる。したがって、UEは、示されたBWP構成の読み出されたCORESET構成に基づいて制御シグナリングを検索することによって、構成DL/UL分割を取得することができる。

0035

図2Bは、本出願の実施形態による、例示的な非ペアBWPを示す図である。図2Bに示されるように、DLおよびUL・BWPはそれぞれ、別個のコンポーネントキャリアで構成される。例えば、非ペアBWP202Bは、コンポーネントキャリア200BにダウンリンクBWPのスペクトルを含み、一方、非ペアBWP202Cは、コンポーネントキャリア200CにアップリンクBWPのスペクトルを含む。一実施実施例では、非ペアBWPの場合、DL・BWP202BおよびUL・BWP202Cは、異なる帯域幅に共同で構成することができる。

0036

図3は、本出願の例示的な実施形態による、RANプロファイルインデックスシングをシグナリングするための方法を示す図を示す。

0037

動作310において、セル304は、コンポーネントキャリア上で動作し、例えば、ブロードキャストチャンネル(BCH)を使用して、そのセルカバレッジ内の1つ以上のUEにRANプロファイルインデックスシングメッセージを(例えば、周期的または非周期的に)送信する。RANプロファイルインデキシングメッセージは、複数のRANパラメータのセットについての情報を少なくとも含み、各RANパラメータのセットは、特定のBWPの設定(例えば、BWP構成)に対応する。RANプロファイルインデキシングメッセージはまた、複数のRANパラメータのセットに対応する複数のBWPインデックスを含む。複数のRANパラメータのセットの各々は、特定のPHY構成に対応する。PHY構成は、それぞれ、BWPの特定のBWP構成に対応するBWPインデックスにマッピングすることができる。UE302は、RANプロファイルインデキシングメッセージを受信すると、BWP構成(例えば、PHY構成)を有するRANプロファイルインデキシング情報と、後続の送信/受信動作のための対応するBWPインデックスとを保存する。本実施形態では、セル304は、NR通信ネットワークにおけるNR eNB/gNBまたはLTE/LTE−A通信ネットワークにおけるeNBであり得ることに留意されたい。

0038

動作320Aにおいて、セル304は、物理ダウンリンク制御チャネル(Physical Downlink Control Channel:PDCCH)内のダウンリンク制御情報(DCI)メッセージを使用して、UE302に送信し、DCIメッセージは、1つの特定のBWP構成に対応するBWPインデックスを含むことができる。例えば、セル304が、ダウンリンク(DL)送信のために物理ダウンリンク共有チャンネルPDSCH)でBWP構成#2(すなわち、BWP#2)のPHY構成を適用することを決定する場合、セル304は、BWPインデックス#2を示す情報を含むDCIメッセージをPDCCHを介してUE302に送信することができる。動作322Aにおいて、UE302は、DCIメッセージを復号して、BWPインデックス(例えば、BWPインデックス#2)を読み取り、復号されたBWPインデックスに基づいて、UE302は、セル304との後続の通信のために、対応するBWPの対応するPHY構成(例えば、BWP#2のPHY構成)をさらに読み取ることができる。そして、UE302は、BWP構成#2のPHY構成に基づいて、後続のDLパケットを連続的に復号することができる。

0039

動作320Bにおいて、セル304は、PDCCHにおいてDCIメッセージをUE302に送信する。DCIメッセージは、リソースブロック割当情報を含むことができる。例えば、セル304が、BWP#2のPHY構成がUE302へのダウンリンク(DL)送信に適用される物理ダウンリンク共有チャネル(PDSCH)において特定のリソースブロック(例えば、図1のRB1)を割当ることを決定した場合、DCIメッセージは、例えば、データ送信のため後続のPDSCHのために割当られたRB1の割当を示す情報を含み得る。

0040

動作330において、UE302は、DCIメッセージを復号して、例えば、データ伝送のための後続のPDSCHにおける、割当られたRB(例えば、RB1)の割当情報を読み取る。

0041

一実施形態では、動作320Aにおける特定のRANプロファイル(BWP構成)に対する複数のPHY構成セットのうちの1つに対応するBWPインデックスと、動作320Bにおけるリソースブロック割当情報とが、単一のDCIメッセージにおいてセル304からUE302に送信され得、そのケースでは、UE302は、DCIメッセージを復号して、BWPインデックス(次いで、対応するPHY構成)とリソースブロック割当情報との両方を読み出し得る。

0042

一実施形態では、セル304は、スケジューリング動作を通じてPDSCH内のリソースブロックを割当ることができる。スケジューリングは、当技術分野において既知リソース配分技術を含み得、その説明は、簡潔にするためにここでは省略される。

0043

動作340において、セル304は、UE302の割当られたリソースブロック(例えば、RB1)に、ダウンリンクデータを含むPDSCHを送信する。

0044

動作350において、UE302は、BWP(例えば、BWP#2)に対応するPHY構成に従って、PDSCH内の割当られたリソースブロック(例えば、RB1)を復号する。RANプロファイルのためのインデキシング機構を使用することによって、UE302は、追加のPHY構成情報を必要とせずに、セル304から受信されたインデックス情報でDL送信データを復号することができ、それによって、シグナリングオーバーヘッドおよび遅延を低減する。

0045

一実施形態では、セル304は、そのセルカバレッジ内の1つまたは複数のUEからシステム情報に対する要求を受信すると、RANプロファイルインデックス動作を実行し、RANプロファイル設定を更新(例えば、BWPパラメータおよびインデックスの再構成)することができる。次いで、セル304は、そのセルカバレージ内のそれぞれのUEに、RANプロファイル設定に対する更新または変更を送信することができる。

0046

一実施形態では、セル304は、バックホール機能およびサービスアプリケーションプロセスのタイプを示す報告をコアネットワーク(CN)から受信すると、RANプロファイルインデックス動作を実行し、RANプロファイル設定をアップデートする(例えば、BWP構成およびBWPインデックスを再構成する)ことができる。次いで、セルは、そのセルカバレージ内のUEに通知するために、RANプロファイル設定に対する更新または変更をブロードキャスト送信することができる。

0047

一実施形態では、対応するBWPインデックスを有する同じリソースブロックを同じUEに割当ることが有利であり得る。別の実施形態では、対応するBWPインデックスを有する同じリソースブロックを異なるUEに割当ることが有利であり得る。さらに別の実施形態では、対応するBWPインデックスを有する異なるリソースブロックを異なるUEに割当ることが有利であり得る。

0048

たとえば、セルがそのセルカバレージ内で2つのUE(たとえば、UE1およびUE2)と通信している場合に、セルは、同じリソースブロックを両方のUEに割当ることができるが、異なる変調スキームを示す異なるBWPインデックスを割当ることもできる。例えば、セルは、UE1に、割当られたRBを受信すると非直交多重化を適用することを要求し、UE2に、割当られたRBを受信すると直交多重化を適用することを要求することができる。

0049

一実施形態では、基地局は、複数の無線通信機器を備えることができる。複数の無線通信装置は、複数のセルの動作をサポートするように構成される。より具体的には、無線通信機器はそれぞれ、そのセルカバレージ内の1つまたは複数のUEに、アップリンクリソース、ダウンリンクリソース、および/またはサイドリンクリソースを割当るように構成され得る。無線通信装置は、該当セルのRANプロファイル情報(例えば、BWP構成および対応するBWPインデックス)を格納するように構成された内蔵メモリをそれぞれ含むことができる。

0050

RANプロファイルインデキシング動作は、UEのサービス要件および能力、および/またはセルのネットワークリソースおよびシステム能力に応じて、セルベース(セル固有のRANプロファイル)またはユーザベース(ユーザ固有のRANプロファイル)のいずれでもよいことに留意されたい。言い換えれば、RANプロファイル(例えば、BWP構成)は、全セルダイミクスに基づいて実行されるか、またはUEの通信能力に適応するように実行される。次に、無線通信システムにおけるRANプロファイルインデキシングをシグナリングする方法に関する様々な実施形態について説明する。

0051

セル固有のRANプロファイルシナリオでは、RANプロファイルインデックスシングおよびPHY構成マッピングは、特定のセルの無線カバレッジ内のすべてのサービングUEに共通であり得る。しかし、異なるセルは、それぞれのセルカバレージ内に、独自のRANプロファイルインデキシングメカニズムおよびPHY構成マッピング(対応するBWPへの)を有することができる。例えば、異なるセルは、それぞれのセルのカバレージ内で異なるRANプロファイルインデックスを有することができる(例えば、セル1のBWP構成#1のPHY構成(BWPインデックス#1)は、セル2のBWP構成#2のPHY構成(BWPインデックス#1)とは異なる)。一実施形態では、セルは、gNBを含むことができる。別の実施形態では、セルは、Remote Radio Head(RRH)を含むことができる。別の実施形態では、セルは、コンポーネントキャリア(CC)を含むことができる。さらに別の実施形態では、セルは、基地局(BS)を含むことができる。

0052

図4は、本出願の例示的な実施形態による、セル固有のRANプロファイル動作を示す。例示的な無線通信システム400は、無線接続ネットワーク(RAN)及びコアネットワーク(CN)を含む。RANは、セル410aおよびセル410bを含む。各セル(例えば、セル410a/410b)は、地理的エリアカバーする。セル410aおよび410bの無線カバレッジは、図4に示すように重複した地理的エリアを有することができ、セル410aおよび410bは、基地局(例えば、図4には明示的に示されていない物理的基地局)に通信可能にリンクされる。セル410aおよび410bの動作は、基地局によって調整され得る。無線通信システム400は、セル410aの無線カバレージ内に現在位置しているUE413aおよび413bをさらに含む。

0053

無線通信装置411aは、対応するセル領域への無線収束を提供するために、セル410a内に配備され得る。無線通信装置411aは、基地局と通信し、UE413aおよび413bにサービスを提供する。無線通信装置411bは、対応するセル領域への無線収束を提供するために、セル410b内に配備され得る。無線通信装置411bは基地局と通信し、そのセルカバレージ内のUEにサービスを提供する。

0054

図4に示されるように、UE413bは、セル410aからセル410bに向かって移動している。セル410aは、BWP構成1〜9の物理構成1〜9をそれぞれ示すための、インデックス1〜9(例えば、BWPインデックス1〜9)を採用する。セル410bは、BWP構成1’〜9’の物理構成1’〜9’をそれぞれ示すための、インデックス1’〜9’(例えば、BWPインデックス1’〜9’)を採用する。本実施形態では、セル410aによって採用されるインデックス1〜9は、セル410bによって採用されるインデックス1’〜9’とはそれぞれ異なる。したがって、UE413bがセル410aからセル410bに向かって移動する間に、RANプロファイルインデキシング取得処理が必要とされ得る。RANプロファイルインデックス取得処理の間、セル410aは送信元セルであり、セル410bは目標セルである。

0055

セルのRANプロファイルインデックスシングは、ダウンリンク制御メッセージ(例えば、RRC信号、RRCConnectionReconfiguration)によって再構成され得る。いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデックスシングは、半静的に再構成され得る。いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデックシングは、動的に再構成され得る。さらに、半静的再構成に関して、いくつかの実施形態では、セルのタイマは、セルがある期間にわたって、RANプロファイルインデックシングを再構成することを妨げる。RANプロファイルインデキシングがUEによって取得された後、セルのタイマが始動し、UEは、セルのタイマが満了するまでRANプロファイルインデキシングをトレースする必要がない。次いで、セルは、別の信号によってUEへのタイマ値を再構成することができる。いくつかの実施形態では、セルは、次いで、RANプロファイルインデックスシングを用いてタイマ値をUEに再構成し得る。さらに、セルが異なるPLMNに対して並置される場合、セルは、各PLMNに対してそれぞれのRANプロファイルインデックスを有することができる。

0056

いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデックシングの指示は、専用RRCメッセージを介して送信され得る。いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデックシングの指示は、周期的SI(System Information)を介して送信され得る。いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデックシングの指示は、オンデマンドSIを介して送信され得る。

0057

さらに、コアネットワークは、RANプロファイルインデックシングに対してその推奨を提供することもできる。いくつかの実施形態では、エンドツーエンド遅延要求を満たすために、異なるセルは、それぞれのセルのコアネットワークへのバックホール能力に基づいて、異なるPHY構成を必要とし得る。いくつかの実施形態では、複数のセルは、RANプロファイルインデックシング(例えば、関連付け構成を記述するためのデフォルトおよび共通インデックステーブル)を有する。したがって、セルは、RANプロファイルインデックスを提供する必要がない。したがって、RANプロファイルインデキシングは、セルカバレッジ内のすべてのサービングUEに対して構成される。

0058

セル固有のRANプロファイル実施形態とは異なり、ユーザ固有のRANプロファイル実施形態では、各UEは、セルカバレッジ内で、それ自体の専用のRANプロファイルインデックシングおよびPHY構成マッピング情報を有することができる。1つのセルカバレッジ内のUEは、同じRANプロファイルインデックス設定を有するか、または異なるRANプロファイルインデックス設定を有することができる。

0059

図5は、本出願の例示的な実施形態による、ユーザ固有のRANプロファイルインデックシング動作を示す。例示的な無線通信システム500は、無線接続ネットワーク(RAN)及びコアネットワーク(CN)を含む。RANは、セル510aおよびセル510bを含む。各セル(例えば、セル510aまたはセル510b)は、地理的エリアをカバーし、セル510bおよびセル510bの無線カバレッジは、図5に示すように重複する地理的エリアを有することができる。セルは、基地局(例えば、図5には明示的に示されていない物理的基地局)に通信可能にリンクされる。セル510aおよび510bの動作は、基地局によって調整される。UE513aおよび513bは、現在、セル510aの無線カバレージ内に位置し、セル510aによってサービスされる。UE513bは、ハンドオーバ処理がUE513bに実施され得るように、セル510bに向かって移動している。ハンドオーバ手順中、セル510aは送信元セルであり、セル510bは目標セルである。

0060

図5において、無線通信装置511aはセル510a内に配備され、対応するセル領域に無線を収束させる。無線通信装置511aは、基地局と通信し、UE513aおよび513bにサービスを提供する。無線通信装置511bもまた、対応するセル領域に無線を収束させるためにセル510bに配置されてもよい。無線通信装置511bは基地局と通信し、そのセルカバレージ内のUEにサービスを提供する。

0061

本実施形態におけるUE513aおよびUE513bは、異なる機能のために異なるPHY構成をサポートし、したがって、異なるRANプロファイルを有する(したがって、異なるPHY構成を有する。それぞれのPHY構成は、特有のBWP構成に対応する)。UE513aおよびUE513bは、インデックス(例えば、BWPインデックス)およびPHY構成(例えば、BWP構成)のマッピングの異なるセットのを有することができる。具体的には、UE513aは、PHY構成1〜9(例えば、BWP構成1〜9に対応)にそれぞれ対応するインデックス1〜9(例えば、BWPインデックス1〜9)を採用してもよい。UE513bは、PHY構成1’〜5’(例えば、BWP構成1’〜5’に対応)にそれぞれ対応するインデックス1’〜5’(例えば、BWPインデックス1’〜5’)を採用することができる。

0062

セル510aおよび510bは、UE513aおよび513bの個々の通信能力、サブスクリプションの種類、サービス要件、およびQoS要件に基づいて、RANプロファイルインデックス動作を実行してもよい。

0063

一実施態様では、無線通信システム500内のCNは、フロントホールおよびバックホール能力などのCN/RAN動作基準に基づいて、セル510aおよび510bに対するRANプロファイルインデックシングおよびUEのRANプロファイルインデックシングに関連するPHY構成の設定を推奨してもよい。異なるセルは、エンドツーエンド遅延要件を満たすために異なるPHY構成を必要とする場合がある。一実施態様では、CNは、UEとセルとの間のフロントホール能力および/または無線通信システム500内のセル間のバックホール能力などのネットワーク動作基準に基づいてRANプロファイルインデックスを構成するための1つまたは複数のネットワーク要素を備えてもよい。

0064

いくつかの実施形態では、UEのそれぞれは、異なるRANプロファイルインデックス量を有してもよい。さらに、それぞれのセルのバックホール能力に応じてUEのエンドツーエンド遅延要件をそれぞれ満たすために、異なるセルが(例えば、対応するBWP構成の)異なるPHY構成を必要とする場合があるので、コアネットワークは、RANプロファイルインデックシングに対する推奨を提供してもよい。いくつかの実施形態では、それぞれのセルのフロントホール能力に応じてUEのエンドツーエンド遅延要件をそれぞれ満たすために、異なるセルが異なるPHY構成(たとえば、対応するBWP構成の)を必要とする場合があるので、コアネットワークは、RANプロファイルインデックシングに向けた推奨を提供してもよい。さらに、いくつかの実施形態では、セルは、RANプロファイルインデックスを隣接セル交換してもよい。例えば、ハンドオーバの準備において、セルは、X2インターフェースまたはS1インターフェースを介して、隣接セルとRANプロファイルインデキシングを交換してもよい。

0065

さらに、セルがいかなるRANプロファイルインデックスもUEに割当ない場合(例えば、RRCコネクション確立フェーズ中に割当られたRANプロファイルインデックスでUEにシグナリングしなかった場合)、UEは、送信/受信動作中にリソースブロック(RB)処理のためにデフォルトPHY構成(例えば、デフォルトBWP構成)を使用してもよい。ある実施形態では、既定のPHY構成は、技術仕様において予め定義されてもよい。いくつかの実施形態では、セルがRANプロファイルインデックスを割当るとき、セルは、RRC状態に応答してRANプロファイルインデックスをさらに示してもよい。セルが、異なるRRC状態に対するRANプロファイルインデックスを示さない場合、セルは、すべてのRRC状態に対するRANプロファイルインデックスを提供してもよい。いくつかの実施形態では、セルが、異なるRRC状態についてのRANプロファイルインデックスを示さない場合、セルは、現在のRRC状態についてのRANプロファイルインデックスを提供してもよい。さらに、前記RRC状態は、RRC接続状態、RRC非アクティブ状態光接続RRC接続状態、光接続RRCアイドル状態、およびRRCアイドル状態を含む。図5に示すように、いくつかの実施形態では、UE513bがセル510aからセル510bに移動する場合、セル510bがセル510aによって提供されるUE513bのRANプロファイルインデックシングをサポートし得るので、UE513bおよびセル510bのRANプロファイルインデックシング取得処理は必要とされ得ない。

0066

さらに、いくつかの実施形態では、UEおよびセルのRANプロファイルインデックシングは、実行中のアプリケーションおよびセル状態に応答して構成されてもよい。いくつかの実施形態では、UEが別のPLMNにローミングするとき、UEおよびセルのRANプロファイルインデックシングは、RANによって再割当されてもよい。いくつかの実施形態では、UEが別のPLMNにローミングするとき、UEおよびセルのRANプロファイルインデックシングは、CNによって再割当されてもよい。いくつかの他の実施形態では、UEがRRC状態遷移を行う場合、UEおよびセルのRANプロファイルインデックシングを構成することができる。したがって、UEおよびセルのRANプロファイルインデックシングは、セルのカバレッジ内で半静的に構成されてもよい。いくつかの他の実施形態では、UEおよびセルのRANプロファイルインデックシングは、セルのカバレッジ内で動的に構成されてもよい。

0067

さらに、RANプロファイルインデキシングの指示は、RRCメッセージを介して送信されてもよい。いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデックシングの指示は、MAC制御要素(CE:MAC Control Element)を介して送信されてもよい。

0068

図6は、本出願の例示的な実施形態による、インデックスシグナリングのためのRANプロファイルインデックシングの形式を示す図である。一実施形態では、RANプロファイルインデックス情報は、情報要素IE)の形態をとることができる。図6は、本出願の例示的な実施形態による、情報要素の形態における例示的なインデックス形式を示す。

0069

図6に示されるように、情報要素(IE)の形態のRANプロファイルインデックス形式は、BWPインデックス0〜kを含み、kは整数である。それぞれのBWPインデックスは、RANパラメータのセットを含む対応するRANパラメータIEに関連付けられる。各RANパラメータIEは、PHY構成フィールドのセットを含んでもよい。各々のPHY構成は、1つのBWP構成に対応し、BWP構成は、サブキャリアスペーシング、多重化方式チャネルコーディング方式、伝送時間間隔(TTI)、サイクリックプレフィックス(cyclic prefix)及び変調スキームを含むが、これらに限定されず、フィールドアドレスは、リンクされている採用された物理層パラメータ及び割当られたBWPインデックスに関連付けられてもよい。一実施態様では、上記IEは、それぞれのBWP構成が関連付けられるRRC状態をさらに含んでもよい。BWPインデックスフィールド内の各インデックスは、IE内のフィールドのセットに関連付けられてもよい。

0070

例えば、インデックス0は、サブキャリアスペーシング♯1、マルチプレックス♯1、チャネルコーディングスキーム♯2、TTI♯1、CP♯1、および変調スキーム♯1に対応してもよい。インデックス1は、サブキャリアスペーシング♯1、マルチプレックス♯1、チャネルコーディングスキーム♯1、TTI♯1、CP♯1、および変調スキーム♯1に対応してもよい。インデックスkは、サブキャリアスペーシング♯1、マルチプレックス♯3、チャネルコーディングスキーム♯1、TTI♯2、CP♯1、および変調スキーム♯4に対応してもよい。

0071

IEに、より多くの送信関連パラメータをカバーさせることが有利であり得る。したがって、IEは、図6に示されるリストされたフィールド/要素によって制限されず、さらに、セルは、チャンネル状態ネットワーク方式能力、および端末の能力からの判断に基づいて、IEにフィールドを任意に追加することができる。IEに現れないフィールドについては、UEは、デフォルトパラメータのセットを適用する。

0072

いくつかの実施形態では、IEは、方向フィールド(例えば、DL、UL、SLなど)を搬送してもよい。いくつかの実施形態では、IEは、関連するインデックスに対して採用されたパラメータのそれぞれのフィールドアドレスのフィールドを搬送してもよい。RANプロファイルインデキシングは、フレーム構成(例えば、ミニスロット構成をさらに含む。いくつかの実施形態では、セルのIEは、セルの決定に応答してフィールドを搬送してもよい。IEに明示的に現れないフィールドについては、UEは、それに応じてデフォルトパラメータを適用してもよい。したがって、デフォルトパラメータは、ハードウエアモジュールに格納されたデフォルトパラメータ、またはRANもしくはCNまたは技術仕様によって提供されるデフォルトRANプロファイルインデックスを表してもよい。

0073

他の利点の中でも、情報要素を使用して、シグナリング処理用のRANプロファイルインデックスを伝達することにより、セルは、PHY構成を柔軟に構築し、PHY構成を、チャンネル状態、サービス要件、サービス品質(QoS)要件などの基準に基づいて、それぞれの情報要素にに対してマッピングすることができる。

0074

図7は、本出願の例示的な実施形態による、ビットマップインデキシングフォーマットの図である。図7において、所定のビットマップ710は、RANプロファイルインデックシングをシグナリングするセルによって使用されてもよい。ビットマップ710は、固定長および制限された数のコンポーネントを有する。上記コンポーネントは、サブキャリアスペーシング721、チャネルコーディングモード723、TTI値725、およびCP長値727を含むが、これらに限定されない。ビットは、割当られ、例えば、スペーシング値、チャネルコーディングモード、TTI値、CP長値、多重化モード、および/またはフレームタイプモードなどのPHY構成設定を表してもよい。上記セルは、特定のビットを操作することによって、特定のPHY構成設定を構成してもよい。上記UEは、後に、特定のビットマップを、対応するBWP構成の専用PHY構成に変換することができる。

0075

セルは、全てのRANプロファイルインデックス形式のペイロード長を指定するネットワーク要素を含み、関連するインデックス毎にビットマップを追加してもよい。RANプロファイルインデクシングビットマップ形式は、セル固有またはユーザ固有のRANプロファイルインデキシングにかかわらず、無線通信システム内のすべてのセルおよびUEに有効である。

0076

図8Aは、本出願の例示的な実施形態による、DCIを使用するBWPスイッチング手順を示す図である。図8Aに示されるように、コンポーネントキャリア800Aは、複数の物理リソースブロック870Aを含む。セルは、デフォルトBWP880Aに基づいて、そのカバレッジエリア内の1つまたは複数のUEにパケットを送信(例えば、ブロードキャスト(broadcast)送信)してもよい。一実施態様では、セルは、デフォルトBWP880Aにおいて、DCIメッセージ#1(DCI#1)をUEに送信し、DCI#1は、構成されたBWP890Aに対応する構成されたBWPインデックスと、構成されたBWP890Aに切り替えるためのスイッチング/アクティベーション指示とを含む。

0077

UEは、デフォルトBWP880AにおいてDCI#1を受信すると、DCI#1を復号してBWPインデックス及びスイッチング/アクティベーション指示を読み出す。UEは、図8Aに示されるように、復号されたBWPインデックスに基づいて、構成されたBWP890Aに切り替えることができる。

0078

一実施形態では、DCI#2は、CORESETでもよい。UEは、CORESETを受信して、CORESET内のさらなる制御情報(PDCCH)を受信する。CORESET内のPDCCHは他のRBを示してもよく、他のRBはUEがRANと通信するためのデータ又は他の制御情報を含んでもよい。いくつかの実施形態では、CORESET構成は、(RRC信号を介して)BWP構成で事前に構成される。いくつかの実施形態では、CORESET構成は、システム情報(たとえば、残りのミニマムシステム情報)によって事前に構成される。CORESET構成は、RBの位置及びその周期性を示すために以下の情報を含んでもよい。(1)第1のシンボルインデックス。CORESET-start-symb; (2)いくつかのシンボルにおけるCORESETの連続する持続時間;(3)CORESET持続時間;(4)周波数領域におけるリソースブロックのセット。CORESET-freq-dom. 構成されたBWP890AがDCI#1によってアクティベートされるとき、UEは、構成されたBWP890AのCORESETをどのように受信するかを知ってもよい。

0079

図8Aに示される実施形態において、デフォルトBWP880Aおよび構成されたBWP890Aは、時間領域において重複する部分を有さないことに留意されたい。すなわち、コンポーネントキャリア800Aでは、任意の所与の時間に1つのアクティブBWPのみが存在する。UEが、構成されたBWP890Aに切り替える時またはそれよい前に、デフォルトBWP880Aがディアクティベートされる。

0080

図8Bは、本出願の例示的な実施形態による、DCIを使用するBWPアクティベート手順を示す図である。図8Bに示されるように、コンポーネントキャリア800Bは、複数の物理リソースブロック870Bを含む。セルは、デフォルトBWP880Bに基づいて、そのカバレッジエリア内の1つまたは複数のUEにパケットを(例えば、ブロードキャスト(broadcast))送信してもよい。1つの実施形態では、セルは、デフォルトBWP880Bにおいて、DCIメッセージ#1(DCI#1)をUEに送信してもよく、DCI#1は、構成されたBWP890Bに対応するBWPインデックスと、構成されたBWP890BをアクティベートするためのBWPアクティベーション指示とを含む。UEは、デフォルトBWP880BでDCI#1を受信すると、DCI#1を復号して、BWPインデックスおよびアクティベーション指示を読み出す。UEは、構成されたBWP890Bをアクティベートしてもよい。次いで、UEは、構成されたBWP890BのPHY構成に基づいて、パケットを連続的に送信/受信してもよい。

0081

図8Bに示される実施形態において、デフォルトBWP880Bおよび構成されたBWP890Bは、時間領域において同時にアクティブであり得ることに留意されたい。すなわち、UEが、構成されたBWP890Bをアクティベートした後、デフォルトBWP880Bは、図8Bに示されるように、コンポーネントキャリア800B内の構成されたBWP890Bと同時にアクティブのままであってもよい。

0082

図9Aは、本出願の例示的な実施形態による、キャリアアグリゲーション(CA:carrier aggregation)の下でのRANプロファイルインデックス提供の方法を示す図である。図9Aに示されるように、CAが構成/アクティベートされるとき、プライマリセル(PCell)904および少なくとも1つのセカンダリセル(SCell)906は、周波数領域において、それぞれCC#1およびCC#2上で動作する。CAの仕様によれば、UE902の制御信号はPCell904によって提供されてもよい。いくつかの実施形態では、SCell906の無線リソース割当は、PCell904のPDCCHによって構成されてもよい。いくつかの実施形態では、SCell906の無線リソース割当は、SCell906のPDCCHによって構成されてもよい。

0083

図9Aに示されるように、本実施形態では、PCell904および少なくとも1つのSCell906は、それぞれの異なるRANプロファイルインデックス(例えば、BWPインデックス)およびそれぞれのPHY構成(例えば、BWP構成)のマッピング(RANプロファイルインデックス)を有してもよい。本実施形態では、動作910(動作912)において、PCell904は、UE902に(例えば、システム情報によって)PCell904のRANプロファイルインデックスを提供する。PCell904は、動作914において、実施例として、RRC信号によって、UE902に対してSCell906のRANプロファイルインデックスシングを提供する。したがって、RRCシグナリングにおいて、PCell904は、SCell906のSCell IDおよびSCell906の対応するRANプロファイルインデックスを提供してもよい。SCell906の各々は、個々のRANプロファイルインデックシングによって示されてもよい。

0084

いくつかの実施形態では、PCell904は、SCell906の構成とともに、RANプロファイルインデックシングのためのRRC信号を提供してもよい。SCell906のRANプロファイルインデクシングは、SCell906がディアクティベートされ、次いでPCell904によって再びアクティベートされても、依然として有効である。したがって、PCell904は、SCell906がPCell904によって再びアクティベートされるときに、SCell906のRANプロファイルインデックシングのためにRRC信号を再提供する必要がない。

0085

本実施形態では、PCell904は、SCell906のアクティベーション/ディアクティベーションとともに、RRCシグナリングを提供してもよい。本実施形態では、指示されたRANプロファイルインデックシングは、SCell906がディアクティベートされるときに無効であってもよい。本実施形態では、SCell906の有効なRANプロファイルインデキシングがPCell904によって示されない場合、PCell904のRANプロファイルインデキシングをSCell906に適用してもよい。

0086

図9Aに示されるように、動作910でRANプロファイルインデックスメッセージを提供した後、動作922(動作920)のPCell904は、PDCCH(PDCCH#1)を介してコンポーネントキャリア(CC#1)内のDCIメッセージ(DCI#1)をUE902に送信する。DCIメッセージは、PCell904のリソース割当て(例えば、RB1)と、PCell904のPHY構成(例えば、BWP構成)(および対応するBWP構成#2)の複数の組のうちの1つに対応するBWPインデックス(例えば、BWPインデックス#2)とを含む。

0087

動作924(動作920)において、PCell904は、BWP構成#2に基づいて、PDCCH(CC#1のPDCCH#2を介して)を介して、コンポーネントキャリア中のRB1上のUE902に、データ/制御シグナリングを送信する。動作930において、UE902は、BWP構成#2のPHY構成(例えば、BWP#2)に基づいて、RB1を復号する。一実施形態では、RB1は、BWP#2上のCORESET内に配置されてもよい。PCell904は、動作922において、RB1の位置を明示的に示さなくてもよい。代わりに、UE902は、動作930において、BWPインデックス#2に対応するBWP構成のCORESET構成に基づいてブラインドデコーディングを実施してもよく、したがって、RB1のリソース割当は、動作922において提供されなくてもよい。

0088

いくつかの実施形態では、動作940(動作942)において、SCell906のリソース割当のために、PCell904は、PDCCH(PDCCH#3)を介してコンポーネントキャリア(CC#1)内のDCIメッセージ(DCI#)をUE902に送信する。ここで、DCIメッセージは、SCell906のリソース割当(CC#2のRB2)と、SCell906の複数セットの(対応するBWP構成を有する)PHY構成の1つ(例えば、BWP構成#4)に対応するBWPインデックスを含む。動作944(動作940)において、SCell906は、BWP構成#4に基づいて、PDCCH(例えば、CC#2のPDCCH#4)を介して、コンポーネントキャリアのRB2上でデータ/制御シグナリングをUE902に送信する。動作946において、UE902は、SCell906のBWP構成#4に対応するBWPインデックス#4に基づいてRB2を復号する。一実施形態では、RB2は、BWP#4上のCORESET内に配置されてもよい。SCell906は、動作942において、RB2の位置を明示的に示す必要はない。代わりに、UE902は、BWPインデックス#4に対応するBWP構成のCORESET構成に基づいて、動作946においてブラインドデコーディングを実施してもよく、したがって、RB2のリソース割当は、動作942において提供されなくてもよい。

0089

図9Bは、本出願の例示的な実施形態のキャリアアグリゲーション(CA)の下でのRANプロファイルインデックス提供の方法を示す図である。図9Bにおいて、動作912、914、920、922、924、および930は、図9Aの動作912、914、920、922、924、および930とそれぞれ実質的に同じであってもよい。

0090

図9Bに示されるように、SCell906のリソース割当に関して、動作952において、SCell906は、PDCCH(PDCCH#3)を介してコンポーネントキャリア(CC#952)内のDCIメッセージ(DCI#3)をUE902に送信する。DCIメッセージは、SCell906のリソース割当と、SCell906の複数のセットのPHY構成(対応するBWP構成)のうちの1つに対応するリソースブロック割当情報((例えば、CC#2内のRB3))に対応するBWPインデックス(例えば、BWPインデックス#3)とを含む。動作954において、SCell906は、PDCCH#4を介してCC#2内のRB3上でUE902にデータ/制御シグナリングを送信する。動作956において、UE902は、SCell906のBWP構成#3(例えば、BWP#3)のPHY構成に対応するBWPインデックス#3に基づいて、SCell906のPDCCH#4上のRB3を復号する。

0091

いくつかの実施形態では、ロングタームエボリューション(LTE)アーキテクチャにおいて、eNBは、キャリアアグリゲーションにおいてUE902にデフォルトRANプロファイルインデックスを提供してもよい。異なるCCへのデフォルトRANプロファイルインデックシングは、独立して決定されてもよい。eNBは、UE902の能力に応答して、各セルの(デフォルト)RANプロファイルインデクシングを決定してもよい。

0092

本出願の実施形態によれば、DCIメッセージは、帯域幅部分インジケータフィールド(BIF)を含んでもよい。以下の表1は、各BIFが異なるBWPインデックス(例えば、RANプロファイルインデックス)を表すことを示す。

0093

図10Aは、本出願の例示的な実施形態による、BIFを有するDCI形式を示す図である。DCIを受信した後、UEは、受信されたBIFに基づいて、どのBWPがアクティベート/ディアクティベートされるべきかを知ってもよい。例えば、UEがDCIの対応するBIFを受け取ると、不活性なBWPがアクティベートされる。また、UEがDCIにおいて対応するBIFを受信する場合、アクティブなBWPは、非アクティブにされてもよい。

0094

図10Bは、本出願の例示的な実施形態による、BIFおよびキャリアインジケータフィールド(CIF:Carrier Indicator Filed)を有するDCI形式を示す図である。図10Bに示すDCI形式は、クロスキャリアBWPアクティベート/ディアクティベートに適用してもよい。CIFは、UEが、RANが示そうとするセル(例えば、SCell#1)を認識するためのものである。本出願の実施形態におけるCIFは、LTEプロトコルにおけるCIFと実質的に同様であってもよい。したがって、例えば、CIF(例えば、SCell#1を指す)およびBIF(例えば、BIF=01)を有するDCIを受信した後、UEは、SCell#1のBWP構成#1をアクティベート/ディアクティベートする必要があることを知ることができる。また、各々のセルは異なるBWP構成を有してもよいので、SCell#1のBWPインデックス#1のBWP構成は、(もしあれば)他のサービングセルにおけるBWPインデックス#1のBWP構成とは異なっていてもよいことに留意されたい。

0095

図11Aは、本出願の例示的な実施形態による、複数のリソースブロック割当を伴う2レベルDCIのフレーム構造の概略図である。図11Aに示されるように、セルによって提供されるサブフレーム1100のフレーム構造は、PDCCH1111、複数のミニスロット1113A、1113B、および1113C、ならびにミニスロット1113A、1113B、および1113C内に制御サーチ空間1115A、1115B、および1115Cをそれぞれ含む。本実施形態では、PDCCH1111は、サブフレーム1100の先頭にあり、アクティブなUE(図示せず)は、サブフレーム1100内のPDCCH1111を監視するために肯定応答(acknowledge)される。

0096

図11Aに示すように、本実施形態では、PDCCH1111内のDCI#0は、1つのBWP構成に対応する1つのBWPインデックスを含む。次いで、BWPインデックスを成功裏に復号した後、BWPは、指示されたBWPのCORESET構成(例えば、ミニスロット1313A、1113B、および1113C、ならびにそれぞれのミニスロットにおける制御サーチ空間1115A、1115B、および1115Cの構成)も含む、対応するPHY構成を読み出してもよい。次いで、UEは、CORESET構成に基づいて、ミニスロット内の制御サーチ空間をサーチして、RB_A、RB_B及びRB_Cを見つけ出し、(例えば、ブラインドデコーディングを通じて)デコードすることに成功する。いくつかの実施形態では、DCI#0は、固有無線ネットワーク一時識別子(RNTI)によってスクランブルされる。したがって、いくつかの実施形態では、UEは、特有のRNTIに基づいて制御信号を復号してもよい。DCI#0の復号に成功した後、UEは、ミニスロット1113A、1113B、および1113Cの数と、ミニスロット1113A、1113B、および1113Cのそれぞれに関するタイムスパン(例えば、時間領域におけるシンボルの数)とを含む、サブフレーム1100の構造を読み出してもよい。さらに、UEは、各ミニスロットの制御サーチ空間を知ってもよく、その結果、UEは、各ミニスロット内のRB_A、RB_B、およびRB_Cを首尾よく見つけてもよい。いくつかの実施形態では、PDCCH1111は、ミニスロット1113A、1113B、および1113Cのそれぞれにおける制御チャネルのリソース割当を含む。

0097

図11Bは、本出願の例示的な実施形態による、複数のリソースブロック割当を伴う2レベルDCIの方法を示す図である。図11Bに示されるように、動作1110において、セル1104は、例えば、専用の制御シグナリング(例えば、RRCシグナリング)を用いて、そのセルカバレッジ内のUE1102にRANプロファイルインデックスメッセージを(例えば、周期的または非周期的に)送信する。RANプロファイルインデキシングメッセージは、複数のセットのRANパラメータに関する情報を少なくとも含み、各セットのRANパラメータは、特定のBWPの設定(例えば、BWP構成)に対応する。RANプロファイルインデキシングメッセージはまた、複数のRANパラメータのセットに対応する複数のBWPインデックスを含む。複数のRANパラメータのセットの各々は、特定のPHY構成に対応する。PHY構成物はそれぞれ、BWPの特定のBWP構成に対応するBWPインデックスをマッピングすることができる。UE1102は、RANプロファイルインデキシングメッセージを受信すると、BWP構成(例えば、PHY構成)を有するRANプロファイルインデキシング情報と、後続の送信/受信動作のための対応するBWPインデックスとを保存する。セル1104は、NR通信ネットワークにおけるNReNB/gNB、またはLTE/LTE−A通信ネットワークにおけるeNBであってもよいことに留意されたい。

0098

動作1120において、セル1104は、PDCCH(PDCCH#1)内のDCIメッセージ(DCI#0)を使用して、UE1102に送信する。DCIメッセージは、ミニスロットの構成も含む、1つのBWP構成に対応するBWPインデックス(例えば、BWPインデックス#3)を含んでもよい。例えば、セル1104がダウンリンク伝送のためにPDSCHのBWP構成#3のPHY構成を適用すると決定した場合、セル1104は、BWPインデックス#3を示す情報を含むDCIメッセージを、PDCCH#1を通じて、UE1102に送信してもよい。

0099

動作1130において、UE1102は、ミニスロットの構成を得るためのDCI#0と、制御シグナリングのためのPHY構成とを復号する。

0100

動作1140において、セル1104は、ミニスロット1113A内の制御サーチ空間1115AにおけるRB_Aを送信する。

0101

動作1150において、UE1102は、制御メッセージRB_Aを取得し、DCI#Xを取得するためのBWPインデックス#3(BWP#3のPHY構成に対応するBWP構成#3)に基づいて、制御メッセージRB_Aを復号する。本実施形態では、DCI#Xは、RB_Xのリソース割当を含む。また、RB_Xは、BWP構成#3のPHY構成に基づいて符号化および多重化されてもよい。

0102

動作1162において、セル1104は、ミニスロット1113Aにおいてダウンリンクデータを有するRB_XをUE1102に送信する。動作1164において、セル1104は、ミニスロット1113B内の制御サーチ空間1115B内のRB_BをUE1102に送信する。

0103

動作1170において、UE1102は、制御メッセージRB_Bを取得し、DCI#Yを取得するためのBWPインデックス#3(BWP構成#3のPHY構成に対応する、BWP#3)に基づいて、制御メッセージRB_Bを復号する。本実施形態では、DCI #Yは、RB_Yのリソース割当を含む。RB_Yは、BWP構成#3のPHY構成に基づいて符号化および多重化されてもよい。

0104

動作1182において、セル1104は、ミニスロット1113Bにおいてダウンリンクデータを有するRB_YをUE1102に送信する。動作1184において、セル1104は、ミニスロット1113C内の制御サーチスペース1115C内でRB_CをUE1102に送信する。

0105

動作1190において、UE1102は、制御メッセージRB_Cを取得し、DCI#Zを取得するためのBWPインデックス#3(BWP構成#3のPHY構成に対応する、BWP#3)に基づいて、制御メッセージRB_Cを復号する。本実施形態では、DCI#Zは、RB_Zのリソース割当を含む。また、RB_Zは、BWP構成#3のPHY構成に基づいて符号化および多重化されてもよい。動作1192において、セル1104は、ミニスロット1113Cにおいてダウンリンクデータを有するRB_ZをUE1102に送信する。

0106

その結果、UE1102は、BWP構成#3のPHY構成に基づいて、対応するRB_X、RB_Y、RB_Zをそれぞれ復号するために、指示されたRANプロファイルインデキシングに従うことができる。本実施形態では、RB_X、RB_Y、RB_Zは、セル1104がミニスロット1113A、1113B、および1113CでそれぞれUE1102に配信するデータを含む。

0107

コアセット構成の部分であるミニスロット構成は、PHY構成で事前に設定されていることに留意されたい。したがって、UEは、DCI#0においてセル1104によってBWPインデックス#3が配信された後に、ミニスロット構成を読み取ってもよい。ブロック1150、1170、および1190では、RB_X、RB_Y、およびRB_Zは、BWPインデックス#3によってアクティブにされる同じBWP内にあり、DCI #X、DCI #Y、およびDCI #Zのそれぞれは、RANプロファイルインデックスを指定しないので、RB_X、RB_Y、およびRB_Zは、DCI#0でセル1104からUE1102に送信されるPHY構成#3に対応するBWPインデックス#3に基づいて復号されることに留意されたい。

0108

CORESET構成は、1つのBWP構成(1つのサブフレームにおける制御フィールド)において事前に構成されてもよいことに留意されたい。BWPがアクティベートされると、UEは、CORESETをどこで見つけるかを知ることができる(例えば、各ミニスロット内の制御フィールド)。したがって、UEは、CORESET内のRB_A、RB_B、およびRB_Cを(たとえば、ブラインド復号を介して)見つけてもよい。次いで、UEは、後続の受信において、RB_X、RB_Y、およびRB_Zを受信することを知ってもよい。この方法は、DL、UL、およびSLに適用できることに留意されたい。

0109

アップリンク(UL)伝送では、UL無許可(GF)伝送(タイプ1)およびULセミパーシステントスケジューリング(SPS)伝送(タイプ2)の両方がNRでサポートされる。タイプ1−ULGF送信の場合、gNBは、専用シグナリング(例えば、RRCシグナリング)を介してGFリソースをUEに提供してもよい。GFリソースは、UE間で共有されてもよいリソースブロックのグループとみなすことができる。さらに、GFリソースは、周期的に現れてもよい。タイプ2−ULSPS送信の場合、gNBは、RRCシグナリングを介してUEにSPSリソースを提供してもよい。しかしながら、RRCシグナリングは、SPSリソースの周期性を構成してもよい、gNBは、リソースブロックの位置およびさらなる構成(例えば、変調および符号化方式など)を含む、DCIを介してSPSリソースをアクティベートする必要があり得ることに留意されたい。

0110

タイプ1−ULGF送信の場合、UEは、GFリソースを構成するRRCシグナリングを受信した後、GFリソースを適用することができる。タイプ2−ULSPS送信の場合、RANはDCIを介してのみリソース位置およびサイズを提供することができるので、UEは、DCIを使用してSPSリソースをアクティベート/ディアクティベートする必要がある。

0111

図12は、本出願の例示的な実施形態による、BWPにおけるSPS/GF無線リソースを示す図である。図12に示されるように、コンポーネントキャリア1200A内のBWP #1は、動的許可なしでULパケットを送信するためのUSのための周期的ULリソースであってもよいSPSまたはGFULリソースを含む。BWPスイッチング/BWPアクティベーションの導入に伴い、タイプ1およびタイプ2リソースに対するBWPの影響について以下に説明する。

0112

一実施形態では、BWPは、1つまたは複数のタイプ1−GFリソースを用いて構成されることができ、構成されたタイプ1−GFリソースのすべては、基地局がDCIを介して1つのBWPをアクティベートするときに自動的にアクティベートされてもよい。さらに、構成されたタイプ1−GFリソースのすべてが、BWPのディアクティベーションによってアクティベートされなくてもよい。また、UEは、BWPがディアクティベーされるとき、ディアクティベーされたタイプ1のGFリソースの構成を保持してもよい。

0113

別の実施形態では、各セルは、1つまたは複数のタイプ2−SPSリソースを用いて構成されてもよい。タイプ2−SPS構成ごとに、ULグラントおよびリソースのPHY構成は、BWPアクティベーション/ディアクティベーションに伴って変化してもよい。したがって、UEがULパケットを伝送するためのSPSのBWPインデックスを異なったBWP構成に基づいて変更してもよい。

0114

図13Aは、本出願の例示的な実施形態による、SPS(Semi−Persistent−Scheduling)リソースによるRANプロファイルインデックス提供の方法を示す図である。図13Bは、本出願の例示的な実施形態による、DLSPSリソース受信を示す図である。

0115

図13Aおよび図13Bに示されるように、動作1310において、セル1304は、例えば、専用制御メッセージ(例えば、RRCシグナリング)を使用して、そのセルカバレージ内のUE1302にRANプロファイルインデックスメッセージを送信する。RANプロファイルインデキシングメッセージは、複数のRANパラメータのセットを少なくとも含み、各RANパラメータのセットは、特定のBWPの設定(例えば、BWP構成)に対応する。RANプロファイルインデキシングメッセージはまた、複数のRANパラメータのセットに対応する複数のBWPインデックスを含む。複数のRANパラメータの組の各々は、特定のPHY構成に対応する。PHY構成物はそれぞれ、BWPの特定のおBWP構成に対応するBWPインデックスにマッピングすることができる。UE1302は、RANプロファイルインデキシングメッセージを受信すると、BWP構成(例えば、PHY構成)及び後続の送信/受信動作のための対応するBWPインデックスを保存する。本実施形態では、セル1304は、NR通信ネットワークにおけるNReNB/NBまたはLTE/LTE−A通信ネットワークにおけるeNBであってもよいことに留意されたい。

0116

動作1320において、セル1304は、DCIメッセージ(DCI#1)をUE1302に送信し、DCIメッセージは、ミニスロットの構成と、特定のBWP構成(例えば、BWP#6)に対応する複数セットのPHY構成のうちの1つに対応するBWPインデックス(例えば、BWPインデックス#6)とを含んでもよい。例えば、セル1304が、DL送信のためにPDSCHにBWP構成#6のPHY構成を適用することを決定した場合、セル1304は、BWPインデックス#6を示す情報を含むDCIメッセージをUE1302に送信してもよい。セル1304は、また、例えば、BWP構成#6内に、SPSリソースの周期(図13Bの周期性#6)を構成してもよい。

0117

動作1330において、セル1304は、DCIメッセージ(DCI#2)をUE1302に送信し、DCIメッセージは、リソースブロック(例えば、SPSリソース#6)の位置、およびBWP#6におけるSPSパケット受信をアクティベートするのに必要なSPSリソースの他の構成(例えば、変調および符号化方式など)を含む。

0118

動作1340において、UE1302は、リソースブロック(例えば、RB_A、RB_B等)を受信し、セル1304によって構成されたBWP構成#6のPHY構成に対応するBWPインデックス#6を用いてリソースブロックを復号する。図13Bに示されるように、DIC#3の受信前のRB_AおよびRB_Bならびにその後続の連続DLパケット送信は、BWP#6の周期性に従って周期的に送信される。

0119

動作1352において、セル1304は、DCIメッセージ(DCI#3)をUE1302に送信し、DCIメッセージは、特定のBWP構成(例えば、BWP#8)に対する複数セットのPHY構成のうちの別の1つに対応するBWPインデックス(例えば、BWPインデックス#8)を有する。DCI#3を復号化すると、UE1302は、DCI#3にBWPインデックス#8(したがって、BWPインデックス#8)が示されたので、BWP#6からBWP#8に切り替わる。
動作1354において、セル1304は、DCIメッセージ(DCI#4)をUE1302に送信し、DCIメッセージは、リソースブロック(例えば、SPSリソース#8)の位置、およびBWP#8におけるSPSパケット受信をアクティベートするのに必要なSPSリソースの他の構成(例えば、変調および符号化方式など)を含む。

0120

いくつかの実施形態では、DCI#3およびDCI#4における情報は、UE1302がBWPスイッチングの直後にSPSリソースにアクセスすることができるように、1つのDCIにマージしてもよい。他のいくつかの実施形態では、1つのBWPが多重SPS構成で構成されてもよい。このような条件では、各SPS構成は、各BWPにおけるSPSインデックスを用いて構成されてもよい。さらに、DCI#4において、セル1304は、DCI#4において少なくとも1つのSPSインデックスを含むことができ、その結果、UE1302は、どのSPS構成がDCI#4によってアクティベートされるかを知ることができる。

0121

動作1360において、UE1302は、リソースブロック(例えば、RB_X、RB_Y等)を受信し、セル1304によって構成されたBWP構成#8のPHY構成に対応するBWPインデックス#8を用いてリソースブロックを復号する。図13Bに示されるように、DIC#5の受信以前のRB_X、RB_Y及びそれに続く継続的なDLパケット送信は、BWP#8におけるSPS構成の周期性に従って周期的に送信される。

0122

動作1370において、セル1304は、DCIめッセージ(DCI#5)をUE1302に送信し、DCIメッセージは、BWPインデックス#8を含む。DCI#5を復号すると、UE1302は、BWP#8におけるSPSパケット受信をディアクティベートすることを知る。

0123

図13Aおよび13Bは、UE側のDLSPSリソース受信に適用されるが、同様のアプローチが、ULおよびサイドリンクSPSリソース送信に適用さしてもよいことに留意されたい。

0124

図14Aは、本出願の例示的な実施形態による、無許可(GF:grant free)リソース送信によるRANプロファイルインデックス提供の方法を示す図である。図14Bは、本出願の実施形態による、ULGFリソース送信を示す図である。

0125

図14Aおよび図14Bに示されるように、動作1410において、セル1404は、一実施例として、専用の制御シグナリング(例えば、RRCシグナリング)を使用して、そのセルカバレージ内のUE1402にRANプロファイルインデックスメッセージを送信する。RANプロファイルインデックスメッセージは、複数のセットのRANパラメータを有するRANプロファイル設定に関する情報を少なくとも含み、RANプロファイルインデックスメッセージに対応する複数のインデックスは、複数のセットのRANパラメータに関する情報を少なくとも含み、RANパラメータの各セットは、特定のBWPの設定(例えば、BWP構成)に対応する。RANプロファイルインデキシングメッセージはまた、複数のRANパラメータのセットに対応する複数のBWPインデックスを含む。複数セットのRANパラメータの各々は、特定のPHY構成に対応する。PHY構成はそれぞれ、BWPの特定のBWP構成に対応するBWPインデックスにマッピングすることができる。UE1402は、RANプロファイルインデクシングメッセージを受信すると、BWP構成(例えば、PHY構成)及び後続の送信/受信動作のための対応するBWPインデックスを保存する。セル1404は、NR通信ネットワークのNReNB/gNB、またはLTE/LTE−A通信ネットワークのeNBを含んでもよいことに留意されたい。

0126

動作1420において、セル1404は、DCIメッセージ(DCI#I)をUE1402に送信し、DCIメッセージは、特定のBWP構成#I(例えば、BWP#I)の複数のセットのPHY構成のうちの1つに対応するBWPインデックス(BWPインデックス#I)を含むことができる。例えば、セル1404がUE1402にUL送信のためにBWP構成#IのPHY構成を適用させることを決定するときに、セル1404は、BWPインデックス#Iを示す情報を含むDCIメッセージをUE1402に送信してもよい。GFリソース構成およびGFリソースの周期性は、BWP構成#Iに対応するPHY構成内に提供される。

0127

動作1430において、UE1402は、BWPインデックス#IにおけるULGF構成に基づいてセル1404にデータを送信してもよい。図14Bに見られるように、GFリソースは、UE1402がBWP#Iにおける周期的GFリソースを使用してRB_A、RB_B、RB_C等をセル1404に送信してもよいように、周期的に現れてもよい。

0128

動作1440において、セル1404は、DCIメッセージ(DCI#B)をUE1402に送信し、DCIメッセージは、1つの特定のBWP構成(BWP#J)に対応するBWPインデックス(BWPインデックス#J)を含む。DCI#Bを復号化すると、UE1402は、DCI#BにBWPインデックス#Jが示されたので、BWP#IからBWP#Jに切り替える。一実施態様では、セル1404は、BWP構成(例えば、BWP#Jの構成)を介してGFリソースをUE1402に提供してもよい。

0129

動作1450において、UE1402は、BWPインデックス#JにおけるULGF構成に基づいて、セル1404にデータを送信してもよい。図14Bに見られるように、GFリソースは、BWP#Jにおける周期的GFリソースを使用して、UE1402がセル1404にRB_X、RB_Y等を送信してもよいように、周期的に現れてもよい。

0130

図14Aおよび14Bは、ULGFリソース送信に適用されるが、同様のアプローチが、DLGFリソース送信に適用されてもよいことに留意されたい。

0131

図15は、本出願の例示的な実施による、デュアルコネクティビティでのRANプロファイルインデックス提供の方法を示す図である。

0132

図15に示されるように、動作1510において、PCell1504およびPsCell1506は、RANプロファイルインデックスを取得するためにUE1502とネゴシエートする必要があり得る。いくつかの実施形態では、PCell1504は、PsCell1506とは異なるRANプロファイルインデックスを有していてもよい。図15に示されるように、動作1522において、PCell1504は、PCell1504におけるDLリソース割当のために、リソース割当(例えば、RB1)および対応するBWPインデックス(例えば、BWPインデックス#2)を、CC#1におけるPDCCH#1を介して、UE1502に提供する。動作1524において、PCell1504は、CC#1におけるPDSCH#1を介して、UE1502にRB1を送信する。動作1530において、UE1502は、BWP#2のPHY構成に応答してRB1復号を実行する。

0133

さらに、PsCell1506のリソース割当てについて、動作1552において、PsCell1506は、CC#2内のPDCCH#2を介して、PsCell1506(例えば、RB2)のリソース割当てと、対応するBWPインデックス(BWPインデックス#4)とを示す。動作1554において、PsCell1506は、CC#2内のPDSCH#2を介して、UE1502にRB2を送信する。したがって、動作1556において、UE1502は、CC#2内のPsCell1506のPDSCH#2上でRB2を受信し(例えば、CC#2は、SeNB内のPCCとして動作する)、次いで、PsCell1506のBWP#4のPHY構成に応答してRB2を復号する。

0134

いくつかの実施形態では、PCell1504およびPsCell1506は、システム情報を介して、RANプロファイルインデックシングをブロードキャスト送信してもよい。いくつかの実施形態では、PCell1504およびPsCell1506は、RRC信号を介して、RANプロファイルインデックシングをユニキャスト送信してもよい。本実施形態では、PsCell1506は、RANプロファイルインデックシングおよびスケジューリングのそれぞれを容易にするためのUE1502の能力を取得することが要求される。

0135

さらに、PCell1504およびPsCell1506は、RANプロファイルインデックスを取得するために、UE1502とネゴシエートする必要があり得る。いくつかの実施形態では、PCell1504は、PsCell1506とは異なるRANプロファイルインデックスを有しともよい。さらに、いくつかの実施形態では、PCell1504は、PsCell1506がUE1502と直接ネゴシエートしない場合、PsCell1506のRANプロファイル情報をUE1502に中継ししてもよいし、その逆も同様である(すなわち、UE1502の能力情報をPsCell1506に中継してもよい)。

0136

いくつかの実施形態では、PCell1504は、MCG(Master Cell Group)によって制御されるMeNB(Master eNB)に属する。MCGは、セルのグループ(例えば、コンポーネントキャリア)を含んでもよく、UE1502は、MCG内の1つのPCellと通信する。図9Aおよび図9BのCAにおけるRANプロファイルインデックシングは、MCGにおいて実施することができる。いくつかの実施形態では、PsCell1506は、SCG(Secondary Cell Group)によって制御されるSeNB(Secondary eNB)に属する。SCGは、セルのグループを含んでもよく、UEは、SCG内の1つのPsCellと通信する。図9Aおよび図9BのCAにおけるRANプロファイルインデックシングは、SCGにおいて実施することができる。

0137

さらに、MCGおよびSCGは、異なるRAT上に実装されてもよい。いくつかの実施形態では、MCGは、LTEadvanced上に実装される。いくつかの実施形態では、MCGは、LTE−Advanced Pro上に実装される。いくつかの実施形態では、SCGは、NR上に実装される。いくつかの実施形態では、MCGは、NR上で実装される。いくつかの実施形態では、SCGはLTE Advanced上で実装され、さらに他の実施形態では、SCGはLTE-Advanced Pro上に実装される。より具体的には、LTE/LTE−Advanced Pro上、MCGまたはSCG、またはデフォルトRANプロファイル(例えば、デフォルトBWP構成)に実装されるMCGまたはSCGが適用される。

0138

図16Aは、本出願の例示的な実施形態による、デュアル接続におけるRANプロファイルインデックシング取得を示す概略図である。図16Aに示されるように、本実施形態では、SeNB1606は、UE1602と直接的にネゴシエートしない可能性があるため、MeNB1604は、RANプロファイルインデックス(例えば、BWPインデックス)、PHY構成(例えば、BWP構成)、およびSeNB1606によって提供されるMCGおよびSCGのソフトウェア/ハードウェア/バックホール/フロントホール能力を提供してもよい。次いで、MeNB1604は、RANプロファイルインデクシング取得処理においてMCGおよびSCGの両方をカバーして、RANプロファイルインデクシングメッセージを配信してもよい。より具体的には、ベアラ分割(bearer splitting)が(例えば、デュアル接続性のために)構成される場合、UE1602とMeNB1604/SeNB1606との間のパケット送信/受信をサポートするために、共通のRANプロファイルインデックシングが要求されてもよい。さらに、いくつかの実施形態では、MCGおよび/またはSCGの組み合わせが変更されると、RANプロファイルインデックシングが修正される。

0139

別の実施形態では、MeNB1604/SeNB1606は、MCG/SCGの能力に応じて、それぞれ、MCG/SCGのRANプロファイルインデックスを決定してもよい。さらに、MeNB1604は、RANプロファイルインデキシング取得処理中に、直接、UE1602とネゴシエートしてもよい。MeNB1604は、RANプロファイルインデキシング取得処理中に、SeNB1606とUE1602との間のシグナリングの中継を補助してもよい。MeNB1604は、RANプロファイルのインデックスシングを、例えば、一つはMCGのために、および他の一つはSCGのために、UE1602へシグナリングしてもよい。さらに、SeNB1606は、SCGのRANプロファイルインデックシングを依然として決定してもよい。したがって、MCGおよびSCGのRANプロファイルインデックシングは、MeNB1604のシグナリングを介してそれぞれ提供される。したがって、SCGの組み合わせが変更されると、SCGのRANプロファイルインデックシングを変更してもよい。MeNB1604は、UE1602と独占的にネゴシエートするので、MeNB1604が変更されると、MCGおよびSCGの両方のRANプロファイルインデックシングは無効になってもよい。いくつかの実施形態では、ベアラ分割が適用されるとき、MeNB1604およびSeNB1606は、MCGおよびSCGのRANプロファイルインデックスを決定するために互いにネゴシエートしてもよい。

0140

図16Bは、本出願の例示的な実施形態による、デュアルコネクティビティにおけるRANプロファイルインデックス取得を示す図である。図16Bに示されるように、MeNB1604およびSeNB1606は、RANプロファイルインデクシング取得処理の間に、個別に/別々に、UE1602とネゴシエートしてもよい。したがって、MeNB1604/ SeNB1606は、それぞれ、MCG/SCGの能力に応答して、MCG/SCGのRANプロファイルインデックスを決定してもよい。さらに、MeNB1604および/またはSeNB1606は、UE1602とネゴシエートするためにエアリンク接続を構築してもよい。したがって、UE1602、MeNB1604、およびSeNB1606の間のダウンリンク制御シグナリングにおけるダイバーシティ(例えば、RRCダイバーシティ)を達成することができる。いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデクシングの取得処理中に、SeNB1606は、MeNB1604がUE1602に制御シグナリングを中継するのを助けてもよく、および、その逆であってもよい。いくつかの実施形態では、MeNB1604およびSeNB1606は、それぞれUE1602とネゴシエートしてもよい。したがって、UE1602は、MeNB1604およびSeNB1606のそれぞれによって提供される2つの独立したRANプロファイルインデクシング取得処理を認識することができる。いくつかの実施形態では、MeNB1604およびSeNB1606は、ベアラ分割で、MCGおよびSCGのRANプロファイルインデックスを決定するために、互いにネゴシエートする必要があり得る。

0141

さらに、いくつかの実施形態では、UEは、セルからRANプロファイルインデックスを取得した後に、確認信号を送信することが要求される。しかしながら、UEが、RRCアイドル状態、RRC非アクティブ状態、光接続RRC接続状態、光接続RRCアイドル状態にある場合、UEは、確認信号を送信する必要がなく、例えば、セルは、これらのRRC状態に適用されるRANプロファイルインデックシングが、これらのRRC状態にあるすべてのUEに対して実行可能であることを保証しなければならない。ユニキャストRANプロファイルインデクシングシグナリングの実施形態では、UEがRANプロファイルインデキシングシグナリングを受信すると、UEは、セルがサポートしないRANプロファイルのリストを含む確認メッセージに応答してもよい。いくつかの他の実施形態では、UE1602は、UEが1つのRANプロファイルのPHY構成の少なくとも部分をサポートしない場合、セルに失敗のメッセージを送信してもよい。本実施形態では、キャリアアグリゲーションにおいて、PCellは、RANプロファイルインデクシング取得処理の間にUEとネゴシエートする。したがって、UEは、確認メッセージをPCellに送信する。

0142

本実施形態では、デュアル接続において、UEは、確認メッセージをMeNBに直接送信する。UEは、MCGおよびSCGのRANプロファイルインデックシングのために2つの確認メッセージをそれぞれ作成する必要がある。次いで、UEは、MeNBへのULシグナリング上で2つの確認メッセージを多重化する。次いで、MeNBは、確認メッセージを逆多重化し、SCGRANプロファイルインデックシングの確認メッセージをSeNBに転送してもよい。いくつかの他の実施形態では、UEは、MCGRANプロファイルインデックシングおよびSCGRANプロファイルインデックシング用の確認メッセージを、MeNBおよびSeNBにそれぞれ送信してもよい。いくつかの実施形態では、UEは、SeNBへのULシグナリング上で確認メッセージのうちの2つを多重化してもよい。SeNBは、確認メッセージを逆多重化し、次いで、SeNBがMeNBのための制御シグナルを転送するのを助ける場合、MCGRANプロファイルインデックスの確認メッセージをMeNBに転送してもよい。UEは、RANプロファイルインデックシングのための確認メッセージを送信した後に、RANプロファイルインデックシングの能力に応答する。

0143

ブロードキャストRANプロファイルインデキシングシグナリングの実施形態では、RRC接続確立中に、UEは、RANプロファイルインデキシングを取得し、UE能力ネゴシエーションにおけるRANプロファイルインデキシングの能力に応答してもよい。例えば、RANプロファイルインデキシングの無効性を示すRANプロファイルインデキシング確認情報要素(IE)は、UE CapabilityInformationメッセージに含まれる。本実施形態では、セルは、UEから確認シグナリングを受信した後は、RANプロファイルインデックスを再構成しない。さらに、RANプロファイル(例えば、BWP構成)をサポートしないUEに対しては、セルはこの情報を保持し、その特定のRANプロファイルをUEのスケジュールアカウントに入れない。さらに、いくつかの実施形態では、UEが、ブロードキャストされたRANプロファイルインデックシングにおいてPHY構成(たとえば、BWP構成)をサポートしない場合、セルは、デフォルトPHY構成(たとえば、デフォルトBWP構成)によってUEにサービス提供する。いくつかの実施形態では、UEが、ブロードキャストされたRANプロファイルインデックシングにおいてPHY構成をサポートしない場合、セルは、単に、UEをレガシーUEとして扱う。UEは、RANプロファイルインデックシングのための確認メッセージを送信した後に、RANプロファイルインデックシングの能力に応答する。

0144

さらに、セルは、以下の場合において、RANプロファイル(例えば、BWP構成)インデックスを再構成してもよい。
1 新しいRANプロファイルを追加する。
2 以前のRANプロファイルを削除する。
3 1つの特定のRANプロファイルのPHY構成を変更する。
4 既存のRANプロファイルをすべて取り消す

0145

いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデックシング再構成のために、表2に示されるように、セルは、実施されている変化を指定するための動作フィールドを有するRRC信号(例えば、RRCConnectionReconfiguraiton message)を送信してもよい。いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデックシング再構成について、セルは、実施されている変化を指定するための動作フィールドとともに特定のシステム情報を送信することができる。
表2:RRCシグナリングにおけるRANプロファイルインデックス変更の表示

0146

UEが動作フィールドを読み取った後、UEは、動作フィールドに応答してRANプロファイルインデックシングの動作を実行する。例えば、UEが「10」のビットを含む動作フィールドを読み取ると、セルは、変更された構成を表すデルタ情報を有するRANプロファイルインデックス(例えば、BWPインデックス)を示し、図6に示される形式を適用してもよい。さらに、動作フィールドの新しいビットマップが作成されるときは、図7に示される形式が適用されてもよい。

0147

いくつかの実施形態では、RANプロファイルインデックシングの再構成のために、セルは、異なる目的のためにそれぞれのダウンリンク制御メッセージ(例えば、ProfileAdd / ProfileDelete / ProfileModify/ ProfileCancelなどのRRC信号)を使用する。さらに、いくつかの実施形態では、セルは、キャリアアグリゲーション内にPCellを含む。他の実施形態では、セルは、デュアル接続においてMeNB/SeNBで置き換えられてもよい。さらに、UEは、RANプロファイルインデキシング変更のサポートを通知するために確認メッセージを送信してもよい。

0148

図17は、本出願の例示的な実施形態による、サイドリンク機構のためのRANプロファイルインデックス提供を示す図である。動作1710において、UE1702およびUE1704は、セル1706とのRANプロファイルインデックスを用いて構成される。動作1722において、セル1706は、少なくとも1つのサイドリンクパケットをUE1702に送信するために、(例えば、RRC信号を介して)サイドリンクリソース割当メッセージを1704に提供してもよい。セル1706は、セル1706が少なくとも1つのサイドリンクパケットをUE1702に配信するために、サイドリンクリソース割当メッセージにおいて少なくとも1つのRBを割当てもよい。本実施形態では、RBを復号するためのBWPインデックス(例えば、BWPインデックス#2)は、動作1722においてセル1706によって提供されるサイドリンクリソース割当メッセージに含まれてもよい。

0149

いくつかの実施形態では、セル1706は、UE1702にサイドリンク制御情報(Sidelink Control Information)(SCI)を配信するために、UE1704にRBを割当る。動作1724において、UE1704は、SCI内の少なくとも1つのサイドリンクパケットのリソース割当およびBWPインデックスを配信してもよい。動作1730において、UE1702は、少なくとも1つのサイドリンク(SL)パケットを取得するために、BWPインデックス(BWPインデックス#2)に基づいてサイドリンクリソース割当を取得するために、RANプロファイルインデックシングに応答して、SCIを復号する。一実施形態では、セル1706がSCIのBWPインデックスをUE1702およびUE1704に示さない場合、UE1704は、デフォルトBWPインデックスに基づいてSCIを配信してもよい。動作1740において、UE1702は、少なくとも1つのSLパケットを取得するためにRBを復号するために(例えば、BWP#2を使用して)BWPインデックスに基づいてSLパケットを復号してもよい。

0150

図18は、本出願の例示的な実施形態による、セル用の無線通信機器を示すブロック図である。上記無線通信機器は、図1図17に関連して上述したRANプロファイルインデキシング方法を実施するように構成されてもよい。図18において、無線通信装置1800は、アンテナモジュール1810、通信モジュール1820、メモリ1830、および処理ユニット1840を備える。アンテナモジュール1810は、通信モジュール1820に結合される。通信モジュール1820およびメモリ1830は、処理ユニット1840に結合するように構成されている。

0151

アンテナモジュール1810は、1つまたは複数のアンテナを備えてもよく、そのサービングセル内の1つまたは複数のUEと、ビームフォーミング全送信を実行するように構成されてもよい。通信モジュール1820は、上記セルが、アンテナモジュール1810を用いて、セルカバレージ内の上記UEとのデータ送受信を実行することを可能にするための、1つまたは複数の送信機および1つまたは複数の受信機を備えてもよい。

0152

処理ユニット1840は、セルの動作を制御し、セルの中央処理中核として機能するように構成される。メモリ1830は、処理ユニット1840による実行のためのプログラム命令を記憶するように構成されている。メモリ1830はさらに、RANプロファイルインデックシングデータ(例えば、BWPインデックス)および対応するPHY構成の設定(例えば、BWP構成)を保存するためのメモリ空間を割当るように構成されている。処理ユニット1840による実行時に記憶されたプログラム命令は、処理ユニット1840に、RANプロファイルインデックスをシグナリングするための前述の1つまたは複数の方法を実行させる。

0153

一実施形態では、無線通信機器1800は、さらに、タイマ(図18には明示しない)を備えてもよい。タイマは、無線通信機器1800が、ブロードキャストまたはユニキャスト送信によって、その無線カバレージ内の1つ以上のUEに、上記RANプロファイルインデックシング情報をシグナリングした後、所定の時間間隔を計時するように構成される。上記所定の時間間隔の間、無線通信装置1800は、その現在のRANプロファイルインデキシングおよびPHY構成に対して更新を行わなくてもよい。

0154

さらに、無線通信装置1800は、セルのネットワーク動作をサポートするための他の必須のネットワーク要素をさらに含んでもよく、本出願にとって必須ではない。このような要素の詳細は、簡潔にするためにここでは省略する。

0155

302、413a、413b、513a、513b、902、1102、1302、1402、1502、1502、1602、1702、1704ユーザ機器
304、410a、410b、510a、510b、1104、1304、1404、1706セル
100A、200A、200B、200C、800A、800B、1200Aコンポーネントキャリア
101、103、105、202B、202C、890A、890B BWP
104、106、1100サブフレーム
400、500無線通信システム
411a、411b、511a、511b、1800無線通信装置
710ビットマップ
721サブキャリアスペーシング
723チャネルコーディングモード
727CP長値
870A、870B物理リソースブロック
1111 PDCCH
1113A、1113B、1113C、1313Aミニスロット
1115A、1115B 1115C 制御サーチ空間
1150ブロック
1604、1606 NB
1810アンテナモジュール
1820通信モジュール
1830メモリ
1840処理ユニット
202AペアBWP
202B、202C 非ペアBWP
880A、880BデフォルトBWP

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ