図面 (/)

技術 旅行商品検索装置、旅行商品検索システム、旅行商品検索プログラム及び記録媒体

出願人 株式会社オープンドア
発明者 関根大介
出願日 2019年4月23日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2019-081531
公開日 2020年10月29日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-177601
状態 特許登録済
技術分野 検索装置
主要キーワード サプライヤ端末 各航空会社 空席照会 発着地 提供者システム パッケージツアー フライト情報 到着空港
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

検索サイトにおける空席情報の精度を可能な限り上げ、コンバージョンレートを上げることができる旅行商品検索装置、旅行商品検索システム、旅行商品検索プログラム及び記録媒体を提供する。

解決手段

旅行商品検索装置20は、提供者装置17を介してGDS18から対象旅行商品の空席ナシ情報を取得する各空席ナシ情報取得部9,10と、検索部8で検索された対象旅行商品と空席ナシ情報DB15の空席ナシ情報とを比較して、対象旅行商品のうち、空席ナシ情報DB15にあるものを除く空席ナシ情報除外部12とを有し、空席がある対象旅行商品のみを、ユーザー端末16に返却する。

概要

背景

メタサーチ系の検索サイトにおける通常の検索では、ユーザーが入力した検索の条件である旅程条件(出発日発着地など)に基づいて検索が実行されると、まず旅行会社が、自身の契約先GDS(Global Distribution System)又はCRS(Computer Reservation System)から航空機空席情報を取得し、その結果が検索サイトに提供されて画面に列挙される。旅行商品予約購入取引を進める場合、ユーザーは、検索サイトに列挙された旅行商品のいずれかを選択し、検索サイトから遷移した旅行会社サイトにおいて、個人情報を入力し、日程条件の詳細を確定させて決済する。このような技術として、下記特許文献1に記載された情報提供装置がある。

しかし、ユーザーが検索サイトで検索を実行し、検索サイトに旅行商品が列挙されていても、実際に予約購入の取引を進めると、遷移先の旅行会社サイトにおいて、予約済で空席ナシと表示される場合がある。これは、次のような事情に基づいている。

GDSから提供される空席情報は、旅行会社からの要求の種類に応じて精度が異なる。要求は、例えば、フライト情報の特定の仕方に応じて、次の3種類がある。

第1の要求は、検索サイトにおける一般的な「検索」が実行された場合である。この場合、検索サイトから旅程条件に基づいた検索の要求があると、旅行会社がGDSに空席情報を要求し、GDSは、予め航空会社から収集した空席情報のキャッシュデータを、旅行会社に返す。この情報が検索サイトに提供される。

第2の要求は、いわゆる「空席照会」であり、単なる検索ではなく、より具体的に、出発日、出発日、目的地、航空会社を特定してGDSに空席情報の提供を要求する場合である。第2の要求の場合、具体的な条件が特定されているため、原則として、キャッシュデータではなく、リアルタイムの空席情報がGDSから返される。しかし、回線ビジー状態であった場合、第1の要求の場合と同じく、キャッシュデータが返される場合がある。

第3の要求は、いわゆる航空券の「予約」であり、出発日、出発日、目的地、航空会社、便名、予約クラス、席数など、第2の要求よりもさらに具体的に条件を特定してGDSに空席情報の提供を要求する場合である。第3の要求の場合、航空券の予約であり、航空会社が席を確保する必要があるため、特定された旅程条件に合致した空席情報が、GDSからほぼ確実に返される。

以上のことから、常に第3の要求をすれば、高精度の検索が可能であるが、GDSの利用料金は、通信回数に応じた従量課金制や、予め決められた無料枠の通信回数を超えた分に応じて課金される課金制などがあるところ、いずれにせよ通信回数が利用料金にかかわるうえ、GDSからのレスポンスにも時間を要する。そのため、確実な予約購入を行う場合を除いて、比較的精度の高い第2の要求や第3の要求は、多用し辛いのが現状である。

概要

検索サイトにおける空席情報の精度を可能な限り上げ、コンバージョンレートを上げることができる旅行商品検索装置、旅行商品検索システム、旅行商品検索プログラム及び記録媒体を提供する。旅行商品検索装置20は、提供者装置17を介してGDS18から対象旅行商品の空席ナシ情報を取得する各空席ナシ情報取得部9,10と、検索部8で検索された対象旅行商品と空席ナシ情報DB15の空席ナシ情報とを比較して、対象旅行商品のうち、空席ナシ情報DB15にあるものを除く空席ナシ情報除外部12とを有し、空席がある対象旅行商品のみを、ユーザー端末16に返却する。

目的

すなわち、空席情報の精度を可能な限り上げ、コンバージョンレートを上げることができる旅行商品検索装置、旅行商品検索システム、旅行商品検索プログラム及び記録媒体の提供を目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

旅行商品予約購入希望する購入者と、旅行商品を提供する提供者との予約購入取引を、ネットワークを通じて仲介する旅行商品検索装置であって、購入者によって入力された旅程条件に該当する旅行商品である対象旅行商品を検索する検索部と、前記検索部によって検索された前記対象旅行商品が購入者に選択された後、遷移した提供者システムにおいて前記対象旅行商品の予約購入取引が完了する前までの間に、航空機空席照会するための空席等管理システムから前記提供者システムを介して、前記対象旅行商品の空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報取得部と、前記検索部で検索された前記対象旅行商品と前記空席ナシ情報とを比較して、前記対象旅行商品のうち、前記空席ナシ情報に該当するものを除く空席ナシ情報除外部と、を有する、ことを特徴とする旅行商品検索装置。

請求項2

前記空席ナシ情報取得部が、前記空席等管理システムから直接前記空席ナシ情報を取得する、ことを特徴とする請求項1に記載された旅行商品検索装置。

請求項3

前記空席ナシ情報取得部が取得する前記空席ナシ情報が、前記空席等管理システムにおけるキャッシュデータではなく、前記空席等管理システムへの要求時におけるリアルタイムデータである、ことを特徴とする請求項1または請求項2に記載された旅行商品検索装置。

請求項4

旅行商品の予約購入を希望する購入者と、旅行商品を提供する提供者との予約購入取引を、コンピュータを介してネットワークを通じて仲介する旅行商品検索プログラムであって、購入者によって入力された旅程条件に該当する旅行商品である対象旅行商品が検索され、この対象旅行商品が購入者に選択された後、遷移した提供者システムにおいて前記対象旅行商品の予約購入取引が完了する前までの間に、航空機の空席を照会するための空席等管理システムから前記提供者システムを介して、前記対象旅行商品の空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報取得手順と、前記空席ナシ情報を取得した後に検索された前記対象旅行商品と前記空席ナシ情報とを比較して、前記対象旅行商品のうち、前記空席ナシ情報に該当するものを除く空席ナシ情報除外手順と、を経る、ことを特徴とする旅行商品検索プログラム。

請求項5

請求項4に記載された旅行商品検索プログラムが記録された、ことを特徴とするコンピュータで読み取り可能な記録媒体

請求項6

旅行商品の予約購入を希望する購入者に旅行商品を提供する提供者装置と、前記購入者と前記提供者装置との予約購入取引を、ネットワークを通じて仲介する旅行商品検索装置と、を有する旅行商品検索システムであって、前記提供者装置は、購入者によって入力された旅程条件に該当する旅行商品である対象旅行商品が、前記旅行商品検索装置を介して購入者によって選択された後、遷移した当該提供者装置において前記対象旅行商品の予約購入取引が完了する前までの間に、航空機の空席を照会するための空席等管理システムから前記対象旅行商品の空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報収集部を有し、前記旅行商品検索装置は、前記対象旅行商品を検索する検索部と、前記提供者装置から前記空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報取得部と、前記検索部で検索された前記対象旅行商品と前記空席ナシ情報とを比較して、前記対象旅行商品のうち、前記空席ナシ情報に該当するものを除く空席ナシ情報除外部と、を有する、ことを特徴とする旅行商品検索システム。

技術分野

0001

本発明は、旅行商品検索する際に用いられる旅行商品検索装置、旅行商品検索システム、旅行商品検索プログラム及び記録媒体に関するものである。

背景技術

0002

メタサーチ系の検索サイトにおける通常の検索では、ユーザーが入力した検索の条件である旅程条件(出発日発着地など)に基づいて検索が実行されると、まず旅行会社が、自身の契約先GDS(Global Distribution System)又はCRS(Computer Reservation System)から航空機空席情報を取得し、その結果が検索サイトに提供されて画面に列挙される。旅行商品の予約購入取引を進める場合、ユーザーは、検索サイトに列挙された旅行商品のいずれかを選択し、検索サイトから遷移した旅行会社サイトにおいて、個人情報を入力し、日程条件の詳細を確定させて決済する。このような技術として、下記特許文献1に記載された情報提供装置がある。

0003

しかし、ユーザーが検索サイトで検索を実行し、検索サイトに旅行商品が列挙されていても、実際に予約購入の取引を進めると、遷移先の旅行会社サイトにおいて、予約済で空席ナシと表示される場合がある。これは、次のような事情に基づいている。

0004

GDSから提供される空席情報は、旅行会社からの要求の種類に応じて精度が異なる。要求は、例えば、フライト情報の特定の仕方に応じて、次の3種類がある。

0005

第1の要求は、検索サイトにおける一般的な「検索」が実行された場合である。この場合、検索サイトから旅程条件に基づいた検索の要求があると、旅行会社がGDSに空席情報を要求し、GDSは、予め航空会社から収集した空席情報のキャッシュデータを、旅行会社に返す。この情報が検索サイトに提供される。

0006

第2の要求は、いわゆる「空席照会」であり、単なる検索ではなく、より具体的に、出発日、出発日、目的地、航空会社を特定してGDSに空席情報の提供を要求する場合である。第2の要求の場合、具体的な条件が特定されているため、原則として、キャッシュデータではなく、リアルタイムの空席情報がGDSから返される。しかし、回線ビジー状態であった場合、第1の要求の場合と同じく、キャッシュデータが返される場合がある。

0007

第3の要求は、いわゆる航空券の「予約」であり、出発日、出発日、目的地、航空会社、便名、予約クラス、席数など、第2の要求よりもさらに具体的に条件を特定してGDSに空席情報の提供を要求する場合である。第3の要求の場合、航空券の予約であり、航空会社が席を確保する必要があるため、特定された旅程条件に合致した空席情報が、GDSからほぼ確実に返される。

0008

以上のことから、常に第3の要求をすれば、高精度の検索が可能であるが、GDSの利用料金は、通信回数に応じた従量課金制や、予め決められた無料枠の通信回数を超えた分に応じて課金される課金制などがあるところ、いずれにせよ通信回数が利用料金にかかわるうえ、GDSからのレスポンスにも時間を要する。そのため、確実な予約購入を行う場合を除いて、比較的精度の高い第2の要求や第3の要求は、多用し辛いのが現状である。

先行技術

0009

特開2013−15926号公報

発明が解決しようとする課題

0010

このような事情から、検索サイトにおける一般的なメタサーチは、第1の要求の「検索」であり、検索ではGDSのキャッシュデータが用いられる。キャッシュデータはリアルタイムデータではないことから、例えば、ユーザーが検索サイトで検索を実行しても、リアルタイムではない数時間前のキャッシュデータが、GDSから返却される。この場合、「空席アリ」として検索サイトに列挙されていても、リアルタイムでは予約済であって空席がない場合もある。遷移先である旅行会社サイトでは、予約購入の手続のいずれかの過程において、第2の要求や第3の要求が実行される場合もあるが、いずれにせよ、検索サイトで表示された空席情報と、それ以降にGDSに照会されたリアルタイムの空席情報とでは、異なる場合があり、最後の予約確定直前で空席ナシが発覚すると、ユーザーにとって不本意な結果となる。

0011

仮に、タイムラグがなく、キャッシュデータとリアルタイムのデータで空席情報が一致している場合であっても、ユーザーが航空券の予約購入の取引を進めていく間に、他のユーザーが同じ航空券を時間的に早く予約購入した場合、同じことが起こる。
検索サイトのメタサーチで検索される空席情報(GDSのキャッシュデータ)と、航空会社のリアルタイムの空席情報とが異なり、検索後に空席ナシが発覚すると、ユーザーにとって不本意な結果となり、コンバージョンレートも悪い。

0012

本発明は上記の実情に鑑みて提案されたものである。すなわち、空席情報の精度を可能な限り上げ、コンバージョンレートを上げることができる旅行商品検索装置、旅行商品検索システム、旅行商品検索プログラム及び記録媒体の提供を目的とする。

課題を解決するための手段

0013

検索後、提供者WebサイトがGDSから空席ナシ情報を得た場合、旅行商品検索装置は、この空席ナシ情報を取得することで、検索当時におけるリアルタイムの空席情報を記憶しておき、このリアルタイムの空席ナシ情報を検索結果に反映させる。すなわち、本発明は、旅行商品検索装置において空席アリとして列挙された旅行商品を選択したユーザーが、遷移先で予約または購入の取引(以下、「予約購入取引」と記す。)を進める過程において、空席ナシと表示された場合の空席ナシ情報を取得して記憶し、次回の検索結果に反映させることで、空席ナシの旅行商品を表示させなくする。空席は、時々刻々と埋まっていき、やがて空席ナシ情報に変化するものであるため、流動的な情報となる。一方で、空席ナシ情報は、キャンセルなどの事情がない限り、再び空席に戻ることはなく、あったとしても稀である。換言すれば、一般的に、空席ナシ情報は変化しない可能性が高い。本発明は、このように経時的な影響を受けにくい空席ナシ情報の特性を利用したものである。

0014

すなわち、本発明に係る旅行商品検索装置は、旅行商品の予約購入を希望する購入者と、旅行商品を提供する提供者との予約購入取引を、ネットワークを通じて仲介する旅行商品検索装置であって、購入者によって入力された旅程条件に該当する旅行商品である対象旅行商品を検索する検索部と、前記検索部によって検索された前記対象旅行商品が購入者に選択された後、遷移した提供者システムにおいて前記対象旅行商品の予約購入取引が完了する前までの間に、航空機の空席を照会するための空席等管理システムから前記提供者システムを介して、前記対象旅行商品の空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報取得部と、前記検索部で検索された前記対象旅行商品と前記空席ナシ情報とを比較して、前記対象旅行商品のうち、前記空席ナシ情報に該当するものを除く空席ナシ情報除外部と、を有する、ことを特徴とする。

0015

本発明に係る旅行商品検索装置は、前記空席ナシ情報取得部が、前記空席等管理システムから直接前記空席ナシ情報を取得する、ことを特徴とする。

0016

本発明に係る旅行商品検索装置は、前記空席ナシ情報取得部が取得する前記空席ナシ情報が、前記空席等管理システムにおけるキャッシュデータではなく、前記空席等管理システムへの要求時におけるリアルタイムデータである、ことを特徴とする。

0017

本発明に係る旅行商品検索プログラムは、旅行商品の予約購入を希望する購入者と、旅行商品を提供する提供者との予約購入取引を、コンピュータを介してネットワークを通じて仲介する旅行商品検索プログラムであって、購入者によって入力された旅程条件に該当する旅行商品である対象旅行商品が検索され、この対象旅行商品が購入者に選択された後、遷移した提供者システムにおいて前記対象旅行商品の予約購入取引が完了する前までの間に、航空機の空席を照会するための空席等管理システムから前記提供者システムを介して、前記対象旅行商品の空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報取得手順と、前記空席ナシ情報を取得した後に検索された前記対象旅行商品と前記空席ナシ情報とを比較して、前記対象旅行商品のうち、前記空席ナシ情報に該当するものを除く空席ナシ情報除外手順と、を経る、ことを特徴とする。

0018

本発明に係るコンピュータで読み取り可能な記録媒体は、旅行商品検索プログラムが記録された、ことを特徴とする。

0019

本発明に係る旅行商品検索システムは、旅行商品の予約購入を希望する購入者に旅行商品を提供する提供者装置と、前記購入者と前記提供者装置との予約購入取引を、ネットワークを通じて仲介する旅行商品検索装置と、を有する旅行商品検索システムであって、前記提供者装置は、購入者によって入力された旅程条件に該当する旅行商品である対象旅行商品が、前記旅行商品検索装置を介して購入者によって選択された後、遷移した当該提供者装置において前記対象旅行商品の予約購入取引が完了する前までの間に、航空機の空席を照会するための空席等管理システムから前記対象旅行商品の空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報収集部を有し、前記旅行商品検索装置は、前記対象旅行商品を検索する検索部と、前記提供者装置から前記空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報取得部と、前記検索部で検索された前記対象旅行商品と前記空席ナシ情報とを比較して、前記対象旅行商品のうち、前記空席ナシ情報に該当するものを除く空席ナシ情報除外部と、を有する、ことを特徴とする。

発明の効果

0020

本発明に係る旅行商品検索装置は、購入者によって入力された旅程条件に該当する旅行商品である対象旅行商品を検索する検索部と、この検索部によって検索された対象旅行商品が購入者に選択された後、遷移した提供者システムにおいて対象旅行商品の予約購入取引が完了する前までの間に、航空機の空席を照会するための空席等管理システムから提供者システムを介して、対象旅行商品の空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報取得部と、検索部で検索された対象旅行商品と空席ナシ情報とを比較して、対象旅行商品のうち、空席ナシ情報に該当するものを除く空席ナシ情報除外部とを有している。旅行商品検索装置は、過去に、予約購入取引が完了する前までの間に判明した空席ナシ情報を記憶しておき、次回の検索時に、空席ナシ情報に基づいて、空席が無い対象旅行商品を除外する。その結果、購入者に提供されるのは、空席がある対象旅行商品のみである。したがって、旅行商品の検索における空席情報の精度が上がり、コンバージョンレートを上げることができる。

0021

本発明に係る旅行商品検索装置は、空席ナシ情報取得部が、空席等管理システムから直接空席ナシ情報を取得することもできる。

0022

本発明に係る旅行商品検索装置は、空席ナシ情報取得部が取得する空席ナシ情報が、空席等管理システムにおけるキャッシュデータではなく、空席等管理システムへの要求時におけるリアルタイムデータである。すなわち、旅行商品の予約時における空席情報である。したがって、空席情報の精度が高く、コンバージョンレートも高くなる。

0023

本発明に係る旅行商品検索プログラム及び記録媒体は、上記した旅行商品検索システムと同じ効果を奏することができる。

0024

本発明に係る旅行商品検索システムは、上記した旅行商品検索装置と同じ効果を奏することができる。

図面の簡単な説明

0025

本発明の実施形態に係る旅行商品検索装置のハードウェア概略構成図である。
本発明の実施形態に係る旅行商品検索システムによる処理の全体の流れが示された概略フロー図である。
本発明の実施形態に係る旅行商品検索装置が有する空席ナシ情報の概略図である。

実施例

0026

以下に、本発明の実施形態に係る旅行商品検索装置および旅行商品検索システムを図面に基づいて説明する。図1は、旅行商品検索装置20のハードウェアの概略構成が示されている。

0027

図1に示されているとおり、旅行商品検索装置20は、少なくとも記憶部2、入力部6、出力部14および制御部(図示省略)などが備えられている。記憶部2は、ROM3、RAM4、HDD5などから構成される。入力部6は、例えば、キーボードマウスタッチパネルなどから構成され、また、出力部14は、例えば、有機ELディスプレイ液晶ディスプレイプリンターなどから構成される。制御部は、CPU1などにより実現され、ROM3に格納されたプログラムに従って、CPU1に実行させるOS(Operating System)のプログラムやアプリケーションプログラムの一部が格納されたRAM4を使用して、検索要求受信部7、検索部8、空席ナシ情報第一取得部9、空席ナシ情報第二取得部10、空席ナシ情報管理部11、空席ナシ情報除外部12および情報返却部13を制御する。

0028

旅行商品検索装置20は、ハードウェア構成、DSP(Digital Signal Processor)、MPU(Micro Processing Unit)、ソフトウェアによって実現することが可能である。例えば、ソフトウェアによって実現する場合、実際にはコンピュータのCPU1、あるいはMPU、ROM3、RAM4などを備えて構成し、ROM3やRAM4に記憶されたプログラムが動作することによって実現できる。

0029

したがって、コンピュータが各部7ないし13の機能を、検索要求受信手順、検索手順、空席ナシ情報第一取得手順、空席ナシ情報第二取得手順、空席ナシ情報管理手順、空席ナシ情報除外手順および情報返却手順として果たすように動作させる旅行商品検索プログラムを、例えばCD−ROMなどの記録媒体に記録し、コンピュータに読み込ませることによって実現できる。記録媒体としては、CD−ROM以外に、例えば、ハードディスクフレキシブルディスク光ディスク磁気テープ光磁気ディスク不揮発性メモリカード、DVDなどを用いることができる。

0030

旅行商品検索装置20は、ASP(Application Service Provider)として機能させてもよく、旅行商品検索プログラムをインターネットなどのネットワークを介してコンピュータにダウンロードすることによっても実現できる。さらに、これらのハードウェア、ソフトウェア資源を、ネットワークを介してアクセス可能クラウドなどの態様で提供することもできる。

0031

次に、本実施形態に係る旅行商品検索システムの概略を図面に基づいて説明する。図2は、旅行商品検索システム100の概略、旅行商品検索装置20の構成および処理フローの概略が示されている。

0032

図2において、旅行商品検索システム100は、旅行商品の予約購入を希望する購入者であるユーザーと、旅行商品などを提供する提供者との間で、旅行商品の予約や購入の取り引きを、通信ネットワーク(図示省略)を通じて実行するものである。旅行商品検索システム100は、ユーザーに提供する旅行商品を記憶した提供者装置17と、ユーザーと提供者との予約購入取引を仲介する旅行商品検索装置20とを有し、各装置17,20が、通信ネットワークに接続されている。また、通信ネットワークには、ユーザー端末16や、航空機の空席などが照会されるGDS18やCRS(図示省略)も接続されている。

0033

通信ネットワークは、例えばインターネット、専用線により接続されたネットワーク、企業内LAN、企業間LAN、WANなどである。通信回線の形態は、例えば有線通信無線通信衛星通信などである。

0034

GDS18は、例えば、航空機に関し、出発地出発空港)、目的地(到着空港)、区間(出発地および目的地)、航空機の出発日(搭乗日)、出発時刻到着時刻、席数、便番号(便名)、予約クラス、航空会社、大人・子供・幼児区分滞在の有無、航空機に関する料金の情報(運賃空港使用料、空港、空港保険料燃料サーチャージ)などが記憶されている。

0035

提供者は、旅行会社などのエージェント、航空会社や宿泊施設提供会社などのサプライヤである。具体的には、エージェントは、例えば、ダイナミックパッケージツアーなどの旅行商品を提供し、例えば、ツアーオペレーターランドオペレーター、ホールセラーなどの施設予約仲介業者などを含む。サプライヤは、手配旅行などにおいて航空券を提供する航空会社、手配旅行などにおいてホテル旅館などの宿泊施設を提供する宿泊施設提供会社などである。エージェントおよびサプライヤは、それぞれ端末を有し、提供者装置17は、エージェントが有するエージェント端末、および、サプライヤが有するサプライヤ端末から構成されている。各端末には、旅行商品が記憶されている。旅行商品は、例えば、航空機チケットであり、パッケージツアー、手配旅行及びダイナミックパッケージツアー(実質的に同一の商品を含む)など、航空機を用いるものが含まれる。また、同一のプラットフォームにおいて航空券および宿泊施設を個別に予約、購入できるサービスなども含まれる。なお、旅行に関するすべての商品形態を、上記したパッケージツアーなどに当てはめて明確に区分けすることは困難であるため、これらの呼び名は、旅行商品を一義的に限定して解釈するものではない。

0036

提供者装置17は、購入者によって入力された旅程条件に該当する旅行商品である対象旅行商品が、旅行商品検索装置20を介してユーザーによって選択された後、遷移した当該提供者装置17において対象旅行商品の予約購入取引が完了する前までの間に、GDS18から対象旅行商品の空席ナシ情報を取得して記憶する空席ナシ情報収集部19を有している。なお、詳細は後述する。

0037

ユーザー端末16および提供者装置17は、例えばパーソナルコンピュータワークステーションタブレット端末スマートフォン、通信ネットワークに接続可能なテレビ端末ゲーム端末などである。各端末16,17は、例えばAPI(Application Programming Interface)などが構築されている。

0038

旅行商品検索装置20は、Web上で予約サイトを構築するサーバーシステムであり、ユーザーによって入力された旅程条件に基づいて、ユーザーが所望する旅行商品を検索し、その旅行商品をユーザーに照会する。旅程条件は、例えば、出発地、目的地、日程(出発地出発日、目的地出発日)、座席クラス、旅行人数、宿泊部屋数などが含まれる。

0039

旅行商品検索装置20は、以下の各部から構成されている。すなわち、旅行商品検索装置20は、旅行商品のうち、航空機の空席が既に予約または購入されて空席が無いこと(満席)を示す空席ナシ情報を記憶する空席ナシ情報データベース(Database:DB)15と、購入者によって入力された旅程条件を受信する検索要求受信部7と、旅程条件に該当する旅行商品である対象旅行商品を検索する検索部8と、提供者装置17を介して、対象旅行商品の空席ナシ情報を取得して空席ナシ情報DB15に記憶する空席ナシ情報第一取得部9と、提供者装置17を経ずにGDS18から空席ナシ情報を直接取得する空席ナシ情報第二取得部10と、検索部8で検索された対象旅行商品と空席ナシ情報DB15の空席ナシ情報とを比較して、対象旅行商品のうち、空席ナシ情報に該当するものを除く空席ナシ情報除外部12と、空席ナシ情報を更新する空席ナシ情報管理部11と、空席ナシ情報に該当する対象旅行商品が除かれた検索結果をユーザー端末16に送信する情報返却部13とを有している。なお、旅行商品検索装置20は、各部7ないし13が共通する単一のサーバー実装されて構成されるか、各部7ないし13がそれぞれ個々のサーバーに実装されたことで旅行商品検索装置20が複数のサーバーで構成されるかは任意である。

0040

検索要求受信部7は、ユーザー端末16から送信された検索の要求を受信する。旅程条件は、記憶部2に適宜記憶される。

0041

検索部8は、旅程条件に合致する旅行商品を検索する。検索部8は、連携システムとして、例えば、API(図示省略)を呼び出して実行し、提供者装置17から、パッケージツアー、ダイナミックパッケージツアー、航空券および宿泊施設などが返却される。同様に、APIなどの連携システム(図示省略)が実行され、GDS18から適宜航空機の空席が照会される。

0042

空席ナシ情報第一取得部9は、ユーザーが検索した対象旅行商品が、ユーザーに選択された後、遷移した提供者装置17において対象旅行商品の予約購入取引が完了する前までの間(以下、この間を「空席ナシ情報取得期間」と記す。)に、提供者装置17を介してGDS18から対象旅行商品の空席ナシ情報を取得する。詳説すれば、次のとおりである。

0043

ユーザー端末16において、ユーザーが、旅程条件を入力して検索を要求すると、旅行商品検索装置20は、旅程条件に合致した単一または複数の対象旅行商品を検索し、ユーザー端末16に返却する。ここで返却されるのは、GDS18のキャッシュデータに基づいた、空席がある対象旅行商品であり、提供者装置17を介して旅行商品検索装置20に返却されたものである。

0044

ユーザー端末16において対象旅行商品が選択されると、旅行商品検索装置20から提供者装置17に遷移する。ユーザーが、提供者装置17において、対象旅行商品の予約購入取引を実行すると、GDS18に、対象旅行商品の予約の照会が要求される。このとき要求されるのは、GDS18への要求時におけるリアルタイムの情報である。このとき、既に、他のユーザー(以下、先に予約購入取引を実行したユーザーを「先行ユーザー」と記す。)によって、同じ対象旅行商品の予約購入取引が完了していた場合、GDS18からは、空席ナシ情報が、提供者装置17を介して旅行商品検索装置20に返却される。したがって、後から予約購入取引を実行したユーザー(以下、後から予約購入取引を実行したユーザーを「後行ユーザー」と記す。)のユーザー端末16には、満席を理由として予約購入取引ができなかった事実が表示され、後行ユーザーは、所望する対象旅行商品の予約購入取引をすることができない。

0045

このとき、提供者装置17の空席ナシ情報収集部19は、GDS18から返却された空席ナシ情報を取得して記憶する。この空席ナシ情報は、後行ユーザーによる検索時にGDS18から返却されたキャッシュデータではなく、後行ユーザーによるGDS18への予約の照会時におけるリアルタイムデータに基づいたものである。この空席ナシ情報は、提供者措置17を介して、空席ナシ情報第一取得部9によって取得される。

0046

以上のように、空席ナシ情報第一取得部9は、空席ナシ情報取得期間中に、ユーザーが、対象旅行商品の予約購入取引をすることができなかった事象が生じた場合に、この事実を利用して後の検索に反映させるために、提供者装置17を介してGDS18から対象旅行商品の空席ナシ情報を取得する。この空席ナシ情報は、空席ナシ情報DB15として記憶される。なお、空席ナシ情報の取得は、例えば、APIの実行によるリアルタイム処理バッチ処理による。

0047

空席ナシ情報第二取得部10は、空席ナシ情報取得期間中に、提供者装置17を経ずにGDS18から空席ナシ情報を直接取得する。詳説すれば、対象旅行商品の予約購入取引は、提供者装置17において実行されるが、空席ナシ情報取得期間中に、旅行商品検索装置20が、GDS18に、直接、リアルタイムにおける対象旅行商品の予約を照会する。

0048

空席ナシ情報除外部12は、検索部8で検索された対象旅行商品と、空席ナシ情報DB15の空席ナシ情報とを比較して、対象旅行商品のうち、空席ナシ情報DB15にあるものを除く。すなわち、検索の実行時に返却されたGDS18のキャッシュデータに基づいた対象旅行商品のうち、過去に予約購入取引が実行されたことで取得した、予約購入取引当時のリアルタイムデータに基づいた空席ナシ情報に該当する対象旅行商品が、除外される。

0049

ここで、空席ナシ情報DB15を図面に基づいて説明する。図3は、空席ナシ情報DB15の概略が示されている。

0050

図3に示されているとおり、空席ナシ情報DB15は、例えば、GDS18への照会の要求をした日時である「GDSアクセス日時」、対象旅行商品の出発地および目的地である「出発地/到着地」、出発地を出発する日である「出発日」、対象旅行商品の航空会社である「航空会社(フライト番号)」、料金の種類などによって決定された「予約クラス」、航空機の席の数である「席数」、航空券の料金である「航空券代金」、空席の有無(満席)である「空席」などのフィールドを有している。「空席」が「ナシ(0)」であれば、該当するレコードの対象旅行商品は空席が無い。

0051

図2において、空席ナシ情報管理部11は、定期的または任意に空席ナシ情報DB15をリフレッシュする。対象旅行商品は、キャンセルなどによって、再び空席となる場合もあるため、最新の空席ナシ情報を提供者装置17から取得し、空席ナシ情報管理部11によって更新される。

0052

情報返却部13は、空席ナシ情報に該当する対象旅行商品が除かれた検索結果をユーザー端末16に送信する。すなわち、ユーザー端末16に送信されるのは、満席である可能性が低い対象旅行商品である。

0053

上記のとおり、旅行商品検索装置20が構成されている。次に、旅行商品検索装置20による処理を説明する。なお、以下の説明では、先行ユーザーが、満席を理由として対象旅行商品の予約購入取引を実行できず、この対象旅行商品の空席ナシ情報を、各空席ナシ情報取得部9,10が、提供者装置17および/またはGDS18から取得し、空席ナシ情報が空席ナシ情報DB15に記憶されているものとする。

0054

図2に示されているとおり、ステップS1では、後行ユーザーは、ユーザー端末16において、ブラウザに表示された旅行商品検索装置20のWebページ上で、希望する旅程条件を入力する。後行ユーザーが、Webページ上で検索実行タンクリックすると、ユーザー端末16から旅行商品検索装置20に向けて旅程条件に基づいた検索が要求される。

0055

ステップS2では、検索要求受信部7が、ユーザー端末16からの要求を受信する。旅程条件は、適宜キャッシュに記憶される。ステップS3では、検索部8が、旅程条件に合致する単一または複数の対象旅行商品を検索する。その際、検索部8は、検索する対象旅行商品に応じて、適宜、提供者装置17およびGDS18から対象旅行商品を取得し、キャッシュに記憶する。

0056

ステップS4では、空席ナシ情報第一取得部9が、対象旅行商品の空席ナシ情報を、提供者装置17から取得する。また、空席ナシ情報第二取得部10が、対象旅行商品の空席ナシ情報を、GDS18から取得する。空席ナシ情報は、空席ナシ情報DB15に記憶される。なお、前述のとおり、当該検索時以前に、先行ユーザーによる検索によって、既に空席ナシ情報を取得され、空席ナシ情報DB15に記憶されているものとする。

0057

ステップS5では、空席ナシ情報除外部12が、空席ナシ情報DB15を参照して、キャッシュに記憶された対象旅行商品と空席ナシ情報DB15に記憶された空席ナシ情報とを比較し、対象旅行商品から、空席ナシ情報に該当するものを除外する。

0058

ステップS6では、情報返却部13が、空席ナシ情報に該当する旅行対象商品が除かれたものを、ユーザー端末16に送信する。

0059

ステップS7では、ユーザー端末16のブラウザに、満席で予約購入取引が実行できない旅行商品が除かれた検索結果が表示される。

0060

なお、後行ユーザーが、空席情報取得期間中に、満席であることを理由として対象旅行商品の予約購入取引ができなかったことにより、空席ナシ情報が取得され、再び旅行商品検索装置20において検索を実行した場合も、その対象旅行商品の空席ナシ情報を除いた検索結果をユーザー端末16に返却することもできる。

0061

また、他の実施形態に係る旅行検索装置20として、空席ナシ情報第一取得部9のみを有するもの、空席ナシ情報第二取得部10のみを有するものであってもよい。

0062

上記のとおり、旅行商品検索装置20および旅行商品検索システム100が構成されている。次に、旅行商品検索装置20および旅行商品検索システム100の効果を説明する。

0063

上記したとおり、ユーザーが、満席であることを理由として対象旅行商品の予約購入取引をすることができなかった事象が生じた場合に、この事実を利用して後の検索に反映させるために、各空席ナシ情報取得部9,10は、空席情報取得期間中に、提供者装置17を介して、又は介さずに直接、GDS18から対象旅行商品の空席ナシ情報を取得する。そして、空席ナシ情報除外部12は、検索部8で検索された対象旅行商品と、空席ナシ情報DB15の空席ナシ情報とを比較して、対象旅行商品のうち、空席ナシ情報DB15にあるものを除く。その結果、ユーザーに提示されるのは、空席がある対象旅行商品のみである。したがって、旅行商品検索装置20は、空席情報の精度を可能な限り上げ、コンバージョンレートを上げることができる。

0064

各航空会社は、単一又は複数のGDS18と契約しているため、契約先の航空会社に応じて、特定の地域に特化しているGDS18も存在する。又、旅行会社などの提供者は、各々の契約先のGDS18から空席ナシ情報を取得する。すなわち、各々の旅行会社が取得できる空席ナシ情報は、契約先のGDS18が有している特定航空会社のものに限られる。そこで、可能な限りすべての航空会社の空席情報を、高い精度で収集するために、空席ナシ情報第一取得部9は、旅行会社(提供者装置17)を介してGDS18から対象旅行商品の空席ナシ情報を取得する。すなわち、多数の旅行会社から空席ナシ情報を取得することができれば、多数のGDS18から、多数の航空会社の空席ナシ情報を、網羅的に取得することができることになる。

0065

以上、本発明の実施形態を詳述したが、本発明は上記実施形態に限定されるものではない。そして本発明は、特許請求の範囲に記載された事項を逸脱することがなければ、種々の設計変更を行うことが可能である。

0066

1 CPU
2 記憶部
3 ROM
4 RAM
5 HDD
6 入力部
7検索要求受信部
8検索部
9空席ナシ情報第一取得部(空席ナシ情報取得部)
10 空席ナシ情報第二取得部(空席ナシ情報取得部)
11 空席ナシ情報管理部
12 空席ナシ情報除外部
13 情報返却部
14 出力部
15 空席ナシ情報DB
16ユーザー端末
17提供者装置
18GDS
19 空席ナシ情報収集部
20旅行商品検索装置
100 旅行商品検索システム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ