図面 (/)

技術 三色時間表示掛け時計

出願人 深せん市は灯貿易有限公司
発明者 舒れい燕
出願日 2019年5月7日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2019-087924
公開日 2020年10月29日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-177003
状態 特許登録済
技術分野 機械時計 電気機械時計
主要キーワード 回転チャンバ 回転速度比率 連接ブロック 黄色ランプ 高速ベルト 低速ベルト 技術方案 技術問題
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ベルト伝動によって指針を継続的に安定に回転させ、同時に灯された表示ランプを段々に遮ることによって時間の流れを表示し、表示ランプの色によって人々の注意を引くことができる三色時間表示掛け時計を提供する。

解決手段

掛け時計11の中には前に開口する指針チャンバが設置されており、指針チャンバの中には指針装置表示装置が設置されており、指針チャンバの後側の内壁の中には伝動装置が設置されており、掛け時計11の中には掛けチャンバ12が前後に貫通して設置されており、掛けチャンバ12の中には掛け装置103が設置されており、伝動装置は指針チャンバの後側の内壁の中に設置される伝動チャンバを含み、結構が簡単で、操作が便利で、ベルト伝動によって指針を安定に回転連動させ、同時に灯されるランプが段々に遮られることによって時間の流れを表示し、それにランプの色によって時間に対する注意を喚起する。

概要

背景

一般的な時計は三本の指針によって時間を表示し、人々の注意を引くことができなく、そのため色を変えることによって時間を表示する掛け時計を設計するのは必要があり、本発明の装置はベルト伝動によって指針を継続的に安定に回転させ、同時に灯された表示ランプを段々に遮ることによって時間の流れを表示し、表示ランプの色によって人々の注意を引くことができる。

概要

ベルト伝動によって指針を継続的に安定に回転させ、同時に灯された表示ランプを段々に遮ることによって時間の流れを表示し、表示ランプの色によって人々の注意を引くことができる三色時間表示掛け時計を提供する。掛け時計11の中には前に開口する指針チャンバが設置されており、指針チャンバの中には指針装置表示装置が設置されており、指針チャンバの後側の内壁の中には伝動装置が設置されており、掛け時計11の中には掛けチャンバ12が前後に貫通して設置されており、掛けチャンバ12の中には掛け装置103が設置されており、伝動装置は指針チャンバの後側の内壁の中に設置される伝動チャンバを含み、結構が簡単で、操作が便利で、ベルト伝動によって指針を安定に回転連動させ、同時に灯されるランプが段々に遮られることによって時間の流れを表示し、それにランプの色によって時間に対する注意を喚起する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

三色時間表示掛け時計であって、掛け時計を含み、前記掛け時計の中には前に開口する指針チャンバが設置されており、前記指針チャンバの中には指針装置表示装置が設置されており、前記指針チャンバの後側の内壁の中には伝動装置が設置されており、前記掛け時計の中には掛けチャンバが前後に貫通して設置されており、前記掛けチャンバの中には掛け装置が設置されており、前記伝動装置は前記指針チャンバの後側の内壁の中に設置される伝動チャンバを含み、前記伝動チャンバの中にはモーター軸が回転できるように設置されており、前記伝動チャンバの後側の内壁の中にはモーターが固定的に設置されており、前記モーター軸が前記モーターと伝動できるように接続されており、前記モーター軸には階段軸が固定的に接続されており、前記伝動チャンバの中の上側には高速輪が回転できるように設置されており、前記高速輪と前記階段軸の間には高速ベルトが接続されており、前記高速輪の前側には中速輪が回転できるように設置されており、前記中速輪と前記階段軸の間には中速ベルトが接続されており、前記中速輪の前側には低速輪が回転できるように設置されており、前記低速輪と前記階段軸の間には低速ベルトが接続されており、前記低速輪の前端には時針軸が固定的に接続されており、前記時針軸の前端が前記指針装置と前記表示装置に接続されており、前記時針軸の中には分針軸チャンバが前後に貫通して設置されており、前記分針チャンバが前記低速輪を貫通し、前記中速輪の前端には分針軸が固定的に接続され、前記分針軸が前記分針軸チャンバを貫通して前記指針装置に接続されており、前記分針軸の中には秒針軸チャンバが前後に貫通して設置されており、前記秒針チャンバが前記中速輪を貫通しており、前記高速輪の前端には秒針軸が固定的に接続され、前記秒針軸が前記秒針軸チャンバを貫通して前記指針装置に接続され、前記モーターを始動し、ベルト伝動によって前記指針装置を駆動することを特徴とする三色時間表示掛け時計。

請求項2

前記指針装置は前記指針チャンバの中に固定的に設置されるガラスを含み、前記ガラスの後端には連接ブロックが固定的に接続され、前記秒針軸の前端には前記連接ブロックが回転できるように接続されており、前記秒針軸には秒針が固定的に接続されており、前記秒針の前端面には黄色ランプが固定的に設置されており、前記分針軸の前端が前記指針チャンバの中に挿入されて分針と固定的に接続されており、前記分針のうち前記分針軸から離れている一端が前記表示装置に接続されており、前記時針軸の前端が前記指針チャンバの中に挿入されて時針と固定的に接続されており、前記表示装置が前記時針軸と回転できるように接続され、前記伝動装置は前記秒針と、前記分針及び前記時針を継続的に安定に回転連動させ、同時に前記分針によって前記表示装置を駆動することを特徴とする請求項1に記載の三色時間表示掛け時計。

請求項3

前記表示装置は前記指針チャンバの内壁に固定的に接続される緑ランプ赤ランプを含み、前記緑ランプと前記赤ランプとが左右に対称しており、前記緑ランプと前記赤ランプのうち中心に近接している一端には外環が固定的に接続され、前記時針軸において前記外環に正対して数字ボードが回転できるように接続されており、前記数字ボードと前記外環の間には隙間があり、前記分針のうち中心から離れている一端には止めリングが固定的に接続されており、前記止めリングのうち中心から離れている一端が前記指針チャンバの円周の内壁に当接し、前記止めリングの後端が前記緑ランプと赤ランプと当接し、前記止めリングの中には前且つ中心に開口した秒針溝が設置されており、前記分針の後端にはリンクが固定的に接続されており、前記リンクの後端が前記隙間を貫通して絶縁ブロックと固定的に接続され、前記絶縁ブロックの前端にはスライド電気伝導ブロックが固定的に接続されており、前記緑ランプの後端面の中には前記スライド電気伝導ブロックに正対して右電気伝導ブロックが固定的に設置されており、前記赤ランプの後端面の中には前記スライド電気伝導ブロックに正対して左電気伝導ブロックが固定的に設置され、前記分針は前記止めリングを回転連動させて前記緑ランプと前記赤ランプを周期的に遮り、同時に前記リンクと前記絶縁ブロックによって前記スライド電気伝導ブロックを前記右電気伝導ブロックと、前記左電気伝導ブロックと接触連動させ、それにより前記緑ランプと前記赤ランプを周期的に灯すことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の三色時間表示掛け時計。

請求項4

前記掛け装置は前記掛けチャンバの中に回転できるように設置される外挟みブロックを含み、前記外挟みブロックの中には回転チャンバが右に開口して設置されており、前記回転チャンバの前後の両側の内壁の間には固定棒が固定的に接続されており、前記固定棒には内挟みブロックが回転できるように接続されており、前記内挟みブロックの中には固定棒穴が前後に貫通して設置されており、前記固定棒が前記固定棒穴を貫通しており、前記内挟みブロックの前後の両端と前記回転チャンバの前後の両側の内壁との間にはねじりバネが固定的に接続されており、前記内挟みブロックの上端と前記掛けチャンバの上側の内壁の間には前後に対称して挟み撥条が固定的に接続され、使用する時、前記外挟みブロックと前記内挟みブロックの間の回転によって異なる太さの時計長押に掛けられ、同時に前記挟み撥条によって挟み、掛け時計を揺れないようにすることを特徴とする請求項1に記載の三色時間表示掛け時計。

技術分野

0001

本発明は時計分野を取り上げて、具体的には三色時間表示掛け時計である。

背景技術

0002

一般的な時計は三本の指針によって時間を表示し、人々の注意を引くことができなく、そのため色を変えることによって時間を表示する掛け時計を設計するのは必要があり、本発明の装置はベルト伝動によって指針を継続的に安定に回転させ、同時に灯された表示ランプを段々に遮ることによって時間の流れを表示し、表示ランプの色によって人々の注意を引くことができる。

先行技術

0003

中国特許出願公開第103135431号明細書

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の解決すべきの技術問題は三色時間表示掛け時計を提供し、それは上記現有の技術問題を解決できる。

課題を解決するための手段

0005

本発明における三色時間表示掛け時計は、掛け時計を含み、前記掛け時計の中には前に開口する指針チャンバが設置されており、前記指針チャンバの中には指針装置表示装置が設置されており、前記指針チャンバの後側の内壁の中には伝動装置が設置されており、前記掛け時計の中には掛けチャンバが前後に貫通して設置されており、前記掛けチャンバの中には掛け装置が設置されており、前記伝動装置は前記指針チャンバの後側の内壁の中に設置される伝動チャンバを含み、前記伝動チャンバの中にはモーター軸が回転できるように設置されており、前記伝動チャンバの後側の内壁の中にはモーターが固定的に設置されており、前記モーター軸が前記モーターと伝動できるように接続されており、前記モーター軸には階段軸が固定的に接続されており、前記伝動チャンバの中の上側には高速輪が回転できるように設置されており、前記高速輪と前記階段軸の間には高速ベルトが接続されており、前記高速輪の前側には中速輪が回転できるように設置されており、前記中速輪と前記階段軸の間には中速ベルトが接続されており、前記中速輪の前側には低速輪が回転できるように設置されており、前記低速輪と前記階段軸の間には低速ベルトが接続されており、前記低速輪の前端には時針軸が固定的に接続されており、前記時針軸の前端が前記指針装置と前記表示装置に接続されており、前記時針軸の中には分針軸チャンバが前後に貫通して設置されており、前記分針チャンバが前記低速輪を貫通し、前記中速輪の前端には分針軸が固定的に接続され、前記分針軸が前記分針軸チャンバを貫通して前記指針装置に接続されており、前記分針軸の中には秒針軸チャンバが前後に貫通して設置されており、前記秒針チャンバが前記中速輪を貫通しており、前記高速輪の前端には秒針軸が固定的に接続され、前記秒針軸が前記秒針軸チャンバを貫通して前記指針装置に接続され、
前記モーターを始動し、ベルト伝動によって前記指針装置を駆動する。

0006

更なる技術方案、前記指針装置は前記指針チャンバの中に固定的に設置されるガラスを含み、前記ガラスの後端には連接ブロックが固定的に接続され、前記秒針軸の前端には前記連接ブロックが回転できるように接続されており、前記秒針軸には秒針が固定的に接続されており、前記秒針の前端面には黄色ランプが固定的に設置されており、前記分針軸の前端が前記指針チャンバの中に挿入されて分針と固定的に接続されており、前記分針のうち前記分針軸から離れている一端が前記表示装置に接続されており、前記時針軸の前端が前記指針チャンバの中に挿入されて時針と固定的に接続されており、前記表示装置が前記時針軸と回転できるように接続され、
前記伝動装置は前記秒針と、前記分針及び前記時針を継続的に安定に回転連動させ、同時に前記分針によって前記表示装置を駆動する。

0007

更なる技術方案、前記表示装置は前記指針チャンバの内壁に固定的に接続される緑ランプ赤ランプを含み、前記緑ランプと前記赤ランプとが左右に対称しており、前記緑ランプと前記赤ランプのうち中心に近接している一端には外環が固定的に接続され、前記時針軸において前記外環に正対して数字ボードが回転できるように接続されており、前記数字ボードと前記外環の間には隙間があり、前記分針のうち中心から離れている一端には止めリングが固定的に接続されており、前記止めリングのうち中心から離れている一端が前記指針チャンバの円周の内壁に当接し、前記止めリングの後端が前記緑ランプと赤ランプと当接し、前記止めリングの中には前且つ中心に開口した秒針溝が設置されており、前記分針の後端にはリンクが固定的に接続されており、前記リンクの後端が前記隙間を貫通して絶縁ブロックと固定的に接続され、前記絶縁ブロックの前端にはスライド電気伝導ブロックが固定的に接続されており、前記緑ランプの後端面の中には前記スライド電気伝導ブロックに正対して右電気伝導ブロックが固定的に設置されており、前記赤ランプの後端面の中には前記スライド電気伝導ブロックに正対して左電気伝導ブロックが固定的に設置されている;前記分針は前記止めリングを回転連動させて前記緑ランプと前記赤ランプを周期的に遮り、同時に前記リンクと前記絶縁ブロックによって前記スライド電気伝導ブロックを前記右電気伝導ブロックと、前記左電気伝導ブロックと接触連動させ、それにより前記緑ランプと前記赤ランプを周期的に灯す。

0008

更なる技術方案、前記掛け装置は前記掛けチャンバの中に回転できるように設置される外挟みブロックを含み、前記外挟みブロックの中には回転チャンバが右に開口して設置されており、前記回転チャンバの前後の両側の内壁の間には固定棒が固定的に接続されており、前記固定棒には内挟みブロックが回転できるように接続されており、前記内挟みブロックの中には固定棒穴が前後に貫通して設置されており、前記固定棒が前記固定棒穴を貫通しており、前記内挟みブロックの前後の両端と前記回転チャンバの前後の両側の内壁との間にはねじりバネが固定的に接続されており、前記内挟みブロックの上端と前記掛けチャンバの上側の内壁の間には前後に対称して挟み撥条が固定的に接続され、
使用する時、前記外挟みブロックと前記内挟みブロックの間の回転によって異なる太さの時計を長押に掛けられ、同時に前記挟み撥条によって挟み、掛け時計を揺れないようにする。

発明の効果

0009

本発明の有益な効果は下記の通りである:

0010

本発明は結構が簡単で、操作が便利で、ベルト伝動によって指針を安定に回転連動させ、同時に灯されるランプが段々に遮られることによって時間の流れを表示し、それにランプの色によって人々が時間に対する注意を引く。

図面の簡単な説明

0011

図1は本発明の三色時間表示掛け時計の内部の構成模式図
図2図1の「A−A」方向の構成模式図
図3図1の「B−B」方向の構成模式図
図4図2の「C」の拡大模式図

実施例

0012

以下、図1−4について本発明を詳しく説明し、便利に叙述するように、現在は後文に出る方位を下記の通りに規定する:後文に出る上下左右後方向は図1本体の投影関係の上下左右前後方向と一致する。

0013

以下は図1−4について本発明にを詳しく説明し、その中、便利に叙述するように、現在は後文に出る方位を下記の通りに規定する:後文に出る上下左右前後方向は図1本体の投影関係の上下左右前後方向と一致する。

0014

図1−4を参考して、本発明における三色時間表示掛け時計は、掛け時計11を含み、前記掛け時計11の中には前に開口する指針チャンバ27が設置されており、前記指針チャンバ27の中には指針装置101と表示装置102が設置されており、前記指針チャンバ27の後側の内壁の中には伝動装置100が設置されており、前記掛け時計11の中には掛けチャンバ12が前後に貫通して設置されており、前記掛けチャンバ12の中には掛け装置103が設置されており、前記伝動装置100は前記指針チャンバ27の後側の内壁の中に設置される伝動チャンバ29を含み、前記伝動チャンバ29の中にはモーター軸36が回転できるように設置されており、前記伝動チャンバ29の後側の内壁の中にはモーター34が固定的に設置されており、前記モーター軸36が前記モーター34と伝動できるように接続されており、前記モーター軸36には階段軸35が固定的に接続されており、前記伝動チャンバ29の中の上側には高速輪30が回転できるように設置されており、前記高速輪30と前記階段軸35の間には高速ベルト31が接続されており、前記高速輪30の前側には中速輪41が回転できるように設置されており、前記中速輪41と前記階段軸35の間には中速ベルト32が接続されており、前記中速輪41の前側には低速輪40が回転できるように設置されており、前記低速輪40と前記階段軸35の間には低速ベルト33が接続されており、前記低速輪40の前端には時針軸37が固定的に接続されており、前記時針軸37の前端が前記指針装置101と前記表示装置102に接続されており、前記時針軸37の中には分針軸チャンバ42が前後に貫通して設置されており、前記分針チャンバ42が前記低速輪40を貫通し、前記中速輪41の前端には分針軸38が固定的に接続され、前記分針軸38が前記分針軸チャンバ42を貫通して前記指針装置101に接続されており、前記分針軸38の中には秒針軸チャンバ43が前後に貫通して設置されており、前記秒針チャンバ43が前記中速輪41を貫通しており、前記高速輪30の前端には秒針軸39が固定的に接続され、前記秒針軸39が前記秒針軸チャンバ43を貫通して前記指針装置101に接続され、
前記モーター34を始動し、ベルト伝動によって前記指針装置101を駆動する。

0015

有益なように、前記指針装置101は前記指針チャンバ27の中に固定的に設置されるガラス26を含み、前記ガラス26の後端には連接ブロック25が固定的に接続され、前記秒針軸39の前端には前記連接ブロック25が回転できるように接続されており、前記秒針軸39には秒針19が固定的に接続されており、前記秒針19の前端面には黄色ランプ20が固定的に設置されており、前記分針軸38の前端が前記指針チャンバ27の中に挿入されて分針23と固定的に接続されており、前記分針23のうち前記分針軸38から離れている一端が前記表示装置102に接続されており、前記時針軸37の前端が前記指針チャンバ27の中に挿入されて時針18と固定的に接続されており、前記表示装置102が前記時針軸37と回転できるように接続され、
前記伝動装置100は前記秒針19と、前記分針23及び前記時針18を継続的に安定に回転連動させ、同時に前記分針23によって前記表示装置102を駆動する。

0016

有益なように、前記表示装置102は前記指針チャンバ27の内壁に固定的に接続される緑ランプ16と赤ランプ17を含み、前記緑ランプ16と前記赤ランプ17とが左右に対称しており、前記緑ランプ16と前記赤ランプ17のうち中心に近接している一端には外環14が固定的に接続され、前記時針軸37において前記外環14に正対して数字ボード13が回転できるように接続されており、前記数字ボード13と前記外環14の間には隙間15があり、前記分針23のうち中心から離れている一端には止めリング21が固定的に接続されており、前記止めリング21のうち中心から離れている一端が前記指針チャンバ27の円周の内壁に当接し、前記止めリング21の後端が前記緑ランプ16と赤ランプ17と当接し、前記止めリング21の中には前且つ中心に開口した秒針溝22が設置されており、前記分針23の後端にはリンク24が固定的に接続されており、前記リンク24の後端が前記隙間15を貫通して絶縁ブロック46と固定的に接続され、前記絶縁ブロック46の前端にはスライド電気伝導ブロック47が固定的に接続されており、前記緑ランプ16の後端面の中には前記スライド電気伝導ブロック47に正対して右電気伝導ブロック45が固定的に設置されており、前記赤ランプ17の後端面の中には前記スライド電気伝導ブロック47に正対して左電気伝導ブロック44が固定的に設置され、
前記分針23は前記止めリング21を回転連動させて前記緑ランプ16と前記赤ランプ17を周期的に遮り、同時に前記リンク24と前記絶縁ブロック46によって前記スライド電気伝導ブロック47を前記右電気伝導ブロック45と、前記左電気伝導ブロック44と接触連動させ、それにより前記緑ランプ16と前記赤ランプ17を周期的に灯す。

0017

有益なように、前記掛け装置103は前記掛けチャンバ12の中に回転できるように設置される外挟みブロック48を含み、前記外挟みブロック48の中には回転チャンバ49が右に開口して設置されており、前記回転チャンバ49の前後の両側の内壁の間には固定棒52が固定的に接続されており、前記固定棒52には内挟みブロック53が回転できるように接続されており、前記内挟みブロック53の中には固定棒穴50が前後に貫通して設置されており、前記固定棒52が前記固定棒穴50を貫通しており、前記内挟みブロック53の前後の両端と前記回転チャンバ49の前後の両側の内壁との間にはねじりバネ54が固定的に接続されており、前記内挟みブロック53の上端と前記掛けチャンバ12の上側の内壁の間には前後に対称して挟み撥条51が固定的に接続され、
前記外挟みブロック48と前記内挟みブロック53の間の回転によって異なる太さの時計を長押に掛けられ、同時に前記挟み撥条51によって挟み、掛け時計11を揺れないように防止する。

0018

使用する時、外挟みブロック28と内挟みブロック53の間の回転によって掛け時計11を掛け、同時に挟み撥条51によって掛け時計11を揺れないように挟み、モーター34を始動し、ベルト伝動によって時針軸37と、分針軸38及び秒針軸39を連動させ、秒針軸39と分針軸38との回転速度比率及び分針軸38と時針軸37との回転速度比率はいずれも六十であり、それにより秒針19と、分針23及び時針18を回転連動させ、その時黄色ランプ20が消えずに輝いており、分針23によって止めリング21を回転連動させ、それによりリンク24と絶縁ブロック46によってスライド電気伝導ブロック47を回転連動させ、スライド電気伝導ブロック47と右電気伝導ブロック45とが接触する時に緑ランプ16を灯し、スライド電気伝導ブロック47と左電気伝導ブロック44と接触する時に赤ランプ17を灯し、同時に止めリング21は緑ランプ16と赤ランプ17を周期的に遮り、それにより緑ランプ16と赤ランプ17のうち止めリング21に遮られない部分によって時間を表示し、時間の偏差が出る時、ガラス26を取り外して手動に調整できる。

0019

本分野の技術者が明確できるのは、本発明の総体精神や発想から離脱しない場合で、以上の実施例に各種な変形ができ、それらの変形がすべて本発明の保護範囲にある。本発明の保護方案は本発明の権利要求書標準とすべきである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 宇野公二の「 時計」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】指針式時計では、見た瞬間直感的に時刻を判断できることが求められるが、指針の動きが遅かったり、時字が馴染みの浅い例えばローマ数字であったり、線や点などの目盛りのみであると、本当に右回りに動いてい... 詳細

  • セイコーエプソン株式会社の「 電子時計の制御方法および電子時計」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】表示範囲の拡張と、指針の読み取りやすさとを両立できる電子時計の制御方法および電子時計を提供する。【解決手段】第1指針と、第1指針を移動する第1モーター41と、第2指針と、第2指針を移動する第2... 詳細

  • セイコーエプソン株式会社の「 電子時計の制御方法および電子時計」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】回転ベゼルを無くすことができ、潜水時間を正確に表示できる電子時計の制御方法および電子時計を提供する。【解決手段】第1指針と、第1指針を移動する第1モーター41と、第2指針と、第2指針を移動する... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ