図面 (/)

技術 印刷装置

出願人 セイコーエプソン株式会社
発明者 林聖哉
出願日 2020年6月8日 (8ヶ月経過) 出願番号 2020-099178
公開日 2020年10月29日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-175661
状態 未査定
技術分野 インクジェット(インク供給、その他) 付属装置、全体制御
主要キーワード 移動モーター クローズ位置 一部形状 オープン位置 回転レバー 両開き式 支持ユニット 被捺染材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

筐体部の内側に異物侵入することを抑制する。

解決手段

印刷領域に位置する媒体に印刷を行う印刷部6と、印刷部6を収容し、印刷領域を覆う筐体部32と、媒体を支持可能であり、筐体部32の外側の位置を少なくとも含み媒体をセットするセット位置と、印刷領域と、を移動経路に含むように移動可能な支持部4と、筐体部32に対してセット位置側に突出し、支持部4の移動経路の少なくとも一部を覆うように設けられるカバー部10と、を備えることを特徴とする印刷装置1。このような構成とすることにより、筐体部32の内側に異物が侵入することを抑制することが可能になる。

概要

背景

従来から、様々な印刷装置が使用されている。このような印刷装置のうち、媒体を支持して筐体部の内部を移動可能な支持部を備える印刷装置がある。
例えば、特許文献1には、媒体としての被捺染材を支持部としてのセットトレイで支持させて、筐体部の外部の媒体のセット位置から筐体部の内部の印刷領域まで、セットトレイを移動可能な印刷装置(インクジェット捺染装置)が開示されている。

概要

筐体部の内側に異物侵入することを抑制する。印刷領域に位置する媒体に印刷を行う印刷部6と、印刷部6を収容し、印刷領域を覆う筐体部32と、媒体を支持可能であり、筐体部32の外側の位置を少なくとも含み媒体をセットするセット位置と、印刷領域と、を移動経路に含むように移動可能な支持部4と、筐体部32に対してセット位置側に突出し、支持部4の移動経路の少なくとも一部を覆うように設けられるカバー部10と、を備えることを特徴とする印刷装置1。このような構成とすることにより、筐体部32の内側に異物が侵入することを抑制することが可能になる。

目的

本発明の目的は、筐体部の内側に異物が侵入することを抑制することを目的にする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

印刷領域に位置する媒体に印刷を行う印刷部と、前記印刷部を収容し、前記印刷領域を覆う筐体部と、前記媒体を支持可能であり、前記筐体部の外側の位置を少なくとも含み前記媒体をセットするセット位置と、前記印刷領域と、を移動経路に含むように移動可能な支持部と、前記筐体部に対して前記セット位置側に突出し、前記支持部の移動経路の少なくとも一部を覆うように設けられるカバー部と、を備えることを特徴とする印刷装置

請求項2

請求項1に記載の印刷装置において、前記セット位置は、該セット位置に位置する前記支持部の少なくとも一部が前記カバー部に覆われる位置であることを特徴とする印刷装置。

請求項3

請求項1又は2に記載の印刷装置において、前記カバー部は、前記セット位置に位置する前記支持部の少なくとも一部を覆うクローズ位置と、該セット位置に位置する該支持部を該クローズ位置よりも露出させるオープン位置と、に変位可能であることを特徴とする印刷装置。

請求項4

請求項3に記載の印刷装置において、前記カバー部は、スライドすることによって、前記クローズ位置と前記オープン位置とに変位可能であることを特徴とする印刷装置。

請求項5

請求項3に記載の印刷装置において、前記カバー部は、回動することによって、前記クローズ位置と前記オープン位置とに変位可能であることを特徴とする印刷装置。

請求項6

請求項3に記載の印刷装置において、前記カバー部は、筐体部と共に変位することによって、前記クローズ位置と前記オープン位置とに変位可能であることを特徴とする印刷装置。

請求項7

請求項3に記載の印刷装置において、前記カバー部は、着脱されることによって、前記クローズ位置と前記オープン位置とに変位可能であることを特徴とする印刷装置。

技術分野

0001

本発明は、印刷装置に関する。

背景技術

0002

従来から、様々な印刷装置が使用されている。このような印刷装置のうち、媒体を支持して筐体部の内部を移動可能な支持部を備える印刷装置がある。
例えば、特許文献1には、媒体としての被捺染材を支持部としてのセットトレイで支持させて、筐体部の外部の媒体のセット位置から筐体部の内部の印刷領域まで、セットトレイを移動可能な印刷装置(インクジェット捺染装置)が開示されている。

先行技術

0003

特開2013−226657号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1で開示されるような、筐体部の外部の媒体のセット位置から筐体部の内部の印刷領域まで支持部を移動可能な従来の印刷装置においては、支持部の移動経路における筐体部の開口部から該筐体部の内側に異物侵入する虞があった。

0005

そこで、本発明の目的は、筐体部の内側に異物が侵入することを抑制することを目的にする。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するための本発明の第1の態様の印刷装置は、印刷領域に位置する媒体に印刷を行う印刷部と、前記印刷部を収容し、前記印刷領域を覆う筐体部と、前記媒体を支持可能であり、前記筐体部の外側の位置を少なくとも含み前記媒体をセットするセット位置と、前記印刷領域と、を移動経路に含むように移動可能な支持部と、前記筐体部に対して前記セット位置側に突出し、前記支持部の移動経路の少なくとも一部を覆うように設けられるカバー部と、を備えることを特徴とする。

0007

本態様によれば、筐体部に対してセット位置側に突出し、支持部の移動経路の少なくとも一部を覆うように設けられるカバー部を備える。このため、該カバー部によって、支持部の移動経路における筐体部の開口部から該筐体部の内側に異物が侵入することを抑制することができる。

0008

本発明の第2の態様の印刷装置は、前記第1の態様において、前記セット位置は、該セット位置に位置する前記支持部の少なくとも一部が前記カバー部に覆われる位置であることを特徴とする。

0009

本態様によれば、セット位置は、該セット位置に位置する支持部の少なくとも一部がカバー部に覆われる位置である。すなわち、セット位置を筐体部から大きく離れていない位置に設けることが可能(支持部の移動経路を短くすることが可能)になるので、印刷装置が大型化することを抑制することができる。

0010

本発明の第3の態様の印刷装置は、前記第1又は第2の態様において、前記カバー部は、前記セット位置に位置する前記支持部の少なくとも一部を覆うクローズ位置と、該セット位置に位置する該支持部を該クローズ位置よりも露出させるオープン位置と、に変位可能であることを特徴とする。

0011

本態様によれば、前記カバー部は、クローズ位置とオープン位置とに変位可能である。このため、印刷装置が大型化することを抑制しつつ、媒体をセットする際の作業性が低下することを抑制することができる。

0012

本発明の第4の態様の印刷装置は、前記第3の態様において、前記カバー部は、スライドすることによって、前記クローズ位置と前記オープン位置とに変位可能であることを特徴とする。

0013

本態様によれば、カバー部は、スライドすることによって、クローズ位置とオープン位置とに変位可能である。このため、例えばカバー部をスライド移動させることでオープン位置において該カバー部を筐体内部に進入させることができ、該カバー部が印刷装置の操作を行う際の邪魔になるのを抑制できる。

0014

本発明の第5の態様の印刷装置は、前記第3の態様において、前記カバー部は、回動することによって、前記クローズ位置と前記オープン位置とに変位可能であることを特徴とする。

0015

本態様によれば、カバー部は、回動することによって、クローズ位置とオープン位置とに変位可能である。このような構成とすることで、カバー部を好適に変位させることができる。

0016

本発明の第6の態様の印刷装置は、前記第3の態様において、前記カバー部は、筐体部と共に変位することによって、前記クローズ位置と前記オープン位置とに変位可能であることを特徴とする。

0017

本態様によれば、カバー部は、筐体部と共に変位することによって、クローズ位置とオープン位置とに変位可能である。このため、カバー部と筐体部との変位を同時に実行でき、カバー部及び筐体部の開閉作業の簡略化、これらの開閉機構の簡略化が可能になる。

0018

本発明の第7の態様の印刷装置は、前記第3の態様において、前記カバー部は、着脱されることによって、前記クローズ位置と前記オープン位置とに変位可能であることを特徴とする。

0019

本態様によれば、カバー部は、着脱されることによって、クローズ位置とオープン位置とに変位可能である。このような構成とすることで、カバー部を好適に変位させることができる。

図面の簡単な説明

0020

本発明の実施例1に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例1に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例1に係る印刷装置の概略正面図。
本発明の実施例1に係る印刷装置の概略側面図。
本発明の実施例1に係る印刷装置のブロック図。
本発明の実施例1に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例2に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例3に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例4に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例5に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例6に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例7に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例8に係る印刷装置の概略斜視図。
本発明の実施例9に係る印刷装置の概略斜視図。

実施例

0021

[実施例1](図1から図6
以下に、本発明の実施例1に係る印刷装置1について、添付図面を参照して詳細に説明する。
本実施例の印刷装置1は、筐体部32に対して媒体のセット位置側に突出し、媒体の支持部としてのトレイ4の移動経路の少なくとも一部を覆うように設けられるカバー部10(図6参照)を備えることを特徴としている。しかしながら、最初に、本実施例の印刷装置1の概要について説明するため、カバー部10を省略した状態で説明する。
図1及び図2は本実施例に係る印刷装置1の概略斜視図であり、このうち図1は本実施例の印刷装置1の媒体の支持部としてのトレイ4が印刷開始位置にある状態、図2はトレイ4が媒体のセット位置にある状態を表している。
また、図3は本実施例の印刷装置1の概略正面図であり、図4は本実施例の印刷装置1の概略側面図である。

0022

本実施例の印刷装置1は、媒体をトレイ4の支持面8で支持した状態で移動方向Aに移動する媒体支持ユニット2を備えている。媒体支持ユニット2は、媒体の支持部であるトレイ4を有している。印刷装置1は、トレイ4に支持された媒体を移動方向Aに搬送する媒体搬送部3を備えている。移動方向Aは、方向A1と、方向A1と反対方向の方向A2と、を含む方向である。また、トレイ4はステージ5に載置されている。トレイ4はステージ5と共に、回転レバー9を回転させることにより、高さ方向Cに移動する。なお、図4で表されるように、回転レバー9は、媒体支持ユニット2のアーム部に設けられている。また、媒体としては、テキスタイル織物、布等)、紙、塩化ビニル樹脂など、種々の素材のものを用いることができる。

0023

また、印刷装置1の本体内部(筐体部32の内側)にはインク吐出して媒体に印刷することが可能な印刷ヘッド7が備えられている。そして、本実施例の印刷装置1は、印刷ヘッド7が設けられたキャリッジ6を移動方向Aと交差する走査方向Bに往復移動させることで、印刷ヘッド7を走査方向Bに往復移動させながら、印刷ヘッド7からトレイ4に支持された媒体にインクを吐出させて所望の画像を形成する。本実施例において、印刷ヘッド7を備えたキャリッジ6は、走査方向Bに移動可能であり、印刷領域で媒体に画像を印刷可能な印刷部(換言すれば、印刷領域に位置する媒体に印刷を行う印刷部)に相当する。
なお、本実施例の印刷装置1は、図1及び図2中の手前側(左下方向)がトレイ4への媒体のセット位置(図2に対応)である。そして、図1及び図2中の奥側(右上方向)の印刷開始位置(図1に対応)まで移動方向Aのうちの方向A1に媒体をセットしたトレイ4を移動した後、移動方向Aのうちの方向A2にトレイ4を移動しながら印刷する。

0024

なお、本実施例の印刷装置1は、走査方向Bに往復移動しながら印刷する印刷ヘッド7を備えているが、インクを吐出するノズルを媒体の移動方向と交差する交差方向に複数設けた所謂ラインヘッドを備える印刷装置でもよい。
ここで、「ラインヘッド」とは、媒体の移動方向と交差する交差方向に形成されたノズルの領域が、該交差方向全体をカバー可能なように設けられ、印刷ヘッド又は媒体を相対的に移動させて画像を形成する印刷装置に用いられる印刷ヘッドである。なお、ラインヘッドの該交差方向のノズルの領域は、印刷装置が対応している全ての媒体の該交差方向をカバー可能でなくてもよい。
また、本実施例の印刷ヘッド7を備えたキャリッジ6は、媒体にインクを吐出することで印刷可能な印刷部であるが、このような印刷部に限定されず、例えば、色材を媒体に転写して印刷する転写式の印刷部を使用してもよい。

0025

また、本実施例の筐体部32は、開閉部33を有し、キャリッジ6にセット可能な不図示のインクカートリッジ交換する際などにおいて開閉部33を開け閉めできる構成になっている。なお、図1から図4は何れも開閉部33が閉じた状態を表しており、開閉部33は、ユーザー手動で、走査方向Bに延びる回動軸34を基準に回動方向Dに回動する構成になっている。

0026

次に、本実施例の印刷装置1における電気的な構成について説明する。
図5は、本実施例の印刷装置1のブロック図である。
制御部19には、印刷装置1の全体の制御を司るCPU20が設けられている。CPU20は、システムバス21を介して、CPU20が実行する各種制御プログラム等を格納したROM22と、データを一時的に格納可能なRAM23と、に接続されている。

0027

また、CPU20は、システムバス21を介して、印刷ヘッド7を駆動するためのヘッド駆動部24と接続されている。
また、CPU20は、システムバス21を介して、モーター駆動部25と接続されている。そして、モーター駆動部25は、印刷ヘッド7が設けられたキャリッジ6を移動させるためのキャリッジモーター26、媒体を搬送する(すなわち、媒体支持ユニット2を移動する)ために媒体搬送部3に設けられた搬送モーター27、後述するカバー部10を移動させるためのカバー部移動モーター30、と接続されている。
さらに、CPU20は、システムバス21を介して、入出力部28と接続されている。そして、入出力部28は、開閉部33が開状態(オープン位置にある)か閉状態(クローズ位置にある)かを検出可能なセンサーS、印刷データ等のデータ及び信号の送受信を行うためのPC29、と接続されている。
制御部19は、開閉部33が開状態であることを検出すると、印刷中などキャリッジ6が走査方向Bに移動している場合、キャリッジ6の移動を停止するよう制御する。

0028

次に、本実施例の要部であるカバー部10について詳細に説明する。
ここで、図6は本実施例の印刷装置1の概略斜視図である。このうち、図6Aはカバー部10がクローズ位置にある状態を表しており、図6Bはカバー部10がオープン位置にある状態を表している。なお、図6A及び図6Bの何れも、図2と同様、トレイ4が媒体のセット位置にある状態を表している。

0029

上記のように、本実施例の印刷装置1は、印刷領域に位置する媒体に印刷を行うキャリッジ6と、キャリッジ6を収容し印刷領域を覆う筐体部32と、媒体を支持可能なトレイ4と、を備えている。ここで、トレイ4は、図2及び図6で表されるように筐体部32の外側の位置を少なくとも含み媒体をセットするセット位置と、図1で表される印刷開始位置を含む印刷領域と、を移動経路に含むように移動可能な構成になっている。
そして、本実施例の印刷装置1は、図6Aで表されるように、筐体部32に対してセット位置側に突出し、トレイ4の移動経路の少なくとも一部を覆うように設けられるカバー部10を備えている。このため、該カバー部10によって、トレイ4の移動経路における筐体部32の開口部35から該筐体部32の内側に異物が侵入することを抑制することができる構成になっている。

0030

また、図6Aで表されるように、本実施例の印刷装置1における媒体のセット位置は、該セット位置に位置するトレイ4の少なくとも一部がカバー部10に覆われる位置にある。すなわち、セット位置を筐体部32から大きく離れていない位置に設けられており、トレイ4の移動経路を短くしている。そして、このような構成により、印刷装置1が大型化することを抑制している。
なお、「セット位置に位置するトレイ4の少なくとも一部がカバー部10に覆われる位置」とは、図6Aで表されるように、カバー部10がクローズ位置にある状態においてセット位置に位置するトレイ4の少なくとも一部がカバー部10に覆われる位置であればよい。しかしながら、本実施例の印刷装置1は、図6Bで表されるように、カバー部10がオープン位置にある状態においても、セット位置に位置するトレイ4の一部がカバー部10に覆われている。このため、特に効果的に印刷装置1が大型化することを抑制している。

0031

また、図6A及び図6Bで表されるように、本実施例の印刷装置1のカバー部10は、媒体のセット位置に位置するトレイ4の少なくとも一部を覆うクローズ位置(図6A参照)と、該セット位置に位置する該トレイ4を該クローズ位置よりも露出させるオープン位置(図6B参照)と、に変位可能である。このため、印刷装置1が大型化することを抑制しつつ、媒体をセットする際の作業性が低下することを抑制している。

0032

ここで、本実施例の印刷装置1のカバー部10は、移動方向Aに沿ってスライドすることによって筐体部32の開口部35に対して進退し、クローズ位置(図6A参照)とオープン位置(図6B参照)とに変位可能な構成である。このような構成により、カバー部10をスライド移動させることでオープン位置においてカバー部10を筐体内部に進入させることができ、カバー部10が印刷装置1の操作を行う際の邪魔になるのを抑制している。

0033

なお、本実施例のカバー部10は、制御部19の制御によりカバー部移動モーター30を駆動させて、印刷動作に対応して自動で、クローズ位置(図6A参照)とオープン位置(図6B参照)とに変位可能(スライド移動可能)な構成である。しかしながら、このような構成に限定されず、クローズ位置とオープン位置とにユーザーが手動で変位可能な構成としてもよい。

0034

[実施例2](図7
次に、本発明の実施例2に係る印刷装置1について説明する。
図7は、本実施例の印刷装置1の概略斜視図であり、実施例1の印刷装置1における図6に対応する図である。
ここで、本実施例の印刷装置1は、カバー部の構成、その駆動機構の有無及び媒体搬送部3の大きさ(移動方向Aに沿う方向の長さ)以外の構成は実施例1の印刷装置1と同様の構成である。なお、上記実施例1の印刷装置1における構成部材と同じ構成部材は同じ符号で表している。このため、その詳細な説明は省略する。

0035

実施例1のカバー部10は、クローズ位置(図6A参照)とオープン位置(図6B参照)とに変位可能な構成であった。一方、本実施例のカバー部11は、筐体部32に固定される固定式の構成である。このため、印刷装置1の移動方向Aに沿う方向の長さは実施例1の印刷装置1よりも大きくなっている。しかしながら、カバー部11は固定式なので、カバー部移動モーター30などの構成部材を省略することができており、装置構成を簡略化している。また、図7で表されるように、本実施例の印刷装置1は、トレイ4がセット位置に位置する際に、該トレイ4の全部がカバー部10から露出している。このため、特に効果的に媒体をセットする際の作業性が低下することを抑制可能な構成になっている。

0036

[実施例3](図8
次に、本発明の実施例3に係る印刷装置1について説明する。
図8は、本実施例の印刷装置1の概略斜視図であり、実施例1の印刷装置1における図6(特に図6B)に対応する図である。
ここで、本実施例の印刷装置1は、カバー部の構成及びその駆動機構以外の構成は実施例1の印刷装置1と同様の構成である。なお、上記実施例1及び2の印刷装置1における構成部材と同じ構成部材は同じ符号で表している。このため、その詳細な説明は省略する。

0037

実施例1のカバー部10は、筐体部32に対して移動方向Aに沿ってスライドすることによってクローズ位置(図6A参照)とオープン位置(図6B参照)とに変位可能な構成であった。一方、本実施例のカバー部12は、筐体部32の一部を構成する開閉部33に固定されている。このため、本実施例のカバー部12は、開閉部33を回動方向Dに回動させることに伴いクローズ位置とオープン位置とに変位する。

0038

すなわち、本実施例のカバー部12は、筐体部32の一部を構成する開閉部33と共に変位する構成である。つまり、カバー部12は、筐体部32と共に変位することによって、クローズ位置とオープン位置とに変位可能である。このため、カバー部12と筐体部32との変位を同時に実行でき、カバー部12及び筐体部32(開閉部33)の開閉作業の簡略化、これらの開閉機構の簡略化(カバー部移動モーター30などの構成部材の省略など)を可能にしている。
なお、図8において、カバー部12は、筐体部32と共に変位することによって、オープン位置に変位した状態を表している。

0039

[実施例4から9](図9から図14
次に、本発明の実施例4から9に係る印刷装置1について説明する。
図9から図14は、何れも、これらの実施例の印刷装置1の概略斜視図であり、実施例1の印刷装置1における図6(特に図6B)に対応する図である。詳細には、図9は実施例4の印刷装置1、図10は実施例5の印刷装置1、図11は実施例6の印刷装置1、図12は実施例7の印刷装置1、図13は実施例8の印刷装置1、図14は実施例9の印刷装置1に対応している。
ここで、これらの実施例の印刷装置1は、カバー部の構成及びその駆動機構以外の構成は実施例1の印刷装置1と同様の構成である。ただし、実施例5から9における筐体部32については、実施例1から4における筐体部32と一部形状が異なる(セット位置側の一部が面取りされていない)が、筐体部32はこのような形状であってもよい。なお、上記実施例1から3の印刷装置1における構成部材と同じ構成部材は同じ符号で表している。このため、その詳細な説明は省略する。

0040

実施例1のカバー部10は、筐体部32に対して移動方向Aに沿ってスライドすることによってクローズ位置(図6A参照)とオープン位置(図6B参照)とに変位可能な構成であった。一方、実施例4から9のカバー部13から18は、何れも、筐体部32に対して回動することによってクローズ位置とオープン位置とに変位可能な構成である。

0041

このように、実施例4から9カバー部13から18は、何れも、回動することによって、クローズ位置とオープン位置とに変位可能であり、このような構成とすることで、夫々、カバー部を好適に変位させることができる構成になっている。
なお、実施例4から9の印刷装置1においては、何れも、カバー部をユーザーが手動で開閉可能(クローズ位置とオープン位置とに変位可能)な構成になっている。このため、カバー部移動モーター30などの構成部材を省略することができており、装置構成を簡略化している。しかしながら、このような構成に限定されず、実施例1の印刷装置1のように、自動でカバー部をクローズ位置とオープン位置とに変位可能な構成としてもよい。

0042

以下に、実施例4から9について個別具体的に説明する。
まず、実施例4の印刷装置1は、図9で表されるように、カバー部13が走査方向Bに沿って延びる回動軸31を介して筐体部32の開閉部33に接続されている。そして、回動軸31を基準にカバー部13が回動方向Eに回動することにより、カバー部13は高さ方向Cに沿ってクローズ位置とオープン位置とに変位可能な構成になっている。

0043

また、実施例5の印刷装置1は、図10で表されるように、カバー部14(カバー部14a及び14b)が高さ方向Cに沿って延びる回動軸40(回動軸40a及び40b)を介して筐体部32に接続されている。そして、回動軸40を基準にカバー部14が回動方向Fに回動することにより、カバー部14は高さ方向Cと交差する方向に沿ってクローズ位置とオープン位置とに変位可能な構成になっている。

0044

また、実施例6の印刷装置1は、図11で表されるように、カバー部15のうちのカバー部15aが走査方向Bに沿って延びる回動軸36のうちの回動軸36aを介して筐体部32に接続されている。また、カバー部15のうちのカバー部15bが走査方向Bに延びる回動軸36のうちの回動軸36bを介してカバー部15aに接続されている。そして、両方の回動軸36を基準に両方のカバー部15が回動方向Gに回動することにより、カバー部15は高さ方向Cに沿って2段式でクローズ位置とオープン位置とに変位可能な構成になっている。

0045

また、実施例7の印刷装置1は、図12で表されるように、カバー部16(カバー部16a及び16b)が移動方向Aに沿って延びる回動軸37(回動軸37a及び37b)を介して筐体部32を構成する媒体搬送部3の端部に接続されている。そして、回動軸37を基準にカバー部16が回動方向Hに回動することにより、カバー部16は移動方向Aと交差する方向に沿ってクローズ位置とオープン位置とに変位可能な構成になっている。

0046

また、実施例8の印刷装置1は、図13で表されるように、カバー部17が移動方向Aに沿って延びる回動軸38を介して筐体部32を構成する媒体搬送部3の端部に接続されている。そして、回動軸38を基準にカバー部17が回動方向Iに回動することにより、カバー部17は移動方向Aと交差する方向に沿ってクローズ位置とオープン位置とに変位可能な構成になっている。

0047

また、実施例9の印刷装置1は、図14で表されるように、両開き式ドア状のカバー部18(カバー部18a及び18b)が高さ方向Cに沿って延びる回動軸39(回動軸39a及び39b)を介して筐体部32に接続されている。そして、回動軸39を基準にカバー部18が回動方向Jに回動することにより、カバー部18は高さ方向Cと交差する方向に沿ってクローズ位置とオープン位置とに変位可能な構成になっている。なお、回動軸39は、筐体部32に対してセット位置側にやや突出した部分に形成されている。

0048

なお、本発明は上記実施例に限定されることなく、特許請求の範囲に記載した発明の範囲内で種々の変形が可能であり、それらも本発明の範囲内に含まれることは言うまでもない。
例えば、カバー部は、印刷装置から着脱されることによって、クローズ位置とオープン位置とに変位可能であってもよい。このような構成とすることでも、カバー部を好適に変位させることができる。

0049

1…印刷装置、2…媒体支持ユニット、3…媒体搬送部、4…トレイ(支持部)、
5…ステージ、6…キャリッジ(印刷部)、7…印刷ヘッド、8…支持面、
9…回転レバー、10…カバー部、11…カバー部、12…カバー部、
13…カバー部、14、14a、14b…カバー部、
15、15a、15b…カバー部、16、16a、16b…カバー部、
17…カバー部、18、18a、18b…カバー部、19…制御部、20…CPU、
21…システムバス、22…ROM、23…RAM、24…ヘッド駆動部、
25…モーター駆動部、26…キャリッジモーター、27…搬送モーター、
28…入出力部、29…PC、30…カバー部移動モーター、31…回動軸、
32…筐体部、33…開閉部、34…回動軸、35…開口部、
36、36a、36b…回動軸、37、37a、37b…回動軸、38…回動軸、
39、39a、39b…回動軸、40、40a、40b…回動軸、S…センサー

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ