図面 (/)

技術 防虫夜ライト

出願人 済寧貝拉灯具有限公司
発明者 楼こく華
出願日 2019年5月7日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2019-087930
公開日 2020年10月29日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-174649
状態 特許登録済
技術分野 捕獲、駆除
主要キーワード 通気チャンバ 除虫剤 通気網 転換器 従動傘歯車 技術方案 駆動傘歯車 蓋装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

本発明は防虫ライトを開示した。

解決手段

台座を含み、前記台座の上側には蓋装置が設置され、前記台座の中には除虫装置が設置され、前記蓋装置を開けると、同時に照明灯をつければ前記除虫装置を始動でき、前記照明灯が前記台座の上端面の中心に固定的に設置され、前記照明灯の外側には透明なガラスカバーが設置され、前記ガラスカバーの中には加熱チャンバが設置され、前記台座の上端面には前記加熱チャンバに連通した熱エネルギー転換器が固定的に設置され、前記熱エネルギー転換器によって熱エネルギーを電気エネルギー転換でき、前記照明灯と前記ガラスカバーの外側には前記台座の上端面に固定された防虫カバーが設置される。

概要

背景

屋外で活動する時、光の照明が必要であるが、光に吸い寄せられて飛んでくる虫もあり、不快感を起こし、照明にも影響を及ぼし;それに対して現有の防虫ライトには照明機能が備わっておらず、そのため、虫を吸引して殺す同時に電球が生じる熱エネルギーを利用して殺された虫を回収して処分することに便利を与えられる防虫夜ライトは実に必要とされている。

概要

本発明は防虫夜ライトを開示した。台座を含み、前記台座の上側には蓋装置が設置され、前記台座の中には除虫装置が設置され、前記蓋装置を開けると、同時に照明灯をつければ前記除虫装置を始動でき、前記照明灯が前記台座の上端面の中心に固定的に設置され、前記照明灯の外側には透明なガラスカバーが設置され、前記ガラスカバーの中には加熱チャンバが設置され、前記台座の上端面には前記加熱チャンバに連通した熱エネルギー転換器が固定的に設置され、前記熱エネルギー転換器によって熱エネルギーを電気エネルギー転換でき、前記照明灯と前記ガラスカバーの外側には前記台座の上端面に固定された防虫カバーが設置される。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

防虫ライトであって、台座を含み、前記台座の上側には蓋装置が設置され、前記台座の中には除虫装置が設置され、前記蓋装置を開けると、同時に照明灯をつければ前記除虫装置を始動でき、前記照明灯が前記台座の上端面の中心に固定的に設置され、前記照明灯の外側には透明なガラスカバーが設置され、前記ガラスカバーの中には加熱チャンバが設置され、前記台座の上端面には前記加熱チャンバに連通した熱エネルギー転換器が固定的に設置され、前記熱エネルギー転換器によって熱エネルギーを電気エネルギー転換でき、前記照明灯と前記ガラスカバーの外側には前記台座の上端面に固定された防虫カバーが設置され、前記蓋装置には前記台座の上端面の前後左右の四端に設置され、且つ外に開口した折返しチャンバが含まれ、左右両側の前記折返しチャンバの中には駆動翻転板が翻転可能に設置され、前後両側の前記折返しチャンバの中には従動翻転板が翻転可能に設置され、前記駆動翻転板と前記従動翻転板のうち内側に近接している端面には一枚の漏洩防止網が固定的に設置され、前記駆動翻転板と前記従動翻転板の上端には上封じ板が固定的に設置され、左右両側の前記上封じ板の上端にはハンドルが固定的に設置され、前記駆動翻転板を翻転すれば前記従動翻転板を連動させて同期的に翻転させることができ、前記漏洩防止網は虫を収集できることを特徴とする防虫夜ライト。

請求項2

前記駆動翻転板の下端が前後に貫通しており、且つ前記駆動翻転板の下端には駆動軸が固定的に設置され、前記従動翻転板の下端が左右に貫通しており、且つ前記従動翻転板の下端には従動軸が固定的に設置され、前記台座の中の四角のところには傘歯車チャンバが環状のように排列され、前記駆動軸の前後両端が前記傘歯車チャンバの中に伸びており、且つ前記駆動軸の前後両端には駆動傘歯車が固定的に設置され、前記従動軸の左右両端が前記傘歯車チャンバの中に伸びており、且つ前記従動軸の左右両端には前記駆動傘歯車と噛み合う従動傘歯車が固定的に設置され、左右両側の前記折返しチャンバの後側にはプーリチャンバが設置され、前記駆動軸が前記プーリチャンバを通り抜けており、且つ前記駆動軸には駆動プーリが固定的に設置され、前記駆動プーリの下側のうち中心に近接している側には従動プーリが設置され、前記駆動プーリと前記従動プーリとの間には駆動ベルトが周設され、前記従動プーリが前記除虫装置に連結され、前記駆動翻転板が翻転しながら前記従動翻転板を翻転連動させ、同時に前記除虫装置を連動させて始動することを特徴とする請求項1に記載の防虫夜ライト。

請求項3

前記除虫装置は前記台座の中に設置される昇降チャンバを含み、前記熱エネルギー転換器の下端には動力軸伝動可能に連結され、前記昇降チャンバの中には昇降板スライド可能に設置され、前記昇降板の中にはスプライン軸が上下に貫通して回転可能に設置され、前記スプライン軸の中にはスプライン穴が上下に貫通して設置され、前記昇降チャンバの前後左右四側が止め板チャンバに連通し、前記止め板チャンバの中には前記昇降板に固定的に連結される止め板がスライド可能に設置され、前記止め板うち中心から離れている側の端面の中にはラックが固定的に設置され、左右両側の前記止め板チャンバのうち中心から離れている側には歯車チャンバが連通して設置され、前記歯車チャンバの中には前記ラックと噛み合う平歯車が回転可能に設置され、前記平歯車の後端には伝動軸が固定的に連結され、前記伝動軸の後端が前記従動プーリに固定的に連結され、左右側の前記止め板が上昇して前記昇降板と前後側の前記止め板とを上昇連動させ、この時前記動力軸は前記スプライン穴の中に伸びることができることを特徴とする請求項1に記載の防虫夜ライト。

請求項4

前記昇降チャンバの下側には環状を呈する貯蔵チャンバが設置され、前記貯蔵チャンバの下側にはファンチャンバが連通するように設置され、前記貯蔵チャンバと前記ファンチャンバとの間には通気網が固定的に設置され、前記通気網には除虫剤が置かれており、前記ファンチャンバの中にはファンが回転可能に設置され、前記ファンには上端が前記スプライン穴の中に伸びている回転軸が固定的に設置され、前記ファンチャンバの下側内壁の前後左右四端には通気チャンバが連通するように設置され、前記止め板の下端が前記通気チャンバの中に伸びており、前記通気チャンバのうち中心から離れている側には前記折返しチャンバに連通した落下チャンバが連通して設置され、前記落下チャンバの下側には収集チャンバが連通して設置され、除虫剤の匂いがする空気は前記通気チャンバと前記ラックチャンバから外部に流れて虫を殺し、死亡した虫が前記落下チャンバを通して前記収集チャンバの中に落下することを特徴とする請求項3に記載の防虫夜ライト。

技術分野

0001

本発明は生活用品分野に関し、具体的には防虫ライトである。

背景技術

0002

屋外で活動する時、光の照明が必要であるが、光に吸い寄せられて飛んでくる虫もあり、不快感を起こし、照明にも影響を及ぼし;それに対して現有の防虫ライトには照明機能が備わっておらず、そのため、虫を吸引して殺す同時に電球が生じる熱エネルギーを利用して殺された虫を回収して処分することに便利を与えられる防虫夜ライトは実に必要とされている。

先行技術

0003

中国特許出願公開第103778871号明細書

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の目的は防虫夜ライトを提供し、上記背景技術提出される問題を解決する。

課題を解決するための手段

0005

本発明の防虫夜ライトは、台座を含み、前記台座の上側には蓋装置が設置され、前記台座の中には除虫装置が設置され、前記蓋装置を開けると、同時に照明灯をつければ前記除虫装置を始動でき、前記照明灯が前記台座の上端面の中心に固定的に設置され、前記照明灯の外側には透明なガラスカバーが設置され、前記ガラスカバーの中には加熱チャンバが設置され、前記台座の上端面には前記加熱チャンバに連通した熱エネルギー転換器が固定的に設置され、前記熱エネルギー転換器によって熱エネルギーを電気エネルギー転換でき、前記照明灯と前記ガラスカバーの外側には前記台座の上端面に固定された防虫カバーが設置され、前記蓋装置には前記台座の上端面の前後左右の四端に設置され、且つ外に開口した折返しチャンバが含まれ、左右両側の前記折返しチャンバの中には駆動翻転板が翻転可能に設置され、前後両側の前記折返しチャンバの中には従動翻転板が翻転可能に設置され、前記駆動翻転板と前記従動翻転板のうち内側に近接している端面には一枚の漏洩防止網が固定的に設置され、前記駆動翻転板と前記従動翻転板の上端には上封じ板が固定的に設置され、左右両側の前記上封じ板の上端にはハンドルが固定的に設置され、
前記駆動翻転板を翻転すれば前記従動翻転板を連動させて同期的に翻転させることができ、前記漏洩防止網は虫を収集できる。

0006

更なる技術方案、前記駆動翻転板の下端が前後に貫通しており、且つ前記駆動翻転板の下端には駆動軸が固定的に設置され、前記従動翻転板の下端が左右に貫通しており、且つ前記従動翻転板の下端には従動軸が固定的に設置され、前記台座の中の四角のところには傘歯車チャンバが環状のように排列され、前記駆動軸の前後両端が前記傘歯車チャンバの中に伸びており、且つ前記駆動軸の前後両端には駆動傘歯車が固定的に設置され、前記従動軸の左右両端が前記傘歯車チャンバの中に伸びており、且つ前記従動軸の左右両端には前記駆動傘歯車と噛み合う従動傘歯車が固定的に設置され、左右両側の前記折返しチャンバの後側にはプーリチャンバが設置され、前記駆動軸が前記プーリチャンバを通り抜けており、且つ前記駆動軸には駆動プーリが固定的に設置され、前記駆動プーリの下側のうち中心に近接している側には従動プーリが設置され、前記駆動プーリと前記従動プーリとの間には駆動ベルトが周設され、前記従動プーリが前記除虫装置に連結され、
前記駆動翻転板が翻転しながら前記従動翻転板を翻転連動させ、同時に前記除虫装置を連動させて始動する。

0007

更なる技術方案、前記除虫装置は前記台座の中に設置される昇降チャンバを含み、前記熱エネルギー転換器の下端には動力軸伝動可能に連結され、前記昇降チャンバの中には昇降板スライド可能に設置され、前記昇降板の中にはスプライン軸が上下に貫通して回転可能に設置され、前記スプライン軸の中にはスプライン穴が上下に貫通して設置され、前記昇降チャンバの前後左右四側が止め板チャンバに連通し、前記止め板チャンバの中には前記昇降板に固定的に連結される止め板がスライド可能に設置され、前記止め板うち中心から離れている側の端面の中にはラックが固定的に設置され、左右両側の前記止め板チャンバのうち中心から離れている側には歯車チャンバが連通して設置され、前記歯車チャンバの中には前記ラックと噛み合う平歯車が回転可能に設置され、前記平歯車の後端には伝動軸が固定的に連結され、前記伝動軸の後端が前記従動プーリに固定的に連結され、
左右側の前記止め板が上昇して前記昇降板と前後側の前記止め板とを上昇連動させ、この時前記動力軸は前記スプライン穴の中に伸びることができる;

0008

前記昇降チャンバの下側には環状を呈する貯蔵チャンバが設置され、前記貯蔵チャンバの下側にはファンチャンバが連通するように設置され、前記貯蔵チャンバと前記ファンチャンバとの間には通気網が固定的に設置され、前記通気網には除虫剤が置かれており、前記ファンチャンバの中にはファンが回転可能に設置され、前記ファンには上端が前記スプライン穴の中に伸びている回転軸が固定的に設置され、前記ファンチャンバの下側内壁の前後左右四端には通気チャンバが連通するように設置され、前記止め板の下端が前記通気チャンバの中に伸びており、前記通気チャンバのうち中心から離れている側には前記折返しチャンバに連通した落下チャンバが連通して設置され、前記落下チャンバの下側には収集チャンバが連通して設置され、
除虫剤の匂いがする空気は前記通気チャンバと前記ラックチャンバから外部に流れて虫を殺し、死亡した虫が前記落下チャンバを通して前記収集チャンバの中に落下する。

発明の効果

0009

本発明の有益効果は:本発明は構造が簡単で、操作が便利で、本装置は照明する同時に虫を殺し、発光する時に生じた熱エネルギーを活かし、虫を収集でき、処理に便利を与える。

図面の簡単な説明

0010

本発明の実施例また既存の技術の中の技術方案をもっとはっきり説明するため、下記に実施例また既存の技術の説明の中に使用する必要がある附図に簡単な紹介を行って、一目でわかることは下記の説明の中の附図はただ本発明のいくつかの実施例で、本領域の普通技術者にとって、創造的な労働を払わないことを前提に、これらの附図に基づいてそのほかの附図を得ることができる。

0011

図1は本発明の防虫夜ライトの内部全体構成模式図であり;
図2は本発明の図1におけるA—A方向の構成図である;
図3は本発明の図1におけるB—B方向の構成図である;
図4は本発明の図1におけるC—C方向の構成図である。
図5は本発明の図1におけるDの拡大略図である。

実施例

0012

以下に図1−5を交えて本発明について詳しく説明し、便利に叙述するため、現在は後文に出る方位を下記の通りに規定する:後文に出る上下左右後方向は図1本体の投影関係の上下左右前後方向と一致する。

0013

図1−5を参照し、本発明の実施例における防虫夜ライトは:台座11を含み、前記台座11の上側には蓋装置101が設置され、前記台座11の中には除虫装置102が設置され、前記蓋装置101を開けると、同時に照明灯12をつければ前記除虫装置102を始動でき、前記照明灯12が前記台座11の上端面の中心に固定的に設置され、前記照明灯12の外側には透明なガラスカバー13が設置され、前記ガラスカバー13の中には加熱チャンバ14が設置され、前記台座11の上端面には前記加熱チャンバ14に連通した熱エネルギー転換器15が固定的に設置され、前記熱エネルギー転換器15によって熱エネルギーを電気エネルギーに転換でき、前記照明灯12と前記ガラスカバー13の外側には前記台座11の上端面に固定された防虫カバー16が設置され、前記蓋装置101には前記台座11の上端面の前後左右の四端に設置され、且つ外に開口した折返しチャンバ17が含まれ、左右両側の前記折返しチャンバ17の中には駆動翻転板18が翻転可能に設置され、前後両側の前記折返しチャンバ17の中には従動翻転板19が翻転可能に設置され、前記駆動翻転板18と前記従動翻転板19のうち内側に近接している端面には一枚の漏洩防止網25が固定的に設置され、前記駆動翻転板18と前記従動翻転板19の上端には上封じ板26が固定的に設置され、左右両側の前記上封じ板26の上端にはハンドル27が固定的に設置され、
前記駆動翻転板18を翻転すれば前記従動翻転板19を連動させて同期的に翻転させることができ、前記漏洩防止網25は虫を収集できる。

0014

有益的には、前記駆動翻転板18の下端が前後に貫通しており、且つ前記駆動翻転板18の下端には駆動軸20が固定的に設置され、前記従動翻転板19の下端が左右に貫通しており、且つ前記従動翻転板19の下端には従動軸21が固定的に設置され、前記台座11の中の四角のところには傘歯車チャンバ22が環状のように排列され、前記駆動軸20の前後両端が前記傘歯車チャンバ22の中に伸びており、且つ前記駆動軸20の前後両端には駆動傘歯車23が固定的に設置され、前記従動軸21の左右両端が前記傘歯車チャンバ22の中に伸びており、且つ前記従動軸21の左右両端には前記駆動傘歯車23と噛み合う従動傘歯車24が固定的に設置され、左右両側の前記折返しチャンバ17の後側にはプーリチャンバ28が設置され、前記駆動軸20が前記プーリチャンバ28を通り抜けており、且つ前記駆動軸20には駆動プーリ29が固定的に設置され、前記駆動プーリ29の下側のうち中心に近接している側には従動プーリ30が設置され、前記駆動プーリ29と前記従動プーリ30との間には駆動ベルト31が周設され、前記従動プーリ30が前記除虫装置102に連結され、
前記駆動翻転板18が翻転しながら前記従動翻転板19を翻転連動させ、同時に前記除虫装置102を連動させて始動する。

0015

有益的には、前記除虫装置102は前記台座11の中に設置される昇降チャンバ32を含み、前記熱エネルギー転換器15の下端には動力軸33が伝動可能に連結され、前記昇降チャンバ32の中には昇降板34がスライド可能に設置され、前記昇降板34の中にはスプライン軸35が上下に貫通して回転可能に設置され、前記スプライン軸35の中にはスプライン穴36が上下に貫通して設置され、前記昇降チャンバ32の前後左右四側が止め板チャンバ37に連通し、前記止め板チャンバ37の中には前記昇降板34に固定的に連結される止め板38がスライド可能に設置され、前記止め板38うち中心から離れている側の端面の中にはラック39が固定的に設置され、左右両側の前記止め板チャンバ37のうち中心から離れている側には歯車チャンバ40が連通して設置され、前記歯車チャンバ40の中には前記ラック39と噛み合う平歯車41が回転可能に設置され、前記平歯車41の後端には伝動軸42が固定的に連結され、前記伝動軸42の後端が前記従動プーリ30に固定的に連結され、
左右側の前記止め板38が上昇して前記昇降板34と前後側の前記止め板38とを上昇連動させ、この時前記動力軸33は前記スプライン穴36の中に伸びることができる。

0016

有益的には、前記昇降チャンバ32の下側には環状を呈する貯蔵チャンバ43が設置され、前記貯蔵チャンバ43の下側にはファンチャンバ45が連通するように設置され、前記貯蔵チャンバ43と前記ファンチャンバ45との間には通気網44が固定的に設置され、前記通気網44には除虫剤が置かれており、前記ファンチャンバ45の中にはファン46が回転可能に設置され、前記ファン46には上端が前記スプライン穴36の中に伸びている回転軸47が固定的に設置され、前記ファンチャンバ45の下側内壁の前後左右四端には通気チャンバ48が連通するように設置され、前記止め板38の下端が前記通気チャンバ48の中に伸びており、前記通気チャンバ48のうち中心から離れている側には前記折返しチャンバ17に連通した落下チャンバ49が連通して設置され、前記落下チャンバ49の下側には収集チャンバ50が連通して設置され、
除虫剤の匂いがする空気は前記通気チャンバ48と前記ラックチャンバ49から外部に流れて虫を殺し、死亡した虫が前記落下チャンバ49を通して前記収集チャンバ50の中に落下する。

0017

初期状態の時、駆動翻転板18と上封じ板26が防虫カバー16を封じ、昇降板34が下限位置にあり、動力軸33がスプライン穴36の中まで伸びておらず、止め板38が通気チャンバ48を封じている。

0018

照明また除虫する時、ハンドル27を手で握って左右両側の上封じ板26と駆動翻転板18を連動させて両側に翻転して水平状態にならせ、駆動軸20が駆動プーリ29と駆動傘歯車23とを回転連動させ、駆動傘歯車23が歯車の噛合によって従動傘歯車24を回転連動させ、従動軸21を通じて従動翻転板19と前後側の上封じ板26を連動させて外に翻転させ、この時漏洩防止網25が平ら広がり、駆動プーリ29が駆動ベルト31によって従動プーリ30を回転連動させ、駆動軸42によって平歯車41を回転連動させ、歯型の噛合によってラック39を上昇連動させ、左右両側の止め板38が昇降板34と前後両側の止め板38とを上昇連動させて通気チャンバ48を開け、この時動力軸33がスプライン軸35とスプラインによって連結され、この時照明灯12をつければ照明でき、生じた熱エネルギーは加熱チャンバ14の中の気体によって熱エネルギー転換器15の中に伝達されて運動エネルギーに転換して動力軸33を回転連動させ、スプライン軸35によって回転軸47を回転連動させてファン46を回転連動させ、貯蔵チャンバ43の中の除虫剤が生じた毒気体を吸出し、装置の周囲に取らして防虫カバー16に吸い寄せられた虫を殺し、死亡した虫が落下チャンバ49を通して収集チャンバ50又は漏洩防止網25に落下し、本装置を移す時、ハンドル27によって装置を復帰させ、漏洩防止網25に落下した虫は収集チャンバ50の中に落ちる。

0019

本発明の有益効果は:本発明は構造が簡単で、操作が便利で、本装置は照明する同時に虫を殺し、発光する時に生じた熱エネルギーを活かし、虫を収集でき、処理に便利を与える。

0020

本分野の技術者が明確できるのは、本発明の総体精神や発想から離脱しない場合で、以上の実施例に各種な変形ができ、それらの変形がすべて本発明の保護範囲にある。本発明の保護方案は本発明の権利要求書標準とすべきである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ