図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年10月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

個人白髪遺伝的素因を正確かつ簡便に判定する手段の提供。

解決手段

被験者から採取したDNA含有試料について、特定の遺伝子のうち1種又は2種以上の一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と、検出されるアレルの塩基の少なくとも一つがリスクアレルである場合に、該被験者が白髪の遺伝的素因を有すると判定する工程を含む、白髪の遺伝的素因を判定する方法。より詳しくは、白髪に関連する一塩基多型(SNP)を検出することによる、白髪の遺伝的素因の判定方法、及び該方法に用いるキットに関する。

概要

背景

メラノサイトの重要な役割は、細胞内でメラニンを合成し、周囲の細胞へと受け渡すことで皮膚や毛髪の色を制御することである。メラニンの合成はメラノソームと呼ばれるメラノサイト特有の細胞内小器官で行われ、多くの場合いくつかのメラノソームがパッケージングされてケラチノサイト毛母細胞へと受け渡されることが分かっている。このメラノサイトの機能が低下すると白髪の原因になると考えられている。一般的に、白髪になり易さには個人差があることが知られており、近年では白髪になり易さを判別する様々な方法が検討されている。例えば、特許文献1、2では、特定の遺伝子や一塩基多型(SNP)をマーカーとすることにより個体の若白髪に対する素因診断する方法が開示されている。しかしながら、これらに開示されている方法では、特定の遺伝子の特定の遺伝型のみを対象とするものであり、白髪になり易さの判定精度が十分なものではなかった。

概要

個人の白髪の遺伝的素因を正確かつ簡便に判定する手段の提供。被験者から採取したDNA含有試料について、特定の遺伝子のうち1種又は2種以上の一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と、検出されるアレルの塩基の少なくとも一つがリスクアレルである場合に、該被験者が白髪の遺伝的素因を有すると判定する工程を含む、白髪の遺伝的素因を判定する方法。より詳しくは、白髪に関連する一塩基多型(SNP)を検出することによる、白髪の遺伝的素因の判定方法、及び該方法に用いるキットに関する。なし

目的

メラノサイトの重要な役割は、細胞内でメラニンを合成し、周囲の細胞へと受け渡すことで皮膚や毛髪の色を制御することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

被験者から採取したDNA含有試料について、以下の(a1)〜(a29)の1種又は2種以上の一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と、検出されるアレルの塩基の少なくとも一つがリスクアレルである場合に、該被験者が白髪遺伝的素因を有すると判定する工程を含む、白髪の遺伝的素因を判定する方法。(a1) 配列番号1に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs57425938で特定されるSNP)(a2) 配列番号2に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1425349で特定されるSNP)(a3) 配列番号3に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs10516555で特定されるSNP)(a4) 配列番号4に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs77260241で特定されるSNP)(a5) 配列番号5に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs539456で特定されるSNP)(a6) 配列番号6に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs10801279で特定されるSNP)(a7) 配列番号7に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6679684で特定されるSNP)(a8) 配列番号8に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs12118091で特定されるSNP)(a9) 配列番号9に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs80074537で特定されるSNP)(a10) 配列番号10に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs17368264で特定されるSNP)(a11) 配列番号11に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs117589901で特定されるSNP)(a12) 配列番号12に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs11732443で特定されるSNP)(a13) 配列番号13に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1439283で特定されるSNP)(a14) 配列番号14に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6822121で特定されるSNP)(a15) 配列番号15に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6827130で特定されるSNP)(a16) 配列番号16に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1967256で特定されるSNP)(a17) 配列番号17に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6869199で特定されるSNP)(a18) 配列番号18に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs4895262で特定されるSNP)(a19) 配列番号19に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs13240906で特定されるSNP)(a20) 配列番号20に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs10239446で特定されるSNP)(a21) 配列番号21に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs17169503で特定されるSNP)(a22) 配列番号22に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs3779986で特定されるSNP)(a23) 配列番号23に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs536317で特定されるSNP)(a24) 配列番号24に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs564058で特定されるSNP)(a25) 配列番号25に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs485522で特定されるSNP)(a26) 配列番号26に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1017530で特定されるSNP)(a27) 配列番号27に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs76124942で特定されるSNP)(a28) 配列番号28に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs72639440で特定されるSNP)(a29) 配列番号29に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs12968743で特定されるSNP)

請求項2

被験者から採取したDNA含有試料について、COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、及びGOLGA1からなる群より選択される1種又は2種以上の遺伝子に関連する一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と、検出されるアレルの塩基の少なくとも一つがリスクアレルである場合に、該被験者が白髪の遺伝的素因を有すると判定する工程を含む、白髪の遺伝的素因を判定する方法。

請求項3

請求項1又は2に記載の方法により判定された結果に基づいて、被験者の白髪の遺伝的素因の程度に応じた白髪の予防及び/又は改善作用を有する化粧料及び/又は飲食品を該被験者に提供する、化粧料及び/又は飲食品の提供方法

請求項4

配列番号1〜29のいずれかに示される塩基配列において、36番目の塩基を含む10塩基以上の配列、又はその相補配列を有するプローブ、及び/又は、配列番号1〜29のいずれかに示される塩基配列において、36番目の塩基を含む領域を増幅することのできるプライマーを含む、白髪の遺伝的素因を判定するためのキット

請求項5

COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、及びGOLGA1からなる群より選択される1種又は2種以上の遺伝子の発現変化を指標とする、白髪の予防及び/又は改善剤スクリーニング方法

請求項6

COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、及びGOLGA1からなる群より選択される1種又は2種以上の遺伝子の発現を制御する素材を含有する、白髪の予防及び/又は改善用組成物

技術分野

0001

本発明は、白髪遺伝的素因判定方法に関する。より詳しくは、白髪に関連する一塩基多型(SNP)を検出することによる、白髪の遺伝的素因の判定方法、及び該方法に用いるキットに関する。

背景技術

0002

メラノサイトの重要な役割は、細胞内でメラニンを合成し、周囲の細胞へと受け渡すことで皮膚や毛髪の色を制御することである。メラニンの合成はメラノソームと呼ばれるメラノサイト特有の細胞内小器官で行われ、多くの場合いくつかのメラノソームがパッケージングされてケラチノサイト毛母細胞へと受け渡されることが分かっている。このメラノサイトの機能が低下すると白髪の原因になると考えられている。一般的に、白髪になり易さには個人差があることが知られており、近年では白髪になり易さを判別する様々な方法が検討されている。例えば、特許文献1、2では、特定の遺伝子や一塩基多型(SNP)をマーカーとすることにより個体の若白髪に対する素因診断する方法が開示されている。しかしながら、これらに開示されている方法では、特定の遺伝子の特定の遺伝型のみを対象とするものであり、白髪になり易さの判定精度が十分なものではなかった。

先行技術

0003

特表2005-532411号公報
特表2007-517515号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の課題は、個人の白髪の遺伝的素因を正確かつ簡便に判定する手段を提供することにある。

課題を解決するための手段

0005

本発明者らは、年齢性別が異なるサンプル提供者を対象にゲノムワイド関連解析(GWAS)を用いて一塩基多型(SNP)を網羅的に解析したところ、白髪の遺伝的素因(白髪になり易さ)に関連する一塩基多型(SNP)と遺伝子を見出し、本発明を完成するに至った。

0006

すなわち、本発明は、以下の発明を包含する。
[1]被験者から採取したDNA含有試料について、以下の(a1)〜(a29)の1種又は2種以上の一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と、検出されるアレルの塩基の少なくとも一つがリスクアレルである場合に、該被験者が白髪の遺伝的素因を有すると判定する工程を含む、白髪の遺伝的素因を判定する方法。
(a1) 配列番号1に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs57425938で特定されるSNP)
(a2) 配列番号2に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1425349で特定されるSNP)
(a3) 配列番号3に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs10516555で特定されるSNP)
(a4) 配列番号4に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs77260241で特定されるSNP)
(a5) 配列番号5に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs539456で特定されるSNP)
(a6) 配列番号6に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs10801279で特定されるSNP)
(a7) 配列番号7に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6679684で特定されるSNP)
(a8) 配列番号8に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs12118091で特定されるSNP)
(a9) 配列番号9に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs80074537で特定されるSNP)
(a10) 配列番号10に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs17368264で特定されるSNP)
(a11) 配列番号11に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs117589901で特定されるSNP)
(a12) 配列番号12に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs11732443で特定されるSNP)
(a13) 配列番号13に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1439283で特定されるSNP)
(a14) 配列番号14に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6822121で特定されるSNP)
(a15) 配列番号15に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6827130で特定されるSNP)
(a16) 配列番号16に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1967256で特定されるSNP)
(a17) 配列番号17に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6869199で特定されるSNP)
(a18) 配列番号18に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs4895262で特定されるSNP)
(a19) 配列番号19に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs13240906で特定されるSNP)
(a20) 配列番号20に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs10239446で特定されるSNP)
(a21) 配列番号21に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs17169503で特定されるSNP)
(a22) 配列番号22に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs3779986で特定されるSNP)
(a23) 配列番号23に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs536317で特定されるSNP)
(a24) 配列番号24に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs564058で特定されるSNP)
(a25) 配列番号25に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs485522で特定されるSNP)
(a26) 配列番号26に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1017530で特定されるSNP)
(a27) 配列番号27に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs76124942で特定されるSNP)
(a28) 配列番号28に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs72639440で特定されるSNP)
(a29) 配列番号29に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs12968743で特定されるSNP)
[2] 被験者から採取したDNA含有試料について、COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、及びGOLGA1からなる群より選択される1種又は2種以上の遺伝子に関連する一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と、検出されるアレルの塩基の少なくとも一つがリスクアレルである場合に、該被験者が白髪の遺伝的素因を有すると判定する工程を含む、白髪の遺伝的素因を判定する方法。
[3] [1]又は[2]に記載の方法により判定された結果に基づいて、被験者の白髪の遺伝的素因の程度に応じた白髪の予防及び/又は改善作用を有する化粧料及び/又は飲食品を該被験者に提供する、化粧料及び/又は飲食品の提供方法
[4] 配列番号1〜29のいずれかに示される塩基配列において、36番目の塩基を含む10塩基以上の配列、又はその相補配列を有するプローブ、及び/又は、配列番号1〜29のいずれかに示される塩基配列において、36番目の塩基を含む領域を増幅することのできるプライマーを含む、白髪の遺伝的素因を判定するためのキット。
[5] COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、及びGOLGA1からなる群より選択される1種又は2種以上の遺伝子の発現変化を指標とする、白髪の予防及び/又は改善剤スクリーニング方法
[6] COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、及びGOLGA1からなる群より選択される1種又は2種以上の遺伝子の発現を制御する素材を含有する、白髪の予防及び/又は改善用組成物

発明の効果

0007

本発明の方法によれば、被験者の生体試料に存在するゲノム由来のDNAに含まれる一塩基多型(SNP)のアレルを検出することにより、該被験者が白髪になる遺伝的素因を有するか(白髪になり易いか)を正確かつ簡便に判定することができる。よって、この判定結果に基づき、白髪の予防や改善のための対策を早期に講じることができる。

0008

1.白髪の遺伝的素因の判定方法
本発明の白髪の遺伝的素因の判定方法は、被験者から採取したDNA含有試料について、以下の(a1)〜(a29)の1種又は2種以上の一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と、検出されるアレルの塩基の少なくとも一つがリスクアレルである場合に、該被験者が白髪の遺伝的素因を有すると判定する工程を含む。
(a1) 配列番号1に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs57425938で特定されるSNP)
(a2) 配列番号2に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1425349で特定されるSNP)
(a3) 配列番号3に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs10516555で特定されるSNP)
(a4) 配列番号4に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs77260241で特定されるSNP)
(a5) 配列番号5に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs539456で特定されるSNP)
(a6) 配列番号6に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs10801279で特定されるSNP)
(a7) 配列番号7に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6679684で特定されるSNP)
(a8) 配列番号8に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs12118091で特定されるSNP)
(a9) 配列番号9に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs80074537で特定されるSNP)
(a10) 配列番号10に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs17368264で特定されるSNP)
(a11) 配列番号11に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs117589901で特定されるSNP)
(a12) 配列番号12に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs11732443で特定されるSNP)
(a13) 配列番号13に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1439283で特定されるSNP)
(a14) 配列番号14に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6822121で特定されるSNP)
(a15) 配列番号15に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6827130で特定されるSNP)
(a16) 配列番号16に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1967256で特定されるSNP)
(a17) 配列番号17に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs6869199で特定されるSNP)
(a18) 配列番号18に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs4895262で特定されるSNP)
(a19) 配列番号19に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs13240906で特定されるSNP)
(a20) 配列番号20に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs10239446で特定されるSNP)
(a21) 配列番号21に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs17169503で特定されるSNP)
(a22) 配列番号22に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs3779986で特定されるSNP)
(a23) 配列番号23に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs536317で特定されるSNP)
(a24) 配列番号24に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs564058で特定されるSNP)
(a25) 配列番号25に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs485522で特定されるSNP)
(a26) 配列番号26に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs1017530で特定されるSNP)
(a27) 配列番号27に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs76124942で特定されるSNP)
(a28) 配列番号28に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs72639440で特定されるSNP)
(a29) 配列番号29に示される塩基配列の36番目の塩基におけるSNP(SNP:ID rs12968743で特定されるSNP)

0009

上記の(a1)〜(a29)のSNPを含む塩基配列([]内はSNPを表す)を表1に示す。

0010

0011

後述の実施例のゲノムワイド関連解析(GWAS)結果に示すように、上記(a1)〜(a29)のSNPは、p値が1×10-5未満となるものであり、白髪の遺伝的素因と統計学的に関連が示唆されたものである。また、本発明において特定された上記の(a1)〜(a29)のSNPが、近傍(100kb以内)に存在するか、当該SNPにより発現が変動することが文献的に知られている遺伝子として、下記表2に示すCOL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、GOLGA1が同定された。よって、本発明によれば、被験者から採取したDNA含有試料について、COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、及びGOLGA1からなる群より選択される1種又は2種以上の遺伝子に関連する一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と、検出されるアレルの塩基の少なくとも一つがリスクアレルである場合に、該被験者が白髪の遺伝的素因を有すると判定する工程を含む、白髪の遺伝的素因の判定方法が提供される。

0012

0013

一塩基多型(single nucleotide polymorphism:SNP、以下、「SNP」と記載する場合がある)とは、一般的には、遺伝子の塩基配列が1箇所だけ異なる状態及びその部位をいう。また、多型とは、一般的には、母集団中1%以上の頻度で存在する2以上の対立遺伝子(アレル)をいう。本発明における「SNP」は、当業者が自由に利用可能な公開されたデータベースである米国国立生物工学情報センター(National Center for Biotechnology Information :NCBI)のSNPデータベース(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/SNP/)に登録されたSNPであって、そのリファレンス番号であるrs番号により特定できる。

0014

本明細書において「アレル」とは、あるSNP部位において取りうる、互いに異なる塩基を有するそれぞれの型をいう。また、本明細書において「遺伝型」とは、あるSNP部位において、対立するアレルの組み合わせをいう。あるSNP部位において、前記組み合わせである遺伝型には3つの型があり、同じアレルの組み合わせをホモ型とよび、異なるアレルの組み合わせをヘテロ型という。例えば、(a1)のrs57425938で特定されるSNPにおいて対立するアレルの組み合わせである遺伝型には、A/A型、A/G型、G/G型の3つの型が存在する。

0015

本発明の判定方法において、「一塩基多型(SNP)のアレルを検出する」とは、そのSNPのアレルの塩基の種類を同定することを意味し、「一塩基多型(SNP)のアレルを検出する」の態様には、当該SNPの一方のアレルを検出すること、当該SNPの両方のアレルを検出すること、当該SNPの遺伝型を同定することを含むものとする。

0016

本発明の判定方法においては、検出されるアレルの塩基の少なくとも一つがリスクアレルである場合に、該被験者が白髪の遺伝的素因を有する(白髪になり易い)と判定する。具体的には、(a1)〜(a29)の一塩基多型(SNP)において、下記表3に示すリスクアレルが、少なくとも一方のアレルにおいて検出されれば、該リスクアレルが検出されない場合と比較して、白髪の遺伝的素因を有する(白髪になり易い)、例えば、年齢に相応しない白髪が発生する可能性が高く、将来白髪になる可能性が相対的に高いと判定でき、白髪の遺伝的素因を有する(白髪になり易い)程度が高いと判定できる。

0017

例えば、(a1)のrs57425938で特定されるSNPの場合は、その遺伝型がA/A型であることが、A/G型又はG/G型である場合よりも白髪になり易いことを示し、その遺伝型がA/G型であることが、G/G型である場合よりも白髪になり易いことを示す。すなわち、A/A型、A/G型、G/G型の順で、白髪になり易さが高いことを示す。

0018

0019

本発明の判定方法において、被験者の人種は、特に限定はされないが、好ましくは東アジア人、より好ましくは日本人である。ここで、東アジア人とは、日本、鮮、中国、台湾及びモンゴルの人々のいずれかを起源に持つ人をいう。

0020

本発明の判定方法において用いるDNA含有試料としては、被験者より採取されたDNAを含有する生体試料であれば、特に限定されない。DNA含有試料に含まれるDNAは、ゲノムDNAであることが好ましいが、検出するSNPが、プロモーター等の非転写領域や、イントロン等のRNAスプライシングにより除かれる領域以外の、mRNA中に存在する領域に位置するSNPである場合には、ゲノムDNAの代わりにmRNAやtotal RNAを含む生体試料を使用してもよい。DNA含有試料としては、例えば、ゲノムDNAを採取可能な任意の体液分泌液組織、細胞、組織や細胞の培養物等を使用することができ、具体的には、被験者の唾液、血液、尿、喀痰咽頭ぬぐい液、鼻腔ぬぐい液、口腔(内粘膜ぬぐい液、涙腺分泌液、、毛髪、爪、皮膚、粘膜、皮膚付着後に剥がしたテープストリップ等が挙げられるが、容易性及び低侵襲性の点から、唾液が好ましい。当該試料は、一般的な臨床検査で行われている方法に従って採取し、公知の抽出方法精製方法を用いて調製することができる。その際、市販のゲノムDNA抽出キットを使用することができる。

0021

SNPの検出及びSNPの型の判定(SNPタイピング)の方法は、特に制限されず、例えばアレル特異的プライマー(及びプローブ)を用い、PCR法等により増幅し、増幅産物の多型を蛍光又は発光によって検出する方法など、公知の方法により行うことできる。例えば、PCR-RFLP (restriction fragment length polymorphism)法、PCR-SSCP(single-strand conformation polymorphism)法、PCR-SSO (sequence specific oligonucleotide)法、ダイレクトシークエンス(direct sequencing)法、ASO(Allele Specific Oligonucleotide)ハイブリダイゼーション法、ASP-PCR(Allele Specific Primer-PCR)法、Snapshot法、ARMS(Amplification Refracting Mutation System)法、TaqMan PCR法、インベーダー法、MALDI-TOF/MS法RNaseA切断法DOL(Dye-labeled Oligonucleotide Ligation)法、TDI(Template-directed Dye-terminator Incorporation)等が挙げられる。上記方法はいずれも当業者に周知の方法であり、また、SNPの型の判定のための試薬やキットも市販されており、例えば、TaqMan SNP GenotypingAssays (Thermo Fisher Scientific社製)等を用いることができる。

0022

上記の判定方法により得られた結果は、被験者が白髪の予防及び/又は改善作用を有する化粧料及び/又は飲食品を選択する上で有用な指標となり、例えば、白髪の遺伝的素因を有する(白髪になり易い)と判定された被験者は、年齢に関係なく、白髪を予防する対策を推奨できる。よって、本発明の別の側面によれば、上記の判定方法により得られた結果に基づいて、被験者の白髪の遺伝的素因(白髪になり易さ)の程度に応じた白髪の予防及び/又は改善作用を有する化粧料及び/又は飲食品を該被験者に提供する、化粧料及び/又は飲食品の提供方法もまた提供される。

0023

2.白髪の遺伝的素因の判定用キット
上記のSNPの検出及びタイピング方法では、各方法に応じたプローブやプライマーが使用される。このようなプローブやプライマーもまた本発明の範囲に包含され、キットとして提供できる。

0024

プローブとしては、上記のSNP部位を含み、ハイブリダイズの有無によってSNP部位の塩基の種類を判別できるプローブが挙げられる。具体的には、配列番号1〜29のいずれかに示される塩基配列の36番目の塩基を含む連続する少なくとも10塩基以上、好ましくは15塩基以上の配列又はその相補配列を有するプローブが挙げられる。プローブの長さは好ましくは15〜40塩基、より好ましくは20〜35塩基である。また、プローブは、適当な標識物質で標識されていてもよく、標識物質としては、例えば、酵素(ペルオキシダーゼβ−ガラクトシダーゼアルカリフォスファターゼ等)、蛍光物質FITCRITC、Cy3、Cy5等)、発光物質ルミノールルミノール誘導体ルシフェリンルシゲニン等)、放射性同位元素(3H、14C、32P、125I、131I等)、ビオチンジゴキシゲニンタグ配列を含むポリペプチド等が挙げられる。あるいは、蛍光物質の近傍に該蛍光物質の発する蛍光エネルギーを吸収するクエンチャー消光物質)がさらに結合されていてもよい。

0025

また、プローブは固相に固定されていてもよい(DNAアレイ)。DNAアレイは、同一平面上に配置した多数のプローブに対してサンプルDNAをハイブリダイズさせ、当該平面をスキャンすることによって、各プローブに対するハイブリダイズを同時に検出することが可能である。よって、多数のSNP部位を同時に解析するには、DNAアレイは有用である。アレイに搭載するプローブとなるオリゴヌクレオチドは、通常in situで合成される。例えば、リソグラフィー方式(Thermo Fisher Scientific社)、インクジェット方式(Agilent社)、ビーズアレイ方式(Illumina社)等によるオリゴヌクレオチドのin situ合成法が知られている。

0026

また、プライマーとしては、上記SNP部位を増幅するためのPCRに用いることのできるプライマー、又は上記SNP部位を配列解析シークエンシング)するために用いることのできるプライマーが挙げられる。具体的には、配列番号1〜29のいずれかに示される塩基配列の36番目の塩基を含む領域を増幅したり、シークエンシングしたりすることのできるプライマーが挙げられる。上記SNP部位を増幅するためのPCRに用いることのできるプライマーは、該SNP部位を含む領域のDNAを鋳型として、該SNP部位に向かって相補鎖合成を開示することができるオリゴヌクレオチドであればよく、このようなプライマーの長さは10〜30塩基が好ましく、15〜25塩基がより好ましい。プライマーは、配列番号1〜29のいずれかに示される塩基配列において、SNP部位の上流または下流の位置に設定することができる。

0027

当業者であれば、SNP部位を含む周辺DNA領域塩基配列情報を基に、解析手法に応じたプローブ及びプライマーを設計することができる。また、プローブ及びプライマーとなるオリゴヌクレオチドは、オリゴヌクレオチドの合成法として当技術分野で公知の方法、例えば、ホスホロアミダイト法、H−ホスホネート法等により、通常用いられるDNA自動合成装置を利用して合成することが可能である。

0028

本発明のキットには、上記のプローブ及びプライマーとして用いるオリゴヌクレオチドを少なくとも含んでいればよい。また、当該キットには、必要に応じて、DNA抽出用試薬、PCR用緩衝液DNAポリメラーゼ等のPCR用試薬、染色剤電気泳動用ゲル等の検出用試薬固定化担体、標識物質、標識の検出に用いられる基質化合物陽性陰性標準試料、キットの使用方法を記載した指示書等を含めることもできる。なお、キット中の試薬は溶液でも凍結乾燥物でもよい。

0029

3.白髪予防及び/又は改善剤のスクリーニング方法
上述のとおり、COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、GOLGA1は、上記の(a1)〜(a29)のSNPが、その近傍(100kb以内)に存在するか、SNPにより発現が変動することが文献的に知られている遺伝子である。

0030

よって、本発明の別の側面によれば、COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、及びGOLGA1からなる群より選択される1種又は2種以上の遺伝子(以下、「白髪感受性遺伝子」という)の発現変化を指標とする、白髪の予防及び/又は改善剤のスクリーニング方法が提供される。

0031

本発明のスクリーニング方法は、白髪感受性遺伝子の発現の評価に適切な細胞を用いる方法であれば、特に限定はされないが、典型的には、細胞における白髪感受性遺伝子の発現量を測定する方法が挙げられる。より具体的には、本発明のスクリーニング方法は、被験物質の存在下で上記白髪感受性遺伝子を発現する細胞を培養し、同細胞における白髪感受性遺伝子の発現量を測定する工程、被験物質の非存在下(対照)における同細胞における白髪感受性遺伝子の発現量を測定する工程、被験物質の存在下で測定した発現量が、被験物質の非存在下で測定した発現量に比べて有意に増加又は減少した場合に、当該被験物質を白髪の予防及び/又は改善剤の候補物質として選択する工程を行うことにより、行うことができる。

0032

本発明において、被験試料及び対照試料における白髪感受性遺伝子の発現量は、当業者に公知の任意の方法により測定することができ、また、測定は、各方法の常法に従って実施すればよい。遺伝子の発現量とは、遺伝子の転写産物であるmRNA量をいう。mRNA量の測定は、所望のmRNA量を測定できる方法であれば特に限定されず、公知の方法から適宜選択して用いることができる。例えば、白髪感受性遺伝子にハイブリダイズするオリゴヌクレオチドをプライマーとした遺伝子増幅法、又は、白髪感受性遺伝子にハイブリダイズするオリゴヌクレオチドをプローブとしたハイブリダイゼーション法を利用することができる。具体的には、RT-PCR法、リアルタイムRT-PCR法、マイクロアレイ法ノーザンプロット法、ドットブロット法RNアーゼプロテクションアッセイ法などが挙げられる。上記の方法に用いるプライマーやプローブは、標識し、当該標識のシグナル強度を調べることによりmRNA量を測定することができる。なかでも、リアルタイムRT-PCR法はRNAを直接サンプルに使用でき、遺伝子増幅過程光学的に測定することで増幅に必要な温度サイクル回数から遺伝子定量が可能である上で好ましい。なお、上記の方法に用いるプライマー及びプローブは白髪感受性遺伝子の塩基配列をGenBank等のデータベースより取得し、当該塩基配列に基づいて当業者であれば適宜設計し、調製することができる。各方法について様々なプロトコル報告されており、当業者であれば公知のプロトコルに従い、又は公知のプロトコルを適宜修正や変更を行い実施することができる。

0033

また、本発明のスクリーニング方法の別の態様として、白髪感受性遺伝子を発現する細胞として、レポーター遺伝子を白髪感受性遺伝子の転写調節領域作動可能に連結したプラスミドを導入した細胞を用い、レポーター遺伝子の発現量を測定してもよい。レポーター遺伝子としては、例えばGFP遺伝子、GUS遺伝子、LUS遺伝子等が挙げられる。

0034

スクリーニングに用いる被験物質は、主に医薬品及び/又は飲食品に利用できる成分を対象とし、例えば、動・植物組織抽出物もしくは微生物培養物等の複数の化合物を含む混合物、またそれらから精製された標品天然に生じる分子(例えば、アミノ酸ペプチドオリゴペプチド、ポリペプチド、タンパク質核酸、脂質、ステロイド糖タンパク質プロテオグリカンなど);あるいは天然に生じる分子の合成アナログ又は誘導体(例えば、ペプチド擬態物など);及び天然に生じない分子(例えば、コンビナトリアルケミストリー技術等を用いて作製した低分子有機化合物);ならびにそれらの混合物などを挙げることができる。また、被験物質としては単一の被験物質を独立に試験しても、いくつかの候補となる被験物質の混合物(ライブラリーなどを含む)について試験をしてもよい。複数の被験物質を含むライブラリーとしては、合成化合物ライブラリー、ペプチドライブラリーなどが挙げられる。

0035

上記スクリーニング方法により選択される白髪の予防及び/又は改善物質は、化粧品、医薬品、医薬部外品飲食品等の白髪の予防及び/又は改善用組成物への配合成分として使用できる。よって、本発明のさらなる別の側面によれば、COL25A1、RGS8、PTPRG、SORCS2、HPSE、BANK1、GPR98、FBXL17、PRR16、SEMA3E、CREB3L2、WDYHV1、SCAI、SMAGP、OSTC、AKR1D1、及びGOLGA1からなる群より選択される1種又は2種以上の遺伝子の発現を制御する素材を含有する、白髪の予防及び/又は改善用組成物が提供される。

0036

以下、実施例により本発明をさらに具体的に説明する。但し、本発明はこれらに限定されるものではない。

0037

(実施例1)白髪の遺伝的素因(白髪になり易さ)に関連する一塩基多型(SNP)の同定
本試験を実施するにあたり、同意書、白髪に関するアンケート、及び遺伝型判定について、自社における倫理審査委員会によって承認を受けた。同意書のサインにて同意を受けたサンプル提供者よりサンプル採取を行い、遺伝型判定、アンケート解析、及びゲノムワイド関連解析(GWAS)を行った。

0038

(1)DNAサンプル
自社社員をDNAサンプル提供の対象者とした。このうち募集に応じた643人(男性259人、女性384人)の唾液を採取した。採取した唾液からMaxwell RSC Stabilized Saliva DNA Kit(プロメガ社製)を使用してゲノムDNAを抽出し、DNAサンプルを得た。

0039

(2)遺伝型の決定
得られたDNAサンプルについて、アジア人のゲノムに見られる頻度の高いSNP解析用プローブが搭載された遺伝型解析用チップAxiom(登録商標) Genome-Wide CHB 1 & CHB 2 Array(Thermo Fisher Scientific)を用いて遺伝型の決定を行った。遺伝型データはAxiom Analysis Suite 4.0(Thermo Fisher Scientific)を用いて得た。

0040

(3)クオリティコントロール
PLINK 1.9(www.cog-genomics.org/plink/1.9/)を利用して、遺伝型データから未確認血縁性を除去するために、PI_HAT=0.25以上の個体ペアを検出し、それぞれのペアについて、個体Call Rate値の悪い個体を解析対象から除外した。

0041

PLINK 1.9(www.cog-genomics.org/plink/1.9/)を利用して、遺伝型データから多次元尺度構成法によるクラスタリングを実施し、また、出身地に関するアンケートデータと合わせて、日本人由来の個体を選択した。クオリティコントロールにより解析対象として選択した個体数は631個体(男性255人、女性376人)であった。

0042

(4)表現型データ
白髪に関するアンケート項目は、「白髪の多少」についての質問に対して、「1.ない」、「2.数本ある」、「3.目立ってきた」、「4.ほぼ全体的にある」の4つの選択肢から1つを回答するものであり、間隔尺度として扱った。

0043

(5) 関連解析
遺伝型データと表現型データとの関連性について、PLINK 1.9(www.cog-genomics.org/plink/1.9/)を利用して、表現型データを目的変数、遺伝型データのマイナーアレルの本数、及び年齢、性別を説明変数とした線形回帰分析を行い、前記マイナーアレルの本数の回帰係数のp値を評価した。前記線形回帰分析により算出したp値が1×10-5未満となるSNP29個を表現型との関連性があるものとして抽出した。

0044

表現型との関連が示唆されたSNPについて、HaploReg v4.1(https://pubs.broadinstitute.org/mammals/haploreg/haploreg.php)を利用して、SNPの近傍の遺伝子(100kb以内)、及び当該SNPにより発現が変動することが文献的に知られている遺伝子のアノテーションを行った。

0045

(6) 結果
以上の解析から、白髪の遺伝的素因(白髪になり易さ)と関連性があり、個人の白髪になり易さを判定できるSNPとして29個のSNPを特定した(表4)。特定した各SNPのSNP ID(NCBIdsSNP)、当該SNPが存在する染色体番号及び物理位置、アレル及びリスクアレルの塩基、遺伝型のp値を示す。p値の欄において、それぞれのp値は10を底とする指数形式で表示され、符号Eの前後に記載された数値はそれぞれp値を指数形式で表示した際の仮数部指数部を示す。

0046

また、当該SNPの近傍の遺伝子(100kb以内)(表4、遺伝子(I))、及び当該SNPにより発現が変動することが文献的に知られている遺伝子(表4、遺伝子(II))としてCOL25A1、SEMA3E、RGS8、CREB3L2、PTPRG、WDYHV1、SORCS2、SCAI、HPSE、SMAGP、BANK1、OSTC、GPR98、AKR1D1、FBXL17、GOLGA1、PRR16を見出した。

実施例

0047

0048

本発明の方法により、サンプル提供者が白髪の遺伝的素因を有するかどうか、将来白髪が発生する可能性の有無や程度を、正確かつ簡便に判定することができる。よって、その判定結果に基づき、サンプル提供者にカスタマイズした白髪予防や改善のための化粧品やサプリメントを提供すること、また白髪予防や改善のためのケア方法に関するカウンセリングアドバイスを行うことが可能となる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 国立大学法人東北大学の「 相同組換え修復活性の定量法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】細胞における相同組換え修復活性の測定方法は、部位特異的ヌクレアーゼにより、細胞内の標的ゲノムDNA領域の二本鎖を特定部位で切断すること、細胞にタグ配列を含むドナーベクターを導入し、相... 詳細

  • 長瀬産業株式会社の「 エルゴチオネインの製造方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】安価かつ大量にエルゴチオネインを製造する方法および該方法に使用する細菌を提供する。エルゴチオネインもしくはその関連物質、またはこれらの混合物の製造方法であって、エルゴチオネイン生産能... 詳細

  • 神戸天然物化学株式会社の「 形質転換植物、およびその利用」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本発明の目的は、活性型VD3の前駆体である7−デヒドロコレステロールの産生量が増加した形質転換植物およびその利用技術を提供することである。異なる2種類の第1および第2の7−デヒドロコ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ