図面 (/)

技術 タイヤ用ゴム組成物およびそれを用いた空気入りタイヤ

出願人 横浜ゴム株式会社
発明者 柏野智洋前島圭介
出願日 2019年4月9日 (1年10ヶ月経過) 出願番号 2019-074254
公開日 2020年10月22日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-172575
状態 未査定
技術分野 タイヤ一般 高分子組成物
主要キーワード 樹脂バインダー溶液 溶解溶剤 液柱状 カーボンナノチューブ単体 固形状ゴム 液滴形状 効果向上 平均ガラス転移温度
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

競技用の空気入りタイヤに求められる性能は多岐にわたり、特に操縦定性ドライグリップ性能)が優れることが要求されている。そこで、ガラス転移温度の高いスチレンブタジエン共重合体ゴムや、粒子径の小さいカーボンブラックを高配合し、発熱性を高める手法が採用されている。しかし、前記手法では、ドライグリップ性能の向上は図れるものの、破断強度が低下するため耐摩耗性が悪化するという問題点があった。

解決手段

スチレン−ブタジエン共重合体ゴム100質量部に対し、カーボンブラックを50〜200質量部、および、カーボンナノチューブの少なくとも1部にポリマー添着したカーボンナノチューブ−ポリマー複合体を0.1〜15質量部配合してなることを特徴とするタイヤ用ゴム組成物によって上記課題を解決した。

概要

背景

一般に、競技用の空気入りタイヤに求められる性能は多岐にわたり、特に高速走行時の乾燥路面での操縦定性ドライグリップ性能)が優れることが要求されている。
そこで、例えばドライグリップ性能を向上させるため、ガラス転移温度の高いスチレンブタジエン共重合体ゴムや、粒子径の小さいカーボンブラックを高配合し、発熱性を高める手法が採用されている。
しかし、前記手法では、ドライグリップ性能の向上は図れるものの、破断強度が低下するため耐摩耗性が悪化するという問題点があった。

なお、特許文献1〜3には、カーボンナノチューブを使用したタイヤ用ゴム組成物が開示されているが、下記で説明する本発明のカーボンナノチューブ−ポリマー複合体については開示も示唆もされていない。

概要

競技用の空気入りタイヤに求められる性能は多岐にわたり、特に操縦安定性(ドライグリップ性能)が優れることが要求されている。そこで、ガラス転移温度の高いスチレン−ブタジエン共重合体ゴムや、粒子径の小さいカーボンブラックを高配合し、発熱性を高める手法が採用されている。しかし、前記手法では、ドライグリップ性能の向上はれるものの、破断強度が低下するため耐摩耗性が悪化するという問題点があった。スチレン−ブタジエン共重合体ゴム100質量部に対し、カーボンブラックを50〜200質量部、および、カーボンナノチューブの少なくとも1部にポリマー添着したカーボンナノチューブ−ポリマー複合体を0.1〜15質量部配合してなることを特徴とするタイヤ用ゴム組成物によって上記課題を解決した。なし

目的

本発明の目的は耐摩耗性を損ねることなく、ドライグリップ性能を向上させ得るタイヤ用ゴム組成物およびそれを用いた空気入りタイヤを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

スチレンブタジエン共重合体ゴム100質量部に対し、カーボンブラックを50〜200質量部、および、カーボンナノチューブの少なくとも1部にポリマー添着したカーボンナノチューブ−ポリマー複合体を0.1〜15質量部配合してなることを特徴とするタイヤ用ゴム組成物

請求項2

前記カーボンナノチューブ−ポリマー複合体中、前記ポリマーの添着量が5〜20質量%であることを特徴とする請求項1に記載のタイヤ用ゴム組成物。

請求項3

前記カーボンナノチューブ−ポリマー複合体の平均粒径が、0.1mm〜3mmであることを特徴とする請求項1または2に記載のタイヤ用ゴム組成物。

請求項4

前記タイヤ用ゴム組成物の平均ガラス転移温度(Tg)が、−20℃以上であることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のタイヤ用ゴム組成物。

請求項5

前記カーボンブラックの窒素吸着比表面積(N2SA)が、130〜500m2/gであることを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載のタイヤ用ゴム組成物。

請求項6

請求項1〜5のいずれかに記載のタイヤ用ゴム組成物をキャップトレッドに用いた空気入りタイヤ

技術分野

0001

本発明は、タイヤ用ゴム組成物およびそれを用いた空気入りタイヤに関するものであり、詳しくは、耐摩耗性を損ねることなく、ドライグリップ性能を向上させ得るタイヤ用ゴム組成物およびそれを用いた空気入りタイヤに関するものである。

背景技術

0002

一般に、競技用の空気入りタイヤに求められる性能は多岐にわたり、特に高速走行時の乾燥路面での操縦定性(ドライグリップ性能)が優れることが要求されている。
そこで、例えばドライグリップ性能を向上させるため、ガラス転移温度の高いスチレンブタジエン共重合体ゴムや、粒子径の小さいカーボンブラックを高配合し、発熱性を高める手法が採用されている。
しかし、前記手法では、ドライグリップ性能の向上は図れるものの、破断強度が低下するため耐摩耗性が悪化するという問題点があった。

0003

なお、特許文献1〜3には、カーボンナノチューブを使用したタイヤ用ゴム組成物が開示されているが、下記で説明する本発明のカーボンナノチューブ−ポリマー複合体については開示も示唆もされていない。

先行技術

0004

特許第5367966号公報
特開2009−179809号公報
特開2011−126529号公報

発明が解決しようとする課題

0005

したがって本発明の目的は耐摩耗性を損ねることなく、ドライグリップ性能を向上させ得るタイヤ用ゴム組成物およびそれを用いた空気入りタイヤを提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

本発明者は鋭意研究を重ねた結果、スチレン−ブタジエン共重合体ゴムに対し、カーボンブラックおよび特定のカーボンナノチューブ−ポリマー複合体を特定量で配合することにより、前記課題を解決できることを見出し、本発明を完成することができた。
すなわち本発明は以下の通りである。

0007

1.スチレン−ブタジエン共重合体ゴム100質量部に対し、カーボンブラックを50〜200質量部、および、カーボンナノチューブの少なくとも1部にポリマー添着したカーボンナノチューブ−ポリマー複合体を0.1〜15質量部配合してなることを特徴とするタイヤ用ゴム組成物。
2.前記カーボンナノチューブ−ポリマー複合体中、前記ポリマーの添着量が5〜20質量%であることを特徴とする前記1に記載のタイヤ用ゴム組成物。
3.前記カーボンナノチューブ−ポリマー複合体の平均粒径が、0.1mm〜3mmであることを特徴とする前記1または2に記載のタイヤ用ゴム組成物。
4.前記タイヤ用ゴム組成物の平均ガラス転移温度(Tg)が、−20℃以上であることを特徴とする前記1〜3のいずれかに記載のタイヤ用ゴム組成物。
5.前記カーボンブラックの窒素吸着比表面積(N2SA)が、130〜500m2/gであることを特徴とする前記1〜4のいずれかに記載のタイヤ用ゴム組成物。
6.前記1〜5のいずれかに記載のタイヤ用ゴム組成物をキャップトレッドに用いた空気入りタイヤ。

発明の効果

0008

本発明の構成は、スチレン−ブタジエン共重合体ゴム100質量部に対し、カーボンブラックを50〜200質量部、および、カーボンナノチューブの少なくとも1部にポリマーが添着したカーボンナノチューブ−ポリマー複合体を0.1〜15質量部配合してなることを特徴としているので、耐摩耗性を損ねることなく、ドライグリップ性能を向上させ得るタイヤ用ゴム組成物および当該特性を兼ね備えた空気入りタイヤを提供することができる。

0009

以下、本発明をさらに詳細に説明する。
(スチレン−ブタジエン共重合体ゴム)
本発明で使用されるスチレン−ブタジエン共重合体ゴム(SBR)は、通常のゴム組成物に配合することができる任意のSBRを用いることができる。また、SBRの分子量やミクロ構造はとくに制限されず、アミンアミドシリルアルコキシシリルカルボキシルヒドロキシル基等で末端変性されていても、エポキシ化されていてもよい。

0010

(カーボンブラック)
本発明で使用するカーボンブラックは、窒素吸着比表面積(N2SA)が130〜500m2/gであることが好ましい。窒素吸着比表面積(N2SA)が130m2/g以上であることにより、耐摩耗性およびドライグリップ性能をさらに良化することができる。また窒素吸着比表面積(N2SA)が500m2/g以下であることにより、耐摩耗性に優れる。また、本発明の効果が向上するという観点から、該窒素吸着比表面積(N2SA)は150〜450m2/gであることが好ましい。なお、窒素吸着比表面積(N2SA)はJIS K6217−2に準拠して求めた値である。

0011

(カーボンナノチューブ−ポリマー複合体)
本発明で使用されるカーボンナノチューブ−ポリマー複合体は、カーボンナノチューブの少なくとも1部にポリマーが添着したものである。

0012

前記ポリマーとしては、例えば、NR、SBR等のジエン系ゴムポリエチレンポリα−オレフィン等のオレフィン系樹脂シリコーン樹脂ポリフッ化ビニリデン等のフッ素系樹脂;シリコーン樹脂;流動パラフィン等のオイルポリ塩化ビニルポリ酢酸ビニルポリスチレン等が挙げられる。

0013

また、カーボンナノチューブ−ポリマー複合体中、前記ポリマーの添着量は例えば5〜20質量%であることが、本発明の効果向上の観点から好ましい。
さらに好ましい前記添着量は、5〜15質量%である。

0014

本発明で使用されるカーボンナノチューブ−ポリマー複合体は、高い熱伝導性を有し、高強度をも兼ね備える。またSBR中への分散性も良好であり、これらのことからドライグリップ性能および耐摩耗性を向上できる。

0015

本発明で使用されるカーボンナノチューブ−ポリマー複合体は、単体のカーボンナノチューブ(一次構造)が複数個集合し(二次構造)、この二次構造化したカーボンナノチューブがさらに集合し(三次構造)、この三次構造化したカーボンナノチューブの少なくとも1部または全部に前記ポリマーが添着し、ビーズ状となったものであることができる。ここで、「添着」とは、通常、三次構造化したカーボンナノチューブの少なくとも1部に前記ポリマーが付着しているか、全体に前記ポリマーがコーティングされた状態であることができ、前記カーボンナノチューブに対し前記ポリマーが固定されていればよく、両者間の結合が機械的結合であるか化学的結合であるか否かを問わない。また、該ビーズの平均粒径は例えば0.1mm〜3mmである。なお、平均粒径は、例えばカーボンナノチューブ−ポリマー複合体を顕微鏡観察し、100個あたりの複合体の粒径の平均を算出することにより把握できる。このようなカーボンナノチューブ−ポリマー複合体は公知の手段により作製することができ、例えば水中に単体のカーボンナノチューブ(一次構造)を分散させ分散液を調製し、これとは別に前記ポリマーを溶媒に溶解させ溶液を調製し、該分散液と該溶液とを同じ容器中で攪拌造粒し、乾燥することにより、カーボンナノチューブ−ポリマー複合体を得ることができる。このようなカーボンナノチューブ−ポリマー複合体は、単体のカーボンナノチューブ(一次構造)と同等の電気伝導性を有する。

0016

カーボンナノチューブ−ポリマー複合体の製造方法についてさらに詳しく説明する。
カーボンナノチューブ−ポリマー複合体は、例えば特許第4787892号公報や特許第5767466号公報に開示された方法に従い、製造することができる。

0017

前記ポリマーがゴム以外の熱可塑性樹脂である場合は、(1)非水溶性溶剤に該熱可塑性樹脂を溶解させて樹脂バインダー溶液を調製する溶解工程と、(2)前記樹脂バインダー溶液中の前記熱可塑性樹脂100質量部に対して100〜1500質量部に相当するカーボンナノチューブを水へ添加させ、均一に懸濁して懸濁液を得る懸濁工程と、(3)前記溶解工程で得られた前記樹脂バインダー溶液を前記懸濁工程で得られた前記懸濁液に添加して混合液を調製する混合工程と、(4)前記混合工程で得られた前記混合液を撹拌することで前記カーボンナノチューブを水相から樹脂相移行させる撹拌工程と、(5)前記撹拌工程で得られた前記混合液から水相と樹脂相とを分離除去し、樹脂相を乾燥することでカーボンナノチューブ高配合樹脂粒状物を得る、分離・乾燥工程と、を経ることにより、カーボンナノチューブ−ポリマー複合体を得ることができる。

0018

原料のカーボンナノチューブ(CNT)としては、とくに制限されないが、例えば繊維径が1〜200nm、繊維長が1〜100μmであるものを使用できる。

0019

前記(1)溶解工程は、熱可塑性樹脂を非水溶性の溶剤に溶解させる工程である。ここで使用する溶媒は非水溶性の溶剤の他に、水溶性の溶剤を使用することもできる。
溶剤は、熱可塑性樹脂を溶解し得る非水溶性の種々任意のものを使用できる。溶解の程度を簡易的に調べる方法としては、アドバンテック社製の円形ろ紙#5Cで全ての液がろ過できる程度が目安となり、ろ過残が少しでも存在する場合は溶剤を変更する必要がある。
非水溶性溶剤の例としては、トルエンキシレンヘキサン、テトロヒドロフランベンゼンシクロヘキサン等の有機溶剤等がある。

0020

前記(2)懸濁工程では、前記熱可塑性樹脂100質量部に対し、100〜1500質量部、好ましくは200〜1000質量部に相当するCNTを水へ配合し、均一に懸濁する。懸濁液中のCNT濃度は、0.1〜10質量%が好ましく、より好ましくは0.5〜5質量%である。
CNTの水への分散の程度は、懸濁液をスポイト硝子板上に取り、ヘラ展色し、未分散塊を目視と指で調べて、ザラザラとした質感感触がなくなるまで懸濁させる。この処理によりCNTは凝集塊の状態から十分に解きほぐされた状態になる。
懸濁方法は、水等の分散媒に、CNTを機械的撹拌によって行うのが好ましい。また、超音波照射を併用してもよい。

0021

前記(3)混合工程では、樹脂溶解溶剤を、例えば60cc/分などの添加速度が均一の条件下で行う必要があり、不均一に混合するとCNTへの熱可塑性樹脂の吸着が不均一になって、最終性能に悪影響を及ぼす。
また、滴下チューブポンプダイアグラムポンプギアポンプ等で行い、CNTと水との懸濁液の温度が50℃以下、好ましくは25℃以下の温度条件で行うのがよい。
滴下状況に関して、液滴形状は必ずしも粒状でなくても良い。撹拌速度に応じて細い液柱状で連続した滴下状況であってもよい。
この際、添加液の温度には特に制限はなく、常温付近温度範囲であればよい。

0022

前記(4)撹拌工程では、懸濁溶液の液温にもよるが30分以内で撹拌を終了させるのが好ましい。30分以上撹拌を続けると、生成された樹脂粒状物破砕されスラリー状になる傾向がある。
CNTと水との均一懸濁液の撹拌中に、樹脂バインダー溶液を液滴状あるいは細い液柱状で添加すると樹脂相と水相の二相が形成される。CNTは初め、主に水相中に存在するが、さらに撹拌を続けると、水相中のCNTは樹脂相中に移行(フラッシング作用)する。このとき溶剤が存在すると、撹拌下でCNTと樹脂とからなる樹脂粒状物を得ることができる。

0023

前記(5)分離・乾燥工程では、分離作業を使用して簡単に行うことができる。乾燥は蒸気乾燥真空乾燥などの方法で行うことができる。この際の温度としては蒸気乾燥器の場合は200℃以下または真空乾燥は150℃以下が好ましい。

0024

前記ポリマーがゴムである場合は、(A)溶剤に固形状ゴムを溶解させてゴムバインダー溶液を調製する溶解工程と、(B)前記ゴムバインダー溶液中の前記固形状ゴム100質量部に対して100〜1500質量部に相当するカーボンナノチューブを水に添加し、均一に懸濁して懸濁液を得る懸濁工程と、(C)前記溶解工程で得られた前記ゴムバインダー溶液を前記懸濁工程で得られた前記懸濁液に添加して混合液を調製する混合工程と、(D)前記混合液を撹拌することで前記カーボンナノチューブを水相からゴム相へ移行させる移行工程と、(E)その後前記混合液から水相とゴム相とを分離除去し、ゴム相を乾燥することでカーボンナノチューブ高配合ゴム粒状物を得る分離・乾燥工程と、を経ることにより、カーボンナノチューブ−ポリマー複合体を得ることができる。

0025

(A)前記溶解工程において、溶剤は、固形状ゴムを溶解し得る種々任意のものを使用できる。溶解の程度を簡易的に調べる方法としては、アドバンテック社製の円形ろ紙#5Cで全ての液がろ過できる程度が目安となり、ろ過残が少しでも存在する場合は溶剤を変更する必要がある。
溶剤の例としては、トルエン、キシレン、ヘキサン、テトラヒドロフラン、ベンゼン、シクロヘキサン、ナフチルアミンイソオクタンイソプロピルエーテルエチルベンゼンクレゾールクロロスルホン酸クロロトルエン、クロロナフタレンクロロホルムジエチルエーテルジオキサン、シクロヘキサン、ジクロロベンゼンフタル酸ジブチルジベンジルエーテルジペンテンテトラリンテルピネオールトリクロロエチレンジクロロメタンジクロロエタンニトロベンゼン二硫化炭素テトラクロロエチレンピネンピペリジンピリジン、フラン、ベンジンチオールモノクロロベンゼンメタクリル酸メチル四塩化炭素等の有機溶剤等がある
溶剤の添加量は、前記カーボンナノチューブ(CNT)の対DBP吸収量比の0.8〜1.5倍容量添加することが好ましい。カーボンナノチューブのDBP吸収量は、JIS K 6221A法によって測定した。

0026

なお、前記(B)懸濁工程、前記(C)分離・乾燥工程、前記(D)移行工程および前記(E)分離・乾燥工程は、それぞれ、前記(2)懸濁工程、前記(3)混合工程、前記(4)撹拌工程および前記(5)分離・乾燥工程と同様に行うことができる(「樹脂」は「ゴム」に読み替える)。

0027

本発明で使用されるカーボンナノチューブ−ポリマー複合体は、市販されているものを利用することもでき、例えば
三菱商事株式会社製Durobeads品番DP5210(使用ポリマー=NR、ポリマーの添着量=10質量%、平均粒径=0.5mm〜2mm)、
三菱商事株式会社製Durobeads、品番=DP4210(使用ポリマー=SBR、ポリマーの添着量=10質量%、平均粒径=0.5mm〜2mm)、
三菱商事株式会社製Durobeads、品番=DP1210(使用ポリマー=ポリエチレン、ポリマーの添着量=10質量%、平均粒径=0.5mm〜2mm)、
三菱商事株式会社製Durobeads、品番=DP7210(使用ポリマー=ポリフッ化ビニリデン、ポリマーの添着量=10質量%、平均粒径=0.5mm〜2mm)、
三菱商事株式会社製Durobeads、品番=DR3110(使用ポリマー=シリコーン樹脂、ポリマーの添着量=10質量%、平均粒径=0.5mm〜2mm)、
三菱商事株式会社製Durobeads、品番=DP2210(使用ポリマー=流動パラフィンオイル、ポリマーの添着量=10質量%、平均粒径=0.5mm〜2mm)、
等が挙げられる。

0028

(タイヤ用ゴム組成物の配合割合
本発明のタイヤ用ゴム組成物は、前記SBR100質量部に対し、カーボンブラックを50〜200質量部、および、前記カーボンナノチューブ−ポリマー複合体を0.1〜15質量部配合してなることを特徴とする。
カーボンブラックの配合量が50質量部未満であると、耐摩耗性およびドライグリップ性能が悪化し、逆に200質量部を超えると破断強度が悪化する。
カーボンナノチューブ−ポリマー複合体の配合量が0.1質量部未満であると、添加量が少なすぎて本発明の効果を奏することができない。逆に15質量部を超えると耐摩耗性が悪化する。

0029

さらに好ましい前記カーボンブラックの配合量は、ジエン系ゴム100質量部に対し、80〜160質量部である。
さらに好ましい前記カーボンナノチューブ−ポリマー複合体の配合量は、ジエン系ゴム100質量部に対し、0.5〜7質量部である。

0030

本発明のタイヤ用ゴム組成物には、前記した成分に加えて、加硫又は架橋剤、加硫又は架橋促進剤、各種充填剤、各種オイル、老化防止剤可塑剤などのゴム組成物に一般的に配合されている各種添加剤を配合することができ、かかる添加剤は一般的な方法で混練して組成物とし、加硫又は架橋するのに使用することができる。これらの添加剤の配合量も、本発明の目的に反しない限り、従来の一般的な配合量とすることができる。

0031

また、本発明のタイヤ用ゴム組成物は、平均ガラス転移温度(平均Tg)が−20℃以上であることが好ましい。この要件を満たすことにより、ドライグリップ性能を向上させることができる。
なお本明細書で言う平均Tgは、各成分のガラス転移温度に、各成分の重量分率を乗じた積の合計、すなわち加重平均に基づき算出される値である。なお計算時には各成分の重量分率の合計を1.0とする。またガラス転移温度は、示差走査熱量測定DSC)により20℃/分の昇温速度条件によりサーモグラムを測定し、転移域の中点の温度とする。
また、前記各成分とは、SBR、オイルおよび樹脂を意味する。なお、オイルおよび樹脂は、ゴム組成物に含まれない場合もあり得る。
さらに好ましい平均Tgは、例えば−20℃〜0℃である。

0032

また本発明のゴム組成物は従来の空気入りタイヤの製造方法に従って空気入りタイヤを製造するのに適しており、キャップトレッド、とくに競技用空気入りタイヤのキャップトレッドに適用するのがよい。

0033

以下、本発明を実施例および比較例によりさらに説明するが、本発明は下記例に制限されるものではない。

0034

標準例1〜2、実施例1〜6、比較例1〜3
サンプルの調製
表1に示す配合(質量部)において、加硫促進剤硫黄を除く成分を1.7リットル密閉式バンバリーミキサーで5分間混練し、ゴムをミキサー外に放出して室温冷却した。次いで、該ゴムを同ミキサーに再度入れ、加硫促進剤および硫黄を加えてさらに混練し、ゴム組成物を得た。次に得られたゴム組成物を所定の金型中で160℃、20分間プレス加硫して加硫ゴム試験片を得、以下に示す試験法で加硫ゴム試験片の物性を測定した。

0035

ドライグリップ性能:JIS K6394に基づき、(株)東洋精機製作所製の粘弾性スペクトロメーターを用いて、初期歪=10%、振幅=±2%、周波数=20Hzの条件下でtanδ(100℃)を測定し、この値をもってドライグリップ性能を評価した。結果は、標準例1を100として指数表示した。指数が大きいほど、ドライグリップ性能が良好であることを示す。
耐摩耗性:前記加硫ゴム試験片の耐摩耗性を、JIS K6264に準拠してランボーン摩耗試験機を用いて評価した。得られた結果は標準例1の値を100とする指数で表した。指数が大きいものほど耐摩耗性に優れることを示す。
結果を表1に併せて示す。

0036

0037

*1:SBR(ZSエラストマー(株)製Nipol NS522、油展量=SBR100質量部あたり37.5質量部)
*2:カーボンブラック1(キャボットジャパン社製VULCAN X14、N2SA=192m2/g)
*3:カーボンブラック2(キャボットジャパン社製PropelX20、N2SA=264m2/g)
*4:樹脂(JXTGエネルギー(株)製ネオポリマー140S、C9樹脂)
*5:カーボンナノチューブ(昭和電工(株)製VGCF、CVD法で合成された気相法炭素繊維黒鉛化処理有り)、繊維径=150nm、繊維長=10〜20μm、嵩密度=0.04g/cm3)
*6:カーボンナノチューブ−ポリマー複合体1(三菱商事(株)製Durobeads、品番=DP2210、使用ポリマー=流動パラフィンオイル)
*7:カーボンナノチューブ−ポリマー複合体2(三菱商事(株)製Durobeads、品番=DP4210、使用ポリマー=SBR)
*8:カーボンナノチューブ−ポリマー複合体3(三菱商事(株)製Durobeads、品番=DP5210、使用ポリマー=NR)
*9:酸化亜鉛(正同化学工業(株)製酸化亜鉛3種)
*10:ステアリン酸(日油(株)製ビーズステアリン酸YR)
*11:老化防止剤(フレキシス社製SANTOFLEX 6PPD
*12:オイル(昭和シェル(株)製エクストラクト4号S)
*13:硫黄(鶴見化学工業(株)製金華印油入微粉硫黄)
*14:加硫促進剤(大内新興化学工業(株)製ノクセラーCZ−G)

実施例

0038

上記の表1から明らかなように、実施例1〜6で調製されたゴム組成物は、SBR100質量部に対し、カーボンブラックを50〜200質量部、および、カーボンナノチューブの少なくとも1部にポリマーが添着したカーボンナノチューブ−ポリマー複合体を0.1〜15質量部配合してなるので、標準例1に比べ、耐摩耗性を損ねることなく、ドライグリップ性能が向上している。
比較例1は、カーボンナノチューブ−ポリマー複合体の代わりに、カーボンナノチューブ単体を配合した例であるので、ドライグリップ性能および耐摩耗性が標準例1に比べて向上しているものの、その度合いは各実施例には劣る結果となった。
比較例2は、カーボンナノチューブ−ポリマー複合体の配合量が本発明で規定する上限を超えているので、標準例1に比べ、耐摩耗性が悪化した。
比較例3は、カーボンブラックの配合量が本発明で規定する下限未満であるので、標準例1に比べ、ドライグリップ性能および耐摩耗性が悪化した。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ