図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年10月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

抽出溶媒として有機溶媒を使用せずに、効率よくセラミド類を抽出することのできるセラミド類含有組成物の製造方法を提供する。

解決手段

有機溶媒を含有せず、界面活性剤を含有する水性溶媒を用い、酵母を抽出することを特徴とするセラミド類含有組成物の製造方法。また、かかる製造方法にて製造されたセラミド類含有組成物、これを配合した化粧料および飲食品が、本発明により提供される。

概要

背景

セラミド類は、スフィンゴ脂質を構成する化合物群であり、スフィンゴイド類脂肪酸とがアミド結合したセラミド骨格分子内に有する化合物一群である。セラミド骨格からなる成分(遊離セラミド)は、ヒトの角質に多量に存在し、角質細胞間の接着に寄与していることが知られている。また、セラミド類の中でも、上記セラミド骨格に1分子のグルコースが結合したグルコシルセラミドは、保湿作用や抗アトピー作用が見いだされており、化粧料医薬品の素材として注目されている。

従来、セラミド類はの脳等から抽出されていたが、BSEが発生して以降、より安全な供給源が求められるようになっており、例えば、米糠(特許文献1)、蒟蒻(特許文献2)、酵母(特許文献3)等からセラミド類を抽出する方法が提案されている。特に酵母は、安定的な大量生産が可能であり、セラミド類の供給源として注目されている。

概要

抽出溶媒として有機溶媒を使用せずに、効率よくセラミド類を抽出することのできるセラミド類含有組成物の製造方法を提供する。 有機溶媒を含有せず、界面活性剤を含有する水性溶媒を用い、酵母を抽出することを特徴とするセラミド類含有組成物の製造方法。また、かかる製造方法にて製造されたセラミド類含有組成物、これを配合した化粧料および飲食品が、本発明により提供される。

目的

本発明は、抽出溶媒として有機溶媒を使用せずに、効率よくセラミド類を抽出することのできるセラミド類含有組成物の製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

有機溶媒を含有せず、界面活性剤を含有する水性溶媒を用い、酵母を抽出するセラミド類含有組成物の製造方法であって、前記界面活性剤がポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルからなることを特徴とするセラミド類含有組成物の製造方法。

請求項2

前記水性溶媒は前記界面活性剤を0.01〜2質量%含有することを特徴とする請求項1に記載のセラミド類含有組成物の製造方法。

請求項3

前記酵母がサッカロミセス・ヴェローナ(Saccharomyces veronae)であることを特徴とする請求項1または2に記載のセラミド類含有組成物の製造方法。

請求項4

請求項1〜3のいずれか一項に記載の製造方法にて製造されたセラミド類含有組成物。

技術分野

0001

本発明は、セラミド類含有組成物の製造方法に関するものであり、特に有機溶媒を含有しない水性溶媒を用いて抽出操作を行うセラミド類含有組成物の製造方法に関するものである。

背景技術

0002

セラミド類は、スフィンゴ脂質を構成する化合物群であり、スフィンゴイド類脂肪酸とがアミド結合したセラミド骨格分子内に有する化合物一群である。セラミド骨格からなる成分(遊離セラミド)は、ヒトの角質に多量に存在し、角質細胞間の接着に寄与していることが知られている。また、セラミド類の中でも、上記セラミド骨格に1分子のグルコースが結合したグルコシルセラミドは、保湿作用や抗アトピー作用が見いだされており、化粧料医薬品の素材として注目されている。

0003

従来、セラミド類はの脳等から抽出されていたが、BSEが発生して以降、より安全な供給源が求められるようになっており、例えば、米糠(特許文献1)、蒟蒻(特許文献2)、酵母(特許文献3)等からセラミド類を抽出する方法が提案されている。特に酵母は、安定的な大量生産が可能であり、セラミド類の供給源として注目されている。

先行技術

0004

特開平11−279586号公報
特開2002−281936号公報
特開2012−246287号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、植物体微生物からセラミド類を抽出する際には、抽出溶媒として有機溶媒が用いられている。しかし、有機溶媒は、得られる抽出物中に残留することがあり、セラミド類を含有する抽出物を化粧料等に配合するうえで問題が生じる可能性があった。

0006

本発明は、抽出溶媒として有機溶媒を使用せずに、効率よくセラミド類を抽出することのできるセラミド類含有組成物の製造方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記課題を解決するために、第1に本発明は、有機溶媒を含有せず、界面活性剤を含有する水性溶媒を用い、酵母を抽出することを特徴とするセラミド類含有組成物の製造方法を提供する(発明1)。

0008

本発明によれば、抽出原料として酵母を用い、かつ、抽出溶媒として、有機溶媒を含有せず界面活性剤を含有する水性溶媒を用いるため、有機溶媒を使用せずに、効率よくセラミド類を抽出することができる。

0009

上記発明(発明1)において、前記水性溶媒は前記界面活性剤を0.01〜2質量%含有することが好ましい(発明2)。

0010

上記発明(発明1,2)においては、前記酵母がサッカロミセス・ヴェローナ(Saccharomyces veronae)であることが好ましい(発明3)。

0011

上記発明(発明1〜3)においては、前記界面活性剤がプロピレングリコール脂肪酸エステルグリセリン脂肪酸エステルショ糖脂肪酸エステルソルビタン脂肪酸エステル、およびポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルからなる群より選択される1種または2種以上であることが好ましい(発明4)。

0012

第2に本発明は、上記発明(発明1〜4)に係る製造方法にて製造されたセラミド類含有組成物を提供する(発明5)。

0013

第3に本発明は、上記発明(発明5)に係るセラミド類含有組成物を配合したことを特徴とする化粧料を提供する(発明6)。

0014

第4に本発明は、上記発明(発明4)に係る製造方法にて製造されたセラミド類含有組成物を配合したことを特徴とする飲食品を提供する(発明7)。

発明の効果

0015

本発明によれば、抽出溶媒として有機溶媒を使用せずに、効率よくセラミド類を抽出することができる。

図面の簡単な説明

0016

薄層クロマトグラフィーTLC)の結果を表す写真である。
薄層クロマトグラフィー(TLC)の結果を表す写真である。

0017

以下、本発明の実施の形態について説明する。
本実施形態に係るセラミド類含有組成物の製造方法は、有機溶媒を含有せず、界面活性剤を含有する水性溶媒を用い、酵母を抽出するものである。

0018

ここで、本実施形態における「セラミド類」とは、スフィンゴイド類と脂肪酸とがアミド結合したセラミド骨格を含む化合物をいい、セラミド骨格からなる化合物(本明細書において「遊離セラミド」ということがある。)のほか、セラミド骨格中スフィンゴイド部分が糖とグリコシド結合した糖セラミド(例えば、グルコシルセラミド、ガラクトシルセラミド等のセレブロシド)を包含する概念である。

0019

1.抽出溶媒
本明細書における「水性溶媒」は、酵母からセラミド類を抽出するための溶媒として用いられるものであり、水を溶媒とし、後述する界面活性剤や、所望により塩等を含む水溶液をいう。

0020

本実施形態において使用し得る水としては、純水、水道水井戸水鉱泉水鉱水温泉水湧水淡水等のほか、これらに各種処理を施したものが含まれる。水に施す処理としては、例えば、精製、加熱、殺菌、濾過イオン交換浸透圧調整緩衝化等が含まれる。したがって、本実施形態における水性溶媒に使用し得る水としては、精製水熱水イオン交換水生理食塩水リン酸緩衝液リン酸緩衝生理食塩水等も含まれる。

0021

本実施形態における上記水性溶媒は、有機溶媒を含有しない。有機溶媒(例えば、クロロホルムメタノール等)は、セラミド類の抽出において汎用されているが、得られるセラミド類含有抽出物に残留することがあり、当該抽出物を化粧料等に配合するうえで、安全性に懸念が生じ得るためである。

0022

本実施形態においては、有機溶媒を用いずに酵母からセラミド類を効率よく抽出するため、界面活性剤を用いる。使用し得る界面活性剤としては、ノニオン系界面活性剤アニオン系界面活性剤カチオン系界面活性剤両性界面活性剤が挙げられる。

0023

具体的に、本実施形態において使用し得るノニオン系界面活性剤としては、プロピレングリコール脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、POE(ポリオキシエチレン)ソルビタン脂肪酸エステル、POEソルビット脂肪酸エステル、POEグリセリン脂肪酸エステル、POEアルキルエーテル、POE脂肪酸エステル、POE硬化ヒマシ油、POEヒマシ油、POE・POP(ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレン共重合体、POE・POPアルキルエーテルポリエーテル変性シリコーンラウリン酸アルカノールアミドアルキルアミンオキシド水素添加大豆リン脂質などが挙げられる。

0026

両性界面活性剤としては、カルボキシベタイン型、アミドベタイン型、スルホベタイン型、ヒドロキシスルホベタイン型、アミドスルホベタイン型、ホスホベタイン型アミノカルボン酸塩型、イミタゾリン誘導体型、アミドアミン型などが挙げられる。

0027

これらの界面活性剤は、1種を単独で又は2種以上を組み合わせて用いることができる。これらの中でも、セラミド類の抽出効率に優れ、また、得られるセラミド類含有組成物を化粧料や飲食品に配合したときに安全性に優れることから、ノニオン系界面活性剤が好ましく、中でも、食品添加物として使用し得る界面活性剤である、プロピレングリコール脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、またはPOEソルビタン脂肪酸エステルが好ましく、POEソルビタン脂肪酸エステルが特に好ましい。

0028

本実施形態における水性溶媒は、上記界面活性剤を0.01〜2質量%含むことが好ましく、0.05〜0.5質量%含むことが特に好ましく、0.07〜0.15質量%含むことがさらに好ましい。水性溶媒が上記範囲で界面活性剤を含むことで、酵母からセラミド類を効率よく抽出できるとともに、夾雑物が抽出されるのを抑制することができる。

0029

なお、本実施形態における水性溶媒には、前述した界面活性剤のほか、塩、pH調整剤などの添加剤を、本実施形態の効果を損なわない範囲で加えることができる。

0030

2.抽出原料
本実施形態において用いられる抽出原料は、酵母である。本実施形態にて使用し得る酵母としては、セラミド類を産生するものであれば特に制限されないが、例えば、サッカロミセス・ヴェローナ(Saccharomyces veronae)、サッカロミセス・クルイヴェリ(Saccharomyces kluyveri)等のサッカロミセス(Saccharomyces)属;シゾサッカロミセス・ポンベ(Schizosaccharomyces pombe)等のシゾサッカロミセス(Schizosaccharomyces)属;クルイヴェロミセス・サーモトレランス(Kluyveromyces thermotolerans)、クルイヴェロミセス・ラクティス(Kluyveromyces lactis)等のクルイヴェロミセス(Kluyveromyces)属;ジゴサッカロミセス・サーモトレランス(Zygosaccharomyces thermotolerans)等のジゴサッカロミセス(Zygosaccharomyces)属;ラカンセア・サーモトレランス(Lachancea thermotolerans)、ラカンセア・クルイヴェリ(Lachancea kluyveri)等のラカンセア属;カンディダ・ウティリス(Candida utilis,トルラ酵母)等のカンディダ(Candida)属;などの酵母が好ましく例示される。なお、サッカロミセス・セレビシエ(Saccharomyces cerevisiae,パン酵母)については、セラミド類を産生せず、本実施形態に利用できない。

0031

本実施形態において、これらの酵母は1種を単独でまたは2種以上を併用して用いることができる。これらの中でも、セラミド類の生産性入手容易性および化粧料に用いたときの安全性の観点から、サッカロミセス属(サッカロミセス・セレビシエを除く)が特に好ましく、サッカロミセス・ヴェローナ(Saccharomyces veronae)がさらに好ましい。

0032

本実施形態においては、かかる酵母を培養する。培養形式は、バッチ培養または連続培養のいずれでもよい。培養に用いる培地は、酵母を培養可能なものであれば特に制限されず、グルコース等の炭素源アンモニウム塩等の窒素源マグネシウム塩等の無機塩必須アミノ酸ビタミンなどが含まれるものであれば良い。また、培地には、これらに加えて、またはこれらに替えて、酵母エキスペプトンカゼイン等、酵母の培地に汎用される成分を用いてもよい。

0033

本実施形態においては、上記成分が配合された培地として、酵母の培養に汎用される培地を好適に用いることができ、中でもYPD培地、YM培地、ME培地およびMRS培地が好ましく、MRS培地が特に好ましい。

0034

酵母の培養は、上記培地を培養槽に入れ、酵母を接種し、25〜35℃、好ましくは28〜32℃の温度範囲で、12〜72時間、好ましくは18〜48時間処理することにより、行うことができる。

0035

培養を終了させたときの培養液において、エタノール濃度は、1容量%以下であることが好ましく、0.5容量%以下であることがさらに好ましい。ここで、1容量%以下とは、0容量%、すなわち培養液にエタノールが全く含まれない場合を包含するものである。また、上記培養は、主として好気呼吸により行われ、実質的にアルコール発酵が行われないことが好ましい。実質的にアルコール発酵が行われないことで得られる酵母の菌体は、エタノール濃度が低く、そのため有機溶媒を含まない水性溶媒にて抽出するとの本実施形態の効果が、如何なく発揮される。

0036

得られた培養液は、そのまま界面活性剤を添加して抽出操作に供してもよいが、遠心分離、ろ過等により酵母の菌体を回収した後、界面活性剤を含む水性溶媒にて抽出操作を行うことが好ましい。

0037

3.抽出方法
本実施形態においては、かかる酵母の菌体を抽出原料とし、抽出溶媒として前述した水性溶媒を用い、セラミド類を抽出する。

0038

抽出操作において、上記界面活性剤を含む水性溶媒の使用量は、酵母菌体の湿質量で100質量部に対し、1.0〜10質量部であることが好ましく、2.0〜8.0質量部であることが特に好ましく、3.0〜6.0質量部であることがさらに好ましい。抽出時間は、1〜10時間であることが好ましく、1.5〜5時間であることがさらに好ましい。抽出温度は、50〜100℃であることが好ましく、70〜90℃であることがさらに好ましい。

0039

得られた抽出液から、ろ過、遠心分離等により抽出残渣を除去し、所望により濃縮凍結乾燥等を行うことにより、本実施形態に係るセラミド類含有組成物を得ることができる。

0040

なお、得られたセラミド類含有組成物は、必要に応じ、さらに精製を行ってもよい。精製方法は特に限定されず、常法により行うことができる。例えば、シリカゲルアルミナ等の多孔質物質イオン交換樹脂等を用いたカラムクロマトグラフィーに付して、セラミド類を含む画分を回収する方法等が挙げられる。

0041

このようにして得られるセラミド類含有組成物は、有機溶媒を含まない水性溶媒にて抽出されたものであるため、安全性が高く、後述する化粧料および飲食品のほか、医薬品などの配合成分として好適に利用することができる。

0042

4.化粧料
本実施形態に係る化粧料は、前述したセラミド類含有組成物が配合されるものである。本実施形態においては、セラミド類含有組成物をそのまま配合してもよいし、セラミド類含有組成物からさらに製剤化した組成物を配合してもよい。化粧料にセラミド類含有組成物を配合することにより、保湿作用や抗アトピー作用等、セラミド類が有する好ましい作用を化粧料に付与することができる。

0043

ここで、セラミド類含有組成物を配合し得る化粧料の種類は特に限定されるものではなく、例えば、皮膚化粧料であれば、軟膏クリーム乳液ローションパックファンデーション等が例示され、また、頭髪化粧料であれば、ヘアトニックヘアクリームヘアリキッドシャンプーポマードリンス等が例示される。

0044

セラミド類含有組成物の配合量は、化粧料の種類に応じて適宜調整することができるが、好適な配合率は、セラミド類含有量換算して約0.0001〜10質量%であり、特に好適な配合率は、約0.001〜1質量%である。

0045

本実施形態の化粧料は、保湿作用や抗アトピー作用、セラミド類が有する好ましい作用を妨げない限り、通常の化粧料の製造に用いられる主剤助剤又はその他の成分、例えば、収斂剤、殺菌・抗菌剤美白剤紫外線吸収剤保湿剤細胞賦活剤消炎抗アレルギー剤抗酸化活性酸素除去剤油脂類ロウ類炭化水素類脂肪酸類アルコール類エステル類、界面活性剤、香料等を併用することができる。このように併用することで、より一般性のある製品となり、また、併用された他の有効成分との間の相乗作用が通常期待される以上の優れた効果をもたらすことがある。

0046

以上の本実施形態に係る化粧料は、有機溶媒を含まない水性溶媒にて抽出されたセラミド類含有組成物を配合したものであるため、セラミド類が有する好ましい作用が付与されるとともに、安全性に優れたものとなる。

0047

5.飲食品
本実施形態に係る飲食品は、特定の界面活性剤を用いて抽出されたセラミド類含有組成物を配合したものである。

0048

本実施形態に係る飲食品に配合されるセラミド類含有組成物は、プロピレングリコール脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、およびポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルからなる群より選択される1種または2種以上の界面活性剤を用いて抽出されたものである。これら特定の界面活性剤は、食品添加物として使用可能なものであるため、かかる界面活性剤を用いて抽出されたセラミド類含有組成物は、飲食品に配合したときに、特に安全性に優れたものとなる。

0049

本実施形態においては、上記セラミド類含有組成物をそのまま配合してもよいし、上記セラミド類含有組成物からさらに製剤化した組成物を配合してもよい。飲食品に上記セラミド類含有組成物を配合することにより、保湿作用や抗アトピー作用等、セラミド類が有する好ましい作用を飲食品に付与することができる。

0050

ここで、飲食品とは、人の健康に危害を加えるおそれが少なく、通常の社会生活において、経口又は消化管投与により摂取されるものをいい、行政区分上の食品、医薬品、医薬部外品等の区分に制限されるものではない。したがって、本実施形態における「飲食品」は、経口的に摂取される一般食品、健康食品、機能性食品保健機能食品特定保健用食品,機能性表示食品、栄養機能食品)、医薬部外品、医薬品等幅広く含むものである。本実施形態に係る飲食品は、当該飲食品またはその包装に、セラミド類が有する好ましい作用を表示することのできる飲食品であることが好ましく、保健機能食品(特定保健用食品,機能性表示食品、栄養機能食品)、医薬部外品および医薬品であることが特に好ましい。

0051

上記セラミド類含有組成物、または上記セラミド類含有組成物から製剤化した組成物を飲食品に配合する場合、それらにおける有効成分の配合量は、使用目的、症状、性別等を考慮して適宜変更することができるが、添加対象となる飲食品の一般的な摂取量を考慮して、成人1日あたりのセラミド類摂取量が約1〜1000mgになるようにするのが好ましい。なお、添加対象飲食品が顆粒状、錠剤状又はカプセル状の飲食品の場合、上記セラミド類含有組成物、または上記セラミド類含有組成物から製剤化した組成物の添加量は、添加対象飲食品に対し、セラミド類の質量に換算して通常0.1〜100質量%であり、好ましくは5〜100質量%である。

0052

本実施形態の飲食品は、上記セラミド類含有組成物をその活性を妨げないような任意の飲食品に配合したものであってもよいし、上記セラミド類含有組成物を主成分とする栄養補助食品であってもよい。

0053

本実施形態の飲食品を製造する際には、例えば、デキストリンデンプン等の糖類;ゼラチン大豆タンパクトウモロコシタンパク等のタンパク質アラニングルタミンイソロイシン等のアミノ酸類セルロースアラビアゴム等の多糖類大豆油中鎖脂肪酸トリグリセリド等の油脂類などの任意の助剤を添加して任意の形状の飲食品にすることができる。

0054

上記セラミド類含有組成物を配合し得る飲食品は特に限定されないが、その具体例としては、清涼飲料炭酸飲料、栄養飲料、果実飲料乳酸飲料等の飲料(これらの飲料の濃縮原液及び調整用粉末を含む);アイスクリームアイスシャーベット、かき等の冷菓;そば、うどん、はるさめ、ぎょうざの皮、しゅうまいの皮、中華麺即席麺等の麺類;飴、チューインガムキャンディーガムチョコレート錠菓スナック菓子ビスケットゼリージャム、クリーム、焼き菓子等の菓子類;かまぼこ、ハムソーセージ等の水産畜産加工食品加工乳発酵乳等の乳製品サラダ油てんぷら油、マーガリンマヨネーズショートニングホイップクリームドレッシング等の油脂及び油脂加工食品ソース、たれ等の調味料スープシチューサラダ惣菜漬物;その他種々の形態の健康・栄養補助食品;錠剤カプセル剤ドリンク剤などが挙げられ、これらの飲食品に上記セラミド類含有組成物を配合するときに、通常用いられる補助的な原料添加物を併用することができる。

0055

以上の本実施形態に係る飲食品は、有機溶媒を含まず、食品添加物として使用可能な界面活性剤を含む水性溶媒にて抽出されたセラミド類含有組成物を配合したものであるため、セラミド類が有する好ましい作用が付与されるとともに、安全性に優れたものとなる。

0056

以下、実施例、試験例等を示し、本発明を具体的に説明するが、本発明は下記の各例に何ら制限されるものではない。

0057

〔実施例1〕
MRS培地(メルクミリポア社製)52gを水1000gに溶解し加熱滅菌した培地に、酵母(サッカロミセス・ヴェローナ,田今野商店社製)0.1gを接種して、フラスコ投入し、30℃で24時間静置することにより、培養を行った。得られた培養液を遠心分離(2,500×g,30分)して培地上清を除去し、酵母の菌体を集菌した。

0058

得られた菌体300gを、0.1質量%のTween20(ポリオキシエチレン(20)ソルビタンモノラウレート)(日油社製)を含有する水3,000gに加え、80℃で抽出した。得られた抽出液を珪藻土でろ過し、減圧濃縮することにより、セラミド類含有組成物を抽出液として得た(2,800g)。

0059

〔実施例2〕
界面活性剤としてのTween20の濃度を0.2質量%に変更した以外は、実施例1と同様にしてセラミド類含有組成物(2,800g)を得た。

0060

〔実施例3〕
界面活性剤としてのTween20の濃度を0.01質量%に変更した以外は、実施例1と同様にしてセラミド類含有組成物(2,800g)を得た。

0061

〔実施例4〕
界面活性剤としてのTween20の濃度を0.05質量%に変更した以外は、実施例1と同様にしてセラミド類含有組成物(2,800g)を得た。

0062

〔比較例1〕
抽出溶媒として、Tween20を含有しない水を用いた以外は、実施例1と同様にして抽出物(2,800g)を得た。

0063

〔試験例1〕セラミド類の検出
実施例および比較例で得られた抽出物(セラミド類含有組成物)について、以下のようにしてセラミド類を検出した。

0064

実施例および比較例で得られた抽出液(セラミド類含有組成物)5mLに蒸留水25mLを添加して希釈し、Sep−Pak(Waters社製)に通液し、カラム吸着させた。このカラムを水6mLで洗浄したのち、メタノール6mLを用いてグルコシルセラミドを溶出した。溶出液を減圧濃縮し、濃縮物にメタノール0.5mLを加えて溶かし、試料溶液とした。一方、グルコシルセラミド標準品トウモロコシ由来)(長良サイエンス社製,NS170202)2mgを採取し、メタノール10mLに溶解し、標準溶液とした。

0065

得られた試料溶液および標準溶液について、以下の条件にて薄層クロマトグラフィー(TLC)を行い、Rf値約0.3に淡紫褐色〜紫褐色のスポットを認めた。

0066

<薄層クロマトグラフィー条件>
展開溶媒酢酸エチル1−プロパノール水混合液(80:20:3)
薄層板:Pre−CoatedTLCplates SILICAGEL 60F254(メルク社製)
展開距離:約6cm
検出方法:薄めた硫酸200mLにアントロン0.1gおよびチオ尿素2gを溶解したアントロン硫酸溶液を、展開後の薄層板に均等に噴霧した後、120℃で10分間加熱

0067

実施例1〜2のサンプルについてのTLC分析の結果を図1に、実施例1、実施例3〜4および比較例1の結果を図2に、それぞれ示す。

0068

図1および2に示すように、抽出溶媒としての水に界面活性剤を加えることで、有機溶媒を用いずとも、セラミド類が効率よく抽出されることが明らかとなった。ここで、界面活性剤の含有量が0.1質量%である水性溶媒で抽出された実施例1の組成物は、セラミド類の含有量が最も多くかつ他の夾雑物が少ないことが明らかとなった。

0069

〔配合例1〕
下記組成に従い、乳液を常法により製造した。
セラミド類含有組成物(実施例1) 0.01g
ホホバオイル4.00g
1,3−ブチレングリコール3.00g
アルブチン3.00g
ポリオキシエチレンセチルエーテル(20E.O.) 2.50g
オリーブオイル2.00g
スクワラン2.00g
セタノール2.00g
モノステアリン酸グリセリル2.00g
オレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.) 2.00g
パラオキシ安息香酸メチル0.15g
グリチルリチン酸ステアリル0.10g
黄杞エキス0.10g
グリチルリチン酸ジカリウム0.10g
イチョウ葉エキス0.10g
コンキオリン0.10g
オウバクエキス0.10g
カミツレエキス0.10g
香料0.05g
精製水残部(全量を100gとする)

0070

〔配合例2〕
下記組成のクリームを常法により製造した。
セラミド類含有組成物(実施例1) 0.05g
クジンエキス0.1g
オウゴンエキス0.1g
流動パラフィン5.0g
サラシミツロウ4.0g
スクワラン0.0g
セタノール3.0g
ラノリン2.0g
ステアリン酸1.0g
オレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.) 1.5g
モノステアリン酸グリセリル3.0g
油溶性甘草エキス0.1g
1,3−ブチレングリコール6.0g
パラオキシ安息香酸メチル1.5g
香料0.1g
精製水残部(全量を100gとする)

0071

〔配合例3〕
下記組成の美容液を常法により製造した。
セラミド類含有組成物(実施例1) 0.01g
カミツレエキス0.1g
ニンジンエキス0.1g
キサンタンガム0.3g
ヒドロキシエチルセルロース0.1g
カルボキシビニルポリマー0.1g
1,3−ブチレングリコール4.0g
グリチルリチン酸ジカリウム0.1g
グリセリン2.0g
水酸化カリウム0.25g
香料0.01g
防腐剤(パラオキシ安息香酸メチル) 0.15g
エタノール2.0g
精製水残部(全量を100gとする)

0072

〔配合例4〕
下記組成のヘアトニックを常法により製造した。
セラミド類含有組成物(実施例1) 0.4g
酢酸トコフェロール適量
ファラチン 0.002g
イソプロピルメチルフェノール0.1g
ヒアルロン酸ナトリウム0.15g
グリセリン15.0g
エタノール15.0g
香料適量
キレート剤エデト酸ナトリウム) 適量
防腐剤(ヒノキチオール) 適量
可溶化剤(ポリオキシエチレンセチルエーテル) 適量
精製水残部(全量を100gとする)

0073

〔配合例5〕
下記組成のシャンプーを常法により製造した。
セラミド類含有組成物(実施例1) 0.5g
マジョラム抽出物1.0g
ウメ果実部抽出物0.2g
ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム10.0g
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン10.0g
ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸ナトリウム20.0g
ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド4.0g
プロピレングリコール2.0g
香料適量
精製水残部(全量を100gとする)

0074

〔配合例6〕
常法により、以下の組成を有する錠剤を製造した。
セラミド類含有組成物(実施例1) 5.0mg
ドロマイトカルシウム20%、マグネシウム10%含有) 83.4mg
カゼインホスホペプチド16.7mg
ビタミンC33.4mg
マルチトール136.8mg
コラーゲン12.7mg
ショ糖脂肪酸エステル12.0mg

実施例

0075

〔配合例7〕
常法により、以下の組成を有する経口液状製剤を製造した。
<1アンプル(1本100mL)中の組成>
セラミド類含有組成物(実施例1) 0.3質量%
ソルビット12.0質量%
安息香酸ナトリウム0.1質量%
香料1.0質量%
硫酸カルシウム0.5質量%
精製水残部(100質量%)

0076

本発明によれば、化粧料、飲食品、医薬品等の配合成分として有用性が高いセラミド類を含有する組成物を、有機溶媒を含まない水性溶媒にて酵母から抽出することができ、安全性の高いセラミド類含有組成物を製造することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ