図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社大一商会
発明者 市原高明栗林聡
出願日 2020年7月29日 (6ヶ月経過) 出願番号 2020-128040
公開日 2020年10月22日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-171823
状態 未査定
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 接続ブッシュ 昇降駆動部材 平面視台形 鍔付円筒 駆動ピニオンギア 最深部分 固定軸部材 平板枠状
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

不自然さを感じさせることなく装飾体昇降させることで遊技者を楽しませて興趣の低下を抑制させることが可能な遊技機を提供する。

解決手段

パチンコ機に、遊技領域の後端区画する遊技パネル取付けられた裏下前可動演出ユニット3500のユニットベースに、昇降可能に取付けられた裏下前装飾体ユニット3501と、ユニットベースに軸支された軸孔3555c、及び軸孔3555cから偏芯したユニット昇降ピン3556aを有するユニット昇降アーム3555と、ユニット昇降ピン3556aが摺動可能に挿入されると共に左右に延びており、右側面にユニット昇降ピン3556aが当接した時に下端がユニット昇降ピン3556cの旋回範囲内に侵入するように右側端付近上辺から下方に突出するロック突起3540aを有し、裏下前装飾体ユニット3501に形成された昇降用スリット3540と、を具備させる。

概要

背景

パチンコ機等の遊技機は、遊技者の操作によって遊技媒体が打込まれる遊技領域と、遊技領域内に植設されている複数の障害釘と、遊技領域内において遊技媒体を受入可能とされている受入口(一般入賞口、始動口、可変入賞口、等)と、を備えており、受入口に遊技媒体が受入れられると、遊技者に対して特典(遊技媒体の払出し、可変入賞口の開閉動作等の遊技者が有利となる有利遊技状態の発生、等)を付与し、遊技者を楽しませることができる。

この種の遊技機として、遊技領域内に打込まれることで変化する遊技状態に応じて昇降する装飾体を備えたものが提案されている(例えば、特許文献1)。

しかしながら、従来と同等の構成では、早期に飽きてしまい、遊技に対する興趣を低下させてしまう虞がある。

概要

不自然さを感じさせることなく装飾体を昇降させることで遊技者を楽しませて興趣の低下を抑制させることが可能な遊技機を提供する。パチンコ機に、遊技領域の後端区画する遊技パネル取付けられた裏下前可動演出ユニット3500のユニットベースに、昇降可能に取付けられた裏下前装飾体ユニット3501と、ユニットベースに軸支された軸孔3555c、及び軸孔3555cから偏芯したユニット昇降ピン3556aを有するユニット昇降アーム3555と、ユニット昇降ピン3556aが摺動可能に挿入されると共に左右に延びており、右側面にユニット昇降ピン3556aが当接した時に下端がユニット昇降ピン3556cの旋回範囲内に侵入するように右側端付近上辺から下方に突出するロック突起3540aを有し、裏下前装飾体ユニット3501に形成された昇降用スリット3540と、を具備させる。

目的

本発明は上記の実情に鑑み、興趣が低下するのを抑制することが可能な遊技機の提供を課題とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所定条件成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて図柄変動遊技を行い、該図柄変動遊技の結果に基づいて利益を付与する遊技機であって、当該遊技機の前面側を構成する前扉と、前記前扉に開口された所定の取付部に取り付けられる演出操作ユニットとを備え、前記演出操作ユニットは、遊技者による第1操作を受付可能な第1操作部と、前記第1操作とは異なる第2操作を受付可能な第2操作部と、所定の振動源と、を具備し、前記振動源は、前記第1操作部と前記第2操作部のうち、前記第2操作部に対応した位置に設けられており、前記取付部に対して前記演出操作ユニットを取り付けることで、前記第1操作部と前記第2操作部と前記振動源とを同時に当該遊技機に配置することが可能であり、さらに、前記振動源は、前記第1操作部とは別に前記演出操作ユニットに設けられるが、前記第2操作部とは一体化されて前記演出操作ユニットに設けられることを特徴とする遊技機。

技術分野

0001

本発明は、ぱちん遊技機(一般的に「パチンコ機」とも称する)や回胴式遊技機(一般的に「パチスロ機」とも称する)等の遊技機に関するものである。

背景技術

0002

パチンコ機等の遊技機は、遊技者の操作によって遊技媒体が打込まれる遊技領域と、遊技領域内に植設されている複数の障害釘と、遊技領域内において遊技媒体を受入可能とされている受入口(一般入賞口、始動口、可変入賞口、等)と、を備えており、受入口に遊技媒体が受入れられると、遊技者に対して特典(遊技媒体の払出し、可変入賞口の開閉動作等の遊技者が有利となる有利遊技状態の発生、等)を付与し、遊技者を楽しませることができる。

0003

この種の遊技機として、遊技領域内に打込まれることで変化する遊技状態に応じて昇降する装飾体を備えたものが提案されている(例えば、特許文献1)。

0004

0005

0006

しかしながら、従来と同等の構成では、早期に飽きてしまい、遊技に対する興趣を低下させてしまう虞がある。

先行技術

0007

特開2012−143268号公報

発明が解決しようとする課題

0008

そこで、本発明は上記の実情に鑑み、興趣が低下するのを抑制することが可能な遊技機の提供を課題とする。

課題を解決するための手段

0009

本発明は、
所定条件成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて図柄変動遊技を行い、該図柄変動遊技の結果に基づいて利益を付与する遊技機であって、
当該遊技機の前面側を構成する前扉と、
前記前扉に開口された所定の取付部に取り付けられる演出操作ユニットとを備え、
前記演出操作ユニットは、遊技者による第1操作を受付可能な第1操作部と、前記第1操作とは異なる第2操作を受付可能な第2操作部と、所定の振動源と、を具備し、
前記振動源は、前記第1操作部と前記第2操作部のうち、前記第2操作部に対応した位置に設けられており、
前記取付部に対して前記演出操作ユニットを取り付けることで、前記第1操作部と前記第2操作部と前記振動源とを同時に当該遊技機に配置することが可能であり、
さらに、前記振動源は、前記第1操作部とは別に前記演出操作ユニットに設けられるが、前記第2操作部とは一体化されて前記演出操作ユニットに設けられる
ことを特徴とする。
また、本発明とは別の発明として以下の手段を参考的に開示する。
手段1:遊技機において、
「遊技者の操作によって遊技媒体が打込まれる遊技領域と、
該遊技領域の後端区画している平板状の遊技パネルと、
該遊技パネルに、正面視前記遊技領域内における上下方向の端部に取付けられているユニットベースと、
該ユニットベースにより正面視前記遊技領域内の中央に向かって昇降可能に取付けられており少なくとも前面に装飾が施されている装飾体本体と、
該装飾体本体とは異なる位置で、前後に延びた軸周りに回転可能に前記ユニットベースに取付けられている軸支部、及び該軸支部の中心より偏芯した位置に備えられている昇降ピンを有しており、前記遊技領域内に遊技媒体が打込まれることで変化する遊技状態に応じて前記軸支部を中心に前記昇降ピンが公転する昇降駆動部材と、
該昇降駆動部材の前記昇降ピンが摺動可能に挿入されていると共に正面視前記軸支部よりも左右方向の一方側で左右に延びるように前記装飾体本体に形成されており、左右両端部のうちの前記軸支部に近い側の端部付近上辺から、該軸支部に近い側の側面に前記昇降ピンが当接した時に下端が該昇降ピンの旋回範囲内に侵入するように下方に突出しているロック突起を有している昇降用スリット
を具備している」ものであることを特徴とする。

0010

ここで、「遊技パネル」としては、「透明板」、「不透明板」、等が挙げられ、材質としては、「合板(例えば、ベニヤ板)」、「集成材」、「金属板」、「アクリル樹脂板」、「ポリカーボネイト樹脂板」、「ABS樹脂板」、「ポリプロピレン板」、「ポリアリレート樹脂板」、「メタクリル樹脂板」、「ガラス板」、等が挙げられる。

0011

また、装飾体本体の「装飾」としては、「所定のアイテムを模した装飾」、「所定のキャラクタを模した装飾」、「公知の模様を施した装飾」、等が挙げられる。また、装飾体本体に、LED等の発光手段を備えるようにしても良い。

0012

更に、「遊技状態に応じて」とは、「遊技領域内に配置された受入口(例えば、一般入賞口、始動口、大入賞口、役物入賞口、V入賞口、等)への遊技媒体の受入れに応じて」、「遊技領域内に打ち込まれた(投入された)遊技媒体が特定領域(例えば、ゲートワープ通路ステージ、等)を通過したことに応じて」、「受入口(例えば、始動口)への遊技媒体の受入れにより抽選された抽選結果に応じて」、「遊技媒体の投入を契機として回転する複数の回転体の回転に応じて」、「遊技媒体の投入を契機として回転した複数の回転体を順次停止させ、停止した回転体に表示された図柄の組合せに応じて」、「始動入賞等による抽選によって決まる演出の種類に応じて」、「遊技領域内へ打ち込まれる遊技媒体の打込量に応じて」、「遊技領域内へ打ち込まれる遊技媒体の打込ブランクの長さに応じて」、等が挙げられる。

0013

また、「昇降用スリット」としては、「前後に貫通している孔状のスリット」、「前方又は後方にのみ開放されている溝状のスリット」、等が挙げられる。また、「ロック突起」としては、下端を境に昇降駆動部材の軸支部に近い側の側面に昇降ピンが当接した時に下端が昇降ピンの旋回範囲内に侵入(突出)するような形態であれば良く、「軸支部に近い側の側面が、昇降ピンの旋回半径よりも小さい半径の窪んだ円弧に形成されているもの」、「軸支部に近い側の側面が、昇降用スリットの上辺から折れ曲がったような直線状に形成されたもの」、「軸支部に近い側の側面が、多角形内側形状に形成されたもの」、「軸支部から遠い側の側面が、軸支部から遠い側の端部付近まで斜めに延びた直線状に形成されたもの」、「軸支部から遠い側の側面が、軸支部から遠い側の端部付近まで窪んだ円弧状に形成されたもの」、「軸支部から遠い側の側面が、軸支部から遠い側の端部付近まで多角形の内側形状に形成されたもの」、等が挙げられる。

0014

手段1の構成によると、遊技機に、遊技者の操作によって遊技媒体が打込まれる遊技領域と、遊技領域の後端を区画している平板状の遊技パネルと、遊技パネルに正面視遊技領域内における上下方向の端部に取付けられているユニットベースと、ユニットベースにより正面視遊技領域内の中央に向かって昇降可能に取付けられており少なくとも前面に装飾が施されている装飾体本体と、装飾体本体とは異なる位置で、前後に延びた軸周りに回転可能に前記ユニットベースに取付けられている軸支部、及び軸支部の中心より偏芯した位置に備えられている昇降ピンを有しており、遊技領域内に遊技媒体が打込まれることで変化する遊技状態に応じて軸支部を中心に昇降ピンが公転する昇降駆動部材と、昇降駆動部材の昇降ピンが摺動可能に挿入されていると共に正面視軸支部よりも左右方向の一方側で左右に延びるように装飾体本体に形成されており、左右両端部のうちの軸支部に近い側の端部付近の上辺から、軸支部に近い側の側面に昇降ピンが当接した時に下端が昇降ピンの旋回範囲内に侵入するように下方に突出しているロック突起を有している昇降用スリットと、を備えるようにしたものである。

0015

これにより、遊技者が遊技媒体を遊技領域内に打込むことで遊技状態を変化させると、変化した遊技状態に応じて昇降駆動部材が軸支部を中心に回転し、軸支部から偏芯した位置の昇降ピンが公転する。そして、この昇降ピンは、装飾体本体に備えられている左右に延びた昇降用スリット内に摺動可能に挿入されていることから、昇降ピンが公転することで、昇降ピンが昇降用スリット内を左右方向に摺動すると共に、昇降ピンの公転方向に伴う上下方向への移動により昇降用スリットを上下方向に押圧し、昇降用スリットを介して装飾体本体が上下方向に移動し、正面視遊技領域内の上部又は下部と中央との間で装飾体本体が昇降することとなる。従って、通常の状態では、装飾体本体を正面視遊技領域内の上部又は下部に位置させ、遊技状態に応じて昇降ピンを所定方向に公転させて装飾体本体を正面視遊技領域内の中央側に下降又は上昇させることで、遊技者側から装飾体本体を目立たせて遊技者の関心を装飾体本体に引付けさせることができ、装飾体本体の装飾等を楽しませることができると共に、遊技者に対してチャンス到来等を示唆させることができ、遊技者の遊技に対する期待感を高めさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0016

この昇降ピンには、装飾体本体の重量により昇降用スリットを介して昇降ピンを下方へ公転させようとする力が常に作用している。また、昇降ピンの公転により装飾体本体を上昇させる際には、装飾体本体が上昇端へ向かうに従って、昇降ピンが昇降用スリット内において軸支部に近い側の端部の方向へ摺動することとなり、昇降ピンがロック突起における軸支部から遠い側の側面を摺動すると、公転している昇降ピンの上昇速度よりも若干速い速度で装飾体本体が上昇する。そして、昇降用スリットの軸支部に近い側の端部に向かって摺動している昇降ピンが、下方に突出しているロック突起の下端を越えて、ロック突起における軸支部に近い側の側面を摺動すると、昇降ピンがロック突起の下端から昇降用スリットの上辺に向かって昇ることとなり、昇降ピンに対して昇降用スリット(装飾体本体)が相対的に下方に移動することとなる。ところで、昇降用スリットを、昇降駆動部材の軸支部よりも左右方向の一方側に備えており、昇降ピンの公転において上死点下死点とを除いた間の特定の範囲内でのみ昇降ピンが昇降用スリット内を摺動するようにしているため、昇降ピンが公転の上死点や下死点に到達することはなく、装飾体本体を上昇させる方向に昇降ピンを公転させている間は、昇降ピンが常に上昇している。このことから、昇降ピンがロック突起の下端を越えて軸支部に近い側の側面を摺動することで、昇降ピンに対して装飾体本体が相対的に下方に移動したとしても、昇降ピンが常に上昇しているため、装飾体本体の下方への移動が相殺され、装飾体本体の上昇速度が低下したり、上昇が停止したりすることはあっても、装飾体本体が下降することはない。そして、昇降ピンが、ロック突起における軸支部に近い側の側面に当接している状態で、昇降ピンの公転(昇降駆動部材の回転)を停止しさせることで、装飾体本体を上昇端の位置で停止させる。この状態では、ロック突起の下端が昇降ピンの旋回範囲内に侵入(突出)しているため、昇降ピンが下方へ移動するように公転するには、その侵入している部位が旋回範囲の外側へ移動するようにロック突起(装飾体本体)を、装飾体本体の重量に抗して上方に移動させなければならず、装飾体本体から昇降ピンに作用する力が打ち消されて、昇降ピンが下降する方向に公転することなく、上昇端に位置したままの状態で維持(ロック)される。このように、昇降ピンの公転により装飾体本体が上昇端に至るまでの間、装飾体本体が常に上昇しているため、従来のように、上昇端の位置でロックされる際に装飾体本体が僅かに下降するような不自然動きをすることはなく、遊技者に対して装飾体本体の昇降の動きを違和感なく楽しませることができ、遊技者の遊技に対する興趣の低下を抑制させることができる。

0017

また、上述したように、ロック突起により昇降ピンの下方への移動を阻止(ロック)することができるため、昇降駆動部材を回転させる駆動源(例えば、駆動モータ)に対して、装飾体本体を上昇端に維持させるための余計な負荷をかけたり、ブレーキ機能を有したものを用いたりする必要がなく、単純な機構により不具合の発生を低減させることができると共に、駆動源(駆動モータ)の大型化を抑制して装飾体本体の配置スペースを充分に確保することができ、相対的に装飾体本体を大型化することができる。

0018

更に、昇降用スリットのロック突起において、正面視軸支部に近い側の側面を、昇降ピンの旋回半径よりも小さい半径の円弧に形成しても良く、これにより、装飾体本体を上昇端に位置させるために、昇降用スリット内を軸支部に近い側の端部に向かって摺動している昇降ピンが、ロック突起の下端を越えて軸支部に近い側の側面に移動した際に、その側面が円弧に形成されているため、昇降ピンが滑らかに移動することができると共に、昇降用スリットの上辺における昇降ピンと当接している部位の高さが急激に変化することがなく、装飾体本体に対して不自然な動きをさせることなく上昇端の位置でロックさせることができ、遊技者に違和感なく装飾体本体の動きを楽しませて興趣の低下を抑制させることができる。

0019

また、昇降用スリットのロック突起において、正面視軸支部から遠い側の側面を、軸支部から遠い側の端部付近まで斜めに延びた直線状に形成するようにしても良く、これにより、昇降用スリット内における軸支部から遠い側の端部からロック突起の下端までの間では、昇降ピンを滑らかに摺動させることができると共に、昇降ピンの公転に比例した動きで装飾体本体を昇降させることできるため、遊技者に不自然さを感じさせることなく装飾体本体を昇降させることができ、遊技者を楽しませて興趣の低下を抑制させることができる。

0020

また、昇降用スリットを、装飾体本体における正面視遊技領域内の中央から遠い側の端辺付近に形成することが望ましく、これにより、昇降ピンを公転させて装飾体本体を正面視遊技領域内の中央側へ昇降させた時に、装飾体本体における中央に近い側の端辺がより遊技領域内の中央に近付くこととなるため、装飾体本体を遊技領域内の中央側に昇降させた時に装飾体本体をより目立たせることができ、遊技者の関心を装飾体本体により強く引き付けさせることができると共に、装飾体本体の昇降によるインパクトを高めることができ、遊技者に対して何か良いことがあるのではないかと思わせることが可能となり、遊技者の遊技に対する期待感を高めさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0021

更に、装飾体本体の正面視遊技領域内の中央に近い側の端辺に、遊技状態に応じて装飾体本体と対向している閉位置と装飾体本体と並んでいる開位置との間でヒンジ回転する開閉装飾体を、取付けるようにしても良い。これにより、開閉装飾体を、閉位置から開位置にヒンジ回転させると、装飾体本体と開閉装飾体とが上下並んだ状態となることから、装飾体本体と開閉装飾体とによる装飾の領域が拡大するため、装飾体本体を遊技領域内の中央側へ昇降させて開閉装飾体を開くことで、遊技領域内において装飾体本体及び開閉装飾体を大いに目立たせることができ、遊技者の関心を強く引き付けることができる。また、この場合、装飾体本体に開閉装飾体をヒンジ回転可能に取付けることで装飾体本体から昇降用スリットを介して昇降ピンに作用する力が大きくなっても、上述したように、装飾体本体を上昇端の位置で問題なくロックすることができ、上述と同様の作用効果を奏することができる。

0022

また、装飾体本体に開閉装飾体をヒンジ回転可能に取付けると共に、開閉装飾体が閉位置の時に、開閉装飾体が装飾体本体の前方に位置しているようにした場合、開閉装飾体を閉位置にした時には、装飾体本体の装飾が開閉装飾体により覆われて開閉装飾体の一方の面が遊技者側から視認することができ、開閉装飾体を開位置にした時には、装飾体本体の前面と開閉装飾体の他方の面とが上下に並んだ状態で遊技者側から視認することができるようになる。従って、装飾体本体と開閉装飾体とによる装飾の領域が拡大するだけでなく、遊技者側から視認できる装飾(表示内容)が変化させることができ、遊技者に対して強いインパクトを与えることができると共に、遊技者に対してチャンスの到来等を示唆させることができ、遊技に対する期待感を高めさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0023

また、ユニットベースを、正面視遊技領域内の下端部に配置しても良く、これにより、昇降ピンを公転させて装飾体本体を上昇端に位置させると正面視遊技領域内の中央に位置することとなり遊技者側から目立った状態となる。この際に、上述したように、装飾体本体がスムーズに上昇して下降することなく上昇端の位置でロックされるため、遊技者が遊技領域内の中央側へ向かう装飾体本体に対して強く引き付けられて注目していても、装飾体本体が不自然な動きをしないことから、装飾体本体の上昇を十二分に楽しませることができ、遊技者の遊技に対する興趣の低下を抑制させることができると共に、上述した作用効果を確実に奏する遊技機を具現化させることができる。

0024

更に、正面視遊技領域の中央に演出画像表示可能な液晶表示装置等の演出表示手段を備えると共に、演出表示手段の前方で装飾体本体を昇降させるようにしても良い。これにより、遊技者に演出表示手段に表示されている演出動画を楽しませることができる他に、遊技状態に応じて昇降ピンを公転させて装飾体本体を正面視遊技領域内の中央側に昇降させると、演出表示手段に表示されている演出画像の少なくとも一部が昇降してきた装飾体本体により遮られることとなるため、演出表示手段の演出動画を見ていた遊技者を装飾体本体の昇降に確実に気付かせて装飾体本体に注目させることができ、装飾体本体の装飾や動きを楽しませて遊技に対する興趣の低下を抑制させることができる。

0025

手段2:手段1の構成において、
「前記昇降用スリットの前記ロック突起は、
正面視前記軸支部に近い側の側面が、前記昇降ピンの旋回半径よりも小さい半径の円弧に形成されている」ものであることを特徴とする。

0026

手段2の構成によると、昇降用スリットのロック突起の正面視軸支部に近い側の側面を、昇降ピンの旋回半径よりも小さい半径の円弧に形成するようにしたものである。

0027

これにより、装飾体本体を上昇端に位置させるために、昇降用スリット内を軸支部に近い側の端部に向かって摺動している昇降ピンが、ロック突起の下端を越えて軸支部に近い側の側面に移動した際に、その側面が円弧に形成されているため、昇降ピンが滑らかに移動することができると共に、昇降用スリットの上辺における昇降ピンと当接している部位の高さが急激に変化することがなく、装飾体本体に対して不自然な動きをさせることなく上昇端の位置でロックさせることができ、遊技者に違和感なく装飾体本体の動きを楽しませて興趣の低下を抑制させることができる。

0028

手段3:手段1又は手段2の構成において、
「前記昇降用スリットの前記ロック突起は、
正面視前記軸支部から遠い側の側面が、該軸支部から遠い側の端部付近まで斜めに延びた直線状に形成されている」ものであることを特徴とする。

0029

手段3の構成によると、昇降用スリットのロック突起の正面視軸支部から遠い側の側面を、軸支部から遠い側の端部付近まで斜めに延びた直線状に形成するようにしたものである。

0030

これにより、昇降用スリット内における軸支部から遠い側の端部からロック突起の下端までの間では、昇降ピンを滑らかに摺動させることができると共に、昇降ピンの公転に比例した動きで装飾体本体を昇降させることできるため、遊技者に不自然さを感じさせることなく装飾体本体を昇降させることができ、遊技者を楽しませて興趣の低下を抑制させることができる。

0031

手段4:手段1から手段3までの何れか一つの構成において、
「前記昇降用スリットは、
前記装飾体本体における正面視前記遊技領域内の中央から遠い側の端辺付近に形成されている」ものであることを特徴とする。

0032

手段4の構成によると、昇降用スリットを、装飾体本体における正面視遊技領域内の中央から遠い側の端辺付近に形成するようにしたものである。

0033

これにより、昇降ピンを公転させて装飾体本体を正面視遊技領域内の中央側へ昇降させた時に、装飾体本体における中央に近い側の端辺がより遊技領域内の中央に近付くこととなるため、装飾体本体を遊技領域内の中央側に昇降させた時に装飾体本体をより目立たせることができ、遊技者の関心を装飾体本体により強く引き付けさせることができると共に、装飾体本体の昇降によるインパクトを高めることができ、遊技者に対して何か良いことがあるのではないかと思わせることが可能となり、遊技者の遊技に対する期待感を高めさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0034

手段5:手段1から手段4までの何れか一つの構成において、
「前記装飾体本体における正面視前記遊技領域内の中央に近い側の端辺において、左右に延びた軸周りにヒンジ回転可能に取付けられており、前記遊技状態に応じて前記装飾体本体と対向している閉位置と前記装飾体本体と並んでいる開位置との間でヒンジ回転する開閉装飾体を、更に具備している」ものであることを特徴とする。

0035

ここで、「開閉装飾体」としては、「所定のアイテムを模したもの」、「所定のキャラクタを模したもの」、「公知の模様を施したもの」、等が挙げられる。また、開閉装飾体を開位置とした時に、装飾体本体と上下に並んでいる前面側の装飾が、装飾体本体の装飾と一体となって一つの大きな装飾を形成するような装飾としても良い。更に、開閉装飾体に、LED等の発光手段を備えるようにしても良い。

0036

手段5の構成によると、遊技機に、装飾体本体における正面視遊技領域内の中央に近い側の端辺において、左右に延びた軸周りにヒンジ回転可能に取付けられており、遊技状態に応じて装飾体本体と対向している閉位置と装飾体本体と並んでいる開位置との間でヒンジ回転する開閉装飾体を、更に備えるようにしたものである。

0037

これにより、開閉装飾体を、閉位置から開位置にヒンジ回転させると、装飾体本体と開閉装飾体とが上下並んだ状態となることから、装飾体本体と開閉装飾体とによる装飾の領域が拡大するため、装飾体本体を遊技領域内の中央側へ昇降させて開閉装飾体を開くことで、遊技領域内において装飾体本体及び開閉装飾体を大いに目立たせることができ、遊技者の関心を強く引き付けることができる。また、装飾体本体に開閉装飾体をヒンジ回転可能に取付けることで装飾体本体から昇降用スリットを介して昇降ピンに作用する力が大きくなっても、上述したように、装飾体本体を上昇端の位置で問題なくロックすることができ、上述と同様の作用効果を奏することができる。

0038

また、開閉装飾体が閉位置の時に、開閉装飾体が装飾体本体の前方に位置しているようにした場合、開閉装飾体を閉位置にした時には、装飾体本体の装飾が開閉装飾体により覆われて開閉装飾体の一方の面が遊技者側から視認することができ、開閉装飾体を開位置にした時には、装飾体本体の前面と開閉装飾体の他方の面とが上下に並んだ状態で遊技者側から視認することができるようになる。従って、装飾体本体と開閉装飾体とによる装飾の領域が拡大するだけでなく、遊技者側から視認できる装飾(表示内容)が変化させることができ、遊技者に対して強いインパクトを与えることができると共に、遊技者に対してチャンスの到来等を示唆させることができ、遊技に対する期待感を高めさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0039

更に、開閉装飾体を左右に延びた軸周りにヒンジ回転させるようにしているため、開閉装飾体をヒンジ回転させると、その回転位置に応じて開閉装飾体の見える部位が変化することから刻々と変化する装飾を遊技者に見せることができ、遊技者を飽き難くさせて遊技に対する興趣の低下を抑制させることができる。

0040

また、装飾体本体にヒンジ回転可能な開閉装飾体を備えるようにしているので、開閉装飾体を閉位置の状態で遊技領域内の中央側へ昇降させたと時に、開閉装飾体が開位置へ開くか否かで遊技者をハラハラ・ドキドキさせることができ、遊技者の期待感を高めさせることができると共に、装飾体本体の昇降と開閉装飾体の開閉とを適宜組合せることで多彩な演出を遊技者に提示することができ、遊技者を飽き難くさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0041

手段6:手段1から手段5までの何れか一つの構成において、
「前記ユニットベースは、
正面視前記遊技領域内における下端部に取付けられている」ものであることを特徴とする。

0042

手段6の構成によると、ユニットベースを、正面視遊技領域内における下端部に取付けるようにしたものである。

0043

これにより、ユニットベース(装飾体本体)を正面視遊技領域内の下端部に配置していることから、昇降ピンを公転させて装飾体本体を上昇端に位置させると正面視遊技領域内の中央に位置することとなり遊技者側から目立った状態となる。この際に、上述したように、装飾体本体がスムーズに上昇して下降することなく上昇端の位置でロックされるため、遊技者が遊技領域内の中央側へ向かう装飾体本体に対して強く引き付けられて注目していても、装飾体本体が不自然な動きをしないことから、装飾体本体の上昇を十二分に楽しませることができ、遊技者の遊技に対する興趣の低下を抑制させることができると共に、上述した作用効果を確実に奏する遊技機を具現化させることができる。

0044

また、装飾体本体が正面視遊技領域内の下部から上昇して中央に位置することとなるため、下から装飾体本体が上がってくることで遊技者に対して上昇機運を感じさせることが可能となり、遊技者に対して何か良いことがあるのではないかと思わせることができ、遊技に対する期待感を高めさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0045

手段7:遊技機において、
「遊技者の操作によって遊技媒体が打込まれる遊技領域と、
該遊技領域の後端を区画している平板状の遊技パネルと、
該遊技パネルに、正面視前記遊技領域内における下端部に取付けられているユニットベースと、
該ユニットベースにより正面視前記遊技領域内の中央に向かって昇降可能に取付けられており少なくとも前面に装飾が施されている装飾体本体と、
該装飾体本体とは異なる位置で、前後に延びた軸周りに回転可能に前記ユニットベースに取付けられている軸支部、及び該軸支部の中心より偏芯した位置に備えられている昇降ピンを有しており、前記遊技領域内に遊技媒体が打込まれることで変化する遊技状態に応じて前記軸支部を中心に前記昇降ピンが公転する昇降駆動部材と、
該昇降駆動部材の前記昇降ピンが摺動可能に挿入されていると共に正面視前記軸支部よりも左右方向の一方側で左右に延びるように前記装飾体本体の下端辺付近に形成されており、左右両端部のうちの前記軸支部に近い側の端部付近の上辺から、該軸支部に近い側の側面に前記昇降ピンが当接した時に下端が該昇降ピンの旋回範囲内に侵入するように下方に突出しているロック突起を有し、該ロック突起における正面視前記軸支部に近い側の側面が前記昇降ピンの旋回半径よりも小さい半径の円弧に形成されていると共に、前記ロック突起における正面視前記軸支部から遠い側の側面が該軸支部から遠い側の端部付近まで斜めに延びて直線状に形成されている昇降用スリットと、
該昇降用スリットとは上下方向の反対側で前記装飾体本体における正面視前記遊技領域内の中央に近い側の上端辺において、左右に延びた軸周りにヒンジ回転可能に取付けられており、前記遊技状態に応じて前記装飾体本体と対向している閉位置と前記装飾体本体と並んでいる開位置との間でヒンジ回転する開閉装飾体と
を具備している」ものであることを特徴とする。

0046

手段7の構成によると、遊技機に、遊技者の操作によって遊技媒体が打込まれる遊技領域と、遊技領域の後端を区画している平板状の遊技パネルと、遊技パネルに、正面視遊技領域内における下端部に取付けられているユニットベースと、ユニットベースにより正面視遊技領域内の中央に向かって昇降可能に取付けられており少なくとも前面に装飾が施されている装飾体本体と、装飾体本体とは異なる位置で、前後に延びた軸周りに回転可能にユニットベースに取付けられている軸支部、及び軸支部の中心より偏芯した位置に備えられている昇降ピンを有しており、遊技領域内に遊技媒体が打込まれることで変化する遊技状態に応じて軸支部を中心に昇降ピンが公転する昇降駆動部材と、昇降駆動部材の昇降ピンが摺動可能に挿入されていると共に正面視軸支部よりも左右方向の一方側で左右に延びるように装飾体本体の下端辺付近に形成されており、左右両端部のうちの軸支部に近い側の端部付近の上辺から、軸支部に近い側の側面に昇降ピンが当接した時に下端が昇降ピンの旋回範囲内に侵入するように下方に突出しているロック突起を有し、ロック突起における正面視軸支部に近い側の側面が昇降ピンの旋回半径よりも小さい半径の円弧に形成されていると共に、ロック突起における正面視軸支部から遠い側の側面が軸支部から遠い側の端部付近まで斜めに延びて直線状に形成されている昇降用スリットと、昇降用スリットとは上下方向の反対側で装飾体本体における正面視遊技領域内の中央に近い側である上端辺において、左右に延びた軸周りにヒンジ回転可能に取付けられており、遊技状態に応じて装飾体本体と対向している閉位置と装飾体本体と並んでいる開位置との間でヒンジ回転する開閉装飾体と、を備えるようにしたものである。

0047

これにより、通常の状態では、装飾体本体を正面視遊技領域内の下部に位置させた状態とし、遊技者が遊技媒体を遊技領域内に打込むことで遊技状態を変化させると、変化した遊技状態に応じて昇降駆動部材が軸支部を中心に回転し、軸支部から偏芯した位置の昇降ピンが上昇する方向に公転する。そして、この昇降ピンは、装飾体本体に備えられている左右に延びた昇降用スリット内に摺動可能に挿入されていることから、昇降ピンが公転することで、昇降ピンが昇降用スリット内を左右方向に摺動すると共に、昇降ピンの上昇方向への公転により昇降用スリットを上方向に押圧し、昇降用スリットを介して装飾体本体が上方向に移動し、正面視遊技領域内の中央側に向かって上昇することとなる。この昇降ピンには、装飾体本体及び開閉装飾体の重量により昇降用スリットを介して昇降ピンを下方へ公転させようとする力が常に作用している。また、昇降ピンの公転により装飾体本体を上昇させる際には、装飾体本体が上昇端へ向かうに従って、昇降ピンが昇降用スリット内において軸支部に近い側の端部の方向へ摺動することとなり、昇降ピンがロック突起における軸支部から遠い側の側面を摺動している時には、公転している昇降ピンの上昇速度よりも若干速い速度で装飾体本体が上昇する。そして、昇降用スリットの軸支部に近い側の端部に向かって摺動している昇降ピンが、下方に突出しているロック突起の下端を越えて、ロック突起における軸支部に近い側の円弧状の側面を摺動すると、昇降ピンがロック突起の下端から昇降用スリットの上辺に向かって昇ることとなり、昇降ピンに対して昇降用スリット(装飾体本体)が相対的に下方に移動することとなる。ところで、昇降用スリットを、昇降駆動部材の軸支部よりも左右方向の一方側に備えており、昇降ピンの公転において上死点と下死点とを除いた間の特定の範囲内でのみ昇降ピンが昇降用スリット内を摺動するようにしているため、昇降ピンが公転の上死点や下死点に到達することはなく、装飾体本体を上昇させる方向に昇降ピンを公転させている間は、昇降ピンが常に上昇している。このことから、昇降ピンがロック突起の下端を越えて軸支部に近い側の側面を摺動することで、昇降ピンに対して装飾体本体が相対的に下方に移動したとしても、昇降ピンが常に上昇しているため、装飾体本体の下方への移動が相殺され、装飾体本体の上昇速度が低下したり、上昇が停止したりすることはあっても、装飾体本体が下降することはない。そして、昇降ピンが、ロック突起における軸支部に近い側の側面に当接している状態で、昇降ピンの公転(昇降駆動部材の回転)を停止しさせることで、装飾体本体を上昇端の位置で停止させる。この状態では、ロック突起の下端が昇降ピンの旋回範囲内に侵入(突出)しているため、昇降ピンが下方へ移動するように公転するには、その侵入している部位が旋回範囲の外側へ移動するようにロック突起(装飾体本体)を、装飾体本体の重量に抗して上方に移動させなければならず、装飾体本体から昇降ピンに作用する力が打ち消されて、昇降ピンが下降する方向に公転することなく、上昇端に位置したままの状態で維持(ロック)される。このように、昇降ピンの公転により装飾体本体が上昇端に至るまでの間、装飾体本体が常に上昇しているため、従来のように、上昇端の位置でロックされる際に装飾体本体が僅かに下降するような不自然な動きをすることはなく、遊技者に対して装飾体本体の昇降の動きを違和感なく楽しませることができ、遊技者の遊技に対する興趣の低下を抑制させることができる。

0048

また、ロック突起により昇降ピンの下方への移動を阻止(ロック)することができるため、昇降駆動部材を回転させる駆動源(例えば、駆動モータ)に対して、装飾体本体を上昇端に維持させるための余計な負荷をかけたり、ブレーキ機能を有したものを用いたりする必要がなく、単純な機構により不具合の発生を低減させることができると共に、駆動源(駆動モータ)の大型化を抑制して装飾体本体の配置スペースを充分に確保することができ、相対的に装飾体本体を大型化することができる。

0049

また、装飾体本体を上昇端に位置させるために、昇降用スリット内を軸支部に近い側の端部に向かって摺動している昇降ピンが、ロック突起の下端を越えて軸支部に近い側の側面に移動した際に、その側面を円弧に形成しているため、昇降ピンが滑らかに移動することができると共に、昇降用スリットの上辺における昇降ピンと当接している部位の高さが急激に変化することがなく、装飾体本体に対して不自然な動きをさせることなく上昇端の位置でロックさせることができ、遊技者に違和感なく装飾体本体の動きを楽しませて興趣の低下を抑制させることができる。

0050

また、昇降用スリットのロック突起では、正面視軸支部から遠い側の側面を、軸支部から遠い側の端部付近まで斜めに延びた直線状に形成していることから、昇降用スリット内における軸支部から遠い側の端部からロック突起の下端までの間では、昇降ピンを滑らかに摺動させることができると共に、昇降ピンの公転に比例した動きで装飾体本体を昇降させることできるため、遊技者に不自然さを感じさせることなく装飾体本体を昇降させることができ、遊技者を楽しませて興趣の低下を抑制させることができる。

0051

更に、昇降用スリットを、装飾体本体における正面視遊技領域内の中央から遠い側である下端辺付近に形成していることから、昇降ピンを公転させて装飾体本体を正面視遊技領域内の中央側へ昇降させた時に、装飾体本体における中央に近い側の端辺がより遊技領域内の中央に近付くこととなるため、装飾体本体を遊技領域内の中央側に昇降させた時に装飾体本体をより目立たせることができ、遊技者の関心を装飾体本体により強く引き付けさせることができると共に、装飾体本体の昇降によるインパクトを高めることができ、遊技者に対して何か良いことがあるのではないかと思わせることが可能となり、遊技者の遊技に対する期待感を高めさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0052

また、ユニットベースを、正面視遊技領域内の下端部に取付けていることから、昇降ピンを公転させて装飾体本体を上昇端に位置させると正面視遊技領域内の中央に位置することとなり遊技者側から目立った状態となる。この際に、上述したように、装飾体本体がスムーズに上昇して下降することなく上昇端の位置でロックされるため、遊技者が遊技領域内の中央側へ向かう装飾体本体に対して強く引き付けられて注目していても、装飾体本体が不自然な動きをしないことから、装飾体本体の上昇を十二分に楽しませることができ、遊技者の遊技に対する興趣の低下を抑制させることができると共に、上述した作用効果を確実に奏する遊技機を具現化させることができる。

0053

更に、装飾体本体にヒンジ回転可能な開閉装飾体を備えるようにしており、装飾体本体を遊技領域内の中央側へ上昇させて、開閉装飾体を、閉位置から開位置にヒンジ回転させると、装飾体本体と開閉装飾体とが上下並んだ状態となることから、装飾体本体と開閉装飾体とによる装飾の領域が拡大するため、遊技領域内において装飾体本体及び開閉装飾体を大いに目立たせることができ、遊技者の関心を強く引き付けることができると共に、遊技者に対してチャンスの到来等を示唆させることができ、遊技者の遊技に対する期待感を高めさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0054

また、開閉装飾体が閉位置の時に、開閉装飾体が装飾体本体の前方に位置しているようにした場合、開閉装飾体を閉位置にした時には、装飾体本体の装飾が開閉装飾体により覆われて開閉装飾体の一方の面が遊技者側から視認することができ、開閉装飾体を開位置にした時には、装飾体本体の前面と開閉装飾体の他方の面とが上下に並んだ状態で遊技者側から視認することができるようになる。従って、装飾体本体と開閉装飾体とによる装飾の領域が拡大するだけでなく、遊技者側から視認できる装飾(表示内容)が変化させることができ、遊技者に対して強いインパクトを与えることができると共に、遊技者に対してチャンスの到来等を示唆させることができ、遊技に対する期待感を高めさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0055

更に、開閉装飾体を左右に延びた軸周りにヒンジ回転させるようにしているため、開閉装飾体をヒンジ回転させると、その回転位置に応じて開閉装飾体の見える部位が変化することから刻々と変化する装飾を遊技者に見せることができ、遊技者を飽き難くさせて遊技に対する興趣の低下を抑制させることができる。

0056

また、装飾体本体にヒンジ回転可能な開閉装飾体を備えるようにしているので、開閉装飾体を閉位置の状態で遊技領域内の中央側へ昇降させたと時に、開閉装飾体が開位置へ開くか否かで遊技者をハラハラ・ドキドキさせることができ、遊技者の期待感を高めさせることができると共に、装飾体本体の昇降と開閉装飾体の開閉とを適宜組合せることで多彩な演出を遊技者に提示することができ、遊技者を飽き難くさせて興趣の低下を抑制させることができる。

0057

手段8:手段1から手段7の何れか一つの遊技機において、
パチンコ機であることを特徴とする。
ここで、パチンコ機とは、遊技者が遊技機に投入する媒体である投入媒体と、遊技者が行う実質的な遊技に用いられる媒体である遊技媒体とを同一のものとした遊技機であり、投入された例えば遊技球等の媒体を用いて遊技が行われるタイプの遊技機の一種である。具体的には、「操作ハンドルの操作に対応して遊技球を発射する発射装置と、多数の障害釘、役物、表示手段等の適宜の機器が組み込まれたり、始動入賞口、大入賞口、通過口、到達口等の遊技球が入球する適宜の入球口が設けられた遊技領域と、発射装置から遊技領域に遊技球を導くレールと、遊技領域に導かれた遊技球の入球口への入球に応じたり、複数の入球口への遊技球の入球態様に応じて、所定数の遊技球を賞球として払い出す払出手段とを具備するもの」である。

0058

なお、パチンコ機としては、種々のタイプのものがあり、一般に「デジパチ機」と称されるものに代表される「入球口への入球状態を検出する入球状態検出手段(遊技状態検出手段として捉えることもできる)と、入球状態検出手段によって入球が検出されると所定の抽選を行う抽選手段と、抽選手段の抽選結果に応じて特別図柄を変動させると共に変動を停止させる特別図柄表示手段とを備えたもの」や「加えて、特別図柄の変動中に、複数の図柄からなる図柄列変動表示し、図柄列にて図柄を停止表示させたり、キャラクタや種々の物品等の表示物描写し表示物を動作させたりする等によって適宜の演出表示を行う演出表示手段を更に具備するもの」、一般に「ハネモノ機」と称されるものに代表される「役物内での遊技球の振分けによって抽選を行う抽選手段を備えたもの」、一般に「アレパチ機」と称されるものに代表される「例えば16個等の所定個数の遊技球により1ゲームが行われ、1ゲームにおける複数の入球口への遊技球の入球態様に応じて所定個数の遊技球の払出しを行うもの」等を例示することができる。

0059

手段8の構成によると、パチンコ機において、上述した手段のいずれかの作用効果を奏することができる。

0060

手段9:手段1から手段7までの何れか一つの遊技機において、
パチスロ機であることを特徴とする。
ここで、パチスロ機とは、投入媒体であるメダルを投入し、メダルの投入後、始動用操作手段(例えば操作レバー)の操作によって、夫々複数の図柄が描かれた複数のリールを回転させる等して、各リール等によって構成された図柄列を変動表示させるとともに、その後、停止用操作手段(例えばストップタン)の操作に応じて各図柄列の変動表示を停止させる、といった遊技が遊技者によって行われるものである。換言すれば、停止操作機能付きのスロットマシーンとして捉えることができるものである。なお、所定時間が経過しても停止用操作手段が操作されない場合には、所定時間経過したことに応じて図柄列の変動表示を停止させるものであってもよい。そして、各図柄列の変動表示の停止時において、表示された単体の図柄が特定の図柄であったり、各図柄列にて表示された図柄の組合せが特定の組合せであったりする等、特定の条件を満たす場合に、満たされた条件に応じて所定個数のメダルを払出したり、遊技者が多量のメダルを獲得することができる遊技者に有利な特別有利状態を発生させたりするものである。

0061

手段9の構成によると、パチスロ機において、上述した手段のいずれかの作用効果を奏することができる。

0062

手段10:手段1から手段7までの何れか一つの遊技機において、
パチンコ機とパチスロ機とを融合させてなることを特徴とする。
ここで、「パチンコ機とパチスロ機とを融合させてなる遊技機」とは、複数個(例えば5個)の遊技球を1単位の投入媒体とし、投入媒体を投入した後、始動用操作手段(例えば操作レバー)の操作に応じて複数の図柄からなる図柄列を変動表示させるとともに、その後、停止用操作手段(例えばストップボタン)の操作に応じて図柄列の変動を停止させるものである。なお、所定時間が経過しても停止用操作手段が操作されない場合には、所定時間経過したことに応じて図柄列の変動表示を停止させるものであってもよい。そして、各図柄列の変動表示の停止時において、表示された単体の図柄が特定の図柄であったり、各図柄列にて表示された図柄の組合せが特定の組合せであったりする等、特定の条件を満たす場合に、満たされた条件に応じて所定個数のメダルを払出したり、遊技者が多量のメダルを獲得することができる遊技者に有利な特別有利状態を発生させたりするものである。

0063

手段10の構成によると、パチンコ機とパチスロ機とを融合させてなる遊技機において、上述した手段のいずれかの作用効果を奏することができる。

発明の効果

0064

このように、本発明によれば、興趣が低下するのを抑制することが可能な遊技機を提供することができる。

図面の簡単な説明

0065

本発明の一実施形態であるパチンコ機の正面図である。
パチンコ機の右側面図である。
パチンコ機の平面図である。
パチンコ機の背面図である。
パチンコ機を前から見た斜視図である。
パチンコ機を後ろから見た斜視図である。
体枠から扉枠を開放させると共に、外枠から本体枠を開放させた状態で前から見たパチンコ機の斜視図である。
パチンコ機を扉枠、遊技盤、本体枠、及び外枠に分解して前から見た分解斜視図である。
パチンコ機を扉枠、遊技盤、本体枠、及び外枠に分解して後ろから見た分解斜視図である。
パチンコ機における外枠の正面図である。
外枠の右側面図である。
外枠を前から見た斜視図である。
外枠を後ろから見た斜視図である。
外枠を分解して前から見た分解斜視図である。
(a)は外枠における外枠側ヒンジ部材の部位を左枠部材を省略して下側から見た斜視図であり、(b)は(a)を分解して示す分解斜視図である。
(a)は外枠の外枠側上ヒンジ部材に対して本体枠の本体枠側上ヒンジ部材が取外されている状態を拡大して示す斜視図であり、(b)は外側上ヒンジ部材に本体側上ヒンジ部材が取付けられている状態を拡大して示す斜視図である。
外枠におけるロック部材の作用を示す説明図である。
(a)は図1におけるA−A断面図であり、(b)は(a)において外枠に対して扉枠と共に本体枠を開いた状態を示す断面図である。
パチンコ機における扉枠の正面図である。
扉枠の背面図である。
扉枠を右前から見た斜視図である。
扉枠を左前から見た斜視図である。
扉枠を後ろから見た斜視図である。
扉枠を主な部材毎に分解して前から見た分解斜視図である。
扉枠を主な部材毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。
扉枠の皿ユニットを前から見た斜視図である。
皿ユニットを後ろから見た斜視図である。
皿ユニットを主な部材毎に分解して前から見た分解斜視図である。
皿ユニットを主な部材毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は皿ユニットの演出操作ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は演出操作ユニットを後ろから見た斜視図である。
演出操作ユニットを主な部材毎に分解して上から見た斜視図である。
演出操作ユニットを主な部材毎に分解して下から見た分解斜視図である。
演出操作ユニットの取付ベースユニットを分解して上から見た分解斜視図である。
取付ベースユニットを分解して下から見た分解斜視図である。
演出操作ユニットのタッチユニットを分解して上から見た分解斜視図である。
タッチユニットを分解して下から見た分解斜視図である。
演出操作ユニットのボタンユニットを分解して上から見た分解斜視図である。
ボタンユニットを分解して下から見た分解斜視図である。
皿ユニットの平面図である。
図39におけるB−B断面において演出操作ユニットの部位を拡大して示す断面図である。
図39におけるC−C断面において演出操作ユニットの部位を拡大して示す断面図である。
(a)は皿ユニットの扉右下演出ユニットの正面図であり、(b)は扉右下演出ユニットの右側面図である。
(a)は扉右下演出ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は扉右下演出ユニットを後ろから見た斜視図である。
図42(b)の扉右下演出ユニットにおけるD−D断面図である。
扉右下演出ユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
扉右下演出ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
扉右下演出ユニットの回転体内部ユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
回転体内部ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は扉右下演出ユニットの扉右下回転体が前を向いた状態の正面図であり、(b)は扉右下回転体が後ろを向いた状態の正面図である。
(a)は皿ユニットの上皿球抜きユニットを皿ユニットベースに取付けた状態で前から見た斜視図であり、(b)は上皿球抜きユニットを皿ユニットベースに取付けた状態で後ろから見た斜視図である。
上皿球抜きユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
上皿球抜きユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は皿ユニットの下皿球抜きユニットを前から見た斜視図であり、(b)は下皿球抜きユニットを後ろから見た斜視図である。
(a)は扉枠のファールカバーユニットを前から見た斜視図であり、(b)はファールカバーユニットを後ろから見た斜視図である。
(a)はファールカバーユニットを蓋部材を外して前から見た分解斜視図であり、(b)はファールカバーユニットを蓋部材を外して後ろから見た分解斜視図である。
蓋部材を外した状態のファールカバーユニットの正面図である。
本体枠を前から見た斜視図である。
本体枠を後ろから見た斜視図である。
本体枠を主な部材毎に分解して前から見た分解斜視図である。
本体枠を主な部材毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。
払出ユニットを前から見た斜視図である。
払出ユニットを後ろから見た斜視図である。
払出ユニットを主な構成毎に分解して前から見た分解斜視図である。
払出ユニットを主な構成毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は払出ユニットの球誘導ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は球誘導ユニットを後ろから見た斜視図である。
球誘導ユニットの分解斜視図である。
(a)は払出ユニットの払出装置を前から見た斜視図であり、(b)は払出装置を後ろから見た斜視図である。
払出装置を分解して前から見た分解斜視図である。
払出装置を分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は払出装置の正面図であり、(b)は(a)におけるE−E線で切断した断面図である。
(a)は払出装置において球抜き可動片により球抜き通路閉鎖した状態を示す説明図であり、(b)は球抜き可動片により球抜き通路を開放した状態を示す説明図である。
払出装置における払出羽根の部位を拡大して示す説明図である。
(a)は払出ユニットにおける上部満タン球経路ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は上部満タン球経路ユニットを後ろから見た斜視図である。
(a)は上部満タン球経路ユニットを分解して前から見た分解斜視図であり、(b)は上部満タン球経路ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は払出ユニットにおける下部満タン球経路ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は下部満タン球経路ユニットを後ろから見た斜視図である。
下部満タン球経路ユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
下部満タン球経路ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は下部満タン球経路ユニットにおいて誘導路開閉扉が閉じている状態を示す説明図であり、(b)は誘導路開閉扉が開いている状態を示す説明図である。
扉枠のファールカバーユニットと下部満タン球経路ユニットとの関係を示す説明図である。
払出ユニットにおける遊技球の流れを示す説明図である。
遊技盤の正面図である。
遊技盤を右前から見た斜視図である。
遊技盤を左前から見た斜視図である。
遊技盤を後ろから見た斜視図である。
遊技盤を主な構成毎に分解して前から見た分解斜視図である。
遊技盤を主な構成毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。
遊技盤における前構成部材及び表ユニットを遊技領域内の前後方向の略中央で切断した正面図である。
(a)は表ユニットにおける始動口ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は始動口ユニットを後ろから見た斜視図である。
(a)は表ユニットにおけるサイドユニット下及びサイドユニット上を前から見た斜視図であり、(b)はサイドユニット下及びサイドユニット上を後ろから見た斜視図である。
表ユニットのセンター役物を前から見た斜視図である。
表ユニットのセンター役物を後ろから見た斜視図である。
センター役物における右側の流路を断面で示す説明図である。
(a)はセンター役物における第二アタッカユニット付近を拡大して示す正面図であり、(b)は(a)におけるF−F線で切断した断面図である。
裏ユニットを前から見た斜視図である。
裏ユニットを後ろから見た斜視図である。
裏ユニットを主な構成毎に分解して前から見た分解斜視図である。
裏ユニットを主な構成毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は遊技盤における裏箱等を前から見た斜視図であり、(b)は裏箱等を後ろから見た斜視図である。
(a)は裏ユニットの裏下後可動演出ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は裏下後可動演出ユニットを後ろから見た斜視図である。
(a)は裏下後可動演出ユニットを主な構成毎に分解して前から見た分解斜視図であり、(b)は裏下後可動演出ユニットを主な構成毎に分解して後から見た分解斜視図である。
裏下後可動演出ユニットの回転駆動ユニットを分解して裏下後第一装飾体及び裏下後第二装飾体と共に前から見た分解斜視図である。
回転駆動ユニットを分解して裏下後第一装飾体及び裏下後第二装飾体と共に後ろから見た分解斜視図である。
裏下後可動演出ユニットの駆動系を正面から示す説明図である。
(a)は通常の状態における裏下後可動演出ユニットの正面図であり、(b)は通常の状態から裏下後第一装飾体及び裏下後第二装飾体を一緒に回転させて裏下後第二装飾体の第二装飾面を正面に向けた状態の正面図であり、(c)は(b)の状態で裏下後第一装飾体及び裏下後第二装飾体を正面視左側移動端まで移動させた状態の正面図である。
(d)は図104(c)の状態で裏下後第一装飾体及び裏下後第二装飾体を一緒に回転させて裏下後第一装飾体の第一装飾面を正面に向けた状態の正面図であり、(e)は(d)の状態から裏下後第一装飾体を回転させて裏下後第一装飾体と裏下後第二装飾体とを開いて裏下後第一装飾体の第二装飾面と裏下後第二装飾体の第二装飾面とを正面に向けた状態の正面図である。
(a)は裏ユニットの裏上左可動演出ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は裏上左可動演出ユニットを後ろから見た斜視図である。
裏上左可動演出ユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
裏上左可動演出ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は裏上左可動演出ユニットを通常の状態で示す正面図であり、(b)は裏上左可動演出ユニットにおける裏上左第一装飾体及び裏上左第二装飾体を正面視右方端の位置に移動させた状態で示す正面図であり、(c)は(b)の状態から裏上左第一装飾体と裏上左第二装飾体を展開した状態で示す正面図である。
(a)は裏ユニットの裏左可動演出ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は裏左可動演出ユニットを後ろから見た斜視図である。
(a)は裏左可動演出ユニットを通常の状態で示す正面図であり、(b)は裏左可動演出ユニットにおける裏左可動装飾体を突出させた状態で示す正面図である。
(a)は裏ユニットの裏上中可動演出ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は裏上中可動演出ユニットを後ろから見た斜視図である。
(a)は裏上中可動演出ユニットを主な構成毎に分解して前から見た分解斜視図であり、(b)は裏上中可動演出ユニットを主な構成毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は裏上中可動演出ユニットの裏上中装飾体ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は裏上中装飾体ユニットを後ろから見た斜視図である。
裏上中装飾体ユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
裏上中装飾体ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は裏上中装飾体ユニットの駆動構成を正面から示す説明図であり、(b)は(a)におけるG−G線で切断した断面図であり、(c)は(b)の状態から一対の裏上中第一装飾体を外方へ完全に開いた状態で示す断面図である。
(a)は通常の状態における裏上中装飾体ユニットの正面図であり、(b)は裏上中装飾体ユニットの一対の裏上中第一装飾体を外方へ半分開いた状態で示す正面図であり、(c)は裏上中装飾体ユニットの一対の裏上中第一装飾体を外方へ完全に開いた状態で示す正面図である。
(a)は裏上中可動演出ユニットの裏上中駆動ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は裏上中可動演出ユニットの裏上中駆動ユニットを後ろから見た斜視図である。
(a)は裏上中駆動ユニットを主な構成毎に分解して前から見た分解斜視図であり、(b)は裏上中駆動ユニットを主な構成毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。
(a)は裏上中駆動ユニットの裏上中回転ユニットを分解して前から見た分解斜視図であり、(b)は裏上中駆動ユニットの裏上中回転ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
裏上中可動演出ユニットの駆動系を概略で正面から示す説明図である。
(a)は通常の状態における裏上中可動演出ユニットの正面図であり、(b)は裏上中可動演出ユニットにおいて裏上中装飾体ユニットを下降させた状態で示す正面図である。
(a)は裏ユニットの裏下前可動演出ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は裏下前可動演出ユニットを後ろから見た斜視図である。
裏下前可動演出ユニットを裏下前装飾体ユニット以外を分解して前から見た分解斜視図である。
裏下前可動演出ユニットを裏下前装飾体ユニット以外を分解して後ろから見た分解斜視図である。
裏下前可動演出ユニットの裏下前装飾体ユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
裏下前可動演出ユニットの裏下前装飾体ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
裏下前可動演出ユニットにおける昇降機構を概略で示す正面図である。
(a)は裏下前装飾体ユニットを上昇させた時の装飾体ユニット昇降機構の状態を概略で示す説明図であり、(b)は(a)においてユニット昇降ピンの部位を拡大して示す説明図であり、(c)は(b)を更に拡大してユニット昇降ピンと昇降用スリットとの関係を示す説明図である。
(a)裏下前可動演出ユニットを通常の状態で示す正面図であり、(b)は(a)の状態から裏下前装飾体ユニットを上昇させた状態を示す正面図であり、(c)は(b)の状態から裏下前装飾体ユニットの裏下前第一装飾体を上昇させた状態を示す正面図である。
裏ユニットの裏下後可動演出ユニットにおいて裏下後第一装飾体及び裏下後第二装飾体を通常の位置で一緒に回転させて第二装飾面を正面に向けた状態で示す遊技盤の正面図である。
裏ユニットの裏下後可動演出ユニットの裏下後第一装飾体と裏下後第二装飾体とを閉じて裏下後第一装飾体の第一装飾面を正面に向けた状態で遊技領域内の左右方向略中央にスライド移動させると共に、裏上左可動演出ユニットの裏上左第一装飾体と裏上左第二装飾体とを遊技領域内の左右方向略中央にスライド移動させた状態で示す遊技盤の正面図である。
図133の状態から裏下後可動演出ユニットの裏下後第一装飾体をヒンジ回転させて開いて裏下後第一装飾体と裏下後第二装飾体の夫々の第二装飾面を正面に向けると共に、裏上左可動演出ユニットの裏上左第二装飾体をヒンジ回転させて開いて裏上左第一装飾体の固定装飾部材と裏上左第二装飾体の第二装飾部材を正面に向けた状態で示す遊技盤の正面図である。
図133の状態から裏下後可動演出ユニットの裏下後第一装飾体をヒンジ回転させて開いて裏下後第一装飾体と裏下後第二装飾体の夫々の第二装飾面を正面に向けた状態で示す遊技盤の正面図である。
裏ユニットの裏下後可動演出ユニットの裏下後第一装飾体と裏下後第二装飾体とを閉じて裏下後第二装飾体の第一装飾面を正面に向けた状態で遊技領域内の左右方向略中央にスライド移動させると共に、裏上左可動演出ユニットの裏上左第一装飾体と裏上左第二装飾体とを閉じた状態で遊技領域内の左右方向略中央にスライド移動させた状態で示す遊技盤の正面図である。
裏ユニットの裏左可動演出ユニットの裏左可動装飾体を正面視右方端の出現位置にスライド移動させた状態で示す遊技盤の正面図である。
裏ユニットにおける裏上中可動演出ユニットの裏上中装飾体ユニットを下降端の位置に移動させると共に裏上中装飾体ユニットを正面視左下がりで斜めに延びるように正面視反時計回りの方向に回転させた状態で示す遊技盤の正面図である。
図138の状態から一対の裏上中第一装飾体を離反させて半開きの中間開状態の位置にスライド移動させた状態で示す遊技盤の正面図である。
図139の状態から一対の裏上中第一装飾体を更に離反させて全開状態の位置にスライド移動させた状態で示す遊技盤の正面図である。
裏ユニットの裏下前可動演出ユニットの裏下前装飾体ユニットを上昇端に位置させた状態で示す遊技盤の正面図である。
図141の状態から裏下前第一装飾体をヒンジ回転させて裏下前第二装飾体の上方に上昇させた状態で示す遊技盤の正面図である。
パチンコ機の制御構成を概略的に示すブロック図である。

実施例

0066

[1.パチンコ機の全体構造
本発明の一実施形態であるパチンコ機1について、図面を参照して詳細に説明する。まず、図1乃至図9を参照して本実施形態のパチンコ機1の全体構成について説明する。図1は本発明の一実施形態であるパチンコ機の正面図である。図2はパチンコ機の右側面図であり、図3はパチンコ機の平面図であり、図4はパチンコ機の背面図である。図5はパチンコ機を前から見た斜視図であり、図6はパチンコ機を後ろから見た斜視図である。図7は本体枠から扉枠を開放させると共に、外枠から本体枠を開放させた状態で前から見たパチンコ機の斜視図である。図8はパチンコ機を扉枠、遊技盤、本体枠、及び外枠に分解して前から見た分解斜視図であり、図9はパチンコ機を扉枠、遊技盤、本体枠、及び外枠に分解して後ろから見た分解斜視図である。

0067

本実施形態のパチンコ機1は、遊技ホール島設備(図示しない)に設置される枠状の外枠2と、外枠2の前面を開閉可能に閉鎖する扉枠3と、扉枠3を開閉可能に支持していると共に外枠2に開閉可能に取付けられている本体枠4と、本体枠4に前側から着脱可能に取付けられると共に扉枠3を通して遊技者側から視認可能とされ遊技者によって遊技球が打込まれる遊技領域5aを有した遊技盤5と、を備えている。

0068

パチンコ機1の外枠2は、図8及び図9等に示すように、上下に離間しており左右に延びている上枠部材10及び下枠部材20と、上枠部材10及び下枠部材20の両端同士を連結しており上下に延びている左枠部材30及び右枠部材40と、を備えている。上枠部材10、下枠部材20、左枠部材30、及び右枠部材40は、前後の幅が同じ幅に形成されている。また、上枠部材10及び下枠部材20の左右の長さに対して、左枠部材30及び右枠部材40の上下の長さが、長く形成されている。

0069

また、外枠2は、左枠部材30及び右枠部材40の下端同士を連結し下枠部材20の前側に取付けられる幕板部材50と、上枠部材10の正面視左端部側に取付けられている外枠側上ヒンジ部材60と、幕板部材50の正面視左端側上部と左枠部材30とに取付けられている外枠側下ヒンジ部材70と、を備えている。外枠2の外枠側上ヒンジ部材60と外枠側下ヒンジ部材70とによって、本体枠4及び扉枠3が開閉可能に取付けられている。

0070

パチンコ機1の扉枠3は、正面視の外形四角形で前後に貫通している貫通口111を有した枠状の扉枠ベースユニット100と、扉枠ベースユニット100の前面下部に取付けられ遊技球を貯留可能な上皿201及び下皿202を有した皿ユニット200と、扉枠ベースユニット100の前面上部に取付けられるトップユニット350と、扉枠ベースユニット100の前面左部に取付けられる左サイドユニット400と、扉枠ベースユニット100の前面右部に取付けられる右サイドユニット450と、扉枠ベースユニット100の前面右下部に皿ユニット200を貫通して取付けられ上皿201に貯留された遊技球を遊技盤5の遊技領域内へ打込むために遊技者が操作可能なハンドルユニット500と、扉枠ベースユニット100の後面下部に取付けられ遊技領域内へ打ち損じた遊技球を受けて皿ユニット200の下皿202へ排出するファールカバーユニット520と、扉枠ベースユニット100の後面下部に取付けられ上皿201の遊技球を球発射装置680へ送るための球送りユニット540と、扉枠ベースユニット100の後面に取付けられ貫通口111を閉鎖するガラスユニット560と、ガラスユニット560の後面下部を覆う防犯カバー580と、を備えている。

0071

パチンコ機1の本体枠4は、一部が外枠2の枠内に挿入可能とされると共に遊技盤5の外周を支持可能とされた枠状の本体枠ベース600と、本体枠ベース600の正面視左側の上下両端に取付けられ外枠2の外枠側上ヒンジ部材60及び外枠側下ヒンジ部材70に夫々回転可能に取付けられると共に扉枠3の扉枠側上ヒンジ部材140及び扉枠側下ヒンジ部材150が夫々回転可能に取付けられる本体枠側上ヒンジ部材620及び本体枠側下ヒンジ部材640と、本体枠ベース600の正面視左側面に取付けられる補強フレーム660と、本体枠ベース600の前面下部に取付けられており遊技盤5の遊技領域5a内に遊技球を打込むための球発射装置680と、本体枠ベースの正面視右側面に取付けられており外枠2と本体枠4、及び扉枠3と本体枠4の間を施錠する施錠ユニット700と、本体枠ベース600の正面視上辺及び左辺に沿って後側に取付けられており遊技者側へ遊技球を払出す逆L字状の払出ユニット800と、本体枠ベース600の後面下部に取付けられている基板ユニット900と、本体枠ベース600の後側に開閉可能に取付けられ本体枠ベース600に取付けられた遊技盤5の後側を覆う裏カバー980と、を備えている。

0072

本体枠4の払出ユニット800は、本体枠ベース600の後側に取付けられる逆L字状の払出ユニットベース801と、払出ユニットベース801の上部に取付けられており上方へ開放された左右に延びた箱状で図示しない島設備から供給される遊技球を貯留する球タンク802と、球タンク802の下側で払出ユニットベース801に取付けられており球タンク802内の遊技球を正面視左方向へ誘導する左右に延びたタンクレール803と、払出ユニットベース801における正面視左側上部の後面に取付けられタンクレール803からの遊技球を蛇行状に下方へ誘導する球誘導ユニット820と、球誘導ユニット820の下側で払出ユニットベース801から着脱可能に取付けられており球誘導ユニット820により誘導された遊技球を払出制御基板ボックス950に収容された払出制御基板951(図143を参照)からの指示に基づいて一つずつ払出す払出装置830と、払出ユニットベース801の後面に取付けられ払出装置830によって払出された遊技球を下方へ誘導すると共に皿ユニット200における上皿201での遊技球の貯留状態に応じて遊技球を通常放出口又は満タン放出口の何れかから放出させる上部満タン球経路ユニット850と、払出ユニットベース801の下端に取付けられ上部満タン球経路ユニット850の通常放出口から放出された遊技球を前方へ誘導して前端から扉枠3の貫通球通路526へ誘導する通常誘導路及び満タン放出口から放出された遊技球を前方へ誘導して前端から扉枠3の満タン球受口530へ誘導する満タン誘導路を有した下部満タン球経路ユニット860と、を備えている。

0073

本体枠4の基板ユニット900は、本体枠ベース600の後側に取付けられる基板ユニットベース910と、基板ユニットベース910の正面視左側で本体枠ベース600の後側に取付けられ内部に低音用のスピーカ921を有したスピーカユニット920と、基板ユニットベース910の後側で正面視右側に取付けられ内部に電源基板が収容されている電源基板ボックス930と、スピーカユニット920の後側に取付けられており内部にインターフェイス制御基板が収容されているインターフェイス制御基板ボックス940と、電源基板ボックス930及びインターフェイス制御基板ボックス940に跨って取付けられており内部に遊技球の払出しを制御する払出制御基板951が収容された払出制御基板ボックス950と、を備えている。

0074

パチンコ機1の遊技盤5は、図8及び図9等に示すように、遊技球が打込まれる遊技領域5aの外周を区画し球発射装置680から発射された遊技球を遊技領域5aの上部に案内する外レール1001及び内レール1002を有した前構成部材1000と、前構成部材1000の後側に取付けられると共に遊技領域5aの後端を区画する平板状の遊技パネル1100と、遊技パネル1100の後側の下部に取付けられており上方に開放された箱状の基板ホルダ1200と、基板ホルダ1200の後側に取付けられておりパチンコ機1の遊技を制御するための主制御基板1310を有している主制御ユニット1300と、遊技パネル1100の前側で遊技領域5a内に取付けられ遊技領域5a内に打込まれた遊技球を受入可能な複数の入賞口を有した表ユニット(図示は省略)と、基板ボックス1200の上側で遊技パネル1100の後側に取付けられている裏ユニット3000と、を備えている。

0075

本実施形態のパチンコ機1は、上皿201に遊技球を貯留した状態で、遊技者がハンドルレバー504を回転操作すると、球発射装置680によってハンドルレバー504の回転角度に応じた強さで遊技球が遊技盤5の遊技領域5a内へ打込まれる。そして、遊技領域5a内に打込まれた遊技球が、図示しない入賞口に受入れられると、受入れられた入賞口に応じて、所定数の遊技球が払出装置830によって上皿201に払出される。この遊技球の払出しによって遊技者の興趣を高めることができるため、上皿201内の遊技球を遊技領域5a内へ打込ませることができ、遊技者に遊技を楽しませることができる。

0076

[2.外枠の全体構成]
パチンコ機1の外枠2について、図10乃至図15を参照して説明する。図10はパチンコ機における外枠の正面図であり、図11は外枠の右側面図である。また、図12は外枠を前から見た斜視図であり、図13は外枠を後ろから見た斜視図である。図14は、外枠を分解して前から見た分解斜視図である。図15は(a)は外枠における外枠側上ヒンジ部材の部位を左枠部材を省略して下側から見た斜視図であり、(b)は(a)を分解して示す分解斜視図である。外枠2は、遊技ホール等のパチンコ機1が設置される島設備(図示は省略)に取付けられるものである。

0077

外枠2は、図示するように、上下に離間しており左右に延びている上枠部材10及び下枠部材20と、上枠部材10及び下枠部材20の両端同士を連結しており上下に延びている左枠部材30及び右枠部材40と、を備えている。上枠部材10、下枠部材20、左枠部材30、及び右枠部材40は、前後の幅が同じ幅に形成されている。また、上枠部材10及び下枠部材20の左右の長さに対して、左枠部材30及び右枠部材40の上下の長さが、長く形成されている。また、外枠2は、上枠部材10及び下枠部材20の左右両端面と、左枠部材30及び右枠部材40の左右方向の外側を向いた側面とが、同一面となるように組立てられている。

0078

また、外枠2は、上枠部材10の正面視左端部側に取付けられている外枠側上ヒンジ部材60と、外枠側上ヒンジ部材60の下面に取付けられているロック部材66と、幕板部材50の正面視左端側上部と左枠部材30とに取付けられている外枠側下ヒンジ部材70と、を備えている。外枠2の外枠側上ヒンジ部材60と外枠側下ヒンジ部材70とによって、本体枠4及び扉枠3を開閉可能に取付けることができる。

0079

また、外枠2は、左枠部材30及び右枠部材40の下端同士を連結し下枠部材20の前側に取付けられる幕板部材50と、幕板部材50の後側に取付けられていると共に両端が左枠部材30及び右枠部材40に夫々取付けられる幕板補強部材80と、幕板部材50の上面における左右中央から左寄りの位置に取付けられている平板状の左滑り部材81と、幕板部材50の上面における右端付近の位置に取付けられている平板状の右滑り部材82と、を備えている。幕板補強部材80は、中実の部材(例えば、木材、合板、等)によって形成されており、下枠部材20、左枠部材30、及び右枠部材40に、取付けられている。

0080

更に、外枠2は、上枠部材10と左枠部材30、上枠部材10と右枠部材40、下枠部材20と左枠部材30、及び下枠部材20と右枠部材40を、夫々連結している連結部材85を備えている。また、外枠2は、右枠部材40の内側(左側面側)に取付けられており後述する施錠ユニット700の外枠用703が係止される上鉤掛部材90及び下鉤掛部材91を、備えている。

0081

[2−1.上枠部材]
外枠2の上枠部材10は、所定厚さの無垢(中実)の材料(例えば、木材、合板、等)によって形成されている。この上枠部材10は、左右両端における前後方向の中央に、上下に貫通しており左右方向中央側へ窪んだ係合切欠部11を備えている。この係合切欠部11内には、連結部材85の後述する左上連結部材85A及び右上連結部材85Bの上横固定部87が取付けられる。また、上枠部材10は、正面視左側端部の上面と前面に、一般面よりも窪んだ取付段部12を備えている。この取付段部12には、外枠側上ヒンジ部材60が取付けられる。

0082

[2−2.下枠部材]
外枠2の下枠部材20は、所定厚さの無垢(中実)の材料(例えば、木材、合板、等)によって形成されている。この下枠部材20は、左右の長さ及び上下の厚さが、上枠部材10の左右の長さ及び上下の厚さと同じ寸法に形成されていると共に、前後の幅が、上枠部材10の前後の幅よりも長く形成されている。下枠部材20は、左右両端における前後方向の中央よりも後側寄りの位置に、上下に貫通しており左右方向中央側へ窪んだ係合切欠部21を備えている。この係合切欠部21内には、連結部材85の後述する左下連結部材85C及び右下連結部材85Dの下横固定部88が取付けられる。

0083

また、下枠部材20は、左右両端の前面から後方へ窪んだ前端切欠部22を備えている。下枠部材20において、前端切欠部22の後端から下枠部材20の後面までの前後方向の幅が、上枠部材10の前後方向の幅と同じ寸法に形成されている。この下枠部材20は、外枠2に組立てた状態で、左右の前端切欠部22同士の間の部位が、幕板部材50内に挿入される。

0084

[2−3.左枠部材及び右枠部材]
外枠2の左枠部材30及び右枠部材40は、一定の断面形状で上下に延びており、アルミ合金等の金属の押出形材によって形成されている。左枠部材20及び右枠部材40は、平面視において互いに対称の形状に形成されている。左枠部材30及び右枠部材40は、外枠2として組立てた時に、左右方向の外側となる側面において、前後方向中央に対して後寄りの位置から後端付近までの間に、内側へ窪んだ凹部31,41と、凹部31,41の反対側の側面から膨出しており内部が空洞に形成されている突出部32,42と、を備えている。この左枠部材30及び右枠部材40は、突出部32,42によって、強度・剛性が高められている。また、突出部32,42内には、連結部材85の後述する左上連結部材85A及び右上連結部材85Bの後側の下横固定部88が挿入されて取付けられる。

0085

また、左枠部材30及び右枠部材40は、表面に上下に延びた複数の溝が形成されている。この複数の溝によって、パチンコ機1を遊技ホール等の島設備に設置したり運搬したりする等の際に、作業者指掛りとなってパチンコ機1を持ち易くすることができると共に、パチンコ機1の外観意匠性を高めることとができる。

0086

[2−4.幕板部材]
外枠2の幕板部材50は、後側が開放された箱状に形成されている。幕板部材50は、上面における正面視左端付近に後方へ平板状に延出している後方延出部51と、後方延出部51の左端から遊技球が通過可能な大きさでU字状に切欠かれており上下に貫通している左排出孔52と、後方延出部51における左排出孔52の右側において遊技球が通過可能な大きさで上下に貫通している右排出孔53と、後方延出部51の後端を含む幕板部材50の上面の後端から上方へ平板状に延出している立壁部54と、立壁部54の上端付近から前方へ膨出しており前面が上方へ向かうに従って後方へ向かうように傾斜している返し部55と、を備えている。

0087

幕板部材50は、後方延出部51の前側の上面と、後方延出部51の上面とに、外枠側下ヒンジ部材70が載置されるように、外枠側下ヒンジ部材70の後述する水平部71が取付けられる。また、幕板部材50の左排出孔52は、外枠2に組立てた状態で外枠側下ヒンジ部材60の後述する排出孔74と一致する位置に形成されている。また、右排出孔53は、外枠に組立てた状態で外枠側下ヒンジ部材60よりも右側となる位置に形成されている。右排出孔53は、左排出孔52よりも大きく形成されている(図18等を参照)。

0088

また、幕板部材50は、後方延出部51よりも右側の上面が、前端側が低くなるように傾斜している。また、幕板部材50は、上面における後方延出部51よりも右側の部位に左滑り部材81を取付けるための左取付部56と、上面における右端付近に右滑り部材82を取付けるための右取付部57と、を備えている。幕板部材50は、上面に、左滑り部材81及び右滑り部材82を介して本体枠3の下面が載置される。

0089

この幕板部材50は、図示するように、前面に浅いレリーフ状の装飾が形成されている。また、幕板部材50は、図示は省略するが、箱状の内部が複数のリブによって格子状に仕切られており、強度・剛性が高められている。また、幕板部材50は、幕板補強部材80の前側半分を、内部に収容可能に形成されている。

0090

[2−5.外枠側上ヒンジ部材]
外枠2の外枠側上ヒンジ部材60は、図示するように、水平に延びた平板状で外形が四角形の上固定部61と、上固定部61の前端から前方へ延出している平板状の前方延出部62と、前方延出部62の右端から前方へ向かうに従って前方延出部62の左右中央へ延びており上下に貫通している軸受溝63と、上固定部61の平面視左辺から下方へ延びている平板状の横固定部64と、前方延出部62の左端から前端を周って軸受溝63が開口している部位までの端辺から下方へ延びており横固定部64と連続している平板状の垂下部65と、を備えている(図15(b)等を参照)。

0091

外枠側上ヒンジ部材60は、外枠2が組立てられた状態で、上固定部61が、上枠部材10の取付段部12の上面に載置されており、図示しないビスによって固定されている。また、前方延出部62は、上枠部材10の前端よりも前方へ延出している。また、横固定部64は、左枠部材30の外側側面の凹部31内に上側から挿入された状態で、ビスによって左枠部材30に固定されている。

0092

この外枠側上ヒンジ部材60は、軸受溝63内に本体枠側上ヒンジ部材620の本体枠上ヒンジピン622を挿入させることで、外枠側下ヒンジ部材70と協働して本体枠4を開閉可能に支持することができる。この外枠側上ヒンジ部材60は、金属板をプレス成型により屈曲させて形成されている。

0093

[2−6.ロック部材]
外枠2のロック部材66は、図15に示すように、左右が所定幅で前後に延びている帯板状のロック本体66aと、ロック本体66aの後端から右方へ突出している操作部66bと、ロック本体66aの後端から左方へ延びた後に斜め左前方へ延びている弾性変形可能な棒状の弾性部66cと、ロック本体66aの後端付近で上下に貫通している取付孔66dと、を備えている。このロック部材66は、合成樹脂によって形成されている。ロック部材66は、取付ビス67によって、外枠側上ヒンジ部材60における前方延出部62の下面に回動可能に取付けられる。

0094

このロック部材66は、取付孔66dを通して、ロック本体66aの後端が、外枠側上ヒンジ部材60の前方延出部62における軸受溝63よりも後側の位置に取付けられる。また、ロック部材66を外枠側上ヒンジ部材60に取付けた状態では、ロック本体66aが、平面視で軸受溝63を遮ることができると共に、前端付近の右側面が、外枠側上ヒンジ部材60の垂下部65における軸受溝63の開口まで延びている部位と当接可能となるように前方へ延びている(図17を参照)。

0095

また、ロック本体66aの後端から左方へ延びている弾性部66cの先端は、外枠側上ヒンジ部材60における垂下部65の内周面に当接している。このロック部材66は、弾性部66cの付勢力によって取付孔66dを中心に、前端が左方へ回動する方向に付勢されている。従って、通常の状態では、ロック部材66のロック本体66aの前端付近の右側面が、垂下部65に当接している(図17を参照)。この状態では、軸受溝63におけるロック本体66aよりも前側の部位に、本体枠側上ヒンジ部材620の後述する本体枠上ヒンジピン622を収容可能な空間が形成される。

0096

このロック部材66は、操作部66bを操作することで、弾性部66cの付勢力に抗してロック本体66aを回動させることができる。そして、操作部66bの操作によって、ロック本体66aを、その前端が左方へ移動する方向へ回動させることで、平面視において軸受溝63からロック本体66aを後退させることができ、軸受溝63が全通している状態とすることができる。これにより、軸受溝63内に本体枠上ヒンジピン622を挿入したり、軸受溝63内から本体枠上ヒンジピン622を外したりすることができる。

0097

[2−7.外枠側下ヒンジ部材]
外枠2の外枠側下ヒンジ部材70は、図示するように、水平に延びている平板状の水平部71と、水平部71の左辺において前後方向中央よりも後側の部位から上方へ立上がっている平板状の立上り部72と、水平部71の前端付近から上方へ突出している外枠下ヒンジピン73と、水平部71を上下に貫通しており遊技球が一つのみ通過可能な大きさの排出孔74と、を備えている。この外枠側下ヒンジ部材70は、金属板をプレス成型により屈曲させて形成されている。

0098

外枠側下ヒンジ部材70の水平部71は、平面視において、左辺を底辺とした台形に形成されている。外枠下ヒンジピン73は、円柱状で、上下方向中央よりも上部が、上端が窄まった円錐台状に形成されている。この外枠下ヒンジピン73は、水平部71の前端付近における左寄りの位置に取付けられている。排出孔74は、水平部71において、立上り部72の前後方向中央の部位と接し、水平部71の左辺から右方へ逆U字状に延びるように形成されている。この排出孔74は、幕板部材50の左排出孔52と、略同じ大きさに形成されている。

0099

外枠側下ヒンジ部材70は、外枠2が組立てられた状態では、水平部71が、幕板部材50の左端付近の上面と後方延出部51上に載置されており、水平部71が、幕板部材50の上面を貫通する図示しないビスによって幕板補強部材80に固定されている。また、外枠2が組立てられた状態では、立上り部72が、左枠部材30の内側側面における突出部32よりも前側の部位に、図示しないビスによって取付けられている。この外枠側下ヒンジ部材70は、外枠下ヒンジピン73を、本体枠4の本体枠側下ヒンジ部材640における本体枠用下ヒンジ孔(図示は省略)に挿通させることで、外枠側上ヒンジ部材60と協働して本体枠4を開閉可能に取付けることができる。

0100

また、外枠2が組立てられた状態では、排出孔74が、幕板部材50の左排出孔52と一致している。これにより、水平部71上の遊技球を、排出孔74及び左排出孔52を通して、幕板部材50の後側へ落下(排出)させることができる。詳述すると、外枠2に対して本体枠4を閉じる時に、外枠2と本体枠4との間に落下した遊技球が、本体枠4が閉じられるのに従って、外枠2と本体枠4との間が徐々に狭くなることから、間隔が広い後方側へ転動とすることとなり、排出孔74から排出させることができる。この際に、排出孔74が、パチンコ機1に組立てた状態で、外枠2に対して本体枠4を閉じた時に、本体枠4の後端と略同じとなる位置に形成されているため、外枠2と本体枠4との間に落下した遊技球を、排出孔74から排出させることで本体枠4よりも後側へ転動するのを阻止し易くすることができ、外枠側下ヒンジ部材70の部位に遊技球が留まり難くすることができる。

0101

[2−8.連結部材]
外枠2の連結部材85は、上枠部材10と左枠部材30とを連結する左上連結部材85Aと、上枠部材10と右枠部材40とを連結する右上連結部材85Bと、下枠部材20と左枠部材30とを連結する左下連結部材85Cと、下枠部材20と右枠部材40とを連結する右下連結部材85Dと、がある。

0102

連結部材85は、水平に延びた平板状の水平固定部86と、水平固定部86の左右側辺の何れか一方から上方へ延出している平板状の上横固定部87と、水平固定部86における上横固定部87が延出している部位と同じ側から下方へ延出している平板状の下横固定部88と、を備えている。この連結部材85は、平板状の金属板を屈曲させて形成されている。

0103

左上連結部材85A及び右上連結部材85Bでは、水平固定部86の前後方向の中央から上横固定部87が上方へ延出していると共に、上横固定部87の前後両側から下横固定部88が下方へ延出している。つまり、左上連結部材85A及び右上連結部材85Bでは、下横固定部88が前後に離間して二つ備えられている。左上連結部材85A及び右上連結部材85Bの水平固定部86は、上枠部材10の下面に当接した状態で上枠部材10に固定される。また、左上連結部材85A及び右上連結部材85Bの上横固定部87は、上枠部材10の係合切欠部11内に挿入されて、上枠部材10の左右方向の端部に固定される。また、左上連結部材85A及び右上連結部材85Bの前側の下横固定部88は、左枠部材30又は右枠部材40突出部32,42よりも前側の内側側面に固定される。更に、左上連結部材85A及び右上連結部材85Bの後側の下横固定部88は、左枠部材30又は右枠部材40突出部32,42内に挿入されて外側側面から捩じ込まれるビスにより左枠部材30又は右枠部材40に固定される。

0104

左下連結部材85C及び右下連結部材85Dでは、上横固定部87の後端が、水平固定部86の後端よりも後方へ突出していると共に、上横固定部87の水平固定部86よりも後方へ突出している部位の下端から下横固定部88が水平固定部86よりも下方へ延出している。また、左下連結部材85C及び右下連結部材85Dでは、上横固定部87の後端から水平固定部86と同じ側へ突出している屈曲部89を更に備えている。左下連結部材85C及び右下連結部材85Dの水平固定部86は、下枠部材20の上面に当接した状態で固定される。また、左下連結部材85C及び右下連結部材85Dの上横固定部87は、左枠部材30又は右枠部材40の突出部32,42よりも前側の内側側面に固定される。更に、左下連結部材85C及び右下連結部材85Dの下横固定部88は、下枠部材20の係合切欠部21内に挿入されて下枠部材20の左右方向の端部面に固定される。

0105

[2−9.外枠側上ヒンジ部材のロック機構
次に、本実施形態のパチンコ機1の外枠2において、外枠側上ヒンジ部材60におけるロック部材66による本体枠4の本体枠側上ヒンジ部材620に対するロック機構について、図16及び図17を参照して説明する。図16は(a)は外枠の外枠側上ヒンジ部材に対して本体枠の本体枠側上ヒンジ部材が取外されている状態を拡大して示す斜視図であり、(b)は外側上ヒンジ部材に本体側上ヒンジ部材が取付けられている状態を拡大して示す斜視図である。図17は外枠におけるロック部材の作用を示す説明図である。

0106

外枠2におけるロック部材66は、外枠側上ヒンジ部材60の前方延出部62に取付けた状態(通常の状態)では、弾性部66cの先端が垂下部65の内周面と当接しており、ロック本体66aがく字状に屈曲した軸受溝63の一部を閉塞するようになっていると共に、ロック本体66aの先端部分が、軸受溝63の最深部分を閉塞した状態とはならず、軸受溝63の最深部分に本体枠4の本体枠側上ヒンジ部材620の本体枠上ヒンジピン622を挿入可能な空間が形成された状態となっている。

0107

本実施形態における外枠側上ヒンジ部材60とロック部材66とを用いた本体枠上ヒンジピン622の支持機構は、本体枠上ヒンジピン622が軸受溝63の最深部分に挿入されてロック本体66aの前端の右側面が、右側の垂下部65と接近している状態(この状態ではロック本体66aの前端の右側面と右側の垂下部65との間に僅かな隙間があり当接した状態となっていない)である通常の軸支状態においては、屈曲している軸受溝63の最深部分に位置する本体枠上ヒンジピン622とロック本体63の前端面との夫々の中心が斜め方向にずれて対向した状態となっている。

0108

そして、この通常の軸支状態においては、重量のある本体枠4を軸支している本体枠上ヒンジピン622が軸受溝63の前端部分に当接した状態となっているので、本体枠上ヒンジピン622からロック部材66aの前端面への負荷がほとんどかかっていない。つまり、ロック部材66の弾性部66cに対し負荷がかかっていない状態となっている。なお、ロック本体66aの前端面が円弧状に形成されているため、ロック部材66を回動させるために操作部66bを回動操作した時に、ロック部材66がスムーズに回動するようになっている。また、図示では、ロック本体66aの前端面の円弧中心が、取付孔66dの中心(ロック部材66の回転中心)とされている。

0109

従って、本体枠上ヒンジピン622がく字状に形成された軸受溝63の傾斜に沿って抜ける方向に作用力Fがかかって、ロック本体66aの円弧状の前端面に当接したとき、その作用力Fを、本体枠上ヒンジピン622と円弧状の前端面との当接部分に作用する分力F1(ロック本体66aの前端面の円弧の法線方向)と、本体枠上ヒンジピン622と軸受溝63の一側内面との当接部分に作用する分力F2と、に分けたときに、分力F1の方向が取付孔66d(取付ビス67)の中心(ロック部材66の回転中心)を向くため、ロック部材66のロック本体66aの前端が、右側の垂下部65から離れる方向に回転させるモーメントが働かず、本体枠上ヒンジピン622がロック部材66のロック本体66aの前端部と軸受溝63の一側内面との間に挟持された状態が保持される。

0110

このため、通常の軸支状態、或は、本体枠上ヒンジピン622の作用力がロック部材66にかかった状態でも、ロック部材66の弾性部66cに常時負荷がかからず、合成樹脂で一体形成される弾性部66cのクリープによる塑性変形を防止し、長期間に亘って本体枠上ヒンジピン622の軸受溝63からの脱落を防止することができる。なお、仮に無理な力がかかってロック部材66のロック本体66aの前端部が右方へ移動する方向へ回転させられても、ロック本体66aの前端右側面が垂下部65に当接してそれ以上回転しないので、ロック部材66が前方延出部62の外側にはみ出ないようになっている。

0111

なお、ロック本体66aの前端面の形状は円弧状でなくても、上記した分力F1の作用により回転モーメントが生じない位置又はロック部材66をその前端部が前方突出部62の外側に向って回転させる回転モーメントが生ずる位置にロック部材66の回転中心(取付ビス67により固定される軸)を位置させることにより、常時ロック部材66の弾性部66cに対しても負荷がかかることはないし、ロック部材66が回転してもロック本体66aの前端の右側面が垂下部65に当接するだけであるため、ロック部材66が前方延出部62の外側にはみ出ることもない。

0112

外枠側上ヒンジ部材60の軸受溝63に、本体枠側上ヒンジ部材620の本体枠上ヒンジピン622を支持させる場合は、軸受溝63の開放されている側から軸受溝63内に本体枠上ヒンジピン622を挿入する。軸受溝63内に本体枠上ヒンジピン622を挿入すると、ロック部材66のロック本体66aの右側面に本体枠上ヒンジピン622が当接し、弾性部66cの付勢力に抗してロック本体66aの前端が左方へ移動するようにロック部材66が取付ビス67を中心に回動する。これにより、軸受溝63を閉鎖していたロック本体66aが後退して軸受溝63が開放され、軸受溝63の最深部(前端)へ本体枠上ヒンジピン622を移動させることができるようになる。

0113

そして、軸受溝63の最深部に本体枠上ヒンジピン622を移動させると、本体枠上ヒンジピン622とロック部材66のロック本体66aとの当接が解除され、弾性部66cの付勢力によってロック本体66aの前端が右方へ移動するようにロック部材66が回動し、ロック部材66が通常の状態に復帰する。これにより、本体枠上ヒンジピン622が、軸受溝63内におけるロック本体66aの前端よりも前側の空間に収容された状態となり、本体枠上ヒンジピン622が、軸受溝63の最深部において回動可能な状態で保持(ロック)された状態となる。

0114

軸受溝63内から本体枠上ヒンジピン622を取外す場合は、ロック部材66の操作部66bを操作して、ロック本体66aの前端が左方へ移動するようにロック部材66を回動させ、弾性部66cの付勢力に抗して軸受溝63からロック本体66aを後退させる。これにより、軸受溝63の最深部と開口部とが連通した状態となり、軸受溝63から本体枠上ヒンジピン622を取外すことができる。

0115

[2−10.外枠側下ヒンジ部材の部位における防犯機構と球噛み防止機構
本実施形態のパチンコ機1における外枠2の外枠側下ヒンジ部材70の部位における防犯機構と外枠2と本体枠4との間に遊技球が挟まれるのを防止するための球噛み防止機構について、図18を参照して説明する。図18(a)は図1におけるA−A断面図であり、(b)は(a)において外枠に対して扉枠と共に本体枠を開いた状態を示す断面図である。

0116

外枠2は、組立てた状態では、幕板部材50の上面における正面視左端部に外枠側下ヒンジ部材70が取付けられている。外枠側下ヒンジ部材70の水平部71は、幕板部材50の上面の左端付近と後方延出部51の上面とに載置された状態で取付けられている。この幕板部材50には、上面の後端から上方へ立上がっている立壁部54を備えている。これにより、外枠側下ヒンジ部材70と本体枠側下ヒンジ部材640との間の隙間を通して、本体枠4(パチンコ機1)の後側へピアノ線等の不正な工具を侵入させようとしても、不正な工具の先端が幕板部材50の上面の後端から上方へ延出している立壁部54に当接するため、不正な工具がこれ以上後側へ挿入されるのを阻止することができ、外枠側下ヒンジ部材70の部位を介して不正行為が行われるのを防止することができる。

0117

また、立壁部54の上端に、前方へ延出している返し部55を備えているため、立壁部54に当接した不正な工具が上方へ曲がった場合、返し部55によって不正な工具の先端を更に前方へ折返させることができるため、本体枠4の後側に不正な工具が侵入させられるのを阻止することができ、外枠側下ヒンジ部材70の部位を介して不正行為が行われるのを確実に阻止することができる。

0118

ところで、幕板部材50の上面の後端に上方へ延出している立壁部54を備えるようにした場合、図18(b)に示すように、外枠2に対して本体枠4を開いている状態で、遊技球が外枠側下ヒンジ部材70(水平部71)上に落下した場合、水平部71上の遊技球が、立壁部54の存在によって水平部71の後端から後方へ排出されないため、外枠2と本体枠4との間に挟まれてしまう虞がある。これに対して、本実施形態では、外枠側下ヒンジ部材70の水平部71と、幕板部材50の後方延出部51とに、遊技球が通過可能な排出孔74、右排出孔52、及び左排出孔53を備えているため、外枠側下ヒンジ部材70の水平部71上の遊技球を、排出孔74等から下方へ排出することができ、外枠2と本体枠4との間に遊技球が挟まれるのを低減させることができる。

0119

従って、外枠2と本体枠4との間に遊技球が挟まれることで、外枠側下ヒンジ部材70の周りが破損したり、本体枠4が正常な状態で閉まらずに外枠2と本体枠4との間に隙間ができてしまい、その隙間を使って不正行為が行われてしまったりするのを防止することができる。

0120

[3.扉枠の全体構成]
パチンコ機1の扉枠3について、図19乃至図25を参照して説明する。図19はパチンコ機における扉枠の正面図であり、図20は扉枠の背面図である。図21は扉枠を右前から見た斜視図であり、図22は扉枠を左前から見た斜視図であり、図23は扉枠を後ろから見た斜視図である。図24は扉枠を主な部材毎に分解して前から見た分解斜視図であり、図25は扉枠を主な部材毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。

0121

扉枠3は、正面視の外形が四角形で枠状の扉枠ベースユニット100と、扉枠ベースユニット100の前面下部に取付けられる皿ユニット200と、扉枠ベースユニット100の前面上部に取付けられるトップユニット350と、扉枠ベースユニット100の前面左部に取付けられる左サイドユニット400と、扉枠ベースユニット100の前面右部に取付けられる右サイドユニット450と、扉枠ベースユニット100の前面右下部に皿ユニット200を貫通して取付けられるハンドルユニット500と、を備えている。

0122

また、扉枠3は、扉枠ベースユニット100の後面下部に取付けられるファールカバーユニット520と、扉枠ベースユニット100の後面下部に取付けられる球送りユニット540と、扉枠ベースユニット100の後面に取付けられ貫通口111を閉鎖するガラスユニット560と、ガラスユニット560の後面下部を覆う防犯カバー580と、を備えている。

0123

扉枠3の扉枠ベースユニット100は、図24及び図25に等に示すように、外形が縦長の長方形で前後に貫通している貫通口111を有した板状の扉枠ベース110と、扉枠ベース110の前面で正面視右下隅に取付けられておりハンドルユニット500を取付けるための筒状のハンドル取付部材120と、扉枠ベース110の後側に取付けられている枠状の補強ユニット130と、補強ユニット130の正面視左端側の上下両端に取付けられており前方へ突出して本体枠4の本体枠側上ヒンジ部材620及び本体枠側下ヒンジ部材640に回転可能に取付けられる扉枠側上ヒンジ部材140及び扉枠側下ヒンジ部材150と、扉枠ベース110の後側に回動可能に取付けられておりガラスユニット560を着脱可能に取付けるためのガラスユニット取付部材160と、を備えている。

0124

扉枠3の皿ユニット200は、詳細は後述するが、上下に列設されており前方へ膨出しており遊技球を貯留可能な上皿201及び下皿202と、上皿201及び下皿202が取付けられていると共に扉枠ベースユニット100の前面に取付けられる板状の皿ユニットベース210と、上皿201の前側で皿ユニットベース210に取付けられ画像を表示可能な上皿液晶表示装置244、遊技者が操作可能なタッチパネル246及び上皿演出ボタン257を有している演出操作ユニット220と、上皿201及び下皿202を前側から覆う皿ユニットカバー260と、正面視上皿201の右側に配置されており遊技状態に応じて回転する扉右下回転体270Aを有している扉右下演出ユニット270と、扉右下演出ユニット270を前側から覆う透明な演出ユニットカバー300と、上皿201に貯留されている遊技球を下皿202へ抜くための上皿球抜きユニット310と、下皿202に貯留されている遊技球を下方へ抜くための下皿球抜きユニット320と、遊技ホールの島設備においてパチンコ機1と隣接して配置される球貸機(図示は省略する。CRユニットとも称す)を操作するための球貸操作ユニット330と、皿ユニットベース210の上部に取付けられており発光装飾可能な上皿トップ装飾部材340と、を主に備えている。

0125

扉枠3のトップユニット350は、図24及び図25等に示すように、扉枠ベースユニット100の前面において上辺に沿って取付けられる一部が透光性を有したユニットベース360と、ユニットベース360の前面で左右の中央に取付けられており前方へ膨出している透光性を有したトップ装飾部材370と、トップ装飾部材370内に取付けられており高音域のサウンドを出力するトップスピーカ(図示は省略)と、ユニットベース360の後側に取付けられており前面に複数のLEDが取付けられている扉枠上装飾基板380と、を備えている。

0126

扉枠3の左サイドユニット400は、図24及び図25等に示すように、扉枠ベースユニット100の前面で貫通口111の左側外周縁に沿って取付けられる平板状のユニットベース410と、ユニットベース410の前面に取付けられており上端がトップユニット350のトップ装飾部材370の左端まで延びている透光性を有した左サイド装飾部材420と、左サイド装飾部材420の前側で正面視扉枠3の左上隅となる位置に取付けられており左スピーカ(図示は省略)を有した左スピーカユニット430と、ユニットベース410の後側に取付けられており前面に複数のLEDが取付けられた扉枠左装飾基板440と、を備えている。

0127

扉枠3の右サイドユニット450は、図24及び図25等に示すように、扉枠ベースユニット100の前面で貫通口111の右側外周縁に沿って取付けられる平板状のユニットベース460と、ユニットベース460の前側に取付けられており上端がトップユニット350のトップ装飾部材370の右端まで延びている透光性を有した右サイド装飾部材470と、右サイド装飾部材470の前面で正面視扉枠3の右上隅となる位置に取付けられており右スピーカ(図示は省略)を有した右スピーカユニット480と、ユニットベース460と右サイド装飾部材470との間に取付けられており前面に複数のLEDが取付けられた扉枠右装飾基板(図示は省略)と、を備えている。

0128

扉枠3のハンドルユニット500は、図24及び図25等に示すように、扉枠ベースユニット100のハンドル取付部材120に取付けられるハンドル本体502と、ハンドル本体502に回動可能に取付けられており遊技者が回動操作可能なハンドルレバー504と、ハンドルレバー504の前側からハンドル本体502に取付けられておりハンドル本体502と協働してハンドルレバー504を回動可能に支持しているハンドルカバー506と、を備えている。また、ハンドルユニット500は、図示は省略するが、ハンドル本体502内に取付けられておりハンドルレバー504の回転角度を検知するハンドル操作センサ507(図143を参照)と、ハンドル本体502に取付けられており遊技者が操作可能なストップボタンと、ハンドル本体502内に取付けられており遊技者とハンドルレバー504との接触を検知する接触検知センサ509(図143を参照)と、を備えている。

0129

扉枠3のファールカバーユニット520は、図24図25、及び図54乃至図56等に示すように、扉枠ベースユニット100の後側に取付けられ前側が開放された浅い箱状のユニット本体522と、ユニット本体522の前面に取付けられている平板状の蓋部材524と、を主に備えている。ファールカバーユニット520は、正面視左上隅において前後に貫通しており本体枠4の下部満タン球経路ユニット860の通常誘導路と皿ユニット200の上皿球供給口210aとを連通させる貫通球通路526と、貫通球通路526の正面視右側で後方へ向かって開口しており本体枠4の下部満タン球経路ユニット860の満タン誘導路と連通可能な満タン球受口528と、満タン球受口528の正面視右側で上方へ向かって開口しており本体枠4の球発射装置680により発射されにも関わらず遊技領域5a内へ到達しなかった遊技球(ファール球)を受けるファール球受口530と、正面視右下隅で前方へ向かって開口しており満タン球受口528及びファール球受口530に受入れられた遊技球を放出すると共に皿ユニット200の下皿球供給口210cと連通する球放出口532と、を備えている。

0130

扉枠3の球送りユニット540は、図24及び図25等に示すように、左右に延びており後側が開放された箱状のユニット本体542と、ユニット本体542の後側に取付けられており前側が開放された箱状でファールカバーユニット520の正面視右側で扉枠ベースユニット100の後側に着脱可能に取付けられるユニットカバー544と、前方へ向かって開口しており皿ユニット200の上皿201に貯留されている遊技球が進入する球進入口546と、球進入口546に進入した遊技球を放出可能とされており後方へ向かって開口している球放出口548と、球進入口546に進入した遊技球を排出可能とされており球進入口546の下側で前方へ向かって開口している球排出口550と、を備えている。また、球送りユニット540は、図示は省略するが、球進入口546から進入した遊技球を一つずつ球放出口548から放出させるための球送りソレノイド551(図143を参照)と、球進入口546から進入した遊技球を球放出口548側又は球排出口550側の何れかに切換える切換機構と、を備えている。

0131

扉枠3のガラスユニット560は、図24及び図25等に示すように、扉枠ベースユニット100の貫通口111よりも大きい枠状のユニット枠562と、ユニット枠562の前後両側に取付けられておりユニット枠562の枠内を閉鎖する一対のガラス板564と、を備えている。

0132

[3−1.皿ユニットの全体構成]
扉枠3の皿ユニット200について、図26乃至図41を参照して詳細に説明する。図26は扉枠の皿ユニットを前から見た斜視図であり、図27は皿ユニットを後ろから見た斜視図である。図28は皿ユニットを主な部材毎に分解して前から見た分解斜視図であり、図29は皿ユニットを主な部材毎に分解して後ろから見た分解斜視図である。図30(a)は皿ユニットの演出操作ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は演出操作ユニットを後ろから見た斜視図である。図31は演出操作ユニットを主な部材毎に分解して上から見た斜視図であり、図32は演出操作ユニットを主な部材毎に分解して下から見た分解斜視図である。図33は演出操作ユニットの取付ベースユニットを分解して上から見た分解斜視図であり、図34は取付ベースユニットを分解して下から見た分解斜視図である。

0133

また、図35は演出操作ユニットのタッチユニットを分解して上から見た分解斜視図であり、図36はタッチユニットを分解して下から見た分解斜視図である。図37は演出操作ユニットのボタンユニットを分解して上から見た分解斜視図であり、図38はボタンユニットを分解して下から見た分解斜視図である。図39は皿ユニットの平面図であり、図40図39におけるB−B断面において演出操作ユニットの部位を拡大して示す断面図であり、図41図39におけるC−C断面において演出操作ユニットの部位を拡大して示す断面図である。

0134

更に、図42(a)は皿ユニットの扉右下演出ユニットの正面図であり、(b)は扉右下演出ユニットの右側面図であり、図43(a)は扉右下演出ユニットを前から見た斜視図であり、(b)は扉右下演出ユニットを後ろから見た斜視図である。図44は、図42(b)の扉右下演出ユニットにおけるD−D断面図である。図45は扉右下演出ユニットを分解して前から見た分解斜視図であり、図46は扉右下演出ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。図47は扉右下演出ユニットの回転体内部ユニットを分解して前から見た分解斜視図であり、図48は回転体内部ユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。図49(a)は扉右下演出ユニットの扉右下回転体が前を向いた状態の正面図であり、(b)は扉右下回転体が後ろを向いた状態の正面図である。

0135

また、図50(a)は皿ユニットの上皿球抜きユニットを皿ユニットベースに取付けた状態で前から見た斜視図であり、(b)は上皿球抜きユニットを皿ユニットベースに取付けた状態で後ろから見た斜視図である。図51は上皿球抜きユニットを分解して前から見た分解斜視図であり、図52は上皿球抜きユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。また、図53(a)は皿ユニットの下皿球抜きユニットを前から見た斜視図であり、(b)下皿球抜きユニットを分解して前から見た分解斜視図である。

0136

皿ユニット200は、扉枠ベースユニット100から前方へ膨出している。この皿ユニット200は、払出装置830から払出され遊技領域5a内に打込むための遊技球を貯留する上皿201と、上皿201の下側に配置されており上皿201から供給される遊技球を貯留可能な下皿202と、を備えている。また、皿ユニット200は、扉枠ベースユニット100に取付けられる平板状の皿ユニットベース210と、皿ユニットベース210の前面上部に取付けられると共に左右中央より左側が前方へ大きく膨出しており上皿201を形成している上皿本体212と、皿ユニットベース210の前面下部で左右中央に取付けられると共に前方へ大きく膨出しており下皿202を形成している下皿本体214と、を備えている。

0137

また、皿ユニット200は、上皿本体212の前側及び皿ユニットベース210の前面に取付けられる演出操作ユニット220と、上皿本体212、下皿本体214、及び演出操作ユニットの前側及び下側を覆い皿ユニットベース210の前面に取付けられる皿ユニットカバー260と、演出操作ユニット220の右側に配置されており皿ユニットベース210の前面右部に取付けられる扉右下演出ユニット270と、扉右下演出ユニット270の前側を覆い皿ユニットベース210の前面に取付けられる演出ユニットカバー300と、皿ユニットベース210を前後から挟むように取付けられており上皿本体212の上皿201内に貯留されている遊技球を下皿202へ抜き取るための上皿球抜きユニット310と、下皿本体214の下側に取付けられており下皿202に貯留されている遊技球を下方へ排出するための下皿球抜きユニット320と、を備えている。

0138

更に、皿ユニット200は、演出操作ユニット220の上面に取付けられており遊技ホールの島設備においてパチンコ機1と隣接して配置される球貸機を操作するための球貸操作ユニット330と、皿ユニットベース210の上部に取付けられており発光装飾可能な上皿トップ装飾部材340と、皿ユニットカバー260の後側で皿ユニットベース210の前面左側に取付けられており前方へ向かって光を照射可能な複数のLEDを備えている皿ユニット左装飾基板345と、演出ユニットカバー300の後側且つ扉右下演出ユニット270の下側で皿ユニットベース210の前面右側に取付けられており前方へ向かって光を照射可能な複数のLEDを備えている皿ユニット右装飾基板346と、皿ユニットベース210の後側に取付けられており後述する上皿前装飾基板233、上皿後装飾基板235、上皿液晶基板241、加振装置242、タッチパネル246、演出ボタン装飾基板251、演出ボタン押圧センサ258、扉右下中継基板281、皿ユニット左装飾基板345、及び皿ユニット右装飾基板346と遊技盤5の図示しない周辺制御基板1510との接続を中継する皿ユニット中継基板347と、を備えている。

0139

[3−1a.皿ユニットベース]
皿ユニット200の皿ユニットベース210は、図28及び図29に示すように、扉枠ベースユニット100の全幅に亘って左右に長く延びている。皿ユニットベース210は、正面視左上隅付近で前後に貫通していると共に後方へ筒状に延びている上皿球供給口210aと、上皿球供給口210aの下側で前後に貫通していると共に上下に延びている複数の長穴からなるスピーカスリット210bと、正面視左右中央の下部において前後に貫通していると共に後方へ筒状に延びている下皿球供給口210cと、下皿球供給口210cの正面視右上側で前後に貫通していると共に上下に延びており上部が上皿本体212の右端に位置する上皿球送り口210dと、を備えている。

0140

また、皿ユニットベース210は、上皿球送り口210dの正面視左側で前後に貫通している内周が四角形の透口210eと、透口210eの下辺から前方へ板状に突出している受片210fと、上皿球送り口210dの正面視右上側で前後に貫通している逃し口210gと、正面視右下隅で前後に貫通しており扉枠ベースユニット100のハンドル取付部材120が挿通されるハンドル挿通口210hと、正面視右隅付近で前後に貫通しており施錠ユニット700の鍵シリンダ710が挿通されるシリンダ挿通口210iと、筒状の下皿球供給口210cの正面視右側の側面において後端から前方へ向かって切欠かれている切欠部210jと、を備えている。

0141

[3−1b.上皿本体]
皿ユニット200の上皿本体212は、図28及び図29に示すように、正面視左右の中央より左側の方が大きく前方へ膨出しており、上方及び後方へ開放された容器状に形成されている。上皿本体212は、正面視右端側に左方及び後方へのみ開放されており遊技球が流通可能な誘導通路部212aを備えている。この上皿本体212は、底面が全体的に右端が低くなるように傾斜している。詳述すると、上皿本体212を皿ユニットベース210に取付けた状態で、上皿本体212の底面が、上皿球供給口210aの下側の位置から上皿球送り口210dの上端から遊技球の外径よりも若干下側の位置へ向かって低くなるように傾斜している。これにより、上皿球供給口210aから前方へ放出された遊技球を、上皿本体212内に受けて貯留することができると共に、受けた遊技球を誘導通路部212aの右端側から上皿球送り口210dへ供給することができる。

0142

また、上皿本体212は、底面の後端側で左右の中央から右端付近まで延びている金属製のアース金具212bを備えている。このアース金具212bは、図示は省略するが、電気的に接地アース)されており、遊技球が接触することで、遊技球に帯電した静電気を除去することができる。

0143

[3−1c.下皿本体]
皿ユニット200の下皿本体214は、図28及び図29に示すように、前端辺に対して後端辺が長い平面視台形で、上方及び後方が開放された容器状に形成されている。下皿本体214は、底面に上下に貫通しており下皿球抜きユニット320によって閉鎖可能とされている球抜き孔214aを備えており、球抜き孔214aへ向かって低くなるように底面が傾斜している。この下皿本体214は、皿ユニットベース210の下皿球供給口210cから前方へ放出された遊技球を受けて貯留することができると共に、球抜き孔214aから遊技球を皿ユニット200の下方へ排出することができる。

0144

[3−1d.演出操作ユニットの全体構成]
皿ユニット200の演出操作ユニット220は、図30乃至図32に示すように、正面視左右の中央で皿ユニットベース210及び上皿本体212に取付けられる取付ベースユニット220Aと、取付ベースユニット220Aに取付けられるタッチユニット220Bと、タッチユニット220Bの正面視左側で取付ベースユニット220Aに取付けられるボタンユニット220Cと、タッチユニット220Bと取付ベースユニット220Aとの間に介装される円筒状の複数のダンパ222と、タッチユニット220B及びボタンユニット220Cの外周を上側から覆うように取付ベースユニット220Aに取付けられるユニットカバー224と、取付ベースユニット220Aの正面視右端に取付けられる装飾部材226と、を備えている。

0145

演出操作ユニット220のダンパ222は、円筒状に形成されており、外周面における軸方向の中央に溝222aが全周に亘って形成されている。本実施形態におけるダンパ222は、合成ゴムによって形成されている。複数のダンパ222によって、タッチユニット220Bが叩かれた時の衝撃を緩和させて取付ベースユニット220Aや皿ユニットベース210側へ作用する負荷(衝撃)を低減させることができると共に、タッチユニット220Bの後述する加振装置242による振動が、取付ベースユニット220Aや皿ユニットベース210側へ伝達されるのを低減させることができる。

0146

[3−1d−1.取付ベースユニット]
演出操作ユニット220の取付ベースユニット220Aは、図31乃至図34に示すように、皿ユニットベース210の前面に取付けられ上方が開放された浅い箱状の取付ベース230と、取付ベース230の上側に取付けられると共に後端が上皿本体212の前端に取付けられ上側からタッチユニット200Bを収容可能な上方が開放された浅い箱状のユニットケース231と、ユニットケース231の前端に取付けられる横長の上皿前レンズ部材232と、上皿前レンズ部材232とユニットケース231との間に配置され前面に複数のLEDを備えた上皿前装飾基板233と、上皿前レンズ部材232の前側を覆いユニットカバー224に取付けられる透光性を有した上皿前装飾部材234と、を備えている。

0147

また、取付ベースユニット220Aは、ユニットケース231の後端に取付けられており上方へ向かって光を照射可能な複数のLEDを備えた上皿後装飾基板235と、上皿後装飾基板235の上側に配置されユニットカバー224に取付けられる透光性を有した上皿後装飾部材236と、上皿後装飾部材236の前側においてユニットカバー224とユニットケース231とによって挟持され上皿後装飾基板235からの光を導いて上端が線状に発光可能な線状発光レンズ部材237と、上皿後装飾部材236の正面視右側でユニットカバー224に取付けられる筒状のボタン取付部材238と、ボタン取付部材238によって上下にスライド可能に取付けられる上皿球抜きボタン239と、を備えている。

0148

取付ベース230は、前後の略中央から前側に、前方へ向かうに従って低くなるように傾斜している平板状の取付側受部230aと、取付側受部230aを貫通しており左右に離間した二つの貫通口230bと、貫通口230bの周縁から下方へ延出している筒状の筒状受部230cと、を備えている。貫通口230bは、内周が四角形に形成されている。筒状受部230cは、下方へ向かうに従って窄まるように角錐筒状に形成されている(図41を参照)。詳述すると、筒状受部230cは、前側の内周壁が取付側受部230aの面に対して略垂直に延びており、後側の内周壁が取付側受部230aの面に対して下方へ向かうに従って前方へ向かうように傾斜して延びている。また、筒状受部230cは、左右両側の内周壁が取付側受部230aの面の垂直に対して下端(先端)同士が僅かに接近するように傾斜して延びている。

0149

ユニットケース231は、上方へ開放されておりタッチユニット220Bを収容可能な収容凹部231aと、収容凹部231aの底面の正面視左右両端付近から夫々前後に離間して一対ずつ上方へ円柱状に突出している横支持ピン231bと、収容凹部231aの底面の前端付近から左右に離間して上方へ円柱状に突出している一対の前支持ピン231cと、収容凹部231aにおいて底面の前後端側の左右中央から上方へ突出している中央支持突起231dと、収容凹部231aの底面の下側から下方へ向かうに従って窄まるように角錐状に突出しており左右に離間した二つの受突部231eと、を備えている。

0150

また、ユニットケース231は、収容凹部231aよりも正面視左側で上下に円形に貫通しておりボタンユニット220Cの下部が挿通される挿通孔231fと、上面における挿通孔231fの周りに配置されておりボタンユニット220Cを取付けるためのボタンユニット取付部231gと、収容凹部231aの後側の外周壁において左右に延びていると共に上端から下方へ窪み線状発光レンズ部材237の線状発光部237bが配置される切欠部231hと、を備えている。

0151

ユニットケース231の収容凹部231aは、平面視の形状が、左右に延びた四角形と、その四角形の左右両辺から外側へ突出した台形とを組合せた形状に形成されている。また、収容凹部231aは、左右両側の台形の部位の底面に対して、四角形の部位の底面が、下方へ低く形成されている。この収容凹部231aの底面の段差は、ダンパ222の高さ(軸方向の長さ)よりも若干低く形成されている。

0152

四つの横支持ピン231bは、収容凹部231aにおける台形の部位の底面から上方へ突出しており、筒状のダンパ222内へ挿入可能に形成されている。また、横支持ピン231bは、上端側に、上端側へ向かうに従って直径が小さくなる円錐台状のテーパ部231iを備えている(図40を参照)。横支持ピン231bは、収容凹部231aの底面からテーパ部231iの中間までの距離が、ダンパ222の長さと同じとされており、全体がダンパ222よりも長く形成されている。一対の前支持ピン231cは、筒状のダンパ222内へ挿入可能とされており、ダンパ222の半分の長さよりも若干長く形成されている。

0153

中央支持突起231dの上端は、収容凹部231aにおける台形の部位の底面と同じ高さまで突出している。受突部231eは、外周が四角形の円錐台状に形成されている。二つの受突部231eは、取付ベース230の二つの貫通口230bと対応した位置に形成されている。受突部231eは、前側の外周壁が収容凹部231aの底面に対して略垂直に延びており、後側の外周壁が収容凹部231aの底面に対して下方へ向かうに従って前方へ向かうように傾斜して延びている。また、受突部231eは、左右両側の外周壁が収容凹部231aの面の垂直に対して下端(先端)同士が僅かに接近するように傾斜して延びている。受突部231eの外周壁の形状は、取付ベース230の筒状受部230cの内周壁の形状と対応している。この受突部231eは、組立てた状態で、下端が取付ベース230の貫通口230a内に挿入されると共に、筒状受部230cの内周壁との間に僅かな隙間が形成される。

0154

上皿前装飾部材234は、皿ユニット200が組立てられた状態で、前面が外部に露出する。上皿後装飾基板235は、上皿後装飾部材236を発光装飾させるための複数の装飾用LED235aと、線状発光レンズ部材237を発光装飾させるための複数の周縁用LED235bと、を備えている。

0155

線状発光レンズ部材237は、上皿後装飾部材236よりも左右が長く形成されており、上皿後装飾基板235の複数の周縁用LED235bの上側に配置される受光部237aと、受光部237aと連続しユニットケース231の切欠部231hに嵌め込まれる平板状の線状発光部237bと、を備えている。線状発光レンズ部材237は、線状発光部237bをユニットケース231の切欠部231hに嵌め込むことで、線状発光部237aの前面が収容凹部231aの内周壁の一部を形成する。また、線状発光レンズ部材237は、皿ユニット200が組立てられた状態で、線状発光部237bの上端が外部に露出する。この線状発光レンズ部材237は、周縁用LED235bからの光を受光部237aで受光することができ、受光部237aで受光した光を線状発光部237bへ導光して線状発光部237bの上端全体を(線状に)発光させることができる。

0156

上皿球抜きボタン239は、ボタン取付部材238によって上下にスライド可能に取付けられ、ボタン取付部材238よりも下方へ延出している延出片239aを備えている。この上皿球抜きボタン239を下方へ押圧することで、上皿球抜きユニット310を動作させて上皿201内に貯留されている遊技球を、上皿201から下皿202へ排出する(抜く)ことができる。

0157

取付ベースユニット220Aは、四つの横支持ピン231bと二つの前支持ピン231cに夫々挿入されたダンパ222によって、タッチユニット220Bを弾性的に支持することができる。また、タッチユニット220Bが取付けられるユニットケース231の下方へ突出している二つの受突部231eの外周面と、ユニットケース231の下側で受突部231eの下端が挿入されている取付ベース230の筒状受部の内周面との間に僅かな隙間を形成している。これにより、タッチユニット220B側からユニットケース231が下方へ移動するような力(衝撃)が作用した時に、その力が直ちに取付ベース230の取付側受部230aに伝達されず、ユニットケース231の収容凹部231aの底面が下方へある程度撓んで受突部231eの下端の外周面が筒状受部230cの内周面に当接することで、取付ベース230側へ力が伝達される。つまり、ユニットケース231から取付ベース230へ力を伝達させる際に、ユニットケース231が撓むため、その撓みによって力をある程度減衰させて取付ベース230へ伝達させることができる。

0158

また、ユニットケース231の受突部231e及び取付ベース230の筒状受部230cは、それらが形成されている面(タッチユニット220Bの上面と平行な面)に対して傾斜した外周面及び内周面を備えているため、受突部231eから筒状受部230cへ伝達される力の一部が、筒状受部230cが備えられている取付側受部230aの底面に沿った方向へ作用する。これにより、受突部231e(ユニットケース231)側からの力が分散し、取付ベース230に対して一方向へ大きな力が作用するのを回避させることができ、取付ベース230が破損し難くなる。

0159

[3−1d−2.タッチユニット]
演出操作ユニット220のタッチユニット220Bは、図35及び図36に示すように、上方が開放された浅い箱状の下ケース240と、下ケース240内に上側から取付けられる上皿液晶基板241と、下ケース240内において上皿液晶基板241の左右両外側に配置される一対の加振装置242と、一対の加振装置242及び上皿液晶基板241の上側を覆うと共に下ケース240に取付けられ上方が開放された浅い箱状のベース部材243と、ベース部材243内に上側から挿入され上皿液晶基板241によって制御され画像を表示可能な上皿液晶表示装置244と、上皿液晶表示装置244の外周を覆う薄い金属板からなる枠状のアース金具245と、アース金具245及び上皿液晶表示装置244の上面を覆う透明なタッチパネル246と、タッチパネル246の外周を上側から覆いベース部材243を通して下ケース240に取付けられる枠状の上カバー247と、を備えている。

0160

また、タッチユニット220Bは、下ケース240、ベース部材243及び上カバー247を組立てた状態で、それらの後端面において、下ケース240の下端から上カバー247の上端まで上下に延びていると共に、下ケース240等の後端面の左右の略全長に亘って延びており、下ケース240、ベース部材243及び上カバー247の後端面に貼付けられている防水性を有したシート状の防水シール248を備えている。

0161

下ケース240は、外形がユニットケース231の収容凹部213aの内形と対応しており、収容凹部213a内に収容可能に形成されている。下ケース240は、左右に延びた長方形状基板取付部240aと、基板取付部240aの左右両側から夫々台形に突出している平板状の突出部240bと、各突出部240bをダンパ222の外径と同じ内形で上下に貫通していると共に一部が左右方向外側へ開放されており前後に離間して形成された一対のダンパ取付凹部240cと、ダンパ取付凹部240cの内周面から突出しているフランジ部240dと、突出部240bにおける一対のダンパ取付凹部240cの間で基板取付部240a寄りに配置され加振装置242が取付けられる加振装置取付部240eと、を備えている。

0162

下ケース240のダンパ取付凹部240cは、平面視の形状がC字状に形成されており、C字の開放されている側からダンパ222を挿入させることができる。また、フランジ部240dは、ダンパ取付凹部240cの上下の略中央で、ダンパ取付凹部240cのC字状の内周面の全周に亘って備えられている。このフランジ部240dは、ダンパ222の溝222a内に挿入可能とされている。

0163

加振装置242は、小型の加振駆動モータ242aと、加振駆動モータ242aの回転軸に重心が偏芯して取付けられる242bと、を備えている。この加振装置242は、加振駆動モータ242aによって錘242bを回転させることで、振動を発生させることができる。

0164

ベース部材243は、上皿液晶表示装置244が上側から挿入され浅い箱状に形成された液晶取付凹部243aと、液晶取付凹部243aの左右両側から外方へ延出している延出部243bと、延出部243bの先端で下ケース240のダンパ取付凹部240cと対応する位置で上下に貫通しており上側が大径に座グリされたネジ孔243cと、ネジ孔243cの下端側に形成されており下端へ向かうに従って直径が大きくなるC面取り状のテーパ部243d(図40を参照)と、を備えている。

0165

ベース部材243のネジ孔243cの下側の内径は、ユニットケース231における横支持ピン231bのテーパ部231iよりも先端側が通過することができると共に、テーパ部231iよりも基端側(下側)が通過することができない大きさに形成されている。

0166

タッチパネル246は、衝撃に強く割れ難い強化ガラスと、強化ガラスの上面に備えられた静電容量方式の透明なセンサシートと、強化ガラス及びセンサシートの外周を覆う枠状の保護カバーと、を備えている。

0167

タッチユニット220Bは、下ケース240の左右に夫々一対ずつ備えられたダンパ取付凹部240c内に、C字の開放されている側からダンパ222を挿入して、ダンパ222を取付けることができる。この際に、ダンパ取付凹部240cの内周面から突出しているフランジ部240dが、ダンパ222の溝222a内に挿入される。これにより、ダンパ取付凹部240c内のダンパ222が、軸方向へ移動するのが規制される。ダンパ取付凹部240cにダンパ222を取付けた状態では、ダンパ222の上端がベース部材243の延出部243bの下面に当接すると共に、ダンパ222の下端が下ケース240の下端(下面)よりも下方へ突出する。

0168

また、タッチユニット220Bは、一対の加振装置242の加振駆動モータ242aが、下ケース240とベース部材243との間に挟持されている。一対の加振装置242は、夫々独立して振動を発生させることができる。

0169

また、タッチユニット220Bは、タッチパネル246を通して上皿液晶表示装置244に表示される画像を上側から視認することができる。そして、上皿液晶表示装置244にボタン等の画像を表示させ、遊技者がその画像のボタンを操作するようにタッチパネル246に触れることで、画像のボタンを操作することができる。

0170

更に、タッチユニット220Bは、後側の外周面に防止水シール248が貼付けられているため、皿ユニット200上で飲み物等の液体をこぼした時に、その液体がタッチユニット220B内に浸入するのを防止することができ、タッチユニット220Bが液体の浸入によって破損するのを防止することができる。

0171

[3−1d−3.ボタンユニット]
演出操作ユニット220のボタンユニット220Cは、図37及び図38に示すように、取付ベースユニット220Aにおけるユニットケース231のボタンユニット取付部231gに取付けられる円筒状のユニット本体250と、ユニット本体250の下側に配置され上面にLEDが備えられた演出ボタン装飾基板251と、演出ボタン装飾基板251の下側を覆いユニット本体250の下側に取付けられる基板カバー252と、を備えている。

0172

また、ボタンユニット220Cは、ユニット本体250内に上側から上下へスライド可能に挿入される筒状のボタンベース253と、ボタンベース253とユニット本体250との間に配置されボタンベース253を上方へ付勢するバネ部材254と、ボタンベース253内に挿入され演出ボタン装飾基板251のLEDからの光を上方へ導くことが可能な導光部材255と、導光部材255の上側に配置され複数の微小プリズムを備えたシート状の拡散レンズ部材256と、拡散レンズ部材256の上側を覆いボタンベース253に取付けられる透光性を有した上皿演出ボタン257と、演出ボタン装飾基板251の上面に取付けられておりボタンベース253の下降端への移動を検知する演出ボタン押圧センサ258と、を備えている。

0173

ユニット本体250は、外周面の下端から外方へ延出しボタンユニット取付部231gに取付けられる三つの取付片250aと、内周面の下端から内方へ延出しているフランジ状部250bと、内周面に沿って棚部250bを貫通している一対の貫通口250cと、を備えている。

0174

ボタンベース253は、棚部250bの内周に挿入される筒状の下筒部253aと、下筒部253aの上端から上方へ向かうに従って直径が大きくなる円錐筒状上筒部253bと、上筒部253bの上端から下方へ延出しており下端がユニット本体250の貫通口250cを貫通可能とされていると共に下端から外方へ突出しユニット本体250の下面と係合(当接)可能な爪を有する一対の係合爪部253cと、上筒部253bの外周面から上端の外径よりも短く外方へ放射状に突出しており下端がユニット本体250の棚部250bの上面と当接可能な複数の平板状の当接片253dと、下筒部253a及び上筒部253bの外周面から外方へ平板状に延出しており演出ボタン押圧センサ258に検知される検知片253eと、を備えている。

0175

バネ部材254は、図示するように、コイルバネとされている。このバネ部材254は、下端がユニット本体250の棚部250bの上面に当接され、上端がボタンベース253における複数の当接片253dによって支持される。

0176

導光部材255は、ボタンベース253における上筒部253bの上部に嵌め込まれる円盤状の本体部255aと、本体部255aの下面から下方へボタンベース253の下筒部253aの下端付近まで延びている円柱状の複数の導光部255bと、を備えている。複数の導光部255bは、演出ボタン装飾基板251のLEDと対応するように備えられており、LEDからの光を導いて本体部255aの上面全体から放出させることができる。

0177

このボタンユニット220Cは、ボタンベース253、導光部材255、拡散レンズ部材256、及び上皿演出ボタン本体が一体的に組立てられており、それらが一緒にユニット本体250内を上下にスライドすることができる。これらボタンベース253等は、バネ部材254の付勢力によって、上皿演出ボタン257の上面がユニット本体250の上端よりも上方へ突出すると共に、ボタンベース253の一対の係合爪部253cがユニット本体250の下面と係合することで、これ以上の上昇が規制され、上皿演出ボタン257等が上昇端に位置した状態となる。

0178

バネ部材254の付勢力に抗して上皿演出ボタン257を下方へ押圧すると、上皿演出ボタン257等が下降し、ボタンベース253の検知片253eが、演出ボタン押圧センサ258によって検知され、上皿演出ボタン257の押圧操作が検知される。上皿演出ボタン257の押圧により、ボタンベース253が下降すると、ボタンベース253の複数の当接片253dの下端が、ユニット本体250の棚部250bの上面に当接し、これ以上の下降が規制され、上皿演出ボタン257等が下降端に位置した状態となる。

0179

また、ボタンユニット220Cは、演出ボタン装飾基板251のLEDを発光させることで、上皿演出ボタン257を発光装飾させることができる。演出ボタン装飾基板251のLEDは、フルカラーLEDとされており、上皿演出ボタン257を様々な色に発光装飾させることができる。

0180

[3−1d−4.演出操作ユニットの特徴]
本実施形態の演出操作ユニット220は、図40に示すように、組立てた状態で、タッチユニット220Bの下ケース240のダンパ取付凹部240cに取付けられたダンパ222の下端が、下ケース240の下面よりも下方へ突出していることから、取付ベースユニット220Aのユニットケース231の収容凹部231aの底面と、タッチユニット220Bの下ケース240の下面との間に、隙間が形成される。また、ユニットケース231の四つの横支持ピン231bの先端面(上端面)は、ベース部材243のネジ孔243cの座グリの底面と一致しており、横支持ピン231bに対するタッチユニット220Bの上方へ移動が、横支持ピン231bの上端にねじ込まれたビス227の頭部の平座金によって規制されている。また、横支持ピン231bの上端側に形成されたテーパ部231iと、ベース部材243のネジ孔243cの下端側に形成されたテーパ部243dとは、互いに離間している。

0181

また、演出操作ユニット220は、図41に示すように、ユニットケース231の前支持ピン231cに挿入されているダンパ222の上面は、収容凹部231aの底面における横支持ピン231b側の底面よりも若干上方へ突出している。また、ユニットケース231の収容凹部231aの底面と、下ケース240の下面との間に隙間が形成されていることから、ユニットケース231の前支持ピン231cに挿入されたダンパ222の上面と、下ケース240の下面との間にも隙間が形成されている。また、ユニットケース231の中央支持突起231dの上面と下ケース240の下面との間にも隙間が形成されている。つまり、タッチユニット220Bは、左右両側の横支持ピン231bに挿入されたダンパ222によって、下面が宙に浮いた状態で取付ベースユニット220Aに取付けられている。

0182

更に、演出操作ユニット220は、取付ベースユニット220Aの取付ベース230における下方へ窄まる角錐筒状の筒状受部230c内に、上側からタッチユニット220Bが取付けられているユニットケース231における下方へ窄まる角錐状の受突部231eの下端が挿入されている。この筒状受部230cの内周壁と、受突部231eの外周壁との間には、僅かな隙間が形成されている。これにより、通常の状態では、取付ベース230には、ユニットケース231の内側(収容凹部231aの中央側)が宙に浮いた状態で、ユニットケース231の外周付近のみが取付けられている。

0183

また、演出操作ユニット220は、図30等に示すように、タッチユニット220Bにおいて遊技領域5aに近い後側の辺に沿って線状発光レンズ部材237の線状発光部237bの上端が線状(帯状)に露出している。線状発光部237bの上端の長さは、タッチユニット220Bの後辺の長さの約2/3である。このタッチユニット220Bの後辺に沿って露出している線状発光部237bの上端の後側に、上皿後装飾部材236が配置されている。また、上皿後装飾部材236の正面視右側に、上皿球抜きボタン239が配置されている。更に、タッチユニット220Bの正面視左側に、ボタンユニット220Cが配置されている。

0184

この演出操作ユニット220は、遊技領域5a内に遊技球を打込むことで変化する遊技状態に応じて、遊技者に対して様々な演出を提示することができる。例えば、タッチユニット220Bの上皿液晶表示装置244に画像を表示させることで、透明なタッチパネル246を通して画像(演出画像)を遊技者に提示して楽しませることができる。

0185

この上皿液晶表示装置244に表示される画像として、操作ボタンを模した画像を表示させると共に、タッチパネル246のセンサシート246bによるタッチの検知を受付可能とすることで、遊技者に対して画像の操作ボタンを操作させることができ、タッチパネル246を用いた演出を楽しませることができる。タッチパネル246を用いた演出の際に上皿液晶表示装置244に表示される画像は、操作ボタンに限定するものではなく、様々な画像を表示させることができる。

0186

また、演出操作ユニット220では、タッチユニット220Bを複数のダンパ222によってユニットケース231から浮いた状態で支持しているため、遊技状態に応じて加振装置242を動作させることで、タッチユニット220Bを振動させることができる。タッチパネル246を用いた演出の際に、加振装置242によってタッチパネル246(タッチユニット220B)を振動させることで、加振装置242による振動をタッチパネル246に接触している遊技者の指や手等に伝達させて、遊技者に対して画像の操作ボタンを操作しているにも関わらず恰も実体のある操作ボタンを操作しているように錯覚させて驚かせることができ、タッチパネル246と振動による演出を遊技者に楽しませて興趣が低下するのを抑制することができる。

0187

更に、演出操作ユニット220では、タッチユニット220Bの正面視左側にボタンユニット220Cを備えているため、遊技状態に応じて遊技者に上皿演出ボタン257を押圧操作させて、上皿演出ボタン257の操作を楽しませることができる。詳述すると、タッチパネル246における画像の操作ボタンでは、タッチパネル246に触れるだけであるため実際の操作ボタンと比較して操作感欠ける嫌いがあるが、上皿演出ボタン257では現実に押圧操作することができるため、上皿演出ボタン257の操作に違和感を与えてしまうことがなく、上皿演出ボタン257の操作を快適に楽しませることができ、遊技に対する興趣が低下するのを抑制することができる。

0188

この演出操作ユニット220は、前方へ膨出している皿ユニット200において上皿201が備えられている部位に配置されているため、タッチユニット220Bやボタンユニット220Cを用いた演出中以外においても、遊技者がタッチユニット220B等を上から叩く虞がある。これに対して、演出操作ユニット220では、タッチユニット220Bをダンパ222によって下側のユニットケース231から浮いた状態で支持しているため、タッチユニット220Bが上から叩かれても、ダンパ222の弾性力によってその衝撃をある程度吸収することができる。詳述すると、タッチユニット220Bが叩かれたり等して上から衝撃(荷重)が作用すると、左右の横支持ピン231bが挿入されているダンパ222に伝達され、タッチユニット220Bが下降しながらダンパ222が圧縮される。横支持ピン231bに支持されたダンパ222が圧縮されることで、タッチユニット220Bからの衝撃が吸収される。

0189

そして、更に、衝撃によってタッチユニット220Bが下降すると、下ケース240の下面が前支持ピン231cが挿入されているダンパ222の上端に当接し、タッチユニット220Bの下降に伴って前支持ピン231cに支持されているダンパ222が下方へ圧縮される。これにより、横支持ピン231bに支持されているダンパ222に加えて、前支持ピン231cに支持されているダンパ222によっても、タッチユニット220Bからの衝撃が吸収される。

0190

タッチユニット220Bに作用する衝撃によってタッチユニット220Bが更に下降すると、タッチユニット220Bの下ケース240の下面がユニットケース231における収容凹部231aの左右両側の底面と中央支持突起231dの上面とに当接する。これにより、タッチユニット220Bからの衝撃が、複数のダンパ222介さず、タッチユニット220Bからユニットケース231へ直接作用することとなる。

0191

更に、タッチユニット220Bが下降すると、中央支持突起231dからの荷重によってユニットケース231の収容凹部231aの底面が、その中央が下方へ移動するように撓むこととなる。この収容凹部231aの底面の撓みによる弾性力によって、タッチユニット220Bからの衝撃が吸収される。この収容凹部231aの底面が撓むことで、収容凹部231aの底面の下側から下方へ突出している一対の受突部231eが下降する。そして、タッチユニット220Bからの衝撃によって受突部231eが更に下降すると、受突部231eの外周壁の下端側が、取付ベース230の筒状受部230cの内周壁に当接し、タッチユニット220Bからの衝撃が、ユニットケース231から取付ベース230へ伝達されることとなる。

0192

受突部231eの外周壁と筒状受部230cの内周壁は、夫々が下方へ窄まる角錐状に形成さていることから、受突部231eから筒状受部230c(取付ベース230側)へ伝達される荷重が、取付ベース230の取付側受部230aの底面に沿った方向と底面に垂直な方向とに分散されて伝達される。このように、タッチユニット220Bに作用した衝撃が、取付ベース230に伝達されるまでに、その衝撃を吸収する構成が幾重にも配置されているため、タッチユニット220Bに作用した衝撃を十分に吸収して緩和させることができ、その衝撃によって、タッチユニット220B、ユニットケース231、取付ベース230等を破損し難くすることができる。

0193

また、演出操作ユニット220は、遊技状態に応じて上皿後装飾基板235の周縁用LED235bによりタッチユニット220Bの後側の外周縁に沿って延びている線状発光レンズ部材237の線状発光部237bの上端を線状に発光させることができる。これにより、遊技者の関心をタッチユニット220Bへ引付けることができ、タッチユニット220Bにおける上皿液晶表示装置244に表示される画像や、タッチパネル246を用いたタッチ演出等を楽しませて興趣が低下するのを抑制することができる。

0194

また、遊技状態に応じて、上皿後装飾基板235の装飾用LED235aによりタッチパネル220Bの後側(線状発光部237bよりも後側)に配置されている上皿後装飾部材236を発光装飾させることができる。この上皿後装飾部材236を発光装飾させることで、線状発光レンズ部材237の線状発光部237bの発光と同様に、遊技者の関心をタッチユニット220B等の演出操作ユニット220へ引付けることができ、演出操作ユニット220によって提示される演出を楽しませて興趣が低下するのを抑制することができる。

0195

更に、上皿液晶基板241や上皿液晶表示装置244を備えたタッチユニット220Bを、取付ベースユニット220Aの取付ベース230とユニットケース231とによって、皿ユニットカバー260の後述する上皿下被覆部262の上面よりも高い位置に配置していると共に、タッチユニット220Bの後側の外周面に防水シール248を貼付けている。これにより、上皿201において、外気に触れることで上皿本体212や遊技球の表面で結露した水(水滴)が、上皿201の下方(上皿下被覆部262上)へ流動しても、タッチユニット220B内へ結露した水が浸入するのを防止することができ、タッチユニット220Bにおいて不具合が発生するのを防止することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】興趣の向上を図ることのできる遊技機を提供する。【解決手段】パチンコ機10は、発射手段による発射された遊技球が案内される遊技領域を移動する遊技球が入球可能な入球部を具備する第1入球手段、及び、第... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】興趣の向上を図ることのできる遊技機を提供する。【解決手段】パチンコ機10は、発射手段により発射された遊技球が案内される遊技領域と、遊技領域を移動する遊技球が入球可能な特定領域と、特定領域を移動... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】興趣の向上を図ることのできる遊技機を提供する。【解決手段】パチンコ機10は、発射手段による発射された遊技球が案内される遊技領域を移動する遊技球が入球可能な特定領域と、特定領域を移動する遊技球が... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ