図面 (/)

技術 遊技台

出願人 株式会社大都技研
発明者 末永寛澤田秀紀武藤惇仁瓶敬紀入川壮太
出願日 2020年4月28日 (9ヶ月経過) 出願番号 2020-079109
公開日 2020年10月22日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-171704
状態 未査定
技術分野 弾玉遊技機の表示装置 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 例示形態 阻止突起 制御ランプ 両シャッタ部材 ステージカバー 案内領域 位置コマンド 一時的記憶領域
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

弾球遊技機パチンコ機)や回胴遊技機スロットマシン)等の遊技台に関し、先読み予告手段に特徴を持った遊技台を提供する。

解決手段

先読み予告の対象である図柄変動表示の結果が小当りとなる場合にカウントダウン連続予告が開始され、連続予告の対象である図柄変動表示が開始されるまでははずれの図柄変動表示であり、連続予告の対象である図柄変動表示が保留された後で保留された図柄変動表示に小当りとなる図柄変動表示が含まれていない場合は、番長のキャラクタTDRの表示態様が変化せずに「小当りGETだぜ!」が表示される予告演出が実行され、連続予告の対象である図柄変動表示が保留された後で保留された図柄変動表示に小当りとなる図柄変動表示が含まれている場合は、番長のキャラクタTDRが巨大化する表示態様となるとともに「小当り3つGETだぜ!」が表示される予告演出が実行される。

概要

背景

パチンコ機などの遊技台では、遊技盤遊技領域に遊技球の落下の方向に変化を与える障害物や、遊技球が入賞可能な入賞口、始動口、可変入賞口などを設けているのが一般的である。これらに遊技球が入賞すると賞球を払い出すなど遊技者特典が与えられるようになっている(例えば、特許文献1等参照)。

また、こういった遊技台では、先読み予告手段を備えたものが知られている。

概要

弾球遊技機(パチンコ機)や回胴遊技機スロットマシン)等の遊技台に関し、先読み予告手段に特徴を持った遊技台を提供する。先読み予告の対象である柄変動表示の結果が小当りとなる場合にカウントダウン連続予告が開始され、連続予告の対象である柄変動表示が開始されるまでははずれの柄変動表示であり、連続予告の対象である柄変動表示が保留された後で保留された柄変動表示に小当りとなる柄変動表示が含まれていない場合は、番長のキャラクタTDRの表示態様が変化せずに「小当りGETだぜ!」が表示される予告演出が実行され、連続予告の対象である柄変動表示が保留された後で保留された柄変動表示に小当りとなる柄変動表示が含まれている場合は、番長のキャラクタTDRが巨大化する表示態様となるとともに「小当り3つGETだぜ!」が表示される予告演出が実行される。

目的

本発明は上記事情に鑑み、先読み予告手段に特徴を持った遊技台を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

図柄変動表示の開始を保留可能な保留手段と、第一の先読み予告を実行可能な先読み予告手段と、を備えた遊技台であって、前記第一の先読み予告は、該第一の先読み予告の対象である図柄変動表示(以下、「第一の図柄変動表示」という。)が保留された後で開始される先読み予告であり、前記第一の先読み予告は、前記第一の図柄変動表示の実行中において、第一の演出を開始する場合がある先読み予告であり、前記第一の図柄変動表示の結果が小当りとなる場合に前記第一の先読み予告が開始され、前記第一の先読み予告が開始された図柄変動表示から前記第一の図柄変動表示が開始されるまでの図柄変動表示の結果に大当りが含まれず、前記第一の演出は、前記第一の図柄変動表示の開始が保留された後で開始が保留された図柄変動表示(以下、「第二の図柄変動表示」という。)の中に小当りとなる図柄変動表示が含まれていない場合に第一の態様で開始される演出であり、前記第一の演出は、前記第二の図柄変動表示の中に小当りとなる図柄変動表示が含まれている場合に第二の態様で開始される演出であり、前記第一の態様と前記第二の態様は、異なる態様である、ことを特徴とする遊技台。

請求項2

請求項1に記載の遊技台であって、前記第一の態様と前記第二の態様は、小当りとなる回数に関する報知態様が異なる、ことを特徴とする遊技台。

請求項3

請求項1又は2に記載の遊技台であって、複数の遊技状態のうちの一の遊技状態に移行する制御を実行可能な遊技制御手段を備え、前記複数の遊技状態のうちの一の遊技状態は、第一の遊技状態であり、前記複数の遊技状態のうちの一の遊技状態は、第三の遊技状態であり、前記第三の遊技状態は、前記第一の遊技状態よりも有利な遊技状態であり、前記第三の遊技状態とは、小当り遊技により賞球が得られやすい小当りラッシュ状態のことであり、前記第三の遊技状態において、少なくとも前記第一の演出が開始されてから該第一の演出の実行に関連する小当りに係る小当り遊技が全て終了するまでの期間では該第三の遊技状態は終了しない、ことを特徴とする遊技台。

請求項4

請求項3に記載の遊技台であって、前記複数の遊技状態のうちの一の遊技状態は、第二の遊技状態であり、前記第一の遊技状態とは、通常遊技状態のことであり、前記第二の遊技状態は、確変状態と電サポ状態を含む遊技状態であり、前記第三の遊技状態は、確変状態と非電サポ状態を含む遊技状態である、ことを特徴とする遊技台。

請求項5

請求項1乃至4のうちいずれか一項に記載の遊技台であって、開始が保留されている図柄変動表示の数を保留アイコン表示数により報知する保留表示手段を備え、前記保留表示手段は、複数の表示態様のうちの一の表示態様で前記保留アイコンを表示可能な手段であり、前記第二の図柄変動表示に対応する前記保留アイコンの表示態様はデフォルトの表示態様である、ことを特徴とする遊技台。

請求項6

請求項1乃至5のうちいずれか一項に記載の遊技台であって、前記第二の図柄変動表示の中に大当りとなる図柄変動表示が含まれている場合に、該第二の図柄変動表示のうちの該大当りとなる図柄変動表示が保留される前に保留された図柄変動表示における小当りとなる図柄変動表示の有無に応じた態様で前記第一の演出が実行される、ことを特徴とする遊技台。

請求項7

請求項1乃至6のうちいずれか一項に記載の遊技台であって、前記先読み予告手段は、第二の先読み予告を実行可能な手段であり、前記第二の先読み予告は、大当りとなる図柄変動表示が保留された場合に開始されることがある先読み予告であり、前記第二の先読み予告は、前記第一の先読み予告とは別の先読み予告であり、前記第二の先読み予告は、連続予告ではない先読み予告である、ことを特徴とする遊技台。

請求項8

図柄変動表示の開始を保留可能な保留手段と、第一の先読み予告を実行可能な先読み予告手段と、を備えた遊技台であって、前記第一の先読み予告は、該第一の先読み予告の対象である図柄変動表示(以下、「第一の図柄変動表示」という。)が保留された後で開始される先読み予告であり、前記第一の先読み予告は、前記第一の図柄変動表示の実行中において、第一の演出を開始する場合がある先読み予告であり、前記第一の図柄変動表示の結果が特典が付与される結果(以下、「或る結果」という。)となる場合に前記第一の先読み予告が開始され、前記第一の先読み予告が開始された図柄変動表示から前記第一の図柄変動表示が開始されるまでの図柄変動表示の結果に前記或る結果が含まれず、前記第一の演出は、前記第一の図柄変動表示の開始が保留された後で開始が保留された図柄変動表示(以下、「第二の図柄変動表示」という。)の中に前記或る結果となる図柄変動表示が含まれていない場合に第一の態様で開始される演出であり、前記第一の演出は、前記第二の図柄変動表示の中に前記或る結果となる図柄変動表示が含まれている場合に第二の態様で開始される演出であり、前記第一の態様と前記第二の態様は、異なる態様である、ことを特徴とする遊技台。

請求項9

請求項1乃至8のうちいずれか一項に記載の遊技台であって、前記遊技台は、ぱちんこ機である、ことを特徴とする遊技台。

技術分野

0001

本発明は、弾球遊技機パチンコ機)や回胴遊技機スロットマシン)に代表される遊技台に関する。

背景技術

0002

パチンコ機などの遊技台では、遊技盤遊技領域に遊技球の落下の方向に変化を与える障害物や、遊技球が入賞可能な入賞口、始動口、可変入賞口などを設けているのが一般的である。これらに遊技球が入賞すると賞球を払い出すなど遊技者特典が与えられるようになっている(例えば、特許文献1等参照)。

0003

また、こういった遊技台では、先読み予告手段を備えたものが知られている。

先行技術

0004

特開2008−200302号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、従来の遊技台では、先読み予告手段に改良の余地がある。

0006

本発明は上記事情に鑑み、先読み予告手段に特徴を持った遊技台を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記目的を解決する本発明の第一の遊技台は、
図柄変動表示の開始を保留可能な保留手段と、
第一の先読み予告を実行可能な先読み予告手段と、
を備えた遊技台であって、
前記第一の先読み予告は、該第一の先読み予告の対象である図柄変動表示(以下、「第一の図柄変動表示」という。)が保留された後で開始される先読み予告であり、
前記第一の先読み予告は、前記第一の図柄変動表示の実行中において、第一の演出を開始する場合がある先読み予告であり、
前記第一の図柄変動表示の結果が小当りとなる場合に前記第一の先読み予告が開始され、
前記第一の先読み予告が開始された図柄変動表示から前記第一の図柄変動表示が開始されるまでの図柄変動表示の結果に大当りが含まれず、
前記第一の演出は、前記第一の図柄変動表示の開始が保留された後で開始が保留された図柄変動表示(以下、「第二の図柄変動表示」という。)の中に小当りとなる図柄変動表示が含まれていない場合に第一の態様で開始される演出であり、
前記第一の演出は、前記第二の図柄変動表示の中に小当りとなる図柄変動表示が含まれている場合に第二の態様で開始される演出であり、
前記第一の態様と前記第二の態様は、異なる態様である、
ことを特徴とする。

0008

上記目的を解決する本発明の第二の遊技台は、
図柄変動表示の開始を保留可能な保留手段と、
第一の先読み予告を実行可能な先読み予告手段と、
を備えた遊技台であって、
前記第一の先読み予告は、該第一の先読み予告の対象である図柄変動表示(以下、「第一の図柄変動表示」という。)が保留された後で開始される先読み予告であり、
前記第一の先読み予告は、前記第一の図柄変動表示の実行中において、第一の演出を開始する場合がある先読み予告であり、
前記第一の図柄変動表示の結果が特典が付与される結果(以下、「或る結果」という。)となる場合に前記第一の先読み予告が開始され、
前記第一の先読み予告が開始された図柄変動表示から前記第一の図柄変動表示が開始されるまでの図柄変動表示の結果に前記或る結果が含まれず、
前記第一の演出は、前記第一の図柄変動表示の開始が保留された後で開始が保留された図柄変動表示(以下、「第二の図柄変動表示」という。)の中に前記或る結果となる図柄変動表示が含まれていない場合に第一の態様で開始される演出であり、
前記第一の演出は、前記第二の図柄変動表示の中に前記或る結果となる図柄変動表示が含まれている場合に第二の態様で開始される演出であり、
前記第一の態様と前記第二の態様は、異なる態様である、
ことを特徴とする。

発明の効果

0009

本発明の遊技台によれば、先読み予告手段に特徴を持った遊技台を実現できる。

図面の簡単な説明

0010

本実施形態に係るパチンコ機を正面側(遊技者側)から見た外観斜視図である。
パチンコ機を裏側から見た背面図である。
(a)は、遊技盤を前方側(遊技者側)から見た略示正面図であり、(b)は、遊技盤に配置された主制御ランプ基板実装された各種ランプを拡大して表した図である。
図3に示すアタッカユニット23からアタッカ前板2301を取り除いた状態を示す斜視図である。
図4で取り除いたアタッカ前板2301の裏面を示す図である。
アタッカユニット23を図4(a)に示すB−B’線で断面し、真上から見た様子を示す図である。
(a)は、図4(a)に示すアタッカユニット23の第2可変入賞口235が入賞容易状態に変化した後の様子を示す斜視図であり、(b)は、図4(a)に示すアタッカユニット23の特図1始動口(可変)231が入賞容易状態に変化した後の様子を示す斜視図である。
(a)は、第2可変入賞口235が入賞困難状態であるアタッカユニット23を示す図であり、(b)は、第2可変入賞口235が入賞容易状態であるアタッカユニット23を示す図である。
アタッカユニット23の発光構造を説明するための図である。
パチンコ機の機能ブロック図である。
パチンコ機の表示図柄の一例であって、(a)は、特図1停止表示図柄の一例を示し、(b)は特図2の停止表示図柄の一例を示し、(c)は装飾図柄の一例を示し、(d)は普図の停止表示図柄の一例を示す図である。
主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。
主制御部タイマ割込処理の流れを示すフローチャートである。
(a)は普図当否判定用テーブルの内容の一例を示す図であり、(b)は特図1・2当否判定用テーブルの内容の一例を示す図である。
(a)は特図1大当り図柄決定用振分けテーブルの内容の一例を示す図であり、(b)は特図2大当り図柄決定用振分けテーブルの内容の一例を示す図である。
パチンコ機の第1副制御部での処理の流れを示すフローチャートであり、(a)は第1副制御部メイン処理のフローチャートであり、(b)は第1副制御部コマンド受信割込処理のフローチャートであり、(c)は第1副制御部タイマ割込処理のフローチャートである。
パチンコ機の第2副制御部での処理の流れを示すフローチャートであり、(a)は第2副制御部メイン処理のフローチャートであり、(b)は第2副制御部コマンド受信割込処理のフローチャートであり、(c)は第2副制御部タイマ割込処理のフローチャートであり、(d)は第2副制御部画像制御処理のフローチャートである。
パチンコ機の第1副制御部において用いられるテーブルであって、(a)はAルート・バトルモード演出選択テーブルの内容の一例を示す図であり、(b)はBルート・バトルモード演出選択テーブルの内容の一例を示す図である。
(A)は役物比率設定表示器の具体的構成の一例を示す図であり、(B)はディップスイッチ基板の具体的構成の一例を示す図である。
ゲームフローについて説明する図である。
(a)は通常遊技状態における各図柄表示装置における動作の一例について説明するタイミングチャートであり、(b)はバトルモードあるいはチャレンジモード中における各図柄表示装置における動作の一例について説明するタイミングチャートである。
(a)は従来の遊技台においてバトルモードから小当りラッシュ移行した場合の各図柄表示装置の動作について説明するタイミングチャートであり、(b)は本実施形態に係る遊技台においてバトルモードから小当りラッシュへの移行時における各図柄表示装置における動作の一例について説明するタイミングチャートである。
本実施形態のパチンコ機の装飾図柄表示装置を中心とした装飾図柄変動表示に係る演出の一例を段階的に示す図である。
図23に示す演出の一例の続きを段階的に示す図である。
図24(q)に示す演出に続く別の演出例について段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心とした大当り遊技における演出の一例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたチャレンジモードにおける演出の一例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける演出の一例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
バトルモードにおいて連続演出が行われている様子を段階的に示す図である。
バトルモードにおいて保留予告が行われている様子を段階的に示す図である。
バトルモードにおいて保留予告が行われている様子を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心とした小当りラッシュにおける演出の一例を段階的に示す図である。
図33(n)に示す演出に続く別の演出例について段階的に示す図である。
小当りラッシュにおいて連続予告が行われている様子を段階的に示す図である。
小当りラッシュにおいて行われる連続予告の別の演出例を段階的に示す図である。
図36に示す演出の一例の続きを段階的に示す図である。
図37(22)に示す演出に続く別の演出例について段階的に示す図である。
図36(11)に示す演出に続く別の演出例について段階的に示す図である。
小当りラッシュにおいて行われる連続予告の別の演出例を段階的に示す図である。
図40に示す演出の一例の続きを段階的に示す図である。
図40(11)に示す演出に続く別の演出例について段階的に示す図である。
小当りラッシュにおいて行われる連続予告の別の演出例を段階的に示す図である。
図43に示す演出の一例の続きを段階的に示す図である。
図3に示すアタッカユニット23の変形例であって、アタッカユニット23からアタッカ前板2301を取り除いた状態を示す斜視図である。
パチンコ機の表示図柄の別の例であって、(a)は、特図1の停止表示図柄の一例を示し、(b)は特図2の停止表示図柄の一例を示し、(c)は装飾図柄の一例を示し、(d)は普図の停止表示図柄の一例を示す図である。
(a)は特図1大当り図柄決定用振分けテーブルの内容の別の例を示す図であり、(b)は特図2大当り図柄決定用振分けテーブルの内容の別の例を示す図であり、(c)は特図2小当り図柄決定用振分けテーブルの内容の一例を示す図である。
ゲームフローの別の例について説明する図である。
(a)はバトルモード及びチャレンジモード中の各図柄表示装置における動作の変形例について説明するタイミングチャートであり、(b)はバトルモード中において特殊小当りとなった小当りラッシュに移行した場合における各図柄表示装置における動作の一れにについて説明するタイミングチャートである。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
装飾図柄表示装置を中心としたバトルモードにおける別の演出例を段階的に示す図である。
小当りラッシュにおいて行われる連続予告の別の演出例を段階的に示す図である。
本発明を適用可能な封入式のパチンコ機の正面図である。
本発明に適用可能なスロットマシンを正面側(遊技者側)から見た外観斜視図である。
本発明の変形例による遊技台を示す図であり、(a)はカジノマシンを示し、(b)は本発明を実現する電子データを記憶する記憶部を備える携帯電話機を示し、(c)は本発明を実現する電子データを記憶する記憶部を備えているポータブルゲーム機を示し、(d)は本発明を実現する電子データを記憶する記憶部を備えている家庭用テレビゲーム機を示し、(e)は本発明を実現する電子データを記憶したデータサーバを示している。

実施例

0011

以下、図面を用いて、本発明に係る遊技台(例えば、パチンコ機100等の弾球遊技機やスロット機等の回胴遊技機)について詳細に説明する。

0012

<全体構成>
まず、図1を用いて、本発明の第1実施形態に係るパチンコ機100の全体構成について説明する。なお、同図はパチンコ機100を前方側(遊技者側)から見た外観斜視図である。

0013

パチンコ機100は、所定条件成立すると遊技者が利益を獲得することができる遊技台であって、外枠102と、本体104と、前面枠扉106と、球貯留皿付扉108と、発射装置110と、遊技盤200と、をその前面(遊技者側)に備える。

0014

外枠102は、遊技機設置営業店に設けられた設置場所島設備等)へと固定させるための縦長方形状から成る木製の枠部材である。

0015

本体104は、外枠102の内部に備えられ、施錠機能付きで且つ、ヒンジ部112を介して外枠102に回動自在に装着された縦長方形状の遊技機基軸体となる扉部材である。また、本体104は、枠状に形成され、内側に空間部114を有している。このパチンコ機100を設置した店舗遊技店)の店員は、この本体104を開閉操作することが可能であり、本体104が開いたことを検出する本体開放センサ1041が設けられている。

0016

前面枠扉106は、施錠機能付きで且つ開閉自在となるようにパチンコ機100の前面側となる本体104の前面に対しヒンジ部112を介して装着され、枠状に構成されることでその内側を開口部とした扉部材である。遊技店の店員は、この前面枠扉106も開閉操作することが可能であり、前面枠扉106が開いたことを検出する前面枠扉センサ1061も設けられている。なお、この前面枠扉106には、開口部にガラス製又は樹脂製の透明板部材118が設けられ、前面側には、スピーカ120や左枠ランプ122L、右枠ランプ122R、および上部枠ランプ122Uが取り付けられている。前面枠扉106の後面と遊技盤200の前面とで遊技領域124が設けられる空間を区画形成する。前面枠扉106は、扉体の一例に相当する。なお、本実施形態では、光源LEDとするものもランプと称する。

0017

球貯留皿付扉108は、パチンコ機100の前面において本体104の下側に対して、施錠機能付きで且つ開閉自在となるように装着された扉部材である。この球貯留皿付扉108は、前面枠扉106を開放した状態で操作可能となる開放レバー1081を押すことによって開く。また、球貯留皿付扉108が開いたことを検出する球貯留皿付扉センサ1082も設けられている。球貯留皿付扉108は、複数の遊技球(以下、単に「球」と称する場合がある)が貯留可能で且つ発射装置110へと遊技球を案内させる通路が設けられている球貯留皿126と、球貯留皿126に貯留された遊技球を遊技者の操作によって球貯留皿126から排出させる球抜ボタン130と、遊技者の操作によって発射装置110へと案内された遊技球を遊技盤の遊技領域124へと打ち出す球発射ハンドル134と、遊技者の操作によって各種演出装置演出態様に変化を与える演出ボタン136と、演出ボタン136に内蔵され、その演出ボタン136を発光させるボタンランプ138と、遊技店に設置されたカードユニットCRユニット)に対して球貸し指示を行う球貸操作ボタン140と、を備える。また、図1では不図示であるが、球貸操作ボタン140の右横には、カードユニットに対して遊技者の残高返却指示を行う返却操作ボタンも設けられている。さらに、十字キーや決定ボタンが配置された操作キーユニット190も備えている。

0018

発射装置110は、本体104の下方に取り付けられ、球発射ハンドル134が遊技者に操作されることによって回動する発射杆146と、遊技球を発射杆146の先端で打突する発射槌148と、を備える。この発射装置110は、遊技者に球発射ハンドル134が継続的に発射操作されている間は、所定の発射期間(例えば0.6秒)の経過ごとに遊技球を遊技盤の遊技領域124へ向けて発射し、発射手段の一例に相当する。

0019

図2は、図1のパチンコ機100を裏側から見た背面図である。

0020

パチンコ機100の背面上部には、上方に開口した開口部を有し、遊技球を一時的に貯留するための球タンク150と、この球タンク150の下方に位置し、球タンク150の底部に形成した連通孔を通過して落下する球を背面右側に位置する払出装置152に導くためのタンクレール154とを配設している。

0021

払出装置152は、筒状の部材からなり、その内部には、不図示の払出モータスプロケット払出センサとを備えている。この払出装置152は、着脱自在なものであり、所定位置に装着されると、タンクレール154の下流端に接続する。

0022

スプロケットは、払出モータによって回転可能に構成されており、タンクレール154を通過して払出装置152内に流下した遊技球を一時的に滞留させると共に、払出モータを駆動して所定角度だけ回転することにより、一時的に滞留した遊技球を払出装置152の下方へ1個ずつ送り出すように構成している。すなわち、払出装置152は、遊技球に駆動力を与えてその遊技球を搬送する球送り装置一種である。

0023

払出センサは、スプロケットが送り出した遊技球の通過を検知するためのセンサであり、遊技球が通過しているときにハイまたはローの何れか一方の信号を、遊技球が通過していないときはハイまたはローの何れか他方の信号を払出制御部600(図4参照)へ出力する。この払出センサを通過した遊技球は、不図示の球レールを通過してパチンコ機100の前面側に配設した球貯留皿126に到達するように構成しており、パチンコ機100は、所定の付与条件が成立したことに基づいて遊技者にその付与条件に応じた量の遊技価値(遊技球)をこの構成により付与する(払い出す)。

0024

払出装置152の図中左側には、遊技全般の制御処理を行う主制御部300(図10参照)を構成する主基板156を収納する主基板ケース158、主制御部300が生成した処理情報に基づいて演出に関する制御処理を行う第1副制御部400(図10参照)を構成する第1副基板160を収納する第1副基板ケース162、第1副制御部400が生成した処理情報に基づいて演出に関する制御処理を行う第2副制御部500(図10参照)を構成する第2副基板164を収納する第2副基板ケース166、遊技球の払出に関する制御処理を行う払出制御部600(図10参照)を構成するとともに遊技店員の操作によってエラー解除するエラー解除スイッチ168を備える払出基板170を収納する払出基板ケース172、遊技球の発射に関する制御処理を行う発射制御部630(図10参照)を構成する発射基板174を収納する発射基板ケース176、各種電気遊技機器電源を供給する電源制御部660(図10参照)を構成するとともに遊技店員の操作によって電源をオンオフする電源スイッチ178と電源投入時に操作されることによってRAMクリア信号を主制御部300に出力するRAMクリアスイッチ180とを備える電源基板182を収納する電源基板ケース184、および払出制御部600とカードユニットとの信号の送受信を行うCRインターフェース部186を配設している。

0025

また、本実施形態では、主基板156上に、設定変更キー192と、設定変更ボタン194及び役物比率・設定表示器196が設けられている。本実施形態では、電源投入時にRAMクリアスイッチ180が押下されることを条件に設定変更キー192が操作されると、少なくとも大当り確率が異なる複数の設定からいずれかに設定することができる設定変更モードに移行することができる。設定変更モードにおいては、現在の設定が役物比率・設定表示器196に表示され、店員は、これを確認しながら設定変更ボタン194を押下することにより設定の変更を行うことができる。なお、電源投入時にRAMクリアスイッチ180の押下がなくとも、電源投入時に設定変更キー192が操作された場合に設定変更可能な構成としてもよい。

0026

役物比率・設定表示器196は、主基板156に実装されるとともに主基板ケース158の内部に配置される7セグLED基板であり、店員に視認可能な態様で取り付けられている。役物比率・設定表示器196は、図19(A)に示すように、2ケタの7セグLEDが上下に配置されるとともに、右側に1ケタの7セグLEDがモジュール化されたものであり、役物比率モニタは、役物比率(YH)及び連続役物比率(RY)を報知するインジケータであり、設定モニタは、現在の設定を確認するためのモニタである。役物比率・設定表示器196は、例えば、赤色、緑色、青色、白色等の単色LEDにより構成されているが、赤・緑・オレンジの3色により発光可能なものとしてもよいし、フルカラーLEDであってもよい。なお、役物比率・設定表示器196のうちの少なくとも一部を、例えば、遊技盤200に設けて遊技者に視認可能としてもよい。

0027

また、本実施形態では、第1副基板ケース162の背面に、ディップスイッチ基板198が配設されている。ディップスイッチ基板198の詳細については後述する。

0028

図3(a)は、遊技盤200を正面から見た略示正面図である。ここで、矢印d2及びd3はパチンコ機100を設置場所に固定した状態における方向を示している。矢印d2はパチンコ機100の幅方向(左右方向と呼ぶ場合がある)を示し、正面視で左手を左、右手を右と呼ぶ場合がある。矢印d3はパチンコ機100の高さ方向(上下方向と呼ぶ場合がある)を示し、高い方を上、低い方を下と呼ぶ場合がある。なお、図3では図示しないが、パチンコ機100の奥行き方向(前後方向と呼ぶ場合がある)では、手前側を前方側又は正面側と呼ぶ場合があり、奥側を後方側又は背面側と呼ぶ場合がある。

0029

遊技盤200は、前面に遊技領域124を有し、本体104の空間部114に臨むように、所定の固定部材を用いて本体104に着脱自在に装着されている。なお、遊技領域124は、遊技盤200を本体104に装着した後、開口部から観察することができる。

0030

本体104に対する遊技盤200の取付構造は、様々な構造を採用可能であるが、例えば、本体104の正面視左側(ヒンジ部112側)に遊技盤200の正面視左側部200aを挿入し、ここを回動中心として遊技盤200を回動させつつ遊技盤200の正面視右側部200bを本体104に押圧し、セットする構造を採用可能であり、このような構造であれば作業性を向上できる場合がある。

0031

遊技盤200は、板状の本体となる遊技板201に各種の部品が取り付けられたユニットである。遊技板201は、例えば、樹脂により形成され、その表面(正面)は、パチンコ機100のキャラクタ等を表示した装飾面を構成する。装飾面は、例えば、パチンコ機100のキャラクタ等を印刷したシートを貼り付けることで形成してもよい。遊技板201の右下方には振動センサSR3が配設されている。振動センサSR3で検出された場合、エラー処理(例えば画像や音による報知、遊技の継続を不能とする遊技停止等)を行うことができる。振動センサSR3は磁気センサ等、他の不正検出センサであってもよい。

0032

遊技盤200には、外レール202と内レール204とを配設し、遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成している。外レール202の一部は、本体104に着脱自在なレール部材209により形成されている。遊技領域124のうち、外レール202と内レール204との間の領域は発射された遊技球を案内する案内領域201aを形成している。

0033

遊技盤200の遊技領域124以外の領域を非遊技領域と呼ぶ場合がある。遊技領域124と非遊技領域とは外レール202を境界として区別することができる。また、遊技球の発射強度を最大にした状態で遊技球が通過する領域よりも内側の領域は少なくとも遊技領域124と呼ぶことができる。遊技領域124は、遊技領域124内に演出装置等が存在することで遊技球が通過しない領域を含む場合がある。遊技中に遊技球が流下する点で遊技領域124を流下領域と呼び、メンテナンスアクシデントを除いて遊技中に遊技球が流下しない点で非遊技領域を非流下領域と呼ぶ場合がある。遊技領域124は、その全域を流下領域と呼ぶことも可能であるが、演出装置等の存在により遊技球が流下することがない領域は非流下領域と呼んでもよい。

0034

遊技領域124の略中央には、装飾図柄表示装置208を配設している。遊技領域124よりも下方には、主制御ランプ基板254が設けられており、図3(b)に示すように、主制御ランプ基板254上には、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄保留ランプ216と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、高確中ランプRKと、電サポ中ランプRDと、右打ちランプRMと、ラウンド表示ランプRRとを配設している。なお、以下、普通図柄を「普図」、特別図柄を「特図」と称する場合がある。

0035

装飾図柄表示装置208は、装飾図柄ならびに演出に用いる様々な表示を行うための表示装置であり、本実施形態では液晶表示装置(LCD:Liquid Crystal Display)によって構成する。この装飾図柄表示装置208は、左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208b、右図柄表示領域208cおよび演出表示領域208dの4つの表示領域に分割し、左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208bおよび右図柄表示領域208cはそれぞれ異なった装飾図柄を表示し、演出表示領域208dは演出に用いる画像を表示する。さらに、各表示領域208a、208b、208c、208dの位置や大きさは、装飾図柄表示装置208の表示画面内で自由に変更することを可能としている。なお、装飾図柄表示装置208として液晶表示装置を採用しているが、液晶表示装置でなくとも、種々の演出や種々の遊技情報表示可能に構成されていればよく、例えば、ドットマトリクス表示装置7セグメント表示装置有機EL(ElectroLuminescence)表示装置、リール(ドラム式表示装置リーフ式表示装置、プラズマディスプレイプロジェクタを含む他の表示デバイスを採用してもよい。

0036

図3(b)に示すように、普図表示装置210は、普図の表示を行うための表示装置であり、本実施形態では縦2つのLEDによって構成する。第1特図表示装置212および第2特図表示装置214は、特図の表示を行うための表示装置であり、本実施形態ではそれぞれ上下2段、合計8つのLEDによって構成する。

0037

普図保留ランプ216は、保留している普図変動遊技(詳細は後述)の数を示すためのランプであり、本実施形態では、普図変動遊技を所定数(例えば、4つ)まで保留することを可能としている。第1特図保留ランプ218は、保留している特図変動遊技の数を示すためのランプであり、本実施形態では、特図変動遊技を所定数(例えば、4つ)まで保留することを可能としている。また、第2特別図柄保留ランプ220は、保留している特図変動遊技の数を示すためのランプであり、本実施形態では、特図変動遊技を所定数(例えば、4つ)まで保留することを可能としている。

0038

また、高確中ランプRKは、遊技状態が大当りが発生し易い高確率状態であること、または高確率状態になることを示すためのランプである。電サポ中ランプRDは、普通図柄の変動表示時間が短縮されるとともに、後述する電動チューリップ電チュー)の羽根部材2311(図4参照)が長時間開放しやすい電サポ状態であることを示すためのランプである。右打ち表示ランプRMは、大当り遊技状態確変状態及び電サポ状態であって、遊技者が右打ちすることでその恩恵を得られる状態となったことを示すためのランプである。ラウンド表示ランプRRは、大当りとなった場合に、当該大当りに係る大当り遊技におけるラウンド数を示すためのランプである。

0039

図3(a)に示す遊技盤200には、遊技球の転動可能な領域にワープ装置242およびステージ244が設けられている。ワープ装置242は、装飾図柄表示装置208の左側に設けたワープ入口242aに入った遊技球をワープ出口242bからステージ244に排出する。ステージ244は、装飾図柄表示装置208よりも、下方でかつ前方側に設けられたものであり、ワープ装置242を抜けた遊技球が、往復動回転運動等の動きをみせる舞台である。このステージ244では、遊技球が往復動や回転運動することで遊技球の滞留時間が長くなる。ステージ244にはステージカバー245が設けられている。

0040

また、遊技領域124の上部には、本体104に支持されて第1演出可動ユニット7が配置されている。さらに、ステージ244よりも下方かつ後方側には、本体104に支持されて第2演出可動ユニット8が配置されているが、この図3(a)では、第2演出可動ユニット8は見えていない。

0041

図3(a)に示すように、遊技領域124の上部の一部は、装飾上カバー203で覆われている。また、遊技領域124の右上部は、装飾右上カバー205で覆われており、装飾右上カバー205の奥(後方側)には、普図始動口228が配置されている。普図始動口228は、ゲートスルーチャッカーと呼ばれる、遊技領域124の所定の領域を球が通過したか否かを判定するための装置で構成しており、本実施形態では遊技盤200の右側に1つ配設している。普図始動口228を通過した球は、遊技島側に排出することはないが、入球した場合に所定の個数(例えば、1個)の賞球を払い出すとともに、入球した遊技球をパチンコ機100の裏側に誘導して遊技島側に排出するようにしてもよい。球が普図始動口228を通過したことを所定の球検出センサが検出した場合、パチンコ機100は、普図表示装置210による普図変動遊技を開始する。

0042

また、本実施形態では遊技盤200の中央下部に第1特図始動口230が1つ配設されている。この第1特図始動口230は、左側に延びたランプユニット9の右端に設けられたものである。このランプユニット9には、一般入賞口も配置されている。一般入賞口は、図示省略しているが、この他にも遊技領域の複数箇所に設けられており、一般入賞口に入球すると所定の球検出センサ(図示省略)が検出し、一般入賞口に入賞したとして、払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、4個)の球を賞球として球貯留皿126に排出する。球貯留皿126に排出した球は遊技者が自由に取り出すことが可能であり、これらの構成により、入賞に基づいて賞球を遊技者に払い出すようにしている。なお、一般入賞口に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

0043

また、遊技盤200の中央下部に1つ配設された第1特図始動口230への入球を所定の球検出センサが検出した場合、図2に示す払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、4個)の球を賞球として球貯留皿126に排出するとともに、第1特図表示装置212による特図変動遊技を開始する。第1特図始動口230に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。なお、本実施形態では、遊技領域124の右下部にアタッカユニット23が設けられており、このアタッカユニット23にも電チュータイプの第1特図始動口が別途設けられている。以下、遊技盤200の中央下部に設けられた第1特図始動口230を第1特図始動口(固定)230と称し、アタッカユニット23に別途設けられた電チュータイプの第1特図始動口を第1特図始動口(可変)231と称して両者を区別する場合がある。なお、第1特図始動口(可変)231については、後述するアタッカユニット23の説明の中で詳述する。

0044

また、アタッカユニット23には、第1特図始動口(可変)231の他に、第2特図始動口232や、複数の可変入賞口(アタッカ)234,235も設けられている。図3(a)に示す、中央下部に設けられた第1特図始動口(固定)230は、その配置上、右打ちした場合には、遊技球の入球が困難な構成となっている。一方、上述したステージ244の中央部には、ステージ244に到達した球が、遊技盤200の中央下部に設けられた第1特図始動口(固定)230へ入球し易くなるスペシャルルート244aが設けられている。なお、ステージ244を経由しなくても、左側から第1特図始動口(固定)230を狙うこともできる。したがって、遊技盤200の中央下部に設けられた第1特図始動口(固定)230は、左打ちを行うことで入球を期待することができる始動口である。

0045

さらに、遊技領域124には、風車と呼ばれる円盤状の打球方向変換部材236や、遊技釘複数個、配設していると共に、内レール204の最下部には、いずれの入賞口や始動口にも入賞しなかった球をパチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出するためのアウト口240を設けている。

0046

このパチンコ機100では、遊技者が球貯留皿126に貯留している球を発射レールの発射位置に供給し、遊技者の操作ハンドル操作量に応じた強度で発射モータを駆動し、発射杆および発射槌によって外レール202、内レール204を通過させて遊技領域124に打ち出す。そして、遊技領域124の上部に到達した球は、打球方向変換部材236や遊技釘等によって進行方向を変えながら下方に流下し、各種の入賞口や始動口に入賞するか、いずれの入賞口や始動口にも入賞することなく、または普図始動口228を通過するのみでアウト口240に到達する。また、本実施形態では、本体104の空間部114の下辺に、遊技盤200から排出されるすべての遊技球を受け入れ排出球受入口(図示しない)が上方に開口するように形成されるとともに、排出球受入口に受け入れられた遊技球の通過を検出するアウト球検出センサSWoutが本体104の所定位置に設けられている。なお、アウト球検出センサSWoutは、遊技盤200側に設けられてもよい。本実施形態では、遊技盤200から排出されるすべての遊技球(アウト口240から排出された遊技球と各種入賞口に入賞した遊技球とを含む)は、この排出球受入口に受け入れられ、所定の排出通路を経由してパチンコ機100外に排出されるように構成されているが、アウト口240から排出された遊技球のみがアウト球検出センサSWoutを通過するようにしてもよい。

0047

続いて、遊技領域124の右下部に設けられたアタッカユニット23について説明する。

0048

図3に示すアタッカユニット23は、アタッカ前板2301(図8参照)にアタッカシール2302が貼られたものである。なお、図3では、アタッカシール2302の装飾模様等は図示省略されている。

0049

図4は、図3に示すアタッカユニット23からアタッカ前板2301を取り除いた状態を示す斜視図である。

0050

アタッカユニット23は、電チュータイプの特図1始動口(可変)231、第1アタッカとなる第1可変入賞口234、第2アタッカとなる第2可変入賞口235、第2特図始動口232、およびアタッカベース板2303に開口したアウト口236を有する。本実施形態では、特図1始動口(可変)231に入球すると球検出センサ2312が検出し、特図1始動口(可変)231に入賞したとして、払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、1個)の球を賞球として球貯留皿126に排出する。また、第1可変入賞口234に入球すると球検出センサ2342が検出し、第1可変入賞口234に入賞したとして、払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、6個)の球を賞球として球貯留皿126に排出する。また、第2可変入賞口235に入球すると球検出センサ2352が検出し、第2可変入賞口235に入賞したとして、払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、10個)の球を賞球として球貯留皿126に排出する。また、特図2始動口232に入球すると球検出センサ2321が検出し、特図2始動口232に入賞したとして、払出装置152を駆動し、所定の個数(例えば、1個)の球を賞球として球貯留皿126に排出する。

0051

図1始動口(可変)231は、シャッタ部材2311によって始動口の大きさが可変するものであり、図4(a)に示すシャッタ部材2311は、前方側に進出している。このようにシャッタ部材2311が前方側に進出した状態では、進出したシャッタ部材2311の上を遊技球が通過する。すなわち、図4(a)では図の左側から右側に向けて遊技球が通過する。特図1始動口(可変)231の球検出センサ2312は、シャッタ部材2311よりも下方であって、かつ下流側に、上流側を向いて配置されている。したがって、図4(a)に示す特図1始動口(可変)231では、遊技球が球検出センサ2312を通過することは困難であり、図4(a)に示す特図1始動口(可変)231は、入賞困難状態である。

0052

第2アタッカとなる第2可変入賞口235は、第1アタッカとなる第1可変入賞口234よりも、遊技球の転動(流下)方向上流側に配置されたものである。この第2可変入賞口235は、シャッタ部材2351によって入賞口の大きさが可変するものであり、図4(a)に示すシャッタ部材2351は、前方側に進出している。また、第2可変入賞口用の球検出センサ2352は、前方側に進出したシャッタ部材2351よりも下方に、上方を向いて配置されている。シャッタ部材2351が前方側に進出した状態では、進出したシャッタ部材2351の上を遊技球が通過し、球検出センサ2352を通過することは困難である。したがって、図4(a)に示す第2可変入賞口235は、入賞困難状態である。

0053

第1可変入賞口234も、第2可変入賞口235と同じく、シャッタ部材2341によって入賞口の大きさが可変するものであるが、球検出センサの配置位置が第2可変入賞口235とは異なる。この第1可変入賞口234に向かって転動してくる遊技球は、図4(a)では図の右側から左側に向けて転動してくる。第1可変入賞口234用の球検出センサ2342は、シャッタ部材2341よりも下方ではなく、シャッタ部材2341よりも下流側に、上流側を向いて配置されている。第1可変入賞口234では、シャッタ部材2341が前方側に進出した状態では、進出したシャッタ部材2341の上を遊技球が通過し、球検出センサ2342に到達する。一方、図4(a)に示すように、シャッタ部材2341が後方側に後退した状態では、遊技球は球検出センサ2342のない所に落下する。したがって、図4(a)に示す第1可変入賞口234は、入賞困難状態である。

0054

遊技球が落下した先には、第2特図始動口232が配置されている。この第2特図始動口232は、入賞口の大きさが固定されたものであり、第2特図始動口232用の球検出センサ2321は、上方を向いて配置されている。この球検出センサ2321を通過した遊技球は、第1案内口2322を通って、パチンコ機100の裏側に誘導された後、遊技島側に排出される。

0055

以上をまとめると図4(a)に示すアタッカユニット23では、最上流に位置する特図1始動口(可変)231は入賞困難状態であり、次に位置する第2可変入賞口235も入賞困難状態であり、第1可変入賞口234も入賞困難状態である。

0056

アタッカユニット23はこのように構成されているため、後述するように、小当りラッシュ以外の遊技状態では、特図2図柄変動は特図1の図柄変動表示の結果が表示されることで破棄されるため、第2可変入賞口235が開放する可能性は極めて低く、第2可変入賞口235の開放タイミングのみを狙い撃ちするといった攻略が困難となっている。

0057

図5は、図4で取り除いたアタッカ前板2301の裏面を示す図である。

0058

図5に示すように、アタッカ前板2301の裏面には、アタッカベース板2303に向けて突出した球通路形成壁230rが設けられている。球通路形成壁230rは、アタッカユニット23に入球した遊技球が転動していく、下流側に向かって傾斜した球通路を形成するものである。また、シャッタ部材2311が進出する位置や、シャッタ部材2341,2351が進出する位置には、球通路形成壁230rが設けられておらず、進出したシャッタ部材2311やシャッタ部材2341,2351が球通路形成壁になる。すなわち、シャッタ部材2311やシャッタ部材2341,2351は、前方側へ進出した状態では下流側に向かって下方へ傾斜しており、この傾斜を利用して遊技球は下流側へ向かって転動していく。

0059

図4(a)に示す実線の矢印は、図5に示す球通路形成壁230rや、進出したシャッタ部材2311やシャッタ部材2351の上を転動したり、あるいは落下する遊技球の経路を示すものである(以下の図における矢印も同様。)。なお、アタッカユニット23に入球した遊技球は、実線の矢印で示す特図1始動口(可変)231側のルートに向かう場合と、アタッカユニット23に設けられたアウト口236へ向かう場合とがある。

0060

第2特図始動口232の手前まで落下してきた遊技球は、多くは第2特図始動口232に入球し、特図2変動遊技が開始される。第2特図始動口232に入球しなかった遊技球は、図3に示すアウト口240に到達し、遊技島側に排出される(二股に分かれた実線の矢印参照)。

0061

図4に示すように、アタッカベース板2303には、リブ複数本設けられている。また、図5に示すように、アタッカ前板2301にも、リブが複数本設けられている。遊技球の流れに沿って上流側から見ていくと、特図1始動口(可変)231のシャッタ部材2311の中間位置手前から右端までいき、折り返して第2可変入賞口235のシャッタ部材2351の中間位置を超えたところまで、リブが設けられている。すなわち、上下2段に分かれて縦方向のリブが複数本設けられるとともに、折り返し部分では横方向のリブが1本設けられている。以下、アタッカベース板2303における、特図1始動口(可変)231側の上段の4本の縦方向のリブを、後側第1リブ23r1と称し、折り返し部分の1本の横方向のリブを後側横リブ23r2と称し、第2可変入賞口235側の下段の4本の縦方向のリブを、後側第2リブ23r3と称する。また、アタッカ前板2301における、特図1始動口(可変)231側の上段の3本の縦方向のリブを、前側第1リブ23f1と称し、折り返し部分の1本の横方向のリブを前側横リブ23f2と称し、第2可変入賞口235側の下段の3本の縦方向のリブを、前側第2リブ23f3と称する。

0062

なお、図5に示すアタッカ前板2301には、前側第1リブ23f1、前側横リブ23f2、前側第2リブ23f3、および後述する前側縦リブ23f5の他に、各種の球案内リブ23f6〜23f8も設けられている。

0063

後側第1リブ23r1にしても、後側横リブ23r2にしても、後側第2リブ23r3にしても、また、前側第1リブ23f1にしても、前側横リブ23f2にしても、前側第2リブ23f3にしても、遊技球の転動速度を低下させるための減速用のリブである。

0064

後側第2リブ23r3および前側第2リブ23f3によって転動速度が低下した遊技球は、第2可変入賞口235のシャッタ部材2351の上に滞留しやすくなる。特に、4本の後側第2リブ23r3のうち下流側の2本の後側第2リブ23r3は、進出したシャッタ部材2351によって形成される球経路に設けられたものであり、3本の前側第2リブ23f3のうち下流側の2本の前側第2リブ23f3も、進出したシャッタ部材2351によって形成される球経路に設けられたものである。

0065

図6は、アタッカユニット23を図4(a)に示すB−B’線で断面し、真上から見た様子を示す図であり、図の下方側が前方側になる。なお、図6は断面を表すハッチングは省略している。

0066

図6には、右側に第2可変入賞口235が示され、左側に第1可変入賞口234が示されている。図6に示す第2可変入賞口235のシャッタ部材2351は前方側に進出した状態であり、第2可変入賞口235は入賞困難状態である。一方、図6に示す第1可変入賞口234のシャッタ部材2341も前方側に進出した状態であるが、この第1可変入賞口234は入賞容易状態である。また、この図6では、遊技球Ba〜Bcも示されている。図6では、遊技球は図の右側から左側に向かって転動(流下)する。

0067

第2可変入賞口235の近傍には、4本の後側第2リブ23r3と、3本の前側第2リブ23f3が示されている。遊技球Ba,Bbは、これら7本の第2リブ23r3,23f3に引っかかり、シャッタ部材2351の上に滞留しやすくなる。なお、4本の後側第2リブ23r3において隣合うリブの間隔は、遊技球の直径以上であり、3本の前側第2リブ23f3において隣合うリブの間隔も、遊技球の直径以上である。

0068

以上説明した後側第2リブ23r3にしても前側第2リブ23f3にしても、第1可変入賞口234よりも遊技球の転動(流下)方向上流側に設けられている。また、後側第2リブ23r3にしても前側第2リブ23f3にしても、一部のリブのみが第2可変入賞口235よりも上流側に設けられているが、全部のリブが、第2可変入賞口235よりも上流側に設けられていてもよい。

0069

また、後側第2リブ23r3と前側第2リブ23f3のうち、いずれか一方のリブのみを設けるようにしてもよい。このことは、第2リブに限ったことではなく、後側に設けられたリブと前側に設けられたリブが両方ある場合(例えば、第1リブの場合等)に、いずれか一方側のリブのみ設けるようにしてもよい。

0070

また、図6に示すように、前方側に進出した状態のシャッタ部材2351の前端とアタッカ前板2301との間には、隙間CS1が設けられている。この隙間CS1は、遊技球Ba,Bbの直径の半分以下であるが、前側第2リブ23f3の後方側への突出長よりは広い。一方、シャッタ部材2351の前後方向の長さ(幅)は、遊技球Ba,Bbの直径程度である。この隙間CS1が設けられていることで、入賞困難状態から、短時間のうちに入賞容易状態へ変化することができる。

0071

図4(b)には、同図(a)に示すアタッカユニット23の第2可変入賞口235が入賞容易状態に変化した後の様子が示されている。すなわち、図4(b)に示す第2可変入賞口235のシャッタ部材2351は後方側に後退している。

0072

シャッタ部材2351の上に遊技球が滞留した状態で、シャッタ部材2351が後退すると、シャッタ部材2351の上に滞留していた遊技球が一気に落下し、第2可変入賞口用の球検出センサ2352で検出される。したがって、遊技球がシャッタ部材2351を通過している状態でシャッタ部材2351が後退する場合に比べて、第2可変入賞口235への入賞率が向上し、後側第2リブ23r3および前側第2リブ23f3は、入賞率向上手段でもある。第2可変入賞口235が入賞容易状態である間は、特図1始動口(可変)231のシャッタ部材2311を通過して第2可変入賞口235に転動してきた遊技球は、第2可変入賞口235よりも下流側に転動することはなく、実線で示す矢印のように、球検出センサ2352を通過し、第2案内口2353を通って、パチンコ機100の裏側に誘導された後、遊技島側に排出される。

0073

図4(a)には、遊技球の流れとして2点鎖線でも示している。この2点鎖線は、第2可変入賞口235のシャッタ部材2351から第1可変入賞口234に向かって飛び出した遊技球の流れを示す。

0074

上述のごとく、図4(a)に示す第1可変入賞口234では、シャッタ部材2341が後方側に後退した状態であり、入賞困難状態である。しかしながら、2点鎖線で示す流れで遊技球が飛んできた場合、球検出センサ2342を通過してしまう恐れがある。すなわち、入賞困難状態でありながらも第1可変入賞口234に入賞してしまう恐れがある。

0075

しかしながら、後側第2リブ23r3および前側第2リブ23f3によって転動速度が低下した遊技球は、第2可変入賞口235のシャッタ部材2351から第1可変入賞口234に向かって飛び出すほどの勢いはなくなり、シャッタ部材2351から、図5に示す球通路形成壁230rにおけるアタッカ中間部230r1にのった後、図4(a)において実線で示すように、すぐに落下する。したがって、後側第2リブ23r3および前側第2リブ23f3は、第1可変入賞口234への入賞率を低下させる手段でもある。なお、厳密には、後側第2リブ23r3および前側第2リブ23f3は、第1可変入賞口234への、本来であれば許されない入賞(イレギュラー入賞)の入賞率を低下させる手段であるといえる。

0076

ところが、以上説明した、第1可変入賞口234への入賞率を低下させる、後側第2リブ23r3および前側第2リブ23f3を設けていても、これらのリブ23r3,23f3によって減速されるはずの遊技球が、第1可変入賞口234に向かって飛び出してしまうことを完全になくすことは困難である。例えば、シャッタ部材2351の上で遊技球が弾んでしまった場合等は、第1可変入賞口234に向かって飛び出してしまうことがある。そこで、第1可変入賞口234のシャッタ部材2341の下流側(球検出センサ2342側)の端部に、前方側に突出した入賞阻止突起2341aを設けている。この入賞阻止突起2341aは、シャッタ部材2341が後方側に後退した位置にあっても、球検出センサ2342の手前に突出している。このため、第1可変入賞口234に向かって飛び出してきた遊技球があっても、その遊技球は、入賞阻止突起2341aに衝突し、球検出センサ2342を通過できずに、点線で示すように落下する。さらに、図4(a)に示す、後退した位置にあるシャッタ部材2341における入賞阻止突起2341aの上には、縦リブの入賞阻止リブ23r4も設けられている。第1可変入賞口234に向かって飛び出してきた遊技球は、この入賞阻止リブ23r4に衝突し、入賞阻止突起2341aに衝突した場合と同じように、球検出センサ2342を通過できずに、点線で示すように落下する場合もある。

0077

なお、第2可変入賞口235のシャッタ部材2351からすぐに落下した遊技球は、落下経路途中に設けられた、図4(a)に示す後側縦リブ23r5や、図5に示す前側縦リブ23f5に衝突して、減速したり、あるいは、第2特図始動口232に入球しやすくなる。

0078

図7(a)は、図4(a)に示すアタッカユニット23の第1可変入賞口234が入賞容易状態に変化した後の様子を示す斜視図である。

0079

図7(a)に示す第1可変入賞口234のシャッタ部材2341は前方側に進出している。この結果、図7(a)に示すアタッカユニット23では、最上流に位置する特図1始動口(可変)231は入賞困難状態であり、次に位置する第2可変入賞口235も入賞困難状態であり、第1可変入賞口234が入賞容易状態である。第2可変入賞口235のシャッタ部材2351よりも、第1可変入賞口234のシャッタ部材2341は低い位置に設けられており、両シャッタ部材2341,2351の間には、図5に示す球通路形成壁230rのアタッカ中間部230r1が配置されている。図6に示すように、そのアタッカ中間部230r1と第1可変入賞口234のシャッタ部材2341は少し離れている。このため、第1可変入賞口234が入賞容易状態である間は、遊技球の多くは、実線で示す矢印のように、第1可変入賞口234のシャッタ部材2341の上にのって、そのシャッタ部材2341の上を転がり、球検出センサ2342に到達するが、第1可変入賞口234のシャッタ部材2341の上にのることができずに、下に落ちてしまい、第2特図始動口232側へ流下していく遊技球もある。第1可変入賞口234の球検出センサ2342を通過した遊技球は、第3案内口2343を通って、パチンコ機100の裏側に誘導された後、遊技島側に排出される。

0080

また、図6に示すように、前方側に進出した状態のシャッタ部材2341の前端とアタッカ前板2301との間には、隙間CS1と同程度の隙間CS2が設けられている。この隙間CS2によって、第1可変入賞口234が入賞困難状態から、短時間のうちに入賞容易状態へ変化することができる他、シャッタ部材2341に設けられた入賞阻止突起2341aの突出長を長くとることができ、シャッタ部材2341が後方側に後退した位置にあっても入賞阻止突起2341aに、第1可変入賞口234に向かって飛び出してきたイレギュラーな遊技球が確実に衝突するようになる。さらに、第1可変入賞口234のシャッタ部材2341が0.06秒などの極めて短い開放を1回だけ行う場合には、後側第2リブ23r3および前側第2リブ23f3によって転動速度が低下した遊技球がシャッタ部材2341に乗ったとしても、シャッタ部材2341の上を転動して球検出センサ2342に到達するまでに隙間CS2によってシャッタ部材2341が前方側に前進した位置から後方側に後退した位置に短時間で移動できるため、該遊技球が下に落ちて該開放による入賞率を低下させることができる。

0081

図7(b)は、図4(a)に示すアタッカユニット23の特図1始動口(可変)231が入賞容易状態に変化した後の様子を示す斜視図である。

0082

図7(b)に示す特図1始動口(可変)231のシャッタ部材2311は後方側に後退している。特図1始動口(可変)231が入賞容易状態である間は、アタッカユニット23に入球した遊技球は、特図1始動口(可変)231よりも下流側に転動することはなく、実線で示す矢印のように、球検出センサ2312を通過し、特図1変動遊技が開始される。球検出センサ2312を通過した遊技球は、第4案内口2313を通って、パチンコ機100の裏側に誘導された後、遊技島側に排出される。

0083

以上、構造について詳述したアタッカユニット23では、第1可変入賞口234のアタッカと第2可変入賞口235のアタッカはいずれも大当り及び小当りの際に開閉するアタッカになる。特図高確率普図高確率状態(後述するバトルモード)では、後述するように右打ちが行われ、特図1始動口(可変)231への入球が容易な状態となって特図1メインとなる図柄変動表示が行われる。また、本実施形態では、特図1については、大当りとならない場合は必ず小当りとなり、小当りとなった場合は、第1可変入賞口234がごく短時間(例えば、0.2秒×2回)開放するとともに、特図2が変動表示中の場合には、当該変動表示中の特図2の図柄変動表示が破棄され、はずれとなる。このため、バトルモードでは、アタッカへの入賞はほとんど期待することができない。一方、特図高確率普図低確率状態(後述する小当りラッシュ)では、特図1始動口(可変)231は入球容易状態にならず、したがって、右打ちされた遊技球は、特図2始動口232への入球が容易な状態となって特図2がメインとなる図柄変動表示が行われる。また、本実施形態では、特図2において小当りとなる場合があり(なお、はずれとなる場合もある。)、小当りとなった場合は、第2可変入賞口235が比較的長時間(例えば、0.8秒×12回)開放するので、第2可変入賞口235への遊技球の入球に期待を持たせることができる場合がある。

0084

図8(a)は、第1可変入賞口234が入賞困難状態であるアタッカユニット23を示す図である。図8(a)に示すアタッカユニット23では、アタッカ前板2301は残し、アタッカシール2302のみが取り除かれている。アタッカ前板2301には、第1可変入賞口234におけるシャッタ部材2341の下流側(球検出センサ2342側)端部に対応する位置に、逃げ開口2301aが設けられている。この逃げ開口2301aは、アタッカシール2302が貼られると、前方側から塞がれてしまい、遊技者からは視認困難になる。

0085

図8(b)は、第1可変入賞口234が入賞容易状態であるアタッカユニット23を示す図である。この図8(b)に示すアタッカユニット23でも、アタッカ前板2301は残し、アタッカシール2302のみが取り除かれている。図8(b)に示す逃げ開口2301aには、前方側に進出したシャッタ部材2341の入賞阻止突起2341aが入り込んでいる。逃げ開口2301aは、第1可変入賞口234の入賞容易状態において、前方側に突出した入賞阻止突起2341aが収納される空間である。入賞阻止突起2341aの先端は、逃げ開口2301aからさらに前方側に突出しておらず、アタッカシール2302が貼られると、アタッカシール2302によって、入賞阻止突起2341aの存在も遊技者からわからなくなる。ただし、アタッカシール2302にも開口を設けておき、入賞阻止突起2341aの先端が、逃げ開口2301aからさらに前方側へ突出するようにして、演出の一つとすることもできる。図6に示す逃げ開口2301aにも、前方側に進出したシャッタ部材2341の入賞阻止突起2341aが入り込んでいる。なお、図6に示すアタッカユニット23には、アタッカシール2302が貼られており、アタッカシール2302によって、逃げ開口2301aが塞がれている。逃げ開口2301aを設けておくことで、図6に示す隙間CS2と同様に、入賞阻止突起2341aの突出長を長くとることができ、シャッタ部材2341が後方側に後退した位置にあっても入賞阻止突起2341aに、第1可変入賞口234に向かって飛び出してきたイレギュラーな遊技球が確実に衝突するようになる。

0086

図9は、アタッカユニット23の発光構造を説明するための図である。図9(a)は、アタッカベース板2303を前方側から見た図である。

0087

図9(a)の他、図4等にも示したように、アタッカユニット23の右下部分には、複数の発光ダイオードD1が実装された前側LED基板2304が、アタッカベース板2303の前面に取り付けられている。不図示のアタッカ前板2301の裏面側には、上述した球通路形成壁の他、後方側に延在した細長導光リブ(不図示)が複数本設けられている。複数の発光ダイオードD1のうちの一部の発光ダイオードD1には、導光リブが接触している。導光リブが接触した発光ダイオードD1の光は、この導光リブを通して前方に発せられる。

0088

アタッカユニット23には、前方LED基板2304の他に、後方LED基板2305および中間LED基板2306も設けられている。図9(a)では、特図1始動口(可変)231のシャッタ部材2311を取り外すとともに、第1可変入賞口234のシャッタ部材2341および第2可変入賞口235のシャッタ部材2351も取り外している。アタッカベース板2303における、シャッタ部材2311が進退するシャッタ用開口2303a、シャッタ部材2351が進退する第1開口2303b、およびシャッタ部材2341が進退する第2開口2303cそれぞれの奥には、後方LED基板2305に実装された複数の発光ダイオードD3が見えている。シャッタ用開口2303aの奥側に位置する発光ダイオードD3は、シャッタ部材2311の動作期間中等に発光し、特図1始動口(可変)231の奥から光が漏れ出しているように見える。第1開口2303bの奥側に位置する発光ダイオードD3は、シャッタ部材2351の動作期間中等に発光し、第2可変入賞口235の奥から光が漏れ出しているように見える。第2開口2303cの奥側に位置する発光ダイオードD3は、シャッタ部材2341の動作期間中等に発光し、第1可変入賞口234の奥から光が漏れ出しているように見える。

0089

図9(b)は、前方LED基板2304、中間LED基板2306、および後方LED基板2305の位置関係がわかるように、側方からこれら3枚のLED基板2304,2305,2306を示す斜視図であり、図の左側が前方側になる。

0090

中間LED基板2306は、アタッカベース板2303の後面(裏面)から後方側に間隔をあけて配置され、ここでは不図示のリフレクタ部材によって、中間LED基板2306とアタッカベース板2303との間は覆われている。アタッカベース板2303は、後方側が透けて見えない光透過性の部材であり、中間LED基板2306に実装された複数の発光ダイオードD2は、発光していない状態では、アタッカベース板2303に隠されて視認不能である。一方、これらの発光ダイオードD2が、発光すると、アタッカベース板2303から光が出射されている(面発光している)ように見える。

0091

以上説明したように、アタッカユニット23では、複数のLED基板(2304〜2306)が、前後方向に間隔をあけて配置されている。各LED基板(2304〜2306)に設けられた発光ダイオードD1〜D3どうしは重なっていないが、重なっていてもよく、また、発光ダイオードD1〜D3の照射範囲が重なっていてもよい。

0092

次に、図10を用いて、このパチンコ機100の制御部の回路構成について詳細に説明する。なお、同図は制御部の機能ブロック図を示したものである。パチンコ機100の制御部は、大別すると、遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号(以下、単に「コマンド」という)に応じて主に演出の制御を行う第1副制御部400と、第1副制御部400より送信されたコマンドに基づいて各種機器を制御する第2副制御部500と、主制御部300が送信するコマンドに応じて主に遊技球の払出しに関する制御を行う払出制御部600と、遊技球の発射制御を行う発射制御部630と、パチンコ機100に供給される電源を制御する電源制御部660とを備えて構成されている。

0093

まず、パチンコ機100の主制御部300について説明する。主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備えている。基本回路302には、CPU304と、制御プログラムや各種データを記憶するためのROM306と、一時的にデータを記憶するためのRAM308と、各種デバイス入出力を制御するためのI/O310と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ312と、プログラム処理の異常を監視するWDT314と、乱数値生成回路カウンタ回路)318(この回路には2つのカウンタを内蔵しているものとする)とを搭載している。なお、ROM306やRAM308については他の記憶装置を用いてもよく、この点は後述する第1副制御部400や第2副制御部500についても同様である。この基本回路302のCPU304は、水晶発振器316bが出力する所定周期クロック信号システムクロックとして入力して動作する。また、乱数値生成回路318は、水晶発振器316aが出力するクロック信号を受信する度に0〜65535の範囲で数値を変動させるハードウェア乱数カウンタとして使用している。なお、乱数値生成回路318は、基本回路302に内蔵したものとしているが、基本回路302に対して接続されるものであってもよい。

0094

また、基本回路302には、所定の球検出センサ、例えば各始動口、入賞口、可変入賞口を通過する遊技球を検出するセンサや球貯留皿満タンセンサを含む各種センサ320が出力する信号を受信し、増幅結果基準電圧との比較結果を基本回路302におけるCPU304や乱数値生成回路318等に出力するためのセンサ回路322と、所定の図柄表示装置、例えば第1特図表示装置212や第2特図表示装置214の表示制御を行うための駆動回路324と、所定の図柄表示装置、例えば普図表示装置210の表示制御を行うための駆動回路326と、各種状態表示部328(例えば、普図保留ランプ216、特図1保留ランプ218、特図2保留ランプ220、高確中ランプRK、電サポ中ランプRD、右打ちランプRM、ラウンド表示ランプRR等)の表示制御を行うための駆動回路330と、所定の可動部材、例えば、普通電動役物としての第1特図始動口(可変)231のシャッタ部材2311(図35参照)を駆動する駆動手段や、特別電動役物としての可変入賞口234,235のシャッタ部材2341,2351(図38参照)を駆動する駆動手段等を含む各種ソレノイド332を制御するための駆動回路334と、を接続している。本例では水晶発振器316aと乱数値生成回路318とが別に設けられているが、水晶発振器316aは乱数値生成回路318に含まれていてもよい。

0095

なお、第1特図始動口230,231に球が入賞したことを球検出センサが検出した場合には、センサ回路322は球を検出したことを示す信号を基本回路302における乱数値生成回路318に出力する。この信号を受信した乱数値生成回路318は、第1特図始動口230,231に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、特図1に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。また、乱数値生成回路318は、第2特図始動口232に球が入賞したことを示す信号を受信した場合も同様に、第2特図始動口232に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、特図2に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。

0096

さらに、基本回路302には、情報出力回路336を接続しており、主制御部300は、この情報出力回路336を介し、図示しない外部端子板を経由して、外部のホールコンピュータ(図示省略)等が備える情報入力回路350にパチンコ機100の遊技情報(例えば、遊技状態)を出力する。

0097

また、主制御部300には、電源制御部660から主制御部300に供給している電源の電圧値を監視する電圧監視回路338を設けており、この電圧監視回路338は、電源の電圧値が所定の値(本例では9V)未満である場合に電圧が低下したことを示す低電圧信号を基本回路302に出力する。

0098

また、主制御部300には、電源が投入されると起動信号リセット信号)を出力する起動信号出力回路リセット信号出力回路)340を設けており、CPU304は、この起動信号出力回路340から起動信号を入力した場合に、遊技制御を開始する(後述する主制御部メイン処理を開始する)。

0099

また、主制御部300は、第1副制御部400にコマンドを送信するための出力インタフェースと、払出制御部600にコマンドを送信するための出力インタフェースとをそれぞれ備えており、この構成により、第1副制御部400および払出制御部600との通信を可能としている。なお、主制御部300と第1副制御部400との情報通信は一方向の通信であり、主制御部300と払出制御部600との情報通信は双方向の通信である。主制御部300は第1副制御部400にコマンド等の信号を送信できるように構成しているが、第1副制御部400からは主制御部300にコマンド等の信号を送信できないように構成している。ただし、主制御部300と第1副制御部400との情報通信が双方向通信により行われるように構成してもよい。また、払出制御部600は、主制御部300にコマンド等の信号を送信できるように構成しているが、払出制御部600から主制御部300にコマンド等の信号を送信できないように構成してもよい。

0100

次に、パチンコ機100の第1副制御部400について説明する。第1副制御部400は、主に主制御部300が送信したコマンド等に基づいて第1副制御部400の全体を制御する基本回路402を備えている。基本回路402には、CPU404と、一時的にデータを記憶するためのRAM408と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O410と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ412と、シリアル通信制御回路424とを搭載している。この基本回路402のCPU404は、水晶発振器414が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。また、基本回路402には、制御プログラムや各種演出データを記憶するためのROM406が接続されている。なお、ROM406は、制御プログラムと各種演出データとを別々のROMに記憶させてもよい。また、ROM406が基本回路402に備えらえた構成であってもよい。シリアル通信制御回路424は、遊技盤用ランプ442の制御を行うための遊技盤用ランプ駆動回路440と、遊技台枠用ランプ452の制御を行うための遊技台枠用ランプ駆動回路450とを接続し、遊技盤用ランプ駆動回路440及び遊技台枠用ランプ駆動回路450との間でシリアル通信による点灯制御を行う。なお、遊技盤用ランプ442には、第2演出可動ユニット8に配置された発光ダイオードや、ランプユニット9に配置された発光ダイオードや、アタッカユニット23に配置された発光ダイオードD1〜D3(図9参照)等が含まれている。

0101

また、基本回路402には、スピーカ120(およびアンプ)の制御を行うための音源IC(S−ROM)416と、図3(a)に示す上部の第1演出可動ユニット7、後方側に隠れている第2演出可動ユニット8といった各種演出装置のモータ等の駆動制御を行うための駆動回路422と、センサ回路428と、スピーカ120から出力される音量を調整する音量スイッチ163と、を接続している。センサ回路428は、各種演出装置等の現在位置を検出する各種可動体センサ430や、演出ボタン136や操作キーユニット190を構成する各種ボタンの押下を検出するボタンセンサ426からの検出信号を基本回路402に出力する。

0102

次に、パチンコ機100の第2副制御部500について説明する。第2副制御部500は、第1副制御部400が送信した制御コマンドを入力インタフェースを介して受信し、この制御コマンドに基づいて第2副制御部500の全体を制御する基本回路502を備えている。基本回路502は、CPU504と、一時的にデータを記憶するためのメモリ508と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O510と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ512と、CPU504からの信号に基づいてROM506に記憶された画像データ等を読み出しVRAM518のワークエリアを使用して表示画像を生成して装飾図柄表示装置208に画像を表示するVDPビデオディスプレイプロセッサ)516と、を搭載している。基本回路502のCPU504は、水晶発振器514が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。また、基本回路502には、第2副制御部500の全体を制御するための制御プログラムおよびデータ、画像表示用のデータ等が記憶されたROM506が接続されている。本実施形態では、一時的記憶領域としてメモリ508を用いており、メモリ508は、電源が遮断されても記憶状態保持可能な記録媒体(例えば、EEPROMフラッシュメモリ等)によって構成されている。これにより、例えば、大当り履歴に関する表示を表示するための情報を、主制御部300において初期化されたり設定変更が行われた場合にも保持することができる。なお、電源が遮断されると記憶情報揮発するRAMを用いるようにしてもよい。

0103

次に、パチンコ機100の払出制御部600、発射制御部630、電源制御部660について説明する。払出制御部600は、主に主制御部300が送信したコマンド等の信号に基づいて払出装置152の払出モータ602を制御するとともに、払出センサ604が出力する制御信号に基づいて賞球または貸球の払出しが完了したか否かを検出する。また払出制御部600は、インタフェース部606を介して、パチンコ機100とは別体で設けられたカードユニット608との通信を行う。また、払出制御部600は、所定個数(例えば、10個)の賞球の払出しが行われたことを示す賞球情報や、所定個数(例えば、25個)の貸球の払出しが行われたことを示す貸球情報等を、図示しない外部端子板を経由して、情報入力回路350に出力する。また、払出制御部600には、枠センサ605が接続されている。枠センサ605には、本体104が開いたことを検出する本体開放センサ1041や、前面枠扉106が開いたことを検出する前面枠扉センサ1061等が含まれており、本体104や前面枠扉106が開放されている場合にはこれらのセンサが検知し、開放信号を出力する。払出制御部600は、枠センサ605からの開放信号を出力すると、主制御部300に扉開放情報を出力する。

0104

発射制御部630は、払出制御部600が出力する、発射許可または停止を指示する制御信号や、球発射ハンドル134内に設けた発射強度出力回路が出力する、遊技者による球発射ハンドル134の操作量に応じた発射強度を指示する制御信号に基づいて、発射杆146および発射槌148を駆動する発射ソレノイド632の制御や、球貯留皿126から発射装置110に球を供給する球送り装置634の制御を行う。

0105

電源制御部660は、パチンコ機100に外部から供給される交流電源直流化し、所定の電圧に変換して主制御部300、第1副制御部400等の各制御部や払出装置152等の各装置に供給する。さらに、電源制御部660は、外部からの電源が断たれた後も所定の部品(例えば主制御部300のRAM308等)に所定の期間(例えば10日間)電源を供給するための蓄電回路(例えば、コンデンサ)を備えている。なお、本実施形態では、電源制御部660から払出制御部600と第2副制御部500に所定電圧の電源を供給し、払出制御部600から主制御部300と第2副制御部500と発射制御部630に所定電圧の電源を供給しているが、各制御部や各装置に他の電源経路で所定電圧の電源を供給してもよい。

0106

次に、図11(a)〜(d)を用いて、パチンコ機100の第1特図表示装置212、第2特図表示装置214、装飾図柄表示装置208、普図表示装置210が停止表示する特図および普図の種類について説明する。

0107

図1始動口230,231に球が入球したことを球検出センサである第1始動口センサが検出したことを条件として特図1変動遊技が開始され、特図2始動口232に球が入球したことを球検出センサである第2始動口センサが検出したことを条件として特図2変動遊技が開始される。特図1変動遊技が開始されると、第1特図表示装置212は、8つのランプのうちの一部のランプ(例えば、左から1番目の下段のランプ)を点滅させる「特図1の変動表示」(特図変動遊技)を行う。また、特図2変動遊技が開始されると、第2特図表示装置214は、8つのランプのうちの一部のランプ(例えば、左から1番目の下段のランプ)を点滅させる「特図2の変動表示」(特図変動遊技)を行う。そして、特図1変動開始前に決定した変動時間が経過すると、第1特図表示装置212は特図1停止図柄態様を停止表示し、特図2の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、第2特図表示装置214は特図2の停止図柄態様を停止表示する。以下、この「特図1又は2の変動表示」を開始してから特図1又は2の停止図柄態様を停止表示するまでの変動表示を特図の変動表示と称することがある。この特図の変動表示は複数回、連続して行われることがある。

0108

また、本実施形態では、特図1と特図2とで一方の特図が他方の特図の変動表示を行っているか否かにかかわらず、特図の変動表示を開始する仕様(このような仕様のパチンコ機を、「同時変動機」などと呼ばれる場合がある。)とされている。

0109

図11(a)は、特図1の停止図柄態様の一例を示したものである。この図11(a)には、「特図A」から「特図Q」の17種類の特図が示されている。図11(a)においては、図中の白抜きの部分が消灯するランプを示し、黒塗りの部分が点灯するランプを示している。

0110

本実施形態では、特図1の停止図柄態様として、15種類の大当り図柄(「特図A」,「特図B」,「特図E」〜「特図Q」)が用意されている。「特図A」は5ラウンド(R)通常大当り図柄であり、「特図A」が停止表示されると第1可変入賞口234(以下、「Sアタッカ」という場合がある。)が開放する大当り遊技状態に移行し、当該大当り遊技が終了した後、制御状態が特図低確率普図高確率状態(チャレンジモード)になる。なお、「特図A」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で51回目の図柄変動表示が開始されるまでチャレンジモードが継続される。大当りが発生することなくチャレンジモードが終了すると特図低確率普図低確率状態(通常遊技状態)に移行する。また、「特図B」は後述する小当りラッシュに移行する10R確変超大当り図柄であり、「特図B」が停止表示されると第2可変入賞口235(以下、「Rアタッカ」という場合がある。)が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図高確率普図低確率状態(小当りラッシュ)になる。

0111

また、「特図E」は後述するバトルモードに移行する5R確変大当り図柄であり、「特図E」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図高確率普図高確率状態(バトルモード)になる。なお、「特図E」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で51回目の図柄変動表示が開始されるまでバトルモードが継続される。大当りが発生することなくバトルモードが終了すると小当りラッシュに移行する。また、「特図F」はバトルモードに移行する5R確変大当り図柄であり、「特図F」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態がバトルモードになる。なお、「特図F」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で46回目の図柄変動表示が開始されるまでバトルモードが継続される。大当りが発生することなくバトルモードが終了すると小当りラッシュに移行する。また、「特図G」はバトルモードに移行する5R確変大当り図柄であり、「特図G」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態がバトルモードになる。なお、「特図G」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で41回目の図柄変動表示が開始されるまでバトルモードが継続される。大当りが発生することなくバトルモードが終了すると小当りラッシュに移行する。

0112

また、「特図H」はバトルモードに移行する5R確変大当り図柄であり、「特図H」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態がバトルモードになる。なお、「特図H」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で36回目の図柄変動表示が開始されるまでバトルモードが継続される。大当りが発生することなくバトルモードが終了すると小当りラッシュに移行する。また、「特図I」はバトルモードに移行する5R確変大当り図柄であり、「特図I」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態がバトルモードになる。なお、「特図I」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で31回目の図柄変動表示が開始されるまでバトルモードが継続される。大当りが発生することなくバトルモードが終了すると小当りラッシュに移行する。また、「特図J」はバトルモードに移行する5R確変大当り図柄であり、「特図J」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態がバトルモードになる。なお、「特図J」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で26回目の図柄変動表示が開始されるまでバトルモードが継続される。大当りが発生することなくバトルモードが終了すると小当りラッシュに移行する。

0113

また、「特図K」はバトルモードに移行する5R確変大当り図柄であり、「特図K」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態がバトルモードになる。なお、「特図K」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で21回目の図柄変動表示が開始されるまでバトルモードが継続される。大当りが発生することなくバトルモードが終了すると小当りラッシュに移行する。また、「特図L」はバトルモードに移行する5R確変大当り図柄であり、「特図L」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態がバトルモードになる。なお、「特図L」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で16回目の図柄変動表示が開始されるまでバトルモードが継続される。大当りが発生することなくバトルモードが終了すると小当りラッシュに移行する。また、「特図M」〜「特図Q」はバトルモードに移行する5R確変大当り図柄であり、「特図M」〜「特図Q」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態がバトルモードになる。なお、「特図M」〜「特図Q」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で11回目の図柄変動表示が開始されるまでバトルモードが継続される。大当りが発生することなくバトルモードが終了すると小当りラッシュに移行する。

0114

なお、本実施形態では、特図1に関し15種類の大当り図柄を用意しているが、それよりも少ない種類の大当り図柄を用意してもよいし、それよりも多い種類の大当り図柄を用意してもよいことは言うまでもない。また、一部のラウンドで実質的に入賞が困難(例えば、短開放により入賞が困難)な大当りを用意してもよい。

0115

本実施形態のパチンコ機100では、特図変動遊技における大当りか否かの決定はハードウェア乱数の抽選によって行い、いずれの図柄による大当りとするかの決定はソフトウェア乱数の抽選によって行う。通常大当りと確変大当りの違いは、次回の特図変動遊技で、大当りに当選する確率が高い(確変大当り)か低い(通常大当り)かの違いである。以下、この大当りに当選する確率が高い状態のことを特図高確率状態(以下、「特図確変」または単に「確変」という場合がある)と称し、その確率が低い状態のことを特図低確率状態と称する。なお、本実施形態では、後述するように、遊技状態によって特図1及び特図2の変動時間が大きく異なるように構成されている。また、大当り遊技の終了後に時短状態(電サポ状態)に移行する場合がある。ここで、電サポ状態とは、特図変動遊技における大当りを終了してから、次の大当りを開始するまでの時間を短くする等して、遊技者の有利度が非電サポ状態より高い所定状態のことをいう。時短については詳しくは後述するが、時短状態のことを普図高確率状態(以下、「普図確変」という場合がある)と称し、時短状態でない状態のことを普図低確率状態と称する。このように、電サポ状態(時短状態)は、大当り遊技の終了を条件に開始される。なお、厳密にいえば、「電サポ状態」はあくまでも普図がらみの状態であり、「時短状態」は特図がらみの状態または普図および特図がらみの状態である。主制御部300のRAM308には時短フラグが用意されており、その時短フラグがオンに設定されていると、電サポ状態であり、普図高確率状態である。普図高確率状態では普図低確率状態に比べて、普図変動遊技に当選しやすくなる(普図確変)。例えば、普図変動遊技の当選確率が、普図低確率状態(非電サポ状態)では0/100(すなわち、必ずはずれとなる。)であるのに対し、普図高確率状態(電サポ状態)では100/100(すなわち、必ず当りとなる。)に上昇する。また、電サポ状態の方が、非電サポ状態に比べて普図変動遊技の変動時間は短くなる(普図変短)。例えば、非電サポ状態では10秒の普図変動遊技の変動時間が電サポ状態では2秒に短縮される。また、電サポ状態では、非電サポ状態に比べて、特図1始動口(可変)231のシャッタ部材2311の1回の開放における開放時間が長くなりやすい(電チュー開放期間延長)。例えば、非電サポ状態では0.5秒の電チュー開放期間が電サポ状態では2秒に延長される。さらに、電サポ状態では非電サポ状態に比べて、シャッタ部材2311は多く開きやすい(電チュー開放回数増加)。例えば、普図始動口228への1回の入賞につき非電サポ状態では1回しか開かないシャッタ部材2311が、電サポ状態では2回開く(2秒開放して1秒閉鎖してまた2秒開放)。電チュー開放期間延長や電チュー開放回数増加により、特図1始動口(可変)231に入球する確率が高まる。なお、時短フラグは、大当り遊技中にはオフに設定される。したがって、大当り遊技中には、非電サポ状態が維持される。これは、特に大当り遊技において賞球数の少ない電チューに遊技球が拾われてしまい、第1可変入賞口234あるいは第2可変入賞口235(これらの可変入賞口を「アタッカ」という場合がある。)への遊技球の入賞が減ってしまうと遊技者に不利益が生じる場合があるからである。なお、本実施形態では、電サポ状態(時短状態)では、普図確変、普図変短、電チュー開放期間延長、および電チュー開放回数増加の総てが行われるが、これらのうちの少なくともいずれか一つが行われれば、遊技者の有利度が高い状態になり、電サポ状態(時短状態)としてもよい。あるいは、特図1始動口(可変)231に入球する確率が高まる、電チュー開放期間延長または電チュー開放回数増加のうちのいずか一方が行われれば、電サポ状態(時短状態)としてもよい。非電サポ状態では、電サポ状態よりも遊技球が特図1始動口(可変)231に進入し難い。上述のごとく、特図1始動口(可変)231は、遊技球が進入し難い入賞困難状態と遊技球が進入しやすい入賞容易状態とに変化するものである。この特図1始動口(可変)231は、入り口が、電サポ状態では非電サポ状態よりも長期間にわたって入賞容易状態となる。本実施形態では、「特図A」,「特図E」〜「特図Q」が停止表示されると、その後に行われる大当り遊技終了後、大当り図柄毎に定められた回数の特図変動遊技が開始されるまでの間、電サポ状態が維持され、その後、非電サポ状態(普図低確率状態)に移行する。一方、電サポ無しの大当り(「特図B」)に当選した場合には、大当り遊技終了後に電サポ状態に移行しない。

0116

このように、本実施形態では、「特図A」が停止表示されると、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図低確率普図高確率状態(チャレンジモード)になり、「特図B」該停止表示されると、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図高確率普図低確率状態(小当りラッシュ)になり、「特図E」〜「特図Q」が停止表示されると、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図高確率普図高確率状態(バトルモード)になる。

0117

また、本実施形態では、特図1について、大当り図柄の他に小当り図柄(「特図C」)も用意されている。「特図C」で小当りした場合は、図柄の停止後に第1可変入賞口234のシャッタ部材2341が0.2秒の開放を最大で2回行う。なお、シャッタ部材2341の開放時間及び開放回数は適宜設定することができる。小当り遊技では、第1可変入賞口234に遊技球が所定球数(例えば10球)進入してしまうと、あるいは所定量の遊技価値(所定球数)を獲得してしまうと、小当り遊技が終了し、それ以降のシャッタ部材2341の開放は行われない。小当り遊技中には、特図低確率普図低確率状態へ移行する。小当りは、小当り遊技前後で制御状態が変化しない当りであり、小当り遊技終了後には小当り遊技開始前の制御状態に復帰する。なお、本実施形態では、上述したように構成されていることから、特図1による小当り遊技は、第1可変入賞口234への遊技球の進入が期待できない小当り遊技となっており、本実施形態における小当りは、はずれの一部とみることができる。

0118

また、本実施形態では、上述したように、同時変動機であるので、特図1で大当り又は小当りとなって大当り遊技あるいは小当り遊技に移行する場合に特図2が変動表示中である状況や、特図2で大当り又は小当りとなって大当り遊技あるいは小当り遊技に移行する場合に特図1が変動表示中である状況が起こりうるが、この場合は、一方の特図で大当り又は小当りとなると他方の特図の変動表示は強制的に終了され、変動表示の結果が破棄されてはずれの結果が表示されることとなる。

0119

さらに、本実施形態では、ハズレ図柄として1種類の停止図柄が用意されている。「特図D」はハズレ図柄である。なお、本実施形態では、後述するように、特図1の図柄変動表示では、大当りとなる場合以外は全て小当りとなり、通常では「特図D」は表示されないが、特図2で大当り図柄又は小当り図柄が表示された場合に、特図1で図柄変動表示中である場合には、これが破棄されてハズレ図柄である「特図D」が表示されることとなる。

0120

図11(b)は、特図2の停止図柄態様の一例を示したものである。この図11(b)には、「特図a」から「特図h」の8種類の特図が示されており、そのうち6種類の特図が大当り図柄(「特図a」〜「特図f」)となっている。「特図a」は10R通常大当り図柄であり、「特図a」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、当該大当り遊技が終了した後、制御状態が特図低確率普図高確率状態(チャレンジモード)になる。なお、「特図a」で大当りした場合、特図1及び特図2で合計100回目の図柄変動表示が開始されるか、特図1で51回目の図柄変動表示が開始されるまでチャレンジモードが継続される。大当りが発生することなくチャレンジモードが終了すると特図低確率普図低確率状態(通常遊技状態)に移行する。また、「特図b」は小当りラッシュが継続する10R確変大当り図柄であり、「特図b」が停止表示されると第2可変入賞口235が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図高確率普図低確率状態(小当りラッシュ)になる。また、「特図c」は小当りラッシュが継続する6R確変大当り図柄であり、「特図c」が停止表示されると第2可変入賞口235が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図高確率普図低確率状態(小当りラッシュ)になる。また、「特図d」は小当りラッシュが継続する8R確変大当り図柄であり、「特図d」が停止表示されると第2可変入賞口235が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図高確率普図低確率状態(小当りラッシュ)になる。また、「特図e」は小当りラッシュが継続する10R確変大当り図柄であり、「特図e」が停止表示されると第2可変入賞口235が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図高確率普図低確率状態(小当りラッシュ)になる。なお、「特図c」〜「特図e」は、ランクアップボーナス(RUボーナス)の大当り図柄であり、これらの図柄で大当りした場合には、大当り遊技の開始時において遊技者に何ラウンドの大当り遊技であるかが特定困難な演出を行う大当り遊技が行われる。また、「特図f」は小当りラッシュが継続する5R確変大当り図柄であり、「特図f」が停止表示されると第1可変入賞口234が開放する大当り遊技状態に移行し、大当り遊技が終了した後、制御状態が特図高確率普図低確率状態(小当りラッシュ)になる。なお、一部のラウンドで実質的に入賞が困難(例えば、短開放により入賞が困難)な大当りを用意してもよい。また、特図2では、6種類の大当り図柄を用意しているが、それよりも少ない種類の大当り図柄を用意してもよいし、それよりも多い種類の大当り図柄を用意してもよい。

0121

また、特図2でも、大当り図柄の他に小当り図柄(「特図g」)が用意されている。「特図g」で小当りした場合は、図柄の停止後に第2可変入賞口235のシャッタ部材2351が0.2秒の開放を最大で12回行う。ここで、特図1の小当り図柄(「特図C」)と比較すると、特図2で小当り(「特図g」が停止表示)した場合の方が、特図1で小当り(特図C」が停止表示)した場合よりも、第2可変入賞口235に多くの遊技球が入球しやすく、より多くの出球を獲得することができるようになっている。換言すれば、特図1の小当りでは出球を与えず、特図2の小当りで出球を与えるといったゲーム性になる。なお、シャッタ部材2351の開放時間及び開放回数は適宜設定することができる。

0122

図11(c)は装飾図柄の一例を示したものである。本実施形態の装飾図柄には、「装飾1」〜「装飾10」と「特殊図柄」の11種類がある。特図1始動口(固定)230、特図1始動口(可変)231あるいは特図2始動口232に球が入賞したこと、すなわち、特図1始動口(固定)230あるいは特図1始動口(可変)231に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、もしくは特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件にして、装飾図柄表示装置208の左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208b、右図柄表示領域208cの各図柄表示領域に、「装飾1」→「装飾2」→「装飾3」→・・・・「装飾9」→「装飾10」→「装飾1」→・・・の順番で表示を切り替える「装飾図柄の変動表示」を行う場合がある。すなわち、装飾図柄表示装置208は、第1特図表示装置212および第2特図表示装置214とは別に、装飾図柄を変動表示するものである。そして、装飾図柄の組合せである停止図柄態様を停止表示する。なお、本実施形態では、特図1が主として変動表示が行われる通常遊技状態及び電サポ状態(チャレンジモード・バトルモード)においては、特図1の変動表示に合わせて装飾図柄の変動表示が行われ、特図2が主として変動表示が行われる非電サポ付き確変状態(小当りラッシュ)では、特図2の変動表示に合わせて装飾図柄の変動表示が行われる。一方で、通常遊技状態及び電サポ状態(チャレンジモード・バトルモード)では、特図2の変動表示が行われても装飾図柄の変動表示は行われず、後述する第4図柄や第2特図表示装置214においてのみ図柄変動表示が行われ、非電サポ付き確変状態(小当りラッシュ)では、特図1の変動表示が行われても装飾図柄の変動表示は行われず、第4図柄や第1特図表示装置212においてのみ図柄変動表示が行われる。

0123

通常遊技状態あるいは電サポ状態(チャレンジモード・バトルモード)において第1特図表示装置212で5R通常大当り(「特図A」)を報知する場合、非電サポ付き確変状態(小当りラッシュ)において第2特図表示装置214で10R通常大当り(「特図a」)を報知する場合には、図柄表示領域208a〜208cに、「装飾4−装飾4−装飾4」等の同じ偶数の装飾図柄が3つ並んだ装飾図柄の組合せを停止表示する。また、5R確変大当り(「特図E」〜「特図Q」、「特図f」)を報知する場合には、図柄表示領域208a〜208cに、「装飾3−装飾3−装飾3」及び「装飾7−装飾7−装飾7」以外の同じ奇数の装飾図柄が3つ並んだ装飾図柄の組合せ(例えば、「装飾1−装飾1−装飾1」や「装飾5−装飾5−装飾5」等)を停止表示する。また、10R確変超大当り(「特図B」、「特図b」)を報知する場合には、図柄表示領域208a〜208cに、「装飾3−装飾3−装飾3」又は「装飾7−装飾7−装飾7」を停止表示する。さらに、非電サポ付き確変状態(小当りラッシュ)において6R確変大当り(ランクアップボーナス)、8R確変大当り(ランクアップボーナス)、10R確変大当り(ランクアップボーナス)を報知する場合には、左図柄表示領域208a及び右図柄表示領域208cが同じ数字の装飾図柄であり、中図柄表示領域208bが特殊図柄(番長の図柄)である装飾図柄の組合せ(例えば、「装飾3−特殊図柄−装飾3」や「装飾4−特殊図柄−装飾4」等)を停止表示する。また、第2特図表示装置214で小当り(「特図g」)を報知する場合には、図柄表示領域208a〜208cに、「装飾1−装飾2−装飾3」といった装飾図柄の組合せを停止表示する。また、第1特図表示装置212で小当り(「特図C」)となる場合や、第2特図表示装置214でハズレ図柄(「特図h」)となる場合には、図柄表示領域208a〜208cに、これまで説明した装飾図柄の組合せ以外の装飾図柄の組合せ(例えば、ばらけ目)を停止表示して、遊技者にはずれ(実質はずれ)であることを報知する。なお、本実施形態では、「装飾3−装飾3−装飾3」や「装飾7−装飾7−装飾7」で停止表示すると、理論上、最大獲得出玉数である大当り(Rアタッカが開放する10R大当り)としているが、最大獲得出玉数でない場合に停止表示してもよい。また、本実施形態では、特図1での大当りにおける最大獲得出玉数と、特図2での大当りにおける最大獲得出玉数とを同じにしているが、特図1の大当りにおける最大獲得出玉数の方が、特図2での大当りにおける最大獲得出玉数よりも多くてもよいし、特図2の大当りにおける最大獲得出玉数の方が、特図1での大当りにおける最大獲得出玉数よりも多くてもよい。

0124

以下、装飾図柄表示装置208において、この「装飾図柄の変動表示」を開始してから装飾図柄の停止図柄態様を停止表示するまでの表示を装飾図柄の変動表示(「装飾図柄変動表示」という場合もある。)と称することがある。装飾図柄の変動表示は、第2副制御部500が制御することによって行われる。

0125

図11(d)は普図の停止図柄態様の一例を示したものである。本実施形態の普図の停止表示態様には、当り図柄である「普図A」と、はずれ図柄である「普図B」の2種類がある。普図始動口228を球が通過したことを球検出センサであるゲートセンサが検出したことに基づいて、普図表示装置210は、上下に並んだ2つのLEDを交互に点灯させる「普図の変動表示」(普図変動遊技)を行う。そして、変動時間が経過した後に、当り図柄である「普図A」とはずれ図柄である「普図B」の内のいずれか一方の図柄を停止表示する。この図11(d)においても、図中の白抜きの部分が消灯するランプの場所を示し、黒塗りの部分が点灯するランプの場所を示している。

0126

以下、この「普図の変動表示」を開始してから普図の停止図柄態様を停止表示するまでの表示を普図の変動表示と称することがある。

0127

<主制御部メイン処理>
次に、図12を用いて、図10に示す主制御部300のCPU304が実行する主制御部メイン処理について説明する。なお、同図は主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。

0128

図10に示す主制御部300のRAM308には、特図乱数値、特図ラウンド決定乱数値、特図電サポ決定乱数値、および特図図柄決定乱数値等が記憶される。また、このRAM308には、これら各種の乱数値を生成する乱数カウンタが設けられている。さらに、RAM308には、特図の保留数特図当選乱数値、および各種の判定(抽選)結果等が記憶される。以下、RAM308における特図の保留数を記憶する領域を特図保留数記憶領域と称することがある。またさらに、RAM308には、当否判定(抽選)の開始を保留することができる最大数(この例では4つ)の領域に区分けされた特図用の始動情報記憶部が用意されているとともに、普図用の乱数値記憶領域も用意されている。特図用の始動情報記憶部には、後述するように、複数種類の始動情報を1セットにしてこれらの始動情報が入賞順(保留順)に1セットずつ1領域ごとに格納される。

0129

上述したように、図10に示す主制御部300には、電源が投入されると起動信号(リセット信号)を出力する起動信号出力回路(リセット信号出力回路)340を設けている。この起動信号を入力した基本回路302のCPU304は、リセット割込によりリセットスタートしてROM306に予め記憶している制御プログラムに従って図12に示す主制御部メイン処理を実行する。

0130

テップS101では、初期設定1を行う。この初期設定1では、CPU304のスタックポインタ(SP)へのスタック初期値の設定(仮設定)、割込マスクの設定、I/O310の初期設定、RAM308に記憶する各種変数の初期設定、WDT314への動作許可及び初期値の設定等を行う。なお、本実施形態では、WDT314に、初期値として32.8msに相当する数値を設定する。

0131

ステップS103では、WDT314のカウンタの値をクリアし、WDT314による時間計測再始動する。

0132

ステップS105では、低電圧信号がオンであるか否か、すなわち、電圧監視回路338が、電源制御部660が第2副制御部500を介して主制御部300に供給している電源の電圧値が所定の値(本実施形態では9v)未満である場合に電圧が低下したことを示す低電圧信号を出力しているか否かを監視する。そして、低電圧信号がオンの場合(CPU304が電源の遮断を検知した場合)にはステップS103に戻り、低電圧信号がオフの場合(CPU304が電源の遮断を検知していない場合)にはステップS107に進む。なお、電源が投入された直後で未だ上記所定の値(9V)に達しない場合にもステップS103に戻り、供給電圧がその所定の値以上になるまで、ステップS105は繰り返し実行される。

0133

ステップS107では、初期設定2を行う。この初期設定2では、後述する主制御部タイマ割込処理を定期毎に実行するための周期を決める数値をタイマ回路312に設定する処理、I/O310の所定のポート(例えば試験用出力ポート、第1副制御部400への出力ポート)からクリア信号を出力する処理、RAM308への書き込みを許可する設定等を行う。

0134

ステップS109では、電源の遮断前(電断前)の状態に復帰するか否かの判定を行い、電断前の状態に復帰しない場合(主制御部300の基本回路302を初期状態にする場合)には初期化処理を実行するべくステップS113以降の処理に進む。

0135

電断前の状態に復帰すると判定しない場合は(ステップS109;No)、その要因図2に示す電源基板182に設けたRAMクリアスイッチ180が遊技店の店員などにより操作されたものであるか否かを判定する(ステップS113)。すなわち、RAMクリアスイッチ180が操作された場合に送信されるRAMクリア信号がオン(操作があったことを示す)であるか否かを判定する。RAMクリア信号がオンと判定された場合は(ステップS113;Yes)、設定変更キー192がON側に操作されているか否かを判定する(ステップS115)、設定変更キー192がON側に操作されていると判定した場合は(ステップS115;Yes)、設定変更処理を実行する(ステップS117)。

0136

設定変更処理が実行されると、役物比率・設定表示器196における設定モニタに対応する7セグが「1」を示して点滅し、設定変更可能であることが示される。この状態で、設定変更ボタン194が押下操作されるごとに、設定モニタの7セグがインクリメントし、設定モニタに対応する7セグが「6」を示している状態で設定変更ボタン194が押下操作されると「1」に戻るようになっている。本実施形態では、少なくとも大当り確率の異なる設定1〜6のうちからいずれかを選択可能とされており、所望とする設定に変更した後で設定変更キー192をOFF側に操作することで、設定が確定する。このとき、設定モニタに表示されている設定値消去される。その後、設定が確定した後は、設定変更ボタン194を操作することにより設定値を設定モニタに一定時間(例えば、5秒間)再表示させることができる。なお、本実施形態では、設定値を役物比率・設定表示器196の設定モニタに表示させるようにしたが、例えば、装飾図柄表示装置208に表示させたり、音声出力により報知するようにしてもよい。また、本実施形態では、設定1〜6の6段階設定としているが、6段階設定以外であってもよいし、設定変更を行わないものであってもよい。また、本実施形態では、設定モニタに表示される設定の初期値を「1」としたが、電源が遮断される前の設定値が保持され、保持された設定値が表示されるようにしてもよい。

0137

また、ステップS113において、RAMクリア信号がONであると判定しなかった場合(ステップS113;No)や、ステップS115において設定変更キー192がON側に操作されていると判定しなかった場合は(ステップS115;No)、ステップS117の設定変更処理を実行することなく、ステップS119に移行する。

0138

ステップS119では、基本回路302を初期状態にすべく初期化処理を実行する(ステップS119)。ここでは、RAMクリア信号がONである場合、RAM308に設けた電源ステータス記憶領域に記憶した電源ステータスの情報を読み出し、この電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報でない場合、RAM308の所定の領域(例えば全ての領域)に記憶している1バイトデータを初期値が0である1バイト構成のレジスタに全て加算することによりチェックサムを算出し、算出したチェックサムの結果が特定の値(例えば0)であるか否か(チェックサムの結果が正常であるか否か)を判定し、チェックサムの結果が特定の値(例えば0)以外である場合(チェックサムの結果が異常である場合)には、パチンコ機100を初期状態にすべく初期化処理を実行する。この初期化処理では、割込禁止の設定、スタックポインタへのスタック初期値の設定(本設定)、RAM308の全ての記憶領域の初期化などを行う。なお、本実施形態では、初期化が行われた場合であっても設定変更処理(ステップS117)で設定された設定値は保持される。さらにここで、主制御部300のRAM308に設けられた送信情報記憶領域に正常復帰コマンド及びステップS117で選択された設定を示す設定コマンドをセットする。この正常復帰コマンドは、主制御部300の初期化処理(ステップS119)が行われたことを表すコマンドであり、後述する復電コマンドと同じく、主制御部300のタイマ割込処理におけるステップS233において、第1副制御部400へ送信される。

0139

ステップS121では、割込禁止の設定を行った後、基本乱数初期値更新処理を行う。この基本乱数初期値更新処理では、普図当選乱数カウンタ、および特図乱数値カウンタの初期値をそれぞれ生成するための2つの初期値生成用乱数カウンタを更新する。例えば、普図当選乱数値として取り得る数値範囲が0〜99とすると、RAM308に設けた普図当選乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が100であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。他の初期値生成用乱数カウンタ、乱数カウンタもそれぞれ同様に更新する。主制御部300は、所定の周期ごとに開始するタイマ割込処理を行っている間を除いて、このステップS121の処理を繰り返し実行する。

0140

一方、ステップS111では、復電時処理を行う。この復電時処理では、電断時にRAM308に設けられたスタックポインタ退避領域に記憶しておいたスタックポインタの値を読み出し、スタックポインタに再設定(本設定)する。また、電断時にRAM308に設けられたレジスタ退避領域に記憶しておいた各レジスタの値を読み出し、各レジスタに再設定した後、割込許可の設定を行う。以降、CPU304が、再設定後のスタックポインタやレジスタに基づいて制御プログラムを実行する結果、パチンコ機100は電源断時の状態に復帰する。すなわち、電断直前にタイマ割込処理(後述)に分岐する直前に行った(ステップS121内の所定の)命令の次の命令から処理を再開する。また、図10に示す主制御部300における基本回路302に搭載されているRAM308には、送信情報記憶領域が設けられている。このステップS111では、その送信情報記憶領域に、復電コマンドをセットする。この復電コマンドは、電源断時の状態に復帰したことを表すコマンドであり、後述する、主制御部300のタイマ割込処理におけるステップS233において、第1副制御部400へ送信される。

0141

<主制御部タイマ割込処理>
次に、図13を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部タイマ割込処理について説明する。なお、同図は主制御部タイマ割込処理の流れを示すフローチャートである。

0142

図10に示す主制御部300は、所定の周期(本実施形態では約4msに1回)でタイマ割込信号を発生するタイマ回路312を備えており、このタイマ割込信号を契機として主制御部タイマ割込処理を所定の周期で開始する。

0143

ステップS201では、タイマ割込開始処理を行う。このタイマ割込開始処理では、CPU304の各レジスタの値をスタック領域に一時的に退避する処理などを行う。

0144

ステップS203では、WDT314のカウント値初期設定値(本実施形態では32.8ms)を超えてWDT割込が発生しないように(処理の異常を検出しないように)、WDT314を定期的に(本実施形態では、主制御部タイマ割込の周期である約2msに1回)リスタートを行う。

0145

ステップS205では、入力ポート状態更新処理を行う。この入力ポート状態更新処理では、I/O310の入力ポートを介して、各種の球検出センサを含む図10に示す各種センサ320の検出信号を入力して検出信号の有無を監視し、RAM308に各種センサ320ごとに区画して設けた信号状態記憶領域に記憶する。球検出センサの検出信号を例にして説明すれば、前々回のタイマ割込処理(約4ms前)で検出した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を、RAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた前回検出信号記憶領域から読み出し、この情報をRAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた前々回検出信号記憶領域に記憶し、前回のタイマ割込処理(約2ms前)で検出した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を、RAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた今回検出信号記憶領域から読み出し、この情報を上述の前回検出信号記憶領域に記憶する。また、今回検出した各々の球検出センサの検出信号を、上述の今回検出信号記憶領域に記憶する。

0146

また、ステップS205では、上述の前々回検出信号記憶領域、前回検出信号記憶領域、および今回検出信号記領域の各記憶領域に記憶した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を比較し、各々の球検出センサにおける過去3回分の検出信号の有無の情報が入賞判定パターン情報と一致するか否かを判定する。一個の遊技球が一つの球検出センサを通過する間に、約2msという非常に短い間隔で起動を繰り返すこの主制御部タイマ割込処理は何回か起動する。このため、主制御部タイマ割込処理が起動する度に、上述のステップS205では、同じ遊技球が同じ球検出センサを通過したことを表す検出信号を確認することになる。この結果、上述の前々回検出信号記憶領域、前回検出信号記憶領域、および今回検出信号記憶領域それぞれに、同じ遊技球が同じ球検出センサを通過したことを表す検出信号が記憶される。すなわち、遊技球が球検出センサを通過し始めたときには、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りになる。本実施形態では、球検出センサの誤検出やノイズを考慮して、検出信号無しの後に検出信号が連続して2回記憶されている場合には、入賞があったと判定する。図10に示す主制御部300のROM306には、入賞判定パターン情報(本実施形態では、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りであることを示す情報)が記憶されている。このステップS205では、各々の球検出センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が、予め定めた入賞判定パターン情報(本実施形態では、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りであることを示す情報)と一致した場合に、一般入賞口、第1可変入賞口234、第2可変入賞口235、第1特図始動口(固定)230、第1特図始動口(可変)231、および第2特図始動口232への入球、または普図始動口228の通過があったと判定する。すなわち、一般入賞口、これらの可変入賞口234,235、これらの始動口230,231,232,228への入球があったと判定する。例えば、第1特図始動口(固定)230への入球を検出する第1始動口センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が上述の入賞判定パターン情報と一致した場合には、第1特図始動口(固定)230へ入賞があった、すなわち所定領域を通過する遊技媒体を検出したと判定し、以降の第1特図始動口(固定)230への入賞に伴う処理を行うが、過去3回分の検出信号の有無の情報が上述の入賞判定パターン情報と一致しなかった場合には、以降の第1特図始動口(固定)230への入賞に伴う処理を行わずに後続の処理に分岐する。なお、主制御部300のROM306には、入賞判定クリアパターン情報(本実施形態では、前々回検出信号有り、前回検出信号無し、今回検出信号無しであることを示す情報)が記憶されている。入賞が一度あったと判定した後は、各々の球検出センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が、その入賞判定クリアパターン情報に一致するまで入賞があったとは判定せず、入賞判定クリアパターン情報に一致すれば、次からは上記入判定パターン情報に一致するか否かの判定を行う。

0147

ステップS207およびステップS209では、基本乱数初期値更新処理および基本乱数更新処理を行う。これらの基本乱数初期値更新処理および基本乱数更新処理では、上記ステップS121で行った初期値生成用乱数カウンタの値の更新を行い、次に主制御部300で使用する、普図当選乱数値および特図乱数値それぞれを生成するための乱数カウンタを更新する。例えば、普図当選乱数値として取り得る数値範囲が0〜99とすると、RAM308に設けた普図当選乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が100であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。また、取得した値に1を加算した結果、乱数カウンタが一周していると判定した場合にはそれぞれの乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタの値を取得し、乱数カウンタの記憶領域にセットする。例えば、0〜99の数値範囲で変動する普図当選乱数値生成用の乱数カウンタから値を取得し、取得した値に1を加算した結果が、RAM308に設けた所定の初期値記憶領域に記憶している前回設定した初期値と等しい値(例えば7)である場合に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタから値を初期値として取得し、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタにセットすると共に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するために、今回設定した初期値を上述の初期値記憶領域に記憶しておく。また、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するための上述の初期値記憶領域とは別に、特図乱数生成用の乱数カウンタが1周したことを判定するための初期値記憶領域をRAM308に設けている。なお、本実施形態では、普図高確率状態では必ず当りとなり、普図低確率状態では必ずはずれとなる仕様であるため、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタを備えない構成としてもよい。

0148

ステップS211では、演出乱数更新処理を行う。この演出乱数更新処理では、主制御部300で使用する演出用乱数値を生成するための乱数カウンタを更新する。

0149

ステップS213では、タイマ更新処理を行う。このタイマ更新処理では、普通図柄表示装置210に図柄を変動・停止表示する時間を計時するための普図表示図柄更新タイマ、第1特図表示装置212、第2特図表示装置214に図柄を変動・停止表示する時間を計時するための特図表示図柄更新タイマ、所定の入賞演出時間、所定の開放時間、所定の閉鎖時間、所定の終了演出期間などを計時するためのタイマなどを含む各種タイマを更新する。

0150

ステップS215では、入賞口カウンタ更新処理を行う。この入賞口カウンタ更新処理では、入賞口234、235や始動口230,231,232に入賞があった場合に、RAM308に各入賞口ごと、あるいは各始動口ごとに設けた賞球数記憶領域の値を読み出し、1を加算して、元の賞球数記憶領域に設定する。

0151

また、ステップS217では、入賞受付処理を行う。入賞受付処理では、所定の条件が満足されていれば、複数種類の始動情報を取得する。ここで取得された複数種類の始動情報は、RAM308に設けた始動情報記憶部の、入賞順(保留順)に応じた空いている領域に、1セットの始動情報として記憶される。

0152

ステップS217に続いて実行されるステップS219では、払出要求数送信処理を行う。図10に示す払出制御部600に出力する出力予定情報および払出要求情報は1バイトで構成しており、ビット7にストローブ情報(オンの場合、データをセットしていることを示す)、ビット6に電源投入情報(オンの場合、電源投入後一回目のコマンド送信であることを示す)、ビット4〜5に暗号化のための今回加工種別(0〜3)、およびビット0〜3に暗号化加工後の払出要求数を示すようにしている。

0153

ステップS221では、普図状態更新処理を行う。この普図状態更新処理は、普図の状態に対応する複数の処理のうちの1つの処理を行う。例えば、普図変動表示の途中(上述する普図表示図柄更新タイマの値が1以上)における普図状態更新処理では、普通図柄表示装置210を構成する2つのLEDの交互点滅を行う点灯・消灯駆動制御を行う。この制御を行うことで、普通図柄表示装置210は普図の変動表示(普図変動遊技)を行う。

0154

また、普図変動表示時間が経過したタイミング(普図表示図柄更新タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理では、当りフラグがオンの場合には、当り図柄の表示態様となるように普通図柄表示装置210を構成する2つのLEDの点灯・消灯駆動制御を行い、当りフラグがオフの場合には、ハズレ図柄の表示態様となるように普通図柄表示装置210を構成する2つのLEDの点灯・消灯駆動制御を行う。また、主制御部300のRAM308には、普図状態更新処理に限らず各種の処理において各種の設定を行う設定領域が用意されている。ここでは、上記点灯・消灯駆動制御を行うとともに、その設定領域に普図停止表示中であることを示す設定を行う。この制御を行うことで、普通図柄表示装置210は、当り図柄(図11(d)に示す普図A)およびハズレ図柄(図11(d)に示す普図B)いずれか一方の図柄の確定表示を行う。さらにその後、所定の停止表示期間(例えば500m秒間)、その表示を維持するためにRAM308に設けた普図停止時間管理用タイマの記憶領域に停止期間を示す情報を設定する。この設定により、確定表示された図柄が所定期間停止表示され、普図変動遊技の結果が遊技者に報知される。

0155

また、普図変動遊技の結果が当りであれば、後述するように、普図当りフラグがオンされる。この普図当りフラグがオンの場合には、所定の停止表示期間が終了したタイミング(普図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理では、RAM308の設定領域に普図作動中を設定するとともに、所定の開放期間(例えば2秒間)、第1特図始動口(可変)231のシャッタ部材2311(図4参照)の開閉駆動用のソレノイド(図10に示す各種ソレノイド332の一部)に、シャッタ部材2311を開放状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた羽根開放時間管理用タイマの記憶領域に開放期間を示す情報を設定する。

0156

また、所定の開放期間が終了したタイミング(羽根開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する普図状態更新処理では、所定の閉鎖期間(例えば500m秒間)、アタッカユニット23に設けられた第1特図始動口(可変)231のシャッタ部材2311の開閉駆動用のソレノイド(図10に示す各種ソレノイド332の一部)に、シャッタ部材2311を閉鎖状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた羽根閉鎖時間管理用タイマの記憶領域に閉鎖期間を示す情報を設定する。

0157

また、所定の閉鎖期間が終了したタイミング(羽根閉鎖時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する普図状態更新処理では、RAM308の設定領域に普図非作動中を設定する。さらに、普図変動遊技の結果がハズレであれば、後述するように、普図ハズレフラグがオンされる。この普図ハズレフラグがオンの場合には、上述した所定の停止表示期間が終了したタイミング(普図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理でも、RAM308の設定領域に普図非作動中を設定する。普図非作動中の場合における普図状態更新処理では、何もせずに次のステップS223に移行するようにしている。

0158

ステップS223では、普図関連抽選処理を行う。この普図関連抽選処理では、普図変動遊技および第1特図始動口(可変)231の開閉制御を行っておらず(普図の状態が非作動中)、且つ、保留している普図変動遊技の数が1以上である場合に、上述の乱数値記憶領域に記憶している普図当選乱数値に基づいた乱数抽選により普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定をおこない、当選とする場合にはRAM308に設けた当りフラグにオンを設定する。不当選の場合には、当りフラグにオフを設定する。なお、当り判定の結果に関わらず、所定の乱数カウンタの値を普図タイマ乱数値として取得し、取得した普図タイマ乱数値に基づいて複数の変動時間のうちから普図表示装置210に普図を変動表示する時間を1つ選択し、この変動表示時間を、普図変動表示時間として、RAM308に設けた普図変動時間記憶領域に記憶する。なお、保留している普図変動遊技の数は、RAM308に設けた普図保留数記憶領域に記憶するようにしており、当り判定をするたびに、保留している普図変動遊技の数から1を減算した値を、この普図保留数記憶領域に記憶し直すようにしている。また当り判定に使用した乱数値を消去する。

0159

続いて、特図先読み処理(ステップS224)が実行される。特図先読み処理では、主制御部300は、特図1および特図2のそれぞれにおいて増加した始動情報を先読みして、当否判定処理よりも前に停止図柄や変動時間を事前判定し、事前判定結果特図先読み結果)をRAM308内の先読み結果記憶部に記憶する。

0160

次いで、特図1および特図2それぞれについての特図状態更新処理を行うが、最初に、特図2についての特図状態更新処理(特図2状態更新処理)を行う(ステップS225)。この特図2状態更新処理では、特図2の状態に応じて、次の複数の処理のうちの1つの処理を行う。

0161

例えば、特図2変動表示の途中(上述の特図2表示図柄更新タイマの値が1以上)における特図2状態更新処理では、特図2表示装置214を構成する8つのLEDのうちの所定のLEDの点灯と消灯を繰り返す点灯・消灯駆動制御を行う。この制御を行うことで、特図2表示装置214は特図2の変動表示(特図2変動遊技)を行う。また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で回転開始設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶してから処理を終了する。また、RAM308に設けられた時短回数記憶部に記憶された時短回数が1以上であれば、その時短回数から1を減算する。このとき、RAM308に設けられた時短回数記憶部に記憶された時短フラグがオンであって時短回数のうちの総変動回数が0となった場合には、時短フラグをオフにする。さらに、大当り遊技中(特別遊技状態中)にも、時短フラグをオフにする。

0162

また、主制御部300のRAM308には、10R大当りフラグ、8R大当りフラグ、6R大当りフラグ、5R大当りフラグ、小当りフラグ、はずれフラグ、特図確率変動フラグ、および普図確率変動フラグ等のフラグが用意されている。これらのフラグは、後述する特図2関連抽選処理において、決定した停止図柄に基づいてオンまたはオフに設定される。特図2変動表示時間が経過したタイミング(特図2表示図柄更新タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図2状態更新処理では、例えば、10R大当りフラグはオン、特図確率変動フラグもオン、普図確率変動フラグがオフの場合には図11(b)に示す「特図b」、6R大当りフラグはオン、特図確率変動フラグもオン、普図確率変動フラグはオフの場合には「特図c」、8R大当りフラグはオン、特図確率変動フラグもオン、普図確率変動フラグはオフの場合には「特図d」、10R大当りフラグはオン、特図確率変動フラグもオン、普図確率変動フラグはオフの場合には「特図b」又は「特図e」、5R大当りフラグはオン、特図確率変動フラグもオン、普図確率変動フラグはオフの場合には「特図f」、10R大当りフラグはオン、特図確率変動フラグはオフ、普図確率変動フラグはオンの場合には「特図a」、小当りフラグがオンの場合には「特図g」、ハズレフラグがオンの場合には「特図h」それぞれの態様となるように、特図2表示装置214を構成するLEDの点灯・消灯駆動制御を行い、RAM308の設定領域に特図2停止表示中であることを表す設定を行う。この制御を行うことで、特図2表示装置214は、10R確変大当り図柄(「特図b」、「特図e」)、6R確変大当り図柄(「特図c」)、8R確変大当り図柄(「特図d」)、5R確変大当り図柄(「特図f」)、10R通常大当り図柄(「特図a」)、小当り図柄(「特図g」)、ハズレ図柄(「特図h」)のいずれか一つの図柄の確定表示を行う。なお、同時変動機である本実施形態に係るパチンコ機100では、特図2の変動表示中に特図1の変動表示が行われている場合があるが、特図2変動表示時間が経過したタイミングで大当り図柄又は小当り図柄が停止表示される場合には、特図1の抽選結果のいかんにかかわらず、特図2の大当り図柄表示又は小当り図柄表示のタイミングで特図1では抽選結果が破棄されてはずれ図柄が停止表示されることとなる。また反対に、特図2の変動表示中に特図1変動表示時間が経過したタイミングで大当り図柄又は小当り図柄が停止表示される場合には、特図2の抽選結果のいかんにかかわらず、特図1の大当り図柄表示又は小当り図柄表示のタイミングで特図2では抽選結果が破棄されてはずれ図柄が停止表示されることとなる。

0163

さらにその後、所定の停止表示期間(例えば500ms)、その表示を維持するために、RAM308に設けた特図2停止時間管理用タイマの記憶領域に停止期間を示す情報を設定する。この設定により、確定表示された特図2が所定期間停止表示され、特図2変動遊技の結果が遊技者に報知される。

0164

また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で回転停止設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶するとともに、変動表示を停止する図柄が特図2であることを示す特図2識別情報を、後述するコマンドデータに含める情報としてRAM308に追加記憶してから処理を終了する。

0165

また、特図2変動遊技の結果が大当りであれば、後述するように、大当りフラグがオンされる。この大当りフラグがオンの場合には、所定の停止表示期間が終了したタイミング(特図2停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における特図2状態更新処理では、RAM308の設定領域に特図2作動中を設定するとともに、所定の入賞演出期間(例えば3秒間)すなわち装飾図柄表示装置208による大当りを開始することを遊技者に報知する画像を表示している期間待機するためにRAM308に設けた特図2待機時間管理用タイマの記憶領域に入賞演出期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で入賞演出設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶する。なお、本実施形態において、例えば、遊技領域124の右側の所定位置に遊技球が通過可能な大当り発生ゲートを設け、所定の停止表示期間が終了した後、大当り発生ゲートへの遊技球の通過を条件としてRAM308の設定領域に特図2作動中が設定されるようにしてもよい。すなわち、所定の停止表示期間が経過した後は、大当り発生ゲートへの遊技球の通過を条件に大当り遊技が開始するように構成されていてもよい。

0166

また、所定の入賞演出期間が終了したタイミング(特図2待機時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図2状態更新処理では、所定の開放期間(例えば29秒間、または第1可変入賞口234あるいは第2可変入賞口235に所定球数(例えば10球)の遊技球の入賞を検出するまで)第1可変入賞口234のシャッタ部材2341あるいは第2可変入賞口235のシャッタ部材2351の開閉駆動用のソレノイド(図10に示す各種ソレノイド332の一部)に、シャッタ部材2341あるいはシャッタ部材2351を開放状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた扉開放時間管理用タイマの記憶領域に開放期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で大入賞口開放設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶する。なお、本実施形態では、大当り図柄により、第1可変入賞口234(Sアタッカ)が開放するか第2可変入賞口235(Rアタッカ)が開放するかが決定される。

0167

また、所定の開放期間が終了したタイミング(扉開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図2状態更新処理では、所定の閉鎖期間(例えば1.5秒間)第1可変入賞口234のシャッタ部材2341あるいは第2可変入賞口235のシャッタ部材2351の開閉駆動用のソレノイド(図10に示す各種ソレノイド332の一部)に、シャッタ部材2341あるいはシャッタ部材2351を閉鎖状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた扉閉鎖時間管理用タイマの記憶領域に閉鎖期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS233)で大入賞口閉鎖設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶する。

0168

また、シャッタ部材の開放・閉鎖制御所定回数(本例示形態では、10ラウンド、6ラウンド、8ラウンド又は5ラウンド)繰り返し、終了したタイミングで開始する特図2状態更新処理では、所定の終了演出期間(例えば3秒間)すなわち装飾図柄表示装置208による大当りを終了することを遊技者に報知する画像を表示している期間待機するように設定するために、RAM308に設けた演出待機時間管理用タイマの記憶領域に演出待機期間を示す情報を設定する。また、普図確率変動フラグがオンに設定されていれば、この大当り遊技の終了と同時に、RAM308に設けられた時短回数記憶部に時短回数(例えば、総変動回数100回及び特図1変動回数51回)をセットするともに、RAM308に設けられた時短フラグをオンにする。なお、その普図確率変動フラグがオフに設定されていれば、時短回数記憶部に時短回数をセットすることもなく、また時短フラグをオンにすることもない。また、特図確率変動フラグがオンに設定されていれば、大当り遊技の終了と同時、RAM308に設けられた確変フラグをオンにする。

0169

ここにいう時短とは、特図変動遊技における大当りを終了してから、次の大当りを開始するまでの時間を短くするため、パチンコ機が遊技者にとって有利な状態になることをいう。時短フラグがオンに設定されていると、普図高確率状態(普図確変)である。普図高確率状態では普図低確率状態に比べて、普図変動遊技で当りになる確率が高い。また、普図高確率状態の方が、普図低確率状態に比べて普図変動遊技の変動時間は短くなる(普図変短)。さらに、普図高確率状態では普図低確率状態に比べて、特図1始動口(可変)231のシャッタ部材2311の1回の開放における開放時間が長くなり易い(電チュー開延)。加えて、普図高確率状態では普図低確率状態に比べて、シャッタ部材2311は多く開き易い。これらの普図確変、普図変短、電チュー開延のいずれかが設定される状態を電サポ(電動チューリップによる始動口入賞サポート)状態という。

0170

また、上述のごとく、時短フラグは、大当り遊技中(特別遊技状態中)にはオフに設定される。したがって、大当り遊技中には、普図低確率状態が維持される。これは、大当り遊技中に普図高確率状態であると、1つは、大当り遊技中に第1可変入賞口234あるいは第2可変入賞口235に所定の個数、遊技球が入球するまでの間に特図1始動口(可変)231に多くの遊技球が入球し、大当り中に獲得することができる遊技球の数(出球数)が多くなってしまい射幸性が高まってしまうという問題があり、もう1つは、特図1始動口(可変)231に多くの遊技球が入球してしまうために、第1可変入賞口234あるいは第2可変入賞口235へ所定個数の遊技球が入球するまでの時間が長くなって、大当り遊技が冗長となってしまい、遊技者に飽きられてしまうという問題もあるので、これを解決するためのものであるが、大当り遊技中においても時短フラグをオンのままにしてもよい。

0171

さらに、コマンド設定送信処理(ステップS233)で終了演出設定送信処理を実行させることを示す所定の送信情報を上述の送信情報記憶領域に追加記憶する。

0172

また、所定の終了演出期間が終了したタイミング(演出待機時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図2状態更新処理では、RAM308の設定領域に特図2非作動中を設定する。

0173

以上、第1可変入賞口234あるいは第2可変入賞口235を用いた大当り遊技の例について説明したが、第2可変入賞口235を用いた小当り遊技についても同様である。

0174

さらに、特図2変動遊技の結果がはずれであれば、はずれフラグがオンにされる。このはずれフラグがオンの場合には、上述した所定の停止表示期間が終了したタイミング(特図2停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における特図2状態更新処理でも、RAM308の設定領域に特図2非作動中を設定する。特図2非作動中の場合における特図2状態更新処理では、何もせずに次のステップS227に移行するようにしている。

0175

続いて、特図1についての特図状態更新処理(特図1状態更新処理)を行う(ステップS227)。この特図1状態更新処理では、特図1の状態に応じて、上述の特図2状態更新処理で説明した各処理を行う。この特図1状態更新処理で行う各処理は、上述の特図2状態更新処理で説明した内容の「特図2」を「特図1」と読み替えた処理と同様であるため、その説明は省略する。なお、本実施形態では、特図1状態更新処理において、RAM308に設けられた時短回数記憶部に記憶された時短フラグがオンであって時短回数のうちの総変動回数が0となった場合又は特図1変動回数が0となった場合には、時短フラグをオフにする。換言すれば、総変動回数が0となっていなくても、特図1変動回数が0となった場合には、その時点で時短フラグがオフになる。このように、特図2状態更新処理を実行してから特図1状態更新処理を実行するシーケンスとなっているため、同時変動機の仕様である本実施形態では、例えば、前回の図柄変動表示において、特図1及び特図2の一方で大当りあるいは小当りとなって他方の図柄変動表示が破棄されてハズレとなった場合には、特図2の図柄変動表示が特図1の図柄変動表示よりも先に開始することとなる。なお、特図2状態更新処理と特図1状態更新処理の順番は逆でもよい。

0176

ステップS225およびステップS227における特図状態更新処理が終了すると、今度は、特図1および特図2それぞれについての特図関連抽選処理を行う。特図2関連抽選処理(ステップS229)は、特図2の変動遊技を行っておらず、特図2の状態が非作動中であり、特図1及び特図2のいずれの大当り遊技中でもなく、また、特図1及び特図2のいずれの小当り遊技中でもなく、かつ保留している特図2変動遊技の数が1以上であることを開始条件として、特図2乱数値記憶領域内の最先の特図2当選乱数値および特図2乱数値を用いて実行される。特図1関連抽選処理は、特図1の変動遊技を行っておらず、特図1の状態が非作動中であり、特図1及び特図2のいずれの大当り遊技中でもなく、また、特図1及び特図2のいずれの小当り遊技中でもなく、かつ保留している特図1変動遊技の数が1以上であることを開始条件として、特図1乱数値記憶領域内の最先の特図1当選乱数値および特図1乱数値を用いて実行される。すなわち、本実施形態では、特図1は、特図2が変動遊技中であるか否かにかかわらず、変動遊技を開始することができ、特図2は、特図1が変動遊技中であるか否かにかかわらず、変動遊技を開始することができるように構成されている(同時変動機)。

0177

装飾図柄表示装置208による、特図変動遊技の当否判定の結果の報知は、第1副制御部400によって行われ、本実施形態では、小当りラッシュにおいては、特図2始動口232への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知が、特図1始動口(固定)230、特図1始動口(可変)231への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知よりも優先して行われ、通常遊技状態及び電サポ状態(チャレンジモード、バトルモード)においては、特図1始動口(固定)230、特図1始動口(可変)231への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知が、特図2始動口232への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知よりも優先して行われる。なお、小当りラッシュ中における特図1変動遊技の抽選結果が大当りとなる場合、後述するように、通常は、特図1変動時間が450〜500秒と長い変動時間が選択され、特図2変動時間が8.5秒と短い変動時間が選択されるので、特図1変動遊技が開始してから終了するまでの間に、1回あるいは複数回の特図2変動遊技が実行される。そのため、特図1変動遊技が大当りとなる場合でも、特図2変動遊技において大当り又は小当りとなって、実行中の特図1変動遊技が破棄されるが、稀に、特図2変動遊技の結果によって特図1変動遊技が破棄されず、特図1で大当りとなってしまう場合がある。この場合では、例えば、特図2始動口232への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知と並行して、または、一旦特図2始動口232への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知を中断して特図1始動口(固定)230、特図1始動口(可変)231への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知が実行される場合がある。また、通常遊技状態及び電サポ状態では、通常、右打ちで発射されたほとんどの遊技球が第1始動口(可変)231へ入球し、しかも、特図2変動時間が450〜500秒と長い変動時間が選択され、特図1変動時間が2.5秒と短い変動時間が選択されるので、特図2変動遊技が開始されないか、特図2変動遊技が開始してから終了するまでの間に、特図1変動遊技において大当り又は小当りとなり、特図2変動遊技が破棄されるが、稀に、特図2変動遊技が破棄されず大当りとなる場合には、特図1始動口(固定)230、特図1始動口(可変)231への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知と並行して、または、特図1始動口(固定)230、特図1始動口(可変)231への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知を中断して特図2始動口232への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知が実行される場合がある。

0178

ステップS229の特図2関連抽選処理の場合には、主制御部300は、特図2乱数値記憶領域内の最先の(最も過去に記憶された)保留位置から特図2始動情報(特図2当選乱数値および特図2乱数値の組)を取得し、取得した特図2始動情報内の特図2当選乱数値およびRAM308内の特図確率変動フラグの値などに基づいて、ROM306に記憶された当否判定用テーブルを用いて大当りとするか、小当りとするか、あるいははずれとするかの決定(当否判定)を行う。次いで、主制御部300は、取得した特図2始動情報内の特図2乱数値および決定した当否判定結果などに基づいて、ROM306に記憶された特図決定用テーブルを用いて特図2の変動表示後に停止表示する図柄(停止図柄)の決定を行う。次いで、主制御部300は、例えば、決定した当否判定結果、停止図柄、当該当否判定時の特図2保留数、取得した特図変動時間決定用乱数値等に基づいて、ROM306に記憶された各種テーブルを用いて特図2の変動表示時間(タイマ番号)の決定を行う。

0179

主制御部300は、特図2乱数値記憶領域から最先の特図2始動情報を取り出した後、当該最先の特図2始動情報を特図2乱数値記憶領域から消去するとともに、特図2保留数記憶領域の特図2保留数を1減算する。このとき、特図2乱数値記憶領域から取り出した特図2始動情報をRAM308に設けた一時領域に記憶し、この一時領域に記憶している特図2始動情報に基づいて上述の決定を行うようにしてもよい。

0180

以上のような特図2関連抽選処理(ステップS229)の後に、特図1関連抽選処理(ステップS231)が同様にして行われる。なお、特図1関連抽選処理と特図2関連抽選処理の順番は逆でもよい。

0181

以上の説明では、前述の特図状態更新処理および特図関連抽選処理を特図1および特図2でそれぞれ独立して行うことで、複数の特図を同時に変動させるように構成したが、これに限定されるものではなく、一方の特図の状態に応じて他方の特図の保留に関する抽選処理や変動遊技を行わないものとしてもよい。本実施形態では、後述するように、複数の特図を同時に変動させる場合には、通常遊技状態及び電サポ状態では、特図1の変動表示に合わせた演出表示を装飾図柄表示装置208に行わせる一方で特図2の変動表示に関しては演出表示を行わず、小当りラッシュでは、特図2の変動表示に合わせた演出表示を装飾図柄表示装置208に行わせる一方で特図1の変動表示に関しては演出表示を行わないようにしたが、装飾図柄表示装置208にそれぞれの特図の抽選結果を表示する複数の領域を設けるか、またはそれぞれの特図の抽選結果を表示する複数の装飾図柄表示装置を設けて、それぞれの抽選結果を別箇に表示しても良い。また、複数の特図に関する変動が同時に行われている場合に、先に変動を停止した特図の抽選結果が後に変動を停止する特図の抽選結果に影響を与えても良い。

0182

ステップS231の次のステップS233では、コマンド設定送信処理を行う。このコマンド設定送信処理では、各種のコマンドが第1副制御部400に送信される。なお、第1副制御部400に送信する出力予定情報は例えば16ビットで構成しており、ビット15はストローブ情報(オンの場合、データをセットしていることを示す)、ビット11〜14はコマンド種別(本例示形態では、基本コマンド、入賞口入賞コマンド、アウト球コマンド、発射位置コマンド特図変動開始コマンド特図変動停止コマンド、特図停止種別コマンド(特図1及び特図2の変動開始時に送信されるコマンドであって、特図1と特図2のいずれかが先に停止表示するかを特定するコマンド)、特図当り開始コマンド、特図当り終了コマンド、大入賞口開放コマンド、大当りラウンド数指定コマンド、復電コマンド、RAMクリアコマンド、先読み結果情報コマンド、設定コマンドなどコマンドの種類を特定可能な情報)、ビット0〜10はコマンドデータ(コマンド種別に対応する所定の情報)で構成している。

0183

具体的には、ストローブ情報は上述のコマンド送信処理でオンまたはオフになるようにしている。また、コマンド種別が特図変動開始コマンドの場合であればコマンドデータに、各種大当りフラグ、小当りフラグ、はずれフラグ、特図関連抽選処理で選択したタイマ番号などを示す情報を含み、さらに本実施形態では、特図変動開始コマンドがセットされるに際し、停止図柄を特定可能な停止図柄情報が含まれる。特図変動停止コマンドの場合であれば、各種大当りフラグ、小当りフラグ、はずれフラグの値などを含み、大当りラウンド数指定コマンドの場合であれば大当りラウンド数などを含むようにしている。コマンド種別が基本コマンドを示す場合は、コマンドデータにデバイス情報、特図1始動口(固定)230への入賞の有無、特図1始動口(可変)231への入賞の有無、特図2始動口232への入賞の有無、第1可変入賞口234への入賞の有無、第2可変入賞口235への入賞の有無などを含む。先読み結果情報コマンドの場合であれば、特図1および特図2の種別、先読み数記憶領域に記憶された先読み数、先読み結果記憶部に記憶された停止図柄等の情報をコマンドデータに含む。設定コマンドの場合であれば、設定の情報などを含む。

0184

また、上述の回転開始設定送信処理では、コマンドデータに、RAM308に記憶している、各種大当りフラグ、小当りフラグ、はずれフラグの値、特図1関連抽選処理および特図2関連抽選処理で選択したタイマ番号、保留している特図1変動遊技または特図2変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の回転停止設定送信処理では、コマンドデータに、RAM308に記憶している、各種大当りフラグ、小当りフラグ、はずれフラグの値などを示す情報を設定する。

0185

上述の入賞演出設定送信処理では、コマンドデータに、RAM308に記憶している、入賞演出期間中に装飾図柄表示装置208・各種ランプ(442,452)・スピーカ120に出力する演出制御情報、保留している特図1変動遊技または特図2変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の終了演出設定送信処理では、コマンドデータに、RAM308に記憶している、演出待機期間中に装飾図柄表示装置208・各種ランプ(442,452)・スピーカ120に出力する演出制御情報、保留している特図1変動遊技または特図2変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の大入賞口開放設定送信処理では、コマンドデータに、RAM308に記憶している大当りラウンド数、保留している特図1変動遊技または特図2変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の大入賞口閉鎖設定送信処理では、コマンドデータに、RAM308に記憶している大当りラウンド数、保留している特図1変動遊技または特図2変動遊技の数などを示す情報を設定する。

0186

また、このステップS233では一般コマンド特図保留増加処理も行われる。この一般コマンド特図保留増加処理では、コマンドデータにRAM308の送信用情報記憶領域に記憶している特図識別情報(特図1または特図2を示す情報)、予告情報事前予告情報、偽事前予告情報、または事前予告無情報のいずれか)を設定する。

0187

第1副制御部400では、受信した出力予定情報に含まれるコマンド種別により、主制御部300における遊技制御の変化に応じた演出制御の決定が可能になるとともに、出力予定情報に含まれているコマンドデータの情報に基づいて、演出制御内容を決定することができるようになる。

0188

ステップS233の次のステップS235では、外部出力信号設定処理を行う。この外部出力信号設定処理では、RAM308に記憶している遊技情報を、情報出力回路336を介してパチンコ機100とは別体の情報入力回路350に出力する。

0189

ステップS235の次のステップS237では、デバイス監視処理を行う。このデバイス監視処理では、ステップS205において信号状態記憶領域に記憶した各種センサの信号状態を読み出して、所定のエラーの有無、例えば前面枠扉開放エラーの有無または球貯留皿満タンエラーの有無などを監視する。前面枠扉開放エラーまたは球貯留皿満タンエラーを検出した場合には、第1副制御部400に送信すべき送信情報に、前面枠扉開放エラーの有無または球貯留皿満タンエラーの有無を示すデバイス情報を設定する。また、各種ソレノイド332を駆動して第1特図始動口(可変)231や、第1可変入賞口234や第2可変入賞口235の開閉を制御したり、駆動回路324、326、330を介して普図表示装置210、特図1表示装置212、特図2表示装置214、各種状態表示部328などに出力する表示データを、I/O310の出力ポートに設定する。また、払出要求数送信処理(ステップS219)で設定した出力予定情報をI/O310の出力ポートを介して払出制御部600に出力する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】弾球遊技機(パチンコ機)や回胴遊技機(スロットマシン)等の遊技台に関し、イルミパネルに特徴を持った遊技台を提供する。【解決手段】装飾図柄表示装置の前方に前側の透過部材703fと後側の透過部材7... 詳細

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】弾球遊技機(パチンコ機)や回胴遊技機(スロットマシン)等の遊技台に関し、イルミパネルに特徴を持った遊技台を提供する。【解決手段】装飾図柄表示装置の前方に前側の透過部材703fと後側の透過部材7... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】興趣の向上を図ることのできる遊技機を提供する。【解決手段】パチンコ機10は、発射手段による発射された遊技球が案内される遊技領域を移動する遊技球が入球可能な入球部を具備する第1入球手段、及び、第... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ