図面 (/)

技術 無線通信システムにおいてRRCの再開後、RLFに関連するRRCメッセージを送信するサイドリンクTx UEの動作方法

出願人 エルジーエレクトロニクスインコーポレイティド
発明者 パク,キウォンリ,ヨンデリ,ソンミンソ,ハンビュルリ,チョンヨル
出願日 2020年3月30日 (10ヶ月経過) 出願番号 2020-060089
公開日 2020年10月8日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-167681
状態 未査定
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 局所センサ 初信号 連結範囲 連結移動 分散センサ 復元機 測定結果値 基本車両
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

サイドリンクLFに関連して基地局への報告に関する具体的な方法を提供する。

解決手段

無線通信システムにおいてTx UEの動作方法であって、Tx UEがRANページングを受信する段階;Tx UEがRR再開手順を開始する段階;及びTx UEがサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階を含み、RRCメッセージはサイドリンクRLFの基地局への報告に関し、RRCメッセージはサイドリンクRLFに関連する宛先ID(Destination ID)を含む、方法により達成される。

概要

背景

無線通信システム音声やデータなどの多様な種類の通信サービスを提供するために広範囲展開されている。一般に、無線通信システムは可用のシステムリソース(帯域幅伝送パワーなど)を共有して多重使用者との通信支援することができる多重接続(multiple access)システムである。多重接続システムの例としては、CDMA(code division multiple access)システム、FDMA(frequency division multiple access)システム、TDMA(time division multiple access)システム、OFDMA(orthogonal frequency division multiple access)システム、SC−FDMA(single carrier frequency division multiple access)システム、MC−FDMA(multi carrier frequency division multiple access)システムなどがある。

無線通信システムでは、LTE、LTE−A、WiFiなどの様々なRAT(Radio Access Technology)が使用されており、5Gもここに含まれる。5Gの主要要求事項の3つの領域は、(1)改善したモバイル広帯域(Enhanced Mobile Broadband、eMBB)領域、(2)多量のマシンタイプ通信(massive Machine type Communication、mMTC)領域、及び(3)超信頼及び低遅延通信(Ultra−Reliable and Low Latency Communications、URLLC)領域を含む。一部の使用例(Use Case)では、最適化のために多数の領域が要求され、他の使用例では、ただ一つの核心性能指標(Key Performance Indicator、KPI)のみに集中することもできる。5Gはかかる様々な使用例を柔らかく信頼できる方法で支援することである。

eMBBは、基本的なモバイルインターネットアクセスを飛び越えて、豊かな両方向作業、クラウド又は拡張現実におけるメディア及びエンターテインメントアプリケーションカバーする。データは5Gの核心動力の一つであり、5G時代に初めて専用音声サービスが見られないことができる。5Gにおいて、音声は単に通信システムにより提供されるデータ連結を使用して応用プログラムとして処理されることが期待される。増加したトラフィック量のための主要原因は、コンテンツサイズ増加及び高いデータ送信率を要求するアプリケーション数の増加である。ストリーミングサービス(オーディオ及びビデオ)、会話型ビデオ及びモバイルインターネットの連結は、より多い装置がインターネットに連結されるほど広く使用される。かかる多い応用プログラムは、ユーザに実時間情報及び通知プッシュするために常にオンになっている連結性が必要である。クラウドストーリッジ及びアプリケーションはモバイル通信プラットホームで急に増加しており、これは業務及びエンターテインメントに全て適用できる。またクラウドストーリッジは上りリンクデータ送信率成長牽引する特別な使用例である。5Gはクラウドの遠隔業務にも使用され、触覚インターフェースが使用される時、優れたユーザ経験を維持するように非常に低い端−対−端(end−to−end)遅延を要求する。エンターテインメント、例えば、クラウドゲーム及びビデオストリーミングは、モバイル広帯域能力に対する要求を増加させる他の核心要素である。エンターテインメントは汽車、車及び飛行機のような高移動性の環境を含むどこでもスマートホン及びタブレットにおいて必須である。さらに他の使用例としては、エンターテインメントのための拡張現実及び情報検索がある。ここで、拡張現実は非常に低い遅延と瞬間的なデータ量を必要とする。

また多く予想される一つの5G使用例は、全ての分野において埋め込みセンサを円滑に連結できる機能、即ち、mMTCに関する。2020年まで潜在的なIoT装置は204億個に至ると予測される。産業IoTは5Gがスマート都市資産管理(asset tracking)、スマート有用性(utility)、農業及び保安インフラを可能にする主要役割を行う領域の一つである。

URLLCは主要インフラの遠隔制御及び自体駆動車両(Self−driving vehicle)のような超信頼/利用可能な低遅延のリンクにより産業を変化させる新しいサービスを含む。信頼性と遅延の水準は、スマートグリッド制御、産業自動化、ロボット工学ドローン制御及び調整に必須である。

次に、多数の使用例についてより具体的に説明する。

5Gは、1秒当たりに数百メガバイトから1秒当たりギガバイトに評価されるストリームを提供する手段により、FTTH(fiber−to−the−home)及びケーブル基盤の広帯域(又はDOCSIS)を補完することができる。このような速い速度は仮想現実及び拡張現実だけではなく、4K以上(6K、8K及びそれ以上)の解像度でTVを伝達するためにも要求される。VR(Virtual Reality)及びAR(Augmented Reality)アプリケーションは、ほぼ没入型(immersive)スポーツ競技を含む。特定の応用プログラムには特別なネットワーク設定が求められることができる。例えば、VRゲームの場合、ゲーム会社が遅延を最小化するために、コアサーバーとネットワークオペレーターのエッジネットワークサーバーとの通合が必要である。

自動車(Automotive)は車両に対する移動通信のための多い使用例と共に、5Gにおいて重要な新しい動力になると思われる。例えば、乗客のためのエンターテインメントは、高い同時容量及び高い移動性モバイル広帯域を要求する。これは、未来のユーザは彼らの位置及び速度に関係なく高品質の連結を期待するためである。自動車分野の他の活用例としては拡張現実ダッシュボード(dashboard)がある。これは、運転者が見ている前側ウィンドウ上に、闇の中で物体識別して運転者に物体の距離及び動きを知らせる情報を重ねてディスプレイする。未来の無線モジュールは、車両間通信、車両と支援するインフラ構造の間での情報交換及び自動車と他の連結された装置(例えば、歩行者により伴われる装置)の間での情報交換を可能にする。安全システムは、運転者のより安全な運転のために行動代替コースなどを案内して事故の危険を減らすことはできる。次の段階は遠隔操縦、又は自体運転車両(Self−driven vehicle)になる。これは互いに異なる自体運転車両の間及び自動車とインフラの間で非常に高い信頼性と非常に早い通信を要求する。未来には、自体運転車両が全ての運転活動を行い、運転者は車両自体が識別できない交通異常のみに集中するようになる。自体運転車両の技術的要求事項は、人が達成できない程度の水準までトラフィック安全が増加するように超低遅延と超高速信頼性を要求する。

スマート社会(Smart society)として言及されるスマート都市とスマートホームは、高密度無線センサネットワークに埋め込まれる。知能型センサの分散ネットワークは都市又はホーム費用及びエネルギー効率的な維持に関する条件を識別する。類似設定が各家庭のために行われる。温度センサ、窓及び暖房制御盗難警報及び家電製品は全て無線連結される。かかるセンサの殆どは典型的に低いデータ送信速度、低電力及び低費用である。しかし、例えば、実時間HDビデオは監視のために特定タイプの装置で要求される。

熱又はガスを含むエネルギー消費及び分配は高度に分散化されており、分散センサネットワークの自動化された制御が要求される。スマートグリッドは情報を収集し、これにより作動するようにデジタル情報及び通信技術を使用してかかるセンサを相互連結する。この情報は供給業体消費者の行動を含むので、スマートグリッドが効率性、信頼性、経済性生産持続性及び自動化方式で電気のような燃料の分配を改善することができる。スマートグリッドは遅延の少ない他のセンサネットワークとも見える。

健康部分では移動通信の恵みを受ける多い応用プログラムを保有している。通信システムは遠く離れたところで臨床診療を提供する遠隔診療を支援する。これにより距離に対する壁を超えることができ、距離の遠い農村では持続的に利用できない医療サービスへの接近を改善することができる。またこれは重要な診療及び救急状況で生命を救うために使用される。移動通信基盤の無線センサネットワークは心拍数及び血圧のようなパラメータに対する遠隔モニタリング及びセンサを提供することができる。

無線及びモバイル通信は産業応用分野において重要になっている。配線は設置及び維持費用が高い。従って、ケーブルを再構成する無線リンクへの交替可能性は多い産業分野魅力的な機会である。しかし、これを達成することは、無線連結がケーブルのような遅延、信頼性及び容量で動作することと、その管理が簡単になることが求められる。低い遅延と非常に低いエラー率は5Gに連結される必要がある新しい要求事項である。

物流(logistics)及び貨物追跡(freight tracking)は位置基盤情報システムを使用してどこでもインベントリー(inventory)及びパッケージ追跡を可能にする移動通信に対する重要な使用例である。物流及び貨物追跡の使用例は、典型的に低いデータ速度を要求するが、広い範囲と信頼性のある位置情報が必要である。

無線通信システムは可用のシステムリソース(例えば、帯域幅、伝送パワーなど)を共有して多重使用者との通信を支援する多重接続(multiple access)システムである。多重接続システムの例としては、CDMA(code division multiple access)システム、FDMA(frequency division multiple access)システム、TDMA(time division multiple access)システム、OFDMA(orthogonal frequency division multiple access)システム、SC−FDMA(Single carrier frequency division multiple access)システム、MC−FDMA(multi carrier frequency division multiple access)システムなどがある。

サイドリンク(Sidelink、SL)とは、端末(User Equipment、UE)の間に直接的なリンクを設定して、基地局(Base Station、BS)を介さず、端末の間で音声又はデータなどを直接やりとりする通信方式をいう。SLは急増するデータトラフィックによる基地局の負担を解決する一つの方案になっている。

V2X(vehicle−to−everything)は、有無線通信により他の車両、歩行者、インフラが構築された物事などと情報を交換する通信技術を意味する。V2XはV2V(vehicle−to−vehicle)、V2I(vehicle−to−infrastructure)、V2N(vehicle−to−network)及びV2P(vehicle−to−pedestrian)のような4つの類型区分される。V2X通信はPC5インタフェース及び/又はUuインタフェースにより提供される。

より多い通信装置がより大きい通信容量を要求することにより、既存の無線接続技術(radio access technology)に比べて向上したモバイル広帯域通信が必要性が台頭しつつある。これにより、信頼性(reliability)及び遅延(latency)に敏感なサービス又は端末を考慮した通信システム設計論議されている。このように改善した移動広帯域通信(enhanced mobile broadband communication)、massiveMTC、URLLC(Ultra−Reliable and Low Latency Communication)などを考慮した次世代無線接続技術を新しいRAT(new radio access technology)又はNR(new radio)と呼ぶ。NRにおいてもV2X(vehicle−to−everything)通信が支援されることができる。

概要

サイドリンクRLFに関連して基地局への報告に関する具体的な方法を提供する。無線通信システムにおいてTx UEの動作方法であって、Tx UEがRANページングを受信する段階;Tx UEがRR再開手順を開始する段階;及びTx UEがサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階を含み、RRCメッセージはサイドリンクRLFの基地局への報告に関し、RRCメッセージはサイドリンクRLFに関連する宛先ID(Destination ID)を含む、方法により達成される。

目的

無線通信システムが音声やデータなどの多様な種類の通信サービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

無線通信システムにおいてTx UEの動作方法であって、前記Tx UEがRANページングを受信する段階;前記Tx UEがRR再開手順を開始する段階;及び前記Tx UEがサイドリンクLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階;を含み、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFの前記基地局への報告に関し、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFに関連する宛先ID(Destination ID)を含む、方法。

請求項2

前記宛先IDは前記基地局による送信リソース割り当てに関する、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記サイドリンクRLFは最大再送信回数に該当する再送信が発生したことに基づく、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記宛先IDに関連する基地局の送信リソース割り当ては行われない、請求項2に記載の方法。

請求項5

前記Tx UEは前記RRCメッセージの送信後、前記宛先IDに関連する送信リソース要請をそれ以上行わない、請求項2に記載の方法。

請求項6

前記送信リソース要請はSR(Scheduling Request)、BSR(Sidelink Buffer Status Report)のうちのいずれか一つである、請求項5に記載の方法。

請求項7

前記サイドリンクRLFは所定の回数以上OUTOFSYNC indicationを受信したことに基づく、請求項1に記載の方法。

請求項8

前記宛先IDは前記Tx UEのV2X層(V2X layer)で生成される、請求項1に記載の方法。

請求項9

前記RRCシグナリングは、サービス中データ送信遅延予想値(Latency Budget)が基地局により送信リソースが割り当てられた遅延より大きい場合に送信される、請求項1に記載の方法。

請求項10

前記Tx UEは、他の端末自律走行車両に関連する端末、基地局及びネットワークのうちのいずれか一つと通信を行う、方法。

請求項11

無線通信システムにおいて、少なくとも一つのプロセッサ;及び前記少なくとも一つのプロセッサに動作可能に連結され、実行される時、前記少なくとも一つのプロセッサをして動作を実行させる命令を格納する少なくとも一つのコンピューターメモリを含み、前記動作は、前記Tx UEがRANページングを受信する段階;前記Tx UEがRRC再開手順を開始する段階;及びサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階を含み、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFの前記基地局への報告に関し、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFに関連する宛先IDを含む、TxUE装置

請求項12

コンピューター読み取り可能な格納媒体であって、少なくとも一つのプロセッサにより実行される時、少なくとも一つのプロセッサがUEのための動作を実行させる命令を含む少なくとも一つのコンピュータープログラムを格納するものであり、前記動作は、前記Tx UEがRANページングを受信する段階;前記Tx UEがRRC再開手順を開始する段階;及びサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階を含み、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFの前記基地局への報告に関し、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFに関連する宛先IDを含む、格納媒体。

請求項13

基地局装置であって、無線通信システムにおいて、少なくとも一つのプロセッサ;及び前記少なくとも一つのプロセッサに動作可能に連結され、実行される時、前記少なくとも一つのプロセッサをして動作を実行させる命令を格納する少なくとも一つのコンピューターメモリを含み、前記動作は、前記Tx UEによりRANページングを行う段階;RRC再開手順を開始したTx UEからサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づくRRC(Radio Resource Control)メッセージを受信する段階を含み、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFの前記基地局への報告に関し、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFに関連する宛先IDを含む、基地局装置。

技術分野

0001

〔関連技術〕
本発明は、韓国特許出願第10−2019−0036148号(出願日:2019年3月28日)に基づくパリ条約4条の優先権主張を伴ったものであり、当該韓国特許出願に開示された内容に基づくものである。参考のために、当該韓国特許出願の明細書及び図面の内容は本願明細書の一部に包摂されるものである。
本発明は無線通信システムに関し、より詳しくは、RRCの再開後、RLFに関連するRRCメッセージを送信するサイドリンクTx UEの動作方法及び装置に関する。

背景技術

0002

無線通信システムが音声やデータなどの多様な種類の通信サービスを提供するために広範囲展開されている。一般に、無線通信システムは可用のシステムリソース(帯域幅伝送パワーなど)を共有して多重使用者との通信支援することができる多重接続(multiple access)システムである。多重接続システムの例としては、CDMA(code division multiple access)システム、FDMA(frequency division multiple access)システム、TDMA(time division multiple access)システム、OFDMA(orthogonal frequency division multiple access)システム、SC−FDMA(single carrier frequency division multiple access)システム、MC−FDMA(multi carrier frequency division multiple access)システムなどがある。

0003

無線通信システムでは、LTE、LTE−A、WiFiなどの様々なRAT(Radio Access Technology)が使用されており、5Gもここに含まれる。5Gの主要要求事項の3つの領域は、(1)改善したモバイル広帯域(Enhanced Mobile Broadband、eMBB)領域、(2)多量のマシンタイプ通信(massive Machine type Communication、mMTC)領域、及び(3)超信頼及び低遅延通信(Ultra−Reliable and Low Latency Communications、URLLC)領域を含む。一部の使用例(Use Case)では、最適化のために多数の領域が要求され、他の使用例では、ただ一つの核心性能指標(Key Performance Indicator、KPI)のみに集中することもできる。5Gはかかる様々な使用例を柔らかく信頼できる方法で支援することである。

0004

eMBBは、基本的なモバイルインターネットアクセスを飛び越えて、豊かな両方向作業、クラウド又は拡張現実におけるメディア及びエンターテインメントアプリケーションカバーする。データは5Gの核心動力の一つであり、5G時代に初めて専用音声サービスが見られないことができる。5Gにおいて、音声は単に通信システムにより提供されるデータ連結を使用して応用プログラムとして処理されることが期待される。増加したトラフィック量のための主要原因は、コンテンツサイズ増加及び高いデータ送信率を要求するアプリケーション数の増加である。ストリーミングサービス(オーディオ及びビデオ)、会話型ビデオ及びモバイルインターネットの連結は、より多い装置がインターネットに連結されるほど広く使用される。かかる多い応用プログラムは、ユーザに実時間情報及び通知プッシュするために常にオンになっている連結性が必要である。クラウドストーリッジ及びアプリケーションはモバイル通信プラットホームで急に増加しており、これは業務及びエンターテインメントに全て適用できる。またクラウドストーリッジは上りリンクデータ送信率成長牽引する特別な使用例である。5Gはクラウドの遠隔業務にも使用され、触覚インターフェースが使用される時、優れたユーザ経験を維持するように非常に低い端−対−端(end−to−end)遅延を要求する。エンターテインメント、例えば、クラウドゲーム及びビデオストリーミングは、モバイル広帯域能力に対する要求を増加させる他の核心要素である。エンターテインメントは汽車、車及び飛行機のような高移動性の環境を含むどこでもスマートホン及びタブレットにおいて必須である。さらに他の使用例としては、エンターテインメントのための拡張現実及び情報検索がある。ここで、拡張現実は非常に低い遅延と瞬間的なデータ量を必要とする。

0005

また多く予想される一つの5G使用例は、全ての分野において埋め込みセンサを円滑に連結できる機能、即ち、mMTCに関する。2020年まで潜在的なIoT装置は204億個に至ると予測される。産業IoTは5Gがスマート都市資産管理(asset tracking)、スマート有用性(utility)、農業及び保安インフラを可能にする主要役割を行う領域の一つである。

0006

URLLCは主要インフラの遠隔制御及び自体駆動車両(Self−driving vehicle)のような超信頼/利用可能な低遅延のリンクにより産業を変化させる新しいサービスを含む。信頼性と遅延の水準は、スマートグリッド制御、産業自動化、ロボット工学ドローン制御及び調整に必須である。

0007

次に、多数の使用例についてより具体的に説明する。

0008

5Gは、1秒当たりに数百メガバイトから1秒当たりギガバイトに評価されるストリームを提供する手段により、FTTH(fiber−to−the−home)及びケーブル基盤の広帯域(又はDOCSIS)を補完することができる。このような速い速度は仮想現実及び拡張現実だけではなく、4K以上(6K、8K及びそれ以上)の解像度でTVを伝達するためにも要求される。VR(Virtual Reality)及びAR(Augmented Reality)アプリケーションは、ほぼ没入型(immersive)スポーツ競技を含む。特定の応用プログラムには特別なネットワーク設定が求められることができる。例えば、VRゲームの場合、ゲーム会社が遅延を最小化するために、コアサーバーとネットワークオペレーターのエッジネットワークサーバーとの通合が必要である。

0009

自動車(Automotive)は車両に対する移動通信のための多い使用例と共に、5Gにおいて重要な新しい動力になると思われる。例えば、乗客のためのエンターテインメントは、高い同時容量及び高い移動性モバイル広帯域を要求する。これは、未来のユーザは彼らの位置及び速度に関係なく高品質の連結を期待するためである。自動車分野の他の活用例としては拡張現実ダッシュボード(dashboard)がある。これは、運転者が見ている前側ウィンドウ上に、闇の中で物体識別して運転者に物体の距離及び動きを知らせる情報を重ねてディスプレイする。未来の無線モジュールは、車両間通信、車両と支援するインフラ構造の間での情報交換及び自動車と他の連結された装置(例えば、歩行者により伴われる装置)の間での情報交換を可能にする。安全システムは、運転者のより安全な運転のために行動代替コースなどを案内して事故の危険を減らすことはできる。次の段階は遠隔操縦、又は自体運転車両(Self−driven vehicle)になる。これは互いに異なる自体運転車両の間及び自動車とインフラの間で非常に高い信頼性と非常に早い通信を要求する。未来には、自体運転車両が全ての運転活動を行い、運転者は車両自体が識別できない交通異常のみに集中するようになる。自体運転車両の技術的要求事項は、人が達成できない程度の水準までトラフィック安全が増加するように超低遅延と超高速信頼性を要求する。

0010

スマート社会(Smart society)として言及されるスマート都市とスマートホームは、高密度無線センサネットワークに埋め込まれる。知能型センサの分散ネットワークは都市又はホーム費用及びエネルギー効率的な維持に関する条件を識別する。類似設定が各家庭のために行われる。温度センサ、窓及び暖房制御盗難警報及び家電製品は全て無線連結される。かかるセンサの殆どは典型的に低いデータ送信速度、低電力及び低費用である。しかし、例えば、実時間HDビデオは監視のために特定タイプの装置で要求される。

0011

熱又はガスを含むエネルギー消費及び分配は高度に分散化されており、分散センサネットワークの自動化された制御が要求される。スマートグリッドは情報を収集し、これにより作動するようにデジタル情報及び通信技術を使用してかかるセンサを相互連結する。この情報は供給業体消費者の行動を含むので、スマートグリッドが効率性、信頼性、経済性生産持続性及び自動化方式で電気のような燃料の分配を改善することができる。スマートグリッドは遅延の少ない他のセンサネットワークとも見える。

0012

健康部分では移動通信の恵みを受ける多い応用プログラムを保有している。通信システムは遠く離れたところで臨床診療を提供する遠隔診療を支援する。これにより距離に対する壁を超えることができ、距離の遠い農村では持続的に利用できない医療サービスへの接近を改善することができる。またこれは重要な診療及び救急状況で生命を救うために使用される。移動通信基盤の無線センサネットワークは心拍数及び血圧のようなパラメータに対する遠隔モニタリング及びセンサを提供することができる。

0013

無線及びモバイル通信は産業応用分野において重要になっている。配線は設置及び維持費用が高い。従って、ケーブルを再構成する無線リンクへの交替可能性は多い産業分野魅力的な機会である。しかし、これを達成することは、無線連結がケーブルのような遅延、信頼性及び容量で動作することと、その管理が簡単になることが求められる。低い遅延と非常に低いエラー率は5Gに連結される必要がある新しい要求事項である。

0014

物流(logistics)及び貨物追跡(freight tracking)は位置基盤情報システムを使用してどこでもインベントリー(inventory)及びパッケージ追跡を可能にする移動通信に対する重要な使用例である。物流及び貨物追跡の使用例は、典型的に低いデータ速度を要求するが、広い範囲と信頼性のある位置情報が必要である。

0015

無線通信システムは可用のシステムリソース(例えば、帯域幅、伝送パワーなど)を共有して多重使用者との通信を支援する多重接続(multiple access)システムである。多重接続システムの例としては、CDMA(code division multiple access)システム、FDMA(frequency division multiple access)システム、TDMA(time division multiple access)システム、OFDMA(orthogonal frequency division multiple access)システム、SC−FDMA(Single carrier frequency division multiple access)システム、MC−FDMA(multi carrier frequency division multiple access)システムなどがある。

0016

サイドリンク(Sidelink、SL)とは、端末(User Equipment、UE)の間に直接的なリンクを設定して、基地局(Base Station、BS)を介さず、端末の間で音声又はデータなどを直接やりとりする通信方式をいう。SLは急増するデータトラフィックによる基地局の負担を解決する一つの方案になっている。

0017

V2X(vehicle−to−everything)は、有無線通信により他の車両、歩行者、インフラが構築された物事などと情報を交換する通信技術を意味する。V2XはV2V(vehicle−to−vehicle)、V2I(vehicle−to−infrastructure)、V2N(vehicle−to−network)及びV2P(vehicle−to−pedestrian)のような4つの類型区分される。V2X通信はPC5インタフェース及び/又はUuインタフェースにより提供される。

0018

より多い通信装置がより大きい通信容量を要求することにより、既存の無線接続技術(radio access technology)に比べて向上したモバイル広帯域通信が必要性が台頭しつつある。これにより、信頼性(reliability)及び遅延(latency)に敏感なサービス又は端末を考慮した通信システム設計論議されている。このように改善した移動広帯域通信(enhanced mobile broadband communication)、massiveMTC、URLLC(Ultra−Reliable and Low Latency Communication)などを考慮した次世代無線接続技術を新しいRAT(new radio access technology)又はNR(new radio)と呼ぶ。NRにおいてもV2X(vehicle−to−everything)通信が支援されることができる。

発明が解決しようとする課題

0019

この発明は、サイドリンクRLFに関連して基地局への報告に関する具体的な方法を技術的課題とする。

0020

本発明の技術的課題は、上述した技術的課題に制限されず、その他の技術的課題は本発明の実施例から本発明が属する技術分野で通常の知識を有する者に明らかに理解可能であろう。
〔本発明の一の態様〕
本発明の一の態様としては以下のものが例示される。
〔1〕無線通信システムにおいてTx UEの動作方法であって、
前記Tx UEがRANページングを受信する段階;
前記Tx UEがRRC再開手順を開始する段階;及び
前記Tx UEがサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階;を含み、
前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFの前記基地局への報告に関し、
前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFに関連する宛先ID(Destination ID)を含む、方法。
〔2〕 前記宛先IDは前記基地局による送信リソース割り当てに関する、〔1〕に記載の方法。
〔3〕 前記サイドリンクRLFは最大再送信回数に該当する再送信が発生したことに基づく、〔1〕に記載の方法。
〔4〕 前記宛先IDに関連する基地局の送信リソース割り当ては行われない、〔2〕に記載の方法。
〔5〕 前記Tx UEは前記RRCメッセージの送信後、前記宛先IDに関連する送信リソース要請をそれ以上行わない、〔2〕に記載の方法。
〔6〕 前記送信リソース要請はSR(Scheduling Request)、BSR(Sidelink Buffer Status Report)のうちのいずれか一つである、〔5〕に記載の方法。
〔7〕 前記サイドリンクRLFは所定の回数以上OUTOFSYNC indicationを受信したことに基づく、〔1〕に記載の方法。
〔8〕 前記宛先IDは前記Tx UEのV2X層(V2X layer)で生成される、〔1〕に記載の方法。
〔9〕 前記RRCシグナリングは、サービス中データ送信の遅延予想値(Latency Budget)が基地局により送信リソースが割り当てられた遅延より大きい場合に送信される、〔1〕に記載の方法。
〔10〕 前記Tx UEは、他の端末、自律走行車両に関連する端末、基地局及びネットワークのうちのいずれか一つと通信を行う、方法。
〔11〕 無線通信システムにおいて、
少なくとも一つのプロセッサ;及び
前記少なくとも一つのプロセッサに動作可能に連結され、実行される時、前記少なくとも一つのプロセッサをして動作を実行させる命令を格納する少なくとも一つのコンピューターメモリを含み、
前記動作は、前記Tx UEがRANページングを受信する段階;
前記Tx UEがRRC再開手順を開始する段階;及び
サイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階を含み、
前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFの前記基地局への報告に関し、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFに関連する宛先IDを含む、TxUE装置
〔12〕コンピューター読み取り可能な格納媒体であって、
少なくとも一つのプロセッサにより実行される時、少なくとも一つのプロセッサがUEのための動作を実行させる命令を含む少なくとも一つのコンピュータープログラムを格納するものであり、
前記動作は、前記Tx UEがRANページングを受信する段階;
前記Tx UEがRRC再開手順を開始する段階;及び
サイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階を含み、
前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFの前記基地局への報告に関し、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFに関連する宛先IDを含む、格納媒体。
〔13〕基地局装置であって、
無線通信システムにおいて、
少なくとも一つのプロセッサ;及び
前記少なくとも一つのプロセッサに動作可能に連結され、実行される時、前記少なくとも一つのプロセッサをして動作を実行させる命令を格納する少なくとも一つのコンピューターメモリを含み、
前記動作は、前記Tx UEによりRANページングを行う段階;
RRC再開手順を開始したTx UEからサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づくRRC(Radio Resource Control)メッセージを受信する段階を含み、
前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFの前記基地局への報告に関し、前記RRCメッセージは前記サイドリンクRLFに関連する宛先IDを含む、基地局装置。

課題を解決するための手段

0021

本発明による一実施例は、無線通信システムにおいてTx UEの動作方法であって、Tx UEがRANページングを受信する段階;Tx UEがRRC再開手順を開始する段階;及びTx UEがサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階を含み、RRCメッセージはサイドリンクRLFの基地局への報告に関し、RRCメッセージはサイドリンクRLFに関連する宛先ID(Destination ID)を含む、方法である。

0022

本発明による一実施例は、無線通信システムにおいて、少なくとも一つのプロセッサ;及び少なくとも一つのプロセッサに動作可能に連結され、実行される時、少なくとも一つのプロセッサをして動作を実行させる命令を格納する少なくとも一つのコンピューターメモリを含み、該動作は、Tx UEがRANページングを受信する段階;Tx UEがRRC再開手順を開始する段階;及びサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階を含み、RRCメッセージはサイドリンクRLFの基地局への報告に関し、RRCメッセージはサイドリンクRLFに関連する宛先IDを含む、TxUE装置である。

0023

本発明による一実施例は、少なくとも一つのプロセッサにより実行される時、少なくとも一つのプロセッサがUEのための動作を実行させる命令を含む少なくとも一つのコンピュータープログラムを格納するコンピューター読み取り可能な格納媒体であって、該動作は、Tx UEがRANページングを受信する段階;Tx UEがRRC再開手順を開始する段階;及びサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づいて、基地局にRRC(Radio Resource Control)メッセージを送信する段階を含み、RRCメッセージはサイドリンクRLFの基地局への報告に関し、RRCメッセージはサイドリンクRLFに関連する宛先IDを含む、媒体である。

0024

本発明による一実施例は、無線通信システムにおいて、少なくとも一つのプロセッサ;及び少なくとも一つのプロセッサに動作可能に連結され、実行される時、少なくとも一つのプロセッサをして動作を実行させる命令を格納する少なくとも一つのコンピューターメモリを含み、該動作は、Tx UEによりRANページングを行う段階;RRC再開手順を開始したTx UEからサイドリンクRLF(Radio Link Failure)に基づくRRC(Radio Resource Control)メッセージを受信する段階を含み、RRCメッセージはサイドリンクRLFの基地局への報告に関し、RRCメッセージはサイドリンクRLFに関連する宛先IDを含む、基地局装置である。

0025

宛先IDは基地局による送信リソース割り当てに関する。

0026

サイドリンクRLFは最大再送信回数に該当する再送信が発生したことに基づく。

0027

宛先IDに関連する基地局の送信リソース割り当ては行われないことができる。

0028

Tx UEはRRCメッセージの送信後、宛先IDに関連する送信リソース要請をそれ以上行わないことができる。

0029

送信リソース要請はSR(Scheduling Request)、BSR(Sidelink Buffer Status Report)のうちのいずれか一つである。

0030

サイドリンクRLFは所定の回数以上OUTOFSYNC indicationを受信したことに基づく。

0031

宛先IDはTx UEのV2X層(V2X layer)で生成される。

0032

RRCシグナリングは、サービス中のデータ送信の遅延予想値(Latency Budget)が基地局により送信リソースが割り当てられた遅延より大きい場合に送信される。

0033

端末は、他の端末、自律走行車両に関連する端末、基地局及びネットワークのうちのいずれか一つと通信を行う。

発明の効果

0034

本発明によれば、基地局は特定の宛先ID(Destination ID)に関連するRLFを認知することができるので、UEのための送信リソースを一定時間続けて割り当てる従来の問題を解決することができる。

0035

本発明で得られる効果は以上で言及した効果に制限されず、言及しなかった他の効果は下記の記載から本発明が属する技術分野で通常の知識を有する者に明らかに理解可能であろう。

図面の簡単な説明

0036

以下に添付する図面は、本発明に関する理解を助けるためのものであり、本発明の様々な実施の形態を示し、詳細な説明と共に本発明の原理を説明するためのものである。

0037

実施例が適用可能なNRの無線フレームの構造を示す図である。
本発明の一実施例によるNRフレームスロット構造を示す図である。
本発明の一実施例によるSL通信のための無線プロトコル構造(radio protocol architecture)を示す図である。
本発明の一実施例によるSL通信のための無線プロトコル構造(radio protocol architecture)を示す図である。
NR以前のRATに基づくV2X通信とNRに基づくV2X通信とを比較して説明する図である。
本発明の一実施例によるLTEシステムの構造を示す図である。
本発明の一実施例によるユーザ平面(user plane)、制御平面(control plane)に対する無線プロトコル構造(radio protocol architecture)を示す図である。
本発明の一実施例によるNRシステムの構造を示す図である。
本発明の一実施例によるNG−RANと5GCの間の機能的分割を示す図である。
本発明の一実施例によるCPタイプNCPである場合、S−SSBの構造を示す図である。
本発明の一実施例によるCPタイプがECPである場合、S−SSBの構造を示す図である。
本発明の一実施例によるV2X又はSL通信を行う端末を示す図である。
本発明の一実施例によるV2X又はSL通信のためのリソース単位を示す図である。
本発明の一実施例によって、端末が送信モードによってV2X又はSL通信を行う手順を示す図である。
本発明の一実施例による3つのキャストタイプを示す図である。
本発明の一実施例によるLTEモジュール及びNRモジュールを含む端末を示す図である。
本発明の一実施例によるRRCメッセージの送信手順を示す図である。
本発明の一実施例による一方向方式のUE能力伝達を示す図である。
本発明の一実施例による両方向方式のUE能力伝達を示す図である。
本発明の一実施例による両方向方式のAS階層設定を示す図である。
本発明の一実施例による送信側の物理階層プロセシングを示す図である。
本発明の一実施例による受信側の物理階層プロセシングを示す図である。
本発明の一実施例によって、NG−RAN(Next Generation−Radio Access Network)又はE−UTRANに接続するUEに対する測位が可能な、5Gシステムにおけるアーキテクチャの一例を示す図である。
本発明の一実施例によってUEの位置を測定するためのネットワークの具現例を示す図である。
本発明の一実施例によってLMFとUEの間のLPP(LTE Positioning Protocol)メッセージ送信を支援するために使用されるプロトコルレイヤの一例を示す図である。
本発明の一実施例によってLMFとNG−RANノードの間のNRPPa(NR Positioning Protocol A)PDU送信を支援するために使用されるプロトコルレイヤの一例を示す図である。
本発明の一実施例によるOTDOA(Observed Time Difference Of Arrival)測位方法を説明する図である。
本発明の一実施例によるV2Xの同期化ソース(synchronization source)又は同期化基準(synchronization reference)を示す図である。
本発明の一実施例による複数のBWPを示す図である。
本発明の一実施例によるBWPを示す図である。
本発明の一実施例によるCBR測定のためのリソース単位を示す図である。
PSCCHとPSSCHが多重化される場合の例示を示す図である。
本発明の一実施例によるSLに対する物理階層プロセシングを示す図である。
実施例を説明するための図である。
実施例を説明するための図である。
実施例を説明するための図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。
実施例が適用可能な様々な装置を説明する図である。

実施例

0038

本発明の様々な実施例において、「/」及び「,」は「及び/又は」を示す。例えば、「A/B」は「A及び/又はB」を意味する。また「A、B」も「A及び/又はB」を意味する。「A/B/C」は「A、B及び/又はCのうちのいずれか一つ」を意味する。また「A、B、C」も「A、B及び/又はCのうちのいずれか一つ」を意味する。

0039

本発明の様々な実施例において、「又は」は「及び/又は」を示す。例えば、「A又はB」は「Aのみ」、「Bのみ」、及び/又は「A及びBの両方」を含む。言い換えれば、「又は」は「さらに又は代案的に」と解釈することができる。

0040

以下の技術は、CDMA(Code Division Multiple Access)、FDMA(Frequency Division Multiple Access)、TDMA(Time Division Multiple Access)、OFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)、SC−FDMA(Single Carrier Frequency Division Multiple Access)などのような種々の無線接続システムに用いることができる。CDMAは、UTRA(Universal Terrestrial Radio Access)やCDMA2000のような無線技術(radio technology)によって具現することができる。TDMAは、GSM登録商標)(Global System for Mobile communications)/GPRS(General Packet Radio Service)/EDGE(Enhanced Data Rates for GSM(登録商標) Evolution)のような無線技術によって具現することができる。OFDMAは、IEEE802.11(Wi−Fi)、IEEE802.16(WiMAX)、IEEE802−20、E−UTRA(Evolved UTRA)などのような無線技術によって具現することができる。IEEE 802.16mはIEEE 802.16eの進展であり、IEEE 802.16eに基づくシステムとの下位互換性(backward compatibility)を提供する。UTRAは、UMTS(Universal Mobile Telecommunications System)の一部である。3GPP(3rd Generation Partnership Project)LTE(long term evolution)は、E−UTRAを用いるE−UMTS(Evolved UMTS)の一部であり、下りリンクでOFDMAを採用し、上りリンクでSC−FDMAを採用する。LTE−A(Advanced)は3GPP LTEの進展である。

0041

5G NRはLTE−Aに続く技術であり、高性能、低遅延、高可用性などの特性を有する新しい白紙状態(Clean−slate)の移動通信システムである。5G NRは1GHz未満の低周波帯域から1GHz〜10GHzの中間周波帯域、24GHz以上の高周波(ミリメートル波)帯域などの使用可能な全てのスペクトルリソースを活用することができる。

0042

より明確な説明のためにLTE−A又は5G NRを中心として説明するが、本発明の一実施例による技術的思想はこれらに限られない。

0043

図1は本発明の実施例が適用可能なNRの無線フレームの構造を示す。

0044

図1を参照すると、NRにおいて、上りリンク及び下りリンクの送信では無線フレームを使用する。無線フレームは10msの長さを有し、2個の5msハーフフレーム(Half−Frame、HF)により定義される。ハーフフレームは5個の1msサブフレーム(Subframe、SF)を含む。サブフレームは一つ以上のスロットに分割され、サブフレーム内スロット数副搬送波間隔(Subcarrier Spacing、SCS)に依存する。各スロットはCP(cyclic prefix)によって12個又は14個のOFDM(A)シンボルを含む。

0045

一般CPが使用される場合、各スロットは14個のシンボルを含む。拡張CPが使用される場合は、各スロットは12個のシンボルを含む。ここで、シンボルはOFDMシンボル(又はCP−OFDMシンボル)、SC−FDMAシンボル(又はDFT−s−OFDMシンボル)を含む。

0046

表1は一般CPが使用される場合、SCSの設定(μ)によるスロットごとのシンボル数(Nslotsymb)、フレームごとのスロット数(Nframe,uslot)とサブフレームごとのスロット数(Nsubframe,uslot)を例示する。

0047

0048

表2は拡張CPが使用される場合、SCSによってスロットごとのシンボル数、フレームごとのスロット数とサブフレームごとのスロット数を例示する。

0049

0050

NRシステムでは一つの端末に併合される複数のセル間においてOFDMニューマロロジー(例えば、SCS、CP長さなど)が異なるように設定されることができる。これにより、同じ数のシンボルで構成された時間リソース(例えば、サブフレーム、スロット又はTTI)(便宜上、TU(Time Unit)と通称)の(絶対時間)区間が併合されたセル間で異なるように設定される。

0051

NRにおいて、様々な5Gサービスを支援するための多数のニューマロロジー又はSCSが支援される。例えば、SCSが15kHzである場合、伝統的なセルラーバンドにおける広い領域(wide area)が支援され、SCSが30kHz/60kHzである場合は、密集した都市(dense−urban)、より低い遅延(lower latency)及びより広いキャリア帯域幅(wider carrier bandwidth)が支援される。SCSが60kHz又はそれよりも高い場合には、位相雑音(phase noise)を克服するために、24.25GHzより大きい帯域幅が支援される。

0052

NR周波数バンド(frequency band)は2つのタイプの周波数範囲(frequency range)により定義される。2つのタイプの周波数範囲は、FR1及びFR2である。周波数範囲の数値は変更可能であり、例えば、2つのタイプの周波数範囲は、以下の表3の通りである。NRシステムで使用される周波数範囲のうち、FR1は「sub 6GHz range」を意味し、FR2は「above 6GHz range」を意味し、ミリメートル波(millimeter wave、mmW)とも呼ばれる。

0053

0054

上述したように、NRシステムの周波数範囲の数値は変更可能である。例えば、FR1は以下の表4のように、410MHz乃至7125MHzの帯域を含む。即ち、FR1は6GHz(又は5850、5900、5925MHzなど)以上の周波数帯域を含む。例えば、FR1内で含まれる6GHz(又は5850、5900、5925MHzなど)以上の周波数帯域は、非免許帯域(unlicensed band)を含む。非免許帯域は様々な用途に使用され、例えば、車両のための通信(例えば、自律走行)のために使用される。

0055

0056

図2は本発明の一実施例によるNRフレームのスロット構造を示す図である。

0057

図2を参照すると、スロットは時間ドメインで複数のシンボルを含む。例えば、一般CPの場合、一つのスロットが14個のシンボルを含むが、拡張CPの場合は、一つのスロットが12個のシンボルを含む。又は一般CPの場合、一つのスロットが7個のシンボルを含むが、拡張CPの場合は、一つのスロットが6個のシンボルを含む。

0058

送波周波数領域で複数の副搬送波を含む。RB(Resource Block)は周波数領域で複数(例えば、12)の連続する副搬送波と定義される。BWPは周波数ドメインで複数の連続するPRB(Physical RB)と定義され、一つのニューマロロジー(numerology)(例えば、SCS、CP長さなど)に対応する。搬送波は最大N個(例えば、5個)のBWPを含む。データ通信活性化したBWPで行われる。各々の要素はリソースグリッドにおいてリソース要素(Resource Element、RE)と称され、一つの複素シンボルマッピングされることができる。

0059

一方、端末間の無線インターフェース又は端末とネットワークの間の無線インターフェースはL1階層、L2階層及びL3階層で構成される。本発明の様々な実施例において、L1階層は物理階層を意味する。L2階層は例えば、MAC階層RLC階層PDCP階層及びSDAP階層のうちのいずれか一つを意味する。L3階層は例えば、RRC階層を意味する。

0060

以下、V2X又はSL(Sidelink)通信について説明する。

0061

図3は本発明の一実施例によるSL通信のための無線プロトコル構造(radio protocol architecture)を示す。より具体的には、図3の(a)はLTEのユーザ平面プロトコルスタックを示し、図3の(b)はLTEの制御平面プロトコルスタックを示す。

0062

図4は本発明の一実施例によるSL通信のための無線プロトコル構造(radio protocol architecture)を示す。より具体的には、図4の(a)はNRのユーザ平面プロトコルスタックを示し、図4の(b)はNRの制御平面プロトコルスタックを示す。

0063

以下、SL同期信号(Sidelink Synchronization Signal、SLSS)及び同期化情報について説明する。

0064

SLSSはSL特徴的なシーケンスであり、PSSS(Primary Sidelink Synchronization Signal)及びSSSS(Secondary Sidelink Synchronization Signal)を含む。PSSSはS−PSS(Sidelink Primary Synchronization Signal)とも呼ばれ、SSSSはS−SSS(Sidelink Secondary Synchronization Signal)とも呼ばれる。例えば、長さ−127のM−シーケンス(length−127 M−sequences)がS−PSSについて使用され、長さ−127コールド−シーケンス(length−127 Gold sequences)がS−SSSについて使用されることができる。例えば、端末はS−PSSを用いて最初信号を検出して、同期を得ることができる。例えば、端末はS−PSS及びS−SSSを用いて細部同期を得、同期信号IDを検出することができる。

0065

PSBCH(Physical Sidelink Broadcast Channel)はSL信号送受信前に端末が認知すべき基本となる(システム)情報が送信される(放送)チャネルである。例えば、基本となる情報は、SLSSに関連する情報、デュプレックスモード(Duplex Mode、DM)、TDDUL/DL(Time Division Duplex Uplink/Downlink)構成、リソースプール関連情報、SLSS関連アプリケーションの種類、サブフレームオフセット放送情報などである。例えば、PSBCH性能の評価のために、NR V2Xにおいて、PSBCHのペイロードサイズは24ビットCRCを含めて56ビットであることができる。

0066

S−PSS、S−SSS及びPSBCHは、周期的送信を支援するブロックフォーマット(例えば、SL SS(Synchronization Signal)/PSBCHブロック、以下、S−SSB(Sidelink−Synchronization Signal Block))に含まれる。S−SSBはキャリア内のPSCCH(Physical Sidelink Control Channel)/PSSCH(Physical Sidelink Shared Channel)と同じニューマロロジー(即ち、SCS及びCP長さ)を有し、送信帯域幅は(予め)設定されたSL BWP(Sidelink BWP)内にある。例えば、S−SSBの帯域幅は11RB(Resource Block)である。例えば、PSBCHは11RBにわたる。S−SSBの周波数位置は(予め)設定されることができる。従って、端末はキャリアでS−SSBを発見するために、周波数で仮説検出(hypothesis detection)を行う必要がない。

0067

一方、NRSLシステムにおいて、互いに異なるSCS及び/又はCP長さを有する複数のニューマロロジーが支援されることができる。この時、SCSの増加によって送信端末がS−SSBを送信する時間リソースの長さが短くなることができる。これにより、S−SSBのカバレッジが減少することができる。従って、S−SSBのカバレッジを保障するために、送信端末はSCSによって一つのS−SSB送信周期内で一つ以上のS−SSBを受信端末に送信することができる。例えば、送信端末が一つのS−SSB送信周期内で受信端末に送信するS−SSBの数は送信端末に予め設定されるか又は設定される。例えば、S−SSB送信周期は160msである。例えば、全てのSCSに対して160msのS−SSB送信周期が支援されることができる。

0068

例えば、SCSがFR1で15kHzである場合、送信端末は一つのS−SSB送信周期内で受信端末に1個又は2個のS−SSBを送信する。例えば、SCSがFR1で30kHzである場合は、送信端末は一つのS−SSB送信周期内で受信端末に1個又は2個のS−SSBを送信する。例えば、SCSがFR1で60kHzである場合は、送信端末は一つのS−SSB送信周期内で受信端末に1個、2個又は4個のS−SSBを送信する。

0069

例えば、SCSがFR2で60kHzである場合、送信端末は一つのS−SSB送信周期内で受信端末に1個、2個、4個、8個、16個又は32個のS−SSBを送信する。例えば、SCSがFR2で120kHzである場合は、送信端末は一つのS−SSB送信周期内で受信端末に1個、2個、4個、8個、16個、32個又は64個のS−SSBを送信する。

0070

一方、SCSが60kHzである場合は、二つのタイプのCPが支援される。CPタイプによって送信端末が受信端末に送信するS−SSBの構造が異なる。例えば、CPタイプはNCP(Normal CP)又はECP(Extended CP)である。より具体的には、例えば、CPタイプがNCPである場合、送信端末が送信するS−SSB内でPSBCHをマッピングするシンボルの数は9個又は8個である。反面、例えば、CPタイプがECPである場合は、送信端末が送信するS−SSB内でPSBCHをマッピングするシンボルの数は7個又は6個である。例えば、送信端末が送信するS−SSB内の1番目のシンボルにはPSBCHがマッピングされる。例えば、S−SSBを受信する受信端末はS−SSBの1番目のシンボル区間でAGC(Automatic Gain Control)動作を行うことができる。

0071

図5はNR以前のRATに基づくV2X通信とNRに基づくV2X通信とを比較して説明する図である。

0072

V2X通信に関連して、NR以前のRATではBSM(Basic Safety Message)、CAM(Cooperative Awareness Message)、DENM(Decentralized Environmental Notification Message)のようなV2Xメッセージに基づいて安全サービスを提供する方案が論議された。V2Xメッセージは位置情報、動的情報属性情報などを含む。例えば、端末は周期的メッセージ(periodic message)タイプのCAM、及び/又はイベントトリガーメッセージ(event triggered message)タイプのDENMを他の端末に送信することができる。

0073

例えば、CAMは、方向及び速度のような車両の動的状態情報、寸法のような車両静的データ外部照明状態、経路明細などの基本車両情報を含む。例えば、端末はCAMを放送することができ、CAMの遅延は100msより大きくてはならない。例えば、車両の故障、事故などの突発状況が発生した場合、端末はDENMを生成して他の端末に送信することができる。例えば、端末の送信範囲内の全ての車両はCAM及び/又はDENMを受信することができる。この場合、DENMはCAMより高い優先順位を有する。

0074

その後、V2X通信に関連して、様々なV2XシナリオがNRで定義されている。例えば、様々なV2Xシナリオは、隊列走行車両(vehicle platooning)、向上したドライビング、拡張センサ、リモートドライビングなどを含む。

0075

例えば、隊列走行車両に基づいて車両は動的にグループを形成して一緒に移動する。例えば、隊列走行車両に基づくプラトーン動作(platoon operations)を行うために、上記グループに属する車両は先頭車両から周期的なデータを受信する。例えば、上記グループに属する車両は周期的なデータを用いて車両間間隔を減らすか又は広げることができる。

0076

例えば、向上したドライビングに基づいて、車両は半自動化又は完全自動化される。各車両は近接車両及び/又は近接論理要素(logical entity)の局所センサ(local sensor)から得たデータに基づいて、軌道(trajectories)又は起動(maneuvers)を調整することができる。例えば、各車両は近接した車両とドライビング目的(driving intention)を互いに共有することができる。

0077

例えば、拡張センサに基づいて、局所センサにより得た未加工データ(raw data)又は処理データ(processed data)又は生ラジオデータ(live video data)を車両、論理要素、歩行者の端末及び/又はV2X応用サーバの間で互いに交換することができる。従って、例えば、車両は自体センサを用いて感知できる環境より向上した環境を認識することができる。

0078

例えば、リモートドライビングに基づいて、運転をできない人又は危険な環境に位置したリモート車両のために、リモートドライバ又はV2Xアプリケーションはリモート車両を動作又は制御することができる。例えば、公共交通のように経路を予測できる場合は、クラウドコンピューティングベースのドライビングがリモート車両の動作又は制御に用いられる。例えば、クラウドベースバックエンドサービスプラットホーム(cloud−based back−end service platform)に対する接続がリモートドライビングのために考えられる。

0079

一方、隊列走行車両、向上したドライビング、拡張センサ、リモートドライビングなどの様々なV2Xシナリオに対するサービス要求事項(Service requirements)を具体化する方案がNRに基づくV2X通信で論議されている。

0080

図6は本発明の一実施例によるLTEシステムの構造を示す。これはE−UTRAN(Evolved−UMTSTerrestrial Radio Access Network)、又はLTE(Long Term Evolution)/LTE−Aシステムとも呼ばれる。

0081

図6を参照すると、E−UTRANは制御平面及びユーザ平面を端末10に提供する基地局20を含む。端末10は固定式又は移動式であり、MS(mobile station)、UT(user terminal)、SS(Subscriber station)、MT(mobile terminal)、無線デバイスなどの用語とも呼ばれる。一般的には基地局20は端末10と通信する固定ステーションであり、eNB(evolved NodE−B)、BTS(base transceiver system)、AP(access point)などの用途とも呼ばれる。

0082

基地局20はX2インターフェースにより互いに接続する。基地局20はS1インターフェースによりEPC(evolved Packet core、30)に、より詳しくはS1−MMEによりMME(mobility management entity)に、S1−Uを介してS−GW(Serving gateway)と連結される。

0083

EPCはMME、S−GW及びP−GW(Packet data network−gateway)で構成される。MMEは端末の接続情報や端末の能力に関する情報を有し、かかる情報は端末の移動性管理に主に使用される。S−GWはE−UTRANを端点とするゲートウェイであり、P−GWはPDN(Packet Date Network)を端点とするゲートウェイである。

0084

端末とネットワークの間の無線インターフェースプロトコル階層は、通信システムにおいて公知の開放型システム間相互接続(Open System Interconnection、OSI)基準モデルの下部3階層に基づいて第1階層(L1)、第2階層(L2)及び第3階層(L3)に分類される。そのうち、第1階層に属する物理階層は物理チャネルを用いて情報送信サービスを提供し、第3階層に属するRRC(Radio Resource Control)階層は端末とネットワークの間で無線リソースを制御する。このために、RRC階層は端末と基地局の間でRRCメッセージを交換する。

0085

図7の(a)は本発明の一実施例によるユーザ平面(user plane)に対する無線プロトコル構造(radio protocol architecture)を示す。

0086

図7の(b)は本発明の一実施例による制御平面(control plane)に対する無線プロトコル構造を示す。ユーザ平面はユーザのデータ送信のためのプロトコルスタック(protocol stack)であり、制御平面は制御信号の送信のためのプロトコルスタックである。

0087

図7の(a)及びA3を参照すると、物理階層は物理チャネルを用いて上位階層に情報送信サービスを提供する。物理階層は上位階層であるMAC(Medium Access Control)階層とは送信チャネル(transport channel)を介して連結されている。送信チャネルを介してMAC階層と物理階層の間でデータが移動する。送信チャネルは無線インターフェースによりデータがどのように、どの特徴を有して送信されているかによって分類される。

0088

互いに異なる物理階層の間、即ち、送信機受信機の物理階層の間では物理チャネルを介してデータが移動する。物理チャネルはOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)方式で変調され、時間と周波数を無線リソースとして活用する。

0089

MAC階層は論理チャネル(logical channel)を介して上位階層であるRLC(radio link control)階層にサービスを提供する。MAC階層は複数の論理チャネルから複数の送信チャネルへのマッピング機能を提供する。またMAC階層は複数の論理チャネルで単数の送信チャネルへのマッピングによる論理チャネル多重化機能を提供する。MAC部階層は論理チャネル上のデータ送信サービスを提供する。

0090

RLC階層はRLCSDU(Serving Data Unit)の連結(concatenation)、分割(Segmentation)及び再結合(reassembly)を行う。無線ベアラー(Radio Bearer、RB)が要求する様々なQoS(Quality of Service)を保障するために、RLC階層は透明モード(Transparent Mode、TM)、非確認モード(Unacknowledged Mode、UM)及び確認(Acknowledged Mode、AM)の3つの動作モードを提供する。AM RLCはARQ(automatic repeat request)によりエラー訂正を提供する。

0091

RRC(Radio Resource Control)階層は制御平面のみで定義される。RRC階層は無線ベアラーの設定(configuration)、再設定(re−configuration)及び解除(release)に関連して論理チャネル、送信チャネル及び物理チャネルの制御を担当する。RBは端末とネットワークの間のデータ伝達のために第1階層(物理階層又はPHY階層)及び第2階層(MAC階層、RLC階層、PDCP(Packet Data Convergence Protocol)階層)により提供される論理的経路を意味する。

0092

ユーザ平面におけるPDCP階層の機能は、ユーザデータの伝達、ヘッダー圧縮(header compression)及び暗号化(ciphering)を含む。制御平面におけるPDCP階層の機能は、制御平面データの伝達及び暗号化/完全性保護(integrity protection)を含む。

0093

RBが設定されるとは、特定のサービスを提供するために無線プロトコル階層及びチャネルの特性を規定し、各々の具体的なパラメータ及び動作方法を設定する過程を意味する。RBは再度SRB(Signaling Radio Bearer)とDRB(Data Radio Bearer)の2つに分けられる。SRBは制御平面においてRRCメッセージを送信する通路として使用され、DRBはユーザ平面においてユーザデータを送信する通路として使用される。

0094

端末のRRC階層とE−UTRANのRRC階層の間にRRC連結(RRC接続)が確立されると、端末はRRC_CONNECTED状態になり、そうではないと、RRC_IDLE状態になる。NRの場合、RRC_INACTIVE状態がさらに定義され、RRC_INACTIVE状態の端末はコアーネットワークとの連結を維持する反面、基地局との連結を解除(release)することができる。

0095

ネットワークにおいて端末にデータを送信する下りリンク送信チャネルとしては、システム情報を送信するBCH(Broadcast Channel)とそれ以外にユーザトラフィックや制御メッセージを送信する下りリンクSCH(Shared Channel)とがある。下りリンクマルチキャスト又はブロックサービスのトラフィック又は制御メッセージの場合、下りリンクSCHを介して送信され、又は別の下りリンクMCH(Multicast Channel)を介して送信される。一方、端末からネットワークにデータを送信する上りリンク送信チャネルとしては、初期制御メッセージを送信するRACH(Random Access Channel)とそれ以外にユーザトラフィックや制御メッセージを送信する上りリンクSCH(Shared Channel)とがある。

0096

送信チャネルの上位にあり、送信チャネルにマッピングされる論理チャネル(Logical Channel)としては、BCCH(Broadcast Control Channel)、PCCH(Paging Control Channel)、CCCH(Common Control Channel)、MCCH(Multicast Control Channel)、MTCH(Multicast Traffic Channel)などがある。

0097

物理チャネル(Physical Channel)は、時間領域における複数のOFDMシンボル及び周波数領域における複数の副搬送波で構成される。一つのサブフレームは時間領域で複数のOFDMシンボルで構成される。リソースブロックリソース割り当て単位で、複数のOFDMシンボルと複数の副搬送波とで構成される。また各サブフレームはPDCCH(Physical Downlink Control Channel)、即ち、L1/L2制御チャネルのために該当サブフレームの特定のOFDMシンボル(例えば、1番目のOFDMシンボル)の特定の副搬送波を用いることができる。TTI(Transmission Time Interval)はサブフレーム送信の単位時間である。

0098

図8は本発明の一実施例によるNRシステムの構造を示す。

0099

図8を参照すると、NG−RAN(Next Generation−Radio Access Network)は、端末にユーザ平面及び制御平面プロトコル終端(termination)を提供するgNB(next generation−Node BFセル)及び/又はeNBを含む。図8ではgNBのみを含む場合を例示する。gNB及びeNBは互いにXnインターフェースにより連結されている。gNB及びeNBは5世代コアネットワーク(5G Core Network:5GC)とNGインタフェースにより連結されている。より具体的には、AMF(access and mobility management function)とはNG−Cインターフェースにより連結され、UPF(user plane function)とはNG−Uインターフェースにより連結される。

0100

図9は本発明の一実施例によるNG−RANと5GCの間の機能的分割を示す。

0101

図9を参照すると、gNBはセル間無線リソース管理(Inter CellRRM)、無線ベアラ管理(RB control)、連結移動性制御(Connection Mobility Control)、無線承認制御(Radio Admission Control)、測定設定及び提供(Measurement configuration & Provision)、動的リソース割り当て(dynamic resource allocation)などの機能を提供する。AMFはNAS(Non Access Stratum)保安、遊休状態移動性ハンドリングなどの機能を提供する。UPFは移動性アンカリング(Mobility Anchoring)、PDU(Protocol Data Unit)処理などの機能を提供する。SMF(Session Management Function)は端末IP(Internet Protocol)住所割り当て、PDUセクション制御などの機能を提供する。

0102

図10は本発明の一実施例によるCPタイプがNCPである場合のS−SSBの構造を示す。

0103

例えば、CPタイプがNCPである場合、S−SSBの構造、即ち、送信端末が送信するS−SSB内にS−PSS、S−SSS及びPSBCHがマッピングされるシンボルの手順は図10を参照することができる。

0104

図11は本発明の一実施例によるCPタイプがECPである場合のS−SSBの構造を示す。

0105

例えば、CPタイプがECPである場合、図10とは異なり、送信端末がS−SSB内で後にPSBCHをマッピングするシンボルの数が6個である。従って、CPタイプがNCPであるか又はECPであるかによってS−SSBのカバレッジが異なる。

0106

一方、各々のSLSSはSL同期化識別子(Sidelink Synchronization Identifier、SLSS ID)を有することができる。

0107

例えば、LTESL又はLTE V2Xの場合、2個の互いに異なるS−PSSシーケンスと168個の互いに異なるS−SSSシーケンスとの組み合わせに基づいて、SLSS IDの値が定義される。例えば、SLSS IDの数は336個である。例えば、SLSS IDの値は0乃至335のうちのいずれか一つである。

0108

例えば、NR SL又はNR V2Xの場合、2個の互いに異なるS−PSSシーケンスと336個の互いに異なるS−SSSシーケンスとの組み合わせに基づいて、SLSS IDの値が定義される。例えば、SLSS IDの数は672個である。例えば、SLSS IDの値は0乃至671のうちのいずれか一つである。例えば、2個の互いに異なるS−PSSのうち、一方はイン−カバレッジ(in−coverage)に連関され、他方はアウト−カバレッジ(out−of−coverage)に連関することができる。例えば、0乃至335のSLSS IDはイン−カバレッジで使用され、336乃至671のSLSS IDはアウト−カバレッジで使用されることができる。

0109

一方、送信端末は受信端末のS−SSB受信性能を向上させるために、S−SSBを構成する各々の信号の特性によって送信電力を最適化する必要がある。例えば、S−SSBを構成する各々の信号のPAPR(Peak to Average Power Ratio)などによって、送信端末は各々の信号に対するMPR(Maximum Power Reduction)値を決定することができる。例えば、PAPR値がS−SSBを構成するS−PSS及びS−SSSの間で互いに異なると、受信端末のS−SSB受信性能を向上させるために、送信端末はS−PSS及びS−SSSの送信について各々最適のMPR値を適用することができる。例えば、送信端末が各々の信号に対して増幅動作を行うために、遷移区間(transient period)が適用されることができる。遷移区間は送信端末の送信電力が変化する境界で送信端末の送信端アンプが正常動作を行うために必要な時間を保護(preserve)する。例えば、FR1の場合、遷移区間は10usである。例えば、FR2の場合、遷移区間は5usである。例えば、受信端末がS−PSSを検出するための検索ウィンドウ(Search window)は80ms及び/又は160msである。

0110

図12は本発明の一実施例によるV2X又はSL通信を行う端末を示す。

0111

図12を参照すると、V2X又はSL通信において端末という用語は、主にユーザの端末を意味する。しかし、基地局のようなネットワーク装備が端末間の通信方式によって信号を送受信する場合は、基地局も一種の端末として思われることができる。例えば、端末1は第1装置100であり、端末2は第2装置200であることができる。

0112

例えば、端末1は一連リソース集合を意味するリソースプール(resource pool)内で特定のリソースに該当するリソース単位を選択する。また端末1は該リソース単位を使用してSL信号を送信する。例えば、受信端末である端末2には端末1が信号を送信できるリソースプールが設定され、リソースプール内で端末1の信号を検出することができる。

0113

ここで、端末1が基地局の連結範囲内にある場合、基地局がリソースプールを端末1に知らせることができる。反面、端末1が基地局の連結範囲外にある場合は、他の端末が端末1にリソースプールを知らせるか、又は端末1が予め設定されたリソースプールを使用することができる。

0114

一般的にリソースプールは複数のリソース単位で構成され、各端末は一つ又は複数のリソース単位を選択して自分のSL信号送信に使用することができる。

0115

図13は本発明の一実施例によるV2X又はSL通信のためのリソース単位を示す。

0116

図13を参照すると、リソースプールの全体周波数リソースがNF個に分割され、リソースプールの全体時間リソースがNT個に分割される。従って、総NF*NT個のリソース単位がリソースプール内で定義されることができる。図13は該当リソースプールがNT個のサブフレームの周期で繰り返される場合の例を示す。

0117

図13に示したように、一つのリソース単位(例えば、Unit#0)は周期的に繰り返して示される。又は時間又は周波数次元でのダイバーシティ効果を得るために、一つの論理的なリソース単位がマッピングされる物理的リソース単位のインデックスが時間によって所定のパターンで変化することもできる。かかるリソース単位の構造において、リソースプールとは、SL信号を送信しようとする端末が送信に使用できるリソース単位の集合を意味する。

0118

リソースプールは複数の種類に細分化される。例えば、各リソースプールで送信されるSL信号のコンテンツによってリソースプールは以下のように区分される。

0119

(1)スケジューリング割り当て(Scheduling Assignment、SA)は送信端末がSLデータチャネルの送信として使用するリソースの位置、それ以外のデータチャネル復調のために必要なMCS(Modulation and Coding Scheme)又はMIMO(Multiple Input Multiple Output)送信方式、TA(Timing Advance)などの情報を含む信号である。SAは同じリソース単位上でSLデータと共に多重化されて送信されることができ、この場合、SAリソースプールとは、SAがSLデータと多重化されて送信されるリソースプールを意味する。SAはSL制御チャネルとも呼ばれる。

0120

(2)SLデータチャネル(Physical Sidelink Shared Channel、PSSCH)は、送信端末がユーザデータを送信するために使用するリソースプールである。もし同じリソース単位上でSLデータと共にSAが多重化されて送信される場合、SA情報を除いた形態のSLデータチャネルのみがSLデータチャネルのためのリソースプールで送信されることができる。即ち、SAリソースプール内の個別リソース単位上でSA情報を送信するために使用されたREs(Resource Elements)は、SLデータチャネルのリソースプールで相変わらずSLデータを送信するために使用することができる。例えば、送信端末は連続するPRBにPSSCHをマッピングして送信することができる。

0121

(3)ディスカバリーチャネルは、送信端末が自分のIDなどの情報を送信するためのリソースプールである。これにより、送信端末は隣接端末が自分を見つけるようにすることができる。

0122

上述したSL信号のコンテンツが同一である場合にも、SL信号の送受信属性によって異なるリソースプールを使用することができる。一例として、同じSLデータチャネルやディスカバリーメッセージであっても、SL信号の送信タイミング決定方式(例えば、同期基準信号の受信時点で送信されるか、それとも受信時点で一定のタイミングアドバンスを適用して送信されるか)、リソース割り当て方式(例えば、個別信号の送信リソースを基地局が個別送信端末に指定するか、それとも個別送信端末がリソースプール内で自ら個別信号送信リソースを選択するか)、信号フォーマット(例えば、各SL信号が1サブフレームで占めるシンボルの数、又は一つのSL信号の送信に使用されるブフレームの数)、基地局からの信号強度、SL端末の送信電力強度などによって再度異なるリソースプールに区分されることができる。

0123

以下、SLにおけるリソース割り当て(resource allocation)について説明する。

0124

図14は本発明の一実施例によって、端末が送信モードによってV2X又はSL通信を行う手順を示す。本発明の様々な実施例において、送信モードはモード又はリソース割り当てモードとも呼ばれる。以下、説明の便宜のために、LTEにおいて送信モードはLTE送信モードとも呼ばれ、NRにおいて送信モードはNRリソース割り当てモードとも呼ばれる。

0125

例えば、図14の(a)はLTE送信モード1又はLTE送信モード3に関連する端末動作を示す。例えば、図14の(a)はNRリソース割り当てモード1に関連する端末動作を示す。例えば、LTE送信モード1は一般的なSL通信に適用でき、LTE送信モード3はV2X通信に適用することができる。

0126

例えば、図14の(b)はLTE送信モード2又はLTE送信モード4に関連する端末動作を示す。又は例えば、図14の(b)はNRリソース割り当てモード2に関連する端末動作を示す。

0127

図14の(a)を参照すると、LTE送信モード1、LTE送信モード3又はNRリソース割り当てモード1において、基地局はSL送信のために端末により使用されるSLリソースをスケジュールすることができる。例えば、基地局は端末1にPDCCH(より具体的には、DCI(Downlink Control Information))によりリソーススケジューリングを行い、端末1はリソーススケジューリングによって端末2とV2X又はSL通信を行う。例えば、端末1はPSCCH(Physical Sidelink Control Channel)を介してSCI(Sidelink Control Information)を端末2に送信した後、SCIに基づくデータをPSSCH(Physical Sidelink Shared Channel)を介して端末2に送信する。

0128

例えば、NRリソース割り当てモード1において、端末には動的グラント(dynamic grant)により一つのTB(Transport Block)の一つ以上のSL送信のためのリソースが基地局から提供されるか又は割り当てられる。例えば、基地局は動的グラントを用いてPSCCH及び/又はPSSCHの送信のためのリソースを端末に提供する。例えば、送信端末は受信端末から受信したSLHARQ(Hybrid Automatic Repeat Request)フィードバックを基地局に報告する。この場合、基地局がSL送信のためのリソースを割り当てるためのPDCCH内の指示に基づいて、SL HARQフィードバックを基地局に報告するためのPUCCHリソース及びタイミングが決定される。

0129

例えば、DCIは、DCI受信とDCIによりスケジュールされた1番目のSL送信との間のスロットオフセットを示す。例えば、SL送信リソースをスケジュールするDCIと1番目にスケジュールされたSL送信リソースとの間の最小ギャップは、該当端末の処理時間(processing time)より小さくないことができる。

0130

例えば、NRリソース割り当てモード1において、端末には所定のグラント(configured grant)により複数のSL送信のために周期的にリソースセットが基地局から提供されるか又は割り当てられる。例えば、設定されるグラントは所定のグラントタイプ1又は所定のグラントタイプ2を含む。例えば、端末は与えられた所定のグラント(given configured grant)により指示される各々の場合に送信するTBを決定することができる。

0131

例えば、基地局は同じキャリア上でSLリソースを端末に割り当てることができ、互いに異なるキャリア上でSLリソースを端末に割り当てることができる。

0132

例えば、NR基地局はLTE基盤のSL通信を制御する。例えば、NR基地局はLTE SLリソースをスケジュールするためにNR DCIを端末に送信する。この場合、例えば、NR DCIをスクランブルするための新しいRNTIが定義される。例えば、端末はNR SLモジュール及びLTE SLモジュールを含む。

0133

例えば、NR SLモジュール及びLTESLモジュールを含む端末がgNBからNR SL DCIを受信した後、NR SLモジュールはNR SL DCIをLTE DCIタイプ5Aに変換され、NR SLモジュールはX ms単位でLTE SLモジュールにLTE DCIタイプ5Aを伝達することができる。例えば、LTE SLモジュールがNR SLモジュールからLTEDCIフォーマット5Aを受信した後、LTE SLモジュールはZms後に1番目のLTEサブフレームに活性化及び/又は解除を適用することができる。例えば、XはDCIのフィールドを使用して動的に表示することができる。例えば、Xの最小値端末能力(UE capability)によって異なる。例えば、端末は端末能力によって一つの値(Single value)を報告することができる。例えば、Xの正数である。

0134

図14の(b)を参照すると、LTE送信モード2、LTE送信モード4又はNRリソース割り当てモード2において、端末は基地局/ネットワークにより設定されたSLリソース又は予め設定されたSLリソース内でSL送信リソースを決定することができる。例えば、所定のSLリソース又は予め設定されたSLリソースはリソースプールである。例えば、端末は自律的にSL送信のためのリソースを選択又はスケジュールする。例えば、端末は所定のリソースプール内でリソースを自ら選択して、SL通信を行う。例えば、端末はセンシング及びリソース(再)選択の手順を行って、選択ウィンドウ内で自らリソースを選択することができる。例えば、センシングはサブチャネル単位で行われる。リソースプール内でリソースを自ら選択した端末1は、PSCCHを介してSCIを端末2に送信した後、SCIに基づくデータをPSSCHを介して端末2に送信する。

0135

例えば、端末は他の端末に対するSLリソース選択を助ける。例えば、NRリソース割り当てモード2において、端末にはSL送信のための所定のグラントが設定される。例えば、NRリソース割り当てモード2において、端末は他の端末のSL送信をスケジュールすることができる。例えば、NRリソース割り当てモード2において、端末はブラインド再送信のためのSLリソースを予約することができる。

0136

例えば、NRリソース割り当てモード2において、第1端末はSCIを用いてSL送信の優先順位を第2端末に指示することができる。例えば、第2端末はSCIを復号し、第2端末は優先順位に基づいてセンシング及び/又はリソース(再)選択を行うことができる。例えば、リソース(再)選択の手順は、第2端末がリソース選択ウィンドウ候補リソースを識別する段階及び第2端末が識別された候補リソースのうち、(再)送信のためのリソースを選択する段階を含む。例えば、リソース選択ウィンドウは端末がSL送信のためのリソースを選択する時間間隔(time interval)である。例えば、第2端末がリソース(再)選択をトリガーした後、リソース選択ウィンドウはT1≧0で開始され、リソース選択ウィンドウは第2端末の残りのパケット遅延予想値(remaining packet delay budget)により制限されることができる。例えば、第2端末がリソース選択ウィンドウで候補リソースを識別する段階において、第2端末が第1端末から受信したSCIにより特定のリソースが指示され、及び特定のリソースに対するL1 SLRSRP測定値がSL RSRP臨界値を超えると、第2端末は特定のリソースを候補リソースとして決定しないことができる。例えば、SL RSRP臨界値は、第2端末が第1端末から受信したSCIにより指示されるSL送信の優先順位及び第2端末が選択したリソース上でSL送信の優先順位に基づいて決定される。

0137

例えば、L1 SL RSRPはSLDMRS(Demodulation Reference Signal)に基づいて測定できる。例えば、リソースプールごとに時間領域で一つ以上のPSSCH DMRSパターンが設定されるか又は予め設定される。例えば、PDSCH DMRS設定タイプ1及び/又はタイプ2は、PSSCH DMRSの周波数領域パターンと同一又は類似する。例えば、正確なDMRSパターンはSCIにより指示される。例えば、NRリソース割り当てモード2において、送信端末はリソースプールに対して設定された又は予め設定されたDMRSパターンのうち、特定のDMRSパターンを選択することができる。

0138

例えば、NRリソース割り当てモード2において、センシング及びリソース(再)選択の手順に基づいて、送信端末は予約なしにTB(Transport Block)の初期送信を行うことができる。例えば、センシング及びリソース(再)選択の手順に基づいて、送信端末は第1TBに連関するSCIを用いて第2TBの初期送信のためのSLリソースを予約することができる。

0139

例えば、NRリソース割り当てモード2において、端末は同じTB(Transport Block)の以前送信に関連するシグナリングにより、フィードバック基盤のPSSCH再送信のためのリソースを予約することができる。例えば、現在の送信を含んで一つの送信により予約されるSLリソースの最大数は2個、3個又は4個である。例えば、SLリソースの最大個数はHARQフィードバックが有効(enable)であるか否かに関係なく、同一である。例えば、一つのTBに対する最大のHARQ(再)送信回数は設定又は事前設定により制限される。例えば、最大のHARQ(再)送信回数は最大32である。例えば、設定又は事前設定がないと、最大のHARQ(再)送信回数は指定されないことができる。例えば、設定又は事前設定は送信端末のためのものである。例えば、NRリソース割り当てモード2において、端末が使用していないリソースを解除するためのHARQフィードバックが支援されることができる。

0140

例えば、NRリソース割り当てモード2において、端末はSCIを用いて端末により使用される一つ以上のサブチャネル及び/又はスロットを他の端末に指示する。例えば、端末はSCIを用いてPSSCH(再)送信のために端末により予約された一つ以上のサブチャネル及び/又はスロットを他の端末に指示する。例えば、SLリソースの最初割り当て単位はスロットである。例えば、サブチャネルのサイズは端末に対して設定されるか又は予め設定される。

0141

以下、SCI(Sidelink Control Information)について説明する。

0142

基地局がPDCCHを介して端末に送信する制御情報をDCI(Downlink Control Information)という反面、端末がPSCCHを介して他の端末に送信する制御情報をSCIという。例えば、端末はPSCCHを復号する前に、PSCCHの開始シンボル及び/又はPSCCHのシンボル数を把握することができる。例えば、SCIはSLスケジューリング情報を含む。例えば、端末はPSSCHをスケジュールするために少なくとも一つのSCIを他の端末に送信することができる。例えば、一つ以上のSCIフォーマットが定義される。

0143

例えば、送信端末はPSCCH上でSCIを受信端末に送信することができる。受信端末はPSSCHを送信端末から受信するために一つのSCIを復号する。

0144

例えば、送信端末はPSCCH及び/又はPSSCH上で二つの連続するSCI(例えば、2−stage SCI)を受信端末に送信する。受信端末はPSSCHを送信端末から受信するために二つの連続するSCI(例えば、2−stage SCI)を復号する。例えば、(相対的に)高いSCIペイロードサイズを考慮してSCI構成フィールドを二つのグループに区分した場合、第1SCI構成フィールドグループを含むSCIを第1SCI又は1st SCIと称し、第2SCI構成フィールドグループを含むSCIを第2SCI又は2nd SCIと称する。例えば、送信端末はPSCCHを介して第1SCIを受信端末に送信する。例えば、送信端末はPSCCH及び/又はPSSCH上で第2SCIを受信端末に送信する。例えば、第2SCIは(独立した)PSCCHを介して受信端末に送信されるか、又はPSSCHを介してデータとともにピギーバックされて送信される。例えば、二つの連続するSCIは互いに異なる送信(例えば、ユニキャストブロードキャスト又はグループキャスト)についても適用できる。

0145

例えば、送信端末はSCIにより、以下の情報のうちの一部又は全部を受信端末に送信する。ここで、例えば、送信端末は以下の情報のうちの一部又は全部を第1SCI及び/又は第2SCIにより受信端末に送信する。

0146

−PSSCH及び/又はPSCCH関連リソース割り当て情報、例えば、時間/周波数リソース位置/数、リソース予約情報(例えば、有機)、及び/又は

0147

−SLCSI報告要請指示子又はSL(L1)RSRP (及び/又はSL(L1)RSRQ及び/又はSL(L1)RSSI)報告要請指示子、及び/又は

0148

−(PSSCH上の)SL CSI送信指示子(又はSL(L1)RSRP(及び/又はSL(L1)RSRQ及び/又はSL(L1)RSSI)情報送信指示子)、及び/又は

0149

MCS情報、及び/又は

0150

送信電力情報、及び/又は

0151

−L1宛先ID情報及び/又はL1ソースID情報、及び/又は

0152

−SLHARQプロセスID情報、及び/又は

0153

−NDI(New Data Indicator)情報、及び/又は

0154

RV(Redundancy Version)情報、及び/又は

0155

−(送信トラフィック/パケット関連)QoS情報、例えば、優先順位情報、及び/又は

0156

−SL CSI−RS送信指示子又は(送信される)SL CSI−RSアンテナポート数の情報

0157

−送信端末の位置情報又は(SLHARQフィードバックが要請される)ターゲット受信端末の位置(又は距離領域)情報、及び/又は

0158

−PSSCHを介して送信されるデータの復号及び/又はチャネル推定に関連する参照信号(例えば、DMRSなど)情報、例えば、DMRSの(時間−周波数)マッピングリソースのパターンに関連する情報、ランク情報、アンテナポートのインデックス情報

0159

例えば、第1SCIはチャネルセンシングに関連する情報を含む。例えば、受信端末はPSSCHDMRSを用いて第2SCIを復号する。PDCCHに使用されるポーラーコード(polar code)が第2SCIに適用される。例えば、リソースプールにおいて、第1SCIのペイロードサイズはユニキャスト、グループキャスト及びブロードキャストに対して同一である。第1SCIを復号した後、受信端末は第2SCIのブラインド復号を行う必要がない。例えば、第1SCIは第2SCIのスケジューリング情報を含む。

0160

なお、本発明の様々な実施例において、送信端末はPSCCHを介してSCI、第1SCI及び/又は第2SCIのうちのいずれか一つを受信端末に送信することができるので、PSCCHはSCI、第1SCI及び/又は第2SCIのうちのいずれか一つに代替/置換されることができる。及び/又は、例えば、SCIはPSCCH、第1SCI及び/又は第2SCIのうちのいずれか一つに代替/置換されることができる。及び/又は、例えば、送信端末はPSSCHを介して第2SCIを受信端末に送信することができるので、PSSCHは第2SCIに代替/置換されることができる。

0161

一方、図15は本発明の一実施例による3つのキャストタイプを示す。

0162

より具体的には、図15の(a)はブロードキャストタイプのSL通信を示し、図15の(b)はユニキャストタイプのSL通信を示し、図15の(c)はグループキャストタイプのSL通信を示す。ユニキャストタイプのSL通信の場合、端末は他の端末と1−対−1通信を行う。グループキャストタイプのSL通信の場合は、端末は自分が属するグループ内の一つ以上の端末とSL通信を行う。本発明の様々な実施例において、SLグループキャスト通信はSLマルチキャスト通信、SL1−対−多(one−to−many)通信などに代替することができる。

0163

以下、LTESLとNR SLの装置内共存(in−device coexistence)について説明する。

0164

図16は本発明の一実施例によるLTEモジュールとNRモジュールを含む端末を示す。

0165

図16を参照すると、端末はLTESL送信に関連するモジュール及びNR SL送信に関連するモジュールを含む。上位階層で生成されたLTE SL送信に関連するパケットはLTEモジュールに伝達される。上位階層で生成されたNR SL送信に関連するパケットはNRモジュールに伝達される。ここで、例えば、LTEモジュール及びNRモジュールは、共通の上位階層(例えば、応用階層)に関連する。又は、例えば、LTEモジュール及びNRモジュールは、互いに異なる上位階層(例えば、LTEモジュールに関連する上位階層及びNRモジュールに関連する上位階層)に関連する。各々のパケットは特定の優先順位に関連する。この場合、LTEモジュールはNR SL送信に関連するパケットの優先順位を知らず、NRモジュールはLTE SL送信に関連するパケットの優先順位を知らない。優先順位の比較のために、LTE SL送信に関連するパケットの優先順位及びNR SL送信に関連するパケットの優先順位は、LTEモジュールとNRモジュールの間で交換できる。従って、LTEモジュールとNRモジュールはLTE SL送信に関連するパケットの優先順位とNR SL送信に関連するパケットの優先順位を把握することができる。また、LTE SL送信とNR SL送信が重畳する場合、端末はLTE SL送信に関連するパケットの優先順位とNR SL送信に関連するパケットの優先順位とを比較して、高い優先順位に関連するSL送信のみを行うことができる。例えば、NR V2Xの優先順位フィールドとPPPPは直接比較されることができる。

0166

例えば、表5はLTESL送信に関連するサービスの優先順位及びNR SL送信に関連するサービスの優先順位の一例を示す。説明の便宜のためにPPPPに基づいて説明するが、優先順位はPPPPに限られない。例えば、優先順位は様々な方式で定義される。例えば、NR関連サービスとLTE関連サービスには、同じタイプの共通優先順位が適用されることができる。

0167

0168

例えば、表5の実施例において、端末がLTESLサービスA及びNR SLサービスEを送信すると決定し、LTE SLサービスAに対する送信及びNR SLサービスEに対する送信は重畳すると仮定する。例えば、LTE SLサービスAに対する送信及びNR SLサービスEに対する送信は、時間領域上で一部又は全部重畳することができる。この場合、端末は高い優先順位に関連するSL送信のみを行い、低い優先順位に関連するSL送信は省略する。例えば、端末はLTE SLサービスAのみを第1キャリア及び/又は第1チャネル上で送信することができる。反面、端末はNR SLサービスEを第2キャリア及び/又は第2チャネル上で送信しないことができる。

0169

以下、CAM(Cooperative Awareness Message)及びDENM(Decentralized Environmental Notification Message)について説明する。

0170

車両間の通信では、周期的なメッセージ(periodic message)タイプのCAM、イベントトリガーメッセージ(event triggered message)タイプのDENMなどが送信される。CAMは方向及び速度のような車両の動的状態情報、寸法のような車両静的データ、外部照明状態、経路明細などの基本車両情報を含む。CAMのサイズは50〜300Byteである。CAMはブロードキャストされ、遅延(latency)は100msより大きくてはならない。DENMは車両の故障、事故などの突発状況時に生成されるメッセージである。DENMのサイズは3000Byteより小さく、伝送範囲内にある全ての車両がメッセージを受信できる。この時、DENMはCAMより高い優先順位(priority)を有する。

0171

以下、搬送波再選択(carrier reselection)について説明する。

0172

V2X又はSL通信において、端末は設定された搬送波のCBR(Channel Busy Ratio)及び/又は送信されるV2XメッセージのPPPP(Prose Per−Packet Priority)に基づいて搬送波再選択を行うことができる。例えば、搬送波再選択は端末のMAC階層により行われる。本発明の様々な実施例において、PPPP(ProSe Per Packet Priority)はPPPR(ProSe Per Packet Reliability)に代替することができ、PPPRはPPPPに代替することができる。例えば、PPPP値が小さいほど高い優先順位を意味し、PPPP値が大きいほど低い優先順位を意味する。例えば、PPPR値が小さいほど高い信頼性を意味し、PPPR値が大きいほど低い信頼性を意味する。例えば、高い優先順位に関連するサービス、パケット又はメッセージに関連するPPPP値は、低い優先順位に関連するサービス、パケット又はメッセージに関連するPPPP値より小さいことができる。例えば、高い信頼性に関連するサービス、パケット又はメッセージに関連するPPPR値は、低い信頼性に関連するサービス、パケット又はメッセージに関連するPPPR値より小さいことができる。

0173

CBRは端末により測定されたS−RSSI(Sidelink−Received Signal Strength Indicator)が所定の臨界値を超えたと感知されたリソースプールでサブチャネル部分(the portion of sub−channels)を意味する。各論理チャネルに関連するPPPPが存在し、PPPP値の設定には端末及び基地局に全て要求される遅延が反映される必要がある。搬送波の再選択時、端末は最低のCBRから増加する順に候補搬送波のうちの一つ以上の搬送波を選択する。

0174

以下、端末の間のRRC連結確立(connection establishment)について説明する。

0175

V2X又はSL通信のために、送信端末は受信端末と(PC5)RRC連結を確立する必要がある。例えば、端末はV2X−特定のSIB(V2X−specific SIB)を得ることができる。上位階層によりV2X又はSL通信を送信するように設定された、送信するデータを有する、端末について、少なくとも端末がSL通信のために送信するように設定された周波数がV2X−特定のSIBに含まれると、該当周波数に対する送信リソースプールを含まず、端末は他の端末とRRC連結を確立することができる。例えば、送信端末と受信端末の間にRRC連結が確立されると、送信端末は確立されたRRC連結により受信端末とユニキャスト通信を行うことができる。

0176

端末の間でRRC連結が確立されると、送信端末はRRCメッセージを受信端末に送信する。

0177

図17は本発明の一実施例によるRRCメッセージの送信手順を示す。

0178

図17を参照すると、送信端末により生成されたRRCメッセージは、PDCP階層、RLC階層及びMAC階層を経てPHY階層に伝達される。RRCメッセージはSRB(Signalling Radio Bearer)を介して送信される。送信端末のPHY階層は伝達された情報についてコーディング、変調及びアンテナリソースマッピングを行うことができ、送信端末は該当情報を受信端末に送信することができる。

0179

受信端末は受信した情報についてアンテナ/リソースデマッピング、復調及び復号を行うことができる。該当情報はMAC階層、RLC階層及びPDCP階層を経てRRC階層に伝達される。従って、受信端末は送信端末により生成されたRRCメッセージを受信することができる。

0180

V2X又はSL通信は、RRC_CONNECTEDモードの端末、RRC_IDLEモードの端末及び(NR)RRC_INACTIVEモードの端末について支援される。即ち、RRC_CONNECTEDモードの端末、RRC_IDLEモードの端末及び(NR)RRC_INACTIVEモードの端末は、V2X又はSL通信を行うことができる。RRC_INACTIVEモードの端末又はRRC_IDLEモードの端末は、V2Xに特定されたSIBに含まれたセル−特定の設定(cell−specific configuration)を使用することによりV2X又はSL通信を行うことができる。

0181

RRCは少なくともUE能力(capability)及びAS階層の設定を交換するために使用される。例えば、第1端末は第1端末のUE能力及びAS階層の設定を第2端末に送信することができ、第1端末は第2端末のUE能力及びAS階層の設定を第2端末から受信することができる。UE能力伝達の場合、情報の流れは直接リンクセットアップ(direct link setup)のためのPC5−Sシグナリングの間に又は後にトリガーされることができる。

0182

図18は本発明の一実施例による一方向方式のUE能力伝達を示す。

0183

図19は本発明の一実施例による両方向方式のUE能力伝達を示す。

0184

AS階層設定の場合、情報の流れは直接リンク設定のためのPC5−Sシグナリングの間に又は後にトリガーされる。

0185

図20は本発明の一実施例による両方向方式のAS階層設定を示す。

0186

グループキャストの場合、グループメンバーの間で1−対−多のPC5−RRC連結確立(one−to−many PC5−RRC connection establishment)は不要である。

0187

以下、SL RLM(Radio Link Monitoring)について説明する。

0188

ユニキャストのAS−レベルリンク管理(AS−level link management)の場合、SL RLM(Radio Link Monitoring)及び/又はRLF(Radio Link Failure)宣言が支援される。SLユニキャストにおいて、RLC AM(Acknowledged Mode)の場合、RLF宣言は最大の再送信回数に到達したことを示すRLCからの指示によりトリガーされることができる。AS−レベルリンク状態(AS−level link status)(例えば、失敗)は、上位階層に知らせる必要がある。ユニキャストに対するRLM手順とは異なり、グループキャスト関連のRLMデザインが考慮されないことができる。グループキャストのためのグループメンバーの間でRLM及び/又はRLF宣言は不要である。

0189

例えば、送信端末は参照信号を受信端末に送信することができ、受信端末は参照信号を用いてSL RLMを行うことができる。例えば、受信端末は参照信号を用いてSL RLFを宣言することができる。例えば、参照信号はSL参照信号とも呼ばれる。

0190

以下、SL測定(measurement)及び方向(reporting)について説明する。

0191

QoS予測(prediction)、初期送信パラメータのセット(initial transmission parameter setting)、リンク適応(link adaptation)、リンク管理(link management)、承認制御(admission control)などのために、端末間SL測定及び報告(例えば、RSRP、RSRQ)がSLで考慮される。例えば、受信端末は送信端末から参照信号を受信し、受信端末は参照信号に基づいて送信端末に対するチャネル状態を測定することができる。また受信端末はチャネル状態情報(Channel State Information、CSI)を送信端末に報告することができる。SL関連測定及び報告は、CBRの測定及び報告、及び位置情報の報告を含む。V2Xに対するCSI(Channel Status Information)の例としては、CQI(Channel Quality Indicator)、PMI(Precoding Matrix Index)、RI(Rank Indicator)、RSRP(Reference Signal Received Power)、RSRQ(Reference Signal Received Quality)、経路利得(pathgain)/経路損失(pathloss)、SRI(SRS、Sounding Reference Symbols、Resource Indicator)、CRI(CSI−RS Resource Indicator)、干渉条件(interference condition)、車両動作(vehicle motion)などがある。ユニキャスト通信の場合、CQI、RI及びPMI又はそれらの一部が、4つ以下のアンテナポートを仮定した非−サブバンド基盤の非周期CSI報告(non−subband−based aperiodic CSI report)で支援される。CSI手順は、スタンドアローン参照信号(Standalone RS)に依存しない。CSI報告は設定によって活性化及び非活性化される。

0192

例えば、送信端末はCSI−RSを受信端末に送信することができ、受信端末はCSI−RSを用いてCQI又はRIを測定することができる。例えば、CSI−RSはSL CSI−RSとも呼ばれる。例えば、CSI−RSはPSSCH送信内に限られることができる。例えば、送信端末はPSSCHリソース上にCSI−RSを含めて受信端末に送信することができる。

0193

以下、物理階層プロセシング(physical layer processing)について説明する。

0194

本発明の一実施例によれば、データユニットは、無線インターフェースにより送信される前に送信側(transmitting side)で物理階層プロセシングの対象になり得る。本発明の一実施例によれば、データユニットを運ぶ無線信号は、受信側(receiving side)で物理階層プロセシングの対象になり得る。

0195

図21は本発明の一実施例による送信側の物理階層プロセシングを示す図である。

0196

表6は上りリンク送信チャネルと物理チャネルの間のマッピング関係を示し、表7は上りリンク制御チャネル情報と物理チャネルの間のマッピング関係を示す。

0197

0198

0199

表8は下りリンク送信チャネルと物理チャネルの間のマッピング関係を示し、表9は下りリンク制御チャネル情報と物理チャネルの間のマッピング関係を示す。

0200

0201

0202

表10はSL送信チャネルと物理チャネルの間のマッピング関係を示し、表11はSL制御チャネル情報と物理チャネルの間のマッピング関係を示す。

0203

0204

0205

図21を参照すると、段階S100において、送信側は送信ブロック(Transport Block、TB)に対して符号化を行うことができる。MAC階層からのデータ及び制御ストリームは、PHY階層で無線送信リンク(radio transmission link)により送信及び制御サービスを提供するように符号化される。例えば、MAC階層からのTBは、送信側でコードワードに符号化されることができる。チャネルコーディング方式(Scheme)は、エラー検出(error detection)、エラー訂正(error correcting)、レートマッチング(rate matching)、インターリービング(interleaving)及び物理チャネルから分離された制御情報又は送信チャネルの組み合わせである。又はチャネルコーディング方式(Scheme)は、エラー検出(error detection)、エラー訂正(error correcting)、レートマッチング(rate matching)、インターリービング(interleaving)及び物理チャネル上にマッピングされた制御情報又は送信チャネルの組み合わせである。

0206

NRシステムにおいて、以下のチャネルコーディング方式は、送信チャネルの異なるタイプ及び制御情報の異なるタイプについて使用されることができる。例えば、送信チャネルタイプごとのチャネルコーディング方式は表12の通りである。例えば、制御情報タイプごとのチャネルコーディング方式は表13の通りである。

0207

0208

0209

例えば、ポーラーコード(polar code)がPSCCHに適用されることができる。例えば、LDPCコードがPSSCHを介して送信されるTBに適用されることができる。

0210

TB(例えば、MACPDU)の送信のために、送信側はTBにCRC(cyclic redundancy check)シーケンスを取り付けることができる。従って、送信側は受信側に対してエラー検出を提供する。SL通信において、送信側は送信端末であり、受信側は受信端末である。NRシステムにおいて、通信装置はUL−SCH及びDL−SCHなどを符号化/復号するためにLDPCコードを使用する。NRシステムは二つのLDPベースグラフ(即ち、二つのLDPCベースのマトリックス)を支援する。二つのLDPCベースグラフは、小さいTBに対して最適化されたLDPCベースグラフ1及び大きいTBに対するLDPCベースグラフである。送信側はTBのサイズ及び符号化率(R)に基づいてLDPCベースグラフ1又は2を選択する。符号化率はMCS(modulation coding scheme)インデックス(I_MCS)により指示される。MCSインデックスはPUSCH又はPDSCHをスケジュールするPDCCHにより端末に動的に提供される。又はMCSインデックスはUL設定グラント2又はDLSPSを(再)初期化又は活性化するPDCCHにより端末に動的に提供される。MCSインデックスはUL設定グラントタイプ1に関連するRRCシグナリングにより端末に提供される。CRCが取り付けられたTBが選択されたLDPCベースグラフに対する最大のコードブロックサイズより大きいと、送信側はCRCが取り付けられたTBを複数のコードブロックに分割することができる。また送信側は更なるCRCシーケンスを各コードブロックに取り付けることができる。LDPCベースグラフ1及びLDPCベースグラフ2に対する最大のコードブロックサイズは、各々8448ビット及び3480ビットである。CRCが取り付けられたTBが選択されたLDPCベースグラフに対する最大のコードブロックサイズより大きくないと、送信側はCRCが取り付けられたTBを選択されたLDPCベースグラフに符号化することができる。送信側はTBの各コードブロックを選択されたLDPC基本グラフに符号化することができる。またLDPCコーディングされたブロックは個々にレートマッチングされる。コードブロックの連結はPDSCH又はPUSCH上の送信のためのコードワードを生成するために行われる。PDSCHに対して、最大二つのコードワード(即ち、最大二つのTB)がPDSCH上で同時に送信されることができる。PUSCHはUL−SCHデータ及びレイヤ1及び/又は2の制御情報の送信に使用される。たとえ、図21に示されていないが、レイヤ1及び/又は2の制御情報はUL−SCHデータに対するコードワードと多重化されることができる。

0211

段階S101及びS102において、送信側はコードワードに対してスクランブル及び変調を行うことができる。コードワードのビットは複素数値変調シンボル(complex−valued modulation symbol)のブロックを生成するためにスクランブル及び変調される。

0212

段階S103において、送信側はレイヤマッピングを行うことができる。コードワードの複素数値の変調シンボルは、一つ以上のMIMO(multiple input multiple output)レイヤにマッピングされる。コードワードは最大4つのレイヤにマッピングされることができる。PDSCHは二つのコードワードを運び、これによりPDSCHは8レイヤの送信まで支援することができる。PUSCHはシングルコードワードを支援し、これによりPUSCHは最大4レイヤの送信を支援することができる。

0213

段階S104において、送信側はプリコーディング変換を行うことができる。下りリンク送信波形はCP(cyclic prefix)を使用する一般的なOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)である。下りリンクについて、変換プリコーディング(transform precoding)(即ち、離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform、DFT))が適用されないことができる。

0214

上りリンク送信波形は、無効又は有効になるDFT拡散(spreading)を行う変換プリコーディング機能を有するCPを使用する従来のOFDMである。NRシステムにおいて、上りリンクについて、もし有効になると、変換プリコーディングは選択的に適用されることができる。変換プリコーディングは波形のPAPR(peak−to−average power ratio)を減らすために、上りリンクデータを特別の方式で拡散することができる。変換プリコーディングはDFTの一つの形態である。即ち、NRシステムは上りリンク波形について2つのオプションを支援する。一つはCP−OFDM(DL波形と同一)であり、他の一つはDFT−S−OFDMである。端末がCP−OFDM又はDFT−S−OFDMを使用するか否かは、RRCパラメータにより基地局で決定される。

0215

段階S105において、送信側はサブキャリアマッピングを行うことができる。レイヤはアンテナポートにマッピングできる。下りリンクにおいて、レイヤ−対−アンテナポートのマッピングについて、透明方式(transparent manner)(非コードブック基盤)マッピングが支援され、ビーム形成又はMIMOプリコーディングがどのように行われるかが端末に透明である(transparent)。上りリンクにおいて、レイヤ−対−アンテナポートのマッピングについては、非コードブック基盤のマッピング及びコードブック基盤のマッピングが全て支援される。

0216

物理チャネル(例えば、PDSCH、PUSCH、PSSCH)の送信に使用される各アンテナポート(即ち、階層)について、送信側は複素数値の変調シンボルを物理チャネルに割り当てられたリソースブロック内のサブキャリアにマッピングすることができる。

0217

段階S106において、送信側はOFDM変調を行う。送信側の通信装置はCPを加算し、IFFT(Inverse Fast Fourier Transform)を行うことにより、アンテナポート(p)上に時間−連続するOFDMベースバンド信号と物理チャネルに対するTTI内のOFDMシンボル(l)に対する副搬送波間隔の設定(u)を生成する。例えば、各OFDMシンボルについて、送信側の通信装置は、該当OFDMシンボルのリソースブロックにマッピングされた複素数値の変調シンボル(complex−valued modulation symbol)に対してIFFT(Inverse Fast Fourier Transform)を行う。送信側の通信装置は、OFDMベースバンド信号を生成するためにIFFTされた信号にCPを付加することができる。

0218

段階S107において、送信側は上り変換(up−conversion)を行うことができる。送信側の通信装置はアンテナポート(p)に対するOFDMベースバンド信号、副搬送波間隔の設定(u)及びOFDMシンボル(l)を物理チャネルが割り当てられたセルの搬送波周波数(f0)に上り変換することができる。

0219

図40に示されたプロセッサ102、202は、符号化、スクランブル、変調、レイヤマッピング、(上りリンクに対する)プリコーディング変換、サブキャリアマッピング及びOFDM変調を行うように設定される。

0220

図22は本発明の一実施例による受信側の物理階層プロセシングを示す。

0221

基本的には、受信側の物理階層プロセシングは送信側の物理階層プロセシングの逆プロセシングである。

0222

段階S110において、受信側は周波数下り変換(down−conversion)を行う。受信側の通信装置はアンテナにより搬送波周波数のRF信号を受信する。搬送波周波数において、RF信号を受信する送受信機(106、206)は、OFDMベースバンド信号を得るためにRF信号の搬送波周波数をベースバンドに下り変換することができる。

0223

段階S111において、受信側はOFDM復調を行うことができる。受信側の通信装置はCP分離(detachment)及びFFT(Fast Fourier Transform)により複素数値の変調シンボル(complex−valued modulation symbol)を得る。例えば、各々のOFDMシンボルについて、受信側の通信装置はOFDMベースバンド信号からCPを除去することができる。また受信側の通信装置はアンテナポート(p)、副搬送波間隔(u)及びOFDMシンボル(l)のための複素数値の変調シンボルを得るために、CP除去されたOFDMベースバンド信号についてFFTを行うことができる。

0224

段階S112において、受信側はサブキャリアのデマッピング(Subcarrier demapping)を行うことができる。サブキャリアのデマッピングは、対応する物理チャネルの複素数値の変調シンボルを得るために、複素数値の変調シンボルに対して行われる。例えば、端末のプロセッサは、BWP(Bandwidth Part)で受信された複素数値の変調シンボルのうち、PDSCHに属するサブキャリアにマッピングされる複素数値の変調シンボルを得ることができる。

0225

段階S113において、受信側は変換デプリコーディング(transform de−precoding)を行う。変換プリコーディングが上りリンク物理チャネルに対して有効になると、変換デプリコーディング(例えば、IDFT(Inverse Discrete Fourier Transform))が上りリンク物理チャネルの複素数値の変調シンボルに対して行われる。下りリンク物理チャネル及び変換プリコーディングが無効になった上りリンク物理チャネルに対しては、変換デプリコーディングが行われないことができる。

0226

段階S114において、受信側はレイヤのデマッピング(layer demapping)を行う。複素数値の変調シンボルは一つ又は二つのコードワードにデマッピングされることができる。

0227

段階S115及びS116において、受信側は復調及びデスクランブルを行うことができる。コードワードの複素数値の変調シンボルは復調され、コードワードのビットにデスクランブルされることができる。

0228

段階S117において、受信側は復号を行う。コードワードはTBに復号される。UL−SCH及びDL−SCHに対して、LDPCベースグラフ1又は2はTBのサイズ及び符号化率(R)に基づいて選択される。コードワードは一つ又は複数の符号化されたブロックを含む。各コーディングされたブロックは、選択されたLDPCベースグラフにCRCが取り付けられたコードブロック又はCRCが取り付けられたTBに復号される。コードブロックの分割(Segmentation)が送信側でCRCが取り付けられたTBに対して行われると、CRCが取り付けられたコードブロックの各々からCRCシーケンスが除去され、コードブロックが得られる。コードブロックはCRCが取り付けられたTBに連結される。TB CRCシーケンスはCRCが添付されたTBから除去され、これによりTBが得られる。TBはMAC階層から伝達される。

0229

図40のプロセッサ102、202はOFDM復調、サブキャリアのデマッピング、レイヤのデマッピング、復調、デスクランブル及び復号を行うように設定される。

0230

上述した送/受信側における物理階層プロセシングにおいて、サブキャリアのマッピングに関連する時間及び周波数ドメインリソース(例えば、OFDMシンボル、サブキャリア、搬送波周波数)、OFDM変調及び周波数の上り/下り変換は、リソース割り当て(例えば、上りリンクグラント、下りリンクの割り当て)に基づいて決定される。

0231

以下、HARQ(Hybrid Automatic Repeat Request)手順について説明する。

0232

通信の信頼性を確保するためのエラー補償技法には、FEC(Forward Error Correction)方式とARQ(Automatic Repeat Request)方式がある。FEC方式では、情報ビットに余分のエラー訂正コードを追加することにより、受信端のエラーを訂正することができる。FEC方式は、時間遅延が少なく、送受信端の間で別にやりとりする情報が不要であるという長所があるが、良好なチャネル環境ではシステム効率落ちるという短所がある。ARQ方式は、送信信頼性を高めることができるが、時間遅延があり、劣悪なチャネル環境ではシステム効率が落ちるという短所がある。

0233

HARQ(Hybrid Automatic Repeat Request)方式はFECとARQを結合したものであり、物理階層が受信したデータが復号できないエラーを含むか否かを確認して、エラーが発生すると、再送信を要求することにより性能を高めることができる。

0234

SLユニキャスト及びグループキャストの場合は、物理階層でのHARQフィードバック及びHARQ結合(combining)が支援される。例えば、受信端末がリソース割り当てモード1又は2で動作する場合、受信端末はPSSCHを送信端末から受信することができ、受信端末はPSFCH(Physical Sidelink Feedback Channel)を介してSFCI(Sidelink Feedback Control Information)フォーマットを使用してPSSCHに対するHARQフィードバックを送信端末に送信することができる。

0235

例えば、SLHARQフィードバックはユニキャストに対して有効になることができる。この場合、non−CBG(non−Code Block Group)動作において、受信端末が受信端末をターゲットとするPSCCHを復号し、及び受信端末がPSCCHに関連する送信ブロックを成功的に復号すると、受信端末はHARQ−ACKを生成することができる。また受信端末はHARQ−ACKを送信端末に送信することができる。反面、受信端末が受信端末をターゲットとするPSCCHを復号した後、受信端末がPSCCHに関連する送信ブロックを成功的に復号できないと、受信端末はHARQ−NACKを生成することができる。また、受信端末はHARQ−NACKを送信端末に送信することができる。

0236

例えば、SLHARQフィードバックはグループキャストに対して有効になることができる。例えば、non−CBG動作において、2つのHARQフィードバックのオプションがグループキャストについて支援されることができる。

0237

(1)グループキャストのオプション1:受信端末が該受信端末をターゲットとするPSCCHを復号した後、受信端末がPSCCHに関連する送信ブロックの復号に失敗すると、受信端末はHARQ−NACKをPSFCHを介して送信端末に送信することができる。反面、受信端末が該受信端末をターゲットとするPSCCHを復号し、及び受信端末がPSCCHに関連する送信ブロックを成功的に復号すると、受信端末はHARQ−ACKを送信端末に送信しないことができる。

0238

(2)グループキャストのオプション2:受信端末が該受信端末をターゲットとするPSCCHを復号した後、受信端末がPSCCHに関連する送信ブロックの復号に失敗すると、受信端末はHARQ−NACKをPSFCHを介して送信端末に送信することができる。また、受信端末が該受信端末をターゲットとするPSCCHを復号し、及び受信端末がPSCCHに関連する送信ブロックを成功的に復号すると、受信端末はHARQ−ACKをPSFCHを介して送信端末に送信することができる。

0239

例えば、グループキャストのオプション1がSLHARQフィードバックに使用されると、グループキャスト通信を行う全ての端末はPSFCHリソースを共有することができる。例えば、同じグループに属する端末は同じPSFCHリソースを用いてHARQフィードバックを送信することができる。

0240

例えば、グループキャストのオプション2がSLHARQフィードバックに使用されると、グループキャスト通信を行う各々の端末はHARQフィードバック送信のために互いに異なるPSFCHリソースを使用することができる。例えば、同じグループに属する端末は互いに異なるPSFCHリソースを用いてHARQフィードバックを送信することができる。

0241

例えば、SLHARQフィードバックがグループキャストに対して有効になる時、受信端末はTx−Rx(Transmission−Reception)距離及び/又はRSRPに基づいてHARQフィードバックを送信端末に送信するか否かを決定することができる。

0242

例えば、グループキャストのオプション1において、TX−RX距離基盤のHARQフィードバックの場合、TX−RX距離が通信範囲の要求事項より小さいか又は等しいと、受信端末はPSSCHに対するHARQフィードバックを送信端末に送信することができる。反面、TX−RX距離が通信範囲の要求事項より大きいと、受信端末はPSSCHに対するHARQフィードバックを送信端末に送信しないことができる。例えば、送信端末はPSSCHに関連するSCIにより送信端末の位置を受信端末に知らせることができる。例えば、PSSCHに関連するSCIは第2SCIである。例えば、受信端末はTX−RX距離を受信端末の位置と送信端末の位置に基づいて推定又は獲得することができる。例えば、受信端末はPSSCHに関連するSCIを復号して、PSSCHに使用される通信範囲の要求事項を把握することができる。

0243

例えば、リソース割り当てモード1の場合、PSFCH及びPSSCHの間の時間は設定されるか、又は予め設定される。ユニキャスト及びグループキャストの場合、SL上で再送信が必要であると、これはPUCCHを使用するカバレッジ内の端末により基地局に指示される。送信端末はHARQACK/NACKの形態ではなく、SR(Scheduling Request)/BSR(Buffer Status Report)のような形態で送信端末のサービング基地局に指示を送信することもできる。基地局が指示を受信しなくても、基地局はSL再送信リソースを端末にスケジュールすることができる。例えば、リソース割り当てモード2の場合、PSFCH及びPSSCHの間の時間は設定されるか、又は予め設定される。

0244

例えば、キャリアにおいて端末の送信観点でPSCCH/PSSCHとPSFCHの間のTDMがスロットでSLのためのPSFCHフォーマットに対して許容されることができる。例えば、一つのシンボルを有するシーケンス基盤のPSFCHフォーマットが支援されることができる。ここで、一つのシンボルはAGC区間ではないこともできる。例えば、シーケンス基盤のPSFCHフォーマットはユニキャスト及びグループキャストに適用されることができる。

0245

例えば、リソースプールに連関するスロット内で、PSFCHリソースはNスロット区間に周期的に設定されるか、又は予め設定される。例えば、Nは1以上の一つ以上の値に設定される。例えば、Nは1、2又は4である。例えば、特定のリソースプールでの送信に対するHARQフィードバックは、特定のリソースプール上のPSFCHのみを介して送信される。

0246

例えば、送信端末がスロット#X乃至スロット#NにわたってPSSCHを受信端末に送信する場合、受信端末はPSSCHに対するHARQフィードバックをスロット#(N+A)で送信端末に送信することができる。例えば、スロット#(N+A)はPSFCHリソースを含む。ここで、例えば、AはKより大きいか又は最小の整数である。例えば、Kは論理的スロットの個数である。この場合、Kはリソースプール内のスロットの個数である。又は、例えば、Kは物理的スロットの個数である。この場合、Kはリソースプールの内外のスロット数である。

0247

例えば、送信端末が受信端末に送信した一つのPSSCHに対する応答として、受信端末がPSFCHリソース上でHARQフィードバックを送信する場合、受信端末は設定されたリソースプール内で暗示メカニズムに基づいてPSFCHリソースの周波数領域(frequency domain)及び/又はコード領域(code domain)を決定することができる。例えば、受信端末はPSCCH/PSSCH/PSFCHに関連するスロットインデックス、PSCCH/PSSCHに関連するサブチャネル及び/又はグループキャストのオプション2基盤のHARQフィードバックのためのグループにおいて、各々の受信端末を区別するための識別子のうちのいずれか一つに基づいて、PSFCHリソースの周波数領域及び/又はコード領域を決定することができる。及び/又は、例えば、受信端末はSL RSRP、SINR、L1ソースID及び/又は位置情報のうちのいずれか一つに基づいて、PSFCHリソースの周波数領域及び/又はコード領域を決定することができる。

0248

例えば、端末のPSFCHを介したHARQフィードバック送信とPSFCHを介したHARQフィードバック受信とが重畳する場合、端末は優先順位規則に基づいて、PSFCHを介したHARQフィードバック送信及びPSFCHを介したHARQフィードバック受信のうちのいずれかを選択する。例えば、優先順位規則は関連PSCCH/PSSCHの最小優先順位指示に基づく。

0249

例えば、端末の複数の端末に対するPSFCHを介したHARQフィードバック送信が重畳する場合、端末は優先順位規則に基づいて特定のHARQフィードバック送信を選択する。例えば、優先順位規則は関連PSCCH/PSSCHの最小優先順位指示に基づく。

0250

以下、位置決め(positioning)について説明する。

0251

図23は本発明の一実施例によって、NG−RAN(Next Generation−Radio Access Network)又はE−UTRANに接続されるUEに対する測位可能な、5Gシステムにおけるアーキテクチャの一例を示す。

0252

図23を参照すると、AMFは特定のターゲットUEに関連する位置サービスに対する要請をGMLC(Gateway Mobile Location Center)のような他のエンティティ(entity)から受信するか、又はAMF自体で特定のターゲットUEの代わりに位置サービスの開始を決定することができる。AMFはLMF(Location Management Function)に位置サービス要請を送信する。位置サービス要請を受信したLMFは、位置サービス要請を処理してUEの推定された位置などを含む処理結果をAMFに返還する。一方、位置サービス要請がAMF以外にGMLCのような他のエンティティから受信された場合は、AMFはLMFから受信した処理結果を他のエンティティに伝達することができる。

0253

ng−eNB(new generation evolved−NB)及びgNBは、位置推定のための測定結果を提供できるNG−RANのネットワーク要素であり、ターゲットUEに対する無線信号を測定し、その結果値をLMFに伝達する。また、ng−eNBは遠隔無線ヘッド(remote radio heads)のようないくつのTP(Transmission Point)又はE−UTRAのためのPRS(Positioning Reference Signal)基盤のビーコンシステムを支援するPRS専用TPを制御する。

0254

LMFはE−SMLC(Enhanced Serving Mobile Location Centre)に連結され、E−SMLCはLMFがE−UTRANに接続するようにする。例えば、E−SMLCはLMFがeNB及び/又はE−UTRAN内のPRS専用TPから送信された信号によりターゲットUEが得た下りリンク測定を用いて、E−UTRANの測位方法の一つであるOTDOA(Observed Time Difference Of Arrival)を支援するようにする。

0255

一方、LMFはSLP(SUPLLocation Platform)に連結される。LMFはターゲットUEに対する互いに異なる位置決定サービスを支援して管理する。LMFはUEの位置測定を得るために、ターゲットUEのためのサービングng−eNB又はサービングgNBと相互作用する。ターゲットUEの測位のために、LMFはLCS(Location Service)クライアント類型、求められるQoS(Quality of Service)、UE測位能力(UE positioning capabilities)、gNB測位能力及びng−eNB測位能力などに基づいて測位方法を決定し、かかる測位方法をサービングgNB及び/又はサービングng−eNBに適用する。LMFはターゲットUEに対する位置推定値と位置推定及び速度の正確度のような追加情報を決定する。SLPはユーザ平面により測位を担当するSUPL(Secure User Plane Location)エンティティである。

0256

UEはNG−RAN及びE−UTRAN、互いに異なるGNSS(Global Navigation Satellite System)、TBS(Terrestrial Beacon System)、WLAN(Wireless Local Access Network)接続ポイントブルートゥース(登録商標)ビーコン及びUE気圧センサなどのソースによって下りリンク信号を測定する。UEはLCSアプリケーションを含み、UEが接続されたネットワークとの通信又はUEに含まれた他のアプリケーションによりLCSアプリケーションに接続することができる。LCSアプリケーションはUEの位置を決定するために必要な測定及び計算機能を含む。例えば、UEはGPS(Global Positioning System)のような独立した測位機能を含み、NG−RAN送信とは独立してUEの位置を報告することができる。このように独立して得られた測位情報は、ネットワークから得た測位情報の補助情報として活用できる。

0257

図24は本発明の一実施例によってUEの位置を測定するためのネットワークの具現例を示す。

0258

UEがCM−IDLE(Connection Management−IDLE)状態である時、AMFが位置サービス要請を受信すると、AMFはUEとのシグナリング連結を確立し、特定のサービングgNB又はng−eNBを割り当てるために、ネットワークトリガーサービスを要請することができる。かかる動作過程図24では省略されている。即ち、図24ではUEが連結モード(connected mode)にあると仮定することができる。しかし、シグナリング及びデータ非活性などの理由で、NG−RANによりシグナリング連結が測位過程中に解除されることもできる。

0259

図24を参照して、より具体的にUE位置を測定するためのネットワークの動作過程について説明すると、段階1aにおいて、GMLCのような5GCエンティティはサービングAMFにターゲットUEの位置を測定するための位置サービスを要請することができる。但し、GMLCが位置サービスを要請しなくても、段階1bによって、サービングAMFがターゲットUEの位置を測定するための位置サービスが必要であると決定することができる。例えば、緊急呼出(emergency call)のためのUEの位置を測定するために、サービングAMFが直接位置サービスを行うことを決定することができる。

0260

その後、AMFは段階2によって、LMFに位置サービス要請を送信し、段階3aによって、LMFは位置測定データ又は位置測定補助データを得るための位置手順(location procedures)をサービングng−eNB、サービングgNBと共に開始することができる。さらに段階3bによって、LMFはUEと共に下りリンク測位のための位置手順(location procedures)を開始することができる。例えば、LMFはUEに位置補助データ(Assistance data defined in 3GPP TS 36.355)を送信するか、又は位置推定値或いは位置測定値を得ることができる。一方、段階3bは、段階3aが行われた後、さらに行われることもできるが、段階3aの代わりに行われることもできる。

0261

段階4において、LMFはAMFに位置サービス応答を提供することができる。位置サービス応答には、UEの位置推定に成功したか否かに関する情報及びUEの位置推定値が含まれる。その後、段階1aによって図2の手順が開始されると、AMFはGMLCのような5GCエンティティに位置サービス応答を伝達することができ、段階1bによって図24の手順が開始されると、AMFは緊急呼出などに関する位置サービス提供のために、位置サービス応答を用いることができる。

0262

図25は本発明の一実施例によってLMFとUEの間のLPP(LTEPositioning Protocol)メッセージ送信を支援するために使用されるプロトコルレイヤの一例を示す。

0263

LPPPDUはAMFとUEの間のNAS PDUにより送信される。図25を参照すると、LPPはターゲット装置(例えば、制御平面でのUE又はユーザ平面でのSET(SUPLEnabled Terminal))と位置サーバ(例えば、制御平面でのLMF又はユーザ平面でのSLP)の間を連結する。LPPメッセージはNG−C(NG−Control Plane)インターフェースによるNGAP(NG Application Protocol)、LTE−Uu及びNR−UuインターフェースによるNAS/RRCなどの適切なプロトコルを使用して中間ネットワークインターフェースにより透明(Transparent)PDU形態で伝達される。LPPプロトコルは様々な測位方法を使用してNR及びLTEのための測位を可能にする。

0264

例えば、LPPプロトコルによりターゲット装置及び位置サーバは、互いに性能情報を交換し、測位のための補助データ交換及び/又は位置情報を交換することができる。また、LPPメッセージによりエラー情報を交換、及び/又はLPP手順の中断指示などを行うことができる。

0265

図26は本発明の一実施例によってLMFとNG−RANノードの間のNRPPa(NR Positioning Protocol A)PDU送信を支援するために使用されるプロトコルレイヤの一例を示す。

0266

NRPPaはNG−RANノードとLMFの間の情報交換に使用される。より具体的には、NRPPaはng−eNBからLMFに送信される測定のためのE−CID(Enhanced−Cell ID)、OTDOA測位方法を支援するためのデータ、NR Cell ID測位方法のためのCell−ID及びセル位置IDなどを交換する。AMFは連関するNRPPaトランザクション(transaction)に関する情報がなくても、NG−Cインターフェースにより連関するLMFのルーティングIDに基づいてNRPPaPDUをルーティングすることができる。

0267

位置及びデータ収集のためのNRPPaプロトコルの手順は、2つの類型に区分される。一つは、特定のUEに関する情報(例えば、位置測定情報など)を伝達するためのUE関連手順(UE associated procedure)であり、他の一つは、NG−RANノード及び関連TPに適用可能な情報(例えば、gNB/ng−eNB/TPタイミング情報など)を伝達するための非UE関連手順(non UE associated procedure)である。これら2つの手順は、独立して支援されるか、又は同時に支援されることができる。

0268

一方、NG−RANで支援する測位方法には、GNSS、OTDOA、E−CID(enhanced cell ID)、気圧センサ測位、WLAN測位、ブルートゥース(登録商標)測位及びTBS(terrestrial beacon system)、UTDOA(Uplink Time Difference of Arrival)などがある。測位方法のうち、いずれか一つの測位方法を用いてUEの位置を測定することもできるが、2つ以上の測位方法を用いてUEの位置を測定することもできる。

0269

(1)OTDOA(Observed Time Difference Of Arrival)

0270

図27は本発明の一実施例によるOTDOA(Observed Time Difference Of Arrival)の測位方法を説明する図である。

0271

OTDOA測位方法は、UEがeNB、ng−eNB及びPRS専用TPを含む多数のTPから受信した下りリンク信号の測定タイミングを用いる。UEは位置サーバから受信した位置補助データを用いて、受信された下りリンク信号のタイミングを測定する。かかる測定結果及び隣のTPの地理的座標に基づいて、UEの位置を決定することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ