図面 (/)

技術 ガス遮断装置およびガス遮断装置の制御方法

出願人 パナソニック株式会社大阪瓦斯株式会社
発明者 岩本龍志中田圭祐木場康雄中村廣純越智毅川口圭史談議康晴
出願日 2019年3月29日 (1年10ヶ月経過) 出願番号 2019-067683
公開日 2020年10月8日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-165854
状態 未査定
技術分野 体積流量の測定(I)
主要キーワード 不使用期間 水分検出 湿度検出器 電磁遮断弁 破損箇所 湿度上昇 使用開始後 ガス管内
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年10月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

本発明は、配管内に差水が発生しているか否かガスが使用される前の時点で適切に判定することができるガス遮断装置を提供する。

解決手段

本発明に係るガス遮断装置は、配管を介して供給されたガスが流通する計測流路と、計測流路内を流通するガスの流量を計測する流量計測部と、計測流路内の湿度を検知する湿度センサと、計測流路の開閉を行う遮断部と、制御部と、を備え、制御部は、遮断部により計測流路が開放されている状態において、湿度センサによって検知された湿度の値に基づき湿度が上昇していると判定し、かつ流量計測部によって計測されたガスの流量の値に基づき計測流路内をガスが流れていないと判定した場合、配管内に差水が発生していると判定する。

概要

背景

埋設されたガス管の近傍に水道管が埋設されている場合、当該水道管が破損したときに破損箇所からの水流周辺土砂や石を巻き込み、当該土砂や石がガス管に衝突するサンドブラストが発生することがある。当該サンドブラストによりガス管が破損した場合、ガス管の内部に泥水侵入する(以下、差水と呼ぶことがある)ことがある。

このように、配管内に差水が発生すると、供給されるガス中に水分が含まれ、ガスの供給不良、またはガス流量の測定不良等が生じる可能性がある。また、ガス需要家宅に備えられているガス機器においてバーナ着火不良が生じたり、バーナにおけるガスの噴出口から水が噴出したりする可能性もある。

そこで、上記した問題を解決するために、配管内において差水が発生したことを検出することができるガス遮断装置ガスメータガス管内差水検出装置)が提案されている(例えば、特許文献1、2)。

特許文献1に開示されたガス遮断装置(ガスメータ)は、ガスの通路内に、熱式フローセンサを設けて、通過するガスの流速に応じた電位の変化を検出するように構成されている。そして、この電位の変化が比熱の変化に対応するという原理を用いて、ガスの中に含まれる水分を検出することができる。

また、特許文献2に開示されたガス遮断装置(ガス管内差水検出装置)は、所定の流路内を流れるガス中の湿度を検出する湿度検出器と、湿度検出器からの出力に基づいて、所定の流路にガスを導くガス管内に水が浸入したか否か判定する判定手段とを備えている。

概要

本発明は、配管内に差水が発生しているか否かガスが使用される前の時点で適切に判定することができるガス遮断装置を提供する。本発明に係るガス遮断装置は、配管を介して供給されたガスが流通する計測流路と、計測流路内を流通するガスの流量を計測する流量計測部と、計測流路内の湿度を検知する湿度センサと、計測流路の開閉を行う遮断部と、制御部と、を備え、制御部は、遮断部により計測流路が開放されている状態において、湿度センサによって検知された湿度の値に基づき湿度が上昇していると判定し、かつ流量計測部によって計測されたガスの流量の値に基づき計測流路内をガスが流れていないと判定した場合、配管内に差水が発生していると判定する。

目的

本発明はこのような課題を解決するためになされたものであって、配管内に差水が発生しているか否かガスが使用される前の時点で適切に判定することができるガス遮断装置およびガス遮断装置の制御方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

配管を介して供給されたガス流通する計測流路と、前記計測流路内を流通するガスの流量を計測する流量計測部と、前記計測流路内の湿度を検知する湿度センサと、前記計測流路の開閉を行う遮断部と、制御部と、を備え、前記制御部は、前記遮断部により前記計測流路が開放されている状態において、前記湿度センサによって検知された湿度の値に基づき湿度が上昇していると判定し、かつ流量計測部によって計測されたガスの流量の値に基づき計測流路内をガスが流れていないと判定した場合、前記配管内に差水が発生していると判定するガス遮断装置

請求項2

外部に情報を知らせる報知部をさらに備え、前記制御部は、前記配管内に差水が発生していると判定した場合、配管内に差水が発生していることを示す情報を外部に知らせるように報知部を制御する請求項1に記載のガス遮断装置。

請求項3

配管を介して供給されたガスが流通する計測流路と、前記計測流路内を流通するガスの流量を計測する流量計測部と、前記計測流路内の湿度を検知する湿度センサと、前記計測流路の開閉を行う遮断部と、を備えるガス遮断装置の制御方法であって、前記遮断部により前記計測流路が開放されている状態において、前記湿度センサによって検知された湿度の値に基づき湿度が上昇しているか否か判定する第1ステップと、流量計測部によって計測されたガスの流量の値に基づき計測流路内をガスが流れているか否か判定する第2ステップと、前記第1ステップにおいて湿度が上昇していると判定し、かつ上記第2ステップにおいて前記計測流路内をガスが流れていないと判定した場合、前記配管内に差水が発生していると判定する第3ステップと、を含むガス遮断装置の制御方法。

技術分野

0001

本発明は、配管内における差水の発生を検出するガス遮断装置ガスメータ)およびガス遮断装置の制御方法に関する。

背景技術

0002

埋設されたガス管の近傍に水道管が埋設されている場合、当該水道管が破損したときに破損箇所からの水流周辺土砂や石を巻き込み、当該土砂や石がガス管に衝突するサンドブラストが発生することがある。当該サンドブラストによりガス管が破損した場合、ガス管の内部に泥水侵入する(以下、差水と呼ぶことがある)ことがある。

0003

このように、配管内に差水が発生すると、供給されるガス中に水分が含まれ、ガスの供給不良、またはガス流量の測定不良等が生じる可能性がある。また、ガス需要家宅に備えられているガス機器においてバーナ着火不良が生じたり、バーナにおけるガスの噴出口から水が噴出したりする可能性もある。

0004

そこで、上記した問題を解決するために、配管内において差水が発生したことを検出することができるガス遮断装置(ガスメータ/ガス管内差水検出装置)が提案されている(例えば、特許文献1、2)。

0005

特許文献1に開示されたガス遮断装置(ガスメータ)は、ガスの通路内に、熱式フローセンサを設けて、通過するガスの流速に応じた電位の変化を検出するように構成されている。そして、この電位の変化が比熱の変化に対応するという原理を用いて、ガスの中に含まれる水分を検出することができる。

0006

また、特許文献2に開示されたガス遮断装置(ガス管内差水検出装置)は、所定の流路内を流れるガス中の湿度を検出する湿度検出器と、湿度検出器からの出力に基づいて、所定の流路にガスを導くガス管内に水が浸入したか否か判定する判定手段とを備えている。

先行技術

0007

特開平11−14424号公報
特開2001−318019号公報

発明が解決しようとする課題

0008

従来のガス遮断装置は、配管内に差水が発生しているか否か、ガスが使用される前の時点で適切に判定することができないという問題がある。

0009

本発明はこのような課題を解決するためになされたものであって、配管内に差水が発生しているか否かガスが使用される前の時点で適切に判定することができるガス遮断装置およびガス遮断装置の制御方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

本発明に係るガス遮断装置の一態様(aspect)は、配管を介して供給されたガスが流通する計測流路と、前記計測流路内を流通するガスの流量を計測する流量計測部と、前記計測流路内の湿度を検知する湿度センサと、前記計測流路の開閉を行う遮断部と、制御部と、を備え、前記制御部は、前記遮断部により前記計測流路が開放されている状態において、前記湿度センサによって検知された湿度の値に基づき湿度が上昇していると判定し、かつ流量計測部によって計測されたガスの流量の値に基づき計測流路内をガスが流れていないと判定した場合、前記配管内に差水が発生していると判定する。

0011

本発明に係るガス遮断装置の制御方法の一態様(aspect)は、配管を介して供給されたガスが流通する計測流路と、前記計測流路内を流通するガスの流量を計測する流量計測部と、前記計測流路内の湿度を検知する湿度センサと、前記計測流路の開閉を行う遮断部と、を備えるガス遮断装置の制御方法であって、前記制御部は、前記遮断部により前記計測流路が開放されている状態において、前記湿度センサによって検知された湿度の値に基づき湿度が上昇しているか否か判定する第1ステップと、流量計測部によって計測されたガスの流量の値に基づき計測流路内をガスが流れているか否か判定する第2ステップと、前記第1ステップにおいて湿度が上昇していると判定し、かつ上記第2ステップにおいて前記計測流路内をガスが流れていないと判定した場合、前記配管内に差水が発生していると判定する第3ステップと、を含む。

発明の効果

0012

本発明では、以上の構成により、配管内に差水が発生しているか否かガスが使用される前の時点で適切に判定することができるという効果を奏する。

図面の簡単な説明

0013

計測流路が開弁された状態でかつガスの不使用期間およびガスの使用期間における計測流路内の湿度変化を示す時系列データの一例である。
本発明の実施の形態に係るガス遮断装置の構成例を示すブロック図である。
図2に示すガス遮断装置の差水判定処理に関する構成の一例を示すブロック図である。
図2に示すガス遮断装置による差水判定処理の一例を示すフローチャートである。
図2に示すガス遮断装置による差水判定処理の変形例の一例を示すフローチャートである。

実施例

0014

(本発明の一形態を得るに至った経緯)
本発明者らは配管内における差水の発生を検出することができるガス遮断装置として、上記した特許文献1、2に係るガス遮断装置(ガスメータ/ガス管内差水検出装置)について鋭意検討した結果、以下の知見を得た。

0015

まず、特許文献1に開示されたガス遮断装置(ガスメータ)は、ガス管への取り付け時(遮断弁が閉じ、ガス流路が遮断されている状態の時)におけるフローセンサ出力信号初期値として記憶部に記憶している。そして、ガス遮断装置は、記憶部に記憶した初期値と、取り付け後の遮断弁が閉じた状態の時におけるフローセンサからの出力信号とを比較し、ガス中に含まれる水分を検出するように構成されている。

0016

換言すると特許文献1に開示されたガス遮断装置は、平常時における閉弁時のフローセンサの出力値を初期値として記憶し、有事の際の閉弁時のフローセンサの出力値とその初期値とを比較してその相違からガス中に含まれる水分を検出する構成である。

0017

ところで、特許文献1に開示されたガス遮断装置では、このガス中に含まれる水分を検出することができるフローセンサは、ガスの流れ方向において遮断弁よりも下流側に設けられている。このため、ガス中の水分の検出は、遮断弁により閉弁された状態にあるガスの流路内で行われることとなる。

0018

それ故、本発明者らは、特許文献1に開示されたガス遮断装置のように、閉弁された状態にあるガスの流路内で水分検出を行う構成では、ガス遮断装置よりも上流側に配置されている配管内の差水の発生状況について確度よく推定することが困難であるという問題を見出した。

0019

また、特許文献1に開示されたガス遮断装置は、地震等に起因してガス流路が遮断弁によって遮断された場合に限りガス中の水分の混入を検出することができる構成となっている。このように、地震等が発生しない限りはガス中の水分の混入を検出することができない構成であるため、地域によっては長期間にわたりガス中の水分の混入を検出しない場合があることにも気が付いた。

0020

特許文献1に開示されたガス遮断装置が有する上記した問題に対して、特許文献2に開示されたガス遮断装置(ガス管内差水検出装置)では、以下の構成が提案されている。

0021

すなわち、所定の流路内を流れるガスの湿度を検出する湿度検出器と、湿度検出器からの出力に基づいて、所定の流路にガスを導く配管内に水が浸入したか否か判定する判定手段を備える。この構成により、ガスの流路を遮断することなく流路内を流れるガスを検出対象としてガス中の水分の混入を検出することができる。

0022

つまり、特許文献1に開示されたガス遮断装置は、ガスの流路が閉弁されている時しかガス中の水分の混入を検出することができないのに対して、特許文献2に開示されたガス遮断装置は、ガスの使用時にガス中の水分の混入を検出して、配管内の差水の有無を判定することができる構成となっている。

0023

ところで、実際のガス需要家宅におけるガスの使用態様を考えたとき、ガスの不使用時の期間の方が使用時の期間よりも圧倒的に長い。このため、実際のガスの使用態様を考慮すると、特許文献2に開示されたガス遮断装置のように、ガスの使用時に配管内の差水の有無を判定する構成では、配管内に発生した差水をガスが使用される前の時点で事前に検知するためには十分ではない。

0024

そこで、本発明者らは、計測流路が開弁された状態でかつガス不使用期間において、配管内に差水が発生している時と、発生していない時とでは湿度の変化に相違があることを発見した。

0025

具体的には、図1に示すようにガス不使用期間において、配管に差水が生じている場合、湿度が漸増するが、配管に差水が生じていない場合は湿度の漸増は見られないことを見出した。なお、図1は、計測流路が開弁された状態でかつガスの不使用期間およびガスの使用期間における計測流路内の湿度変化を示す時系列データの一例である。図1において、実線により配管に差水が生じている場合の湿度の時系列変化を示し、一点鎖線により配管に差水が生じていない場合の湿度の時系列変化を示している。

0026

より具体的には、図1に示すように、配管内に差水が生じている場合、ガスの不使用期間において徐々に湿度が上昇する。一方、配管内に差水が生じていない場合は、ガスの不使用期間においてほぼ湿度に変化が見られない。さらに、配管内に差水が生じている場合、ガスの使用が開始されると、ガスの流量値ガス配管における差水の位置からガス遮断装置(ガスメータ)までの配管長に応じた時間(例えば、数秒から数時間)が経過後、短時間(数十秒)だけ湿度が急増するピークが生じるが、配管内に差水が生じていない場合はこのようなピークが生じない。

0027

このように、本発明者らは、配管内に差水が発生している場合、ガス不使用期間およびガスの使用開始後において湿度の時系列データに特徴的な変化がみられることに気が付いた。

0028

そして、配管内に差水が発生している時の図1に示す湿度の特徴的な時系列データの変化から、配管内における差水の有無を判定する構成とすることで、ガスの不使用時においても配管内に差水が発生しているか否かガスが使用される前の時点で適切に判定することができることを見出した。

0029

上記した本発明者等の知見は、これまで明らかにされていなかったものであり、顕著な作用効果を奏する新規技術的特徴を有するものである。そこで、本発明は具体的には以下に示す態様を提供する。

0030

本発明の第1の態様に係るガス遮断装置は、配管を介して供給されたガスが流通する計測流路と、前記計測流路内を流通するガスの流量を計測する流量計測部と、前記計測流路内の湿度を検知する湿度センサと、前記計測流路の開閉を行う遮断部と、制御部と、を備え、前記制御部は、前記遮断部により前記計測流路が開放されている状態において、前記湿度センサによって検知された湿度の値に基づき湿度が上昇していると判定し、かつ流量計測部によって計測されたガスの流量の値に基づき計測流路内をガスが流れていないと判定した場合、前記配管内に差水が発生していると判定する。

0031

上記構成によると、制御部は、計測流路が開放されている状態で、計測流路をガスが流れていない、すなわちガスが使用されていない時でかつ、計測流路内の湿度が上昇しているという、配管内に差水が発生したときの特徴的な計測流路内の湿度変化をとらえ、配管内の差水の有無を判定することができる。

0032

つまり、計測流路が開放されている平常時において、ガスの使用がない状態で、配管内に差水が発生しているか否か判定することができる。

0033

このため、配管内に差水が発生しているか否かガスが使用される前の時点で適切に判定することができるという効果を奏する。

0034

本発明の第2の態様に係るガス遮断装置は、上記した第1の態様において、外部に情報を知らせる報知部をさらに備え、前記制御部は、前記配管内に差水が発生していると判定した場合、配管内に差水が発生していることを示す情報を外部に知らせるように報知部を制御するように構成されていてもよい。

0035

上記構成によると、報知部を備えるため、配管内における差水の発生を外部に適切に知らせることができる。

0036

なお、報知部による報知だけでなく、遮断部によるガスの遮断も行う構成としてもよい。これにより、差水がガス遮断装置(ガスメータ)の下流のガス機器に流入することを防止することができる。

0037

本発明の第3の態様に係るガス遮断装置の制御方法は、配管を介して供給されたガスが流通する計測流路と、前記計測流路内を流通するガスの流量を計測する流量計測部と、前記計測流路内の湿度を検知する湿度センサと、前記計測流路の開閉を行う遮断部と、を備えるガス遮断装置の制御方法であって、前記遮断部により前記計測流路が開放されている状態において、前記湿度センサによって検知された湿度の値に基づき湿度が上昇しているか否か判定する第1ステップと、流量計測部によって計測されたガスの流量の値に基づき計測流路内をガスが流れているか否か判定する第2ステップと、前記第1ステップにおいて湿度が上昇していると判定し、かつ上記第2ステップにおいて前記計測流路内をガスが流れていないと判定した場合、前記配管内に差水が発生していると判定する第3ステップと、を含む。

0038

上記方法によると、計測流路が開放されている状態で、第1ステップにより計測流路内の湿度の上昇の有無を判定することができる。また、第2ステップにより、計測流路をガスが流れているか否か、すなわちガスが使用されているか否か判定することができる。

0039

このため、第3ステップにより、ガスが使用されていない時でかつ、計測流路内の湿度が上昇しているという、配管内に差水が発生したときの特徴的な計測流路内の湿度変化をとらえ、配管内の差水の有無を判定することができる。

0040

つまり、計測流路が開放されている平常時において、ガスの使用がない状態で、配管内に差水が発生しているか否か判定することができる。

0041

このため、配管内に差水が発生しているか否かガスが使用される前の時点で適切に判定することができるという効果を奏する。

0042

以下、本発明の代表的な実施の形態を、図面を参照しながら説明する。なお、以下では全ての図を通じて同一又は相当する要素には同一の参照符号を付して、その重複する説明を省略する。

0043

[ガス遮断装置の構成]
本実施の形態に係るガス遮断装置100は、図2に示すように、流量計測部20と、制御部21と、報知部22と、遮断部23と、湿度センサ24とを備えた、ガスメータである。図2は、本発明の実施の形態に係るガス遮断装置100の構成例を示すブロック図である。

0044

ガス遮断装置100では、計測流路11は、ガスの流れ方向において上流側の端部で、例えば公道下に敷設された配管(不図示)と接続されている供給管10と第1接続部25を介して接続されている。一方、計測流路11は、下流側の端部で、需要家に引き込まれる室内管12と第2接続部26を介して接続されている。

0045

このため、配管を流通するガスは供給管10を介して計測流路11を流れ、室内管12を通じて需要家に設けられたガス機器に供給することができる。

0046

なお、計測流路11には、上流側から順に遮断部23、湿度センサ24、および流量計測部20が設けられている。

0047

遮断部23は、計測流路11の開閉を行う装置であり、制御部21からの制御指示に応じて計測流路11を遮断して閉状態としたり、開放させて開状態としたりする。遮断部23は、例えば、電磁遮断弁または機械式遮断弁等を挙げることができる。遮断部23は、地震など有事の発生時には、制御部21から送信された電気信号に応じて計測流路11を遮断する構成としてもよいし、感震器(不図示)の動作に応じて、計測流路11を遮断する構成としてもよい。

0048

湿度センサ24は、計測流路11内の湿度を検知する装置であり、検知された値は制御部21に送信される。

0049

流量計測部20は、計測流路11を流通する単位時間当たりのガスの流量を計測する装置である。流量計測部20は膜式ガスメータであってもよいし超音波式ガスメータであってもよい。あるいは、例えば、電子的な検出原理を利用したフローセンサ、あるいはフルイディック方式等の瞬時流量計によってガス流量を求めるように構成されていてもよい。流量計測部20によって計測されたガスの流量を示す値は制御部21に送信される。

0050

制御部21は、ガス遮断装置100が備える各部の各種制御を行うものであり、CPU等の演算部(不図示)、及びROM、RAM等の記憶部(不図示)を備えている。記憶部には、例えば、ガス遮断装置100の基本プログラム及び各種固定データ等の情報が記憶されており、演算部はこの基本プログラム等を読み出して実行することにより、制御部21は各部の動作を制御する。なお、制御部21は、集中制御する単独の制御部によって構成されていてもよいし、互いに協働して分散制御する複数の制御部によって構成されていてもよい。

0051

報知部22は、外部に情報を知らせる装置であり、例えば、配管内における差水の発生を外部に通知することができる。報知部22は、例えば、音声で通知する場合は音響装置通信回線網を通じて外部装置に通知する場合は通信インタフェース、光などで通知する場合は発光装置等が例示できる。

0052

次に、本実施の形態に係るガス遮断装置100における差水の有無を判定する差水判定処理に関する構成および差水判定処理について図3、4を参照して説明する。図3は、図2に示すガス遮断装置100の差水判定処理に関する構成の一例を示すブロック図である。図4は、図2に示すガス遮断装置100による差水判定処理の一例を示すフローチャートである。

0053

[差水判定処理]
図3に示すように、制御部21は、差水判定処理に関する機能ブロックとして、湿度上昇判定部31、流量演算部32、流通判定部33、および差水判定部34を備える。

0054

湿度上昇判定部31は、湿度センサ24によって検知された計測流路11内の湿度の値を所定の間隔で逐次受け付け、湿度が上昇したか否か判定する。湿度上昇判定部31は、湿度センサ24によって検知された湿度の値を逐次受け付け、記憶部(不図示)に時系列データを記憶する。そして、湿度上昇判定部31は、この時系列データの変化に基づき、湿度の上昇の有無を判定する。

0055

例えば、湿度上昇判定部31は、時系列データにおいて、直近の湿度の値と前回、受け付けた湿度の値とを比較して湿度の上昇の有無を判定する構成であってもよい。あるいは、湿度上昇判定部31は、時系列データにおける直近のn個(nは任意の自然数)のデータの平均を求めた移動平均の値の変化から湿度の上昇の有無を判定する構成であってもよい。

0056

また、湿度の値が所定値以上変化した場合に湿度上昇判定部31は、湿度が上昇したと判定してもよい。換言すると湿度センサ24による湿度の測定誤差対処するため、湿度の値が所定値以上変化していない場合は、仮に検知された直近の湿度の値が前回、検知された湿度の値よりも大きくなっていても湿度が上昇したとは判定しない。

0057

または、湿度の変化量が所定値以上にはならないが、湿度に関して所定の変化が頻発するような場合、この所定の変化における変化量の最小値を第2所定値とし、この第2所定値以上となる回数所定回数以上、またはこの第2所定値以上となる時間が単位時間当たりに所定時間以上発生したか否によって湿度の上昇の有無を判定する構成としてもよい。

0058

湿度上昇判定部31は、湿度が上昇したと判定した場合、その判定結果を差水判定部34に送信する。

0059

流量演算部32は、流量計測部20によって計測された値を所定の間隔で逐次受け付ける。そして、流量演算部32は、受け付けた値に基づき、計測流路11を流れるガスの流量値を求める。流量演算部32は、求めたガスの流量値を流通判定部33に送信する。

0060

流通判定部33は、流量演算部32から受信したガスの流量値に基づき計測流路11内をガスが流れているか否か判定する。

0061

ここで、流通判定部33が、ガスが流れていると判定した場合、ガスが使用されている状態にあることを示す。一方、流通判定部33が、ガスが流れていないと判定した場合、ガスが使用されていない状態にあることを示す。流通判定部33は、ガスが流れているか否かの判定結果を差水判定部34に送信する。

0062

差水判定部34は、湿度上昇判定部31から受信した湿度上昇を示す判定結果と、流通判定部33から受信したガスが流れているか否かの判定結果とに基づき配管における差水の有無を判定する。具体的には、差水判定部34は、湿度が上昇していると判定し、かつ計測流路11内をガスが流れていないと判定した場合、配管内に差水が発生していると判定する。

0063

差水判定部34は、差水の有無の判定結果において、配管内に差水が生じていると判定した場合、その判定結果を報知部22に送信する。報知部22は、差水判定部34の判定結果を受信すると、外部に対して配管内における差水の発生を報知する。

0064

上記した構成を有するガス遮断装置100では、以下のようにして差水判定処理を実施する。

0065

すなわち、図4に示すように、遮断部23により計測流路11が開放されている状態(開状態)において、湿度上昇判定部31が湿度センサ24から湿度の値を逐次、受け付ける(ステップS11)。そして、受け付けた湿度の値に基づき、湿度が上昇したか否か判定する(ステップS12)。

0066

ここで、湿度上昇判定部31が、湿度が上昇していないと判定した場合(ステップS12において「No」)、ステップS11に戻って、湿度の値を所定の間隔で逐次受け付ける。

0067

一方、湿度が上昇したと判定した場合(ステップS12において「Yes」)、流量演算部32が、流量計測部20によって検知された値に基づき、計測流路11内を流れるガスの流量を求める(ステップS13)。流量演算部32によって求められたガスの流量の値に基づき、流通判定部33が計測流路11内をガスが流れているか否か判定する(ステップS14)。

0068

ここで、流通判定部33が、計測流路11内をガスが流れていると判定した場合(ステップS14において「No」)、ステップS13に戻って、流量演算部32が、流量計測部20によって計測された値を所定の間隔で逐次受け付け、計測流路11内を流れるガスの流量を求める。

0069

一方、流通判定部33が、計測流路11内をガスが流れていないと判定した場合(ステップS14において「Yes」)、差水判定部34は、配管内に差水が発生していると判定する。そして、配管内における差水の発生を報知するように報知部22を制御する(ステップS15)。

0070

なお、上記ではステップS11およびステップS12によって湿度の上昇判定を行った後、湿度が上昇している場合に、ステップS13およびステップS14によって計測流路11内をガスが流れているか否か判定する構成であった。

0071

しかしながら、ステップS13およびステップS14を先に実行し、計測流路11内をガスが流れていない場合に、ステップS11およびステップS12を実行してもよい。あるいは、ステップS11およびステップS12とステップS13およびステップS14を並行して実行して、湿度が上昇し、かつ計測流路11内をガスが流れていないという条件を満たす場合に配管内において差水が発生していると差水判定部34が判定してもよい。

0072

以上のように、本発明の実施の形態に係るガス遮断装置100は、計測流路11が開弁状態でかつ、ガスが流れていない時に、配管内に差水が発生したか否か判定することができる。このため、ガスが使用される前の時点で適切に配管内に差水が発生したか否か判定し、外部に報知することができる。

0073

なお、本発明の実施の形態に係るガス遮断装置100では、ガスの不使用期間において計測流路11内の湿度が上昇した場合に配管内に差水が生じていると判定する構成であった。しかしながら、ガスの使用が確認されたタイミング(計測流路11内をガスが流れていると判定したタイミング)から所定期間における湿度の時系列データから所定期間に所定値以上、湿度が上昇し、かつ湿度が下降しているか否か判定し配管内の差水の発生を判定する構成としてもよい。

0074

すなわち、ガスの使用開始後の短時間に生じる、湿度が急増しピークが生じる変化から配管内の差水の発生を判定する構成としてもよい。以下、差水判定処理の変形例について説明する。

0075

[差水判定処理の変形例]
差水判定処理の変形例に関する制御部21の機能ブロックは、図3に示す機能ブロックと同様であるため説明は省略する。

0076

ガス遮断装置100は、図5に示すようにして差水判定処理を実施する。図5は、図2に示すガス遮断装置100による差水判定処理の変形例の一例を示すフローチャートである。

0077

すなわち、図5に示すように、遮断部23により計測流路11が開放されている状態(開状態)において、流量演算部32が、流量計測部20によって検知された値に基づき、計測流路11内を流れるガスの流量を求める(ステップS21)。流量演算部32によって求められたガスの流量の値に基づき、流通判定部33が計測流路11内をガスが流れているか否か確認して、ガスの使用が開始されたか否か判定する(ステップS22)。

0078

ガスの使用が開始されたと判定されない間(ステップS22において「No」)は、ステップS21に戻って流量演算部32がガスの流量を求める。

0079

一方、ガスの使用が開始されたと判定された場合、湿度上昇判定部31が湿度センサ24から湿度の値を逐次、受け付ける(ステップS23)。そして、受け付けた湿度の値に基づき、湿度が所定期間において所定値以上、上昇し、かつその後、降下したか否か判定する(ステップS24)。

0080

湿度上昇判定部31が、湿度が所定期間において所定値以上、上昇し、かつその後、降下したと判定した場合(ステップS24において「Yes」)、差水判定部34は、配管内に差水が発生していると判定する。そして、配管内における差水の発生を報知するように報知部22を制御する(ステップS25)。

0081

一方、ステップS24において「No」の場合、配管内に差水が発生していないと判定する(ステップS26)。

0082

なお、制御部21は、上記した差水判定処理および差水判定処理の変形例の両方を実施し、両方の判定で配管内に差水が発生したと判定した場合に、配管内における差水の発生を報知するように報知部22を制御する構成としてもよい。

0083

本発明は前記実施の形態の記載に限定されるものではなく、特許請求の範囲に示した範囲内で種々の変更が可能であり、異なる実施の形態や複数の変形例にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施の形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。

0084

本発明は、湿度センサによって検知された値に基づき、配管内に差水が生じたか否か判定することができるガス遮断装置等の分野に広く好適に用いることができる。

0085

11計測流路
20流量計測部
21 制御部
22報知部
23遮断部
24湿度センサ
31湿度上昇判定部
32流量演算部
33流通判定部
34差水判定部
100 ガス遮断装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 東洋計器株式会社の「 無線通信水道メータおよび無線通信ユニット」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】寸法増加を抑制可能な形態で無線通信機能が付加された水道メータを提供すること。【解決手段】水道メータ1の電子式計測ユニット4は、メータケース2から上方に突出した上方突出部40を備えている。無線通... 詳細

  • フジクリーン工業株式会社の「 水量確認装置」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】移送水量を容易に確認することができる水量確認装置を提供する。【解決手段】水量確認装置10は、流入口21aと流出口21bとの間で水平方向D1に沿って水を流すための流路21cと、流路21cを区画す... 詳細

  • パナソニック株式会社の「 ガスメータ」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】 接続部を介して計測部に電力が供給される構成のガスメータにおいて、ガスの不使用または不正使用を区別して判定する。【解決手段】 ガスメータは、ガス供給路に流れるガス流量を計測する計測部11と... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ