図面 (/)

技術 電子機器、遠隔操作装置および制御プログラム

出願人 曽根利仁
発明者 曽根利仁
出願日 2019年12月3日 (1年0ヶ月経過) 出願番号 2019-219151
公開日 2020年9月24日 (2ヶ月経過) 公開番号 2020-156075
状態 未査定
技術分野 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用) 電話通信サービス 電話機の機能
主要キーワード タッチインターフェース リング端 インプットメソッド 信号コード 遠隔操作信号 赤外線信号受信 携帯通信端末装置 操作機
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年9月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

装置を遠隔操作する操作機に予め設定された装置の端末アドレスを利用して、装置とNFCペアリング端末との間で無線通信を開始する装置、操作機および制御プログラムを提供する。

解決手段

携帯端末3は、電子機器2を遠隔操作する遠隔操作装置1に予め設定された電子機器2の端末アドレスを、遠隔操作装置1からNFCペアリングにより取得する。携帯端末3は、取得した電子機器2の端末アドレスを利用して、電子機器2と無線通信を開始する無線通信手段を備える。

概要

背景

従来、二者間通信開始方法が知られる。例えば、特許第5024998号公報に記載の技術は、携帯通信端末装置が、制御対象機器を制御するための信号コードを制御対象機器の制御操作対応付けて取得する信号コード取得手段と、制御対象機器の制御のための信号コードを、遠隔制御リモコン装置に対して送信する制御手段と、を具備することを特徴とし、携帯通信端末装置は、遠隔制御リモコン装置に信号コードを送り、遠隔制御リモコン装置は、信号コードを制御対象機器に転送する技術が開示されている。

概要

装置を遠隔操作する操作機に予め設定された装置の端末アドレスを利用して、装置とNFCペアリング端末との間で無線通信を開始する装置、操作機および制御プログラムを提供する。携帯端末3は、電子機器2を遠隔操作する遠隔操作装置1に予め設定された電子機器2の端末アドレスを、遠隔操作装置1からNFCペアリングにより取得する。携帯端末3は、取得した電子機器2の端末アドレスを利用して、電子機器2と無線通信を開始する無線通信手段を備える。

目的

本発明の目的は、操作機に予め設定された装置の端末アドレスを利用して、装置と無線通信を開始するNFCペアリング端末を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

前記装置を遠隔操作する操作機に予め設定され、前記操作機からNFCペアリングにより取得した前記装置の端末アドレスを利用して、前記装置との無線通信を開始するNFCペアリング端末との無線通信手段を備えることを特徴とする装置。

請求項2

前記装置を遠隔操作する操作機に予め設定され、前記操作機からNFCペアリングにより取得した前記装置の端末アドレスを利用して、前記装置との無線通信を開始するNFCペアリング端末とのNFCペアリング手段を備えることを特徴とする操作機。

請求項3

コンピュータを、前記装置を遠隔操作する操作機に予め設定され、前記操作機からNFCペアリングにより取得した前記装置の端末アドレスを利用して、前記装置との無線通信を開始するNFCペアリング端末の前記無線通信の開始手段として機能させるための制御プログラム

技術分野

0001

本発明は、装置、操作機および制御プログラムに関する。

背景技術

0002

従来、二者間通信開始方法が知られる。例えば、特許第5024998号公報に記載の技術は、携帯通信端末装置が、制御対象機器を制御するための信号コードを制御対象機器の制御操作対応付けて取得する信号コード取得手段と、制御対象機器の制御のための信号コードを、遠隔制御リモコン装置に対して送信する制御手段と、を具備することを特徴とし、携帯通信端末装置は、遠隔制御リモコン装置に信号コードを送り、遠隔制御リモコン装置は、信号コードを制御対象機器に転送する技術が開示されている。

先行技術

0003

特許第5024998号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、上記の携帯通信端末装置は、操作機に予め設定された装置の端末アドレスを利用して、装置と無線通信を開始することができないと言った問題があった。

0005

そこで、本発明の目的は、操作機に予め設定された装置の端末アドレスを利用して、装置と無線通信を開始するNFCペアリング端末を提供することができる装置、操作機および制御プログラムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するため本発明の装置は、前記装置を遠隔操作する操作機に予め設定され、前記操作機からNFCペアリングにより取得した前記装置の端末アドレスを利用して、前記装置との無線通信を開始するNFCペアリング端末との無線通信手段を備えることを特徴とする。

発明の効果

0007

本発明によれば、装置、操作機および制御プログラムは、操作機に予め設定された装置の端末アドレスを利用して、装置と無線通信を開始するNFCペアリング端末を提供することができる。

図面の簡単な説明

0008

実施形態の遠隔操作装置ステムの構成図の一例である。

実施例

0009

以下、本発明の一実施の形態について詳細に説明する。

0010

図1は実施形態の遠隔操作装置システムの構成図の一例である。例えば、遠隔操作装置システムは、(a)インターネット10、遠隔操作装置1、電子機器2、携帯端末3および決済サーバ4から構成され、インターネット10により構成される通信ネットワークに電子機器2および決済サーバ4が接続され、遠隔操作装置1が赤外線遠隔操作装置を構成し、送信する一方向の赤外線信号20により電子機器2が遠隔操作され、携帯端末3がクレジットカード情報電子マネー情報などの決済用記録媒体を構成する。

0011

また、(b)処理として、携帯端末3のNFCペアリング部が遠隔操作装置1のNFCペアリング部にかざされたことに応じて、近距離通信を行うNFCペアリング30が行われ、遠隔操作装置1がNFCペアリング30を介して電子機器2のMACアドレスMaを携帯端末3に送信し(ステップS01)、携帯端末3がMACアドレスMaに該当する電子機器2とBluetooth(登録商標)などの無線通信21を開始し(ステップS02)、無線通信21、電子機器2およびインターネット10を介して、携帯端末3と決済サーバ4間で決済データ送受信が行われて決済処理が実施される。

0012

遠隔操作装置1、電子機器2、携帯端末3、決済サーバ4などの装置は、CPU、ROM、RAMを有するコンピュータ部を備える。さらに、遠隔操作装置1は、赤外線信号送信部、NFCペアリング部、操作ボタン部などを備え、電子機器2は、赤外線信号受信部、無線通信部、ネットワーク通信部などを備え、携帯端末3は、記憶装置、無線通信部、NFCペアリング部などを備え、決済サーバ4は、記憶装置、ネットワーク通信部などを備える。遠隔操作装置1は、双方向無線により電子機器2の遠隔操作などを行う構成としてもよい。遠隔操作装置1と電子機器2は、例として、リモコン装置テレビジョンマウスとコンピュータなどが挙げられる。

0013

上記の実施形態において、遠隔操作装置1と電子機器2の双方は、USB端子などを備え、双方が接続されることにより、電子機器2が遠隔操作装置1にMACアドレスMaを記憶させる初期設定手段を備える。遠隔操作装置1は、利用者のボタン操作により、または、電子機器2の製造時にMACアドレスMaを記憶させる初期設定手段を備える構成としてもよい。また、電源ボタンなどが押下された場合に、双方向無線などにより電子機器2からMACアドレスMaを受信して記憶する初期設定手段を備える構成としてもよい。携帯端末3は、スマートフォンなどであって、遠隔操作装置1から電子機器2のメーカー機種コードMa、遠隔操作信号コードなどを受信し、電子機器2に対する遠隔操作装置を構成してもよい。また、電子機器2からの要求を受信して、電子機器2が表示したWebページなどのコンテンツに対する文字入力手段、仮名・漢字変換手段(インプットメソッド)、タッチパッド手段(カーソル操作など)、タッチインターフェース手段(タップスワイプスクロールピンチインピンチアウトなど)を利用者に提供し、各手段の処理結果である入力された文字、変換後の漢字、タッチパッド・タッチインターフェースの操作情報を電子機器2に応答する構成としてもよい。

0014

以上の説明においては、通信制御プログラムを含む各種制御プログラムが、予めROMに格納されている場合について説明したが、制御プログラムを、コンピュータ部で読取可能な記憶媒体に記録するようにしてもよい。このような構成であれば、コンピュータ部によってプログラムが記憶媒体から読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータ部が処理を実行すると、上記実施形態の装置と同等の作用および効果が得られる。

0015

ここで、記憶媒体とは、RAM、ROM等の半導体記憶媒体FD、HDD等の磁気記憶型記憶媒体、CD、DVD、BD等の光学的読取方式記憶媒体、MO等の磁気記憶型/光学的読取方式記憶媒体であって、電子的、磁気的、光学的等の読み取り方法のいかんにかかわらず、コンピュータ部で読み取り可能な記憶媒体であれば、どのような記憶媒体であってもよい。

0016

また、インターネット、LAN等のネットワークシステムを介して制御プログラムをダウンロードし、インストールして実行するように構成することも可能である。

0017

1…遠隔操作装置,2…電子機器,3…携帯端末,4…決済サーバ,10…インターネット,20…赤外線信号,21…無線通信,30…NFCペアリング,Ma…MACアドレス

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ