図面 (/)

技術 昇降機構およびインクジェットプリンタ

出願人 株式会社ミマキエンジニアリング
発明者 小柴翔
出願日 2019年3月19日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2019-050767
公開日 2020年9月24日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-151886
状態 未査定
技術分野 インクジェット(インク供給、その他)
主要キーワード 昇降対象物 シリンダ保持部材 ロッド保持部材 スライド側 スクリューネジ 紫外線照射器 三次元造形物 無励磁
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年9月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

所定の昇降対象物昇降させる昇降機構において、昇降対象物を円滑に昇降させることが可能な昇降機構を提供する。

解決手段

昇降機構8は、支持部材14と、支持部材14と別体で形成されるとともに支持部材14に対して昇降可能な昇降部材15と、昇降部材15を昇降させるためのネジ軸16と、ネジ軸16に螺合するナット部材17と、昇降部材15を上下方向に案内するためのガイドレール18と、ガイドレール18にスライド可能に係合するガイドブロック19と、シリンダ33とシリンダ33から突出する方向に付勢されるピストンロッド34とを有し支持部材14に対して昇降部材15を上側に付勢するガススプリング20とを備えている。支持部材14には、ネジ軸16が回転可能に取り付けられ、ガイドレール18が固定されるとともに、ピストンロッド34が取り付けられている。

概要

背景

従来、印刷媒体印刷を行うインクジェットプリンタが知られている(たとえば、特許文献1参照)。特許文献1に記載のインクジェットプリンタは、搬送ライン幅方向に配列される複数のインクジェットヘッドを有するヘッドユニットと、ヘッドユニットの上方に配置されるフレームと、フレームに対してヘッドユニットを昇降させるアクチュエータとを備えている。アクチュエータは、サーボモータと、サーボモータの動力で回転するスクリューネジとを備えている。また、このインクジェットプリンタは、ヘッドユニットの両端部を上側に向かって付勢するエアサスペンションを備えている。このインクジェットプリンタでは、エアサスペンションによって、アクチュエータに作用するヘッドユニットの下向きの負荷が軽減されている。

概要

所定の昇降対象物を昇降させる昇降機構において、昇降対象物を円滑に昇降させることが可能な昇降機構を提供する。昇降機構8は、支持部材14と、支持部材14と別体で形成されるとともに支持部材14に対して昇降可能な昇降部材15と、昇降部材15を昇降させるためのネジ軸16と、ネジ軸16に螺合するナット部材17と、昇降部材15を上下方向に案内するためのガイドレール18と、ガイドレール18にスライド可能に係合するガイドブロック19と、シリンダ33とシリンダ33から突出する方向に付勢されるピストンロッド34とを有し支持部材14に対して昇降部材15を上側に付勢するガススプリング20とを備えている。支持部材14には、ネジ軸16が回転可能に取り付けられ、ガイドレール18が固定されるとともに、ピストンロッド34が取り付けられている。

目的

本発明の課題は、所定の昇降対象物を昇降させる昇降機構において、昇降対象物を円滑に昇降させることが可能な昇降機構を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所定の昇降対象物昇降させる昇降機構において、支持部材と、前記支持部材と別体で形成され前記昇降対象物が連結されるとともに前記支持部材に対して昇降可能な昇降部材と、前記昇降部材を昇降させるためのネジ軸と、前記ネジ軸に螺合するナット部材と、前記昇降部材を上下方向に案内するためのガイドレールと、前記ガイドレールにスライド可能に係合するガイドブロックと、シリンダと前記シリンダから突出する方向に付勢されるピストンロッドとを有し前記支持部材に対して前記昇降部材を上側に付勢するガススプリングとを備え、前記支持部材および前記昇降部材のいずれか一方には、前記ネジ軸が回転可能に取り付けられ、前記ガイドレールが固定されるとともに、前記シリンダおよび前記ピストンロッドのいずれか一方が取り付けられていることを特徴とする昇降機構。

請求項2

前記支持部材に、前記ネジ軸が回転可能に取り付けられ、前記ガイドレールが固定されるとともに、前記シリンダおよび前記ピストンロッドのいずれか一方が取り付けられ、前記昇降部材に、前記ナット部材が取り付けられ、前記ガイドブロックが固定されるとともに、前記シリンダおよび前記ピストンロッドのいずれか他方が取り付けられていることを特徴とする請求項1記載の昇降機構。

請求項3

前記支持部材は、平板状に形成された1枚の部材であり、前記支持部材の厚さ方向は、上下方向に直交しており、前記支持部材の一方の面に、前記ネジ軸が回転可能に取り付けられ、前記ガイドレールが固定されるとともに、前記シリンダおよび前記ピストンロッドのいずれか一方が取り付けられていることを特徴とする請求項2記載の昇降機構。

請求項4

1本の前記ネジ軸と、2本の前記ガイドレールと、2本の前記ガススプリングとを備え、前記支持部材の厚さ方向と上下方向とに直交する方向を前記支持部材の幅方向とすると、前記ネジ軸は、前記支持部材の幅方向における前記支持部材の中心位置で前記支持部材に回転可能に取り付けられ、2本の前記ガススプリングのそれぞれは、前記支持部材の幅方向における前記ネジ軸の両側のそれぞれに配置され、2本の前記ガイドレールのそれぞれは、前記支持部材の幅方向における2本の前記ガススプリングの外側のそれぞれで前記支持部材に固定されていることを特徴とする請求項3記載の昇降機構。

請求項5

前記ネジ軸と、前記ガイドブロックと、前記ガススプリングとは、前記支持部材の厚さ方向において略同じ位置に配置されていることを特徴とする請求項3または4記載の昇降機構。

請求項6

前記ネジ軸を回転させるモータを備え、前記モータは、前記支持部材に取り付けられていることを特徴とする請求項2から5のいずれかに記載の昇降機構。

請求項7

前記ネジ軸の回転を止めるための電磁ブレーキを備え、前記電磁ブレーキの本体部は、前記支持部材に取り付けられていることを特徴とする請求項2から6のいずれか記載の昇降機構。

請求項8

請求項1から7のいずれかに記載の昇降機構を2個備えるとともに、印刷媒体インク滴吐出するインクジェットヘッドと、前記インクジェットヘッドが搭載されるキャリッジと、主走査方向への移動が可能となるように前記キャリッジを保持するキャリッジ保持部材と、前記印刷媒体が載置されるテーブルとを備え、2個の前記昇降機構のそれぞれは、主走査方向における前記テーブルの両端側のそれぞれに配置され、前記キャリッジ保持部材が前記昇降対象物となっており、前記昇降部材には、主走査方向における前記キャリッジ保持部材の端部が連結され、前記支持部材は、前記テーブルに連結され、2個の前記昇降機構は、前記テーブルに対して前記キャリッジ保持部材を昇降させることを特徴とするインクジェットプリンタ

技術分野

0001

本発明は、所定の昇降対象物昇降させる昇降機構に関する。また、本発明は、かかる昇降機構を備えるインクジェットプリンタに関する。

背景技術

0002

従来、印刷媒体印刷を行うインクジェットプリンタが知られている(たとえば、特許文献1参照)。特許文献1に記載のインクジェットプリンタは、搬送ライン幅方向に配列される複数のインクジェットヘッドを有するヘッドユニットと、ヘッドユニットの上方に配置されるフレームと、フレームに対してヘッドユニットを昇降させるアクチュエータとを備えている。アクチュエータは、サーボモータと、サーボモータの動力で回転するスクリューネジとを備えている。また、このインクジェットプリンタは、ヘッドユニットの両端部を上側に向かって付勢するエアサスペンションを備えている。このインクジェットプリンタでは、エアサスペンションによって、アクチュエータに作用するヘッドユニットの下向きの負荷が軽減されている。

先行技術

0003

特開2009−248559号公報

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1に記載されたヘッドユニット等の所定の昇降対象物を昇降させる昇降機構においては、昇降対象物は円滑に昇降することが好ましい。

0005

そこで、本発明の課題は、所定の昇降対象物を昇降させる昇降機構において、昇降対象物を円滑に昇降させることが可能な昇降機構を提供することにある。また、本発明の課題は、かかる昇降機構を備えるインクジェットプリンタを提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記の課題を解決するため、本発明の昇降機構は、所定の昇降対象物を昇降させる昇降機構において、支持部材と、支持部材と別体で形成され昇降対象物が連結されるとともに支持部材に対して昇降可能な昇降部材と、昇降部材を昇降させるためのネジ軸と、ネジ軸に螺合するナット部材と、昇降部材を上下方向に案内するためのガイドレールと、ガイドレールにスライド可能に係合するガイドブロックと、シリンダとシリンダから突出する方向に付勢されるピストンロッドとを有し支持部材に対して昇降部材を上側に付勢するガススプリングとを備え、支持部材および昇降部材のいずれか一方には、ネジ軸が回転可能に取り付けられ、ガイドレールが固定されるとともに、シリンダおよびピストンロッドのいずれか一方が取り付けられていることを特徴とする。

0007

本発明の昇降機構では、支持部材および昇降部材のいずれか一方に、ネジ軸が回転可能に取り付けられ、ガイドレールが固定されるとともに、ガススプリングのシリンダおよびピストンロッドのいずれか一方が取り付けられている。すなわち、本発明では、共通の部材に、ネジ軸が回転可能に取り付けられ、ガイドレールが固定されるとともに、シリンダおよびピストンロッドのいずれか一方が取り付けられている。

0008

そのため、本発明では、昇降部材を昇降させるためのネジ軸、昇降部材を上下方向に案内するためのガイドレール、および、支持部材に対して昇降部材を上側に付勢するガススプリングのそれぞれの部材間相対位置精度を高めることが可能になる。したがって、本発明では、支持部材に対して昇降部材を円滑に昇降させることが可能になり、その結果、昇降部材に連結される昇降対象物を円滑に昇降させることが可能になる。

0009

本発明において、支持部材に、ネジ軸が回転可能に取り付けられ、ガイドレールが固定されるとともに、シリンダおよびピストンロッドのいずれか一方が取り付けられ、昇降部材に、ナット部材が取り付けられ、ガイドブロックが固定されるとともに、シリンダおよびピストンロッドのいずれか他方が取り付けられていることが好ましい。このように構成すると、昇降部材に、ネジ軸およびガイドレールが取り付けられている場合と比較して、支持部材に対して昇降する構造物の重量を軽減することが可能になる。

0010

本発明において、支持部材は、平板状に形成された1枚の部材であり、支持部材の厚さ方向は、上下方向に直交しており、支持部材の一方の面に、ネジ軸が回転可能に取り付けられ、ガイドレールが固定されるとともに、シリンダおよびピストンロッドのいずれか一方が取り付けられていることが好ましい。このように構成すると、平面となっている支持部材の一方の面に、ネジ軸、ガイドレール、および、シリンダまたはピストンロッドが取り付けられているため、ネジ軸、ガイドレールおよびガススプリングのそれぞれの部材間の相対位置精度をより高めやすくなる。したがって、支持部材に対して昇降部材をより円滑に昇降させることが可能になる。

0011

本発明において、昇降機構は、1本のネジ軸と、2本のガイドレールと、2本のガススプリングとを備え、支持部材の厚さ方向と上下方向とに直交する方向を支持部材の幅方向とすると、ネジ軸は、支持部材の幅方向における支持部材の中心位置で支持部材に回転可能に取り付けられ、2本のガススプリングのそれぞれは、支持部材の幅方向におけるネジ軸の両側のそれぞれに配置され、2本のガイドレールのそれぞれは、支持部材の幅方向における2本のガススプリングの外側のそれぞれで支持部材に固定されていることが好ましい。

0012

このように構成すると、支持部材に対して昇降部材をバランス良く上側に付勢することが可能になるとともに、支持部材に対して昇降部材をバランス良く上下方向に案内することが可能になる。したがって、支持部材に対して昇降部材をバランス良く昇降させることが可能になり、その結果、支持部材に対して昇降部材をより円滑に昇降させることが可能になる。

0013

本発明において、ネジ軸と、ガイドブロックと、ガススプリングとは、支持部材の厚さ方向において略同じ位置に配置されていることが好ましい。このように構成すると、支持部材の厚さ方向で昇降機構を薄型化することが可能になる。

0014

本発明において、たとえば、昇降機構は、ネジ軸を回転させるモータを備え、モータは、支持部材に取り付けられている。

0015

本発明において、昇降機構は、ネジ軸の回転を止めるための電磁ブレーキを備え、電磁ブレーキの本体部は、支持部材に取り付けられていることが好ましい。このように構成すると、ネジ軸と電磁ブレーキとの間の相対位置精度を高めることが可能になる。したがって、たとえば、ネジ軸に固定される電磁ブレーキのディスクと電磁ブレーキの本体部との間の相対位置精度を高めることが可能になり、その結果、電磁ブレーキによってネジ軸に確実にブレーキをかけることが可能になる。

0016

本発明の昇降機構は、インクジェットプリンタに用いることができる。このインクジェットプリンタは、たとえば、昇降機構を2個備えるとともに、印刷媒体にインク滴吐出するインクジェットヘッドと、インクジェットヘッドが搭載されるキャリッジと、主走査方向への移動が可能となるようにキャリッジを保持するキャリッジ保持部材と、印刷媒体が載置されるテーブルとを備え、2個の昇降機構のそれぞれは、主走査方向におけるテーブルの両端側のそれぞれに配置され、キャリッジ保持部材が昇降対象物となっており、昇降部材には、主走査方向におけるキャリッジ保持部材の端部が連結され、支持部材は、テーブルに連結され、2個の昇降機構は、テーブルに対してキャリッジ保持部材を昇降させる。このインクジェットプリンタでは、支持部材に対して昇降部材を円滑に昇降させることが可能になるため、支持部材が連結されるテーブルに対して、昇降部材に連結されるキャリッジ保持部材を円滑に昇降させることが可能になる。

発明の効果

0017

以上のように、本発明の昇降機構では、昇降対象物を円滑に昇降させることが可能になる。また、本発明のインクジェットプリンタでは、テーブルに対してキャリッジ保持部材を円滑に昇降させることが可能になる。

図面の簡単な説明

0018

本発明の実施の形態にかかるインクジェットプリンタの正面図である。
図1に示す昇降機構の構成を説明するための斜視図である。
図2のE−E方向から昇降機構の構成および動作を説明するための側面図である。
図2のF−F方向から昇降機構の構成および動作を説明するための側面図である。

実施例

0019

以下、図面を参照しながら、本発明の実施の形態を説明する。

0020

(インクジェットプリンタの概略構成
図1は、本発明の実施の形態にかかるインクジェットプリンタ1の正面図である。

0021

本形態のインクジェットプリンタ1(以下、「プリンタ1」とする。)は、印刷用紙等の印刷媒体に印刷を行うための業務用のインクジェットプリンタである。また、本形態のプリンタ1は、いわゆるフラットベット型のインクジェットプリンタである。プリンタ1は、印刷媒体にインク滴を吐出するインクジェットヘッド3と、インクジェットヘッド3が搭載されるキャリッジ4と、主走査方向への移動が可能となるようにキャリッジ4を保持するキャリッジ保持部材としてのYバー5と、Yバー5に対して主走査方向にキャリッジ4を移動させるキャリッジ移動機構(図示省略)とを備えている。

0022

また、プリンタ1は、印刷媒体が載置されるテーブル6と、テーブル6を支持する支持脚7とを備えている。さらに、プリンタ1は、テーブル6に対してYバー5を昇降させる昇降機構8と、上下方向と主走査方向とに直交する副走査方向へテーブル6に対してYバー5をスライドさせるスライド機構9とを備えている。以下の説明では、主走査方向(図1等のY方向)を「左右方向」とし、副走査方向(図1等のX方向)を「前後方向」とする。また、左右方向の一方側である図1等のY1方向側を「右」側とし、その反対側である図1等のY2方向側を「左」側とする。

0023

キャリッジ4は、テーブル6の上側に配置されている。インクジェットヘッド3は、テーブル6の上面に載置される印刷媒体に向かって上側からインク滴を吐出する。インクジェットヘッド3が吐出するインクは、たとえば、紫外線硬化型のインク(UVインク)である。キャリッジ4には、インクジェットヘッド3から吐出されたインクに紫外線照射する紫外線照射器が搭載されている。キャリッジ移動機構は、たとえば、モータ、モータの動力で回転する駆動プーリ従動プーリ、および、駆動プーリと従動プーリとに架け渡されるベルト等を備えている。ベルトの一部は、キャリッジ4に固定されている。

0024

Yバー5は、左右方向に細長直方体状に形成されている。Yバー5の左右の両端部は、Yバー支持部材10によって下側から支持されている。テーブル6は、長方形厚板状に形成されている。テーブル6は、左右方向において2個のYバー支持部材10の間に配置されている。支持脚7は、たとえば、テーブル6の前後の両端部を下側から支持している。

0025

スライド機構9は、テーブル6の左右の両端側のそれぞれに配置されている。すなわち、プリンタ1は、2個のスライド機構9を備えている。スライド機構9は、モータおよびボールねじ等を備えている。スライド機構9の固定側は、テーブル6に固定されている。スライド機構9の可動側(スライド側)には、昇降機構8を構成する後述の支持部材14が固定されている。スライド機構9は、Yバー5およびYバー支持部材10等と一緒に昇降機構8を前後方向に移動させる。

0026

昇降機構8は、テーブル6の左右の両端側のそれぞれに配置されている。すなわち、プリンタ1は、2個の昇降機構8を備えており、2個の昇降機構8がテーブル6に対してYバー5を昇降させる。本形態のYバー5は、昇降対象物である。以下、昇降機構8の具体的な構成について説明する。なお、以下の説明では、テーブル6の左右の両端側のそれぞれに配置される2個の昇降機構8のうちの左側に配置される昇降機構8の構成について説明する。

0027

(昇降機構の構成)
図2は、図1に示す昇降機構8の構成を説明するための斜視図である。図3は、図2のE−E方向から昇降機構8の構成および動作を説明するための側面図である。図4は、図2のF−F方向から昇降機構8の構成および動作を説明するための側面図である。

0028

昇降機構8は、支持部材14と、支持部材14と別体で形成され支持部材14に対して昇降可能な昇降部材15とを備えている。また、昇降機構8は、昇降部材15を昇降させるためのネジ軸(リードスクリュー)16およびネジ軸16に螺合するナット部材17を有するボールねじと、昇降部材15を上下方向に案内するためのガイドレール18およびガイドレール18にスライド可能に係合するガイドブロック19を有するLMガイドと、支持部材14に対して昇降部材15を上側に付勢するガススプリング20とを備えている。なお、図2図3では、説明の便宜上、昇降部材15の外形破線で示すとともに、昇降部材15を透明な状態で図示している。

0029

本形態の昇降機構8は、1本のネジ軸16と、2本のガイドレール18と、2本のガススプリング20とを備えている。ネジ軸16には、1個のナット部材17が螺合している。1本のガイドレール18には、2個のガイドブロック19が係合している。すなわち、昇降機構8は、4個のガイドブロック19を備えている。また、昇降機構8は、ネジ軸16を回転させるモータ22と、ネジ軸16の回転を止めるための電磁ブレーキ23とを備えている。

0030

支持部材14は、長方形の平板状に形成されている。すなわち、支持部材14は、平板状に形成された1枚の部材である。支持部材14は、長方形に形成される支持部材14の長辺方向と上下方向とが一致するように配置されている。また、支持部材14は、支持部材14の厚さ方向と左右方向とが一致するように配置されている。すなわち、左右方向(Y方向)は、支持部材14の厚さ方向であり、支持部材14の厚さ方向は、上下方向に直交している。なお、本形態の前後方向(X方向)は、支持部材14の厚さ方向と上下方向とに直交する支持部材14の幅方向である。

0031

前後方向における支持部材14の中心部には、左右方向で支持部材14を貫通する3個の貫通穴14a〜14cが形成されている。貫通穴14aは、支持部材14の下端部に形成されている。貫通穴14bは、貫通穴14aの上側に形成され、貫通穴14cは、貫通穴14bの上側に形成されている。支持部材14の前後の両端面には、薄板状の側板25が固定されている。側板25の左端面は、支持部材14の左面よりも右側に配置されている。支持部材14の右面は、スライド機構9の可動側に固定されている。すなわち、支持部材14は、スライド機構9を介してテーブル6に連結されている。

0032

昇降部材15は、支持部材14と同様に、長方形の平板状に形成されている。すなわち、昇降部材15は、平板状に形成された1枚の部材である。昇降部材15は、長方形に形成される昇降部材15の長辺方向と上下方向とが一致するように配置されている。また、昇降部材15は、昇降部材15の厚さ方向と左右方向とが一致するように配置されている。昇降部材15は、支持部材14の左側に配置されている。前後方向における昇降部材15の中心部には、左右方向で昇降部材15を貫通する貫通穴15aが形成されている。また、前後方向における昇降部材15の中心部の下端には、電磁ブレーキ23や後述の軸受29およびプーリ30等と昇降部材15との干渉を回避するための切欠き15bが形成されている。

0033

昇降部材15の前後の両端面には、薄板状の側板26が固定されている。側板26の左端面は、昇降部材15の左面よりも右側に配置されている。また、昇降部材15の前後方向の幅は、支持部材14の前後方向の幅よりも広くなっており、2枚の側板26は、前後方向において2枚の側板25の外側に配置されている。昇降部材15の上端面には、平板状に形成される支持板27が固定されている。支持板27の上面には、Yバー支持部材10の下面が固定されている。すなわち、昇降部材15には、支持板27およびYバー支持部材10を介して昇降対象物であるYバー5が連結されている。具体的には、Yバー5の左端部が昇降部材15に連結されている。

0034

ネジ軸16は、ネジ軸16の軸方向と上下方向とが一致するように配置されている。ネジ軸16は、軸受29に回転可能に保持されている。軸受29は、支持部材14の左面に取り付けられている。すなわち、ネジ軸16は、軸受29を介して支持部材14の左面に回転可能に取り付けられている。また、ネジ軸16は、前後方向における支持部材14の中心位置で支持部材14に回転可能に取り付けられている。軸受29は、ネジ軸16の下端側を保持している。ナット部材17は、昇降部材15に取り付けられている。具体的には、ナット部材17は、昇降部材15の右面に固定されている。なお、昇降機構8は、軸受29に加えて、ネジ軸16の上端側を回転可能に保持する軸受を備えていても良い。

0035

モータ22は、サーボモータである。モータ22は、支持部材14に取り付けられている。具体的には、モータ22は、支持部材14の右面に固定されている。モータ22の出力軸は、下側に突出している。モータ22の出力軸にはプーリが固定され、ネジ軸16の下端部にもプーリ30が固定されている。モータ22の出力軸に固定されるプーリとプーリ30とにはベルト31が架け渡されている。プーリ30の一部およびベルト31の一部は、支持部材14の貫通穴14aの中に配置されている。

0036

電磁ブレーキ23は、非通電時にブレーキ力が作用する無励磁動型の電磁ブレーキである。電磁ブレーキ23の本体部は、支持部材14に取り付けられている。具体的には、電磁ブレーキ23の本体部は、支持部材14の左面に固定されている。ネジ軸16の下端部には、電磁ブレーキ23のディスクが固定されている。ネジ軸16を回転させるときには、電磁ブレーキ23のブレーキ力が作用しないように、電磁ブレーキ23は通電状態となる。

0037

一方、ネジ軸16の停止状態を維持するときには、電磁ブレーキ23のブレーキ力が作用するように、電磁ブレーキ23は非通電状態となる。電磁ブレーキ23のブレーキ力が作用しているときには、支持部材14に対して昇降部材15が停止している状態が維持されており、Yバー5とテーブル6との上下方向の距離が一定に保たれる。たとえば、印刷媒体に印刷を行うときには、電磁ブレーキ23は非通電状態となって、Yバー5とテーブル6との上下方向の距離が一定に保たれる。

0038

ガイドレール18は、ガイドレール18の長手方向と上下方向とが一致するように配置されている。ガイドレール18は、支持部材14に固定されている。具体的には、ガイドレール18は、支持部材14の左面に固定されている。また、2本のガイドレール18のそれぞれは、支持部材14の前後の両端側のそれぞれに固定されている。ガイドブロック19は、昇降部材15に固定されている。具体的には、ガイドブロック19は、昇降部材15の右面に固定されており、ガイドレール18に左側から係合している。

0039

ガススプリング20は、ガススプリング20の本体部を構成するシリンダ33と、シリンダ33から突出する方向に付勢されるピストンロッド34とを備えている。ピストンロッド34は、シリンダ33の内部に封入される圧縮ガスによって、シリンダ33から突出する方向に付勢されている。ガススプリング20は、ガススプリング20の長手方向と上下方向とが一致するように配置されている。また、ガススプリング20は、ピストンロッド34が下側へ突出するように配置されている。

0040

ピストンロッド34の先端部(下端部)は、ロッド保持部材35に回動可能に保持されている。ピストンロッド34の先端部は、ロッド保持部材35に対して前後方向を回動の軸方向とする回動が可能となっている。ロッド保持部材35は、支持部材14に固定されている。すなわち、ピストンロッド34は、ロッド保持部材35を介して支持部材14に取り付けられている。具体的には、ロッド保持部材35は、支持部材14の左面の下端側に固定されており、ピストンロッド34は、ロッド保持部材35を介して支持部材14の左面に取り付けられている。

0041

シリンダ33の上端部は、シリンダ保持部材36に回動可能に保持されている。シリンダ33の上端部は、シリンダ保持部材36に対して前後方向を回動の軸方向とする回動が可能となっている。シリンダ保持部材36は、昇降部材15に固定されている。すなわち、シリンダ33は、シリンダ保持部材36を介して昇降部材15に取り付けられている。具体的には、シリンダ保持部材36は、昇降部材15の右面の上端側に固定されており、シリンダ33は、シリンダ保持部材36を介して昇降部材15の右面に取り付けられている。

0042

2本のガススプリング20のそれぞれは、ネジ軸16の前後の両側のそれぞれに配置されている。また、ガススプリング20は、前後方向において、ネジ軸16とガイドレール18との間に配置されている。すなわち、2本のガイドレール18のそれぞれは、2本のガススプリング20の前後の外側のそれぞれに配置されている。また、本形態では、図2に示すように、ネジ軸16とガイドブロック19とガススプリング20とが左右方向において略同じ位置に配置されている。

0043

昇降機構8では、モータ22が駆動すると、ガイドレール18に沿って昇降部材15が支持部材14に対して昇降する。具体的には、モータ22が駆動すると、図3(A)、図4(A)に示す上限位置と、図3(B)、図4(B)に示す下限位置との間で、昇降部材15が支持部材14に対して昇降する。すなわち、モータ22が駆動すると、テーブル6に対してYバー5が昇降する。支持部材14に対する昇降部材15の昇降量は、たとえば150(mm)である。また、ガススプリング20の付勢力は、昇降部材15が下限位置にあるときに最大となり、昇降部材15が下限位置から上昇するにしたがって小さくなっていく。

0044

(本形態の主な効果)
以上説明したように、本形態では、支持部材14に、ネジ軸16が回転可能に取り付けられ、ガイドレール18が固定されるとともに、ガススプリング20のピストンロッド34が取り付けられている。そのため、本形態では、昇降部材15を昇降させるためのネジ軸16、昇降部材15を上下方向に案内するためのガイドレール18、および、支持部材14に対して昇降部材15を上側に付勢するガススプリング20のそれぞれの部材間の相対位置精度を高めることが可能になる。したがって、本形態では、支持部材14に対して昇降部材15を円滑に昇降させることが可能になり、その結果、支持部材14が連結されるテーブル6に対して、昇降部材15に連結されるYバー5を円滑に昇降させることが可能になる。

0045

特に本形態では、平面となっている支持部材14の左面に、ネジ軸16が回転可能に取り付けられ、ガイドレール18が固定されるとともに、ピストンロッド34が取り付けられているため、ネジ軸16、ガイドレール18およびガススプリング20のそれぞれの部材間の相対位置精度をより高めやすくなる。したがって、本形態では、支持部材14に対して昇降部材15をより円滑に昇降させることが可能になる。

0046

また、本形態では、ネジ軸16は、前後方向における支持部材14の中心位置で支持部材14に回転可能に取り付けられ、2本のガススプリング20のそれぞれは、ネジ軸16の前後の両側のそれぞれに配置されるとともに、2本のガイドレール18のそれぞれは、2本のガススプリング20の前後の外側のそれぞれに配置されている。そのため、本形態では、支持部材14に対して昇降部材15をバランス良く上側に付勢することが可能になるとともに、支持部材14に対して昇降部材15をバランス良く上下方向に案内することが可能になる。したがって、本形態では、支持部材14に対して昇降部材15をバランス良く昇降させることが可能になり、その結果、支持部材14に対して昇降部材15をより円滑に昇降させることが可能になる。

0047

本形態では、ネジ軸16とガイドブロック19とガススプリング20とが左右方向において略同じ位置に配置されている。そのため、本形態では、左右方向において昇降機構8を薄型化することが可能になる。

0048

本形態では、電磁ブレーキ23の本体部は、ネジ軸16が取り付けられた支持部材14に固定されている。そのため、本形態では、ネジ軸16と電磁ブレーキ23との間の相対位置精度を高めることが可能になる。したがって、本形態では、ネジ軸16に固定される電磁ブレーキ23のディスクと電磁ブレーキ23の本体部との間の相対位置精度を高めることが可能になり、その結果、電磁ブレーキ23によってネジ軸16に確実にブレーキをかけることが可能になる。

0049

(他の実施の形態)
上述した形態は、本発明の好適な形態の一例ではあるが、これに限定されるものではなく本発明の要旨を変更しない範囲において種々変形実施が可能である。

0050

上述した形態において、シリンダ33が支持部材14に取り付けられるとともに、ピストンロッド34が昇降部材15に取り付けられていても良い。また、上述した形態において、昇降部材15に、ネジ軸16が回転可能に取り付けられ、ガイドレール18が固定されるとともに、支持部材14に、ナット部材17が取り付けられ、ガイドブロック19が固定されていても良い。ただし、上述した形態のように、支持部材14に、ネジ軸16およびガイドレール18が取り付けられている方が、支持部材14に対して昇降する構造物の重量を軽減することが可能になる。

0051

上述した形態において、2本のガススプリング20が2本のガイドレール18の前後の外側のそれぞれに配置されていても良い。また、上述した形態において、ネジ軸16、ガイドブロック19およびガススプリング20のいずれか1つが左右方向においてずれた位置に配置されていても良いし、ネジ軸16、ガイドブロック19およびガススプリング20が左右方向において互いにずれた位置に配置されていても良い。

0052

上述した形態において、プリンタ1は、テーブル6上に三次元造形物を形成する造形装置であっても良い。また、上述した形態では、昇降機構8は、Yバー5を昇降させているが、昇降機構8は、たとえば、テーブル6を昇降させても良い。この場合には、テーブル6が昇降対象物となる。また、本発明が適用される昇降機構8は、プリンタ1以外の装置に使用されても良い。

0053

1プリンタ(インクジェットプリンタ)
3インクジェットヘッド
4キャリッジ
5Yバー(キャリッジ保持部材、昇降対象物)
6 テーブル
8昇降機構
14支持部材
15昇降部材
16ネジ軸
17ナット部材
18ガイドレール
19ガイドブロック
20ガススプリング
22モータ
23電磁ブレーキ
33シリンダ
34ピストンロッド
X 支持部材の幅方向
Y 主走査方向、支持部材の厚さ方向

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ