図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年9月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

望ましくない植生またはその環境に、有効量の化合物もしくは組成物を接触させるステップを含む、望ましくない植生を防除する方法。

解決手段

そのすべての立体異性体、N−オキシドおよび塩を含む、式1の化合物を含有する組成物。

概要

背景

高い作物効率を達成するためには、望ましくない植生防除がきわめて重要である。とりわけイネ、ダイズサトウダイコントウモロコシジャガイモコムギオオムギトマトおよびプランテーション作物などの、特に有用な作物における雑草成長を選択的に防除することがきわめて望ましい。このような有用な作物において雑草の成長を野放しにしておいた場合には、生産性が顕著に低下し、これにより、消費者に対するコストが増加してしまう可能性がある。非農耕領域における望ましくない植生の防除もまた重要である。多くの製品がこれらの目的のために市販されているが、より効果的であり、より安価であり、毒性が低く、環境に優しく、または、異なる作用部位を有する新規化合物に対する需要が継続して存在している。

概要

望ましくない植生またはその環境に、有効量の化合物もしくは組成物を接触させるステップを含む、望ましくない植生を防除する方法。そのすべての立体異性体、N−オキシドおよび塩を含む、式1の化合物を含有する組成物。なし

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

式1の化合物、そのN−オキシドおよび塩。(式中、Q1は、フェニル環またはナフタレニル環系であり、R7から独立して選択される5個以下の置換基任意選択により置換され;または、4〜7員複素環もしくは8〜10員二環であり、環もしくは環系の各々は、2個以下のO、2個以下のSおよび4個以下のN原子から独立して選択される1〜4個のヘテロ原子炭素原子とから選択される環員(式中、3個以下の炭素環員はC(=O)およびC(=S)から独立して選択され、ならびに、硫黄原子環員はS(=O)u(=NR8)vから独立して選択される)を含有し、環もしくは環系の各々は、炭素原子環員上のR7および窒素原子環員上のR9から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換されており;Q2はフェニル環またはナフタレニル環系であり、R10から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換され;または、4〜7員複素環もしくは8〜10員二環であり、環もしくは環系の各々は、2個以下のO、2個以下のSおよび4個以下のN原子から独立して選択される1〜4個のヘテロ原子と炭素原子とから選択される環員(式中、3個以下の炭素環員はC(=O)およびC(=S)から独立して選択され、ならびに、硫黄原子環員はS(=O)u(=NR8)vから独立して選択される)を含有し、環もしくは環系の各々は、炭素原子環員上のR10および窒素原子環員上のR11から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換されており;Y1およびY2は、各々独立して、O、SまたはNR12であり;R1は、H、ヒドロキシアミノ、C1〜C6アルキルシアノ、ホルミル、C3〜C8アルキルカルボニルアルキル、−C(C1〜C4アルキル)=N−O(C1〜C4アルキル)、−C(O)NH2、C1〜C6ハロアルキル、C2〜C6アルケニル、C3〜C6アルキニル、C2〜C6シアノアキル、C3〜C6シクロアルキル、C4〜C8シクロアルキルアルキル、C2〜C8アルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルケニルアルキル、C2〜C8アルキルチオアルキル、C2〜C8アルキルスルフィニルアルキル、C2〜C8アルキルスルホニルアルキル、C2〜C8アルキルカルボニル、C2〜C8ハロアルキルカルボニル、C4〜C10シクロアルキルカルボニル、C5〜C10シクロアルキルカルボニルアルキル、C2〜C8アルコキシカルボニル、C2〜C8ハロアルコキシカルボニル、C4〜C10シクロアルコキシカルボニル、C2〜C8アルキルアミノカルボニル、C3〜C10ジアルキルアミノカルボニル、C4〜C10シクロアルキルアミノカルボニル、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6アルキルチオ、C1〜C6ハロアルキルチオ、C3〜C8シクロアルキルチオ、C1〜C6アルキルスルフィニル、C1〜C6ハロアルキルスルフィニル、C3〜C8シクロアルキルスルフィニル、C1〜C6アルキルスルホニル、C1〜C6ハロアルキルスルホニル、C3〜C8シクロアルキルスルホニル、C1〜C6アルキルアミノスルホニル、C2〜C8ジアルキルアミノスルホニル、C3〜C10トリアルキルシリル;または、アリールカルボニルアリールアルケニルアルキル、アリールカルボニルアルキルもしくは−CPh=N−O(C1〜C4アルキル)であり、各々は、環員上において、R13から独立して選択される5個以下の置換基;または、G1で任意選択により置換され;R2およびR3は、各々独立して、H、ハロゲン、ヒドロキシ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキルもしくはC1〜C4アルコキシであり;またはR2およびR3は、これらが結合している炭素原子と一緒になって、C3〜C7シクロアルキル環を形成し;R2AおよびR3Aは、各々独立して、H、ハロゲン、ヒドロキシ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキルもしくはC1〜C4アルコキシであり;またはR2AおよびR3Aは、これらが結合している炭素原子と一緒になって、C3〜C7シクロアルキル環またはC=Oを形成し;R4およびR5は、各々独立して、H、ハロゲン、ヒドロキシ、C1〜C4アルコキシ、C1〜C4ハロアルキルまたはC1〜C4アルキルであり;R6は、H、ヒドロキシ、アミノ、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、C2〜C6アルケニル、C3〜C6アルキニル、C2〜C8アルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルコキシアルキル、C2〜C8アルキルチオアルキル、C2〜C8アルキルスルフィニルアルキル、C2〜C8アルキルスルホニルアルキル、C2〜C8アルキルカルボニル、C2〜C8ハロアルキルカルボニル、C4〜C10シクロアルキルカルボニル、C2〜C8アルコキシカルボニル、C2〜C8ハロアルコキシカルボニル、C4〜C10シクロアルコキシカルボニル、C2〜C8アルキルアミノカルボニル、C3〜C10ジアルキルアミノカルボニル、C4〜C10シクロアルキルアミノカルボニル、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6アルキルチオ、C1〜C6ハロアルキルチオ、C3〜C8シクロアルキルチオ、C1〜C6アルキルスルフィニル、C1〜C6ハロアルキルスルフィニル、C3〜C8シクロアルキルスルフィニル、C1〜C6アルキルスルホニル、C1〜C6ハロアルキルスルホニル、C3〜C8シクロアルキルスルホニル、C1〜C6アルキルアミノスルホニル、C2〜C8ジアルキルアミノスルホニル、C3〜C10トリアルキルシリルまたはG1であり;R6およびQ2は、これらが結合している窒素原子と一緒になって、8〜10員二環系を形成しており、環もしくは環系の各々は、2個以下のO、2個以下のSおよび4個以下のN原子から独立して選択される1〜4個のヘテロ原子と炭素原子とから選択される環員(式中、3個以下の炭素環員はC(=O)およびC(=S)から独立して選択され、ならびに、硫黄原子環員はS(=O)u(=NR8)vから独立して選択される)を含有し、環もしくは環系の各々は、炭素原子環員上のR10および窒素原子環員上のR11から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換されており;各R7およびR10は、独立して、ハロゲン、ヒドロキシ、シアノ、ニトロ、アミノ、C1〜C8アルキル、C1〜C8シアノアルキル、C1〜C8シアノアルコキシ、C1〜C8ハロアルキル、C1〜C8ニトロアルキル、C2〜C8アルケニル、C2〜C8ハロアルケニル、C2〜C8ニトロアルケニル、C2〜C8アルキニル、C2〜C8ハロアルキニル、C3〜C8アルコキシアルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルコキシハロアルコキシ、C4〜C10シクロアルキルアルキル、C4〜C10ハロシクロアルキルアルキル、C5〜C12アルキルシクロアルキルアルキル、C5〜C12シクロアルキルアルケニル、C5〜C12シクロアルキルアルキニル、C3〜C8シクロアルキル、C3〜C8ハロシクロアルキル、C4〜C10アルキルシクロアルキル、C6〜C12シクロアルキルシクロアルキル、C3〜C8シクロアルケニル、C3〜C8ハロシクロアルケニル、C2〜C8ハロアルコキシアルコキシ、C2〜C8アルコキシアルコキシ、C2〜C8アルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルコキシアルキル、C4〜C10シクロアルコキシアルキル、C3〜C10アルコキシアルコキシアルキル、C2〜C8アルキルチオアルキル、C2〜C8アルキルスルフィニルアルキル、C2〜C8アルキルスルホニルアルキル、C2〜C8アルキルアミノ、C2〜C8ジアルキルアミノ、C2〜C8ハロジアルキルアミノ、C2〜C8アルキルアミノアルキル、C2〜C8ハロアルキルアミノアルキル、C4〜C10シクロアルキルアミノアルキル、C3〜C10ジアルキルアミノアルキル、−CHO、C2〜C8アルキルカルボニル、C2〜C8ハロアルキルカルボニル、C4〜C10シクロアルキルカルボニル、−C(=O)OH、C2〜C8アルコキシカルボニル、C2〜C8ハロアルコキシカルボニル、C4〜C10シクロアルコキシカルボニル、C5〜C12シクロアルキルアルコキシカルボニル、−C(=O)NH2、C2〜C8アルキルアミノカルボニル、C4〜C10シクロアルキルアミノカルボニル、C3〜C10ジアルキルアミノカルボニル、C1〜C8アルコキシ、C1〜C8ハロアルコキシ、C2〜C8アルコキシアルコキシ、C2〜C8アルケニルオキシ、C2〜C8ハロアルケニルオキシ、C3〜C8アルキニルオキシ、C3〜C8ハロアルキニルオキシ、C3〜C8シクロアルコキシ、C3〜C8ハロシクロアルコキシ、C4〜C10シクロアルキルアルコキシ、C3〜C10アルキルカルボニルアルコキシ、C2〜C8アルキルカルボニルオキシ、C2〜C8ハロアルキルカルボニルオキシ、C4〜C10シクロアルキルカルボニルオキシ、C1〜C8アルキルスルホニルオキシ、C1〜C8ハロアルキルスルホニルオキシ、C1〜C8アルキルチオ、C1〜C8ハロアルキルチオ、C3〜C8シクロアルキルチオ、C1〜C8アルキルスルフィニル、C1〜C8ハロアルキルスルフィニル、C1〜C8アルキルスルホニル、C1〜C8ハロアルキルスルホニル、C3〜C8シクロアルキルスルホニル、ホルミルアミノ、C2〜C8アルキルカルボニルアミノ、C2〜C8ハロアルキルカルボニルアミノ、C3〜C8シクロアルキルアミノ、C2〜C8アルコキシカルボニルアミノ、C1〜C6アルキルスルホニルアミノ、C1〜C6ハロアルキルスルホニルアミノ、−SF5、−SCN、SO2NH2、C3〜C12トリアルキルシリル、C4〜C12トリアルキルシリルアルキルもしくはC4〜C12トリアルキルシリルアルコキシ;または、G2であり;各R8は、独立して、H、シアノ、C2〜C3アルキルカルボニルまたはC2〜C3ハロアルキルカルボニルであり;各R9およびR11は、独立して、シアノ、C1〜C3アルキル、C2〜C3アルケニル、C2〜C3アルキニル、C3〜C6シクロアルキル、C2〜C3アルコキシアルキル、C1〜C3アルコキシ、C2〜C3アルキルカルボニル、C2〜C3アルコキシカルボニル、C2〜C3アルキルアミノアルキルまたはC3〜C4ジアルキルアミノアルキルであり;各R12は、独立して、H、シアノ、ヒドロキシ、CHO、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキル、C1〜C4アルコキシ、C2〜C6アルキルカルボニル、C2〜C6ハロアルキルカルボニル、−(C=O)CH3または−(C=O)CF3であり;各G1は、独立して、フェニルフェニルメチルピリジニルメチルフェニルカルボニルフェノキシフェニルエチニルフェニルスルホニル、p−メトキシベンジルまたは5員もしくは6員芳香族複素環であり、各々は、環員上において、R13から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換され;各G2は、独立して、フェニル、フェニルメチル、ピリジニルメチル、フェニルカルボニル、フェノキシ、フェニルエチニル、フェニルスルホニルまたは5員もしくは6員芳香族複素環であり、各々は、環員上において、R14から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換され;各R13およびR14は、独立して、ハロゲン、シアノ、ヒドロキシ、アミノ、ニトロ、−CHO、−C(=O)OH、−C(=O)NH2、−SO2NH2、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、C2〜C6アルケニル、C2〜C6アルキニル、C2〜C8アルキルカルボニル、C2〜C8ハロアルキルカルボニル、C2〜C8アルコキシカルボニル、C4〜C10シクロアルコキシカルボニル、C5〜C12シクロアルキルアルコキシカルボニル、C2〜C8アルキルアミノカルボニル、C3〜C10ジアルキルアミノカルボニル、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6ハロアルコキシ、C2〜C8アルキルカルボニルオキシ、C1〜C6アルキルチオ、C1〜C6ハロアルキルチオ、C1〜C6アルキルスルフィニル、C1〜C6ハロアルキルスルフィニル、C1〜C6アルキルスルホニル、C1〜C6ハロアルキルスルホニル、C1〜C6アルキルアミノスルホニル、C2〜C8ジアルキルアミノスルホニル、C3〜C10トリアルキルシリル、C1〜C6アルキルアミノ、C2〜C8ジアルキルアミノ、C2〜C8アルキルカルボニルアミノ、C1〜C6アルキルスルホニルアミノ、フェニル、ピリジニルまたはチエニルであり;ならびにuおよびvの各々は、独立して、S(=O)u(=NR8)vの各事例における0、1または2であり、ただし、uおよびvの和は0、1または2である)

請求項2

各R7およびR10が、独立して、ハロゲン、シアノ、ニトロ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキル、C2〜C4アルケニル、C2〜C4ハロアルケニルC2〜C4アルキニル、C2〜C4ハロアルキニル、C1〜C4ニトロアルキル、C2〜C4ニトロアルケニル、C2〜C4アルコキシアルキル、C2〜C4ハロアルコキシアルキル、C3〜C4シクロアルキル、C3〜C4ハロシクロアルキル、C1〜C4アルコキシ、C1〜C4ハロアルコキシ、C2〜C4アルケニルオキシ、C2〜C4ハロアルケニルオキシ、C3〜C4アルキニルオキシ、C3〜C4ハロアルキニルオキシ、C3〜C4シクロアルコキシ、C1〜C4アルキルチオ、C1〜C4ハロアルキルチオ、C1〜C4アルキルスルフィニル、C1〜C4ハロアルキルスルフィニル、C1〜C4アルキルスルホニル、C1〜C4ハロアルキルスルホニル、C2〜C4アルキルカルボニル、C2〜C4アルキルカルボニルオキシ、C1〜C4アルキルスルホニルオキシ、C1〜C4ハロアルキルスルホニルオキシ、C1〜C4アルキルアミノ、C2〜C4ジアルキルアミノ、ホルミルアミノ、C2〜C4アルキルカルボニルアミノ、−SF5、−SCN、C3〜C4トリアルキルシリル、トリメチルシリルメチルまたはトリメチルシリルメトキシであり;ならびに各R9およびR11が、独立して、HまたはC1〜C2アルキルである、請求項1に記載の化合物。

請求項3

Y1およびY2が各々Oであり;R1がHまたはC1〜C6アルキルであり;ならびにR2、R3、R2A、R3A、R4、R5およびR6が各々Hである、請求項2に記載の化合物。

請求項4

R1がHまたはMeである、請求項3に記載の化合物。

請求項5

Q1が、R7から独立して選択される1〜3個の置換基で置換されたフェニル環であり;およびQ2が、R10から独立して選択される1〜3個の置換基で置換されたフェニル環である、請求項4に記載の化合物。

請求項6

各R7が、独立して、ハロゲン、シアノ、C1〜C2アルキル、C1〜C3ハロアルキルまたはC1〜C3アルキルスルホニルであり;および各R10が、独立して、ハロゲン、シアノ、ニトロ、C1〜C2アルキル、C1〜C3ハロアルキルまたはC1〜C3アルキルスルホニルである、請求項5に記載の化合物。

請求項7

Q1が、メタ位もしくはパラ位においてR7から選択される1個の置換基で置換されているか、または、R7から独立して選択される2個の置換基(ここで、一方の置換基はメタ位に位置しており、および、他方の置換基がパラ位に位置している)で置換されているフェニル環であり;ならびにQ2が、オルト位においてR10から選択される1個の置換基で置換されているか、または、R10から独立して選択される2個の置換基(ここで、一方の置換基はオルト位に位置しており、および、他方の置換基は隣接するメタ位に位置している)で置換されているフェニル環である、請求項6に記載の化合物。

請求項8

各R7が、独立して、FまたはCF3であり;および各R10がFである、請求項7に記載の化合物。

請求項9

N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド;2−オキソ−N−[2−(トリフルオロメチル)フェニル)−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド;およびN−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[4−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミドからなる群から選択される、請求項1に記載の化合物。

請求項10

N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド;2−オキソ−N−[2−(トリフルオロメチル)フェニル)−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド;N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[4−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド;(3S,4S)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−4−(4−フルオロフェニル)−1−メチル−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキサミド;4−[3−(ジフルオロメチル)フェニル]−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキサミド;(3R,4S)−4−(3−クロロフェニル)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキサミド;4−(3−クロロフェニル)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキサミド;2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−N−(2,3,4−トリフルオロフェニル)−3−ピペリジンカルボキサミド;(3R,4S)−N−(3−クロロ−2−フルオロフェニル)−2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド;(3R,4S)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[4−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド;および(3R,4S)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミドからなる群から選択される、請求項1に記載の化合物。

請求項11

請求項1に記載の化合物と、界面活性剤固体希釈剤および液体希釈剤からなる群から選択される少なくとも1種のコンポーネントとを含む除草性組成物

請求項12

他の除草剤および除草剤毒性緩和剤からなる群から選択される少なくとも1種の追加の活性処方成分をさらに含む、請求項9に記載の除草性組成物。

請求項13

(a)請求項1に記載の化合物と、(b)(b1)〜(b16)から選択される少なくとも1種の追加の活性処方成分、および、(b1)〜(b16)の化合物の塩とを含む除草性混合物

請求項14

望ましくない植生成長防除する方法であって、前記植生またはその環境に除草的に有効な量の請求項1に記載の化合物を接触させるステップを含む方法。

技術分野

0001

本発明は、一定のピペリジノン、そのN−オキシドおよび塩、ならびに、組成物、ならびに、望ましくない植生防除するためのその使用方法に関する。

背景技術

0002

高い作物効率を達成するためには、望ましくない植生の防除がきわめて重要である。とりわけイネ、ダイズサトウダイコントウモロコシジャガイモコムギオオムギトマトおよびプランテーション作物などの、特に有用な作物における雑草成長を選択的に防除することがきわめて望ましい。このような有用な作物において雑草の成長を野放しにしておいた場合には、生産性が顕著に低下し、これにより、消費者に対するコストが増加してしまう可能性がある。非農耕領域における望ましくない植生の防除もまた重要である。多くの製品がこれらの目的のために市販されているが、より効果的であり、より安価であり、毒性が低く、環境に優しく、または、異なる作用部位を有する新規化合物に対する需要が継続して存在している。

課題を解決するための手段

0003

本発明は、そのN−オキシドおよび塩を含む式1の化合物(すべての立体異性体を含む)、これらを含有する農業用組成物、および、除草剤としてのその使用に関し:



式中、
Q1は、フェニル環またはナフタレニル環系であり、R7から独立して選択される5個以下の置換基任意選択により置換され;または、4〜7員複素環もしくは8〜10員二環であり、環もしくは環系の各々は、2個以下のO、2個以下のSおよび4個以下のN原子から独立して選択される1〜4個のヘテロ原子炭素原子とから選択される環員(式中、3個以下の炭素環員はC(=O)およびC(=S)から独立して選択され、ならびに、硫黄原子環員はS(=O)u(=NR8)vから独立して選択される)を含有し、環もしくは環系の各々は、炭素原子環員上のR7および窒素原子環員上のR9から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換されており;
Q2はフェニル環またはナフタレニル環系であり、R10から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換され;または、4〜7員複素環もしくは8〜10員二環であり、環もしくは環系の各々は、2個以下のO、2個以下のSおよび4個以下のN原子から独立して選択される1〜4個のヘテロ原子と炭素原子とから選択される環員(式中、3個以下の炭素環員はC(=O)およびC(=S)から独立して選択され、ならびに、硫黄原子環員はS(=O)u(=NR8)vから独立して選択される)を含有し、環もしくは環系の各々は、炭素原子環員上のR10および窒素原子環員上のR11から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換されており;
Y1およびY2は、各々独立して、O、SまたはNR12であり;
R1は、H、ヒドロキシアミノ、C1〜C6アルキルシアノ、ホルミル、C3〜C
アルキルカルボニルアルキル、−C(C1〜C4アルキル)=N−O(C1〜C4アルキル)、−C(O)NH2、C1〜C6ハロアルキル、C2〜C6アルケニル、C3〜C6アルキニル、C2〜C6シアノアキル、C3〜C6シクロアルキル、C4〜C8シクロアルキルアルキル、C2〜C8アルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルケニルアルキル、C2〜C8アルキルチオアルキル、C2〜C8アルキルスルフィニルアルキル、C2〜C8アルキルスルホニルアルキル、C2〜C8アルキルカルボニル、C2〜C8ハロアルキルカルボニル、C4〜C10シクロアルキルカルボニル、C5〜C10シクロアルキルカルボニルアルキル、C2〜C8アルコキシカルボニル、C2〜C8ハロアルコキシカルボニル、C4〜C10シクロアルコキシカルボニル、C2〜C8アルキルアミノカルボニル、C3〜C10ジアルキルアミノカルボニル、C4〜C10シクロアルキルアミノカルボニル、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6アルキルチオ、C1〜C6ハロアルキルチオ、C3〜C8シクロアルキルチオ、C1〜C6アルキルスルフィニル、C1〜C6ハロアルキルスルフィニル、C3〜C8シクロアルキルスルフィニル、C1〜C6アルキルスルホニル、C1〜C6ハロアルキルスルホニル、C3〜C8シクロアルキルスルホニル、C1〜C6アルキルアミノスルホニル、C2〜C8ジアルキルアミノスルホニル、C3〜C10トリアルキルシリル;または、アリールカルボニルアリールアルケニルアルキル、アリールカルボニルアルキルもしくは−CPh=N−O(C1〜C4アルキル)であり、各々は、環員上において、R13から独立して選択される5個以下の置換基;または、G1で任意選択により置換され;
R2およびR3は、各々独立して、H、ハロゲン、ヒドロキシ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキルもしくはC1〜C4アルコキシであり;または
R2およびR3は、これらが結合している炭素原子と一緒になって、C3〜C7シクロアルキル環を形成し;
R2AおよびR3Aは、各々独立して、H、ハロゲン、ヒドロキシ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキルもしくはC1〜C4アルコキシであり;または
R2AおよびR3Aは、これらが結合している炭素原子と一緒になって、C3〜C7シクロアルキル環またはC=Oを形成し;
R4およびR5は、各々独立して、H、ハロゲン、ヒドロキシ、C1〜C4アルコキシ、C1〜C4ハロアルキルまたはC1〜C4アルキルであり;
R6は、H、ヒドロキシ、アミノ、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、C2〜C6アルケニル、C3〜C6アルキニル、C2〜C8アルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルコキシアルキル、C2〜C8アルキルチオアルキル、C2〜C8アルキルスルフィニルアルキル、C2〜C8アルキルスルホニルアルキル、C2〜C8アルキルカルボニル、C2〜C8ハロアルキルカルボニル、C4〜C10シクロアルキルカルボニル、C2〜C8アルコキシカルボニル、C2〜C8ハロアルコキシカルボニル、C4〜C10シクロアルコキシカルボニル、C2〜C8アルキルアミノカルボニル、C3〜C10ジアルキルアミノカルボニル、C4〜C10シクロアルキルアミノカルボニル、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6アルキルチオ、C1〜C6ハロアルキルチオ、C3〜C8シクロアルキルチオ、C1〜C6アルキルスルフィニル、C1〜C6ハロアルキルスルフィニル、C3〜C8シクロアルキルスルフィニル、C1〜C6アルキルスルホニル、C1〜C6ハロアルキルスルホニル、C3〜C8シクロアルキルスルホニル、C1〜C6アルキルアミノスルホニル、C2〜C8ジアルキルアミノスルホニル、C3〜C10トリアルキルシリルまたはG1であり;
R6およびQ2は、これらが結合している窒素原子と一緒になって、8〜10員二環系を形成しており、環もしくは環系の各々は、2個以下のO、2個以下のSおよび4個以下のN原子から独立して選択される1〜4個のヘテロ原子と炭素原子とから選択される環員(式中、3個以下の炭素環員はC(=O)およびC(=S)から独立して選択され、ならびに、硫黄原子環員はS(=O)u(=NR8)vから独立して選択される)を含有し、環もしくは環系の各々は、炭素原子環員上のR10および窒素原子環員上のR11から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換されており;
各R7およびR10は、独立して、ハロゲン、ヒドロキシ、シアノ、ニトロ、アミノ、C1〜C8アルキル、C1〜C8シアノアルキル、C1〜C8シアノアルコキシ、C1〜C8ハロアルキル、C1〜C8ニトロアルキル、C2〜C8アルケニル、C2〜C8ハロアルケニル、C2〜C8ニトロアルケニル、C2〜C8アルキニル、C2〜C8ハロアルキニル、C3〜C8アルコキシアルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルコキシハロアルコキシ、C4〜C10シクロアルキルアルキル、C4〜C10ハロシクロアルキルアルキル、C5〜C12アルキルシクロアルキルアルキル、C5〜C12シクロアルキルアルケニル、C5〜C12シクロアルキルアルキニル、C3〜C8シクロアルキル、C3〜C8ハロシクロアルキル、C4〜C10アルキルシクロアルキル、C6〜C12シクロアルキルシクロアルキル、C3〜C8シクロアルケニル、C3〜C8ハロシクロアルケニル、C2〜C8ハロアルコキシアルコキシ、C2〜C8アルコキシアルコキシ、C2〜C8アルコキシアルキル、C2〜C8ハロアルコキシアルキル、C4〜C10シクロアルコキシアルキル、C3〜C10アルコキシアルコキシアルキル、C2〜C8アルキルチオアルキル、C2〜C8アルキルスルフィニルアルキル、C2〜C8アルキルスルホニルアルキル、C2〜C8アルキルアミノ、C2〜C8ジアルキルアミノ、C2〜C8ハロジアルキルアミノ、C2〜C8アルキルアミノアルキル、C2〜C8ハロアルキルアミノアルキル、C4〜C10シクロアルキルアミノアルキル、C3〜C10ジアルキルアミノアルキル、−CHO、C2〜C8アルキルカルボニル、C2〜C8ハロアルキルカルボニル、C4〜C10シクロアルキルカルボニル、−C(=O)OH、C2〜C8アルコキシカルボニル、C2〜C8ハロアルコキシカルボニル、C4〜C10シクロアルコキシカルボニル、C5〜C12シクロアルキルアルコキシカルボニル、−C(=O)NH2、C2〜C8アルキルアミノカルボニル、C4〜C10シクロアルキルアミノカルボニル、C3〜C10ジアルキルアミノカルボニル、C1〜C8アルコキシ、C1〜C8ハロアルコキシ、C2〜C8アルコキシアルコキシ、C2〜C8アルケニルオキシ、C2〜C8ハロアルケニルオキシ、C3〜C8アルキニルオキシ、C3〜C8ハロアルキニルオキシ、C3〜C8シクロアルコキシ、C3〜C8ハロシクロアルコキシ、C4〜C10シクロアルキルアルコキシ、C3〜C10アルキルカルボニルアルコキシ、C2〜C8アルキルカルボニルオキシ、C2〜C8ハロアルキルカルボニルオキシ、C4〜C10シクロアルキルカルボニルオキシ、C1〜C8アルキルスルホニルオキシ、C1〜C8ハロアルキルスルホニルオキシ、C1〜C8アルキルチオ、C1〜C8ハロアルキルチオ、C3〜C8シクロアルキルチオ、C1〜C8アルキルスルフィニル、C1〜C8ハロアルキルスルフィニル、C1〜C8アルキルスルホニル、C1〜C8ハロアルキルスルホニル、C3〜C8シクロアルキルスルホニル、ホルミルアミノ、C2〜C8アルキルカルボニルアミノ、C2〜C8ハロアルキルカルボニルアミノ、C3〜C8シクロアルキルアミノ、C2〜C8アルコキシカルボニルアミノ、C1〜C6アルキルスルホニルアミノ、C1〜C6ハロアルキルスルホニルアミノ、−SF5、−SCN、SO2NH2、C3〜C12トリアルキルシリル、C4〜C12トリアルキルシリルアルキルもしくはC4〜C12トリアルキルシリルアルコキシ;または、G2であり;
各R8は、独立して、H、シアノ、C2〜C3アルキルカルボニルまたはC2〜C3ハロアルキルカルボニルであり;
各R9およびR11は、独立して、シアノ、C1〜C3アルキル、C2〜C3アルケニル、C2〜C3アルキニル、C3〜C6シクロアルキル、C2〜C3アルコキシアルキル、C1〜C3アルコキシ、C2〜C3アルキルカルボニル、C2〜C3アルコキシカルボニル、C2〜C3アルキルアミノアルキルまたはC3〜C4ジアルキルアミノアルキルであり;
各R12は、独立して、H、シアノ、ヒドロキシ、CHO、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキル、C1〜C4アルコキシ、C2〜C6アルキルカルボニル、C2〜C6ハロアルキルカルボニル、−(C=O)CH3または−(C=O)CF3であり;
各G1は、独立して、フェニルフェニルメチル(すなわち、ベンジル)、ピリジニルメチルフェニルカルボニル(すなわち、ベンゾイル)、フェノキシフェニルエチニル
フェニルスルホニル、p−メトキシベンジルまたは5員もしくは6員芳香族複素環であり、各々は、環員上において、R13から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換され;
各G2は、独立して、フェニル、フェニルメチル(すなわち、ベンジル)、ピリジニルメチル、フェニルカルボニル(すなわち、ベンゾイル)、フェノキシ、フェニルエチニル、フェニルスルホニルまたは5員もしくは6員芳香族複素環であり、各々は、環員上において、R14から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換され;
各R13およびR14は、独立して、ハロゲン、シアノ、ヒドロキシ、アミノ、ニトロ、−CHO、−C(=O)OH、−C(=O)NH2、−SO2NH2、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、C2〜C6アルケニル、C2〜C6アルキニル、C2〜C8アルキルカルボニル、C2〜C8ハロアルキルカルボニル、C2〜C8アルコキシカルボニル、C4〜C10シクロアルコキシカルボニル、C5〜C12シクロアルキルアルコキシカルボニル、C2〜C8アルキルアミノカルボニル、C3〜C10ジアルキルアミノカルボニル、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6ハロアルコキシ、C2〜C8アルキルカルボニルオキシ、C1〜C6アルキルチオ、C1〜C6ハロアルキルチオ、C1〜C6アルキルスルフィニル、C1〜C6ハロアルキルスルフィニル、C1〜C6アルキルスルホニル、C1〜C6ハロアルキルスルホニル、C1〜C6アルキルアミノスルホニル、C2〜C8ジアルキルアミノスルホニル、C3〜C10トリアルキルシリル、C1〜C6アルキルアミノ、C2〜C8ジアルキルアミノ、C2〜C8アルキルカルボニルアミノ、C1〜C6アルキルスルホニルアミノ、フェニル、ピリジニルまたはチエニルであり;ならびに
uおよびvの各々は、独立して、S(=O)u(=NR8)vの各事例における0、1または2であり、ただし、uおよびvの和は0、1または2である。

0004

より具体的には、本発明は、式1の化合物(すべての立体異性体を含む)、そのN−オキシドまたは塩に関する。本発明はまた、本発明の化合物(すなわち、除草的に有効な量で)と界面活性剤固体希釈剤および液体希釈剤からなる群から選択される少なくとも1種のコンポーネントとを含む除草性組成物、他の除草剤および除草剤毒性緩和剤からなる群から選択される少なくとも1種の追加の活性処方成分を任意選択によりさらに含む組成物に関する。本発明は、植生または環境に除草的に有効な量の本発明の化合物を(例えば、本明細書に記載の組成物として)接触させるステップを含む望ましくない植生の成長を防除する方法にさらに関する。

0005

本発明はまた、以下に記載のとおり、(a)式1から選択される化合物、そのN−オキシドおよび塩と、(b)(b1)〜(b16)から選択される少なくとも1種の追加の活性処方成分と、(b1)〜(b16)の化合物の塩との除草性混合物包含する。

0006

本明細書において用いられるところ、「を含む(comprises)」、「を含んでいる(comprising)」、「を含む(includes)」、「を含んでいる(including)」、「を有する」、「を有している」、「を含有する」、「を含有している」、「により特徴付けられる」という用語、または、そのいずれかの他の変化形は、明示的に示されている任意の限定を条件として、非排他的な包含をカバーすることが意図されている。例えば、要素の一覧を含む組成物、混合物、プロセスまたは方法は、必ずしもこれらの要素にのみ限定されることはなく、明示的に列挙されていないか、または、このような組成物、混合物、プロセスもしくは方法に固有とされる他の要素が包含されていてもよい。

0007

「からなる(consisting of)」という移行は、特定されていない任意の要素、ステップまたは成分を除外する。特許請求の範囲中にある場合、このような句は
、特許請求の範囲を、通常関連する不純物類を除き、言及されたもの以外の材料の包含を限定するであろう。「からなる(consisting of)」という句が、プリアンブルの直後ではなく特許請求の範囲の本文の一文節中にある場合、これは、その文節中に規定されている要素のみを限定し;他の要素は、特許請求の範囲からは、全体としては除外されない。

0008

「基本的にからなる(consisting essentially of)」という移行句は、文字通り開示されているものに追加して、材料、ステップ、機構、コンポーネントまたは要素を含む組成物、方法を定義するために用いられているが、ただし、これらの追加の材料、ステップ、機構、コンポーネントまたは要素は、特許請求された発明の基本的および新規特徴に実質的に影響をおよぼさない。「基本的にからなる(consisting essentially of)」という用語は、「を含んでいる(comprising)」と、「からなる(consisting of)」との間の中間点を構成する。

0009

出願人らが、「を含んでいる(comprising)」などのオープンエンド形式の用語で発明またはその一部分を定義している場合、その記載は(別段の定めがある場合を除き)、「基本的にからなる(consisting essentially of)」または「からなる(consisting of)」という用語を用いてこのような発明を記載しているとも解釈されるべきであると、直ちに理解されるべきである。

0010

さらに、反する記載が明白にされていない限り、「あるいは、または、もしくは」は包含的論理和を指し、そして排他的論理和を指さない。例えば、条件AまたはBは、以下のいずれか1つによって満たされる:Aが真であり(または存在する)、そしてBがである(または存在しない);Aが偽であり(または存在しない)、そしてBが真である(または存在する);ならびに、AおよびBの両方が真である(または存在する)。

0011

また、本発明の要素または成分に先行する不定詞「a」および「an」は、要素または成分の事例(すなわち、存在)の数に関して比制限的であることが意図される。従って、「a」または「an」は、1つまたは少なくとも1つ、を含むと読解されるべきであり、要素または成分の単数形の語形は、その数が明らかに単数を意味しない限りにおいては複数をも包含する。

0012

本明細書において称されるところ、単独でまたは複合語で用いられる「実生」という用語は、種子の胚芽から成長する幼植物を意味する。

0013

本明細書において称されるところ、単独で、もしくは、「広葉雑草」などの語で用いられる「広葉」という用語は、2枚の子葉を有する胚芽により特徴付けられる被子植物の群の記載に用いられる用語である双子葉植物または双子葉植物を意味する。

0014

本明細書において用いられるところ、「アルキル化剤」という用語は、炭素原子を介して炭素含有ラジカルハロゲン化物またはスルホネートなどの脱離基に結合している化学化合物であって、この脱離基が、求核剤が前記炭素原子に対して結合することにより置換されることが可能である化学化合物を指す。別段の定めがある場合を除き、「アルキル化」という用語は、炭素含有ラジカルがアルキルに限定されるものではなく;アルキル化剤中の炭素含有ラジカルは、R1について特定されている多様な炭素結合置換ラジカルを含む。

0015

上記の言及において、単独で、または、「アルキルチオ」もしくは「ハロアルキル」などの複合語で用いられる「アルキル」という用語は、メチルエチル、n−プロピル、i
−プロピル、または、異なるブチルペンチルもしくはヘキシル異性体などの直鎖または分岐アルキルを含む。「アルケニル」とは、エテニル、1−プロペニル、2−プロペニル、ならびに、異なるブテニルペンテニルおよびヘキセニル異性体などの直鎖または分岐アルケンを含む。「アルケニル」はまた、1,2−プロパジエニルおよび2,4−ヘキサジエニルなどのポリエンを含む。「アルキニル」は、エチニル、1−プロピニル、2−プロピニル、ならびに、異なるブチニルペンチニルおよびヘキシニル異性体などの直鎖または分岐アルキンを含む。「アルキニル」はまた、2,5−ヘキサジイニルの複数の三重結合を含む部分を含むことが可能である。「C=O」は、「R2AおよびR3Aは、これらが結合している炭素原子と一緒になって、C3〜C7シクロアルキル環またはC=Oを形成する」という文脈におけるカルボニルである。

0016

「アルコキシ」としては、例えば、メトキシエトキシ、n−プロピルオキシイソプロピルオキシ、ならびに、異なるブトキシペントキシおよびヘキシルオキシ異性体が挙げられる。「アルコキシアルキル」は、アルキルにおけるアルコキシ置換を表す。「アルコキシアルキル」の例としては、CH3OCH2、CH3OCH2CH2、CH3CH2OCH2、CH3CH2CH2CH2OCH2およびCH3CH2OCH2CH2が挙げられる。「アルコキシカルボニル」は、カルボニルにおけるアルコキシ置換を示す。「アルコキシカルボニル」の例としては、CH3OC(=O)、CH3CH2OC(=O)およびCH3CH2CH2CH2OC(=O)が挙げられる。「アルコキシアルコキシアルキル」は、アルコキシアルキル部分のアルコキシ部分における少なくともアルコキシ置換を表す。「アルコキシアルコキシアルキル」の例としては、CH3OCH2OCH2−、CH3CH2O(CH3)CHOCH2−および(CH3O)2CHOCH2−が挙げられる。「アルコキシアルコキシ」は、アルコキシにおけるアルコキシ置換を表す。「アルケニルオキシ」は、直鎖または分岐アルケニルオキシ部分を含む。「アルケニルオキシ」の例としては、H2C=CHCH2O、(CH3)2C=CHCH2O、(CH3)CH=CHCH2O、(CH3)CH=C(CH3)CH2OおよびCH2=CHCH2CH2Oが挙げられる。「アルキニルオキシ」は、直鎖または分岐アルキニルオキシ部分を含む。「アルキニルオキシ」の例としては、HC≡CCH2O、CH3C≡CCH2OおよびCH3C≡CCH2CH2Oが挙げられる。「アルキルチオ」は、メチルチオエチルチオ、ならびに、異なるプロピルチオ、ブチルチオ、ペンチルチオおよびヘキシルチオ異性体などの分岐または直鎖アルキルチオ部分を含む。「アルキルスルフィニル」は、アルキルスルフィニル基の両方のエナンチオマーを含む。「アルキルスルフィニル」の例としては、CH3S(=O)−、CH3CH2S(=O)−、CH3CH2CH2S(=O)−、(CH3)2CHS(=O)−および異なるブチルスルフィニル、ペンチルスルフィニルおよびヘキシルスルフィニル異性体が挙げられる。「アルキルスルホニル」の例としては、CH3S(=O)2−、CH3CH2S(=O)2−、CH3CH2CH2S(=O)2−、(CH3)2CHS(=O)2−、ならびに、異なるブチルスルホニル、ペンチルスルホニルおよびヘキシルスルホニル異性体が挙げられる。「アルキルチオアルキル」は、アルキルにおけるアルキルチオ置換を表す。「アルキルチオアルキル」の例としては、CH3SCH2、CH3SCH2CH2、CH3CH2SCH2、CH3CH2CH2CH2SCH2およびCH3CH2SCH2CH2が挙げられる。「アルキルスルフィニルアルキル」は、アルキルにおけるアルキルスルフィニル置換を表す。「アルキルスルフィニルアルキル」の例としては、CH3S(=O)CH2、CH3S(=O)CH2CH2、CH3CH2S(=O)CH2およびCH3CH2S(=O)CH2CH2が挙げられる。「アルキルスルホニルアルキル」は、アルキルにおけるアルキルスルフィニル置換を表す。「アルキルスルフィニルアルキル」の例としては、CH3S(=O)2CH2、CH3S(=O)2CH2CH2、CH3CH2S(=O)2CH2およびCH3CH2S(=O)2CH2CH2が挙げられる。「アルキルアミノ」、「ジアルキルアミノ」等は上記の例と同様に定義される。「アルキルアミノアルキル」の例としては、CH3NHCH2−、(CH3)2CHNHCH2−およびCH3NHCH(CH3)−が挙げら
れる。「ジアルキルアミノアルキル」の例としては、(CH3)2NCH2−、(CH3)2NC(CH3)H−および(CH3)(CH3)NCH2−が挙げられる。「ジアルキルアミノカルボニル」の例としては、(CH3)2NC(=O)−が挙げられる。「ジアルキルアミノスルホニル」の例としては、(CH3)2NS(=O)2−が挙げられる。「アルコキシカルボニルアミノ」という用語は、カルボニルアミノ基のC(=O)部分に結合した直鎖または分岐アルコキシ部分を表す。「アルコキシカルボニルアミノ」の例としては、CH3OC(=O)NH−およびCH3CH2OC(=O)NH−が挙げられる。

0017

「シクロアルキル」としては、例えば、シクロプロピルシクロブチルシクロペンチルおよびシクロヘキシルが挙げられる。「アルキルシクロアルキル」という用語はシクロアルキル部分におけるアルキル置換を表し、例えば、i−エチルシクロプロピル、i−プロピルシクロブチル、3−メチルシクロペンチルおよび4−メチルシクロヘキシルを含む。「シクロアルキルアルキル」という用語は、アルキル部分におけるシクロアルキル置換を表す。「シクロアルキルアルキル」の例としては、シクロプロピルメチル、シクロペンチルエチル、および、直鎖または分岐アルキル基に結合した他のシクロアルキル部分が挙げられる。「シクロアルコキシ」という用語は、シクロペンチルオキシおよびシクロヘキシルオキシなどの酸素原子を介して結合するシクロアルキルを表す。「シクロアルキルアルコキシ」は、酸素原子を介して結合するシクロアルキル部分を表す。「シクロアルキルアミノ」は、アミノ基におけるシクロアルキル置換を表す。「シクロアルキルアルコキシ」の例としては、シクロプロピルメトキシ、シクロペンチルエトキシ、および、直鎖または分岐アルコキシ基に結合した他のシクロアルキル部分が挙げられる。「シクロアルケニル」は、シクロペンテニルおよびシクロヘキセニルなどの基、ならびに、1,3−および1,4−シクロヘキサジエニルなどの2つ以上の二重結合を有する基を含む。

0018

「ハロゲン」という用語は、単独で、もしくは、「ハロアルキル」などの複合語で、または、「ハロゲンで置換されたアルキル」などの記載において用いられる場合、フッ素塩素臭素またはヨウ素を含む。さらに、「ハロアルキル」などの複合語で用いられる場合、または、「ハロゲンで置換されたアルキル」などの記載において用いられる場合、前記アルキルは、同一であっても異なっていてもよいハロゲン原子で部分的にまたは完全に置換され得る。「ハロアルキル」または「ハロゲンで置換されたアルキル」の例としては、F3C、ClCH2、CF3CH2およびCF3CCl2が挙げられる。「ハロシクロアルキル」、「ハロアルコキシ」、「ハロアルキルチオ」、「ハロアルケニル」、「ハロアルキニル」、「ハロアルケニルオキシ」、「ハロアルキルカルボニルアミノ」、「ハロアルキルスルホニルアミノ」、「ハロアルキルスルホニルオキシ」、「ハロアルコキシアルキル」、「ハロアルキルカルボニルオキシ」、「ハロアルキルアミノアルキル」等という用語は、「ハロアルキル」という用語と同様に定義される。「ハロアルコキシ」の例としては、CF3O−、CCl3CH2O−、HCF2CH2CH2O−およびCF3CH2O−が挙げられる。「ハロアルキルチオ」の例としては、CCl3S−、CF3S−、CCl3CH2S−およびClCH2CH2CH2S−が挙げられる。「ハロアルキルスルフィニル」の例としては、CF3S(=O)−、CCl3S(=O)−、CF3CH2S(=O)−およびCF3CF2S(=O)−が挙げられる。「ハロアルキルスルホニル」の例としては、CF3S(=O)2−、CCl3S(=O)2−、CF3CH2S(=O)2−およびCF3CF2S(=O)2−が挙げられる。「ハロアルケニル」の例としては、(Cl)2C=CHCH2−およびCF3CH2CH=CHCH2−が挙げられる。「ハロアルケニルオキシ」の例としては、(Cl)2C=CHCH2O−およびCF3CH2CH=CHCH2O−が挙げられる。「ハロアルキニル」の例としては、HC≡CCHCl−、CF3C≡C−、CCl3C≡C−およびFCH2C≡CCH2−が挙げられる。「ハロアルコキシアルキル」の例としては、CF3OCH2−、ClCH2CH2OCH2CH2−、Cl3CCH2OCH2−、ならびに、分岐アルキル誘導体が挙げら
れる。「ハロアルコキシカルボニル」の例としては、CF3OC(=O)−、ClCH2CH2OCH2CH2−、Cl3CCH2OCH2OC(=O)−、ならびに、分岐アルキル誘導体が挙げられる。

0019

「アルキルカルボニル」は、C(=O)部分に結合した直鎖または分岐アルキル部分を表す。「アルキルカルボニル」の例としては、CH3C(=O)−、CH3CH2CH2C(=O)−および(CH3)2CHC(=O)−が挙げられる。「アルコキシカルボニル」の例としては、CH3OC(=O)−、CH3CH2OC(=O)−、CH3CH2CH2OC(=O)−、(CH3)2CHOC(=O)−および異なるブトキシ−またはペンタオキシカルボニル異性体が挙げられる。「シクロアルキルアルコキシカルボニル」は、アルコキシカルボニル部分の酸素原子に結合したシクロアルキルアルキル部分を表す。「シクロアルキルアルコキシカルボニル」の例としては、シクロプロピル−CH2OC(=O)−、シクロプロピル−CH(CH3)OC(=O)−およびシクロペンチル−CH2OC(=O)−が挙げられる。

0020

置換基中の炭素原子の総数接頭辞Ci〜Cj」によって示され、ここで、iおよびjは1〜12の数字である。例えば、C1〜C4アルキルスルホニルは、メチルスルホニル〜ブチルスルホニルを示し;C2アルコキシアルキルはCH3OCH2−を示し;C3アルコキシアルキルは、例えば、CH3CH(OCH3)−、CH3OCH2CH2−またはCH3CH2OCH2−を示し;ならびに、C4アルコキシアルキルは、合計で4個の炭素原子を含有するアルコキシ基で置換されたアルキル基の種々の異性体を示し、例としては、CH3CH2CH2OCH2−およびCH3CH2OCH2CH2−が挙げられる。

0021

前記置換基の数が1を超えていることが可能であることを示す下付文字を有する置換基で化合物が置換されている場合、前記置換基(これらが1を超えている場合)は、例えば、例えば、[R7)n](nは1、2、3、4または5)といった定義された置換基の群から独立して選択される。さらに、下付文字が例えば(R)i〜jといった範囲を示す場合、置換基の数は、i以上j以下の整数から選択され得る。群が例えばR1またはR2といった水素であることが可能である置換基を含んでいる場合においては、この置換基が水素とされる場合には、これは、前記基は無置換であることと等しいと認識される。例えばnが0であってもよい[R(7)n]といった、任意選択により、ある位置に様々な基が結合すると示されている場合、これら様々な基の定義において言及されていない場合であっても、水素がその位置にあってもよい。ある基における1つ以上の位置が「置換されていない」か、または、「無置換」であると言われる場合には、有効原子価を埋めるために水素原子が結合している。

0022

原子の環に関する「完全飽和」という表記は、環の原子間の結合がすべて単結合であることを意味する。環に関する「完全不飽和」という表記は、環の原子間の結合が原子価結合理論に従って単結合または二重結合であると共に、さらに、環の原子間の結合が、連続する二重結合を伴うことなく(すなわち、C=C=C、N=C=C等を含まない)、可能な限り多くの二重結合を含むことを意味する。環に関する「部分飽和」という用語は、隣接する環員に対して二重結合を介して結合する少なくとも1個の環員を含む環を表し、これは、概念的、かつ、潜在的に、存在する二重結合(すなわち、その部分飽和形態)の数よりも多くの、非連続二重結合(すなわち、その完全不飽和相対部形態)を隣接する環員を介して含む。完全不飽和環がヒュッケルの法則を満たす場合、これは芳香族とも呼ばれることが可能である。

0023

別段の定めがある場合を除き、式1のコンポーネント(例えば、置換基Q1)としての「環」または「環系」は、炭素環式または複素環式である。「環系」という用語は、2つ
以上の縮合環を表す。「二環系」および「縮合二環系」という用語は2つの縮合環からなる環系を表し、ここでは、別段の定めがある場合を除き、いずれの環も飽和、部分飽和または完全不飽和であることが可能である。「縮合ヘテロ二環系」という用語は、少なくとも1個の環原子炭素ではない縮合二環系を表す。「架橋二環系」は、1個または複数個の原子のセグメントを環の隣接していない環員に結合することにより形成される。「環員」という用語は、環または環系の主鎖を形成する原子または他の部分(例えば、C(=O)、C(=S)、S(O)またはS(O)2)を指す。

0024

「炭素環(carbocyclic ring)」、「炭素環(carbocycle)」または「炭素環系(carbocyclic ring system)」という用語は環または環系を表し、ここで、環主鎖を形成する原子は炭素からのみ選択される。別段の定めがある場合を除き、炭素環は、飽和、部分飽和または完全不飽和環であることが可能である。完全不飽和炭素環がヒュッケルの法則を満たす場合、前記環は「芳香族環」とも呼ばれる。「飽和炭素環式」は、単結合によって互いに結合された炭素原子からなる主鎖を有する環を指し;別段の規定がある場合を除き、残りの炭素原子価は水素原子によって占有される。

0025

複素環(heterocyclic ring)」、「複素環(heterocycle)」または「複素環系(heterocyclic ring system)」という用語は環または環系を表し、ここでは、環主鎖を形成する少なくとも1個の原子が炭素ではなく、例えば、窒素酸素または硫黄である。典型的には、複素環は、4個未満の窒素、2個未満の酸素、および、2個未満の硫黄を含有する。別段の定めがある場合を除き、複素環は、飽和、部分飽和または完全不飽和環であることが可能である。完全不飽和複素環がヒュッケルの法則を満たす場合、前記環は「芳香族複素環」または「芳香族複素環」とも呼ばれる。別段の定めがある場合を除き、複素環および環系は、いずれかの利用可能な炭素または窒素上の水素を置換することにより、これらの炭素または窒素を介して結合していることが可能である。

0026

「芳香族」は、環原子の各々が基本的に同一の面内にあり、環面に垂直なp−軌道を有しており、ヒュッケルの法則に従うよう、(4n+2)個のπ電子(式中、nは正の整数である)が環に付随していることを示す。「芳香族環または環系」という用語は、環または環系の少なくとも1つの環が芳香族である炭素環または複素環または環系を示す。「芳香族環または環系」という用語はまた、「アリール」とも称される。5〜12の環員を含有する「アリール」という用語は、単独で、または、「アリールカルボニル」などの複合語で用いられることが可能である。「アリールカルボニル」は、C(=O)部分に結合したアリール基を示す。「アリールアルケニルアルキル」および「アリールカルボニルアルキル」という用語は同様に定義される。「アリール」「芳香族環系」という用語は炭素環式または複素環系を表し、ここで、環系の少なくとも1つの環は芳香族である。「芳香族炭素環系」という用語は炭素環系を表し、ここで、環系の少なくとも1つの環は芳香族である。「芳香族複素環系」という用語は複素環系を表し、環系の少なくとも1つの環は芳香族である。「非芳香族環系」という用語は、完全飽和、ならびに、部分飽和または完全不飽和であり得る炭素環系または複素環系を表すが、ただし、環系中の環はいずれも芳香族ではない。環系中の環が芳香族ではない「非芳香族炭素環系」という用語。「非芳香族複素環系」という用語は、環系中の環が芳香族ではない複素環系を表す。

0027

複素環と関連する「任意選択により置換された」という用語は、無置換の基であるか、または、無置換の類似体が有する生物学的活性消失させない少なくとも1個の水素ではない置換基を有する基を指す。本明細書において用いられるところ、別段の定めがある場合を除き、以下の定義が適用されるべきである。「任意選択により置換された」という用語は、「置換または無置換の」という句、または、「(無)置換の」という用語と同義
用いられる。別段の定めがある場合を除き、任意選択により置換された基は、基における置換可能な位置の各々に置換基を有し得、ここで、各置換は互いに独立している。

0028

Q1またはQ2が5員もしくは6員窒素含有複素環である場合、別段の定めがある場合を除き、これは、いずれかの利用可能な炭素または窒素環原子を介して式1の残部に結合していてもよい。上記のとおり、Q1およびQ2は(とりわけ)、発明の概要で定義されている置換基の群から選択される1個または複数個の置換基で任意選択により置換されたフェニルであることが可能である。0〜5個の置換基で任意選択により置換されたフェニルの例は明細表1においてU−1として示されている環であり、式中、例えば、Rvは、Q1について発明の概要で定義されているとおりR7であり、または、Rvは、Q2について発明の概要で定義されているとおりR10であり、rは整数(0〜5)である。

0029

上記のとおり、Q1およびQ2は(とりわけ)、発明の概要で定義されている置換基の群から選択される1個または複数個の置換基で任意選択により置換された5員もしくは6員完全不飽和複素環であることが可能である。1個または複数個の置換基で任意選択により置換された5員もしくは6員不飽和芳香族複素環の例としては、明細表1に示されている環U−2〜U−61が挙げられ、式中、RvはQ1およびQ2について発明の概要で定義されているとおりいずれかの置換基であり、rは0〜4の整数であって、各U基における利用可能な位置の数によって限定される。U−29、U−30、U−36、U−37、U−38、U−39、U−40、U−41、U−42およびU−43は利用可能な位置が1つだけであるため、これらのU基についてrは整数0または1に限定され、rが0であるとは、U基が無置換であり、(Rv)rによって示されている位置に水素が存在していることを意味する。

0030

0031

0032

0033

上記のとおり、Q1およびQ2は(とりわけ)、Q1およびQ2について発明の概要で定義されている置換基の群から選択される1個または複数個の置換基で任意選択により置換された8員、9員もしくは10員芳香族複素環二環系であることが可能である。1個または複数個の置換基で任意選択により置換された8員、9員もしくは10員芳香族複素環二環系の例としては、明細表2に示されている環U−62〜U−100が挙げられ、式中、RvはQ1またはQ2について発明の概要で定義されているとおりいずれかの置換基であり、rは、典型的には、0〜4の整数である。

0034

0035

0036

構造U−1〜U−100においてRv基が示されているが、これらは任意選択の置換基であるために存在している必要はないことに注目されたい。RvがHであってある原子に結合している場合、これは、前記原子が無置換であることと同じであることに注目されたい。その原子価を埋めるために置換が必要とされる窒素原子はHまたはRvで置換される。(Rv)rとU基との結合点が浮いて示されている場合、(Rv)rは、U基のいずれかの利用可能な炭素原子または窒素原子に結合していることが可能であることに注目されたい。U基における結合点が浮いて示されている場合、U基は、水素原子を置換することによりU基のいずれかの利用可能な炭素または窒素を介して式1の残部に結合可能であることに注目されたい。より優れた除草活性のために、U基は、U基の完全不飽和環上の利
用可能な炭素または窒素を介して式1の残部に結合していることが好ましい。いくつかのU基は、5個未満のRv基(例えば、U−2〜U−5、U−7〜U−48およびU−52〜U−61)でのみ置換されていることが可能であることに注目されたい。

0037

上記のとおり、R6およびQ2は、これらの両方が結合している窒素原子と一緒になって8〜10員二環系を形成することが可能である。いくつかの例が明細表3に示されている。

0038

本開示および特許請求の範囲において、「ピペリジノン」という用語、および、「ピペリジノン環」などの関連する用語は、Chemical Abstracts命名システム準拠して2−オキソ−ピペリジン誘導体を指し、特定の文脈によって酸素に限定されていない限りにおいては、Y1としてSまたはNR12によって2−オキソ部分の酸素原子が置換された誘導体が含まれる。

0039

芳香族および非芳香族複素環および環系の調製を実現する広く多様な合成方法が技術分野において公知である;広範な概説については、全8巻のComprehensive Heterocyclic Chemistry,A.R.Katritzky and
C.W.Rees editors−in−chief,Pergamon Press,Oxford,1984および全12巻のComprehensive Heterocyclic Chemistry II,A.R.Katritzky,C.W.Rees and E.F.V.Scriven editors−in−chief,Pergamon Press,Oxford,1996を参照のこと。

0040

本発明の化合物は1種以上の立体異性体として存在することが可能である。種々の立体異性体は、エナンチオマー、ジアステレオマーアトロプ異性体および幾何異性体を含む。立体異性体は、化学構造が同等であるが、空間中における原子の配置が異なる異性体であり、エナンチオマー、ジアステレオマー、シス−トランス異性体(幾何異性体としても知られている)およびアトロプ異性体を含む。アトロプ異性体は、異性体種の単離が可能であるほどに回転障壁が高い単結合に係る回転の制限によりもたらされる。当業者は、1種の立体異性体が他の立体異性体と比して富化された場合に、または、他の立体異性体から分離された場合に、より活性であり得および/または有益な効果を発揮し得ることを認めるであろう。さらに、当業者には、前記立体異性体をどのように分離し、富化し、および/または選択的に調製するかは公知である。本発明の化合物は、立体異性体の混合物、独立した立体異性体、または、光学的に活性な形態として存在していてもよい。特に、R4およびR5の各々がHである場合、C(=Y2)N(Q2)(R6)およびQ1置換基は、典型的には、ピペリジノン環において、主に熱力学的に好ましいトランス立体配置とされる。

0041

例えば、以下に示されているとおり、環式アミド環の3位の炭素に結合しているC(O)N(Q2)(R6)部分(すなわち、Y1およびY2が共にOであり;ならびに、Jが−CR2R3−であり、および、R2およびR3が共にHである式1におけるもの)と、ピペリジノン環の4位の炭素に結合しているQ1とは、一般に、トランス立体配置で見い
だされる。これらの2個の炭素原子は共にキラル中心を有する。最も一般的なエナンチオマーの対は、式1’および式1’’に示されているとおりである。本発明はすべての立体異性体に関連するが、生物学的な運用に関して好ましいエナンチオマーは式1’であるとして特定されている。立体異性のすべての態様の包括的な考察に関しては、Ernest
L.Eliel and Samuel H.Wilen,Stereochemistry of Organic Compounds,John Wiley & Sons,1994を参照のこと。

0042

当業者はまた、ピペリジノン環における5位または6位の炭素原子はまた、式1’’’において示されているとおり(*)によって明示されている立体中心を含有することを認識するであろう。本発明はすべての立体異性体に関するものであり、従って、R2およびR3、または、R2AおよびR3Aのいずれかが同一の置換基ではない場合には、ジアステレオマーの混合物である可能性がある。

0043

本明細書における分子描写は、立体化学の描写に関して標準的な慣例に従っている。立体構造を示すために、図面の紙面から上方に見ている者に向かっている結合は黒塗りくさびによって示されており、ここでは、くさびの幅広い側が見ている者に向かって図面の紙面の上方にある原子に結合している。図面の紙面の下方に向かって見ている者から離れていく結合は破線のくさびによって示されており、ここでは、くさびの狭い側が見ている者からさらに離れている原子に結合している。一定幅の線は、黒塗りまたは破線のくさびで示されている結合に対して、反対の方向またはどちらでもない方向の結合を示し;一定幅の線はまた、特定の立体構造を示すことが意図されていない分子または分子の一部における結合を示す。

0044

本発明は、例えば、式1’および1’’(および、任意選択により1’’’)のエナンチオマーが等量であるラセミ混合物をも含む。本発明は、ラセミ混合物と比して式1のエナンチオマーで富化されている化合物を含む。また、例えば、式1’および式1”といった、式1の化合物の実質的に純粋なエナンチオマーを含む。

0045

鏡像異性体的に富化されている場合、1種のエナンチオマーは他のエナンチオマーより
も多量に存在しており、富化の程度は、キラル高速液体クロマトグラフィーによって判定される2種のエナンチオマーの相対的な面積%として表される鏡像異性体比ER)の式によって定義されることが可能である。

0046

好ましくは、本発明の組成物は、より活性な異性体について、少なくとも50%ER;より好ましくは、少なくとも75%ER;さらにより好ましくは少なくとも90%ER;および、最も好ましくは少なくとも94%ERを有する。特に注目すべきは、より活性な異性体の鏡像異性体的に純粋な実施形態である。

0047

式1の化合物は、追加のキラル中心を含んでいることが可能である。例えば、R2、R3およびR6などの置換基および他の分子成分は、それら自体がキラル中心を含有するものであってもよい。本発明は、ラセミ混合物、ならびに、これらの追加のキラル中心に係る立体構造が富化されたものおよび実質的に純粋なものを含む。

0048

本発明の化合物は、式1中のアミド結合C(O)N(Q2)(R6)に係る回転の制限により、1種以上の配座異性体として存在することが可能である。本発明は、配座異性体の混合物を含む。加えて、本発明は1種の配座異性体が他のものに比して富化されている化合物を含む。式1の化合物は、典型的には2種以上の形態で存在し、それ故、式1は、これらが表す化合物のすべての結晶性および非結晶形態を含む。非結晶形態は、ワックスおよびガムなどの固形分である実施形態、ならびに、溶液および溶融物などの液体である実施形態を含む。結晶形態は、基本的に単結晶タイプを表す実施形態、および、異形体の混合物を表す実施形態(すなわち、異なる結晶性タイプ)を含む。「異形体」という用語は、異なる結晶形態で結晶化可能である化学化合物の特定の結晶形態を指し、これらの形態は、結晶格子中に分子の異なる配置および/または配座を有する。異形体は同一の化学的組成を有していることが可能であるが、これらはまた、格子中に弱くまたは強固に結合していることが可能である共結晶化水または他の分子の存在または不在により組成が異なっていることが可能である。異形体は、結晶形状密度硬度、色、化学的定性融点吸湿性懸垂性、溶解速度および生物学的利用可能性と同様にこのような化学的、物理的および生物学的特性が異なっていることが可能である。当業者は、式1の化合物の異形体は、式1の同一の化合物の他の異形体または異形体の混合物と比して、有益な効果(例えば、有用な配合物の調製に対する適合性、向上した生物学的性能)を示す可能性があることを認めるであろう。式1の化合物の特定の異形体の調製および単離は、例えば、選択された溶剤および温度を用いる結晶化を含む当業者に公知の方法により達成されることが可能である。異形性に係る包括的な考察については、R.Hilfiker,Ed.,Polymorphism,in the Pharmaceutical Industry,Wiley−VCH,Weinheim,2006を参照のこと。

0049

当業者は、窒素は酸化物への酸化のために利用可能な孤立電子対を必要とするため、すべての窒素含有複素環がN−オキシドを形成可能ではないことを認めるであろう;当業者は、N−オキシドを形成可能である窒素含有複素環を認識するであろう。当業者はまた、第三級アミンはN−オキシドを形成可能であることを認識するであろう。複素環のN−オキシドおよび第三級アミンの調製に係る合成方法は当業者によりきわめて周知であり、過酢酸およびm−クロ安息香酸MCPBA)などのペルオキシ酸過酸化水素、t−ブチルヒドロ過酸化物などのアルキルヒドロ過酸化物、過ホウ酸ナトリウム、ならびに、ジメチルジオキシランなどのジオキシランによる複素環および第三級アミンの酸化が含まれる。N−オキシドの調製に係るこれらの方法は、文献中において広範に記載および概説されており、例えば:T.L.Gilchrist,Comprehensive Organic Synthesis,vol.7,pp 748−750,S.V.Ley,Ed.,Pergamon Press;M.Tisler and B.Stanovnik,Comprehensive Heterocyclic Chemistry
,vol.3,pp 18−20,A.J.Boulton and A.McKillop,Eds.,Pergamon Press;M.R.Grimmett and B.R.T.Keene,Advances in Heterocyclic Chemistry,vol.43,pp 149−161,A.R.Katritzky,Ed.,Academic Press;M.Tisler and B.Stanovnik,Advances in Heterocyclic Chemistry,vol.9,pp 285−291,A.R.Katritzky and A.J.Boulton,Eds.,Academic Press;および、G.W.H.Cheeseman and E.S.G.Werstiuk,Advances in Heterocyclic Chemistry,vol.22,pp 390−392,A.R.Katritzky and A.J.Boulton,Eds.,Academic
Pressを参照のこと。

0050

当業者は、環境において、および、生理的条件下では、化学化合物の塩は対応する非塩形態平衡状態にあるため、塩は、非塩形態の生物学的実用性共有することを認識している。それ故、式1の化合物の広く多様な塩が望ましくない植生の防除に有用である(すなわち、農学的に好適である)。式1の化合物の塩としては、臭化水素酸塩酸硝酸リン酸硫酸酢酸酪酸フマル酸乳酸マレイン酸マロン酸シュウ酸プロピオン酸サリチル酸酒石酸、4−トルエンスルホン酸または吉草酸などの無機酸または有機酸との酸付加塩が挙げられる。式1の化合物がカルボン酸またはフェノールなどの酸性部分を含有する場合、塩としてはまた、ピリジントリエチルアミンもしくはアンモニアなどの有機もしくは無機塩基と形成されるもの、または、ナトリウムカリウムリチウムカルシウムマグネシウムもしくはバリウムアミド水素化物水酸化物もしくは炭酸塩が挙げられる。従って、本発明は、式1から選択される化合物、そのN−オキシドおよび農学的に好適な塩を含む。

0051

発明の概要に記載の本発明の実施形態は以下を含む(以下の実施形態において用いられる式1がそのN−オキシドおよび塩を含む場合)。

0052

実施形態1.式1の化合物であって、式中、Q1は、R7から独立して選択される5個以下の置換基で任意選択により置換されているフェニル環である。

0053

実施形態2.実施形態1の化合物であって、式中、Q1は、R7から独立して選択される1〜3個の置換基で置換されたフェニル環である。

0054

実施形態3.実施形態2の化合物であって、式中、Q1は、R7から独立して選択される1〜2個の置換基で置換されているフェニル環である。

0055

実施形態4.式1または実施形態1〜3のいずれか一つの化合物であって、式中、Q1は、メタ位(例えば、3位)またはパラ位(4位)(および、任意選択により他の置換基)に、R7から選択される置換基を有するフェニル環である。

0056

実施形態5.実施形態4の化合物であって、式中、Q1は、メタ位(および、任意選択により他の置換基)に、R7から選択される置換基を有するフェニル環である。

0057

実施形態6.実施形態4の化合物であって、式中、Q1は、パラ位(および、任意選択により他の置換基)に、R7から選択される置換基を有するフェニル環である。

0058

実施形態7.式1または実施形態1〜6のいずれか一つの化合物であって、式中、Q1がR7から選択される少なくとも2個の置換基で置換されたフェニル環である場合、1個
の置換基はメタ位に位置しており、少なくとも1個の他の置換基は隣接するパラ位(フェニル環の)に位置している。

0059

実施形態8.式1または実施形態1〜7のいずれか一つの化合物であって、式中、Q1は、メタ位もしくはパラ位においてR7から選択される1個の置換基で置換されているか、または、R7から独立して選択される2個の置換基で置換されている(ここで、一方の置換基はメタ位に位置されており、および、他方の置換基は隣接するパラ位に位置されている)フェニル環である。

0060

実施形態9.実施形態8の化合物であって、式中、Q1は、メタ位においてR7から選択される1個の置換基で置換されているか、または、R7から独立して選択される2個の置換基で置換されている(ここで、一方の置換基はメタ位に位置されており、および、他方の置換基は隣接するパラ位に位置されている)フェニル環である。

0061

実施形態10.実施形態8の化合物であって、式中、Q1は、パラ位においてR7から選択される1個の置換基で置換されているか、または、R7から独立して選択される2個の置換基で置換されている(ここで、一方の置換基はメタ位に位置されており、および、他方の置換基は隣接するパラ位に位置されている)フェニル環である。

0062

実施形態11.式1または実施形態1〜10のいずれか一つの化合物であって、式中、Q2は、R10から独立して選択される5個以下の置換基で置換されているフェニル環である。

0063

実施形態12.実施形態11の化合物であって、式中、Q2は、R10から独立して選択される1〜3個の置換基で置換されたフェニル環である。

0064

実施形態13.実施形態12の化合物であって、式中、Q2は、R10から独立して選択される1〜2個の置換基で置換されているフェニル環である。

0065

実施形態14.式1または実施形態1〜13のいずれか一つの化合物であって、式中、Q2は、オルト位(例えば、2位)にR10から選択される少なくとも1個の置換基(および、任意選択により他の置換基)を有するフェニル環である。

0066

実施形態15.式1または実施形態1〜14のいずれか一つの化合物であって、式中、Q2がR10から選択される少なくとも2個の置換基で置換されたフェニル環である場合、少なくとも1個の置換基はオルト位に位置しており、および、少なくとも1個の置換基は隣接するメタ位(フェニル環の)に位置している。

0067

実施形態16.式1または実施形態1〜15のいずれか一つの化合物であって、式中、Q2は、オルト位においてR10から選択される1個の置換基で置換されているか、または、R10から独立して選択される2個の置換基(ここで、一方の置換基はオルト位に位置しており、および、他方の置換基は隣接するメタ位に位置している)で置換されているフェニル環である。

0068

実施形態17.式1または実施形態1〜16のいずれか一つの化合物であって、式中、各R7およびR10は、独立して、ハロゲン、シアノ、ニトロ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキル、C2〜C4アルケニル、C2〜C4ハロアルケニルC2〜C4アルキニル、C2〜C4ハロアルキニル、C1〜C4ニトロアルキル、C2〜C4ニトロアルケニル、C2〜C4アルコキシアルキル、C2〜C4ハロアルコキシアルキル、C3〜C4シクロアルキル、C3〜C4ハロシクロアルキル、C1〜C4アルコキシ、C1〜C
4ハロアルコキシ、C2〜C4アルケニルオキシ、C2〜C4ハロアルケニルオキシ、C3〜C4アルキニルオキシ、C3〜C4ハロアルキニルオキシ、C3〜C4シクロアルコキシ、C1〜C4アルキルチオ、C1〜C4ハロアルキルチオ、C1〜C4アルキルスルフィニル、C1〜C4ハロアルキルスルフィニル、C1〜C4アルキルスルホニル、C1〜C4ハロアルキルスルホニル、C2〜C4アルキルカルボニル、C2〜C4アルキルカルボニルオキシ、C1〜C4アルキルスルホニルオキシ、C1〜C4ハロアルキルスルホニルオキシ、C1〜C4アルキルアミノ、C2〜C4ジアルキルアミノ、ホルミルアミノ、C2〜C4アルキルカルボニルアミノ、−SF5、−SCN、C3〜C4トリアルキルシリル、トリメチルシリルメチルまたはトリメチルシリルメトキシである。

0069

実施形態18.実施形態17の化合物であって、式中、各R7は、独立して、ハロゲン、シアノ、C1〜C2アルキル、C1〜C3ハロアルキルまたはC1〜C3アルキルスルホニルである。

0070

実施形態19.実施形態18の化合物であって、式中、各R7は、独立して、ハロゲンまたはC1〜C2ハロアルキルである。

0071

実施形態20.実施形態19の化合物であって、式中、各R7は、独立して、ハロゲンまたはC1ハロアルキルである。

0072

実施形態21.実施形態20の化合物であって、式中、各R7は、独立して、ハロゲンまたはC1フルオロアルキルである。

0073

実施形態22.実施形態21の化合物であって、式中、各R7は、独立して、ハロゲンまたはCF3である。

0074

実施形態23.実施形態22の化合物であって、式中、各R7は、独立して、F、Cl、BrまたはCF3である。

0075

実施形態24.実施形態23の化合物であって、式中、各R7は、独立して、FまたはCF3である。

0076

実施形態25.実施形態23または24の化合物であって、式中、1個以下のみのCF3置換基が存在していると共に、Q1フェニル環のメタ位もしくはパラ位に位置している。

0077

実施形態26.実施形態25の化合物であって、式中、1個以下のみのCF3置換基が存在していると共に、Q1フェニル環のメタ位に位置している。

0078

実施形態27.実施形態25の化合物であって、式中、1個以下のみのCF3置換基が存在していると共に、Q1フェニル環のパラ位に位置している。

0079

実施形態28.実施形態17〜27のいずれか一つの化合物であって、式中、各R10は、独立して、ハロゲン、シアノ、ニトロ、C1〜C2アルキル、C1〜C3ハロアルキルまたはC1〜C3アルキルスルホニルである。

0080

実施形態29.実施形態28の化合物であって、式中、各R10は、独立して、ハロゲンまたはC1〜C2ハロアルキルである。

0081

実施形態30.実施形態29の化合物であって、式中、各R10は、独立して、ハロゲ
ンまたはC1ハロアルキルである。

0082

実施形態31.実施形態30の化合物であって、式中、各R10は、独立して、ハロゲンまたはC1フルオロアルキルである。

0083

実施形態32.実施形態31の化合物であって、式中、各R10は、独立して、ハロゲンまたはCF3である。

0084

実施形態33.実施形態32の化合物であって、式中、各R10は、独立して、F、Cl、BrまたはCF3である。

0085

実施形態34.実施形態33の化合物であって、式中、各R10は、独立して、FまたはCF3である。

0086

実施形態35.実施形態34の化合物であって、式中、各R10はFである。

0087

実施形態36.式1または実施形態1〜35のいずれか一つの化合物であって、式中、独立して、各R9およびR11は、独立して、HまたはC1〜C2アルキルである。

0088

実施形態37.実施形態36の化合物であって、式中、独立して、各R9およびR11はCH3である。

0089

実施形態38.式1または実施形態1〜37のいずれか一つの化合物であって、式中、Y1はOである。

0090

実施形態39.式1または実施形態1〜38のいずれか一つの化合物であって、式中、Y2はOである。

0091

実施形態39a.式1または実施形態1〜38のいずれか一つの化合物であって、式中、R1はHまたはC1〜C6アルキルである。

0092

実施形態40.実施形態39aの化合物であって、式中、R1はHまたはCH3である。

0093

実施形態41.実施形態40の化合物であって、式中、R1はHである。

0094

実施形態41a.実施形態40の化合物であって、式中、R1はCH3である。

0095

実施形態42.式1または実施形態1〜41aのいずれか一つの化合物であって、式中、R2はHまたはCH3である。

0096

実施形態43.実施形態42の化合物であって、式中、R2はHである。

0097

実施形態44.式1または実施形態1〜43のいずれか一つの化合物であって、式中、R3はHまたはCH3である。

0098

実施形態45.実施形態44の化合物であって、式中、R3はHである。

0099

実施形態46.式1または実施形態1〜45のいずれか一つの化合物であって、式中、R2AはHまたはCH3である。

0100

実施形態47.実施形態46の化合物であって、式中、R2AはHである。

0101

実施形態48.式1または実施形態1〜47のいずれか一つの化合物であって、式中、R3AはHまたはCH3である。

0102

実施形態49.実施形態48の化合物であって、式中、R3AはHである。

0103

実施形態50.式1または実施形態1〜49のいずれか一つの化合物であって、式中、R4はHまたはCH3である。

0104

実施形態51.実施形態50の化合物であって、式中、R4はHである。

0105

実施形態52.式1または実施形態1〜51のいずれか一つの化合物であって、式中、R5はHまたはCH3である。

0106

実施形態53.実施形態52の化合物であって、式中、R5はHである。

0107

実施形態54.式1または実施形態1〜53のいずれか一つの化合物であって、式中、R6はHまたはCH3である。

0108

上記の実施形態1〜54を含む本発明の実施形態、ならびに、本明細書に記載のいずれかの他の実施形態は、任意の様式に組み合わされることが可能であり、実施形態における可変要素の記載は、式1の化合物だけではなく、式1の化合物の調製に有用な出発化合物および中間体化合物にも関する。加えて、上記の実施形態1〜54を含む本発明の実施形態、ならびに、本明細書に記載のいずれかの他の実施形態、ならびに、いずれかのこれらの組み合わせは、本発明の組成物および方法に関する。

0109

実施形態1〜54の組み合わせは以下により例示される。
実施形態A.式1の化合物であって、式中、
各R7およびR10は、独立して、ハロゲン、シアノ、ニトロ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキル、C2〜C4アルケニル、C2〜C4ハロアルケニルC2〜C4アルキニル、C2〜C4ハロアルキニル、C1〜C4ニトロアルキル、C2〜C4ニトロアルケニル、C2〜C4アルコキシアルキル、C2〜C4ハロアルコキシアルキル、C3〜C4シクロアルキル、C3〜C4ハロシクロアルキル、C1〜C4アルコキシ、C1〜C4ハロアルコキシ、C2〜C4アルケニルオキシ、C2〜C4ハロアルケニルオキシ、C3〜C4アルキニルオキシ、C3〜C4ハロアルキニルオキシ、C3〜C4シクロアルコキシ、C1〜C4アルキルチオ、C1〜C4ハロアルキルチオ、C1〜C4アルキルスルフィニル、C1〜C4ハロアルキルスルフィニル、C1〜C4アルキルスルホニル、C1〜C4ハロアルキルスルホニル、C2〜C4アルキルカルボニル、C2〜C4アルキルカルボニルオキシ、C1〜C4アルキルスルホニルオキシ、C1〜C4ハロアルキルスルホニルオキシ、C1〜C4アルキルアミノ、C2〜C4ジアルキルアミノ、ホルミルアミノ、C2〜C4アルキルカルボニルアミノ、−SF5、−SCN、C3〜C4トリアルキルシリル、トリメチルシリルメチルまたはトリメチルシリルメトキシであり;ならびに
各R9およびR11は、独立して、HまたはC1〜C2アルキルである。

0110

実施形態B.実施形態Aの化合物であって、式中、
Y1およびY2は各々Oであり;
R1はHまたはC1〜C6アルキルであり;ならびに
R2、R3、R2A、R3A、R4、R5およびR6は各々Hである。

0111

実施形態C.実施形態Bの化合物であって、式中、
R1はHまたはMeである。

0112

実施形態D.実施形態Cの化合物であって、式中、
Q1は、R7から独立して選択される1〜3個の置換基で置換されたフェニル環であり;および
Q2は、R10から独立して選択される1〜3個の置換基で置換されたフェニル環である。

0113

実施形態E.実施形態Dの化合物であって、式中、
各R7は、独立して、ハロゲン、シアノ、C1〜C2アルキル、C1〜C3ハロアルキルまたはC1〜C3アルキルスルホニルであり;および
各R10は、独立して、ハロゲン、シアノ、ニトロ、C1〜C2アルキル、C1〜C3ハロアルキルまたはC1〜C3アルキルスルホニルである。

0114

実施形態F.実施形態Eの化合物であって、式中、
Q1は、メタ位もしくはパラ位においてR7から選択される1個の置換基で置換されているか、または、R7から独立して選択される2個の置換基(ここで、一方の置換基はメタ位に位置しており、および、他方の置換基がパラ位に位置している)で置換されているフェニル環であり;および
Q2は、オルト位においてR10から選択される1個の置換基で置換されているか、または、R10から独立して選択される2個の置換基(ここで、一方の置換基はオルト位に位置しており、および、他方の置換基は隣接するメタ位に位置している)で置換されているフェニル環である。

0115

実施形態G.実施形態Fの化合物であって、式中、
各R7は、独立して、FまたはCF3であり;および
各R10はFである。

0116

特定の実施形態としては、
N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物9);
2−オキソ−N−[2−(トリフルオロメチル)フェニル)−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物10);
N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[4−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物11);
(3S,4S)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−4−(4−フルオロフェニル)−1−メチル−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物52);
4−[3−(ジフルオロメチル)フェニル]−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物49);
(3R,4S)−4−(3−クロロフェニル)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物42);
4−(3−クロロフェニル)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物36);
2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−N−(2,3,4−トリフルオロフェニル)−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物30);
(3R,4S)−N−(3−クロロ−2−フルオロフェニル)−2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物25);
(3R,4S)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[4−(ト
リフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物22);および
(3R,4S)−N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物21)
からなる群から選択される式1の化合物が挙げられる。

0117

本発明はまた、植生の生息地に、除草に有効な量の本発明の化合物(例えば、本明細書に記載の組成物として)を適用するステップを含む望ましくない植生の防除方法に関する。使用方法に関連する実施形態として注目すべきは、上記の実施形態の化合物が関与するものである。本発明の化合物は、コムギ、オオムギ、トウモロコシ、ダイズ、ヒマワリ、綿、アブラナおよびイネなどの作物、ならびに、サトウキビ柑橘類果実およびナッツ作物などの専門作物における雑草の選択的な防除に特に有用である。

0118

上記の実施形態の化合物を含む本発明の除草性組成物もまた実施形態として注目に値する。

0119

本発明はまた、(a)式1から選択される化合物、そのN−オキシドおよび塩と、(b)(b1)光化学系II抑制剤、(b2)アセトヒドロキシ酸AHAS)抑制剤、(b3)アセチル−CoAカルボキシラーゼACCase)抑制剤、(b4)オーキシン模倣体、(b5)5−エノールピルビルシキミ酸−3−リン酸(EPSPシンターゼ抑制剤、(b6)光化学系I電子ダイバータ、(b7)プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ(PPO)抑制剤、(b8)グルタミンシンテターゼ(GS)抑制剤、(b9)超長鎖脂肪酸(VLCFAエロンガーゼ抑制剤、(b10)オーキシン輸送抑制剤、(b11)フィトエンデサチュラーゼPDS)抑制剤、(b12)4−ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼ(HPPD)抑制剤、(b13)ホモゲンチジン酸ソラネシルトランスフェラーゼ(HST)抑制剤、(b14)セルロース生合成抑制剤、(b15)有糸分裂撹乱物質有機ヒ素アシラムブロモブチド、シンチリン、クミルロンダゾメットジフェンゾコート、ダイムロンエトベンザニド、フルレノールホサミン、ホサミン−アンモニウムメタム、メチルダイムロン、オレイン酸オキサジクロメフォンペラルゴン酸およびピリブチカルブを含む他の除草剤、ならびに、(b16)除草剤毒性緩和剤、ならびに、(b1)〜(b16)の化合物の塩から選択される少なくとも1種の追加の活性処方成分と、を含む除草性混合物を含む。

0120

「光化学系II抑制剤」(b1)は、QB−結合ニッチでD−1タンパク質に結合し、これにより、葉緑体チラコイド膜におけるQAからQBへの電子伝達ブロックする化学化合物である。光化学系IIを介した受け渡しがブロックされた電子は、一連の反応を介して輸送されて、細胞膜破壊して、葉緑体の膨潤メンブラン漏れ、最終的に細胞破壊をもたらす有毒化合物を形成する。QB結合ニッチは3つの異なる結合部位を有し:結合部位Aは、アトラジンなどのトリアジン、ヘキサジノンなどのトリアジノン、ブロマシルなどのウラシルに結合し、結合部位Bは、ジウロンなどのフェニル尿素に結合し、そして、結合部位Cは、ベンタゾンなどのベンゾチアジアゾールブロモキシニルなどのニトリル、ピリデートなどのフェニル−ピリダジンに結合する。光化学系II抑制剤の例としては、アメトリン、アミノカルバゾン、アトラジン、ベンタゾン、ブロマシル、ブロモフェノキシム、ブロモキシニル、クロルブロムロン、クロリダゾン、クロロトルロンクロロクスロン、クミルロン、シアナジン、ダイムロン、デスメディファム、デスメトリン、ジメフロン、ジメタトリン、ジウロン、エチジムロン、フェヌロンフルオメツロン、ヘキサジノン、アイオキシニル、イソプロツロン、イソウロンレナシルリニュロンメタミトロン、メタベンズチアズロン、メトブロムロン、メトキシウロンメトリブジンモノリニュロン、ネブロン、ペンタノクロルフェンメディファム、プロメトンプロメトリンプロパニルプロパジン、ピリダホル(pyridafol)、ピリデート、シデュロン、シマジンシメトリン、テブチウロン、ターバシルテルブメトンテルブチ
ジンテルブトリンおよびトリエタジンが挙げられる。
注目すべきは、アトラジン、ブロモキシニルまたはメトリブジンと混合された本発明の化合物である。

0121

「AHAS抑制剤」(b2)は、アセト乳酸シンターゼALS)としても知られるアセトヒドロキシ酸シンターゼ(AHAS)を阻害し、これにより、タンパク質合成、ならびに、細胞の成長に必要とされるバリンロイシンおよびイソロイシンなどの分岐鎖脂肪族アミノ酸の産生を阻害して植物を死滅させる化学化合物である。AHAS抑制剤の例としては、アミドスルフロン、アジムスルフロン、ベンスルフロン−メチル、ビスピリバック−ナトリウム、クロランスラム−メチル、クロリムロン−エチル、クロルスルフロン、シノスルフロン、シクロスルファムロン、ジクロスラム、エタメツルフロン−メチル、エトキシスルフロン、フラザスルフロンフロラスラムフルカルバゾン−ナトリウム、フルメツラム、フルピルスルフロン−メチル、フルピルスルフロン−ナトリウム、ホラムスルフロン、ハロスルフロン−メチル、イマザメタベンズ−メチル、イマザモックスイマザピックイマザピル、イマザキンイマゼタピルイマゾスルフロン、イオドスルフロン−メチル(ナトリウム塩を含む)、イオフェンスルフロン(2−ヨード−N−[[(4−メトキシ−6−メチル−1,3,5−トリアジン−2−イル)アミノ]カルボニル]ベンゼンスルホンアミド)、メソスルフロン−メチル、メタゾスルフロン(3−クロロ−4−(5,6−ジヒドロ−5−メチル−1,4,2−ジオキサジン−3−イル)−N−[[(4,6−ジメトキシ−2−ピリミジニル)アミノ]カルボニル]−1−メチル−1H−ピラゾール−5−スルホンアミド)、メトスラム、メトスルフロン−メチル、ニコスルフロン、オキサスルフロン、ペノキススラムプリミスルフロン−メチル、プロポキシカルバゾン−ナトリウム、プロピリスルフロン(2−クロロ−N−[[(4,6−ジメトキシ−2−ピリミジニル)アミノ]カルボニル]−6−プロピルイミダゾ[1,2−b]ピリダジン−3−スルホンアミド)、プロスルフロンピラゾスルフロン−エチル、ピリベンゾキシムピリフタリド、ピリミノバック−メチル、ピリチオバック−ナトリウム、リムスルフロン、スルホメツロン−メチル、スルホスルフロンチエンカルバゾン、チフェンスルフロン−メチル、トリアファモネ(N−[2−[(4,6−ジメトキシ−1,3,5−トリアジン−2−イル)カルボニル]−6−フルオロフェニル]−1,1−ジフルオロ−N−メチルメタンスルホンアミド)、トリアスルフロン、トリベヌロン−メチル、トリフロキシスルフロン(ナトリウム塩を含む)、トリフルスルフロン−メチルおよびトリトスルフロンが挙げられる。
注目すべきは、ニコスルフロン、フルピルスルフロンまたはクロリムロンと混合された本発明の化合物である。

0122

「ACCase抑制剤」(b3)は、植物における脂質および脂肪酸合成早期段階触媒を担うアセチル−CoAカルボキシラーゼ酵素を阻害する化学化合物である。脂質は細胞膜の必須成分であり、これらを伴わずに新しい細胞を形成することは不可能である。アセチルCoAカルボキシラーゼの阻害と、その後の脂質産生の不足によって、特に、分裂組織などの活発成長領域における細胞膜の完全性が損なわれることとなる。最終的に、苗条および根茎の成長が止まり、苗条分裂組織および根茎の死滅が始まる。ACCase抑制剤の例としては、アロキシジム、ブトロキシジム、クレトジム、クロジナホップ、シクロキシジム、シハロホップ、ジクロホップ、フェノキサプロップ、フルアジホップ、ハロキシホップ、ピノキサデンプロホキシジム、プロパキザホップ、キザロホップ、セトキシジム、テプラロキシジムおよびトラルコキシジムが挙げられ、フェノキサプロップ−P、フルアジホップ−P、ハロキシホップ−Pおよびキザロホップ−Pなどの分割形態、ならびに、クロジナホップ−プロパルギル、シハロホップ−ブチル、ジクロホップ−メチルおよびフェノキサプロップ−P−エチルなどのエステル形態が含まれる。
注目すべきは、ピノキサデンまたはキザロホップと混合された本発明の化合物である。

0123

オーキシンは、多くの植物組織における成長を制御する植物ホルモンである。「オーキシン模倣体」(b4)は、植物成長ホルモンであるオーキシンを模倣し、これにより、成長を未制御として混乱させて、感受性の種における植物を死に至らせる化学化合物である。オーキシン模倣体の例としては、アミノシクロピラクロル(6−アミノ−5−クロロ−2−シクロプロピル−4−ピリミジンカルボン酸)およびそのメチル、ならびに、エチルエステルならびにそのナトリウムおよびカリウム塩、アミノピラリド、ベナゾリン−エチル、クロラムベン、クラシホス、クロメプロップ、クロピラリド、ジカンバ、2,4−D、2,4−DB、ジクロルプロップフルロキシピル、ハラウキシフェン(4−アミノ−3−クロロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシフェニル)−2−ピリジンカルボン酸)、ハラウキシフェン−メチル(メチル4−アミノ−3−クロロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシフェニル)−2−ピリジンカルボキシレート)、MCPA、MCPB、メコプロップピクロラムキンクロラックキンメラック、2,3,6−TBA、トリクロピル、およびメチル4−アミノ−3−クロロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシフェニル)−5−フルオロ−2−ピリジンカルボキシレートが挙げられる。
注目すべきは、ジカンバと混合された本発明の化合物である。

0124

EPSPシンターゼ抑制剤」(b5)は、チロシントリプトファンおよびフェニルアラニンなどの芳香族アミノ酸の合成に関与する酵素である5−エノール−ピルビルシキミ酸−3−リン酸シンターゼを阻害する化学化合物である。EPSP抑制剤除草剤は、植物群葉を介して急速に吸収され、師部から成長点に移動する。グリホサートが、この群に属する比較的非選択的な発芽後除草剤である。グリホサートとしては、アンモニウム、イソプロピルアンモニウム、カリウム、ナトリウム(セスキナトリウム塩を含む)およびトリメシウム塩(代替名:スルホサート)などのエステルおよび塩が挙げられる。

0125

「光化学系I電子ダイバータ」(b6)は、光化学系Iから電子を受け取り、数々のサイクルの後にヒドロキシルラジカルを生成する化学化合物である。これらのラジカルはきわめて反応性であり、メンブラン脂肪酸およびクロロフィルを含む不飽和脂質を容易に破壊する。これにより細胞膜の完全性が損なわれ、従って、細胞および細胞小器官に「漏れ」を生じさせ、葉が急速にしおれ、乾燥することとなり、最終的に、植物は死に至る。この第2のタイプの光合成抑制剤の例としては、ダイコートおよびパラコートが挙げられる。

0126

「PPO抑制剤」(b7)は、酵素であるプロトポルフィリノーゲンオキシダーゼを阻害して、植物中において、細胞膜を破壊し、細胞液漏出させてしまう高い反応性を有する化合物を急速に形成させる化学化合物である。PPO抑制剤の例としては、アシフルオルフェン−ナトリウム、アザフェニジン、ベンズフェンジゾン、ビフェノックスブタフェナシル、カルフェントラゾン、カルフェントラゾン−エチル、クロメトキシフェン、シニドン−エチル、フルアゾレート、フルフェンピル−エチル、フルミクロラック−ペンチル、フルミオキサジン、フルオログリコフェンエチル、フルチアセット−メチル、フォメサフェン、ハロサフェン、ラクトフェン、オキサジアルギルオキサジアゾンオキシフルオルフェンペントキサゾン、プロフルアゾール、ピラクロニルピラフルフェン−エチル、サフルフェナシルスルフェントラゾン、チジアジミン、チアフェナシル(メチルN−[2−[[2−クロロ−5−[3,6−ジヒドロ−3−メチル−2,6−ジオキソ−4−(トリフルオロメチル)−1(2H)−ピリミジニル]−4−フルオロフェニル]チオ]−1−オキソプロピル]−β−アラニナト)および3−[7−フルオロ−3,4−ジヒドロ−3−オキソ−4−(2−プロピン−1−イル)−2H−1,4−ベンゾキサジン−6−イル]ジヒドロ−1,5−ジメチル−6−チオキソ−1,3,5−トリアジン−2,4(1H,3H)−ジオンが挙げられる。
PPO阻害剤の例としては、アシフルオルフェン−ナトリウム、アザフェニジン、ベン
ズフェンジゾン、ビフェノックス、ブタフェナシル、カルフェントラゾン、カルフェントラゾン−エチル、クロメトキシフェン、シニドン−エチル、フルアゾレート、フルフェンピル−エチル、フルミクロラック−ペンチル、フルミオキサジン、フルオログリコフェンエチル、フルチアセット−メチル、フォメサフェン、ハロサフェン、ラクトフェン、オキサジアルギル、オキサジアゾン、オキシフルオルフェン、ペントキサゾン、プロフルアゾール、ピラクロニル、ピラフルフェン−エチル、サフルフェナシル、スルフェントラゾン、チジアジミン、トリフルジモキサジン(ジヒドロ−1,5−ジメチル−6−チオキソ−3−[2,2,7−トリフルオロ−3,4−ジヒドロ−3−オキソ−4−(2−プロピン−1−イル)−2H−1,4−ベンゾキサジン−6−イル]−1,3,5−トリアジン−2,4(1H,3H)−ジオン)およびチアフェナシル(メチルN−[2−[[2−クロロ−5−[3,6−ジヒドロ−3−メチル−2,6−ジオキソ−4−(トリフルオロメチル)−1(2H)−ピリミジニル]−4−フルオロフェニル]チオ]−1−オキソプロピル]−β−アラニナト)が挙げられる。

0127

「GS抑制剤」(b8)は、植物がアンモニアのグルタミンへの転換に用いるグルタミンシンテターゼ酵素の活性を阻害する化学化合物である。従って、アンモニアが蓄積し、グルタミンレベルが低下する。植物に対する損傷は、おそらく、アンモニアの毒性と他の代謝プロセスに必要とされるアミノ酸欠乏との複合効果により生じる。GS抑制剤としては、グルホシネート−アンモニウムおよび他のホスフィノトリシン誘導体、グルホシネート−P((2S)−2−アミノ−4−(ヒドロキシメチルホスフィニルブタン酸)およびビラナホスなどのグルホシネートおよびそのエステルおよび塩が挙げられる。

0128

「VLCFAエロンガーゼ抑制剤」(b9)は、エロンガーゼを阻害する広く多様な化学構造を有する除草剤である。エロンガーゼは、VLCFAの生合成に関与する葉緑体中またはその付近に位置する酵素の1種である。植物中において、超長鎖脂肪酸は、葉面における乾燥を防止し、花粉粒に安定性をもたらす疎水性ポリマーの主な構成成分である。このような除草剤としては、アセトクロールアラクロールアニロホス、ブタクロール、カフェストロール、ジメタクロール、ジメテナミドジフェナミドフェノキサスルフォン(3−[[(2,5−ジクロロ−4−エトキシフェニル)メチル]スルホニル]−4,5−ジヒドロ−5,5−ジメチルイソキサゾール)、フェントラザミド、フルフェナセットインダノファンメフェナセット、メタザクロール、メトラクロール、ナプロアニリド、ナプロパミド、ナプロパミド−M((2R)−N,N−ジエチル−2−(1−ナフタレニルオキシ)プロパンアミド)、ペトキサミド、ピペロホス、プレチラクロールプロパクロルプロピソクロール、ピロキサスルホン、およびテニルクロールが挙げられ、S−メトラクロールおよびクロロアセタミドおよびオキシアセタミドなどの分割形態が含まれる。
注目すべきは、フルフェナセットと混合された本発明の化合物である。

0129

「オーキシン輸送抑制剤」(b10)は、オーキシン−担体タンパク質と結合することなどにより植物中におけるオーキシン輸送を阻害する化学物質である。オーキシン輸送抑制剤の例としては、ジフルフェンゾピル、ナプタラム(N−(1−ナフチル)−フタルアミド酸および2−[(1−ナフタレニルアミノ)カルボニル]安息香酸としても知られている)が挙げられる。

0130

「PDS抑制剤」(b11)は、フィトエンデサチュラーゼステップにおけるカロチノイド生合成経路を阻害する化学化合物である。PDS抑制剤の例としては、ベフルブタミド、ジフルヘニカン、フルリドン、フルロクロリドン、フルルタモンノルフルルゾンおよびピコリナフェンが挙げられる。

0131

HPPD阻害剤」(b12)は、4−ヒドロキシフェニル−ピルビン酸ジオキシゲナ
ーゼの合成の生合成を阻害する化学物質である。HPPD阻害剤の例としては、ベンゾビシクロンベンゾフェナップビシクロピロン(4−ヒドロキシ−3−[[2−[(2−メトキシエトキシ)メチル]−6−(トリフルオロメチル)−3−ピリジニル]カルボニル]ビシクロ[3.2.1]オクタ−3−エン−2−オン)、フェンキノトリオン(2−[[8−クロロ−3,4−ジヒドロ−4−(4−メトキシフェニル)−3−オキソ−2−キノキサリニル]カルボニル]−1,3−シクロヘキサンジオン)、イソキサクロルトールイソキサフルトールメソトリオン、ピラスホトール、ピラゾリネート、ピラゾキシフェン、スルコトリオンテフリルトリオンテンボトリオントルピラレート(1−[[1−エチル−4−[3−(2−メトキシエトキシ)−2−メチル−4−(メチルスルホニル)ベンゾイル]−1H−ピラゾール−5−イル]オキシ]エチルメチルカーボネート)、トプラメゾン、5−クロロ−3−[(2−ヒドロキシ−6−オキソ−1−シクロヘキサン−1−イル)カルボニル]−1−(4−メトキシフェニル)−2(1H)−キノキサリノン、4−(2,6−ジエチル−4−メチルフェニル)−5−ヒドロキシ−2,6−ジメチル−3(2H)−ピリダジノン、4−(4−フルオロフェニル)−6−[(2−ヒドロキシ−6−オキソ−1−シクロヘキサン−1−イル)カルボニル]−2−メチル−1,2,4−トリアジン−3,5(2H,4H)−ジオン、5−[(2−ヒドロキシ−6−オキソ−1−シクロヘキサン−1−イル)カルボニル]−2−(3−メトキシフェニル)−3−(3−メトキシプロピル)−4(3H)−ピリミジノン、2−メチル−N−(4−メチル−1,2,5−オキサジアゾール−3−イル)−3−(メチルスルフィニル)−4−(トリフルオロメチル)ベンズアミドおよび2−メチル−3−(メチルスルホニル)−N−(1−メチル−1H−テトラゾール−5−イル)−4−(トリフルオロメチル)ベンズアミドが挙げられる。注目すべきは、メソトリオンまたはピラスルファトールと混合された本発明の化合物である。

0132

HST(ホモゲンチジン酸ソラネシルトランスフェラーゼ)抑制剤(b13)は、ホモゲンチジン酸を2−メチル−6−ソラニル−1,4−ベンゾキノンに転換する植物の能力撹乱し、これにより、カロチノイド生合成を撹乱する。HST抑制剤の例としては、ハロキシジン、ピリクロール、3−(2−クロロ−3,6−ジフルオロフェニル)−4−ヒドロキシ−1−メチル−1,5−ナフチリジン−2(1H)−オン、7−(3,5−ジクロロ−4−ピリジニル)−5−(2,2−ジフルオロエチル)−8−ヒドロキシピリド[2,3−b]ピラジン−6(5H)−オンおよび4−(2,6−ジエチル−4−メチルフェニル)−5−ヒドロキシ−2,6−ジメチル−3(2H)−ピリダジノンが挙げられる。

0133

HST抑制剤としてはまた、式AおよびBの化合物が挙げられる。



式中、Rd1はH、ClまたはCF3であり;Rd2はH、ClまたはBrであり;Rd3はHまたはClであり;Rd4はH、ClまたはCF3であり;Rd5はCH3、CH2CH3またはCH2CHF2であり;および、Rd6はOH、または−OC(=O)
−i−Prであり;および、Re1はH、F、Cl、CH3またはCH2CH3であり;Re2はHまたはCF3であり;Re3はH、CH3またはCH2CH3であり;Re4はH、FまたはBrであり;Re5はCl、CH3、CF3、OCF3またはCH2CH3であり;Re6はH、CH3、CH2CHF2またはC≡CHであり;Re7はOH、−OC(=O)Et、−OC(=O)−i−Prまたは−OC(=O)−t−Buであり;および、Ae8はNまたはCHである。

0134

セルロース生合成抑制剤(b14)は、一定の植物におけるセルロースの生合成を阻害する。これらは、幼植物または急速に成長する植物に対する事前適用、または、早期での後適用で用いた場合に最も効果的である。セルロース生合成抑制剤の例としては、クロルチアミドジクロベニルフルポキサム、インダジフラム(N2−[(1R,2S)−2,3−ジヒドロ−2,6−ジメチル−1H−インデン−1−イル]−6−(1−フルオロエチル)−1,3,5−トリアジン−2,4−ジアミン)、イソキサベンおよびトリアジフラムが挙げられる。

0135

他の除草剤(b15)は、有糸分裂撹乱物質(例えば、フラムプロップ−M−メチルおよびフラムプロップ−M−イソプロピル)、有機ヒ素(例えば、DSMA、およびMSMA)、7,8−ジヒドロプテロイン酸シンターゼ抑制剤、葉緑体イソプレノイド合成抑制剤および細胞壁生合成抑制剤などの多様に異なる作用形態を介して作用する除草剤を含む。他の除草剤は、未知の作用形態を有するか、または、(b1)〜(b14)に列挙された特定のカテゴリーのいずれにも属さないか、または、上記に列挙した作用形態の組み合わせを介して作用する除草剤を含む。他の除草剤の例としては、アクロニフェン、アシュラム、アミトロール、ブロモブチド、シンメチリン、クロマゾン、クミルロン、シクロピリモレート(6−クロロ−3−(2−シクロプロピル−6−メチルフェノキシ)−4−ピリダジニル4−モルホリンカルボキシレート)、ダイムロン、ジフェンゾコート、エトベンザニド、フルオメツロン、フルレノール、ホサミン、ホサミン−アンモニウム、ダゾメット、ダイムロン、イプフェンカルバゾン(1−(2,4−ジクロロフェニル)−N−(2,4−ジフルオロフェニル)−1,5−ジヒドロ−N−(1−メチルエチル)−5−オキソ−4H−1,2,4−トリアゾール−4−カルボキサミド)、メタム、メチルダイムロン、オレイン酸、オキサジクロメフォン、ペラルゴン酸、ピリブチカルブおよび5−[[(2,6−ジフルオロフェニル)メトキシ]メチル]−4,5−ジヒドロ−5−メチル−3−(3−メチル−2−チエニル)イソオキサゾールが挙げられる。

0136

「除草剤毒性緩和剤」(b16)は、一定の作物に対する除草剤の植物毒性効果を排除または低減するために除草剤配合物に加えられる物質である。これらの化合物は、除草剤による被害から作物を保護するが、典型的には、除草剤による望ましくない植生の防除を妨げないものである。 除草剤毒性緩和剤の例としては、これらに限定されないが、ベノキサコールクロキントセットメキシル、クミルロン、シオメトリニル、シプロスルファミド、ダイムロン、ジクロルミド、ジシクロノン、ジエトレート、ジメピペレート、フェンクロラゾール−エチル、フェンクロリム、フルラゾール、フルキソフェニム、フリラゾール、イソキサジフェン−エチル、メフェンピル−ジエチル、メフェネート、メトキシフェノンナフタル酸無水物、オキサベトリニル、N−(アミノカルボニル)−2−メチルベンゼンスルホンアミドおよびN−(アミノカルボニル)−2−フルオロベンゼンスルホンアミド、1−ブロモ−4−[(クロロメチル)スルホニル]−ベンゼン、2−(ジクロロメチル)−2−メチル−1,3−ジオキソラン(MG191)、4−(ジクロロアセチル)−1−オキサ−4−アゾスピロ[4.5]デカン(MON4660)、2,2−ジクロロ−1−(2,2,5−トリメチル−3−オキサゾリジニル)−エタノンおよび2−メトキシ−N−[[4−[[(メチルアミノ)カルボニル]アミノ]フェニル]スルホニル]−ベンズアミドが挙げられる。注目すべきは、索引表Aに列挙されている化合物のいずれか1種と混合される、2−メトキシ−N−[[4−[[(メチルアミノ)カルボニル]
アミノ]フェニル]スルホニル]−ベンズアミド(あるいはN−(2−メトキシベンゾイル)−4−[(メチルアミノカルボニル)アミノ]ベンゼンスルホンアミドと呼ばれている;CAS #129531−12−0)である。

0137

式1の化合物は、合成有機化学の技術分野において公知である一般的な方法によって調製可能である。注目すべきは、スキーム1〜15において記載されている以下の方法およびこれらの変形である。以下の式1〜19の化合物中のR1、R2、R3、R2A、R3A、R4、R5、R6、Q1、Q2、Y1、およびY2の定義は、別段の定めがある場合を除き、発明の概要において上記に定義されているとおりである。式1a〜1hおよび5aおよび10aはそれぞれ、式1、5および10の化合物の種々のサブセットである。各サブセット式に係る置換基は、別段の定めがある場合を除き、その親式について定義されているとおりである。

0138

スキーム1に示されているとおり、式1aの化合物(すなわち、R1、R2、R3、R4およびR5がHであり、ならびに、Y1およびY2がOである式1)は、プロピルホスホン酸無水物ジシクロヘキシルカルボジイミド、N−(3−ジメチルアミノプロピル)−N’−エチルカルボジイミド、N,N’−カルボニルジイミダゾール、2−クロロ−l,3−ジメチルイミダゾリウムクロリドまたは2−クロロ−l−メチルピリジニウムヨージドなどの脱水カップリング試薬の存在下における式2の酸と式3のアミンとの反応により調製可能である。ポリマー担持シクロヘキシルカルボジイミドなどのポリマー−担持試薬もまた好適である。これらの反応は、典型的には、0〜60℃の範囲の温度、ジクロロメタンアセトニトリル、N,N−ジメチルホルムアミドまたは酢酸エチルなどの溶剤中に、トリエチルアミン、N,N−ジイソプロピルアミンまたは1,8−ジアザビシクロ[5.4.0]ウンデカ−7−エンなどの塩基の存在下で実施される。プロピルホスホン酸無水物を採用するカップリング条件については、Organic Process Research & Development 2009,13,900−906を参照のこと。プロピルホスホン酸無水物を利用するスキーム1の方法は合成例1のステップEにより例示されている。式1aの化合物のピペリジノン環の3位および4位における置換基、すなわち、C(=O)N(Q2)(R6)およびQ1はそれぞれ、主にトランス立体配置である。

0139

0140

スキーム2に示されているとおり、式2の化合物は、当業者に周知の方法による式4のエステルの加水分解によって調製可能である。加水分解は、水性塩基または水性酸を伴って、典型的には共溶剤の存在下で実施される。この反応に係る好適な塩基としては、これらに限定されないが、水酸化ナトリウムおよび水酸化カリウムなどの水酸化物、ならびに、炭酸ナトリウムおよび炭酸カリウムなどの炭酸塩が挙げられる。この反応に係る好適な酸としては、これらに限定されないが、塩酸、臭化水素酸および硫酸などの無機酸、なら
びに、酢酸およびトリフルオロ酢酸などの有機酸が挙げられる。広く多様な共溶剤がこの反応に好適であり;特にこれらに限定されないが、メタノールエタノールおよびテトラヒドロフランが挙げられる。この反応は、−20℃および溶剤の沸点、典型的には0〜100℃の範囲の温度で実施される。スキーム2の方法は、合成例1のステップDによって例示されている。

0141

0142

スキーム3に示されているとおり、式4の化合物は、式5の化合物の還元および得られた中間体アミンのその後のインサイチュ環化により入手可能である。式5の化合物中における脂肪族ニトリル基を還元するための広く多様な方法が文献において公知である。当業者に周知の方法としては、ラネーニッケルおよび水素化アルミニウムリチウムの存在下における触媒水素化が挙げられる。スキーム3の方法は合成例1のステップCにより例示されている。

0143

0144

スキーム4に示されているとおり、式5の化合物は、式6のジエステルと式7のニトリルとを、典型的には、塩基の存在下で反応させることにより調製可能である。この反応に好適な塩基としては、メタノール中のナトリウムメトキシドまたはエタノール中のナトリウムエトキシドなどのアルカリ金属低級アルコキシドが挙げられる。テトラヒドロフラン中のヘキサメチルジシラザンリチウムなどの塩基もまた有用である。スキーム4の方法は合成例1のステップBにより例示されている。式6の化合物は、例えばアルデヒドおよびマロン酸エステルのクネーベナーゲル縮合といった当業者に公知の方法によって容易に調製可能である(例えばG.Jones,Organic Reactions Volume 15,John Wiley and Sons,1967を参照のこと)。

0145

0146

式5aの化合物(すなわち、R2AおよびR3AがHである式5)は、スキーム5に示されているとおり、式8の化合物と式9のマロン酸エステルとを塩基の存在下に反応させることにより調製可能である。この反応に好適な塩基としては、これらに限定されないが、メタノール中のナトリウムメトキシドまたはエタノール中のナトリウムエトキシドなどのアルカリ金属低級アルコキシド、または、テトラヒドロフランなどの溶剤中のリチウムビス(トリメチルシリル)アミド、ナトリウムビス(トリメチルシリル)アミドおよびリチウムジイソプロピルアミドなどの塩基が挙げられる。典型的には、この反応は、−78℃〜23℃の範囲で行われる。式8のシアノアルケンは、当業者に公知の方法によって、アルデヒドおよびアセトニトリルから容易に調製可能である。

0147

0148

スキーム6に示されているとおり、式1aの化合物はまた、スキーム3の方法と同様に、式10の化合物の還元性環化によって調製可能である。スキーム6にも示されているとおり、式1bの化合物(すなわち、R1がOHであり、R2A、R3A、R4およびR5がHであり、Y1およびY2がOである式1)は、式10の化合物から、ギ酸アンモニウムによるパラジウム炭素の存在下における触媒移動水素化、および、その後における中間体ヒドロキシルアミンのインサイチュ環化によって調製可能である。N−ヒドロキシピペリジノンを生成するための触媒移動水素化/環化条件については、J.Med.Chem.1993,36,1041−1047を参照のこと。

0149

0150

スキーム7に示されているとおり、式10の化合物は、スキーム4に記載の方法と同様に、式11の化合物と式7のニトリルとを、溶剤中において、塩基の存在下で反応させることにより調製可能である。

0151

0152

スキーム8に示されているとおり、式10aの化合物(すなわち、R2AおよびR3AがHである式10)は、スキーム5の方法と同様に、式8のシアノアルケンと式12のマロン酸エステルとを反応させることにより調製可能である。

0153

0154

スキーム9に示されているとおり、式11の化合物は、式12のマロン酸エステルと式14のアルデヒドとを当業者に公知の方法により反応させることにより調製可能である。スキーム9にも示されているとおり、式12のマロン酸エステルは、メチルマロニルクロリドなどの式13の低級アルキルマロニルクロリドおよび式3のアミンから当業者に公知の方法により容易に調製することが可能である。

0155

0156

スキーム10に示されているとおり、式1cの化合物(すなわち、R1、R2、R3およびR5がHであり、R4がハロゲンであり、Y1およびY2がOである式1)および式1d(すなわち、R1、R2、R3およびR4がHであり、R5がハロゲンであり、Y1およびY2がOである式1)の混合物は、式1aの化合物とハロゲン供給源とを、溶剤の中において、開始剤の存在下または非存在下に反応させることにより調製可能である。この反応において生成される位置異性体の分離は、クロマトグラフィまたは分別晶出などの標準的な方法により達成可能である。この反応に係る好適なハロゲン供給源としては、臭素、塩素、N−クロロスクシンイミドN−ブロモスクシンイミドおよびN−ヨードスクシンイミドが挙げられる。この反応に係る好適な開始剤としては、2,2’−アゾビスイソブチロニトリルAIBN)および過酸化ベンゾイルが挙げられる。典型的には、この反応は、ジクロロメタンなどの溶剤中において、0℃〜溶剤の沸点の範囲内で実施される。

0157

0158

スキーム11に示されているとおり、式1eの化合物(すなわち、R1がNH2であり、R2、R3、R4およびR5がHであり、Y1およびY2がOである式1)は、式1aの化合物とO−(ジフェニルホスフィニル)ヒドロキシルアミンおよびヒドロキシルアミノ−O−スルフォン酸などのアミノ化試薬とを反応させることにより調製可能である。手法に関して、条件および試薬については、Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 2009,19,5924−5926およびJ.Org.Chem.2002,67,6236−6239を参照のこと。

0159

0160

スキーム12に示されているとおり、式1fの化合物(すなわち、R2、R3、R4、R5およびR6がHであり、Y1がOである式1)は、式15の化合物と、イソシアネート(すなわち、Y2がOである式16の化合物)またはイソチオシアネート(すなわち、Y2がSである式16の化合物)との塩基の存在下における反応によって生成可能である。本プロセス使用可能である塩基の例としては、スキーム4の方法に列挙されているものが挙げられる。反応温度は、−78℃〜用いられる不活性溶剤の沸点の範囲から選択が可能である。典型的には、この反応は、−78℃〜100℃の範囲内の温度で、トルエンなどの溶剤中において実施される。

0161

0162

スキーム13に示されているとおり、式15の化合物は、式17の化合物と式18の対応する求電子剤との塩基の存在下における反応により調製可能である。式18において、Gは脱離基(leaving group)、すなわち脱離基(nucleofuge)を示す。R1の選択に応じて、この反応に好適な求電子剤としては、塩化物臭化物およびヨウ化物などのハロゲン化アルキル、アルキルスルホネート、t−ブトキシカルボニル無水物および無水酢酸などの酸無水物、ならびに、クロロトリメチルシランなどのハロアルキルシランを挙げることが可能である。この反応に好適な塩基としては、アルカリまたはアルカリ土類金属(例えば、リチウム、ナトリウム、カリウムおよびセシウム)水酸化物、アルコキシド、炭酸塩およびリン酸塩などの無機塩基、ならびに、トリエチルアミン、N,N−ジイソプロピルエチルアミンおよび1,8−ジアザビシクロ[5.4.0]ウンデカ−7−エンなどの有機塩基が挙げられる。例えば、特にこれらに限定されないが、テトラヒドロフラン、ジクロロメタン、N,N−ジメチルホルムアミド、N,N−ジメチルアセタミド、N−メチルピロリジノン、アセトニトリル、C2〜C6アルコールおよびアセトン、ならびに、これらの溶剤の混合物を含む広く多様な溶剤がこの反応に好適である。この反応は、−20〜200℃、および、典型的には0〜50℃の範囲の温度で実施される。

0163

0164

スキーム14に示されているとおり、式1gの化合物(すなわち、R1、R2、R3、R4およびR5がHであり、Y1およびY2がSである式1の化合物)は、式1aの化合物とローソン試薬、十硫化四リンまたは五硫化二リンなどの少なくとも2当量加硫試薬とをテトラヒドロフランまたはトルエンなどの溶剤中において反応させることにより調製可能である。典型的には、反応は、0〜115℃の範囲内の温度で実施される。当業者は、2当量未満の加硫試薬を用いることで、Y1がOであると共にY2がSであるか、または、Y1がSであると共にY2がOである、式1の化合物を含む混合物を得ることが可能であり、これは、クロマトグラフィおよび結晶化などの従来の方法によって分離が可能であることを認識している。

0165

0166

スキーム15に示されているとおり、式1hの化合物(すなわち、R1、R2、R3、R4およびR5がHであり、Y2がOであり、Y1がNHである式1の化合物)は、式1aの化合物であるトリエチルオキソニウムテトラフルオロボレート(メーヤワイン試薬)のアルキル化、これに続く、得られた式19のイミノエーテル水性アンモニアによる処理によって調製可能である。

0167

0168

スキーム16に示されているとおり、式1aの化合物は、代替的に、式1iの化合物(すなわち、R1が保護基PGである式1のサブセット)から調製可能である。この変換に係る好適な保護基は、置換または無置換アルコキシベンジルオキシまたはベンジル基を含む。注目すべき保護基はPMB基(すなわち、p−メトキシベンジル基)である。式1iの化合物からの保護基の除去は種々の手段によって達成され得る。例えば、メトキシ保護基の除去は、それぞれWardrup,Synlett 2003,9,1352およびTetrahedron Lett.2004,45(22),4229に記載されているとおり、Mo(CO)6またはSmI2を用いることで達成され得る。メトキシ保護基はまた、Takahashi,Chem.Eur.J.2006,12(22),5868に記載されているとおり、触媒水素化を介して除去可能である。ベンジルオキシ保護基は、Panday,Tetrahedron Lett.1995,36(45),8205に記載されているとおり触媒水素化によって、ならびに、Langlois,Tetrahedron Lett.2000,41(43),8285またはWilliams,Angew.Chem.Int.Ed.2005,44(41),6715に記載されているとおりSmI2によって除去される。ベンジル保護基は、トリフルオロ酢酸(Kudou,欧州特許第2336104号明細書,p125)、ボロントリフルオリドエーテラート(Kawanaka,Bioorg.Med.Chem.2003,11(8),1723)、Ce(NH4)2(NO3)6(Yuan,Bioorg.Med.Chem.Letters,2007,17(6),1651)、DDQ(Fernand
ez,J.Org.Chem.2004,69(10),3562)または触媒水素化(Tsai,J.Org.Chem.,2005,70(5),1780)によって除去され得る。好適な保護基の他の例およびその除去は、Wuts,P.G.M.;Greene,T.Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis,4th ed.;Wiley−Interscience:New Jersey,2007に見出すことが可能である。

0169

スキーム16にも示されているとおり、式1iの化合物は、スキーム1および2に記載されているものと同一の加水分解/カップリング方法を用いて式20の化合物から調製可能である。当業者は、加水分解、カップリングおよび脱保護反応は特定の順番に従う必要性は必ずしもなく、特定の基材の必要性または反応性に適用するような順番とされ得ることを認識している。

0170

0171

式20の化合物は、スキーム17に示されているとおり式21の化合物から調製可能である。式22のアミンを式21の化合物と反応させて式24の中間体をインサイチュで生成させ、次いで、これを、その後、還元および環化させ、適切なワークアップおよび精製の後に式20の化合物を得てもよい。一般に、式22のアミンは、式21の化合物と、メタノール、エタノール、トルエン、テトラヒドロフランもしくはジオキサンなどのアルコール、アレーンまたはエーテル溶剤中において、0℃〜溶剤の還流温度の範囲の温度で5分間〜24時間の範囲の反応時間の間反応に供される。MgSO4などの脱水剤または分子ふるいを任意選択により用いて、式24の中間体の形成を促進させてもよい。1〜5当量の酸(例えばCH3CO2H、CF3CO2HまたはHCl)を添加することでも、同様に24の形成を促進させ得る。式24の中間体は一般に、1つの容器の中でインサイチュで形成され式20の化合物に還元/環化されるが、所望の場合には、式24の中間体の単離を行って、還元/環化のために他の溶剤系において消費および反応を行って式20の化合物を得ることが可能である。多様なプロトコルにおいて、水素化ホウ素ナトリウム(Fang、国際公開第2005/044818号パンフレット、p44)、シアノ水素化ホウ素ナトリウム(Pichette,Eur.J.Org.Chem.2012,7,1328)、トリアセトキシ水素化ホウ素ナトリウム(“STAB”,Brandau,Angew.Chem.Int.Ed.,2006,45,4305)、ピリジン/ボラン錯体(Sakamoto,J.Org.Chem.1994,59(4),929)、および、触媒水素化(Tietze,Tetrahedron 1989,45,681)などの還元/環化ステップのための還元剤が用いられる。

0172

0173

スキーム18に示されているとおり、式4の化合物は、代替的に、国際公開第2005/044818号パンフレット、p55に記載の方法を用いて式21の化合物から調製することが可能である。式21の化合物は、チタン(IV)エトキシドの存在下において式25の化合物との反応に供され、これに続いて、水素化ホウ素ナトリウムによって処理されて、式26のスルホンアミド中間体が得られる。式26の化合物のその後の酸脱保護および環化により、式4の化合物が得られる。

0174

式4の化合物に対する他のアプローチはスキーム18に示されている。式21の化合物は、Org.Process Res.Dev.2014,18,215に記載の方法に従って、アミントランスアミナーゼ(「ATA」)を用いる生体触媒還元に供し得る。この反応は、ジメチルスルホキシドボレート緩衝剤溶液中において、24〜72時間、室温〜50℃の範囲の温度で、種々の市販されているATA(Codexis,Inc,Redwood,CA,USA)を用いて実施され得る。ピリドキサル−5−ホスフェートが酵素補助因子として用いられ、一方で、イソプロピルアミンがアミン供給源とされる。

0175

あるいは、スキーム18に示されているとおり、式4の化合物は、式5のニトリル中間体を介して式21の化合物から調製可能である。式21のアルデヒドは塩酸ヒドロキシルアミンヨウ化ナトリウムの存在下に還流で0.5〜24時間反応され、この方法の使用は、Ballini,Synlett 2003,12,1841に記載されている。次いで、式5のトリル中間体は、スキーム3に記載のものと同一の方法を用いて還元性環化に供されて式4の化合物が得られ得る。

0176

0177

スキーム19に示されているとおり、式21’の化合物(すなわち、R2AおよびR3Aが共にHである式21のサブセット)は、式23のアルデヒドと式9のマロン酸エステルとを、塩基の存在下において反応させることにより調製可能である。炭酸ナトリウムおよび炭酸カリウムなどの塩基が相間移動条件下でのアレーン溶剤中におけるこの変換の達成に用いられてきている(例えばKryshtal,Synthesis,1979,2,107)。

0178

さらに、近年における有機触媒における進歩によって、種々のアミン塩基もまた式23の化合物の式21の化合物への転換に用いられることが可能であることが示されている(Feu,Eur.J.Org.Chem.2013,5917における例および記載の文献;ならびに、Zhao,Chem.Commun.2013,49,7555を参照のこと)。特に、これに関しては、種々のキラルピロリジン塩基が式21’の化合物(すなわち、特定のエナンチオマーとしての式21の化合物)のエナンチオ選択的合成に用いられてきている(例えば、Brandau,Angew.Chem.Int.Ed.,2006,45,4305;Fang,Org.Lett.,2010,12(23),5366;および、Ghosh,Org.Biomol.Chem.2012,10,8322を参照のこと)。これらの反応は、水またはアルコール系溶剤中において、0℃〜周囲温度の範囲の温度で、1時間〜5日間の範囲の時間行うことが最も有利である可能性がある。用いられるピロリジン塩基の量は、式9のマロン酸エステルを基準として5%〜20mol%の範囲である。Brandau,Angew.Chem.Int.Ed.2006,45,4305に記載の方法を用いてワークアップおよび精製を達成して、式21の化合物が得られ得る。式23のアルデヒドは市販されているか、または、文献の方法(例えば、Battistuzzi,Org.Lett.2003,5(5),777を参照のこと)を用いて調製可能である。この方法は合成例4のステップAにおいて例示されている。

0179

0180

種々の官能基を他のものに転換して異なる式1の化合物を得ることが可能であることは当業者に認識されている。官能基の単純かつ明快相互変換を例示する価値あるリソースに関しては、Larock,R.C.,Comprehensive Organic Transformations:A Guide to Functional Group Preparations,2nd Ed.,Wiley−VCH,New York,1999を参照のこと。例えば、式1の化合物を調製するための中間体は芳香族ニトロ基を含有し得、これをアミノ基に還元し、次いで、ザンドマイヤー反応などの技術分野において周知である反応を介して種々のハロゲン化物に転換することで式1の化合物を得ることが可能である。上記の反応はまた、多くの事例において、代替的な順番で行うことが可能である。

0181

式1の化合物の調製に係る上記のいくつかの試薬および反応条件は、中間体に存在する一定の官能基については適合しない場合があり得ることが認識されるべきである。これらの事例においては、保護/脱保護シーケンスまたは官能基相互変換を合成に取り入れることで、所望される生成物入手が促進されることとなる。保護基の使用および選択は、化学合成における当業者に明らかであろう(例えば、Greene,T.W.;Wuts,P.G.M.Protective Groups in Organic Synthesis,2nd ed.;Wiley:New York,1991を参照のこと)。いくつかの場合においては、いずれかの個別のスキームに記載されているとおり所与の試薬を導入した後、式1の化合物の合成を完了するために、詳述されていない追加のルーチン的合成ステップを実施する必要性があり得ることを当業者は認識するであろう。式1の化合物の調製に関して、上記のスキームに例示されているステップの組み合わせを、特定的な提示により示唆されているもの以外の順番で実施することが必要であり得ることも当業者は認識するであろう。

0182

また、本明細書に記載の式1の化合物および中間体を種々の求電子性求核性、ラジカル、有機金属、酸化および還元反応に供して置換基を付加または既存の置換基を変更することが可能であることを当業者は認識するであろう。

0183

さらなる詳細を伴わずに、上記の記載を利用する当業者は本発明を最大限に利用することが可能であると考えられている。以下の非限定的な例は本発明の例示である。以下の実施例におけるステップは、合成変換全体における各ステップに係る手法を例示するものであり、各ステップについての出発材料は、必ずしも、手法が他の実施例またはステップにおいて記載されている特定の調製実験によって調製されていなくてもよい。割合は、クロマトグラフ溶媒混合物または別段の定めがある場合を除き、重量基準である。クロマトグラフ溶媒混合物に対する部および割合は、別段の定めがある場合を除き体積基準である。1HNMRスペクトルは他に示されていない限りCDCl3溶液中のテトラメチルシラ
ンの低磁場側にppmで報告されており;「s」は一重項を意味し、「d」は二重項を意味し、「t」は三重項を意味し、「q」は四重項を意味し、「m」は多重項を意味し、「br s」は幅広の一重項を意味する。

0184

合成例1
N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物9)の調製
ステップA:3−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−2−プロペンニトリルの調製
水素化ナトリウム(1.0g、43.1mmol)のテトラヒドロフラン(60mL)中の撹拌混合物に、0℃で、(シアノメチルトリフェニルホスホニウムクロリド(11.6g、34.4mmol)を複数回に分けて添加し、得られた混合物を15分間撹拌した。3−(トリフルオロメチル)ベンズアルデヒド(5.0g、28.7mmol)のテトラヒドロフラン中の溶液を滴下し、得られた反応混合物を2時間室温で撹拌した。反応混合物を氷冷水中に注ぎ入れ、酢酸エチルで抽出した。組み合わせた有機抽出物を乾燥させ(Na2SO4)、減圧下で濃縮した。粗生成物を、7%酢酸エチル/石油エーテル溶離するシリカゲルにおけるカラムクロマトグラフィーにより精製して、表題の化合物(4.0g)を得た。
1H NMRδ 7.8〜7.5(m,4H),7.4(d,1H),6.0(d,1H)。

0185

ステップB:1,3−ジエチル2−[2−シアノ−1−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]エチル]プロパンジオエートの調製
新たに調製したナトリウムエトキシドの溶液(960mg)(金属ナトリウム(41.8mmol)をエタノール(60mL)中に溶解することにより調製した)にマロン酸ジエチル(4.04g、25.26mmol)を添加し、得られた反応混合物を10分間0℃で撹拌した。3−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−2−プロペンニトリル(すなわち、ステップAの生成物、4.0g、21.05mmol)のエタノール中の溶液を反応混合物に0℃で滴下し、得られた混合物を室温で1時間撹拌し、次いで、さらに2時間還流に供した。反応混合物を氷冷水中に注ぎ入れ、酢酸エチルで抽出した。組み合わせた有機抽出物を乾燥させ(Na2SO4)、減圧下で濃縮した。粗生成物を、10%酢酸エチル/石油エーテルで溶離するシリカゲルにおけるカラムクロマトグラフィーにより精製して、表題の化合物(6.0g)を得た。
1H NMRδ(DMSO−d6)7.8(s,1H),7.7(d,1H),7.6(d,1H),7.5(t,1H),4.2(q,2H),4.1(q,2H),3.8(q,2H),3.7(m,1H),3.1(m,1H),1.2(t,6H)。

0186

ステップC:エチル2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキシレートの調製
1,3−ジエチル2−[2−シアノ−1−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]エチル]プロパンジオエート(すなわち、ステップBの生成物、6g、16.8mmol)のエタノール(100mL)中の溶液を、100℃で16時間、鋼製高圧容器中において、ラネーニッケル(7.47g、84.03mmol)および水素の存在下に、加圧下(40atm+)で加熱した。反応混合物をCelite(登録商標珪藻土ろ過助剤パッドを通してろ過し、ろ液を減圧下で濃縮した。粗生成物をペンタンジエチルエーテル倍散して表題の化合物(3.0g)を得た。
1H NMR(DMSO−d6)δ 7.8(br s,1H),7.7(d,1H),7.6(d,2H),7.5(t,1H),4(d,1H),3.9(m,2H),3.6(t,1H),3.2(m,2H),1.96(m,1H),1.9(m,1H),0.96(t,3H)。

0187

ステップD:2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボン酸の調製
エチル2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキシレート(すなわち、ステップCの生成物、3.0g、9.52mmol)のエタノール(30mL)中の撹拌溶液に、0℃で、50%水性水酸化ナトリウム(2.2mL、28.5mmol)を添加し、得られた混合物を室温で2時間撹拌した。反応混合物を減圧下で濃縮し、6Mの水性塩酸で処理してpHを4〜5に調節し、得られた固体をろ過し、ジエチルエーテルで洗浄して、表題の化合物を固体(1.8g)として得た。
1H NMR(DMSO−d6)δ 12.4(br s,1H),7.8(br s,1H),7.6(d,2H),7.4(d,2H),3.6(d,1H),3.4(m,1H),3.2(m,1H),2.01(m,1H),1.9(m,1H)。

0188

ステップE:N−(2,3−ジフルオロフェニル)−2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミドの調製
2−オキソ−4−[3−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボン酸(すなわち、ステップDの生成物、500mg、1.74mmol)および2,3−ジフルオロアニリン(270mg、2.09mmol)のN,N−ジメチルホルムアミド(20mL)中の溶液に、トリエチルアミン(0.75mL、5.22mmol)およびプロピルホスホン酸無水物(830mg、2.61mmol)を添加し、得られた混合物を16時間室温で撹拌した。反応混合物を水で失活させ、酢酸エチルで抽出した(3×)。組み合わせた有機抽出物を水、塩水で洗浄し、乾燥させ(Na2SO4)、減圧下で濃縮した。粗生成物を、酢酸エチルで溶離する中性アルミナにおけるクロマトグラフィにより精製して、表題の化合物を固体(300mg)として得た。
1H NMR(DMSO−d6)δ 10.1(s,1H),7.9(br s,1H),7.7〜7.4(m,5H),7.2〜7.0(m,2H),3.8(d,1H),3.6(t,1H),3.4〜3.2(m,2H),2.01〜1.98(m,2H)。

0189

合成例2
N−(2−フルオロフェニル)−2−オキソ−4−[4−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物14)の調製
実施例1の方法、2−オキソ−4−[4−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボン酸および2−フルオロアニリンを用いて、表題の化合物(300mg)を固体として得た。
1H NMR(DMSO−d6)δ 10.2(br s,1H),8.00(m,1H),7.28(m,5H),7.02(m,3H),6.45(br s,1H),4.15(d,1H),4.05(m,1H),3.55(d,1H)。

0190

合成例3
N−(2−クロロフェニル)−2−オキソ−4−[4−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物13)の調製
実施例1の方法、2−オキソ−4−[4−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボン酸および2−クロロアニリンを用いて、表題の化合物(220mg)を固体として得た。
1H NMRδ 9.6(br s,1H),7.9(br s,1H),7.7(d,2H),7.6〜7.5(m,3H),7.4(d,1H),7.3(t,1H),7.1(t,1H),3.9(d,1H),3.6〜3.5(m,1H),3.4〜3.2(m,2H),2.0〜1.9(m,2H)。

0191

合成例4
(3S,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−メチル−2−オキソ−N−[2−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物53)の調製
ステップA:1,3−ビス(フェニルメチル)−2−[(1S)−1−(4−フルオロフェニル)−3−オキソプロピル]プロパンジオエートの調製
トランス−4−フルオロシンナムアルデヒド(14.57g、97.07mmol)のエタノール(150mL)中の溶液に、(R)−ヨルゲンセン触媒(すなわち、(R)−α,α−ビス[3,5−ビス(トリフルオロメチル)フェニル]−2−ピロリジンメタノールトリメチルシリルエーテル)(2.9g、4.86mmol)およびマロン酸ジベンジル(13.8g、48.53mmol)を0℃で添加した。得られた混合物を0℃で100時間撹拌した。完了した後、反応混合物を減圧下で濃縮し、残渣を水(300mL)中に注ぎ入れ、酢酸エチルで抽出した(3×200mL)。組み合わせた有機層を水、続いて、塩水溶液で洗浄し、無水Na2SO4で乾燥させた。混合物をろ過し、減圧下で濃縮して粗残渣を得た。次いで、得られた残渣を、石油エーテル中の酢酸エチル(4:1)で溶離するカラムクロマトグラフィーにより精製して、表題の化合物(12.0g)をオフホワイトの固体として得た。
MS=433.10(M−1);[α]23D=+16.07。

0192

ステップB:フェニルメチル(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−メチル−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキシレートの調製
1,3−ビス(フェニルメチル)−2−[(1S)−1−(4−フルオロフェニル)−3−オキソプロピル]プロパンジオエート(すなわち、ステップAの生成物、7.0g、16.12mmol)の1,4−ジオキサン(70mL)中の溶液に、メチルアミンのテトラヒドロフラン(24.2mL、48.37mmol)中の2M溶液を添加し、得られた混合物を周囲温度で15分間撹拌した。次いで、この混合物に、トリアセトキシ水素化ホウ素ナトリウム(4.43g、20.9mmol)を周囲温度で添加し、得られた混合物を室温で16時間撹拌した。反応混合物を減圧下で濃縮して粗残渣を得、これを、酢酸エチル(200mL)で希釈し、飽和重炭酸ナトリウム溶液(100mL)で洗浄し、続いて、水で洗浄した。有機層を組み合わせ、無水Na2SO4で乾燥させ、ろ過し、次いで、減圧下で濃縮して粗残渣を得た。分取HPLCにより精製を行って、表題の化合物(1.0g)をオフホワイトの固体として得た。
MS=342.20(M+1)。

0193

ステップC:(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−メチル−2−オキソ−3−ピペリジンカルボン酸の調製
(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−メチル−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキシレート(すなわち、ステップBの生成物、1.0g、3.6mmol)のテトラヒドロフラン(10mL)および水(10mL)中の溶液に、水酸化リチウム一水和物(0.614g、17.92mmol)を添加し、得られた混合物を周囲温度で16時間撹拌した。反応混合物を減圧下で濃縮し、得られた残渣を酢酸エチル(100mL)で希釈し、水(50mL)で洗浄した。有機層を廃棄し、水性層を1N水性塩酸で酸性化し、酢酸エチルで抽出した(3×30mL)。組み合わせた有機層を水、塩水溶液で洗浄し、次いで、無水Na2SO4で乾燥させ、ろ過した。ろ液を減圧下で濃縮して粗残渣を得た。粗残渣をジエチルエーテルで洗浄することにより精製して、表題の化合物(0.5g)をオフホワイトの固体として得た。
MS=252.21(M+1)。

0194

ステップD:(3S,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−メチル−2−オキソ−N−[2−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミドの調製
(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−メチル−2−オキソ−3−ピペ
リジンカルボン酸(すなわち、ステップCの生成物、0.2g、0.8mmol)のジクロロメタン(10mL)中の溶液に、2−(トリフルオロメチル)アニリン(0.153g、0.95mmol)、プロピルホスホン酸無水物(酢酸エチル中の50%溶液、1mL、1.6mmol)、トリエチルアミン(0.35mL、3.0mmol)を添加し、得られた混合物を室温で16時間撹拌した。反応混合物をジクロロメタン(50mL)で希釈し、水(20mL)で洗浄した。有機層を分離し、無水Na2SO4で乾燥させ、ろ過し、減圧下で濃縮して粗残渣を得た。次いで、この残渣を、石油エーテル中の酢酸エチル(5:1)で溶離するカラムクロマトグラフィーにより精製して、表題の化合物をオフホワイトの固体として得た。
1H NMR(400MHz,CDCl3):δ 9.48(br s,1H),8.13(d,1H),7.59(d,1H),7.51(t,1H),7.17〜7.23(m,3H),7.02(t,2H),3.98(t,1H),3.64(d,1H),3.38(m,1H),3.19(m,1H),3.06(s,3H),2.18(m,1H),1.98(m,1H);MS=395.2(M+1);m.p.=72〜74℃。

0195

合成例5
(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−2−オキソ−N−[2−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(化合物57)の調製
ステップA:フェニルメチル(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−[(4−メトキシフェニル)メチル]−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキシレートの調製
1,3−ビス(フェニルメチル)−2−[(1S)−1−(4−フルオロフェニル)−3−オキソプロピル]プロパンジオエート(すなわち、合成例4中のステップAの生成物、3.0g、6.91mmol)の1,4−ジオキサン(30mL)中の溶液に、4−メトキシベンジルアミン(2.70mL、20.73mmol)を添加し、混合物を室温で15分間撹拌した。次いで、この混合物にトリアセトキシ水素化ホウ素ナトリウム(2.92g、13.81mmol)を添加し、得られた混合物を16時間撹拌した。反応混合物を減圧下で濃縮して粗残渣を得た。この残渣を酢酸エチル(200mL)で希釈し、重炭酸ナトリウム飽和溶液(100mL)、続いて、水で洗浄した。これらの層を分離し、有機層を無水Na2SO4で乾燥させ、ろ過し、減圧下で濃縮した。このようにして得られた材料を、石油エーテル中の酢酸エチル(1:1)で溶離するシリカゲルカラムクロマトグラフィーにより精製して、表題の化合物(2.5g)を薄い黄色の液体として得た。MS=448.3(M+1)。

0196

ステップB:(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−[(4−メトキシフェニル)メチル]−2−オキソ−3−ピペリジンカルボン酸の調製
(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−[(4−メトキシフェニル)メチル]−2−オキソ−3−ピペリジンカルボキシレート(すなわち、ステップAの生成物、2.0g、4.46mmol)のテトラヒドロフラン(20mL)および水(20mL)中の溶液に、水酸化リチウム一水和物(0.94g、22.34mmol)を添加し、反応混合物を室温で16時間を撹拌した。反応混合物を減圧下で濃縮し、得られた残渣をジエチルエーテル(100mL)で希釈し、水(50mL)で洗浄した。これらの層を分離し、水性層を1N水性塩酸で酸性化し、酢酸エチルで抽出した(3×40mL)。組み合わせた有機層を水、続いて、塩水溶液で洗浄し、次いで、無水Na2SO4で乾燥させた。次いで、混合物をろ過し、減圧下で濃縮して、表題の化合物(1.5g)を薄い色の固体として得た。
MS=358.20(M+1);m.p.=64〜67℃。

0197

ステップC:(3S,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−[(4−メトキシフェニル)メチル]−2−オキソ−N−[2−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピ
ペリジンカルボキサミドの調製
(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−[(4−メトキシフェニル)メチル]−2−オキソ−3−ピペリジンカルボン酸(すなわち、ステップBの生成物、0.8g、2.24mmol)および2−トリフルオロメチルアニリン(0.43g、2.68mmol)のジクロロメタン(10mL)中の溶液に、プロピルホスホン酸無水物(酢酸エチル中の50%溶液、2.84mL、4.47mmol)、トリエチルアミン(0.9mL、6.70mmol)を添加し、反応混合物を周囲温度で16時間撹拌した。反応混合物をジクロロメタン(100mL)で希釈し、水(50mL)で洗浄した。有機層を分離し、無水Na2SO4で乾燥させ、ろ過し、減圧下で濃縮して粗残渣を得た。この粗材料を、石油エーテル中の酢酸エチル(3:1)で溶離するカラムクロマトグラフィーにより精製して、表題の化合物(0.6g)を薄い緑色の液体として得た。
MS=501.29(M+1)。

0198

ステップD:(3R,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−2−オキソ−N−[2−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミドの調製
(3S,4S)−4−(4−フルオロフェニル)−1−[(4−メトキシフェニル)メチル]−2−オキソ−N−[2−(トリフルオロメチル)フェニル]−3−ピペリジンカルボキサミド(すなわち、ステップCの生成物、0.5g、0.99mmol)に、トリフルオロ酢酸(10mL)を添加し、反応混合物を110℃で72時間撹拌した。反応混合物を減圧下で濃縮してトリフルオロ酢酸を除去した。得られた残渣をNaHCO3飽和溶液で中和し、ジクロロメタンで抽出した(2×100mL)。組み合わせた有機層を無水Na2SO4で乾燥させ、ろ過し、減圧下で濃縮した。得られた材料を、石油エーテル中の酢酸エチル(3:1)で溶離するシリカゲルカラムクロマトグラフィーにより精製して、表題の化合物をオフホワイトの固体として得た。
1H NMR(400MHz,DMSO−d6):δ 9.58(s,1H),7.89(s,1H),7.61(m,2H),7.40〜7.29(m,4H),7.11(m,2H),3.76(d,1H),3.42(m,1H),3.23(m,1H),2.45(m,1H),1.91(m,2H);
MS=381.22(M+1);m.p.=81〜84℃。

0199

技術分野において公知である方法を伴う本明細書に記載の手法により、表1〜56の以下の化合物を調製可能である。以下の略語が以下の表において用いられている:tは第3級を意味し、sは第2級を意味し、nはノルマルを意味し、iはイソを意味し、cはシクロを意味し、Meはメチルを意味し、Etはエチルを意味し、Prはプロピルを意味し、Buはブチルを意味し、i−Prはイソプロピルを意味し、c−Prはシクロプロピルを意味し、t−Buは第3級ブチルを意味し、c−Buはシクロブチルを意味し、Phはフェニルを意味し、OMeはメトキシを意味し、OEtはエトキシを意味し、SMeはメチルチオを意味し、NHMeはメチルアミノを意味し、CNはシアノを意味し、NO2はニトロを意味し、TMSはトリメチルシリルを意味し、SOMeはメチルスルフィニルを意味し、および、SO2Meはメチルスルホニルを意味する。

0200

0201

0202

0203

0204

0205

表2は、行表題「R1はHであり;Q2はPh(2−F)であり;および、Q1は以下のとおり」が、以下の表2に列挙されている行表題(すなわち、「R1はHであり;Q2はPh(2,3−F)であり;および、Q1は以下のとおり」)で置き換えられていることを除き、同じく構成されている。従って、表2中の最初の項目は、R1がHであり;Q2がPh(2,3−ジ−F)であり;および、Q1がPh(3−Cl)である(すなわち、3−クロロフェニル)式1の化合物である。表3〜56も同様に構成されている。

0206

0207

0208

配合物/実用性
本発明の化合物は、一般に、組成物中において、キャリアとされる界面活性剤、固体希釈剤および液体希釈剤からなる群から選択される少なくとも1種の追加のコンポーネントと共に、除草性処方成分(すなわち配合物)として用いられるであろう。配合物または組成物処方成分は、活性処方成分の物理特性適用形態、ならびに、土壌タイプ、水分および温度などの環境要因と適合するよう選択される。

0209

有用な配合物は液体組成物および固体組成物の両方を含む。液体組成物としては、溶液(乳化性濃縮物を含む)、懸濁液、エマルジョンマイクロエマルジョン水中油型エマルジョン流動性濃縮物および/またはサスポエマルジョンを含む)等が挙げられ、これらは、任意により、ゲルに増粘可能である。水性液体組成物の一般的なタイプは、可用性濃縮物、懸濁濃縮物、カプセル懸濁液、濃縮エマルジョン、マイクロエマルジョン、水中油型エマルジョン、流動性濃縮物およびサスポエマルジョンである。非水性液体組成物の一般的なタイプは、乳化性濃縮物、マイクロ乳化性濃縮物、分散性濃縮物および油分散体である。

0210

固体組成物の一般的なタイプは、粉剤粉末顆粒ペレットプリル香錠錠剤
充填フィルム種子粉衣を含む)等であり、これらは、水分散性(「湿潤性」)または水溶性であることが可能である。フィルム形成性溶液または流動性懸濁液から形成されたフィルムおよびコーティング種子処理に特に有用である。活性処方成分は、(マイクロカプセル化されていることが可能であり、さらに、懸濁液または固体配合物に形成されることが可能である;あるいは、活性処方成分の全配合物をカプセル化(または「オーバーコート」)することが可能である。カプセル化により、活性処方成分の放出を制御または遅延させることが可能である。乳化性顆粒は、乳化性濃縮物配合物の利点と乾燥顆粒状配合物の利点の両方を兼ね備えている。高濃度組成物は、さらなる配合物への中間体として主に用いられる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ