図面 (/)

技術 弾球遊技機

出願人 株式会社高尾
発明者 海野達也安福一郎横山武史
出願日 2019年3月6日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2019-040186
公開日 2020年9月10日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-141830
状態 未査定
技術分野 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 成型形状 最大変動 判定順序 各初期値 音量調節スイッチ モードバッファ 作動内容 回付与
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年9月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

1種2種混合機において、特典遊技状態が終了する間際における遊技の興趣を向上させる。

解決手段

弾球遊技機は、第1の保留記憶手段と、第1の大当り遊技制御手段と、特典遊技制御手段と、第2の保留記憶手段と、小当り遊技制御手段とを備える。特典遊技状態における第2特別図柄の1回目変動開始から変動停止までの変動期間は、可変入賞装置所定回数の第2状態への作動を実施可能な長さを有する。特典遊技設定手段は、第1の特典終了条件による第1の特典遊技状態と、第2の特典終了条件による第2の特典遊技状態とのいずれか一方を、大当り図柄の種類に応じて設定する。第1の特典終了条件は、第1の特典遊技状態の開始後に可変入賞装置が所定回数より少ない第1の作動回数の作動を終了した場合に成立する。第2の特典終了条件は、第2特別図柄の前記1回目の変動が停止した場合に成立する。

概要

背景

弾球遊技機としては、第1種の遊技機と、第2種の遊技機とが知られている。第1種の遊技機は、「デジパチ」とも呼ばれ、始動口への入球に基づく抽選によって大当りとなる遊技(第1種遊技)を実施する。第2種の遊技機は、「ハネモノ」とも呼ばれ、大入賞口の内部におけるV入賞によって大当りとなる遊技(第2種遊技)を実施する。

近年、第1種遊技と第2種遊技とを組み合わせた弾球遊技機(「1種2種混合機」とも呼ばれる。)が人気となっている。例えば、特許文献1の弾球遊技機は、通常遊技状態では第1種遊技を基本遊技として実施し、大当り後の特典遊技状態では第2種遊技を基本遊技として実施する。

概要

1種2種混合機において、特典遊技状態が終了する間際における遊技の興趣を向上させる。弾球遊技機は、第1の保留記憶手段と、第1の大当り遊技制御手段と、特典遊技制御手段と、第2の保留記憶手段と、小当り遊技制御手段とを備える。特典遊技状態における第2特別柄の1回目変動開始から変動停止までの変動期間は、可変入賞装置所定回数の第2状態への作動を実施可能な長さを有する。特典遊技設定手段は、第1の特典終了条件による第1の特典遊技状態と、第2の特典終了条件による第2の特典遊技状態とのいずれか一方を、大当り柄の種類に応じて設定する。第1の特典終了条件は、第1の特典遊技状態の開始後に可変入賞装置が所定回数より少ない第1の作動回数の作動を終了した場合に成立する。第2の特典終了条件は、第2特別柄の前記1回目の変動が停止した場合に成立する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

第1の発射強度で発射された遊技球流下する第1遊技領域と、第1の発射強度より強い第2の発射強度で発射された遊技球が流下する第2遊技領域とを有する遊技盤と、前記第1遊技領域に設けられ、遊技球を入球可能な第1始動口と、前記第2遊技領域に設けられ、遊技球を入球可能な第2始動口と、普通図柄の抽選結果に応じて、前記第2始動口への遊技球の進入が困難な第1状態と容易な第2状態とに切り替え可能に構成された可変入賞装置と、前記第1始動口への入球に基づく乱数値保留記憶として記憶する第1の保留記憶手段と、前記第1の保留記憶手段に記憶された乱数値に基づいて、第1特別図柄を用いた変動表示によって報知される大当りか否かの抽選結果を判断する第1の当否判定手段と、前記第1の当否判定手段による抽選結果が大当りである場合、前記第1特別図柄を用いた変動表示によって大当りを報知した後、第2遊技領域に設けられた第1大入賞口を入球可能に開閉する第1の大当り遊技を実行する第1の大当り遊技制御手段と、前記第1の大当り遊技の終了後に続く遊技状態を、通常遊技状態より前記可変入賞装置が前記第2状態となる割合が高い特典遊技状態に設定する特典遊技設定手段と、前記第2始動口への入球に基づく乱数値を保留記憶として記憶する第2の保留記憶手段と、前記第2の保留記憶手段に記憶された乱数値に基づいて、前記第2特別図柄を用いた変動表示によって報知される小当りか否かの抽選結果を判断する第2の当否判定手段と、前記第2の当否判定手段による抽選結果が小当りである場合、前記第2特別図柄を用いた変動表示によって小当りを報知した後、前記第2遊技領域に設けられた第2大入賞口を入球可能に開閉する小当り遊技を実行する小当り遊技制御手段と、前記小当り遊技において前記第2大入賞口に入球した遊技球が、前記第2大入賞口の内側に設けられた特定領域を通過した場合、前記第1大入賞口を入球可能に開閉する第2の大当り遊技を実行する第2の大当り遊技制御手段と、を備える弾球遊技機であって、前記特典遊技設定手段は、前記特典遊技状態として、第1の特典終了条件成立した場合に終了する第1の特典遊技状態と、前記第1の特典終了条件とは異なる第2の特典終了条件が成立した場合に終了する第2の特典遊技状態とのいずれか一方を、大当り図柄の種類に応じて設定可能に構成され、前記第1の特典終了条件は、前記第1の特典遊技状態の開始後に前記可変入賞装置が第1の作動回数の作動を終了した場合に成立し、前記第2の特典終了条件は、前記第2の特典遊技状態の開始後に前記可変入賞装置が前記第1の作動回数より多い第2の作動回数の作動を終了した場合、または、前記第2特別図柄による特定回数の変動が停止した場合に成立する、ことを特徴とする弾球遊技機。

請求項2

請求項1に記載の弾球遊技機であって、前記特典遊技状態における前記第2特別図柄による1回目変動開始から前記特定回数の変動停止までの変動期間は、前記可変入賞装置が前記第1の作動回数より多くかつ前記第2の作動回数より少ない所定回数の前記第2状態への作動を実施可能な長さを有する、弾球遊技機。

請求項3

請求項1または2に記載の弾球遊技機であって、更に、前記第1特別図柄および前記第2特別図柄に応じた疑似図柄を用いた演出を表示する演出表示装置を備え、前記演出表示装置は、前記特典遊技状態の開始から前記可変入賞装置が前記第1の作動回数の作動を終了するまで、前記第1の特典遊技状態と前記第2の特典遊技状態との間で共通する共通演出を表示するとともに、前記第2の特典遊技状態において前記可変入賞装置が前記第1の作動回数の作動を終了した後、前記共通演出とは異なる特別演出を表示する、弾球遊技機。

請求項4

請求項3に記載の弾球遊技機であって、前記共通演出および前記特別演出は、それぞれ異なる態様で遊技球の発射強度を示唆する、弾球遊技機。

技術分野

0001

本明細書は、弾球遊技機パチンコ遊技機、弾球遊技機とも呼ばれる。)に関する技術を開示する。

背景技術

0002

弾球遊技機としては、第1種の遊技機と、第2種の遊技機とが知られている。第1種の遊技機は、「デジパチ」とも呼ばれ、始動口への入球に基づく抽選によって大当りとなる遊技(第1種遊技)を実施する。第2種の遊技機は、「ハネモノ」とも呼ばれ、大入賞口の内部におけるV入賞によって大当りとなる遊技(第2種遊技)を実施する。

0003

近年、第1種遊技と第2種遊技とを組み合わせた弾球遊技機(「1種2種混合機」とも呼ばれる。)が人気となっている。例えば、特許文献1の弾球遊技機は、通常遊技状態では第1種遊技を基本遊技として実施し、大当り後の特典遊技状態では第2種遊技を基本遊技として実施する。

先行技術

0004

特開2012−050608号公報

発明が解決しようとする課題

0005

1種2種混合機において遊技の興趣をさらに向上させることが求められている。

課題を解決するための手段

0006

本明細書に開示する技術は、以下の形態として実現できる。

0007

(1)本明細書に開示する一形態における弾球遊技機は、第1の発射強度で発射された遊技球流下する第1遊技領域と、第1の発射強度より強い第2の発射強度で発射された遊技球が流下する第2遊技領域とを有する遊技盤と;前記第1遊技領域に設けられ、遊技球を入球可能な第1始動口と;前記第2遊技領域に設けられ、遊技球を入球可能な第2始動口と;普通図柄の抽選結果に応じて、前記第2始動口への遊技球の進入が困難な第1状態と容易な第2状態とに切り替え可能に構成された可変入賞装置と;前記第1始動口への入球に基づく乱数値保留記憶として記憶する第1の保留記憶手段と;前記第1の保留記憶手段に記憶された乱数値に基づいて、第1特別図柄を用いた変動表示によって報知される大当りか否かの抽選結果を判断する第1の当否判定手段と;前記第1の当否判定手段による抽選結果が大当りである場合、前記第1特別図柄を用いた変動表示によって大当りを報知した後、第2遊技領域に設けられた第1大入賞口を入球可能に開閉する第1の大当り遊技を実行する第1の大当り遊技制御手段と;前記第1の大当り遊技の終了後に続く遊技状態を、通常遊技状態より前記可変入賞装置が前記第2状態となる割合が高い特典遊技状態に設定する特典遊技設定手段と;前記第2始動口への入球に基づく乱数値を保留記憶として記憶する第2の保留記憶手段と;前記第2の保留記憶手段に記憶された乱数値に基づいて、前記第2特別図柄を用いた変動表示によって報知される小当りか否かの抽選結果を判断する第2の当否判定手段と;前記第2の当否判定手段による抽選結果が小当りである場合、前記第2特別図柄を用いた変動表示によって小当りを報知した後、前記第2遊技領域に設けられた第2大入賞口を入球可能に開閉する小当り遊技を実行する小当り遊技制御手段と;前記小当り遊技において前記第2大入賞口に入球した遊技球が、前記第2大入賞口の内側に設けられた特定領域を通過した場合、前記第1大入賞口を入球可能に開閉する第2の大当り遊技を実行する第2の大当り遊技制御手段と;を備える。前記特典遊技設定手段は、前記特典遊技状態として、第1の特典終了条件成立した場合に終了する第1の特典遊技状態と、前記第1の特典終了条件とは異なる第2の特典終了条件が成立した場合に終了する第2の特典遊技状態とのいずれか一方を、大当り図柄の種類に応じて設定可能に構成されている。前記第1の特典終了条件は、前記第1の特典遊技状態の開始後に前記可変入賞装置が第1の作動回数の作動を終了した場合に成立する。前記第2の特典終了条件は、前記第2の特典遊技状態の開始後に前記可変入賞装置が前記第1の作動回数より多い第2の作動回数の作動を終了した場合、または、前記第2特別図柄による前記特定回数の変動が停止した場合に成立する。
この形態の弾球遊技機によれば、可変入賞装置の作動回数の相違による特典終了条件の設定に基づいて、第2の大当り遊技に移行する確率が異なる複数の特典遊技状態を第1の大当り遊技の終了後に設定することができる。その結果、1種2種混合機において、第1の大当り遊技が終了した後の特典遊技状態における遊技の興趣を向上させることができる。

0008

(2)上述の弾球遊技機において、前記特典遊技状態における前記第2特別図柄による1回目変動開始から前記特定回数の変動停止までの変動期間は、前記可変入賞装置が前記第1の作動回数より多くかつ前記第2の作動回数より少ない所定回数の前記第2状態への作動を実施可能な長さを有してもよい。この形態の弾球遊技機によれば、第1の特典遊技状態では、少なくとも1回の第2特別図柄を用いた抽選を実施することができ、第2の特典遊技状態では、1回目の第2特別図柄を用いた抽選に加えて、第2特別図柄による特定回数の変動停止までに第2の保留記憶手段によって記憶された第1の特典遊技状態よりも多くの保留記憶に基づく第2特別図柄を用いた抽選を実施することができる。これによって、第2の大当り遊技に移行する確率が異なる複数の特典遊技状態を第1の大当り遊技の終了後に設定することができる。なお、前記特定回数は1回目であってもよい。

0009

(3)上述の弾球遊技機において、更に、前記第1特別図柄および前記第2特別図柄に応じた疑似図柄を用いた演出を表示する演出表示装置を備え、前記演出表示装置は、前記特典遊技状態の開始から前記可変入賞装置が前記第1の作動回数の作動を終了するまで、前記第1の特典遊技状態と前記第2の特典遊技状態との間で共通する共通演出を表示するとともに、前記第2の特典遊技状態において前記可変入賞装置が前記第1の作動回数の作動を終了した後、前記共通演出とは異なる特別演出を表示してもよい。この形態の弾球遊技機によれば、特典遊技状態の開始から可変入賞装置が第1の作動回数の作動を終了するまで、演出表示装置による演出態様からは第1の特典遊技状態と第2の特典遊技状態とを区別できないため、第2の大当り遊技に移行する確率が比較的に高い第2の特典遊技状態であることを期待する高揚感を遊技者に与えることができる。その結果、特典遊技状態における遊技の興趣をいっそう向上させることができる。

0010

(4)上述の弾球遊技機において、前記共通演出および前記特別演出は、それぞれ異なる態様で遊技球の発射強度を示唆してもよい。この形態の弾球遊技機によれば、特典遊技状態において遊技球の発射強度を示唆しつつ、第2の大当り遊技に移行する確率が比較的に高い第2の特典遊技状態であることを期待する高揚感を遊技者に与えることができる。

0011

本明細書に開示する技術は、弾球遊技機とは異なる種々の形態で実現できる。本明細書に開示する技術は、例えば、弾球遊技機の形態のほか、弾球遊技機において実施される制御方法コンピュータプログラムなどの形態で実現できる。

図面の簡単な説明

0012

弾球遊技機の遊技盤の正面図である。
振分装置を示す説明図である。
弾球遊技機の電気的構成を示すブロック図である。
弾球遊技機の作動内容を示す説明図である。
時短開放延長状態)終了条件を示す説明図である。
第2特図の小当りから役物大当りした場合の時短(開放延長状態)終了条件を示す説明図である。
時短A(第1の特典遊技状態)の一例を示すタイムチャートである。
時短B(第2の特典遊技状態)の一例を示すタイムチャートである。
演出図柄表示装置6における演出態様の一例を示す説明図である。
主制御装置が実行するメインルーチンを示すフローチャートである。
主制御装置が実行する始動入賞処理を示すフローチャートである。
主制御装置が実行する普図当否判定処理を示すフローチャートである。
主制御装置が実行する普図当否判定処理を示すフローチャートである。
主制御装置が実行する普図当否判定処理を示すフローチャートである。
主制御装置が実行する普電遊技処理を示すフローチャートである。
主制御装置が実行する普電遊技処理を示すフローチャートである。
主制御装置が実行する特図当否判定処理を示すフローチャートである。
主制御装置が実行する特図当否判定処理を示すフローチャートである。
主制御装置が実行する特図当否判定処理を示すフローチャートである。
主制御装置が実行する特別遊技処理を示す説明図である。
主制御装置が実行する特別遊技処理を示す説明図である。
主制御装置が実行する特別遊技処理を示す説明図である。
主制御装置が実行する特別遊技処理を示す説明図である。
主制御装置が実行する特別遊技処理を示す説明図である。
主制御装置が実行する特別遊技処理を示す説明図である。
主制御装置が実行する特別遊技処理を示す説明図である。
サブ統合制御装置が実行する保留数指示コマンド受信処理を示すフローチャートである。
サブ統合制御装置が実行する変動指示コマンド受信処理を示すフローチャートである。

実施例

0013

A.第1実施形態
図1は、弾球遊技機の遊技盤1の正面図である。図1に示すように遊技盤1には、公知のガイドレール2a、2bによって囲まれた略円形の遊技領域が、ほぼ中央部に配置されたセンターケース5を境に第1遊技領域3a(本発明の第1遊技領域に相当)と第2遊技領域3b(本発明の第2遊技領域に相当)とに分けられており、センターケース5の左側が第1遊技領域3a、右側が第2遊技領域3bとなり、図に示したA部まで到達した遊技球は、第2遊技領域誘導路101を転動し、第2遊技領域3b(センターケース5の右側)に至り、Aに到達しない遊技球が第1遊技領域3a(センターケース5の左側)を流下することになる。また、この第1遊技領域3a,第2遊技領域3bには多数の遊技釘植設されている。

0014

センターケース5は、公知のものと同様に、ワープ入口ワープ通路ステージ、演出図柄表示装置6の画面を臨ませる窓等を備えている。センターケース5の下には、第1始動口11が配置され、第1始動口11の左方には、3個の普通入賞口31が設けられている。なお、この普通入賞口31は、入球率が変化しない普通入賞口である。

0015

センターケース5の右の第2遊技領域3bには、普通図柄作動ゲート17が配置され、普通図柄作動ゲート17の下には、センターケース5右側面と一体化し片羽根開閉動作を行う第1大入賞口14が設置されている。第1大入賞口14の下には、普通電動役物16が配置され、この普通電動役物16が作動すると第2始動口12への遊技球の入球が可能となる。

0016

第2始動口12の左下(第1始動口11の右)には、特定領域94(本発明の特定領域に相当)を備えた振分装置92を設けた第2大入賞口91が配置されている。この振分装置92の構造については図2を用いて後述する。なお、第1大入賞口14は大当り遊技時(役物大当り生起後の大当り遊技も含む)に作動し、第2大入賞口91は小当り遊技時に作動する。

0017

第1始動口11は、植設された遊技釘及びセンターケース5の成型形状により、第2遊技領域3bを流下した遊技球が入球困難な構成となっている。これにより、第1始動口11は、ほぼ第1遊技領域3aを流下した遊技球のみが入球可能となる。また、普通図柄作動ゲート17、第1大入賞口14、第2始動口12、第2大入賞口91については、同様の理由により第2遊技領域3bを流下した遊技球のみが入球可能となっている。

0018

第2遊技領域3bの下部には、複数個LEDからなる普通図柄表示装置7、普通図柄保留数表示装置8と、7セグメント表示装置からなる第1特別図柄表示装置9、第2特別図柄表示装置10と、複数個のLEDからなる第1特別図柄保留数表示装置18、1個のLEDからなる第2特別図柄保留数表示装置19とが配置されている。この位置に配置した各種表示装置の表示内容を遊技者が確実に認識することは困難となり、遊技中の遊技者は遊技盤中央に配置された演出図柄表示装置6の表示内容に注目して遊技を行うことになる。

0019

上記のように遊技盤1を構成することによって、第1遊技領域3aに遊技球を流下させると第1始動口11に遊技球が入球(第1始動口スイッチ11a(図3参照)が遊技球を検出)すると、第1特別図柄表示装置9において第1特別図柄(本発明の第1特別図柄に相当)が変動を開始し、所定時間後に停止する。

0020

第2遊技領域3bに遊技球を流下させると、第2遊技領域3bを流下した遊技球が普通図柄作動ゲート17に入球(普通図柄作動スイッチ17a(図3参照)が遊技球を検出)すると、普通図柄表示装置7で普図が変動表示を開始し、所定時間後に停止した普図の態様に応じて、後述する普通電役ソレノイド12b(図3参照)を駆動させる。普通電役ソレノイド12bが駆動すると、ほぼ同期して普通電動役物16の扉部が開放して、第2始動口12への入球(第2始動口スイッチ12a(図3参照)の検出)が可能となるように構成されている。第2始動口12に遊技球が入球すると、第2特別図柄表示装置10において第2特別図柄(本発明の第2特別図柄に相当)が変動表示を開始し、所定時間後に停止する。

0021

第1特別図柄(以降、第1特図ともいう)及び第2特別図柄(以降、第2特図ともいう)の変動中は、演出図柄表示装置6において各々の特別図柄(以降、特図ともいう)の変動に連動した演出態様を表示する。また、第1特別図柄と第2特別図柄は、同時に変動することはなく、いずれかの変動のみを行なう。

0022

本実施例では、第2特別図柄にも保留記憶を備えているため、その場合は第2特別図柄の変動(当否判定)を優先して実施する構成としても良い。その場合は第2特別図柄の保留記憶が発生すれば直ぐ第2特別図柄の抽選が行なわれるため、第1特別図柄の変動の消化を待つ必要がなくなる。また、逆に第1特別図柄の変動を優先しても良い。その場合は第2特別図柄が変動する際は、第1特別図柄の保留記憶のない状態となるため、第1特別図柄の変動が割り込んでくることなく安定して第2特別図柄だけで変動させていくことができる。

0023

第1特別図柄及び第2特別図柄の確定表示した態様に応じて、後述する第1大入賞口ソレノイド14b(図3参照)、又は第2大入賞口ソレノイド91bが駆動する。第1大入賞口ソレノイド14bが駆動(大当り遊技時)すると、ほぼ同期して第1大入賞口14の扉部材が開放し、第1大入賞口14への遊技球の入球(第1カウントスイッチ14a(図3参照)が遊技球を検出)が可能となり、第2大入賞口ソレノイド91bが駆動(小当り遊技時)すると、ほぼ同期して第2大入賞口91の扉部材が開放し、第2大入賞口91への遊技球の入球(第2カウントスイッチ91a(図3参照)が遊技球を検出)が可能となるように構成されている。

0024

普通電動役物16からなる第2始動口12、第1大入賞口14、第2大入賞口91は、第2遊技領域3b(センターケース5の右側)に配置されているため、遊技状態が開放延長遊技状態に移行した場合、大当り遊技に移行した場合、小当り遊技に移行した場合は、発射した遊技球の全てが第2遊技領域3bに到達するように発射ハンドルを調整することになる。

0025

図2は、振分装置92を示す説明図である。振分装置92の内側上部にはワープ出口92aが設けられており、第2大入賞口91に入球した遊技球は全てワープ出口92aから振分装置92内に流れ込む。ワープ出口92aの下方には一対の振分羽根93が設けられており、第2大入賞口91の開閉動作時に作動する。

0026

振分羽根93が閉鎖されているとき(図2(a))にワープ出口92aから遊技球が流出すると、遊技球はハズレ口92bに導かれるため特定領域94には入球しない。開放されているとき(図2(b))にワープ出口92aから遊技球が流出すると、Vで示された特定領域94に入球する。従って、図(a)の閉鎖状態と図(b)の開放状態とで各々の時間を設定し交互に組み合わせることで特定領域94への遊技球の入球率が設定できる。また、第2大入賞口91の開閉タイミングと組み合わせても設定ができる。なお、振分装置92に誘導される遊技球は、第2カウントスイッチ91aで検出済の遊技球となる。

0027

図3は、弾球遊技機の電気的構成を示すブロック図である。なお、このブロック図には、単に信号を中継するだけのためのいわゆる中継基板及び電源回路等は記載していない。また、詳細な図示は省略するが、主制御装置80、払出制御装置81、演出図柄制御装置82、サブ統合制御装置83のいずれもCPU、ROM、RAM、入力ポート出力ポート等を備えているが、本実施例では発射制御装置84にはCPU、ROM、RAMは設けられていない。しかし、これに限るわけではなく、発射制御装置84にCPU、ROM、RAM等を設けてもよい。

0028

主制御装置80には、第1始動口11に入球した遊技球を検出する第1始動口スイッチ11a、第2始動口12に入球した遊技球を検出する第2始動口スイッチ12a、普通図柄を作動させる普通図柄作動ゲート17に進入した遊技球を検出する普通図柄作動スイッチ17a、第1大入賞口14に入球した遊技球を計数するための第1カウントスイッチ14a、第2大入賞口91に入球した遊技球を計数するための第2カウントスイッチ91a、普通入賞口31に入球した遊技球を検出する普通入賞口スイッチ31a、特定領域94に入球した遊技球を検出する特定領域スイッチ94a等の検出信号が入力され、裏配線中継端子板75を介して、前枠ガラス枠)および内枠が閉鎖しているか否か検出するガラス枠開放スイッチ35、内枠開放スイッチ36の検出信号が入力される。

0029

主制御装置80は搭載しているプログラムに従って動作して、上述の検出信号などに基づいて遊技の進行に関わる各種のコマンドを生成して払出制御装置81及びサブ統合制御装置83に出力する。また主制御装置80は、図柄表示装置中継端子板90を介して接続されている第1特別図柄表示装置9、第2特別図柄表示装置10及び普通図柄表示装置7の表示、第1特別図柄保留数表示装置18、第2特別図柄保留数表示装置19、普通図柄保留数表示装置8の点灯を制御する。

0030

更に、主制御装置80は、第1大入賞口ソレノイド14bを制御することで第1大入賞口14の開閉を制御し、第2大入賞口ソレノイド91bを制御することで第2大入賞口91の開閉を制御し、普通電動役物ソレノイド(図3では普電役物ソレノイドと表記)12bを制御することで普通電動役物16の開閉を制御し、振分羽根ソレノイド93bを制御することで振分装置92内の振分羽根93の開閉を制御する。主制御装置80からの出力信号試験信号端子にも出力される他、図柄変動や大当り(特別遊技ともいう)等の管理用の信号が外部接続端子78に出力されてホールコンピュータ87に送られる。

0031

主制御装置80と払出制御装置81とは双方向通信が行われ、払出制御装置81は、主制御装置80から送られてくるコマンドに応じて払出モータ20を制御して賞球を払い出す。本実施例においては、賞球として払い出される遊技球を計数するための払出スイッチ21の検出信号は払出制御装置81に入力され、払出制御装置81で賞球の計数が行われる構成を用いる。この他にも主制御装置80と払出制御装置81に払出スイッチ21の検出信号が入力され、主制御装置80と払出制御装置81の双方で賞球の計数を行う構成を用いることも考えられる。

0032

なお、払出制御装置81はガラス枠開放スイッチ35、内枠開放スイッチ36、満杯スイッチ22、球切れスイッチ23からの信号が入力され、満杯スイッチ22により下皿63が満タンであることを示す信号が入力された場合及び球切れスイッチ23により球タンクに遊技球が少ないあるいは無いことを示す信号が入力されると払出モータ20を停止させ、賞球の払出動作を停止させる。なお、満杯スイッチ22、球切れスイッチ23も、その状態が解消されるまで信号を出力し続ける構成になっており、払出制御装置81は、その信号が出力されなくなることに起因して払出モータ20の駆動を再開させる。

0033

また、払出制御装置81はCRユニット端子板24を介してプリペイドカードユニット交信することで払出モータ20を作動させ、貸し球を排出する。払出された貸し球は払出スイッチ21に検出され、検出信号は払出制御装置81に入力される。なお、CRユニット端子板24は精算表示基板25とも双方向通信可能に接続されており、精算表示基板25には、遊技球の貸出しを要求するための球貸ボタン、精算を要求するための返却ボタン残高表示器が接続されている。

0034

また、払出制御装置81は、外部接続端子78を介して賞球に関する情報、枠(内枠、前枠)の開閉状態を示す情報などをホールコンピュータに送信するほか、発射制御装置84に対して発射停止信号を送信する。なお本実施例では遊技球を払い出す構成であるが、入賞等に応じて発生した遊技球を払い出さずに記憶する封入式の構成にしても良い。

0035

発射制御装置84は発射モータ30を制御して遊技球を発射させる。なお、発射制御装置84には払出制御装置81以外に発射ハンドルからの回動量信号、タッチスイッチ28からのタッチ信号、発射停止スイッチ29から発射停止信号が入力される。回動量信号は、遊技者が発射ハンドルを操作することで出力され、タッチ信号は遊技者が発射ハンドルを触ることで出力され、発射停止スイッチ信号は、遊技者が発射停止スイッチ29を押すことで出力される。なお、タッチ信号が発射制御装置84に入力されていなければ、遊技球は発射できないほか、発射停止スイッチ信号が入力されているときには、遊技者が発射ハンドルを触っていても遊技球は発射できないようになっている。

0036

サブ統合制御装置83(本発明のサブ制御装置に相当)はCPU、ROM、RAM等の電気部品を備えており、搭載するROMに記憶されたプログラムに従ってCPUにて処理を実行し、入力される遊技スイッチ67aの入力ならびに主制御装置80から入力されるコマンドに基づいて演出に関わる各種コマンド等を生成し、演出図柄制御装置82に出力する。

0037

また、サブ統合制御装置83には、音量を調節する音量調節スイッチ83aが備えられ、音量調節スイッチ83aの状態(位置)を検出し、その検出結果とスピーカ66へ送信する内容とを判断し、スピーカ66から出力する音量をソフト的に制御するように構成されている。

0038

演出図柄制御装置82は、サブ統合制御装置83から受信したデータ及びコマンド(共に主制御装置80から送信されてきたものとサブ統合制御装置83が生成したものとがある)に基づいて演出図柄表示装置6を制御して擬似図柄等の演出画像を表示する。尚、サブ統合制御装置83と主制御装置80とは間に演出中継端子板65を介した主制御装置80からサブ統合制御装置83への一方向通信回路として構成され、サブ統合制御装置83と演出図柄制御装置82とはサブ統合制御装置83から演出図柄制御装置82への一方向通信回路として構成されている。

0039

図4は、弾球遊技機の作動内容を示す説明図である。本実施例における弾球遊技機は普通電動役物16の作動契機と作動時間を変化させる開放延長機能と、普通図柄の当り確率に通常確率高確率を設けている。開放延長機能の作動と同時に当り確率が高確率になる構成である。

0040

具体的には開放延長機能未作動時では、1/100の当り確率で0.2秒1回の開放動作を行い、開放延長機能作動時では、99/100の当り確率で普通図柄の1回の当りに対して、普通電動役物16は、普通電動役物16への入球が十分に見込まれる2.0秒の開放動作を1回行うように設定されている。開放延長機能作動時における普通電動役物16による1回の開放動作中には、複数の遊技球が普通電動役物16に入球する可能性がある。開放延長機能作動時における普通電動役物16の開放動作中において、普通電動役物16は、普通電動役物16への1個の遊技球の入球に応じて開放動作を途中で終了してもよい。開放延長機能作動時における第2特別図柄の変動時間は、少なくとも開放延長機能作動時における初回の変動時間に関しては、通常遊技よりも短縮された時間ではなく、第2特別図柄の変動中において確実に第2保留記憶が全て満たされるように通常遊技よりも十分に延長された時間に設定されてもよい。

0041

なお、時短機能として普通図柄の当選確率を高確率に変動させる確率変動機能を備えずに、普通図柄の変動時間や普通電動役物16の開放態様で開放延長機能未作動時は普通電動役物16への入賞を困難にし、開放延長機能作動時は容易にしてもよい。また、普通図柄の当り遊技を複数備えて、開放延長未作動時でも普通電動役物16への入賞が容易な当り遊技を設ける事も考えられる。そうすれば開放延長未作動時でも普通電動役物16へ入賞する機会が生じ、通常遊技時でも役物大当りを狙える遊技性を備えさせることができる。

0042

尚、開放延長機能作動時には、普通図柄の変動時間を短縮(単位時間当りの普通図柄の変動回数が増加)する時短機能も作動する構成となっている。具体的には、開放延長機能未作動時となる通常時の普通図柄の変動時間は6.2秒に設定され、開放延長機能作動時の普通図柄の変動時間は0.7秒に設定されている。これにより、開放延長機能作動時では単位時間当りの普通図柄の変動回数が増加し、普通電動役物の作動契機を大きく増加させている。よって、単位時間当たりの普通電動役物への入球率が増加し、第2特別図柄の変動回数が増える。

0043

本実施例における弾球遊技機の大当り確率は、第1特図と第2特図とで共通の1/199で、特図当否判定に係る確率変動機能は備えていない。小当り確率は第2特図で1/7.4となり、第2特図が変動(後述する特図当否判定を実施)すると高確率で小当りに当選する。小当りに当選すると、第2大入賞口91が6.0秒の開放動作を1回行う。

0044

小当り遊技を行った場合の特定領域94への入賞確率は、第2大入賞口91への入球率と振分羽根93との作動により、通常状態および時短状態において約1/1となるように設定されている。そのため、小当りが発生することは実質的に役物大当りが確約された状態とすることができる。他の実施形態では、通常状態における特定領域94への入賞確率は、時短状態よりも低く設定されてもよい。

0045

図5は、時短設定回数を示す説明図である。図5(a)は、第1特図で図柄大当りした場合の時短(開放延長状態)終了条件を示す。図5(b)は、第2特図で図柄大当りした場合の時短(開放延長状態)終了条件を示す。弾球遊技機は、時短状態に移行した後、条件1,条件2、条件3および条件4のいずれか1つを満たした場合、時短状態を終了する。

0046

第1特図の大当り図柄は、数字の0から9までの10種類である。第1特図の大当り図柄のうち奇数は、大当り図柄として50%の割合で抽選される4ラウンド時短有図柄1であり、第1特図の大当り図柄のうち奇数は、大当り図柄として50%の割合で抽選される4ラウンド時短有図柄2である。

0047

第1特図が4ラウンド時短有図柄1で大当りした場合(50%の割合)、弾球遊技機は、第1大入賞口14が4ラウンドの開放を行う大当り遊技(1ラウンド最大29.0秒の開放または9カウント)を実施し、大当り遊技終了後、時短状態(開放延長状態)の一つである時短A(第1の特典遊技状態)となる。第1特図が4ラウンド時短有図柄1で大当りした場合、弾球遊技機は、時短A(第1の特典遊技状態)に移行した後、第1特図が99回変動した場合、第2特図が1回変動した場合、第1特図および第2特図が合計99回変動した場合、普通電動役物16が1回作動した場合、のいずれかの場合において、時短A(第1の特典遊技状態)を終了する。

0048

第1特図が4ラウンド時短有図柄2で大当りした場合(50%の割合)、弾球遊技機は、第1大入賞口14が4ラウンドの開放を行う大当り遊技(1ラウンド最大29.0秒の開放または9カウント)を実施し、大当り遊技終了後、時短状態(開放延長状態)の一つである時短B(第2の特典遊技状態)となる。第1特図が4ラウンド時短有図柄2で大当りした場合、弾球遊技機は、時短B(第2の特典遊技状態)に移行した後、第1特図が99回変動した場合、第2特図が1回変動した場合、第1特図および第2特図が合計99回変動した場合、普通電動役物16が100回作動した場合、のいずれかの場合において、時短B(第2の特典遊技状態)を終了する。

0049

第2特図の大当り図柄は、数字の0から9までの10種類である。第2特図の大当り図柄のうち奇数は、大当り図柄として50%の割合で抽選される15ラウンド時短有図柄1であり、第2特図の大当り図柄のうち奇数は、大当り図柄として50%の割合で抽選される15ラウンド時短有図柄2である。

0050

第2特図が15ラウンド時短有図柄1,2で大当りした場合(それぞれ50%の割合、合わせて100%の割合)、弾球遊技機は、第1大入賞口14が15ラウンドの開放を行う大当り遊技(1ラウンド最大29.0秒の開放または9カウント)を実施し、大当り遊技終了後は時短状態(開放延長状態)の一つである時短C(第3の特典遊技状態)となる。第2特図で図柄大当りした場合、弾球遊技機は、時短C(第3の特典遊技状態)に移行した後、第1特図が99回変動した場合、第2特図が7回変動した場合、第1特図および第2特図が合計99回変動した場合、普通電動役物16が100回作動した場合、のいずれかの場合において、時短C(第3の特典遊技状態)を終了する。

0051

図6は、第2特図の小当りから役物大当りした場合の時短(開放延長状態)終了条件を示す説明図である。弾球遊技機は、時短状態に移行した後、条件1,条件2、条件3および条件4のいずれか1つを満たした場合、時短状態を終了する。

0052

第2特図の小当り図柄は、文字のAからHまでの8種類である。第2特図の小当り図柄のうちAは、15ラウンド時短有図柄である。第2特図の小当り図柄のうちBは、13ラウンド時短有図柄である。第2特図の小当り図柄のうちCは、11ラウンド時短有図柄である。第2特図の小当り図柄のうちDは、9ラウンド時短有図柄である。第2特図の小当り図柄のうちEは、7ラウンド時短有図柄である。第2特図の小当り図柄のうちFは、5ラウンド時短有図柄1である。第2特図の小当り図柄のうちGは、3ラウンド時短有図柄である。第2特図の小当り図柄のうちHは、5ラウンド時短有図柄2である。第2特図の小当り図柄のうちAからGまでは、合わせて90%の割合で小当り図柄として抽選され、第2特図の小当り図柄のうちHは、10%の割合で小当り図柄として抽選される。

0053

第2特図が15ラウンド時短有図柄、13ラウンド時短有図柄、11ラウンド時短有図柄、9ラウンド時短有図柄、7ラウンド時短有図柄、5ラウンド時短有図柄1、3ラウンド時短有図柄で小当りした場合(合わせて90%の割合)、弾球遊技機は、第2大入賞口91を開放する小当り遊技を実施する。この小当り遊技において、第2大入賞口91に入賞した遊技球が特定領域94に入球し役物大当りが生起した場合、弾球遊技機は、第1大入賞口14が15,13,11,9,7,5,3ラウンドの開放を行う大当り遊技(1ラウンド最大29.0秒の開放または9カウント)を実施し、大当り遊技終了後は時短状態(開放延長状態)の一つである時短C(第3の特典遊技状態)となる。弾球遊技機は、時短C(第3の特典遊技状態)に移行した後、第1特図が99回変動した場合、第2特図が7回変動した場合、第1特図および第2特図が合計99回変動した場合、普通電動役物16が100回作動した場合、のいずれかの場合において、時短C(第3の特典遊技状態)を終了する。

0054

第2特図が5ラウンド時短有図柄2で小当りした場合(10%の確率)、弾球遊技機は、第2大入賞口91を開放する小当り遊技を実施する。この小当り遊技において、第2大入賞口91に入賞した遊技球が特定領域94に入球し役物大当りが生起した場合、弾球遊技機は、第1大入賞口14が5ラウンドの開放を行う大当り遊技(1ラウンド最大29.0秒の開放または9カウント)を実施し、大当り遊技終了後は時短状態(開放延長状態)の一つである時短D(第4の特典遊技状態)となる。弾球遊技機は、時短D(第4の特典遊技状態)に移行した後、第1特図が99回変動した場合、第2特図が7回変動した場合、第1特図および第2特図が合計99回変動した場合、普通電動役物16が1回作動した場合、のいずれかの場合において、時短D(第4の特典遊技状態)を終了する。

0055

本実施形態では、弾球遊技機は、いずれの大当り遊技を終了した後においても、いずれかの特典遊技状態(時短A〜C)になるが、他の実施形態において、所定の確率で大当り終了後に特典遊技状態を経ることなく通常遊技状態に移行してもよい。

0056

図5および図6のように時短作動内容を設定することにより、弾球遊技機は、通常遊技(非開放延長状態)では、第1遊技領域3aに遊技球を流下させることで第1始動口11への入球に基づく第1特図の抽選をメインに遊技を進行する。第1特図の図柄大当り生起時には、弾球遊技機は、50%の確率で大当り遊技終了後に開放延長状態(時短状態)の一つである時短A(第1の特典遊技状態)に移行し、50%の確率で大当り遊技終了後に開放延長状態(時短状態)の一つである時短B(第2の特典遊技状態)に移行する。時短A(第1の特典遊技状態)および時短B(第2の特典遊技状態)では、第2遊技領域3bに遊技球を流下させることによって、普通電動役物16への入球に基づく第2特図の抽選がメインの遊技となる。第2特図の抽選では、1/7.4の確率で小当りが発生する。小当り遊技では、特定領域94への入賞率が約1/1であるため、小当り遊技となった場合には、ほぼ100%の確率で役物大当りが発生する。

0057

図7は、時短A(第1の特典遊技状態)の一例を示すタイムチャートである。図7(a)は、大当り遊技を実行するタイミングを示す。図7(b)は、普通図柄を変動させるタイミングを示す。図7(c)は、普通電動役物16を作動させるタイミングを示す。図7(d)は、第2始動口スイッチ12aが遊技球を検知するタイミングを示す。図7(e)は、第2保留記憶を記憶するタイミングを示す。図7(f)は、第2特図を変動させるタイミングを示す。図7(g)は、第1特図を変動させるタイミングを示す。図7(h)は、時短A(第1の特典遊技状態)を実行するタイミングを示す。図7(i)は、演出図柄表示装置6において演出を事項するタイミングを示す。

0058

第1特図の大当り図柄である4ラウンド時短有図柄1を契機とする大当り遊技が終了した場合(タイミングA1)、弾球遊技機は、時短A(第1の特典遊技状態)を開始し(図7(h))、演出図柄表示装置6における演出態様を大当り演出から共通演出に切り替える(図7(i))。共通演出は、時短A(第1の特典遊技状態)と時短B(第2の特典遊技状態)との間で共通する演出である。共通演出は、遊技球の発射強度を示唆する演出であり、第2遊技領域3bに到達可能な遊技球の発射強度(いわゆる「右打ち」)を示唆する。共通演出の詳細については後述する。

0059

時短A(第1の特典遊技状態)を開始した時点(タイミングA1)では、第2保留記憶が無いため、弾球遊技機は、第1保留記憶が残っている場合、第1保留記憶に基づいて第1特図の変動表示を実行する(図7(g))。遊技者が想定通りに遊技を行った場合、大当り遊技の終了後には、第1保留記憶が残っている場合が多い。

0060

時短A(第1の特典遊技状態)を実行中には、普通図柄の当り確率は99/100であるため、普通図柄による抽選結果のほぼ全てが当りとなる。図7(b)に示すように、弾球遊技機は、普通図柄作動ゲート17における遊技球の通過に基づいて、普通図柄の変動を開始し(タイミングA2)、0.7秒間の変動期間を経て、普通図柄の変動を停止することによって普通図柄を確定表示する(タイミングA3)。

0061

普通図柄が当り図柄で確定表示された場合(タイミングA3)、弾球遊技機は、普通電動役物16を作動させる(図7(c))。その後、弾球遊技機は、2.0秒間の開放期間が経過した場合、普通電動役物16の作動を終了する(タイミングA4)。

0062

普通電動役物16の作動を終了した場合(タイミングA4)、弾球遊技機は、時短A(第1の特典遊技状態)を終了させる条件4「普通電動役物16の最大作動回数:1回」が成立したと判断し、時短A(第1の特典遊技状態)を終了する(図7(h))。弾球遊技機は、時短A(第1の特典遊技状態)を終了した後、通常遊技状態に移行する。

0063

時短A(第1の特典遊技状態)を終了させる条件4「普通電動役物16の最大作動回数:1回」が成立した場合(タイミングA4)、弾球遊技機は、演出図柄表示装置6における演出態様を共通演出から通常演出に切り替える。通常演出は、通常遊技状態において実行される演出である。

0064

普通電動役物16の開放期間に遊技球が第2始動口12に入球した場合、第2始動口スイッチ12aが遊技球を検知する(図7(d))。弾球遊技機は、第2始動口スイッチ12aにおける遊技球の検知に基づいて、第2保留記憶を1つ記憶する(図7(e))。弾球遊技機は、第1特図の変動表示を終えた後、第2保留記憶に基づいて第2特図の変動表示を実行する(図7(f))。弾球遊技機は、所定の変動時間が経過した後、第2特図の変動を停止することによって第2特図を確定表示する(タイミングA9)。

0065

遊技者が想定通りの遊技(大当り遊技後に右打ちを継続)で時短Aを行った場合、時短Aを終了する第1の特典終了条件は、時短Aの開始後(タイミングA1)に普通電動役物16が1回(第1の作動回数)の作動を終了する条件4(タイミングA4)で成立する。本実施形態の弾球遊技機は、遊技者が想定通りの遊技(大当り遊技後に右打ちを継続)で時短Aを行った場合、普通電動役物16による1回の作動時に第2始動口12に遊技球がほぼ入球するように構成されている。そのため、時短Aでは、普通電動役物16による1回の作動時に第2始動口12へ遊技球を入球させることによって第2特図を1回変動させることが可能な機会が付与される。第2特図の小当り確率が1/7.4であるため、弾球遊技機が時短Aに移行した場合、計算上ほぼ1/7.4の確率で小当りが発生することになる。時短Dについても時短Aと同様に、計算上ほぼ1/7.4の確率で小当りが発生することになる。

0066

図8は、時短B(第2の特典遊技状態)の一例を示すタイムチャートである。図8(a)は、大当り遊技を実行するタイミングを示す。図8(b)は、普通図柄を変動させるタイミングを示す。図8(c)は、普通電動役物16を作動させるタイミングを示す。図8(d)は、第2始動口スイッチ12aが遊技球を検知するタイミングを示す。図8(e)は、第2保留記憶を記憶するタイミングを示す。図8(f)は、第2特図を変動させるタイミングを示す。図8(g)は、第1特図を変動させるタイミングを示す。図8(h)は、時短B(第2の特典遊技状態)を実行するタイミングを示す。図8(i)は、演出図柄表示装置6において演出を事項するタイミングを示す。

0067

第1特図の大当り図柄である4ラウンド時短有図柄2を契機とする大当り遊技が終了した場合(タイミングB1)、弾球遊技機は、時短B(第2の特典遊技状態)を開始し(図8(h))、演出図柄表示装置6における演出態様を大当り演出から共通演出に切り替える(図8(i))。共通演出は、時短A(第1の特典遊技状態)と時短B(第2の特典遊技状態)との間で共通する演出である。共通演出は、遊技球の発射強度を示唆する演出であり、第2遊技領域3bに到達可能な遊技球の発射強度(いわゆる「右打ち」)を示唆する。共通演出の詳細については後述する。

0068

時短B(第2の特典遊技状態)を開始した時点(タイミングB1)では、第2保留記憶が無いため、弾球遊技機は、第1保留記憶が残っている場合、第1保留記憶に基づいて第1特図の変動表示を実行する(図8(g))。遊技者が想定通りに遊技を行った場合、大当り遊技の終了後には、第1保留記憶が残っている場合が多い。

0069

時短B(第2の特典遊技状態)を実行中には、普通図柄の当り確率は99/100であるため、普通図柄による抽選結果のほぼ全てが当りとなる。図8(b)に示すように、弾球遊技機は、普通図柄作動ゲート17における遊技球の通過に基づいて、普通図柄の変動を開始し(タイミングB2)、0.7秒間の変動期間を経て、普通図柄の変動を停止することによって普通図柄を確定表示する(タイミングB3)。

0070

普通図柄が当り図柄で確定表示された場合(タイミングB3)、弾球遊技機は、普通電動役物16を作動させる(図8(c))。その後、弾球遊技機は、2.0秒間の開放期間が経過した場合、普通電動役物16の作動を終了する(タイミングB4)。

0071

1回目の普通電動役物16の作動を終了した場合(タイミングB4)、弾球遊技機は、演出図柄表示装置6における演出態様を共通演出から特別演出に切り替える。特別演出は、共通演出とは異なる演出である。特別演出は、共通演出とは異なる態様で遊技球の発射強度を示唆する演出であり、第2遊技領域3bに到達可能な遊技球の発射強度(いわゆる「右打ち」)を示唆する。特別演出の詳細については後述する。

0072

普通電動役物16の作動の終了(タイミングB4)に引き続き、弾球遊技機は、普通図柄作動ゲート17における後続の遊技球の通過に基づいて、普通図柄の変動を開始し(タイミングB4)、0.7秒間の変動期間を経て普通図柄の変動を停止する(タイミングB5)。普通図柄が当り図柄で確定表示された場合(タイミングB5)、弾球遊技機は、普通電動役物16を作動させ、2.0秒間の開放期間が経過した場合、普通電動役物16の作動を終了する。それ以降、時短Bが継続する間、弾球遊技機は、普通図柄の確定表示および普通電動役物16の作動を繰り返し実施する(タイミングB6,B7,B8)。

0073

普通電動役物16の開放期間に遊技球が第2始動口12に入球した場合、第2始動口スイッチ12aが遊技球を検知する(図8(d))。弾球遊技機は、第2始動口スイッチ12aにおける遊技球の検知に基づいて、第2保留記憶を1つ記憶する(図8(e))。弾球遊技機は、第1特図の変動表示を終えた後、第2保留記憶に基づいて第2特図の変動表示を実行する(図8(f))。弾球遊技機は、所定の変動期間が経過した後、第2特図の変動を停止することによって第2特図を確定表示する(タイミングB9)。

0074

時短B(第2の特典遊技状態)における第2特図の1回目の変動開始から変動停止までの変動期間CT2は、遊技者が想定通りの遊技(大当り遊技後に右打ちを継続)で時短Bを行った場合、普通電動役物16が少なくとも4回の作動を実施可能な時間的な長さを有する。言い換えると、変動期間CT2は、遊技者が想定通りの遊技(大当り遊技後に右打ちを継続)で時短Bを行った場合、最大個数である4個の第2保留記憶を記憶することが可能な時間的な長さを有する。そのため、遊技者が想定通りの遊技(大当り遊技後に右打ちを継続)で時短Bを行った場合、1回目の第2特図を確定表示するまでに(タイミングB9)、4個の第2保留記憶が残ることになる。1回目の第2特図を確定表示した後(タイミングB9)、弾球遊技機は、4個の第2保留記憶に基づいて、第2特図の変動表示を実行する。

0075

1回目の第2特図を確定表示した場合(タイミングB9)、弾球遊技機は、時短B(第2の特典遊技状態)を終了させる条件2「第2特図の最大変動回数:1回」が成立したと判断し、時短B(第2の特典遊技状態)を終了する(図8(h))。弾球遊技機は、時短B(第2の特典遊技状態)を終了した後、通常遊技状態に移行する。

0076

時短B(第2の特典遊技状態)を終了させる条件2「第2特図の最大変動回数:1回」が成立した場合(タイミングB9)、弾球遊技機は、演出図柄表示装置6における演出態様を特別演出から通常演出に切り替える。通常演出は、通常遊技状態において実行される演出である。

0077

遊技者が想定通りの遊技(大当り遊技後に右打ちを継続)で時短Bを行った場合、時短Bを終了する第2の特典終了条件は、時短Bの開始後(タイミングB1)に普通電動役物16が100回(第2の作動回数)の作動を終了する条件4で成立するのではなく、時短Bの開始後(タイミングB1)に第2特図の1回目の変動が停止する条件2(タイミングB9)で成立する。本実施形態の弾球遊技機は、遊技者が想定通りの遊技(大当り遊技後に右打ちを継続)で時短Bを行った場合、普通電動役物16による1回の作動時に第2始動口12に遊技球がほぼ入球するように構成されている。そのため、時短Bでは、普通電動役物16による5回の作動に基づく第2始動口12へ遊技球の5回の入球によって、第2特図を1回変動させるとともに4個の第2保留記憶を残すことが可能な機会が付与される。第2特図の小当り確率が1/7.4であるため、弾球遊技機が時短Bに移行した場合、計算上ほぼ1/7.4の確率で小当りとなる機会が5回付与されることになる。なお、時短Bにおける第2特図の変動中に普通電動役物16が4回よりも多く作動する場合もあるが、その場合であっても第2特図の変動中に第2保留記憶として記憶される個数はほぼ4個である。

0078

なお、遊技者が想定通りの遊技(大当り遊技後に右打ちを継続)で時短Cを行った場合、時短Cを終了する特典終了条件は、時短Cの開始後に第2特図の7回目の変動が停止する条件2で成立する。本実施形態の弾球遊技機は、遊技者が想定通りの遊技(大当り遊技後に右打ちを継続)で時短Cを行った場合、普通電動役物16による1回の作動時に第2始動口12に遊技球がほぼ入球するように構成されている。そのため、時短Cでは、第2特図を7回変動させるとともに、その間に4個の第2保留記憶を残すことが可能な機会が付与される。第2特図の小当り確率が1/7.4であるため、弾球遊技機が時短Cに移行した場合、計算上ほぼ1/7.4の確率で小当りとなる機会が11回付与されることになる。

0079

図9は、演出図柄表示装置6における演出態様の一例を示す説明図である。図9(a)は、時短Aおよび時短Bにおいて表示される共通演出の一例を示す。図9(b)は、時短Bにおいて表示される特別演出の一例を示す。図9(c)は、通常演出の一例を示す。演出図柄表示装置6は、第1特別図柄および第2特別図柄に応じた疑似図柄を用いた演出を表示する演出表示装置として機能する。

0080

図9(a)の画面210は、演出図柄表示装置6に共通演出として表示される画面である。画面210は、第1特図に基づく大当り遊技を終了した後、時短Aおよび時短Bの開始に合わせて表示される。画面210は、共通示唆表示領域212と、疑似図柄表示領域300Sとを備える。疑似図柄表示領域300Sは、疑似図柄を表示する領域である。共通示唆表示領域212は、遊技球の発射強度を示唆する画像を表示する領域である。共通示唆表示領域212には、「電チューが1回開くぞ!」「右打ち」「電チューを狙え!」の文字とともに、右を指し示す矢印が表示されている。これによって、共通示唆表示領域212は、第2遊技領域3bに到達可能な遊技球の発射強度(いわゆる「右打ち」)を示唆する。共通示唆表示領域212は、疑似図柄表示領域300Sより大きな領域である。

0081

図9(b)の画面220は、演出図柄表示装置6に特別演出として表示される画面である。画面220は、時短Bの実行中において1回目の普通電動役物16による作動の終了に合わせて表示される。画面220は、特別示唆表示領域222と、疑似図柄表示領域300Sとを備える。画面220の疑似図柄表示領域300Sは、画面210の疑似図柄表示領域300Sと同様である。特別示唆表示領域222は、遊技球の発射強度を示唆する画像を表示する領域である。特別示唆表示領域222には、共通示唆表示領域212の「電チューが1回開くぞ!」の文字に代えて、他の文字と異なるデザインで「スペシャル!!」の文字が表示される点を除き、共通示唆表示領域212と同様である。これによって、特別示唆表示領域222は、第2遊技領域3bに到達可能な遊技球の発射強度(いわゆる「右打ち」)を示唆するとともに、時短Aよりも遊技者に有利な時短Bを実行中であることを示唆する。特別示唆表示領域222は、疑似図柄表示領域300Sより大きな領域である。

0082

図9(c)の画面230は、演出図柄表示装置6に通常演出として表示される画面である。画面230は、通常遊技状態において表示される。弾球遊技機は、時短Aおよび時短Bの終了後に通常遊技状態へ移行するため、時短Aおよび時短Bの終了後には、演出図柄表示装置6には画面230が表示される。画面230は、疑似図柄表示領域300Lを備える。疑似図柄表示領域300Lは、疑似図柄を表示する領域である。疑似図柄表示領域300Lは、疑似図柄表示領域300Sより大きな領域であり、画面230の中央に位置する。画面230は、示唆表示領域232を備えてもよい。示唆表示領域232は、遊技球の発射強度を示唆する画像を表示する領域である。示唆表示領域232には、「←左打ち」の文字が表示されている。これによって、示唆表示領域232は、第1遊技領域3aに到達可能な遊技球の発射強度(いわゆる「左打ち」)を示唆する。

0083

図10は、主制御装置80が実行するメインルーチンを示すフローチャートである。メインルーチンは、約2ms毎のハード割り込みにより定期的に実行される。本実施形態では、S10〜S75までの1回だけ実行される処理を「本処理」と称し、この本処理を実行して余った時間内に時間の許す限り繰り返し実行されるS80の処理を「残余処理」と称する。「本処理」は上記割り込みにより定期的に実行されることになる。

0084

マイコンによるハード割り込みが実行されると、まず正常割り込みであるか否かが判断される(S10)。この判断処理は、メモリとしてのRAMの所定領域の値が所定値であるか否かを判断することにより行われ、マイコンにより実行される処理が本処理に移行したとき、通常の処理を実行して良いのか否かを判断するためのものである。正常割り込みでない場合としては、電源投入時又はノイズ等によるマイコンの暴走等が考えられるが、マイコンの暴走は近年の技術の向上によりほとんど無いものと考えて良いので、ほとんどが電源投入時である。電源投入時にはRAMの所定領域の値が所定値と異なる値となっている。

0085

S10が否定判定、即ち、正常割り込みでないと判断されると(S10:no)、初期設定(例えば前記メモリの所定領域への所定値を書き込み、特別図柄及び普通図柄を初期図柄とする等のメモリの作業領域への各初期値の書き込み等)が為され(S15)、残余処理(初期乱数更新処理(S80))に移行する。

0086

正常割り込みとの肯定判断がなされると(S10:yes)、初期値乱数更新処理(S20)、大当り決定用乱数更新処理(S25)、大当り図柄決定用乱数1更新処理(S30)、大当り図柄決定用乱数2更新処理(S35)、小当り図柄決定用乱数更新処理(S40)、当り決定用乱数更新処理(S45)、リーチ判定用乱数更新処理(S50)、変動パターン決定用乱数更新処理(S55)が行われる。

0087

続く入賞確認処理(S60)では、第1始動口11、第2始動口12への入賞、第1大入賞口14、第2大入賞口91への入賞、普通入賞口31への入賞及び普通図柄作動ゲート17、特定領域94への入球の確認、及び弾球遊技機50に設けられ主制御装置80に接続された各スイッチ類入力処理が実行される。各始動口及び作動口への入賞(入球)確認処理(始動入賞処理)については後述する。

0088

続いて、当否判定処理(S65)、画像出力処理等の各出力処理(S70)、不正監視処理(S75)を行って、次に割り込み信号が入力されるまでの残余時間内には初期乱数更新処理(S80)をループ処理する。

0089

図11は、主制御装置80が実行する始動入賞処理を示すフローチャートである。本処理は、入賞確認処理(S60)のサブルーチンの一つとなる(保留記憶手段、先読判定手段、保留記憶数送信手段、入賞信号送信手段を含む)。以後、第1始動口11に遊技球が入球したときに格納される保留記憶を第1保留記憶、第2始動口12に遊技球が入球したときに格納される保留記憶を第2保留記憶、普通図柄作動ゲート17を遊技球が通過したときに格納される保留記憶を普図保留記憶として説明する。なお、本実施例では第1保留記憶の上限数を4個、第2保留記憶の上限数を4個、普図保留記憶の上限数を4個とする。

0090

本処理を開始すると、第1始動口スイッチ11aが遊技球を検出したか否か判定する(S100)。肯定判定であれば(S100:yes)、主制御装置80に既に格納されている第1保留記憶数が上限数(本実施例では4個)未満であるか否か判定する(S105)。肯定判定であれば(S105:yes)、当否乱数等の各種乱数値(大当り決定用乱数、大当り図柄決定用乱数1,2、リーチ判定用乱数、変動パターン決定用乱数等)を抽出し、第1保留記憶として主制御装置80の保留記憶数に応じた記憶領域に格納し、第1保留記憶の数を示す第1保留記憶カウンタに1を加算する(S110)。

0091

S110に続いては、記憶した第1保留記憶の先読判定を行う(S115)。具体的には、大当り決定用乱数の値が大当りを生起させる値か否かを確認し、大当り値なら大当り図柄の種類を確認する。大当り判定ハズレなら、ハズレ図柄の種類を確認する(先読判定手段)。なお、先読み判定で用いるのは大当り決定用乱数や図柄だけでなく、変動パターンを指定する変動パターン決定用乱数やリーチの有無を決定するリーチ決定用乱数など、先読み演出で何を示唆するかによって任意に判定対象を選択すればよい。変動パターンやリーチの有無が分れば、当否だけでなく演出内容を先んじて示唆することも可能になる。また、ハズレ図柄に変動内容紐付けられている遊技構成があり、このような場合はハズレ図柄を判定するだけでリーチの有無、種類、予告の有無、種類なども判明でき先読み演出用に多様な情報を獲得することができる。

0092

続いて、S115の先読判定結果に基づいて第1先読判定コマンドを生成してサブ統合制御装置83に送信し(S120)、S110で加算した第1保留記憶カウンタの値を示す第1保留数指示コマンドをサブ統合制御装置83に送信する(S125)。本実施例では、第1先読判定コマンドと第1保留数指示コマンドとを個別のコマンドとしてサブ統合制御装置83に送信しているが、この二つのコマンド内容を一つのコマンドに生成してサブ統合制御装置83に送信する構成も考えられる。これならばコマンド数を減らすことができる。

0093

S125の処理、又はS100、S105の否定判定(S100:no、S105:no)に続いては、第2始動口スイッチ12aが遊技球を検出したか否か判定する(S130)。否定判定なら(S130:no)S160に進み、肯定判定なら(S130:yes)、主制御装置80に格納されている第2保留記憶の数が上限数(本実施例では4個)未満か否か判定する(S135)。否定判定なら(S135:no)S160に進み、肯定判定であれば(S135:yes)、当否乱数等の各種乱数値(大当り決定用乱数、大当り図柄決定用乱数1,2、小当り図柄決定用乱数、リーチ判定用乱数、変動パターン決定用乱数等)を抽出し、第2保留記憶として主制御装置80の保留記憶数に応じた記憶領域に格納し、第2保留記憶の数を示す第2保留記憶カウンタに1を加算し(S140)、S115と同様に記憶した第2保留記憶の先読判定を行う(S145)。

0094

続いて、S145の判定結果に基づいて第2先読判定コマンドを生成しサブ統合制御装置83に送信し(S150)、S140で加算した第2保留記憶カウンタの値を示す第2保留数指示コマンドをサブ統合制御装置83に送信して(S155)S160に進む。

0095

S160では、普通図柄作動スイッチ17aが遊技球を検出したか否か判定し(S160)、否定判定なら(S160:no)リターンに抜ける。S160が肯定判定なら(S160:yes)、主制御装置80に格納されている普図保留記憶数が上限数(=4個)未満か否か判定する(S170)。否定判定なら(S170:no)リターンに抜け、肯定判定であれば(S170:yes)、抽出した当り判定用乱数、当り図柄決定用乱数普図変動パターン決定用乱数を普図保留記憶として記憶し、普図保留記憶数を示す普図保留記憶カウンタに1を加算し(S175)、加算した普図保留記憶カウンタの値を示す普図保留記憶数指示コマンドをサブ統合制御装置83に送信し(S180)、リターンする。

0096

サブ統合制御装置83は第1及び第2保留記憶数指示コマンドを受信すると、受信したコマンドが示す保留記憶数に応じて演出図柄表示装置6上で表示する各保留記憶数を変化させる指示信号を演出図柄制御装置82に送信する。なお、第2特図に関してはほぼ小当りする構成のため、演出図柄を用いて当否を示す必要性は低く、保留記憶数を表示する必要性も第1特図と比較すると低い。そのため表示しなくてもよく、その場合は第2保留記憶数指定コマンドも備えない構成も考えられる。

0097

また、本実施例では、演出図柄表示装置6上では普通図柄の保留記憶数表示は行わないが、普図保留記憶数指示コマンドの受信に応じて表示する構成としてもよいし、普図保留記憶数指示コマンド自体を送信しない構成としてもよい。また、普図の先読判定を実施し判定結果をサブ統合制御装置に送信する構成も考えられる。

0098

図12図13および図14は、主制御装置80が実行する普図当否判定処理を示すフローチャートである。本処理は、本発明の普図当否判定に相当する処理となる。本処理を開始すると、第2始動口12となる普通電動役物16が作動中か否か判定し(S200)、肯定判定なら(S200:yes)、後述する普電遊技処理に進み、否定判定なら(S200:no)、普通図柄が変動中か否かを判定し(S205)、変動中でなければ(S205:no)、普通図柄の確定図柄表示中であるか否か判定し(S210)、確定表示中でなければ(S210:no)、普図保留記憶が有るか否か判定し(S215)、否定判定なら(S215:no)、普電遊技処理に進む。

0099

S215が肯定判定、即ち、普図保留記憶があれば(S215:yes)、判定対象となる普図保留記憶のシフト処理を行う(S220)。これにより最も古い普図保留記憶を当否判定の対象とするとともに、保留記憶数を示す普図保留記憶カウンタから1を減算する。普図保留記憶のシフト処理を行うと、普図の確変フラグが0か否か判定し(S221)、肯定判定なら(S221:yes)、通常状態で用いる低確率判定テーブルを用いて普図判定用乱数の比較処理を行い(S222)、否定判定なら(S221:no)、高確率(時短状態、開放延長)状態で用いる高確率判定テーブルを用いて普図判定用乱数の比較処理を行う(S223)。

0100

S222、S223に続いては、比較結果が当り(判定値と同一)であるか否か判定し(S240)、肯定判定なら(S240:yes)、判定対象の当り図柄決定用乱数の値に基づいて普図当り図柄選択処理を行う(S245)。本実施例では普図当り図柄を複数備えているがいずれの図柄でも普通電動役物16の開放態様は、通常状態時は0.2秒1回のショート開放を、時短状態時では6.0秒1回のロング開放の開放態様が決定される。無論、図柄により異なる開放態様を選択する構成にしてもよい。

0101

例えば通常遊技時にも普図判定が行なわれる構成にし(第1遊技領域3aにも普通図柄作動ゲート)、当り図柄の種類に基づいて、普通電動役物16の開放態様が第1開放(0.2秒1回のショート開放)か第2開放(6.0秒1回のロング開放)かが決定されるように設け、第2開放が選ばれた時だけ通常遊技時に役物大当りが狙える「Vチャンス」と演出することが考えられる。このようにすれば、通常遊技時から図柄大当りと役物大当りの機会がある混合機ならではの遊技性とすることができる。

0102

続いて時短フラグを参照して変動パターンを選択する変動パターン選択テーブルを決定し(S250)、普図変動パターン決定用乱数に基づいて普図変動パターン選択処理を行い(S255)、選択した当り図柄および変動パターンに基づいて普通図柄表示装置7上の普通図柄の変動を開始する処理を行い(S260)、普電遊技処理に進む。

0103

なお、時短フラグは、主制御装置80が記憶する値であり、値が1なら特別図柄と普通図柄の変動時間が短縮され、尚且つ普通電動役物16の開放延長機能が作動する時短状態(開放延長状態)であることを、値が0なら非時短状態(非開放延長状態)であることを主制御装置80が判断する。

0104

S240が否定判定、即ち、比較結果がはずれなら(S240:no)、時短フラグを参照して(S250)はずれ変動用の普図変動パターン選択処理を行い(S255)、選択したはずれ図柄および変動パターンに基づいて普通図柄表示装置7上の普通図柄の変動を開始する処理を行い(S260)、普電遊技処理に進む。

0105

S205が肯定判定、即ち、普通図柄が変動中なら(S205:yes)、図13のフローチャートに進み、普通図柄の変動時間(S255で選択された変動パターンに基づく)が経過したか否か判定する(S300)。否定判定なら(S300:no)、普電遊技処理に進み、肯定判定なら(S300:yes)、普通図柄表示装置7を制御して普図の当否判定結果となる普通図柄を確定表示させる普図確定図柄表示処理を行う(S305)。

0106

図12戻り、S210が肯定判定、即ち、普通図柄の確定表示中なら(S210:yes)、図14のフローチャートにすすみ、確定図柄の表示時間が経過したか否か判定し(S350)、否定判定なら(S350:no)普電遊技処理に進み、肯定判定なら(S350:yes)、普通図柄表示装置7の確定図柄表示を終了させ(S355)、普電遊技処理へ移行する。以上が本実施例において主制御装置80が実行する普図当否判定処理となる。

0107

図15および図16は、主制御装置80が実行する普電遊技処理を示すフローチャートである。本処理は、普図当否判定処理の当り判定に基づいて実施される普通電動役物の作動を制御する処理となり、本発明の作動判定手段を含む処理となる。

0108

本処理を開始すると、第2始動口12となる普通電動役物16が開放作動中か否か判定し(S400)、作動中でなければ(S400:no)、普通図柄が当り図柄を確定表示しているか判定し(S410)、否定判定なら(S410:no)リターンし、肯定判定なら(S410:yes)、時短フラグが0か否か判定し(S415)、肯定判定なら(S415:yes)、通常遊技状態での普通電動役物16の作動開始処理を行い(S420)、0.2秒1回の開放動作を行う。S415が否定判定、即ち、時短状態で開放延長機能が作動している場合は(S415:no)、普通電動役物16が開放延長状態の開放動作(6.0秒1回)を行う作動開始処理を行い(S425)リターンする。

0109

S400が肯定判定、即ち、普通電動役物が作動中なら(S400:no)、図16のフローチャートに進み、作動中の普通電動役物16に遊技球が10個入賞したか否か判定し(S450)、否定判定なら(S450:no)、普通電動役物16の作動時間が終了したか否か判定し(S455)、否定判定なら(S455:no)リターンする。S450、又はS455が肯定判定なら(S450:yes、S455:yes)、普通電動役物16の作動終了処理を行い(S460)リターンする。

0110

図17図18および図19は、主制御装置80が実行する特図当否判定処理を示すフローチャートである。本処理は、第1保留記憶と第2保留記憶の当否判定及び該当否判定の結果に応じた第1特別図柄又は第2特別図柄の変動表示時間選択、確定図柄選択、大当り遊技の内容設定、大当り遊技終了後の遊技状態設定を行う処理となり、本発明の小当り判定手段を含む。

0111

本処理を開始すると、条件装置が作動中、即ち大入賞口が作動中か否かを判定し(S500)、肯定判定なら(S500:yes)、リターンし、否定判定なら(S500:no)、第1又は第2特図が変動中か否かを判定し(S505)、変動中でなければ(505:no)、第1又は第2特図の確定図柄表示中であるか否か判定し(S510)、確定表示中でなければ(S510:no)、第2保留記憶が有るか否か判定し(S515)、否定判定なら(S515:no)、第1保留記憶が有るか否か判定し(S520)、否定判定なら(S520:no)リターンし、S515、又はS520が肯定判定なら(S515:yes,S520:yes)、S525に進む。このS515とS520の判定順序により、第2保留記憶が優先的に当否判定を実施する。

0112

なお、第2保留記憶を、優先的に当否判定を実行する構成に限定する必要はなく、逆に第1保留記憶を優先的に実行する構成でも保留記憶した順番に実行する構成でもよい。第1保留記憶を優先的に実行する構成ならば、第2保留記憶で当否判定を実行する時には第1保留記憶が存在しない状況(第2遊技領域3bを狙って発射していれば第1保留記憶はまず発生しない)にしてから時短遊技を行うことができるため、一旦消化してしまえば、第2保留記憶のみで時短遊技を行うことができる。なお、本実施例では第1特図での大当りは全て4ラウンド遊技となるため、第2特図の大当りおよび小当りからの役物大当りと比較して不利な遊技になっている。そのため、時短遊技中に第1特図での抽選を行うことにメリットはない構成となっている。

0113

また、記憶順に消化する場合も、初めて時短遊技となった際には第1保留記憶しか存在しない状況であるため、上記構成と同様に第1保留記憶を消化してから第2保留記憶で時短遊技を行える構成となる。ちなみに第2保留記憶を優先的に消化する構成は、時短遊技が開始され、第2保留記憶が発生すれば直ぐ当否判定の順番が回ってくるため、第1保留記憶の消化を待つ必要がない遊技構成となる。

0114

S525では、時短フラグが0か否か判定し(S525)、否定判定、即ち、時短状態及び開放延長状態なら(S525:no)、時短状態中の処理を行うが、時短状態では、当否判定結果に応じて選択する変動パターンの選択テーブルが異なるだけとなり従来技術と何ら変わらないため、説明は割愛する。

0115

S525が肯定判定、即ち、通常状態なら(S525:yes)、保留記憶のシフト処理を行う(S530)。これにより最も古い(保留記憶されてから最も時間が経過している)第1又は第2保留記憶を当否判定の対象とするとともに、該当する保留記憶を示す保留記憶カウンタから1を減算する。

0116

続く、大当り判定用乱数比較処理では、特図当否判定の対象とした保留記憶の大当り判定用乱数と予め設定された当否判定テーブルとを比較して、大当り判定用乱数の値が当否判定テーブル内の判定値と一致するか比較する(S535)。

0117

続くS540では、S535の結果が大当り(大当り判定値と同一)であるか否か判定する。肯定判定なら(S540:yes)、図柄モード設定処理を行う(S545)。図柄モード設定処理では、判定対象となる第1又は第2保留記憶の大当り図柄決定用乱数1に基づいて、大当り遊技の内容と大当り遊技終了後の遊技状態(通常状態、時短,開放延長状態)を決定する図柄モードを設定する。

0118

続いて、設定した図柄モードの種類と大当り図柄決定用乱数2に基づいて大当り図柄選択処理を行う(S550)。これは、図柄モードの設定によって決定した大当り遊技の種類を大当り図柄によって報知するために、図柄モードの種類毎に設定された図柄の中から確定表示する大当り図柄を決定する処理となる。

0119

次にS545で設定した図柄モードに基づいてモードバッファ設定処理を行う(S555)。モードバッファは当否判定時確定した大当り遊技終了後の遊技状態の内容を、該遊技状態を設定する大当り遊技終了時まで記憶する装置である(大当り遊技中は遊技状態を設定する確変フラグ、時短フラグをクリアする必要があるため)。モードバッファとしては、具体的な遊技内容は記憶せず、具体的な遊技内容に対応した値を記憶する構成となっている。

0120

次に、S545で設定した図柄モードに基づいて大当り遊技の内容となる第1大入賞口14の開放パターン設定処理を行い(S560)、当否判定の対象とした第1又は第2保留記憶のリーチ決定用乱数および変動パターン決定用乱数に基づいて、第1特別図柄表示装置9又は第2特別図柄表示装置10、及び演出図柄表示装置6に表示する図柄の変動時間となる変動パターンを選択する変動パターン選択処理を行う(S565)。

0121

続いて、選択した大当り図柄および変動パターンの情報を、変動指示コマンドとしてサブ統合制御装置83へ送信する(S570)。この情報を受信したサブ統合制御装置83からの指示に基づいて、演出図柄制御装置82は演出図柄表示装置6を制御し、第1又は第2特別図柄の大当り図柄及び変動パターンの情報に基づいた擬似図柄の演出変動表示を開始する。サブ統合制御装置83への送信とほぼ同時に、主制御装置80は、第1特別図柄表示装置9又は第2特別図柄表示装置10を直接制御して特別図柄の変動を開始する。

0122

S540が否定判定、即ちハズレなら(S540:no)、S535の比較処理の結果が小当りであるか否か判定する(S580)。本実施例では、第2特別図柄は198/199と高確率に設定されている(ほぼ毎回小当り当選)。S580が肯定判定なら(S580:yes)、遊技状態、及び小当り図柄決定用乱数に基づいて小当り図柄を選択し(S585)、続いて当否判定の対象とした特図の種類に基づいて第2大入賞口91の開放パターン設定処理を行い(S560)、小当り図柄に対応する前述した変動パターン選択処理を行い(S565)、小当り図柄および変動パターンの情報となる変動指示コマンドをサブ統合制御装置83へ送信する(S570)。この情報を受信したサブ統合制御装置83からの指示に基づき演出図柄制御装置82は演出図柄表示装置6を制御し、小当り図柄および変動パターンの情報に基づいた第1又は第2特図に対応した演出図柄の変動表示を開始する。サブ統合制御装置83への送信とほぼ同時に、主制御装置80は、第1特別図柄表示装置9又は、第2特別図柄表示装置10を直接制御して特別図柄の変動を開始する。

0123

S580が否定判定なら(S580:no)、ハズレ図柄を選択し(S590)、続いてハズレ図柄に対応する変動パターン設定処理を行い(S565)、ハズレに関する図柄及び変動パターンの情報となる変動指示コマンドをサブ統合制御装置83へ送信する(S570)。この情報を受信したサブ統合制御装置83からの指示に基づき演出図柄制御装置82は演出図柄表示装置6を制御し、ハズレ図柄および変動パターンの情報に基づいた擬似図柄の変動表示を開始する。サブ統合制御装置83への送信とほぼ同時に主制御装置80は、第1特別図柄表示装置9又は第2特別図柄表示装置10を直接制御して特別図柄の変動を開始する。

0124

次に、S505が肯定判定、即ち、特別図柄の変動中であれば(S505:yes)、図18のフローチャートに進み、特別図柄の変動時間(S565で選択された変動パターンに基づく)が経過したか否か判定する(S600)。否定判定なら(S600:no)リターンし、肯定判断なら(S600:yes)、確定コマンドをサブ統合制御装置83に送信し、第1特別図柄表示装置9又は第2特別図柄表示装置10を制御してS550,S585又はS590で選択した確定図柄を確定表示させる(S605)。確定コマンドを受信したサブ統合制御装置83は演出図柄制御装置82に予め選択されていた擬似図柄を確定表示させる指示信号を送信し、演出図柄制御装置82は、その信号に応じて演出図柄表示装置6を制御して擬似図柄を確定表示させる。これにより、第1又は第2特別図柄と擬似図柄の変動の開始と終了とが同じタイミングになる(同期する)。

0125

S605に続いては、第1特別図柄表示装置9又は第2特別図柄表示装置10で確定表示させた第1又は第2特別図柄が大当り図柄か否か判定し(S610)、肯定判定なら(S610:yes)、確定図柄の表示設定処理(確定図柄で表示させておく時間の設定)を行い(S615)、時短フラグが1か否か判定し(S620)、肯定判定なら(S620:yes)、時短フラグに0をセットし(S625)、S625、又はS620の否定判定(S620:no)に続いては、条件装置作動開始処理(S630)と、役物連続作動装置作動開始処理(S635)とを行うことで大当り遊技を開始し、大当り開始演出指示コマンドをサブ統合制御装置83に送信し(S450)、大当りフラグに1をセットする(S643)。

0126

一方、S610が否定判定、即ち、確定図柄が大当りでなければ(S610:no)、確定図柄の表示設定処理(確定図柄で表示させておく時間の設定)を行い(S650)、時短フラグが1か否か判定し(S655)、肯定判定なら(S655:yes)、時短カウンタからデクリメントし(S660)、時短カウンタが0か否か判定し(S665)、肯定判定なら(S665:yes)、時短フラグに0をセットする(S670)。S655からS670によって、特別図柄が当否判定に応じたハズレ確定表示を行うごとに、時短(開放延長)状態を規制する時短カウンタが計数され、これらのカウンタが所定値に至ることで遊技状態が変化(時短(開放延長)状態が終了し通常状態(通常開放状態)に移行)する。

0127

続いて、S670、又はS655,S665が否定判定なら(S655:no,S665:no)、確定表示された特別図柄が小当り図柄か否かを判定し(S675)、肯定判定なら(S675:yes)、小当り遊技設定処理を行う(S680)。S680に続いては、小当りフラグに1を設定する(S698)。S698,S643、又はS675の否定判定(S675:no)に続いては、上記処理の結果に基づく遊技状態を示す状態指定コマンドをサブ統合制御装置83に送信し(S645)リターンする。

0128

図17に戻り、S510が肯定判定、即ち、確定図柄の表示中なら(S510:yes)、図19のフローチャートに進み、確定図柄表示時間が経過したか否か判定し(S700)、否定判定なら(S700:no)リターンし、肯定判定なら(S700:yes)、確定図柄表示終了処理(S705)を行い、第1特別図柄表示装置9又は第2特別図柄表示装置10を制御して特別図柄の確定表示を終了させ、サブ統合制御装置83に疑似図柄の確定表示を終了させる指示を行う。

0129

図20から図26は、主制御装置80が実行する特別遊技処理を示す説明図である。本処理を開始すると、大当りフラグの値が0か否か判定する(S800)。肯定判定なら(S800:yes)、小当りフラグの値が0か否か判定する(S805)。肯定判定なら(S805:yes)リターンし、否定判定、即ち小当り遊技中なら(S805:no)、図21のS850に進む。

0130

S850では、小当り開始インターバル中であるか否か判定する(S850)。否定判定なら(S850:no)、第2大入賞口91が開放中か否か判定する(S855)。否定判定なら(S855:no)、特定領域94が有効か(遊技球を検出すると役物連続作動装置が作動する期間か)否か判定する(S860)。否定判定なら(S860:no)、小当り終了演出中か否か判定する(S865)。肯定判定なら(S865:yes)、小当り終了演出終了時間が経過したか否か判定する(S870)。肯定判定なら(S870:yes)、条件装置の作動終了処理を行い小当りフラグに0をセットし(S875)リターンする。また、S870が否定判定(S870:no)の場合も同様にリターンする。S865が否定判定なら(S865:no)、小当り開始インターバル開始処理を行ない(S895)、サブ統合制御装置83へ小当り開始コマンドを送信し、リターンする。

0131

S850が肯定判定なら(S850:yes)、小当り開始インターバル時間が終了した否か判定する(S880)。肯定判定なら(S880:yes)、第2大入賞口91開放処理を行い(S885)、特定領域94の有効化処理を行う(S890)。S890の処理後又はS880が否定判定なら(S880:no)、リターンする。

0132

S855が肯定判定、即ち第2大入賞口91が開放中なら(S855:yes)、図22のS900に進み、第2大入賞口91への入賞数が10個未満か否か判定し(S900)、肯定判定なら(S900:yes)、第2大入賞口91の開放時間が終了したか否か判定する(S905)。S905が肯定判定(S905:yes)、又はS900が否定判定なら(S900:no)、第2大入賞口91の閉鎖処理を行い(S910)、リターンする。

0133

S905が否定判定なら(S905:no)、図23のS950に進み、特定領域スイッチ94aが遊技球を検出したか否か判定する(S950)。否定判定なら(S950:no)、特定領域有効化期間が終了したか否か判定し(S1015)、肯定判定なら(S1015:yes)、小当り終了演出処理を行う(S1020)。この小当り終了演出処理では、サブ統合制御装置83へ小当り終了コマンドを送信する。小当り終了コマンドを受信したサブ統合制御装置83側では演出図柄制御装置82の制御により演出図柄表示装置6に演出(役物大当りが生起せずに小当り遊技が終了したことを報知する内容)が表示される。否定判定なら(S1015:no)リターンする。

0134

S950が肯定判定、即ち、遊技球が特定領域94に入球したなら(S950:yes)、役物連続作動装置の作動開始処理を行い(S955)、第2大入賞口91が開放中か否か判定し(S960)、肯定判定なら(S960:yes)、第2大入賞口91閉鎖処理を行う(S965)。なお、本実施例では特定領域94に入球したら即座に第2大入賞口91の閉鎖を行なうが、規定入賞数や規定開放時間が終了するのを待って閉鎖処理を行う構成でもよい。そうすれば、第2大入賞口91での賞球を少しでも獲得する機会を得られる。

0135

S965の後、又はS960が否定判定なら(S960:no)、小当り図柄を参照し(S970)、参照した図柄の種類に基づいて、大当り遊技の内容と大当り遊技終了後の遊技状態(通常状態、時短,開放延長状態)を決定する図柄モードを設定し(S975)、設定した図柄モードに基づいてモードバッファ設定処理(S555と共通内容)を行い(S980)、S975で設定した図柄モードに基づいて大当り遊技の内容となる第1大入賞口14の開放パターン設定処理を行い(S985)、特定領域無効化処理を行い(S990)、大当り開始演出指示コマンドをサブ統合制御装置83に送信し(S1000)、大当りフラグに1をセットし(S1005)、役物大当り(特別遊技)に移行する。S1005、S1020、に続いては、小当りフラグに1をセットし(S1010)リターンする。ここまでが小当り遊技に係る処理構成となる。

0136

図20のフローチャートに戻り、S800が否定判定、即ち、大当りフラグが立っていれば(S800:no)、図24のフローチャートに進み、第1大入賞口14が開放中か否か判定し(S1050)、否定判定なら(S1050:no)、開放間インターバル中か否か判定する(S1055)。否定判定なら(S1055:no)、大当り終了演出中か否か判定し(S1060)、否定判定なら(S1060:no)、大当り開始演出中か否か判定し(S1065)、肯定判定なら(S1065:yes)、大当り開始演出時間が経過したか否か判定し(S1070)、否定判定なら(S1070:no)リターンし、肯定判定なら(S1070:yes)、第1大入賞口14の開放処理を行い(S1075)リターンする。

0137

S1055が肯定判定なら(S1055:yes)、インターバル時間が終了したか否か判定し(S1085)、否定判定なら(S1085:no)リターンし、肯定判定なら(S1085:yes)、第1大入賞口14の開放処理を行い(S1090)リターンする。

0138

S1065が否定判定なら(S1065:no)、大当り開始演出処理を行ない(S1080)、リターンする。大当り開始演出処理(S1080)ではサブ統合制御装置83へ大当り開始コマンドを送信する。

0139

S1050が肯定判定なら(S1050:yes)、図25のフローチャートに進み、第1大入賞口14への入賞が規定数である9個を満たしたか否か判定し(S1100)、否定判定なら(S1100:no)、第1大入賞口14の開放時間が終了したか否か判定する(S1105)。否定判定なら(S1105:no)リターンし、肯定判定なら(S1105:yes)又はS1100が肯定判定なら(S1100:no)、第1大入賞口14の閉鎖処理を行い(S1110)、大当り遊技の最終ラウンドが終了したか否か判定する(S1115)。肯定判定なら(S1115:yes)、大当り終了演出処理を行い(S1120)リターンし、否定判定なら(S1115:no)、開放間インターバル処理を行ない(S1125)、リターンする。

0140

大当り終了演出処理(S1120)ではサブ統合制御装置83へ大当り終了コマンドを送信し、開放間インターバル処理(S1125)では、同様にインターバルコマンドをサブ統合制御装置83に送信する。大当り終了コマンド又はインターバルコマンドを受信したサブ統合制御装置83側では演出図柄制御装置82の制御により演出図柄表示装置6に演出が表示される。

0141

図24に戻り、S1060が肯定判定なら、即ち大当り終了演出中であれば(S1060:yes)、図26のフローチャートに進み、大当り終了演出の終了時間か否か判定し(S1150)、否定判定なら(S1150:no)リターンする。S1150が肯定判定なら(S1150:yes)、役物連続作動装置停止処理(S1155)、条件装置作動停止処理(S1160)を行い、設定されているモードバッファを参照し(S1165)、参照したモードバッファの内容に基づいて後述する時短フラグと時短カウンタとともに設定される、普図の確変フラグと普図の確変カウンタを設定し(S1166、S1167)、時短フラグと時短カウンタを設定し(S1170、S1175)、モードバッファをクリアし(S1180)、終了コマンドと、大当り遊技終了後の遊技状態を指示する状態指定コマンドとをサブ統合制御装置83に送信し(S1185、S1190)、大当りフラグに0をセットして(S1195)リターンする。

0142

図27は、サブ統合制御装置83が実行する保留数指示コマンド受信処理を示すフローチャートである。本処理を開始すると、保留数指示コマンドを受信したか否か判定する(S1200)。否定判定なら(S1200:no)、リターンし、肯定判定なら(S1200:yes)、サブ統合制御装置83が備える第1保留数カウンタ又は第2保留カウンタに受信した保留数指示コマンドの種類に応じて+1し(S1205)、演出図柄制御装置82に保留数表示信号を送信し(S1210)、リターンする。保留数カウンタの値は、後述する変動指示コマンド受信処理において変動指示コマンドを受信するごとにデクリメントされる。これにより、絶えず主制御装置80が記憶する保留記憶の数と同一数が管理される。

0143

図28は、サブ統合制御装置83が実行する変動指示コマンド受信処理を示すフローチャートである。本処理は、主制御装置80からS570の処理に基づく変動指示コマンドを受信したことに応じて、演出図柄表示装置6に表示する演出態様を選択し、演出図柄制御装置82に表示制御を指示する処理となる。

0144

本処理を開始すると、変動指示コマンドを受信したか否か判定する(S1250)。否定判定なら(S1250:no)リターンし、肯定判定なら(S1250:yes)、振分乱数を抽出し(S1255)、サブ統合制御装置83が備える保留球数カウンタから−1すると共に、受信した変動指示コマンドとS1255で抽出した振分乱数の値に基づいて、サブ統合制御装置83が複数備える演出変動態様の中から、演出図柄表示装置6に表示する演出変動態様を選択し(S1260)、選択した演出変動態様の表示を開始する指示信号を演出図柄制御装置82に送信して(S1265)リターンする。

0145

本実施形態の弾球遊技機は、遊技盤1と、第1始動口11と、第2始動口12と、可変入賞装置と、第1の保留記憶手段と、第1の当否判定手段と、第1の大当り遊技制御手段と、特典遊技制御手段と、第2の保留記憶手段と、第2の当否判定手段と、小当り遊技制御手段と、第2の大当り遊技制御手段とを備える。

0146

遊技盤1は、第1の発射強度で発射された遊技球が流下する第1遊技領域3aと、第1の発射強度より強い第2の発射強度で発射された遊技球が流下する第2遊技領域3bとを有する。第1始動口11は、第1遊技領域3aに設けられ、遊技球を入球可能に構成されている。第2始動口12は、第2遊技領域3bに設けられ、遊技球を入球可能に構成されている。普通電動役物16は、普通図柄の抽選結果に応じて、第2始動口12への遊技球の進入が困難な第1状態と容易な第2状態とに切り替え可能に構成された可変入賞装置である。

0147

主制御装置80は、抽出乱数保留記憶処理(ステップS110)において、第1始動口11への入球に基づく乱数値を保留記憶として記憶する第1の保留記憶手段として機能する。主制御装置80は、大当り判定用乱数比較処理(ステップS535,S540)において、第1の保留記憶手段に記憶された乱数値に基づいて、第1特別図柄を用いた変動表示によって報知される大当りか否かの抽選結果を判断する第1の当否判定手段として機能する。

0148

主制御装置80は、特別遊技処理(図24および図25)において、第1の当否判定手段による抽選結果が大当りである場合、第1特別図柄を用いた変動表示によって大当りを報知した後、第2遊技領域3bに設けられた第1大入賞口14を入球可能に開閉する第1の大当り遊技を実行する第1の大当り遊技制御手段として機能する。主制御装置80は、普電遊技処理(図15および図16)において、第1の大当り遊技の終了後に続く遊技状態を、通常遊技状態より可変入賞装置が前記第2状態となる割合が高い特典遊技状態に設定する特典遊技制御手段として機能する。

0149

主制御装置80は、抽出乱数保留記憶処理(ステップS140)において、第2始動口12への入球に基づく乱数値を保留記憶として記憶する第2の保留記憶手段として機能する。主制御装置80は、大当り判定用乱数比較処理(ステップS535,S580)において、第2の保留記憶手段に記憶された乱数値に基づいて、第2特別図柄を用いた変動表示によって報知される小当りか否かの抽選結果を判断する第2の当否判定手段として機能する。

0150

主制御装置80は、特別遊技処理(図21図22および図23)において、第2の当否判定手段による抽選結果が小当りである場合、第2特別図柄を用いた変動表示によって小当りを報知した後、第2遊技領域3bに設けられた第2大入賞口91を入球可能に開閉する小当り遊技を実行する小当り遊技制御手段として機能する。主制御装置80は、特別遊技処理(図23)および特別遊技処理(図24および図25)において、小当り遊技において第2大入賞口91に入球した遊技球が、第2大入賞口91の内側に設けられた特定領域94を通過した場合、第1大入賞口14を入球可能に開閉する第2の大当り遊技を実行する第2の大当り遊技制御手段として機能する。

0151

時短A,B,C,Dの各特典遊技状態における第2特別図柄の1回目の変動開始から1回目(特定回数)の変動停止までの変動期間CT2は、普通電動役物16が所定回数(4回以上)の開放(第2状態)への作動を実施可能な長さを有する。特典遊技設定手段として機能する主制御装置80は、特典遊技状態として、第1の特典終了条件が成立した場合に終了する時短A(第1の特典遊技状態)と、第1の特典終了条件とは異なる第2の特典終了条件が成立した場合に終了する時短B(第2の特典遊技状態)とのいずれか一方を、大当り図柄の種類に応じて設定可能に構成されている。第1の特典終了条件は、時短A(第1の特典遊技状態)の開始後に普通電動役物16が所定回数(4回)より少ない第1の作動回数(1回)の作動を終了した場合(条件4)に成立する。第2の特典終了条件は、時短B(第2の特典遊技状態)の開始後に普通電動役物16が所定回数(4回)より多い第2の作動回数(100回)の作動を終了した場合(条件4)、または、第2特別図柄の前記1回目の変動が停止した場合(条件2)に成立する。

0152

以上説明した第1実施形態によれば、時短A(第1の特典遊技状態)では、少なくとも1回の第2特別図柄を用いた抽選を実施することができ、時短B(第2の特典遊技状態)では、1回目の第2特別図柄を用いた抽選に加えて、第2特別図柄の1回目の変動開始から変動停止までに第2の保留記憶手段によって記憶された保留記憶に基づく第2特別図柄を用いた抽選を実施することができる。これによって、第2の大当り遊技に移行する確率が異なる複数の特典遊技状態を第1の大当り遊技の終了後に設定することができる。その結果、1種2種混合機において、第1の大当り遊技が終了した後の特典遊技状態における遊技の興趣を向上させることができる。

0153

また、時短Aおよび時短Bの各特典遊技状態の開始から普通電動役物16が1回目(第1の作動回数)の作動を終了するまで、演出図柄表示装置6による演出態様からは時短A(第1の特典遊技状態)と時短B(第2の特典遊技状態)とを区別できないため、第2の大当り遊技に移行する確率が比較的に高い時短B(第2の特典遊技状態)であることを期待する高揚感を遊技者に与えることができる。その結果、特典遊技状態における遊技の興趣をいっそう向上させることができる。

0154

また、共通演出(図9(a))および特別演出(図9(b))は、それぞれ異なる態様で遊技球の発射強度を示唆する。そのため、時短Aおよび時短Bの各特典遊技状態において遊技球の発射強度を示唆しつつ、第2の大当り遊技に移行する確率が比較的に高い時短B(第2の特典遊技状態)であることを期待する高揚感を遊技者に与えることができる。

0155

確率変動機と呼ばれる弾球遊技機の場合には、大当り図柄の種類に応じて大当り遊技終了後の遊技状態として「確率変動状態+時短(開放延長)状態」、「時短(開放延長)状態」、および「通常状態」の3種類の中からいずれかを設定することが可能である。そのため、遊技者に最も有利な遊技状態である確率変動状態が付与されない場合であっても、遊技者に最も不利な通常遊技状態よりは有利な時短(開放延長)状態を付与することで遊技者の落胆度を抑制することができる。

0156

しかしながら、1種2種混合機と呼ばれる弾球遊技機の場合には、確率変動状態を設定することができないため、大当り遊技終了後の遊技状態は「時短(開放延長)状態」および「通常状態(最も不利な遊技状態)」の2種類の中からいずれかを設定することになる。そのため、小当りから大当りする期待が大きい時短(開放延長)状態が付与されない場合には、遊技者にとって最も不利な通常遊技状態が付与されることとなり、確率変動機に比べて、大当り遊技終了後に最も有利な遊技状態が付与されなかった場合の期待度の格差が大きく、時短(開放延長)状態が付与されなかった場合の遊技者の落胆が極めて大きくなるという課題があった。言い換えると、時短(開放延長)状態が付与される場合には大当りが継続する期待度が高い分、非電サポの場合は落胆が大きくなる。

0157

このような課題に対して、上述した実施形態のように、大当り遊技終了後に付与される従来の時短(開放延長)状態に相当する時短Bが選択されなかった場合には、第2特図を少なくとも1回変動させることができる時短Aを設定することが可能であるため、大当り遊技終了後に通常遊技状態が付与されるのに比べ、大当りのチャンスがある遊技状態である時短Aが付与されることになり、遊技者の落胆の差を小さくすることができる。

0158

B.その他の実施形態
本明細書に開示する技術は、上述した実施形態、実施例および変形例に限られず、その趣旨を逸脱しない範囲において種々の構成で実現できる。例えば、上述した実施形態、実施例および変形例における技術的特徴のうち、発明の概要の欄に記載した各形態における技術的特徴に対応するものは、上述の課題の一部または全部を解決するために、あるいは、上述の効果の一部または全部を達成するために、適宜、差し替えおよび組み合わせることができる。また、本明細書中に必須なものとして説明されていない技術的特徴については、適宜、削除できる。例えば、本発明は、弾球遊技機台内に所定数の遊技球が封入され、封入された遊技球を遊技盤の遊技領域に向けて発射するとともに、発射された遊技球を回収し、回収した遊技球を再度発射することで内部の所定数の遊技球を循環的に使用して遊技を行う封入式弾球遊技機に適用してもよい。

0159

1…遊技盤
2a…ガイドレール
3a…第1遊技領域
3b…第2遊技領域
5…センターケース
6…演出図柄表示装置
7…普通図柄表示装置
8…普通図柄保留数表示装置
9…第1特別図柄表示装置
10…第2特別図柄表示装置
11…第1始動口
11a…第1始動口スイッチ
12…第2始動口
12a…第2始動口スイッチ
12b…普通電役ソレノイド
14…第1大入賞口
14a…第1カウントスイッチ
14b…第1大入賞口ソレノイド
16…普通電動役物
17…普通図柄作動ゲート
17a…普通図柄作動スイッチ
18…第1特別図柄保留数表示装置
19…第2特別図柄保留数表示装置
20…払出モータ
21…払出スイッチ
22…満杯スイッチ
23…スイッチ
24…CRユニット端子板
25…精算表示基板
28…タッチスイッチ
29…発射停止スイッチ
30…発射モータ
31…普通入賞口
31a…普通入賞口スイッチ
35…ガラス枠開放スイッチ
36…内枠開放スイッチ
50…弾球遊技機
63…下皿
65…演出中継端子板
66…スピーカ
67a…遊技スイッチ
75…裏配線中継端子板
78…外部接続端子
80…主制御装置
81…払出制御装置
82…演出図柄制御装置
83…サブ統合制御装置
83a…音量調節スイッチ
84…発射制御装置
87…ホールコンピュータ
90…図柄表示装置中継端子板
91…第2大入賞口
91a…第2カウントスイッチ
91b…第2大入賞口ソレノイド
92…振分装置
92a…ワープ出口
92b…ハズレ口
93…振分羽根
93b…振分羽根ソレノイド
94…特定領域
94a…特定領域スイッチ
101…第2遊技領域誘導路
210…画面
212…共通示唆表示領域
220…画面
222…特別示唆表示領域
230…画面
232…示唆表示領域
300L…疑似図柄表示領域
300S…疑似図柄表示領域

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣の低下を抑止可能な遊技機を提供する。【解決手段】遊技球が流下可能な遊技領域が形成された遊技盤を有し、始動条件の成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて利益を付与する遊技機であっ... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】演出を通じて遊技の興趣向上に寄与する遊技機を提供すること。【解決手段】下部装飾体36には、遊技者が操作可能な通常ボタン40が設けられる。演出制御用マイコン121は、大当たり判定の結果に応じて、... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣を維持することのできる遊技機を提供する。【解決手段】このパチンコ機1では、遊技領域5aに打ち込まれた遊技球を受け入れ可能な始動口を有する。始動口に遊技球が入球されると、当りについての判... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ