図面 (/)

技術 人材紹介システムおよび人材紹介方法

出願人 中島丈裕
発明者 中島丈裕
出願日 2019年2月13日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2019-023151
公開日 2020年8月31日 (2ヶ月経過) 公開番号 2020-134992
状態 未査定
技術分野
  • -
主要キーワード 評価操作 両オーナー スタッフ数 募集側 理美容業界 店舗設備 提供先情報 長期休暇
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年8月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

従業員数が過剰な場合、不足している場合のいずれにも対応可能な新規人材紹介システムを提供すること。

解決手段

システム管理部30が、募集側端末10による募集要求登録操作応答して(S101)、募集情報公開する処理(S102)と、依頼操作に応答して(S104)、募集応え依頼情報提示する処理(S102)と、募集側端末10による依頼承認操作に応じて(S106)、依頼側端末20に依頼承認通知を送信する処理(S109)と、スタッフを評価する人材評価操作に応答して(S115a)、人材評価結果を登録する処理、および、美容院を評価する業務提供先評価操作に応答して(S115b)、業務提供先評価結果を登録する処理と、公開要求操作に応じて人材評価結果および業務提供先評価結果を公開する処理(S117)と、を実行する人材紹介システムとした。

概要

背景

従来、理美容業界において、運営管理再構築が図られている(例えば、特許文献1参照)。この従来技術では、店舗所有と技術提供と運営管理とを解体することが提案されている。

具体的には、技術者は、店舗を所有せず、店舗オーナーから椅子賃借し、個人事業主としてジョブに専念する。店舗オーナーは、店舗設備所有者であって、その運営管理を専らとする。そして、管理本部は、両オーナー間の契約仲介経営診断および指導会計処理支援その他の管理支援業務をおこなう。

概要

従業員数が過剰な場合、不足している場合のいずれにも対応可能な新規人材紹介システムを提供すること。システム管理部30が、募集側端末10による募集要求登録操作応答して(S101)、募集情報公開する処理(S102)と、依頼操作に応答して(S104)、募集応え依頼情報提示する処理(S102)と、募集側端末10による依頼承認操作に応じて(S106)、依頼側端末20に依頼承認通知を送信する処理(S109)と、スタッフを評価する人材評価操作に応答して(S115a)、人材評価結果を登録する処理、および、美容院を評価する業務提供先評価操作に応答して(S115b)、業務提供先評価結果を登録する処理と、公開要求操作に応じて人材評価結果および業務提供先評価結果を公開する処理(S117)と、を実行する人材紹介システムとした。

目的

そこで、本開示は、従業員数が過剰な場合、不足している場合のいずれにも対応可能な人材紹介システムおよび人材紹介方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

業務提供先側から人材側へ人材を募る募集操作と前記人材側から前記業務提供先側へ前記人材の業務提供の受け入れを募る募集操作との少なくとも一方を行う募集側端末と、前記募集に応答する依頼操作を行う依頼側端末と、前記募集側端末および前記依頼側端末と通信ネットワークを介して接続され、前記募集側端末と前記依頼側端末との募集と依頼に関する情報のやり取りを仲介するシステム管理部と、を備え、前記システム管理部は、前記募集側端末による募集要求登録操作に応答して、募集情報公開する処理と、公開した前記募集情報に応じる前記依頼操作に応答して、前記募集側端末に募集に応え依頼情報提示する処理と、前記募集側端末による依頼承認操作に応じて、前記依頼側端末に依頼承認通知を送信する処理と、両端末のいずれかによる前記人材を評価する人材評価操作に応答して、前記人材に関連付けて人材評価結果を登録する処理と、両端末のいずれかによる公開要求操作に応じて前記人材評価結果を公開する処理と、を実行する人材紹介システム

請求項2

業務提供先側から人材側へ人材を募る募集操作と前記人材側から前記業務提供先側へ前記人材の業務提供の受け入れを募る募集操作との少なくとも一方を行う募集側端末と、前記募集に応答する依頼操作を行う依頼側端末と、前記募集側端末および前記依頼側端末と通信ネットワークを介して接続され、前記募集側端末と前記依頼側端末との募集と依頼に関する情報のやり取りを仲介するシステム管理部と、を備え、前記システム管理部は、前記募集側端末による募集要求の登録操作に応答して、募集情報を公開する処理と、公開した前記募集情報に応じる前記依頼操作に応答して、前記募集側端末に募集に応える依頼情報を提示する処理と、前記募集側端末による依頼承認操作に応じて、前記依頼側端末に依頼承認通知を送信する処理と、両端末のいずれかによる前記人材を評価する人材評価操作に応答して、前記人材に関連付けて人材評価結果を登録する処理、および、両端末のいずれかによる前記業務提供先を評価する業務提供先評価操作に応答して、前記業務提供先に関連付けて業務提供先評価結果を登録する処理と、両端末のいずれかによる公開要求操作に応じて前記人材評価結果および前記業務提供先評価結果を公開する処理と、を実行する人材紹介システム。

請求項3

請求項1または請求項2に記載の人材紹介システムにおいて、前記システム管理部は、前記募集要求の登録操作時、および、前記依頼操作時に、手数料徴収を行う人材紹介システム。

請求項4

請求項3に記載の人材紹介システムにおいて、前記システム管理部は、前記手数料の徴収を、予め、前記募集側端末および前記依頼側端末による購入操作に応じ、チケット販売購買者チケット残数を記憶する処理と、前記募集要求の登録操作時および前記依頼操作時に、前記チケット残数を減算する処理とにより行う人材紹介システム。

請求項5

業務提供先側から人材側へ人材を募る募集操作と前記人材側から前記業務提供先側へ前記人材の業務提供の受け入れを募る募集操作との少なくとも一方を行う募集側端末と、前記募集に応答する依頼操作を行う依頼側端末と、前記募集側端末および前記依頼側端末と通信ネットワークを介して接続され、前記募集側端末と前記依頼側端末との募集と依頼に関する情報のやり取りを仲介するシステム管理部と、を備えた人材紹介システムを用いた人材紹介方法であって、前記募集側端末により募集要求の登録操作が行われたら、これに応答して、募集情報を公開するステップと、前記依頼側端末により公開した前記募集情報に応じる前記依頼操作が行われたら、これに応答して、前記募集側端末に募集に応える依頼情報を送信するステップと、前記募集側端末により依頼承認操作が行われたら、これに応じて、前記依頼側端末に依頼承認通知を送信するステップと、両端末のいずれかによる前記人材を評価する人材評価操作が行われたら、これに応答して、前記人材に関連付けて人材評価結果を登録するステップ、および、両端末のいずれかによる前記業務提供先を評価する業務提供先評価操作に応答して、前記業務提供先に関連付けて業務提供先評価結果を登録するステップと、両端末のいずれかによる公開要求操作が行われたら、これに応じて前記人材評価結果および前記業務提供先評価結果を公開するステップと、を実行する人材紹介方法。

技術分野

0001

本開示は、人材紹介システムおよび人材紹介方法に関するものである。

背景技術

0002

従来、理美容業界において、運営管理再構築が図られている(例えば、特許文献1参照)。この従来技術では、店舗所有と技術提供と運営管理とを解体することが提案されている。

0003

具体的には、技術者は、店舗を所有せず、店舗オーナーから椅子賃借し、個人事業主としてジョブに専念する。店舗オーナーは、店舗設備所有者であって、その運営管理を専らとする。そして、管理本部は、両オーナー間の契約仲介経営診断および指導会計処理支援その他の管理支援業務をおこなう。

先行技術

0004

特開2006−338071号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、理美容業界では、店舗に常に一定の客が来ることは珍しく時間帯日にち季節などで来客の数にばらつきがある。したがって、来客が多いときに対応できる数の従業員を雇うと、来客が少ないときに従業員が過剰になるおそれがある。逆に、来客が少ないときに対応できる数の従業員を雇うと、来客が多いときに、従業員数不足する。このような問題は、上記の従来技術では、解決することができなかった。

0006

そこで、本開示は、従業員数が過剰な場合、不足している場合のいずれにも対応可能な人材紹介システムおよび人材紹介方法を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0007

本開示の人材紹介システムは、業務提供先側から人材側へ人材を募る募集操作と前記人材側から前記業務提供先側へ前記人材の受け入れを募る募集操作との少なくとも一方を行う募集側端末と、前記募集に応答する依頼操作を行う依頼側端末と、前記募集側端末および前記依頼側端末と通信ネットワークを介して接続され、前記募集側端末と前記依頼側端末との募集と依頼に関する情報のやり取りを仲介するシステム管理部と、を備える。

0008

そして、前記システム管理部は、前記募集側端末による募集要求登録操作に応答して、募集情報公開する処理と、公開した前記募集情報に応じる前記依頼操作に応答して、前記募集側端末に募集に応え依頼情報提示する処理と、前記募集側端末による依頼承認操作に応じて、前記依頼側端末に依頼承認通知を送信する処理と、両端末のいずれかによる前記人材を評価する人材評価操作に応答して、前記人材に関連付けて人材評価結果を登録する処理と、両端末のいずれかによる公開要求操作に応じて前記人材評価結果を公開する処理と、を実行する。

0009

また、本開示の人材紹介方法は、業務提供先側から人材側へ人材を募る募集操作と前記人材側から前記業務提供先側へ前記人材の受け入れを募る募集操作との少なくとも一方を行う募集側端末と、前記募集に応答する依頼操作を行う依頼側端末と、前記募集側端末および前記依頼側端末と通信ネットワークを介して接続され、前記募集側端末と前記依頼側端末との募集と依頼に関する情報のやり取りを仲介するシステム管理部と、を備えた人材紹介システムを用いた人材紹介方法である。

0010

そして、本開示の人材紹介方法は、前記募集側端末により募集要求の登録操作が行われたら、これに応答して、募集情報を公開するステップと、前記依頼側端末により公開した前記募集情報に応じる前記依頼操作が行われたら、これに応答して、前記募集側端末に募集に応える依頼情報を送信するステップと、前記募集側端末により依頼承認操作が行われたら、これに応じて、前記依頼側端末に依頼承認通知を送信するステップと、両端末のいずれかによる前記人材を評価する人材評価操作が行われたら、これに応答して、前記人材に関連付けて人材評価結果を登録するステップ、および、両端末のいずれかによる前記業務提供先を評価する業務提供先評価操作に応答して、前記業務提供先に関連付けて業務提供先評価結果を登録するステップと、両端末のいずれかによる公開要求操作が行われたら、これに応じて前記人材評価結果および前記業務提供先評価結果を公開するステップと、を実行する人材紹介方法である。

発明の効果

0011

本開示では、余っている人材を、人材が不足している業務提供先に紹介可能であるとともに、人材の評価を公開して、適切な人材の紹介が可能な新規な人材紹介システムおよび人材紹介方法を提供することができる。

図面の簡単な説明

0012

実施の形態1の人材紹介システムのシステム概略図である。
実施の形態1の人材紹介システムによる人材の募集から評価を行うまでの処理の流れを示すフローチャートである。
実施の形態1の人材紹介システムによる人材側(募集側)から業務提供先側(依頼側)への人材の受け入れを募る際の操作の手順を説明する説明図である。
実施の形態1の人材紹介システムによる募集に応答して業務提供先側(依頼側)から人材側(募集側)へ紹介を依頼する際の操作の手順を説明する説明図である。
実施の形態1の人材紹介システムによる人材側(募集側)が業務提供先側(依頼側)からの依頼を承認取引成立するまでの操作の手順を説明する説明図である。
実施の形態1の人材紹介システムによる募集側(人材側)による依頼側(業務提供先側)の評価、依頼側(業務提供先側)による募集側(人材側)の評価を行い、評価を公開するまでの処理の流れを示すフローチャートである。
実施の形態1の人材紹介システムによる募集側(人材側)による依頼側(業務提供先側)に対する評価を行う際の操作の手順を説明する説明図である。
実施の形態1の人材紹介システムによる業務提供先側(依頼側)から募集側(人材側)に対する評価を行う際の操作の手順を説明する説明図である。

実施例

0013

以下、本発明の実施の形態について図面を参照して説明する。
(実施の形態1)
図1は、実施の形態1の人材紹介方法を実施する人材紹介システムのシステム概略図である。そして、この人材紹介システムは、複数の募集側端末10と、複数の依頼側端末20と、管理サーバ等のシステム管理部30と、このシステム管理部30と各端末10,20を接続可能な通信ネットワークNWと、を備える。また、募集側端末10および依頼側端末20は、通信ネットワークNWに接続されたパーソナルコンピュータ携帯電話などの情報端末である。

0014

この人材紹介システムは、基本的には、予め登録した店舗などの複数の業務提供先において、人材が余っている側の人材と、人材が不足している側の業務提供先とを、相互に紹介し、人材を融通し合うシステムである。なお、相互に紹介された人材は、業務提供先において、取引が成立した期間だけ一時的に作業を行う。

0015

また、図1では募集側端末10および依頼側端末20を、別個に図示しているが、これらはそれぞれ独立して存在するものではない。すなわち、1台の情報端末が、後述する募集を行う際には募集側端末10となり、募集に応答する依頼を行う際には依頼側端末20となるというように、使用形態の違いを表すものである。

0016

さらに、この人材紹介システムは、さまざまな業界における人材紹介に適用することができるが、以下の説明では、業務提供先として美容院を一例として挙げる。したがって、業務提供を行う人材は、美容院の技術者(以下、スタッフと称する)となる。

0017

システム管理部30には、予め、美容院に関する情報、スタッフに関する情報が登録されている。美容院に関する情報としては、所在地最寄りなどの交通に関する情報、店舗の規模スタッフ数などが含まれる。また、スタッフに関する情報としては、年齢性別カットパーマなどの各種スキル別経験年数に関する情報が含まれる。

0018

なお、上記のように、本実施の形態では、基本的には、複数の美容院で相互にスタッフを紹介することを基本としているが、これに限るものではない。例えば、スタッフとしては、美容院に所属していないフリーランスのスタッフであっても、登録して紹介対象の人材とすることができる。

0019

次に、実施の形態1の人材紹介システムによる処理の流れを図2に基づいて説明する。以下の説明においては、スタッフ側が美容院側へスタッフの業務提供の受け入れを募る募集を行い、業務提供先側である美容院が募集に応答する紹介を依頼する場合の操作や処理の流れを説明する。なお、これとは逆に、美容院側が、所望の日程で業務提供可能なスタッフを募集し、スタッフ側がこれに応答して紹介を依頼する場合もあるが、上記の操作や処理の流れと大きな違いはないため、この場合の説明は省略する。

0020

まず、募集側端末10により募集登録を行う(S101)。この募集登録は、例えば、美容院において、予約が少なく、スタッフが余る可能性が高いことがあらかじめわかっている場合には、美容院のオーナーなどの責任者が、他の美容院へ業務提供が可能なスタッフ、日にち、時間帯を登録する。すなわち、業務提供(作業)可能なスタッフ側から、業務提供先である美容院側へ、人材の受け入れを募るための募集登録を行う。また、上記のように美容院の責任者ではなく、フリーランスのスタッフが、業務提供(作業)可能な日にち、時間帯を登録してもよい。

0021

そして、システム管理部30は、募集登録を受けるとシステム利用者全体が閲覧可能な画面において募集情報(日付、時間帯、報酬額)を公開する(S102)。すなわち、システムへのアクセス画面図3Aに示すメイン画面11)にログインすることで、募集登録された内容(スタッフや業務提供日程など)を確認することができる。

0022

次に、募集登録を行う操作について図3Aに基づいて説明する。
この場合、募集側端末10では、まず、ログインすると各種操作を行うメイン画面11が表示され、そのメイン画面11によりカレンダー形式の募集登録用の画面11a(マイカレンダー)を選択する。そして、この画面11aにより業務提供先を募集する時間帯を含む日程の設定操作、および、業務提供による対価である報酬額の設定操作(カレンダー登録)を行う。つまり、ある美容院に所属する、あるいはフリーのスタッフが、業務提供先の他の美容院で業務提供(作業)を行うことが可能な日程と、それによる報酬額を設定する操作を行う。

0023

そして、上記の各種設定操作を行った後、「登録する」をクリックタップ等の操作(以下、この操作を押下操作という)を行うと、その押下操作に応じ、登録確認画面11bが表示される。利用者は、この登録確認画面11bにおける登録内容の表示を確認し、表示内容に問題が無ければ「登録する」を押し下げると、募集操作に対しその募集を公開する手数料徴収するためのチケット消費画面11cが表示される。

0024

本実施の形態1では、手数料の徴収は、チケットを用いて行うもので、ここで、チケットについて説明する。
募集側端末10および依頼側端末20を操作し、人材紹介システムを利用する利用者は、予めチケットを購入する。そして、人材紹介システムの利用に伴い、上記の募集登録や後述する依頼などの紹介の取引に関する処理を行う際に、チケットを消費することにより利用手数料支払う。

0025

そこで、チケット消費画面11cは、今回の募集登録により消費するチケット数、現在のチケット保有数、消費後のチケット残数を表示する。そして、チケット消費画面11cの「消費」の押下操作を行うことで、手数料の徴収を行い、募集登録の操作を終了する。この募集登録を終了すると、募集完了画面11dが表示され、この募集完了画面11dの「一覧画面」を押し下げると、メイン画面11に戻る。

0026

システム管理部30は、以上の募集登録操作が行われると、その内容を記憶した上で、前述したように、システム利用者全体が閲覧可能な画面において、募集情報を公開する(図2のS102)。なお、公開する募集情報としては、業務提供を募るスタッフ、日付、時間帯、報酬額が含まれる。

0027

また、募集登録の公開は、図3Aに示したメイン画面11の「人をさがす」を選択することで行われる。すなわち、所定の日程で人材が必要な美容院の責任者は、メイン画面11の「人をさがす」を選択することにより、人材の検索を行う検索画面12(図3B参照)を用いて条件に合うスタッフを検索して紹介を依頼することが可能となっている。

0028

ここで、美容院が人材の紹介を依頼する場合というのは、例えば、ある特定の日の予約の集中や、長期休暇入院などでスタッフが所定期間不在となる場合や、スタッフの急な休暇の取得や辞めることになった場合などがある。このような場合に、依頼側端末20により、募集登録されたスタッフの中から、日程や必要なスキルなどの条件の合うスタッフの有無を検索する(S103)。そして、条件が合うスタッフが存在する場合には、その募集に応答して紹介を依頼する(S104)。

0029

そして、システム管理部30は、依頼を受け取ると、募集側端末10に、依頼通知を行う(S105)。この依頼通知は、募集側端末10に対し、例えば、メールによる通知や、メイン画面11のヘッダなどへの表示により行うことができる。

0030

また、システム管理部30は、1つの募集に対し、1つの依頼しか受け取らず、依頼を受け取ることにより、該当する募集の公開を終了する。なお、後述するように、募集と依頼との相互紹介の取引が不成立になる場合もある。その場合は、募集の公開を再開する。

0031

以下に、図2のスタッフ検索操作(S103)、依頼操作(S104)の手順を図3Bに基づいて説明する。

0032

人材(業務提供)が必要な依頼側が、募集登録を行ったスタッフを探す場合、メイン画面11(図3A参照)のヘッダの「人をさがす」を選択するのに応答して検索画面12が表示される。この検索画面12は、スキル選択欄121、エリア選択欄122、日程設定欄123、時間帯設定欄124、金額設定欄125、年齢設定欄126、性別設定欄127を備える。

0033

スキル選択欄121は、必要なスタッフのスキル(カット、シャンプー、パーマなど)を選択する。エリア選択欄122は、業務提供先(美容院)の所在地が含まれるエリアを選択する。日程設定欄123は、スタッフの業務提供を希望する日程を入力する、時間帯設定欄124は、業務提供による作業時間帯を設定する。金額設定欄125は、スタッフに支払う金額を設定する、年齢設定欄126は、スタッフの年齢層を設定する。性別設定欄127は、スタッフの性別を入力する。

0034

そして、これら各欄121〜127に、必要な条件を入力し上で、「検索」の押下操作を行うと、システム管理部30は、募集登録されたスタッフの中から入力した条件に合うスタッフを検索し、抽出する。そして、条件に合うスタッフが存在する場合、検索結果画面12aに検索結果であるスタッフに関する情報および募集登録された作業時間を表示する。なお、この検索結果画面12aにおいて「もっとみる」が押下られた場合には、そのスタッフに関する、より詳細な情報を見ることができる。また、条件に合うスタッフが他にも存在する場合には、他のスタッフを表示する操作に応じて、他のスタッフの情報を表示する。

0035

また、入力した条件に合うスタッフが見つかり、そのスタッフの紹介を依頼する場合は、検索結果画面12aの「依頼する」の押下操作を行う。

0036

この操作により取引画面12bが表示され、紹介を依頼する場合、取引画面12bの「依頼する」の押下操作を行う。この操作により、依頼確認画面12cが表示され、この依頼確認画面12cの「依頼する」の押下操作に応答して、チケット消費画面12dが表示されて紹介の依頼に対する手数料の徴収を行う。

0037

この徴収も募集登録時と同様に、チケットの消費により行うもので、まず、チケット消費画面12dが表示され、このチケット消費画面12dの「消費」の押下操作を行うと、チケット残数が「1」減らされてチケット1枚分の手数料を徴収する。さらに、チケットの消費後は、依頼完了画面12eが表示され、「閉じる」の押下操作を行うことで、依頼操作が完了する。

0038

図2戻り、依頼操作(S104)が終了すると、システム管理部30は、募集登録を行った募集側端末10に、募集登録に応答する紹介の依頼があったことを通知するとともに、取引関係者募集者および依頼者)のみに情報公開を行う(S102b)。

0039

そこで、募集登録者は、通知を受けると、取引関係者に公開されている業務提供先情報、すなわち、紹介を依頼している美容院に関する情報を確認する(S106)。そして、募集登録を行った募集者は、紹介の依頼に応える場合は、依頼を承認する操作を行う(S107)。この例の場合は、募集登録を行ったスタッフの管理者やスタッフ自身が、業務提供先となる美容院の情報を確認した上で、スタッフが紹介の依頼に応える場合、依頼を承認するする操作を行う。

0040

そして、依頼承認の操作(S107)が行われた場合は、システム管理部30は、依頼側端末20に対して依頼承認の通知を行う(S109)。なお、この通知は、例えば、依頼側端末20へメールにより通知したり、メイン画面11のヘッダ等を用いて通知したりすることができる。

0041

また、募集登録者は、仮に、依頼側の条件(例えば、報酬)が合わない場合には、依頼取り下げ(S108)を行うこともできる。この場合、後述する取引が不成立となる。そして、依頼取り下げが行われた場合には、依頼取り下げ通知を行う(S110)。

0042

上記の依頼承認の(S107)操作の手順を図3Cに基づいて説明する。この場合、募集側端末10によりメイン画面11(図3A参照)においてヘッダの「マイカレンダー」を選択すると、カレンダー画面13aに募集登録を行った日程が表示される。そこで、依頼通知を受けた日程の「募集選択」を押し下げると、取引画面13bが表示される。この取引画面13bには、募集した内容などを示す取引詳細表示欄13cと、日付、時間帯、報酬を表示する取引欄13dと、取引の承認、取下げ選択操作を行うマッチング情報欄13eが表示される。

0043

そして、取引を成立させる場合は、マッチング情報欄13eの「承認」を押し下げる。これにより、承認確認画面13fが表示され、この承認確認画面13fの「承認」を押し下げることで、取引が成立し、取引成立画面13gが表示される。この取引成立画面13gにより、取引内容の詳細を確認することができるようになっている。

0044

また、以上の依頼承認操作により取引が成立したら、システム管理部30は、前述のように、依頼承認通知を行う(図2のS109)。なお、募集者側のスタッフが、依頼先の条件と合わない場合は、取引画面13bのマッチング情報欄13eにおいて「取下げ」を押すことで、取引は不成立となる。この場合は、システム管理部30から依頼側端末20へ依頼取り下げ通知が送られる。

0045

この場合、依頼側のチケットの残数は、依頼前の残数に戻されるようにしてもよい。また、業務提供の紹介を依頼したい美容院は、図2のS103に示すスタッフ検索に続く操作を再度行って、他のスタッフを探すことができる。

0046

なお、取引が成立した場合は、依頼者は、連絡事項がある場合には、依頼側端末20から連絡項目更新を行うことができ(図2のS111)、この場合、システム管理部30は、募集側端末10へ連絡項目が更新されたことを通知する(図2のS112)。

0047

同様に、募集者側から連絡事項がある場合には、募集側端末10から必要に応じて連絡項目の更新を行うことができ(S113)、この場合、システム管理部30は、依頼側端末20へ連絡項目が更新されたことを通知する(S114)。

0048

なお、美容院が、所定の日程にスタッフの業務提供を募集する場合は、以上の説明と同様に、スタッフに作業に来て欲しい日程や時間帯、スタッフに必要なスキルなどを入力して募集登録を行う。そして、業務提供先の紹介を求めるスタッフは、メイン画面11のヘッダの「お店をさがす」を選択し、エリアや日程やスキルなどの入力を行って検索し、条件が合う美容院があれば、紹介を依頼して上述のように取引が成立することになる。

0049

次に、評価について説明する。
本実施の形態1では、スタッフが作業を行った後に、募集側のスタッフによる依頼側の美容院の評価と、依頼側の美容院による募集側のスタッフの評価と、を行い、これを公開するようにしている。

0050

図2のフローチャートに示すように、業務提供したスタッフが作業を行った後、依頼側の美容院の管理者は、依頼側端末20を用いて、スタッフに関する評価を行ってこれを登録する操作を行う(S115a)。この評価は、予め設定された評価項目について、複数段階(例えば、5段階)で評価し、その評価結果を登録する評価登録を行う。この評価結果は、システム管理部30に、募集側のスタッフと関連付けて記憶される。

0051

なお、依頼側による評価登録(S115a)が実行されると、評価登録がなされたことがメールなどにより通知される(S116a)。

0052

また、上述の依頼側の評価登録と並行して、募集した美容院の管理者、あるいは、業務提供を行ったスタッフは、募集側端末10を用いて、業務提供先の美容院の評価を行う(S115b)。この評価は、依頼側と同様に、予め設定された評価項目について、複数段階(例えば、5段階)で評価し、その評価結果を登録する評価登録を行う。この評価結果は、システム管理部30に、依頼側の美容院に関連付けて記憶される。

0053

なお、募集側による評価登録(S115b)が実行されると、評価登録がなされたことがメールなどにより通知される(S116b)。

0054

以上の評価登録の操作後は、評価結果がシステム管理部30により公開され(図4のS117)、利用者は、評価結果を閲覧することができる。なお、1つの取引において、募集側と依頼側との両方の評価登録が行われるまでは、評価を行った側のみ評価結果が閲覧可能な非公開状態とする(S102b)。そして、募集側と依頼側との両方の評価登録がなされた後は、図4のS117に示すように、システム利用者全体に公開されて、登録された利用者は、誰でも閲覧することができる。

0055

次に、業務提供先による評価登録(S115a)の操作手順を具体的に説明する。
業務提供先の美容院(依頼側の美容院)がスタッフに関する評価登録を実行する場合、依頼側端末20により、図5Aに示す取引成立画面13g(図3C参照)を呼び出し、「評価登録」を押し下げると、スタッフ評価画面14aが表示される。このスタッフ評価画面14aには、「技術仕上がり」「接客サービス」「清潔感」「スタッフ対応」「また働いて欲しいか」などの業務提供を行ったスタッフを評価する評価項目が表示される。なお、この評価項目は、これに限定されず、技術に関連する他の項目、例えば、「丁寧さ」や、接客に関連する他の項目「コミュニケーション」などを用いてもよい。

0056

したがって、業務提供先の美容院の責任者などは、各項目について、複数段階(例えば、5段階)の評価を入力する。そして、評価の入力を行った後、スタッフ評価画面14aの「評価する」を押し下げると、この操作に応答して評価確認画面14bが表示される。この評価確認画面14bの「評価する」を押し下げることで、評価結果がシステム管理部30に送信されて、評価対象のスタッフに関連付けて記憶される。さらに、評価完了画面14cが表示され、当該画面の「閉じる」を押し下げることで、評価結果表示画面14dが表示される。この評価結果表示画面14dは、前述したように、業務提供側のスタッフ、業務提供先側の美容院との両者による評価登録が完了するまでは、評価登録した側のみ閲覧することができる。よって、上記のスタッフの評価のみを行った時点では、相手の評価が無い旨の表示画面14eが表示され、「戻る」の押し下げによりメイン画面11へ戻る。

0057

次に、業務提供(作業)を行ったスタッフ側(この実施の形態の例では、募集側)の評価登録(S115b)の操作手順を具体的に説明する。
業務提供を行ったスタッフが評価登録を実行する場合、募集側端末10により、図5Bに示す取引成立画面13gを呼び出し、「評価登録」を押し下げると、店舗評価画面15aが表示される。この店舗評価画面15aには、「雰囲気」「設備」「スタッフ」「交通の利便性」「また働きたいか」などの業務提供先の美容院を評価する評価項目が表示される。

0058

したがって、スタッフ、あるいは、その管理者は、業務提供先の店舗に関する各項目について、複数段階(例えば、5段階)の評価を入力する。そして、評価の入力を行った後、店舗評価画面15aの「評価する」を押し下げると、この操作に応答して評価確認画面15bが表示される。そして、この評価確認画面15bの「評価する」を押し下げることで、評価結果がシステム管理部30に送信されて、評価対象の美容院(業務提供先)に関連付けて記憶される。さらに、評価完了画面15cが表示され、当該画面の「閉じる」を押し下げることで、評価結果表示画面15dが表示される。

0059

この評価結果表示画面15dは、前述したように、業務提供側、業務提供先側の両者による評価登録が完了するまでは、評価登録した側のみ閲覧することができる。そして、業務提供側、業務提供先側との双方の評価結果が登録されると、システム管理部30は、スタッフ、業務提供先の美容院に対する評価結果を、システム利用者全体に公開する(図4のS117)。
なお、この評価を見る場合は、メイン画面11のヘッダの「評価」を選択し、美容院やスタッフを特定する名称やIDなどを入力して閲覧することができる。

0060

したがって、システムを利用するスタッフおよび美容院は、紹介を依頼する際に、スタッフや美容院に関する評価を参考にすることができる。さらに、美容院やスタッフが自身の評価を確認することで、種々の改善を図ることができる。そして、評価が高いスタッフは、これを給与査定や転職の際に活かすことも可能である。また、評価が高い美容院は、これを求人の際や顧客の開拓の際に活かすことができる。

0061

(実施の形態の効果)
以下に、実施の形態の人材紹介システムの効果を列挙する。
(1)実施の形態の人材紹介システムは、業務提供先側である美容院側からスタッフ側へスタッフを募る募集操作とスタッフ側から美容院側へスタッフの業務提供の受け入れを募る募集操作とを行う募集側端末10と、募集に応答する依頼操作を行う依頼側端末20と、募集側端末10および依頼側端末20と通信ネットワークNWを介して接続され、募集側端末10と依頼側端末20との募集と依頼に関する情報のやり取りを仲介するシステム管理部30と、を備える。

0062

そして、システム管理部30は、募集側端末10による募集要求の登録操作に応答して(S101)、募集情報を公開する処理(S102)と、公開した募集情報に応じる依頼操作に応答して(S104)、募集側端末10に募集に応える依頼情報を提示する処理(S102)と、募集側端末10による依頼承認操作に応じて(S106)、依頼側端末20に依頼承認通知を送信する処理(S109)と、両端末10,20のいずれかによる業務提供を行ったスタッフを評価する人材評価操作に応答して(S115a)、スタッフに関連付けて人材評価結果を登録する処理、および、両端末10,20のいずれかによる業務提供先の美容院を評価する業務提供先評価操作に応答して(S115b)、美容院に関連付けて業務提供先評価結果を登録する処理と、両端末10,20のいずれかによる公開要求操作に応じて人材評価結果および業務提供先評価結果を公開する処理(S117)と、を実行する。

0063

したがって、登録した複数の美容院は、相互にスタッフを紹介し、相互に融通し合うことができる。また、フリーランスのスタッフも、空いた時間に人材が必要な美容院で業務提供を行うことができる。つまり、余っているスタッフを、スタッフが不足している業務提供先としての美容院で業務提供(作業)を行うことが可能である。

0064

しかも、本システムでは、業務提供先からの人材紹介の募集、人材からの業務提供先の紹介の募集を、日にち、時間帯を指定して行い、条件があった募集に対して、紹介を依頼するため、適材、適所の紹介が可能である。
さらに、人材評価結果および業務提供先評価結果を必要に応じて参照することができ、スタッフ、美容院の相互の紹介を依頼する際に、これを参考にして依頼を受けるか否かを判断でき、より一層ニーズに合った相互紹介が可能である。加えて、人材評価結果や、業務提供先評価結果は、以後の転職の際や、求人を行う際などに活かすことができる。

0065

(2)実施の形態の人材紹介システムは、システム管理部30は、募集要求の登録操作時、および、依頼操作時に、手数料の徴収を行う。
したがって、システム提供者は、実際に取引のための手続きが行われた際に、手数料を徴収することができる。

0066

加えて、実施の形態の人材紹介システムでは、システム管理部30は、手数料の徴収を、予め、募集側端末10および依頼側端末20による購入操作に応じ、チケットの販売購買者のチケット残数を記憶する処理と、募集要求の登録操作時および依頼操作時に、チケット残数を減算する処理とにより行う。
したがって、効率良く確実に手数料の徴収を行うことができる。

0067

(3)実施の形態の人材紹介方法は、美容院側(業務提供先側)からスタッフ側(人材側)へスタッフを募る募集操作とスタッフ側(人材側)から美容院側(業務提供先側)へスタッフの業務提供の受け入れを募る募集操作とを行う募集側端末10と、募集に応答する依頼操作を行う依頼側端末20と、募集側端末10および依頼側端末20と通信ネットワークNWを介して接続され、募集側端末10と依頼側端末20との募集と依頼に関する情報のやり取りを仲介するシステム管理部30と、を備えた人材紹介システムを用いた人材紹介方法である。

0068

そして、実施の形態の人材紹介方法は、募集側端末10により募集要求の登録操作が行われたら、これに応答して、募集情報を公開するステップS102と、公開した募集情報に応じる依頼操作が依頼側端末20により行われたら、これに応答して、募集側端末10に募集に応える依頼情報を提示するステップS102と、募集側端末10により依頼承認操作が行われたら、これに応じて、依頼側端末20に依頼承認通知を送信するステップS109と、両端末10、20のいずれかによる業務提供したスタッフを評価する人材評価操作が行われたら、これに応答して(S115a)、スタッフに関連付けて人材評価結果を登録するステップ、および、両端末10,20のいずれかによる美容院(業務提供先)を評価する業務提供先評価操作に応答して(S115b)、美容院に関連付けて業務提供先評価結果を登録するステップと、両端末10,20のいずれかによる公開要求操作が行われたら、これに応じて人材評価結果および業務提供先評価結果を公開するステップS117と、を実行する人材紹介方法である。

0069

したがって、登録した複数の美容院は、相互にスタッフを紹介し、相互に融通し合うことができる。また、フリーランスのスタッフも、空いた時間に人材が必要な美容院で業務提供を行うことができる。つまり、余っているスタッフを、スタッフが不足している業務提供先としての美容院で業務提供(作業)を行うことが可能である。

0070

しかも、本方法では、業務提供先からの人材紹介の募集、人材からの業務提供先の紹介の募集を、日にち、時間帯を指定して行い、条件があった募集に対して、紹介を依頼するため、適材、適所の紹介が可能である。
さらに、人材評価結果および業務提供先評価結果を必要に応じて参照することができ、スタッフ、美容院の相互の紹介を依頼する際に、これを参考にして依頼を受けるか否かを判断でき、より一層ニーズに合った相互紹介が可能である。加えて、人材評価結果や、業務提供先評価結果は、以後の転職の際や、求人を行う際などに活かすことができる。

0071

以上、図面を参照して、実施の形態を詳述してきたが、具体的な構成は、この実施の形態に限らず、本開示の要旨を逸脱しない程度の設計的変更は、本開示に含まれる。

0072

例えば、実施の形態では、業務提供先として美容院を例示し、業務提供を行う人材として、美容院の技術者を示したが、これに限定されるものではない。例えば、業務提供先として、美容院以外の店舗にも適用できる。さらに、店舗以外にも運送会社タクシー会社などの運送関連会社に運転手を紹介するシステムや、業務提供先としての介護施設介護技術者を紹介するシステムなどのように、各種の人材の業務提供が必要な業種で適用することができる。

0073

また、実施の形態では、募集操作として、美容院側(業務提供先側)からスタッフ側(人材側)へのスタッフの募集操作、スタッフ側(人材側)から美容院側(業務提供先側)へのスタッフの業務提供の受け入れを募る募集操作との両方を行う例を示した。しかしながら、これに限定されず、少なくとも一方の募集操作を行うようにしてもよい。

0074

また、評価するにあたり、業務提供先と人材としてのスタッフとの両方を相互に評価する例を示したが、少なくとも、人材(スタッフ)の評価を行うことができればよい。この場合、スタッフの評価がなされた時点で、公開する。なお、評価項目については、実施の形態で示した項目に限定されるものではなく、業種に応じて適宜設定することができる。

0075

また、手数料の徴収にあたり、実施の形態ではチケット制を示したが、これに限定されるものではない。例えば、口座からの引き落としや、クレジット決済や、電子マネー決済など、各種の徴収方法を用いることができる。

0076

10募集側端末
20依頼側端末
30システム管理部
NW 通信ネットワーク

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ