図面 (/)

技術 エレベーターのかごの照明装置の調光装置

出願人 三菱電機ビルテクノサービス株式会社
発明者 立木保奈美
出願日 2019年2月12日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2019-022793
公開日 2020年8月31日 (2ヶ月経過) 公開番号 2020-132277
状態 未査定
技術分野 エレベータのケージ及び駆動装置
主要キーワード 吸光部材 照明板 リベット止め 調光装置 間接照明 擬似白色光 エレベーター 拡散部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年8月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

ブルーライトを低減させる器具利用者が個別に用意する必要のないエレベーターのかご照明装置調光装置を提供する。

解決手段

調光装置9は、吸光部材10を備える。吸光部材10は、エレベーターのかご1の照明装置2の光源4の発光面7からかご1の内側で照明装置2より下方のかご室内空間3に至るまでの光路12に固定されて配置される。光源4から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長の光に対する吸光部材10の透過率は、光源4から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長より長い波長の可視光に対する吸光部材10の透過率より低い。

概要

背景

特許文献1にエレベーター照明装置の例が記載されている。照明装置は、光線拡散部材を備える。光線拡散部材は、光源を覆う。光線拡散部材は、光線を透過させる材料で形成される。

概要

ブルーライトを低減させる器具利用者が個別に用意する必要のないエレベーターのかごの照明装置の調光装置を提供する。調光装置9は、吸光部材10を備える。吸光部材10は、エレベーターのかご1の照明装置2の光源4の発光面7からかご1の内側で照明装置2より下方のかご室内空間3に至るまでの光路12に固定されて配置される。光源4から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長の光に対する吸光部材10の透過率は、光源4から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長より長い波長の可視光に対する吸光部材10の透過率より低い。

目的

本発明の目的は、ブルーライトを低減させる器具を利用者が個別に用意する必要のないエレベーターのかごの照明装置の調光装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

エレベーターのかご照明装置光源発光面から前記かごの内側で前記照明装置より下方のかご室内空間に至るまでの光路に固定されて配置され、前記光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長の光に対する透過率が前記光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長より長い波長の可視光に対する透過率より低い吸光部材を備えるエレベーターのかごの照明装置の調光装置

請求項2

前記光源がLED光源である場合に、前記LED光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長の光に対する前記吸光部材の透過率は、前記LED光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長より長い波長の可視光に対する前記吸光部材の透過率より低い請求項1に記載のエレベーターのかごの照明装置の調光装置。

請求項3

前記吸光部材を前記照明装置に取り付ける取付け部を備える請求項1または請求項2に記載のエレベーターのかごの照明装置の調光装置。

請求項4

前記取付け部は、磁力により前記吸光部材を前記照明装置に取り付ける請求項3に記載のエレベーターのかごの照明装置の調光装置。

請求項5

前記吸光部材は、前記発光面に密着する請求項1または請求項2に記載のエレベーターのかごの照明装置の調光装置。

請求項6

前記吸光部材は、熱収縮フィルムにより形成される請求項5に記載のエレベーターのかごの照明装置の調光装置。

技術分野

0001

本発明は、エレベーターのかご照明装置調光装置に関する。

背景技術

0002

特許文献1にエレベーターの照明装置の例が記載されている。照明装置は、光線拡散部材を備える。光線拡散部材は、光源を覆う。光線拡散部材は、光線を透過させる材料で形成される。

先行技術

0003

特開平4−75991号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1に記載の照明装置において、光線拡散部材は、波長によらずに光線を透過させる。このため、光源の性質によっては、かご室内空間における光のスペクトルについてブルーライトの割合が高くなる場合がある。この場合に、ブルーライトを好まない利用者は、ブルーライトを低減させる器具を個別に用意する必要がある。

0005

本発明は、このような課題を解決するためになされた。本発明の目的は、ブルーライトを低減させる器具を利用者が個別に用意する必要のないエレベーターのかごの照明装置の調光装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

本発明に係るエレベーターのかごの照明装置の調光装置は、エレベーターのかごの照明装置の光源の発光面から前記かごの内側で前記照明装置より下方のかご室内空間に至るまでの光路に固定されて配置され、前記光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長の光に対する透過率が前記光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長より長い波長の可視光に対する透過率より低い吸光部材を備える。

発明の効果

0007

本発明によれば、調光装置は、吸光部材を備える。吸光部材は、エレベーターのかごの照明装置の光源の発光面からかごの内側で照明装置より下方のかご室内空間に至るまでの光路に固定されて配置される。光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長の光に対する吸光部材の透過率は、光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長より長い波長の可視光に対する吸光部材の透過率より低い。これにより、利用者は、ブルーライトを低減させる器具を個別に用意する必要がなくなる。

図面の簡単な説明

0008

実施の形態1に係るエレベーターのかごの内側の図である。
実施の形態1に係る照明装置の垂直断面図である。
実施の形態1の変形例に係る照明装置の垂直断面図である。
実施の形態2に係る照明装置の垂直断面図である。
実施の形態2の変形例に係る照明装置の垂直断面図である。
実施の形態3に係る照明装置の垂直断面図である。

実施例

0009

本発明を実施するための形態について添付の図面を参照しながら説明する。各図において、同一または相当する部分には同一の符号を付して、重複する説明は適宜に簡略化または省略する。

0010

実施の形態1.
図1は、実施の形態1に係るエレベーターのかごの内側の図である。

0011

エレベーターは、建築物に設けられる。建築物は、複数の階を備える。エレベーターにおいて、図示されない昇降路は複数の階を貫く。エレベーターは、かご1を備える。かご1は、昇降路の内部を鉛直方向に走行することで、複数の階の間で利用者を輸送する装置である。かご1は、例えば直方体状の形状である。かご1は、照明装置2を備える。照明装置2は、例えばかご1の天井に設けられる。照明装置2は、かご室内空間3を照らす装置である。かご室内空間3は、かご1の内側で照明装置2より下方の空間である。かご室内空間3は、利用者が乗車する空間である。

0012

図2は、実施の形態1に係る照明装置の垂直断面図である。

0013

照明装置2は、光源4と、カバー5と、照明板6と、を備える。

0014

光源4は、光を発する装置である。光源4は、発光面7を有する。発光面7は、光源4の表面である。この例において、光源4は、LED(Light Emitting Diode)光源である。LED光源は、複数のLED素子8を備える。発光面7は、複数のLED素子8の各々の表面である。光源4は、かご1の天井に設けられる。発光面7は、下方に向けられる。この例において、LED素子8は、蛍光体を含有する樹脂封入されたLEDチップによって形成される。ここで、蛍光体は、例えば黄色の蛍光体である。LEDチップは、例えば青色LEDである。LED素子8は、青色LEDの発光と黄色の蛍光体の蛍光とによって、照明用擬似白色光を発する。

0015

カバー5は、光源4を覆う部材である。カバー5は、例えば下方から光源4を覆う。カバー5は、可視光を透過させる材料で形成される。カバー5は、透過させる可視光を拡散させてもよい。

0016

照明板6は、かご室内空間3に露出する部材である。照明板6は、例えばカバー5の下方に設けられる。照明板6のかご室内空間3に露出する部分の形状は、例えば矩形状である。照明板6は、可視光を透過させる材料で形成される。照明板6は、透過させる可視光を拡散させてもよい。

0017

ここで、例えばエレベーターの利用者または管理者などが、かご室内空間3における光のうちのブルーライトの割合の低減を望むことがある。このとき、調光装置9が照明装置2に取り付けられる。ここで、ブルーライトの波長の範囲は、380nmから500nmまでの波長の範囲である。

0018

調光装置9は、吸光部材10と、押さえ板11と、を備える。

0019

吸光部材10は、例えば樹脂からなるシートである。光源4から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長の光に対する吸光部材10の透過率は、光源4から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長より長い波長の可視光に吸光部材10の透過率より低い。ここで、透過率は、吸光部材10に対する入射光透過光との強度比である。吸光部材10は、照明板6の上面に固定されて設けられる。吸光部材10の形状は、照明板6のかご室内空間3に露出する部分の形状に合わせられる。吸光部材10の形状は、例えば矩形状である。

0020

吸光部材10は、例えばブルーライトを選択的に吸収する材料で形成される。吸光部材10は、例えばブルーライトを選択的に反射させる材料で形成されてもよい。吸光部材10は、例えばブルーライトを選択的に吸収する物質を分散させた樹脂であってもよい。吸光部材10は、例えばブルーライトを選択的に吸収する物質をコーティングなどによって塗布した樹脂であってもよい。吸光部材10は、例えばブルーライトを選択的に反射させる物質をコーティングなどによって塗布した樹脂であってもよい。

0021

押さえ板11は、吸光部材10を押さえる板である。押さえ板11は、取付け部の例である。押さえ板11は、吸光部材10を上方から覆う。押さえ板11の形状は、例えば吸光部材10より大きい矩形状である。押さえ板11は、可視光を透過させる材料で形成される。押さえ板11は、透過させる可視光を拡散させてもよい。押さえ板11は、例えば照明板6の外周部に取り付けられる。押さえ板11は、例えば接着ネジ止め、またはリベット止めなどによって照明板6に取り付けられる。

0022

続いて、調光装置9の機能を説明する。

0023

光源4から発せられた光は、発光面7からかご室内空間3に至るまで伝播する。光源4から発せられた光の光路12は、発光面7から、例えばカバー5、押さえ板11、吸光部材10、および照明板6の順に通過して、かご室内空間3に至る。すなわち、吸光部材10は、光路12に設けられている。

0024

吸光部材10は、透過率の波長依存性によって、透過させる光のうちのブルーライトの割合を低減させる。吸光部材10を透過した光は、かご室内空間3に伝播する。これにより、かご室内空間3における光のブルーライトの割合は、光源4が発する光のブルーライトの割合より低くなる。

0025

なお、押さえ板11は、例えば吸光部材10の四辺を押さえる枠または板であってもよい。このとき、押さえ板11は不透明な材料で形成されていてもよい。また、調光装置9は、押さえ板11を備えなくてもよい。吸光部材10は、例えば接着、ネジ止め、またはリベット止めなどによって照明板6に直接的に取り付けられてもよい。

0026

また、LED素子8の蛍光体は、例えば赤色および緑色などの複数の色の蛍光体であってもよい。LED素子8は、LEDチップの表面に蛍光体を塗布したものであってもよい。LED素子8は、例えば赤色、緑色、および青色などの複数の色のLEDチップによって形成されていてもよい。

0027

次に、図3を用いて、調光装置9の他の例を説明する。
図3は、実施の形態1の変形例に係る照明装置の垂直断面図である。

0028

照明装置2は、光源4と、照明板6と、を備える。

0029

調光装置9は、吸光部材10を備える。

0030

吸光部材10は、例えば下方から光源4を覆う。この例において、吸光部材10は、例えば樹脂により形成されるカバー5である。吸光部材10は、例えば照明装置2のカバー5に代えて設けられる。

0031

続いて、この例における調光装置9の機能を説明する。

0032

光源4から発せられた光は、発光面7からかご室内空間3に至るまで伝播する。光源4から発せられた光の光路12は、発光面7から、例えば吸光部材10、および照明板6の順に通過して、かご室内空間3に至る。

0033

吸光部材10は、透過率の波長依存性によって、透過させる光のうちのブルーライトの割合を低減させる。吸光部材10を透過した光は、かご室内空間3に伝播する。これにより、かご室内空間3における光のブルーライトの割合は、光源4が発する光のブルーライトの割合より低くなる。

0034

なお、吸光部材10は、照明装置2の照明板6に代えて設けられる板状の部材であってもよい。

0035

以上に説明したように、実施の形態1に係る調光装置9は、吸光部材10を備える。吸光部材10は、エレベーターのかご1の照明装置2の光源4の発光面7からかご室内空間3に至るまでの光路12に固定されて配置される。かご室内空間3は、かご1の内側で照明装置2より下方の空間である。光源4から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長の光に対する吸光部材10の透過率は、光源4から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長より長い波長の可視光に対する吸光部材10の透過率より低い。

0036

光源4から発せられた光は、吸光部材10を通過してかご室内空間3に至る。吸光部材10は、透過率の波長依存性によって、透過させる光のうちのブルーライトの割合を低減させる。このため、かご室内空間3におけるブルーライトの割合は、光源4が発する光のブルーライトの割合より低くなる。これにより、利用者は、ブルーライトを低減させる器具を個別に用意する必要がなくなる。また、かご室内空間3における紫外線の割合も低減される。このため、調光装置9は、紫外線によって誘引される虫のかご室内空間3への侵入を抑制できる。

0037

また、光源4がLED光源である場合に、LED光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長の光に対する吸光部材10の透過率は、LED光源から発せられる光のうちブルーライトの範囲の波長より長い波長の可視光に対する吸光部材10の透過率より低い。

0038

一般に照明用のLED光源は、可視光のうちの短波長領域の光を発するLED素子を必要とする。可視光のうちの短波長領域は、ブルーライトの波長の範囲に重なる。このため、照明用のLED光源から発せられる光は、ブルーライトの成分を多く含む。また、蛍光体の蛍光によって擬似白色光を発するLED光源は、蛍光体を励起する短波長の光を発するLED素子の他に異なる波長の光を発するLED素子を備えない場合がある。当該LED光源において、LED素子の発光の制御によってLED光源のスペクトルの制御をすることは困難である。このようなLED光源を備える照明装置2についても、調光装置9は、かご室内空間3におけるブルーライトの割合を効果的に低減させる。

0039

また、調光装置9は、取付け部を備える。取付け部は、吸光部材10を照明装置2に取り付ける。

0040

これによって、吸光部材10は、より確実に照明装置2に取り付けられる。また、吸光部材10は、取付け部によって容易に照明装置2に取り付けられる。これにより、調光装置9は、既設の照明装置2に対しても容易に適用される。

0041

実施の形態2.
実施の形態2では、実施の形態1で開示された例と相違する点について詳しく説明する。実施の形態2で説明しない特徴については、実施の形態1で開示された例のいずれの特徴が採用されてもよい。

0042

図4は、実施の形態2に係る照明装置2の垂直断面図である。

0043

この例において、照明装置2は、間接照明の装置である。照明装置2は、支持部13と、光源4と、を備える。

0044

支持部13は、かご1の天井に設けられる。この例において、支持部13は、支持板14を備える。支持板14は、かご1の天井から吊り下げられる板状部材である。支持板14の形状は、例えば矩形状である。支持板14の下面は、かご室内空間3に向く。支持板14は、不透明な材料により形成される。

0045

光源4は、支持部13に支持される。光源4は、支持板14の上面に設けられる。この例において、光源4は、LED光源である。LED光源は、複数のLED素子8を備える。発光面7は、複数のLED素子8の各々の表面である。発光面7は、上方に向けられる。

0046

調光装置9は、例えば4枚の吸光部材10を備える。吸光部材10は、例えば樹脂からなる板状部材である。吸光部材10の形状は、例えば台形状である。吸光部材10の下端は、支持板14の一辺に沿って設けられる。吸光部材10は、支持板14の内側に向かって傾けられる。吸光部材10の上端は、天井に固定される。調光装置9は、4枚の吸光部材10によって四方から光源4を囲う

0047

続いて、この例における調光装置9の機能を説明する。

0048

光源4から発せられた光は、発光面7から天井によって反射された後に、かご室内空間3に至るまで伝播する。光源4から発せられた光の光路12は、発光面7から吸光部材10を通過して、かご室内空間3に至る。

0049

吸光部材10は、透過率の波長依存性によって、透過させる光のうちのブルーライトの割合を低減させる。吸光部材10を透過した光は、かご室内空間3に伝播する。これにより、かご室内空間3における光のブルーライトの割合は、光源4が発する光のブルーライトの割合より低くなる。

0050

次に、図5を用いて、調光装置9の他の例を説明する。
図5は、実施の形態2の変形例に係る照明装置の垂直断面図である。

0051

この例において、かご1の側面は、例えば鉄などの強磁性体を含む材料で形成される。

0052

この例において、照明装置2は、間接照明の装置である。照明装置2は、支持部13と、光源4と、を備える。

0053

支持部13は、かご1の壁面の上部に設けられる。支持部13は、かご1の四方の側面に設けられる。支持部13の下面は、かご室内空間3に向く。支持部13は、かご1の水平方向の内側に遮光板15を備える。遮光板15は、支持部13の下面から上方に向かって立ち上がる板状部材である。遮光板15は、例えば鉄などの強磁性体を含む材料で形成される。

0054

光源4は、支持部13に支持される。光源4は、遮光板15よりかご1の水平方向の外側に設けられる。この例において、光源4は、管状のLED光源である。LED光源は、例えば可視光を透過させる管の内部に複数のLED素子8を備える。発光面7は、可視光を透過させる管の側面である。

0055

調光装置9は、吸光部材10と、磁石16と、を備える。

0056

吸光部材10は、例えば樹脂からなる板状部材である。吸光部材10は、かご1の側面から支持部13の遮光板15にわたって設けられる。吸光部材10は、光源4を上方から覆う。

0057

磁石16は、吸光部材10の端部に設けられる。磁石16は、磁力によってかご1の側面および支持部13の遮光板15に吸着する。磁石16は、取付け部の例である。

0058

続いて、この例における調光装置9の機能を説明する。

0059

遮光板15は、光源4が発する直接光をかご室内空間3から遮蔽する。光源4から発せられた光は、発光面7から天井または遮光板15などによって反射された後に、かご室内空間3に至るまで伝播する。光源4から発せられた光の光路12は、発光面7から吸光部材10を通過して、かご室内空間3に至る。

0060

吸光部材10は、透過率の波長依存性によって、透過させる光のうちのブルーライトの割合を低減させる。吸光部材10を透過した光は、かご室内空間3に伝播する。これにより、かご室内空間3における光のブルーライトの割合は、光源4が発する光のブルーライトの割合より低くなる。

0061

以上に説明したように、実施の形態2に係る調光装置9の取付け部は、磁力により吸光部材10を照明装置2に取り付ける。

0062

これにより、調光装置9の照明装置2への適用は、より容易になる。

0063

実施の形態3.
実施の形態3では、実施の形態1または実施の形態2で開示された例と相違する点について詳しく説明する。実施の形態3で説明しない特徴については、実施の形態1または実施の形態2で開示された例のいずれの特徴が採用されてもよい。

0064

図6は、実施の形態3に係る照明装置2の垂直断面図である。

0065

この例において、照明装置2は、間接照明の装置である。照明装置2は、支持部13と、光源4と、を備える。

0066

支持部13は、かご1の壁面の上部に設けられる。支持部13は、かご1の四方の側面に設けられる。支持部13の下面は、かご室内空間3に向く。支持部13は、かご1の水平方向の内側に遮光板15を備える。遮光板15は、支持部13の下面から上方に向かって立ち上がる板状部材である。

0067

光源4は、支持部13に支持される。光源4は、遮光板15よりかご1の水平方向の外側に設けられる。この例において、光源4は、管状のLED光源である。LED光源は、例えば可視光を透過させる管の内部に複数のLED素子8を備える。発光面7は、可視光を透過させる管の側面である。

0068

調光装置9は、吸光部材10を備える。

0069

吸光部材10は、例えば樹脂からなる熱収縮フィルムである。吸光部材10は、光源4の発光面7に密着して設けられる。吸光部材10は、例えば光源4に被せられた後に、加熱によって収縮することで光源4に密着させられる。

0070

続いて、この例における調光装置9の機能を説明する。

0071

遮光板15は、光源4が発する直接光をかご室内空間3から遮蔽する。光源4から発せられた光は、発光面7から天井または遮光板15などによって反射された後に、かご室内空間3に至るまで伝播する。光源4から発せられた光の光路12は、発光面7から吸光部材10を通過して、かご室内空間3に至る。

0072

吸光部材10は、透過率の波長依存性によって、透過させる光のうちのブルーライトの割合を低減させる。吸光部材10を透過した光は、かご室内空間3に伝播する。これにより、かご室内空間3における光のブルーライトの割合は、光源4が発する光のブルーライトの割合より低くなる。

0073

以上に説明したように、実施の形態3に係る調光装置9の吸光部材10は、発光面7に密着する。

0074

これにより、調光装置9は、吸光部材10を支持する部材を別途必要としない。このため、調光装置9がコンパクトになる。これにより、かご1の重量の増加が抑えられる。また、ブルーライトのかご室内空間3への漏れが低減される。特に光源4がLED光源である場合に、光源4の発光面7からの発熱量は小さい。このため、発光面7への密着による吸光部材10の劣化は起こりにくくなる。

0075

また、吸光部材10は、熱収縮フィルムにより形成される。

0076

これにより、吸光部材10の発光面7への装着が容易になる。特に、既存の照明装置2への調光装置9の適用が容易になる。

0077

1かご、 2照明装置、 3かご室内空間、 4光源、 5カバー、 6照明板、 7発光面、 8LED素子、 9調光装置、 10吸光部材、 11押さえ板、 12光路、 13 支持部、 14 支持板、 15遮光板、 16 磁石

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ