図面 (/)

技術 液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチ。

出願人 中村力
発明者 中村力
出願日 2019年2月18日 (2年0ヶ月経過) 出願番号 2019-026279
公開日 2020年8月31日 (5ヶ月経過) 公開番号 2020-132192
状態 未査定
技術分野 包装体
主要キーワード 補助具付 設備変更 資材メーカー 軟質素材 内部液体 原料紙 植物由来プラスチック 隔壁シール
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年8月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

液体洗剤等の詰め替えパウチ店頭及び詰め替え時に自立性を保つ目的と、環境配慮の目的より詰め替え時のボトル上での転倒防止を防止する機能の有る厚紙又は石灰石原料紙成形品等で構成された安定板機構補助具ラミネートフィルムからなるパウチとの組み合わせ一体品化と成す事で、消費者に安全で容易に詰め替え作業が行える、補助具付きの詰め替えパウチを考案。緊急課題である環境配慮と共に、詰め替えパウチのトータルコストの軽減と消費者の手間と共に含めた生産性との確保されたパッケージ形態を提供する。

解決手段

フィルムパウチ1と補助具2を備え、補助具は、フィルムパウチの側面を支える側部と底部5を有し、底部には中央にパウチの抽出口6を通すための穴もしくはカット部で取り除かれた開口部3を備えた液体用補助具付き詰め替えパウチとすること。

概要

背景

今日、化粧品トイレタリー台所回りで使用される洗剤等々の液体製品市場に措いてこの20数年来、詰め替え用のラミネートフィルムからなるスタンディングパウチ(以下詰め替えパウチと云う)が容器として拡大し主流となり、最近のデーターでは国内消費が年間20億袋の量に達してきている。それらは詰め替えの対象と成るボトル形状の容器に注ぎ入れる物で、そのパウチの簡便な詰め替え作業に向けて、注ぎ口の形状に包材メーカーや、洗剤メーカー等より色々の工夫が成され、権利申請がなされている。現行の詰め替えパウチは、ラミネート基材からなる底ガゼット方式のパウチが多くの洗剤メーカーで採用され、それらの詰め替えパウチ本体上部フィルムシール部のカット形状を特殊に加工して注ぎ口とした物が多い。これらは消費者が詰め替え作業時に対象ボトル口部に差し込み、パウチ胴部と容器とを手で支えながら液状商品を注ぎ込む形状と成って居るが、作業中に転倒するとか、内部液体粘性が高い場合には最後まで注ぎ込むのに手を添えている時間等多くの労力を要するのが現状で、昨今消費者の老齢化も進む中、より簡便に詰め替え作業が可能な容器への要求がある。また、近年海洋汚染問題より、世界的な潮流プラスチック素材使用量をなるべく控え省資源化包装形態への対応も求められている。

概要

液体洗剤等の詰め替え用パウチで店頭及び詰め替え時に自立性を保つ目的と、環境配慮の目的より詰め替え時のボトル上での転倒防止を防止する機能の有る厚紙又は石灰石原料紙成形品等で構成された安定板機構補助具とラミネートフィルムからなるパウチとの組み合わせ一体品化と成す事で、消費者に安全で容易に詰め替え作業が行える、補助具付きの詰め替えパウチを考案。緊急課題である環境配慮と共に、詰め替えパウチのトータルコストの軽減と消費者の手間と共に含めた生産性との確保されたパッケージ形態を提供する。フィルムパウチ1と補助具2を備え、補助具は、フィルムパウチの側面を支える側部と底部5を有し、底部には中央にパウチの抽出口6を通すための穴もしくはカット部で取り除かれた開口部3を備えた液体用補助具付き詰め替えパウチとすること。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

フィルムパウチ補助具を備え、補助具は、フィルムパウチの側面を支える側部と底部を有し、底部には中央にパウチの抽出口を通すための穴もしくはカット部で取り除かれた開口部を備えた事を特徴とする液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチ。

請求項2

前記補助具は、厚紙又は石灰石原料紙又は植物由来プラスチック素材成形品なることを特徴とする請求項1記載の液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチ。

請求項3

前記補助具付き詰め替えパウチはスパウト及び内容液抽出口と補助具の開口部が其々の前後左右の中心部に備わって居る事を特徴とする請求項1又は2からなる液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチ。

請求項4

補助具底部はフィルムパウチ底部より剛性を有し、フィルムパウチと補助具の互いが一部又は全面が張り合わせ又は穴部固定化したことを特徴とする請求項1から4のいずれか1項に記載の液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチ。

請求項5

請求項1から4のいずれか一項からなる液体洗剤詰め替え用パウチにおいてスパウト具を使用することなく、詰め替え用フィルムパウチの下部に押し圧で開封される隔壁シール部を備えた凸形状の詰め口と成る開口部が加工され、補助具に収納された詰め替え用パウチ。

技術分野

0001

本発明は、液状洗剤製品詰め替えパウチにおいて、主材エコロジー素材からなる補助具活用し、消費者に簡便な詰め替え作業時を可能となす形態の液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチの提供に有る。

背景技術

0002

今日、化粧品トイレタリー台所回りで使用される洗剤等々の液体製品市場に措いてこの20数年来、詰め替え用のラミネートフィルムからなるスタンディングパウチ(以下詰め替えパウチと云う)が容器として拡大し主流となり、最近のデーターでは国内消費が年間20億袋の量に達してきている。それらは詰め替えの対象と成るボトル形状の容器に注ぎ入れる物で、そのパウチの簡便な詰め替え作業に向けて、注ぎ口の形状に包材メーカーや、洗剤メーカー等より色々の工夫が成され、権利申請がなされている。現行の詰め替えパウチは、ラミネート基材からなる底ガゼット方式のパウチが多くの洗剤メーカーで採用され、それらの詰め替えパウチ本体上部フィルムシール部のカット形状を特殊に加工して注ぎ口とした物が多い。これらは消費者が詰め替え作業時に対象ボトル口部に差し込み、パウチ胴部と容器とを手で支えながら液状商品を注ぎ込む形状と成って居るが、作業中に転倒するとか、内部液体粘性が高い場合には最後まで注ぎ込むのに手を添えている時間等多くの労力を要するのが現状で、昨今消費者の老齢化も進む中、より簡便に詰め替え作業が可能な容器への要求がある。また、近年海洋汚染問題より、世界的な潮流プラスチック素材使用量をなるべく控え省資源化包装形態への対応も求められている。

先行技術

0003

特開2016−003056
特願2018−024440
特願2017−178325

発明が解決しようとする課題

0004

従来液体洗剤用詰め替えパウチに使用する包装資材は内容物を店頭で立たせて陳列する目的より、プラスチック素材を多層ラミネートした厚肉のフィルムを使用して居るが、時代の要求であり包装資材として目標としなければ行けない環境面への配慮より、最近の液体洗剤用パウチも、環境面を配慮した3R の意識から、年々薄肉化が進み、使い勝手と商品保持性の機能面から、各種プラスチック材料も組み合わせ等にも、自立性とREDUCTION(軽量化)の両立を考慮した開発がなされている。また、廃棄性の問題から、バリア層アルミ箔を用いたラミネート仕様も、蒸着手法材を使用したタイプへの置き換えが進んでいる。一方で注ぎ性と易使用性による差別化は不可欠で、その為に各メーカーでは色々なパウチ形状の検討や、注ぎ口の形態等で利便性を向上した包装形態の研究開発を進めながらプラスチック素材を成るべく減容化した仕様で且つ、消費者の老齢化に向けて簡便で使い勝手の良い製品化への対応を目指している。例えば特開2016−003056号公報での開示方法は「備え付けられたノズル部と開蓋部とフランジ部を有するスパウトを用いてパウチ本体とシールする方法で内容物を抽出する」と有り、フランジ部の形状、大きさを請求項で指定しているが、これは詰め替え時に詰め替え対象ボトル倒立させる際にパウチを平衡化させ安定させるためにこの必要性が生じている
本発明が解決しようとする課題は、環境に配慮した素材を使う事と、生産者である洗剤充填メーカー側生産設備の大幅な変更の伴わない包装形態で、従来の詰め替え用パウチの様に、詰め替え作業時にボトル口部にパウチの詰め替え口を差し込み、詰め替え対象ボトル上で倒れない様に長時間最後まで手でパウチ本体も支えて居なければならない等々の解消に向けた目的の、厚紙又は石灰石原料紙又はプラスチック基材からなることを特徴とする治具(以下補助具と云う)の開発も課題としている。

課題を解決するための手段

0005

(1)フィルムパウチと補助具を備え、補助具は、フィルムパウチの側面を支える側部と底部を有し、底部には中央にパウチの抽出口を通すための穴もしくはカット部で取り除かれた開口部と備えた事を特徴とする液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチを手段とする。
(2)前記補助具は、厚紙又は石灰石原料紙又はプラスチック素材の成形品なることを特徴とする液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチを手段とする。
(3)前記フィルムパウチはスパウト及び内容液抽出口と補助具の開口部が、其々の底部前後左右の中心部に備わる事を特徴とする液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチを手段とする。
(4)補助具底部はフィルムパウチ底部より剛性を有し、フィルムパウチと補助具の互いが一部又は全面で張り合わせ又は穴部固定化したことを特徴とする液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチ。
(5)液体洗剤詰め替え用パウチにおいてスパウト具を使用することなく、詰め替え用フィルムパウチの下部に押し圧で開封される隔壁シール部を備えた凸形状の詰め口と成るフィルム抽出口が加工された補助具に収納された詰め替え用パウチを手段とする。
詰め替えパウチは多層フィルムでパウチが出来ているが軟質が無く店頭や、詰め替え時等の両場面に求められる容器として必要な自立性に欠ける欠点がある。特に詰め替えボトル上での安定性に欠ける。本発明の液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチは環境面を考慮した厚紙又は石灰石原料紙基材又はプラスチック素材からなる補助具の持つ剛性を活用しプラスチックパウチと組み合わせて使用する事を手段とする。

発明の効果

0006

本発明液体洗剤用補助具付き詰め替えパウチは、液体洗剤が入るフィルムパウチ部分は必要最小限度肉厚仕様で、低密度ポリエチレン(LLDPE)を最内層として、中間層にナイロン(O-NY)又はポリエチレンテレフタレート(PET)にアルミシリカ素材蒸着加工を施し、外層にナイロン(O-NY)又はポリエチレンテレフタレート(PET)をラミネートした物を使用する。上記仕様のラミネートフィルムにスパウトを取り付けた従来形態のガゼット方式のフィルムパウチを多くの生産者が使用している。この様にして出来たフィルムパウチは軟質で有る事より内溶液を充填後、保形性に乏しく、詰め替え時にボトル上での安定性させる事が困難であるが、補助具を組み合わせる事で自立性の高い本発明の補助具付きパウチと成す構造とすることにより相互の機能と長所を活用する効果を作り出せる。本発明の場合はフィルムパウチ部に接合した特に大きなフランジ部を必要としないで、安価な一般的な注ぎ口を使用し、詰め替え時に詰め替え対象ボトル上で補助具の持つ剛性とを組み合わせた形状で、ボトル上での平衡化を確保する手段としている点が先願の他の諸案と異なる部分である。
消費者は製品を購入後にパウチのスパウト部を開栓し補助具毎、詰め替え対象ボトル上に乗せ込む。詰め替え対象ボトル口径より狭くもしくは口径同様サイズに設計された補助具開口部とその基材の持つ剛性がボトル上で載せた本発明詰め替えパウチが平衡を保ち安全に詰め替えが行われる仕様と成り、底部の周囲の内容液開口部の平板機能の部分の相乗効果で、消費者の手放し詰め替えを可能とさせる利便性を実現する案とした。また、従来品のフィルムパウチ用基材の場合、フィルムにグラビア印刷法表示印刷を行い、それをラミネート加工にする為に工程も多く、必要数量確保に多くのメーター数を必要とするが、本発明の場合フィルムパウチ部は薄肉の無地品でも良く、その場合必要加飾表示は補助具の基材でも行うが紙仕様基材の場合は少量でも可能な印刷技法が多く有り、それらの点も本発明の特徴と成って居る。

図面の簡単な説明

0007

本発明の洗剤詰め替えパウチ、乗せ形補助具タイプの構成、実施例1の詳細図と組み立て図(1-1)完成図(1-2) 補助具 (1-3)フィルムパウチ(1-4) フィルムパウチの補助具への装填(1-5) 詰め替え時図
本発明の洗剤詰め替えパウチ、乗せ形補助具タイプの構成、実施例2の詳細図と組み立て図 (2-1) 完成図(2-2) フィルムパウチ (2-3)成形品図 (2-4) 成形品断面図(2-5) 詰め替え時図
本発明の洗剤詰め替えパウチ、箱型補助具タイプ実施例1の構成、実施例と詳細図と組み立て図(3-1) 完成図(3-2) 箱型補助具、平板部1層案斜視図(3-3) 平板部2層案(3-4) 詰め替え時図
本発明の洗剤詰め替えパウチ、箱型補助具タイプ実施例2の構成、実施例と詳細図と組み立て図(4-1)サイドシールパウチ内蔵完成図(4-2) サイドシールパウチ図 (4-3)箱形補助具斜視図(4-4) 詰め替え時図

実施例

0008

本発明はフィルムパウチと補助具の形態と機能を組合せからなる構成で有り、以下それらを実施例で説明致し
ます。洗剤詰め替えパウチの構成、乗せ形補助具タイプ実施例1、2の詳細図とその組み立て図を図1,2に
示す。洗剤詰め替えパウチの構成箱型補助具タイプ実施例1、2の詳細図とその組み立て図を図3,4に示す。
下図面によって構成要素、機能等を含め以下説明致します。(以下図面上の同一番号は又は符号は同一内容同一仕様を表して居る)

0009

図1は本発明の洗剤詰め替えパウチ、乗せ形補助具タイプの構成、実施例1の詳細図と組み立て図である。
(1-1)は実施例1の完成図で底にスパウト6を有するフィルムパウチ1を、紙仕様からなる補助具2の底平板部5に乗せ込み、底部又は上部に加工された接着材Gもしくは上部の穴を使い互いを縛る等で合体させた状態の物を活用する乗せ形補助具タイプの洗剤詰め替えパウチ図である。
(1-2)は実施例1の補助具で加飾表示印刷加工された補助具2に、下部中央に切り込まれた開口部3と、底折り曲げ支持部4と、底平板部5からなる形態で加工された形状品を表している。開口部3はミシン目加工で消費者が使用時に開口させる形態でも良い。
(1-3)は実施例1のフィルムパウチで、内容液が充填シールされたフィルムパウチ1でパウチ側面に接着材Gが有り底にはスパウト6がフィルムパウチと接合一体化されている。
(1-4)は実施例1の補助具2の底平板部5の開口部3にフィルムパウチ1のスパウト6を入れ込んだ状態で、接着材Gで双方を一体化させた形態を表して居る。
(1-5)は実施例1の詰め替え時図で本発明品の補助具2とフィルムパウチ1が接着材Gで一体化され底平板部5で詰め替え対象ボトル9の口部にスパウト6が挿入され安定した状態で詰め替えが行われる状況を表して居る。

0010

図2は本発明の洗剤詰め替えパウチ、乗せ形補助具タイプの構成、実施例2の詳細図と組み立て図である。
(2-1)は完成図で乗せ形補助具タイプの実施例の2示す。フィルムパウチ1は成形品Mの底部には底平板部5と底部中心箇所に開口部3が設けられている。
(2-2)は実施例2のフィルムパウチ断面図で底部にスパウト6がシールされたフィルムパウチ1である。
(2-3)は実施例2の成型品図で補助具と成る成形品Mには開口部3と底平板部5が加工されている。
(2-4)は実施例2の成形品断面図で成形品Mの底平板部5の前後左右の中心に開口部3が加工されている。
(2-5)は実施例2の詰め替え時図でフィルムパウチ1が成形品Mとセットされ底平板部5によってスパウト6が詰め替え対象ボトル9の口部に挿入さ詰め替え作業状態を表して居る。

0011

図3は本発明の洗剤詰め替えパウチ、箱型補助具タイプ実施例1の構成、実施例と詳細図と組み立て図である。
(3-1)は、箱型補助具タイプ実施例1の完成図で箱型補助具2-1には上部にミシン目開口部7が詰め替え対象ボトル口径より狭い幅でミシン目加工され、対象ボトル口径上で橋渡しされる形状で平衡を保つ役目をする平板部8が有り、内部にサイドシールパウチ1-1が内蔵されている状態を表して居る。
(3−2)は箱型補助具、平板部1層案斜視図で、箱型補助具2-1にはミシン目開口部7が加工された平板部8が設けられている。
(3−3)は平板部2層案で箱形補助用基材2-2は上部に有る平板部8とは別の一層には開口部3が設けられて内部折れて入った形態で表面の平板部8にはミシン目開口部7が加工されている物を表して居る。
(3−4)は箱型補助具タイプ実施例1の詰め替え時図で箱型補助具2-1の、平板部8のミシン目開口部を開けて、内蔵されたサイドシールパウチ1-1のスパウトが詰め替え対象ボトルの口部に挿入された詰め替え作業の状態を表して居る。

0012

図4は本発明の洗剤詰め替えパウチ、箱型補助具タイプ実施例2の構成、実施例と詳細図と組み立て図である。
(4−1)は箱型補助具タイプ実施例2の完成図で補助具と成る箱型補助具2−2内にサイドシールパウチ1−2が内蔵され、接着剤Gとミシン目開口部7と平板部8で構成されている。
(4−2)は、箱型補助具タイプ実施例2のフィルムパウチ図で底シールパウチ1-2の底部に熱シール加工で取り除かれた凸形状のフィルム抽出口10が有り、凸形状部には、内面に隔壁シール印刷部12とその下部に切込みノッチ部11を有し外面に接着剤Gが加工されている。
(4−3)は、箱型補助具タイプ実施例2の箱形補助具斜視図で箱型補助具2−2にはミシン目開口部7と
平板部8が加工されミシン目開口部7を開けると接着剤Gで接着されたフィルム抽出口10が付いて出て
くる構造と成って居る。
(4−4)は、本発明箱型補助具タイプ実施例2の詰め替え時図で箱形補助具2-2内に、内容液が充填されたフィルムパウチ1-2が平板部8で支えられてフィルム抽出口10が詰め替え対象ボトル9口径内に入って上に乗った状態を表して居る。消費者が箱形補助具2-2の胴部を押すと隔壁シール印刷部12内面が剥がれフィルムパウチ1-2内の液体洗剤がボトル内に流入し安定した状態の詰め替えが行われる状態を表して居る。

0013

本発明の特徴は、広く活用されている詰め替え用パウチにおいてプラスチック素材を減容した形態を作り出すと共に、資材メーカー、洗剤メーカー共各関係者手持ち機械に大きな設備変更ない、底ガゼット形状のフィルムパウチ材を使用した方法で、軟質素材で有るフィルムパウチの弱点を、硬質の基材からなり、加飾等の機能も備えた補助具を用いて補強し、消費者の詰め替え時の課題と成る手間無し化と安定化を担保し、コンパクトさと使い易さ、コストダウン、省資源省エネに結び付く発明である点が産業上の利用可能性と云える。

0014

1フィルムパウチ
G接着材
M成形品
2補助具
3 開口部
4 底折り曲げ支持部
5 底平板部
6スパウト
7ミシン目開口部
8 平板部
9詰め替え対象ボトル
10 フィルム抽出口
11 切込みノッチ部
12隔壁シール印刷部
1- 1サイドシールパウチ
1-2底シールパウチ
2- 1箱形補助具
2−2 2重箱形補助具

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ