図面 (/)

技術 ボディタオル

出願人 株式会社エム・エイチ・シー
発明者 田中誠治
出願日 2019年4月15日 (1年7ヶ月経過) 出願番号 2019-076966
公開日 2020年8月31日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-130997
状態 未査定
技術分野 トイレットペーパー・同用具 マッサージ装置
主要キーワード 径寸法範囲 縁止め セラミック製ボール 放射線ホルミシス効果 中央領 差入れ スーパーボール 合成樹脂繊維製
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年8月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

小さな力でも十分なマッサージ効果が得られると共に、衛生的なボディタオルを提供する。

解決手段

タオル本体1のタオル中央領域Eに、マッサージ用ボール材8を収容した複数の収容室15を、縫製にて形成した。各収容室15内のボール材8は、3種のセラミックボール3、及び、ボール5から構成される。

概要

背景

従来、ボディタオルタオル中央領域を幅広に形成して、タオル中央領域に結び目によるコブを形成できるようにしたものが公知である(例えば、特許文献1参照)。そして、結び目で形成したコブを利用して背中を洗うと共にマッサージ感を得ていた。

概要

小さな力でも十分なマッサージ効果が得られると共に、衛生的なボディタオルを提供する。タオル本体1のタオル中央領域Eに、マッサージ用ボール材8を収容した複数の収容室15を、縫製にて形成した。各収容室15内のボール材8は、3種のセラミックボール3、及び、ボール5から構成される。

目的

本発明は、小さな力でも十分なマッサージ効果が得られると共に、衛生的なボディタオルの提供を目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

タオル本体(1)の長手方向の中央領域(E)に、マッサージ用ボール材(8)を収容した複数の収容室(15)を、縫製にて形成したことを特徴とするボディタオル

請求項2

タオル本体(1)を長手方向の2本の折り目線(26)(26)にて折畳んで3つ折り形状(30)とすると共に、幅方向複数本縫製線(29)によって、タオル本体(1)の長手方向の中央領域(E)に複数の収容室(15)を列設し、該収容室(15)にはマッサージ用ボール材(8)が収容されていることを特徴とするボディタオル。

請求項3

複数の上記収容室(15)の内の一個乃至複数個には、上記ボール材(8)としてボール(5)が収容されている請求項1又は2記載のボディタオル。

請求項4

複数の上記収容室(15)の内の一個乃至複数個には、活性石セラミックボール銀イオンセラミックボールとEMセラミックボールとラドンセラミックボールとゲルマニウムセラミックボールの内から選択された3種類以上のセラミックボール(3)が、上記ボール材(8)として、収容されている請求項1,2又は3記載のボディタオル。

請求項5

複数の上記収容室(15)の内の一個乃至複数個には、上記ボール材(8)として、高反発弾性ゴムボール(2)が収容されている請求項1,2,3又は4記載のボディタオル。

技術分野

0001

本発明は、ボディタオルに関する。

背景技術

0002

従来、ボディタオルのタオル中央領域を幅広に形成して、タオル中央領域に結び目によるコブを形成できるようにしたものが公知である(例えば、特許文献1参照)。そして、結び目で形成したコブを利用して背中を洗うと共にマッサージ感を得ていた。

先行技術

0003

登録実用新案第3133411号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、タオル中央領域に結び目によるコブを形成したボディタオルは、結び目が柔らか過ぎるため、強い力で押し付けないと、十分なマッサージ効果を得ることができないという問題があった。
また、使用後に、結び目によるコブの水切りや泡切りを入念に行わないと雑菌が直ぐに繁殖して不衛生といった問題があった。

0005

そこで、本発明は、小さな力でも十分なマッサージ効果が得られると共に、衛生的なボディタオルの提供を目的とする。さらに、ストレッチ用としても活用できるタオルの提供を、他の目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明のボディタオルは、タオル本体の長手方向の中央領域に、マッサージ用ボール材を収容した複数の収容室を、縫製にて形成したものである。
また、タオル本体を長手方向の2本の折り目線にて折畳んで3つ折り形状とすると共に、幅方向複数本縫製線によって、タオル本体の長手方向の中央領域に複数の収容室を列設し、該収容室にはマッサージ用ボール材が収容されている。
また、複数の上記収容室の内の一個乃至複数個には、上記ボール材としてボールが収容されている。
また、複数の上記収容室の内の一個乃至複数個には、活性石セラミックボール銀イオンセラミックボールとEMセラミックボールとラドンセラミックボールとゲルマニウムセラミックボールの内から選択された3種類以上のセラミックボールが、上記ボール材として、収容されている。
また、複数の上記収容室の内の一個乃至複数個には、上記ボール材として、高反発弾性ゴムボールが収容されている。

発明の効果

0007

本発明によれば、タオル本体を強い力で、身体に押し付けなくとも、小さな力で十分に身体のコリ心地良くほぐすことができ、十分なマッサージ効果を得ることができる。湯(水)切れ泡切れが良く使用後の清潔さを保つことができ衛生的である。また、天然檜木によるリラックス効果,精神安定効果安眠効果等も得ることができる。

図面の簡単な説明

0008

本発明の実施の一形態を示す要部斜視図である。
実施の一形態を示す要部縦断面図である。
ボール収納袋の一例を示す平面図である。
他の実施形態を示す要部縦断面図である。
別の実施形態を示す要部縦断面図である。
製造工程の一例を示す平面図である。
さらに別の実施形態を示し、タオル本体の3つ折り形状を説明する簡略図であって、(A)(B)(C)は平面簡略図、(A′)(B′)(C′)は横断面簡略図である。
マッサージ用ボール材を収容した状態を説明した図であって、(A)は要部平面図、(B)は(A)のb−b−断面図である。

実施例

0009

以下、図示の実施形態に基づき本発明を詳説する。
本発明に係るボディタオルは、主として、身体を洗うための浴用であって、図1図2に示すように、ナイロンポリエステル等の合成樹脂繊維製、又は、コットンシルク製の帯状のタオル本体1を備えている。なお、ストレッチ用タオルとしても利用できるものである。

0010

タオル本体1の長手方向の中央領域Eに、マッサージ用ボール材8を収容した複数の収容室15が、縫製にて区分けされて形成されている。収容室15を(例えば)6つ設けている。
なお、図1図2図4図5図6及び図8に於て、収容室15を形成するための縫着部(縫製部)19を、一点鎖線で図示している。

0011

図1図2に示すように、各収容室15には、複数(個)のボール材8を収容している。
各収容室15内の複数のボール材8は、高反発弾性ゴムボール2と、3種類以上のセラミックボール3を、少なくとも有する。

0012

3種類のセラミックボール3とは、活性石セラミックボールと銀イオンセラミックボールとEMセラミックボールとラドンセラミックボールとゲルマニウムセラミックボールの内から選択された3種類のセラミックボール3である。また、種類毎のセラミックボール3の数は自由である。

0013

例えば、収容室15に、高反発弾性ゴムボール2を1つ、選択されたセラミックボール3を5つ、合計6つのボール材8を収容する。
例えば、5つのセラミックボール3は、1つの活性石セラミックボール、1つの銀イオンセラミックボール、3つのEMセラミックボールである。
或いは、5つのセラミックボール3は、1つの活性石セラミックボール、1つの銀イオンセラミックボール、1つのEMセラミックボール、1つのラドンセラミックボール、1つのゲルマニウムセラミックボールとするも良い。

0014

各収容室15は、(糸によって縫製された)縫着部19によって包囲され、内部に収容された複数のボール材8が、隣り合う別の収容室15へ移動(相互移動)しないように構成している。従って、中央領域Eにおいて、高反発弾性ゴムボール2及びセラミックボール3が所定位置に配設される。言い換えると、中央領域Eにおいて、高反発弾性ゴムボール2及び複数種類のセラミックボール3、が略均一に配設される。タオル本体1の全体の長さ寸法をL1とすれば、前記中央領域Eの長さ寸法Leは、0.1・L1<Le<0.3・L1とするのが望ましい。

0015

また、収容室15の数は、2部屋以上10部屋以下、より好ましくは、4部屋以上8部屋以下とするのが望ましい。下限値未満であると、マッサージ効果が弱くなる虞れがあり、上限値を越えると、身体を洗う際に使い勝手が悪くなる虞れがある。

0016

高反発弾性ゴムボール2は、ブタジエン製(ポリブタジエンケイ酸などの添加物を加えた素材製)の高弾性のゴムボールであり、弾力が非常に大きいものである。例えば、反発係数が約0.8〜0.9程度のものである。より具体的には、商品名「スーパーボール」(登録商標)で市販されているものや「ビックリボール」や「bouncy ball」 と呼ばれるものである。但し、身体に全く無害材質選定する。
なお、高反発弾性ゴムボール2(以下、ゴムボール2と呼ぶ場合もある)は、外周面に小凸部や小凹部を有するものであっても良い。

0017

高反発弾性ゴムボール2により、小さな力でも身体のコリを心地良くほぐすことができ、十分なマッサージ効果を得ることができる。

0018

活性石セラミックボールは、活性石の粉末を含む(有する)球状の成形体焼結体)である。活性石は、二酸化硅素及びアルミナを主成分とし、二酸化チタン等様々な種類の金属酸化物を微量成分として含んでいる。活性石は、例えば、石英斑岩花崗岩麦飯岩、トルマリン電気石)、安山岩流紋岩泥岩砂岩等の天然岩石鉱物)を用いられる。これらの天然岩石(鉱物)は、遠赤外線放射性抗菌、消臭(脱臭)性、及び、微弱磁場形成能等を備え、この岩石の粉末又は粉末を含有する成型品で水や空気を処理して動物や植物に与えることにより、これら生物細胞活性化できるものとして注目されている。特に、天降石(大分県祖母山系で産出)と呼ばれる岩石は、上記の生物細胞の活性化機能に特に優れる点で好ましい。
活性石セラミックボールは、活性石(天然岩石)を粉砕して得られた粉末を水溶性セルロース粉末と混合し、次いで水を添加、混合し、得られた泥状物を球状(球体)に成形し、乾燥させた後、焼結したものが望ましい。

0019

活性石セラミックボール(活性石を有するセラミックのボール)は、タオル本体1を強い力で身体に押し付けなくても(小さな力でも)身体のコリを心地良くほぐすことができ、さらに、遠赤外線やマイナスイオンを発生(放出)して、水のクラスターを小さくしてまろやかにする(水質改善する)作用を発揮するものである。水がまろやかになることで、肌に良く、ボディソープ石鹸等の泡立ちが良くなる。また、イオン交換により空気をマイナスイオン化する。

0020

銀イオンセラミックボールは、石粉粘土等を球状に焼き固めた成形体(焼結体)に、銀(銀イオン)を保持させたものである。例えば、銀(酸化銀)を添加或いは塗布又は担持させたセラミックのボールや、銀(ヨウ化銀)を塗布やコーティングしたセラミックのボール、或いは、ゼオライト結晶性アルミノケイ酸塩)に銀イオンを担持させたものを用いたセラミックのボール等である。

0021

銀イオンセラミックボール(銀イオンを有するセラミックのボール)は、タオル本体1を強い力で身体に押し付けなくても(小さな力でも)身体のコリを心地良くほぐすことができ、さらに、銀イオンの溶出により殺菌(滅菌)・抗菌を成す作用と、銀イオンと水又は空気が関係する反応により殺菌・抗菌作用を成すイオンを発生させて殺菌・抗菌を成す作用との、両方又は一方の作用をもつものである。

0022

EMセラミックボールとは、EM又はEM菌と呼ばれる有用微生物群(Effective Microorganisms)を石粉や粘土等に混ぜて、焼き固めた球状の成形体(焼結体)である。つまり、セラミックボールに有用微生物群を保持させた(閉じ込めた)ものである。

0023

EMセラミックボール(EMを有するセラミックのボール)は、タオル本体1を強い力で身体に押し付けなくても(小さな力でも)身体のコリを心地良くほぐすことができ、さらに、消臭作用や水の浄化作用を発揮するものである。

0024

ラドンセラミックボールとは、ラジウムセラミックボールとも呼ばれ、ラジウム鉱石の粉末を焼き固めた球状の成形体(焼結体)、又は、ラジウムを、石粉や粘土等に混ぜて、焼き固めた球状の成形体、或いは、ラジウム(放射性元素)を添加或いは塗布又は担持させたセラミックのボールである。つまり、ラジウムをセラミックのボールに保持させ、ラドンガスを発生させる(低線量の放射線放射する)ものである。また、遠赤外線も発生する。

0025

ラドンセラミックボール(ラドンを発生させるセラミックのボール)は、タオル本体1を強い力で身体に押し付けなくても(小さな力でも)身体のコリを心地良くほぐすことができ、さらに、放射線ホルミシス効果が得られる。言い換えると、ラドン温泉玉川温泉や三温泉)のような効果が得られる。また、放射線による電離作用で水(湯)がまろやかになり、肌に良く、ボディソープや石鹸等の泡立ちが良くなる。

0026

ゲルマニウムセラミックボールとは、ゲルマニウムを、石粉や粘土等に混ぜて、焼き固めた球状の成形体、或いは、ゲルマニウムを添加或いは塗布又は担持させたセラミック製ボールである。つまり、ゲルマニウムをセラミックのボールに保持させたものである。微弱電流により、選択された他のセラミックボール3の作用効果を向上(増加)させる。

0027

ゴムボール2は、直径寸法が10mm以上40mm以下、好ましくは、直径寸法が20mm以上30mm以下とする。
活性石セラミックボールは、直径寸法が3mm以上15mm以下、好ましくは、8mm以上12mm以下とする。
銀イオンセラミックボールは、直径寸法が3mm以上15mm以下、好ましくは、直径寸法が8mm以上12mm以下とする。
EMセラミックボールは、直径寸法が1mm以上15mm以下、好ましくは、直径寸法が2mm以上5mm以下とする。
ラドンセラミックボールは、直径寸法が3mm以上15mm以下、好ましくは、直径寸法が6mm以上10mm以下とする。
ゲルマニウムセラミックボールは、直径寸法が3mm以上15mm以下、好ましくは、直径寸法が3mm以上10mm以下、より好ましくは、直径寸法が6mm以上10mm以下とする。

0028

そして、上述の各ボール材8の直径寸法範囲内で、ゴムボール2が、各セラミックボール3よりも、大きくなるように設定している。
例えば、高反発弾性ゴムボール2の直径寸法を約27mm、活性石セラミックボールの直径寸法を約10mm、銀イオンセラミックボールの直径寸法を約10mm、EMセラミックボールの直径寸法を約3mm、ラドンセラミックボールの直径寸法を約8mm、ゲルマニウムセラミックボールの直径寸法を約8mmとする。

0029

このように高反発弾性ゴムボール2が、各セラミックボール3よりも大きいため、確実に高反発弾性ゴムボール2が広い面積をもって身体に接触し(ゴルフボールに比べて柔らかいので)、痛み等の不快感がほとんど無く、快適なマッサージ感を得ることができる。また、セラミックボール3に比べて(弾性変形するため)快適なマッサージ効果を得ることができる。タオル本体1の両端部を把持し、タオル本体1を身体の首筋や肩や背中やへ小さな力で引き付けるだけで、十分なマッサージ力押圧力)を得ることができる。

0030

図2に於て、タオル本体1は、帯状の第1タオル地11と帯状の第2タオル地12とを重ね合わせて、周縁部を縫製や編み込み等の縁止めによって一体状とした2層構造である。
第1タオル地11と第2タオル地12の間に、複数のボール材8が配設されている。ここで、1つの収容室15に収容される複数のボール材8の集まりボール群と呼ぶ。
各ボール群の周囲において、第1タオル地11と第2タオル地12とを縫着して収容室15を形成している。言い換えると、タオル本体1にボール群を(複数群)内蔵している。

0031

なお、ボール群の配設作業や縫製作業等の製造工程(製造方法)は自由である。
例えば、第1タオル地11と第2タオル地12の周縁部を縁止めにて一体状とする前に、ボール群(複数のボール材8)を、所定位置に配設し、その後、ボール群の周囲を縫製して収容室15を形成する場合や、第1タオル地11と第2タオル地12の周縁部を縁止めにて一体状とした後に、第1タオル地11及び第2タオル地12の一方に、切れ目を所定の位置に所定数だけ形成し、その切れ目からボール群を第1タオル地11と第2タオル地12の間に収容し、その後、ボール群の周囲と切れ目を縫製して収容室15を形成する場合等、自由である。

0032

次に、他の実施形態について説明する。
図3図4に示すように、1つの収容室15に収容されるべき複数のボール材8(1つのボール群)が、1つのネット状のボール収納袋6に収容されている。
ボール収納袋6は、一番小さいボール材8を収容可能な(例えば、直径寸法が3mmのEMセラミックボールが出ない)網目を有するものであれば良い。

0033

そして、ボール群を収容しているボール収納袋6が、タオル本体1の収容室15に収納されている。
このように、ボール群をボール収納袋6に収納しているためタオル本体1が破れた際に、複数のボール材8が飛散するのを防止できる。また、複数のボール材8を、1つのボール群として、容易に取扱うことができる(製造が容易となる)。
なお、上述の実施形態と同様に、ボール収納袋6に収容されたボール群の、配設作業や縫製作業等の製造工程(製造方法)は自由である。他の構成及び作用効果は上述の実施形態と同様である。

0034

さらに他の実施形態について、図1図4を、そのまま使用して説明する。
即ち、各収容室15内のボール材8は、前述の3種類以上のセラミックボール3と、檜木ボール5を、少なくとも有する構造である。
言い換えれば、セラミックボール3は、前述の実施形態と同様に収容するが、高反発弾性ゴムボール2を全く省略して、その代わりに、少なくとも一個の檜木ボール5を収容室15に入れる。

0035

本発明に於て、檜木とは、ヒバアスナロヒノキアスナロを包含するものと、定義する。檜木は、リラックス効果,抗菌・防カビ効果疲労回復効果,精神安定効果,保温効果,安眠効果等の多くの作用効果を発揮する。なお、檜木として、上述した複数種のものを複数個使用して、各々、僅かに異なった作用効果を得るも望ましい。

0036

次に、別の実施形態について説明する。
図5に示すように、タオル本体1が、帯状のベース用の第1タオル地11と、第1タオル地11の一方面に縫着される複数の小片状の第2タオル地12,12と、を有し、第1タオル地11と各第2タオル地12の周縁部との縫製(縫着)にて、収容室15を形成したものである。

0037

このような構成は、図6に示すように、製造工程において、第1タオル地(ベースタオル地)11に、各第2タオル地(ポケット用タオル地)12の周縁部をコの字状乃至U字状に縫着して、開口部21を有するポケット部20を形成し、各ポケット部20に、ボール群を収容したボール収納袋6を入れ、各ポケット部20の開口部21を縫製にて閉じる(縫着する)ことで、収容室15を形成すると共に収容室15にボール群(ボール収納袋6)を収納できる。ボール群の配設作業や縫着部19の縫製作業が容易となる。他の構成及び作用効果は上述の実施形態と同様である。

0038

なお、図示省略するが、各ポケット部20に、複数のボール材8を、直接的に(ボール収納袋6を用いずに)、収納させて、開口部21を縫着するも良い。つまり、図5に於て、ボール収納袋6を省略した構成とするも良い。
また、図示省略するが、ゴムボール2又は檜木ボール5を各ポケット部20に直接的に収容すると共に、少なくとも3種類のセラミックボール3を収納したボール収納袋6を各ポケット部20に収容するも良い。

0039

次に、図7図8は、本発明に係る、さらなる別の実施形態を示す。即ち、図7(A)の平面図に示すタオル本体1を、長手方向の(2点鎖線にて示した)2本の折り目線26,26に沿って折畳んでゆくことで、図7(C)(C′)に示すような3つ折り形状30とする。
具体的には、タオル本体1の幅寸法W1を約3等分するように、折り目線26,26にて、順次、図7(B)(B′)から図7(C)(C′)のように、折畳んでゆく(矢印M1,M2参照)ことによって、3つ折り形状30となる。

0040

この3つ折り形状30の内部へ、ボール材8を差入れて、タオル長手方向に沿った縦縫製線28、及び、幅方向の複数本の(横)縫製線29によって、図8(A)(B)に示すように、複数の収容室15を、一列状に列設する。

0041

このようにして、マッサージ用ボール材8が、簡単な作業工程にて、収容室15に確実に能率的に、収容される。
しかも、完成品としてのタオルは、その幅寸法W30が小さく、元の幅寸法W1(図7(A)(A′)参照)の約1/3であるため、タオル両端を手で握って、背中等をマッサージしやすく、あるいは、リビング等でストレッチ運動も容易かつ楽しくできる。

0042

そして、複数(例えば3室〜6室)の収容室15には、(望ましくは、)ボール材8として、檜木ボール5を、全ての収容室15に収容する。又は、1室には(既述した)3種類以上のセラミックボール3を収容し、残りの収容室15には、全て、檜木ボール5を単独で収容する。若しくは、上記残りの収容室15には、セラミックボール3と共に檜木ボール5を収容する(図8(A)の中間位置の収容室15を参照のこと)。

0043

後者の場合、つまり、一室にセラミックボール3と共に檜木ボール5を収容した実施例では、檜木ボール5の表面と、セラミックボール3の表面とが、タオル使用時に相互に擦れるために、各々の有効成分が多く発生して、一層、血行を良くしたり、肩コリをほぐしたり、肌に良く、リラックス効果,疲労回復,精神安定効果,さらに、保温・安眠効果等が得られ、一層、快適に入浴を楽しむことができる。

0044

なお、本発明は、設計変更可能であって、タオル本体1は、図2図4図5、さらには、図7図8に於て、断面を簡略化して図示しているが、実際には、繊維(糸)で編んだ編物構造、或いは、繊維(糸)で織った織物構造である。タオル本体1は、製造や材料調達が容易な合成樹脂繊維製とするのが望ましいが、天然繊維製とするも良く、合成樹脂繊維と天然繊維を組み合わせているものであっても良い。また、タオル本体1は、2層構造に限らず、3層以上の積層構造とするも良い。タオル本体1の収容室15及びボール群の数は自由である。また、ボール材8の数も自由である。

0045

例えば、複数のボール材8を、高反発弾性ゴムボール2と活性石セラミックボールと銀イオンセラミックボールとEMセラミックボールとすると、高反発弾性ゴムボール2により、小さな力でも身体のコリを心地良くほぐすことができ、十分なマッサージ効果を得ることができる。また、(ゴムボール2の代わりに)檜木ボール5を使用した場合には、リラックス効果,抗菌・防カビ効果,疲労回復効果,精神安定効果,保温効果,安眠効果等が得られる。活性石セラミックボールにより、遠赤外線やマイナスイオンが発生し、水のクラスターが小さくなってまろやかになり、肌に良く、健康にも良い。また、石鹸やボディソープの泡立ちが良くなる。銀イオンセラミックボールによる抗菌・殺菌効果とEMセラミックボールによる消臭効果及び水浄化効果によって、ボディタオル全体を清潔に保つことができる。また、首や肩に掛けることで、活性石セラミックボールからの遠赤外線により身体を温めて血行を良くし、肩コリをほぐすことができる。さらに、浴槽の湯に浸すことで、活性石セラミックボールにより、遠赤外線やマイナスイオンが発生し、湯(水)のクラスターが小さくなってまろやかになり、肌と健康に良い入浴を実現できる。また、銀イオンセラミックボールによる抗菌・殺菌効果とEMセラミックボールによる消臭効果及び水浄化効果によって、衛生的で快適な入浴を実現できる。

0046

以上のように、本発明のボディタオルは、タオル本体1の長手方向の中央領域Eに、マッサージ用ボール材8を収容した複数の収容室15を、縫製にて形成したので、タオル本体1を強い力で、身体に押し付けなくとも、小さな力で十分に身体のコリを心地良くほぐすことができ、十分なマッサージ効果を得ることができる。湯(水)切れや泡切れが良く使用後の清潔さを保つことができ衛生的である。

0047

また、上述の本発明の実施形態によれば、各上記収容室15には複数の上記ボール材8が収容され、かつ、各上記収容室15内の複数の上記ボール材8は、活性石セラミックボールと銀イオンセラミックボールとEMセラミックボールとラドンセラミックボールとゲルマニウムセラミックボールの内から選択された3種類以上のセラミックボール3、及び、高反発弾性ゴムボール2を、少なくとも有するので、高反発弾性ゴムボール2により、小さな力でも身体のコリを心地良くほぐすことができ、十分なマッサージ効果を得ることができる。また、活性石セラミックボールやラドンセラミックボールにより、遠赤外線やマイナスイオンが発生し、水のクラスターが小さくなってまろやかになり、肌に良く、健康にも良い。また、石鹸やボディソープの泡立ちが良くなる。銀イオンセラミックボールによる抗菌・殺菌効果や、EMセラミックボールによる消臭効果及び水浄化効果によって、ボディタオル全体を清潔に保つことができる。また、首や肩に掛けることで、活性石セラミックボールやラドンセラミックボールからの遠赤外線により身体を温めて血行を良くし、肩コリをほぐすことができる。また、ゲルマニウムセラミックボールの微弱電流により、選択された他のセラミックボール3の作用効果が向上される。さらに、浴槽の湯に浸すことで、活性石セラミックボールやラドンセラミックボールにより、遠赤外線やマイナスイオンが発生し、湯(水)のクラスターが小さくなってまろやかになり、肌と健康に良い入浴を実現できる。また、銀イオンセラミックボールの抗菌・殺菌効果や、EMセラミックボールの消臭効果及び水浄化効果によって、衛生的で快適な入浴を実現できる。

0048

また、各上記収容室15には複数の上記ボール材8が収容され、かつ、各上記収容室15内の複数の上記ボール材8は、活性石セラミックボールと銀イオンセラミックボールとEMセラミックボールとラドンセラミックボールとゲルマニウムセラミックボールの内から選択された3種類以上のセラミックボール3、及び、檜木ボール5を、少なくとも有するので、両ボール3,5が相互に擦れて、各々の有効な成分が発揮して、両者の相乗的作用効果も得られて、一層快適に入浴を楽しむことができる。さらに、リラックス効果,疲労回復や精神安定効果,保温・安眠効果等も得られ、快適に入浴を楽しむことができる。さらに、タオルストレッチ運動も楽しめる。

0049

本発明は以上詳述したように、タオル本体1を長手方向の2本の折り目線26,26にて折畳んで3つ折り形状30とすると共に、幅方向の複数本の縫製線29によって、タオル本体1の長手方向の中央領域Eに複数の収容室15を列設し、該収容室15にはマッサージ用ボール材8が収容されている構成としたので、タオル幅寸法W30が元のタオル全体の幅寸法W1の約3分の1と小さくすることができて、手で付加する力が、有効に(背中等に対応している)ボール材8によるマッサージ作用として働く。さらに、3つ折り形状30として、ボール材8を、簡易かつ作業能率良く、収容できる。

0050

また、本発明は、複数の上記収容室15の内の一個乃至複数個には、上記ボール材8として檜木ボール5が収容されているので、リラックス効果,疲労回復や精神安定作用効果,保温・安眠効果も得られ、快適に入浴やストレッチ運動を行うことができる。

0051

また、複数の上記収容室15の内の一個乃至複数個には、活性石セラミックボールと銀イオンセラミックボールとEMセラミックボールとラドンセラミックボールとゲルマニウムセラミックボールの内から選択された3種類以上のセラミックボール3が、上記ボール材8として、収容されているので、活性石セラミックボールやラドンセラミックボールにより、遠赤外線やマイナスイオンが発生し、水のクラスターが小さくなってまろやかになり、肌に良く、健康にも良い。また、石鹸やボディソープの泡立ちが良くなる。銀イオンセラミックボールによる抗菌・殺菌効果や、EMセラミックボールによる消臭効果及び水浄化効果によって、ボディタオル全体を清潔に保つことができる。また、首や肩に掛けることで、活性石セラミックボールやラドンセラミックボールからの遠赤外線により身体を温めて血行を良くし、肩コリをほぐすことができる。また、ゲルマニウムセラミックボールの微弱電流により、選択された他のセラミックボール3の作用効果が向上される。さらに、浴槽の湯に浸すことで、活性石セラミックボールやラドンセラミックボールにより、遠赤外線やマイナスイオンが発生し、湯(水)のクラスターが小さくなってまろやかになり、肌と健康に良い入浴を実現できる。また、銀イオンセラミックボールの抗菌・殺菌効果や、EMセラミックボールの消臭効果及び水浄化効果によって、衛生的で快適な入浴を実現できる。

0052

また、複数の上記収容室15の内の一個乃至複数個には、上記ボール材8として、高反発弾性ゴムボール2が収容されているので、小さな手の力でも、身体のコリを心地良く、ほぐすことが可能となり、マッサージ効果を高める。

0053

1タオル本体
2高反発弾性ゴムボール
3セラミックボール
5檜木ボール
6 ボール収納袋
8ボール材
15収容室
19 縫製部
26折り目線
29 (横)縫製線
30 3つ折り形状
E タオル中央領域

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ファイブスターの「 マッサージ器」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】製造単価を抑えることが可能なマッサージ器を提供する。【解決手段】マッサージ器1は、把持部3と、把持部3の一端側に設けられた二股部2と、二股部2に取り付けられた一対の回転軸9を中心に回転可能に支... 詳細

  • 大王製紙株式会社の「 シートディスペンサー及びシートディスペンサー用アタッチメント」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】シートの補充性を損なわずに、シートの取出性に優れるシートディスペンサー及びシートディスペンサー用アタッチメントを提供すること。【解決手段】複数枚のシートが積層されたシート積層体を収容する本体部... 詳細

  • 大王製紙株式会社の「 シートディスペンサー」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】シートの補充性を損なわずに、シートの取出性に優れるシートディスペンサーを提供すること。【解決手段】複数枚のシートが積層されたシート積層体を収容する本体部と、前記本体部に形成され、前記シートが取... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ