図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年8月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

製造工程における酢酸亜鉛水和物中の結晶水消失が抑制された、占有する容積が少ない酢酸亜鉛水和物のコンパクト化された造粒物及びその製造方法を提供する。

解決手段

このような造粒物は、酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)を5〜200mg含有し、大きさが直径5〜12mm、厚さ1〜6mmであって、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定される15分後の亜鉛溶出量が85%以上である、酢酸亜鉛水和物錠であり、造粒工程において、品温を40℃未満にコントロールすることにより得ることができる。

概要

背景

ウィルソン病は、食事によって摂取された銅が肝臓から胆汁及び腸管中に正常に排泄されず、肝臓、脳、腎臓等に銅が多量に蓄積することによって、肝臓や神経等に重い障害を引き起こす病気である。
ウィルソン病の治療薬としては、米国では1997年に、欧州では2004年に、日本では2008年に、酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)を有効成分とするカプセル剤が認可され、現在使用されている。

しかしながら、現在使用されている酢酸亜鉛水和物のカプセル剤は、カプセルに詰め込まれる成分の総量が非常に多く、また、物理混合物であるため、製造工程において成分をカプセルに充填する際に成分の流動性が悪く、充填不均一などの問題をおこし、製剤を連続生産する上での大きな障害となっている。
また、該カプセル剤は、剤径が大きいため(例えば、1号カプセルは、外径が7mmで長さが19〜20mm)、服用時に飲み込みにくい(嚥下しにくい)という問題がある。よって、酢酸亜鉛水和物を有効成分とする剤として、剤径(直径)がより小さいものが必要とされている。

概要

製造工程における酢酸亜鉛水和物中の結晶水消失が抑制された、占有する容積が少ない酢酸亜鉛水和物のコンパクト化された造粒物及びその製造方法を提供する。このような造粒物は、酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)を5〜200mg含有し、大きさが直径5〜12mm、厚さ1〜6mmであって、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定される15分後の亜鉛溶出量が85%以上である、酢酸亜鉛水和物錠であり、造粒工程において、品温を40℃未満にコントロールすることにより得ることができる。なし

目的

本発明は、上記現状に鑑み、造粒物の製造工程における乾燥温度を品温40℃未満にコントロールすることで、製造工程における酢酸亜鉛水和物中の結晶水の消失が抑制された、占有する容積が少ない酢酸亜鉛水和物のコンパクト化された造粒物及びその製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(1)酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)、賦形剤結合剤及び溶媒を含む混合物造粒した後乾燥して造粒物を得る工程、(2)該造粒物を打錠して素錠を得る工程を含み、前記工程(1)における品温が40℃未満であることを特徴とする、酢酸亜鉛水和物錠の製造方法。

請求項2

(1)酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)、賦形剤、結合剤及び溶媒を含む混合物を造粒した後乾燥して造粒物を得る工程、(2)該造粒物を打錠して素錠を得る工程、及び(3)該素錠にフィルムコーティングした後乾燥する工程を含み、前記工程(1)における品温が40℃未満であり、前記工程(3)における品温が50℃以下であることを特徴とする、酢酸亜鉛水和物錠の製造方法。

請求項3

前記工程(1)における前記混合物が、崩壊剤をさらに含むものである、請求項1又は2に記載の、酢酸亜鉛水和物錠の製造方法。

請求項4

酢酸亜鉛水和物錠が、酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)を5〜200mg含有し、大きさが直径5〜12mm、厚さ1〜6mmであって、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定される15分後の亜鉛溶出量が85%以上である、請求項1から3の何れか1項に記載の酢酸亜鉛水和物錠の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、酢酸亜鉛水和物を有効成分とする酢酸亜鉛水和物錠及びその製造方法に関する。

背景技術

0002

ウィルソン病は、食事によって摂取された銅が肝臓から胆汁及び腸管中に正常に排泄されず、肝臓、脳、腎臓等に銅が多量に蓄積することによって、肝臓や神経等に重い障害を引き起こす病気である。
ウィルソン病の治療薬としては、米国では1997年に、欧州では2004年に、日本では2008年に、酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)を有効成分とするカプセル剤が認可され、現在使用されている。

0003

しかしながら、現在使用されている酢酸亜鉛水和物のカプセル剤は、カプセルに詰め込まれる成分の総量が非常に多く、また、物理混合物であるため、製造工程において成分をカプセルに充填する際に成分の流動性が悪く、充填不均一などの問題をおこし、製剤を連続生産する上での大きな障害となっている。
また、該カプセル剤は、剤径が大きいため(例えば、1号カプセルは、外径が7mmで長さが19〜20mm)、服用時に飲み込みにくい(嚥下しにくい)という問題がある。よって、酢酸亜鉛水和物を有効成分とする剤として、剤径(直径)がより小さいものが必要とされている。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、上記現状に鑑み、造粒物の製造工程における乾燥温度品温40℃未満にコントロールすることで、製造工程における酢酸亜鉛水和物中の結晶水消失が抑制された、占有する容積が少ない酢酸亜鉛水和物のコンパクト化された造粒物及びその製造方法を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0005

カプセル剤よりも製造効率が良く、嚥下しやすい酢酸亜鉛水和物の剤を得る方法としては、より直径の小さいカプセルに充填するか、錠剤等の他の剤形に変更する方法が考えられる。
一方、酢酸亜鉛水和物は、二水和物として知られており、比較的安定(例えば、硫酸中で加熱しても100℃程度まで安定)であると認識されていた。しかしながら、本発明者らが酢酸亜鉛水和物について研究を重ねたところ、酢酸亜鉛水和物は、比較的低温(例えば、約40℃)で加熱されると、該水和物中の結晶水が消失して無水物に転移し、ウィルソン病の治療薬の有効成分としては承認されていない無水物となってしまう場合があった。
よって、本発明者らは、酢酸亜鉛水和物を有効成分とする錠剤の製造においては、酢酸亜鉛水和物の無水物化を避ける必要があり、湿式造粒では乾燥工程で加熱するため、結晶水の消失が避けられないと考え、乾式造粒によって剤径が小さい酢酸亜鉛水和物錠を製造することを試みた。しかしながら、乾式造粒法では、剤径が小さい酢酸亜鉛水和物錠を得ることができなかった。

0006

本発明者らは、上記課題を解決するためにさらに鋭意研究を重ねた結果、酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)を5〜200mg含有し、大きさが直径5〜12mm、厚さ1〜6mmであって、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定される15分後の亜鉛溶出量が85%以上である酢酸亜鉛水和物錠は、意外にも、特定の製造方法(例えば、湿式造粒法流動層造粒法)によって製造することができることを見出した。
本発明者らは、上記以外にも下記するように種々の思いがけない新知見を得て、さらに鋭意検討を重ねて本発明を完成するに至った。

0007

即ち、本発明は、以下の酢酸亜鉛水和物錠等に関する。
[1]酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)を5〜200mg含有し、大きさが直径5〜12mm、厚さ1〜6mmであって、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定される15分後の亜鉛の溶出量が85%以上であることを特徴とする、酢酸亜鉛水和物錠。
[2]前記大きさが、直径5〜10mm、厚さ2〜5mmである前記[1]に記載の酢酸亜鉛水和物錠。
[3]総質量が、酢酸亜鉛水和物含有量の2倍以下である前記[1]又は[2]に記載の酢酸亜鉛水和物錠。
[4](1)酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)、賦形剤崩壊剤及び溶媒の混合物造粒した後乾燥して造粒物を得る工程、(2)該造粒物を打錠して素錠を得る工程、及び(3)該素錠にフィルムコーティングした後乾燥する工程を含み、前記工程(1)における品温が40℃を越えず、前記工程(3)における品温が50℃以下であることを特徴とする、酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)を5〜200mg含有し、大きさが直径5〜12mm、厚さ1〜6mmであって、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定される15分後の亜鉛の溶出量が85%以上である酢酸亜鉛水和物錠の製造方法。

発明の効果

0008

本発明によれば、造粒物の製造工程における乾燥を品温40℃未満の温度で行うことで、製造工程における酢酸亜鉛水和物中の結晶水の消失が抑制された酢酸亜鉛水和物錠を得ることができる。
また、本発明の酢酸亜鉛水和物錠は、大きさが小さいため、従来の酢酸亜鉛水和物のカプセル剤と比べて服用時に飲み込みやすい。
なお、本発明の酢酸亜鉛水和物錠の打錠用粉体は、そのまま顆粒剤としたり、或いはカプセルに充填することができる。

0009

以下、本発明を詳細に説明する。
<酢酸亜鉛水和物錠>
本発明の酢酸亜鉛水和物錠は、酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)を5〜200mg含有し、大きさが直径5〜12mm、厚さ1〜6mmであって、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定される15分後の亜鉛の溶出量が85%以上であることを特徴とする。尚、酢酸亜鉛水和物錠は、通常、酢酸亜鉛水和物の素錠であってよいし、該素錠のフィルムコーティング錠であってもよい。

0010

本発明の酢酸亜鉛水和物錠において、酢酸亜鉛水和物の含有量は、通常は約5〜200mgであり、好ましくは約50〜180mgであり、より好ましくは約80〜170mgである。このような範囲であれば、酢酸亜鉛水和物錠の製造工程における造粒後の乾燥を品温40℃未満の温度で行うことができ、製造工程における酢酸亜鉛水和物中の結晶水の消失を抑制できるため、好ましい。

0011

本発明の酢酸亜鉛水和物錠の直径は、通常は約5〜12mmであり、好ましくは約5〜10mmであり、より好ましくは約6〜9mmである。
また、本発明の酢酸亜鉛水和物錠の厚さは、通常は約1〜6mmであり、好ましくは約2〜5mmであり、より好ましくは約3〜4mmである。
本発明において、酢酸亜鉛水和物錠の直径及び厚さの測定方法は、特に限定されず、従来公知の錠剤の大きさの測定方法に従ってよい。

0012

本発明の酢酸亜鉛水和物錠は、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定される15分後の亜鉛の溶出量が、85%以上である。本発明の酢酸亜鉛水和物錠は、造粒物の製造工程における乾燥を品温40℃未満の温度で行うことができ、製造工程における酢酸亜鉛水和物中の結晶水の消失を抑制できるため、前記亜鉛の溶出量がこのような範囲となる。

0013

本発明の酢酸亜鉛水和物錠の総質量は、通常は、酢酸亜鉛水和物含有量の約2倍以下であり、好ましくは約1.6倍以下である。

0014

本発明の酢酸亜鉛水和物錠は、医薬品に一般的に使用される添加剤、医薬有効成分を適量含むことができる。これらは、1種を単独で又は2種以上を使用することができる。
該添加剤としては、例えば、賦形剤、崩壊剤、滑沢剤結合剤コーティング剤光沢化剤着色剤矯味剤甘味剤香料等が挙げられ、好ましくは、賦形剤、崩壊剤、結合剤、滑沢剤等である。

0015

賦形剤としては、特に限定されないが、例えば、マンニトールソルビトールキシリトールエリスリトールマルチトールイソマルト等の糖アルコール類乳糖水和物果糖ショ糖ブドウ糖トレハロース等の糖類;トウモロコシデンプンバレイショデンプンコムギデンプンコメデンプン等のデンプン類グリシンアラニン等のアミノ酸類軽質無水ケイ酸合成ケイ酸アルミニウムメタケイ酸アルミン酸マグネシウムケイ酸カルシウム等のケイ酸類結晶セルロース粉末セルロース等のセルロース類タルク酸化チタン等が挙げられる。賦形剤としては、好ましくは、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、乳糖水和物等である。これら賦形剤は、1種又は2種以上を使用することができる。

0016

本発明の酢酸亜鉛水和物錠に含有される賦形剤の含有量は、特に限定されないが、本発明の酢酸亜鉛水和物錠の総質量に対して、好ましくは約5〜80質量%であり、より好ましくは約10〜50質量%である。

0017

崩壊剤としては、特に限定されないが、例えば、クロスポビドンカルメロースカルシウムカルメロースクロスカルメロースクロスカルメロースナトリウム低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、トウモロコシデンプン、バレイショデンプン、コムギデンプン、コメデンプン、部分アルファー化デンプンアルファー化デンプンカルボキシメチルスターチナトリウム等が挙げられる。崩壊剤は、好ましくは、クロスポビドン、カルメロース、クロスカルメロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース等である。これら崩壊剤は、1種又は2種以上を使用することができる。

0018

本発明の酢酸亜鉛水和物錠に含有される崩壊剤の含有量は、特に限定されないが、本発明の酢酸亜鉛水和物錠の総質量に対して、好ましくは約1〜50質量%であり、より好ましくは約5〜20質量%である。

0019

滑沢剤としては、特に限定されないが、例えば、ステアリン酸マグネシウムステアリン酸カルシウム、タルク、ショ糖脂肪酸エステルフマル酸ステアリルナトリウム等が挙げられる。滑沢剤は、好ましくは、タルク、ステアリン酸マグネシウム等である。これら滑沢剤は、1種又は2種以上を使用することができる。

0020

本発明の酢酸亜鉛水和物錠に含有される滑沢剤の含有量は、特に限定されないが、本発明の酢酸亜鉛水和物錠の総質量に対して、好ましくは約0.1〜20質量%であり、より好ましくは約0.5〜10質量%である。

0021

結合剤としては、特に限定されないが、例えば、ポビドンヒドロキシプロピルセルロースヒプロメロースフタル酸エステルヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、合成ケイ酸アルミニウム、軽質無水ケイ酸、ケイ酸カルシウム、カルメロースナトリウムエチルセルロースメチルセルロース、ヒプロメロース、アラビアゴムアルギン酸ナトリウムデキストリン、トウモロコシデンプン、バレイショデンプン、コムギデンプン、コメデンプン、部分アルファー化デンプン、アルファー化デンプン、結晶セルロース、粉末セルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ゼラチンプルランカルボキシビニルポリマー等が挙げられる。これら結合剤は、1種又は2種以上を使用することができる。

0022

コーティング剤としては、特に限定されないが、例えば、水溶性高分子水不溶性高分子胃溶性高分子腸溶性高分子等が挙げられる。
水溶性高分子としては、例えば、アラビアゴム末、ゼラチンプルラン、デキストリン、カルボキシメチルスターチナトリウム、アルギン酸ナトリウム等の天然高分子類;多糖類;カルメロース、カルメロースナトリウム、カルメロースカルシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、ヒドロキシエチルセルロースヒドロキシメチルセルロース、メチルセルロース、カルボキシメチルセルロース等のセルロース誘導体ポリビニルピロリドンポリビニルアルコール等の水溶性ビニル誘導体が挙げられる。
水不溶性高分子としては、例えば、エチルセルロース、酢酸ビニルポリマーアミノアルキルメタクリレートコポリマーアクリル酸エチルメタクリル酸メチルコポリマー分散液等が挙げられる。

0023

胃溶性高分子としては、例えば、ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート等のアミノアセタール類化合物等が挙げられる。
腸溶性高分子としては、例えば、セルロースアセテートプロピオネート、ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、ヒプロメロースフタル酸エステル、ヒドロキシメチルエチルセルロースフタレートカルボキシメチルエチルセルロースセルロースアセテートフタレート等の腸溶性セルロースエステル類等が挙げられる。
コーティング剤としては、上記以外にも、酸化チタン、ポリエチレングリコール、タルク等を使用することもできる。
これらコーティング剤は、1種又は2種以上を使用することができる。

0024

光沢化剤としては、特に限定されないが、例えば、カルナウバロウ硬化油酢酸ビニル樹脂サラシミツロウ、酸化チタン、ステアリン酸、ステアリン酸カルシウム、ステアリン酸ポリオキシル40、ステアリン酸マグネシウム、精製セラック、精製パラフィン・カルナウバロウ混合ワックスセタノール、タルク、白色セラック、パラフィン、ポビドン(ポリビニルピロリドン)、ポリエチレングリコール1500、ポリエチレングリコール4000、ポリエチレングリコール6000、ミツロウモノステアリン酸グリセリンロジン等が挙げられる。

0026

本発明の酢酸亜鉛水和物錠は、医薬有効成分を適量含むことができる。医薬有効成分は、本発明の酢酸亜鉛水和物錠の製造工程における酢酸亜鉛水和物中の結晶水の消失抑制性、並びに該錠の崩壊性及び成型性を損なわない種類及び量であれば良く、特に限定されない。

0027

<酢酸亜鉛水和物錠の製造方法>
本発明の酢酸亜鉛水和物錠の製造方法は、通常は、(1)酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)、賦形剤、崩壊剤及び溶媒の混合物を造粒した後乾燥して造粒物を得る工程、(2)該造粒物を打錠して素錠を得る工程、及び(3)該素錠にフィルムコーティングした後乾燥する工程を含み、前記工程(1)における品温は、通常40℃を越えない。また、前記工程(3)におけるフィルムコーティング後の乾燥において、品温は、通常50℃以下である。本発明において、これらの工程は、通常、工程(1)〜(3)の順で実施される。また、本発明の酢酸亜鉛水和物錠の製造方法は、前記工程(1)〜(3)以外の工程を含んでもよい。

0028

<造粒>
本発明において、酢酸亜鉛水和物(C4H6O4Zn・2H2O)、賦形剤、崩壊剤及び溶媒の混合物を造粒する方法としては、特に限定されないが、例えば、流動層造粒法、湿式造粒法等が好ましい。これらの造粒方法は、従来十分に確立されており、本発明も従来公知の方法に従ってよい。

0029

流動層造粒法は、原料粉粒体を、溶媒又は溶媒と結合剤の混合液噴霧しながら造粒する処理であり、必要に応じて、一般的な錠剤の製造に用いられる方法や装置(流動層造粒機等)を使用することができる。尚、本発明において、流動層造粒処理は、転動流動層造粒処理であってもよい。
本発明において、流動層造粒法は、例えば、酢酸亜鉛水和物、賦形剤及び崩壊剤を、流動層造粒機に入れて混合し、結合剤と溶媒の溶液を噴霧することにより、行うことができる。

0030

湿式造粒法は、原料粉粒体を溶媒と混合し、次いでこれを造粒する処理であり、必要に応じて、一般的な錠剤の製造に用いられる方法や装置を使用することができる。本発明においては、湿式造粒法の中でも撹拌造粒法が好ましい。
本発明において、撹拌造粒法は、例えば、酢酸亜鉛水和物、賦形剤、崩壊剤、結合剤及び溶媒の混合物を撹拌造粒機投入して撹拌することにより、行うことができる。

0031

また、これら流動層造粒法及び湿式造粒法で用いられる溶媒としては、特に限定されないが、例えば、一般的な錠剤の製造に用いられるエタノールイソプロパノール等のアルコール類や水等を使用することができる。

0032

前記造粒に続いて、該造粒により得られた処理物を乾燥することにより、造粒物を得ることができる。
乾燥方法は、特に限定されず、乾燥温度が品温40℃未満であれば、流動層乾燥機棚式乾燥装置等を用いた従来公知の錠剤製造における乾燥方法に従ってよい。

0033

一般に、造粒物の製造工程における造粒後の乾燥温度は、60℃付近である。酢酸亜鉛水和物は、40℃以上の温度で加熱されると、酢酸亜鉛水和物中の結晶水が消失して無水物に転移しまうが、本発明の酢酸亜鉛水和物錠の製造においては、造粒後の乾燥を品温40℃未満で行うことで、造粒物の製造工程における酢酸亜鉛水和物中の結晶水の消失を抑制することができる。

0034

また、前記乾燥後に、コーミルスクリーンミルジェットミルハンマーミルピンミル等を用いた整粒振動ふるいを用いた篩過等の錠剤の製造に必要な操作にさらに付してもよい。

0035

前記造粒物は、打錠工程の前に、均一化するために混合して打錠用粉体得ることが好ましい。該混合方法は、特に限定されず、従来公知の方法を用いることができるが、例えば、該造粒物と滑沢剤を容器回転式混合機に投入して混合することにより、行うことができる。得られた打錠用粉体は、そのまま顆粒剤とすることができるし、或いは常法を用いてカプセルに充填してカプセル剤とすることもできる。本発明の酢酸亜鉛水和物錠の打錠用粉体が充填されたカプセル剤は、従来の酢酸亜鉛水和物のカプセル剤と比べて大きさが小さいものとすることができる。

0036

<打錠>
本発明の酢酸亜鉛水和物錠の製造においては、前記造粒物の製造工程に続いて、該造粒物を圧縮成型することにより打錠して素錠が得られる。圧縮成型の際には、必要に応じて、前記添加剤や医薬有効成分を混合して圧縮成型してよい。
圧縮成型方法は、特に限定されず、例えば、ロータリー式打錠機単発打錠機等の一般に錠剤の成型に使用される方法や装置を使用することができる。また、この圧縮成型における圧縮圧は、特に限定されない。
尚、前記打錠して得られる素錠の質量は、例えば、最終的に得られる本発明の酢酸亜鉛水和物錠が亜鉛を25mg含有する場合は、約120〜130mgであり、最終的に得られる本発明の酢酸亜鉛水和物錠が亜鉛を50mg含有する場合は、約245〜255mgである。

0037

<フィルムコーティング>
前記素錠を得る打錠工程に続いて、該素錠にフィルムコーティングした後乾燥することにより、本発明の酢酸亜鉛水和物錠が得られる。
フィルムコーティング方法は、特に限定されず、錠剤の製造において一般に使用される方法に従ってよい。フィルムコーティングは、例えば、コーティング機を用いて、コーティング剤と溶媒との懸濁液を、前記素錠に湿式スプレーコーティングすることによって行うことができる。該溶媒としては、例えば、エタノール、イソプロパノール等のアルコール類;水を使用することができる。

0038

前記フィルムコーティング後の錠剤の質量は、例えば、最終的に得られる本発明の酢酸亜鉛水和物錠が亜鉛を25mg含有する場合は、約124〜134mgであり、最終的に得られる本発明の酢酸亜鉛水和物錠が亜鉛を50mg含有する場合は、約251〜261mgである。

0039

前記フィルムコーティングした後、得られた錠剤を乾燥することによって、本発明の酢酸亜鉛水和物錠を得ることができる。
該乾燥方法は、特に限定されず、乾燥温度が品温50℃以下であれば、従来公知の錠剤の製造におけるコーティング剤の乾燥方法に従ってよい。
本発明において、該乾燥は、品温50℃以下で行うことができ、酢酸亜鉛水和物中の結晶水の消失を抑制することができる。尚、造粒物を得る前記工程(1)では品温が40℃未満であるが、素錠を得た後の当該フィルムコーティング後の乾燥温度は、品温50℃以下であれば酢酸亜鉛水和物中の結晶水の消失を抑制することができる。
該乾燥して得られた本発明の酢酸亜鉛水和物錠には、常法を用いて、光沢化剤を散布してもよい。

0040

上記のようにして得られた本発明の酢酸亜鉛水和物錠は、通常、常法により、容器又は袋に収容することができる。容器又は袋は、錠剤の容器又は袋として使用可能なものであれば特に限定されず、従来公知のものを使用することができる。

0041

以下、実施例によって本発明をさらに詳細に説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されず、本発明の技術的範囲を逸脱しない範囲において様々な変更や修正が可能である。
尚、以下の実施例1〜3において、15分後の亜鉛の溶出量は、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定した15分後の亜鉛の溶出量である。

0042

<酢酸亜鉛水和物錠の製造>
(実施例1)
酢酸亜鉛水和物83.9g、トウモロコシデンプン(賦形剤)30.1g及び部分アルファ化デンプン(結合剤)10gを撹拌造粒機(深江工業社製、ハイスピードミキサー)にて混合し、精製水を添加して造粒した。これを静置乾燥機アドバンテック社製、通風乾燥機)を用いて、乾燥減量(水分量)が13.8%に到達するまで品温35℃で乾燥し、得られた乾燥物を22号の(710μm)にて整粒した。この整粒物に対して、混合比(質量比)が整粒物/ステアリン酸マグネシウム=124/1となるようにステアリン酸マグネシウム(滑沢剤)を混合して打錠用粉体を製造した。この粉体を直径6mm、1錠質量125mgにて打錠し、酢酸亜鉛水和物錠を得た。得られた酢酸亜鉛水和物錠は、厚み:3.4mm、崩壊時間:7〜15分、15分後の亜鉛の溶出量:88%であった。

0043

(実施例2)
酢酸亜鉛水和物83.9g、トウモロコシデンプン(賦形剤)20.1g及びカルメロース(崩壊剤)12gを流動層造粒機(パウレック社製マルチプレックス)にて混合し、ヒドロキシプロピルセルロース(結合剤)3gを精製水に溶解しこの液を噴霧し造粒した。これを給気温度60℃で品温32℃に到達するまで乾燥後、整粒機(パウレック社製、コーミル)で整粒した。この整粒物に対して、混合比(質量比)が整粒物/ステアリン酸マグネシウム=119/1となるように、ステアリン酸マグネシウム(滑沢剤)を混合して打錠用粉体を製造した。この粉体を直径6mm、1錠質量120mgにて打錠し、酢酸亜鉛水和物錠を得た。得られた酢酸亜鉛水和物錠は、厚み:3.4mm、崩壊時間:4〜7分、15分後の亜鉛の溶出量:98%であった。

0044

(実施例3)
酢酸亜鉛水和物839g、トウモロコシデンプン(賦形剤)101g及び結晶セルロース(賦形剤)116gを攪拌造粒機(深江工業社製、ハイスピードミキサー)にて混合し、ヒドロキシプロピルセルロース(結合剤)14gを精製水に溶解し、この液を添加して造粒した。これを流動層乾燥機(パウレック社製、マルチプレックス)を用いて、給気温度60℃で品温32℃に到達するまで乾燥し、得られた乾燥物を整粒機(パウレック社製、コーミル)で整粒した。この整粒物に対して、混合比(質量比)が整粒物/クロスカルメロースナトリウム/ステアリン酸マグネシウム=107/12/1となるように、クロスカルメロースナトリウム(崩壊剤)を添加してよく混合した後、ステアリン酸マグネシウム(滑沢剤)を混合して打錠用粉体を製造した。この粉体を直径6mm、1錠質量120mgにて打錠し、酢酸亜鉛水和物錠を得た。得られた酢酸亜鉛水和物錠は、厚み:3.3mm、崩壊時間:8〜9分、15分後の亜鉛の溶出量:95%であった。この錠剤に、精製水420mLにヒプロメロース21g及びマクロゴール60003gを溶解させ、更に酸化チタン3.6g及びタルク2.4gを分散した溶液にてフィルムコーティング機フロイント産業社製ハイコーター)を用いてフィルムコーティングを施し、給気温度60℃で乾燥終了温度(品温)50℃に到達するまで乾燥しフィルムコーティング錠を得た。得られた錠剤は、1錠質量123mg、直径6mm、厚み3.4mm、崩壊時間:9〜11分、15分後の亜鉛の溶出量:93%であった。

実施例

0045

実施例1〜3の結果から、本発明の酢酸亜鉛水和物錠は、日局溶出試験法パドル法50回転(試験液:水900mL)によって測定される15分後の亜鉛の溶出量が85%以上であり、酢酸亜鉛水和物を十分に含有し、かつコンパクト化された錠剤であることが確認された。

0046

本発明の酢酸亜鉛水和物錠は、大きさが小さく服用時に飲み込みやすいため、ウィルソン病の治療薬として好適に使用することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 森永乳業株式会社の「 エネルギー消費促進用組成物」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】エネルギー消費を促進させることが可能な技術を提供する。平均分子量が220ダルトン以上かつ1000ダルトン以下である乳タンパク質分解物、又はMet−Lys−Proからなるペプチド、又は... 詳細

  • 国立研究開発法人理化学研究所の「 網膜組織の製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】本発明は、視細胞前駆細胞及び/又は視細胞を含む神経網膜組織における神経節細胞、アマクリン細胞、水平細胞、及び/又は双極細胞の分化抑制方法等を提供することを課題とする。神経網膜前駆細胞... 詳細

  • 国立大学法人鳥取大学の「 抗炎症活性を有するシソ科植物の葉の発酵物」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】炎症抑制効果が大きく、かつ安全性の高い食品組成物、医薬組成物、化粧品および医薬部外品を得る。【解決手段】シソ科植物の葉の糸状菌発酵物またはその抽出物、それを含む食品組成物、医薬組成物、化粧品お... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ